少年を被告人とする裁判員裁判における少年法の理念に則った審理の実現を求める決議(案)

Size: px
Start display at page:

Download "少年を被告人とする裁判員裁判における少年法の理念に則った審理の実現を求める決議(案)"

Transcription

1 少 年 を 被 告 人 とする 裁 判 員 裁 判 における 少 年 法 の 理 念 に 則 った 審 理 を 求 める 決 議 2009 年 ( 平 成 21 年 )5 月 裁 判 員 の 参 加 する 刑 事 裁 判 に 関 する 法 律 ( 以 下 裁 判 員 法 という)が 施 行 され 少 年 を 被 告 人 とする 裁 判 員 裁 判 事 件 について 相 当 数 の 判 決 が 積 み 重 ねられてきている 少 年 には 少 年 法 に 則 った 裁 判 を 受 ける 権 利 があり 少 年 法 の 理 念 はもちろんのこと 同 法 55 条 による 家 庭 裁 判 所 への 移 送 ( 以 下 家 裁 移 送 という ) 不 定 期 刑 等 の 少 年 法 独 自 の 諸 制 度 や 少 年 刑 務 所 や 少 年 院 での 処 遇 の 実 情 やその 相 違 点 等 を 裁 判 員 が 十 分 に 理 解 していることは 少 年 を 被 告 人 とする 裁 判 員 裁 判 を 適 正 に 実 施 するための 当 然 の 前 提 条 件 である したがって 裁 判 所 には 裁 判 員 のそのような 理 解 を 確 保 する 責 務 がある しかし このたび 当 連 合 会 が 実 際 の 事 例 について 担 当 弁 護 人 への 聞 き 取 りその 他 の 調 査 を 実 施 したところ 現 状 では かかる 裁 判 所 の 責 務 が 十 分 に 果 たされておらず また そ の 他 の 深 刻 な 問 題 も 顕 在 化 しており 少 年 法 に 則 った 適 正 な 裁 判 を 受 ける 権 利 が 少 年 に 対 して 実 質 的 に 保 障 されているといえるのか 疑 問 が 大 きいことが 明 らかになった そこで 近 畿 弁 護 士 会 連 合 会 は 関 係 各 機 関 が 以 下 のとおり 対 処 することを 求 める 1 事 件 審 理 のあり 方 について (1) 裁 判 官 は 裁 判 員 が 教 育 優 先 主 義 をはじめとする 少 年 法 の 理 念 について 十 分 理 解 でき るよう 適 切 な 説 明 を 行 い 裁 判 員 に 少 年 法 の 理 念 を 尊 重 させるべきである また 家 裁 移 送 に 関 する 少 年 法 55 条 の 解 釈 不 定 期 刑 や 刑 の 緩 和 等 少 年 法 独 自 の 制 度 や 少 年 院 及 び 少 年 刑 務 所 における 処 遇 の 実 情 やその 異 同 を 裁 判 員 に 丁 寧 かつ 適 切 に 説 明 する ことが 求 められる さらに 必 要 に 応 じて 処 遇 の 実 情 についての 裁 判 員 の 理 解 を 深 め るため 公 判 期 日 前 には 少 年 院 や 少 年 刑 務 所 への 裁 判 員 の 見 学 を 実 施 すべきである そ して 法 曹 三 者 で 裁 判 員 が 少 年 院 及 び 少 年 刑 務 所 における 処 遇 の 実 情 をよく 理 解 でき るよう 共 同 で 映 像 等 の 資 料 を 作 成 し 裁 判 官 はこれを 活 用 すべきである (2) 裁 判 官 は 社 会 記 録 を 家 庭 裁 判 所 から 全 部 取 り 寄 せたうえで 調 査 票 や 鑑 別 結 果 通 知 書 については 少 年 及 びその 関 係 者 のプライバシーや 少 年 の 情 操 保 護 に 配 慮 しつつ 文 書 全 体 を 証 拠 として 取 り 調 べるべきである また 事 案 の 解 明 のうえで 必 要 であれば 家 庭 裁 判 所 調 査 官 や 少 年 鑑 別 所 の 鑑 別 技 官 の 尋 問 を 実 施 すべきである さらに 少 年 の 要 保 護 性 の 判 断 に 必 要 がある 事 案 においては 少 年 の 資 質 や 生 育 歴 等 に 関 する 鑑 定 を 積 極 的 に 採 用 することが 求 められる

2 (3) 裁 判 官 は 少 年 の 心 身 や 防 御 にとって 無 理 のない 審 理 時 間 を 設 定 し かつ 裁 判 員 に とって 理 解 しやすく 充 実 した 審 理 を 行 うため 審 理 期 間 を 十 分 確 保 すべきである 2 家 庭 裁 判 所 での 社 会 調 査 について 裁 判 官 は 調 査 官 に 対 する 調 査 命 令 において 調 査 事 項 を 少 年 法 20 条 2 項 但 書 該 当 性 に 限 定 せず 少 年 の 保 護 可 能 性 についても 十 分 に 調 査 させ 調 査 官 は 全 件 で 少 年 の 保 護 可 能 性 を 丁 寧 に 調 査 し 調 査 票 の 作 成 にあたっては 過 度 に 簡 略 化 せず 収 集 した 情 報 は 幅 広 く 記 述 し かつ 意 見 形 成 過 程 が 明 らかになるように 十 分 な 記 載 を 行 うようにす べきである 3 少 年 の 起 訴 後 の 勾 留 について 裁 判 官 は 起 訴 後 の 少 年 については 保 釈 を 積 極 的 に 認 めるとともに 勾 留 の 継 続 が 必 要 な 場 合 でも その 勾 留 場 所 を 少 年 鑑 別 所 とし 法 務 省 は 少 年 鑑 別 所 において その 少 年 が 希 望 する 生 活 指 導 教 科 指 導 等 の 教 育 を 受 ける 機 会 を 確 保 すべきである 4 矯 正 施 設 での 処 遇 について 法 務 省 は 少 年 院 及 び 少 年 刑 務 所 における 処 遇 の 実 情 を 広 く 公 開 し かつ 両 者 の 処 遇 効 果 について 適 切 な 統 計 を 取 り 科 学 的 な 調 査 を 実 施 し その 結 果 を 公 開 すべきで ある 5 立 法 提 言 (1) 国 は 社 会 調 査 の 成 果 たる 社 会 記 録 を 公 判 において 取 り 調 べるべきこととし 当 該 社 会 記 録 を 作 成 に 携 わった 調 査 官 や 鑑 別 技 官 をしてその 内 容 を 現 行 の 証 拠 調 べ 手 続 によ らず 裁 判 体 に 対 して 説 明 させることができるよう 新 たな 制 度 を 設 けるべきである (2) 国 は 少 年 及 びその 関 係 者 のプライバシー 保 護 や 少 年 の 情 操 保 護 等 への 配 慮 から 必 要 に 応 じ 公 開 の 停 止 や 少 年 の 退 廷 を 可 能 にするよう 法 定 すべきである (3) 国 は 少 年 法 の 理 念 少 年 法 55 条 の 解 釈 不 定 期 刑 や 刑 の 緩 和 少 年 院 と 少 年 刑 務 所 における 処 遇 の 実 情 及 びその 異 同 等 の 少 年 を 被 告 人 とする 事 件 の 審 理 において 理 解 しておくべき 事 項 について 裁 判 官 が 裁 判 員 に 理 解 させるべき 責 務 を 明 確 にするため 裁 判 員 法 に 裁 判 官 の 責 任 として 定 めるべきである 以 上 のとおり 決 議 する 2011 年 ( 平 成 23 年 )11 月 25 日 近 畿 弁 護 士 会 連 合 会

3 提 案 理 由 第 1 はじめに 2004 年 ( 平 成 16 年 )5 月 裁 判 員 の 参 加 する 刑 事 裁 判 に 関 する 法 律 ( 以 下 裁 判 員 法 という)が 成 立 し その 後 同 法 は2009 年 ( 平 成 21 年 )5 月 に 施 行 さ れ 家 庭 裁 判 所 が 刑 事 処 分 が 相 当 であるとして 検 察 官 に 送 致 することを 決 定 した 少 年 を 被 告 人 とする 事 件 も 1 死 刑 又 は 無 期 の 懲 役 若 しくは 禁 固 に 当 たる 罪 に 係 る 事 件 2いわゆる 法 定 合 議 事 件 ( 死 刑 又 は 無 期 若 しくは 短 期 1 年 以 上 の 懲 役 若 しくは 禁 固 に 当 たる 罪 に 係 る 事 件 )であって 故 意 の 犯 罪 行 為 によって 人 を 死 亡 させた 罪 に 係 る 事 件 については 裁 判 員 裁 判 に 付 されて 裁 判 手 続 が 行 われることになった 裁 判 員 制 度 は 国 民 から 選 ばれた 裁 判 員 の 刑 事 訴 訟 手 続 への 関 与 が 司 法 に 対 する 国 民 の 理 解 の 増 進 とその 信 頼 の 向 上 に 資 することから 設 けられたものであり その 導 入 は 大 きな 意 義 を 有 している しかし 少 年 を 被 告 人 とする 事 件 については 裁 判 員 制 度 下 で 審 理 する 際 の 課 題 が 制 度 実 施 前 から 多 く 指 摘 されており 日 本 弁 護 士 連 合 会 も 裁 判 員 制 度 の 下 での 少 年 逆 送 事 件 の 審 理 のあり 方 に 関 する 意 見 書 (2008 年 ( 平 成 20 年 )12 月 19 日 )において 少 年 を 被 告 人 とする 裁 判 員 裁 判 において も 少 年 法 の 理 念 に 則 った 審 理 が 貫 徹 されねばならない 旨 の 意 見 を 表 明 した 当 連 合 会 は 従 前 より 少 年 非 行 問 題 に 深 い 関 心 を 持 ち 非 行 の 実 態 や 原 因 家 庭 裁 判 所 における 少 年 審 判 や 付 添 人 活 動 のあり 方 少 年 の 処 遇 等 について 研 究 を 続 けて きたものであるが 裁 判 員 制 度 の 実 施 により 少 年 を 被 告 人 とする 裁 判 員 裁 判 におい て 少 年 法 の 趣 旨 に 則 った 十 分 な 審 理 が 実 現 されるかについて 重 大 な 懸 念 を 抱 き 実 情 把 握 に 努 めてきた 現 実 に 近 畿 圏 においても 裁 判 員 制 度 開 始 後 奈 良 県 桜 井 市 の 高 校 生 殺 人 事 件 (2 009 年 ( 平 成 21 年 )6 月 4 日 発 生 ) 大 阪 府 富 田 林 市 の 高 校 生 殺 人 事 件 ( 同 年 6 月 11 日 発 生 ) 京 都 府 舞 鶴 市 の 少 年 溺 死 事 件 (2010 年 ( 平 成 22 年 )6 月 20 日 発 生 ) 等 大 きく 報 道 されたものを 含 め 少 なからぬ 件 数 の 重 大 少 年 事 件 が 発 生 し 加 害 者 少 年 が 家 庭 裁 判 所 での 審 判 により 検 察 官 送 致 の 決 定 を 受 け 裁 判 員 裁 判 の 対 象 とされる 実 例 が 積 み 重 ねられており 被 告 人 少 年 の 弁 護 を 担 当 した 弁 護 士 からも 実 際 の 弁 護 活 動 のうえで 直 面 した 深 刻 な 困 難 について 報 告 がなされてきている また 2010 年 ( 平 成 22 年 )11 月 25 日 には 仙 台 地 方 裁 判 所 において 殺 人 罪 等 に 問 われた19 歳 の 少 年 に 対 して 少 年 の 裁 判 員 裁 判 事 件 で 初 めての 死 刑 判 決 が 言 い 渡 され(いわゆる 石 巻 事 件 ) 社 会 の 論 議 を 呼 んでいる

