目 次 海 岸 領 域 における 取 組 状 況 の 報 告 ~ 三 保 松 原 の 海 岸 景 観 の 改 善 ~ 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 3 景 観 改 善 検 討 の 概 要 6 参 考 資 料 24

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 海 岸 領 域 における 取 組 状 況 の 報 告 ~ 三 保 松 原 の 海 岸 景 観 の 改 善 ~ 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 3 景 観 改 善 検 討 の 概 要 6 参 考 資 料 24"

Transcription

1 資 料 -7 平 成 26 年 12 月 10 日 静 岡 県 河 川 砂 防 局

2 目 次 海 岸 領 域 における 取 組 状 況 の 報 告 ~ 三 保 松 原 の 海 岸 景 観 の 改 善 ~ 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 3 景 観 改 善 検 討 の 概 要 6 参 考 資 料 24

3 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 全 体 必 要 最 小 限 の 施 設 整 備 と 養 浜 の 組 合 せによる 海 岸 保 全 駒 越 ~ 三 保 地 区 では 砂 浜 が 残 っている 段 階 で ヘッドランド を 設 置 安 倍 川 の 土 砂 を 利 用 した サンドバイパス 砂 嘴 先 端 部 の 土 砂 を 利 用 した サンドリサイクル を 実 施 3 消 波 堤 4 基 (H7~H8) 4 号 3 号 L 型 突 堤 (H9~H12) 2 号 1 号 三 保 離 岸 堤 型 ヘッドランド5 基 5 号 計 画 養 浜 量 3 万 m 3 / 年 ( 累 計 7.5 万 m 3 ) 離 岸 堤 19 基 (H1~H11) (S58~H17) 2 号 1 号 3 号 4 号 駒 越 増 蛇 塚 折 戸 計 画 養 浜 量 6 万 m 3 / 年 ( 累 計 67 万 m 3 ) 消 波 堤 の 設 置 状 況 計 画 養 浜 量 2 万 m 3 / 年 ( 累 計 29 万 m 3 ) 安 倍 川 からのサンドバイパス 飛 行 場 前 面 からのサンドリサイクル

4 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 消 波 堤 区 間 の 状 況 1997(H9) 年 2 月 消 波 堤 設 置 直 後 : 侵 食 域 到 達 前 (H25) 年 1 月 消 波 堤 設 置 16 年 後 : 侵 食 域 到 達 後 汀 線 三 保 消 波 堤 標 準 断 面 図 H.H.W.L T.P m M.W.L T.P m 天 端 高 :T.P.+5.1m ( 消 波 フ ロック2 層 積 み 高 さ) 漂 砂 制 御 機 能 確 保 のための 必 要 高 以 上 T.P.+3m( 満 潮 位 + 年 数 回 波 高 0.5) 以 上 天 端 幅 :ブロック3 個 並 び 消 波 堤 ブロック 重 量 1 号 :40t 2 号 :50t( 被 災 後 ランクアッフ ) 3 号 :40t( 延 伸 部 50t) 4 号 :50t( 被 災 後 ランクアッフ ) 設 置 地 盤 高 T.P.-0.5m

5 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 消 波 堤 区 間 の 状 況 5 各 消 波 堤 下 手 の 砂 浜 が 狭 く 1 号 消 波 堤 下 手 の 砂 浜 幅 は 必 要 砂 浜 幅 を 割 り 込 んでいる ヘット ラント 区 間 への 養 浜 により 突 堤 下 手 側 の 沿 岸 漂 砂 量 は 回 復 傾 向 にあるが 海 岸 線 の 後 退 は 現 在 も 進 行 している 浜 幅 (m) 沿 岸 漂 砂 量 分 布 ( ) 360 消 波 堤 区 間 の 砂 浜 幅 1997 年 (H9)3 月,2007 年 (H19) 年 3 月,2013 年 (H25)1 月 1 号 消 波 堤 下 手 の 状 況 年 3 月 2007 年 3 月 2 号 消 波 堤 年 1 月 240 必 要 砂 浜 幅 4 号 消 波 堤 200 H25.7 撮 影 号 消 波 堤 1 号 消 波 堤 3 号 消 波 堤 No No No No No No No No 沿 岸 測 距 線 離 No. (km) No No No No No No リサイクル 養 浜 材 採 取 (H19~H24 年 度 ) 養 浜 (H23 24 年 度 )

6 景 観 改 善 検 討 の 概 要 取 り 組 みの 経 緯 6 H イコモスが 富 士 山 からの 距 離 や 景 観 上 の 問 題 を 理 由 に 三 保 松 原 を 構 成 資 産 から 除 外 するよう ユネスコ 世 界 遺 産 委 員 会 に 勧 告 景 観 上 の 問 題 が 指 摘 された 消 波 堤 H ユネスコ 世 界 遺 産 委 員 会 において 三 保 松 原 を 構 成 資 産 に 含 む 形 で 富 士 山 が 世 界 文 化 遺 産 登 録 リストへの 記 載 が 決 定 される 2016 年 1 月 末 までに 保 全 状 況 報 告 書 を 提 出 す るよう 求 められる 三 保 松 原 から 富 士 山 に 対 する 展 望 は 潜 在 的 に 問 題 である とイコモスは 考 え る 著 名 な 広 重 の 版 画 に 見 られる 展 望 地 点 ではあるが 複 数 の 関 連 する 展 望 地 点 が 存 在 し そのうちのいくつかは 消 波 堤 ( 計 5 箇 所 そのうちの4 箇 所 は 海 岸 線 と 海 面 との 接 点 に 顕 著 な 小 丘 を 形 成 している )が 存 在 するため 美 しさの 観 点 から 望 ましくない しかし 色 彩 形 態 の 観 点 から 自 然 的 な 景 観 に 馴 染 ませるための 努 力 が 行 われてきた (イコモス 報 告 4. 資 産 に 対 する 影 響 因 子 より) 連 日 多 くの 観 光 客 でにぎわう 砂 浜 世 界 文 化 遺 産 登 録 を 契 機 とした 取 り 組 み 世 界 遺 産 にふさわしい 海 岸 を 後 世 に 伝 えるために 砂 浜 の 保 全 に 大 きな 役 割 を 果 たしてきた 消 波 ブロックの 存 在 が 審 美 的 観 点 において 望 ましくないという 指 摘 を 受 けたことを 重 く 受 け 止 める 海 岸 侵 食 の 勢 いはいまだ 衰 えておらず 地 球 温 暖 化 による 海 面 上 昇 や 津 波 など 海 岸 部 における 災 害 防 止 の 必 要 性 は 増 大 している これまでの 経 験 と 先 端 の 知 見 技 術 を 駆 使 し 防 護 と 景 観 の 両 面 から 問 題 を 捉 え 両 者 を 高 い 次 元 で 調 和 させることにより 文 化 財 としての 新 たな 価 値 を 創 造 する ( 三 保 松 原 白 砂 青 松 保 全 技 術 会 議 設 立 趣 意 書 を 引 用 )

7 景 観 改 善 検 討 の 概 要 取 り 組 みの 経 緯 三 保 松 原 白 砂 青 松 保 全 技 術 会 議 の 設 立 ~ 景 観 防 護 が 調 和 する 海 岸 づくりの 検 討 ~ 7 世 界 遺 産 構 成 資 産 にふさわしい 新 たな 海 岸 の 姿 を 実 現 するため 近 藤 前 文 化 庁 長 官 を 座 長 とする 技 術 会 議 を 設 立 し 海 岸 工 学 や 景 観 文 化 財 保 護 などの 多 角 的 な 視 点 から 提 案 助 言 を 受 ける 第 1 回 : 平 成 25 年 9 月 10 日 海 岸 の 概 要 対 応 方 針 確 認 第 2 回 : 平 成 26 年 1 月 30 日 対 策 工 法 (L 型 突 堤 )の 選 定 第 3 回 : 平 成 26 年 11 月 20 日 施 設 形 状 構 造 案 提 示 三 保 松 原 白 砂 青 松 保 全 技 術 会 議 (H 現 在 ) 氏 名 分 野 所 属 近 藤 誠 一 学 識 ( 文 化 財 ) 前 文 化 庁 長 官 座 長 難 波 喬 司 学 識 ( 海 岸 文 化 ) 行 政 ( 県 ) 京 都 大 学 客 員 教 授 静 岡 県 副 知 事 副 座 長 宇 多 高 明 学 識 ( 海 岸 ) 日 本 大 学 客 員 教 授 岡 田 智 秀 学 識 ( 海 岸 景 観 ) 日 本 大 学 理 工 学 部 教 授 第 1 回 三 保 松 原 白 砂 青 松 保 全 技 術 会 議 の 様 子 (H ) 海 岸 管 理 者 清 水 海 岸 侵 食 対 策 検 討 委 員 会 モニタリング 評 価 対 策 の 見 直 し 合 意 形 成 対 策 の 実 施 モニタリングの 実 施 佐 藤 愼 司 学 識 ( 海 岸 ) 東 京 大 学 工 学 系 研 究 科 社 会 基 盤 学 専 攻 教 授 篠 原 修 学 識 ( 景 観 工 学 ) 東 京 大 学 名 誉 教 授 杉 本 隆 成 学 識 ( 海 洋 ) 東 京 大 学 名 誉 教 授 勢 田 昌 功 行 政 ( 国 ) 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 河 川 部 長 本 中 眞 行 政 ( 国 ) 文 化 庁 文 化 財 部 記 念 物 課 主 任 文 化 財 調 査 官 安 田 喜 憲 行 政 ( 県 ) 静 岡 県 補 佐 官 ( 学 際 担 当 ) 国 県 市 関 係 団 体 との 連 携 安 倍 川 総 合 土 砂 管 理 計 画 フォローアップ 委 員 会 三 保 松 原 の 松 林 保 全 技 術 会 議 山 本 克 也 行 政 ( 市 ) 静 岡 市 副 市 長 名 勝 等 に 係 る 関 係 組 織 など

