めに 男 性 が 積 極 的 に 育 児 に 参 加 する 必 要 がある そのための 方 法 の 1 つとして 育 児 休 業 制 度 の 活 用 がある 育 児 休 業 は 継 続 就 業 をしながら 育 児 に 関 わる 時 間 を 増 やす 手 段 として 有 効 であると 考 えられる 男

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "めに 男 性 が 積 極 的 に 育 児 に 参 加 する 必 要 がある そのための 方 法 の 1 つとして 育 児 休 業 制 度 の 活 用 がある 育 児 休 業 は 継 続 就 業 をしながら 育 児 に 関 わる 時 間 を 増 やす 手 段 として 有 効 であると 考 えられる 男"

Transcription

1 男 性 の 育 児 休 業 取 得 率 向 上 のための 方 策 ~ 成 功 した 企 業 の 事 例 を 参 考 に~ 石 島 修 平 小 此 木 綾 華 芳 賀 真 依 子 津 久 井 慧 1 はじめに 安 倍 政 権 は 3 本 の 矢 と 呼 ばれる 経 済 再 生 目 標 を 掲 げ そのうちの 成 長 戦 略 目 標 において 女 性 の 活 躍 推 進 を 挙 げている これは 女 性 の 社 会 進 出 が 進 む 現 代 において 女 性 が 出 産 後 も 働 き 続 けられる 社 会 を 目 指 すというものである 私 たちは 女 性 の 育 児 と 仕 事 の 両 立 に 焦 点 を 当 て 女 性 の 両 立 支 援 実 現 の 一 助 となるように 男 性 が 育 児 休 業 を 取 得 するこ とに 注 目 した 女 性 の 仕 事 と 育 児 の 両 立 が 困 難 な 理 由 として 女 性 は 男 性 に 比 べて 育 児 に 対 する 負 担 が 大 きいことがあげられる 総 務 省 の 調 査 では 6 歳 以 下 の 子 どもをもつ 夫 婦 が 1 日 のうち 家 事 育 児 仕 事 等 にかける 時 間 は 共 働 き 世 帯 で 妻 は 家 事 3 時 間 29 分 育 児 2 時 間 8 分 仕 事 4 時 間 19 分 である 一 方 夫 は 家 事 29 分 育 児 30 分 仕 事 8 時 間 43 分 という 結 果 が でており 1 ここから 夫 の 家 事 や 育 児 への 関 わりが 極 めて 低 調 であることがわかる( 図 表 1) 図 表 1 出 典 : 総 務 省 統 計 局 社 会 生 活 基 本 調 査 ( 平 成 18 年 )より 作 成 女 性 の 育 児 負 担 を 軽 減 し 育 児 と 仕 事 にかけられる 時 間 のバランスを 取 りやすくするた 1

2 めに 男 性 が 積 極 的 に 育 児 に 参 加 する 必 要 がある そのための 方 法 の 1 つとして 育 児 休 業 制 度 の 活 用 がある 育 児 休 業 は 継 続 就 業 をしながら 育 児 に 関 わる 時 間 を 増 やす 手 段 として 有 効 であると 考 えられる 男 性 が 育 児 休 業 を 取 得 するメリットとして 男 性 の 育 児 参 加 に より 男 性 は 仕 事 女 性 は 家 庭 といったような 性 別 役 割 分 担 意 識 の 是 正 がはかられ 社 会 全 体 の 働 き 方 を 変 えるための 第 一 歩 となるということがあげられる また 企 業 にとって も 男 性 の 育 児 休 業 取 得 者 が 増 加 することで 休 業 者 の 業 務 内 容 を 見 直 すことによる 仕 事 の 効 率 化 ファミリーフレンドリー 企 業 という 会 社 のイメージアップ 社 員 の 家 庭 生 活 の 安 定 による 仕 事 への 姿 勢 改 善 といったような 良 い 影 響 がある しかし 現 状 として 男 性 の 育 児 休 業 取 得 率 は 2.3%であり 女 性 の 86.6%に 比 べると 低 い 水 準 である 2 本 論 文 では 先 行 研 究 や 厚 生 労 働 省 の 調 査 結 果 などを 参 考 にし 男 性 の 育 児 休 業 取 得 率 が 低 い 理 由 を 考 察 したうえで 男 性 の 育 児 休 業 取 得 率 を 上 げるために 大 企 業 が 取 るべき 方 策 を 提 示 する 大 企 業 向 けの 方 策 を 考 えるにあたり 今 回 は 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 ( 以 下 日 本 生 命 とする)の 事 例 を 参 考 にした ここで 大 企 業 に 限 定 した 理 由 は 2 つある 第 1 の 理 由 として 中 小 企 業 と 大 企 業 とでは 人 材 資 産 などの 条 件 が 異 なっているため 両 者 に 同 じ 方 策 を 実 行 させることが 困 難 である ことが 挙 げられる 第 2 の 理 由 は 大 企 業 は 強 い 市 場 支 配 力 をもち 社 会 へもたらす 影 響 力 が 強 いので 大 企 業 が 行 動 することで 取 得 率 を 向 上 させるための 動 きを 社 会 全 体 へと 波 及 させやすいと 考 えられるからである 育 児 休 業 取 得 率 の 低 い 現 状 を 変 えるためには 育 児 休 業 取 得 に 対 する 前 向 きな 考 え 方 を 社 会 に 広 めることが 重 要 である 本 来 であれば 企 業 規 模 にかかわらず 効 果 が 得 られる 取 り 組 みを 提 示 するべきであるが 本 論 文 では 大 企 業 に 取 り 組 みを 実 施 させることを 目 標 とする 2 育 児 休 業 制 度 について 育 児 休 業 制 度 とは 1 歳 に 満 たない 子 を 持 つ 男 女 の 労 働 者 が その 事 業 主 に 申 し 出 ること によって 子 が 1 歳 に 達 するまでの 間 休 業 できる 制 度 である 休 業 は 1 人 の 子 に 対 して 一 回 の 連 続 した 日 数 で 取 得 することが 定 められている 子 が 1 歳 に 達 するまでの 間 分 割 して 何 度 も 取 得 することはできない 正 社 員 ではなく 就 業 する 期 間 が 定 められている 有 期 契 約 雇 用 者 も 条 件 を 満 たせば 取 得 できるようになった 例 外 として 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 場 合 や 1 歳 以 降 子 を 養 育 する 予 定 であったものが 死 亡 するなどの 事 情 により 子 を 養 育 することが 困 難 になった 場 合 は 子 が 1 歳 6 カ 月 に 達 するまで 育 児 休 業 期 間 を 延 長 することができる また 育 児 休 業 制 度 の 中 には 父 親 も 子 育 てができる 働 き 方 の 実 現 を 目 指 した 規 定 が 3 つある 1 つ 目 は パパママ 育 休 プラスである これは 父 母 ともに 育 児 休 業 を 取 得 する 場 合 の 休 業 可 能 期 間 の 延 長 のことであり 父 母 がともに 育 児 休 業 を 取 得 する 場 合 育 児 休 業 取 2

