水環境に関する政策

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "水環境に関する政策"

Transcription

1 論 文 アフリカにおける 開 発 経 済 学 はじめに 内 田 しのぶ 開 発 途 上 国 に 分 類 される 国 はさまざまある その 中 で 現 在 貧 困 の 除 去 が 最 も 必 要 とされて いるのはアフリカではないか なぜなら 現 在 アフリカは 48 カ 国 の 後 発 開 発 途 上 国 (LLDC) の 33 ヶ 国 を 占 め 42 カ 国 の 重 債 務 貧 困 国 (HIPCs)のうち 34 カ 国 を 占 めるからである アフ リカにおいて 経 済 発 展 をするためには 経 済 インフラまたは 社 会 インフラの 整 備 が 必 要 である 今 回 は 社 会 インフラの 整 備 の 点 からアフリカの 経 済 成 長 を 考 える 現 在 アフリカにおいて 人 的 資 源 は 有 効 に 利 用 されていないのが 実 情 である 発 展 途 上 国 が 貧 困 緩 和 または 削 減 を 果 た すためには 自 助 努 力 が 最 も 必 要 となるであろう そのためには 人 的 資 源 の 有 効 活 用 が 不 可 欠 である 貧 しい 人 々が 最 低 限 の 生 活 をするにはどうすれば 良 いのか アフリカの 開 発 経 済 学 を さまざまな 点 から 考 える 1. アフリカの 歴 史 1.1 アフリカの 奴 隷 貿 易 大 航 海 時 代 ヨーロッパ 人 1 はイスラム 世 界 の 彼 方 やアフリカの 世 界 のどこかに 黄 金 の 国 があると 信 じて 航 海 を 続 けていた 15 世 紀 末 東 インドと 香 辛 料 の 直 接 取 引 を 狙 い さらにイ スラム 世 界 の 背 後 に 隠 された 黄 金 の 山 を 発 見 しようとしたヨーロッパ 人 は 喜 望 峰 を 経 由 して インド 洋 に 進 出 する 一 方 で 大 西 洋 横 断 に 成 功 した こうして アフリカ 世 界 とアメリカ 世 界 に 足 がかりを 築 いた その 後 ヨーロッパ 人 は 直 接 的 な 略 奪 いわゆる 大 西 洋 奴 隷 貿 易 を 始 める 16 世 紀 初 頭 に 始 まった 奴 隷 貿 易 は 19 世 紀 近 くまで 400 年 近 くも 続 くことになった また こ の 奴 隷 貿 易 は 三 角 貿 易 のネットワークの 一 部 であった 三 角 貿 易 のメカニズムは ヨーロッパの 奴 隷 商 人 がヨーロッパで 生 産 した 綿 製 品 羊 毛 酒 類 装 飾 品 などを 仕 入 れ アフリカの 沿 岸 部 で 奴 隷 と 交 換 する その 奴 隷 は 西 洋 を 越 えてカ リブ 海 やブラジルに 専 用 船 で 搬 送 される そこでは ヨーロッパ 人 の 嗜 好 品 である 砂 糖 やタバ コ コーヒー 綿 花 などのプランテーションが 経 営 されており 先 住 民 の 大 部 分 が 死 滅 して 労 働 力 不 足 に 陥 っていたため 重 労 働 に 耐 えるアフリカ 人 奴 隷 が 必 要 になっていた 奴 隷 貿 易 の 傷 跡 まず 奴 隷 貿 易 は 強 制 的 な 人 口 移 動 として 人 類 史 上 最 大 規 模 のものであった しかし アフ リカ 世 界 すべてが 均 等 に 奴 隷 貿 易 の 影 響 を 受 けたわけではなく 主 に 影 響 を 受 けたのはセネガ ルからアンゴラにかけての 大 西 洋 岸 であった 大 西 洋 岸 では 奴 隷 貿 易 によって 人 口 規 模 が 長 期 にわたって 停 滞 し とくに 青 壮 年 層 を 大 量 に 奪 われたことが 今 日 のアフリカ 低 開 発 の 歴 史 的 根 源 になったとされる 3 29

2 香 川 大 学 経 済 政 策 研 究 第 3 号 ( 通 巻 第 3 号 ) 2007 年 3 月 1.3 植 民 地 化 前 のアフリカ 19 世 紀 初 期 にはアフリカの 対 外 貿 易 は 奴 隷 貿 易 に 依 存 しており その 仕 向 け 先 は 南 北 アメ リカ インド 洋 の 諸 島 および 沿 岸 地 域 インド ヨーロッパ 中 東 であった 19 世 紀 中 頃 には 東 および 中 央 アフリカからインド 洋 への 奴 隷 貿 易 はピークを 向 かえた しかし 1880 年 頃 まで には 大 西 洋 サハラ 越 えおよび 中 央 東 アフリカの 奴 隷 貿 易 は 減 少 し アフリカの 対 外 貿 易 は 奴 隷 に 変 わって 象 牙 ゴム コーヒー 綿 花 などが 中 心 となる このような 変 化 が 生 じた 結 果 アフリカ 大 陸 において 平 和 と 安 定 が 回 復 し 始 めた また 奴 隷 貿 易 廃 止 後 は 人 口 が 増 加 し アフリカの 人 々の 移 動 も 一 定 の 落 ち 着 きを 見 せた 19 世 紀 初 頭 では 大 量 の 人 口 移 動 が 見 ら れたが 1880 年 ごろには 定 着 化 していった そして 奴 隷 という 商 品 から 販 売 のために 生 産 する 人 間 に 変 わっていったのである アフリカの 植 民 地 化 とベルリン 会 議 1870 年 代 ヨーロッパ 列 強 は 競 い 合 ってアフリカの 植 民 地 領 有 を 進 めた 1884~1885 年 にか けては ヨーロッパ 諸 国 がアフリカの 植 民 地 領 有 の 際 戦 争 になるのを 避 けるためにベルリン 会 議 が 開 かれた このベルリン 会 議 で ヨーロッパ 14 カ 国 によるアフリカ 分 割 が 完 成 した ベ ルリン 会 議 の 特 徴 は アフリカを 無 人 の 土 地 として 国 際 法 上 取 り 扱 い またアフリカの 利 益 に 関 係 なく 行 われたことである 19 世 紀 末 アフリカの 各 植 民 地 は 鉄 道 や 海 運 の 急 速 な 技 術 的 発 展 にともない 熱 帯 産 品 の 輸 出 拠 点 およびヨーロッパ 製 品 の 販 売 市 場 へと 急 速 に 再 編 されて いく 1899~1902 年 には アングロ ボーア 戦 争 が 勃 発 し 南 アフリカでは ヨハネスブルクが 急 速 に 都 市 として 成 長 し アフリカで 最 も 優 れた 鉄 道 のネットワークが 建 設 され 工 業 経 済 の 進 展 が 始 まった 5 このような 状 況 を 北 川 勝 彦 は 次 のようにまとめる アフリカの 産 業 上 の 覇 権 を 軸 に 発 展 して いた 19 世 紀 の 世 界 経 済 は 次 第 にドイツ アメリカ 合 衆 国 フランス ロシアおよび 日 本 など の 工 業 国 の 競 争 の 場 となり その 周 辺 に 多 様 な 地 域 を 抱 える 20 世 紀 の 世 界 経 済 にかわっていっ た 工 業 化 は イギリスを 越 えて 広 がり 生 産 力 拡 大 の 結 果 物 価 は 下 落 し ヨーロッパの 内 外 で 激 しい 市 場 獲 得 競 争 が 生 じた こうした 動 きの 影 響 をうけてアフリカで 起 こった 一 次 産 品 価 格 の 下 落 は 現 地 で 活 動 していたヨーロッパ 人 商 人 の 不 安 をかきたてた このような 状 況 の なかで 一 方 で ヨーロッパ 諸 国 では 物 価 利 子 率 および 利 潤 が 低 下 し 大 不 況 が 発 生 す るとともに 他 方 で 商 品 労 働 資 本 技 術 および 企 業 家 活 動 の 自 由 な 移 動 を 認 めてきた 各 国 政 府 は 保 護 関 税 や 補 助 金 による 国 内 市 場 の 保 護 政 策 と 将 来 の 市 場 確 保 のために 植 民 地 獲 得 政 策 に 乗 り 出 していった 6 のである 1.5 アフリカの 独 立 1960 年 を 中 心 に アフリカ 諸 国 は 政 治 的 独 立 を 遂 げた それぞれの 国 によって 独 立 の 形 は 違 うものの ほとんどの 国 は 平 和 的 に 独 立 していった たとえば 旧 フランス 領 の 諸 国 は 通 貨 発 行 権 を 委 ねたり 公 用 語 をフランス 語 にするなどフランスと 強 い 結 びつきを 維 持 したまま 平 和 的 に 独 立 した また 第 二 次 世 界 大 戦 以 降 経 済 的 に 低 迷 していたイギリスは 植 民 地 経 営 が 難 しく 30

3 アフリカにおける 開 発 経 済 学 なり 60 年 に 独 立 に 向 かうことを 受 け 入 れた アフリカの 多 くの 独 立 は 平 和 に 行 われたが 権 利 などを 求 める 運 動 はしばしば 激 しく 弾 圧 された アフリカ 諸 国 は 政 治 的 つながりや 制 約 を 受 けたまま 独 立 にいたったのである またアフリカの 独 立 は 旧 来 の 植 民 地 の 境 界 線 をそのまま 引 きついだものとなった 独 立 後 のアフリカ 独 立 直 後 のアフリカでは 生 活 水 準 が 向 上 した 独 立 後 短 期 間 で 初 等 教 育 の 普 及 率 が 急 激 に 上 昇 し 平 均 寿 命 も 伸 びた また アフリカ 社 会 主 義 の 理 念 を 唱 える 指 導 者 も 次 々 現 れた そし てアフリカ 化 を 進 めるために 行 政 機 構 のポスト 企 業 商 店 の 経 営 権 雇 用 土 地 などの 権 利 を 非 アフリカ 系 の 人 々からアフリカ 人 へと 置 き 換 える 動 きを 起 こした しかし アフリカ 化 はうまく 進 まなかった アフリカ 人 に 行 政 や 経 営 を 担 う 能 力 そのものが 十 分 に 備 わっていな かったためである 企 業 については 政 府 が 国 営 化 する 形 をとり 全 体 の 雇 用 を 膨 張 させて ア フリカ 人 たちを 吸 収 していった 政 府 が 大 きな 役 割 を 担 う 立 場 となった アフリカ 化 における アフリカ 経 済 は 社 会 主 義 的 なものに 近 づいていったのである また 学 校 教 育 の 普 及 には 量 的 拡 大 は 行 われたが 質 の 充 実 は 遅 れた 学 校 数 の 増 加 に 教 師 の 数 が 追 いつかなかったためである 独 立 当 初 は 自 前 の 教 科 書 を 持 つことも 難 しく 旧 宗 主 国 のカリキュラムを 借 用 せざるをえなかった このために 教 育 内 容 は 児 童 や 父 母 のニーズから は 程 遠 いものとなり いったん 入 学 した 児 童 のドロップアウトが 後 を 絶 たなかった 8 独 立 後 明 るかった 未 来 への 展 望 は 消 え アフリカ 経 済 の 停 滞 期 が 訪 れる アフリカの 多 くの 国 で 低 成 長 が 続 き アフリカ 各 国 の 政 府 は 開 発 の 推 進 者 としての 信 望 を 失 うことになった そ して 1980 年 代 以 降 の 構 造 調 整 の 時 代 が 訪 れる 2. 構 造 調 整 政 策 2.1 構 造 調 整 政 策 とは 構 造 調 整 政 策 とは 国 際 収 支 が 困 難 に 陥 った 開 発 途 上 国 に 外 貨 を 貸 与 することと 引 き 換 えに 要 求 された 政 策 である 国 際 通 貨 基 金 (IMF)と 世 界 銀 行 ( 世 銀 )によって 1980 年 から 進 めら れてきた IMF は 国 際 通 貨 体 制 の 安 定 を 主 たる 役 割 とする 機 関 であり またその 中 で 国 際 収 支 の 調 整 支 援 も 行 う 世 銀 はインフラ 建 設 などの 経 済 開 発 プロジェクト 実 施 に 必 要 な 資 金 を 長 期 にわたって 貸 与 することを 役 割 としていた 1970 年 以 降 IMFの 必 要 措 置 についての 考 え 方 は 開 発 途 上 国 支 援 強 化 のためにそれぞれの 考 え 方 政 策 条 件 を 大 きく 幅 広 げた IMFは 通 貨 の 切 り 下 げ および 財 政 金 融 の 緊 縮 を 主 な 政 策 とするマクロ 的 で 短 期 的 な 需 要 の 調 整 によって 経 済 のバランスを 回 復 しようとする 見 方 を もっていた だが 開 発 途 上 国 の 国 際 収 支 困 難 の 理 由 を 経 済 活 動 に 対 する 規 制 等 供 給 に 対 する 制 約 に 起 因 する 構 造 的 なものであり 経 済 構 造 の 改 革 を 通 じて 供 給 を 増 加 させることが 必 要 だと 考 える 見 方 に 変 えた また 世 銀 は 1970 年 代 以 降 開 発 途 上 国 が 直 面 する 国 際 収 支 困 難 な どマクロ 経 済 的 な 問 題 に 対 処 するためには 足 の 速 い 資 金 を 短 期 的 に 大 量 に 供 給 することが 必 要 だと 考 えるようになった このようにして IMFと 世 銀 はともに 構 造 調 整 融 資 に 乗 り 出 す 31

