【論文】

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "【論文】"

Transcription

1 阪 神 高 速 道 路 におけるWEBベース 事 故 リスク 情 報 提 供 ツールを 活 用 した 安 全 運 転 支 援 阪 高 SAFETYナビ:SAFETY ドライブ スマートチョイス 小 澤 友 記 子 1 兒 玉 崇 2 藪 上 大 輔 3 大 藤 武 彦 4 1 正 会 員 株 式 会 社 交 通 システム 研 究 所 ( 大 阪 市 淀 川 区 西 中 島 ) 2 正 会 員 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 保 全 交 通 部 交 通 企 画 課 ( 大 阪 市 中 央 区 久 太 郎 町 4-1-3) 3 非 会 員 阪 神 高 速 技 研 株 式 会 社 システム 事 業 本 部 企 画 開 発 課 ( 大 阪 市 西 区 阿 波 座 ) 4 正 会 員 株 式 会 社 交 通 システム 研 究 所 ( 大 阪 市 淀 川 区 西 中 島 ) ドライバーに 潜 在 的 な 事 故 リスク 情 報 を 提 供 して,より 安 全 性 の 高 い 経 路, 出 発 時 刻 に 変 更 を 促 すこと で,ドライバーの 事 故 発 生 リスクを 低 減 させることが 可 能 であることが 知 られてきた. 本 研 究 では, 事 故 リスク 情 報 を 所 要 時 間 などとともに 経 路 情 報 として 提 供 し, 経 路 上 の 要 注 意 地 点 情 報 と 運 転 アドバイス 情 報 を 提 供 するスマートフォン 版 SAFETYドライブ スマートチョイス プログラムを 開 発 して 提 供 する こととした. 本 プログラムでは 数 種 類 の 事 故 リスク 情 報 を 作 成 し, 事 故 リスク 情 報 が 経 路 選 択 の 行 動 変 容 を 促 す 動 機 となる 可 能 性 について 考 察 した. 今 後 は,モニター 調 査 などを 通 して, 事 故 リスク 情 報 提 供 に 伴 う 選 択 行 動 への 影 響 検 証,より 多 くのドライバーに 利 用 していただくための 改 良 などを 検 討 していく 予 定 である. Key Words : 交 通 事 故, 安 全 対 策, 運 転 支 援, 経 路 選 択 1. はじめに (1) 背 景 と 目 的 阪 神 高 速 では, 平 成 22 年 7 月 に 策 定 した 阪 神 高 速 道 路 の 交 通 安 全 対 策 第 2 次 アクションプログラム におい て, ドライバーに 伝 える 対 策 を 取 り 組 み 骨 子 の 一 つ に 掲 げている. 同 対 策 は, 阪 神 高 速 道 路 を 走 行 するうえ で 注 意 すべきポイントや 安 全 運 転 のコツを,ドライバー に 伝 えて 安 全 運 転 を 支 援 することを 目 標 としている.そ の 主 要 施 策 として,Web 上 の 安 全 運 転 教 育 ツール 阪 高 SAFETYナビ 1) を 活 用 した 交 通 安 全 施 策 を 実 施 するこ ととし, 平 成 23 年 2 月 から 運 用 を 開 始 した. 平 成 26 年 8 月 末 時 点 で 延 2.5 万 人, 平 均 600~700 人 / 月 の 方 が 安 定 的 に 取 り 組 まれ, 安 全 運 転 に 対 する 意 識 や 態 度,そして 運 転 時 のリスクやハザードへの 対 処 などが 醸 成 されている. 一 方,ドライバーに 潜 在 的 な 事 故 リスク 情 報 を 提 供 し て,より 安 全 性 の 高 い 経 路, 出 発 時 刻 に 変 更 を 促 すこと で,ドライバーの 事 故 発 生 リスクを 低 減 させることが 可 能 であることも 知 られてきた 2). 本 研 究 では, 事 故 リスク 情 報 を 所 要 時 間 などとともに 経 路 情 報 として 提 供 し, 経 路 上 の 要 注 意 地 点 情 報 と 運 転 アドバイス 情 報 を 提 供 するスマートフォン 版 SAFETY ドライブ スマートチョイス プログラムを 開 発 して 提 供 することとした.さらに, 事 故 リスク 情 報 の 提 供 が 安 全 な 経 路 選 択 を 促 す 可 能 性 について 考 察 する. (2) 阪 高 SAFETYナビ 1) の 概 要 阪 高 SAFETY ナビ は,ドライバー 個 人 の 運 転 特 性 に 応 じて, 阪 神 高 速 道 路 での 具 体 的 な 道 路 環 境, 交 通 環 境 において 役 に 立 つ 情 報 を, 参 加 型 プログラムを 通 じて 提 供 することを 目 的 として 開 発 し, 平 成 23 年 2 月 から WEB サイトでの 提 供 を 通 してドライバーへの 取 り 組 み を 進 めてきたものである. 主 なコンテンツとして, 次 の6つのコンテンツで 構 1

2 成 している. 1SAFETY ドライブカウンセリング: 運 転 危 険 度 を 診 断 して 安 全 な 運 転 情 報 を 提 供 する 2SAFETY ドライブトレーニング: 高 速 道 路 上 の 走 行 動 画 を 用 いて 危 険 感 受 性 とリスク 察 知 力 を 高 める 3SAFETY ドライブプランニング: 阪 神 高 速 道 路 の 注 意 地 点 を 提 供 し, 利 用 ルートの 危 険 を 事 前 に 確 認 する 4 安 全 ドライブのポイント: 利 用 者 属 性 別 に 阪 神 高 速 道 路 を 安 全 に 運 転 する 予 備 知 識 を 提 供 する 5 要 注 意 ポイントはここだ!:ドライバー 属 性 別, 事 故 形 態 別 の 事 故 多 発 地 点 MAP 6みんなで 共 有 ヒヤリハット: 利 用 者 の 皆 様 で ヒヤリ 体 験 を 情 報 交 換 していただく 掲 示 板 ここでは,モビリティマネジメントや 学 習 の 定 着 度 を 定 義 するラーニングピラミッドを 参 考 に, 安 全 運 転 の 定 着 ( 持 続 性 )を 期 待 したコンテンツ 構 成 ( 学 ぶコン テンツ 使 うコンテンツ 教 えるコンテンツ )と なっている. また, 企 業 や 事 業 所 の 交 通 安 全 教 育 ツールとして 利 用 するために, 団 体 用 サイトも 合 わせて 提 供 している. ただくことが 大 きな 目 的 となっていた.そのため, 利 用 者 に 事 故 多 発 地 点 や 事 故 発 生 時 の 対 応 策 を 情 報 提 供 する ことにより, 事 故 多 発 地 点 での 運 転 の 仕 方, 注 意 点 を 知 っていただき, 安 全 に 走 行 していただくための 準 備 をし ていただくための 情 報 提 供 を 行 ってきた. 一 方 で, 事 故 リスク 情 報 提 供 には, 利 用 者 に 安 全 な 経 路 選 択 を 促 し, 交 通 の 最 適 化 を 図 ることも 期 待 でき ると 考 えられる. 経 路 選 択 の 動 機 には, 所 要 時 間 や 料 金 以 外 にも 快 適 な 経 路 や 安 全 な 経 路 といった 多 様 な 経 路 選 択 基 準 がある.そこで, 本 検 討 では 所 要 時 間 や 料 金 などとともに 事 故 リスク 情 報 を 提 供 し,より 安 全 な 経 路 時 間 等 の 利 用 を 促 すコンテンツとして, 経 路 上 の 要 注 意 地 点 情 報 と 運 転 アドバイス 情 報 を 提 供 するスマー トフォン 版 SAFETYドライブ スマートチョイス プ ログラムを 開 発 する. また,このコンテンツによる 事 故 リスク 情 報 提 供 を 運 用 することにより, 事 故 リスク 情 報 の 概 念 を 普 及 し,そ の 有 益 性 や 活 用 性 のイメージを 訴 求 するとともに, 阪 神 高 速 道 路 が 目 指 す 事 故 リスク 情 報 の 普 段 利 用 の 理 解 を 深 めるコンセプトモデルとしての 活 用 を 目 指 している. 図 -2 事 故 リスク 情 報 提 供 の 社 会 的 位 置 付 け (2) 提 供 する 事 故 リスク 情 報 の 作 成 事 故 リスク 情 報 は, 過 去 の 事 故 データと 交 通 データに 基 づく 統 計 値 をもとに, 表 1に 示 す4 種 類 の 事 故 リスク 情 報 を 作 成 し, 提 供 した. 事 故 リスク 情 報 は 時 間 帯 別, 曜 日 別, 降 雨 有 無 別 に 提 供 するが, 統 計 値 としての 事 故 率 は 稀 に 発 生 する 顕 在 化 した 事 故 データであるため, 細 かなセグメントを 設 定 す ると, 非 常 に 多 くの 事 故 率 =0 の 地 点 が 発 生 したり, 図 -1 阪 高 SAFETYナビの 構 成 2. 安 全 運 転 支 援 ツールを 活 用 した 事 故 リスク 情 報 提 供 (1) 事 故 リスク 情 報 活 用 の 位 置 付 け 事 故 リスク 情 報 の 提 供 によって 期 待 する 行 動 として, これまでは 危 険 に 対 する 備 え を 利 用 者 に 意 識 してい 表 -1 提 供 する 多 様 な 事 故 リスク 情 報 の 概 要 指 標 単 位 考 え 方 危 険 度 水 準 ランク シンボル 概 ね 安 全 ~ 極 めて 危 険 の5ラン ク, 事 故 率 ランクと 事 故 件 数 ランク のマトリクスでランク 設 定 ( 事 故 発 生 確 率 と 事 故 遭 遇 確 率 を 複 合 した 指 標 ) 事 故 率 件 / 億 台 キ ロ 設 定 した 経 路 上 で 事 故 を 起 こす 確 率 事 故 遭 遇 確 率 % 設 定 した 経 路 上 で 事 故 に 遭 う 確 率 事 故 形 態 別 要 注 意 地 点 数 地 点 数, 事 故 形 態 別 アイコン 設 定 した 経 路 上 の 要 注 意 地 点 数 ( 事 故 形 態 別 ) 2

