標準テンプレート

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "標準テンプレート"

Transcription

1 資 料 鎌 倉 市 地 方 創 生 に 関 するアンケート 調 査 結 果 概 要

2 目 次 0. 要 約 II. 転 入 転 出 調 査 ( 転 入 ) a. 属 性 I. 市 民 対 象 調 査 a. 属 性 b. 晩 婚 化 の 要 因 の 把 握 c. 希 望 の 子 どもの 数 d. 出 生 率 の 低 下 の 要 因 の 把 握 e. 夫 婦 の 出 生 力 の 低 下 の 背 景 となる 要 因 把 握 f. 鎌 倉 市 における 居 住 選 択 要 因 の 把 握 g. 鎌 倉 市 で 暮 らしたいライフスタイル h. 学 生 専 業 主 婦 主 夫 無 職 の 就 労 意 向 b. 転 出 入 理 由 の 把 握 c. 鎌 倉 市 の 選 択 理 由 ( 転 入 者 調 査 ) d. 住 宅 の 住 み 替 えの 評 価 IIl. 転 出 転 出 調 査 ( 転 出 ) a. 属 性 b. 転 出 入 理 由 の 把 握 c. 転 居 先 を 選 んだ 理 由 ( 転 出 者 調 査 ) d. 住 宅 の 住 み 替 えの 評 価 IV. まとめ 調 査 から 浮 かび 上 がる 市 民 イメージ

3 0. 要 約 I. 市 民 対 象 調 査 /2 晩 婚 化 の 要 因 の 把 握 ~ 独 身 でいる 理 由 とは?~ 出 生 率 の 低 下 の 要 因 の 把 握 ~ 理 想 よりも 子 どもが 少 ない 理 由 とは?~ 適 当 な 相 手 とまだめぐり 会 わないから と 回 答 した 方 が47.7%で 最 も 多 くなっています また 男 女 とも30 歳 代 40 歳 代 での 回 答 割 合 が 高 くなっています 続 いて 今 は 仕 事 (または 学 業 )にうちこみたいから 3.8% 結 婚 する 必 要 性 をまだ 感 じないから 27.% 結 婚 するにはまだ 若 す ぎるから 25.2%の 回 答 が 多 くなっています 上 記 に 加 え 男 性 では 結 婚 資 金 が 足 りないから ( 男 性 の3.9%) の 回 答 が 多 くなっています 市 民 が 持 つご 予 定 の 子 どもの 数 が 理 想 的 な 子 どもの 数 より 少 ない 理 由 として 子 育 てや 教 育 にお 金 がかかりすぎるから と 回 答 した 方 は 回 答 者 合 計 の50.6%で 男 性 (66.2%) 女 性 (43.9%)ともに 最 も 高 い 回 答 割 合 となっています 続 いて 男 女 とも 高 年 齢 で 生 むのは 不 安 だから との 答 えが 多 く 回 答 者 合 計 の8.0%となっています 女 性 では 家 が 狭 いから の 回 答 も 多 く6.7%の 女 性 が 回 答 しています( 男 性 4.5%) 希 望 の 子 どもの 数 ~ 独 身 者 がほしい 子 どもの 数 既 婚 者 が 予 定 する 子 どもの 数 ~ 50 歳 未 満 の 未 婚 者 がほしい 子 どもの 数 として 人 と 回 答 した 方 が7.9% 2 人 63.% 3 人 5.9%となっています 50 歳 未 満 の 既 婚 者 が 予 定 の 子 どもの 数 として 人 と 回 答 した 方 が20.0% 2 人 53.7% 3 人 2.9%となっています 夫 婦 の 出 生 力 の 低 下 の 背 景 となる 要 因 把 握 ~ 将 来 予 想 される 出 産 の 障 壁 とは 何 か?~ 今 後 もつおつもりのお 子 さんの 数 が もし 結 果 的 に 持 てないことがあると したら その 原 因 は 何 である 可 能 性 が 高 いですか(MA) との 問 いに 対 し 年 齢 や 健 康 上 の 理 由 で 子 どもができないこと と 答 えた 方 が 回 答 者 合 計 の35.3 %で 最 も 多 く 収 入 が 不 安 定 なこと 24.0.%と 家 事 育 児 の 協 力 者 がいないこと 9.7 %が 続 いており 男 女 とも 同 様 の 傾 向 となってい ます このうち 年 齢 や 健 康 上 の 理 由 で 子 どもができないこと と 回 答 した 方 は 特 に 女 性 において 年 齢 が 上 がるにつれて 高 くなっています 2

4 0. 要 約 I. 市 民 対 象 調 査 2/2 鎌 倉 市 における 居 住 選 択 要 因 の 把 握 ~なぜ 鎌 倉 市 に 住 み 続 けているのか?~ 鎌 倉 市 で 暮 らしたいライフスタイル ~あなたの 理 想 の 暮 らしとは?~ 鎌 倉 市 に 住 んでいる 住 み 続 けている 理 由 として 住 宅 が 用 意 され ていたから と 答 えた 方 が 回 答 者 合 計 の28.6% 配 偶 者 が 住 んで いた または 親 族 知 人 が 住 んでいる が27.4%となっています 海 のある 自 然 環 境 山 並 みの 緑 などの 自 然 環 境 と 回 答 した 方 がそれぞれ23.0%となっています このうち 山 並 みの 緑 などの 自 然 環 境 の 回 答 割 合 をみると 女 性 が 高 くなっています( 男 性 9.6% 女 性 25.2%) また 男 性 では 通 勤 通 学 の 時 間 の 回 答 割 合 が 高 く なっています 男 性 22.6% 女 性 6.2%) 世 帯 収 入 別 に 見 ると 住 宅 が 用 意 されていたから の 回 答 者 は 世 帯 収 入 が 400 万 円 未 満 の 方 が 最 も 多 くなっています また 配 偶 者 が 住 んでいた または 親 族 知 人 が 住 んでいる では 400 万 円 ~600 万 円 未 満 の 方 が 海 のある 自 然 環 境 山 並 みの 緑 など の 自 然 環 境 の 回 答 者 では 世 帯 収 入 が 800 万 円 以 上 の 方 が 最 も 回 答 割 合 の 高 い 層 となっています 海 や 山 並 みなど 自 然 環 境 を 選 んだ 方 は 鎌 倉 腰 越 が 通 勤 時 間 や 都 心 への アクセスを 選 択 した 方 は 大 船 深 沢 玉 縄 が 多 くなっています 生 活 全 般 について 鎌 倉 市 でのように 暮 らしたいかとの 問 いに 対 し 精 神 的 に 余 裕 のある 生 活 を 送 りたい 経 済 的 に 余 裕 のある 生 活 を 送 りたい と 回 答 した 方 が55.4% 54.9%と 半 数 以 上 を 占 めています 自 然 と 環 境 が 守 られた 場 所 で 生 活 をしたい 4.7% 家 族 みんなで 様 々なことを 楽 しみたい 30.8% 子 どもには 出 来 るだけのことをして あげたい 30.7%が 続 いています 居 住 継 続 に 向 けて 必 要 な 取 組 の 把 握 ~ 居 住 継 続 に 向 けて 必 要 なこととは?~ 鎌 倉 市 に 住 みたいと 思 えるために 必 要 なこととして 男 女 とも 安 全 安 心 な 生 活 環 境 の 点 で 不 安 や 問 題 がないこと への 回 答 が 最 も 高 くなっています( 男 性 42.5% 女 性 42.4%) 続 いて 子 育 てしやすい 環 境 ( 保 育 所 など 小 学 校 就 学 前 の 環 境 ) ( 男 性 29.0% 女 性 40.9%) 交 通 の 便 が 良 いこと ( 男 性 29.9% 女 性 30.%)の 回 答 が 多 くなっています 学 生 の 就 労 意 向 ~どこで 働 きたいか?どんな 仕 事 で 働 きたいか?~ 就 労 を 希 望 している と 回 答 した 方 のうち 働 きたい 場 所 として 鎌 倉 市 内 と 回 答 した 方 が55.8% 東 京 23 区 と 回 答 した 方 が0.2%となり ます 就 労 を 希 望 している と 回 答 した 方 のうち 働 きたい 職 種 として 生 活 関 連 サービス 業 娯 楽 業 と 教 育 学 習 支 援 業 と 回 答 した 方 がそれぞ れ9.7%を 占 めています 3

5 0. 要 約 Il. 転 入 転 出 調 査 転 入 理 由 の 把 握 ( 転 入 者 調 査 ) ~なぜ 鎌 倉 市 に 引 っ 越 してきたのか?~ 転 入 の 理 由 を 住 宅 の 理 由 で と 回 答 した 方 は22.3% と 最 も 多 く 続 いて 生 活 環 境 上 の 理 由 で (20.9%) 両 親 や 子 どもの 近 くに 住 むため (3.2%)の 回 答 割 合 が 高 くなっています 転 出 理 由 の 把 握 ( 転 出 者 調 査 ) ~なぜ 鎌 倉 市 から 他 のまちに 引 っ 越 したのか?~ 転 出 の 理 由 を 生 活 環 境 上 の 理 由 で と 回 答 した 方 は20.0%とな っています 続 いて 仕 事 の 理 由 で 結 婚 のため (ともに9.3%) 転 勤 のため (.7%)の 回 答 割 合 が 高 くなっています 鎌 倉 市 の 選 択 理 由 の 把 握 ( 転 入 者 調 査 ) ~なぜ 鎌 倉 市 を 選 んだのか?~ 鎌 倉 市 を 選 んだ 理 由 としては 山 並 みなの 緑 などの 自 然 環 境 (24.5%)の 回 答 割 合 が 高 く 町 並 みや 街 の 雰 囲 気 海 のある 自 然 環 境 住 宅 が 用 意 されていたから 住 宅 条 件 通 勤 通 学 時 間 を 回 答 した 方 も20%を 超 えています 横 浜 市 から 転 入 してきた 回 答 者 の 理 由 は 住 宅 条 件 山 並 みや 緑 などの 自 然 環 境 街 並 みや 街 の 雰 囲 気 の 回 答 割 合 が 高 くなって います また 東 京 特 別 区 部 からの 転 入 者 では 山 並 みや 緑 などの 自 然 環 境 海 のある 自 然 環 境 街 並 みや 街 の 雰 囲 気 が 高 い 回 答 割 合 となっています 転 居 先 を 選 んだ 理 由 ( 転 出 者 調 査 ) ~ 引 越 先 のまちを 選 んだ 理 由 とは?~ 鎌 倉 市 から 転 居 先 を 選 んだ 理 由 として 通 勤 通 学 時 間 と 回 答 し た 方 が39.3% 家 賃 住 宅 価 格 が29.7%となってます 住 宅 の 条 件 ( 広 さ 日 当 たり 静 けさ が24.8% 最 寄 り 駅 へのア クセス が2.4%で 続 いています 横 浜 市 へ 転 入 した 回 答 者 の 理 由 は 通 勤 通 学 時 間 家 賃 住 宅 価 格 住 宅 の 条 件 の 回 答 割 合 が 高 くなっています また 東 京 特 別 区 部 への 転 出 者 では 通 勤 通 学 時 間 都 心 へのアクセス 最 寄 り 駅 へのアクセス が 高 い 回 答 割 合 となっています 住 宅 の 住 み 替 えの 評 価 ( 転 入 者 調 査 ) ~ 鎌 倉 市 に 引 っ 越 してきて 良 かった 点 とは?~ 鎌 倉 市 に 転 入 してきた 方 では 自 然 とのふれあいや 外 部 空 間 のゆ とり を 大 変 よくなったと 感 じている 一 方 日 常 の 買 い 物 医 療 など の 利 便 や 通 勤 通 学 などの 利 便 が 悪 くなったと 感 じています 住 宅 の 住 み 替 えの 評 価 ( 転 出 者 調 査 ) ~ 鎌 倉 市 から 他 のまちに 転 居 してよかった 点 とは?~ 鎌 倉 市 から 転 出 した 方 では 通 勤 通 学 などの 利 便 は 大 変 よくなっ たと 感 じている 一 方 ローン 家 賃 などの 住 居 費 が 悪 くなったと 感 じ ています 4

6 l. 市 民 対 象 調 査 5

7 I. 市 民 対 象 調 査 a. 属 性 男 女 構 成 比 は 男 性 37.9% 女 性 59.%になっています 年 齢 構 成 比 では 40 歳 未 満 で45% 程 度 40~44 歳 8.4% 45~49 歳 6.2% 50 歳 以 上 で20% 程 度 になっています 居 住 地 域 構 成 比 では 鎌 倉 地 域 24.4% 大 船 地 域 30.% 深 沢 地 域 8.0% 腰 越 地 域 2.5% 玉 縄 地 域 4.9%となっています (n=899) 問 性 別 (n=899) 問 2 年 齢 (n=899) 問 3 居 住 地 域, ~64 歳, 6.7, 0.4, 0. 男 性, ~59 歳, 6. 50~54 歳, 歳 以 下, ~29 歳, 0. 玉 縄 地 域, 4.9 鎌 倉 地 域, ~34 歳, 8.6 腰 越 地 域, 2.5 女 性, ~49 歳, ~39 歳, 4.8 深 沢 地 域, 8.0 大 船 地 域, ~44 歳, 8.4 6

8 I. 市 民 対 象 調 査 a2. 属 性 家 計 での 経 済 的 負 担 が 大 きい 項 目 として 家 賃 住 宅 ローン と 回 答 した 方 が42.2% 生 活 費 と 回 答 した 方 が30.5% 子 どもの 養 育 費 学 費 と 回 答 した 方 が4.9%となっています 回 答 者 における 世 帯 収 入 の 総 額 ( 年 間 )として 000 万 円 以 上 が4.9% 400 万 円 ~500 万 円 未 満 が.9% 600 万 円 ~700 万 円 未 満 が.% 700 万 円 ~800 万 円 未 満 が.0%となっています (n=899) 問 2 家 庭 での 経 済 的 負 担 が 大 きい 項 目 (n=899) 問 6 世 帯 の 収 入 の 総 額 ( 年 間 ) その 他,.3, 3.6 介 護 費, 0.3 医 療 費,.8 娯 楽 交 際 費, 万 円 以 上, 4.9, 万 円 未 満, 万 円 ~200 万 円 未 満, 万 円 ~300 万 円 未 満, 万 円 ~400 万 円 未 満, 9.5 生 活 費 ( 食 費 光 熱 水 費 など), 30.5 家 賃 住 宅 ローン, 万 円 ~000 万 円 未 満, 万 円 ~900 万 円 未 満, 万 円 ~500 万 円 未 満,.9 子 どもの 養 育 費 学 費, 万 円 ~800 万 円 未 満, 万 円 ~700 万 円 未 満,. 500 万 円 ~600 万 円 未 満, 9.6 7

9 I. 市 民 対 象 調 査 b. 晩 婚 化 の 要 因 の 把 握 独 身 でいる 理 由 のうち 適 当 な 相 手 とまだめぐり 会 わないから と 回 答 した 方 が47.7%で 最 も 多 くなってい ます 今 は 仕 事 (または 学 業 )にうちこみたいから 30.4% 結 婚 する 必 要 性 をまだ 感 じないから 27.% 結 婚 するにはまだ 若 すぎるから 25.2%が 続 いています (n=24) 問 35 あなたが 現 在 独 身 でいる 理 由 結 婚 するにはまだ 若 すぎるから 22.4 結 婚 する 必 要 性 をまだ 感 じないから 今 は 仕 事 (または 学 業 )にうちこみたいから 今 は 趣 味 や 娯 楽 を 楽 しみたいから 独 身 の 自 由 さや 気 楽 さを 失 いたくないから 適 当 な 相 手 とまだめぐり 会 わないから 47.7 異 性 とうまくつき 合 えないから.7 結 婚 資 金 が 足 りないから 結 婚 生 活 のための 住 居 のめどがたたないから 結 婚 生 活 のための 住 居 のめどがたたないから その 他 すでに 結 婚 が 決 まっている

