更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月"

Transcription

1 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 24 年 10 月 25 日 判 決 本 資 料 262 号 -232 順 号 12082) 判 決 控 訴 人 (1 審 原 告 ) 代 表 者 取 締 役 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 補 佐 人 税 理 士 被 控 訴 人 (1 審 被 告 ) 代 表 者 法 務 大 臣 処 分 行 政 庁 指 定 代 理 人 A 有 限 会 社 甲 福 島 啓 氏 山 森 広 明 河 合 慎 太 岡 田 香 世 岩 崎 光 記 藤 川 誠 二 細 井 隆 好 国 谷 垣 禎 一 昭 和 税 務 署 長 田 原 秀 範 塚 元 修 平 岩 大 輔 松 田 清 志 小 西 宏 季 主 文 1 本 件 控 訴 を 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は 控 訴 人 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 当 事 者 の 求 めた 裁 判 1 控 訴 の 趣 旨 (1) 原 判 決 を 取 り 消 す (2) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 24 日 付 けでした 控 訴 人 の 平 成 17 年 12 月 1 日 から 平 成 18 年 11 月 30 日 までの 課 税 期 間 の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 更 正 処 分 のうち 消 費 税 につ いて 修 正 申 告 書 に 記 載 した 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 107 万 8893 円 と 更 正 処 分 におけ る 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 71 万 7325 円 との 差 額 36 万 1568 円 に 相 当 する 部 分 及 び 地 方 消 費 税 について 修 正 申 告 書 に 記 載 した 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 26 万 9723 円 と 1

2 更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 24 日 付 けでした 控 訴 人 の 平 成 18 年 12 月 1 日 から 平 成 19 年 11 月 30 日 までの 課 税 期 間 の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 更 正 処 分 のうち 納 付 すべき 消 費 税 額 52 万 9800 円 を 超 える 部 分 及 び 納 付 すべき 地 方 消 費 税 額 13 万 2400 円 を 超 える 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (4) 訴 訟 費 用 は 第 1 2 審 とも 被 控 訴 人 の 負 担 とする 2 控 訴 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 主 文 旨 第 2 事 案 の 概 要 ( 以 下 略 称 は 原 則 として 原 判 決 の 表 記 に 従 う ) 1(1) 不 動 産 業 者 である 控 訴 人 は 裁 判 所 が 実 施 する 不 動 産 競 売 ( 原 判 決 2 頁 18 行 目 )により 取 得 した 区 分 所 有 建 物 合 計 29 戸 ( 4 頁 13 行 目 の 本 件 各 マンション )に 関 して それ ぞれ 前 区 分 所 有 者 が 滞 納 していた 管 理 費 等 ( 4 頁 18 行 目 の 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 9 頁 5 行 目 から7 行 目 までのとおり 管 理 費 のほか 修 繕 積 立 金 駐 車 場 使 用 料 上 下 水 道 料 金 及 び 組 合 加 入 金 をいう )を 本 件 各 管 理 組 合 ( 4 頁 行 目 )に 支 払 った 上 で 本 件 各 課 税 期 間 ( 4 頁 22 行 目 1 平 成 17 年 12 月 1 日 から 平 成 18 年 11 月 30 日 まで 2 平 成 18 年 12 月 1 日 から 平 成 19 年 11 月 30 日 まで )における 消 費 税 等 ( 4 頁 23 行 目 )の 確 定 申 告 に 当 たり 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 を 消 費 税 法 30 条 1 項 の 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 の 額 に 算 入 し これに 対 する 消 費 税 額 相 当 分 ( 上 記 1の 課 税 期 間 につき43 万 円 2の 課 税 期 間 につき34 万 2409 円 )を 控 除 した 残 額 をもって 納 付 すべき 消 費 税 額 とする 確 定 申 告 を 法 定 申 告 期 限 内 にした その 後 控 訴 人 は 平 成 21 年 7 月 30 日 本 件 各 課 税 期 間 に 係 る 消 費 税 等 について 修 正 申 告 をした これに 対 して 昭 和 税 務 署 長 ( 処 分 行 政 庁 )は 年 12 月 24 日 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 を 消 費 税 法 30 条 1 項 の 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 の 額 に 算 入 することはできず 上 記 消 費 税 等 の 申 告 が 過 小 申 告 に 当 たるとして 消 費 税 等 の 更 正 処 分 ( 原 判 決 5 頁 13 行 目 の 本 件 各 更 正 処 分 ) 及 び 過 少 申 告 加 算 税 の 賦 課 決 定 処 分 ( 頁 14 行 目 の 本 件 各 賦 課 決 定 処 分 )を した 本 件 は 控 訴 人 が 本 件 各 更 正 処 分 及 び 本 件 各 賦 課 決 定 処 分 は 消 費 税 法 の 解 釈 を 誤 ったも のであると 主 張 して その 取 消 しを 求 める 事 案 である (2) 原 審 は 控 訴 人 が 支 払 った 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 は 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 該 当 せ ず これに 対 する 消 費 税 相 当 額 を 課 税 仕 入 れに 係 る 消 費 税 額 として 控 除 することは 認 めら れないから 本 件 各 更 正 処 分 及 び 本 件 各 賦 課 決 定 処 分 は 適 法 であると 判 断 して 請 求 をいずれ も 棄 却 したところ 控 訴 人 (1 審 原 告 )が これを 不 服 として 控 訴 した 2 消 費 税 法 の 定 め 前 提 事 実 被 控 訴 人 が 主 張 する 消 費 税 等 の 額 争 点 及 び 当 事 者 の 主 張 は 原 判 決 4 頁 14 行 目 の 代 金 を 納 付 して の 後 に 敷 地 利 用 権 と 共 に を 加 え 後 記 3において 当 審 における 控 訴 人 の 主 張 ( 原 審 での 主 張 を 敷 衍 する 部 分 を 含 む )を 4において 当 審 におけ る 被 控 訴 人 の 主 張 ( )をそれぞれ 付 加 するほかは 原 判 決 事 実 及 び 理 由 欄 の 第 2 事 案 の 概 要 2ないし5に 記 載 のとおりであるから これを 引 用 する 3 当 審 における 控 訴 人 の 主 張 原 審 における 被 控 訴 人 の 主 張 は 以 下 のとおり 誤 りであるところ 原 判 決 は 被 控 訴 人 の 主 張 2