4 裁 判 員 制 度 は 施 行 後 3 年 を 経 過 した 段 階 で 制 度 の 施 行 状 況 について 検 討 を 加 え 必 要 があると 認 めるときはその 結 果 に 基 づいて 所 要 の 措 置 を 講 ずるものとするとさ れているところ( 裁 判 員 法 附 則 9 条 ) その3 年 後 見 直 しの 時 期 は 平 成 24 年 5 月 と 目 前 に 迫 っている この 機 会 に 当 連 合 会 としても 少 年 を 被 告 人 とする 裁 判 員 裁 判 に 関 して その 問 題 点 を 検 証 し 審 理 の 運 用 改 善 や 制 度 改 正 の 必 要 性 について 社 会 に 理 解 を 求 め 国 に 訴 える 必 要 がある 以 上 のような 状 況 のもと 当 連 合 会 は 近 畿 圏 を 中 心 とした 少 年 被 告 人 の 裁 判 員 裁 判 事 件 16 件 ( 件 数 は 被 告 人 の 数 による 進 行 中 の 事 件 も 含 む)について 実 際 に 弁 護 を 担 当 した 弁 護 士 に 聞 き 取 り 調 査 を 実 施 し それを 含 む 全 国 の20 例 以 上 の 実 例 の 調 査 検 討 を 行 うとともに 文 献 研 究 有 識 者 や 研 究 者 との 意 見 交 換 さらに 少 年 院 及 び 少 年 刑 務 所 の 訪 問 やそれら 処 遇 施 設 での 処 遇 に 関 する 通 達 類 の 収 集 分 析 等 を 行 い 少 年 を 被 告 人 とする 裁 判 員 裁 判 の 実 情 を 洗 い 出 し 問 題 点 を 抽 出 し そのうえで 必 要 な 運 用 改 善 と 立 法 的 手 当 を 検 討 した 第 2 少 年 を 被 告 人 とする 裁 判 員 裁 判 の 現 状 とその 問 題 点 1 少 年 を 被 告 人 とする 刑 事 訴 訟 事 件 に 関 する 法 の 定 め そもそも 少 年 を 被 告 人 とする 刑 事 訴 訟 事 件 は 法 律 的 に 成 人 を 被 告 人 とする 事 件 とは 下 記 の 諸 点 で 異 なる 面 を 有 する まず 少 年 法 1 条 は この 法 律 は 少 年 の 健 全 な 育 成 を 期 し 少 年 の 刑 事 事 件 について 特 別 の 措 置 を 講 ずることを 目 的 とする と 定 め 少 年 の 健 全 育 成 が 少 年 の 刑 事 手 続 の 基 本 理 念 である 旨 を 宣 言 している この 少 年 法 の 目 的 は 非 行 少 年 に 対 して 保 護 教 育 を 優 先 する 趣 旨 をも 明 らかにしているものとされる その 教 育 優 先 主 義 の 理 念 は 家 庭 裁 判 所 が 刑 事 処 分 を 相 当 であるとして 検 察 官 に 送 致 した 結 果 公 訴 提 起 さ れた 少 年 の 刑 事 事 件 にも 及 ぶと 解 される その 理 念 のもと 少 年 の 刑 事 訴 訟 手 続 においては 裁 判 所 が 少 年 の 被 告 人 を 保 護 処 分 に 付 するのが 相 当 であると 認 めるとき には 事 件 を 再 び 家 庭 裁 判 所 での 少 年 保 護 手 続 きに 戻 して 処 理 することが 認 められている( 少 年 法 55 条 以 下 同 条 によ る 家 庭 裁 判 所 への 事 件 の 移 送 を 家 裁 移 送 という ) 裁 判 員 法 は この 家 裁 移 送 決 定 についても 裁 判 員 を 含 む 合 議 体 の 判 断 事 項 としており( 同 法 6 条 1 項 ) 裁 判 員 制 度 のもとでは 家 裁 移 送 の 可 否 が 争 点 となる 事 件 においては 裁 判 員 は 少 年 法 55 条 の 保 護 処 分 相 当 性 の 判 断 にも 関 与 することになる

5 また 少 年 法 50 条 が 少 年 に 対 する 刑 事 事 件 の 審 理 は 第 9 条 の 趣 旨 に 従 つて これを 行 わなければならない と 定 め 同 法 9 条 が 前 条 の 調 査 は なるべく 少 年 保 護 者 又 は 関 係 人 の 行 状 経 歴 素 質 環 境 等 について 医 学 心 理 学 教 育 学 社 会 学 その 他 の 専 門 的 智 識 特 に 少 年 鑑 別 所 の 鑑 別 の 結 果 を 活 用 して これを 行 うよう に 努 めなければならない と 定 めているとおり 少 年 を 被 告 人 とする 事 件 の 審 理 に おいては 少 年 の 要 保 護 性 に 関 する 判 断 についての 科 学 的 専 門 知 識 の 活 用 が 要 請 され ている その 定 めを 受 けて 刑 事 訴 訟 規 則 277 条 においては 少 年 事 件 の 審 理 について は 懇 切 を 旨 とし 且 つ 事 案 の 真 相 を 明 らかにするため 家 庭 裁 判 所 の 取 り 調 べた 証 拠 は つとめてこれを 取 り 調 べるようにしなければならない と 規 定 されている さらに 少 年 法 51 条 ないし54 条 56 条 ないし59 条 には 少 年 に 対 する 刑 事 事 件 における 科 刑 の 制 限 緩 和 が 定 められており 特 に 罪 を 犯 すとき18 歳 に 満 たな い 者 に 対 しての 死 刑 無 期 刑 をもって 処 断 すべきときの 刑 の 制 限 緩 和 ( 同 法 51 条 ) や 不 定 期 刑 制 度 ( 同 法 52 条 )は 少 年 の 量 刑 に 関 する 定 めとして 重 要 である 以 上 のような 点 を 前 提 に 当 連 合 会 の 調 査 分 析 により 判 明 した 少 年 を 被 告 人 とする 裁 判 員 裁 判 の 主 要 な 問 題 点 を 列 記 すると 以 下 のとおりである 2 裁 判 員 の 理 解 不 足 に 対 する 懸 念 当 連 合 会 の 実 例 調 査 においては 裁 判 員 が 少 年 法 独 自 の 制 度 の 趣 旨 や 内 容 につい て 十 分 な 理 解 のうえで 審 理 にあたっているかについて 注 目 した もちろん 具 体 的 事 案 においては 裁 判 体 の 評 議 は 非 公 開 とされ 判 決 後 に 裁 判 員 から 個 別 の 聞 き 取 りを 行 うことも 困 難 であり 裁 判 員 がどの 程 度 の 少 年 法 に 関 する 理 解 をもって 審 理 に 臨 んだ かについては 弁 護 人 や 傍 聴 人 も 直 接 に 把 握 できたわけではない しかし 調 査 対 象 のいずれの 事 案 においても 裁 判 所 あるいは 裁 判 体 を 構 成 する 裁 判 官 が 選 任 手 続 を 経 て 選 任 された 裁 判 員 に 対 して 事 前 に 十 分 な 時 間 を 取 って 少 年 法 独 自 の 制 度 の 趣 旨 や 内 容 を 説 明 したとは 言 い 難 いという 実 情 があった もちろん 審 理 の 開 始 前 や 休 廷 時 間 評 議 の 際 などにおいて 裁 判 官 が 裁 判 員 に 対 し 教 育 優 先 主 義 をとっている 少 年 法 の 理 念 家 裁 移 送 の 制 度 の 趣 旨 とその 解 釈 刑 の 緩 和 の 制 度 や 不 定 期 刑 等 について ひととおりの 説 明 はなされているようである しかし 法 曹 であっても 十 分 な 知 識 を 当 然 に 有 しているとはいえない 少 年 の 刑 事 事 件 独 自 の 理 念 や 諸 制 度 について 裁 判 員 が 裁 判 員 として 選 任 された 緊 張 感 の 中 で 初 めて 取 り 組 む 刑 事 訴 訟 の 仕 組 みへの 理 解 と 併 行 しながら 非 常 な 短 期 間 かつ 短 時 間 で

