Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Save this PDF as:
Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 基金規約(新).docx"

Transcription

1 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の 請 求 に 基 づ いて この 基 金 が 裁 定 する ( 基 本 年 金 額 及 び 加 算 年 金 額 ) 第 49 条 基 本 年 金 額 は 加 入 員 であった 全 期 間 の 平 均 標 準 給 与 額 ( 加 入 員 期 間 の 計 算 の 基 礎 と なる 各 月 の 報 酬 標 準 給 与 の 月 額 ( 法 第 26 条 第 1 項 の 規 定 により 同 項 に 規 定 する 従 前 標 準 報 酬 月 額 が 当 該 月 の 標 準 報 酬 月 額 とみなされた 月 にあっては 同 項 の 規 程 中 標 準 報 酬 月 額 とあ るのを 報 酬 標 準 給 与 の 月 額 と 読 み 替 えた 従 前 報 酬 標 準 給 与 の 月 額 )と 賞 与 標 準 給 与 の 額 の 総 額 を 加 入 員 期 間 の 月 数 で 除 して 得 た 額 をいう 以 下 同 じ )の 1,000 分 の 5.558( 別 表 第 8の 左 欄 に 掲 げる 者 については 同 表 の 右 欄 のように 読 み 替 えるものとする )に 相 当 する 額 に 加 入 員 期 間 の 月 数 を 乗 じて 得 た 額 から 法 附 則 第 32 条 第 1 項 の 認 可 を 受 けた 日 以 後 の 加 入 員 であった 期 間 の 平 均 標 準 給 与 額 の 1,000 分 の 5.481( 別 表 第 9の 左 欄 に 掲 げる 者 については 同 表 の 右 欄 のように 読 み 替 えるものとする )に 相 当 する 額 に 法 附 則 第 32 条 第 1 項 の 認 可 を 受 けた 日 以 後 の 加 入 員 であった 期 間 の 月 数 を 乗 じて 得 た 額 を 控 除 した 額 とする 2. 法 第 78 条 の6 第 1 項 及 び 第 2 項 又 は 法 第 78 条 の 14 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 により 標 準 報 酬 の 改 定 が 行 われた 場 合 ( 法 第 78 条 の 20 第 1 項 に 該 当 する 場 合 を 含 む )であって この 基 金 の 加 入 員 又 は 加 入 員 であった 者 が 法 第 78 条 の2に 定 める 第 1 号 改 定 者 又 は 法 第 78 条 の 14 に 定 める 特 定 被 保 険 者 ( 同 条 第 1 項 ( 法 第 78 条 の 20 第 1 項 に 規 定 する 場 合 を 含 む )の 規 定 により 標 準 報 酬 が 改 定 された 者 をいう )( 以 下 併 せて 第 1 号 改 定 者 等 という )に 該 当 し た 場 合 の 基 本 年 金 額 は 前 項 の 規 定 にかかわらず 前 項 の 規 定 により 計 算 した 額 から 法 第 78 条 の2 第 1 項 に 規 定 する 対 象 期 間 ( 以 下 対 象 期 間 という ) 又 は 法 第 78 条 の14 第 1 項 に 規 定 する 特 定 期 間 ( 以 下 特 定 期 間 という )のうちこの 基 金 の 法 附 則 第 32 条 第 1 項 の 認 可 を 受 けた 日 前 の 加 入 員 であった 期 間 ( 当 該 標 準 報 酬 の 改 定 が 行 われたときに 加 入 員 である 受

2 給 権 者 である 場 合 は 法 第 78 条 の2 第 2 項 に 規 定 する 標 準 報 酬 改 定 請 求 又 は 法 第 78 条 の 14 第 1 項 の 規 定 による 標 準 報 酬 の 改 定 及 び 決 定 の 請 求 ( 以 下 併 せて 改 定 請 求 という )のあ った 日 以 前 の 直 近 の 年 金 裁 定 又 は 年 金 額 の 改 定 を 行 った 際 に 基 本 年 金 額 の 計 算 の 基 礎 となっ た 加 入 員 期 間 に 限 る )について 次 の 各 号 に 定 める 額 の 合 計 額 ( 法 第 78 条 の 14 の 規 定 によ る 標 準 報 酬 の 改 定 及 び 決 定 を 請 求 した 場 合 ( 法 第 78 条 の 20 第 1 項 に 該 当 する 場 合 を 除 く ) は 第 3 号 及 び 第 4 号 の 合 計 額 とする )を 当 該 対 象 となる 加 入 員 期 間 の 月 数 で 除 した 額 に 1,000 分 の 5.481( 別 表 第 9の 左 欄 に 掲 げる 者 については 同 表 の 右 欄 のように 読 み 替 えるも のとする )を 乗 じた 額 に 当 該 対 象 となる 加 入 員 期 間 の 月 数 を 乗 じて 得 た 額 ( 以 下 減 額 相 当 額 という )を 控 除 した 額 とする (1) 当 該 基 金 の 法 附 則 第 32 条 第 1 項 の 認 可 を 受 けた 日 前 の 加 入 員 であった 期 間 のうち 対 象 期 間 における 改 定 前 の 標 準 報 酬 月 額 を 基 準 として 定 めた 報 酬 標 準 給 与 の 月 額 ( 法 第 78 条 の 20 第 2 項 の 規 定 による 改 定 が 行 われる 場 合 は 当 該 改 定 後 の 額 とする )に 改 定 割 合 ( 法 第 78 条 の6 第 1 項 に 規 定 する 改 定 割 合 をいう 以 下 同 じ )を 乗 じた 額 (2) 当 該 基 金 の 法 附 則 第 32 条 第 1 項 の 認 可 を 受 けた 日 前 の 加 入 員 であった 期 間 のうち 対 象 期 間 における 改 定 前 の 標 準 賞 与 額 を 基 準 として 定 めた 賞 与 標 準 給 与 の 額 ( 法 第 78 条 の 20 第 2 項 の 規 定 による 改 定 が 行 われる 場 合 は 当 該 改 定 後 の 額 とする )に 改 定 割 合 を 乗 じ た 額 (3) 当 該 基 金 の 法 附 則 第 32 条 第 1 項 の 認 可 を 受 けた 日 前 の 加 入 員 であった 期 間 のうち 特 定 期 間 における 改 定 前 の 標 準 報 酬 月 額 を 基 準 として 定 めた 報 酬 標 準 給 与 の 月 額 に2 分 の1 を 乗 じた 額 (4) 当 該 基 金 の 法 附 則 第 32 条 第 1 項 の 認 可 を 受 けた 日 前 の 加 入 員 であった 期 間 のうち 特 定 期 間 における 改 定 前 の 標 準 賞 与 額 を 基 準 として 定 めた 賞 与 標 準 給 与 の 額 に2 分 の1を 乗 じた 額 3. 法 附 則 第 7 条 の3 又 は 法 附 則 第 13 条 の4に 定 める 老 齢 厚 生 年 金 ( 以 下 繰 上 げ 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 という )の 受 給 権 を 有 する 者 に 支 給 する 基 本 年 金 額 は 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 にかかわらず 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 により 計 算 した 額 から 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 に より 計 算 した 額 に 減 額 率 を 乗 じて 得 た 額 を 減 じた 額 とする 4. 前 項 に 定 める 減 額 率 は 1,000 分 の5に 当 該 受 給 権 を 取 得 した 月 から 65 歳 ( 法 附 則 第 13 条 の4の 規 定 による 受 給 権 者 にあっては 法 附 則 第 8 条 の2 各 項 に 規 定 する 年 齢 )に 達 する 日 の 属 する 月 の 前 月 までの 月 数 を 乗 じて 得 た 率 とする 5. 法 第 44 条 の3の 規 定 による 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 繰 下 げの 申 出 をした 者 ( 当 該 繰 下 げの 申 出 に 係 る 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 した 月 前 における 加 入 員 であった 期 間 が1 月 以 上 である 者 に 限 る )の 基 本 年 金 額 は 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 にかかわらず 次 の 各 号 に 掲 げる 額 を 合 算 した 額 とする (1) 第 1 項 又 は 第 2 項 に 定 める 基 本 年 金 額 に 相 当 する 額 (2) 第 1 項 又 は 第 2 項 に 定 める 基 本 年 金 額 に 相 当 する 額 ( 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 した