10 I. 市 民 対 象 調 査 b2. 晩 婚 化 の 要 因 の 把 握 上 表 : 男 性 下 表 : 女 性 男 性 をみると 今 は 仕 事 (または 学 業 )にうちこみたいから では 24 歳 以 下 適 当 な 相 手 とまだめぐり 会 わないから では 30~34 歳 結 婚 資 金 が 足 りないから では 25~29 歳 が 高 くなっている 女 性 をみると 結 婚 する 必 要 性 をまだ 感 じないから では 45~49 歳 今 は 仕 事 (または 学 業 )にうちこ みたいから では 24 歳 以 下 適 当 な 相 手 とまだめぐり 会 わないから では 40~44 歳 が 高 くなっている * 年 齢 の 項 目 * 年 齢 の 項 目 上 段 : 度 数 下 段 :% 全 体 24 歳 以 下 25~29 歳 30~34 歳 35~39 歳 40~44 歳 45~49 歳 上 段 : 度 数 下 段 :% 全 体 24 歳 以 下 25~29 歳 30~34 歳 35~39 歳 40~44 歳 45~49 歳 * 問 35 あなたが 現 在 独 身 でいる 理 由 今 は 仕 事 独 身 の 自 由 適 当 な 相 手 結 婚 するに 結 婚 する 必 今 は 趣 味 異 性 とうまく すでに 結 婚 (または 学 さや 気 楽 さを とまだめぐり 結 婚 資 金 が 結 婚 生 活 のための 住 居 の 合 計 はまだ 若 す 要 性 をまだ や 娯 楽 を 楽 し つき 合 えない その 他 が 決 まってい 業 )にうちこ 失 いたくない 会 わないか 足 りないから めどがたたないから ぎるから 感 じないから みたいから から る みたいから から ら * 問 35 あなたが 現 在 独 身 でいる 理 由 今 は 仕 事 独 身 の 自 由 適 当 な 相 手 結 婚 するに 結 婚 する 必 今 は 趣 味 異 性 とうまく すでに 結 婚 (または 学 さや 気 楽 さを とまだめぐり 結 婚 資 金 が 結 婚 生 活 のための 住 居 の 合 計 はまだ 若 す 要 性 をまだ や 娯 楽 を 楽 し つき 合 えない その 他 が 決 まってい 業 )にうちこ 失 いたくない 会 わないか 足 りないから めどがたたないから ぎるから 感 じないから みたいから から る みたいから から ら

11 I. 市 民 対 象 調 査 c. 希 望 の 子 どもの 数 50 歳 未 満 の 未 婚 者 がほしい 子 どもの 数 として 人 と 回 答 した 方 が7.9% 2 人 63.% 3 人 5.9%と なっています 50 歳 未 満 の 既 婚 者 が 予 定 の 子 どもの 数 として 人 と 回 答 した 方 が20.0% 2 人 53.7% 3 人 2.9% となっています (n=24) 問 37 ほしい 子 どもの 数 (50 歳 未 満 未 婚 ) (n=49) 問 42 予 定 の 子 どもの 数 (50 歳 未 満 既 婚 ) 子 どもはいらない, 8.4, 3.3 子 どもは 持 たない, 5.3, 人, 人 以 上, 0.9 人, 人 以 上, 人,.9 人, 人, 人, 人, 人,

12 I. 市 民 対 象 調 査 c2. 希 望 の 子 どもの 数 上 表 : 男 性 下 表 : 女 性 男 性 をみると 2 人 では 30~34 歳 3 人 では 25~29 歳 が 高 くなっている 女 性 をみると 2 人 では 30~34 歳 3 人 では 45~49 歳 が 高 くなっている 上 段 : 度 数 問 37 子 どもは 何 人 くらいほしいですか 下 段 :% 合 計 人 2 人 3 人 4 人 5 人 以 上 子 どもはいら ない 全 体 24 歳 以 下 25~29 歳 ~34 歳 * 年 齢 の 項 目 ~39 歳 ~44 歳 45~49 歳 上 段 : 度 数 問 37 子 どもは 何 人 くらいほしいですか 下 段 :% 合 計 人 2 人 3 人 4 人 5 人 以 上 子 どもはいら ない 全 体 24 歳 以 下 25~29 歳 ~34 歳 * 年 齢 の 項 目 ~39 歳 ~44 歳 45~49 歳

13 I. 市 民 対 象 調 査 d. 出 生 率 の 低 下 の 要 因 の 把 握 市 民 が 持 つご 予 定 の 子 どもの 数 が 理 想 的 な 子 どもの 数 より 少 ない 理 由 として 子 育 てや 教 育 にお 金 がか かりすぎるから と 回 答 した 方 は 50.6%となっています 高 年 齢 で 生 むのは 不 安 だから の8.0% 家 が 狭 いから の4.6%が 続 いています (n=89) 問 44 持 つご 予 定 の 子 どもの 数 が 理 想 的 な 子 どもの 数 より 少 ないのはなぜですか 子 育 てや 教 育 にお 金 がかかりすぎるから 家 が 狭 いから 自 分 の 仕 事 ( 勤 めや 家 業 )に 差 し 支 えるから 子 どもがのびのび 育 つ 環 境 ではないから 自 分 や 夫 婦 の 生 活 を 大 切 にしたいから 高 年 齢 で 生 むのは 不 安 だから 配 偶 者 ( 夫 または 妻 )が 望 まないから 健 康 上 の 理 由 から これ 以 上 育 児 の 心 理 的 肉 体 的 負 担 に 耐 えられないから 配 偶 者 ( 夫 または 妻 )の 家 事 育 児 への 協 力 が 得 られないから ほしいけれども 授 からない 末 子 が 配 偶 者 ( 夫 または 妻 )の 定 年 退 職 までに 成 人 してほしいから その 他

14 I. 市 民 対 象 調 査 d2. 出 生 率 の 低 下 の 要 因 の 把 握 上 表 : 男 性 下 表 : 女 性 男 性 をみると 子 育 てや 教 育 にお 金 がかかりすぎるから では 35~39 歳 高 年 齢 で 生 むのは 不 安 だか ら では 40~44 歳 が 高 くなっている 女 性 をみると 子 育 てや 教 育 にお 金 がかかりすぎるから と 家 が 狭 いから では 30~34 歳 が 高 くなって いる * 年 齢 の 項 目 * 年 齢 の 項 目 上 段 : 度 数 下 段 :% 全 体 24 歳 以 下 25~29 歳 30~34 歳 35~39 歳 40~44 歳 45~49 歳 不 明 無 回 答 上 段 : 度 数 下 段 :% 全 体 24 歳 以 下 25~29 歳 30~34 歳 35~39 歳 40~44 歳 45~49 歳 不 明 無 回 答 * 問 44 持 つご 予 定 の 子 どもの 数 が 理 想 的 な 子 どもの 数 より 少 ないのはなぜですか 合 計 合 計 子 育 てや 教 育 にお 金 が かかりすぎ るから 家 が 狭 いか ら 自 分 の 仕 事 子 どもがの ( 勤 めや 家 びのび 育 つ 業 )に 差 し 環 境 ではな 支 えるから いから 自 分 や 夫 婦 の 生 活 を 大 切 にしたい から 高 年 齢 で 生 むのは 不 安 だから 3 配 偶 者 ( 夫 または 妻 ) が 望 まない から 健 康 上 の 理 由 から これ 以 上 配 偶 者 ( 夫 育 児 の 心 理 または 妻 ) 的 肉 体 的 の 家 事 育 負 担 に 耐 え 児 への 協 力 られないか が 得 られな ら いから ほしいけれ ども 授 から ない 末 子 が 配 偶 者 ( 夫 また は 妻 )の 定 年 退 職 まで に 成 人 して ほしいから その 他 不 明 無 回 答 * 問 44 持 つご 予 定 の 子 どもの 数 が 理 想 的 な 子 どもの 数 より 少 ないのはなぜですか 子 育 てや 教 育 にお 金 が かかりすぎ るから 家 が 狭 いか ら 自 分 の 仕 事 子 どもがの ( 勤 めや 家 びのび 育 つ 業 )に 差 し 環 境 ではな 支 えるから いから 自 分 や 夫 婦 の 生 活 を 大 切 にしたい から 高 年 齢 で 生 むのは 不 安 だから 配 偶 者 ( 夫 または 妻 ) が 望 まない から 健 康 上 の 理 由 から これ 以 上 配 偶 者 ( 夫 育 児 の 心 理 または 妻 ) 的 肉 体 的 の 家 事 育 負 担 に 耐 え 児 への 協 力 られないか が 得 られな ら いから ほしいけれ ども 授 から ない 末 子 が 配 偶 者 ( 夫 また は 妻 )の 定 年 退 職 まで に 成 人 して ほしいから その 他 不 明 無 回 答

15 I. 市 民 対 象 調 査 e. 夫 婦 の 出 生 力 の 低 下 の 背 景 となる 要 因 把 握 今 後 もつおつもりのお 子 さんの 数 が もし 結 果 的 に 持 てないことがあるとしたら その 原 因 は 何 である 可 能 性 が 高 いですか(MA) との 問 いに 対 し 年 齢 や 健 康 上 の 理 由 で 子 どもができないこと と 回 答 した 方 が 35.3%で 最 も 多 く 収 入 が 不 安 定 なこと 24.0%と 家 事 育 児 の 協 力 者 がいないこと 9.7%が 続 いていま す (n=37) 問 43 追 加 の 子 どもを 実 現 できない 原 因 収 入 が 不 安 定 なこと 24.0 自 分 や 夫 婦 の 仕 事 ( 勤 めや 家 業 )の 事 情 4.0 家 事 育 児 の 協 力 者 がいないこと 9.7 保 育 所 など 子 どもの 預 け 先 がないこと 今 いる 子 どもに 手 がかかること 年 齢 や 健 康 上 の 理 由 で 子 どもができないこと 35.3 その 他 持 つつもりの 子 ども 数 を 実 現 できない 可 能 性 は 低 い

16 I. 市 民 対 象 調 査 e2. 夫 婦 の 出 生 力 の 低 下 の 背 景 となる 要 因 把 握 男 女 別 にみると 男 女 ともに 年 齢 や 健 康 上 の 理 由 で 子 どもができないこと では 40~44 歳 が 高 くなってい る 男 性 * 年 齢 の 項 目 上 段 : 度 数 下 段 :% 全 体 24 歳 以 下 25~29 歳 30~34 歳 35~39 歳 40~44 歳 45~49 歳 問 43 今 後 持 つおつもりのお 子 さんの 数 が もし 結 果 的 に 持 てないことがあるとしたら その 原 因 は 何 である 可 能 性 が 高 いですか 自 分 や 夫 婦 保 育 所 など 年 齢 や 健 康 持 つつもりの 家 事 育 児 の 今 いる 子 ども 収 入 が 不 安 の 仕 事 ( 勤 め 子 どもの 預 上 の 理 由 で 子 ども 数 を 実 合 計 協 力 者 がい に 手 がかか その 他 定 なこと や 家 業 )の 事 け 先 がないこ 子 どもができ 現 できない 可 ないこと ること 情 と ないこと 能 性 は 低 い 女 性 * 年 齢 の 項 目 上 段 : 度 数 下 段 :% 全 体 24 歳 以 下 25~29 歳 30~34 歳 35~39 歳 40~44 歳 45~49 歳 問 43 今 後 持 つおつもりのお 子 さんの 数 が もし 結 果 的 に 持 てないことがあるとしたら その 原 因 は 何 である 可 能 性 が 高 いですか 自 分 や 夫 婦 保 育 所 など 年 齢 や 健 康 持 つつもりの 家 事 育 児 の 今 いる 子 ども 収 入 が 不 安 の 仕 事 ( 勤 め 子 どもの 預 上 の 理 由 で 子 ども 数 を 実 合 計 協 力 者 がい に 手 がかか その 他 定 なこと や 家 業 )の 事 け 先 がないこ 子 どもができ 現 できない 可 ないこと ること 情 と ないこと 能 性 は 低 い

17 I. 市 民 対 象 調 査 f. 鎌 倉 市 における 居 住 選 択 要 因 の 把 握 鎌 倉 市 に 住 んでいる または 住 み 続 けている 理 由 として 住 宅 が 用 意 されていたから と 回 答 した 方 が 28.6% 配 偶 者 が 住 んでいた または 親 族 知 人 が 住 んでいる が27.4%となっています 海 のある 自 然 環 境 山 並 みの 緑 などの 自 然 環 境 と 回 答 した 方 がそれぞれ23.0%となっています (n=899) 問 20 あなたが 現 在 鎌 倉 市 に 住 んでいる または 住 み 続 けている 理 由 通 勤 通 学 時 間 都 心 へのアクセス 最 寄 り 駅 へのアクセス 住 宅 の 条 件 ( 広 さ 日 当 たり 静 けさ) 家 賃 住 宅 価 格 街 並 みや 街 の 雰 囲 気 買 い 物 の 利 便 性 公 園 海 のある 自 然 環 境 山 並 みの 緑 などの 自 然 環 境 歴 史 的 景 観 地 域 コミュニティ 医 療 福 祉 子 育 て 環 境 保 育 園 の 整 備 状 況 小 中 高 校 などの 教 育 環 境 公 共 施 設 ( 公 民 館 図 書 館 スポーツ 施 設 等 ) 文 化 芸 術 活 動 治 安 自 然 災 害 の 少 なさ 道 路 や 下 水 道 など 都 市 基 盤 配 偶 者 が 住 んでいた または 親 族 知 人 が 近 くに 住 んでいる 住 宅 が 用 意 されていたから( 社 宅 家 族 と 同 居 家 族 の 持 ち 家 ) その 他

18 I. 市 民 対 象 調 査 f2. 鎌 倉 市 における 居 住 選 択 要 因 の 把 握 上 表 : 男 性 下 表 : 女 性 男 性 をみると 通 勤 通 学 時 間 では 25~29 歳 配 偶 者 が 住 んでいた または 親 族 知 人 が 近 くに 住 ん でいる では 55~59 歳 住 宅 が 用 意 されていたから( 社 宅 家 族 と 同 居 家 族 の 持 ち 家 ) では 24 歳 以 下 が 高 くなっている 女 性 をみると 山 並 みの 緑 などの 自 然 環 境 では 60~64 歳 配 偶 者 が 住 んでいた または 親 族 知 人 が 近 くに 住 んでいる では 45~49 歳 住 宅 が 用 意 されていたから( 社 宅 家 族 と 同 居 家 族 の 持 ち 家 ) で は 24 歳 以 下 が 高 くなっている 上 段 : 度 数 下 段 :% 全 体 24 歳 以 下 25~29 歳 30~34 歳 35~39 歳 * 年 齢 の 項 目 40~44 歳 45~49 歳 50~54 歳 55~59 歳 60~64 歳 問 20 あなたが 現 在 鎌 倉 市 に 住 んでいる または 住 み 続 けている 理 由 合 計 配 偶 者 が 住 住 宅 が 用 意 公 共 施 設 ( 公 住 宅 の 条 件 山 並 みの 緑 小 中 高 校 な 道 路 や 下 水 んでいた ま されていたか 通 勤 通 学 時 都 心 へのア 最 寄 り 駅 へ 家 賃 住 宅 価 街 並 みや 街 買 い 物 の 利 海 のある 自 地 域 コミュニ 保 育 園 の 整 民 館 図 書 文 化 芸 術 活 自 然 災 害 の ( 広 さ 日 当 公 園 などの 自 然 歴 史 的 景 観 医 療 福 祉 子 育 て 環 境 どの 教 育 環 治 安 道 など 都 市 たは 親 族 ら( 社 宅 家 その 他 間 クセス のアクセス 格 の 雰 囲 気 便 性 然 環 境 ティ 備 状 況 館 スポーツ 動 少 なさ たり 静 けさ) 環 境 境 基 盤 知 人 が 近 くに 族 と 同 居 家 施 設 等 ) 住 んでいる 族 の 持 ち 家 ) 上 段 : 度 数 下 段 :% 全 体 24 歳 以 下 25~29 歳 30~34 歳 35~39 歳 * 年 齢 の 項 目 40~44 歳 45~49 歳 50~54 歳 55~59 歳 60~64 歳 問 20 あなたが 現 在 鎌 倉 市 に 住 んでいる または 住 み 続 けている 理 由 合 計 配 偶 者 が 住 住 宅 が 用 意 公 共 施 設 ( 公 住 宅 の 条 件 山 並 みの 緑 小 中 高 校 な 道 路 や 下 水 んでいた ま されていたか 通 勤 通 学 時 都 心 へのア 最 寄 り 駅 へ 家 賃 住 宅 価 街 並 みや 街 買 い 物 の 利 海 のある 自 地 域 コミュニ 保 育 園 の 整 民 館 図 書 文 化 芸 術 活 自 然 災 害 の ( 広 さ 日 当 公 園 などの 自 然 歴 史 的 景 観 医 療 福 祉 子 育 て 環 境 どの 教 育 環 治 安 道 など 都 市 たは 親 族 ら( 社 宅 家 その 他 間 クセス のアクセス 格 の 雰 囲 気 便 性 然 環 境 ティ 備 状 況 館 スポーツ 動 少 なさ たり 静 けさ) 環 境 境 基 盤 知 人 が 近 くに 族 と 同 居 家 施 設 等 ) 住 んでいる 族 の 持 ち 家 )

