更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月"

Transcription

1 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 24 年 10 月 25 日 判 決 本 資 料 262 号 -232 順 号 12082) 判 決 控 訴 人 (1 審 原 告 ) 代 表 者 取 締 役 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 補 佐 人 税 理 士 被 控 訴 人 (1 審 被 告 ) 代 表 者 法 務 大 臣 処 分 行 政 庁 指 定 代 理 人 A 有 限 会 社 甲 福 島 啓 氏 山 森 広 明 河 合 慎 太 岡 田 香 世 岩 崎 光 記 藤 川 誠 二 細 井 隆 好 国 谷 垣 禎 一 昭 和 税 務 署 長 田 原 秀 範 塚 元 修 平 岩 大 輔 松 田 清 志 小 西 宏 季 主 文 1 本 件 控 訴 を 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は 控 訴 人 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 当 事 者 の 求 めた 裁 判 1 控 訴 の 趣 旨 (1) 原 判 決 を 取 り 消 す (2) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 24 日 付 けでした 控 訴 人 の 平 成 17 年 12 月 1 日 から 平 成 18 年 11 月 30 日 までの 課 税 期 間 の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 更 正 処 分 のうち 消 費 税 につ いて 修 正 申 告 書 に 記 載 した 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 107 万 8893 円 と 更 正 処 分 におけ る 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 71 万 7325 円 との 差 額 36 万 1568 円 に 相 当 する 部 分 及 び 地 方 消 費 税 について 修 正 申 告 書 に 記 載 した 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 26 万 9723 円 と 1

2 更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 24 日 付 けでした 控 訴 人 の 平 成 18 年 12 月 1 日 から 平 成 19 年 11 月 30 日 までの 課 税 期 間 の 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 更 正 処 分 のうち 納 付 すべき 消 費 税 額 52 万 9800 円 を 超 える 部 分 及 び 納 付 すべき 地 方 消 費 税 額 13 万 2400 円 を 超 える 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (4) 訴 訟 費 用 は 第 1 2 審 とも 被 控 訴 人 の 負 担 とする 2 控 訴 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 主 文 旨 第 2 事 案 の 概 要 ( 以 下 略 称 は 原 則 として 原 判 決 の 表 記 に 従 う ) 1(1) 不 動 産 業 者 である 控 訴 人 は 裁 判 所 が 実 施 する 不 動 産 競 売 ( 原 判 決 2 頁 18 行 目 )により 取 得 した 区 分 所 有 建 物 合 計 29 戸 ( 4 頁 13 行 目 の 本 件 各 マンション )に 関 して それ ぞれ 前 区 分 所 有 者 が 滞 納 していた 管 理 費 等 ( 4 頁 18 行 目 の 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 9 頁 5 行 目 から7 行 目 までのとおり 管 理 費 のほか 修 繕 積 立 金 駐 車 場 使 用 料 上 下 水 道 料 金 及 び 組 合 加 入 金 をいう )を 本 件 各 管 理 組 合 ( 4 頁 行 目 )に 支 払 った 上 で 本 件 各 課 税 期 間 ( 4 頁 22 行 目 1 平 成 17 年 12 月 1 日 から 平 成 18 年 11 月 30 日 まで 2 平 成 18 年 12 月 1 日 から 平 成 19 年 11 月 30 日 まで )における 消 費 税 等 ( 4 頁 23 行 目 )の 確 定 申 告 に 当 たり 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 を 消 費 税 法 30 条 1 項 の 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 の 額 に 算 入 し これに 対 する 消 費 税 額 相 当 分 ( 上 記 1の 課 税 期 間 につき43 万 円 2の 課 税 期 間 につき34 万 2409 円 )を 控 除 した 残 額 をもって 納 付 すべき 消 費 税 額 とする 確 定 申 告 を 法 定 申 告 期 限 内 にした その 後 控 訴 人 は 平 成 21 年 7 月 30 日 本 件 各 課 税 期 間 に 係 る 消 費 税 等 について 修 正 申 告 をした これに 対 して 昭 和 税 務 署 長 ( 処 分 行 政 庁 )は 年 12 月 24 日 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 を 消 費 税 法 30 条 1 項 の 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 の 額 に 算 入 することはできず 上 記 消 費 税 等 の 申 告 が 過 小 申 告 に 当 たるとして 消 費 税 等 の 更 正 処 分 ( 原 判 決 5 頁 13 行 目 の 本 件 各 更 正 処 分 ) 及 び 過 少 申 告 加 算 税 の 賦 課 決 定 処 分 ( 頁 14 行 目 の 本 件 各 賦 課 決 定 処 分 )を した 本 件 は 控 訴 人 が 本 件 各 更 正 処 分 及 び 本 件 各 賦 課 決 定 処 分 は 消 費 税 法 の 解 釈 を 誤 ったも のであると 主 張 して その 取 消 しを 求 める 事 案 である (2) 原 審 は 控 訴 人 が 支 払 った 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 は 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 該 当 せ ず これに 対 する 消 費 税 相 当 額 を 課 税 仕 入 れに 係 る 消 費 税 額 として 控 除 することは 認 めら れないから 本 件 各 更 正 処 分 及 び 本 件 各 賦 課 決 定 処 分 は 適 法 であると 判 断 して 請 求 をいずれ も 棄 却 したところ 控 訴 人 (1 審 原 告 )が これを 不 服 として 控 訴 した 2 消 費 税 法 の 定 め 前 提 事 実 被 控 訴 人 が 主 張 する 消 費 税 等 の 額 争 点 及 び 当 事 者 の 主 張 は 原 判 決 4 頁 14 行 目 の 代 金 を 納 付 して の 後 に 敷 地 利 用 権 と 共 に を 加 え 後 記 3において 当 審 における 控 訴 人 の 主 張 ( 原 審 での 主 張 を 敷 衍 する 部 分 を 含 む )を 4において 当 審 におけ る 被 控 訴 人 の 主 張 ( )をそれぞれ 付 加 するほかは 原 判 決 事 実 及 び 理 由 欄 の 第 2 事 案 の 概 要 2ないし5に 記 載 のとおりであるから これを 引 用 する 3 当 審 における 控 訴 人 の 主 張 原 審 における 被 控 訴 人 の 主 張 は 以 下 のとおり 誤 りであるところ 原 判 決 は 被 控 訴 人 の 主 張 2

