琵 琶 湖 淀 川 流 域 の 主 要 な 害 1 3 明 治 大 洪 水 (1885 年 ( 明 治 18 年 )6 月 中 旬 ~7 月 ) 初 旬 発 達 した 低 気 圧 が 相 次 いで 大 阪 を 襲 来 枚 方 の 三 矢 伊 加 賀 など 淀 川 の 堤 防 が 次 々と 決 壊 当

Size: px
Start display at page:

Download "琵 琶 湖 淀 川 流 域 の 主 要 な 害 1 3 明 治 大 洪 水 (1885 年 ( 明 治 18 年 )6 月 中 旬 ~7 月 ) 初 旬 発 達 した 低 気 圧 が 相 次 いで 大 阪 を 襲 来 枚 方 の 三 矢 伊 加 賀 など 淀 川 の 堤 防 が 次 々と 決 壊 当"

Transcription

1 琵 琶 湖 淀 川 水 系 水 害 の 歴 史 流 域 の 変 遷 取 組 の 経 緯 平 成 26 年 9 月 29 日 ( 月 ) 関 西 広 域 連 合 本 部 事 務 局 2 1. 水 害 の 歴 史

2 琵 琶 湖 淀 川 流 域 の 主 要 な 害 1 3 明 治 大 洪 水 (1885 年 ( 明 治 18 年 )6 月 中 旬 ~7 月 ) 初 旬 発 達 した 低 気 圧 が 相 次 いで 大 阪 を 襲 来 枚 方 の 三 矢 伊 加 賀 など 淀 川 の 堤 防 が 次 々と 決 壊 当 時 の 大 阪 府 全 体 の 世 帯 数 の 約 20%となる 約 71,000 戸 が 浸 水 大 阪 市 内 も 一 部 高 台 地 域 を 除 くほとんどの 低 地 部 が 浸 水 被 災 人 口 は 約 27 万 人 橋 梁 は30 余 りが 流 失 し 市 内 の 交 通 のほぼ 全 てが 寸 断 天 満 橋 の 損 壊 ( 淀 川 河 川 事 務 所 HPより) 琵 琶 湖 大 水 害 (1896 年 ( 明 治 29 年 )9 月 ) 滋 賀 県 を 中 心 に 未 曽 有 の 豪 雨 琵 琶 湖 水 位 は B.S.L.+3.76mに 達 し 琵 琶 湖 周 辺 の 稲 田 は 全 て 湖 水 村 落 は 水 に 没 し 市 街 は 舟 を 浮 かべて 航 行 する 光 景 が 見 られた 浸 水 面 積 は 約 14,800ha 浸 水 日 数 は237 日 に 及 ぶ 滋 賀 県 近 江 八 幡 市 ( 滋 賀 県 HPより) 琵 琶 湖 淀 川 流 域 の 主 要 な 害 2 4 室 戸 台 風 (1934 年 ( 昭 和 9 年 )9 月 ) 最 大 瞬 間 風 速 60m/sという 強 風 により 4mを 超 える 高 潮 が 発 生 急 激 な 水 位 の 上 昇 に 避 難 が 間 に 合 わず 大 阪 湾 一 帯 で 溺 死 した 者 は 推 定 1,900 名 以 上 暴 風 のため 学 校 寺 院 など 比 較 的 大 きい 建 築 物 で も 被 害 が 相 次 いだ 罹 災 した 勧 修 小 学 校 ( 京 都 市 HPより) ジェーン 台 風 (1950 年 ( 昭 和 25 年 )9 月 ) 四 国 近 畿 北 陸 東 海 で 風 速 30m/s 前 後 の 暴 風 強 風 による 吹 き 寄 せで 大 阪 湾 や 北 陸 沿 岸 で 高 潮 が 発 生 大 阪 湾 では 満 潮 時 より2.1m 以 上 高 くなり 地 盤 沈 下 の 影 響 もあって 多 くの 家 屋 が 浸 水 大 阪 市 港 区 市 岡 付 近 ( 大 阪 市 HPより) コメント 部 は 災 害 をもたたらした 気 象 事 例 ( 気 象 庁 HP)より 抜 粋

3 琵 琶 湖 淀 川 流 域 の 主 要 な 害 3 5 南 山 城 水 害 (1953 年 ( 昭 和 28 年 )8 月 ) 寒 冷 前 線 が 停 滞 し 京 都 府 南 部 滋 賀 県 南 部 三 重 県 奈 良 県 で 雷 を 伴 う 豪 雨 京 都 府 では 木 津 川 上 流 での 土 石 流 や 井 手 町 での 大 正 池 の 堤 防 決 壊 により 300 人 を 超 える 死 者 行 方 不 明 者 滋 賀 県 でも 多 羅 尾 村 ( 現 甲 賀 市 )で 山 崩 れにより40 人 を 超 える 死 者 京 都 府 相 楽 郡 山 城 町 ( 京 都 府 HPより) 台 風 13 号 (1953 年 ( 昭 和 28 年 )9 月 ) 強 い 勢 力 を 保 ったまま 北 上 し 25 日 17 時 に 志 摩 半 島 を 横 断 し 伊 勢 湾 を 経 て18 時 半 頃 知 多 半 島 に 上 陸 四 国 から 関 東 地 方 にかけての 広 い 範 囲 で20~30m/s の 風 速 を 観 測 期 間 降 水 量 は 舞 鶴 市 で507mmに 達 する 愛 知 三 重 京 都 滋 賀 大 阪 福 井 各 府 県 で 甚 大 な 被 害 が 発 生 京 都 府 久 御 山 町 付 近 ( 淀 川 水 系 流 域 委 員 会 資 料 より) コメント 部 は 災 害 をもたたらした 気 象 事 例 ( 気 象 庁 HP)より 抜 粋 琵 琶 湖 淀 川 系 の 主 要 な 害 4 6 伊 勢 湾 台 風 (1959 年 ( 昭 和 34 年 )9 月 ) 9 月 26 日 和 歌 山 県 潮 岬 の 西 に 上 陸 し 上 陸 後 6 時 間 余 りで 本 州 を 縦 断 広 い 範 囲 で 強 風 が 吹 き 紀 伊 半 島 沿 岸 一 帯 と 伊 勢 湾 沿 岸 では 高 潮 強 風 河 川 の 氾 濫 により 甚 大 な 被 害 地 震 津 波 以 外 では 明 治 以 降 最 多 の 犠 牲 者 を 出 した 災 害 で この 台 風 を 契 機 に 災 害 対 策 基 本 法 が 制 定 さ れた 滋 賀 県 近 江 八 幡 市 ( 滋 賀 県 HPより) 第 二 室 戸 台 風 (1961 年 ( 昭 和 36 年 )9 月 ) 9 月 16 日 室 戸 岬 に 上 陸 し 兵 庫 県 尼 崎 市 と 西 宮 市 の 間 を 通 過 暴 風 や 高 潮 による 被 害 が 大 きく 大 阪 市 では 高 潮 により 31km 2 が 浸 水 兵 庫 県 和 歌 山 県 でも 浸 水 被 害 があった 阪 神 伝 法 線 ( 淀 川 水 系 流 域 委 員 会 資 料 より) コメント 部 は 災 害 をもたたらした 気 象 事 例 ( 気 象 庁 HP)より 抜 粋

4 琵 琶 湖 淀 川 流 域 の 主 要 な 害 5 7 台 風 23,24,25 号 (1965 年 ( 昭 和 40 年 )9 月 ) 台 風 23 号 は 9 月 10 日 強 い 勢 力 で 高 知 県 安 芸 市 付 近 に 上 陸 し 近 畿 地 方 を 縦 断 して 日 本 海 へ 進 んだ 兵 庫 県 では 高 潮 による 浸 水 も 多 かった 期 間 降 水 量 は 紀 伊 半 島 の 山 岳 部 では1,000mmを 超 えた 所 もあった 滋 賀 県 愛 荘 町 ( 滋 賀 県 HPより) 昭 和 42 年 7 月 豪 雨 (1967 年 ( 昭 和 42 年 )7 月 ) 1 時 間 降 水 量 は 神 戸 で70mmを 超 える 大 雨 2 日 間 の 降 水 量 も 神 戸 等 で300mmを 超 え 甚 大 な 災 害 が 発 生 背 後 に 山 地 がある 都 市 部 で 大 雨 となったため 土 砂 崩 れ や 鉄 砲 水 が 多 発 し 人 的 被 害 や 土 木 関 係 の 被 害 が 非 常 に 多 くなった 神 戸 市 中 央 区 宇 治 川 付 近 ( 神 戸 市 HPより) コメント 部 は 災 害 をもたたらした 気 象 事 例 ( 気 象 庁 HP)より 抜 粋 琵 琶 湖 淀 川 系 の 主 要 な 害 6 8 昭 和 47 年 7 月 豪 雨 (1972 年 ( 昭 和 47 年 )7 月 ) 梅 雨 前 線 が 西 日 本 に 停 滞 し 前 線 上 に 次 々と 小 低 気 圧 が 発 生 し 東 へ 進 んだ 降 り 始 めからの 総 雨 量 は 淀 川 水 系 芥 川 上 流 で320~ 360mm 大 阪 市 内 では300mm 前 後 であった 寝 屋 川 流 域 ( 大 東 市 )の 被 害 状 況 ( 大 阪 府 HPより) 近 年 の 傾 向 としては 整 備 途 上 の 中 上 流 部 中 小 河 川 での 被 害 都 市 型 水 害 (ゲリラ 豪 雨 による 下 水 道 ( 雨 水 ) の 氾 濫 など) が 問 題 化 している 平 成 20 年 7 月 滋 賀 県 長 浜 市 ( 撮 影 者 : 中 澤 芳 一 )