19 I. 市 民 対 象 調 査 f3. 鎌 倉 市 における 居 住 選 択 要 因 の 把 握 上 表 : 男 性 下 表 : 女 性 男 性 をみると 交 通 の 便 がよいこと では 24 歳 以 下 緑 や 水 辺 空 間 などの 自 然 環 境 の 保 全 創 出 では 40 ~44 歳 安 全 安 心 な 生 活 環 境 の 点 で 不 安 や 問 題 がないこと では 45~49 歳 が 高 くなっている 女 性 をみると 交 通 の 便 がよいこと では 24 歳 以 下 子 育 てしやすい 環 境 ( 保 育 所 など 小 学 校 就 学 前 の 環 境 ) では 25~29 歳 安 全 安 心 な 生 活 環 境 の 点 で 不 安 や 問 題 がないこと では 55~59 歳 が 高 くなっている 上 段 : 度 数 問 2 あなたと 同 世 代 の 多 くの 人 にとって 鎌 倉 市 に 住 みたいと 思 えるまちになるためには どのような 点 が 満 たされるべきだと 思 いますか 下 段 :% 合 計 子 育 てしや 買 い 物 や 趣 安 全 安 心 な 土 地 や 住 宅 緑 や 水 辺 空 魅 力 的 なしご 住 宅 用 地 が すい 環 境 ( 保 地 域 とのつな 味 娯 楽 を 楽 生 活 環 境 の 雇 用 が 十 分 が 取 得 しや 交 通 の 便 が 医 療 や 介 護 小 中 学 校 教 高 校 教 育 の 間 などの 自 とが 十 分 にあ 十 分 にあるこ 育 所 など 小 がり 近 所 関 しめる 場 所 が 点 で 不 安 や その 他 にあること すい 価 格 で よいこと の 問 題 育 の 充 実 充 実 然 環 境 の 保 ること と 学 校 就 学 前 係 十 分 にあるこ 問 題 がない あること 全 創 出 の 環 境 ) と こと 全 体 24 歳 以 下 25~29 歳 30~34 歳 35~39 歳 * 年 齢 の 項 目 40~44 歳 45~49 歳 50~54 歳 55~59 歳 60~64 歳 上 段 : 度 数 下 段 :% 全 体 24 歳 以 下 25~29 歳 30~34 歳 35~39 歳 * 年 齢 の 項 目 40~44 歳 45~49 歳 50~54 歳 55~59 歳 60~64 歳 問 2 あなたと 同 世 代 の 多 くの 人 にとって 鎌 倉 市 に 住 みたいと 思 えるまちになるためには どのような 点 が 満 たされるべきだと 思 いますか 合 計 子 育 てしや 買 い 物 や 趣 安 全 安 心 な 土 地 や 住 宅 緑 や 水 辺 空 魅 力 的 なしご 住 宅 用 地 が すい 環 境 ( 保 地 域 とのつな 味 娯 楽 を 楽 生 活 環 境 の 雇 用 が 十 分 が 取 得 しや 交 通 の 便 が 医 療 や 介 護 小 中 学 校 教 高 校 教 育 の 間 などの 自 とが 十 分 にあ 十 分 にあるこ 育 所 など 小 がり 近 所 関 しめる 場 所 が 点 で 不 安 や その 他 にあること すい 価 格 で よいこと の 問 題 育 の 充 実 充 実 然 環 境 の 保 ること と 学 校 就 学 前 係 十 分 にあるこ 問 題 がない あること 全 創 出 の 環 境 ) と こと

20 I. 市 民 対 象 調 査 f4. 鎌 倉 市 における 居 住 選 択 要 因 の 把 握 世 帯 収 入 別 にみると 海 のある 自 然 環 境 と 山 並 みの 緑 などの 自 然 環 境 では 800 万 円 以 上 配 偶 者 が 住 んでいた または 親 族 知 人 が 近 くに 住 んでいる では 400 万 円 ~600 万 円 未 満 住 宅 が 用 意 され ていたから( 社 宅 家 族 と 同 居 家 族 の 持 ち 家 ) では 400 万 円 未 満 が 高 くなっている 問 6() 世 帯 の 収 入 の 総 額 ( 年 間 ) 上 段 : 度 数 下 段 :% 全 体 400 万 円 未 満 400 万 円 ~ 600 万 円 未 満 600 万 円 ~ 800 万 円 未 満 800 万 円 以 上 上 段 : 度 数 下 段 :% 全 体 400 万 円 未 満 400 万 円 ~ 600 万 円 未 満 600 万 円 ~ 800 万 円 未 満 800 万 円 以 上 問 20 あなたが 現 在 鎌 倉 市 に 住 んでいる または 住 み 続 けている 理 由 合 計 合 計 通 勤 通 学 時 間 都 心 へのア クセス 最 寄 り 駅 へ のアクセス 住 宅 の 条 件 ( 広 さ 日 当 たり 静 けさ) 家 賃 住 宅 価 格 街 並 みや 街 の 雰 囲 気 買 い 物 の 利 便 性 公 園 海 のある 自 然 環 境 山 並 みの 緑 などの 自 然 環 境 歴 史 的 景 観 地 域 コミュニ ティ 医 療 福 祉 子 育 て 環 境 保 育 園 の 整 備 状 況 小 中 高 校 な どの 教 育 環 境 公 共 施 設 ( 公 民 館 図 書 館 スポーツ 施 設 等 ) 文 化 芸 術 活 動 治 安 自 然 災 害 の 少 なさ 道 路 や 下 水 道 など 都 市 基 盤 配 偶 者 が 住 住 宅 が 用 意 んでいた ま されていたか たは 親 族 ら( 社 宅 家 知 人 が 近 くに 族 と 同 居 家 住 んでいる 族 の 持 ち 家 ) その 他

21 I. 市 民 対 象 調 査 f5. 鎌 倉 市 における 居 住 選 択 要 因 の 把 握 地 域 別 にみると 海 のある 自 然 環 境 では 腰 越 地 域 山 並 みの 緑 などの 自 然 環 境 では 鎌 倉 地 域 配 偶 者 が 住 んでいた または 親 族 知 人 が 近 くに 住 んでいる では 深 沢 地 域 住 宅 が 用 意 されていた から では 腰 越 地 域 と 玉 縄 地 域 が 高 くなっている 問 3 居 住 地 域 上 段 : 度 数 下 段 :% 全 体 鎌 倉 地 域 大 船 地 域 深 沢 地 域 腰 越 地 域 玉 縄 地 域 不 明 無 回 答 全 体 鎌 倉 地 域 大 船 地 域 深 沢 地 域 腰 越 地 域 玉 縄 地 域 不 明 無 回 答 問 20 あなたが 現 在 鎌 倉 市 に 住 んでいる または 住 み 続 けている 理 由 住 宅 の 条 件 通 勤 通 学 都 心 へのア 最 寄 り 駅 へ ( 広 さ 日 当 家 賃 住 宅 合 計 時 間 クセス のアクセス たり 静 け 価 格 さ) 20 街 並 みや 街 買 い 物 の 利 公 園 の 雰 囲 気 便 性 海 のある 自 然 環 境 山 並 みの 緑 などの 自 然 環 境 地 域 コミュ 歴 史 的 景 観 ニティ 医 療 福 祉 合 計 配 偶 者 が 住 住 宅 が 用 意 公 共 施 設 んでいた されていた 小 中 高 校 な ( 公 民 館 道 路 や 下 水 保 育 園 の 整 文 化 芸 術 自 然 災 害 の または 親 から( 社 宅 不 明 無 回 子 育 て 環 境 どの 教 育 環 図 書 館 ス 治 安 道 など 都 市 その 他 備 状 況 活 動 少 なさ 族 知 人 が 家 族 と 同 答 境 ポーツ 施 設 基 盤 近 くに 住 ん 居 家 族 の 等 ) でいる 持 ち 家 ) 医 療 福 祉

22 I. 市 民 対 象 調 査 f6. 居 住 継 続 に 向 けて 必 要 な 取 組 の 把 握 鎌 倉 市 に 住 みたいと 思 えるために 必 要 なこととして 安 全 安 心 な 生 活 環 境 の 点 で 不 安 や 問 題 がないこと が42.6% 子 育 てしやすい 環 境 ( 保 育 所 など 小 学 校 就 学 前 の 環 境 ) が36.3%となっています (n=899) 問 2 鎌 倉 市 に 住 みたいと 思 えるまちになるためには どのような 点 が 満 たされるべきか 魅 力 的 なしごとが 十 分 にあること 雇 用 が 十 分 にあること 住 宅 用 地 が 十 分 にあること 土 地 や 住 宅 が 取 得 しやすい 価 格 であること 交 通 の 便 がよいこと 医 療 や 介 護 の 問 題 子 育 てしやすい 環 境 ( 保 育 所 など 小 学 校 就 学 前 の 環 境 ) 小 中 学 校 教 育 の 充 実 高 校 教 育 の 充 実 地 域 とのつながり 近 所 関 係 緑 や 水 辺 空 間 などの 自 然 環 境 の 保 全 創 出 買 い 物 や 趣 味 娯 楽 を 楽 しめる 場 所 が 十 分 にあること 安 全 安 心 な 生 活 環 境 の 点 で 不 安 や 問 題 がないこと その 他

23 I. 市 民 対 象 調 査 g. 鎌 倉 市 で 暮 らしたいライフスタイル 生 活 全 般 について 鎌 倉 市 でのように 暮 らしたいかとの 問 いに 対 し 精 神 的 に 余 裕 のある 生 活 を 送 りたい 経 済 的 に 余 裕 のある 生 活 を 送 りたい と 回 答 した 方 が55.4% 54.9%と 半 数 以 上 を 占 めています 自 然 と 環 境 が 守 られた 場 所 で 生 活 をしたい 4.7% 家 族 みんなで 様 々なことを 楽 しみたい 30.8% 子 どもには 出 来 るだけのことをしてあげたい 30.7%が 続 いています (n=899) 問 30 生 活 全 般 について 鎌 倉 市 でどのように 暮 らしていきたいですか 東 京 や 横 浜 などで 仕 事 をしたい 9.6 鎌 倉 市 内 の 身 近 なエリアで 働 きたい 店 を 持 ちたい 3.7 家 族 みんなで 様 々なことを 楽 しみたい 子 どもには 出 来 るだけのことをしてあげたい 趣 味 など 好 きなことを 深 く 極 めたい 9. 自 分 の 感 性 やセンスを 磨 いていきたい 9.4 精 神 的 に 余 裕 のある 生 活 を 送 りたい 経 済 的 に 余 裕 のある 生 活 を 送 りたい 便 利 で 快 適 な 生 活 をしたい 自 然 と 環 境 が 守 られた 場 所 で 生 活 をしたい

24 I. 市 民 対 象 調 査 g2. 鎌 倉 市 で 暮 らしたいライフスタイル 男 性 をみると 精 神 的 に 余 裕 のある 生 活 を 送 りたい と 経 済 的 に 余 裕 のある 生 活 を 送 りたい では 25~ 29 歳 自 然 と 環 境 が 守 られた 場 所 で 生 活 をしたい では 60~64 歳 が 高 くなっている * 年 齢 の 項 目 上 段 : 度 数 下 段 :% 全 体 24 歳 以 下 25~29 歳 30~34 歳 35~39 歳 40~44 歳 45~49 歳 50~54 歳 55~59 歳 60~64 歳 不 明 無 回 答 * 問 30 生 活 全 般 について 鎌 倉 市 でどのように 暮 らしていきたいですか 生 活 全 般 について 鎌 倉 市 でどのように 暮 らしていきたいですか 鎌 倉 市 内 の 家 族 みんな 子 どもには 趣 味 など 好 自 分 の 感 性 精 神 的 に 余 経 済 的 に 余 東 京 や 横 浜 身 近 なエリ 便 利 で 快 適 で 様 々なこ 出 来 るだけ きなことを やセンスを 裕 のある 生 裕 のある 生 合 計 などで 仕 アで 働 きた な 生 活 をし とを 楽 しみ のことをして 深 く 極 めた 磨 いていき 活 を 送 りた 活 を 送 りた 事 をしたい い 店 を 持 たい たい あげたい い たい い い ちたい 自 然 と 環 境 が 守 られた 不 明 無 回 場 所 で 生 活 答 をしたい

25 I. 市 民 対 象 調 査 g3. 鎌 倉 市 で 暮 らしたいライフスタイル 女 性 をみると 精 神 的 に 余 裕 のある 生 活 を 送 りたい と 経 済 的 に 余 裕 のある 生 活 を 送 りたい では 50~ 54 歳 自 然 と 環 境 が 守 られた 場 所 で 生 活 をしたい では 60~64 歳 が 高 くなっている 上 段 : 度 数 下 段 :% 全 体 24 歳 以 下 25~29 歳 30~34 歳 35~39 歳 * 年 齢 の 項 目 40~44 歳 45~49 歳 50~54 歳 55~59 歳 60~64 歳 * 問 30 生 活 全 般 について 鎌 倉 市 でどのように 暮 らしていきたいですか 生 活 全 般 について 鎌 倉 市 でどのように 暮 らしていきたいですか 鎌 倉 市 内 の 子 どもには 東 京 や 横 浜 家 族 みんな 趣 味 など 好 自 分 の 感 性 精 神 的 に 余 経 済 的 に 余 身 近 なエリア 出 来 るだけ 合 計 などで 仕 事 で 様 々なこと きなことを 深 やセンスを 磨 裕 のある 生 裕 のある 生 で 働 きたい のことをして をしたい を 楽 しみたい く 極 めたい いていきたい 活 を 送 りたい 活 を 送 りたい 店 を 持 ちたい あげたい 便 利 で 快 適 な 生 活 をした い 自 然 と 環 境 が 守 られた 場 所 で 生 活 をしたい

26 I. 市 民 対 象 調 査 h. 学 生 専 業 主 婦 主 夫 無 職 の 就 労 意 向 学 生 専 業 主 婦 主 夫 無 職 の 方 のうち 就 労 を 希 望 している と 回 答 した 方 は56.3%となります 就 労 を 希 望 している と 回 答 した 方 のうち 働 きたい 就 労 形 態 として 正 規 の 職 員 社 員 と 回 答 した 方 は 5.0% パート アルバイト と 回 答 した 方 が38.%となります (n=26) 問 26 あなたは 現 在 ( 又 は 卒 業 後 ) 就 職 を 希 望 していますか (n=47) 問 27() どのような 形 態 で 働 きたいと 思 いますか, 4.6 自 営 業 等 ( 農 林 業 含 む), 4.8 派 遣 嘱 託 契 約 社 員, 3.4 その 他, 2.7 希 望 していない, 39. 希 望 している, 56.3 パート アルバイト, 38. 正 規 の 職 員 社 員,

