untitled

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "untitled"

Transcription

1 Discussion Paper Series BNo.33 ロシア 国 立 経 済 文 書 館 資 料 を 利 用 した ソ 連 経 済 研 究 へのアプローチ 杉 浦 史 和 編 December 2005 INSTITUTE OF ECONOMIC RESEARCH HITOTSUBASHI UNIVERSITY

2 IER Discussion Paper Series (B) ロシア 国 立 経 済 文 書 館 資 料 を 利 用 した ソ 連 経 済 研 究 へのアプローチ 杉 浦 史 和 編 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 2005 年 12 月

3

4 目 次 はじめに 5 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 講 師 杉 浦 史 和 第 1 章 ソ 連 国 防 産 業 複 合 体 の 形 成 発 展 史 :1920 年 代 7 ロシア 国 立 経 済 文 書 館 館 長 E.A. チューリナ (ロシア 語 原 文 ) К истории создания и становления оборонно-промышленного комплекса СССР 20-е годы ХХ в. 27 Е. А. Тюрина 第 2 章 ソ 連 の 工 業 立 地 の 再 検 討 55 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 助 教 授 雲 和 広 ( 英 語 原 文 ) Soviet Industrial Location : A Re-examination 71 K. Kumo

5

6 はじめに はじめに 本 Discussion Paper は,ロシア 国 立 経 済 文 書 館 (Российский Государственный Архив Экономики, 以 下 RGAE と 略 す)に 保 管 された 資 料 を 用 いた 研 究 成 果 の 一 部 である 周 知 の 通 り,ソ 連 経 済 の 研 究 は 資 料 制 約 という 点 で 厚 いベールに 包 まれてきたが,それは 統 計 資 料 が 全 く 作 成 されていなかったと 言 うことを 意 味 しなかった ソ 連 中 央 統 計 局 など 関 係 機 関 が 中 心 となって 作 成 した 資 料 は, ソ 連 国 立 経 済 文 書 館 に 保 管 されていた ソ 連 崩 壊 後, 情 報 開 示 に 関 する 法 律 に 則 って,これまで 機 密 とされてきた 資 料 の 機 密 解 除 が 順 次 進 められ,これらは ソ 連 国 立 経 済 文 書 館 を 引 き 継 いで 改 組 されたロシア 国 立 経 済 文 書 館 に 所 蔵 され, 我 々にソ 連 経 済 の 研 究 可 能 性 を 拓 いてくれている こうした 状 況 の 変 化 にいち 早 く 注 目 した 西 村 可 明 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 教 授 を 中 心 とする 研 究 グループは, RGAE との 10 年 以 上 にわたる 研 究 交 流 を 続 け, 一 部 の 資 料 は 複 写 して 当 研 究 所 に 収 集 してきた 我 々は, 当 研 究 所 がこうした 一 級 の 資 料 を 所 蔵 していること を 大 変 光 栄 に 思 うとともに, 広 く 関 係 する 研 究 者 に 利 用 してもらいたいと 希 望 している RGAE との 学 術 交 流 の 経 緯 および 当 研 究 所 の 所 蔵 資 料 を 利 用 した 研 究 成 果 としては,さしあたり 以 下 のものがあげられる 学 術 交 流 の 経 緯 等 の 詳 細 については,これらの 資 料 を 参 照 願 いたい 西 村 可 明 (1999) ソ 連 中 央 統 計 局 統 計 通 報 解 説 付 リスト の 意 義 NIRA 政 策 研 究 第 12 巻, 第 7 号 V.P.ダニーロフ,A.I.ミニューク(1999) ソ 連 経 済 統 計 (1918~1991 年 ) に 関 する 歴 史 的 分 析 NIRA 政 策 研 究 第 12 巻, 第 7 号 Y. Nishimura (1999) The Significance of Public Disclosure of Economic Statistical Data From the Former Soviet Union, NIRA Review, Vol.6, No.4, pp E.A.チューリナ(1999) ロシア 国 立 経 済 文 書 館 とソ 連 およびロシアの 経 済 統 計 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 中 核 的 拠 点 形 成 プロジェクト Discussion Paper No. D99-2 西 村 可 明, 岩 﨑 一 郎 (2000) ソ 連 中 央 統 計 局 内 部 資 料 が 示 す 中 央 アジア 工 業 発 展 史 年 代 を 中 心 に- 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 中 核 的 拠 点 形 成 プ - 5 -

7 はじめに ロジェクト Discussion Paper No. D99-35 西 村 可 明, 岩 﨑 一 郎 (2000) ソ 連 中 央 アジア 地 域 長 期 農 業 統 計 年 - 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 中 核 的 拠 点 形 成 プロジェクト Discussion Paper No. D99-36 A.I.ミニューク(2002) ソ 連 の 自 動 車 工 業 と 接 収 ドイツ 製 設 備 技 術 ( 年 ) 岡 山 大 学 経 済 学 会 雑 誌 第 34 巻, 第 3 号, 頁 西 村 可 明, 杉 浦 史 和 (2005) 旧 ソ 連 におけるザカフカス 諸 国 の 経 済 発 展 経 済 研 究 第 56 巻, 第 1 号,53-68 頁 さらに, 当 研 究 所 で 所 蔵 されている 資 料 閲 覧 の 利 便 を 図 るために, 以 下 の 目 録 が 作 成 されている 西 村 可 明, 小 宮 裕 恵 (2005) 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 所 蔵 中 央 アジア ザカフカ ス ロシア 極 東 経 済 統 計 資 料 総 目 次 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 ここに 掲 載 する 論 文 は 二 本 である 一 本 目 は,2004 年 1 月 に 来 日 されたチュ ーリナ RGAE 館 長 が 我 々の 研 究 所 で 報 告 し,その 後 若 干 の 手 直 しを 施 したもの である チューリナ 女 史 は 同 館 館 長 であるだけでなく, 歴 史 学 準 博 士 の 学 位 を 持 つ 歴 史 学 者 であり,RGAE 内 の 資 料 を 渉 猟 しつつ, 一 国 社 会 主 義 の 途 を 進 ま ざるを 得 なかったソ 連 の 国 防 産 業 の 形 成 初 期 の 動 向 について 詳 細 に 分 析 されて いる もう 一 つは, 雲 和 広 当 研 究 所 助 教 授 の 手 によるものである 雲 助 教 授 は 空 間 経 済 学 のアプローチからソ 連 ロシア 経 済 を 幅 広 く 研 究 しているが, 当 研 究 所 所 蔵 の RGAE 資 料 に 基 づいた 幾 つもの 論 考 を 公 表 している 今 回 は, Euro-Asian Studies に 収 められた 最 新 の 英 文 論 文 を 再 掲 した 転 載 を 快 く 承 諾 し ていただいた Carfax 社 にこの 場 を 借 りて 御 礼 申 し 上 げる なお,ここに 収 められた 論 考 は,RGAE に 保 管 されている 膨 大 な 資 料 を 利 用 するほんの 小 さな 試 みでしかない 今 後 とも,これらの 資 料 を 利 用 した 活 発 な 学 術 研 究 が 展 開 されることを 期 して, 序 言 に 代 えたい 2006 年 1 月 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 杉 浦 史 和 - 6 -

8 E.A.チューリナ 第 1 章 ソ 連 国 防 産 業 複 合 体 の 形 成 発 展 史 :1920 年 代 E.A.チューリナ 本 稿 は, ソ 連 国 防 産 業 複 合 体 の 形 成 発 展 史 :1900~1963 年 と 題 する 文 書 集 歴 史 文 書 叢 書 のために,ロシアの 連 邦 文 書 館 で 明 らかにされた 資 料 に 基 づいて 準 備 された 同 叢 書 の 最 初 の 二 巻 は 既 に 準 備 を 終 え,2004 年 に 出 版 され る 本 稿 の 研 究 対 象 と 年 代 は,ソ 連 軍 事 産 業 の 形 成 発 展 期 をとらえるもので あり, 叢 書 第 2 巻 ソ 連 国 防 産 業 :1918~1926 年 と 重 なっている この 歴 史 文 書 叢 書 の 準 備 は,ロシア 国 立 経 済 文 書 館 の 主 要 フォンド (1) 所 蔵 文 書 の 機 密 解 除 のための 同 文 書 館 の 集 中 的 な 作 業 のおかげで 可 能 となった ソ 連 における 軍 事 経 済 の 発 展 に 関 する 情 報 は,かつては 例 外 なく 全 ての 産 業 分 野 の 文 書 フォンドの 秘 密 資 料 部 分 に 集 中 されていたが, 本 研 究 テーマに 関 する 最 も 集 約 的 で 分 析 的 に 加 工 された 情 報 は,ソ 連 ゴスプラン( 総 合 国 民 経 済 計 画 局, 国 防 産 業 局, 官 房 ),ソ 連 財 務 人 民 委 員 部 ( 国 防 財 務 局 ),ソ 連 中 央 統 計 局,な らびに 軍 事 産 業 部 門 別 人 民 委 員 部 ( 兵 器, 航 空 機 産 業, 弾 薬, 迫 撃 砲, 造 船, 戦 車 産 業 )のフォンドに 含 まれている 経 済 文 書 館 には 全 体 として, 軍 事 経 済 に 関 する 情 報 を 含 む, 省,グラフキ( 総 管 理 局 ),トラスト, 企 業 合 同, 企 業 及 び 組 織 の 600 以 上 のフォンドが 保 管 され ている 当 経 済 文 書 館 の 他,ロシア 連 邦 国 立 文 書 館,ロシア 国 立 軍 事 文 書 館,ロシア 国 立 海 軍 文 書 館,ロシア 国 立 社 会 政 治 史 文 書 館 などの 一 連 のロシア 連 邦 文 書 館 にも,( 本 研 究 テーマに) 欠 かせない 情 報 が 含 まれている 文 書 の 機 密 解 除 は,ソ 連 の 軍 事 産 業 発 展 の 諸 問 題 を, 初 めてより 完 全 な 情 報 本 稿 は, 平 成 15 年 度 科 学 研 究 費 補 助 金 基 盤 研 究 (A)(1) 中 央 アジア コーカサ ス 諸 国 における 経 済 発 展 と 安 定 化 問 題 ( 課 題 番 号 )による 研 究 成 果 の 一 部 である ロシア 連 邦 国 立 経 済 文 書 館 館 長 歴 史 学 準 博 士 1 ( 訳 者 注 )ここでの フォンド とは, 文 書 や 資 料 などのコレクションを 意 味 する - 7 -

9 E.A.チューリナ 源 をベースに 学 ぶ 可 能 性 を 研 究 者 に 与 えた 1990 年 代 から 2000 年 代 初 めを 通 じて,ロシアの 歴 史 家 N.S.シモノフの 1920~1950 年 代 のソ 連 軍 事 産 業 複 合 体 : 経 済 成 長 率, 構 造, 生 産 と 管 理 の 組 織 (1996 年,モスクワ,ROSSPEN) やスウェーデンの 歴 史 研 究 者 レナート サムエルソンによる 赤 い 巨 人 :1921 ~1941 年 ソビエト 軍 事 産 業 複 合 体 の 形 成 (2001 年,モスクワ)が 出 版 され, これらは,ソ 連 国 防 産 業 複 合 体 の 発 展 構 想 に 関 する 現 代 的 評 価 の 形 成 に 向 けた 第 一 歩 であった しかし,これらの 著 者 は, 客 観 的 な 理 由 から,その 重 要 性 が 今 なお 消 え 去 っていない 全 ての 問 題 に 答 えを 出 せたわけではなかった まさに このため, 上 記 歴 史 叢 書 の 編 者 と 執 筆 陣 は, 多 くの 多 面 的 な 情 報 源 のプリズム を 通 じてソビエト 国 防 産 業 複 合 体 の 歴 史 の 検 討 を 可 能 にする,より 完 全 で 体 系 的 な 文 書 集 に 読 者 の 注 意 を 向 けるという 課 題 を 自 らに 課 したのである 本 稿 では,1920 年 代 のソ 連 の 軍 事 産 業 の 形 成 と 発 展 の 最 初 期 の 歴 史 について の 研 究 に 読 者 の 注 意 をひこうと 思 う ソビエト 国 防 産 業 複 合 体 の 形 成 発 展 期 は, 新 しい 社 会 体 制 の 創 出, 内 戦, そして 1921 年 3 月 にロシア 共 産 党 (ボ)がその 方 針 を 定 めた 新 経 済 政 策 といっ た 諸 条 件 の 下 で 進 んだ 十 月 革 命 勝 利 の 直 後 の 数 ヶ 月 から,ソビエト 政 府 は, 新 たな 社 会 主 義 的 軍 隊 とは 如 何 なるものであるべきかという 問 題 を 活 発 に 議 論 した 国 民 の 全 面 的 武 装 により, 常 設 軍 の 設 置 なしに 済 ますことが 出 来 るとい う 戯 言 は 直 ちに 消 え 失 せた 1918 年 1 月 15 日 に,ソ 連 人 民 委 員 会 議 (2) は, 労 農 赤 軍 設 置 令 を 発 布 した (それに 伴 い) 労 農 赤 軍 の 組 織, 定 員 の 充 足, 武 装 及 び 補 給 の 諸 問 題 の 解 決 が 必 要 となった その 上, 新 軍 隊 の 創 設 は, 第 一 次 大 戦 により 破 壊 された 国 民 経 済 の 極 端 な 衰 弱 という 条 件 の 下 で 行 われなければなら なかった 物 価 高 騰 の 結 果, 経 済 関 係 の 崩 壊, 商 品 関 係 の 現 物 化, 直 接 的 な 食 糧 徴 発, 国 内 貨 幣 流 通 の 瓦 解 といった 兆 候 が 顕 在 化 していた 軍 事 産 業 は 第 一 次 大 戦 の 時 代 に 最 も 活 発 に 活 動 していたが, 兵 器 と 弾 薬 の 生 産 において, 参 戦 している 2 ( 訳 者 注 ) 後 のソ 連 閣 僚 会 議 に 相 当 する 上 級 意 思 決 定 機 関 - 8 -

10 E.A.チューリナ 他 の 列 強 諸 国 よりも 著 しく 立 ち 遅 れていた ブレスト 講 和 条 約 (3) の 締 結 後,ロシアでは 産 業 の 戦 時 動 員 体 制 の 解 除 が 急 展 開 した 1918 年 4 月 13 日 付 国 民 経 済 最 高 会 議 決 定 第 73 号 により, 革 命 まで 活 動 した 軍 事 産 業 諸 委 員 会 に 代 わって,いくつかの 国 民 産 業 委 員 会 が 設 置 された それら 委 員 会 の 目 的 は, 産 業 再 編 計 画 の 策 定 であった (4) 軍 事 産 業 委 員 会 には また, 動 員 解 除 と 旧 軍 の 軍 事 海 運 資 産 の 合 理 的 な 利 用 の 遂 行, 並 びに 新 たに 創 出 された 革 命 軍 に 対 する 技 術 的 経 済 的 補 給 への 協 力 も 任 された 党 と 産 業 界 の 議 論 は, 軍 事 産 業 は, 孤 立 して 発 展 するのでなく, 統 一 的 国 民 経 済 コンプレクスの 有 機 的 部 分 であれば, 成 功 しうるというテーゼに 傾 いてい った その 際, 国 の 軍 備 計 画 に 対 しては, 軍 事 発 注 を 形 成 し,その 遂 行 をコン トロールする 軍 事 機 関 が 責 任 を 持 つとされた 統 一 的 な 兵 器 生 産 体 制 の 創 出 は, 多 頭 政 治 と 官 庁 の 縄 張 り 主 義 により 困 難 で あった 国 民 経 済 最 高 会 議 の 指 導 下 に 生 産 活 動 を 合 同 化 させることは, 旧 態 依 然 とした 縦 割 り 行 政 を 行 っていた 部 門 別 グラフキの 機 械 的 な 接 合 であった 更 に, 国 民 経 済 最 高 会 議 に 直 属 しない 行 政 機 関 や 国 有 化 されていない 工 場 も 残 存 していた それら 企 業 の 一 部 は, 軍 事 問 題 人 民 委 員 部 の 幹 部 会 議 に 直 属 してい た このような 状 況 の 中 で, 組 織 的 無 秩 序 や 混 乱 の 調 整 と 克 服 の 必 要 性 が 生 じ た 戦 時 動 員 体 制 解 除 のプロセスは, 国 民 経 済 最 高 会 議 の 関 係 者 には, 次 のよ うに 考 えられた 即 ち, 軍 事 的 利 用 可 能 性 を 持 つ 資 源 を 除 き 戦 時 期 に 形 成 され た 備 蓄 の 再 利 用,1912 年 海 軍 計 画 の 中 止, 海 軍 発 注 のキャンセル, 軍 艦 造 船 所 の 民 需 省 への 移 譲, 軍 事 化 学 生 産 ならびに 軍 隊 用 自 動 車 生 産 の 縮 小 である 縮 小 されないのは, 小 銃 器 の 生 産 のみであった 1918 年 6 月 28 日 付 の 産 業 国 有 化 令 は, 巨 大 軍 事 企 業 の 大 多 数 を 対 象 とした 国 有 化 プロセスを 加 速 させた (5) その 経 営 権 は, 最 終 的 に 国 民 経 済 最 高 会 議 と 3 ( 訳 者 注 )1918 年 3 月 に,ベラルーシ 共 和 国 南 西 部 の 都 市 ブレストで,レーニンら のロシア 革 命 政 権 がドイツと 単 独 で 結 んだ 講 和 条 約 4 РГА ВМФ Ф.Р-342. Оп.1. Д Лл.11-11об. 5 ( 訳 者 注 )これを 機 に,ソ 連 ではその 他 大 企 業 や 鉄 道 の 国 有 化 も 大 々 的 に 進 んだ - 9 -