3 日 の 属 する 月 ( 以 下 受 給 権 取 得 月 という )の 前 月 までの 加 入 員 であった 期 間 をその 計 算 の 基 礎 とするものに 限 る )に 基 金 令 第 24 条 の2 第 2 項 に 規 定 する 平 均 支 給 率 を 乗 じ て 得 た 額 に 当 該 受 給 権 者 に 係 る 厚 生 年 金 保 険 法 施 行 令 第 3 条 の5の2に 規 定 する 増 額 率 (1,000 分 の7に 受 給 権 取 得 月 ( 受 給 権 取 得 月 から 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 繰 下 げの 申 出 をし た 日 ( 以 下 申 出 日 という )の 属 する 月 までの 期 間 が5 年 を 超 える 場 合 にあっては 当 該 申 出 日 の5 年 前 の 属 する 月 をいう )の 翌 月 から 申 出 日 の 属 する 月 までの 月 数 を 乗 じ て 得 た 率 をいう )を 乗 じて 得 た 額 ( 以 下 繰 下 げ 加 算 額 という ) 6. 加 算 年 金 額 は この 基 金 の 加 算 適 用 加 入 員 であった 全 期 間 の 平 均 報 酬 標 準 給 与 月 額 ( 加 入 員 期 間 の 計 算 の 基 礎 となる 各 月 の 報 酬 標 準 給 与 の 月 額 を 平 均 した 額 をいう 以 下 同 じ )に 加 算 適 用 加 入 員 期 間 に 応 じて 別 表 第 2に 定 める 率 を 乗 じて 得 た 額 とする 第 50 条 削 除 ( 端 数 処 理 ) 第 51 条 給 付 を 受 ける 権 利 を 裁 定 する 場 合 又 は 給 付 の 額 を 改 定 する 場 合 において 給 付 の 額 に 100 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 100 円 に 切 り 上 げるものとする 2. 給 付 の 額 を 計 算 する 過 程 において 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを1 円 に 切 り 上 げ るものとする ただし 減 額 相 当 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 て 第 49 条 に 規 定 する 基 本 年 金 額 を 計 算 する 過 程 において 法 附 則 第 32 条 第 1 項 の 認 可 を 受 けた 日 以 後 の 加 入 員 であった 期 間 の 平 均 標 準 給 与 額 の 1,000 分 の 5.481( 別 表 第 9の 左 欄 に 掲 げる 者 については 同 表 の 右 欄 のように 読 み 替 えるものとする )に 相 当 する 額 に 法 附 則 第 32 条 第 1 項 の 認 可 を 受 けた 日 以 後 の 加 入 員 であった 期 間 の 月 数 を 乗 じて 得 た 額 に 50 銭 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 て 50 銭 以 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを1 円 に 切 り 上 げる ( 支 給 期 間 及 び 支 払 期 月 ) 第 52 条 年 金 の 支 給 は これを 支 給 すべき 事 由 が 生 じた 月 の 翌 月 から 始 め 権 利 が 消 滅 した 月 で 終 わるものとする 2. 年 金 は その 支 給 を 停 止 すべき 事 由 が 生 じたときは その 事 由 が 生 じた 月 の 翌 月 からその 事 由 が 消 滅 した 月 までの 間 は 支 給 しない ただし 第 58 条 第 2 項 から 第 3 項 の 規 定 によりそ の 全 部 又 は 一 部 の 支 給 を 停 止 する 場 合 においては 同 項 の 規 定 に 該 当 するに 至 った 月 から 該 当 しなくなった 月 の 前 月 までの 間 は 当 該 年 金 額 の 全 部 又 は 一 部 は 支 給 しない 3. 年 金 は 次 の 表 に 掲 げる 区 分 にしたがい 同 表 に 定 める 支 払 期 月 にそれぞれの 前 月 分 までを 支 払 う ただし 前 支 払 期 月 に 支 払 うべきであった 年 金 又 は 権 利 が 消 滅 した 場 合 若 しくは 年 金 の 支 給 を 停 止 した 場 合 におけるその 期 の 年 金 は 支 払 期 月 でない 月 であっても 支 払 うものとする