4 香 川 大 学 経 済 政 策 研 究 第 3 号 ( 通 巻 第 3 号 ) 2007 年 3 月 ことになった 世 銀 と IMF の 融 資 スキーム 世 銀 の 融 資 は 市 場 ベースでの 開 発 途 上 国 支 援 所 得 水 準 の 低 い 国 に 限 って より 緩 和 された 条 件 で 供 与 される 国 際 開 発 協 会 10 の 枠 を 通 じた 融 資 スキームがなされた また IMFは 1980 年 代 後 半 構 造 調 整 ファシリティ 11 拡 大 構 造 調 整 ファシリティ 12 といった 借 り 手 に 有 利 な 融 資 制 度 を 導 入 した こうして 1980 年 代 後 半 以 降 多 数 のアフリカ 諸 国 を 含 む 低 所 得 者 に 対 しては IMFと 世 銀 がそれぞれの 構 造 調 整 支 援 に 対 する 融 資 の 枠 組 みを 持 つようになった こ のIMFによるスタンド バイ 取 極 め 13 や 構 造 調 整 支 援 は 構 造 調 整 融 資 だけではなく 援 助 国 機 関 が マクロ 政 策 支 援 を 行 う 際 にも 前 提 条 件 とされた さらに ドナー 民 間 銀 行 団 による 債 務 返 済 期 限 の 延 期 についての 合 意 もあらかじめIMFおよび 世 銀 の 支 援 が 必 要 となった 結 果 として IMF 世 銀 の 構 造 調 整 支 援 の 決 定 がその 何 倍 もの 外 貨 資 金 の 動 員 を 左 右 するようにな った これをてこにして 開 発 途 上 国 の 政 府 に 経 済 政 策 の 変 更 をせまることができるようにな った 多 くのアフリカ 諸 国 は 有 無 を 言 わさず 構 造 調 整 政 策 を 受 け 入 れざるをえなくなったの である 構 造 調 整 政 策 の 内 容 世 界 銀 行 には 構 造 調 整 融 資 に 従 って 実 施 される 構 造 調 整 プログラムがあり さらにそれがマ ニュアル 化 され どの 国 にも 共 通 した 政 策 が 適 応 されることになった その 内 容 の 主 な 点 は 経 済 の 自 由 化 政 策 である この 自 由 化 政 策 は ワシントン コンセンサス と 呼 ばれる ワシントン コンセンサスは 1 為 替 レートの 自 由 化 2 金 利 の 自 由 化 3 貿 易 の 自 由 化 4 外 貨 の 自 由 化 5 民 営 化 7 公 共 支 出 改 革 8 税 制 改 革 9 財 政 の 自 立 10 私 的 所 有 権 の 保 障 という 10 カ 条 からなる これらの 条 件 を 遂 行 することが 世 銀 の 融 資 の 条 件 となった また 自 由 化 にも 3 つの 手 段 があり 1 為 替 レートの 自 由 化 2 金 利 政 策 ( 実 質 金 利 をプラスにする 政 策 ) 3 統 制 価 格 の 撤 廃 すなわち 政 府 が 決 めていた 財 やサービス 価 格 の 自 由 化 である このようにアフリカの 経 済 は 小 さい 政 府 と 市 場 経 済 原 理 という 単 純 明 快 な 論 理 に 従 って 変 更 されていくことになる 構 造 調 整 政 策 の 是 非 1980 年 代 初 めにおいて アフリカ 諸 国 ではごく 一 部 の 国 しか 構 造 調 整 政 策 をとろうとしなか った しかし その 後 次 第 に 構 造 調 整 政 策 を 実 施 していく 国 が 増 え 1986 年 には 約 30 のサハ ラ 以 南 アフリカ 諸 国 がこのプログラムを 実 施 することになった 構 造 調 整 政 策 は その 変 更 が 社 会 経 済 政 治 と 大 きく 影 響 するため 実 行 は 容 易 ではない また 実 行 していくに 伴 いさ まざまな 非 難 を 浴 びた まず 第 一 に 内 政 干 渉 だと 非 難 された IMF と 世 銀 の 主 張 は 支 援 対 象 国 に 政 策 の 変 更 を 提 案 し 支 援 対 象 国 との 合 意 の 上 で 実 施 を 求 めているというものであった しかし ドナーや 債 権 機 関 の 資 金 を 左 右 することができる IMF 世 銀 に 異 を 唱 えることは 難 しく 実 際 はほとんど の 国 が 要 求 をそのまま 受 け 入 れることになった そして それはアフリカ 諸 国 のそれまでの 理 32

5 アフリカにおける 開 発 経 済 学 念 を 変 えてしまうことになった また ドナーがアフリカ 諸 国 に 対 して 政 治 的 要 求 を 行 ってい けるような 状 況 を 作 り 出 すこととなった 第 二 に 弱 者 に 不 利 益 を 与 えるという 事 態 が 起 こった 例 えば 自 国 通 貨 の 切 り 下 げは 輸 入 依 存 度 の 高 いアフリカ 諸 国 ではインフレが 引 き 起 こされ 低 所 得 者 層 の 人 々の 生 活 をさらに 苦 しくすることになった 第 三 に 構 造 調 整 は アフリカの 経 済 の 安 定 回 復 や 開 発 の 観 点 からも 有 効 ではないと 非 難 さ れた 為 替 の 切 り 下 げや 国 営 企 業 の 民 営 化 は 産 業 や 市 場 の 十 分 発 達 していないアフリカでは 成 長 促 進 に 繋 がることはなかった 16 しかし 構 造 調 整 政 策 が 悪 影 響 のみを 及 ぼしたかといえばそうではない 構 造 調 整 政 策 を 続 けてきて 成 果 を 結 び 始 めた 国 もある 例 えば コートジボアール ウガンダ マリでは 為 替 レートの 切 り 下 げを 行 ったにも 関 わらず インフレになることもなく 輸 出 競 争 力 が 改 善 し た また SPA(サハラ 以 南 の 低 所 得 重 債 務 国 に 対 する 特 別 プログラム)により 債 務 が 軽 減 された 政 治 面 で いくつかの 国 は 軍 事 支 出 を 削 減 し 社 会 的 支 出 および 人 的 資 源 への 投 資 に 振 り 向 けた 例 もある 17 このように 構 造 調 整 政 策 はさまざまな 問 題 点 を 残 している 未 だ 国 民 生 活 に 目 立 った 改 善 は 見 られておらず アフリカ 経 済 の 改 善 には 長 い 時 間 を 要 するであろう アフリカには 自 助 努 力 が 必 要 であり 援 助 機 関 IMF 世 銀 は アフリカの 実 情 に 見 合 った 構 造 調 整 政 策 援 助 を すべきである 3. 人 口 問 題 3.1 アフリカにおける 人 口 増 加 と 経 済 に 対 する 作 用 人 口 増 加 は 本 来 資 本 蓄 積 技 術 進 歩 など 経 済 成 長 の 重 要 な 要 因 となる 人 口 が 増 加 すれば 生 産 に 携 わる 労 働 力 が 増 え 国 内 市 場 の 規 模 も 大 きくなる これは 先 進 国 においてはプラスに 作 用 する しかし 国 内 市 場 が 小 さく 雇 用 が 吸 収 しきれないアフリカにおいてはそうはいかな い アフリカでの 人 口 比 率 は 高 齢 者 の 比 率 は 増 えず 子 供 の 比 率 が 高 いままとなっている アフリカでは 全 人 口 に 占 める 15 から 64 歳 までの 働 く 年 代 の 人 々の 比 率 は 53%であり また 全 人 口 に 占 める 15 歳 未 満 の 子 供 の 比 率 が 44%にも 上 る それらの 子 供 が 続 々と 大 人 になってい く それに 見 合 って 雇 用 量 が 増 加 しないために 若 年 失 業 者 が 増 えているなどの 問 題 も 存 在 する 18 さまざまな 問 題 を 考 慮 しながら アフリカにおける 人 口 増 加 と 経 済 成 長 の 問 題 について 考 える 3.2 途 上 国 での 人 口 増 加 原 因 人 口 増 加 には 人 口 転 換 ( 人 口 増 加 についてのプロセス)は 3 つの 段 階 があるとされる 第 一 段 階 : 出 生 率 と 死 亡 率 が 共 に 高 く 人 口 増 加 が 緩 慢 な 時 期 第 二 段 階 : 予 防 医 学 の 発 達 により 死 亡 率 が 下 がるが 出 生 率 は 高 いまま という 人 口 増 加 が 加 速 する 時 期 第 三 段 階 : 死 亡 率 も 出 生 率 も 下 がり 人 口 増 加 が 停 滞 する 時 期 33

6 香 川 大 学 経 済 政 策 研 究 第 3 号 ( 通 巻 第 3 号 ) 2007 年 3 月 この 時 期 には 生 活 水 準 が 改 善 される 19 途 上 国 では 第 一 段 階 から 第 二 段 階 の 移 行 期 だといえる アフリカの 人 口 は 勢 いが 衰 える ことなく 急 増 している 外 国 援 助 によって 簡 易 な 保 険 医 療 サービスが 導 入 されたため 独 立 後 から 1980 年 代 にかけては 平 均 余 命 が 伸 びたためだ 1993~2000 年 にかけては HIV/エイ ズの 流 行 によって 平 均 余 命 は 短 くなったが ウガンダなどでは 1992 年 ~2000 年 にかけて 性 感 染 症 への 対 策 強 化 妊 婦 への 自 主 的 HIV 検 査 とカウンセリングの 推 奨 といった 活 動 が 成 果 を 挙 げて 感 染 を 抑 制 させることに 成 功 した 例 20 もあり 現 在 では 人 口 は 第 一 段 階 から 第 二 段 階 の 移 行 期 だといえる 3.3 人 口 に 対 して 若 者 が 多 い 理 由 途 上 国 では 子 供 の 人 数 が 人 口 の 比 率 に 比 べ 非 常 に 多 い( 図 1) 若 年 層 が 人 口 に 占 める 割 合 が 高 く 所 得 が 低 い 世 帯 では より 多 くの 子 供 を 持 つ 傾 向 がある 図 1 地 域 別 にみた 総 人 口 に 占 める 子 供 の 割 合 (2004 年 ) 後 発 開 発 途 上 国 16% 49% 開 発 途 上 国 11% 37% 先 進 国 6% 21% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% (%) 18 歳 未 満 の 人 口 の 対 数 人 口 比 (% 2004 年 ) 5 歳 未 満 人 口 の 対 数 人 口 比 (% 2004 年 ) ( 出 所 )ユニセフ 2006 年 世 界 子 供 白 書 12 頁 より 作 成 その 理 由 は 途 上 国 の 子 供 を 持 つ 意 味 から 分 かる 途 上 国 の 子 供 は 農 業 の 手 伝 い 家 事 など の 働 き 手 であり 児 童 労 働 をすることによって 家 計 の 補 助 となる 社 会 保 障 が 整 っていないこ とから 親 の 老 後 は 子 供 に 依 存 することになる 子 供 が 働 き 手 になる 場 合 扶 養 コストは 少 な くすむので 生 活 保 障 の 利 益 のほうが 大 きくなる よって できるだけ 多 くの 子 供 を 産 もうと する 多 くの 途 上 国 において 女 性 軽 視 や 女 性 に 対 する 経 済 的 法 的 差 別 が 根 強 く 女 性 の 意 志 を 無 視 して 男 児 が 産 まれるまで 子 供 を 生 み 続 けるケースもあり 子 供 は 増 加 し 続 ける 21 またサハラ 以 南 アフリカでは 2004 年 には 0-14 歳 のほぼ 2500 万 人 がHIVに 感 染 したという 推 定 がされている サハラ 以 南 のアフリカでは 成 人 (15-49 歳 )の 有 病 率 が 2003 年 で 7.5%と なっており この 病 気 のために 1500 万 人 の 子 供 が 親 の 一 方 あるいは 両 親 を 失 っている HIV/ 34

7 アフリカにおける 開 発 経 済 学 エイズ 以 外 でも 女 性 が 出 産 する 際 に 専 門 技 術 者 が 付 き 添 う 比 率 も 低 く 出 産 時 に 妊 婦 が 死 亡 する 確 率 もサハラ 以 南 アフリカは 1/16 という 非 常 に 高 い 数 値 となっている 22 子 供 は 増 加 す るが 親 は 上 記 のような 原 因 のため 亡 くなり 子 供 が 多 くなっているという 状 況 である 3.4 人 口 増 加 が 農 業 に 及 ぼす 影 響 農 業 において 人 口 増 加 は 人 々にとっての 土 地 を 希 少 なものとさせる 1960 年 代 以 来 農 村 の 人 口 は 都 市 へ 移 動 した 人 口 を 差 し 引 いても 2 倍 以 上 に 増 えたともいわれる 人 口 が 増 加 すると 食 糧 等 の 農 産 物 の 需 要 は 増 える よって 耕 す 面 積 を 拡 大 させるか 単 位 面 積 あたりの 生 産 量 ( 土 地 生 産 性 )を 増 やすしかなくなる 現 在 アフリカでは 耕 地 を 拡 大 させる 方 法 と やせた 土 地 を 耕 し 森 林 を 切 り 開 いて 畑 に 変 える 方 法 を 同 時 に 行 っている 地 力 を 回 復 させる 休 閑 期 間 を 短 縮 することもある これらの 方 法 では 生 産 量 の 伸 びは 限 られる さらに 農 地 の 拡 大 は 環 境 問 題 も 引 き 起 こす 家 畜 の 増 殖 をした 過 放 牧 森 林 伐 採 による 森 林 破 壊 など 土 壌 の 酷 使 とともに 自 然 環 境 への 大 きな 負 担 を 及 ぼしている また 農 村 で 暮 らせなくなった 人 は 都 市 に 流 れ 込 むという 現 象 も 引 き 起 こす 人 口 移 動 を 引 き 起 こす 理 由 アフリカの 都 市 人 口 は 農 村 から 都 市 へ 労 働 移 動 すなわち 出 稼 ぎで 都 市 に 滞 在 する 人 がか なりを 占 めている 独 立 後 都 市 化 が 進 んだ 理 由 は 都 市 に 行 けば 仕 事 があり 農 村 よりも 高 い 現 金 収 入 が 得 られると 期 待 されていたからだ しかし アフリカ 諸 国 の 都 市 では 都 市 雑 業 24 の 就 業 者 が 都 市 人 口 の 過 半 数 を 占 めている そこで 人 々は 農 村 と 都 市 での 仕 事 を 組 み 合 わせるな どして 所 得 を 増 やそうとする 都 市 での 仕 事 は 不 安 定 なため その 保 険 として 農 業 や 土 地 家 畜 を 維 持 したりする また 老 後 を 都 市 で 過 ごすことは 不 安 が 大 きい 土 地 や 住 宅 の 資 産 を 得 ることは 難 しいし 保 険 や 年 金 の 制 度 が 整 っていないためだ しかし 農 業 だけでは 生 活 でき ない これが 人 々を 都 市 に 向 かわせる 要 因 となる 人 口 増 加 が 成 長 に 結 び 付 かない 理 由 人 口 増 加 が 先 進 国 では 経 済 成 長 にプラスに 作 用 するというのは 3.1 でも 述 べた 労 働 力 の 投 入 が 増 えれば 産 出 も 増 え 成 長 を 促 進 する この 場 合 多 くのものを 作 れば 作 るほど 経 済 は 成 長 する また 経 済 成 長 の 主 因 を 技 術 革 新 だと 捉 えれば 人 口 増 加 は 技 術 革 新 を 生 み 出 す 能 力 を 備 えた 人 の 数 が 増 えるということで 成 長 を 促 進 する しかし アフリカの 多 くの 国 では 需 要 が 伸 びず 生 産 物 も 生 まれていない なぜなら 国 内 の 需 要 を 生 み 出 す 所 得 が 不 足 しており また 内 需 に 適 合 輸 出 競 争 力 のある 製 品 を 作 り 出 せ ないからである 26 アフリカが 特 化 しているものといえば 一 次 産 品 である(6.1 アフリカの 工 業 構 造 で 詳 しく 述 べる) しかし 一 次 産 品 だけでは 内 需 に 適 合 輸 出 競 争 力 のある 製 品 を 作 り 出 すことは 不 可 能 である また 経 済 成 長 の 主 因 が 技 術 革 新 だという 考 えの 下 においても その 中 で 最 も 重 要 なのは 研 究 開 発 への 支 出 を 増 やすことであり 人 々に 教 育 の 機 会 を 与 え 人 的 資 本 へ 投 資 するといった ことが 重 要 となってくる 人 口 増 加 は 経 済 成 長 への 一 つの 必 要 条 件 としかなりえないのであ 35

