泌尿器科専門医への道

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "泌尿器科専門医への道"

Transcription

1 泌 尿 器 科 専 門 医 のための 研 修 目 標 (2006 年 度 版 ) は じ め に 社 団 法 人 日 本 泌 尿 器 科 学 会 の 専 門 医 制 度 が 正 式 に 発 足 して 15 年 が 経 過 しました この 制 度 は 泌 尿 器 科 学 の 進 歩 に 即 応 して 泌 尿 器 科 医 療 の 健 全 な 発 展 普 及 を 促 し 高 度 の 知 識 と 技 術 を 修 得 した 泌 尿 器 科 臨 床 医 の 養 成 を 図 り 国 民 の 健 康 増 進 に 貢 献 する ことを 目 的 としています この 目 的 を 実 現 するには 泌 尿 器 科 専 門 医 のための 研 修 目 標 を 作 成 しておくことが 必 要 となります 日 本 泌 尿 器 科 学 会 教 育 委 員 会 では 専 門 医 制 度 審 議 会 と 協 力 して 日 本 泌 尿 器 科 学 会 専 門 医 のための 研 修 目 標 を 1994 年 に 作 成 2001 年 度 版 では その 後 の 医 学 の 進 歩 や 他 科 の 研 修 目 標 も 参 考 に 修 正 が 加 えられました 今 回 平 成 2004 年 4 月 より 2 年 間 の 卒 後 初 期 臨 床 研 修 が 必 修 となり 2004 年 3 月 以 降 の 医 学 部 卒 業 者 については 専 門 医 認 定 までの 泌 尿 器 科 専 門 研 修 期 間 等 について 変 更 される こととなり この 期 に 研 修 目 標 の 改 定 を 行 うこととなりました 研 修 目 標 は あくまでも 一 つの 基 準 であって すべてが こうでなくてはならない といったものではありません この 研 修 目 標 を 参 考 にして 各 施 設 に 適 したカリキュラムを 作 成 して 充 実 した 研 修 を していただきたいと 思 います 研 修 目 標 とカリキュラム 専 門 医 としての 研 修 は 泌 尿 器 科 領 域 の 医 療 や 福 祉 に 関 する 社 会 のニーズに 対 応 できること 医 の 倫 理 にもとづく 診 療 を 適 切 に 実 施 できること 境 界 領 域 の 疾 患 の 処 置 についても 正 確 に 対 応 できること 科 学 的 に 検 証 できる 態 度 や 能 力 を 養 うことを 目 標 と しています さらに 医 療 の 本 質 を 認 識 し 患 者 の 生 活 の 質 (QOL)への 配 慮 インフォー ムド コンセント また 適 正 な 情 報 公 開 についての 対 応 能 力 も 目 標 となります 具 体 的 には 泌 尿 器 科 専 門 医 にふさわしい 能 力 が 身 につくような 研 修 目 標 を 設 定 することが 必 要 です ここでは 一 般 目 標 および 行 動 目 標 として 必 ず 経 験 すべき 診 察 法 検 査 手 技, 経 験 すべき 症 例 疾 患 病 態 ( 必 修 症 例 )と 自 ら 外 来 診 療 あるいは 入 院 診 療 で 直 接 診 断 治 療 に 関 わるべき( 重 要 症 例 )と 泌 尿 器 科 専 門 医 として 少 なくとも その 病 態 診 断 治 療 に 対 する 知 識 を 有 しているべき 疾 患 ( 呈 示 症 例 )を 明 確 に 示 し かつ 到 達 目 標 数 を 設 定 することとしました 一 般 目 標 とは 総 論 的 な 研 修 目 標 であり 行 動 目 標 は 一 般 目 標 を 実 現 するための 各 論 的 な 研 修 目 標 を 意 味 しています さら に 研 修 目 標 を 便 宜 的 に 外 来 での 診 療 を 通 して 修 得 するものと 入 院 患 者 の 管 理 を 中 心 として 修 得 するものとに 区 分 しました しかし 研 修 施 設 によっては 外 来 ではなく

2 むしろ 入 院 患 者 を 通 して 修 得 する 場 合 もあります 外 来 と 入 院 の 区 分 はさほど 重 要 な ものではありません カリキュラムとは 研 修 目 標 に 到 達 するための 計 画 書 です 指 導 医 が 情 熱 を 傾 け 時 間 を 費 し 設 備 を 完 備 しても 不 十 分 なカリキュラムのもとでは 研 修 目 標 に 到 達 する ことはできません 目 標 に 到 達 するためには 綿 密 な 研 修 計 画 が 不 可 欠 です カリキュラムの 作 成 には 研 修 目 標 研 修 資 源 や 方 法 評 価 方 法 が 含 まれます こ の 研 修 目 標 を 参 考 にしていただいて 地 域 や 中 央 でおこなわれる 学 術 大 会 や 卒 後 生 涯 教 育 プログラムへの 参 加 を 含 め それぞれの 施 設 で 実 行 可 能 なカリキュラム をつくり それにそって 研 修 をすすめていただきたいと 思 います 専 門 医 研 修 における 一 般 目 標 1) 医 の 倫 理 に 基 づいた 医 療 の 実 践 を 体 得 し 高 度 の 泌 尿 器 科 専 門 知 識 と 技 術 を 修 得 した 泌 尿 器 科 専 門 医 の 育 成 を 計 り 国 民 の 健 康 増 進 医 療 の 向 上 に 貢 献 することを 目 的 とする 2) 泌 尿 器 科 専 門 医 の 医 師 像 卒 後 臨 床 研 修 を 終 了 した 後 泌 尿 器 科 学 総 論 一 般 泌 尿 器 科 診 療 泌 尿 器 科 基 本 的 手 術 手 技 に 必 要 な 基 礎 知 識 ならびに 技 術 を 修 得 し 泌 尿 器 科 各 種 関 連 領 域 (サブスペシャリティ)の 基 礎 的 知 識 を 包 括 した 泌 尿 器 科 専 門 医 の 育 成 を 目 指 す 3) 必 須 経 験 症 例 ならびに 必 須 経 験 技 術 等 の 到 達 目 標 数 を 明 確 にし 施 設 間 の 相 互 連 携 を 深 めることにより 施 設 間 格 差 を 極 力 是 正 するような 努 力 を 求 める 専 門 医 研 修 における 行 動 目 標 Ⅰ. 医 療 人 として 必 要 な 基 本 姿 勢 態 度 (1) 患 者 医 師 関 係 患 者 を 全 人 的 に 理 解 し 患 者 家 族 と 良 好 な 人 間 関 係 を 確 立 するために 1) 患 者 家 族 のニーズを 身 体 心 理 社 会 的 側 面 から 把 握 できる 2) 医 師 患 者 家 族 がともに 納 得 できる 医 療 を 行 うためのインフォームド コンセ ントが 実 施 できる 3) 守 秘 義 務 を 果 たし プライバシーへの 配 慮 ができる (2)チーム 医 療 医 療 チームの 構 成 員 としての 役 割 を 理 解 し 保 健 医 療 福 祉 の 幅 広 い 職 種 か らなる 他 のメンバーと 協 調 するために 1) 指 導 医 や 専 門 医 に 適 切 なタイミングでコンサルテーションができる

3 2) 上 級 及 び 同 僚 医 師 や 他 の 医 療 従 事 者 と 適 切 なコミュニケーションがとれる 3) 同 僚 及 び 後 輩 へ 教 育 的 配 慮 ができる 4) 患 者 の 転 入 転 出 にあたり 情 報 を 交 換 できる 5) 関 係 機 関 や 諸 団 体 の 担 当 者 とコミュニケーションがとれる (3) 問 題 対 応 能 力 患 者 の 問 題 を 把 握 し 問 題 対 応 型 の 思 考 を 行 い 生 涯 にわたる 自 己 学 習 の 習 慣 を 身 に 付 けるために 1) 臨 床 上 の 疑 問 点 を 解 決 するための 情 報 を 収 集 して 評 価 し 当 該 患 者 への 適 応 を 判 断 できる(EM =Evidene sed Mediine の 実 践 ができる ) 2) 自 己 評 価 及 び 第 三 者 による 評 価 を 踏 まえた 問 題 対 応 能 力 の 改 善 ができる 3) 臨 床 研 究 や 治 験 の 意 義 を 理 解 し 研 究 や 学 会 活 動 に 関 心 を 持 つ 4) 自 己 管 理 能 力 を 身 に 付 け 生 涯 にわたり 基 本 的 診 療 能 力 の 向 上 に 努 める (4) 安 全 管 理 (リスクマネジメント) 患 者 及 び 医 療 従 事 者 にとって 安 全 な 医 療 を 遂 行 し 安 全 管 理 の 方 策 を 身 に 付 け 危 機 管 理 に 参 画 するために 1) 医 療 を 行 う 際 の 安 全 確 認 の 考 え 方 を 理 解 し 実 施 できる 2) 医 療 事 故 防 止 及 び 事 故 後 の 対 処 について マニュアルなどに 沿 って 行 動 でき る 3) 病 院 感 染 対 策 (Stndrd Preutions を 含 む )を 理 解 し 実 施 できる 4) 個 人 情 報 保 護 についての 考 え 方 を 理 解 し 実 施 できる 5)カルテ 開 示 など 情 報 公 開 の 考 え 方 を 理 解 し 適 切 に 行 動 できる (5) 症 例 呈 示 チーム 医 療 の 実 践 と 自 己 の 臨 床 能 力 向 上 に 不 可 欠 な 症 例 呈 示 と 意 見 交 換 を 行 うために 1) 症 例 呈 示 と 討 論 ができる 2) 臨 床 症 例 に 関 するカンファレンスや 学 術 集 会 に 参 加 する (6) 医 療 の 社 会 性 医 療 の 持 つ 社 会 的 側 面 の 重 要 性 を 理 解 し 社 会 に 貢 献 するために 1) 医 の 倫 理 生 命 倫 理 について 理 解 し 適 切 に 行 動 できる 2) 保 健 医 療 法 規 制 度 を 理 解 し 適 切 に 行 動 できる ( 参 考 : 厚 生 労 働 省 法 令 等 データベースシステム 3) 医 療 保 険 公 費 負 担 医 療 を 理 解 し 適 切 に 診 療 できる 4) 医 薬 品 や 医 療 用 具 による 健 康 被 害 の 発 生 防 止 について 理 解 し 適 切 に 行 動 できる