27 I. 市 民 対 象 調 査 h2. 学 生 専 業 主 婦 主 夫 無 職 の 就 労 意 向 左 表 : 男 性 右 表 : 女 性 男 性 をみると 希 望 している では 24 歳 以 下 が 高 くなっている 女 性 をみると 希 望 している では 24 歳 以 下 や 35~39 歳 が 高 くなっている * 年 齢 の 項 目 上 段 : 度 数 問 26 あなたは 現 在 ( 又 は 卒 業 後 ) 就 職 を 希 望 していま すか 下 段 :% 合 計 希 望 している 希 望 していな い 全 体 24 歳 以 下 25~29 歳 30~34 歳 35~39 歳 40~44 歳 45~49 歳 50~54 歳 55~59 歳 60~64 歳 * 年 齢 の 項 目 上 段 : 度 数 問 26 あなたは 現 在 ( 又 は 卒 業 後 ) 就 職 を 希 望 していま すか 下 段 :% 合 計 希 望 している 希 望 していな い 全 体 24 歳 以 下 25~29 歳 30~34 歳 35~39 歳 40~44 歳 45~49 歳 50~54 歳 55~59 歳 60~64 歳

28 I. 市 民 対 象 調 査 h3. 学 生 専 業 主 婦 主 夫 無 職 の 就 労 意 向 就 労 を 希 望 している と 回 答 した 方 のうち 働 きたい 場 所 として 鎌 倉 市 内 と 回 答 した 方 が55.8% 東 京 23 区 と 回 答 した 方 が0.2%となります 就 労 を 希 望 している と 回 答 した 方 のうち 働 きたい 職 種 として 生 活 関 連 サービス 業 娯 楽 業 と 教 育 学 習 支 援 業 と 回 答 した 方 がそれぞれ9.7%を 占 めています (n=47) 問 27(2) どこで 働 きたいと 思 いますか (n=47) 問 27(3) どのような 職 種 で 働 きたいと 思 いますか 東 京 都 ( 東 京 23 区 以 外 ),.4 東 京 23 区, 0.2 神 奈 川 県 内 ( 鎌 倉 市 川 崎 市 藤 沢 市 以 外 ), 6. どこでもよい, 5.6 上 記 以 外, 4. 藤 沢 市 内,.4 川 崎 市 内, 0.0 横 浜 市 内, 5.4, 0.0 鎌 倉 市 内, 55.8 農 林 漁 業 建 設 業 鉱 業 採 石 業 砂 利 採 取 業 製 造 業 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 情 報 通 信 業 運 輸 業 郵 便 業 卸 売 業 小 売 業 金 融 業 保 険 業 不 動 産 業 物 品 賃 貸 業 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 業 宿 泊 業 飲 食 サービス 業 生 活 関 連 サービス 業 娯 楽 業 教 育 学 習 支 援 業 医 療 福 祉 ( 介 護 サービス 業 を 除 く) 介 護 サービス 業 公 務 ( 他 に 分 類 されるものを 除 く) その 他 の 職 種

29 ll. 転 入 転 出 調 査 ( 転 入 ) 28

30 ll. 転 入 転 出 調 査 ( 転 入 ) a. 属 性 男 女 構 成 比 は 男 性 40.0% 女 性 53.%になっています 年 齢 構 成 比 では 40 歳 未 満 で65% 程 度 40~44 歳 0.3% 45~49 歳 6.2% 50 歳 以 上 で25% 程 度 になっています 居 住 地 域 構 成 比 では 鎌 倉 地 域 2.4% 大 船 地 域 26.9% 深 沢 地 域 24.% 腰 越 地 域 9.0% 玉 縄 地 域 3.8%となっています (n=45) 問 性 別 (n=45) 問 2 年 齢 (n=45) 問 5 居 住 地 域, 6.9, 歳 以 下, 4., 4.8 男 性, ~69 歳, 4. 60~64 歳, ~59 歳, 歳 以 上,.0 25~29 歳, 4.5 玉 縄 地 域, 3.8 腰 越 地 域, 9.0 鎌 倉 地 域, 2.4 女 性, ~54 歳, ~34 歳, 20.7 深 沢 地 域, 24. 大 船 地 域, ~49 歳, ~44 歳, ~39 歳,

31 ll. 転 入 転 出 調 査 ( 転 入 ) a2. 属 性 家 計 での 経 済 的 負 担 が 大 きい 項 目 として 家 賃 住 宅 ローン と 回 答 した 方 が47.6% 生 活 費 と 回 答 した 方 が24.% 子 どもの 養 育 費 学 費 と 回 答 した 方 が3.4%となっています 回 答 者 における 世 帯 収 入 の 総 額 ( 年 間 )として 300 万 円 ~400 万 円 未 満 が7.2% 200 万 円 ~300 万 円 未 満 が6.6% 400 万 円 ~500 万 円 未 満 が3.8%となっています (n=45) 問 2 家 計 での 経 済 的 負 担 が 大 きい (n=45) 問 3 世 帯 の 収 入, 万 円 未 満, 万 円 ~200 万 円 未 満, 万 円 以 上, 8.3 その 他, 6.2, 万 円 ~000 万 円 未 満, 2. 介 護 費, 0.0 娯 楽 交 際 費, 3.4 医 療 費, 0.0 生 活 費 ( 食 費 光 熱 水 費 など), 24. 家 賃 住 宅 ローン, 47.6 子 どもの 養 育 費 学 費, 万 円 ~900 万 円 未 満, 万 円 ~800 万 円 未 満, 万 円 ~700 万 円 未 満, 万 円 ~600 万 円 未 満, 万 円 ~ 500 万 円 未 満, 万 円 ~300 万 円 未 満, 万 円 ~400 万 円 未 満,

32 ll. 転 入 転 出 調 査 ( 転 入 ) b. 転 入 理 由 の 把 握 転 入 の 理 由 を 住 宅 の 理 由 で と 回 答 した 方 は22.3% となっています 問 20 あながた 転 居 することになった 大 きなきっかけは 何 ですか (n=220) 入 学 進 学 のため 就 職 のため 転 職 のため 6.4 転 勤 のため 0.5 退 職 のため 3.6 子 どもの 進 学 の 都 合 で 4. 住 宅 の 理 由 で 22.3 結 婚 のため 離 婚 のため 両 親 や 子 どもの 近 くに 住 むため 3.2 家 族 から 独 立 するため.8 子 育 て 環 境 上 の 理 由 で 8.2 生 活 環 境 上 の 理 由 で 20.9 その 他

33 II. 転 入 調 査 c. 鎌 倉 市 の 選 択 理 由 鎌 倉 市 を 選 択 した 理 由 として 山 並 みの 緑 などの 自 然 環 境 と 回 答 した 方 が24.5% 街 並 みや 街 の 雰 囲 気 が2.8%となっています 住 宅 の 条 件 ( 広 さ 日 当 たり 静 けさ 海 のある 自 然 環 境 住 宅 が 用 意 されていたから( 社 宅 家 族 と 同 居 家 族 の 持 ち 家 ) がそれぞれ20.5%となっています (n=220) 問 23 転 居 先 として 鎌 倉 市 を 選 んだ 決 め 手 は 何 ですか 通 勤 通 学 時 間 都 心 へのアクセス 最 寄 り 駅 へのアクセス 住 宅 の 条 件 ( 広 さ 日 当 たり 静 けさ) 家 賃 住 宅 価 格 街 並 みや 街 の 雰 囲 気 買 い 物 の 利 便 性 公 園 海 のある 自 然 環 境 山 並 みの 緑 などの 自 然 環 境 歴 史 的 景 観 地 域 コミュニティ 医 療 福 祉 子 育 て 環 境 保 育 園 の 整 備 状 況 小 中 高 校 などの 教 育 環 境 公 共 施 設 ( 公 民 館 図 書 館 スポーツ 施 設 等 ) 文 化 芸 術 活 動 治 安 自 然 災 害 の 少 なさ 道 路 や 下 水 道 など 都 配 偶 者 が 住 んでいた または 親 族 知 人 が 近 くに 住 んでいる 住 宅 が 用 意 されていたから( 社 宅 家 族 と 同 居 家 族 の 持 ち 家 ) その 他

34 II. 転 入 調 査 c2. 鎌 倉 市 の 選 択 理 由 転 出 元 別 にみると 住 宅 の 条 件 ( 広 さ 日 当 たり 静 けさ) では 横 浜 市 街 並 みや 街 の 雰 囲 気 と 山 並 みの 緑 などの 自 然 環 境 では 東 京 都 特 別 区 部 が 高 くなっている 左 列 : 度 数 右 列 :% 問 2 3 転 居 先 と し て 鎌 倉 市 を 選 ん だ 決 め 手 は 何 で す か * 問 4 転 居 前 のお 住 まいの 項 目 全 体 横 浜 市 藤 沢 市 上 記 以 外 の 神 奈 川 県 東 京 都 特 別 区 部 上 記 以 外 合 計 通 勤 通 学 時 間 都 心 へのアクセス 最 寄 り 駅 へのアクセス 住 宅 の 条 件 ( 広 さ 日 当 たり 静 け さ) 家 賃 住 宅 価 格 街 並 みや 街 の 雰 囲 気 買 い 物 の 利 便 性 公 園 海 のある 自 然 環 境 山 並 みの 緑 などの 自 然 環 境 歴 史 的 景 観 地 域 コミュニティ 医 療 福 祉 子 育 て 環 境 保 育 園 の 整 備 状 況 小 中 高 校 などの 教 育 環 境 公 共 施 設 ( 公 民 館 図 書 館 ス ポーツ 施 設 等 ) 文 化 芸 術 活 動 治 安 自 然 災 害 の 少 なさ 道 路 や 下 水 道 など 都 配 偶 者 が 住 んでいた または 親 族 知 人 が 近 くに 住 んでいる 住 宅 が 用 意 されていたから( 社 宅 家 族 と 同 居 家 族 の 持 ち 家 ) その 他

35 ll. 転 入 転 出 調 査 ( 転 入 ) d. 住 宅 の 住 み 替 えの 評 価 鎌 倉 市 に 転 入 してきた 方 では 日 常 の 買 い 物 医 療 などの 利 便 や 通 勤 通 学 などの 利 便 が 悪 くなった と 感 じており 自 然 とのふれあいや 外 部 空 間 のゆとり を 大 変 よくなったと 感 じています (n=220) 問 9 転 居 により 住 宅 及 び 居 住 環 境 の 変 化 問 9(2) 日 常 の 買 い 物 医 療 などの 利 便 問 9() 通 勤 通 学 などの 利 便 問 9(0) 高 齢 期 の 暮 らしの 安 全 安 心 問 9(9) 自 然 とのふれあいや 外 部 空 間 のゆとり 問 9(8) 犯 罪 に 対 する 安 全 性 問 9(7) 災 害 に 対 する 安 全 性 問 9(6)ローン 家 賃 など 住 居 費 の 負 担 問 9(5) 光 熱 費 の 負 担 問 9(4) 住 宅 の 断 熱 性 換 気 採 光 等 問 9(3) 住 宅 の 維 持 管 理 のしやすさ 問 9(2) 住 宅 の 快 適 さ 使 いやすさ 問 9() 住 宅 の 広 さ 間 取 り % 20% 40% 60% 80% 00% 大 変 良 くなった 良 くなった 変 わらない 悪 くなった 34

36 lll. 転 入 転 出 調 査 ( 転 出 ) 35

37 IIl. 転 入 転 出 調 査 ( 転 出 ) a. 属 性 男 女 構 成 比 は 男 性 48.6% 女 性 42.7%になっています 年 齢 構 成 比 では 40 歳 未 満 で40% 程 度 40~44 歳 7.7% 45~49 歳 9.% 50 歳 以 上 で32.3% 程 度 になっています 居 住 地 域 構 成 比 では 鎌 倉 地 域 27.7% 大 船 地 域 33.2% 深 沢 地 域 4.5% 腰 越 地 域 8.6% 玉 縄 地 域 4.5%となっています (n=220) 問 性 別 (n=220) 問 2 年 齢, 0.5 (n=220) 問 5 居 住 地 域 70 歳 以 上, 歳 以 下, 6.4,.4 不 明 無 回 答, 8.6 男 性, ~69 歳, ~64 歳, ~59 歳, 9. 25~29 歳, ~34 歳, 3.2 玉 縄 地 域, 4.5 腰 越 地 域, 8.6 鎌 倉 地 域, 27.7 女 性, 42.7 深 沢 地 域, ~54 歳, 5.0 大 船 地 域, ~49 歳, 9. 40~44 歳, ~39 歳,

38 IIl. 転 入 転 出 調 査 ( 転 出 ) a2. 属 性 家 計 での 経 済 的 負 担 が 大 きい 項 目 として 家 賃 住 宅 ローン と 回 答 した 方 が40.0% 生 活 費 と 回 答 した 方 が30.5% 子 どもの 養 育 費 学 費 と 回 答 した 方 が5.9%となっています 回 答 者 における 世 帯 収 入 の 総 額 ( 年 間 )として 200 万 円 ~300 万 円 未 満 が3.2% 400 万 円 ~500 万 円 未 満 が2.3% 300 万 円 ~400 万 円 未 満 が.8% 500 万 円 ~600 万 円 未 満 が0.5%となっていま す (n=220) 問 2 家 計 での 経 済 的 負 担 が 大 きい (n=220) 問 3 世 帯 の 収 入, 万 円 未 満, 万 円 ~200 万 円 未 満, 万 円 以 上, 8.6 介 護 費, 0.5 娯 楽 交 際 費, 2.7 その 他, 2.7, 医 療 費, 生 活 費 ( 食 費 光 熱 水 費 など), 30.5 家 賃 住 宅 ローン, 万 円 ~000 万 円 未 満, 万 円 ~900 万 円 未 満, 万 円 ~800 万 円 未 満, 万 円 ~300 万 円 未 満, 万 円 ~ 400 万 円 未 満,.8 子 どもの 養 育 費 学 費, 万 円 ~700 万 円 未 満, 万 円 ~600 万 円 未 満, 万 円 ~500 万 円 未 満,

39 IIl. 転 入 転 出 調 査 ( 転 出 ) b. 住 宅 の 住 み 替 えの 評 価 鎌 倉 市 から 転 出 した 方 では ローン 家 賃 などの 住 居 費 が 悪 くなったと 感 じており 通 勤 通 学 などの 利 便 は 大 変 よくなったと 感 じています (n=45) 問 9 転 居 により 住 宅 及 び 居 住 環 境 の 変 化 問 9(2) 日 常 の 買 い 物 医 療 などの 利 便 問 9() 通 勤 通 学 などの 利 便 問 9(0) 高 齢 期 の 暮 らしの 安 全 安 心 問 9(9) 自 然 とのふれあいや 外 部 空 間 のゆとり 問 9(8) 犯 罪 に 対 する 安 全 性 問 9(7) 災 害 に 対 する 安 全 性 問 9(6)ローン 家 賃 など 住 居 費 の 負 担 問 9(5) 光 熱 費 の 負 担 問 9(4) 住 宅 の 断 熱 性 換 気 採 光 等 問 9(3) 住 宅 の 維 持 管 理 のしやすさ 問 9(2) 住 宅 の 快 適 さ 使 いやすさ 問 9() 住 宅 の 広 さ 間 取 り % 20% 40% 60% 80% 00% 大 変 良 くなった 良 くなった 変 わらない 悪 くなった 38

40 IIl. 転 入 転 出 調 査 ( 転 出 ) c. 転 出 理 由 の 把 握 転 出 の 理 由 を 生 活 環 境 上 の 理 由 で と 回 答 した 方 は20.0%となっています 問 20 あなたが 転 居 することになった 大 きなきっかけは 何 ですか (n=45) 入 学 進 学 のため 就 職 のため 転 職 のため 6.2 転 勤 のため.7 退 職 のため 3.4 子 どもの 進 学 の 都 合 で 0.7 住 宅 の 理 由 で 9.3 結 婚 のため 離 婚 のため 両 親 や 子 どもの 近 くに 住 むため 7.6 家 族 から 独 立 するため 8.3 子 育 て 環 境 上 の 理 由 で 3.4 生 活 環 境 上 の 理 由 で 20.0 その 他