3 得 可 能 期 間 を 子 が 1 歳 から 1 歳 2 カ 月 に 達 するまでに 延 長 する 2 つ 目 は 出 産 後 8 週 間 以 内 の 父 親 の 育 児 休 業 取 得 の 促 進 である これは 妻 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 父 親 が 育 児 休 業 を 取 得 した 場 合 特 例 として 育 児 休 業 の 再 度 の 取 得 を 認 めるというものである 3 つ 目 は 労 使 協 定 による 専 業 主 婦 ( 夫 ) 除 外 規 定 の 廃 止 である 労 使 協 定 により 専 業 主 婦 の 夫 など を 育 児 休 業 の 対 象 外 にできるという 法 律 の 規 定 を 廃 止 し すべての 父 親 が 必 要 に 応 じ 育 児 休 業 を 取 得 できるようにした 3 育 児 休 業 取 得 率 の 推 移 厚 生 労 働 省 は 雇 用 均 等 基 本 調 査 を 行 い 育 児 休 業 取 得 率 を 調 査 している( 図 表 2) この 調 査 の 対 象 となるのは 無 作 為 抽 出 された 正 規 非 正 規 を 含 む 5 人 以 上 の 従 業 員 がいる 民 間 事 業 所 である 女 性 は 80% 前 後 を 推 移 しているのに 対 して 男 性 は 2% 前 後 という 低 い 水 準 で 推 移 している 国 は 2020 年 までに 男 性 の 育 児 休 業 取 得 率 を 13%に 引 き 上 げる 目 標 値 を 出 しているが それには 程 遠 い 数 値 となっている 3 図 表 2 出 典 : 厚 生 労 働 省 平 成 26 年 度 雇 用 均 等 基 本 調 査 結 果 より 作 成 また 総 務 省 は 日 本 アメリカ イギリスなどの 先 進 7 か 国 を 比 較 した 6 歳 未 満 の 子 供 3

4 を 持 つ 男 性 の 育 児 家 事 関 連 時 間 の 調 査 を 行 った( 図 表 3) 日 本 人 男 性 の 育 児 家 事 関 連 時 間 は 約 1 時 間 であり 育 児 時 間 にあまり 差 がないフランスと 比 較 しても 家 事 全 体 で 見 る と 倍 近 くの 差 がある 4 このことから 日 本 の 家 事 関 連 時 間 は 他 の 先 進 諸 国 と 比 較 して 低 い 水 準 であることがわかる 日 本 労 働 組 合 総 連 合 会 の 育 児 休 業 の 取 得 経 験 5 の 調 査 によると 取 得 したことはない が 取 得 したかった と 回 答 した 男 性 は 45.5%である 取 得 経 験 がある 男 性 を 含 めると 約 5 割 の 男 性 が 育 児 休 業 を 取 得 意 向 があることが 分 かる( 図 表 4) 図 表 3 出 典 : 内 閣 府 男 女 共 同 参 画 局 男 女 共 同 参 画 白 書 ( 平 成 27 年 版 ) より 作 成 図 表 4 4

5 出 典 : 日 本 労 働 組 合 総 連 合 会 パタハラに 関 する 調 査 より 作 成 4 男 性 が 育 児 休 業 を 取 得 できなかった 理 由 平 成 25 年 の 厚 生 労 働 省 の 調 査 6によると 男 性 が 育 児 休 業 を 取 得 したいと 思 っているのに 取 得 できなかった 理 由 として 図 表 5 の 回 答 が 得 られた 中 でも 職 場 が 育 休 制 度 を 取 得 しづ らい 雰 囲 気 だった 日 頃 から 休 暇 を 取 りづらい 職 場 だった 男 性 の 両 立 支 援 制 度 利 用 に 会 社 職 場 の 理 解 がなかった などの 会 社 内 の 雰 囲 気 を 理 由 とした 回 答 が 最 も 多 くなっ ている また 所 得 が 減 少 するという 収 入 に 対 する 不 安 や 育 児 休 業 制 度 について 十 分 わ かっていなかったなどの 知 識 不 足 によるものがあった 図 表 5 出 典 : 厚 生 労 働 省 平 成 25 年 度 育 児 休 業 制 度 等 に 関 する 実 態 把 握 のための 調 査 研 究 事 業 より 作 成 育 児 休 業 取 得 意 向 のある 男 性 の 数 に 対 して 実 際 に 取 得 できる 人 は 少 ない 職 場 環 境 や 所 得 減 に 対 する 不 安 が 育 児 休 業 取 得 を 妨 げる 原 因 となっており それを 改 善 することが 課 題 となっている これらの 問 題 を 改 善 するには 各 企 業 の 取 り 組 みが 重 要 であるので 企 業 ご 5