4 Ⅱ. 泌 尿 器 科 診 療 における 到 達 目 標 卒 後 臨 床 研 修 を 終 了 した 後 泌 尿 器 科 学 総 論 一 般 泌 尿 器 科 診 療 泌 尿 器 科 基 本 的 手 術 手 技 に 必 要 な 基 礎 知 識 ならびに 技 術 の 修 得 を 目 指 す 泌 尿 器 科 基 礎 知 識 とは 泌 尿 器 科 診 療 に 必 要 な 発 生 学 局 所 解 剖 病 理 腫 瘍 学 病 態 生 理 腎 臓 学 内 分 泌 学 栄 養 代 謝 学 感 染 症 免 疫 学 放 射 線 医 学 麻 酔 学 救 急 医 療 内 視 鏡 外 科 学 等 を 包 括 したものである 到 達 目 標 Ⅰ 泌 尿 器 科 診 療 に 必 要 な 下 記 の 基 礎 的 知 識 を 修 得 し 臨 床 応 用 できる (1) 発 生 学 : 泌 尿 生 殖 器 系 の 発 生 を 熟 知 し 外 性 器 異 常 尿 路 奇 形 などの 診 療 上 必 要 な 発 生 学 的 異 常 の 診 断 ができる (2) 局 所 解 剖 : 手 術 あるいは 画 像 診 断 上 必 要 となる 局 所 解 剖 について 熟 知 する (3) 病 理 学 : 各 種 泌 尿 生 殖 器 疾 患 の 病 理 学 の 特 徴 を 理 解 している 特 に 腎 細 胞 癌 尿 路 上 皮 癌 前 立 腺 癌 前 立 腺 肥 大 症 精 巣 腫 瘍 副 腎 腫 瘍 などの 基 本 的 病 理 像 について 熟 知 し 病 理 組 織 学 的 診 断 内 容 を 理 解 できる (4) 腫 瘍 学 : 1) 発 癌 転 移 増 殖 を 理 解 し 適 確 な 病 期 診 断 ができる 2) 手 術 放 射 線 療 法 化 学 療 法 の 適 応 につき 述 べる 事 ができる 3) 抗 癌 化 学 療 法 の 合 併 症 に 対 し 適 切 な 管 理 ができる 4) 放 射 線 治 療 の 合 併 症 に 対 し 適 切 な 管 理 ができる (5) 病 態 生 理 1) 各 種 泌 尿 器 科 疾 患 における 病 態 生 理 を 理 解 するとともに 周 術 期 管 理 などに 必 要 な 全 身 状 態 に 影 響 する 病 態 生 理 に 習 熟 する 2) 手 術 侵 襲 による 生 体 の 反 応 に 関 わる 病 態 生 理 を 理 解 し 手 術 リスクの 評 価 合 併 症 予 防 の 方 策 を 策 定 できる (6) 術 後 管 理 を 含 めた 各 種 病 態 に 対 する 輸 液 輸 血 の 管 理 ができる (7) 血 液 凝 固 線 溶 系 に 関 わる 病 態 を 理 解 し 出 血 傾 向 に 対 する 対 応 血 栓 症 に 対 する 予 防 ならびに 治 療 法 を 実 践 できる (8) 栄 養 代 謝 学 1) 各 種 病 態 疾 患 に 応 じた 栄 養 管 理 を 理 解 し 経 管 栄 養 中 心 静 脈 栄 養 の 実 践 ができる 2) 外 傷 手 術 などの 侵 襲 に 対 する 生 体 反 応 を 理 解 し 代 謝 の 変 化 に 応 じた 対 応 が 計 れる

5 (9) 感 染 症 1) 感 染 症 に 対 する 全 般 的 知 識 ならびに 泌 尿 生 殖 器 特 有 の 病 原 微 生 物 に 対 す る 知 識 を 有 し 各 種 病 態 に 応 じた 適 切 な 抗 微 生 物 薬 の 選 択 ができる 2) 微 生 物 薬 の 有 害 事 象 を 熟 知 する 3) 菌 交 代 現 象 を 理 解 し 薬 剤 耐 性 菌 の 発 生 の 危 険 性 を 熟 知 した 上 での 抗 菌 薬 投 与 の 適 応 を 決 定 できる 4) 病 院 感 染 の 発 生 機 序 を 熟 知 し その 予 防 治 療 につき 述 べる 事 ができる (10) 免 疫 学 1)ヒトの 免 疫 反 応 に 関 する 基 礎 的 知 識 を 習 熟 する 2)アナフラキシーショックの 病 態 を 理 解 し 適 切 な 対 応 がとれる 3)GVHD の 発 生 機 序 を 理 解 し その 予 防 診 断 治 療 について 実 践 できる 4) 移 植 免 疫 の 基 礎 につき 理 解 し 拒 絶 反 応 の 診 断 治 療 を 実 践 できる (11) 麻 酔 学 1) 局 所 麻 酔 浸 潤 麻 酔 の 原 理 を 理 解 し 実 施 する 技 術 を 修 得 し 薬 剤 の 極 量 を 述 べることができる 2) 脊 椎 麻 酔 硬 膜 外 麻 酔 全 身 麻 酔 の 原 理 を 理 解 し その 合 併 症 について 熟 知 してこれに 対 応 できる 知 識 を 修 得 する (12) 放 射 線 医 学 1) 各 種 画 像 診 断 の 原 理 を 理 解 し その 適 応 を 決 定 できる 2) 画 像 診 断 に 伴 う 造 影 剤 の 使 用 の 適 応 造 影 剤 に 伴 う 合 併 症 の 発 生 の 危 険 性 を 熟 知 し それに 対 応 できる 3) 放 射 線 治 療 の 基 礎 につき 理 解 し その 適 応 合 併 症 につき 述 べることができ る (13) 救 命 救 急 1) 集 中 治 療 の 基 礎 を 理 解 し その 実 践 ができる 2) 呼 吸 管 理 の 基 礎 的 知 識 を 持 ち 管 理 ができる 3) 蘇 生 術 が 適 確 に 実 施 できる 4)ショックに 対 する 適 切 な 対 応 ができる (14) 腎 臓 病 学 1) 腎 臓 の 生 理 について 理 解 し 各 種 疾 患 に 対 する 基 礎 的 な 知 識 を 述 べることが できる 2) 腎 不 全 に 対 する 病 態 生 理 を 理 解 し 鑑 別 診 断 ができ 対 処 方 法 につき 決 定 で きる

6 3) 腎 移 植 の 基 礎 につき 理 解 し 移 植 手 技 免 疫 抑 制 療 法 につき 述 べることがで きる 4) 慢 性 腎 不 全 の 基 礎 的 知 識 を 理 解 し 対 処 法 について 述 べることができる (15) 内 分 泌 学 1) 副 腎 および 精 巣 の 生 理 に 習 熟 し それぞれの 疾 患 に 伴 う 各 種 ホルモン 学 的 異 常 症 状 を 理 解 した 上 で 鑑 別 診 断 必 要 な 内 分 泌 学 的 検 査 の 適 応 治 療 方 針 の 決 定 ができる 2) 上 皮 小 体 ( 副 甲 状 腺 ) 疾 患 の 病 態 生 理 を 理 解 し 診 断 治 療 法 の 選 択 ができ る 3) 先 天 性 疾 患 に 伴 う 内 分 泌 異 常 の 病 態 生 理 を 理 解 し 診 断 治 療 の 選 択 ができ る (16) 内 視 鏡 外 科 学 1) 尿 路 内 視 鏡 の 構 造 と 機 能 を 理 解 し 基 本 的 な 経 尿 道 的 検 査 と 手 術 を 実 施 でき る 2) 体 腔 鏡 手 術 に 必 要 な 知 識 を 習 得 し 助 手 をつとめることができる 到 達 目 標 Ⅱ 泌 尿 器 科 診 療 における 各 種 症 状 徴 候 を 判 断 し 鑑 別 診 断 に 役 立 てることができる. 排 尿 痛. 疝 痛 発 作. 頻 尿 D. 排 尿 困 難 E. 尿 閉 F. 尿 失 禁 G. 二 段 排 尿 H. 尿 線 の 異 常 I. 遺 尿 J. 膿 尿 K. 混 濁 尿 L. 血 尿 M. 多 尿 N. 乏 尿 O. 無 尿 P. 尿 道 分 泌 物

