(記載例)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(記載例)"

Transcription

1 浜 の 活 力 再 生 広 域 プラン 別 添 ( 別 記 様 式 第 1 号 ) 1 広 域 水 産 業 再 生 委 員 会 組 織 名 代 表 者 名 熊 本 県 有 明 海 地 区 広 域 水 産 業 再 生 委 員 会 会 長 上 田 浩 次 広 域 委 員 会 の 荒 尾 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 ( 荒 尾 漁 協 荒 尾 市 ) 構 成 員 熊 本 北 部 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 ( 熊 本 北 部 漁 協 荒 尾 市 長 洲 町 熊 本 県 漁 連 ) 岱 明 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 ( 岱 明 漁 協 玉 名 市 ) 滑 石 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 ( 滑 石 漁 協 玉 名 市 ) 大 浜 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 ( 大 浜 漁 協 玉 名 市 大 浜 支 館 ) 横 島 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 ( 横 島 漁 協 玉 名 市 ) 河 内 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 ( 河 内 漁 協 熊 本 市 熊 本 県 漁 連 ) 松 尾 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 ( 松 尾 漁 協 熊 本 市 ) 小 島 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 ( 小 島 漁 協 熊 本 市 ) 沖 新 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 ( 沖 新 漁 協 熊 本 市 ) 畠 口 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 ( 畠 口 漁 協 熊 本 市 ) 海 路 口 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 ( 海 路 口 漁 協 熊 本 市 ) 川 口 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 ( 川 口 漁 協 熊 本 市 ) 住 吉 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 ( 住 吉 漁 協 宇 土 市 ) 網 田 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 ( 網 田 漁 協 宇 土 市 ) 熊 本 県 漁 業 協 同 組 合 連 合 会 熊 本 県 ( 農 林 水 産 部 水 産 振 興 課 県 北 広 域 本 部 ) 農 林 中 央 金 庫 熊 本 支 店 再 生 委 員 会 の 規 約 及 び 推 進 体 制 の 分 かる 資 料 を 添 付 すること 対 象 となる 地 熊 本 県 有 明 海 地 域 ( 荒 尾 市 長 洲 町 玉 名 市 熊 本 市 宇 土 市 ) 域 の 範 囲 及 び 海 苔 養 殖 業 (379 名 ) 採 貝 業 (1,982 名 ) 網 漁 業 (350 名 ) 漁 業 の 種 類 兼 業 延 べ 人 数 策 定 時 点 で 対 象 となる 漁 業 者 数 も 記 載 すること 1

2 2 地 域 の 現 状 (1) 地 域 の 水 産 業 を 取 り 巻 く 現 状 等 熊 本 県 有 明 海 地 域 ( 荒 尾 市 から 宇 土 市 )は 潮 の 干 満 差 が 最 大 約 6mと 非 常 に 大 きく 日 本 最 大 級 の 干 潟 を 有 し 多 種 多 様 な 生 物 が 生 息 している また 菊 池 川 白 川 緑 川 の 1 級 河 川 から 豊 富 な 栄 養 分 が 流 れ 込 むことなどにより 非 常 に 生 産 力 が 高 い 海 域 である 主 な 漁 業 種 類 としては 海 苔 養 殖 漁 業 と 採 貝 漁 業 網 漁 業 があるが 近 年 では 漁 場 環 境 の 悪 化 や 漁 業 資 源 及 び 漁 獲 量 の 減 少 に 加 え 魚 価 の 低 迷 燃 油 高 騰 等 により 非 常 に 厳 しい 漁 家 経 営 となっている なかでも 有 明 海 地 域 の 主 幹 産 業 である 海 苔 養 殖 業 では 海 水 温 の 高 温 化 による 漁 期 の 短 期 化 珪 藻 プランクトンの 増 殖 による 早 期 の 色 落 ちなど 漁 場 の 生 産 力 が 低 下 していることに 加 え 加 工 施 設 や 摘 採 船 など 高 額 な 設 備 投 資 が 必 要 であることなどにより 地 域 の 漁 村 が 衰 退 する 多 くの 危 険 性 を 孕 んでいる 各 浜 においては 浜 の 活 力 再 生 プラン を 策 定 し プランに 掲 げた 目 標 を 達 成 するための 取 り 組 みを 実 行 しているが 各 浜 だけでは 解 決 が 困 難 で 広 域 で 取 り 組 むことが 必 要 な 課 題 ( 例 え ば コスト 削 減 のための 合 同 検 査 と 合 同 出 荷 ( 集 荷 ) 労 働 力 軽 減 等 のための 協 業 化 所 得 向 上 のための 漁 場 管 理 と 製 品 管 理 の 統 一 コスト 削 減 を 含 めた 等 級 格 付 け 均 一 化 のための 海 苔 検 査 員 の 集 約 及 びスキル 向 上 ニーズに 合 わせた 販 売 促 進 戦 略 の 構 築 等 )も 多 い また 漁 業 従 事 者 が 多 いアサリ 貝 を 主 とする 採 貝 業 では 漁 場 環 境 の 悪 化 (ホトトギスガイの 繁 殖 浮 泥 の 堆 積 ナルトビエイ ツメタ 貝 等 による 食 害 )により ほとんどの 漁 場 が 壊 滅 状 態 で 低 調 な 生 産 状 況 が 続 いており 資 源 と 漁 場 回 復 のためには 同 じ 課 題 を 持 つ 広 域 で 合 同 の 漁 場 環 境 改 善 母 貝 育 成 などの 増 殖 化 活 動 食 害 対 策 等 に 取 り 組 む 必 要 がある このような 中 で 平 成 28 年 4 月 14 日 16 日 に 発 生 した 最 大 震 度 7 を 2 度 も 観 測 した 熊 本 地 震 により 漁 協 等 の 共 同 利 用 施 設 の 損 壊 漁 港 施 設 の 破 損 海 苔 加 工 施 設 の 倒 壊 アサリ 漁 場 への 土 砂 の 流 入 など 大 きな 被 害 が 発 生 し 本 地 区 の 水 産 業 は 大 きなダメージを 受 けている (2)その 他 の 関 連 する 現 状 等 全 ての 地 域 において 漁 業 者 の 平 均 年 齢 は 60 歳 を 超 えており 高 齢 化 と 後 継 者 不 足 新 規 就 業 者 の 確 保 が 大 きな 課 題 である 更 に 海 苔 養 殖 業 では 設 備 投 資 費 用 が 経 営 を 圧 迫 し 漁 業 継 続 の 大 きな 障 壁 となっており 採 貝 業 では 資 源 の 減 少 が 漁 業 従 事 者 離 れに 拍 車 をかけている そこで 各 浜 での 主 幹 産 業 である 海 苔 養 殖 業 の 継 続 と 採 貝 業 の 復 活 に 向 け 総 合 的 に 漁 業 所 得 の 向 上 と 安 定 化 を 図 るとともに 将 来 にわたる 後 継 者 ( 中 核 的 担 い 手 )の 育 成 と 新 規 就 業 者 の 定 着 を 図 ることにより 地 域 の 活 性 化 に 取 り 組 む 必 要 がある また 交 通 アクセスの 面 では 平 成 23 年 3 月 に 九 州 新 幹 線 全 線 開 通 したことや 観 光 の 面 で は 県 南 の 八 代 港 への 大 型 クルーズ 船 の 寄 港 が 増 えており 年 間 40~50 回 の 入 港 が 決 定 してい ることや 台 湾 ( 高 雄 )との 定 期 航 路 就 航 が 実 現 し 特 に 中 国 台 湾 からの 観 光 客 の 増 加 が 見 込 まれることから アサリ ハマグリなどの 県 内 消 費 や 海 苔 加 工 品 のお 土 産 としての 需 要 等 が 見 込 まれる 2

3 3 競 争 力 強 化 の 取 組 方 針 (1) 機 能 再 編 地 域 活 性 化 に 関 する 基 本 方 針 ( 総 論 ) 本 地 区 で 盛 んに 営 まれている 海 苔 養 殖 業 や 採 貝 業 は 本 県 水 産 業 の 基 幹 をなすものであり 国 民 の 食 生 活 に 欠 かすことのできない 食 品 を 供 給 している しかしながら 様 々な 問 題 により 養 殖 経 営 体 数 が 減 少 しており 本 地 区 の 活 力 を 再 生 するた めには 海 苔 養 殖 業 を 持 続 的 な 産 業 とし 安 心 して 生 産 できるような 体 制 を 構 築 する 必 要 がある そのため ここに 広 域 浜 プランを 策 定 し 共 同 でその 実 践 をおこなうことで 漁 家 所 得 の 向 上 を 目 指 すこととする ( 各 論 ) まずは 熊 本 地 震 からの 復 旧 を 図 り 震 災 発 生 前 の 状 況 に 回 復 させることが 大 きな 目 標 である そのため 国 や 県 地 元 市 町 等 の 支 援 の 下 被 災 した 共 同 利 用 施 設 や 海 苔 加 工 施 設 の 復 旧 と ア サリ 漁 場 の 回 復 を 図 ることとする 近 年 の 海 苔 業 界 は 全 国 的 な 海 苔 生 産 量 の 減 少 で 国 内 消 費 量 約 90 億 枚 の 需 要 に 対 し ここ 3ヶ 年 平 均 75 億 枚 の 供 給 量 となっており 中 国 や 韓 国 からの 輸 入 に 頼 らざるを 得 ない 状 況 にな りつつある 食 の 安 心 安 全 性 からも 国 内 での 生 産 を 維 持 し 古 くから 食 されている 栄 養 豊 富 な 海 苔 同 様 に 二 枚 貝 を 絶 やすことなく 消 費 者 へ 提 供 し 続 ける 義 務 がある その 上 で 本 県 の 現 状 と 課 題 を 踏 まえて 当 地 区 有 明 海 地 域 の 水 産 業 の 発 展 と 活 性 化 を 図 るた め 県 が 定 める 水 産 業 振 興 基 本 構 想 (H23 年 度 ~H32 年 度 目 標 年 ) や 全 漁 連 ( 県 漁 連 )が 定 め る 新 運 動 方 針 (2015~2019 年 度 ) をもとに 県 や 県 漁 連 からの 助 言 や 協 力 を 仰 ぎながら 広 域 的 な 浜 の 活 力 再 生 のため 取 り 組 みを 進 めることとする 具 体 的 には 熊 本 海 苔 熊 本 アサリ ハマグリ などについて 生 産 から 製 造 販 売 までの 一 貫 した 取 組 みの 考 えや 方 法 をプランに 参 画 するすべての 漁 協 が 共 有 し 漁 業 所 得 の 向 上 を 目 標 とした 海 苔 平 均 単 価 の 向 上 観 光 潮 干 狩 りも 含 めたアサリ 漁 場 の 復 活 を 目 標 とした 漁 場 環 境 改 善 と 生 産 出 荷 量 の 向 上 コスト 削 減 を 目 標 とした 海 苔 検 査 場 と 出 荷 場 及 び 検 査 員 の 集 約 化 を 成 果 目 標 の 柱 とし 以 下 に 示 す 基 本 方 針 の 取 組 みを 共 同 で 行 うことにより 漁 村 地 域 の 活 性 化 に 取 り 組 むこととする A 熊 本 地 震 からの 復 旧 復 興 1 国 の 補 助 制 度 等 を 活 用 し 被 災 した 共 同 利 用 施 設 や 海 苔 加 工 施 設 の 早 急 な 復 旧 を 進 める B 熊 本 海 苔 機 能 再 編 地 域 活 性 化 のための 基 本 方 針 1 海 苔 養 殖 手 法 の 徹 底 管 理 を 行 う 2 効 率 的 な 共 販 体 制 のため 出 荷 や 検 査 の 合 同 化 に 取 り 組 む ( 目 標 : 流 通 の 効 率 を 考 慮 した 共 同 出 荷 ( 集 荷 ) 委 託 加 工 場 または 協 業 化 への 取 組 みを 行 う ) 3 地 域 における 品 種 養 殖 管 理 によるブランドの 統 一 化 を 進 める 4 海 苔 商 社 等 と 共 同 で 海 苔 を 活 用 した 新 たな 加 工 品 の 開 発 や 消 費 者 等 への 販 売 促 進 PRを 行 う ( 目 標 : 主 として 漁 協 が 連 携 した 6 次 産 業 化 による 商 品 開 発 と 販 売 力 強 化 ) 3

