潘さん予備審査資料

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "潘さん予備審査資料"

Transcription

1 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって について 論 文 審 査 と 口 述 による 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 会 は 全 員 一 致 して 博 士 ( 学 術 )の 学 位 を 授 与 するにふさわしい 研 究 であるとの 結 論 に 達 した なお 審 査 委 員 は 村 尾 誠 一 を 主 査 に 副 査 として 本 学 名 誉 教 授 で 東 京 学 芸 大 学 教 授 沓 掛 良 彦 氏 学 内 の 柴 田 勝 二 氏 川 口 健 一 氏 臼 井 佐 知 子 氏 さらに 審 査 協 力 者 として 中 国 文 学 の 専 門 家 である 本 学 の 小 林 二 男 氏 を 加 え 6 名 で 構 成 された 論 文 の 概 要 周 作 人 は 近 代 中 国 における 文 筆 家 として 高 い 評 価 を 得 ている その 初 期 の 段 階 で 彼 は 日 本 の 古 典 を 精 力 的 に 翻 訳 し 中 国 に 紹 介 している そのことは すでに 注 目 され 彼 の 文 筆 家 としての 成 長 を 考 える 上 でも 大 きな 問 題 であることは 認 識 されていた しかしなが ら 周 作 人 の 研 究 者 が 日 本 古 典 の 翻 訳 についてその 内 実 にまで 踏 み 込 み 論 じることは 全 くといってよいほどされていなかった 潘 氏 の 論 文 はその 問 題 にはじめて 詳 細 な 光 をあて たものであり 周 作 人 の 研 究 の 上 では 画 期 的 な 成 果 である この 研 究 は 誠 実 な 態 度 で 実 証 的 になされたものであり 明 確 には 示 されていない 翻 訳 の 原 典 をつきとめるとともに そ の 翻 訳 において 見 られる 個 性 についても 作 品 によっては 日 本 における 研 究 注 釈 の 成 果 に 拠 っていることを 明 らかにしたものである さらに 翻 訳 された 日 本 の 古 典 が 年 代 の 中 国 における 社 会 の 近 代 化 を 進 める 言 説 として 機 能 するところを 解 明 したもので ある この 翻 訳 の 作 業 が 周 作 人 の 文 筆 家 としての 自 己 形 成 にどのように 関 わったのかも 明 らかにしている こうした 作 業 を 通 じて 周 作 人 の 翻 訳 を 支 えた 同 時 代 の 日 本 における 国 文 学 研 究 のあり 方 をも 照 らし 出 す 結 果 ともなった 一 見 地 味 な 論 文 だが その 成 果 は 豊 穣 なものがある 以 下 この 論 文 を 形 成 する 各 章 の 内 容 を 簡 単 に 辿 る 序 章 は 周 作 人 の 紹 介 に 始 まり 研 究 の 現 状 を 述 べ 本 格 的 に 論 じられたことがない その 文 筆 家 としての 始 発 期 である1920 年 代 の 日 本 古 典 翻 訳 を 問 題 にするという 問 題 提 起 がなされる その 上 で 原 典 や 翻 訳 に 用 いたテキストの 調 査 翻 訳 の 背 景 と 目 的 選 択 眼 と 見 方 翻 訳 の 姿 勢 を 論 じるという 本 論 文 の 基 本 的 な 方 法 が 提 示 される 第 1 章 周 作 人 における 日 本 古 典 の 翻 訳 と 紹 介 では 周 作 人 の 日 本 古 典 の 翻 訳 が 年 代 と 年 代 に 区 分 けでき 他 からの 要 請 によるものである 後 者 に 対 して ここで 問 題 とする 前 者 が 自 発 的 な 翻 訳 であることを 示 す 次 に 周 作 人 の 日 本 文 化 へ 1

2 の 高 い 評 価 と 見 識 を 述 べた 後 翻 訳 の 目 的 と 背 景 を 述 べる 中 国 における 社 会 の 近 代 化 を 推 進 するためであり 国 民 性 の 改 造 を 意 図 したものであったとする そして 人 類 文 化 学 ( 民 俗 学 )からの 影 響 や 周 作 人 の 啓 蒙 的 な 文 学 観 という 背 景 にも 触 れる さらに 翻 訳 の 姿 勢 について 直 訳 の 方 法 白 話 文 の 使 用 自 分 の 好 みにあったテキストの 選 択 信 達 雅 という 翻 訳 の 理 念 の4 点 にわたって 検 討 する 第 2 章 周 作 人 と 古 事 記 では 周 作 人 は 古 事 記 という 作 品 の 中 から 女 鳥 王 と 速 総 別 王 の 反 逆 軽 太 子 と 衣 通 王 の 二 つの 部 分 を 選 択 し タブーを 犯 してまでも 成 し 遂 げ ようとする 情 熱 的 な 恋 愛 の 存 在 を 伝 えようとしたことを 示 す 愛 は 強 くして 死 のごとし という 周 作 人 が 雅 歌 から 得 た 恋 愛 理 念 に 基 づくものであることを 示 す さらに 他 の 翻 訳 と 対 比 し 周 作 人 の 恋 愛 観 がよく 示 されている 翻 訳 のあり 方 を 確 認 する 第 3 章 周 作 人 と 徒 然 草 では 周 作 人 が 触 れ 得 た 徒 然 草 注 釈 書 の 悉 皆 的 検 討 により 北 村 季 吟 徒 然 草 文 段 抄 伊 藤 平 章 徒 然 草 講 義 逸 見 仲 三 郎 神 崎 一 作 文 法 附 注 徒 然 草 要 義 という 翻 訳 テキストの 確 定 を 試 みる その 上 で 他 の 訳 者 と 異 なる 誤 訳 的 な 特 異 な 訳 文 自 由 な 恋 愛 観 と 女 性 解 放 を 重 視 する 姿 勢 の 鮮 明 な 訳 文 も 上 記 の 注 釈 に 依 拠 し たものであることを 明 らかにする 第 4 章 周 作 人 と 狂 言 では 狂 言 翻 訳 の 背 景 として 滑 稽 という 要 素 への 好 み( 中 国 の 学 芸 ではそれが 欠 けることへの 批 判 に 基 づく) 中 国 旧 劇 への 批 判 ( 猥 褻 教 訓 的 なも のを 嫌 悪 する) 平 民 文 学 としての 狂 言 観 を 指 摘 し 支 配 者 の 権 威 に 対 する 軽 蔑 と 反 抗 庶 民 の 日 常 生 活 の 出 来 事 が 表 現 されているものを 好 んで 選 んでいることを 述 べる さらに 鷺 和 泉 大 蔵 の 各 流 派 から 最 も 好 みに 合 致 したものを 選 んでいる( 雷 に 対 する 観 念 嫉 妬 に 対 する 姿 勢 ) 翻 訳 の 原 典 選 択 の 様 を 確 認 する 第 5 章 周 作 人 と 一 茶 では 一 茶 への 関 心 が 児 童 文 学 への 関 心 に 基 づいていること を 明 らかにし 翻 訳 された 原 句 を 調 査 する その 上 で 一 茶 の 生 涯 への 関 心 子 供 にとど まらず 草 木 虫 魚 への 愛 情 に 対 する 共 感 貧 しい 人 への 愛 情 に 対 する 共 感 といった 一 茶 への 関 心 の 所 以 を 明 らかにする さらに 俳 句 翻 訳 の 問 題 として 中 国 白 話 詩 への 影 響 が 意 図 されていることを 述 べ 用 語 の 配 慮 助 詞 の 使 用 一 行 詩 の 形 式 の 採 用 など 具 体 的 な 翻 訳 手 法 を 分 析 する 伝 統 的 な 定 型 詩 の 形 に 翻 訳 する 他 訳 との 比 較 を 通 して 周 作 人 の 散 文 訳 が 自 然 であることを 示 す 第 6 章 周 作 人 と 俗 謡 は 俗 謡 への 関 心 が 平 民 文 学 への 評 価 民 俗 学 的 なものへ の 興 味 に 基 づいていることを 明 らかにする さらに 翻 訳 された 原 句 の 調 査 を 行 う その 上 で 原 句 の 味 わいを 生 かすための 翻 訳 の 工 夫 について 考 察 する 第 7 章 周 作 人 と 川 柳 では 中 国 人 の 国 民 性 の 改 造 を 視 野 に 庶 民 芸 術 滑 稽 文 学 へ の 興 味 に 拠 ることを 明 らかにし 翻 訳 された 原 句 の 調 査 を 行 い 川 柳 の 特 色 認 識 と 選 択 眼 を 考 察 する 川 柳 を 穿 ち 風 刺 の 芸 術 と 認 識 した 上 で 心 中 や 猥 褻 な 句 を 選 ばない 風 刺 を 必 ずしも 重 視 しない 悪 意 のない 風 刺 を 好 む 権 威 を 軽 蔑 反 抗 する 句 が 多 いなどの 姿 勢 を 明 らかにする さらに 翻 訳 が 江 戸 と 大 正 の 物 に 限 られ 明 治 期 の 川 柳 が 選 ばれてな い 点 も 指 摘 する さらに 俳 句 翻 訳 との 相 違 と 誤 訳 の 検 討 を 行 う 以 上 が 第 一 部 であり それぞれの 翻 訳 に 即 した 議 論 を 展 開 する 以 下 第 二 部 は 総 括 或 い は 結 論 部 という 性 格 を 持 つ 第 8 章 周 作 人 の 恋 愛 観 女 性 観 児 童 観 では 周 作 人 による 日 本 古 典 の 翻 訳 の 目 的 2