3 を 鵜 呑 みにしており 独 自 の 判 断 理 由 は 見 当 たらないから その 判 断 が 誤 りであることは 明 らか である (1) 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 対 価 性 について ア 被 控 訴 人 は 消 費 税 法 28 条 1 項 の 課 税 標 準 の 定 義 中 の 対 価 として 収 受 し 又 は 収 益 すべき の 意 味 について その 文 理 上 その 譲 渡 に 係 る 当 事 者 間 で 授 受 し 又 は 授 受 する こととした 対 価 の 額 を 指 すものと 解 すべきと 主 張 する イ しかし 我 が 国 の 不 動 産 競 売 においては 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 を 物 件 明 細 書 に 明 示 したり 売 却 基 準 価 額 の 決 定 に 際 してそれを 控 除 したりするものの 競 売 代 金 に 含 めるこ とはせず 区 分 所 有 法 ( 原 判 決 6 頁 18 行 目 )7 条 8 条 により 買 受 人 は 裁 判 所 書 記 官 に 納 付 する 競 売 代 金 以 外 に 事 実 上 これを 負 担 せざるを 得 ない 上 その 金 額 は 明 らかであ るから 買 受 人 が 支 払 う 対 価 の 一 部 であることは 明 白 である 不 動 産 競 売 で 物 件 を 買 い 受 ける 場 合 の 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 とは 裁 判 所 書 記 官 に 納 付 した 競 売 代 金 に 限 られるとの 被 控 訴 人 の 解 釈 は そもそも 不 動 産 競 売 では 売 買 当 事 者 間 で 直 接 に 代 金 を 授 受 することはないので その 根 拠 が 薄 弱 であり 被 控 訴 人 の 主 張 する 文 理 解 釈 では 支 払 対 価 についての 正 解 を 導 くことはできない ウ 一 般 的 な 不 動 産 売 買 であれば 通 常 売 主 の 滞 納 管 理 費 等 は 売 買 代 金 に 組 み 込 まれて 買 主 が 支 払 い それが 買 主 にとって 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 該 当 することに 争 いはな い 消 費 税 の 課 税 に 関 しては 不 動 産 競 売 も 一 般 の 不 動 産 売 買 と 様 の 取 扱 いをすべきであり 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 は 売 買 代 金 の 一 部 とみるべきである エ 消 費 税 課 税 の 運 用 においても 前 所 有 者 が 負 担 した 固 定 資 産 税 等 のうち 新 所 有 者 が 売 買 代 金 とは 別 に 清 算 した 未 経 過 期 間 に 対 応 する 金 額 については 建 物 等 の 課 税 資 産 の 譲 渡 の 対 価 に 含 まれるとされていること( 消 費 税 法 基 本 通 達 )からも 明 らかなように 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 とは 名 目 上 の 売 買 代 金 に 限 らない (2) マンション 管 理 費 等 の 性 格 について ア 被 控 訴 人 は 管 理 組 合 が 区 分 所 有 者 との 間 でなす 管 理 費 等 の 授 受 は 事 業 として 対 価 を 得 て 行 われる 資 産 の 譲 渡 及 び 貸 付 け 並 びに 役 務 の 提 供 ( 消 費 税 法 2 条 1 項 8 号 )に 該 当 し ないから そもそも 消 費 税 の 課 税 対 象 ではない 旨 主 張 する イ なるほど 管 理 組 合 と 区 分 所 有 者 との 関 係 では 管 理 費 等 のほとんどが 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 当 たらないとしても このうち 上 下 水 道 使 用 料 については 課 税 仕 入 れ ( 項 12 号 )に 該 当 する ウ また 不 動 産 競 売 の 買 受 人 と 管 理 組 合 との 関 係 では 事 情 が 異 なる すなわち 区 分 所 有 法 8 条 は 競 売 買 受 人 に 対 しても 前 区 分 所 有 者 が 滞 納 した 管 理 費 等 の 支 払 を 強 制 しているから 競 売 買 受 人 にとって 前 区 分 所 有 者 が 滞 納 した 管 理 費 等 の 支 払 は 先 取 特 権 の 負 担 のない 完 全 な 所 有 権 を 確 保 するための 必 要 経 費 であって 前 区 分 所 有 者 に 対 する 売 買 代 金 の 追 加 支 払 と 視 し 得 る (3) 支 払 先 と 支 払 対 価 性 について ア 被 控 訴 人 は 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 先 は 前 区 分 所 有 者 ではなく 本 件 各 管 理 組 合 で あるから 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 は 譲 渡 当 事 者 間 で 授 受 されたとはいえず 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 該 当 しない 旨 主 張 する 3

4 イ しかし 不 動 産 競 売 においては 買 受 代 金 ですら 前 所 有 者 との 間 で 直 接 授 受 するもので はないから 支 払 相 手 が 異 なることを 理 由 に 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 該 当 しないと するのは 悪 しき 形 式 主 義 の 現 われである 不 動 産 競 売 での 買 受 人 は 前 区 分 所 有 者 に 対 して 滞 納 管 理 費 等 の 求 償 権 を 取 得 するとして も それを 実 際 に 行 使 し 得 ることはほとんどなく 前 区 分 所 有 者 はその 利 益 を 得 たことにな るから 実 質 的 には 売 買 代 金 の 追 加 払 として 売 買 当 事 者 間 で 滞 納 管 理 費 等 相 当 額 が 授 受 さ れることに 変 わりがない ウ 法 人 税 の 分 野 においては 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 が 棚 卸 資 産 の 取 得 価 額 ( 法 人 税 法 施 行 令 32 条 1 項 )に 該 当 することは 異 論 がないところ それは 滞 納 管 理 費 等 を 支 払 った 新 所 有 者 が 前 区 分 所 有 者 に 対 して 形 式 的 には 求 償 権 を 取 得 するとしても 事 実 上 回 収 が 困 難 であり 実 質 的 には 不 動 産 競 売 代 金 の 追 加 支 払 であることを 税 務 当 局 も 認 めているからであ る 消 費 税 の 分 野 においても 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 を 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 当 た ると 解 するのが 整 合 的 である エ なお 不 動 産 競 売 により 区 分 所 有 権 を 買 い 受 けた 者 が 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 を 支 払 わずに 転 売 する 場 合 転 売 先 との 間 で 滞 納 管 理 費 等 を 転 売 先 の 負 担 とする 旨 合 意 して 滞 納 管 理 費 等 を 値 引 いた 額 を 売 買 代 金 と 定 めれば 結 果 的 に 買 受 人 が 納 付 すべき 消 費 税 額 は 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 を 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 加 えた 場 合 と 様 になる 競 売 による 買 受 け 後 に 滞 納 管 理 費 等 を 支 払 った 場 合 と 先 送 りした 場 合 とでこのような 差 異 が 生 じるのは 不 合 理 である 4 当 審 における 被 控 訴 人 の 主 張 前 記 3の 控 訴 人 の 主 張 は 原 審 における 主 張 の 繰 り 返 しであるか あるいは 原 判 決 を 正 解 する ことなく 控 訴 人 の 独 自 の 見 解 を 述 べるものであって いずれも 理 由 がないことは 明 らかである 具 体 的 な 反 論 は 以 下 のとおりである (1) 前 記 3(1)の 控 訴 人 の 主 張 について ア 控 訴 人 は 前 記 3(1)イのとおり 消 費 税 法 の 趣 旨 目 的 から 合 理 的 に 解 釈 すれば 不 動 産 競 売 で 物 件 を 買 い 受 ける 場 合 の 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 とは 競 売 で 落 札 した 際 に 裁 判 所 書 記 官 に 納 付 した 買 受 代 金 の 額 に 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 を 加 えたもの とみる 方 が 合 理 的 であると 主 張 するが そのような 解 釈 結 果 が 何 故 消 費 税 法 の 趣 旨 目 的 に 沿 ったものといえるのかの 説 明 がなく 全 く 説 得 力 を 持 たない 不 動 産 競 売 における 売 却 は 売 買 の 性 質 を 有 するものであり 私 法 上 の 売 買 における 売 買 代 金 に 相 当 するのは 買 受 代 金 であるから 消 費 税 の 課 税 標 準 となるのは 買 受 人 が 納 付 した 買 受 代 金 である イ 控 訴 人 は 前 記 3(1)ウのとおり 一 般 的 な 不 動 産 売 買 との 均 衡 を 主 張 する しかし 一 般 的 な 不 動 産 売 買 において 売 主 と 買 主 の 協 議 により 売 主 の 滞 納 管 理 費 等 相 当 額 を 売 買 代 金 に 含 ませることなく 売 買 が 行 われ その 後 買 主 が 管 理 組 合 の 請 求 に 基 づい て 売 主 の 滞 納 管 理 費 等 相 当 額 を 支 払 う 場 合 には その 滞 納 管 理 費 等 は 上 記 不 動 産 売 買 におけ る 当 事 者 間 で 授 受 することとした 対 価 ではない 不 動 産 競 売 は 上 記 のような 不 動 産 売 買 の 事 例 と 様 であり 不 動 産 取 得 後 に 買 受 人 が 支 払 った 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 が 当 事 者 間 で 授 受 することとした 対 価 ではないとい う 点 も 様 である 4

