慶弔金品・各種保険への課税

Size: px
Start display at page:

Download "慶弔金品・各種保険への課税"

Transcription

1 慶 弔 金 品 各 種 保 険 への 課 税 はじめに 慶 弔 に 伴 う 金 品 の 贈 呈 は,わが 国 古 来 の 社 会 的 慣 行 であり, 一 種 の 儀 礼 的 な 行 為 と 認 め られています したがって, 当 該 慶 弔 にふさわしい 金 品 の 受 領 について 課 税 するのは 妥 当 でないとして, 一 定 の 条 件 を 満 たす 場 合 は, 非 課 税 扱 いとされています 1 結 婚 出 産 等 の 祝 金 品 (1) 適 用 通 達 とその 趣 旨 結 婚 出 産 家 族 の 入 学 等 に 伴 い, 使 用 者 からその 役 員 または 使 用 人 に 贈 呈 する 祝 金 品 の 課 税 については, 次 の 通 達 が 適 用 されます 使 用 者 から 役 員 又 は 使 用 人 に 対 し 雇 用 契 約 等 に 基 づいて 支 給 される 結 婚 出 産 等 の 祝 金 品 は, 給 与 等 とする ただし,その 金 額 が 支 給 を 受 ける 者 の 地 位 等 に 照 らし, 社 会 通 念 上 相 当 と 認 められるものについては, 課 税 しなくて 差 し 支 えない ( 所 得 税 基 本 通 達 28-5 雇 用 契 約 等 に 基 づいて 支 給 される 結 婚 祝 金 品 等 ) この 通 達 は, 各 種 祝 金 品 に 対 する 課 税 の 取 扱 いを 規 定 したものであり, 本 来 は 原 則 課 税 ですが, 通 達 で 規 定 された 一 定 の 条 件 に 適 合 すれば, 非 課 税 扱 いとして 差 し 支 えないとされています この 非 課 税 条 件 は,1 雇 用 契 約 等 に 基 づいて 支 給 されるものであること,2 結 婚 出 産 等 の 祝 金 品 の 支 給 であること,3その 金 額 が 受 給 者 の 地 位 に 照 らして 社 会 通 念 上 相 当 と 認 められること,となっています 当 該 通 達 の 趣 旨 は, 社 会 的 慣 行 の 尊 重 および 少 額 非 課 税 の 原 則 によるものです 労 働 協 約, 就 業 規 則 等 の 規 定 により,または 慣 習 によって 使 用 者 から 支 給 される 結 婚 出 産 祝 等 の 金 品 は, 使 用 者 側 の 一 方 的 な 給 付 または 単 なる 贈 与 ではなく, 役 員 または 使 用 人 としての 地 位 に 基 づいて 支 給 されますから, 原 則 として, 給 与 所 得 に 該 当 するこ とになります しかし,このような 祝 金 品 の 贈 答 は, 使 用 者 と 役 員 または 使 用 人 の 問 に 限 らず, 広 く 社 会 的 慣 習 として 一 般 に 行 われていますから,その 祝 金 品 として 常 識 的 な 金 額 のものまで 課 税 するのは 妥 当 でないことから, 社 会 常 識 に 照 らし 相 当 な 金 額 のものに は 課 税 しないことになっています (2) 成 人 祝 金, 入 学 祝 金 等 の 取 扱 い 成 人 式 に 際 して, 会 社 も 祝 賀 会 を 開 き, 記 念 品 を 贈 呈 することがあります このようなケ ースは 社 会 的 慣 行 と 認 められている 行 事 の 範 囲 内 にあると 認 められているため,その 内 容 が 社 会 通 念 上 ふさわしくないとされないかぎり, 上 記 の 通 達 に 基 づいて,その 受 糸 諸 の 経 済 的 利 益 に 対 して 課 税 されないことになっています 次 に, 使 用 者 がその 役 員 または 使 用 人 の 子 女 の 小 学 校 入 学 に 際 して, 入 学 祝 金 を 支 給 す る 場 合 があります この 場 合 も, 本 来 は 給 与 とみなされて 給 与 課 税 されるのが 原 則 です が, 上 記 と 同 様 の 理 由 により,その 者 の 社 会 的 地 位 に 照 らし, 社 会 通 念 上 相 当 と 認 められ る 場 合 には, 非 課 税 が 認 められています( 前 掲 通 達 28-5) なお,これらの 祝 金 品 に 関 する 会 社 の 経 理 は, 福 利 厚 生 費 として 損 金 算 入 が 認 められて おり, 交 際 費 等 には 該 当 しないことにされています (3)その 他 の 祝 金 企 業 によっては, 上 記 のほか, 子 弟 の 七 五 三 祝 い, 自 宅 新 築 祝 い, 海 外 出 張 祝 いなどの 祝 金 品 を 支 給 する 場 合 がありますが,これらの 祝 金 は, 社 会 通 念 上 企 業 で 一 般 に 行 われて いる 慣 行 と 認 め 難 いため, 給 与 所 得 として 課 税 される 可 能 性 が 高 いと 推 定 されます

