第1章 総 則

Save this PDF as:
Size: px
Start display at page:

Download "第1章 総 則"

Transcription

1 大 規 模 事 故 編

2

3 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 大 規 模 事 故 への 体 制 1 第 1 防 災 体 制 の 確 立 1 第 2 報 告 2 第 3 災 害 救 助 法 の 適 用 3 第 2 章 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 航 空 機 災 害 対 策 5 第 1 基 本 方 針 5 第 2 予 防 計 画 5 第 3 応 急 対 策 計 画 6 第 2 節 大 規 模 火 災 対 策 12 第 1 基 本 方 針 12 第 2 予 防 計 画 12 第 3 応 急 対 策 計 画 13 第 3 節 林 野 火 災 対 策 15 第 1 基 本 方 針 15 第 2 予 防 計 画 15 第 3 応 急 対 策 計 画 16 第 4 節 危 険 物 等 災 害 対 策 18 第 1 基 本 方 針 18 第 2 予 防 計 画 18 第 3 応 急 対 策 計 画 19 第 5 節 道 路 災 害 対 策 20 第 1 基 本 方 針 20 第 2 予 防 計 画 20 第 3 応 急 対 策 計 画 20 第 6 節 鉄 道 災 害 対 策 22 第 1 基 本 方 針 22 第 2 予 防 計 画 22 第 3 応 急 対 策 計 画 22 第 7 節 放 射 性 物 質 事 故 対 策 25 第 1 基 本 方 針 25 第 2 予 防 計 画 26 第 3 応 急 対 策 計 画 27 第 4 復 旧 対 策 計 画 29

4

5 第 1 章 総 則

6

7 大 規 模 事 故 編 総 則 第 1 節 大 規 模 事 故 への 体 制 第 1 節 大 規 模 事 故 への 体 制 第 1 防 災 体 制 の 確 立 1 防 災 体 制 の 基 本 方 針 大 規 模 事 故 への 対 策 は 原 則 として 第 1に 事 故 の 原 因 者 第 2に 消 防 機 関 及 び 警 察 が 対 応 に 当 たる 大 規 模 事 故 により 甚 大 な 被 害 が 発 生 する 場 合 あるいは 住 民 等 へ 影 響 が 及 ぶおそれがある 場 合 は 町 の 機 能 をもって 対 応 する なお 町 及 び 防 災 関 係 機 関 等 の 業 務 大 綱 及 び 所 掌 事 務 は 震 災 編 の 規 定 に 準 ずるものとする 2 動 員 配 備 大 規 模 事 故 発 生 時 の 動 員 配 備 の 基 本 は 次 のとおりとする 大 規 模 事 故 発 生 通 常 の 事 故 への 体 制 情 報 収 集 及 び 初 期 対 応 消 防 署 警 察 署 町 所 管 での 対 応 応 急 対 策 の 体 制 被 害 や 影 響 が 大 きく 全 庁 的 な 対 応 が 必 要 なとき 災 害 警 戒 体 制 または 災 害 対 策 本 部 体 制 での 対 応 3 配 備 基 準 大 規 模 事 故 発 生 時 の 配 備 基 準 は 次 のとおりである 配 備 要 員 は 町 長 が 必 要 と 認 めた 者 とする 災 害 警 戒 体 制 災 害 対 策 本 部 体 制 配 備 基 準 体 制 配 備 基 準 活 動 内 容 町 域 及 びその 周 辺 で 大 規 模 事 故 が 発 主 として 情 報 の 収 集 報 告 第 1 配 備 第 2 配 備 第 3 配 備 生 し 情 報 収 集 等 が 必 要 なとき その 他 状 況 により 町 長 が 必 要 と 認 め たとき 町 域 及 びその 周 辺 で 大 規 模 事 故 が 発 生 し 現 場 での 事 故 対 応 以 外 の 対 策 が 必 要 と 町 長 が 認 めたとき その 他 状 況 により 町 長 が 必 要 と 認 め たとき 重 大 な 事 故 災 害 が 発 生 し 町 長 が 必 要 と 認 めたとき を 実 施 する 体 制 ( 総 務 班 3 人 まちづくり 班 2 人 ) 第 1 配 備 体 制 を 強 化 すると ともに 災 害 対 策 本 部 の 設 置 に 備 える 体 制 情 報 収 集 避 難 輸 送 医 療 救 護 等 の 応 急 対 策 活 動 が 円 滑 に 行 い 得 る 体 制 大 -1

8 大 規 模 事 故 編 総 則 第 1 節 大 規 模 事 故 への 体 制 4 現 地 調 整 所 の 設 置 町 は 災 害 の 現 場 において 現 地 関 係 機 関 ( 消 防 機 関 警 察 機 関 自 衛 隊 医 療 機 関 関 係 事 業 者 等 の 現 地 で 活 動 する 機 関 をいう )の 活 動 を 円 滑 に 調 整 する 必 要 があると 認 めるときは 現 地 に 近 い 公 共 施 設 等 に 現 地 調 整 所 を 設 置 し 現 地 関 係 機 関 の 間 の 連 絡 調 整 を 図 る 第 2 報 告 町 及 び 消 防 本 部 は 災 害 の 発 生 状 況 人 的 被 害 状 況 等 を 収 集 し 把 握 できた 範 囲 から 直 ちに 県 へ 報 告 する 県 に 報 告 できない 場 合 または 次 の 基 準 に 該 当 する 災 害 事 故 が 発 生 した 場 合 には 火 災 災 害 等 即 報 要 領 に 基 づき 覚 知 後 30 分 以 内 に 消 防 庁 へも 報 告 する 消 防 庁 への 直 接 即 報 基 準 (1) 消 防 庁 即 報 基 準 に 該 当 する 火 災 災 害 のうち 一 定 規 模 以 上 のもの( 直 接 即 報 基 準 に 該 当 する 火 災 災 害 等 )を 覚 知 した 場 合 (2) 通 信 の 途 絶 等 により 知 事 に 報 告 することができない 場 合 (3) 119 番 通 報 の 殺 到 状 況 時 にその 状 況 を 報 告 火 災 等 即 報 交 通 機 関 の 火 災 危 険 物 等 に 係 る 事 故 原 子 力 災 害 その 他 の 事 故 救 急 救 助 事 故 即 報 航 空 機 火 災 火 災 災 害 等 即 報 要 領 の 直 接 即 報 基 準 (1) 死 者 ( 交 通 事 故 によるものを 除 く )または 行 方 不 明 者 が 発 生 し たもの (2) 負 傷 者 が5 名 以 上 発 生 したもの (3) 危 険 物 等 を 貯 蔵 しまたは 取 り 扱 う 施 設 の 火 災 爆 発 事 故 で 当 該 工 場 等 の 施 設 内 または 周 辺 の 500 平 方 メートル 程 度 以 上 の 区 域 に 影 響 を 与 えたもの (4) 危 険 物 等 を 貯 蔵 しまたは 取 り 扱 う 施 設 からの 危 険 物 等 の 漏 えい 事 故 で 次 に 該 当 するもの ア 海 上 河 川 へ 危 険 物 等 が 流 出 し 防 除 回 収 等 の 活 動 を 要 する もの イ 500 キロリットル 以 上 のタンクからの 危 険 物 等 の 漏 えい 等 (5) 市 街 地 におけるタンクローリーの 事 故 に 伴 う 漏 えいで 付 近 住 民 の 避 難 道 路 の 全 面 通 行 禁 止 等 の 措 置 を 要 するもの (6) 市 街 地 において 発 生 したタンクローリーの 火 災 (1) 爆 発 火 災 の 発 生 放 射 性 物 質 放 射 線 の 漏 えい (2) 放 射 性 物 質 輸 送 車 両 の 火 災 (そのおそれがあるものを 含 む ) (3) 核 燃 料 物 質 等 運 搬 中 の 火 災 事 故 (その 通 報 があった 場 合 ) (4) 基 準 以 上 の 放 射 線 の 検 出 (その 通 報 があった 場 合 ) (5) 放 射 性 同 位 元 素 等 取 扱 事 業 所 に 係 る 火 災 で 放 射 性 同 位 元 素 放 射 線 の 漏 えい 可 燃 性 ガス 等 の 爆 発 漏 えい 及 び 異 臭 等 の 事 故 であって 社 会 的 影 響 の 高 いもの 死 者 及 び 負 傷 者 の 合 計 が 15 人 以 上 発 生 した 救 急 救 助 事 故 で 次 に 掲 げ るもの (1) 列 車 航 空 機 船 舶 の 衝 突 転 覆 等 による 救 急 救 助 事 故 (2) バスの 転 落 等 による 救 急 救 助 事 故 (3) ハイジャック 及 びテロ 等 による 救 急 救 助 事 故 大 -2

9 大 規 模 事 故 編 総 則 第 1 節 大 規 模 事 故 への 体 制 (4) 不 特 定 多 数 の 者 が 集 まる 場 所 における 救 急 救 助 事 故 (5) その 他 報 道 機 関 に 取 り 上 げられるような 社 会 的 影 響 度 が 高 いもの 第 3 災 害 救 助 法 の 適 用 災 害 救 助 法 の 適 用 については 震 災 編 に 定 めるところによる 大 規 模 事 故 時 の 災 害 救 助 法 の 適 用 は 住 家 に 被 害 が 生 じた 場 合 ( 災 害 救 助 法 施 行 令 第 1 条 第 1 項 第 1 号 から 第 3 号 )のほか 多 数 の 者 が 継 続 して 避 難 を 要 するときや 救 出 に 特 殊 な 技 術 を 要 す るときなど 多 数 の 者 が 生 命 または 身 体 に 危 害 を 受 け または 受 けるおそれが 生 じた 場 合 ( 同 第 4 号 )に 適 用 する 大 -3

10

11 第 2 章 大 規 模 事 故 対 策 計 画

12

13 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 航 空 機 災 害 対 策 第 1 節 航 空 機 災 害 対 策 第 1 基 本 方 針 成 田 国 際 空 港 及 びその 周 辺 地 域 ( 以 下 成 田 国 際 空 港 消 防 相 互 応 援 協 定 締 結 市 町 村 の 区 域 を いう ) 並 びにその 他 の 地 域 において 航 空 機 の 炎 上 等 による 多 数 の 死 傷 者 を 伴 う 大 規 模 な 災 害 ( 以 下 航 空 機 災 害 という )が 発 生 した 場 合 に 備 え その 拡 大 を 防 御 し 被 害 の 軽 減 を 図 る 対 策 を 定 める 成 田 国 際 空 港 消 防 相 互 応 援 協 定 団 体 山 武 郡 市 広 域 行 政 組 合 ( 芝 山 町 東 金 市 山 武 市 大 網 白 里 市 九 十 九 里 町 ) 成 田 市 ( 神 崎 町 含 む) 香 取 広 域 市 町 村 圏 事 務 組 合 ( 香 取 市 多 古 町 東 庄 町 ) 佐 倉 市 八 街 市 酒 々 井 町 消 防 組 合 ( 佐 倉 市 八 街 市 酒 々 井 町 ) 匝 瑳 市 横 芝 光 町 消 防 組 合 ( 匝 瑳 市 横 芝 光 町 ) 栄 町 富 里 市 四 街 道 市 印 西 地 区 消 防 組 合 ( 印 西 市 白 井 市 ) 成 田 国 際 空 港 株 式 会 社 第 2 予 防 計 画 1 航 空 機 災 害 の 特 性 航 空 機 は 燃 料 として 大 量 の 引 火 性 液 体 を 搭 載 しており 地 上 に 墜 落 炎 上 等 の 事 故 が 発 生 した 場 合 火 災 は 急 激 に 拡 大 し 広 範 囲 にわたる 大 規 模 災 害 に 発 展 するおそれがある 大 規 模 な 航 空 機 災 害 への 対 応 は 国 千 葉 県 周 辺 市 町 成 田 国 際 空 港 株 式 会 社 航 空 機 災 害 に 係 る 航 空 会 社 等 の 協 力 が 不 可 欠 である 2 組 織 の 整 備 航 空 機 災 害 については 成 田 国 際 空 港 株 式 会 社 航 空 会 社 等 多 くの 関 係 機 関 との 連 携 の 中 で 対 応 する 必 要 があるため 町 は 災 害 警 戒 体 制 や 災 害 対 策 本 部 体 制 をとる 体 制 をとった 時 に は その 機 能 が 十 分 発 揮 できるよう 職 員 は 日 常 的 にそれぞれの 職 務 内 容 手 順 の 把 握 に 努 め る なお 山 武 郡 市 歯 科 医 師 会 は 印 旛 郡 市 歯 科 医 師 会 香 取 歯 科 医 師 会 と 共 に 三 郡 市 歯 科 医 師 会 航 空 機 災 害 対 策 協 議 会 を 設 置 している 3 情 報 収 集 伝 達 体 制 の 整 備 町 は 関 係 機 関 とともに 航 空 機 災 害 について 情 報 収 集 伝 達 が 円 滑 に 行 える 体 制 を 整 備 す る 町 消 防 本 部 千 葉 県 成 田 国 際 空 港 株 式 会 社 との 連 絡 には 千 葉 県 防 災 行 政 無 線 が 確 保 されており 災 害 時 には 適 切 な 運 用 による 情 報 交 換 を 行 う 体 制 とする また 成 田 国 際 空 港 消 防 相 互 応 援 協 定 団 体 や 各 防 災 関 係 機 関 との 連 絡 は 一 般 電 話 回 線 を 使 用 する 体 制 とする 一 般 電 話 回 線 が 利 用 不 能 なときは 代 替 手 段 として 消 防 無 線 ( 県 内 共 通 波 ) 千 葉 県 防 災 行 政 無 線 が 確 保 されている 大 -5

