Ⅰ 総論

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Ⅰ 総論"

Transcription

1 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市

2 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女 性 は 依 然 として 多 い 状 況 にあります また 管 理 的 職 業 従 事 者 ( 就 業 者 のうち 会 社 役 員 企 業 の 課 長 職 相 当 以 上 管 理 的 公 務 員 等 )における 女 性 の 割 合 は11.3%( 平 成 26 年 )と 低 い 水 準 にとどまっており 欧 米 諸 国 のほか シンガポールやフィリピンといったアジア 諸 国 と 比 べても 低 い 状 況 にあります このように 働 く 場 面 において 女 性 の 力 が 十 分 に 発 揮 できているとはいえず 働 くことを 希 望 する 女 性 が その 希 望 に 応 じた 働 き 方 を 実 現 できるようにすることが 重 要 です 一 方 我 が 国 は 急 速 な 人 口 減 少 局 面 を 迎 えており 将 来 の 労 働 力 不 足 が 懸 念 されています さらには ニーズの 多 様 化 やグローバル 化 等 に 対 応 するためには 組 織 において 人 材 の 多 様 性 (ダイバーシティ)を 確 保 することが 不 可 欠 であり 新 たな 価 値 を 創 造 し リスク 管 理 等 への 適 応 能 力 を 高 めるためにも 女 性 の 活 躍 推 進 が 重 要 であると 考 えられます こうした 状 況 の 中 政 府 は2020 年 までに 社 会 のあらゆる 分 野 において 指 導 的 地 位 に 占 める 女 性 の 割 合 を30%とする 目 標 を 掲 げるとともに 女 性 の 活 躍 を 成 長 戦 略 の 中 核 と 位 置 づけ 着 実 に 前 進 させるべく 民 間 企 業 者 及 び 国 地 方 公 共 団 体 といった 各 主 体 が 女 性 の 活 躍 推 進 に 向 けて 果 たすべき 役 割 を 定 めるため 女 性 の 職 業 生 活 における 活 躍 の 推 進 に 関 す る 法 律 ( 以 下 法 といいます )を 平 成 27 年 9 月 に 施 行 しました この 法 の 中 で 国 及 び 地 方 公 共 団 体 の 機 関 等 は 特 定 事 業 主 と 位 置 付 けられ 女 性 の 職 業 生 活 における 活 躍 を 推 進 するための 計 画 ( 特 定 事 業 主 行 動 計 画 )を 定 めるよう 求 められて いることから 本 市 においても 職 員 11 名 からなる 同 計 画 策 定 委 員 会 を 立 ち 上 げ 実 効 性 のある 計 画 を 策 定 するべく その 内 容 について 検 討 を 進 めてきました 同 委 員 会 における 検 討 内 容 を 踏 まえ 本 市 も 一 事 業 主 として また 市 内 の 企 業 事 業 所 等 の 牽 引 役 として 法 第 15 条 の 規 定 に 基 づき 関 市 長 関 市 議 会 議 長 関 市 教 育 委 員 会 関 市 選 挙 管 理 委 員 会 関 市 代 表 監 査 委 員 関 市 公 平 委 員 会 関 市 農 業 委 員 会 及 び 関 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 が 共 同 で 特 定 事 業 主 行 動 計 画 を 策 定 し 組 織 全 体 で 女 性 職 員 の 職 業 生 活 に おける 活 躍 を 推 進 していきます 平 成 28 年 3 月 事 業 主 関 市 長 関 市 議 会 議 長 関 市 教 育 委 員 会 関 市 選 挙 管 理 委 員 会 関 市 代 表 監 査 委 員 関 市 公 平 委 員 会 関 市 農 業 委 員 会 関 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 1

3 Ⅰ 計 画 の 目 的 少 子 超 高 齢 化 の 進 展 等 に 伴 い より 高 度 化 多 様 化 する 市 民 ニーズに 対 応 した 質 の 高 い 行 政 サービスを 提 供 していくためには 人 材 の 多 様 性 (ダイバーシティ)を 確 保 することが 不 可 欠 であり 組 織 としてこれまで 以 上 に 女 性 の 視 点 や 強 みを 生 かしていくことが 重 要 とな ることから 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 に 向 けた 人 材 育 成 や 職 場 環 境 づくりを 推 進 していくため 本 計 画 を 策 定 するものです Ⅱ スローガン みんな 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして Ⅲ 計 画 の 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 までの3 年 間 第 2 次 せき 男 女 共 同 参 画 まちづくりプラン 後 期 ( 平 成 26 年 度 から30 年 度 まで) 及 び 次 世 代 育 成 支 援 対 策 法 に 基 づく 関 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 平 成 27 年 度 から 平 成 31 年 度 まで)と 一 体 的 に 計 画 を 進 め 女 性 の 活 躍 を 推 進 していきます そのために 本 計 画 の 期 間 を 第 2 次 せき 男 女 共 同 参 画 まちづくりプラン 後 期 と 同 様 に 平 成 30 年 度 までとし あわせて 次 世 代 育 成 支 援 対 策 法 に 基 づく 関 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 の 期 間 を1 年 前 倒 しして 同 計 画 の 見 直 しを 行 うこととします Ⅳ 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 向 けた 数 値 目 標 と 取 組 法 第 15 条 第 3 項 及 び 女 性 の 職 業 生 活 における 活 躍 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 特 定 事 業 主 行 動 計 画 の 策 定 等 に 係 る 内 閣 府 令 ( 平 成 27 年 内 閣 府 令 第 61 号 ) 第 2 条 に 基 づき 市 長 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 事 務 局 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 公 平 委 員 会 事 務 局 農 業 委 員 会 事 務 局 及 び 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 事 務 局 において 女 性 職 員 の 職 業 生 活 における 活 躍 に 関 する 状 況 を 把 握 し 本 計 画 の 策 定 委 員 会 において 課 題 を 洗 い 出 し 改 善 すべき 事 情 について 分 析 を 行 いました( 各 事 業 主 の 人 事 管 理 を 一 体 的 に 行 っているため 一 括 で 状 況 を 把 握 し 分 析 を 実 施 県 の 採 用 で 教 育 職 である 関 商 工 高 等 学 校 の 教 諭 ならびに 常 勤 講 師 ついては 把 握 及 び 分 析 の 対 象 外 とします) そして 女 性 職 員 の 活 躍 を 推 進 するための 数 値 目 標 とそれを 達 成 するための 具 体 的 な 取 組 を 次 のとおり 定 めました なお 分 析 結 果 を 踏 まえて 優 先 的 に 取 り 組 むべき 課 題 から 順 番 に 掲 載 します 2

4 (1) 配 置 育 成 教 育 訓 練 及 び 管 理 的 地 位 への 登 用 現 状 の 把 握 と 分 析 管 理 的 地 位 にある 職 員 に 占 める 女 性 職 員 の 割 合 区 分 標 準 的 な 職 務 内 容 職 員 数 ( 人 ) 男 性 ( 人 ) 女 性 ( 人 ) 女 性 の 割 合 (%) 7 級 部 長 級 課 長 主 幹 小 計 平 成 27 年 4 月 1 日 時 点 各 役 職 段 階 にある 職 員 に 占 める 女 性 職 員 の 割 合 行 政 職 給 料 表 ( 一 ) 適 用 の 職 員 ( 一 般 事 務 職 専 門 職 ( 歯 科 医 師 を 除 く) 技 術 職 ) 区 分 標 準 的 な 職 務 内 容 職 員 数 ( 人 ) 男 性 ( 人 ) 女 性 ( 人 ) 女 性 の 割 合 (%) 7 級 部 長 級 課 長 主 幹 小 計 級 課 長 補 佐 級 主 任 主 査 小 計 級 係 長 級 主 査 級 保 育 士 看 護 師 等 小 計 級 主 事 技 師 級 書 記 技 手 事 務 員 ほか 小 計 合 計 平 成 27 年 4 月 1 日 時 点 行 政 職 給 料 表 ( 二 ) 適 用 の 職 員 ( 技 能 労 務 職 ) 区 分 職 員 数 ( 人 ) 男 性 ( 人 ) 女 性 ( 人 ) 女 性 の 割 合 (%) 4 級 級 級 級 合 計 平 成 27 年 4 月 1 日 時 点 医 療 職 給 料 表 適 用 の 職 員 1 名 ( 歯 科 医 師 男 性 )あり 本 市 における 管 理 的 地 位 (7 級 及 び6 級 )にある 職 員 に 占 める 女 性 職 員 の 割 合 は 10. 1%と 全 国 市 町 村 平 均 値 である14.5%に 及 ばない 数 値 となっており 女 性 職 員 の 管 理 的 地 位 への 登 用 が 進 んでいないことがわかります 3