3 時 間 空 間 的 にバラつきが 大 きく 不 安 定 な 情 報 となり, ドライバーに 事 故 リスクの 情 報 が 正 しく 伝 わらず, 情 報 の 信 頼 性 を 損 ねる 可 能 性 がある.そこで, 事 故 率 事 故 遭 遇 確 率 については, 大 藤 ら 3) が 開 発 した 動 的 事 故 率 予 測 モデル を 活 用 して, 潜 在 的 な 事 故 リスク 情 報 を 作 成 することとした. a) 危 険 度 水 準 事 故 率, 事 故 件 数 の 両 者 毎 に5 段 階 の 危 険 度 ランクを 設 定 して, 両 者 がクロスする 領 域 に 対 して, 事 故 率, 事 故 件 数 ともに 最 も 大 きい 領 域 約 2 割 を 最 高 危 険 度 領 域 と して 設 定 し, 順 次 低 い 領 域 を 設 定 した( 図 -3). 情 報 提 供 時 には, 概 ね 安 全 な 走 行 が 可 能 な 状 態 である レベル1から 極 めて 危 険 なレベル5として, 危 険 レベルを イメージできるシンボル( 図 -4)を 表 示 させた. 事 故 件 数 事 故 率 高 低 図 -3 事 故 リスクランクイメージ (3) 事 故 リスク 情 報 提 供 の 可 能 性 a) 時 間 帯 別 所 要 時 間 と 事 故 リスク 情 報 比 較 曜 日 別 時 間 帯 別 所 要 時 間 と 事 故 リスク 情 報 の 比 較 を 図 -5に 示 す.ここでは, 交 通 量 が 多 い 時 間 帯 においては, 渋 滞 等 が 発 生 し 所 要 時 間 が 長 くなるにしたがって 事 故 リ スク 情 報 も 大 きくなる 傾 向 があることが 確 認 できた.こ のことから, 阪 神 高 速 道 路 の 昼 間 帯 において, 安 全 な 時 間 帯 への 誘 導 により 道 路 利 用 時 間 帯 の 分 散 化 や 渋 滞 の 削 減 に 寄 与 する 可 能 性 があると 考 えられる. 一 方 で, 所 要 時 間 が 一 定 の 時 間 帯 でも 交 通 状 況 や 時 間 帯 で 事 故 リスク 情 報 は 変 動 していることがわかった.こ のことから, 所 要 時 間 が 変 わらない 状 況 でも, 事 故 リス クの 提 供 によって 出 発 時 間 や 経 路 の 変 更 が 検 討 される 可 能 性 があると 考 えられる. b) 降 雨 有 無 別 所 要 時 間 と 事 故 リスク 情 報 降 雨 有 無 別 の 事 故 リスク 情 報 の 比 較 を 図 -6に 示 す. 降 雨 あり の 場 合 は, なし の 場 合 と 比 較 して 事 故 リ スク 情 報 は 極 端 に 高 くなる.さらに, 事 故 リスク 情 報 は 所 要 時 間 の 変 化 よりも 降 雨 有 無 の 影 響 の 方 が 大 きいとい える. このことから, 事 故 リスク 情 報 によって, 所 要 時 間 提 供 だけでは 判 断 できない 経 路 情 報 を 提 供 できると 考 えら れる. 図 -4 危 険 度 水 準 シンボル b) 事 故 率 事 故 率 は, 当 該 入 口 出 口 間 経 路 の 単 位 区 間 を 走 行 する 間 に 事 故 を 起 こす 確 率 とし, 各 経 路 の 事 故 発 生 件 数 / 総 走 行 台 キロ( 件 / 億 台 キロ)で 表 した. c) 事 故 遭 遇 確 率 事 故 遭 遇 確 率 は 吉 井 ら 2) が 提 案 した 期 待 事 故 遭 遇 件 数 の 指 標 であり,ある 時 間 帯 にある 特 定 の 道 路 区 間 を 走 行 した 場 合 に 遭 遇 する 事 故 件 数 の 期 待 値 を 示 している.こ こでは, 事 故 に 遭 う 確 率 は % という 形 式 で, 当 該 入 口 出 口 間 経 路 を 走 行 した 場 合, 事 故 現 場 を 見 るまたは 事 故 渋 滞 に 巻 き 込 まれる 確 率 を 示 す 事 故 遭 遇 確 率 と して 情 報 を 提 供 する. d) 事 故 形 態 別 要 注 意 地 点 数 阪 神 高 速 道 路 上 において, 過 去 に 多 くの 事 故 が 発 生 し ている 地 点 を 要 注 意 地 点 と 設 定 し, 選 択 した 入 口 出 口 間 経 路 上 における 要 注 意 地 点 数 を 提 示 した. 要 注 意 地 点 は 過 去 の 事 故 率, 事 故 件 数 を 基 に 約 120 地 点 を 選 定 し, 各 地 点 で 主 に 発 生 している 事 故 形 態 ( 追 突, 車 両 接 触, 施 設 接 触 )を 定 義 した. 図 -5 所 要 時 間 と 事 故 リスク 情 報 の 比 較 図 -6 降 雨 有 無 別 の 事 故 リスク 情 報 の 比 較 3