3 姿 勢 が 総 括 される 西 洋 からの 観 念 を 移 入 することにより 得 られた 近 代 的 な 人 間 観 に 基 づ く 中 国 人 の 国 民 性 と 社 会 の 改 良 を 目 的 とし 近 代 的 な 人 間 観 から 共 感 できる 側 面 を 日 本 古 典 に 発 見 し それを 翻 訳 により 中 国 社 会 に 提 示 し 中 国 の 伝 統 的 な 観 念 や 社 会 への 批 判 を 行 うという 意 図 が 確 認 される 恋 愛 の 重 視 女 性 の 尊 重 児 童 の 尊 重 に 具 体 化 し 自 らの 思 想 形 成 の 具 としても 機 能 する 面 を 明 らかにする 第 9 章 周 作 人 の 人 生 観 では 逆 に 徒 然 草 翻 訳 の 重 要 性 から 周 作 人 の 人 生 観 の 背 後 の 無 常 観 隠 遁 志 向 を 養 う 面 を 明 らかにする 西 洋 経 由 の 知 の 部 分 のみではなく 日 本 の 古 典 を 経 由 した 情 の 部 分 にも 注 目 し 後 の 周 作 人 の 伝 統 回 帰 の 力 ともなる 面 を 摘 出 する 終 章 において 散 文 の 大 家 としての 作 風 形 成 への 展 望 を 述 べて 論 文 を 閉 じる 審 査 の 概 要 及 び 評 価 審 査 委 員 は 論 文 の 審 査 及 び 口 述 試 問 により 潘 氏 の 論 文 は 周 作 人 研 究 において 重 要 性 は 認 識 されながらも なされることのなかった 分 野 の 解 明 に 果 敢 に 挑 んだ 先 駆 的 な 業 績 であり それが 妥 当 な 実 証 的 な 方 法 でなされており 優 れた 学 術 研 究 であることを 確 認 した 日 中 比 較 文 学 研 究 の 分 野 の 業 績 としても 十 分 に 納 得 の 行 く 方 法 で 研 究 されたも のであり 優 れた 学 術 性 を 有 していると 判 断 してよいだろう これは 我 々の 判 断 である とともに この 論 文 を 構 成 する 多 くの 部 分 が すでに 何 らかの 審 査 を 経 た 活 字 発 表 を 経 て いることからも 知 られよう 以 下 我 々の 判 断 の 主 たる 根 拠 を 簡 潔 に 示 す 1 今 まで 研 究 されることがなかった 周 作 人 による 日 本 古 典 文 学 翻 訳 の 実 態 の 実 証 的 な 解 明 がなされている 点 何 よりも 今 まで 重 要 性 を 指 摘 されながらも 特 に 中 国 人 のこの 問 題 に 関 心 の 有 る 研 究 者 からは 日 本 の 古 典 読 解 のハードルが 高 くなされないままであった 分 野 に 光 をあててい る 周 作 人 の1920 年 代 における 日 本 古 典 文 学 の 翻 訳 の 全 体 を 実 証 的 に 検 証 しており これだけでもこの 論 文 の 価 値 は 大 きいものがあると 言 えよう 2 資 料 が 徹 底 的 に 調 査 され 必 ずしも 明 示 されているわけではない 翻 訳 の 原 典 が 明 らか にされ 場 合 によっては 依 拠 した 注 釈 書 までもが 明 らかにされている 点 周 作 人 の 翻 訳 の 場 合 原 典 の 出 典 などが 必 ずしも 明 らかにされていはいない 特 に 俗 謡 や 川 柳 などは 現 在 の 日 本 でもあまり 読 まれなくなった 作 品 も 少 なくなく 国 会 図 書 館 に 日 参 するようにして 資 料 を 博 捜 して 調 べ 上 げた 点 は 高 く 評 価 されなくてはならない 徒 然 草 については 誤 訳 ともいえる 特 異 な 周 作 人 による 訳 文 が 彼 の 個 性 的 な 処 置 のみで はなく 当 時 の 研 究 教 育 の 成 果 による 注 釈 に 依 拠 していたことを 確 かめ 得 た 点 は 驚 異 的 ともいえる 努 力 による 探 索 である 3 周 作 人 の 日 本 古 典 文 学 の 翻 訳 の 基 盤 目 的 姿 勢 が 説 得 的 に 明 らかにされ 彼 の 文 筆 家 としての 思 想 家 としての 形 成 に 重 要 な 位 置 を 占 めていることを 示 し 得 た 点 周 作 人 の 日 本 古 典 文 学 翻 訳 は 彼 自 身 の 獲 得 した 近 代 的 な 恋 愛 観 女 性 観 児 童 観 文 学 観 に 基 づく 物 であり それぞれが どのような 物 であるかも 明 確 に 析 出 されている そ れを 基 に 中 国 の 近 代 化 を 進 め 国 民 性 を 改 良 しようとして 日 本 の 古 典 文 学 を 紹 介 する のだという 目 的 での 翻 訳 であり その 姿 勢 が 翻 訳 の 様 々な 面 に 反 映 していることも 説 得 的 に 説 明 し 得 ている さらに それが 彼 の 思 想 家 文 筆 家 としての 形 成 に 大 きな 力 とな 3