11 E.A.チューリナ その 地 域 機 関 のもとに 委 譲 された (6) 一 方, 軍 事 問 題 人 民 委 員 部 から 国 民 経 済 最 高 会 議 への 全 大 砲 工 場 の 移 管 に 関 する 問 題 の 解 決 はほぼ 一 年 も 先 送 りされ, 最 終 的 には, 大 砲 工 場 中 央 理 事 会 の 国 民 経 済 最 高 会 議 幹 部 会 への 直 属 によって 1919 年 3 月 に 完 了 した (7) 平 時 体 制 の 建 設 と 産 業 の 戦 時 動 員 体 制 解 除 の 試 みは 内 戦 によって 中 断 された 第 一 次 大 戦 と 十 月 革 命 の 後 遺 症 から 未 だ 立 ち 直 っていない 全 国 民 経 済 は, 再 び 前 線 の 必 要 のために 動 員 を 余 儀 なくされた 正 にソビエト 共 和 国 の 軍 事 産 業 から, 生 産 強 化 を 目 的 とした 非 常 事 態 機 関 の 設 置 や 非 常 権 限 を 持 つ 人 民 委 員 の 企 業 派 遣 が 始 まった 赤 軍 の 軍 備 補 給 政 策 の 統 一 に 責 任 を 持 つ 機 関 体 制 の 創 出 に 重 点 が 置 かれた (8) 労 働 の 組 織 と 食 糧 の 徴 集 問 題 の 解 決 に 行 政 的 強 制 的 手 法 が 適 用 されることを 特 徴 とする 戦 時 共 産 主 義 の 時 代 が 始 まった 政 権 交 代 と 数 度 の 疎 開 や 移 転 の 結 果, 設 備 と 熟 練 労 働 者 を 喪 失 していたため に,だめになっていた 軍 事 工 場 の 生 産 強 化 は 困 難 を 極 めた 食 料 確 保 の 難 しさ, 寒 気, 住 居 と 基 礎 的 生 活 条 件 の 欠 如 は, 労 働 者 を 激 昂 させた イジェフスク, タンボフ,トゥーラ 市 の 工 場 では, 経 営 者 側 に 対 する 労 働 者 の 暴 動 が 起 こり, 大 規 模 な 職 場 放 棄 のケースも 見 られた 生 産 強 化 のために, 問 題 ある 全 ての 生 産 現 場 に 特 命 人 民 委 員 が 派 遣 された 共 和 国 薬 莢 工 場 とトゥーラ 市 兵 器 工 場 の 特 命 軍 事 政 治 人 民 委 員 のK.N. オルロフがシンビルスク (9) の 薬 莢 工 場 の 現 状 に 関 して, 国 防 会 議 議 長 V.I. レーニンへ 記 した 本 物 の 報 告 書 が, 文 書 館 に 保 存 されている 同 人 民 委 員 はレ ーニンに 対 して,シンビルスク 工 場 にて 1919 年 6~8 月 に 2,000 万 個 の 薬 莢 を 生 産 するという 当 初 の 計 画 が 遂 行 されない 理 由 を 報 告 した 同 工 場 の 作 業 効 率 6 経 済 問 題 に 関 する 党 および 政 府 決 定 集 (1917~1967 年 ) 第 1 巻,1917~1928 年,モスクワ,1967 年, ページ 7 РГАЭ. Ф Оп. 4. Д Лл ロシア 及 びソ 連 の 国 防 産 業 複 合 体 形 成 発 展 史 :1900~1963 年 第 2 巻,A.K. ソビエトの 軍 事 生 産 :1918~1926 年 ソコロフ 序 文,5-36 ページを 参 照 9 ( 訳 者 注 )ウリヤノフスク 市 の 旧 称

12 E.A.チューリナ の 悪 さの 原 因 は, 熟 練 労 働 者 の 不 足 とそれに 代 わってペテルブルグ,サマラ, セストロレツクから 動 員 目 的 で 派 遣 された 労 働 者 によるやむを 得 ずの 代 用 にあ った 労 働 者 とその 家 族 の 生 活 条 件 たるや 最 悪 で 住 居, 衣 服, 食 糧 はなく, 感 染 症 から 女 性 や 子 供 が 死 んでいった 人 民 委 員 オルロフは,レーニンへの 報 告 の 中 で, まず 薬 莢 作 りの 労 働 者 に 住 居 と 全 ての 必 要 なものを 確 保 し,しかる 後 に 軍 人 にあたらねばなりません なんとなれば, 弾 薬 なくして 軍 は 戦 うことが かなわないからです と 書 いている (10) 政 府 代 表 は, 状 況 の 打 開 策 を 更 なる 権 力 の 集 中 に 見 出 した 1918 年 9 月 2 日, 人 民 委 員 会 議 は,ソビエト 共 和 国 を 軍 野 営 地 に 転 換 する 決 定 を 公 布 した (11) 革 命 軍 事 評 議 会 が 設 置 され, 同 評 議 会 には 次 第 に 軍 事 管 理 のあらゆる 機 能 が 集 中 していった 1919 年 7 月, 国 防 会 議 に 赤 軍 及 び 軍 関 連 機 構 の 補 給 を 担 当 する 特 命 全 権 制 度 が 設 けられ,A.I.ルィコフが 労 農 国 防 会 議 の 特 命 全 権 となった また,1919 年 9 月 には,この 労 農 国 防 会 議 特 命 全 権 の 下 に 軍 事 産 業 会 議 が 設 置 され,その 議 長 にはモスクワ 高 等 技 術 学 校 の 卒 業 生 で, 航 空 機 設 計 技 師 のジュ ーコフスキーの 教 え 子 であったP.A.ボグダノフが 指 名 されている この 軍 事 産 業 会 議 には, 軍 事 産 業 センターの 開 設 と, 軍 事 工 場 の 国 民 経 済 最 高 会 議 の 管 轄 からの 除 外 及 びその 移 管 という 課 題 が 付 与 された (12) 軍 事 産 業 会 議 は, 全 部 で 59 の 軍 事 工 場 の 活 動 を 統 括 したが,その 他,とりわけ 機 械 製 作 工 場 国 家 合 同 を 含 む, 他 の 一 連 の 企 業 ( 全 体 で 約 130 工 場 )も 同 会 議 のコントロ ール 下 にあった ソビエト 共 和 国 の 統 一 的 な 軍 事 生 産 前 線 の 形 成 が,これら 全 ての 措 置 の 目 的 として 宣 言 された まずなによりも, 兵 器 生 産 の 可 能 性 を 明 らかにするために 工 場 を 調 査 するこ とが 必 要 であった 軍 事 産 業 会 議 は, 短 期 間 のうちに,それまで 分 散 していた 全 ての 国 防 産 業 拠 点 や 工 場 を 自 らの 周 りに 集 中 させ,かつそこで 小 銃 用 の 薬 莢 10 РГАСПИ. Ф. 17. Оп Д.35. Лл プラウダ 紙,1918 年 9 月 4 日 12 ソコロフ 前 掲 書

13 E.A.チューリナ や 雷 管 といった 最 も 重 要 度 の 高 い 軍 事 装 備 品 の 生 産 を 強 化 することに 成 功 した イジェフスク 工 場 では, 前 線 軍 が 必 要 とする 蒸 気 機 関 車 のオーバーホールのた めの 建 て 直 しがなされ,パラツク 工 場 では 薬 莢 生 産 の 強 化 が,またモスクワの ロシア 機 械 工 場 では 海 軍 用 の 弾 薬 の 生 産 が 開 始 された 同 時 に, 工 場 経 営 者 の,より 専 門 的 で 政 治 的 にも 誤 りのない 労 働 者 による 人 事 の 刷 新 も 進 んだ 労 働 者 の 居 住 社 会 的 条 件 を 改 善 するための 多 大 な 作 業 が 進 められ, 工 場 に 対 する 資 金 供 給 が 検 査 され,また, 品 質 向 上 のための 運 動 が 展 開 された しかし, 軍 事 産 業 会 議 の 主 要 な 活 動 方 針 は, 工 場 に 全 ての 必 需 品 の 供 給 を 確 保 すること, なによりも, 燃 料, 輸 送 手 段, 金 属, 化 学 原 料 及 び 植 物 油, 労 働 力, 食 糧 の 確 保 であった (そのために) 軍 事 産 業 会 議 は,もうひとつの 非 常 事 態 機 関 である 食 糧 人 民 委 員 部 との 良 好 な 実 務 関 係 を 構 築 し, 重 大 な 工 場 への 労 働 者 赤 軍 配 給 分 の 供 給 を 完 全 に 確 保 し, 予 め 確 保 された 配 給 食 糧 を 受 け 取 る 労 働 者 の 数 を 1919 年 12 月 の 18 万 人 から 1920 年 7 月 までに 25 万 人 へ 増 加 することができた (13) しかしながら, 採 用 された 諸 措 置 にも 拘 わらず, 軍 事 発 注 の 実 施 に 関 する 状 況 は 極 めて 困 難 なままであり, 原 料, 燃 料, 及 び 熟 練 労 働 者 の 全 面 的 な 不 足 と いう 状 況 下 でソビエト 国 家 には 解 決 できなかった 問 題 が 残 った 文 書 館 には,ロシア 共 産 党 (ボ) 中 央 委 員 会 会 議 における 軍 への 補 給 と 軍 事 生 産 の 組 織 化 に 関 する 軍 補 給 特 命 全 権 の 1920 年 7 月 16 日 付 の 報 告 書 が 保 存 さ れている 同 報 告 書 では,1920 年 の 大 部 分 の 軍 事 工 場 における 生 産 性 低 下 の 理 由 が 分 析 されており,その 原 因 として, 輸 送 活 動 の 混 乱, 原 料, 燃 料, 食 料 及 び 熟 練 労 働 者 の 慢 性 的 な 不 足 が 挙 げられている 特 に, 器 具 の 不 足 はひときわ 目 立 つ 問 題 で,( 既 存 の) 器 具 は 文 字 通 り 手 から 手 へと 使 い 回 されていたため, それによって 兵 器 の 生 産 が 遅 れたのであった 軍 事 工 場 が 直 接 戦 闘 地 域 にあったことは 珍 しくなく, 工 場 労 働 者 が 器 具 を 持 13 РГАСПИ. Ф, 17. Оп Д.6. Лл

14 E.A.チューリナ ち 出 して 白 軍 (14) とともに 職 場 を 脱 走 するというケースもあった この 報 告 書 にはまた, 軍 事 産 業 会 議 が 兵 器 生 産 の 強 化 のために 採 用 していた 諸 措 置 も 記 されている 国 防 のために 働 く 全 ての 工 場 は, 幾 つかのグループに 分 類 され,(なかでも) 最 も 重 要 な 兵 器 を 生 産 する 工 場 は, 燃 料, 原 料 及 び 食 糧 が 優 先 的 に 供 給 される 最 重 要 グループに 区 分 されていた (15) 革 命 軍 事 評 議 会 議 長 L.D.トロツキー 宛 てに, 原 料, 燃 料 及 び 熟 練 労 働 者 の 不 足 故 に, 前 線 の 課 題 を 遂 行 することが 不 可 能 である 旨 の 報 告 書 が 絶 えず 提 出 された とりわけ, 飛 行 機 工 場 で 熟 練 労 働 者 が 足 りず,その 数 は, 本 来 必 要 とされる 熟 練 労 働 者 の 半 分 以 下 であった (16) バルト 艦 隊 を 指 揮 した 伝 説 の 司 令 官 F.F.ラスコリニコフは, 軍 事 産 業 会 議 に 宛 てて 軍 艦 建 造 作 業 は 完 全 に 放 置 されている 最 良 の 技 術 者 は 去 り, 以 前 船 を 造 っていた 工 場 は,かかる 条 件 の 下 で 軍 艦 の 修 繕 すら 果 たせず, 艦 隊 を 喪 失 の 危 機 に 脅 かしている と 記 し ている (17) 最 も 重 要 な 武 器 製 品 の 年 における 真 の 産 出 能 力 は,1919 年 から 1920 年 6 月 までの 軍 事 産 業 会 議 の 短 い 報 告 書 に 引 用 されているがそれによれば, 自 動 小 銃 は 47 万 丁, 機 関 銃 が 6056 丁, 重 機 関 銃 が 7617 丁,ピストルが 丁, 軍 刀 が 棹, 実 包 が 個, 火 薬 が プード (18), 大 砲 が 360 基, 爆 弾 が 個, 飛 行 機 が 258 機, 野 戦 用 双 眼 鏡 が 727 台, 砲 隊 鏡 が 333 基,それぞれ 生 産 され, 巡 洋 艦 7 隻, 潜 水 艦 17 隻, 水 雷 艇 11 隻 がそれぞれ 修 理 された (19) 引 用 されたデータによって, 非 常 事 態 の 状 況 下 で 創 設 されたソビエト 軍 事 産 業 の 作 業 結 果 を 見 ることができる 一 方 では,( 軍 事 産 業 の) 全 ての 必 需 品 に 対 する 資 金 供 給 と 補 給 の 面 での 国 家 からの 優 先 順 位 の 権 利 があり, 他 方 では, 第 14 ( 訳 者 注 ) 反 革 命 軍 を 指 す 15 Там же, лл.80-81; ГАРФ. Ф. Р Оп.55. Д.7. Лл РГАЭ. Ф Оп.1. Д.44. Лл РГАЭ. Там же. Оп.3. Д Л ( 訳 者 注 )ロシアの 古 い 重 さの 単 位 で,16.38 キログラム 19 РГАСПИ. Ф.17. Оп.109. Д.6. Лл

15 E.A.チューリナ 一 次 大 戦 からの 物 的 ストックの 存 在 であり,そのため,もし 前 線 の 需 要 がこれ を 欲 するのであれば,その 各 分 野 で 急 速 に 展 開 する 可 能 性 を 与 えたのである 間 違 いなく,ロシア 帝 国 陸 軍 から 残 された 原 料 と 武 器 の 備 蓄 の 存 在 が, 内 線 に おける 赤 軍 の 勝 利 を 多 くの 点 で 可 能 にしたのである 内 戦 の 終 了 とともに, 軍 事 産 業 の 更 なる 発 展 見 通 しの 選 択 肢 を 決 定 する 必 要 があった ( 内 戦 は,) 軍 事 産 業 会 議 にもうひとつの 緊 急 課 題 を 与 えた 即 ち,ペトログ ラードは, 同 市 が 置 かれた 歴 史 的 条 件 の 下 でこれまでそうであったようには, これ 以 上, 軍 事 産 業 の 中 心 地 となるわけにはいかなかったのである ペトログ ラードが 国 境 付 近 に 位 置 しているという 事 実 に 加 え, 同 市 には, 原 料, 燃 料, 労 働 力 といった, 正 に 軍 事 産 業 の 最 適 な 発 展 に 不 可 欠 な 経 済 条 件 もなかった 金 属 は,ウラルやロシア 南 部 からここに 運 ばれていたし, 燃 料 である 石 炭 は, 外 国, 主 として 英 国 から 受 け 取 っていた 新 たな 軍 事 生 産 センターの 可 能 な 所 在 地 として,ウラル,ロシア 中 部 ないし 南 部 が 指 名 された 軍 事 産 業 会 議 は, 軍 事 産 業 の 移 転 を, 赤 軍 の 最 重 要 戦 力 である 陸 上 砲 のための 兵 器 生 産 ( 施 設 ) から 始 めることを 提 案 した (20) 内 戦 の 最 前 線 における 主 要 な 突 撃 部 隊 は,ソ 連 時 代 の 文 献 が 褒 めたたえてい る 装 甲 列 車 であった 実 際,ソ 連 時 代 の 流 行 歌 には, 我 々は 平 和 人 だ しかし, 我 が 装 甲 列 車 は 待 避 線 にある というフレーズが 盛 り 込 まれており,このこ とは 招 かれない 敵 から 祖 国 を 守 るというソビエト 人 民 の 意 思 を 示 している 内 戦 末 期 には, 前 線 に 68 台 の 装 甲 列 車 があり,12 台 が 修 理 中,13 台 が 建 造 中 で あった (21) 1920 年 に 前 線 で 活 躍 した 装 甲 列 車 は 32 台 であり,それらは 強 力 な 戦 闘 車 両 とみなされていたが, 無 秩 序 な 運 用 や 機 械 の 不 足 によってしばしば 損 害 を 被 った (なお)この 種 の 機 械 に 対 する 関 心 は 内 戦 終 結 後 も 維 持 され, 駆 逐 車 両, 中 型 戦 車, 大 型 戦 車 などの 新 しいタイプの 戦 車 の 生 産 コンクールが 公 示 20 ГАРФ. Ф. П Оп. 55. Д. 7. Лл РГВА. Ф. 27. Оп. 1. Д Лл