14 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 航 空 機 災 害 対 策 4 協 力 応 援 体 制 の 整 備 航 空 機 災 害 に 関 しては 町 だけで 対 応 することは 難 しく 千 葉 県 成 田 国 際 空 港 株 式 会 社 航 空 会 社 防 災 関 係 機 関 との 協 力 応 援 が 不 可 欠 であり 各 関 係 機 関 と 協 力 し 災 害 時 に 迅 速 に 対 応 できる 協 力 応 援 体 制 づくりを 進 める 5 消 防 力 の 向 上 消 防 本 部 及 び 消 防 団 は 航 空 機 災 害 対 応 の 習 熟 を 図 るため 成 田 空 港 消 火 救 難 総 合 訓 練 等 に 参 加 する 第 3 災 害 応 急 対 策 計 画 1 防 災 関 係 機 関 等 の 役 割 各 防 災 関 係 機 関 等 の 役 割 は 次 のとおりとする (1) 芝 山 町 ア 被 害 の 調 査 報 告 情 報 の 収 集 及 び 連 絡 広 報 に 関 すること イ 被 災 者 の 救 助 救 急 防 疫 及 び 清 掃 に 関 すること ウ 防 災 関 係 機 関 等 への 応 援 要 請 に 関 すること エ 行 方 不 明 者 の 捜 索 に 関 すること オ 遺 体 の 収 容 に 関 すること カ 交 通 規 制 に 関 すること (2) 山 武 郡 市 広 域 行 政 組 合 ( 消 防 本 部 ) ア 消 防 庁 への 事 故 情 報 の 即 報 に 関 すること イ 消 火 救 助 活 動 の 実 施 に 関 すること ウ 消 防 相 互 応 援 協 定 等 に 基 づく 応 援 要 請 及 び 総 合 調 整 に 関 すること エ 消 防 警 戒 区 域 の 設 定 に 関 すること (3) 千 葉 県 ア 被 害 の 調 査 報 告 情 報 の 収 集 及 び 連 絡 広 報 に 関 すること イ 消 防 庁 県 医 師 会 等 への 情 報 の 通 報 に 関 すること ウ 被 災 者 の 救 助 救 急 防 疫 及 び 清 掃 に 関 すること エ 千 葉 県 DMAT 等 の 派 遣 要 請 に 関 すること オ 災 害 救 助 法 に 基 づく 被 災 者 の 救 助 保 護 に 関 すること カ 災 害 時 における 交 通 輸 送 の 確 保 に 関 すること キ 人 員 の 派 遣 物 資 の 調 達 応 援 市 町 村 間 の 調 整 に 関 すること (4) 指 定 地 方 行 政 機 関 成 田 国 際 空 港 における 消 火 救 難 に 関 する 協 定 ( 平 成 25 年 3 月 6 日 締 結 ) 第 3 項 に 基 づく 成 田 国 際 空 港 株 式 会 社 に 必 要 な 情 報 を 通 報 すること 国 土 交 通 省 東 京 航 空 局 自 衛 隊 への 災 害 派 遣 要 請 に 関 すること 成 田 空 港 事 務 所 現 場 保 存 等 の 処 置 に 関 すること 運 輸 安 全 委 員 会 の 調 査 に 対 する 援 助 に 関 すること 円 滑 な 緊 急 活 動 環 境 の 確 保 及 び 航 空 機 の 安 全 に 関 すること 大 -6

15 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 航 空 機 災 害 対 策 東 京 税 関 成 田 税 関 支 署 負 傷 旅 客 に 関 する 通 関 処 理 等 の 実 施 に 関 すること 法 務 省 東 京 入 国 管 理 局 負 傷 旅 客 に 関 する 通 関 処 理 等 の 実 施 に 関 すること 成 田 国 際 空 港 支 局 事 故 機 が 国 際 線 である 場 合 の 防 疫 活 動 に 関 すること 厚 生 労 働 省 成 田 空 港 検 負 傷 旅 客 等 に 関 する 検 疫 の 実 施 に 関 すること 疫 所 医 療 救 護 活 動 の 支 援 に 関 すること 国 土 交 通 省 関 東 地 方 整 管 理 区 域 の 道 路 に 関 すること 備 局 千 葉 国 道 事 務 所 (5) 自 衛 隊 災 害 派 遣 の 実 施 に 関 すること (6) 指 定 公 共 機 関 情 報 の 収 集 及 び 関 係 機 関 への 通 報 に 関 すること 応 援 要 請 により 消 火 救 難 活 動 の 実 施 に 関 すること 広 報 対 策 に 関 すること 消 火 救 難 関 連 資 機 材 の 提 供 に 関 すること 医 師 等 に 対 する 待 機 及 び 派 遣 要 請 に 関 すること 成 田 国 際 空 港 株 式 会 社 交 通 規 制 ( 警 察 署 及 び 道 路 管 理 者 に 対 する 要 請 )に 関 すること 負 傷 者 選 別 所 救 護 所 の 設 置 及 び 医 療 資 機 材 等 の 準 備 並 びに 手 配 に 関 すること 現 場 避 難 場 所 の 設 置 及 び 被 災 者 一 時 収 容 場 所 の 確 保 に 関 すること 移 動 不 能 航 空 機 の 撤 去 調 整 に 関 すること 事 故 現 場 の 清 掃 に 関 すること 日 本 赤 十 字 社 千 葉 県 支 要 請 または 自 主 出 動 による 救 護 班 の 派 遣 及 び 医 療 救 護 活 動 の 実 施 部 ( 成 田 赤 十 字 病 院 ) に 関 すること (7) 指 定 地 方 公 共 機 関 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 医 県 の 要 請 による 救 護 班 の 派 遣 及 び 救 護 活 動 の 実 施 に 関 すること 師 会 一 般 社 団 法 人 千 葉 県 歯 県 の 要 請 による 救 護 班 の 派 遣 及 び 救 護 活 動 の 実 施 に 関 すること 科 医 師 会 一 般 社 団 法 人 千 葉 県 薬 県 の 要 請 による 薬 剤 の 調 達 に 関 すること 剤 師 会 (8) 公 共 的 団 体 一 般 社 団 法 人 山 武 郡 市 町 または 成 田 国 際 空 港 株 式 会 社 の 要 請 による 救 護 班 の 派 遣 及 び 救 医 師 会 獲 活 動 の 実 施 に 関 すること 一 般 社 団 法 人 山 武 郡 市 町 または 成 田 国 際 空 港 株 式 会 社 の 要 請 による 救 獲 班 の 派 遣 及 び 救 歯 科 医 師 会 護 活 動 の 実 施 に 関 すること 一 般 社 団 法 人 山 武 郡 市 町 の 要 請 による 薬 剤 の 調 達 に 関 すること 薬 剤 師 会 (9) その 他 被 災 者 の 救 出 及 び 救 護 活 動 の 実 施 並 びに 収 容 に 関 すること 航 空 機 災 害 に 係 る 航 空 搭 乗 旅 客 等 の 確 認 調 査 及 び 被 害 者 名 簿 の 作 成 に 関 すること 会 社 被 災 者 の 近 親 者 への 通 知 手 配 に 関 すること 大 -7

16 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 航 空 機 災 害 対 策 その 他 の 航 空 会 社 及 び 空 港 関 連 企 業 消 防 団 被 災 者 及 び 近 親 者 の 接 遇 に 関 すること 被 災 者 及 び 関 係 者 等 の 輸 送 に 関 すること 税 関 入 国 管 理 及 び 検 疫 に 対 し 負 傷 旅 客 に 関 する 事 項 の 報 告 に 関 すること 危 険 物 搭 載 の 有 無 搭 乗 者 リスト 等 必 要 な 情 報 の 提 供 に 関 するこ と 消 火 救 難 活 動 等 に 必 要 な 資 機 材 の 提 供 に 関 すること 救 護 所 等 への 職 員 派 遣 に 関 すること 事 故 機 の 移 動 または 撤 去 に 関 すること 報 道 関 係 対 応 に 関 すること その 他 被 災 者 等 及 び 遺 族 に 関 する 事 項 の 処 理 に 関 すること 被 災 者 の 救 出 及 び 救 護 活 動 等 の 支 援 に 関 すること 事 故 機 の 移 動 または 作 業 支 援 に 関 すること 消 火 救 助 活 動 に 関 すること 2 応 急 活 動 体 制 町 は 事 故 の 状 況 に 応 じ 職 員 の 非 常 参 集 災 害 警 戒 体 制 の 確 立 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置 等 必 要 な 体 制 をとる また 関 係 機 関 と 密 接 な 連 携 を 図 る 3 応 援 体 制 町 は 防 災 関 係 機 関 と 連 携 し 迅 速 に 応 援 体 制 をとる 各 機 関 の 主 な 応 援 事 項 当 該 航 空 運 送 事 業 者 等 人 員 及 び 物 資 の 派 遣 及 び 調 達 発 災 地 以 外 の 市 町 村 消 防 機 関 県 警 察 人 員 及 び 物 資 の 派 遣 及 び 調 達 人 員 の 派 遣 物 資 の 調 達 他 都 道 府 県 への 県 応 援 要 請 応 援 市 町 村 間 の 調 整 応 援 都 道 府 県 間 の 調 整 発 災 地 以 外 の 医 療 機 関 人 員 及 び 物 資 の 派 遣 及 び 調 達 成 田 空 港 事 務 所 必 要 な 場 合 の 自 衛 隊 への 災 害 派 遣 要 請 原 因 者 以 外 の 航 空 事 業 者 人 員 及 び 物 資 の 派 遣 及 び 調 達 成 田 国 際 空 港 株 式 会 社 人 員 及 び 物 資 の 派 遣 及 び 調 達 4 情 報 収 集 伝 達 体 制 消 防 本 部 及 び 町 は 事 故 発 見 者 からの 通 報 があった 場 合 その 旨 を 県 近 隣 消 防 本 部 及 び 関 係 機 関 に 連 絡 する 大 -8

17 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 航 空 機 災 害 対 策 (1) 成 田 国 際 空 港 区 域 周 辺 の 場 合 110 番 県 警 察 本 部 警 察 署 当 該 航 空 運 送 事 業 者 等 芝 山 町 消 防 庁 発 見 者 県 成 田 空 港 事 務 所 119 番 山 武 郡 市 広 域 行 政 組 合 消 防 本 部 成 田 国 際 空 港 株 式 会 社 近 隣 消 防 本 部 (2) その 他 の 地 域 の 場 合 消 防 庁 110 番 県 警 察 本 部 警 察 署 東 京 航 空 交 通 管 制 部 発 見 者 芝 山 町 成 田 空 港 事 務 所 119 番 山 武 郡 市 広 域 行 政 組 合 消 防 本 部 県 近 隣 消 防 本 部 当 該 航 空 運 送 事 業 者 等 成 田 国 際 空 港 株 式 会 社 事 故 航 空 機 に 関 する 情 報 被 害 情 報 応 急 対 策 の 実 施 状 況 被 災 者 に 関 する 情 報 成 田 国 際 空 港 ライフライ ン 等 の 復 旧 に 関 する 情 報 収 集 すべき 情 報 ア 事 故 航 空 機 の 便 名 発 着 地 機 種 等 イ 乗 客 及 び 乗 務 員 の 住 所 氏 名 等 ウ 事 故 機 の 状 態 2 次 被 害 の 可 能 性 等 エ 被 災 者 の 有 無 人 数 程 度 対 応 状 況 等 オ 町 関 係 機 関 等 の 活 動 状 況 カ 避 難 に 関 する 情 報 キ 負 傷 者 の 受 入 れ 医 療 機 関 名 人 数 受 入 状 況 ク 遺 体 仮 安 置 状 況 ケ 成 田 国 際 空 港 の 運 航 再 開 の 見 込 み コ 被 災 地 における 上 下 水 道 ガス 電 気 道 路 等 の 被 害 状 況 復 旧 の 見 込 み 大 -9