4 っていることも 示 し 得 ている 近 代 的 な 側 面 のみではなく 隠 遁 的 な 側 面 にも 注 目 し 論 に 厚 みが 加 えられている 4 周 作 人 による 日 本 古 典 の 翻 訳 が 中 国 における1920 年 代 の 社 会 の 近 代 化 を 推 進 す る 言 説 として 機 能 していることを 解 明 する 点 周 作 人 による 日 本 古 典 文 学 の 翻 訳 が 当 時 の 中 国 における 近 代 化 を 推 進 する 言 説 として 機 能 している 点 を 明 らかにし 得 たのは 日 本 文 学 の 立 場 からしても 興 味 深 い 見 解 の 提 示 で ある 日 本 古 典 文 学 の 外 国 における 受 容 ということでは 伝 統 文 化 に 対 するエキゾチズム 的 な 享 受 を 一 般 化 しがちであるが それとは 正 反 対 の 近 代 化 という 文 脈 で 享 受 されたこと は 新 鮮 な 読 後 感 であった 5 周 作 人 の 翻 訳 を 支 えた 同 時 代 の 日 本 おける 国 文 学 研 究 および 享 受 のあり 方 も 返 照 する 点 この 研 究 は 必 然 的 に 周 作 人 が 日 本 の 古 典 に 触 れた 時 代 の 日 本 における 古 典 研 究 読 書 のあり 方 をも 返 照 する 明 治 期 を 通 じて 形 成 されてきた 国 文 学 研 究 は 文 献 学 を 中 心 に 国 家 主 義 的 な 支 えにより 発 展 してきたが 大 正 期 に 至 り 新 しい 傾 向 が 芽 生 え 一 種 の 自 由 主 義 的 な 雰 囲 気 を 醸 したといえる 周 作 人 の 翻 訳 を 支 えたのは そうした 当 時 の 国 文 学 の 状 況 であったともいえるであろう それが 具 体 的 に 論 及 されているわけではないのだが この 論 述 は 必 然 的 にそうした 問 題 を 照 らし 出 す 上 記 のように この 論 文 は 周 作 人 という 中 国 近 代 文 学 史 上 極 めて 重 要 な 文 筆 家 の 研 究 の 上 で 多 大 な 貢 献 をなしていると 同 時 に 日 本 の 古 典 文 学 作 品 の 海 外 において 持 ち 得 る 影 響 力 の 一 側 面 を 明 らかにするとともに 大 正 期 を 通 じて 形 成 された 日 本 の 国 文 学 研 究 の 新 しい 流 れのあり 方 をも 返 照 している 波 及 力 の 大 きなすぐれた 成 果 であるというべきだ ろう さて 言 うまでもないことだが この 論 文 にも 問 題 点 はある 以 下 問 題 とされる 主 な 点 についても 簡 単 に 述 べておく 1 周 作 人 の 翻 訳 さらには 文 業 の 全 体 像 の 中 での 位 置 付 けの 論 及 が 不 十 分 である 周 作 人 は 他 の 言 語 からの 翻 訳 も 試 みているが そのあたりが 簡 単 な 指 摘 にとどまる だけで その 翻 訳 という 行 為 全 体 の 中 での 位 置 付 けが 十 分 ではない また 周 作 人 の 文 業 の 全 体 を 考 えたうえでの その 限 界 的 な 部 分 をも 含 めたこの 訳 業 の 位 置 付 けも 欲 しいとこ ろである 無 論 このような 要 求 がやや 過 大 なものであることは 審 査 委 員 も 了 解 している が 今 後 の 研 究 の 進 展 の 中 で 第 一 に 考 えて 欲 しい 点 である 日 本 古 典 文 学 の 翻 訳 という 行 為 を 周 作 人 全 体 像 の 中 で もう 一 度 相 対 化 させる 必 要 があるだろう 年 代 前 後 の 中 国 の 社 会 状 況 に 関 するもう 少 し 詳 しい 情 報 が 提 示 されてもよい 論 述 に 直 接 かかわる 部 分 についてはそれなりの 論 及 があるが 1920 年 代 における 中 国 の 近 代 化 がどのようなものであったのかについて もう 少 し 詳 しい 論 述 がなされた 方 が 読 み 手 に 対 しては 理 解 をより 深 めることになったと 思 われる 3 中 国 女 性 ( 対 して 男 性 も)のあり 方 などについても 通 念 的 な 理 解 を 超 えた 社 会 史 的 な 研 究 からの 成 果 も 取 り 入 れてほしかった 4

5 最 近 では 社 会 科 学 の 分 野 で 通 念 を 超 えた 具 体 的 な 事 例 に 基 づく 研 究 もなされている そ のあたりが 取 り 入 れられれば 周 作 人 という 知 識 人 の 位 相 を 考 える 上 で より 厚 みのある ものになったであろう 4 翻 訳 の 文 体 に 関 する 論 証 が 十 分 ではなくもう 少 しつっこんだ 議 論 がほしい 日 本 語 による 日 本 の 読 者 を 前 提 にした 論 文 であるゆえに 切 り 捨 てたという 面 もある かもしれないが 翻 訳 の 文 体 翻 訳 文 形 成 における 語 彙 の 選 択 や 文 体 の 選 択 などの 検 討 も なされてもよいのではないか 5 日 本 の 古 典 作 品 の 解 釈 に 関 して 時 に 再 検 討 を 要 する 箇 所 がある 俗 謡 や 川 柳 など 注 釈 が 整 わない 作 品 もあり また 時 代 の 独 得 の 反 映 が 現 在 では 分 かり にくい 例 もあり 無 理 からぬことではある しかし 翻 訳 のニュアンスなどまでが 問 題 に される 場 合 もあるので 逃 げることは 許 されない 課 題 であろう 6 返 照 されているはずの 当 時 の 日 本 における 国 文 学 研 究 の 状 況 に 関 する 論 述 を 加 味 す れば 論 はより 厚 みを 増 したと 思 われる この 問 題 については むしろ 読 み 手 の 側 で 引 受 けるべき 問 題 かもしれないが もう 少 し 論 述 されていれば よりこの 成 果 の 意 義 は 広 がったと 思 われる また それ 以 前 の 日 本 に おいての 社 会 状 況 の 返 照 もなし 得 るものと 思 われる なお 口 述 試 問 では 周 作 人 と 日 本 古 典 との 出 会 いが 大 きな 焦 点 として 議 論 されたが それは 上 記 したこの 論 文 の 高 く 評 価 される 点 と 問 題 点 との 交 点 であるに 他 ならない そ の 他 すでに 記 したこと 以 外 にも 周 作 人 の 中 国 語 の 日 本 語 への 翻 訳 の 問 題 中 国 文 学 に おける 滑 稽 要 素 の 問 題 儒 教 への 親 近 と 反 発 の 問 題 などが 質 疑 され 議 論 された また 論 文 の 叙 述 がやや 平 板 で 繰 り 返 しが 多 いなど やや 洗 練 を 欠 いている 点 の 指 摘 などもなさ れた こうした 問 題 に 対 する 口 述 試 問 での 受 け 答 えも 適 切 になされ 提 示 された 論 文 の 問 題 点 に 対 する 自 覚 も 十 分 なものであった また 問 題 点 の 指 摘 自 体 が この 業 績 の 先 駆 性 に 触 発 された 後 に 進 むべき 課 題 の 提 言 でもあり 成 し 遂 げられた 成 果 の 学 術 性 を 否 定 するもの ではない よって 審 査 委 員 会 は 全 員 一 致 して 最 初 に 述 べた 結 論 に 達 した 次 第 である 5

< 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土 ( 文 学 ) 学 位 記 番 号 第 τr:::t ミf 学 位 授 与 年 月 日 平 成 5 年 2 月 1 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 l 項 該 当 文 学 研 究 科

< 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土 ( 文 学 ) 学 位 記 番 号 第 τr:::t ミf 学 位 授 与 年 月 日 平 成 5 年 2 月 1 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 l 項 該 当 文 学 研 究 科 Title 近 代 における 中 日 語 彙 交 渉 についての 研 究 Author(s) 沈, 国 威 Citation Issue Date Text Version none URL http://hdl.handle.net/11094/29170 DOI Rights Osaka University < 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土

More information

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀 Title グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 : フラ ンス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( Abstract_ 要 旨 ) Author(s) 橋 本, 周 子 Citation Kyoto University ( 京 都 大 学 ) Issue Date 2012-09-24 URL http://hdl.handle.net/2433/161026

More information

(課博用)

(課博用) Nara Women's University Digital I Title Author(s) Citation 歌 舞 伎 俳 諧 の 地 域 性 時 代 性 の 研 究 : 書 物 文 化 との 関 わりを 軸 に 内 容 の 要 旨 及 び 審 査 の 結 果 の 要 旨 早 川, 由 美 奈 良 女 子 大 学 博 士 論 文, 博 士 ( 文 学 ), 博 課 甲 第 545 号, 平