8 香 川 大 学 経 済 政 策 研 究 第 3 号 ( 通 巻 第 3 号 ) 2007 年 3 月 る 人 口 政 策 アフリカにおける 人 口 増 加 問 題 は さまざまな 問 題 を 引 き 起 こす そのため 人 口 政 策 が 必 要 となるのではないか 農 村 における 人 口 増 加 も 都 市 における 人 口 増 加 も 良 い 効 果 をもたらして いるとは 考 えにくい では 人 口 増 加 を 食 い 止 めるためにはどのような 方 法 があるだろうか 人 口 政 策 について 考 える 人 口 政 策 には 狭 義 の 人 口 政 策 ( 家 族 計 画 を 行 うこと 法 廷 婚 姻 年 齢 の 引 き 上 げによって 初 婚 の 時 期 を 遅 らせるなど)と 広 義 の 人 口 政 策 ( 児 童 福 祉 手 当 ての 支 給 雇 用 政 策 など)がある 狭 義 の 人 口 政 策 には 中 国 の 一 人 っ 子 政 策 が 代 表 とされる 一 人 っ 子 政 策 は 一 人 っ 子 の 世 帯 に 対 する 報 奨 金 の 支 給 や 入 学 と 就 職 の 優 先 権 唯 一 の 子 供 が 女 児 の 場 合 は 衛 生 医 療 教 育 の 特 権 を 与 えられ 男 児 と 公 平 に 扱 うようにする また 多 産 については 罰 則 が 与 えられる このように 一 人 っ 子 政 策 は 少 子 の 場 合 さまざまな 特 権 が 与 えられ 大 家 族 に 対 しては 損 失 が 与 えられる 広 義 の 人 口 政 策 では 女 性 が 雇 用 機 会 を 与 えられることにより 機 会 費 用 を 増 やし 女 性 の 時 間 の 価 値 を 上 げ 女 性 の 地 位 や 職 業 生 活 のあり 方 が 人 口 変 動 に 大 きな 影 響 をもたらす そうす れば 出 産 の 機 会 は 減 り 出 生 力 が 自 然 と 低 下 していく 可 能 性 がある 社 会 保 障 保 健 医 療 が 充 実 することにより 親 は 安 心 して 少 数 の 子 供 に 十 分 な 養 育 を 与 えることができる 国 際 連 合 などで 人 口 問 題 が 議 論 されるようになったのは 1960 年 以 降 であった 世 界 人 口 行 動 計 画 が 世 界 的 な 人 口 政 策 として 採 択 され 1994 年 にはカイロでミクロ 的 な 視 点 を 焦 点 とし た 国 際 人 口 開 発 会 議 が 行 われた 最 近 では 広 義 の 人 口 政 策 が 取 り 入 れられるようになっ た 中 国 での 一 人 っ 子 政 策 は 人 口 抑 制 の 成 功 例 として 評 価 されてはいるが 実 際 は 女 性 の 教 育 や 地 位 の 向 上 による 効 果 が 大 きく これらの 条 件 が 達 成 されないまま 強 制 的 な 手 段 をとること は 難 しいように 考 えられる 児 童 労 働 と 教 育 4.1 途 上 国 の 児 童 途 上 国 の 児 童 は 出 生 登 録 をされないことが 多 い それは 出 生 登 録 が 法 律 上 の 手 続 きのみと してしか 認 識 されていないからだ そのため 親 のケアを 受 けられなくなった 子 供 は 出 生 登 録 が 無 いため 国 からの 保 護 も 受 けられない すなわち 姿 の 見 えない 子 供 たちとなる その 子 供 達 は 人 身 売 買 や 強 制 労 働 を 通 じて 搾 取 されたり 結 婚 や 危 険 な 労 働 をさせられたり ストリー トチルドレンとなる 場 合 が 多 い また 戦 場 に 送 り 出 されたり 人 身 売 買 の 対 象 とされたり 家 庭 内 労 働 に 出 された 子 供 もいる このため 子 供 にとってのケアはさらに 難 しくなる アフリカおける 児 童 の 現 状 途 上 国 における 労 働 に 従 事 する 5-17 歳 の 子 供 は 2 億 4800 万 人 にのぼるとも 言 われている サハラ 以 南 のアフリカでは 5-14 歳 の 36%が 児 童 労 働 をしている また 児 童 労 働 形 態 も 地 域 36

9 アフリカにおける 開 発 経 済 学 図 2 発 展 途 上 国 における 出 生 登 録 (%) サ ハ ラ 以 南 の ア フ リ カ 東 部 南 部 ア フ リ カ 西 部 中 部 ア フ リ カ 南 ア ジ ア 東 ア ジ ア と 太 平 洋 諸 国 ラ テ ン ブ ア 海 メ 諸 リ 国 カ と カ リ 開 発 途 を 上 除 国 く 平 均 ) ( 中 国 後 発 開 発 途 上 国 平 均 都 会 部 農 村 部 ( 原 注 ) 出 生 登 録 : 調 査 の 時 点 で 出 生 登 録 されていた 5 歳 未 満 児 の 割 合 この 指 標 の 分 子 には 調 査 者 に よって 出 生 証 明 書 が 確 認 された 子 供 や 母 親 の 世 話 人 の 証 言 によって 出 生 登 録 が 確 認 されている 子 どもを 含 む 地 域 平 均 : 総 数 には 各 地 域 のすべての 国 が 含 まれているわけではない しかし 調 査 対 象 人 口 の 50% 以 上 をカバーする 十 分 なデータが 入 手 できないため ここで 示 した 各 地 域 の 平 均 値 を 算 出 す ることができた 東 アジアと 太 平 洋 諸 国 および 開 発 途 上 国 の 平 均 値 には 中 国 が 含 まれていない データ 範 囲 :ここで 示 した 期 間 のうちデータが 利 用 可 能 な 直 近 の 年 のデータ ( 出 所 )ユニセフ 2006 年 世 界 子 供 白 書 37 頁 より 作 成 によってさまざまだ 例 えば 西 部 中 部 アフリカで 最 も 一 般 的 なものは 子 供 が 他 の 家 族 に 引 き 取 られる 人 身 売 買 が 行 われる また 東 アジアと 太 平 洋 諸 島 では ほとんどの 人 身 売 買 は 人 身 売 買 春 となっている 推 定 840 万 人 の 子 供 達 が このような 状 況 下 で 働 いているとされる 債 務 奴 隷 30 その 他 形 態 の 奴 隷 制 や 売 買 春 ポルノグラフィーの 世 界 に 無 理 やり 押 し 込 まれる または 武 力 紛 争 やそのた 不 法 な 活 動 への 参 加 を 強 制 されている 家 庭 内 労 働 に 従 事 している 子 供 もまた 数 百 万 人 に 達 すると 推 定 され このような 子 供 の 多 くは 女 子 である 31 また 数 百 万 人 の 女 子 が 早 婚 し 妊 娠 出 産 する 教 育 による 経 済 成 長 現 在 後 発 開 発 途 上 国 の 子 供 たちの 初 等 教 育 純 就 学 率 は 男 71% 女 65%であり 中 等 教 育 就 学 率 は 男 30% 女 26%となっている また 初 等 学 校 に 就 学 した 場 合 でも 第 5 学 年 に 達 しな い 子 供 の 割 合 は 3 分 の 1 を 超 える また 中 等 教 育 相 当 年 齢 の 子 供 は 約 8 割 中 等 学 校 に 通 うこ とがない この 現 状 で 子 供 たちに 教 育 を 受 けさせるためには 自 分 の 能 力 を 上 げれば 高 い 賃 金 を 得 られ るということを 親 や 子 供 に 知 ってもらわなければならない そうでないならば 今 後 子 供 たち は の 状 態 で 児 童 労 働 をし 続 ければならなくなる では 教 育 は 経 済 にどのような 効 果 をもたらすのであろうか 生 産 を 促 進 するにあたって 必 37

10 香 川 大 学 経 済 政 策 研 究 第 3 号 ( 通 巻 第 3 号 ) 2007 年 3 月 図 3 発 展 途 上 国 における 児 童 労 働 の 現 状 (1999~2004 年 ) 後 発 開 発 途 上 国 平 均 開 発 途 上 国 平 均 ( 中 国 を 除 く) 男 子 女 子 ラテンアメリカとカリブ 海 諸 国 11 8 東 アジアと 太 平 洋 諸 国 ( 中 国 を 除 く) 南 アジア 中 東 北 アフリカ 9 7 西 部 中 部 アフリカ 東 部 南 部 アフリカ サハラ 以 南 のアフリカ (%) ( 原 注 ) 児 童 労 働 : 子 どもは 以 下 の 分 類 で 児 童 労 働 活 動 に 従 事 したとみなされる (a)5-11 歳 の 子 どもで 調 査 期 間 の 直 前 の 週 に 少 なくとも 1 時 間 の 経 済 活 動 に 従 事 しているか もしくは 少 なくとも 28 時 間 の 家 庭 内 労 働 に 従 事 している (b)12-14 歳 の 子 ども 調 査 期 間 の 直 前 の 週 に 少 なくとも 14 時 間 の 経 済 活 動 に 従 事 しているか もしくは 経 済 活 動 と 家 庭 内 労 働 を 合 わせて 少 なくとも 42 時 間 従 事 している 地 域 平 均 : 総 数 には 各 地 域 のすべての 国 が 含 まれているわけではない しかし 調 査 対 象 人 口 の 50% 以 上 をカバーする 十 分 なデータが 入 手 できたため ここで 示 した 各 地 域 の 平 均 値 を 算 出 する ことができた 東 アジアと 太 平 洋 諸 国 および 開 発 途 上 国 の 平 均 値 には 中 国 が 含 まれていない データ 範 囲 :ここで 示 した 期 間 のうちデータが 利 用 可 能 な 直 近 の 年 のデータ ( 出 所 )ユニセフ 2006 年 世 界 子 供 白 書 50 頁 より 作 成 要 なものは 労 働 力 人 口 物 的 資 本 一 人 当 たりの 労 働 効 率 向 上 などがある 教 育 は 労 働 効 率 に 大 きく 寄 与 するのではないか 一 人 当 たりの 労 働 効 率 ( 能 力 )には 体 力 的 なものと 知 的 なものがある 教 育 はこの 知 的 な 能 力 を 向 上 させることにより 一 人 当 たりの 賃 金 の 上 昇 労 働 効 率 の 上 昇 を 見 込 み 生 産 能 力 を 高 くすることができる このような 知 識 や 技 能 のことを 人 的 資 本 という 資 本 というものは まず 投 資 をして その 後 長 期 に 渡 って そこから 利 益 を 回 収 する 仕 組 み である 人 的 資 本 は 教 育 を 受 けたり 職 場 で 訓 練 をして 人 間 の 知 恵 や 能 力 を 上 げる その 際 に 38

