未 だに 自 己 責 任 で 食 べても 構 わないと 主 張 する 人 が 多 い 問 題 は 消 費 者 に 対 して 生 食 のリスクについての 情 報 提 供 の 機 会 が 少 ないことだと 感 じた : 豚 に 限 らないが 肉 の 生 食 についてはリスクがあるということを 小 学 校

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "未 だに 自 己 責 任 で 食 べても 構 わないと 主 張 する 人 が 多 い 問 題 は 消 費 者 に 対 して 生 食 のリスクについての 情 報 提 供 の 機 会 が 少 ないことだと 感 じた : 豚 に 限 らないが 肉 の 生 食 についてはリスクがあるということを 小 学 校"

Transcription

1 食 品 安 全 委 員 会 委 員 と 消 費 者 団 体 との 情 報 交 換 会 ( 第 8 回 ) 1. 日 時 : 平 成 27 年 2 月 20 日 ( 金 ) 10:00~12:00 2. 場 所 : 食 品 安 全 委 員 会 委 員 長 室 3. 出 席 者 :( 敬 称 略 ) ( 消 費 者 団 体 ) 主 婦 連 合 会 会 長 全 国 消 費 者 団 体 連 絡 会 事 務 局 長 全 国 地 域 婦 人 団 体 連 絡 協 議 会 事 務 局 次 長 財 団 法 人 消 費 科 学 センター 理 事 日 本 生 活 協 同 組 合 連 合 会 組 織 推 進 本 部 長 山 根 香 織 河 野 康 子 長 田 三 紀 犬 伏 由 利 子 笹 川 博 子 ( 食 品 安 全 委 員 会 委 員 ) 熊 谷 委 員 長 佐 藤 委 員 山 添 委 員 三 森 委 員 上 安 平 委 員 石 井 委 員 村 田 委 員 ( 食 品 安 全 委 員 会 事 務 局 ) 姫 田 事 務 局 長 東 條 事 務 局 次 長 山 本 総 務 課 長 関 野 評 価 第 一 課 長 山 本 評 価 第 二 課 長 植 木 情 報 勧 告 広 報 課 長 野 口 リスクコミュニケーシ ョン 官 他 4. 議 事 (1) 開 会 挨 拶 (2) 話 題 提 供 肉 の 生 食 のリスクについて 豚 の 食 肉 に 係 る 食 品 健 康 影 響 評 価 解 説 食 品 安 全 委 員 会 熊 谷 進 委 員 長 (3) 質 疑 応 答 意 見 交 換 会 (4) 閉 会 5. 意 見 交 換 の 主 な 発 言 ( : 消 費 者 団 体 側 発 言 : 委 員 及 び 事 務 局 側 発 言 ) : 最 近 の 食 品 健 康 影 響 評 価 の 説 明 の 中 でDAGについての 話 があった これ に 関 して 先 日 製 造 元 より 本 評 価 について 説 明 があった 当 方 からは 人 気 があり 摂 取 されていた 方 も 多 い 商 品 であったため これで 調 査 終 了 とい うことではなく 製 造 元 として 今 後 も 調 査 研 究 を 続 けてほしい 旨 お 伝 えし た 先 方 は ドイツで 研 究 しているという 話 があり そちらとも 連 携 して 調 べていくと 言 っていた また 肉 の 生 食 のリスクについては E 型 肝 炎 につ いて あまり 知 識 がなかったため とても 勉 強 になった 生 食 については

2 未 だに 自 己 責 任 で 食 べても 構 わないと 主 張 する 人 が 多 い 問 題 は 消 費 者 に 対 して 生 食 のリスクについての 情 報 提 供 の 機 会 が 少 ないことだと 感 じた : 豚 に 限 らないが 肉 の 生 食 についてはリスクがあるということを 小 学 校 くらいで 教 えてほしいと 思 う : 昔 は 家 庭 科 の 時 間 で 指 導 してもらったが 現 在 は 家 庭 科 の 時 間 が 短 いの で その 機 会 が 減 っているのではないか : 豚 がE 型 肝 炎 に 感 染 した 場 合 豚 は 必 ず 発 症 するのか : 大 部 分 は 人 間 が 気 付 くほどの 症 状 を 示 すことはない : 生 後 6か 月 以 上 の 豚 ではE 型 肝 炎 ウイルスの 遺 伝 子 検 出 率 が 下 がるとの 話 について 豚 がと 場 に 出 荷 される 時 期 は 生 後 6ヶ 月 くらいということだが それ 以 上 飼 育 しているとE 型 肝 炎 の 症 状 が 出 てくるのか それとも 豚 にはE 型 肝 炎 ウイルスを 退 治 する 力 があるのか 仮 に 後 者 であれば その 力 をヒト に 利 用 することはできないのか : 豚 は E 型 肝 炎 ウイルスを 持 っていても 基 本 的 には 無 症 状 豚 の 生 食 に 係 るQ&Aにも 記 載 しているが 豚 の 発 育 に 大 きな 影 響 を 及 ぼす 病 気 を 保 持 し ていないSPF 豚 というものがあるが ここでいう 病 気 とは 例 えば オー エスキー 病 や 豚 コレラ 等 のことであり E 型 肝 炎 は 入 っていない このよう に 養 豚 の 業 界 では E 型 肝 炎 は 問 題 となっていない :ヒトで 言 えば 水 疱 瘡 のようなものである 小 さい 頃 に 感 染 し その 後 は 何 も 問 題 ない という 感 じである 資 料 からもわかるように6ヶ 月 以 上 では 遺 伝 子 の 検 出 率 は 下 がるが 抗 体 保 有 率 は 上 がっている つまり 症 状 は 示 していないが 過 去 に 感 染 があったということである :E 型 肝 炎 は 通 常 のと 畜 検 査 ではわからない 寄 生 虫 の 場 合 は 肉 眼 で 確 認 できることが 多 いが E 型 肝 炎 は 病 変 がほとんどないため 肉 眼 では 確 認 することができない 血 液 を 採 取 し ウイルス 検 査 を 行 うことが 必 要 であ る 現 実 問 題 として と 畜 検 査 でウイルス 検 査 まですることは 難 しい :ブロックの 豚 肉 を 煮 る 時 は 分 以 上 の 加 熱 をしていると 思 うが

3 しゃぶしゃぶ 等 薄 切 りの 肉 ではそれほどの 時 間 をかけていないように 思 う 理 屈 では 何 で 何 十 分 以 上 ということがわかっていても 実 際 に 実 行 でき るかは 心 配 に 思 う : 肉 の 中 の 色 が 変 われば 良 いのではないか ということで 色 々 考 察 したが E 型 肝 炎 ウイルスについては 加 熱 不 十 分 のため 不 活 化 しない 例 があった 牛 肉 の 場 合 は 表 面 にのみ 細 菌 がつくため 問 題 ないが 豚 肉 のE 型 肝 炎 ウイルス の 場 合 は 肉 の 中 までウイルスが 侵 入 しているため 色 が 変 わるだけの 加 熱 で は 不 十 分 ということだった 豚 肉 はしゃぶしゃぶではなく きちんと 煮 込 む ことが 大 切 : 食 品 安 全 委 員 会 の 結 論 としては 豚 肉 は 現 実 的 なより 高 い 温 度 で 加 熱 すべ きとしている つまり 温 度 が 高 い 厳 しい 条 件 にする 程 リスクは 軽 減 する ということ : 現 実 的 なより 高 い 温 度 についての 補 足 となるが 調 査 会 の 審 議 の 中 で も 委 員 より 通 常 の 調 理 では きちんと 温 度 を 測 ることは 難 しいのではない か との 意 見 があった 沸 騰 させる 等 より 高 温 で 調 理 することが 現 実 的 である 温 度 条 件 として 高 い 温 度 であれば より 短 い 調 理 時 間 でE 型 肝 炎 ウイルスは 不 活 化 する : 生 食 はやめましょう は 良 くわかる 問 題 は きちんと 加 熱 しましょ う の 部 分 をどのように 表 現 するかである 現 実 の 調 理 に 則 し 実 際 にイメ ージできる 具 体 例 等 の 表 現 を 入 れ 込 んでいただきたい : 良 いデータが 揃 わなかったため 微 妙 な 表 現 となった また 豚 の 食 肉 と は 豚 肉 だけではなく 豚 の 内 臓 も 含 まれているので 注 意 していただきた い :2011 年 に 牛 の 生 食 が 禁 止 されてから 豚 の 生 食 が 増 えたという 認 識 で 良 い か また E 型 肝 炎 や 食 中 毒 は 生 の 肉 を 食 べたことにより 発 生 しているの か それとも 加 熱 不 十 分 のものを 食 べることにより 発 生 しているのか : 豚 の 生 食 が 増 えたかということは データが 揃 っていないため 現 段 階 で は 何 とも 言 えない 食 中 毒 の 原 因 の 調 査 は E 型 肝 炎 の 患 者 への 聞 き 取 りに よるものであるため 多 少 の 誤 差 はあるが 食 中 毒 全 体 では 加 熱 不 足 が 圧 倒

