大腸ESD/EMRガイドライン 第56巻04号1598頁

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "大腸ESD/EMRガイドライン 第56巻04号1598頁"

Transcription

1 ESD/EMR

2

3

4

5 1602 日本消化器内視鏡学会雑誌 Vol. 56 4, Apr a b c d Figure 1 LST の病型亜分類 インジゴカルミン散布像で判定する a 顆粒均一型 homogeneous type LST-G Homo b 結節混在型 nodular mixed type LST-G Mix) c 平隆起型 flat-elevated type LST-NG F d 偽陥凹型 pseudo-depressed type LST-NG PD 癌取扱い規約に従って記載するとⅡc Ⅱa Ⅱa 42) ure 1 と拡大観察による pit pattern 診断の総合 が multifocal な浸潤傾向があ 評価が必須である44) ESD 適応病変の細目に関し り どの部位で SM 浸潤しているかの予想が容易 ては 大腸 ESD 標準化検討部会案が参考となる Ⅱc と表現される ではなく またしばしば線維化を伴っているので 35) 36) 45) 47) Table 3 EMR に適さないことが多い43) ただし SM 高度 浸潤を来している確率も高いことを念頭におき Ⅱ 術前診断 外科手術適応か内視鏡治療の適応であるかを 慎 1 質的診断 重に判断する必要がある LST の ESD/EMR の棲 大腸 ESD/EMR を行う前には病変の質的診断 み分けの決定のためには LST の病型亜分類 Fig- が重要である その理由として質的診断は切除す 5 Gastroenterological Endoscopy

6

7

8

9

10

11

12

13 1610 日本消化器内視鏡学会雑誌 Figure 2 EMR 標本固定の実際 Vol. 56 4, Apr Figure 3 ESD 標本固定の実際 Figure 4 切除標本切り出しの実際 除後の経過観察をリスクに応じて層別化し 3 膜が均等に平面化されるよう 粘膜面を表にして 10 個の腺腫 径 10mm 以上の腺腫 villous 成分 ゴム板やコルク板にピンで貼り付け Figure 2 を伴う腺腫 high-grade dysplasia のいずれかを ホルマリンに 室温にて 時 認めた場合 advanced adenoma は 3 年後に 10 間浸漬し固定する151) 152) 個以上の腺腫では 3 年以内に大腸内視鏡検査を行 切除後の標本は自己融解が進むため速やかに固 139) うことなどを推奨している 定する必要があるが より乾燥を防ぐために生理 食塩水を浸すとよい このときに内視鏡医は臨床 Ⅷ 病理 画像との乖離がなく かつ切除標本の断端が判別 1 検体の取り扱い できるように展開し処理する必要がある また多 病変の根治性や追加治療の必要性を判断するた 分割切除となった標本はできるだけ再構築もしく めには 正確な病理組織診断が必須であり 切除 は断端が判別できるように展開する必要がある 標本が適切に取り扱われなければならない エビ 臨床的意義のある病理組織診断を行うために デンスレベルⅥ 推奨度 C1 検体は病変周囲粘 は 適切な切り出しが必要である エビデンスレ 13 Gastroenterological Endoscopy

14

15

16

17

18

19

20

アンケート回答 19 施設 ( 順不同 ) 奈良県立医科大学消化器外科順天堂大学下部消化管外科市立函館病院消化器内科調布外科消化器科内科クリニック東京都多摩がん検診センター市立旭川病院消化器病センター山形大学医学部第 2 内科産業医科大学第 1 外科国立がんセンター中央病院内視鏡部福岡大学築柴病院福

