多 額 の 損 失 が 発 生 する 可 能 性 を 有 しています したがって 信 用 取 引 の 開 始 にあたって は 下 記 の 内 容 を 十 分 に 把 握 する 必 要 があります 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 株 式 相 場 金 利 水 準 為 替 相 場 不 動 産 相

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "多 額 の 損 失 が 発 生 する 可 能 性 を 有 しています したがって 信 用 取 引 の 開 始 にあたって は 下 記 の 内 容 を 十 分 に 把 握 する 必 要 があります 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 株 式 相 場 金 利 水 準 為 替 相 場 不 動 産 相"

Transcription

1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あ らかじめよくお 読 みいただき ご 不 明 な 点 は お 取 引 開 始 前 にご 確 認 ください なお 本 書 面 のほか お 客 様 は 信 用 取 引 を 行 う 上 で 当 社 の 規 程 又 は 約 款 や 約 諾 書 取 引 ルール 等 に 拘 束 されますのであらかじめよくお 読 みいただき ご 確 認 ご 同 意 の 上 でお 取 引 ください 信 用 取 引 は お 客 様 に 一 定 の 保 証 金 ( 委 託 保 証 金 )を 当 社 に 担 保 として 差 し 入 れていただ き 売 付 けに 必 要 な 株 券 ( ) 優 先 出 資 証 券 投 資 信 託 の 受 益 証 券 投 資 証 券 等 ( 以 下 株 券 等 と 言 います )や 買 付 けに 必 要 な 資 金 を 当 社 からお 客 様 にお 貸 しして 売 買 を 行 ってい ただく 取 引 です 信 用 取 引 には 2つの 種 類 があります 具 体 的 には 制 度 信 用 取 引 と 一 般 信 用 取 引 の2 種 類 があります この2つの 信 用 取 引 の 間 には 利 用 できる 銘 柄 の 範 囲 や 返 済 の 期 限 等 について 異 なる 制 約 がありますので ご 注 意 ください 信 用 取 引 は 多 額 の 利 益 が 得 られることもある 反 面 多 額 の 損 失 が 発 生 する 可 能 性 をも 合 わせもつ 取 引 です したがって 取 引 を 開 始 する 場 合 又 は 継 続 して 行 う 場 合 には 取 引 の 仕 組 みやリスクについて 十 分 に 把 握 するとともに 投 資 者 自 らの 資 力 投 資 目 的 及 び 投 資 経 験 等 に 照 らして 適 切 であると 判 断 する 場 合 にのみ 自 己 の 責 任 において 行 うことが 肝 要 です ( ) 株 券 この 説 明 書 では 株 券 を 中 心 に 説 明 しておりますが 優 先 出 資 証 券 投 資 信 託 の 受 益 証 券 投 資 証 券 等 につきましても 基 本 的 に 取 扱 いは 同 じです 手 数 料 など 諸 費 用 について 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 別 紙 1 手 数 料 に 記 載 の 売 買 手 数 料 信 用 管 理 費 名 義 書 換 料 及 び 権 利 処 理 手 数 料 ( 一 般 信 用 取 引 )をいただきます 信 用 取 引 の 買 付 けの 場 合 買 付 け 代 金 に 対 する 金 利 をお 支 払 いいただきます また 売 付 けの 場 合 売 付 け 株 券 等 に 対 する 貸 株 料 及 び 品 貸 料 をお 支 払 いいただきます 委 託 保 証 金 について 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 別 紙 1 手 数 料 に 記 載 の 委 託 保 証 金 ( 有 価 証 券 により 代 用 することが 可 能 です )を 担 保 として 差 し 入 れていただきます 委 託 保 証 金 は 売 買 代 金 の 30% 以 上 で かつ 30 万 円 以 上 が 必 要 です また 有 価 証 券 により 代 用 する 場 合 の 有 価 証 券 の 種 類 代 用 価 格 等 は 別 紙 2 代 用 有 価 証 券 の 種 類 代 用 価 格 等 に 定 めるところによります 信 用 取 引 のリスクについて 信 用 取 引 は 少 額 の 委 託 保 証 金 で 多 額 の 取 引 を 行 うことができることから 時 として 1

2 多 額 の 損 失 が 発 生 する 可 能 性 を 有 しています したがって 信 用 取 引 の 開 始 にあたって は 下 記 の 内 容 を 十 分 に 把 握 する 必 要 があります 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 株 式 相 場 金 利 水 準 為 替 相 場 不 動 産 相 場 商 品 相 場 等 の 変 動 や 投 資 信 託 投 資 証 券 預 託 証 券 受 益 証 券 発 行 信 託 の 受 益 証 券 等 の 裏 付 け となっている 株 式 債 券 投 資 信 託 不 動 産 再 生 可 能 エネルギー 発 電 設 備 公 共 施 設 等 運 営 権 商 品 カバードワラント 等 ( 以 下 裏 付 け 資 産 ( 1)といいます )の 価 格 や 評 価 額 の 変 動 に 伴 い 信 用 取 引 の 対 象 となっている 株 式 等 の 価 格 が 変 動 することに よって 損 失 が 生 じるおそれがあります また その 損 失 の 額 が 差 し 入 れた 委 託 保 証 金 の 額 を 上 回 るおそれがあります 信 用 取 引 の 対 象 となっている 株 式 等 の 発 行 者 又 は 保 証 会 社 等 の 業 務 や 財 産 の 状 況 に 変 化 が 生 じた 場 合 や 裏 付 け 資 産 の 発 行 者 又 は 保 証 会 社 等 の 業 務 や 財 産 の 状 況 の 変 化 が 生 じ た 場 合 信 用 取 引 の 対 象 となっている 株 式 等 の 価 格 が 変 動 することによって 損 失 が 生 じ るおそれがあります また その 損 失 の 額 が 差 し 入 れた 委 託 保 証 金 の 額 を 上 回 るおそ れがあります 信 用 取 引 により 売 買 した 株 券 等 のその 後 の 値 動 きにより 計 算 上 の 損 失 が 生 じたり 代 用 有 価 証 券 の 価 格 が 値 下 がりすること 等 によって 委 託 保 証 金 の 現 在 価 値 が 売 買 代 金 の 25% 未 満 となった 場 合 には 不 足 額 を 所 定 の 期 日 までに 当 社 に 差 し 入 れていただく 必 要 があります 所 定 の 期 日 までに 不 足 額 を 差 し 入 れない 場 合 や 約 諾 書 の 定 めによりその 他 の 期 限 の 利 益 の 喪 失 の 事 由 に 該 当 した 場 合 には 損 失 を 被 った 状 態 で 建 玉 ( 信 用 取 引 のうち 決 済 が 結 了 していないもの)の 一 部 又 は 全 部 を 決 済 ( 反 対 売 買 または 現 引 現 渡 )される 場 合 もあります 更 にこの 場 合 その 決 済 で 生 じた 損 失 についても 責 任 を 負 うことになりま す 信 用 取 引 の 利 用 が 過 度 であると 金 融 商 品 取 引 所 が 認 める 場 合 には 委 託 保 証 金 率 の 引 上 げ 信 用 取 引 の 制 限 または 禁 止 の 措 置 等 をとることがあります 詳 細 は 各 取 引 所 で 公 表 されている 日 々 公 表 銘 柄 の 指 定 等 に 関 するガイドライン 及 び 信 用 取 引 に 係 る 委 託 保 証 金 の 率 の 引 上 げ 措 置 等 に 関 するガイドライン でご 確 認 いただけます このように 信 用 取 引 は お 客 様 の 投 資 した 資 金 に 比 べて 大 きな 利 益 が 期 待 できる 反 面 価 格 の 変 動 が 予 想 と 違 った 場 合 には 損 失 も 大 きくなります したがって 信 用 取 引 を 利 用 するときは その 仕 組 みをよく 知 り お 客 様 自 身 の 判 断 と 責 任 において 行 うようお 願 い いたします 2

3 信 用 取 引 は クーリング オフの 対 象 にはなりません 信 用 取 引 に 関 しては 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 6 の 規 定 の 適 用 はありません 信 用 取 引 の 仕 組 みについて 制 度 信 用 取 引 制 度 信 用 取 引 とは 金 融 商 品 取 引 所 に 上 場 している 株 券 等 を 対 象 とし 品 貸 料 及 び 返 済 期 限 等 が 金 融 商 品 取 引 所 の 規 則 により 決 定 されている 信 用 取 引 です また 制 度 信 用 取 引 によって 行 った 売 買 の 決 済 のために 当 社 は 証 券 金 融 会 社 から 売 付 株 券 等 及 び 買 付 代 金 を 金 融 商 品 取 引 所 の 決 済 機 構 を 通 じて 借 り 入 れること( 貸 借 取 引 )ができます 制 度 信 用 取 引 ができる 銘 柄 は 株 券 等 のうち 金 融 商 品 取 引 所 が 決 めた 銘 柄 ( 制 度 信 用 銘 柄 )に 限 ら れます なお 制 度 信 用 銘 柄 を 対 象 とした 買 付 けであれば 貸 借 取 引 により 当 社 が 買 付 代 金 を 借 り 入 れることは 原 則 として 可 能 ですが 売 付 株 券 等 を 借 り 入 れることができるのは 制 度 信 用 銘 柄 の うち 金 融 商 品 取 引 所 が 決 めた 銘 柄 ( 貸 借 銘 柄 )に 限 られます 制 度 信 用 取 引 の 返 済 期 限 は6か 月 と 決 められており 6か 月 を 超 えて 制 度 信 用 取 引 を 継 続 するこ とはできません なお 制 度 信 用 取 引 を 継 続 することが 適 当 でないと 認 められるときには 制 度 信 用 取 引 の 返 済 期 限 (6か 月 )の 定 めにかかわらず 金 融 商 品 取 引 所 により 返 済 期 限 の 変 更 ( 返 済 期 限 の 繰 上 げ)が 行 われることがありますので ご 注 意 ください 制 度 信 用 取 引 における 金 利 貸 株 料 は その 時 々の 金 利 情 勢 等 に 基 づき お 客 様 と 当 社 との 合 意 によって 決 定 されることになります( 2) また 金 利 貸 株 料 は 金 利 情 勢 等 によって 変 動 する 場 合 がありますので 当 社 にご 確 認 ください また 貸 借 銘 柄 について 証 券 金 融 会 社 において 株 不 足 ( 貸 借 取 引 残 高 において 貸 株 数 が 融 資 株 数 を 上 回 った 状 態 )が 生 じ この 株 券 等 を 調 達 するための 費 用 がかかった 場 合 には 売 り 方 は 品 貸 料 (い わゆる 逆 日 歩 )を 支 払 い 買 い 方 はこれを 受 け 取 ることになりますが 品 貸 料 は その 時 々の 株 券 調 達 状 況 等 に 基 づき 決 定 されることとなります( 2) 制 度 信 用 取 引 について 売 り 方 のお 客 様 からお 支 払 いいただく 貸 株 料 は 品 貸 料 とは 異 なり 買 い 方 のお 客 様 がこれを 受 け 取 るものではありません なお 貸 株 料 等 の 信 用 取 引 に 係 るコストについては 当 社 のホームページもしくはコールセンタ ーにてご 確 認 ください 制 度 信 用 取 引 によって 売 買 している 株 券 等 が 株 式 分 割 による 株 式 を 受 ける 権 利 又 は 株 主 に 対 す る 新 株 予 約 権 等 が 付 与 されたことにより 権 利 落 ちとなったときは 金 融 商 品 取 引 所 が 定 める 方 法 に よりこれらの 権 利 の 処 理 を 行 うことで 売 り 方 買 い 方 双 方 の 不 公 平 をなくします ( 注 )ただし 3