2 2 各 種 見 舞 金 に 対 する 課 税 (1) 災 害 見 舞 金 災 害 に 対 する 課 税 の 減 免 は 災 害 減 免 法 に 規 定 されていますが, 災 害 見 舞 金 は 所 得 税 法 施 行 令 30 条 非 課 税 とされる 保 険 金, 損 害 賠 償 金 等 において, 非 課 税 として 取 り 扱 われています 法 第 9 条 第 1 項 第 17 号 ( 非 課 税 所 得 )に 規 定 する 政 令 で 定 める 保 険 金 及 び 損 害 賠 償 金 (こ れらに 類 する ものを 含 む )は, 次 に 掲 げるものその 他 これらに 類 するものとする と 規 定 し, 次 の3 つのケースをあげています (1) 損 害 保 険 契 約 に 基 づく 保 険 金 及 び 生 命 保 険 契 約 に 基 づく 給 付 金 で, 身 体 の 傷 害 に 基 因 して 支 払 を 受 けるもの 並 びに 心 身 に 加 えられた 損 害 につき 支 払 を 受 ける 慰 謝 料 そ の 他 の 損 害 賠 償 金 (2) 損 害 保 険 契 約 に 基 づく 保 険 金 及 び 当 該 契 約 に 準 ずる 共 済 に 係 る 契 約 に 基 づく 共 済 金 (3) 心 身 又 は 資 産 に 加 えられた 損 害 につき 支 払 を 受 ける 相 当 の 見 舞 金 ( 第 94 条 の 規 定 に 該 当 するものの 他 役 務 の 対 価 たる 性 質 を 有 するものを 除 く) (1)と(2)は, 身 体 の 傷 害 および 財 産 の 損 害 に 基 因 する 保 険 金, 共 済 金, 損 害 賠 償 金 に 関 す る 規 定 であり,(3)の 見 舞 金 に 災 害 見 舞 金 が 含 まれると 解 釈 されています しかし,この 政 令 の 趣 旨 を 厳 密 に 解 釈 すれば, 非 課 税 の 対 象 は, 保 険 金 および 加 害 者 から の 損 害 賠 償 金 であって, 加 害 者 が 存 在 しない 自 然 災 害 の 見 舞 金 を 含 むとするのは,やや 牽 強 付 会 の 感 があります このような 事 情 を 補 完 するためか, 所 得 税 基 本 通 達 9-23( 後 掲 )があり,ここには 災 害 等 の 見 舞 金 で と 明 示 されています しかし,その 法 的 根 拠 は 令 30 条 であると 規 定 してい ますので, 論 理 上 の 疑 義 が 生 じますが 政 令 で 規 定 する 見 舞 金 に 災 害 見 舞 金 が 含 まれ るという 意 味 だと 解 釈 することができます (2) 傷 病 見 舞 金 見 舞 金 の 種 類 には,(1)のほか 傷 病 見 舞 金 があります わが 国 では, 健 康 保 険 制 度 が 普 及 しているため, 使 用 者 が 役 員 または 使 用 人 の 私 傷 病 に 対 する 医 療 費 補 助 について,アメリカ 等 のような 税 制 の 明 確 な 法 規 通 達 等 は 存 在 しま せん これについては, 平 成 7 年 11 月 13 日 付 け 国 税 速 報 で 発 表 された 国 税 庁 によるカフェテ リア プランの 税 制 ガイドラインが 参 考 になります 医 療 費 補 助, 付 添 看 護 料 補 助 及 び 差 額 ベッド 補 助 については,その 受 給 者 の 職 務 の 地 位, 給 与 の 多 寡 にかかわらず, 本 人 又 は 家 族 の 医 療 費 負 担 の 状 況 に 応 じてその 給 付 が 定 まることから,いわゆる 見 舞 金 として 支 給 されたものと 考 えられ その 支 給 額 も, 既 に 受 給 者 によって 医 療 費 として 支 出 済 の 一 部 に 限 定 され, 低 額 である 場 合 には, 所 得 税 法 施 行 令 第 30 条 第 3 号 の 見 舞 金 に 類 するものとして 取 り 扱 って 差 し 支 えないと 思 われま す ( 下 線 筆 者 )( 国 税 庁 審 理 室 課 長 補 佐 岡 本 勝 秀 )したがって, 医 療 費 の 補 助 が 傷 病 見 舞 金 の 性 格 をもつものとして 非 課 税 であれば 当 然 に 傷 病 見 舞 金 として 支 給 される 給 付 金 で 一 定 の 条 件 に 適 合 するものは 非 課 税 扱 いになるといえます これらの 金 品 の 金 額 は, 多 額 でないことが 条 件 であり,その 限 度 額 は 通 達 等 で 具 体 的 に 明 示 されていませんが 社 会 通 念 によって 判 断 されると 考 えられます その 限 度 額 を 超 え る 場 合 は, 非 課 税 の 適 用 がなくなるので,その 全 額 が 給 与 等 として 課 税 されると 推 定 さ れます