アンケート回答 19 施設 ( 順不同 ) 奈良県立医科大学消化器外科順天堂大学下部消化管外科市立函館病院消化器内科調布外科消化器科内科クリニック東京都多摩がん検診センター市立旭川病院消化器病センター山形大学医学部第 2 内科産業医科大学第 1 外科国立がんセンター中央病院内視鏡部福岡大学築柴病院福 内視鏡摘除手技の標準化プロジェクト研究 大腸腫瘍に対する大腸内視鏡治療後の遺残再発と偶発症症例の実態に関する多施設共同研究 ( 後ろ向きアンケート調査 ) 追加アンケート結果 2008 年 7 月 4 日第 69 回大腸癌研究会 アンケート回答 19 施設 ( 順不同 ) 奈良県立医科大学消化器外科順天堂大学下部消化管外科市立函館病院消化器内科調布外科消化器科内科クリニック東京都多摩がん検診センター市立旭川病院消化器病センター山形大学医学部第

More information

胃がんの内視鏡的治療 ( 切除 ) とは胃カメラを使ってがんを切除する方法です. 消化器内科 胃がん 治癒 胃がん切除

胃がんの内視鏡的治療 ( 切除 ) とは胃カメラを使ってがんを切除する方法です. 消化器内科 胃がん 治癒 胃がん切除 胃がんの内視鏡的治療 ( 切除 ) とは胃カメラを使ってがんを切除する方法です. 消化器内科 胃がん 治癒 胃がん切除 はじめに 胃がんは胃の粘膜細胞から発生するがんです. 胃の検診や症状が出現し医療機関を受診して発見に至ります. 一般にがんの治療はがんに侵された病巣を切除すること, つまり外科的切除が主体となります. しかし, がんの拡がり ( 進み具合 : 進行度転移 ) によって, その治療方法

More information

<303491E592B BC92B08AE02E786C73>

<303491E592B BC92B08AE02E786C73> ( 注意 ) : 複数選択 : 単一選択 * 複数治療がある場合は 別シートをご利用下さい 担癌状態の評価 今回の血清採取時 ( 登録時または追跡調査時 ) に担癌状態 ( がんが存在する状態 ) か ( 医師への確認を はい いいえ 前提として下さい ) はい の場合( 複数回答可 ) 手術前 非根治手術後 手術不能 化学療法または放射線治療中 もしくは治療後 ホルモン療法中もしくは治療後 治療後の再燃

More information

日産婦誌61巻4号研修コーナー

日産婦誌61巻4号研修コーナー ( 表 E-8-3)-(4)-1) 子宮頸癌取扱い規約組織分類 ( 日本産科婦人科学会, ほか編 : 子宮頸癌取扱い規約, 改訂第 2 版 1) より一部改変 ) ( 図 E-8-3)-(4)-1) 微小浸潤扁平上皮癌の計測 ( 日本産科婦人科学会, ほか編 : 子宮頸癌取扱い規約. 改訂第 2 版 1) ) 浸潤の深さと縦軸方向の広がりはいずれも組織標本上での計測により mm 単位で記載する.

More information

Microsoft Word - 03 大腸がんパス(H30.6更新).doc

Microsoft Word - 03 大腸がんパス(H30.6更新).doc 地域連携手帳 ( 京都府統一版 ) 名前 ( ふりがな ) ( ) 生 明 大 昭 平 大腸がん地域連携手帳 ( 京都府統一版 ) 目次 地域連携手帳とは 1 連携手帳を用いた診療の流れ 2 連携手帳の使い方について 3 連携手帳使用に係る説明書 同意書 4 わたしのプロフィール 6 氏名 医療機関等 既往歴 アレルギー 内服薬等 手術記録 その他特記事項( 連携時 ) 診察 検査予定表 10 特記事項

More information

内視鏡摘除手技の標準化プロジェクト研究会 第 67 回大腸癌研究会,2007 年 7 月 5 日 ( 木曜日 ), 神戸 大腸内視鏡治療の局所遺残再発 偶発症に関するアンケート 2004 年 1 月 2005 年 12 月 (2 年間 )