4 株 式 分 割 の 場 合 の 権 利 の 処 理 は 次 のとおり 分 割 比 率 によってその 方 法 が 異 なります 売 買 単 位 の 整 数 倍 の 新 株 式 が 割 り 当 てられる 株 式 分 割 の 場 合 ( 分 割 比 率 1:2 等 ) 株 式 分 割 の 分 割 比 率 に 応 じて 制 度 信 用 取 引 の 売 付 け 又 は 買 付 けの 数 量 を 増 加 し 売 買 値 ( 約 定 値 段 )を 減 額 します 上 記 以 外 の 株 式 分 割 の 場 合 ( 分 割 比 率 1:1.5 等 ) 金 融 商 品 取 引 所 が 定 める 権 利 処 理 価 格 の 分 を 最 初 の 売 買 値 ( 約 定 値 段 )より 引 き 下 げます また 配 当 金 相 当 額 については その 株 式 の 配 当 金 が 確 定 したあと( 通 常 配 当 落 ちの 約 3 か 月 後 ) 配 当 落 調 整 額 を 買 い 方 は 受 け 取 り 売 り 方 は 支 払 うことになります ( 注 ) 制 度 信 用 取 引 では お 客 様 が 買 い 付 けた 株 券 等 は 担 保 として 金 融 商 品 取 引 業 者 に 留 保 され さらに 貸 借 取 引 を 利 用 した 場 合 には 証 券 金 融 会 社 に 留 保 されます 当 該 株 券 等 に 株 式 分 割 による 株 式 を 受 ける 権 利 又 は 株 主 に 対 する 新 株 予 約 権 等 の 権 利 が 付 与 された 場 合 当 該 権 利 の 行 使 をお 客 様 が 直 接 行 うことができないため 上 記 のように 金 融 商 品 取 引 所 が 制 度 信 用 取 引 の 権 利 の 処 理 についてルールを 定 めています なお 制 度 信 用 取 引 を 行 っている 銘 柄 にこれらの 権 利 が 付 与 された 場 合 でも 1 事 実 上 譲 渡 が 禁 止 されるな ど 権 利 の 引 渡 しができない 場 合 2 権 利 行 使 を 特 定 の 条 件 に 合 致 する 株 主 のみに 限 定 している 場 合 など 譲 渡 性 及 び 換 金 可 能 性 権 利 の 行 使 に 付 された 条 件 等 を 勘 案 して 権 利 の 処 理 を 行 うことが 事 実 上 不 可 能 となります ので 当 該 権 利 の 処 理 を 行 わない 場 合 があります また 権 利 の 価 値 が 事 実 上 無 価 値 又 は 無 価 値 に 等 しい 場 合 には 権 利 処 理 を 行 う 必 要 性 がないと 言 えます 証 券 金 融 会 社 は 貸 借 銘 柄 について 株 券 等 の 調 達 が 困 難 となるおそれが 生 じた 場 合 には 貸 株 利 用 につき 注 意 を 喚 起 することがあります また 株 券 等 の 調 達 が 困 難 となった 場 合 には 貸 株 利 用 の 制 限 又 は 停 止 の 措 置 を 行 うことがあります この 場 合 には 制 度 信 用 取 引 による 新 規 の 売 付 け や 買 付 けた 銘 柄 の 売 却 現 引 きによる 返 済 ができないことがあったり 制 約 されたりすることが あります 一 般 信 用 取 引 一 般 信 用 取 引 とは 金 融 商 品 取 引 所 に 上 場 している 株 券 等 を 対 象 としますが 品 貸 料 返 済 期 限 等 は お 客 様 と 当 社 との 間 で 自 由 に 決 定 することができる 信 用 取 引 です しかし 一 般 信 用 取 引 に よって 行 った 売 買 の 決 済 のために 貸 借 取 引 を 利 用 することはできません 一 般 信 用 取 引 ができる 銘 柄 は 株 券 等 であれば 上 場 廃 止 基 準 に 該 当 した 銘 柄 及 び 当 社 が 独 自 に 取 引 を 制 限 している 銘 柄 を 除 いたものとなります なお 金 融 商 品 取 引 所 が 売 買 状 況 等 により 特 定 の 銘 柄 について 一 般 信 用 取 引 の 利 用 を 禁 止 する 場 合 もあります 一 般 信 用 取 引 における 貸 株 料 品 貸 料 返 済 期 限 及 び 金 利 は その 時 々の 金 利 情 勢 株 券 調 達 状 況 等 に 基 づき お 客 様 と 当 社 との 合 意 によって 決 定 されることになります( 2) また 貸 株 料 品 貸 料 及 び 金 利 は 金 利 情 勢 株 券 調 達 状 況 等 によって 変 動 する 場 合 がありますので 一 般 信 用 取 引 を 利 用 されるお 客 様 は 当 社 にご 確 認 ください 4

5 一 般 信 用 取 引 によって 売 買 している 株 券 等 について 株 式 分 割 による 株 式 を 受 ける 権 利 又 は 株 主 に 対 する 新 株 予 約 権 等 の 付 与 があり 権 利 落 ちとなったときの 処 理 や 配 当 金 の 処 理 についても 証 券 金 融 会 社 を 通 じた 処 理 ができないため お 客 様 と 当 社 との 合 意 によることとなりますので この 点 についても 事 前 に 当 社 にご 確 認 くださるようお 願 いいたします 一 般 信 用 取 引 は 貸 借 取 引 の 利 用 を 前 提 としない 信 用 取 引 ですから 原 則 として 制 度 信 用 取 引 のように 証 券 金 融 会 社 における 株 券 等 の 調 達 が 困 難 になったという 理 由 で 制 約 を 受 けることはあ りませんが 当 社 の 与 信 管 理 の 都 合 上 あるいは 売 建 玉 について 当 社 における 株 券 等 の 調 達 が 困 難 となった 場 合 等 において 当 社 が 定 める 期 日 を 返 済 期 限 として 設 定 することがあります この 場 合 当 社 が 設 定 する 返 済 期 限 を 越 えて 一 般 信 用 取 引 を 継 続 することはできません この 点 についても 事 前 に 当 社 にご 確 認 くださるようお 願 いいたします 一 般 信 用 取 引 として 始 めた 信 用 取 引 を 途 中 で 制 度 信 用 取 引 に 変 更 したり 逆 に 制 度 信 用 取 引 とし て 始 めた 信 用 取 引 を 途 中 で 一 般 信 用 取 引 に 変 更 することはできません 1 裏 付 け 資 産 が 投 資 信 託 投 資 証 券 等 である 場 合 には その 最 終 的 な 裏 付 け 資 産 を 含 みます 2 その 額 は その 時 々の 金 利 情 勢 株 券 調 達 状 況 等 に 基 づき 決 定 されますので 本 書 面 上 その 金 額 等 をあらかじめ 記 載 することはで きません 信 用 取 引 に 係 る 金 融 商 品 取 引 契 約 の 概 要 当 社 における 信 用 取 引 については 以 下 によります 顧 客 に 信 用 を 供 与 して 行 う 株 券 等 に 係 る 次 の 取 引 取 引 所 金 融 商 品 市 場 又 は 外 国 金 融 商 品 市 場 の 売 買 立 会 による 市 場 への 委 託 注 文 の 媒 介 取 次 ぎ 又 は 代 理 株 券 等 の 売 買 の 媒 介 取 次 ぎ 又 は 代 理 信 用 取 引 に 係 る 委 託 保 証 金 又 は 代 用 有 価 証 券 の 管 理 金 融 商 品 取 引 契 約 に 関 する 租 税 の 概 要 個 人 のお 客 様 に 対 する 課 税 は 以 下 によります 信 用 取 引 における 配 当 落 調 整 額 は 上 場 株 式 等 の 譲 渡 所 得 等 の 金 額 を 算 出 する 際 に 加 味 されます 信 用 取 引 に 係 る 上 場 株 式 等 の 譲 渡 による 利 益 は 原 則 として 上 場 株 式 等 の 譲 渡 所 得 等 として 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となります 信 用 取 引 に 係 る 上 場 株 式 等 の 譲 渡 損 益 は 他 の 上 場 株 式 等 ( 特 定 公 社 債 等 を 含 みます )の 利 子 配 当 及 び 譲 渡 損 益 等 との 損 益 通 算 が 可 能 です また 確 定 申 告 により 譲 渡 損 失 の 繰 越 控 除 の 適 用 を 受 けることができます 法 人 のお 客 様 に 対 する 課 税 は 以 下 によります 買 付 けを 行 ったお 客 様 が 受 け 取 る 配 当 落 調 整 額 については 法 人 税 に 係 る 所 得 の 計 算 上 買 付 け に 係 る 対 価 の 額 から 控 除 されます 売 付 けを 行 ったお 客 様 が 支 払 う 配 当 落 調 整 額 については 法 人 5

6 税 に 係 る 所 得 の 計 算 上 売 付 けに 係 る 対 価 の 額 から 控 除 されます 信 用 取 引 に 係 る 上 場 株 式 等 の 譲 渡 による 利 益 については 法 人 税 に 係 る 所 得 の 計 算 上 益 金 の 額 に 算 入 されます なお 詳 細 につきましては 税 理 士 等 の 専 門 家 にお 問 い 合 わせください 当 社 が 行 う 金 融 商 品 取 引 業 の 内 容 及 び 方 法 の 概 要 等 当 社 が 行 う 金 融 商 品 取 引 業 は 主 に 金 融 商 品 取 引 法 第 28 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 第 一 種 金 融 商 品 取 引 業 であり 当 社 において 信 用 取 引 を 行 われる 場 合 は 以 下 によります お 取 引 にあたっては 信 用 取 引 口 座 設 定 約 諾 書 を 電 磁 的 な 方 法 により 当 社 に 差 し 入 れ 信 用 取 引 口 座 を 開 設 していただく 必 要 があります 信 用 取 引 に 関 する 金 銭 有 価 証 券 は すべてこの 口 座 を 通 して 処 理 されます なお 約 諾 書 については 十 分 お 読 みいただき その 写 しを 保 管 してくださ い 信 用 取 引 口 座 の 開 設 にあたっては 一 定 の 投 資 経 験 知 識 資 力 等 が 必 要 ですので 場 合 によって は 口 座 の 開 設 に 応 じられないこともあります 信 用 取 引 で 注 文 なさる 際 は 必 ず 信 用 取 引 ( 制 度 / 一 般 )を 選 択 してください また その 際 制 度 信 用 取 引 を 行 うのか 一 般 信 用 取 引 を 行 うのかの 別 も 選 択 してください なお その 際 に 決 めた 信 用 取 引 の 種 別 については 途 中 で 変 更 できませんので 注 意 してください 金 融 商 品 取 引 所 は 信 用 取 引 の 過 度 の 利 用 を 未 然 に 防 止 するため 日 々 公 表 銘 柄 制 度 を 設 け 日 々 公 表 銘 柄 に 関 するガイドラインに 該 当 した 銘 柄 を 日 々 公 表 銘 柄 としてその 信 用 取 引 残 高 を 日 々 公 表 します お 客 様 が 当 社 に 差 し 入 れた 委 託 保 証 金 については 当 社 自 身 の 財 産 とは 分 別 して 保 管 されておりま す したがって 万 一 当 社 の 経 営 が 破 綻 した 場 合 等 であっても 委 託 保 証 金 については 当 社 に 対 する 債 務 を 完 全 に 履 行 している 限 り 返 還 を 受 けることが 可 能 です これに 対 して 信 用 取 引 によ って 買 い 付 けた 株 券 等 及 び 信 用 取 引 によって 株 券 等 を 売 り 付 けた 場 合 の 代 金 については このよう な 分 別 保 管 の 対 象 とはなっておりません したがって 万 一 当 社 の 経 営 が 破 綻 した 場 合 等 におい ては 売 り 返 済 買 い 返 済 及 び 現 引 き 現 渡 しによる 信 用 取 引 の 返 済 ができなくなる 可 能 性 があり ます このため このような 場 合 には 原 則 として 通 常 の 返 済 方 法 に 代 え 金 融 商 品 取 引 所 が 定 めた 株 価 等 をもって 金 銭 により 清 算 を 行 っていただくことになります この 場 合 において お 客 様 の 当 社 に 対 する 金 銭 の 支 払 請 求 権 には 一 切 優 先 的 地 位 が 与 えられませんので 計 算 上 利 益 が 生 じて いる 場 合 であっても これを 受 け 取 ることができない 可 能 性 があります なお 当 該 債 権 は 投 資 者 保 護 基 金 による 補 償 対 象 にもなりませんので あらかじめご 承 知 おきください 適 格 機 関 投 資 家 (これに 類 する 外 国 法 人 を 含 む )が 信 用 取 引 の 売 付 けを 行 う 場 合 及 びそれ 以 外 の 投 資 家 が 行 う 信 用 取 引 の 売 付 けのうち 売 付 け1 回 あたりの 数 量 が 金 融 商 品 取 引 所 の 定 める 売 買 単 位 の 50 倍 を 超 える 場 合 には 有 価 証 券 の 取 引 等 の 規 制 に 関 する 内 閣 府 令 により 価 格 規 制 を 受 けるこ ととなりますので 注 意 してください 注 文 された 信 用 取 引 が 成 立 すると その 内 容 をご 確 認 いただくため 当 社 から 取 引 報 告 書 が 交 付 されます 万 一 記 載 内 容 が 相 違 しているときは 速 やかに 記 載 の 当 社 電 話 番 号 へ 直 接 ご 連 絡 下 さい 6