7 Q. 腹 部 腫 瘤 R. 陰 嚢 内 腫 瘤 S. 性 器 発 育 異 常 T. 男 性 不 妊 U. 勃 起 および 射 精 障 害 到 達 目 標 Ⅲ 泌 尿 器 科 診 療 に 必 要 な 診 察 法 検 査 に 習 熟 し その 臨 床 応 用 ができる. 自 ら 実 施 し 結 果 を 判 定 評 価 することができる 腎 腹 部 の 診 察 ( 視 診 双 手 診 V 叩 打 診 など) 膀 胱 の 診 察 ( 視 診 触 診 打 診 双 手 診 など) 男 性 外 陰 部 鼠 径 部 の 診 察 ( 視 診 触 診 陰 嚢 透 照 法 など) 直 腸 診 ( 前 立 腺 の 触 診 ) 女 性 外 陰 部 鼠 径 部 の 診 察 ( 視 診 触 診 内 診 双 手 診 など) 神 経 学 的 検 査 ( 外 肛 門 括 約 筋 の 緊 張 度 挙 睾 筋 反 射 など) 検 尿 ( 採 尿 法 尿 性 状 の 肉 眼 的 異 常 の 鑑 別 生 化 学 的 および 顕 微 鏡 的 検 査 ) 内 視 鏡 検 査 ( 尿 道 膀 胱 鏡 検 査 尿 管 カテーテル 法 など) 超 音 波 画 像 診 断 法 ( 腎 前 立 腺 膀 胱 陰 嚢 内 容 など) ウロダイナミックス( 排 尿 日 誌 尿 流 測 定 膀 胱 内 圧 測 定 など) 生 検 ( 膀 胱 前 立 腺 精 巣 ) 尿 道 分 泌 物 前 立 腺 液 の 検 査 X 線 検 査 ( 各 種 膀 胱 造 影 尿 道 膀 胱 造 影 など). 指 示 依 頼 を 行 い または 指 導 医 のもとで 実 施 し 自 ら 結 果 を 判 定 または 評 価 することができる 検 尿 ( 細 菌 学 的 ) 血 液 生 化 学 内 分 泌 検 査 ( 下 垂 体 副 腎 精 巣 上 皮 小 体 ( 副 甲 状 腺 ) 検 査 ) 精 液 検 査 腎 生 検 X 線 検 査 (KU IVP DIP RP P 血 管 造 影 T など) 核 医 学 画 像 診 断 法 (レノグラム 腎 シンチ 骨 シンチ 副 腎 シンチ 上 皮 小 体 ( 副 甲 状 腺 )シンチなど)

8 腎 機 能 検 査 (クレアチニン クリアランス 分 腎 機 能 検 査 など) MRI 検 査 到 達 目 標 Ⅳ 各 種 泌 尿 器 科 疾 患 を 理 解 し その 鑑 別 診 断 ができる 必 須 : 日 常 診 療 でよく 遭 遇 する 疾 患 で 複 数 例 以 上 の 治 療 を 経 験 することが 望 まれる 疾 患 重 要 :たとえ 直 接 治 療 経 験 がなくともカンファレンス 等 を 通 じての 経 験 が 望 まれる 疾 患 呈 示 : 少 なくとも 知 識 として 病 態 を 把 握 し 鑑 別 診 断 をできることが 望 まれる 疾 患 腎 および 腎 盂 の 先 天 異 常 尿 管 の 先 天 異 常 膀 胱 および 尿 膜 管 の 先 天 異 常 尿 道 の 先 天 異 常 精 巣 の 先 天 異 常 陰 茎 および 陰 嚢 の 先 天 異 常 単 純 性 嚢 胞 嚢 胞 腎 重 複 腎 盂 尿 管 海 綿 腎 馬 蹄 鉄 腎 先 天 性 水 腎 症 単 腎 症 骨 盤 腎 回 転 異 常 低 形 成 異 形 成 腎 腎 杯 憩 室 膀 胱 尿 管 逆 流 症 異 所 開 口 尿 管 瘤 尿 管 狭 窄 巨 大 尿 管 症 大 静 脈 後 尿 管 尿 膜 管 開 存 膀 胱 憩 室 膀 胱 外 反 尿 道 憩 室 尿 道 狭 窄 尿 道 下 裂 前 部 後 部 尿 道 弁 尿 道 直 腸 瘻 尿 道 上 裂 停 留 精 巣 非 触 知 精 巣 精 巣 転 位 単 精 巣 症 包 茎 埋 没 陰 茎 矮 小 陰 茎 陰 茎 前 位 陰 嚢 ランキング

9 ランキング 腎 尿 管 損 傷 腎 損 傷 開 放 性 損 傷 尿 管 膣 瘻 膀 胱 尿 道 損 傷 尿 道 損 傷 膀 胱 損 傷 膀 胱 膣 瘻 陰 茎 損 傷 陰 茎 折 症 精 巣 損 傷 精 巣 損 傷 副 腎 腫 瘍 クッシング 症 候 群 褐 色 細 胞 腫 原 発 性 アルドステロン 症 副 腎 癌 ( 原 発 性 転 移 性 ) 内 分 泌 非 活 性 腫 瘍 腎 腫 瘍 腎 細 胞 癌 ( 腎 癌 ) 良 性 腫 瘍 ( 血 管 筋 脂 肪 腫 など) 腎 芽 細 胞 腫 (ウィルムス 腫 瘍 ) 腎 盂 および 尿 管 腫 瘍 悪 性 腫 瘍 良 性 腫 瘍 膀 胱 腫 瘍 悪 性 腫 瘍 良 性 腫 瘍 尿 道 腫 瘍 悪 性 腫 瘍 良 性 腫 瘍 前 立 腺 腫 瘍 前 立 腺 肥 大 症 前 立 腺 癌 精 巣 腫 瘍 悪 性 腫 瘍 良 性 腫 瘍 陰 茎 腫 瘍 悪 性 腫 瘍 良 性 腫 瘍 その 他 の 腫 瘍 後 腹 膜 腫 瘍 尿 膜 管 腫 瘍 神 経 芽 細 胞 腫 エンドメトリオーシス 上 部 尿 路 結 石 腎 結 石 尿 管 結 石 下 部 尿 路 結 石 膀 胱 結 石 尿 道 結 石 その 他 の 結 石 関 連 疾 患 高 尿 酸 尿 症 高 カルシウム 尿 症 尿 細 管 性 アシドーシス 高 蓚 酸 尿 症 腎 石 灰 症 シスチン 尿 症 上 皮 小 体 ( 副 甲 状 腺 ) 疾 患 二 次 性 上 皮 小 体 ( 副 甲 状 腺 ) 機 能 亢 進 症 原 発 性 上 皮 小 体 ( 副 甲 状 腺 ) 機 能 亢 進 症

10 性 分 化 異 常 性 成 熟 異 常 男 性 不 妊 症 非 特 異 的 感 染 症 尿 路 性 器 結 核 性 感 染 症 寄 生 虫 疾 患 真 菌 感 染 症 下 部 尿 路 機 能 障 害 真 性 半 陰 陽 クラインフェルター 症 候 群 男 性 ( 仮 性 ) 半 陰 陽 女 性 ( 仮 性 ) 半 陰 陽 思 春 期 早 発 症 思 春 期 遅 延 症 低 ゴナドトロピン 性 類 宦 官 症 高 ゴナドトロピン 性 類 宦 官 症 特 発 性 男 性 不 妊 症 続 発 性 男 性 不 妊 症 閉 塞 性 無 精 子 症 非 閉 塞 性 無 精 子 症 複 雑 性 腎 盂 腎 炎 単 純 性 膀 胱 炎 複 雑 性 膀 胱 炎 尿 道 炎 急 性 細 菌 性 前 立 腺 炎 急 性 精 巣 上 体 炎 亀 頭 包 皮 炎 単 純 性 腎 盂 腎 炎 腎 周 囲 膿 瘍 慢 性 細 菌 性 前 立 腺 炎 非 細 菌 性 前 立 腺 炎 ( 慢 性 骨 盤 内 疼 痛 症 候 群 ) 細 菌 性 ショック 精 巣 炎 膿 腎 症 腎 膿 瘍 尿 路 結 核 精 巣 上 体 結 核 前 立 腺 結 核 淋 菌 感 染 症 性 器 クラミジア 感 染 症 性 器 ヘルペスウイルス 感 染 症 尖 圭 コンジローマ トリコモナス 感 染 症 カンジダ 感 染 症 フィラリア 性 乳 糜 尿 症 トリコモナス 感 染 症 カンジダ 感 染 症 過 活 動 膀 胱 ( 切 迫 性 尿 失 禁 を 含 む) 腹 圧 性 尿 失 禁 神 経 因 性 膀 胱 夜 尿 症 ( 遺 尿 症 ) 神 経 性 頻 尿 ランキング

