多 額 の 損 失 が 発 生 する 可 能 性 を 有 しています したがって 信 用 取 引 の 開 始 にあたって は 下 記 の 内 容 を 十 分 に 把 握 する 必 要 があります 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 株 式 相 場 金 利 水 準 為 替 相 場 不 動 産 相

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "多 額 の 損 失 が 発 生 する 可 能 性 を 有 しています したがって 信 用 取 引 の 開 始 にあたって は 下 記 の 内 容 を 十 分 に 把 握 する 必 要 があります 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 株 式 相 場 金 利 水 準 為 替 相 場 不 動 産 相"

Transcription

1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あ らかじめよくお 読 みいただき ご 不 明 な 点 は お 取 引 開 始 前 にご 確 認 ください なお 本 書 面 のほか お 客 様 は 信 用 取 引 を 行 う 上 で 当 社 の 規 程 又 は 約 款 や 約 諾 書 取 引 ルール 等 に 拘 束 されますのであらかじめよくお 読 みいただき ご 確 認 ご 同 意 の 上 でお 取 引 ください 信 用 取 引 は お 客 様 に 一 定 の 保 証 金 ( 委 託 保 証 金 )を 当 社 に 担 保 として 差 し 入 れていただ き 売 付 けに 必 要 な 株 券 ( ) 優 先 出 資 証 券 投 資 信 託 の 受 益 証 券 投 資 証 券 等 ( 以 下 株 券 等 と 言 います )や 買 付 けに 必 要 な 資 金 を 当 社 からお 客 様 にお 貸 しして 売 買 を 行 ってい ただく 取 引 です 信 用 取 引 には 2つの 種 類 があります 具 体 的 には 制 度 信 用 取 引 と 一 般 信 用 取 引 の2 種 類 があります この2つの 信 用 取 引 の 間 には 利 用 できる 銘 柄 の 範 囲 や 返 済 の 期 限 等 について 異 なる 制 約 がありますので ご 注 意 ください 信 用 取 引 は 多 額 の 利 益 が 得 られることもある 反 面 多 額 の 損 失 が 発 生 する 可 能 性 をも 合 わせもつ 取 引 です したがって 取 引 を 開 始 する 場 合 又 は 継 続 して 行 う 場 合 には 取 引 の 仕 組 みやリスクについて 十 分 に 把 握 するとともに 投 資 者 自 らの 資 力 投 資 目 的 及 び 投 資 経 験 等 に 照 らして 適 切 であると 判 断 する 場 合 にのみ 自 己 の 責 任 において 行 うことが 肝 要 です ( ) 株 券 この 説 明 書 では 株 券 を 中 心 に 説 明 しておりますが 優 先 出 資 証 券 投 資 信 託 の 受 益 証 券 投 資 証 券 等 につきましても 基 本 的 に 取 扱 いは 同 じです 手 数 料 など 諸 費 用 について 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 別 紙 1 手 数 料 に 記 載 の 売 買 手 数 料 信 用 管 理 費 名 義 書 換 料 及 び 権 利 処 理 手 数 料 ( 一 般 信 用 取 引 )をいただきます 信 用 取 引 の 買 付 けの 場 合 買 付 け 代 金 に 対 する 金 利 をお 支 払 いいただきます また 売 付 けの 場 合 売 付 け 株 券 等 に 対 する 貸 株 料 及 び 品 貸 料 をお 支 払 いいただきます 委 託 保 証 金 について 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 別 紙 1 手 数 料 に 記 載 の 委 託 保 証 金 ( 有 価 証 券 により 代 用 することが 可 能 です )を 担 保 として 差 し 入 れていただきます 委 託 保 証 金 は 売 買 代 金 の 30% 以 上 で かつ 30 万 円 以 上 が 必 要 です また 有 価 証 券 により 代 用 する 場 合 の 有 価 証 券 の 種 類 代 用 価 格 等 は 別 紙 2 代 用 有 価 証 券 の 種 類 代 用 価 格 等 に 定 めるところによります 信 用 取 引 のリスクについて 信 用 取 引 は 少 額 の 委 託 保 証 金 で 多 額 の 取 引 を 行 うことができることから 時 として 1

2 多 額 の 損 失 が 発 生 する 可 能 性 を 有 しています したがって 信 用 取 引 の 開 始 にあたって は 下 記 の 内 容 を 十 分 に 把 握 する 必 要 があります 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 株 式 相 場 金 利 水 準 為 替 相 場 不 動 産 相 場 商 品 相 場 等 の 変 動 や 投 資 信 託 投 資 証 券 預 託 証 券 受 益 証 券 発 行 信 託 の 受 益 証 券 等 の 裏 付 け となっている 株 式 債 券 投 資 信 託 不 動 産 再 生 可 能 エネルギー 発 電 設 備 公 共 施 設 等 運 営 権 商 品 カバードワラント 等 ( 以 下 裏 付 け 資 産 ( 1)といいます )の 価 格 や 評 価 額 の 変 動 に 伴 い 信 用 取 引 の 対 象 となっている 株 式 等 の 価 格 が 変 動 することに よって 損 失 が 生 じるおそれがあります また その 損 失 の 額 が 差 し 入 れた 委 託 保 証 金 の 額 を 上 回 るおそれがあります 信 用 取 引 の 対 象 となっている 株 式 等 の 発 行 者 又 は 保 証 会 社 等 の 業 務 や 財 産 の 状 況 に 変 化 が 生 じた 場 合 や 裏 付 け 資 産 の 発 行 者 又 は 保 証 会 社 等 の 業 務 や 財 産 の 状 況 の 変 化 が 生 じ た 場 合 信 用 取 引 の 対 象 となっている 株 式 等 の 価 格 が 変 動 することによって 損 失 が 生 じ るおそれがあります また その 損 失 の 額 が 差 し 入 れた 委 託 保 証 金 の 額 を 上 回 るおそ れがあります 信 用 取 引 により 売 買 した 株 券 等 のその 後 の 値 動 きにより 計 算 上 の 損 失 が 生 じたり 代 用 有 価 証 券 の 価 格 が 値 下 がりすること 等 によって 委 託 保 証 金 の 現 在 価 値 が 売 買 代 金 の 25% 未 満 となった 場 合 には 不 足 額 を 所 定 の 期 日 までに 当 社 に 差 し 入 れていただく 必 要 があります 所 定 の 期 日 までに 不 足 額 を 差 し 入 れない 場 合 や 約 諾 書 の 定 めによりその 他 の 期 限 の 利 益 の 喪 失 の 事 由 に 該 当 した 場 合 には 損 失 を 被 った 状 態 で 建 玉 ( 信 用 取 引 のうち 決 済 が 結 了 していないもの)の 一 部 又 は 全 部 を 決 済 ( 反 対 売 買 または 現 引 現 渡 )される 場 合 もあります 更 にこの 場 合 その 決 済 で 生 じた 損 失 についても 責 任 を 負 うことになりま す 信 用 取 引 の 利 用 が 過 度 であると 金 融 商 品 取 引 所 が 認 める 場 合 には 委 託 保 証 金 率 の 引 上 げ 信 用 取 引 の 制 限 または 禁 止 の 措 置 等 をとることがあります 詳 細 は 各 取 引 所 で 公 表 されている 日 々 公 表 銘 柄 の 指 定 等 に 関 するガイドライン 及 び 信 用 取 引 に 係 る 委 託 保 証 金 の 率 の 引 上 げ 措 置 等 に 関 するガイドライン でご 確 認 いただけます このように 信 用 取 引 は お 客 様 の 投 資 した 資 金 に 比 べて 大 きな 利 益 が 期 待 できる 反 面 価 格 の 変 動 が 予 想 と 違 った 場 合 には 損 失 も 大 きくなります したがって 信 用 取 引 を 利 用 するときは その 仕 組 みをよく 知 り お 客 様 自 身 の 判 断 と 責 任 において 行 うようお 願 い いたします 2

3 信 用 取 引 は クーリング オフの 対 象 にはなりません 信 用 取 引 に 関 しては 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 6 の 規 定 の 適 用 はありません 信 用 取 引 の 仕 組 みについて 制 度 信 用 取 引 制 度 信 用 取 引 とは 金 融 商 品 取 引 所 に 上 場 している 株 券 等 を 対 象 とし 品 貸 料 及 び 返 済 期 限 等 が 金 融 商 品 取 引 所 の 規 則 により 決 定 されている 信 用 取 引 です また 制 度 信 用 取 引 によって 行 った 売 買 の 決 済 のために 当 社 は 証 券 金 融 会 社 から 売 付 株 券 等 及 び 買 付 代 金 を 金 融 商 品 取 引 所 の 決 済 機 構 を 通 じて 借 り 入 れること( 貸 借 取 引 )ができます 制 度 信 用 取 引 ができる 銘 柄 は 株 券 等 のうち 金 融 商 品 取 引 所 が 決 めた 銘 柄 ( 制 度 信 用 銘 柄 )に 限 ら れます なお 制 度 信 用 銘 柄 を 対 象 とした 買 付 けであれば 貸 借 取 引 により 当 社 が 買 付 代 金 を 借 り 入 れることは 原 則 として 可 能 ですが 売 付 株 券 等 を 借 り 入 れることができるのは 制 度 信 用 銘 柄 の うち 金 融 商 品 取 引 所 が 決 めた 銘 柄 ( 貸 借 銘 柄 )に 限 られます 制 度 信 用 取 引 の 返 済 期 限 は6か 月 と 決 められており 6か 月 を 超 えて 制 度 信 用 取 引 を 継 続 するこ とはできません なお 制 度 信 用 取 引 を 継 続 することが 適 当 でないと 認 められるときには 制 度 信 用 取 引 の 返 済 期 限 (6か 月 )の 定 めにかかわらず 金 融 商 品 取 引 所 により 返 済 期 限 の 変 更 ( 返 済 期 限 の 繰 上 げ)が 行 われることがありますので ご 注 意 ください 制 度 信 用 取 引 における 金 利 貸 株 料 は その 時 々の 金 利 情 勢 等 に 基 づき お 客 様 と 当 社 との 合 意 によって 決 定 されることになります( 2) また 金 利 貸 株 料 は 金 利 情 勢 等 によって 変 動 する 場 合 がありますので 当 社 にご 確 認 ください また 貸 借 銘 柄 について 証 券 金 融 会 社 において 株 不 足 ( 貸 借 取 引 残 高 において 貸 株 数 が 融 資 株 数 を 上 回 った 状 態 )が 生 じ この 株 券 等 を 調 達 するための 費 用 がかかった 場 合 には 売 り 方 は 品 貸 料 (い わゆる 逆 日 歩 )を 支 払 い 買 い 方 はこれを 受 け 取 ることになりますが 品 貸 料 は その 時 々の 株 券 調 達 状 況 等 に 基 づき 決 定 されることとなります( 2) 制 度 信 用 取 引 について 売 り 方 のお 客 様 からお 支 払 いいただく 貸 株 料 は 品 貸 料 とは 異 なり 買 い 方 のお 客 様 がこれを 受 け 取 るものではありません なお 貸 株 料 等 の 信 用 取 引 に 係 るコストについては 当 社 のホームページもしくはコールセンタ ーにてご 確 認 ください 制 度 信 用 取 引 によって 売 買 している 株 券 等 が 株 式 分 割 による 株 式 を 受 ける 権 利 又 は 株 主 に 対 す る 新 株 予 約 権 等 が 付 与 されたことにより 権 利 落 ちとなったときは 金 融 商 品 取 引 所 が 定 める 方 法 に よりこれらの 権 利 の 処 理 を 行 うことで 売 り 方 買 い 方 双 方 の 不 公 平 をなくします ( 注 )ただし 3