5 近 畿 地 方 における 主 な 害 土 砂 災 害 と 被 害 概 要 9 年 月 災 害 名 死 者 方 不 明 明 治 大 洪 17,122 約 71,0000 負 傷 十 津 川 大 災 害 1,496 ー ー 5,764 ー ー ー 琵 琶 湖 大 害 29 5 ー 3,000 6, , 室 台 風 2, ,994 92, , 阪 神 大 害 ,011 2,658 7,878 31,643 75, ジェーン 台 風 ,062 19, ,792 93, , 南 紀 大 害 ,819 7,704 2,125 20,277 66, 南 山 城 害 ,222 18, 台 風 13 号 ,559 8,604 17, , , 伊 勢 湾 台 風 4, ,921 40, , , , 第 室 台 風 ,972 15,238 46, , , 台 風 号 ,206 1,879 3,529 46, , S42.7 月 豪 雨 ,365 51,353 25, S47.7 月 豪 雨 ,056 2,977 10,204 55, , S57.7 月 豪 雨 台 風 10 号 ,175 1,120 1,919 45, , 台 風 20 号 ,287 8,157 47, 台 風 23 号 ,929 13,341 41, 台 風 9 号 , , 台 風 12 号 ,159 5,500 16,594 ( 出 典 ) 関 西 防 災 減 災 プラン( 風 水 害 対 策 編 ) 災 害 をもたたらした 気 象 事 例 ( 気 象 庁 HP) 消 防 白 書 淀 川 治 水 誌 ( 淀 川 河 川 事 務 所 HP) 住 家 全 壊 住 家 半 壊 床 上 浸 床 下 浸 流 域 の 変 遷 10

6 流 域 の 変 遷 - 土 地 利 11 農 地 や 山 林 が 減 少 し 市 街 地 が 増 加 している 1971 ( 昭 和 46 年 ) 2010 ( 平 成 22 年 ) 田 畑 宅 地 池 沼 山 林 その 他 0% 20% 40% 60% 80% 100% 出 典 )BYQ 水 環 境 レポート - 琵 琶 湖 淀 川 の 水 環 境 の 現 状 - 平 成 24 年 度 ( 公 財 ) 琵 琶 湖 淀 川 水 質 保 全 機 構 昭 和 25 年 昭 和 40 年 昭 和 60 年 出 典 ) 琵 琶 湖 淀 川 流 域 圏 再 生 推 進 協 議 会 ウェブサイト, 2008 流 域 の 変 遷 - 土 地 利 年 ( 昭 和 28 年 ) 頃 1995 年 ( 平 成 7 年 ) 頃 元 々 田 畑 であった 低 平 地 も 密 集 市 街 地 に 変 化 12

7 流域の変遷 土地利 13 流域の変遷 人口分布 14 流域人口の変遷 千人 奈良県 兵庫県 大阪府 京都府 滋賀県 三重県 出典 BYQ水環境レポート 琵琶湖 淀川の水環境の現状 平成24年度 公財 琵琶湖 淀川水質保全機構 出典 国勢調査 総務省統計局 注 琵琶湖 淀川流域に一部または全部が含まれる市町村を集計の対象としている 各府県の該当市町村は下記のとおりであ る 三重県 名張市 伊賀市 平成17年以前のデータは旧三杉村 平成18年に津市に合併 を含む 滋賀県 全域 19市町 京都府 京都市 宇治市 亀岡市 城陽市 向日市 長岡京市 八幡市 京田辺市 南丹市 木津川市 大山崎町 久御山町 精華町 宇治田原町 井手町 笠木町 和束町 南山城村 大阪府 大阪市 東大阪市 豊中市 池田市 吹田市 高槻市 茨木市 守口市 枚方市 八尾市 寝屋川市 大東市 箕面市 柏原町 門真市 摂津市 四条畷市 交野市 藤井寺市 島本町 豊能町 能勢町 兵庫県 尼崎市 伊丹市 宝塚市 川西市 猪名川町 奈良県 奈良市 天理市 生駒市 宇陀市 山添村 曽爾村 御杖村

8 流 域 の 変 遷 - ライフスタイル 15 第 1 次 産 業 第 2 次 産 業 の 人 口 が 減 少 し 第 3 次 産 業 の 人 口 が 増 加 し 続 けている ( 年 ) 流 域 の 産 業 別 就 業 人 口 ( 人 口 ) ,128 2, ,919 3, ,029 1,735 3,519 3,770 第 1 次 産 業 第 2 次 産 業 ,260 3,606 第 3 次 産 業 0% 20% 40% 60% 80% 100% 出 典 )BYQ 水 環 境 レポート - 琵 琶 湖 淀 川 の 水 環 境 の 現 状 - 平 成 24 年 度 ( 公 財 ) 琵 琶 湖 淀 川 水 質 保 全 機 構 出 典 ) 国 勢 調 査, 総 務 省 統 計 局 第 1 次 産 業 第 2 次 産 業 第 3 次 産 業 農 業 林 業 漁 業 鉱 業 採 石 業 砂 利 採 取 業 建 設 業 製 造 業 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 情 報 通 信 業 運 輸 業 郵 便 業 卸 売 業 小 売 業 金 融 業 保 険 業 不 動 産 業 物 品 賃 貸 業 学 術 研 究 専 門 技 術 サービス 業 宿 泊 業 飲 食 サービス 業 生 活 関 連 サー ビス 業 娯 楽 業 教 育 学 習 支 援 業 医 療, 福 祉 複 合 サービス 事 業 サービス 業 公 務 流 域 の 変 遷 - 気 候 の 変 化 16 アメダスが 観 測 した1 時 間 降 水 量 50mm 以 上 の 短 時 間 強 雨 の 発 生 回 数 を 年 ごとに 集 計 1 時 間 降 水 量 50mm 以 上 の 年 間 観 測 回 数 は 統 計 期 間 1976~2013 年 で 増 加 傾 向 ( 信 頼 度 水 準 95%で 統 計 的 に 有 意 ) 出 典 気 象 庁 HP

9 流 域 の 変 遷 - 気 候 の 変 化 17 アメダスが 観 測 した1 時 間 降 水 量 80mm 以 上 の 短 時 間 強 雨 の 発 生 回 数 を 年 ごとに 集 計 1 時 間 降 水 量 80mm 以 上 の 年 間 観 測 回 数 についても 同 期 間 で 増 加 傾 向 ( 信 頼 度 水 準 95%で 統 計 的 に 有 意 ) 出 典 気 象 庁 HP 流 域 の 変 遷 - 気 候 の 変 化 年 後 の 降 水 量 の 変 化 が 治 水 安 全 度 に 及 ぼす 影 響 降 水 量 の 変 化 を 予 測 すると 100 年 後 には 現 在 のおおむね1.1~1.3 倍 最 大 で1.5 倍 程 度 を 見 込 むことが 妥 当 降 水 量 の 変 化 によって 現 計 画 が 目 標 としている 治 水 安 全 度 は 著 しく 低 下 していく 18 出 典 ) 地 球 温 暖 化 に 伴 う 気 候 変 動 が 水 関 連 災 害 に 及 ぼす 影 響 について H20.1 国 土 交 通 省 資 料

10 19 3. 取 組 の 経 緯 19 琵 琶 湖 淀 川 系 の 治 史 年 豊 臣 秀 吉 による 築 堤 1896 年 明 治 29 年 淀 川 改 良 工 事 (~ 明 治 43 年 ) 1918 年 大 正 7 年 淀 川 改 修 増 補 工 事 (~ 昭 和 7 年 ) 1939 年 昭 和 14 年 淀 川 修 補 工 事 1943 年 昭 和 18 年 淀 川 第 一 期 河 水 統 制 事 業 (~ 昭 和 27 年 ) 1954 年 昭 和 29 年 淀 川 水 系 改 修 基 本 計 画 1965 年 昭 和 40 年 淀 川 水 系 工 事 実 施 基 本 計 画 1972 年 昭 和 47 年 琵 琶 湖 総 合 開 発 事 業 (~ 平 成 9 年 ) 2007 年 平 成 19 年 淀 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 2009 年 平 成 21 年 淀 川 水 系 河 川 整 備 計 画

11 豊 臣 秀 吉 による 築 堤 (1594 年 ) 21 主 な 事 業 内 容 淀 川 左 岸 に 全 長 約 27kmの 連 続 した 堤 防 文 禄 堤 を 築 造 宇 治 川 の 川 筋 の 付 替 総 延 長 約 12kmの 太 閤 堤 を 築 造 ( 淀 川 河 川 事 務 所 HPより) ( 三 栖 閘 門 資 料 館 HPより) 宇 治 川 と 巨 椋 池 とを 完 全 に 分 離 しなかった( 霞 堤 ) 巨 椋 池 は 増 水 時 氾 濫 する 水 を 受 け 止 めるクッション 淀 川 流 域 の 洪 水 調 節 の 機 能 を 担 う 遊 水 池 の 役 割 淀 川 改 良 事 ( 明 治 29 年 明 治 43 年 ) 22 背 景 明 治 18 年 (1885 年 )の 洪 水 河 川 法 制 定 ( 明 治 29 年 ) 主 な 事 業 内 容 宇 治 川 の 付 替 巨 椋 池 分 離 毛 馬 洗 堰 閘 門 の 建 設 新 淀 川 の 開 削 瀬 田 川 の 浚 渫 瀬 田 川 洗 堰 の 建 設 ( 写 真 図 : 淀 川 水 系 河 川 整 備 計 画 淀 川 河 川 事 務 所 HPより)