11 アフリカにおける 開 発 経 済 学 図 4 地 域 別 男 女 別 初 等 中 等 教 育 純 就 学 率 の 比 率 (2000~2004 年 ) 初 等 教 育 純 就 学 率 男 子 初 等 教 育 純 就 学 率 女 子 中 等 教 育 純 就 学 率 男 子 中 等 教 育 順 就 学 率 女 子 後 発 開 発 途 上 国 開 発 途 上 国 先 進 工 業 国 (%) ( 注 )2000~2004 年 のうちデータが 利 用 可 能 な 直 近 の 年 のデータ なお 中 等 教 育 のデータには 中 国 が 含 まれていない ( 出 所 )ユニセフ 2006 年 世 界 子 供 白 書 14 頁 より 作 成 授 業 料 などの 代 金 が 発 生 する 学 校 で 授 業 を 受 ける 場 合 その 間 は 働 けない 労 働 をしていた ら 発 生 していたであろう 給 料 ( 機 会 費 用 33 )が 投 資 となる またこの 場 合 機 会 費 用 ( 給 料 ) を 回 収 しなければならない 途 上 国 の 農 村 の 子 供 の 場 合 教 育 を 受 けていた 期 間 に 得 られたであろう 労 働 賃 金 を 諦 めず 教 育 の 機 会 費 用 を 使 わない 例 え 教 育 を 受 ける 機 会 を 与 えられていたとしても 長 期 となるの で 学 校 から 脱 落 しやすくなる 経 済 発 展 は 物 的 資 本 と 技 術 不 足 を 人 間 の 能 力 を 活 用 することで 起 きるものである 教 育 の 外 部 経 済 効 果 は 社 会 全 体 が 同 じ 知 識 を 共 有 することにより 社 会 全 体 の 生 産 効 率 がよくなる ものだ 教 育 は 外 部 経 済 効 果 を 生 み 出 し 経 済 発 展 に 大 きく 寄 与 する 教 育 政 策 生 産 活 動 に 対 する 人 的 資 本 の 貢 献 は 労 働 力 投 入 の 増 大 と 外 部 経 済 効 果 による 社 会 全 体 の 生 産 効 率 の 上 昇 である 個 人 の 生 産 効 率 の 上 昇 部 分 は 賃 金 として 働 いた 個 人 に 還 元 されるので その 分 は 自 分 の 技 術 向 上 に 努 力 するであろう しかし 社 会 全 体 の 生 産 効 率 の 上 昇 分 は 目 に 見 えないため 自 助 努 力 を 促 すことは 難 しい 社 会 全 体 から 望 ましい 水 準 にまで 人 的 資 本 の 形 成 が 行 われないこともあるであろう そこで 教 育 費 は 政 府 が 負 担 することが 賢 明 である 教 育 費 用 は 教 育 実 施 に 伴 う 直 接 費 用 と 機 会 費 用 がある 機 会 費 用 を 個 人 負 担 とした 場 合 問 題 は 授 業 料 の 自 己 負 担 である 現 在 の 日 本 と 同 じように 初 等 教 育 は 公 費 負 担 とし 大 学 教 育 など 個 人 の 将 来 に 高 い 所 得 を 求 める 場 合 は 受 益 者 負 担 とすることが 望 ましい 35 39

12 香 川 大 学 経 済 政 策 研 究 第 3 号 ( 通 巻 第 3 号 ) 2007 年 3 月 教 育 に 対 する 公 的 支 援 は 高 等 教 育 からの 補 助 として 奨 学 金 という 方 法 もある 初 等 教 育 中 等 教 育 における 教 育 費 は 原 則 政 府 が 負 担 することが 好 ましい 日 本 などの 先 進 国 でも 同 じ ように 高 等 教 育 から 奨 学 金 という 制 度 が 利 用 できる これは 家 が 貧 しくて 学 校 に 行 けない 子 供 達 がこの 制 度 を 利 用 して 高 等 教 育 を 受 けることができるというものだ 人 間 に 対 する 教 育 や 訓 練 にはリスクの 大 きいものが 少 なく 失 敗 する 可 能 性 も 大 きくはない さらに 人 的 資 本 に 対 する 投 資 は 融 資 や 担 保 はつかない このように 教 育 における 不 均 等 を 生 じさせないた めにも まずは 政 府 が 奨 学 金 という 制 度 を 運 営 し 子 供 達 に 教 育 を 受 ける 機 会 を 与 えていくこ とが 必 要 であると 考 える 農 業 構 造 5.1 アフリカの 産 業 構 造 アフリカの 産 業 構 造 を 見 るためには 南 アフリカを 除 かねばならない アフリカ 48 カ 国 の 総 生 産 の 40%を 占 めるためである その 他 にも ダイヤモンド 輸 出 依 存 するボツワナとナミビア アフリカでは 最 大 相 対 規 模 の 製 造 業 部 門 を 有 する 工 業 国 コンゴ 産 油 国 であるガボン コンゴ アンゴラ また 南 アフリカへの 出 稼 ぎで 国 内 総 生 産 の 50%にも 匹 敵 する 収 入 を 得 ている 労 働 力 輸 出 国 レソトなどは 農 業 の 生 産 比 が 低 い しかし それ 以 外 の 国 については 農 業 への 比 重 が 大 きい また 農 業 就 業 比 率 も 高 い 経 済 活 動 人 口 のうちの 大 半 が 農 業 に 従 事 している 例 外 はあるも のの 大 多 数 の 人 口 の 生 活 は 農 業 によって 支 えられている では 人 口 大 国 である 中 国 とインドとアフリカではどのような 違 いがあるのか もし 農 業 構 造 が 似 ているのであれば 一 般 の 問 題 としてアフリカ 問 題 は 解 決 できるはずである だが 実 際 は 違 う そこからアフリカ 問 題 の 本 質 が 明 らかになる アフリカの 輸 出 作 物 アフリカは 農 業 一 次 産 品 の 輸 出 地 である ヨーロッパ 列 強 によって 植 民 地 化 されたあと ア フリカは 奴 隷 労 働 力 の 排 出 地 から 農 産 物 や 鉱 物 資 源 の 供 給 地 へと 変 わっていったためである 農 産 物 が 総 輸 出 に 占 める 割 合 はアフリカ 全 体 で 12.8% 南 アフリカを 除 くと 15.4%である( 表 1) この 数 字 は 世 界 平 均 や 開 発 途 上 国 平 均 より 高 い だが アルゼンチンの 農 産 物 輸 出 比 率 は 40.8% オーストラリアは 27.2%に 達 しており アフリカの 数 値 を 大 きく 上 回 っている し かも これらの 諸 国 は 生 産 効 率 が 良 い 少 ない 労 働 力 で 輸 出 型 農 業 を 支 えている アメリカや フランスも 輸 出 型 農 業 であることから 輸 出 型 農 業 の 主 要 国 は 先 進 国 であり アフリカ 農 業 が 活 躍 する 場 ではない 38 またアフリカの 輸 出 用 作 物 は 最 大 輸 出 品 目 であるカカオを 例 としても 農 業 総 生 産 に 占 めて いる 割 合 は 3%ほどで 全 輸 出 農 産 物 を 合 わせても 20% 程 度 にとどまる それぞれの 各 産 品 は 特 定 の 国 に 偏 って 生 産 されているため いくつかの 国 では 農 業 総 生 産 における 輸 出 所 得 の 比 率 が 高 く 輸 出 型 の 構 造 を 持 っているところもある しかしアフリカ 全 体 で 見 ると 農 業 生 産 に おける 輸 出 用 作 物 の 生 産 規 模 が 大 きいとはいえない 農 業 生 産 の 大 半 は 国 外 ではなく 国 内 に 向 けて 行 われていることが 分 かる 39 40

13 アフリカにおける 開 発 経 済 学 表 1 経 済 全 体 に 占 める 農 業 部 門 の 比 重 (2000 年 ) ( 単 位 :%) 就 業 比 生 産 比 輸 出 比 アフリカ ( 南 アフリカを 除 く) 中 国 インド アルゼンチン オーストラリア 開 発 途 上 国 先 進 国 世 界 ( 出 所 ) 平 野 克 己 農 業 と 食 糧 生 産 北 川 ほか, 2005 年, p 食 糧 生 産 アフリカでは 総 労 働 力 の 60% 以 上 が 農 業 従 事 者 で 農 業 生 産 物 の 大 半 が 国 内 で 消 費 されて いる これは 中 国 やインドに 似 ている 農 業 従 事 者 が 多 いということは 国 民 の 生 活 水 準 が 農 民 の 生 活 水 準 によって 左 右 されるということを 意 味 し また 工 業 発 展 による 大 規 模 な 労 働 人 口 移 動 が 未 だに 起 きていないということを 示 している アフリカ 人 の 食 生 活 は 一 様 ではない さまざまな 食 文 化 があり 主 食 も 異 なる さまざまな 違 いがある 理 由 は 歴 史 と 気 候 条 件 に 由 来 する 例 えば アフリカ 最 大 の 食 糧 穀 物 はメイズだ が メイズは 本 来 アメリカ 大 陸 の 原 産 で ヨーロッパ 人 によって 導 入 された また 南 アフリ カ ジンバブウェ ケニアにはヨーロッパ 人 が 多 数 入 植 し アフリカ 人 から 農 地 を 収 奪 し 小 麦 生 産 を 展 開 していった また アフリカ 社 会 の 特 徴 は 高 い 移 動 性 である アフリカでは 生 活 するのに 厳 しい 環 境 や 条 件 がある 紀 元 前 3000 年 頃 から 生 活 適 地 を 求 めて 人 が 常 に 動 いてきた 過 去 において 貧 しい 土 壌 乏 しい 水 資 源 の 中 でかたちづくられた 移 動 焼 畑 耕 作 は 環 境 に 過 度 な 負 担 をかける ことがなく 持 続 的 な 農 業 生 産 を 可 能 にしてきた 合 理 的 な 耕 作 形 態 だった だが 現 在 著 しい 人 口 増 加 が 起 きたため 危 機 を 迎 えている アフリカ 農 業 とアジア 農 業 の 相 違 点 アフリカ 農 業 とアジア 農 業 の 相 違 点 は 穀 物 輸 入 の 現 状 から 分 かる 現 在 4000 億 ドルの 農 産 物 貿 易 が 行 われており そのうち 3000 億 ドルが 食 料 で 農 産 物 貿 易 に 占 める 穀 物 の 割 合 は 10%ほどしかない 日 本 は 2700 万 トンの 穀 物 を 輸 入 しており 世 界 最 大 の 穀 物 輸 入 国 となっ ているが アフリカの 穀 物 輸 入 も 1700 万 トンに 達 する そしてアフリカの 穀 物 輸 入 は 増 加 の 一 途 を 辿 っている また アフリカの 各 々に 関 して 総 人 口 1 人 当 たりどれくらいの 穀 物 純 輸 入 があったかをみると( 図 5) アフリカ 以 上 の 食 料 不 足 を 経 験 したインドは 現 在 純 輸 出 国 に なっている しかし アフリカの 穀 物 収 支 は 悪 化 し 続 けている これが アジア 農 業 とアフリ カ 農 業 の 違 いである アフリカの 人 口 は 増 加 し 続 けている 1961 年 から 2000 年 にかけて ほぼ 3 倍 近 く 増 加 し ている しかし 穀 物 生 産 は 135.3%しか 増 加 していない( 表 2) しかし アジアやラテンアメ 41

14 香 川 大 学 経 済 政 策 研 究 第 3 号 ( 通 巻 第 3 号 ) 2007 年 3 月 リカは 人 口 増 加 を 上 回 る 穀 物 生 産 が 可 能 となっている また アフリカの 土 地 生 産 性 を 見 る と 1961 年 から 2000 年 にかけて 38.9%となっており 南 アフリカを 除 けば 32.7%に 下 がって しまう アジアやラテンアメリカと 比 べると 土 地 生 産 性 の 向 上 が 極 端 に 遅 いということが 分 かる また 農 民 一 人 当 たりの 収 穫 を 見 ると 12.4%も 減 少 している よって アフリカの 農 業 は 1961 年 以 降 大 して 向 上 を 見 せていないことになる 41 アフリカ 農 業 停 滞 の 理 由 は 穀 物 栽 培 面 積 の 急 拡 大 である 人 口 増 加 に 加 え 暗 黒 の 10 年 で 生 活 が 困 窮 した 多 くの 人 々は 自 給 用 穀 物 の 生 産 に 乗 り 出 した 1.4 でも 述 べたように 食 用 の 需 要 が 増 えると 耕 す 面 積 を 拡 大 させるか 単 位 面 積 あたりの 生 産 量 ( 土 地 生 産 性 )を 増 やすし かなくなる しかし 面 積 を 拡 大 するために やせた 土 地 や 劣 等 地 移 動 耕 作 の 周 期 が 短 縮 さ れ 地 力 の 回 復 が 間 に 合 っていない 土 地 まで 利 用 し 始 めると 土 地 生 産 性 にマイナスの 作 用 を 及 ぼす このような 連 鎖 がさらに 土 地 生 産 性 を 低 下 させるという 状 態 が 続 いている このままの 状 態 であれば 土 地 生 産 性 は 低 下 し 続 けるであろう 42 図 5 総 人 口 1 人 当 たりの 穀 物 収 支 ( 出 所 ) 平 野 克 己 農 業 と 食 糧 生 産 北 川 ほか, 2005 年, p.154. 表 2 穀 物 生 産 の 変 化 ( 年 ) ( 単 位 :%) 穀 物 生 産 総 人 口 穀 物 収 農 民 1 人 農 民 1 人 当 土 地 生 産 性 穫 面 積 当 たり 農 たり 農 地 アフリカ ( 南 アフリカを 除 く) アジア 開 発 途 上 国 中 国 インド ラテンアメリカ ( 出 所 ) 平 野 克 己 農 業 と 食 糧 生 産 北 川 ほか, 2005 年, p