4 金 額 27 万 円 以 上 15 万 円 以 上 27 万 円 未 満 6 万 円 以 上 15 万 円 未 満 6 万 円 未 満 支 払 期 月 2 月 4 月 6 月 8 月 10 月 12 月 4 月 8 月 12 月 6 月 12 月 12 月 4. 加 入 員 である 第 2 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 が 各 月 末 日 に 設 立 事 業 所 に 使 用 されなくなった こと その 使 用 される 事 業 所 が 設 立 事 業 所 でなくなったこと 又 は 法 第 12 条 の 規 定 に 該 当 する に 至 ったことにより 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 し 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 となる 場 合 にあっては 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 第 2 種 退 職 年 金 の 支 給 は 権 利 が 消 滅 した 月 の 前 月 で 終 わるもの とし 第 1 種 退 職 年 金 の 支 給 は 年 金 を 支 給 すべき 事 由 が 生 じた 月 から 始 めるものとする ( 未 支 給 の 給 付 ) 第 53 条 受 給 権 者 が 死 亡 した 場 合 において その 死 亡 した 者 に 支 給 すべき 給 付 でまだその 者 に 支 給 しなかったものがあるときは その 者 の 配 偶 者 ( 婚 姻 の 届 出 をしていないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 む 以 下 同 じ ) 子 父 母 孫 祖 父 母 兄 弟 姉 妹 又 はこれら の 者 以 外 の 三 親 等 内 の 親 族 であって その 者 の 死 亡 の 当 時 その 者 と 生 計 を 同 じくしていたもの は 自 己 の 名 で その 未 支 給 の 給 付 の 支 給 を 請 求 することができる 2. 前 項 の 場 合 において 死 亡 した 受 給 権 者 が 死 亡 前 にその 給 付 を 請 求 していなかったときは 同 項 に 規 定 する 者 は 自 己 の 名 で その 給 付 を 請 求 することができる 3. 未 支 給 の 給 付 を 受 けるべき 者 の 順 位 は 厚 生 年 金 保 険 法 施 行 令 第 3 条 の2に 規 定 する 順 序 に よる 4. 未 支 給 の 給 付 を 受 けるべき 同 順 位 者 が2 人 以 上 あるときは その1 人 のした 請 求 は 全 員 の ためその 全 額 につきしたものとみなし その1 人 に 対 してした 支 給 は 全 員 に 対 してしたものと みなす ( 生 存 に 関 する 届 書 の 提 出 ) 第 53 条 の2 第 1 種 退 職 年 金 又 は 第 2 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 は 生 存 に 関 する 届 書 を 給 付 規 程 の 定 める 日 までに 基 金 に 提 出 しなければならない ただし 基 金 の 年 金 の 額 の 全 部 につき 支 給 が 停 止 されているときは この 限 りでない ( 所 在 不 明 者 に 関 する 届 書 の 提 出 ) 第 53 条 の3 第 1 種 退 職 年 金 又 は 第 2 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 の 属 する 世 帯 の 世 帯 主 その 他 その 世 帯 に 属 する 者 は 当 該 受 給 権 者 の 所 在 が1 月 以 上 明 らかでないときは 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 を 記 載 した 届 書 を 基 金 に 提 出 しなければならない (1) 所 在 不 明 となった 受 給 権 者 の 氏 名 及 び 性 別

5 (2) 当 該 受 給 権 者 と 同 一 世 帯 である 旨 (3) 年 金 証 書 の 番 号 2. 基 金 は 前 項 の 届 書 が 提 出 されたときには 当 該 受 給 権 者 に 対 し 自 ら 署 名 した 書 面 その 他 の 生 存 を 明 らかにすることができる 書 面 の 提 出 を 求 めることができる 3. 前 項 の 規 定 により 同 項 に 規 定 する 書 面 の 提 出 を 求 められた 当 該 受 給 権 者 は 当 該 書 面 を 基 金 に 提 出 しなければならない ( 受 給 権 の 保 護 ) 第 54 条 給 付 を 受 ける 権 利 は 譲 り 渡 し 担 保 に 供 し 又 は 差 し 押 えることができない ただ し 第 1 種 退 職 年 金 第 2 種 退 職 年 金 又 は 退 職 一 時 金 を 受 ける 権 利 については 国 税 滞 納 処 分 (その 例 による 処 分 を 含 む )により 差 し 押 える 場 合 は この 限 りでない

6 第 2 節 第 1 種 退 職 年 金 ( 支 給 要 件 ) 第 55 条 第 1 種 退 職 年 金 は 加 算 適 用 加 入 員 又 は 加 算 適 用 加 入 員 であった 者 が 次 の 各 号 のいず れかに 該 当 する 場 合 に その 者 に 支 給 する (1) 加 算 適 用 加 入 員 期 間 が 10 年 以 上 である 者 が 60 歳 に 達 した 後 に 脱 退 ( 死 亡 による 脱 退 を 除 く 以 下 同 じ )により 加 算 適 用 加 入 員 でなくなったとき 若 しくは 65 歳 に 達 したこ とにより 加 算 適 用 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 したとき 又 は 加 算 適 用 加 入 員 期 間 が 10 年 以 上 で 年 齢 が 50 歳 以 上 である 者 若 しくは 加 算 適 用 加 入 員 期 間 が 15 年 以 上 である 者 が 脱 退 によ り 加 算 適 用 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 した 後 に 加 算 適 用 加 入 員 となることなくして 60 歳 に 達 し たとき (2) 加 算 適 用 加 入 員 期 間 が 10 年 以 上 で 年 齢 が 50 歳 以 上 である 者 又 は 加 算 適 用 加 入 員 期 間 が 15 年 以 上 である 者 が 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 したとき (3) 加 算 適 用 加 入 員 期 間 が 10 年 以 上 である 者 が 法 附 則 第 8 条 ( 法 附 則 第 8 条 の2の 規 定 により 読 み 替 えられた 場 合 を 含 む )の 規 定 による 老 齢 厚 生 年 金 又 は 法 附 則 第 28 条 の3の 規 定 による 特 例 老 齢 厚 生 年 金 ( 以 下 特 例 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 という )の 受 給 権 を 取 得 したとき (4) 加 算 適 用 加 入 員 期 間 が 10 年 以 上 である 加 入 員 又 は 加 算 適 用 加 入 員 期 間 が 15 年 以 上 であ る 者 若 しくは 加 算 適 用 加 入 員 期 間 が 10 年 以 上 で 脱 退 時 の 年 齢 が 50 歳 以 上 である 者 が 繰 上 げ 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 取 得 したとき ( 年 金 額 ) 第 56 条 第 1 種 退 職 年 金 の 額 は 基 本 年 金 額 と 加 算 年 金 額 とを 合 算 した 額 とする 2. 第 2 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 のうち 繰 上 げ 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 有 する 者 が 65 歳 ( 法 附 則 第 13 条 の4の 規 定 による 受 給 権 者 にあっては 法 附 則 第 8 条 の2 各 項 に 規 定 する 年 齢 )に 達 する 前 に 前 条 に 該 当 し 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 を 取 得 したときは 当 該 者 の 第 1 種 退 職 年 金 のうち 基 本 年 金 額 は 従 前 の 額 とし その 者 が 当 該 年 齢 に 達 したときに 第 4 項 の 規 定 を 適 用 し 改 定 する 3. 第 1 種 退 職 年 金 の 額 については 受 給 権 者 がその 権 利 を 取 得 した 月 以 後 における 加 入 員 であ った 期 間 又 は 加 算 適 用 加 入 員 であった 期 間 は その 計 算 の 基 礎 としない 4. 加 入 員 である 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するに 至 ったときは 前 項 の 規 定 にかかわらず それぞれの 当 該 各 号 のいずれかに 該 当 するに 至 った 日 の 属 する 月 前 における 加 入 員 又 は 加 算 適 用 加 入 員 であった 期 間 を 第 1 種 退 職 年 金 の 額 の 計 算 の 基 礎 とする ものとし 第 1 号 に 該 当 する 場 合 にあっては 該 当 するに 至 った 日 の 属 する 月 から 第 2 号 から 第 5 号 に 該 当 する 場 合 にあっては 該 当 するに 至 った 日 の 属 する 月 の 翌 月 から その 額 を 改 定