5 女 性 職 員 自 身 が キャリアアップすることやキャリアアップした 後 の 役 割 に 対 し 不 安 や 悩 み 抱 えていることも 女 性 職 員 の 登 用 率 が 上 がらない 要 因 の 一 つと 考 えられます これらの 不 安 や 悩 みは これまで 経 験 してきた 業 務 の 偏 りによる 経 験 不 足 が 原 因 となっている 場 合 も あり それらを 解 消 する 必 要 があります また 女 性 職 員 のキャリアアップに 対 する 意 識 の 高 揚 を 図 る( 特 に5~3 級 の 女 性 職 員 )とともに 男 性 職 員 に 対 しても 職 場 において 女 性 職 員 が 活 躍 することの 必 要 性 を 伝 え 理 解 を 得 ることが 重 要 です 数 値 目 標 平 成 27 年 4 月 1 日 時 点 の 数 値 管 理 的 地 位 に 占 める 女 性 職 員 の 割 合 15% 以 上 10.1% 数 値 目 標 の 達 成 時 期 平 成 30 年 度 末 今 後 の 取 組 1. 幅 広 い 年 代 の 女 性 職 員 に 対 し 研 修 を 行 います ( ジョシ ケン の 実 施 ) 女 性 職 員 のキャリアアップ 意 識 の 高 揚 及 びスキルアップ 女 性 活 躍 を 推 進 する 必 要 性 を 理 解 してもらうための 男 性 職 員 向 けの 研 修 を 実 施 2. 女 性 管 理 職 と 一 般 の 女 性 職 員 が 交 流 できる ジョシ コン を 実 施 します 女 性 職 員 が 仕 事 の 悩 みや 自 らのキャリアについて 本 音 で 語 り 合 える 場 所 を 設 置 女 性 職 員 間 のネットワークの 構 築 3. 女 性 職 員 を 多 様 なポストへ 配 置 します 業 務 の 偏 りを 是 正 職 員 としての 経 験 値 の 向 上 4. 女 性 管 理 職 向 けのメンター 制 度 1 を 導 入 します 先 輩 管 理 職 によるキャリアアップ 後 のサポートを 実 施 職 務 に 対 する 不 安 や 悩 みを 軽 減 1 メンター 制 度 知 識 と 経 験 を 有 した 先 輩 職 員 (メンター)が 双 方 向 の 対 話 を 通 して 後 輩 職 員 (メ ンティ)の 問 題 解 決 や 悩 みの 解 消 を 援 助 して 個 人 の 成 長 をサポートするもの また 先 輩 職 員 の 部 下 育 成 能 力 の 向 上 を 図 ることも 目 的 としています 4

6 (2) 職 員 の 採 用 現 状 の 把 握 と 分 析 過 去 2 年 間 の 採 用 状 況 区 分 一 般 事 務 職 専 門 職 技 術 職 技 能 労 務 職 日 日 雇 用 職 員 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 合 計 採 用 者 数 ( 人 ) 割 合 (%) 採 用 者 数 ( 人 ) 割 合 (%) 採 用 者 数 ( 人 ) 割 合 (%) 男 女 計 男 女 計 男 女 計 男 女 計 男 女 計 過 去 2 年 間 の 採 用 試 験 受 験 者 の 状 況 区 分 一 般 事 務 職 専 門 職 技 術 職 技 能 労 務 職 平 成 26 年 度 採 用 平 成 27 年 度 採 用 合 計 受 験 者 数 ( 人 ) 割 合 (%) 受 験 者 数 ( 人 ) 割 合 (%) 受 験 者 数 ( 人 ) 割 合 (%) 男 女 計 男 女 計 男 女 計 男 女 計 一 般 事 務 職 専 門 職 技 術 職 技 能 労 務 職 以 外 の 正 職 員 専 門 職 保 育 士 児 童 指 導 員 保 健 師 管 理 栄 養 士 歯 科 衛 生 士 歯 科 医 師 看 護 師 養 護 教 諭 技 術 職 土 木 技 術 職 建 築 技 術 職 電 気 技 術 職 技 能 労 務 職 運 転 技 手 水 道 技 手 調 理 員 校 務 員 用 務 員 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ともに 技 能 労 務 職 の 採 用 試 験 及 び 採 用 者 なし 各 年 度 とも4 月 1 日 採 用 について 集 計 5

7 一 般 事 務 職 において 女 性 の 採 用 割 合 が2か 年 平 均 で34.8% 受 験 者 数 に 占 める 女 性 の 割 合 が2か 年 平 均 で27.8%と ともに 低 い 数 値 となっています 技 術 職 に 至 っては 女 性 の 受 験 者 がいない 状 況 にあることがわかります 多 くの 女 性 職 員 が 活 躍 する 職 場 をつくるためには その 入 り 口 となる 女 性 職 員 の 採 用 を 拡 大 することが 重 要 です 能 力 を 有 する 多 くの 優 秀 な 女 性 を 幅 広 く 採 用 できるよう その 前 提 となる 採 用 試 験 の 女 性 受 験 者 数 を 増 加 させるための 取 組 が 必 要 です あわせて 多 様 な 人 材 を 確 保 するという 観 点 から 育 児 等 を 理 由 に 中 途 退 職 し 再 就 職 を 希 望 する 女 性 が 再 就 職 できる 機 会 を 逃 すことがないよう 実 務 経 験 者 採 用 試 験 の 情 報 等 を 幅 広 く 周 知 する 必 要 があります 数 値 目 標 平 成 26 年 ~27 年 の 数 値 一 般 事 務 職 における 女 性 受 験 者 の 割 合 平 均 40% 27.8% 技 術 職 における 女 性 受 験 者 の 数 平 均 1 人 以 上 0 人 数 値 目 標 の 達 成 時 期 平 成 28 年 度 ~ 平 成 30 年 度 今 後 の 取 組 1. 就 職 先 を 考 える 際 の 選 択 肢 の 一 つとなるように 高 校 生 中 学 生 小 学 生 など より 若 い 世 代 に 向 けて 公 務 員 の 仕 事 をPRします 出 前 講 座 で 公 務 員 の 仕 事 を 紹 介 女 性 職 員 を 講 師 として 派 遣 するなど 公 務 員 の 仕 事 をわかりやすく 伝 え その 魅 力 をPR 職 場 体 験 をしたい 学 生 の 受 け 入 れを 市 役 所 から 働 きかけて 実 施 2. 女 性 向 けパンフレットの 作 成 や 市 ホームページ SNSを 活 用 し 女 性 が 活 躍 できる 職 場 である 事 をPRします 実 際 に 市 役 所 で 働 く 女 性 の 声 を 紹 介 市 役 所 の 強 み( 育 児 支 援 制 度 手 当 女 性 活 躍 推 進 に 関 する 取 組 等 )をPR 子 育 て 等 を 理 由 に 退 職 した 女 性 で 再 就 職 を 希 望 する 人 に 向 けての 採 用 試 験 情 報 等 の 提 供 6

