海上自衛隊気象観測業務の実施基準について(通達)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "海上自衛隊気象観測業務の実施基準について(通達)"

Transcription

1 海 幕 運 第 2954 号 改 正 平 成 2 年 3 月 26 日 海 幕 運 第 2291 号 [ 第 1 次 改 正 ] 平 成 25 年 2 月 18 日 海 幕 運 第 179 号 [ 第 2 次 改 正 ] 自 衛 艦 隊 司 令 官 各 地 方 総 監 教 育 航 空 集 団 司 令 官 練 習 艦 隊 司 令 官 システム 通 信 隊 群 司 令 第 1 術 科 学 校 長 海 洋 業 務 群 司 令 殿 海 上 幕 僚 長 海 上 自 衛 隊 象 観 業 務 の 実 施 基 準 について( 通 達 ) 標 記 について 下 記 のとおり 定 め 平 成 19 年 5 月 1 日 から 実 施 する なお 海 上 自 衛 隊 象 観 業 務 の 実 施 基 準 について( 通 達 )( 海 幕 運 第 1374 号 )は 同 日 付 をもって 廃 止 する 添 付 書 類 : 別 冊 写 送 付 先 : 部 内 全 般

2 海 幕 運 第 2954 号 ( ) 別 冊 海 上 自 衛 隊 象 観 業 務 の 実 施 基 準 海 上 幕 僚 監 部

3 目 次 頁 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 用 語 の 意 義 1 3 使 用 時 刻 1 4 象 器 1 5 象 観 業 務 の 内 容 1 6 観 の 種 類 及 び 観 所 1 第 2 陸 上 象 観 2 1 観 種 別 観 時 刻 及 び 観 要 素 2 2 観 の 方 法 2 3 観 結 果 の 通 報 2 第 3 海 上 象 観 2 1 観 種 別 観 時 刻 及 び 観 要 素 2 2 観 の 方 法 3 3 観 結 果 の 通 報 3 第 4 機 上 象 観 3 1 観 時 刻 及 び 観 要 素 3 2 観 記 録 の 作 成 及 び 観 結 果 の 通 報 3 第 5 高 層 象 観 4 1 観 時 刻 及 び 観 要 素 4 2 観 の 方 法 及 び 記 録 要 領 4 3 観 結 果 の 通 報 4 第 6 観 記 録 の 作 成 及 び 保 存 4 1 観 記 録 の 作 成 4 2 観 記 録 の 保 存 4 第 7 その 他 5 1 技 術 指 導 5 2 象 観 業 務 の 統 括 等 5 3 委 任 規 定 5 別 紙 第 1 6 別 紙 第 2 15 別 表 24

4 1 第 1 総 則 1 目 的 この 基 準 は 海 上 自 衛 隊 において 実 施 する 象 観 業 務 について 必 要 な 事 項 を 定 め もって 部 隊 の 運 用 及 び 保 安 に 資 することを 目 的 とする 2 用 語 の 意 義 この 基 準 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該 各 号 に 定 めるところ による (1) 観 自 然 科 学 的 手 法 による 現 象 の 観 察 及 び 定 をいう (2) 観 所 象 観 を 実 施 する 海 上 自 衛 隊 の 部 隊 艦 船 及 び 航 空 機 をいう (3) 航 空 基 地 隊 等 第 23 第 24 第 25 航 空 隊 及 び 各 航 空 基 地 隊 ( 那 覇 岩 国 航 空 基 地 隊 を 除 く )をいう (4) 基 地 隊 等 各 基 地 隊 各 防 備 隊 各 基 地 分 遣 隊 ( 父 島 基 地 分 遣 隊 を 除 く ) 仮 屋 磁 定 所 及 び 各 警 備 所 をいう (5) 象 海 洋 データ 系 (JWS-N) 海 上 自 衛 隊 通 信 規 則 第 1 条 に 定 める 通 信 系 のうち 象 及 び 海 洋 資 料 に 関 する 通 信 に 使 用 するものをいう( 以 下 JWS-N という ) (6) 日 表 データ JWS-Nに 保 存 された 観 データ( 航 空 象 観 データ 及 び 観 諸 元 デー タ)をいう 3 使 用 時 刻 この 基 準 において 使 用 する 時 刻 は すべて 日 本 標 準 時 とする 4 象 器 観 所 における 象 器 の 装 備 基 準 は 別 表 に 示 すとおりとする 5 象 観 業 務 の 内 容 象 観 業 務 の 内 容 は 次 のとおりとする (1) 象 観 (2) 観 結 果 の 通 報 (3) 観 記 録 の 作 成 及 び 保 存 6 観 の 種 類 及 び 観 所 観 の 種 類 は 陸 上 象 観 海 上 象 観 機 上 象 観 及 び 高 層 象 観 とし それぞれの 観 は 次 に 示 す 観 所 が 行 う

5 2 観 の 種 類 観 所 各 地 方 総 監 部 基 地 隊 等 父 島 基 陸 上 象 観 地 分 遣 隊 航 空 基 地 隊 等 通 常 の 観 海 上 象 観 航 泊 日 誌 を 備 える 艦 船 航 空 機 のための 観 機 上 象 観 飛 行 中 の 航 空 機 高 層 観 航 空 基 地 隊 等 高 層 象 観 ラジオゾンデ 観 ラジオゾンデ 装 備 部 隊 第 2 陸 上 象 観 1 観 種 別 観 時 刻 及 び 観 要 素 各 観 所 が 行 う 陸 上 象 観 の 種 別 及 び 時 刻 並 びに 観 要 素 は 別 紙 第 1のと おりとする 2 観 の 方 法 観 の 方 法 は 訓 練 資 料 象 観 ( 陸 上 及 び 海 上 の 部 ) による 3 観 結 果 の 通 報 (1) 各 地 方 総 監 部 航 空 基 地 隊 等 及 び 父 島 基 地 分 遣 隊 は 定 時 観 及 び 特 別 観 の 結 果 を JWS-Nにより 通 報 する なお 各 地 方 総 監 部 においては 18から3までの 定 時 観 結 果 の 通 報 を 省 略 することができる (2) 陸 上 象 観 を 実 施 することに 定 められた 観 所 は JWS-Nにより 日 表 データを 送 信 する なお 基 地 隊 等 の 観 所 のデータは 各 地 方 総 監 部 が 送 信 するものとする 第 3 海 上 象 観 1 観 種 別 観 時 刻 及 び 観 要 素 観 所 が 行 う 海 上 象 観 の 種 別 及 び 時 刻 並 びに 観 要 素 は 次 のとおりとす る 観 種 別 観 時 刻 観 要 素 定 時 航 海 中 はから24ま 雲 視 程 大 現 象 温 観 での 毎 正 時 に 停 泊 中 は4 時 を 起 点 露 点 温 度 圧 波 浪 通 とする4 時 間 ごと 及 び 表 面 水 温 常 臨 時 1 艦 船 の 保 安 上 重 大 な 影 響 を 与 必 要 とする 観 要 素 の 観 える 象 現 象 が 予 想 される 場 合 観 又 はこれに 遭 遇 した 場 合 は 航 泊 を 問 わず 15 分 ないし3 分 ご と

6 3 2 異 常 な 象 現 象 を 認 めたとき 及 び 特 に 必 要 と 認 めたとき 航 定 時 航 空 機 の 運 航 上 の 資 料 として 観 雲 視 程 大 現 象 温 空 観 結 果 の 通 報 を 必 要 とする 期 間 の 毎 露 点 温 度 圧 及 び 波 機 正 時 浪 の 臨 時 別 紙 第 1 付 紙 第 2に 示 す 基 準 に 該 雲 視 程 大 現 象 及 た 観 当 するとき び 必 要 とする 観 要 素 め の 観 2 観 の 方 法 観 の 方 法 は 訓 練 資 料 象 観 ( 陸 上 及 び 海 上 の 部 ) による 3 観 結 果 の 通 報 観 結 果 の 通 報 は 次 によるものとする (1) 通 常 の 観 の 結 果 を 通 報 する 場 合 の 通 報 事 項 及 び 通 報 順 序 は 日 時 艦 位 向 速 視 程 天 浪 うねりとする (2) 航 空 機 のための 観 の 結 果 を 通 報 する 場 合 の 通 報 事 項 及 び 通 報 順 序 は 日 時 艦 位 向 速 最 大 瞬 間 速 卓 越 視 程 天 雲 温 露 点 温 度 浪 うねり 過 去 天 その 他 必 要 な 事 項 とする 第 4 機 上 象 観 1 観 時 刻 及 び 観 要 素 機 上 象 観 は 航 空 法 施 行 規 則 第 166 条 の2に 該 当 する 場 合 のほか 任 務 に 支 障 のない 範 囲 において 次 により 実 施 するものとする 観 時 刻 観 要 素 等 並 以 上 の 乱 流 並 以 上 の 着 氷 雷 電 及 位 置 時 刻 飛 行 高 度 飛 行 障 害 現 びひょう 等 航 空 機 の 運 航 に 影 響 を 及 ぼ 象 ( 乱 流 着 氷 雷 等 ) 雲 視 程 す 象 現 象 を 認 めたとき 又 は 特 に 必 大 現 象 温 波 浪 等 要 と 認 めたとき 2 観 記 録 の 作 成 及 び 観 結 果 の 通 報 (1) 機 上 象 観 を 実 施 した 観 所 ( 航 空 機 )は 機 上 象 観 記 録 を 作 成 し 着 陸 地 の 航 空 基 地 隊 等 に 提 出 するものとする (2) 機 上 象 観 記 録 を 受 領 した 航 空 基 地 隊 等 は 速 やかにJWS-Nにより 通 報 するものとする なお 管 制 所 運 航 当 直 士 官 又 は 飛 行 当 直 士 官 等 を 経 由 し 飛 行 中 の 航 空 機