11 ランキング 尿 路 閉 塞 性 疾 患 上 部 尿 路 閉 塞 性 疾 患 下 部 尿 路 閉 塞 性 疾 患 ( 前 立 腺 肥 大 症 を 含 む) 腎 不 全 慢 性 腎 不 全 急 性 腎 不 全 腎 性 高 血 圧 腎 血 管 性 高 血 圧 腎 実 質 性 高 血 圧 腎 血 管 性 病 変 腎 動 脈 狭 窄 腎 梗 塞 腎 動 脈 瘤 腎 動 静 脈 瘻 ナットクラッカー 現 象 その 他 の 腎 疾 患 腎 下 垂 ( 遊 走 腎 ) 特 発 性 腎 出 血 移 植 腎 拒 絶 反 応 慢 性 移 植 腎 症 移 植 腎 急 性 尿 細 管 壊 死 その 他 の 尿 管 および 後 腹 膜 疾 患 後 腹 膜 ( 腔 ) 線 維 ( 化 ) 症 その 他 の 膀 胱 疾 患 間 質 性 膀 胱 炎 膀 胱 憩 室 出 血 性 膀 胱 炎 放 射 線 性 膀 胱 炎 膀 胱 瘤 膀 胱 異 物 その 他 の 尿 道 疾 患 尿 道 狭 窄 尿 道 カルンクル 尿 道 異 物 尿 道 憩 室 尿 道 脱 その 他 の 陰 嚢 内 容 の 疾 患 精 巣 水 瘤 精 索 静 脈 瘤 精 索 捻 転 症 精 索 水 瘤 精 液 瘤 その 他 の 男 性 器 疾 患 性 機 能 障 害 ( 勃 起 射 精 障 害 ) 血 精 液 症 形 成 性 陰 茎 硬 化 症 (ペイロニー 病 ) 持 続 勃 起 症

12 到 達 目 標 Ⅴ その 他 泌 尿 器 科 専 門 医 として 習 熟 すべき 目 標 1. リハビリテーション 尿 路 変 向 術 後 の 患 者 神 経 因 性 膀 胱 の 患 者 透 析 の 患 者 などに 適 切 な 助 言 がで きる 2. 経 過 観 察 定 期 的 な 経 過 観 察 の 必 要 性 のある 疾 患 または 病 態 を 理 解 し 通 院 計 画 を 立 案 でき る 3. 救 急 偶 発 症 外 来 で 可 能 な 救 急 処 置 ができ 診 療 に 伴 う 偶 発 症 に 対 処 できる 尿 閉 膀 胱 タンポナーデ ショック(urosepsis) 急 性 陰 嚢 症 尿 路 閉 塞 による 疝 痛 発 作 嵌 頓 包 茎 など 到 達 目 標 Ⅵ 入 院 診 療 における 研 修 目 標 主 治 医 として 泌 尿 器 科 領 域 の 基 本 的 臨 床 能 力 を 持 ち 入 院 患 者 に 対 して 全 身 局 所 管 理 が 適 切 に 行 える. 主 治 医 としての 基 本 的 能 力 入 院 患 者 について 次 のことが 適 切 に 行 える 1. 正 確 かつ 詳 細 な 問 診 を 行 い 記 載 する 2. 全 身 局 所 の 診 察 を 行 い その 所 見 を 記 載 する 3. 必 要 な 一 般 検 査 を 選 択 し また 結 果 を 判 定 できる 4. 患 者 の 病 態 の 考 察 と 分 析 を 行 い 適 切 な 治 療 計 画 を 立 てる 5. 病 因 についての 考 察 と 分 析 が 行 える 6. 同 科 あるいは 他 科 の 医 師 と 立 ち 合 いで 診 察 ( 対 診 )する 必 要 性 を 判 断 し 実 行 する 7. 必 要 な 予 薬 処 置 などの 治 療 を 行 い 経 過 を 観 察 し 記 載 する 8. 退 院 の 時 期 の 判 定 を 適 切 に 下 し 退 院 後 の 指 導 をする 9. 上 級 医 への 報 告 連 絡 当 直 医 への 申 し 送 り 退 院 時 の 外 来 あるいは 関 連 医 療 機 関 への 申 し 送 りを 確 実 に 行 う 10. 正 確 な 診 療 録 を 作 成 し 問 題 点 があれば 考 察 を 加 える また 医 療 情 報 開 示 に 耐 えうる 診 療 録 とする 11. 看 護 師 その 他 の 医 療 従 事 者 との 円 滑 な 連 携 を 保 つ 12. 患 者 家 族 に 対 し 正 しく 情 報 を 伝 え 了 解 のうえで 医 療 を 進 める 13. 医 療 関 係 法 規 にのっとった 適 切 な 対 応 をする( 診 断 書 死 亡 診 断 書 各 種 証 明 書 麻 薬 の 取 扱 い 伝 染 病 についての 対 処 廃 棄 物 の 取 扱 いなど)

13 14. 病 院 感 染 の 防 止 について 配 慮 し 具 体 的 に 対 応 できる 15. 後 進 の 指 導 に 参 加 する 16. 必 要 に 応 じて 症 例 の 提 示 報 告 をする. 全 身 管 理 入 院 患 者 に 対 して 次 の 基 本 的 な 全 身 管 理 を 適 切 に 行 うことができる 1. 術 前 術 後 の 全 身 管 理 と 対 応 Ⅰ. 術 前 : 年 齢 性 別 に 関 連 する 特 異 的 事 項 既 往 歴 生 活 歴 合 併 症 疾 患 固 有 の 特 殊 な 状 態 および 術 前 検 査 の 所 見 を 総 合 して 手 術 時 期 や 術 式 な どを 判 断 し またリスクおよび 合 併 症 を 予 測 してそれらに 適 切 に 対 応 する Ⅱ. 術 後 : 術 後 の 一 般 的 対 応 ができる たとえば 種 々の 病 態 に 対 応 して 輸 血 栄 養 補 給 補 液 薬 剤 ( 抗 菌 薬 ステロイドなど)の 投 与 を 適 切 に 行 い 安 静 度 などを 指 示 する 2. 非 手 術 例 の 全 身 管 理 と 対 応 Ⅰ. 保 存 的 治 療 やインターベンション 治 療 の 適 応 を 理 解 し 適 切 な 治 療 計 画 と 管 理 を 行 う Ⅱ. 悪 性 腫 瘍 の 放 射 線 治 療 および 化 学 療 法 による 合 併 症 の 管 理 Ⅲ.その 他 の 疾 患 ( 重 症 感 染 症 など)の 管 理 3. 偶 発 症 ( 発 熱 出 血 循 環 不 全 呼 吸 障 害 意 識 障 害 ショックなど)に 対 して 迅 速 かつ 適 確 な 処 置 をとり さらに 蘇 生 術 を 行 うことができる たとえば 血 管 確 保 気 道 確 保 心 電 計 によるモニターリングなど 4. 他 科 の 疾 患 を 併 有 する 場 合 その 対 応 と 関 連 科 医 師 との 適 切 な 連 携 をとるこ とができる たとえば 心 疾 患 糖 尿 病 肝 障 害 胃 十 二 指 腸 潰 瘍 高 血 圧 ア レルギー 性 疾 患 緑 内 障 精 神 医 学 的 疾 患 など 5.ターミナルケアの 経 験 を 持 ち 下 記 のような 項 目 について 適 切 な 対 応 ができ る Ⅰ. 患 者 の 不 安 と 疼 痛 への 配 慮 Ⅱ. 患 者 の 家 族 への 配 慮 Ⅲ. 転 帰 の 見 通 し 予 後 の 判 断 Ⅳ. 死 亡 の 確 認 Ⅴ. 病 理 解 剖 について 家 族 との 折 衝 6. 入 院 中 の 全 身 的 なリハビリテーションに 対 し 理 解 をもち 関 連 各 科 との 連 携 を とる 7. 臨 床 経 過 と 剖 検 所 見 との 関 係 を 検 討 し 考 察 できる. 専 門 領 域 の 技 術

