地区復興まちづくり計画のイメージ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "地区復興まちづくり計画のイメージ"

Transcription

1 愛 宕 築 地 光 岸 地 地 区 復 興 まちづくり 計 画 ( 素 案 ) 1. 地 区 の 現 況 (1) 地 区 の 特 性 愛 宕 築 地 光 岸 地 地 区 は 中 心 市 街 地 と 鍬 ヶ 崎 地 区 の 間 に 位 置 し 国 道 45 号 が 東 西 に 通 っ ており 沿 道 には 商 業 業 務 施 設 等 が 立 地 し その 背 後 には 住 宅 地 が 形 成 されています 閉 伊 川 沿 いにかつては 宮 古 駅 と 宮 古 港 をつな ぐ 臨 港 線 ( 貨 物 専 用 の 鉄 道 )が 走 っており 現 在 も 堤 防 沿 いに 跡 地 が 残 っています (2) 被 災 前 の 状 況 国 勢 調 査 ( 平 成 22 年 )によれば 愛 宕 築 地 光 岸 地 地 区 の 人 口 構 成 は 市 の 平 均 に 比 べて 20 歳 未 満 の 割 合 が 低 く 60 歳 以 上 の 割 合 が 高 くなっ ています 国 道 の 沿 道 には 商 業 業 務 施 設 や 公 共 公 益 施 設 住 宅 等 が 立 地 し 国 道 より 山 側 は 愛 宕 小 学 校 まで 住 宅 を 中 心 と した 市 街 地 が 形 成 され ています 震 災 前 の 建 物 用 途 の 状 況 被 災 地 区 を 含 む 行 政 区 における 年 齢 別 人 口 構 成 H22 宮 古 市 愛 宕 築 地 光 岸 地 人 数 割 合 人 数 割 合 0~9 歳 4, % % 10~19 歳 5, % % 20~29 歳 4, % % 30~39 歳 6, % % 40~49 歳 6, % % 50~59 歳 8, % % 60~69 歳 9, % % 70 歳 以 上 13, % % 総 計 59, % % 平 成 22 年 国 勢 調 査 より 愛 宕 小 閉 伊 川 1 被 災 現 況 調 査 ( 国 土 交 通 省 )より

2 (3) 地 区 の 位 置 づけ 平 成 15 年 度 に 策 定 された 宮 古 市 都 市 計 画 マスタープラン 地 域 別 構 想 において 中 心 地 区 のうち 愛 宕 築 地 光 岸 地 地 区 に 関 する 内 容 は 次 のとおり 記 載 されています キャッチフレーズ ~ みやこまち ~ まちづくりの 方 向 土 地 利 用 1 中 心 部 は 商 業 活 性 化 を 支 える 土 地 利 用 を 図 ります 2 国 道 106 号 沿 道 は 商 業 業 務 系 の 利 用 増 進 を 図 ります 3 外 縁 部 の 住 宅 地 は 住 環 境 の 保 全 を 図 り 新 たな 開 発 に 対 しては 良 好 な 住 環 境 を 確 保 するよう 誘 導 します 4 閉 伊 川 の 河 川 敷 は 市 民 のやすらぎの 空 間 とします また 今 回 の 震 災 を 受 けて 平 成 23 年 10 月 に 策 定 された 宮 古 市 東 日 本 大 震 災 復 興 計 画 ( 基 本 計 画 )では すまいと 暮 らしの 再 建 産 業 経 済 復 興 安 全 な 地 域 づくり の3つを 復 興 の 柱 として 掲 げており 本 地 区 を 含 む 宮 古 地 域 の 復 興 まちづくりの 方 向 性 として 防 潮 堤 の 整 備 や 必 要 に 応 じた 嵩 上 げ 促 進 背 後 地 の 高 台 活 用 など 安 全 安 心 な 住 宅 地 の 整 備 漁 港 など 産 業 関 連 基 盤 の 計 画 的 段 階 的 な 事 業 展 開 避 難 タワーや 避 難 ビルの 設 置 誰 もが 容 易 に 避 難 することができる 避 難 路 避 難 場 所 の 見 直 し 地 域 特 性 を 活 かしたコンパ クトで 快 適 なまちづくり などが 挙 げられています (4) 被 害 の 状 況 3 月 11 日 の 東 日 本 大 震 災 の 際 は 防 潮 堤 を 越 流 した 津 波 によって 国 道 45 号 沿 道 の 建 物 をはじめとし 住 宅 等 が 大 きな 被 害 を 受 けました 浸 水 面 積 は 12.2ha にわたり 浸 水 高 は T.P.+3.4~7mとなり 光 岸 地 では 最 大 浸 水 深 が 5.3mに 達 しました 浸 水 区 域 内 の 建 物 312 棟 のうち 約 75% が 流 失 または 全 壊 の 被 害 を 受 けました 被 害 の 状 況 T.P.: 東 京 湾 平 均 海 水 面 愛 宕 小 閉 伊 川 2 被 被 災 災 現 現 況 況 調 調 査 査 ( 国 ( 国 土 土 交 交 通 通 省 省 )より )より

3 2. 復 興 まちづくりの 目 標 愛 宕 築 地 光 岸 地 地 区 の 検 討 会 での 意 見 地 区 復 興 まちづくり 便 りに 対 する 意 見 市 からの 情 報 提 供 などを 踏 まえ 将 来 を 見 据 えた 復 興 まちづくりの 目 標 を 整 理 すると 以 下 のとおりです (1) 地 区 復 興 まちづくりの 目 標 愛 宕 築 地 光 岸 地 地 区 の 復 興 まちづくりの 目 標 を 次 のとおりとします 水 産 業 観 光 の 拠 点 となる 活 気 のあるまち 防 災 のまち 安 心 して 住 めるまち お 年 寄 りが 安 心 してくらせるまち 子 ども 達 の 声 が 聞 こえるまち 水 産 業 観 光 の 拠 点 となる 活 気 のあるまち 商 業 業 務 施 設 や 加 工 場 などが 集 まり 人 々が 活 動 する 活 気 あるまちと マリンスポーツや 宿 泊 施 設 も 立 地 してにぎわいのあるまちを 目 指 します 防 災 のまち 安 心 して 住 めるまち 災 害 からの 安 全 だけでなく 日 常 の 防 犯 防 災 にも 配 慮 した 安 心 して 暮 らせるまちづくりを 進 めます お 年 寄 りが 安 心 してくらせるまち 子 ども 達 の 声 が 聞 こえるまち 医 療 福 祉 が 充 実 した 高 齢 者 にやさしく 子 ども 達 がのびやかに 暮 らせる 人 々が 交 流 するまちづくりを 進 めます 3

4 (2) 地 区 の 復 興 まちづくりの 方 針 1 土 地 利 用 の 方 針 地 区 の 土 地 利 用 については 以 下 の 考 えをもとにゾーン 配 置 と 土 地 利 用 方 針 を 設 定 します 国 道 沿 道 の 産 業 用 地 と 山 側 の 住 宅 地 が 適 切 に 配 置 された 良 好 な 環 境 を 創 出 します 住 み 続 けられる 住 宅 地 を 形 成 します 既 存 住 宅 地 閉 伊 川 沿 い 愛 宕 小 学 校 住 民 が 安 全 に 避 難 できるように 避 難 路 を 確 保 し 住 宅 地 として 居 住 環 境 の 向 上 を 図 る 住 宅 ゾーン 個 別 再 建 が 難 しい 住 民 が 住 み 続 けるための 低 未 利 用 地 を 活 用 した 公 営 住 宅 の 整 備 既 存 新 築 の 商 業 サービス 系 の 施 設 を 活 かした 活 力 を 生 み 出 すゾーン 愛 宕 小 学 校 プール 跡 地 は 公 営 住 宅 や 公 共 施 設 など 様 々な 活 用 を 検 討 オープンスペースを 確 保 車 でのアクセスが 可 能 な 福 祉 施 設 等 整 備 土 地 利 用 方 針 図 公 共 施 設 住 宅 ゾーン プール 愛 宕 小 公 営 住 宅 (1 階 は 駐 車 場 ) 商 業 サービスゾーン 住 宅 ゾーン 住 宅 ゾーン 坂 がきついため 道 路 整 備 に 合 わ せた 嵩 上 げ 宮 古 漁 協 商 業 サービス 水 産 加 工 施 設 ゾーン m 4

