〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護"

Transcription

1 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数 が 新 設 された ( 同 建 物 における3 以 上 の 患 者 に 対 して 同 に 訪 問 看 護 を った 場 合 の 評 価 を 引 き 下 げ る ) 精 神 科 訪 問 看 護 指 導 料 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 精 神 科 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 も 同 様 平 成 24 年 改 定 ( 参 考 ) 〇 医 療 ニーズの い 患 者 への 対 応 について 訪 問 看 護 を 週 4 以 上 提 供 できる 対 象 は 特 別 訪 問 看 護 指 書 の 交 付 を 受 けた 患 者 等 に 限 られて いたが 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 別 表 第 に 掲 げる 状 態 等 にある 者 についても 訪 問 看 護 を 週 4 以 上 提 供 できることとする 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 別 表 第 に 掲 げる 状 態 等 にある 者 1 在 宅 悪 性 腫 瘍 患 者 指 導 管 理 若 しくは 在 宅 気 管 切 開 患 者 指 導 管 理 を 受 けている 状 態 にある 者 2 在 宅 腹 膜 灌 流 指 導 管 理 在 宅 液 透 析 指 導 管 理 肛 は 膀 胱 を 設 置 してい る 状 態 にある 者 3 在 宅 患 者 訪 問 点 滴 注 射 管 理 指 導 料 を 算 定 している 者 4 真 を 越 える 褥 瘡 の 状 態 にある 者 等 訪 問 看 護 管 理 療 養 費 を 13 回 以 上 の 訪 問 看 護 を っている 場 合 にも 算 定 可 能 とする 〇 介 護 保 険 の 訪 問 看 護 との 整 合 医 療 保 険 の 訪 問 看 護 では 時 間 外 に 当 たる 費 を その 他 の 利 料 として 患 者 から 費 を 徴 収 していたことから 介 護 保 険 と 同 様 に 早 朝 夜 間 及 び 深 夜 の 評 価 を うことで 患 者 の 負 担 軽 減 及 び 介 護 保 険 の 訪 問 看 護 との 整 合 性 を 図 る ( 新 ) 夜 間 早 朝 訪 問 看 護 加 算 (6 時 8 時 18 時 22 時 210 点 (2,100 円 ) ( 新 ) 深 夜 訪 問 看 護 加 算 (22 時 6 時 ) 420 点 (4,200 円 ) 訪 問 看 護 療 養 費 ( 訪 問 看 護 ステーションで 算 定 ) 重 症 者 管 理 加 算 を 介 護 保 険 の 特 別 管 理 加 算 に 名 称 統 し 算 定 要 件 を 部 緩 和 することによ り 介 護 保 険 の 訪 問 看 護 との 整 合 性 を 図 る 名 称 訪 問 看 護 療 養 費 重 症 者 管 理 加 算 ( 改 ) 特 別 管 理 加 算 要 件 医 療 保 険 の 訪 問 看 護 では 1 に4 以 上 の 訪 問 看 護 の 実 施 が 当 該 加 算 の 算 定 要 件 であったが の 途 中 に 退 院 した 患 者 等 の 場 合 に 適 切 な 管 理 を っていても 当 該 加 算 を 算 定 できないケースがあったため 1 に4 以 上 の 要 件 を 緩 和 する 社 会 福 祉 及 び 介 護 福 祉 法 の 部 改 正 により 介 護 職 員 等 のたん 吸 引 等 が 可 能 になったことに 伴 い 訪 問 介 護 等 のサービスを 受 けている 患 者 に 対 するたん 吸 引 等 に 関 する 指 を 保 険 医 療 機 関 の 医 師 が 当 該 サービスを う 事 業 所 に 交 付 する 場 合 の 評 価 を う ( 新 ) 介 護 職 員 等 喀 痰 吸 引 等 指 料 240 点 介 護 報 酬 改 定 による 新 サービス( 介 護 保 険 被 保 険 者 等 に 対 する 複 合 型 サービス 及 び 定 期 巡 回 型 訪 問 介 護 看 護 サービス)を う 事 業 所 に 対 する 保 険 医 療 機 関 の 医 師 による 訪 問 看 護 指 書 の 交 付 が 評 価 され 複 合 型 サービス 及 び 定 期 巡 回 型 訪 問 介 護 看 護 を う 事 業 所 からの 訪 問 看 護 ( 複 合 型 サ ービス 含 む)が 評 価 される 61

2 〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 する 必 要 が ある 訪 問 看 護 のケア 内 容 については 必 ずしも 看 護 職 員 が 実 施 する 必 要 性 が い 業 務 だけでは ないため 看 護 補 助 者 との 同 訪 問 について 評 価 する 看 護 補 助 者 との 同 訪 問 ( 週 3 回 まで)の 評 価 を 新 設 する 厚 労 働 ( 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 別 表 第 7)が 定 める 疾 患 については 回 数 制 限 なし ( 医 療 機 関 ) ( 新 ) 複 数 名 訪 問 看 護 加 算 300 点 ( 訪 問 看 護 ステーション) ( 新 ) 複 数 名 訪 問 看 護 加 算 3,000 円 訪 問 看 護 師 と 専 性 の い 看 護 師 による 同 訪 問 の 評 価 を う 1 鎮 痛 療 法 は 化 学 療 法 を っている 院 中 以 外 の 緩 和 ケアニーズを 持 つ 悪 性 腫 瘍 の 患 者 2 真 を 越 える 褥 瘡 の 状 態 にある 在 宅 療 養 中 の 患 者 12の 患 者 について 医 療 機 関 等 の 専 性 の い 看 護 師 と 訪 問 看 護 ステーションの 看 護 師 が 同 に 訪 問 することについて 評 価 を う ( 新 ) 在 宅 患 者 訪 問 看 護 指 導 料 3のハ*1 1,285 点 (*1: 医 療 機 関 の 専 性 の い 看 護 師 が 訪 問 した 場 合 ) ( 新 ) 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅰ)(Ⅱ)のハ*2 12,850 円 (*2: 訪 問 看 護 ステーションの 専 性 の い 看 護 師 が 訪 問 した 場 合 ) [ 算 定 要 件 ] 5 年 以 上 褥 瘡 ケア は 緩 和 ケアの 看 護 に 従 事 した 経 験 を 有 し それぞれ6 以 上 の 適 切 な 専 の 研 修 を 修 了 した 者 であること 緊 急 訪 問 看 護 加 算 については 在 宅 療 養 援 診 療 所 在 宅 療 養 援 病 院 のみならず 在 宅 療 養 援 診 療 所 以 外 の 診 療 所 との 連 携 により じた 緊 急 時 の 訪 問 看 護 についても 評 価 を う 〇 精 神 科 訪 問 看 護 の 報 酬 体 系 直 しについて 精 神 科 訪 問 看 護 指 料 を 新 設 し 精 神 科 を 担 当 する 医 師 の 指 を 評 価 訪 問 看 護 の 対 象 を 院 中 以 外 の 患 者 と 家 族 に 拡 する 精 神 科 訪 問 看 護 指 導 料 に 同 建 物 居 住 者 に 対 する 評 価 を 新 設 する 30 分 未 満 の 点 数 区 分 を 新 設 し 精 神 科 訪 問 看 護 指 導 の 実 施 者 に 准 看 護 師 の 訪 問 指 導 を 評 価 する 看 護 職 員 が 実 施 する 必 要 性 が い 精 神 体 的 なケアだけではなく 多 様 なニーズがあるため 看 護 補 助 者 の 同 訪 問 に 対 する 評 価 を 新 設 する 62

3 参 考 : 特 別 管 理 加 算 について 問 バルーン 型 の 留 置 カテーテルを 使 している 利 者 は 特 別 管 理 加 算 (Ⅰ)が 算 定 できるのか ( 答 ) 種 類 を 問 わず 留 置 カテーテルを 装 着 している 者 であれば 特 別 管 理 加 算 (Ⅰ)が 算 定 可 能 であ るが 単 に 留 置 カテーテルが 挿 されている 状 態 だけでは 算 定 できない( 参 考 2)ことに 留 意 す ること 考 え は 診 療 報 酬 も 同 じ 参 考 1: 介 護 報 酬 告 指 定 訪 問 看 護 に 関 し 特 別 な 管 理 を 必 要 とする 利 者 に 対 して 指 定 訪 問 看 護 事 業 所 が 指 定 訪 問 看 護 の 実 施 に 関 する 計 画 的 な 管 理 を った 場 合 ( 参 考 2)は 別 に 厚 労 働 が 定 める 区 分 ( 参 考 3)に 応 じて 1 につき 次 に 掲 げる 所 定 単 位 数 を 特 別 管 理 加 算 として 加 算 する ただし 次 に 掲 げるいずれかの 加 算 を 算 定 している 場 合 においては 次 に 掲 げるその 他 の 加 算 は 算 定 しない (1) 特 別 管 理 加 算 (Ⅰ) 500 単 位 (2) 特 別 管 理 加 算 (Ⅱ) 250 単 位 参 考 2: 疑 義 解 釈 通 知 (H 保 険 局 医 療 課 通 知 ) 問 29 留 置 カテーテルが 挿 されていれば 特 別 管 理 加 算 は 算 定 できるのか ( 答 ) 留 置 カテーテルからの 排 液 の 性 状 量 などの 観 察 薬 剤 の 注 分 バランスの 計 測 等 計 画 的 な 管 理 を っている 場 合 は 算 定 できるが 単 に 留 置 カテーテルが 挿 されているだけで は 算 定 できない また 輸 液 のポート 等 が 挿 されている 場 合 であっても 訪 問 看 護 にお いて 度 もポートを いた 薬 剤 の 注 を っていない 場 合 は 計 画 的 な 管 理 が 分 に われ ていないため 算 定 できない なお 定 期 巡 回 随 時 対 応 型 訪 問 介 護 看 護 及 び 複 合 型 サービスの 特 別 管 理 加 算 についても 同 様 の 取 扱 いとなる 参 考 3: 厚 労 働 が 定 める 区 分 特 別 管 理 加 算 (Ⅰ): 特 別 な 管 理 を 必 要 とする 利 者 として 厚 労 働 が 定 める 状 態 のイに 該 当 する 状 態 にある 者 に 対 して 指 定 訪 問 看 護 を う 場 合 特 別 管 理 加 算 (Ⅱ): 特 別 な 管 理 を 必 要 とする 利 者 として 厚 労 働 が 定 める 状 態 のロからホまでに 該 当 する 状 態 にある 者 に 対 して 指 定 訪 問 看 護 を う 場 合 別 に 厚 労 働 が 定 める 状 態 の 内 容 は 次 のとおり 次 のいずれかに 該 当 する 状 態 イ 診 療 報 酬 の 算 定 法 ( 平 成 年 厚 労 働 省 告 第 五 九 号 ) 別 表 第 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 ( 以 下 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 という )に 掲 げる 在 宅 悪 性 腫 瘍 患 者 指 導 管 理 若 しくは 在 宅 気 管 切 開 患 者 指 導 管 理 を 受 けている 状 態 は 気 管 カニューレ 若 しくは 留 置 カ テーテルを 使 している 状 態 ロ 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 に 掲 げる 在 宅 腹 膜 灌 流 指 導 管 理 在 宅 液 透 析 指 導 管 理 在 宅 酸 素 療 法 指 導 管 理 在 宅 中 静 脈 栄 養 法 指 導 管 理 在 宅 成 分 栄 養 経 管 栄 養 法 指 導 管 理 在 宅 導 尿 指 導 管 理 在 宅 持 続 陽 圧 呼 吸 療 法 指 導 管 理 在 宅 疼 痛 管 理 指 導 管 理 は 在 宅 肺 圧 症 患 者 指 導 管 理 を 受 けている 状 態 ハ 肛 は 膀 胱 を 設 置 している 状 態 ニ 真 を 越 える 褥 瘡 の 状 態 ホ 点 滴 注 射 を 週 3 以 上 う 必 要 があると 認 められる 状 態 63