6 どこまで 正 確 に 理 解 できていたかについては 疑 問 が 大 きい 実 際 前 記 石 巻 事 件 の 判 決 後 に 行 われた 裁 判 員 の 記 者 会 見 において 裁 判 員 を 務 め た 市 民 から 被 告 人 が 少 年 であることについて 私 個 人 は14 歳 だろうが 15 歳 だ ろうが 人 の 命 を 奪 ったという 重 い 罪 には 大 人 と 同 じ 刑 で 判 断 すべきだと 思 い そ う 心 がけた との 発 言 が 報 道 された また 富 田 林 市 の 高 校 生 殺 人 事 件 の 判 決 言 渡 し に 際 して 裁 判 長 が 少 年 法 は 狭 い 範 囲 の 不 定 期 刑 しか 認 めておらず 刑 期 は 十 分 では ない 本 件 を 機 に 議 論 が 高 まり 適 切 な 改 正 がされるよう 望 まれる 旨 の 異 例 の 言 及 を 行 った(これは 評 議 での 裁 判 員 の 意 見 を 濃 厚 に 反 映 したものであろう) これらの ことからして 少 年 法 に 基 づく 少 年 に 対 する 刑 事 事 件 独 自 の 諸 制 度 の 趣 旨 や 内 容 が 裁 判 員 には 十 分 に 理 解 実 践 されていないのではないかとの 懸 念 が 現 実 にある 3 社 会 記 録 の 取 調 べの 困 難 少 年 を 被 告 人 とする 刑 事 事 件 においては 家 裁 移 送 の 可 否 が 争 点 となることが 多 く 今 回 の 調 査 においても 進 行 中 の 事 件 を 除 いた13 件 の 実 例 のうち 家 裁 移 送 が 弁 護 人 から 主 張 されたのは8 件 であった 家 裁 移 送 の 可 否 が 主 たる 争 点 になる 事 案 においては 少 年 の 要 保 護 性 の 評 価 が 非 常 に 重 要 な 要 素 となるが その 判 断 の 際 家 庭 裁 判 所 での 審 判 の 段 階 で 作 成 された 社 会 記 録 とりわけ 家 庭 裁 判 所 調 査 官 作 成 の 調 査 票 及 び 少 年 鑑 別 所 作 成 の 鑑 別 結 果 通 知 書 が 極 めて 有 用 な 資 料 になることは 言 うまでもなく また 量 刑 が 主 たる 争 点 となる 事 案 においても 社 会 記 録 は 少 年 の 情 状 面 において 重 要 な 資 料 となる ところが 調 査 を 行 った 現 実 の 裁 判 員 裁 判 の 審 理 においては ほとんどのケースで 社 会 記 録 は 少 年 を 含 む 関 係 者 のプライバシーへの 配 慮 の 必 要 性 その 他 の 理 由 から 公 判 廷 において 検 察 官 または 弁 護 人 がその 内 容 を 要 約 した 報 告 書 を 証 拠 提 出 するな どの 方 法 により 実 質 的 にその 一 部 のみが 一 度 読 み 上 げられる 形 でしか 取 り 調 べられ ていないのが 実 情 であった しかし そのような 取 調 べ 方 法 では 裁 判 員 が 社 会 調 査 の 結 果 を 十 分 理 解 して 評 議 の 際 その 判 断 に 反 映 させることは 非 常 に 困 難 である そ の 結 果 として 現 状 では 少 年 法 50 条 9 条 刑 事 訴 訟 規 則 277 条 が 求 める 審 理 における 科 学 的 専 門 知 識 の 活 用 が 実 現 されていないといわざるを 得 ない 4 複 雑 な 少 年 事 件 の 無 理 な 簡 素 化 単 純 化 家 裁 移 送 が 問 題 となる 事 件 については 保 護 処 分 相 当 性 の 判 断 にあたり 少 年 の 実 像 や 事 件 の 実 相 について 裁 判 員 にも 少 年 の 資 質 や 生 育 歴 非 行 発 生 の 機 序 等 を 踏 まえた 十 分 な 理 解 を 得 る 必 要 がある また 家 裁 移 送 が 争 点 とならない 事 件 であって

7 も 科 学 的 専 門 知 識 の 活 用 のもとで 少 年 の 要 保 護 性 が 理 解 されたうえでの 審 理 判 決 がなされねばならないというのが 少 年 法 の 求 めるところである ところが 実 際 の 裁 判 員 裁 判 においては 少 年 が 被 告 人 であっても 審 理 期 間 審 理 時 間 が 成 人 被 告 人 の 同 種 事 件 の 場 合 と 同 程 度 かあるいはそれを 若 干 増 した 程 度 し か 確 保 されておらず また 審 理 の 運 営 においても 裁 判 員 に 分 かりやすい 充 実 し た 審 理 が 過 度 に 強 調 される 結 果 本 来 であれば 相 当 に 複 雑 な 少 年 像 や 事 件 の 実 相 を 無 理 に 簡 素 化 単 純 化 した 形 で 主 張 立 証 することを 余 儀 なくされることが 多 い 具 体 的 には 検 察 官 は 事 件 の 悪 質 性 少 年 の 凶 悪 性 結 果 の 重 大 性 や 被 害 者 側 の 峻 烈 な 処 罰 感 情 一 般 予 防 の 見 地 等 にひたすら 焦 点 を 当 てつつ 少 年 の 資 質 や 生 育 歴 については それがいかに 不 遇 なものであっても 重 大 な 犯 罪 を 正 当 化 するものではな いことを 強 調 するという これまで 以 上 に 偏 頗 な 訴 訟 活 動 になりやすい 一 方 で 弁 護 人 は 被 告 人 少 年 の 固 有 の 資 質 や 複 雑 な 生 育 歴 とそれが 事 件 発 生 に 結 び ついた 理 由 のみならず 少 年 法 の 理 念 や 独 自 の 諸 制 度 の 趣 旨 を 含 めた 少 年 非 行 に 対 す る 司 法 的 対 応 のあるべき 姿 被 害 の 重 大 性 や 被 害 者 側 の 処 罰 感 情 を 当 該 裁 判 において どう 位 置 づけるか 刑 事 処 分 と 保 護 処 分 の 相 違 (すなわち 少 年 刑 務 所 と 少 年 院 との 処 遇 の 違 い)とそれが 当 該 被 告 人 についての 処 分 選 択 にどのように 関 係 するかなどの 諸 点 も 含 めて 多 面 的 多 層 的 な 主 張 立 証 をなすという 負 担 がある しかし 裁 判 員 の 負 担 軽 減 の 必 要 に 由 来 する 審 理 時 間 の 制 限 や 充 実 した 審 理 の 名 の 下 に 裁 判 員 に 理 解 しやすい 主 張 立 証 を 裁 判 所 が 求 める 結 果 弁 護 人 としては 主 張 立 証 すべき 多 く の 要 素 の 一 部 については 不 本 意 ながら 立 証 活 動 の 比 重 を 下 げざるを 得 ず また 主 張 立 証 の 中 核 たる 少 年 像 や 事 件 の 実 相 についても 本 来 相 当 に 複 雑 な 内 実 を 有 するもの を 無 理 に 簡 素 化 単 純 化 した 形 で 訴 訟 活 動 をなすことを 余 儀 なくされるのである しかし そもそも 複 雑 な 内 実 をもった 事 案 が 無 理 に 単 純 化 した 形 で 訴 訟 上 取 り 扱 われる 結 果 となることは 真 実 の 解 明 や 被 告 人 の 防 御 権 の 保 障 適 正 な 処 罰 処 分 の 選 択 といった 刑 事 訴 訟 制 度 の 目 的 や 本 質 を 揺 るがす 危 険 をはらむものであるし も ちろん そのような 事 態 は 裁 判 員 制 度 がそもそも 予 定 しているところではないであろ う このような 傾 向 は 平 成 19 年 度 司 法 研 究 難 解 な 法 律 概 念 と 裁 判 員 裁 判 ( 司 法 研 究 報 告 書 第 61 輯 第 1 号 以 下 司 法 研 究 という )において 少 年 法 55 条 の 保 護 処 分 相 当 性 の 解 釈 についての 研 究 結 果 が 発 表 されたことによっても 拍 車 がかか っているものと 考 えられる すなわち 司 法 研 究 は 少 年 法 20 条 2 項 所 定 のいわゆる

8 原 則 検 察 官 送 致 事 件 の 場 合 は 保 護 処 分 をなすためには その 事 案 内 容 において 少 年 についての 凶 悪 性 悪 質 性 を 減 じて 保 護 処 分 を 許 容 し 得 るような 特 段 の 事 情 が あることが 必 要 であるとし かつ 原 則 通 り 検 察 官 送 致 された 事 件 にあっては 基 本 的 には 家 庭 裁 判 所 の 判 断 を 尊 重 した 上 で 特 段 の 事 情 に 関 する 判 断 要 素 が 変 化 した 場 合 等 において 同 法 55 条 の 保 護 処 分 相 当 性 が 認 められるにすぎない との 考 え を 打 ち 出 した さらに 特 段 の 事 情 の 判 断 要 素 は 狭 義 の 犯 情 を 中 心 とした 量 刑 事 情 と 大 差 ないものと 考 えられる とし 裁 判 員 裁 判 においても 特 段 の 事 情 の 有 無 の 判 断 においては 原 則 として 通 常 の 量 刑 における 考 慮 要 素 と 同 様 の 要 素 をも とに 判 断 すれば 足 りる と 述 べた しかし このように 特 段 の 事 情 の 判 断 要 素 を 狭 義 の 犯 情 を 中 心 とする 一 般 の 量 刑 事 情 に 限 定 する 司 法 研 究 の 見 解 は 1 少 年 法 20 条 2 項 但 書 にそれ 以 外 の 事 情 も 掲 げられていること 2 少 年 の 保 護 許 容 性 については 何 ら 専 門 性 をもつわけではない 家 庭 裁 判 所 の 判 断 を 原 則 として 尊 重 すべきという 点 に 根 拠 がないこと 等 からして 不 当 である 実 例 調 査 からは 少 年 を 被 告 人 とする 裁 判 員 裁 判 事 件 の 担 当 裁 判 官 は 最 高 裁 判 所 の 事 実 上 の 公 式 見 解 といえる 司 法 研 究 の 見 解 に 影 響 を 受 けて 訴 訟 運 営 をなしている ことが 多 いように 思 われるが これは 審 理 の 中 で 弁 護 人 が 少 年 の 資 質 や 生 育 歴 等 の 要 保 護 性 を 主 張 立 証 する 余 地 を 大 きく 狭 める 結 果 を 生 むことになり 少 年 法 の 定 める 家 裁 移 送 制 度 の 趣 旨 を 軽 んじるものとして 問 題 が 大 きい 5 刑 事 処 分 か 保 護 処 分 かの 選 択 にあたっての 前 提 知 識 の 欠 如 家 裁 移 送 の 可 否 が 問 題 となる 事 件 において 裁 判 体 が 刑 罰 か 保 護 処 分 かの 選 択 や 刑 の 量 定 を 適 切 に 行 うには 前 提 として 少 年 刑 務 所 と 少 年 院 においていかなる 処 遇 が 実 施 され どのような 効 果 をあげているのかの 理 解 が 当 然 に 必 要 である しかし 一 般 国 民 から 選 ばれる 裁 判 員 が 矯 正 施 設 での 処 遇 の 実 情 についての 正 確 かつ 十 分 な 知 識 を 有 していることは 稀 であり 少 年 を 被 告 人 とする 裁 判 員 裁 判 の 実 施 にあたっては その 知 識 不 足 を 補 充 する 適 切 な 手 段 が 講 じられねばならない 事 件 を 審 理 する 裁 判 所 あるいは 当 該 裁 判 体 を 構 成 する 裁 判 官 が 裁 判 員 に 対 して 処 遇 の 理 念 と 実 情 を 具 体 的 に 説 明 することがまず 期 待 されるが 実 際 の 事 案 では 前 記 の 少 年 法 の 理 念 等 と 同 様 裁 判 官 が 裁 判 員 に 対 し 審 理 の 開 始 前 や 評 議 等 の 必 要 な 場 面 において ひととおりの 形 式 的 説 明 はなしているものの その 程 度 の 説 明 で 裁 判 員 が 十 分 な 知 識 を 得 られているとは 到 底 考 え 難 い