7 する (1) 脱 退 により 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 し かつ 加 入 員 となることなくして 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 した 日 から 起 算 して1 月 を 経 過 したとき (2) 特 例 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 取 得 したとき (3) 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 取 得 したとき (4) 繰 上 げ 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 したとき (5) 法 附 則 第 13 条 の4の 規 定 による 受 給 権 者 が 65 歳 に 達 したとき 5. 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 のうち 繰 上 げ 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 有 する 者 が 65 歳 ( 法 附 則 第 13 条 の4の 規 定 による 受 給 権 者 にあっては 法 附 則 第 8 条 の2 各 項 に 規 定 する 年 齢 )に 達 するまでの 間 は 前 項 の 規 定 にかかわらず 基 本 年 金 額 の 改 定 は 行 わないものとし 当 該 年 齢 に 達 した 日 の 属 する 月 の 翌 月 から 次 の 各 号 に 定 める 額 を 合 算 した 額 に 改 定 する (1) 改 定 前 の 基 本 年 金 額 (2) 第 49 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 同 項 中 加 入 員 であった 全 期 間 及 び 加 入 員 期 間 を 改 定 前 の 年 金 額 の 計 算 の 基 礎 とした 加 入 員 期 間 を 除 く 加 入 員 期 間 に 読 み 替 えて 計 算 された 額 6. 前 各 項 の 規 定 にかかわらず 加 入 員 である 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 が 設 立 事 業 所 に 使 用 されなくなったとき その 使 用 される 事 業 所 が 設 立 事 業 所 でなくなったとき 又 は 法 第 12 条 の 規 定 に 該 当 するに 至 ったときにあっては その 日 から 起 算 して1 月 を 経 過 した 日 の 属 する 月 か ら その 額 を 改 定 する ただし 基 本 年 金 額 の 改 定 は 法 附 則 第 7 条 の3の 規 定 による 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 者 にあっては 65 歳 ( 法 附 則 第 13 条 の4の 規 定 による 受 給 権 者 にあっては 法 附 則 第 8 条 の2 各 項 に 規 定 する 年 齢 )に 達 している 者 に 限 るものとする ( 第 1 号 改 定 者 等 の 標 準 報 酬 の 改 定 に 伴 う 年 金 額 の 変 更 ) 第 56 条 の2 この 基 金 は 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 について 法 第 78 条 の6 第 1 項 第 1 号 及 び 第 2 項 第 1 号 又 は 法 第 78 条 の 14 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 により 標 準 報 酬 の 改 定 が 行 われた 場 合 ( 法 第 78 条 の 20 第 1 項 に 該 当 する 場 合 を 含 む )であって 当 該 受 給 権 者 が 第 1 号 改 定 者 等 に 該 当 する 場 合 は 当 該 改 定 に 係 る 改 定 後 の 標 準 報 酬 を 基 準 として 定 めた 報 酬 標 準 給 与 の 月 額 及 び 賞 与 標 準 給 与 の 額 ( 当 該 受 給 権 者 が 加 入 員 である 場 合 は 改 定 請 求 のあった 日 以 前 の 直 近 の 年 金 裁 定 又 は 年 金 額 の 改 定 を 行 った 際 に 基 本 年 金 額 の 計 算 の 基 礎 となった 加 入 員 期 間 に 係 る 報 酬 標 準 給 与 の 月 額 及 び 賞 与 標 準 給 与 の 額 に 限 る )を 基 本 年 金 額 の 計 算 の 基 礎 とするも のとし 改 定 請 求 のあった 日 の 属 する 月 の 翌 月 から その 額 を 改 定 するものとする 2.この 基 金 は 法 第 78 条 の6 第 1 項 第 1 号 及 び 第 2 項 第 1 号 又 は 法 第 78 条 の 14 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 により 標 準 報 酬 の 改 定 が 行 われたときは 当 該 改 定 に 係 る 第 1 号 改 定 者 等 の 老 齢 年 金 給 付 の 支 給 に 関 する 義 務 の 一 部 ( 法 第 85 条 の3の 規 定 に 基 づき 政 府 がこの 基 金 から 徴 収 する 額 に 相 当 する 老 齢 年 金 給 付 の 支 給 に 関 する 義 務 に 限 る )を 免 れるものとする

8 ( 失 権 ) 第 57 条 第 1 種 退 職 年 金 を 受 ける 権 利 は 受 給 権 者 が 死 亡 したときは 消 滅 する ( 在 職 等 による 支 給 停 止 ) 第 58 条 第 1 種 退 職 年 金 は 受 給 権 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するまでの 間 は その 額 の うち 基 本 年 金 額 に 相 当 する 部 分 の 支 給 を 停 止 する (1)65 歳 に 達 したとき (2) 特 例 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 取 得 したとき (3) 繰 上 げ 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 取 得 したとき 2. 加 入 員 である 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 のうち 特 例 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 有 す る 者 又 は 繰 上 げ 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 有 する 者 については その 者 が 65 歳 未 満 で ある 間 は それぞれ 法 附 則 第 13 条 第 4 項 の 各 号 ( 第 3 号 及 び 第 4 号 を 除 く ) 又 は 法 附 則 第 13 条 の7 第 5 項 の 第 1 号 に 掲 げる 場 合 に 応 じ 基 本 年 金 額 に 相 当 する 額 のうち 基 本 年 金 額 に 第 1 号 に 定 める 額 を 第 2 号 に 定 める 額 で 除 した 率 を 乗 じて 得 た 額 を 超 える 部 分 ついて その 支 給 を 停 止 する (1) 法 附 則 第 13 条 第 4 項 の 各 号 ( 第 3 号 及 び 第 4 号 を 除 く ) 又 は 法 附 則 第 13 条 の7 第 5 項 の 第 1 号 に 定 める 額 (2) 加 入 員 であった 期 間 に 係 る 法 第 132 条 第 2 項 ( 法 附 則 第 7 条 の6 第 1 項 の 規 定 により 読 み 替 えられた 場 合 を 含 む )に 規 定 する 額 ( 以 下 本 条 において 代 行 部 分 の 額 という ) 3. 加 入 員 である 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 のうち 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 有 する 者 が 法 第 133 条 の2 第 3 項 ( 同 条 第 5 項 の 規 定 により 読 み 替 えられた 場 合 を 含 む 以 下 本 項 において 同 じ ) 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 又 は 法 附 則 第 7 条 の3に 定 める 繰 上 げ 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 有 する 者 が 法 附 則 第 7 条 の6 第 2 項 の 規 定 により 法 第 133 条 の2 第 3 項 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 については その 者 が 70 歳 未 満 である 間 は 基 本 年 金 額 ( 第 49 条 第 5 項 に 規 定 する 繰 下 げ 加 算 額 を 除 く 以 下 本 項 において 同 じ )に 相 当 する 額 のうち 基 本 年 金 額 に 第 1 号 に 定 める 額 を 第 2 号 に 定 める 額 で 除 した 率 を 乗 じて 得 た 額 を 超 える 部 分 に ついて その 支 給 を 停 止 する (1) 代 行 部 分 の 額 から 法 第 133 条 の2 第 3 項 に 定 める 支 給 停 止 額 を 控 除 して 得 た 額 (2) 代 行 部 分 の 額 4. 第 2 項 に 規 定 する 法 附 則 第 13 条 第 4 項 各 号 ( 第 3 号 及 び 第 4 号 を 除 く ) 又 は 法 附 則 第 13 条 の7 第 5 項 の 第 1 号 に 定 める 額 及 び 第 2 項 により 計 算 された 額 並 びに 第 3 項 に 規 定 する 代 行 部 分 の 額 から 法 第 133 条 の2 第 3 項 に 定 める 支 給 停 止 額 を 控 除 して 得 た 額 及 び 第 3 項 によ り 計 算 された 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを1 円 に 切 り 上 げるものとする 5. 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 は それぞれ 当 該 各 号 に 定 める 間 その 額 のうち 加 算 年 金 額 に 相 当 する 部 分 の 支 給 を 停 止 する (1)60 歳 に 達 していない 者 については 60 歳 に 達 するまでの 間