4 5 海 苔 養 殖 漁 場 に 関 連 する 環 境 改 善 に 取 り 組 む ( 養 殖 漁 場 河 川 流 域 や 加 工 施 設 周 辺 ) 6 各 漁 協 任 意 の 海 苔 格 付 け 検 査 員 を 県 漁 連 で 統 一 し その 育 成 確 保 に 取 り 組 む 7 競 争 力 強 化 及 び 生 産 性 向 上 のため 国 の 機 器 導 入 事 業 や 漁 船 リース 導 入 事 業 等 を 活 用 する C 熊 本 アサリ ハマグリ 機 能 再 編 地 域 活 性 化 のための 基 本 方 針 1 母 貝 となるアサリ ハマグリの 保 護 などによる 資 源 増 殖 活 動 を 行 う 2 有 害 生 物 の 駆 除 漁 場 の 底 質 環 境 改 善 と 資 源 の 保 全 に 取 り 組 む 3 アサリ 商 社 等 と 共 同 で 県 内 外 の 関 連 商 社 及 び 消 費 者 等 への 販 売 促 進 や 消 費 拡 大 に 取 り 組 み 併 せて 一 般 市 民 への 観 光 潮 干 狩 り 等 を 通 じ 干 潟 の 大 切 さをPRする 4 競 争 力 強 化 及 び 生 産 性 向 上 のため 国 の 機 器 導 入 事 業 や 漁 船 リース 導 入 事 業 等 を 活 用 する (2) 中 核 的 担 い 手 の 育 成 に 関 する 基 本 方 針 当 地 区 の 課 題 である 後 継 者 不 足 と 高 齢 化 による 漁 村 の 衰 退 に 対 応 するため まず 海 苔 養 殖 漁 業 及 び 採 貝 漁 業 を 将 来 にわたって 担 う 漁 業 者 を 中 核 的 担 い 手 と 位 置 付 ける その 上 で 国 の 事 業 を 活 用 した 生 産 力 の 向 上 や 競 争 力 強 化 に 資 する 漁 船 ( 主 にシステム 船 )や 機 器 を 導 入 することにより 高 額 な 設 備 投 資 軽 減 を 図 り プラン 実 践 の 中 心 的 となる 中 核 的 担 い 手 の 確 保 と 育 成 に 取 り 組 む また 全 国 からの 新 規 漁 業 就 業 者 を 受 入 れる 体 制 を 整 え その 確 保 育 成 に 取 組 む D 熊 本 海 苔 熊 本 アサリ ハマグリ を 生 産 する 中 核 的 担 い 手 の 育 成 に 関 する 基 本 方 針 1 当 地 区 における 海 苔 養 殖 業 採 貝 業 の 中 核 的 担 い 手 及 び リーダー の 確 保 と 育 成 に 取 り 組 む 2 中 核 的 担 い 手 に 対 し 設 備 投 資 軽 減 となる 競 争 力 強 化 のため 漁 船 リース 事 業 や 機 器 導 入 事 業 の 活 用 を 推 進 する 3 リーダー を 構 成 員 として 含 めた 熊 本 海 苔 品 質 向 上 研 究 会 や 熊 本 海 苔 等 販 売 促 進 委 員 会 において 勉 強 会 や 視 察 研 修 等 を 行 い スキルアップを 図 る 4 本 プランに 取 り 組 む リーダー の 中 から 再 生 委 員 会 が 将 来 の 漁 業 後 継 者 への 指 導 に 当 た る 模 範 となる 優 良 漁 業 者 を マイスター として 選 出 する 5 行 政 機 関 と 連 携 し 水 産 専 門 学 校 等 への 募 集 や 就 業 者 支 援 事 業 等 を 活 用 し 県 内 外 からの 新 規 就 業 者 の 受 入 と 育 成 に 取 り 組 む ( 各 漁 業 者 の 定 義 ) 中 核 的 担 い 手 : 各 漁 協 が 推 薦 する 後 継 者 及 び 漁 船 リース 事 業 要 件 に 該 当 する 者 リ ー ダ ー: 中 核 的 担 い 手 の 中 から 浜 の 指 導 者 となる 一 定 の 所 得 と 就 業 年 数 を 満 たす 者 マ イスター:リーダーの 中 から プランに 5 年 以 上 取 り 組 み 模 範 的 な 指 導 者 となる 者 (3) 漁 獲 努 力 量 の 削 減 維 持 及 びその 効 果 に 関 する 担 保 措 置 熊 本 県 海 苔 養 殖 安 定 対 策 推 進 協 議 会 での 取 決 め 事 項 の 遵 守 海 苔 養 殖 区 画 漁 業 権 行 使 規 則 の 取 決 め 事 項 の 遵 守 海 苔 養 殖 の 漁 場 改 善 計 画 に 基 づいた 適 正 養 殖 の 履 行 アサリ ハマグリの 熊 本 県 漁 業 調 整 規 則 及 びアサリの 委 員 会 指 示 による 取 決 め 事 項 の 遵 守 4

5 (4) 具 体 的 な 取 組 内 容 ( 毎 年 ごとに 数 値 目 標 とともに 記 載 ) 1 年 目 ( 平 成 28 年 度 ) 取 組 内 容 A 熊 本 地 震 からの 復 旧 復 興 1 被 害 状 況 調 査 のとりまとめと 復 旧 に 向 けた 国 や 県 市 の 支 援 策 利 用 の 検 討 を 行 う 2 地 震 対 策 支 援 事 業 もしくは 水 産 業 競 争 力 強 化 施 設 整 備 事 業 を 活 用 した 海 苔 競 争 力 の 強 化 と 流 通 コストの 削 減 を 図 るため 県 漁 連 を 拠 点 とする 荷 捌 き 施 設 と 保 管 倉 庫 の 復 旧 整 備 の 検 討 を 行 う B 熊 本 海 苔 取 組 み 内 容 B1 品 質 管 理 における 付 加 価 値 向 上 機 能 再 編 によるコスト 削 減 に 向 けた 取 組 み 1 中 核 的 担 い 手 を 中 心 とした 熊 本 海 苔 品 質 向 上 研 究 会 にて 県 水 産 研 究 センタ ーおよび 県 漁 連 の 海 苔 養 殖 速 報 ( 情 報 )をもとに 各 浜 における 参 考 となる 養 殖 管 理 について 協 議 する 2 県 漁 連 1 部 会 ( 荒 尾 ~ 横 島 漁 協 )を 中 心 とした 海 苔 の 合 同 検 査 合 同 出 荷 ( 集 荷 ) の 実 現 に 向 けて 課 題 等 を 検 討 する 3 県 漁 連 を 中 心 とした 乾 燥 委 託 加 工 事 業 の 実 現 に 向 けて 課 題 等 を 検 討 する 4 各 漁 協 を 中 心 とした 加 工 検 査 場 内 の 衛 生 面 から 整 理 整 頓 清 掃 作 業 中 のマス ク 帽 子 着 用 等 の 遵 守 事 項 製 造 面 から 全 自 動 乾 燥 機 異 物 除 去 機 金 属 探 知 機 重 量 選 別 機 類 の 指 導 点 検 事 項 の 統 一 化 を 図 る (32 年 度 まで 継 続 して 取 り 組 む ) 5 県 漁 連 と 漁 協 が 共 同 で 行 政 機 関 協 力 (クリーンアップ 事 業 等 )のもと 有 明 沿 岸 河 川 域 における 漂 流 ゴミおよび 沈 着 ゴミの 清 掃 活 動 に 取 り 組 む (32 年 度 ま で 継 続 して 取 り 組 む ) B2 熊 本 海 苔 の 流 通 販 売 促 進 知 名 度 向 上 PR 消 費 拡 大 に 向 けた 取 組 み 1 県 漁 連 を 中 心 に 各 漁 協 による 現 時 点 の 独 自 ブランド 製 品 の 基 準 等 を 再 検 討 し 広 域 で 絞 り 込 んだ 付 加 価 値 の 高 い 海 苔 ブランド 製 品 の 基 準 作 りに 取 り 組 む また 全 国 需 要 の 7 割 近 くを 占 める 業 務 用 に 適 した 熊 本 海 苔 の 基 準 作 りに 研 究 会 メンバーが 連 携 して 取 り 組 む (32 年 度 まで 継 続 して 取 り 組 む ) 2 県 漁 連 と 漁 協 が 共 同 で 海 苔 商 社 及 び 他 産 業 ( 生 協 地 域 商 工 会 JA 道 の 駅 旅 館 業 等 )と 連 携 し 熊 本 海 苔 及 び バラ 干 し 加 工 品 佃 煮 加 工 品 の 消 費 拡 大 に 取 り 組 む (32 年 度 まで 継 続 して 取 り 組 む ) 3 県 漁 連 は 漁 協 が 開 設 しているHP 情 報 を 集 約 し 各 浜 の 生 産 状 況 やブランド 紹 介 等 情 報 発 信 の 一 元 化 を 図 るためHP 作 成 に 取 り 組 む C 熊 本 アサリ ハマグリ 取 組 み 内 容 1 各 漁 協 は 国 や 県 の 補 助 事 業 等 を 活 用 し 干 潟 や 海 底 耕 うんにより 漁 場 環 境 を 改 善 するとともに 併 せて 耕 うん 機 器 の 改 良 にも 取 り 組 む 2 各 漁 協 は 国 や 県 の 補 助 事 業 等 を 活 用 し 有 害 生 物 (ナルトビエイ 他 ) 駆 除 と 囲 い 網 による 保 護 区 の 設 置 等 資 源 の 保 全 に 取 り 組 む 3 各 漁 協 連 携 したケアシェル( 稚 貝 着 定 基 質 )の 設 置 に 取 り 組 む 5

6 活 用 する 支 援 措 置 等 また 補 助 事 業 等 を 活 用 し 底 質 環 境 改 善 ( 覆 砂 耕 うん 堆 積 物 除 去 等 )を 実 施 した 上 で 母 貝 稚 貝 の 放 流 に 取 り 組 む (32 年 度 まで 継 続 して 取 り 組 む ) 4 各 漁 協 は 連 携 して 取 組 める 資 源 管 理 計 画 の 内 容 項 目 の 調 整 検 討 を 行 う ( 広 域 的 なアサリ ハマグリの 資 源 管 理 計 画 の 内 容 を 検 討 する ) 5 他 産 業 ( 他 の 協 同 組 合 間 地 域 商 工 会 道 の 駅 等 )のイベント 等 に 参 加 し PR のための 試 食 や 販 売 を 行 う 併 せて 行 政 観 光 事 業 と 連 携 し 各 地 域 における 観 光 潮 干 狩 りの 企 画 検 討 に 取 り 組 む D 中 核 的 担 い 手 となる 取 組 み 内 容 1 県 漁 連 と 漁 協 が 共 同 で 中 核 的 担 い 手 を 含 めた 行 政 関 係 者 と 漁 協 系 統 職 員 で 組 織 する 熊 本 海 苔 品 質 向 上 研 究 会 ( 仮 称 ) 及 び 熊 本 海 苔 等 販 売 促 進 委 員 会 ( 仮 称 )の 立 上 げ 準 備 を 行 う 2 再 生 委 員 会 は 中 核 的 担 い 手 と リーダー の 基 準 作 りを 行 い 支 援 事 業 等 ( 主 に 機 器 等 導 入 事 業 と 漁 船 リース 事 業 )を 活 用 して 漁 船 や 機 器 を 導 入 し 模 範 となりうる 担 い 手 育 成 に 取 り 組 む 競 争 力 強 化 型 機 器 等 導 入 緊 急 対 策 事 業 ( 国 )D2 浜 の 担 い 手 漁 船 リース 緊 急 事 業 ( 国 )D2 水 産 業 競 争 力 強 化 金 融 支 援 事 業 ( 国 )D2 水 産 多 面 的 機 能 発 揮 対 策 事 業 ( 国 県 市 町 )C14 有 明 海 再 生 事 業 に 関 連 する 事 業 ( 国 )C13 ナルトビエイ 駆 除 事 業 ( 県 水 漁 機 構 )C2 クリーンアップ 事 業 ( 県 )B1-5 強 い 水 産 業 づくり 交 付 金 事 業 に 関 連 ( 地 震 対 応 含 )する 事 業 ( 国 )A12 水 産 業 競 争 力 強 化 緊 急 施 設 整 備 事 業 ( 国 )A12 2 年 目 ( 平 成 29 年 度 ) 取 組 内 容 A 熊 本 地 震 からの 復 旧 復 興 1 国 や 県 市 の 支 援 策 を 活 用 して 完 全 復 旧 を 目 指 す B 熊 本 海 苔 取 組 み 内 容 B1 品 質 管 理 における 付 加 価 値 向 上 機 能 再 編 によるコスト 削 減 に 向 けた 取 組 み 1 中 核 的 担 い 手 (のちリーダー)が 中 心 となる 熊 本 海 苔 品 質 向 上 研 究 会 は 県 水 産 研 究 センターおよび 県 漁 連 の 海 苔 養 殖 速 報 ( 情 報 )をもとに 海 苔 網 の 干 出 時 間 高 さの 調 整 等 の 情 報 提 供 を 行 い 各 浜 における 養 殖 管 理 を 徹 底 すること により 病 害 対 策 を 行 い 品 質 向 上 に 取 り 組 む 2 県 漁 連 1 部 会 は 海 苔 の 合 同 検 査 合 同 出 荷 ( 集 荷 )を 実 現 するために 構 想 図 を 作 成 し 関 係 地 区 等 と 検 討 会 を 開 催 する 3 県 漁 連 は 乾 燥 委 託 加 工 事 業 の 構 想 図 を 作 成 し 主 に 県 漁 連 1 部 会 への 説 明 会 を 開 催 する 6