8 景 観 改 善 検 討 の 概 要 基 本 理 念 8 基 本 理 念 背 後 地 の 防 護 と 芸 術 の 源 泉 にふさわしい 景 観 の 両 立 防 護 現 在 の 防 護 水 準 を 確 保 景 観 絵 画 などに 描 かれた 景 観 を 回 復 50 年 に1 回 発 生 する 規 模 の 波 浪 や 想 定 される 津 波 から 背 後 地 を 防 護 するとともに 構 成 資 産 に 対 して 致 命 的 な 影 響 を 及 ぼさないよう 努 める 世 界 文 化 遺 産 構 成 資 産 および 国 の 名 勝 としての 本 質 的 価 値 である 富 士 山 松 林 砂 浜 海 の 組 み 合 わせにより 景 観 を 構 成 する 歌 川 広 重 冨 士 三 十 六 景 昭 和 30 年 代 の 絵 葉 書 和 田 英 作 松 原 富 士 ( 昭 和 29 年 )

9 景 観 改 善 検 討 の 概 要 近 年 の 台 風 来 襲 状 況 9 昨 年 9 月 の 台 風 18 号 時 10 月 の 台 風 26 号 時 に 久 能 観 測 所 において 既 往 6 位 既 往 2 位 の 波 高 を 観 測 し 砂 浜 が 狭 い1 号 ~2 号 消 波 堤 間 などで 越 波 が 生 じた 今 年 10 月 の 台 風 18 号 でも 歴 代 最 高 に 近 い 有 義 波 高 を 観 測 した( 速 報 値 ) 久 能 観 測 所 の 波 高 上 位 10 波 (2000(H12) 年 ~2013(H25) 年 ) 順 位 気 象 要 因 有 義 波 高 (m) 有 義 波 周 期 (s) 最 大 値 観 測 時 刻 1 位 2011 年 台 風 15 号 / 9/21 16 時 2 位 2013 年 台 風 26 号 /10/16 7 時 3 位 2012 年 台 風 17 号 / 9/30 22 時 4 位 2002 年 台 風 21 号 /10/ 1 20 時 5 位 2009 年 台 風 18 号 /10/ 8 7 時 6 位 2013 年 台 風 18 号 / 9/16 9 時 7 位 2012 年 台 風 4 号 / 6/19 24 時 8 位 2005 年 台 風 11 号 / 8/25 20 時 9 位 2004 年 爆 弾 低 気 圧 /12/ 5 6 時 10 位 2004 年 台 風 23 号 /10/20 21 時 2014 年 台 風 18 号 /10/6 9 時 30 分 安 倍 川 速 報 値 :10 分 データ 羽 衣 の 松 静 岡 海 岸 久 能 観 測 所 三 保 松 原 清 水 海 岸 1 号 消 波 堤 2 2 号 消 波 堤 2 号 消 波 堤 1 L 型 突 堤 1 号 消 波 堤 H25.12 撮 影 1 2 台 風 26 号 時 の 海 岸 状 況 10 月 16 日 8 時 潮 位 T.P.+0.2m

10 景 観 改 善 検 討 の 概 要 対 応 方 針 ~ 中 間 報 告 (H ) 骨 子 ~ 10 1 将 来 的 に 構 造 物 に 頼 らない 海 岸 を 実 現 するため 常 に 土 砂 供 給 の 連 続 性 を 確 保 するよう 努 める 2 砂 浜 が 自 然 回 復 するまでの 間 景 観 的 に 配 慮 した 最 低 限 の 施 設 により 砂 浜 を 保 全 する (1) 短 期 対 策 として 1 号 2 号 消 波 堤 をL 型 突 堤 に 置 き 換 える サンドリサイクル 量 は5 万 m 3 を 基 本 とする 突 堤 長 さを 含 めた 施 設 諸 元 等 については 詳 細 検 討 により 決 定 する 初 期 養 浜 等 により 景 観 改 善 目 標 を 早 期 に 達 成 できるよう 努 める (2) 中 期 対 策 として 3 号 4 号 消 波 堤 をL 型 突 堤 に 置 き 換 える 対 策 の 要 否 を 含 め 詳 細 は 短 期 対 策 完 了 後 に 改 めて 検 討 する 海 浜 変 形 状 況 などのモニタリング 結 果 を 踏 まえた 順 応 的 な 見 直 しにより 常 に 計 画 の 最 適 化 に 努 める 養 浜 量 や 施 設 構 造 などを 海 浜 変 形 状 況 に 応 じて 随 時 見 直 す 目 指 す 海 岸 の 姿 を 実 現 するため 関 係 者 関 係 機 関 との 連 携 を 進 める 文 化 財 を 構 成 する 周 辺 部 と 一 体 的 となって 三 保 松 原 の 文 化 財 的 な 価 値 向 上 に 努 める

11 景 観 改 善 検 討 の 概 要 段 階 的 な 対 策 の 実 施 11 短 期 対 策 羽 衣 の 松 エリアでの 視 認 性 が 高 い1 号 消 波 堤 周 辺 の 景 観 改 善 を 優 先 的 に 実 施 1 号 消 波 堤 2 号 消 波 堤 中 期 対 策 2 号 消 波 堤 より 下 手 側 について 海 浜 変 形 の 状 況 等 をモニタリング しながら 展 開 を 順 次 検 討 3 号 消 波 堤 4 号 消 波 堤 長 期 対 策 河 川 海 岸 における 土 砂 移 動 の 連 続 性 を 維 持 し 安 倍 川 から 供 給 される 土 砂 による 施 設 に 頼 らない 砂 浜 の 保 全 を 実 現 する 厳 しい 海 象 条 件 地 形 条 件 下 にあること 予 測 の 不 確 実 性 等 を 考 慮 し 景 観 上 の 問 題 が 大 きい 1 号 消 波 堤 周 辺 から 段 階 的 に 整 備 を 実 施 モニタリングを 平 行 して 実 施 し 順 応 的 に 計 画 の 見 直 しをおこなう 2 号 消 波 堤 3 号 消 波 堤 短 期 対 策 (H27~) 4 号 消 波 堤 中 期 対 策 1 号 消 波 堤 1 号 消 波 堤 L 型 突 堤 L 型 突 堤 付 近 からの 消 波 堤 の 見 え 方 H25.12 撮 影 長 期 対 策

12 景 観 改 善 検 討 の 概 要 海 浜 変 形 シミュレーションの 実 施 方 針 12 平 成 25 年 度 の 検 討 概 略 詳 細 の2 段 階 でシミュレーションを 実 施 20 年 後 の 予 測 汀 線 により 防 護 目 標 の 達 成 状 況 を 確 認 するとともに フォトモンタージュに よる 景 観 検 証 コストや 維 持 管 理 なども 含 めた 総 合 的 な 評 価 をおこなった L 型 突 堤 を 最 適 案 として 選 定 当 該 区 間 への 養 浜 (サンドリサイクル)を 増 量 概 略 検 討 保 全 施 設 の 絞 込 み 詳 細 検 討 施 設 規 模 養 浜 規 模 の 検 証 消 波 堤 存 置 比 較 対 象 1 号 2 号 消 波 堤 のみをL 型 突 堤 に 置 き 換 え 海 浜 に 影 響 が 大 きい 突 堤 長 ( 先 端 水 深 )と 養 浜 量 を 変 更 消 波 堤 撤 去 比 較 対 象 新 型 離 岸 堤 人 工 リーフ L 型 突 堤 現 消 波 堤 と 同 等 の 防 護 機 能 を 確 保 施 設 の 視 認 性 は 堆 砂 により 改 善 突 堤 先 端 水 深 4m 6m 養 浜 量 (/ 年 ) 養 浜 は5 万 m 3 を 基 本 突 堤 の 諸 元 は 詳 細 検 討 で 決 定 防 護 面 養 浜 5 万 m 3 / 年 の 実 施 により ほぼ 全 域 で 必 要 浜 幅 80mを 確 保 ( 採 取 箇 所 の 移 動 を 検 討 ) 現 消 波 堤 開 口 部 にも 設 置 ( 計 7 基 )した 場 合 も 検 討 L 型 突 堤 3 万 m 3 5 万 m 3 景 観 面 堆 砂 により 縦 堤 は 視 認 されず 横 堤 の 一 部 が 視 認

13 景 観 改 善 検 討 の 概 要 海 浜 変 形 シミュレーション 予 測 結 果 13 シミュレーションによる 汀 線 予 測 :L 型 突 堤 ( 先 端 水 深 4m)+ 養 浜 5 万 m 3 / 年 汀 線 予 測 ( 実 地 形 上 ) 20 年 後 の 予 測 汀 線 1998(H10) 年 9 月 汀 線 ( 侵 食 前 の 汀 線 ) L 型 突 堤 4 号 1 号 越 波 防 護 上 必 要 な 砂 浜 幅 80m 3 号 2 号 50m 20m 漂 砂 卓 越 方 向 10m 5m 三 保 飛 行 場 15.5km 15.0km 14.5km 14.0km 養 浜 -5 万 +2 万 +3 万 16.0km 地 形 変 化 予 測 ( 展 開 座 標 上 ) 水 深 変 化 量 (20 年 間 ) 汀 線 変 化 量 (5 年 ~20 年 )

14 景 観 改 善 検 討 の 概 要 景 観 改 善 イメージ 羽 衣 D 現 況 14 羽 衣 D

15 景 観 改 善 検 討 の 概 要 景 観 改 善 イメージ 羽 衣 D L 型 突 堤 ( 先 端 水 深 4m)+ 養 浜 5 万 m 3 / 年 20 年 後 15 羽 衣 D

16 景 観 改 善 検 討 の 概 要 景 観 改 善 イメージ 羽 衣 F 現 況 16 羽 衣 F

17 景 観 改 善 検 討 の 概 要 景 観 改 善 イメージ 羽 衣 F L 型 突 堤 ( 先 端 水 深 4m)+ 養 浜 5 万 m 3 / 年 20 年 後 17 羽 衣 F