9 (2) 加 入 員 である 受 給 権 者 については 65 歳 に 達 するまでの 間 (3) 加 入 員 である 受 給 権 者 のうち 特 例 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 有 する 者 又 は 繰 上 げ 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 有 する 者 については その 者 が 60 歳 以 上 65 歳 未 満 で ある 間 は 前 号 の 規 定 にかかわらず 基 本 年 金 額 に 相 当 する 部 分 の 全 部 の 支 給 を 停 止 されて いる 間 ( 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 繰 下 げに 伴 う 支 給 停 止 ) 第 58 条 の2 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 が 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 したときに 老 齢 厚 生 年 金 の 裁 定 請 求 をしないときは 第 58 条 の 規 定 にかかわらず 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 取 得 月 の 翌 月 から 支 給 繰 下 げの 申 出 日 の 属 する 月 までの 間 基 本 年 金 額 について その 支 給 を 停 止 する 2. 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 が 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 の 繰 下 げを 行 う 場 合 は 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 取 得 月 の 末 日 までに 老 齢 厚 生 年 金 の 繰 下 げを 行 う 旨 をこの 基 金 に 申 し 出 なければならな い 3. 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 が 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 繰 下 げの 申 出 をした 場 合 は その 旨 をこの 基 金 に 申 し 出 なければならない 4. 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 基 本 年 金 額 の 支 給 を 停 止 していた 者 が 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 の 繰 下 げを 行 わない 場 合 は その 旨 をこの 基 金 に 申 し 出 なければならない この 場 合 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 したときに 遡 って 第 1 項 の 支 給 停 止 を 解 除 するものとする 5. 第 2 項 に 規 定 する 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 取 得 月 の 末 日 までに 同 項 の 申 出 を 行 っていない 者 が 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 の 繰 下 げの 申 出 をした 場 合 は 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 したときに 遡 って 同 項 の 申 出 を 行 ったものとし 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 したときから 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 繰 下 げの 申 出 をしたときまでの 期 間 について 基 本 年 金 額 の 支 給 を 停 止 するものとする 当 該 期 間 において 基 本 年 金 額 について 過 誤 払 が 行 われた 場 合 においては 当 該 者 は 当 該 過 誤 払 された 基 本 年 金 額 についてこの 基 金 に 対 し 返 還 を 行 うものとする

10 第 3 節 第 2 種 退 職 年 金 ( 支 給 要 件 ) 第 59 条 第 2 種 退 職 年 金 は 加 入 員 又 は 加 入 員 であった 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 した 時 において その 者 が 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 を 有 しないときに その 者 に 支 給 する (1) 加 入 員 が 65 歳 に 達 した 後 に 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 したとき 又 は 脱 退 により 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 した 後 に 加 入 員 となることなくして 65 歳 に 達 したとき (2) 加 入 員 又 は 加 入 員 であった 者 が 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 したとき (3) 加 入 員 又 は 加 入 員 であった 者 が 特 例 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 又 は 繰 上 げ 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 取 得 したとき ただし 加 入 員 がその 資 格 を 取 得 した 月 に 当 該 受 給 権 を 取 得 したときを 除 く (4) 老 齢 厚 生 年 金 特 例 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 又 は 繰 上 げ 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 者 で 当 該 老 齢 厚 生 年 金 特 例 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 又 は 繰 上 げ 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 取 得 した 月 以 後 の 月 に 加 入 員 の 資 格 を 取 得 したものであって その 年 金 の 額 が 法 第 43 条 第 3 項 法 附 則 第 7 条 の3 第 5 項 又 は 法 附 則 第 13 条 の4 第 5 項 若 しくは 第 6 項 の 規 定 により 改 定 されたとき ただし 加 入 員 の 資 格 を 取 得 した 月 又 はその 翌 月 から 改 定 され たときを 除 く ( 年 金 額 ) 第 60 条 第 2 種 退 職 年 金 の 額 は 基 本 年 金 額 に 相 当 する 額 とする 2. 第 2 種 退 職 年 金 の 額 については 受 給 権 者 がその 権 利 を 取 得 した 月 以 後 における 加 入 員 であ った 期 間 は その 計 算 の 基 礎 としない 3. 加 入 員 である 受 給 権 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するに 至 ったときは 前 項 の 規 定 にか かわらず それぞれ 当 該 各 号 のいずれかに 該 当 するに 至 った 日 の 属 する 月 前 における 加 入 員 で あった 期 間 を 第 1 項 の 額 の 計 算 の 基 礎 とするものとし 第 1 号 に 該 当 する 場 合 にあっては 該 当 するに 至 った 日 の 属 する 月 から 第 2 号 に 該 当 する 場 合 にあっては 該 当 するに 至 った 日 の 属 する 月 の 翌 月 から その 額 を 改 定 する (1) 脱 退 により 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 し かつ 加 入 員 となることなくして 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 した 日 から 起 算 して1 月 を 経 過 したとき (2) 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 取 得 したとき (3) 法 附 則 第 13 条 の4の 規 定 による 受 給 権 者 が 65 歳 に 達 したとき 4. 受 給 権 者 のうち 繰 上 げ 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 を 有 する 者 が 65 歳 ( 法 附 則 第 13 条 の 4の 規 定 による 受 給 権 者 にあっては 法 附 則 第 8 条 の2 各 項 に 規 定 する 年 齢 )に 達 するまでの 間 は 前 項 の 規 定 にかかわらず 年 金 額 の 改 定 は 行 わず 当 該 年 齢 に 達 した 日 の 属 する 月 の 翌 月 から 次 の 各 号 の 定 める 額 を 合 算 した 額 に 改 定 する