7 当 社 の 概 要 について 商 号 等 本 店 所 在 地 加 入 協 会 主 な 事 業 設 立 年 月 指 定 紛 争 解 決 機 関 連 絡 先 GMOクリック 証 券 株 式 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 77 号 農 林 水 産 省 指 令 22 総 合 第 1337 号 経 済 産 業 省 平 成 商 第 19 号 東 京 都 渋 谷 区 桜 丘 町 20-1 日 本 証 券 業 協 会 一 般 社 団 法 人 金 融 先 物 取 引 業 協 会 日 本 商 品 先 物 取 引 協 会 金 融 商 品 取 引 業 平 成 17 年 10 月 特 定 非 営 利 活 動 法 人 証 券 金 融 商 品 あっせん 相 談 センター <GMOクリック 証 券 コールセンター> ( 携 帯 電 話 PHS からは ) 平 成 28 年 1 月 30 日 GMOクリック 証 券 株 式 会 社 7

8 ( 別 紙 1) 手 数 料 (すべて 税 込 ) 信 用 取 引 手 数 料 約 定 代 金 通 常 手 数 料 VIP プラン 1 約 定 ごとプ ~500 万 円 100 円 ラン 約 定 代 金 にかかわらず 0 円 500 万 円 超 無 料 約 定 代 金 通 常 手 数 料 VIP プラン 1 日 定 額 プラ ン ~10 万 円 ~50 万 円 ~100 万 円 100 万 円 超 100 円 210 円 420 円 以 降 は 100 万 円 ごとに 315 円 を 加 算 約 定 代 金 にかかわらず 0 円 <1 日 定 額 プランの 注 意 事 項 > 制 度 信 用 取 引 と 一 般 ( 無 期 限 ) 信 用 取 引 ごとに 約 定 代 金 を 合 算 し 手 数 料 を 計 算 します <その 他 注 意 事 項 > 上 記 全 ての 手 数 料 において 指 値 成 行 の 区 別 はございません 手 数 料 プランの 変 更 は1 週 間 ごとの 選 択 制 です 取 引 のない 日 は 手 数 料 はかかりません VIP プランは 2 つの 適 用 条 件 のうち いずれかの 条 件 を 満 たした 場 合 に VIP プラン 適 用 となり ます 毎 月 20 日 大 引 け 時 点 で 信 用 建 玉 残 高 が 5 億 円 以 上 約 1 ヶ 月 間 における 信 用 新 規 建 玉 約 定 代 金 合 計 額 が 5 億 円 以 上 VIP プランの 詳 細 につきましては ホームページにてご 確 認 ください 諸 費 用 信 用 管 理 費 1ヶ 月 の 応 答 日 毎 に 1 株 当 たり 10.8 銭 ( 上 限 :1,080 円 下 限 : 108 円 ) 信 用 取 引 名 義 書 換 料 54.0 円 / 売 買 単 位 権 利 処 理 手 数 料 ( 一 般 信 用 取 引 ) 無 料 金 利 貸 株 料 等 の 取 扱 いについては お 客 様 と 当 社 との 合 意 によって 決 定 されますので 事 前 に ホームページもしくはコールセンターにてご 確 認 ください コールセンター 手 数 料

9 1 約 定 ごと 約 定 代 金 の 0.10% 最 低 手 数 料 3,360 円 <コールセンター 手 数 料 の 注 意 事 項 > コールセンターからのご 注 文 による 約 定 代 金 は 一 日 定 額 制 の 約 定 代 金 には 含 まれません インターネット/ 携 帯 電 話 とコールセンターの 注 文 を 異 なる 経 由 で 変 更 した 時 の 取 扱 いは 以 下 の 通 りです 注 文 方 法 変 更 前 の 注 文 状 況 変 更 方 法 適 用 される 注 文 体 系 コールセンター インターネット 経 由 コールセンター 手 数 料 で 変 更 イ ン タ ー ネ ッ ト / 未 約 定 コールセンター 経 由 コールセンター 手 数 料 携 帯 電 話 で 変 更 イ ン タ ー ネ ッ ト / 変 更 中 に 約 定 コールセンター 経 由 コールセンター 手 数 料 携 帯 電 話 で 変 更 イ ン タ ー ネ ッ ト / 内 出 来 コールセンター 経 由 コールセンター 手 数 料 携 帯 電 話 で 変 更 内 出 来 注 文 の 未 約 定 分 の 変 更 注 文 をコールセンターでお 受 けする 場 合 には 注 文 を 一 旦 取 り 消 し させていただく 場 合 があります ( 注 文 方 法 が インターネット/ 携 帯 電 話 の 場 合 ) インターネット/ 携 帯 電 話 から 発 注 した 週 末 まで 注 文 の 変 更 注 文 をコールセンターでお 受 け する 場 合 には 当 日 注 文 に 変 更 いたします 上 記 はすべて 通 常 手 数 料 です キャンペーン 等 により 変 更 する 場 合 がございますので 詳 細 はホ ームページもしくはコールセンターにてご 確 認 ください

10 ( 別 紙 2) 代 用 有 価 証 券 の 種 類 代 用 価 格 等 委 託 保 証 金 は 売 買 代 金 の 30% 以 上 で かつ 30 万 円 以 上 が 必 要 です また 有 価 証 券 により 代 用 す る 場 合 の 代 用 価 格 は 以 下 に 掲 げる 有 価 証 券 の 種 類 に 応 じて 前 日 時 価 にそれぞれの 掛 目 を 乗 じた 価 格 となります 上 場 株 券 80% 上 場 投 資 信 託 上 場 投 資 証 券 80% (ETF REIT ETN) NISA 口 座 で 保 有 している 株 式 については 代 用 有 価 証 券 の 掛 目 は0%( 代 用 差 入 れ 不 可 )となります 委 託 保 証 金 率 及 び 代 用 有 価 証 券 の 掛 目 については 市 場 の 動 向 等 により 金 融 商 品 取 引 所 により 変 更 されること 又 は 当 社 の 判 断 により 変 更 することがありますので ご 注 意 ください なお 当 社 の 判 断 により 代 用 有 価 証 券 の 掛 目 の 変 更 又 は 除 外 ( 以 下 掛 目 の 変 更 等 といいます ) を 行 う 事 象 は 以 下 のとおりです 掛 目 の 変 更 等 を 行 う 場 合 には あらかじめその 内 容 をご 通 知 し 変 更 後 の 掛 目 ( 又 は 除 外 )の 適 用 日 につきましては 通 知 した 日 から 起 算 して4 営 業 日 目 の 日 といたします ただし 下 記 4の 事 象 の 場 合 において 当 社 が 必 要 と 認 めたときには 通 知 した 日 の 翌 営 業 日 から 適 用 することができるものといたします ( 当 社 信 用 取 引 ルール 代 用 株 券 を 参 照 ) 1 決 済 が 不 可 能 で 一 定 以 上 の 損 失 が 発 生 すると 当 社 が 判 断 した 場 合 2 信 用 取 引 の 継 続 が 困 難 であると 当 社 が 判 断 した 場 合 3 特 定 の 銘 柄 について 明 らかに 経 営 に 重 大 な 影 響 を 与 えると 認 められる 事 象 等 が 発 生 し 今 後 株 価 が 継 続 かつ 大 幅 に 下 落 することが 予 想 され 当 該 銘 柄 の 時 価 が 本 来 の 株 価 水 準 を 反 映 していないことから 保 証 金 としての 適 切 な 評 価 を 行 うことができないと 当 社 が 認 めた 場 合 4 1~3のほか 特 定 の 銘 柄 について 明 らかに 経 営 に 重 大 な 影 響 を 与 えると 認 められる 事 象 等 が 発 生 し 今 後 株 価 が 継 続 かつ 大 幅 に 下 落 することが 予 想 され 当 該 銘 柄 の 時 価 が 本 来 の 株 価 水 準 を 反 映 していないことから 保 証 金 としての 適 切 な 評 価 を 行 うことができないと 当 社 が 認 めた 場 合 なお 明 らかに 経 営 に 重 大 な 影 響 を 与 えると 認 められる 事 象 等 の 事 例 としては 例 えば 次 のようなケ ースが 想 定 されます 重 大 な 粉 飾 決 算 の 疑 いが 発 覚 し 直 近 の 株 価 の 水 準 が 粉 飾 されたとされる 決 算 内 容 に 基 づき 形 成 さ れていたと 判 断 される 場 合 業 務 上 の 取 引 等 で 経 営 に 重 大 な 影 響 を 与 える 巨 額 な 損 失 が 発 生 した 場 合 突 発 的 な 事 故 等 により 長 期 にわたりすべての 業 務 が 停 止 される 場 合

11 行 政 庁 による 法 令 等 に 基 づく 処 分 又 は 行 政 庁 による 法 令 違 反 に 係 る 告 発 等 により すべての 業 務 が 停 止 される 場 合 その 他 上 場 廃 止 につながる 可 能 性 が 非 常 に 高 い 事 象 が 発 生 した 場 合 以 上