5 2 道 路 防 災 等 の 方 針 道 路 等 の 施 設 整 備 や 防 災 については 以 下 の 考 えをもとに 施 設 整 備 と 避 難 施 設 の 方 針 を 設 定 します 避 難 場 所 を 充 実 し 安 全 な 避 難 の 確 保 と 防 災 性 の 向 上 を 図 ります 避 難 道 路 は 高 齢 化 に 対 応 し 自 動 車 等 にも 対 応 した 幅 員 構 造 とします 避 難 距 離 が 300m 以 内 となるよう 津 波 避 難 ビルを 整 備 します 防 潮 堤 の 整 備 防 潮 堤 及 び 水 門 を 整 備 し 市 街 地 の 安 全 性 確 保 を 図 る 避 難 場 所 避 難 所 の 確 保 避 難 道 路 の 確 保 主 要 な 道 路 の 整 備 地 域 住 民 が 避 難 できるように 愛 宕 小 学 校 愛 宕 公 園 などの 安 全 性 を 確 保 高 台 の 神 社 や 低 未 利 用 地 を 活 用 した 避 難 場 所 の 確 保 閉 伊 川 沿 いには 既 存 のビルを 活 用 した 避 難 ビルの 整 備 高 台 の 避 難 場 所 避 難 所 に 円 滑 に 到 達 するための 避 難 道 路 の 確 保 および 拡 幅 整 備 国 道 45 号 から 鍬 ヶ 崎 に 向 かう 道 路 の 整 備 とそれに 合 わせた 光 岸 地 地 区 の 嵩 上 げ 整 備 愛 宕 公 園 耐 震 化 駐 車 場 確 保 避 難 ビル 機 能 の 整 備 多 目 的 避 難 所 とし て 使 えるようにゆ とりある 整 備 中 央 公 民 館 愛 宕 小 学 校 車 で 避 難 できる 道 路 国 道 市 道 ( 避 難 道 路 等 ) 公 園 歩 行 者 用 避 難 路 等 避 難 所 避 難 場 所 津 波 避 難 ビル タワー 等 m 大 杉 神 社 宮 古 漁 協 なあど 方 面 か らの 避 難 道 路 県 の 計 画 により 水 門 整 備 の 予 定 を 記 入 5

6 3. 愛 宕 築 地 光 岸 地 地 区 復 興 まちづくり 計 画 図 復 興 まちづくり 方 針 に 基 づく 計 画 図 をまとめると 次 のとおりです また 導 入 が 想 定 できる 事 業 区 域 や 整 備 イメージも 示 します 避 難 道 路 整 備 事 業 愛 宕 小 学 校 の 有 効 活 用 事 業 公 営 住 宅 整 備 事 業 避 難 場 所 整 備 事 業 ( 避 難 ビルのイメージ) 愛 宕 公 園 愛 宕 小 学 校 中 央 公 民 館 プール 住 宅 ゾーン 商 業 サービスゾーン 住 宅 ゾーン 大 杉 神 社 宮 古 漁 協 商 業 サービス 水 産 加 工 施 設 ゾーン 都 市 計 画 道 路 整 備 事 業 国 道 市 道 ( 避 難 道 路 等 ) 公 園 歩 行 者 用 避 難 路 等 避 難 所 避 難 場 所 津 波 避 難 ビル タワー 等 0 500m 県 の 計 画 により 水 門 整 備 の 予 定 を 記 入 6

7 4. 導 入 事 業 およびスケジュール 導 入 事 業 およびスケジュールは 以 下 のように 計 画 しました H24 年 度 H25 年 度 H26 年 度 H27 年 度 H28 年 度 H29 年 度 H30 年 度 H31 年 度 H32 以 降 住 宅 地 整 備 公 営 住 宅 整 備 事 業 計 事 業 着 手 計 事 業 着 手 道 路 公 園 公 共 施 設 整 備 避 難 道 路 整 備 事 業 避 難 場 所 整 備 事 業 都 市 計 画 道 路 整 備 事 業 事 業 着 手 ( 道 路 整 備 ) 事 業 着 手 ( 宅 地 造 成 防 災 施 設 整 備 ) 事 業 着 手 ( 道 路 整 備 ) 愛 宕 小 学 校 の 有 効 活 用 事 業 事 業 着 手 海 岸 河 川 等 整 備 防 潮 堤 整 備 事 業 事 業 着 手 ソ フ ト 事 業 避 難 誘 導 シス テム 整 備 事 業 (サイン 防 災 無 線 防 災 教 育 ) 工 事 システム 等 運 営 事 業 スケジュールについては 現 時 点 の 想 定 であり 今 後 の 地 権 者 や 関 係 機 関 との 協 議 によって 変 更 することがあります 7

8 参 考 資 料 1: 津 波 シミュレーションについて 1) 復 興 まちづくりを 検 討 する 前 提 となるシミュレーション 津 波 シミュレーションの 条 件 県 が 決 定 した 防 潮 堤 (T.P.+10.4m)が 整 備 されている 東 日 本 大 震 災 が 発 生 した 当 時 の 潮 位 (T.P.-0.46m) および 津 波 高 東 日 本 大 震 災 による 地 盤 が 沈 下 した 状 態 での 地 盤 高 ( 更 なる 地 盤 沈 下 は 考 慮 しない) 2) 避 難 を 考 えるための 最 悪 の 場 合 のシミュレーション 津 波 シミュレーションの 条 件 防 潮 堤 等 の 海 岸 保 全 施 設 がない 朔 望 平 均 満 潮 位 ( 宮 古 TP+0.69m) 東 日 本 大 震 災 が 発 生 した 当 時 の 津 波 高 東 日 本 大 震 災 による 地 盤 沈 下 と 同 程 度 の 沈 下 を 考 慮 した 地 盤 8

9 参 考 資 料 2: 事 業 手 法 について 事 業 手 法 災 害 公 営 住 宅 整 備 事 業 激 甚 災 害 により 住 宅 を 失 い 自 ら 住 宅 を 確 保 することが 困 難 な 被 災 者 に 対 して 事 業 目 的 安 定 した 生 活 の 確 保 を 目 的 として 賃 貸 する 公 営 住 宅 を 建 設 する 要 件 災 害 により 滅 失 した 住 宅 に 居 住 していた 人 事 業 のイメージ 事 業 の 特 徴 事 業 期 間 事 業 の 概 要 入 居 条 件 家 賃 調 査 設 計 法 的 手 続 き 住 宅 建 設 等 県 市 の 建 設 もしくは 借 り 上 げにより 戸 建 共 同 住 宅 ともに 可 能 地 区 施 設 ( 集 会 場 子 育 て 支 援 施 設 高 齢 者 生 活 相 談 所 物 置 等 ) 津 波 避 難 施 設 ( 津 波 避 難 機 能 を 有 する 施 設 備 蓄 倉 庫 耐 震 性 貯 水 槽 等 ) 等 の 整 備 も 可 能 県 市 または 借 り 上 げ 公 営 住 宅 事 業 者 が 設 定 した 場 所 に 整 備 1 入 居 条 件 : 災 害 で 滅 失 した 住 居 に 居 住 していた 人 ( 入 居 収 入 基 準 要 件 および 同 居 親 族 要 件 は 適 用 されない) 2 家 賃 : 収 入 や 立 地 条 件 床 面 積 などによって 定 める ( 家 賃 )=( 家 賃 算 定 基 礎 額 ) ( 市 町 村 立 地 係 数 ) ( 規 模 係 数 ) ( 経 過 年 数 係 数 ) ( 利 便 性 係 数 ) また 低 所 得 者 の 家 賃 を 低 額 化 するための 国 の 支 援 が 拡 充 されています 今 回 の 震 災 では 払 下 げ 期 間 の 短 縮 などが 実 施 されています 約 1 年 約 1 年 9