内視鏡摘除手技の標準化プロジェクト研究会 第 67 回大腸癌研究会,2007 年 7 月 5 日 ( 木曜日 ), 神戸 大腸内視鏡治療の局所遺残再発 偶発症に関するアンケート 2004 年 1 月 2005 年 12 月 (2 年間 ) 内視鏡摘除手技の標準化プロジェクト研究会 第 67 回大腸癌研究会,2007 年 7 月 5 日 ( 木曜日 ), 神戸 大腸内視鏡治療の局所遺残再発 偶発症に関するアンケート 2004 年 1 月 2005 年 12 月 (2 年間 ) アンケート回答協力施設 107 施設 (2 施設無記名 ) 札幌医大 1 内 札幌厚生病院消化器科 焼津市立総合病院 チクバ外科胃腸科肛門科病院 福岡歯科大学医科歯科総合病院

More information

患者さんへの説明書

患者さんへの説明書 難治性 Clostridium difficile 関連下痢症 腸炎に対する糞便細菌叢移植 につきまして 1. はじめに本研究は 臨床試験のなかでも 医師主導臨床試験 に該当する試験になります 医師主導臨床試験とは医療現場でのニーズが高い医薬品や医療機器 治療法を医師が自ら医療機関の倫理委員会などに申請し 承認を受けることにより実施が可能となった試験です 本試験は滋賀医科大学消化器内科が主体となり臨床試験の計画

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 当科にて施行した ESD の 2 症例について 独立行政法人国立病院機構指宿医療センター消化器内科千堂一樹 小野陽平 大重彰彦 ESD( 内視鏡的粘膜下層剥離術 ) とは 近年 消化管領域の早期癌に対する内視鏡的治療は日本を中心に急速に発展してきており 入院日数が短期間で済み身体への負担も軽く出来るため 新しい治療法として注目されてきている 現在 消化管の早期癌に対する内視鏡的治療としては主に以下の

More information

スライド 1

スライド 1 胃癌の治療選択 早期胃癌 進行胃癌 粘膜癌 粘膜下層癌 1 内視鏡的粘膜切除術 (EMR) あるいは ESD 2 腹腔鏡下手術 3 開腹手術 ESD 腹腔鏡下手術開腹手術 1 開腹手術 2 化学療法 ( 抗がん剤 ) 早期胃癌切除例の半数以上が ESD 施行例となっている ESD の実際 病変を確認事前の陰性生検にニードルナイフにてマーキング (VIO: swift coag 3, 30 W) AIM

More information

150800247.indd

150800247.indd ヘリコバクター ピロリ ピロリ菌 感染症について 消化器内科 藤澤 聖 1983 年に胃の粘膜からピロリ菌が発見されて以来様々な研究がなされ ピロリ菌と胃の関係や 種々の病気との関連について明らかになってきました ピロリ菌が胃に感染すると長い年月をかけて 萎縮性胃炎 腸上皮化生という状態を惹き起こし そこから大部分の胃癌が発生すると言われてい ます また胃潰瘍 十二指腸潰瘍や胃 MALT リンパ腫など胃腸疾患のみならず

More information

II.大腸腫瘍に対する内視鏡的治療―ポリペクトミーからEMR,ESDまで― 第66巻10号0941頁

II.大腸腫瘍に対する内視鏡的治療―ポリペクトミーからEMR,ESDまで― 第66巻10号0941頁 66 I 1 942 日本大腸肛門病会誌 年間 1-10 号 第 66 巻第 10 号 a 2013 年 10 月 樫田博史 b d c e 図 1 ポリペクトミーの 1 例 a S 状結腸 10mm の Ip ポリープ 茎部が太い b 留置スネアを基部にかけ c 結紮した d 頭部寄りの茎部にスネアをかけて e 切離した する目的で 逆に接触面積を広くする方がよい を保持する e 切除が早すぎると出血しやすく