3 3 弔 慰 金 等 への 課 税 弔 慰 金 に 対 する 課 税 は, 所 得 税 基 本 通 達 9-23が 適 用 されます 葬 祭 料, 香 典 又 は 災 害 等 の 見 舞 金 で,その 金 額 が 受 贈 者 の 社 会 的 地 位, 贈 与 者 との 関 係 等 に 照 らし, 社 会 通 念 上 相 当 と 認 められるものについては, 令 第 30 条 の 規 定 により 課 税 しないものとする ( 所 得 税 基 本 通 達 9-23) 当 該 通 達 と 所 得 税 法 施 行 令 30 条 の 関 連 は, 一 見 循 環 論 の 感 がありますが 通 達 は 所 得 税 法 施 行 令 30 条 の 見 舞 金 に 災 害 見 舞 金 が 含 まれることを 明 確 にしたものと 解 釈 されます また,この 種 の 金 品 については, 必 ずしも 所 得 税 法 施 行 令 30 条 3 号 における 心 身 又 は 資 産 に 加 えられた 損 害 につき 支 払 を 受 ける 相 当 の 見 舞 金 といえるか 否 かの 疑 問 も 生 じま すが 所 得 税 法 施 行 令 30 条 の 趣 旨 は,この 種 の 給 付 が 受 給 者 の 所 得 として 課 税 するの は 必 ずしも 妥 当 ではないとして,その 取 扱 いを 明 確 にしたものと 考 えられます なお, 慶 弔 金 等 の 支 給 は, 通 常 社 内 の 内 規 ( 慶 弔 見 舞 金 規 程 )や 就 業 規 則 等 で 定 められ,い わゆる 労 使 の 協 定 事 項 になっています その 場 合, 慶 弔 金 の 支 払 いは, 会 社 の 義 務 であっ て, 従 業 員 側 には 請 求 権 が 発 生 します このような 雇 用 契 約 に 基 づく 給 付 は, 会 社 が 善 意 に 基 づいて 任 意 に 支 給 するものとは 性 質 が 異 なり, 労 働 条 件 の 一 部 と 解 されるため, 給 与 として 課 税 するのが 妥 当 となります しかし, 前 掲 政 令 の 趣 旨 からして, 従 業 員 等 の 所 得 とみるのは 妥 当 でないため, 一 定 条 件 の 下 で 非 課 税 になっています 通 達 等 による 非 課 税 限 度 額 は 明 示 されていませんが, 通 常 は 内 規 の 範 囲 内 と 想 定 されま す これを 超 える 場 合 は, 非 課 税 の 適 用 がなくなるので, 全 額 課 税 されると 推 定 されます なお, 労 働 者 災 害 保 険 法 に 該 当 する 傷 病 給 付 については, 次 のように 取 り 扱 われます 労 働 基 準 法 第 8 章 は, 労 働 者 が 業 務 上 の 理 由 により 負 傷 疾 病 または 死 亡 した 場 合 の 補 償 と して, 療 養 補 償, 休 業 補 償, 障 害 補 償 遺 族 補 償 葬 祭 料, 打 切 補 償 分 割 補 償 の7 項 目 を 規 定 し ており( 同 法 76 条 ~82 条,78 条 を 除 く), 所 得 税 法 は,そのいずれをも 非 課 税 としています ( 所 得 税 法 9 条 1 項 3 号, 所 得 税 法 施 行 令 20 条 1 項 ) 4 社 葬 費 用 の 課 税 法 人 が 主 催 する 社 葬 の 費 用 に 対 する 課 税 については, 次 の 通 達 が 適 用 されます 法 人 が,その 役 員 又 は 使 用 人 が 死 亡 したため 社 葬 を 行 い,その 費 用 を 負 担 した 場 合 に おいて,その 社 葬 を 行 うことが 社 会 通 念 上 相 当 と 認 められるときは,その 負 担 した 金 額 のうち 社 葬 のために 通 常 要 する 部 分 の 金 額 は,その 支 出 をした 日 の 属 する 事 業 年 度 の 損 金 の 額 に 算 入 することができるものとする ( 注 ) 会 葬 者 が 持 参 した 香 典 等 を 法 人 の 収 入 としないで 遺 族 の 収 入 としたときは,これを 認 める ( 所 得 税 基 本 通 達 ) この 通 達 は, 法 人 がその 役 員 または 使 用 人 の 死 亡 について 社 葬 を 行 った 場 合 の 費 用 負 担 の 課 税 について 規 定 しています 社 葬 の 実 施 にあたっては,1その 社 葬 を 行 うことが 社 会 通 念 上 相 当 であること,2その 負 担 した 金 額 が 社 葬 のために 通 常 要 する 金 額 であるこ とを 要 します 社 葬 が 社 会 通 念 上 相 当 かどうかは, 死 亡 した 役 員 等 の 死 亡 の 事 情, 生 前 に おける 当 該 法 人 に 対 する 貢 献 度 合 い 等 を 総 合 勘 案 して 判 断 することになります 社 葬 の ために 通 常 要 する 金 額 の 判 断 については,たとえば 密 葬 の 費 用, 墓 石, 仏 壇, 位 牌 等 の 費 用, 戒 名 を 受 ける 費 用 など 明 らかに 故 人 の 遺 族 が 負 担 すべき 費 用 はこれに 該 当 しないこ とになっています

4 5 団 体 生 命 保 険 等 への 課 税 (1) 生 命 保 険 契 約 の 類 型 役 員 および 従 業 員 に 対 する 弔 慰 金, 傷 病 見 舞 金 の 資 金 の 手 当 として, 役 員 従 業 員 の 全 員 を 被 保 険 者 とし, 法 人 が 保 険 契 約 者 および 保 険 金 受 取 人 として 保 険 契 約 を 締 結 するケー スがあります これは, 経 営 者 保 険 または 役 員 退 職 保 険 などと 呼 ばれ, 法 人 の 生 命 保 険 契 約 の 基 本 形 態 になっています 被 保 険 者 契 約 者 保 険 金 受 取 人 ( 死 亡 満 期 ) 役 員 従 業 員 法 人 法 人 なお, 生 命 保 険 は, 養 老 保 険 定 期 保 険 定 期 付 き 養 老 保 険 の3つが 基 本 型 であり,これらに 癌 保 険 傷 病 保 険 入 院 保 険 等 の 特 約 保 険 が 付 加 される 場 合 があります (2) 保 険 料 保 険 金 への 課 税 養 老 保 険 養 老 保 険 は, 被 保 険 者 が 保 険 期 間 満 了 時 に 生 存 している 場 合 に 満 期 保 険 金 を 支 払 い, 保 険 期 間 中 に 死 亡 した 場 合 には, 満 期 保 険 金 と 同 額 の 死 亡 保 険 金 を 支 払 う 仕 組 みの 保 険 で す そして,その 保 険 料 は 満 期 保 険 金 の 支 払 財 源 に 充 てるための 積 立 保 険 料 と, 被 保 険 者 が 死 亡 した 場 合 の 死 亡 保 険 金 の 支 払 財 源 に 充 てるための 危 険 保 険 料 などからなってい ます 養 老 保 険 の 税 務 については, 通 達 が 出 ており,その 内 容 を 要 約 すれば 次 のとおりです (1) 死 亡 保 険 金 および 生 存 保 険 金 の 受 取 人 が 当 該 使 用 者 ( 法 人 )である 場 合 は, 当 該 役 員 または 使 用 人 が 受 ける 経 済 的 利 益 はないものとします (2) 死 亡 保 険 金 および 生 存 保 険 金 の 受 取 人 が 被 保 険 者 またはその 遺 族 である 場 合 は,そ の 支 払 われた 保 険 金 の 額 に 相 当 する 金 額 が 当 該 役 員 または 使 用 人 の 給 与 等 として 扱 わ れます (3) 死 亡 保 険 金 の 受 取 人 が 被 保 険 者 の 遺 族 で, 生 存 保 険 金 の 受 取 人 が 当 該 使 用 者 である 場 合 は, 当 該 役 員 または 使 用 人 が 受 ける 経 済 的 利 益 はないものとされます ただし, 役 員 または 特 定 の 使 用 人 (これらの 者 の 親 族 を 含 む)のみを 被 保 険 者 としている 場 合 には,そ の 支 払 った 保 険 料 のうち,その2 分 の1に 相 当 する 金 額 は, 当 該 役 員 または 使 用 人 の 給 与 等 とされます なお,これには 以 下 の( 注 )が 付 されています ( 注 ) 1 傷 害 特 約 等 の 特 約 に 係 る 保 険 料 を 使 用 者 が 支 払 ったことにより 役 員 又 は 使 用 人 が 受 ける 経 済 的 利 益 については,36-31の4 参 照 2 上 記 3)のただし 書 については, 次 によることに 留 意 する (1) 保 険 加 入 の 対 象 とする 役 員 又 は 使 用 人 について, 加 入 資 格 の 有 無 保 険 金 額 等 に 格 差 が 設 けられている 場 合 であっても,それが 職 種, 年 齢, 勤 続 年 数 等 に 応 ずる 合 理 的 な 基 準 により, 普 遍 的 に 設 けられた 格 差 であると 認 められるときは,ただし 書 を 適 用 しない (2) 役 員 又 は 使 用 人 の 全 部 又 は 大 部 分 が 同 族 関 係 者 である 法 人 については,たとえその 役 員 又 は 使 用 人 の 全 部 を 対 象 として 保 険 に 加 入 する 場 合 であっても,その 同 族 関 係 者 で ある 役 員 又 は 使 用 人 については,ただし 書 を 適 用 する ( 所 得 税 基 本 通 達 使 用 者 契 約 の 養 老 保 険 に 係 る 経 済 的 利 益 )