9 実 例 においては 弁 護 人 が 各 種 の 書 証 や 処 遇 の 実 情 に 詳 しい 証 人 の 取 調 べを 求 めることにより 少 年 刑 務 所 と 少 年 院 における 処 遇 の 実 情 やその 異 同 を 明 らかにしよ うと 苦 闘 しているが 検 察 側 が 同 意 しないために 必 要 な 書 証 が 証 拠 として 採 用 されな い 採 用 された 書 証 も 単 に 朗 読 するだけでは 裁 判 員 に 実 感 をもって 施 設 ごとの 処 遇 の 内 容 や 異 同 が 正 確 な 知 識 として 理 解 してもらいにくい 多 くの 事 案 で 処 遇 の 実 情 に 関 する 専 門 家 証 人 の 取 調 べが 採 用 されないなどの 困 難 に 直 面 している 検 察 官 も 刑 事 処 分 が 少 年 の 更 生 を 必 ずしも 後 退 させるわけではないとの 主 張 を 支 えるために 少 年 刑 務 所 での 処 遇 に 関 する 通 達 等 の 内 容 を 報 告 することによって 少 年 刑 務 所 でも 個 別 処 遇 や 矯 正 教 育 の 強 化 が 推 進 されていることを 強 調 して 立 証 するこ とが 多 いが そのために もともと 個 別 の 処 遇 や 教 育 を 特 色 とする 少 年 院 との 相 違 が 裁 判 員 にいっそう 理 解 しにくくなっている 例 が 散 見 される それゆえに 現 状 の 裁 判 員 裁 判 において 少 年 に 対 する 処 分 の 内 容 すなわち 処 遇 の 実 情 が 裁 判 員 に 正 確 に 理 解 されたうえで 審 理 がなされているとは 評 価 できない そもそも これまでの 職 業 裁 判 官 による 裁 判 ( 家 庭 裁 判 所 での 審 判 も 含 む)におい ても それに 関 わる 裁 判 官 検 察 官 弁 護 士 に 判 決 や 審 判 後 の 被 告 人 や 少 年 の 処 遇 やその 効 果 について 十 全 の 前 提 知 識 があったのかについても 疑 問 が 大 きい 裁 判 官 をはじめとする 法 曹 三 者 は 処 分 の 実 際 に 関 して 当 然 に 知 識 を 有 している との 半 ば 架 空 の 大 前 提 のもとに 刑 事 訴 訟 手 続 は 運 営 されてきたともいえるわけであるが 裁 判 員 制 度 が 実 施 されることにより 処 遇 の 実 態 に 対 しこれまで 目 を 向 けてこなかった という 日 本 の 刑 事 司 法 の 後 進 性 が 露 呈 することとなっている 6 少 年 の 身 体 拘 束 の 長 期 化 裁 判 員 裁 判 の 対 象 となった 事 件 は 必 ず 公 判 前 整 理 手 続 に 付 される( 裁 判 員 法 49 条 ) 裁 判 員 制 度 の 開 始 後 これまで 以 上 に 公 判 前 整 理 手 続 が 長 引 き 審 理 開 始 まで 時 間 が かかりすぎていることが 問 題 点 として 指 摘 されていた( 平 成 22 年 5 月 2 日 竹 﨑 博 充 最 高 裁 長 官 記 者 会 見 発 言 等 ) 少 年 を 被 告 人 とする 事 件 の 場 合 も 一 部 の 事 件 では 起 訴 から 審 理 開 始 まで1 年 数 か 月 もの 期 間 を 要 していることが 今 回 の 調 査 で 明 らか になった 起 訴 から 審 理 開 始 までどの 程 度 の 期 間 を 要 したかは 事 案 の 内 容 や 被 告 人 の 年 齢 等 によりさまざまであり 少 年 を 被 告 人 とする 事 件 全 般 が 長 期 化 しているわけではない が 少 年 の 資 質 に 特 徴 的 な 面 があったり 事 案 が 複 雑 であったりした 場 合 に 事 案 の

10 解 明 や 少 年 の 防 御 を 充 実 させようとすると 公 判 前 整 理 手 続 が 長 期 化 し その 結 果 公 判 開 始 までの 少 年 の 身 体 拘 束 期 間 も 長 期 化 する 傾 向 がある 基 本 的 には 身 体 拘 束 期 間 が 長 期 化 しないよう 積 極 的 に 保 釈 がなされるべきである と 考 えられるが 調 査 した 事 件 のうち 保 釈 がなされているものはごく 少 数 にとどま っている しかし 保 釈 を 許 容 しうる 事 案 はほかにもあると 思 われる ただ 少 年 事 件 の 場 合 親 からの 虐 待 があるなど 適 切 な 監 護 者 がいない 場 合 や 被 告 人 少 年 の 心 身 や 行 動 が 不 安 定 で 再 非 行 や 自 傷 のおそれ 公 判 出 廷 の 確 保 の 不 安 がある 場 合 等 性 質 上 保 釈 が 難 しい 事 件 もあり 身 体 拘 束 が 長 期 化 することがやむを 得 ない 場 合 もあり うる 現 在 の 実 務 の 運 用 においては 少 年 の 未 決 勾 留 場 所 は 例 外 なく 拘 置 所 であるが もっ ぱら 成 人 の 被 告 人 の 未 決 勾 留 場 所 である 拘 置 所 の 環 境 は 少 年 にとって 良 好 なもので はなく 拘 置 所 で 長 期 の 身 体 拘 束 がなされることにより 精 神 衛 生 の 悪 化 や 反 省 や 内 省 の 停 滞 裁 判 への 主 体 的 参 加 意 欲 の 低 下 等 の 悪 影 響 が 生 じる 例 があることが 報 告 されている それは 充 実 した 裁 判 員 裁 判 の 実 現 にとってもマイナスの 結 果 を 招 くもの であろう それのみならず その 間 少 年 に 対 し 改 善 更 生 に 必 要 な 教 育 的 な 働 きかけが 全 くさ れないため その 更 生 を 阻 害 しかねない 重 大 な 罪 を 犯 した 少 年 とはいえ 教 育 的 働 きかけがあれば 更 生 が 一 定 程 度 進 むはずのところそれがなされず 可 塑 性 豊 かな10 代 後 半 の 貴 重 な 時 間 を 空 費 させることは 少 年 の 健 全 育 成 という 少 年 法 の 理 念 にもか なうものではない 1 家 庭 裁 判 所 で 充 実 した 社 会 調 査 が 行 われ かつその 成 果 の 十 分 な 取 調 方 法 が 確 立 すれば 公 判 前 整 理 手 続 段 階 での 鑑 定 が 不 要 になり 準 備 期 間 の 短 縮 を 図 ることがで きる 場 合 も 出 てくるであろうし 2 裁 判 所 において 裁 判 員 に 対 する 少 年 法 の 理 念 や 独 自 の 制 度 処 遇 の 実 情 等 を 教 示 する 充 実 した 手 続 が 確 立 定 着 すれば 審 理 計 画 の 定 立 が 円 滑 迅 速 に 進 むことも 期 待 できるし 3 家 裁 移 送 制 度 に 関 する 解 釈 論 等 少 年 法 独 自 の 問 題 点 も 事 案 の 蓄 積 や 研 究 の 進 捗 により 実 務 上 一 定 のスタンダードが 確 立 す れば 公 判 前 整 理 手 続 において 無 用 な 論 争 に 時 間 を 費 やすことも 減 るであろう それ らの 運 用 改 善 や 訴 訟 関 係 人 の 意 識 向 上 により できる 限 り 準 備 期 間 の 短 縮 が 実 現 され ることが 望 まれる ただ それが 実 現 したとしても 起 訴 後 審 理 開 始 まで 数 か 月 の 準 備 期 間 がかかるこ とは 避 けられないのであり その 間 の 少 年 の 未 決 勾 留 場 所 や 処 遇 のあり 方 については

11 見 直 しの 必 要 があることは 否 めない 第 3 少 年 法 の 理 念 に 則 った 適 正 な 裁 判 を 受 ける 権 利 の 保 障 少 年 には 少 年 法 に 則 った 裁 判 を 受 ける 権 利 があり 少 年 法 の 理 念 はもちろんのこと 家 裁 移 送 制 度 少 年 の 要 保 護 性 に 関 しての 専 門 的 知 識 を 活 用 した 審 理 不 定 期 刑 や 刑 の 緩 和 等 の 少 年 法 独 自 の 諸 制 度 や 少 年 刑 務 所 や 少 年 院 での 処 遇 の 実 情 やその 相 違 点 等 を 裁 判 員 が 十 分 に 理 解 していることは 少 年 を 被 告 人 とする 裁 判 員 裁 判 を 適 正 に 実 施 するための 当 然 の 前 提 条 件 として 法 が 要 求 しているところと 解 される 第 2で 挙 げた 各 種 の 問 題 点 のうち 2と5で 述 べた 点 ( 少 年 法 の 理 念 等 や 処 遇 の 実 情 についての 裁 判 員 の 理 解 不 足 )は 要 するに 少 年 を 被 告 人 とする 刑 事 訴 訟 事 件 に 関 する 上 記 のような 諸 制 度 に 関 する 裁 判 員 の 理 解 ( 以 下 制 度 理 解 という )の 問 題 である 4の 点 ( 複 雑 な 事 件 を 無 理 に 単 純 化 することが 強 いられること)も 裁 判 員 に 十 分 な 制 度 理 解 があれば 制 度 や 前 提 事 実 に 関 する 弁 護 検 察 双 方 の 主 張 立 証 の 負 担 が 減 り 複 雑 な 事 件 の 実 相 や 少 年 像 の 解 明 や 把 握 のための 立 証 活 動 に 費 やす 時 間 が 確 保 し やすくなるという 点 で 裁 判 員 の 制 度 理 解 の 問 題 に 密 接 に 関 係 する 6の 点 ( 身 体 拘 束 の 長 期 化 の 弊 害 )についても 裁 判 員 の 制 度 理 解 を 支 える 仕 組 み が 確 立 すれば 審 理 準 備 期 間 が 短 縮 できるのは 前 述 のとおりである そのように 考 えると 裁 判 員 の 制 度 理 解 の 確 保 が 現 状 の 問 題 点 の 中 核 の 一 つである といえる そして 裁 判 員 裁 判 を 実 施 する 裁 判 所 や 当 該 事 件 で 裁 判 体 を 構 成 する 裁 判 官 には 裁 判 員 のそのような 理 解 を 確 保 する 責 務 がある しかし 現 状 ではかかる 責 務 が 十 分 に 果 たされておらず その 点 で 少 年 法 に 則 っ た 適 正 な 裁 判 を 受 ける 権 利 が 少 年 に 対 して 実 質 的 に 保 障 されているといえるのか 疑 問 が 大 きい また 第 2の3の 点 ( 社 会 記 録 の 取 調 べの 困 難 )は 被 告 人 である 少 年 の 要 保 護 性 の 立 証 に 大 きな 障 害 が 生 じていることを 示 しているが 特 に 家 裁 移 送 の 可 否 が 争 点 と なる 事 件 で 弁 護 人 による 要 保 護 性 の 立 証 手 段 が 大 きく 制 約 されるということは 少 年 法 50 条 9 条 刑 事 訴 訟 規 則 277 条 が 求 める 審 理 における 科 学 的 専 門 知 識 の 活 用 という 規 定 に 反 するだけでなく 家 裁 移 送 制 度 を 定 める 少 年 法 55 条 を 死 文 化 させ ひいては 少 年 法 1 条 の 理 念 をも 没 却 するという 本 質 的 な 問 題 性 を 有 する