14 1. 入 院 患 者 の 治 療 の 項 目 に 設 定 してある 自 ら 術 者 となる 手 術 ( 別 表 の 技 術 度 に 相 当 する 手 術 )について 患 者 の 術 前 術 後 の 管 理 を 適 切 に 行 うことが できる それ 以 上 のレベルの 手 術 については 指 導 医 の 監 督 のもとに 管 理 で きる 2. 非 手 術 患 者 については 例 えば 次 のような 専 門 的 治 療 を 主 体 性 を 持 って 施 行 し その 効 果 につき 正 しく 評 価 できる Ⅰ. 悪 性 腫 瘍 に 対 する 放 射 線 治 療 化 学 療 法 および 免 疫 療 法 重 症 感 染 症 に 対 する 適 確 な 抗 菌 薬 の 使 用 自 己 免 疫 疾 患 に 対 するステロイドなどの 正 し い 使 用 など Ⅱ. その 他 の 病 態 に 対 する 保 存 的 治 療 Ⅲ. 疼 痛 に 対 する 適 切 な 処 置 3. 検 査 については 必 要 に 応 じて 適 宜 選 択 し 適 切 な 検 査 の 順 序 に 従 って 実 施 し 診 断 ならびに 治 療 計 画 立 案 に 役 立 てることができる 4. 救 急 医 療 を 要 する 疾 患 の 初 期 診 療 が 独 立 して あるいは 必 要 な 他 科 の 医 師 と 協 力 してできる 腎 外 傷 膀 胱 外 傷 精 索 捻 転 症 など 5. 次 のような 処 置 指 導 を 適 切 におこなうことができる 自 己 導 尿 の 指 導 留 置 カテーテルの 管 理 尿 路 変 向 後 のストーマ カテーテルの 管 理 透 析 患 者 に 対 する 水 分 摂 取 食 事 指 導 など 到 達 目 標 VII 手 術 に 関 連 した 研 修 目 標 泌 尿 器 科 領 域 の 基 本 的 治 療 に 関 する 意 義 原 理 を 理 解 し 適 応 を 決 め 手 術 手 技 を 習 得 し 治 療 前 後 の 管 理 ができる. 手 術 に 関 する 一 般 的 知 識 技 能 を 習 得 する 1. 疾 患 の 種 類 と 程 度 および 患 者 の 状 態 に 応 じて 手 術 の 適 応 と 術 式 を 判 断 しう る 2. 手 術 によって 起 こりうる 偶 発 症 および 手 術 後 の 合 併 症 続 発 症 機 能 障 害 について あらかじめ 説 明 し 同 意 を 得 る 3. 術 中 起 こりうる 変 化 に 対 応 できる( 救 急 処 置 術 式 の 変 更 など) 4. 麻 酔 ( 局 所 硬 膜 外 脊 髄 気 管 内 挿 管 のうちのいくつか)ができる 5. 手 術 器 械 や 材 料 を 正 しく 使 用 できる 6. 手 術 に 必 要 な 準 備 を 指 示 できる( 術 前 術 後 処 置 を 含 む) 7. 手 術 介 助 者 を 指 導 し 協 調 して 作 業 できる

15 8. 術 後 の 局 所 および 全 身 の 管 理 ができ 変 化 に 対 応 しうる 9. 一 般 外 科 ならびに 内 視 鏡 外 科 的 手 技 を 修 得 する 10. 消 毒 術 中 感 染 と その 予 防 についての 知 識 がある 11. 手 術 に 関 連 した 事 項 について 他 科 あるいは 他 医 と 協 調 して 作 業 ができる. 泌 尿 器 科 領 域 の 基 本 的 な 手 術 ができる 一 定 レベルの 泌 尿 器 科 手 術 を 適 切 に 実 施 し 得 る 知 識 と 技 術 を 修 得 し その 臨 床 応 用 ができる 別 表 のごとく 手 術 を 以 下 の 3 群 に 分 けて 習 得 目 標 を 示 す. 手 術 法 の 原 理 と 術 式 を 理 解 し 執 刀 医 として 実 施 できる. 手 術 法 の 原 理 と 術 式 を 理 解 し 指 導 医 の 下 で 手 術 を 自 ら 実 施 できる. 手 術 法 の 原 理 と 術 式 を 理 解 し 手 術 の 助 手 をつとめることができる 1. 下 記 領 域 別 手 術 を 術 者 あるいは 助 手 として 経 験 する 1) 副 腎 腎 の 手 術 (20 例 )( 開 放 及 び 体 腔 鏡 下 手 術 を 含 む) 根 治 的 腎 摘 除 術 5 例 を 含 む 2) 尿 管 膀 胱 の 手 術 (40 例 )( 内 視 鏡 手 術 を 含 む) 膀 胱 全 摘 除 術 2 例 を 含 む 3) 前 立 腺 の 手 術 (35 例 ) 前 立 腺 全 摘 除 術 5 例 を 含 む 4) 陰 嚢 内 容 臓 器 尿 道 の 手 術 (15 例 ) 5) ESWL (10 例 ) 6) 小 児 泌 尿 器 科 手 術 ( 上 記 各 領 域 における 各 種 手 術 と 重 複 可 )(10 例 ) 7) 体 腔 鏡 下 または 内 視 鏡 補 助 下 の 手 術 ( 上 記 各 領 域 における 各 種 手 術 と 重 複 可 )(10 例 ) 8) その 他 の 泌 尿 器 科 関 連 手 術 (10 例 ) 2. 前 記 の 領 域 別 分 野 にかかわらず 術 者 としての 経 験 が 50 例 以 上 であること 3. 1 患 者 に 対 して 複 数 の 手 術 を 行 った 場 合 また 一 人 の 術 者 が 複 数 の 手 術 手 技 を 実 施 した 場 合 は 手 術 件 数 の 重 複 を 認 める 別 表

16 手 術 術 式 1 副 腎 腎 の 手 術 (20 例 ) ( 開 放 及 び 体 腔 鏡 下 手 術 を 含 む) 単 純 腎 摘 除 術 経 皮 的 腎 瘻 造 設 術 副 腎 摘 除 術 腎 部 分 切 除 術 根 治 的 腎 摘 除 術 腎 盂 形 成 術 腎 尿 管 全 摘 除 術 経 皮 的 腎 尿 管 砕 石 術 (PNL) 腎 血 管 再 建 術 腎 移 植 術 ( 自 家 生 体 死 体 ) ドナー 腎 摘 除 術 2 尿 管 膀 胱 の 手 術 (40 例 ) ( 内 視 鏡 手 術 を 含 む) 経 尿 道 的 膀 胱 腫 瘍 切 除 術 経 尿 道 的 膀 胱 生 検 術 経 尿 道 的 膀 胱 砕 石 術 経 尿 道 的 膀 胱 異 物 除 去 術 経 皮 的 膀 胱 瘻 造 設 術 膀 胱 全 摘 除 術 回 腸 ( 結 腸 ) 導 管 造 設 術 膀 胱 部 分 切 除 術 尿 管 皮 膚 瘻 術 尿 管 膀 胱 新 吻 合 術 (VUR 防 止 手 術 を 含 む) 経 皮 的 尿 管 砕 石 術 経 尿 道 的 尿 管 砕 石 術 (TUL) 膀 胱 拡 大 術 膀 胱 膣 瘻 閉 鎖 術 腸 管 利 用 代 用 膀 胱 造 設 術 ontinent reservoir 造 設 術 腎 盂 尿 管 の 内 視 鏡 的 手 術 3 前 立 腺 の 手 術 (35 例 ) 経 尿 道 的 前 立 腺 切 除 術 (レーザー 手 術 を 含 む) 前 立 腺 摘 除 術 ( 前 立 腺 被 膜 下 摘 除 術 ) 前 立 腺 全 摘 除 術 技 術 度

17 手 術 術 式 技 術 度 4 陰 嚢 内 容 臓 器 尿 道 の 手 術 (15 例 ) 精 巣 上 体 摘 除 術 精 索 静 脈 瘤 根 治 術 精 巣 固 定 術 精 巣 生 検 術 精 巣 摘 除 術 高 位 精 巣 摘 除 術 精 巣 水 瘤 根 治 術 精 索 水 腫 根 治 術 精 管 切 断 ( 結 紮 ) 術 経 尿 道 的 内 尿 道 切 開 術 女 子 尿 失 禁 根 治 術 (スリング 手 術 ) 尿 道 形 成 術 精 管 精 管 吻 合 術 精 巣 上 体 ( 副 睾 丸 ) 精 管 吻 合 術 5 ESWL (10 例 ) 体 外 衝 撃 波 砕 石 術 (ESWL) 6 小 児 泌 尿 器 科 手 術 ( 上 記 各 領 域 における 各 種 手 術 と 重 複 可 ) (10 例 ) 精 巣 固 定 術 腎 盂 形 成 術 VUR 防 止 術 尿 道 形 成 術 7 体 腔 鏡 下 または 内 視 鏡 補 助 下 の 手 術 ( 上 記 各 領 域 における 各 種 手 術 と 重 複 可 ) (10 例 ) 8 その 他 の 泌 尿 器 科 関 連 手 術 (10 例 ) DJ カテーテル 留 置 術 包 皮 環 状 切 除 術 包 皮 背 面 切 開 術 尿 道 カルンクル 切 除 術 外 尿 道 口 切 開 術 経 尿 道 的 前 立 腺 高 温 度 治 療 陰 茎 切 断 術 ブラッドアクセス 造 設 術 腎 生 検 PD 用 チューブ 設 置 術 陰 茎 プロステーシス 挿 入 術 後 腹 膜 腔 リンパ 節 郭 清 術 上 皮 小 体 ( 副 甲 状 腺 ) 摘 出 術 人 工 括 約 筋 挿 入 術 陰 茎 形 成 術

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D>

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D> 保 発 第 0305002 号 平 成 20 年 3 月 5 日 地 方 社 会 事 務 局 長 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 局 長 医 療 費 の 内 容 の 分 かる 領 収 証 の 交 付 について の 一 部 改 正 について 標 記 については 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 59 号 )が 制 定 され 同 告