5 定 期 保 険 定 期 保 険 とは, 死 亡 保 険 のみ 行 う 生 命 保 険 で, 保 険 期 間 中 の 死 亡 に 対 して 死 亡 保 険 金 を 支 払 うものであり, 掛 け 捨 ての 保 険 です (1) 使 用 者 が 死 亡 保 険 金 の 受 取 人 である 場 合 は,その 経 済 的 利 益 はないものとされます (2) 被 保 険 者 の 遺 族 が 死 亡 保 険 金 の 受 取 人 である 場 合 は, 原 則 として(1)と 同 様 の 扱 いに なりますが, 役 員 または 特 定 の 使 用 人 (これらの 者 の 親 族 を 含 む)のみを 被 保 険 者 として いる 場 合 には,その 保 険 料 の 額 に 相 当 する 金 額 は,その 役 員 または 使 用 人 に 対 する 給 与 として 課 税 されます( 所 得 税 基 本 通 達 36-31の2) (3) 保 険 料 等 の 経 理 処 理 1 死 亡 保 険 金 および 生 存 保 険 金 の 受 取 人 が 当 該 法 人 である 場 合,その 支 払 った 保 険 料 の 額 は, 保 険 事 故 の 発 生 または 保 険 契 約 の 解 除 もしくは 失 効 により 当 該 保 険 契 約 が 終 了 す るときまでは 資 産 に 計 上 することとされています 2 死 亡 保 険 金 および 生 存 保 険 金 の 受 取 人 が 被 保 険 者 またはその 遺 族 である 場 合 には,そ の 支 払 った 保 険 料 の 額 は, 当 該 役 員 または 使 用 人 に 対 する 給 与 とすることになっていま す 3 死 亡 保 険 金 の 受 取 人 が 被 保 険 者 の 遺 族 で, 生 存 保 険 金 の 受 取 人 が 当 該 法 人 である 場 合 は,その 支 払 った 保 険 金 のうち,その2 分 の1に 相 当 する 金 額 は1により 資 産 に 計 上 し, 残 額 は 期 間 の 経 過 に 応 じて 損 金 の 額 に 算 入 します ただし, 役 員 または 部 課 長 その 他 特 定 の 使 用 人 (これらの 者 の 親 族 を 含 む)のみを 被 保 険 者 としている 場 合 には, 当 該 残 額 は, 当 該 役 員 または 使 用 人 に 対 する 給 与 とすることになっています( 法 人 税 基 本 通 達 9-3-4) 死 亡 保 険 金 受 取 人 生 存 役 員 等 の 課 税 保 険 料 課 税 Ⅰ 法 人 法 人 非 課 税 資 産 計 上 Ⅱ 遺 族 法 人 非 課 税 1/2 給 与 1/2 資 産 Ⅲ 遺 族 被 保 険 者 給 与 課 税 給 与 等 6 所 得 補 償 保 険 への 課 税 所 得 保 障 保 険 とは ケガや 病 気 で 働 けなくなった 場 合 ( 就 業 不 能 期 間 ) 等 で 多 額 の 損 害 が 生 じた 場 合 に, 保 険 金 として 設 定 した 一 定 金 額 を 月 額 で 受 け 取 れる 保 険 です 医 療 保 険 や 傷 害 保 険 で 医 療 費 はカバーできても 生 活 費 までは 賄 いきれないための 保 険 です その ような 場 合 に 備 える 保 険 が 所 得 補 償 保 険 になります 会 社 が 保 険 料 を 支 払 い, 保 険 金 を 被 保 険 者 が 受 け 取 る 場 合 で, 公 傷 病 に 起 因 する 場 合 は もちろん 非 課 税 です 私 傷 病 その 他 の 場 合 は 給 与 等 として 課 税 されるのが 原 則 ですが 心 身 財 産 に 相 当 の 損 害 を 受 けた 場 合 は, 非 課 税 となることも 考 えられます 7 会 社 以 外 から 受 ける 慶 弔 金 への 課 税 その 金 額 等 が 社 会 通 念 上 適 正 額 であれば, 前 掲 の 通 達 等 に 基 づいて 原 則 的 に 非 課 税 です ( 参 考 阪 神 淡 路 大 震 災 時 の 災 害 見 舞 金 と 法 人 税 ) 阪 神 淡 路 大 震 災 に 際 して 国 税 庁 は, 阪 神 淡 路 大 震 災 に 関 する 諸 費 用 の 法 人 税 の 取 扱 いについて ( 平 成 7 年 2 月 27 日 課 法 2-1, 課 審 4-11, 査 調 4-1)と 題 する 通 達 を 発 している そこでは, 被 災 法 人 のさまざまな 費 用 の 損 金 算 入 を 認 めているが, 併 せて 取 引 先 や 被 災 従 業 員 や 取 引 先 従 業 員 への 支 援 に 対 する 費 用 の 損 金 算 入 を 認 めている 今 回 の 場 合 も,