4 区 分 在 宅 患 者 訪 問 看 護 指 導 料 医 療 保 険 保 険 医 療 機 関 同 一 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 精 神 科 訪 問 看 護 指 導 料 介 護 保 険 保 険 医 療 機 関 訪 問 看 護 ステーション 訪 問 看 護 費 介 護 予 防 訪 問 看 護 費 1 要 介 護 認 定 者 等 以 外 で 在 宅 において 療 養 を 行 っている 通 院 が 困 難 な 者 対 象 者 2 要 介 護 認 定 者 等 で 疾 病 等 ( 2-1)の 者 又 は 特 別 訪 問 看 護 指 示 書 を 交 付 された 者 3 精 神 科 訪 問 看 護 指 導 料 は 精 神 障 害 者 である 入 院 中 以 外 の 者 で 精 神 科 の 医 師 から 訪 問 看 護 の 指 示 があった 者 病 状 の 安 定 している 要 介 護 認 定 者 要 支 援 (1 2) 認 定 者 末 期 の 悪 性 腫 瘍 等 疾 病 等 ( 2-1) の 者 又 は 特 別 訪 問 看 護 指 示 書 を 交 付 された 者 は 対 象 外 * 週 3 日 を 限 度 ( 疾 病 等 ( 4-4-1)の 利 用 者 を 除 く 特 別 訪 問 看 護 指 示 期 間 を 除 く) * 訪 問 看 護 費 ( 居 宅 サービス 計 画 等 に 基 づき 回 数 を 決 定 ) 在 宅 患 者 訪 問 看 護 指 導 料 週 3 日 目 まで 週 4 日 目 以 降 イ 指 定 訪 問 看 護 ステーションの 場 合 1 保 健 師 助 産 師 看 護 師 555 点 655 点 (1) 所 要 時 間 20 分 未 満 318 単 位 2 准 看 護 師 505 点 605 点 (2) 所 要 時 間 30 分 未 満 474 単 位 3 悪 性 腫 瘍 の 患 者 に 対 する 緩 和 ケア 又 は 褥 瘡 ケアに 係 る 専 門 の 研 修 を 受 けた 看 護 師 による 場 合 (3) 所 要 時 間 30 分 以 上 1 時 間 未 満 834 単 位 1,285 点 * 月 1 回 を 限 度 (4) 所 要 時 間 1 時 間 以 上 1 時 間 30 分 未 満 1,144 単 位 同 一 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 週 3 日 目 まで 週 4 日 目 以 降 (5) 理 学 療 法 士 等 による 訪 問 の 場 合 (1 回 につき) 1 保 健 師 助 産 師 看 護 師 (20 分 以 上 実 施 した 場 合 週 6 回 を 限 度 ) 318 単 位 同 一 日 に2 人 555 点 655 点 ロ 病 院 又 は 診 療 所 の 場 合 同 一 日 に3 人 以 上 278 点 328 点 (1) 所 要 時 間 20 分 未 満 256 単 位 2 准 看 護 師 380 点 480 点 (2) 所 要 時 間 30 分 未 満 383 単 位 同 一 日 に2 人 505 点 605 点 (3) 所 要 時 間 30 分 以 上 1 時 間 未 満 553 単 位 同 一 日 に3 人 以 上 253 点 303 点 (4) 所 要 時 間 1 時 間 以 上 1 時 間 30 分 未 満 815 単 位 3 悪 性 腫 瘍 の 患 者 に 対 する 緩 和 ケア 又 は 褥 瘡 ケアに 係 る 専 門 の 研 修 を 受 けた 看 護 師 による 場 合 ハ 指 定 定 期 巡 回 随 時 対 応 型 訪 問 介 護 看 護 事 業 所 と 連 携 して 1,285 点 * 月 1 回 を 限 度 指 定 訪 問 看 護 を 行 う 場 合 (1 月 につき) 2,935 単 位 *イ(1) ロ(1)は 訪 問 看 護 を24 時 間 行 える 体 制 の 事 業 所 で 居 宅 サービス 計 画 算 定 額 又 は 訪 問 看 護 計 画 書 の 中 に20 分 以 上 の 訪 問 看 護 が 週 1 回 以 上 含 まれているこ 単 位 * 週 3 日 を 限 度 ( 患 者 の 退 院 後 3 月 以 内 に 行 われる 場 合 は 週 5 日 を 限 度 急 性 増 悪 の 場 合 は 最 長 14 日 以 内 に 限 り1 日 1 回 可 ) と 精 神 科 訪 問 看 護 指 導 料 (Ⅰ): 同 一 建 物 居 住 者 を 除 く *イ ロは 准 看 護 師 が 行 った 場 合 には100 分 の90に 相 当 する 単 位 数 * 週 3 日 目 まで 週 3 日 目 まで 週 4 日 目 以 降 週 4 日 目 以 降 *イ(5)は1 日 に2 回 を 超 えて 訪 問 看 護 を 行 った 場 合 は1 回 につき100 分 の90 30 分 以 上 30 分 未 満 30 分 以 上 30 分 未 満 に 相 当 する 単 位 数 イ 保 健 師 看 護 師 OT PSW 575 点 440 点 675 点 525 点 *イ ロは 施 設 基 準 に 該 当 する 事 業 所 と 同 一 の 建 物 に ロ 准 看 護 師 525 点 400 点 625 点 485 点 居 住 する 利 用 者 に 行 った 場 合 は100 分 の90に 相 当 する 単 位 数 精 神 科 訪 問 看 護 指 導 料 (Ⅱ): 精 神 障 害 者 施 設 に 入 所 している 複 数 の 者 160 点 * 週 3 回 まで *ハは 准 看 護 師 が 行 った 場 合 は100 分 の98に 相 当 する 単 位 数 精 神 科 訪 問 看 護 指 導 料 (Ⅲ): 精 神 科 訪 問 看 護 指 導 料 (Ⅱ)の 対 象 者 を 除 く 同 一 建 物 居 住 者 *ハは 要 介 護 5の 者 に 行 った 場 合 は1 月 につき800 単 位 を 加 算 * 週 3 日 目 まで 週 3 日 目 まで 週 4 日 目 以 降 週 4 日 目 以 降 *ハは1 人 の 利 用 者 に 対 し1ヶ 所 の 事 業 所 が 算 定 30 分 以 上 30 分 未 満 30 分 以 上 30 分 未 満 *イ ロは 特 別 訪 問 看 護 指 示 期 間 内 は 訪 問 看 護 費 を 算 定 しない イ 保 健 師 看 護 師 OT PSW *ハは 特 別 訪 問 看 護 指 示 期 間 内 は 指 示 の 日 数 に 応 じて1 日 につき96 単 位 を 所 同 一 日 に2 人 575 点 440 点 675 点 525 点 定 単 位 数 から 減 算 同 一 日 に3 人 以 上 288 点 220 点 338 点 263 点 ロ 准 看 護 師 同 一 日 に2 人 525 点 400 点 625 点 485 点 同 一 日 に3 人 以 上 263 点 200 点 313 点 243 点 64

5 区 分 在 宅 患 者 訪 問 看 護 指 導 料 医 療 保 険 保 険 医 療 機 関 同 一 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 精 神 科 訪 問 看 護 指 導 料 介 護 保 険 保 険 医 療 機 関 訪 問 看 護 ステーション 訪 問 看 護 費 介 護 予 防 訪 問 看 護 費 利 用 可 能 事 業 所 数 算 定 制 限 患 者 1 人 1ヶ 所 疾 病 等 ( 4-4-1)の 利 用 者 は2ヶ 所 まで 可 但 し 2ヶ 所 とも 保 険 医 療 機 関 は 不 可 他 の 保 険 医 療 機 関 で 在 宅 患 者 訪 問 看 護 指 導 料 を 算 定 している 場 合 保 険 医 療 機 関 を 退 院 後 1 月 以 内 の 患 者 に 当 該 保 険 医 療 機 関 が 訪 問 看 護 指 導 を 行 う 場 合 は 可 往 診 料 在 宅 患 者 訪 問 診 療 料 在 宅 患 者 訪 問 看 護 指 導 料 同 一 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 在 宅 患 者 訪 問 リハビリテー ション 指 導 管 理 料 在 宅 患 者 訪 問 薬 剤 管 理 指 導 料 在 宅 患 者 訪 問 栄 養 食 事 指 導 料 又 は 精 神 科 訪 問 看 護 指 導 料 のうち いずれか 1つを 算 定 した 日 においては 他 のものを 算 定 できない 在 宅 患 者 訪 問 看 護 指 導 料 を 算 定 した 場 合 には 同 一 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 又 は 精 神 科 訪 問 看 護 指 導 料 は 算 定 しない 同 一 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 を 算 定 した 場 合 には 在 宅 患 者 訪 問 看 護 指 導 料 又 は 精 神 科 訪 問 看 護 指 導 料 は 算 定 しない 精 神 科 訪 問 看 護 指 導 料 を 算 定 した 場 合 には 在 宅 患 者 訪 問 看 護 指 導 料 又 は 同 一 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 は 算 定 しない 〇 訪 問 看 護 指 導 に 要 した 交 通 費 は 患 者 負 担 2ヶ 所 以 上 の 事 業 所 を 利 用 可 介 護 保 険 での 介 護 保 険 での 短 期 入 所 生 活 介 護 介 護 予 防 短 期 入 所 生 活 介 護 短 期 入 所 療 養 介 護 介 護 予 防 短 期 入 所 療 養 介 護 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 介 護 予 防 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 定 期 巡 回 随 時 対 応 型 訪 問 介 護 看 護 介 護 予 防 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 のサービスを 利 用 している 場 合 は 地 域 密 着 型 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 算 定 不 可 地 域 密 着 型 介 護 老 人 福 祉 施 設 入 所 者 生 活 介 護 複 合 型 サービス のサービスを 利 用 している 場 合 は 算 定 不 可 65

6 区 分 対 象 者 算 定 額 単 位 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅰ) 同 一 建 物 居 住 者 除 く * 週 3 日 を 限 度 ( 利 用 者 の 退 院 後 3 月 以 内 に 行 われる 場 合 は 週 5 日 を 限 度 特 別 訪 問 看 護 指 示 期 間 を 除 く) 精 神 科 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅰ) * 週 3 日 目 まで 週 3 日 目 まで 週 4 日 目 以 降 週 4 日 目 以 降 30 分 以 上 30 分 未 満 30 分 以 上 30 分 未 満 *イ ロは 准 看 護 師 が 行 った 場 合 には100 分 の90に 相 当 する 単 位 数 イ 保 健 師 看 護 師 OT 5,550 円 4,250 円 6,550 円 5,100 円 ロ 准 看 護 師 5,050 円 3,870 円 6,050 円 4,720 円 精 神 科 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅱ) 1,600 円 精 神 科 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅲ) * 週 3 日 目 まで 週 3 日 目 まで 週 4 日 目 以 降 週 4 日 目 以 降 *ハは 准 看 護 師 が 行 った 場 合 は100 分 の98に 相 当 する 単 位 数 30 分 以 上 30 分 未 満 30 分 以 上 30 分 未 満 *ハは 要 介 護 5の 者 に 行 った 場 合 は1 月 につき800 単 位 を 加 算 イ 保 健 師 看 護 師 OT *ハは1 人 の 利 用 者 に 対 し1ヶ 所 の 事 業 所 が 算 定 ロ 准 看 護 師 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅱ) 同 一 建 物 居 住 者 精 神 科 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅳ) 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅲ) 入 院 中 の 試 験 外 泊 医 療 保 険 ( 訪 問 看 護 療 養 費 ) 訪 問 看 護 ステーション 精 神 科 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅰ) 同 一 建 物 居 住 者 除 く 精 神 科 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅱ) 精 神 障 害 者 施 設 精 神 科 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅲ) 同 一 建 物 居 住 者 1 要 介 護 認 定 者 等 以 外 で 在 宅 において 療 養 を 行 っている 通 院 が 困 難 な 者 2 要 介 護 認 定 者 等 で 疾 病 等 ( 2-1)の 者 又 は 特 別 訪 問 看 護 指 示 書 を 交 付 された 者 3 入 院 中 の 試 験 外 泊 時 の 訪 問 看 護 は 者 に 限 る 4 精 神 科 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 は 精 神 科 訪 問 看 護 指 示 書 を 交 付 された 者 精 神 科 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅳ) 入 院 中 の 試 験 外 泊 * 週 3 日 を 限 度 ( 疾 病 等 ( 2-1)の 利 用 者 特 別 訪 問 看 護 指 示 期 間 を 除 く) * 訪 問 看 護 費 ( 居 宅 サービス 計 画 等 に 基 づき 回 数 を 決 定 ) 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅰ) * 週 3 日 目 まで 週 4 日 目 以 降 イ 指 定 訪 問 看 護 ステーションの 場 合 イ 保 健 師 助 産 師 看 護 師 PT OT ST 5,550 円 6,550 円 (1) 所 要 時 間 20 分 未 満 318 単 位 ロ 准 看 護 師 5,050 円 6,050 円 (2) 所 要 時 間 30 分 未 満 474 単 位 ハ 悪 性 腫 瘍 の 利 用 者 に 対 する 緩 和 ケア 又 は 褥 瘡 ケアに 係 る 専 門 の 研 修 を 受 けた 看 護 師 による 場 合 (3) 所 要 時 間 30 分 以 上 1 時 間 未 満 834 単 位 12,850 円 * 月 1 回 を 限 度 同 一 日 に 訪 問 看 護 管 理 療 養 費 は 算 定 不 可 (4) 所 要 時 間 1 時 間 以 上 1 時 間 30 分 未 満 1,144 単 位 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅱ) * 週 3 日 目 まで 週 4 日 目 以 降 (5) 理 学 療 法 士 等 による 訪 問 の 場 合 (1 回 につき) イ 保 健 師 助 産 師 看 護 師 PT OT ST (20 分 以 上 実 施 した 場 合 週 6 回 を 限 度 ) 318 単 位 同 一 日 に2 人 5,550 円 6,550 円 ロ 病 院 又 は 診 療 所 の 場 合 同 一 日 に3 人 以 上 2,780 円 3,280 円 (1) 所 要 時 間 20 分 未 満 256 単 位 ロ 准 看 護 師 (2) 所 要 時 間 30 分 未 満 383 単 位 同 一 日 に2 人 5,050 円 6,050 円 (3) 所 要 時 間 30 分 以 上 1 時 間 未 満 553 単 位 同 一 日 に3 人 以 上 2,530 円 3,030 円 (4) 所 要 時 間 1 時 間 以 上 1 時 間 30 分 未 満 815 単 位 ハ 悪 性 腫 瘍 の 利 用 者 に 対 する 緩 和 ケア 又 は 褥 瘡 ケアに 係 る 専 門 の 研 修 を 受 けた 看 護 師 による 場 合 ハ 指 定 定 期 巡 回 随 時 対 応 型 訪 問 介 護 看 護 事 業 所 と 連 携 して 12,850 円 * 月 1 回 を 限 度 同 一 日 に 訪 問 看 護 管 理 療 養 費 は 算 定 不 可 指 定 訪 問 看 護 を 行 う 場 合 (1 月 につき) 2,935 単 位 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅲ) 8,500 円 * 入 院 中 1 回 ( 疾 病 等 の 利 用 者 は2 回 )を 限 度 同 一 日 に 訪 問 看 護 管 理 療 養 費 は 算 定 不 可 *3 時 間 を 超 えた 時 間 について5 時 間 を 限 度 として1 時 間 又 はその 端 数 を 増 すごとに400 円 加 算 同 一 日 に2 人 5,550 円 4,250 円 6,550 円 5,100 円 同 一 日 に3 人 以 上 2,780 円 2,130 円 3,280 円 2,550 円 5,050 円 3,870 円 6,050 円 4,720 円 2,530 円 1,940 円 3,030 円 2,360 円 8,500 円 * 入 院 中 1 回 ( 疾 病 等 ( 2-1)の 利 用 者 は2 回 )を 限 度 同 一 日 に 訪 問 看 護 管 理 療 養 費 は 算 定 不 可 介 護 保 険 保 険 医 療 機 関 訪 問 看 護 ステーション 訪 問 看 護 費 介 護 予 防 訪 問 看 護 費 病 状 の 安 定 している 要 介 護 認 定 者 要 支 援 (1 2) 認 定 者 末 期 の 悪 性 腫 瘍 等 疾 病 等 ( 2-1) の 者 又 は 特 別 訪 問 看 護 指 示 書 を 交 付 された 者 は 対 象 外 *イ(1) ロ(1)は 訪 問 看 護 を24 時 間 行 える 体 制 の 事 業 所 で 居 宅 サービ ス 計 画 又 は 訪 問 看 護 計 画 書 の 中 に20 分 以 上 の 訪 問 看 護 が 週 1 回 以 上 含 まれていること *イ(5)は1 日 に2 回 を 超 えて 訪 問 看 護 を 行 った 場 合 は1 回 につき100 分 の90に 相 当 する 単 位 数 *イ ロは 施 設 基 準 に 該 当 する 事 業 所 と 同 一 の 建 物 に 居 住 する 利 用 者 に 行 った 場 合 は100 分 の90に 相 当 する 単 位 数 *イ ロは 特 別 訪 問 看 護 指 示 期 間 内 は 訪 問 看 護 費 を 算 定 しない *ハは 特 別 訪 問 看 護 指 示 期 間 内 は 指 示 の 日 数 に 応 じて1 日 につき96 単 位 を 所 定 単 位 数 から 減 算 66