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

各論_1章〜7章.indd

各論_1章〜7章.indd 第 7 章 健 康 指 標 分 野 ( 糖 尿 病 循 環 器 疾 患 がん COPD) 1 推 進 の 方 向 糖 尿 病 (1) 糖 尿 病 の 発 症 を 予 防 するための 生 活 習 慣 の 改 善 あらゆる 機 会 に 多 様 な 伝 達 手 段 を 使 って 県 民 に 糖 尿 病 の 正 しい 知 識 や 糖 尿 病 発 症 予 防 のため の 生 活 習 慣 の 改 善 について

More information

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機 薬 局 機 能 情 報 の 事 項 の 説 明 薬 局 機 能 情 報 の 各 事 項 については 次 のとおりです また 等 の 欄 は 各 事 項 についての 該 当 の 又 は が 薬 局 機 能 に 関 する 情 報 欄 は その 項 目 について 該 当 する 情 報 の 内 容 が 記 載 されています 第 1 管 理 運 営 サービス 等 に 関 する 事 項 1 基 本 事 項 (1)

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E>

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E> 第 5 節 糖 尿 病 の 医 療 体 制 1 現 状 (1) 罹 患 死 亡 の 状 況 北 海 道 では 糖 尿 病 が 強 く 疑 われる 者 は40~74 歳 の 男 性 で183,372 人 ( 14.8% ) 女 性 で98,903 人 (7.1%)で 合 計 282,275 人 と 推 計 され 糖 尿 病 の 可 能 性 が 否 定 で きない 者 は 男 性 で144,963 人

More information

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 状 況 について 1 接 種 費 用 の 公 費 助 成 (1) 県 の 助 成 制 度 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 費 用 は 3 回 の 接 種 で 約 45,000 円 (1 回 当 たり 約 15,000 円 )であり 被 接 種 者 の 経 済 的 負 担 が 大 きいものであった そのため がん 対 策 推 進 の 観 点 から 公

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464>

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464> 健 康 保 険 組 合 事 業 運 営 指 針 ( 案 ) 第 1 本 指 針 の 趣 旨 本 指 針 は 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 事 業 運 営 のうち 組 合 の 判 断 で 実 施 するものについて 適 正 な 事 業 運 営 が 確 保 されるよう 事 業 運 営 に 当 たっての 基 本 的 考 え 方 や 適 正 水 準 望 ましい 事 業 の 例 事

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

2-1膠原病.doc

2-1膠原病.doc 後 期 臨 床 研 修 プログラム I. 一 般 目 標 初 期 臨 床 研 修 で 修 得 した 臨 床 技 能 を 基 礎 として 入 院 患 者 および 外 来 患 者 における 膠 原 病 リウ マチ 性 疾 患 に 必 要 な 臨 床 能 力 を3 年 間 で 修 得 すること II. 行 動 目 標 1 研 修 の 対 象 とする 疾 患 (1) 全 身 性 エリテマトーデス (2) 強

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 集 中 ケア 新 生 児 集 中 ケア A 242-00 呼 吸 ケアチーム 加 算 150 点 呼 吸 ケアチームの 設 置 救 急 看 護 小 児 救 急 看 護 慢 性 呼 吸 器 疾 患 看 護 急 性 重 症 患 者 看 護 A 247 認 知 症

認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 集 中 ケア 新 生 児 集 中 ケア A 242-00 呼 吸 ケアチーム 加 算 150 点 呼 吸 ケアチームの 設 置 救 急 看 護 小 児 救 急 看 護 慢 性 呼 吸 器 疾 患 看 護 急 性 重 症 患 者 看 護 A 247 認 知 症 認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 A 226-02 診 療 加 算 400 点 (1 日 につき) 専 従 の 常 勤 看 護 師 専 従 の チームの 設 置 乳 A 230-04 精 神 科 リエゾンチーム 加 算 300 点 精 神 科 リエゾンチームの 設 置 認 知 症 看 護 老 人 看 護 A 233-02 栄 養 サポートチーム 加 算 100 点 専 従 または 栄 養 管

More information

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき 日 付 時 限 内 4 月 8 日 4 婦 人 科 腫 瘍 学 総 論 GIO: 女 性 に 特 有 の 腫 瘍 疾 患 を 総 論 的 に 捉 え 理 解 する 容 SBO: 1. 生 殖 器 の 解 剖 生 殖 器 腫 瘍 の 病 理 細 胞 診 断 画 像 診 断 などについて 説 明 ができる 2. 子 宮 頸 部 悪 性 腫 瘍 の 発 癌 メカニズム( 特 にHPV) 診 断 治 療 について

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

4 ぼうこう又は直腸機能障害

4 ぼうこう又は直腸機能障害 第 9 章 ぼうこう 又 は 直 腸 機 能 障 害 第 1 障 害 程 度 等 級 表 解 説 1 等 級 表 1 級 に 該 当 する 障 害 は 次 のいずれかに 該 当 し かつ 自 己 の 身 辺 の 日 常 生 活 活 動 が 極 度 に 制 限 されるものをいう (1) 腸 管 のストマに 尿 路 変 向 ( 更 )のストマを 併 せもち かつ いずれかのス トマにおいて 排 便 排

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 )24 年 度 の (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 件 費 率 25 年 度 千 円 千 円 千 円 % % 61,419 20,666,887 1,276,279 4,024,627

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 3 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 個 人 の 健

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % % 25 年 度 41,213 25,799,074 423,690 4,234,063 16.4 18.0 (2)

More information

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73>

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73> 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 (H6.1.1 現 在 ) A B B/A ( 参 考 ) 4 年 度 の 人 件 費 率 5 年 度 85,650 人 40,99,763 1,445,080 7,48,057 18.1%

More information

4 他 の 診 療 科 や 医 療 職 種 と 連 携 協 力 し 良 好 なコミュニケーションのもとで 診 療 を 進 めることができ 5 必 要 に 応 じて 病 院 前 診 療 を 行 え 6 病 院 前 救 護 のメディカルコントロールが 行 え 7 災 害 医 療 において 指 導 的 立

4 他 の 診 療 科 や 医 療 職 種 と 連 携 協 力 し 良 好 なコミュニケーションのもとで 診 療 を 進 めることができ 5 必 要 に 応 じて 病 院 前 診 療 を 行 え 6 病 院 前 救 護 のメディカルコントロールが 行 え 7 災 害 医 療 において 指 導 的 立 救 急 科 専 攻 医 指 導 者 マニュアル はじめに 救 急 医 療 では 医 学 的 緊 急 性 への 対 応 が 重 要 ですが 救 急 患 者 が 医 療 にアクセスした 段 階 では 緊 急 性 や 罹 患 臓 器 も 不 明 なため どのような 緊 急 性 にも 対 応 できる 専 門 医 が 必 要 となります そのためには 救 急 搬 送 患 者 を 中 心 に 診 療 し 急 病

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 243,7 2 級 185,8 37,8 3 級 4 級 222,9 354,7 ( 注 )

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 243,7 2 級 185,8 37,8 3 級 4 級 222,9 354,7 ( 注 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 平 成 23 年 度 (23 年 度 末 ) 31,244 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 件 費 率 B/A 千 千 千 21,46,642 97,678 2,698,812 B 12.6 ( 参 考 ) 前 年 度 の 件 費 率 13.1 (2)

More information

保険薬局におけるハイリスク薬取り扱い時の注意点

保険薬局におけるハイリスク薬取り扱い時の注意点 薬 剤 師 の 病 棟 業 務 の 進 め 方 (Ver.1.2) 一 般 社 団 法 人 日 本 病 院 薬 剤 師 会 平 成 28 年 6 月 4 日 1.はじめに 長 寿 社 会 の 到 来 疾 病 構 造 の 変 化 や 意 識 の 変 化 に 伴 い 国 民 の 医 療 ニーズは 多 様 化 している また 科 学 技 術 の 進 歩 により 医 療 技 術 も 高 度 化 し 専 門

More information

独立行政法人国立病院機構

独立行政法人国立病院機構 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 仙 台 医 療 センターにおける 医 薬 品 等 の 使 用 成 績 調 査 特 定 使 用 成 績 調 査 及 び 副 作 用 感 染 症 報 告 その 他 の 受 託 研 究 の 実 施 に 関 する 標 準 業 務 手 順 書 平 成 27 年 8 月 3 日 第 8 版 第 1 章 総 則 1. 目 的 と 適 用 範 囲 この 標 準 業 務

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

監 修 北 辰 会 有 澤 総 合 病 院 内 科 大 八 木 秀 和 1 時 間 目 子 宮 内 膜 症 名 古 屋 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 産 婦 人 科 中 原 辰 夫 NAKAHARA Tatsuo 月 経 困 腎 難 不 を 全 訴 とはどのような えて 来 院 される