15 アフリカにおける 開 発 経 済 学 5.5 アフリカ 農 業 改 革 アフリカの 農 民 は 高 いリスクにさらされている 降 水 量 が 不 安 定 土 壌 条 件 が 貧 しい 政 府 による 支 援 が 弱 いなどさまざまな 問 題 を 抱 えている しかし 著 しい 人 口 増 加 の 状 態 にある 現 在 昔 のような 環 境 にやさしい 農 業 をすることはできない すなわち 農 業 の 効 率 性 を 良 くす るしかない 農 業 の 生 産 性 が 向 上 し 農 業 従 事 者 が 十 分 な 所 得 を 得 て 貧 困 から 脱 却 できるよう な 政 策 開 発 行 政 が 設 計 される 必 要 がある 43 農 業 技 術 は 親 から 子 へと 継 承 されていくも のである その 親 の 立 場 を 専 門 家 が 担 うことができるのではないか 専 門 家 が 新 しい 技 術 を 開 発 し 農 村 に 伝 えていくという 形 態 をとることができれば アフリカに 農 業 改 革 を 起 こすことが できるはずである 6. 工 業 構 造 6.1 アフリカの 工 業 構 造 一 般 的 に 考 えると 工 業 ( 製 造 業 ) 生 産 は 自 然 の 制 約 から 免 れているといえる 工 業 部 門 は 農 業 などの 一 次 産 業 部 門 とは 異 なり 自 然 的 影 響 に 左 右 されず 24 時 間 連 続 した 生 産 も 可 能 であ る しかし 工 業 生 産 を 維 持 するためには 十 分 な 原 料 資 源 と 労 働 力 の 持 続 的 な 供 給 が 必 要 と なる また 原 料 は 地 理 的 に 不 均 等 であるため 国 内 で 十 分 な 量 を 調 達 できるとは 限 らない アフリカはそれぞれ 地 域 によって 特 化 するものは 違 うものの 以 前 から 原 料 資 源 に 恵 まれてい た 歴 史 を 振 り 返 ると アフリカ 大 陸 は 産 業 革 命 をいち 早 く 確 立 したヨーロッパ 諸 国 の 原 料 争 奪 戦 の 標 的 とされ 次 々と 植 民 地 化 されていった 大 陸 全 体 では 多 種 多 様 な 一 次 産 品 が 開 発 され アフリカ 大 陸 は 一 次 産 品 の 輸 出 に 特 化 するようになった 植 民 地 下 に 置 かれた 半 世 紀 を 通 じて アフリカ 諸 国 の 総 輸 出 額 の 95% 前 後 が 一 次 産 品 で 占 められ また 純 輸 入 額 のほぼ 60~70%が 工 業 品 であった このような 過 程 を 通 じて アフリカ 諸 国 は 数 品 目 の 生 産 と 輸 出 に 特 化 するよ うな 経 済 構 造 単 一 産 品 経 済 化 が 進 んでいったのである すなわち 宗 主 国 と 植 民 地 との 間 で 工 業 品 と 一 次 産 品 の 相 互 貿 易 という 垂 直 的 な 国 際 分 業 関 係 が 成 立 しているということになる そして 現 在 でもアフリカの 単 一 産 品 輸 出 構 造 が 根 強 く 残 っているといえる このため アフリカ 諸 国 の 経 済 動 向 は 一 次 産 品 の 世 界 市 場 に おける 需 要 や 価 格 の 動 きによって 常 に 左 右 されることになり 多 くの 諸 国 において 対 外 依 存 型 対 外 従 属 的 な 経 済 構 造 から 容 易 に 脱 却 するできない 状 況 に 陥 っているのである アフリカの 製 造 業 の 比 重 アフリカは 製 造 業 寄 与 度 が 低 い 以 下 のデータは 南 アフリカをすべて 除 く アフリカ 製 造 業 は 1980~1995 年 にかけて ほとんど 成 長 をしていない 1980 年 の 10.5%に 対 し 1995 年 の 9.8%と 下 がっている 45 また 1985 年 での 付 加 価 値 生 産 の 世 界 シェアは 0.5%となり 1998 年 においては 0.3%と 下 がってしまう ( 表 3)また 人 口 一 人 当 たりの 付 加 価 値 生 産 額 は 49 ドル 43

16 香 川 大 学 経 済 政 策 研 究 第 3 号 ( 通 巻 第 3 号 ) 2007 年 3 月 1998 年 には 40 ドルになる このような 製 造 業 の 低 迷 は 過 去 10 年 以 上 にわたって 続 いており さらに 1985~1998 年 にかけての 生 産 増 加 率 は 1.4%になる また 輸 出 の 世 界 シェアにおいては 1985 年 が 0.2%であるのに 対 し 1998 年 では 0.1%になる また 1985~1998 年 の 輸 出 増 加 率 は 7.3%となり 南 アフリカを 除 くサハラ 以 南 アフリカ 諸 国 は 世 界 市 場 における 競 争 力 という 点 においても 低 水 準 に 留 まっており この 傾 向 は 1985 年 以 降 もほとんど 改 善 されてはいない 表 3 世 界 の 製 造 業 (1985~98 年 ) 1985 年 1998 年 1985~98 年 生 産 額 世 界 シェア 生 産 額 / 人 生 産 額 世 界 シェア 生 産 額 / 人 生 産 増 加 率 1. 付 加 価 値 生 産 (10 億 ドル) (%) (ドル) (10 億 ドル) (%) (ドル) (%) 先 進 工 業 国 2, ,579 4, , 移 行 経 済 諸 国 発 展 途 上 諸 国 世 界 合 計 2, , , 東 アジア 西 アジア ラテンアメリカ 中 東 北 アフリカ サハラ 以 南 アフリカ 同, 南 アを 除 く 年 1998 年 1985~98 年 輸 出 額 世 界 シェア 輸 出 額 / 人 輸 出 額 世 界 シェア 輸 出 額 / 人 輸 出 増 加 率 2. 輸 出 (10 億 ドル) (%) (ドル) (10 億 ドル) (%) (ドル) (%) 先 進 工 業 国 1, ,345 3, , 移 行 経 済 諸 国 発 展 途 上 諸 国 世 界 合 計 1, , 東 アジア 西 アジア ラテンアメリカ 中 東 北 アフリカ サハラ 以 南 アフリカ 同, 南 アを 除 く ( 出 所 ) 室 井 義 雄 製 造 業 の 発 展 と 停 滞 北 川 ほか, 2005 年, p.126. また 製 造 業 の 動 向 をみると( 以 下 のデータは 南 アフリカを 含 む ) 国 内 市 場 の 規 模 に 必 要 と される 人 口 規 模 をみると サハラ 以 南 のアフリカ 大 陸 における 独 立 国 家 は 48 カ 国 であるが 1999 年 時 点 で そのうち 26 カ 国 の 人 口 数 は 1000 万 人 未 満 であり 4000 万 人 以 上 の 人 口 を 擁 す る 国 はわずか 4 カ 国 に 過 ぎない また 一 人 当 たり 国 民 総 生 産 の 規 模 を 見 ると 360 ドル 以 下 の 諸 国 が 25 カ 国 に 達 している つまり 大 まかに 考 えるとこれらの 諸 国 は 1 日 1 ドル 以 下 で 生 活 する 最 貧 国 となる よって 多 くのアフリカ 諸 国 の 製 造 業 に 寄 与 している 人 口 数 は 相 対 的 に 少 なく また 所 得 水 準 も 低 いことになる すなわち アフリカの 製 造 業 の 規 模 がもともと 小 さいのである 国 内 市 場 の 規 模 が 製 造 業 生 産 の 動 向 をそのまま 反 映 するわけではない しかし 生 産 額 が 比 較 的 多 い 諸 国 では 人 口 数 もまた 多 いという 傾 向 がみられる また 製 造 業 部 門 の 年 平 均 成 長 率 をみると 1980~1990 年 および 1990~2000 年 のいずれの 10 年 においても マイナス 成 長 を 記 録 した 国 は 13 カ 国 5% 以 上 の 成 長 をした 国 は 3 カ 国 のみであり サハラ 以 南 アフリカ 諸 国 全 体 の 同 成 長 44

17 アフリカにおける 開 発 経 済 学 率 は それぞれの 期 間 中 1.7%と 1.6%であることから 長 期 的 な 停 滞 傾 向 を 見 せていることが わかる よって アフリカは 高 度 成 長 の 要 である 製 造 業 という 原 動 力 を 有 していないのであ る アフリカ 製 造 業 の 姿 アフリカの 労 働 者 一 人 当 たりの 労 働 生 産 性 は 世 界 の 水 準 からみても 低 くはない さらに アフリカの 国 々は 一 人 当 たりのGNPが 自 分 より 優 れている 国 に 比 べ 製 造 業 の 労 働 生 産 性 が 高 い しかしこれは 次 のような 理 由 による 1970 年 代 ピークであった 投 資 は 以 後 減 少 を 続 けたが 投 資 の 減 少 よりも 著 しく 低 い 経 済 成 長 率 のために 資 本 装 備 率 47 が 相 対 的 に 高 くなっているこ とに 由 来 する すなわち アフリカの 労 働 生 産 性 は 一 見 すれば 高 そうであるが 実 際 は 経 済 の 低 成 長 によって 高 く 算 出 されているだけである また ほかの 国 と 比 べ アフリカのほとんど の 国 々は 中 国 やインドよりも 高 い 賃 金 を 支 払 っている すなわち アフリカの 労 働 コストは 一 般 的 に 高 く 比 較 優 位 を 持 たないことになる また 一 人 当 たりGNPよりも 製 造 業 の 平 均 賃 金 は 高 い アフリカ 製 造 業 部 門 の 総 雇 用 がその 国 の 総 労 働 力 をどのくらい 吸 収 しているかという と 大 多 数 のアフリカ 諸 国 は 1%に 達 していない ここでのアフリカ 製 造 業 の 特 徴 は 雇 用 創 出 力 が 劣 っており 少 ない 労 働 力 を 雇 用 して 相 対 的 に 高 い 賃 金 を 支 払 っているということであ る また アフリカではそれぞれに 限 られた 業 種 しか 持 っておらず GDP 貢 献 度 が 3%に 届 く サブセクターを 有 していないというのが アフリカ 製 造 業 の 一 般 的 な 姿 となる 製 造 業 発 展 の 阻 害 要 因 アフリカ 諸 国 の 工 業 化 の 遅 滞 には さまざまな 原 因 があるとされる まず 最 大 の 要 因 として 信 用 の 不 足 がある アフリカの 資 金 調 達 は 企 業 の 規 模 が 大 きくな るほど 商 業 銀 行 からの 借 入 や 貿 易 信 用 の 利 用 頻 度 が 高 くなり 逆 に 小 規 模 なほど 貯 蓄 組 合 など インフォーマルな 金 融 機 関 に 依 存 することとなる その 事 情 はそれぞれの 国 によって 異 なるが アフリカ 諸 国 の 資 本 市 場 は 多 くの 制 約 を 抱 えている 一 般 的 に 製 造 業 部 門 は 多 額 の 資 本 と 長 期 的 な 信 用 を 必 要 不 可 欠 としている だが アフリカ 諸 国 の 銀 行 が 供 与 する 信 用 は 短 期 的 で あり また 銀 行 業 自 体 が 寡 占 的 であるので 利 子 率 も 相 対 的 に 高 くなっている それにもかか わらず 非 公 式 の 金 融 市 場 は 必 ずしも 整 備 されてはいない そのため 小 規 模 企 業 の 多 くは 会 社 経 営 の 困 窮 時 には 支 払 いの 遅 滞 個 人 貯 金 の 取 り 崩 し 知 人 からの 借 入 などの 方 法 で 資 金 調 達 を 行 っている また 人 的 資 源 と 物 的 資 源 の 面 でも 問 題 はある 企 業 経 営 をするためには 経 営 に 関 する 高 度 な 知 識 を 必 要 とし また 知 識 の 豊 富 な 熟 練 技 術 者 規 律 正 しい 労 働 者 などが 必 要 となる しかし アフリカ 諸 国 では 先 進 国 に 本 社 をもつ 多 国 籍 企 業 に 企 業 経 営 者 や 熟 練 技 術 者 に 依 存 している 場 合 が 少 なくない 物 的 資 源 の 面 では 工 業 用 電 力 工 業 用 水 輸 送 手 段 など 各 種 の 社 会 資 本 に 加 えて 工 場 を 建 設 し 生 産 を 維 持 していくための 資 本 財 や 中 間 財 および 原 材 料 などが 必 要 である しかし このような 社 会 資 本 は 現 在 でも 未 発 達 であり 機 械 類 などの 資 本 財 や 部 品 半 製 品 などの 中 間 財 の 多 くが 海 外 からの 輸 入 に 依 存 している またそれらの 獲 得 のためには 外 貨 が 必 要 となり 従 来 型 の 一 次 産 品 の 輸 出 に 依 存 せざるをえないという 状 態 にある 49 45

18 香 川 大 学 経 済 政 策 研 究 第 3 号 ( 通 巻 第 3 号 ) 2007 年 3 月 6.5 アフリカの 産 業 革 命 アフリカの 産 業 革 命 は 農 業 革 命 が 起 きる 前 には 起 きることはないであろう 農 業 の 生 産 性 の 向 上 により 余 剰 労 働 力 が 生 まれ 工 業 化 のための 社 会 的 素 地 が 形 成 される アフリカでは 1.5 でも 述 べたように 人 口 が 都 市 に 流 れ 都 市 化 が 進 んでいるが 農 業 革 命 を 伴 ってはいない 都 市 化 は 就 業 機 会 の 増 加 のためではなく 農 業 で 十 分 な 所 得 が 得 られないため インフォーマルセ クターのような 非 正 規 雇 用 との 組 み 合 わせにより 所 得 を 増 やそうとするために 進 んだものであ る アフリカには この 都 市 に 流 入 した 人 たちを 生 産 部 門 へ 組 み 入 れる 受 け 皿 が 欠 けているの である 50 安 くて 豊 富 な 労 働 力 を 生 産 部 門 へ 投 入 することで 東 アジアのような 高 成 長 が 見 込 めるのではないか 7. 日 本 の 援 助 7.1 日 本 からアフリカへの 援 助 状 況 日 本 にはODA( 政 府 開 発 援 助 )というものがある これまで 日 本 政 府 は 無 償 の 贈 与 ではな く 低 い 利 息 を 取 って 貸 し 付 ける 借 款 を 中 心 としてきた しかし 現 在 の 主 流 は 贈 与 となって いる また これまで 経 済 的 収 益 性 の 比 較 的 高 い 交 通 通 信 エネルギーなどの 経 済 インフラ を 建 設 するために 借 款 を 供 与 する 形 でおこなわれてきた 東 アジア 地 域 は 1980~90 年 代 前 半 にかけて 急 速 な 経 済 成 長 を 遂 げた その 中 で イギリスやフランスの 主 要 な 援 助 地 域 であった アフリカは 紛 争 などで 貧 困 が 進 んだ イギリスやフランスは アフリカに 対 する 援 助 を 贈 与 と いう 形 で 行 ってきたので 日 本 もアフリカに 対 する 援 助 は 贈 与 が 中 心 となった 日 本 の 援 助 活 動 の 中 で 他 地 域 に 比 べてアフリカが 目 立 つのは ボランティアによる 青 年 海 外 協 力 隊 であり 2000 年 には 342 人 がアフリカ 各 地 に 派 遣 された 同 年 までの 派 遣 累 積 人 数 は 6727 人 にのぼり 東 アジア 地 域 への 同 4161 人 を 上 回 った 51 そこで 日 本 の 今 まで 行 ってきた 援 助 はさまざま であるが その 中 で 日 本 の 技 術 移 転 に 関 するものをとりあげ アジアを 参 考 にし 分 析 する 7.2 先 進 国 からの 技 術 移 転 日 本 とアジア 途 上 国 における 技 術 摩 擦 は 長 い 間 続 いている 1984 年 にマレーシアのマハテ ィール 首 相 が 日 本 の 企 業 の 技 術 移 転 は 移 転 速 度 が 遅 いと 非 難 した 途 上 国 の 技 術 要 求 が 高 い 理 由 は 途 上 国 の 経 済 成 長 に 技 術 移 転 は 不 可 欠 だからであり さらに 経 済 全 体 の 生 産 効 率 が 高 いほど 成 長 率 が 高 くなるからである しかし 技 術 の 自 力 開 発 にはコスト 時 間 がかかりす ぎるため 途 上 国 では 不 可 能 となる よって それらは 先 進 国 から 輸 入 するしかなくなる 技 術 移 転 の 仕 方 商 品 の 生 成 は 生 成 から 消 滅 まで 数 個 の 段 階 をたどるとすると まず 先 進 国 で 開 発 生 産 し 46