5 ウ 消 費 税 法 基 本 通 達 の 趣 旨 は 固 定 資 産 税 等 の 未 経 過 期 間 に 対 応 する 金 額 は 仮 に 売 買 契 約 書 上 の 売 買 代 金 とは 別 に 支 払 われても 買 主 がその 分 の 税 負 担 なく 建 物 を 取 得 できる 対 価 として 売 買 当 事 者 間 で 授 受 されるから 課 税 資 産 の 譲 渡 の 対 価 の 額 に 含 まれると いうことができるというものである これに 対 して 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 は 買 受 人 から 管 理 組 合 に 対 して 支 払 われるものであるから 名 目 においても 実 質 においても 譲 渡 等 に 係 る 当 事 者 間 で 授 受 することとした 対 価 の 額 ではない このように 固 定 資 産 税 等 の 未 経 過 期 間 に 対 応 する 部 分 と 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 は 列 に 比 較 できるものではないから 前 記 3(1)エの 控 訴 人 の 主 張 は 失 当 である (2) 前 記 3(2)の 控 訴 人 の 主 張 について ア 控 訴 人 は 前 記 3(2)イのとおり 管 理 費 等 の 中 で 上 下 水 道 料 金 は 課 税 仕 入 れ に 該 当 する 旨 主 張 する しかし 分 譲 マンションの 区 分 所 有 者 が 管 理 組 合 に 支 払 う 管 理 費 等 の 中 に 共 用 部 分 の 維 持 管 理 等 のために 使 用 される 水 道 料 金 相 当 額 が 含 まれているとしても 管 理 組 合 による 水 道 の 使 用 と 区 分 所 有 者 による 水 道 料 金 相 当 額 の 支 払 との 間 に 対 価 関 係 を 観 念 することはで きず 消 費 税 法 2 条 12 号 の 資 産 の 譲 渡 に 当 たらないものとして 消 費 税 の 課 税 対 象 と はされないから 課 税 仕 入 れ には 該 当 しない イ 控 訴 人 は 前 記 3(2)ウのとおり 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 は 代 金 の 追 加 支 払 と 視 できると 主 張 するが 分 譲 マンションの 区 分 所 有 者 が 管 理 組 合 に 対 して 対 価 関 係 なく 支 払 う 管 理 費 等 が 区 分 所 有 法 8 条 の 規 定 に 基 づく 連 帯 債 務 の 履 行 として 支 払 われる 場 合 には 対 価 関 係 を 見 出 すことができるとする 理 由 が 不 明 である 区 分 所 有 者 の 特 定 承 継 人 が 区 分 所 有 法 8 条 の 規 定 に 基 づき 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 を 支 払 う 場 合 にも 取 引 の 対 価 性 は 何 ら 認 められない (3) 前 記 3(3)の 控 訴 人 の 主 張 について ア 前 記 3(3)イの 控 訴 人 の 主 張 は 経 済 的 な 結 果 としては 売 買 代 金 が 当 事 者 間 で 授 受 され たのと 様 に 見 ることができるのであるから 法 的 にも 売 買 代 金 の 当 事 者 間 における 授 受 と して 扱 うべきである というに 等 しい しかしながら いかに 経 済 的 な 結 果 が 様 のものと 見 ることができるからといって 買 受 人 が 区 分 所 有 法 8 条 の 定 める 債 務 の 履 行 として 管 理 組 合 に 支 払 った 滞 納 管 理 費 等 を 不 動 産 競 売 における 買 受 代 金 であるとして 消 費 税 法 に 当 てはめることはできない イ 控 訴 人 は 前 記 3(3)ウのとおり 法 人 税 の 分 野 における 棚 卸 資 産 の 取 得 価 額 との 整 合 性 を 主 張 するが 法 人 税 法 における 考 え 方 を 消 費 税 法 の 分 野 にそのまま 持 ち 込 むことはで きない 第 3 当 裁 判 所 の 判 断 1 当 裁 判 所 も 原 判 決 と じく 控 訴 人 の 本 訴 請 求 はいずれも 理 由 がないと 判 断 する その 理 由 は 後 記 2において 原 判 決 を 補 正 し 3において 当 審 における 控 訴 人 の 主 張 ( 原 審 での 主 張 を 敷 衍 する 部 分 を 含 む )に 対 する 判 断 を 付 加 するほかは 原 判 決 事 実 及 び 理 由 欄 の 第 3 当 裁 判 所 の 判 断 1 2に 記 載 のとおりであるから これを 引 用 する 2 原 判 決 の 補 正 (1) 原 判 決 8 頁 25 行 目 から26 行 目 にかけての 課 税 仕 入 れの 相 手 方 との 間 で 授 受 される 取 引 の 対 価 をいうものであることは 明 らかである を 以 下 のとおり 改 める 5