More information

がん登録実務について

がん登録実務について 平成 28 年度東京都がん登録説明会資料 2-1 がん登録届出実務について (1) 1. 届出対象 2. 届出候補見つけ出し 3. 診断日 4. 届出票の作成例示 東京都地域がん登録室 1 1. 届出対象 1 原発部位で届出 2 入院 外来を問わず 当該腫瘍に対して 自施設を初診し 診断あるいは治療の対象 ( 経過観察を含む ) となった腫瘍を届出 3 届出対象となった腫瘍を 1 腫瘍 1 届出の形で届出

More information

Microsoft PowerPoint _OF_浅野大腸SM癌(印刷用).pptx

Microsoft PowerPoint _OF_浅野大腸SM癌(印刷用).pptx 第 10 回浜松オンコロジーフォーラム 大腸 SM 癌の診断と治療をめぐる諸問題 松田病院内視鏡センター長浅野道雄 2012.4.21 アクトシティ浜松研修交流センター 大腸 SM 癌とは 粘膜 mucosa 粘膜下層 Submucosal layer 筋層 muscle layer NPO 法 がん情報局 1 粘膜 mucosa M 癌粘膜内癌上皮内癌 粘膜下層 Submucosal layer

More information

外来在宅化学療法の実際

外来在宅化学療法の実際 平成20年度第1回高知医療センター 地域がん診療連携拠点病院 公開講座 食道がんの放射線 化学療法について 高知医療センター 腫瘍内科 辻 晃仁 がん薬物療法専門医 がん治療認定医 2008.7.19. 高知市 ウエルサンピア高知 レインボーホール 食道の構造 食道がんの進行 食道の内面の粘膜から発生したがんは 大きくなると粘膜下層に広がり さらにその下の筋層に入り込みます もっと大きくなると食道の壁を貫いて食道の外まで広がっていきます

More information

untitled

untitled 34 3 1 2016 4 JRSJ Vol. 34 No. 3 2 Apr., 2016 34 3 3 2016 4 JRSJ Vol. 34 No. 3 4 Apr., 2016 34 3 5 2016 4 JRSJ Vol. 34 No. 3 6 Apr., 2016 34 3 7 2016 4 JRSJ Vol. 34 No. 3 8 Apr., 2016 34 3 9 2016 4 JRSJ

More information

1)表紙14年v0

1)表紙14年v0 NHO µ 医師が治療により回復が期待できないと判断する 終末期 であると医療チームおよび本人 家族が判断する 患者の意志表明は明確であるか? いいえ はい 意思は文書化されているか? はい 患者には判断能力があるか? 医療チームと患者家族で治療方針を相談する 患者の意思を推量できる場合には それを尊重する はい はい 患者の意思を再確認する はい 合意が得られたか? はい いいえ 倫理委員会などで議論する

More information

( 7 5) 虫垂粘液嚢胞腺癌の 1切除例 F g 5 H s t l g lf d g sshwdm s y s t d r m ( H E s t ) 考 型度粘液腫蕩で再発リスクが低い ) C I低異型度を示 察 す粘液産生腫蕩で 腫蕩成分を含む粘液が虫垂以外に 原発性虫垂癌は全大腸癌手術件数の 8 3 %で 大 存在する群(低異型度粘液腫蕩で再発リスクが高い ) 腸癌取扱い規約 却によると

More information

十二指腸腫瘍の診断と治療 第56巻11号3763頁

十二指腸腫瘍の診断と治療 第56巻11号3763頁 3764 日本消化器内視鏡学会雑誌 Vol. 56 11, Nov. 2014 a b c d e f Figure 1 a 球部前壁のⅡa 型胃型腺腫 milk-white mucosa が明瞭 NBI 拡大観察にて reticular / sulciolar pattern を呈する b CD10 は陰性であった c MUC5AC 陰性であった d 腫瘍部の MUC6 陽性であった e 腫瘍の白色部に一致して