16 E.A.チューリナ された (22) 新 経 済 政 策 (ネップ)の 下 で, 軍 事 産 業 は 深 刻 な 立 場 に 置 かれた 行 政 的 手 法 は 経 済 的 手 法 に 取 って 代 わらなければならなかった 軍 事 産 業 を 管 理 する 非 常 事 態 機 関 の 活 動 は, 国 民 経 済 最 高 会 議 の 経 済 総 管 理 局 付 属 の 産 業 動 員 解 体 軍 事 動 員 委 員 会 が 取 って 代 わらねばならず, 軍 事 工 場 は 軍 事 産 業 会 議 の 指 揮 下 から 国 民 経 済 最 高 会 議 付 属 の 軍 事 産 業 総 管 理 局 に 属 することになった 同 委 員 会 の 課 題 は, 軍 事 生 産 に 関 連 した 工 場 の 詳 細 な 調 査,これら 工 場 に 対 する 軍 事 発 注 の 中 止 ないし 民 需 製 品 生 産 への 転 換 であった 調 査 結 果 は,( 軍 事 関 連 ) 工 場 の 深 刻 な 状 況 を 示 していた 例 えば, 武 器 大 砲 工 場 には 7 年 もかかる 再 生 措 置 が 必 要 とされた 設 備 や 機 械 は 磨 耗 し, 旧 式 化 していたのである 軍 事 製 品 の 質 は 著 しく 低 下 し, 多 くの 粗 悪 品 が 生 産 されていた 軍 事 工 場 への 補 給 は 途 絶 え, 工 場 内 の 経 済 活 動 も, 通 貨 流 通 の 破 綻 という 条 件 下 で 事 実 上 機 能 して いなかった 軍 事 産 業 の 秩 序 の 回 復 は 長 い 時 間 を 必 要 とした 場 当 たり 的 でな く, 計 画 的 首 尾 一 貫 的 で 秩 序 だった 軍 事 産 業 の 拡 大 と 生 産 停 止 休 止 の 払 拭 の 必 要 性 に 関 する 問 題 が 提 起 された 1921 年 11 月 20 日,ボグダノフ 軍 事 産 業 会 議 議 長 は,レーニンに, 軍 事 産 業 強 化 措 置 採 用 の 必 要 性 に 関 する 書 簡 を 提 出 した 同 議 長 は, 悲 嘆 にくれて 次 の ように 書 き 送 っている 即 ち, 軍 事 産 業 は, 切 迫 した 時 期 が 到 来 する 時 だけに 思 い 起 こされ, 平 時 においては, 軍 事 産 業 を 維 持 しようとするあらゆる 努 力 が, 上 級 権 力 機 関 の 拒 否 に 突 き 当 たる,と ボグダノフ 議 長 は,レーニンに 対 して, 産 業 が 保 有 していた 第 一 次 世 界 大 戦 時 の 備 蓄 は 枯 渇 し, 硝 酸 の 不 足 により 爆 薬 の 生 産 は 途 絶 寸 前 で, 航 空 機 の 生 産 に 欠 かせない 特 別 品 質 の 鉄 鋼 や 鉛 も 足 りな いと 報 告 している ボグダノフは,ロシア 共 産 党 政 治 局 での 報 告 を 許 可 するようレーニンに 要 請 している そこで 彼 は, 軍 事 産 業 を 国 家 の 特 別 重 要 事 項 と 認 識 するよう 問 題 提 22 Там же. Д Лл

17 E.A.チューリナ 起 したかったのであった (23) 軍 事 産 業 の 発 展 を 確 保 するために,ボグダノフは, 特 別 費 目 として 軍 事 産 業 会 議 への 目 的 別 資 金 供 給 の 設 定, 国 家 金 準 備 基 金 から の 信 用 供 与, 軍 事 関 連 企 業 に 対 する 鉄 道 と 同 程 度 の 薪 及 び 鉱 物 燃 料 の 国 家 的 供 給 の 維 持 を 提 案 した 1922~1924 年 の 間, 軍 事 産 業 への 資 金 供 給 問 題 は, 全 連 邦 共 産 党 (ボ) 中 央 委 員 会 政 治 局 の 会 議 で 何 度 も 検 討 されている (24) そこでは, 必 要 とされる 資 金 供 給 額 と 外 貨 信 用 額 が,いつも 決 まって 少 なくとも 2 分 の 1 に 削 減 された 軍 事 関 連 機 関 からの 申 請 の 検 討 は,1923 年 12 月 13 日 付 政 治 局 決 定 によって 設 置 された, 国 防 の 必 要 のための 外 貨 信 用 委 員 会 の 会 議 で 行 われた 同 委 員 会 のメンバーには, 著 名 な 政 治 家 であるG.クルジジャノフスキー,A.ツリュ パ,L.カーメネフ,N.ブリュハノフらがいた 国 家 財 政 の 脆 弱 性, 通 貨 改 革 という 条 件 下 での 国 家 金 準 備 の 節 約 の 必 要 性,あらゆる 経 済 分 野 における 復 興 プロセスは, 資 金 供 給 政 策 における 国 家 的 優 先 順 位 の 明 確 化 を 求 めていた 国 家 の 軍 事 的 潜 在 力 の 強 化 に 向 けられた 軍 事 計 画 は, 絶 えず 削 減 されるべきで あるとして, 計 画 量 を 実 現 するための 客 観 的 条 件 を 有 することはなかった 一 例 をあげると, 完 成 軍 用 機 と 予 備 部 品 を 外 国 に 発 注 するために 必 要 な 信 用 額 は,30,375 金 ルーブルから 10,675 金 ルーブルに 減 額 された また, 非 鉄 金 属, 硝 酸, 工 作 機 械 購 入 のための 信 用 額 も 19,500 金 ルーブルから 11,300 金 ルーブル に, 軍 事 動 員 予 備 準 備 のための 信 用 額 も 31,325 金 ルーブルから 23,325 金 ルーブ ルにそれぞれカットされている (25) 1923 年 8 月 31 日,ソ 連 国 民 経 済 最 高 会 議 幹 部 会 会 議 において, 軍 事 工 場 の 生 産 能 力 が 検 討 されている 特 に 切 迫 した 状 況 にあるのは, 機 関 銃 を 生 産 する 工 場 ( 計 画 目 標 の 16.5%),ライフル 銃 ( 同 15%), 薬 莢 ( 同 9.5%),フョード 23 АПРФ. Ф. 3. Оп.46. Д Лл. 7-7об. 24 赤 軍 と 軍 事 産 業 の 必 要 に 関 する 全 連 邦 共 産 党 (ボ) 中 央 委 員 会 政 治 局 委 員 会 決 定 (РГВА. Ф. 4. Оп. 1. Д. 42. Л. 408.)を 参 照 25 РГАСПИ. Ф. 17. Оп. 3. Д Лл

18 E.A.チューリナ ロフ 自 動 小 銃 ( 同 1.5%)であると 認 識 された (26) 軍 事 産 業 総 管 理 局 長 のボグダノフは,ロシア 共 産 党 (ボ) 中 央 委 員 会 に 宛 て て, 軍 事 産 業 プログラムの 頻 繁 かつ 予 期 し 得 ない 変 更 は, 最 重 要 工 場 の 閉 鎖, 労 働 者 の 大 量 解 雇, 軍 事 動 員 用 予 備 準 備 の 不 振, 労 働 人 員 の 士 気 喪 失 及 び 国 家 に 対 する 信 用 の 失 墜 という 形 での, 一 連 の 深 刻 な 帰 結 を 以 って( 軍 事 産 業 を) 脅 かしている,と 書 き 送 っている (27) 工 場 健 全 化 に 関 する 不 可 欠 な 措 置 として, 必 要 な 原 料 や 設 備 の 海 外 からの 購 入 を 増 大 させる 必 要 性 が 示 された しかし 1924 年 3 月 に,L.B.カーメネフ 委 員 長 の 下 の 外 貨 信 用 委 員 会 は, 国 際 状 況 の 改 善 のスローガンの 下, 軍 事 産 業 の 必 要 に 対 する 外 貨 信 用 を 改 めて 削 減 した 国 の 防 衛 の 全 般 的 戦 略 の 問 題 は,ロシア 共 産 党 (ボ) 中 央 委 員 会 政 治 局 と 革 命 軍 事 評 議 会 が 定 めた 彼 らは, 軍 事 力 の 人 数,その 構 造, 軍 事 産 業 の 発 展 見 通 し, 軍 需 発 注 の 規 模, 指 導 者 の 指 名 を 承 認 した 防 衛 建 設 のあらゆる 実 務 的 問 題 は, 人 民 委 員 会 議 と 労 働 国 防 会 議 によって 決 定 された 軍 事 海 事 人 民 委 員 部 と 労 農 赤 軍 参 謀 部 は, 軍 備 の 具 体 的 種 類 の 必 要 を 決 定 した ゴスプランは 国 防 分 野 も 含 めて, 経 常 計 画 と 長 期 計 画 の 立 案 に 責 任 を 負 った 国 防 の 事 実 上 の 生 産 は, 軍 事 産 業 総 管 理 局 に 属 する 軍 事 工 場 を 含 めた 企 業 に 軍 需 注 文 を 割 り 当 てた 国 民 経 済 最 高 会 議 に 集 中 した 軍 事 行 動 の 完 了 後, 軍 事 産 業 総 管 理 局 は 軍 事 工 場 のリストの 見 直 しに 関 する 膨 大 な 作 業 を 行 った それは, 余 分 な 工 場 をリストから 取 り 除 き 生 産 を 集 中 す るためであった 1921 年 1 月 1 日 までに, 軍 事 産 業 総 管 理 局 付 属 の 軍 事 海 事 工 場 の 総 数 は,62 工 場 で,そのうち 大 砲 および 海 軍 工 場 が 50 で,12 が 航 空 機 工 場 であった 従 業 員 総 数 は 130,005 人 であった 1925 年 1 月 1 日 までに, 軍 事 産 業 総 管 理 局 の 構 成 は, 大 砲 及 び 海 軍 工 場 が 38 で,12 が 航 空 機 工 場 となっ 26 РГВА. Ф. 4. Оп. 1. Д. 42. Л АПРФ. Ф. 3. Оп. 46. Д Л

19 E.A.チューリナ た 従 業 員 数 は 87,480 人 まで 減 少 した (28) 1920 年 代 の 軍 事 産 業 の 経 済 財 政 的 状 況 の 困 難 さにも 拘 わらず, 次 第 にソビ エト 的 軍 需 生 産 の 発 展 コンセプトの 基 礎 を 形 作 る 考 え 方 が 形 成 された これは 軍 事 産 業 の 指 導 者 たる 赤 軍 の 命 令 から 出 てきた 直 接 軍 需 生 産 に 関 係 のある 指 導 者 の 多 くは, 孤 立 した 組 織 としての 軍 事 産 業 という 考 えに 賛 同 した これは, 戦 略 的 および 生 産 技 術 的 特 徴 という 理 由 に 基 づくものだと,ボグダノフは 考 えた 戦 略 的 理 由 とは, 対 外 的 な 孤 立 とい う 条 件 の 下 で,あらゆる 軍 備 とその 供 給 はソ 連 邦 内 で 用 意 され, 国 内 の 原 料 に 基 づいていなければならないということであった ソ 連 邦 は,ロシア 帝 国 と 異 なり, 戦 争 の 際 に 諸 外 国 の 支 援 を 当 てにすることができないのであるから 我 が 国 は, 軍 備 の 新 しいモデルを 自 ら 考 案 し, 打 ち 立 てなければならないの みならず,その 価 格 と 品 質 を, 他 の 国 が 達 成 している 水 準 まで 持 っていかなけ ればならないという 考 え 方 が, 軍 事 環 境 のなかで 生 まれ, 一 貫 して 実 現 されて いった ボグダノフの 報 告 では, 生 産 技 術 的 観 点 からは, 軍 事 製 品 は 民 生 品 産 業 の 製 品 との 近 似 性 のレベルに 応 じて 次 の 三 つのグループに 分 けられるという 一 番 目 のグループは, 手 動 の 銃 火 器, 実 包 (29), 火 薬, 爆 発 物 毒 物, 地 雷, 曳 火 信 管 の 生 産 に 関 連 するもの これらの 生 産 は 平 和 的 製 品 の 基 盤 と, 大 量 で, 製 造 が 複 雑 で, 労 働 集 約 的 で 危 険 である 点 で 激 しく 異 なる 第 一 次 大 戦 の 経 験 が 示 したように,これらの 製 造 には, 高 度 の 精 密 さと 長 期 にわたる 熟 練 が 必 要 で あった 従 って,これらは, 常 時 生 産 され, 軍 事 工 場 に 集 約 されるべきである 第 二 番 目 のグループは 陸 軍 と 海 軍 のための 武 器 の 製 造, 造 船, 航 空 機, 戦 車 建 造, 軍 事 光 学,ラジオ 無 線 に 関 連 する このグループの 製 品 は, 民 生 産 業 に 近 いが, 大 砲 や 弾 丸 の 製 造 は 特 殊 性 がある (そして) 三 番 目 のグループには, 電 気 技 術, 運 輸 通 信 機 器, 器 具, 軍 事 経 理 部 資 産 他 が 入 る このグループの 製 28 РГВА. Ф Оп. 2. Д Лл ( 訳 者 注 ) 弾 丸 と 装 薬 を 薬 莢 に 収 めたもの

20 E.A.チューリナ 品 は, 大 部 分 の 場 合, 平 和 時 の 製 品 と 類 似 しており, 国 防 の 利 益 を 損 なうこと なく, 民 生 品 産 業 合 同 の 構 成 部 分 に 残 しておくことができる この 様 に, 平 和 時 には, 工 場 は 軍 事 産 業 の 常 備 兵 員 企 業 と 予 備 役 工 場 に 分 け られるというコンセプトが 次 第 に 形 成 された 前 者 には, 軍 需 発 注 の 実 現, 技 術 の 更 新, 武 器 の 新 しいモデルと 型 の 開 発, 大 量 生 産 の 組 織, 予 備 役 工 場 にお ける 動 員 措 置 と 戦 時 の 展 開 の 促 進 という 課 題 があった 予 備 役 工 場 では, 平 時 は, 軍 需 生 産 は 保 存 ( 停 止 )の 段 階 にある 工 場 は, 計 画 の 順 序 で,できれば 外 国 産 でなく 国 産 で, 物 資 と 原 料 を 確 保 する 動 員 プログラムを 立 案 しなければ ならない (30) 軍 事 産 業 のあらゆる 部 門 の 同 時 並 行 的 な 再 建 と 技 術 的 発 展 の 必 要 性 が,( 軍 事 産 業 間 の) 優 先 順 位 に 関 する 問 題 を 提 起 した 内 戦 の 過 程 で 明 らかになった 装 甲 戦 車 部 隊 の 重 要 性 は, 革 命 軍 事 評 議 会 をして,その 更 なる 近 代 化 という 問 題 を 建 てる 方 向 へと 導 いた 革 命 軍 事 評 議 会 の 戦 車 下 部 委 員 会 は,1923~1928 年 の 期 間 に 機 甲 部 隊 戦 力 を 発 展 させる 必 要 性 に 関 する 問 題 を 建 てた こうした 作 業 の 開 始 に 際 して, 主 力 工 場 と 認 められたのは,プチロフスキィとオブホフス キィの 工 場 だった しかしながら,これらの 工 場 に 関 する 調 査 は,こうした 目 的 にとってこれらの 工 場 が 完 全 にそぐわないことを 示 した そこで, 軍 人 達 は, 軍 事 産 業 総 管 理 局 付 属 戦 車 特 別 局 の 創 設 を 決 定 するに 至 る 31 軍 事 工 場 の 再 建 は, 国 の 研 究 調 査 体 制 の 整 備 の 必 要 性 を 引 き 起 こした 1923 年 3 月,ソ 連 では 流 体 力 学 研 究 所 が 創 設 された 1923 年 6 月 11 日 付 の 空 軍 創 設 のための 諸 措 置 に 関 する, 軍 事 特 殊 品 目 開 発 特 別 技 術 局 の 報 告 メモには, 軍 には 少 なくとも 2,500 の 航 空 機 が 必 要 だと 記 されている (32) さらに 革 命 軍 事 評 議 会 のメンバーのなかで,モーターの 国 内 生 産 体 制 の 整 備,(そのための)ライ センスの 購 入 およびドイツ 技 術 者 の 招 聘 の 必 要 性 を 求 める 意 見 が 強 まりはじめ る 革 命 軍 事 評 議 会 メンバーであるA.P.ローゼンゴリツの 意 見 では, 新 し 30 ГАРФ. Ф. Р Оп. 55. Д Лл РГВА. Ф Оп. 1. Д. 7. Лл РГАСПИ. Ф. 82. Оп. 2. Д Лл. 1-2 об