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

キェルケゴール研究

キェルケゴール研究 新 キェルケゴール 研 究 第 13 号 109 須 藤 孝 也 キルケゴールと キリスト 教 界 書 評 米 沢 一 孝 今 年 2015 年 は セーレン キルケゴール *1 の 没 後 160 年 である 彼 は 近 現 代 の 思 想 家 に 分 類 されるが もはや 現 代 の 思 想 家 ではない 彼 の 生 きた 現 代 すなわち19 世 紀 前 半 から 中 葉 と 我 々が 生 きる21

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

ま た 加 害 者 に な ら な い た め に 以 下 の こ と も 認 識 し て お き ま し ょ う ( 1 ) 自 分 が 持 っ て い る 優 位 的 な 立 場 を 認 識 す る た と え ば 大 学 教 員 と 学 生 は 共 に 意 見 交 換 や 議 論 を す る

ま た 加 害 者 に な ら な い た め に 以 下 の こ と も 認 識 し て お き ま し ょ う ( 1 ) 自 分 が 持 っ て い る 優 位 的 な 立 場 を 認 識 す る た と え ば 大 学 教 員 と 学 生 は 共 に 意 見 交 換 や 議 論 を す る 尚 絅 学 院 ハラスメント 防 止 のためのガイドライン 尚 絅 学 院 ハ ラ ス メ ン ト 防 止 宣 言 学 校 法 人 尚 絅 学 院 尚 絅 学 院 は す べ て の 学 生 生 徒 園 児 お よ び 教 職 員 が 個 人 と し て 尊 重 さ れ 互 い の 信 頼 を も と に 修 学 や 研 究 就 労 に 励 め る よ う 環 境 を 整 え こ れ を 維 持 し

More information

80 使 ミ ッ 単 収 録 雑 照 合 せ 実 証 察 可 能 掛 下 通 原 態 示 及 続 げ 察 察 与 歌 劇 役 比 較 試 傍 数 対 傾 係 及 国 各 地 巻 起 追 運 動 連 焦 モ チ セ 入 七 並 名 詞 存 提 示 焦 部 t F 連 週 刊 レ ッ 他 げ 言 及 反

80 使 ミ ッ 単 収 録 雑 照 合 せ 実 証 察 可 能 掛 下 通 原 態 示 及 続 げ 察 察 与 歌 劇 役 比 較 試 傍 数 対 傾 係 及 国 各 地 巻 起 追 運 動 連 焦 モ チ セ 入 七 並 名 詞 存 提 示 焦 部 t F 連 週 刊 レ ッ 他 げ 言 及 反 79 博 要 旨 審 報 告 押 美 位 請 求 Ⅰ 要 旨 押 美 切 口 探 要 月 付 与 設 定 読 支 持 受 今 至 繰 返 定 番 対 設 定 バ シ ョ 彩 ワ 言 過 言 言 換 機 能 7 始 せ 専 攻 研 究 数 限 絵 姿 着 L t 組 合 せ 重 置 試 個 々 80 使 ミ ッ 単 収 録 雑 照 合 せ 実 証 察 可 能 掛 下 通 原 態 示 及 続 げ 察 察

More information

ことばだより

ことばだより 高 校 十 六 歳 歌 デ ビ ュ テ ビ 番 女 優 ナ シ ョ 楽 曲 供 衣 装 デ ザ ジ ャ ル ご 縁 篠 原 今 芸 能 十 切 ぁ 日 々 歌 唄 好 ラ ヴ 唄 嬉! 緒 歌 詞 景 色 追 験 切 切 届 番 呼 鮮 選 楽 親 近 女 優 演 役 声 音 色 呼 吸 稽 古 ナ シ ョ 響 テ ポ 聞 渡 覚 衣 装 デ ザ 世 界 衣 装 ル キ ワ ド ス ッ フ 共 有

More information

署協議会議事録

署協議会議事録 平 成 28 年 第 1 回 仙 台 南 警 察 署 協 議 会 議 事 録 日 時 : 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 13:30~15:00 場 所 : 仙 台 南 警 察 署 3 階 大 会 議 室 1 会 長 挨 拶 本 協 議 会 は 年 間 4 回 開 催 される 予 定 で その 都 度 治 安 情 勢 や 懸 案 事 項 等 につい て 審 議 し 地 域 の 安 心

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

「知る前契約」に関するインサイダー見直し

「知る前契約」に関するインサイダー見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果)

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果) 学 校 安 全 に 関 する 規 制 ( 学 校 保 健 安 全 法 案 第 27 条 第 28 条 第 29 条 ) 主 管 課 ( 課 長 名 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 学 校 健 康 教 育 課 ( 課 長 : 作 花 文 雄 ) 関 係 課 ( 課 長 名 ) 施 策 目 標 及 び 達 成 目 標 施 策 目 標 2-5 健 やかな 体 の 育 成 児 童 生 徒

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

(2) 狂 言 肩 衣 のデザイン 74 第 2 節 節 談 説 教 と 説 教 師 ( 布 教 使 )の 笑 い (1) 節 談 説 教 の 歴 史 と 現 在 90 (2) 報 恩 講 における 節 談 説 教 の 笑 いの 分 析 95 結 1 び 115 第 4 章 大 阪 江 戸 町 人

(2) 狂 言 肩 衣 のデザイン 74 第 2 節 節 談 説 教 と 説 教 師 ( 布 教 使 )の 笑 い (1) 節 談 説 教 の 歴 史 と 現 在 90 (2) 報 恩 講 における 節 談 説 教 の 笑 いの 分 析 95 結 1 び 115 第 4 章 大 阪 江 戸 町 人 日 本 文 化 における 笑 いの 諸 相 - 文 学 と 芸 能 を 手 がかりに- 指 導 坂 部 恵 教 授 - 東 中 川 かほる お 茶 の 水 外 語 学 院 日 本 語 学 科 主 任 桜 美 林 大 学 大 学 院 国 際 学 研 究 科 博 士 ( 後 期 ) 課 程 環 太 平 洋 地 域 文 化 専 攻 満 期 退 学 論 文 目 次 はじめに 1 序 章 第 1 節 研 究

More information

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で 甲 府 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 8 年 3 月 31 日 策 定 甲 府 市 長 甲 府 市 議 会 議 長 甲 府 市 教 育 委 員 会 甲 府 市 選 挙 管 理 委 員 会 甲 府 市 代 表 監 査 委 員 甲 府 市 農 業 委 員 会 甲 府 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 1 計 画 策

More information

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2 重 要 判 例 速 報 解 説 平 成 28(2016) 年 7 月 29 日 長 澤 運 輸 事 件 ( 東 京 地 判 平 成 28 年 5 月 13 日 )について 定 年 後 再 雇 用 による 嘱 託 社 員 ( 有 期 契 約 労 働 者 )と 正 社 員 ( 無 期 契 約 労 働 者 )との 間 の 賃 金 の 定 めの 相 違 が 不 合 理 であり 労 働 契 約 法 20 条

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874281698DC58F49816A834B834383688389834383938169836083468362834E837C834383938367816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874281698DC58F49816A834B834383688389834383938169836083468362834E837C834383938367816A2E646F63> 参 考 公 益 目 的 事 業 のチェックポイントについて 構 成 第 1 公 益 目 的 事 業 のチェックポイントの 性 格 第 2 不 特 定 かつ 多 数 の 者 の 利 益 の 増 進 に 寄 与 するもの の 事 実 認 定 に 当 たっての 留 意 点 1. 事 業 区 分 ごとの 公 益 目 的 事 業 のチェックポイント (1) 検 査 検 定 (2) 資 格 付 与 (3) 講

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

東京都立新宿山吹高等学校年間授業計画

東京都立新宿山吹高等学校年間授業計画 平 成 28 年 度 東 京 都 立 新 宿 山 吹 高 等 学 校 年 授 業 計 画 国 語 国 語 総 合 4 東 京 書 籍 精 選 国 語 総 合 古 語 漢 和 辞 書 ICTPC 全 学 年 授 業 オリエンテーション 授 業 の 受 け 方 ノートの 取 り 方 を 理 解 する 評 論 1 今 ここにある 無 数 の 未 知 水 の 東 西 古 典 入 門 児 のそら 寝 絵 仏