7 4 から 観 結 果 を 受 領 した 場 合 も 通 報 することができる 第 5 高 層 象 観 1 観 時 刻 及 び 観 要 素 高 層 象 観 は 次 により 行 うものとする 観 の 種 類 観 時 刻 観 要 素 備 考 高 層 観 午 前 午 後 各 1 回 飛 行 作 業 の 状 況 及 び 象 を 標 準 とし 時 刻 状 況 により 観 の 一 部 又 は 適 宜 とする は 全 部 を 省 略 することが できる ラジオゾン 1 日 1 回 を 標 準 と 温 湿 度 デ 観 し 細 部 について 圧 及 び は 部 隊 の 長 所 定 とする 2 観 の 方 法 及 び 記 録 要 領 (1) 高 層 観 は 訓 練 資 料 高 層 観 による (2)ラジオゾンデ 観 は 高 層 象 観 指 針 ( 象 庁 )による 3 観 結 果 の 通 報 高 層 象 観 の 結 果 は JWS-Nにより 通 報 する 第 6 観 記 録 の 作 成 及 び 保 存 1 観 記 録 の 作 成 (1) 観 記 録 の 作 成 観 を 実 施 した 観 所 は 観 記 録 を 作 成 するものとする 観 記 録 の 種 類 観 記 録 の 様 式 及 び 作 成 する 観 所 等 は 別 紙 第 2のとおり (2) 観 記 録 の 送 付 ア この 基 準 において 陸 上 象 観 記 録 及 び 海 上 象 観 記 録 を 作 成 するこ とに 定 められた 観 所 の 長 は 観 記 録 を 月 ごとに 取 りまとめ その 写 し1 部 を 翌 月 1 日 までに 象 資 料 管 理 隊 長 に 送 付 するものとする ただし 基 地 隊 等 の 観 記 録 は 各 地 方 総 監 部 経 由 で 送 付 する なお 陸 上 象 観 記 録 のデータをJWS-Nにより 送 信 できる 場 合 は これに 替 えることができるものとする イ 海 上 象 観 の 観 所 の 長 は この 規 定 により 難 い 場 合 は 入 港 後 速 やか に 送 付 するものとする 2 観 記 録 の 保 存 観 記 録 及 び 各 種 観 資 料 の 保 存 期 間 は 次 のとおりとする ただし 保 存 期 間 は 観 した 翌 年 から 起 算 する

8 5 なお 電 子 媒 体 による 保 存 が 可 能 である 場 合 は 正 副 を 保 存 することにより これに 替 えることができる 観 記 録 の 種 類 保 存 期 間 陸 上 象 観 記 録 3 年 自 記 機 器 類 の 記 録 紙 5 年 海 上 象 観 記 録 1 年 航 空 象 観 記 録 1 年 高 層 観 記 録 3 年 ラジオゾンデ 観 記 録 3 年 上 記 以 外 の 象 観 資 料 1 年 第 7 その 他 1 技 術 指 導 海 洋 業 務 群 司 令 は 観 所 の 実 施 する 象 観 業 務 について 技 術 指 導 を 行 うも のとする 2 象 観 業 務 の 統 括 等 海 洋 業 務 群 司 令 は 必 要 と 認 められる 場 合 は 観 所 と 調 整 し 観 所 の 実 施 する 象 観 及 び 観 結 果 の 通 報 について 統 括 することができる 3 委 任 規 定 自 衛 艦 隊 司 令 官 各 地 方 総 監 教 育 航 空 集 団 司 令 官 練 習 艦 隊 司 令 官 及 び 海 洋 業 務 群 司 令 又 はその 指 定 する 者 は この 基 準 に 定 めるもののほか 象 観 業 務 に 関 する 必 要 な 事 項 を 定 めることができる

9 6 別 紙 第 1 観 所 各 地 方 総 監 部 航 空 基 地 隊 等 観 種 別 定 時 観 臨 時 観 定 時 観 特 別 観 臨 時 観 観 時 刻 観 要 素 備 考 3,6,9,12, 雲 視 程 大 現 象 1 観 要 素 の 細 部 15,18,21,24 温 露 点 温 度 相 対 項 目 は 付 表 による 湿 度 及 び 圧 2 各 地 方 総 監 部 及 6,9,12,18, 最 高 温 最 低 温 及 び 父 島 基 地 分 遣 隊 24 び 降 水 は 航 空 機 の 運 航 の 9,15 波 浪 及 び 表 面 水 温 ため 象 状 況 の 通 特 に 必 要 と 認 めたと 必 要 とする 観 要 素 報 が 必 要 であると き 認 められる 期 間 の から 24 まで 雲 視 程 大 現 象 毎 正 時 に 定 時 観 の 間 の 毎 正 時 温 露 点 温 度 相 対 を 実 施 する 湿 度 滑 走 路 視 距 離 3 各 地 方 総 監 部 に 及 び 圧 おける 18 から 6,9,12,18, 最 高 温 最 低 温 3 の 観 は 自 24 及 び 降 水 記 機 器 類 により 必 要 の 都 度 波 浪 及 び 表 面 水 温 定 できる 要 素 を 除 から 24 まで 雲 視 程 大 現 象 き 省 略 することが の 間 に 付 紙 第 1に 示 す 温 露 点 温 度 相 対 できる 基 準 に 該 当 するとき 湿 度 滑 走 路 視 距 離 4 硫 黄 島 航 空 基 地 及 び 圧 隊 における 18 か 1 航 空 事 故 及 び 基 地 雲 視 程 大 現 象 ら 6 の 間 の 観 内 事 故 発 生 のとき 温 露 点 温 度 相 対 は 18,21,24 湿 度 滑 走 路 視 距 離,3 及 び 6 の 及 び 圧 定 時 観 のみ 実 施 2 航 空 交 通 管 制 機 関 照 会 又 は 要 求 された 観 し その 他 の 定 時 及 から 照 会 又 は 要 求 さ 要 素 び 特 別 観 は 省 略 れたとき することができる 3 特 に 必 要 と 認 めた 必 要 とする 観 要 素 5 波 浪 及 び 表 面 水 とき 温 の 観 は 必 要 と する 観 所 のみと する

10 7 父 島 基 地 分 遣 隊 基 地 隊 等 定 時 観 臨 時 観 定 時 観 臨 時 観 6,9,12,15, 雲 視 程 大 現 象 18 温 露 点 温 度 相 対 湿 度 圧 及 び 降 水 9,15 波 浪 及 び 表 面 水 温 熱 帯 低 圧 の 接 近 又 必 要 とする 観 要 素 は 航 空 機 の 運 航 のた め 象 状 況 の 通 報 が 必 要 であると 認 められ る 期 間 において 付 紙 第 2に 示 す 基 準 に 該 当 するとき 9,15 雲 視 程 大 現 象 温 相 対 湿 度 圧 降 水 波 浪 及 び 表 面 水 温 特 に 必 要 と 認 めたと 必 要 とする 観 要 素 き

11 8 特 別 観 実 施 基 準 付 紙 第 1 1 雲 量 がBKN 又 はOVCの 最 低 雲 層 の 雲 底 の 高 さ( 鉛 直 視 程 を 含 む )が 次 の 条 件 になった 場 合 (1) 雲 底 の 高 さが 減 少 して 下 記 の 値 未 満 となった 場 合 (2) 雲 底 の 高 さが 増 加 して 下 記 の 値 以 上 となった 場 合 ア 1フィート 6フィート 及 び1,5フィート イ 国 土 交 通 大 臣 が 定 めた 当 該 飛 行 場 の 離 陸 に 関 する 最 低 象 条 件 及 び 進 入 限 界 高 度 に 対 応 する 値 ウ 航 空 法 施 行 規 則 第 5 条 第 4 号 にかかる 有 視 界 象 状 態 の 限 界 とする 象 条 件 :1,フィート 2 前 項 に 示 した 高 さに 対 応 するそれぞれの 間 において 1つの 雲 層 の 雲 量 が 次 の 条 件 になった 場 合 (1) 雲 量 がSKC FEW 又 はSCTからBKN 又 はOVCに 変 化 した 場 合 (2) 雲 量 がBKN 又 はOVCからSKC FEW 又 はSCTに 変 化 した 場 合 (B KN 又 はOVCの 層 が2 層 以 上 ある 場 合 で 下 層 が 変 化 せず 上 層 が 変 化 した 場 合 を 除 く ) 3 卓 越 視 程 が 次 の 条 件 になった 場 合 (1) 卓 越 視 程 の 値 が 減 少 して 下 記 の 値 未 満 になった 場 合 (2) 卓 越 視 程 の 値 が 増 加 して 下 記 の 値 以 上 になった 場 合 ア 3,2メートル イ 国 土 交 通 大 臣 が 定 めた 当 該 飛 行 場 の 離 陸 及 び 着 陸 に 関 する 最 低 象 条 件 (ただし 飛 行 視 程 を 地 上 視 程 に 読 み 替 える ) ウ 航 空 法 施 行 規 則 第 5 条 第 4 号 にかかる 有 視 界 象 状 態 の 限 界 とする 象 条 件 :5,メートル エ 航 空 法 施 行 規 則 第 198 条 の4にかかる 特 別 有 視 界 飛 行 方 式 による 飛 行 視 程 :1,5メートル(ただし 飛 行 視 程 :1,5メートル を 地 上 視 程 :1,6メートル に 読 み 替 える ) 4 滑 走 路 視 距 離 の 値 が 次 の 条 件 になった 場 合 (1) 滑 走 路 視 距 離 が 減 少 して 下 記 の 値 未 満 になった 場 合 (2) 滑 走 路 視 距 離 が 増 加 して 下 記 の 値 以 上 になった 場 合 ア 4メートル 及 び8メートル イ 国 土 交 通 大 臣 が 定 めた 当 該 飛 行 場 の 最 低 象 条 件