4 的 に 大 きいと 思 う :E 型 肝 炎 ウイルスの 平 均 潜 伏 期 間 は 6 週 間 である 患 者 に 6 週 間 前 に 何 を 食 べたかと 確 認 しても 大 抵 は 覚 えていないため 調 査 は 難 しい : 現 場 の 食 品 衛 生 監 視 員 の 話 では 牛 肉 を 規 格 基 準 で 禁 止 したところ 豚 肉 を 生 で 出 す 業 者 が 増 えたが 豚 肉 については 規 格 基 準 がないため 生 で 出 さ ないよう 指 導 しても 業 者 に 聞 き 入 れてもらえない とのことだった そのた め 厚 生 労 働 省 が 豚 の 食 肉 について 規 格 基 準 の 諮 問 をしてきた 我 々が 次 に 危 惧 しているものは 規 格 基 準 がなく ガイドラインのみであるジビエであ る そのため 今 回 の 評 価 書 には ジビエについて 強 めに 記 載 させていただ いた 我 々は ジビエについても 規 格 基 準 を 設 定 すべきと 考 えている : 私 は ジビエのガイドライン 作 成 の 検 討 会 に 参 加 させていただいた 業 界 の 方 はビジネスチャンスと 考 えて 検 討 会 に 参 加 していた このまま 販 路 が 拡 大 し 商 品 が 出 回 り 問 題 が 起 こってから 規 制 となると 後 追 いになって しまうのではないかと 危 惧 している また 豚 肉 の 生 肉 の 危 害 要 因 として ウイルスや 寄 生 虫 等 があったが この 中 でヒトに 対 して 最 もリスクが 高 いも のはどれか : 患 者 数 と 症 状 を 組 み 合 わせて 考 えると E 型 肝 炎 である :E 型 肝 炎 は 完 治 するのか : 軽 いものは 治 るが 劇 症 の 場 合 は 死 亡 例 もある 特 に 60 歳 以 上 は 危 険 で ある また 寄 生 虫 は 感 染 すると 症 状 は 激 しい 場 合 もあるが 頻 度 として は 非 常 に 低 い : 日 本 人 には なぜか 新 鮮 なものは 安 心 という 意 識 がある まずは その 部 分 を 修 正 していくことが 大 切 だと 思 う また 魚 は 時 間 が 経 っても 刺 身 とし て 提 供 が 可 能 であるが なぜ 獣 肉 はできないのか : 魚 も 昔 は 大 丈 夫 ではなかった 水 産 業 界 の 方 のご 苦 労 及 び 地 方 自 治 体 のサ ポートで 立 派 な 提 供 体 制 となった 一 番 大 きいことは 魚 の 食 中 毒 の 原 因 菌 を 含 む 沿 岸 海 水 を 洗 浄 や 加 工 に 使 用 しなくなったということである つま り 生 け 簀 の 水 やボイルしたカニを 冷 やす 際 等 に 沿 岸 海 水 を 使 用 しなくな

5 ったということ : 補 足 だが 魚 で 食 中 毒 を 引 き 起 こすものは 腸 炎 ビブリオとアニサキスく らいである 魚 類 と 人 類 は 生 物 学 的 にかなり 離 れているため 人 獣 共 通 感 染 症 は 少 ない 一 方 哺 乳 類 では 人 獣 共 通 感 染 症 となるハザードが 多 いため きちんと 加 熱 して 食 べた 方 が 良 い :この 他 業 界 の 努 力 で 上 手 くいったのは 卵 である 生 産 農 場 でもリスクを 減 らしており さらに 全 ての 卵 を 出 荷 前 に 洗 卵 後 次 亜 塩 素 酸 ソーダで 消 毒 している また カキは 清 浄 海 域 を 作 り 生 食 用 として 提 供 している そ れ 以 外 については 加 熱 用 として 分 けている 馬 刺 しについては 冷 凍 するこ とで 寄 生 虫 対 策 をした 上 で 提 供 している : 冷 凍 することで 原 因 となるものが 死 んでしまった 場 合 は 良 いが 解 凍 後 に それらが 生 き 返 るということはあるのか : 細 菌 やウイルスの 場 合 は 冷 凍 下 では 増 えないが 死 んではいない 細 菌 については 解 凍 され 室 温 等 で 放 置 することにより 増 殖 していく : 冷 凍 に 効 果 があるのは 寄 生 虫 のみである なお アニサキスは 冷 凍 では 死 ぬが 酢 では 効 果 はないので 注 意 が 必 要 : 教 育 の 話 となるが 小 学 校 の 家 庭 科 で 肉 魚 は 生 のものは 扱 ってはいけ ないこととされている 肉 魚 の 調 理 については 中 学 校 で 必 修 の 課 題 とな っている 生 のものを 扱 った 場 合 はまな 板 をきちんと 変 える 等 の 指 導 はして いるはずであるが 生 徒 まできちんと 浸 透 していないという 現 状 先 程 もお 話 に 出 たように 家 庭 科 の 時 間 が 足 りないということも 一 因 と 考 えられる : 亜 セレン 酸 ナトリウムについてだが 医 薬 品 扱 いであったものが 最 近 食 品 扱 いになったとのことだった また 必 須 の 栄 養 成 分 であるが 調 製 粉 乳 の 精 製 技 術 の 進 歩 により 精 製 度 が 上 がり 成 分 として 不 足 してしまうため 新 たに 追 加 しなくてはいけなくなったとのことだった これは 技 術 の 進 歩 による 不 都 合 と 考 えて 良 いのか また 他 にも 今 まで 医 薬 品 であったものが 食 品 に 移 ってくるものがあり それらについては 全 て 評 価 を 行 うのか :セレンの 必 要 量 はごく 微 量 であるが 全 くないと 欠 乏 により 問 題 となる

6 ところが 毒 性 量 はとても 低 いところにあり 少 しでも 上 回 ると 有 毒 とな る 調 製 粉 乳 は ホエーと 脂 肪 を 原 料 として 製 造 されると 思 うが ホエーの 純 度 が 上 がり セレンが 欠 乏 するようになったと 考 えられる また 葉 酸 に ついても 添 加 しないといけないということが 近 年 わかってきた このよう に 技 術 が 進 み 今 まで 知 られていなかった 必 須 の 栄 養 素 がわかってきた 家 畜 は 常 に 同 じ 飼 料 を 摂 取 しているため このような 栄 養 欠 乏 はよく 起 こ る しかし 通 常 ヒトは 色 々なものを 食 べているため このようなことは 起 こらない 問 題 は 赤 ちゃんや 経 管 栄 養 食 品 を 摂 取 している 方 であり こ れらの 方 は 常 に 同 じものを 食 べているので 必 要 な 微 量 成 分 をきちんと 加 え ることが 大 切 医 薬 品 扱 いだった 経 管 栄 養 食 品 が 食 品 扱 いとなったが 食 品 メーカーが 製 品 を 製 造 する 場 合 に これらは 食 品 添 加 物 として 扱 われるた め 当 委 員 会 での 評 価 が 必 要 となる : 微 量 成 分 の 話 は 1960 年 代 から 色 々わかってきた セレンについて 言 え ば 中 国 で 土 壌 にセレンが 少 ない 一 部 の 地 域 で 心 不 全 が 起 こり 問 題 となっ た 医 療 の 面 で 問 題 になったのは 静 脈 栄 養 により 主 要 な 栄 養 成 分 を 与 えて いるのに なぜか 具 合 が 悪 いという 症 状 があるということであった このよ うな 方 は 輸 血 すると 症 状 が 改 善 される 最 初 は 理 由 がわからなかったが 現 在 は 微 量 成 分 が 必 要 だということがわかってきた また セレンは 必 要 量 と 毒 性 量 がとても 近 いため 注 意 が 必 要 アメリカでは サプリメントの 製 造 段 階 でセレンの 添 加 量 の 桁 数 を 間 違 い そのサプリメントを 摂 取 してい た 方 が 中 毒 を 起 したという 事 例 がある : 例 えば 機 能 性 食 品 に 関 与 成 分 としてセレンが 記 載 されていたとしても 不 足 する 成 分 だからといってたくさん 摂 取 すると 問 題 になるということか : 医 者 で 処 方 された 薬 は 用 量 どおり 飲 む 方 が 多 い しかし サプリメント は 一 般 的 に 効 果 が 低 いため 倍 量 や3 倍 量 取 る 方 がいる そのため リスク はとても 高 いと 思 う :サプリメントは 足 りない 方 に 補 給 するものである 足 りている 人 にも 同 じ ようにビタミンを 含 めたサプリメントを 与 えているということが 世 界 中 で 問 題 となっている : 政 府 の 規 制 改 革 会 議 で 特 定 保 健 用 食 品 の 表 示 認 証 はとてもハードルが 高 く 大 企 業 しか 対 応 できないので ハードルを 下 げるべきだという 議 論 がなさ

7 れたとのことであった 特 定 保 健 用 食 品 を 中 小 企 業 も 出 せるように 今 後 規 制 を 緩 和 していく 方 向 になるのかな と 気 にしているところである : 特 定 保 健 用 食 品 については 健 康 にプラスになるとは 思 えないものも 指 定 されてきているように 思 えるが どのように 考 えれば 良 いのか : 我 々は 効 果 の 有 無 に 関 係 なく 安 全 性 の 評 価 を 行 うこととなっている ( 以 上 )