3 を 鵜 呑 みにしており 独 自 の 判 断 理 由 は 見 当 たらないから その 判 断 が 誤 りであることは 明 らか である (1) 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 対 価 性 について ア 被 控 訴 人 は 消 費 税 法 28 条 1 項 の 課 税 標 準 の 定 義 中 の 対 価 として 収 受 し 又 は 収 益 すべき の 意 味 について その 文 理 上 その 譲 渡 に 係 る 当 事 者 間 で 授 受 し 又 は 授 受 する こととした 対 価 の 額 を 指 すものと 解 すべきと 主 張 する イ しかし 我 が 国 の 不 動 産 競 売 においては 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 を 物 件 明 細 書 に 明 示 したり 売 却 基 準 価 額 の 決 定 に 際 してそれを 控 除 したりするものの 競 売 代 金 に 含 めるこ とはせず 区 分 所 有 法 ( 原 判 決 6 頁 18 行 目 )7 条 8 条 により 買 受 人 は 裁 判 所 書 記 官 に 納 付 する 競 売 代 金 以 外 に 事 実 上 これを 負 担 せざるを 得 ない 上 その 金 額 は 明 らかであ るから 買 受 人 が 支 払 う 対 価 の 一 部 であることは 明 白 である 不 動 産 競 売 で 物 件 を 買 い 受 ける 場 合 の 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 とは 裁 判 所 書 記 官 に 納 付 した 競 売 代 金 に 限 られるとの 被 控 訴 人 の 解 釈 は そもそも 不 動 産 競 売 では 売 買 当 事 者 間 で 直 接 に 代 金 を 授 受 することはないので その 根 拠 が 薄 弱 であり 被 控 訴 人 の 主 張 する 文 理 解 釈 では 支 払 対 価 についての 正 解 を 導 くことはできない ウ 一 般 的 な 不 動 産 売 買 であれば 通 常 売 主 の 滞 納 管 理 費 等 は 売 買 代 金 に 組 み 込 まれて 買 主 が 支 払 い それが 買 主 にとって 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 該 当 することに 争 いはな い 消 費 税 の 課 税 に 関 しては 不 動 産 競 売 も 一 般 の 不 動 産 売 買 と 様 の 取 扱 いをすべきであり 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 は 売 買 代 金 の 一 部 とみるべきである エ 消 費 税 課 税 の 運 用 においても 前 所 有 者 が 負 担 した 固 定 資 産 税 等 のうち 新 所 有 者 が 売 買 代 金 とは 別 に 清 算 した 未 経 過 期 間 に 対 応 する 金 額 については 建 物 等 の 課 税 資 産 の 譲 渡 の 対 価 に 含 まれるとされていること( 消 費 税 法 基 本 通 達 )からも 明 らかなように 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 とは 名 目 上 の 売 買 代 金 に 限 らない (2) マンション 管 理 費 等 の 性 格 について ア 被 控 訴 人 は 管 理 組 合 が 区 分 所 有 者 との 間 でなす 管 理 費 等 の 授 受 は 事 業 として 対 価 を 得 て 行 われる 資 産 の 譲 渡 及 び 貸 付 け 並 びに 役 務 の 提 供 ( 消 費 税 法 2 条 1 項 8 号 )に 該 当 し ないから そもそも 消 費 税 の 課 税 対 象 ではない 旨 主 張 する イ なるほど 管 理 組 合 と 区 分 所 有 者 との 関 係 では 管 理 費 等 のほとんどが 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 当 たらないとしても このうち 上 下 水 道 使 用 料 については 課 税 仕 入 れ ( 項 12 号 )に 該 当 する ウ また 不 動 産 競 売 の 買 受 人 と 管 理 組 合 との 関 係 では 事 情 が 異 なる すなわち 区 分 所 有 法 8 条 は 競 売 買 受 人 に 対 しても 前 区 分 所 有 者 が 滞 納 した 管 理 費 等 の 支 払 を 強 制 しているから 競 売 買 受 人 にとって 前 区 分 所 有 者 が 滞 納 した 管 理 費 等 の 支 払 は 先 取 特 権 の 負 担 のない 完 全 な 所 有 権 を 確 保 するための 必 要 経 費 であって 前 区 分 所 有 者 に 対 する 売 買 代 金 の 追 加 支 払 と 視 し 得 る (3) 支 払 先 と 支 払 対 価 性 について ア 被 控 訴 人 は 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 先 は 前 区 分 所 有 者 ではなく 本 件 各 管 理 組 合 で あるから 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 は 譲 渡 当 事 者 間 で 授 受 されたとはいえず 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 該 当 しない 旨 主 張 する 3

4 イ しかし 不 動 産 競 売 においては 買 受 代 金 ですら 前 所 有 者 との 間 で 直 接 授 受 するもので はないから 支 払 相 手 が 異 なることを 理 由 に 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 該 当 しないと するのは 悪 しき 形 式 主 義 の 現 われである 不 動 産 競 売 での 買 受 人 は 前 区 分 所 有 者 に 対 して 滞 納 管 理 費 等 の 求 償 権 を 取 得 するとして も それを 実 際 に 行 使 し 得 ることはほとんどなく 前 区 分 所 有 者 はその 利 益 を 得 たことにな るから 実 質 的 には 売 買 代 金 の 追 加 払 として 売 買 当 事 者 間 で 滞 納 管 理 費 等 相 当 額 が 授 受 さ れることに 変 わりがない ウ 法 人 税 の 分 野 においては 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 が 棚 卸 資 産 の 取 得 価 額 ( 法 人 税 法 施 行 令 32 条 1 項 )に 該 当 することは 異 論 がないところ それは 滞 納 管 理 費 等 を 支 払 った 新 所 有 者 が 前 区 分 所 有 者 に 対 して 形 式 的 には 求 償 権 を 取 得 するとしても 事 実 上 回 収 が 困 難 であり 実 質 的 には 不 動 産 競 売 代 金 の 追 加 支 払 であることを 税 務 当 局 も 認 めているからであ る 消 費 税 の 分 野 においても 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 を 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 当 た ると 解 するのが 整 合 的 である エ なお 不 動 産 競 売 により 区 分 所 有 権 を 買 い 受 けた 者 が 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 を 支 払 わずに 転 売 する 場 合 転 売 先 との 間 で 滞 納 管 理 費 等 を 転 売 先 の 負 担 とする 旨 合 意 して 滞 納 管 理 費 等 を 値 引 いた 額 を 売 買 代 金 と 定 めれば 結 果 的 に 買 受 人 が 納 付 すべき 消 費 税 額 は 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 を 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 加 えた 場 合 と 様 になる 競 売 による 買 受 け 後 に 滞 納 管 理 費 等 を 支 払 った 場 合 と 先 送 りした 場 合 とでこのような 差 異 が 生 じるのは 不 合 理 である 4 当 審 における 被 控 訴 人 の 主 張 前 記 3の 控 訴 人 の 主 張 は 原 審 における 主 張 の 繰 り 返 しであるか あるいは 原 判 決 を 正 解 する ことなく 控 訴 人 の 独 自 の 見 解 を 述 べるものであって いずれも 理 由 がないことは 明 らかである 具 体 的 な 反 論 は 以 下 のとおりである (1) 前 記 3(1)の 控 訴 人 の 主 張 について ア 控 訴 人 は 前 記 3(1)イのとおり 消 費 税 法 の 趣 旨 目 的 から 合 理 的 に 解 釈 すれば 不 動 産 競 売 で 物 件 を 買 い 受 ける 場 合 の 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 とは 競 売 で 落 札 した 際 に 裁 判 所 書 記 官 に 納 付 した 買 受 代 金 の 額 に 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 を 加 えたもの とみる 方 が 合 理 的 であると 主 張 するが そのような 解 釈 結 果 が 何 故 消 費 税 法 の 趣 旨 目 的 に 沿 ったものといえるのかの 説 明 がなく 全 く 説 得 力 を 持 たない 不 動 産 競 売 における 売 却 は 売 買 の 性 質 を 有 するものであり 私 法 上 の 売 買 における 売 買 代 金 に 相 当 するのは 買 受 代 金 であるから 消 費 税 の 課 税 標 準 となるのは 買 受 人 が 納 付 した 買 受 代 金 である イ 控 訴 人 は 前 記 3(1)ウのとおり 一 般 的 な 不 動 産 売 買 との 均 衡 を 主 張 する しかし 一 般 的 な 不 動 産 売 買 において 売 主 と 買 主 の 協 議 により 売 主 の 滞 納 管 理 費 等 相 当 額 を 売 買 代 金 に 含 ませることなく 売 買 が 行 われ その 後 買 主 が 管 理 組 合 の 請 求 に 基 づい て 売 主 の 滞 納 管 理 費 等 相 当 額 を 支 払 う 場 合 には その 滞 納 管 理 費 等 は 上 記 不 動 産 売 買 におけ る 当 事 者 間 で 授 受 することとした 対 価 ではない 不 動 産 競 売 は 上 記 のような 不 動 産 売 買 の 事 例 と 様 であり 不 動 産 取 得 後 に 買 受 人 が 支 払 った 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 が 当 事 者 間 で 授 受 することとした 対 価 ではないとい う 点 も 様 である 4