12 よって 少 年 の 要 保 護 性 の 立 証 手 段 を 事 実 上 大 きく 制 約 するような 訴 訟 運 営 は や はり 少 年 法 に 則 った 適 正 な 裁 判 を 受 ける 権 利 の 侵 害 を 生 みかねないと 考 えられる 第 4 提 言 1 はじめに 当 連 合 会 は 第 2で 述 べた 問 題 点 の 認 識 のもと 第 3で 述 べた 少 年 法 の 理 念 に 則 っ た 適 正 な 裁 判 を 受 ける 権 利 の 保 障 という 観 点 から 次 のような 提 言 を 行 う 次 第 である われわれは この 提 言 の 内 容 が 非 行 少 年 の 更 生 という 点 でこれまで 素 晴 らしい 成 果 をあげてきた 日 本 の 少 年 司 法 制 度 の 良 さを 守 るだけでなく 裁 判 員 裁 判 制 度 全 体 を レベルアップし 日 本 の 刑 事 司 法 をより 発 展 させるためにも 役 立 つものであると 信 ず る なお この 提 言 に 至 るまでの 議 論 においては 少 年 を 被 告 人 とする 事 件 は 裁 判 員 裁 判 の 対 象 から 除 外 すべきであるという 意 見 も 相 当 有 力 であった しかし 現 時 点 では 制 度 運 用 の 面 でも 弁 護 実 践 の 面 でも 少 年 を 被 告 人 とする 実 際 の 裁 判 員 裁 判 において 試 行 錯 誤 や 創 意 工 夫 が 尽 くされて 限 界 が 見 えたとまではまだいえないという 評 価 や また 少 年 事 件 において 国 民 の 健 全 な 社 会 常 識 の 司 法 の 場 への 導 入 という 裁 判 員 制 度 の 趣 旨 が 少 年 法 の 理 念 にも 沿 う 形 で 実 現 されることこそ 期 待 したいという 願 い から 今 回 の 提 言 においては 除 外 論 を 主 張 することはせず 運 用 改 善 や 新 たな 制 度 的 手 当 を 求 める 方 向 での 提 言 を 行 うこととしたことを 付 言 しておく 2 事 件 審 理 のあり 方 について 決 議 1 関 係 (1) 裁 判 員 裁 判 事 件 を 担 当 する 裁 判 官 は 裁 判 員 が 教 育 優 先 主 義 をはじめとする 少 年 法 の 理 念 について 十 分 理 解 できるよう 適 切 な 説 明 を 行 い 裁 判 員 に 少 年 法 の 理 念 を 尊 重 させるべきである 裁 判 員 といえども 法 に 則 った 裁 判 をなすことが 当 然 に 求 められる のであるから 少 年 法 を 理 解 せず その 理 念 を 尊 重 して 裁 判 手 続 に 参 加 することがで きない 裁 判 員 がいてはならない また 裁 判 官 は 家 裁 移 送 に 関 する 少 年 法 55 条 の 解 釈 不 定 期 刑 や 刑 の 緩 和 等 少 年 法 独 自 の 制 度 や 少 年 院 及 び 少 年 刑 務 所 における 処 遇 の 実 情 とその 異 同 を 裁 判 員 に 丁 寧 かつ 適 切 に 説 明 するべきである 決 議 1(1) (2) 特 に 処 遇 の 実 情 については 裁 判 官 の 説 明 のみでは 裁 判 員 が 実 感 をもって 理 解 することは 困 難 である よって 裁 判 所 ないし 裁 判 官 は 必 要 に 応 じて 裁 判 員 の 処 遇 の 実 情 についての 理

13 解 を 深 めるため 公 判 期 日 前 には 裁 判 員 による 少 年 院 や 少 年 刑 務 所 への 見 学 を 実 施 するべきである また 見 学 訪 問 によらない 場 合 でも 処 遇 の 実 情 や 異 同 を 具 体 的 に 解 説 する 映 像 資 料 があれば それを 視 聴 した 裁 判 員 の 理 解 は 大 きく 促 進 されるものと 考 えられるから 最 高 裁 判 所 法 務 省 及 び 日 本 弁 護 士 連 合 会 は 裁 判 員 が 少 年 院 及 び 少 年 刑 務 所 におけ る 処 遇 の 実 情 やその 異 同 をよく 理 解 できるよう 共 同 で 映 像 資 料 を 作 成 し 裁 判 官 は 裁 判 員 にそれを 視 聴 させることが 是 非 実 行 されるべきである 決 議 1(1) なお 現 状 の 少 年 を 被 告 人 とする 裁 判 員 裁 判 の 多 くでは 裁 判 員 は 公 判 初 日 の 当 日 の 午 前 に 選 任 手 続 によって 選 任 されて 午 後 にいきなり 公 判 に 臨 むか 公 判 初 日 の 前 日 に 選 任 されて 翌 日 午 前 からの 公 判 に 臨 むといったスケジュールで 行 われている そ のようなスケジュールでは 上 記 のような 裁 判 員 に 対 する 十 分 な 制 度 説 明 や 少 年 法 の 理 念 の 尊 重 の 重 要 性 の 教 示 処 遇 の 実 情 についての 学 習 等 の 時 間 は 到 底 確 保 できな い それらの 実 行 に 必 要 な 時 間 を 確 保 するためには 遅 くとも 公 判 期 日 の 数 日 前 に 裁 判 員 選 任 手 続 を 実 施 すべきであるということも 付 言 しておきたい (3) 審 理 においては 要 保 護 性 その 他 について 充 実 した 情 報 量 を 有 する 社 会 記 録 を 十 分 に 取 り 調 べることは 不 可 欠 であるから 裁 判 官 は 社 会 記 録 を 家 庭 裁 判 所 から 全 部 取 り 寄 せたうえで 調 査 票 や 鑑 別 結 果 通 知 書 については 少 年 及 びその 関 係 者 のプライ バシーや 少 年 の 情 操 保 護 に 配 慮 しつつ 文 書 全 体 を 証 拠 として 取 り 調 べるべきである その 具 体 的 方 法 として 例 えば 公 判 においては 要 旨 の 告 知 を 行 い 必 要 に 応 じて 裁 判 員 及 び 裁 判 官 がそれを 読 み 込 む 時 間 を 確 保 するという 方 法 が 考 えられる さらには 専 門 家 ではない 裁 判 員 が 要 旨 の 告 知 を 聴 取 するのみあるいは 記 録 の 読 み 込 みのみで 十 分 に 社 会 記 録 の 内 容 を 理 解 することが 困 難 な 場 合 も 考 えられるため 少 年 法 50 条 刑 事 訴 訟 規 則 277 条 の 趣 旨 を 十 分 に 尊 重 し 事 案 の 解 明 のうえで 必 要 であれば 社 会 記 録 の 取 調 べと 合 わせて あるいはそれに 代 えて 家 庭 裁 判 所 調 査 官 や 少 年 鑑 別 所 鑑 別 技 官 の 尋 問 が 実 施 されるべきである 決 議 1(2) (4) 専 門 的 知 見 を 活 用 した 要 保 護 性 の 立 証 方 法 は 必 ずしも 社 会 記 録 の 取 調 べや 調 査 官 等 の 尋 問 に 限 られるものではなく 特 に 社 会 記 録 の 内 容 が 不 十 分 であるときには 精 神 科 医 等 の 専 門 家 の 意 見 を 求 めるのが 相 当 な 事 案 もあり 実 務 的 には 鑑 定 という 方 法 も 有 益 な 場 合 が 少 なくない よって 裁 判 官 は 少 年 の 要 保 護 性 の 判 断 に 必 要 がある 事 案 においては 少 年 の 資 質 や 生 育 歴 等 に 関 する 鑑 定 を 積 極 的 に 採 用 すべきである 決 議 1(2)