19 アフリカにおける 開 発 経 済 学 その 後 その 商 品 が 標 準 化 大 量 生 産 される 標 準 化 された 後 技 術 は 輸 出 され 労 働 コストの 安 い 途 上 国 での 生 産 が 可 能 になる その 後 技 術 は 途 上 国 に 販 売 されるのである 農 業 をする 際 最 初 は 新 種 導 入 にためらいが 生 じるが その 後 普 及 が 進 むと 農 家 は 導 入 を 始 める 工 業 の 場 合 も 同 様 に 技 術 の 対 価 は 最 初 非 常 に 高 額 になるが 次 第 に 下 落 し 末 期 に は 急 下 落 する このように 途 上 国 には 最 新 の 技 術 は 移 転 されず 先 進 国 が 導 入 し 標 準 化 され た 後 に 技 術 が 移 転 される 日 本 型 による 技 術 移 転 日 本 における 技 術 移 転 は 先 進 国 から 盛 んに 先 端 技 術 を 導 入 し 標 準 化 安 定 化 した 後 途 上 国 に 輸 出 するものである 技 術 移 転 の 定 着 には 技 術 風 土 が 必 要 となる 技 術 風 土 は 5MとPといわれ 機 械 (machine) 資 材 (material) 人 材 (manpower) 市 場 (market) 経 営 力 (management) 政 府 の 技 術 政 策 (policy) から 形 成 される 一 般 に 導 入 技 術 の 吸 収 力 が 高 い 国 はこれらが 良 好 とされる この 典 型 は 韓 国 やインドである さらに 工 場 風 文 化 54 も 必 要 とされており 従 業 員 をその 社 風 に 染 めたり その 国 の 工 場 風 文 化 に 染 まっていない 工 業 大 学 や 高 校 から 卒 業 した 従 業 員 を 雇 うようにする 場 合 もある 日 本 型 技 術 移 転 は 労 働 者 の 定 着 率 が 高 い よって 自 分 でどのようにしたら 機 械 を 使 うこ とができるかを 個 々の 従 業 員 が 熟 知 している さらに 日 本 の 工 場 などでは 機 械 を 使 うための マニュアルは 存 在 しない その 場 合 OJT(on the job training 直 接 の 現 場 指 導 )が 必 要 となる OJT の 良 い 面 は マニュアルだと 分 かりにくい 面 をカバーできることである さらに 現 場 で は 従 業 員 全 員 でその 機 械 の 使 用 方 法 など 改 良 改 善 を 行 える 技 術 移 転 をするにしても 長 期 的 に 指 導 する 技 術 移 転 の 速 度 が 遅 いといわれるのは このような 理 由 による もし 日 本 の 技 術 移 転 が 技 術 文 書 を 作 りOJTを 続 ければ 途 上 国 における 技 術 移 転 は 良 い 効 果 を 生 み 出 すであろう しかし これらはすべて 技 術 風 土 の 良 否 にかかわる よって 途 上 国 に 見 合 った 技 術 移 転 をし 更 なる 発 展 を 目 指 すべきである 日 本 の ODA の 無 償 資 金 協 力 日 本 のODAの 無 償 資 金 協 力 における 地 域 別 配 分 によると 対 アジアへの 無 償 資 金 協 力 は 全 体 (アジア アフリカ 大 洋 州 中 東 中 南 米 東 欧 中 央 アジア その 他 )の 42.84% 対 アフ リカへの 援 助 は 20.71%である 56 またその 援 助 実 績 の 内 容 を 見 てみると 一 位 のインドネシアにおいて 無 償 資 金 協 力 は 8236 万 ドルに 対 し 技 術 協 力 は 1 億 2066 万 ドルとなっている また 二 位 の 中 国 は 無 償 資 金 協 力 が 7263 万 ドルに 対 し 技 術 協 力 は 3 億 0013 万 ドルとなっている このように ほとんどほと んどの 国 で 技 術 協 力 の 額 のほうが 無 償 資 金 協 力 の 援 助 の 額 よりも 大 きい また 合 計 額 もそ れぞれ 2 億 0302 万 ドル 3 億 7276 万 ドルとなっている 次 にアフリカにおける 援 助 実 績 を 見 てみると 一 位 のタンザニアにおいて 無 償 資 金 協 力 は 5390 万 ドルに 対 し 技 術 協 力 は 2232 万 ドルとなっている また 二 位 のエチオピアにおいて は 無 償 資 金 協 力 が 4521 万 ドルで 技 術 協 力 が 1132 万 ドルとなっている アフリカにおいて は ほとんどの 国 で 無 償 資 金 協 力 の 援 助 額 のほうが 技 術 協 力 の 援 助 額 よりも 大 きい また 47

20 香 川 大 学 経 済 政 策 研 究 第 3 号 ( 通 巻 第 3 号 ) 2007 年 3 月 合 計 額 はそれぞれ 7622 万 ドル 5653 万 ドルとなっている このように アジアへの 援 助 額 のほうがアフリカの 援 助 額 よりはるかに 大 きいのに 加 え ア ジアには 技 術 協 力 アフリカには 無 償 資 金 協 力 の 額 のほうが 大 きいものとなっている 表 4 東 アジア 地 域 における 援 助 実 績 2003 年 ( 支 出 純 額 ベース 単 位 : 百 万 ドル) 贈 与 順 位 国 又 は 地 域 名 無 償 資 金 協 力 技 術 協 力 計 政 府 貸 付 等 合 計 1 インドネシア , 中 国 フィリピン ベトナム カンボジア ラオス マレーシア モンゴル ミャンマー 東 ティモール タ イ , , そ の 他 [ 香 港 ] 韓 国 [マカオ] ブルネイ シンガポール その 他 北 東 アジア 東 ア ジ ア 地 域 合 , , ( 注 ):(1) 地 域 区 分 は 外 務 省 分 類 (2) 卒 業 国 を 含 む (3) 四 捨 五 入 の 関 係 上 合 計 が 一 致 しないことがある ( 出 所 ) 外 務 省 政 府 開 発 援 助 (ODA ホームページ) ODA 白 書 ( 東 アジア 地 域 ) 48

21 アフリカにおける 開 発 経 済 学 表 5 アフリカ 地 域 における 援 助 実 績 2003 年 ( 支 出 純 額 ベース 単 位 : 百 万 ドル) 贈 与 順 位 国 又 は 地 域 名 無 償 資 金 協 力 技 術 協 力 計 政 府 貸 付 等 合 計 1 タンザニア エチオピア モザンビーク アンゴラ マラウィ ガーナ セネガル ザンビア モーリタニア ギニア 南 アフリカ 共 和 国 マ リ ニジェール カーボヴェルデ エリトリア カメルーン ブルキナファソ マダガスカル ウガンダ ガンビア ジブチ ナイジェリア ベナン スワジランド ジンバブエ レソト シエラレオネ モーリシャス コートジボワール ガボン 中 央 アフリカ サントメ プリンシペ ボツワナ ナミビア セーシェル ルワンダ コンゴ 民 主 共 和 国 トーゴ チャド コンゴ 共 和 国 ブルンジ ギニアビサウ 赤 道 ギニア コモロ リベリア ケニア そ の 他 ア フ リ カ 地 域 合 計 ( 注 ):(1) 地 域 区 分 は 外 務 省 分 類 (2) 四 捨 五 入 の 関 係 上 合 計 が 一 致 しないことがある ( 出 所 ) 外 務 省 政 府 開 発 援 助 (ODA ホームページ) ODA 白 書 (アフリカ) 49

22 香 川 大 学 経 済 政 策 研 究 第 3 号 ( 通 巻 第 3 号 ) 2007 年 3 月 7.6 日 本 によるアフリカへの 援 助 今 まで 述 べてきたように 日 本 へのアジアへの 援 助 は 非 常 に 大 きいものであり 日 本 型 によ る 技 術 移 転 は 今 日 のアジアにおいて 非 常 に 大 きな 役 割 を 果 たしたであろう さらに 日 本 の ODA がアジアに 援 助 する 理 由 は 歴 史 などの 問 題 があるから 仕 方 ないものではある しかし は じめに で 述 べたように 援 助 が 現 在 最 も 必 要 なのはアフリカである その 現 状 は 1 節 から 6 節 までで 述 べてきた 現 在 日 本 の ODA のアフリカに 対 する 援 助 は 技 術 協 力 へとは 向 かって はいない 無 償 資 金 協 力 の 額 のほうが 明 らかに 大 きい アジアとアフリカでは 歴 史 も 違 えば 文 化 も 違 う しかし 社 会 インフラの 整 備 はこれから 必 要 となってくる また 青 年 海 外 協 力 隊 や NGO のさらなる 活 躍 がこれから 必 要 となってく るであろう 日 本 型 の 技 術 移 転 は 非 常 に 緩 やかなものであるが しっかりと 根 付 くものではないか その 場 その 場 の OJT であれば 教 育 を 受 けていない 大 人 でも 働 くことができ さらにそれを 後 世 に 伝 えていき 改 良 改 善 を 行 っていくことができるはずである おわりに アフリカの 経 済 の 低 成 長 や 停 滞 には さまざまな 経 緯 や 問 題 がある 先 進 国 が 途 上 国 に 残 し た 傷 跡 は 今 もなお 途 上 国 を 苦 しめている また IMF 世 銀 がとった 構 造 調 整 政 策 も 途 上 国 の 実 情 をしっかりと 見 たものではなく 成 功 したとはいえないであろう 現 在 途 上 国 には 人 口 問 題 教 育 問 題 農 業 工 業 の 問 題 技 術 移 転 の 問 題 とさまざまなも のがある 人 口 問 題 では 途 上 国 側 に 人 口 増 加 は 必 ずしも 経 済 発 展 には 結 びつかない ということ 女 性 に 家 族 計 画 に 対 する 知 識 を 得 てもらい 人 口 政 策 を 実 施 していくことが 必 要 となるであろ うことが 示 唆 された また 教 育 政 策 ではできるだけ 多 くの 子 供 に 教 育 を 受 けてもらい それ ぞれの 人 間 の 価 値 を 上 げることで 高 所 得 が 得 られるということを 知 ってもらうことが 必 要 とな る さらに 人 的 資 本 を 整 えた 上 での 技 術 移 転 が 良 好 だと 考 えられる 技 術 を 得 ることで 教 育 とはまた 違 った 人 的 資 本 への 投 資 と 成 り 得 るし 現 在 工 場 や 現 場 で 働 いている 大 人 であれば 働 きながら 知 識 を 吸 収 し 賃 金 を 得 て その 技 術 を 後 進 の 人 たちに 伝 えることにより 人 的 資 本 の 投 資 は 比 較 的 容 易 になるはずである 農 業 工 業 においても 停 滞 が 続 いており その 成 長 が 急 がれる 農 業 工 業 においても 先 進 国 の 技 術 援 助 が 必 要 であり その 実 情 に 見 合 った 援 助 が 必 要 になる ただ 援 助 をするだけではいけない その 定 着 を 目 指 すなら 日 本 の OJT などは 素 晴 らしいも のである 人 的 資 本 への 投 資 を 実 施 しながら 日 本 の ODA や NGO 技 術 移 転 を 行 うことがで きる 企 業 など 先 進 国 が 5M と P の 技 術 風 土 を 整 えていくことができれば 途 上 国 の 発 展 に 大 き く 寄 与 するのではないか これからの 援 助 はアフリカ 経 済 をしっかりと 理 解 し 実 情 を 考 えながら 過 去 の 反 省 を 踏 まえた ものとならなければならないだろう そこから 更 に アフリカのそれぞれの 国 が 自 立 した 経 済 発 展 を 行 えるような 状 況 を 整 えていかなければならない 50