5 ウ 消 費 税 法 基 本 通 達 の 趣 旨 は 固 定 資 産 税 等 の 未 経 過 期 間 に 対 応 する 金 額 は 仮 に 売 買 契 約 書 上 の 売 買 代 金 とは 別 に 支 払 われても 買 主 がその 分 の 税 負 担 なく 建 物 を 取 得 できる 対 価 として 売 買 当 事 者 間 で 授 受 されるから 課 税 資 産 の 譲 渡 の 対 価 の 額 に 含 まれると いうことができるというものである これに 対 して 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 は 買 受 人 から 管 理 組 合 に 対 して 支 払 われるものであるから 名 目 においても 実 質 においても 譲 渡 等 に 係 る 当 事 者 間 で 授 受 することとした 対 価 の 額 ではない このように 固 定 資 産 税 等 の 未 経 過 期 間 に 対 応 する 部 分 と 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 は 列 に 比 較 できるものではないから 前 記 3(1)エの 控 訴 人 の 主 張 は 失 当 である (2) 前 記 3(2)の 控 訴 人 の 主 張 について ア 控 訴 人 は 前 記 3(2)イのとおり 管 理 費 等 の 中 で 上 下 水 道 料 金 は 課 税 仕 入 れ に 該 当 する 旨 主 張 する しかし 分 譲 マンションの 区 分 所 有 者 が 管 理 組 合 に 支 払 う 管 理 費 等 の 中 に 共 用 部 分 の 維 持 管 理 等 のために 使 用 される 水 道 料 金 相 当 額 が 含 まれているとしても 管 理 組 合 による 水 道 の 使 用 と 区 分 所 有 者 による 水 道 料 金 相 当 額 の 支 払 との 間 に 対 価 関 係 を 観 念 することはで きず 消 費 税 法 2 条 12 号 の 資 産 の 譲 渡 に 当 たらないものとして 消 費 税 の 課 税 対 象 と はされないから 課 税 仕 入 れ には 該 当 しない イ 控 訴 人 は 前 記 3(2)ウのとおり 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 は 代 金 の 追 加 支 払 と 視 できると 主 張 するが 分 譲 マンションの 区 分 所 有 者 が 管 理 組 合 に 対 して 対 価 関 係 なく 支 払 う 管 理 費 等 が 区 分 所 有 法 8 条 の 規 定 に 基 づく 連 帯 債 務 の 履 行 として 支 払 われる 場 合 には 対 価 関 係 を 見 出 すことができるとする 理 由 が 不 明 である 区 分 所 有 者 の 特 定 承 継 人 が 区 分 所 有 法 8 条 の 規 定 に 基 づき 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 を 支 払 う 場 合 にも 取 引 の 対 価 性 は 何 ら 認 められない (3) 前 記 3(3)の 控 訴 人 の 主 張 について ア 前 記 3(3)イの 控 訴 人 の 主 張 は 経 済 的 な 結 果 としては 売 買 代 金 が 当 事 者 間 で 授 受 され たのと 様 に 見 ることができるのであるから 法 的 にも 売 買 代 金 の 当 事 者 間 における 授 受 と して 扱 うべきである というに 等 しい しかしながら いかに 経 済 的 な 結 果 が 様 のものと 見 ることができるからといって 買 受 人 が 区 分 所 有 法 8 条 の 定 める 債 務 の 履 行 として 管 理 組 合 に 支 払 った 滞 納 管 理 費 等 を 不 動 産 競 売 における 買 受 代 金 であるとして 消 費 税 法 に 当 てはめることはできない イ 控 訴 人 は 前 記 3(3)ウのとおり 法 人 税 の 分 野 における 棚 卸 資 産 の 取 得 価 額 との 整 合 性 を 主 張 するが 法 人 税 法 における 考 え 方 を 消 費 税 法 の 分 野 にそのまま 持 ち 込 むことはで きない 第 3 当 裁 判 所 の 判 断 1 当 裁 判 所 も 原 判 決 と じく 控 訴 人 の 本 訴 請 求 はいずれも 理 由 がないと 判 断 する その 理 由 は 後 記 2において 原 判 決 を 補 正 し 3において 当 審 における 控 訴 人 の 主 張 ( 原 審 での 主 張 を 敷 衍 する 部 分 を 含 む )に 対 する 判 断 を 付 加 するほかは 原 判 決 事 実 及 び 理 由 欄 の 第 3 当 裁 判 所 の 判 断 1 2に 記 載 のとおりであるから これを 引 用 する 2 原 判 決 の 補 正 (1) 原 判 決 8 頁 25 行 目 から26 行 目 にかけての 課 税 仕 入 れの 相 手 方 との 間 で 授 受 される 取 引 の 対 価 をいうものであることは 明 らかである を 以 下 のとおり 改 める 5