4 c) 競 合 経 路 における 所 要 時 間 と 事 故 リスク 情 報 3 号 神 戸 線 の 月 見 山 入 口 から13 号 東 大 阪 線 法 円 坂 出 口 までのルートについて, 神 戸 線 ルート, 京 橋 乗 継 湾 岸 線 ルート, 摩 耶 乗 継 湾 岸 線 ルートの 競 合 路 線 において,そ れぞれの 所 要 時 間 と 事 故 リスク 情 報 の 比 較 を 図 -7に 示 す. 夕 方 の 時 間 帯 において,3 経 路 の 所 要 時 間 の 差 が 小 さい 場 合 でも, 事 故 リスクについては 差 が 大 きい 場 合 がある ことが 確 認 できる. このことから, 所 要 時 間 による 経 路 選 択 行 動 に 期 待 が できない 局 面 においても, 事 故 リスク 情 報 が 有 効 な 経 路 選 択 の 動 機 として 活 用 される 可 能 性 があると 考 えられる. 経 路 1: 神 戸 線 ルート 経 路 2: 湾 岸 線 京 橋 乗 継 ルート 経 路 3: 湾 岸 線 摩 耶 乗 継 ルート (2) スマートチョイスの 内 容 1 入 口 出 口 選 択 スマートチョイスは, 利 用 者 の 方 が 阪 神 高 速 道 路 の 利 用 を 計 画 する 段 階 で, 経 路 の 安 全 情 報 等 を 取 得 するため に 使 用 していただくことを 想 定 している.そのため 利 用 者 の 利 用 経 路 単 位 で 情 報 提 供 を 行 うこととし,まずは 利 用 経 路 の 入 口 出 口 を 選 択 する. 2 経 路 選 択 情 報 提 供 a) 経 路 比 較 ( 数 値 情 報 ) 経 路 情 報 としては, 経 路 の 利 用 路 線, 所 要 時 間, 事 故 リスク, 料 金,ガソリン 消 費 量, 乗 り 継 ぎ 回 数, 走 行 距 離 を 表 示 する ( 図 -9).ここでは, 事 故 の 起 きやすさ, 起 こしやすさがイメージでき, 安 全 経 路 の 選 択 に 導 く 訴 求 力 を 重 視 し, 事 故 リスクを 比 較 指 標 として 提 供 している. また, 所 要 時 間 や 事 故 リスクは 利 用 時 間 帯 や 曜 日 によ って 変 動 することから,より 利 用 時 の 交 通 状 況 に 即 した 情 報 を 提 供 するために, 次 の 項 目 毎 の 情 報 を 提 供 する. 利 用 者 属 性 ( 男 性 (29 歳 以 下 )/ 男 性 (30 歳 以 上 )/ 女 性 / 高 齢 者 (65 歳 以 上 )/トラックドライバー) 車 種 ( 普 通 車 / 大 型 車 ) 曜 日 ( 平 日 / 週 末 / 休 日 ) 時 間 帯 (24 時 間 帯 ) 降 雨 有 無 図 -7 競 合 経 路 における 所 要 時 間 と 事 故 リスク 情 報 の 比 較 3. 事 故 リスク 情 報 提 供 コンテンツの 構 築 (1) スマートチョイスコンテンツの 概 要 事 故 リスク 情 報 提 供 コンテンツ:SAFETYドライブ スマートチョイス( 以 下, スマートチョイス とす る)は, 安 全 な 経 路 時 間 帯 への 誘 導 のための 情 報 提 供, 安 全 運 転 の 支 援 に 役 立 つ 実 用 性 を 重 視 した 注 意 情 報 の 提 供 を 行 うためのコンテンツとして 開 発 する. コンテンツの 全 体 構 成 を 図 -8に 示 す. 入 口 出 口 選 択 経 路 選 択 情 報 提 供 経 路 上 の 注 意 地 点 情 報 提 供 注 意 地 点 詳 細 情 報 提 供 図 -9 経 路 情 報 の 提 供 ( 経 路 比 較 情 報 ) b) 経 路 比 較 ( 視 覚 情 報 ) 利 用 経 路 は 最 大 3 経 路 までを 提 示 し, 各 利 用 経 路 の 経 路 情 報 を 視 覚 情 報 として 提 示 する( 図 -10).ここでは, 注 意 地 点 の 程 度 や 事 故 リスクの 分 布 状 況 を 一 覧 でき, 安 全 経 路 の 選 択 に 導 く 訴 求 力 を 重 視 した 経 路 比 較 地 図 で 提 供 する. 入 力 入 口 出 口 選 択 属 性 車 種 曜 日 時 間 帯 降 雨 選 択 曜 日 時 間 帯 降 雨 選 択 地 点 選 択 マッヒ ンク 図 -8 スマートチョイスの 構 成 4

5 3 経 路 上 の 注 意 地 点 情 報 提 供 安 全 運 転 の 支 援 に 役 立 つ 実 用 性 を 重 視 した 注 意 情 報 と して, 利 用 経 路 時 間 帯 曜 日 等 の 条 件 で 抽 出 した 経 路 上 に 存 在 する 注 意 地 点 を 列 挙 し, 各 地 点 における 事 故 リ スクや 注 意 すべき 事 故 の 形 態 等 を 提 供 する( 図 -12). 図 -10 経 路 情 報 の 提 供 ( 路 線 図 ) 4 注 意 地 点 詳 細 情 報 提 供 経 路 上 に 存 在 する 注 意 地 点 のうち, 特 に 事 故 が 多 発 し ている 地 点 においては, 現 地 写 真 やイラストを 活 用 して 対 処 行 動 イメージのしやすさを 重 視 した 詳 細 な 事 故 リス ク 情 報 ( 運 転 アドバイス 情 報 )を 提 供 する( 図 -13). さらに, 利 用 者 の 実 用 性 を 重 視 し,アドバイス 情 報 を より 汎 用 性 の 高 い 地 図 サービスでの 提 供 を 行 っている ( 図 -14). 図 -11 経 路 情 報 の 提 供 ( 時 間 帯 比 較 ) 図 -13 経 路 上 の 注 意 地 点 詳 細 情 報 の 提 供 図 -12 経 路 上 の 注 意 地 点 情 報 の 提 供 c) 時 間 帯 比 較 事 故 の 起 きやすさ, 起 こしやすさの 時 間 帯 変 化 を 訴 求 し, 安 全 な 時 間 帯 の 選 択 に 導 く 事 を 重 視 し, 利 用 時 間 帯 前 後 の 経 路 情 報 を 表 示 し, 時 間 帯 比 較 をしやすく, 変 化 状 況 を 認 識 しやすい 比 較 情 報 で 事 故 リスクを 提 供 する. ( 図 -11) 図 -14 注 意 地 点 情 報 の 提 供 5

6 4. まとめと 今 後 の 課 題 本 稿 では, 阪 神 高 速 道 路 における 事 故 リスク 情 報 を 作 成 し, 利 用 者 に 阪 神 高 速 道 路 利 用 前 に 経 路 情 報 を 提 供 す る スマートチョイス を 構 築 した.また, 各 経 路 の 事 故 リスク 情 報 と 所 要 時 間 の 関 係 を 分 析 し, 事 故 リスク 情 報 が 安 全 な 経 路 選 択 への 行 動 変 容 の 動 機 となる 可 能 性 が あることを 確 認 した. 今 後 は,スマホ 用 WEBサービス SAFETYドライブ スマートチョイス の 運 用 に 向 けて, 次 のような 課 題 に 対 応 していく 予 定 である. 1モニター 調 査 による スマートチョイス の 有 効 性 の 検 証 本 検 討 で 作 成 した 事 故 リスク 情 報 は,これまで 高 速 道 路 上 で 提 供 された 例 はほとんどなく, 利 用 者 の 皆 様 には なじみのない 情 報 提 供 である.そのため, 事 故 率 や 事 故 遭 遇 確 率 といった 事 故 リスク 情 報 が 経 路 の 安 全 性 を 説 明 する 指 標 としてどの 程 度 認 知 されるかは 不 明 である. そのため スマートチョイス をリリースする 際 には, モニター 調 査 によるアンケートを 実 施 し,コンテンツの 有 用 性, 事 故 リスク 情 報 の 各 指 標 の 理 解 度, 有 効 な 事 故 リスク 情 報 やその 提 供 方 法, 経 路 選 択 効 果 等 を 検 証 した 上 で, 特 に 望 ましい 事 故 リスク 情 報 設 定 に 向 けた 検 討 を 行 う. 2モニター 調 査 に 基 づく スマートチョイス の 改 良 と 拡 大 事 故 リスク 情 報 は, 情 報 提 供 としては 新 しいものであ り, 一 般 に 普 及 している 内 容 ではない.そこで, 事 故 リ スクの 概 念 の 普 及, 浸 透 を 目 指 すために,1で 行 うモニ ター 調 査 の 検 証 結 果 にもとづき, 事 故 リスク 情 報 等 のコ ンテンツ 改 良 を 行 い,PDCAによるコンテンツの 品 質 向 上, 及 び 利 用 促 進 を 図 る. 利 用 促 進 のためには,まずは 提 供 する 事 故 リスクの 有 益 性 や 活 用 性 のイメージを 訴 求 するとともに, 阪 神 高 速 道 路 が 目 指 す 事 故 リスク 情 報 の 普 段 利 用 の 理 解 を 深 める ツールとして スマートチョイス を 改 良 する.また, 他 サービスと 連 携 し,より 汎 用 性 の 高 いツールとしての 運 用 を 目 指 す. 3 スマートチョイス のリアルタイム 事 故 リスク 情 報 の 実 装 本 検 討 で 作 成 した 事 故 リスク 情 報 は, 時 間 帯 別 曜 日 別 降 雨 有 無 別 に 詳 細 に 設 定 しているものの, 過 去 データに 基 づく 静 的 な 情 報 となっており, 現 在 の 交 通 状 況 を 反 映 した いま ここに ひそんでいる 事 故 リスク 情 報 と はなっていない. 事 故 リスク 情 報 を 有 益 な 情 報 として 認 知 していただく ためには, 走 行 時 に 感 じる 危 険 度 合 いと 事 故 リスク 情 報 がリンクしていることが 望 ましい.そのため, 将 来 的 に は, 経 路 時 間 帯 選 択 時 における リアルタイム 事 故 リ スク 情 報 の 実 装 を 検 討 する. 参 考 文 献 1) 阪 高 SAFETYナビ URL: 2) 村 上, 倉 内, 吉 井, 大 西, 川 原, 高 山, 兵 頭 : 事 故 リスク 情 報 がドライバーの 選 択 行 動 に 与 える 影 響 に 関 する 研 究, 第 49 回 土 木 計 画 学 研 究 発 表 会,2014 3) 大 藤, 兒 玉, 竹 井, 小 澤 : 都 市 高 速 道 路 におけるリ アルタイム 事 故 リスク 情 報 提 供 ~ 予 測 モデル 分 析 と 提 供 システム 開 発 ~, 第 51 回 土 木 計 画 学 研 究 発 表 会,