6 とに 改 善 策 を 立 てることが 有 効 であると 考 えられる 5 日 本 生 命 5-1 日 本 生 命 について 厚 生 労 働 省 では 男 性 が 育 児 により 関 わることのできるような 環 境 づくりに 社 会 全 体 がより 積 極 的 に 取 り 組 んでいくために イクメンプロジェクトを 推 進 している このプロ ジェクトの 取 り 組 みの 1 つとしてイクメン 企 業 アワードというものがある これは 働 き ながら 安 心 して 子 どもを 産 み 育 てることができる 労 働 環 境 の 整 備 を 推 進 するため 男 性 の 育 児 と 仕 事 の 両 立 を 積 極 的 に 促 進 し 業 務 改 善 を 図 る 企 業 を 表 彰 するものである 今 回 男 性 の 育 児 休 業 取 得 を 推 進 している 企 業 の 取 り 組 みをより 詳 しく 知 るために 2014 年 度 のイクメン 企 業 アワードで 特 別 奨 励 賞 を 受 賞 した 日 本 生 命 にインタビューを 行 った 日 本 生 命 を 選 んだ 理 由 は 女 性 従 業 員 が 多 いため 育 児 に 関 する 関 心 が 高 い イクボスの 育 成 に 力 を 入 れている 後 に 記 述 するような 輝 き 推 進 室 を 設 置 し 女 性 の 活 躍 推 進 にむけ た 制 度 を 多 く 取 り 入 れている という 3 つの 点 からである 女 性 従 業 員 が 多 いなどといっ た 条 件 の 整 った 会 社 は 大 企 業 であっても 少 ないと 考 えられるが 女 性 の 活 躍 推 進 を 目 指 し 男 性 の 育 児 休 業 取 得 を 推 進 する 取 り 組 みを 率 先 して 行 っているという 点 では ほかの 大 企 業 においても 参 考 になる 点 は 多 いと 考 えられる 日 本 生 命 は 1889 年 に 創 業 と 歴 史 の 深 い 大 企 業 だ 従 業 員 は 平 成 26 年 度 で 70,783 名 そ のうち 63,363 名 が 女 性 従 業 員 となっており 従 業 員 の 約 9 割 を 女 性 が 占 めているという 女 性 比 率 の 高 い 企 業 である 平 均 年 齢 は 男 女 とも 40 代 半 ばとなっている 5-2 日 本 生 命 の 取 り 組 み 育 児 休 業 を 取 得 しやすい 雰 囲 気 作 り 日 本 生 命 は 人 事 部 内 で 社 内 の 意 識 改 革 を 担 う 専 門 部 署 輝 き 推 進 室 を 設 けている 日 本 生 命 では 創 業 後 間 もない 時 期 から 女 性 が 営 業 の 分 野 で 活 躍 しており 本 部 の 企 画 や 開 発 などはほぼ 男 性 社 員 が 担 っていた そこでこのような 状 況 を 変 えるために 女 性 職 員 のキャリア 開 発 や 能 力 向 上 働 きやすい 職 場 づくりを 企 画 推 進 する 輝 き 推 進 室 を 2008 年 に 設 置 した 当 初 は 女 性 を 対 象 に 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 や チャレンジ 意 欲 を 醸 成 する 取 り 組 みから 着 手 したが 女 性 の 仕 事 の 質 を 高 めるためには 全 職 員 の 意 識 改 革 が 必 要 と 判 断 し 2009 年 からは 男 性 も 含 めた 意 識 改 革 に 取 り 組 んだ 2012 年 度 までの 主 な 実 績 として 社 内 HP での ワークライフ バランス(WLB) 王 子 の 紹 介 全 事 業 所 で 出 張 講 義 輝 き 塾 の 開 催 6

7 新 任 課 長 研 修 での WLB 研 修 実 施 WLB ハンドブック 作 成 部 門 を 超 えてマネジメント 手 法 を 共 有 する 課 長 塾 の 開 催 パパママランチ 交 流 会 の 開 催 イクメンハンドブック を 作 成 両 立 支 援 ハンドブック Q&A 集 を 作 成 などがある 現 場 だけでなく 管 理 職 層 にも 積 極 的 に 意 識 改 革 を 働 き 掛 けてきた こう した 取 り 組 みを 通 じて 男 性 の 育 休 が 浸 透 していない 現 実 が 浮 き 彫 りとなった 子 供 が 育 つ 環 境 整 備 の 点 からも 男 性 の 育 児 参 加 が 社 会 的 機 運 になってきた ことも 踏 まえ 2013 年 度 は 男 性 の 育 児 参 加 を 推 進 することに 決 めた WLB 王 子 の 紹 介 や パパママランチ 交 流 会 の 開 催 といった 草 の 根 運 動 をはじめ 男 性 が 抵 抗 感 なく 育 児 休 業 を 取 得 できるよ う 社 内 の 雰 囲 気 をあらかじめ 醸 成 した 女 性 の 活 躍 を 推 進 するうえで 男 性 にも 家 事 や 育 児 に 対 する 理 解 を 深 めてもらい 自 分 たちの 働 き 方 を 変 えるきっかけになってほしいとい う 目 的 から 2013 年 度 に 男 性 の 育 児 休 業 取 得 率 100% 目 標 を 打 ち 出 した イクボス 育 成 の 取 り 組 み 日 本 生 命 は 従 業 員 が 意 欲 的 前 向 きに 働 くことが 出 来 る 環 境 整 備 をするために ニッ セイ 版 イクボス の 育 成 に 力 を 入 れている イクボスとは 職 場 で 共 に 働 く 部 下 スタッ フのワークライフ バランスを 考 え その 人 のキャリアと 人 生 を 応 援 しながら 組 織 の 業 績 も 結 果 を 出 しつつ 自 らも 仕 事 と 私 生 活 を 楽 しむことができる 上 司 のことを 指 す 7 ニッ セイ 版 イクボスは 育 次 ( 次 世 代 育 成 に 注 力 する) 育 自 ( 自 らも 成 長 し 続 ける) 育 児 ( 部 下 の WLB を 大 切 にする) 育 地 ( 組 織 風 土 を 作 る) といった 4 つの イクジ 取 り 組 みを 推 進 している 女 性 活 躍 にはトップの 本 気 度 が 大 きく 問 われる 社 長 をはじめと した 経 営 トップが 女 性 活 躍 を 経 営 戦 略 と 明 確 に 位 置 づけ 理 解 を 示 すことは 男 性 従 業 員 が 育 児 休 業 を 取 得 しやすい 雰 囲 気 を 作 ることにつながる 育 休 有 給 化 の 取 り 組 み 日 本 生 命 の 育 児 休 業 制 度 は 子 供 の 出 生 日 から 満 1 歳 6 か 月 到 達 日 の 翌 日 以 降 最 初 に 訪 れる 3 月 31 日 までを 取 得 可 能 な 期 間 としている また 最 初 の 7 日 間 は 有 給 扱 いとな るといった 会 社 独 自 の 制 度 を 設 けている そこで 今 回 の 施 策 では まず 男 性 の 対 象 者 全 員 に 1 週 間 程 度 取 得 させることを 目 標 とした 取 得 徹 底 に 向 けては 文 書 での 通 達 に 加 え 部 課 長 クラスには 研 修 などの 機 会 がある 度 に 経 営 層 からも 働 き 掛 けた 休 みの 取 り 方 をイメ ージしやすいように 家 族 構 成 や 子 供 の 成 長 過 程 ごとに 取 得 パターンも 例 示 した 5-3 取 り 組 みの 効 果 7