12 淀 川 改 修 増 補 事 ( 大 正 7 年 昭 和 7 年 ) 23 背 景 主 な 事 業 内 容 大 正 6 年 10 月 洪 水 木 津 川 における 堤 防 の 高 さの 見 直 しと 補 強 桂 川 の 拡 幅 と 三 川 合 流 点 の 移 設 伏 見 付 近 の 堤 防 整 備 と 三 栖 の 洗 堰 と 閘 門 の 構 築 淀 川 修 補 事 ( 昭 和 14 年 昭 和 27 年 ) 背 景 主 な 事 業 内 容 昭 和 10 年 6 月 昭 和 13 年 7 月 の 桂 川 の 洪 水 淀 川 本 川 桂 川 の 計 画 高 水 流 量 の 引 き 上 げ 堤 防 の 増 築 強 化 新 淀 川 の 高 潮 対 策 淀 川 第 一 期 河 統 制 事 業 ( 昭 和 18 年 昭 和 27 年 ) 24 背 景 主 な 事 業 内 容 大 阪 市 の 産 業 経 済 の 発 展 に 伴 う 水 需 要 の 増 大 治 水 と 利 水 の 両 方 を 目 的 とした 初 めての 事 業 琵 琶 湖 周 辺 地 域 の 洪 水 対 策 琵 琶 湖 疏 水 改 造 補 償 施 設 整 備 淀 川 系 改 修 基 本 計 画 ( 昭 和 29 年 ) 背 景 主 な 事 業 内 容 昭 和 28 年 台 風 13 号 宇 治 川 木 津 川 桂 川 および 淀 川 本 川 の 改 修 琵 琶 湖 からの 放 流 量 の 拡 大 と 沿 岸 の 水 害 軽 減

13 淀 川 系 事 実 施 基 本 計 画 ( 昭 和 40 年 ) 25 背 景 主 な 事 業 内 容 昭 和 34 年 9 月 伊 勢 湾 台 風 計 画 高 水 流 量 の 引 き 上 げ 上 流 域 の 多 目 的 ダム 整 備 と 瀬 田 川 洗 堰 の 放 流 能 力 の 増 強 堤 防 の 強 化 低 水 路 の 掘 削 拡 幅 護 岸 施 工 淀 川 堤 防 の 変 遷 淀 川 修 補 工 事 淀 川 修 補 工 事 ( 淀 川 水 系 河 川 整 備 計 画 より) 琵 琶 湖 総 合 開 発 事 業 ( 昭 和 47 年 平 成 8 年 ) 26 琵 琶 湖 の 水 資 源 開 発 と 治 水 地 域 の 社 会 基 盤 整 備 を 目 的 と して 行 われた 開 発 事 業 日 本 で 初 めて 水 資 源 開 発 と 地 域 開 発 を 一 体 的 に 進 めた 事 業 昭 和 47 年 (1972 年 )に 制 定 された 琵 琶 湖 総 合 開 発 特 別 措 置 法 に 基 づき 昭 和 47 年 (1972 年 ) 度 から 平 成 8 年 (1997 年 ) 度 ま で 実 施

14 下 流 の 課 題 京 阪 神 地 域 の 水 需 要 の 増 大 地 下 水 依 存 地 盤 沈 下 相 次 ぐ 台 風 による 洪 水 上 流 の 課 題 相 次 ぐ 台 風 による 琵 琶 湖 洪 水 頻 発 する 渇 水 琵 琶 湖 の 水 質 の 悪 化 経 済 発 展 の 遅 れ 琵 琶 湖 総 合 開 発 事 業 の 背 景 27 琵 琶 湖 の 水 利 用 への 期 待 水 資 源 開 発 と その 利 益 の 均 てん 化 琵 琶 湖 総 合 開 発 特 別 措 置 法 の 制 定 琵 琶 湖 総 合 開 発 事 業 保 全 治 水 利 水 琵 琶 湖 総 合 開 発 事 業 の 体 系 28 水 質 保 全 自 然 環 境 保 全 利 用 流 入 河 川 治 水 水 源 山 地 保 全 涵 養 湖 辺 治 水 下 流 利 水 県 内 利 水 水 産 下 水 道 し 尿 処 理 畜 産 環 境 整 備 施 設 農 業 集 落 排 水 処 理 施 設 ご み 処 理 施 設 水 質 観 測 施 設 都 市 公 園 自 然 公 園 施 設 自 然 保 護 地 域 公 有 化 道 路 港 湾 河 ダ 砂 川 ム 防 造 林 および 林 道 治 山 琵 琶 湖 治 水 水 資 源 開 発 水 道 工 業 用 水 道 土 地 改 良 水 漁 産 港

15 琵 琶 湖 総 合 開 発 事 業 の 内 容 29 琵 琶 湖 開 発 事 業 ( 水 資 源 開 発 公 団 事 業 ) 地 域 開 発 事 業 湖 岸 堤 管 理 用 道 路 内 水 排 除 施 設 瀬 田 川 浚 渫 瀬 田 川 洗 堰 改 築 南 湖 浚 渫 管 理 設 備 河 川 ( 湖 岸 堤 関 連 河 川 を 含 む) 下 水 道 砂 防 水 産 ( 施 設 対 策 ) ダム 治 山 上 水 道 造 林 林 道 工 業 用 水 道 自 然 保 護 地 公 有 化 港 湾 漁 港 畜 産 環 境 整 備 施 設 道 路 ( 管 理 用 道 路 を 含 む) 農 業 襲 来 排 水 処 理 施 設 土 地 改 良 ごみ 処 理 施 設 都 市 公 園 し 尿 処 理 自 然 公 園 施 設 水 質 観 測 施 設 琵 琶 湖 開 発 事 業 ( 琵 琶 湖 治 水 水 資 源 開 発 ) 1 兆 3,513 億 円 琵 琶 湖 治 水 を 含 む 淀 川 水 系 の 治 水 と 下 流 域 への 都 市 用 水 ( 毎 秒 40m 3 )を 新 規 に 供 給 するために 水 資 源 公 団 ( 現 水 資 源 機 構 )が 実 施 地 域 開 発 事 業 その 他 の 関 係 機 関 が 琵 琶 湖 およびその 周 辺 で 実 施 1 兆 5,542 億 円 琵 琶 湖 開 発 事 業 ( 湖 岸 堤 内 排 除 施 設 瀬 田 川 浚 渫 ) 30 湖 岸 堤 琵 琶 湖 の 洪 水 を 防 ぐた め 湖 周 辺 の 地 盤 の 低 い 一 連 区 間 ( 約 50km) に 堤 防 を 築 造 琵 琶 湖 湖 岸 (235km) 全 てが 計 画 高 水 位 よ り 高 いわけではない 内 水 排 除 施 設 琵 琶 湖 からの 逆 水 を 防 止 する 排 水 ポンプを 湛 水 被 害 の 大 きい 地 域 に 設 置 琵 琶 湖 沿 岸 の 全 ての 地 区 が 対 象 ではない ( 浸 水 後 一 定 時 間 内 に 排 水 する 設 計 ) 瀬 田 川 浚 渫 琵 琶 湖 からの 放 流 を 安 全 に 流 下 させるため 瀬 田 川 を 浚 渫 事 業 は 未 完 ( 平 成 26 年 現 在 )で 継 続 して 実 施 中

16 琵 琶 湖 開 発 事 業 ( 湖 岸 堤 内 排 除 施 設 ) 31 ( 水 資 源 機 構 資 料 より) 瀬 田 川 洗 堰 操 作 規 則 の 制 定 ( 平 成 4 年 3 月 ) 32 瀬 田 川 洗 堰 の 機 能 琵 琶 湖 周 辺 の 洪 水 制 御 ( 治 水 ) 下 流 淀 川 の 洪 水 流 量 低 減 ( 治 水 ) 水 道 用 水 及 び 工 業 用 水 の 供 給 ( 利 水 ) 流 水 の 正 常 な 機 能 の 維 持 ( 環 境 ) 非 洪 水 期 には 基 準 水 位 B.S.L.+0.30m 以 下 を 維 持 洪 水 期 には 琵 琶 湖 の 水 位 をあらかじめ 基 準 水 位 B.S.L m 及 びB.S.L mに 下 げ 洪 水 時 に 備 える

17 陸 移 帯 の 減 少 琵 琶 湖 総 合 開 発 事 業 後 の 課 題 33 昭 和 30 年 代 から40 年 代 の 状 況 現 在 の 状 況 琵 琶 湖 総 合 開 発 事 業 後 の 課 題 2 34 卵 稚 仔 の 出 死 湖 岸 浸 食 出 水 後 の 急 激 な 水 位 低 下 に 伴 い 魚 卵 稚 仔 魚 が 干 出 位 低 下 の 期 化 冬 期 の 水 位 が 高 い 期 間 に 浜 欠 けが 頻 発 ( 写 真 : 滋 賀 県 彦 根 市 ) 草 の 異 常 繁 茂 平 成 6 年 (1994 年 )9 月 には 観 測 史 上 最 低 のB.S.L.-123cmを 記 録 ( 写 真 : 浮 見 堂 ( 大 津 市 )) 南 湖 を 中 心 に 水 草 が 異 常 繁 茂

18 琵 琶 湖 総 合 開 発 事 業 後 の 取 組 35 琵 琶 湖 の 水 位 操 作 については 平 成 15 年 度 より 魚 類 の 産 卵 生 育 に 配 慮 した 水 位 操 作 が 試 行 されている 環 境 に 配 慮 した 瀬 田 川 洗 堰 の 試 行 操 作 ( 琵 琶 湖 河 川 事 務 所 資 料 より) 淀 川 系 河 川 整 備 計 画 ( 抜 粋 ) 36 いかなる 洪 に 対 しても 氾 濫 被 害 をできる 限 り 最 化 する 施 策 をハード ソフトの 両 面 にわたって 推 進 する この 際 一 部 地 域 の 犠 牲 を 前 提 としてその 他 の 地 域 の 安 全 が 確 保 されるものでは なく 流 域 全 体 の 安 全 度 の 向 上 を 図 ることが 必 要 との 考 えを 基 本 に 流 域 が 一 体 となって 対 策 を 講 じる 淀 川 本 川 宇 治 川 桂 川 木 津 川 神 崎 川 猪 名 川 洪 の 流 下 を 阻 害 している 阪 神 電 鉄 大 阪 線 橋 梁 の 改 築 事 業 を 完 成 させる また 中 上 流 部 の 河 川 改 修 の 進 捗 と 整 合 を 取 りながら 洪 調 節 施 設 ( 川 上 ダ ム 天 ヶ 瀬 ダム 再 開 発 大 川 ダム)を 順 次 整 備 する 大 川 ダムの 本 体 事 については 中 上 流 部 の 河 川 改 修 の 進 捗 状 況 とその 影 響 を 検 証 しながら 実 施 時 期 を 検 討 する 塔 の 島 地 区 における 河 道 整 備 及 び 天 ヶ 瀬 ダム 再 開 発 事 業 による 天 ヶ 瀬 ダムの 放 流 能 の 増 強 を う 大 下 津 地 区 において 継 続 して 引 堤 を 実 施 するほか 淀 川 本 川 の 治 安 全 度 を 低 下 させず 段 階 的 かつ 早 急 に 大 下 津 地 区 並 びにその 上 流 区 間 において 河 道 掘 削 を 実 施 する 上 野 遊 地 と 川 上 ダムを 完 成 させるとともに 上 野 地 区 の 河 川 改 修 及 び 島 ヶ 原 地 区 の 築 堤 等 を 実 施 する 川 池 田 地 区 における 築 堤 護 岸 及 び 河 道 掘 削 を 実 施 し それが 完 了 次 第 下 流 の 治 安 全 度 を 低 下 させない 範 囲 で 狭 窄 部 の 開 削 を 実 施 する