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF825081698ED089EF8EC08CB18A549776826F82508160826F8252816A89FC82512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF825081698ED089EF8EC08CB18A549776826F82508160826F8252816A89FC82512E646F63> H18.6.21 連 絡 会 資 料 資 料 1 国 道 43 号 沿 道 環 境 改 善 に 向 けた 社 会 実 験 の 実 験 概 要 1. 実 験 の 内 容 ( 別 紙 チラシ 参 照 ) 一 般 国 道 43 号 の 沿 道 環 境 改 善 を 図 るため 阪 神 高 速 5 号 湾 岸 線 を 活 用 した 環 境 ロードプライシ ング 社 会 実 験 を 実 施 し 交 通 実 態

More information

h24-2 tsuikasetumeishiryo.ppt [互換モード]

h24-2 tsuikasetumeishiryo.ppt [互換モード] 資 料 2 平 成 24 年 度 第 2 回 大 阪 府 建 設 事 業 再 評 価 監 視 委 員 会 H24.6.21 追 加 説 明 資 料 1 泉 佐 野 東 羽 倉 崎 住 宅 2 道 路 事 業 の 費 用 便 益 比 3 大 阪 外 環 状 線 連 続 立 体 交 差 事 業 4 大 阪 和 泉 泉 南 線 5 道 路 事 業 の 都 市 基 盤 整 備 中 期 計 画 の 位 置 付

More information

AHS路面センサの道路管理への利活用について

AHS路面センサの道路管理への利活用について 首 都 高 速 参 宮 橋 のカーブ 区 間 における 交 通 実 態 の 分 析 とAHSの 効 果 の 報 告 安 全 走 行 支 援 サービス 参 宮 橋 地 区 社 会 実 験 検 討 会 資 料 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 ITS 研 究 室 首 都 高 速 道 路 公 団 業 務 部 交 通 管 制 室 平 成 16 年 12 月 21 日 1 目 次 1. 交 通 事

More information

<4D F736F F D BB92E892B290AE88F58BC696B1837D836A B>

<4D F736F F D BB92E892B290AE88F58BC696B1837D836A B> 判 定 調 整 員 業 務 マニュアル 平 成 26 年 3 月 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 連 絡 協 議 会 このマニュアルでは 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 制 度 を 迅 速 かつ 的 確 に 活 用 し その 目 的 であ る2 次 災 害 の 軽 減 防 止 住 民 の 安 全 確 保 を 確 実 に 行 うために 判 定 調 整 員 が 行 うべきこ とについて 具 体

More information

緩急接続

緩急接続 第 4 章 案 内 緩 急 接 続 の 旅 客 案 内 の 差 異 文 学 部 3 回 生 笹 木 高 史 1. はじめに 本 稿 ではまた 尐 し 違 った 側 面 から 案 内 を 考 えていこうと 思 う ここでは 民 鉄 における 緩 急 接 続 が 利 用 者 にどのように 案 内 されているか まず 関 東 の 大 手 民 鉄 のうち 小 田 急 東 急 西 武 東 京 メトロを 例 にとって

More information

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書 平 成 26 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 研 究 者 等 の 業 績 に 関 する 評 価 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 27 年 3 月 本 報 告 書 は 文 部 科 学 省 の 平 成 26 年 度 研 究 開 発 評 価 推 進 調 査 委 託 事 業 による 委 託 業 務 として 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 が 実 施 した 平 成 26

More information

MOVTRAの 活 用 場 面 環 境 調 査 時 の 交 通 量 観 測 工 事 現 場 での 入 退 出 管 理 車 両 台 数 の 把 握 ( 観 光 シーズンや イベント 時 店 舗 出 入 口 ) スピード 抑 制 対 策 の 確 認 等 実 績 がございます カテゴリ 官 公 庁 ( 国

MOVTRAの 活 用 場 面 環 境 調 査 時 の 交 通 量 観 測 工 事 現 場 での 入 退 出 管 理 車 両 台 数 の 把 握 ( 観 光 シーズンや イベント 時 店 舗 出 入 口 ) スピード 抑 制 対 策 の 確 認 等 実 績 がございます カテゴリ 官 公 庁 ( 国 誰 でも 簡 単 に 交 通 量 計 測 車 両 台 数 速 度 車 長 自 動 計 測 システム 商 標 2006-43852 MOVTRA 設 置 例 昼 夜 連 続 して3~7 日 間 の 計 測 可 能 車 両 台 数 速 度 車 長 が 計 測 可 能 設 置 作 業 が30~60 分 交 通 規 制 は 不 要 その 場 でデータ 取 得 即 時 に 集 計 可 能 車 両 カウント 率

More information

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 検 討 結 果 報 告 平 成 15 年 9 月 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと

More information

1% 95% 9% 85% 8% 75% 1% 97% 道 内 全 体 年 少 人 口 歳 ~14 歳 83% H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H2 H21 表 -1 指 定 通 学 路 の 条 件 交 安 法 施 行 令 第 4 条 より 一 児 童 又 は

1% 95% 9% 85% 8% 75% 1% 97% 道 内 全 体 年 少 人 口 歳 ~14 歳 83% H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H2 H21 表 -1 指 定 通 学 路 の 条 件 交 安 法 施 行 令 第 4 条 より 一 児 童 又 は 北 海 道 における 子 供 が 関 わる 交 通 事 故 分 析 建 設 部 道 路 計 画 課 秩 父 宏 太 郎 青 木 秀 一 武 田 祐 輔 日 本 における 歩 行 中 の 交 通 事 故 の 死 者 の 割 合 は 海 外 に 較 べ 高 い 一 方 人 口 1 万 人 あたり の 歩 行 中 の 死 傷 者 数 では 子 供 が 事 故 に 遭 う 割 合 は 高 齢 者 を 含 めた

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

<4D F736F F D208D E690B68B4C944F835A837E B>

<4D F736F F D208D E690B68B4C944F835A837E B> サプライチェーンマネジメント 講 座 刊 行 記 念 セミナーのご 案 内 この 度 サプライチェーンマネジメント 講 座 ( 朝 倉 書 店 )の 刊 行 を 記 念 してセミナーを 開 催 することになりました この 講 座 は サプライチェーンマネジメント(SCM)の 基 本 理 念 に 基 づきサプライチェーンを 効 果 的 に 運 用 するために 役 立 つ 概 念 と 方 法 について

More information

高速道路の有効活用に関する個人向けアンケート調査について

高速道路の有効活用に関する個人向けアンケート調査について 高 速 道 路 の 有 効 活 用 に 関 する 個 人 向 け アンケート 調 査 について 高 速 道 路 は, 平 常 時 は 人 流 物 流 を 支 える 大 動 脈 として, 緊 急 時 は 被 災 地 への 救 援 物 資 の 輸 送 などを 支 える 命 の 道 として, 経 済 の 活 性 化 のみならず, 国 民 の 安 全 安 心 を 守 るインフラであり,その 機 能 を 最

More information

産業医学振興財団委託研究

産業医学振興財団委託研究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 産 業 医 学 振 興 財 団 委 託 研 究 中 小 規 模 事 業 場 におけるメンタルヘルス 対 策 の 進 め 方 に 関 する 研 究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 目 次 1. 過 重 労 働 で 引 き 起 こされる 健 康 障 害 と 労 災 認 定 P 1 2. 過 重 労 働 対 策 に 関 係 する 法

More information

㈱○○○○○○ 環境活動レポート

㈱○○○○○○ 環境活動レポート 環 境 活 動 レポート ( 対 象 : 平 成 25 年 11 月 1 日 ~ 平 成 26 年 10 月 31 日 ) 株 式 会 社 ロジックス 発 行 日 平 成 27 年 3 月 31 日 修 正 平 成 27 年 8 月 29 日 株 式 会 社 ロジックスのご 紹 介 ご 挨 拶 株 式 会 社 ロジックスは 栄 興 陸 運 株 式 会 社 として 平 成 20 年 に 創 立 以 来

More information

立命館21_松本先生.indd

立命館21_松本先生.indd 2143-552010 1 2 () 1 2 3 456 78- Key Words 1 3 12007 2 3 508 19992008 1 23 4 43 2120107 4 2008 1992 2003 2005 1989 2008 4 2 2-1 10 4 4 6 5 4 5 2946 1 155 11 41 44 45 4 2-2 2003 1 21 2 1 3 4 5 6 7 3 2120107

More information

立命館20_服部先生.indd

立命館20_服部先生.indd 20 93-105 2010 2 () ' - 1 ( ) ( ' 2005) Key Words 2 1967 93 20 2010 1 94 1 ' 2002 2 2 1996 1996 1999 2 2 2 1993 1999 4 1 2 1985 1989 1986 1994 4 1 2 1 1 4 2 4 4 1 4 1966 4 10-1970 20 1993-1972 95 20 2010