8 このような 会 社 全 体 での 働 きかけにより 2013 年 度 に 男 性 の 育 児 休 業 取 得 率 100%の 目 標 を 達 成 することが 出 来 た その 後 も 取 り 組 みを 続 行 し 2014 年 度 も 育 児 休 業 取 得 率 100% となった 2015 年 度 も 取 り 組 みを 実 施 している 実 際 に 育 児 休 業 を 取 得 した 男 性 社 員 の 声 として 子 供 を 持 つ 女 性 に 対 する 理 解 が 進 んだ 育 児 参 加 の 喜 びや 意 味 合 いに 気 付 き 効 率 的 な 働 き 方 を 志 向 などというものがあった 職 場 では 一 人 で 抱 えていた 業 務 の 周 囲 への 分 担 部 下 への 委 譲 が 進 んだ 業 務 の 見 える 化 が 進 み 急 な 休 みにも 対 応 できる 協 力 体 制 ができた 普 段 接 することのないほかの 営 業 部 の 拠 点 長 や 次 長 支 社 長 が 訪 れることで 職 場 の 活 性 化 につながった などという 効 果 が 聞 かれた 育 児 休 業 を 取 得 するとなると 周 囲 の 負 担 の 増 加 や 仕 事 が 遅 れるなど 悪 いイメ ージが 浮 かぶが 実 際 は 引 き 継 ぎの 際 に 業 務 内 容 を 見 直 し 整 理 することによって 協 力 体 制 ができ 仕 事 の 効 率 化 につながるなど 職 場 に 好 影 響 を 与 えると 考 えられる 日 本 生 命 は 半 ば 強 制 的 に 男 性 社 員 に 育 児 休 業 を 取 得 させた 男 性 の 育 児 休 業 取 得 率 100% 目 標 を 推 進 するまでは 約 1%の 男 性 しか 育 児 休 業 を 取 得 していなかった 育 児 休 業 制 度 は あったが 本 当 に 男 性 で 使 う 人 はいるのか? と 思 っている 人 が 大 半 だったと 言 う 最 初 は 数 名 しか 取 得 していなかったが 取 得 した 人 の 事 例 を 社 内 ホームページで 掲 載 すること で 男 性 も 育 児 休 業 を 取 得 しても 良 いという 空 気 が 広 がっていった 6 男 性 の 育 児 休 業 取 得 率 を 上 げるために 日 本 生 命 の 取 り 組 みをふまえて 男 性 の 育 児 休 業 取 得 率 をあげるための 方 策 を 2 つ 考 え た 1 つめはイクボスの 育 成 である イクボスとは 部 下 やスタッフの 仕 事 と 育 児 を 両 立 しや すい 環 境 の 整 備 に 務 めるリーダーのことである 先 ほど 男 性 が 育 児 休 業 を 取 得 できなかっ た 理 由 として 職 場 が 育 休 制 度 を 取 得 しづらい 雰 囲 気 だったから 男 性 の 両 立 支 援 制 度 利 用 に 会 社 職 場 の 理 解 がなかった など 職 場 の 雰 囲 気 が 理 由 で 育 児 休 業 を 取 得 できな い 男 性 が 上 位 を 占 めていたと 述 べたことからも 分 かるように いかに 育 児 休 業 を 取 得 しや すい 雰 囲 気 を 作 り 出 すかが 重 要 となる そこで 職 場 の 雰 囲 気 を 改 善 するために 経 営 者 や 管 理 職 の 上 司 が 部 下 やスタッフの 仕 事 と 育 児 を 両 立 しやすい 環 境 整 備 に 務 めるリーダー になることが 有 効 であると 考 えられる このようなリーダーのことであるイクボスの 育 成 を 会 社 全 体 ではかることが 重 要 である 日 本 生 命 においても 上 司 が 積 極 的 に 部 下 に 働 き かけ 育 児 休 業 の 取 得 を 推 進 した では どのようにしてイクボスの 育 成 をはかれば 良 いのか イクボスの 育 成 をはかる 方 法 の 1 つとして 企 業 向 けの 講 演 会 に 参 加 することが 挙 げられる NPO 法 人 ファザーリン グ ジャパン 8 などが 企 業 向 けに 育 児 に 対 する 男 性 の 意 識 改 革 を 目 的 とした 講 演 会 を 開 いて 8