Microsoft Word - H26合体版【H260106】1.doc

Microsoft Word - H26合体版【H260106】1.doc ノロウイルスによる 食 中 毒 感 染 症 は 感 染 後 1 日 から 2 日 の 潜 伏 期 間 の 後 に 下 痢 腹 痛 吐 気 嘔 吐 などを 引 き 起 こす 疾 患 です ノロウイルスは 乾 燥 に 強 く また 消 毒 用 アルコールの 効 果 がないことから 次 亜 塩 素 酸 や 85 度 ~90 度 90 秒 間 以 上 の 加 熱 等 の 消 毒 が 必 要 ですが 不 適

More information

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し 第 4 鶏 2 章 信 州 黄 金 シャモ 衛 生 管 理 マニュアル 信 州 黄 金 シャモ 飼 育 の 統 一 基 準 で 定 められている 衛 生 管 理 は 下 記 の2 項 目 です 最 寄 りの 家 畜 保 健 衛 生 所 と 協 同 して 防 疫 対 策 に 取 り 組 んでください (1)サルモネラ 検 査 家 畜 保 健 衛 生 所 による 導 入 一 か 月 以 降 のロット 毎

More information

Microsoft Word - 2007.04村田.doc

Microsoft Word - 2007.04村田.doc 豊 浦 獣 医 科 クリニック 村 田 知 下 痢 症 対 策 まずは 環 境 対 策 から はじめに なぜ 動 物 は 下 痢 をするのでしょ 表 1: 下 痢 の 発 生 機 序 うか 実 はこの 下 痢 という 現 象 は ウイルス 感 染 による 発 熱 と 同 じよ うな もともとは 体 を 守 るための 生 体 防 御 反 応 の1つです 通 常 ヒトでは 1 日 に 約 9l の 水

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D209048956988C0915388CF88F589EF8358838983438368817590489569935989C195A882CC838A8358834E8176816993DE97C7816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D209048956988C0915388CF88F589EF8358838983438368817590489569935989C195A882CC838A8358834E8176816993DE97C7816A2E70707478> 食 品 安 全 委 員 会 事 務 局 から 食 品 添 加 物 の 安 全 性 の 考 え 方 やリスク 評 価 の 進 め 方 に ついて 話 題 提 供 させていただきます 1 食 品 添 加 物 は 食 品 の 保 存 性 を 向 上 させたり 栄 養 を 保 持 したり 品 質 を 高 めたり おいしさに 彩 りを 添 えるため 食 品 に 添 加 されるものです 食 品 添 加 物 には

More information

Microsoft Word - 狂犬病QA doc

Microsoft Word - 狂犬病QA doc 狂 犬 病 に 関 するQ&A 平 成 18 年 11 月 22 日 厚 生 労 働 省 この 度 フィリピンに 滞 在 中 に 狂 犬 病 の 犬 に 咬 まれ 感 染 し ワクチン 接 種 しなかった ため 日 本 帰 国 後 に 狂 犬 病 を 発 症 する 事 例 がありましたので このことを 踏 まえて 狂 犬 病 に 関 するQ&Aを 作 製 しました ( 平 成 18 年 11 月 22

More information

夏 場 に 多 い 食 中 毒 も 感 染 症 の 一 種 温 度 湿 度 ともに 上 昇 する 日 本 の 夏 は 細 菌 や 真 菌 (カビ)の 増 殖 も 活 発 になります 当 然 夏 場 に 多 くなる 食 中 毒 もあります 暑 い 時 期 に 特 に 気 をつけたいのは 腸 炎 ビブリ

夏 場 に 多 い 食 中 毒 も 感 染 症 の 一 種 温 度 湿 度 ともに 上 昇 する 日 本 の 夏 は 細 菌 や 真 菌 (カビ)の 増 殖 も 活 発 になります 当 然 夏 場 に 多 くなる 食 中 毒 もあります 暑 い 時 期 に 特 に 気 をつけたいのは 腸 炎 ビブリ 夏 に 気 をつけたい 感 染 症 について 2014 年 夏 東 京 でデング 熱 の 国 内 感 染 が 報 告 されました 感 染 症 という と 国 内 ではインフルエンザやノロウイルスなど 寒 い 時 期 を 連 想 しがちです が 暑 い 時 期 に 流 行 する 熱 帯 性 の 感 染 症 の 国 内 流 行 もあります そこで 愛 知 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

News Letter 2014.08.JP

News Letter 2014.08.JP 台 湾 に 於 けるサプリメント 輸 入 管 理 規 範 前 書 き 台 湾 が 高 齢 化 社 会 へ 進 むに 伴 い 人 々は 益 々 健 康 志 向 が 高 まり 日 々の 食 事 か らの 栄 養 摂 取 するほか サプリメントを 通 じて 不 足 しがちな 栄 養 を 補 足 しよ うと 望 むようになった サプリメントの 形 態 も 従 来 のビタミン 剤 から 現 在 の 人 体 特

More information

Microsoft PowerPoint - 資料4 ユーコープ安藤様.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 資料4 ユーコープ安藤様.ppt [互換モード] 資 料 4 食 品 に 関 するリスクコミュニケーション ~ 輸 入 食 品 の 安 全 性 確 保 に 関 する 意 見 交 換 会 ~ 消 費 者 から 見 た 輸 入 食 品 生 活 協 同 組 合 ユーコープ 参 加 と 連 携 推 進 本 部 安 藤 弥 生 実 利 用 は 約 113 万 人 供 給 高 約 1800 億 円 1 お 話 しすること (1) 輸 入 食 品 に 関 する

More information

家畜衛生ニュース-中央

家畜衛生ニュース-中央 中 央 家 畜 衛 生 通 信 第 65 号 平 成 25 年 8 月 発 行 岩 手 県 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 岩 手 県 中 央 家 畜 衛 生 協 議 会 目 次 家 畜 を 残 暑 から 守 りましょう 岩 手 県 牛 ヨーネ 病 防 疫 対 策 要 領 の 改 正 について 農 場 HACCP 興 味 のある 方 は 当 所 まで!! めん 羊 の 慢 性 銅 中 毒 1 3

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

Microsoft PowerPoint - 【講習会用】食品表示法

Microsoft PowerPoint - 【講習会用】食品表示法 資 料 4 食 品 表 示 法 保 健 事 項 に 係 る 表 示 について 沖 縄 県 保 健 医 療 部 健 康 長 寿 課 1 食 品 表 示 法 原 材 料 JAS 法 品 質 名 称 消 費 賞 味 期 限 保 存 方 法 食 品 衛 生 法 食 品 安 全 の 確 保 添 加 物 原 産 地 内 容 量 等 遺 伝 子 組 み 換 え 製 造 者 名 簿 アレルギー 等 健 康 増 進

More information

(5) 適 用 方 法 及 び 用 量 アセトアミノフェンの 使 用 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 等 を 以 下 に 示 す 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 使 用 国 休 薬 期 間 となっているものについては 今 回 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号

(5) 適 用 方 法 及 び 用 量 アセトアミノフェンの 使 用 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 等 を 以 下 に 示 す 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 使 用 国 休 薬 期 間 となっているものについては 今 回 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 アセトアミノフェン 今 般 の 残 留 基 準 の 検 討 については 本 剤 について 動 物 用 医 薬 品 としての 製 造 販 売 の 承 認 申 請 がなされたこと 及 び 使 用 禁 止 期 間 の 変 更 について 要 望 書 が 提 出 されたことに 伴 い 薬 事 法 に 基 づく 使 用 基 準 の 変 更 について 農 林 水 産 大 臣 から 意 見 聴 取 があったことから

More information

Ⅰ. 定 義 と 概 要... 3 1. 食 品... 3 1.-1 一 般 食 品 (Regular food)... 3 1.-2 特 定 管 理 食 品 (Specific controlled food)... 3 1.-3 品 質 規 格 管 理 食 品 (Prescribed Food

Ⅰ. 定 義 と 概 要... 3 1. 食 品... 3 1.-1 一 般 食 品 (Regular food)... 3 1.-2 特 定 管 理 食 品 (Specific controlled food)... 3 1.-3 品 質 規 格 管 理 食 品 (Prescribed Food タイにおける 健 康 食 品 制 度 概 要 2014 年 3 月 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 農 林 水 産 食 品 調 査 課 免 責 条 項 本 報 告 書 で 提 供 している 情 報 は ご 利 用 される 方 のご 判 断 責 任 においてご 使 用 ください ジェトロでは できるだけ 正 確 な 情 報 の 提 供 を 心 掛 けておりますが 本 報 告 書 で 提

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 豚 繁 殖 呼 吸 障 害 症 候 群 (PRRS) 対 象 家 畜 : 豚 いのしし 原 因 : PRRSウイルスはプラス 一 本 鎖 RNAをゲノムとし 北 米 型 と 欧 州 型 の 二 つの 遺 伝 子 型 に 大 別 され 前 者 がより 強 毒 である 疫 学 : 1987 年 に 米 国 で 確 認 された 新 興 感 染 症 であり 世 界 中 に 拡 散 し 日 本 でも 北 米