7 4 各 漁 協 は 加 工 場 検 査 場 内 の 衛 生 面 からの 遵 守 事 項 製 造 面 からの 点 検 事 項 の 見 直 しを 行 い 漁 業 者 への 指 導 と 研 修 会 の 実 施 に 取 り 組 む ( 再 生 委 員 会 にて 加 工 場 検 査 場 内 での 取 決 め 事 項 の 見 直 しを 行 い 漁 業 者 への 指 導 や 研 修 会 を 行 う ) 5 県 漁 連 と 漁 協 は 地 域 住 民 を 交 えた 有 明 海 一 斉 清 掃 (クリーンアップ) 活 動 に 取 り 組 む 6 県 漁 連 と 漁 協 は 各 漁 協 所 属 の 海 苔 格 付 け 検 査 員 の 導 入 制 度 の 検 討 及 び 研 修 会 を 踏 まえた 技 術 向 上 と 若 手 検 査 員 の 育 成 に 取 り 組 む ( 各 漁 協 に 存 在 する 海 苔 格 付 け 検 査 員 を 有 明 海 地 区 の 海 苔 格 付 け 検 査 員 として 統 一 するための 制 度 作 りと その 確 保 育 成 に 取 り 組 む ) B2 熊 本 海 苔 の 販 売 促 進 知 名 度 向 上 PR 消 費 拡 大 に 向 けた 取 組 み 1 県 漁 連 を 中 心 とする 再 生 委 員 会 は 各 漁 協 独 自 に 存 在 する 複 数 のブランドの 統 一 のための 検 討 を 行 う 県 漁 連 1 部 会 の 統 一 ブランド 熊 本 第 一 ( 案 )の 基 準 作 りに 取 り 組 む 県 漁 連 2 部 会 ( 河 内 ~ 網 田 漁 協 )は 品 種 や 養 殖 管 理 方 法 漁 場 位 置 など 考 慮 し 絞 り 込 んだブランド 基 準 作 りに 取 り 組 む 2 県 漁 連 と 漁 協 は 共 同 で 海 苔 商 社 及 び 他 産 業 と 連 携 し 知 名 度 向 上 と 消 費 拡 大 に 取 り 組 む 熊 本 県 の 観 光 事 業 で 県 のキャラクター くまモン とタイアップしたPRイベン ト 等 への 参 加 で 知 名 度 向 上 及 び 販 路 拡 大 を 図 る 海 苔 商 社 との 共 同 でイベントを 行 い 販 売 促 進 に 取 り 組 む 九 州 共 販 協 議 会 ( 海 苔 共 販 漁 連 )と 全 国 海 苔 指 定 商 組 合 との 合 同 海 苔 消 費 宣 伝 普 及 活 動 のイベントに 参 加 し 知 名 度 向 上 に 取 り 組 む 3 県 漁 連 は 各 漁 協 がもつHP 情 報 ( 生 産 状 況 やブランド 紹 介 等 情 報 )の 一 元 化 に 取 り 組 む (32 年 度 まで 継 続 して 取 り 組 む ) 関 係 地 区 の 行 政 HPや 広 報 誌 県 漁 連 と 参 加 漁 協 のHPで 定 期 的 に 産 地 情 報 発 信 に 取 り 組 む 全 漁 連 が 作 るプライドフィッシュ( 自 慢 の 水 産 物 )で 冬 編 熊 本 海 苔 を 推 奨 し HP 掲 載 し 全 国 のイベントキャンペーンにて 知 名 度 向 上 に 取 り 組 む C 熊 本 アサリ ハマグリ 取 組 み 内 容 1 各 漁 協 は 共 同 で 国 や 県 の 補 助 事 業 を 活 用 した 干 潟 海 底 耕 うんにより 漁 場 環 境 改 善 に 取 り 組 みながら 効 果 実 証 調 査 を 行 う 2 各 漁 協 は 共 同 で 国 や 県 の 補 助 事 業 を 活 用 した 有 害 生 物 駆 除 と 囲 い 網 による 保 護 区 の 設 置 を 継 続 しながら 効 果 実 証 調 査 を 行 う 3 各 漁 協 は 共 同 で 連 携 したケアシェルの 設 置 を 継 続 し 効 果 実 証 調 査 を 行 い 結 果 データーの 集 計 と 解 析 の 取 り 纏 めを 行 う 4 各 漁 協 は 各 浜 が 連 携 する 資 源 管 理 計 画 の 内 容 実 践 ( 水 面 区 域 管 理 方 法 有 効 7

8 活 用 する 支 援 措 置 等 期 間 等 )に 取 り 組 む 5 各 漁 協 は 共 同 で 他 産 業 のイベント 等 に 参 加 し PRのための 試 食 や 販 売 を 行 う あわせて 行 政 等 の 観 光 事 業 と 連 携 した 各 地 域 における 観 光 潮 干 狩 り 計 画 作 りに 取 り 組 む 全 漁 連 が 作 るプライドフィッシュ( 自 慢 の 水 産 物 )で 夏 編 大 和 ハマグリ 春 編 アサリ を 推 奨 しHP 掲 載 し 県 漁 連 と 漁 協 共 同 で 全 国 のイベントキャン ペーンにて 知 名 度 向 上 に 取 り 組 む 県 の 観 光 事 業 と 連 携 し 外 国 船 クルーズへの 食 材 提 供 に 取 り 組 む D 中 核 的 担 い 手 となる 取 組 み 内 容 1 熊 本 海 苔 品 質 向 上 研 究 会 及 び 熊 本 海 苔 等 販 売 促 進 委 員 会 は 定 期 的 な 会 合 ( 意 見 交 換 会 等 )とスキル 向 上 を 目 的 とした 視 察 研 修 を 行 う 2 再 生 委 員 会 は 支 援 事 業 等 ( 主 に 機 器 等 導 入 事 業 と 漁 船 リース 事 業 )を 活 用 し 所 得 向 上 や 省 力 省 コスト 化 に 取 り 組 みながら 中 核 的 担 い 手 の 選 出 と 育 成 に 継 続 して 取 り 組 み 更 に 模 範 となりうるリーダーの 選 出 を 行 う 3 県 漁 連 を 中 心 とした 協 議 会 ( 平 成 28 年 度 立 ち 上 げ)は 新 規 就 業 者 の 支 援 事 業 の 活 用 及 び 水 産 専 門 学 校 への 働 きかけや 受 入 体 制 を 調 査 した 上 で 海 苔 経 営 体 減 少 が 著 しい 県 漁 連 1 部 会 を 中 心 に 漁 業 就 業 者 受 入 に 取 り 組 む (32 年 度 まで 継 続 して 取 組 む ) 競 争 力 強 化 型 機 器 等 導 入 緊 急 対 策 事 業 ( 国 )D2 浜 の 担 い 手 漁 船 リース 緊 急 事 業 ( 国 )D2 水 産 業 競 争 力 強 化 金 融 支 援 事 業 ( 国 )D2 水 産 多 面 的 機 能 発 揮 対 策 事 業 ( 国 県 市 町 )C14 有 明 海 再 生 事 業 に 関 連 する 事 業 ( 国 )C12 ナルトビエイ 駆 除 事 業 ( 県 水 漁 機 構 )C2 クリーンアップ 事 業 ( 県 )B1-5 強 い 水 産 業 づくり 交 付 金 事 業 に 関 連 ( 地 震 対 応 含 )する 事 業 ( 国 )A1B1-3 水 産 業 競 争 力 強 化 緊 急 施 設 整 備 事 業 ( 国 )A1 新 規 就 漁 業 就 業 者 総 合 支 援 事 業 D3 3 年 目 ( 平 成 30 年 度 ) 取 組 内 容 B 熊 本 海 苔 取 組 み 内 容 B1 品 質 管 理 における 付 加 価 値 向 上 機 能 再 編 によるコスト 削 減 に 向 けた 取 組 み 1 リーダー が 中 心 となる 熊 本 海 苔 品 質 向 上 委 員 会 ( 改 研 究 会 )は 本 漁 期 の 養 殖 管 理 手 法 を 研 究 し 地 域 へのアドバイス 提 言 を 行 う (32 年 度 まで 継 続 し て 行 う ) 2 県 漁 連 1 部 会 は 合 同 検 査 合 同 出 荷 ( 集 荷 )の 契 約 合 意 を 行 う 3 県 漁 連 1 部 会 における 共 同 海 苔 乾 燥 委 託 事 業 実 施 内 容 等 の 合 意 を 得 られれば 県 8

9 漁 連 は 強 い 水 産 業 づくり 交 付 金 事 業 等 を 利 用 した 共 同 海 苔 乾 燥 委 託 加 工 施 設 第 1 号 に 着 手 する 4 各 漁 協 は 加 工 場 検 査 場 内 の 衛 生 面 からの 遵 守 事 項 製 造 面 からの 点 検 事 項 に 関 する 第 三 者 によるチェック 機 能 体 制 を 取 入 れ 取 り 組 み 実 施 向 上 を 図 る ( 再 生 委 員 会 にて 加 工 場 検 査 場 内 での 取 り 決 め 事 項 の 第 三 者 によるチェック 体 制 を 取 り 入 れ 実 施 率 向 上 を 図 る ) 5 県 漁 連 と 漁 協 は 補 助 事 業 を 活 用 し 地 域 住 民 に 限 らず 河 川 流 域 に 関 係 する 森 林 地 区 から 市 街 地 区 の 住 民 を 交 えた 河 川 海 岸 域 の 清 掃 活 動 に 取 り 組 む 6 県 漁 連 と 漁 協 は 有 明 海 地 区 の 海 苔 格 付 け 検 査 員 制 度 の 導 入 とその 確 保 育 成 に 取 り 組 む B2 熊 本 海 苔 の 販 売 促 進 知 名 度 向 上 PR 消 費 拡 大 に 向 けた 取 組 み 1 県 漁 連 と 漁 協 は 入 札 結 果 の 検 証 及 び 買 付 商 社 や 消 費 者 向 けにアンケートを 実 施 し ブランド 製 品 取 扱 い 基 準 の 見 直 し 検 討 を 行 う 2 各 漁 協 は 共 同 で 海 苔 商 社 及 び 他 産 業 との 知 名 度 向 上 と 消 費 拡 大 に 取 り 組 み 6 次 産 業 化 を 目 標 にした 新 商 品 開 発 に 取 り 組 む 熊 本 県 のキャラクター くまモン の 使 用 承 諾 を 得 て さまざまなパッケージに 利 用 し 販 路 拡 大 に 取 り 組 む 銀 座 熊 本 館 を 拠 点 に 大 都 市 への 新 商 品 を 加 えた 販 売 戦 略 に 取 り 組 む 県 漁 連 と 漁 協 は 全 漁 連 が 主 催 するプライドフィッシュにおけるアンテナショッ プで 海 外 店 舗 シンガポールでの 食 材 提 供 プレゼンに 参 加 し 知 名 度 向 上 に 取 り 組 む 再 生 委 員 会 は 県 と 農 林 中 金 等 の 協 力 を 得 て 6 次 化 産 業 立 上 げのための 研 修 会 等 に 取 り 組 む 3 県 漁 連 は HPの 集 約 化 を 進 めながら 産 地 情 報 発 信 及 び 産 直 販 売 含 めたHP 作 成 に 取 り 組 む 参 加 漁 協 の 共 同 HPで 定 期 的 な 産 地 情 報 に 加 え 加 工 品 販 売 に 取 り 組 む C 熊 本 アサリ ハマグリ 取 組 み 内 容 1 各 漁 協 は 共 同 で 国 や 県 の 補 助 事 業 等 活 用 した 干 潟 海 底 耕 うんにより 漁 場 環 境 改 善 に 取 り 組 みながら 実 証 調 査 の 結 果 を 参 考 に 効 果 ある 漁 場 環 境 改 善 の 取 り 組 みを 継 続 する 2 各 漁 協 は 共 同 で 実 証 調 査 の 結 果 を 参 考 に 有 害 生 物 駆 除 と 囲 い 網 による 資 源 の 保 護 や 増 殖 に 取 り 組 む 3 各 漁 協 は ケアシェル 設 置 の 実 証 調 査 の 結 果 を 参 考 に さらに 効 果 のあるケアシ ェル 設 置 を 継 続 する 各 浜 の 漁 場 改 善 の 実 証 調 査 について 中 間 報 告 ( 稚 貝 発 生 率 母 貝 定 着 率 等 )を 行 い その1の 検 証 に 取 り 組 む 9

10 4 各 漁 協 は 共 同 で 資 源 管 理 計 画 の 内 容 を 見 直 し 検 討 し 効 果 ある 計 画 に 取 り 組 む ( 広 域 での 資 源 管 理 計 画 の 内 容 を 見 直 し さらに 効 果 のある 計 画 作 りに 取 り 組 む) 5 各 漁 協 は 共 同 で 他 産 業 のイベント 等 に 参 加 し PRのための 試 食 や 販 売 を 行 う 併 せて 行 政 観 光 事 業 と 連 携 した 各 地 域 における 観 光 潮 干 狩 りの 実 践 に 取 り 組 む 県 と 市 町 の 観 光 事 業 と 連 携 し 一 般 市 民 向 けの 観 光 潮 干 狩 り 事 業 に 取 り 組 み ま た NPO 法 人 協 力 のもと 有 明 海 干 潟 に 関 する 学 習 会 に 取 り 組 む D 中 核 的 担 い 手 となる 取 組 み 内 容 1 リーダー を 中 心 とした 熊 本 海 苔 品 質 向 上 研 究 会 は 熊 本 海 苔 品 質 向 上 委 員 会 と 改 め 養 殖 管 理 の 提 言 を 行 う また スキル 向 上 のため 熊 本 海 苔 等 販 売 促 進 委 員 会 の 定 期 的 な 会 合 と 必 要 に 応 じた 海 苔 商 社 等 との 意 見 交 換 会 及 び 視 察 研 修 等 を 行 う (32 年 まで 継 続 して 行 う ) 2 再 生 委 員 会 は 中 核 的 担 い 手 の 中 から 指 導 的 立 場 となる リーダー の 選 出 を 行 い 引 続 き 支 援 事 業 等 ( 主 に 機 器 等 導 入 事 業 と 漁 船 リース 事 業 )を 活 用 し た 模 範 となる 中 核 的 担 い 手 の 確 保 育 成 に 取 り 組 む リース 事 業 により 導 入 した 漁 船 で 所 得 向 上 の 取 組 みを 強 化 する 3 県 協 議 会 は 全 国 漁 業 就 業 者 確 保 育 成 センターと 協 力 し 全 国 の 就 業 フェアーイ ベント 等 に 参 加 し 受 入 側 とのマッチングを 行 いながら 新 規 漁 業 者 の 受 入 確 保 に 継 続 して 取 り 組 む 活 用 する 支 競 争 力 強 化 型 機 器 等 導 入 緊 急 対 策 事 業 ( 国 )D2 援 措 置 等 浜 の 担 い 手 漁 船 リース 緊 急 事 業 ( 国 )D2 水 産 業 競 争 力 強 化 金 融 支 援 事 業 ( 国 )D2 水 産 多 面 的 機 能 発 揮 対 策 事 業 ( 国 県 市 町 )C14 有 明 海 再 生 事 業 に 関 連 する 事 業 ( 国 )C12 ナルトビエイ 駆 除 事 業 ( 県 水 漁 機 構 )C2 クリーンアップ 事 業 ( 県 )B1-5 強 い 水 産 業 づくり 交 付 金 事 業 に 関 連 ( 地 震 対 応 含 む)する 事 業 ( 国 )B1-3 水 産 業 競 争 力 強 化 緊 急 施 設 整 備 事 業 ( 国 )B1-3 新 規 就 漁 業 就 業 者 総 合 支 援 事 業 D3 4 年 目 ( 平 成 31 年 度 ) 取 組 内 容 B 熊 本 海 苔 取 組 み 内 容 B1 品 質 管 理 における 付 加 価 値 向 上 機 能 再 編 によるコスト 削 減 に 向 けた 取 組 み 1 熊 本 海 苔 品 質 向 上 委 員 会 は 昨 年 度 までの 養 殖 管 理 手 法 の 結 果 等 を 踏 まえ 漁 期 に 応 じたよりよい 養 殖 管 理 手 法 の 策 定 に 取 り 組 む 2 県 漁 連 1 部 会 は 共 同 で 実 施 する 合 同 検 査 合 同 出 荷 ( 集 荷 )に 着 手 するため 広 域 の 各 漁 協 が 岱 明 地 区 にて 強 い 水 産 業 事 業 を 利 用 した 新 たな 共 同 集 荷 ( 検 査 ) 場 の 施 設 整 備 に 取 り 組 む 10