8 (3) 育 児 休 業 の 取 得 現 状 の 把 握 と 分 析 男 女 別 の 育 児 休 業 取 得 率 及 び 平 均 取 得 期 間 区 分 育 児 休 業 取 得 可 能 者 ( 人 ) 育 児 休 業 取 得 者 ( 人 ) 取 得 率 (%) 取 得 者 の 平 均 取 得 期 間 ( 月 ) 一 般 事 務 職 専 門 職 男 性 技 術 職 技 能 労 務 職 計 区 分 育 児 休 業 取 得 可 能 者 ( 人 ) 育 児 休 業 取 得 者 ( 人 ) 取 得 率 (%) 取 得 者 の 平 均 取 得 期 間 ( 月 ) 一 般 事 務 職 専 門 職 女 性 技 術 職 技 能 労 務 職 計 平 成 26 年 以 降 に 出 産 し 平 成 27 年 中 において 育 児 休 業 を 取 得 することができる 職 員 に ついての 実 績 育 児 休 業 請 求 期 間 を 取 得 期 間 とする 平 成 27 年 中 において 女 性 職 員 については 育 児 休 業 取 得 率 100%で 平 均 取 得 期 間 も 24.0 月 (2 年 )となっており 育 児 休 業 の 制 度 を 十 分 に 活 用 しているといえます これに 対 し 男 性 職 員 については 育 児 休 業 取 得 率 が5.9%と 低 く 男 性 が 育 児 休 業 を 取 得 するという 雰 囲 気 が 醸 成 されていないことがわかります 男 性 職 員 も 育 児 休 業 を 取 得 できることや 制 度 の 趣 旨 や 内 容 休 業 期 間 中 の 育 児 休 業 手 当 金 の 支 給 などの 経 済 的 支 援 についてさらに 周 知 を 図 るとともに 男 性 職 員 が 育 児 休 業 を 取 得 しやすい 職 場 の 雰 囲 気 づくりをすすめ その 取 得 率 を 向 上 させることにより 女 性 が 職 業 生 活 において 活 躍 できる 機 会 を 増 やしていくことが 必 要 です また 女 性 職 員 を 含 め 育 児 休 業 取 得 により 職 場 から 長 期 間 離 れてしまうことに 対 する 不 安 を 軽 減 するとともに 円 滑 な 職 場 復 帰 を 実 現 するための 取 組 が 必 要 です 7

9 数 値 目 標 平 成 27 年 中 の 数 値 男 性 職 員 の 育 児 休 業 取 得 率 10% 以 上 5.9% 数 値 目 標 の 達 成 時 期 平 成 30 年 度 末 今 後 の 取 組 1. 育 児 休 業 制 度 の 周 知 を 図 ります 庁 内 LANを 活 用 し 育 児 休 業 等 の 制 度 の 趣 旨 及 び 内 容 や 休 業 期 間 中 の 育 児 休 業 手 当 金 の 支 給 等 の 経 済 的 支 援 について 幅 広 く 周 知 取 得 対 象 者 だけではなく その 所 属 長 ( 上 司 )へも 周 知 を 図 り 育 児 休 業 を 取 得 し やすい 職 場 の 雰 囲 気 づくりを 推 進 子 どもの 年 齢 に 応 じて 利 用 可 能 な 仕 事 と 家 庭 の 両 立 を 支 援 するための 制 度 がわかる 育 児 プランシート 2 の 活 用 2.イクメン 3 研 修 イクボス 4 研 修 を 実 施 します 男 性 職 員 の 意 識 改 革 を 推 進 するため 男 性 が 積 極 的 に 育 児 に 関 わる 事 について 理 解 を 深 める 研 修 を 実 施 3. 育 児 休 業 取 得 者 向 け 研 修 会 イク ケン を 実 施 します 休 業 期 間 中 における 制 度 等 の 変 化 に 対 応 できるよう 情 報 提 供 を 行 い 職 務 状 況 の 把 握 やモチベーションの 維 持 向 上 を 図 るための 研 修 を 実 施 4. 育 児 休 業 者 復 帰 支 援 プログラム を 策 定 します 育 児 休 業 から 復 帰 した 職 員 が 職 業 能 力 の 回 復 や 職 場 への 適 応 を 円 滑 に 行 えるよう 支 援 するためのプログラム( 情 報 提 供 研 修 等 )を 策 定 5. イクメン 手 帳 ( 仮 称 ) を 発 行 し 男 性 の 育 児 参 加 を 促 進 します 一 般 世 帯 向 けに 配 布 される イクメン 手 帳 ( 仮 称 ) を 男 性 職 員 が 率 先 して 活 用 2 育 児 プランシート 妊 娠 育 児 中 の 職 員 が 子 どもの 年 齢 に 応 じて 利 用 できる 育 児 休 業 などの 仕 事 と 家 庭 の 両 立 を 支 援 する 制 度 をわかりやすくまとめたもの 3 イクメン 積 極 的 に 子 育 てを 楽 しみ 自 らも 成 長 する 男 性 4 イクボス 部 下 の 積 極 的 育 児 参 加 に 理 解 のある 上 司 8

10 (4) 男 性 職 員 の 育 児 にかかる 特 別 休 暇 の 取 得 現 状 の 把 握 と 分 析 配 偶 者 の 出 産 に 伴 う 特 別 休 暇 の 取 得 率 育 児 参 加 に 伴 う 特 別 休 暇 の 取 得 率 取 得 した 職 員 取 得 しなかった 職 員 取 得 した 職 員 取 得 しなかった 職 員 16.7% 11.1% 83.3% 88.9% 平 成 27 年 中 に 取 得 できる 条 件 にあった 職 員 についての 実 績 配 偶 者 の 出 産 に 伴 う 特 別 休 暇 を 取 得 した 職 員 の 平 均 取 得 日 数 は1.6 日 育 児 参 加 に 伴 う 特 別 休 暇 を 取 得 した 職 員 の 平 均 取 得 日 数 は5 日 (1 人 が5 日 取 得 ) 配 偶 者 の 出 産 に 伴 う 特 別 休 暇 の 取 得 については 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づく 特 定 事 業 主 行 動 計 画 の 中 で 対 象 者 の 取 得 率 100%を 数 値 目 標 として 掲 げていますが 実 際 の 取 得 率 は83.3%(6 名 中 5 名 の 取 得 )と 数 値 目 標 にあと 一 歩 届 かない 状 況 となっています 育 児 参 加 に 伴 う 特 別 休 暇 については 取 得 率 が11.1%(9 名 中 1 名 の 取 得 )とかなり 低 い 数 値 となっており 十 分 に 活 用 されていないのが 現 状 です これらの 特 別 休 暇 について 様 々な 手 段 により 周 知 を 図 り 職 場 全 体 で 利 用 を 促 進 してい く 必 要 があります 9

11 数 値 目 標 配 偶 者 の 出 産 に 伴 う 特 別 休 暇 の 平 均 取 得 日 数 2 日 平 成 27 年 中 の 数 値 1.6 日 育 児 参 加 に 伴 う 特 別 休 暇 の 平 均 取 得 日 数 3 日 5 日 数 値 目 標 の 達 成 時 期 平 成 28 年 度 ~ 平 成 30 年 度 今 後 の 取 組 1. 子 育 て 支 援 に 関 する 特 別 休 暇 について 周 知 を 図 ります 庁 内 LANを 活 用 し 特 別 休 暇 の 取 得 条 件 などについて 幅 広 く 周 知 取 得 対 象 者 だけではなく その 所 属 長 ( 上 司 )へも 周 知 を 図 り 特 別 休 暇 を 取 得 しやす い 職 場 の 雰 囲 気 づくりを 推 進 子 どもの 年 齢 に 応 じて 利 用 可 能 な 両 立 支 援 制 度 がわかる 育 児 プランシート の 活 用 2. 特 別 休 暇 取 得 のための 手 続 きを 改 善 し より 取 得 しやすいようにします 3. イクメン 手 帳 ( 仮 称 ) を 発 行 し 男 性 の 育 児 参 加 を 促 進 します 一 般 世 帯 向 けに 配 布 される イクメン 手 帳 ( 仮 称 ) を 男 性 職 員 が 率 先 して 活 用 (5) 時 間 外 勤 務 及 び 年 次 休 暇 現 状 の 把 握 と 分 析 全 職 員 一 人 あたりの 各 月 ごとの 時 間 外 勤 務 時 間 区 分 職 員 数 ( 人 ) 時 間 外 (h) 一 人 当 たり(h) 4 月 554 3, 月 557 3, 月 552 3, 月 552 3, 月 551 4, 月 550 3, 月 552 5, 月 551 3, 月 550 9, 月 549 3, 月 545 3, 月 547 3, 平 成 26 年 度 の 実 績 ( 時 間 外 勤 務 手 当 の 支 給 された 時 間 について 集 計 ) 時 間 外 勤 務 手 当 が 支 給 されない 職 員 ( 特 別 職 管 理 職 手 当 支 給 者 休 職 者 )は 除 く 10