More information

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

スライド 1

スライド 1 勤 務 地 限 定 職 種 限 定 に 関 わる 判 例 資 料 2 1 エールフランス 事 件 ( 東 京 高 判 昭 49.8.28) 雇 用 契 約 において 配 置 場 所 が 明 定 されている 場 合 には 使 用 者 は 当 該 労 働 者 の 同 意 なくしてこれを 配 転 できないのを 本 則 とすべき 東 京 ベースの 合 意 に 反 して 為 した 本 件 配 転 命 令 つき

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初 平 成 23 年 (ワ) 第 21209 号 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 被 告 渡 邉 光 一 郎 第 2 準 備 書 面 平 成 24 年 3 月 1 日 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 8 部 合 議 係 御 中 原 告 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 阪 口 徳 雄 同 金 啓 彦 同 大 住 洋 外 14 名 本 書 面 は, 被 告 準 備 書 面 (1)に 対 する

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

からないから,これを 明 らかにしてもらうために 審 査 請 求 をする (2) 意 見 書 ア 本 件 不 開 示 情 報 が 開 示 されることによって,1 公 共 の 安 全 と 秩 序 の 維 持 に 支 障 が 生 じるかどうか( 法 5 条 4 号 ),2 大 阪 高 等 検 察 庁 及

からないから,これを 明 らかにしてもらうために 審 査 請 求 をする (2) 意 見 書 ア 本 件 不 開 示 情 報 が 開 示 されることによって,1 公 共 の 安 全 と 秩 序 の 維 持 に 支 障 が 生 じるかどうか( 法 5 条 4 号 ),2 大 阪 高 等 検 察 庁 及 諮 問 庁 : 検 事 総 長 諮 問 日 : 平 成 25 年 9 月 30 日 ( 平 成 25 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 423 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 439 号 ) 事 件 名 : 級 別 定 数 ( 平 成 24 年 度 当 初 ) 等 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

80 鹿児島大学

80 鹿児島大学 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 鹿 児 島 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において

More information

1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害

1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害 刑 法 弁 護 士 内 藤 慎 太 郎 1 1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害 罪 の 共 同 正 犯 の 成 立 範 囲 決 定 要 旨

More information

第 2 事 案 の 概 要 本 件 は, 商 標 登 録 出 願 拒 絶 査 定 に 対 する 不 服 審 判 請 求 を 成 り 立 たないとした 審 決 の 取 消 訴 訟 である 争 点 は, 商 標 法 4 条 1 項 8 号 該 当 性 の 有 無 である 1 特 許 庁 における 手 続

第 2 事 案 の 概 要 本 件 は, 商 標 登 録 出 願 拒 絶 査 定 に 対 する 不 服 審 判 請 求 を 成 り 立 たないとした 審 決 の 取 消 訴 訟 である 争 点 は, 商 標 法 4 条 1 項 8 号 該 当 性 の 有 無 である 1 特 許 庁 における 手 続 平 成 27 年 6 月 18 日 判 決 言 渡 平 成 26 年 ( 行 ケ) 第 10266 号 商 標 登 録 取 消 審 決 取 消 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 27 年 4 月 23 日 判 決 原 告 株 式 会 社 太 鼓 亭 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 清 原 直 己 弁 理 士 清 原 義 博 北 本 友 彦 西 村 直 也 今 岡 大 明 被 告 特

More information

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋 諮 問 ( 情 ) 第 27 号 答 申 第 1 審 査 会 の 結 論 特 定 区 分 所 有 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 という )に 係 る 家 屋 評 価 調 書 非 木 造 家 屋 評 価 計 算 書 及 び 図 面 ( 以 下 これらを 本 件 対 象 公 文 書 という )に 記 載 された 課 税 床 面 積 課 税 用 途 延 床 面 積 及 び 求 積 表 ( 以 下 本

More information

<5461726F2D834A83558374916490C5986195B681698DE096B18FC88267826F>

<5461726F2D834A83558374916490C5986195B681698DE096B18FC88267826F> 訳 文 重 回 避 脱 防 止 和 案 和 重 回 避 脱 防 止 結 希 望 次 協 双 次 a i 個 ii 下 b i ii 民 iii 下 掲 げ 加 え 代 署 名 後 掲 げ 同 実 質 似 両 局 各 重 要 改 正 改 正 後 妥 期 相 互 知 三 文 脈 別 解 釈 べ ほ 和 理 味 和 a 領 域 並 際 協 づ 主 管 轄 区 域 含 む 理 味 べ b 領 域 領 海 含

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

Microsoft Word - law

Microsoft Word - law 民 生 委 員 法 民 生 委 員 法 をここに 公 布 する 民 生 委 員 法 ( 昭 和 二 十 三 年 七 月 二 十 九 日 ) ( 法 律 第 百 九 十 八 号 ) 第 二 回 通 常 国 会 芦 田 内 閣 第 一 条 民 生 委 員 は 社 会 奉 仕 の 精 神 をもつて 常 に 住 民 の 立 場 に 立 つて 相 談 に 応 じ 及 び 必 要 な 援 助 を 行 い もつて

More information

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか 中 学 校 Ⅰ はじめに 中 学 校 における 校 内 研 修 は 学 校 や 生 徒 の 実 態 に 即 した 主 題 を 設 定 して 具 体 的 実 践 的 に 行 わ れている しかし 教 科 担 任 制 のため 指 導 分 野 が 限 定 されがちであり 小 学 校 と 比 べて 全 教 師 が 共 通 に 取 り 組 む 課 題 の 範 囲 が 狭 いという 問 題 点 がある そのため

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

読解力向上プログラム

読解力向上プログラム 読 解 力 向 上 プログラム 平 成 17 年 12 月 文 部 科 学 省 はじめに 平 成 15 年 (2003 年 )7 月 に0ECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 )が 実 施 したPISA 調 査 ( 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 )の 結 果 が, 昨 年 12 月 に 公 表 された それによれば,わ が 国 の 子 どもたちの 学 力 は, 数 学 的 リテラシー,

More information

Microsoft Word - NOTES② 月号(宮木).doc

Microsoft Word - NOTES② 月号(宮木).doc 2 電 話 勧 誘 訪 問 販 売 DMに 対 する 生 活 者 意 識 研 究 開 発 室 宮 木 由 貴 子 - 要 旨 - 1 内 閣 府 は 2005 年 に 策 定 された 消 費 者 基 本 計 画 において 消 費 者 が 望 まないのに 勧 誘 を 受 け る いわゆる 不 招 請 勧 誘 について 何 らかの 規 制 に 関 する 一 定 の 結 論 を 得 るとしている こ うした

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

社会科学習指導略案

社会科学習指導略案 第 3 学 年 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 24 年 9 月 28 日 ( 金 )5 校 時 学 級 : 男 子 9 名 女 子 18 名 計 27 名 指 導 者 : 千 葉 邦 彦 1 単 元 名 第 3 章 わたしたちの 暮 らしと 民 主 政 治 第 2 節 司 法 権 の 独 立 と 裁 判 ( 教 育 出 版 P92~101) 2 単

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E5959D82C889FC915082AA8CA98D9E82DC82EA82E98CD9977095DB8CAF8DE090AD8169936EE7B28C5B8B50816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E5959D82C889FC915082AA8CA98D9E82DC82EA82E98CD9977095DB8CAF8DE090AD8169936EE7B28C5B8B50816A2E646F63> 大 幅 な 改 善 が 見 込 まれる 雇 用 保 険 財 政 ~ 弾 力 条 項 発 動 による 保 険 料 率 引 下 げの 可 能 性 ~ 予 算 委 員 会 調 査 室 渡 邊 啓 輝 1.はじめに 現 在 第 14 循 環 の 景 気 拡 張 局 面 は4 年 を 経 過 し 平 成 景 気 ( 谷 : 昭 和 61 年 11 月 山 : 平 成 3 年 2 月 )を 超 える 息 の 長