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6 甲 66 号 証 国 土 交 通 省 のホームページより 入 手 した 近 隣 の 各 水 系 の 主 要 洪 水 の 概 要 ( 富 山 県 ) 黒 部 川 常 願 寺 川 神 通 川 小 矢 部 川 ( 石 川 県 ) 梯 川 手 取 川 北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概

More information

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号 三 重 県 における 戦 後 の 主 な 気 象 災 害 主 な 被 害 発 生 年 月 日 要 因 主 な 被 害 地 域 概 況 死 者 行 方 不 明 者 ( 名 ) 負 傷 者 ( 名 ) 住 宅 全 壊 流 出 ( 棟 ) 住 宅 半 壊 一 部 破 損 ( 棟 ) 床 上 浸 1987 年 水 ( 棟 ) までは 住 家 半 壊 の み 床 下 浸 水 ( 棟 ) 台 風 第 28 号

More information

Microsoft PowerPoint - 100302_第1回委員会資料ver16.ppt

Microsoft PowerPoint - 100302_第1回委員会資料ver16.ppt 第 1 回 委 員 会 資 料 -5 桂 川 下 流 圏 域 河 川 整 備 計 画 検 討 委 員 会 第 1 回 資 料 ( 河 川 及 び 圏 域 の 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 3 日 有 栖 川 ( 大 覚 寺 付 近 ) 京 都 府 建 設 交 通 部 河 川 課 京 都 土 木 事 務 所 乙 訓 土 木 事 務 所 目 次 瀬 戸 川 起 点 付 近 小 泉 川 有 栖 川

More information

untitled

untitled THE KYOTO CHUO SHINKIN BANK DATA THE KYOTO CHUO SHINKIN BANK DATA THE KYOTO CHUO SHINKIN BANK DATA THE KYOTO CHUO SHINKIN BANK DATA THE KYOTO CHUO SHINKIN BANK DATA THE KYOTO CHUO SHINKIN BANK DATA

More information

REP02_01.exe

REP02_01.exe 第 1 編 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 構 成 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 姶 良 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 市 防 災 関 係 機 関 住 民 等 がその 全 機 能 を 発 揮 し 相 互 に 有 機 的 な

More information

淀川水系 湖東圏域

淀川水系 湖東圏域 淀 川 水 系 湖 東 圏 域 河 川 整 備 計 画 計 画 概 要 説 明 資 料 平 成 25 年 12 月 滋 賀 県 目 次 1. 圏 域 河 川 の 概 要 1 1.1 湖 東 圏 域 の 概 要 1 1.2 河 川 の 現 状 と 課 題 15 2. 河 川 整 備 計 画 の 目 標 に 関 する 事 項 39 2.1 計 画 対 象 期 間 計 画 対 象 河 川 39 2.2

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

<31967B95D25F3031918D91A52E786477>

<31967B95D25F3031918D91A52E786477> 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 方 針 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 周 南 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 周 南 市 の 地 域 における 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 復 旧 復 興 に 関 し 市 県 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定

More information

1-5-1

1-5-1 1-5-1 過 去 における 主 な 災 害 一 覧 ( 地 震 火 山 を 除 く) 年 月 日 1662.7.28 寛 文 2.6.3 ( 地 暴 風 雨 大 風 雨 稲 荷 川 洪 水 のため 沿 岸 の 人 家 300 戸 流 失 660 人 死 亡 ( 栃 木 風 土 記 ) 1667.7 寛 文 7.6 1700.9.30 元 禄 13.8.18 1723.9.9 享 保 8.8.10

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 -

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 - 第 6 章 河 川 海 岸 第 1 節 河 川 海 岸 の 概 要 秋 田 県 を 流 れる 河 川 は 雄 物 川 米 代 川 子 吉 川 の 一 級 水 系 302 河 川 馬 場 目 川 などの 二 級 水 系 51 河 川 で 合 計 353 河 川 となっており 総 延 長 は3,189kmに 及 んでいます また 海 岸 については 総 延 長 264kmのうち 国 土 交 通 省 で169kmを

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2048323591E63689F190E096BE8E9197BF8169899389EA90EC8FB08FE3816A3134303231348F4390B32E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2048323591E63689F190E096BE8E9197BF8169899389EA90EC8FB08FE3816A3134303231348F4390B32E70707478> 平 成 25 年 度 第 6 回 九 州 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 遠 賀 川 床 上 浸 水 対 策 特 別 緊 急 事 業 ( 飯 塚 穂 波 地 区 ) 事 後 評 価 1 事 業 完 了 後 5 年 以 内 の 事 業 2 審 議 結 果 を 踏 まえ 事 後 評 価 の 実 施 主 体 が 改 めて 事 後 評 価 を 行 う 必 要 があると 判 断 した

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63> ( 別 紙 2) 再 評 価 調 書 ( 案 ) Ⅰ 概 要 名 床 上 浸 水 対 策 特 別 緊 急 地 区 名 一 級 河 川 箇 所 岡 崎 市 西 尾 市 幸 田 町 あ らまし は 幸 田 町 桐 山 を 源 とし 右 支 川 である 等 を 合 流 させ 岡 崎 市 市 街 地 を 貫 流 し て 矢 作 古 川 に 注 ぐ 流 域 面 積 約 101km 2 河 川 延 長 約 19km

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093EC82A082ED82B68E73926E88E696688DD08C7689E65F30315F8EA991528DD08A5191CE8DF495D25F918D91A55F3032313681A1>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093EC82A082ED82B68E73926E88E696688DD08C7689E65F30315F8EA991528DD08A5191CE8DF495D25F918D91A55F3032313681A1> 自 然 災 害 対 策 ( 地 震 津 波 風 水 害 ) 節 計 画 の 目 的...3 2 節 防 災 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱...5 3 節 市 民 等 の 責 務... 0 4 節 南 あわじ 市 の 概 況... 2 5 節 災 害 履 歴... 4 6 節 災 害 の 危 険 性 と 被 害 の 特 徴... 9 2 節 計 画 の 目 的 節 計

More information

日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2

日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2 土 砂 災 害 とその 対 策 平 成 17 年 8 月 26 日 国 土 交 通 省 河 川 局 砂 防 部 砂 防 計 画 課 課 長 補 佐 草 野 慎 一 1 日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2 日 本 は 土 砂 災 害 との 共 存 を 運 命 づけられた 唯 一 の 先 進 国 ヨーロッパの 先 進 諸 国 の 多 くは 安 定 した 地 質 の 上 にあり 火 山 噴 火 や 地

More information

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 五 戸 町 の 地 域 に 係 る 地 震 防 災 対 策 に 関 し 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに 関 係 機 関 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 の 整 備 推 進 を 図 り 住

More information

No.14 http://www.yodoriver.org CONTENTS 淀 川 水 系 流 域 委 員 会 淀 川 部 会 ニュース No.14 淀 川 水 系 流 域 委 員 会 淀 川 部 会 ニュース No.14 河 川 管 理 者 説 明 資 料 より 1 大 戸 川 ダム 工 事 事 務 所 提 供 資 料 より 資 料 4-1 大 戸 川 ダム 建 設 事 業 について

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方 資 料 5 水 力 発 電 設 備 についての 検 討 に 係 る 考 え 方 平 成 26 年 2 月 18 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 - 目 次 - Ⅰ. 検 討 範 囲 3 Ⅱ. 水 力 設 備 に 関 する 検 討 項 目 4 Ⅲ.L2 地 震 動 に 対 するダムの 耐 性 評 価 5 Ⅳ. 洪 水 に 対 するダムの 耐 性 評 価 8 Ⅴ. 大 規 模

More information

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭 県 移 22-1 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 一 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 16~17 4-1 一 覧 表 有 県 移 22-2 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 二 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 18~28 5-1 一 覧 表 有 県 移 22-3 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B7697E790EC90AE94F58C7689E65F8CF68D90816A2E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B7697E790EC90AE94F58C7689E65F8CF68D90816A2E444F43> 久 礼 川 水 系 河 川 整 備 計 画 平 成 24 年 2 月 高 知 県 目 次 1. 流 域 および 河 川 の 概 要 1 2. 久 礼 川 の 現 状 と 課 題 3 2.1 治 水 の 現 状 と 課 題 3 2.2 河 川 の 適 正 な 利 用 及 び 流 水 の 正 常 な 機 能 の 現 状 と 課 題 6 2.3 河 川 環 境 の 現 状 と 課 題 7 3. 河 川 整

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

28 第 1 章 総 則 第 1 節 前 文 本 県 では 安 全 で 安 心 できる 生 活 空 間 を 創 出 するため 河 川 砂 防 地 すべり 急 傾 斜 地 崩 壊 防 止 海 岸 施 設 等 の 整 備 を 行 っているが 気 象 的 地 形 的 地 質 的 にも 水 災 の 発 生 しやすい 条 件 下 にあり これま でにも 過 去 の 水 災 により 数 多 くの 人 命