More information

1996 2000 2004 1984 2005 7150 000 9 500 9 4 13 10 95 11 11 12 20002004 9 70

1996 2000 2004 1984 2005 7150 000 9 500 9 4 13 10 95 11 11 12 20002004 9 70 14 2006 1 Key Words 2002 3 1 2 3 3 1 2 3 1969 1987 69 1996 2000 2004 1984 2005 7150 000 9 500 9 4 13 10 95 11 11 12 20002004 9 70 14 2006 1 15 71 72 1 22 6 32 9 200 6 3 1 2 2000 10 1 2003 10 2005 6 5 4

More information

立命館16_坂下.indd

立命館16_坂下.indd 1669-792008 1 - ' 85- -108 ' Key words 1 2 2003 69 1620082 5 3 1990 1997 4 5 2001 1307 6 7 1 1 1 1996 100 2 1997 71 3 1998 71 4 1999 96 5 2000 95 6 2001 145 7 2002 191 8 2003 174 9 2004 120 10 2005 122

More information

立命館人間科学研究No.10

立命館人間科学研究No.10 1 77 5 Key words 1 23 3 11417 14310045 20022004 2 2003 20022005 20022004 2 10200511 3 2003 1152003 59 1995 3 32003 19932002 20032003 2005 20052005 4 1997 2000521986 2001 42001 3 1981 6 1 7 5 1000248 1632647

More information

立命館21_川端先生.indd

立命館21_川端先生.indd 21 119-132 2010 ( ) ' Key Words 119 21 2010 7 1962 2001 2001 2007 1982 1988 1997 2007 1997 1998 1863 1880 1 1998 1998 2001 1599 120 121 1599 1695 8 1695 1714 4 1714 1715 5 1715 100 1812 9 1812 1864 2001

More information

立命館14_前田.indd

立命館14_前田.indd 1499-1122007 1 ) ) ) ) ) (1) -- ) ) ) ) ) ) ( ) ) ' ) ) ) ) - 1) 2)' 3) Key words 19811994 1721 99 1420073 100 20012004 2005 2004 2002 33 34 10 1987 45 20002003 2002 1 1 2000 1 1 2001 2 200341 12004 2

More information

立命館17_坂下.indd

立命館17_坂下.indd 1793-1052008 1 () -- -- - Key words 1 93 1720088 2 3 2003 15 1996 50 3040 2 3 4050 50 10 1980 1995 1950 1958 1968 1972 94 95 1987 4 4 70 3 3 1 2000 2001 4 1720088 96 2001 2003 2 1978 1990 1997 130 2 3

More information

立命館人間科学研究No.10

立命館人間科学研究No.10 49 00 7 Key words 980 995 50 0005 90 997 99 990 994 99 99 99990 99 996 988988 994 99 995 995 995 994 984 988 986 997 997 00 995 00 5 7 5 5 999 997 997 998 6 998 999 997 997 998 0040000 994 996 000 00 5

More information

立命館19_椎原他.indd

立命館19_椎原他.indd 191-132009 1 ( ) ' Key Words 1 11 12007 2007 200520062 201120062 7558 4009 1 1920098 2007 2 2000 028 2005 1999 12 1999 13 1968 2 3 '1992 2007 2001 20052001 1977 2005 2005 2007 21 21 22 461927 3 13 1920098

More information

立命館人間科学研究No.10

立命館人間科学研究No.10 61 10 1990 Key words 1 102005 11 62 2000 1 1920 10 1892 63 1 1 19 100 1914 100 1 1 20 1 2 102005 11 64 1946 21 4 1947 1949 1947 22 1 3 1956 1959 1958 2 1964 65 2 10 1975 7080 70 2 1 1987 1990 40 1989 1989

More information

立命館19_徳田.indd

立命館19_徳田.indd 1991-1022009 1 2 () )--) 28 2827 1 2 Key Words 1 (1721 2000 20012001 20082009 91 1920098 92 20042004 2004 2001 12 2005 20082009 2005 3 1997 200820096 2007 2 20082009 93 20012001 12 2008 2009 19611966 1

More information

1 物品管理の内部統制について

1 物品管理の内部統制について 22 高 行 管 第 135 号 平 成 22 年 6 月 30 日 高 知 県 監 査 委 員 様 高 知 県 知 事 平 成 21 年 度 行 政 監 査 結 果 に 対 する 措 置 について( 通 知 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 付 け 21 高 監 報 第 15 号 で 報 告 のありました 平 成 21 年 度 行 政 監 査 結 果 に 対 して 下 記 のとおり 措 置

More information

Taro-230214条例改正想定問答.jtd

Taro-230214条例改正想定問答.jtd 鳥 取 県 青 少 年 健 全 育 成 条 例 一 部 改 正 ( 第 10 次 改 正 ) 想 定 問 答 (H23.2.14 現 在 ) 1 総 論 Q: 条 例 の 改 正 理 由 は? A: この 条 例 には 平 成 22 年 度 末 を 目 途 として この 条 例 の 規 定 及 びその 実 施 状 況 に ついて 検 討 を 加 え その 結 果 に 基 づいて 必 要 な 措 置

More information

目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁 5 保 健 事 業 8 頁 6 特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 9 頁

目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁 5 保 健 事 業 8 頁 6 特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 9 頁 平 成 26 年 度 第 1 回 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 平 成 26 年 11 月 保 健 福 祉 局 高 齢 福 祉 部 国 保 年 金 医 療 課 目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 なお 特 定 子 会 社 の 異 動 には 該 当 しておりませんが 株 式 会 社 REALCOREは 平 成 26 年 6 月 3

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 なお 特 定 子 会 社 の 異 動 には 該 当 しておりませんが 株 式 会 社 REALCOREは 平 成 26 年 6 月 3 平 成 26 年 9 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 26 年 11 月 12 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 リアルワールド 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3691 URL http://realworld.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 菊 池 誠 晃 問 合 せ 先 責 任 者 (

More information

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc 第 5 編 建 築 物 被 害 の 想 定 5-1 5.1 被 害 基 準 5-1 5.2 現 況 データ 5-5 5.3 揺 れによる 被 害 5-13 5.3.1 予 測 方 針 5-13 5.3.2 予 測 手 法 5-14 5.3.3 予 測 結 果 5-16 5.4 液 状 化 による 被 害 5-20 5.4.1 予 測 方 針 5-20 5.4.2 予 測 手 法 5-21 5.4.3

More information

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利 別 紙 2 土 地 売 買 契 約 等 に 伴 う 留 意 事 項 の 文 書 確 認 について 前 茂 充 近 畿 地 方 整 備 局 用 地 部 用 地 対 策 課 ( 540-8586 大 阪 府 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 1-5-44) 被 補 償 者 が 用 地 買 収 により 補 償 金 を 受 け 取 ることによって 所 得 税 や 住 民 税 が 増 えたり 各 種 年 金

More information

平 成 24 年 度 若 狭 路 観 光 実 態 調 査 業 務 報 告 書 平 成 24 年 1 月 嶺 南 広 域 行 政 組 合 目 次 Ⅰ. 調 査 概 要 ------------------------------------------------- 1 Ⅱ. 調 査 結 果 のまとめ----------------------------------------- 2 1. 若 狭

More information

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ 住 宅 建 築 物 省 エネ 改 修 等 緊 急 推 進 事 業 住 宅 建 築 物 ストックの 省 エネ 改 修 等 を 促 進 するため 民 間 等 が 行 う 省 エネ 改 修 工 事 バリアフリー 改 修 工 事 に 対 して 支 援 を 行 う 事 業 の 要 件 以 下 の 要 件 を 満 たす 住 宅 建 築 物 の 改 修 工 事 1 躯 体 ( 壁 天 井 等 )の 省 エネ 改

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20574542835C838A8385815B8356838783938AE989E68F912E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20574542835C838A8385815B8356838783938AE989E68F912E707074> 3つの つのシステム システムいづれでからも 容 易 に 導 入 できる 出 願 者 拡 大 トータルソリューション ご 提 案 書 2014 年 9 月 受 験 者 管 理 システム マイページ システム WEB 出 願 システム 他 社 顧 客 管 理 DBから 容 易 に 乗 換 が 可 能 で web 出 願 システムとも シームレスに 連 動 資 料 発 送 後 の 学 生 の 囲 込 を

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

<8D488FEA939987402E786477>

<8D488FEA939987402E786477> 工 場 等 騒 音 の 規 制 のあらまし 愛 知 県 では 騒 音 規 制 法 規 制 法 及 び 県 民 の 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する 条 例 ( 県 条 例 )により 著 しい 騒 音 を 発 生 させる 施 設 ( 特 定 施 設 騒 音 発 生 施 設 発 生 施 設 )を 設 置 している 工 場 事 業 場 ( 工 場 等 )に 対 し 騒 音 の 大 きさの 規