11 (1) 改 定 前 の 年 金 額 (2) 第 49 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 同 項 中 加 入 員 であった 全 期 間 及 び 加 入 員 期 間 を 改 定 前 の 年 金 額 の 計 算 の 基 礎 とした 加 入 員 期 間 を 除 く 加 入 員 期 間 に 読 み 替 えて 計 算 され た 額 5. 第 56 条 第 6 項 の 規 定 は 第 2 種 退 職 年 金 の 額 について 準 用 する この 場 合 において 同 項 中 第 1 種 退 職 年 金 とあるのは 第 2 種 退 職 年 金 と 読 み 替 えるものとする ( 第 1 号 改 定 者 等 の 標 準 報 酬 の 改 定 に 伴 う 年 金 額 の 変 更 ) 第 60 条 の2 第 56 条 の2の 規 定 は 第 2 種 退 職 年 金 の 額 について 準 用 する この 場 合 において 第 56 条 の2の 規 定 中 第 1 種 退 職 年 金 とあるのは 第 2 種 退 職 年 金 と 読 み 替 えるものと する ( 失 権 ) 第 61 条 第 2 種 退 職 年 金 を 受 ける 権 利 は 受 給 権 者 が 死 亡 したとき 又 は 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 を 取 得 したときは 消 滅 する ( 支 給 停 止 ) 第 62 条 第 58 条 第 2 項 から 第 4 項 までの 規 定 は 第 2 種 退 職 年 金 について 準 用 する この 場 合 において 第 58 条 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 中 第 1 種 退 職 年 金 とあるのは 第 2 種 退 職 年 金 と 読 み 替 えるものとする ( 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 繰 下 げに 伴 う 支 給 停 止 ) 第 62 条 の2 第 58 条 の2の 規 定 は 第 2 種 退 職 年 金 について 準 用 する この 場 合 において 第 58 条 の2の 規 定 中 第 1 種 退 職 年 金 とあるのは 第 2 種 退 職 年 金 と 読 み 替 えるものとす る

12 第 4 節 遺 族 一 時 金 ( 支 給 要 件 ) 第 63 条 遺 族 一 時 金 は 加 算 適 用 加 入 員 又 は 加 算 適 用 加 入 員 であった 者 が 次 の 各 号 のいずれ かに 該 当 する 場 合 に その 者 の 遺 族 に 支 給 する (1) 加 算 適 用 加 入 員 期 間 3 年 以 上 である 加 算 適 用 加 入 員 ( 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 を 除 く )が 死 亡 したとき (2) 第 55 条 に 規 定 する 加 算 適 用 加 入 員 期 間 を 満 たしている 者 が 加 算 適 用 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 した 後 60 歳 に 達 するまでの 間 に 死 亡 したとき (3) 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 者 が 第 1 種 退 職 年 金 のうち 加 算 年 金 額 に 相 当 する 部 分 の 支 給 が 開 始 された 後 10 年 を 経 過 する 前 に 死 亡 したとき ( 一 時 金 の 額 ) 第 64 条 遺 族 一 時 金 の 額 は 次 の 各 号 に 定 める 額 とする (1) 前 条 第 1 号 に 該 当 する 場 合 にあっては 平 均 報 酬 標 準 給 与 月 額 に 加 算 適 用 加 入 員 期 間 に 応 じて 別 表 第 2に 定 める 率 を 乗 じ さらに 死 亡 した 日 の 年 齢 に 応 じて 別 表 第 3に 定 める 率 を 乗 じて 得 た 額 とする (2) 前 条 第 2 号 に 該 当 する 場 合 にあっては 第 49 条 第 6 項 の 規 定 の 例 により 計 算 した 額 に 死 亡 時 の 年 齢 に 応 じて 別 表 第 3に 定 める 率 を 乗 じて 得 た 額 とする (3) 前 条 第 3 号 に 該 当 する 場 合 にあっては 第 1 種 退 職 年 金 のうち 加 算 年 金 額 に 相 当 する 額 に 支 給 済 期 間 に 応 じて 別 表 第 4に 定 める 率 を 乗 じて 得 た 額 とする ( 遺 族 ) 第 65 条 遺 族 一 時 金 を 受 けることができる 遺 族 は 死 亡 した 加 算 適 用 加 入 員 又 は 加 算 適 用 加 入 員 であった 者 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 兄 弟 姉 妹 又 はこれらの 者 以 外 の 三 親 等 内 の 親 族 であって その 者 の 死 亡 の 当 時 その 者 と 生 計 を 同 じくしていたものとする 2. 遺 族 一 時 金 を 受 けることができる 遺 族 の 順 位 は 前 項 に 規 定 する 順 序 による 3. 遺 族 一 時 金 を 受 けることができる 同 順 位 者 が2 人 以 上 あるときは その1 人 のした 請 求 は 全 員 のためその 全 額 につきしたものとみなし その1 人 に 対 してした 支 給 は 全 員 に 対 してし たものとみなす

13 第 5 節 退 職 一 時 金 ( 支 給 要 件 ) 第 66 条 退 職 一 時 金 は 加 算 適 用 加 入 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 に その 者 が 第 1 種 退 職 年 金 の 受 給 権 を 有 しないときに その 者 に 支 給 する (1) 加 算 適 用 加 入 員 期 間 3 年 以 上 である 者 が 脱 退 により 加 算 適 用 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 した とき (2) 加 算 適 用 加 入 員 期 間 3 年 未 満 である 者 が 65 歳 に 達 したことにより 加 算 適 用 加 入 員 の 資 格 を 喪 失 したとき ( 一 時 金 の 額 ) 第 67 条 退 職 一 時 金 の 額 は 次 の 各 号 に 掲 げる 区 分 に 応 じ それぞれ 当 該 各 号 に 掲 げる 額 とす る (1) 前 条 第 1 号 に 該 当 する 場 合 にあっては 平 均 報 酬 標 準 給 与 月 額 に 加 算 適 用 加 入 員 期 間 に 応 じて 別 表 第 2に 定 める 率 を 乗 じて 得 た 額 に さらに 脱 退 した 日 の 年 齢 に 応 じて 別 表 第 3に 定 める 率 を 乗 じて 得 た 額 とする (2) 前 条 第 2 号 に 該 当 する 場 合 にあっては 平 均 報 酬 標 準 給 与 月 額 に 加 算 適 用 加 入 員 期 間 に 応 じて 別 表 第 5に 定 める 率 を 乗 じて 得 た 額 に さらに を 乗 じて 得 た 額 とする ( 支 給 の 効 果 ) 第 68 条 退 職 一 時 金 の 支 給 を 受 けた 者 が 再 びこの 基 金 の 加 入 員 の 資 格 を 取 得 した 後 に 第 1 種 退 職 年 金 のうち 加 算 年 金 額 に 相 当 する 部 分 退 職 一 時 金 又 は 遺 族 一 時 金 の 支 給 要 件 の 判 定 及 び 給 付 額 の 算 定 にあたっては すでに 支 給 を 受 けた 退 職 一 時 金 の 額 の 計 算 の 基 礎 となった 加 算 適 用 加 入 員 期 間 は 当 該 給 付 の 計 算 の 基 礎 としないものとする ( 失 権 ) 第 69 条 削 除