More information

総 則 編

総 則 編 資 料 11 過 去 の 災 害 状 況 1 火 災 2 水 害 3 台 風 暴 風 4 地 震 津 波 5 その 他 過 去 の 災 害 状 況 1 火 災 明 治 30 年 2 月 1 日 昭 和 9 年 8 月 30 日 昭 和 9 年 10 月 7 日 昭 和 16 年 4 月 15 日 昭 和 19 年 3 月 30 日 昭 和 21 年 7 月 4 日 昭 和 23 年 12 月 21

More information

彦根市地域防災計画案

彦根市地域防災計画案 第 2 編 一 般 対 策 編 第 1 部 総 則 第 1 章 彦 根 市 の 状 況 第 2 編 一 般 対 策 編 第 1 部 総 則 第 1 章 彦 根 市 の 状 況 章 の 体 系 第 1 編 総 則 第 1 部 総 則 第 1 章 彦 根 市 の 状 況 地 域 防 災 計 画 第 2 編 一 般 対 策 編 第 3 編 震 災 対 策 編 第 2 部 災 害 予 防 第 3 部 災 害

More information

平成18年7月21日~23日発生

平成18年7月21日~23日発生 平 成 18 年 7 月 鹿 児 島 県 北 部 豪 雨 災 害 後 の 取 組 み 川 内 川 流 域 では, 平 成 18 年 7 月 に 上 流 部 の 西 ノ 野 雨 量 観 測 所 で 総 雨 量 1,165mmを 観 測 するなど 各 地 で 記 録 的 な 豪 雨 となり, 流 域 の 15 の 観 測 所 のうち 11 箇 所 で 既 往 最 高 水 位 を 記 録 し, 上 流 から

More information

(4) 洪 水 注 意 報 及 び 警 報 洪 水 注 意 報 洪 水 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 洪 水 警 報 洪 水 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 (5) 気 象 情 報 の 伝 達 系 統 札 幌 管 区 気

(4) 洪 水 注 意 報 及 び 警 報 洪 水 注 意 報 洪 水 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 洪 水 警 報 洪 水 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 (5) 気 象 情 報 の 伝 達 系 統 札 幌 管 区 気 災 情 報 通 信 計 画 災 に 関 する 情 報 通 信 及 び 予 報 ( 注 意 報 を 含 む) 警 報 並 びに 情 報 等 の 伝 達 に 関 する 事 項 は この 計 画 の 定 めるところによる 第 1 節 予 報 ( 注 意 報 を 含 む) 警 報 並 びに 情 報 等 の 伝 達 計 画 1 気 象 情 報 の 種 類 及 び 伝 達 系 等 (1) 気 象 注 意 報 及

More information

第 70 回 奈 良 県 河 川 整 備 委 員 会 (H ) 資 料 2-1 大 和 川 ( 初 瀬 川 ) 河 川 改 修 事 業 再 評 価 平 成 26 年 12 月 県 土 マネジメント 部

第 70 回 奈 良 県 河 川 整 備 委 員 会 (H ) 資 料 2-1 大 和 川 ( 初 瀬 川 ) 河 川 改 修 事 業 再 評 価 平 成 26 年 12 月 県 土 マネジメント 部 事 事 業 業 評 価 項 目 大 和 覧 川 表 名 一 級 河 ( 川 初 瀬 大 やまと 川 和 ) 川 河 ( 川 初 はせ 改 瀬 修 川 事 ) 業 事 業 箇 主 所 体 奈 桜 良 さくらいし 井 県 市 おおいずみ 大 泉 地 内 ~ 三 みわ 河 川 の 概 と 事 業 の 目 的 及 び 必 要 性 評 価 項 目 及 び 評 価 の 内 容 輪 地 内 河 川 の 概 要 流

More information

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地 阿 賀 野 水 系 河 整 備 基 本 方 針 の 骨 子 1. 河 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 (1) 流 域 及 び 河 の 概 要 ( 概 要 ) 水 源 から 河 口 までの 概 要 河 流 路 延 長 流 域 面 積 流 域 の 土 地 利 用 本 州 日 本 海 側 初 の 政 令 指 定 都 市 である 新 潟 市 や 福 島 県 の 地 方

More information

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477>

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477> 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 の 変 更 について 1 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 とは 平 成 28 年 2 月 4 日 ( 木 ) 熊 本 県 農 村 計 画 課 土 地 改 良 指 導 班 土 地 改 良 法 の 中 には 実 は 維 持 管 理 計 画 という 表 記 はありません 土 地 改 良 法 第 7 条 第 1 項 などに 登 場 する 土 地

More information

共 通 編 第 1 編 総 則 共 通 編 第 1 編 総 第 1 章 第 1 節 目 則 的 第 1 章 計 画 の 方 針 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 災 対 法 という ) 第 42 条 及 び 防 府 市 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 防 府 市 条 例 第 12 号 ) 第 2

More information

Microsoft Word - 271201答申最終

Microsoft Word - 271201答申最終 なお 立 体 交 差 工 事 の 実 施 にあたっては 交 通 を 確 保 しながらの 施 工 となるため 十 分 安 全 に 配 慮 するとともに 路 線 の 重 要 性 に 鑑 み 早 期 完 成 に 努 められたい また 盛 土 区 間 の 法 面 緑 化 など 緑 の 確 保 にも 配 慮 されたい 海 岸 港 湾 事 業 (2) 福 良 港 海 岸 福 良 地 区 ( 南 あわじ 市 )

More information

気 象 状 況 8 月 9 日 から11 日 にかけては 大 型 の 台 風 第 11 号 が 接 近 し 岐 阜 県 の 山 間 部 を 中 心 に 非 常 に 激 しい 降 雨 をもたらしました 8 月 8 日 の 降 り 始 めからの 降 水 量 (11 日 12 時 迄 )は 杉 原 観 測

気 象 状 況 8 月 9 日 から11 日 にかけては 大 型 の 台 風 第 11 号 が 接 近 し 岐 阜 県 の 山 間 部 を 中 心 に 非 常 に 激 しい 降 雨 をもたらしました 8 月 8 日 の 降 り 始 めからの 降 水 量 (11 日 12 時 迄 )は 杉 原 観 測 速 報 版 平 成 26 年 8 月 27 日 平 成 26 年 8 月 9 日 ~11 日 台 風 第 11 号 による 揖 斐 及 び 長 良 流 域 の 出 水 状 況 ( 第 2 報 ) 揖 斐 揖 斐 の 出 水 状 況 (8 月 10 日 19 時 頃 ) 揖 斐 大 橋 付 近 ( 岐 阜 県 大 垣 市 ) 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 木 曽 上 流 河 事 務

More information

二級河川朝明川水系河川整備基本方針(案)

二級河川朝明川水系河川整備基本方針(案) 2. 河 川 の 現 状 と 課 題 2.1 治 水 の 現 状 と 課 題 2.1.1 過 去 の 主 要 な 洪 水 の 概 要 い せ の 流 域 及 びその 近 傍 で 発 生 した 主 要 な 洪 水 被 害 としては 1959 年 ( 昭 和 34 年 )の 伊 勢 わんたいふう 湾 台 風 時 に 流 域 を 含 む 広 い 範 囲 で 高 潮 被 害 が 発 生 した 1974 年

More information

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法 インターネット 落 札 情 報 検 索 情 報 収 集 機 関 (2011 年 8 月 8 日 現 在 ) 会 計 検 査 院 会 計 検 査 院 参 議 院 参 議 院 国 立 国 会 図 書 館 国 立 国 会 図 書 館 人 事 院 人 事 院 内 閣 府 内 閣 府 内 閣 府 消 費 者 庁 内 閣 府 国 際 平 和 協 力 本 部 内 閣 府 国 立 公 文 書 館 内 閣 府 沖 縄

More information

下 北 八 戸 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 平 成 26 年 3 月 青 森 県 青 い 海 はみんなの 宝 下 北 八 戸 沿 岸 の 基 本 理 念 本 州 最 北 の 幾 多 の 自 然 美 と 風 土 を 守 り 水 産 都 市 の 発 展 を 支 えてきた 山 海 の 豊 かな 恵 みを 後 世 へ 受 け 継 ぎ 海 と 共 に 活 きる 下 北 八 戸 沿 岸 の 海 岸

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 1 8 第 1 第 2 指 定 地 方 行 政 機 関 東 海 農 政 局 1~9 10 米 穀 乾

第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 1 8 第 1 第 2 指 定 地 方 行 政 機 関 東 海 農 政 局 1~9 10 米 穀 乾 名 古 屋 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 編 < 平 成 22 年 度 修 正 案 > 名 古 屋 市 防 災 会 議 第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 1 8 第 1 第 2 指 定 地 方 行 政 機

More information

気象庁技術報告第134号表紙#.indd

気象庁技術報告第134号表紙#.indd 第 4 章 関 係 省 庁 合 同 調 査 と 防 災 気 象 情 報 の 課 題 * 4.1 合 同 調 査 の 概 要 23 7 23 12 15 23 7 12 4 15 4 100 * 4.2 新 潟 福 島 豪 雨 に 関 する 調 査 23 7 27 30 16 7 4 2 16 7 16 4.2.1 23 7 27 30 23 7 23 7 23 16 4.2.1 23 7 16 7

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し 平 常 時 からの

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

三浦市地域防災計画

三浦市地域防災計画 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 ( 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 ) 新 旧 対 照 表 平 成 25 年 度 平 成 25 年 度 修 正 三 浦 市 防 災 会 議 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 目 次 第 1 編 風 水 害 等 災 害 対 策 の 計 画 的 推 進 1 第 1 章 計 画 の 目 的 及 び 性 格 1 第

More information

資 料 -6 平 成 20 年 度 第 2 回 北 陸 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 特 定 構 造 物 改 築 事 業 事 後 評 価 説 明 資 料 平 成 20 年 11 月 北 陸 地 方 整 備 局 -0-