12 年 次 休 暇 平 均 取 得 日 数 区 分 職 員 数 ( 人 ) 総 取 得 日 数 ( 日 ) 平 均 取 得 日 数 ( 日 ) 男 283 2, 一 般 事 務 職 女 133 1, 計 416 3, 男 専 門 職 女 計 男 技 術 職 女 計 男 技 能 労 務 職 女 計 合 計 604 5, 平 成 27 年 中 の 実 績 ( 特 別 職 派 遣 ( 出 向 ) 職 員 休 職 者 途 中 退 職 者 は 除 く ) 時 間 外 勤 務 時 間 については 繁 忙 期 においてやや 多 くはなるものの 一 年 間 を 通 して 平 均 的 であり その 数 値 についても 特 に 多 くはありません しかし 時 間 外 勤 務 命 令 を 受 けないで 業 務 をこなしている 職 員 も 少 なからず 見 受 けられる ことから 数 字 に 表 れない 潜 在 的 な 時 間 外 勤 務 を 減 らす 取 組 が 必 要 です 年 次 休 暇 の 取 得 状 況 については 一 般 事 務 職 専 門 職 技 術 職 において 次 世 代 育 成 支 援 対 策 法 に 基 づく 特 定 事 業 主 行 動 計 画 で 数 値 目 標 としている 職 員 一 人 当 たり 年 10 日 の 取 得 を 下 回 る 数 値 となっています また 女 性 に 比 べて 男 性 の 年 次 休 暇 取 得 日 数 が 少 ない 傾 向 があり 休 暇 取 得 の 理 由 のうち 家 事 や 育 児 介 護 によるものが 女 性 に 偏 っていることが 考 えられます 職 員 数 の 減 少 や 多 様 化 高 度 化 する 市 民 ニーズへの 対 応 などにより 私 たち 職 員 が 行 うべ き 仕 事 量 は 相 当 増 加 しています そのような 状 況 であるからこそ 職 員 一 人 ひとりが 計 画 的 効 率 的 な 業 務 の 遂 行 に 努 め 時 間 外 勤 務 を 減 らし 休 暇 を 取 得 することでワーク ライフ バランス 5 の 実 現 を 図 る 必 要 があります また 男 女 が 共 同 で 家 事 や 育 児 に 参 加 できる 機 会 を 確 保 するよう 心 掛 けることや 男 女 が 共 に 仕 事 と 家 庭 を 両 立 できるよう 職 場 環 境 を 整 えることが 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 に 繋 がるもの と 考 えます 5 ワーク ライフ バランス 働 くすべての 人 々が 仕 事 と 育 児 や 介 護 趣 味 や 学 習 休 養 地 域 活 動 といっ た 仕 事 以 外 の 生 活 との 調 和 をとり その 両 方 を 充 実 させる 働 き 方 生 き 方 のこと 11

13 数 値 目 標 定 時 退 庁 日 において 定 時 退 庁 した 職 員 の 割 合 100% 平 成 27 年 中 の 数 値 実 績 なし 職 員 一 人 当 たりの 年 次 休 暇 取 得 日 数 10 日 / 年 8.6 日 数 値 目 標 の 達 成 時 期 平 成 28 年 度 ~ 平 成 30 年 度 今 後 の 取 組 1. 毎 月 2 日 間 定 時 退 庁 日 を 設 けます 定 時 退 庁 日 を 業 務 の 都 合 にあわせて 職 場 ごとに 毎 月 2 日 間 設 定 し 定 時 退 庁 を 実 施 2. 時 間 外 勤 務 時 の 早 期 退 庁 を 促 進 します 通 常 業 務 後 の 時 間 外 勤 務 開 始 時 間 の 繰 上 げを 実 施 ( 慣 例 の 見 直 し) 3. 朝 型 勤 務 を 推 進 します 職 員 が 活 用 しやすい 朝 型 勤 務 制 度 の 構 築 4. YASUMO プログラム 6 により 年 次 休 暇 の 取 得 を 促 進 します 各 職 場 ごとに 年 次 休 暇 取 得 計 画 表 を 作 成 し 計 画 的 な 業 務 遂 行 に 努 め 年 次 休 暇 の 取 得 を 促 進 長 期 休 暇 の 取 得 を 奨 励 6 YASUMO プログラム 計 画 的 な 年 次 休 暇 の 取 得 及 び 長 期 休 暇 の 取 得 を 促 進 するための 手 法 を 提 示 する 取 組 Ⅴ 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 向 けた 体 制 整 備 等 本 市 では 組 織 全 体 で 継 続 的 に 女 性 職 員 の 活 躍 を 推 進 するため 女 性 職 員 活 躍 推 進 担 当 部 長 を 委 員 長 とし 各 特 定 事 業 主 の 事 務 を 所 管 する 担 当 課 長 及 び 男 女 共 同 参 画 推 進 担 当 課 長 を 委 員 とする 特 定 事 業 主 行 動 計 画 推 進 委 員 会 ( 仮 称 ) を 設 置 し この 計 画 の 策 定 変 更 本 計 画 に 基 づく 取 組 の 実 施 状 況 数 値 目 標 の 達 成 状 況 の 点 検 評 価 等 について 協 議 を 行 うこと とします Ⅵ おわりに この 計 画 を 実 行 することにより 自 らの 意 志 によって 職 業 生 活 を 営 み 又 は 営 もうとする 女 性 職 員 がその 個 性 と 能 力 を 十 分 に 発 揮 して 活 躍 できる 職 場 環 境 が 醸 成 し 多 様 化 する 市 民 のニーズや 激 しく 変 化 する 社 会 情 勢 にも 対 応 できる 豊 かで 活 力 あふれる 市 役 所 の 実 現 へとつ ながるよう 期 待 するものです 12

14 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン 発 行 : 平 成 28 年 3 月 発 行 者 : 関 市 編 集 : 関 市 市 長 公 室 職 員 課 岐 阜 県 関 市 若 草 通 3 丁 目 1 番 地 TEL FAX URL 13

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的 会 津 若 松 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 5 月 会 津 若 松 市 目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現

More information

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で 甲 府 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 8 年 3 月 31 日 策 定 甲 府 市 長 甲 府 市 議 会 議 長 甲 府 市 教 育 委 員 会 甲 府 市 選 挙 管 理 委 員 会 甲 府 市 代 表 監 査 委 員 甲 府 市 農 業 委 員 会 甲 府 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 1 計 画 策

More information

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画 第 3 期 あったか 家 族 応 援 プログラム 山 形 市 役 所 次 世 代 育 成 支 援 特 定 事 業 主 行 動 計 画 山 形 市 役 所 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 3 月 16 日 山 形 市 Ⅰ はじめに 1 プログラム 策 定 の 背 景 及 び 目 的 我 が 国 における 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ

More information

千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 女 性 職 員 がいきいきと 働 く 職 場 づくり 平 成 28 年 3 月 ( 策 定 ) 千 曲 市 長 千 曲 市 議 会 議 長 千 曲 市 選 挙 管 理 委 員 会 千 曲 市 代 表 監 査 委 員 千 曲 市 坂 城 町 等 公 平

千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 女 性 職 員 がいきいきと 働 く 職 場 づくり 平 成 28 年 3 月 ( 策 定 ) 千 曲 市 長 千 曲 市 議 会 議 長 千 曲 市 選 挙 管 理 委 員 会 千 曲 市 代 表 監 査 委 員 千 曲 市 坂 城 町 等 公 平 女 性 活 躍 推 進 法 に 基 づく 千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 3 月 長 野 県 千 曲 市 千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 女 性 職 員 がいきいきと 働 く 職 場 づくり 平 成 28 年 3 月 ( 策 定 ) 千 曲 市 長 千 曲 市 議 会 議 長 千 曲 市 選 挙 管 理 委 員 会 千 曲 市 代 表 監 査 委 員

More information

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1 墨 田 区 女 性 の 活 躍 推 進 のための 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 墨 田 区 目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達

More information

特定事業主行動計画(案)

特定事業主行動計画(案) 職 員 も 職 員 も ともに いきいきと 活 躍 できる 県 庁 を 目 指 して 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 方 針 ( の 職 業 生 活 における 活 躍 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ) 平 成 28 年 3 月 滋 賀 県 知 事 滋 賀 県 議 会 議 長 滋 賀 県 代 表 監 査 委 員 滋 賀 県 人 事 委

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

はじめに 今 治 市 役 所 の 未 来 をつくるために 今 こそ 全 職 員 参 加 で 取 り 組 もう! 平 成 27 年 8 月 に 女 性 の 職 業 生 活 における 活 躍 の 推 進 に 関 する 法 律 が 成 立 し 女 性 の 活 躍 に 社 会 全 体 で 取 り 組 もうと