14 (5) 現 状 の 少 年 被 告 人 の 裁 判 員 裁 判 は 成 人 の 場 合 と 同 様 基 本 的 に 連 日 開 廷 で 進 めら れ 午 前 午 後 とも 公 判 が 開 かれることも 多 く 少 年 にとって 心 身 の 負 担 は 極 めて 重 い 少 年 は 合 計 9 名 の 裁 判 官 及 び 裁 判 員 をはじめ 多 数 の 訴 訟 関 係 人 や 傍 聴 人 に 注 視 され る 威 圧 的 な 雰 囲 気 の 中 で 事 件 の 重 大 性 や 激 烈 な 被 害 感 情 に 直 面 する ときには 非 常 に 複 雑 で 深 刻 な 自 己 の 生 育 歴 や 資 質 に 言 及 される また 大 きな 緊 張 の 中 で 長 時 間 の 発 言 を 求 められる このような 苛 酷 な 体 験 の 結 果 実 際 審 理 期 間 中 に 少 年 が 体 調 を 崩 して 出 廷 ができなくなった 事 案 も 報 告 されている 事 案 ごとの 判 断 にはなろうが 裁 判 官 は 少 年 の 心 身 や 防 御 にとって 無 理 のない 審 理 時 間 を 設 定 し かつ 裁 判 員 にとって 理 解 しやすく 充 実 した 審 理 を 行 うため 審 理 期 間 を 十 分 確 保 するべきである 決 議 1(3) 3 家 庭 裁 判 所 での 社 会 調 査 について 決 議 2 関 係 (1) 司 法 研 究 の 報 告 の 影 響 のもと 少 年 法 20 条 2 項 に 該 当 するいわゆる 原 則 検 察 官 送 致 事 件 については 少 年 保 護 事 件 を 審 理 する 家 庭 裁 判 所 の 裁 判 官 が 調 査 官 に 対 して 調 査 命 令 を 出 すにあたり 調 査 事 項 を 少 年 法 20 条 2 項 但 書 該 当 性 (すなわち 保 護 処 分 相 当 性 )に 限 定 している 例 が 目 立 っている そのような 調 査 命 令 では 調 査 官 はもっぱら 保 護 許 容 性 の 有 無 に 力 点 を 置 いて 意 見 を 述 べることになりやすく 特 に 事 案 が 重 大 なため 保 護 許 容 性 がない( 保 護 不 適 ) と 調 査 官 が 判 断 する 事 案 においては 少 年 の 保 護 可 能 性 ( 要 保 護 性 )について 十 分 な 調 査 や 記 録 の 作 成 が 行 われないこととなる しかし 家 庭 裁 判 所 が 保 護 処 分 相 当 性 がない( 刑 事 処 分 相 当 )として 検 察 官 送 致 し た 事 件 についても 地 方 裁 判 所 の 裁 判 において 保 護 処 分 相 当 性 があり 家 裁 移 送 が 認 められるのかが 争 点 となることが 多 く その 中 では 当 然 保 護 可 能 性 も 重 要 な 審 理 対 象 となるのであるから 社 会 調 査 において 保 護 可 能 性 の 点 についても 十 分 に 調 査 が 尽 く され 社 会 記 録 に 記 載 されることが 不 可 欠 である よって 家 庭 裁 判 所 の 裁 判 官 は 調 査 官 に 対 する 調 査 命 令 において 調 査 事 項 を 少 年 法 20 条 2 項 但 書 該 当 性 に 限 定 せず 少 年 の 保 護 可 能 性 についても 十 分 に 調 査 させ るべきである (2) 司 法 研 究 は 前 記 のように 少 年 法 55 条 の 保 護 処 分 相 当 性 の 解 釈 において 考 慮 要 素 を 非 常 に 限 定 する 見 解 を 打 ち 出 すとともに 家 庭 裁 判 所 段 階 で 調 査 官 の 作 成 する 調 査 報 告 書 の 調 査 官 の 意 見 には 簡 にして 要 を 得 た 具 体 的 な 記 載 を 行 うことが 求 め られる との 指 摘 をなした

15 この 司 法 研 究 の 報 告 を 受 け 家 庭 裁 判 所 実 務 においては 検 察 官 送 致 が 想 定 される 事 案 については 調 査 票 の 作 成 にあたり 保 護 処 分 相 当 性 に 欠 けることに 記 載 の 重 点 が 置 かれる 一 方 で 少 年 の 保 護 可 能 性 についての 言 及 が 非 常 に 薄 くなり かつ 記 載 全 般 が 著 しく 簡 略 化 されるという 結 果 が 生 じており ひいては 調 査 官 による 調 査 の 劣 化 が 現 実 に 危 惧 されるとの 指 摘 もある 検 察 官 送 致 がなされる 事 案 でも 少 年 の 保 護 可 能 性 についての 十 分 な 情 報 が 刑 事 裁 判 の 中 で 取 り 上 げられる 必 要 があることは 縷 々 述 べたとおりであり 調 査 官 は 全 件 に おいて 少 年 の 保 護 可 能 性 について 十 分 に 調 査 し 調 査 票 の 作 成 にあたっては 過 度 に 簡 略 化 せず 収 集 した 情 報 は 幅 広 く 記 述 し かつ 意 見 形 成 過 程 が 明 らかになるように 十 分 な 記 載 を 行 うべきである 4 少 年 の 起 訴 後 の 勾 留 について 決 議 3 関 係 (1) 第 2の6で 述 べたとおり 公 判 前 整 理 手 続 が 長 期 化 することも 少 なくないが 少 年 の 勾 留 が 長 引 くこと 自 体 さらには 少 年 の 未 決 勾 留 場 所 が 拘 置 所 であるというこ とは 少 年 の 健 全 育 成 や 情 操 保 護 さらには 充 実 した 裁 判 員 裁 判 の 実 現 という 観 点 か ら 問 題 が 大 きい 起 訴 後 の 少 年 被 告 人 についても 基 本 的 には 成 人 同 様 に 勾 留 はできる 限 り 避 け られるべきであると 考 えられるから 保 釈 が 積 極 的 に 認 められてしかるべきである 今 回 の 実 例 調 査 においては 裁 判 員 裁 判 の 対 象 となった 少 年 被 告 人 についても 保 釈 が 認 められているケースが 確 認 されている もちろん 先 述 のとおり 少 年 事 件 では 保 釈 が 不 適 当 な 事 案 があることは 事 実 である が 仮 に 起 訴 後 も 少 年 の 勾 留 の 継 続 がやむを 得 ない 場 合 であっても 少 年 の 勾 留 場 所 が 少 年 鑑 別 所 であれば 処 分 を 待 つ 少 年 を 収 容 する 専 門 機 関 であることから 施 設 設 備 面 でも 少 年 の 心 身 の 安 定 が 拘 置 所 に 比 べて 格 段 に 図 りやすい また 施 設 職 員 も 身 体 拘 束 中 の 非 行 少 年 の 応 対 やケアに 専 門 的 技 術 を 有 することから 上 記 の 起 訴 後 の 勾 留 場 所 が 拘 置 所 であることの 弊 害 は 相 当 程 度 緩 和 できるものと 考 えられる したがって 起 訴 後 の 少 年 の 勾 留 場 所 は 全 て 少 年 鑑 別 所 とすることを 実 務 上 確 立 すべきである (2) 少 年 に 対 して 未 決 勾 留 の 長 い 期 間 何 らの 教 育 的 働 きかけがなされず 事 実 上 放 置 されることの 問 題 性 も 前 記 のとおりであり 改 善 が 必 要 である もちろん 有 罪 判 決 や 保 護 処 分 が 確 定 するまでは 少 年 にも 無 罪 推 定 は 働 く したが って 未 決 勾 留 期 間 中 に 矯 正 教 育 を 開 始 することは 困 難 な 面 もあるが 少 年 が 希 望 し

16 同 意 する 場 合 に 勾 留 場 所 である 少 年 鑑 別 所 において 生 活 指 導 や 教 科 指 導 の 範 囲 で の 働 きかけがなされることは 少 年 の 更 生 や 心 身 の 安 定 にとっても 非 常 に 有 効 である このことは 少 年 法 の 理 念 に 沿 うものであり いずれ 刑 事 処 分 または 保 護 処 分 の 終 了 後 にその 少 年 を 再 び 受 け 容 れることとなる 社 会 の 立 場 からしても 歓 迎 すべきところ であろう よって 当 連 合 会 としては 法 務 省 に 対 し 少 年 鑑 別 所 における 起 訴 後 の 勾 留 の 間 その 少 年 が 希 望 する 生 活 指 導 教 科 指 導 等 の 教 育 を 受 ける 機 会 を 確 保 することを 求 め る 5 矯 正 施 設 での 処 遇 について 決 議 4 関 係 (1) 裁 判 員 に 少 年 院 及 び 少 年 刑 務 所 における 処 遇 の 実 情 についての 知 識 がほとんどな いことが 裁 判 員 裁 判 の 実 施 にあたり 深 刻 な 課 題 であることは 繰 り 返 し 述 べた これ は 国 民 一 般 に 対 して 刑 事 処 分 や 保 護 処 分 を 実 施 している 矯 正 施 設 での 処 遇 の 実 情 が 十 分 に 公 開 されていないことにも 由 来 する 実 際 に 裁 判 員 制 度 の 実 施 に 伴 い 裁 判 員 経 験 者 から 判 決 後 の 被 告 人 の 処 遇 につい て 強 い 関 心 が 生 じた 旨 の 意 見 が 多 く 述 べられているところである そのような 点 からして 矯 正 施 設 での 処 遇 の 実 情 の 公 開 の 要 請 は 高 まっていると いえる よって 法 務 省 は 少 年 院 及 び 少 年 刑 務 所 における 処 遇 の 実 情 を 国 民 に 対 し 広 く 公 開 すべきである (2) さらには 矯 正 施 設 での 処 遇 の 実 情 のみならず その 処 遇 の 効 果 についても 具 体 的 に 目 に 見 える 形 で 裁 判 員 に 示 されなければ 裁 判 員 は 刑 罰 か 保 護 処 分 かの 選 択 や 刑 の 量 定 を 適 切 に 行 うことはできないはずである しかし 日 本 の 矯 正 行 政 は 処 遇 効 果 についての 検 証 やその 結 果 の 国 民 への 公 開 の 面 で 非 常 に 立 ち 後 れているといわざるを 得 ない もちろん 元 受 刑 者 や 元 少 年 院 被 収 容 者 のプライバシー 保 護 は 図 られねばならない が そのような 配 慮 をしつつも 処 遇 効 果 について 明 らかにすることが 求 められてい る よって 法 務 省 は 少 年 院 及 び 少 年 刑 務 所 の 処 遇 効 果 について 適 切 な 統 計 を 取 り 科 学 的 な 調 査 を 実 施 し その 結 果 を 公 開 すべきである 6 立 法 提 言 決 議 5 関 係 (1) 前 記 2(3)で 述 べたとおり 現 行 の 刑 事 訴 訟 法 のもとでも 家 庭 裁 判 所 での 社 会 調