11 3 県 漁 連 は 県 漁 連 1 部 会 における 共 同 海 苔 乾 燥 委 託 加 工 事 業 第 1 号 の 取 り 組 み について その 効 果 の 検 証 を 行 う 4 県 漁 連 と 漁 協 は 共 同 で 衛 生 面 からのこれまでの 取 り 組 み 効 果 の 検 証 として 製 品 の 生 菌 数 検 査 に 取 り 組 む 5 各 漁 協 は 共 同 で 海 苔 商 社 と 県 漁 連 の 協 力 を 得 て 各 漁 協 が 有 明 海 沿 岸 河 川 域 の 清 掃 活 動 の 結 果 における 海 苔 製 品 への 異 物 混 入 調 査 に 取 り 組 む 6 県 漁 連 は 検 査 員 制 度 を 確 立 し 正 式 な 任 命 と 検 査 技 術 向 上 格 付 けに 関 わる 検 査 教 育 研 修 に 取 組 む B2 熊 本 海 苔 の 販 売 促 進 知 名 度 向 上 PR 消 費 拡 大 に 向 けた 取 組 み 1 県 漁 連 は 前 年 度 からの 総 合 的 な 検 証 を 踏 まえ 県 下 統 一 した 県 漁 連 ブランド 製 品 取 扱 い 基 準 の 確 立 に 取 り 組 む 2 県 漁 連 と 漁 協 は 共 同 で 海 苔 商 社 及 び 他 産 業 との 共 同 提 携 による 知 名 度 向 上 と 消 費 拡 大 に 取 り 組 み 県 漁 連 と 漁 協 が 主 に 出 資 する 6 次 産 業 化 を 目 指 した 企 業 立 上 げに 取 り 組 む 6 次 産 業 化 となる 企 業 パートナー( 加 工 業 者 流 通 業 者 等 )を 考 慮 した 構 想 イメ ージ 等 の 検 討 を 行 う 熊 本 県 のキャラクター くまモン とタイアップし 6 次 産 業 化 に 向 けた 商 品 開 発 を 行 い イベント 等 へ 参 加 し 販 路 拡 大 に 取 り 組 む これまでの 販 売 促 進 活 動 の 取 組 の 中 で 特 にブランド 製 品 を 中 心 としたアンケー トを 行 い 熊 本 海 苔 の 評 価 と 検 証 を 行 う 3 県 漁 連 は 各 漁 協 のHPのリンクを 行 い 産 地 情 報 発 信 及 び 産 直 販 売 含 めた 生 産 状 況 やブランド 紹 介 等 情 報 のためのHP 更 新 を 定 期 的 に 行 う 関 係 機 関 広 報 誌 やHPにて 6 次 産 業 化 における 新 商 品 紹 介 新 商 品 考 案 募 集 の 掲 載 を 行 う C 熊 本 アサリ ハマグリ 取 組 み 内 容 1 各 漁 協 は 共 同 で 補 助 事 業 等 活 用 した 干 潟 海 底 耕 うんによる 漁 場 環 境 改 善 状 況 を 見 極 めながら 漁 場 の 拡 大 に 取 り 組 む 2 各 漁 協 が 共 同 で 補 助 事 業 等 活 用 した 有 害 生 物 駆 除 と 囲 い 網 による 効 果 のある 保 護 区 の 拡 大 に 取 り 組 みながら 研 究 機 関 等 が 示 す 新 たな 対 策 に 着 手 する 3 各 漁 協 は ケアシェル 設 置 の 実 証 調 査 の 結 果 を 参 考 に 更 なる 漁 場 拡 大 を 図 る 各 浜 での 漁 場 改 善 状 況 の 中 間 報 告 を 受 け 貝 類 の 出 荷 状 況 の 調 査 に 取 り 組 む 4 各 漁 協 が 共 同 で これまでの 資 源 管 理 計 画 の 内 容 項 目 ( 水 面 区 域 管 理 方 法 有 効 期 間 等 )の 検 証 を 行 い 引 続 き 資 源 管 理 に 取 り 組 む 5 各 漁 協 は 共 同 で 他 産 業 のイベント 等 に 参 加 し PRのために 試 食 や 販 売 料 理 パンフの 配 布 や 料 理 教 室 の 実 施 に 取 り 組 む 併 せて 行 政 等 の 観 光 事 業 と 連 携 した 各 地 域 における 観 光 潮 干 狩 りの 拡 大 に 取 り 組 む 行 政 と 連 携 し 一 般 市 民 向 けの 観 光 潮 干 狩 りマップづくりを 行 う 11

12 活 用 する 支 援 措 置 等 D 中 核 的 担 い 手 となる 取 組 み 内 容 1 熊 本 海 苔 品 質 向 上 委 員 会 及 び 熊 本 海 苔 等 販 売 促 進 委 員 会 は 定 期 的 な 会 合 や 海 苔 商 社 等 との 意 見 交 換 会 や 県 内 外 販 売 促 進 活 動 及 び 視 察 研 修 等 を 継 続 し て 行 う 2 再 生 委 員 会 は リーダー の 選 定 基 準 の 見 直 し 検 討 を 行 い 支 援 事 業 等 ( 主 に 機 器 等 導 入 事 業 と 漁 船 リース 事 業 )を 活 用 した 模 範 となる 中 核 的 担 い 手 の 選 出 と 育 成 に 継 続 して 取 り 組 む リース 事 業 を 活 用 する 中 核 的 担 い 手 を 更 に 確 保 し 所 得 向 上 の 取 組 みを 強 化 する 3 県 漁 連 と 漁 協 は 共 同 で 新 規 就 業 者 受 入 れの 問 題 点 を 検 証 し 県 協 議 会 の 協 力 を 得 ながら 受 入 側 とのマッチングを 行 い 新 規 就 業 者 の 受 入 確 保 に 継 続 して 取 り 組 む 競 争 力 強 化 型 機 器 等 導 入 緊 急 対 策 事 業 ( 国 )D2 浜 の 担 い 手 漁 船 リース 緊 急 事 業 ( 国 )D2 水 産 業 競 争 力 強 化 金 融 支 援 事 業 ( 国 )D2 水 産 多 面 的 機 能 発 揮 対 策 事 業 ( 国 県 市 町 )C14 有 明 海 再 生 事 業 に 関 連 する 事 業 ( 国 )C12 ナルトビエイ 駆 除 事 業 ( 県 水 漁 機 構 )C2 クリーンアップ 事 業 ( 県 )B1-5 強 い 水 産 業 づくり 交 付 金 事 業 に 関 連 ( 地 震 対 応 含 む)する 事 業 ( 国 )B23 水 産 業 競 争 力 強 化 緊 急 施 設 整 備 事 業 ( 国 )B-123 新 規 就 漁 業 就 業 者 総 合 支 援 事 業 D3 5 年 目 ( 平 成 32 年 度 ) 取 組 内 容 B 熊 本 海 苔 取 組 み 内 容 B1 品 質 管 理 における 付 加 価 値 向 上 機 能 再 編 によるコスト 削 減 に 向 けた 取 組 み 1 熊 本 海 苔 品 質 向 上 委 員 会 は 漁 期 の 環 境 に 応 じた 最 善 の 養 殖 管 理 手 法 の 総 括 を 行 う 2 強 い 水 産 業 事 業 を 活 用 して 設 置 する 海 苔 の 合 同 検 査 場 合 同 出 荷 の 実 施 によるコ スト 削 減 効 果 の 検 証 を 行 う 3 強 い 水 産 業 事 業 を 活 用 して 設 置 した 県 漁 連 の 共 同 乾 燥 委 託 加 工 第 1 号 の 効 果 検 証 を 踏 まえ 必 要 に 応 じて 共 同 乾 燥 委 託 加 工 事 業 の 第 2 号 計 画 に 取 り 組 む 4 県 漁 連 と 漁 協 は 共 同 で 共 通 して 行 う 生 産 から 製 造 に 至 る 安 全 性 衛 生 面 に 関 す る 取 り 組 み 等 の 点 検 事 項 の 完 全 実 施 及 び 生 菌 数 調 査 に 継 続 して 取 り 組 む 5 各 漁 協 は 共 同 で 海 苔 商 社 と 県 漁 連 協 力 のもと 有 明 海 沿 岸 河 川 域 の 清 掃 活 動 のゴミ 量 集 計 と 海 苔 製 品 への 異 物 混 入 率 についてとりまとめを 行 う 6 県 漁 連 は 統 一 検 査 委 員 制 度 導 入 後 のコスト 削 減 と 商 社 による 検 査 評 価 の 検 証 を 行 う 12

13 活 用 する 支 援 措 置 等 B2 熊 本 海 苔 の 販 売 促 進 知 名 度 向 上 PR 消 費 拡 大 に 向 けた 取 組 み 1 県 漁 連 と 漁 協 は 共 同 で 確 立 したブランド 製 品 の 信 頼 性 向 上 のため 第 三 者 ( 海 苔 商 社 コンビニ 業 界 研 究 機 関 )による 評 価 検 証 に 取 り 組 む 2 県 漁 連 と 漁 協 は 共 同 で 海 苔 商 社 及 び 他 産 業 との 共 同 提 携 による 知 名 度 向 上 と 消 費 拡 大 の 取 組 みに 加 え 6 次 産 業 化 の 設 立 及 び 新 商 品 開 発 に 取 り 組 む 3 県 漁 連 と 漁 協 は 共 同 で 海 苔 生 産 に 関 するHP 作 成 し 県 漁 連 HPを 利 用 して 情 報 発 信 元 の 一 元 化 に 取 り 組 む C 熊 本 アサリ ハマグリ 取 組 み 内 容 1 各 漁 協 は 共 同 で これまでの 干 潟 海 底 耕 うんによる 漁 場 環 境 改 善 状 況 の 検 証 に 加 え 貝 類 の 生 産 量 と 生 息 域 の 検 証 を 行 う 2 各 漁 協 は 共 同 で これまでの 有 害 生 物 駆 除 と 囲 い 網 による 保 護 区 の 効 果 検 証 のた め 費 用 対 効 果 等 を 調 査 し その 取 り 纏 めを 行 う 3 各 漁 協 が 共 同 で 連 携 したケアシェル 設 置 の 取 り 組 みを 継 続 して 稚 貝 発 生 の 更 なる 漁 場 拡 大 を 行 う これまでの 漁 場 改 善 ( 耕 うん 覆 砂 ゴミ 堆 積 物 等 除 去 等 ) 結 果 等 を 調 査 し 費 用 対 効 果 等 の 取 り 纏 めを 行 う 4 各 漁 協 は 共 同 で これまでの 資 源 管 理 の 検 証 の 結 果 を 踏 まえ 有 効 な 管 理 に 継 続 して 取 り 組 む 5 各 漁 協 は 共 同 で 他 産 業 との 定 期 的 イベントの 開 催 と 行 政 機 関 と 連 携 した 各 地 域 における 一 般 市 民 向 け 観 光 潮 干 狩 りの 定 着 と 拡 大 に 取 り 組 む D 中 核 的 担 い 手 となる 取 組 み 内 容 1 再 生 委 員 会 は 熊 本 海 苔 品 質 向 上 委 員 会 および 熊 本 海 苔 等 販 売 促 進 委 員 会 を 次 年 度 以 降 も 継 続 するため 県 漁 連 の 会 員 組 織 として 承 認 された 組 織 活 動 団 体 としての 確 立 に 取 り 組 む 2 再 生 委 員 会 は 支 援 事 業 等 ( 主 に 機 器 等 導 入 事 業 と 漁 船 リース 事 業 )を 活 用 した 模 範 となる 中 核 的 担 い 手 の 確 保 育 成 に 継 続 して 取 り 組 むとともに リーダー 及 び マイスター の 認 定 を 継 続 する リース 事 業 及 び 機 器 導 入 事 業 を 活 用 した 中 核 的 担 い 手 の 所 得 向 上 及 びコスト 削 減 結 果 をとりまとめ 次 年 度 以 降 の 中 核 的 担 い 手 の 確 保 育 成 に 有 効 活 用 する 3 県 漁 連 と 漁 協 は 共 同 で 新 規 就 業 者 受 入 れの 問 題 点 を 検 証 し 新 規 就 業 者 の 受 入 確 保 に 継 続 して 取 り 組 む 競 争 力 強 化 型 機 器 等 導 入 緊 急 対 策 事 業 ( 国 )D2 浜 の 担 い 手 漁 船 リース 緊 急 事 業 ( 国 )D2 水 産 業 競 争 力 強 化 金 融 支 援 事 業 ( 国 )D2 水 産 多 面 的 機 能 発 揮 対 策 事 業 ( 国 県 市 町 )C14 有 明 海 再 生 事 業 に 関 連 する 事 業 ( 国 )C12 ナルトビエイ 駆 除 事 業 ( 県 水 漁 機 構 )C2 13