23 アフリカにおける 開 発 経 済 学 注 1 主 にオランダ イギリス ポルトガル スペイン フランスなどの 人 々 2 峯 陽 一 歴 史 への 視 座 2003 年,pp 峯 陽 一 歴 史 への 視 座 2003 年,pp 北 川 勝 彦 植 民 地 化 とその 経 済 的 影 響 北 川 ほか 2005 年, pp 北 川 勝 彦 植 民 地 化 とその 経 済 的 影 響 北 川 ほか 2005 年, pp 峯 陽 一 歴 史 への 視 座 2003 年,pp 北 川 勝 彦 植 民 地 化 とその 経 済 的 影 響 北 川 ほか 2005 年, pp 高 橋 基 樹 独 立 後 アフリカの 経 済 政 策 北 川 ほか 2005 年, pp 高 橋 基 樹 独 立 後 アフリカの 経 済 政 策 北 川 ほか 2005 年, pp 正 木 響 構 造 調 整 政 策 北 川 勝 彦 ほか 2005 年, pp 国 際 開 発 協 会 (IDA)は 途 上 国 のなかでも 特 に 貧 しい 国 々を 支 援 するため 国 際 復 興 開 発 銀 行 (IBRD) の 姉 妹 機 関 として 1960 年 に 設 立 された IDAの 融 資 は IBRDと 同 様 に 政 府 政 府 またはその 他 の 適 切 な 保 証 を 得 られる 公 的 民 間 機 関 を 対 象 とするが こうした 目 的 から 無 利 子 で 償 還 期 間 も 35~40 年 (う ち 据 置 期 間 10 年 )という 極 めて 緩 やかな 条 件 で 行 われている IDAの 資 金 は 借 入 国 が 推 進 する 貧 困 削 減 戦 略 の 重 要 政 策 分 野 にあてられている( 生 産 性 の 向 上 責 任 あるガバナンス 民 間 投 資 環 境 の 整 備 教 育 と 医 療 に 対 する 貧 困 層 のアクセスの 改 善 など) 11 構 造 調 整 ファシリティ(SAF)は 融 資 期 間 3 年 で マクロ 経 済 の 安 定 を 核 とした 構 造 改 革 への 支 援 を 行 うことを 目 的 とした 1986 年 3 月 開 始 12 拡 大 構 造 調 整 ファシリティ(ESAF)とは 3 年 の 取 極 めの 下 でIMFクォータの 最 大 140%までの 融 資 をすることである またこの 限 度 は 例 外 的 な 状 況 下 では 最 大 でクォータの 185%まで 増 額 が 可 能 ESAF に 基 づく 融 資 は 年 利 0.5%で 半 年 毎 の 返 済 は 貸 付 け 後 5 年 半 から 開 始 され 10 年 で 完 済 とされていた 1987 年 12 月 開 始 13 短 期 の 国 際 収 支 困 難 に 陥 った 国 を 支 援 するIMFの 融 資 制 度 14 正 木 響 構 造 調 整 政 策 北 川 ほか 2005 年, pp 朽 木 昭 文 構 造 調 整 政 策 と 産 業 政 策 朽 木 ほか 2005 年, pp 正 木 響 構 造 調 整 政 策 北 川 ほか 2005 年, pp 白 鳥 正 喜 アフリカの 停 滞 1998 年, pp 高 橋 基 樹 激 動 するアフリカ 北 川 ほか 2005 年, pp 白 鳥 正 喜 開 発 と 援 助 の 政 治 経 済 学 1998 年, pp 落 合 雄 彦 HIV/エイズ 問 題 北 川 ほか 2005 年, p 鳥 飼 行 博 開 発 と 環 境 の 経 済 学 1998 年, p.23, l ユニセフ 排 除 の 根 本 的 原 因 2005 年, p.16, 表 4 HIV/エイズ 指 標 pp 高 橋 基 樹 激 動 するアフリカ 北 川 ほか 2005 年,pp インフォーマルセクター 靴 磨 きや 行 商 などの 労 働 25 児 玉 谷 史 郎 農 村 社 会 の 変 容 北 川 ほか 2005 年, pp 石 見 徹 開 発 と 環 境 の 政 治 経 済 学 2004 年, pp 石 見 徹 開 発 と 環 境 の 政 治 経 済 学 2004 年, p 野 上 祐 生 早 瀬 保 子 人 的 資 源 朽 木 ほか 2005 年, pp ユニセフ 姿 の 見 えない 子 供 たち 2005 年, pp 債 務 がどのように 発 生 したものであれ 子 供 を 地 主 事 業 主 金 貸 し 業 者 の 完 全 な 支 配 下 に 置 くもの その 状 態 は 奴 隷 制 とほとんど 区 別 がつかない 31 ユニセフ 姿 の 見 えない 子 供 たち 2005 年, pp ユニセフ 姿 の 見 えない 子 供 たち 2005 年, pp ある 生 産 要 素 をある 特 定 の 用 途 に 利 用 するについて それを 別 の 用 途 に 利 用 したならば 得 られたであ ろう 最 大 貨 幣 額 のこと 34 野 上 祐 生 早 瀬 保 子 人 的 資 源 朽 木 ほか 2005 年, pp 野 上 祐 生 早 瀬 保 子 人 的 資 源 朽 木 ほか 2005 年, pp 野 上 祐 生 早 瀬 保 子 人 的 資 源 朽 木 ほか 2005 年, p.70 には 教 育 対 する 公 的 支 援 の 方 法 には 公 的 教 育 施 設 を 作 るという 方 法 のほかに 奨 学 金 という 方 法 もある とあるが 私 は 奨 学 金 の 制 度 を 高 等 教 育 の 補 助 として 利 用 するものと 考 える 37 平 野 克 己 アフリカの 農 業 2003 年, pp 平 野 克 己 農 業 と 食 糧 生 産 北 川 ほか 2003 年, pp 平 野 克 己 農 業 と 食 糧 生 産 北 川 ほか 2003 年, p

24 香 川 大 学 経 済 政 策 研 究 第 3 号 ( 通 巻 第 3 号 ) 2007 年 3 月 40 平 野 克 己 農 業 と 食 糧 生 産 北 川 ほか 2003 年, pp 年 代 は 70 年 代 の 2 度 の 石 油 危 機 で 破 綻 しかかったアフリカ 経 済 を 救 済 するため 構 造 調 整 政 策 が 導 入 され 緊 縮 政 策 と 物 価 上 昇 が 同 時 進 行 した 時 代 42 平 野 克 己 農 業 と 食 糧 生 産 北 川 ほか 2003 年, pp 平 野 克 己 農 業 と 食 糧 生 産 北 川 ほか 2003 年, pp 室 井 義 雄 製 造 業 の 発 展 と 停 滞 北 川 ほか 2005 年, pp 平 野 克 己 図 説 アフリカ 経 済 2003 年, pp 室 井 義 雄 製 造 業 の 発 展 と 停 滞 北 川 ほか 2005 年, pp 資 本 量 の 労 働 量 に 対 する 比 率 企 業 産 業 および 経 済 全 体 が 利 用 する 生 産 技 術 の 特 徴 を 資 本 と 労 働 の 組 み 合 わせと 言 う 観 点 から 表 現 するための 用 語 48 平 野 克 己 図 説 アフリカ 経 済 2003 年, pp アジア 経 済 研 究 所 (IDE-JETRO) PIC 東 京 ( 世 界 銀 行 情 報 センター) 共 同 開 発 講 座 シリーズ 第 一 回 ア フリカのパラドックスー 農 工 間 貧 困 の 関 連 49 室 井 義 雄 製 造 業 の 発 展 と 停 滞 北 川 ほか 2005 年, pp 平 野 克 己 図 説 アフリカ 経 済 2003 年, pp 佐 藤 誠 日 本 のアフリカ 援 助 外 交 北 川 ほか 2005 年, pp 伊 藤 正 二 技 術 移 転 朽 木 ほか 2005 年, pp 伊 藤 正 二 技 術 移 転 朽 木 ほか 2005 年, pp その 国 宗 教 や 文 化 や 意 識 によって 影 響 を 受 ける 工 場 の 環 境 それぞれの 国 の 工 場 には それぞれの 文 化 があるとされる 技 術 移 転 を 進 める 場 合 その 国 の 工 場 文 化 や 意 識 が 邪 魔 をして 移 転 が 進 まないこと もある 55 伊 藤 正 二 技 術 移 転 朽 木 ほか 2005 年, pp 外 務 省 政 府 開 発 援 助 (ODAホームページ) ODA 白 書 (アフリカ) 2004 年, 図 表 Ⅲ-36 参 照 参 考 文 献 1. 白 鳥 正 喜 開 発 と 援 助 の 政 治 経 済 学 東 洋 経 済 報 社 1998 年 2.ジェトロ アジア 経 済 研 究 所 朽 木 昭 文 野 上 裕 生 山 形 辰 史 編 テキストブック 開 発 経 済 学 新 版 有 斐 閣 ブックス 2004 年 3. 鳥 飼 行 博 開 発 と 環 境 の 経 済 学 人 間 開 発 論 の 視 点 から 東 海 大 学 出 版 会 1998 年 4. 豊 田 俊 雄 発 展 途 上 国 の 教 育 と 学 校 明 石 書 店 1998 年 5.ベルトラン シュナイダー 国 際 援 助 の 限 界 ローマクラブ リポート 田 草 川 弘 / 日 比 野 正 明 訳 朝 日 新 聞 社 1996 年 6. 新 岡 智 板 木 雅 彦 増 田 正 人 編 国 際 経 済 政 策 論 有 斐 閣 ブックス 2005 年 7.Unicef 世 界 子 供 白 書 存 在 しない 子 供 たち Unicef 2005 年 8. 北 川 勝 彦 高 橋 基 樹 編 著 アフリカ 経 済 論 ミネルヴァ 書 房 2005 年 9 峯 陽 一 現 代 アフリカと 開 発 経 済 学 市 場 経 済 の 荒 波 のなかで 日 本 評 論 社 2003 年 10. 金 森 久 雄 荒 憲 治 郎 森 口 親 司 編 第 四 版 経 済 辞 典 有 斐 閣 2002 年 11. 平 野 克 己 図 説 アフリカ 経 済 日 本 評 論 者 2003 年 12.リチャード コール(OECD) 編 著 開 発 途 上 国 におけるグローバル 化 と 貧 困 不 平 等 及 川 祐 二 訳 明 石 書 店 2004 年 13. 世 界 銀 行 アジア 経 済 研 究 所 (IDE-JETRO) PIC 東 京 ( 世 界 銀 行 情 報 センター), 共 同 開 発 講 座 シリーズ 第 一 回 アフリカのパラドックスー 農 工 間 貧 困 の 関 連 14. 外 務 省 政 府 開 発 援 助 (ODA ホームページ) ODA 白 書 ( 東 アジア 地 域 ) 2004 年 m 15. 外 務 省 政 府 開 発 援 助 (ODA ホームページ) ODA 白 書 (アフリカ) 2004 年 m 16. 石 見 徹 開 発 と 環 境 の 政 治 経 済 学 東 京 大 学 出 版 会 2004 年 52

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx Economic Trends マ クロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 上 昇 で 広 がる 生 活 格 差 212 年 6 月 13 日 ( 水 ) ~ 食 料 エネルギー 価 格 上 昇 と 所 得 減 で 必 要 となるインフレ 目 標 の 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531)

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L)

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L) 平 成 24 年 度 稚 内 市 財 務 書 類 報 告 書 ( 新 地 方 公 会 計 制 度 - 総 務 省 方 式 改 訂 モデル) 貸 借 対 照 表 行 政 コ ス ト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 北 海 道 稚 内 市 平 成 26 年 3 月 はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 大 嶋 寧 子 3-39-38 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が

政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 大 嶋 寧 子 3-39-38 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が みずほリポート 年 6 月 日 無 貯 蓄 低 貯 蓄 世 帯 の 増 加 と 働 き 方 を 巡 る 問 題 本 稿 では 貯 蓄 残 高 がゼロまたは 少 ない 無 貯 蓄 低 貯 蓄 世 帯 の 増 加 に 焦 点 をあて 働 き 方 との 関 わりや 無 貯 蓄 低 貯 蓄 克 服 の 手 段 としての 共 働 きの 有 効 性 を 考 察 した 働 き 方 との 関 わりを 見 ると 勤

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」 中 国 における 地 方 財 政 問 題 と 地 方 債 発 行 の 実 行 可 能 性 についての 研 究 李 建 偉 中 国 国 務 院 発 展 研 究 中 心 マクロ 経 済 研 究 部 副 処 長 1. 中 国 の 地 方 財 政 が 直 面 している 主 要 な 問 題 1.1. 分 税 制 改 革 実 施 後 中 央 と 地 方 における 財 政 管 理 権 と 事 務 処 理 権 の

More information

教育「保障」と、教育「投資」|旺文社教育情報センター

教育「保障」と、教育「投資」|旺文社教育情報センター 今 月 の 視 点 -30 教 育 保 障 と 教 育 投 資 公 共 財 である 教 育 に 公 財 政 の 充 実 を! 旺 文 社 教 育 情 報 センター 21 年 6 月 国 民 の 教 育 を 受 ける 権 利 や 義 務 教 育 の 無 償 については 憲 法 及 び 教 育 基 本 法 で 明 確 に 保 障 されている しかし 現 下 の 厳 しい 経 済 情 勢 の 影 響 で

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478> 資 料 3 年 金 分 野 の 改 革 の 進 捗 状 況 について 平 成 26 年 10 月 10 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 1. 年 金 制 度 の 検 討 課 題 1 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 平 成 16 年 改 正 による 年 金 財 政 フレームが 完 成 するとともに 社 会 経 済 状 態 の 変 化 に 対 応 した 社

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

タイトル

タイトル 経 済 トレンド 子 ども 手 当 ての 意 義 を 考 える ~ 拙 速 な 廃 止 は 将 来 の 労 働 力 を 質 量 の 両 面 から 減 少 させることに~ 経 済 調 査 部 柵 山 順 子 ( 要 旨 ) 東 日 本 大 震 災 の 復 興 財 源 案 の 一 つとして 子 ども 手 当 ての 廃 止 が 議 論 されている 子 ども 手 当 て 廃 止 が 様 々な 世 帯 にどのような

More information

野村資本市場研究所|教育資金に見る早期世代間資産移転とリバース・モーゲージ(PDF)

野村資本市場研究所|教育資金に見る早期世代間資産移転とリバース・モーゲージ(PDF) 特 集 : 貯 蓄 から 投 へ 新 たな 展 開 教 育 に 見 る 早 期 世 代 間 産 移 転 とリバース モーゲージ 教 育 に 見 る 早 期 世 代 間 産 移 転 とリバース モーゲージ 小 島 俊 郎 要 約 1. 我 が 国 大 学 短 大 進 学 率 は 1992 年 に 38.9%だったが 2014 年 には 56.7% と 高 専 専 門 学 校 を 加 えた 高 等 教

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

付 属 資 料 1. 事 業 事 前 評 価 表 ( 開 発 調 査 ) 2. 実 施 細 則 (S/W)( 和 文 中 文 ) 付 属 資 料 1 事 業 事 前 評 価 表 ( 開 発 調 査 ) 1. 案 件 名 首 都 周 辺 風 砂 被 害 地 域 植 生 回 復 モデル 計 画 調 査 2. 協 力 概 要 (1) 事 業 の 目 的 本 事 業 の 目 的 は 北 京 や 天 津 周

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 資 料 1-1 年 金 に 関 する 資 料 平 成 23 年 5 月 23 日 厚 生 労 働 省 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

More information

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか?