12 9 5 平 均 向 が 当 該 観 直 前 の 定 時 観 又 は 特 別 観 において 観 した 値 から6 度 以 上 変 化 し その 変 化 前 変 化 後 又 は 変 化 前 後 の 平 均 速 が1ノット 以 上 あ る 場 合 6 平 均 速 が 当 該 観 直 前 の 定 時 観 又 は 特 別 観 において 観 した 値 から1 ノット 以 上 変 化 した 場 合 7 平 均 速 が 15ノット 以 上 ある 場 合 で 最 大 瞬 間 速 が 当 該 観 直 前 の 定 時 観 又 は 特 別 観 において 観 し 通 報 した 最 大 瞬 間 速 から1ノット 以 上 増 加 した 場 合 ( 平 均 速 が15ノット 以 上 ある 場 合 で 当 該 観 直 前 の 定 時 観 又 は 特 別 観 において 最 大 瞬 間 速 を 通 報 していない 場 合 は 最 大 瞬 間 速 が 当 該 観 時 の 平 均 速 から1ノット 以 上 増 加 した 場 合 ) 8 次 に 示 す 象 現 象 又 はこれらの 組 合 せが 開 始 又 は 終 了 した 場 合 (1) 着 氷 性 の 降 水 (2) 着 氷 性 の 霧 (3) 並 又 は 強 の 降 水 (しゅう 雨 性 を 含 む ) (4) 低 い じん 又 は 低 い 地 ふぶき (5) 高 い じん 又 は 高 い 地 ふぶき (6) 砂 じん 嵐 (7) 雷 電 (8)スコール (9)ろうと 雲 ( 竜 巻 ) (1) 降 灰 9 次 に 示 す 大 現 象 の 強 度 が 変 化 した 場 合 (1) 降 水 ( 着 氷 性 及 びしゅう 雨 性 を 含 む ) (2) 砂 じん 嵐 (3)ろうと 雲 ( 竜 巻 ) 1 温 が 当 該 観 直 前 の 定 時 観 又 は 特 別 観 において 通 報 した 値 から2 以 上 上 昇 し かつ 当 該 観 時 の 温 が32 以 上 の 場 合 11 共 用 飛 行 場 においては 次 に 示 す 実 施 期 間 において 着 氷 性 の 雨 凍 雨 雪 あ られ 氷 あられ 及 びひょうの 大 現 象 が 開 始 及 び 終 了 した 場 合 (1) 実 施 期 間 11 月 1 日 ~3 月 31 日 (2) 実 施 時 期 ア 最 初 の 離 着 陸 の1 時 間 程 度 前 から 最 終 の 離 着 陸 が 終 わるまでの 時 間 帯 イ 明 らかに 離 着 陸 のない 時 間 帯 は 省 略 することができる

13 1 12 上 記 のほか 航 空 機 の 運 航 上 特 に 必 要 と 認 められる 条 件 に 該 当 する 場 合 なお ここでいう 条 件 は 観 所 ごとに 関 係 機 関 と 協 議 し 定 める 注 :1 国 土 交 通 大 臣 が 定 めた 当 該 飛 行 場 の 離 陸 及 び 着 陸 に 関 する 最 低 象 条 件 の 最 低 値 が 第 4 項 に 示 す 基 準 の 値 (4メートル 及 び8メートル)よ り 大 きい 場 合 又 は 最 低 象 条 件 の 値 がこれらの 値 の5メートル 以 内 の 場 合 にはその 値 に 替 える 例 えば 最 低 象 条 件 の 最 低 値 が1,メートル の 場 合 は4メートル 及 び8メートルを1,メートルに 6 メートルの 場 合 は4メートルを6メートルに また 最 低 象 条 件 値 が35メートルの 場 合 は4メートルを35メートルに 替 える 2 国 土 交 通 大 臣 が 定 めた 最 低 降 下 高 度 及 び 決 心 高 度 に 対 応 する 値 は 最 低 降 下 高 度 及 び 決 心 高 度 から 滑 走 路 面 の 高 さ 又 は 飛 行 場 標 点 の 高 さを 差 し 引 いた 後 の1フィート 未 満 の 端 数 を 切 り 上 げた 値 とする 3 国 土 交 通 大 臣 が 定 めた 離 陸 及 び 着 陸 の 最 低 象 条 件 として 滑 走 路 視 距 離 及 び 卓 越 視 程 又 は 地 上 視 程 換 算 値 (CMV)に 応 じた 視 程 の 値 が 同 一 条 件 下 に 共 に 設 定 されている 場 合 は 滑 走 路 視 距 離 観 を 実 施 している 間 その 最 低 象 条 件 としての 視 程 の 値 は 実 施 基 準 としない なお 滑 走 路 視 距 離 の 観 が 実 施 できない 場 合 は その 最 低 象 条 件 とし ての 地 上 視 程 換 算 値 (CMV)に 応 じた 視 程 の 値 を 実 施 基 準 とする 4 大 現 象 の 実 施 基 準 は 観 所 付 近 だけでなく 観 所 周 辺 (ろうと 雲 ( 竜 巻 )については 視 界 内 を 含 む )の 現 象 の 終 始 について 対 象 とするが 強 度 に より 設 定 されている 現 象 及 び 強 度 変 化 の 実 施 基 準 は 観 所 周 辺 の 現 象 につ いては 適 用 しない 5 特 別 観 結 果 の 通 報 は 原 則 として 状 態 の 悪 化 を 示 す 場 合 は 観 後 直 ちに 通 報 する また 状 態 の 好 転 を 示 す 場 合 は 原 則 として1 分 間 好 転 の 状 態 を 確 認 した 後 速 やかに 通 報 するものとするが 1 分 間 待 たなくても 好 転 の 状 態 が 今 後 1 分 間 以 上 続 くと 観 者 が 判 断 した 場 合 は その 時 点 で 速 やかに 通 報 する

14 11 航 空 機 のための 観 ( 臨 時 ) 実 施 基 準 付 紙 第 2 1 次 に 該 当 するとき (1) 雲 量 がBKN 又 はOVCの 最 低 雲 層 の 雲 底 の 高 さが1,フィート 未 満 になったとき (2) 卓 越 視 程 が5,メートル 未 満 になったとき (3) 次 に 示 す 象 現 象 又 はそれらの 組 合 わせが 開 始 又 は 終 了 した 場 合 ア 着 氷 性 の 降 水 イ 着 氷 性 の 霧 ウ 並 又 は 強 の 降 水 (しゅう 雨 性 を 含 む ) エ 低 い じん 又 は 低 い 地 ふぶき オ 高 い じん 又 は 高 い 地 ふぶき カ 砂 じん 嵐 キ 雷 電 ク スコール ケ ろうと 雲 ( 竜 巻 ) コ 降 灰 (4) 次 に 示 す 大 現 象 の 強 度 が 変 化 した 場 合 ア 降 水 ( 着 氷 性 及 びしゅう 雨 性 を 含 む ) イ 砂 じん 嵐 ウ ろうと 雲 ( 竜 巻 ) (5)その 他 航 空 機 の 運 航 に 重 大 な 影 響 を 与 える 現 象 又 は 状 態 を 認 めたとき 2 要 求 されたとき

15 12 付 表 観 要 素 の 細 部 項 目 観 所 各 航 父 基 地 空 島 地 方 基 基 隊 観 要 素 の 細 部 項 目 総 地 地 等 記 監 隊 分 部 等 遣 隊 事 視 程 大 現 象 雲 降 水 温 各 方 向 の 視 程 卓 越 視 程 卓 越 視 程 の 変 動 方 向 視 程 悪 視 程 状 態 の 発 現 消 滅 時 刻 種 類 強 度 特 性 発 現 時 刻 及 び 終 了 時 刻 存 在 位 置 及 び 移 動 方 向 現 在 天 天 過 去 天 雲 層 雲 量 雲 形 雲 底 の 高 さ 又 は 鉛 直 視 程 全 雲 量 雲 底 の 状 態 特 殊 な 形 状 の 雲 降 水 量 積 雪 の 深 さ 降 雪 の 深 さ 温 最 高 温 最 低 温 露 点 温 度 相 対 湿 度