21 E.A.チューリナ い 航 空 産 業 トラストを 組 織 し, 同 トラストに 対 する 党 の 指 導 力 を 強 化 し, 良 質 な 技 術 訓 練 体 制 を 組 織 するために 教 授 団 を 招 くことが 必 要 だった 1925 年 1 月, 内 戦 時 代 から 存 在 していた 合 同 航 空 機 工 場 総 管 理 局 の 航 空 機 企 業 は, 国 民 経 済 最 高 会 議 の 冶 金 工 業 総 管 理 局 の 航 空 機 産 業 国 家 トラスト アヴィアトラスト に 移 管 された (33) 1920 年 代 は, 世 界 の 航 空 機 産 業 にとって 革 命 的 変 化 が 起 きた 時 期 であった 航 空 機 の 建 造 は, 個 別 部 品 の 製 造 価 格 の 高 さと 工 場 外 での 修 理 の 困 難 さに 特 徴 づけられていた 文 書 館 の 一 連 の 資 料 において, 第 5 番 工 場 (フィリ)におけ るユンカース 社 との 協 力 に 際 しての 金 属 製 飛 行 機 の 製 造, 並 びにルノーの 旧 工 場 (ルィビンスク)におけるソビエトのものにより 近 い BMW-4 型 の 航 空 機 モ ーターの 製 造 に 関 する, 新 たな 仕 事 の 組 織 化 の 幾 ばくかの 詳 細 と 複 雑 さが 明 ら かになる 労 農 赤 軍 航 空 部 隊 の 代 表 P.I.バラノフは,ジェルジンスキィへ の 手 紙 の 中 で, 試 験 用 の 国 産 機 械 は 未 熟 すぎるので,どんな 方 法 によっても 外 国 の 専 門 家 を 呼 び 寄 せる 必 要 があると 記 している しかしそのような 働 きかけ は, 競 争 を 恐 れる 航 空 機 トラスト 従 業 員 の 反 発 を 引 き 起 した 34 国 内 航 空 機 産 業 の 統 計 は, 弱 体 化 を 示 していた 1921/22 年 度 に 合 計 して 43 機 の 航 空 機 と 8 台 のモーター,1922/23 年 度 は 143 機 の 航 空 機 と 50 台 のモータ ー,1923/24 年 度 は 173 機 の 飛 行 機 と 70 台 のモーター,1924/25 年 度 上 半 期 は 79 機 の 飛 行 機 と 48 台 のモーターが 製 造 されたが, 作 られた 飛 行 機 は 旧 式 型 で, その 製 造 は, 外 国 製 部 品 の 供 給 に 多 くの 点 で 依 存 していた (35) ソ 連 にとって 深 刻 で 複 雑 な 課 題 は 海 軍 の 再 建 問 題 であった なぜなら, 造 船 分 野 において, 唯 一 の 稼 動 している 工 場 として 維 持 されていたのはバルト 工 場 だけであったからである これに 関 連 して,ロシア 共 産 党 (ボ) 中 央 統 制 委 員 会 の 海 軍 査 察 管 理 官 であるS.I.グセフによる 1924 年 4 月 12 日 付 のソ 連 海 軍 の 建 設 に 関 する 報 告 の 結 論 は 極 めて 興 味 深 い 彼 は,( 既 存 軍 艦 の) 耐 用 期 間 33 Там же. Ф. 76. Оп. 2. Д Лл Там же. Ф. 76. Оп. 2. Д Лл РГВА Ф Оп. 2. Д Лл

22 E.A.チューリナ が 終 了 する 1929 年 までに,ソ 連 はバルト 海 に 一 艘 の 潜 水 艦 も 持 たなくなり, 1931 年 までに 駆 逐 艦 が 失 われ,1932 年 までに 主 力 艦 も 無 くなるであろうと 報 告 している また, 黒 海 の 最 新 型 潜 水 艦 4 隻 の 耐 用 期 間 も,1934~1938 年 には 終 了 することになっている (36) S.I.グセフは,かかる 状 況 の 転 回 を 軍 事 海 事 建 設 戦 略 計 画 の 変 更 に 関 連 づけた 彼 の 考 えではまず, 海 軍 の 古 いロシアの 遺 産 の 維 持 は 高 くつき, その 金 がない ことを 認 めることが 必 要 であった バルト 艦 隊 と 黒 海 艦 隊 を 作 り 出 すだけでも,30 億 金 ルーブルが 必 要 である 結 果 として,グセフは, 艦 隊 は, フィン 湾 を 閉 鎖 し, 黒 海 に 沿 岸 基 地 を 作 る ことを 考 えた 造 船 業 におい ては,5 カ 年 計 画 ではなく, 真 の 発 注 に 基 づくことがより 望 ましいと 考 えられ た (37) このような 状 況 にもかかわらず, 海 軍 の 状 況 は 活 発 化 しはじめた 1924 年 6 月 11 日 付 の, 人 民 委 員 会 議 に 宛 てた 革 命 軍 事 評 議 会 と 国 民 経 済 最 高 会 議 による 軍 艦 の 追 加 建 造 に 関 する 報 告 メモには, 前 以 て 計 画 されたプロジェクトを 縮 小 するなら,それは 失 業 者 を 生 み, 熟 練 労 働 者 の 喪 失 をもたらす,と 記 されてい る 更 なる 3,100 万 ルーブルの 追 加 的 割 り 当 ての 問 題 もあった 2 隻 の 巡 洋 艦 と 6 隻 の 駆 逐 艦 の 落 成 が 始 まった 1915 年 から 事 実 上 発 展 していなかった 潜 水 艦 艦 隊 へも 注 意 が 払 われた (38) 世 界 大 戦 の 経 験 は, 現 代 戦 における 軍 事 用 化 学 産 業 の 意 義 の 増 大 を 示 唆 した アカデミー 会 員 のV.N.イパティエフは, 指 導 部 への 手 紙 の 中 で, 何 度 とな く, 国 内 化 学 産 業 の 後 進 性 や 窒 素, 硝 酸, 砒 素, 臭 素 などの 国 内 生 産 の 不 在 を 訴 えた 彼 の 手 紙 のうち, 革 命 軍 事 評 議 会 のメンバーであり,かつ 労 農 赤 軍 補 給 部 長 でもあるI.S.ウンシュリフトの 論 評 が 付 された 手 紙 が, 検 討 に 付 さ れた (39) その 結 果,1925 年 4 月, 動 員 解 除 軍 事 動 員 委 員 会 付 属 の 技 術 委 員 36 РГАВМФ. Ф. Р Оп. 2. Д. 7. Лл Там же, лл Там же, лл об. 39 РГАСПИ. Ф. 76. Оп. 2. Д Лл. 6-7, 9-7об

23 E.A.チューリナ 会 は, 彼 の 問 題 を 討 議 した この 時 期 までに, 解 決 されなければ 国 の 防 衛 能 力 をこれ 以 上 保 証 することが できない 他 の 課 題 も 現 れてきた 即 ち, 無 線 電 信 と 投 光 器 の 生 産 が 憂 慮 すべき 状 況 にあり, 軍 事 特 殊 用 電 気 機 器 には 統 一 の 基 準 がなく, 無 線 工 学 は 機 能 せず, (40) 軍 事 用 自 動 車 の 著 しい 不 足 が 感 じられ,かつ 弱 電 機 器 工 場 の 生 産 も 機 能 し ていなかった 次 第 に 軍 事 産 業 の 問 題 は, 国 と 党 の 代 表 者 の 強 い 関 心 を 惹 きはじめた (その 結 果 )ソ 連 の 軍 事 動 員 体 制 は, 極 めて 低 水 準 にあることが 明 らかにされた 1924 年 末 に,66 工 場 のみを 対 象 とする 疎 開 計 画 が 政 府 に 提 示 された (41) こ れに 関 連 して, 工 業 の 動 員 解 除 軍 事 動 員 委 員 会 は,17 工 場 の 調 査 を 行 い,そ の 動 員 準 備 状 況 に 関 する 面 白 くない 結 論 に 到 達 した 即 ち, 一 連 の 工 場 が 放 置 されており, 復 興 されていない また, 幾 つかの 工 場 では, 装 備 が 半 分 も 失 わ れたり, 盗 まれたりしており, 残 りの 工 業 に 至 っては 極 限 まで 摩 耗 していた また, 修 理 基 地 は 事 実 上 欠 如 していた (42) 軍 事 産 業 総 管 理 局 の 役 員 であるR. I.ベルジンが 示 しているように, 工 場 復 興 のためには 18 百 万 ルーブルでは 足 りなかった (43) 1925 年 末 から 1926 年 初 めにかけて, 国 の 政 治 当 局 はソ 連 の 孤 立 という 状 況 下 で, 現 代 的 な 軍 事 産 業 の 創 設 の 必 要 性 を 認 めた 軍 事 産 業 総 管 理 局 の 活 動 振 りは, 国 家 の 防 衛 に 関 連 する 全 ての 生 産 活 動 につ いて 調 査 を 行 った 合 同 国 家 政 治 保 安 部 特 別 部 局 を 含 む 様 々な 管 理 機 関 の 興 味 を 惹 くところとなった 彼 らによって 準 備 された 1924 年 12 月 20 日 付 の 文 書 は, 軍 事 産 業 総 管 理 局 の 職 員 は, 何 の 役 にも 立 たず,その 結 果, 国 の 防 衛 能 力 にと ってきわめて 恐 るべき 状 況 が 形 成 されていると 報 告 している (44) 国 家 政 治 保 安 部 員 による 軍 事 工 場 の 検 査 は,この 報 告 書 によると, 生 産 における 損 害, 不 合 40 ( 訳 者 注 ) 主 として 通 信 エレクトロニクス 分 野 の 電 気 工 学 機 器 を 指 す 41 РГАЭ. Ф Оп. 10. Д Лл об. 42 Там же. Д. 144, Лл , 62-79, АПРФ. Ф. 3. Оп. 46. Д Лл об. 44 РГАСПИ. Ф. 76. Оп. 3. Д Лл. 43об-44об,

24 E.A.チューリナ 格 品, 規 格 のなさを 示 しており,このことは, 工 場 における 古 い 専 門 家 が 孤 立 しており, 自 分 の 利 益 にのみ 固 執 して, 生 産 評 議 会 の 作 業 に 参 加 していないこ とを 意 味 した 1925 年 1 月 に 中 央 統 制 委 員 会 に 届 いた 書 き 付 けもまた, 軍 事 産 業 総 管 理 局 の 活 動 振 りの 不 十 分 さを 示 し, 工 場 で 作 られた 1000 万 ルーブルの 平 時 製 品 のうち, 市 場 で 販 売 されるのは 50 万 から 90 万 ルーブルに 過 ぎず,その 上, 生 産 は 高 くつくと 述 べている (45) 多 くは 不 合 格 品 だった その 損 害 は, 軍 需 工 業 の 生 産 のために 支 出 された 資 金 を 利 用 して 穴 埋 めしなければならなかっ た 1925 年 6 月, 軍 事 産 業 総 管 理 局 役 員 会 議 長 のボグダノフは 再 び 軍 事 産 業 の 状 況 を 分 析 した その 深 刻 な 破 壊 の 主 要 要 因 と 彼 が 見 なしていたのは 次 のことで ある 即 ち, 第 一 次 大 戦 及 び 内 戦 期 の 軍 事 工 場 における 動 員 準 備 体 制 の 欠 如, 1917 年 および 内 戦 後 の 無 計 画 かつ 無 秩 序 な 動 員 解 除, 前 線 地 帯 における 工 場 の 存 在 と(その 結 果 としての) 装 置 の 略 奪, 及 び 1921~1923 年 における 工 場 復 興 のための 必 要 資 金 の 不 足 である (46) ボグダノフは,1924/1925 経 営 年 度 になって 初 めて 軍 事 産 業 の 活 動,なにより も 武 器 弾 薬, 無 煙 火 薬, 高 射 砲 (1915 年 モデルの 大 砲 をベースにして), 光 学 設 備,ガスマスク, 爆 発 物 の 生 産 に, 幾 つかの 肯 定 的 変 化 が 現 れ 始 めたと 記 している 彼 は, 軍 事 産 業 総 管 理 局 の 科 学 設 計 局 と 科 学 技 術 委 員 会 の 1925 年 初 めの 設 置 を 成 功 と 見 なしている 彼 の 見 解 では, 新 規 開 発 問 題 にも 多 くの 注 意 が 払 われるようになった 特 に, あらゆる 設 計 能 力 を 合 理 的 に 活 用 するという 観 点 から, 共 通 新 兵 器 プロジェク トの 策 定 とその 後 の 工 場 における 導 入 のための 計 画 化 における 国 民 経 済 最 高 会 議 設 計 局 の 作 業 拡 大 のための 措 置 がとられた 同 局 の 主 要 人 員 は, 永 年 の 現 場 経 験 を 備 えた 設 計 者 から 構 成 され,また 合 意 に 基 づいて, 軍 事 産 業 省 所 管 工 場 から 一 時 的 に 派 遣 されていたモスクワとレニングラードの 専 門 家, 中 央 局 のプ 45 АПРФ. Ф. 3. Оп. 46. Д Лл , ГАРФ. Ф. Р Оп. 55. Д Лл

25 E.A.チューリナ ロジェクトに 関 する 特 別 任 務 を 実 施 していた 軍 事 工 場 設 計 局 の 職 員 も 招 集 され た (47) しかしながら, 軍 事 工 場 の 正 常 の 生 産 サイクルは 復 興 されず, 工 場 の 健 全 化 も 完 了 しなかった 企 業 の 再 生 に 関 する 問 題 は 益 々 厳 しくなり,これと 並 んで, 国 の 工 業 化 の 問 題 も 厳 しくなった (そこで)ボグダノフは, 形 成 された 事 態 を 理 由 に 退 職 願 を 提 出 した 彼 は 1939 年 に 妨 害 罪 で 処 刑 された 軍 事 省 と 軍 事 産 業 省 の 新 しい 指 導 部 は, 軍 事 産 業 改 編 のための 新 プログラム の 開 発 に 着 手 した その 柱 は, 企 業 の 動 員 準 備 に 移 っていった 1926 年 3 月 8 日 付 の 文 書 に 注 意 を 向 けてみよう この 文 書 では, 革 命 軍 事 評 議 会 のメンバー のI.S.ウンシュリフトが, 軍 事 海 事 問 題 人 民 委 員 部 の 新 しい 人 民 委 員 で 革 命 軍 事 評 議 会 議 長 のK.E.ヴォロシロフに 対 して, 軍 事 省 の 国 民 経 済 最 高 会 議 との 相 互 関 係 の 新 しい 原 則 の 構 築 に 関 する 書 簡 を 送 っている 彼 は 製 品 の 品 質 不 良, 納 期 を 守 らない 発 注 遂 行, 製 品 価 格 の 上 昇, 並 びに 組 織 的 な 未 完 成 には, 真 剣 かつ 断 固 とした 対 応 が 必 要 であると 指 摘 し, 次 のことを 提 案 した 軍 事 産 業 と 締 結 された 協 定 は 発 注 の 実 質 的 な 実 施,あらゆる 不 足 に 対 する 刑 法 上 の 責 任 と 物 的 責 任 を 保 障 しなければならない 軍 事 発 注 の 組 織 化 と 資 金 供 給 の 具 体 的 スキームが 提 案 され, 軍 事 海 事 人 民 委 員 部 の 予 算 にあたる 補 助 金 の 配 分 は, 国 民 経 済 最 高 会 議 幹 部 会 により 革 命 軍 事 評 議 会 と 合 意 される 革 命 軍 事 評 議 会 には 平 時 でも 戦 時 でも 発 注 過 程, 軍 事 産 業 管 理 の 学 術 調 査 作 業, 原 料 在 庫, 計 算,および 実 質 的 な 生 産 能 力 を 管 理 し, 検 査 する 権 限 が 与 えられる 生 産 の 改 変, 停 止, 他 の 工 場 への 生 産 移 し 替 え, 新 しい 工 場 の 建 設 は, 革 命 軍 事 評 議 会 の 承 諾 と 合 意 によってのみ 行 われる 革 命 軍 事 評 議 会 は 国 民 経 済 最 高 会 議 幹 部 会 から,かつて 戦 争 の 必 要 のために 働 いていたが 今 では 民 生 品 産 業 の 管 理 に 移 った 全 工 場 の 正 確 な 帳 簿 を 受 け 取 り,これらの 工 場 のうちどの 向 上 が 軍 事 産 業 の 細 胞 を 維 持 するのかについて 国 民 経 済 最 高 会 議 と 合 意 する ウンシ ュリフトは 軍 需 関 係 労 働 者 による 行 政 的, 技 術 的 機 構 の 強 化 を 主 張 している 47 РГВА. Ф Оп. 1. Д. 7. Лл