18 景 観 改 善 検 討 の 概 要 現 在 の 検 討 状 況 18 養 浜 箇 所 を 上 手 側 にも 拡 大 し L 型 突 堤 ~1 号 消 波 堤 間 の 砂 浜 回 復 を 促 す 突 堤 配 置 は 2 基 1 基 それぞれにメリットがあるため 継 続 検 討 とする 浜 幅 浜 幅 (m) 号 14.5 新 設 X(km) 号 L 型 突 堤 2 基 (5 年 後 ) 突 堤 2 基 (20 年 後 ) 突 堤 1 基 (5 年 後 ) 突 堤 1 基 (20 年 後 ) 必 要 浜 幅 80m 20 年 後 の 汀 線 位 置 突 堤 2 基 (5 年 後 ) 突 堤 2 基 (20 年 後 ) 突 堤 1 基 (5 年 後 ) 突 堤 1 基 (20 年 後 ) 1998(H10) 年 9 月 汀 線 ( 侵 食 前 の 汀 線 ) 越 波 防 護 上 必 要 な 砂 浜 幅 初 期 汀 線 (2013(H25) 年 1 月 測 量 ) 3 号 2 号 1 号 L 型 突 堤 養 浜 量 1 万 堤 防 2.5 万 1.5 万 無 堤 T.P.10m 以 上

19 景 観 改 善 検 討 の 概 要 現 在 の 検 討 状 況 19 第 3 回 三 保 松 原 白 砂 青 松 保 全 技 術 会 議 (11/20) 時 点 の 結 論 配 置 現 消 波 堤 位 置 への 設 置 (2 基 )や1 号 堤 ~2 号 堤 中 間 への 設 置 (1 基 ) などの 選 択 肢 から 防 護 と 景 観 のバランスのとれた 案 を 選 定 する ( 今 後 )シミュレーションと 模 型 を 用 いた 最 適 化 検 討 形 状 縦 堤 の 先 端 位 置 は 侵 食 前 の 汀 線 付 近 とする( 消 波 堤 位 置 ではT.P.-4m) 横 堤 長 は70mを 基 本 とする 天 端 高 はT.P.+1.5mを 基 本 とする ( 今 後 ) 景 観 的 構 造 的 な 要 請 からの 形 状 検 討 養 浜 総 量 は5 万 m 3 / 年 ( 飛 行 場 付 近 からのサンドリサイクル)とする L 型 突 堤 ~1 号 堤 の 汀 線 回 復 のため 1 号 堤 上 手 側 への 養 浜 を 実 施 する ( 今 後 ) 景 観 上 好 ましい 養 浜 形 状 検 討 長 期 的 な 養 浜 材 に 係 る 課 題 検 証

20 景 観 改 善 検 討 の 概 要 突 堤 構 造 に 関 する 課 題 20 既 設 L 型 突 堤 をそのまま 適 用 することは 困 難 海 底 勾 配 が 極 めて 急 になり 波 力 も 増 大 既 設 L 型 突 堤 の 構 造 急 勾 配 区 間 計 画 波 高 Ho =15.0m 海 底 勾 配 1/5~1/10 緩 勾 配 区 間 計 画 波 高 Ho =11.4m 海 底 勾 配 1/20 平 面 図 67m No.46 No.27 L 型 突 堤 羽 衣 の 松 折 戸 三 保 121m 測 線 No 基 準 年 2000 年 3 月 測 線 No 基 準 年 2000 年 3 月 縦 断 図 L=121m 海 底 勾 配 1/8 著 しい 侵 食 傾 向 2000 年 3 月 2013 年 年 1 月 5 0 標 -5 高 T.P.m -10 海 底 勾 配 1/20 安 定 ~ 堆 積 傾 向 年 年 13 月 2013 年 1 月 天 端 高 : T.P.+1.5m T.P.-9.4m -15 No No 断 面 方 向 距 離 (m) 断 面 方 向 距 離 (m)

21 景 観 改 善 検 討 の 概 要 突 堤 構 造 に 関 する 課 題 21 横 堤 に 有 脚 式 構 造 の 適 用 を 検 討 縦 堤 に 既 存 突 堤 と 同 じ 被 覆 ブロック 式 を 採 用 した ハイブリッドタイプ 平 面 図 横 堤 有 脚 式 縦 断 図 T.P.+1.5 T.P 縦 堤 被 覆 ブロック 張 式 横 堤 有 脚 式 課 題 背 後 に 堆 砂 した 場 合 の 消 波 性 能 土 圧 の 影 響 反 射 率 等 の 確 認 が 必 要 杭 打 設 時 に 埋 没 ブロックが 干 渉 する 可 能 性 がある 縦 堤 被 覆 ブロック 張 式 透 過 不 透 過 双 方 のメリット デメリットを 考 慮 した 透 過 率 の 設 定 :T.P.+0 以 上 透 過 率 を 高 くする 波 圧 洗 掘 量 が 抑 えられ 施 設 の 安 全 性 は 高 まるが 堆 砂 性 能 が 落 ちる 透 過 率 を 低 くする 堆 砂 性 能 が 上 がるが 波 圧 洗 掘 量 も 大 きくなり 施 設 の 安 全 性 は 下 がる

22 景 観 改 善 検 討 の 概 要 モニタリングの 実 施 22 モニタリング 体 制 既 存 の 清 水 海 岸 侵 食 対 策 検 討 委 員 会 を 核 とした 組 織 ( 拡 充 部 会 化 など)で 対 応 モニタリング 項 目 効 果 の 検 証 防 護 目 的 景 観 目 的 現 在 のモニタリングを 基 本 とし 必 要 な 調 査 項 目 を 追 加 する 1/50 確 率 波 浪 に 対 する 防 護 水 準 ( 越 波 量 )を 満 たしているか 確 認 砂 浜 幅 海 浜 海 底 地 形 海 象 観 測 など 景 観 変 化 に 関 する 経 過 観 察 を 実 施 する 施 設 の 景 観 的 な 影 響 が 低 減 しているか 確 認 施 設 の 見 え 方 汀 線 形 状 など( 定 点 写 真 観 測 ) 影 響 の 確 認 施 設 通 常 の 測 量 とは 別 に 施 設 及 び 周 辺 地 形 を 詳 細 に 監 視 する 目 的 L 型 突 堤 本 体 及 びその 周 辺 地 形 に 問 題 がある 変 化 が 発 生 していないか 確 認 周 辺 地 形 施 設 変 形 など 利 用 環 境 5 年 毎 程 度 の 間 隔 で 確 認 をおこなう 目 的 利 用 環 境 に 悪 影 響 を 及 ぼしていないか 確 認 漁 業 利 用 ウミガメ 産 卵 など 長 期 目 標 の 実 現 安 倍 川 からの 土 砂 供 給 と 砂 浜 の 自 然 回 復 が 順 調 に 進 んでいるか 安 倍 川 総 合 土 砂 管 理 計 画 フォローアップ 委 員 会 との 連 携

23 景 観 改 善 検 討 の 概 要 スケジュール 平 成 28 年 1 月 末 までに 保 全 状 況 報 告 書 を 提 出 平 成 27 年 度 中 の 工 事 着 手 を 目 指 す 23 年 度 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 平 成 27 年 度 (2015 年 度 ) 月 保 全 状 況 報 告 書 事 務 局 作 業 世 界 遺 産 協 議 会 全 体 構 想 案 の 作 成 各 種 戦 略 案 の 作 成 富 士 山 包 括 的 保 存 管 理 計 画 改 定 英 訳 提 出 第 5 回 第 6 回 第 7 回 全 体 構 想 案 採 択 各 種 戦 略 案 採 択 保 存 管 理 計 画 確 定 事 務 局 作 業 海 浜 変 形 シミュレーション 検 討 結 果 のまとめ 海 岸 部 景 観 改 善 工 事 白 砂 青 松 保 全 技 術 会 議 第 3 回 突 堤 形 状 決 定 養 浜 量 決 定 第 4 回 突 堤 構 造 決 定 モニタリング 計 画 決 定 発 注 準 備 工 事

24 参 考 資 料 静 岡 海 岸 の 経 年 変 化 (S56) 年 久 能 山 東 照 宮 古 安 川 殿 谷 川 浜 川 安 倍 川 2013(H25) 年 久 能 山 東 照 宮 古 安 川 殿 谷 川 浜 川 安 倍 川

25 参 考 資 料 清 水 海 岸 の 経 年 変 化 25 羽 衣 の 松 1981(S56) 年 三 保 飛 行 場 羽 衣 の 松 1989(H1) 年 H5 H4 H3 H3 H11 H10 三 保 飛 行 場 H7 H7 羽 衣 の 松 2013(H25) 年 H7 H8 三 保 飛 行 場 写 真 中 の 年 次 は 施 設 の 整 備 完 了 年 を 示 す

下 北 八 戸 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 平 成 26 年 3 月 青 森 県 青 い 海 はみんなの 宝 下 北 八 戸 沿 岸 の 基 本 理 念 本 州 最 北 の 幾 多 の 自 然 美 と 風 土 を 守 り 水 産 都 市 の 発 展 を 支 えてきた 山 海 の 豊 かな 恵 みを 後 世 へ 受 け 継 ぎ 海 と 共 に 活 きる 下 北 八 戸 沿 岸 の 海 岸

More information

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc 第 5 編 建 築 物 被 害 の 想 定 5-1 5.1 被 害 基 準 5-1 5.2 現 況 データ 5-5 5.3 揺 れによる 被 害 5-13 5.3.1 予 測 方 針 5-13 5.3.2 予 測 手 法 5-14 5.3.3 予 測 結 果 5-16 5.4 液 状 化 による 被 害 5-20 5.4.1 予 測 方 針 5-20 5.4.2 予 測 手 法 5-21 5.4.3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8> 東 大 谷 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 第 1 河 川 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 1 1 河 川 及 び 流 域 の 現 状 1 (1) 河 川 及 び 流 域 の 概 要 1 (2) 治 水 事 業 の 沿 革 と 現 状 1 (3) 河 川 の 利 用 及 び 住 民 との 関 わり 2 (4)

More information

100 100 6 1 8 10 18 5 12 9 26 2 9 80 2500 7 1400 1 20 7 5 1 3 16 16 16 16 No No.010101 020301 No.020302 021301 TP+3.00 3.06 TP+3.06 3.14 Ho To Ho 1.35m 3.0m To 5.6s 6.8s Ho 2.49m 3.0m