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D209EBE97CB8DD532303136897190B68AEE8F802E8AAE90AC94C5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D209EBE97CB8DD532303136897190B68AEE8F802E8AAE90AC94C5> 楡 陵 祭 2016 衛 生 基 準 1. 初 めに この 衛 生 基 準 は 楡 陵 祭 2016( 以 下 楡 陵 祭 )において 守 らなければならないルール を 記 載 したものである 食 品 提 供 を 行 う 際 食 中 毒 のリスクと 背 中 合 わせになっている ことを 忘 れてはならない 事 実 毎 年 各 地 の 大 学 祭 で 食 中 毒 の 事 件 が 発 生 している 衛

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

昭和62年度目本獣医公衆衛生学会講演要旨

昭和62年度目本獣医公衆衛生学会講演要旨 4~5 月 1~2 月 で 0.11-0.19%, T@-R18は 14-19 頭,その 他 は 4~8 頭. また, 出 産 の 重 なった 昭 和 61 年 4~5 (* 北 海 道 銀 11 路 保 -~II 路 市 花 園 町 8-6) 年 8 月 ~62 年 4 月 に, 北 海 ミートと 畜 場 に 搬 入 された 某 養 豚 場 の 6~7 カ 月 齢 肉 豚 に 継 続 的 に 発

More information

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc じん 臓 機 能 障 害 (1 級 3 級 4 級 ) じん 臓 は 体 の 適 切 な 水 分 量 や 必 要 な 塩 分 量 の 調 節 老 廃 物 の 排 泄 血 圧 や 血 液 成 分 の 数 時 間 から 数 日 にわたる 比 較 的 緩 やかな 継 続 的 な 調 節 を 主 な 機 能 としてしている この 機 能 に 障 害 があると 体 内 の 水 分 量 や 塩 分 の 調 節

More information

27477_Ł\”ƒ.ec6

27477_Ł\”ƒ.ec6 平 成 1 年 度 老 人 クラブ 生 活 モニター 活 動 高 齢 者 の 食 生 活 轄 高 齢 者 の 食 生 活 平 成 十 八 年 度 全 老 連 女 性 委 員 会 全 国 老 人 クラブ 連 合 会 女 性 委 員 会 Ⅰ モニターの 概 要 1 モニターの 主 体 と 目 的 全 国 老 人 クラブ 連 合 会 女 性 委 員 会 によるモニターは 高 齢 者 が 安 心 して 暮

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ 医 療 従 事 者 等 における 体 液 曝 露 事 故 後 の HIV 感 染 防 止 マニュアル 徳 島 県 エイズ 連 携 会 議 ( 平 成 28 年 4 月 改 訂 ) は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」 資 料 2 生 ごみの 堆 肥 飼 料 利 用 に 関 するヒアリングについて 1. 概 要 飼 料 化 堆 肥 化 等 の 生 ごみ 利 用 について 食 品 製 造 工 場 から 排 出 されるものから 家 庭 から 排 出 されるものに 至 るまでの 生 ごみを 想 定 し 主 に 飼 料 堆 肥 のユーザー 側 の 関 係 団 体 にインタビュー 形 式 でヒアリングを 行 った インタビューでは

More information

Taro-H21.05(改正).jtd

Taro-H21.05(改正).jtd 5. 養 豚 農 家 濃 密 指 導 による 経 営 改 善 事 例 豊 後 大 野 家 畜 保 健 衛 生 所 丸 山 信 明 芦 刈 美 穂 里 秀 樹 廣 瀬 英 明 1. 農 家 の 概 要 平 成 7 年 度 に 県 の 指 導 により 農 場 から 食 卓 へ をキャッチフレ-ス に 有 名 な 料 理 研 究 家 を 招 いて 養 豚 生 産 者 3 戸 が 共 同 でハム 加 工 販

More information

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医 熊 本 県 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 後 の 抗 HIV 薬 服 用 マニュアル 平 成 25 年 3 月 マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

Microsoft Word - 最終報告_ver8.docx

Microsoft Word - 最終報告_ver8.docx 福 島 第 一 原 発 事 故 を 受 けて 放 射 線 についての 教 育 現 状 とその 意 識 調 査 リスク 工 学 グループ 演 習 8 班 新 屋 樹 中 田 星 子 劉 陽 (アドバイザー 教 員 : 掛 谷 英 紀 ) 1.はじめに 11 年 3 月 11 日 の 東 日 本 大 震 災 により 福 島 第 一 原 発 事 故 が 発 生 し 放 射 性 物 質 が 漏 れ 出 した

More information

食 品 添 加 物 とは < 食 品 添 加 物 の 定 義 > 食 品 衛 生 法 第 4 条 第 2 項 添 加 物 とは 食 品 の 製 造 の 過 程 にお いて 又 は 食 品 の 加 工 若 しくは 保 存 の 目 的 で 食 品 に 添 加 混 和 浸 潤 その 他 の 方 法 によっ

食 品 添 加 物 とは < 食 品 添 加 物 の 定 義 > 食 品 衛 生 法 第 4 条 第 2 項 添 加 物 とは 食 品 の 製 造 の 過 程 にお いて 又 は 食 品 の 加 工 若 しくは 保 存 の 目 的 で 食 品 に 添 加 混 和 浸 潤 その 他 の 方 法 によっ 食 品 添 加 物 について 平 成 26 年 11 月 22 日 神 奈 川 県 食 品 衛 生 課 食 の 安 全 推 進 グループ 1 食 品 添 加 物 とは < 食 品 添 加 物 の 定 義 > 食 品 衛 生 法 第 4 条 第 2 項 添 加 物 とは 食 品 の 製 造 の 過 程 にお いて 又 は 食 品 の 加 工 若 しくは 保 存 の 目 的 で 食 品 に 添 加 混

More information

平成13年度調査研究

平成13年度調査研究 1-1 1-2 - 1 - 1-3 30 6 40-2 - (1) 122000 10 1 2,693 182006 1 2,774 252013 622050 1 60 (2) 3 014 481973 209 122000 119 014 1980 2,700 122000 1,851 152003 1,700 282016 1,600 622050 1,084 1564 1564 71996

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 に 係 る 水 道 法 第 二 一 条 に 規 定 する 健 康 診 断 の 実 施 等 について( 平 成 八 年 八 月 六 日 )( 衛 水 第 二 三 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 水 道 行 政 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 厚 生 省 生 活 衛 生 局 水 道 環 境 部 水 道 整 備 課 長 通 知 ) 伝 染 病 予 防 法

More information

第29回 東京大学農学部公開セミナー

第29回 東京大学農学部公開セミナー 東 京 大 学 農 学 部 公 開 セミナー 第 48 回 食 卓 を 彩 る 農 学 研 究 講 演 要 旨 集 ~~~~~~~~~~ プログラム ~~~~~~~~~~ 開 会 の 挨 拶 13:3 5 ~ 1 4 : 2 5 和 食 の 中 心 ~ 米 と 魚 水 圏 生 物 科 学 専 攻 教 授 潮 秀 樹 休 憩 ( 10 分 ) 1 4 : 3 5 ~ 1 5 : 2 5 肉 こそ 豊

More information

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況 HIV への 職 業 上 曝 露 後 の 感 染 防 止 予 防 服 用 マニュアル 一 般 医 療 機 関 用 平 成 26 年 10 月 < 兵 庫 県 エイズ 拠 点 病 院 連 絡 協 議 会 編 > 兵 庫 県 健 康 福 祉 部 健 康 局 疾 病 対 策 課 目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087448AFA8CC090DD92E882CC837C83438393836781695031398160503335816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087448AFA8CC090DD92E882CC837C83438393836781695031398160503335816A2E646F63> 期 限 設 定 の ポ イ ン ト はじめに はじめに 期 限 表 示 には 次 の2とおりの 表 示 方 法 があります 用 語 消 費 期 限 賞 味 期 限 定 められた 方 法 により 保 存 した 場 合 定 義 意 味 腐 敗 変 敗 その 他 の 品 質 の 劣 化 に 伴 い 安 全 性 を 欠 くこととなるおそれがな いと 認 められる 期 限 を 示 す 年 月 日 をい う 品

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

Microsoft PowerPoint - 4_②SNNATEC掲載用西尾,.ppt

Microsoft PowerPoint - 4_②SNNATEC掲載用西尾,.ppt 食 品 を 介 して 人 体 に 危 害 を 及 ぼすノロウイ ルス 感 染 症 とその 対 策 について 愛 知 医 科 大 学 西 尾 治 平 成 23 年 5 月 26 日 三 重 県 総 合 文 化 センター 主 催 ( 財 ) 食 品 分 析 開 発 センターSUNATEC 細 菌 ウイルスの 大 きさ 細 菌 =μm= 1μm =1/1000mm ウイルス=nm 1nm=1/1000μm