26 E.A.チューリナ 国 民 経 済 最 高 会 議 の 責 任 ある 指 導 者 ポストへの 任 命 も 特 別 技 術 機 構 の 任 命 も 革 命 軍 事 評 議 会 と 合 意 する (48) ウンシュリフトの 以 上 の 提 案 は( 結 局 ) 採 用 され なかったが,これは, 軍 事 産 業 の 発 展 に 対 する 軍 人 の 影 響 力 の 拡 大 傾 向 を 示 す ものであるといえよう 1926 年 7 月, 国 防 人 民 委 員 部 の 決 定 により, 軍 事 産 業 管 理 委 員 会 が 作 られ, そこにV.A.アヴァネソフ( 議 長 ), 革 命 軍 事 評 議 会 メンバーのエゴロフ, 軍 事 産 業 管 理 局 参 与 会 メンバーのクリク, 軍 事 産 業 省 議 長 のタマリンが 参 加 した 委 員 会 は 16 工 場 を 訪 れたが,それは 稼 働 中 の 工 場 の 約 50%にあたった この 調 査 は, 内 戦 終 了 後 に 国 民 経 済 最 高 会 議 の 経 済 管 理 総 局 に 付 属 して 設 置 された 産 業 動 員 解 除 軍 事 動 員 委 員 会 によって 行 われた 動 員 作 業 方 法 の 見 直 し のための 注 目 すべきステップとなった これまでの 動 員 体 制 の 主 な 否 定 的 特 徴 として, 公 表 される 軍 事 発 注 と 国 の 現 実 的 な 資 源 に 基 づいた 産 業 の 生 産 可 能 性 との 間 の 不 一 致 が 認 められたのである (49) 軍 事 産 業 総 管 理 局 長 アヴァネソフによる 人 民 委 員 会 議 議 長 A.I.ルィコフ 宛 の 報 告 書 において, 平 時 に 産 業 に 発 注 された 必 要 製 品 の 一 定 期 間 内 における 生 産 のために 不 可 欠 な 全 てのものの 包 括 的 な 算 定 と 産 業 界 への 計 画 的 な 供 給 の 組 織 化 を 伴 う, 産 業 動 員 計 画 策 定 の 必 要 性 が 詳 細 に 根 拠 付 けられている この 文 書 では, 産 業 動 員 計 画 の 組 成 に 不 可 欠 な 全 ての 側 面 が 検 討 されていた 例 えば, 動 員 機 構 の 構 築, 動 員 作 業 に 対 する 責 任 の 所 在, 産 業 動 員 の 管 理 と 経 常 計 画 の 動 員 計 画 との 一 致, 動 員 計 画 申 請 承 認 手 順, 動 員 計 画 による 全 産 業 部 門 の 包 摂, 産 業 動 員 用 備 蓄 の 創 出, 部 品 の 規 格 化 などである 以 上 に 引 き 続 いて, 全 産 業 部 門 の 動 員 計 画 の 立 案 という 考 え 方 が 具 体 的 な 企 業 のレベルでもソ 連 経 済 全 般 のレベルでも 詳 細 に 計 画 された 1927 年,ソ 連 ゴスプランに 国 防 部 という 特 別 の 機 構 が 作 られた そこでは 戦 時 状 況 下 でのソ 連 の 経 済 政 策 の 分 析 プログラムを 組 み 立 てていた はじめて 赤 軍 の 武 装 と 補 給 に 関 する 物 資 の 発 注 の 5 カ 年 生 産 プログラムが 準 備 された そ 48 РГВА. Ф. 4. Оп. 2. Д. 172 Лл РГАСПИ. Ф. 76. Оп. 2. Д Лл

27 E.A.チューリナ こでは 軍 事 工 場 の 生 産 量 と, 原 料 と 熟 練 労 働 力 の 需 要 とを 結 びつける 試 みが 行 われている (50) 同 じ 時 期 に, 軍 隊 に 武 器 類 を 確 保 させる 程 度 を 劇 的 に 向 上 させるための 基 本 的 方 針 は 民 生 品 工 業 を 軍 事 生 産 へ 接 近 させる 点 にあるという 意 見 が 表 明 される ようになった 新 しい 工 場 の 設 計 段 階 で 既 に, 民 生 用 にも 軍 事 用 にも 両 方 の 生 産 可 能 性 を 考 慮 することが 提 案 された (51) 1929 年 春, 国 民 経 済 発 展 5 カ 年 計 画 に 国 防 の 利 益 を 考 慮 することに 関 する, ソ 連 ゴスプランの 報 告 が 労 働 国 防 会 議 で 準 備 された そこでの 特 別 な 注 意 は, 燃 料 採 掘 の 発 展,ウラルおよびカザフスタンにおける 冶 金 採 掘 の 発 展, 機 械 組 立, 化 学 工 業, 運 輸, 旅 客 機, 農 業 それぞれの 発 展 速 度 の 引 き 上 げ, 食 料 品 お よび 工 業 製 品 のストックの 創 設 に 向 けられた (52) 従 って,ソ 連 では 1920 年 代 末 までに,ロシアの 原 料 に 立 脚 し,かつ 赤 軍 に 現 代 的 な 武 器 を 確 保 させることのできる 軍 事 産 業 を 自 前 で 創 設 する 必 要 に 関 する 理 解 が 形 成 された 世 界 革 命 の 可 能 性 についての 幻 想 を 拒 絶 し, 自 給 と 国 家 利 益 の 保 護 を 可 能 に する 強 力 な 産 業 基 盤 の 設 立 の 不 可 欠 性 のソビエト 政 府 による 理 解 は, 多 くの 点 で, 国 の 統 一 された 国 民 経 済 コンプレクスの 一 部 として 軍 事 産 業 を 創 設 すると いう 当 初 の 見 方 の 見 直 しを 促 進 した 将 来,この 部 分 は,このコンプレクスの 全 ての 部 分 の 発 展 に 従 属 することができ,そのことは, 永 年 にわたりソ 連 経 済 発 展 の 優 先 順 位 を 決 めることとなったのである その 後 のソ 連 における 国 防 産 業 複 合 体 の 発 展 の 歴 史 については 文 書 集 歴 史 文 書 叢 書 ソ 連 国 防 産 業 複 合 体 の 形 成 発 展 史 :1900~1963 年 にて 明 らかになるであろう ( 翻 訳 : 岩 﨑 一 郎 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 助 教 授, 杉 浦 史 和 同 専 任 講 師 ) 50 ГАРФ. Ф.Р Оп. 1. Д. 13. Лл Там же, Д.45. Лл. 7-7об. 52 РГАЭ. Ф Оп. 91. Д Лл

28 Тюрина Е.А. К истории создания и становления оборонно- промышленного комплекса СССР 20-е годы ХХ в. Тюрина Е.А. Данная работа подготовлена на основе документов, выявленных в федеральных архивах России, для историкодокументальной серии сборников документов «История создания и развития оборонно- промышленного комплекса СССР гг.», первые два тома которой подготовлены к изданию и появятся в свет в 2004 г. Объект и хронологические рамки исследования охватывают период зарождения и развития военной промышленности СССР и совпадают со вторым томом названной серии «Военнопромышленное производство СССР гг.». Подготовка историко- документальной серии стала возможной благодаря интенсивной работе РГАЭ по рассекречиванию документов ведущих фондов архива. Сведения о развитии военной экономики в СССР концентрировались ранее в секретных частях архивных фондов всех без исключения отраслей промышленности, но в наиболее концентрированном и аналитически переработанном виде информация по теме исследования находится в фондах Госплана СССР (отдел сводного народнохозяйственного плана, отдел оборонной промышленности, Секретариат), Наркомата финансов СССР (отдел финансирования обороны), ЦСУ СССР, а также в фондах отраслевых наркоматов военной промышленности: вооружения, авиационной промышленности, боеприпасов, миномётного вооружения, судостроения и танковой промышленности. В целом в РГАЭ хранится более 600 фондов министерств, главков, трестов, объединений, предприятий и организаций, в которых

29 Тюрина Е.А. имеется информация о военной экономике. Кроме РГАЭ необходимая информация содержится в ряде других федеральных архивов России Государственном архиве РФ, Российском государственном военном архиве, Российском государственном архиве военно- морского флота, Российском государственном архиве социально- политической истории и других архивах. Рассекречивание документов позволило исследователям впервые на более полной источниковой базе изучать вопросы развития оборонной промышленности СССР. В течение 90-х годов начале 2000 гг. в свет вышли работы российского историка Н.С. Симонова «Военно- промышленный комплекс СССР в е годы: Темпы экономического роста, структура, организация производства и управления. (М., РОССПЭН, 1996 г.) и шведского историка Леннарта Самуэльсона «Красный колосс. Становление советского военнопромышленного комплекса гг.» (М., 2001), которые были первым шагом к формированию современного взгляда на концепцию развития оборонно- промышленного комплекса СССР. Однако авторы названных работ в силу объективных причин не могли дать ответы на все вопросы, актуальность которых не исчезла и сегодня. Именно поэтому коллектив редакторов и составителей историкодокументальной серии поставил перед собой задачу представить вниманию читателей наиболее полное и системное собрание документов по истории советского ОПК, которое позволит рассматривать проблему через призму многих многоаспектных источников. В настоящей работе вниманию читателей предлагается

30 Тюрина Е.А. исследование истории первоначального периода зарождения и развития военной промышленности СССР в 20-е годы ХХ в. Период создания и становления советского ОПК проходил в условиях становления нового общественного строя, гражданской войны и новой экономической политики, курс на которую был взят РКП(б) в марте 1921 г. С первых месяцев победы Октябрьской революции советское правительство активно обсуждало вопрос о том, какой должна быть новая социалистическая армия. Миф о том, что можно обойтись без создания регулярной армии через всеобщее вооружение народа был быстро развенчан. 15 января 1918 г. Совнарком издал декрет о создании Рабоче- Крестьянской Красной Армии (РККА). Необходимо было решать проблемы её организации, комплектования, вооружения и снабжения. Причём создавать новую армию предстояло в условиях крайнего истощения народного хозяйства, разрушенного первой мировой войной. Налицо были признаки распада хозяйственных связей, натурализации товарных отношений, прямых продовольственных реквизиций, нарушения денежного обращения в стране в результате стремительной инфляции. Интенсивно работающая в годы первой мировой войны, военная промышленность заметно отставала в области производства вооружений и боеприпасов от возможностей армий, других воюющих держав. После заключения Брестского мира в России развёртывается процесс демобилизации промышленности. Постановлением 73 Высшего Совета Народного Хозяйства (ВСНХ) от 13 апреля 1918 г. вместо военно- промышленных комитетов, действующих до революции, создаются народно- промышленные комитеты, целью

31 Тюрина Е.А. которых становится разработка плана реорганизации промышленности 1. Военно- промышленные комитеты также были обязаны осуществлять демобилизацию и рациональное использование военного и морского имущества старой армии и содействовать техническому и хозяйственному обеспечению вновь образуемой революционной армии. Дискуссии в партийно- хозяйственных кругах склонялись к тезису, что военная промышленность может быть успешной, если она является органической частью единого народнохозяйственного комплекса, а не развивается обособленно. При этом полагалось, что за планы в области вооружения страны отвечают военные ведомства, которые формируют военные заказы и контролируют их исполнение. Создание единой системы производства вооружений затруднялось многовластием и ведомственностью. Объединение промышленности под руководством Высшего Совета Народного Хозяйства (ВСНХ) представляло собой механическое соединение отраслевых главков, каждый из которых проводил прежнюю ведомственную политику. Кроме того, оставались ведомственные органы, непосредственно не подчинённые ВСНХ, а также не национализированные заводы. Часть предприятий подчинялось Коллегии Народного комиссариата по военным делам. В этой ситуации возникала необходимость координации, преодоления организационной путаницы и неразберихи. Процесс демобилизации представлялся сотрудникам ВСНХ таким образом: утилизация созданных в годы войны запасов, за исключением имеющих боевое применение; прекращение военно- морской программы 1912 г., аннулирование 1 РГА ВМФ Ф. Р-342. Оп. 1. Д Лл об

32 Тюрина Е.А. заказов Военно- морского флота, передача кораблестроения гражданским ведомствам, сокращение военно- химического производства, а также производства автомобилей для нужд армии. Предполагалось не сокращать только производство мелкого оружия. Декрет о национализации промышленности 28 июня 1918 г. способствовал ускорению процесса национализации большинства крупных военных предприятий, управление которыми окончательно передавалось в ведение ВСНХ и его местных органов 2. Однако решение вопроса о передаче из Военного комиссариата в ВСНХ всех артиллерийских заводов затянулось почти на год и окончательно завершилось в марте 1919 г. подчинением Центрального правления артиллерийских заводов Президиуму ВСНХ 3. Попытки мирного строительства и демобилизации промышленности были прерваны гражданской войной. Всё народное хозяйство, ещё не опомнившееся от последствий первой мировой войны и Октябрьской революции, вновь, должно было мобилизовываться на нужды фронта. Именно с военной промышленности в Советской республике началось учреждение чрезвычайных органов, рассылка на предприятия комиссаров с чрезвычайными полномочиями, дабы как-то наладить производство. Упор делается на создание системы органов, отвечающих за единство политики в области вооружения и снабжения Красной Армии 4. Начинается период военного коммунизма, 2 Решения партии и правительства по хозяйственным вопросам. ( гг.), т.1, гг., Москва, 1967, С РГАЭ. Ф Оп. 4. Д Лл «История создания и развития оборонно- промышленного комплекса России и СССР гг.» т.2. Советское военно- промышленное производство гг. Соколов А. К. Предисловие к тому. С

33 Тюрина Е.А. характеризуемый применением административно- принудительных методов решения вопросов организации труда и сбора продовольствия. Наладить работу расстроенных военных заводов, которые в результате перемен власти, неоднократных эвакуаций и перемещений растеряли оборудование и квалифицированные кадры, было необычайно сложно. Продовольственные трудности, холод, отсутствие жилья и элементарных условий для жизни озлобляли рабочих. На Ижевском, Тамбовском и Тульском заводах произошли восстания рабочих против администрации, отмечались случаи массового дезертирства. Для налаживания производства во все горячие точки направлялись чрезвычайные комиссары. В архивах сохранился подлинный доклад чрезвычайного военно- политического комиссара патронных и тульских оружейных заводов республики К. Н. Орлова председателю Совета обороны В. И. Ленину о положении на Симбирском патронном заводе. Комиссар докладывал Ленину о причинах невыполнения заводом программы выпуска 20 млн. штук патронов на июнь- август 1919 г. Причины плохой работы завода заключались в отсутствии квалифицированных кадров и вынужденной заменой их рабочими из Петрограда, Самары, Сестрорецка, присланных на оружейный завод по мобилизации. Условия жизни рабочих и их семей были ужасающими не было жилья, одежды, продовольствия, умирали от инфекционных заболеваний женщины и дети. Комиссар К. Н. Орлов писал в докладе Ленину «следует в первую очередь обеспечить жильём и всем необходимым патронщиков, а затем воинские части, ибо армия без патронов драться не будет» 5. 5 РГАСПИ. Ф. 17. Оп Д. 35. Лл

34 Тюрина Е.А. Выход из положения представители власти видели в дальнейшей её централизации. 2 сентября 1918 г. Совнарком издал постановление о превращении Советской республики в военный лагерь 6. Создаётся Революционный военный совет, который постепенно сосредотачивает у себя все функции военного управления. В июле 1919 г. при Совете обороны учреждается институт Чрезвычайного уполномоченного по снабжению Красной Армии и её аппаратов А. И. Рыков становится Чрезвычайным Уполномоченным Совета рабоче- крестьянской Обороны. В сентябре 1919 г. при ЧУСО был образован Совет Военной Промышленности (СВП), руководителем которого был назначен П. А. Богданов, выпускник МВТУ, ученик авиаконструктора Жуковского. Перед СВП была поставлена задача создания центров военной промышленности, изъятие из ведения ВСНХ военных заводов и их переподчинение 7. Всего СВП объединил работу 59 военных заводов, но под его контролем находился ряд других предприятий (всего около 130 заводов), в частности, Государственного объединения машиностроительных заводов (ГОМЗы). Целью всех проводимых мер провозглашалось образование единого оборонно- производственного фронта Советской Республики. Прежде всего, было необходимо обследовать заводы на предмет выявления их возможностей в производстве вооружений. В короткие сроки СВП удалось концентрировать вокруг себя все ранее разбросанные центры оборонной промышленности и заводы и наладить на них производство военного снаряжения первой необходимости, такого как винтовочные патроны и капсюля. 6 «Правда» сентября. 7 Соколов А. К. Указ. Соч