More information

5. 乳がん 当該疾患の診療を担当している診療科名と 専門 乳房切除 乳房温存 乳房再建 冷凍凝固摘出術 1 乳腺 内分泌外科 ( 外科 ) 形成外科 2 2 あり あり なし あり なし なし あり なし なし あり なし なし 6. 脳腫瘍 当該疾患の診療を担当している診療科名と 専

5. 乳がん 当該疾患の診療を担当している診療科名と 専門 乳房切除 乳房温存 乳房再建 冷凍凝固摘出術 1 乳腺 内分泌外科 ( 外科 ) 形成外科 2 2 あり あり なし あり なし なし あり なし なし あり なし なし 6. 脳腫瘍 当該疾患の診療を担当している診療科名と 専 がんに対する診療機能 各領域の専門医に加え 認定看護師 専門 認定薬剤師等とともにチーム医療を展開しており 標準的かつ良質 適切な医療の提供に努め 又 他の医療機関との連携を推進しております 平成 29 年 9 月 1 日現在 1. 肺がん 当該疾患の診療を担当している診療科名と 専門 1 腫瘍外科 ( 外科 ) 6 3 開胸 胸腔鏡下 定位 ありありなしなしなしなし なしなしなしありなしなし 2.

More information

F F 作成諏訪赤十字病院消化器科太田裕志

F F 作成諏訪赤十字病院消化器科太田裕志 第 6 回長野拡大内視鏡研究会症例検討まとめ 司会 : 諏訪赤十字病院太田裕志 佐久総合病院篠原知明病理コメンテーター : 下田忠和 太田浩良 塩澤哲症例 1: 症例提示 : 新潟大学竹内学読影 : 濱本英剛 ( 仙台厚生病院 ) が担当した 白色光 :HP 陰性 多発する胃底腺ポリープと委縮のない粘膜の中に白色調で中央がやや陥凹した扁平隆起 境界は明瞭 インジゴ : 陥凹部はやや委縮粘膜様に見えるため異型度が高いとみられる

More information

33 NCCN Guidelines Version NCCN Clinical Practice Guidelines in Oncology (NCCN Guidelines ) (NCCN 腫瘍学臨床診療ガイドライン ) 非ホジキンリンパ腫 2015 年第 2 版 NCCN.or

33 NCCN Guidelines Version NCCN Clinical Practice Guidelines in Oncology (NCCN Guidelines ) (NCCN 腫瘍学臨床診療ガイドライン ) 非ホジキンリンパ腫 2015 年第 2 版 NCCN.or 33 NCCN Clinical Practice Guidelines in Oncology (NCCN Guidelines ) (NCCN 腫瘍学臨床診療ガイドライン ) 2015 年第 2 版 NCCN.org NCCN Clinical Practice Guidelines in Oncology (NCCN Guidelines ) (NCCN 腫瘍学臨床診療ガイドライン ) の Lugano

More information

大腸ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を受けられる患者さんへ

大腸ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を受けられる患者さんへ 入院当日 このパンフレットを忘れずに持参してくださいね! 兵庫医科大学病院消化管内科 内視鏡センター 0 目 次 大腸 ESD( 内視鏡的粘膜下層剥離術 ) にあたって 1. 大腸がんの治療方法 2 2. 大腸がんの内視鏡治療の対象 3 3. 内視鏡治療の種類 4 4. 大腸 ESDの適応病変 5 5. 大腸 ESDの手順 6 6. 治療に伴うリスク ( 偶発症 ) 7 7. 病理組織検査 8 手術準備

More information

01.PDF

01.PDF Video-assisted thoracoscopic surgery VATS スタッフステーション ミクロの世界で診断を支える 病理検査科 科長 うえ むら ひろ ゆき 植村 弘幸 1000分の1ミリの作業をこなす 病理検査とは手術や処置で患者さんから採取した組織や 細胞を病理医が顕微鏡で調べて病名をつける検査です そのために この組織や細胞を薄く切り 染色した標本を 提供するのが 病理検査技師