4 株 式 分 割 の 場 合 の 権 利 の 処 理 は 次 のとおり 分 割 比 率 によってその 方 法 が 異 なります 売 買 単 位 の 整 数 倍 の 新 株 式 が 割 り 当 てられる 株 式 分 割 の 場 合 ( 分 割 比 率 1:2 等 ) 株 式 分 割 の 分 割 比 率 に 応 じて 制 度 信 用 取 引 の 売 付 け 又 は 買 付 けの 数 量 を 増 加 し 売 買 値 ( 約 定 値 段 )を 減 額 します 上 記 以 外 の 株 式 分 割 の 場 合 ( 分 割 比 率 1:1.5 等 ) 金 融 商 品 取 引 所 が 定 める 権 利 処 理 価 格 の 分 を 最 初 の 売 買 値 ( 約 定 値 段 )より 引 き 下 げます また 配 当 金 相 当 額 については その 株 式 の 配 当 金 が 確 定 したあと( 通 常 配 当 落 ちの 約 3 か 月 後 ) 配 当 落 調 整 額 を 買 い 方 は 受 け 取 り 売 り 方 は 支 払 うことになります ( 注 ) 制 度 信 用 取 引 では お 客 様 が 買 い 付 けた 株 券 等 は 担 保 として 金 融 商 品 取 引 業 者 に 留 保 され さらに 貸 借 取 引 を 利 用 した 場 合 には 証 券 金 融 会 社 に 留 保 されます 当 該 株 券 等 に 株 式 分 割 による 株 式 を 受 ける 権 利 又 は 株 主 に 対 する 新 株 予 約 権 等 の 権 利 が 付 与 された 場 合 当 該 権 利 の 行 使 をお 客 様 が 直 接 行 うことができないため 上 記 のように 金 融 商 品 取 引 所 が 制 度 信 用 取 引 の 権 利 の 処 理 についてルールを 定 めています なお 制 度 信 用 取 引 を 行 っている 銘 柄 にこれらの 権 利 が 付 与 された 場 合 でも 1 事 実 上 譲 渡 が 禁 止 されるな ど 権 利 の 引 渡 しができない 場 合 2 権 利 行 使 を 特 定 の 条 件 に 合 致 する 株 主 のみに 限 定 している 場 合 など 譲 渡 性 及 び 換 金 可 能 性 権 利 の 行 使 に 付 された 条 件 等 を 勘 案 して 権 利 の 処 理 を 行 うことが 事 実 上 不 可 能 となります ので 当 該 権 利 の 処 理 を 行 わない 場 合 があります また 権 利 の 価 値 が 事 実 上 無 価 値 又 は 無 価 値 に 等 しい 場 合 には 権 利 処 理 を 行 う 必 要 性 がないと 言 えます 証 券 金 融 会 社 は 貸 借 銘 柄 について 株 券 等 の 調 達 が 困 難 となるおそれが 生 じた 場 合 には 貸 株 利 用 につき 注 意 を 喚 起 することがあります また 株 券 等 の 調 達 が 困 難 となった 場 合 には 貸 株 利 用 の 制 限 又 は 停 止 の 措 置 を 行 うことがあります この 場 合 には 制 度 信 用 取 引 による 新 規 の 売 付 け や 買 付 けた 銘 柄 の 売 却 現 引 きによる 返 済 ができないことがあったり 制 約 されたりすることが あります 一 般 信 用 取 引 一 般 信 用 取 引 とは 金 融 商 品 取 引 所 に 上 場 している 株 券 等 を 対 象 としますが 品 貸 料 返 済 期 限 等 は お 客 様 と 当 社 との 間 で 自 由 に 決 定 することができる 信 用 取 引 です しかし 一 般 信 用 取 引 に よって 行 った 売 買 の 決 済 のために 貸 借 取 引 を 利 用 することはできません 一 般 信 用 取 引 ができる 銘 柄 は 株 券 等 であれば 上 場 廃 止 基 準 に 該 当 した 銘 柄 及 び 当 社 が 独 自 に 取 引 を 制 限 している 銘 柄 を 除 いたものとなります なお 金 融 商 品 取 引 所 が 売 買 状 況 等 により 特 定 の 銘 柄 について 一 般 信 用 取 引 の 利 用 を 禁 止 する 場 合 もあります 一 般 信 用 取 引 における 貸 株 料 品 貸 料 返 済 期 限 及 び 金 利 は その 時 々の 金 利 情 勢 株 券 調 達 状 況 等 に 基 づき お 客 様 と 当 社 との 合 意 によって 決 定 されることになります( 2) また 貸 株 料 品 貸 料 及 び 金 利 は 金 利 情 勢 株 券 調 達 状 況 等 によって 変 動 する 場 合 がありますので 一 般 信 用 取 引 を 利 用 されるお 客 様 は 当 社 にご 確 認 ください 4

5 一 般 信 用 取 引 によって 売 買 している 株 券 等 について 株 式 分 割 による 株 式 を 受 ける 権 利 又 は 株 主 に 対 する 新 株 予 約 権 等 の 付 与 があり 権 利 落 ちとなったときの 処 理 や 配 当 金 の 処 理 についても 証 券 金 融 会 社 を 通 じた 処 理 ができないため お 客 様 と 当 社 との 合 意 によることとなりますので この 点 についても 事 前 に 当 社 にご 確 認 くださるようお 願 いいたします 一 般 信 用 取 引 は 貸 借 取 引 の 利 用 を 前 提 としない 信 用 取 引 ですから 原 則 として 制 度 信 用 取 引 のように 証 券 金 融 会 社 における 株 券 等 の 調 達 が 困 難 になったという 理 由 で 制 約 を 受 けることはあ りませんが 当 社 の 与 信 管 理 の 都 合 上 あるいは 売 建 玉 について 当 社 における 株 券 等 の 調 達 が 困 難 となった 場 合 等 において 当 社 が 定 める 期 日 を 返 済 期 限 として 設 定 することがあります この 場 合 当 社 が 設 定 する 返 済 期 限 を 越 えて 一 般 信 用 取 引 を 継 続 することはできません この 点 についても 事 前 に 当 社 にご 確 認 くださるようお 願 いいたします 一 般 信 用 取 引 として 始 めた 信 用 取 引 を 途 中 で 制 度 信 用 取 引 に 変 更 したり 逆 に 制 度 信 用 取 引 とし て 始 めた 信 用 取 引 を 途 中 で 一 般 信 用 取 引 に 変 更 することはできません 1 裏 付 け 資 産 が 投 資 信 託 投 資 証 券 等 である 場 合 には その 最 終 的 な 裏 付 け 資 産 を 含 みます 2 その 額 は その 時 々の 金 利 情 勢 株 券 調 達 状 況 等 に 基 づき 決 定 されますので 本 書 面 上 その 金 額 等 をあらかじめ 記 載 することはで きません 信 用 取 引 に 係 る 金 融 商 品 取 引 契 約 の 概 要 当 社 における 信 用 取 引 については 以 下 によります 顧 客 に 信 用 を 供 与 して 行 う 株 券 等 に 係 る 次 の 取 引 取 引 所 金 融 商 品 市 場 又 は 外 国 金 融 商 品 市 場 の 売 買 立 会 による 市 場 への 委 託 注 文 の 媒 介 取 次 ぎ 又 は 代 理 株 券 等 の 売 買 の 媒 介 取 次 ぎ 又 は 代 理 信 用 取 引 に 係 る 委 託 保 証 金 又 は 代 用 有 価 証 券 の 管 理 金 融 商 品 取 引 契 約 に 関 する 租 税 の 概 要 個 人 のお 客 様 に 対 する 課 税 は 以 下 によります 信 用 取 引 における 配 当 落 調 整 額 は 上 場 株 式 等 の 譲 渡 所 得 等 の 金 額 を 算 出 する 際 に 加 味 されます 信 用 取 引 に 係 る 上 場 株 式 等 の 譲 渡 による 利 益 は 原 則 として 上 場 株 式 等 の 譲 渡 所 得 等 として 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となります 信 用 取 引 に 係 る 上 場 株 式 等 の 譲 渡 損 益 は 他 の 上 場 株 式 等 ( 特 定 公 社 債 等 を 含 みます )の 利 子 配 当 及 び 譲 渡 損 益 等 との 損 益 通 算 が 可 能 です また 確 定 申 告 により 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 の 適 用 を 受 けることができます 法 人 のお 客 様 に 対 する 課 税 は 以 下 によります 買 付 けを 行 ったお 客 様 が 受 け 取 る 配 当 落 調 整 額 については 法 人 税 に 係 る 所 得 の 計 算 上 買 付 け に 係 る 対 価 の 額 から 控 除 されます 売 付 けを 行 ったお 客 様 が 支 払 う 配 当 落 調 整 額 については 法 人 5