6 課 税 仕 入 れの 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 経 済 的 出 捐 をいい 必 ずしも 課 税 仕 入 れの 相 手 方 との 間 で 仕 入 れの 対 価 として 明 示 的 に 合 意 されたものには 限 られず 課 税 仕 入 れの 目 的 を 達 するために 必 要 である 限 り 当 該 課 税 仕 入 れの 相 手 方 が 第 三 者 に 対 して 負 う 債 務 を 消 滅 させ るための 弁 済 金 も 含 まれるのであり また それが 当 該 課 税 仕 入 れの 相 手 方 との 間 で 直 接 授 受 されなければならないものではないと 解 される この 点 につき 被 控 訴 人 は 消 費 税 法 2 8 条 1 項 の 文 理 解 釈 や 消 費 税 法 基 本 通 達 を 根 拠 に 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 とは その 譲 渡 に 係 る 当 事 者 間 で 授 受 し 又 は 授 受 することとした 対 価 の 額 を 指 すと 主 張 する( 原 審 第 1 準 備 書 面 15 頁 以 下 )が 上 記 条 文 等 は 消 費 税 の 課 税 標 準 に 関 するもので あって 仕 入 税 額 控 除 に 関 する 消 費 税 法 30 条 所 定 の 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 の 意 味 がこれと 一 でなければならない 必 然 性 はない 上 このような 解 釈 を 採 れば 不 動 産 競 売 の 場 合 納 付 した 買 受 代 金 ですら 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 当 たることに 疑 問 が 生 ずる し( 買 受 代 金 は 直 接 には 裁 判 所 書 記 官 に 納 付 され 担 保 権 者 等 への 配 当 の 後 余 剰 があった 場 合 のみ 前 所 有 者 に 交 付 される ) 担 保 権 付 き 建 物 の 買 主 が 売 買 代 金 の 一 部 を 担 保 権 者 に 直 接 支 払 って( 第 三 者 弁 済 ) 当 該 担 保 権 を 消 滅 させることを 売 主 と 合 意 した 場 合 にも 完 全 な 所 有 権 を 取 得 するという 売 買 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 支 出 が 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 当 たらないことになりかねない もっとも 流 通 の 各 段 階 で 課 税 するという 消 費 税 の 性 質 及 び 累 積 課 税 を 避 けるという 趣 旨 に 鑑 みれば 当 該 経 済 的 出 捐 が 課 税 仕 入 れの 相 手 方 の 第 三 者 に 対 する 債 務 の 弁 済 である 場 合 に 相 手 方 の 当 該 債 務 負 担 行 為 が 消 費 税 の 課 税 対 象 とならない 不 課 税 取 引 であるにもかか わらず 課 税 仕 入 れに 係 る 仕 入 税 額 控 除 を 認 めるべき 合 理 的 理 由 は 全 くなく そのような 債 務 の 弁 済 金 は 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 には 該 当 しないと 解 するのが 相 当 である (2) 9 頁 9 行 目 から23 行 目 までを 以 下 のとおり 改 める 確 かに 一 般 に 区 分 所 有 建 物 の 滞 納 管 理 費 等 については 区 分 所 有 法 8 条 によって 新 所 有 者 も 当 該 債 務 を 負 担 するから 新 所 有 者 としては 完 全 な 所 有 権 を 確 保 するという 目 的 を 達 成 するには 管 理 組 合 に 対 して 弁 済 することを 余 儀 なくされることは 否 定 できない しかしながら 区 分 所 有 建 物 の 管 理 費 等 については その 大 部 分 が 消 費 税 の 課 税 対 象 とな っていないことは 控 訴 人 の 自 認 するところであり ただ 上 下 水 道 料 金 については 区 分 所 有 者 がその 専 有 部 分 で 使 用 したものであっても 管 理 組 合 規 約 等 によって 管 理 費 等 として 扱 うことが 定 められている 場 合 には 例 外 的 に 消 費 税 が 含 まれていることがあり 得 るが これ の 管 理 費 等 全 体 に 占 める 割 合 は 極 めて 小 さいと 推 測 される そうすると 前 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 は 基 本 的 に 不 課 税 であるといえるので 本 件 にお いても 控 訴 人 が 本 件 各 管 理 組 合 に 支 払 った 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 を 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 とみることはできない 3 当 審 における 控 訴 人 の 主 張 に 対 する 判 断 (1) 取 引 の 対 価 性 に 関 する 主 張 ( 前 記 第 2の3(1))について ア 控 訴 人 は 前 記 第 2の3(1)イのとおり 不 動 産 競 売 で 区 分 所 有 建 物 を 買 い 受 けた 者 は 裁 判 所 書 記 官 に 納 付 する 買 受 代 金 以 外 に 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 を 事 実 上 負 担 せざる を 得 ないから かかる 滞 納 管 理 費 等 は 不 動 産 競 売 による 取 引 の 対 価 である 旨 主 張 する 確 かに 不 動 産 競 売 手 続 中 に 管 理 組 合 が 先 取 特 権 ( 区 分 所 有 法 7 条 1 項 )に 基 づいて 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 につき 配 当 要 求 し 配 当 を 受 けることがない 限 り 当 該 区 分 所 有 6

7 建 物 の 買 受 人 としては 区 分 所 有 法 8 条 に 従 い 当 該 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 が 必 要 であったと いえる しかし 滞 納 管 理 費 等 については 基 本 的 に 消 費 税 が 含 まれていないので その 支 払 をも って 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 とみることができないのは 上 記 ( 補 正 後 の 原 判 決 9 頁 9 行 目 から23 行 目 まで)のとおりであるところ 控 訴 人 が 本 件 各 管 理 組 合 に 支 払 った 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 についても 消 費 税 が 含 まれていることを 認 めるに 足 りる 証 拠 はない したがって 控 訴 人 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない イ 控 訴 人 は 前 記 第 2の3(1)ウのとおり 消 費 税 の 課 税 に 関 しては 一 般 的 な 不 動 産 売 買 により 物 件 を 買 い 受 ける 場 合 と 不 動 産 競 売 により 物 件 を 買 い 受 ける 場 合 とを 様 に 取 り 扱 うべきであり 一 般 的 な 不 動 産 売 買 では 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 は 売 買 代 金 の 一 部 と して 組 み 込 まれるから 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 も 本 件 各 マンション 買 受 けの 対 価 とみるべき である 旨 主 張 する しかし 滞 納 管 理 費 等 を 売 買 代 金 に 組 み 込 んだ 上 買 主 である 新 所 有 者 がその 中 から 滞 納 管 理 費 等 を 管 理 組 合 に 支 払 ったという 場 合 には 組 み 込 まれた 滞 納 管 理 費 等 相 当 部 分 につい ても 消 費 税 の 課 税 対 象 となって 消 費 税 が 上 乗 せされるのに 対 し 本 件 のように 滞 納 管 理 費 等 が 買 受 代 金 に 組 み 込 まれることなく 別 途 管 理 組 合 に 支 払 われた 場 合 には 消 費 税 が 上 乗 せされないので 両 者 を 一 視 すべきとの 上 記 主 張 は 採 用 できない ウ 控 訴 人 は 前 記 第 2の3(1)エのとおり 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 は 名 目 上 の 売 買 代 金 には 限 られず 消 費 税 法 基 本 通 達 も 前 所 有 者 が 負 担 した 固 定 資 産 税 等 のうち 未 経 過 期 間 に 対 応 する 部 分 について 実 質 的 な 売 買 代 金 性 を 認 めている 旨 主 張 する なるほど 未 経 過 期 間 に 対 応 する 固 定 資 産 税 等 を 新 所 有 者 が 売 買 代 金 とは 別 に 前 所 有 者 に 支 払 った 場 合 消 費 税 基 本 通 達 は これを 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 とし て 認 めているところ 売 買 代 金 に 組 み 入 れられなかった 固 定 資 産 税 等 は 消 費 税 の 課 税 対 象 で はないから 上 記 基 本 通 達 は 消 費 税 の 累 積 課 税 を 避 けるという 仕 入 税 額 控 除 の 趣 旨 を 逸 脱 するものとの 印 象 を 免 れない しかし 通 達 は 基 本 的 に 行 政 内 部 における 事 務 指 針 の 性 格 を 有 するにすぎないから 上 記 基 本 通 達 を 理 由 に 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 についても 様 に 取 り 扱 われなければ 違 法 である とは 解 されず 控 訴 人 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない (2) 課 税 仕 入 れ 該 当 性 に 関 する 主 張 ( 前 記 第 2の3(2))について ア 控 訴 人 は 前 記 第 2の3(2)イのとおり 管 理 費 等 のうち 上 下 水 道 料 金 は 課 税 仕 入 れ ( 消 費 税 法 2 条 1 項 12 号 )に 該 当 し 消 費 税 の 課 税 対 象 であるから 管 理 組 合 と 区 分 所 有 者 間 で 授 受 される 管 理 費 等 が 全 て 消 費 税 の 課 税 対 象 外 であるとまではいえない 旨 主 張 する しかし 被 控 訴 人 が 前 記 第 2の4(2)アで 主 張 するとおり 少 なくとも 共 用 部 分 の 維 持 管 理 等 のために 使 用 される 水 道 料 金 相 当 額 については 消 費 税 の 課 税 対 象 であるとは 認 めら れず 他 方 仮 に 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 の 中 に 専 有 部 分 で 使 用 される 水 道 料 金 相 当 額 がいか ほどか 含 まれているとしても 例 外 的 なものと 推 測 され 現 に 本 件 においてこのことを 示 す 的 確 な 証 拠 は 見 当 たらない したがって 控 訴 人 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない イ 控 訴 人 は 前 記 第 2の3(2)ウのとおり 管 理 組 合 が 区 分 所 有 者 から 管 理 費 等 を 徴 収 する 場 合 には 事 業 性 が 認 められないとしても 不 動 産 競 売 の 買 受 人 が 区 分 所 有 法 8 条 の 規 定 に 基 7