14 クリーンアップ 事 業 ( 県 )B1-5 強 い 水 産 業 づくり 交 付 金 事 業 に 関 連 ( 地 震 対 応 含 む)する 事 業 ( 国 )B1-23 水 産 業 競 争 力 強 化 緊 急 施 設 整 備 事 業 ( 国 )B1-3 新 規 就 漁 業 就 業 者 総 合 支 援 事 業 D3 プランの 実 施 期 間 が6 年 以 上 となる 場 合 記 載 欄 は 適 宜 増 やすこと 活 用 する 支 援 措 置 等 は 活 用 を 予 定 している 国 ( 水 産 庁 以 外 を 含 む) 地 方 公 共 団 体 等 の 補 助 金 基 金 等 を 記 載 ただし 本 欄 への 記 載 をもって 事 業 の 活 用 を 確 約 するもので はない (5) 関 係 機 関 との 連 携 A 熊 本 地 震 からの 復 旧 復 興 1 国 や 県 地 元 市 町 と 連 携 し 国 の 補 助 制 度 を 活 用 した 施 設 や 加 工 施 設 の 復 旧 復 興 を 図 る B 熊 本 海 苔 に 関 する 取 組 み 1 海 苔 の 集 出 荷 や 検 査 体 制 の 集 約 化 に 関 して 国 や 県 市 町 県 漁 連 集 荷 業 者 検 査 員 などと 協 議 を 行 い 無 理 のない 効 率 的 な 体 制 作 りを 行 う 2 共 同 乾 燥 施 設 の 整 備 に 関 して 国 や 県 市 町 等 との 協 議 を 行 い 適 切 な 事 業 計 画 の 策 定 や 事 業 実 施 を 図 る 3 熊 本 海 苔 ブランドに 関 して 県 や 県 漁 連 海 苔 商 社 海 苔 ジャーナル( 専 門 機 関 紙 )と 協 議 を 行 い 統 一 した 基 準 作 りを 図 る 4 県 市 町 県 漁 連 県 魚 食 普 及 協 議 会 等 が 行 う 食 のイベントや 料 理 教 室 などにおいて 食 材 提 供 などを 行 い 県 産 の 海 苔 やアサリ ハマグリの 認 知 度 向 上 及 び 消 費 拡 大 を 図 る C 熊 本 アサリ ハマグリに 関 する 取 組 み 1 資 源 管 理 及 び 資 源 回 復 に 関 して 国 および 県 や 市 町 と 連 携 して 調 査 や 試 験 を 行 い 効 率 的 な 手 法 の 確 立 や 実 証 調 査 等 を 行 う D 中 核 的 担 い 手 育 成 に 関 する 取 組 み 1 中 核 的 担 い 手 のスキル 向 上 のため 熊 本 県 水 産 研 究 センター 県 漁 連 組 織 の 熊 本 県 海 苔 養 殖 連 絡 協 議 会 が 行 う 研 修 会 勉 強 会 等 に 参 加 し 海 苔 養 殖 技 術 等 の 向 上 を 図 る (6) 他 産 業 との 連 携 1 海 苔 アサリ 指 定 商 社 と 共 同 で 観 光 物 産 館 道 の 駅 飲 食 関 係 業 と 業 務 提 携 を 行 い 熊 本 海 苔 及 び 加 工 品 熊 本 アサリ ハマグリの 販 売 促 進 を 行 う 2コンビニ 業 界 と 提 携 し また 学 識 経 験 者 や 専 門 機 関 の 助 言 指 導 を 受 けながら 消 費 者 の 嗜 好 に 対 応 した 海 苔 づくりの 研 究 や 商 品 の 開 発 を 行 う 3 熊 本 海 苔 及 び 熊 本 アサリ ハマグリ の 認 知 度 ( 付 加 価 値 ) 向 上 のため 製 作 会 社 に 委 託 し 情 報 を 発 信 するHPの 作 成 を 行 う 4 行 政 が 行 う 観 光 事 業 などと 提 携 し 本 委 員 会 が 一 般 市 民 向 けの 潮 干 狩 り 体 験 学 習 NPO 法 人 などによる 有 明 海 の 生 態 系 学 習 体 験 の 周 知 を 行 う 5 国 の 事 業 を 円 滑 に 利 用 するため 近 代 化 資 金 等 の 借 入 を 農 林 中 央 金 庫 と 融 資 提 携 を 行 う 14

15 4 成 果 目 標 (1) 成 果 目 標 の 考 え 方 A 熊 本 地 震 からの 復 旧 復 興 1 熊 本 地 震 による 加 工 場 及 び 加 工 機 器 類 の 被 害 を 地 震 前 の 状 態 に 戻 すことを 目 標 とする B 熊 本 海 苔 に 関 する 取 組 み 1 各 漁 協 が 広 域 浜 プランを 実 践 することで 広 域 での 単 価 底 上 げを 図 り かつ 各 浜 プランと 重 ねた 目 標 として 掲 げることで 広 域 全 体 の 共 通 の 目 標 とする 2 高 齢 化 と 後 継 者 不 足 が 著 しい 県 漁 連 1 部 会 による 集 荷 場 と 格 付 け 検 査 場 の 集 約 化 により 人 件 費 と 設 備 費 など 20%コスト 削 減 を 目 指 す 併 せて 再 生 委 員 会 の 15 漁 協 での 合 同 検 査 率 0%から 県 漁 連 1 部 会 を 集 約 する 40%を 目 標 と する C 熊 本 アサリ ハマグリに 関 する 取 組 み 1 各 地 域 での 広 域 浜 プランを 実 践 することで 過 去 5 ヶ 年 の 最 大 出 荷 数 10 漁 協 を 最 終 目 標 とし ているが 出 荷 漁 協 数 = 出 荷 数 量 大 幅 増 加 とはならないことも 考 慮 し 直 近 の 平 成 26 年 の 値 を 5 ヶ 年 の 5 中 3 平 均 の 値 トンまで 戻 すことを 目 標 とする 2 漁 場 改 善 ( 海 底 耕 うん 有 害 生 物 除 去 資 源 管 理 計 画 底 質 環 境 改 善 )を 広 域 で 取 り 組 むこと で 漁 場 の 回 復 を 図 り 過 去 5 年 でのアサリ ハマグリの 最 大 出 荷 漁 協 数 10 漁 協 にすること を 目 標 とする D 中 核 的 担 い 手 育 成 と 確 保 に 関 する 取 組 み 1 現 在 の 海 苔 経 営 体 数 380 件 の 約 3 割 にあたる 120 人 を 平 成 32 年 度 までに 中 核 的 担 い 手 とし 将 来 における 有 明 海 地 区 の 海 苔 養 殖 業 の 継 続 及 び 地 域 の 活 性 化 の 中 心 となる 人 物 の 確 保 及 び 育 成 を 目 標 とする 水 産 業 の 振 興 を 核 とした 地 域 全 体 の 活 性 化 を 目 指 し 地 域 の 実 情 を 踏 まえ 広 域 連 携 に 基 づ く 活 性 化 指 標 の 考 え 方 を 記 載 (2) 成 果 目 標 A 地 震 被 害 件 数 の 現 状 復 帰 率 向 上 河 内 ~ 網 田 (9 地 域 ) 漁 業 協 同 組 合 熊 本 県 漁 業 協 同 組 合 連 合 会 基 準 年 平 成 28 年 度 : 被 害 件 数 100 件 目 標 年 平 成 29 年 度 : 復 旧 率 100% B1 海 苔 入 札 平 均 単 価 向 上 全 15 漁 業 協 同 組 合 ( 平 均 値 ) 基 準 年 5 ヶ 年 平 均 値 : 9.30( 円 ) 目 標 年 平 成 32 年 度 : 10.23( 円 ) B2 合 同 検 査 出 荷 に 関 わる 経 費 コスト20% 削 減 荒 尾 ~ 横 島 (6) 漁 業 協 同 組 合 経 費 基 準 年 5 ヶ 年 平 均 値 : 26,471( 千 円 ) 目 標 年 平 成 32 年 度 : 21,177( 千 円 ) 15

16 B2 合 同 検 査 率 の 向 上 全 15 漁 業 協 同 組 合 基 準 年 平 成 27 年 度 : 0 (%) 目 標 年 平 成 32 年 度 : 40 (%) C1 アサリ ハマグリ 出 荷 数 量 向 上 全 15 漁 業 協 同 組 合 C2 アサリ ハマグリ 出 荷 漁 協 数 向 上 基 準 年 目 標 年 平 成 26 年 度 :192.5(トン) 平 成 32 年 度 :590.7(トン) 全 15 漁 業 協 同 組 合 基 準 年 平 成 26 年 度 : 5 漁 協 (33%) 目 標 年 平 成 32 年 度 : 10 漁 協 (66%) D 中 核 的 担 い 手 の 確 保 目 標 人 数 全 15 漁 業 協 同 組 合 目 標 人 数 平 成 32 年 度 : 120( 名 ) (3) 上 記 の 算 出 方 法 及 びその 妥 当 性 A 熊 本 地 震 被 害 件 数 及 び 復 旧 率 基 準 年 地 震 発 生 1 ヵ 月 後 の 被 害 調 査 結 果 をもととする 目 標 年 完 全 復 旧 を 2 年 後 の 29 年 度 を 目 標 とする 別 紙 被 害 調 査 結 果 とりまとめ 表 参 照 B1 海 苔 平 均 単 価 向 上 指 標 基 準 年 過 去 5 ヶ 年 (H22~H26)の 平 均 単 価 とする 目 標 年 基 準 年 の 10% 以 上 向 上 とし 期 中 達 成 の 場 合 目 標 年 の 継 続 維 持 とする B2 合 同 検 査 集 荷 に 関 わるコスト 削 減 と 合 同 検 査 率 指 標 基 準 年 過 去 5 ヶ 年 間 の 平 均 合 計 経 費 額 とする 目 標 年 基 準 年 の 20% 削 減 とする 基 準 年 合 同 検 査 率 0からのスタートとする 目 標 年 基 準 年 から 県 漁 連 1 部 会 (6 漁 協 ) 集 約 を 目 標 とする 別 紙 6 漁 協 検 査 にかかわる 経 費 と 合 同 検 査 仮 定 による 経 費 割 合 C1 アサリ ハマグリ 平 均 出 荷 数 量 指 標 基 準 年 直 近 である 平 成 26 年 度 の 値 とする 目 標 年 過 去 5 ヶ 年 の 5 中 3 平 均 の 値 とする 別 紙 アサリ ハマグリ 共 販 実 績 表 参 照 C2 アサリ ハマグリ 平 均 出 荷 漁 協 数 基 準 年 過 去 5 カ 年 最 少 の 平 成 26 年 度 出 荷 漁 協 数 の 5 漁 協 とする 目 標 年 過 去 5 ヶ 年 最 大 の 平 成 23 年 度 出 荷 漁 業 数 の 10 漁 協 とする 別 紙 アサリ ハマグリ 共 販 出 荷 漁 協 実 績 参 照 D 中 核 的 担 い 手 の 育 成 確 保 16