More information

SPECIAL COLUMN 業 種 別 のインシデント 件 数 の 人 数 区 分 を 図 3に 示 す 1 件 あたりの 漏 えい 人 数 が100 人 以 下 の 漏 えい 件 数 は 公 務 が469 件 中 375 件 (80.0%)でもっとも 多 い 次 いで 金 融 保 険 業 の15

SPECIAL COLUMN 業 種 別 のインシデント 件 数 の 人 数 区 分 を 図 3に 示 す 1 件 あたりの 漏 えい 人 数 が100 人 以 下 の 漏 えい 件 数 は 公 務 が469 件 中 375 件 (80.0%)でもっとも 多 い 次 いで 金 融 保 険 業 の15 特 集 個 人 情 報 漏 えいインシデントを 減 らすためには セキュリティ 被 害 調 査 WG ( 株 )NTTデータ 大 谷 尚 通 1. はじめに 2008 年 は 2007 年 と 比 較 して 個 人 情 報 漏 えいインシデント( 以 下 インシデントとする)の 件 数 が 大 幅 に 増 加 し 1,373 件 (+509 件 )となった これは 教 育 学 習 支 援 業 金 融

More information

第3回 地震再保険特別会計に関する論点整理に係るワーキンググループ資料

第3回 地震再保険特別会計に関する論点整理に係るワーキンググループ資料 資 料 4 佐 藤 主 光 (もとひろ) 一 橋 大 学 経 済 学 研 究 科 政 策 大 学 院 1 2 事 前 ( 災 害 前 )の 自 助 努 力 の 促 進 - 首 都 直 下 地 震 など 大 規 模 な 災 害 が 発 生 した 場 合 被 災 者 支 援 に 充 てられる 国 被 災 自 治 体 の 財 源 にも 限 りがある 救 済 対 象 となる 被 災 者 が 多 くなれば 真

More information

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 参 考 資 料 2 ヒートアイランド 現 象 の 要 因 変 化 の 推 定 方 法 本 マニュアルではヒートアイランド 現 象 が 顕 著 な 大 都 市 ( 東 京 都 区 部 名 古 屋 市 大 阪 市 福 岡 市 )を 対 象 に ヒートアイランド 現 象 の 主 な 要 因 である1 地 表 面 被 覆 の 人 工 化 2 都 市 形 態 の 高 密 度 化 3 人 工 排 熱 の 増 加

More information

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 に 関 する 調 査 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 プロジェクトチーム ( 調 査 監 修 ) 大 阪 産 業 経 済 リサーチセンター 目 次 2 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 15 1-1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 16 1-2 女 性 就 業 における M 字 カーブ

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

目 次 Ⅰ. 目 的 2 (1) 背 景 (2) 検 討 にあたっての 問 題 意 識 Ⅱ. 現 状 と 課 題 4 (1) 建 物 価 値 の 評 価 に 関 する 取 組 と 課 題 1 評 価 者 検 査 事 業 者 宅 建 事 業 者 2 金 融 機 関 3 保 証 会 社 (2) 建 物

目 次 Ⅰ. 目 的 2 (1) 背 景 (2) 検 討 にあたっての 問 題 意 識 Ⅱ. 現 状 と 課 題 4 (1) 建 物 価 値 の 評 価 に 関 する 取 組 と 課 題 1 評 価 者 検 査 事 業 者 宅 建 事 業 者 2 金 融 機 関 3 保 証 会 社 (2) 建 物 リフォーム 市 場 活 性 化 のための 金 融 機 関 と 住 宅 関 連 事 業 者 の 連 携 に 向 けて 平 成 27 年 4 月 目 次 Ⅰ. 目 的 2 (1) 背 景 (2) 検 討 にあたっての 問 題 意 識 Ⅱ. 現 状 と 課 題 4 (1) 建 物 価 値 の 評 価 に 関 する 取 組 と 課 題 1 評 価 者 検 査 事 業 者 宅 建 事 業 者 2 金 融 機

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

Microsoft Word - 議題表紙.doc

Microsoft Word - 議題表紙.doc 報 告 第 3 号 芦 屋 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 計 画 ( 案 )について 芦 屋 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 計 画 ( 案 ) 平 成 25 年 3 月 芦 屋 市 市 民 生 活 部 保 険 医 療 助 成 課 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 章 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 の 現 状 と 課 題 2 1 国 民

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63> 首 都 圏 の 空 港 に 関 する 企 業 へのアンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 書 平 成 18 年 8 月 横 浜 市 目 次 調 査 の 概 要... 2 調 査 結 果 ( 要 旨 )... 3 アンケートの 集 計 結 果... 12 1 回 答 企 業 の 属 性... 12 1) 業 種 別... 12 2) 所 在 地 別... 13 3) 資 本 金 規 模 別...

More information

みずほ 総 合 研 究 所 コンサルティング 部 主 任 コンサルタント 谷 尾 久 幸 上 席 主 任 コンサルタント 佐 野 暢 彦 当 リポートは 情 報 提 供 のみを

みずほ 総 合 研 究 所 コンサルティング 部 主 任 コンサルタント 谷 尾 久 幸 上 席 主 任 コンサルタント 佐 野 暢 彦 当 リポートは 情 報 提 供 のみを はどのような 管 理 を 行 っているか ~ が 保 有 する 権 限 機 能 調 査 結 果 報 告 ~ 2013 年 5 月 27 日 発 行 みずほ 総 合 研 究 所 コンサルティング 部 主 任 コンサルタント 谷 尾 久 幸 hisayuki.tanio@mizuho-ri.co.jp 上 席 主 任 コンサルタント 佐 野 暢 彦 nobuhiko.sano@mizuho-ri.co.jp

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

H19年度

H19年度 首 都 直 下 地 震 等 による 東 京 の 被 害 想 定 概 要 版 東 京 都 0 目 次 Ⅰ.はじめに 1 1. 背 景 と 目 的 1 Ⅱ. 想 定 される 被 害 4 Ⅱ-1. 被 害 想 定 の 前 提 条 件 4 1. 想 定 するシーン 4 2. 想 定 対 象 項 目 5 Ⅱ-2. 被 害 の 全 体 像 6 1. 首 都 直 下 地 震 6 2. 海 溝 型 地 震 8 3.

More information

【報告書】H24スマコミ実証実験.doc

【報告書】H24スマコミ実証実験.doc 図 :PR 動 画 で 施 設 ( 電 力 需 要 管 理 画 面 の 説 明 ) 図 :PR 動 画 (PV 発 電 管 理 画 面 の 説 明 ) 51 (3)アンケート 結 果 1アンケート 調 査 実 験 後 ワークショップの 目 的 アンケート 調 査 実 験 後 ワークショップのテーマについて 1 環 境 2 高 齢 化 社 会 への 対 応 ( 移 動 手 段 の 確 保 ) 3 防

More information

第1章 総  論

第1章 総  論 下 水 道 地 震 対 策 緊 急 整 備 計 画 策 定 の 手 引 き( 案 ) 平 成 18 年 4 月 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 下 水 道 部 社 団 法 人 日 本 下 水 道 協 会 下 水 道 施 設 の 耐 震 対 策 指 針 等 改 定 調 査 専 門 委 員 会 マニュアル 計 画 小 委 員 会 緊 急 整 備 計 画 策 定 作 業 部 会 委 員 名

More information

前回の改正労働基準法案の制定経緯

前回の改正労働基準法案の制定経緯 参 考 資 料 3 規 制 改 革 会 議 雇 用 ワーキング グ ループ 提 出 資 料 ( 平 成 26 年 4 月 25 日 ) 多 様 な 正 社 員 (ジョブ 型 正 社 員 )について 3. 多 様 な 正 社 員 の 普 及 拡 大 平 成 26 年 4 月 22 日 ( 火 ) 第 4 回 経 済 財 政 諮 問 会 議 産 業 競 争 力 会 議 合 同 会 議 田 村 厚 生 労

More information

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 にかかる 請 求 事 務 処 理 要 領 Ver.6 神 戸 市 保 健 福 祉 局 障 害 者 支 援 課 平 成 26 年 4 月 目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記

More information

1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1. 環 境 マネジメントシステムを 継 続 的 に 改 善 します 2. 環 境 法 規 制 及 び 地 域 と 取 り 交 わした

1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1. 環 境 マネジメントシステムを 継 続 的 に 改 善 します 2. 環 境 法 規 制 及 び 地 域 と 取 り 交 わした 第 45 期 ( 対 象 期 間 214 年 8 月 1 日 ~215 年 7 月 31 日 ) 発 行 日 :215 年 12 月 1 日 建 設 株 式 会 社 第 三 丸 15 積 改 訂 日 :216 年 3 月 15 日 1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1.