17 査 の 成 果 を 取 り 調 べる 方 法 として 調 査 官 や 鑑 別 技 官 の 尋 問 ( 証 人 尋 問 ないし 鑑 定 人 尋 問 )を 行 うことは 十 分 可 能 であると 解 されるが 尋 問 の 手 続 による 取 調 べが 必 ずし も 唯 一 最 良 の 手 段 というわけではない 尋 問 の 手 続 によらずとも 調 査 官 や 鑑 別 技 官 がその 作 成 した 記 録 を 裁 判 体 に 対 して 分 かり 易 く 説 明 することができれば それが 最 も 合 理 的 な 方 法 であると 考 えられるが 現 行 法 のもとではそのような 制 度 はない そこで 国 は 刑 事 訴 訟 規 則 277 条 を 実 質 化 するため 当 事 者 の 意 見 も 聞 いたう えで 明 らかに 必 要 性 相 当 性 がない 場 合 を 除 いては 社 会 調 査 の 成 果 たる 社 会 記 録 を 公 判 において 取 り 調 べるべきこととし 当 該 社 会 記 録 の 作 成 に 携 わった 調 査 官 や 鑑 別 技 官 をしてその 内 容 を 現 行 の 証 拠 調 べ 手 続 によらず 裁 判 体 に 対 して 説 明 させるこ とができるよう 法 定 すべきである 決 議 5(1) (2) 被 告 人 少 年 の 要 保 護 性 について 十 分 な 情 報 を 取 調 べつつ 目 で 見 て 耳 で 聞 いて 分 かる 審 理 を 実 現 しようとした 場 合 少 年 本 人 の 生 育 歴 等 詳 細 な 情 報 が 公 判 廷 で 明 ら かにされ そのことによって 少 年 を 含 む 関 係 者 のプライバシーが 侵 されたり 少 年 に 知 らせるべきではないような 情 報 までもが 少 年 の 知 るところとなり 少 年 の 情 操 へ の 悪 影 響 が 生 じる それらの 問 題 は 現 行 法 のもとでの 審 理 の 工 夫 のみでは 十 分 には 解 決 できないと 考 えざるを 得 ない そこで 国 は 社 会 記 録 の 取 調 べ 等 少 年 の 要 保 護 性 が 審 理 される 場 面 では 少 年 及 びその 関 係 者 のプライバシー 保 護 や 少 年 の 情 操 保 護 等 への 配 慮 から 必 要 に 応 じ 公 開 の 停 止 や 少 年 の 退 廷 を 可 能 にするよう 法 定 すべきである 決 議 5(2) (3) 裁 判 員 の 制 度 理 解 が 十 分 確 保 されることが 少 年 に 対 し 少 年 法 に 則 った 適 正 な 裁 判 を 受 ける 権 利 を 保 障 する 大 前 提 となることは 前 記 のとおりであるが そのような 裁 判 員 の 制 度 理 解 を 確 保 する 責 務 が 第 一 次 的 には 裁 判 官 にあることは 国 民 にも 司 法 関 係 者 にも 十 分 には 意 識 されていない そこで 国 は 少 年 法 の 理 念 少 年 法 55 条 の 解 釈 不 定 期 刑 や 刑 の 緩 和 少 年 院 と 少 年 刑 務 所 における 処 遇 の 実 情 及 びその 異 同 等 の 少 年 を 被 告 人 とする 事 件 の 審 理 において 理 解 しておくべき 事 項 について 裁 判 官 が 裁 判 員 に 理 解 させるべき 責 務 を 明 確 にするため 裁 判 員 法 に 裁 判 官 の 責 任 として 定 めるべきである 決 議 5(3) 以 上

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

第1 謝罪・名誉回復について

第1 謝罪・名誉回復について 2012 年 5 月 17 日 厚 生 労 働 大 臣 小 宮 山 洋 子 殿 平 成 24 年 度 ハンセン 病 問 題 対 策 協 議 会 統 一 要 求 書 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 原 告 団 協 議 会 全 国 ハンセン 病 療 養 所 入 所 者 協 議 会 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 弁 護 団 連 絡 会 第 1 謝 罪 名 誉

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

無罪判決後の勾留に関する意見書

無罪判決後の勾留に関する意見書 無 罪 判 決 後 の 勾 留 に 関 する 意 見 書 2015 年 ( 平 成 27 年 )10 月 21 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 第 1 意 見 の 趣 旨 刑 事 訴 訟 法 第 345 条 に, 第 2 項 として, 判 決 で 無 罪 の 言 渡 しがあったときは, 上 訴 審 において 原 判 決 が 破 棄 されるまで, 新 たに 勾 留 状 を 発 することはできな い

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477>

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477> 第 20 回 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 平 成 21 年 11 月 24 日 開 催 ) 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 20 回 ) 議 事 概 要 ( 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 事 務 局 ) 第 1 日 時 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 )15:00~17:00 第 2 場 所 東 京 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 第

More information

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい 東 北 大 学 消 費 者 法 問 題 研 究 会 2006.4.22. 行 政 による 消 費 者 被 害 救 済 事 業 者 制 裁 を 考 える * 細 川 幸 一 1. 問 題 意 識 消 費 者 問 題 の 解 決 には 消 費 者 自 らが 消 費 者 私 法 を 活 用 し 権 利 利 益 の 回 復 を 図 る 司 法 的 手 段 と 行 政 が 市 場 に 介 入 し 事 業 者

More information

Microsoft Word - 160118資産申告問題要望書(案)

Microsoft Word - 160118資産申告問題要望書(案) 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎 恭 久 殿 2016( 平 成 27) 年 2 月 1 日 資 産 申 告 書 に 関 する 保 護 課 長 通 知 の 撤 回 等 を 求 める 要 望 書 生 活 保 護 問 題 対 策 全 国 会 議 代 表 幹 事 尾 藤 廣 喜 第 1 要 望 の 趣 旨 1 生 活 保 護 利 用 者 に 対 して 最 低 年 1 回 の 資 産 申 告 を 行 わせるよう

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

ウ 3 公 判 審 理 等 のにつき 調 査 した 結 果 では, 裁 判 官 裁 判 では36. 6%である( 裁 判 員 制 度 の 運 用 等 に 関 する 有 識 者 懇 談 会 ( 第 7 回 ) 配 付 資 料 保 護 観 察 比 率 表 グラフ ) なお, 無 期 懲 役 の 求 刑

ウ 3 公 判 審 理 等 のにつき 調 査 した 結 果 では, 裁 判 官 裁 判 では36. 6%である( 裁 判 員 制 度 の 運 用 等 に 関 する 有 識 者 懇 談 会 ( 第 7 回 ) 配 付 資 料 保 護 観 察 比 率 表 グラフ ) なお, 無 期 懲 役 の 求 刑 裁 判 員 裁 判 の 概 況 本 日 中 不 公 表,5 月 21 日 解 禁 でお 願 いします 第 1 これまでの 裁 判 員 裁 判 の 概 要 平 成 22 年 5 月 20 日 最 高 検 察 庁 1 起 訴 件 数 合 計 1, 881 件 ( 平 成 22 年 5 月 20 日 現 在 ) 別 添 資 料 1のとおり 2 判 決 結 果 判 決 言 渡 人 員 合 計 530 人 (

More information

Oike Library No37.indd

Oike Library No37.indd 財 産 分 与 における 将 来 の 退 職 金 の 取 扱 について 弁 護 士 茶 木 真 理 子 第 1 はじめに 離 婚 の 際 の 財 産 分 与 ( 民 法 766 条 )にあたり 争 点 の 一 つとなるのが 退 職 金 の 取 扱 である 離 婚 時 に 既 に 支 給 を 受 けている 退 職 金 については 賃 金 の 後 払 いと 言 われる 性 格 から 清 算 的 財 産

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc)

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc) 宝 監 第 104 号 平 成 22 年 2 月 17 日 請 求 人 様 宝 塚 市 監 査 委 員 同 同 村 野 一 郎 井 上 芳 治 伊 福 義 治 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について 平 成 21 年 12 月 25 日 付 けで 提 出 のありました 住 民 監 査 請 求 について 地 方 自 治 法 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

24-1-本文-中表紙.indd

24-1-本文-中表紙.indd 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 論 説 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 岩 﨑 政 明 Ⅰ はじめに 本 稿 は 弁 護 士 法 23 条 の 2 に 定 める いわゆる 弁 護 士 会 照 会 に 対 して 顧 客 情 報 について 守 秘 義 務 を 負 う 税 理 士 等 の 専 門 家 がその

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

B6293AED6BD3007E49256A57005AECC

B6293AED6BD3007E49256A57005AECC 主 文 本 件 仮 処 分 申 請 をいずれも 却 下 する 訴 訟 費 用 は 申 請 人 らの 負 担 とする 事 実 第 一 当 事 者 双 方 の 求 める 裁 判 一 申 請 人 ら 申 請 人 Aが 郵 政 省 岩 手 県 宮 古 郵 便 局 保 険 課 に 勤 務 すること 申 請 人 Bが 同 郵 便 局 庶 務 会 計 課 に 勤 務 すること を 仮 に 定 める 訴 訟 費 用

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

判例からみる中国における補正の制限について

判例からみる中国における補正の制限について 海 外 知 財 の 現 場 23 平 成 25 年 2 月 20 日 掲 載 判 例 からみる 中 国 における 新 規 事 項 追 加 の 判 断 基 準 について 中 国 弁 理 士 呉 学 鋒 中 国 特 許 法 及 び 実 施 細 則 には 出 願 後 の 特 許 出 願 書 類 の 補 正 についての 規 定 が 設 けられ 補 正 ができる 範 囲 を 定 めている 特 許 法 第 33

More information

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初 平 成 23 年 (ワ) 第 21209 号 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 被 告 渡 邉 光 一 郎 第 2 準 備 書 面 平 成 24 年 3 月 1 日 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 8 部 合 議 係 御 中 原 告 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 阪 口 徳 雄 同 金 啓 彦 同 大 住 洋 外 14 名 本 書 面 は, 被 告 準 備 書 面 (1)に 対 する

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部 研 究 活 動 における 不 正 行 為 への 対 応 ガイドライン 平 成 19 年 3 月 1 日 研 究 推 進 審 議 会 研 究 倫 理 専 門 委 員 会 目 次 1 ガイドラインの 目 的 2 不 正 行 為 対 応 に 関 する 体 制 3 対 象 とする 不 正 行 為 4 告 発 等 の 受 付 5 告 発 等 に 係 る 事 案 の 調 査 を 行 う 機 関 6 告 発 等

More information

テストです

テストです 2011 年 ( 平 成 23 年 )2 月 25 日 国 際 的 な 子 の 奪 取 の 民 事 面 に 関 する 条 約 の 批 准 についての 意 見 書 大 阪 弁 護 士 会 会 長 金 子 武 嗣 第 1 趣 旨 政 府 は,ハーグ 国 際 私 法 会 議 において 制 定 された 国 際 的 な 子 の 奪 取 の 民 事 面 に 関 する 条 約 ( 以 下 ハーグ 条 約 という

More information

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの 東 京 工 業 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 18 条 ~ 第 42 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 43 条 ~ 第 66 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 67 条 ~ 第

More information

英国競争法の執行手続―日本の独占禁止法改正に関連して

英国競争法の執行手続―日本の独占禁止法改正に関連して 1 英 国 競 争 法 の 執 行 手 続 日 本 の 独 占 禁 止 法 改 正 に 関 連 して 千 葉 大 学 大 学 院 専 門 法 務 研 究 科 教 授 栗 田 誠 氏 Ⅰ はじめに 本 報 告 の 対 象 は 1998 年 競 争 法 違 反 行 為 ( 日 本 の 独 占 禁 止 法 ( 以 下 独 禁 法 と 略 す )でいう 不 当 な 取 引 制 限 私 的 独 占 及 び 不