More information

学 校 で 実 施 されている 紫 外 線 対 策 として 帽 子 着 用 指 導 プールに 日 よけを 設 置 紫 外 線 の 障 害 作 用 および 予 防 法 についての 指 導 サンスクリーン 剤 の 使 用 許 可 プール 授 業 時 のサンスクリーン 剤 使 用 が 回 答 されています

学 校 で 実 施 されている 紫 外 線 対 策 として 帽 子 着 用 指 導 プールに 日 よけを 設 置 紫 外 線 の 障 害 作 用 および 予 防 法 についての 指 導 サンスクリーン 剤 の 使 用 許 可 プール 授 業 時 のサンスクリーン 剤 使 用 が 回 答 されています 2010 年 1 月 7 日 放 送 第 108 回 日 本 皮 膚 科 学 会 総 会 15 教 育 講 演 25 より 学 校 保 健 を 考 える 学 校 における 紫 外 線 対 策 東 京 慈 恵 会 医 科 大 学 附 属 第 三 病 院 皮 膚 科 教 授 上 出 良 一 はじめに 紫 外 線 の 持 つ 皮 膚 や 眼 に 対 する 傷 害 性 が 明 らかになり 紫 外 線 防 御

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63> 糖 尿 病 の 医 療 体 制 構 築 について 第 1 糖 尿 病 の 現 状 1 糖 尿 病 の 疫 学 状 況 糖 尿 病 は 血 液 中 のブドウ 糖 ( 血 糖 )が 過 剰 に 増 える 疾 病 で 血 糖 値 を 下 げるホルモンである インスリンの 不 足 により 主 に 幼 児 から 小 児 期 に 発 症 する1 型 糖 尿 病 と 過 食 運 動 不 足 肥 満 な どによりインスリンの

More information

と 運 動 持 久 力 を 豊 富 に 含 んだ 赤 血 球 は 細 い 血 管 もスムーズに 流 れます 一 般 に 牛 脂 や 豚 脂 などの 動 物 性 脂 肪 には 飽 和 脂 肪 酸 が 多 く 含 ま れ 常 温 では 固 体 です これに 対 して 大 豆 油 やごま 油 のような 植

と 運 動 持 久 力 を 豊 富 に 含 んだ 赤 血 球 は 細 い 血 管 もスムーズに 流 れます 一 般 に 牛 脂 や 豚 脂 などの 動 物 性 脂 肪 には 飽 和 脂 肪 酸 が 多 く 含 ま れ 常 温 では 固 体 です これに 対 して 大 豆 油 やごま 油 のような 植 エイコサペンタエン 酸 ()は 青 魚 の 脂 肪 に 多 く 含 まれている 必 須 脂 肪 酸 です これまでに 心 血 管 系 疾 患 の 予 防 炎 症 を 抑 える 作 用 などが 知 られていま したが 新 たに 運 動 持 久 力 を 高 め ドライアイの 症 状 を 和 らげる 効 果 もあるこ とが 分 かってきました の 新 しい 機 能 について 小 林 悟 先 生 守 口 徹

More information

Microsoft PowerPoint - さいたま市 pptx

Microsoft PowerPoint - さいたま市 pptx 1 サイエンスカフェ ~ 健 康 食 品 に 頼 りすぎていませんか?~ 健 康 食 品 サプリメント の 適 切 な 使 用 の 考 え 方 ( 独 ) 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 情 報 センター 梅 垣 敬 三 健 康 食 品 とは? 健 康 の 保 持 増 進 に 資 する 食 品 全 般 が 該 当 すると 考 えられる サプリメントとは? 一 般 には 米 国 のDietary

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

Microsoft Word - MSDS A3H.doc

Microsoft Word - MSDS A3H.doc Mediracs P/N MPH090015 Co.,Ltd. MS090015_201004ver2 別 化 学 物 質 等 安 全 データシート (MSDS MSDS) 製 名 : 4%テトラヒドロフラン 溶 液 MSDS 称 品 : 番 整 号 N 理 : 末 番 端 MPH090015 号 プロテインシーケンス : MS090015_201004ver2 用 試 薬 A3H 1. 製 品 及

More information

トランス脂肪酸に関するとりまとめ(参考資料)

トランス脂肪酸に関するとりまとめ(参考資料) 参 考 資 料 1~6 目 次 参 考 資 料 1. 食 品 中 のトランス 脂 肪 酸 含 有 量 参 考 資 料 2.トランス 脂 肪 酸 飽 和 脂 肪 酸 含 有 量 の 変 化 参 考 資 料 3. 食 品 中 の 脂 質 及 びトランス 脂 肪 酸 含 有 量 参 考 資 料 4. 外 食 食 品 中 のトランス 脂 肪 酸 含 有 量 参 考 資 料 5. 脂 肪 エネルギー 比 率

More information

大 気 環 境 局 長 通 知 )を 御 参 照 いただきたい 昆 虫 綱 及 びクモ 綱 に 属 する 動 物 ( 人 畜 に 有 害 な 毒 素 を 産 生 するものを 除 く )であっ て 使 用 場 所 と 同 一 の 都 道 府 県 内 ( 離 島 (その 地 域 の 全 部 又 は 一

大 気 環 境 局 長 通 知 )を 御 参 照 いただきたい 昆 虫 綱 及 びクモ 綱 に 属 する 動 物 ( 人 畜 に 有 害 な 毒 素 を 産 生 するものを 除 く )であっ て 使 用 場 所 と 同 一 の 都 道 府 県 内 ( 離 島 (その 地 域 の 全 部 又 は 一 25 消 安 第 5776 号 環 水 大 土 発 第 1403281 号 平 成 26 年 3 月 28 日 ( 改 正 : 平 成 26 年 11 月 25 日 ) 各 都 道 府 県 知 事 宛 農 林 水 産 省 消 費 安 全 局 長 環 境 省 水 大 気 環 境 局 長 特 定 農 薬 ( 特 定 防 除 資 材 )として 指 定 された 資 材 ( 天 敵 を 除 く )の 留 意

More information

5 ウイルス行政検査について

5 ウイルス行政検査について 5 ウイルス 行 政 検 査 について 平 成 12 年 5 月 8 日 健 医 感 発 第 43 号 各 都 道 府 県 ( 政 令 市 特 別 区 ) 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 省 保 健 医 療 局 結 核 感 染 症 課 長 標 記 については 昭 和 42 年 10 月 20 日 衛 防 第 50 号 厚 生 省 公 衆 衛 生 局 防 疫 課 長 通 知 により 実

More information

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満)

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満) 第 12 回 代 謝 統 合 の 破 綻 ( 糖 尿 病 と 肥 満 ) 日 紫 喜 光 良 基 礎 生 化 学 講 義 2014.7.15 1 糖 尿 病 とは インスリンの 相 対 的 もしくは 絶 対 的 な 不 足 に 起 因 する 空 腹 時 の 血 糖 値 上 昇 で さまざまな 疾 患 からなる 症 候 群 2 図 25.1より 1 型 糖 尿 病 と2 型 糖 尿 病 1 型 糖 尿

More information

H28知事・国立あて

H28知事・国立あて 28 文 科 初 第 409 号 平 成 28 6 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 附 属 学 校 を 置 く 各 国 立 大 学 法 人 学 長 殿 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 長 小 松 親 次 郎 ( 印 影 印 刷 ) 平 成 28 度 学 校 給 食 表 彰 に 関 する 被 表 彰 候 補 者 の 推 薦 について( 依 頼 ) 文 部 科 学 省 では 学

More information

日本アレルギー学会第27期理事会

日本アレルギー学会第27期理事会 化 粧 品 中 のタンパク 加 水 分 解 物 の 安 全 性 に 関 する 特 別 委 員 会 報 告 第 2 回 ( 第 6 回 ) 化 粧 品 中 のタンパク 加 水 分 解 物 の 安 全 性 に 関 する 特 別 委 員 会 日 時 :2012 年 10 月 8 日 ( 月 祝 日 ) 11:00~15:30 場 所 : 日 本 アレルギー 学 会 事 務 局 会 議 室 出 席 者 :

More information

スライド 1

スライド 1 協 働 で 生 み 出 す 食 の 信 頼 フード コミュニケーション プロジェクト 平 成 21 年 2 月 農 林 水 産 省 消 費 安 全 局 表 示 規 格 課 長 新 井 ゆたか 急 激 に 低 下 する 生 活 者 の 企 業 に 対 する 信 頼 とりわけ 食 品 企 業 への 信 頼 度 は 低 い 企 業 に 対 する 信 頼 度 の 変 化 この 一 年 間 で 低 くなった

More information

食品安全委員会_メルマガ総集編001_2.indd

食品安全委員会_メルマガ総集編001_2.indd 食 べ 物 をつくるときに 使 うもの 食 品 添 加 物 とは( 食 品 添 加 物 の 役 割 ) 2012( 平 成 24) 年 11 月 30 日 / 12 月 13 日 2014( 平 成 26) 年 9 月 16 日 / 9 月 26 日 配 信 食 品 添 加 物 とは 食 品 添 加 物 ってどんなものか 知 っていますか? 本 当 はどうなんでしょう? 正 しく 知 っていただき