はじめに 今 治 市 役 所 の 未 来 をつくるために 今 こそ 全 職 員 参 加 で 取 り 組 もう! 平 成 27 年 8 月 に 女 性 の 職 業 生 活 における 活 躍 の 推 進 に 関 する 法 律 が 成 立 し 女 性 の 活 躍 に 社 会 全 体 で 取 り 組 もうと すべての 職 員 が 働 きやすい 働 きがいを 感 じる 職 場 風 土 をつくるために 平 成 28 年 3 月 策 定 今 治 市 長 今 治 市 議 会 議 長 今 治 市 教 育 委 員 会 今 治 市 選 挙 管 理 委 員 会 今 治 市 公 平 委 員 会 今 治 市 農 業 委 員 会 今 治 市 代 表 監 査 委 員 今 治 市 消 防 長 はじめに 今 治 市 役 所 の 未

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

女 性 が 活 躍 する 未 来 に 向 けてスピードアップ! ~ 地 域 をけん 引 する 指 定 都 市 の 提 言 ~ 平 成 26 年 11 月 指 定 都 市 市 長 会 提 言 の 趣 旨 人 口 急 減 超 高 齢 化 への 対 応 が 国 を 挙 げての 喫 緊 の 課 題 となる 中 社 会 の 活 力 を 維 持 していくためには あらゆる 人 が 意 欲 を 持 ち 活 動

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト 活用マニュアル

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト  活用マニュアル 札 幌 市 ワーク ライフ バランス 取 組 評 価 ウェブサイト 活 用 マニュアル 札 幌 市 子 ども 未 来 局 子 ども 企 画 課 1. 各 回 答 を 選 択 する 際 の 手 引 き P1~9 2. 得 点 の 集 計 方 法 P10 3. 用 語 説 明 P11~12 4つの 選 択 肢 から 職 場 の 状 況 に 最 も 適 した 選 択 肢 をお 選 びいただきますが 回 答

More information

3 計 画 期 間 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 は 平 成 37 年 3 月 31 日 までの 時 限 法 ですが 本 計 画 は 延 長 された10 年 間 のうち 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 32 年 3 月 31 日 までの5 年 間 を 計 画 期 間

3 計 画 期 間 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 は 平 成 37 年 3 月 31 日 までの 時 限 法 ですが 本 計 画 は 延 長 された10 年 間 のうち 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 32 年 3 月 31 日 までの5 年 間 を 計 画 期 間 山 梨 県 職 員 子 育 て 支 援 プログラム Ⅰ 総 論 1 はじめに 我 が 国 における 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 にかんがみ 次 世 代 育 成 支 援 対 策 を 迅 速 かつ 重 点 的 に 推 進 し もって 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ かつ 育 成 される 社 会 の 形 成 に 資 することを 目 的 とした 次 世 代 育

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され 飛 騨 市 次 世 代 育 成 支 援 行 動 計 画 ( 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 飛 騨 市 長 飛 騨 市 議 会 議 長 飛 騨 市 選 挙 管 理 委 員 会 飛 騨 市 代 表 監 査 委 員 飛 騨 市 農 業 委 員 会 飛 騨 市 教 育 委 員 会 飛 騨 市 消 防 本 部 消 防 長 古 川 国 府 給 食 センター 利 用 組

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 平 成 27 年 度 ~ 平 成 31 年 度 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づく 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ~ 職 員 の 仕 事 と 子 育 て 両 立 支 援 プログラム~ 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 目 次 Ⅰ 総 論 1 基 本 的 な 考 え 方 1 2 計 画 の 期 間 1 3 計 画 の 対 象

More information

橿原市特定事業主行動計画

橿原市特定事業主行動計画 橿 原 市 女 性 職 員 活 躍 推 進 アクションプラン 橿 原 市 (はじめに) 現 在 少 子 超 高 齢 化 や 地 方 分 権 の 進 展 に 伴 い 市 民 に 身 近 なサービスを 提 供 する 地 方 公 共 団 体 の 役 割 は ますます 重 要 となっています 橿 原 市 においても 限 られた 経 営 資 源 のもとで 組 織 力 のさらなる 向 上 を 図 り 持 続 可

More information

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版)

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版) 福 島 県 警 察 職 員 男 女 共 同 参 画 推 進 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 4 月 改 定 ) 福 島 県 警 察 目 次 第 1 総 論 1 計 画 改 定 の 趣 旨 2 計 画 期 間 第 2 具 体 的 取 組 Ⅰ 意 識 改 革 幹 部 を 始 めとした 全 職 員 の 意 識 改 革 の 徹 底 Ⅱ 女 性 警 察 官 の 採 用 拡 大 1 女 性 警 察 官 の

More information

1 背 景 (1) 人 口 減 少 問 題 本 年 4 月 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 では 我 が 国 の 総 人 口 は 少 子 高 齢 化 の 進 展 により 急 速 に 減 少 し 2048 年 ( 平 成 60 年 )には1 億 人 を 割 って9,913 万 人

1 背 景 (1) 人 口 減 少 問 題 本 年 4 月 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 では 我 が 国 の 総 人 口 は 少 子 高 齢 化 の 進 展 により 急 速 に 減 少 し 2048 年 ( 平 成 60 年 )には1 億 人 を 割 って9,913 万 人 資 料 1 平 成 26 年 10 月 21 日 1 背 景 1 2 女 性 の 活 躍 促 進 の 課 題 3 3 女 性 の 活 躍 支 援 のための 施 策 展 開 3 4 ネットワークの 構 築 4 5 北 の 輝 く 女 性 応 援 会 議 の 今 後 の 取 組 方 向 5 参 考 資 料 北 海 道 らしい 女 性 の 元 気 応 援 ネット 北 の 輝 く 女 性 応 援 会 議 の

More information

スライド 1

スライド 1 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 平 成 27 年 7 月 ~12 月 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 概 要 実 施 期 間 : 平 成 27 年 7 月 から12 月 までの6か 月 間 実 施 主 体 : 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 経

More information

支 給 申 請 期 間 助 成 金 の 支 給 申 請 期 間 は 申 請 が 可 能 となった 日 から2か 月 以 内 とします 中 小 企 業 事 業 主 の 範 囲 雇 用 関 係 助 成 金 における 中 小 企 業 事 業 主 の 範 囲 は 以 下 のとおりとします 小 売 業 ( 飲

支 給 申 請 期 間 助 成 金 の 支 給 申 請 期 間 は 申 請 が 可 能 となった 日 から2か 月 以 内 とします 中 小 企 業 事 業 主 の 範 囲 雇 用 関 係 助 成 金 における 中 小 企 業 事 業 主 の 範 囲 は 以 下 のとおりとします 小 売 業 ( 飲 ( 事 業 主 の 方 へ) このパンフレットの 内 容 は 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 のものです 平 成 28 年 度 雇 用 関 係 助 成 金 のご 案 内 ( 簡 略 版 ) 平 成 28 年 度 の 雇 用 関 係 の 助 成 金 についてご 紹 介 します 雇 用 の 安 定 職 場 環 境 の 改 善 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 従 業 員 の 能 力 向

More information

05 第1部2数値目標達成及び中間年評価

05  第1部2数値目標達成及び中間年評価 2 群 馬 県 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 第 3 次 )の 数 値 目 標 達 成 状 況 と 群 馬 県 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 第 3 次 )では 男 女 が 性 別 にかかわらず 一 人 ひとりの 考 え 方 や 生 き 方 が 尊 重 される 社 会 あらゆる 分 野 への 参 画 の 機 会 が 保 障 され その 個 性 と 能 力 を 十 分 に

More information

Microsoft Word - 02第3期計画(元データ).doc

Microsoft Word - 02第3期計画(元データ).doc 第 3 期 長 岡 市 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 市 職 員 ) 平 成 23 年 4 月 長 岡 市 教 育 委 員 会 Ⅰ 総 論 1 目 的 急 速 な 少 子 化 の 進 行 家 庭 地 域 を 取 巻 く 環 境 の 変 化 により 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ かつ 育 成 される 社 会 の 形 成 に 資 するため