More information

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし)

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし) 外 務 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 第 1 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 の 権 利 に 関 する 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という )に 署 名 して 以 来 障 害 者 基 本 法 ( 昭 和 45

More information

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書 2012 年 6 月 7 日 新 たな 在 留 管 理 制 度 外 国 人 住 民 基 本 台 帳 制 度 に 関 する 各 市 区 町 村 に 対 する アンケート 結 果 をふまえての 意 見 書 東 京 弁 護 士 会 会 長 斎 藤 義 房 当 会 は 本 年 7 月 9 日 に 予 定 されている 新 たな 在 留 管 理 制 度 ( 以 下 新 在 管 制 度 という) 及 び 外 国

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差 気 象 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 27 年 12 月 2 日 気 象 庁 訓 令 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378>

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378> 地 縁 団 体 規 約 作 成 例 と 作 成 上 の 留 意 事 項 資 料 1 規 約 の 例 を 示 すと 次 のとおりです ただし これは 一 般 的 な 例 を 示 したものに 過 ぎないの で 各 地 縁 団 体 で 規 約 作 成 に 当 たっては 規 約 例 及 び 留 意 点 を 参 考 としながら 各 地 縁 団 体 の 実 情 に 合 った 定 めをすることが 必 要 です なお

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた 拉 致 被 害 者 等 への 今 後 の 支 援 策 の 在 り 方 について( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 8 月 拉 致 問 題 対 策 本 部 関 係 省 庁 拉 致 問 題 連 絡 会 ( 支 援 幹 事 会 ) 目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2)

More information

平成15年度税制改正の概要

平成15年度税制改正の概要 [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 小 規 模 宅 地 / 居 住 の 用 に 供 されていた 宅 地 の 意 義 / 生 活 の 拠 点 第 42 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )12 月 2 日 発 表 中 島 孝 一 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての 詳

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1 訴 状 2013 年 ( 平 成 25 年 )11 月 7 日 佐 賀 地 方 裁 判 所 御 中 原 告 ら 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 東 島 浩 幸 同 桑 原 健 同 梶 原 恒 夫 同 八 木 大 和 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 の 通 り 退 職 金 請 求 事 件 訴 訟 物 の 価 額 金 364 万 0745 円 貼 用 印 紙 額 金 2 万

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇 第 1 回 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 雇 用 やパートタイム 雇 用 の 制 度 について の 解 説 平 成 27 年 7 月 24 日 高 知 会 館 講 師 / 経 営 法 曹 会 議 所 属 弁 護 士 石 井 妙 子 氏 Ⅰ 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 契 約 1 定 年 後 再 雇 用 制 度 概 要 (1) 定 年 後,65 歳 までの 雇 用 確

More information

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ 大 通 達 甲 ( 生 企 ) 第 4 号 平 成 2 1 年 5 月 2 9 日 本 部 例 規 (1 年 ) 簿 冊 名 学 校 署 例 規 本 部 1 年 保 存 期 間 学 校 署 常 用 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 殿 各 警 察 署 長 生 活 安 全 部 長 銃 砲 刀 剣 類 所 持 等 取 締 法 第 29 条 の 規 定 による 公 安 委 員 会 に 対

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 職 員 の 退 職 金 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 規 則 第 8 号 改 正 平 成 16 年 法 人 規 則 第 27 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 28 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 29 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 25 号 平 成

More information

大阪労働局発表

大阪労働局発表 大 阪 労 働 局 発 表 大 阪 労 働 局 需 給 調 整 事 業 部 電 話 06-4790-6319 FAX 06-4790-6309 担 兵 庫 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 078-367-0831 FAX 078-367-3853 当 岡 山 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 086-801-5110 FAX 086-801-4533 広 島 労 働 局 職 業 安 定

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減 平 成 27 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 し 平 成 27 年 ( 行 コ) 第 64 号 固 定 資 産 価 格 審 査 申 出 棄 却 決 定 取 消 請 求 控 訴 事 件 ( 原 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 473 号 ) 主 文 1 原 審 原 告 の 控 訴 に 基 づき, 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (1) 東 京 都

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464>

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 教 員 人 事 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 平 成 1 6 年 規 則 第 2 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 3 条 第 1 項

More information

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

Microsoft Word - 20130115013.docx

Microsoft Word - 20130115013.docx 参 議 院 選 挙 制 度 の 改 革 1 票 の 較 差 定 数 是 正 問 題 を 中 心 として 総 務 委 員 会 調 査 室 さとう 佐 藤 けんすけ 研 資 1.はじめに 平 成 24 年 11 月 ( 第 181 回 国 会 ) 参 議 院 の 選 挙 区 選 出 議 員 の 定 数 を4 増 4 減 して1 票 の 較 差 を 是 正 する 公 職 選 挙 法 の 一 部 を 改 正

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

独立行政法人国立文化財機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領

独立行政法人国立文化財機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領 独 立 行 政 法 人 国 立 文 化 財 機 構 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 28 年 4 月 1 日 理 事 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律

More information

第36回全日本大学軟式野球選手権大会

第36回全日本大学軟式野球選手権大会 ( 平 成 7 年 月 6 日 改 正 ) 全 日 本 大 学 軟 式 野 球 連 盟 規 約 全 日 本 大 学 軟 式 野 球 連 盟 全 日 本 大 学 軟 式 野 球 連 盟 規 約 第 一 章 総 則 第 条 ( 名 称 及 び 所 在 ) 本 連 盟 は 全 日 本 大 学 軟 式 野 球 連 盟 と 称 し 本 部 を 東 京 都 渋 谷 区 千 駄 ヶ 谷 丁 目 7 番 地 7 号

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

ケーススタディ 3 死 刑 求 刑 事 件 の 上 告 審 弁 論 期 日 の 欠 席 問 題 村 岡 啓 一 はじめに 2006 年 6 月 20 日 最 高 裁 第 三 小 法 廷 は いわゆる 山 口 県 光 市 母 子 殺 害 事 件 につき 検 察 官 の 上 告 趣 意 ( 判 例 違

ケーススタディ 3 死 刑 求 刑 事 件 の 上 告 審 弁 論 期 日 の 欠 席 問 題 村 岡 啓 一 はじめに 2006 年 6 月 20 日 最 高 裁 第 三 小 法 廷 は いわゆる 山 口 県 光 市 母 子 殺 害 事 件 につき 検 察 官 の 上 告 趣 意 ( 判 例 違 Title 刑 事 弁 護 人 の 役 割 と 倫 理 村 岡, 啓 一 ; 川 崎, 英 明 ; 指 宿, 信 ; 武 井, 康 年 ; 大 出, 良 知 ; 高 田, 昭 正 ; 上 田, 信 太 郎 ; 上 田, 國 廣 ; 白 取, Author(s) 祐 司 ; 森 下, 弘 ; 水 谷, 規 男 ; 加 藤, 克 佳 ; 田 淵, 浩 二 ; 四 宮, 啓 Citation Issue

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される 狭 監 発 第 25 号 平 成 28 年 6 月 14 日 様 狭 山 市 監 査 委 員 磯 野 和 夫 狭 山 市 職 員 措 置 請 求 書 について( 通 知 ) 平 成 28 年 4 月 6 日 付 けで 提 出 された 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 監 査 請 求 について 請 求 内 容 を 監 査 した 結 果 を

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

<4D F736F F D E982D182C882B5816A8C6F8DCF8E598BC68FC88F8A8AC78E968BC695AA96EC82C982A882AF82E98FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E8E77906A88C42E646F6378>

<4D F736F F D E982D182C882B5816A8C6F8DCF8E598BC68FC88F8A8AC78E968BC695AA96EC82C982A882AF82E98FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E8E77906A88C42E646F6378> 経 済 産 業 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 す る 対 応 指 針 ( 案 ) 第 一 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 権 利 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という )に 署 名 して 以 来 障 害 者 基 本 法 の 改 正 を

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型 一 問 題 状 況 1) 平 成 24 年 度 労 働 契 約 法 改 正 (18~20 条 の 新 設 ) 5 年 ルール( 無 期 転 換 ルール)の 導 入 判 例 による 雇 止 め 規 制 の 立 法 化 有 期 契 約 の 差 別 禁 止 規 定 の 新 設 2) 関 連 法 令 の 改 正 (5 年 ルール 関 係 ) 任 期 法 の 改 正 特 例 についての 法 律 案 3) 有

More information

答申書

答申書 諮 問 庁 : 法 務 大 臣 諮 問 日 : 平 成 14 年 8 月 1 日 答 申 日 : 平 成 14 年 9 月 18 日 事 件 名 : 熊 本 刑 務 所 が 本 人 に 対 して 行 った 分 類 調 査 や 累 進 審 査 の 結 果 を 記 録 し た 分 類 調 査 票 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に 関 する 件 ( 平 成 14 年 諮 問 第

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 石 川 県 知 事 部 局 議 会 事 務 局 及 び 行 政 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の

More information

平成26年試験問題AP-4.indd

平成26年試験問題AP-4.indd a 0 7 0 4 0 0 0 0 a 平 成 26 年 保 育 士 試 験 問 題 児 童 家 庭 福 祉 ( 選 択 式 20 問 ) 指 示 があるまで 開 かないこと 解 答 用 紙 記 入 上 の 注 意 事 項 1 解 答 用 紙 と 受 験 票 の 受 験 番 号 が 同 じであるか カナ 氏 名 科 目 名 を 確 認 し 誤 り がある 場 合 は 手 を 挙 げて 監 督 員 に

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

EFD1A38E7610369249256A57005AF79

EFD1A38E7610369249256A57005AF79 主 文 昭 和 五 七 年 ( 行 コ) 第 二 号 事 件 について 原 判 決 中 控 訴 人 ( 第 一 審 被 告 ) 敗 訴 の 部 分 を 取 り 消 す 被 控 訴 人 ( 第 一 審 原 告 )らの 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 は 第 一 二 審 とも 被 控 訴 人 ( 第 一 審 原 告 )らの 負 担 とする 昭 和 五 七 年 ( 行 コ) 第 三 号 同 第

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの 独 禁 法 事 例 研 究 第 8 回 ( 平 成 26 年 12 月 10 日 ) 1 セブンイレブン ジャパンに 対 する 独 占 禁 止 法 25 条 訴 訟 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 事 案 の 概 要 と 問 題 点 の 発 表 が 行 われた 1. 事 案 概 要 (1) 経 緯 公 正 取 引 委 員 会 は 平 成 21 年 6 月 22 日 被 告 (P5 セブン-イレブン

More information