41 IIl. 転 入 転 出 調 査 ( 転 出 ) d. 転 居 先 を 選 んだ 理 由 鎌 倉 市 から 転 居 先 を 選 んだ 理 由 として 通 勤 通 学 時 間 と 回 答 した 方 が39.3% 家 賃 住 宅 価 格 が 29.7%となってます 住 宅 の 条 件 ( 広 さ 日 当 たり 静 けさ が24.8% 最 寄 り 駅 へのアクセス が2.4%で 続 いています (n=45) 問 23 転 居 先 ( 現 在 お 住 まいの 地 域 )を 選 んだ 決 め 手 は 何 ですか 通 勤 通 学 時 間 都 心 へのアクセス 最 寄 り 駅 へのアクセス 住 宅 の 条 件 ( 広 さ 日 当 たり 静 けさ) 家 賃 住 宅 価 格 街 並 みや 街 の 雰 囲 気 買 い 物 の 利 便 性 公 園 海 のある 自 然 環 境 山 並 みの 緑 などの 自 然 環 境 歴 史 的 景 観 地 域 コミュニティ 医 療 福 祉 子 育 て 環 境 保 育 園 の 整 備 状 況 小 中 高 校 などの 教 育 環 境 公 共 施 設 ( 公 民 館 図 書 館 スポーツ 施 設 等 ) 文 化 芸 術 活 動 治 安 自 然 災 害 の 少 なさ 道 路 や 下 水 道 など 都 配 偶 者 が 住 んでいた または 親 族 知 人 が 近 くに 住 んでいる 住 宅 が 用 意 されていたから( 社 宅 家 族 と 同 居 家 族 の 持 ち 家 ) その 他

42 IIl. 転 入 転 出 調 査 ( 転 出 ) d2. 転 居 先 を 選 んだ 理 由 転 居 先 別 にみると 通 勤 通 学 時 間 では 東 京 都 特 別 区 部 住 宅 の 条 件 ( 広 さ 日 当 たり 静 けさ) で は 横 浜 市 家 賃 住 宅 価 格 では 藤 沢 市 が 高 くなっている * 問 4 現 在 はどちらにお 住 まいですか 左 列 : 度 数 右 列 :% 全 体 横 浜 市 藤 沢 市 上 記 以 外 の 神 奈 川 県 東 京 都 特 別 区 部 上 記 以 外 合 計 問 2 3 転 居 先 ( 現 在 お 住 ま い の 地 域 ) を 選 ん だ 決 め 手 は 何 で す か 通 勤 通 学 時 間 都 心 へのアクセス 最 寄 り 駅 へのアクセス 住 宅 の 条 件 ( 広 さ 日 当 たり 静 け さ) 家 賃 住 宅 価 格 街 並 みや 街 の 雰 囲 気 買 い 物 の 利 便 性 公 園 海 のある 自 然 環 境 山 並 みの 緑 などの 自 然 環 境 歴 史 的 景 観 地 域 コミュニティ 医 療 福 祉 子 育 て 環 境 保 育 園 の 整 備 状 況 小 中 高 校 などの 教 育 環 境 公 共 施 設 ( 公 民 館 図 書 館 ス ポーツ 施 設 等 ) 文 化 芸 術 活 動 治 安 自 然 災 害 の 少 なさ 道 路 や 下 水 道 など 都 配 偶 者 が 住 んでいた または 親 族 知 人 が 近 くに 住 んでいる 住 宅 が 用 意 されていたから( 社 宅 家 族 と 同 居 家 族 の 持 ち 家 ) その 他

43 lv. まとめ 42

44 IV. まとめ 調 査 から 浮 かびあがる 市 民 のイメージ 鎌 倉 市 地 方 創 生 に 関 するアンケート 調 査 市 民 のイメージ( 例 ) 市 民 調 査 転 入 調 査 転 出 調 査 育 児 に 取 り 組 む 共 働 き 夫 婦 若 年 世 代 独 身 女 性 子 どもなし 共 働 き 夫 婦 横 浜 市 へ 転 出 した 独 身 男 性 (イメージ 例 ) (イメージ 例 ) (イメージ 例 ) (イメージ 例 ) 40 代 後 半 既 婚 男 性 夫 婦 子 ども2 人 と 同 居 自 分 は 東 京 に 正 社 員 として 勤 務 妻 は 市 内 の 医 療 福 祉 業 で 勤 務 鎌 倉 地 域 在 住 世 帯 年 収 は000 万 円 以 上 就 学 前 の 子 どもを 預 ける ために 送 り 迎 えを 夫 婦 でやっている 2 人 目 の 子 どもができ 養 育 費 が 経 済 的 負 担 となっている 子 育 てのため 妻 は 時 間 をつくるため 時 短 とする が 養 育 費 の 負 担 が 高 いた め 働 かないわけにはいか ない 20 代 後 半 独 身 女 性 東 京 で 正 社 員 として 勤 務 市 内 一 人 暮 らし 大 卒 年 収 300 万 円 ~400 万 円 未 満 結 婚 を 意 識 しているが 適 当 な 相 手 とまだめぐり 合 わない まだ20 代 な ので 今 は 仕 事 にうちこ みたい 精 神 的 に 余 裕 のある 生 活 をしたいと 思 っている 子 どもを 持 ち 仕 事 も 続 けたいと 思 っている 30 代 前 半 既 婚 女 性 夫 は 東 京 で 正 社 員 としてメ ーカー 勤 務 自 分 は 東 京 で 正 社 員 として 研 究 所 勤 務 市 内 夫 婦 ふたり 暮 ら し 住 宅 事 情 や 優 れた 生 活 環 境 を 求 めて 横 浜 市 から 鎌 倉 市 に 転 入 してきた 自 然 環 境 が 豊 かな 点 や 街 の 雰 囲 気 は 気 に 入 ってい る 住 んでみると 日 常 の 買 い 物 医 療 の 利 便 などが 悪 く 自 身 の 通 勤 にも 不 便 だと 思 うようになった 30 代 後 半 独 身 男 性 自 分 は 東 京 に 正 社 員 として メーカー 勤 務 横 浜 市 在 住 年 収 300 万 円 ~400 万 円 未 満 以 前 から 家 賃 や 生 活 費 が 高 いと 感 じており 勤 務 先 の 東 京 への 通 勤 時 間 が かかることも 負 担 となっ ていた 横 浜 市 に 移 り 自 然 との ふれあいや 外 部 空 間 のゆ とりがうすれたが 時 間 的 にも 経 済 的 にも 余 裕 が 生 まれた 想 定 される 主 要 施 策 想 定 される 主 要 施 策 想 定 される 主 要 施 策 想 定 される 主 要 施 策 父 親 母 親 のワークスタイル にあった 保 育 サービスの 充 実 職 住 近 接 型 かつキャリア 形 成 につながる 仕 事 の 創 造 鎌 倉 らしさを 体 感 でき かつ 利 便 性 の 高 い 生 活 環 境 づくり 職 住 近 接 型 の 仕 事 の 創 造 や 最 寄 駅 へのアクセスの 改 善 など

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5 海 津 市 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 係 る アンケート 調 査 ~ 調 査 ご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 から 市 政 の 推 進 にご 理 解 ご 協 力 をいただきまして ありがとうございます このたび 海 津 市 では 国 のまち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 に 基 づ き 本 市 の 人 口 の 将 来 展 望 を 示 したうえで 本 市

More information

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28 吉 野 川 市 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 策 定 のための アンケート 調 査 結 果 概 要 版 平 成 27 年 7 月 吉 野 川 市 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 調 査 は 今 年 度 策 定 する 地 方 版 総 合 戦 略 において まち ひと しごと 創 生 の 実 現 に 向 けた 効 果 的 な 施 策 を 推 進 するため また 地 方 版

More information

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円 はじめに あなたご 自 身 のことについてお 伺 いいします F1 あなたのお 住 まいは 次 のどの 地 域 ですか 1 県 北 地 域 3 県 南 地 域 5 南 会 津 地 域 7 いわき 地 域 2 県 中 地 域 4 会 津 地 域 6 相 双 地 域 お 住 まいの 地 域 がわからない 場 合 は 以 下 に 市 町 村 名 をご 記 入 ください ( ) F2 あなたの 出 身 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63> ま ち づ く り に 関 す る ア ン ケ ー ト 調 査 平 市 人 口 ン 平 市 合 策 定 のための 市 掟 調 査 アンケート 調 査 へのご のお 願 い 平 市 では 平 成 27 拢 までに 平 市 人 口 ン 平 市 合 を 策 定 することとし 現 在 その 準 備 作 業 を 進 めております 合 は 本 市 が に て る 捯 を 人 口 が 捠 に 進 捯 する 現 在

More information

Ⅰ 調査の概要

Ⅰ 調査の概要 資 料 6 伊 達 市 地 域 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 向 けた 職 員 意 識 調 査 報 告 書 ( 結 婚 出 産 子 育 て) ( 第 2 版 ) 平 成 2 7 年 5 月 総 合 政 策 課 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 の 実 施 方 法 等... 2 (1) 調 査 対 象 実 施 方 法... 2 (2) 回

More information

表 紙 裏

表 紙 裏 資 料 1 白 岡 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 アンケート 調 査 結 果 報 告 書 ( 速 報 値 ) 平 成 27 年 7 月 白 岡 市 表 紙 裏 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 2 2 調 査 概 要... 2 3 報 告 書 の 見 方... 2 Ⅱ. 調 査 結 果 将 来 設 計 に 関 するアンケート 調 査... 3 あなた

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

<95F18D908F912E786477>

<95F18D908F912E786477> 参 考 鹿 児 島 県 民 の 生 活 意 識 実 態 調 査 等 の 結 果 平 成 23 年 3 月 28 日 目 次 I. 世 代 別 にみた 特 徴 と 課 題... 2 1. 20 歳 代... 2 2. 30 歳 代... 3 3. 40 歳 代... 5 4. 50 歳 代... 7 5. 60 歳 代... 8 6. 70 歳 以 上... 10 II. 就 業 形 態 別 にみた

More information

資 料 1-1 ( 仮 称 ) 郡 山 市 人 口 ビジョン 郡 山 市 総 合 戦 略 策 定 のためのアンケート 調 査 集 計 結 果 報 告 書 平 成 27 年 9 月 郡 山 市 政 策 開 発 部 政 策 開 発 課 1 目 次 実 施 概 要... 1 A. 就 学 結 婚 子 育 て 年 代 に 対 するアンケート 調 査... 1 1. 調 査 の 概 要... 1 2. 家

More information

問 1 あなたの 性 別 は 次 の 中 から1つ 選 んでください 1. 男 性 2. 女 性 問 2 あなたの 年 齢 は 次 の 中 から1つ 選 んでください 1.20 歳 未 満 2.20~24 歳 3.25~29 歳 4.30~34 歳 5.35~39 歳 6.40~44 歳 7.45~

問 1 あなたの 性 別 は 次 の 中 から1つ 選 んでください 1. 男 性 2. 女 性 問 2 あなたの 年 齢 は 次 の 中 から1つ 選 んでください 1.20 歳 未 満 2.20~24 歳 3.25~29 歳 4.30~34 歳 5.35~39 歳 6.40~44 歳 7.45~ 昭 島 市 結 婚 出 産 子 育 てに 関 する 意 識 調 査 日 ごろより 市 行 財 政 運 営 にご 理 解 とご 協 力 をたまわり 誠 にありがとうございます 国 は これまで 経 験 したことのない 人 口 減 少 問 題 を 克 服 し 成 長 力 を 確 保 するための 方 策 として 結 婚 妊 娠 出 産 子 育 ての 切 れ 目 のない 支 援 により 若 い 世 代 の

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

問 5-1 現 在 のおつとめの 状 況 をご 回 答 ください 1 正 規 の 職 員 2 パート アルバイト 3 派 遣 嘱 託 契 約 社 員 4 自 営 業 主 家 族 従 事 者 5 無 職 家 事 6 学 生 問 5-2 ( 問 5-1で1~4を 選 択 した 方 にうかがいます) 現

問 5-1 現 在 のおつとめの 状 況 をご 回 答 ください 1 正 規 の 職 員 2 パート アルバイト 3 派 遣 嘱 託 契 約 社 員 4 自 営 業 主 家 族 従 事 者 5 無 職 家 事 6 学 生 問 5-2 ( 問 5-1で1~4を 選 択 した 方 にうかがいます) 現 結 婚 出 産 に 関 する 実 態 と 意 識 調 査 ( 独 身 男 女 ) 問 1 あなたの 出 生 地 をご 回 答 ください 47 都 道 府 県 + 外 国 (プルダウン 48) 問 2 これまでに 結 婚 したことがありますか 1 ない 2 ある( 離 別 した) 3 ある( 死 別 した) 問 3-1 最 後 に 卒 業 した(あるいは 在 学 中 の) 学 校 をご 回 答 ください

More information

1. 住 民 アンケート 調 査 1-1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 目 的 岡 垣 町 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 を 策 定 するための 基 礎 資 料 として 以 下 の 項 目 に 対 する 情 報 を 把 握 す るために 住 民 アンケートを 実 施 しました

1. 住 民 アンケート 調 査 1-1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 目 的 岡 垣 町 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 を 策 定 するための 基 礎 資 料 として 以 下 の 項 目 に 対 する 情 報 を 把 握 す るために 住 民 アンケートを 実 施 しました Ⅳ:アンケート 調 査 からみた 将 来 展 望 の 分 析 1. 住 民 アンケート 調 査 1. 住 民 アンケート 調 査 1-1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 目 的 岡 垣 町 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 を 策 定 するための 基 礎 資 料 として 以 下 の 項 目 に 対 する 情 報 を 把 握 す るために 住 民 アンケートを 実 施 しました 1 まちの

More information

目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 について... 2 (1) 調 査 目 的... 2 (2) 調 査 項 目... 2 (3) 調 査 設 計... 2 (4) 回 収 結 果... 3 (5) 報 告 書 の 見 方... 3 2. 回 答 者 の 属 性... 4 (1) 一 般 市 民 調 査... 4 (2) 企 業 調 査... 11 Ⅱ. 調 査 結 果 ( 一

More information

2. 調 査 票 配 布 した 調 査 票 を 以 下 に 示 す 2

2. 調 査 票 配 布 した 調 査 票 を 以 下 に 示 す 2 資 料 2 1. 調 査 の 概 要 中 間 報 告 結 婚 子 育 てに 関 するアンケート 調 査 調 査 目 的 結 婚 子 育 てに 関 するアンケート 調 査 調 査 内 容 回 答 者 自 身 について 回 答 者 の 属 性 ( 性 別 年 齢 居 住 地 域 就 業 状 況 ) 世 帯 状 況 ( 世 帯 の 年 収 家 族 構 成 ) 結 婚 について 婚 姻 状 況 未 婚 者

More information

<4D F736F F D20926E95FB916E90B B836795AA90CD8C8B89CA5F F4390B3>

<4D F736F F D20926E95FB916E90B B836795AA90CD8C8B89CA5F F4390B3> 美 馬 市 地 方 創 生 アンケート 分 析 結 果 平 成 27 年 10 月 美 馬 市 目 次 Ⅰ. 結 婚 出 産 子 育 て 等 に 関 するアンケート 調 査 1 1. 調 査 概 要 1 2. 結 果 概 要 3 3. 分 析 結 果 9 Ⅱ. 高 校 生 進 路 ( 進 学 就 職 ) アンケート 調 査 28 1. 調 査 概 要 28 2. 結 果 概 要 30 3. 分 析

More information

問 4D 専 門 科 目 受 講 していない 1 0.2 0 0.0 1 0.3 1 0.6 0 0.0 0 0.0 不 熱 心 8 1.3 7 2.4 1 0.3 2 1.1 2 1.0 4 1.8 やや 不 熱 心 45 7.3 27 9.1 17 5.3 9 5.0 12 5.7 24 11.