監 修 北 辰 会 有 澤 総 合 病 院 内 科 大 八 木 秀 和 1 時 間 目 子 宮 内 膜 症 名 古 屋 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 産 婦 人 科 中 原 辰 夫 NAKAHARA Tatsuo 月 経 困 腎 難 不 を 全 訴 とはどのような えて 来 院 される お 詫 びと 訂 正 本 誌 2014 年 7 月 号 連 載 医 師 とのmutual respectに 必 要 な 臨 床 医 学 知 識 中 に 誤 りが ございました 著 者 の 中 原 辰 夫 先 生 はじめ 読 者 の 方 々にお 詫 びして 訂 正 いたします( 編 集 部 ) また, 以 下 に 全 文 を 掲 載 いたします 127 頁 誤 正 監 修 北 辰 会 有 澤 総 合

More information

島根大学における学生等の授業料その他の費用に関する規則

島根大学における学生等の授業料その他の費用に関する規則 島 根 大 学 における 学 生 等 の 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 則 ( 平 成 16 年 島 大 規 則 第 164 号 ) ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 平 成 17 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 17 年 9 月 26 日 一 部 改 正 平 成 1 8 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 18 年 9 月 19 日 一

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 熊 谷 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 8 月 熊 谷 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 6 第 3

More information

①表紙

①表紙 子 ども 助 成 事 業 に 係 る 請 求 方 法 及 びレセプト 等 記 載 について 平 成 8 年 月 社 会 報 酬 支 払 基 金 大 分 支 部 大 分 県 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 請 求 支 払 概 要 並 びに 請 求 要 領 について P ( 調 剤 ) 報 酬 請 求 書 記 載 方 法 について 社 国 P 3 子 ども 助 成 事 業 に 係 るレセプト

More information

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病 資 料 22 ( 別 紙 第 1 2 号 様 式 ) 平 成 24 年 度 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 における 計 画 評 価 シート 1 の 概 要 神 奈 川 県 ( 金 額 の 単 位 は 千 円 ) 補 助 金 等 名 称 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 補 助 年 度 平 成 24 年 度 担 当 課 神 奈 川 県 保 健 福 祉 局 保 健 医 療

More information

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始 部 案 参 照 文 目 1 1 持 可 能 療 険 制 構 築 国 民 険 部 9 部 11 1 5 特 別 15 6 17 7 運 確 18 8 0 9 独 立 10 - 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門

More information

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別 梼 原 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 ( 一 般 会 計 松 診 四 万 診 会 計 ) 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 区 分 人 口 23 年 度 の ( 年 度 末 ) A B (B/A) 人 件 費 率 H25.3.31 千 千 千 %

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 本 巣 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) (A) (B) 35,523 歳 出 額 14,360,892 実 質 収 支 件 費 999,985 2,521,801 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 17.6 20 年 度 の 件 費 率 18.8

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 ( 年 度 末 ) A 千 239,272 62,594,887 実 質 収 支 千 2,514,423 件 費 B 千 12,997,986 件 費 率 B/A % 20.8 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 決

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

2 技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 (A) 平 均 給 与 月 額 ( 国 ベース) 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 (B) A/B 真 庭 市 49

2 技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 (A) 平 均 給 与 月 額 ( 国 ベース) 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 (B) A/B 真 庭 市 49 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 22 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 (H22 年 度 末 ) 50,605 人 真 庭 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 31,121,198 千 円 1,321,257 千 円 5,711,211 千 円 ( 注 ) 平 成 22 年 度 の 歳 出 額 に 対

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

目次

目次 政 府 管 掌 健 康 保 険 における 分 析 手 法 等 に 関 する 調 査 研 究 ( 概 要 ) 医 療 経 済 研 究 機 構 では 社 会 保 険 庁 より 委 託 を 受 け 政 府 管 掌 健 康 保 険 における 分 析 手 法 等 に 関 する 調 査 研 究 を 実 施 した 調 査 研 究 の 主 なポイントは 以 下 の 通 り Ⅰ. 調 査 研 究 の 背 景 と 目

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

大学病院治験受託手順書

大学病院治験受託手順書 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 運 営 手 順 書 第 1 条 目 的 本 手 順 書 は 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 各 種 委 員 会 規 程 の 定 めるところにより 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )の 運 営 方 法 を 定 め 医 薬 品 等 の 治 験 製 造

More information

平成17年度の人事行政等の状況

平成17年度の人事行政等の状況 平 成 25 年 度 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 1. 職 員 の 任 免 及 び に 関 する 状 況 (1) 職 員 の 採 用 退 職 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 2 日 から 平 成 26 年 4 月 1 日 ) 職 種 H25.4.1 現 在 期 間 内 の 退 職 者 期 間 内 の 採 用 者 H26.4.1 現 在 医 師 118 人 32

More information

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定 射 水 市 建 設 工 事 施 行 に 関 する 工 事 成 績 評 定 要 領 平 成 8 年 3 月 7 告 示 第 44 号 ( 目 的 ) 第 条 この 要 領 は 射 水 市 が 所 掌 する 工 事 の 成 績 評 定 ( 以 下 評 定 という )に 必 要 な 事 項 を 定 め 公 正 かつ 的 確 な 評 定 を 行 うことにより もって 請 負 業 者 の 選 定 及 び 指

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A>

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A> - 1 - 省 百 七 旅 客 部 改 省 令 平 成 省 令 伴 並 平 成 省 令 並 ま づ 並 令 づ く 領 平 成 月 大 臣 前 田 武 志 づ く 領 語 お 使 語 監 督 針 平 成 省 千 百 お 使 語 - 2 - 務 名 簿 款 寄 附 為 登 記 証 明 組 織 図 保 制 証 機 器 機 器 設 設 備 記 載 決 算 報 足 経 的 礎 証 績 分 証 程 七 イ 概

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

老発第    第 号

老発第    第 号 事 務 連 絡 平 成 23 年 10 月 7 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 高 額 医 療 合 算 介 護 ( 予 防 )サービス 費 の 受 給 権 及 び 介 護 報 酬 の 返 還 請 求 権 の 消 滅 時 効 の 取 扱 いに 関 する 事 務 連 絡 等 の 一 部 改 正 について

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20342E92868D9181408371836788E293608E718E918CB982CC8AC7979D82C98AD682B782E98C6F89DF915B92752E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20342E92868D9181408371836788E293608E718E918CB982CC8AC7979D82C98AD682B782E98C6F89DF915B92752E646F6378> ヒト 遺 伝 子 資 源 の 管 理 に 関 する 経 過 措 置 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 の 承 認 のもとに 国 務 院 弁 公 庁 ( 事 務 局 )が1998 年 6 月 10 日 に 施 行 科 学 技 術 部 および 衛 生 部 中 華 人 民 共 和 国 第 1 章 総 則 第 1 条 ヒト 遺 伝 子 資 源 の 管 理 に 関 する 経 過 措 置 ( 以 後 経

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

学校安全の推進に関する計画の取組事例

学校安全の推進に関する計画の取組事例 学 校 安 全 の 推 進 に 関 する 計 画 と Ⅱ 学 校 安 全 を 推 進 するための 方 策 項 目 1. 安 全 に 関 する 教 育 の 充 実 方 策 (1) 安 全 教 育 にお ける 主 体 的 に 行 動 する 態 度 や 共 助 公 助 の 視 点 (2) 教 育 手 法 の 改 善 被 災 地 へのボランティア 活 動 を 行 う 学 校 等 の 生 きる 力 をはぐくむ

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること 第 三 者 の 道 具 箱 訪 問 調 査 表 ( 組 織 マネジメント) 訪 問 調 査 日 訪 問 先 評 価 者 1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 1-1-1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最 飛 騨 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 実 質 収 支 (H23 年 度 末 ) A B B/A H22 年 度 の 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % 23 年 度 26,858 17,655,457 1,317,559

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B5489AA8E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C4816995BD90AC3234944E937894C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B5489AA8E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C4816995BD90AC3234944E937894C5816A2E646F63> 別 紙 3 亀 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 24 年 度 版 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 92,241 32,809,597 千

More information

Microsoft PowerPoint - 390

Microsoft PowerPoint - 390 MR 研 修 として MPIが 要 約 医 MPI 政 情 報 http://www.nichiiko.co.jp/stu-ge/ 都 道 府 県 別 の 医 療 需 要 予 測 分 析 - 将 来 の 地 域 医 療 における 保 険 者 と 企 業 のあり に 関 する 研 究 会 報 告 書 より- (2015 年 3 18 経 済 産 業 省 HPで 公 表 ) 株 式 会 社 医 医 業

More information

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門 新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051101 86 取 組 施 策 地 方 政 府 を 担 う 職 員 像 の 策 定 と 人 材 育 成 ( 新 人 材 育 成 ビジョンの 策 定 ) 平 成 17 年 度 静 岡 市 人 材 育 成 ビジョン を 策 定 平 成 20 年 度 進 捗 管 理 に 伴 う 一 部 改 訂 職 員 セッションの 試 行 を 行 った

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

Microsoft Word - H24様式(那珂市版).doc

Microsoft Word - H24様式(那珂市版).doc 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (3) 特 記 事 項 (4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均

More information

<483233303389FC90B38347834E835A838B976C8EAE81698E7392AC91BA94C5816A81698F4390B394C5816A2E786C73>

<483233303389FC90B38347834E835A838B976C8EAE81698E7392AC91BA94C5816A81698F4390B394C5816A2E786C73> 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) 22 年 度 千 千 千 68,989 藤 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について A ( 平 成 23 年 度 ) 24,215,785 679,588 3,67,444 B 15.2