More information

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用 鳥 取 県 大 規 模 店 舗 立 地 誘 導 条 例 ( 平 成 21 年 3 月 27 日 鳥 取 県 条 例 第 5 号 ) 目 次 前 文 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 大 規 模 店 舗 の 立 地 の 誘 導 ( 第 8 条 - 第 17 条 ) 第 3 章 雑 則 ( 第 18 条 - 第 20 条 ) 附 則 本 県 には 都 市 部 はもちろん

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1

たことも 今 後 のエネルギ 政 策 を 考 える 上 で 重 要 である (この 投 票 結 果 は 若 者 はインター ネットなどで メディア 以 外 の 情 報 を 比 較 的 多 く 入 手 しているからとも 考 えられる) アンケート 結 果 の 15% 以 下 という 数 値 が 3.1 私 の 意 見 政 治 家 への 期 待 碇 本 岩 男 1 まえがき 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 の 事 故 から 約 3 年 が 経 過 し 多 くの 科 学 的 客 観 的 事 実 が 明 らか になっているにも 関 わらず 相 変 わらず 恣 意 的 ( 間 違 った) 情 報 を 鵜 呑 みにし 脱 原 発 を 安 易 に 口 にする 政 治 家 がいる エネルギ 政 策 原

More information

博 士 論 文 要 旨 韓 国 における 周 辺 部 労 働 者 の 利 害 代 表 をめぐる 政 治 女 性 の 独 自 組 織 の 組 織 化 と 社 会 的 連 携 を 中 心 に 1. 論 文 の 構 成 序 章 第 1 節 問 題 意 識 と 研 究 の 目 的 第 2 節 先 行 研 究

博 士 論 文 要 旨 韓 国 における 周 辺 部 労 働 者 の 利 害 代 表 をめぐる 政 治 女 性 の 独 自 組 織 の 組 織 化 と 社 会 的 連 携 を 中 心 に 1. 論 文 の 構 成 序 章 第 1 節 問 題 意 識 と 研 究 の 目 的 第 2 節 先 行 研 究 韓 国 における 周 辺 部 労 働 者 の 利 害 代 表 をめぐる 政 治 Title : 女 性 の 独 自 組 織 の 組 織 化 と 社 会 的 連 携 を 中 心 に Author(s) 金, 美 珍 Citation Issue 2016-03-18 Date Type Thesis or Dissertation Text Version none URL http://hdl.handle.net/10086/27762

More information

2. ど の 様 な 経 緯 で 発 覚 し た の か ま た 遡 っ た の を 昨 年 4 月 ま で と し た の は 何 故 か 明 ら か に す る こ と 回 答 3 月 17 日 に 実 施 し た ダ イ ヤ 改 正 で 静 岡 車 両 区 の 構 内 運 転 が 静 岡 運

2. ど の 様 な 経 緯 で 発 覚 し た の か ま た 遡 っ た の を 昨 年 4 月 ま で と し た の は 何 故 か 明 ら か に す る こ と 回 答 3 月 17 日 に 実 施 し た ダ イ ヤ 改 正 で 静 岡 車 両 区 の 構 内 運 転 が 静 岡 運 地 本 業 務 ニ ュ ー ス J R 東 海 労 静 岡 地 方 本 部 NO.1 8 2 0 1 2 年 6 月 1 9 日 発 行 者 : JR 東 海 労 静 岡 地 方 本 部 山 本 繁 明 申 6 号 に 関 する 幹 事 間 折 衝 を 開 催!! 6 月 15 日 地 本 は 静 岡 車 両 区 に お け る 構 内 運 転 士 に 対 す る 誤 支 給 及 び 戻 入 に つ

More information

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又 Ⅱ LD ADHD 高 機 能 自 閉 症 等 の 理 解 学 習 障 害 (LD) 1 学 習 障 害 の 概 要 学 習 障 害 (Learning Disabilities)とは 基 本 的 には 全 般 的 な 知 的 発 達 に 遅 れはないのに 聞 く 話 す 読 む 書 く 計 算 する 又 は 推 論 する 能 力 のうち 特 定 のものの 習 得 と 使 用 に 著 し い 困 難

More information

[総務課]

[総務課] 石 巻 市 監 査 委 員 告 示 第 9 号 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 199 条 第 2 項 及 び 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 監 査 を 行 ったので 同 条 第 9 項 及 び 第 10 項 の 規 定 により その 結 果 及 び 意 見 を 次 のとおり 公 表 します 平 成 26 年 12 月 3 日 石 巻 市 監 査 委

More information

判例からみる中国における補正の制限について

判例からみる中国における補正の制限について 海 外 知 財 の 現 場 23 平 成 25 年 2 月 20 日 掲 載 判 例 からみる 中 国 における 新 規 事 項 追 加 の 判 断 基 準 について 中 国 弁 理 士 呉 学 鋒 中 国 特 許 法 及 び 実 施 細 則 には 出 願 後 の 特 許 出 願 書 類 の 補 正 についての 規 定 が 設 けられ 補 正 ができる 範 囲 を 定 めている 特 許 法 第 33

More information

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 26 年 10 月 24 日 及 び 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 576 号 及 び 平 成 27 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 28 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 平 成 27 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 45 号 及 び 同 第 46

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 40 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 委 員 長 藤 田 義 嗣 委 員 ( 委 員 長 職 務 代 理 者 ) 土 井 真 一 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 ( 教 育 長 ) 河 原

More information

(2) 商 標 法 4 条 1 項 8 号,10 号,15 号 及 び19 号 該 当 性 判 断 の 誤 り( 取 消 事 由 2) 判 断 1 認 定 事 実 後 掲 の 証 拠 及 び 弁 論 の 全 趣 旨 によれば, 以 下 の 事 実 が 認 められ,これを 覆 す に 足 りる 証 拠

(2) 商 標 法 4 条 1 項 8 号,10 号,15 号 及 び19 号 該 当 性 判 断 の 誤 り( 取 消 事 由 2) 判 断 1 認 定 事 実 後 掲 の 証 拠 及 び 弁 論 の 全 趣 旨 によれば, 以 下 の 事 実 が 認 められ,これを 覆 す に 足 りる 証 拠 G-218 登 録 商 標 吉 村 流 無 効 審 決 取 消 請 求 事 件 : 知 財 高 裁 平 成 28( 行 ケ)10045 平 成 28 年 6 月 29 日 (4 部 ) 判 決 < 請 求 棄 却 > キーワード 日 本 舞 踊 の 家 元 流 名 ( 商 標 法 4 条 1 項 7 号 社 会 的 妥 当 性 /8 号 10 号 15 号 19 号 ) 事 案 の 概 要 1 特

More information

南 組 崩 家 二 百 六 十 軒 死 人 八 十 四 人 橋 損 し 十 五 ヶ 所 天 満 組 崩 家 百 六 十 ヶ 所 死 人 五 十 三 人 橋 六 ヶ 所 右 之 通 今 月 六 日 迄 大 坂 町 奉 行 衆 へ 書 上 御 座 候 史 料 1 には 大 坂 全 体 の 被 害 ( 崩

南 組 崩 家 二 百 六 十 軒 死 人 八 十 四 人 橋 損 し 十 五 ヶ 所 天 満 組 崩 家 百 六 十 ヶ 所 死 人 五 十 三 人 橋 六 ヶ 所 右 之 通 今 月 六 日 迄 大 坂 町 奉 行 衆 へ 書 上 御 座 候 史 料 1 には 大 坂 全 体 の 被 害 ( 崩 1707 年 宝 永 地 震 と 大 坂 の 被 害 数 矢 田 俊 文 ( 新 潟 大 学 災 害 復 興 科 学 研 究 所 ) はじめに 本 稿 の 目 的 は 宝 永 地 震 による 大 坂 の 被 害 数 を 明 らかにすることである 宝 永 4 年 (1707)10 月 4 日 に 南 海 トラフ 周 辺 で 起 こった 地 震 は 宝 永 地 震 とよばれ 東 海 地 方 か ら 九