6 税 に 係 る 所 得 の 計 算 上 売 付 けに 係 る 対 価 の 額 から 控 除 されます 信 用 取 引 に 係 る 上 場 株 式 等 の 譲 渡 による 利 益 については 法 人 税 に 係 る 所 得 の 計 算 上 益 金 の 額 に 算 入 されます なお 詳 細 につきましては 税 理 士 等 の 専 門 家 にお 問 い 合 わせください 当 社 が 行 う 金 融 商 品 取 引 業 の 内 容 及 び 方 法 の 概 要 等 当 社 が 行 う 金 融 商 品 取 引 業 は 主 に 金 融 商 品 取 引 法 第 28 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 第 一 種 金 融 商 品 取 引 業 であり 当 社 において 信 用 取 引 を 行 われる 場 合 は 以 下 によります お 取 引 にあたっては 信 用 取 引 口 座 設 定 約 諾 書 を 電 磁 的 な 方 法 により 当 社 に 差 し 入 れ 信 用 取 引 口 座 を 開 設 していただく 必 要 があります 信 用 取 引 に 関 する 金 銭 有 価 証 券 は すべてこの 口 座 を 通 して 処 理 されます なお 約 諾 書 については 十 分 お 読 みいただき その 写 しを 保 管 してくださ い 信 用 取 引 口 座 の 開 設 にあたっては 一 定 の 投 資 経 験 知 識 資 力 等 が 必 要 ですので 場 合 によって は 口 座 の 開 設 に 応 じられないこともあります 信 用 取 引 で 注 文 なさる 際 は 必 ず 信 用 取 引 ( 制 度 / 一 般 )を 選 択 してください また その 際 制 度 信 用 取 引 を 行 うのか 一 般 信 用 取 引 を 行 うのかの 別 も 選 択 してください なお その 際 に 決 めた 信 用 取 引 の 種 別 については 途 中 で 変 更 できませんので 注 意 してください 金 融 商 品 取 引 所 は 信 用 取 引 の 過 度 の 利 用 を 未 然 に 防 止 するため 日 々 公 表 銘 柄 制 度 を 設 け 日 々 公 表 銘 柄 に 関 するガイドラインに 該 当 した 銘 柄 を 日 々 公 表 銘 柄 としてその 信 用 取 引 残 高 を 日 々 公 表 します お 客 様 が 当 社 に 差 し 入 れた 委 託 保 証 金 については 当 社 自 身 の 財 産 とは 分 別 して 保 管 されておりま す したがって 万 一 当 社 の 経 営 が 破 綻 した 場 合 等 であっても 委 託 保 証 金 については 当 社 に 対 する 債 務 を 完 全 に 履 行 している 限 り 返 還 を 受 けることが 可 能 です これに 対 して 信 用 取 引 によ って 買 い 付 けた 株 券 等 及 び 信 用 取 引 によって 株 券 等 を 売 り 付 けた 場 合 の 代 金 については このよう な 分 別 保 管 の 対 象 とはなっておりません したがって 万 一 当 社 の 経 営 が 破 綻 した 場 合 等 におい ては 売 り 返 済 買 い 返 済 及 び 現 引 き 現 渡 しによる 信 用 取 引 の 返 済 ができなくなる 可 能 性 があり ます このため このような 場 合 には 原 則 として 通 常 の 返 済 方 法 に 代 え 金 融 商 品 取 引 所 が 定 めた 株 価 等 をもって 金 銭 により 清 算 を 行 っていただくことになります この 場 合 において お 客 様 の 当 社 に 対 する 金 銭 の 支 払 請 求 権 には 一 切 優 先 的 地 位 が 与 えられませんので 計 算 上 利 益 が 生 じて いる 場 合 であっても これを 受 け 取 ることができない 可 能 性 があります なお 当 該 債 権 は 投 資 者 保 護 基 金 による 補 償 対 象 にもなりませんので あらかじめご 承 知 おきください 適 格 機 関 投 資 家 (これに 類 する 外 国 法 人 を 含 む )が 信 用 取 引 の 売 付 けを 行 う 場 合 及 びそれ 以 外 の 投 資 家 が 行 う 信 用 取 引 の 売 付 けのうち 売 付 け1 回 あたりの 数 量 が 金 融 商 品 取 引 所 の 定 める 売 買 単 位 の 50 倍 を 超 える 場 合 には 有 価 証 券 の 取 引 等 の 規 制 に 関 する 内 閣 府 令 により 価 格 規 制 を 受 けるこ ととなりますので 注 意 してください 注 文 された 信 用 取 引 が 成 立 すると その 内 容 をご 確 認 いただくため 当 社 から 取 引 報 告 書 が 交 付 されます 万 一 記 載 内 容 が 相 違 しているときは 速 やかに 記 載 の 当 社 電 話 番 号 へ 直 接 ご 連 絡 下 さい 6

7 当 社 の 概 要 について 商 号 等 本 店 所 在 地 加 入 協 会 主 な 事 業 設 立 年 月 指 定 紛 争 解 決 機 関 連 絡 先 GMOクリック 証 券 株 式 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 77 号 農 林 水 産 省 指 令 22 総 合 第 1337 号 経 済 産 業 省 平 成 商 第 19 号 東 京 都 渋 谷 区 桜 丘 町 20-1 日 本 証 券 業 協 会 一 般 社 団 法 人 金 融 先 物 取 引 業 協 会 日 本 商 品 先 物 取 引 協 会 金 融 商 品 取 引 業 平 成 17 年 10 月 特 定 非 営 利 活 動 法 人 証 券 金 融 商 品 あっせん 相 談 センター <GMOクリック 証 券 コールセンター> ( 携 帯 電 話 PHS からは ) 平 成 28 年 1 月 30 日 GMOクリック 証 券 株 式 会 社 7

8 ( 別 紙 1) 手 数 料 (すべて 税 込 ) 信 用 取 引 手 数 料 約 定 代 金 通 常 手 数 料 VIP プラン 1 約 定 ごとプ ~500 万 円 100 円 ラン 約 定 代 金 にかかわらず 0 円 500 万 円 超 無 料 約 定 代 金 通 常 手 数 料 VIP プラン 1 日 定 額 プラ ン ~10 万 円 ~50 万 円 ~100 万 円 100 万 円 超 100 円 210 円 420 円 以 降 は 100 万 円 ごとに 315 円 を 加 算 約 定 代 金 にかかわらず 0 円 <1 日 定 額 プランの 注 意 事 項 > 制 度 信 用 取 引 と 一 般 ( 無 期 限 ) 信 用 取 引 ごとに 約 定 代 金 を 合 算 し 手 数 料 を 計 算 します <その 他 注 意 事 項 > 上 記 全 ての 手 数 料 において 指 値 成 行 の 区 別 はございません 手 数 料 プランの 変 更 は1 週 間 ごとの 選 択 制 です 取 引 のない 日 は 手 数 料 はかかりません VIP プランは 2 つの 適 用 条 件 のうち いずれかの 条 件 を 満 たした 場 合 に VIP プラン 適 用 となり ます 毎 月 20 日 大 引 け 時 点 で 信 用 建 玉 残 高 が 5 億 円 以 上 約 1 ヶ 月 間 における 信 用 新 規 建 玉 約 定 代 金 合 計 額 が 5 億 円 以 上 VIP プランの 詳 細 につきましては ホームページにてご 確 認 ください 諸 費 用 信 用 管 理 費 1ヶ 月 の 応 答 日 毎 に 1 株 当 たり 10.8 銭 ( 上 限 :1,080 円 下 限 : 108 円 ) 信 用 取 引 名 義 書 換 料 54.0 円 / 売 買 単 位 権 利 処 理 手 数 料 ( 一 般 信 用 取 引 ) 無 料 金 利 貸 株 料 等 の 取 扱 いについては お 客 様 と 当 社 との 合 意 によって 決 定 されますので 事 前 に ホームページもしくはコールセンターにてご 確 認 ください コールセンター 手 数 料

9 1 約 定 ごと 約 定 代 金 の 0.10% 最 低 手 数 料 3,360 円 <コールセンター 手 数 料 の 注 意 事 項 > コールセンターからのご 注 文 による 約 定 代 金 は 一 日 定 額 制 の 約 定 代 金 には 含 まれません インターネット/ 携 帯 電 話 とコールセンターの 注 文 を 異 なる 経 由 で 変 更 した 時 の 取 扱 いは 以 下 の 通 りです 注 文 方 法 変 更 前 の 注 文 状 況 変 更 方 法 適 用 される 注 文 体 系 コールセンター インターネット 経 由 コールセンター 手 数 料 で 変 更 イ ン タ ー ネ ッ ト / 未 約 定 コールセンター 経 由 コールセンター 手 数 料 携 帯 電 話 で 変 更 イ ン タ ー ネ ッ ト / 変 更 中 に 約 定 コールセンター 経 由 コールセンター 手 数 料 携 帯 電 話 で 変 更 イ ン タ ー ネ ッ ト / 内 出 来 コールセンター 経 由 コールセンター 手 数 料 携 帯 電 話 で 変 更 内 出 来 注 文 の 未 約 定 分 の 変 更 注 文 をコールセンターでお 受 けする 場 合 には 注 文 を 一 旦 取 り 消 し させていただく 場 合 があります ( 注 文 方 法 が インターネット/ 携 帯 電 話 の 場 合 ) インターネット/ 携 帯 電 話 から 発 注 した 週 末 まで 注 文 の 変 更 注 文 をコールセンターでお 受 け する 場 合 には 当 日 注 文 に 変 更 いたします 上 記 はすべて 通 常 手 数 料 です キャンペーン 等 により 変 更 する 場 合 がございますので 詳 細 はホ ームページもしくはコールセンターにてご 確 認 ください