More information

<5461726F2D3132303132378A438ADD96688DD097D195F18D908F918DC58F49>

<5461726F2D3132303132378A438ADD96688DD097D195F18D908F918DC58F49> 今 後 における 海 岸 防 災 林 の 再 生 について 平 成 24 年 2 月 東 日 本 大 震 災 に 係 る 海 岸 防 災 林 の 再 生 に 関 する 検 討 会 目 次 はじめに 1 第 1 検 討 の 趣 旨 3 第 2 海 岸 防 災 林 の 被 災 状 況 及 び 津 波 に 対 する 効 果 4 1 地 震 及 び 津 波 の 概 要 4 2 海 岸 防 災 林 の 被 災

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63> ( 別 紙 2) 再 評 価 調 書 ( 案 ) Ⅰ 概 要 名 床 上 浸 水 対 策 特 別 緊 急 地 区 名 一 級 河 川 箇 所 岡 崎 市 西 尾 市 幸 田 町 あ らまし は 幸 田 町 桐 山 を 源 とし 右 支 川 である 等 を 合 流 させ 岡 崎 市 市 街 地 を 貫 流 し て 矢 作 古 川 に 注 ぐ 流 域 面 積 約 101km 2 河 川 延 長 約 19km

More information

Microsoft Word - 5-(1)-0表紙

Microsoft Word - 5-(1)-0表紙 5-1 51 海 域 生 物 について 5-1-1 ウミガメ 類 の 上 陸 産 卵 孵 化 5-1-2 事 業 実 施 に 伴 うウミガメ 類 の 他 域 への 逃 避 5-1-3 環 境 保 全 措 置 5-1-1 知 事 意 見 への 対 応 方 針 知 事 の 意 見 対 応 方 針 備 考 分 類 ウミガメ 類 に 係 る 予 測 について エ ウミガメ 類 に 係 る 予 測 について

More information

Microsoft Word - 3-(2)-0表紙

Microsoft Word - 3-(2)-0表紙 3-(2) 3(2) 事 業 内 容 について 3-(2)-1 土 砂 3-(2)-2 美 謝 川 切 替 3-(2)-3 海 上 ヤード 3-(2)-1 知 事 意 見 への 対 応 方 針 知 事 の 意 見 対 応 方 針 備 考 分 類 土 砂 について (1) 土 砂 の 調 達 計 画 については 沖 縄 県 はも とより 県 外 も 対 象 として 検 討 していますが 現 時 点 において

More information

東 日 本 大 震 災 対 応 報 告 書 ~ 地 球 観 測 衛 星 及 び 通 信 衛 星 による 対 応 の 記 録 ~ 4 近 代 技 術 で 大 規 模 に 構 築 された 港 湾 の 浸 水 災 害 対 策 にも 万 全 を 期 して 設 計 された と 思 われる 港 湾 施 設 宮

東 日 本 大 震 災 対 応 報 告 書 ~ 地 球 観 測 衛 星 及 び 通 信 衛 星 による 対 応 の 記 録 ~ 4 近 代 技 術 で 大 規 模 に 構 築 された 港 湾 の 浸 水 災 害 対 策 にも 万 全 を 期 して 設 計 された と 思 われる 港 湾 施 設 宮 2.1.7 現 地 調 査 結 果 2.1.7.1 現 地 調 査 世 界 観 測 史 上 4 番 目 の 規 模 となる M9.0 の 東 日 本 大 震 災 では 広 域 に 亘 る 津 波 による 被 災 が 発 生 した 高 さ 数 十 メートルの 地 盤 までの 浸 水 海 岸 付 近 の 低 地 部 の 沈 下 海 没 湛 水 津 波 の 河 川 遡 上 津 波 堤 防 の 破 壊 市

More information

2. 浸 食 域 の 移 動 のメカニズム 6 三 保 海 岸 5 4 久 能 ( 静 岡 ) 海 岸 安 倍 川 1 2 3 図 -2 砂 礫 の 移 動 ( 数 字 1~6は 写 真 撮 影 位 置 ) 三 保 半 島 は 約 14キロ 離 れた 安 倍 川 の 砂 や 安 倍 川 と 半 島

2. 浸 食 域 の 移 動 のメカニズム 6 三 保 海 岸 5 4 久 能 ( 静 岡 ) 海 岸 安 倍 川 1 2 3 図 -2 砂 礫 の 移 動 ( 数 字 1~6は 写 真 撮 影 位 置 ) 三 保 半 島 は 約 14キロ 離 れた 安 倍 川 の 砂 や 安 倍 川 と 半 島 2004 年 9 月 APA No.87-2 第 26 回 技 術 発 表 会 論 文 特 集 財 団 法 人 日 本 測 量 調 査 技 術 協 会 2.Air-borne LiDARによる 三 保 海 岸 浸 食 調 査 (partⅡ) 秋 山 幸 秀 根 元 謙 次 横 山 心 一 郎 1.はじめに 環 境 防 災 や 国 土 の 保 全 の 見 地 から 海 岸 浸 食 調 査 を 行 ない

More information

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6 甲 66 号 証 国 土 交 通 省 のホームページより 入 手 した 近 隣 の 各 水 系 の 主 要 洪 水 の 概 要 ( 富 山 県 ) 黒 部 川 常 願 寺 川 神 通 川 小 矢 部 川 ( 石 川 県 ) 梯 川 手 取 川 北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概

More information

<81A188EF8FE98AEE967B8C7689E65F C88D7E8F4390B35F89FC92F988C45F413494C581798D95817A48502E786477>

<81A188EF8FE98AEE967B8C7689E65F C88D7E8F4390B35F89FC92F988C45F413494C581798D95817A48502E786477> 3. 海 岸 の 保 全 に 関 する 基 本 的 な 事 項 3. 海 岸 の 保 全 に 関 する 基 本 的 な 事 項 3.1 茨 城 沿 岸 の 保 全 の 方 向 茨 城 沿 岸 は 東 に 雄 大 な 太 平 洋 に 開 け, 北 部 は 海 食 崖 や 岩 礁 等 の 勇 壮 な 海 岸 景 観, 南 部 は 鹿 島 灘 の 長 大 な 砂 浜 景 観 を 有 している これらの 海

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C 事 業 評 価 書 ( 期 中 の 評 価 ) 整 理 番 号 都 道 府 県 名 千 葉 県 関 係 市 町 村 フッツ 富 津 シ 市 期 中 評 価 実 施 の 理 由 事 業 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) フッツ 地 区 名 事 業 主 体 千 葉 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 フッツ 漁 港 名 ( 種 別 )

More information

小 惑 星 探 査 機 はやぶさ を 帰 還 させた 隠 し 回 路 Jaxaホームページより 引 用

小 惑 星 探 査 機 はやぶさ を 帰 還 させた 隠 し 回 路 Jaxaホームページより 引 用 2015.05.14 災 害 復 旧 実 務 講 習 会 災 害 採 択 の 基 本 原 則 について 〇 災 害 復 旧 事 業 の 概 要 適 用 除 外 他 〇 災 害 申 請 の 基 本 知 識 1 箇 所 工 事 応 急 工 事 とは 原 型 復 旧 の 定 義 他 〇 査 定 時 に 議 論 となる 点 応 急 工 事 の 範 囲 二 重 対 策 被 災 程 度 工 法 の 妥 当 性

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

熊本地震被害調査 ver. 3.0

熊本地震被害調査 ver. 3.0 2016 年 熊 本 地 震 地 盤 被 害 と 復 旧 状 況 ver. 4.0 一 次 : 4 月 16 日 ~17 日 二 次 : 4 月 22 日 ~24 日 三 次 : 4 月 29 日 ~5 月 1 日 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 清 田 隆 ( 一 次 二 次 三 次 ) 長 岡 技 術 科 学 大 学 池 田 隆 明 ( 一 次 二 次 ) 東 京 大 学 内 村 太

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

Microsoft PowerPoint 資料4-1(真間川【印刷用】).ppt

Microsoft PowerPoint 資料4-1(真間川【印刷用】).ppt 真 間 総 合 治 水 対 策 特 定 河 事 業 ( 千 葉 県 ) 大 柏 都 市 基 盤 整 備 事 業 ( 市 市 ) 事 業 再 評 価 社 会 情 勢 と 公 共 事 業 のこれまで 我 が 国 の 経 済 状 況 S30~48 高 度 成 長 期 S48~H1 安 定 成 長 期 円 高 不 況 S58~60 バブル 景 気 S61~H3 真 間 の 治 水 事 業 31 年 経 過

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

高 宮 関 連 表 関 係 群 請 求 号 補 遺 落 3 67 35 36 控 67 37 絵 添 控 67 38 控 67 補 和 5768 5 高 宮 ノ 和 5768 6 杭 受 和 5768 7 態 ス 補 安 芸 代 官 答 弁 和 5768 8 誤 詫 び 和 5768 6 H73 樹

高 宮 関 連 表 関 係 群 請 求 号 補 遺 落 3 67 35 36 控 67 37 絵 添 控 67 38 控 67 補 和 5768 5 高 宮 ノ 和 5768 6 杭 受 和 5768 7 態 ス 補 安 芸 代 官 答 弁 和 5768 8 誤 詫 び 和 5768 6 H73 樹 館 紀 9 号 平 8 6 - - 館 戦 併 旧 継 蔵 半 降 代 含 周 辺 社 糸 安 南 区 旧 高 宮 安 北 区 旧 高 陽 起 益 紛 関 末 尾 添 平 位 岸 注 落 占 背 城 備 位 停 再 燃 根 深 表 稿 最 初 読 策 策 該 頃 概 略 3 ざ 腰 区 樹 切 厳 ゆ 洪 水 害 防 落 決 至 召 腰 民 委 ね 薪 牛 馬 飼 畑 肥 供 給 源 腰 民 個 別