10 参 考 資 料 3: 検 討 会 でのその 他 の 意 見 について 下 記 に 示 す 意 見 については 関 係 機 関 との 協 議 などをふまえ 再 検 討 しました 1. 高 台 住 宅 地 について 第 2 回 の 検 討 会 では 愛 宕 1 丁 目 愛 宕 公 園 南 側 梅 翁 寺 川 南 側 鍬 ヶ 崎 下 町 鍬 ヶ 崎 仲 町 等 の 高 台 に 住 宅 ゾーン( 高 台 移 転 候 補 )を 設 けるという 意 見 がありました しかし 前 ページ のシミュレーション 結 果 では 本 地 区 においては 浸 水 被 害 は 軽 微 なものとなることが 予 想 さ れています したがって 住 宅 も 現 在 地 での 再 建 が 可 能 となることから 素 案 の 図 および 表 か ら 割 愛 しています 2. 閉 伊 川 沿 いのゾーンの 用 途 構 造 制 限 の 記 載 について 閉 伊 川 沿 い 国 道 45 号 沿 道 を 商 業 サービスゾーンとする 意 見 とともに 用 途 構 造 制 限 を 行 うという 意 見 が 出 ていますが 同 様 に 用 途 構 造 制 限 を 行 う 必 要 性 が 低 いことから そ の 記 述 を 割 愛 しています ただし ゾーンとしての 商 業 サービス 業 務 水 産 加 工 の 用 途 を 誘 導 することは 記 載 しています 3. 鍬 ヶ 崎 仲 町 ~ 梅 翁 寺 川 南 側 高 台 の 道 路 について 連 絡 道 路 を 設 置 する 案 が 出 ていましたが 上 記 2. 高 台 住 宅 地 の 候 補 地 の 削 除 に 伴 い 連 絡 道 路 を 割 愛 しています 4. 市 街 地 内 の 津 波 避 難 ビル 意 見 のあった 津 波 避 難 ビルの 整 備 個 所 をすべて 記 載 していましたが 公 営 住 宅 の 整 備 を 検 討 する 箇 所 と 近 接 している 箇 所 を 1 か 所 割 愛 しました 5. 中 央 公 民 館 裏 の 避 難 道 路 について 避 難 道 路 のうち 中 央 公 民 館 裏 の 道 路 を 歩 行 者 用 とする 案 と 拡 幅 して 車 道 とする 案 が 出 て いましたが 勾 配 や 回 転 半 径 などの 面 で 自 動 車 の 通 行 は 現 実 的 に 困 難 なことから 歩 行 者 用 と 記 載 しました 愛 宕 小 4 2 宮 古 漁 協 m 10

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目

NO. 46 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-17-3 総 交 付 対 象 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 全 体 事 業 費 19,978,940( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 NO. 40 道 路 事 業 ( 野 蒜 北 部 丘 陵 地 区 ) D-2-1 総 交 付 対 象 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 全 体 事 業 費 14,247,860( 千 円 ) 本 市 の 復 興 まちづくり 計 画 の 目 標 である 防 災 減 災 によるまちづくり の 柱 として 集 団 移 転 事 業 を 掲 げている 今 次 津 波 により 被 災 した 沿 岸

More information

annaka

annaka 序 章 計 画 のあらまし 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 1) 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 (1) 背 景 近 年 の 急 速 な 少 子 高 齢 化 の 進 展 人 口 減 少 社 会 の 到 来 を 踏 まえ 平 成 18 年 6 月 現 在 及 び 将 来 における 国 民 の 豊 かな 住 生 活 を 実 現 するため 住 生 活 基 本 法 が 制 定 され 同 年

More information

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計 名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 方 針 1 被 災 した 都 市 基 盤 施 設 を 早 期 に 復 旧 するとともに 防 災 機 能 向 上 のために 必 要 な 整 備 を 行 います 施 策 ア 道 路 河 川 港 湾 施 設 などを 復 旧 します 1 道 路 復 旧 被 災 した 道 路 の 復 旧 主 要 地 方 道 大 船 渡 綾 里 三 陸 線 主 要 地 方 道 大 船

More information

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域 5. 景 観 形 成 及 び 自 然 環 境 保 全 の 方 針 5-1. 景 観 形 成 の 方 針 景 観 形 成 の 方 針 市 街 地 のシンボル 景 観 軸 形 成 や 景 観 拠 点 ゾーンの 景 観 維 持 市 民 との 協 働 による 景 観 形 成 と 自 然 環 境 の 保 全 活 用 市 民 やまちを 訪 れる 人 々が 潤 いや 安 らぎを 感 じるとともに 市 民 の 誇

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330>

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330> 門 真 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 平 成 22 年 3 月 門 真 はじめに 門 真 では 平 成 22 年 3 月 現 在 487 戸 の 営 住 宅 を 管 理 しており これらの 住 宅 ストックを 良 好 な 社 会 的 資 産 として 有 効 に 活 用 していくことは 極 めて 重 要 な 課 題 である 本 では 昭 和 20~30 年 代 に 建 設 された 木 造 営

More information

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx 資 料 1-1 第 2 回 津 波 避 難 対 策 推 進 マニュアル 検 討 会 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 について 平 成 24 年 8 月 22 日 ( 水 ) Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 の 制 定 経 緯 平 成 23 年 3 月

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093738E738C698ACF837D8358835E815B83768389839381698C8892E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093738E738C698ACF837D8358835E815B83768389839381698C8892E8816A2E646F63> 住 宅 地 板 橋 区 の 景 観 要 素 戸 建 て 住 宅 地 板 橋 の 景 8 板 橋 区 の 歴 史 を 伝 える 良 好 な 住 宅 地 の 姿 常 盤 台 一 二 丁 目 は 昭 和 11 年 には 田 園 都 市 構 想 の 一 環 として 東 武 鉄 道 による 常 盤 台 住 宅 地 の 分 譲 が 始 まり 公 園 駅 前 広 場 街 路 樹 を 配 置 する など 健 康 住

More information

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ 第 4 章 住 まいづくりに 関 する 主 要 課 題 の 整 理 4-1 主 要 課 題 国 県 の 計 画 本 市 の 概 況 や 住 宅 宅 地 の 現 況 整 理 アンケート 調 査 とヒアリング 調 査 からみた 市 民 事 業 者 等 のニーズから 本 市 の 住 まいづくりに 関 する 課 題 は 次 のよう に 整 理 することができます 主 要 課 題 1 安 全 で 安 心 して

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上 上 士 幌 町 住 生 活 基 本 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 27 年 2 月 上 士 幌 町 1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

untitled

untitled 3-1 基 本 理 念 第 3 章 防 災 街 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 本 指 針 の 基 本 理 念 は 以 下 のとおりです ~みんなでつくろう 災 害 に 強 く 安 全 安 心 な 生 活 都 心 ~ 3-2 防 災 街 づくりの 方 針 基 本 理 念 に 基 づく 取 組 の 方 向 性 をより 具 体 的 に 示 すために 以 下 の3つの 視 点 から 防 災 街 づくりの

More information

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街 第 4 章 地 区 別 構 想 地 区 別 構 想 は 市 民 による 地 区 まちづくり 会 議 を 開 催 し 望 ましい 将 来 の 姿 にするための 話 し 合 いの 中 で 出 された 地 区 の 課 題 や 必 要 な 提 案 等 をもとに きめ 細 かなまちづくりの 将 来 像 を 描 いていま 1. 地 区 区 分 区 分 については 地 区 の 形 成 過 程 特 性 や 課 題

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け せ ん ぬ ま し ちゅうおうぶ 気 仙 沼 市 中 央 部 地 区 ち く 面 積 950 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~ 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 3 回 変 更 ) け せ ん ぬ ま し 気 仙 沼 市 ち ゅ う お う ぶ 中 央 部 ち く 地 区 み や ぎ け せ ん ぬ ま し 宮 城 県 気 仙 沼 市 平 成 24 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 け せ ん ぬ ま し 都 道 府 県 名 宮 城 県 市 町 村 名 気 仙 沼 市 け