10 ( 別 紙 2) 代 用 有 価 証 券 の 種 類 代 用 価 格 等 委 託 保 証 金 は 売 買 代 金 の 30% 以 上 で かつ 30 万 円 以 上 が 必 要 です また 有 価 証 券 により 代 用 す る 場 合 の 代 用 価 格 は 以 下 に 掲 げる 有 価 証 券 の 種 類 に 応 じて 前 日 時 価 にそれぞれの 掛 目 を 乗 じた 価 格 となります 上 場 株 券 80% 上 場 投 資 信 託 上 場 投 資 証 券 80% (ETF REIT ETN) NISA 口 座 で 保 有 している 株 式 については 代 用 有 価 証 券 の 掛 目 は0%( 代 用 差 入 れ 不 可 )となります 委 託 保 証 金 率 及 び 代 用 有 価 証 券 の 掛 目 については 市 場 の 動 向 等 により 金 融 商 品 取 引 所 により 変 更 されること 又 は 当 社 の 判 断 により 変 更 することがありますので ご 注 意 ください なお 当 社 の 判 断 により 代 用 有 価 証 券 の 掛 目 の 変 更 又 は 除 外 ( 以 下 掛 目 の 変 更 等 といいます ) を 行 う 事 象 は 以 下 のとおりです 掛 目 の 変 更 等 を 行 う 場 合 には あらかじめその 内 容 をご 通 知 し 変 更 後 の 掛 目 ( 又 は 除 外 )の 適 用 日 につきましては 通 知 した 日 から 起 算 して4 営 業 日 目 の 日 といたします ただし 下 記 4の 事 象 の 場 合 において 当 社 が 必 要 と 認 めたときには 通 知 した 日 の 翌 営 業 日 から 適 用 することができるものといたします ( 当 社 信 用 取 引 ルール 代 用 株 券 を 参 照 ) 1 決 済 が 不 可 能 で 一 定 以 上 の 損 失 が 発 生 すると 当 社 が 判 断 した 場 合 2 信 用 取 引 の 継 続 が 困 難 であると 当 社 が 判 断 した 場 合 3 特 定 の 銘 柄 について 明 らかに 経 営 に 重 大 な 影 響 を 与 えると 認 められる 事 象 等 が 発 生 し 今 後 株 価 が 継 続 かつ 大 幅 に 下 落 することが 予 想 され 当 該 銘 柄 の 時 価 が 本 来 の 株 価 水 準 を 反 映 していないことから 保 証 金 としての 適 切 な 評 価 を 行 うことができないと 当 社 が 認 めた 場 合 4 1~3のほか 特 定 の 銘 柄 について 明 らかに 経 営 に 重 大 な 影 響 を 与 えると 認 められる 事 象 等 が 発 生 し 今 後 株 価 が 継 続 かつ 大 幅 に 下 落 することが 予 想 され 当 該 銘 柄 の 時 価 が 本 来 の 株 価 水 準 を 反 映 していないことから 保 証 金 としての 適 切 な 評 価 を 行 うことができないと 当 社 が 認 めた 場 合 なお 明 らかに 経 営 に 重 大 な 影 響 を 与 えると 認 められる 事 象 等 の 事 例 としては 例 えば 次 のようなケ ースが 想 定 されます 重 大 な 粉 飾 決 算 の 疑 いが 発 覚 し 直 近 の 株 価 の 水 準 が 粉 飾 されたとされる 決 算 内 容 に 基 づき 形 成 さ れていたと 判 断 される 場 合 業 務 上 の 取 引 等 で 経 営 に 重 大 な 影 響 を 与 える 巨 額 な 損 失 が 発 生 した 場 合 突 発 的 な 事 故 等 により 長 期 にわたりすべての 業 務 が 停 止 される 場 合

11 行 政 庁 による 法 令 等 に 基 づく 処 分 又 は 行 政 庁 による 法 令 違 反 に 係 る 告 発 等 により すべての 業 務 が 停 止 される 場 合 その 他 上 場 廃 止 につながる 可 能 性 が 非 常 に 高 い 事 象 が 発 生 した 場 合 以 上

12 参 考 信 用 取 引 の 基 本 的 な 流 れ 買 付 けから 始 める 場 合 金 利 の 支 払 買 付 代 金 に 対 する 金 利 をお 支 払 いい ただきます 返 済 の 方 法 売 り 返 済 買 い 付 けた 株 券 等 を 売 却 することに より 貸 付 金 を 返 済 していただきます 現 引 き 貸 付 金 を 直 接 当 社 に 引 き 渡 していた だきます ( 買 い 付 けた 株 券 等 は お 客 様 に お 渡 し し ま す ) ---- 信 用 取 引 口 座 の 設 定 ---- 信 用 取 引 口 座 設 定 約 諾 書 を 電 磁 的 な 方 法 により 差 し 入 れるとともに その 写 しを 電 磁 的 な 方 法 に よる 交 付 を 受 けます 委 託 保 証 金 売 買 代 金 の 30% 以 上 で かつ 30 万 円 以 上 が 必 要 です 委 託 保 証 金 は 株 券 や 公 社 債 等 で 代 用 すること も 可 能 ですが 一 部 分 を 現 金 にしていただくこと もあります 主 な 代 用 有 価 証 券 の 掛 目 ( 前 日 時 価 に 対 して) 国 債 95% 以 下 政 府 保 証 債 90% 地 方 債 社 債 85% 金 融 債 85% 上 場 新 株 予 約 権 付 社 債 80% 上 場 株 券 80% 公 社 債 投 信 85% 追 加 型 株 式 投 信 80% 単 位 型 株 式 投 信 80% (クローズド 期 間 終 了 後 のもの) 上 場 投 資 信 託 上 場 投 資 証 券 80% (ETF 不 動 産 投 信 など) 信 用 取 引 により 売 買 した 株 券 等 のその 後 の 値 動 きにより 計 算 上 の 損 失 が 生 じたり 代 用 有 価 証 券 の 価 格 が 値 下 がりすること 等 によって 委 託 保 証 金 の 現 在 価 値 が 売 買 代 金 の 25% 未 満 となった 場 合 には 不 足 額 を 翌 々 日 15 時 10 分 までに 当 社 に 差 し 入 れていただく 必 要 があります 売 付 けから 始 める 場 合 品 貸 料 及 び 信 用 取 引 貸 株 料 の 支 払 売 付 株 券 等 に 対 す る 品 貸 料 及 び 信 用 取 引 貸 株 料 をお 支 払 いいただきます 返 済 の 方 法 買 い 返 済 売 り 付 けた 株 券 等 を 買 戻 すことによ り 貸 付 株 券 等 を 返 済 していただきま す 現 渡 し 貸 付 株 券 等 を 直 接 当 社 に 引 き 渡 して いただきます ( 売 却 代 金 は お 客 様 に お 渡 しします ) 注 1 信 用 取 引 口 座 の 開 設 にあたっては 一 定 の 投 資 経 験 知 識 資 力 等 が 必 要 ですので 場 合 によっては 口 座 の 開 設 に 応 じられな いこともあります 注 2 金 利 貸 株 料 等 の 取 扱 いについては お 客 様 と 当 社 との 合 意 によって 決 定 されますので 事 前 に 当 社 にご 確 認 ください 注 3 委 託 保 証 金 率 及 び 代 用 有 価 証 券 の 掛 目 については 市 場 の 動 向 等 により 証 券 取 引 所 により 変 更 される 又 は 当 社 の 判 断 により 変 更 することがありますので ご 注 意 ください 注 4 NISA 口 座 で 保 有 している 株 式 については 代 用 有 価 証 券 の 掛 目 は0%( 代 用 差 入 れ 不 可 )となります 以 上

4. 購 入 方 法 (1) 購 入 最 低 金 額 (2) 購 入 単 位 (3) 購 入 対 価 のお 支 払 方 法 5 万 円 5 万 円 単 位 新 しく 発 行 される 国 債 のご 購 入 で 発 行 日 の 前 営 業 日 までに 約 定 された 場 合 は 発 行 日 が 受 渡

4. 購 入 方 法 (1) 購 入 最 低 金 額 (2) 購 入 単 位 (3) 購 入 対 価 のお 支 払 方 法 5 万 円 5 万 円 単 位 新 しく 発 行 される 国 債 のご 購 入 で 発 行 日 の 前 営 業 日 までに 約 定 された 場 合 は 発 行 日 が 受 渡 国 債 商 品 概 要 説 明 書 ( 兼 契 約 締 結 前 交 付 書 面 ) (この 書 面 は 法 令 の 規 定 に 基 づく 契 約 締 結 前 交 付 書 面 です ) この 書 面 には 国 債 のお 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あらかじめよくお 読 みいただき ご 不 明 な 点 はお 取 引 開 始 前 にご 確 認 ください

More information

公共債のご案内

公共債のご案内 1 頁 / 全 5 頁 ( 契 約 締 結 前 交 付 書 面 ) 公 共 債 のご 案 内 この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の3の 規 定 ( 契 約 締 結 前 の 書 面 交 付 )によりお 渡 しするものです 公 共 債 とは 国 地 方 公 共 団 体 政 府 関 係 機 関 等 が 発 行 する 債 券 です この 書 面 には 公 共 債 の 売 買 等 のお

More information

Microsoft Word - RD007-JPN-IBSJ Risk Disclosure for Foreign Bond Futures_Futures Options on IBLLC account..doc

Microsoft Word - RD007-JPN-IBSJ Risk Disclosure for Foreign Bond Futures_Futures Options on IBLLC account..doc 市 場 デリバティブ 取 引 に 係 るご 注 意 インタラクティブ ブローカーズ 証 券 株 式 会 社 本 取 引 は 証 拠 金 の 額 を 上 回 る 取 引 を 行 うことができることから 場 合 によっては 大 きな 損 失 が 発 生 する 可 能 性 を 有 しています ま た その 損 失 は 差 し 入 れた 証 拠 金 の 額 を 上 回 る 場 合 があります 本 取 引 の

More information

T T VWAPギャランティ 取 引 とは T T VWAPギャランティ 取 引 とは これまでの 成 行 や 指 値 とは 異 なる 東 海 東 京 証 券 が 提 供 する 新 しい 形 の 売 買 方 法 です その 方 法 とは 1 金 融 商 品 取 引 所 ( 以 下 取 引 所 )に