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか? 日 本 経 済 予 測 Monthly 216 年 6 月 21 日 全 頁 日 本 経 済 見 通 し: 何 故 個 人 消 費 は 低 迷 して いるのか? 国 内 要 因 が 景 気 下 支 え 役 となるが 海 外 発 の 景 気 下 振 れリスクは 残 存 エコノミック インテリジェンス チーム 執 行 役 員 チーフエコノミスト 熊 谷 亮 丸 シニアエコノミスト 長 内 智 エコノミスト

More information

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日 広 角 視 点 : 名 目 マイナス 金 利 のプラス 効 果 ホセ ビニャルス サイモン グレイ ケリー エコールド 2016 年 4 月 10 日 成 長 見 通 しとインフレ 率 への 重 大 なリスクが 認 識 される 中 で IMF は 一 部 の 中 央 銀 行 が 実 施 した マイナス 政 策 金 利 を 支 持 しています このような 大 胆 な 政 策 は 過 去 に 例 がなく

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 :

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 平 成 28 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 2 月 2 日 上 場 会 社 名 横 河 電 機 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 6841 URL http://www.yokogawa.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 西 島 剛 志 問 合 せ 先

More information

1994年 海外労働情勢

1994年 海外労働情勢 タイは 1986 年 から91 年 までの5ヵ 年 間 ( 第 6 次 経 済 社 会 開 発 計 画 期 間 )に 実 質 経 済 成 長 率 年 平 均 10% 以 上 を 記 録 する 高 度 経 済 成 長 を 達 成 し 92 年 の 実 質 成 長 率 も7.4%( 暫 定 値 )が 見 込 まれており 現 在 も 好 調 な 成 長 を 続 けている しかし 急 速 な 経 済 成 長

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた 拉 致 被 害 者 等 への 今 後 の 支 援 策 の 在 り 方 について( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 8 月 拉 致 問 題 対 策 本 部 関 係 省 庁 拉 致 問 題 連 絡 会 ( 支 援 幹 事 会 ) 目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2)

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

’00

’00 明 石 の 人 口 平 成 17 年 (2005 年 ) 国 勢 調 査 結 果 報 告 書 平 成 17 年 国 勢 調 査 の 概 要 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 ほぼ 5 年 ごとに 行 われており, 平 成 17 年 国 勢 調 査 はその 18 回 目 に 当 たる 国 勢

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要 株 価 引 き 下 げ 対 策 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1. 株 価 引 き 下 げの 目 的 2. 株 式 の 評 価 の 仕 組 み 3. 取 引 相 場 のない 株 式 についての 評 価 方 法 4. 株 価 引 き 下 げの3つの 方 法 Ⅱ 株 価 引 き 下 げのポイント 1. 配 当 金 の 引 き 下 げによる 株 価 引 き

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態 建 設 分 野 における 競 合 国 に 関 する 調 査 研 究 概 要 (1) 調 査 研 究 の 目 的 技 術 力 等 の 強 みを 活 かした 海 外 展 開 の 取 組 が 進 められているところ 日 本 の 技 術 力 品 質 信 頼 等 に 関 する 定 評 に 拘 わらず 受 注 に 結 びつかない 状 況 が 生 じている また 人 口 減 少 に 伴 う 日 本 国 内 市 場

More information

目 次 Ⅰ. 財 務 書 類 4 表 作 成 の 基 本 事 項 1 作 成 の 背 景 1 2 財 務 書 類 4 表 について 1 3 財 務 書 類 4 表 の 作 成 基 準 2 4 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 3 Ⅱ. 普 通 会 計 財 務 書 類 4 表 1 貸 借 対

目 次 Ⅰ. 財 務 書 類 4 表 作 成 の 基 本 事 項 1 作 成 の 背 景 1 2 財 務 書 類 4 表 について 1 3 財 務 書 類 4 表 の 作 成 基 準 2 4 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 3 Ⅱ. 普 通 会 計 財 務 書 類 4 表 1 貸 借 対 久 喜 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル ( 貸 借 対 照 表 行 政 コスト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 ) 平 成 25 年 度 久 喜 市 目 次 Ⅰ. 財 務 書 類 4 表 作 成 の 基 本 事 項 1 作 成 の 背 景 1 2 財 務 書 類 4 表 について 1 3 財 務 書 類 4 表 の 作 成

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

PDF.p-.\..28.pwd

PDF.p-.\..28.pwd 273 国 民 年 金 の 未 納 と 代 替 行 動 中 橋 創 要 旨 本 稿 は 1994 年 から 2006 年 までの 13 年 間 の 都 道 府 県 別 データを 用 いて 国 民 年 金 の 未 納 と 代 替 行 動 の 分 析 を 行 ったものである 代 替 行 動 とは 将 来 生 活 保 護 制 度 や 個 人 年 金 を 当 てにして 強 制 貯 蓄 である 年 金 保 険

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 平 成 28 年 6 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 12 日 上 場 会 社 名 穴 吹 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 8928 URL http://www.anabuki.ne.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 穴 吹 忠 嗣 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 2004 年 10 月 22 日 発 行 来 港 中 国 人 旅 行 者 の 増 加 と 香 港 経 済 本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 E-mail hiroshi.inagaki@mizuho-cb.com 活 気 を 取 り 戻 す 香 港 観 光 セクター 香 港

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長 高 速 道 路 の 計 画 的 更 新 と 料 金 徴 収 期 間 の 延 長 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 村 田 和 彦 1.はじめに 我 が 国 においては 昭 和 30 年 代 に 入 ると 経 済 規 模 の 拡 大 に 伴 い 自 動 車 交 通 が 激 増 し 高 速 交 通 のための 高 規 格 の 道 路 に 対

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運 ( 別 添 ) 公 社 等 外 郭 団 体 の 見 直 し 実 施 計 画 ( 特 ) 宮 城 県 土 地 開 発 公 社 団 体 名 多 額 の 借 入 金 と 保 有 土 地 があることから, 経 営 安 定 化 に 向 けて の 経 営 健 全 化 計 画 を 策 定 するとともに, 将 来 的 な 視 点 としては, 類 似 の 団 体 との 統 合 を 検 討 する 必 県 としては, 業

More information

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年 2009 年 5 月 18 日 発 行 増 加 が 見 込 まれる 低 年 金 者 ~ 早 急 な 実 施 が 求 められる 低 年 金 対 策 ~ 要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超

More information

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日 中 国 と 日 本 の 経 済 関 係 房 文 慧 はじめに 中 国 が 日 本 にとって 最 大 の 貿 易 相 手 国 となったことに 象 徴 されるように 日 中 の 経 済 関 係 はますます 強 くなっている ここでは まず 日 中 両 国 の 政 府 間 関 係 について 外 交 関 係 日 本 の 対 中 政 府 開 発 援 助 を 取 り 上 げて 整 理 する 次 に 日 中 の

More information

北 米 地 域 統 合 と 途 上 国 経 済 解 明 に 向 かっている 筆 者 は これを 取 り 上 げる 理 由 として 産 業 集 積 自 体 そ してそれとの 多 国 籍 企 業 との 関 わりについては これまでも 研 究 が 蓄 積 されてき たが この 議 論 を 一 国 民 経

北 米 地 域 統 合 と 途 上 国 経 済 解 明 に 向 かっている 筆 者 は これを 取 り 上 げる 理 由 として 産 業 集 積 自 体 そ してそれとの 多 国 籍 企 業 との 関 わりについては これまでも 研 究 が 蓄 積 されてき たが この 議 論 を 一 国 民 経 書 評 所 康 弘 著 北 米 地 域 統 合 と 途 上 国 経 済 NAFTA 多 国 籍 企 業 地 域 経 済 西 田 書 店 2009 年 東 京 外 国 語 大 学 田 島 陽 一 1. 本 書 の 分 析 視 点 本 書 は メキシコを 輸 入 代 替 工 業 化 戦 略 から 新 自 由 主 義 的 開 発 戦 略 に 転 換 を 遂 げた 途 上 国 開 発 モデルの 先 駆 的

More information

Microsoft Word - insight0410jp[1]

Microsoft Word - insight0410jp[1] 2008 年 4 月 4 日 イーストヒル ジャパン 株 式 会 社 から ある 上 有 海 名 総 な 合 株 指 ストラテジストはある 数 はせいぜい4000 番 点 組 で でこう 底 打 ちと 言 った 思 ったが まさか 中 国 株 式 市 場 底 は の 今 下 ブルトレンドだろう だ ドル 円 100 割 れ G7 が 介 入 するか の 下 これは に 地 最 獄 近 があるとは 流

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

ができたとしよう この 場 合 世 帯 数 要 因 は 東 京 での 増 加 と 秋 田 での 減 少 で 相 殺 されるためゼロと 考 える 同 時 に 住 居 を 必 要 としている 人 が 秋 田 県 に 引 っ 越 してその 住 宅 を 建 替 えた 場 合 には 建 替 え 要 因 として

ができたとしよう この 場 合 世 帯 数 要 因 は 東 京 での 増 加 と 秋 田 での 減 少 で 相 殺 されるためゼロと 考 える 同 時 に 住 居 を 必 要 としている 人 が 秋 田 県 に 引 っ 越 してその 住 宅 を 建 替 えた 場 合 には 建 替 え 要 因 として みずほインサイト 日 本 経 済 216 年 1 月 4 日 今 後 の 住 宅 市 場 をどうみるか?1 住 宅 着 工 は22 年 代 に 6 万 戸 台 へ 経 済 調 査 部 エコノミスト 多 田 出 健 太 3-3591-1283 kenta.tadaide@mizuho-ri.co.jp 世 帯 数 建 替 え ミスマッチの3 要 因 から 住 宅 着 工 戸 数 の 長 期 予 測 を

More information

会社再生サンプル資料

会社再生サンプル資料 経 営 調 査 研 究 会 セミナー 成 功 する 会 社 再 生 スキームと 税 務 上 の 注 意 点 ~ 法 的 な 整 理 のみならず 銀 行 交 渉 や 私 的 な 方 法 による 成 功 実 例 も 紹 介 ~ 平 成 21 年 6 月 19 日 株 式 会 社 日 本 中 央 会 計 事 務 所 / 日 本 中 央 税 理 士 法 人 代 表 取 締 役 / 代 表 社 員 公 認 会

More information

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 項 目 平 成 28 年 8 月 金 融 庁 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 金 融 所 得

More information

U 字 型 回 復 かL 字 型 成 長 か 16.0 14.0 12.0 10.0 8.0 6.0 6.9 4.0 2.0 0.0 % 2020 2018 2016 2014 2012 2010 2008 2006 2004 2002 2000 1998 1996 1994 1992 1990 1

U 字 型 回 復 かL 字 型 成 長 か 16.0 14.0 12.0 10.0 8.0 6.0 6.9 4.0 2.0 0.0 % 2020 2018 2016 2014 2012 2010 2008 2006 2004 2002 2000 1998 1996 1994 1992 1990 1 中 国 の 経 済 構 造 の 変 化 富 士 通 総 研 主 席 研 究 員 柯 隆 2016 年 2 月 U 字 型 回 復 かL 字 型 成 長 か 16.0 14.0 12.0 10.0 8.0 6.0 6.9 4.0 2.0 0.0 % 2020 2018 2016 2014 2012 2010 2008 2006 2004 2002 2000 1998 1996 1994 1992 1990

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

地震保険制度に関するPT2012.6.1プレゼンテーション資料

地震保険制度に関するPT2012.6.1プレゼンテーション資料 2012.6.1 地 震 保 険 制 度 に 関 するPT 生 活 設 計 の 観 点 からみた 望 まれる 地 震 保 険 制 度 とは 生 活 設 計 塾 クルー 取 締 役 清 水 香 本 日 の 内 容 1. 現 状 の 確 認 2. 商 品 性 見 直 しについてのいくつかの 提 案 C2012 KAORI SHIMIZU 2 1. 現 状 の 確 認 C2012 KAORI SHIMIZU

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

は 以 下 のことに 注 意 する 必 要 がある 1 買 収 合 併 関 係 者 は 中 国 の 外 貨 管 理 に 関 する 法 律 に 従 い 遅 滞 なく 外 貨 管 理 機 関 にて 外 貨 の 許 可 登 記 記 録 と 変 更 手 続 をしなければなら ない 2 外 国 投 資 者 が

は 以 下 のことに 注 意 する 必 要 がある 1 買 収 合 併 関 係 者 は 中 国 の 外 貨 管 理 に 関 する 法 律 に 従 い 遅 滞 なく 外 貨 管 理 機 関 にて 外 貨 の 許 可 登 記 記 録 と 変 更 手 続 をしなければなら ない 2 外 国 投 資 者 が 資 本 取 引 2016 年 06 月 30 日 更 新 1. 資 本 取 引 の 外 貨 口 座 の 種 類 国 内 外 貨 口 座 管 理 規 定 (1997 年 10 月 15 日 より 実 施 )により 外 資 企 業 の 中 国 現 地 法 人 の 場 合 外 貨 資 金 は 用 途 に 応 じて 資 本 金 口 座 国 内 外 貨 ローン 専 用 口 座 外 債 専 用 口 座 などで

More information

第25回税制調査会 総25-1

第25回税制調査会 総25-1 平 27.10.27 総 2 5-1 説 明 資 料 相 続 税 贈 与 税 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 財 務 省 目 次 1. 資 産 課 税 をめぐる 経 済 社 会 構 造 の 変 化 1 家 計 における 資 産 形 成 の 変 容 4 相 続 の 変 容 13 今 後 の 人 口 動 態 の 見 通 し 27 2. 相 続 税 の 現 状 30 3. 贈 与 税 の

More information