9 おり 企 業 はこれらの 活 動 に 参 加 することで 管 理 職 層 の 育 児 に 対 する 考 え 方 を 前 向 きな ものにすることができる 各 都 道 府 県 でも 講 演 会 を 開 催 しており また 広 島 県 では 湯 﨑 英 彦 知 事 が 県 内 の 企 業 経 営 者 に 呼 びかけ 全 国 初 となるイクメンを 応 援 する 企 業 経 営 者 の 同 盟 イクメン 企 業 同 盟 を 結 成 するなど 仕 事 と 子 育 てを 両 立 しやすい 環 境 づくり に 取 り 組 んでいるので そういった 活 動 にかかわっていくのも 良 い まずは 経 営 者 や 管 理 職 の 上 司 が 育 児 に 対 して 関 心 を 持 ち 前 向 きな 姿 勢 にならなければならず 各 企 業 が 経 営 者 や 管 理 職 の 上 司 にこのような 講 演 会 に 参 加 する 機 会 を 設 けなければならない 2 つめは 会 社 独 自 の 育 児 休 業 制 度 に 関 するものである 現 行 法 では 休 業 中 の 給 付 金 の 面 で 柔 軟 性 がないので 現 行 法 をもとに 会 社 独 自 で 従 業 員 のニーズに 合 わせた 規 定 をつくるこ とで 育 児 休 業 取 得 率 の 増 加 が 見 込 まれる 育 児 休 業 を 取 得 する 際 に 休 業 取 得 により 所 得 が 減 ることなどの 不 安 を 持 っている 人 が 多 く その 不 安 が 育 児 休 業 の 取 得 をためらう 原 因 の 1 つとなっている この 不 安 を 解 消 する ために 育 児 休 業 中 の 一 定 日 数 を 有 給 化 することが 挙 げられる 現 行 法 では 育 児 休 業 中 は 会 社 から 給 与 は 支 払 われず 雇 用 保 険 から 育 児 休 業 給 付 金 が 支 給 される 6 か 月 以 内 の 休 業 であれば 給 与 の 67% それ 以 降 は 給 与 の 50%が 支 払 われるが 少 しでも 収 入 が 減 ることへ の 不 安 から 育 児 休 業 を 取 らないという 人 は 多 い 日 本 生 命 では 育 児 休 業 中 の 最 初 の 7 日 間 を 有 給 にするとしており 短 い 間 でも 制 度 を 利 用 させる 誘 因 となり 短 期 間 の 休 業 取 得 者 を 増 やすことでも 育 児 休 業 取 得 率 を 向 上 させることは 可 能 となる 育 児 休 業 は 長 期 間 休 む ものだと 考 えがちだが 育 児 休 業 の 取 得 日 数 は 1 日 でも 休 業 になる 1 か 月 以 上 連 続 して 休 むことへの 抵 抗 感 はあるかもしれないが 短 い 期 間 ならば 抵 抗 感 は 感 じないはずである 育 児 休 業 が 1 日 1 週 間 だけでは 意 味 がないという 考 えもあるが たとえ 短 期 間 でも 育 児 休 業 をとり 子 供 とふれあい そして 妻 の 普 段 の 苦 労 を 知 ることにより より 家 族 への 理 解 が 深 まる まずは 1 日 1 週 間 でも 良 い はじめから 長 く 取 得 しようとするからいつまでも 育 児 休 業 取 得 率 が 上 がらない 確 かに 1 日 1 週 間 だけでは 妻 の 就 業 支 援 にはならないかもしれ ないが はじめは 1 日 1 週 間 で 良 いので 育 児 休 業 の 取 得 率 を 上 げる まずはそこをクリア してから 徐 々に 期 間 を 長 くすることを 考 えるべきである 多 少 時 間 がかかるかもしれない が まずは 短 期 間 でも 良 いから 育 児 休 業 を 取 得 して その 後 徐 々に 取 得 する 期 間 を 長 く していけば 妻 の 仕 事 の 両 立 を 助 けることができるようになる 7 まとめ 女 性 の 育 児 と 仕 事 の 両 立 が 重 要 視 されている 今 そのキーワードのひとつが 男 性 の 育 児 休 業 取 得 であると 考 えられる 男 性 が 育 児 休 業 を 取 得 することにより 女 性 の 育 児 と 仕 事 の 両 立 を 手 助 けすることができる しかし 国 の 方 策 だけでは 取 得 者 が 増 えないのが 現 状 9

10 であり そこで 必 要 となってくるのが 企 業 の 取 り 組 みである 男 性 の 育 児 休 業 取 得 を 推 進 する 企 業 が 増 えていけば 女 性 の 育 児 と 仕 事 の 両 立 だけでは なく 性 別 役 割 分 業 観 といった 男 性 の 育 児 に 対 する 意 識 改 革 を 社 会 全 体 で 図 ることができ る 今 回 取 り 上 げた 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 は 男 性 従 業 員 の 育 児 休 業 を 義 務 付 けるなど 他 社 では 見 られない 企 業 独 自 の 取 り 組 みをしている その 取 り 組 みを 踏 まえて イクボスの 育 成 育 児 休 業 中 の 一 定 日 数 の 有 給 化 を 各 企 業 が 行 っていけば 男 性 の 育 児 休 業 取 得 率 は 向 上 するはずである 男 女 比 や 平 均 年 齢 の 違 いなど 企 業 によって 様 々な 特 色 があるので そ れも 考 慮 してイクボスの 育 成 や 育 児 休 業 中 の 一 定 日 数 の 有 給 化 をしていくべきである い きなり 長 期 間 の 育 児 休 業 を 取 得 することは 難 しいがまずは 短 期 間 でも 良 いので 取 得 するこ とからはじめて 徐 々に 期 間 を 長 くしていけば 良 い このような 方 策 を 実 行 できれば 男 性 の 育 児 休 業 取 得 率 を 上 げることができる 参 考 文 献 武 石 恵 美 子 (2004) 男 性 はなぜ 育 児 休 業 を 取 得 しないのか,54-57 頁, 日 本 労 働 研 究 雑 誌. 厚 生 労 働 省 (2014) 平 成 26 年 度 雇 用 均 等 基 本 調 査 結 果 1-23 頁 厚 生 労 働 省 (2015) 育 児 休 業 給 付 の 内 容 及 び 支 給 申 請 手 続 きについて 1-8 頁 総 務 省 統 計 局 (2006) 社 会 生 活 基 本 調 査 厚 生 労 働 省 ホームページ(2015 年 11 月 11 日 アクセス) 内 閣 府 ホームページ 日 本 労 働 組 合 総 連 合 会 ホームページ 日 本 経 済 新 聞 日 本 生 命 相 互 会 社 ホームページ(2015 年 10 月 24 日 アクセス) ファザーリング ジャパンホームページ(2015 年 11 月 11 日 アクセス) 広 島 県 ホームページ(2015 年 11 月 18 日 アクセス) 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 (2015 年 11 月 18 日 アクセス) 10