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

(案)

(案) 高 知 市 新 庁 舎 建 設 基 本 方 針 平 成 24 年 3 月 高 知 市 はじめに 1 1. 庁 舎 の 現 状 と 課 題 ⑴ 現 状 と 課 題 2 ⑵ 高 知 市 南 海 地 震 対 策 中 長 期 計 画 における 位 置 づけ 3 2. 本 庁 舎 建 て 替 えの 必 要 性 4 3. 建 設 位 置 5 4. 現 在 地 での 新 庁 舎 整 備 について ⑴ 新 庁 舎

More information

1 実 施 計 画 の 趣 旨 1 ⑴ 計 画 の 定 義 1 ⑵ 計 画 のあり 方 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 ⑴ 計 画 の 位 置 づけ 1 ⑵ 計 画 策 定 の 目 的 1 ⑶ 計 画 の 策 定 に 向 けて 1 3 計 画 期 間 1 4 対 象 2 5 別 計 画 表

1 実 施 計 画 の 趣 旨 1 ⑴ 計 画 の 定 義 1 ⑵ 計 画 のあり 方 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 ⑴ 計 画 の 位 置 づけ 1 ⑵ 計 画 策 定 の 目 的 1 ⑶ 計 画 の 策 定 に 向 けて 1 3 計 画 期 間 1 4 対 象 2 5 別 計 画 表 1 実 施 計 画 の 趣 旨 1 ⑴ 計 画 の 定 義 1 ⑵ 計 画 のあり 方 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 ⑴ 計 画 の 位 置 づけ 1 ⑵ 計 画 策 定 の 目 的 1 ⑶ 計 画 の 策 定 に 向 けて 1 3 計 画 期 間 1 4 対 象 2 5 別 計 画 表 4 1 実 施 計 画 の 趣 旨 ⑴ 計 画 の 定 義 実 施 計 画 とは 基 本 構 想 および

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

表紙

表紙 2-1 本 市 の 現 況 2-2 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 に 向 けた 課 題 のとりまとめ 2. 現 況 と 課 題 の 整 理 2-1 本 市 の 現 況 (1) 歴 史 本 市 は 明 治 の 大 合 併 時 に2 町 9 村 となり 昭 和 29~35 年 の 昭 和 の 大 合 併 時 に 現 在 の 市 の 前 身 の6 市 町 村 になっています さらに 平 成 18

More information

4 盛 岡 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 27 年 3 月 岩 手 県 Ⅰ. 都 市 計 画 の 目 標 Ⅰ-1. 都 市 計 画 区 域 の 名 称 規 模 等 本 方 針 は 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 ( 以 下 本 区 域 という )を 対 象 とし

More information

Microsoft Word - 配布資料表紙A4版HP用.doc

Microsoft Word - 配布資料表紙A4版HP用.doc 幸 手 駅 西 口 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 によるまちづくり - 幸 せを 私 たちの 手 から 未 来 へ- 幸 手 市 目 次 幸 手 駅 西 口 地 区 の 位 置 づけ 1. 都 市 計 画 からの 位 置 づけ 2. 上 位 計 画 からの 位 置 づけ ------------------------------------------------- 1 -------------------------------------------------

More information

<87433137323130378146926E88E68F5A91EE8C7689E68F912E786C73>

<87433137323130378146926E88E68F5A91EE8C7689E68F912E786C73> 地 域 住 宅 計 画 ひ だ し 平 成 22 年 3 月 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 地 域 住 宅 計 画 都 道 府 県 名 岐 阜 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 平 成 17 年 度 ~ 22 年 度 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯 及 び 現 況 本 市 は 岐 阜 県 の 北 部 に 位 置 し 人 口 約 3 万 人 世 帯 数 約 9200

More information

震災復興への挑戦

震災復興への挑戦 2015.2.20 Vol.28 仙 台 復 興 リポート ~ 仙 台 市 の 復 興 状 況 の 最 新 情 報 を 毎 月 お 知 らせしていきます~ 仙 台 市 復 興 事 業 局 震 災 復 興 室 目 次 1. 震 災 の 概 要 と 復 興 の 状 況 3 震 災 の 概 要 復 興 の 状 況 2. 生 活 再 建 支 援 5 応 急 仮 設 住 宅 入 居 世 帯 状 況 と 高 齢

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63> 前 橋 住 生 活 基 本 計 画 概 要 版 平 成 24 年 3 月 前 橋 序 -1 計 画 策 定 の 背 景 目 的 少 子 高 齢 化 が 進 み 価 値 観 やライフスタイルが 多 様 化 する 中 で 人 々が 安 全 に 安 心 して 暮 らし 真 の 豊 かさを 享 受 できる 社 会 を 築 いていくことが 求 められています そうした 中 で 住 宅 施 策 は 住 生 活

More information

目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方

目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方 平 成 28 年 度 当 初 予 算 日 向 市 目 次 ページ 1. 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 2. 予 算 規 模 1 3. 予 算 総 括 表 2 4. 歳 入 の 状 況 3 5. 市 税 の 状 況 4 6. 目 的 別 の 状 況 5 7. 性 質 別 の 状 況 6 8. 予 算 の 特 徴 7 9. 地 方 債 残 高 の 状 況 9 10. 基 金 の 状

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

平成19年度版

平成19年度版 平 成 27 年 度 版 市 税 概 要 松 江 市 目 次 松 江 市 の 概 況 ページ 1 市 域 1 2 町 別 人 口 世 帯 数 2 財 政 1 一 般 会 計 歳 入 決 算 の 推 移 3 2 一 般 会 計 予 算 の 構 成 比 ( 平 成 27 年 度 当 初 ) 3 3 平 成 27 年 度 当 初 予 算 構 成 調 4 4 平 成 26 年 度 決 算 額 調 ( 一 般

More information

施 策 ( 凡 例 継 続 事 業 ) 暮 らしサポート <サービス> 高 齢 者 障 害 者 へのタクシー 券 の 助 成 障 害 者 の 移 動 支 援 高 齢 者 の 見 守 り( 配 食 サービス 友 愛 訪 問 福 祉 電 話 ) 高 齢 者 の 交 流 の 場 の 運 営 支 援 ( 老

施 策 ( 凡 例 継 続 事 業 ) 暮 らしサポート <サービス> 高 齢 者 障 害 者 へのタクシー 券 の 助 成 障 害 者 の 移 動 支 援 高 齢 者 の 見 守 り( 配 食 サービス 友 愛 訪 問 福 祉 電 話 ) 高 齢 者 の 交 流 の 場 の 運 営 支 援 ( 老 第 6 章 施 策 の 展 開 方 向 基 本 目 標 ごとに 設 定 した 基 本 方 針 に 沿 って 施 策 の 展 開 方 向 を 設 定 します 6-1 基 本 目 標 1 安 全 安 心 に 暮 らせる 住 まいづくり (1) 高 齢 者 障 害 者 向 けの 住 宅 確 保 誰 もが 自 立 し 安 心 して 暮 らせる 社 会 を 実 現 するため 高 齢 者 や 障 害 者 の 生

More information

第 3 章 住 生 活 基 本 計 画 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 2. 住 まい 住 環 境 に 関 する 現 況 と 課 題 展 開 方 向 3. 住 宅 施 策 の 体 系 と 推 進 施 策 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 (1) 一 般 世 帯 向 けアンケート 調 査 結 果 住 まい 住 環 境 に

More information

砂 防 費 ( 土 木 部 砂 防 課 ) 922,021 (4,527,621) 通 常 砂 防 事 業 費 471,625 千 円 関 川 ( 四 国 中 央 市 ) 砂 防 堰 堤 工 など 17か 所 ( 国 1/2 県 1/2) 地 すべり 対 策 事 業 費 91,778 千 円 中 黒