6 同 様 な 扱 いがされると 思 われる 以 下 に, 災 害 見 舞 金 に 関 する 取 扱 いを 紹 介 する ( 従 業 員 に 対 する 災 害 見 舞 金 ) 法 人 が, 災 害 を 受 けた 自 己 の 役 員 又 は 使 用 人 に 対 して 災 害 見 舞 金 ( 物 品 を 含 む)を 支 給 し, これを 福 利 厚 生 費 として 経 理 した 場 合 において, 当 該 災 害 見 舞 金 が 一 定 の 基 準 に 従 って 支 給 され,かつ,その 金 額 が 災 害 見 舞 金 として 社 会 通 念 上 相 当 であるときは,これを 認 め る 当 該 法 人 が, 自 己 の 役 員 又 は 使 用 人 と 同 等 の 事 情 にある 専 属 下 請 先 の 役 員 若 しくは 使 用 人 又 は 特 約 店 等 のセールスマンに 対 して 支 給 する 災 害 見 舞 金 についても, 同 様 とする ( 取 引 先 に 対 する 災 害 見 舞 金 等 ) 法 人 が, 被 災 前 の 取 引 関 係 の 維 持, 回 復 を 目 的 として 災 害 発 生 後 相 当 の 期 間 内 にその 取 引 先 に 対 して 行 った 災 害 見 舞 金 の 支 出 又 は 事 業 用 資 産 の 供 与 若 しくは 役 務 の 提 供 のた めに 要 した 費 用 は, 交 際 費 等 以 外 の 費 用 として 取 り 扱 う ( 災 害 見 舞 金 に 充 てるために 同 業 団 体 等 へ 拠 出 する 分 担 金 等 ) 法 人 が,その 所 属 する 協 会, 連 盟 その 他 の 同 業 団 体 等 ( 以 下 同 業 団 体 等 という)の 構 成 員 の 有 する 事 業 用 資 産 について 災 害 による 損 失 が 生 じた 場 合 に,その 損 失 の 補 てんを 目 的 とする 構 成 員 相 互 の 扶 助 等 に 係 る 規 約 等 ( 災 害 の 発 生 を 機 に 新 たに 定 めたものを 含 む)に 基 づき 合 理 的 な 基 準 に 従 って 当 該 同 業 団 体 等 から 賦 課 され, 拠 出 した 分 担 金 等 は, 寄 附 金 以 外 の 費 用 として 取 り 扱 う ( 自 社 製 品 等 の 被 災 者 に 対 する 提 供 ) 法 人 が 自 社 の 製 品 等 を 多 数 の 被 災 者 に 提 供 するために 要 する 費 用 は, 交 際 費 等 又 は 寄 附 金 以 外 の 費 用 として 取 り 扱 う

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

特別区人事・厚生事務組合人事行政のあらまし

特別区人事・厚生事務組合人事行政のあらまし 特 別 区 人 事 厚 生 事 務 組 合 人 事 行 政 のあらまし 特 別 区 人 事 厚 生 事 務 組 合 は 特 別 区 の 権 限 に 属 する 事 務 の 一 部 を 共 同 して 処 理 するため 地 方 自 治 法 の 規 定 により 設 立 された 特 別 地 方 公 共 団 体 ( 一 部 事 務 組 合 )です 本 組 合 に 勤 務 する 職 員 の 任 用 給 与 及 び

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

契約社員・アルバイト規程

契約社員・アルバイト規程 契 約 職 員 アルバイト 規 程 一 般 財 団 法 人 Rubyアソシエーション 平 成 23 年 7 月 27 日 作 成 施 行 平 成 26 年 6 月 12 日 第 2 条 及 び 第 8 条 改 正 第 1 条 ( 目 的 ) 第 1 章 : 総 則 1.この 規 程 は 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 契 約 職 員 およびアルバイトの 服 務 と 就 業 条 件 に

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B>

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B> 独 立 行 政 法 人 自 動 車 事 故 対 策 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 7 号 改 正 平 成 16 年 3 月 24 日 平 成 16 年 機 構 規 程 第 4 号 改 正 平 成 18 年 3 月 27 日 平 成 18 年 機 構 規 程 ( 総 務 ) 第 4 号 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 施 行 規 程 ( 平 成 10 年 3 月 3 1 日 ) 平 成 10 年 規 程 第 3 号 ( 趣 旨 ) 改 正 平 成 11 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平 成 14 年 2 月 26 日 規 程 第 2 号 平 成 14 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 36 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な

More information

2 その 年 中 の 特 定 支 出 の 額 ( 前 払 をした 特 定 支 出 ) 問 資 格 取 得 費 に 該 当 する 専 門 学 校 (2 年 制 )の 授 業 料 等 の 支 出 をしましたが この 特 定 支 出 については その 支 出 した 年 分 の 特 定 支 出 の 額 の

2 その 年 中 の 特 定 支 出 の 額 ( 前 払 をした 特 定 支 出 ) 問 資 格 取 得 費 に 該 当 する 専 門 学 校 (2 年 制 )の 授 業 料 等 の 支 出 をしましたが この 特 定 支 出 については その 支 出 した 年 分 の 特 定 支 出 の 額 の 第 2 質 疑 応 答 編 1 改 正 内 容 問 平 成 24 年 度 税 制 改 正 において 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 制 度 が 改 正 されました が その 改 正 内 容 を 教 えてください 平 成 24 年 度 税 制 改 正 において 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 制 度 について 次 の 改 正 が 行 われました (1) 特 定 支 出

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

職 員 の 平 均 給 料 の 月 額 初 任 給 などの 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 及 び 平 均 給 料 平 均 給 与 の 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 支 給 分 ) 平 均 年 齢 平 均 給 料 の 月 額 平 均 給 与 月 額 医 師 41.2

職 員 の 平 均 給 料 の 月 額 初 任 給 などの 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 及 び 平 均 給 料 平 均 給 与 の 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 支 給 分 ) 平 均 年 齢 平 均 給 料 の 月 額 平 均 給 与 月 額 医 師 41.2 平 成 25 年 度 掛 川 市 袋 井 市 病 院 企 業 団 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 掛 川 市 袋 井 市 病 院 企 業 団 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 に 基 づき 掛 川 市 袋 井 市 病 院 企 業 団 の 任 免 給 与 勤 務 条 件 などの 概 要 についてお 知 らせします 1. 職 員 の 任