8 づき 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 を 管 理 組 合 に 支 払 う 場 合 には 事 情 が 異 なる 旨 主 張 する しかし 被 控 訴 人 が 前 記 第 2の4(2)イで 主 張 するとおり 区 分 所 有 法 8 条 の 規 定 により 区 分 所 有 者 の 特 定 承 継 人 が 管 理 組 合 に 対 して 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 義 務 を 負 い 事 実 上 その 履 行 を 強 制 されることをもって 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 を 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 とみることはできない 控 訴 人 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない (3) 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 先 に 関 する 主 張 ( 前 記 第 2の3(3))について ア 控 訴 人 は 前 記 第 2の3(3)イのとおり 不 動 産 競 売 においては 買 受 人 が 前 所 有 者 との 間 で 買 受 代 金 を 直 接 授 受 することはないから 控 訴 人 による 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 先 が 前 区 分 所 有 者 でないことは 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 が 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 該 当 す ることを 否 定 する 根 拠 とはなり 得 ない 旨 主 張 する 確 かに 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 を 支 払 先 が 課 税 仕 入 れの 相 手 方 であるものに 限 定 す るならば 不 都 合 を 生 じかねないことは 前 記 のとおりであるけれども 当 該 経 済 的 出 捐 が 課 税 仕 入 れの 相 手 方 の 第 三 者 に 対 する 債 務 の 弁 済 である 場 合 において 当 該 債 務 に 消 費 税 が 含 まれていないにもかかわらず 消 費 税 相 当 額 の 仕 入 税 額 控 除 を 認 めるのは 明 らかに 不 合 理 で あって この 観 点 から 本 件 各 滞 納 管 理 費 等 については 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 と 認 められないことは 第 3の3(1)で 説 示 したとおりである 控 訴 人 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない イ 控 訴 人 は 前 記 第 2の3(3)ウのとおり 法 人 税 の 分 野 においては 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 が 棚 卸 資 産 の 取 得 価 額 ( 法 人 税 法 施 行 令 32 条 1 項 )に 含 まれることが 異 論 な く 認 められており これは 税 務 当 局 において 前 区 分 所 有 者 に 対 する 求 償 権 の 回 収 が 事 実 上 困 難 であることを 認 めたものであるから 消 費 税 の 分 野 においても 様 に 解 するべきである 旨 主 張 する しかし 法 人 税 の 分 野 において 新 所 有 者 が 滞 納 管 理 費 等 を 支 払 った 場 合 棚 卸 資 産 の 取 得 価 額 として 経 費 性 を 認 めるのは 法 人 税 法 施 行 令 32 条 1 項 1 号 イが 当 該 資 産 の 購 入 の 代 価 ( 引 取 運 賃 荷 役 費 運 送 保 険 料 購 入 手 数 料 関 税 ( 略 )その 他 当 該 資 産 の 購 入 のために 要 した 費 用 がある 場 合 には その 費 用 の 額 を 加 算 した 金 額 ) と 定 めているからで あり 他 方 消 費 税 の 分 野 で 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 と 認 められないのは それが 基 本 的 に 消 費 税 の 課 税 対 象 となっておらず 累 積 課 税 の 排 除 という 趣 旨 に 沿 わないからであり 両 者 は その 課 税 目 的 ないし 趣 旨 が 異 なり 法 令 上 も 別 個 に 定 められているのであるから 法 人 税 法 の 分 野 で 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 を 棚 卸 資 産 の 取 得 価 額 に 含 める 取 扱 いを しているからといって 消 費 税 法 の 分 野 でも 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 を 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 当 たると 解 さなければならないものではない 控 訴 人 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない ウ 控 訴 人 は 前 記 第 2の3(3)エのとおり 不 動 産 競 売 により 区 分 所 有 権 を 買 い 受 けた 者 が 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 を 支 払 わずに 転 売 する 場 合 には 転 売 先 との 約 定 如 何 によって は 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 を 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 加 えるのと 様 の 結 果 となるから それ 以 外 の 場 合 に 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 加 えないとの 解 釈 は 不 合 理 である 旨 主 張 する しかし 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 が 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 含 まれるか 否 か 8

9 は 基 本 的 にはかかる 滞 納 管 理 費 等 の 負 担 等 の 売 買 条 件 によって 定 まるものであり 上 記 の とおり 買 受 人 が 転 売 先 との 間 で 取 り 交 わす 特 約 如 何 によって 前 区 分 所 有 者 の 滞 納 管 理 費 等 が 課 税 仕 入 れに 係 る 支 払 対 価 に 加 えられた 場 合 と 様 の 結 果 となることは 何 ら 不 合 理 ではないというべきである 控 訴 人 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない 第 4 結 論 以 上 によれば 控 訴 人 の 本 訴 請 求 をいずれも 棄 却 した 原 判 決 は 結 論 において 相 当 であり 本 件 控 訴 は 理 由 がないから 主 文 のとおり 判 決 する 名 古 屋 高 等 裁 判 所 民 事 第 1 部 裁 判 長 裁 判 官 加 藤 幸 雄 裁 判 官 河 村 隆 司 裁 判 官 達 野 ゆき 9

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

183761DAD5529296492570DF001A2E9

183761DAD5529296492570DF001A2E9 主 文 1 本 件 控 訴 をいずれも 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は, 控 訴 人 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 が 控 訴 人 P1に 対 して 平 成 14 年 1 月 31 日 付 けでし た, 控 訴 人 P1の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 過

More information

第 1 請 求 1 主 位 的 請 求 新 宿 税 務 署 長 が 平 成 23 年 11 月 28 日 付 けで 原 告 に 対 してした 別 紙 1の 事 業 年 度 欄 記 載 の 各 事 業 年 度 ( 以 下 総 称 するときは 本 件 各 事 業 年 度 といい 同 別 紙 における 事

第 1 請 求 1 主 位 的 請 求 新 宿 税 務 署 長 が 平 成 23 年 11 月 28 日 付 けで 原 告 に 対 してした 別 紙 1の 事 業 年 度 欄 記 載 の 各 事 業 年 度 ( 以 下 総 称 するときは 本 件 各 事 業 年 度 といい 同 別 紙 における 事 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -200( 順 号 12324) 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 すべき 理 由 がない 旨 の 通 知 処 分 取 消 等 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 新 宿 税 務 署 長 事 務 承 継 者 日 本 橋 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 10 月 30 日 棄 却 控 訴 判 決 原 告 更 生 会 社

More information

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され 主 文 1 札 幌 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 が 原 告 に 対 して 平 成 24 年 12 月 6 日 付 けでした 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 家 屋 について 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 平 成 24 年 度 の 価 格 についての 審 査 の 申 出 を 棄 却 する 旨 の 決 定 のうち, 価 格 1 億 2698 万

More information

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6 主 文 一 被 告 栃 木 県 宇 都 宮 県 税 事 務 所 長 が 原 告 に 対 し 別 紙 目 録 記 載 の 建 物 につき 昭 和 五 一 年 一 二 月 一 〇 日 付 けでした 課 税 標 準 を 金 三 億 一 五 六 一 万 九 〇 〇 〇 円 税 額 を 金 九 四 六 万 八 五 七 〇 円 とする 不 動 産 取 得 税 賦 課 決 定 を 取 り 消 す 二 被 告 栃

More information

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減 平 成 27 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 し 平 成 27 年 ( 行 コ) 第 64 号 固 定 資 産 価 格 審 査 申 出 棄 却 決 定 取 消 請 求 控 訴 事 件 ( 原 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 473 号 ) 主 文 1 原 審 原 告 の 控 訴 に 基 づき, 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (1) 東 京 都