資 料 -6 平 成 20 年 度 第 2 回 北 陸 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 特 定 構 造 物 改 築 事 業 事 後 評 価 説 明 資 料 平 成 20 年 11 月 北 陸 地 方 整 備 局 -0- 平 成 20 年 度 事 後 評 価 対 象 事 業 の 概 要 事 業 名 特 定 構 造 物 改 築 事 業 ( ) 事 業 区 分 河 川 事 業 事 業 箇 所 新 潟 県 三 条 市 須 頃 地 先 事 業 採 択 平 成 9 年 度 都 市 計 画 決 定 - 用 地 着 手 - 工 事 着 手 平 成 9 年 度 完 成 に 至 る 経 緯 平 成 9 年 度 特 定 構 造 物 改

More information

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水 おおさと 事 業 名 国 営 総 合 農 地 防 災 事 業 地 区 名 大 里 県 名 埼 玉 県 関 係 市 町 村 く ま が や し おおさとまち こうなんまち ぎ よ う だ し みなみかわらむら こ う の す し 熊 谷 市 ( 旧 熊 谷 市 旧 大 里 町 旧 江 南 町 ) 行 田 市 ( 旧 行 田 市 旧 南 河 原 村 ) 鴻 巣 市 ふきあげまち ふ か や し かわもとまち

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

津市地域防災計画(案)

津市地域防災計画(案) 1 被 害 想 定 ( 危 機 管 理 部 ) 本 市 に 被 害 を 及 ぼす 地 震 は 南 海 トラフを 震 源 とし 広 域 的 な 被 害 を 特 徴 とするプレート 境 界 型 地 震 及 び 地 殻 上 部 の 活 断 層 を 震 源 とし 局 所 的 な 被 害 を 特 徴 とする 内 陸 直 下 型 地 震 である 現 在 国 の 中 央 防 災 会 議 及 び 三 重 県 等 が

More information

Microsoft PowerPoint 資料4-1(真間川【印刷用】).ppt

Microsoft PowerPoint 資料4-1(真間川【印刷用】).ppt 真 間 総 合 治 水 対 策 特 定 河 事 業 ( 千 葉 県 ) 大 柏 都 市 基 盤 整 備 事 業 ( 市 市 ) 事 業 再 評 価 社 会 情 勢 と 公 共 事 業 のこれまで 我 が 国 の 経 済 状 況 S30~48 高 度 成 長 期 S48~H1 安 定 成 長 期 円 高 不 況 S58~60 バブル 景 気 S61~H3 真 間 の 治 水 事 業 31 年 経 過

More information

る 被 害 が 生 じた.さらには, 漁 網 を 用 いるスズキなどの 漁 では, 網 に 漂 流 物 がひっかかるのを 懸 念 し, 操 業 を 控 えるケースがあった. 加 えて, 9 月 上 旬 までに 漂 流 物 を 回 収 しなければノリ 養 殖 に 甚 大 な 被 害 が 出 ることが

る 被 害 が 生 じた.さらには, 漁 網 を 用 いるスズキなどの 漁 では, 網 に 漂 流 物 がひっかかるのを 懸 念 し, 操 業 を 控 えるケースがあった. 加 えて, 9 月 上 旬 までに 漂 流 物 を 回 収 しなければノリ 養 殖 に 甚 大 な 被 害 が 出 ることが 第 10 章 今 回 の 災 害 における 特 徴 的 な 事 象 10.1 有 明 海 沿 岸 域 への 漂 流 漂 着 物 について 10.1.1 本 豪 雨 災 害 での 漂 流 漂 着 物 の 大 量 発 生 の 概 要 本 豪 雨 災 害 の 特 徴 として 沿 岸 海 域 への 漂 流 漂 着 物 が 大 量 に 発 生 したことが 挙 げられる. 一 般 的 に, 洪 水 時 の 流

More information

ÿþ

ÿþ 1 滑 川 市 の 気 象 災 害 情 報 この 年 表 の 作 成 には 富 山 県 気 象 災 異 誌 : 富 山 地 方 気 象 台 富 山 地 方 気 象 台 異 常 気 象 報 告 : 富 山 地 方 気 象 台 災 害 の 記 録 ( 昭 和 45 年 から 平 成 3 年 ) : 富 山 県 滑 川 の 火 災 史 : 滑 川 市 消 防 本 部 を 用 いた 年 月 日 種 類 記

More information

三 条 市 地 域 防 災 計 画 目 次

三 条 市 地 域 防 災 計 画    目    次 三 条 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 対 策 編 の 概 要 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 作 成 の 趣 旨 等 この 計 画 は 自 然 災 害 等 に 対 処 するため 市 及 び 防 災 機 関 がその 有 する 機 能 を 有 効 に 発 揮 し て 災 害 予 防 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 を 実 施 し 市 民 の 生 命 等 を 保 護 することを

More information

西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 16 日 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) 当 社 は 沖 端 川 決 壊 により 社 屋 70cm ~ 160 cm 浸

西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 16 日 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) 当 社 は 沖 端 川 決 壊 により 社 屋 70cm ~ 160 cm 浸 西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 14 日 夕 刊 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) 平 成 24 年 7 月 対 馬 海 峡 付 近 に 停 滞 した 梅 雨 前 線 は 11 日 から 14 日 にかけて 九 州 北 部 に 激 しい 雨 をもたらした 柳 川 市 では4 日 間 に 415mmの 降 水 量 を 記 録 特

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FBC89598E738E7390A89776979781798E9197BF95D2817A31343034303592458D652E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FBC89598E738E7390A89776979781798E9197BF95D2817A31343034303592458D652E646F63> 214 松 浦 市 市 勢 要 覧 資 料 編 チ カ ラ を つ く り 続 け る CONTENTS 位 置 地 勢 2 人 口 3 産 業 4 生 活 環 境 6 行 政 議 会 7 沿 革 8 市 章 松 浦 市 の 頭 文 字 であるアルファベット 大 文 字 の M をモチーフに 産 業 創 造 の 未 来 へ 躍 進 する 都 市 の 姿 をダイナミックに 図 案 化 し ハートの 形

More information

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 網 走 市 統 計 書 平 成 27 年 版 網 走 市 は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 踏 まえ 基 本 的 かつ 総 合 的 な

More information

東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 による 甚 大 な 被 害 陸 前 高 田 市 の 臨 海 部 の 市 街 地 の 被 害 状 況 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 の 概 要 地 震 に 伴 う 地 殻 変 動 震 源 分 布 津 波 高 分 布 と 根 室 から

東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 による 甚 大 な 被 害 陸 前 高 田 市 の 臨 海 部 の 市 街 地 の 被 害 状 況 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 の 概 要 地 震 に 伴 う 地 殻 変 動 震 源 分 布 津 波 高 分 布 と 根 室 から 基 調 講 演 北 海 道 の 防 災 を 考 える ~ 東 日 本 大 震 災 近 年 豪 雨 災 害 等 の 教 訓 に 学 ぶ~ 京 都 大 学 経 営 管 理 大 学 院 客 員 教 授 関 克 己 主 な 講 演 内 容 (1) 東 日 本 大 震 災 の 発 生 東 日 本 大 震 災 と 激 甚 な 自 然 災 害 の 頻 発 日 本 の 大 災 害 頻 発 の 時 代 ( 平 成 16

More information

<3031814095BD90AC3236944E937889FC92F981408B9E936395D38E73926E88E696688DD08C7689E68169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3031814095BD90AC3236944E937889FC92F981408B9E936395D38E73926E88E696688DD08C7689E68169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 平 成 26 年 度 改 訂 京 田 辺 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 事 故 対 策 編 京 田 辺 市 防 災 会 議 目 次 風 水 害 事 故 対 策 編 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 方 針... 1-1 第 1 節 計 画 の 目 的... 1-1 第 2 節 計 画 の 理 念... 1-1 第 3 節 計 画 の 修 正... 1-2 第 4 節 計 画 の

More information

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 (

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 ( 滋 賀 県 地 域 振 興 立 法 (5 法 ) 指 定 一 覧 山 村 大 津 市 2 大 津 市 ( 葛 川 村 ) 大 津 市 ( 伊 香 立 村 ) 大 津 市 ( 真 野 村 ) 大 津 市 ( 堅 田 町 ) 大 津 市 ( 仰 木 村 ) 大 津 市 ( 雄 琴 村 ) 大 津 市 ( 坂 本 村 ) 大 津 市 ( 下 阪 本 村 ) 大 津 市 ( 大 津 市 ) 大 津 市 (

More information

<93798DB2928691BA5F555241205B8D5890568DCF82DD5D2E4149>

<93798DB2928691BA5F555241205B8D5890568DCF82DD5D2E4149> 1:25,000 土 地 条 件 図 土 佐 中 村 四 万 十 町 黒 潮 町 四 万 十 市 宿 毛 市 土 佐 清 水 市 国 土 地 理 院 1:25,000 土 地 条 件 図 について 1. 土 地 条 件 図 の 構 成 1:25,000 土 地 条 件 図 は 自 治 体 等 が 作 成 するハザードマップをはじめ 地 域 の 適 正 な 開 発 保 全 防 災 対 策 などの 検

More information

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 の 導 入 促 進 について 平 成 25 年 10 月 3 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 農 業 水 産 部 農 業 振 興 課 目 次 1. 小 水 力 等 発 電 導 入 の 状 況 について 2. 制 度 手 続 き 規 制 緩 和 について 3. 農 業 農 村 整 備 事 業 等 における 助 成 制 度

More information

???? 1

???? 1 日 本 の 近 代 化 における 水 インフラの 整 備 竹 村 公 太 郎 日 本 水 フォーラム 事 務 局 長 1 稲 作 の 日 本 文 明 は 湿 地 から 生 まれた 2 現 在 の 関 東 地 方 の 地 形 図 3 6000 年 前 の 関 東 地 方 の 地 形 図 4 新 潟 県 の 亀 田 郷 土 地 改 良 区 5 日 本 人 と 自 然 ライフ ネイチャー ライブラリより