T T VWAPギャランティ 取 引 とは T T VWAPギャランティ 取 引 とは これまでの 成 行 や 指 値 とは 異 なる 東 海 東 京 証 券 が 提 供 する 新 しい 形 の 売 買 方 法 です その 方 法 とは 1 金 融 商 品 取 引 所 ( 以 下 取 引 所 )に 出 来 高 加 重 平 均 価 格 を 基 準 とした 売 買 方 法 T T VWAP ギャランティ 取 引 ティ ティ ブイワップギャランティ お 取 扱 説 明 書 T T VWAPギャランティ 取 引 とは T T VWAPギャランティ 取 引 とは これまでの 成 行 や 指 値 とは 異 なる 東 海 東 京 証 券 が 提 供 する 新 しい 形 の 売 買 方 法 です その 方 法

More information

目 論 見 書 補 完 書 面 ( 投 資 信 託 ) <コード 8027> 当 ファンドに 係 る 当 社 は ファンドの 販 売 会 社 として 募 集 の 取 扱 いおよび 販 売 等 に 関 する 事 務 を 行 います 金 融 商 品 取 引 契 約 の 概 要 当 社 が 行 う 金 融

目 論 見 書 補 完 書 面 ( 投 資 信 託 ) <コード 8027> 当 ファンドに 係 る 当 社 は ファンドの 販 売 会 社 として 募 集 の 取 扱 いおよび 販 売 等 に 関 する 事 務 を 行 います 金 融 商 品 取 引 契 約 の 概 要 当 社 が 行 う 金 融 目 論 見 書 補 完 書 面 ( 投 資 信 託 ) (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 および 目 論 見 書 の 内 容 をよくお 読 みください この 書 面 および 目 論 見 書 は ご 投 資 にあたってのリスクやご 留 意 点 が 記 載 されております お 客 様 がお

More information

1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) (1) 信 用 取 引 とは この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記

1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) (1) 信 用 取 引 とは この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の3の 規 程 によりお 渡 しするものです ) 1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (1) 信 用 取 引 とは (2) 信 用 取 引 の 手 数 料 など 諸 費 用 リスク 等 について (3) 信 用 取 引 の 仕 組 みについて (4) 信 用

More information

個 人 向 け 国 債 この 書 面 には 個 人 向 け 国 債 のお 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あらかじめよくお 読 みください 発 行 日 から 1 年 未 満 の 中 途 換 金 は 原 則 できません 中 途 換 金 時 の 受

個 人 向 け 国 債 この 書 面 には 個 人 向 け 国 債 のお 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あらかじめよくお 読 みください 発 行 日 から 1 年 未 満 の 中 途 換 金 は 原 則 できません 中 途 換 金 時 の 受 個 人 向 け 国 債 商 品 説 明 書 公 共 債 保 護 預 り 兼 振 替 決 済 口 座 に 関 する 契 約 のご 説 明 商 品 説 明 書 (2016 年 8 月 ): 次 ページより(5)ページ 公 共 債 保 護 預 り 兼 振 替 決 済 口 座 に 関 する 契 約 のご 説 明 (2016 年 8 月 ):(6)ページ 個 人 向 け 国 債 この 書 面 には 個 人 向

More information

株価指数先物オプション取引 - リスクディスクローズ

株価指数先物オプション取引 - リスクディスクローズ 株 価 指 数 先 物 取 引 および 株 価 指 数 オプション 取 引 説 明 書 東 証 株 価 指 数 先 物 オプション 取 引 日 経 株 価 指 数 300 先 物 オプション 取 引 日 経 平 均 株 価 先 物 オプション 取 引 楽 天 証 券 株 式 会 社 目 次 株 価 指 数 先 物 取 引 説 明 書 株 価 指 数 先 物 取 引 について 1 株 価 指 数 先

More information

Microsoft Word - 夢外貨(ダイレクト).doc

Microsoft Word - 夢外貨(ダイレクト).doc だいし 為 替 特 約 付 外 貨 定 期 預 金 ( 夢 外 貨 ) 契 約 締 結 前 交 付 書 面 本 取 引 のご 契 約 に 際 しては 必 ず 本 書 面 の 内 容 を 十 分 に 読 んでご 理 解 ください 1.お 客 さまの 判 断 に 影 響 を 及 ぼす 特 に 重 要 な 事 項 為 替 特 約 付 外 貨 定 期 預 金 ( 夢 外 貨 )は 満 期 日 2 営 業 日

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 株 式 会 社 化 に 伴 う から 特 定 の 員 への 株 式 譲 渡 に 係 る 課 税 関 係 と 手 続 きについて 平 成 20 年 2 月 商 工 中 金 当 資 料 は 貴 において 本 件 取 引 に 関 する 検 討 をされるに 際 して ご 参 考 のための 情 報 提 供 のみを 目 的 として 国 税 庁 の 確 認 を 受 けた 内 容 に 基 づき 商 工 中 金 が

More information

() 岡 三 ア ジ オ セ 新 聞 取 り 扱 い 金 融 商 品 に 関 する 留 意 事 項 商 号 : 岡 三 オンライン 証 券 株 式 会 社 / 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 52 号 加 入 協 会 : 日 本 証 券 業 協 会 一 般 社 団 法 人 金 融 先 物 取 引 業 協 会 一 般 社 団 法 人 日 本 投

More information

目 論 見 書 補 完 書 面 ( 投 資 信 託 ) (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の3の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 及 び 目 論 見 書 の 内 容 をよくお 読 みください 当 ファンドのお 取 引 に 関 しては 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の6の 規 定 (いわゆる クーリング オフ)の 適 用 はありません 当

More information

住 宅 融 資 の 仕 組 み 住 宅 融 資 は 独 政 法 住 宅 融 援 機 構 ( 以 下 機 構 といいます )が う 融 機 関 の 住 宅 ローン 貸 出 に 対 する 公 的 な 信 用 です 住 宅 融 資 は 融 機 関 の う 住 宅 ローン 貸 出 の 損 害 を 填 補 す

住 宅 融 資 の 仕 組 み 住 宅 融 資 は 独 政 法 住 宅 融 援 機 構 ( 以 下 機 構 といいます )が う 融 機 関 の 住 宅 ローン 貸 出 に 対 する 公 的 な 信 用 です 住 宅 融 資 は 融 機 関 の う 住 宅 ローン 貸 出 の 損 害 を 填 補 す 平 成 28 年 度 版 ( 融 機 関 さま 向 け 資 料 ) 住 宅 融 資 ご 案 内 住 宅 融 資 についてのご 相 談 お 問 合 せ 先 住 宅 融 援 機 構 住 宅 融 資 部 融 資 企 画 グループ 112-8570 東 京 都 文 京 区 後 楽 1 丁 目 4 番 10 号 03-5800-8149 ( 平 成 28 年 4 現 在 ) 住 宅 融 資 の 仕 組 み 住

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

マスミューチュアル 定 額 終 身 保 険 の 特 徴 としくみ Point 1 健 康 状 態 の 告 知 は Point 2 ありません 固 定 利 率 で る 保 険 す 契 約 積 立 す * 被 保 険 者 が 入 院 中 の 場 合 など ご 加 入 いただけない 場 合 がございます

マスミューチュアル 定 額 終 身 保 険 の 特 徴 としくみ Point 1 健 康 状 態 の 告 知 は Point 2 ありません 固 定 利 率 で る 保 険 す 契 約 積 立 す * 被 保 険 者 が 入 院 中 の 場 合 など ご 加 入 いただけない 場 合 がございます 2016 年 5 月 マスミューチュアル 定 額 終 身 保 険 の 特 徴 としくみ Point 1 健 康 状 態 の 告 知 は Point 2 ありません 固 定 利 率 で る 保 険 す 契 約 積 立 す * 被 保 険 者 が 入 院 中 の 場 合 など ご 加 入 いただけない 場 合 がございます イメージ 図 : 契 約 年 齢 ( 被 保 険 者 の 満 年 齢 )が 70

More information

「為替特約付外貨定期預金<ターゲットA>の商品概要説明書」

「為替特約付外貨定期預金<ターゲットA>の商品概要説明書」 為 替 特 約 付 外 貨 定 期 預 金 の 商 品 概 要 説 明 書 (1) 重 要 事 項 () ( 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 ) 満 期 元 利 金 償 還 方 法 本 商 品 の 満 期 元 利 金 償 還 方 法 は 次 のいずれかによります 1 円 貨 償 還 となる 場 合 満 期 日 の2 営 業 日 前 東 京 時 間 午 後 3

More information

<4D F736F F F696E74202D2082C882E982D982C DD8ED88EE688F882CC82B582AD82DD C668DDA9770>

<4D F736F F F696E74202D2082C882E982D982C DD8ED88EE688F882CC82B582AD82DD C668DDA9770> な る ほ ど! 貸 借 取 引 のしくみ Japan Securities Finance Co.,Ltd 1 目 次 1. 貸 借 取 引 について 2. 貸 借 取 引 における 株 式 調 達 について 3. 品 貸 料 の 決 定 方 法 について 4. 制 限 措 置 を 含 む 貸 借 取 引 情 報 について 5.よくある 質 問 Japan Securities Finance Co.,Ltd

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20976190CF8BE093998FA495698A54977690E096BE8F9181694832362E342E3189FC92E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20976190CF8BE093998FA495698A54977690E096BE8F9181694832362E342E3189FC92E8816A2E646F63> その 他 商 品 の 概 要 退 職 金 優 遇 定 期 預 金 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 1. 商 品 名 ( 愛 称 ) 退 職 金 優 遇 定 期 預 金 2. 販 売 対 象 退 職 金 をお 受 け 取 りの 日 から1 年 以 内 にお 申 込 みいただいた 個 人 の 方 3.お 申 込 金 額 円 定 期 預 金 300 万 円 以 上 4. 期 間 円 定 期 預

More information

kyoukai.indd

kyoukai.indd 個 人 投 資 家 の 皆 さまへ 主 なポイント 株 式 の 売 買 益 については 特 定 口 座 ( 源 泉 徴 収 選 択 口 座 ) の 利 用 で 税 務 署 に 申 告 しなくてもよくなり 預 貯 金 並 みの 手 軽 さで 株 式 投 資 を 行 うことができます 株 式 売 買 益 税 率 ( 平 成 15 年 1 月 1 日 ~ 平 成 19 年 12 月 31 日 ) 年 間