16 圧 滑 走 路 視 距 離 波 浪 現 地 圧 海 面 圧 高 度 規 正 値 密 度 高 度 圧 高 度 圧 変 化 の 型 圧 の 急 上 昇 及 び 急 下 降 1 分 間 平 均 値 滑 走 路 視 距 離 の 観 は 次 に 前 1 分 間 の1 分 値 の 最 小 最 大 変 化 傾 向 よる 1 滑 走 路 視 距 離 観 装 置 を 装 備 した 観 所 において 行 う 2 滑 走 路 視 距 離 の 観 は 2 4 時 間 実 施 する 向 向 及 び 速 の 観 は 向 速 向 の 変 動 速 の 変 動 スコール 表 面 水 温 観 記 録 及 び 自 記 記 録 紙 の 記 象 か ら 算 出 す る も の 浪 の 高 さ うねりの 高 さ うねりの 方 向 日 最 小 卓 越 視 程 日 最 小 卓 越 視 程 の 発 現 時 刻 日 最 低 雲 高 日 最 低 雲 高 の 発 現 時 刻 記 録 器 及 び 速 記 録 器 を 装 備 する 観 所 においては1 分 間 平 均 値 を これらの 観 器 を 装 備 しない 観 所 においては 1 分 間 平 均 値 を 観 する 日 降 水 量 日 降 水 量 の 観 は 基 地 隊 等 日 最 大 1 時 間 降 水 量 日 最 大 1 時 間 降 水 量 の 発 現 消 滅 時 刻 積 雪 日 最 大 降 雪 日 合 日 最 高 温 日 最 高 温 の 発 現 時 刻 においては 9を 日 界 と して 行 う 13

17 14 日 最 低 温 日 最 低 温 の 発 現 時 刻 日 最 小 湿 度 日 最 小 湿 度 の 発 現 時 刻 日 最 高 海 面 圧 日 最 高 海 面 圧 の 発 現 時 刻 日 最 低 海 面 圧 日 最 低 海 面 圧 発 現 時 刻 日 最 小 滑 走 路 視 距 離 日 最 大 速 日 最 大 速 の 向 日 最 大 速 の 発 現 時 刻 日 最 大 瞬 間 速 日 最 大 瞬 間 速 の 向 日 最 大 瞬 間 速 の 発 現 時 刻 : 必 要 と 認 めた 場 合 に 観 する

18 15 別 紙 第 2 観 記 録 の 種 類 観 の 種 類 観 記 録 の 種 類 観 記 録 の 様 式 作 成 する 観 所 備 考 1 各 地 方 総 監 部 及 び 陸 上 象 父 島 基 地 分 遣 隊 は 航 観 記 録 付 紙 様 式 第 1 航 空 基 地 隊 等 空 機 の 運 航 上 必 要 な ( 海 観 -A) 資 料 として 観 結 果 陸 上 象 観 陸 上 象 観 記 録 ( 海 観 -B) 付 紙 様 式 第 2 地 方 総 監 部 航 空 基 地 隊 等 父 島 基 地 分 遣 隊 を 通 報 する 場 合 は 陸 上 象 観 記 録 ( 海 観 -A)を 作 成 する 2 陸 上 象 観 記 録 のうち 海 観 -B 及 び 海 観 -Cに 記 入 する 部 隊 番 号 は 付 表 陸 上 象 観 記 録 ( 海 観 -C) 付 紙 様 式 第 3 基 地 隊 等 のとおり 3 記 入 要 領 は 海 洋 業 務 群 司 令 の 定 めると ころによる 海 上 通 常 の 観 海 上 象 観 記 録 付 紙 様 式 第 4 航 泊 日 誌 ( 甲 ) を 備 える 艦 船 1 海 上 象 観 記 録 の 作 成 は 航 海 中 のみ 象 観 航 空 機 のため の 観 航 空 象 観 記 録 付 紙 様 式 第 5 観 を 実 施 した 艦 船 とする 2 記 入 要 領 は 海 洋 業 務 群 司 令 の 定 めると ころによる 機 上 象 観 機 上 象 観 記 録 付 紙 様 式 第 6 観 を 実 施 した 航 空 機 高 層 象 観 高 層 観 ラジオ ゾンデ 観 高 層 観 記 録 ラジオ ゾンデ 観 記 録 訓 練 資 料 高 層 観 の 定 めるとこ ろによる 様 式 適 宜 航 空 基 地 隊 等 装 備 部 隊

19 陸 上 象 観 記 録 ( 海 観 -A) 日 付 部 隊 名 作 成 責 任 者 付 紙 様 式 第 観 種 別 観 時 刻 T JST MAG ddd 14 記 事 露 高 度 規 正 値 重 大 な 3 4 卓 越 視 程 滑 走 路 視 距 離 温 点 向 速 向 変 動 現 在 天 雲 温 hpa INS 過 去 天 RDRDR/VRVRVRVRi 度 ff fmfmflfl dndndnvdxdxdx vvvv 1km VRVRVRVRVVRVRVRVRi M/E W'W' NsNsNshshshsCC ( VVhshshs, SKC ) TT TdTd QPHPHPHPH APHPHPHPH REW'W' 観 員 16

20 1 2 部 隊 番 号 観 年 月 日 年 月 日 陸 上 象 観 記 録 ( 海 観 -B) 部 隊 名 付 紙 様 式 第 2 ( 1 / 1) 観 統 時 種 刻 別 1 B 2 B 3 B 4 B 5 B 6 B 7 B 8 B 9 B 1 B 11 B 12 B 13 B 14 B 15 B 16 B 17 B 18 B 19 B 2 B 21 B 22 B 23 B 24 B 雲 圧 卓 現 最 間 越 露 温 湿 最 雲 全 変 表 水 在 海 現 浪 階 大 視 低 高 点 度 化 面 温 向 速 天 雲 温 度 面 地 階 瞬 速 の 程 級 (Ns 5/8) 量 36 Kt Kt m 1ft % hpa hpa 型 級 う ね り 19 降 水 継 続 時 数 表 悪 視 程 状 態 継 続 時 数 表 現 象 記 号 5メートル 未 満 16メートル 未 満 方 向 始 時 終 時 時 数 強 度 符 号 始 時 終 時 時 数 始 時 終 時 時 数 a b 合 時 数 作 成 責 任 者 6-18 合 時 数 -24 合 6-18 時 数 -24 観 表 25 圧 示 度 の 比 較 降 水 量 mm 観 温 降 雪 積 雪 観 電 式 アネロイト 時 刻 最 高 最 低 実 自 記 時 刻 cm cm 差 合 海 面 圧 hpa 降 水 量 mm 39 4 継 続 時 数 日 合 hr 43 統 36 Kt 雲 1ft 温 湿 度 % 天 26 日 最 大 速 27 日 最 大 瞬 間 速 日 降 水 量 悪 視 程 状 態 日 最 小 降 日 積 日 日 最 小 あ 滑 走 路 日 最 低 日 最 高 日 最 低 日 最 小 日 最 高 日 最 低 日 最 大 合 最 種 降 向 速 向 速 卓 越 視 程 雨 雪 ら 霧 視 距 離 雲 高 温 温 湿 度 海 面 圧 海 面 圧 時 間 降 水 量 雪 雪 大 水 <5m <16m 別 れ m m (Ns 5/8) cm cm D 起 時 44 記 事 と 雑 象 日 出 日 没 雷 17

21 1 部 隊 番 号 観 年 月 日 部 隊 名 作 成 責 任 者 付 紙 様 式 第 陸 上 象 観 記 録 ( 海 観 -C) (1 / 2) 年 月 4 5 統 観 海 面 日 種 時 別 刻 圧 hpa 1 C 9 1 C 21 2 C 9 2 C 21 3 C 9 3 C 21 4 C 9 4 C 21 5 C 9 5 C 21 6 C 9 6 C 21 7 C 9 7 C 21 8 C 9 8 C 21 9 C 9 9 C 21 1 C 9 1 C C 9 11 C C 9 12 C C 9 13 C C 9 14 C C 9 15 C C 9 16 C 21 6 温 うねり 日 最 大 瞬 間 速 卓 全 表 日 湿 日 越 天 面 積 日 方 向 雲 浪 降 階 最 最 起 度 視 水 向 速 a b 高 温 低 温 程 量 階 雪 水 温 向 速 級 量 時 級 % km 36 Kt 1/8 cm mm 36 Kt 記 事 18

22 1 部 隊 番 号 観 年 月 日 2 3 陸 上 象 観 記 録 ( 海 観 -C) (2 / 2) 年 月 部 隊 名 作 成 責 任 者 統 観 うねり 日 最 大 瞬 間 速 海 卓 全 表 日 面 湿 越 天 面 積 日 日 方 向 雲 浪 降 階 最 最 日 起 種 時 温 度 視 水 向 速 低 温 向 速 級 a b 高 温 圧 程 量 階 雪 水 温 量 別 刻 時 級 hpa % km 36 Kt 1/8 cm mm 36 Kt 17 C 9 17 C C 9 18 C C 9 19 C 21 2 C 9 2 C C 9 21 C C 9 22 C C 9 23 C C 9 24 C C 9 25 C C 9 26 C C 9 27 C C 9 28 C C 9 29 C 21 3 C 9 3 C C 9 31 C 記 事

23 ( 記 入 後 注 意 ) 付 紙 様 式 第 4 日 付 年 月 艦 艇 名 年 月 日 時 向 速 周 期 波 高 方 向 周 期 波 高 2 海 上 象 観 記 録 全 雲 量 うねり 天 船 名 符 字 記 事 視 程 圧 温 湿 度 水 温 浪 観 年 月 日 緯 度 経 度 地 球 の 四 半 球