35 1920 г. 8 Однако несмотря на принимаемые меры положение с Тюрина Е.А. Проходила перестройка Ижевского завода для капитального ремонта паровозов, необходимых фронту, на Паратском заводе была налажена выделка гильз, на московском заводе «Русская машина» стали производить морские снаряды. Одновременно проводилось кадровое обновление заводоуправлений более профессиональными и политически грамотными работниками. Велась значительная работа по улучшению жилищных и социальных условий рабочих, проверялось финансирование заводов, проводилась работа по повышению качества изделий. Однако, главным направлением работы СВП, было обеспечение заводов всем необходимым, прежде всего топливом, транспортом, металлами, химическими материалами и растительными маслами, рабочей силой, продовольствием. СВП сумел наладить хорошие деловые контакты с другим чрезвычайным органом Комиссариатом продовольствия и установить обеспечение ударных заводов полным трудовым красноармейским пайком, а также увеличить количество рабочих, получающих бронированный продовольственный паёк с 180 тыс. рабочих в декабре 1919 г. до 250 тыс. рабочих в июле выполнением военных заказов оставалось очень тяжёлым, сохранялись проблемы, которые советское государство не могло решить в условиях тотального дефицита сырья, топлива и квалифицированных кадров. В архивах сохранился доклад Чусоснабарма на заседании ЦК РКП(б) об организации снабжения армии и военного производства от 16 июля 1920 г. В нём анализировались причины понижения производительности большинства военных заводов в 1920 г. Среди них, 8 РГАСПИ. Ф. 17. Оп Д. 6. Лл

36 Тюрина Е.А. назывались разруха транспорта, постоянный недостаток сырья и топлива, продовольствия, квалифицированных рабочих. Особо выделялся недостаток инструментов, при котором инструмент буквально переходил из рук в руки, что задерживало производство вооружений. Нередко военные заводы оказывались непосредственно в районах военных действий, имелись случаи, когда рабочие заводов уходили со своих рабочих мест вместе с «белыми», прихватив с собой инструмент. В докладе также указывались мероприятия, которые предпринимаются СВП по налаживанию производства вооружения. Все заводы, работающие на оборону, были разделены на группы, причём те заводы, которые изготовляли наиболее необходимые виды вооружения, выделялись в особые ударные группы, снабжающиеся топливом, сырьём и продовольствием в первую очередь 9. На имя председателя Реввоенсовета Л. Д. Троцкого постоянно шли доклады о невозможности выполнения заданий фронта в виду отсутствия сырья, топлива и квалифицированных рабочих. Особенно не хватало квалифицированных рабочих на авиационных заводах, где их количество было вдвое меньше требуемого 10. Командующий Балтийским флотом легендарный Ф. Ф. Раскольников писал в СВП, что работы в области военного судостроения полностью запущены, лучшие технические силы ушли; заводы, ранее строившие суда, не могут в этих условиях справиться даже с ремонтом флота, что грозит его потерей Там же, Лл ; ГАРФ. Ф. Р Оп. 55. Д. 7. Лл РГАЭ. Ф Оп. 1. Д. 44. Лл РГАЭ. Там же. Оп. 3. Д Л

37 Тюрина Е.А. Реальные возможности выпуска главнейших предметов вооружения в период гг. приводятся в краткой сводке СВП за 1919 июнь 1920 г., из которой следует, что винтовок выпускалось 470 тыс. штук, пулемётов 6056 штук, пулемётных станков 7617 штук, револьверов штук, шашек штук, патронов штук, пороха пудов, пушек 360 штук, снарядов штук, самолётов 258 штук, биноклей 737 штук, стереотруб 333 штук, также было отремонтировано 7 крейсеров, 17 подводных лодок и 11 миноносцев 12. Приведённые данные позволяют видеть результаты работы советской военной промышленности, постановленной в условия чрезвычайности: с одной стороны приоритетные права от Государства в области финансирования и снабжения всем необходимым; с другой стороны наличие материальных запасов от первой мировой войны, что давало возможность быстро развёртывать отдельные её отрасли, если этого требовали фронтовые потребности. Несомненно наличие сырьевых и оружейных резервов, оставшихся от царской армии во многом способствовало достижению Победы Красной Армии в гражданской войне. С окончанием гражданской войны необходимо было определиться в выборе дальнейших перспектив развития военной промышленности. На повестке дня перед СВП стояла ещё одна актуальная задача Петроград не мог больше оставаться центром военной промышленности, каковым он оказался в силу исторических условий. Кроме приграничного расположения в нём также не было необходимых 12 РГАСПИ. Ф. 17. Оп Д. 6. Лл

38 Тюрина Е.А. хозяйственных условий для оптимального развития военной промышленности, а именно: сырья, топлива, рабочих рук. Металл привозился сюда с Урала и юга России, топливо- каменный уголь получался из-за границы, из Англии преимущественно. В качестве возможных мест расположения нового центра военного производства назывались заводы Урала, Центра или Юга России. Начать процесс перевода военной промышленности СВП предлагал с производства орудий для сухопутной артиллерии, самого необходимого вооружения Красной Армии 13. Основной ударной силой на фронтах гражданской войны были бронированные поезда, воспетые в советской литературе. Вот строчки из популярной песни советской эпохи: «Мы мирные люди, но наш бронепоезд стоит на запасном пути», что означало готовность советского народа защитить Родину от непрошеных врагов. К концу боевых действий на фронтах находилось 68 бронепоездов, 12 числились в ремонте, 13 в процессе формирования 14. В 1920 г. на фронтах действовало 32 бронеотряда, которые рассматривались как сильные боевых единицы, но часто страдали бессистемностью применения и недокомплектом машин. Интерес к этому виду техники сохранялся и после гражданской войны, когда был объявлен конкурс на производство новых танков по типам истребительный, средний танк, большой танк 15. В условиях нэпа военная промышленность оказалась в тяжелом положении. От административных методов управления надо было перейти к экономическим методам. Деятельность чрезвычайных 13 ГАРФ. Ф. П Оп. 55. Д. 7. Лл РГВА. Ф. 27. Оп. 1. Д Лл Там же. Д Лл

本組/野部(2段)

本組/野部(2段) Economic Bulletin of Senshu University Vol.46, No.3, 95-107, 2012 1 сельскохозяйственные организации хозяйства населения крестьянские фермерские хозяйства сельскохозяйственные предприятия АККОР 95 Российский

More information

(1990) (1990) (1991) 88

(1990) (1990) (1991) 88 87 Alina Vitukhnovskaya 1973 3 27 7 11 10 12 1980 Literatunye novosti Smena 1993 1994 1 LSD 10 20 LSD 21 1995 10 1997 10 1998 4 1999 1996 80 1993 1994 1996 1996 1997 1999 10 (1990) (1990) (1991) 88 89

More information

229期短期講座(APR2019) 

229期短期講座(APR2019)  229 期 ТОКИЙСКИЙ ИНСТИТУТ РУССКОГО ЯЗЫКА ロシア語短期講座 2019420199 20,000 学校法人日ソ学園東京ロシア語学院 156-0052 1-11-2 03-3425-4011FAX03-3425-4048 1 57 2 89 3 1013 級3級2級1級 1.500 文法会話力聴取力読解力和文露訳 42. хотеть, жить 1.1000 2.4

More information

2007 12 4 2007 12 4 46 1920 10 21 1921 3 10 отдел Высшего судебного контроля судебное решение, вступивщее в законную силу 2002 2002 47 2002 2002 надзорная жалоба 376 2002 2002 381 1 централизованная децентрализованная

More information

Ольшанская юдофил Синельников Синельников

Ольшанская юдофил Синельников Синельников Agora: Journal of International Center for Regional Studies, No.13, 2016 Митина Митина Славина Ольшанская юдофил Синельников Синельников Педиконе П.и Лаврин А. Педиконе П.и Лаврин А. Педиконе П.иЛавринА.

More information

228

228 ТОКИЙСКИЙ ИНСТИТУТ РУССКОГО ЯЗЫКА ロシア語短期講座 2018 年 10 月 ~2019 年 3 月 228 期 20,000 学校法人日ソ学園東京ロシア語学院 156-0052 1-11-2 03-3425-4011FAX03-3425-4048 1 57 2 89 3 1014 1.500 2. хотеть, жить 1.1000 2.4 который 1.2000

More information

Общество любомудрия Поэт и друг

Общество любомудрия Поэт и друг Философская поэзия Поэзия мысли Общество любомудрия Поэт и друг Анаксагор. Беседа Платона Письмо к графине NN рассуждать философствовать Я скучен для людей, мне скучно между ними! Но -- видит бог -- я

More information

Философия общего дела Н Ф

Философия общего дела Н Ф Н П С А Г В В А С Н Н А В С Е Н Философия общего дела Н Ф 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 Ф М Л Н Вопрос о братстве или родстве о причинах небратского неродственного т е немирного

More information

.

. . + ALM = = ТВЭЛ 1 http://president.kremlin.ru/about/bio.html 2 Собрание законодательства Российской Федерации 3 N. От первого лица: Разговоры с Владимиром Путиным,ВАГРИУС, М., 2000. с.86 4 Собрание

More information

ДОБРО ПОЖАЛОВАТЬ Кабели, которые находятся в каталоге исключительно от нашего стандартного ассортимента, мы в состоянии удовлетворить все ваши конкрет

ДОБРО ПОЖАЛОВАТЬ Кабели, которые находятся в каталоге исключительно от нашего стандартного ассортимента, мы в состоянии удовлетворить все ваши конкрет ДОБРО ПОЖАЛОВАТЬ Кабели, которые находятся в каталоге исключительно от нашего стандартного ассортимента, мы в состоянии удовлетворить все ваши конкретные требования для кабели не включены в этом каталоге.

More information

…“…V…A’l”m−¯‡Æ†c™ƒž−¥‰{“è

…“…V…A’l”m−¯‡Æ†c™ƒž−¥‰{“è Временный брак между русскими офицерами и японскими «женами» в Инаса 1 1. 1. 1. 2. 1. 3. 60 60 2 2. 1. Madame de Chrysantème à la Boulangèà la Capoule 2. 2. анати атакосисуки дазо амакчь аната копому

More information

& ~16 2

& ~16 2 10 10 100 17 20 10 17 10 16:00~17:30 18:00~ 10 9:30~9:45 9:45~12:15 12:15~13:25 13:30~16:20 13:30~16:20 16:30~17:30 17:30~18:00 19:00~ 10 9:30~11:45 1 & 100 15~16 2 3 2004 10 9:30 9:309:45 1401 10 1401

More information

立経 溝端p ( ).indd

立経 溝端p ( ).indd Мау Кудрин Гурвич Акиндинова Кузьминов Ясин Маргарита Лютова Ведомости Форум февраля Экономика и жизнь сентября Владислав Иноземцев РБКсентября РБК ОрловаЕршов Загашвили Загашвили Мантуров Никитин Осьмаков

More information

2 (коммуникативно нерасчлененное предложение) Книг было три. 3 книг (коммуникативно расчлененное предложение) Этих книг мы купили две. 2?Учебных предм

2 (коммуникативно нерасчлененное предложение) Книг было три. 3 книг (коммуникативно расчлененное предложение) Этих книг мы купили две. 2?Учебных предм Bulletin of the Faculty of Foreign Studies, Sophia University, No.38 20031 Коммуникативно расчлененные предложения с числительными в русском языке Yukiyoshi Inoue В настоящей статье рассматривается вопрос

More information

[ ] Гаспаров М.Л., Очерк истории русского стиха.изд.-во«фортуна Лимитед».М., Квятковский А., Поэтический словарь.изд.-во «советская энциклопедия

[ ] Гаспаров М.Л., Очерк истории русского стиха.изд.-во«фортуна Лимитед».М., Квятковский А., Поэтический словарь.изд.-во «советская энциклопедия Е.В. Хворостьянова. Трехдольник Тредиаковского//Индоевропейское языкознание и классическая филология.материалы чтений, памяти профессора Иосифа Моисеевича Тронского.16-18 июня 2003г.СПб.: Наука. 2003.

More information

Slaviana2017p

Slaviana2017p [ резюме ] О восприятии А. П. Чехова в детском журнале «Красная птица» КОНДО Масао В этой статье предпринимается попытка проанализировать особенности переводов произведений А. П. Чехова, публиковавшихся

More information

МАС Малый академический словарь БАС Большой академический словарь Г нормативные словари Императорская Российская Академия

МАС Малый академический словарь БАС Большой академический словарь Г нормативные словари Императорская Российская Академия история лексикографии Л. П. Крысин М. А. Бобунова МАС Малый академический словарь БАС Большой академический словарь Г нормативные словари Императорская Российская Академия ТОЛКОВЫЙ СЛОВАРЬ РУССКОГО ЯЗЫКА

More information

Веселовский

Веселовский Веселовский «Георгиево мучение» Тихонравов «Чудо Георгия о змии» Рыстенко Дмитриев, Лихачев Mиладинови Богданова и др. Веселовский Волочебная песня Земцовский духовные стихи Кирпичников Бессонов Марков

More information

) ) ) ) Сильный ветер сильный и дождь. Если один день шел дождь и появился ветер то будет ещё 2-3 дня дождь. Куда ветер туда и дождь. Если стояло долг

) ) ) ) Сильный ветер сильный и дождь. Если один день шел дождь и появился ветер то будет ещё 2-3 дня дождь. Куда ветер туда и дождь. Если стояло долг ( 1 ) The Russian proverbs of weather forecast Mitsuko Otani А.Ермолов Народное погодоведение Москва 1905 ) ) ) ) Сильный ветер сильный и дождь. Если один день шел дождь и появился ветер то будет ещё 2-3

More information

杉浦論文.indd

杉浦論文.indd M. B.G. Rosenthal, ed., The Occult in Russian and Soviet Culture (London, 1997); M. Bohachevsky-Chomiak, B.G. Rosenthal, eds., A Revolution of the Spirit: Crisis of Value in Russian, 1890-1918 (Newton

More information

2013 2 1 1 27 13.01.28 2 8 13.01.28 3 2 5 7 9 13.01.28 4 2 8 10 13.01.28 5 4 1 11 13.01.28 6 3 4 13.01.28 7 1 13.01.29 13.01.30 8 2 13.01.29 13.01.30 1 9 28 13.01.29 10 29 13.01.29 11 72 73 13.01.29 12

More information

Powered by TCPDF (www.tcpdf.org) Title 移動展派の創作における個の問題 : クラムスコイとレーピンの作品を中心に Sub Title О личности в творчестве передвижников O lichnosti v tvorchestve peredvizhnikov Author 上野, 理恵 (Ueno, Rie) Publisher

More information

Microsoft Word - 20120316horiuchi.docx

Microsoft Word - 20120316horiuchi.docx 1 2007 11 2013 2 2012 9 APEC 2009 12 2025 3 2013 2007 2009-2018 4 2009 9 1990 1 1. 1.1 2013 5 2013 2007 11 1996 2002 2007 2 7 8 75 1996 6 APEC 2012 APEC 26 2008 2012 APEC APEC 2 APEC ESPO LNG Sollers APEC

More information

Slaviana2017p

Slaviana2017p 19 20 [ резюме ] «Женский вопрос» и литература в России второй половины 19-го начала 20-го века. НАЗАРЕНКО Екатерина В первой части статьи говорится о зарождении и развитии женского вопроса в России. Начиная

More information

087-104_−~flö

087-104_−~flö 51 2008 87 103 Он пришел Он сейчас здесь 51 2008 этот 2 я-сейчас-здесь целостность предел 3 51 2008 целостность Сталин понял, что боязнь коммунистической заразы будет сильнее голоса рассудка. И он не ошибся.