問 4D 専 門 科 目 受 講 していない 1 0.2 0 0.0 1 0.3 1 0.6 0 0.0 0 0.0 不 熱 心 8 1.3 7 2.4 1 0.3 2 1.1 2 1.0 4 1.8 やや 不 熱 心 45 7.3 27 9.1 17 5.3 9 5.0 12 5.7 24 11. 2015 年 卒 業 生 調 査 集 計 表 ( ) Ⅰ 入 学 時 の 状 況 と 大 学 生 活 問 1 入 学 試 験 形 態 一 般 入 試 413 66.7 201 67.9 211 65.5 93 51.4 152 72.4 159 72.9 AO 入 試 7 1.1 3 1.0 4 1.2 6 3.3 1 0.5 0 0.0 推 薦 入 試 148 23.9 71 24.0 77 23.9

More information

平 成 27 年 度 国 立 市 人 口 ビジョン 作 成 に 係 る 基 礎 調 査 結 果 報 告 書 国 立 市 目 次 Ⅰ 調 査 概 要... 1 1 目 的... 1 2 アンケートの 概 要... 1 (1) 調 査 対 象 者 と 調 査 方 法... 1 (2) 実 施 期 間... 1 (3) 回 収 率... 1 (4) 報 告 書 の 見 方... 1 (5) 標 本 誤

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63> ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 画 ( 後 期 基 本 計 画 ) 市 民 意 識 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 ふじみ 野 市 役 所 総 合 政 策 部 改 革 推 進 室 計 画 評 価 係 調 査 目 次 12 調 査 の 目 概 的 要...1......1 3 集 計 調 方 査 法 結...1 果 の 概 要...............2 12 あなた( 市 の

More information

- 56 -

- 56 - 第 3 章 結 果 の 考 察 - 55 - - 56 - 企 画 政 策 部 企 画 政 策 課 今 回 のアンケートでは 移 転 ( 転 入 出 )のきっかけ 移 転 先 の 決 定 に 重 視 したこと 実 際 に 移 転 先 を 決 定 した 理 由 情 報 源 本 市 に 対 する 印 象 の 変 化 などについて 伺 いました ここでは 本 市 の 人 口 動 態 が 近 年 転 出 者

More information

- 1 -

- 1 - 平 成 27 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 27 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6 羽 島 市 第 六 次 総 合 計 画 策 定 に 関 する 市 民 アンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 平 成 25 年 11 月 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の

More information

目 次 Ⅰ. 結 婚 出 産 子 育 て 等 に 関 するアンケート... 1 調 査 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 調 査 方 法... 1 3. 調 査 項 目... 1 4. 回 収 結 果... 1 調 査 の 結 果... 2 1.あなたご 自 身 について... 2

目 次 Ⅰ. 結 婚 出 産 子 育 て 等 に 関 するアンケート... 1 調 査 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 調 査 方 法... 1 3. 調 査 項 目... 1 4. 回 収 結 果... 1 調 査 の 結 果... 2 1.あなたご 自 身 について... 2 ( 仮 称 ) 蕨 市 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョンおよび 総 合 戦 略 の 策 定 にかかる 市 民 アンケート 結 果 報 告 書 ( 案 ) 平 成 27 年 9 月 目 次 Ⅰ. 結 婚 出 産 子 育 て 等 に 関 するアンケート... 1 調 査 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 調 査 方 法... 1 3. 調 査 項 目... 1 4. 回 収

More information

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216 平 成 26 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 26 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

Microsoft Word - 111001市民意識調査票(案.1100916)Ver.5.docx

Microsoft Word - 111001市民意識調査票(案.1100916)Ver.5.docx 江 別 市 まちづくり 市 民 アンケート 調 査 ~ 市 民 意 識 調 査 へのご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 より 市 政 にご 理 解 とご 協 力 をいただき 誠 にありがとうございます 江 別 市 では 平 成 16 年 に 策 定 した 第 5 次 江 別 市 総 合 計 画 の 計 画 期 間 が 平 成 25 年 度 に 終 了 することから 平 成 26 年 度 よりスタートする

More information

白 東 村 山 市 転 入 転 出 アンケート 調 査 報 告 書 平 成 年 月 東 村 山 市 経 営 政 策 部 都 市 マーケティング 課 白 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要 調 査 の 概 要 報 告 書 の 見 方 Ⅱ. 回 答 者 の 属 性 回 答 者 の 属 性 ( 転 入 者 アンケート) 回 答 者 の 属 性 ( 転 出 者 アンケート) 0 Ⅲ. 調 査 結 果 の 分 析.

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

岐阜市

岐阜市 資 料 3 岐 阜 市 少 子 化 対 策 に 関 するアンケート 調 査 調 査 ご 協 力 のお 願 い 皆 様 には 日 頃 より 市 政 にご 理 解 とご 協 力 をたまわり 誠 にありがとうございます この 調 査 は これからの 岐 阜 市 における 少 子 化 対 策 への 取 り 組 みや 次 世 代 育 成 支 援 対 策 行 動 計 画 の 策 定 を 進 めるうえでの 参 考

More information

川西市市民意識調査(中学生)

川西市市民意識調査(中学生) 川 西 市 市 民 意 識 調 査 ( 中 学 生 ) 調 査 結 果 報 告 書 平 成 23 年 3 月 兵 庫 県 川 西 市 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要...1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 設 計... 2 3. 回 収 結 果... 2 4. 報 告 書 の 見 方... 3 Ⅱ 調 査 結 果... 5 回 答 者 について... 6 問 3 あなたは 川 西

More information

玉 城 町 まち ひと しごと 創 生 に 関 するアンケート 調 査 結 果 報 告 書 平 成 28 年 2 月 三 重 県 玉 城 町 目 次 1 調 査 結 果 報 告 書 の 概 要 1 (1) 調 査 実 施 の 概 要 1 ア 調 査 概 要 1 イ 調 査 の 目 的 1 (2) 調 査 対 象 者 と 配 布 数 及 び 回 収 結 果 1 ア 調 査 対 象 と 抽 出 方 法

More information

- 1 -

- 1 - 子 どもと 子 育 てに 関 する 調 査 結 果 報 告 書 平 成 21 年 3 月 青 森 県 子 育 て 支 援 政 策 形 成 リサーチ 事 業 検 討 委 員 会 青 森 県 - 1 - 目 次 調 査 結 果 のまとめ まとめ1 調 査 概 要 1 調 査 結 果 回 答 者 のプロフィール 3 理 想 の 子 ども 数 予 定 の 子 ども 数 について 22 子 ども 数 の 減

More information

Microsoft Word -

Microsoft Word - 結 婚 妊 娠 出 産 育 児 に 関 する 意 識 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 文 京 区 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 1. 調 査 目 的 3 2. 調 査 項 目 3 3. 調 査 設 計 3 4. 回 収 結 果 3 5. 報 告 書 の 見 方 3 Ⅱ 調 査 回 答 者 の 属 5 (1) 7 (2) 年 齢 7 (3) 同 居 者 8 (4) 現 在 の 暮

More information

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動 3. 事 故 けが 等 の 実 態 と 特 徴 交 通 事 故 の 実 態 と 特 徴 < 発 生 件 数 の 推 移 > 交 通 事 故 の 推 移 をみると 発 生 件 数 と 負 傷 者 数 は 連 動 しており 2008 年 にいったん 減 少 しましたが その 後 再 び 増 加 し 2010 年 から 2012 年 にかけては 減 少 傾 向 にあります 人 口 10 万 人 あたりの

More information

1 策 定 体 制 (1) 館 林 市 まち ひと しごと 創 生 懇 談 会 総 合 戦 略 の 策 定 及 び 推 進 に 当 たり 産 業 界 金 融 機 関 ( 商 工 会 議 所 農 協 金 融 機 関 東 武 鉄 道 ) 等 の 関 係 者 の 意 見 を 聴 取 (2) 館 林 市 総

1 策 定 体 制 (1) 館 林 市 まち ひと しごと 創 生 懇 談 会 総 合 戦 略 の 策 定 及 び 推 進 に 当 たり 産 業 界 金 融 機 関 ( 商 工 会 議 所 農 協 金 融 機 関 東 武 鉄 道 ) 等 の 関 係 者 の 意 見 を 聴 取 (2) 館 林 市 総 資 料 多 々 良 沼 夕 景 92 1 策 定 体 制 (1) 館 林 市 まち ひと しごと 創 生 懇 談 会 総 合 戦 略 の 策 定 及 び 推 進 に 当 たり 産 業 界 金 融 機 関 ( 商 工 会 議 所 農 協 金 融 機 関 東 武 鉄 道 ) 等 の 関 係 者 の 意 見 を 聴 取 (2) 館 林 市 総 合 計 画 審 議 委 員 会 市 民 教 育 機 関 等 (

More information

目 次 本 書 の 構 成... 1 各 調 査 の 概 要... 1 (1) 市 民 アンケート... 1 (2) 転 出 者 アンケート... 1 (3) 企 業 アンケート... 1 (4) 高 校 大 学 専 門 学 校 アンケート... 2 Ⅰ. 市 民 アンケート... 3 1. 回 答

目 次 本 書 の 構 成... 1 各 調 査 の 概 要... 1 (1) 市 民 アンケート... 1 (2) 転 出 者 アンケート... 1 (3) 企 業 アンケート... 1 (4) 高 校 大 学 専 門 学 校 アンケート... 2 Ⅰ. 市 民 アンケート... 3 1. 回 答 佐 久 市 まち ひと しごと 創 生 に 関 する アンケート 調 査 レポート 平 成 27 年 9 月 25 日 目 次 本 書 の 構 成... 1 各 調 査 の 概 要... 1 (1) 市 民 アンケート... 1 (2) 転 出 者 アンケート... 1 (3) 企 業 アンケート... 1 (4) 高 校 大 学 専 門 学 校 アンケート... 2 Ⅰ. 市 民 アンケート...

More information

19

19 資 料 編 18 19 1) 村 民 アンケート 調 査 結 果 ( 結 婚 出 産 子 育 て 定 住 移 住 に 関 するアンケート 調 査 ) ( 定 住 移 住 に 関 するアンケート 調 査 ) 1アンケート 概 要 アンケート 実 施 期 間 : 平 成 27 年 11 月 26 日 ~ 平 成 28 年 1 月 15 日 配 布 部 数 800 部 回 答 部 数 :79 部 回 収

More information

1 住 宅 についての 意 識 (1) 住 宅 を 所 有 したいか 問 1 あなたは 住 宅 の 所 有 について どのようにお 考 えですか 現 在 住 宅 を 所 有 して いるかどうか 将 来 相 続 できる 住 宅 があるかどうかに 関 わらず この 中 から1つだけ お 答 えください

1 住 宅 についての 意 識 (1) 住 宅 を 所 有 したいか 問 1 あなたは 住 宅 の 所 有 について どのようにお 考 えですか 現 在 住 宅 を 所 有 して いるかどうか 将 来 相 続 できる 住 宅 があるかどうかに 関 わらず この 中 から1つだけ お 答 えください 住 生 活 に 関 する 世 論 調 査 の 概 要 平 成 2 7 年 1 1 月 内 閣 府 政 府 広 報 室 調 査 対 象 全 国 20 歳 以 上 の 日 本 国 籍 を 有 する 者 3,000 人 有 効 回 収 数 1,736 人 ( 回 収 率 57.9%) 調 査 時 期 1 日 ~10 月 11 日 ( 調 査 員 による 個 別 面 接 聴 取 ) 調 査 目 的 住 生

More information

A10 あなたはご 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む)されていますか (1つに ) 1 既 婚 ( 配 偶 者 あり) 2 既 婚 ( 配 偶 者 と 離 別 死 別 ) 3 未 婚 喜 多 方 市 結 婚 出 産 子 育 てに 関 する 意 識 希 望 調 査 票 A10-1 結 婚 されたのは

A10 あなたはご 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む)されていますか (1つに ) 1 既 婚 ( 配 偶 者 あり) 2 既 婚 ( 配 偶 者 と 離 別 死 別 ) 3 未 婚 喜 多 方 市 結 婚 出 産 子 育 てに 関 する 意 識 希 望 調 査 票 A10-1 結 婚 されたのは 参 考 喜 多 方 市 結 婚 出 産 子 育 てに 関 する 意 識 希 望 調 査 票 A はじめに あなたご 自 身 のことについてお 伺 いいします A1 あなたのお 住 まいは 次 のどの 地 域 ですか (1つに ) 1 喜 多 方 地 区 2 熱 塩 加 納 地 区 3 塩 川 地 区 4 山 都 地 区 5 高 郷 地 区 A2 あなたの 出 身 地 をお 知 らせください (1つに

More information

あなたのお 住 まいについておたずねします 問 2 4 月 14 日 時 点 のあなたの 居 住 地 区 は 次 のどれに 当 てはまりますか ( は1つ 1. 赤 井 2. 木 崎 3. 五 楽 4. 中 尾 5. 上 砥 川 6. 中 砥 川 7. 下 砥 川 8. 新 川 飯 野 9. 下 鶴

あなたのお 住 まいについておたずねします 問 2 4 月 14 日 時 点 のあなたの 居 住 地 区 は 次 のどれに 当 てはまりますか ( は1つ 1. 赤 井 2. 木 崎 3. 五 楽 4. 中 尾 5. 上 砥 川 6. 中 砥 川 7. 下 砥 川 8. 新 川 飯 野 9. 下 鶴 益 城 町 復 興 計 画 策 定 のための 住 民 アンケート 調 査 この 調 査 は 益 城 町 の 復 興 計 画 づくりの 検 討 に 活 かすことを 目 的 としています この 調 査 票 は 本 調 査 票 が 届 いた 世 帯 の 主 たる 家 計 の 支 持 者 がお 答 えください 選 択 式 の 質 問 は 当 てはまると 思 われる 選 択 肢 の を で 囲 み かっこ 内

More information

2

2 資 料 5 結 婚 出 産 子 育 てに 関 する アンケート 調 査 調 査 の 目 的 とお 願 い 皆 様 におかれましては 日 頃 から 市 政 にご 支 援 とご 協 力 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて 現 在 わが 国 では 全 国 的 な 人 口 の 減 少 を 背 景 に 地 方 創 生 に 向 けた 取 組 が 進 めら れております 本 市 においても 少 子

More information

第1章 甘楽町人口ビジョン

第1章 甘楽町人口ビジョン 第 1 章 甘 楽 町 口 ビジョン 1. 甘 楽 町 口 ビジョンの 位 置 づけ 国 県 の 口 ビジョンを 勘 案 しつつ 甘 楽 町 における 口 の 現 状 を 分 析 し 口 に 関 する 町 民 の 認 識 を 共 有 し 今 後 目 指 すべき 将 来 の 方 向 と 口 の 将 来 展 望 を 掲 示 する ものです この 甘 楽 町 口 ビジョンは 甘 楽 町 版 総 合 戦 略

More information

納品労働者アンケート結果_0331納品版

納品労働者アンケート結果_0331納品版 2. 出 産 育 児 等 を 機 に 離 職 した 仕 事 について 出 産 育 児 等 を 機 に 離 職 した 仕 事 が 最 初 の 仕 事 ( 初 職 )である 割 合 は 正 社 員 は5 割 弱 フルタイム 及 び 短 時 間 の 非 正 社 員 は4 割 弱 である ( 就 業 形 態 は 再 就 職 後 である 以 下 同 様 ) 離 職 した 仕 事 の 就 業 形 態 は 正 社

More information

< 目 次 > 1. 調 査 結 果 の 概 要... 1 (1) 調 査 目 的... 1 (2) 調 査 方 法... 1 (3) 回 答 結 果... 1 2. 市 民 アンケート... 2 (1) 回 答 者 の 属 性 について... 2 1 性 別... 2 2 年 齢... 2 3 居

< 目 次 > 1. 調 査 結 果 の 概 要... 1 (1) 調 査 目 的... 1 (2) 調 査 方 法... 1 (3) 回 答 結 果... 1 2. 市 民 アンケート... 2 (1) 回 答 者 の 属 性 について... 2 1 性 別... 2 2 年 齢... 2 3 居 資 料 5 橿 原 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 関 するアンケート 調 査 報 告 書 平 成 27 年 12 月 橿 原 市 < 目 次 > 1. 調 査 結 果 の 概 要... 1 (1) 調 査 目 的... 1 (2) 調 査 方 法... 1 (3) 回 答 結 果... 1 2. 市 民 アンケート... 2 (1) 回 答 者 の 属 性 について...