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

県 土 整 備 年 報 13 岩 手 県 県 土 整 備 部 目 次 1 行 政 組 織 関 係 1 県 土 整 備 部 行 政 機 関 位 置 略 図 2 2 県 土 整 備 部 の 沿 革 3 3 県 土 整 備 部 行 政 組 織 図 11 4 出 先 機 関 の 名 称 位 置 等 13 5 県 土 整 備 部 の 分 掌 事 務 15 6 県 土 整 備 部 の 職 員 数 21 7 県

More information

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74>

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74> 資 料 2 かんがい 排 水 事 業 南 酒 出 地 区 1. 第 二 次 評 価 対 象 地 区 となった 要 因 ウ-1 工 期 の 著 しい 変 更 計 画 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 16 年 度 実 施 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 23 年 度 完 成 予 定 : 平 成 23 年 度 平 成 20 年 度 までの 進 捗 率 ( 事 業 費 ベース):94.7%

More information

神 戸 開 港 と 都 市 化 1867 年 : 神 戸 港 が 開 港 居 留 地 が 置 かれる 当 時 の 人 口 は2 万 数 千 人 1889 年 : 人 口 は13 万 4 千 人 (22 年 間 で6 倍 ) 飲 料 水 は 扇 状 地 伏 流 水 の 井 戸 水 であったが 生 活

神 戸 開 港 と 都 市 化 1867 年 : 神 戸 港 が 開 港 居 留 地 が 置 かれる 当 時 の 人 口 は2 万 数 千 人 1889 年 : 人 口 は13 万 4 千 人 (22 年 間 で6 倍 ) 飲 料 水 は 扇 状 地 伏 流 水 の 井 戸 水 であったが 生 活 西 宮 市 平 成 26 年 度 環 境 まちづくりフォーラム 2015.2.21 六 甲 山 とは ~ 環 境 と 防 災 の 切 っても 切 れない 関 係 ~ 六 甲 山 の 成 り 立 ちと 土 砂 災 害 の 危 険 性 について 規 模 : 北 東 ~ 南 西 約 30km 北 西 ~ 南 東 約 7km 歴 史 : 今 から150~200 万 年 前 から 隆 起 活 動 多 くの 断

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 25 年 度 水 巻 町 水 防 計 画 書 水 巻 町 水 防 協 議 会 文 書 分 類 コード A0 03 -- 04 目 次 第 1 章 総 則 1 第 2 章 町 における 水 防 組 織 並 びに 水 防 事 務 1 第 1 節 組 織 並 びに 事 務 分 掌 1~6 第 3 章 水 防 に 関 する 連 絡 及 び 水 位 雨 量 の 通 報 要 領 7 第 1 節 通 信

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478> 九 州 の 自 然 災 害 と 防 災 激 甚 化 する 自 然 災 害 から 命 を 守 る 福 岡 管 区 気 象 台 長 横 山 博 文 今 年 8 月 は 暑 かった? 福 岡 の 日 最 高 気 温 日 最 低 気 温 の 推 移 35 日 最 高 気 温 日 最 高 気 温 平 年 値 25 日 最 低 気 温 日 最 低 気 温 平 年 値 6 月 7 月 8 月 2015 年 : (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093EC924F8E7388EA94CA8C7689E695D291E682508FCD91E682518FCD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093EC924F8E7388EA94CA8C7689E695D291E682508FCD91E682518FCD2E646F63> 一 般 計 画 編 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 南 丹 市 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 総 合 化 と 計 画 化 を 図 るため 次 の 事 項 を 定 め その 万 全 を 期 すること を 目 的 とする

More information

第 4 節 各 機 関 の 実 施 責 任 この 計 画 において 市 県 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 公 共 的 団 体 等 並 び に 住 民 の 果 たす 責 任 について 定 める なお 防 災 業 務 の 推 進 にあたっ

第 4 節 各 機 関 の 実 施 責 任 この 計 画 において 市 県 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 公 共 的 団 体 等 並 び に 住 民 の 果 たす 責 任 について 定 める なお 防 災 業 務 の 推 進 にあたっ 第 1 節 計 画 の 目 的 第 1 章 総 第 1 章 総 則 則 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 防 災 に 関 し 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに とるべき 措 置 を 定 め 総 合 的 かつ 計 画 的 な 防 災 事 務 または 業 務 の 遂 行 により 市 の 地

More information

Microsoft Word - 24 kasennizikannrikeikakku.doc

Microsoft Word - 24 kasennizikannrikeikakku.doc 阿 武 隈 川 上 流 河 川 維 持 管 理 計 画 ( 案 ) 平 成 24 年 3 月 東 北 地 方 整 備 局 福 島 河 川 国 道 事 務 所 阿 武 隈 川 上 流 河 川 維 持 管 理 計 画 ( 案 ) ~ 目 次 ~ 1. 河 川 の 概 要... 1 1-1. 流 域 の 概 要... 1 1-2. 流 域 の 自 然 特 性 および 社 会 特 性... 2 1-2-1.

More information

< B838B B83688EC090D1955C E322E786C73>

< B838B B83688EC090D1955C E322E786C73> 岐 阜 県 付 儀 郡 板 取 川 浦 水 力 発 電 所 1 2 1997 年 8 月 1999 年 5 月 村 神 奈 川 県 川 崎 市 発 電 所 取 り 付 けトンネル 工 事 エステ シティ ツインタワー 川 崎 新 築 工 事 300m3/Hr 10m3/Hr 放 流 基 準 不 明 放 流 基 準 不 明 砕 石 の 洗 浄 水 のSS 除 去 原 水 3 2000 年 2 月 福

More information

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木 平 成 22 年 度 事 業 報 告 自 平 成 22 年 4 月 31 日 至 平 成 23 年 3 月 31 日 1. 会 員 の 状 況 区 分 前 年 度 末 数 入 会 数 退 会 数 本 年 度 末 数 正 会 員 47 1 1 47 名 誉 会 員 5 1 0 6 賛 助 会 員 41 1 0 42 計 93 3 1 95 ( 注 ) 1.( )は 内 書 で 大 阪 府 ( 休 会

More information

untitled

untitled 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 ( 制 定 年 月 日 昭 和 38 年 8 月 1 日 ) 目 次 第 1 編 総 則 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 1 計 画 の 構 成 1 第 2 計 画 の 修 正 1 第 3 計 画 の 運 用 1 第 3 節 防 災 関 係 機 関 等 の 処 理 すべき 事 務 又

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

2014 年 倉 吉 市 市 勢 要 覧 統 計 資 料 編 自 然 経 済 行 政 位 置 市 域 1 上 水 道 の 普 及 状 況 32-1 面 積 1 下 水 道 等 の 普 及 状 況 32-2 気 象 2 住 宅 の 種 類 戸 数 33 ごみの 量 資 源 ごみの 量 33 人 口 市 税 34-1 2 人 口 世 帯 数 の 推 移 3 学 校 35-1~36-2 人 口 集 中

More information

Microsoft Word - 水レター(150529最終版)

Microsoft Word - 水レター(150529最終版) 独 立 行 政 法 人 水 資 源 機 構 関 西 吉 野 川 支 社 淀 川 本 部 発 行 水 資 源 機 構 全 体 の 取 り 組 みや 関 西 管 内 における 情 報 のほか 琵 琶 湖 淀 川 水 系 の 水 源 地 域 情 報 を 水 レター びわ 湖 よど 川 により 関 係 機 関 の 皆 様 にお 知 らせします ( 組 織 統 合 に 伴 い これまで 関 西 支 社 管 内

More information

第1節  計画の目的

第1節  計画の目的 真 审 川 町 地 域 防 災 計 画 真 审 川 町 防 災 会 議 目 次 第 1 編 総 則... 1 第 1 節 計 画 策 定 の 趣 旨... 3 第 2 節 真 审 川 町 の 概 況... 5 第 3 節 真 审 川 町 の 災 害 履 歴... 11 第 4 節 計 画 の 前 提 となる 災 害 の 想 定... 15 第 5 節 防 災 ビジョン... 22 第 6 節 防

More information

最上圏域河川整備計画 最上地区小委員会

最上圏域河川整備計画 最上地区小委員会 資 料 6 最 上 小 国 川 流 域 の 治 水 対 策 の 検 討 経 緯 について 平 成 22 年 11 月 5 日 山 形 県 県 土 整 備 部 河 川 課 1 最 上 小 国 川 ダムの 検 討 の 経 緯 と 治 水 対 策 2 たび 重 なる 洪 水 被 害 を 防 ぐための 調 査 等 の 経 緯 S62 年 度 たび 重 なる 洪 水 被 害 のため 最 上 町 が ダム 建

More information

【HP掲載用】H27 中間評価シート(東近江土木)

【HP掲載用】H27 中間評価シート(東近江土木) 1 2 地 域 の 主 要 渋 滞 箇 所 近 江 八 幡 竜 王 線 等 の 事 業 推 進 2 路 線 彦 根 八 日 市 甲 西 線 等 の 通 学 路 の 歩 道 整 備 事 業 の 推 進 6 路 線 近 江 八 幡 竜 王 線 ( 六 枚 橋 ) 交 差 点 改 良 工 事 着 手 国 道 421 ( 四 ツ 辻 ) 交 差 点 改 良 工 事 着 手 彦 根 八 日 市 甲 西 線 (

More information

平 成 27 年 度 当 初 秋 田 県 における 画 総 括 表 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 負 担 基 本 額 河 川 関 係 8,260,818 1,557,706 道 路 関 係 14,869,000 3,446,200 公 園 関 係 港 湾 関 係 2,477, ,1

平 成 27 年 度 当 初 秋 田 県 における 画 総 括 表 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 負 担 基 本 額 河 川 関 係 8,260,818 1,557,706 道 路 関 係 14,869,000 3,446,200 公 園 関 係 港 湾 関 係 2,477, ,1 平 成 27 年 度 当 初 秋 田 県 における 画 総 括 表 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 負 担 基 本 額 河 川 関 係 8,260,818 1,557,706 道 路 関 係 14,869,000 3,446,200 公 園 関 係 港 湾 関 係 2,477,000 842,180 空 港 関 係 合 25,606,818 5,846,086 ( 注 ) 端 数 処 理 の 関