More information

悪 化 等 により 元 本 や 利 子 の 支 払 いが 滞 ったり 支 払 不 能 が 生 じるリスク があります 3. 金 融 商 品 市 場 における 相 場 その 他 の 指 標 にかかる 金 利 変 動 による 損 失 可 能 性 について 1 金 融 政 策 の 変 更 経 済 情 勢

悪 化 等 により 元 本 や 利 子 の 支 払 いが 滞 ったり 支 払 不 能 が 生 じるリスク があります 3. 金 融 商 品 市 場 における 相 場 その 他 の 指 標 にかかる 金 利 変 動 による 損 失 可 能 性 について 1 金 融 政 策 の 変 更 経 済 情 勢 2016 年 1 月 4 日 現 在 契 約 締 結 前 交 付 書 面 兼 商 品 概 要 説 明 書 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) 国 債 等 公 共 債 窓 口 販 売 ( 除 く 個 人 向 け 国 債 ) この 書 面 には 個 人 向 け 国 債 を 除 く 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 (

More information

1. 商 品 ( 契 約 )の 概 要 一 般 外 貨 定 期 預 金 とは 外 貨 預 金 ( 本 邦 通 貨 以 外 の 外 貨 建 ての 預 金 )のうち あらかじめ 預 金 の 期 間 を 定 め 原 則 としてその 期 間 中 は 払 い 戻 しの 請 求 に 応 じないことを 条 件 と

1. 商 品 ( 契 約 )の 概 要 一 般 外 貨 定 期 預 金 とは 外 貨 預 金 ( 本 邦 通 貨 以 外 の 外 貨 建 ての 預 金 )のうち あらかじめ 預 金 の 期 間 を 定 め 原 則 としてその 期 間 中 は 払 い 戻 しの 請 求 に 応 じないことを 条 件 と 一 般 外 貨 定 期 預 金 本 書 をよくお 読 みいただき 商 品 の 内 容 リスク 等 を 十 分 ご 理 解 のうえ お 申 し 込 み くださいますようお 願 い 申 しあげます 外 貨 預 金 は 外 貨 建 ての 預 金 ( 預 金 保 険 の 対 象 外 の 預 金 )であり 外 国 為 替 相 場 の 動 向 等 によっては 払 戻 時 の 円 貨 額 がお 預 入 時 の 円

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 21 年 3 月 期 平 成 20 年 7 月 31 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経 理 部 長 (

More information

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となります なお 利 子 の 支 払 いを 受 ける 際 に 源

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

個人向け国債の事務取扱いに関する細則

個人向け国債の事務取扱いに関する細則 個 人 向 け 国 債 の 事 務 取 扱 いに 関 する 細 則 目 次 1.この 細 則 の 適 用 2. 用 語 の 定 義 3. 募 集 に 関 する 事 務 4. 払 込 等 に 関 する 事 務 5. 中 途 換 金 に 関 する 事 務 6. 手 数 料 に 関 する 事 務 7. 振 替 先 口 座 の 確 認 8. 所 要 事 項 の 決 定 等 9. 雑 則 [ 参 考 1] 計

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081795745428C668DDA9770817A57414F4E979897708B4B96F1816991E6825194C5816A5F905692F994C581698251969C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081795745428C668DDA9770817A57414F4E979897708B4B96F1816991E6825194C5816A5F905692F994C581698251969C816A2E646F63> WAON 利 用 約 款 規 約 をよくお 読 みになってご 納 得 のうえ カードをご 利 用 ください 第 1 条 ( 目 的 ) 本 約 款 は イオン 株 式 会 社 が 管 理 及 び 運 営 する 電 子 マネー WAON によるお 取 引 について 規 定 するもので 次 条 に 定 義 する WAON 発 行 者 及 びカード 発 行 者 は WAON のお 取 引 について 本 約

More information

日 本 MRF(マネー リザーブ ファンド) 追 加 型 投 信 / 国 内 / 債 券 /MRF 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2011 年 2 月 23 日 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です ご 購 入 に 際 しては 本 書 の

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

ができます 4. 対 象 取 引 の 範 囲 第 1 項 のポイント 付 与 の 具 体 的 な 条 件 対 象 取 引 自 体 の 条 件 は 各 加 盟 店 が 定 めます 5.ポイントサービスの 利 用 終 了 その 他 いかなる 理 由 によっても 付 与 されたポイントを 換 金 すること

ができます 4. 対 象 取 引 の 範 囲 第 1 項 のポイント 付 与 の 具 体 的 な 条 件 対 象 取 引 自 体 の 条 件 は 各 加 盟 店 が 定 めます 5.ポイントサービスの 利 用 終 了 その 他 いかなる 理 由 によっても 付 与 されたポイントを 換 金 すること 大 好 きポイント コンサドーレ 札 幌 サービス 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 1. 本 規 約 は フェリカポケットマーケティング 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 )が 発 行 する 大 好 きコンサドーレ 札 幌 WAON カ ード 及 びポイントサービスの 利 用 条 件 について 定 めます 2. 利 用 者 が 大 好 きコンサドーレ 札 幌 WAON カードの 利 用

More information

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり 平 成 21 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

Microsoft PowerPoint - 080509葉玉弁護士資料.ppt

Microsoft PowerPoint - 080509葉玉弁護士資料.ppt インサイダー 取 引 の 問 題 点 TMI 総 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 葉 玉 匡 美 会 社 関 係 者 等 のインサイダー 取 引 (166 条 ) 要 件 = 1 会 社 関 係 者 等 が 2 重 要 事 実 の 発 生 後 3 公 表 前 に 4 重 要 事 実 を 知 りながら 5 特 定 有 価 証 券 等 の 6 売 買 等 をすること 重 要 事 実 の 発 生 1

More information

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A>

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A> 建 設 省 経 振 発 第 8 号 平 成 11 年 1 月 28 日 改 正 国 総 建 第 199 号 国 総 建 整 第 156 号 平 成 20 年 10 月 17 日 都 道 府 県 知 事 政 令 指 定 都 市 長 あて 建 設 省 建 設 経 済 局 長 公 共 工 事 に 係 る 工 事 請 負 代 金 債 権 の 譲 渡 を 活 用 した 融 資 制 度 について 建 設 投 資

More information

Microsoft Word - お知らせ 4商品.doc

Microsoft Word - お知らせ 4商品.doc お 客 さまへ 平 成 26 年 10 月 1 日 投 資 信 託 取 扱 商 品 の 追 加 について 東 和 銀 行 ( 頭 取 吉 永 國 光 )は 様 々なお 客 様 のニーズにお 応 えするため 平 成 26 年 10 月 1 日 ( 水 )から 投 資 信 託 の 商 品 を 新 たに4 商 品 追 加 しましたので お 知 らせいたし 今 回 の 追 加 により 当 行 で 取 扱 う

More information

(4) 会 員 が 加 盟 店 で miyoca サービスを 利 用 して 商 品 等 の 購 入 または 提 供 を 受 ける 場 合 に 利 用 できるカードの 枚 数 は 加 盟 店 により 異 なり (5) 会 員 は miyoca サービスを 利 用 した 場 合 は 交 付 するレシート

(4) 会 員 が 加 盟 店 で miyoca サービスを 利 用 して 商 品 等 の 購 入 または 提 供 を 受 ける 場 合 に 利 用 できるカードの 枚 数 は 加 盟 店 により 異 なり (5) 会 員 は miyoca サービスを 利 用 した 場 合 は 交 付 するレシート miyoca 利 用 規 約 (クラブカード 一 体 型 ) 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は イズミヤ 株 式 会 社 が 発 行 する イズミヤクラブカード ( 以 下 クラブカード といい)の 会 員 に 対 す る 付 帯 サービスとして 提 供 される イズミヤカード 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といい)が 発 行 する 電 子 マネーである miyoca を 利 用 することができるサービス(

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

86.8 87.0 87.2 87.6 88.0 83.5 80.4 80.7 81.1 81.7 82.5 88.5 84.8 89.2 90.1 86.4

86.8 87.0 87.2 87.6 88.0 83.5 80.4 80.7 81.1 81.7 82.5 88.5 84.8 89.2 90.1 86.4 この 商 品 は 新 規 の 販 売 を 停 止 しています 記 載 の 内 容 は 当 資 料 が 作 成 された 時 点 のもので 既 にご 契 約 いただいているお 客 さま 専 用 の 参 考 資 料 です 新 規 のご 契 約 のためにはご 利 用 いただけません Form No.A00582.0AFL-B-2009-105-090303/FI20094 86.8 87.0 87.2 87.6

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

税金読本(8-5)特定口座と確定申告

税金読本(8-5)特定口座と確定申告 と 確 申 告 8-5 複 数 の 証 券 会 社 で 源 泉 徴 収 を 開 設 している 場 合 の 損 益 通 算 の 方 法 における 株 式 債 券 投 資 信 託 と 税 金 源 泉 徴 収 と 確 申 告 源 泉 徴 収 の 場 合 内 の 譲 するか 否 かは 1つの ごとに 選 渡 益 については 確 申 告 は 不 要 です 択 することができます つまり 投 資 家 が 内 の

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 号 の 取 引 は 三 井 住 友 信 託 の 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます )ができます 1 普 通 預 金 2 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 自 由 金 利

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 事 業 承 継 と 民 法 < 遺 留 分 > 相 続 までに 自 社 株 の 価 値 が 上 昇 すると 想 定 外 の 遺 留 分 の 主 張 を 受 けないか 心 配 だ 後 継 者 に 自 社 株 を 集 中 させたいが 相 続 紛 争 が 心 配 だ 民 法 の 遺 留 分 の 事 前 放 棄 は 利 用 しにくい 相 続 紛 争 や 自 社 株 式 の 分 散 を 防 止 でき 後 継

More information

円 定 期 の 優 遇 金 利 期 間 中 に 中 途 解 約 す る と 優 遇 金 利 は 適 用 さ れ ず お 預 け 入 れ 日 か ら 解 約 日 ま で の 所 定 の 期 限 前 解 約 利 率 が 適 用 さ れ ま す 投 資 信 託 ( 金 融 商 品 仲 介 で 取 り 扱