18 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 航 空 機 災 害 対 策 5 避 難 町 は 航 空 機 災 害 により 影 響 を 受 ける 区 域 の 住 民 に 対 しては 避 難 勧 告 指 示 を 発 令 し 安 全 な 地 域 に 避 難 所 等 を 開 設 し 収 容 する 6 消 防 活 動 消 防 本 部 は 航 空 機 災 害 が 発 生 した 場 合 化 学 消 防 車 化 学 消 火 薬 剤 等 による 消 火 活 動 を 行 う また 必 要 に 応 じて 他 の 消 防 機 関 に 消 火 活 動 の 応 援 要 請 を 行 う なお 成 田 国 際 空 港 への 出 動 は 成 田 国 際 空 港 消 防 相 互 応 援 協 定 に 基 づいて 行 う 7 救 急 救 助 (1) 救 助 活 動 消 防 本 部 は 重 傷 者 を 最 優 先 とし 救 助 活 動 を 行 う (2) 応 援 要 請 町 は 被 害 状 況 の 把 握 に 努 め 国 県 及 び 消 防 機 関 に 対 し 救 護 班 の 派 遣 等 の 応 援 要 請 を する (3) 救 護 所 の 設 置 町 は 災 害 現 場 に 救 護 所 を 設 置 し 医 師 会 等 が 派 遣 する 救 護 班 の 協 力 を 得 て トリアー ジ 応 急 措 置 を 行 う (4) 医 療 機 関 への 搬 送 消 防 本 部 は 重 傷 者 を 救 護 所 から 医 療 施 設 へ 搬 送 する 搬 送 は 原 則 として 消 防 本 部 が 関 係 機 関 と 協 力 し 救 急 車 ヘリコプター 等 で 行 う 搭 乗 者 の 搬 送 に 当 たっては 航 空 機 災 害 に 係 る 航 空 会 社 及 び 成 田 国 際 空 港 株 式 会 社 に 対 し 医 療 施 設 等 の 連 絡 を 行 う 8 行 方 不 明 者 の 捜 索 町 は 警 察 消 防 団 自 衛 隊 航 空 会 社 等 関 係 機 関 との 連 携 により 被 災 地 の 捜 索 活 動 を 実 施 する 9 遺 体 の 収 容 (1) 遺 体 安 置 所 の 開 設 町 は 被 災 地 付 近 の 公 共 施 設 等 に 遺 体 安 置 所 を 開 設 し 航 空 会 社 や 成 田 国 際 空 港 株 式 会 社 等 に 開 設 場 所 等 を 連 絡 する なお 航 空 会 社 等 で 遺 体 安 置 所 が 確 保 される 場 合 においては 当 該 施 設 に 搬 送 するものと する (2) 遺 体 の 収 容 安 置 町 は 事 故 機 内 等 で 発 見 した 遺 体 を 遺 体 安 置 所 に 収 容 し 警 察 による 検 視 医 師 による 検 案 を 行 う 搭 乗 者 に 関 しては 情 報 収 集 等 により 航 空 会 社 を 支 援 し 住 民 等 に 関 しては 警 察 自 治 会 等 の 協 力 を 得 て 身 元 確 認 と 身 元 引 受 け 者 の 発 見 に 努 める 大 -10

19 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 航 空 機 災 害 対 策 10 交 通 規 制 山 武 警 察 署 は 必 要 に 応 じ 災 害 現 場 に 通 ずる 道 路 等 で 一 時 的 に 通 行 禁 止 または 制 限 を 行 う また 速 やかにその 旨 を 交 通 関 係 者 並 びに 住 民 に 広 報 する 11 救 援 物 資 の 提 供 町 は 必 要 に 応 じて 飲 料 水 毛 布 等 の 救 援 物 資 を 提 供 する 12 広 報 活 動 町 は 事 故 発 生 状 況 や 地 域 への 影 響 等 について 防 災 行 政 無 線 町 ホームページ 等 による 広 報 活 動 を 行 う 広 報 事 項 ア 応 急 対 策 の 概 要 イ 住 民 及 び 乗 客 に 対 する 避 難 の 指 示 勧 告 及 び 避 難 先 の 指 示 ウ 乗 客 及 び 乗 務 員 の 氏 名 ( 必 要 に 応 じ 報 道 機 関 を 通 じて 広 報 ) エ 住 民 等 への 協 力 依 頼 オ その 他 必 要 事 項 13 防 疫 清 掃 町 は 遭 難 機 が 国 際 線 であることが 判 明 した 場 合 は 県 を 通 じて 成 田 空 港 検 疫 所 等 と 密 接 に 連 携 し 消 毒 の 実 施 や 防 疫 用 薬 剤 等 の 調 達 を 行 う 14 その 他 支 援 町 は 県 関 係 機 関 の 要 請 により 公 共 施 設 の 提 供 等 の 必 要 対 策 を 支 援 する 大 -11

20 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 2 節 大 規 模 火 災 対 策 第 2 節 大 規 模 火 災 対 策 第 1 基 本 方 針 集 落 等 での 火 災 の 延 焼 など 大 規 模 な 火 事 災 害 に 対 する 対 策 について 定 める 第 2 予 防 計 画 1 建 築 物 不 燃 化 の 促 進 町 は 火 災 の 延 焼 拡 大 を 未 然 に 防 ぐため 法 令 に 基 づき 市 街 地 における 延 焼 防 止 を 次 によ り 促 進 する (1) 建 築 物 が 密 集 し 火 災 により 多 くの 被 害 を 生 ずるおそれのある 地 域 においては 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 の 指 定 を 行 い 耐 火 建 築 物 または 準 耐 火 建 築 物 の 建 築 を 促 進 する (2) 防 火 準 防 火 地 域 以 外 の 市 街 地 における 延 焼 の 防 止 を 図 るため 建 築 基 準 法 第 22 条 によ る 屋 根 不 燃 区 域 の 指 定 に 基 づき 木 造 建 築 物 の 屋 根 の 不 燃 措 置 及 び 外 壁 の 延 焼 防 止 措 置 を 指 導 する 2 火 災 予 防 検 査 消 防 本 部 は 春 季 及 び 秋 季 の 火 災 予 防 運 動 期 間 中 などに 消 防 法 第 4 条 の 規 定 により 防 火 対 象 物 の 所 有 者 等 に 対 し 火 災 予 防 上 必 要 な 資 料 の 提 出 を 命 じ または 防 火 対 象 物 に 立 ち 入 って 検 査 を 実 施 し 火 災 予 防 の 徹 底 を 図 る 3 住 宅 の 防 火 対 策 消 防 本 部 は 住 宅 火 災 の 予 防 と 被 害 の 軽 減 のため 啓 発 用 パンフレットや 講 演 会 等 により 火 災 警 報 器 等 の 普 及 促 進 防 炎 製 品 の 活 用 の 推 進 を 図 る 4 多 数 の 者 を 収 容 する 建 築 物 (1) 防 火 管 理 者 及 び 消 防 計 画 の 作 成 消 防 本 部 は 多 数 の 者 を 収 容 する 建 築 物 の 管 理 権 原 者 に 対 し 防 火 管 理 者 の 選 任 及 び 防 火 管 理 者 による 消 防 計 画 の 作 成 を 履 行 させるとともに 当 該 消 防 計 画 に 基 づく 事 項 を 遵 守 させ る (2) 防 火 対 象 物 の 点 検 及 び 報 告 特 定 防 火 対 象 物 の 管 理 権 原 者 に 対 し 火 災 予 防 上 必 要 な 事 項 の 適 否 について 定 期 に 防 火 対 象 物 点 検 資 格 者 の 点 検 を 受 けさせ 報 告 させる 5 大 規 模 建 築 物 の 防 火 対 策 大 規 模 建 築 物 の 管 理 権 原 者 または 関 係 者 に 対 し 次 の 事 項 について 指 導 する (1) 消 防 防 災 システムのインテリジェント 化 の 推 進 ア 高 水 準 消 防 防 災 設 備 の 整 備 イ 複 数 の 消 防 用 設 備 等 を 集 中 管 理 する 総 合 操 作 盤 の 整 備 ウ 防 災 センターの 整 備 大 -12

21 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 2 節 大 規 模 火 災 対 策 (2) 自 衛 消 防 業 務 に 従 事 する 職 員 に 対 する 指 導 6 文 化 財 の 防 火 対 策 消 防 本 部 は 文 化 財 の 所 有 者 または 管 理 者 に 対 し 次 の 事 項 を 指 導 する (1) 消 防 設 備 の 設 置 整 備 ア 消 火 器 屋 内 外 消 火 栓 設 備 動 力 消 防 ポンプ 設 備 ドレンチャー 設 備 等 を 設 置 する イ 自 動 火 災 報 知 設 備 漏 電 火 災 警 報 器 等 を 設 置 する (2) 防 火 管 理 ア 定 期 的 な 巡 視 と 監 視 を 実 施 する イ 消 防 法 等 に 基 づき 防 火 管 理 者 を 定 め 消 防 計 画 消 防 訓 練 等 の 具 体 的 な 消 防 計 画 を 作 成 し 指 導 する ウ 毎 年 1 月 26 日 の 文 化 財 防 火 デーに 文 化 財 建 造 物 の 消 火 訓 練 の 実 施 に 努 める 7 消 防 組 織 及 び 防 災 資 機 材 の 充 実 消 防 本 部 及 び 町 は 消 防 職 員 の 確 保 に 努 め 消 防 組 織 の 充 実 強 化 を 推 進 するための 指 導 支 援 を 行 う また 消 防 力 の 充 足 率 や 財 政 力 等 の 実 情 を 勘 案 しつつ 実 態 に 即 した 消 防 施 設 等 の 整 備 強 化 を 行 う 第 3 応 急 対 策 計 画 1 応 急 活 動 体 制 町 は 火 災 の 状 況 に 応 じて 職 員 の 非 常 参 集 災 害 警 戒 体 制 の 確 立 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置 等 必 要 な 体 制 をとる また 関 係 機 関 と 密 接 な 連 携 を 図 る 2 情 報 収 集 伝 達 体 制 町 は 火 災 の 発 生 状 況 人 的 被 害 の 状 況 等 の 情 報 を 収 集 するとともに 被 害 規 模 に 関 する 概 括 的 情 報 を 含 め 把 握 できた 範 囲 から 県 に 報 告 する 3 広 報 活 動 町 は 火 災 発 生 状 況 や 地 域 への 影 響 等 について 防 災 行 政 無 線 町 ホームページ 等 による 広 報 活 動 を 行 う 4 避 難 町 は 消 防 本 部 からの 情 報 に 基 づき 火 災 が 拡 大 し 危 険 な 区 域 に 対 し 避 難 勧 告 指 示 の 指 示 を 行 い 安 全 な 地 域 に 避 難 所 等 を 開 設 する 自 主 防 災 組 織 等 は 避 難 誘 導 に 当 たり 避 難 所 等 避 難 路 及 び 災 害 危 険 箇 所 等 の 所 在 並 びに 災 害 の 概 要 その 他 の 避 難 に 関 する 情 報 の 提 供 に 努 める また 山 武 警 察 署 は 避 難 勧 告 指 示 及 び 避 難 誘 導 について 町 に 協 力 する 5 消 防 活 動 消 防 本 部 及 び 消 防 団 は 速 やかに 火 災 の 状 況 を 把 握 するとともに 迅 速 に 消 火 活 動 を 行 う 大 -13

22 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 2 節 大 規 模 火 災 対 策 また 必 要 に 応 じて 相 互 応 援 協 定 に 基 づき 他 の 市 町 村 に 消 火 活 動 の 応 援 要 請 を 行 う 6 救 急 救 助 消 防 本 部 は 火 災 現 場 からの 救 助 活 動 及 び 負 傷 者 等 を 医 療 機 関 に 搬 送 する また 被 害 状 況 の 把 握 に 努 め 必 要 に 応 じて 国 県 他 の 市 町 村 に 応 援 を 要 請 する 民 間 か らは 救 助 用 資 機 材 等 を 確 保 し 効 率 的 な 救 急 救 助 活 動 を 行 う 7 交 通 規 制 山 武 警 察 署 は 現 場 の 警 察 官 関 係 機 関 等 からの 情 報 により 交 通 状 況 を 的 確 に 把 握 し 緊 急 交 通 路 の 確 保 を 図 るなど 的 確 な 交 通 規 制 を 行 う 8 救 援 救 護 町 は 火 災 から 避 難 した 住 民 や 火 災 で 住 家 を 失 った 被 災 者 等 に 必 要 に 応 じて 食 料 生 活 必 需 品 等 を 供 給 する 大 -14