6 課 税 仕 入 れの 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 経 済 的 出 捐 をいい 必 ずしも 課 税 仕 入 れの 相 手 方 との 間 で 仕 入 れの 対 価 として 明 示 的 に 合 意 されたものには 限 られず 課 税 仕 入 れの 目 的 を 達 するために 必 要 である 限 り 当 該 課 税 仕 入 れの 相 手 方 が 第 三 者 に 対 して 負 う 債 務 を 消 滅 させ るための 弁 済 金 も 含 まれるのであり また それが 当 該 課 税 仕 入 れの 相 手 方 との 間 で 直 接 授 受 されなければならないものではないと 解 される この 点 につき 被 控 訴 人 は 消 費 税 法 2 8 条 1 項 の 文 理 解 釈 や 消 費 税 法 基 本 通 達 を 根 拠 に 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 とは その 譲 渡 に 係 る 当 事 者 間 で 授 受 し 又 は 授 受 することとした 対 価 の 額 を 指 すと 主 張 する( 原 審 第 1 準 備 書 面 15 頁 以 下 )が 上 記 条 文 等 は 消 費 税 の 課 税 標 準 に 関 するもので あって 仕 入 税 額 控 除 に 関 する 消 費 税 法 30 条 所 定 の 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 の 意 味 がこれと 一 でなければならない 必 然 性 はない 上 このような 解 釈 を 採 れば 不 動 産 競 売 の 場 合 納 付 した 買 受 代 金 ですら 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 当 たることに 疑 問 が 生 ずる し( 買 受 代 金 は 直 接 には 裁 判 所 書 記 官 に 納 付 され 担 保 権 者 等 への 配 当 の 後 余 剰 があった 場 合 のみ 前 所 有 者 に 交 付 される ) 担 保 権 付 き 建 物 の 買 主 が 売 買 代 金 の 一 部 を 担 保 権 者 に 直 接 支 払 って( 第 三 者 弁 済 ) 当 該 担 保 権 を 消 滅 させることを 売 主 と 合 意 した 場 合 にも 完 全 な 所 有 権 を 取 得 するという 売 買 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 支 出 が 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 当 たらないことになりかねない もっとも 流 通 の 各 段 階 で 課 税 するという 消 費 税 の 性 質 及 び 累 積 課 税 を 避 けるという 趣 旨 に 鑑 みれば 当 該 経 済 的 出 捐 が 課 税 仕 入 れの 相 手 方 の 第 三 者 に 対 する 債 務 の 弁 済 である 場 合 に 相 手 方 の 当 該 債 務 負 担 行 為 が 消 費 税 の 課 税 対 象 とならない 不 課 税 取 引 であるにもかか わらず 課 税 仕 入 れに 係 る 仕 入 税 額 控 除 を 認 めるべき 合 理 的 理 由 は 全 くなく そのような 債 務 の 弁 済 金 は 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 には 該 当 しないと 解 するのが 相 当 である (2) 9 頁 9 行 目 から23 行 目 までを 以 下 のとおり 改 める 確 かに 一 般 に 区 分 所 有 建 物 の 滞 納 管 理 費 等 については 区 分 所 有 法 8 条 によって 新 所 有 者 も 当 該 債 務 を 負 担 するから 新 所 有 者 としては 完 全 な 所 有 権 を 確 保 するという 目 的 を 達 成 するには 管 理 組 合 に 対 して 弁 済 することを 余 儀 なくされることは 否 定 できない しかしながら 区 分 所 有 建 物 の 管 理 費 等 については その 大 部 分 が 消 費 税 の 課 税 対 象 とな っていないことは 控 訴 人 の 自 認 するところであり ただ 上 下 水 道 料 金 については 区 分 所 有 者 がその 専 有 部 分 で 使 用 したものであっても 管 理 組 合 規 約 等 によって 管 理 費 等 として 扱 うことが 定 められている 場 合 には 例 外 的 に 消 費 税 が 含 まれていることがあり 得 るが これ の 管 理 費 等 全 体 に 占 める 割 合 は 極 めて 小 さいと 推 測 される そうすると 前 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 は 基 本 的 に 不 課 税 であるといえるので 本 件 にお いても 控 訴 人 が 本 件 各 管 理 組 合 に 支 払 った 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 を 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 とみることはできない 3 当 審 における 控 訴 人 の 主 張 に 対 する 判 断 (1) 取 引 の 対 価 性 に 関 する 主 張 ( 前 記 第 2の3(1))について ア 控 訴 人 は 前 記 第 2の3(1)イのとおり 不 動 産 競 売 で 区 分 所 有 建 物 を 買 い 受 けた 者 は 裁 判 所 書 記 官 に 納 付 する 買 受 代 金 以 外 に 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 を 事 実 上 負 担 せざる を 得 ないから かかる 滞 納 管 理 費 等 は 不 動 産 競 売 による 取 引 の 対 価 である 旨 主 張 する 確 かに 不 動 産 競 売 手 続 中 に 管 理 組 合 が 先 取 特 権 ( 区 分 所 有 法 7 条 1 項 )に 基 づいて 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 につき 配 当 要 求 し 配 当 を 受 けることがない 限 り 当 該 区 分 所 有 6

7 建 物 の 買 受 人 としては 区 分 所 有 法 8 条 に 従 い 当 該 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 が 必 要 であったと いえる しかし 滞 納 管 理 費 等 については 基 本 的 に 消 費 税 が 含 まれていないので その 支 払 をも って 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 とみることができないのは 上 記 ( 補 正 後 の 原 判 決 9 頁 9 行 目 から23 行 目 まで)のとおりであるところ 控 訴 人 が 本 件 各 管 理 組 合 に 支 払 った 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 についても 消 費 税 が 含 まれていることを 認 めるに 足 りる 証 拠 はない したがって 控 訴 人 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない イ 控 訴 人 は 前 記 第 2の3(1)ウのとおり 消 費 税 の 課 税 に 関 しては 一 般 的 な 不 動 産 売 買 により 物 件 を 買 い 受 ける 場 合 と 不 動 産 競 売 により 物 件 を 買 い 受 ける 場 合 とを 様 に 取 り 扱 うべきであり 一 般 的 な 不 動 産 売 買 では 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 は 売 買 代 金 の 一 部 と して 組 み 込 まれるから 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 も 本 件 各 マンション 買 受 けの 対 価 とみるべき である 旨 主 張 する しかし 滞 納 管 理 費 等 を 売 買 代 金 に 組 み 込 んだ 上 買 主 である 新 所 有 者 がその 中 から 滞 納 管 理 費 等 を 管 理 組 合 に 支 払 ったという 場 合 には 組 み 込 まれた 滞 納 管 理 費 等 相 当 部 分 につい ても 消 費 税 の 課 税 対 象 となって 消 費 税 が 上 乗 せされるのに 対 し 本 件 のように 滞 納 管 理 費 等 が 買 受 代 金 に 組 み 込 まれることなく 別 途 管 理 組 合 に 支 払 われた 場 合 には 消 費 税 が 上 乗 せされないので 両 者 を 一 視 すべきとの 上 記 主 張 は 採 用 できない ウ 控 訴 人 は 前 記 第 2の3(1)エのとおり 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 は 名 目 上 の 売 買 代 金 には 限 られず 消 費 税 法 基 本 通 達 も 前 所 有 者 が 負 担 した 固 定 資 産 税 等 のうち 未 経 過 期 間 に 対 応 する 部 分 について 実 質 的 な 売 買 代 金 性 を 認 めている 旨 主 張 する なるほど 未 経 過 期 間 に 対 応 する 固 定 資 産 税 等 を 新 所 有 者 が 売 買 代 金 とは 別 に 前 所 有 者 に 支 払 った 場 合 消 費 税 基 本 通 達 は これを 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 とし て 認 めているところ 売 買 代 金 に 組 み 入 れられなかった 固 定 資 産 税 等 は 消 費 税 の 課 税 対 象 で はないから 上 記 基 本 通 達 は 消 費 税 の 累 積 課 税 を 避 けるという 仕 入 税 額 控 除 の 趣 旨 を 逸 脱 するものとの 印 象 を 免 れない しかし 通 達 は 基 本 的 に 行 政 内 部 における 事 務 指 針 の 性 格 を 有 するにすぎないから 上 記 基 本 通 達 を 理 由 に 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 についても 様 に 取 り 扱 われなければ 違 法 である とは 解 されず 控 訴 人 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない (2) 課 税 仕 入 れ 該 当 性 に 関 する 主 張 ( 前 記 第 2の3(2))について ア 控 訴 人 は 前 記 第 2の3(2)イのとおり 管 理 費 等 のうち 上 下 水 道 料 金 は 課 税 仕 入 れ ( 消 費 税 法 2 条 1 項 12 号 )に 該 当 し 消 費 税 の 課 税 対 象 であるから 管 理 組 合 と 区 分 所 有 者 間 で 授 受 される 管 理 費 等 が 全 て 消 費 税 の 課 税 対 象 外 であるとまではいえない 旨 主 張 する しかし 被 控 訴 人 が 前 記 第 2の4(2)アで 主 張 するとおり 少 なくとも 共 用 部 分 の 維 持 管 理 等 のために 使 用 される 水 道 料 金 相 当 額 については 消 費 税 の 課 税 対 象 であるとは 認 めら れず 他 方 仮 に 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 の 中 に 専 有 部 分 で 使 用 される 水 道 料 金 相 当 額 がいか ほどか 含 まれているとしても 例 外 的 なものと 推 測 され 現 に 本 件 においてこのことを 示 す 的 確 な 証 拠 は 見 当 たらない したがって 控 訴 人 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない イ 控 訴 人 は 前 記 第 2の3(2)ウのとおり 管 理 組 合 が 区 分 所 有 者 から 管 理 費 等 を 徴 収 する 場 合 には 事 業 性 が 認 められないとしても 不 動 産 競 売 の 買 受 人 が 区 分 所 有 法 8 条 の 規 定 に 基 7