More information

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに

どを 実 施 することで 日 本 に 圧 力 を 加 えてくることが 予 想 される これに 対 し 日 本 は 海 上 保 安 庁 が 主 体 となって 領 海 侵 入 に 対 処 するとともに 海 空 自 衛 隊 による 警 戒 監 視 を 強 化 していくことになるだろう そういう 動 きに 尖 閣 問 題 で 武 力 紛 争 が 起 こったら 石 垣 島 はどうなるか 2015 年 9 月 14 日 FB に 投 稿 石 垣 市 新 川 在 住 笹 尾 哲 夫 最 近 自 衛 隊 は 尖 閣 紛 争 をどう 戦 うか ( 西 村 金 一 岩 切 成 夫 末 次 富 美 雄 共 著 祥 伝 社 新 書 2014 年 刊 )という 本 を 読 みました 西 村 さんは 元 防 衛 省 自

More information

2 月 20 日 に 実 施 した 現 地 調 査 では 2014 年 11 月 25 日 以 降 の 噴 火 活 動 により 中 岳 第 一 火 口 南 側 付 近 に 火 山 灰 やスコリア 6) が6~26cm 堆 積 しているのを 確 認 しました 2 月 23 日 に 熊 本 県 及 び2

2 月 20 日 に 実 施 した 現 地 調 査 では 2014 年 11 月 25 日 以 降 の 噴 火 活 動 により 中 岳 第 一 火 口 南 側 付 近 に 火 山 灰 やスコリア 6) が6~26cm 堆 積 しているのを 確 認 しました 2 月 23 日 に 熊 本 県 及 び2 平 成 27 年 (2015 年 )の の 火 山 活 動 福 岡 管 区 気 象 台 火 山 監 視 情 報 センター 2014 年 11 月 25 日 から 始 まった 噴 火 は5 月 21 日 まで 続 きました 8 月 8 日 から 時 々ごく 小 規 模 な 噴 火 が 発 生 した 後 9 月 14 日 09 時 43 分 に 小 規 模 な 火 砕 流 1) を 伴 う 噴 火 が

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B7697E790EC90AE94F58C7689E65F8CF68D90816A2E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B7697E790EC90AE94F58C7689E65F8CF68D90816A2E444F43> 久 礼 川 水 系 河 川 整 備 計 画 平 成 24 年 2 月 高 知 県 目 次 1. 流 域 および 河 川 の 概 要 1 2. 久 礼 川 の 現 状 と 課 題 3 2.1 治 水 の 現 状 と 課 題 3 2.2 河 川 の 適 正 な 利 用 及 び 流 水 の 正 常 な 機 能 の 現 状 と 課 題 6 2.3 河 川 環 境 の 現 状 と 課 題 7 3. 河 川 整

More information

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩 平 成 2 6 年 第 3 回 府 中 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 3 号 ) 1. 開 会 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 2 日 ( 金 ) 2. 招 集 の 場 所 府 中 町 議 会 議 事 堂 3. 開 議 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 7 日 ( 水 ) ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

More information

2. 上 部 工 形 式 の 検 討 (1) 現 橋 における 課 題 昭 和 63 年 に 完 成 した 現 橋 は 当 時 の 最 先 端 技 術 に より 以 下 の 上 部 工 形 式 となっている 3 径 間 連 続 鋼 床 版 2 主 鈑 桁 側 橋 梁 3 径 間 連

2. 上 部 工 形 式 の 検 討 (1) 現 橋 における 課 題 昭 和 63 年 に 完 成 した 現 橋 は 当 時 の 最 先 端 技 術 に より 以 下 の 上 部 工 形 式 となっている 3 径 間 連 続 鋼 床 版 2 主 鈑 桁 側 橋 梁 3 径 間 連 別 紙 2 平 成 22 年 度 長 大 橋 における 異 種 構 造 の 連 続 化 と 経 済 的 な 支 間 割 による 合 理 化 橋 梁 一 般 国 道 337 号 当 別 町 札 幌 大 橋 札 幌 開 発 建 設 部 札 幌 道 路 事 務 所 秋 山 隆 住 岡 栄 悦 濱 下 和 久 札 幌 大 橋 ( 下 流 橋 )は 一 般 国 道 337 号 の4 車 線 化 の 一 環 として

More information

h24-2 tsuikasetumeishiryo.ppt [互換モード]

h24-2 tsuikasetumeishiryo.ppt [互換モード] 資 料 2 平 成 24 年 度 第 2 回 大 阪 府 建 設 事 業 再 評 価 監 視 委 員 会 H24.6.21 追 加 説 明 資 料 1 泉 佐 野 東 羽 倉 崎 住 宅 2 道 路 事 業 の 費 用 便 益 比 3 大 阪 外 環 状 線 連 続 立 体 交 差 事 業 4 大 阪 和 泉 泉 南 線 5 道 路 事 業 の 都 市 基 盤 整 備 中 期 計 画 の 位 置 付

More information

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A>

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A> 16 林 業 専 用 道 作 設 指 針 北 海 道 スタンダ-ド 平 成 23 年 3 月 31 日 各 振 興 局 長 あて 森 林 第 1280 号 水 産 林 務 部 長 [ 沿 革 ] 平 成 26 年 3 月 28 日 森 整 第 1331 号 改 正 平 成 27 年 1 月 13 日 森 整 第 915 号 改 正 平 成 27 年 3 月 30 日 森 整 第 1201 号 改 正

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び 平 成 27 年 度 業 務 概 要 県 北 広 域 振 興 局 土 木 部 二 戸 土 木 センター 二 戸 市 浄 法 寺 町 天 台 寺 軽 米 町 フォリストパーク 二 戸 市 馬 仙 峡 九 戸 村 折 爪 五 滝 一 戸 町 御 所 野 縄 文 公 園 管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青

More information

会 議 録

会 議 録 会 議 録 会 議 の 名 称 第 1 回 行 田 市 産 業 交 流 拠 点 整 備 基 本 計 画 検 討 委 員 会 開 催 日 時 平 成 28 年 6 月 23 日 ( 木 ) 開 会 : 18 時 30 分 閉 会 :20 時 30 分 開 催 場 所 産 業 文 化 会 館 2 階 2 A 会 議 室 氏 出 席 委 員 名 小 林 乙 三 ( 行 田 市 環 境 経 済 部 長 )

More information

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2048323591E63689F190E096BE8E9197BF8169899389EA90EC8FB08FE3816A3134303231348F4390B32E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2048323591E63689F190E096BE8E9197BF8169899389EA90EC8FB08FE3816A3134303231348F4390B32E70707478> 平 成 25 年 度 第 6 回 九 州 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 遠 賀 川 床 上 浸 水 対 策 特 別 緊 急 事 業 ( 飯 塚 穂 波 地 区 ) 事 後 評 価 1 事 業 完 了 後 5 年 以 内 の 事 業 2 審 議 結 果 を 踏 まえ 事 後 評 価 の 実 施 主 体 が 改 めて 事 後 評 価 を 行 う 必 要 があると 判 断 した

More information

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74>

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74> 資 料 2 かんがい 排 水 事 業 南 酒 出 地 区 1. 第 二 次 評 価 対 象 地 区 となった 要 因 ウ-1 工 期 の 著 しい 変 更 計 画 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 16 年 度 実 施 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 23 年 度 完 成 予 定 : 平 成 23 年 度 平 成 20 年 度 までの 進 捗 率 ( 事 業 費 ベース):94.7%

More information

二級河川朝明川水系河川整備基本方針(案)

二級河川朝明川水系河川整備基本方針(案) 2. 河 川 の 現 状 と 課 題 2.1 治 水 の 現 状 と 課 題 2.1.1 過 去 の 主 要 な 洪 水 の 概 要 い せ の 流 域 及 びその 近 傍 で 発 生 した 主 要 な 洪 水 被 害 としては 1959 年 ( 昭 和 34 年 )の 伊 勢 わんたいふう 湾 台 風 時 に 流 域 を 含 む 広 い 範 囲 で 高 潮 被 害 が 発 生 した 1974 年

More information

<819D303181798E96914F817A816988A289A589598B998D60816A32303132303232332E786C73>

<819D303181798E96914F817A816988A289A589598B998D60816A32303132303232332E786C73> 事 前 評 価 書 整 理 番 号 都 道 府 県 名 長 崎 県 関 係 市 町 村 松 浦 市 事 業 名 地 区 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 アオウウラ 阿 翁 浦 地 区 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) 事 業 主 体 長 崎 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 漁 港 名 ( 種 別 ) 阿 翁 浦 漁 港 ( 種 ) 漁 場 名 陸 揚 金 額,09

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3233944E937892E88E9E918D89EF82CC93C195CA8D75898982CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3233944E937892E88E9E918D89EF82CC93C195CA8D75898982CC8A5497762E646F63> 平 成 23 年 度 定 時 総 会 の 特 別 講 演 の 概 要 この 内 容 は 講 演 者 久 保 田 晃 司 氏 のご 好 意 により 当 日 の 発 表 資 料 を 掲 載 するものです 従 って 資 料 の 取 り 扱 いはあくまでも 会 員 各 位 の 個 人 の 責 任 範 囲 においてご 利 用 下 さい 当 資 料 の 利 用 希 望 がある 場 合 は 利 用 目 的 を 明

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

第1 謝罪・名誉回復について

第1 謝罪・名誉回復について 2012 年 5 月 17 日 厚 生 労 働 大 臣 小 宮 山 洋 子 殿 平 成 24 年 度 ハンセン 病 問 題 対 策 協 議 会 統 一 要 求 書 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 原 告 団 協 議 会 全 国 ハンセン 病 療 養 所 入 所 者 協 議 会 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 弁 護 団 連 絡 会 第 1 謝 罪 名 誉

More information

224kugikai1-8.indd

224kugikai1-8.indd 8 6 5 丁 番 号 電 話 54- 代 ホムペジ http://www.kugikai.city.chuo.lg.jp/ ゅ 情 8 程 企 画 常 8 休 企 画 7 福 祉 広 連 合 約 変 約 8 程 休 終 8 常 7 個 情 6 印 鑑 次 酬 弁 償 陳 料 答 弁 旨 ~ 常 旨 石 川 島 4 4 撮 影 8 6 4 間 矢 信 派 ほ 8 7 命 同 4 同 件 6 矢 信