円 定 期 の 優 遇 金 利 期 間 中 に 中 途 解 約 す る と 優 遇 金 利 は 適 用 さ れ ず お 預 け 入 れ 日 か ら 解 約 日 ま で の 所 定 の 期 限 前 解 約 利 率 が 適 用 さ れ ま す 投 資 信 託 ( 金 融 商 品 仲 介 で 取 り 扱 平 成 28 年 3 月 17 日 株 式 会 社 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 退 職 金 限 定 円 定 期 金 利 優 遇 の 取 扱 停 止 および ウェルカム セレクション の 取 扱 条 件 変 更 のお 知 らせ 退 職 金 限 定 円 定 期 金 利 優 遇 退 職 金 限 定 円 定 期 金 利 優 遇 の お 取 り 扱 い を 誠 に 勝 手 な が ら 平 成 28 年 3

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 11 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

京急グループポイントサービス会員規約

京急グループポイントサービス会員規約 京 急 プレミアポイント 会 員 規 約 ( 会 員 資 格 ) 第 1 条 会 員 とは, 本 規 約 を 承 認 のうえ, 所 定 の 手 続 きをされ, 京 浜 急 行 電 鉄 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )が 認 めた, 京 急 プレミアポイントカード およびその 他 の 当 社 が 発 行 するポイントカード( 以 下 総 称 して カード といいます )の 発 行 を

More information

商 品 概 要 説 明 書

商 品 概 要 説 明 書 商 品 概 要 説 明 書 平 成 27 年 12 月 7 日 現 在 商 品 名 スペシャルプラン 運 用 の 達 人 販 売 対 象 個 人 の 方 ( 含 む 個 人 事 業 主 ) 商 品 内 容 投 資 信 託 外 貨 定 期 預 金 もしくは 金 融 商 品 仲 介 取 扱 商 品 ( 以 下 仲 介 商 品 )を 申 込 みと 同 時 に 円 貨 定 期 預 金 の 意 思 表 示 を

More information

商 品 の 特 徴 とイメージ 図 しあわせ ずっと は 外 貨 建 て 運 用 の 終 身 保 険 に 円 建 て 資 産 自 動 確 保 *1 機 能 を 組 み 合 わせた 商 品 です 外 貨 建 終 身 保 険 のイメージ 図 *1 円 建 て 資 産 自 動 確 保 とは 外 貨 建 て

商 品 の 特 徴 とイメージ 図 しあわせ ずっと は 外 貨 建 て 運 用 の 終 身 保 険 に 円 建 て 資 産 自 動 確 保 *1 機 能 を 組 み 合 わせた 商 品 です 外 貨 建 終 身 保 険 のイメージ 図 *1 円 建 て 資 産 自 動 確 保 とは 外 貨 建 て NEWS RELEASE 平 成 24 年 8 月 27 日 終 身 保 険 の 新 規 取 扱 商 品 のお 知 らせ 筑 波 銀 行 頭 取 : 藤 川 雅 海 本 店 : 茨 城 県 土 浦 市 は お 客 様 の 多 様 化 するニーズに 対 応 するため 保 険 商 品 のラインアップを 充 実 すべく 三 井 住 友 海 上 プライマリー 生 命 保 険 株 式 会 社 の 終 身 保

More information

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ コンシェルジュサービス 会 員 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 関 係 ) 1.この 会 員 規 約 は 株 式 会 社 三 ラージ( 以 下 当 社 といいます )が 株 式 会 社 アクトコ ールを 通 じて 運 営 するコンシェルジュサービス( 以 下 本 サービス といいます )の 提 供 及 びその 利 用 に 関 して 適 用 されます( 以 下 会 員 規 約 といいます

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 自 動 継 続 ) (1) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )は 通 帳 記 載 の 満 期 日 に 前 回 と 同 一 期 間 の 自 由 金 利 型 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2) この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 ( 継 続

More information

Microsoft Word - 【QA】外貨MMF受付停止.doc

Microsoft Word - 【QA】外貨MMF受付停止.doc 投 資 者 の 皆 さまへ 販 売 補 助 資 料 ダイワ 外 貨 MMF ユーロ ポートフォリオに 関 するQ&A 平 成 24 年 8 月 1 日 ( 水 )より 新 規 のご 購 入 ( 買 付 )の 申 込 みはできませんのでご 注 意 ください Q.1 新 規 の 買 付 停 止 の 新 規 とはどういう 意 味 ですか 外 貨 MMF(ユーロ ポートフォリオ)を 既 に 保 有 している

More information

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc 役 員 選 挙 規 程 昭 和 55 年 10 月 21 日 制 定 昭 和 57 年 11 月 16 日 改 正 昭 和 61 年 5 月 27 日 改 正 昭 和 62 年 2 月 23 日 改 正 昭 和 63 年 3 月 7 日 改 正 平 成 2 年 5 月 14 日 改 正 平 成 6 年 5 月 24 日 改 正 平 成 8 年 2 月 27 日 改 正 平 成 11 年 2 月 23

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 22 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また

More information

教育資金管理約款

教育資金管理約款 教 育 資 金 管 理 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は お 客 様 ( 以 下 申 込 者 といいます )が 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2 の2 第 1 項 の 適 用 を 受 けるため 同 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 教 育 資 金 管 理 契 約 を 締 結 し 同 項 に 規 定 される 要 件 及 び 当 社 との 権 利

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

1. 前 払 式 支 払 手 段 サーバ 型 の 前 払 式 支 払 手 段 に 関 する 利 用 者 保 護 等 発 行 者 があらかじめ 利 用 者 から 資 金 を 受 け 取 り 財 サービスを 受 ける 際 の 支 払 手 段 として 前 払 式 支 払 手 段 が 発 行 される 場 合

1. 前 払 式 支 払 手 段 サーバ 型 の 前 払 式 支 払 手 段 に 関 する 利 用 者 保 護 等 発 行 者 があらかじめ 利 用 者 から 資 金 を 受 け 取 り 財 サービスを 受 ける 際 の 支 払 手 段 として 前 払 式 支 払 手 段 が 発 行 される 場 合 決 済 WG 7-1 論 点 の 整 理 1. 前 払 式 支 払 手 段 サーバ 型 の 前 払 式 支 払 手 段 に 関 する 利 用 者 保 護 等 発 行 者 があらかじめ 利 用 者 から 資 金 を 受 け 取 り 財 サービスを 受 ける 際 の 支 払 手 段 として 前 払 式 支 払 手 段 が 発 行 される 場 合 紙 ICチップ 等 の 有 体 物 にその 価 値 が 記

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

第一部【証券情報】

第一部【証券情報】 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 本 書 の 日 付 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 い( 本 投 資 法 人 が 上 場 することを 前 提 とします )は 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 ADインベストメント マネジメント 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ

募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行に関するお知らせ 各 位 平 成 28 年 6 月 24 日 会 社 名 株 式 会 社 モバイルファクトリー 代 表 者 名 代 表 取 締 役 宮 嶌 裕 二 (コード 番 号 3912 東 証 マザーズ) 問 合 せ 先 執 行 役 員 計 数 管 理 部 長 谷 本 洋 (TEL. 03-3447-1181) 募 集 新 株 予 約 権 ( 有 償 ストック オプション)の 発 行 に 関 するお 知 らせ

More information

 

  第 4 経 理 の 状 況 1. 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 方 法 について 当 社 の 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 は 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 平 成 19 年 内 閣 府 令 第 64 号 )に 基 づいて 作 成 しております 2. 監 査 証 明 について 当 社 は 金 融 商

More information

Microsoft PowerPoint - 表紙

Microsoft PowerPoint - 表紙 2016 年 3 月 期 決 算 記 者 会 見 資 料 2016 年 5 月 20 日 (コード 番 号 8766) ページ 1. 東 京 海 上 ホールディングス 連 結 決 算 の 概 況 (1) 東 京 海 上 ホールディングス 連 結 1 (2) 正 味 収 入 保 険 料 および 生 命 保 険 料 の 内 訳 1 (3) 親 会 社 株 主 に 帰 属 する 当 期 純 利 益 の 内

More information

Microsoft PowerPoint - 表紙

Microsoft PowerPoint - 表紙 216 年 3 月 期 中 間 決 算 記 者 会 見 資 料 215 年 11 月 18 日 (コード 番 号 8766) ページ 1. 東 京 海 上 ホールディングス 連 結 決 算 の 概 況 (1) 東 京 海 上 ホールディングス 連 結 1 (2) 連 結 経 常 収 益 の 主 な 内 訳 1 (3) 連 結 純 利 益 の 内 訳 1 2. 国 内 損 害 保 険 事 業 の 概

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 アドバンス レジデンス 投 資 法 人 ( 以 下 本 投 資 法 人 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

は じ め に ( 各 項 目 の 詳 細 は 次 ページ 以 降 で 説 明 いたします) Ⅰ:ひふみ 投 信 の 取 引 にはどのような 税 金 がかかるの? 解 約 償 還 により 利 益 が 発 生 した 時 や 収 益 分 配 金 が 支 払 われた 時 これらは 課 税 の 対 象 にな

は じ め に ( 各 項 目 の 詳 細 は 次 ページ 以 降 で 説 明 いたします) Ⅰ:ひふみ 投 信 の 取 引 にはどのような 税 金 がかかるの? 解 約 償 還 により 利 益 が 発 生 した 時 や 収 益 分 配 金 が 支 払 われた 時 これらは 課 税 の 対 象 にな お 取 引 に 係 る 重 要 事 項 のご 案 内 ひふみ 投 信 のお 取 引 にかかる 税 金 について 特 定 口 座 のご 案 内 NISA( 少 額 投 資 非 課 税 制 度 )のご 案 内 目 次 はじめに ( 以 下 Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳの 概 要 ) P.1 Ⅰ: ひふみ 投 信 のお 取 引 に 係 る 税 金 について P.2~3 Ⅱ: 特 定 口 座 とは? P.4~5 Ⅲ: NISA(