6-2第1種退職年金

6-2第1種退職年金 第 2 節 第 1 種 退 職 年 金 ( 支 給 要 件 ) 第 52 条 第 1 種 退 職 年 金 は 加 算 適 用 加 入 員 又 は 加 算 適 用 加 入 員 であった 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 に その 者 に 支 給 する (1) 加 算 適 用 加 入 員 期 間 10 年 以 上 である 者 又 は 加 算 適 用 加 入 員 期 間 3 年

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

役員退職金支給規程

役員退職金支給規程 平 成 17 年 10 月 1 日 17( 規 程 ) 第 62 号 ( 改 正 ) 平 成 21 年 12 月 1 日 21( 規 程 ) 第 42 号 ( 改 正 ) 平 成 25 年 3 月 26 日 24( 規 程 ) 第 56 号 ( 改 正 ) 平 成 26 年 6 月 30 日 26( 規 程 ) 第 32 号 ( 改 正 ) 平 成 27 年 4 月 14 日 27( 規 程 ) 第

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 36 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

Microsoft Word - T2-09-1_紙上Live_独自給付_①_12分_20150525

Microsoft Word - T2-09-1_紙上Live_独自給付_①_12分_20150525 第 1 号 被 保 険 者 の 独 自 給 付 と 脱 退 一 時 金 今 回 の 講 義 では 第 1 号 被 保 険 者 の 独 自 給 付 と 短 期 滞 在 の 外 国 人 に 支 給 される 脱 退 一 時 金 について 学 習 します 付 加 年 金 付 加 年 金 に 関 しては 法 第 43 条 から 法 第 48 条 に 規 定 されています また 付 加 保 険 料 に 関 しては

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 規 程 第 5 号 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 の 退 職 手 当 について は この 規 程 の 定 めるところによる 2 この

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 する 職 員 が 退 職 ( 死 亡 を

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B>

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B> 独 立 行 政 法 人 自 動 車 事 故 対 策 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 7 号 改 正 平 成 16 年 3 月 24 日 平 成 16 年 機 構 規 程 第 4 号 改 正 平 成 18 年 3 月 27 日 平 成 18 年 機 構 規 程 ( 総 務 ) 第 4 号 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

む )の 規 定 は 同 令 第 二 百 六 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 申 告 書 と 併 せて 提 出 する 復 興 特 別 所 得 税 申 告 書 について 準 用 する 2 法 第 十 七 条 第 一 項 第 三 号 に 規 定 する 政 令 で 定 める 金 額 は 所 得

む )の 規 定 は 同 令 第 二 百 六 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 申 告 書 と 併 せて 提 出 する 復 興 特 別 所 得 税 申 告 書 について 準 用 する 2 法 第 十 七 条 第 一 項 第 三 号 に 規 定 する 政 令 で 定 める 金 額 は 所 得 政 令 第 十 六 号 復 興 特 別 所 得 税 に 関 する 政 令 内 閣 は 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 二 十 三 年 法 律 第 百 十 七 号 ) 第 四 章 の 規 定 に 基 づき この 政 令 を 制 定 する ( 定 義 ) 第 一 条 この 政

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版 役 員 退 職 手 当 規 程 目 次 第 1 条 総 則 第 2 条 退 職 手 当 の 受 給 者 第 2 条 の2 遺 族 の 範 囲 及 び 順 位 第 3 条 退 職 手 当 の 額 第 4 条 在 職 期 間 の 計 算 第 5 条 再 任 等 の 場 合 の 取 り 扱 い 第 6 条 解 任 された 場 合 の 退 職 手 当 の 支 給 制 限 第 7 条 退 職 手 当 の 支

More information

<5461726F31322D944E8BE08D5597AA835B837E91E6825589F1814083418362>

<5461726F31322D944E8BE08D5597AA835B837E91E6825589F1814083418362> 年 金 攻 略 ゼミ 第 6 回 厚 生 年 金 保 険 法 2 第 1 1 節 支 給 対 男 法 附 則 13 条 の4) 特 象 者 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 (2) 28 から 36 までの まれた 12 1 支 )であって の 繰 上 げの 特 例 2 昭 和 一 33 般 年 女 4 子 月 2 日 から昭 和 41 年 4 月 していない 1 日 までの もの 間 型 )であって

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添 茨 木 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 等 で 年 金 制 度 上 の 理 由 により 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 )に 規 定 する 老 齢 年 金 等 を 受 給 することができない 高 齢 者 に 対 し 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 ( 以 下 高

More information

2004syuki027職員退職手当規程

2004syuki027職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 度 九 大 就 規 第 27 号 制 定 : 平 成 16 年 4 月 1 日 最 終 改 正 : 平 成 27 年 3 月 30 日 ( 平 成 26 年 度 九 大 就 規 第 21 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 就 業 通 則 ( 平 成 16

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

<5461726F31322D325F81798ED0984A8E6D817A944E8BE08D8E959E814593BE>

<5461726F31322D325F81798ED0984A8E6D817A944E8BE08D8E959E814593BE> 社 労 士 講 座 資 格 の 大 原 年 金 克 服 得 点 アップセミナー 第 2 回 目 ( 年 金 克 服 得 点 アップセミナー 全 3 回 ) 第 1 回 国 民 年 金 法 第 2 回 厚 生 年 金 保 険 法 第 3 回 確 認 テスト 社 労 士 試 験 の 最 大 の 難 関 は 年 金 科 目 です これは1 仕 組 みについて 理 解 が 必 要 であるこ と2 他 の 科

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129>

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129> 国 立 大 学 法 人 室 蘭 工 業 大 学 役 員 の 給 与, 退 職 手 当, 紀 律, 旅 費 に 関 する 規 則 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 9 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 125 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 164 号 改 正 平 成 17 年 度 室 工 大 規 則 第 25 号 改 正 平 成 17 年

More information

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 12 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 という )

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう (

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう ( 給 与 税 金 社 会 保 険 の 知 識 給 与 明 細 を 解 読 してみよう ( 給 与 明 細 のイメージ) 平 成 26 年 8 月 分 給 与 明 細 書 株 式 会 社 氏 名 様 支 給 日 平 成 26 年 9 月 23 日 支 給 控 除 差 引 支 給 額 190,589 基 本 給 ( 月 給 ) 200,000 雇 用 保 険 料 1,149 健 康 保 険 料 11,964