More information

osr.xls

osr.xls 1. 法 人 の 概 要 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 役 員 名 簿 所 在 地 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 北 園 茂 喜 設 立 年 月 日 電 話 番 号 06(4707)0201 法 人 所 管 課 都 市 整 備 部 交 通 道 路 室 都 市 交 通 課 設 立 目 的 主 な 出 資 団 体 ( 出 資 割 合 ) 大 阪 市 中 央 区 高 麗 橋 2-1-10

More information

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地 阿 賀 野 水 系 河 整 備 基 本 方 針 の 骨 子 1. 河 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 (1) 流 域 及 び 河 の 概 要 ( 概 要 ) 水 源 から 河 口 までの 概 要 河 流 路 延 長 流 域 面 積 流 域 の 土 地 利 用 本 州 日 本 海 側 初 の 政 令 指 定 都 市 である 新 潟 市 や 福 島 県 の 地 方

More information

<4D F736F F D208D8791CC94C581698D958E9A816A955C8E DA8E9F81698E5D8AF288A A E646F63>

<4D F736F F D208D8791CC94C581698D958E9A816A955C8E DA8E9F81698E5D8AF288A A E646F63> 第 2 章 海 岸 保 全 施 の 整 備 に 関 する 基 本 的 な 事 項 1. 海 岸 保 全 施 を 整 備 しようとする 区 域 < 長 期 的 な 海 岸 整 備 の 方 向 性 > 香 川 県 下 約 700 km の 海 岸 から 県 の 基 本 方 針 及 びゾーン 毎 の 基 本 方 針 を 踏 まえ 施 整 備 の 必 要 性 を 検 討 する 区 域 ( 区 域 )を 選

More information

( 構 成 ) Ⅰ. 高 潮 対 策 の 現 状 Ⅱ. 東 日 本 大 震 災 を 踏 まえた 津 波 対 策 Ⅲ. 外 力 設 定 について Ⅳ. 警 戒 避 難 体 制 の 充 実 Ⅴ. 砂 浜 の 保 全 ( 海 岸 侵 食 対 策 )

( 構 成 ) Ⅰ. 高 潮 対 策 の 現 状 Ⅱ. 東 日 本 大 震 災 を 踏 まえた 津 波 対 策 Ⅲ. 外 力 設 定 について Ⅳ. 警 戒 避 難 体 制 の 充 実 Ⅴ. 砂 浜 の 保 全 ( 海 岸 侵 食 対 策 ) 今 後 さらに 取 り 組 むべき 適 応 策 ( 高 潮 海 面 水 位 の 上 昇 )について 資 料 4 ( 構 成 ) Ⅰ. 高 潮 対 策 の 現 状 Ⅱ. 東 日 本 大 震 災 を 踏 まえた 津 波 対 策 Ⅲ. 外 力 設 定 について Ⅳ. 警 戒 避 難 体 制 の 充 実 Ⅴ. 砂 浜 の 保 全 ( 海 岸 侵 食 対 策 ) Ⅰ. 高 潮 対 策 の 現 状 高 潮 の

More information

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464>

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464> 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 昭 和 51 年 10 月 29 日 昭 和 51 年 10 月 29 日 国 防 会 議 決 定 閣 議 決 定 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める 別 紙 防 衛 計 画 の 大 綱 一. 目 的 及 び 趣 旨 わが 国 が 憲 法 上 許 される

More information

別 紙 ー12 [ 記 入 方 法 ] 該 当 する 項 目 のにレマークを 記 入 する なお 工 事 規 模 工 事 内 容 等 により 評 価 の 対 象 としない 項 目 は を 空 白 とし 評 価 対 象 項 目 に 取 り 消 し 線 を 付 ける ( 監 督 員 ) 考 査 項 目

別 紙 ー12 [ 記 入 方 法 ] 該 当 する 項 目 のにレマークを 記 入 する なお 工 事 規 模 工 事 内 容 等 により 評 価 の 対 象 としない 項 目 は を 空 白 とし 評 価 対 象 項 目 に 取 り 消 し 線 を 付 ける ( 監 督 員 ) 考 査 項 目 別 紙 -11 [ 記 入 方 法 ] 該 当 する 項 目 のにレマークを 記 入 する なお 工 事 規 模 工 事 内 容 等 により 評 価 の 対 象 としない 項 目 は を 空 白 とし 評 価 対 象 項 目 に 取 り 消 し 線 を 付 ける ( 監 督 員 ) 考 査 項 目 細 別 1. 施 工 体 制 Ⅰ. 施 工 体 制 一 般 施 工 体 制 が 適 切 である 他 の

More information

「にちぎん」NO.47 2016年秋号

「にちぎん」NO.47 2016年秋号 4 取 材 文 小 堂 敏 郎 写 谷 山 實 Yoshiharu Habu 治 小 宇 宙 深 広 治 氏 々 記 録 打 立 君 緊 迫 進 氏 原 頂 極 飾 柄 垣 5 破 竹 勢 進 第 者 座 君 俊 英 ぞ 役 毎 引 退 谷 川 浩 司 佐 藤 康 光 永 聖 内 俊 之 公 式 ぞ 以 事 異 転 職 基 競 争 山 康 晴 仲 切 仲 格 付 悪 深 疑 心 暗 鬼 有 利 働

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464>

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464> 京 都 府 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 平 成 27 年 12 月 京 都 府 この 報 告 書 は 京 都 府 における 職 員 数 や 給 与 勤 務 条 件 人 件 費 の 状 況 などを 広 く 府 民 の 皆 様 に 公 表 することにより 本 府 の 人 事 行 政 の 透 明 性 をさらに 高 めるとともに その 適 正 な 運 営 を 確 保 するた め 職 員

More information

開 発 事 業 の 内 容 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 の 建 設 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 建 設 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の 基 準 1 5ヘクタール 以 上 2 研 修 施 設 は 20ヘクタール 未 満 ただし 研 究

開 発 事 業 の 内 容 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 の 建 設 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 建 設 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の 基 準 1 5ヘクタール 以 上 2 研 修 施 設 は 20ヘクタール 未 満 ただし 研 究 第 3 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 利 用 行 為 の 基 準 ( 開 発 事 業 の 遵 守 基 準 ) 第 30 条 市 街 化 調 整 区 域 内 において 開 発 事 業 ( 区 域 の 面 積 が 3,000 平 方 メートル 以 上 の 建 築 物 系 の 開 発 事 業 又 は 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 に 限 る 以 下 この 条 において 同 じ

More information

参 議 院 議 員 岩 城 光 英 様 要 望 書 国 道 3 4 9 号 整 備 促 進 に つ い て 平 成 25 年 8 月 国 道 349 号 建 設 促 進 期 成 同 盟 会 会 長 根 本 匠 国 道 349 号 の 整 備 促 進 について 国 道 349 号 は 昭 和 50 年 4 月 に 国 道 へ 昇 格 以 来 漸 次 改 良 整 備 が 進 めら れ 着 々とその 成

More information

飯能市の都市計画

飯能市の都市計画 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F819A8E9197BF342D325F8A4388E690B695A882CC8F87899E93498AC7979D81698CF6955C9770816A313430353232>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F819A8E9197BF342D325F8A4388E690B695A882CC8F87899E93498AC7979D81698CF6955C9770816A313430353232> 第 2 回 那 覇 空 港 滑 走 路 増 設 事 業 環 境 監 視 委 員 会 資 料 4-2 海 域 生 物 の 順 応 的 管 理 (カサノリ 類 ) 平 成 26 年 6 月 5 日 内 閣 府 沖 縄 総 合 事 務 局 国 土 交 通 省 大 阪 航 空 局 < 目 次 > 1. これまでの 検 討 内 容... 1 1.1 順 応 的 管 理 の 概 要... 1 1.2 評 価

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施

目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 鳥 獣 被 害 の 現 状 と 対 策 平 成 2 8 年 3 月 目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 隊 8 6 鳥 獣 被 害 防 止

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A8362836794C5817A3132303133308DC58F4982C682E882DC82C682DF8169955C8E8696DA8E9F816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A8362836794C5817A3132303133308DC58F4982C682E882DC82C682DF8169955C8E8696DA8E9F816A2E646F6378> 資 料 3 青 森 県 原 子 力 発 電 所 の 原 子 力 災 害 時 における 避 難 のあり 方 検 討 プロジェクトチーム - 最 終 取 りまとめ - 平 成 24 年 1 月 目 次 1. 青 森 県 原 子 力 発 電 所 の 原 子 力 災 害 時 における 避 難 のあり 方 検 討 プロジェクトチーム の 設 置 趣 旨 1 2. 検 討 に 当 たっての 前 提 条 件 2

More information

はじめに 都 市 計 画 審 議 会 での 経 過 ( 風 致 地 区 ) H23.10 第 1 回 勉 強 会 意 見 を 踏 まえ 再 検 討 作 業 H25. 5 第 2 回 勉 強 会 都 市 計 画 の 手 続 H26. 4 都 市 計 画 審 議 会 ( 諮 問 ) 2

はじめに 都 市 計 画 審 議 会 での 経 過 ( 風 致 地 区 ) H23.10 第 1 回 勉 強 会 意 見 を 踏 まえ 再 検 討 作 業 H25. 5 第 2 回 勉 強 会 都 市 計 画 の 手 続 H26. 4 都 市 計 画 審 議 会 ( 諮 問 ) 2 佐 賀 都 市 計 画 風 致 地 区 の 変 更 松 原 公 園 風 致 地 区 神 野 公 園 風 致 地 区 平 成 26 年 4 月 21 日 佐 賀 市 1 はじめに 都 市 計 画 審 議 会 での 経 過 ( 風 致 地 区 ) H23.10 第 1 回 勉 強 会 意 見 を 踏 まえ 再 検 討 作 業 H25. 5 第 2 回 勉 強 会 都 市 計 画 の 手 続 H26. 4

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

及 び 意 見 交 換 が 行 われた 委 員 からのご 意 見 事 業 用 地 内 における 基 準 値 を 超 える 土 壌 は 自 然 的 原 因 による 汚 染 土 である 兵 庫 県 域 の 事 業 用 地 内 における 土 壌 調 査 は 18 年 度 19 年 度 の 調 査 内 容