12 参 考 信 用 取 引 の 基 本 的 な 流 れ 買 付 けから 始 める 場 合 金 利 の 支 払 買 付 代 金 に 対 する 金 利 をお 支 払 いい ただきます 返 済 の 方 法 売 り 返 済 買 い 付 けた 株 券 等 を 売 却 することに より 貸 付 金 を 返 済 していただきます 現 引 き 貸 付 金 を 直 接 当 社 に 引 き 渡 していた だきます ( 買 い 付 けた 株 券 等 は お 客 様 に お 渡 し し ま す ) ---- 信 用 取 引 口 座 の 設 定 ---- 信 用 取 引 口 座 設 定 約 諾 書 を 電 磁 的 な 方 法 により 差 し 入 れるとともに その 写 しを 電 磁 的 な 方 法 に よる 交 付 を 受 けます 委 託 保 証 金 売 買 代 金 の 30% 以 上 で かつ 30 万 円 以 上 が 必 要 です 委 託 保 証 金 は 株 券 や 公 社 債 等 で 代 用 すること も 可 能 ですが 一 部 分 を 現 金 にしていただくこと もあります 主 な 代 用 有 価 証 券 の 掛 目 ( 前 日 時 価 に 対 して) 国 債 95% 以 下 政 府 保 証 債 90% 地 方 債 社 債 85% 金 融 債 85% 上 場 新 株 予 約 権 付 社 債 80% 上 場 株 券 80% 公 社 債 投 信 85% 追 加 型 株 式 投 信 80% 単 位 型 株 式 投 信 80% (クローズド 期 間 終 了 後 のもの) 上 場 投 資 信 託 上 場 投 資 証 券 80% (ETF 不 動 産 投 信 など) 信 用 取 引 により 売 買 した 株 券 等 のその 後 の 値 動 きにより 計 算 上 の 損 失 が 生 じたり 代 用 有 価 証 券 の 価 格 が 値 下 がりすること 等 によって 委 託 保 証 金 の 現 在 価 値 が 売 買 代 金 の 25% 未 満 となった 場 合 には 不 足 額 を 翌 々 日 15 時 10 分 までに 当 社 に 差 し 入 れていただく 必 要 があります 売 付 けから 始 める 場 合 品 貸 料 及 び 信 用 取 引 貸 株 料 の 支 払 売 付 株 券 等 に 対 す る 品 貸 料 及 び 信 用 取 引 貸 株 料 をお 支 払 いいただきます 返 済 の 方 法 買 い 返 済 売 り 付 けた 株 券 等 を 買 戻 すことによ り 貸 付 株 券 等 を 返 済 していただきま す 現 渡 し 貸 付 株 券 等 を 直 接 当 社 に 引 き 渡 して いただきます ( 売 却 代 金 は お 客 様 に お 渡 しします ) 注 1 信 用 取 引 口 座 の 開 設 にあたっては 一 定 の 投 資 経 験 知 識 資 力 等 が 必 要 ですので 場 合 によっては 口 座 の 開 設 に 応 じられな いこともあります 注 2 金 利 貸 株 料 等 の 取 扱 いについては お 客 様 と 当 社 との 合 意 によって 決 定 されますので 事 前 に 当 社 にご 確 認 ください 注 3 委 託 保 証 金 率 及 び 代 用 有 価 証 券 の 掛 目 については 市 場 の 動 向 等 により 証 券 取 引 所 により 変 更 される 又 は 当 社 の 判 断 により 変 更 することがありますので ご 注 意 ください 注 4 NISA 口 座 で 保 有 している 株 式 については 代 用 有 価 証 券 の 掛 目 は0%( 代 用 差 入 れ 不 可 )となります 以 上

1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) (1) 信 用 取 引 とは この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記

1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) (1) 信 用 取 引 とは この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の3の 規 程 によりお 渡 しするものです ) 1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (1) 信 用 取 引 とは (2) 信 用 取 引 の 手 数 料 など 諸 費 用 リスク 等 について (3) 信 用 取 引 の 仕 組 みについて (4) 信 用

More information

Microsoft Word - 20130716(資本金)信用前書面(NET).doc

Microsoft Word - 20130716(資本金)信用前書面(NET).doc 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (インターネットトレード) この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです * 当 社 は 信 用 取 引 の 受 託 のためにお 客 さまの 個 人 情 報 を 取 得 させていただきます 当 社 が 本 書 面 をお 渡 しした 後 お 客 さまが 1 年 を 超 えて 信 用

More information

信用取引に関するルール

信用取引に関するルール 信 用 取 引 に 関 するルール 本 書 は 信 用 取 引 の 仕 組 み 及 び 当 社 におけるその 取 扱 いについて 説 明 したものです マネックス 証 券 株 式 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 165 号 加 入 協 会 : 日 本 証 券 業 協 会 一 般 社 団 法 人 金 融 先 物 取 引 業 協 会 一 般 社 団 法

More information

4. 購 入 方 法 (1) 購 入 最 低 金 額 (2) 購 入 単 位 (3) 購 入 対 価 のお 支 払 方 法 5 万 円 5 万 円 単 位 新 しく 発 行 される 国 債 のご 購 入 で 発 行 日 の 前 営 業 日 までに 約 定 された 場 合 は 発 行 日 が 受 渡

4. 購 入 方 法 (1) 購 入 最 低 金 額 (2) 購 入 単 位 (3) 購 入 対 価 のお 支 払 方 法 5 万 円 5 万 円 単 位 新 しく 発 行 される 国 債 のご 購 入 で 発 行 日 の 前 営 業 日 までに 約 定 された 場 合 は 発 行 日 が 受 渡 国 債 商 品 概 要 説 明 書 ( 兼 契 約 締 結 前 交 付 書 面 ) (この 書 面 は 法 令 の 規 定 に 基 づく 契 約 締 結 前 交 付 書 面 です ) この 書 面 には 国 債 のお 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あらかじめよくお 読 みいただき ご 不 明 な 点 はお 取 引 開 始 前 にご 確 認 ください

More information

Microsoft Word - RD007-JPN-IBSJ Risk Disclosure for Foreign Bond Futures_Futures Options on IBLLC account..doc

Microsoft Word - RD007-JPN-IBSJ Risk Disclosure for Foreign Bond Futures_Futures Options on IBLLC account..doc 市 場 デリバティブ 取 引 に 係 るご 注 意 インタラクティブ ブローカーズ 証 券 株 式 会 社 本 取 引 は 証 拠 金 の 額 を 上 回 る 取 引 を 行 うことができることから 場 合 によっては 大 きな 損 失 が 発 生 する 可 能 性 を 有 しています ま た その 損 失 は 差 し 入 れた 証 拠 金 の 額 を 上 回 る 場 合 があります 本 取 引 の

More information

公共債のご案内

公共債のご案内 1 頁 / 全 5 頁 ( 契 約 締 結 前 交 付 書 面 ) 公 共 債 のご 案 内 この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の3の 規 定 ( 契 約 締 結 前 の 書 面 交 付 )によりお 渡 しするものです 公 共 債 とは 国 地 方 公 共 団 体 政 府 関 係 機 関 等 が 発 行 する 債 券 です この 書 面 には 公 共 債 の 売 買 等 のお

More information

個 人 向 け 国 債 この 書 面 には 個 人 向 け 国 債 のお 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あらかじめよくお 読 みください 発 行 日 から 1 年 未 満 の 中 途 換 金 は 原 則 できません 中 途 換 金 時 の 受

個 人 向 け 国 債 この 書 面 には 個 人 向 け 国 債 のお 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あらかじめよくお 読 みください 発 行 日 から 1 年 未 満 の 中 途 換 金 は 原 則 できません 中 途 換 金 時 の 受 個 人 向 け 国 債 商 品 説 明 書 公 共 債 保 護 預 り 兼 振 替 決 済 口 座 に 関 する 契 約 のご 説 明 商 品 説 明 書 (2016 年 8 月 ): 次 ページより(5)ページ 公 共 債 保 護 預 り 兼 振 替 決 済 口 座 に 関 する 契 約 のご 説 明 (2016 年 8 月 ):(6)ページ 個 人 向 け 国 債 この 書 面 には 個 人 向

More information

company

company 経 済 研 究 所 アナリストメモ 2014 年 3 月 13 日 訪 問 企 業 :アミューズ(4301) 電 話 取 材 : 富 士 重 工 業 (7270) アナリスト: 今 中 能 夫 アミューズ(4301) 訪 問 取 材 芸 能 プロダクション 大 手 芸 能 プロダクション 大 手 で ミュージシャンでは 福 山 雅 治 サ ザンオールスターズ Perfume ポルノグラフィティ ONE

More information

目 論 見 書 補 完 書 面 ( 投 資 信 託 ) <コード 8027> 当 ファンドに 係 る 当 社 は ファンドの 販 売 会 社 として 募 集 の 取 扱 いおよび 販 売 等 に 関 する 事 務 を 行 います 金 融 商 品 取 引 契 約 の 概 要 当 社 が 行 う 金 融

目 論 見 書 補 完 書 面 ( 投 資 信 託 ) <コード 8027> 当 ファンドに 係 る 当 社 は ファンドの 販 売 会 社 として 募 集 の 取 扱 いおよび 販 売 等 に 関 する 事 務 を 行 います 金 融 商 品 取 引 契 約 の 概 要 当 社 が 行 う 金 融 目 論 見 書 補 完 書 面 ( 投 資 信 託 ) (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 および 目 論 見 書 の 内 容 をよくお 読 みください この 書 面 および 目 論 見 書 は ご 投 資 にあたってのリスクやご 留 意 点 が 記 載 されております お 客 様 がお

More information

悪 化 等 により 元 本 や 利 子 の 支 払 いが 滞 ったり 支 払 不 能 が 生 じるリスク があります 3. 金 融 商 品 市 場 における 相 場 その 他 の 指 標 にかかる 金 利 変 動 による 損 失 可 能 性 について 1 金 融 政 策 の 変 更 経 済 情 勢

悪 化 等 により 元 本 や 利 子 の 支 払 いが 滞 ったり 支 払 不 能 が 生 じるリスク があります 3. 金 融 商 品 市 場 における 相 場 その 他 の 指 標 にかかる 金 利 変 動 による 損 失 可 能 性 について 1 金 融 政 策 の 変 更 経 済 情 勢 2016 年 1 月 4 日 現 在 契 約 締 結 前 交 付 書 面 兼 商 品 概 要 説 明 書 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) 国 債 等 公 共 債 窓 口 販 売 ( 除 く 個 人 向 け 国 債 ) この 書 面 には 個 人 向 け 国 債 を 除 く 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 (

More information

190309_東証REIT指数上場投信_20160831_M.xlsx

190309_東証REIT指数上場投信_20160831_M.xlsx 6 枚 組 の1 枚 目 です # 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 8/31 基 準 価 額 ( 円 ) 184,839 純 資 産 総 額 ( 百 万 円 ) 23,212 前 月 比 -3,766 695 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 の 推 移 ファンド 設 定 日 H27.3.24 純 資 産 総 額 ( 億 円 : 右 軸 ) 基 準 価 額 ( 円 : 左 軸

More information

お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 や 苦 情 等 について お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 はお 取 引 店 または 金 融 商 品 営 業 部 金 融 商 品 管 理 課 (024-541-2304) 苦 情 につきましては 営 業 統 括 部 お 客

お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 や 苦 情 等 について お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 はお 取 引 店 または 金 融 商 品 営 業 部 金 融 商 品 管 理 課 (024-541-2304) 苦 情 につきましては 営 業 統 括 部 お 客 証 券 振 替 決 済 口 座 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 をよくお 読 みください 当 行 では お 客 さまから 有 価 証 券 ( 投 資 信 託 および 国 債 ならびに 地 方 債 をいいます 以 下 同 じ ) の 売 買 等 に 必 要 な 金 銭

More information

お 客 様 が 先 物 オプション 取 引 の 経 験 または 1 年 以 上 の 株 式 投 資 の 経 験 をお 持 ちであること 金 融 資 産 を 概 ね 300 万 円 ( 日 経 225mini 専 用 口 座 は 30 万 円 ) 以 上 有 している こと 以 上 の 取 引 基 準

お 客 様 が 先 物 オプション 取 引 の 経 験 または 1 年 以 上 の 株 式 投 資 の 経 験 をお 持 ちであること 金 融 資 産 を 概 ね 300 万 円 ( 日 経 225mini 専 用 口 座 は 30 万 円 ) 以 上 有 している こと 以 上 の 取 引 基 準 株 価 指 数 先 物 取 引 株 価 指 数 オプション 取 引 に 関 する 説 明 書 ゆたかネット 先 物 オプション 取 引 ルール 1. 先 物 オプション 取 引 口 座 の 種 類 ゆたかネットでは 先 物 オプション 取 引 口 座 を 2 種 類 に 分 けております 先 物 オプション 取 引 口 座 先 物 取 引 ( 日 経 225mini を 含 む 買 建 売 建 )およびオプション