More information

honbu-38H06_kunrei31

honbu-38H06_kunrei31 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 6 年 12 月 27 日 本 部 訓 令 第 31 号 ) 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 を 次 のように 定 める 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 徳 島 県 警 察 航 空 機 使 用 管 理 規 程 ( 平 成 2 年 徳

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ 大 通 達 甲 ( 生 企 ) 第 4 号 平 成 2 1 年 5 月 2 9 日 本 部 例 規 (1 年 ) 簿 冊 名 学 校 署 例 規 本 部 1 年 保 存 期 間 学 校 署 常 用 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 殿 各 警 察 署 長 生 活 安 全 部 長 銃 砲 刀 剣 類 所 持 等 取 締 法 第 29 条 の 規 定 による 公 安 委 員 会 に 対

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

Microsoft Word - 研究概要(HP用).doc

Microsoft Word - 研究概要(HP用).doc 普 遍 主 義 と 多 元 主 義 の 相 互 検 討 ショーペンハウアーとニーチェを 中 心 に 日 本 学 術 振 興 会 学 術 研 究 助 成 基 金 助 成 金 ( 基 盤 研 究 (C) 課 題 番 号 24520033) 2012 年 度 ~2014 年 度 研 究 代 表 者 竹 内 綱 史 ( 龍 谷 大 学 ) 研 究 分 担 者 伊 藤 貴 雄 ( 創 価 大 学 ) 上 野

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 平 成 27 年 度 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 久 喜 市 立 太 田 小 学 校 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

定 用 ) 3.4 教 材 : 明 示 群 と 暗 示 群 にそれぞれの 指 導 に 適 したタスクシート 3.5 処 遇 : 実 験 はクラスごとに 実 施 し,3 群 に 事 前 アンケート 事 前 選 択 解 答 テスト 事 前 自 由 解 答 テスト を 実 施 した その 後 統 制 群

定 用 ) 3.4 教 材 : 明 示 群 と 暗 示 群 にそれぞれの 指 導 に 適 したタスクシート 3.5 処 遇 : 実 験 はクラスごとに 実 施 し,3 群 に 事 前 アンケート 事 前 選 択 解 答 テスト 事 前 自 由 解 答 テスト を 実 施 した その 後 統 制 群 高 校 外 国 語 ( 英 語 ) における 暗 示 的 指 導 の 効 果 - 文 法 項 目 の 指 導 を 通 して- 松 井 市 子 1 研 究 の 背 景 平 成 18 年 度 においては 中 学 校 卒 業 者 の 約 98%が 日 本 の 高 等 学 校 に 進 学 しており, 義 務 教 育 的 要 素 が 高 い この 状 況 に 対 応 できるよう 平 成 20 年 度 改 訂

More information

慶弔金品・各種保険への課税

慶弔金品・各種保険への課税 慶 弔 金 品 各 種 保 険 への 課 税 はじめに 慶 弔 に 伴 う 金 品 の 贈 呈 は,わが 国 古 来 の 社 会 的 慣 行 であり, 一 種 の 儀 礼 的 な 行 為 と 認 め られています したがって, 当 該 慶 弔 にふさわしい 金 品 の 受 領 について 課 税 するのは 妥 当 でないとして, 一 定 の 条 件 を 満 たす 場 合 は, 非 課 税 扱 いとされています

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx)

(Microsoft Word - \203j\203\205\201[\203Y\203\214\203^\201[5\215\206.docx) 比 較 民 俗 研 究 会 NEWSLETTER 5 2013 年 2 月 発 行 目 次 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) ( 1 2 3 4 5 ) 比 較 民 俗 研 究 2 7 号 の 発 行 ( 6 ) 事 務 局 よ り お 知 ら せ ( 6 ) 比 較 民 俗 研 究 会 の 報 告 ( 114 回 ~ 118 回 ) 第 1 1 4 回 (

More information

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵 礼 旧 消 登 道 標 宅 使 総 門 ゆ 納 交 仲 関 住 助 掛 確 礼 率 低 因 孕 絡 配 偶 嫌 易 申 訳 市 住 宅 乖 掛 金 視 貌 視 終 態 総 昭 〇 段 階 診 所 〇 昇 厚 渡 証 誇 伴 槍 玉 挙 終 占 幸 福 移 昨 隣 押 幼 所 母 繋 較 短 迎 馳 勘 滅 振 運 族 構 処 術 回 打 族 ギ 呈 技 術 勢 素 晴 司 放 患 側 救 遠 昔 僧

More information

集 景 気 復 8 余 優 秀 材 獲 州 商 品 差 既 確 資 コ 嫁 維 選 択 良 横 並 根 残 値 型 底 流 慣 影 響 逃 契 約 務 ズ 背 景 州 北 ツ 紹 訓 練 公 セ ィ 充 達 契 約 仕 勤 務 共 員 際 責 任 待 セ ィ 伴 許 状 況 降 遅 激 グ バ 抗

集 景 気 復 8 余 優 秀 材 獲 州 商 品 差 既 確 資 コ 嫁 維 選 択 良 横 並 根 残 値 型 底 流 慣 影 響 逃 契 約 務 ズ 背 景 州 北 ツ 紹 訓 練 公 セ ィ 充 達 契 約 仕 勤 務 共 員 際 責 任 待 セ ィ 伴 許 状 況 降 遅 激 グ バ 抗 集 景 気 復 7 季 控 関 心 寄 末 次 倍 閣 足 却 ノ ミ 融 円 円 消 着 家 減 却 水 浮 評 脈 昨 官 邸 立 六 興 盛 込 標 供 留 復 ひ 豊 感 将 希 望 従 膝 虚 心 坦 懐 建 述 包 括 共 通 認 速 各 有 当 初 倍 首 相 界 待 言 通 刻 早 貢 献 言 含 例 差 底 例 積 極 針 明 無 雰 気 明 記 小 零 細 績 厳 ろ 多 ろ 少

More information

氏 名 米 山 直 樹 本 籍 学 位 の 種 類 学 位 記 番 号 学 位 授 与 の 日 付 学 位 授 与 の 要 件 学 位 授 与 の 題 目 論 文 審 査 委 員 新 潟 県 博 士 ( 文 学 ) 社 博 甲 第 19 号 平 成 12 年 3 月 22 日 課 程 博 士 ( 学

氏 名 米 山 直 樹 本 籍 学 位 の 種 類 学 位 記 番 号 学 位 授 与 の 日 付 学 位 授 与 の 要 件 学 位 授 与 の 題 目 論 文 審 査 委 員 新 潟 県 博 士 ( 文 学 ) 社 博 甲 第 19 号 平 成 12 年 3 月 22 日 課 程 博 士 ( 学 Title 自 閉 症 児 を 中 心 とした 発 達 障 害 児 への 行 動 論 的 介 入 Author(s) Citation 米 山, 直 樹 金 沢 大 学 大 学 院 社 会 環 境 科 学 研 究 科 博 士 論 文 要 旨, 平 成 12 年 度 6 月 : 12-17 Issue Date 2000-06 Type Others Text version URL http://hdl.handle.net/2297/4675

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc 役 員 選 挙 規 程 昭 和 55 年 10 月 21 日 制 定 昭 和 57 年 11 月 16 日 改 正 昭 和 61 年 5 月 27 日 改 正 昭 和 62 年 2 月 23 日 改 正 昭 和 63 年 3 月 7 日 改 正 平 成 2 年 5 月 14 日 改 正 平 成 6 年 5 月 24 日 改 正 平 成 8 年 2 月 27 日 改 正 平 成 11 年 2 月 23

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書 2012 年 6 月 7 日 新 たな 在 留 管 理 制 度 外 国 人 住 民 基 本 台 帳 制 度 に 関 する 各 市 区 町 村 に 対 する アンケート 結 果 をふまえての 意 見 書 東 京 弁 護 士 会 会 長 斎 藤 義 房 当 会 は 本 年 7 月 9 日 に 予 定 されている 新 たな 在 留 管 理 制 度 ( 以 下 新 在 管 制 度 という) 及 び 外 国