砂 防 費 ( 土 木 部 砂 防 課 ) 922,021 (4,527,621) 通 常 砂 防 事 業 費 471,625 千 円 関 川 ( 四 国 中 央 市 ) 砂 防 堰 堤 工 など 17か 所 ( 国 1/2 県 1/2) 地 すべり 対 策 事 業 費 91,778 千 円 中 黒 平 成 25 年 度 6 月 補 正 予 算 について 注 : は 新 規 施 策 分 は 大 幅 増 額 分 ( )は 累 計 額 単 位 : 千 円 国 内 示 に 伴 う 公 共 事 業 の 推 進 6,149,180 農 地 防 災 事 業 費 ( 農 林 水 産 部 農 地 整 備 課 ) 8,150 (1,583,449) ため 池 等 整 備 事 業 費 山 田 上 池 地 区 ( 松

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景 定 例 記 者 懇 談 会 資 料 3-1 平 成 28 年 2 月 22 日 政 策 協 働 部 財 政 課 0548-23-0054 平 成 28 年 度 牧 之 原 市 当 初 予 算 案 について 1 当 初 予 算 案 の 総 額 予 算 額 ( 前 年 度 比 伸 び 率 ) 一 般 会 計 ( 歳 入 歳 出 ) 194 億 円 ( 6 億 円 3.0%) 特 別 会 計 ( 歳 入

More information

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc 三 島 市 住 宅 マスタープラン 2 章 主 要 課 題 と 施 策 の 方 向 性 住 宅 に 関 する 現 況 データ 将 来 の 需 要 関 連 計 画 を 踏 まえて 住 生 活 に 関 する 主 要 課 題 を 以 下 の ように 整 理 した 2-1 人 口 世 帯 の 現 状 と 課 題 現 状 人 口 は 横 ばいから 減 少 傾 向 へ 移 る 一 方 核 家 族 化 により 平

More information

<4832335F837083758352838197705F8AEE967B8C7689E681698A549776816A819A50444697702E786C73>

<4832335F837083758352838197705F8AEE967B8C7689E681698A549776816A819A50444697702E786C73> 岐 南 町 新 庁 舎 建 設 基 本 計 画 ( 概 要 ) 平 成 23 年 9 月 岐 南 町 岐 南 町 新 庁 舎 建 設 基 本 計 画 ( 概 要 ) 目 次 第 1 章 現 庁 舎 の 問 題 や 新 庁 舎 の 必 要 性 について (ページ) 1 現 庁 舎 の 問 題 点 や 課 題 について (1) 耐 震 性 能 の 不 足 について 1 (2) 老 朽 化 について 2

More information

2. 住 宅 の 建 て 方 構 造 中 野 区 と 23 区 の 住 宅 の 建 て 方 構 造 階 級 別 の 住 宅 割 合 ( 平 成 15 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 中 野 区 中 野 区 23 区 平 均 23 区 平 均 木 造 防 火 木 造 非 木 造 木 造 防 火

2. 住 宅 の 建 て 方 構 造 中 野 区 と 23 区 の 住 宅 の 建 て 方 構 造 階 級 別 の 住 宅 割 合 ( 平 成 15 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 中 野 区 中 野 区 23 区 平 均 23 区 平 均 木 造 防 火 木 造 非 木 造 木 造 防 火 1. 住 宅 数 居 住 世 帯 の 有 無 別 住 宅 数 ( 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 戸 200,000 150,000 171,990 21,230 (12.3%) 177,020 21,750 (12.3%) 179,620 20,820 (11.6%) 居 住 世 帯 なし 居 住 世 帯 あり 100,000 150,760 155,280 158,810 50,000 0

More information

目 次 これからの 経 営 の 全 体 像 Ⅰ 長 期 経 営 方 針 1. 当 社 の 存 在 意 義 2.より 魅 力 ある 商 業 空 間 へ 3. 都 市 基 盤 としての 使 命 4. 長 期 経 営 目 標 と 大 規 模 リニューアル 5. 営 業 面 から 見 た 大 規 模 リニュ

目 次 これからの 経 営 の 全 体 像 Ⅰ 長 期 経 営 方 針 1. 当 社 の 存 在 意 義 2.より 魅 力 ある 商 業 空 間 へ 3. 都 市 基 盤 としての 使 命 4. 長 期 経 営 目 標 と 大 規 模 リニューアル 5. 営 業 面 から 見 た 大 規 模 リニュ 大 阪 地 下 街 株 式 会 社 長 期 経 営 方 針 及 び 中 期 経 営 ( 平 成 26~28 28 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 目 次 これからの 経 営 の 全 体 像 Ⅰ 長 期 経 営 方 針 1. 当 社 の 存 在 意 義 2.より 魅 力 ある 商 業 空 間 へ 3. 都 市 基 盤 としての 使 命 4. 長 期 経 営 目 標 と 大 規 模 リニューアル

More information

札幌市住宅マスタープラン2011概要版

札幌市住宅マスタープラン2011概要版 ( 仮 ) 市 政 等 資 料 番 号 1-A1-11-5 札 幌 市 住 宅 マスタープラン 211 概 要 版 住 宅 マスタープランの 目 的 と 見 直 しの 必 要 性 札 幌 市 では 本 市 の 住 宅 施 策 の 目 標 と 具 体 的 施 策 の 方 向 性 を 明 確 化 し 将 来 の 住 宅 住 環 境 のあり 方 を 展 望 しながら 総 合 的 な 住 宅 施 策 を 展

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 かさいし れきし へいわ けいしょう うずらの ちく 都 道 府 県 名 兵 庫 県 市 町 村 名 加 西 市 地 区 名 歴 史 と 平 和 を 継 承 するまち 鶉 野 地 区 面 積 550 ha 計 画 期 間 平 成 2

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 かさいし れきし へいわ けいしょう うずらの ちく 都 道 府 県 名 兵 庫 県 市 町 村 名 加 西 市 地 区 名 歴 史 と 平 和 を 継 承 するまち 鶉 野 地 区 面 積 550 ha 計 画 期 間 平 成 2 れ き し 歴 史 へ い わ と 平 和 都 市 再 生 整 備 計 画 け い し ょ う を 継 承 うずら するまち 鶉 の 野 ち く 地 区 ( 第 1 回 変 更 ) か さ い 兵 庫 県 加 西 市 平 成 28 年 7 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 かさいし れきし へいわ けいしょう うずらの ちく 都 道 府 県 名 兵 庫 県 市

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 5 回 変 更 ) ひ ろ し ま 広 島 と し ん 都 心 ち く 地 区 ひろしまけん 広 島 ひ ろ し ま 県 広 島 し 市 平 成 22 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

1 資 料 5 平 成 19 年 (2007 年 )12 月 11 日 中 野 区 の 住 宅 住 環 境 の 動 向 目 次 1. 人 口 と 世 帯 -1-2. 世 帯 の 構 成 -2-3.5 歳 階 級 別 人 口 の 構 成 -3-4. 年 少 人 口 の 推 移 -4-5.65 歳 以 上 人 口 の 推 移 -5-6. 転 入 転 出 世 帯 の 状 況 1 単 身 世 帯 -6-7. 転

More information

(3) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 について 階 上 地 区 小 泉 地 区 二 次 仮 置 き 場 について, 県 による 業 務 受 託 者 が 決 定 平 成 26 年 3 月 完 了 を 目 途 に 処 理 を 実 施 (4) 放 射 能 対 策 について 大 気 中 の 放 射 線 量

(3) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 について 階 上 地 区 小 泉 地 区 二 次 仮 置 き 場 について, 県 による 業 務 受 託 者 が 決 定 平 成 26 年 3 月 完 了 を 目 途 に 処 理 を 実 施 (4) 放 射 能 対 策 について 大 気 中 の 放 射 線 量 ( 案 ) 第 2 回 気 仙 沼 市 震 災 復 興 推 進 会 議 説 明 資 料 復 旧 復 興 事 業 の 進 捗 状 況 について (1) 市 土 基 盤 の 整 備 と 住 まいの 再 建 について 1 災 害 危 険 区 域 の 指 定 2 防 災 集 団 移 転 の 状 況 3 災 害 公 営 住 宅 の 状 況 4 土 地 区 画 整 理 事 業 の 状 況 市 議 会 6 月 定