More information

1-2 カーの時間 АСЦУ «Тогда еще верили в пространство и мало думал о времени.» В. В. Хлебников, Соб

1-2 カーの時間 АСЦУ «Тогда еще верили в пространство и мало думал о времени.» В. В. Хлебников, Соб フレーブニコフの カー とハルムスの ラーパ における時間概念の共通性 本田登 はじめに 1930 1991 11 1 第 1 章フレーブニコフの時間概念と作品 カー の構造 1-1 カー概説 9 2 1 Анна Герасимова / Александр Никитаев, Лапа, Театр, 1991, 11. 2 29 1-2 カーの時間 2222 2222 АСЦУ 3 7 1905

More information

untitled

untitled 30 2006 9 2006 56 7 1. 2006 56 56 10 21 22 10 20 3 41 3 9 21 9 30 10 20 18:3020:30 SF SF 16 10 21 18:30 2 5 5000-1- 10 20 10 21 10 22 9:20-9:35 1 A B C D A B C D 9:40-10:10 [1] [15] [28] 9:40-10:10 [8]

More information

,000 5, a) b) c) d) e) 9

,000 5, a) b) c) d) e) 9 1. 2. 3. 3 M. 2000 8 21 No.613 2 (2000 8 21 ) 1. 2. 8 2 50 1500 100 50 6 14 2 3. 100 500 1,000 5,000 2 5000 2 4. a) b) c) d) e) 9 f) g) h) i) j) k) l) 5. 1) 2) 3) 4) 5) 6) 7) 8 9) 10) 11) 12) 4 6 6. 10

More information

Our Position in the Market Interfax-100 Russian Banks by Assets

Our Position in the Market Interfax-100 Russian Banks by Assets 1 ? 2 ???? 3 !!!!! 4 ? / 5 Почему Россия? Экономическая стабильность Россия одна из наиболее быстрорастущих экономик в мире Богатейшие природные ресурсы Качественные и относительно дешевые трудовые ресурсы

More information

Slaviana2017p

Slaviana2017p [ резюме ] Московский концептуализм в сфере влияния В. А. Фаворского: Взгляды Кабакова, Булатова, Васильева. ИКУМА Генъити В этой статье я попробовал анализировать, каким образом на концептуалистов повлияла

More information

сложили свои полномочия. ハバロフスク地方の 2000 人程の農村集落の議員のうち 102 名が期限前に辞任 した Причина обязанность ежегодно предоставлять справку о своих доходах, доходах супр

сложили свои полномочия. ハバロフスク地方の 2000 人程の農村集落の議員のうち 102 名が期限前に辞任 した Причина обязанность ежегодно предоставлять справку о своих доходах, доходах супр Декларация о доходах 収益申告書 В Хабаровском крае депутаты сельских поселений отказываются от своих мандатов. ハバロフスク地方で農村集落の議員らが自身の委託業務を拒否している Один из последних случаев 5 депутатов из посёлка Сита района имени

More information

体制移行期のカザフスタン農業

体制移行期のカザフスタン農業 СНГ статистический ежегодник М.стр.СНГ статистический ежегодник М.стр СНГ статистический ежегодникстр. СНГ статистический ежегодник стр. Народное хозяйство СССРМ. стр. Народное хозяйство СССРМ. стр условная

More information

.e..Note

.e..Note Рижский М.И. История переводов библии в России. Новосибирск: Наука, Сибирское отд-ние, 1978. С. 57-59. А.Н. А.С. Jeffrey Brooks Jeffrey Brooks, When Russia Learned to Read (Princeton: Princeton U.P., 1985),

More information

…“…V…A’l‡Ì‡Ý‡½†c™ƒž−¥‰{“è2/21

…“…V…A’l‡Ì‡Ý‡½†c™ƒž−¥‰{“è2/21 Взгляд русских на «браки» между русскими офицерами и японскими «женами» 1 1. 1. 1. 2. 20 1887 M-me Chrysanthème Madame Chrysantème M-me Chrysantème 1. 3. par devant monsieur le marie état civil 2. 2.

More information

プロットとキャラクターの 類 型 3 5 Борисов С.Б. (сост.) Рукописный девичий рассказ. М.: ОГИ, Вацуро В

プロットとキャラクターの 類 型 3 5 Борисов С.Б. (сост.) Рукописный девичий рассказ. М.: ОГИ, Вацуро В ソ 連 の 学 校 における 少 女 の 物 語 文 化 越 野 剛 10 1998 1 2 90 1995 1 3 2003 4 рукописный девичий рассказ 80 1 Белоусов А.Ф. (сост.) Русский школьный фольклор: От «вызываний» Пиковой Дамы до семейных рассказов. М.,

More information

Андреевна Федосова ) 5) 6) 1895 Ельпидифор Васильевич Барсов Андрей Ефимович Елена Петровна )

Андреевна Федосова ) 5) 6) 1895 Ельпидифор Васильевич Барсов Андрей Ефимович Елена Петровна ) И.А. Metaphorical Images of Birds in the Funeral Lamentations of I.A.Fedosova Masahiro Nakahori Слово о полку Игореве 1) 2) 3) Ирина Андреевна Федосова 1831-1899 4) 5) 6) 1895 Ельпидифор Васильевич Барсов

More information

( ) ( ) ( ) ( ( ~ ) ( ) ( )) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ⑴ 2

( ) ( ) ( ) ( ( ~ ) ( ) ( )) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ⑴ 2 ( ) ( ) (Максим Горький : Алексей Масимович Пешков ) 1 ( ) ( ) ( ) ( ( ~ ) ( ) ( )) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ⑴ 2 . ( ) ( ) ( ) ( ) [ マ マ ] ( ) ママ ( ) Союз писателей СССР 3 ( ) ( ) Всероссийский союз писателей

More information

untitled

untitled 30 3 II30 I 5 A1930 1931 33 B1929 1930 1934 1935 C1928 1934 D1924 1927 E1915 16 1925 30 C A A CBA C 7 Нам остается, наконец, сделать последний, заключительный шаг в анализе внутренних планов речевого мышления.

More information

Vol. Данная работа посвящена Михаилу Александровичу Чехову, русскому актеру, режиссеру и педагогу, внесшему огромный вклад в мировое театральное искус

Vol. Данная работа посвящена Михаилу Александровичу Чехову, русскому актеру, режиссеру и педагогу, внесшему огромный вклад в мировое театральное искус Title Author(s) ミハイル チェーホフが目指した演劇 : 第二モスクワ芸術座とダーティントン ホール芸術センターでの活動の比較から 西田, 容子 Citation 大阪大学言語文化学. 26 P.31-P.42 Issue Date 2017-03-31 Text Version publisher URL https://doi.org/10.18910/62199 DOI 10.18910/62199

More information

Sawada

Sawada A. I. A. S. Y. M. C. A. P. P. S. M. I. L. A. D. E. A. Мамонов А. И. Пушкин в Японии. М.: Наука, Главная редакция восточной литературы, 1984. 326 с. P. P. V. D. G. I. A. S. K. M. Русское национальное общество

More information

上野俊彦.indd

上野俊彦.indd ロシアにおける連邦制改革 プーチンからメドヴェージェフへ 上野俊彦 はじめに 1 1 2 3 1. 前史 1-1. 1993 年 12 月 12 日の憲法採択に関する国民投票 Путин, Владимир Владимирович Ельцин, Борис Николаевич 1993 12 12 2 89 21 13.88% 45.73% 47.53% 47.65% 20.52% 27.53%

More information

.R N...ren

.R N...ren 1 Новейшая русская поэзия, 1921,, 1971, 76 2,, 1988 235 315,, 20, 2003 69 98 3 Борис Эйхенбаум: Теория формального метода, О литературе: работы разных лет Советский писатель, 1987, с. 375 408., 1984, 215

More information

(1887 ) ) ([22, p.343]) ( ) (1926) (1929,1994)

(1887 ) ) ([22, p.343]) ( ) (1926) (1929,1994) 1860 1913 1-3 14 3-4 15-1 3-5 17-2 4-6 18-3 4-7 20 5 20-1 6-1 20-2 6-2 24-3 7 29 10 32-1 10 37-2 11 50 *) 1860-1913 4 1 4 ( 16 ) 1920 1920 70 1994 1) 1885 *) [24-2] [24-2] 1 2 [24-2] 3 1) ([4, стр.490])

More information

The South Kuril Islands Dispute and Political Ideology in Modern Russia: Focusing the second term of the Putin administration ( - ). OSAKI, Iwao Japanese scholarship has insufficiently discussed the Russian

More information

確定_中澤先生

確定_中澤先生 B EU (2012.3) 1. 2. 3. 4. 5. 1. 2. 3. 4. 2. 3. 4. 1 2012 59 1957 1 332 1995 3 1 4 1997 2009 10 3 4 5 2 2010 1000 2 3 4 149 4 3 1 2 9 2 4 1 3 2011 2011 58 4 10:00 11:30 11:30 10 3 13:30 15:30 15:30 15:45

More information

7 I.R Ⅱ

7 I.R Ⅱ 50 4 241 16 29 2008. 9 明治期における 極東ロシアへの日本人移民にみる渡航過程 長崎県 旅券下附伺 の分析を中心に 1 2 3 1 2 Ⅰ 19 1866 2 1868 1 1868 1941 16 74 77 6 2 16 17 3 4 1866 か ふうかがい 5 6 3 2 16 7 I.R. 8 9 10 1906 39 11 1906 39 1906 39 1 2 Ⅱ

More information

Microsoft Word - ファイナルレポート_Jp_ doc

Microsoft Word - ファイナルレポート_Jp_ doc 1-1 () 26 () 1-2 2 Ф.И.О Должность 1 2 3 4 5 6 ЮСУБОВ Батур ШЕХИЕВ Сердар РУСЛАН Лазываев МЕЗИЛОВ Курбанмурад Амангулыевич ВАСОВ Оразмамед Начальник Азиатско-тихоокеанского управления Министерства иностранных

More information

А и стала змея да поналетывать, А и стала змея да понасхватывать По головушке да по скотиной, Стало мало скота в граде ставиться. А и стала змея да по

А и стала змея да поналетывать, А и стала змея да понасхватывать По головушке да по скотиной, Стало мало скота в граде ставиться. А и стала змея да по Ляцкий «О спасении Елисавии Арахлинской Царевны» Селиванов О СПАСЕНИИ ЕЛИСАВИИ АРАХЛИНСКОЙ ЦАРЕВНЫ На три города Господь прогневался, На три города да на три неверных: А и на первый город Арахлин-город,

More information

09井上幸義.indd

09井上幸義.indd Bulletin of the Faculty of Foreign Studies, Sophia University, No.50 (2015) 1 Взаимосвязь между Тамарой из поэмы «Демон» и одноименной героиней из баллады «Тамара» INOUE Yukiyoshi Поэтические произведения

More information

Слово.ру: балтийский акцент Молодежь Эстонии Postimees на русском языке День за днем МК Эстония Вести Здоровье для всех Деловые ведомости Столица» «Юж

Слово.ру: балтийский акцент Молодежь Эстонии Postimees на русском языке День за днем МК Эстония Вести Здоровье для всех Деловые ведомости Столица» «Юж Слово.ру: балтийский акцент Молодежь Эстонии Postimees на русском языке День за днем МК Эстония Вести Здоровье для всех Деловые ведомости Столица» «Южная столица» «Северное побережье» «Чудское побережье»

More information

V. K Мелодия Чешков М. Талант. НЛО, с Емильянова И. «Вадиму было 19 лет». НЛО, с Чешк

V. K Мелодия Чешков М. Талант. НЛО, с Емильянова И. «Вадиму было 19 лет». НЛО, с Чешк 1994 Поэт в катастрофе 1 2 1999 3 3 4 5 Вадим Маркович Козовой 1937 1 Вадим Козовой. Поэт в катастрофе. М.-Париж, Гнозис, Institut d Etudes Slaves, 1994. 2 1985 4 119 3 Словарь поэтов русского зарубежья.

More information

この道を作り ここは道路を塞ぎます И вот это благоустройство это конечно можно сделать.» そしてこの設備ももちろんできます Деревянные тротуары, освещение, зоны для кемпинга и 3 совреме

この道を作り ここは道路を塞ぎます И вот это благоустройство это конечно можно сделать.» そしてこの設備ももちろんできます Деревянные тротуары, освещение, зоны для кемпинга и 3 совреме Дикий туризм уходит в прошлое アウトドアは過去のもの Дагинские термальные источники в Ногликах благоустроят. ノグリキのダギンスキー温泉地が開発されている Преображение этой туристической зоны начнется уже этой осенью. この旅行スポットが変わり始めるのはもうこの秋だ

More information

日本における白系ロシア人史の断章 : プーシキン没後100年祭(1937年、東京)

日本における白系ロシア人史の断章 : プーシキン没後100年祭(1937年、東京) Title 日本における白系ロシア人史の断章 : プーシキン没後 100 年祭 (1937 年 東京 ) Author(s) 沢田, 和彦 Citation スラヴ研究 = Slavic Studies, 47: 327-353 Issue Date 2000 Doc URL http://hdl.handle.net/2115/38945 Type bulletin (article) Note

More information

И нам нужно сделать все, чтобы в рамках этого решения сейчас отработать». そして我々はこの判断の中で今行うべき全てのことをする必要があります Решение МОК, без сомнения, расстроит к при

И нам нужно сделать все, чтобы в рамках этого решения сейчас отработать». そして我々はこの判断の中で今行うべき全てのことをする必要があります Решение МОК, без сомнения, расстроит к при Готовились к соревнованиям, но были готовы и к худшему. Спортсмены и тренеры делятся эмоциями от вердикта (06:02~) 競技に向け準備していながら 最悪の状態にも心の用意ができていた 選手たちとトレーナーは判決の感想を話している «В целом, решение МОК, на наш взгляд,

More information

宮沢批判

宮沢批判 ロシアの工業生産指数 :1860-1913 年 はじめに (Suhara, 1999; 2000; 2001; Сухара, 2000,, 2000) 1860 1913 1860 1990 1885 1913 1860 1913 1860 1865 1870 5 1. コンドラチェフの生産指数 1920 (Конъюнктурный институт, 1926, стр.12-21) (Н.

More information

™ƒ‚º’æ’¶Ÿ_Ł¶

™ƒ‚º’æ’¶Ÿ_Ł¶ Julia Kristeva, trans. by Martha Noel Evans, On Yury Lotman, Publications of the Modern Language Association of America 109:3(1994), pp. 375-376. Лотман Ю. М. Культура и взрыв. М., 1992. С.255. Лотман

More information

シュリクンとその現代的機能 : アルハンゲリスク州ヴェルフニャヤトイマ地区調査から

シュリクンとその現代的機能 : アルハンゲリスク州ヴェルフニャヤトイマ地区調査から Title シュリクンとその現代的機能 : アルハンゲリスク州ヴェルフニャヤトイマ地区調査から Author(s) 塚崎, 今日子 Citation スラヴ研究 = Slavic Studies, 49: 213-244 Issue Date 2002 Doc URL http://hdl.handle.net/2115/38983 Type bulletin (article) File Information

More information

Hanya

Hanya KGB Aleksandr Nekrich, The Punished Peoples (New York: W. W. Norton & Company, 1978). Ingeborg Fleischhauer and Benjamin Pinkus, The Soviet Germans: Past and Present (London: C.Hurst & Company, 1986),

More information

カズクロム社について

カズクロム社について Каталог книжно журнальной и картографической продукции, предлагаемой для реализации Издательством ВСЕГЕИ (по состоянию на 12.11.03 г.) Наименование издания Цена, Руб. ( 1 Геологическая картография и геологосъемочные

More information

‹É›ê‘ã’æ’¶Ÿ_Ł¶

‹É›ê‘ã’æ’¶Ÿ_Ł¶ (родство) (большая семья) (семья) (семья) См.: Зеленин Д.К. (перевод Цивиной К.Д.). Восточнославянская этнография. М., 1991 (1927); Александров В.А., Власова И.В., Полищук Н.С. (отв. ред.) Русские. М.,

More information

typeface (полуустав) (скоропись) (гражданский шрифт)

typeface (полуустав) (скоропись) (гражданский шрифт) 0 1 1 3 3 1984 [ 1984:32] [ 1984:61-62] [ 1984][ 1984] [ 1997] «Style of writing» [ :19] [ :32] [ :82] Cercle linguistique de Waseda (ed.) Travaux du Cercle linguistique de Waseda. Vol. 9., 2005. 39-58.