More information

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利 公 募 期 序 ー ー 期 視 家 肯 課 中 期 観 際 弘 子 島 ぬ 深 居 達 常 場 興 深 眼 差 極 再 条 件 ん 認 根 p 骨 m m m 仏 新 含 容 易 良 小 尽 士 作 宅 巳 ヨ 庁 2 8 毛 包 括 σ 命 a A 山 門 際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄

More information

確 認 読 み 段 階 では まず 接 続 語 や 末 表 現 に 着 眼 したり と つながり 考 えたりしな がら 章 構 成 つかむ そして 構 成 分 析 視 点 基 に 吟 味 が 必 要 な 点 出 し 合 いながら 課 題 設 定 する こように 児 童 が 章 構 成 捉 えた 上

確 認 読 み 段 階 では まず 接 続 語 や 末 表 現 に 着 眼 したり と つながり 考 えたりしな がら 章 構 成 つかむ そして 構 成 分 析 視 点 基 に 吟 味 が 必 要 な 点 出 し 合 いながら 課 題 設 定 する こように 児 童 が 章 構 成 捉 えた 上 説 明 的 な 章 批 判 的 に 読 む 児 童 育 てる 高 学 年 国 語 科 学 習 指 導 - 焦 点 化 した 課 題 追 究 する 評 価 読 み 通 して- 教 育 指 導 部 教 科 教 育 班 長 期 派 遣 研 修 員 ( 吉 富 町 立 吉 富 小 学 校 教 諭 坂 山 利 1 研 究 主 題 について 説 明 (1 主 題 意 味 ア 主 題 について 説 明 的 な 章

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の 様 式 D 学 位 記 番 号 甲 第 45 号 氏 名 周 家 彤 論 文 題 目 長 春 市 における 満 州 国 旧 祉 群 の 保 存 と 変 遷 学 位 審 査 委 員 主 査 西 尾 林 太 郎 副 査 谷 澤 明 副 査 馬 場 毅 2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

国の役割はどこへ行った? -ふるさと納税シリーズ(4)ふるさと納税研究会からワンストップ特例制度創設に至るまで

国の役割はどこへ行った? -ふるさと納税シリーズ(4)ふるさと納税研究会からワンストップ特例制度創設に至るまで ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レター 2016-08-26 国 の 役 割 はどこへ 行 った? ふるさと 納 税 シリーズ(4) ふるさと 納 税 研 究 会 からワンストップ 特 例 制 度 創 設 に 至 るまで 金 融 研 究 部 准 主 任 研 究 員 高 岡 和 佳 子 (03)3512-1851 takaoka@nli-research.co.jp 1 はじめに 平 成 27

More information

資料3 幼児期の終わりまでに育ってほしい姿の明確化について(仮案・調整中)

資料3 幼児期の終わりまでに育ってほしい姿の明確化について(仮案・調整中) 幼 児 期 の 終 わりまでに 育 ってほしい 姿 の 明 確 化 について( 仮 案 調 整 中 ) 平 成 2 7 年 1 2 月 2 4 日 教 育 課 程 部 会 幼 児 教 育 部 会 資 料 3 項 目 ( 例 )については 幼 児 期 の 教 育 と 小 学 校 教 育 の 円 滑 な 接 続 の 在 り 方 について ( 報 告 )( 平 成 22 年 11 月 11 日 )における

More information

竹 早 高 校 平 成 年 度 ( 国 語 総 合 現 代 文 分 野 ) 年 間 授 業 計 画 教 科 :( 国 語 ) 科 目 :( 国 語 総 合 現 代 文 分 野 ) 対 象 :( 第 年 A 組 ~F 組 ) 使 用 教 科 書 : 国 語 総 合 ( 筑 摩 書 房 ) 使 用 教

竹 早 高 校 平 成 年 度 ( 国 語 総 合 現 代 文 分 野 ) 年 間 授 業 計 画 教 科 :( 国 語 ) 科 目 :( 国 語 総 合 現 代 文 分 野 ) 対 象 :( 第 年 A 組 ~F 組 ) 使 用 教 科 書 : 国 語 総 合 ( 筑 摩 書 房 ) 使 用 教 竹 早 高 校 平 成 年 度 ( 国 語 総 合 現 代 文 分 野 ) 年 間 授 業 計 画 教 科 :( 国 語 ) 科 目 :( 国 語 総 合 現 代 文 分 野 ) 対 象 :( 第 年 A 組 ~F 組 ) 使 用 教 科 書 : 国 語 総 合 ( 筑 摩 書 房 ) 使 用 教 材 : 国 語 頻 出 題 00(いいずな 書 房 ) 科 目 国 語 総 合 ( 現 代 文 分 野

More information

ウ 3 公 判 審 理 等 のにつき 調 査 した 結 果 では, 裁 判 官 裁 判 では36. 6%である( 裁 判 員 制 度 の 運 用 等 に 関 する 有 識 者 懇 談 会 ( 第 7 回 ) 配 付 資 料 保 護 観 察 比 率 表 グラフ ) なお, 無 期 懲 役 の 求 刑

ウ 3 公 判 審 理 等 のにつき 調 査 した 結 果 では, 裁 判 官 裁 判 では36. 6%である( 裁 判 員 制 度 の 運 用 等 に 関 する 有 識 者 懇 談 会 ( 第 7 回 ) 配 付 資 料 保 護 観 察 比 率 表 グラフ ) なお, 無 期 懲 役 の 求 刑 裁 判 員 裁 判 の 概 況 本 日 中 不 公 表,5 月 21 日 解 禁 でお 願 いします 第 1 これまでの 裁 判 員 裁 判 の 概 要 平 成 22 年 5 月 20 日 最 高 検 察 庁 1 起 訴 件 数 合 計 1, 881 件 ( 平 成 22 年 5 月 20 日 現 在 ) 別 添 資 料 1のとおり 2 判 決 結 果 判 決 言 渡 人 員 合 計 530 人 (

More information

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの 独 禁 法 事 例 研 究 第 8 回 ( 平 成 26 年 12 月 10 日 ) 1 セブンイレブン ジャパンに 対 する 独 占 禁 止 法 25 条 訴 訟 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 事 案 の 概 要 と 問 題 点 の 発 表 が 行 われた 1. 事 案 概 要 (1) 経 緯 公 正 取 引 委 員 会 は 平 成 21 年 6 月 22 日 被 告 (P5 セブン-イレブン

More information

調査研究方法論

調査研究方法論 韓 国 大 衆 文 化 への 接 触 と 展 開 金 慈 恵 1. 分 析 のねらい 最 近 日 本 では 韓 国 の 大 衆 文 化 が 徐 々に 入 ってきている ユン ソナ という 韓 国 のタレント がバラエティ 番 組 に 出 演 したり Boa という 歌 手 が 日 本 で CD を 出 したりもした また 冬 のソナタ 等 の 韓 国 ドラマが 韓 流 と 呼 ばれてヒットし 出 演

More information

Microsoft Word - 2015入試総括

Microsoft Word - 2015入試総括 2015 年 神 奈 川 県 公 立 高 校 共 通 選 抜 試 験 総 括 名 学 館 EXCEL 教 務 部 2015 年 2 月 16 日 ( 月 )に 行 われました 神 奈 川 県 公 立 高 校 共 通 選 抜 試 験 の 問 題 につ いて 簡 単 ではありますが 文 章 にさせていただきました 特 に 今 後 受 験 をされる 皆 さん にはどのように 入 試 が 変 化 しどのように

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

Oike Library No37.indd

Oike Library No37.indd 財 産 分 与 における 将 来 の 退 職 金 の 取 扱 について 弁 護 士 茶 木 真 理 子 第 1 はじめに 離 婚 の 際 の 財 産 分 与 ( 民 法 766 条 )にあたり 争 点 の 一 つとなるのが 退 職 金 の 取 扱 である 離 婚 時 に 既 に 支 給 を 受 けている 退 職 金 については 賃 金 の 後 払 いと 言 われる 性 格 から 清 算 的 財 産

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information