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

( 選 挙 管 理 委 員 会 ) 第 5 条 役 員 選 挙 を 主 宰 する 機 関 として 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 2 選 挙 管 理 委 員 会 は 役 員 選 挙 の 実 施 される 直 近 の 社 員 総 会 において 正 会 員 のな かから 選 出 した5 名 の

( 選 挙 管 理 委 員 会 ) 第 5 条 役 員 選 挙 を 主 宰 する 機 関 として 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 2 選 挙 管 理 委 員 会 は 役 員 選 挙 の 実 施 される 直 近 の 社 員 総 会 において 正 会 員 のな かから 選 出 した5 名 の 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 緑 会 定 款 ( 以 下 定 款 という) 第 59 条 の 規 定 に 基 づき この 法 人 の 運 営 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする 第 2 章 役 員 選 挙 ( 役 員 選 挙 の 方 法 ) 第 2 条 この 法 人 の 役 員 の 選 挙 は 定 款

More information

目 次 Ⅰ 給 与 の 状 況 はじめに P 1 1 給 与 水 準 に つ い て P 2 2 給 料 表 に つ い て P 6 3 昇 格 昇 給 基 準 等 に つ い て P 8 4 技 能 労 務 職 給 料 表 に つ い て P 10 5 勤 務 成 績 の 評 定 について P 1

目 次 Ⅰ 給 与 の 状 況 はじめに P 1 1 給 与 水 準 に つ い て P 2 2 給 料 表 に つ い て P 6 3 昇 格 昇 給 基 準 等 に つ い て P 8 4 技 能 労 務 職 給 料 表 に つ い て P 10 5 勤 務 成 績 の 評 定 について P 1 平 成 24 年 度 市 町 村 職 員 の 給 与 定 員 管 理 勤 務 条 件 等 の 状 況 平 成 25 年 2 月 高 知 県 総 務 部 市 町 村 振 興 課 担 当 : 行 政 担 当 寺 村 ( 給 与 ) 坂 本 ( 定 員 管 理 勤 務 条 件 ) 山 元 ( 福 利 厚 生 ) 野 瀬 電 話 :088-823-9313 目 次 Ⅰ 給 与 の 状 況 はじめに P 1

More information

学校法人盛岡大学就業規則

学校法人盛岡大学就業規則 学 校 法 人 盛 岡 大 学 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 盛 岡 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 の 就 業 に 関 し 基 本 的 な 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 及 びこの 規 則 において 別 に 定 めることとされている 制 度 は すべて 一 体 として 常 に 法

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 職 員 給 与 規 程 最 終 改 正 平 成 15 年 10 月 1 日 独 信 基 (101) 平 成 15 年 第 35 号 平 成 28 年 4 月 20 日 独 信 基 602 平 成 28 年 度 第 5 号 制 定 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 の 業 務 に 常 時 従 事

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 =

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 = 2 給 与 規 程 関 係 この 項 目 では 就 業 規 則 の 給 与 に 関 する 事 項 について 別 に 定 めた 給 与 規 程 として 参 考 例 を 記 載 しています 法 人 会 給 与 規 程 ( 参 考 例 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 就 業 規 則 第 条 の 規 程 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 する 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案)

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案) 山 口 県 PTA 連 合 会 の 運 営 に 関 する 細 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 山 口 県 PTA 連 合 会 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 37 条 により 山 口 県 PTA 連 合 会 ( 以 下 本 会 という )の 運 営 に 関 する 細 則 を 定 めるものとする 第 2 章 役 員 選 考 ( 総 則 ) 第 2 条

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

別表(第6条、第8条関係)

別表(第6条、第8条関係) 政 務 活 動 費 の 取 り 扱 いマニュアル 平 成 25 年 4 月 1 日 伊 勢 市 議 会 事 務 局 目 次 1 制 度 の 概 要 1ページ 2 政 務 活 動 費 について 1ページ 3 政 務 活 動 費 交 付 の 根 拠 となる 法 律 条 例 等 について 1ページ 4 政 務 活 動 費 の 交 付 の 概 要 1ページ 5 政 務 活 動 費 の 申 請 から 交 付

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

(2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 職 員 給 与 費 とは 職 員 に 支 給 する 給 与 の 総 額 をいいます 職 員 数 給 与 費 1 人 当 たりの 給 与 費 (B/A) (A) 給 料 職 員 手 当 期 末 勤 勉 手 当 計 (B) 6

(2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 職 員 給 与 費 とは 職 員 に 支 給 する 給 与 の 総 額 をいいます 職 員 数 給 与 費 1 人 当 たりの 給 与 費 (B/A) (A) 給 料 職 員 手 当 期 末 勤 勉 手 当 計 (B) 6 広 域 大 和 斎 場 組 合 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 地 方 公 務 員 法 及 び 広 域 大 和 斎 場 組 合 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 の 規 定 により 広 域 大 和 斎 場 組 合 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 を 次 のとおり 公 表 します 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

ア 候 補 者 等 が 結 婚 披 露 宴 に 自 ら 出 席 し その 場 おいてする 祝 儀 の 供 与 イ 候 補 者 等 が 葬 式 に 自 ら 出 席 し その 場 においてする 香 典 の 供 与 ウ 候 補 者 等 が 葬 式 の 日 までの 間 に 自 ら 弔 問 し その 場 にお

ア 候 補 者 等 が 結 婚 披 露 宴 に 自 ら 出 席 し その 場 おいてする 祝 儀 の 供 与 イ 候 補 者 等 が 葬 式 に 自 ら 出 席 し その 場 においてする 香 典 の 供 与 ウ 候 補 者 等 が 葬 式 の 日 までの 間 に 自 ら 弔 問 し その 場 にお Ⅳ 寄 附 の 禁 止 1 寄 附 の 禁 止 い み 公 職 の 候 補 者 または 公 職 の 候 補 者 になろうとする 者 ( 公 職 にある 者 を 含 む)は 当 該 選 挙 区 内 にある 者 に 対 し いかなる 名 義 をもってするを 問 わず 寄 附 をすることはできません この 場 合 その 寄 附 が 選 挙 に 関 するかどうかにかかわらず また 時 期 のいかんを 問 わず