More information

untitled

untitled ДОМ-МУЗЕЙ СИБЕЛИУСА ИСТОРИЧЕСКИЙ МУЗЕЙ ГОРОДА ХЯМЕЕНЛИННА Хямеенлинна, примерно 1897 год, вид с церковной башни на восток. 2 ХЯМЕЕНЛИННА 60-80-х ГОДОВ XIX в. В детские годы Сибелиуса Хямеенлинна был довольно

More information

А. Левкин. Двойники.. Москва, 2000: Содержание Ольга Хрусталева. Предисловие к Левкину/ Наступление осени в Коломне/ Достоевский как русская народная

А. Левкин. Двойники.. Москва, 2000: Содержание Ольга Хрусталева. Предисловие к Левкину/ Наступление осени в Коломне/ Достоевский как русская народная 1 (2000) (2002) Андрей Левкин 1954 1972 88 90 98 (Средства массовой информации в интернете)русский Журнал 2001 Старинная арифметика. Рига,

More information

Kitami

Kitami Баран Х. Первая мировая война в стихах Вячеслава Иванова // Вячеслав Иванов. Материалы и исследования. М., 1996. С.171-185. Ben Hellman, Poets of Hope and Despair: The Russian Symbolists in War and Revolution

More information

(3) (4) (5) XX века. Slavica Helsingiensia С См. Иванов Вяч. Поэт и чернь //Собрание сочинений. Т. 1. Bruxelles, 1974

(3) (4) (5) XX века. Slavica Helsingiensia С См. Иванов Вяч. Поэт и чернь //Собрание сочинений. Т. 1. Bruxelles, 1974 (1) (2) 1 Баран Х. Первая мировая война в стихах Вячеслава Иванова // Вячеслав Иванов. Материалы и исследования. М., 1996. С.171-185. Ben Hellman, Poets of Hope and Despair: The Russian Symbolists in War

More information

佐藤論文.indd

佐藤論文.indd бессюжетная проза бесфабульные произведения См. Тынянов Ю. Достоевский и Гоголь (К теории пародии). Пг.: Опояз, 1921; Эйхенбаум Б. Как сделана «Шинель» Гоголя (1919). O прозе М. Кузмина (1920) // Эйхенбаум

More information

Microsoft Word - ロシア語

Microsoft Word - ロシア語 1. 書き始め基本文例 はじめまして Очень приятно. 私は田中一郎です Я Танака Ичило. 私と友達になってくれる日本人以外の人を探しています Сейчас я ищу иностранного друга. 私はロシア語は全く分かりませんので 少し日本語が話せる人は大歓迎です Добро пожаловать который чуть-чуть говорить по-ипонски,

More information

シクロフスキイ再考の試み : 散文における《複製技術的要素》について

シクロフスキイ再考の試み : 散文における《複製技術的要素》について Title シクロフスキイ再考の試み : 散文における 複製技術的要素 について Author(s) 佐藤, 千登勢 Citation スラヴ研究 = Slavic Studies, 52: 119-144 Issue Date 2005 Doc URL http://hdl.handle.net/2115/39073 Type bulletin (article) File Information

More information

Microsoft Word - pre-print2005最終.doc

Microsoft Word - pre-print2005最終.doc Казакевич В. ПОСЛЕДНИЕ ЧТЕНИЯ НА ВИЛЛЕ JEANNETTE «Частьречи» еще Evseeva E.V. Клочков Ю. Предупреждение и устранение грамматических ошибок японских учащихся Накадзава А. О происхождении и эволюции эпистолярных

More information

untitled

untitled Малые и средние корпуса общего назначения ENSTO CUBO S. IP 66/67 ENSTO CUBO S представляет собой серию малых и средних корпусов общего назначения, изготовленных из термопластика. Поликарбонатные корпуса

More information

Как говорят программисты, система «не дружелюбна» к пользователю. プログラミストが言うには システムは利用者に対し 親切でない Карта загружается долго, переход от одного меню к дру

Как говорят программисты, система «не дружелюбна» к пользователю. プログラミストが言うには システムは利用者に対し 親切でない Карта загружается долго, переход от одного меню к дру Заявка на гектар 1 ヘクタールの申請 С 1 июня начала действовать программа по оформлению участков земли в рамках законопроекта о дальневосточном гектаре. 6 月 1 日から極東の1ヘクタールについての法案の枠内での土地区画手続きプログラムの施行が開始した Получить

More information

(8) (9) (10) (11) 1995 (12) (13) (14) (15) ные процессы среди российских немцев: Исторический аспект (материалы международной научной конфер

(8) (9) (10) (11) 1995 (12) (13) (14) (15) ные процессы среди российских немцев: Исторический аспект (материалы международной научной конфер 1941 1763 180 (1) 1990KGB (2) 1991 (3) 1992 (4) 1995 (5) 1994 (6) (7) 1 Aleksandr Nekrich, The Punished Peoples (New York: W. W. Norton & Company, 1978). Ingeborg Fleischhauer and Benjamin Pinkus, The

More information

S2-OM.pdf

S2-OM.pdf Manual 685 S2 686 S2 Добро пожаловать и благодарим вас за приобретение акустики компании Bowers & Wilkins. Наш основатель, Джон Бауэрс, верил в то, что творческий подход в проектировании, новаторская конструкция

More information

結婚儀礼に現れる帝政末期ロシア農民の親族関係 : 記述資料分析の試み

結婚儀礼に現れる帝政末期ロシア農民の親族関係 : 記述資料分析の試み Title 結婚儀礼に現れる帝政末期ロシア農民の親族関係 : 記述資料分析の試み Author(s) 伊賀上, 菜穂 Citation スラヴ研究 = Slavic Studies, 49: 179-212 Issue Date 2002 Doc URL http://hdl.handle.net/2115/38982 Type bulletin (article) File Information

More information

....Acta

....Acta Benjamin Pinkus, The Jews of the Soviet Union. The History of a National Minority (Cambridge: Cambridge UP, 1988); Gennadi Kostyrchenko, Out of the Red Shadows. Anti-Semitism in Stalin s Russia (N.Y.:

More information

世界戦争とネオ・スラヴ主義 : 第一次大戦期におけるヴャチェスラフ・イワノフの思想

世界戦争とネオ・スラヴ主義 : 第一次大戦期におけるヴャチェスラフ・イワノフの思想 Title 世界戦争とネオ スラヴ主義 : 第一次大戦期におけるヴャチェスラフ イワノフの思想 Author(s) 北見, 諭 Citation スラヴ研究 = Slavic Studies, 47: 117-155 Issue Date 2000 Doc URL http://hdl.handle.net/2115/38933 Type bulletin (article) File Information

More information

О том, что рассказывают те, что уже дома, и что они советуют, в репортаже Михаила Федотова. 既に帰国した人たちのお話や勧めていることについてミハイル フェドートフが報告します Самолёт рейса Мо

О том, что рассказывают те, что уже дома, и что они советуют, в репортаже Михаила Федотова. 既に帰国した人たちのお話や勧めていることについてミハイル フェドートフが報告します Самолёт рейса Мо Российские туристы рассказали, как пережили переворот в Турции ロシア人旅行者はトルコのクーデター時にどのように過ごしたか話した Более 2000 граждан России по данным Минтранса (министерство транспорта) вывезены к этому часу. 交通省のデータによると

More information

大森雅子60

大森雅子60 No. 60 2013 ミハイル ブルガーコフの教権主義批判における二元論の超克 作家の創作活動とソヴィエト権力との関係を中心に 大森雅子 はじめに 20 1891 1940 1 2 V 349 349 3 1 Ellendea Proffer, Bulgakov: Life and Work (Ann Arbor: Ardis, 1984), p. 541. 2 E. E. Ericson, The

More information

S2-OM.pdf

S2-OM.pdf Manual 685 S2 686 S2 Добро пожаловать и благодарим вас за приобретение акустики компании Bowers & Wilkins. Наш основатель, Джон Бауэрс, верил в то, что творческий подход в проектировании, новаторская

More information

リーダー達は両者の協力において最も切実で切迫した問題について話し合うた め顔を合わせた Сейчас идет встреча в расширенном составе - с участием министров и руководителей крупнейших российских ком

リーダー達は両者の協力において最も切実で切迫した問題について話し合うた め顔を合わせた Сейчас идет встреча в расширенном составе - с участием министров и руководителей крупнейших российских ком На Восточный экономический форум во Владивостоке приехало три тысячи участников из 35 стран ウラジオストクでの東方経済フォーラムに 35 か国から 3000 人の参加者が訪れた Главные политические новости сегодня приходят из Владивостока. 重要な政治的ニュースが今日ウラジオストクから届いた

More information

戦後ソ連物理学界の抗争とユダヤ人問題 : 知識人層における反ユダヤ現象の一側面

戦後ソ連物理学界の抗争とユダヤ人問題 : 知識人層における反ユダヤ現象の一側面 Title 戦後ソ連物理学界の抗争とユダヤ人問題 : 知識人層における反ユダヤ現象の一側面 Author(s) 長尾, 広視 Citation スラヴ研究, 50: 107-142 Issue Date 2003 Doc URL http://hdl.handle.net/2115/39012 Type bulletin (article) File Information 50-004.pdf Instructions

More information

スライド 1

スライド 1 МЕДИЦИНСКИ ПРИРУЧНИК Српски ( セルビア語 ) Када се обраћамо лекару: Не разумем јапанске медицинске термине. Стога, желим овај приручник да користим као помоћ, како бих лакше објаснио/-ла своје симптоме. Лични

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093E0955C8E86814594E08145899C957491E682528D5A824F8254824F8252825182512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093E0955C8E86814594E08145899C957491E682528D5A824F8254824F8252825182512E646F63> 1904 1905 * M I 1930 35 1300 V I 800 10 15 80 10 15 1905 1917 12 1917 1906 * Historiography 9 V I 3 11 20 35 4 1 2000 16 1910 500 P N 1990 1 1908 1917 1904 1905 2 3 4 5 6 7 1 Россия и Япония на заре ХХ

More information

Japan.indd

Japan.indd УДК 070(520)(075) ББК 65.497(5Япо) Ф44 ОГЛАВЛЕНИЕ Фесюн, А. Ф44 Язык японских СМИ [Текст] / Нац. исслед. ун-т «Высшая школа экономики». М.: Изд. дом Высшей школы экономики, 2013. 216 с. 1000 экз. ISBN

More information

Репортаж Павла Зарубина. パーベル ザルビンによるレポートです В астраханской школе имени Гейдара Алиева готовятся ко дню народного единства. アストラハンのヘイダル アリエフ記念学校では民族統一記

Репортаж Павла Зарубина. パーベル ザルビンによるレポートです В астраханской школе имени Гейдара Алиева готовятся ко дню народного единства. アストラハンのヘイダル アリエフ記念学校では民族統一記 Нужен ли закон о российской нации: Путин дал старт дискуссии ロシアの民族に関する法律は必要か : プーチンは議論をスタートさせた Представители каких народов должны получать гражданство в России в упрощённом порядке, как адаптировать мигрантов,

More information

Bulletin of JASRLL No.40-2 Abstracts of Research Papers Accepted for Presentation at the 58 th Annual Assembly of the Japan Association for the Study

Bulletin of JASRLL No.40-2 Abstracts of Research Papers Accepted for Presentation at the 58 th Annual Assembly of the Japan Association for the Study Г. Шатохина. Описание косвенной фонетической межъязыковой интерференции на материале реализации японскими учащимися русских бифонемных консонансов Н. Рогозная.Механизмы функционирования теоретической модели

More information

Август Закончились морские маневры Турецкий посол (Гусни-паша) уехал. Г. Извольский уехал за границу. Вечером на «Алмазе» прибудет г. Столыпин. (Утром прибыл) Извольский прибыл в Карлсбад В адмиралтейств-совете

More information

ミハイル・ブルガーコフの教権主義批判における二元論の超克 : 作家の創作活動とソヴィエト権力との関係を中心に

ミハイル・ブルガーコフの教権主義批判における二元論の超克 : 作家の創作活動とソヴィエト権力との関係を中心に Title ミハイル ブルガーコフの教権主義批判における二元論の超克 : 作家の創作活動とソヴィエト権力との関係を中心に Author(s) 大森, 雅子 Citation スラヴ研究 = Slavic Studies, 60: 29-55 Issue Date 2013-06-15 Doc URL http://hdl.handle.net/2115/56917 Type bulletin (article)

More information

354 1 1924 1889-1974 1968 200-204 2 1980 3 1926 1930 1931 4

354 1 1924 1889-1974 1968 200-204 2 1980 3 1926 1930 1931 4 1920-1930 0. 1920 1920 14-4 353 376 2012. 354 1 1924 1889-1974 1968 200-204 2 1980 3 1926 1930 1931 4 1920-1930 355 1. 1885-1942 1889-1939 1889-1962 1915 200 A. I. 356 1922 5 1920 S. 6 1920-1930 357 I.

More information

- February significance

- February significance ЯПОНИЯ ежегодник ЯПОНИЯ ежегодник ЯПОНИЯ ежегодник - February significance - February A.S. - February D.V. S.I. D.V. G.K. Правда - February N.N. D.V. O.V. - February D.V. A.N. D.V. D.V. D.V. D.V. A.N.

More information

1912 Северные записки Русская мысль Биржевые ведомости Чудакова М., Тоддес Е

1912 Северные записки Русская мысль Биржевые ведомости Чудакова М., Тоддес Е No. 59 2012 1910 20 年代のエイヘンバウム フォルマリズムとの接近と離反の過程 中村唯史 1. はじめに 1886 1959 1910 1920 1 1893 1984 1894 1943 1896 1982 1980 1905 1910 1946 1956 3 2 2009 3 20 1 Carol Any, Boris Eikhenbaum: Voices of a Russian

More information

естественный газ [36, p.530] каменный уголь (10.65 ) (7.32 ) 1927/28 [20, p.195] [29, pp ] бурый уголь К(8.00 ) О(7.70 ) РМ(5.55 ) [25, p.720]

естественный газ [36, p.530] каменный уголь (10.65 ) (7.32 ) 1927/28 [20, p.195] [29, pp ] бурый уголь К(8.00 ) О(7.70 ) РМ(5.55 ) [25, p.720] 1927/28 1955 1997 ([37], [38], [39], [45], [46]) 1927/28 1955 1997 1927/28 1955 [36] 1927/28 1927/28 1927 10 1928 9 10 9 1930 ( ) [11] 1.1 электроэнергия [36, p.530] 1.2 нефть f.o.b. [34, p.151] 48.1 1

More information

体制転換後ロシア連邦20 年の教育改革の展開と課題に関する総合的研究中間報告書(2011 年度)子どもの写真抜き.indd

体制転換後ロシア連邦20 年の教育改革の展開と課題に関する総合的研究中間報告書(2011 年度)子どもの写真抜き.indd В В Д.А. Ben Eklof, Larry Holmes and Vera Kaplan (eds.), 2007, Educational Reform in Post-soviet Russia: Legacies and Prospects, The Cummings Center Series. David Jonson (ed.), 2010, Politics, Modernization

More information

- Суффиксы вежливости (учебник урок 7, правило 5, стр. 49; файл «Суффиксы вежливости СЭНСЭЙ, САМА, САН, КУН, ТЯН») Заполните пропуск соответствующим п

- Суффиксы вежливости (учебник урок 7, правило 5, стр. 49; файл «Суффиксы вежливости СЭНСЭЙ, САМА, САН, КУН, ТЯН») Заполните пропуск соответствующим п Банк заданий_ Японский язык 1 семестр 6 класс - Тест 1_Т-1, С-1, Тест 2_И-1,С-1 Вопросы для самоконтроля 6 класс. Лексика: 1) Новые слова из тетради. 2) Новые слова из учебника Е.В. Стругова, Н.С. Шефтелевич,

More information

ロシア語教育研究第 7 号 ( 日本ロシア語教育研究会,2016) 講演録 日本ロシア語教育研究会 日本ロシア語学校教師会共催シンポジウム 日本社会におけるバイリンガル教育の現在 子どもに必要な教科書を, いま考える Своеобразие двуязычия и необходимость соз

ロシア語教育研究第 7 号 ( 日本ロシア語教育研究会,2016) 講演録 日本ロシア語教育研究会 日本ロシア語学校教師会共催シンポジウム 日本社会におけるバイリンガル教育の現在 子どもに必要な教科書を, いま考える Своеобразие двуязычия и необходимость соз ISSN 2185-2979 4 -... - 1... 21... 35... 49... 57 2016 ロシア語教育研究第 7 号 ( 日本ロシア語教育研究会,2016) 講演録 日本ロシア語教育研究会 日本ロシア語学校教師会共催シンポジウム 日本社会におけるバイリンガル教育の現在 子どもに必要な教科書を, いま考える Своеобразие двуязычия и необходимость

More information

Ⅰ-0-①

Ⅰ-0-① Общение 交 こうりゅう し知 流 Ⅰ あり合おう Познакомимся もくじ < 目次 >Оглавление はな 0. 話してみよう Поговорим あいさつ 1いろいろな挨拶 いちにちあいさつ A. 一日の挨拶しょたいめんあいさつ B. 初対面の挨拶ものようとの用途を尋ものを借 2 物 3 物 に 4 日 ほん本 Различные приветствия Приветствия

More information

Bulletin of JASRLL No.40-2 Abstracts of Research Papers Accepted for Presentation at the 58 th Annual Assembly of the Japan Association for the Study

Bulletin of JASRLL No.40-2 Abstracts of Research Papers Accepted for Presentation at the 58 th Annual Assembly of the Japan Association for the Study Г. Шатохина. Описание косвенной фонетической межъязыковой интерференции на материале реализации японскими учащимися русских бифонемных консонансов Н. Рогозная.Механизмы функционирования теоретической модели

More information