7 区 分 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅰ) 同 一 建 物 居 住 者 除 く 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅱ) 同 一 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅲ) 入 院 中 の 試 験 外 泊 医 療 保 険 ( 訪 問 看 護 療 養 費 ) 訪 問 看 護 ステーション 精 神 科 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅰ) 同 一 建 物 居 住 者 除 く 精 神 科 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅱ) 精 神 障 害 者 施 設 精 神 科 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅲ) 同 一 建 物 居 住 者 精 神 科 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅳ) 入 院 中 の 試 験 外 泊 介 護 保 険 保 険 医 療 機 関 訪 問 看 護 ステーション 訪 問 看 護 費 介 護 予 防 訪 問 看 護 費 利 用 可 能 事 業 所 数 算 定 制 限 疾 病 等 ( 2-1)の 利 用 者 であって 週 7 日 の 訪 問 看 護 が 計 画 されている 利 用 者 は3ヶ 所 まで 可 疾 病 等 ( 2-1)の 利 用 者 であって 上 記 以 外 の 利 用 者 は2ヶ 所 まで 可 特 別 訪 問 看 護 指 示 書 による 訪 問 看 護 を 受 ける 利 用 者 であって 週 4 日 以 上 の 訪 問 看 護 が 計 画 されている 利 用 者 は2ヶ 所 まで 可 上 記 以 外 の 利 用 者 は1 人 1ヶ 所 ( 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅰ)のハ 及 び(Ⅱ)のハを 除 く) 特 別 の 関 係 かつ 訪 問 看 護 指 示 書 を 交 付 した 医 師 が 所 属 する 保 険 医 療 機 関 等 において 往 診 料 在 宅 患 者 訪 問 診 療 料 在 宅 がん 医 療 総 合 診 療 料 在 宅 患 者 訪 問 看 護 指 導 料 同 一 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 在 宅 患 者 訪 問 リハビリテーション 指 導 管 理 料 在 宅 患 者 訪 問 薬 剤 管 理 指 導 料 在 宅 患 者 訪 問 栄 養 食 事 指 導 料 又 は 精 神 科 訪 問 看 護 指 導 料 と 同 一 日 は 原 則 算 定 不 可 病 院 診 療 所 及 び 介 護 老 人 保 健 施 設 等 の 医 師 又 は 看 護 師 等 が 配 置 されている 施 設 に 入 院 中 又 は 入 所 中 の 場 合 介 護 保 険 での 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 又 は 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 の 提 供 を 受 けている 場 合 2ヶ 所 以 上 の 事 業 所 を 利 用 可 介 護 保 険 での 介 護 保 険 での 短 期 入 所 生 活 介 護 介 護 予 防 短 期 入 所 生 活 介 護 短 期 入 所 療 養 介 護 介 護 予 防 短 期 入 所 療 養 介 護 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 定 期 巡 回 随 時 対 応 型 訪 問 介 護 看 護 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 地 域 密 着 型 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 地 域 密 着 型 介 護 老 人 福 祉 施 設 入 所 者 生 活 介 護 複 合 型 サービス のサービスを 利 用 している 場 合 は 算 定 不 可 介 護 予 防 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 介 護 予 防 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 のサービスを 利 用 している 場 合 は 算 定 不 可 67

8 保 険 医 療 機 関 ( 医 療 保 険 ) 訪 問 看 護 ステーション( 医 療 保 険 ) 介 護 保 険 事 業 所 ( 医 療 機 関 訪 問 看 護 ステーション) 難 病 等 複 数 回 訪 問 加 算 ( 精 神 除 く) 難 病 等 複 数 回 訪 問 加 算 ( 精 神 を 除 く) サービス 提 供 体 制 強 化 加 算 1 回 につき6 単 位 2 回 450 点 2 回 4,500 円 1すべての 看 護 師 等 に 研 修 を 実 施 又 は 実 施 予 定 3 回 以 上 800 点 3 回 以 上 8,000 円 2 利 用 者 に 関 する 情 報 の 伝 達 等 の 会 議 を 定 期 的 に 開 催 疾 病 等 の 患 者 又 は 月 に14 日 限 度 で 算 定 する 患 者 に 2-1に 規 定 する 疾 病 等 の 利 用 者 間 又 は 特 別 指 示 書 が 交 付 された 利 3すべての 看 護 師 等 に 健 康 診 断 を 定 期 的 に 実 施 対 して1 日 2 回 又 は3 回 以 上 行 った 場 合 用 者 に 対 して 必 要 に 応 じて1 日 2 回 又 は3 回 以 上 行 った 場 合 4 看 護 師 等 の 総 数 のうち 勤 務 年 数 3 年 以 上 の 者 の 占 める 割 合 が30% 以 上 緊 急 時 訪 問 看 護 指 導 加 算 1 日 につき1 回 265 点 緊 急 訪 問 看 護 加 算 1 日 につき1 回 2,650 円 定 期 的 な 訪 問 看 護 指 導 以 外 で 緊 急 の 患 家 の 求 めに 応 じて 在 宅 療 養 支 援 診 療 所 病 院 の 保 険 医 の 指 示 により 行 った 場 合 定 期 的 な 訪 問 看 護 以 外 で 利 用 者 又 はその 家 族 の 緊 急 の 求 めに 応 じて 主 治 医 ( 在 宅 療 養 支 援 診 療 所 病 院 の 保 険 医 )の 指 示 により 行 った 場 合 長 時 間 訪 問 看 護 加 算 ( 対 象 : 4-4-3) 長 時 間 訪 問 看 護 加 算 ( 対 象 : 2-3) 長 時 間 訪 問 看 護 加 算 ( 対 象 : 特 別 管 理 を 必 要 とする 利 用 者 ) 加 1 回 の 訪 問 看 護 が1 時 間 30 分 を 超 えた 場 合 週 1 回 (15 歳 未 満 の 520 点 1 回 の 訪 問 看 護 が1 時 間 30 分 を 超 えた 場 合 に 週 1 回 (15 歳 未 満 の 引 き 続 き1 時 間 30 分 以 上 の 訪 問 看 護 を 行 った 場 合 超 重 症 児 又 は 準 超 重 症 児 の 場 合 は 週 3 日 )に 限 る 超 重 症 児 又 は 準 超 重 症 児 の 場 合 は 週 3 日 )に 限 る 5,200 円 300 単 位 算 乳 幼 児 加 算 ( 精 神 除 く) ( 対 象 :3 歳 未 満 の 乳 幼 児 ) 乳 幼 児 加 算 ( 精 神 除 く) ( 対 象 :3 歳 未 満 の 乳 幼 児 ) 初 回 加 算 1 日 につき 50 点 1 日 につき 500 円 新 規 に 訪 問 看 護 計 画 を 作 成 し 初 回 の 訪 問 看 護 を 行 った 場 合 内 幼 児 加 算 ( 精 神 除 く) ( 対 象 :3 歳 以 上 6 歳 未 満 の 幼 児 ) 幼 児 加 算 ( 精 神 除 く) ( 対 象 :3 歳 以 上 6 歳 未 満 の 幼 児 ) 300 単 位 1 日 につき 50 点 1 日 につき 500 円 容 3 歳 未 満 の 乳 幼 児 又 は3 歳 以 上 6 歳 未 満 の 幼 児 に 対 し 保 険 医 療 機 関 の 看 3 歳 未 満 の 乳 幼 児 又 は3 歳 以 上 6 歳 未 満 の 幼 児 に 対 し 訪 問 看 護 ステー 護 師 等 が 訪 問 看 護 指 導 を 実 施 した 場 合 ションの 看 護 師 等 が 指 定 訪 問 看 護 を 行 った 場 合 複 数 名 訪 問 看 護 加 算 ( 対 象 : 4の2) 複 数 名 訪 問 看 護 加 算 ( 対 象 : 2-4) 複 数 名 訪 問 看 護 加 算 1 回 につき 1 精 神 科 以 外 : 週 1 回 に 限 る(1 及 び2) 週 1 回 に 限 る(1 及 び2) 1 利 用 者 の 身 体 的 理 由 により1 人 の 看 護 師 等 による 訪 問 看 護 が 困 難 と 認 められる 場 合 精 神 科 : 週 1 日 に 限 る(3のみ) 1 看 護 師 等 が 他 の 保 健 師 助 産 師 又 は 看 護 師 と 同 時 に 訪 問 看 護 指 1 看 護 職 員 が 他 の 保 健 師 助 産 師 看 護 師 理 学 療 法 士 作 業 療 法 2 暴 力 行 為 著 しい 迷 惑 行 為 器 物 破 損 行 為 等 が 認 められる 場 合 導 を 行 った 場 合 士 又 は 言 語 聴 覚 士 と 同 時 に 指 定 訪 問 看 護 を 行 った 場 合 3 利 用 者 の 状 況 等 から 判 断 して1 又 は2に 準 ずると 認 められる 場 合 精 神 科 以 外 430 点 4,300 円 同 時 に 複 数 の 看 護 師 等 ( 保 健 師 看 護 師 准 看 護 師 理 学 療 法 士 作 業 療 法 士 言 語 聴 精 神 科 450 点 覚 士 )が1 人 の 利 用 者 に 訪 問 看 護 を 行 った 場 合 2 看 護 師 等 が 他 の 准 看 護 師 と 同 時 に 訪 問 看 護 指 導 を 行 った 場 合 2 看 護 職 員 が 他 の 准 看 護 師 と 同 時 に 指 定 訪 問 看 護 を 行 った 場 合 所 要 時 間 30 分 未 満 254 単 位 380 点 3,800 円 所 要 時 間 30 分 以 上 402 単 位 3 看 護 職 員 が 他 の 看 護 補 助 者 と 同 時 に 指 定 訪 問 看 護 を 行 った 場 合 3 看 護 職 員 が 他 の 看 護 補 助 者 と 同 時 に 指 定 訪 問 看 護 を 行 った 場 合 300 点 3,000 円 68

9 保 険 医 療 機 関 ( 医 療 保 険 ) 訪 問 看 護 ステーション( 医 療 保 険 ) 介 護 保 険 事 業 所 ( 医 療 機 関 訪 問 看 護 ステーション) 24 時 間 対 応 体 制 加 算 5,400 円 緊 急 時 訪 問 看 護 加 算 (いずれか 月 1 回 ) 24 時 間 連 絡 体 制 加 算 2,500 円 指 定 訪 問 看 護 ステーション 病 院 又 は 診 療 所 2ヶ 所 のステーションから 訪 問 看 護 を 受 ける 場 合 には24 時 間 対 応 体 制 加 算 又 は 連 絡 体 制 加 算 は1ヶ 所 のみに 限 り 算 定 ( 特 別 管 理 加 * 区 分 支 給 限 度 基 準 額 の 算 定 対 象 外 算 は 両 方 で 算 定 できる) 特 別 指 示 書 交 付 (14 日 間 ) 介 医 の 場 合 の 加 算 の 調 整 特 別 管 理 加 算 一 方 のみ 算 定 特 別 管 理 加 算 24 時 間 対 応 体 制 連 絡 体 制 加 算 一 方 のみ 算 定 緊 急 時 訪 問 看 護 加 算 1 月 1 回 1 人 1 事 業 所 540 単 位 290 単 位 在 宅 移 行 管 理 重 症 者 加 算 ( 精 神 除 く) 500 点 特 別 管 理 加 算 5,000 円 特 別 管 理 加 算 加 在 宅 移 行 管 理 加 算 ( 精 神 除 く) 250 点 2,500 円 500 点 5,000 円 の 対 象 者 ( 2-6) 特 別 管 理 加 算 (Ⅰ) 算 内 在 宅 悪 性 腫 瘍 患 者 指 導 管 理 もしくは 在 宅 気 管 切 開 患 者 指 導 管 理 を 受 けている 状 態 又 は 気 管 カニューレもしくは 留 置 カテーテルを 使 用 している 状 態 250 点 2,500 円 の 対 象 者 ( 2-5) 特 別 管 理 加 算 (Ⅱ) 在 宅 悪 性 腫 瘍 患 者 指 導 管 理 もしくは 在 宅 気 管 切 開 患 者 指 導 管 理 を 受 けている 状 態 又 は 気 管 カニューレもしくは 留 置 カテーテルを 使 用 している 状 態 1 在 宅 自 己 腹 膜 灌 流 指 導 管 理 在 宅 血 液 透 析 指 導 管 理 在 宅 酸 素 療 法 指 導 管 理 在 宅 中 心 静 脈 栄 養 法 指 導 管 理 在 宅 成 分 栄 養 経 管 栄 養 指 導 管 理 在 宅 自 己 導 尿 指 導 管 理 在 宅 人 工 呼 吸 指 導 管 理 在 宅 持 続 陽 圧 呼 吸 療 法 指 導 管 理 在 宅 自 己 疼 痛 指 導 管 理 在 宅 肺 高 血 圧 症 患 者 指 導 管 理 を 受 けている 状 態 容 2 人 工 肛 門 又 は 人 工 膀 胱 を 設 置 している 状 態 3 真 皮 を 越 える 褥 瘡 の 状 態 にある 者 2 人 工 肛 門 又 は 人 工 膀 胱 を 設 置 している 状 態 2 4 在 宅 患 者 訪 問 点 滴 注 射 管 理 指 導 料 を 算 定 している 者 3 真 皮 を 越 える 褥 瘡 の 状 態 4 点 滴 注 射 を 週 3 日 以 上 行 う 必 要 があると 認 められる 状 態 2ヶ 所 ( 医 療 機 関 と 訪 問 看 護 ステーション)から 訪 問 看 護 を 受 けている 場 合 は 特 別 管 理 加 算 と 在 宅 移 行 管 理 加 算 を 両 方 算 定 で * 区 分 支 給 限 度 基 準 額 の 算 定 対 象 外 きる *2 事 業 所 から 訪 問 看 護 を 受 けている 場 合 には 特 別 管 理 加 算 ( 介 護 予 防 含 む)は1 人 の 利 用 者 に 対 し1ヶ 所 の 事 業 所 に 限 り 算 定 特 別 地 域 訪 問 看 護 加 算 特 別 地 域 訪 問 看 護 加 算 地 域 に 事 業 所 が 所 在 地 域 に 事 業 所 が 所 在 所 定 額 の100 分 の50 イ ロは1 回 につき 所 定 単 位 数 の100 分 の15に 相 当 する 単 位 数 訪 問 に 要 する 時 間 が1 時 間 以 上 である 者 に 行 った 場 合 ハは1 月 につき 所 定 単 位 数 の100 分 の15に 相 当 する 単 位 数 1 月 1 回 1 人 1 事 業 所 500 単 位 250 単 位 1 在 宅 自 己 腹 膜 灌 流 指 導 管 理 在 宅 血 液 透 析 指 導 管 理 在 宅 酸 素 療 法 指 導 管 理 在 宅 中 心 静 脈 栄 養 法 指 導 管 理 在 宅 成 分 栄 養 経 管 栄 養 指 導 管 理 在 宅 自 己 導 尿 指 導 管 理 在 宅 人 工 呼 吸 指 導 管 理 在 宅 持 続 陽 圧 呼 吸 療 法 指 導 管 理 在 宅 自 己 疼 痛 指 導 管 理 在 宅 肺 高 血 圧 症 患 者 指 導 管 理 を 受 けている 状 態 *2 事 業 所 から 訪 問 看 護 を 受 けている 場 合 には 緊 急 時 訪 問 看 護 加 算 ( 介 護 予 防 含 む)は1 人 の 利 用 者 に 対 し1ヶ 所 の 事 業 所 に 限 り 算 定 69