8 づき 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 を 管 理 組 合 に 支 払 う 場 合 には 事 情 が 異 なる 旨 主 張 する しかし 被 控 訴 人 が 前 記 第 2の4(2)イで 主 張 するとおり 区 分 所 有 法 8 条 の 規 定 により 区 分 所 有 者 の 特 定 承 継 人 が 管 理 組 合 に 対 して 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 義 務 を 負 い 事 実 上 その 履 行 を 強 制 されることをもって 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 を 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 とみることはできない 控 訴 人 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない (3) 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 先 に 関 する 主 張 ( 前 記 第 2の3(3))について ア 控 訴 人 は 前 記 第 2の3(3)イのとおり 不 動 産 競 売 においては 買 受 人 が 前 所 有 者 との 間 で 買 受 代 金 を 直 接 授 受 することはないから 控 訴 人 による 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 先 が 前 区 分 所 有 者 でないことは 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 が 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 該 当 す ることを 否 定 する 根 拠 とはなり 得 ない 旨 主 張 する 確 かに 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 を 支 払 先 が 課 税 仕 入 れの 相 手 方 であるものに 限 定 す るならば 不 都 合 を 生 じかねないことは 前 記 のとおりであるけれども 当 該 経 済 的 出 捐 が 課 税 仕 入 れの 相 手 方 の 第 三 者 に 対 する 債 務 の 弁 済 である 場 合 において 当 該 債 務 に 消 費 税 が 含 まれていないにもかかわらず 消 費 税 相 当 額 の 仕 入 税 額 控 除 を 認 めるのは 明 らかに 不 合 理 で あって この 観 点 から 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 については 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 と 認 められないことは 第 3の3(1)で 説 示 したとおりである 控 訴 人 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない イ 控 訴 人 は 前 記 第 2の3(3)ウのとおり 法 人 税 の 分 野 においては 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 が 棚 卸 資 産 の 取 得 価 額 ( 法 人 税 法 施 行 令 32 条 1 項 )に 含 まれることが 異 論 な く 認 められており これは 税 務 当 局 において 前 区 分 所 有 者 に 対 する 求 償 権 の 回 収 が 事 実 上 困 難 であることを 認 めたものであるから 消 費 税 の 分 野 においても 様 に 解 するべきである 旨 主 張 する しかし 法 人 税 の 分 野 において 新 所 有 者 が 滞 納 管 理 費 等 を 支 払 った 場 合 棚 卸 資 産 の 取 得 価 額 として 経 費 性 を 認 めるのは 法 人 税 法 施 行 令 32 条 1 項 1 号 イが 当 該 資 産 の 購 入 の 代 価 ( 引 取 運 賃 荷 役 費 運 送 保 険 料 購 入 手 数 料 関 税 ( 略 )その 他 当 該 資 産 の 購 入 のために 要 した 費 用 がある 場 合 には その 費 用 の 額 を 加 算 した 金 額 ) と 定 めているからで あり 他 方 消 費 税 の 分 野 で 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 と 認 められないのは それが 基 本 的 に 消 費 税 の 課 税 対 象 となっておらず 累 積 課 税 の 排 除 という 趣 旨 に 沿 わないからであり 両 者 は その 課 税 目 的 ないし 趣 旨 が 異 なり 法 令 上 も 別 個 に 定 められているのであるから 法 人 税 法 の 分 野 で 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 を 棚 卸 資 産 の 取 得 価 額 に 含 める 取 扱 いを しているからといって 消 費 税 法 の 分 野 でも 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 を 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 当 たると 解 さなければならないものではない 控 訴 人 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない ウ 控 訴 人 は 前 記 第 2の3(3)エのとおり 不 動 産 競 売 により 区 分 所 有 権 を 買 い 受 けた 者 が 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 を 支 払 わずに 転 売 する 場 合 には 転 売 先 との 約 定 如 何 によって は 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 を 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 加 えるのと 様 の 結 果 となるから それ 以 外 の 場 合 に 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 加 えないとの 解 釈 は 不 合 理 である 旨 主 張 する しかし 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 が 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 含 まれるか 否 か 8

9 は 基 本 的 にはかかる 滞 納 管 理 費 等 の 負 担 等 の 売 買 条 件 によって 定 まるものであり 上 記 の とおり 買 受 人 が 転 売 先 との 間 で 取 り 交 わす 特 約 如 何 によって 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 が 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 加 えられた 場 合 と 様 の 結 果 となることは 何 ら 不 合 理 ではないというべきである 控 訴 人 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない 第 4 結 論 以 上 によれば 控 訴 人 の 本 訴 請 求 をいずれも 棄 却 した 原 判 決 は 結 論 において 相 当 であり 本 件 控 訴 は 理 由 がないから 主 文 のとおり 判 決 する 名 古 屋 高 等 裁 判 所 民 事 第 1 部 裁 判 長 裁 判 官 加 藤 幸 雄 裁 判 官 河 村 隆 司 裁 判 官 達 野 ゆき 9

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主 平 成 11 年 11 月 24 日 判 例 集 未 掲 載 大 阪 地 判 管 理 費 等 の 徴 収 中 間 取 得 者 の 支 払 義 務 1 特 別 修 繕 費 の 未 納 者 から 区 分 所 有 建 物 を 競 売 により 取 得 し さらに 第 三 者 にこれを 売 却 した 中 間 取 得 者 も 特 定 承 継 人 として 特 別 修 繕 費 等 の 支 払 義 務 を 負 うとした

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給 外 形 標 準 課 税 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 福 島 県 1 付 加 価 値 割 総 論 Q1 期 首 では 資 本 金 1 億 5 千 万 円 だったが 減 資 をしたため 期 末 では 資 本 金 9 千 万 円 にな りました 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となります A1 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となるか 否 かは 各 事 業 年 度 終 了 の 日

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主 設 立 認 可 申 請 書 必 要 書 類 とチェック 事 項 必 要 書 類 チェック 事 項 基 本 書 類 設 立 認 可 申 請 書 定 款 添 付 書 類 目 録 財 産 目 録 土 関 係 土 不 動 産 登 記 事 項 証 明 書 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 土 公 図 土 土 契 約 書 ( 写 ) 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