More information

平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 要 望 書 (たたき 台 ) 平 成 28 年 7 月 熊 本 連 携 中 枢 都 市 圏 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 要 望 この 度 の 熊 本 地 震 の 発 生 以 降 被 災 者 の 救 助 活 動 避 難 者 への 生 活 支 援 激 甚 災 害 の 指 定 補 正 予 算 編 成 など 国 の 機 動 的 かつ 迅

More information

資料3 その2 

資料3 その2  (3) 取 組 1 東 京 都 による 対 策 と 現 況 東 京 都 下 水 道 局 では 平 成 25~27 年 度 までに 皇 居 外 苑 濠 への 雨 天 時 の 下 水 道 からの 越 流 を 50mm/ 時 以 上 の 豪 雨 時 を 除 き 防 止 する 措 置 を 行 う 予 定 である 2 環 境 省 による 水 質 改 善 計 画 に 基 づく 取 組 環 境 省 では 下 水

More information

表 4.2.2 実 績 降 雨 による 最 大 流 量 候 補 No. 計 画 No. 洪 水 名 日 時 河 北 潟 流 入 量 河 北 潟 水 位 (T.P.+m) 日 時 貯 木 場 流 入 量 貯 木 場 水 位 (T.P.+m) 日 時 宇 ノ 気 気 屋 合 流 点 日 時 能 瀬 石

表 4.2.2 実 績 降 雨 による 最 大 流 量 候 補 No. 計 画 No. 洪 水 名 日 時 河 北 潟 流 入 量 河 北 潟 水 位 (T.P.+m) 日 時 貯 木 場 流 入 量 貯 木 場 水 位 (T.P.+m) 日 時 宇 ノ 気 気 屋 合 流 点 日 時 能 瀬 石 4. 高 水 流 量 のチェック 4.1 検 討 方 針 2.および 3.において 大 野 水 系 の 基 本 高 水 および 計 画 高 水 流 量 を 過 去 の 降 雨 群 を 対 象 とした 高 水 解 析 により 算 定 した 本 章 では 以 下 に 示 すような 他 の 観 点 から 高 水 流 量 を 検 討 し 高 水 流 量 設 定 の 妥 当 性 に 関 する 基 礎 資 料

More information

第1編(第1章)総則

第1編(第1章)総則 総 則 風 水 害 対 策 編 第 1 編 総 則 目 次 第 1 編 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 推 進 2 第 2 章 防 災 関 係 機 関 の 責 務 と 処 理 す べ き 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 第 1 節 実 施 責 任 3 第 2 節 処

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 ( 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 ( 第 5 回 ) 議 事 次 第 日 時 : 平 成 28 年 4 月 16 日 ( 土 )11:30~ 場 所 : 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 安 倍 内 閣 総 理 大 臣 挨 拶 2. 丸 川 大 臣 から 原 子 力 発 電 所 の 状 況 報 告

More information

美 浜 町 地 域 防 災 計 画 平 成 18 年 9 月 美 浜 町 防 災 会 議 美 浜 町 地 域 防 災 計 画 一 般 災 害 対 策 計 画 平 成 18 年 9 月 美 浜 町 防 災 会 議 一 般 災 害 対 策 計 画 : 目 次 第 1 章 総 則...1 第 1 節 計 画 の 目 的...1 第 2 節 町 の 概 況...2 第 3 節 計 画 の 基 本...4

More information

平成25年台風18号の特徴と防災気象情報――初の特別警報発表

平成25年台風18号の特徴と防災気象情報――初の特別警報発表 95 平 成 25 年 台 風 18 号 の 特 徴 と 防 災 気 象 情 報 初 の 特 別 警 報 発 表 水 田 潤 Jun Mizuta リスクエンジニアリング 事 業 本 部 主 席 コンサルタント 佐 々 木 亮 Ryo Sasaki リスクエンジニアリング 事 業 本 部 主 任 コンサルタント はじめに 2013 年 9 月 16 日 午 前 8 時 前 愛 知 県 豊 橋 市 に

More information

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6>

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6> 働 省 告 示 が い 制 改 革 推 進 本 部 お け 検 討 踏 ま え て 保 健 祉 策 見 直 ま で 間 お い て た め 関 係 律 整 備 関 律 成 年 律 伴 い 並 び づ く 祉 サ ー ビ ス 及 び 準 該 当 祉 サ ー ビ ス 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 百 づ く 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 づ く 要 費 用 額

More information

<5461726F2D303420955C8E8681798E9197BF3381603132817A2E6A7464>

<5461726F2D303420955C8E8681798E9197BF3381603132817A2E6A7464> 資 料 -7 平 成 19 年 度 第 2 回 北 陸 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 河 事 業 の 再 評 価 説 明 資 料 通 直 轄 河 改 修 事 業 平 成 19 年 12 月 北 陸 地 方 整 備 局 目 次 1 河 の 概 要 1 流 域 の 概 要 1 2 沿 の 地 形 2 3 主 な 災 害 8 2 事 業 概 要 1 事 業 の 経 緯 12 2

More information

7. 自 然 害 実 態 7-1 平 成 18 年 害 発 生 状 況 害 名 区 分 発 生 年 月 日 死 者 人 的 被 害 行 方 不 明 者 大 雪 豪 雨 5 月 10 日 ~ 5 月 11 日 6 月 豪 雨 6 月 5 日 6 月 15 日 人 1 1 人 負 傷 重 傷 人 1 1 者 軽 傷 人 1 1 棟 5 5 全 壊 世 帯 5 5 人 19 19 棟 2 2 半 壊 世

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 一 単 位 の 単 価 発 令 : 平 成 18 年 9 月 29 日 号 外 厚 生 労 働 省 告 示 第 539 号 最 終 改 正 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 改 正 内 容 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 [ 平 成 24 年 3 月 14 日

More information

<303493EC8A43836783898374926E906B96688DD091CE8DF4908490698C7689E695D22E786477>

<303493EC8A43836783898374926E906B96688DD091CE8DF4908490698C7689E695D22E786477> 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 編 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 推 進 計 画 の 目 的 1 第 2 防 災 関 係 機 関 が 地 震 発 生 時 の 災 害 応 急 対 策 として 行 う の 大 綱 1 第 2 章 関 係 者 との 連 携 協 力 の 確 保 11 第 1 資 機 材 人 員 等 の 配 備 手 配 11 第 2 他 機 関 に 対 する

More information

新篠津村地域防災計画

新篠津村地域防災計画 新 篠 津 村 地 域 防 災 計 画 一 般 対 策 編 平 成 28 年 4 月 新 篠 津 村 防 災 会 議 用 語 例 本 計 画 で 使 用 する 用 語 等 は 次 による 標 記 説 明 基 本 法 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 11 月 15 日 法 律 第 223 号 ) 救 助 法 災 害 救 助 法 ( 昭 和 22 年 10 月 18 日 法 律 第 118

More information

平 成 24 年 度 有 田 市 地 域 防 災 計 画 有 田 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 1 第 2 節 用 語 2 第 3 節 本 市 の 位 置 と 災 害 3 第 4 節 防 災 関 係 各 機 関 の 責 務 と 業 務 の 大 綱 6 第 5 節 市 民 等 の 役 割 分 担 12 第 6 節 計 画 の 修 正 等 13 第 2 章 災 害

More information

2. 旧 軍 港 市 転 換 法 による 取 得 財 産 産 業 基 盤 名 旧 口 座 名 区 分 158.11 430,470 港 湾 部 船 客 待 合 室 万 津 町 予 定 地 S26.10.31 124.79 86,956 佐 世 保 警 察 署 水 上 警 察 官 万 津 町 予 定

2. 旧 軍 港 市 転 換 法 による 取 得 財 産 産 業 基 盤 名 旧 口 座 名 区 分 158.11 430,470 港 湾 部 船 客 待 合 室 万 津 町 予 定 地 S26.10.31 124.79 86,956 佐 世 保 警 察 署 水 上 警 察 官 万 津 町 予 定 1. 旧 軍 港 市 転 換 法 のあゆみ 旧 軍 港 市 転 換 促 進 委 員 会 の 結 成 S24.12.1 昭 和 23 年 24 年 と2 年 続 けて 国 会 で 採 択 された 旧 軍 港 四 市 長 による 旧 軍 港 市 国 有 財 産 払 下 げに 関 する 請 願 の 法 制 化 のため 法 案 発 議 から 国 会 通 過 成 立 を 図 るため 衆 参 両 院 議 員 有

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

井 原 市 地 域 防 災 計 画 ( 資 料 編 ) 目 次 第 1 章 井 原 市 の 概 要 第 1 節 人 口 第 1 総 人 口 世 帯 数 の 推 移 1 第 2 年 齢 別 (3 区 分 ) 人 口 の 推 移 1 第 2 節 気 候 2 第 2 章 井 原 市 の 災 害 記 録 第

井 原 市 地 域 防 災 計 画 ( 資 料 編 ) 目 次 第 1 章 井 原 市 の 概 要 第 1 節 人 口 第 1 総 人 口 世 帯 数 の 推 移 1 第 2 年 齢 別 (3 区 分 ) 人 口 の 推 移 1 第 2 節 気 候 2 第 2 章 井 原 市 の 災 害 記 録 第 井 原 市 地 域 防 災 計 画 ( 資 料 編 ) 平 成 28 年 3 月 井 原 市 防 災 会 議 井 原 市 地 域 防 災 計 画 ( 資 料 編 ) 目 次 第 1 章 井 原 市 の 概 要 第 1 節 人 口 第 1 総 人 口 世 帯 数 の 推 移 1 第 2 年 齢 別 (3 区 分 ) 人 口 の 推 移 1 第 2 節 気 候 2 第 2 章 井 原 市 の 災 害 記

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information