More information

Microsoft Word sozei-sample1.doc

Microsoft Word sozei-sample1.doc 第 1 章 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 Ⅱ 第 1 節 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 の 趣 旨 (A) 法 人 が, 他 の 内 国 法 人 から 利 益 の 配 当 等 を 受 けた 場 合 には, 企 業 会 計 上, 営 業 外 収 益 に 計 上 されるため, 収 益 の 額 を 構 成 する しかし, 法 人 税 法 上 は, 別 段 の 定 めにより, 原

More information

<4D F736F F D20975A817C D9195DB8FD88F5A91EE838D815B F824F A2E646F63>

<4D F736F F D20975A817C D9195DB8FD88F5A91EE838D815B F824F A2E646F63> 商 品 名 < 愛 称 > 全 国 保 証 保 証 付 住 宅 ローン 200% 借 換 住 宅 ローン 保 証 次 の 各 号 すべてに 該 当 する 方 1 団 体 信 用 生 命 保 険 に 加 入 が 認 められる 方 2 借 入 申 込 時 年 齢 が 満 20 歳 以 上 満 65 歳 未 満 の 方 で かつ 最 終 返 済 時 の 年 齢 が 満 80 歳 を 超 えない 方 ただし

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず(

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず( 別 紙 2 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 実 務 上 の 検 討 ポイント 第 1 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 概 要 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 ( 以 下 D&O 保 険 ) とは 保 険 契 約 者 である 会 社 と 保 険 者 である 保 険 会 社 の 契 約 により 被 保 険 者 とされている 役 員

More information

約款・規定集

約款・規定集 総 合 取 引 約 款 第 1 章 総 合 取 引 口 座 第 1 条 ( 約 款 の 趣 旨 ) この 総 合 取 引 約 款 は お 客 様 ( 以 下 申 込 者 という )とヘッジファンド 証 券 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )との 間 の 権 利 義 務 関 係 を 明 確 にすることを 目 的 とするものであります 第 2 条 ( 総 合 取 引 口 座 の 利 用 )

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 企 画 競 争 に 係 る 募 集 公 告 平 成 25 年 12 月 16 日 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 契 約 事 務 責 任 者 理 事 馬 場 一 洋 平 成 25 年 度 消 費 税 確 定 申 告 に 係 る 事 前 準 備 ( 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 等 ) 及 び 確 定 申 告 書 作 成 等 委 託 業 務 に 係 る 企 画 競 争

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

Q4-2 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 は 利 子 割 の 課 税 対 象 は 個 人 とされていま すが 金 融 機 関 には 様 々な 口 座 がある 中 で 該 当 の 有 無 をどのように 判 断 すればよいですか? ( 平 成 28 年 2 月 修 正 ) A4-2 平 成 2

Q4-2 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 は 利 子 割 の 課 税 対 象 は 個 人 とされていま すが 金 融 機 関 には 様 々な 口 座 がある 中 で 該 当 の 有 無 をどのように 判 断 すればよいですか? ( 平 成 28 年 2 月 修 正 ) A4-2 平 成 2 平 成 28 年 1 月 1 日 施 行 県 民 税 利 子 割 の 改 正 Q&A 平 成 27 年 11 月 作 成 ( 平 成 28 年 2 月 一 部 修 正 ) 埼 玉 県 自 動 車 税 事 務 所 Q1 改 正 後 の 特 別 徴 収 しなければならない 納 税 義 務 者 はどう 変 わりますか? A1 法 人 からの 徴 収 がなくなり 利 子 の 支 払 いを 受 ける 個 人

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

ATM 等 を 利 用 して 現 金 を 借 り 入 れる 場 合 当 社 所 定 のATM 手 数 料 を 負 担 するものとします 2. ATM 手 数 料 は 利 用 金 額 が1 万 円 以 下 の 場 合 は108 円 利 用 金 額 が1 万 円 を 超 える 場 合 は216 円 とし

ATM 等 を 利 用 して 現 金 を 借 り 入 れる 場 合 当 社 所 定 のATM 手 数 料 を 負 担 するものとします 2. ATM 手 数 料 は 利 用 金 額 が1 万 円 以 下 の 場 合 は108 円 利 用 金 額 が1 万 円 を 超 える 場 合 は216 円 とし 第 3 部 キャッシング 条 項 第 1 章 キャッシングリボ 第 41 条 (キャッシングリボの 利 用 方 法 ) 1. 本 会 員 は 当 社 提 携 先 の 現 金 自 動 預 払 機 等 ( 以 下 ATM 等 と いいます)でカードおよび 登 録 された 暗 証 番 号 を 使 用 することに より 現 金 を 借 り 入 れることができます 家 族 会 員 が 自 己 のカー ドを 使

More information

信用取引に関するルール

信用取引に関するルール 信 用 取 引 に 関 するルール 本 書 は 信 用 取 引 の 仕 組 み 及 び 当 社 におけるその 取 扱 いについて 説 明 したものです マネックス 証 券 株 式 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 165 号 加 入 協 会 : 日 本 証 券 業 協 会 一 般 社 団 法 人 金 融 先 物 取 引 業 協 会 一 般 社 団 法

More information

株と為替の売買シナリオ

株と為替の売買シナリオ 2016 年 7 月 1 日 ( 金 ) 英 EU 離 脱 ショック 後 の1 週 間 心 理 と7/4 週 為 替 見 通 し 買 い 比 率 ドル 円 終 値 日 経 平 均 採 用 銘 柄 の 値 上 がり 率 ベスト5 2016/07/01 No. コート 銘 柄 終 値 前 日 比 ( 率 ) 1 4506 大 日 住 薬 1878 111(+6.28%) 2 4043 トクヤマ 294

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

   新潟市市税口座振替事務取扱要領

   新潟市市税口座振替事務取扱要領 昭 和 63 年 4 月 1 日 制 定 平 成 13 年 5 月 1 日 全 部 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 12 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 24 年 7 月 17 日 一 部 改 正 平 成

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 (

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 ( 平 成 27 年 12 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 27 年 5 月 13 日 上 場 会 社 名 KLab 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3656 URL http://www.klab.com/jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 真 田 哲 弥 問 合 せ 先 責

More information

面 を 保 佐 人 又 は 補 助 人 の 同 意 を 要 する 場 合 は 同 意 を 証 する 書 面 を 提 出 する ものとする 前 項 の 場 合 代 理 人 は 代 理 人 自 身 の 本 人 であることを 証 する 書 面 を 保 佐 人 及 び 補 助 人 は 株 主 本 人 の 保

面 を 保 佐 人 又 は 補 助 人 の 同 意 を 要 する 場 合 は 同 意 を 証 する 書 面 を 提 出 する ものとする 前 項 の 場 合 代 理 人 は 代 理 人 自 身 の 本 人 であることを 証 する 書 面 を 保 佐 人 及 び 補 助 人 は 株 主 本 人 の 保 日 立 工 機 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 則 ( 制 定 1951 年 12 月 4 日 ) 改 正 2016 年 1 月 12 日 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 当 会 社 の 株 主 の 権 利 の 行 使 等 に 関 する 取 扱 いその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 については 振 替 機 関 である 株 式 会 社 証 券 保 管

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 平 成 22 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 サンエツ 金 属 株 式 会 社 上 場 取 引 所 名 コード 番 号 5757 URL http://www.sanetu.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 釣 谷 宏 行 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

Microsoft Word - 実施について.doc

Microsoft Word - 実施について.doc 平 成 19 年 4 月 24 日 証 券 会 員 制 法 人 札 幌 証 券 取 引 所 による パブリックコメント( 意 見 提 出 手 続 ) 実 施 について 本 所 は 上 場 制 度 の 整 備 等 を 行 います 概 要 は 次 のとおりです 取 引 所 取 引 に 係 る 約 定 取 消 しルールの 制 定 について ( 別 紙 参 照 ) ご 意 見 等 は 住 所 氏 名 会 社

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203134303232388F4390B3208A948C9493648E7189BB8CE38270819582605F8267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203134303232388F4390B3208A948C9493648E7189BB8CE38270819582605F8267826F8C668DDA97702E646F63> 株 券 電 子 化 制 度 よくあるQ&A( 改 訂 版 ) 平 成 21 年 5 月 11 日 日 本 証 券 業 協 会 (タンス 株 ) 問 1 上 場 会 社 の 株 券 が 手 元 にあります 株 券 はどうなりますか( 株 券 電 子 化 で 何 か 手 続 は 必 要 ですか) 株 券 電 子 化 までに 証 券 会 社 を 通 じて 証 券 保 管 振 替 機 構 (ほふり)に 預

More information

                                         2008

                                         2008 ぷららポイントプログラム 利 用 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) このぷららポイントプログラム 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )は 株 式 会 社 NTT ぷらら( 以 下 当 社 といいます )が 運 営 提 供 するぷららポイントプログラム( 以 下 本 プログラム といいま す )の 対 象 者 ( 以 下 会 員 といいます )に 対 し ぷららポイント( 以 下

More information

第 40 回 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 要 綱 1 公 募 推 薦 総 枠 30 億 円 一 般 物 流 効 率 化 促 進 中 小 企 業 高 度 化 資 金 貸 付 対 象 事 業 の 合 計 枠 2 公 募 期 間 平 成 28 年 6 月 20

第 40 回 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 要 綱 1 公 募 推 薦 総 枠 30 億 円 一 般 物 流 効 率 化 促 進 中 小 企 業 高 度 化 資 金 貸 付 対 象 事 業 の 合 計 枠 2 公 募 期 間 平 成 28 年 6 月 20 利 子 補 給 つき 低 利 の 融 資 でトラック 業 界 の 近 代 化 を 第 40 回 ( 平 成 28 年 度 ) 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 のしおり この 融 資 の 目 的 この 融 資 は 全 日 本 トラック 協 会 からの 利 子 補 給 により 長 期 低 利 の 融 資 を 推 進 し トラック 運 送 事 業 者 の 近 代 化

More information

(2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 該 当 事 項 はありません (3) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 当

(2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 該 当 事 項 はありません (3) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 当 定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 会 計 期 間 ( 以 下 当 四 半 期 という)では 米 国 のサブプライムローンに 端 を 発 した 金 融 危 機 が 世 界 的 に 連 鎖 する 中 想 定 をはるかに 超 えた 円 高 株 安 雇 用 環 境 の 悪 化 や 個 人 消 費 の 低 迷

More information