固定資産評価審査申出とは

固定資産評価審査申出とは H28.4 伊 那 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 1 固 定 資 産 評 価 審 査 申 出 とは 固 定 資 産 税 の 納 税 者 は 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 価 格 に 不 服 がある 場 合 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 に 審 査 の 申 出 ( 以 下 審 査 申 出 といいます )ができます 固 定 資 産 評 価 審 査 委

More information

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル は じ め に 合 格 (うかる) 勉 強 とは 1 試 験 に 合 格 するのに 絶 対 的 に 必 要 なことは 問 いに 正 しく 答 えることである このあたりまえのことを 考 えたこと 有 りますか 2 試 験 問 題 の 出 題 (= 作 問 )の 仕 方 から 勉 強 方 法 を 考 える 択 一 試 験 では 必 ず 正 誤 が 問 われるのでついつい 思 考 が 二 者 択 一 的

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E D738FEE816A939A905C91E D862E646F63>

<4D F736F F D2095BD90AC E D738FEE816A939A905C91E D862E646F63> 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 6 月 1 8 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 2 9 5 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 2 年 2 月 8 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 5 1 4 号 ) 事 件 名 : 法 人 課 税 部 門 における 消 費 税 還 付 申 告 に 係 る 事 務 処 理 手

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

Microsoft Word - 答申第143号.doc

Microsoft Word - 答申第143号.doc 答 申 第 143 号 平 成 15 年 12 月 17 日 千 葉 県 知 事 堂 本 暁 子 様 千 葉 県 情 報 公 開 審 査 会 委 員 長 麻 生 肇 異 議 申 立 てに 対 する 決 定 について( 答 申 ) 平 成 14 年 12 月 12 日 付 け 一 廃 第 361の2 号 による 下 記 の 諮 問 について 次 のとおり 答 申 します 記 平 成 10 年 6 月

More information

平成10年第4回市議会定例会

平成10年第4回市議会定例会 平 成 27 年 第 2 回 市 議 会 定 例 会 提 出 予 定 議 案 の 概 要 新 座 市 提 出 議 案 ( 合 計 16 件 )の 内 訳 専 決 処 分 の 承 認 を 求 める 案 件 2 件 条 例 2 件 ( 新 座 市 税 条 例 等 の 一 部 を 改 正 する 条 例 ほか1 件 ) 条 例 案 件 4 件 一 部 改 正 4 件 ( 新 座 市 個 人 情 報 保 護

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

Taro13-01_表紙目次.jtd

Taro13-01_表紙目次.jtd 209 210 1 2 4 3 ab c a 211 b c 212 1 3 50,000 30,000 20,000 2 10 100,000 1 10,000 10 =100,000 3 10 1,000,000 1 100,000 10 =1,000,000 23 1,200,000 1 40,000 5 400,000 2 10 5 10,000 3 1 500,000 1 100,000

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

福 岡 厚 生 年 金 事 案 4486 第 1 委 員 会 の 結 論 申 立 人 の 申 立 期 間 については その 主 張 する 標 準 報 酬 月 額 に 基 づく 厚 生 年 金 保 険 料 を 事 業 主 により 給 与 から 控 除 されていたことが 認 められることから 申 立 期

福 岡 厚 生 年 金 事 案 4486 第 1 委 員 会 の 結 論 申 立 人 の 申 立 期 間 については その 主 張 する 標 準 報 酬 月 額 に 基 づく 厚 生 年 金 保 険 料 を 事 業 主 により 給 与 から 控 除 されていたことが 認 められることから 申 立 期 ( 平 成 24 年 9 月 20 日 報 道 資 料 抜 粋 ) 年 金 記 録 に 係 る 苦 情 のあっせん 等 について 年 金 記 録 確 認 福 岡 地 方 第 三 者 委 員 会 分 1. 今 回 のあっせん 等 の 概 要 (1) 年 金 記 録 の 訂 正 の 必 要 があるとのあっせんを 実 施 するもの 2 件 厚 生 年 金 関 係 2 件 (2) 年 金 記 録 の 訂 正

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第076号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第076号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 19 年 3 月 26 日 ( 平 成 19 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 153 号 ) 答 申 日 : 平 成 19 年 5 月 31 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 76 号 ) 事 件 名 : 自 艦 隊 ( 作 ) 第 27 号 (15.1.14)の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

<485020208145944E8BE08F6D2082C682B5905690DD2E786C7378>

<485020208145944E8BE08F6D2082C682B5905690DD2E786C7378> < 年 金 塾 > ( 年 金 判 例. 1/ ) 公 的 年 金 の 逸 失 利 益 性 (その-1) H.. 課 題 < 逸 失 利 益 > 1. 街 頭 相 談 会 ( 当 塾 の 主 催 や ) で 次 のような 質 問 があったとしたら 貴 方 は どう 答 えますか? < 想 定 質 問 > 年 金 受 給 中 のお 爺 さんが 横 断 歩 道 を 通 行 中 に 信 号 無 視 の 車

More information

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の 滞 納 管 理 費 等 回 収 のための 管 理 組 合 による 措 置 に 係 るフローチャート( 解 説 ) フローチャートにおける 各 手 順 の 概 要 は つぎのとおりである (1) 督 促 管 理 組 合 は 滞 納 者 に 対 して 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 の 督 促 とともに 今 後 も 滞 納 が 継 続 する 場 合 には その 状 況 に 応 じてさらなる 措 置

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

Microsoft Word - 19年度(行個)答申第94号.doc

Microsoft Word - 19年度(行個)答申第94号.doc 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 19 年 9 月 6 日 ( 平 成 19 年 ( 行 個 ) 諮 問 第 86 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 30 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 個 ) 答 申 第 94 号 ) 事 件 名 : 本 人 に 係 る 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否

More information

無罪判決後の勾留に関する意見書

無罪判決後の勾留に関する意見書 無 罪 判 決 後 の 勾 留 に 関 する 意 見 書 2015 年 ( 平 成 27 年 )10 月 21 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 第 1 意 見 の 趣 旨 刑 事 訴 訟 法 第 345 条 に, 第 2 項 として, 判 決 で 無 罪 の 言 渡 しがあったときは, 上 訴 審 において 原 判 決 が 破 棄 されるまで, 新 たに 勾 留 状 を 発 することはできな い

More information

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり 平 成 21 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

栃木県アンテナショップ基本計画策定及び設計業務委託に係る標準?プロポーザル実施要領

栃木県アンテナショップ基本計画策定及び設計業務委託に係る標準?プロポーザル実施要領 スカイベリー 高 級 ブランドイメージ 定 着 プロモーション 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 本 要 領 は スカイベリー 高 級 ブランドイメージ 定 着 プロモーション 業 務 を 委 託 する 事 業 者 を 選 定 するに 当 たり 公 募 型 プロポーザルの 実 施 方 法 等 必 要 な 事 項 を 定 めるものである 1 業 務 の 概 要 (1)

More information

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳 主 文 原 判 決 中, 上 告 人 敗 訴 部 分 を 破 棄 する 前 項 の 部 分 につき, 本 件 を 知 的 財 産 高 等 裁 判 所 に 差 し 戻 す 理 由 上 告 代 理 人 中 村 稔 ほかの 上 告 受 理 申 立 て 理 由 第 2について 1 本 件 は, 上 告 人 が, 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 )の 施 行 日 である 昭 和 46