More information

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主 平 成 11 年 11 月 24 日 判 例 集 未 掲 載 大 阪 地 判 管 理 費 等 の 徴 収 中 間 取 得 者 の 支 払 義 務 1 特 別 修 繕 費 の 未 納 者 から 区 分 所 有 建 物 を 競 売 により 取 得 し さらに 第 三 者 にこれを 売 却 した 中 間 取 得 者 も 特 定 承 継 人 として 特 別 修 繕 費 等 の 支 払 義 務 を 負 うとした

More information

に 沿 っている(ただしこの 意 義 について 後 述 ) 尤 も 令 79 条 1 項 が 限 定 列 挙 ではないという 解 釈 も 所 法 33 条 1 項 の 文 言 の 解 釈 として 不 可 能 ではないと 考 えられる Xらは 所 法 33 条 1 項 の 資 産 の 範 囲 を 論

に 沿 っている(ただしこの 意 義 について 後 述 ) 尤 も 令 79 条 1 項 が 限 定 列 挙 ではないという 解 釈 も 所 法 33 条 1 項 の 文 言 の 解 釈 として 不 可 能 ではないと 考 えられる Xらは 所 法 33 条 1 項 の 資 産 の 範 囲 を 論 1 速 報 税 理 御 中 2011.10.20 2000 字 ( 最 大 4000 字 ) 目 安 連 担 建 築 物 設 計 制 度 下 での 余 剰 容 積 率 の 移 転 の 対 価 は 譲 渡 所 得 ではなく 不 動 産 所 得 である 東 京 地 判 平 成 20 年 11 月 28 日 税 資 258 号 順 号 11089TAINS:Z888-1472 立 教 大 学 法 学 部

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63> 食 肉 センター 事 業 特 別 会 計 に 係 る 過 少 申 告 加 算 税 および 延 滞 税 の 支 出 差 止 め に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 20 年 11 月 11 日

More information

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E163726\223\214\213\236\222nH24_\215s\203E\201j229.doc)

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E163726\223\214\213\236\222nH24_\215s\203E\201j229.doc) 平 成 25 年 9 月 27 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 229 号 所 得 税 更 正 処 分 取 消 請 求 事 件 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 四 日 市 税 務 署 長 が 平 成 25 年 3 月 15 日 付 けで 原 告 に 対 してした

More information

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋 諮 問 ( 情 ) 第 27 号 答 申 第 1 審 査 会 の 結 論 特 定 区 分 所 有 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 という )に 係 る 家 屋 評 価 調 書 非 木 造 家 屋 評 価 計 算 書 及 び 図 面 ( 以 下 これらを 本 件 対 象 公 文 書 という )に 記 載 された 課 税 床 面 積 課 税 用 途 延 床 面 積 及 び 求 積 表 ( 以 下 本

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

が 終 了 した 後, 他 の 従 業 員 5 名 とともに 同 社 の 車 両 で 医 療 法 人 健 正 会 須 田 医 院 ( 以 下 須 田 医 院 という )に 赴 き,インフルエンザの 予 防 接 種 ( 以 下, 原 告 が 受 けたインフルエンザの 予 防 接 種 を 本 件 予 防

が 終 了 した 後, 他 の 従 業 員 5 名 とともに 同 社 の 車 両 で 医 療 法 人 健 正 会 須 田 医 院 ( 以 下 須 田 医 院 という )に 赴 き,インフルエンザの 予 防 接 種 ( 以 下, 原 告 が 受 けたインフルエンザの 予 防 接 種 を 本 件 予 防 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 1 処 分 行 政 庁 が 原 告 に 対 して 平 成 25 年 3 月 29 日 付 けでした 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 に 基 づく 療 養 補 償 給 付 を 支 給 しない 旨 の 処 分 を 取 り 消 す 2 処 分 行 政

More information

し 納 税 者 が 本 件 各 競 走 馬 等 の 保 有 に 係 る 管 理 及 び 運 営 の 重 要 な 部 分 を 自 ら 行 っていたため 平 成 1 4 年 分 の 本 件 競 走 馬 所 得 が 事 業 所 得 に 該 当 するか 否 かの 判 断 において 上 記 5,000 万 円

し 納 税 者 が 本 件 各 競 走 馬 等 の 保 有 に 係 る 管 理 及 び 運 営 の 重 要 な 部 分 を 自 ら 行 っていたため 平 成 1 4 年 分 の 本 件 競 走 馬 所 得 が 事 業 所 得 に 該 当 するか 否 かの 判 断 において 上 記 5,000 万 円 税 務 訴 訟 資 料 第 258 号 -120( 順 号 10978) 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 所 得 税 更 正 処 分 取 消 等 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 浅 草 税 務 署 長 ) 平 成 20 年 6 月 27 日 棄 却 控 訴 判 示 事 項 (1) 事 業 所 得 該 当 性 の 判 断 基 準 (2) 競 走 馬 の 保 有 に

More information

(1) 確 定 申 告 原 告 は 平 成 21 年 3 月 10 日 平 成 20 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 以 下 本 件 確 定 申 告 書 という )を 処 分 行 政 庁 に 提 出 した そこには 次 の 記 載 があった 総 所 得 金 額 225 万 0400 円

(1) 確 定 申 告 原 告 は 平 成 21 年 3 月 10 日 平 成 20 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 以 下 本 件 確 定 申 告 書 という )を 処 分 行 政 庁 に 提 出 した そこには 次 の 記 載 があった 総 所 得 金 額 225 万 0400 円 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -122( 順 号 12246) 横 浜 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 20 年 分 所 得 税 の 更 正 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 相 模 原 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 7 月 3 日 棄 却 控 訴 判 決 原 告 甲 被 告 国 同 代 表 者 法 務 大 臣 谷 垣 禎 一 処 分 行 政 庁

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権 民 法 改 正 論 点 の 検 討 ~ 消 滅 時 効 制 度 その1~ 平 成 27 年 10 月 26 日 弁 護 士 法 人 ほくと 総 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 平 岡 弘 次 弁 護 士 井 田 大 輔 第 1 はじめに 平 成 27 年 2 月 10 日 開 催 の 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 第 99 回 会 議 において 民 法 ( 債 権 関 係 ) の 改

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2 重 要 判 例 速 報 解 説 平 成 28(2016) 年 7 月 29 日 長 澤 運 輸 事 件 ( 東 京 地 判 平 成 28 年 5 月 13 日 )について 定 年 後 再 雇 用 による 嘱 託 社 員 ( 有 期 契 約 労 働 者 )と 正 社 員 ( 無 期 契 約 労 働 者 )との 間 の 賃 金 の 定 めの 相 違 が 不 合 理 であり 労 働 契 約 法 20 条

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

8B0D5556F6F88CAA49256CFA0007BD2

8B0D5556F6F88CAA49256CFA0007BD2 主 文 一 破 産 者 株 式 会 社 榮 高 破 産 管 財 人 aの 本 件 控 訴 を 棄 却 する 二 原 判 決 の 主 文 第 二 項 を 取 り 消 す 三 1 破 産 者 株 式 会 社 榮 高 破 産 管 財 人 aとアンバサダー 六 本 木 管 理 組 合 法 人 との 間 において 別 紙 預 金 目 録 1 7 及 び14の 各 定 期 預 金 債 権 がアンバサダー 六 本

More information

平成23年1月27日判決言渡 同日原本交付 裁判所書記官

平成23年1月27日判決言渡 同日原本交付 裁判所書記官 平 成 26 年 2 月 5 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 コ) 第 345 号 納 付 義 務 不 存 在 確 認 等 請 求 控 訴 事 件 主 文 本 件 控 訴 を 棄 却 する 控 訴 費 用 は 控 訴 人 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 中, 控 訴 人 敗 訴 部 分 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 の