17 最 終 年 度 までに 現 在 の 海 苔 経 営 体 数 380 件 の 約 3 割 120 名 を 中 核 的 担 い 手 と 認 定 する 算 出 の 根 拠 及 びその 方 法 等 について 詳 細 に 記 載 し 必 要 があれば 資 料 を 添 付 すること 5 関 連 施 策 活 用 を 予 定 している 関 連 施 策 名 とその 内 容 及 びプランとの 関 係 性 事 業 名 事 業 内 容 及 び 浜 の 機 能 再 編 広 域 プランとの 関 係 性 競 争 力 強 化 型 機 器 等 導 入 緊 急 対 船 外 機 ノリ 乾 燥 機 等 省 燃 油 活 動 に 取 り 組 みながら 競 争 力 強 策 事 業 ( 国 ) 化 と 漁 業 支 出 を 抑 制 浜 の 担 い 手 漁 船 リース 緊 急 事 業 浜 の 中 核 の 担 う 後 継 者 ( 中 核 的 担 い 手 )に 対 し 漁 船 をリー ( 国 ) スすることにより 漁 業 支 出 の 抑 制 と 後 継 者 対 策 水 産 業 競 争 力 強 化 金 融 支 援 事 業 漁 船 漁 業 用 機 器 導 入 を 図 る 漁 業 者 が 借 り 入 れる 資 金 に 対 し ( 国 ) て 負 担 軽 減 のための 利 子 助 成 を 利 用 水 産 業 競 争 力 強 化 緊 急 施 設 整 備 県 漁 連 の 共 同 利 用 施 設 の 共 販 所 の 拡 充 ( 改 築 )や 広 域 にお 事 業 ( 国 ) ける 流 通 の 効 率 化 と 集 荷 の 集 約 化 のための 施 設 整 備 漁 業 セーフティーネット 構 築 事 燃 油 高 騰 時 の 漁 家 経 営 に 及 ぼす 影 響 の 緩 和 と 経 費 コスト 削 減 業 ( 国 ) 水 産 多 面 的 機 能 発 揮 対 策 事 業 有 害 生 物 除 去 干 潟 耕 うん 保 護 区 設 置 等 を 行 いアサリ 漁 場 ( 国 県 市 町 ) 改 善 の 資 源 の 保 全 による 漁 獲 量 の 向 上 強 い 水 産 業 づくり 交 付 金 事 業 ノリ 共 同 乾 燥 施 設 および 協 業 化 を 図 ることにより 経 費 削 減 と ( 国 ) 後 継 者 就 業 者 の 確 保 新 規 漁 業 就 業 者 総 合 支 援 事 業 漁 業 の 付 加 価 値 化 を 担 う 漁 業 就 業 者 および 後 継 者 の 人 材 確 保 ( 国 ) および 育 成 ナルトビエイ 駆 除 事 業 ( 県 水 漁 ナルトビエイの 駆 除 と 処 理 ( 二 枚 貝 の 食 害 対 策 ) 機 構 ) 有 明 海 特 産 魚 介 類 調 査 事 業 ( 国 ) 有 明 海 の 生 息 環 境 を 改 善 するための 事 業 で 海 底 耕 うんによ る 生 物 量 ( 主 に 貝 類 )の 改 善 有 明 海 底 質 環 境 調 査 事 業 ( 国 ) 有 明 海 再 生 のためカイケタによる 底 質 攪 拌 清 掃 作 業 により 海 底 の 廃 棄 物 処 理 で 底 質 環 境 改 善 等 クリーンアップ 事 業 ( 県 ) 有 明 海 沿 岸 の 漁 場 環 境 保 全 のため 海 浜 清 掃 及 び 海 底 清 掃 事 業 関 連 事 業 には 活 用 を 予 定 している 国 ( 水 産 庁 以 外 を 含 む) 地 方 公 共 団 体 等 の 補 助 金 基 金 等 を 記 載 ただし 本 欄 への 記 載 をもって 事 業 の 活 用 を 確 約 するものではない 具 体 的 な 事 業 名 が 記 載 できない 場 合 は 事 業 名 は 未 定 とし 事 業 内 容 及 び 浜 の 機 能 再 編 広 域 プランとの 関 係 性 のみ 記 載 する 17

18 < 活 性 化 指 標 算 出 方 法 および 根 拠 等 > B1 海 苔 生 産 製 造 原 価 ( 円 ) 年 度 平 均 値 原 価 利 益 製 造 原 価 に 対 し 利 益 3 円 以 上 必 要 平 均 値 = 9.40 B1 海 苔 共 販 平 均 単 価 ( 円 ) 年 度 平 均 値 15 漁 協 B2 6 漁 協 海 苔 検 査 にかかる5ヶ 年 平 均 経 費 ( 千 円 ) 荒 尾 熊 北 部 岱 明 滑 石 大 浜 横 島 合 計 値 1,582 4,020 8,974 3,341 8,356 1,780 26,471 C1 アサリ ハマグリ 出 荷 数 量 (トン) 年 度 平 均 値 アサリ , ハマグリ 計 , C2 アサリ ハマグリ 出 荷 漁 協 数 ( 組 合 ) 年 度 漁 協 数 D 海 苔 養 殖 経 営 体 数 ( 件 ) 年 度 経 営 体 数 D 中 核 的 担 い 手 育 成 と 確 保 ( 人 ) 海 苔 経 営 体 数 目 標 とする 割 合 合 計 ( 人 ) 中 核 的 担 い 手 380 約 3 割

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E595AA81458D6081698CA793EC816A30358C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E595AA81458D6081698CA793EC816A30358C7689E68F912E646F63> 地 域 再 生 計 画 1. 地 域 再 生 計 画 の 名 称 地 場 産 業 の 活 性 化 と 民 生 安 定 と 都 会 との 交 流 を 推 進 する 地 域 づくり 計 画 2. 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 大 分 県 佐 伯 市 3. 地 域 再 生 計 画 の 区 域 浦 代 港 ( 佐 伯 市 ) 臼 杵 港 ( 臼 杵 市 ) 下 浦 漁 港 ( 大

More information

<819D303181798E96914F817A816988A289A589598B998D60816A32303132303232332E786C73>

<819D303181798E96914F817A816988A289A589598B998D60816A32303132303232332E786C73> 事 前 評 価 書 整 理 番 号 都 道 府 県 名 長 崎 県 関 係 市 町 村 松 浦 市 事 業 名 地 区 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 アオウウラ 阿 翁 浦 地 区 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) 事 業 主 体 長 崎 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 漁 港 名 ( 種 別 ) 阿 翁 浦 漁 港 ( 種 ) 漁 場 名 陸 揚 金 額,09

More information

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C

Ⅱ 点 検 項 目. 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 直 前 の 評 価 今 回 の 評 価 総 費 用 ( ) 総 便 益 ( ),8,7,99,7,8,,0,9 別 紙 費 用 対 効 果 分 析 集 計 表 の とおり 費 用 便 益 費 (B/C 事 業 評 価 書 ( 期 中 の 評 価 ) 整 理 番 号 都 道 府 県 名 千 葉 県 関 係 市 町 村 フッツ 富 津 シ 市 期 中 評 価 実 施 の 理 由 事 業 名 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業 ( 水 産 流 通 基 盤 整 備 事 業 ) フッツ 地 区 名 事 業 主 体 千 葉 県 Ⅰ 基 本 事 項. 地 区 概 要 フッツ 漁 港 名 ( 種 別 )

More information

指 標 担 い 手 数 ( 認 定 農 業 者 数 + 集 落 営 農 組 織 数 ) 経 営 体 基 準 値 H 4 (H9) H4 H5 H,,5 農 水 産 業 の 担 い 手 育 や 生 産 性 の 向 上 を 図 ります 新 廃 担 い 手 育 事 業 事 業 名 事 業 所 管 課 農

指 標 担 い 手 数 ( 認 定 農 業 者 数 + 集 落 営 農 組 織 数 ) 経 営 体 基 準 値 H 4 (H9) H4 H5 H,,5 農 水 産 業 の 担 い 手 育 や 生 産 性 の 向 上 を 図 ります 新 廃 担 い 手 育 事 業 事 業 名 事 業 所 管 課 農 第 6 次 総 合 計 実 施 計 施 策 シト(~) ( 様 式 ) 政 策 名 第 7 章 地 域 の 活 力 をつくりだす 産 業 経 済 の 振 興 施 策 名 第 節 農 水 産 業 の 振 興 施 策 の 目 標 良 質 な 農 水 産 物 の 提 供 と 農 水 産 業 の 持 続 的 発 展 を 図 る 事 業 費 ( : 千 円 ) 事 業 数 細 事 業 数 予 算 額 合 計

More information

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96>

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96> 肉 用 牛 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 25 年 度 当 初 版 ) 目 的 は 具 体 的 には 対 応 する 事 業 実 施 主 体 事 業 の 特 徴 又 は 窓 口 1 規 模 拡 大 を 共 同 利 用 牛 舎 一 般 予 算 図 る を 整 備 したい 強 い 農 業 づくり 交 付 金 公 社 農 協 都 道 府 県 協 業 法 人 経 営 の 開 始 に 伴 う 共

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

講 師 プロフィール 鈴 木 輝 明 (すずき てるあき) S47.3 京 都 大 学 農 学 部 水 産 学 科 卒 業 S49.3 東 北 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 S49.4 愛 知 県 水 産 試 験 場 調 査 研 究 科 技 師 H6.7 農 学 博

講 師 プロフィール 鈴 木 輝 明 (すずき てるあき) S47.3 京 都 大 学 農 学 部 水 産 学 科 卒 業 S49.3 東 北 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 S49.4 愛 知 県 水 産 試 験 場 調 査 研 究 科 技 師 H6.7 農 学 博 平 成 28 年 度 地 球 環 境 自 然 学 講 座 第 5 回 テ マ 干 潟 の 機 能 とその 保 全 講 師 名 城 大 学 大 学 院 総 合 学 術 研 究 科 特 任 教 授 鈴 木 輝 明 先 生 平 成 28 年 6 月 11 日 ( 土 ) NPO 法 人 シニア 自 然 大 学 校 講 師 プロフィール 鈴 木 輝 明 (すずき てるあき) S47.3 京 都 大 学 農

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

◆安全と安心

◆安全と安心 第 6 章 地 域 別 の 環 境 配 慮 宇 土 市 を 分 割 した7 地 区 について,それぞれの 特 性 を 踏 まえた 計 画 の 方 向 性 について, 地 域 別 の 環 境 配 慮 指 針 として 明 らかにします なお, 地 区 区 分 は 上 位 計 画 である 宇 土 市 総 合 計 画 や 関 連 計 画 である 宇 土 市 都 市 計 画 マス タープラン * の 考 え

More information

付 漁 船 の 建 造 ディーゼル 機 関 の 据 付 船 体 の 鋼 船 化 に 加 えて 大 型 化 され 漁 港 整 備 もこれ に 呼 応 する 形 で 昭 和 26 年 からの 第 1 次 漁 港 整 備 長 期 計 画 に 基 づく 焼 津 内 港 の 修 築 更 に は 第 6 次 の

付 漁 船 の 建 造 ディーゼル 機 関 の 据 付 船 体 の 鋼 船 化 に 加 えて 大 型 化 され 漁 港 整 備 もこれ に 呼 応 する 形 で 昭 和 26 年 からの 第 1 次 漁 港 整 備 長 期 計 画 に 基 づく 焼 津 内 港 の 修 築 更 に は 第 6 次 の 浜 の 活 力 再 生 プラン 1 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 組 織 名 焼 津 地 区 地 域 水 産 業 再 生 委 員 会 代 表 者 名 西 川 角 次 郎 再 生 委 員 会 の 構 成 員 焼 津 漁 業 協 同 組 合 焼 津 市 株 式 会 社 事 代 丸 オブザーバー 静 岡 県 経 済 産 業 部 水 産 業 局 水 産 振 興 課 静 岡 県 水 産 技 術 研

More information

Ⅰ-③_漁業・海業の振興

Ⅰ-③_漁業・海業の振興 ( 後 期 基 本 計 画 ) 政 策 名 Ⅰ 交 流 経 済 都 市 施 策 名 3 漁 海 振 興 施 策 調 書 ( 内 部 結 ) 所 管 部 局 農 林 水 産 環 境 部 整 理 番 号 4 所 管 部 局 長 氏 名 石 嶋 政 博 1 関 連 する 個 別 計 画 PLAN 個 別 計 画 名 称 計 画 計 画 年 次 計 画 期 間 し 備 考 施 策 優 先 順 位 1 現 状

More information

農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 の 構 成 員 区 分 職 名 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 本 部 長 代 理 農 林 水 産 副 大 臣 農 林 水 産 副 大 臣 副 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 本 部

農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 の 構 成 員 区 分 職 名 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 本 部 長 代 理 農 林 水 産 副 大 臣 農 林 水 産 副 大 臣 副 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 本 部 平 成 28 年 5 月 18 日 10 時 15 分 ~ 第 一 特 別 会 議 室 平 成 28 年 熊 本 地 震 復 興 推 進 本 部 第 7 回 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 議 事 次 第 1 開 会 2 本 部 長 御 発 言 ( 大 臣 ) 3 平 成 28 年 熊 本 地 震 による 被 災 農 林 漁

More information

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 網 走 市 統 計 書 平 成 27 年 版 網 走 市 は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 踏 まえ 基 本 的 かつ 総 合 的 な

More information

【別紙】

【別紙】 別 紙 広 田 湾 漁 協 地 域 養 殖 復 興 プロジェクト 計 画 書 ( 米 崎 地 域 イシカゲ 養 殖 部 会 ) 地 域 養 殖 復 興 プロジェクト 名 称 広 田 湾 漁 協 地 域 養 殖 復 興 プロジェクト 名 称 広 田 湾 漁 業 協 同 組 合 地 域 養 殖 復 興 プロ ジェクト 運 営 者 代 表 者 名 代 表 理 事 組 合 長 佐 々 木 戝 住 所 岩 手

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 予 算 事 業 名 担 当 部 局 庁 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 事 業 の 目 的 ( 目 指 す 姿 を 簡 潔 に 3 行 程 度 以 内 ) 巡 視 船 艇 の 整 備 に 関 する 経 費 海 上 保 安 庁 は 海 難 救 助 犯 罪 の 予 防 及 び 鎮 圧 海 上 防 災 海 上 交 通 安 全 海 洋 汚 染 防 止 等 に 係

More information

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B>

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B> 農 業 者 用 中 山 間 地 域 等 直 接 支 払 交 付 金 集 落 協 定 書 等 の 書 き 方 記 入 マニュアル 平 成 25 年 5 月 16 日 < 集 落 協 定 を 申 請 する 場 合 > 参 考 様 式 第 6 号 共 通 の 申 請 書 ( 記 入 例 ) 番 号 年 月 日 市 町 村 長 殿 集 落 協 定 代 表 者 氏 名 印 中 山 間 地 域 等 直 接 支