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

3 大 規 模 の 償 却 資 産 大 規 模 の 償 却 資 産 について 道 府 県 知 事 は 決 定 した 価 格 等 に 重 大 な 錯 誤 があることを 発 見 した 場 合 に おいては 直 ちに 当 該 価 格 等 を 修 正 し 遅 滞 なく 修 正 した 価 格 等 及 び 道

3 大 規 模 の 償 却 資 産 大 規 模 の 償 却 資 産 について 道 府 県 知 事 は 決 定 した 価 格 等 に 重 大 な 錯 誤 があることを 発 見 した 場 合 に おいては 直 ちに 当 該 価 格 等 を 修 正 し 遅 滞 なく 修 正 した 価 格 等 及 び 道 第 63 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 価 格 の 修 正 及 び 家 屋 の 所 有 権 移 転 に 係 る 課 税 関 係 からの 出 題 であった 1の 価 格 の 修 正 については 過 去 の 本 試 験 問 題 を 通 じて 対 策 をしていた 論 点 であり 判 断 に 迷 う 点 もないこと から 高 得 点 を 取 ることが 可 能

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

Microsoft Word sozei-sample1.doc

Microsoft Word sozei-sample1.doc 第 1 章 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 Ⅱ 第 1 節 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 の 趣 旨 (A) 法 人 が, 他 の 内 国 法 人 から 利 益 の 配 当 等 を 受 けた 場 合 には, 企 業 会 計 上, 営 業 外 収 益 に 計 上 されるため, 収 益 の 額 を 構 成 する しかし, 法 人 税 法 上 は, 別 段 の 定 めにより, 原

More information

. 負 担 調 整 措 置 8 (1) 宅 地 等 調 整 固 定 資 産 税 額 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 額 は 当 該 年 度 分 の 固 定 資 産 税 額 が 前 年 度 課 税 標 準 額 又 は 比 準 課 税 標 準 額 に 当 該 年 度 分 の 価 格 ( 住 宅

. 負 担 調 整 措 置 8 (1) 宅 地 等 調 整 固 定 資 産 税 額 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 額 は 当 該 年 度 分 の 固 定 資 産 税 額 が 前 年 度 課 税 標 準 額 又 は 比 準 課 税 標 準 額 に 当 該 年 度 分 の 価 格 ( 住 宅 035-8900-1095-15 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 負 担 調 整 措 置 及 び 情 報 開 示 並 びに 不 服 救 済 制 度 からの 出 題 であった 問 1の 負 担 調 整 措 置 については 解 答 しづらい 部 分 はあったが それ 以 外 の 部 分 は 解 答 しやすい 問 題 であ った

More information

答申書

答申書 諮 問 庁 : 法 務 大 臣 諮 問 日 : 平 成 14 年 8 月 1 日 答 申 日 : 平 成 14 年 9 月 18 日 事 件 名 : 熊 本 刑 務 所 が 本 人 に 対 して 行 った 分 類 調 査 や 累 進 審 査 の 結 果 を 記 録 し た 分 類 調 査 票 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に 関 する 件 ( 平 成 14 年 諮 問 第

More information

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 26 号 改 正 平 成 22 年 9 月 30 日 条 例 第 23 号 平 成 23 年 9 月 29 日 条 例 第 40 号 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 目 次 第 1 章

More information

10【交付要綱】様式第5-1~13

10【交付要綱】様式第5-1~13 様 式 第 5-1( 日 本 工 業 規 格 A 列 4 番 ) 平 成 年 月 日 国 土 交 通 大 臣 殿 住 所 氏 名 又 は 名 称 印 ( 地 域 公 共 交 通 調 査 事 業 ( 計 画 策 定 事 業 )) 交 付 申 請 書 ( 地 域 公 共 交 通 調 査 事 業 ( 計 画 策 定 事 業 )) 金 円 を 交 付 されるよう 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執

More information

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思 第 4 章 電 子 商 取 引 (10 月 10 日 ) 1 授 業 のねらい 電 子 商 取 引 において 事 業 者 がどのような 事 柄 について 情 報 提 供 を 行 うべきであるか について 理 解 する 電 子 商 取 引 には どのような 法 令 が 適 用 されるのか? 事 業 者 はどの 範 囲 のものをさすのか ネットオークションで 私 人 が 出 品 する 場 合 はどう か?

More information

答申第585号

答申第585号 別 紙 諮 問 第 722 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 平 成 23 年 月 日 区 営 業 所 で 起 きた 物 損 事 故 に 関 する 全 ての 内 容 の 文 書 の 開 示 請 求 に 対 し 終 業 点 呼 記 録 簿 ほか7 件 を 対 象 公 文 書 として 特 定 し 一 部 開 示 と した 決 定 は 妥 当 である 2 審 査 請 求 の 内 容 (1) 審 査

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817990B3817A8E9096E291E63138358D86939A905C>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817990B3817A8E9096E291E63138358D86939A905C> 静 情 審 第 6 3 号 平 成 26 年 3 月 24 日 静 岡 県 知 事 様 静 岡 県 情 報 公 開 審 査 会 会 長 興 津 哲 雄 静 岡 県 情 報 公 開 条 例 第 19 条 の 規 定 に 基 づく 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 25 年 11 月 7 日 付 け 静 空 総 第 141 号 による 下 記 の 諮 問 について 別 紙 のとおり 答 申 し ます

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

(1)1オールゼロ 記 録 ケース 厚 生 年 金 期 間 A B 及 びCに 係 る 旧 厚 生 年 金 保 険 法 の 老 齢 年 金 ( 以 下 旧 厚 老 という )の 受 給 者 に 時 効 特 例 法 施 行 後 厚 生 年 金 期 間 Dが 判 明 した Bは 事 業 所 記 号 が

(1)1オールゼロ 記 録 ケース 厚 生 年 金 期 間 A B 及 びCに 係 る 旧 厚 生 年 金 保 険 法 の 老 齢 年 金 ( 以 下 旧 厚 老 という )の 受 給 者 に 時 効 特 例 法 施 行 後 厚 生 年 金 期 間 Dが 判 明 した Bは 事 業 所 記 号 が 参 考 資 料 2 時 効 特 例 給 付 の 業 務 実 態 等 に 関 す る 調 査 結 果 に つ い て ( 報 告 書 で 取 り 上 げられた 10 ケースに 該 当 する 事 例 の 具 体 的 イメージ) (1)1オールゼロ 記 録 ケース 厚 生 年 金 期 間 A B 及 びCに 係 る 旧 厚 生 年 金 保 険 法 の 老 齢 年 金 ( 以 下 旧 厚 老 という )の

More information

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc 答 申 第 1 審 議 会 の 結 論 名 古 屋 市 長 ( 以 下 実 施 機 関 という )が 本 件 異 議 申 立 ての 対 象 とな る 保 有 個 人 情 報 を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 である 第 2 異 議 申 立 てに 至 る 経 過 1 平 成 27 年 5 月 29 日 異 議 申 立 人 は 名 古 屋 市 個 人 情 報 保 護 条 例 ( 平 成 17

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

基 準 地 価 格 3 年 に1 度 審 議 直 近 ではH23 年 12 月 に 審 議 土 地 評 価 替 えの 流 れと 固 定 資 産 評 価 審 議 会 基 準 地 とは 土 地 評 価 の 水 準 と 市 町 村 間 の 均 衡 を 確 保 するための 指 標 となるものであり 各 市