More information

Microsoft Word - 010_表紙

Microsoft Word - 010_表紙 第 Ⅱ 章 調 査 結 果 1. 住 まいの 損 害 保 険 および 共 済 の 加 入 状 況 本 調 査 の 集 計 分 析 は 損 害 保 険 共 済 等 の 加 入 状 況 により 地 震 保 険 の 加 入 非 加 入 の 別 で 2 区 分 その 詳 細 として 5 区 分 に 分 けて 実 施 した 具 体 的 な 区 分 内 容 は 以 下 の 通 りである (1) 地 震 保 険

More information

問 3 あなたの 勤 務 先 ( 派 遣 社 員 の 場 合 は 派 遣 元 の 事 業 所 )や 経 営 する 店 事 業 などの 業 種 に ついて 当 てはまるものを 1つだけ 選 んでください ( 問 2で 4 を 選 んだ 方 は その 仕 事 の 業 種 について 当 てはまるものを 選

問 3 あなたの 勤 務 先 ( 派 遣 社 員 の 場 合 は 派 遣 元 の 事 業 所 )や 経 営 する 店 事 業 などの 業 種 に ついて 当 てはまるものを 1つだけ 選 んでください ( 問 2で 4 を 選 んだ 方 は その 仕 事 の 業 種 について 当 てはまるものを 選 厚 生 労 働 省 統 計 法 に 基 づく 国 の 統 計 調 査 です 調 査 票 情 報 の 秘 密 の 保 護 に 万 全 を 期 します 地 区 番 号 秘 単 位 区 番 号 調 査 員 記 入 欄 世 帯 番 号 世 帯 員 番 号 公 的 年 金 加 入 状 況 等 調 査 調 査 票 確 認 欄 調 査 のご 協 力 のお 願 い この 調 査 は 国 民 年 金 厚 生 年 金

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

JOB台帳の略件名

JOB台帳の略件名 参 考 資 料 -2 鳥 羽 市 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 第 一 次 速 報 版 平 成 27 年 8 月 31 日 目 次 1 アンケート 調 査 の 概 要... 1 1.1 調 査 の 目 的... 1 1.2 調 査 の 方 法 及 び 回 収 状 況... 1 2 アンケート 集 計 結 果... 2 2.1 鳥 羽 市 への 愛 着 住 みやすさ 定 住 意 向 について...

More information

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64 平 成 21 年 度 労 働 関 係 総 合 実 態 調 査 調 査 結 果 の 概 要 1 諸 制 度 の 状 況 (1) 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 従 業 員 の 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 の 方 法 は 労 働 ( 雇 用 ) 契 約 書 を 取 り 交 わ している が 34.3%でもっとも 多 く 次 いで 口 頭 による 説 明 が 30.2%

More information

平成26年度 関市

平成26年度 関市 1 閲 覧 用 2 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 目 的... 2 (2) 調 査 項 目... 2 (3) 調 査 方 法... 2 (4) 回 収 結 果... 2 (5) 報 告 書 の 見 方... 3 2 調 査 結 果... 5 (1) 回 答 者 の 属 性... 6 (2) 関 市 への 居 住 意 向 につて... 15 (3) 市 の 主 な 施 策

More information

H27報告書

H27報告書 平 成 27 年 印 西 市 市 民 満 足 調 査 報 告 書 平 成 28 年 3 月 印 西 市 目 次 第 1 章 調 査 の 概 1 1. 調 査 の 目 的 3 2. 調 査 方 法 3 3. 回 収 状 況 3 4. 調 査 項 目 3 5. 地 域 区 分 4 6. 調 査 結 果 を 見 る 上 での 注 意 事 項 5 7. 考 慮 すべき 標 本 誤 差 6 第 2 章 調

More information

生 駒 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 係 る 結 婚 出 産 子 育 てに 関 する 意 識 希 望 調 査 結 果 報 告 書 平 成 27 年 11 月 生 駒 市 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 の 目 的... 1 2. 調 査 対 象... 1 (1) 実 施 時 期... 1 (2) 調 査 対 象 者... 1 (3) 調 査

More information

人口ビジョン報告書

人口ビジョン報告書 資 料 1 柴 田 町 人 口 ビジョン ( 案 ) 宮 城 県 柴 田 町 27 年 9 月 目 次 第 1 章 総 論... 1 第 1 節 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 目 的 と 位 置 づけ... 1 1 国 県 の 動 き... 1 2 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 計 画 期 間... 7 第 2 章 人 口 ビジョン... 9 第 1 節 柴 田 町

More information

熊 本 市 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 熊 本 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 2 1 人 口 動 向 分 析 2 (1) 総 人 口 の 推 移 2 (2) 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 3 (3) 人 口 構 造 の 変 化 4 (4) 総 人 口 変 遷 と 出 生 死 亡 数 転 入 転 出 数 の 推 移 5 (5) 総 人 口 の

More information

野村不動産グループ PRESS RELEASE

野村不動産グループ PRESS RELEASE 報 道 関 係 者 各 位 2016 年 3 月 15 日 野 村 不 動 産 アーバンネット 株 式 会 社 定 年 退 職 後 の 夫 婦 の 生 活 意 識 調 査 を 実 施 定 年 したからこそ 住 みかえたくなる 3 つの 理 由 は ~ バリアフリー 子 供 との 近 居 今 の 家 が 広 すぎる ~ 野 村 不 動 産 アーバンネット 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新

More information

Microsoft Word - 伊丹市民意識調査報告書概要版_140210.doc

Microsoft Word - 伊丹市民意識調査報告書概要版_140210.doc 平 成 25 年 度 伊 丹 市 民 意 識 調 査 報 告 書 - 概 要 版 - 伊 丹 市 はじめに 伊 丹 市 では 平 成 23 年 に みんなの 夢 まちの 魅 力 ともにつくる 伊 丹 を 本 市 の 将 来 像 に 掲 げ 平 成 23 年 度 から 平 成 32 年 度 までの 10 年 間 のまちづくりの 指 針 となる 第 5 次 総 合 計 画 を 策 定 いたしました 総

More information

- 目 次 - Ⅰ 調 査 の 概 要 1 1 調 査 の 背 景 1 2 調 査 の 目 的 1 3 調 査 の 対 象 方 法 1 4 調 査 の 内 容 1 5 回 収 の 結 果 2 6 調 査 結 果 の 見 方 2 Ⅱ 調 査 結 果 の 概 要 3 Ⅲ 回 答 者 の 属 性 8 1 性 別 と 年 齢 8 2 配 偶 関 係 11 3 家 族 構 成 14 4 育 児 の 必 要 な

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8> 第 2 章 住 まい まちづくりの 課 題 これまで 整 理 した 能 代 市 の 住 宅 住 環 境 の 現 況 及 び 住 民 意 向 調 査 結 果 上 位 関 連 計 画 等 を 考 慮 すると 1. 高 齢 化 の 進 展 2. 社 会 ニーズの 多 様 化 3. 住 宅 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 4. 能 代 市 独 自 の 地 域 性 5. 市 営 住 宅 ストックの 質

More information

2013大京グループお住まいに関するアンケート

2013大京グループお住まいに関するアンケート 各 位 2013 年 4 月 10 日 大 京 グループ -お 住 まいに 関 するアンケート 調 査 - 2013 年 1 月 調 査 では 住 まいに 対 し 今 後 充 実 させたいのは 安 心 安 全 快 適 などで +α の 精 神 的 な 満 足 度 を 高 める 要 素 が 重 視 されている 大 京 グループでは このたびグループ 各 社 にお 問 い 合 わせいただいたお 客 さまを

More information

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477>

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477> 琴 平 町 人 口 ビジョン 平 成 27 年 1 月 琴 平 町 目 次 1 章 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 1 1.1 人 口 ビジョンの 策 定 の 目 的... 1 1.2 人 口 ビジョンの 期 間... 1 2 章 人 口 の 現 状 分 析... 2 2.1 人 口 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (2) 年 齢 3

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ 第 章 調 査 票 - - この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこの 調 査 票 に 直 接 記 入 してください 選 択 肢 で その 他

More information

メジャーセブンのマンショントレンド調査Vol.22

メジャーセブンのマンショントレンド調査Vol.22 2015 年 2 月 26 日 発 表 マンション 購 入 意 向 者 に 聞 く 新 築 分 譲 マンション 購 入 に 際 しての 意 識 調 査 (2014 年 度 ) マンション 購 入 検 討 理 由 は もっと 広 い 住 まいに 住 みたい 資 産 を 持 ちたい もっと 交 通 の 便 の 良 いところに 住 みたい が 昨 年 同 様 トップ3 新 築 マンションについて 全 体

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179967B95D2817A959F92C38E7395F18D908F9181698DC58F4994C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179967B95D2817A959F92C38E7395F18D908F9181698DC58F4994C5816A> 第 4 章 就 労 働 き 方 について 1. 女 性 が 職 業 をもつこと について (1) 女 性 が 職 業 をもつこと についての 考 え 方 問 9 一 般 的 に 女 性 が 職 業 をもつこと について あなたは どのような 考 え 方 をおもち ですか あなたの 考 えに 最 も 近 いものを 選 んでください (1つに ) 全 体 性 別 今 回 調 査 0.8 4.2 全 体

More information

(3) 仕 事 ( 結 果 の 概 要 12~ ページ 参 照 ) 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 女 共 に 平 成 13 年 まで 減 少 が 続 き,18 年 で 増 加 したが,23 年 で 再 び 減 少 平 成 23 年 の 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 性 が6 間 56,

(3) 仕 事 ( 結 果 の 概 要 12~ ページ 参 照 ) 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 女 共 に 平 成 13 年 まで 減 少 が 続 き,18 年 で 増 加 したが,23 年 で 再 び 減 少 平 成 23 年 の 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 性 が6 間 56, 平 成 23 年 社 会 生 活 基 本 調 査 生 活 間 に 関 する 結 果 要 約 平 成 24 年 9 月 26 日 社 会 生 活 基 本 調 査 とは 社 会 生 活 基 本 調 査 は, 国 民 の 生 活 間 の 配 及 び 自 由 間 における 主 な 活 動 について 調 査 し, 各 種 行 政 施 策 の 基 礎 資 料 を 得 ることを 目 的 とし, 昭 和 51 年

More information

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ 第 4 章 住 まいづくりに 関 する 主 要 課 題 の 整 理 4-1 主 要 課 題 国 県 の 計 画 本 市 の 概 況 や 住 宅 宅 地 の 現 況 整 理 アンケート 調 査 とヒアリング 調 査 からみた 市 民 事 業 者 等 のニーズから 本 市 の 住 まいづくりに 関 する 課 題 は 次 のよう に 整 理 することができます 主 要 課 題 1 安 全 で 安 心 して

More information

Microsoft Word - H25年度の概要

Microsoft Word - H25年度の概要 1 県 民 経 済 計 算 の 概 要 1. 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 概 要 平 成 25 年 度 の 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 について 主 な 経 済 指 標 は 次 のとおりです 3 千 葉 県 [ 参 考 ] 全 国 実 数 増 加 率 実 数 増 加 率 1 県 ( 国 ) 内 総 生 産 県 ( 国 ) 民 所 得 名 目 19 兆 8,112

More information

概況

概況 平 成 27 年 7 月 2 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 世 帯 統 計 室 室 長 中 村 年 宏 室 長 補 佐 松 下 英 嗣 ( 担 当 内 線 ) 世 帯 担 当 国 民 生 活 基 礎 統 計 第 一 係 (7587) 所 得 担 当 国 民 生 活 基 礎 統 計 第 二 係 (7588) ( 電 話 代 表 )03(5253)1111

More information

「生活意識に関するアンケート調査」(第65回)の結果

「生活意識に関するアンケート調査」(第65回)の結果 2016 年 4 月 11 日 日 本 銀 行 情 報 サ ー ビ ス 局 生 活 意 識 に 関 するアンケート 調 査 ( 第 65 回 )の 結 果 2016 年 3 月 調 査 日 本 銀 行 では 政 策 業 務 運 営 の 参 考 とするため 本 支 店 や 事 務 所 を 通 じた 広 報 活 動 のなかで 国 民 各 層 の 意 見 や 要 望 を 幅 広 く 聴 取

More information

生 活 設 計 と 住 まい No.2 住 宅 の 購 入 年 組 番 氏 名 提 出 日 月 日 生 涯 を 見 通 して 住 環 境 居 住 環 境 に 配 慮 した 住 宅 の 選 択 をする 2030 年 38 歳 のあなたはK 市 での 生 活 が 10 年 続 いた 30 歳 で 結 婚

生 活 設 計 と 住 まい No.2 住 宅 の 購 入 年 組 番 氏 名 提 出 日 月 日 生 涯 を 見 通 して 住 環 境 居 住 環 境 に 配 慮 した 住 宅 の 選 択 をする 2030 年 38 歳 のあなたはK 市 での 生 活 が 10 年 続 いた 30 歳 で 結 婚 生 活 設 計 と 住 まい No.1 賃 貸 住 宅 の 選 択 年 組 番 氏 名 提 出 日 月 日 住 宅 選 択 に 必 要 な 基 礎 知 識 を 身 につけ ライフステージに 合 った 住 居 の 選 択 について 考 えよう 短 期 な 家 計 の 収 支 について 知 ろう 28 歳 のあなたは 仕 事 の 関 係 でK 市 に 住 むことになった K 市 には 10 年 間 くらい

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048313796AF8AD48F5A91EE838D815B83938EC091D492B28DB881698F5A91EE8AD698418E968BC68ED28CFC82AF816A8C8B89CA95F18D908F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048313796AF8AD48F5A91EE838D815B83938EC091D492B28DB881698F5A91EE8AD698418E968BC68ED28CFC82AF816A8C8B89CA95F18D908F91> 平 成 17 度 民 間 住 宅 ローンの 実 態 に 関 する 調 査 ( 住 宅 関 連 事 業 者 向 け) 結 果 報 告 書 平 成 18 3 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 及 び Ⅲ 調 査 集 計 データ (カッコ 内 は 調 査 集 計 データ 掲 載 頁 ) ポイント 3 Q1 回 答 者 が 所 属 する 企 業 の

More information

「子育て中の女性の就労意識に関するアンケート調査」

「子育て中の女性の就労意識に関するアンケート調査」 子 育 て 中 の 女 性 の 就 労 意 識 に 関 する アンケート 調 査 報 告 書 女 性 の 再 チャレンジ 促 進 緊 急 雇 用 創 出 事 業 報 告 書 (2/3) 平 成 26 年 3 月 三 重 県 目 次 1. 調 査 の 概 要... 1 2. 調 査 結 果 の 概 要... 2 3. 調 査 結 果... 6 Ⅰ.あなたご 自 身 について... 6 A.あなたの

More information

バスやタクシーの 利 用 者 ( 年 齢 別 ) 利 用 しやすい どちらともいえない 利 用 しにくい 10 代 5 38% 20 代 30 代 4 38% 57% 6 40 代 8% 9 50 代 60 代 1 2 5 6 70 代 以 上 3 2 4 2 4 6 8 10 どのようなことが 問

バスやタクシーの 利 用 者 ( 年 齢 別 ) 利 用 しやすい どちらともいえない 利 用 しにくい 10 代 5 38% 20 代 30 代 4 38% 57% 6 40 代 8% 9 50 代 60 代 1 2 5 6 70 代 以 上 3 2 4 2 4 6 8 10 どのようなことが 問 駅 利 用 者 アンケート 調 査 結 果 概 要 JR 行 田 駅 前 広 場 周 辺 再 整 備 基 本 計 画 を 策 定 するにあたり JR 行 田 駅 利 用 者 へのアンケート 調 査 を 実 施 した アンケートの 概 要 は 以 下 の 通 りである アンケート 調 査 の 概 要 調 査 対 象 : 平 成 26 年 7 月 16 日 の JR 行 田 駅 利 用 者 に 手 渡

More information

生 活 設 計 と 住 まい No. 2 住 宅 の 購 入 生 涯 を 見 通 して 住 環 境 居 住 環 境 に 配 慮 した 住 宅 の 選 択 をする 2030 年 38 歳 のあなたはK 市 での 生 活 が 10 年 続 いた 30 歳 で 結 婚 し 配 偶 者 と7 歳 と4 歳