23 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 3 節 林 野 火 災 対 策 第 3 節 林 野 火 災 対 策 第 1 基 本 方 針 最 近 の 林 野 火 災 は レジャー 人 口 の 増 加 地 域 開 発 の 進 展 道 路 網 の 整 備 などにより 森 林 の 利 用 者 が 多 くなるに 伴 い その 発 生 件 数 も 近 年 増 加 傾 向 にある また ひとたび 火 災 が 発 生 すると 地 形 水 利 交 通 等 の 関 係 から 消 火 作 業 が 困 難 を 極 め 大 規 模 火 災 となるおそれがあるため 林 野 火 災 への 対 策 について 定 める 第 2 予 防 計 画 1 広 報 宣 伝 (1) 広 報 などによる 注 意 消 防 本 部 及 び 町 は 防 災 行 政 無 線 町 ホームページ 広 報 紙 回 覧 板 等 を 利 用 し 林 野 火 災 予 防 に 対 する 住 民 意 識 を 喚 起 する (2) 学 校 教 育 による 指 導 町 は 自 然 の 保 護 森 林 の 保 護 育 成 鳥 獣 の 保 護 等 の 観 点 から 小 中 学 校 の 児 童 生 徒 に 対 して 林 野 火 災 予 防 の 考 え 方 や 方 法 を 理 解 させるための 普 及 指 導 を 行 う (3) 山 火 事 予 防 運 動 の 実 施 県 町 及 び 千 葉 県 森 林 組 合 は 山 火 事 予 防 運 動 週 間 中 に 警 報 旗 を 設 置 するなどの 各 種 啓 発 事 業 を 推 進 する 2 法 令 による 規 制 町 及 び 消 防 本 部 は 次 の 法 令 による 規 制 を 行 い 林 野 火 災 を 防 止 する (1) 町 条 例 で 定 める 火 の 使 用 制 限 ( 消 防 法 第 22 条 第 4 項 ) (2) 一 定 区 域 におけるたき 火 喫 煙 の 制 限 ( 消 防 法 第 23 条 ) (3) 火 入 れの 許 可 制 の 励 行 ( 森 林 法 第 21 条 22 条 ) 3 予 防 施 設 の 設 置 県 町 及 び 千 葉 県 森 林 組 合 は ハイカー 及 び 林 業 労 働 者 に 携 帯 用 すいがら 入 れの 保 持 の 徹 底 を 図 る また 立 て 看 板 の 設 置 による 啓 発 や 防 火 水 槽 の 配 備 等 を 行 う 4 林 野 の 整 備 森 林 所 有 者 は 林 野 等 の 下 刈 枝 打 ち 間 伐 等 を 実 施 する 5 消 防 計 画 の 樹 立 町 は 次 の 要 領 で 林 野 火 災 の 消 防 計 画 を 樹 立 する (1) 地 域 内 の 地 形 状 況 と 消 火 活 動 の 難 易 等 の 調 査 図 の 作 成 県 の 指 導 により 地 形 状 況 を 把 握 し 具 体 的 状 況 の 中 で 容 易 に 消 防 作 戦 が 立 てられるよう な 調 査 図 を 作 成 させ 消 防 団 等 にあらかじめ 配 布 する 大 -15

24 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 3 節 林 野 火 災 対 策 (2) 消 防 の 出 動 と 配 分 図 消 防 出 動 に 関 する 区 域 別 の 配 分 を 図 によって 明 確 にし あらかじめ 周 辺 市 町 と 協 議 する (3) 重 点 地 域 の 指 定 火 災 が 多 発 または 大 規 模 火 災 が 予 想 される 地 域 を 重 点 地 域 に 指 定 し 集 中 的 に 林 野 火 災 対 策 を 推 進 し 体 制 の 確 立 を 図 る (4) 消 防 計 画 図 の 作 成 消 防 計 画 のなかにも 林 野 火 災 消 防 計 画 図 をとり 入 れる 6 消 防 体 制 の 確 立 (1) 火 災 警 報 その 他 気 象 情 報 が 円 滑 適 切 に 連 絡 できるようその 体 制 を 確 立 させる (2) 林 野 火 災 の 消 火 に 必 要 な 機 器 の 整 備 点 検 に 努 める (3) 初 期 消 火 を 誤 れば 大 きな 火 災 となり 広 域 的 体 制 で 臨 まなくてはならないので 消 防 相 互 応 援 の 実 質 的 運 用 や 他 機 関 の 出 動 等 について 事 前 に 十 分 調 整 しておく 第 3 応 急 対 策 計 画 1 応 急 活 動 体 制 町 は 林 野 火 災 の 状 況 に 応 じて 職 員 の 非 常 参 集 災 害 警 戒 体 制 の 確 立 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置 等 必 要 な 体 制 をとる また 関 係 機 関 と 密 接 な 連 携 を 図 る 2 情 報 収 集 伝 達 体 制 町 は 林 野 火 災 の 発 生 状 況 延 焼 状 況 人 的 被 害 の 状 況 等 の 情 報 を 収 集 するとともに 被 害 規 模 に 関 する 概 括 的 情 報 を 含 め 把 握 できた 範 囲 から 県 に 報 告 する 3 広 報 活 動 町 は 火 災 発 生 状 況 や 地 域 への 影 響 等 について 防 災 行 政 無 線 町 ホームページ 等 による 広 報 活 動 を 行 う 4 避 難 町 は 火 災 が 拡 大 し 危 険 な 区 域 に 対 し 避 難 勧 告 指 示 を 行 い 安 全 な 地 域 に 避 難 所 等 を 開 設 する 自 主 防 災 組 織 等 は 避 難 誘 導 に 当 たっては 避 難 所 等 避 難 路 及 び 災 害 危 険 箇 所 等 の 所 在 並 びに 災 害 の 概 要 その 他 の 避 難 に 関 する 情 報 の 提 供 に 努 める また 山 武 警 察 署 は 避 難 勧 告 指 示 及 び 避 難 誘 導 について 町 に 協 力 する 5 消 防 活 動 消 防 本 部 は 速 やかに 火 災 の 状 況 を 把 握 するとともに 最 寄 りの 水 源 からの 送 水 ルートを 確 保 し 迅 速 に 消 火 活 動 を 行 う 利 用 可 能 な 自 然 水 利 も 活 用 する また 必 要 に 応 じて 相 互 応 援 協 定 に 基 づき 他 の 市 町 村 に 消 火 活 動 の 応 援 要 請 を 行 う 消 防 ポンプによる 消 火 活 動 では 対 応 が 困 難 な 場 合 には ヘリコプターの 空 中 消 火 の 支 援 や 延 焼 阻 止 線 を 設 定 する 等 拡 大 防 止 に 努 める なお 空 からの 消 火 については 千 葉 県 が 保 有 し 陸 上 自 衛 隊 第 一 ヘリコプター 団 に 管 理 委 託 大 -16

25 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 3 節 林 野 火 災 対 策 している 空 中 消 火 資 機 材 等 を 用 いて 自 衛 隊 航 空 機 等 による 支 援 を 得 て 被 害 の 拡 大 防 止 に 努 める 6 救 急 救 助 消 防 本 部 は 火 災 現 場 での 救 助 活 動 を 行 うとともに 負 傷 者 等 を 医 療 機 関 に 搬 送 する 孤 立 した 者 を 発 見 した 場 合 は ヘリコプターによる 救 出 を 要 請 する 7 立 入 規 制 山 武 警 察 署 は 被 害 が 拡 大 するおそれがある 場 合 は 立 入 禁 止 区 域 を 設 定 するとともに 通 行 車 両 等 に 対 する 交 通 規 制 を 行 う 大 -17

26 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 4 節 危 険 物 等 災 害 対 策 第 4 節 危 険 物 等 災 害 対 策 第 1 基 本 方 針 危 険 物 ( 石 油 等 )による 災 害 を 防 止 し また 災 害 発 生 時 の 被 害 の 拡 大 を 防 止 するため 危 険 物 を 取 り 扱 う 事 業 所 等 及 び 防 災 関 係 機 関 の 予 防 対 策 について 定 めるとともに 災 害 時 における 保 安 対 策 並 びに 応 急 対 策 について 定 める なお 危 険 物 等 とは 次 のものをいう 危 険 物 等 の 種 類 (1) 危 険 物 : 消 防 法 第 2 条 第 7 項 に 規 定 されているもの ( 例 ) 石 油 類 (ガソリン 灯 油 軽 油 重 油 )など (2) 火 薬 類 : 火 薬 類 取 締 法 第 2 条 に 規 定 されているもの ( 例 ) 火 薬 爆 薬 火 工 品 ( 工 業 雷 管 電 気 雷 管 等 )など (3) 高 圧 ガス: 高 圧 ガス 保 安 法 第 2 条 に 規 定 されているもの ( 例 ) 液 化 石 油 ガス(LPG) アセチレン アンモニアなど (4) 毒 物 劇 物 : 毒 物 及 び 劇 物 取 締 法 第 2 条 に 規 定 されているもの ( 例 ) 毒 物 (シアン 化 水 素 シアン 化 ナトリウム 等 ) 劇 物 (ホルムアルデヒド 塩 素 等 )など (5) 指 定 可 燃 物 : 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 第 1 条 の 12 に 規 定 されているもの ( 例 ) 紙 くず 石 炭 木 炭 合 成 樹 脂 類 (タイヤ 等 ) 再 生 資 源 燃 料 など 第 2 予 防 計 画 危 険 物 施 設 に 対 する 安 全 を 図 るため 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 同 規 則 及 び 山 武 郡 市 広 域 行 政 組 合 火 災 予 防 条 例 等 に 基 づき 次 の 対 策 を 行 う 1 事 業 所 防 災 対 策 の 強 化 消 防 本 部 県 及 び 関 係 団 体 は 危 険 物 施 設 の 管 理 者 等 に 対 し 危 険 物 保 安 監 督 者 危 険 物 保 安 統 括 管 理 者 危 険 物 施 設 保 安 員 の 選 任 防 災 組 織 の 確 立 消 防 用 設 備 の 設 置 防 災 訓 練 等 を 指 導 する 各 危 険 物 施 設 は 防 災 組 織 を 確 立 し 情 報 連 絡 や 緊 急 動 員 等 に 備 えた 体 制 を 確 立 する また 従 業 員 の 保 安 教 育 や 防 災 訓 練 を 行 い 応 急 措 置 等 の 習 熟 に 努 める 2 消 防 体 制 の 強 化 消 防 本 部 は 危 険 物 の 性 質 数 量 等 を 把 握 し 事 業 所 ごとの 火 災 防 災 計 画 を 作 成 するととも に 危 険 物 取 扱 い 職 員 及 び 施 設 関 係 者 に 対 して 関 係 法 令 及 び 災 害 防 止 の 具 体 的 な 方 策 につい て 教 育 を 行 う 大 -18

27 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 4 節 危 険 物 等 災 害 対 策 第 3 応 急 対 策 計 画 1 応 急 活 動 体 制 町 は 事 故 の 状 況 に 応 じて 職 員 の 非 常 参 集 災 害 警 戒 体 制 の 確 立 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置 等 必 要 な 体 制 をとる また 関 係 機 関 と 密 接 な 連 携 を 図 る 2 情 報 収 集 伝 達 体 制 町 は 被 災 現 地 に 職 員 を 派 遣 し 被 災 状 況 を 把 握 して 関 係 機 関 に 連 絡 する 事 故 の 発 生 状 況 人 的 被 害 の 状 況 等 の 情 報 を 収 集 するとともに 被 害 規 模 に 関 する 概 括 的 情 報 を 含 め 把 握 できた 範 囲 から 県 に 報 告 する 3 広 報 活 動 町 は 事 故 発 生 状 況 や 地 域 への 影 響 等 について 防 災 行 政 無 線 町 ホームページ 等 による 広 報 活 動 を 行 う 4 避 難 町 は 火 災 等 が 拡 大 し 危 険 な 区 域 有 毒 物 質 の 拡 散 等 が 予 想 される 地 区 に 対 し 避 難 勧 告 指 示 を 伝 達 し 安 全 な 地 域 に 開 設 する 避 難 所 を 指 定 する 町 は 避 難 所 を 開 設 し 避 難 者 の 受 入 れを 行 う 自 主 防 災 組 織 等 は 避 難 誘 導 に 当 たっては 避 難 所 避 難 路 及 び 災 害 危 険 箇 所 等 の 所 在 並 び に 災 害 の 概 要 その 他 避 難 に 関 する 情 報 の 提 供 に 努 める また 山 武 警 察 署 は 避 難 勧 告 指 示 及 び 避 難 誘 導 について 町 に 協 力 する 5 消 防 活 動 消 防 本 部 及 び 消 防 団 は 速 やかに 事 故 の 状 況 を 把 握 するとともに 迅 速 に 危 険 物 火 災 の 性 状 に 応 じた 消 火 二 次 災 害 の 防 止 等 の 活 動 を 行 う また 必 要 に 応 じて 相 互 応 援 協 定 に 基 づき 他 の 消 防 組 織 に 消 火 活 動 の 応 援 要 請 を 行 う 6 救 急 救 助 消 防 本 部 は 事 故 現 場 での 救 助 活 動 を 行 うとともに 負 傷 者 等 を 医 療 機 関 に 搬 送 する また 被 害 状 況 の 把 握 に 努 め 必 要 に 応 じて 国 県 他 の 市 町 村 に 応 援 を 要 請 する 民 間 か らは 救 助 用 資 機 材 等 を 確 保 し 効 率 的 な 救 急 救 助 活 動 を 行 う 7 交 通 規 制 山 武 警 察 署 は 現 場 の 警 察 官 関 係 機 関 等 からの 情 報 により 交 通 状 況 を 的 確 に 把 握 し 緊 急 交 通 路 の 確 保 を 図 るなど 的 確 な 交 通 規 制 を 行 う 8 救 護 救 援 町 は 被 災 者 の 状 況 に 応 じて 必 要 な 場 合 食 料 生 活 必 需 品 等 を 供 給 する 9 環 境 汚 染 対 策 町 は 危 険 物 等 による 河 川 等 の 汚 染 を 防 止 するため 監 視 を 行 う 流 出 が 確 認 された 場 合 は 河 川 管 理 者 等 の 関 係 機 関 と 連 携 して 汚 染 の 拡 大 を 防 止 する 大 -19