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

㈱FESTIVAL PLAZA APPに対する違約金等請求訴訟の提起について

㈱FESTIVAL PLAZA APPに対する違約金等請求訴訟の提起について 費 用 補 償 請 求 事 件 及 び 事 業 配 当 金 請 求 事 件 判 決 概 要 (オスカードリーム) < 判 決 概 要 ( 平 成 23 年 12 月 9 日 )> 費 用 補 償 請 求 事 件 に 係 るみずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 の 請 求 を 認 容 する 事 業 配 当 金 請 求 事 件 に 係 る 大 阪 市 の 請 求 を 棄 却 する この 判 決 は 大

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

123456789012345678901234567890123456

123456789012345678901234567890123456 医 療 保 険 約 款 における 法 的 問 題 上 智 大 学 甘 利 公 人 1.はじめに 医 療 保 険 は 被 保 険 者 が 傷 害 または 疾 病 を 被 り その 直 接 の 結 果 として 入 院 手 術 をした ときに 保 険 金 を 支 払 うものである 被 保 険 者 が 傷 害 や 疾 病 を 原 因 として 入 院 手 術 をしたこ とが 保 険 事 故 となっている 医

More information

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc)

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc) 宝 監 第 104 号 平 成 22 年 2 月 17 日 請 求 人 様 宝 塚 市 監 査 委 員 同 同 村 野 一 郎 井 上 芳 治 伊 福 義 治 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について 平 成 21 年 12 月 25 日 付 けで 提 出 のありました 住 民 監 査 請 求 について 地 方 自 治 法 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

はじめに 労 働 事 件 特 に 解 雇 退 職 の 場 合 事 件 解 決 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 の 扱 いが 問 題 となることがあります 例 えば 解 雇 が 無 効 となった 場 合 に 一 度 喪 失 した 厚 生 年 金 保 険 や 健 康 保 険 の 資 格 はど

はじめに 労 働 事 件 特 に 解 雇 退 職 の 場 合 事 件 解 決 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 の 扱 いが 問 題 となることがあります 例 えば 解 雇 が 無 効 となった 場 合 に 一 度 喪 失 した 厚 生 年 金 保 険 や 健 康 保 険 の 資 格 はど 平 成 24 年 6 月 13 日 東 京 弁 護 士 会 平 成 24 年 度 春 季 労 働 法 専 門 講 座 労 働 事 件 解 決 の 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 はどうなるのか 場 所 ; 弁 護 士 会 館 3 階 301 会 議 室 時 間 ;18:00~20:00 講 師 鳥 井 玲 子 ( 特 定 社 会 保 険 労 務 士 ) 1 はじめに 労 働 事 件 特

More information

平成24年7月18日判決言渡 同日原本領収 裁判所書記官

平成24年7月18日判決言渡 同日原本領収 裁判所書記官 平 成 26 年 10 月 22 日 判 決 言 渡 平 成 26 年 ( 行 ケ) 第 10134 号 審 決 取 消 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 26 年 9 月 3 日 判 決 原 告 X 訴 訟 代 理 人 弁 理 士 佐 藤 富 徳 被 告 特 許 庁 長 官 指 定 代 理 人 高 野 和 行 野 口 美 代 子 堀 内 仁 子 主 文 原 告 の 請 求 を 棄

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

第 3の3の 具 体 的 な 事 情 について, 借 金 の 時 期 やその 使 途 等 について 過 不 足 なく 記 載 しているか 第 3の7の 差 押 え, 訴 訟 の 有 無 について, 記 載 漏 れ,チェック 漏 れがないか 第 4についてチェック 漏 れ, 記 載 漏 れがないか,

第 3の3の 具 体 的 な 事 情 について, 借 金 の 時 期 やその 使 途 等 について 過 不 足 なく 記 載 しているか 第 3の7の 差 押 え, 訴 訟 の 有 無 について, 記 載 漏 れ,チェック 漏 れがないか 第 4についてチェック 漏 れ, 記 載 漏 れがないか, 個 人 再 生 手 続 申 立 てチェックリスト ver4,0 このチェックリストは, 申 立 書 の 作 成 にあたり, 各 項 目 をチェック( 確 認 調 査 検 討 )していくことにより, 申 立 書 を 正 確 に 作 成 するためのものです 各 チェック 項 目 は, 添 付 書 類 一 覧 表 で 提 出 すべき 資 料 としているにもかかわらず, これまで 提 出 忘 れが 多 かったものや,

More information

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E162809\221\345\215\343\222nH24\201i\215s\203E\201j17.doc)

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E162809\221\345\215\343\222nH24\201i\215s\203E\201j17.doc) 平 成 25 年 7 月 5 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 17 号 加 給 年 金 額 対 象 者 不 該 当 処 分 取 消 請 求 事 件 主 文 1 厚 生 労 働 大 臣 が 原 告 に 対 し 平 成 22 年 6 月 16 日 付 けでしたAを 老 齢 厚 生 年 金 加 給 年 金 額 対 象 者 としない 旨 の 処 分 を 取 り 消 す 2 訴 訟 費

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

M. Nakamura CHUKYO LAWYER 第 1 はじめに 近 時 債 務 超 過 やそれに 等 しい 窮 状 に 陥 った 会 社 が 会 社 分 割 制 度 とりわけ 新 設 分 割 制 度 を 用 い て 再 建 を 行 う 手 法 が 実 務 上 行 われている その 中 で 会

M. Nakamura CHUKYO LAWYER 第 1 はじめに 近 時 債 務 超 過 やそれに 等 しい 窮 状 に 陥 った 会 社 が 会 社 分 割 制 度 とりわけ 新 設 分 割 制 度 を 用 い て 再 建 を 行 う 手 法 が 実 務 上 行 われている その 中 で 会 CHUKYO LAWYER Vol. 17 2012 法 務 研 修 セミナー 第 30 回 報 告 詐 害 的 会 社 分 割 における 債 権 回 収 方 法 要 件 事 実 の 検 討 を 中 心 として 中 京 大 学 法 科 大 学 院 法 務 研 究 科 研 修 生 中 村 将 成 目 次 第 1 はじめに 第 2 会 社 法 22 条 1 項 類 推 適 用 による 債 権 回 収 方

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

平成15年度税制改正の概要

平成15年度税制改正の概要 [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 小 規 模 宅 地 / 居 住 の 用 に 供 されていた 宅 地 の 意 義 / 生 活 の 拠 点 第 42 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )12 月 2 日 発 表 中 島 孝 一 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての 詳

More information

民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 に 対 する 意 見 書 目 次 第 1 法 律 行 為 総 則 法 律 行 為 の 意 義 ( 民 法 第 1 編 第 5 章 第 1 節 関 係 ) 公 序 良 俗 ( 民 法 第 90 条 関

民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 に 対 する 意 見 書 目 次 第 1 法 律 行 為 総 則 法 律 行 為 の 意 義 ( 民 法 第 1 編 第 5 章 第 1 節 関 係 ) 公 序 良 俗 ( 民 法 第 90 条 関 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 に 対 する 意 見 書 平 成 25 年 6 月 17 日 東 京 弁 護 士 会 倒 産 法 部 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 に 対 する 意 見 書 目 次 第 1 法 律 行 為 総 則... 1 1 法 律 行 為 の 意 義 ( 民 法 第 1 編 第 5 章 第 1 節