基 準 地 価 格 3 年 に1 度 審 議 直 近 ではH23 年 12 月 に 審 議 土 地 評 価 替 えの 流 れと 固 定 資 産 評 価 審 議 会 基 準 地 とは 土 地 評 価 の 水 準 と 市 町 村 間 の 均 衡 を 確 保 するための 指 標 となるものであり 各 市 資 料 1 山 梨 県 固 定 資 産 評 価 審 議 会 の 概 要 1 設 置 の 根 拠 地 方 税 法 第 401 条 の2 山 梨 県 附 属 機 関 の 設 置 に 関 する 条 例 2 設 置 の 趣 旨 固 定 資 産 評 価 の 適 正 均 衡 の 確 保 3 組 織 委 員 11 名 ( 国 及 び 市 町 村 の 職 員 並 びに 学 識 経 験 者 ) 4 任 期 2 年 (

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 22 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず(

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず( 別 紙 2 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 実 務 上 の 検 討 ポイント 第 1 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 概 要 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 ( 以 下 D&O 保 険 ) とは 保 険 契 約 者 である 会 社 と 保 険 者 である 保 険 会 社 の 契 約 により 被 保 険 者 とされている 役 員

More information

Microsoft Word - 20年度(行個)答申第2号.doc

Microsoft Word - 20年度(行個)答申第2号.doc 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 19 年 4 月 18 日 ( 平 成 19 年 ( 行 個 ) 諮 問 第 21 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 4 月 21 日 ( 平 成 20 年 度 ( 行 個 ) 答 申 第 2 号 ) 事 件 名 : 特 定 被 相 続 人 に 係 る 相 続 税 申 告 書 の 不 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ 1 住 宅 ローン 控 除 (1) 居 住 用 の 建 物 及 び 上 地 等 を 取 得 等 ( 新 築 を 含 む) 又 は 居 住 用 建 物 の 増 改 築 をし 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 10 年 間 所 得 税 が 軽 減 されます 但 し 居 住 年 が 平 成 17 年 から

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

6. 共 有 等 に 係 る 固 定 資 産 の 判 定 3 共 有 に 係 る 固 定 資 産 については それぞれの 共 有 者 が 他 に 固 定 資 産 を 所 有 している 場 合 であっても その 資 産 とは 別 個 に 共 有 されている 固 定 資 産 を 別 の 人 格 が 所

6. 共 有 等 に 係 る 固 定 資 産 の 判 定 3 共 有 に 係 る 固 定 資 産 については それぞれの 共 有 者 が 他 に 固 定 資 産 を 所 有 している 場 合 であっても その 資 産 とは 別 個 に 共 有 されている 固 定 資 産 を 別 の 人 格 が 所 第 64 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 免 税 点 及 び 固 定 資 産 課 税 台 帳 からの 出 題 であった 問 1の 免 税 点 については 判 断 に 迷 う 点 もないことから 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった 問 の 固 定 資 産 課 税 台 帳 については 事 例 部 分 の 解 答 方 法 に 迷 う 問

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

Microsoft Word - 新提案書作成・審査要領、提案書作成様式(別添3,4)

Microsoft Word - 新提案書作成・審査要領、提案書作成様式(別添3,4) ( 別 添 3) 平 成 27 年 度 いわき 市 南 部 清 掃 センター 指 定 廃 棄 物 セメント 固 型 化 施 設 解 体 撤 去 等 調 査 委 託 業 務 に 係 る 提 案 書 作 成 審 査 要 領 環 境 省 本 書 は 平 成 27 年 度 いわき 市 南 部 清 掃 センター 指 定 廃 棄 物 セメント 固 型 化 処 理 施 設 解 体 撤 去 等 調 査 委 託 業

More information

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ 求 償 権 の 管 理 回 収 に 関 する 事 例 研 究 (その2) - 平 成 23 年 度 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 から- 農 業 第 二 部 前 号 に 引 き 続 き 昨 年 9 月 に 開 催 された 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 で 求 償 権 の 管 理 回 収 事 例 研 究 として 掲 げられたテーマから4つの 事 例 について

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

32 農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正)

32  農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正) 一 定 農 事 組 合 法 人 に 係 る 法 人 事 業 税 課 税 標 準 算 定 方 法 等 について(お 知 らせ) 平 成 23 年 4 月 大 分 県 地 方 税 法 第 72 条 4 第 3 項 規 定 により 一 定 農 事 組 合 法 人 が 行 う 農 業 に 対 しては 事 業 税 が 非 課 税 とされていますが 大 分 県 では そ 具 体 的 な 取 扱 いについて 以

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋 諮 問 ( 情 ) 第 27 号 答 申 第 1 審 査 会 の 結 論 特 定 区 分 所 有 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 という )に 係 る 家 屋 評 価 調 書 非 木 造 家 屋 評 価 計 算 書 及 び 図 面 ( 以 下 これらを 本 件 対 象 公 文 書 という )に 記 載 された 課 税 床 面 積 課 税 用 途 延 床 面 積 及 び 求 積 表 ( 以 下 本

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 に 係 る 企 画 提 案 書 募 集 要 領 1 委 託 事 業 名 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 業 務 委 託 2 目 的 離 島 地 域 の 産 業 の 振 興 を 図 るため これまで 開 発 された 離 島 の 特 産 品 等 を 対 象 と して コーディネーター( 受 託 事 業 者 ) 及 び 外 部

More information

公営住宅法施行令の一部を改正する政令―公営住宅法施行令例規整備*

公営住宅法施行令の一部を改正する政令―公営住宅法施行令例規整備* 公 営 住 宅 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 公 営 住 宅 法 施 行 令 例 規 整 備 * 公 営 住 宅 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 例 規 整 備 平 成 22 年 12 月 21 日 登 録 同 年 12 月 28 日 更 新 ( 主 な 変 更 箇 所 はアミカケとしています ) 公 布 年 月 日 番 号 平 成 22 年 12 月

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている 平 成 28 年 度 改 正 関 係 資 料 ( 納 税 環 境 整 備 関 係 ) 国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている ( 参 考 )

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

解 第 1 説 源 泉 徴 収 について (1) 弁 護 士 報 酬 に 関 する 源 泉 徴 収 弁 護 士 の 業 務 に 関 する 報 酬 又 は 料 金 は 所 得 税 法 204.1により 源 泉 徴 収 の 対 象 と されています ( ) そして この 報 酬 又 は 料 金 について

解 第 1 説 源 泉 徴 収 について (1) 弁 護 士 報 酬 に 関 する 源 泉 徴 収 弁 護 士 の 業 務 に 関 する 報 酬 又 は 料 金 は 所 得 税 法 204.1により 源 泉 徴 収 の 対 象 と されています ( ) そして この 報 酬 又 は 料 金 について 国 選 弁 護 関 連 業 務 パンフレット3 (2007.7.1 改 訂 ) 国 選 弁 護 報 酬 費 用 の 税 務 上 の 取 扱 いについて ポイント 内 税 方 式 報 酬 基 準 において 定 められている 金 額 は 消 費 税 を 含 む 内 税 方 式 で 表 示 されて います 源 泉 徴 収 1. 国 選 弁 護 人 に 支 払 われる 報 酬 費 用 は 全 体 として 源

More information