28 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 5 節 道 路 災 害 対 策 第 5 節 道 路 災 害 対 策 第 1 基 本 方 針 多 数 の 死 傷 者 等 が 出 る 道 路 災 害 の 発 生 を 未 然 に 防 止 し 災 害 が 発 生 した 際 に 早 期 に 初 動 体 制 を 確 立 して 被 害 の 軽 減 を 図 るため 迅 速 かつ 適 切 に 活 動 するための 対 策 を 定 める 計 画 の 対 象 となる 道 路 災 害 (1) トンネルの 崩 落 (2) 橋 梁 の 落 下 (3) 斜 面 及 び 擁 壁 の 崩 落 並 びに 落 石 等 の 道 路 構 造 物 の 被 災 (4) 危 険 物 を 積 載 する 車 両 の 事 故 等 による 危 険 物 等 の 流 出 第 2 予 防 計 画 1 危 険 箇 所 の 把 握 改 修 道 路 管 理 者 は 災 害 の 発 生 するおそれのある 箇 所 を 把 握 し 改 修 工 事 等 を 順 次 行 うとともに 異 常 気 象 時 においては 緊 急 パトロール 等 を 実 施 し 監 視 体 制 を 強 化 する また 被 災 した 施 設 の 早 期 復 旧 を 図 るため 応 急 復 旧 用 資 機 材 の 保 有 に 努 める 2 危 険 物 積 載 車 の 災 害 予 防 輸 送 事 業 者 は 法 令 の 定 めるところにより 防 除 資 機 材 を 携 帯 するとともに 危 険 物 の 名 称 及 び 事 故 の 際 に 講 ずべき 措 置 を 記 載 した 書 面 を 携 帯 するものとする 第 3 応 急 対 策 計 画 1 応 急 活 動 体 制 町 は 事 故 の 状 況 に 応 じ 職 員 の 非 常 参 集 災 害 警 戒 体 制 の 確 立 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置 等 必 要 な 体 制 をとる また 関 係 機 関 と 密 接 な 連 携 を 図 る 2 情 報 収 集 伝 達 体 制 輸 送 事 業 者 は 危 険 物 積 載 車 両 の 事 故 が 発 生 した 場 合 防 除 活 動 が 適 切 に 行 われるよう 消 防 隊 に 流 出 危 険 物 等 の 名 称 及 び 事 故 の 際 に 講 ずべき 措 置 を 伝 達 する 道 路 施 設 が 被 災 した 場 合 は 道 路 管 理 者 は 警 察 署 消 防 本 部 等 に 通 報 する 町 は 被 災 現 地 に 職 員 を 派 遣 する 等 により 被 災 状 況 を 把 握 し 関 係 機 関 に 連 絡 する また 事 故 の 発 生 状 況 人 的 被 害 の 状 況 等 の 情 報 を 収 集 するとともに 被 害 規 模 に 関 する 概 括 的 情 報 を 含 め 把 握 できた 範 囲 から 県 に 報 告 する 情 報 収 集 伝 達 体 制 は 次 のとおりであ る 大 -20

29 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 5 節 道 路 災 害 対 策 関 係 省 庁 県 山 武 郡 市 広 域 行 政 組 合 消 防 本 部 山 武 警 察 署 千 葉 県 道 路 公 社 成 田 土 木 事 務 所 芝 山 町 3 広 報 活 動 町 は 事 故 発 生 状 況 や 地 域 への 影 響 等 について 防 災 行 政 無 線 町 ホームページ 等 による 広 報 活 動 を 行 う 4 避 難 町 は 有 毒 物 質 の 拡 散 等 が 予 想 される 地 区 に 対 しては 避 難 勧 告 指 示 を 伝 達 し 安 全 な 地 域 に 避 難 所 を 開 設 し 避 難 者 の 受 入 れを 行 う 山 武 警 察 署 は 避 難 勧 告 指 示 及 び 避 難 誘 導 について 町 に 協 力 する 5 消 防 活 動 消 防 本 部 及 び 消 防 団 は 速 やかに 事 故 の 状 況 を 把 握 するとともに 迅 速 に 消 火 危 険 物 の 拡 散 防 止 及 び 防 除 等 の 活 動 を 行 う また 必 要 に 応 じて 相 互 応 援 協 定 に 基 づき 町 長 は 他 の 市 町 村 に 消 火 活 動 の 応 援 要 請 を 行 う 6 救 急 救 助 消 防 本 部 は 災 害 現 場 における 救 助 活 動 を 実 施 するほか 負 傷 者 等 を 医 療 機 関 に 搬 送 する また 被 害 状 況 の 把 握 に 努 め 必 要 に 応 じて 国 県 他 の 市 町 村 に 応 援 を 要 請 する 民 間 か らは 救 助 用 資 機 材 等 を 確 保 し 効 率 的 な 救 急 救 助 活 動 を 行 う 7 交 通 規 制 山 武 警 察 署 は 現 場 の 警 察 官 関 係 機 関 等 からの 情 報 により 交 通 状 況 を 的 確 に 把 握 し 緊 急 交 通 路 の 確 保 を 図 るなど 的 確 な 交 通 規 制 を 行 う 8 流 出 危 険 物 等 の 拡 散 防 止 及 び 除 去 輸 送 事 業 者 及 び 道 路 管 理 者 等 は 流 出 した 危 険 物 の 防 除 活 動 を 実 施 する 大 -21

30 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 6 節 鉄 道 災 害 対 策 第 6 節 鉄 道 災 害 対 策 第 1 基 本 方 針 鉄 道 施 設 において 列 車 の 衝 突 脱 線 等 により 死 傷 者 を 伴 う 大 規 模 な 鉄 道 災 害 への 対 策 につい て 定 める 第 2 予 防 計 画 町 芝 山 鉄 道 株 式 会 社 関 係 機 関 は 鉄 道 災 害 について 情 報 の 収 集 連 絡 が 円 滑 に 行 える 体 制 を 整 備 する 第 3 応 急 対 策 計 画 1 応 急 活 動 体 制 町 は 事 故 の 状 況 に 応 じ 職 員 の 非 常 参 集 災 害 警 戒 体 制 の 確 立 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置 等 必 要 な 体 制 をとる また 関 係 機 関 と 密 接 な 連 携 を 図 る 2 情 報 収 集 伝 達 体 制 町 は 発 見 者 からの 通 報 があった 場 合 被 災 状 況 を 把 握 し 県 及 び 関 係 機 関 に 連 絡 する 鉄 道 事 故 災 害 発 生 時 の 情 報 収 集 伝 達 体 制 は 次 のとおりである 発 災 現 場 芝 山 鉄 道 株 式 会 社 芝 山 町 山 武 郡 市 広 域 行 政 組 合 消 防 本 部 県 関 東 運 輸 局 国 等 関 係 機 関 山 武 警 察 署 医 療 等 関 係 機 関 3 相 互 協 力 派 遣 要 請 町 は 被 害 の 規 模 に 応 じて 他 の 地 方 公 共 団 体 に 応 援 を 要 請 する また 応 急 措 置 を 実 施 す るため 必 要 があると 認 めるときは 県 に 対 し 自 衛 隊 の 派 遣 要 請 をするよう 求 める 4 広 報 活 動 町 は 事 故 発 生 状 況 や 地 域 への 影 響 等 について 防 災 行 政 無 線 町 ホームページ 等 による 広 報 活 動 を 行 う 大 -22

31 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 6 節 鉄 道 災 害 対 策 5 避 難 芝 山 鉄 道 株 式 会 社 は 乗 客 等 を 一 時 避 難 させる 必 要 がある 場 合 は 町 に 避 難 所 の 使 用 を 要 請 する 町 は 要 請 に 基 づき 災 害 現 場 に 近 い 避 難 所 を 解 放 する 山 武 警 察 署 は 避 難 誘 導 について 町 に 協 力 する 6 消 防 活 動 芝 山 鉄 道 株 式 会 社 は 事 故 災 害 発 生 直 後 における 初 期 消 火 活 動 を 行 うよう 努 めるとともに 消 火 活 動 を 実 施 する 各 機 関 に 協 力 を 要 請 する 消 防 本 部 は 速 やかに 火 災 の 状 況 を 把 握 するとともに 消 火 活 動 を 行 う また 必 要 に 応 じ て 相 互 応 援 協 定 に 基 づき 他 の 市 町 村 に 消 火 活 動 の 応 援 要 請 を 行 う 7 救 助 救 護 活 動 芝 山 鉄 道 株 式 会 社 は 事 故 災 害 発 生 直 後 における 負 傷 者 の 救 助 救 急 活 動 を 行 うとともに 必 要 に 応 じ 救 助 救 急 活 動 を 実 施 機 関 に 協 力 要 請 する 町 は 負 傷 者 の 救 護 のため 災 害 現 場 に 救 護 所 を 設 置 し 県 医 師 会 等 が 派 遣 する 救 護 班 の 協 力 を 得 て トリアージ 応 急 措 置 を 行 った 後 救 急 指 定 病 院 または 災 害 拠 点 病 院 等 に 搬 送 する 8 応 急 復 旧 対 策 芝 山 鉄 道 株 式 会 社 は 列 車 事 故 により 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 もしくは 大 規 模 事 故 災 害 が 発 生 した 場 合 は 事 故 災 害 等 対 策 規 則 に 基 づき 対 策 本 部 を 設 置 し 災 害 対 策 の 迅 速 かつ 的 確 な 実 施 を 図 る (1) 被 害 状 況 等 の 調 査 報 告 次 の 事 項 について 調 査 報 告 を 行 う ア 利 用 者 の 被 害 状 況 イ 会 社 の 施 設 設 備 等 の 被 害 及 び 復 旧 状 況 ウ その 他 災 害 に 関 する 情 報 (2) 広 報 活 動 の 実 施 駅 等 会 社 施 設 での 広 報 及 びテレビ ラジオ 等 報 道 機 関 を 通 じて 利 用 者 への 広 報 活 動 に 努 め る (3) 救 護 活 動 事 故 発 生 時 には 駅 長 が 救 援 活 動 及 び 避 難 誘 導 に 当 たるとともに 事 故 災 害 等 対 策 規 則 に 基 づき 対 策 本 部 に 救 護 班 を 編 成 し 救 護 活 動 に 当 たる 大 -23

32 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 6 節 鉄 道 災 害 対 策 (4) 情 報 連 絡 体 制 情 報 連 絡 体 制 は 次 のとおりとする 京 成 電 鉄 事 運 輸 指 令 関 係 箇 所 故 現 場 芝 山 千 代 田 駅 本 社 鉄 道 部 山 武 郡 市 広 域 行 政 組 合 消 防 本 部 関 東 運 輸 局 県 芝 山 鉄 道 山 武 警 察 署 (5) 大 規 模 事 故 発 生 時 の 動 員 体 制 大 規 模 な 鉄 道 事 故 災 害 が 発 生 した 場 合 非 常 動 員 体 制 により 非 常 招 集 を 指 示 する 大 -24