11 1 総 務 省 統 計 局 平 成 18 年 度 社 会 生 活 基 本 調 査 2 厚 生 労 働 省 平 成 26 年 度 雇 用 均 等 基 本 調 査 事 業 所 調 査 4-5 頁 3 厚 生 労 働 省 平 成 26 年 度 雇 用 均 等 基 本 調 査 事 業 所 調 査 4-5 頁 4 総 務 省 統 計 局 平 成 23 年 度 社 会 生 活 基 本 調 査 63 頁 5 日 本 労 働 組 合 総 連 合 会 (2014) パタハラに 関 する 調 査 8 頁 6 厚 生 労 働 省 平 成 25 年 度 育 児 休 業 制 度 に 関 する 実 態 把 握 のための 調 査 研 究 事 業 7 ファザーリング ジャパン イクボスプロジェクト ホームページより 引 用 8 ファザーリング ジャパンは 父 親 支 援 事 業 による Fathering の 理 解 浸 透 こそが よい 父 親 ではなく 笑 っている 父 親 を 増 やし ひいてはそれが 働 き 方 の 見 直 し 企 業 の 意 識 改 革 社 会 不 安 の 解 消 次 世 代 の 育 成 に 繋 がり 10 年 後 20 年 後 の 日 本 社 会 に 大 きな 変 革 をもたらすということを 信 じ これを 目 的 としてさまざまな 事 業 を 展 開 していく ソーシャル ビジネス プロジェクト 11

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画 第 3 期 あったか 家 族 応 援 プログラム 山 形 市 役 所 次 世 代 育 成 支 援 特 定 事 業 主 行 動 計 画 山 形 市 役 所 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 3 月 16 日 山 形 市 Ⅰ はじめに 1 プログラム 策 定 の 背 景 及 び 目 的 我 が 国 における 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ

More information

女 性 が 活 躍 する 未 来 に 向 けてスピードアップ! ~ 地 域 をけん 引 する 指 定 都 市 の 提 言 ~ 平 成 26 年 11 月 指 定 都 市 市 長 会 提 言 の 趣 旨 人 口 急 減 超 高 齢 化 への 対 応 が 国 を 挙 げての 喫 緊 の 課 題 となる 中 社 会 の 活 力 を 維 持 していくためには あらゆる 人 が 意 欲 を 持 ち 活 動

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

女性の年金

女性の年金 日 本 年 金 学 会 シンポジウム 2013 年 11 月 9 日 ( 土 ) 働 く 女 性 のライフコースと 年 金 支 給 開 始 年 齢 ~ 働 く 女 性 のライフコースから 考 える 年 金 支 給 開 始 年 齢 ( 株 )TIMコンサルティング 取 締 役 原 佳 奈 子 論 点 提 示 2 働 く 女 性 に 関 する 制 度 関 連 とライフコースへの 影 響 等 ( 沿 革

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

平成28年版 少子化社会対策白書 全体版(PDF形式)

平成28年版 少子化社会対策白書 全体版(PDF形式) 4 節 男 性 の 意 識 行 動 改 革 ( 長 時 間 労 働 の 是 正 ) 長 時 間 労 働 の 抑 制 及 び 年 次 有 給 休 暇 の 取 得 促 進 労 働 時 間 対 策 としては 単 に 労 働 時 間 の 短 縮 を 図 るだけではなく 労 働 時 間 休 日 数 及 び 年 次 有 給 休 暇 を 与 える 時 季 など 労 働 時 間 等 に 関 する 事 項 について

More information

橿原市特定事業主行動計画

橿原市特定事業主行動計画 橿 原 市 女 性 職 員 活 躍 推 進 アクションプラン 橿 原 市 (はじめに) 現 在 少 子 超 高 齢 化 や 地 方 分 権 の 進 展 に 伴 い 市 民 に 身 近 なサービスを 提 供 する 地 方 公 共 団 体 の 役 割 は ますます 重 要 となっています 橿 原 市 においても 限 られた 経 営 資 源 のもとで 組 織 力 のさらなる 向 上 を 図 り 持 続 可

More information

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的 会 津 若 松 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 5 月 会 津 若 松 市 目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現

More information

千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 女 性 職 員 がいきいきと 働 く 職 場 づくり 平 成 28 年 3 月 ( 策 定 ) 千 曲 市 長 千 曲 市 議 会 議 長 千 曲 市 選 挙 管 理 委 員 会 千 曲 市 代 表 監 査 委 員 千 曲 市 坂 城 町 等 公 平

千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 女 性 職 員 がいきいきと 働 く 職 場 づくり 平 成 28 年 3 月 ( 策 定 ) 千 曲 市 長 千 曲 市 議 会 議 長 千 曲 市 選 挙 管 理 委 員 会 千 曲 市 代 表 監 査 委 員 千 曲 市 坂 城 町 等 公 平 女 性 活 躍 推 進 法 に 基 づく 千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 3 月 長 野 県 千 曲 市 千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 女 性 職 員 がいきいきと 働 く 職 場 づくり 平 成 28 年 3 月 ( 策 定 ) 千 曲 市 長 千 曲 市 議 会 議 長 千 曲 市 選 挙 管 理 委 員 会 千 曲 市 代 表 監 査 委 員

More information

目 次 はじめに... - 1 - 第 1 章 男 性 の 育 児 休 業 取 得 の 必 要 性 について... - 1 - 第 1 節 女 性 の 就 業 状 況... - 1 - 第 2 節 女 性 活 躍 推 進 法 の 成 立... - 2 - 第 3 節 男 性 の 育 児 参 加 の