10 保 険 医 療 機 関 ( 医 療 保 険 ) 訪 問 看 護 ステーション( 医 療 保 険 ) 介 護 保 険 事 業 所 ( 医 療 機 関 訪 問 看 護 ステーション) 訪 問 看 護 管 理 療 養 費 中 山 間 地 域 等 における 小 規 模 事 業 所 加 算 中 山 間 地 域 等 ( 特 別 地 域 加 算 対 象 地 域 を 除 く)に 事 業 所 が 所 在 指 定 訪 問 看 護 を 行 うにつき 安 全 な 提 供 体 制 が 整 備 されている 訪 問 看 護 ス テーションであって 利 用 者 に 対 して 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 を 算 定 すべき 指 イ ロは1 回 につき 所 定 単 位 数 の100 分 の10に 相 当 する 単 位 数 定 訪 問 看 護 を 行 っている 訪 問 看 護 ステーションが 当 該 利 用 者 に 係 る 訪 問 ハは1 月 につき 所 定 単 位 数 の100 分 の10に 相 当 する 単 位 数 看 護 計 画 書 及 び 訪 問 看 護 報 告 書 を 当 該 利 用 者 の 主 治 医 に 対 して 提 出 すると ともに 当 該 利 用 者 に 係 る 指 定 訪 問 看 護 の 実 施 に 関 する 計 画 的 な 管 理 を 継 小 規 模 事 業 所 であること 続 して 行 った 場 合 ( 訪 問 看 護 : 訪 問 回 数 100 回 以 下 / 月 介 護 予 防 訪 問 看 護 5 回 以 下 / 月 ) 月 の 初 日 の 訪 問 の 場 合 7,300 円 月 の2 日 目 以 降 の 訪 問 の 場 合 (1 日 につき) 2,950 円 加 算 内 容 3 訪 問 看 護 情 報 提 供 療 養 費 1,500 円 中 山 間 地 域 等 へのサービス 提 供 加 算 利 用 者 1 人 につき 月 1 回 中 山 間 地 域 等 に 居 住 している 利 用 者 ( 実 施 地 域 以 外 )に 訪 問 看 護 を 行 った 場 合 1St.のみ 算 定 可 月 の 途 中 で 特 別 指 示 書 交 付 により 介 護 保 険 から 医 療 保 険 に 請 求 が 移 った イ ロは1 回 につき 所 定 単 位 数 の100 分 の5に 相 当 する 単 位 数 ときは 算 定 不 可 ハは1 月 につき 所 定 単 位 数 の100 分 の5に 相 当 する 単 位 数 * 疾 病 の 患 者 で もともと 訪 問 看 護 を 医 療 保 険 で 受 けている 患 者 については 要 介 護 認 定 者 であっても 算 定 可 早 朝 夜 間 深 夜 訪 問 看 護 加 算 早 朝 夜 間 深 夜 訪 問 看 護 加 算 早 朝 夜 間 深 夜 加 算 1 回 につき 夜 間 (18:00~22:00) 早 朝 (6:00~8:00) 210 点 夜 間 (18:00~22:00) 早 朝 (6:00~8:00) 2,100 円 早 朝 夜 間 は100 分 の25を 加 算 深 夜 は100 分 の50を 加 算 深 夜 (22:00~6:00) 420 点 深 夜 (22:00~6:00) 4,200 円 * 緊 急 時 訪 問 看 護 加 算 ( 介 護 予 防 含 む)を 算 定 する 月 において 計 画 的 に 訪 問 することとなっ ていない 緊 急 時 訪 問 を 行 った 場 合 については 早 朝 夜 間 深 夜 加 算 は 算 定 不 可 * 特 別 管 理 加 算 ( 介 護 予 防 含 む)を 算 定 する 状 態 の 利 用 者 で 緊 急 時 訪 問 看 護 加 算 ( 介 護 予 防 含 む)を 算 定 する 月 の 1 回 目 の 緊 急 時 訪 問 については 早 朝 夜 間 深 夜 加 算 は 算 定 不 可 退 院 時 共 同 指 導 加 算 6,000 円 退 院 時 共 同 指 導 加 算 退 院 退 所 につき1 回 退 院 退 所 につき1 回 2-1に 規 定 する 疾 病 等 にある 利 用 者 については2 回 に 限 特 別 な 管 理 を 必 要 とする 利 用 者 については2 回 限 り 算 定 可 り 算 定 可 * 初 回 加 算 を 算 定 する 場 合 は 算 定 しない 共 同 での 指 導 文 書 の 提 供 1St.のみ 算 定 可 *St.と 特 別 の 関 係 の 医 療 機 関 又 は 老 健 において 行 われた 場 合 は 算 定 不 可 特 別 管 理 指 導 加 算 2,000 円 〇 退 院 時 共 同 指 導 加 算 の 対 象 者 のうち 2-5に 規 定 する 状 態 にある 場 合 に 算 定 可 600 単 位 70

11 保 険 医 療 機 関 ( 医 療 保 険 ) 訪 問 看 護 ステーション( 医 療 保 険 ) 介 護 保 険 事 業 所 ( 医 療 機 関 訪 問 看 護 ステーション) 退 院 支 援 指 導 加 算 6,000 円 退 院 日 に 療 養 上 必 要 な 指 導 を 行 った 場 合 2-7に 規 定 する 利 用 者 *St.と 特 別 の 関 係 の 医 療 機 関 からの 退 院 の 場 合 は 不 可 在 宅 患 者 連 携 指 導 加 算 ( 精 神 除 く) 300 点 在 宅 患 者 連 携 指 導 加 算 3,000 円 看 護 介 護 職 員 連 携 強 化 加 算 同 一 建 物 居 住 者 連 携 指 導 加 算 ( 精 神 除 く) 300 点 月 1 回 算 定 月 1 回 算 定 月 1 回 算 定 文 書 による 情 報 の 共 有 ( 月 2 回 以 上 ) 情 報 を 基 にした 指 導 加 * 当 該 患 者 の 診 療 を 担 う 保 険 医 療 機 関 の 保 険 医 との 間 でのみ 又 は 特 別 の 関 係 にある 保 険 医 療 機 関 等 とのみの 場 合 は 算 定 不 可 文 書 による 情 報 の 共 有 ( 月 2 回 以 上 ) 情 報 を 基 にした 指 導 1St.のみ 算 定 可 算 在 宅 患 者 緊 急 時 等 カンファレンス 加 算 ( 精 神 除 く) 在 宅 患 者 緊 急 時 等 カンファレンス 加 算 2,000 円 200 点 同 一 建 物 居 住 者 緊 急 時 等 カンファレンス 加 算 ( 精 神 除 く) 月 2 回 内 200 点 月 2 回 在 宅 療 養 の 利 用 者 の 急 変 診 療 方 針 の 変 更 等 に 関 係 職 種 等 が 一 堂 に 会 しカ ンファレンスを 行 い 共 有 した 情 報 を 踏 まえ 指 導 を 行 った 場 合 在 宅 療 養 患 者 の 急 変 診 療 方 針 の 変 更 等 に 共 同 でカンファレンスを 行 い 共 有 2-1に 規 定 する 疾 病 等 の 利 用 者 に 複 数 の 訪 問 看 護 ステーションが 容 した 情 報 を 踏 まえ 指 導 を 行 った 場 合 指 導 を 行 った 場 合 は 合 わせて2 回 算 定 可 4 * 特 別 の 関 係 にある 関 係 者 のみとカンファレンスを 実 施 した 場 合 は 算 定 不 可 * 主 治 医 との 間 でのみ 又 は 特 別 関 係 等 のみ 情 報 等 を 共 有 し 訪 問 看 護 を 行 った 場 合 は 算 定 不 可 * 特 別 の 関 係 にある 関 係 者 のみとカンファレンスを 実 施 した 場 合 は 算 定 不 可 在 宅 ターミナルケア 加 算 ( 精 神 除 く) 2,000 点 訪 問 看 護 ターミナルケア 療 養 費 20,000 円 ターミナルケア 加 算 1 人 1 事 業 所 同 一 建 物 居 住 者 ターミナルケア 加 算 ( 精 神 除 く) 1St.のみ 算 定 可 主 治 医 との 連 携 利 用 者 及 び 家 族 との 同 意 が 必 要 2,000 点 在 宅 で 死 亡 した 患 者 (ターミナルケアを 行 った 後 24 時 間 以 内 に 在 宅 以 外 で 死 亡 した 患 者 を 含 む)に 対 して 死 亡 日 及 び 死 亡 日 前 14 日 以 内 に2 回 以 上 訪 問 看 護 を 実 施 し かつ 訪 問 看 護 におけるターミナルケアに 係 る 支 援 体 制 について 患 者 及 び 家 族 等 に 対 して 説 明 した 上 でターミナルケアを 行 った 場 合 * 介 護 予 防 訪 問 看 護 ではターミナルケア 加 算 は 算 定 不 可 250 単 位 指 定 訪 問 介 護 事 業 所 と 連 携 し 訪 問 介 護 員 等 が 利 用 者 に 対 し 特 定 行 為 業 務 を 円 滑 に 行 うための 支 援 を 行 った 場 合 2,000 単 位 死 亡 日 及 び 死 亡 日 前 14 日 以 内 に2 日 ( 別 に 状 態 にある 者 は1 日 ) 以 上 ターミナルケアを 行 った 場 合 71

12 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 63 号 ) 改 正 告 示 ( 平 成 26 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 59 号 ) 第 四 在 宅 医 療 疾 病 等 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 別 表 第 7 末 期 の 悪 性 腫 瘍 多 発 性 硬 化 症 重 症 筋 無 力 症 スモン 筋 萎 縮 性 側 索 硬 化 症 脊 髄 小 脳 変 性 症 ハンチントン 病 進 行 性 筋 ジストロフィー 症 パーキンソン 病 関 連 疾 患 ( 進 行 性 核 上 性 麻 痺 大 脳 皮 質 基 底 核 変 性 症 パーキンソン 病 [ホーエン ヤールの 重 症 度 分 類 がステージ3 以 上 であって 生 活 機 能 障 害 度 がⅡ 度 又 はⅢ 度 のものに 限 る ]) 多 系 統 萎 縮 症 ( 綿 条 体 黒 質 変 性 症 オリーブ 橋 小 脳 萎 縮 症 シャイ ドレーガー 症 候 群 ) プリオン 病 亜 急 性 硬 化 性 全 脳 炎 ライソゾーム 病 副 腎 白 質 ジストロフィー 脊 髄 性 筋 萎 縮 症 球 脊 髄 性 筋 萎 縮 症 慢 性 炎 症 性 脱 髄 性 多 発 神 経 炎 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 頸 髄 損 傷 又 は 人 工 呼 吸 器 を 使 用 して いる 状 態 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 別 表 第 8 ア 在 宅 悪 性 腫 瘍 患 者 指 導 管 理 もしくは 在 宅 気 管 切 開 患 者 指 導 管 理 を 受 けている 状 態 にある 者 又 は 気 管 カニューレもしくは 留 置 カテーテルを 使 用 している 状 態 にある 者 イ 在 宅 自 己 腹 膜 灌 流 指 導 管 理 在 宅 血 液 透 析 指 導 管 理 在 宅 酸 素 療 法 指 導 管 理 在 宅 中 心 静 脈 栄 養 法 指 導 管 理 在 宅 成 分 栄 養 経 管 栄 養 法 指 導 管 理 在 宅 自 己 導 尿 指 導 管 理 在 宅 人 工 呼 吸 指 導 管 理 在 宅 持 続 陽 圧 呼 吸 療 法 指 導 管 理 在 宅 自 己 疼 痛 管 理 指 導 又 は 在 宅 肺 高 血 圧 症 患 者 指 導 管 理 を 受 けている 状 態 にある 者 ウ 人 工 肛 門 又 は 人 工 膀 胱 を 設 置 している 状 態 にある 者 エ 真 皮 を 越 える 褥 瘡 の 状 態 にある 者 (NPUAP 分 類 Ⅲ 度 又 はⅣ 度 もしくはDESIGN 分 類 D3 D4 又 はD5の 者 ) オ 在 宅 患 者 訪 問 点 滴 注 射 管 理 指 導 料 を 算 定 している 者 施 設 基 準 緩 和 ケア 又 は 褥 瘡 ケアに 係 わる 専 門 の 研 修 を 受 けた 看 護 師 が 配 置 されていること 長 時 間 訪 問 を 要 する 者 ア 15 歳 未 満 の 小 児 であって 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 準 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 の 注 1に 規 定 する 超 重 症 の 状 態 又 は 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 準 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 の 注 2に 規 定 する 準 超 重 症 の 状 態 にあるもの イ 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 別 表 第 8 に 掲 げる 者 ウ 医 師 が 診 療 に 基 づき 患 者 の 急 性 憎 悪 等 により 一 時 的 に 頻 回 の 訪 問 看 護 指 導 を 行 う 必 要 を 認 めた 者 ア 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 別 表 第 7 に 掲 げる 疾 病 等 の 患 者 4の2 同 時 に 複 数 の 看 護 師 等 による 訪 問 看 護 が 必 要 な 者 イ ウ エ 医 師 が 診 療 に 基 づき 患 者 の 急 性 憎 悪 等 により 一 時 的 に 頻 回 の 訪 問 看 護 指 導 を 行 う 必 要 を 認 めた 患 者 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 別 表 第 8 に 掲 げる 者 暴 力 行 為 著 しい 迷 惑 行 為 器 物 破 損 行 為 等 が 認 められる 患 者 オ その 他 利 用 者 の 状 況 等 から 判 断 して (1)から(4)のいずれかに 準 ずると 認 められる 者 ( 看 護 補 助 者 の 場 合 に 限 る) 状 態 等 にある 者 特 別 な 管 理 を 必 要 とす る 利 用 者 のうち 重 症 度 等 の 高 いもの 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 別 表 第 8 に 掲 げる 者 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 別 表 第 8 の 第 1 号 在 宅 悪 性 腫 瘍 患 者 指 導 管 理 もしくは 在 宅 気 管 切 開 患 者 指 導 管 理 を 受 けている 状 態 にある 者 又 は 気 管 カニューレもしくは 留 置 カテーテルを 使 用 している 状 態 にある 者 72