24 21 付 紙 様 式 第 5

25 付紙様式第 6 22

26 23 付 表 象 統 用 部 隊 番 号 部 隊 番 号 部 隊 等 名 称 部 隊 番 号 部 隊 等 名 称 41 横 須 賀 地 方 総 監 部 56 上 対 馬 警 備 所 42 呉 地 方 総 監 部 57 壱 岐 警 備 所 43 佐 世 保 地 方 総 監 部 58 下 対 馬 警 備 所 44 舞 鶴 地 方 総 監 部 72 由 良 基 地 分 遣 隊 45 大 湊 地 方 総 監 部 73 佐 伯 基 地 分 遣 隊 11 鹿 屋 航 空 基 地 隊 74 稚 内 基 地 分 遣 隊 12 八 戸 航 空 基 地 隊 75 対 馬 防 備 隊 13 徳 島 航 空 基 地 隊 76 奄 美 基 地 分 遣 隊 14 下 総 航 空 基 地 隊 77 余 市 防 備 隊 15 厚 木 航 空 基 地 隊 83 阪 神 基 地 隊 18 小 月 航 空 基 地 隊 84 仮 屋 磁 定 所 21 館 山 航 空 基 地 隊 93 新 潟 基 地 分 遣 隊 22 第 24 航 空 隊 95 竜 飛 警 備 所 26 大 村 航 空 基 地 隊 97 松 前 警 備 所 27 第 25 航 空 隊 98 父 島 基 地 分 遣 隊 28 第 23 航 空 隊 99 硫 黄 島 航 空 基 地 隊 51 沖 縄 基 地 隊 52 下 関 基 地 隊 54 函 館 基 地 隊

27 電 式 圧 ア ネ ロ イ ド 圧 自 記 圧 自 記 温 度 通 乾 湿 乾 湿 自 記 湿 度 貯 水 型 雨 量 自 記 雨 量 雪 板 雪 尺 向 速 ( 1 分 間 ) 向 速 ( 2 分 間 ) 携 帯 速 百 葉 箱 大 型 百 葉 箱 小 型 経 緯 儀 浮 力 減 圧 ヘ リ ウ ム ガ ス ボ ン ベ 隔 装 置 シー ロ メー ター 滑 走 路 視 距 離 観 装 置 象 レー ダー 装 置 ゾ ン デ 定 装 置 一 式 地 上 点 検 装 置 一 式 浮 力 調 整 弁 水 素 ガ ス ボ ン ベ 水 素 ガ ス 検 知 器 向 速 電 式 温 度 湿 度 電 式 圧 雨 量 ラジオゾンデ 観 器 材 簡 易 型 観 装 置 圧 温 度 湿 度 雨 量 向 速 一 般 器 材 高 層 観 装 置 電 波 器 等 父 島 基 地 分 遣 隊 基 地 隊 等 艦 船 象 器 装 備 基 準 別 表 器 名 観 所 地 方 総 監 部 航 空 基 地 隊 等

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71>

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71> 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 平 成 6 年 9 月 1 日 本 部 訓 令 第 26 号 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 航 空 隊 ( 第 3 条 - 第 13 条 ) 第 3 章 運 用 ( 第 14- 第 25

More information

honbu-38H06_kunrei31

honbu-38H06_kunrei31 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 6 年 12 月 27 日 本 部 訓 令 第 31 号 ) 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 を 次 のように 定 める 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 徳 島 県 警 察 航 空 機 使 用 管 理 規 程 ( 平 成 2 年 徳

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

航空隊等の内部組織に関する達

航空隊等の内部組織に関する達 平 成 10 年 12 月 2 日 海 上 自 衛 隊 達 第 32 号 航 空 隊 及 び 教 育 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 40 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 ) 第 32 条 整 備 補 給 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 平 成 10 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 28 号 ) 第 11 条 及 び 航 空 基 地 隊 の 編

More information

(8) 日 本 国 籍 を 有 し 日 本 国 憲 法 及 びその 下 に 成 立 した 政 府 を 暴 力 等 で 破 壊 すること を 主 張 する 団 体 等 その 他 を 結 成 し 又 は 加 入 し 若 しくは 協 力 していないことを 証 明 又 は 誓 約 し 若 しくは 保 証 で

(8) 日 本 国 籍 を 有 し 日 本 国 憲 法 及 びその 下 に 成 立 した 政 府 を 暴 力 等 で 破 壊 すること を 主 張 する 団 体 等 その 他 を 結 成 し 又 は 加 入 し 若 しくは 協 力 していないことを 証 明 又 は 誓 約 し 若 しくは 保 証 で 舞 監 公 示 第 50 号 27.10.1 自 衛 艦 及 び 支 援 船 の 改 造 改 修 工 事 及 び 搭 載 機 器 等 の 装 備 工 事 並 びに 調 査 工 事 の 契 約 希 望 者 募 集 要 項 ( 公 募 ) 次 の 契 約 について 公 募 を 実 施 するので 参 加 を 希 望 する 者 は 下 記 に 基 づき 資 料 等 を 提 出 して 下 さい ( 公 募 実

More information

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 自 衛 隊 法 施 行 令 ( 昭 和 29 年 政 令 第 179 号 ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 36 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 48 号 )の 全 部 を 次 のように 改 正 する 昭 和 40 年 3 月 20 日 防 衛 庁 長 官 小 泉 純 也 航 空 隊 及

More information

2 生 活 安 全 部 地 域 課 鉄 道 警 察 隊 長 ( 以 下 隊 長 という )は 被 害 相 談 所 の 名 称 を 記 載 した 表 示 板 を 庁 舎 入 口 付 近 に 掲 出 するものとする 3 隊 長 は 臨 時 の 被 害 相 談 所 を 設 置 するときは 当 該 相 談

2 生 活 安 全 部 地 域 課 鉄 道 警 察 隊 長 ( 以 下 隊 長 という )は 被 害 相 談 所 の 名 称 を 記 載 した 表 示 板 を 庁 舎 入 口 付 近 に 掲 出 するものとする 3 隊 長 は 臨 時 の 被 害 相 談 所 を 設 置 するときは 当 該 相 談 女 性 のための 安 全 相 談 所 等 設 置 運 用 要 領 の 制 定 について( 例 規 ) ( 平 成 12 年 5 月 17 日 例 規 第 21 号 ) [ 沿 革 ] 平 成 13 年 12 月 例 規 第 55 号 改 正 この 度 地 域 警 察 部 門 における 女 性 の 安 全 対 策 を 更 に 充 実 強 化 するため みだしの 要 領 を 別 記 のとおり 制 定 し

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7 岸 和 田 市 環 境 保 全 条 例 の 一 部 改 正 について 1. 改 正 の 背 景 岸 和 田 市 環 境 保 全 条 例 ( 以 下 条 例 という )では 日 照 障 害 により 近 隣 の 生 活 環 境 に 支 障 を 及 ぼさないことを 目 的 に 建 物 高 さに 対 して 規 制 を 定 めております この 規 制 は 建 築 基 準 法 に 定 める 日 影 規 制 より

More information

した 開 示 決 定 等 に 当 たっては, 法 11 条 を 適 用 して, 平 成 23 年 5 月 13 日 まで 開 示 決 定 等 の 期 限 を 延 長 し, 同 年 4 月 11 日 付 け 防 官 文 第 452 0 号 により,1 枚 目 を 一 部 開 示 した そして, 同 年

した 開 示 決 定 等 に 当 たっては, 法 11 条 を 適 用 して, 平 成 23 年 5 月 13 日 まで 開 示 決 定 等 の 期 限 を 延 長 し, 同 年 4 月 11 日 付 け 防 官 文 第 452 0 号 により,1 枚 目 を 一 部 開 示 した そして, 同 年 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 8 月 11 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 413 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 2 月 27 日 ( 平 成 23 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 500 号 ) 事 件 名 : 海 賊 対 処 行 動 の 実 施 に 関 する 統 合 幕 僚 長 指 令 の 一 部 開 示 決 定 に 関

More information

Microsoft Word - h doc

Microsoft Word - h doc 消 防 予 第 192 号 平 成 9 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 予 防 課 長 消 防 用 設 備 等 に 係 る 届 出 等 に 関 する 運 用 について( 通 知 ) 消 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 17 条 14 規 定 に 基 づく 消 防 用 設 備 等 着 工 届 法 第 17 条 32 規 定 に 基 づく 消 防

More information

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知)

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知) 27 文 科 初 第 1593 号 平 成 28 年 3 月 22 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 各 指 定 都 市 教 育 委 員 会 殿 附 属 学 校 を 置 く 各 国 立 大 学 法 人 学 長 構 造 改 革 特 別 区 域 法 第 12 条 第 1 項 の 認 定 を 受 けた 地 方 公 共 団 体 の 長 文 部 科 学 省 初 等 中 等

More information

陸上自衛隊退職手当支給規則

陸上自衛隊退職手当支給規則 陸 上 自 衛 隊 退 職 手 当 支 給 規 則 昭 和 35 年 1 月 29 日 陸 上 自 衛 隊 達 第 32 7 号 改 正 昭 和 36 年 5 月 22 日 達 第 122 32 号 昭 和 38 年 8 月 7 日 達 第 50 10 1 号 昭 和 42 年 9 月 5 日 達 第 32 7 1 号 昭 和 45 年 4 月 8 日 達 第 63 2 号 昭 和 45 年 10