33 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 7 節 放 射 性 物 質 事 故 対 策 第 7 節 放 射 性 物 質 事 故 対 策 第 1 基 本 方 針 1 基 本 原 則 の 周 知 徹 底 町 及 び 県 には 原 子 力 災 害 対 策 特 別 措 置 法 ( 以 下 原 災 法 という )に 規 定 される 原 子 力 事 業 所 の 立 地 はないが 医 療 機 関 及 び 試 験 研 究 機 関 等 の 放 射 性 同 位 元 素 等 使 用 事 業 所 のほ か 核 原 料 物 質 使 用 事 業 所 や 核 燃 料 物 質 使 用 事 業 所 が 存 在 している また 原 子 力 災 害 対 策 指 針 ( 平 成 24 年 10 月 31 日 原 子 力 規 制 委 員 会 ) 上 県 外 の 原 子 力 事 業 所 の 原 子 力 災 害 対 策 重 点 区 域 には 入 っていない さらに 核 原 料 物 質 核 燃 料 物 質 またはこれらによって 汚 染 された 物 質 ( 以 下 核 燃 料 物 質 等 という )あるいは 放 射 性 同 位 元 素 またはこれらによって 汚 染 された 物 質 ( 以 下 放 射 性 同 位 元 素 等 という )の 取 扱 や 原 子 力 艦 寄 港 の 状 況 を 把 握 することも 国 の 所 掌 事 項 であり 町 及 び 県 は 核 燃 料 物 質 等 ま たは 放 射 線 同 位 元 素 等 ( 以 下 放 射 性 物 質 という )の 規 制 に 関 して 法 的 権 限 を 有 してい ない しかし 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 による 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 に 起 因 する 放 射 性 物 質 等 により 水 道 水 の 摂 取 制 限 や 農 産 物 の 出 荷 制 限 など 住 民 の 生 活 社 会 経 済 活 動 などに 様 々な 影 響 が 及 んだ これらを 受 け 放 射 性 物 質 取 扱 事 業 所 及 び 防 災 関 係 機 関 の 予 防 対 策 事 故 発 生 時 の 対 策 に ついて 定 める なお 本 計 画 を 迅 速 かつ 的 確 に 推 進 するため 事 故 発 生 時 等 の 具 体 的 な 対 応 などについて は 放 射 性 物 質 事 故 対 応 マニュアル( 平 成 25 年 3 月 千 葉 県 )によるものとする 放 射 性 物 質 事 故 に 関 する 用 語 核 原 料 物 質 原 子 力 基 本 法 第 3 条 第 3 号 に 規 定 する 核 原 料 物 質 をいう 核 燃 料 物 質 原 子 力 基 本 法 第 3 条 第 2 号 に 規 定 する 核 燃 料 物 質 をいう 放 射 性 同 位 元 放 射 性 同 位 元 素 等 による 放 射 線 障 害 の 防 止 に 関 する 法 律 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 放 射 素 性 同 位 元 素 をいう 原 子 力 事 業 所 原 災 法 第 2 条 第 4 号 の 規 定 にされる 工 場 または 事 業 所 をいう 核 燃 料 物 質 使 核 原 料 物 質 核 燃 料 物 質 及 び 原 子 炉 の 規 制 に 関 する 法 律 第 52 条 の 規 定 により 使 用 の 用 事 業 所 許 可 を 受 けている 工 場 または 事 業 所 をいう 核 原 料 物 質 使 核 原 料 物 質 核 燃 料 物 質 及 び 原 子 炉 の 規 制 に 関 する 法 律 第 57 条 の8の 規 定 により 使 用 事 業 所 用 の 届 出 をしている 工 場 または 事 業 所 をいう 放 射 性 同 位 元 放 射 性 同 位 元 素 等 による 放 射 線 障 害 の 防 止 に 関 する 法 律 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 使 素 等 使 用 事 業 用 の 許 可 を 受 けている 工 場 または 事 業 所 同 法 第 3 条 の2 第 1 項 の 規 定 により 使 用 の 所 届 出 をしている 工 場 または 事 業 所 をいう 放 射 性 物 質 取 原 災 法 に 規 定 される 原 子 力 事 業 所 をはじめ 放 射 性 物 質 を 取 り 扱 う 事 業 所 全 般 をい 扱 事 業 所 う 2 放 射 性 物 質 事 故 の 想 定 県 地 域 防 災 計 画 により 放 射 性 物 質 事 故 を 次 のように 想 定 する (1) 県 内 の 放 射 性 物 質 取 扱 事 業 所 施 設 で 取 り 扱 っている 核 燃 料 物 質 の 種 類 及 び 量 から これら の 事 業 所 において 大 量 の 放 射 線 が 放 出 される 事 故 の 可 能 性 はないため 地 震 津 波 火 災 等 の 自 然 災 害 などに 起 因 する 事 故 を 想 定 する 大 -25

34 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 7 節 放 射 性 物 質 事 故 対 策 (2) 核 燃 料 物 質 の 運 搬 に 伴 う 事 故 については 陸 上 輸 送 中 の 車 両 接 触 事 故 等 により 格 納 容 器 が 破 損 し 放 射 性 物 質 が 放 出 されることなどを 想 定 する (3) 茨 城 県 等 に 立 地 している 原 災 法 に 規 定 される 原 子 力 事 業 所 については 地 震 津 波 火 災 人 為 的 ミス 等 による 事 故 などを 想 定 する (4) 原 子 力 艦 については 県 外 の 原 子 力 事 業 所 の 事 故 と 同 様 に 地 震 津 波 火 災 人 為 的 ミ ス 等 による 事 故 などを 想 定 する 第 2 予 防 計 画 1 放 射 性 物 質 取 扱 施 設 の 把 握 消 防 本 部 は 放 射 性 物 質 に 係 る 防 災 対 策 を 迅 速 かつ 的 確 に 行 うため 放 射 性 物 質 取 扱 事 業 所 の 所 在 地 及 び 取 扱 物 質 の 種 類 等 の 把 握 に 努 めるものとする 2 情 報 の 収 集 連 絡 体 制 整 備 県 及 び 町 は 国 警 察 消 防 機 関 放 射 性 物 質 取 扱 事 業 者 等 の 関 係 機 関 との 間 における 情 報 の 収 集 連 絡 体 制 を 整 備 するものとする その 際 夜 間 休 日 の 場 合 等 においても 対 応 で きる 体 制 とする また 防 災 行 政 無 線 システム 等 の 通 信 システムの 整 備 拡 充 及 び 相 互 接 続 による 連 携 の 確 保 を 図 るものとする 3 応 急 活 動 体 制 の 整 備 町 は 職 員 の 非 常 参 集 体 制 防 災 関 係 機 関 との 連 携 体 制 広 域 応 援 体 制 を 整 備 する また 消 防 本 部 山 武 警 察 署 及 び 核 燃 料 物 質 使 用 事 業 者 は 核 燃 料 物 質 事 故 の 応 急 対 策 に 従 事 する 者 が 必 要 とする 防 護 服 や 防 塵 マスクなどの 防 護 資 機 材 放 射 線 測 定 器 等 の 整 備 に 努 める 4 放 射 線 モニタリング 体 制 の 整 備 町 は 緊 急 時 における 放 射 性 物 質 または 放 射 線 による 被 害 が 発 生 または 発 生 するおそれが ある 場 合 に 備 え 放 射 線 測 定 器 等 を 整 備 する 5 退 避 誘 導 体 制 の 整 備 町 は 県 内 外 の 放 射 性 物 質 事 故 発 生 時 に 適 切 な 退 避 誘 導 が 図 れるよう 平 常 時 から 地 域 住 民 及 び 自 主 防 災 組 織 の 協 力 を 得 て 退 避 誘 導 体 制 の 整 備 に 努 める また 要 配 慮 者 及 び 一 時 滞 在 者 を 適 切 に 退 避 誘 導 し 安 否 確 認 を 行 うため 平 常 時 より 要 配 慮 者 に 関 する 情 報 の 把 握 共 有 退 避 誘 導 体 制 の 整 備 に 努 める なお 放 射 線 の 影 響 を 受 けやすい 乳 幼 児 等 について 十 分 配 慮 するものとする 6 防 災 教 育 防 災 訓 練 町 は 必 要 に 応 じて 防 災 関 係 職 員 に 対 し 放 射 性 物 質 事 故 に 関 する 教 育 を 実 施 し 住 民 に 対 しても 放 射 性 物 質 事 故 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るものとする 7 放 射 性 同 位 元 素 等 使 用 事 業 所 の 措 置 放 射 性 同 位 元 素 等 使 用 事 業 所 の 管 理 者 は 放 射 性 同 位 元 素 の 漏 えい 等 により 放 射 線 障 害 の 発 生 やそのおそれが 生 じた 場 合 円 滑 かつ 迅 速 な 対 応 を 行 うため あらかじめ 消 防 機 関 警 察 町 県 及 び 国 に 対 する 通 報 連 絡 体 制 の 整 備 に 努 める 大 -26

35 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 7 節 放 射 性 物 質 事 故 対 策 第 3 応 急 対 策 計 画 1 応 急 活 動 体 制 町 は 事 故 の 状 況 に 応 じ 職 員 の 非 常 参 集 災 害 警 戒 体 制 の 確 立 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置 等 必 要 な 体 制 をとる また 関 係 機 関 と 密 接 な 連 携 を 図 る 2 情 報 の 収 集 伝 達 体 制 (1) 通 報 放 射 性 物 質 取 扱 事 業 者 は 施 設 において 何 らかの 要 因 により 周 辺 環 境 に 影 響 を 及 ぼす 放 射 性 物 質 の 漏 えい 等 の 事 故 が 発 生 した 場 合 または 周 辺 環 境 に 影 響 を 及 ぼすおそれのあ る 場 合 には 速 やかに 次 の 事 項 について 国 県 町 警 察 及 び 消 防 などの 関 係 機 関 に 通 報 す るものとする 通 報 の 項 目 は おおむね 次 のとおりである ア 事 故 発 生 の 時 刻 イ 事 故 発 生 の 場 所 及 び 施 設 ウ 事 故 の 状 況 エ 放 射 性 物 質 の 放 出 に 関 する 情 報 オ 予 想 される 被 害 の 範 囲 及 び 程 度 等 カ その 他 必 要 と 認 める 事 項 また 県 は 火 災 災 害 等 速 報 要 領 に 基 づき その 旨 を 総 務 省 消 防 庁 に 報 告 し 併 せて 原 災 法 に 規 定 する 関 係 周 辺 市 町 村 にその 旨 を 通 報 する 町 は 県 と 密 接 な 連 携 を 図 り 情 報 の 入 手 に 努 める (2) 被 害 状 況 の 報 告 町 は 放 射 性 物 質 事 故 が 発 生 したとの 通 報 を 受 けた 場 合 国 県 警 察 及 び 消 防 などの 関 係 機 関 に 通 報 する また 事 故 の 発 生 状 況 人 的 被 害 の 状 況 等 の 情 報 を 収 集 するとともに 被 害 規 模 に 関 する 概 括 的 情 報 を 含 め 把 握 できた 範 囲 から 県 に 報 告 する 3 緊 急 時 のモニタリング 活 動 の 実 施 (1) 県 の 措 置 県 は 必 要 に 応 じて 関 係 部 局 による 放 射 線 モニタリング 等 連 絡 会 議 を 開 催 し 国 や 独 立 行 政 法 人 放 射 線 医 学 総 合 研 究 所 等 の 専 門 家 の 指 導 または 助 言 を 得 て 次 の 実 施 項 目 及 びその 他 必 要 な 対 策 について 検 討 を 行 い 緊 急 時 のモニタリング 活 動 を 行 うなど 放 射 性 物 質 によ る 環 境 等 への 影 響 について 把 握 する モニタリング 項 目 は 次 のとおりである 県 による 緊 急 時 における 放 射 線 モニタリング 活 動 の 実 施 項 目 ア 大 気 汚 染 調 査 イ 水 質 調 査 ウ 土 壌 調 査 エ 農 林 産 物 への 影 響 調 査 オ 食 物 の 流 通 状 況 調 査 カ 市 場 流 通 食 品 等 検 査 キ 工 業 製 品 調 査 ク 廃 棄 物 調 査 ケ 肥 料 土 壌 改 良 資 材 培 土 及 び 飼 料 調 査 大 -27