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FA495698A54977690E096BE8F91817987562D303150817A83748340837E838A815B837C8343839383678354815B83728358816982BB82CC91BC816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FA495698A54977690E096BE8F91817987562D303150817A83748340837E838A815B837C8343839383678354815B83728358816982BB82CC91BC816A> ひろしん ファミリーポイントサービス ( 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 ) 1.サービス 名 ひろしん ファミリーポイントサービス 2. 対 象 個 人 および 個 人 事 業 主 の 方 ( 非 居 住 者 任 意 団 体 は 対 象 外 とします) 3. 内 容 お 客 さまのお 取 引 項 目 を 当 金 庫 の 所 定 の 基 準 によりポイント 化 し そのポイント 合 計 に

More information

水戸ファンドラップ契約締結前交付書面

水戸ファンドラップ契約締結前交付書面 (2016.7.1) 水 戸 ファンドラップ 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) 投 資 一 任 契 約 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 水 戸 証 券 株 式 会 社 投 資 一 任 契 約 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引

More information

T T VWAPギャランティ 取 引 とは T T VWAPギャランティ 取 引 とは これまでの 成 行 や 指 値 とは 異 なる 東 海 東 京 証 券 が 提 供 する 新 しい 形 の 売 買 方 法 です その 方 法 とは 1 金 融 商 品 取 引 所 ( 以 下 取 引 所 )に

T T VWAPギャランティ 取 引 とは T T VWAPギャランティ 取 引 とは これまでの 成 行 や 指 値 とは 異 なる 東 海 東 京 証 券 が 提 供 する 新 しい 形 の 売 買 方 法 です その 方 法 とは 1 金 融 商 品 取 引 所 ( 以 下 取 引 所 )に 出 来 高 加 重 平 均 価 格 を 基 準 とした 売 買 方 法 T T VWAP ギャランティ 取 引 ティ ティ ブイワップギャランティ お 取 扱 説 明 書 T T VWAPギャランティ 取 引 とは T T VWAPギャランティ 取 引 とは これまでの 成 行 や 指 値 とは 異 なる 東 海 東 京 証 券 が 提 供 する 新 しい 形 の 売 買 方 法 です その 方 法

More information

マザーファンドの 資 産 組 入 状 況 (2016 年 1 月 29 日 現 在 ) 事 業 債 政 保 債 12.67% 1.66% 国 債 85.68% 組 入 上 位 10 銘 柄 銘 柄 名 利 率 (%) 満 期 日 投 資 比 率 (%) 1 第 95 回 利 付 国 債 (20 年

マザーファンドの 資 産 組 入 状 況 (2016 年 1 月 29 日 現 在 ) 事 業 債 政 保 債 12.67% 1.66% 国 債 85.68% 組 入 上 位 10 銘 柄 銘 柄 名 利 率 (%) 満 期 日 投 資 比 率 (%) 1 第 95 回 利 付 国 債 (20 年 マイナス 金 利 政 策 導 入 による への 影 響 について 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 ( 以 下 日 銀 )はわが 国 史 上 初 めてとなるマイナス 金 利 政 策 の 導 入 を 決 定 しました その 結 果 わが 国 の 金 利 は 大 きく 低 下 ( 債 券 価 格 は 上 昇 )しています ファンドの 状 況 基 準 価 額 純 資 産 の 推 移 (2002

More information

株価指数先物オプション取引 - リスクディスクローズ

株価指数先物オプション取引 - リスクディスクローズ 株 価 指 数 先 物 取 引 および 株 価 指 数 オプション 取 引 説 明 書 東 証 株 価 指 数 先 物 オプション 取 引 日 経 株 価 指 数 300 先 物 オプション 取 引 日 経 平 均 株 価 先 物 オプション 取 引 楽 天 証 券 株 式 会 社 目 次 株 価 指 数 先 物 取 引 説 明 書 株 価 指 数 先 物 取 引 について 1 株 価 指 数 先

More information

86.8 87.0 87.2 87.6 88.0 83.5 80.4 80.7 81.1 81.7 82.5 88.5 84.8 89.2 90.1 86.4

86.8 87.0 87.2 87.6 88.0 83.5 80.4 80.7 81.1 81.7 82.5 88.5 84.8 89.2 90.1 86.4 この 商 品 は 新 規 の 販 売 を 停 止 しています 記 載 の 内 容 は 当 資 料 が 作 成 された 時 点 のもので 既 にご 契 約 いただいているお 客 さま 専 用 の 参 考 資 料 です 新 規 のご 契 約 のためにはご 利 用 いただけません Form No.A00582.0AFL-B-2009-105-090303/FI20094 86.8 87.0 87.2 87.6

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081795745428C668DDA9770817A57414F4E979897708B4B96F1816991E6825194C5816A5F905692F994C581698251969C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081795745428C668DDA9770817A57414F4E979897708B4B96F1816991E6825194C5816A5F905692F994C581698251969C816A2E646F63> WAON 利 用 約 款 規 約 をよくお 読 みになってご 納 得 のうえ カードをご 利 用 ください 第 1 条 ( 目 的 ) 本 約 款 は イオン 株 式 会 社 が 管 理 及 び 運 営 する 電 子 マネー WAON によるお 取 引 について 規 定 するもので 次 条 に 定 義 する WAON 発 行 者 及 びカード 発 行 者 は WAON のお 取 引 について 本 約

More information

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま 岡 安 の 証 券 総 合 取 引 約 款 第 1 章 証 券 総 合 取 引 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 有 価 証 券 の 保 護 預 り 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 ( 以 下 振 替 法 といいます )において 取 扱 う 証 券 の 取 引 累 積 投 資 取 引 外 国 証 券 の 取 引 新 光 MRF(マネー リザーブ フアンド)の

More information

第33回 2018年9月満期 株価指数参照円建信託社債(デジタルクーポン型・早期償還条項付)(責任財産限定特約付)参照指数:日経平均株価【仮条件】

第33回 2018年9月満期 株価指数参照円建信託社債(デジタルクーポン型・早期償還条項付)(責任財産限定特約付)参照指数:日経平均株価【仮条件】 1 第 33 回 2018 年 9 月 満 期 株 価 指 数 参 照 円 建 信 託 社 債 (デジタルクーポン 型 早 期 償 還 条 項 付 )( 責 任 財 産 限 定 特 約 付 1 ) 参 照 指 数 : 日 経 平 均 株 価 期 間 : 約 1 年 11 ヶ 月 条 件 決 定 日 は 2016 年 10 月 12 日 ( 水 )の 予 定 です * 募 集 期 間 前 においても

More information

目 論 見 書 補 完 書 面 ( 投 資 信 託 ) <コード 8210> 当 ファンドに 係 る 当 社 は ファンドの 販 売 会 社 として 募 集 の 取 扱 いおよび 販 売 等 に 関 する 事 務 を 行 います 金 融 商 品 取 引 契 約 の 概 要 当 社 が 行 う 金 融

目 論 見 書 補 完 書 面 ( 投 資 信 託 ) <コード 8210> 当 ファンドに 係 る 当 社 は ファンドの 販 売 会 社 として 募 集 の 取 扱 いおよび 販 売 等 に 関 する 事 務 を 行 います 金 融 商 品 取 引 契 約 の 概 要 当 社 が 行 う 金 融 目 論 見 書 補 完 書 面 ( 投 資 信 託 ) (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 および 目 論 見 書 の 内 容 をよくお 読 みください この 書 面 および 目 論 見 書 は ご 投 資 にあたってのリスクやご 留 意 点 が 記 載 されております お 客 様 がお

More information

ファンドの 特 色 販 売 用 資 料 主 として ニュージーランドドル 建 ての 債 券 に 投 資 を 行 ない インカム 収 益 の 確 保 と 信 託 財 産 の 成 長 をめざします ニュージーランドドル 建 ての 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 政 府 機 関 債 国 際 機 関

ファンドの 特 色 販 売 用 資 料 主 として ニュージーランドドル 建 ての 債 券 に 投 資 を 行 ない インカム 収 益 の 確 保 と 信 託 財 産 の 成 長 をめざします ニュージーランドドル 建 ての 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 政 府 機 関 債 国 際 機 関 高 格 付 ニュージーランドドル 債 ファンド 2014-07 ( 早 期 償 還 条 項 付 ) 愛 称 ニュージー トライ 2014-07 単 位 型 投 信 / 海 外 / 債 券 販 売 用 資 料 2014 年 6 月 作 成 設 定 運 用 は 日 興 アセットマネジメント 株 式 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 368 号 加 入 協

More information

ファンドの 目 的 世 界 各 国 の 取 引 所 に 上 場 されている 投 資 信 託 証 券 への 投 資 を 通 じて 世 界 ( 日 本 を 含 みます )の 株 式 債 券 不 動 産 投 資 信 託 (REIT) 商 品 (コモディティ)へ 実 質 的 に 分 散 投 資 を 行 ない

ファンドの 目 的 世 界 各 国 の 取 引 所 に 上 場 されている 投 資 信 託 証 券 への 投 資 を 通 じて 世 界 ( 日 本 を 含 みます )の 株 式 債 券 不 動 産 投 資 信 託 (REIT) 商 品 (コモディティ)へ 実 質 的 に 分 散 投 資 を 行 ない 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 :2015 年 11 月 20 日 楽 天 グローバル バランス ( 安 定 型 / 成 長 型 / 積 極 型 ) ほうじょう ( 愛 称 ) 豊 饒 の 木 追 加 型 投 信 / 内 外 / 資 産 複 合 商 品 分 類 および 属 性 区 分 商 品 分 類 投 資 対 象 資 産 単 位 型 追 加 型 投

More information

販 売 用 資 料 Q1.なぜ を 引 き 下 げたのですか? A1. 当 ファンドの 収 益 分 配 方 針 に 基 づき 現 在 の 基 準 価 額 の 水 準 および 市 況 動 向 等 を 勘 案 し 当 期 の (1 万 口 当 たり 税 引 前 )を30 円 とし 前 期 の50 円 か

販 売 用 資 料 Q1.なぜ を 引 き 下 げたのですか? A1. 当 ファンドの 収 益 分 配 方 針 に 基 づき 現 在 の 基 準 価 額 の 水 準 および 市 況 動 向 等 を 勘 案 し 当 期 の (1 万 口 当 たり 税 引 前 )を30 円 とし 前 期 の50 円 か 販 売 用 資 料 投 資 家 の 皆 様 へ 2015 年 10 月 5 日 三 井 住 友 アセットマネジメント 株 式 会 社 コーポレート ボンド インカム( 為 替 ヘッジ 型 ) 愛 称 : 泰 平 航 路 第 77 期 決 算 および のお 支 払 いについて 平 素 は コーポレート ボンド インカム( 為 替 ヘッジ 型 ) ( 以 下 当 ファンド)をご 愛 顧 賜 り 厚 く

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

<3135383834365F8E4F88E48F5A97468145826382628A4F8D918DC28C948343839383668362834E835883748340839383685F32303136303732395F4D2E786C7378>

<3135383834365F8E4F88E48F5A97468145826382628A4F8D918DC28C948343839383668362834E835883748340839383685F32303136303732395F4D2E786C7378> 6 枚 組 の1 枚 目 です # 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 7/29 前 月 比 基 準 価 額 ( 円 ) 18,489 293 純 資 産 総 額 ( 百 万 円 ) 47,913 968 基 準 価 額 は10000 口 当 たりの 金 額 です 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 の 推 移 ファンド 設 定 日 25,000 22,500 H14.4.1 純 資

More information

商品名

商品名 商 品 概 要 説 明 書 住 宅 ローン( 新 築 購 入 コース) ( 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 ) 商 品 名 ご 利 用 いただける 方 資 金 使 途 借 入 金 額 借 入 期 間 借 入 利 率 住 宅 ローン( 新 築 購 入 コース) 当 JAの 組 合 員 の 方 お 借 入 時 の 年 齢 が 満 20 歳 以 上 66 歳 未 満 であり, 最 終 償 還 時