More information

基 地 交 付 金 等 に 関 す る 要 望 書

基 地 交 付 金 等 に 関 す る 要 望 書 立 川 飛 行 場 に 関 する 要 望 書 立 川 飛 行 場 は 南 関 東 地 域 の 広 域 的 な 災 害 対 策 活 動 の 拠 点 となる 広 域 防 災 基 地 内 にありますが 同 飛 行 場 は 人 口 が 密 集 した 市 街 地 に 所 在 しております そのため 立 川 飛 行 場 の 周 辺 自 治 体 の 住 民 からは 航 空 機 騒 音 に 対 する 苦 情 や 航

More information

職務発明等の申請に関する手続要領について(通達)

職務発明等の申請に関する手続要領について(通達) 装 技 振 第 31 号 27.10.1 防 衛 大 学 校 教 務 部 長 防 衛 医 科 大 学 校 教 務 部 長 防 衛 研 究 所 企 画 部 長 統 合 幕 僚 監 部 総 務 部 長 陸 上 幕 僚 監 部 装 備 計 画 部 長 海 上 幕 僚 監 部 装 備 計 画 部 長 航 空 幕 僚 監 部 装 備 計 画 部 長 情 報 本 部 総 務 部 長 防 衛 装 備 庁 長 官

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 2 年 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです ( 単 位 : ) 3 職 員 の 平 均 給 与 月

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 2 年 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです ( 単 位 : ) 3 職 員 の 平 均 給 与 月 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 23 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B 73,89 18,96,951 629,218,05,29 ( 注 )1 件 費 とは 一 般 職 に 支 給 される 給 与 と 市 長

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

Taro-18警察用航空機の運用等に関

Taro-18警察用航空機の運用等に関 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 最 終 改 正 平 成 24.3.13 京 都 府 警 察 本 部 訓 令 第 5 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 8 条 ) 第 2 章 運 用 ( 第 9 条 - 第 22 条 ) 第 3 章 ヘリコプター テレビシステム( 第 23 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 整 備 ( 第 26 条 第 27 条

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目 9 大 規 模 特 殊 災 害 時 における 広 域 航 空 消 防 応 援 実 施 細 目 昭 和 61 年 5 月 30 日 消 防 救 第 61 号 改 正 平 成 4 年 3 月 23 日 消 防 救 第 39 号 改 正 平 成 5 年 3 月 26 日 消 防 救 第 36 号 改 正 平 成 5 年 5 月 14 日 消 防 救 第 66 号 改 正 平 成 6 年 4 月 1 日 消

More information

Microsoft Word - 設計委託特記仕様書20130201.doc

Microsoft Word - 設計委託特記仕様書20130201.doc 川 崎 病 院 ナースコールシステム 改 修 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 担 当 係 長 課 長 建 築 電 気 機 械 平 成 25 年 5 月 1 日 まちづくり 局 施 設 整 備 部 Ⅰ 業 務 概 要 1 業 務 名 称 ( 川 崎 病 院 ナースコールシステム 改 修 設 計 業 務 委 託 ) 2 計 画 施 設 概 要 本 業 務 の 対 象 となる 施 設 ( 以

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 は 我 が 国 の 全 産 業 分 野 における 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 実 態 を 全 国 及 び 地 域 別 に 明 らかにするとともに 事 業 所 及 び 企 業 を 調 査 対 象 とする 各 種 統 計 調 査 の 精

More information

(8) 入 札 に 関 する 事 項 の 問 合 わせ 先 陸 上 自 衛 隊 上 富 良 野 駐 屯 地 第 344 会 計 隊 契 約 班 ( 担 当 : 立 川 ) TEL 0167-45-3101 内 線 :347(FAX:660) 11 公 告 掲 示 場 所 (1) 掲 示 場 所 :

(8) 入 札 に 関 する 事 項 の 問 合 わせ 先 陸 上 自 衛 隊 上 富 良 野 駐 屯 地 第 344 会 計 隊 契 約 班 ( 担 当 : 立 川 ) TEL 0167-45-3101 内 線 :347(FAX:660) 11 公 告 掲 示 場 所 (1) 掲 示 場 所 : 公 告 平 成 28 年 1 月 25 日 分 任 契 約 担 当 官 陸 上 自 衛 隊 上 富 良 野 駐 屯 地 第 344 会 計 隊 長 長 谷 川 洋 三 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 を 行 う 1 競 争 に 付 する 事 項 (1) 件 名 : 毛 布 外 注 洗 濯 ほか3 件 別 紙 第 2 内 訳 書 のとおり (2) 納 入 場 所 : 陸 上 自 衛 隊 上 富

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 き 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 27 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 三 陸 国 道 事 務 所 長 永 井 浩 泰 1. 業 務 概 要 (1)

More information

内 宿 泊 料 国 外 滞 在 費 及 び 予 防 注 射 諸 手 数 料 とし それぞれ 次 の 各 号 に 定 めるとこ ろにより 支 給 する (1) 交 通 費 は 現 に 利 用 した 経 路 及 び 方 法 により 支 給 する なお 国 外 への 旅 行 の 場 合 の 交 通 費 は

内 宿 泊 料 国 外 滞 在 費 及 び 予 防 注 射 諸 手 数 料 とし それぞれ 次 の 各 号 に 定 めるとこ ろにより 支 給 する (1) 交 通 費 は 現 に 利 用 した 経 路 及 び 方 法 により 支 給 する なお 国 外 への 旅 行 の 場 合 の 交 通 費 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 等 及 び 学 外 者 の 旅 費 の 支 給 に 関 する 規 程 制 定 平 成 27. 4. 1 規 程 157 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 における 業 務 を 遂 行 するために 旅 行 す る 教 職 員 等 及

More information

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ 平 成 26 年 度 公 表 分 留 萌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 25 年 度 の 件 費 率 25 年 度 千 千 千 2 3, 4 4 0 1

More information

6. 共 有 等 に 係 る 固 定 資 産 の 判 定 3 共 有 に 係 る 固 定 資 産 については それぞれの 共 有 者 が 他 に 固 定 資 産 を 所 有 している 場 合 であっても その 資 産 とは 別 個 に 共 有 されている 固 定 資 産 を 別 の 人 格 が 所

6. 共 有 等 に 係 る 固 定 資 産 の 判 定 3 共 有 に 係 る 固 定 資 産 については それぞれの 共 有 者 が 他 に 固 定 資 産 を 所 有 している 場 合 であっても その 資 産 とは 別 個 に 共 有 されている 固 定 資 産 を 別 の 人 格 が 所 第 64 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 免 税 点 及 び 固 定 資 産 課 税 台 帳 からの 出 題 であった 問 1の 免 税 点 については 判 断 に 迷 う 点 もないことから 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった 問 の 固 定 資 産 課 税 台 帳 については 事 例 部 分 の 解 答 方 法 に 迷 う 問

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定 射 水 市 建 設 工 事 施 行 に 関 する 工 事 成 績 評 定 要 領 平 成 8 年 3 月 7 告 示 第 44 号 ( 目 的 ) 第 条 この 要 領 は 射 水 市 が 所 掌 する 工 事 の 成 績 評 定 ( 以 下 評 定 という )に 必 要 な 事 項 を 定 め 公 正 かつ 的 確 な 評 定 を 行 うことにより もって 請 負 業 者 の 選 定 及 び 指

More information

個人住民税徴収対策会議

個人住民税徴収対策会議 個 人 住 民 税 徴 収 対 策 会 議 平 成 26 年 8 月 7 日 税 収 に 占 める 個 人 住 民 税 の 割 合 個 人 住 民 税 は 県 市 町 村 いずれも 税 収 の 約 3 割 を 占 めており 重 要 な 財 源 となっている 岡 山 県 現 年 繰 越 合 計 市 町 村 その 他 18.5% 自 動 車 税 13.1% 個 人 県 民 税 29.6% その 他 15.0%

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 22 報 ) 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 1 気 象 の 状 況 ( 気 象 庁 情 報 ) 10 月 11 日 03 時 にマリアナ 諸 島 付 近 で 発 生 した 台 風 第 26 号 は

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73>

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について ( 平 成 23 年 4 月 1 日 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (21 年 度 末 ) A 21 年 度 3,455 19,33,478 実 質 収 支 472,685 件 費 B 3,364,471 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 2 年 度 の 件 費 率 17.7

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63> 消 防 危 第 245 号 平 成 1 7 年 1 0 月 2 6 日 各 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 東 京 消 防 庁 各 指 定 都 市 消 防 長 殿 消 防 庁 危 険 物 保 安 室 長 給 油 取 扱 所 等 における 単 独 荷 卸 しに 係 る 運 用 について 危 険 物 取 扱 者 の 立 会 いなしに 移 動 タンク 貯 蔵 所 に 乗 務 する 危 険

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

〔自 衛 隊〕

〔自 衛 隊〕 基 交 付 金 及 び 調 整 交 付 金 等 総 務 省 所 管 (1) 基 交 付 金 ( 趣 旨 ) 基 交 付 金 は 国 有 提 供 施 設 等 所 在 市 町 村 助 成 交 付 金 に 関 する 法 律 ( 昭 和 32 年 法 律 104 号 ) の 定 めるところにより 国 が 所 有 する 固 定 資 産 のうち 米 軍 等 に 使 用 させている 固 定 資 産 並 びに 自