及 び 意 見 交 換 が 行 われた 委 員 からのご 意 見 事 業 用 地 内 における 基 準 値 を 超 える 土 壌 は 自 然 的 原 因 による 汚 染 土 である 兵 庫 県 域 の 事 業 用 地 内 における 土 壌 調 査 は 18 年 度 19 年 度 の 調 査 内 容 第 一 回 新 名 神 高 速 道 路 兵 庫 県 域 掘 削 土 対 策 検 討 会 議 事 要 旨 1. 日 時 平 成 20 年 5 月 29 日 ( 木 )14 時 ~17 時 2. 場 所 建 設 交 流 館 会 議 室 702 3. 出 席 委 員 ( 敬 称 略 ) 委 員 長 嘉 門 雅 史 ( 京 都 大 学 大 学 院 地 球 環 境 学 堂 教 授 ) 委 員 平 田 健 正

More information

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2 JAいわき 市 の 地 域 農 業 への 支 援 対 応 その 2 福 島 県 JA 系 統 機 関 の 原 発 被 害 への 取 組 みレポート 2012.10.05 農 林 中 金 総 合 研 究 所 理 事 研 究 員 渡 部 喜 智 福 島 県 いわき 市 ( 以 下 同 市 )を 管 内 とするJAいわき 市 ( 以 下 同 JA )が 東 日 本 震 災 と 福 島 第 一 原 子 力

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

琵琶湖流域下水道

琵琶湖流域下水道 琵 琶 湖 流 域 下 水 道 ストックマネジメントガイドライン 概 要 版 平 成 21 年 7 月 滋 賀 県 琵 琶 湖 環 境 部 下 水 道 課 はじめに 我 が 国 のインフラの 多 くは 戦 後 の 高 度 経 済 成 長 期 に 整 備 され 現 在 では 膨 大 なストックを 有 するに 至 っている それらのストックは 年 々 劣 化 し 修 繕 や 改 築 のコストの 増 大

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

地区復興まちづくり計画のイメージ

地区復興まちづくり計画のイメージ 愛 宕 築 地 光 岸 地 地 区 復 興 まちづくり 計 画 ( 素 案 ) 1. 地 区 の 現 況 (1) 地 区 の 特 性 愛 宕 築 地 光 岸 地 地 区 は 中 心 市 街 地 と 鍬 ヶ 崎 地 区 の 間 に 位 置 し 国 道 45 号 が 東 西 に 通 っ ており 沿 道 には 商 業 業 務 施 設 等 が 立 地 し その 背 後 には 住 宅 地 が 形 成 されています

More information

九州大学キャンパス内の埋蔵文化財資料について

九州大学キャンパス内の埋蔵文化財資料について 平 成 22 年 度 貴 重 文 物 講 習 会 101217 九 州 大 学 キャンパスに 眠 る 埋 蔵 文 化 財 ー 元 寇 防 塁 を 中 心 にー 九 州 大 学 埋 蔵 文 化 財 調 査 室 学 術 研 究 員 田 尻 義 了 はじめに 1. 埋 蔵 文 化 財 調 査 室 の 紹 介 2. 各 キャンパスにおける 埋 蔵 文 化 財 資 料 の 紹 介 a. 筑 紫 キャンパス b.

More information

<4D F736F F D D89BF92B28F C6A90EC816A8F4390B38CE38DC58F4994C E312E3135>

<4D F736F F D D89BF92B28F C6A90EC816A8F4390B38CE38DC58F4994C E312E3135> 平 成 24 年 度 公 共 事 業 評 価 調 書 かつらがわ 桂 広 域 河 改 修 事 業 評 価 の 別 : 再 々 評 価 しの やまもと ひよし との だ 事 業 箇 所 ( 区 間 ): 亀 岡 市 篠 町 山 本 地 先 ~ 南 丹 市 日 吉 町 殿 田 地 先 事 業 着 手 年 度 : 昭 和 50 年 度 全 体 事 業 ( 内 用 地 費 ) 費 : 969. 5 億 円

More information

気 象 状 況 8 月 9 日 から11 日 にかけては 大 型 の 台 風 第 11 号 が 接 近 し 岐 阜 県 の 山 間 部 を 中 心 に 非 常 に 激 しい 降 雨 をもたらしました 8 月 8 日 の 降 り 始 めからの 降 水 量 (11 日 12 時 迄 )は 杉 原 観 測

気 象 状 況 8 月 9 日 から11 日 にかけては 大 型 の 台 風 第 11 号 が 接 近 し 岐 阜 県 の 山 間 部 を 中 心 に 非 常 に 激 しい 降 雨 をもたらしました 8 月 8 日 の 降 り 始 めからの 降 水 量 (11 日 12 時 迄 )は 杉 原 観 測 速 報 版 平 成 26 年 8 月 27 日 平 成 26 年 8 月 9 日 ~11 日 台 風 第 11 号 による 揖 斐 及 び 長 良 流 域 の 出 水 状 況 ( 第 2 報 ) 揖 斐 揖 斐 の 出 水 状 況 (8 月 10 日 19 時 頃 ) 揖 斐 大 橋 付 近 ( 岐 阜 県 大 垣 市 ) 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 木 曽 上 流 河 事 務

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 公 共 土 木 施 設 の 被 災 状 況 と 斜 面 被 害 愛 媛 県 技 術 士 会 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 1 被 災 調 査 員 : 愛 媛 県 技 術 士 会 会 長 須 賀 幸 一 ( 芙 蓉 コンサルタント) 副 会 長 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 副 会 長 米 虫 聡 ( アースコンサルタント)

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

H19年度

H19年度 首 都 直 下 地 震 等 による 東 京 の 被 害 想 定 概 要 版 東 京 都 0 目 次 Ⅰ.はじめに 1 1. 背 景 と 目 的 1 Ⅱ. 想 定 される 被 害 4 Ⅱ-1. 被 害 想 定 の 前 提 条 件 4 1. 想 定 するシーン 4 2. 想 定 対 象 項 目 5 Ⅱ-2. 被 害 の 全 体 像 6 1. 首 都 直 下 地 震 6 2. 海 溝 型 地 震 8 3.

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5

稲 穂 談 8 万 6 万 悩 種 赤 労 災 志 向 床 結 果 迫 若 老 々 夫 婦 ひ 施 運 営 財 政 難 小 規 模 施 従 員 確 市 立 和 輝 山 赤 公 立 程 余 裕 モ デ ル 市 立 心 ざ 得 音 難 面 近 邦 慈 恵 慶 応 研 難 密 着 職 動 塊 75 歳 5 稲 穂 談 恭 6 8 転 換 膨 ゆ 背 景 死 到 迫 二 向 課 話 書 密 着 材 サ マ 谷 工 労 働 ず 差 男 独 舎 努 力 工 営 労 働 独 酒 ぼ 体 貧 困 陥 差 観 点 典 舎 距 離 遠 南 北 5キ ロ 司 : ゆ 9 回 稲 穂 編 集 委 員 子 背 景 膨 続 抑 制 塊 75 歳 5 向 改 革 急 ピ チ 進 舵 切 包 括 ア シ ム づ 続 機 床 削

More information

Microsoft PowerPoint - 100302_第1回委員会資料ver16.ppt

Microsoft PowerPoint - 100302_第1回委員会資料ver16.ppt 第 1 回 委 員 会 資 料 -5 桂 川 下 流 圏 域 河 川 整 備 計 画 検 討 委 員 会 第 1 回 資 料 ( 河 川 及 び 圏 域 の 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 3 日 有 栖 川 ( 大 覚 寺 付 近 ) 京 都 府 建 設 交 通 部 河 川 課 京 都 土 木 事 務 所 乙 訓 土 木 事 務 所 目 次 瀬 戸 川 起 点 付 近 小 泉 川 有 栖 川

More information

目 次 1. 位 置 図 1 2. 事 業 の 目 的 と 計 画 の 概 要 2 3. 事 業 進 捗 の 状 況 5 4. 事 業 の 必 要 性 に 関 する 視 点 7 5. 費 用 対 効 果 11 6. 事 業 進 捗 の 見 込 みの 視 点 13 7. 今 後 の 対 応 方 針 (

目 次 1. 位 置 図 1 2. 事 業 の 目 的 と 計 画 の 概 要 2 3. 事 業 進 捗 の 状 況 5 4. 事 業 の 必 要 性 に 関 する 視 点 7 5. 費 用 対 効 果 11 6. 事 業 進 捗 の 見 込 みの 視 点 13 7. 今 後 の 対 応 方 針 ( 資 料 3-5-1 関 東 地 方 整 備 局 ( 再 評 価 ) 事 業 評 価 監 視 委 員 会 ( 平 成 25 年 度 第 6 回 ) 一 般 国 道 51 号 大 栄 拡 幅 平 成 25 年 10 月 17 日 国 土 交 通 省 関 東 地 方 整 備 局 目 次 1. 位 置 図 1 2. 事 業 の 目 的 と 計 画 の 概 要 2 3. 事 業 進 捗 の 状 況 5 4.