目 次 はじめに... - 1 - 第 1 章 男 性 の 育 児 休 業 取 得 の 必 要 性 について... - 1 - 第 1 節 女 性 の 就 業 状 況... - 1 - 第 2 節 女 性 活 躍 推 進 法 の 成 立... - 2 - 第 3 節 男 性 の 育 児 参 加 の 目 次 はじめに... - 1 - 第 1 章 男 性 の 育 児 休 業 取 得 の 必 要 性 について... - 1 - 第 1 節 女 性 の 就 業 状 況... - 1 - 第 2 節 女 性 活 躍 推 進 法 の 成 立... - 2 - 第 3 節 男 性 の 育 児 参 加 の 意 義... - 3 - 第 2 章 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 法 の 概 要... -

More information

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1 墨 田 区 女 性 の 活 躍 推 進 のための 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 墨 田 区 目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

調 査 結 果 Press Release 産 休 ママのパートナーの 育 休 取 得 率 1 割 以 下 出 産 1か 月 前 まで 仕 事 をしていた 3 割 弱 4 人 に1 人 は 育 休 取 得 期 間 が 1 年 に 満 たず 産 休 育 休 を 取 得 して 良 かったと 思 うこと

調 査 結 果 Press Release 産 休 ママのパートナーの 育 休 取 得 率 1 割 以 下 出 産 1か 月 前 まで 仕 事 をしていた 3 割 弱 4 人 に1 人 は 育 休 取 得 期 間 が 1 年 に 満 たず 産 休 育 休 を 取 得 して 良 かったと 思 うこと 報 道 関 係 者 各 位 2016 年 5 月 11 日 ゲンナイ 製 薬 調 べ 産 休 育 休 に 関 する 実 態 調 査 出 産 1 か 月 前 まで 仕 事 をしていた 3 割 弱 4 人 に 1 人 は 育 休 取 得 期 間 が 1 年 に 満 たず 産 休 取 得 者 の 4 人 に 1 人 がマタハラ 被 害 を 経 験 妊 活 サプリメントを 展 開 するゲンナイ 製 薬 株

More information

これからの 福 利 厚 生 のあり 方 について 福 利 厚 生 ガイドブック これからの 福 利 厚 生 のあり 方 について (1) 発 行 部 数 総 ページ 枚 数 1 万 部 42 ページ (2) 監 修 株 式 会 社 ニッセイ 基 礎 研 究 所 (3) 要 約 < 企 業 の 福 利

これからの 福 利 厚 生 のあり 方 について 福 利 厚 生 ガイドブック これからの 福 利 厚 生 のあり 方 について (1) 発 行 部 数 総 ページ 枚 数 1 万 部 42 ページ (2) 監 修 株 式 会 社 ニッセイ 基 礎 研 究 所 (3) 要 約 < 企 業 の 福 利 平 成 28 年 1 月 19 日 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 福 利 厚 生 ガイドブック これからの 福 利 厚 生 のあり 方 について および ニッセイ 福 利 厚 生 アンケート 調 査 報 告 書 の 発 行 について 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 ( 社 長 : 筒 井 義 信 以 下 当 社 )は 企 業 団 体 のお 客 様 向 けに これから の 福 利 厚

More information

参考資料2 女性の活躍による経済活性化を推進する関係閣僚会議について

参考資料2 女性の活躍による経済活性化を推進する関係閣僚会議について 女 性 の 活 躍 による 経 済 活 性 化 を 推 進 する 関 係 閣 僚 会 議 について 参 考 資 料 2 1. 女 性 の 活 躍 による 経 済 活 性 化 を 推 進 する 関 係 閣 僚 会 議 4 月 9 日 の 国 家 戦 略 会 議 において 民 間 議 員 より 女 性 の 活 躍 により 経 済 を 活 性 化 する 観 点 から 政 府 が 重 点 的 に 行 うべき

More information

3 計 画 期 間 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 は 平 成 37 年 3 月 31 日 までの 時 限 法 ですが 本 計 画 は 延 長 された10 年 間 のうち 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 32 年 3 月 31 日 までの5 年 間 を 計 画 期 間

3 計 画 期 間 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 は 平 成 37 年 3 月 31 日 までの 時 限 法 ですが 本 計 画 は 延 長 された10 年 間 のうち 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 32 年 3 月 31 日 までの5 年 間 を 計 画 期 間 山 梨 県 職 員 子 育 て 支 援 プログラム Ⅰ 総 論 1 はじめに 我 が 国 における 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 にかんがみ 次 世 代 育 成 支 援 対 策 を 迅 速 かつ 重 点 的 に 推 進 し もって 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ かつ 育 成 される 社 会 の 形 成 に 資 することを 目 的 とした 次 世 代 育

More information

実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計 画 の 後 期 基 本 計 画 の 期 間 に 合 わせ 平 成 27 年 度 までの4 年 間 について 実 行 計 画

実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計 画 の 後 期 基 本 計 画 の 期 間 に 合 わせ 平 成 27 年 度 までの4 年 間 について 実 行 計 画 日 光 市 人 材 育 成 基 本 方 針 実 行 計 画 ( 平 成 24 年 度 ~ 平 成 27 年 度 ) ~ 市 民 と 共 に 考 え 行 動 する 職 員 を 目 指 して~ 平 成 24 年 3 月 日 光 市 実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計

More information

英国:男女共同育児休暇制度

英国:男女共同育児休暇制度 欧 州 経 済 2013 年 4 月 4 日 全 5 頁 英 国 : 男 女 共 同 育 児 休 暇 制 度 柔 軟 な 休 暇 取 得 制 度 でイクメンは 増 えるのか? ロンドンリサーチセンター 研 究 員 沼 知 聡 子 [ 要 約 ] 英 国 連 立 政 権 による 雇 用 法 改 革 の 一 環 として 2015 年 より 男 女 共 同 育 児 休 暇 (Shared Parental

More information

調 査 実 施 背 景 わが 国 では 今 仕 事 に 対 する 意 欲 と 能 力 を 発 揮 しながらワクライフバランスとれた 働 き 方 を 実 現 するため 労 働 時 間 制 度 改 革 が 行 なわれています そ 一 環 として 年 次 有 給 休 暇 取 得 促 進 ため 取 組 も