More information

カ) SNS 機 能 の 導 入 連 携 キ) 日 本 語 英 語 の 二 カ 国 表 記 ク) 簡 易 版 のトップページの 作 成 ⅰ) 本 業 務 の 目 的 に 沿 ったWEBサイトの 全 体 構 成 を 検 討 提 案 し 作 成 すること ⅱ) Facebook や Instagram

カ) SNS 機 能 の 導 入 連 携 キ) 日 本 語 英 語 の 二 カ 国 表 記 ク) 簡 易 版 のトップページの 作 成 ⅰ) 本 業 務 の 目 的 に 沿 ったWEBサイトの 全 体 構 成 を 検 討 提 案 し 作 成 すること ⅱ) Facebook や Instagram 神 戸 国 際 フルート 音 楽 祭 WEBサイト 作 成 運 営 委 託 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 神 戸 国 際 フルート 音 楽 祭 WEBサイト 作 成 運 営 委 託 業 務 2. 業 務 目 的 平 成 29(2017) 年 5 月 25 日 から6 月 4 日 にかけて 神 戸 文 化 ホールにおいて 開 催 される 第 9 回 神 戸 国 際 フルートコンクール を 核

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CB48D65814093FA8AA78C9A90DD8BC6905695B7208F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CB48D65814093FA8AA78C9A90DD8BC6905695B7208F4390B32E646F63> 日 刊 建 設 産 業 新 聞 : 平 成 8 年 5 月 5 日 掲 載 次 世 代 の 耐 震 設 計 法 : 地 震 リスクを 考 える 武 蔵 工 業 大 学 教 授 吉 川 弘 道 篠 塚 研 究 所 主 席 研 究 員 中 村 孝 明 リスク とは 将 来 における 不 確 かな 損 失 あるいは 不 利 益 と 定 義 できる これを 定 量 的 に 記 述 すると 被 害 の 発 生

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

2

2 1 2 自 転 車 は 免 許 を 持 たずに 誰 でも 乗 れる 便 利 な 乗 り 物 です それゆ え 交 通 ルールを 知 らない あるいは 知 っていても 守 らない 利 用 者 も 多 くいるのが 実 態 です 本 区 では 自 転 車 交 通 量 の 増 加 に 伴 い 自 転 車 利 用 者 のマナー 改 善 や 自 転 車 通 行 空 間 の 整 備 を 求 める 声 も 多 く

More information

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx 鰐 石 地 区 港 湾 関 連 用 地 6.4ha(H30 年 度 完 成 に 向 け 整 備 中 ) 背 後 圏 島 根 県 ( 万 人 ) ( 万 人 ) 全 国 注 ) 年 齢 不 詳 は 含 まない 輸 出 23 千 トン 移 出 30 千 トン 輸 入 273 千 トン 移 入 138 千 トン 速 報 値 浜 田 港 利 用 企 業 福 井 3 号 280m( 暫 定 水

More information

CWJホームページ提供サービス利用規約

CWJホームページ提供サービス利用規約 CWJ ホームページ 制 作 運 用 サービス(WEB-MATE) 契 約 約 款 第 1 章 総 則 ( 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 株 式 会 社 サイバーウェイブジャパン( 以 下 当 社 という )は CWJ ホームページ 制 作 運 用 サービス (WEB-MATE) ( 以 下 本 サービス という )の 利 用 に 関 し 以 下 の 通 り 契 約 約 款 ( 以 下 本 約

More information

現行データ体系と新データ体系のマッピング

現行データ体系と新データ体系のマッピング 運 送 事 業 者 の 皆 様 へ 人 材 の 確 保 育 成 定 着 への 取 組 を 応 援 します!! 運 送 事 業 者 の 皆 様 に 特 にトラックドライバーの 確 保 定 着 に 向 けて 活 用 が 見 込 まれる 助 成 金 をご 案 内 しています この 冊 子 にご 紹 介 したもののほかにも 多 くの 雇 用 関 係 助 成 金 がありますので 平 成 27 年 度 雇 用

More information

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216 平 成 26 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 26 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

政 務 活 動 の 目 的 とは 違 うため 政 務 活 動 の 経 費 とならない ( 政 治 資 金 パーティ 券 ダメ) 5. 政 務 活 動 費 の 妥 当 性 の 判 断 点 1 政 務 活 動 目 的 と 区 政 の 関 連 性 イ) 23 区 の 議 員 が 漁 業 を 視 察 しても

政 務 活 動 の 目 的 とは 違 うため 政 務 活 動 の 経 費 とならない ( 政 治 資 金 パーティ 券 ダメ) 5. 政 務 活 動 費 の 妥 当 性 の 判 断 点 1 政 務 活 動 目 的 と 区 政 の 関 連 性 イ) 23 区 の 議 員 が 漁 業 を 視 察 しても 調 査 報 告 書 政 務 活 動 費 の 使 途 基 準 --- 地 方 議 員 研 究 会 主 催 ( 講 師 廣 瀬 和 彦 氏 ) 政 務 活 動 費 は 個 々にグレーゾーンがあり それを 裁 判 所 がどう 判 断 しているかと 言 う 事 の 説 明 でした 主 にこれまでの 裁 判 例 に 基 づく 使 途 基 準 の 説 明 がありました 下 記 報 告 します 1. 政 務 活

More information

- 1 -

- 1 - 平 成 27 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 27 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

15. 営 業 活 動 を 組 織 的 かつ 効 率 的 に 遂 行 するためには 必 要 な 職 務 分 掌 および 職 務 権 限 を 明 確 にする 16. 営 業 部 門 の 基 本 的 職 務 は 商 品 開 発 仕 入 れ 販 売 組 織 人 事 経 理 財 務 ならびに 情 報 処 理

15. 営 業 活 動 を 組 織 的 かつ 効 率 的 に 遂 行 するためには 必 要 な 職 務 分 掌 および 職 務 権 限 を 明 確 にする 16. 営 業 部 門 の 基 本 的 職 務 は 商 品 開 発 仕 入 れ 販 売 組 織 人 事 経 理 財 務 ならびに 情 報 処 理 販 売 管 理 に 関 する 内 部 監 査 の 留 意 事 項 1. 販 売 戦 略 は 顧 客 を 消 費 者 としてではなく 生 活 者 としてとらえ 顧 客 のライフスタイルにおけ る 質 の 向 上 および 地 域 社 会 への 貢 献 など 豊 かな 人 間 生 活 に 寄 与 する 販 売 理 念 を 基 本 とする 2. 販 売 政 策 は 販 売 理 念 に 基 づく 販 売 活

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

資料1

資料1 資 料 1 平 成 28 年 5 月 19 日 国 税 庁 大 阪 国 税 局 平 成 26 27 年 度 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 庁 舎 における 施 設 管 理 運 営 業 務 の 実 施 状 況 について Ⅰ 事 業 の 概 要 1 委 託 業 務 内 容 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 大 阪 国 税 局 管 内 ( 滋 賀 県 京

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

目 次 前 文 1 Ⅰ 平 成 20 年 度 事 業 計 画 に 掲 げた 各 項 目 の 実 施 概 況 5 1 競 馬 番 組 等 に 関 する 計 画 5 2 お 客 様 サービスに 関 する 計 画 8 3 競 馬 の 公 正 確 保 に 関 する 取 組 み 19 4 競 馬 の 国 際

目 次 前 文 1 Ⅰ 平 成 20 年 度 事 業 計 画 に 掲 げた 各 項 目 の 実 施 概 況 5 1 競 馬 番 組 等 に 関 する 計 画 5 2 お 客 様 サービスに 関 する 計 画 8 3 競 馬 の 公 正 確 保 に 関 する 取 組 み 19 4 競 馬 の 国 際 平 成 20 事 業 年 度 事 業 報 告 書 日 本 中 央 競 馬 会 目 次 前 文 1 Ⅰ 平 成 20 年 度 事 業 計 画 に 掲 げた 各 項 目 の 実 施 概 況 5 1 競 馬 番 組 等 に 関 する 計 画 5 2 お 客 様 サービスに 関 する 計 画 8 3 競 馬 の 公 正 確 保 に 関 する 取 組 み 19 4 競 馬 の 国 際 化 への 取 組 み 21

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B638E968E9F91E6816988C4816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B638E968E9F91E6816988C4816A> 各 における 現 地 事 業 の 概 要 1 参 考 資 料 1-1 福 島 県 福 島 市 施 設 のハ リアフリー 情 トイレ 休 憩 施 設 上 のバリア 情 を 活 用 iphone の 案 内 し 歩 行 注 意 箇 所 を 地 図 上 に タブレット(iPad ハ リアフリー 経 路 案 表 示 土 湯 温 泉 Android 端 末 ) 内 バリアの 程 度 を 動 画 で 説 明 観

More information

1. 本 報 告 の 位 置 付 け 本 報 告 は, 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 伴 う 土 砂 災 害 および 構 造 物 被 害 ( 特 に 橋 梁 )について 調 査 した 結 果 を 報 告 するものである.また, 調 査 によって 得 られた 事 実 に 基 づいて 工 学 的