More information

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) ( 計 数 資 料 編 ) 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 計 数 資 料 編 1 歳 入 歳 出 予 算 の 概 要 1 (1) 歳 入 予 算 の 概 要 2 (2) 歳 出 予 算 の 概 要 5 2 計 数 に よ る 予 算 の 概 要 8 ( 参 考 ) 予 算 の 推 移 等 12 3 特 別 会 計 予 算 の 概

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx 鰐 石 地 区 港 湾 関 連 用 地 6.4ha(H30 年 度 完 成 に 向 け 整 備 中 ) 背 後 圏 島 根 県 ( 万 人 ) ( 万 人 ) 全 国 注 ) 年 齢 不 詳 は 含 まない 輸 出 23 千 トン 移 出 30 千 トン 輸 入 273 千 トン 移 入 138 千 トン 速 報 値 浜 田 港 利 用 企 業 福 井 3 号 280m( 暫 定 水

More information

年度経営計画書

年度経営計画書 平 成 23 年 度 経 営 計 画 の 評 価 滋 賀 県 信 用 保 証 協 会 は 公 的 な 保 証 機 関 として 中 小 企 業 者 の 資 金 調 達 の 円 滑 化 を 図 り 中 小 企 業 者 の 健 全 な 育 成 と 地 域 経 済 の 発 展 に 貢 献 してきました 平 成 23 年 度 の 年 度 経 営 計 画 に 対 する 実 施 評 価 は 以 下 のとおりです

More information

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括)

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括) 第 4 次 行 政 改 革 大 綱 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 と 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 平 成 27 年 5 月 企 画 総 務 部 目 次 1 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 P.1~2 2 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 P.2~7 ( 資 料 ) 実 施 状 況 一 覧 表 P.8~20 1 平 成 26 年 度

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

下 北 八 戸 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 平 成 26 年 3 月 青 森 県 青 い 海 はみんなの 宝 下 北 八 戸 沿 岸 の 基 本 理 念 本 州 最 北 の 幾 多 の 自 然 美 と 風 土 を 守 り 水 産 都 市 の 発 展 を 支 えてきた 山 海 の 豊 かな 恵 みを 後 世 へ 受 け 継 ぎ 海 と 共 に 活 きる 下 北 八 戸 沿 岸 の 海 岸

More information

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産 ご 蛇 易 下 呂 式 No. 発 発 : 青 森 県 編 集 : 広 編 集 - 青 森 県 下 北 郡 大 字 易 字 大 川 目 - TEL --(FAX 兼 ) 常 任 総 常 任 大 原 子 力 発 電 般 質 動 編 集 記 般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

県 土 整 備 年 報 13 岩 手 県 県 土 整 備 部 目 次 1 行 政 組 織 関 係 1 県 土 整 備 部 行 政 機 関 位 置 略 図 2 2 県 土 整 備 部 の 沿 革 3 3 県 土 整 備 部 行 政 組 織 図 11 4 出 先 機 関 の 名 称 位 置 等 13 5 県 土 整 備 部 の 分 掌 事 務 15 6 県 土 整 備 部 の 職 員 数 21 7 県

More information

平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 要 望 書 (たたき 台 ) 平 成 28 年 7 月 熊 本 連 携 中 枢 都 市 圏 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 要 望 この 度 の 熊 本 地 震 の 発 生 以 降 被 災 者 の 救 助 活 動 避 難 者 への 生 活 支 援 激 甚 災 害 の 指 定 補 正 予 算 編 成 など 国 の 機 動 的 かつ 迅

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4>

<4D F736F F D208E9197BF C8E86816A88C4> 事 業 計 画 5. 港 湾 八 戸 港 1 応 急 復 旧 により 11 月 24 日 現 在 で 公 共 岸 壁 44バース( 水 深 4.5m 以 深 ) のうち 41バースが 喫 水 制 限 や 上 載 荷 重 制 限 があるものの 利 用 可 能 2 八 太 郎 地 区 コンテナターミナル 等 基 幹 的 輸 送 を 担 う 施 設 製 紙 製 鉄 飼 料 等 の 産 業 復 興 に 必

More information

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732>

<87582D348EE597768E968BC682CC8A549776814582A482DD703135397E70313732> 第 4 うみ と みなと ( 港 湾 課 ) 第 4 うみ と みなと 1 海 岸 (1) 概 要 福 岡 県 の 海 岸 線 延 長 は 約 669kmに 及 び このうちの261kmと 二 線 堤 ( )30kmを 合 わせた 291kmを 海 岸 保 全 区 域 に 指 定 して 海 岸 事 業 を 行 っています この 海 岸 保 全 区 域 は3 省 庁 ( 国 土 交 通 省 水 管 理

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

2. 普 及 啓 発 (1)パンフレット CATV ホームページを 活 用 した 普 及 啓 発 (2) 耐 震 関 連 イベントの 開 催 (3) 地 域 危 険 度 マップの 公 表 (4) 不 動 産 取 引 に 伴 う 耐 震 診 断 に 関 する 説 明 義 務 の 周 知 (5) 耐 震

2. 普 及 啓 発 (1)パンフレット CATV ホームページを 活 用 した 普 及 啓 発 (2) 耐 震 関 連 イベントの 開 催 (3) 地 域 危 険 度 マップの 公 表 (4) 不 動 産 取 引 に 伴 う 耐 震 診 断 に 関 する 説 明 義 務 の 周 知 (5) 耐 震 第 3 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 施 策 1. 基 本 的 な 取 組 方 針 建 築 物 の 耐 震 化 は 自 助 共 助 公 助 の 原 則 を 踏 まえ その 所 有 者 ( 以 下 建 物 所 有 者 という )によって 行 われることを 基 本 とします 区 は 耐 震 化 について 幅 広 い 情 報 提 供 を 行 うとともに 国 や

More information

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx 瀬 戸 内 海 環 境 保 全 特 別 措 置 法 ( 昭 和 四 十 八 年 十 月 二 日 法 律 第 百 十 号 ) 第 章 総 則 ( 第 条 - 第 二 条 の 二 ) 第 二 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 計 画 ( 第 三 条 - 第 四 条 の 二 ) 第 三 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 特 別 の 措 置 第 節 特 定 施

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

x x な 別 添 6 規 制 の 特 例 措 置 等 の 提 案 書 提 案 団 体 名 : 長 崎 県 長 崎 市 佐 世 保 市 西 海 市 政 策 課 題 解 決 策 との 関 係 区 分 ( 1) 現 行 の 規 制 制 度 の 所 管 関 係 官 庁 ( 該 当 に を 記 載 ) 提

More information

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド 将 来 の 配 置 構 想 ( 案 ) 関 西 全 体 において 未 整 備 地 域 の 解 消 を 図 るため まず 兵 庫 県 南 部 ( 播 磨 地 域 ) への 追 加 配 備 を 行 う また 既 に 運 航 範 囲 となっている 地 域 のうち 30 分 以 内 での 救 急 搬 送 体 制 の 確 立 及 び 補 完 体 制 の 充 実 を 図 るため 滋 賀 県 全 域 及 び 京

More information

東 大 震 災 へ 対 応 東 大 震 災 から 復 興 を 支 援 しています セーフティネット 関 連 資 うち 平 成 25 年 度 震 災 関 連 資 実 績 は 14,68 件 ( 前 年 度 比 27%) 2,29 億 円 ( 同 26%) 累 計 実 績 ( 平 成 23 年 3 月

東 大 震 災 へ 対 応 東 大 震 災 から 復 興 を 支 援 しています セーフティネット 関 連 資 うち 平 成 25 年 度 震 災 関 連 資 実 績 は 14,68 件 ( 前 年 度 比 27%) 2,29 億 円 ( 同 26%) 累 計 実 績 ( 平 成 23 年 3 月 東 大 震 災 へ 対 応 16 実 施 17 総 合 力 を 発 揮 したお 客 さまサービス 向 上 2 平 成 25 年 度 業 務 概 況 及 び 決 算 概 要 22 資 調 達 24 そ 他 26 214 15 東 大 震 災 へ 対 応 東 大 震 災 から 復 興 を 支 援 しています セーフティネット 関 連 資 うち 平 成 25 年 度 震 災 関 連 資 実 績 は 14,68

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 に 関 する 仕 様 書 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 の 実 施 については この 仕 様 書 の 定 めるところによる ( 総 則 ) 1 件 名 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 2 履 行 場 所 施 設 名 熊 本 市 立 熊 本 市 民 病 院 所 在 地 熊 本 市 東

More information

計 19,931

計 19,931 事 業 番 号 復 興 庁 :94 農 林 水 産 省 :0423 平 成 24 年 行 政 事 業 レビューシート ( 復 興 庁 農 林 水 産 省 ) 事 業 名 農 地 農 業 用 施 設 等 の 復 興 関 連 事 業 担 当 部 局 庁 作 成 責 任 者 事 業 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 平 成 23 年 度 ~ 担 当 課 室 会 計 区 分 一 般 会 計 東 日 本

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

h24-2 tsuikasetumeishiryo.ppt [互換モード]

h24-2 tsuikasetumeishiryo.ppt [互換モード] 資 料 2 平 成 24 年 度 第 2 回 大 阪 府 建 設 事 業 再 評 価 監 視 委 員 会 H24.6.21 追 加 説 明 資 料 1 泉 佐 野 東 羽 倉 崎 住 宅 2 道 路 事 業 の 費 用 便 益 比 3 大 阪 外 環 状 線 連 続 立 体 交 差 事 業 4 大 阪 和 泉 泉 南 線 5 道 路 事 業 の 都 市 基 盤 整 備 中 期 計 画 の 位 置 付

More information

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 -

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 - 第 6 章 河 川 海 岸 第 1 節 河 川 海 岸 の 概 要 秋 田 県 を 流 れる 河 川 は 雄 物 川 米 代 川 子 吉 川 の 一 級 水 系 302 河 川 馬 場 目 川 などの 二 級 水 系 51 河 川 で 合 計 353 河 川 となっており 総 延 長 は3,189kmに 及 んでいます また 海 岸 については 総 延 長 264kmのうち 国 土 交 通 省 で169kmを

More information

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計 名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 方 針 1 被 災 した 都 市 基 盤 施 設 を 早 期 に 復 旧 するとともに 防 災 機 能 向 上 のために 必 要 な 整 備 を 行 います 施 策 ア 道 路 河 川 港 湾 施 設 などを 復 旧 します 1 道 路 復 旧 被 災 した 道 路 の 復 旧 主 要 地 方 道 大 船 渡 綾 里 三 陸 線 主 要 地 方 道 大 船

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 乙 部 町 の 魅 力 ある 地 域 資 源 を 活 用 した 産 業 活 性 化 事 業 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 乙 部 町 の

More information

以 下 は 例 示 です 公 募 提 案 型 の 応 募 のため このとおり 記 載 しても 採 択 するものではありません ( 様 式 2) (1) 応 募 者 の 概 要 等 事 業 計 画 書 ( 連 携 体 で 申 請 を 行 う 場 合 は 以 下 の 頁 を 複 製 して 全 ての 応

以 下 は 例 示 です 公 募 提 案 型 の 応 募 のため このとおり 記 載 しても 採 択 するものではありません ( 様 式 2) (1) 応 募 者 の 概 要 等 事 業 計 画 書 ( 連 携 体 で 申 請 を 行 う 場 合 は 以 下 の 頁 を 複 製 して 全 ての 応 ( 様 式 1) 本 社 の 所 在 地 を 記 載 してください ただし 本 社 の 所 在 地 と 補 助 事 業 の 主 たる 実 施 場 所 が 異 なる 場 合 は2 段 書 で 両 方 の 所 在 地 を 記 載 してください 連 携 体 で 申 請 する 場 合 は 各 申 請 者 名 を 併 記 してくださ い また 主 連 絡 先 ( 幹 事 企 業 を 一 番 上 に 記 載 してください

More information

砂 防 費 ( 土 木 部 砂 防 課 ) 922,021 (4,527,621) 通 常 砂 防 事 業 費 471,625 千 円 関 川 ( 四 国 中 央 市 ) 砂 防 堰 堤 工 など 17か 所 ( 国 1/2 県 1/2) 地 すべり 対 策 事 業 費 91,778 千 円 中 黒

砂 防 費 ( 土 木 部 砂 防 課 ) 922,021 (4,527,621) 通 常 砂 防 事 業 費 471,625 千 円 関 川 ( 四 国 中 央 市 ) 砂 防 堰 堤 工 など 17か 所 ( 国 1/2 県 1/2) 地 すべり 対 策 事 業 費 91,778 千 円 中 黒 平 成 25 年 度 6 月 補 正 予 算 について 注 : は 新 規 施 策 分 は 大 幅 増 額 分 ( )は 累 計 額 単 位 : 千 円 国 内 示 に 伴 う 公 共 事 業 の 推 進 6,149,180 農 地 防 災 事 業 費 ( 農 林 水 産 部 農 地 整 備 課 ) 8,150 (1,583,449) ため 池 等 整 備 事 業 費 山 田 上 池 地 区 ( 松

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63> 平 成 24 年 度 事 業 計 画 社 団 法 人 全 国 競 輪 施 行 者 協 議 会 方 針 我 が 国 の 経 済 は 東 日 本 大 震 災 や 世 界 的 金 融 危 機 などの 影 響 を 受 け 未 だに 景 気 回 復 が 見 えない 状 況 が 続 いている 競 輪 業 界 においても 競 輪 の 認 知 度 向 上 新 た な 市 場 創 設 に 向 けた 企 画 立 案 等

More information

<5461726F2D93FC8E448CF68D908169915B927590BF8B818B7982D18BC68A45>

<5461726F2D93FC8E448CF68D908169915B927590BF8B818B7982D18BC68A45> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 一 般 競 争 入 札 総 合 評 価 方 式 ( 施 工 体 制 確 認 型 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 28 年 9 月 20 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 沖 縄 総 合 事 務 局 南 部 国 道 事 務 所 長 上 原 重 賢 1 工 事 概 要 (1) 工 事 名 平 成 28 年 度 新 川