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

文部科学省女性職員の活躍推進プログラム

文部科学省女性職員の活躍推進プログラム 文 部 科 学 省 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 プログラム ~ 男 女 共 に 仕 事 と 家 庭 の 両 立 が 図 られる 職 場 環 境 の 実 現 に 向 けて~ 平 成 26 年 4 月 文 部 科 学 省 大 臣 官 房 人 事 課 ( 平 成 26 年 4 月 14 日 局 長 等 会 議 で 了 承 ) 女 性 の 活 躍 推 進 に 関 する 政 府 の 動 き 政 府 は

More information

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~ 高 齢 者 雇 用 の 現 状 と 対 策 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 開 発 部 高 齢 者 雇 用 対 策 課 山 下 禎 博 1 日 本 の 人 口 の 推 移 日 本 の 人 口 は 近 年 横 ばいであり 人 口 減 少 局 面 を 迎 えている 2060 年 には 総 人 口 が9000 万 人 を 割 り 込 み 高 齢 化 率 は40% 近 い 水 準 になると

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

人材育成基本方針

人材育成基本方針 吹 田 市 人 材 育 成 基 本 方 針 社 会 の 変 革 に 対 応 できる 人 材 づくり 平 成 24 年 (2012 年 ) 公 務 制 度 改 革 -1- -2- 新 たな 人 材 育 成 基 本 方 針 の 策 定 にあたって 今 日 本 社 会 は 大 きな 転 換 期 にあります 市 場 や 情 報 がグローバル 化 し 少 子 化 や 人 口 減 少 は 歯 止 めがかからず

More information

資 料 5 地 方 公 務 員 法 等 一 部 を 改 正 する 法 律 に 関 する 説 明 会 (H26.6.9) 地 方 公 共 団 体 における 人 事 評 価 制 度 導 入 等 について 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 < 目 次 > 人 事 評 価 ねらい 人 事 評 価 制 度 構 築 1 勤 務 評 定 と 人 事 評 価 比 較 人

More information

女性の年金

女性の年金 日 本 年 金 学 会 シンポジウム 2013 年 11 月 9 日 ( 土 ) 働 く 女 性 のライフコースと 年 金 支 給 開 始 年 齢 ~ 働 く 女 性 のライフコースから 考 える 年 金 支 給 開 始 年 齢 ( 株 )TIMコンサルティング 取 締 役 原 佳 奈 子 論 点 提 示 2 働 く 女 性 に 関 する 制 度 関 連 とライフコースへの 影 響 等 ( 沿 革

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D93C192E88E968BC68EE58D7393AE8C7689E6362E31358DC58F492E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D93C192E88E968BC68EE58D7393AE8C7689E6362E31358DC58F492E646F6378> 名 寄 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 第 2 期 前 期 計 画 ) 名 寄 市 長 名 寄 市 議 会 議 長 名 寄 市 選 挙 管 理 委 員 会 名 寄 市 代 表 監 査 委 員 名 寄 市 外 2 組 合 公 平 委 員 会 名 寄 市 農 業 委 員 会 名 寄 市 教 育 委 員 会 名 寄 地 区 衛 生 施 設 事 務 組 合 上 川 北 部 消 防 事 務 組 合

More information

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 若 者 の 意 識 を 探 る 概 要 厚 生 労 働 省 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 の 全 体 像 第 1 部 (テーマ 編 ) 若 者 の 意 識 を 探 る 若 者 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 の 現 状 と 変 化 を 踏 まえ 若 者 の 意 識 やライフコースにおける 様 々な 課 題 について 分 析 併 せて

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

平成18年4月 日

平成18年4月 日 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 に 向 けた 提 言 書 平 成 28 年 3 月 刈 谷 市 女 性 職 員 活 躍 推 進 プロジェクトチーム ~ ハーモニー7 ~ 目 次 1 はじめに 1 2 本 市 の 現 状 と 課 題 (1)データからみる 現 状 と 課 題 2 (2) 職 員 意 識 調 査 の 結 果 10 (3) 職 員 意 見 交 換 会 の 結 果 18 (4) 課 題

More information

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事 基 本 目 標 1 十 分 な 保 育 設 等 の 数 量 を 確 保 するとともに 保 育 環 境 の 改 善 及 び 充 実 を 図 り ま 山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] の 内 容 ( 区 分 ) 事 業 名 事 業 内 容 根 拠 法 令 等 関 連 計 画 担 当 課 (1) 設 型 給 付 地 域 型 保 育 給

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

<81798E9197BF8250817A2E786C73>

<81798E9197BF8250817A2E786C73> 生 活 者 としての 外 国 人 に 関 する 総 合 的 対 応 策 の 実 施 状 況 について 総 合 的 対 応 策 における 対 策 実 施 状 況 1. 外 国 人 が 暮 らしやすい 地 域 社 会 づくり (1) 日 本 語 教 育 の 充 実 地 域 の 日 本 語 教 育 の 充 実 を 図 るため 平 成 18 年 度 より 人 材 育 本 年 度 中 に 成 果 をホームページ

More information

実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計 画 の 後 期 基 本 計 画 の 期 間 に 合 わせ 平 成 27 年 度 までの4 年 間 について 実 行 計 画

実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計 画 の 後 期 基 本 計 画 の 期 間 に 合 わせ 平 成 27 年 度 までの4 年 間 について 実 行 計 画 日 光 市 人 材 育 成 基 本 方 針 実 行 計 画 ( 平 成 24 年 度 ~ 平 成 27 年 度 ) ~ 市 民 と 共 に 考 え 行 動 する 職 員 を 目 指 して~ 平 成 24 年 3 月 日 光 市 実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

目 次 I 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 採 用 選 考 の 状 況 1 2 昇 任 選 考 の 状 況 3 3 職 員 数 6 4 新 規 採 用 職 員 数 10 5 退 職 者 数 10 6 区 内 在 住 職 員 数 11 7 定 員 適 正 化 計 画

目 次 I 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 採 用 選 考 の 状 況 1 2 昇 任 選 考 の 状 況 3 3 職 員 数 6 4 新 規 採 用 職 員 数 10 5 退 職 者 数 10 6 区 内 在 住 職 員 数 11 7 定 員 適 正 化 計 画 平 成 2 6 年 度 新 宿 区 の 人 事 行 政 の 運 営 状 況 平 成 27 年 11 月 新 宿 区 目 次 I 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 採 用 選 考 の 状 況 1 2 昇 任 選 考 の 状 況 3 3 職 員 数 6 4 新 規 採 用 職 員 数 10 5 退 職 者 数 10 6 区 内 在 住 職 員 数 11 7 定 員 適 正

More information

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために 第 6 次 出 入 国 管 理 政 策 懇 談 会 新 宿 区 1 新 宿 区 は 外 国 人 住 民 が 全 国 で 一 番 多 く 暮 らす 自 治 体 で 全 区 民 の10%を 超 えています 地 域 別 全 国 平 成 26 年 1 月 1 日 現 在 住 民 記 録 人 口 総 数 ( 人 ) 日 本 人 住 民 人 口 外 国 人 住 民 人 口 人 数 ( 人 ) 割 合 (%) 人

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

総務関係  4名

総務関係  4名 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 の 概 要 Ⅰ 社 会 福 祉 協 議 会 とは Ⅱ 設 置 目 的 役 職 員 構 成 重 点 目 標 等 Ⅲ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 主 要 事 業 Ⅳ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 予 算 概 要 Ⅴ 社 会 福 祉 協 議 会 の 組 織 体 制 Ⅰ 社 会 福 祉 協

More information

また 女 性 活 躍 推 進 法 ( 平 成 27 年 法 律 第 64 号 ) 第 4 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 27 年 12 月 25 日 閣 議 決 定 ) 及 び 国 家 公 務 員 の 女 性 活 躍 とワークライフバラン ス 推 進 のための 取 組 指

また 女 性 活 躍 推 進 法 ( 平 成 27 年 法 律 第 64 号 ) 第 4 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 27 年 12 月 25 日 閣 議 決 定 ) 及 び 国 家 公 務 員 の 女 性 活 躍 とワークライフバラン ス 推 進 のための 取 組 指 防 衛 省 における 女 性 職 員 活 躍 とワークライフバランス 推 進 のための 取 組 計 画 平 成 2 7 年 1 月 2 8 日 防 衛 省 女 性 職 員 活 躍 ワークライフハ ランス 推 進 本 部 決 定 一 部 改 正 平 成 28 年 3 月 15 日 第 1 基 本 的 考 え 方 (1) 男 性 と 女 性 が 互 いにその 人 権 を 尊 重 し 喜 びや 責 任 を