More information

追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 当 初 設 定 日 : 2005 年 1 月 17 日 資 産 の 状 況 当 ページの 数 値 はマザーファンドベースです 資 産 内 容 特 性 値 J-REIT 98.52% J-REIT 先 物 取 引 0.00% 短 期 金 融 資

追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 当 初 設 定 日 : 2005 年 1 月 17 日 資 産 の 状 況 当 ページの 数 値 はマザーファンドベースです 資 産 内 容 特 性 値 J-REIT 98.52% J-REIT 先 物 取 引 0.00% 短 期 金 融 資 追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 当 初 設 定 日 : 2005 年 1 月 17 日 基 準 価 額 の 推 移 基 準 価 額 純 資 産 総 額 30,000 6,000 当 月 末 前 月 末 比 25,000 5,000 基 準 価 額 8,821 円 - 288 円 純 資 産 総 額 3,791.66 億 円 - 216.65 億 円 20,000 15,000

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

日 本 MRF(マネー リザーブ ファンド) 追 加 型 投 信 / 国 内 / 債 券 /MRF 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2011 年 2 月 23 日 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です ご 購 入 に 際 しては 本 書 の

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 号 の 取 引 は 三 井 住 友 信 託 の 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます )ができます 1 普 通 預 金 2 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 自 由 金 利

More information

目 次 1.クラブ 法 人 及 び 愛 馬 会 法 人 2. 顧 客 から 出 資 された 財 産 の 運 用 形 態 3. 競 走 用 馬 ファンド 受 益 権 の 販 売 に 関 する 事 項 (1) 入 会 及 び 出 資 申 込 の 方 法 並 びに 出 資 金 払 込 の 期 日 及 び

目 次 1.クラブ 法 人 及 び 愛 馬 会 法 人 2. 顧 客 から 出 資 された 財 産 の 運 用 形 態 3. 競 走 用 馬 ファンド 受 益 権 の 販 売 に 関 する 事 項 (1) 入 会 及 び 出 資 申 込 の 方 法 並 びに 出 資 金 払 込 の 期 日 及 び ローレルクラブ 会 員 規 約 - 競 走 用 馬 ファンドの 契 約 にあたって- 契 約 成 立 前 ( 時 )の 書 面 ご 出 資 いただく 前 に 本 書 面 を 必 ずお 読 みいただき 契 約 内 容 を 充 分 ご 理 解 のうえ お 申 し 込 み 下 さい 発 行 : 株 式 会 社 ローレルクラブ ( 作 成 年 月 日 : 平 成 28 年 7 月 1 日 ) 103-0013

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798D5A97B994C5817A91E598618FD88C94976C5F837D8343838B836883578383837083935F8376838C837E834183578383837083935F94CC948497708E9197BF5F32303136303531322E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798D5A97B994C5817A91E598618FD88C94976C5F837D8343838B836883578383837083935F8376838C837E834183578383837083935F94CC948497708E9197BF5F32303136303531322E70707478> 投 資 者 の 皆 さまへ ( 販 売 用 資 料 ) (2016 年 5 月 作 成 ) 課 税 上 は 株 式 投 資 信 託 として 取 扱 われます 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 )のご 請 求 お 申 込 み 設 定 運 用 < 販 売 会 社 > 商 号 等 大 和 証 券 株 式 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 )

More information

商 品 概 要 説 明 書

商 品 概 要 説 明 書 商 品 概 要 説 明 書 平 成 27 年 12 月 7 日 現 在 商 品 名 スペシャルプラン 運 用 の 達 人 販 売 対 象 個 人 の 方 ( 含 む 個 人 事 業 主 ) 商 品 内 容 投 資 信 託 外 貨 定 期 預 金 もしくは 金 融 商 品 仲 介 取 扱 商 品 ( 以 下 仲 介 商 品 )を 申 込 みと 同 時 に 円 貨 定 期 預 金 の 意 思 表 示 を

More information

スライド 1

スライド 1 NISA 元 年 も 残 りわずか! 年 後 半 のNISA 投 資 戦 略 投 資 情 報 室 投 資 アドバイザー 藤 井 明 代 プロフィール 大 手 ネット 金 融 グループを 経 て 2013 年 10 月 カブドットコム 証 券 入 社 2014 年 4 月 より 投 資 情 報 室 メンバーに 加 入 売 買 手 法 や 相 場 解 説 などを 初 心 者 の 方 にも 分 か りやすく

More information

目 論 見 書 補 完 書 面 ( 投 資 信 託 ) (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の3の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 及 び 目 論 見 書 の 内 容 をよくお 読 みください 当 ファンドのお 取 引 に 関 しては 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の6の 規 定 (いわゆる クーリング オフ)の 適 用 はありません 当

More information

ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 信 託 財 産 の 中 長 期 的 な 成 長 を 図 ることを 目 的 として 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 日 本 を 除 くアジア 1 の 増 配 継 続 企 業 2 の 中 から 特 に 配 当 成 長 性 の 高 い 企 業 の

ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 信 託 財 産 の 中 長 期 的 な 成 長 を 図 ることを 目 的 として 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 日 本 を 除 くアジア 1 の 増 配 継 続 企 業 2 の 中 から 特 に 配 当 成 長 性 の 高 い 企 業 の ラッセル アジア 増 配 継 続 株 100 A( 為 替 ヘッジあり)/B( 為 替 ヘッジなし) 追 加 型 投 信 / 海 外 / 株 式 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 2016 年 5 月 21 日 ファンド 名 ラッセル アジア 増 配 継 続 株 100 A( 為 替 ヘッジあり) ラッセル アジア 増 配 継 続 株 100 B( 為 替 ヘッジなし) 単

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

は 次 の 各 号 に 掲 げる 取 扱 方 法 によりご 利 用 いただけます 1 公 社 債 および 証 券 投 資 信 託 受 益 証 券 の 利 金 分 配 金 ( 以 下 利 金 分 配 金 といいま す )を 中 期 国 債 ファンド 自 動 けいぞく 投 資 約 款 に 定 める 中

は 次 の 各 号 に 掲 げる 取 扱 方 法 によりご 利 用 いただけます 1 公 社 債 および 証 券 投 資 信 託 受 益 証 券 の 利 金 分 配 金 ( 以 下 利 金 分 配 金 といいま す )を 中 期 国 債 ファンド 自 動 けいぞく 投 資 約 款 に 定 める 中 証 券 総 合 口 座 取 引 約 款 むさし 証 券 株 式 会 社 第 1 章 証 券 総 合 口 座 取 引 1. 約 款 の 趣 旨 この 約 款 は 有 価 証 券 の 保 護 預 りの 取 引 および 累 積 投 資 取 引 ( 後 記 2(3)の 各 自 動 けいぞ く 投 資 の 総 称 をいいます )のほか 自 動 スイープ 取 引 などを 組 合 せた 取 引 ( 以 下 証 券

More information

Microsoft Word - 200016_円真力_表紙.doc

Microsoft Word - 200016_円真力_表紙.doc 月 次 運 用 レポート 作 成 基 準 日 : 2016 年 3 月 24 日 資 料 作 成 日 : 2016 年 3 月 25 日 明 治 安 田 円 戦 略 債 券 ファンド( 毎 月 分 配 型 ) < 愛 称 > 円 真 力 追 加 型 投 信 / 内 外 / 債 券 投 資 信 託 ご 購 入 時 の 注 意 事 項 ファンドの 取 得 のお 申 込 みを 行 う 場 合 には 投 資

More information

DIAM J-REITオープン(毎月決算コース) 交付

DIAM J-REITオープン(毎月決算コース) 交付 DIAM J-REIT オープン( 毎 月 決 算 コース)< 愛 称 :オーナーズ インカム> 次 の 事 項 は この 投 資 信 託 ( 以 下 当 ファンド といいます )をお 申 込 み されるご 投 資 家 の 皆 様 にあらかじめ ご 確 認 いただきたい 重 要 な 事 項 と してお 知 らせするものです お 申 込 みの 際 には 次 の 事 項 および 投 資 信 託 説 明

More information

丸三の総合取引約款

丸三の総合取引約款 総 合 取 引 約 款 第 1 章 総 合 取 引 ( 平 成 28 年 1 月 改 定 ) ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 取 引 口 座 の 設 定 累 積 投 資 取 引 証 券 総 合 口 座 サービス 自 動 運 用 買 付 換 金 取 引 および 国 内 外 貨 建 債 券 取 引 又 はそれらを 組 合 わせた 取 引 等 ( 以 下 総 合 取 引 といいます

More information

出 資 のしくみ 会 員 募 集 分 配 金 銭 出 資 ( 匿 名 組 合 契 約 ) 愛 馬 会 法 人 キャロットクラブ 競 走 馬 の 購 入 分 配 現 物 出 資 ( 匿 名 組 合 契 約 ) クラブ 法 人 キャロットファー ム 馬 主 登 録 馬 名 手 続 き 入 厩 手 続 き

出 資 のしくみ 会 員 募 集 分 配 金 銭 出 資 ( 匿 名 組 合 契 約 ) 愛 馬 会 法 人 キャロットクラブ 競 走 馬 の 購 入 分 配 現 物 出 資 ( 匿 名 組 合 契 約 ) クラブ 法 人 キャロットファー ム 馬 主 登 録 馬 名 手 続 き 入 厩 手 続 き [ 愛 馬 会 法 人 ] [クラブ 法 人 ] 株 式 会 社 キャロットクラブ 東 京 都 中 央 区 銀 座 4 丁 目 14 番 6 号 代 表 取 締 役 会 長 手 嶋 龍 一 登 録 番 号 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 1583 号 有 限 会 社 キャロットファーム 東 京 都 中 央 区 銀 座 4 丁 目 14 番 6 号 代 表 取 締 役 社 長 髙 橋 二

More information

商 品 分 類 属 性 区 分 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 補 足 分 類 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 対 象 インデックス 追 加 型 国 内 株 式 インデックス 型 その

商 品 分 類 属 性 区 分 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 補 足 分 類 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 対 象 インデックス 追 加 型 国 内 株 式 インデックス 型 その 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2016.05.14 ニッセイ 日 経 225インデックスファンド 追 加 型 投 信 / 国 内 / 株 式 /インデックス 型 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です ファンドに 関 する 投 資 信 託 説

More information

2325 28152810 232513 -1- -2- -3- -4- -5- -6- -7- -8- -9- -10- -11- -12- -13- -14- -15- -16- -17- -18- -19- -20- -21- -22- -23- -24- -25- -26- -27- -28- -29- -30- -31- -32- -33- -34- -35- -36- -37- -38-

More information

自 分 らしい 人 生 を 送 るために 望 むこと 自 分 らしい 老 後 を 送 りたい 退 職 後 に 行 ってみたかった 場 所 へ 旅 行 したい 老 後 に 現 役 時 代 できなかった 趣 味 を 始 めたい 子 や 孫 に 幸 せな 人 生 を 歩 んでほしい ボランティアをして 地

自 分 らしい 人 生 を 送 るために 望 むこと 自 分 らしい 老 後 を 送 りたい 退 職 後 に 行 ってみたかった 場 所 へ 旅 行 したい 老 後 に 現 役 時 代 できなかった 趣 味 を 始 めたい 子 や 孫 に 幸 せな 人 生 を 歩 んでほしい ボランティアをして 地 金 利 情 等 によって 指 定 通 貨 据 置 期 間 には 販 売 停 止 期 間 がある 場 合 があります 100 自 分 らしい 人 生 を 送 るために 望 むこと 自 分 らしい 老 後 を 送 りたい 退 職 後 に 行 ってみたかった 場 所 へ 旅 行 したい 老 後 に 現 役 時 代 できなかった 趣 味 を 始 めたい 子 や 孫 に 幸 せな 人 生 を 歩 んでほしい

More information

医局医・勤務医のための医師賠償責任保険のご案内(2010/4/1以降用)