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx 資 料 1-1 第 2 回 津 波 避 難 対 策 推 進 マニュアル 検 討 会 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 について 平 成 24 年 8 月 22 日 ( 水 ) Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 の 制 定 経 緯 平 成 23 年 3 月

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 資 料 2 広 域 医 療 の 推 進 について 平 成 23 年 12 月 10 日 広 域 医 療 局 目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 (1)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8> 東 大 谷 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 第 1 河 川 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 1 1 河 川 及 び 流 域 の 現 状 1 (1) 河 川 及 び 流 域 の 概 要 1 (2) 治 水 事 業 の 沿 革 と 現 状 1 (3) 河 川 の 利 用 及 び 住 民 との 関 わり 2 (4)

More information

都市計画道路の見直しについて

都市計画道路の見直しについて 連 絡 1 都 市 計 画 区 域 の 検 討 について 1 上 越 市 の 都 市 計 画 区 域 現 在 市 内 には 上 越 都 市 計 画 区 域 柿 崎 都 市 計 画 区 域 妙 高 都 市 計 画 区 域 の 異 なる3つの 都 市 計 画 区 域 を 定 めており それぞれ 以 下 のとおり 土 地 利 用 建 築 に 関 する 開 発 規 制 内 容 が 異 なる 上 越 都 市

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

調査報告書のご案内

調査報告書のご案内 各 位 平 成 22 年 3 月 25 日 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 インターナショナル 更 生 会 社 株 式 会 社 ジャルキャピタル 管 財 人 株 式 会 社 企 業 再 生 支 援 機 構 管 財 人 片 山 英 二 調 査 報 告 書 のご 案 内 更 生 会 社 各 社 の 更 生 手 続 につきましては 関 係 者

More information

(5) 公 社 等 外 郭 団 体 の 直 し 公 益 法 人 制 度 改 革 : 平 成 20 年 12 月 に 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 す る 法 律 等 が 施 行 され 既 存 の 社 団 法 人 及 び 財 団 法 人 は 平 成 2

(5) 公 社 等 外 郭 団 体 の 直 し 公 益 法 人 制 度 改 革 : 平 成 20 年 12 月 に 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 す る 法 律 等 が 施 行 され 既 存 の 社 団 法 人 及 び 財 団 法 人 は 平 成 2 新 将 来 に 希 望 の 持 てる 県 づくりに 向 けて 平 成 22 年 3 高 知 県 (5) 公 社 等 外 郭 団 体 の 直 し 公 益 法 人 制 度 改 革 : 平 成 20 年 12 月 に 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 す る 法 律 等 が 施 行 され 既 存 の 社 団 法 人 及 び 財 団 法 人 は 平 成 25 年

More information

整 備 業 界 については 整 備 技 術 の 高 度 化 人 材 の 確 保 育 成 事 業 の 継 承 存 続 問 題 等 を 抱 えながらも 27 年 度 並 の 検 査 台 数 は 確 保 できる ものと 見 込 まれる 当 会 議 所 の 28 年 度 の 収 益 事 業 は 県 内 自

整 備 業 界 については 整 備 技 術 の 高 度 化 人 材 の 確 保 育 成 事 業 の 継 承 存 続 問 題 等 を 抱 えながらも 27 年 度 並 の 検 査 台 数 は 確 保 できる ものと 見 込 まれる 当 会 議 所 の 28 年 度 の 収 益 事 業 は 県 内 自 平 成 28 年 度 事 業 計 画 第 1 概 況 昨 年 の 県 内 自 動 車 市 場 は 26 年 4 月 の 消 費 税 増 税 による 反 動 減 の 長 期 化 エコカー 減 税 見 直 しによる 実 質 的 な 増 税 軽 自 動 車 税 の 増 税 等 の 影 響 を 受 け 登 録 車 軽 自 動 車 ともに 前 年 割 れの 状 況 であり 自 動 車 業 界 にとっては 厳

More information

儲 か る 水 産 業 の 実 現 に 向 け て 宮 崎 県 は 温 暖 な 気 候 豊 かな 自 然 環 境 のもと 地 域 の 特 性 を 生 かした 第 一 次 産 業 を 中 心 に 発 展 して まいりました さんさんとふりそそぐ 太 陽 は 豊 かな 作 物 を 育 て 青 く 澄 ん

儲 か る 水 産 業 の 実 現 に 向 け て 宮 崎 県 は 温 暖 な 気 候 豊 かな 自 然 環 境 のもと 地 域 の 特 性 を 生 かした 第 一 次 産 業 を 中 心 に 発 展 して まいりました さんさんとふりそそぐ 太 陽 は 豊 かな 作 物 を 育 て 青 く 澄 ん 第 五 次 宮 崎 県 水 産 業 漁 村 振 興 長 期 計 画 平 成 23 年 6 月 宮 崎 県 儲 か る 水 産 業 の 実 現 に 向 け て 宮 崎 県 は 温 暖 な 気 候 豊 かな 自 然 環 境 のもと 地 域 の 特 性 を 生 かした 第 一 次 産 業 を 中 心 に 発 展 して まいりました さんさんとふりそそぐ 太 陽 は 豊 かな 作 物 を 育 て 青 く 澄

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

<4D F736F F F696E74202D AC28BAB8AD CE8DF482C982C282A282C42E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D AC28BAB8AD CE8DF482C982C282A282C42E B8CDD8AB B83685D> 環 境 関 連 対 策 について 平 成 27 年 3 月 6 日 総 務 省 自 治 財 政 局 調 整 課 課 長 補 佐 鈴 木 健 介 本 日 の 内 容 1 鳥 獣 の 保 護 管 理 及 び 狩 猟 における 現 状 と 課 題 2 海 岸 漂 着 物 等 対 策 について 3 自 然 公 園 の 現 状 と 課 題 4 1~3に 係 る 新 たな 地 方 財 政 措 置 1 1 鳥 獣

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

漁 船 隻 数 ( ) 内 は 沿 岸 漁 業 総 数 1t 未 満 1t 以 上 ~ 3t 未 満 3t 以 上 ~ 5t 未 満 5t 以 上 ~ 10t 未 満 10t 以 上 ~ 50t 未 満 50t 以 上 無 動 力 (591) (177) (304) (65) (27) (18) (

漁 船 隻 数 ( ) 内 は 沿 岸 漁 業 総 数 1t 未 満 1t 以 上 ~ 3t 未 満 3t 以 上 ~ 5t 未 満 5t 以 上 ~ 10t 未 満 10t 以 上 ~ 50t 未 満 50t 以 上 無 動 力 (591) (177) (304) (65) (27) (18) ( 第 5 章 新 潟 市 の 水 産 業 1 概 要 本 市 は, 日 本 海 沿 岸 のほぼ 中 心 に 位 置 し, 海 岸 線 延 長 は 58.6km, 底 質 は 砂 泥 で 単 調 な 遠 浅 の 漁 場 とな っている 沖 合 には 佐 渡 が 島 粟 島 の 2 島 とこれに 連 なる 岩 礁 及 び 瀬 礁 が 多 数 点 在 し, 暖 寒 流 系 の 回 遊 魚 類 及 び 定 着

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有 効 活 用 (3) 県 有

目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有 効 活 用 (3) 県 有 山 形 県 県 有 財 産 総 合 管 理 (ファシリティマネジメント) 基 本 方 針 平 成 26 年 12 月 山 形 県 目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有

More information

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 の 導 入 促 進 について 平 成 25 年 10 月 3 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 農 業 水 産 部 農 業 振 興 課 目 次 1. 小 水 力 等 発 電 導 入 の 状 況 について 2. 制 度 手 続 き 規 制 緩 和 について 3. 農 業 農 村 整 備 事 業 等 における 助 成 制 度

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AB38ED294C091975F92B28DB893E097652E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AB38ED294C091975F92B28DB893E097652E646F63> 公 開 用 医 療 関 連 サービスマーク 制 度 調 査 内 容 ( 患 者 搬 送 業 務 ) 一 般 財 団 法 人 医 療 関 連 サービス 振 興 会 1. 認 定 申 請 時 の 提 出 書 類 及 び 実 地 調 査 時 の 確 認 書 類 等 P 2 2. 調 査 内 容 P 3~P8 Ⅰ. 認 定 申 請 時 の 提 出 書 類 1. 医 療 関 連 サービスマーク 認 定 申 請

More information

< 目 次 > Ⅰ. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 概 要 1. 目 的 1 2. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 事 業 内 容 3 2-1 事 業 計 画 策 定 調 査 の 申 請 書 の 作 成 3 2-2 事 業 計 画 の 策 定

< 目 次 > Ⅰ. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 概 要 1. 目 的 1 2. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 事 業 内 容 3 2-1 事 業 計 画 策 定 調 査 の 申 請 書 の 作 成 3 2-2 事 業 計 画 の 策 定 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 平 成 27 年 度 申 請 要 領 申 請 の 受 付 期 間 平 成 27 年 6 月 11 日 ( 木 )~ 平 成 27 年 6 月 30 日 ( 火 ) 問 い 合 わせ 先 一 般 財 団 法 人 計 量 計 画 研 究 所 道 路 経 済 研 究 室 河 上 森 尾 162-0845 東 京 都 新 宿 区 市 谷 本 村 町 2-9

More information

目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施

目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 鳥 獣 被 害 の 現 状 と 対 策 平 成 2 8 年 3 月 目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 隊 8 6 鳥 獣 被 害 防 止

More information

<3237944E9378328C8E95E290B3>

<3237944E9378328C8E95E290B3> 農 林 水 1 人 件 費 ( 農 業 委 員 会 費 ) 236,244 13,634 222,610 産 業 費 県 農 業 委 員 会 費 補 助 金 13,499 0 13,499 一 般 財 源 222,745 13,634 209,111 (1) 職 員 178,232 12,547 165,685 (2) 再 任 用 短 時 間 勤 務 職 員 10,767 1,087 9,680 2

More information

osr.xls

osr.xls 1. 法 人 の 概 要 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 役 員 名 簿 所 在 地 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 北 園 茂 喜 設 立 年 月 日 電 話 番 号 06(4707)0201 法 人 所 管 課 都 市 整 備 部 交 通 道 路 室 都 市 交 通 課 設 立 目 的 主 な 出 資 団 体 ( 出 資 割 合 ) 大 阪 市 中 央 区 高 麗 橋 2-1-10

More information

1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1. 環 境 マネジメントシステムを 継 続 的 に 改 善 します 2. 環 境 法 規 制 及 び 地 域 と 取 り 交 わした

1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1. 環 境 マネジメントシステムを 継 続 的 に 改 善 します 2. 環 境 法 規 制 及 び 地 域 と 取 り 交 わした 第 45 期 ( 対 象 期 間 214 年 8 月 1 日 ~215 年 7 月 31 日 ) 発 行 日 :215 年 12 月 1 日 建 設 株 式 会 社 第 三 丸 15 積 改 訂 日 :216 年 3 月 15 日 1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1.

More information

建 設 リサイクル 法 その 他 の 法 令 を 遵 守 するとともに 発 注 者 との 連 絡 調 整 管 理 及 び 施 工 体 制 の 整 備 等 を 行 うこと 管 理 及 び 施 工 体 制 の 整 備 (1) 工 事 現 場 における 建 設 副 産 物 対 策 の 責 任 者 を 明

建 設 リサイクル 法 その 他 の 法 令 を 遵 守 するとともに 発 注 者 との 連 絡 調 整 管 理 及 び 施 工 体 制 の 整 備 等 を 行 うこと 管 理 及 び 施 工 体 制 の 整 備 (1) 工 事 現 場 における 建 設 副 産 物 対 策 の 責 任 者 を 明 建 設 廃 棄 物 の 取 扱 い 及 び 建 設 副 産 物 実 態 調 査 に 係 る 特 記 仕 様 書 本 特 記 仕 様 書 は 建 設 工 事 から 発 生 する 廃 棄 物 についての 取 り 扱 い 及 び 建 設 副 産 物 実 態 調 査 に 関 す る 事 項 を 定 めるものであり 開 成 町 が 発 注 する 工 事 に 適 用 する Ⅰ. 総 則 1 用 語 の 定 義

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 71 2 節 東 京 7 次 改 訂 湾 計 画 ( 東 京 から 発 信 する 日 本 のみなと 改 革 ) 74 節 東 京 ベイエリア 21 80-69 - 東 京 の 湾 計 画 等 の 策 定 1 節 湾 計 画 の 系 譜 湾 整 備 部 計 画 課 湾 計 画 は その 必 要 性 目 的 計 画 事 項 作 成

More information

untitled

untitled - 1 - - 2 - -3- - 4 - - 5 - - 6 - - 7 - - 8 - 2008 年 アクションプラン 事 業 一 覧 ( 千 円 ) 12,108 新 規 50,000 32,000 12,000 再 掲 248,000 20,000 2,000 10,000 11,900 9,500 新 規 1,000 16,465 1,500 18,035 新 規 7,500 新 規 7,500

More information

大阪港臨港地区における構築物の規制について

大阪港臨港地区における構築物の規制について 大 阪 臨 地 の 分 における 構 築 物 の 規 制 に 関 する 条 例 制 定 昭 40. 4. 1 条 例 32 改 正 昭 54.12.27 条 例 37 改 正 昭 62. 2.20 条 例 3 改 正 平 13. 3. 5 条 例 20 改 正 平 28. 5. 26 条 例 82 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以

More information