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

Microsoft Word - 原稿 一般衛生管理マニュアル解説書

Microsoft Word - 原稿 一般衛生管理マニュアル解説書 8 食 品 等 の 衛 生 的 な 取 扱 管 理 規 定 の 遵 守 事 項 管 理 運 営 基 準 6 食 品 等 の 取 扱 い (1) 原 材 料 の 仕 入 れに 当 たっては 品 質 鮮 度 包 装 状 態 表 示 等 について 点 検 すること ならびにそれ らの 結 果 および 当 該 原 材 料 の 購 入 先 の 記 録 に 努 めること (2) 原 材 料 は 当 該 原 材

More information

平 成 25 年 度 乳 用 種 初 生 牛 の 経 営 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 26 年 2 月 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 はじめに この 報 告 書 は 公 益 社 団 法 人 中 央 畜 産 会 に 委 託 して 実 施 した 平 成 25 年 度 乳 用 種 初 生 牛 の 経 営 に 関 する 調 査 の 成 果 を 取 りまとめたものである

More information

(2) 有 害 化 学 物 質 一 次 産 品 に 含 まれる 有 害 化 学 物 質 ( 環 境 中 に 存 在 する 重 金 属 とその 類 似 物 質 ) カドミウム 鉛 ヒ 素 メチル 水 銀 鉱 物 や 土 壌 などの 中 に 天 然 に 存 在 する 重 金 属 腎 障 害 や 骨 代

(2) 有 害 化 学 物 質 一 次 産 品 に 含 まれる 有 害 化 学 物 質 ( 環 境 中 に 存 在 する 重 金 属 とその 類 似 物 質 ) カドミウム 鉛 ヒ 素 メチル 水 銀 鉱 物 や 土 壌 などの 中 に 天 然 に 存 在 する 重 金 属 腎 障 害 や 骨 代 平 成 25 年 6 月 28 日 農 林 水 産 省 食 品 安 全 セミナー( 微 生 物 編 ) 参 考 資 料 (1) 有 害 微 生 物 農 林 水 産 省 が 優 先 的 にリスク 管 理 を 行 う 対 象 に 位 置 付 けているハザードについての 情 報 (ハザードは 五 十 音 順 に 掲 載 ) 食 中 毒 の 症 状 原 因 となる 食 品 等 カンピロバクター サルモネラ

More information

このように 私 達 日 本 人 は 万 葉 の 昔 から 今 尚 美 しい 人 形 を 飾 っ て 色 彩 味 わいの 中 に 季 節 感 を 求 める 国 民 であり 一 つ 一 つの 歳 時 記 を 大 事 に 想 いそんな 春 の1 日 を 心 持 ちする(*^_^*) 何 よ りも 楽 しい

このように 私 達 日 本 人 は 万 葉 の 昔 から 今 尚 美 しい 人 形 を 飾 っ て 色 彩 味 わいの 中 に 季 節 感 を 求 める 国 民 であり 一 つ 一 つの 歳 時 記 を 大 事 に 想 いそんな 春 の1 日 を 心 持 ちする(*^_^*) 何 よ りも 楽 しい 3 月 3 日 はひな 祭 り 別 名 を 桃 の 節 句 女 の 子 のお 節 句 が 桃 の 節 句 と 呼 ばれる ようになったのは 桃 は 五 行 の 精 邪 気 を 祓 い 百 鬼 を 制 す という 魔 除 けの 信 仰 に 由 来 しています また 早 春 に 花 を 開 いて 多 くの 実 を 結 ぶことか ら 聖 なる 多 産 な 木 として 凶 を 祓 い 魔 を 防 ぐ すなわち

More information

⑤大量調理施設衛生管理マニュアルH20改訂版

⑤大量調理施設衛生管理マニュアルH20改訂版 (5) 家 庭 でできる 食 中 毒 予 防 の 6 つのポイント 1996 年 は 学 校 給 食 等 が 原 因 となった 過 去 に 例 を 見 ない 規 模 の 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 O157 による 集 団 食 中 毒 が 多 発 しました 1997 年 に 入 っても 家 庭 が 原 因 と 疑 われる 散 発 的 な 発 生 が 続 き 死 亡 した 例 も 報 告 されています

More information

<4A2D3320986196F3834F838D815B836F838B837D815B835083628367836083468362834E838A835883678169945F8FEA94C5816A2E786C73>

<4A2D3320986196F3834F838D815B836F838B837D815B835083628367836083468362834E838A835883678169945F8FEA94C5816A2E786C73> 一 次 生 産 予 備 的 注 意 事 項 : 最 低 限 として 常 に 現 地 の 規 則 および 仕 向 国 の 規 則 ( 該 当 する 場 合 )が 適 用 される A. 食 品 安 全 関 連 要 素 B.A 1 記 録 維 持 食 品 安 全 に 関 する 農 業 規 範 について そのすべての 関 連 記 録 を 維 持 しなければならない B.A 1.1 すべての 必 要 記 録

More information

[各種動物の拡散防止措置の要件]②

[各種動物の拡散防止措置の要件]② カイコ [ 遺 伝 子 組 換 え 動 物 の 拡 散 防 止 措 置 の 例 ]2 協 力 : 九 州 大 学 大 学 院 農 学 研 究 院 准 教 授 伴 野 豊 先 生 京 都 工 芸 繊 維 大 学 工 芸 科 学 研 究 科 応 用 生 物 学 部 門 教 授 森 肇 先 生 東 京 大 学 大 学 院 農 学 生 命 科 学 研 究 科 教 授 嶋 田 透 先 生 1. 動 物 の 特

More information

調 理 洗 う 切 る 混 ぜる 漬 ける 冷 やす ゆでる 煮 る 蒸 す 揚 げる 炒 める 焼 く 電 子 レン ジ 加 熱 食 品 を 安 全 にする 食 べやすくする おいしくする 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員

調 理 洗 う 切 る 混 ぜる 漬 ける 冷 やす ゆでる 煮 る 蒸 す 揚 げる 炒 める 焼 く 電 子 レン ジ 加 熱 食 品 を 安 全 にする 食 べやすくする おいしくする 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員 食 中 毒 を 防 ぐ 加 熱 調 理 洗 う 切 る 混 ぜる 漬 ける 冷 やす ゆでる 煮 る 蒸 す 揚 げる 炒 める 焼 く 電 子 レン ジ 加 熱 食 品 を 安 全 にする 食 べやすくする おいしくする 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員 火 の 利 用 1920 年 代 に 中 国 の 北 京 郊 外 の 周 口 で 発 見 された 北 京

More information

スライド 1

スライド 1 High-Life Review & Future 第 4 号 企 画 案 V1.3 食 ライフスタイル 研 究 2007 取 材 食 生 活 テーマ: 食 ライフスタイル 変 化 のこれまでとこれから - 戦 後 と ここ30 年 ほどの 変 化 1. 食 のライフスタイルはどう 変 わってきたか? 2. 女 性 ( 母 親 )や 家 族 の 変 化 とどう 関 わってきたのか 3. 今 後 日

More information

目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 175 3. 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準

目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 175 3. 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 平 成 20 年 4 月 1 日 制 定 平 成 23 年 6 月 13 日 最 終 改 定 一 般 社 団 法 人 日 本 冷 凍 食 品 協 会 目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 25 年 6 月 稲 沢 市 民 病 院 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E5189C18ED282A982E782A282BD82BE82A282BD8EBF96E2814588D38CA982C682BB82CC89F1939A817993DE97C7817A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E5189C18ED282A982E782A282BD82BE82A282BD8EBF96E2814588D38CA982C682BB82CC89F1939A817993DE97C7817A2E646F6378> 食 品 のリスクを 考 えるフォーラム( 奈 良 県 ) ~ 気 になる 食 品 添 加 物 ~ 平 成 23 年 12 月 21 日 ( 水 ) 参 加 者 の 皆 さんからいただいた 質 問 意 見 カード を 基 に 意 見 や 質 問 が 交 換 されました 意 見 交 換 の 主 なやりとりは 以 下 のとおりです : 食 品 安 全 委 員 会 事 務 局 : 奈 良 県 Q: 食 品

More information

くすりとは

くすりとは くすりの 正 しい 使 い 方 一 般 用 Tokyo Pharmaceutical Association くすりの 名 前 くすりの 名 前 には 商 品 名 のほかに 一 般 名 ( 成 分 名 )があります 商 品 名 は 会 社 固 有 のブランド 名 で 一 般 名 はくすりの 成 分 に 特 有 のもので 世 界 共 通 です 一 般 名 アセチルサリチル 酸 (アスピリン) 2 商

More information

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会 平 成 23 年 度 第 4 回 神 戸 市 保 健 医 療 審 議 会 保 健 医 療 連 絡 協 議 専 門 分 科 会 ( 議 事 録 ) 日 時 : 平 成 23 年 10 月 17 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 ~2 時 32 分 場 所 : 神 戸 市 役 所 1 号 館 14 階 大 会 議 室 議 題 : 病 院 開 設 許 可 事 務 に 係 る 意 見 について 神