More information

に 対 して 消 磁 装 置 によるデータ 破 壊 を 行 い データの 復 旧 を 不 可 能 とするこ と 2 消 去 が 終 了 したことが 識 別 できるシール 等 を 媒 体 に 貼 付 すること(このシール は 本 委 託 契 約 の 範 囲 内 で 受 託 者 が 用 意 すること)

に 対 して 消 磁 装 置 によるデータ 破 壊 を 行 い データの 復 旧 を 不 可 能 とするこ と 2 消 去 が 終 了 したことが 識 別 できるシール 等 を 媒 体 に 貼 付 すること(このシール は 本 委 託 契 約 の 範 囲 内 で 受 託 者 が 用 意 すること) ハードディスク 等 データ 消 去 及 び 破 壊 作 業 業 務 委 託 別 紙 1 特 記 仕 様 書 横 須 賀 市 ( 以 下 本 市 という )が 委 託 する 標 記 業 務 について 受 託 者 が 受 託 業 務 を 実 施 するにあたり 本 書 にて 必 要 な 事 項 を 定 める 1. 委 託 業 務 内 容 (1)ハードディスクのデータ 消 去 及 び 破 壊 1 本 書 別

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

オ 法 令 等 の 規 定 により 官 署 等 の 許 可 又 は 確 認 を 必 要 とする 場 合 は 当 該 許 可 又 は 認 可 を 受 けていること (7) 当 該 機 器 等 の 検 査 修 理 の 一 部 を 第 三 者 に 請 け 負 わせようとする 場 合 は 請 け 負 わせる

オ 法 令 等 の 規 定 により 官 署 等 の 許 可 又 は 確 認 を 必 要 とする 場 合 は 当 該 許 可 又 は 認 可 を 受 けていること (7) 当 該 機 器 等 の 検 査 修 理 の 一 部 を 第 三 者 に 請 け 負 わせようとする 場 合 は 請 け 負 わせる 舞 監 公 示 第 5 号 26. 1.31 艦 船 等 に 搭 載 される 機 器 等 の 検 査 修 理 に 係 る 役 務 の 契 約 希 望 者 募 集 要 項 ( 公 募 ) 次 の 契 約 について 公 募 を 実 施 するので 参 加 を 希 望 する 者 は 下 記 に 基 づき 資 料 等 を 提 出 して 下 さい ( 公 募 実 施 権 者 ) 分 任 支 出 負 担 行 為

More information

0 法 令 海 戦 法 令 16 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 海 戦 関 係 法 令 第 2 集 中 0 法 令 海 戦 法 令 17 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 海 戦 関 係 法 令 第 2 集 下 0 法 令 海 戦 法 令 18 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国

0 法 令 海 戦 法 令 16 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 海 戦 関 係 法 令 第 2 集 中 0 法 令 海 戦 法 令 17 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 海 戦 関 係 法 令 第 2 集 下 0 法 令 海 戦 法 令 18 昭 和 14~15 年 戦 争 各 国 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )1 戦 時 国 際 法 規 綱 要 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )2 戦 時 国 際 法 規 綱 要 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )3 戦 時 国 際 法 規 綱 要 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )4 戦 時 国 際 法 規 綱 要 0 法 令 戦 時 国 際 ( 法 綱 要 )5 戦 時 国 際 法 規

More information

<95CA8E86825281698C668EA695B68F91967B95B6816A8F4390B394C5>

<95CA8E86825281698C668EA695B68F91967B95B6816A8F4390B394C5> 京 都 市 消 防 局 訓 令 乙 第 7 号 各 部 消 防 学 校 各 消 防 署 京 都 市 消 防 局 通 信 規 程 の 全 部 を 次 のように 改 正 する 平 成 27 年 10 月 23 日 京 都 市 消 防 局 長 杉 本 栄 一 京 都 市 消 防 局 通 信 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 通 信 施 設 の 管 理 ( 第

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464>

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 事 務 取 扱 規 則 制 定 平 成 16 年 10 月 25 日 平 成 16 年 規 則 第 144 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 の 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

平成19年9月改定

平成19年9月改定 参 考 建 設 工 事 に 係 る 資 源 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 ( 建 設 リサイクル 法 )に 基 づく 通 知 及 び 契 約 書 の 記 載 事 項 等 に 関 する 取 扱 要 領 技 術 計 画 課 作 成 平 成 14 年 5 月 30 日 改 正 平 成 15 年 5 月 30 日 1. 建 設 リサイクル 法 の 目 的 特 定 の 建 設 資 材 について

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

Microsoft PowerPoint - 06 資料6 技術基準.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 06  資料6 技術基準.ppt [互換モード] 資 料 6 通 信 放 送 の 法 体 系 における 技 術 基 準 について 平 成 21 年 2 月 27 日 現 行 の 技 術 基 準 の 概 要 放 送 中 止 事 故 への 対 処 1 現 在 の 技 術 基 準 の 概 要 1.コンテンツに 係 る 技 術 基 準 (1) 目 的 放 送 の 品 質 の 確 保 受 信 端 末 の 安 定 的 な 供 給 の 確 保 等 (2) 概 要

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

Microsoft Word - 220401 要綱.doc

Microsoft Word - 220401 要綱.doc 国 立 市 開 発 行 為 等 指 導 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 立 市 における 開 発 行 為 等 によって 無 秩 序 な 市 街 化 が 行 われる ことを 規 制 し 良 好 な 市 街 地 の 造 成 並 びに 快 適 な 生 活 環 境 を 保 持 するとともに 人 間 を 大 切 にするまちづくり の 実 現 をはかることを 目 的

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 2 級 185,8 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである 3 級

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 2 級 185,8 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである 3 級 伊 江 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 4,822 8,663,924 25,2 91,719 1.4 17.1 (2) 職 員 給 与 費

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

我孫子市小規模水道条例

我孫子市小規模水道条例 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 施 行 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 46 号 以 下 条 例 という ) の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める ( 検 査 項 目 等 ) 第 2 条 条 例 第 3 条 第 2 項 に 規 定 する 基 準 ( 以 下 水 質 基

More information

名称

名称 平 成 20 年 度 ライフサイクルコスト 管 理 年 次 報 告 書 装 備 施 設 本 部 平 成 20 年 8 月 27 日 目 次 次 期 固 定 翼 哨 戒 機 P-1 1 装 備 品 の 概 要 2 2 LCCグラフ( 累 積 ) 3 3 LCC 算 定 方 法 及 び 前 提 条 件 等 3 4 CBS 総 括 表 4 5 LCCに 影 響 を 与 えうる 要 因 5 戦 闘 機 F-2

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】 特 定 任 期 付 職 員 ( 特 定 事 務 ) 給 与 規 程 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 19 年 度 規 程 第 56 号 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 31 日 平 成 20 年 度 規 程 第 45 号 一 部 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 21 年 度 規 程 第 42 号 一 部 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 21

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

2 以 上 の 設 計 業 務 の 摘 要 範 囲 ア 一 般 業 務 の 範 囲 建 築 基 本 設 計 に 関 する 標 準 業 務 ( 改 修 工 事 には 不 摘 要 ) 建 築 実 施 設 計 に 関 する 標 準 業 務 ( 構 造 を 含 む) 電 気 設 備 実 施 設 計 に 関

2 以 上 の 設 計 業 務 の 摘 要 範 囲 ア 一 般 業 務 の 範 囲 建 築 基 本 設 計 に 関 する 標 準 業 務 ( 改 修 工 事 には 不 摘 要 ) 建 築 実 施 設 計 に 関 する 標 準 業 務 ( 構 造 を 含 む) 電 気 設 備 実 施 設 計 に 関 境 川 支 所 受 変 電 設 備 改 修 設 計 工 事 監 理 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 1. 業 務 委 託 の 名 称 2. 業 務 委 託 箇 所 境 川 支 所 受 変 電 設 備 改 修 設 計 工 事 監 理 業 務 委 託 笛 吹 市 境 川 町 藤 垈 地 内 3. 履 行 期 間 設 計 業 務 契 約 の 翌 日 ~ 平 成 26 年 9 月 5 日 監 理 業 務

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長 宮 崎 県 住 宅 供 給 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその 用 に 供 する 宅 地 を 供 給 し もつて 住 民 の 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

2014/6/27 長 崎 大 学 電 気 工 作 物 保 安 規 程 長 崎 大 学 電 気 工 作 物 保 安 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 106 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 以 下 法 という ) 第 42 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき, 長 崎 大 学 ( 以 下

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63> 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 2 月 1 9 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 1 0 9 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 1 年 1 2 月 1 5 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 4 3 7 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 1 8 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 に 準 じた 手 続 による 手 続 開 始 掲 示 次 とおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 選 定 手 続 を 開 始 します 平 成 23 年 6 月 1 日 中 根 金 田 台 開 発 事 務 所 長 関 根 宣 由 1 務 概 要 (1) 務 名 中 根 金 田 台 地 区 平 成 23 年 度 補 償 説 明 務 (2) 務 内 容 研

More information

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務)

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務) 資 料 2 28.6.16 防 衛 省 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 における 施 設 管 理 業 務 の 実 施 状 況 について ( 平 成 26 年 度 及 び27 年 度 ) Ⅰ 事 業 の 概 要 1. 委 託 業 務 内 容 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 の 施 設 管 理 業 務 建 築 設 備 点 検 保 守 業 務 電 気 設 備 点 検