13 訪 問 看 護 療 養 費 に 係 る 訪 問 看 護 ステーションの 基 準 等 ( 平 成 18 年 厚 生 労 働 省 告 示 103 号 ) 改 正 告 示 ( 平 成 26 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 64 号 ) 第 二 指 定 訪 問 看 護 に 係 る 厚 生 労 働 大 臣 の 定 める 疾 病 等 の 利 用 者 等 週 3 日 を 超 えて 訪 問 看 護 を 行 う 必 要 がある 利 用 者 であって 下 記 のいずれかに 該 当 するもの 疾 病 等 者 長 時 間 訪 問 を 要 する 者 同 時 に 複 数 の 看 護 師 等 による 訪 問 看 護 が 必 要 な 者 状 態 等 にある 者 特 別 な 管 理 を 必 要 とす る 利 用 者 のうち 重 症 度 等 の 高 いもの 退 院 支 援 指 導 が 必 要 な 者 指 定 訪 問 看 護 に 係 る 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 場 合 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 別 表 第 7 末 期 の 悪 性 腫 瘍 多 発 性 硬 化 症 重 症 筋 無 力 症 スモン 筋 萎 縮 性 側 索 硬 化 症 脊 髄 小 脳 変 性 症 ハンチントン 病 進 行 性 筋 ジストロフィー 症 パーキンソン 病 関 連 疾 患 ( 進 行 性 核 上 性 麻 痺 大 脳 皮 質 基 底 核 変 性 症 パーキンソン 病 [ホーエン ヤールの 重 症 度 分 類 がステージ3 以 上 であって 生 活 機 能 障 害 度 がⅡ 度 又 はⅢ 度 のものに 限 る ]) 多 系 統 萎 縮 症 ( 綿 条 体 黒 質 変 性 症 オリーブ 橋 小 脳 萎 縮 症 シャイ ドレーガー 症 候 群 ) プリオン 病 亜 急 性 硬 化 性 全 脳 炎 ライソゾーム 病 副 腎 白 質 ジストロフィー 脊 髄 性 筋 萎 縮 症 球 脊 髄 性 筋 萎 縮 症 慢 性 炎 症 性 脱 髄 性 多 発 神 経 炎 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 頸 髄 損 傷 又 は 人 工 呼 吸 器 を 使 用 している 状 態 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 別 表 第 8 ア イ 在 宅 悪 性 腫 瘍 患 者 指 導 管 理 もしくは 在 宅 気 管 切 開 患 者 指 導 管 理 を 受 けている 状 態 にある 者 又 は 気 管 カニューレもしくは 留 置 カテーテルを 使 用 している 状 態 にある 者 在 宅 自 己 腹 膜 灌 流 指 導 管 理 在 宅 血 液 透 析 指 導 管 理 在 宅 酸 素 療 法 指 導 管 理 在 宅 中 心 静 脈 栄 養 法 指 導 管 理 在 宅 成 分 栄 養 経 管 栄 養 法 指 導 管 理 在 宅 自 己 導 尿 指 導 管 理 在 宅 人 工 呼 吸 指 導 管 理 在 宅 持 続 陽 圧 呼 吸 療 法 指 導 管 理 在 宅 自 己 疼 痛 管 理 指 導 又 は 在 宅 肺 高 血 圧 症 患 者 指 導 管 理 を 受 けている 状 態 にある 者 ウ 人 工 肛 門 又 は 人 工 膀 胱 を 設 置 している 状 態 にある 者 エ 真 皮 を 越 える 褥 瘡 の 状 態 にある 者 (NPUAP 分 類 Ⅲ 度 又 はⅣ 度 もしくはDESIGN 分 類 D3 D4 又 はD5の 者 ) オ 在 宅 患 者 訪 問 点 滴 注 射 管 理 指 導 料 を 算 定 している 者 ア 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 別 表 第 7 に 掲 げる 疾 病 等 の 者 イ 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 別 表 第 8 に 掲 げる 者 ウ その 他 在 宅 療 養 に 備 えた 一 時 的 な 外 泊 に 当 たり 訪 問 看 護 が 必 要 であると 認 められた 者 ア 15 歳 未 満 の 超 重 症 児 又 は 準 超 重 症 児 イ 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 別 表 第 8 に 掲 げる 者 ウ 特 別 訪 問 看 護 指 示 書 に 係 る 指 定 訪 問 看 護 を 受 けている 者 1 人 の 看 護 師 等 による 指 定 訪 問 看 護 が 困 難 な 利 用 者 であって 次 のいずれかに 該 当 するもの ア 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 別 表 第 7 に 掲 げる 疾 病 等 の 利 用 者 イ 特 別 訪 問 看 護 指 示 書 に 係 る 指 定 訪 問 看 護 を 受 けている 者 ウ 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 別 表 第 8 に 掲 げる 者 エ オ 暴 力 行 為 著 しい 迷 惑 行 為 器 物 破 損 行 為 等 が 認 められる 者 その 他 利 用 者 の 状 況 から 判 断 して (1)から(4)までのいずれかに 準 ずると 認 められる 者 ( 看 護 補 助 者 の 場 合 に 限 る) 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 別 表 第 8 に 掲 げる 者 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 別 表 第 8 のア 在 宅 悪 性 腫 瘍 患 者 指 導 管 理 もしくは 在 宅 気 管 切 開 患 者 指 導 管 理 を 受 けている 状 態 にある 者 又 は 気 管 カニューレもしくは 留 置 カテーテルを 使 用 している 状 態 にある 者 退 院 日 に 療 養 上 の 退 院 支 援 指 導 が 必 要 な 利 用 者 であって 次 のいずれかに 該 当 するもの ア イ 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 別 表 第 7 に 掲 げる 疾 病 等 の 利 用 者 別 表 第 8 に 掲 げる 者 ウ 退 院 日 の 訪 問 看 護 が 必 要 であると 認 められた 者 一 要 介 護 被 保 険 者 等 である 利 用 者 について 指 定 訪 問 看 護 の 費 用 に 要 する 額 を 算 定 できる 場 合 ア 特 別 訪 問 看 護 指 示 書 に 係 る 指 定 訪 問 看 護 を 行 う 場 合 イ 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 別 表 第 7 に 掲 げる 疾 病 等 の 者 に 対 する 指 定 訪 問 看 護 を 行 う 場 合 ウ 精 神 科 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 (Ⅱ)が 算 定 される 指 定 訪 問 看 護 を 行 う 場 合 二 利 用 者 について 所 定 額 を 算 定 できる 場 合 介 護 保 険 法 ( 平 成 9 年 法 律 第 123 号 ) 第 8 条 第 11 項 に 規 定 する 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 又 は 同 条 第 19 項 に 規 定 する 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 の 提 供 を 受 けている 利 用 者 に ア 対 し 前 号 ア 又 はイに 掲 げる 指 定 訪 問 看 護 を 行 う 場 合 イ 介 護 保 険 法 第 8 条 第 26 項 に 規 定 する 介 護 老 人 福 祉 施 設 の 入 所 者 等 であって 末 期 の 悪 性 腫 瘍 であるものに 対 し その 主 治 医 から 交 付 を 受 けた 訪 問 看 護 指 示 書 及 び 訪 問 看 護 計 画 書 に 基 づき 指 定 訪 問 看 護 を 行 う 場 合 73

14 訪 問 看 護 における 点 滴 注 射 の 実 施 について Ⅰ 経 過 平 成 14 年 9 30 厚 労 働 省 医 政 局 の 通 知 看 護 師 等 による 静 脈 注 射 の 実 施 について によ り 医 師 は 科 医 師 の 指 の 下 に 保 健 師 助 産 師 看 護 師 及 び 准 看 護 師 が う 静 脈 注 射 は 保 健 師 助 産 師 看 護 師 法 ( 保 助 看 法 ) 第 5 条 に 規 定 する 診 療 の 補 助 為 の 範 疇 として 取 り 扱 うものとする と 取 り 扱 いが 変 更 された しかし その 時 点 では 保 険 請 求 上 の 評 価 は 為 されず 訪 問 看 護 で 注 射 を 実 施 した 場 合 薬 剤 料 技 料 等 の 算 定 はできなかった 平 成 16 年 4 の 診 療 報 酬 改 正 において 在 宅 患 者 訪 問 点 滴 注 射 管 理 指 導 料 が 新 設 され 訪 問 看 護 で 点 滴 注 射 を 実 施 した 場 合 に 指 を った 医 療 機 関 において 指 導 料 と 薬 剤 料 の 保 険 請 求 が 可 能 となった Ⅱ 在 宅 患 者 訪 問 点 滴 注 射 管 理 指 導 料 (1 週 につき60 点 )の 算 定 要 件 この 点 数 は 医 療 機 関 が 算 定 するもの 訪 問 看 護 ステーションにおける 訪 問 看 護 療 養 費 の 算 定 について 基 本 療 養 費 については 特 別 の 評 価 はない 医 療 機 関 が 当 指 導 料 を 算 定 した 患 者 は 特 別 管 理 加 算 の 対 象 患 者 となる ( 医 療 機 関 との 連 携 が 必 要 ただし 同 に 介 護 保 険 での 訪 問 看 護 が 請 求 されている 場 合 は 算 定 できない ) 1 2 医 療 機 関 は 指 定 訪 問 看 護 事 業 者 から 医 療 保 険 での 訪 問 看 護 を 受 けている 患 者 要 介 護 認 定 を 受 けていない 場 合 介 護 保 険 での 訪 問 看 護 ただし 要 介 護 認 定 を 受 けている 場 合 でも12の 場 合 は 可 1 厚 労 働 が 定 める 疾 病 等 の 患 者 ( 末 期 の 悪 性 腫 瘍 神 経 難 病 等 ) 2 特 別 訪 問 看 護 指 書 を 交 付 された 場 合 ( 診 療 に 基 づき 患 者 の 病 状 の 急 性 増 悪 終 末 期 等 により 時 的 に 週 4 回 以 上 の 頻 回 の 訪 問 看 護 が 必 要 であると 認 められた 患 者 について 1 回 に 限 り 当 該 診 療 を った から14 以 内 の 期 間 において14 を 限 度 として 指 実 施 する) 主 治 医 の 診 療 に 基 づき 週 3 以 上 の 点 滴 注 射 を う 必 要 を 認 められた 患 者 ( 認 められる 注 射 の 種 類 ) 点 滴 注 射 可 ( 在 宅 悪 性 腫 瘍 患 者 指 導 管 理 料 在 宅 中 静 脈 栄 養 法 指 導 管 理 料 算 定 の 場 合 を 除 く) 中 静 脈 注 射 不 可 ( 在 宅 中 静 脈 栄 養 法 指 導 管 理 料 算 定 の 場 合 を 含 む) 静 脈 注 射 不 可 下 筋 内 注 射 不 可 3 定 められた 指 書 に 指 内 容 を 記 載 して 指 を った 場 合 ( 書 の 交 付 ) 書 式 : 別 紙 のとおり 交 付 :7 間 ごと 指 内 容 の 変 更 を う 場 合 は 主 治 医 の 診 察 の 上 変 更 指 の 交 付 要 医 師 : 点 滴 注 射 の 必 要 性 注 意 点 等 を 点 滴 注 射 を 実 施 する 看 護 師 等 に 分 な 説 明 を う 患 者 患 者 の 家 族 は 看 護 師 等 から 容 態 の 変 化 等 についての 連 絡 を 受 けた 場 合 は 速 やかに 対 応 する 看 護 師 : 点 滴 注 射 を 実 施 する 看 護 師 等 は 患 者 の 病 状 の 把 握 に 努 めるとともに 当 該 指 に よる 点 滴 注 射 の 終 了 及 び 必 要 を 認 めた 場 合 には 主 治 医 への 連 絡 を 速 やかに う 4 使 する 薬 剤 回 路 等 必 要 分 な 保 険 医 療 材 料 衛 材 料 を 供 与 する 薬 剤 料 : 医 療 機 関 が 請 求 注 射 料 ( 技 料 ): 算 定 不 可 点 滴 回 路 注 射 針 衛 材 料 等 : 医 療 機 関 が 給 する( 指 導 料 に 含 まれる) 負 担 を 求 めることはできない 74

15 5 1 週 間 ( 指 を った から7 間 )のうち3 以 上 点 滴 注 射 を 実 施 した 場 合 に3 に 算 定 する 指 による 点 滴 注 射 の 終 了 を 在 宅 での 療 養 を 担 う 保 険 医 に 連 絡 すること( 点 滴 実 施 も )( 電 話 連 絡 可 ) 看 護 師 等 が 指 を 受 け 3 間 以 上 実 施 した 場 合 は 算 定 可 指 は 出 たが 実 施 されなかった 場 合 は 算 定 不 可 医 師 が1 看 護 師 等 が2 実 施 した 場 合 ( 医 師 が った 点 滴 注 射 は 含 まない )は 在 宅 患 者 訪 問 点 滴 注 射 管 理 指 導 料 は 算 定 不 可 薬 剤 料 は 可 6 薬 剤 料 は 別 に 算 定 できる 患 者 の 状 態 の 変 化 等 により2 間 以 下 の 実 施 となった 場 合 は 算 定 可 初 めから1 週 間 に2 以 下 の 指 であった 場 合 は 算 定 不 可 Ⅲ 診 療 報 酬 明 細 書 ( 医 科 )の 記 載 要 領 について 1 在 宅 患 者 訪 問 点 滴 注 射 管 理 指 導 料 は 在 宅 欄 で 算 定 する 2 点 滴 注 射 を った を 摘 要 欄 に 記 載 する 3 注 射 薬 は 注 射 の 項 で 算 定 する 在 宅 患 者 訪 問 点 滴 注 射 管 理 指 導 料 に 係 る 注 射 薬 である 旨 の 訪 点 を 表 する 回 数 点 数 を 記 載 し 内 訳 は 摘 要 欄 に 分 ごとに 使 した 薬 名 規 格 単 位 及 び 使 量 を 記 載 する 4 患 者 の 状 態 の 変 化 等 により2 間 以 下 の 実 施 となった 場 合 は 使 した 薬 剤 料 については 算 定 できるが その 場 合 は 診 療 報 酬 明 細 書 にその 旨 を 記 載 する 5 特 別 訪 問 看 護 指 加 算 を 算 定 する 場 合 は 摘 要 欄 に 算 定 とその 必 要 を 認 めた 理 由 を 記 載 する 75

16 ( 別 紙 様 式 16) 訪 問 看 護 指 示 書 在 宅 患 者 訪 問 点 滴 注 射 指 示 書 該 当 する 指 示 書 を で 囲 むこと 訪 問 看 護 指 示 期 間 ( 平 成 年 月 日 ~ 年 月 日 ) 点 滴 注 射 指 示 期 間 ( 平 成 年 月 日 ~ 年 月 日 ) 患 者 氏 名 生 年 月 日 明 大 昭 平 年 月 日 ( 歳 ) 患 者 住 所 電 話 ( ) - 主 たる 傷 病 名 (1) (2) (3) 病 状 治 療 現 状 態 在 投 与 中 の 薬 の 状 剤 の 用 量 用 法 況 日 常 生 活 寝 たきり 度 J1 J2 A1 A2 B1 B2 C1 C2 自 立 度 認 知 症 の 状 況 Ⅰ Ⅱa Ⅱb Ⅲa Ⅲb Ⅳ M 該 要 介 護 認 定 の 状 況 要 支 援 (1 2) 要 介 護 ( ) 当 褥 瘡 の 深 さ DESIGN 分 類 D3 D4 D5 NPUAP 分 類 Ⅲ 度 Ⅳ 度 項 装 着 使 用 1. 自 動 腹 膜 灌 流 装 置 2. 透 析 液 供 給 装 置 3. 酸 素 療 法 ( l/min) 目 医 療 機 器 等 4. 吸 引 器 5. 中 心 静 脈 栄 養 6. 輸 液 ポンプ に 7. 経 管 栄 養 ( 経 鼻 胃 瘻 :サイズ 日 に1 回 交 換 ) 8. 留 置 カテーテル( 部 位 : サイズ 日 に1 回 交 換 ) 等 9. 人 工 呼 吸 器 ( 陽 圧 式 陰 圧 式 : 設 定 ) 10. 気 管 カニューレ(サイズ ) 11. 人 工 肛 門 12. 人 工 膀 胱 13.その 他 ( ) 留 意 事 項 及 び 指 示 事 項 1.リハビリテーション ( ( 2. 褥 瘡 の 処 置 等 3. 装 着 使 用 医 療 機 器 等 の 操 作 援 助 管 理 4.その 他 在 宅 患 者 訪 問 点 滴 注 射 に 関 する 指 示 ( 投 与 薬 剤 投 与 量 投 与 方 法 等 ) 緊 急 時 の 連 絡 先 不 在 時 の 対 応 法 特 記 すべき 留 意 事 項 ( 注 : 薬 の 相 互 作 用 副 作 用 についての 留 意 点 薬 物 アレルギーの 既 往 定 期 巡 回 随 時 対 応 型 訪 問 介 護 看 護 及 び 複 合 型 サービス 利 用 時 の 留 意 事 項 等 があれば 記 載 して 下 さい ) 他 の 訪 問 看 護 ステーションへの 指 示 ( 無 有 : 指 定 訪 問 看 護 ステーション 名 ) たんの 吸 引 等 実 施 のための 訪 問 介 護 事 業 書 への 指 示 ( 無 有 : 訪 問 介 護 事 業 所 名 ) 上 記 のとおり 指 示 いたします 事 業 所 医 療 機 関 名 住 所 電 話 (FAX) 医 師 氏 名 殿 平 成 年 月 日 印 76