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

1 各 臓 器 疾 患 別 の 詳 しい 診 療 内 容 (1) 食 道 疾 患 について (2) 胃 疾 患 について (3) 腸 疾 患 について (4) 胆 道 疾 患 について (5) 膵 疾 患 について (6) 肝 臓 疾 患 について (1) 食 道 疾 患 について まず 良 性 疾 患 として 逆 流 性 食 道 炎 の 増 加 が 目 立 ちます 動 物 性 脂 肪 や 刺 激 物

More information

発行日 2010/12/28

発行日 2010/12/28 日 立 ISE 用 洗 浄 液 (N), 日 立 ハイテクノロジーズ, 1/7 発 行 日 2011/7/10 製 品 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 製 品 コード 986-8008 整 理 番 号 会 社 名 住 所 担 当 部 門 日 立 ISE 用 洗 浄 液 (N) MSM0003 日 立 ハイテクノロジーズ 電 話

More information

P. 9-2 検 討 を 進 めたが 必 要 に 応 じて 食 品 企 業 団 体 案 および 国 外 の 関 連 資 料 の 内 容 も 考 慮 した 2.ガイドライン 案 の 適 用 対 象 厚 生 労 働 省 自 主 点 検 ガイドライン は 錠 剤 カプセル 状 等 食 品 の 製 造 に

P. 9-2 検 討 を 進 めたが 必 要 に 応 じて 食 品 企 業 団 体 案 および 国 外 の 関 連 資 料 の 内 容 も 考 慮 した 2.ガイドライン 案 の 適 用 対 象 厚 生 労 働 省 自 主 点 検 ガイドライン は 錠 剤 カプセル 状 等 食 品 の 製 造 に P. 9-1 健 康 食 品 の 安 全 性 評 価 ガイドライン (2008 年 6 月 更 新 ) 財 団 法 人 日 本 健 康 栄 養 食 品 協 会 健 康 食 品 安 全 性 評 価 に 係 る 検 討 委 員 会 Ⅰ.ガイドライン 作 成 の 目 的 と 安 全 性 評 価 の 基 本 的 考 え 方 1. 目 的 近 年 国 民 の 健 康 に 対 する 関 心 の 高 まりなどを

More information

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら ABVD 療 法 の 手 引 き 2013 年 1 月 国 立 がん 研 究 センター 中 央 病 院 血 液 腫 瘍 科 薬 剤 部 看 護 部 はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ

More information

HIV感染防止マニュアル(出力用).indd

HIV感染防止マニュアル(出力用).indd ( 別 紙 1) 紹 介 状 病 院 担 当 医 様 この 度, 患 者 様 の 体 液 によって, 当 院 の 職 員 が, 皮 内 粘 膜 及 び 傷 のある 皮 膚 への 曝 露 事 故 を 起 こしました ついては, 必 要 な 検 査, 予 防 内 服 の 処 方 及 び 指 導 について, 御 検 討 いただきますようお 願 いしま す 職 員 名 所 属 部 署 連 絡 先 平 成 年

More information

1 C 型 肝 炎 ウイルスは どのように 感 染 しますか? わが 国 では 150 ~ 200 万 人 の 人 が C 型 肝 炎 ウイルスに 感 染 している キャリア で,このうち 感 染 していることを 知 らずに 過 ごしている 人 が 80 万 人 といわれていま す 感 染 の 主

1 C 型 肝 炎 ウイルスは どのように 感 染 しますか? わが 国 では 150 ~ 200 万 人 の 人 が C 型 肝 炎 ウイルスに 感 染 している キャリア で,このうち 感 染 していることを 知 らずに 過 ごしている 人 が 80 万 人 といわれていま す 感 染 の 主 肝 臓 病 の 理 解 のために 3 C 型 肝 炎 一 般 社 団 法 人 日 本 肝 臓 学 会 1 C 型 肝 炎 ウイルスは どのように 感 染 しますか? わが 国 では 150 ~ 200 万 人 の 人 が C 型 肝 炎 ウイルスに 感 染 している キャリア で,このうち 感 染 していることを 知 らずに 過 ごしている 人 が 80 万 人 といわれていま す 感 染 の 主

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838A8386815B835890488AED82CC897190B68AC7979D82C98AD682B782E9834B8343836883898343839388C481518DC58F4994C52E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838A8386815B835890488AED82CC897190B68AC7979D82C98AD682B782E9834B8343836883898343839388C481518DC58F4994C52E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> リユース 食 器 の 衛 生 管 理 に 関 する 自 主 ガイドライン 2011 年 3 月 リユース 食 器 ネットワーク 本 ガイドラインは 三 井 物 産 環 境 基 金 の 助 成 を 受 けて 作 成 しました 1 はじめに リユース 食 器 は 繰 り 返 し 使 用 することから きちんとした 衛 生 管 理 を 行 うこ とが 不 可 欠 です 食 品 の 取 り 扱 いに 関 する

More information

研 究 の 動 機 外 食 をしていて 水 を 飲 んだらとてもまずかった 母 が 塩 素 の 影 響 かなあ と 言 ったのがきっかけ 他 の 店 で 水 が 入 っているコップにレモンが 入 っ ていた 臭 いが 無 く 美 味 しく 飲 めた 塩 素 に 関 係 があるのか 知 りたくな った

研 究 の 動 機 外 食 をしていて 水 を 飲 んだらとてもまずかった 母 が 塩 素 の 影 響 かなあ と 言 ったのがきっかけ 他 の 店 で 水 が 入 っているコップにレモンが 入 っ ていた 臭 いが 無 く 美 味 しく 飲 めた 塩 素 に 関 係 があるのか 知 りたくな った 残 留 塩 素 を やっつけろ 部 門 A 実 験 を 中 心 に 追 究 したもの 新 川 中 学 校 1 年 1 組 石 川 敦 大 1 研 究 の 動 機 外 食 をしていて 水 を 飲 んだらとてもまずかった 母 が 塩 素 の 影 響 かなあ と 言 ったのがきっかけ 他 の 店 で 水 が 入 っているコップにレモンが 入 っ ていた 臭 いが 無 く 美 味 しく 飲 めた 塩 素 に

More information

イヌリンと脂質異常症

イヌリンと脂質異常症 イヌリンと 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) 株 式 会 社 国 際 医 薬 品 開 発 研 究 所 代 表 取 締 役 薬 学 博 士 工 藤 庄 次 はじめに: イヌリンとは 難 消 化 性 の 水 溶 性 高 分 子 多 糖 で, チコリ, 菊 芋, にんにく, ゴボウ, ニラ, タマネギ, アスパラガスなどの 根 菜 野 菜 に 含 まれる 日 本 において, チコリや 菊 芋 は

More information

肝機能検査の基礎

肝機能検査の基礎 肝 機 能 検 査 の 基 礎 刈 谷 豊 田 総 合 病 院 臨 床 検 査 科 大 島 彩 肝 臓 の 特 徴 と 働 き 特 徴 人 体 の 代 謝 能 の 中 枢 大 きな 予 備 能 と 再 生 能 を 有 する ( 正 常 肝 の 場 合 6/7を 切 除 しても 肝 機 能 は 正 常 に 働 く!!) 働 き 1 代 謝 機 能 (グルコース アミノ 酸 脂 肪 酸 など) 2 胆

More information

Microsoft PowerPoint - 2015.1001_関東農政局(森岡)

Microsoft PowerPoint - 2015.1001_関東農政局(森岡) 宮 崎 県 内 の と 畜 場 における HACCP 導 入 の 概 要 宮 崎 県 衛 生 管 理 指 導 主 幹 都 城 食 肉 衛 生 検 査 所 黒 木 伸 二 高 崎 食 肉 衛 生 検 査 所 長 倉 祐 一 小 林 食 肉 衛 生 検 査 所 岩 切 章 都 農 食 肉 衛 生 検 査 所 森 岡 浩 文 日 向 食 肉 衛 生 検 査 所 三 重 野 由 子 宮 崎 県 のと 畜 頭

More information

なってきました ペットは 伴 侶 動 物 として 人 と 最 も 身 近 に 生 活 することを 考 えれば 時 に 最 も 危 険 な 感 染 源 に 変 身 する 可 能 性 があると 考 えられます ペットフード 協 会 が 調 べ た 2011 年 のペット 飼 育 率 をみると 犬 猫 な

なってきました ペットは 伴 侶 動 物 として 人 と 最 も 身 近 に 生 活 することを 考 えれば 時 に 最 も 危 険 な 感 染 源 に 変 身 する 可 能 性 があると 考 えられます ペットフード 協 会 が 調 べ た 2011 年 のペット 飼 育 率 をみると 犬 猫 な 2012 年 8 月 8 放 送 ペットを 介 して 広 がる 感 染 症 酪 農 学 園 大 学 獣 医 学 群 獣 医 学 類 食 品 衛 生 学 ユニット 教 授 田 村 豊 人 獣 共 通 感 染 症 とは? 本 日 は ペットを 介 して 人 に 感 染 する 感 染 症 のお 話 をさせていた だきたいと 思 います 脊 椎 動 物 と 人 との 間 で 自 然 に 伝 播 する 感 染