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正)

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正) 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 支 給 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 売 上 高 や 生 産 量 の 減 少 等 に 伴 う 人 員 削 減 により 離 職 した 者 を 正 規 雇 用 した 事 業 主 に 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 ( 以 下 奨 励 金 という )を 支 給 するために 必 要 な 事 項 を 定 める ( 定 義

More information

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料 別 添 72 後 退 灯 の 技 術 基 準 1. 適 用 範 囲 等 この 技 術 基 準 は 自 動 車 に 備 える 後 退 灯 に 適 用 する( 保 安 基 準 第 40 条 関 係 ) ただし 法 第 75 条 の2 第 1 項 の 規 定 によりその 型 式 について 指 定 を 受 けた 白 色 の 前 部 霧 灯 が 後 退 灯 として 取 付 けられている 自 動 車 にあっては

More information

<919B89B98BEA8FEE8C8F909482C6977690BF8D7393AE8169837A815B83808379815B835789C18D489770816A786C732E786C73>

<919B89B98BEA8FEE8C8F909482C6977690BF8D7393AE8169837A815B83808379815B835789C18D489770816A786C732E786C73> 平 成 18 年 4 月 分 の 機 騒 音 苦 情 件 数 と 1 土 2 日 3 月 4 火 4 5 水 6 6 木 22 7 金 9 8 土 9 日 1 月 8 11 火 1 12 水 4 13 木 24 14 金 15 土 16 日 17 月 2 18 火 2 19 水 1 2 木 5 21 金 1 22 土 23 日 24 月 8 25 火 8 26 水 5 27 木 13 28 金 2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322090AC90D1955D92E8977697CC82CC895E9770816990DD8C76939995D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322090AC90D1955D92E8977697CC82CC895E9770816990DD8C76939995D2816A2E646F63> 土 木 部 建 築 設 計 及 び 工 事 監 理 等 委 託 業 務 成 績 評 定 要 領 の 運 用 ( 建 築 設 計 等 委 託 業 務 編 ) ( 評 定 の 方 法 ) 第 1 評 定 者 は 評 定 を 行 おうとする 業 務 ( 以 下 対 象 業 務 という )について 別 添 の 採 点 表 により 評 定 を 行 うものとし 評 価 項 目 評 価 の 視 点 及 び 評 価

More information

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災 第 2 節 消 防 通 信 指 令 体 制 消 防 緊 急 情 報 システムによる 情 報 の 一 元 化 を 図 るとともに 迅 速 的 確 な 情 報 収 集 及 び 消 防 隊 等 に 対 する 指 令 指 示 連 絡 その 他 必 要 な 情 報 の 受 伝 達 を 行 うものとする 1 災 害 通 信 の 取 扱 い 災 害 通 信 の 取 扱 いについては 逗 子 市 消 防 専 用 無

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

(1) 船 舶 の 堪 航 能 力 が 不 十 分 であるとき (2) 天 候 本 船 の 状 態 積 荷 の 種 類 又 は 水 路 等 の 状 況 に 照 らし 運 航 に 危 険 のおそれがあるとき (3) 水 先 船 の 航 行 に 危 険 のおそれがあるとき (4) 水 先 人 の 乗 下

(1) 船 舶 の 堪 航 能 力 が 不 十 分 であるとき (2) 天 候 本 船 の 状 態 積 荷 の 種 類 又 は 水 路 等 の 状 況 に 照 らし 運 航 に 危 険 のおそれがあるとき (3) 水 先 船 の 航 行 に 危 険 のおそれがあるとき (4) 水 先 人 の 乗 下 内 海 水 先 区 水 先 約 款 第 1 章 総 則 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 ) ( 本 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 水 先 人 の 締 結 する 水 先 に 関 する 契 約 については この 約 款 の 定 めると ころによる 2 この 約 款 に 定 めていない 事 項 については 法 令 及 び 慣 習 による ( 水 先 人 の 地 位 ) 第 2 条 水 先 人

More information

1-1 建 築 物 等 保 守 管 理 業 務 業 務 の 実 施 方 針 本 業 務 の 実 施 方 針 等 について 記 載 してください なお 以 下 の 事 項 については 必 ず 記 載 して ください ( 施 設 維 持 管 理 業 務 全 体 で A4 判 180 枚 以 内 で 記

1-1 建 築 物 等 保 守 管 理 業 務 業 務 の 実 施 方 針 本 業 務 の 実 施 方 針 等 について 記 載 してください なお 以 下 の 事 項 については 必 ず 記 載 して ください ( 施 設 維 持 管 理 業 務 全 体 で A4 判 180 枚 以 内 で 記 施 設 維 持 管 理 業 務 提 案 仕 様 書 ( 表 紙 目 次 ) 1-1 建 築 物 等 保 守 管 理 業 務 業 務 の 実 施 方 針... 2 1-2 建 築 物 等 保 守 管 理 業 務 業 務 の 実 施 体 制... 3 1-3 建 築 物 等 保 守 管 理 業 務 業 務 の 実 施 計 画... 4 1-4 建 築 物 等 保 守 管 理 業 務 業 務 の 実 施

More information

<5461726F2D3933208CA795F18CB48D65816993648E718366815B835E816A20>

<5461726F2D3933208CA795F18CB48D65816993648E718366815B835E816A20> 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 新 潟 市 西 区 寺 尾 東 二 丁 目 23 番 37 号 山 下 省 三 2 請 求 の 要 旨 平 成 20 年 4 月 に 県 立 がんセンター 新 潟 病 院 に 採 用 された 職 員 に 対 する 以 下 の 赴 任 旅 費 の 支 出 は 違 法 不 当 である (1) 平 成 20 年

More information

H19.03.27 東 浜 地 区 漁 業 用 施 設 整 備 に 係 る 水 域 ( 約 2,000 m2)の 共 同 使 用 について 日 米 合 同 委 員 会 で 合 意 ( 防 波 堤 の 建 設 計 画 変 更 により 当 該 共 同 使 用 水 域 を 変 更 ) H19.04.24

H19.03.27 東 浜 地 区 漁 業 用 施 設 整 備 に 係 る 水 域 ( 約 2,000 m2)の 共 同 使 用 について 日 米 合 同 委 員 会 で 合 意 ( 防 波 堤 の 建 設 計 画 変 更 により 当 該 共 同 使 用 水 域 を 変 更 ) H19.04.24 提 供 施 設 の 沿 革 FAC5029 佐 世 保 海 軍 施 設 M19.05.04 旧 海 軍 佐 世 保 鎮 守 府 設 置 決 定 M22.07.01 開 庁 S20. 終 戦 時 佐 世 保 海 軍 鎮 守 府 佐 世 保 海 兵 団 佐 世 保 海 軍 工 廠 佐 世 保 海 軍 軍 需 部 佐 世 保 病 院 等 残 存 S20.09 連 合 国 軍 ( 米 海 軍 及 び 米 陸

More information

イ する ( 行 政 機 関 の 休 日 に 関 する 法 律 ( 昭 和 63 年 法 律 第 91 号 ) 第 1 条 第 1 項 に 規 定 する 行 政 機 関 の 休 日 ( 以 下 休 日 という )を 除 く ) 電 子 入 札 システムで 使 用 できるICカードは 代 表 者 又

イ する ( 行 政 機 関 の 休 日 に 関 する 法 律 ( 昭 和 63 年 法 律 第 91 号 ) 第 1 条 第 1 項 に 規 定 する 行 政 機 関 の 休 日 ( 以 下 休 日 という )を 除 く ) 電 子 入 札 システムで 使 用 できるICカードは 代 表 者 又 技 術 資 料 募 集 要 領 公 募 簡 略 審 査 型 指 名 競 争 入 札 を 下 記 のとおり 行 うので 入 札 に 参 加 を 希 望 する 者 は 技 術 資 料 を 提 出 して 下 さい 平 成 20 年 6 月 13 日 支 出 負 担 行 為 担 当 官 中 国 四 国 防 衛 局 長 月 橋 晴 信 記 1 業 務 内 容 等 (1) 業 務 名 陸 上 自 衛 隊 高 知

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63> 接 続 検 討 回 答 書 ( 高 圧 版 ) 別 添 様 式 AP8-20160401 回 答 日 年 月 日 1. 申 込 者 等 の 概 要 申 込 者 検 討 者 2. 接 続 検 討 の 申 込 内 容 発 電 者 の 名 称 発 電 場 所 ( 住 所 ) 最 大 受 電 電 力 アクセス の 運 用 開 始 希 望 日 3. 接 続 検 討 結 果 (1) 希 望 受 電 電 力 に

More information

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心 福 山 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 2014 年 ( 平 成 26 年 )4 月 市 民 局 市 民 部 生 活 安 全 推 進 課 福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地

More information

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加 別 添 事 務 連 絡 平 成 27 年 12 月 18 日 日 本 年 金 機 構 厚 生 年 金 保 険 部 長 殿 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 長 持 続 可 能 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 するための 国 民 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 による 健 康 保 険 法 及 び 船 員 保 険 法 改 正 内 容 の 一 部 に

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 区 分 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 412,128 412,194 66 0.02 ( 注

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 区 分 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 412,128 412,194 66 0.02 ( 注 2 職 員 の 給 与 の 状 況 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 千 千 千 937,146 367,677,948 1,140,255 59,319,473 16.13 15.93 (

More information