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 1 平 成 28 年 度 中 小 企 業 関 係 概 算 要 求 等 の 概 要 平 成 27 年 9 月 中 小 企 業 庁 今 後 の 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 政 策 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 等 の 推 移 今 後 の 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 政 策 の 柱 1. 中 小 企 業 対 策 費 の 推 移 26 年 度 27

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 参 考 資 料 2 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づく 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 ( 市 町 村 関 連 部 分 のみ 抜 粋 ) 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支

More information

参考資料2 女性の活躍による経済活性化を推進する関係閣僚会議について

参考資料2 女性の活躍による経済活性化を推進する関係閣僚会議について 女 性 の 活 躍 による 経 済 活 性 化 を 推 進 する 関 係 閣 僚 会 議 について 参 考 資 料 2 1. 女 性 の 活 躍 による 経 済 活 性 化 を 推 進 する 関 係 閣 僚 会 議 4 月 9 日 の 国 家 戦 略 会 議 において 民 間 議 員 より 女 性 の 活 躍 により 経 済 を 活 性 化 する 観 点 から 政 府 が 重 点 的 に 行 うべき

More information

Microsoft PowerPoint - 差し換え用

Microsoft PowerPoint - 差し換え用 資 料 2 平 成 2 5 年 6 月 2 4 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 日 本 年 金 機 構 平 成 24 年 度 の 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況 と 今 後 の 取 組 等 について 目 次 1. 平 成 24 年 度 の 納 付 状 況 等 について (1) 公 的 年 金 制 度 全 体 の 状 況 1 (2) 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況

More information

平成28年版 少子化社会対策白書 全体版(PDF形式)

平成28年版 少子化社会対策白書 全体版(PDF形式) 4 節 男 性 の 意 識 行 動 改 革 ( 長 時 間 労 働 の 是 正 ) 長 時 間 労 働 の 抑 制 及 び 年 次 有 給 休 暇 の 取 得 促 進 労 働 時 間 対 策 としては 単 に 労 働 時 間 の 短 縮 を 図 るだけではなく 労 働 時 間 休 日 数 及 び 年 次 有 給 休 暇 を 与 える 時 季 など 労 働 時 間 等 に 関 する 事 項 について

More information

目 次 Ⅰ. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランの 策 定 にあたって 1P 1. 女 性 活 躍 推 進 への 取 り 組 み 1 2. 女 性 活 躍 推 進 アクションプラン 策 定 背 景 2 3. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランのねらい 2 Ⅱ. 本 市 の 現 状 3P

目 次 Ⅰ. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランの 策 定 にあたって 1P 1. 女 性 活 躍 推 進 への 取 り 組 み 1 2. 女 性 活 躍 推 進 アクションプラン 策 定 背 景 2 3. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランのねらい 2 Ⅱ. 本 市 の 現 状 3P 女 性 活 躍 推 進 アクションプラン 女 性 活 躍 推 進 法 に 基 づく 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 度 改 訂 宗 像 市 目 次 Ⅰ. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランの 策 定 にあたって 1P 1. 女 性 活 躍 推 進 への 取 り 組 み 1 2. 女 性 活 躍 推 進 アクションプラン 策 定 背 景 2 3. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランのねらい

More information

26労働分科会・プレゼン用資料

26労働分科会・プレゼン用資料 趣 旨 背 景 ポジティブ アクション 加 速 化 助 成 金 (ポジティブ アクション 能 力 アップ 助 成 金 の 拡 充 ) 27 年 度 要 求 額 238,500 千 円 ( 雇 用 勘 定 ) 26 年 度 予 算 額 120,750 千 円 ( 雇 用 勘 定 ) 日 本 の 生 産 年 齢 人 口 (15~64 歳 )は 今 後 急 速 に 減 少 する 女 性 の 継 続 就 業

More information

別 添 1 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 資 料 1 指 定 職 に 占 める 女 性 の 割 合 は3.0%( 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 ) ( 前 年 9 月 1 日 現 在 から0.2ポイント 増 ) 本 省 課 室 長 相 当 職 以 上 に 占 める 女

別 添 1 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 資 料 1 指 定 職 に 占 める 女 性 の 割 合 は3.0%( 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 ) ( 前 年 9 月 1 日 現 在 から0.2ポイント 増 ) 本 省 課 室 長 相 当 職 以 上 に 占 める 女 報 道 資 料 平 成 27 年 12 月 1 日 内 閣 官 房 内 閣 人 事 局 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 及 び 国 家 公 務 員 の 育 児 休 業 等 の 取 得 状 況 の フォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 各 府 省 等 は 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 )に 定 める 目

More information

川 辺 町 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 岐 阜 県 川 辺 町 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 計 画 期 間... 1 3. 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 2 4. 推 進 検 証 体 制... 3 第 2 章 総 合 戦 略 の 基 本 方 針... 4 1. 基 本 方 針... 4 2. 基 本 的 方 向 性...

More information

基本指針骨子

基本指針骨子 資 料 5 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 1 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 含 め 全 ての 子 どもや 子 育 て

More information

資料3-2

資料3-2 資 料 3-2 改 訂 案 ( 昨 年 からの 変 更 点 は 赤 字 ) 男 女 共 同 参 画 社 会 の 実 現 を 目 指 して 平 成 28 年 版 データ 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 社 会 のあらゆる 分 野 において 2020 年 までに 指 導 的 地 位 ( )に 女 性 が 占 める 割 合 を 少 なくとも 30% 程 度 とする 目 標 を 設

More information

基本方針1 あらゆる分野への男女共同参画の推進

基本方針1 あらゆる分野への男女共同参画の推進 草 加 市 男 女 共 同 参 画 プラン211 平 成 26 事 業 の 達 成 状 況 の 評 価 平 成 28 年 3 月 23 日 草 加 市 男 女 共 同 参 画 審 議 会 目 次 1 評 価 にあたって 1 2 基 本 計 画 の 達 成 状 況 に 関 する 評 価 3 基 本 方 針 1 性 別 にかかわらず 誰 もが 平 等 に 生 活 できるまちづくり 3 基 本 方 針 2

More information

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税 資 料 2 骨 太 方 針 に 向 けて ~ 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を~ 平 成 28 年 4 月 18 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 進 新 浪 剛 史 1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ

More information

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 ( 再 評 価 ) 平 成 28 年 3 月 10 日 一 般 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

イオン 株 式 会 社 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 第 1 章 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 の 目 的 と 位 置 づけ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 は イオングループ( 以 下 イオン といいます)の 企 業 経 営 と 企 業 統 治 に 関 する 基 本 姿

イオン 株 式 会 社 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 第 1 章 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 の 目 的 と 位 置 づけ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 は イオングループ( 以 下 イオン といいます)の 企 業 経 営 と 企 業 統 治 に 関 する 基 本 姿 2016 年 4 月 13 日 イ オ ン 株 式 会 社 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 の 制 定 について イオン 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 )は 当 社 の 企 業 経 営 と 企 業 統 治 に 関 する 基 本 姿 勢 並 びに 企 業 統 治 システムに 関 する 方 針 を 示 した コーポレートガバナンス 基 本 方 針 ( 以 下 当 方 針 )を 制 定 しました

More information

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216 平 成 26 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 26 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

子ども・子育て新制度における   保育所利用者負担について【案】

子ども・子育て新制度における   保育所利用者負担について【案】 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 26 年 度 第 5 回 会 議 資 料 2 子 ども 子 育 て 新 制 度 における 1 号 2 号 3 号 利 用 者 負 担 について 案 平 成 27 年 1 月 29 日 保 健 福 祉 部 子 育 て 推 進 課 1 子 ども 子 育 て 支 援 制 度 における 田 辺 市 の 利 用 者 負 担 について Ⅰはじめに 平 成 24 年 8 月

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

12 理化学研究所

12 理化学研究所 国 立 研 究 開 発 法 人 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 理 化 学 研 究 所 は 長 い 歴 史 を 有 し これまで 世 界 の 第 一 線 にて 研 究 をリー ドしてきたところである

More information

別紙3

別紙3 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 方 針 目 次 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 1 2 重 点 的 に 取 り 組 みを 行 う 主 なもの 5 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 (1) 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ 第 章 調 査 票 - - この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこの 調 査 票 に 直 接 記 入 してください 選 択 肢 で その 他