More information

<819981994832388D589056814696BC8AF18E738B8B975E814592E888F58AC7979D93992E786C7378>

<819981994832388D589056814696BC8AF18E738B8B975E814592E888F58AC7979D93992E786C7378> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 (26 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 度 末 ) A B B/A 25 年 度 の 件 費 率 26 年 度 千 千 千 28,726 22,061,345 410,259 3,324,436 15.1

More information

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D>

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D> 能 代 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 ( 参 考 ) 区 分 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 前 年 度 の ( 年 度 末 ) A B B/A 人 件 費 率 20 年 度 人 千 円 千 円 千 円 % % 61,416 23,586,992 339,618

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

<5461726F2D819B92CA926D816990488E9693E09765816A2E6A7464>

<5461726F2D819B92CA926D816990488E9693E09765816A2E6A7464> 記 1 学 校 給 食 摂 取 基 準 について (1) 学 校 給 食 における 摂 取 基 準 ( 以 下 学 校 給 食 摂 取 基 準 という )につ いては 義 務 教 育 諸 学 校 の 児 童 生 徒 においては 学 校 給 食 実 施 基 準 別 表 ( 別 紙 1)に 夜 間 課 程 を 置 く 高 等 学 校 の 生 徒 においては 夜 間 学 校 給 食 実 施 基 準 別 表

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9 茅 野 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 率 24 年 度 人 % % 55,760 22,775,329 804,761 3,955,168

More information

…−…t…„…b…V…–‰x›É

…−…t…„…b…V…–‰x›É の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 5 職 員 の 手 当 の 状 況 6 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 7 職 員 数 の 状 況 8 公 営 企 業 職 員 の 状 況 1/12 の 給 与

More information

月 額 を100として 計 算 した 指 数 2 類 似 団 体 平 均 とは 人 口 規 模 産 業 構 造 が 類 似 している 団 体 のラスパイレス 指 数 を 単 純 平 均 し たものです 3 参 考 値 は 国 家 公 務 員 の 時 限 的 な(2 年 間 ) 給 与 改 定 臨 時

月 額 を100として 計 算 した 指 数 2 類 似 団 体 平 均 とは 人 口 規 模 産 業 構 造 が 類 似 している 団 体 のラスパイレス 指 数 を 単 純 平 均 し たものです 3 参 考 値 は 国 家 公 務 員 の 時 限 的 な(2 年 間 ) 給 与 改 定 臨 時 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1. 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 歳 出 額 人 口 (24 年 度 末 ) A 人 24 年 度 18,191 10,065,529 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 23 年 度 人 件 費 率 % ( 注 ) 人 件 費 には 町 長 や 副 町

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 81,619 27,450,520 1,365,377 4,783,695 17.4%

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー 栃 木 県 特 定 医 療 費 ( 指 定 難 病 ) 支 給 認 定 申 請 手 続 きのご 案 内 はじめに 発 病 の 機 構 が 明 らかでなく かつ 治 療 方 法 が 確 立 していない 希 少 な 疾 病 であって 当 該 疾 病 にかか ることにより 長 期 にわたり 療 養 を 必 要 とすることとなるもののうち 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 疾 病 を 指 定 難 病 といいます

More information

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与 電 子 版 職 員 給 与 のあらまし < 公 営 企 業 版 > 平 成 24 年 度 目 次 公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 2 工 業 用 水 道 事 業 3 下 水 道 事 業 4 自 動 車 運 送 事 業 5 高 速 度 鉄 道 事 業 6 病 院 事 業 < 問 い 合 わせ 先 > 上 下 水 道 局 総 務 部 総 務 課 交 通 局 総 務 部 労 務 課

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

<904588F582CC8B8B975E814592E888F58AC7979D82CC8CF6955C4832322E348DEC90AC2E786C73>

<904588F582CC8B8B975E814592E888F58AC7979D82CC8CF6955C4832322E348DEC90AC2E786C73> 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 幌 延 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (1 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 1 年 度,9,1,468 77,6 76,98 13.8 18.7 () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会

More information

( 医 療 機 器 の 性 能 及 び 機 能 ) 第 3 条 医 療 機 器 は 製 造 販 売 業 者 等 の 意 図 する 性 能 を 発 揮 できなければならず 医 療 機 器 としての 機 能 を 発 揮 できるよう 設 計 製 造 及 び 包 装 されなければならない 要 求 項 目 を

( 医 療 機 器 の 性 能 及 び 機 能 ) 第 3 条 医 療 機 器 は 製 造 販 売 業 者 等 の 意 図 する 性 能 を 発 揮 できなければならず 医 療 機 器 としての 機 能 を 発 揮 できるよう 設 計 製 造 及 び 包 装 されなければならない 要 求 項 目 を 様 式 3の 記 載 方 法 基 本 要 件 基 準 の 基 本 的 考 え 方 ( 別 紙 3)も 併 せて 参 照 すること チェックリストの 作 成 にあたっては 添 付 のテンプレートファイル(ワード 版 )を 用 いること 注 意 改 正 基 準 であっても 規 定 書 式 に 整 合 させるために 添 付 のテンプレートファイル(ワード 版 )を 用 いて 作 成 すること( 不 欄 適

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 給 料 表 の 見 直 し ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 日 ( 内 容 ) 一 般 行 政 職 の 給 料 表 について, 国 の 見 直 し 内 容 を 踏 まえ 平 均

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 給 料 表 の 見 直 し ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 日 ( 内 容 ) 一 般 行 政 職 の 給 料 表 について, 国 の 見 直 し 内 容 を 踏 まえ 平 均 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 25 78,620 28,350,60,043,224 5,35,540 8.7 7.5 (2) 職 員 給 与 費 の 状

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321 平 成 24 年 度 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 千 千 千 23 年 度 16,465 1,969,859 183,816 2,34,765 21.3

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 1 厚 労 働 全 般 人 口 構 造 概 要 我 が 国 の 人 口 ピラミッド 我 が 国 の 人 口 動 態 ( 平 成 23 年 ) 4 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 詳 細 データ1 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 )

More information

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算 心 血 管 循 環 器 分 野 心 疾 患 入 院 患 者 総 数 1632 1979 2238 期 間 中 の 主 病 名 (I20~I52)の 退 院 患 者 数 心 疾 患 緊 急 入 院 患 者 総 数 416 469 498 上 記 のうち 予 定 されない 入 院 患 者 数 発 症 後 1 週 間 以 内 の 急 性 心 筋 梗 塞 入 院 患 者 数 ( 人 ) 90 75 98 上

More information

臨 床 研 究 事 案 に 関 する 主 な 報 道 概 要 ディオバン 事 案 白 血 病 治 療 薬 タシグナ 事 案 (SIGN 試 験 ) ノバルティス 社 の 高 血 圧 症 治 療 薬 ディオバンに 係 る 臨 床 研 究 において データ 操 作 等 があり 研 究 結 果 の 信 頼

臨 床 研 究 事 案 に 関 する 主 な 報 道 概 要 ディオバン 事 案 白 血 病 治 療 薬 タシグナ 事 案 (SIGN 試 験 ) ノバルティス 社 の 高 血 圧 症 治 療 薬 ディオバンに 係 る 臨 床 研 究 において データ 操 作 等 があり 研 究 結 果 の 信 頼 第 2 回 医 学 研 究 等 における 個 人 情 報 の 取 扱 い 等 に 関 する 合 同 会 議 平 成 28 年 5 月 20 日 資 料 5 臨 床 研 究 法 案 について 臨 床 研 究 事 案 に 関 する 主 な 報 道 概 要 ディオバン 事 案 白 血 病 治 療 薬 タシグナ 事 案 (SIGN 試 験 ) ノバルティス 社 の 高 血 圧 症 治 療 薬 ディオバンに

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

患 者 の 複 科 受 診 時 の 受 付 処 理 患 者 案 内 票 の 発 行 自 動 再 来 受 付 機 で 受 付 できない 患 者 への 対 応 診 察 券 を 忘 れた 患 者 への 診 察 券 の 再 発 行 健 康 保 険 証 公 費 医 療 証 等 の 確 認 変 更 分 の 処

患 者 の 複 科 受 診 時 の 受 付 処 理 患 者 案 内 票 の 発 行 自 動 再 来 受 付 機 で 受 付 できない 患 者 への 対 応 診 察 券 を 忘 れた 患 者 への 診 察 券 の 再 発 行 健 康 保 険 証 公 費 医 療 証 等 の 確 認 変 更 分 の 処 小 牧 市 民 病 院 病 棟 外 来 窓 口 医 事 業 務 及 び 当 直 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 小 牧 市 民 病 院 ( 小 牧 市 常 普 請 一 丁 目 20 番 地 内 ) 2 業 務 時 間 業 務 時 間 については 原 則 として 月 ~ 金 曜 日 ( 土 曜 日 日 曜 日 国 民 の 祝 日 及 び 年 末 年 始 (12 月 29 日 ~1 月

More information