17 ( 別 紙 様 式 17の2) 精 神 科 特 別 訪 問 看 護 指 示 書 在 宅 患 者 訪 問 点 滴 注 射 指 示 書 該 当 する 指 示 書 を で 囲 むこと 特 別 看 護 指 示 期 間 ( 平 成 年 月 日 ~ 年 月 日 ) 点 滴 注 射 指 示 期 間 ( 平 成 年 月 日 ~ 年 月 日 ) 患 者 氏 名 生 年 月 日 明 大 昭 平 年 月 日 ( 歳 ) 病 状 主 訴 : 一 時 的 に 訪 問 看 護 が 頻 回 に 必 要 な 理 由 : 留 意 事 項 及 び 指 示 事 項 ( 注 : 点 滴 注 射 薬 の 相 互 作 用 副 作 用 についての 留 意 点 があれば 記 載 して 下 さい ) ( 該 当 する 項 目 に をつけてください) ( 複 数 名 訪 問 の 必 要 性 あり なし 理 由 : ) ( 短 時 間 訪 問 の 必 要 性 あり なし 理 由 : ) 特 に 観 察 を 要 する 項 目 ( 該 当 する 項 目 に をつけてください) 1 服 薬 確 認 2 水 分 及 び 食 物 摂 取 の 状 況 3 精 神 症 状 ( 観 察 が 必 要 な 事 項 : ) 4 身 体 症 状 ( 観 察 が 必 要 な 事 項 : ) 5その 他 ( ) 点 滴 注 射 指 示 内 容 ( 投 与 薬 剤 投 与 量 投 与 方 法 等 ) 緊 急 時 の 連 絡 先 等 上 記 のとおり 指 示 いたします 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 電 話 (FAX.) 医 師 氏 名 印 事 業 所 殿 77

18 ( 別 紙 様 式 18) 特 別 訪 問 看 護 指 示 書 在 宅 患 者 訪 問 点 滴 注 射 指 示 書 該 当 する 指 示 書 を で 囲 むこと 特 別 看 護 指 示 期 間 ( 平 成 年 月 日 ~ 年 月 日 ) 点 滴 注 射 指 示 期 間 ( 平 成 年 月 日 ~ 年 月 日 ) 患 者 氏 名 生 年 月 日 明 大 昭 平 年 月 日 ( 歳 ) 病 状 主 訴 : 一 時 的 に 訪 問 看 護 が 頻 回 に 必 要 な 理 由 : 留 意 事 項 及 び 指 示 事 項 ( 注 : 点 滴 注 射 薬 の 相 互 作 用 副 作 用 についての 留 意 点 があれば 記 載 して 下 さい ) 点 滴 注 射 指 示 内 容 ( 投 与 薬 剤 投 与 量 投 与 方 法 等 ) 緊 急 時 の 連 絡 先 等 上 記 のとおり 指 示 いたします 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 電 話 (FAX.) 医 師 氏 名 印 事 業 所 殿 78

19 在 宅 療 養 指 導 管 理 料 算 定 時 の 特 定 保 険 医 療 材 料 衛 材 料 等 の 取 り 扱 い Ⅰ 保 険 医 療 材 料 衛 材 料 について 保 険 医 療 機 関 が 在 宅 療 養 指 導 管 理 料 ( 加 算 を 含 む)を 算 定 する 場 合 には 当 該 指 導 管 理 に 要 する アルコール 等 の 消 毒 液 衛 材 料 ( 脱 脂 綿 ガーゼ 絆 創 膏 等 ) 酸 素 注 射 器 注 射 針 翼 状 針 カテーテル 膀 胱 洗 浄 注 射 器 クレンメ 等 は 当 該 保 険 医 療 機 関 が 提 供 する なお 当 該 医 療 材 料 の 費 は 別 に 診 療 報 酬 上 の 加 算 等 として 評 価 されている 場 合 を 除 き 所 定 点 数 に 含 まれ 別 に 算 定 できない 在 宅 療 養 指 導 管 理 料 は 必 要 かつ 分 な 量 の 衛 材 料 は 保 険 医 療 材 料 を 給 した 場 合 に 算 定 する こととなっており 保 険 医 療 機 関 は 訪 問 看 護 ステーションとの 連 携 等 により 在 宅 医 療 に 必 要 な 衛 材 料 等 の 量 の 把 握 に 努 め 分 な 量 の 衛 材 料 等 を 給 すること Ⅱ 薬 剤 料 について 在 宅 療 養 指 導 管 理 に 当 たって 患 者 に 対 して 薬 剤 を 使 した 場 合 は 薬 剤 料 の 算 定 可 能 ただし 次 のものは 指 導 管 理 料 に 含 まれ 別 に 算 定 できない 消 毒 薬 : 患 者 ら はその 家 族 等 患 者 の 看 護 に 当 たる 者 が 実 施 する 褥 瘡 創 傷 等 の 処 置 に 使 する 消 毒 薬 器 具 の 消 毒 に 使 する 消 毒 液 理 塩 注 射 等 : 器 具 の 保 存 洗 浄 に いる 場 合 患 者 の 膚 創 傷 の 洗 浄 に いる 場 合 在 宅 酸 素 療 法 に 使 した 精 製 ( 酸 素 の 加 湿 的 ) Ⅲ 特 定 保 険 医 療 材 料 について 在 宅 療 養 指 導 管 理 に 当 たって 給 した 場 合 に 算 定 可 能 な 特 定 保 険 医 療 材 料 腹 膜 透 析 液 交 換 セット 在 宅 中 静 脈 栄 養 輸 液 セット(1 につき7 組 以 上 いる 場 合 において 7 組 以 降 につ いて 算 定 する) 在 宅 液 透 析 特 定 保 険 医 療 材 料 ( 回 路 を 含 む) 携 帯 型 ディスポーザブル 注 ポンプ(1 につき7 組 以 上 いる 場 合 において7 組 以 降 に 算 定 する ) 膚 損 創 傷 被 覆 材 固 着 性 シリコンガーゼ 上 記 以 外 の 特 定 保 険 医 療 材 料 については 医 師 の 診 療 時 の 検 査 注 射 処 置 術 酔 に いら れた 場 合 に 算 定 し 在 宅 療 養 指 導 管 理 にあたり 算 定 できない 特 に プラスチックカニューレ 型 静 脈 内 留 置 針 等 の 算 定 に 注 意 不 適 切 な 負 担 を 求 めることのないように 注 意! 79

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必 要 です 1 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療

訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必 要 です 1 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療 訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A 平 成 27 年 10 月 ( 第 3 版 ) 兵 庫 県 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必

More information

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス 平 成 27 年 度 訪 問 看 護 ( 訪 問 看 護 ステーション) 集 団 指 導 資 料 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 寿 社 会 課 平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

地域ケアネットワーク事業

地域ケアネットワーク事業 飛 鳥 晴 山 苑 地 域 包 括 支 援 センター 包 括 的 継 続 的 ケアマネジメント 事 業 地 域 ケアネットワーク 事 業 在 宅 医 療 を 支 援 しよう! 在 宅 医 療 基 本 のき 2011 年 1 月 14 日 祐 ホームクリニック 在 宅 医 療 連 携 室 室 長 高 橋 由 利 子 1 自 己 紹 介 虎 の 門 病 院 勤 務 2010 年 3 月 慶 應 義 塾

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 介 護 保 険 制 度 の 改 正 及 び 介 護 報 酬 改 定 について 神 奈 川 県 平 成 24 年 2 月 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 介 護 保 険 制 度 の 対 応 について 12 13 14 15 16 17 18 19 社 会 保 障 税 一 体 改

More information

<5461726F2D30352D3197AF88D38E968D8092CA926D816995CA935982508145>

<5461726F2D30352D3197AF88D38E968D8092CA926D816995CA935982508145> 保 医 発 0305 第 1 号 平 成 22 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生 労

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 集 中 ケア 新 生 児 集 中 ケア A 242-00 呼 吸 ケアチーム 加 算 150 点 呼 吸 ケアチームの 設 置 救 急 看 護 小 児 救 急 看 護 慢 性 呼 吸 器 疾 患 看 護 急 性 重 症 患 者 看 護 A 247 認 知 症

認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 集 中 ケア 新 生 児 集 中 ケア A 242-00 呼 吸 ケアチーム 加 算 150 点 呼 吸 ケアチームの 設 置 救 急 看 護 小 児 救 急 看 護 慢 性 呼 吸 器 疾 患 看 護 急 性 重 症 患 者 看 護 A 247 認 知 症 認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 A 226-02 診 療 加 算 400 点 (1 日 につき) 専 従 の 常 勤 看 護 師 専 従 の チームの 設 置 乳 A 230-04 精 神 科 リエゾンチーム 加 算 300 点 精 神 科 リエゾンチームの 設 置 認 知 症 看 護 老 人 看 護 A 233-02 栄 養 サポートチーム 加 算 100 点 専 従 または 栄 養 管

More information

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても 指 定 介 護 予 防 サービスに 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 の 制 定 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について 第 一 届 出 手 続 の 運 用 1 届 出 の 受 理 (1) 届 出 書 類 の 受 取 り 指 定 事 業 者 側 から 統 一 的 な 届 出 様 式 及 び 添 付 書 類 により サービス 種 類 ごとの1 件 書 類 の 提

More information

<5461726F2D97AF88D38E968D8092CA926D8169915391CC82C682E882DC82C6>

<5461726F2D97AF88D38E968D8092CA926D8169915391CC82C682E882DC82C6> 保 医 発 第 0305001 号 平 成 20 年 3 月 5 日 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 老 人 医 療 主 管 部 ( 局 ) 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生 労 働 省 保 険 局 歯

More information

01

01 保 医 発 0 3 2 5 第 6 号 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長

More information

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門 平 成 24 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 )に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 四 国 厚 生 支 局 平 成 26 年 2 月 目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

3. 健 康 保 険 の 規 定 以 外 の 特 例 的 取 扱 い 目 診 察 料 3 [ 初 診 料 (3) 救 急 医 療 管 理 加 算 (3) 再 診 料 (4) 外 来 管 理 加 算 に 関 する 特 例 (4)] 監 視 料 5 [ 特 別 監 視 料 (5)] 指 導 管 理 料

3. 健 康 保 険 の 規 定 以 外 の 特 例 的 取 扱 い 目 診 察 料 3 [ 初 診 料 (3) 救 急 医 療 管 理 加 算 (3) 再 診 料 (4) 外 来 管 理 加 算 に 関 する 特 例 (4)] 監 視 料 5 [ 特 別 監 視 料 (5)] 指 導 管 理 料 労 災 診 療 費 算 定 基 準 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1. 単 価 昭 和 36 年 11 月 11 日 11 円 50 銭 ( 武 見 会 長 大 野 労 災 補 償 部 長 協 定 ) 昭 和 45 年 4 月 1 日 改 定 私 的 医 療 機 関 12 円 公 的 医 療 機 関 等 ( 非 課 税 医 療 機 関 ) 11 円 50 銭 2. 点 数 昭 和

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

13_1304_ xlsx

13_1304_ xlsx 160-0017 東 京 都 新 宿 区 左 門 町 18 診 療 時 間 やアクセス 方 法 等 情 報 はこちら 機 能 区 分 選 択 状 況 (2014( 平 成 26) 年 7 月 1 日 時 点 機 能 ) 病 床 機 能 区 分 高 度 急 性 期 急 性 期 回 復 期 慢 性 期 未 回 答 機 能 区 分 選 択 状 況 (6 年 が 経 過 した 日 における 病 床 機 能

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

スライド 1

スライド 1 保 医 発 0305 第 1 号 平 成 26 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生 労

More information

平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 概 要 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 概 要 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 診 療 報 酬 改 定 説 明 会 講 堂 日 時 : 平 成 22 年 3 月 5 日 ( 金 )10 時 から16 時 30 分 場 所 : 三 田 共 用 会 議 所 講 堂 (1 階 ) 及 び 大 会 議 室 (3 階 ) 時 間 議 事 説 明 者 所 要 10:00~10:05 保 険 局 長 挨 拶 外 口 局 長 5 分 10:05~10:20 医 療 課 長 説 明 佐 藤 課

More information

訪 問 看 護 は 医 療 保 険 と 介 護 保 険 で 利 用 料 金 の 設 定 が 異 なります 詳 細 な 料 金 については 別 途 ご 確 認 ください 1) 医 療 保 険 基 本 的 な 利 用 料 金 = 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 + 訪 問 看 護 管 理 療 養 費 とその 加 算 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 とは 訪 問 看 護 指 示 書 と 訪 問 看

More information

03

03 3 手 当 助 成 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 の 助 成 身 知 精 お 問 合 せ: 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 お 持 ちの 方 障 がい 福 祉 課 924-2381 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 お 持 ちの 方 保 健 所 地 域 保 健 課 924-2163 重 度 心 身 障 がいをお 持 ちの 方 に 対 し 保 険 診 療 分 の 医 療

More information

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1 (H28.4 新 規 申 請 用 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 申 請 手 続 きの 御 案 内 〇 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 とは 小 児 慢 性 特 定 疾 病 にかかっている 児 童 等 について 健 全 育 成 の 観 点 から 患 児 家 庭 の 医 療 費 の 負 担 軽 減 を 図 るため その 医 療 費 の 一 部

More information

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知)

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知) 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

様 式 1 裏 面 写 し を 貼 付 し て く だ さ い こ の 面 に 介 護 保 険 被 保 険 者 証 の

様 式 1 裏 面 写 し を 貼 付 し て く だ さ い こ の 面 に 介 護 保 険 被 保 険 者 証 の 様 式 1 平 成 年 月 日 川 崎 市 特 別 養 護 老 人 ホーム 入 居 申 込 書 施 設 長 様 特 別 養 護 老 人 ホームに 入 居 したいので 次 のとおり 申 し 込 みます ( 今 後 郵 便 物 などはこの 連 絡 先 にお 送 りさせていただきます ) フリガナ 入 居 希 望 者 との 関 係 申 込 者 - 連 絡 先 電 話 番 号 ( ) 終 日 日 中 のみ