More information

職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 月 額 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 および 技 能 労 務 職 については 経 験 年 数 10 年 15 年 20 年 の 該 当 者 がいませんでした 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員

職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 月 額 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 および 技 能 労 務 職 については 経 験 年 数 10 年 15 年 20 年 の 該 当 者 がいませんでした 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 および 松 山 衛 生 事 務 組 合 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 松 山 市 条 例 第 2 号 準 用 )に 基 づき 松 山 衛 生 事 務 組 合 の 人 事 行 政 の 運 営 などの 状 況 概 要 を 公 表 します 1

More information

平 成 28 年 度 認 可 保 育 所 講 習 会 資 料 日 時 平 成 28 年 7 月 1 日 ( 金 曜 日 ) 場 所 東 京 都 庁 第 一 本 庁 舎 5 階 大 会 議 場 東 京 都 福 祉 保 健 局 指 導 監 査 部 指 導 第 二 課 保 育 施 設 検 査 担 当 平 成 28 年 度 認 可 保 育 所 講 習 会 次 第 1 日 時 平 成 28 年 7 月 1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82502D82508EC091D492B28DB88C8B89CA95F18D908F9181402E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82502D82508EC091D492B28DB88C8B89CA95F18D908F9181402E646F6378> 女 性 建 設 技 術 者 を 取 り 巻 く 環 境 の 実 態 調 査 調 査 結 果 報 告 書 青 森 県 県 土 整 備 部 監 理 課 目 次 1. 調 査 概 要 1 2. 回 答 企 業 の 概 要 2 3. 集 計 結 果 3 参 考 調 査 票 22 1. 調 査 の 概 要 調 査 の 目 的 建 設 産 業 では 担 い 手 不 足 が 課 題 となっており その 解 決 策

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて 説 明 します まず 計 画 策

計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて 説 明 します まず 計 画 策 日 置 市 障 がい 者 計 画 及 び 障 がい 福 祉 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 24 年 3 月 鹿 児 島 県 日 置 市 0 計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

Microsoft PowerPoint - (教委)(完成版)秋田市教育委員会特定事業主行動計画

Microsoft PowerPoint - (教委)(完成版)秋田市教育委員会特定事業主行動計画 秋 田 市 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 後 期 分 ) はじめに 平 成 15 年 7 月 に 次 世 代 育 成 対 策 推 進 法 が 成 立 し 急 速 な 少 子 化 の 進 行 と 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 に 対 応 するため 国 地 方 公 共 団 体 事 業 者 など 社 会 を 挙 げて 次 代 を 担 う 子 供

More information

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事 ヤマトホールディングス コーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 1. 目 的 ヤマトホールディングス( 以 下 当 社 という)およびヤマトグループにおけるコーポレ ートガバナンス ガイドライン( 以 下 当 ガイドラインという)を 制 定 し 経 営 の 健 全 性 の 確 保 および 迅 速 かつ 適 正 な 意 思 決 定 と 事 業 遂 行 の 実 現 に 向 け 実 効

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

横 浜 市 職 員 の 女 性 ポテンシャル 発 揮 ワークライフバランス 推 進 プログラム の 策 定 にあたって 横 浜 市 役 所 は 人 材 こそが 最 も 重 要 な 経 営 資 源 という 理 念 に 基 づき 性 別 や 年 齢 にかかわら ず 職 員 一 人 ひとりがやりがいと 自

横 浜 市 職 員 の 女 性 ポテンシャル 発 揮 ワークライフバランス 推 進 プログラム の 策 定 にあたって 横 浜 市 役 所 は 人 材 こそが 最 も 重 要 な 経 営 資 源 という 理 念 に 基 づき 性 別 や 年 齢 にかかわら ず 職 員 一 人 ひとりがやりがいと 自 横 浜 市 職 員 の 女 性 ポテンシャル 発 揮 ワークライフバランス 推 進 プログラム Program for allowing women to realize their full potential and promoting a better work-life balance ~ 男 女 がともに 働 きやすく 働 きがいのある 組 織 の 実 現 に 向 けて~ ( 第 1 期

More information

- 目 次 - Ⅰ 調 査 の 概 要 1 1 調 査 の 背 景 1 2 調 査 の 目 的 1 3 調 査 の 対 象 方 法 1 4 調 査 の 内 容 1 5 回 収 の 結 果 2 6 調 査 結 果 の 見 方 2 Ⅱ 調 査 結 果 の 概 要 3 Ⅲ 回 答 者 の 属 性 8 1 性 別 と 年 齢 8 2 配 偶 関 係 11 3 家 族 構 成 14 4 育 児 の 必 要 な

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施 参 考 資 料 1 第 1 回 検 討 委 員 会 資 料 平 成 25 年 度 老 人 保 険 健 康 増 進 等 事 業 養 護 老 人 ホーム 軽 費 老 人 ホーム の 現 状 等 について 高 齢 者 の 住 まいについて 1サービス 付 き 齢 者 向 け 住 宅 2 有 料 ホーム 3 養 護 ホーム 4 軽 費 ホーム 5 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 根 拠 法 高 齢

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

めに 男 性 が 積 極 的 に 育 児 に 参 加 する 必 要 がある そのための 方 法 の 1 つとして 育 児 休 業 制 度 の 活 用 がある 育 児 休 業 は 継 続 就 業 をしながら 育 児 に 関 わる 時 間 を 増 やす 手 段 として 有 効 であると 考 えられる 男

めに 男 性 が 積 極 的 に 育 児 に 参 加 する 必 要 がある そのための 方 法 の 1 つとして 育 児 休 業 制 度 の 活 用 がある 育 児 休 業 は 継 続 就 業 をしながら 育 児 に 関 わる 時 間 を 増 やす 手 段 として 有 効 であると 考 えられる 男 男 性 の 育 児 休 業 取 得 率 向 上 のための 方 策 ~ 成 功 した 企 業 の 事 例 を 参 考 に~ 石 島 修 平 小 此 木 綾 華 芳 賀 真 依 子 津 久 井 慧 1 はじめに 安 倍 政 権 は 3 本 の 矢 と 呼 ばれる 経 済 再 生 目 標 を 掲 げ そのうちの 成 長 戦 略 目 標 において 女 性 の 活 躍 推 進 を 挙 げている これは 女 性

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

80 鹿児島大学

80 鹿児島大学 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 鹿 児 島 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において

More information

特別区人事・厚生事務組合人事行政のあらまし

特別区人事・厚生事務組合人事行政のあらまし 特 別 区 人 事 厚 生 事 務 組 合 人 事 行 政 のあらまし 特 別 区 人 事 厚 生 事 務 組 合 は 特 別 区 の 権 限 に 属 する 事 務 の 一 部 を 共 同 して 処 理 するため 地 方 自 治 法 の 規 定 により 設 立 された 特 別 地 方 公 共 団 体 ( 一 部 事 務 組 合 )です 本 組 合 に 勤 務 する 職 員 の 任 用 給 与 及 び

More information

(H25.3HP\214\366\225\\.xls)

(H25.3HP\214\366\225\\.xls) 総 括 の 給 与 定 員 管 理 等 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 年 度 23 20,405 6,70,284 79,68 2,422,689 4.5 5.6 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況

More information

20141113(滋賀県)都道府県計画

20141113(滋賀県)都道府県計画 医 療 保 促 進 法 に 基 づく 滋 賀 県 計 画 平 成 26 年 10 月 滋 賀 県 - 2 - 1. 計 画 の 基 本 的 事 項 (1) 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 本 県 の 人 口 は 現 在 約 141 万 人 であり 全 国 でも 数 少 ない 人 口 増 加 県 であるが 平 成 27 年 (2015 年 )をピークとして 減 少 に 転 じると 見 込 まれている

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職 場

目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職 場 立 川 市 第 3 次 職 員 人 材 育 成 計 画 平 成 27(2015) 年 5 月 立 川 市 目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル (3) ステップ3: 職 場 マネジメントとしての 策 定 制 度 対 象 者 の 希 望 を 踏 まえ 円 滑 な 復 帰 を 支 援 するために そして 制 度 対 象 者 の 業 務 の 状 況 を 確 認 しましょう 状 況 次 第 では 産 休 育 休 までの 期 間 に 何 らかの 取 組 を 行 う 必 要 があります また 作 成 するプランを 確 実 に 運 用 していくためにも

More information