医局医・勤務医のための医師賠償責任保険のご案内(2010/4/1以降用) 医 局 医 勤 務 医 のための 医 師 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 2010 年 4 月 91545.2010.2/A3E13/A 目 次 1. 医 師 賠 償 責 任 保 険 とは P.3 2.お 支 払 いする 保 険 金 の 種 類 P.4 3. 保 険 金 をお 支 払 いしない 主 な 場 合 P.5 4.ご 契 約 のしくみ P.6~7 5.ご 注 意 いただきたいこと P.8~11

More information

第 2 章 口 座 売 買 注 文 の 取 扱 い 等 第 4 条 取 引 口 座 の 開 設 1.お 客 様 は 以 下 の 要 件 をすべて 満 たす 場 合 に 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 口 座 ( 以 下 本 口 座 といいます )の 開 設 を 申 込 むことができ 本

第 2 章 口 座 売 買 注 文 の 取 扱 い 等 第 4 条 取 引 口 座 の 開 設 1.お 客 様 は 以 下 の 要 件 をすべて 満 たす 場 合 に 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 口 座 ( 以 下 本 口 座 といいます )の 開 設 を 申 込 むことができ 本 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 取 扱 規 定 ( ダイワFX 取 扱 規 定 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 規 定 の 趣 旨 この 規 定 ( 以 下 本 規 定 といいます )は お 客 様 と 大 和 証 券 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 とい います )との 間 でインターネットを 利 用 して 行 う 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 (ダイワFX)(

More information

ファンドの 内 容 に 関 して 重 大 な 変 更 を 行 なう 場 合 には 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 関 する 法 律 ( 昭 和 26 年 法 律 第 198 号 )に 基 づき 事 前 に 投 資 者 ( 受 益 者 )の 意 向 を 確 認 いたします ファンドの 財

ファンドの 内 容 に 関 して 重 大 な 変 更 を 行 なう 場 合 には 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 関 する 法 律 ( 昭 和 26 年 法 律 第 198 号 )に 基 づき 事 前 に 投 資 者 ( 受 益 者 )の 意 向 を 確 認 いたします ファンドの 財 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 2016.4.9 上 場 インデックスファンド 海 外 債 券 (Citi WGBI) 毎 月 分 配 型 上 場 外 債 ( 愛 称 ) 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 /ETF/インデックス 型 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目

More information

単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 追 加 型 投 信 国 内 不 動 産 投 信 属 性 区 分 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 その 他 資 産 (( 注 )) 年 1

単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 追 加 型 投 信 国 内 不 動 産 投 信 属 性 区 分 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 その 他 資 産 (( 注 )) 年 1 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2014 年 3 月 18 日 J-REIT リサーチ オープン( 毎 月 決 算 型 ) 追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です 本 書 にはファンドの

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

きは 当 行 所 定 の 方 式 により5 年 となるように 財 形 年 金 貯 蓄 の 受 取 開 始 のお 知 らせ 記 載 の 金 額 を 変 更 します (3) 年 金 受 取 間 隔 は 毎 月 および 3 ヶ 月 毎 のうち いずれかを 財 産 形 成 貯 蓄 申 込 書 等 上 で 選

きは 当 行 所 定 の 方 式 により5 年 となるように 財 形 年 金 貯 蓄 の 受 取 開 始 のお 知 らせ 記 載 の 金 額 を 変 更 します (3) 年 金 受 取 間 隔 は 毎 月 および 3 ヶ 月 毎 のうち いずれかを 財 産 形 成 貯 蓄 申 込 書 等 上 で 選 財 形 年 金 貯 蓄 預 金 取 引 規 定 この 規 定 は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます ) 第 6 条 第 2 項 に 基 づく 財 形 年 金 貯 蓄 についての 当 行 の 取 扱 いを 定 めたものです この 規 定 では 財 形 定 期 預 金 ( 半 年 複 利 型 )を この 預 金 といいます この 預 金 は 財 形 専 用 の

More information

Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc

Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 コード No615 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 共 通

More information

外 国 株 式 取 引 に 関 する 説 明 書 お 取 引 にあたっては 本 説 明 書 を 十 分 ご 理 解 いただき 記 載 された 事 項 をご 承 諾 のうえ お 客 様 自 身 の 判 断 と 責 任 において 行 っていただくようお 願 いいたします Ⅰ 外 国 株 式 取 引 概

外 国 株 式 取 引 に 関 する 説 明 書 お 取 引 にあたっては 本 説 明 書 を 十 分 ご 理 解 いただき 記 載 された 事 項 をご 承 諾 のうえ お 客 様 自 身 の 判 断 と 責 任 において 行 っていただくようお 願 いいたします Ⅰ 外 国 株 式 取 引 概 外 国 株 式 取 引 に 関 する 説 明 書 外 国 株 式 取 引 に 関 する 説 明 書 お 取 引 にあたっては 本 説 明 書 を 十 分 ご 理 解 いただき 記 載 された 事 項 をご 承 諾 のうえ お 客 様 自 身 の 判 断 と 責 任 において 行 っていただくようお 願 いいたします Ⅰ 外 国 株 式 取 引 概 要 1. エイチ エス 証 券 の 外 国 株 式

More information

損害保険商品販売時における「契約概要」「注意喚起情報」に関する表示ガイドライン

損害保険商品販売時における「契約概要」「注意喚起情報」に関する表示ガイドライン 損 害 保 険 商 品 販 売 時 における 契 約 概 要 注 意 喚 起 情 報 に 関 する 表 示 ガイドライン ( 自 動 車 保 険 ) 本 ガイドラインは 会 員 各 社 が 損 害 保 険 商 品 の 募 集 に 際 し 使 用 する 契 約 概 要 注 意 喚 起 情 報 を 作 成 する 際 の 参 考 の 用 に 供 するために 策 定 したものである 本 ガイドラインは 各

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 する Q & 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか? 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 前 提 とした 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 成 立 し 平 成 26 年 4

厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 する Q & 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか? 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 前 提 とした 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 成 立 し 平 成 26 年 4 厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 するQ & 目 次 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか Q2. 基 金 の 解 散 方 法 について Q3. 基 金 の 解 散 日 について Q4. 基 金 解 散 後 確 定 給 付 企 業 年 金 へ 移 行 するなどの 後 継 制 度 の 選 択 肢 について Q5. 解 散 に 向 けて 事 業 所 は 何 をすればよいのか Q6.

More information

投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2016.02.20 < 購 入 換 金 手 数 料 なし> ニッセイ 外 国 株 式 インデックスファンド 追 加 型 投 信 / 海 外 / 株 式 /インデックス 型 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です

More information

【(修正)権14-013】260326_三菱UFJ国際機関債券ファンド(毎月決算・ニュージーランドドル型)ボーナス分配のお知らせ.pdf

【(修正)権14-013】260326_三菱UFJ国際機関債券ファンド(毎月決算・ニュージーランドドル型)ボーナス分配のお知らせ.pdf 当 レポートは7ページ 組 です 臨 時 レポート 2014 年 6 月 10 日 ボーナス 分 配 のお 知 らせ 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 平 素 は をご 愛 顧 賜 り 厚 く 御 礼 申 しあげます 当 ファンドは2014 年 6 月 9 日 に 迎 えた 第 69 期 の 決 算 において (1 万 口 当 たり 税 引 前 )の 分 配 金 をお 支 払 いすることといたしましたので

More information

投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2016.06.14 ニッセイ 日 本 好 配 当 利 回 り 株 式 ファンド 追 加 型 投 信 / 国 内 / 株 式 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です ファンドに 関 する 投 資 信 託

More information

看護師賠償責任保険

看護師賠償責任保険 組 合 員 の 看 護 師 准 看 護 師 保 健 師 助 産 師 の 皆 さまへ 平 成 25 年 7 月 千 葉 県 庁 生 活 協 同 組 合 看 護 師 賠 償 責 任 保 険 ご 加 入 のおすすめ 取 扱 代 理 店 千 葉 県 庁 生 活 協 同 組 合 保 険 係 千 葉 市 中 央 区 中 央 4-13-28 新 都 市 ビル8 階 TEL:043-227-8100

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

<82A082F182B582F B88EA8E9E95A58F499067>

<82A082F182B582F B88EA8E9E95A58F499067> あんしんドル シミュレーションシート 作 成 日 平 成 23 年 3 月 17 日 積 立 利 率 変 動 型 積 立 米 国 通 貨 建 ) 契 約 者 氏 名 あんしん 幸 子 様 被 者 氏 名 あんしん 幸 子 様 被 者 生 年 月 日 昭 和 36 年 1 月 1 日 被 者 性 別 女 性 被 者 年 齢 50 歳 期 間 1,000 万 円 第 1 回 目 の 積 立 利 率 適

More information

1日自動車保険重要事項説明(2016.04~)

1日自動車保険重要事項説明(2016.04~) 重 要 事 項 説 明 のマークが 付 された 事 項 は 携 帯 電 話 からお 手 続 きいただく 際 にご 確 認 いただく 事 項 です 重 要 事 項 説 明 の 内 容 をご 確 認 ください 情 報 セキュリティの 観 点 から お 申 込 の 確 定 まで 30 分 以 内 に 実 施 いただく 必 要 がありますのでご 注 意 くだ さい 重 要 事 項 説 明 すべての 内 容

More information

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A>

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A> 建 設 省 経 振 発 第 8 号 平 成 11 年 1 月 28 日 改 正 国 総 建 第 199 号 国 総 建 整 第 156 号 平 成 20 年 10 月 17 日 都 道 府 県 知 事 政 令 指 定 都 市 長 あて 建 設 省 建 設 経 済 局 長 公 共 工 事 に 係 る 工 事 請 負 代 金 債 権 の 譲 渡 を 活 用 した 融 資 制 度 について 建 設 投 資

More information

【ご参考資料】

【ご参考資料】 141-0022 東 京 都 品 川 区 東 五 反 田 2-10-2 東 五 反 田 スクエア 5 階 お 客 様 サポートダイヤル:0120-580446 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 387 号 商 品 投 資 顧 問 業 者 農 経 (1) 第 21 号 加 入 協 会 : 一 般 社 団 法 人 投 資 信 託 協 会 / 一 般 社 団 法

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 追 加 型 投 信 国 内 不 動 産 投 信 属 性 区 分 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 その 他 資 産 (( 注 )) 年 1

単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 追 加 型 投 信 国 内 不 動 産 投 信 属 性 区 分 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 その 他 資 産 (( 注 )) 年 1 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2016 年 3 月 18 日 当 ファンドは 特 化 型 運 用 を 行 います J-REIT リサーチ オープン( 毎 月 決 算 型 ) 追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

Microsoft Word - お知らせ 4商品.doc

Microsoft Word - お知らせ 4商品.doc お 客 さまへ 平 成 26 年 10 月 1 日 投 資 信 託 取 扱 商 品 の 追 加 について 東 和 銀 行 ( 頭 取 吉 永 國 光 )は 様 々なお 客 様 のニーズにお 応 えするため 平 成 26 年 10 月 1 日 ( 水 )から 投 資 信 託 の 商 品 を 新 たに4 商 品 追 加 しましたので お 知 らせいたし 今 回 の 追 加 により 当 行 で 取 扱 う

More information

毎 年 1 月 1 日 から12 月 31 日 までに 本 口 座 から 払 い 戻 しをされた 金 額 と 当 行 へご 提 出 いただいた 同 年 中 の 結 婚 子 育 て 資 金 のお 支 払 いに 係 る 領 収 書 等 の 金 額 のいずれか 低 い 金 額 が 同 年 の 非 課 税