More information

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 4 月 28 日 上 場 会 社 名 京 成 電 鉄 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 9009 URL http://www.keisei.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 三 枝 紀 生 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針 広 島 駅 新 幹 線 口 周 辺 地 区 における 用 途 地 域 及 び 容 積 率 の 見 直 し 等 の 都 市 計 画 に 関 する 運 用 方 針 平 成 21 年 (2009 年 )12 月 広 島 市 都 市 整 備 局 都 市 計 画 課 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 本 運 用 方 針 の 位 置 づけ 1 3 本 運 用 方 針 の 適 用 範 囲 1 4 用

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 千 葉 県 市 町 村 名 き さら づ し 木 更 津 市 地 区 名 かねだ ち く 金 田 地 区 面 積 350 ha 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 27 年 度 交 付 期 間 平

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 千 葉 県 市 町 村 名 き さら づ し 木 更 津 市 地 区 名 かねだ ち く 金 田 地 区 面 積 350 ha 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 27 年 度 交 付 期 間 平 だ い 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 か ね だ 金 田 地 区 か い 2 回 へ ん こ う 変 更 ) ち ば 千 葉 き さ ら づ 県 木 更 津 し 市 平 成 27 年 12 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 千 葉 県 市 町 村 名 き さら づ し 木 更 津 市 地 区 名 かねだ ち く 金 田 地 区 面

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について まちづくりにおける 福 祉 施 設 について 都 市 再 生 特 別 措 置 法 と 建 築 基 準 法 厚 生 労 働 省 老 健 局 高 齢 者 支 援 課 振 興 課 課 長 補 佐 ( 高 齢 者 居 住 福 祉 担 当 ) 山 口 義 敬 都 市 再 生 特 別 措 置 法 建 築 基 準 法 の 改 正 について( 情 報 提 供 ) 都 市 再 生 特 別 措 置 法 等 の 改 正

More information

★01 表紙

★01 表紙 第 1 回 定 例 会 平 成 24 年 度 予 算 案 関 係 資 料 ( 補 正 ) 茨 城 県 目 次 Ⅰ 平 成 25 年 第 1 回 県 議 会 定 例 会 提 出 議 案 等 一 覧 ( 1) Ⅱ 平 成 24 年 度 補 正 予 算 案 の 概 要 1 今 回 補 正 額 ( 2) 2 今 回 補 正 の 主 なもの ( 2) 3 繰 越 明 許 費 ( 3) 4 一 般 会 計 補

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 ふ じ お か し 藤 岡 市 地 区 名 ち く 藤 岡 市 街 地 地 区 面 積 999 ha 目 標 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 28 年 度 交 付 期

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 ふ じ お か し 藤 岡 市 地 区 名 ち く 藤 岡 市 街 地 地 区 面 積 999 ha 目 標 計 画 期 間 平 成 24 年 度 ~ 平 成 28 年 度 交 付 期 だ い 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 ふ じ 藤 お か 岡 し が い ち 市 街 地 地 区 か い 2 回 へ ん こ う 変 更 ) ぐ ん ま 群 馬 ふ じ お か 県 藤 岡 し 市 平 成 25 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 ふ じ お か し 藤 岡 市 地 区 名 ち く

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF825381A68DC48DB782B591D682A694C5817A938C93FA967B91E5906B8DD082F08F8482E991CE899E82C982C282A282C48169826F82528DB782B591D682A6816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF825381A68DC48DB782B591D682A694C5817A938C93FA967B91E5906B8DD082F08F8482E991CE899E82C982C282A282C48169826F82528DB782B591D682A6816A> 資 料 4 東 日 本 大 震 災 を 巡 る 対 応 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 公 営 住 宅 等 (

More information

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史 資 料 1 湘 南 江 島 魅 力 アップ プラン 平 成 25 年 3 月 湘 南 江 島 魅 力 アッププロジェクト 推 進 会 議 湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

(1) 再 々 開 発 を 行 う 際 の 施 行 区 域 要 件 ( 都 市 再 開 発 法 第 3 条 第 3 号 要 件 )について 再 開 発 ビルは 1 権 利 者 ( 区 分 所 有 者 )が 多 数 存 在 することや 2 複 合 用 途 で 構 成 されていること また 3 地 上

(1) 再 々 開 発 を 行 う 際 の 施 行 区 域 要 件 ( 都 市 再 開 発 法 第 3 条 第 3 号 要 件 )について 再 開 発 ビルは 1 権 利 者 ( 区 分 所 有 者 )が 多 数 存 在 することや 2 複 合 用 途 で 構 成 されていること また 3 地 上 市 街 地 再 開 発 事 業 の 今 後 の 展 開 に 関 する 検 討 会 ワーキンググループにおける 検 討 概 要 目 的 再 開 発 ビルの 再 生 ( 建 替 え リニューアル 等 )について 具 体 地 区 における 課 題 を 洗 い 出 し 必 要 な 方 策 等 について 検 討 を 行 うとともに 必 要 に 応 じて 国 に 制 度 提 案 等 を 行 う 検 討 地 区

More information

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史 湘 南 江 島 魅 力 アップ プラン 平 成 25 年 3 月 ( 一 部 改 訂 平 成 27 年 3 月 ) 湘 南 江 島 魅 力 アッププロジェクト 推 進 会 議 湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地

More information

中 野 区 新 庁 舎 基 本 計 画 素 案 =33 年 度 竣 工 予 定 中 野 区 第 三 第 十 中 学 校 統 合 新 校 = 今 秋 より 設 計 着 手 東 京 都 標 識 設 置 状 況 =5 月 30 日 ~6 月 3 日 文 京 区 標 識 設 置 状 況 =4 月 5 日 ~

中 野 区 新 庁 舎 基 本 計 画 素 案 =33 年 度 竣 工 予 定 中 野 区 第 三 第 十 中 学 校 統 合 新 校 = 今 秋 より 設 計 着 手 東 京 都 標 識 設 置 状 況 =5 月 30 日 ~6 月 3 日 文 京 区 標 識 設 置 状 況 =4 月 5 日 ~ 平 成 28 年 6 月 28 日 号 ( 第 1464 号 ) 葛 飾 区 東 金 町 1 丁 目 西 地 区 = 隣 接 区 有 地 との 一 体 開 発 も 旧 庁 舎 及 び 公 会 堂 跡 地 = 豊 島 区 建 築 計 画 明 らかに 臨 海 副 都 心 の 土 地 利 用 見 直 し=MICE 国 際 観 光 都 市 豊 洲 地 区 4 1B 街 区 計 画 = 大 和 ハウスが 複

More information

6-2 地 区 総 合 整 備 の 事 例 (1) 米 野 名 駅 南 地 区 総 合 整 備 米 野 名 駅 南 地 区 ( 約 180ha)は 名 古 屋 駅 の 南 に 位 置 し 周 囲 を 広 小 路 線 江 川 線 岩 井 町 線 名 古 屋 環 状 線 に 囲 まれた 地 区 である

6-2 地 区 総 合 整 備 の 事 例 (1) 米 野 名 駅 南 地 区 総 合 整 備 米 野 名 駅 南 地 区 ( 約 180ha)は 名 古 屋 駅 の 南 に 位 置 し 周 囲 を 広 小 路 線 江 川 線 岩 井 町 線 名 古 屋 環 状 線 に 囲 まれた 地 区 である 都 市 計 画 概 要 2013 第 2 編 名 古 屋 の 都 市 計 画 の 現 況 第 6 章 市 街 地 の 開 発 整 備 6-1 市 街 地 整 備 の 沿 革 と 方 針 6-2 地 区 総 合 整 備 の 事 例 6-3 土 地 区 画 整 理 事 業 6-4 市 街 地 再 開 発 事 業 6-5 優 良 建 築 物 等 整 備 事 業 6-6 開 発 行 為 6-7 都 心 部

More information

学校跡地・跡施設利用基本計画(素案)