More information

<81798F649776817A944E8E9F95CA9048928693C594AD90B68FF38BB581698CF68A4A9770816A2E786C73>

<81798F649776817A944E8E9F95CA9048928693C594AD90B68FF38BB581698CF68A4A9770816A2E786C73> 1 富 山 県 内 の 発 生 件 数 8 件 患 者 110 名 ( 死 者 0 名 ) 平 成 22 年 No 発 生 月 日 摂 取 者 数 患 者 数 死 者 数 原 因 食 品 病 因 物 質 血 清 型 等 1 2 月 7 日 富 山 市 23 7 0 鶏 肉 刺 身 カンピロバクター ジェジュニ 飲 食 店 ( 軽 飲 食 ) 2 4 月 9 日 黒 部 市 34 23 0 不 明 (

More information

貧 血 とは 貧 血 とは 循 環 している 血 液 中 の 赤 血 球 数 が 少 ない 場 合 の 総 称 です 貧 血 になり 現 れる 症 状 として めまい 立 ちくらみ 顔 色 が 悪 い 動 悸 息 切 れ 頭 痛 食 欲 不 振 疲 れやすい などがあります 走 査 電 顕 で 見

貧 血 とは 貧 血 とは 循 環 している 血 液 中 の 赤 血 球 数 が 少 ない 場 合 の 総 称 です 貧 血 になり 現 れる 症 状 として めまい 立 ちくらみ 顔 色 が 悪 い 動 悸 息 切 れ 頭 痛 食 欲 不 振 疲 れやすい などがあります 走 査 電 顕 で 見 -- - 0 - -- 貧 血 とは 貧 血 とは 循 環 している 血 液 中 の 赤 血 球 数 が 少 ない 場 合 の 総 称 です 貧 血 になり 現 れる 症 状 として めまい 立 ちくらみ 顔 色 が 悪 い 動 悸 息 切 れ 頭 痛 食 欲 不 振 疲 れやすい などがあります 走 査 電 顕 で 見 た 赤 血 球 これらの 状 況 は 体 の 各 器 官 の 酸 素 不 足

More information

スライド 1

スライド 1 1. すい 臓 の 生 理 学 血 糖 値 を 下 げる 唯 一 のホルモン : インスリン すい 臓 から 分 泌 される すい 臓 の 働 き 消 化 液 の 分 泌 ホルモンの 分 泌 すい 臓 のホルモン 分 泌 に 関 わる 細 胞 の 集 まり 食 物 の 消 化 を 助 ける 血 糖 値 に 関 係 する ランゲルハンス 島 細 胞 の 名 称 分 泌 されるホルモン ホルモンの 役

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 4 ベストパフォーマンスを 発 揮 するための 7つの 疑 問 とその 解 決 すべき 課 題 について ~ 改 めて 確 認 してみよう 自 らの 繁 殖 飼 養 衛 生 管 理 ~ 1 なぜ 生 乳 生 産 量 が 減 少 しているのか? 2 なぜ 乳 用 牛 の 頭 数 が 減 少 しているのか? 3 なぜ 分 娩 事 故 や 子 牛 の 事 故 が 減 らないのか? 4 なぜ 乳 用

More information

この 薬 を 使 う 前 に 確 認 すべきことは? 次 の 人 は この 薬 を 使 用 することはできません 高 カルシウム 血 症 の 人 次 に 掲 げる 骨 肉 腫 の 発 生 リスクが 高 いと 考 えられる 人 骨 ページェット 病 の 人 原 因 不 明 のアルカリフォスファターゼ

この 薬 を 使 う 前 に 確 認 すべきことは? 次 の 人 は この 薬 を 使 用 することはできません 高 カルシウム 血 症 の 人 次 に 掲 げる 骨 肉 腫 の 発 生 リスクが 高 いと 考 えられる 人 骨 ページェット 病 の 人 原 因 不 明 のアルカリフォスファターゼ この 薬 は? フォルテオ 皮 下 注 キット 600μg 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2015 年 1 月 更 新 販 売 名 一 般 名 含 有 量 [1 キット (2.4mL) 中 ] フォルテオ 皮 下 注 キット 600μg テリパラチド( 遺 伝 子 組 換 え) Teriparatide (Genetical Recombination) 600μg 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CC3905881469A6291A78BB38EBA8E9197BF322E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CC3905881469A6291A78BB38EBA8E9197BF322E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 2009 年 11 月 7 日 第 5 回 福 岡 病 院 アレルギー 喘 息 教 室 成 人 喘 息 とウイルス 感 染 国 立 病 院 機 構 福 岡 病 院 呼 吸 器 科 医 長 古 森 雅 志 気 管 支 喘 息 とは? 気 道 の 炎 症 は 慢 性 的 にあり 特 定 のアレル ゲン(アレルギーの 原 因 物 質 )やその 他 の 物 質 を 主 に 吸 い 込 んで その 刺 激 により

More information

Microsoft Word - 2.妊娠期の管理.doc

Microsoft Word - 2.妊娠期の管理.doc 2. 妊 娠 期 の 管 理 1) 妊 娠 鑑 定 超 音 波 検 査 による 妊 娠 鑑 定 の 実 施 時 期 1 妊 娠 ( 交 配 後 )14 日 目 受 胎 および 双 胎 の 有 無 の 確 認 2 妊 娠 ( 交 配 後 )16 日 目 胚 胞 の 発 育 状 態 の 確 認 シストとの 識 別 双 胎 の 有 無 の 確 認 不 受 胎 の 場 合 は 卵 胞 の 発 育 状 態 を

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798ECA905E82C9838D8353917D93FC8DCF82DD817A82A282A28E9588E38ED282C688AB82A28E9588E38ED282CC2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798ECA905E82C9838D8353917D93FC8DCF82DD817A82A282A28E9588E38ED282C688AB82A28E9588E38ED282CC2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 根 管 治 療 根 管 治 療 とは 歯 の 骨 に 埋 まってる 部 分 の 根 にあたる 場 所 にある 管 根 管 を 治 療 する 事 を 指 し ます 虫 歯 が 大 きくなり 神 経 を 取 らなければいけないとき( 抜 髄 ) 根 のなかにバイ 菌 による 感 染 が 起 こったとき( 感 染 根 管 治 療 )に 行 われます 抜 髄 時 の 治 療 は しっかりと 行 えば 成 功

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ 第 4 部 施 策 の 展 開 1 妊 産 婦 乳 幼 児 への 保 健 対 策 の 充 実 < 現 状 と 課 題 > 地 域 で 母 子 が 安 心 して 生 活 するためには 妊 娠 出 産 産 後 における 地 域 での 切 れ 目 の ない 支 援 が 必 要 となります そのためには 医 療 機 関 行 政 NPO 関 係 団 体 等 が 密 接 に 関 わりながら 産 前 から の 相

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

03_27計画(本文)黒下線無

03_27計画(本文)黒下線無 平 成 27 年 度 千 葉 県 食 品 衛 生 監 視 指 導 計 画 千 葉 県 健 康 福 祉 部 衛 生 指 導 課 目 次 第 1 基 本 指 針 1 第 2 総 括 的 事 項 1 1 監 視 指 導 計 画 の 対 象 地 域 2 監 視 指 導 計 画 の 対 象 者 等 3 実 施 期 間 第 3 監 視 指 導 を 実 施 すべき 事 項 1 1 共 通 監 視 指 導 事 項

More information

は じ め に 世 界 有 数 の 長 寿 国 となった 日 本 において 年 を 重 ねても いかに 健 康 で 充 実 し た 暮 らしをしてくことができるかが 最 大 の 課 題 です 山 形 県 の 健 康 増 進 計 画 とし て 平 成 24 年 度 に 策 定 された 健 康 やまがた

は じ め に 世 界 有 数 の 長 寿 国 となった 日 本 において 年 を 重 ねても いかに 健 康 で 充 実 し た 暮 らしをしてくことができるかが 最 大 の 課 題 です 山 形 県 の 健 康 増 進 計 画 とし て 平 成 24 年 度 に 策 定 された 健 康 やまがた 一 人 暮 らし 後 期 高 齢 者 の 食 と 生 活 習 慣 に 関 する 実 態 調 査 報 告 平 成 27 年 3 月 山 形 県 置 賜 保 健 所 は じ め に 世 界 有 数 の 長 寿 国 となった 日 本 において 年 を 重 ねても いかに 健 康 で 充 実 し た 暮 らしをしてくことができるかが 最 大 の 課 題 です 山 形 県 の 健 康 増 進 計 画 とし て

More information

市場と経済A

市場と経済A 財 政 学 Ⅰ 1 第 12 回 租 税 (6) 消 費 税 ( 付 加 価 値 税 )(2) 2015 年 6 月 26 日 ( 金 ) 担 当 : 天 羽 正 継 ( 経 済 学 部 経 済 学 科 准 教 授 ) 2 日 本 の 消 費 税 (1) 2013 年 度 決 算 における 消 費 税 の 収 入 額 は10.8 兆 円 で 税 収 に 占 める 割 合 は23.6% 一 般 会 計

More information