毎 年 1 月 1 日 から12 月 31 日 までに 本 口 座 から 払 い 戻 しをされた 金 額 と 当 行 へご 提 出 いただいた 同 年 中 の 結 婚 子 育 て 資 金 のお 支 払 いに 係 る 領 収 書 等 の 金 額 のいずれか 低 い 金 額 が 同 年 の 非 課 税 商 品 説 明 書 1. 商 品 名 普 通 預 金 ( 結 婚 子 育 て 資 金 贈 与 非 課 税 口 ) (2015 年 6 月 16 日 現 在 ) 2. 申 込 受 付 当 行 の 国 内 本 支 店 窓 口 3. 商 品 概 要 普 通 預 金 ( 結 婚 子 育 て 資 金 贈 与 非 課 税 口 ) ( 以 下 本 口 座 という) は 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2の3の

More information

(4) 通 信 契 約 での カード 利 用 日 は 会 員 及 び 当 社 が 手 配 旅 行 契 約 に 基 づく 旅 行 代 金 等 の 支 払 または 払 戻 債 務 を 履 行 すべき 日 とし 前 者 の 場 合 は 契 約 成 立 日 後 者 の 場 合 は 契 約 解 除 のお 申

(4) 通 信 契 約 での カード 利 用 日 は 会 員 及 び 当 社 が 手 配 旅 行 契 約 に 基 づく 旅 行 代 金 等 の 支 払 または 払 戻 債 務 を 履 行 すべき 日 とし 前 者 の 場 合 は 契 約 成 立 日 後 者 の 場 合 は 契 約 解 除 のお 申 海 外 手 配 旅 行 条 件 書 ( 株 式 会 社 アドベンチャー) 1. 手 配 旅 行 契 約 (1) この 旅 行 は 株 式 会 社 アドベンチャー( 以 下 当 社 という )が 手 配 する 旅 行 であり お 客 様 と 手 配 旅 行 契 約 を 締 結 することになります (2) 当 社 はお 客 様 の 依 頼 によりお 客 様 のために 代 理 媒 介 取 次 をすることなどによりお

More information

【ドラフト②】260326_三菱UFJ国際機関債券ファンド(毎月決算・ニュージーランドドル型)_臨時_ .pdf

【ドラフト②】260326_三菱UFJ国際機関債券ファンド(毎月決算・ニュージーランドドル型)_臨時_ .pdf 当 レポートは7ページ 組 です 臨 時 レポート 2014 年 7 月 11 日 第 70 期 分 配 金 のお 知 らせ 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 平 素 は をご 愛 顧 賜 り 厚 く 御 礼 申 しあげます 当 ファンドは2014 年 7 月 9 日 に 迎 えた 第 70 期 の 決 算 において 60 円 (1 万 口 当 たり 税 引 前 )の 分 配 金 をお 支

More information

追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 当 初 設 定 日 : 2005 年 1 月 17 日 資 産 の 状 況 当 ページの 数 値 はマザーファンドベースです 資 産 内 容 特 性 値 J-REIT 98.52% J-REIT 先 物 取 引 0.00% 短 期 金 融 資

追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 当 初 設 定 日 : 2005 年 1 月 17 日 資 産 の 状 況 当 ページの 数 値 はマザーファンドベースです 資 産 内 容 特 性 値 J-REIT 98.52% J-REIT 先 物 取 引 0.00% 短 期 金 融 資 追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 当 初 設 定 日 : 2005 年 1 月 17 日 基 準 価 額 の 推 移 基 準 価 額 純 資 産 総 額 30,000 6,000 当 月 末 前 月 末 比 25,000 5,000 基 準 価 額 8,821 円 - 288 円 純 資 産 総 額 3,791.66 億 円 - 216.65 億 円 20,000 15,000

More information

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 本 約 款 は お 客 様 と SBI FX トレード 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます)との 間 で 行 なう 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 ( 以 下 本 取 引 といいます)に 関 する 権 利 義 務 関 係 等 を 明 確 にするための 取 り 決 めで ( 定 義 ) 第 2 条 本

More information

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応)

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応) 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35に 関 する 覚 書 に 関 する 制 度 リスク 説 明 Ⅰ 制 度 内 容 について< 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 内 容 の 説 明 > 1~17は 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35 の 制 度 内 容 留 意 点 等 についての 説 明 です なお 本 内 容 については

More information

平成17年3月22日

平成17年3月22日 一 般 社 団 法 人 情 報 通 信 設 備 協 会 会 員 の 皆 様 へ ( 一 社 ) 情 報 通 信 設 備 協 会 賠 償 責 任 保 険 制 度 のご 案 内 請 負 業 者 特 別 約 款 + 損 害 賠 償 請 求 ベース 特 約 条 項 財 物 損 壊 生 産 物 特 別 約 款 + 製 造 物 責 任 法 対 応 特 約 条 項 財 物 損 壊 の 範 囲 拡 大 に 関 する

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798374834083938368838C837C815B8367817A4A2D52454954838A8354815B83608DC48A4A32303133303532392E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798374834083938368838C837C815B8367817A4A2D52454954838A8354815B83608DC48A4A32303133303532392E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D> ファンド レポート J-REIT リサーチ オープン( 毎 月 決 算 型 ) J-REIT リサーチ オープン( 毎 月 決 算 型 )のお 買 付 け 申 込 受 付 を 再 開 ~ファンドの 魅 力 とJ-REIT 市 場 の 見 通 し~ 販 売 用 資 料 13 年 5 月 9 日 13 年 4 月 15 日 ( 月 )より J-REIT リサーチ オープン( 毎 月 決 算 型 )( 以

More information

G-REITオープン_販T(SMBC)_1604.indd

G-REITオープン_販T(SMBC)_1604.indd 販 売 用 資 料 2016 年 月 追 加 型 投 信 / 内 外 / 不 動 産 投 信 お 申 込 み 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 )ご 請 求 設 定 運 用 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 登 録 融 機 関 関 東 財 務 局 長 ( 登 ) 第 5 号 加 入 協 会 日 本 証 券 業 協 会 一 般 社 団 法 人 融 先 物 取 引 業 協 会

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

kyoukai.indd

kyoukai.indd 個 人 投 資 家 の 皆 さまへ 主 なポイント 株 式 の 売 買 益 については 特 定 口 座 ( 源 泉 徴 収 選 択 口 座 ) の 利 用 で 税 務 署 に 申 告 しなくてもよくなり 預 貯 金 並 みの 手 軽 さで 株 式 投 資 を 行 うことができます 株 式 売 買 益 税 率 ( 平 成 15 年 1 月 1 日 ~ 平 成 19 年 12 月 31 日 ) 年 間

More information

() 岡 三 ア ジ オ セ 新 聞 取 り 扱 い 金 融 商 品 に 関 する 留 意 事 項 商 号 : 岡 三 オンライン 証 券 株 式 会 社 / 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 52 号 加 入 協 会 : 日 本 証 券 業 協 会 一 般 社 団 法 人 金 融 先 物 取 引 業 協 会 一 般 社 団 法 人 日 本 投

More information

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産 電 気 通 信 役 務 に 関 する 収 支 の 状 況 その 他 会 計 に 関 する 事 項 ( 電 気 通 信 事 業 法 第 30 条 第 5 項 による) 第 16 期 平 成 2 6 年 4 月 1 日 から 平 成 2 7 年 3 月 31 日 まで 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明

More information

1.ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 信 託 財 産 の 中 長 期 的 な 成 長 を 図 ることを 目 標 として 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 主 に 外 国 債 券 パッシブ ファンド マザーファンドに 投 資 を 行 い シティ 世 界 国 債 インデックス (

1.ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 信 託 財 産 の 中 長 期 的 な 成 長 を 図 ることを 目 標 として 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 主 に 外 国 債 券 パッシブ ファンド マザーファンドに 投 資 を 行 い シティ 世 界 国 債 インデックス ( 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 2016 年 5 月 21 日 DIAM 外 国 債 券 インデックスファンド 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 (インデックス 型 ) 商 品 分 類 単 位 型 投 資 対 象 投 資 対 象 資 産 補 足 分 類 追 加 型 地 域 ( 収 益 の 源 泉 ) 追 加 型 海 外 債 券 インデックス

More information

719000.xls

719000.xls マンスリーレポート 2016 年 8 月 31 日 現 在 みずほインデックス 投 資 戦 略 ファンド( 愛 称 : iパズル) 追 加 型 投 信 / 内 外 / 資 産 複 合 累 積 投 資 基 準 価 額 の 推 移 ( 円 ) 12,000 11,000 ファンドデータ 基 準 価 額 : 10,419 円 純 資 産 総 額 : 41.80 億 円 ファンド 設 定 日 : 2014

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

FAXで 込 みは 下 記 枠 内 すべて 項 目 を 込 みご 本 人 さまが 正 確 にご 記 入 ください 込 人 ご 職 名 前 ご 職 入 社 ( 創 ) 月 前 税 込 収. 明 治. 大 正 3. 4. 平 成 同 居 人. 持. 族 持 3. 社 宅 寮 6. 公 団 公 営 住 宅

FAXで 込 みは 下 記 枠 内 すべて 項 目 を 込 みご 本 人 さまが 正 確 にご 記 入 ください 込 人 ご 職 名 前 ご 職 入 社 ( 創 ) 月 前 税 込 収. 明 治. 大 正 3. 4. 平 成 同 居 人. 持. 族 持 3. 社 宅 寮 6. 公 団 公 営 住 宅 自 由 設 型 住 宅 ローン 仮 審 査 込 書 記 入 要 領 込 みにあたって. 込 み 内 容 につきまして 客 さまにご 確 認 させていただく 場 合 がございますでご 了 承 ください.こ 仮 審 査 込 書 は 客 さまにご 返 却 いたしません 3. 込 後 日 程 度 経 過 して 仮 審 査 結 果 等 連 絡 がない 場 合 は 仮 審 査 込 書 未 着 も 考 えられま

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 自 動 継 続 ) (1) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )は 通 帳 記 載 の 満 期 日 に 前 回 と 同 一 期 間 の 自 由 金 利 型 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2) この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 ( 継 続

More information

投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2016.08.19 < 購 入 換 金 手 数 料 なし> ニッセイ 外 国 債 券 インデックスファンド 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 /インデックス 型 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

予 期 せぬ 病 気 や 事 故 でローンの 債 務 者 が 亡 くなってしまった 場 合 には 団 体 信 用 生 命 で 残 りの 債 務 が 支 払 われますが もし 長 期 の 入 院 を 余 儀 なくされた 場 合 この 保 険 ではりそな 女 性 向 け 住 宅 ローン 凛 lin 凛

予 期 せぬ 病 気 や 事 故 でローンの 債 務 者 が 亡 くなってしまった 場 合 には 団 体 信 用 生 命 で 残 りの 債 務 が 支 払 われますが もし 長 期 の 入 院 を 余 儀 なくされた 場 合 この 保 険 ではりそな 女 性 向 け 住 宅 ローン 凛 lin 凛 予 期 せぬ 病 気 や 事 故 でローンの 債 務 者 が 亡 くなってしまった 場 合 には 団 体 信 用 生 命 で 残 りの 債 務 が 支 払 われますが もし 長 期 の 入 院 を 余 儀 なくされた 場 合 この 保 険 ではりそな 女 性 向 け 住 宅 ローン 凛 lin 凛 next を 借 り 入 れの お 客 さまに そんな 時 の 月 々のローン 返 済 をサポートいたします

More information

ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 当 ファンドは 主 としてわが 国 の 新 興 企 業 の 株 式 へ 投 資 することにより 信 託 財 産 の 長 期 的 な 成 長 を 図 ることを 目 標 として 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 1 2 主 としてわが 国 の 新

ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 当 ファンドは 主 としてわが 国 の 新 興 企 業 の 株 式 へ 投 資 することにより 信 託 財 産 の 長 期 的 な 成 長 を 図 ることを 目 標 として 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 1 2 主 としてわが 国 の 新 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 216 年 7 月 21 日 J-Stock アクティブ オープン 追 加 型 投 信 / 国 内 / 株 式 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です 商 品 分 類 属 性 区 分 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉

More information