学校跡地・跡施設利用基本計画(素案) 学 校 跡 地 跡 施 設 利 用 基 本 計 画 平 成 21 年 3 月 高 松 市 目 次 はじめに 1 1 跡 地 跡 施 設 となる 各 学 校 の 施 設 状 況 について 2 2 高 松 市 としての 利 用 構 想 と 各 地 域 からの 要 望 等 3 (1) 高 松 市 としての 利 用 構 想 3 (2) 各 地 域 の 要 望 4 (3) その 他 4 3 学 校 跡 地 跡

More information

(3) 事 業 内 容 項 目 内 容 1. 事 業 の 方 向 性 1 大 久 保 公 園 については エンターテイメント&スポーツ をキーコ ンセプトにした 施 設 を 整 備 する 例 えば 主 催 者 と 観 客 が 一 体 となって 楽 しむことができるイベント 体 験 型 のアミューズメ

(3) 事 業 内 容 項 目 内 容 1. 事 業 の 方 向 性 1 大 久 保 公 園 については エンターテイメント&スポーツ をキーコ ンセプトにした 施 設 を 整 備 する 例 えば 主 催 者 と 観 客 が 一 体 となって 楽 しむことができるイベント 体 験 型 のアミューズメ 大 久 保 公 園 を 活 用 したエンターテイメント&スポーツ 施 設 整 備 事 業 1 募 集 事 業 概 要 募 集 要 項 (1) 背 景 新 宿 区 立 大 久 保 公 園 は 戦 災 復 興 区 画 整 理 事 業 により 造 成 された 公 園 であり 昭 和 2 年 区 立 公 園 として 開 園 した 都 市 計 画 公 園 として 都 市 公 園 法 ( 昭 和 31 年 法

More information

みなとみらい21(横浜市 実施段階)

みなとみらい21(横浜市 実施段階) 市 町 村 名 藤 沢 市 熟 度 具 体 化 段 階 東 京 2020オリンピック セーリング 競 技 開 催 準 備 レガシー 創 出 事 業 東 京 2020オリンピック セーリング 競 技 が,1964 年 大 会 に 続 き, 再 び 江 の 島 ( 湘 南 港 )で 開 催 されることから,セーリング 競 技 の 普 及 啓 発 をはじめ, 観 光 振 興, 生 涯 スポー ツの 推 進

More information

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について ( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 9 月 あ き る 野 市 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について( 中 間 報 告 ) 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 中 間 報 告 1 定 住 促 進 について 1 (1) 今 後 の 人 口 推 移 について 1 図 1: 後 期 基 本 計 画 による 人

More information

大 田 区 住 宅 マスタープランの 策 定 にあたって 大 田 区 は 大 田 区 基 本 構 想 で 長 期 的 なまちづくりの 目 標 として 地 域 力 が 区 民 の 暮 らしを 支 え 未 来 へ 躍 動 する 国 際 都 市 おおた という 将 来 像 を 掲 げています これを 実

大 田 区 住 宅 マスタープランの 策 定 にあたって 大 田 区 は 大 田 区 基 本 構 想 で 長 期 的 なまちづくりの 目 標 として 地 域 力 が 区 民 の 暮 らしを 支 え 未 来 へ 躍 動 する 国 際 都 市 おおた という 将 来 像 を 掲 げています これを 実 大 田 区 住 宅 マスタープランの 策 定 にあたって 大 田 区 は 大 田 区 基 本 構 想 で 長 期 的 なまちづくりの 目 標 として 地 域 力 が 区 民 の 暮 らしを 支 え 未 来 へ 躍 動 する 国 際 都 市 おおた という 将 来 像 を 掲 げています これを 実 現 するための 具 体 的 な 施 策 をとりまとめた 大 田 区 10 か 年 基 本 計 画 おおた

More information

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作 開 成 町 住 環 境 整 備 マスタープラン( 概 要 版 ) 1.はじめに 1-1 計 画 の 目 的 開 成 町 では これまで 土 地 区 画 整 理 事 業 等 による 面 的 な 住 環 境 整 備 に 取 り 組 み 主 に 開 成 駅 周 辺 において 都 市 基 盤 の 充 実 を 図 ってきた 平 成 27 年 に 南 部 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 が 完 了 の

More information

地 区 別 のまちづくり 方 針 12 地 区 の 区 域 図 2

地 区 別 のまちづくり 方 針 12 地 区 の 区 域 図 2 第 4 回 横 須 賀 市 都 市 計 画 マスタープラン 検 討 会 議 資 料 資 料 1 第 4 回 横 須 賀 市 都 市 計 画 マスタープラン 検 討 会 議 資 料 1. 追 浜 地 区 のまちづくり 方 針 ---------------------- 3 2. 田 浦 地 区 のまちづくり 方 針 ---------------------- 9 3. 逸 見 地 区 のまちづくり

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

130117_『高齢社会をむかえた東京23区の将来 人口と建物の関係から見て

130117_『高齢社会をむかえた東京23区の将来 人口と建物の関係から見て 第 60 回 (n300)nsri 都 市 環 境 フォーラム 2013.1.17 超 高 齢 社 会 をむかえた 東 京 23 区 の 将 来 人 口 と 建 物 の 関 係 から 見 て 早 稲 田 大 学 特 命 教 授 伊 藤 滋 1 総 人 口 の 推 移 予 測 東 京 23 区 の 人 口 東 京 23 区 の 総 人 口 は 2010 年 の907 万 人 から 2030 年 には985

More information

Taro-04日南(2.19).jtd

Taro-04日南(2.19).jtd 日 南 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 23 年 4 月 宮 崎 県 目 次 第 1 章 基 本 的 事 項 第 1 節 本 県 の 目 指 す 都 市 づくり 1 第 2 節 圏 域 の 設 定 と 将 来 都 市 構 造 3 1. 圏 域 の 設 定 2. 本 県 の 将 来 都 市 構

More information

総 則 編

総 則 編 資 料 11 過 去 の 災 害 状 況 1 火 災 2 水 害 3 台 風 暴 風 4 地 震 津 波 5 その 他 過 去 の 災 害 状 況 1 火 災 明 治 30 年 2 月 1 日 昭 和 9 年 8 月 30 日 昭 和 9 年 10 月 7 日 昭 和 16 年 4 月 15 日 昭 和 19 年 3 月 30 日 昭 和 21 年 7 月 4 日 昭 和 23 年 12 月 21

More information

1 岩手県における住宅及び住宅政策の現状と課題

1 岩手県における住宅及び住宅政策の現状と課題 第 1 章 の 住 環 境 を 取 り 巻 く 現 状 住 宅 政 策 基 本 計 画 1 の 位 置 づけ は 西 には 奥 羽 山 脈 東 には 北 上 山 系 が 相 対 し 北 上 川 と 和 賀 川 が 合 流 する 地 域 に 肥 よくな 土 地 に 美 しい 田 園 地 帯 が 広 がる 北 上 平 野 の 中 央 に 位 置 しています には 北 へ 約 45km 仙 台 市 には

More information

<3120955C8E86>

<3120955C8E86> けやき 台 二 丁 目 地 区 地 区 計 画 の 手 引 き 白 井 市 目 次 1. 地 区 計 画 制 度 について 1 2. 地 区 計 画 の 内 容 1 けやき 台 二 丁 目 地 区 地 区 計 画 の 内 容 2 2 地 区 計 画 の 区 域 4 3 壁 面 の 位 置 の 制 限 5 3. 地 区 計 画 の 運 用 基 準 1 建 築 物 等 の 用 途 制 限 6 2 敷 地

More information

個 別 面 談 の 結 果 1 個 別 面 談 の 結 果 について

個 別 面 談 の 結 果 1 個 別 面 談 の 結 果 について 次 第 女 川 町 復 興 まちづくり 説 明 会 1 開 会 あいさつ( 女 川 町 長 須 田 善 明 ) 2 説 明 (1) 個 別 面 談 の 結 果 について (4) 災 害 危 険 区 域 の 指 定 について (2) 土 地 の 買 取 りについて (5) 災 害 公 営 住 宅 ( 陸 上 競 技 場 )について (3) 中 心 部 の 工 事 展 開 について (6)その 他 3