36 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 7 節 放 射 性 物 質 事 故 対 策 (2) 町 の 措 置 町 は 井 戸 水 廃 棄 物 焼 却 灰 降 下 物 食 品 農 産 物 等 の 放 射 能 濃 度 の 測 定 を 実 施 し 結 果 を 町 ホームページ 等 で 公 表 する 4 避 難 等 の 防 護 対 策 県 は モニタリング 等 活 動 の 結 果 など 必 要 な 情 報 を 関 係 市 町 村 に 提 供 する また モニタリング 結 果 などから 原 子 力 安 全 委 員 会 の 提 案 している 屋 内 退 避 及 び 避 難 等 に 関 する 指 標 に 該 当 すると 認 められる 場 合 は 国 の 指 示 等 に 基 づき 当 該 市 町 村 に 対 し 連 絡 または 必 要 に 応 じて 退 避 避 難 を 要 請 する これを 受 けて 町 は 放 射 性 物 質 の 放 出 に 伴 う 放 射 線 被 ばくから 地 域 住 民 を 防 護 するため 状 況 に 応 じて 住 民 に 対 して 屋 内 退 避 または 避 難 の 措 置 を 講 ずるものとする 外 部 被 ば くによる 実 効 線 量 10~50 防 災 指 針 で 示 されている 屋 内 退 避 及 び 避 難 等 に 関 する 指 標 予 測 線 量 ( 単 位 :msv) 内 部 被 ばくによる 等 価 線 量 放 射 性 ヨウ 素 による 小 児 甲 状 腺 の 等 価 線 量 ウランによる 骨 表 面 または 肺 の 等 価 線 量 プルトニウムによる 骨 表 面 または 肺 の 等 価 線 量 100~500 防 護 対 策 の 内 容 住 民 は 自 宅 等 の 屋 内 へ 退 避 すること その 際 窓 等 を 閉 め 気 密 性 に 配 慮 すること ただし 施 設 から 直 接 放 出 される 中 性 子 線 または ガンマ 線 の 放 出 に 対 しては 指 示 があれば コン クリート 建 屋 に 退 避 するか または 避 難 するこ と 住 民 は 指 示 に 従 いコンクリート 建 屋 の 屋 内 に 退 50 以 上 500 以 上 避 するか または 避 難 すること 注 )1. 予 測 線 量 は 災 害 対 策 本 部 等 において 算 定 され これに 基 づく 周 辺 住 民 等 の 防 護 対 策 措 置 に ついての 指 示 等 が 行 われる 2. 予 測 線 量 は 放 射 性 物 質 または 放 射 線 の 放 出 期 間 中 屋 外 に 居 続 け なんらの 措 置 も 講 じな ければ 受 けると 予 測 される 線 量 である 3. 外 部 被 ばくによる 実 効 線 量 放 射 性 ヨウ 素 による 小 児 甲 状 腺 の 等 価 線 量 ウランによる 骨 表 面 または 肺 の 等 価 線 量 プルトニウムによる 骨 表 面 または 肺 の 等 価 線 量 が 同 一 レベルにない ときは これらのうちいずれか 高 いレベルに 応 じた 防 護 対 策 をとるものとする 5 広 報 活 動 町 は 事 故 発 生 状 況 や 地 域 への 影 響 等 について 防 災 行 政 無 線 町 ホームページ 等 による 広 報 活 動 を 行 う 町 は 問 い 合 わせ 窓 口 を 設 置 し 住 民 等 からの 問 い 合 わせ 等 に 対 応 する 6 飲 料 水 及 び 飲 食 物 の 摂 取 制 限 等 県 及 び 町 は 住 民 の 内 部 被 ばくに 対 処 するため 国 の 指 示 指 導 または 助 言 に 基 づき 放 射 性 物 質 により 汚 染 されまたは 汚 染 のおそれのある 飲 料 水 及 び 飲 食 物 の 摂 取 の 制 限 農 産 物 の 出 荷 の 制 限 また 法 令 に 基 づき 食 品 の 廃 棄 回 収 等 の 必 要 な 措 置 を 行 う 大 -28

37 大 規 模 事 故 編 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 7 節 放 射 性 物 質 事 故 対 策 食 品 衛 生 法 に 基 づく 放 射 性 セシウムの 基 準 対 象 放 射 性 セシウム(セシウム 134 及 びセシウム 137) 飲 料 水 10 ベクレル/キログラム 牛 乳 50 ベクレル/キログラム 乳 児 用 食 品 50 ベクレル/キログラム 一 般 食 品 100 ベクレル/キログラム 7 消 防 活 動 放 射 性 物 質 取 扱 事 業 所 において 火 災 が 発 生 した 場 合 においては 当 該 事 業 者 は 従 事 者 の 安 全 を 確 保 するとともに 迅 速 に 消 火 活 動 を 行 う 消 防 本 部 においては 当 該 事 業 者 からの 情 報 や 専 門 家 等 の 意 見 を 基 に 消 火 活 動 方 法 を 決 定 するとともに 安 全 性 の 確 保 に 努 め 迅 速 に 消 火 活 動 を 行 う 8 広 域 避 難 の 受 入 れ (1) 受 入 れ 調 整 町 の 区 域 外 からの 広 域 的 な 避 難 者 の 受 入 れが 必 要 となる 場 合 には 県 は 町 に 協 議 を 行 う 県 から 受 入 れの 協 議 があり かつ 町 内 で 同 時 に 被 災 していない 場 合 は 当 該 被 災 者 を 受 入 れる 県 外 からの 避 難 者 も 同 様 である (2) 滞 在 施 設 の 提 供 県 及 び 町 は 広 域 避 難 者 に 対 し 公 共 施 設 等 の 受 入 体 制 を 補 完 するため 民 間 賃 貸 住 宅 の 借 上 げ 等 による 滞 在 施 設 の 提 供 に 努 める 第 4 復 旧 対 策 計 画 1 汚 染 された 土 壌 等 の 措 置 県 及 び 町 は 国 の 指 示 法 令 等 に 基 づき 所 管 する 施 設 の 土 壌 等 の 除 染 等 の 措 置 を 行 う 放 射 性 物 質 取 扱 事 業 所 の 事 業 者 等 は 国 県 関 係 市 町 村 及 び 防 災 関 係 機 関 と 連 携 し 周 辺 環 境 における 除 染 除 去 を 行 う 2 各 種 制 限 措 置 等 の 解 除 県 及 び 町 は 国 の 指 示 指 導 または 助 言 に 基 づき 飲 料 水 及 び 飲 食 物 の 摂 取 の 制 限 農 林 水 産 物 の 出 荷 の 制 限 等 の 各 種 制 限 措 置 等 を 解 除 する 3 住 民 の 健 康 管 理 県 及 び 町 は 被 災 者 の 状 況 を 把 握 するとともに 健 康 状 態 に 応 じた 相 談 や 心 のケアを 実 施 する 4 風 評 被 害 対 策 県 は 国 及 び 町 等 と 連 携 し 各 種 モニタリング 結 果 や 放 射 能 に 関 する 正 しい 知 識 を 広 く 正 確 にわかりやすく 広 報 することにより 風 評 被 害 の 発 生 を 抑 制 する 5 廃 棄 物 等 の 適 正 な 処 理 県 は 国 及 び 町 等 と 連 携 し 放 射 性 物 質 に 汚 染 された 汚 泥 や 焼 却 灰 等 の 廃 棄 物 や 土 壌 等 が 適 正 に 処 理 されるよう 必 要 な 措 置 を 講 ずる 大 -29

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 熊 谷 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 8 月 熊 谷 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 6 第 3

More information

田 原 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 編 水 防 計 画 地 震 災 害 対 策 編 津 波 災 害 対 策 編 津 波 避 難 計 画 原 子 力 災 害 対 策 編 ( 平 成 27 年 6 月 修 正 ) 田 原 市 防 災 会 議 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 方 針 等 1 第 2 章 本 市 の 概 況 5 第 3 章 予 想 される

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 計 画 の 目 的 鶴 岡 ガス 株 式 会 社 及 び 庄 内 中 部 ガス 株 式 会 社 並 びにその 他 ガス 事 業 者 は 災 害 発 生 後

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

honbu-38H06_kunrei31

honbu-38H06_kunrei31 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 6 年 12 月 27 日 本 部 訓 令 第 31 号 ) 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 を 次 のように 定 める 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 徳 島 県 警 察 航 空 機 使 用 管 理 規 程 ( 平 成 2 年 徳

More information

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71>

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71> 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 平 成 6 年 9 月 1 日 本 部 訓 令 第 26 号 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 航 空 隊 ( 第 3 条 - 第 13 条 ) 第 3 章 運 用 ( 第 14- 第 25

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A> X 県 の 防 災 体 制 現 況 体 制 県 庁 は 東 川 市 中 央 部 の 市 街 地 にある 庁 舎 は1 号 庁 舎 ( 平 成 5 年 建 築 のRC11 階 建 ) 2 号 庁 舎 ( 平 成 10 年 建 築 のRC8 階 建 )に 分 かれている 1 号 庁 舎 1 階 に 災 害 対 策 本 部 室 を 常 設 災 害 対 策 本 部 は 災 害 対 策 本 部 室 に 設 置

More information

航空隊等の内部組織に関する達

航空隊等の内部組織に関する達 平 成 10 年 12 月 2 日 海 上 自 衛 隊 達 第 32 号 航 空 隊 及 び 教 育 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 40 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 ) 第 32 条 整 備 補 給 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 平 成 10 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 28 号 ) 第 11 条 及 び 航 空 基 地 隊 の 編

More information

目 次 1 計 画 の について 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 3 主 な 事 項 1 ( 別 紙 ) 計 画 の 記 載 項 目 及 び 主 な 内 容 等 3 ( 参 考 ) 原 子 力 災 害 対 策 計 画 とは 11

目 次 1 計 画 の について 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 3 主 な 事 項 1 ( 別 紙 ) 計 画 の 記 載 項 目 及 び 主 な 内 容 等 3 ( 参 考 ) 原 子 力 災 害 対 策 計 画 とは 11 資 料 3-2 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 災 害 対 策 計 画 ) 概 要 目 次 1 計 画 の について 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 3 主 な 事 項 1 ( 別 紙 ) 計 画 の 記 載 項 目 及 び 主 な 内 容 等 3 ( 参 考 ) 原 子 力 災 害 対 策 計 画 とは 11 1 計 画 の について 神 奈 川 県 では 神 奈

More information

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災 第 2 節 消 防 通 信 指 令 体 制 消 防 緊 急 情 報 システムによる 情 報 の 一 元 化 を 図 るとともに 迅 速 的 確 な 情 報 収 集 及 び 消 防 隊 等 に 対 する 指 令 指 示 連 絡 その 他 必 要 な 情 報 の 受 伝 達 を 行 うものとする 1 災 害 通 信 の 取 扱 い 災 害 通 信 の 取 扱 いについては 逗 子 市 消 防 専 用 無

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心 福 山 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 2014 年 ( 平 成 26 年 )4 月 市 民 局 市 民 部 生 活 安 全 推 進 課 福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与 電 子 版 職 員 給 与 のあらまし < 公 営 企 業 版 > 平 成 24 年 度 目 次 公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 2 工 業 用 水 道 事 業 3 下 水 道 事 業 4 自 動 車 運 送 事 業 5 高 速 度 鉄 道 事 業 6 病 院 事 業 < 問 い 合 わせ 先 > 上 下 水 道 局 総 務 部 総 務 課 交 通 局 総 務 部 労 務 課

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

Microsoft Word - H24様式(那珂市版).doc

Microsoft Word - H24様式(那珂市版).doc 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (3) 特 記 事 項 (4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261, 別 紙 3 宇 治 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (23 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 19,158 6,283,229 364,56 11,757,664 19.5 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2.9

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63> 消 防 危 第 245 号 平 成 1 7 年 1 0 月 2 6 日 各 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 東 京 消 防 庁 各 指 定 都 市 消 防 長 殿 消 防 庁 危 険 物 保 安 室 長 給 油 取 扱 所 等 における 単 独 荷 卸 しに 係 る 運 用 について 危 険 物 取 扱 者 の 立 会 いなしに 移 動 タンク 貯 蔵 所 に 乗 務 する 危 険

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 自 衛 隊 法 施 行 令 ( 昭 和 29 年 政 令 第 179 号 ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 36 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 48 号 )の 全 部 を 次 のように 改 正 する 昭 和 40 年 3 月 20 日 防 衛 庁 長 官 小 泉 純 也 航 空 隊 及

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 110 105 (H25.4.1) 104.1 (H25.4.1) (H25.7.1) 105.2 104.1 (H25.7.1) 103.1 (H25.4.1) 106.9 (H25.7.1) 104.0 100 9 茅 野 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 率 24 年 度 人 % % 55,760 22,775,329 804,761 3,955,168

More information

学校安全の推進に関する計画の取組事例

学校安全の推進に関する計画の取組事例 学 校 安 全 の 推 進 に 関 する 計 画 と Ⅱ 学 校 安 全 を 推 進 するための 方 策 項 目 1. 安 全 に 関 する 教 育 の 充 実 方 策 (1) 安 全 教 育 にお ける 主 体 的 に 行 動 する 態 度 や 共 助 公 助 の 視 点 (2) 教 育 手 法 の 改 善 被 災 地 へのボランティア 活 動 を 行 う 学 校 等 の 生 きる 力 をはぐくむ