More information

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億 池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 目 次 1 総 括 1 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 3 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 職 員 の 手 当 の 状 況 56 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 7 6 職 員 数 採 用 試 験 の 状 況 811 7 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

ninki-kyuyo

ninki-kyuyo 任 期 制 職 員 給 与 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 17 号 ) 改 正 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 31 号 ) 改 正 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 平 成 28 年 規 程 第 43 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 13 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 本

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 12 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 という )

More information

2/11 報 告 における 社 会 保 障 は 均 一 の 保 険 料 と 均 一 の 給 付 額 を 定 めた 均 一 の 原 則 が 設 定 されたが,1950 年 代 から 1970 年 代 にかけた 社 会 保 障 制 度 の 展 開 (1959 年 の 国 民 保 険 法 改 正 < 保

2/11 報 告 における 社 会 保 障 は 均 一 の 保 険 料 と 均 一 の 給 付 額 を 定 めた 均 一 の 原 則 が 設 定 されたが,1950 年 代 から 1970 年 代 にかけた 社 会 保 障 制 度 の 展 開 (1959 年 の 国 民 保 険 法 改 正 < 保 1/11 第 19 回 社 会 福 祉 士 第 9 回 精 神 保 健 福 祉 士 共 通 科 目 国 家 試 験 問 題 解 説 ( ) =2 社 会 保 障 論 = ( 問 題 11~ 問 題 20) (2007 年 5 月 3 日 ホームページ 掲 載 ) 社 会 保 障 論 問 題 11 社 会 保 障 の 歴 史 に 関 する 次 の 記 述 のうち, 誤 っているものを 一 つ 選 びなさい

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理 5 就 業 規 則 ( 服 務 休 暇 福 利 厚 生 等 ) 関 係 介 護 サービス 事 業 所 施 設 の 事 業 規 模 にかかわらず 職 員 が 安 心 して 働 け る 明 るい 職 場 を 作 ることは すべての 事 業 所 施 設 にとって 重 要 なことです そのためには あらかじめ 就 業 規 則 等 で 労 働 時 間 や 賃 金 をはじめ 人 事 服 務 規 律 など 職 員

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

Microsoft Word - ac16-8.doc

Microsoft Word - ac16-8.doc 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 6 年 4 月 日 制 定 平 成 6 年 規 程 第 29 号 ( 趣 旨 ) 第 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 6 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 8 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

(Microsoft Word - 00\225\\\216\206\201E\227\240\225\\\216\206)

(Microsoft Word - 00\225\\\216\206\201E\227\240\225\\\216\206) 政 務 活 動 費 の 事 務 処 理 マニュアル 平 成 25 年 3 月 岩 手 県 議 会 ~ は じ め に ~ 岩 手 県 議 会 では 地 方 議 員 の 調 査 活 動 基 盤 を 充 実 させ その 審 議 能 力 を 強 化 させるとともに 併 せて その 使 途 の 透 明 性 を 確 保 する という 地 方 自 治 法 の 趣 旨 を 踏 まえ 平 成 13 年 3 月 に

More information

コメントの概要及びそれに対する金融庁の考え方

コメントの概要及びそれに対する金融庁の考え方 1. 保 険 業 の 定 義 から 除 かれるもの 関 係 都 道 府 県 県 単 位 のPTA 連 合 会 が 設 立 した 互 助 会 による 共 済 についても 適 用 除 外 とすべき 各 団 体 が 構 成 員 のために 運 営 する 自 主 的 な 共 済 制 度 を 適 用 除 外 とすること 構 成 員 が 真 に 限 定 されているものについては 特 定 の 者 を 相 手 方 とする

More information

<815A93FA967B90D48F5C8E9A8ED0974C8CF78FCD8ED088F58FCD939991A1975E8B4B91A5>

<815A93FA967B90D48F5C8E9A8ED0974C8CF78FCD8ED088F58FCD939991A1975E8B4B91A5> 〇 日 本 赤 十 字 社 有 功 章 社 員 章 等 贈 与 規 則 ( 昭 和 54 年 3 月 7 日 本 達 甲 第 2 号 ) 改 正 昭 和 63 年 10 月 本 達 甲 第 2 号 平 成 10 年 3 月 本 達 甲 第 3 号 平 成 6 年 3 月 本 達 甲 第 3 号 平 成 12 年 3 月 本 達 甲 第 1 号 日 本 赤 十 字 社 有 功 章 社 員 章 等 贈

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

あぐり1月号

あぐり1月号 VOL.30 2008/1/1 今 月 号 の 掲 載 内 容 医 療 費 控 除 Q&A 1P~ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 5P~ 今 月 のトピック 確 定 申 告 7P~ 2008 年 税 務 カレンダー 9P あけましておめでとうございます 今 年 もよろしくお 願 い 致 します 清 田 会 計 事 務 所 は 電 子 申 告 を 推 進 しています 当 事 務 所 ホームページも

More information

Microsoft Word - 87医療法人

Microsoft Word - 87医療法人 Volume 87 吉 田 正 一 税 理 士 事 務 所 一 人 医 療 法 人 の 税 金 ( 節 税 ポイント) 一 人 医 療 法 人 の 税 金 は じ め に こんにちは 税 理 士 の 吉 田 正 一 です 一 人 医 療 法 人 (= 分 院 なしの 医 療 法 人 )の 税 金 テーマをまとめました 税 金 テーマとは 生 涯 税 率 世 帯 税 率 を 下 げるにはどうするか という

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

2 税 計 算 方 法 均 割 市 民 税 3,500 円 県 民 税 1,800 円 ( 県 民 税 は 超 過 課 税 ( 水 源 環 境 保 全 税 )による 上 乗 せ 分 を 含 む ) 東 日 本 大 震 災 から 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防 災 た

2 税 計 算 方 法 均 割 市 民 税 3,500 円 県 民 税 1,800 円 ( 県 民 税 は 超 過 課 税 ( 水 源 環 境 保 全 税 )による 上 乗 せ 分 を 含 む ) 東 日 本 大 震 災 から 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防 災 た 3 市 民 税 県 民 税 市 民 税 は 一 般 に 県 民 税 と 合 わせて 住 民 税 ( 市 民 税 県 民 税 )と 呼 ばれ 地 域 社 会 会 費 として 住 民 がそ 能 力 に 応 じて 広 く 負 担 を 分 かち 合 うという 性 格 を 有 する 税 です 市 民 税 には 個 人 が 負 担 する 個 人 市 民 税 と 会 社 などが 負 担 する 法 人 市 民 税