More information

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx 5-4 南 部 地 区 () 南 部 地 区 の 概 要 地 域 資 源 本 地 区 は 市 の 南 に 位 置 し 東 から 熊 川 緑 地 拝 島 駅 を 経 由 し 福 生 南 公 園 に 至 る 地 区 です 歴 史 的 に 古 くから 開 けてきた 地 区 ですが 基 盤 整 備 が 整 わないまま 市 街 化 が 進 展 したため 狭 あい 道 路 や 行 き 止 まりなどの 問 題 が

More information

ÿþ

ÿþ 高 台 移 転 と 住 まいに 関 する 説 明 会 1 あいさつ 2 南 三 陸 町 震 災 復 興 計 画 ( 素 案 )の 概 要 について 資 料 1 3 今 後 の 移 転 先 と 住 まいに 関 する 意 向 調 査 について 資 料 A 4 住 宅 の 移 転 について 1 ( 集 団 移 転 ) 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 のしくみ 資 料 2 2 ( 個 別 移 転 )がけ

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825589F1959489EF90E096BE95E291AB8E9197BF81698255816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825589F1959489EF90E096BE95E291AB8E9197BF81698255816A> 6. 市 街 地 整 備 の 動 向 都 市 の 中 心 部 の 人 口 密 度 と 小 売 業 販 売 額 の 関 係 市 中 心 部 の 人 口 密 度 が 低 いほど 販 売 額 が 小 さい また 都 市 人 口 が 大 きい 都 市 都 市 圏 人 口 の 大 きい 都 市 圏 の 核 都 市 では 人 口 密 度 が 高 く 販 売 額 も 大 きい 傾 向 三 大 都 市 圏 以 外

More information

市営住宅総合再生計画

市営住宅総合再生計画 第 3 章 公 営 住 宅 の 役 割 とめざす 方 向 3-1 公 営 住 宅 の 役 割 (1) 新 たな 住 宅 政 策 の 背 景 これまでの 住 宅 政 策 の 基 本 的 な 枠 組 みは 政 策 手 法 の 三 本 柱 である 公 営 住 宅 制 度 日 本 住 宅 公 団 ( 現 在 の 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ) 住 宅 金 融 公 庫 ( 現 在 の 独

More information

震災復興への挑戦

震災復興への挑戦 2014.4.21 Vol.18 仙 台 復 興 リポート ~ 仙 台 市 の 復 興 状 況 の 最 新 情 報 を 毎 月 お 知 らせしていきます~ 仙 台 市 復 興 事 業 局 震 災 復 興 室 目 次 1. 震 災 廃 棄 物 等 の 処 理 3 震 災 廃 棄 物 等 の 処 理 2. 津 波 防 災 対 策 4 浸 水 被 害 の 状 況 津 波 シミュレーション 津 波 防 災

More information

東京都再開発等促進区を定める地区計画運用基準

東京都再開発等促進区を定める地区計画運用基準 東 京 都 再 開 発 等 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 運 用 基 準 東 京 都 都 市 整 備 局 平 成 2 5 年 4 月 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 基 本 目 標 1 3 本 運 用 基 準 の 位 置 付 け 1 4 用 語 の 定 義 2 第 2 策 定 基 準 5 1 区 域 の 要 件 5 (1) 基 本 計 画 等 との 適 合 5 (2) 基

More information

で 見 直 しが 必 要 です 3 観 光 客 が 楽 しく 回 れる ワークづくりが 必 要 です 市 街 地 ゾーン 内 の 観 光 施 設 をはじめ その 他 の 観 光 拠 点 に 観 光 客 を 誘 導 するための 道 路 ネットワークの 強 化 が 望 まれます 自 動 車 道 に 加

で 見 直 しが 必 要 です 3 観 光 客 が 楽 しく 回 れる ワークづくりが 必 要 です 市 街 地 ゾーン 内 の 観 光 施 設 をはじめ その 他 の 観 光 拠 点 に 観 光 客 を 誘 導 するための 道 路 ネットワークの 強 化 が 望 まれます 自 動 車 道 に 加 4-2. ワークづくりの 方 針 ワークづくりの 方 針 の 構 成 ワークづくり の 課 題 ワークづくり の 方 針 盆 地 地 域 における 基 本 方 針 実 現 に 向 けた 幹 線 道 路 づくりの 取 り 組 み 市 街 地 ゾーンにおける 基 本 方 針 実 現 に 向 けた 幹 線 道 路 補 助 幹 線 道 路 づくりの 取 り 組 み (1) ワークづくりの 課 題 1 中 部

More information

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 1. 促 進 正 概 要 1 近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 主 海 溝 型 評 価 結 果 主 要 活 層 評 価 結 果 文 部

More information

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095F18D908F918169826F8263826597708CB48D6588C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095F18D908F918169826F8263826597708CB48D6588C4816A2E646F63> 1 目 次 序 計 画 の 策 定 にあたって--------------------------------------- 1 (1) 計 画 策 定 の 背 景 目 的 1 (2) 計 画 の 位 置 づけ 1 (3) 計 画 期 間 1 1 豊 田 市 における 住 宅 事 情 の 把 握 ------------------------------- 2 (1) 豊 田 市 の 地 域 特

More information

さかい 魅力・安心住まいプラン(案)の概要

さかい 魅力・安心住まいプラン(案)の概要 概 要 版 さかい 魅 力 安 心 住 まいプラン ( 堺 市 住 生 活 基 本 計 画 ) - 堺 市 はじめに 策 定 の 目 的 本 市 では に 堺 市 住 宅 マスタープラン を 策 定 し 住 みたい 住 みよいま ち 堺 をめざして 取 り 組 みを 行 うとともに 7 の 堺 市 住 宅 まちづくり 審 議 会 答 申 を 受 け さまざまな 施 策 の 推 進 に 取 り 組 んできました

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

平成20年度6月補正予算の概要

平成20年度6月補正予算の概要 平 成 20 年 度 6 月 補 正 予 算 の 概 要 西 条 市 目 次 平 成 20 年 度 6 月 補 正 予 算 について 1 会 計 別 予 算 の 規 模 2 一 般 会 計 における 主 な 事 業 3~10 特 別 会 計 における 主 な 事 業 11 平 成 20 年 度 6 月 補 正 予 算 について 今 回 の 補 正 予 算 では ( 仮 称 ) 丹 原 図 書 館 の

More information

Microsoft Word - 0300第3章中表紙.doc

Microsoft Word - 0300第3章中表紙.doc 第 3 章 公 共 建 築 物 維 持 保 全 計 画 第 3 章 公 共 建 築 物 維 持 保 全 計 画 1 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け 本 計 画 は, 公 共 建 築 物 の 現 状 と 維 持 保 全 の 課 題 を 踏 まえ, 公 共 建 築 物 の 長 寿 命 化 や ライフサイクルコストの 縮 減 を 基 本 に, 安 全 かつ 良 好 な 状 態 で 維 持 保 全

More information

都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 とは 都 市 再 生 特 別 措 置 法 第 2 条 第 3 項 に 基 づき 都 市 の 再 生 の 拠 点 として 都 市 開 発 事 業 等 を 通 じ 緊 急 かつ 重 点 的 に 推 進 すべき 地 域 民 間 開 発 の 時 間 感 覚 に 併 せ

都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 とは 都 市 再 生 特 別 措 置 法 第 2 条 第 3 項 に 基 づき 都 市 の 再 生 の 拠 点 として 都 市 開 発 事 業 等 を 通 じ 緊 急 かつ 重 点 的 に 推 進 すべき 地 域 民 間 開 発 の 時 間 感 覚 に 併 せ 東 京 の 都 市 づくり ( 参 考 資 料 ) 民 間 都 市 開 発 の 誘 導 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 の 指 定 都 市 再 生 特 別 地 区 の 都 市 計 画 決 定 都 市 開 発 諸 制 度 の 活 用 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 とは 都 市 再 生 特 別 措 置 法 第 2 条 第 3 項 に 基 づき 都 市 の 再 生 の 拠 点 として 都

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information