1. 本 報 告 の 位 置 付 け 本 報 告 は, 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 伴 う 土 砂 災 害 および 構 造 物 被 害 ( 特 に 橋 梁 )について 調 査 した 結 果 を 報 告 するものである.また, 調 査 によって 得 られた 事 実 に 基 づいて 工 学 的 平 成 28 年 6 月 3 日 公 開 平 成 28 年 6 月 7 日 修 正 平 成 28 年 熊 本 地 震 調 査 報 告 書 ( 速 報 ) ~ 東 北 大 学 災 害 科 学 国 際 研 究 所 構 造 物 土 砂 災 害 調 査 チーム~ < 調 査 対 象 > 土 砂 災 害 地 盤 災 害 構 造 物 被 害 など < 調 査 対 象 地 域 > 熊 本 県 阿 蘇 郡 南 阿

More information

目 次 調 査 概 要 調 査 サマリー 母 集 団 ( 回 答 者 )の 特 徴 について 回 答 者 の 特 徴 調 査 結 果 タブレット 端 末 /スマートフォンの 法 人 営 業 への 導 入 段 階 タブレット 端 末 /スマートフォンの 法 人 営 業 への 導 入 目 的 タブレット

目 次 調 査 概 要 調 査 サマリー 母 集 団 ( 回 答 者 )の 特 徴 について 回 答 者 の 特 徴 調 査 結 果 タブレット 端 末 /スマートフォンの 法 人 営 業 への 導 入 段 階 タブレット 端 末 /スマートフォンの 法 人 営 業 への 導 入 目 的 タブレット 法 人 営 業 における タブレット 端 末 /スマートフォンの 利 用 実 態 調 査 2012 年 8 月 6 日 ( 月 ) PDCAコンサルティングで 顧 客 育 成 を 実 現 する 株 式 会 社 パワー インタラクティブ http://www.powerweb.co.jp/ 目 次 調 査 概 要 調 査 サマリー 母 集 団 ( 回 答 者 )の 特 徴 について 回 答 者 の 特

More information

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 14 期 中 第 15 期 中 第 16 期 中 第 14 期 第 15 期 会 計 期 間 自 至 平 成 25 年 4 月 1 日 平 成 25 年 9 月 30 日 自 至 平

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 14 期 中 第 15 期 中 第 16 期 中 第 14 期 第 15 期 会 計 期 間 自 至 平 成 25 年 4 月 1 日 平 成 25 年 9 月 30 日 自 至 平 表 紙 提 出 書 類 半 期 報 告 書 提 出 先 関 東 財 務 局 長 提 出 日 平 成 27 年 12 月 25 日 中 間 会 計 期 間 第 16 期 中 ( 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 9 月 30 日 ) 会 社 名 アキナジスタ 株 式 会 社 英 訳 名 Akinasista Corporation. 代 表 者 の 役 職 氏 名 代 表 取

More information

目 次 1 EC 市 場 の 現 状 2 宅 配 便 を 取 り 巻 く 環 境 3 労 働 力 不 足 が 及 ぼすECへの 影 響 4 再 配 達 の 発 生 の 状 況 5 再 配 達 を 削 減 するための 各 社 の 取 組 1 6 再 配 達 を 削 減 するための 各 社 の 取 組

目 次 1 EC 市 場 の 現 状 2 宅 配 便 を 取 り 巻 く 環 境 3 労 働 力 不 足 が 及 ぼすECへの 影 響 4 再 配 達 の 発 生 の 状 況 5 再 配 達 を 削 減 するための 各 社 の 取 組 1 6 再 配 達 を 削 減 するための 各 社 の 取 組 資 料 1 宅 配 の 再 配 達 の 削 減 に 向 けた 検 討 の 進 め 方 について 平 成 27 年 6 月 5 日 国 土 交 通 省 物 流 審 議 官 部 門 物 流 政 策 課 企 画 室 目 次 1 EC 市 場 の 現 状 2 宅 配 便 を 取 り 巻 く 環 境 3 労 働 力 不 足 が 及 ぼすECへの 影 響 4 再 配 達 の 発 生 の 状 況 5 再 配 達

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

資 料 1 相 談 事 例 事 例 1 支 店 長 から 恒 常 的 にセクハラを 受 け 出 勤 が 辛 くなった 事 案 相 談 内 容 支 店 長 から 臀 部 脚 手 などに 触 られたり 下 着 を 脱 いでおけ 上 半 身 は 細 いの に 太 腿 は 太 いな など 言 われたりしていた 最 初 は 人 間 関 係 を 壊 したくないと 我 慢 したが セクハラが 恒 常 的 にあるので

More information

目 次 1. 本 ソフトウェアのねらい 1 2. 本 ソフトウェアの 概 要 2 (1) 機 能 の 概 要 と 想 定 される 利 用 場 面 (2) 必 要 なシステム (3)プログラムのファイル 構 成 (4)ソフトウェアの 開 始 (5)ソフトウェアの 保 存 と 終 了 (6)ソフトウェア

目 次 1. 本 ソフトウェアのねらい 1 2. 本 ソフトウェアの 概 要 2 (1) 機 能 の 概 要 と 想 定 される 利 用 場 面 (2) 必 要 なシステム (3)プログラムのファイル 構 成 (4)ソフトウェアの 開 始 (5)ソフトウェアの 保 存 と 終 了 (6)ソフトウェア 直 売 所 における 切 り 花 需 要 量 の 予 測 ソフトウェア 操 作 マニュアル 販 売 データ 需 要 予 測 値 レジのPOSデータなど 計 算 月 曜 :82 点 火 曜 :87 点 180 160 140 y = 1.52 x + 13.44 R² = 0.83 もとの 変 動 1 日 の 販 売 量 ( 点 ) 120 100 80 60 40 その 他 の 変 動 20 0 直

More information

5.4.3 将 来 の 方 針 方 向 性 (1) 中 心 市 街 地 の 道 路 の 考 え 方 中 心 市 街 地 の 道 路 の 課 題 及 び 中 心 市 街 地 活 性 化 基 本 計 画 の 方 針 を 踏 まえて 中 心 市 街 地 の 道 路 は 中 心 市 街 地 の 活 性 化

5.4.3 将 来 の 方 針 方 向 性 (1) 中 心 市 街 地 の 道 路 の 考 え 方 中 心 市 街 地 の 道 路 の 課 題 及 び 中 心 市 街 地 活 性 化 基 本 計 画 の 方 針 を 踏 まえて 中 心 市 街 地 の 道 路 は 中 心 市 街 地 の 活 性 化 5.4 中 心 市 街 地 の 道 路 に 関 する 整 備 計 画 5.4.1 中 心 市 街 地 の 道 路 ( 龍 ケ 崎 商 店 街 通 り)の 課 題 龍 ケ 崎 商 店 街 の 道 路 は ( 県 ) 河 内 竜 ケ 崎 線 であるため 通 過 交 通 の 流 入 が 多 い 竜 ケ 崎 駅 前 交 差 点 は5 差 路 となっており 交 通 事 故 が 発 生 する 可 能 性 の 高

More information

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連 2 0 1 1 年 4 月 2 0 日 全 建 総 連 支 援 対 策 本 部 ニュース(No.33 全 建 総 連 東 日 本 大 震 災 支 援 対 策 本 部 全 建 総 連 では 4 月 14 日 原 発 事 故 に 起 因 する 様 々な 被 害 を 受 けた 地 域 の 産 業 及 び 住 民 に 対 して 充 分 な 補 償 を 行 うこと 等 を 主 旨 とした 要 請 を 東 京

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

- m m -. - -. 77

- m m -. - -. 77 論 文 安 全 安 心 な 都 市 空 間 形 成 を 目 指 して ~ 都 市 域 を 水 災 害 から 守 るために~ 大 都 市 への 人 口 集 中 が 進 み, 多 くの 人 々は 快 適 で, 文 化 的 な 生 活 を 享 受 している.しかし, 近 年, 記 録 的 短 時 間 降 雨 の 発 生 頻 度 が 増 加 しており, 下 水 道 による 雨 水 排 水 能 力 を 超 えた

More information

長崎本線は残されるか~長崎本線期成存続会

長崎本線は残されるか~長崎本線期成存続会 長 崎 本 線 を 守 れ!~ 長 崎 本 線 存 続 期 成 会 中 3 6 H.W. はじめに 別 の 原 稿 でもあったように 九 州 新 幹 線 長 崎 ルートが 開 通 する 際 並 行 在 来 線 となる JR 長 崎 本 線 は 肥 前 鹿 島 ~ 諫 早 間 がJRから 分 離 されて 佐 賀 長 崎 両 県 などが 出 資 す る 新 会 社 によって 運 行 されるという 構 想

More information