More information

Microsoft Word - 【11.生活期リハ】報告書_最終版

Microsoft Word - 【11.生活期リハ】報告書_最終版 平 成 24 年 度 介 護 報 酬 改 定 の 効 果 検 証 及 び 調 査 研 究 に 係 る 調 査 ( 平 成 25 年 度 調 査 ) (11) 生 活 期 リハビリテーションに 関 する 実 態 調 査 報 告 書 ( 表 紙 裏 ) ( 表 紙 の 次 ) ( 表 紙 の 次 裏 ) - 目 次 - 調 査 検 討 組 織 設 置 要 綱 調 査 研 究 の 概 要 第 1 部 調

More information

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算 心 血 管 循 環 器 分 野 心 疾 患 入 院 患 者 総 数 1632 1979 2238 期 間 中 の 主 病 名 (I20~I52)の 退 院 患 者 数 心 疾 患 緊 急 入 院 患 者 総 数 416 469 498 上 記 のうち 予 定 されない 入 院 患 者 数 発 症 後 1 週 間 以 内 の 急 性 心 筋 梗 塞 入 院 患 者 数 ( 人 ) 90 75 98 上

More information

■難病医療費助成制度の御案内

■難病医療費助成制度の御案内 制 度 の 趣 旨 難 病 医 療 費 助 成 制 度 の 御 案 内 [ 新 規 申 請 の 方 へ] 難 病 医 療 費 助 成 制 度 が 平 成 27 年 1 月 1 日 から 新 しくなります この 制 度 は 効 果 的 な 治 療 方 法 が 確 立 されるまでの 間 長 期 の 療 養 による 医 療 費 の 経 済 的 な 負 担 が 大 きい 方 を 支 援 するという 目 的

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 < 通 則 > 1 同 一 の 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 歯 科 併 設 の 保 険 医 療 機 関 ( 歯 科 診 療 及 び 歯 科 診 療 以 外 の 診 療 を 併 せて 行 う 保 険 医 療 機 関 をいう 以 下 同

第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 < 通 則 > 1 同 一 の 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 歯 科 併 設 の 保 険 医 療 機 関 ( 歯 科 診 療 及 び 歯 科 診 療 以 外 の 診 療 を 併 せて 行 う 保 険 医 療 機 関 をいう 以 下 同 別 添 1 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 に 関 する 事 項 < 通 則 > 1 1 人 の 患 者 について 療 養 の 給 付 に 要 する 費 用 は 第 1 章 基 本 診 療 料 及 び 第 2 章 特 掲 診 療 料 又 は 第 3 章 介 護 老 人 保 健 施 設 入 所 者 に 係 る 診 療 料 の 規 定 に 基 づき 算 定 された 点 数 の 総 計 に10 円 を

More information

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 情 報 基 本 方 針 の 決 定 ~ 諮 問 書 ~1 平 成 28 年 1 月 13 日 厚 生 労 働 省 から 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 向 けて 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 諮 問 書 が 発 出 されました いよいよ 中 医 協 で 細 部 にわたる 審 議 が 行 われることになります それと 同

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 難 小 児 慢 性 東 京 都 医 費 助 成 事 業 等 に 関 する 請 求 事 例 集 平 成 7 年 月 東 京 都 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70

More information

5 公 害 報 酬 の 額 の 算 定 (1) 公 害 疾 患 特 掲 費 公 害 疾 患 特 掲 報 酬 は 全 て1 点 あたり10 の 単 価 を 乗 じて 算 定 します 名 称 点 数 摘 要 公 害 疾 患 相 談 料 28 点 初 料 を 算 定 する 初 の には 算 定 できない

5 公 害 報 酬 の 額 の 算 定 (1) 公 害 疾 患 特 掲 費 公 害 疾 患 特 掲 報 酬 は 全 て1 点 あたり10 の 単 価 を 乗 じて 算 定 します 名 称 点 数 摘 要 公 害 疾 患 相 談 料 28 点 初 料 を 算 定 する 初 の には 算 定 できない 公 害 報 酬 のご 請 求 について( 病 院 所 の 皆 さまへ) 1 公 害 医 手 帳 公 害 医 手 帳 は 被 認 定 者 の 資 格 を 判 断 するものであり 被 認 定 者 がその 認 定 疾 病 に 係 る 養 の 給 付 を 受 けるための 証 明 書 としての 役 割 を 果 たしています 被 認 定 者 は そ の 認 定 疾 病 に 係 る 養 の 給 付 を 受 けるために

More information

平成18年10月からの介護給付費等に係る支給決定事務等について

平成18年10月からの介護給付費等に係る支給決定事務等について 介 護 給 付 費 等 に 係 る 支 給 決 定 事 務 等 について ( 事 務 処 理 要 領 ) 最 終 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 目 次 第 1 支 給 決 定 等 の 実 施 主 体 ---------------------------------------------------3 Ⅰ 基 本 的 な 取 扱 い -----------------------------------------------------------3

More information

別 添 1 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 に 関 する 事 項 < 通 則 > 1 1 人 の 患 者 について 療 養 の 給 付 に 要 する 費 用 は 第 1 章 基 本 診 療 料 及 び 第 2 章 特 掲 診 療 料 又 は 第 3 章 介 護 老 人 保 健 施 設 入 所 者

別 添 1 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 に 関 する 事 項 < 通 則 > 1 1 人 の 患 者 について 療 養 の 給 付 に 要 する 費 用 は 第 1 章 基 本 診 療 料 及 び 第 2 章 特 掲 診 療 料 又 は 第 3 章 介 護 老 人 保 健 施 設 入 所 者 保 医 発 0304 第 3 号 平 成 28 年 3 月 4 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公 印

More information

Ⅰ Ⅰ 方 法 等 について 1 介 護 給 付 費 書 等 の 受 付 について (1) 直 接 ( 窓 口 ) 受 付 ( 国 保 連 合 会 へ 直 接 書 等 を 持 ち 込 む 方 法 ) (ア) 締 切 毎 月 1 まで (イ) 時 間 午 前 8 時 分 から 午 後 5 時 15 分 受 付 最 終 1 については 土 曜 曜 及 び 祝 に 関 わらず 受 付 を 行 います (ウ)

More information

留意事項通知_H28改定・最終版

留意事項通知_H28改定・最終版 保 医 発 0 3 1 8 第 2 号 平 成 2 8 年 3 月 1 8 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

1. 請 求 書 類 の 各 種 様 式 および 作 成 について 1 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 明 細 書 は 厚 生 労 働 省 から 示 された 様 式 を 使 用 してください 記 載 方 法 については 3ページをご 覧 ください 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 請

1. 請 求 書 類 の 各 種 様 式 および 作 成 について 1 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 明 細 書 は 厚 生 労 働 省 から 示 された 様 式 を 使 用 してください 記 載 方 法 については 3ページをご 覧 ください 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 請 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 請 求 の 手 引 き ( 国 民 健 康 保 険 及 び 後 期 高 齢 者 医 療 ) 0 目 次 1. 請 求 書 類 の 各 種 様 式 および 作 成 について.1. 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 の 記 載 方 法 について.3 3. 東 日 本 大 震 災 に 係 る 一 部 負 担 金 免 除 明 細 書 の 記 載 方 法 について.6

More information

00本文

00本文 保 医 発 1 2 2 2 第 2 号 平 成 2 6 年 1 2 月 2 2 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

Microsoft Word - 議事次第

Microsoft Word - 議事次第 平 成 25 年 6 月 28 日 金 10:00~12:00 厚 生 労 働 省 9 階 省 議 室 第 7 回 特 定 機 能 病 院 及 び 地 域 医 療 支 援 病 院 のあり 方 に 関 する 検 討 会 議 事 次 第 1. 特 定 機 能 病 院 及 び 地 域 医 療 支 援 病 院 のあり 方 について 2. その 他 配 付 資 料 資 料 1 特 定 機 能 病 院 及 び

More information

湖北における在宅医療の現状と課題-15.09

湖北における在宅医療の現状と課題-15.09 湖 北 における 在 宅 医 療 の 現 状 と 課 題 ( 地 域 包 括 ケアを 進 めるために) 平 成 27 年 9 月 湖 北 健 康 福 祉 事 務 所 ( 長 浜 保 健 所 ) 滋 賀 県 の 人 口 推 移 75 歳 以 上 の 高 齢 者 が 増 加!! 超 高 齢 社 会 の 到 来 滋 賀 県 人 口 2010 年 (H22) 141 万 人 2035 年 (H47) 135

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

Taro-02 基本診療料施設基準通知

Taro-02 基本診療料施設基準通知 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

はじめに 私 が 訪 問 リハビリを 行 うようになって10 年 以 上 が 経 過 する 介 護 保 険 の 創 設 前 から 行 ってきたが 訪 問 リハビリ 訪 問 看 護 7に 関 わる 諸 制 度 ほど 実 施 のための 条 件 が 変 化 してきた 制 度 はないと 感 じてきた この

はじめに 私 が 訪 問 リハビリを 行 うようになって10 年 以 上 が 経 過 する 介 護 保 険 の 創 設 前 から 行 ってきたが 訪 問 リハビリ 訪 問 看 護 7に 関 わる 諸 制 度 ほど 実 施 のための 条 件 が 変 化 してきた 制 度 はないと 感 じてきた この 介 護 保 険 医 療 保 険 に 関 わる 人 のための 訪 問 リハビリ 訪 問 看 護 7 導 入 の 手 引 き ver 1.1 合 同 会 社 gene 代 表 張 本 浩 平 ( 理 学 療 法 士 ) 訪 問 看 護 事 業 部 訪 問 看 護 ステーション 仁 株 式 会 社 ジェネラス 梅 田 典 宏 ( 理 学 療 法 士 ) 訪 問 看 護 ステーションほたる はじめに 私 が

More information

別 添 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 整 備 に 関 する 指 針 Ⅰ がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 指 定 について 1 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 ( 都 道 府 県 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 及 び 地 域 がん 診 療 連 携 拠 点 病

別 添 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 整 備 に 関 する 指 針 Ⅰ がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 指 定 について 1 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 ( 都 道 府 県 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 及 び 地 域 がん 診 療 連 携 拠 点 病 健 発 0 1 1 0 第 7 号 平 成 26 年 1 月 10 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 健 康 局 長 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 整 備 について 我 が 国 のがん 対 策 については がん 対 策 基 本 法 ( 平 成 18 年 法 律 第 98 号 ) 及 び 同 法 の 規 定 に 基 づく がん 対 策 推 進 基 本 計 画 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20955C8E8681698DC590568FEE95F18146944692E88CA992BC82B5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20955C8E8681698DC590568FEE95F18146944692E88CA992BC82B5816A2E646F63> その 他 過 去 14 日 間 にうけた 特 別 な 医 療 について( 有 無 ) その 他 過 去 14 日 間 にうけた 特 別 な 医 療 について 評 価 軸 調 査 内 容 1 能 力 2 介 助 3 有 無 1ADL 起 居 動 作 2 認 知 3 行 動 4 社 会 生 活 5 医 療 その 他 特 別 な 医 療 について(12) 処 置 内 容 1. 点 滴 の 管 理 2. 中

More information

内 容 認 知 症 地 域 包 括 診 療 加 算 認 知 症 地 域 包 括 診 療 料... 3 地 域 包 括 診 療 加 算 地 域 包 括 診 療 料... 3 小 児 かかりつけ 診 療 料... 3 ニコチン 依 存 症 管 理 料... 4 外 来 栄 養 食 事 指 導 料...

内 容 認 知 症 地 域 包 括 診 療 加 算 認 知 症 地 域 包 括 診 療 料... 3 地 域 包 括 診 療 加 算 地 域 包 括 診 療 料... 3 小 児 かかりつけ 診 療 料... 3 ニコチン 依 存 症 管 理 料... 4 外 来 栄 養 食 事 指 導 料... 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 疑 義 解 釈 資 料 ( 診 療 所 版 ) 出 典 日 本 医 師 会 Q&A(その1) 平 成 28 年 3 月 5 日 疑 義 解 釈 資 料 の 送 付 について(その1) 平 成 28 年 3 月 31 日 内 容 認 知 症 地 域 包 括 診 療 加 算 認 知 症 地 域 包 括 診 療 料... 3 地 域 包 括 診 療 加 算 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

( 通 則 の 見 直 し) 6 鋼 線 等 による 直 達 牽 引 介 達 牽 引 又 は 消 炎 鎮 5 区 分 番 号 J117に 掲 げる 鋼 線 等 による 直 達 痛 等 処 置 を 併 せて 行 った 場 合 は 心 大 血 管 疾 患 リハビリテーション 料 脳 血 管 疾 患 等

( 通 則 の 見 直 し) 6 鋼 線 等 による 直 達 牽 引 介 達 牽 引 又 は 消 炎 鎮 5 区 分 番 号 J117に 掲 げる 鋼 線 等 による 直 達 痛 等 処 置 を 併 せて 行 った 場 合 は 心 大 血 管 疾 患 リハビリテーション 料 脳 血 管 疾 患 等 項 目 現 行 改 正 案 第 2 章 第 7 部 リハビリテーション 通 則 ( 通 則 の 削 除 ) 4の2 心 大 血 管 疾 患 リハビリテーション 医 学 管 ( 削 除 ) 理 料 脳 血 管 疾 患 等 リハビリテーション 医 学 管 理 料 運 動 器 リハビリテーション 医 学 管 理 料 又 は 呼 吸 器 リハビリテーション 医 学 管 理 料 につい ては 患 者 の 疾

More information

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる 保 険 金 等 を できる 場 合 と できない 場 合 の 事 例 集 この 事 例 集 は 保 険 金 等 をできる 場 合 またはできない 場 合 の 代 表 的 な 事 例 です ご 契 約 の 保 険 種 類 特 約 種 類 加 入 時 期 によっては 取 扱 いが 異 なる 場 合 があります ので 実 際 の 契 約 での 取 扱 いに 関 しては 保 険 証 券 ご 契 約 のしおり

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

ネジメン

ネジメン ( 介 護 予 防 ) 通 所 リハビリテーション 事 業 の 手 引 き 平 成 27 年 6 月 熊 本 県 健 康 福 祉 部 長 寿 社 会 局 高 齢 者 支 援 課 熊 本 市 健 康 福 祉 子 ども 局 高 齢 介 護 福 祉 課 目 次 総 論 2 ~ 5 みなし 指 定 の 取 扱 い 6 ~ 7 人 員 基 準 8 ~ 15 設 備 基 準 16 ~ 17 運 営 基 準 18

More information

メイン・サブ記事一覧2

メイン・サブ記事一覧2 591 ガンの 三 大 療 法 ( 外 科 抗 ガン 剤 放 射 線 ) 後 遺 症 副 作 用 に 可 視 総 合 光 線 療 法 で 効 果 が 見 られた 症 例 いぼに 対 する 可 視 総 合 光 線 療 法 平 成 27 年 8 月 590 589 588 587 586 585 584 583 582 581 580 579 578 577 576 575 574 573 股 関 節

More information

届 出 事 項 については 都 道 府 県 において 閲 覧 に 供 するほか 事 業 者 に 届 出 事 項 については 都 道 府 県 において 閲 覧 に 供 するほか 事 業 者 に おいても 利 用 料 に 係 る 情 報 として 事 業 所 内 で 掲 示 することになるこ おいても 利