More information

最終解析と総括報告書

最終解析と総括報告書 総括報告書 JCOG0607: 早期胃癌における内視鏡的粘膜切除術の適応拡大に対する第 Ⅱ 相試験 [ 作成年月日 2017 年 12 月 8 日 ] 研究事務局 : 蓮池典明 ( 有床診療所はすいけクリニック ) 小野裕之 ( 静岡県立静岡がんセンター ) 研究代表者 : 朴成和 ( 国立がん研究センター中央病院 ) グループ代表者 : 武藤学 ( 京都大学大学院医学研究科 ) 0. 試験概要 試験の目的

More information

埼玉医科大学倫理委員会

埼玉医科大学倫理委員会 全国大腸癌肝転移登録事業および登録情報に基づく研究 研究計画書 研究責任者 埼玉医科大学総合医療センター消化管 一般外科 石橋敬一郎 Version 1.0 2017 年 10 月 31 日 0 1. 研究の名称 全国大腸癌肝転移登録事業および登録情報に基づく研究 2. 研究組織について研究代表者 : 大腸癌研究会大腸癌肝転移データベース合同委員会委員長高橋慶一がん 感染症センター都立駒込病院外科副委員長山本雅一東京女子医科大学消化器外科研究事務局

More information

頭頚部がん1部[ ].indd

頭頚部がん1部[ ].indd 1 1 がん化学療法を始める前に がん化学療法を行うときは, その目的を伝え なぜ, 化学療法を行うか について患者の理解と同意を得ること ( インフォームド コンセント ) が必要である. 病理組織, 病期が決定したら治療計画を立てるが, がん化学療法を治療計画に含める場合は以下の場合である. 切除可能であるが, 何らかの理由で手術を行わない場合. これには, 導入として行う場合と放射線療法との併用で化学療法を施行する場合がある.

More information

みさき_1

みさき_1 2 3 4 5 6 7 1F 2F 8 9 10 11 17 18 19 20 21 22 23 24 31 25 26 27 28 29 30 8 1 2 3 4 5 6 7 6 8 7 16 7 8 9 10 11 12 14 15 13 17 23 Vol.41 8 6 20 11 7 15 7 23 7 7 7 16 23 23 8 13 18:00 22:00 722

More information

H21_report

H21_report vol.4 1 2 6 10 14 18 20 22 24 25 1 2 2172 73 3 21925 926 21125 126 4 5 6 21629 630 7 21107 108 21127 128 8 9 10 21616 617 11 211026 1027 211213 1214 12 13 14 21713 714 15 2194 95 211031 111 16 17 18 19

More information

Vol.14 98 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 62 63 64 65 66 67 68

More information

Vol..3 2010 2 10 2

Vol..3 2010 2 10 2 1 Vol..3 2010 2 10 2 Vol..3 2010 2 10 3 Vol..3 2010 2 10 4 Vol..3 2010 2 10 5 Vol..3 2010 2 10 6 Vol..3 2010 2 10 7 Vol..3 2010 2 10 8 Vol..3 2010 2 10 9 Vol..3 2010 2 10 10 Vol..3 2010 2 10 11 Vol..3

More information

2009-9-2.indd

2009-9-2.indd Q No.1441 Q No.1442 Vol.33 NO.9 (2009) 30 (614) Q No.1443 Vol.33 NO.9 (2009) 31 (615) Q No.1444 Vol.33 NO.9 (2009) 32 (616) Vol.33 NO.9 (2009) 33 (617) Vol.33 NO.9 (2009) 34 (618) Q No.1445 Vol.33 NO.9

More information

VOL a s d f g h

VOL a s d f g h VOL.20013 -- 1937 101939 1940410 1940 1 VOL.20013 2030 193810 19391034 1937 a s d f g h 1995139140161 1998348 1988236 1994577578 1998 1987151 1922 2 VOL.20013 101110 3000500 70 1929 1920 1927 70 4050 30

More information