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します この 申 告 書 は 事 務 所 又 は

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用 国 民 年 金 国 民 年 金 は 全 ての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 必 要 な 給 付 を 行 い 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています 従 来 は 被 用 者 年 金 制 度 に 加 入 していない 自 営 業 者 等 を 対 象 としていましたが 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

児童扶養手当(大阪府)

児童扶養手当(大阪府) 児 童 扶 養 手 当 児 童 扶 養 手 当 は 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない18 歳 到 達 後 最 初 の 年 度 末 までの 児 童 ( 児 童 に 政 令 で 定 める 程 度 の 障 がいがある 場 合 は 20 歳 未 満 の 児 童 ) を 監 護 しているひとり 親 家 庭 の 母 又 は 父 等 に 支 給 されます 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

から2.0の 範 囲 内 で 印 刷 局 の 業 務 実 績 に 対 する 評 価 に 応 じて 決 定 する 業 績 勘 案 率 を 乗 じた 額 とする ただし 第 6 条 第 1 項 及 び 第 7 条 後 段 の 規 定 によ り 引 き 続 き 在 職 したものとみなされた 者 の 退 職

から2.0の 範 囲 内 で 印 刷 局 の 業 務 実 績 に 対 する 評 価 に 応 じて 決 定 する 業 績 勘 案 率 を 乗 じた 額 とする ただし 第 6 条 第 1 項 及 び 第 7 条 後 段 の 規 定 によ り 引 き 続 き 在 職 したものとみなされた 者 の 退 職 国 立 印 刷 局 規 則 第 10 号 改 訂 平 15 規 則 第 69 号 改 訂 平 16 規 則 第 4 号 改 訂 平 21 規 則 第 11 号 改 訂 平 24 規 則 第 22 号 改 訂 平 27 規 則 第 11 号 独 立 行 政 法 人 国 立 印 刷 局 役 員 退 職 手 当 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 (

More information

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて 昭 和 61 年 6 月 30 日 埼 例 規 第 27 号 務 警 察 本 部 長 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて( 例 規 通 達 ) 扶 養 手 当 の 認 定 等 については 職 員 の 給 与 に 関 する 条 例 ( 昭 和 27 年 埼 玉 県 条 例 第 19 号 以 下 条 例 という ) 扶 養 手

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

公平委員会設置条例

公平委員会設置条例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 19 年 条 例 第 13 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 1 条 中 法 を 育 児 休 業 法 に 改 め

More information

Taro-syokuin-taisyoku-teate.JTD

Taro-syokuin-taisyoku-teate.JTD 国 立 大 学 法 人 山 口 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 66 号 改 正 平 成 17 年 1 月 11 日 規 則 第 1 号 平 成 17 年 3 月 24 日 規 則 第 48 号 平 成 18 年 3 月 23 日 規 則 第 38 号 平 成 19 年 3 月 22 日 規 則 第 44 号 平 成 23 年 3 月 31 日

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

年金制度のあらまし

年金制度のあらまし 実 務 修 習 セミナー( 第 9 回 ) 厚 生 年 金 国 民 年 金 関 係 平 成 24 年 9 月 21 日 < 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 の 仕 組 みと 給 付 のあらまし>( 便 覧 P116) 1 給 付 の 種 類 老 齢 障 害 死 亡 2 公 的 年 金 制 度 の 種 類 種 類 対 象 者 国 民 年 金 日 本 国 内 に 居 住 する 20 歳 以 上

More information

議案第   号

議案第   号 議 案 第 149 号 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のとおり 制 定 するもの とする 平 成 26 年 (2014 年 )12 月 9 日 提 出 宝 塚 市 長 中 川 智 子 宝 塚 市

More information

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464>

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 7 日 平 成 16 年 規 則 第 41 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 56 条

More information

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な 復 興 特 別 法 人 あらまし 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 する ために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 関 係 平 成 24 3 月 国 庁 平 成 23 12 月 2 日 に 公 布 された 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金 へ 昭 和 61 年 4 月 から 20 歳 以 上 60 歳 未 満 のすべての 国 民 が 国 民 年 金 に 加 入 厚 生 年 金 基 金 職 域

Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金 へ 昭 和 61 年 4 月 から 20 歳 以 上 60 歳 未 満 のすべての 国 民 が 国 民 年 金 に 加 入 厚 生 年 金 基 金 職 域 退 職 共 済 年 金 制 度 等 について Ⅰ 年 金 制 度 Ⅱ 退 職 共 済 年 金 Ⅲ 年 金 額 Ⅳ 定 年 退 職 後 の 就 労 と 年 金 調 整 Ⅴ 年 金 の 請 求 手 続 Ⅵ その 他 公 立 学 校 共 済 組 合 大 阪 支 部 Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金

More information

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 - 1-27.4.1 最 終 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 教 職 員 ( 以 下 教

More information

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 退 職 共 済 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 ( 以 下 共 助 会 という ) 定 款 第 4 条 に 規 定 する 事 業 ( 以 下 共 済 事 業 という )の 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

平成28年岩手県条例第8号

平成28年岩手県条例第8号 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 をここに 公 布 する 平 成 28 年 3 月 25 日 岩 手 県 知 事 達 増 拓 也 岩 手 県 条 例 第 8 号 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 岩 手 県 条 例 第 40

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

財団法人山梨社会保険協会寄付行為

財団法人山梨社会保険協会寄付行為 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 山 梨 県 甲 府 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 山 梨

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

件名

件名 湖 北 地 域 消 防 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 趣 旨 ) 平 成 18 年 4 月 1 日 条 例 第 15 号 改 正 平 成 20 年 3 月 3 日 条 例 第 2 号 平 成 22 年 3 月 29 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 8 月 26 日 条 例 第 8 号 平 成 22 年 11 月 25 日 条 例 第 12 号 平 成 23

More information

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63> 国 立 大 学 法 人 和 歌 山 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 和 歌 山 大 学 規 程 第 37 号 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 19 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 112 号 以 下 法 人 法 という ) 附 則 第 4 条 の

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 置 き 換 え 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状

More information

<5461726F2D8CFA944E8AEE8BE08BC696B195F18D908F91816990568B8C816A>

<5461726F2D8CFA944E8AEE8BE08BC696B195F18D908F91816990568B8C816A> 厚 生 年 金 基 金 の 業 務 報 告 書 の 様 式 について( 平 成 十 年 十 月 十 四 日 企 国 発 第 三 〇 号 厚 生 省 年 金 局 企 業 年 金 国 民 年 金 基 金 課 長 から 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 通 知 ) - 新 旧 対 照 表 - 新 旧 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 基 金

More information

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】 特 定 任 期 付 職 員 ( 特 定 事 務 ) 給 与 規 程 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 19 年 度 規 程 第 56 号 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 31 日 平 成 20 年 度 規 程 第 45 号 一 部 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 21 年 度 規 程 第 42 号 一 部 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 21

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支 わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 見 直 し 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状 態

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information