届 出 事 項 については 都 道 府 県 において 閲 覧 に 供 するほか 事 業 者 に 届 出 事 項 については 都 道 府 県 において 閲 覧 に 供 するほか 事 業 者 に おいても 利 用 料 に 係 る 情 報 として 事 業 所 内 で 掲 示 することになるこ おいても 利 指 定 居 宅 サービスに 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 ( 訪 問 通 所 サービス 居 宅 療 養 管 理 指 導 及 び 福 祉 用 具 貸 与 に 係 る 部 分 ) 及 び 指 定 居 宅 介 護 支 援 に 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 の 制 定 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について( 平 成 12 年 老 企

More information

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 津 島 市 民 病 院 病 院 年 報 [ 平 成 22 年 度 ] 2 0 1 0 目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 10 年 度

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

身体障害者日常生活用具要綱(1 6.4.1)

身体障害者日常生活用具要綱(1 6.4.1) 介 護 訓 練 用 自 立 生 活 用 種 目 対 象 者 性 能 基 準 額 特 殊 寝 台 特 殊 マット 特 殊 尿 器 体 位 変 換 器 移 動 用 リフ ト 訓 練 いす 入 浴 補 助 用 以 上 者 で 原 則 として 学 校 教 育 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 26 号 ) 第 18 条 に 規 定 する 学 齢 児 童 ( 以 下 学 齢 児 と い う ) 以 上 も

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

<4D F736F F D B8905F89C ED288E397C38AD A793788AEE C E646F6378>

<4D F736F F D B8905F89C ED288E397C38AD A793788AEE C E646F6378> 精 神 科 医 療 関 連 制 度 基 礎 テキスト 第 3 章 基 本 診 療 料 ( 特 定 入 院 料 と 他 科 受 診 ) Ⅰ. 特 定 入 院 料 1. 特 定 入 院 料 とは 基 本 診 療 料 特 掲 診 療 料 特 定 入 院 料 入 院 基 本 料 入 院 基 本 料 等 の 一 部 + + 入 院 基 本 料 等 の 一 部 特 掲 診 療 料 の 一 部 又 は 殆 どが

More information

①表紙

①表紙 子 ども 助 成 事 業 に 係 る 請 求 方 法 及 びレセプト 等 記 載 について 平 成 8 年 月 社 会 報 酬 支 払 基 金 大 分 支 部 大 分 県 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 請 求 支 払 概 要 並 びに 請 求 要 領 について P ( 調 剤 ) 報 酬 請 求 書 記 載 方 法 について 社 国 P 3 子 ども 助 成 事 業 に 係 るレセプト

More information

原稿

原稿 Gaihoren News Extra 暫 定 版 外 保 連 の 要 望 のうち 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 で 考 慮 された 項 目 ( 技 術 新 設 ) 2016.3.18 NO 名 称 要 望 内 容 要 望 点 数 改 定 内 容 1 緩 和 ケア 地 域 連 携 加 算 保 険 収 載 2 経 皮 酸 素 ガス 分 圧 連 続 測 定 (tcpo2 局 所 の 虚

More information

Microsoft Word - 報告書最終(201203292020).doc

Microsoft Word - 報告書最終(201203292020).doc 平 成 23 年 度 老 人 保 健 事 業 推 進 費 等 補 助 金 ( 老 人 保 健 健 康 増 進 等 事 業 分 ) 介 護 老 人 保 健 施 設 が 持 つ 多 機 能 の 一 環 としての 看 取 りのあり 方 に 関 する 調 査 研 究 事 業 報 告 書 平 成 24 年 3 月 公 益 社 団 法 人 全 国 老 人 保 健 施 設 協 会 はじめに 昭 和 62 年 にモデル7

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

入 浴 補 助 下 肢 又 は 体 幹 機 能 に 障 害 を 有 し 入 浴 に 介 護 を 要 す る 身 体 障 害 者 入 浴 に 介 護 をが 必 要 な 難 病 患 者 等 入 浴 時 の 移 動 座 位 の 保 持 浴 槽 への 入 水 等 を 補 助 でき 対 象 者 又 は 介 護

入 浴 補 助 下 肢 又 は 体 幹 機 能 に 障 害 を 有 し 入 浴 に 介 護 を 要 す る 身 体 障 害 者 入 浴 に 介 護 をが 必 要 な 難 病 患 者 等 入 浴 時 の 移 動 座 位 の 保 持 浴 槽 への 入 水 等 を 補 助 でき 対 象 者 又 は 介 護 日 常 生 活 給 付 品 目 一 覧 表 種 目 品 目 対 象 者 障 害 の 種 別 及 び 程 度 対 象 年 齢 ( 原 則 ) 性 能 等 基 準 額 ( 円 ) 耐 年 数 等 介 護 特 殊 寝 台 下 肢 又 は 体 幹 機 能 障 害 2 級 以 上 の 身 体 障 害 者 寝 たきりの 状 態 にある 難 病 患 者 等 腕 脚 等 の 訓 練 ができる 器 を 備 え 原 則

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63> 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 部 ( 局 ) 担 当 者 様 事 務 連 絡 平 成 25 年 1 月 25 日 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 等 の 取 扱 いについて 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについては そ の 基 本 的 考 え 方 に 変

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F8A92E88EBE8AB38E7B90DD97C3977B94EF82C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F8A92E88EBE8AB38E7B90DD97C3977B94EF82C982C282A282C42E646F63> 所 定 疾 患 施 設 療 養 費 について 所 定 疾 患 施 設 療 養 費 平 成 24 年 4 月 の 介 護 報 酬 改 正 により 介 護 老 人 保 健 施 設 において 入 所 者 の 医 療 ニーズに 適 切 に 対 応 する 観 点 から 肺 炎 や 尿 路 感 染 症 などの 疾 病 を 発 症 した 場 合 における 施 設 内 の 対 応 について 以 下 のような 条 件

More information

伊勢崎市障害者社会参加促進事業実施要綱

伊勢崎市障害者社会参加促進事業実施要綱 別 表 第 1 日 常 生 活 給 付 事 業 重 度 障 害 者 の 日 常 生 活 の 種 目 等 区 分 種 目 対 象 者 性 能 耐 年 数 介 護 訓 練 特 殊 寝 台 下 肢 又 は 体 幹 機 能 障 害 2 級 以 上 の 身 体 障 害 者 ( 寝 返 りや 起 き 上 がりが 困 難 な 者 に 限 る ) 特 殊 マ ッ ト 下 肢 又 は 体 幹 機 能 障 害 1 級

More information

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464>

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464> 健 康 保 険 組 合 事 業 運 営 指 針 ( 案 ) 第 1 本 指 針 の 趣 旨 本 指 針 は 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 事 業 運 営 のうち 組 合 の 判 断 で 実 施 するものについて 適 正 な 事 業 運 営 が 確 保 されるよう 事 業 運 営 に 当 たっての 基 本 的 考 え 方 や 適 正 水 準 望 ましい 事 業 の 例 事

More information

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会 平 成 23 年 度 第 4 回 神 戸 市 保 健 医 療 審 議 会 保 健 医 療 連 絡 協 議 専 門 分 科 会 ( 議 事 録 ) 日 時 : 平 成 23 年 10 月 17 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 ~2 時 32 分 場 所 : 神 戸 市 役 所 1 号 館 14 階 大 会 議 室 議 題 : 病 院 開 設 許 可 事 務 に 係 る 意 見 について 神

More information

点 数 表 に 定 義 された 副 傷 病 名 がある 場 合 に 限 らないようにすること ) 入 院 後 の 検 査 で 発 見 された 傷 病 であっても, 入 院 時 に 既 にその 病 態 があったと 主 治 医 が 判 断 できる 場 合 は, 入 院 時 併 存 症 として 扱 うこと

点 数 表 に 定 義 された 副 傷 病 名 がある 場 合 に 限 らないようにすること ) 入 院 後 の 検 査 で 発 見 された 傷 病 であっても, 入 院 時 に 既 にその 病 態 があったと 主 治 医 が 判 断 できる 場 合 は, 入 院 時 併 存 症 として 扱 うこと 4 診 断 情 報 ⑴ 主 傷 病 名,⑶ 入 院 の 契 機 となった 傷 病 名,⑸ 医 療 資 源 を 最 も 投 入 した 傷 病 名 が 同 一 の 場 合,すべてに 同 一 傷 病 名 を 入 力 する 記 載 する 傷 病 名 は, 原 則 としてレセ 電 算 傷 病 名 マスターから 選 択 すること 病 名 については,ICD10へのコーディング が 適 切 に 行 えるように 入

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 第 2 節 脳 卒 中 1. 現 状 と 課 題 (1) 脳 卒 中 の 発 症 状 況 脳 卒 中 ( 脳 血 管 疾 患 )とは 脳 の 血 管 に 血 栓 が 詰 まって 起 こる 脳 梗 塞 脳 の 細 い 血 管 が 破 れて 起 こる 脳 出 血 脳 の 血 管 にできたこぶ( 動 脈 瘤 )が 破 れること 等 によって 起 こる くも 膜 下 出 血 等 の 症 状 をあわせた 総

More information

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤 ~ 度 成 作 成 : 薬 剤 科 医 薬 品 情 報 室 青 医 薬 品 発 品 称 用 法 用 量 欄 注 釈 用 ] 適 ] 添 付 文 記 載 い 用 法 用 量 当 院 適 応 中 心 記 載 禁 ] 投 禁 忌 患 者 状 態 併 用 禁 忌 薬 示 い ] 重 篤 作 用 頻 度 高 い 作 用 中 心 注 意 代 表 的 い 記 載 い 特 ] 薬 剤 特 長 薬 剤 系 統 利 使

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

平成21年度 医療的ケア ヒヤリハット事例    月

平成21年度 医療的ケア ヒヤリハット事例    月 平 成 26 年 度 医 療 的 ケアしおり 千 葉 県 立 柏 特 別 支 援 学 校 1 本 校 では 千 葉 県 立 特 別 支 援 学 校 における 医 療 的 ケアガイドライン に 基 づき 本 校 に 在 籍 する 医 療 的 ケア を 必 要 とする 児 童 生 徒 が 健 康 で 安 全 な 学 校 生 活 を 送 れるために 可 能 な 条 件 範 囲 中 で 医 療 的 ケアを

More information

目 次 はじめに 1 第 17 回 報 告 書 の 公 表 にあたって 3 I 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 の 概 要 5 1 医 療 事 故 情 報 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 の 経 緯 5 2 医 療 事 故 情 報 収 集 分 析 提 供 事 業 の 概 要 7 1 事

目 次 はじめに 1 第 17 回 報 告 書 の 公 表 にあたって 3 I 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 の 概 要 5 1 医 療 事 故 情 報 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 の 経 緯 5 2 医 療 事 故 情 報 収 集 分 析 提 供 事 業 の 概 要 7 1 事 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 第 17 回 報 告 書 平 成 21 年 6 月 24 日 財 団 法 人 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 医 療 事 故 防 止 事 業 部 目 次 はじめに 1 第 17 回 報 告 書 の 公 表 にあたって 3 I 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 の 概 要 5 1 医 療 事 故 情 報 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 の

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

< 居 宅 介 護 予 防 サービス> 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 訪 問 入 浴 介 護 介 護 予 防 訪 問 看 護 介 護 予 防 訪 問 リハビリテーション 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリ

< 居 宅 介 護 予 防 サービス> 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 訪 問 入 浴 介 護 介 護 予 防 訪 問 看 護 介 護 予 防 訪 問 リハビリテーション 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリ 別 紙 様 式 基 準 日 平 成 8 年 9 月 日 現 在 有 料 老 人 ホーム 重 要 事 項 説 明 書 施 設 名 チャームスイート 新 井 薬 師 さくらの 森 定 員 室 数 87 人 87 室 有 料 老 人 ホームの 類 型 表 示 事 項 類 型 居 住 の 権 利 形 態 利 用 料 の 支 払 方 式 入 居 時 の 要 件 介 護 保 険 の 利 用 居 室 区 分 介

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場 第 2 章 短 期 給 付 の 内 容 と 請 求 手 続 第 1 節 傷 病 等 に 係 る 給 付 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 病 気 や 負 傷 をしたときは 通 常 の 場 合 組 合 員 証 を 保 険 医 療 機 関 に 提 示 する ことによって 療 養 の 給 付 や 家 族 療 養 費 の 現 物 給 付 を 受 けることができます しかし 緊 急 その 他 やむを 得

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 摂 食 機 能 障 害 リハビリテーション 部 課 長 補 佐 言 語 聴 覚 士 長 谷 川 和 子 経 管 栄 養 3 食 経 口 摂 取 ( 経 管 離 脱 率 ) 入 院 患 者 数 654 人 699 人 342 人 入 院 時 経 管 44 人 28 人 28 人 72.2 歳 72.4 歳 肺 炎 発 症 率 20.8% 10.7% 人 50 40 40 3030 2020 10 10

More information

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に 別 紙 24 基 準 感 染 防 止 対 策 地 域 連 携 加 算 チェック 項 目 表 A: 適 切 に 行 われている あるいは 十 分 である B: 適 切 に 行 われているが 改 善 が 必 要 あるいは 十 分 ではない C: 不 適 切 である あるいは 行 われていない X: 判 定 不 能 ( 当 該 医 療 機 関 では 実 施 の 必 要 性 がない 項 目 確 認 が 行

More information

目 次 ページ 1 当 クリニックの 案 内 3 2 在 宅 医 療 の 費 用 について 6 3 お 申 し 込 みから 訪 問 診 療 までの 流 れ 17 4 在 宅 医 療 の 特 徴 について 18 5 Q&A 20 6 居 宅 療 養 管 理 指 導 について 22 ~2~

目 次 ページ 1 当 クリニックの 案 内 3 2 在 宅 医 療 の 費 用 について 6 3 お 申 し 込 みから 訪 問 診 療 までの 流 れ 17 4 在 宅 医 療 の 特 徴 について 18 5 Q&A 20 6 居 宅 療 養 管 理 指 導 について 22 ~2~ 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 在 宅 医 療 案 内 訪 問 診 療 医 療 法 人 社 団 白 羽 会 つばさ 在 宅 クリニック 273-0862 船 橋 市 駿 河 台 1-33-8 コンフィデンス 駿 河 台 201 TEL 047-411-1666 FAX 047-411-1667 つばさ 在 宅 クリニック 西 船 橋 273-0031 船 橋 市 西 船 4 丁 目 14-12

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

4 ぼうこう又は直腸機能障害

4 ぼうこう又は直腸機能障害 第 9 章 ぼうこう 又 は 直 腸 機 能 障 害 第 1 障 害 程 度 等 級 表 解 説 1 等 級 表 1 級 に 該 当 する 障 害 は 次 のいずれかに 該 当 し かつ 自 己 の 身 辺 の 日 常 生 活 活 動 が 極 度 に 制 限 されるものをいう (1) 腸 管 のストマに 尿 路 変 向 ( 更 )のストマを 併 せもち かつ いずれかのス トマにおいて 排 便 排

More information