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病 資 料 22 ( 別 紙 第 1 2 号 様 式 ) 平 成 24 年 度 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 における 計 画 評 価 シート 1 の 概 要 神 奈 川 県 ( 金 額 の 単 位 は 千 円 ) 補 助 金 等 名 称 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 補 助 年 度 平 成 24 年 度 担 当 課 神 奈 川 県 保 健 福 祉 局 保 健 医 療

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63> リスクマネジメントおよび コンプライアンス 規 程 株 式 会 社 不 二 ビルサービス リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 1 リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 規 程 は 当 社 におけるリスクマネジメントに 関 して 必 要 な 事 項 を 定 め もってリスクの 防 止 および 会 社 損 失 の 最 小 化

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

目 次 表 紙... 1 目 次... 2 改 訂 記 録... 3 1. 目 的... 4 2. 対 象... 4 3. 製 造 部 門 品 質 部 門 組 織... 4 4. PET 薬 剤 製 造 施 設 ( 施 設 長 )の 責 務... 4 5. 製 造 管 理 者 の 責 務... 7

目 次 表 紙... 1 目 次... 2 改 訂 記 録... 3 1. 目 的... 4 2. 対 象... 4 3. 製 造 部 門 品 質 部 門 組 織... 4 4. PET 薬 剤 製 造 施 設 ( 施 設 長 )の 責 務... 4 5. 製 造 管 理 者 の 責 務... 7 PET 薬 剤 製 造 管 理 総 則 施 設 長 : 印 年 月 日 承 認 登 録 発 行 日 : 年 月 日 V 大 学 PET 薬 剤 製 造 施 設 独 立 行 政 法 人 放 射 線 医 学 総 合 研 究 所 1 目 次 表 紙... 1 目 次... 2 改 訂 記 録... 3 1. 目 的... 4 2. 対 象... 4 3. 製 造 部 門 品 質 部 門 組 織... 4

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係 22 災 害 時 の 臨 港 道 路 における 放 置 車 両 対 策 の 充 実 強 化 東 京 都 現 在 提 案 実 現 後 災 害 時 における 放 置 車 両 の 移 動 権 限 の 付 与 等 大 規 模 災 害 発 生 時 の 放 置 車 両 対 策 ( 平 成 26 年 11 月 災 害 対 策 基 本 法 改 正 ) 管 理 者 管 理 対 象 放 置 車 両 の 移 動 権 限

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定 射 水 市 建 設 工 事 施 行 に 関 する 工 事 成 績 評 定 要 領 平 成 8 年 3 月 7 告 示 第 44 号 ( 目 的 ) 第 条 この 要 領 は 射 水 市 が 所 掌 する 工 事 の 成 績 評 定 ( 以 下 評 定 という )に 必 要 な 事 項 を 定 め 公 正 かつ 的 確 な 評 定 を 行 うことにより もって 請 負 業 者 の 選 定 及 び 指

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

東京事務所BCP【実施要領】溶け込み版

東京事務所BCP【実施要領】溶け込み版 添 付 資 料 東 京 事 務 所 版 BCP 実 施 要 領 この 実 施 要 領 は 非 常 時 における 具 体 的 な 対 応 方 法 必 要 な 人 員 体 制 連 携 体 制 を 想 定 し これを 実 現 するために 事 前 に 準 備 しておかなければならないこと 等 について 定 めるものです 実 施 要 領 は 次 のように 構 成 します 項 目 非 常 時 事 前 の 備 え(

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自 飯 能 市 社 会 保 障 税 番 号 制 度 ( マ イ ナ ン バ ー 制 度 ) 導 入 基 本 方 針 平 成 2 7 年 8 月 4 日 市 長 決 裁 行 政 手 続 に お け る 特 定 の 個 人 を 識 別 す る た め の 番 号 の 利 用 等 に 関 す る 法 律 ( 平 成 2 5 年 法 律 第 2 7 号 以 下 番 号 法 と い う ) 等 の 通 称 マ イ

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 161,7 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 161,7 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 158,172 44,66,25 1,13,136 7,281,69 16.3 16.7 (2) 職 員 給 与

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

5 民 間 事 業 者 における 取 扱 いについて( 概 要 資 料 P.17~19) 6 法 人 番 号 について( 概 要 資 料 P.4) (3) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 のスケジュールについて( 概 要 資 料 P.20) 1 平 成 27 年 10 月 から( 施 行 日 は

5 民 間 事 業 者 における 取 扱 いについて( 概 要 資 料 P.17~19) 6 法 人 番 号 について( 概 要 資 料 P.4) (3) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 のスケジュールについて( 概 要 資 料 P.20) 1 平 成 27 年 10 月 から( 施 行 日 は 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 1 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について (1) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 趣 旨 について( 概 要 資 料 P.1~2) 1 公 平 公 正 な 社 会 の 実 現 行 政 機 関 等 が 所 得 や 他 の 行 政 サービスの 受 給 状 況 を 把 握 しやすくな るため 負 担 を 不 当 に 免 れることや 給 付 を

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農 国 営 かんがい 排 水 事 業 石 垣 島 地 区 事 業 の 概 要 本 事 業 は 沖 縄 本 島 から 南 西 約 400kmにある 石 垣 島 に 位 置 する 石 垣 市 の4,338haの 農 業 地 帯 において 農 業 用 水 の 安 定 供 給 を 図 るため 農 業 水 利 施 設 の 改 修 整 備 を 行 うものである 事 業 の 目 的 必 要 性 本 地 区 は さとうきびを

More information

2 生 活 安 全 部 地 域 課 鉄 道 警 察 隊 長 ( 以 下 隊 長 という )は 被 害 相 談 所 の 名 称 を 記 載 した 表 示 板 を 庁 舎 入 口 付 近 に 掲 出 するものとする 3 隊 長 は 臨 時 の 被 害 相 談 所 を 設 置 するときは 当 該 相 談

2 生 活 安 全 部 地 域 課 鉄 道 警 察 隊 長 ( 以 下 隊 長 という )は 被 害 相 談 所 の 名 称 を 記 載 した 表 示 板 を 庁 舎 入 口 付 近 に 掲 出 するものとする 3 隊 長 は 臨 時 の 被 害 相 談 所 を 設 置 するときは 当 該 相 談 女 性 のための 安 全 相 談 所 等 設 置 運 用 要 領 の 制 定 について( 例 規 ) ( 平 成 12 年 5 月 17 日 例 規 第 21 号 ) [ 沿 革 ] 平 成 13 年 12 月 例 規 第 55 号 改 正 この 度 地 域 警 察 部 門 における 女 性 の 安 全 対 策 を 更 に 充 実 強 化 するため みだしの 要 領 を 別 記 のとおり 制 定 し

More information

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 3 月 山 形 県 企 業 局 第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73>

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73> 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 資 料 6 保 護 観 察 新 規 受 理 人 員 の 推 移 資 料 7 ( 千 人 ) ( 昭 和 24 年 ~ 平 成 17 年 ) 80 70 60 保 護 観 察 処 分 少 年 50 40 30 20 10 保 護 観 察 付 執 行 猶 予 者 仮 釈 放 者 0 少 年 院 仮 退 院 者 24 年 30 35 40 45

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

〔自 衛 隊〕

〔自 衛 隊〕 基 交 付 金 及 び 調 整 交 付 金 等 総 務 省 所 管 (1) 基 交 付 金 ( 趣 旨 ) 基 交 付 金 は 国 有 提 供 施 設 等 所 在 市 町 村 助 成 交 付 金 に 関 する 法 律 ( 昭 和 32 年 法 律 104 号 ) の 定 めるところにより 国 が 所 有 する 固 定 資 産 のうち 米 軍 等 に 使 用 させている 固 定 資 産 並 びに 自

More information

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他 地 方 税 法 ( 固 定 資 産 税 の 非 課 税 の 範 囲 ) 第 三 百 四 十 八 条 市 町 村 は 国 並 びに 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 これらの 組 合 財 産 区 及 び 合 併 特 例 区 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができない 2 固 定 資 産 税 は 次 に 掲 げる 固 定 資 産 に 対 しては 課 することができない ただし

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考 石 井 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 6,69 8,136,675 373,713 1,54,11 18.95 19.18 () 職 員 給 与

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

平成19年9月改定

平成19年9月改定 参 考 建 設 工 事 に 係 る 資 源 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 ( 建 設 リサイクル 法 )に 基 づく 通 知 及 び 契 約 書 の 記 載 事 項 等 に 関 する 取 扱 要 領 技 術 計 画 課 作 成 平 成 14 年 5 月 30 日 改 正 平 成 15 年 5 月 30 日 1. 建 設 リサイクル 法 の 目 的 特 定 の 建 設 資 材 について

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目 9 大 規 模 特 殊 災 害 時 における 広 域 航 空 消 防 応 援 実 施 細 目 昭 和 61 年 5 月 30 日 消 防 救 第 61 号 改 正 平 成 4 年 3 月 23 日 消 防 救 第 39 号 改 正 平 成 5 年 3 月 26 日 消 防 救 第 36 号 改 正 平 成 5 年 5 月 14 日 消 防 救 第 66 号 改 正 平 成 6 年 4 月 1 日 消

More information

駐 車 場 管 理 規 程

駐 車 場 管 理 規 程 駐 車 場 管 理 規 程 ( 昭 和 44 年 11 月 17 日 航 公 協 第 112 号 ) 改 正 昭 和 52 年 3 月 25 日 航 公 協 第 25 号 改 正 昭 和 58 年 7 月 21 日 航 公 協 第 400 号 改 正 平 成 3 年 11 月 11 日 航 公 協 第 907 号 改 正 平 成 5 年 3 月 17 日 航 公 協 第 279 号 改 正 平 成

More information

2014/6/27 長 崎 大 学 電 気 工 作 物 保 安 規 程 長 崎 大 学 電 気 工 作 物 保 安 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 106 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 以 下 法 という ) 第 42 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき, 長 崎 大 学 ( 以 下

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 22 報 ) 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 1 気 象 の 状 況 ( 気 象 庁 情 報 ) 10 月 11 日 03 時 にマリアナ 諸 島 付 近 で 発 生 した 台 風 第 26 号 は

More information

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 利 益 相 反 マネジメント 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 ( 以 下 本 法 人 という )が 本 法 人 利 益 相 反 マネジメントポリシー( 平 成 18 年 12 月 1 日 制 定 )の 精 神 に 則 り 教 職 員 等 の 産 学 官 連 携 活 動 に 伴 い

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,6 243,7 185,8 222,9 261,9

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,6 243,7 185,8 222,9 261,9 木 津 川 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 21 年 度 末 ) A B B/A 2 年 度 の 件 費 率 年 度 21 69,31 26,452,32 316,21 4,13,296 15.5 17.9 (2)

More information

昭 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 平 成 25 年 修 正 ) 昭 島 市 防 災 会 議 凡 例 本 計 画 で 使 用 する 用 語 等 は 次 によるものとする (1) 市 昭 島 市 (2) 市 防 災 会 議 昭 島 市 防 災 会 議 (3) 市 本 部 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 (4) 本 部 長 又 は 市 長 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 長 又 は 昭 島

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

長崎市民間建築物耐震化推進事業の概要

長崎市民間建築物耐震化推進事業の概要 平 成 27 年 度 版 お 問 合 せ 先 長 崎 市 建 築 指 導 課 指 導 係 電 話 095-829-74 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 に 対 する 助 成 事 業 の 概 要 平 成 25 年 月 25 日 に 施 行 された 改 正 耐 震 改 修 促 進 法 により 一 定 規 模 以 上 の 大 規 模 建 築 物 について 耐 震 診 断 の 実 施 と

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

送 信 局 を 電 気 通 信 事 業 者 に 貸 し 付 けるとともに 電 気 通 信 事 業 者 とあらかじめ 契 約 等 を 締 結 する 必 要 があること なお 既 に 電 気 通 信 事 業 者 において 送 信 局 を 整 備 している 地 域 においては 当 該 設 備 の 整 備

送 信 局 を 電 気 通 信 事 業 者 に 貸 し 付 けるとともに 電 気 通 信 事 業 者 とあらかじめ 契 約 等 を 締 結 する 必 要 があること なお 既 に 電 気 通 信 事 業 者 において 送 信 局 を 整 備 している 地 域 においては 当 該 設 備 の 整 備 消 防 情 第 96 号 平 成 28 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 殿 消 防 庁 国 民 保 護 防 災 部 防 災 情 報 室 長 ( 公 印 省 略 ) 災 害 時 の 住 民 への 情 報 伝 達 体 制 の 更 なる 強 化 について 昨 今 の 水 害 や 土 砂 災 害 においては 避 難 勧 告 等 や 防 災 気 象 情 報 が 住 民

More information

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 募 集 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づき 当 該 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 者 を 公 募 して 選 定 する 手 続 等 当 該 事 業 の 円 滑 な 実 施 を 図 るために 必 要 な 事 項 を 定

More information