More information

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中 11. 阿 蘇 カルデラ 斜 面 における 斜 面 崩 壊 土 石 流 の 発 生 頻 度 Frequency of occurrence of slope failure and debris flow at the caldera wall slopes of Aso volcano, Central Kyushu 西 山 賢 一 ( 徳 島 大 学 ) 鳥 井 真 之 ( 熊 本 大 学 )

More information

REP02_01.exe

REP02_01.exe 第 1 編 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 構 成 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 姶 良 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 市 防 災 関 係 機 関 住 民 等 がその 全 機 能 を 発 揮 し 相 互 に 有 機 的 な

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

広川町議会だより15号

広川町議会だより15号 号 / 責 / 樫 原 淳 奈 編 集 / 編 集 / - 和 歌 山 有 田 郡 TEL -- FAX -- ホムペジ 検 索 http://www.town.hirogawa.wakayama.jp/gikai/index.html 催 少 相 撲 室 P~ 連 程 件 賛 可 承 環 境 特 サポ 養 座 環 境 特 梶 原 副 井 豆 P~ 般 奥 井 堀 岡 﨑 野 氏 P 厚 変 更 路

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2-別冊

Microsoft PowerPoint - 資料2-別冊 8. 地 形 等 に 関 する 防 災 地 理 情 報 の 整 備 提 供 土 地 の 成 り 立 ちや 性 質 等 と 地 震 による 液 状 化 豪 雨 による 浸 水 等 の 自 然 災 害 のリスクは 密 接 に 関 連 国 土 地 理 院 が 保 有 する 人 工 改 変 前 の 古 い 空 中 写 真 か ら 地 形 を 判 読 し 明 治 大 正 時 代 の 地 形 図 等 の 記 載

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

道路位置指定(位置指定道路)とは

道路位置指定(位置指定道路)とは 位 置 指 定 手 引 き 1. 位 置 指 定 ( 位 置 指 定 )とは.. 建 築 基 準 法 ( 以 下 基 準 法 という )では 建 築 物 敷 地 は に2メートル 以 上 接 しなけ ればならない と 定 めています 建 築 物 を 計 画 している 敷 地 が ( 種 類 は 下 表 参 照 ) に 接 していない 場 合 や 新 たに 小 規 模 な 宅 地 造 成 を 行 う

More information

2016年熊本地震調査 第1報 2016年4月18日

2016年熊本地震調査 第1報 2016年4月18日 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 調 査 報 告 熊 本 城 及 びその 周 辺 の 被 害 状 況 調 査 日 2016 年 5 月 7 日 福 岡 教 育 大 学 黒 木 貴 一 同 大 学 院 生 出 口 将 夫 調 査 範 囲 背 景 の 衛 星 画 像 は 簡 易 幾 何 補 正 の 為, 若 干 の 位 置 ずれがある 活 断 層 位 置 は 中 田 今 泉 編 の

More information

長 野 出 張 長 松 本 砂 防 事 務 梓 川 出 張 長 富 山 出 張 長 河 川 計 画 課 長 補 佐 地 方 事 業 評 価 管 理 官 環 境 調 整 官 総 括 技 術 検 査 官 情 報 通 信 技 術 調 整 官 道 路 情 報 管 理 官 技 官 小 林 宏 至 H28.3.

長 野 出 張 長 松 本 砂 防 事 務 梓 川 出 張 長 富 山 出 張 長 河 川 計 画 課 長 補 佐 地 方 事 業 評 価 管 理 官 環 境 調 整 官 総 括 技 術 検 査 官 情 報 通 信 技 術 調 整 官 道 路 情 報 管 理 官 技 官 小 林 宏 至 H28.3. 主 任 監 査 官 総 括 調 整 官 予 算 調 整 官 用 地 調 整 官 利 賀 ダム 工 事 事 務 松 本 砂 防 事 務 防 災 情 報 課 長 占 用 調 整 課 長 三 条 国 道 出 張 長 柏 崎 維 持 出 張 長 用 地 対 策 官 総 括 地 域 防 災 調 整 官 品 質 確 保 課 長 魚 津 国 道 出 張 長 手 取 川 ダム 管 理 支 長 飯 豊 山 系 砂 防

More information

3 今 後 の 活 動 ( 実 現 に 向 けた 調 査 研 究 ) 区 部 周 辺 部 における 環 状 公 共 交 通 の 整 備 について エイトライナー 促 進 協 議 会 及 び 東 京 都 メトロセブン 促 進 協 議 会 で 構 成 する 都 区 連 絡 会 におい て 次 期 交 通

3 今 後 の 活 動 ( 実 現 に 向 けた 調 査 研 究 ) 区 部 周 辺 部 における 環 状 公 共 交 通 の 整 備 について エイトライナー 促 進 協 議 会 及 び 東 京 都 メトロセブン 促 進 協 議 会 で 構 成 する 都 区 連 絡 会 におい て 次 期 交 通 都 市 建 設 委 員 会 資 料 平 成 26 年 9 月 30 日 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 エイトライナー 促 進 協 議 会 の 実 施 結 果 について 1 これまでの 協 議 会 の 活 動 平 成 6 年 度 エイトライナー 促 進 協 議 会 設 立 平 成 10~16 年 度 エイトライナー メトロセブン 合 同 促 進 大 会 を 実 施 平 成 11 年 度 運

More information

( 2 ) 評 価 基 準 が 定 め る 市 街 化 区 域 農 地 の 評 価 方 法 市 街 化 区 域 農 地 ( 法 附 則 1 9 条 の 2 第 1 項 に 規 定 す る 市 街 化 区 域 農 地 を い う ) の 評 価 に つ い て 評 価 基 準 は 沿 接 す る 道

( 2 ) 評 価 基 準 が 定 め る 市 街 化 区 域 農 地 の 評 価 方 法 市 街 化 区 域 農 地 ( 法 附 則 1 9 条 の 2 第 1 項 に 規 定 す る 市 街 化 区 域 農 地 を い う ) の 評 価 に つ い て 評 価 基 準 は 沿 接 す る 道 File.18< 判 決 原 文 > 固 定 資 産 税 4 事 件 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 1 2 年 ( 行 ウ) 第 3 32 号 平 成 1 4 年 1 月 2 2 日 判 決 (TAINS 判 例 検 索 Z999-8099) 控 訴 審 : 東 京 高 裁 平 成 1 4 年 ( 行 コ) 第 4 4 号 平 成 1 6 年 5 月 27 日 判 決 (TAINS 判 例

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

那 智 心 案 審 登 壇 例 那 智 舎 太 陽 電 別 昨 使 果 証 善 点 反 省 項 把 握 役 立 側 求 意 義 疑 約 伝 歳 漁 港 使 昨 減 漁 港 係 留 空 ス ペ ス 募 集 不 係 留 充 不 係 留 監 視 充 努 寄 付 ふ 納 税 ふ 納 税 ウ ェ ブ サ 登

那 智 心 案 審 登 壇 例 那 智 舎 太 陽 電 別 昨 使 果 証 善 点 反 省 項 把 握 役 立 側 求 意 義 疑 約 伝 歳 漁 港 使 昨 減 漁 港 係 留 空 ス ペ ス 募 集 不 係 留 充 不 係 留 監 視 充 努 寄 付 ふ 納 税 ふ 納 税 ウ ェ ブ サ 登 那 智 第 号 H. : 那 智 / 編 集 : 編 集 / : - 歌 山 東 牟 婁 郡 那 智 字 築 -- TEL -- 例 家 簿 徹 底 チェ P~ P~ P~ 元 気 笑 顔 輝 P 宇 久 井 スポツ 少 団 写 真 : 市 野 々 秋 季 同 心 輝 市 那 智 心 案 審 登 壇 例 那 智 舎 太 陽 電 別 昨 使 果 証 善 点 反 省 項 把 握 役 立 側 求 意 義

More information

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732>

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732> 第 4 うみ と みなと ( 港 湾 課 ) 第 4 うみ と みなと 1 海 岸 (1) 概 要 福 岡 県 の 海 岸 線 延 長 は 約 669kmに 及 び このうちの261kmと 二 線 堤 ( )30kmを 合 わせた 291kmを 海 岸 保 全 区 域 に 指 定 して 海 岸 事 業 を 行 っています この 海 岸 保 全 区 域 は3 省 庁 ( 国 土 交 通 省 水 管 理

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

2

2 NEWS NEWS H26 年 度 東 北 ブロック DMAT 参 集 訓 練 2 平 成 26 年 度 東 北 AIDS/HIV 看 護 研 修 / 宮 城 県 総 合 防 災 訓 練 NEWS 東 西 南 北 4 9 月 管 理 診 療 会 議 報 告 / 地 域 医 療 連 携 室 だより 5 仙 台 市 医 師 会 主 催 第 26 回 病 院 親 善 野 球 大 会 / 第 3 回 仙 台

More information

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 -

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 - 第 6 章 河 川 海 岸 第 1 節 河 川 海 岸 の 概 要 秋 田 県 を 流 れる 河 川 は 雄 物 川 米 代 川 子 吉 川 の 一 級 水 系 302 河 川 馬 場 目 川 などの 二 級 水 系 51 河 川 で 合 計 353 河 川 となっており 総 延 長 は3,189kmに 及 んでいます また 海 岸 については 総 延 長 264kmのうち 国 土 交 通 省 で169kmを

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8FAC8BE088E48E7395979276926E8BE682CC8EE888F882AB5F4832372E31322E3894AD8D735F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8FAC8BE088E48E7395979276926E8BE682CC8EE888F882AB5F4832372E31322E3894AD8D735F2E646F6378> 小 金 井 市 風 致 地 区 の 手 引 き 風 致 地 区 は 自 然 的 景 観 を 維 持 するため 都 市 における 風 致 の 特 に 優 れた 区 域 を 指 定 する 都 市 計 画 法 第 8 条 第 1 項 第 7 号 に 定 める 地 域 地 区 です 東 京 都 風 致 地 区 条 例 第 3 条 の 規 定 における 許 可 等 について 小 金 井 市 内 では 武 蔵

More information

検 討 の 対 象 とする 水 中 遺 跡 としては 海 ( 地 方 公 共 団 体 の 区 域 内 )と 湖 沼 にある 遺 跡 (ただし ダムや 溜 め 池 等 人 為 的 要 因 により 水 没 した 遺 跡 は 対 象 としない) 水 中 における 周 知 の 埋 蔵 文 化 財 包 蔵 地

検 討 の 対 象 とする 水 中 遺 跡 としては 海 ( 地 方 公 共 団 体 の 区 域 内 )と 湖 沼 にある 遺 跡 (ただし ダムや 溜 め 池 等 人 為 的 要 因 により 水 没 した 遺 跡 は 対 象 としない) 水 中 における 周 知 の 埋 蔵 文 化 財 包 蔵 地 第 2 回 水 中 遺 跡 調 査 検 討 委 員 会 概 要 日 程 : 平 成 25 年 7 月 17 日 ( 水 ) 会 場 : 長 崎 県 松 浦 市 高 島 支 所 9:30~12:00 西 谷 委 員 長 開 会 に 先 立 ち 長 崎 県 オブザーバー 高 野 氏 急 逝 のお 知 らせ 文 化 庁 記 念 物 課 榎 本 課 長 挨 拶 松 浦 市 長 崎 県 のこれまでの 鷹 島

More information