More information

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 規 程 第 5 号 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 の 退 職 手 当 について は この 規 程 の 定 めるところによる 2 この

More information

Microsoft Word - 5-26職員給与規程

Microsoft Word - 5-26職員給与規程 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 5 月 10 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 28

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131F7DCF2C5D0E5DCF5F0A4D3F8E9A9E5B3>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131F7DCF2C5D0E5DCF5F0A4D3F8E9A9E5B3> Shinsong Bldg. Rm.902,9Fl. 25-4Yeouido-dong,Yeongdeungpo-gu Seoul,150-010, Korea TEL : +82-2-3215-1300 FAX : +82-2-761-6640 退 職 給 付 制 度 (1) 勤 労 者 退 職 給 付 保 障 法 の 制 定 施 行 韓 国 政 府 は 2005 年 1 月 27 日 付 で 従

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

第 19 条 理 事 長 に 事 故 ある 時 は,あらかじめ 理 事 長 の 指 名 した 理 事 がその 職 務 を 代 行 第 20 条 理 事 は 庶 務, 会 計, 編 集,その 他 の 業 務 を 分 掌 ( 監 事 ) 第 21 条 本 学 会 に 監 事 2 名 をおく 監 事 の

第 19 条 理 事 長 に 事 故 ある 時 は,あらかじめ 理 事 長 の 指 名 した 理 事 がその 職 務 を 代 行 第 20 条 理 事 は 庶 務, 会 計, 編 集,その 他 の 業 務 を 分 掌 ( 監 事 ) 第 21 条 本 学 会 に 監 事 2 名 をおく 監 事 の 日 本 細 菌 学 会 会 則 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 学 会 は 日 本 細 菌 学 会 (Japanese Society for Bacteriology)という ( 目 的 ) 第 2 条 本 学 会 は 細 菌 学 およびその 関 連 領 域 の 科 学 の 進 歩 に 寄 与 し 社 会 に 貢 献 することを 目 的 と ( 事 業 ) 第 3 条 本 学

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

目 次 (1) 選 挙 運 動 1 選 挙 運 動 の 定 義 政 治 活 動 との 違 い (2) 選 挙 運 動 期 間 1 選 挙 運 動 ができる 期 間 事 前 運 動 とみなされない 行 為 事 前 運 動 にあたるとして 禁 止 されるもの (3) 候 補 者 等 及 び 後 援 団

目 次 (1) 選 挙 運 動 1 選 挙 運 動 の 定 義 政 治 活 動 との 違 い (2) 選 挙 運 動 期 間 1 選 挙 運 動 ができる 期 間 事 前 運 動 とみなされない 行 為 事 前 運 動 にあたるとして 禁 止 されるもの (3) 候 補 者 等 及 び 後 援 団 平 成 28 年 5 月 選 挙 運 動 に 関 す る ル ー ル 和 歌 山 県 選 挙 管 理 委 員 会 電 話 県 庁 代 表 073-432-4111 直 通 073-441-3785 海 草 分 局 073-441-3477 伊 都 分 局 0736-33-4904 日 高 分 局 0738-24-2904 東 牟 婁 分 局 0735-21-9606 那 賀 分 局 0736-61-0005

More information

3 補 償 等 の 内 容 ここに 掲 げるものは 常 勤 職 員 等 に 係 るものですが 非 常 勤 職 員 に 対 しても 概 ね 同 様 の 補 償 等 が 実 施 されています 補 償 種 別 補 償 内 容 補 償 基 準 等 療 養 補 償 負 傷 又 は 疾 病 が 治 ゆに 至 る

3 補 償 等 の 内 容 ここに 掲 げるものは 常 勤 職 員 等 に 係 るものですが 非 常 勤 職 員 に 対 しても 概 ね 同 様 の 補 償 等 が 実 施 されています 補 償 種 別 補 償 内 容 補 償 基 準 等 療 養 補 償 負 傷 又 は 疾 病 が 治 ゆに 至 る 第 7 章 その 他 の 福 利 厚 生 事 業 1 公 務 災 害 通 勤 災 害 補 償 1 公 務 災 害 通 勤 災 害 補 償 の 意 義 都 福 利 厚 生 課 公 務 災 害 担 当 03(5320)6819 公 務 災 害 又 は 通 勤 災 害 補 償 制 度 は 職 員 が 公 務 上 の 災 害 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けたときに そ の 災 害 によって 生

More information

にとってその 相 手 方 となる 職 員 は 利 害 関 係 者 となるのか 基 本 的 に 省 庁 内 部 の 職 員 同 士 は 利 害 関 係 者 にはならないものとして 取 り 扱 うこと としている 問 8 許 認 可 等 不 利 益 処 分 行 政 指 導 については 行 政 手 続 法

にとってその 相 手 方 となる 職 員 は 利 害 関 係 者 となるのか 基 本 的 に 省 庁 内 部 の 職 員 同 士 は 利 害 関 係 者 にはならないものとして 取 り 扱 うこと としている 問 8 許 認 可 等 不 利 益 処 分 行 政 指 導 については 行 政 手 続 法 国 家 公 務 員 倫 理 規 程 質 疑 応 集 利 害 関 係 者 の 定 義 利 害 関 係 者 全 般 問 1 倫 理 法 及 び 倫 理 規 程 の 事 業 者 等 には 地 方 公 共 団 体 は 含 まれるのか 地 方 公 共 団 体 の 首 長 議 会 議 員 はどうか 地 方 公 共 団 体 は 事 業 者 等 に 含 まれる 地 方 公 共 団 体 の 首 長 議 会 議 員 は

More information

<89EF88F5954B8C C8E86>

<89EF88F5954B8C C8E86> 会 員 必 携 ( 平 成 25 年 10 月 1 日 現 在 ) 関 東 信 越 税 理 士 会 朝 霞 支 部 351-0015 朝 霞 市 幸 町 1 丁 目 3 番 6 号 石 川 ビル2F TEL 048-465-0025 FAX 048-468-1043 http://www.asaka-zeirishikai.gr.jp/ 目 次 ( 関 連 規 則 等 対 応 表 示 ) 関 東 信

More information