More information

3CCCC892D18C3E6149256F390018DC9

3CCCC892D18C3E6149256F390018DC9 主 文 1 本 件 訴 えのうち, 本 判 決 確 定 日 の 翌 日 以 降 の 賃 金 の 支 払 を 求 める 部 分 を 却 下 す る 2 原 告 が, 被 告 に 対 し, 労 働 契 約 上 の 権 利 を 有 することを 確 認 する 3 被 告 は, 原 告 に 対 し, 平 成 13 年 12 月 から 本 判 決 確 定 の 日 まで, 毎 月 10 日 限 り45 万 0760

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

手 続 を 被 告 国 に 対 しては 上 記 抹 消 登 記 手 続 の 承 諾 を 求 めた 事 案 である 1 前 提 事 実 ( 争 いのない 事 実 及 び 証 拠 により 容 易 に 認 められる 事 案 ) (1) 当 事 者 等 原 告 ( 大 正 10 年 7 月 10 日 生 )

手 続 を 被 告 国 に 対 しては 上 記 抹 消 登 記 手 続 の 承 諾 を 求 めた 事 案 である 1 前 提 事 実 ( 争 いのない 事 実 及 び 証 拠 により 容 易 に 認 められる 事 案 ) (1) 当 事 者 等 原 告 ( 大 正 10 年 7 月 10 日 生 ) 平 成 22 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 同 日 原 本 交 付 裁 判 所 書 記 官 平 成 年 ( ) 第 号 所 有 権 移 転 登 記 抹 消 登 記 手 続 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 22 年 7 月 16 日 判 決 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 のとおり 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴

More information

160801TOKYO 辰 已 法 律 研 究 所 &リーダーズ 総 合 研 究 所 行 政 法 実 力 診 断 テスト 試 験 問 題 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 開 いてはいけません ( 注 意 事 項 ) 1 問 題 は 1 ページから 9 ページまで 10 問 あり 時 間 は 30 分 です 2 解 答 は 別 紙 の 答 案 用 紙 に 記 入 してください 3 答 案 用

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

<4D F736F F D20826C BB97E18CA48B868CB88E9182C982E682E98AF195748BE082CC8A AB2E646F6378>

<4D F736F F D20826C BB97E18CA48B868CB88E9182C982E682E98AF195748BE082CC8A AB2E646F6378> [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 事 業 再 編 / 払 戻 限 度 超 過 額 の 寄 付 該 当 性 ( 東 京 裁 平 成 26 年 6 12 ) 第 60 回 2015 年 ( 平 成 27 年 )6 5 発 表 林 靖 典 MJSS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが主 催 する 研 究 会 です MJSS 租 税 判 例 研 究 会 についての

More information

Taro11-20060613120847.jtd

Taro11-20060613120847.jtd 主 文 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 原 告 が 被 告 に 対 して 平 成 13 年 10 月 16 日 付 けでした 原 告 の 平 成 12 年 分 所 得 税 に 係 る 更 正 の 請 求 ( 以 下 本 件 更 正 請 求 という )に 対 し, 被 告 が 同 年 12 月 25

More information

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の 滞 納 管 理 費 等 回 収 のための 管 理 組 合 による 措 置 に 係 るフローチャート( 解 説 ) フローチャートにおける 各 手 順 の 概 要 は つぎのとおりである (1) 督 促 管 理 組 合 は 滞 納 者 に 対 して 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 の 督 促 とともに 今 後 も 滞 納 が 継 続 する 場 合 には その 状 況 に 応 じてさらなる 措 置

More information

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳 主 文 原 判 決 中, 上 告 人 敗 訴 部 分 を 破 棄 する 前 項 の 部 分 につき, 本 件 を 知 的 財 産 高 等 裁 判 所 に 差 し 戻 す 理 由 上 告 代 理 人 中 村 稔 ほかの 上 告 受 理 申 立 て 理 由 第 2について 1 本 件 は, 上 告 人 が, 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 )の 施 行 日 である 昭 和 46

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

<4D F736F F D BD90E690B CF68A4A A C E646F63>

<4D F736F F D BD90E690B CF68A4A A C E646F63> [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 居 住 用 財 産 の 特 別 控 除 共 有 家 屋 の 一 部 を 取 り 壊 してその 敷 地 を 譲 渡 した 場 合 第 40 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )8 月 5 日 発 表 平 仁 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての

More information

号 証

号 証 平 成 23 年 (ワ) 第 32660 号 独 占 禁 止 法 第 24 条 に 基 づく 差 止 請 求 事 件 (NTT 東 西 による FTTH サービス 参 入 妨 害 差 止 事 件 ) 原 告 被 告 ソフトバンクテレコム ソフトバンク BB 東 日 本 電 信 電 話 西 日 本 電 信 電 話 第 5 準 備 書 面 平 成 24 年 11 月 1 日 東 京 地 方 裁 判 所

More information

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される 狭 監 発 第 25 号 平 成 28 年 6 月 14 日 様 狭 山 市 監 査 委 員 磯 野 和 夫 狭 山 市 職 員 措 置 請 求 書 について( 通 知 ) 平 成 28 年 4 月 6 日 付 けで 提 出 された 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 監 査 請 求 について 請 求 内 容 を 監 査 した 結 果 を

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

平成21年2月17日

平成21年2月17日 平 成 26 年 12 月 18 日 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 公 益 社 団 法 人 福 岡 中 部 法 人 会 福 岡 地 区 の5 公 益 社 団 法 人 会 は 平 成 28 年 度 の 税 制 改 正 に 関 して 中 小 企 業 に 係 る 税 制 を 中 心 に 下 記 のとおり その 実 現 を 強 く 要 望 します 記 1 重 点 要 望 事 項 1

More information

は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手

は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手 申 請 の 手 引 平 成 24 年 3 月 東 京 都 収 用 委 員 会 事 務 局 は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手 続 編 で

More information

無罪判決後の勾留に関する意見書

無罪判決後の勾留に関する意見書 無 罪 判 決 後 の 勾 留 に 関 する 意 見 書 2015 年 ( 平 成 27 年 )10 月 21 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 第 1 意 見 の 趣 旨 刑 事 訴 訟 法 第 345 条 に, 第 2 項 として, 判 決 で 無 罪 の 言 渡 しがあったときは, 上 訴 審 において 原 判 決 が 破 棄 されるまで, 新 たに 勾 留 状 を 発 することはできな い

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

E099FE35135DAFCE49256A7600272B7

E099FE35135DAFCE49256A7600272B7 主 文 特 許 庁 が 同 庁 昭 和 60 年 審 判 第 20555 号 事 件 について 平 成 3 年 5 月 23 日 に した 審 決 を 取 り 消 す 訴 訟 費 用 は 被 告 の 負 担 とする 事 実 第 1 当 事 者 双 方 の 求 めた 裁 判 1 原 告 主 文 同 旨 の 判 決 2 被 告 (1) 原 告 の 請 求 を 棄 却 する (2) 訴 訟 費 用 は 原

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 26 年 10 月 24 日 及 び 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 576 号 及 び 平 成 27 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 28 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 平 成 27 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 45 号 及 び 同 第 46

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

第53回TKC租税判例研究会 実施結果報告その1

第53回TKC租税判例研究会 実施結果報告その1 [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 錯 誤 無 効 等 に 基 因 した 原 状 回 復 後 の 贈 与 税 更 正 処 分 の 効 力 と 有 限 会 社 の 低 額 資 本 組 入 れによる 出 資 の 評 価 ~ 更 正 の 請 求 の 期 間 延 長 の 改 正 との 関 わりに 焦 点 をあてて~ 第 44 回 2012 年 ( 平 成 24 年 )4 月 6 日 租 税 判 例 研 究

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information