生 活 設 計 と 住 まい No. 2 住 宅 の 購 入 生 涯 を 見 通 して 住 環 境 居 住 環 境 に 配 慮 した 住 宅 の 選 択 をする 2030 年 38 歳 のあなたはK 市 での 生 活 が 10 年 続 いた 30 歳 で 結 婚 し 配 偶 者 と7 歳 と4 歳 生 活 設 計 と 住 まい No. 1 賃 貸 住 宅 の 選 択 住 宅 選 択 に 必 要 な 基 礎 知 識 を 身 につけ ライフステージに 合 った 住 居 の 選 択 について 考 えよう 短 期 な 家 計 の 収 支 について 知 ろう 28 歳 のあなたは 仕 事 の 関 係 でK 市 に 住 むことになった K 市 には 10 年 間 くらい 住 むことになるだろう しばらく

More information

報 告 書 要 約 第 1 章 : 新 卒 の 採 用 就 職 就 職 先 検 討 時 に 最 重 視 しているポイントを 企 業 は 自 分 のやりたいことができるか と 想 像 してい るが 実 際 には 若 者 は 業 種 勤 務 地 を 最 重 視 している 企 業 が 採 用 時 に 最

報 告 書 要 約 第 1 章 : 新 卒 の 採 用 就 職 就 職 先 検 討 時 に 最 重 視 しているポイントを 企 業 は 自 分 のやりたいことができるか と 想 像 してい るが 実 際 には 若 者 は 業 種 勤 務 地 を 最 重 視 している 企 業 が 採 用 時 に 最 平 成 25 年 12 月 26 日 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 ニッセイ 福 利 厚 生 アンケート 調 査 報 告 書 ~ 企 業 における 若 者 活 用 戦 略 と 若 者 の 就 業 意 識 ~の 発 行 について 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 ( 社 長 : 筒 井 義 信 )は 従 業 員 規 模 1,000 人 以 上 の 企 業 や 官 公 庁 を 対 象 とする

More information

1 移 住 UIターンに 関 する 実 態 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 県 へUIターンされた 方 や 県 外 在 住 で 移 住 UIターンを 検 討 している 方 の 移 住 UIターンの 背 景 や 不 安 点 情 報 収 集 方 法 等 の 実 態 を 把 握 し 今

1 移 住 UIターンに 関 する 実 態 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 県 へUIターンされた 方 や 県 外 在 住 で 移 住 UIターンを 検 討 している 方 の 移 住 UIターンの 背 景 や 不 安 点 情 報 収 集 方 法 等 の 実 態 を 把 握 し 今 移 住 UIターンに 関 する 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 5 月 宮 崎 労 働 局 宮 崎 県 1 移 住 UIターンに 関 する 実 態 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 県 へUIターンされた 方 や 県 外 在 住 で 移 住 UIターンを 検 討 している 方 の 移 住 UIターンの 背 景 や 不 安 点 情 報 収 集 方 法 等 の 実 態 を 把

More information

Q1 4 月 から 児 童 手 当 の 支 給 額 はどうなるのですか? Q2 児 童 手 当 には 所 得 制 限 が 設 けられるとのことですが 具 体 的 な 基 準 はどのよう になるのですか? Q3 4 月 以 降 児 童 手 当 を 受 け 取 るためには 手 続 きが 必 要 ですか?

Q1 4 月 から 児 童 手 当 の 支 給 額 はどうなるのですか? Q2 児 童 手 当 には 所 得 制 限 が 設 けられるとのことですが 具 体 的 な 基 準 はどのよう になるのですか? Q3 4 月 以 降 児 童 手 当 を 受 け 取 るためには 手 続 きが 必 要 ですか? 児 童 手 当 Q&A ~ 平 成 24 年 4 月 から 新 しい 児 童 手 当 が 始 まります!~ 厚 生 労 働 省 Q1 4 月 から 児 童 手 当 の 支 給 額 はどうなるのですか? Q2 児 童 手 当 には 所 得 制 限 が 設 けられるとのことですが 具 体 的 な 基 準 はどのよう になるのですか? Q3 4 月 以 降 児 童 手 当 を 受 け 取 るためには 手

More information

◎ 家 庭 生 活 に つ い て の お た ず ね ◎

◎ 家 庭 生 活 に つ い て の お た ず ね ◎ 家 庭 生 活 に つ い て の お た ず ね (こ の 1 年 間 に 結 婚 し た 人 用 ) この 調 査 票 は この1 年 間 に 結 婚 なさった 方 に お 聞 きするものです もう1つ の 調 査 票 と 併 せてご 記 入 の 上 調 査 員 にお 渡 し 下 さい 第 9898 号 2012 年 9 月 整 理 番 号 回 パネル 番 号 点 検 者 名 0 1 2 3 4

More information

家 簿 記 入 者 就 業 者 別 集 結 果 ( 別 紙 1 小 参 照 ) A 夫 婦 のみの 世 帯 ( 片 働 き) では 妻 が 家 簿 記 入 者 で 夫 が 就 業 している 世 帯 が 最 も 多 く 197 世 帯 (98.5%)であった B 夫 婦 のみの 世 帯 ( 共 働 き

家 簿 記 入 者 就 業 者 別 集 結 果 ( 別 紙 1 小 参 照 ) A 夫 婦 のみの 世 帯 ( 片 働 き) では 妻 が 家 簿 記 入 者 で 夫 が 就 業 している 世 帯 が 最 も 多 く 197 世 帯 (98.5%)であった B 夫 婦 のみの 世 帯 ( 共 働 き 資 料 家 の 個 別 化 の 実 態 に 関 するアンケートの 結 果 について 1 本 アンケートの 概 要 (1) 調 査 目 的 公 的 統 の 整 備 に 関 する 基 本 的 な 画 に 掲 げられた 個 化 の 状 況 のより 的 確 な 把 握 について 検 討 するための 基 礎 資 料 として 二 人 以 上 の 世 帯 における 家 管 理 の 形 態 と 収 支 の 把 握

More information

◆栄村 ●定住アンケート

◆栄村 ●定住アンケート .or.jp このアンケートは 栄 村 にお 住 まいの 方 々で 平 成 9 年 4 月 1 日 以 前 にお 生 まれの 方 ~39 歳 まで の 方 全 員 と 40 歳 以 上 の 方 の 中 から 無 作 為 に 300 名 を 選 びお 願 いしております 世 帯 によっては2 名 3 名 様 とアンケートが 届 く 場 合 がありますので 宛 名 のご 本 人 様 が 必 ずお 答 えください

More information

Microsoft Word - 資料2-2-5 妊婦

Microsoft Word - 資料2-2-5 妊婦 資 料 2-2-5 浦 安 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 に 関 する 基 礎 調 査 妊 婦 アンケート( 案 ) 浦 安 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 に 関 する 基 礎 調 査 妊 婦 アンケート 1.あなたのことについてお 伺 いします 問 1 あなたは 現 在 何 歳 ですか ( 数 字 を 記 入 ) 満 ( ) 歳 問 2 現 在 あなたといっしょに

More information

56 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1 町 政 24.7 41.7 12.9 7.9 9.4 5 事 業 の 企 画 検 討 11.6 42.7 22.4 9.8 12.5 2 各 種 計 画 17.0 45.4 17.0 8.3 11.0 6 町 民 の 声 を 聞 く 姿 勢 16.2 34.4 21.3 15.4 9.8

More information

スライド 1

スライド 1 81.8%の 人 が 存 在 する と 感 じる 2 人 目 の 壁 子 どもなし 1 人 2 人 3 人 4 人 以 上 2 人 以 上 子 どもを 持 ちたい 71.8% ( 小 数 点 以 下 第 二 位 四 捨 五 入 ) 14.5 13.8 47.2 22.0 2.6 0.0 20.0 40.0 60.0 80.0 100.0 2013 年 6 月 3 日 タマホーム 株 式 会 社 理

More information

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330>

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330> 門 真 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 平 成 22 年 3 月 門 真 はじめに 門 真 では 平 成 22 年 3 月 現 在 487 戸 の 営 住 宅 を 管 理 しており これらの 住 宅 ストックを 良 好 な 社 会 的 資 産 として 有 効 に 活 用 していくことは 極 めて 重 要 な 課 題 である 本 では 昭 和 20~30 年 代 に 建 設 された 木 造 営

More information

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積 第 2 章 佐 賀 市 の 住 宅 の 現 状 と 課 題 1. 住 宅 住 環 境 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 と 住 宅 事 情 1 本 市 の 人 口 は 7 年 の 246,674 人 をピークに 減 尐 に 転 じており 15 年 間 で 約 9,000 人 減 尐 しています 今 後 も 減 尐 傾 向 と 推 計 されています また 本 市 の 世 帯 数 は 27 年 まで

More information

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF)

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF) 1 相 発 生 後 にやるべきこと POINT 1 相 発 生 後 には 税 務 申 告 だけでなく 生 活 に 関 連 する 諸 手 など やるべきこ とが 数 多 くあります 2 期 限 に 注 意 して 手 きを 進 める 必 要 があります 174 第 4 章 相 と 税 金 1 相 発 生 後 にやるべきこと 第 6 節 1 相 発 生 直 後 に 行 う 手 き( 遺 言 書 の 確 認

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179838A836E83458358838C835E815B817A83568393834F838B926A8F975F766572203231>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179838A836E83458358838C835E815B817A83568393834F838B926A8F975F766572203231> マンション 住 まいシングルの 住 みかえ に 関 する 意 識 調 査 調 査 結 果 詳 細 調 査 概 要 調 査 方 法 : インターネットリサーチ 調 査 地 域 : 1 都 3 県 ( 東 京 都 神 奈 川 県 千 葉 県 埼 玉 県 ) (1) 自 身 の 住 まいとしてマンションを 購 入 し 居 住 している 未 婚 男 女 ( 居 住 期 間 10 年 以 内 ) 調 査 対

More information

スライド 1

スライド 1 Vivienda Style =? 1 Vivienda Style のコンセプト 子 供 が 床 でお 昼 寝 する 気 持 ちいい 家 一 緒 に 私 もお 昼 寝 しちゃいます 子 供 が のびのび 育 つ 子 供 が 自 分 の 布 団 があるのに 床 の 方 が 気 持 ちいいらしく 床 で 寝 るんです 前 のアパートではそんなこと 全 く 無 かったのに 今 で は 私 も 主 人 も

More information

4 調 査 期 間 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 2015 年 10 月 16 日 ~10 月 19 日 移 住 調 査 : 2015 年 10 月 21 日 ~10 月 23 日 5 有 効 回 答 者 数 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 20,911( 配

4 調 査 期 間 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 2015 年 10 月 16 日 ~10 月 19 日 移 住 調 査 : 2015 年 10 月 21 日 ~10 月 23 日 5 有 効 回 答 者 数 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 20,911( 配 資 料 -2.1 移 住 交 流 定 住 に 関 するアンケート 調 査 結 果 1 目 的 東 北 地 方 への 定 住 の 可 能 性 とその 条 件 また 東 北 地 方 への 来 訪 ( 交 流 )の 可 能 性 とその 条 件 を 探 る 2 調 査 方 法 インターネットによる Web 調 査 ( 株 式 会 社 インテージ) 3 調 査 対 象 インテージモニターを 対 象 1 対 象

More information

市営住宅総合再生計画

市営住宅総合再生計画 第 3 章 公 営 住 宅 の 役 割 とめざす 方 向 3-1 公 営 住 宅 の 役 割 (1) 新 たな 住 宅 政 策 の 背 景 これまでの 住 宅 政 策 の 基 本 的 な 枠 組 みは 政 策 手 法 の 三 本 柱 である 公 営 住 宅 制 度 日 本 住 宅 公 団 ( 現 在 の 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ) 住 宅 金 融 公 庫 ( 現 在 の 独

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島

目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島 経 営 発 達 支 援 画 策 定 推 進 事 業 鶴 ヶ 島 市 地 域 経 済 状 況 調 査 分 析 事 業 平 成 27 年 4 月 30 日 鶴 ヶ 島 市 商 工 会 株 式 会 社 ぶぎん 地 域 経 済 研 究 所 目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統

More information

花巻市の現状

花巻市の現状 人 口 減 少 対 策 に 関 する 中 間 報 告 平 成 26 年 10 月 28 日 ( 平 成 26 年 12 月 5 日 一 部 修 正 ) 花 巻 市 人 口 減 少 対 策 ワーキンググループ 1 目 次 1-1 本 市 人 口 の 現 状 と 将 来 推 計 3 1-2 自 然 減 の 状 況 ~ 出 生 率 の 低 迷 ~ 11 1-3 社 会 減 の 状 況 ~ 進 学 就 職

More information

目 次 I. はじめに 3 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 背 景 と 目 的 2. 人 口 ビジョンの 位 置 付 け 3. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 II. 本 庄 市 の 人 口 分 析 5 1. これまでと 将 来 の 人 口 動 向 5 1 これまでの 人 口 世 帯 数 の

目 次 I. はじめに 3 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 背 景 と 目 的 2. 人 口 ビジョンの 位 置 付 け 3. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 II. 本 庄 市 の 人 口 分 析 5 1. これまでと 将 来 の 人 口 動 向 5 1 これまでの 人 口 世 帯 数 の パブリックコメント 本 庄 市 人 口 ビジョン ( 案 ) 平 成 28 年 3 月 本 庄 市 目 次 I. はじめに 3 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 背 景 と 目 的 2. 人 口 ビジョンの 位 置 付 け 3. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 II. 本 庄 市 の 人 口 分 析 5 1. これまでと 将 来 の 人 口 動 向 5 1 これまでの 人 口 世 帯 数 の

More information

「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](平成26年)

「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](平成26年) 11 月 5 日 家 計 の 金 融 行 動 に 関 する 世 論 調 査 [ 二 人 以 上 世 帯 調 査 ] ( ) 1. 調 査 時 期 6 月 13 日 ( 金 )~7 月 22 日 ( 火 ) 2. 調 査 対 象 全 国 8, 世 帯 ( 世 帯 主 が2 歳 以 上 でかつ 世 帯 員 が2 名 以 上 の 世 帯 ) 3. 回 収 率 49.4% 4. 調 査 対 象 世 帯 の

More information

doc_file

doc_file 転 出 者 アンケート 調 査 票 4 アンケート 用 紙 (1) 転 出 者 アンケート 問 1 今 回 転 出 されるのは 単 身 ですか 世 帯 ですか あてはまる 一 つに をつけてください 1 単 身 で 2 夫 婦 で 3 二 世 代 世 帯 ( 親 と 子 ) 4 三 世 代 世 帯 ( 親 と 子 と 孫 ) 5 その 他 問 2 転 出 される 方 の 年 齢 は ( 世 帯 で

More information

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題...

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 資 料 2 木 更 津 市 人 口 ビジョン 素 案 木 更 津 市 目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 9 1 就 職 段 階 における

More information

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 に 関 する 調 査 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 プロジェクトチーム ( 調 査 監 修 ) 大 阪 産 業 経 済 リサーチセンター 目 次 2 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 15 1-1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 16 1-2 女 性 就 業 における M 字 カーブ

More information

ヒアリング事項について

ヒアリング事項について 資 料 3-1 介 護 労 働 者 の 確 保 定 着 等 に 関 する 研 究 会 における 質 問 項 目 日 本 介 護 福 祉 士 会 1 基 本 情 報 1 貴 団 体 の 概 要 設 立 年 月 日 平 成 12 年 6 月 26 日 ( 任 意 団 体 設 立 : 平 成 6 年 2 月 12 日 ) 定 款 に 定 める 目 的 本 会 は 介 護 福 祉 士 の 職 業 倫 理 及

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63> 前 橋 住 生 活 基 本 計 画 概 要 版 平 成 24 年 3 月 前 橋 序 -1 計 画 策 定 の 背 景 目 的 少 子 高 齢 化 が 進 み 価 値 観 やライフスタイルが 多 様 化 する 中 で 人 々が 安 全 に 安 心 して 暮 らし 真 の 豊 かさを 享 受 できる 社 会 を 築 いていくことが 求 められています そうした 中 で 住 宅 施 策 は 住 生 活

More information