調 査 実 施 背 景 わが 国 では 今 仕 事 に 対 する 意 欲 と 能 力 を 発 揮 しながらワクライフバランスとれた 働 き 方 を 実 現 するため 労 働 時 間 制 度 改 革 が 行 なわれています そ 一 環 として 年 次 有 給 休 暇 取 得 促 進 ため 取 組 も 2016 年 7 月 11 日 子 育 て 世 代 年 次 有 給 休 暇 取 得 意 識 ~ 子 どもがいる 正 社 員 休 暇 に 対 する 意 識 調 査 より~ 第 一 生 命 保 険 株 式 会 社 ( 社 長 渡 邉 光 一 郎 )シンクタンク 株 式 会 社 第 一 生 命 経 済 研 究 所 ( 社 長 矢 島 良 司 )では 全 国 20~59 歳 男 女 1,400 人 に 対

More information

熊 本 県 人 吉 市 について 熊 本 県 人 吉 市 は 熊 本 県 の 南 部 人 吉 盆 地 の 西 南 端 に 位 置 し 南 は 鹿 児 島 宮 崎 両 県 に 接 しており 熊 本 宮 崎 鹿 児 島 の3 都 市 へ 約 1 時 間 でアクセス できる 位 置 にある 人 口 は H

熊 本 県 人 吉 市 について 熊 本 県 人 吉 市 は 熊 本 県 の 南 部 人 吉 盆 地 の 西 南 端 に 位 置 し 南 は 鹿 児 島 宮 崎 両 県 に 接 しており 熊 本 宮 崎 鹿 児 島 の3 都 市 へ 約 1 時 間 でアクセス できる 位 置 にある 人 口 は H 第 2 回 休 み 方 改 革 ワーキンググループ 提 出 資 料 資 料 3 人 吉 市 における 家 族 の 時 間 づくり 及 び 休 暇 取 得 促 進 への 取 組 みについて 平 成 26 年 10 月 7 日 熊 本 県 人 吉 市 熊 本 県 人 吉 市 について 熊 本 県 人 吉 市 は 熊 本 県 の 南 部 人 吉 盆 地 の 西 南 端 に 位 置 し 南 は 鹿 児 島

More information

特定事業主行動計画(案)

特定事業主行動計画(案) 職 員 も 職 員 も ともに いきいきと 活 躍 できる 県 庁 を 目 指 して 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 方 針 ( の 職 業 生 活 における 活 躍 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ) 平 成 28 年 3 月 滋 賀 県 知 事 滋 賀 県 議 会 議 長 滋 賀 県 代 表 監 査 委 員 滋 賀 県 人 事 委

More information

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され 飛 騨 市 次 世 代 育 成 支 援 行 動 計 画 ( 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 飛 騨 市 長 飛 騨 市 議 会 議 長 飛 騨 市 選 挙 管 理 委 員 会 飛 騨 市 代 表 監 査 委 員 飛 騨 市 農 業 委 員 会 飛 騨 市 教 育 委 員 会 飛 騨 市 消 防 本 部 消 防 長 古 川 国 府 給 食 センター 利 用 組

More information

報 告 書 要 約 第 1 章 : 新 卒 の 採 用 就 職 就 職 先 検 討 時 に 最 重 視 しているポイントを 企 業 は 自 分 のやりたいことができるか と 想 像 してい るが 実 際 には 若 者 は 業 種 勤 務 地 を 最 重 視 している 企 業 が 採 用 時 に 最

報 告 書 要 約 第 1 章 : 新 卒 の 採 用 就 職 就 職 先 検 討 時 に 最 重 視 しているポイントを 企 業 は 自 分 のやりたいことができるか と 想 像 してい るが 実 際 には 若 者 は 業 種 勤 務 地 を 最 重 視 している 企 業 が 採 用 時 に 最 平 成 25 年 12 月 26 日 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 ニッセイ 福 利 厚 生 アンケート 調 査 報 告 書 ~ 企 業 における 若 者 活 用 戦 略 と 若 者 の 就 業 意 識 ~の 発 行 について 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 ( 社 長 : 筒 井 義 信 )は 従 業 員 規 模 1,000 人 以 上 の 企 業 や 官 公 庁 を 対 象 とする

More information

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書 平 成 26 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 研 究 者 等 の 業 績 に 関 する 評 価 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 27 年 3 月 本 報 告 書 は 文 部 科 学 省 の 平 成 26 年 度 研 究 開 発 評 価 推 進 調 査 委 託 事 業 による 委 託 業 務 として 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 が 実 施 した 平 成 26

More information

01 H27労働審議会資料ver3

01 H27労働審議会資料ver3 長 時 間 労 働 の 是 正 に 向 けた 取 組 について 平 成 27 年 12 月 21 日 新 潟 県 労 働 審 議 会 資 料 資 料 目 次 1 新 潟 県 の 労 働 時 間 の 現 状.1 2 新 潟 県 の 年 次 有 給 休 暇 取 得 の 現 状.2 3 長 時 間 労 働 の 是 正 が 求 められる 背 景..3 4 所 定 外 労 働 の 発 生 理 由.8 5 労

More information

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~ ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レポート 2016-02-05 配 偶 者 控 除 見 直 しについて ~ 家 計 の 可 処 分 所 得 への 影 響 ~ 経 済 研 究 部 研 究 員 薮 内 哲 (03)3512-1839 yabuuchi@nli-research.co.jp はじめに 現 在 政 府 は 所 得 税 改 革 に 向 けた 総 点 検 に 着 手 しており とりわけ

More information

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 に 関 する 調 査 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 プロジェクトチーム ( 調 査 監 修 ) 大 阪 産 業 経 済 リサーチセンター 目 次 2 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 15 1-1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 16 1-2 女 性 就 業 における M 字 カーブ

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82502D82508EC091D492B28DB88C8B89CA95F18D908F9181402E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82502D82508EC091D492B28DB88C8B89CA95F18D908F9181402E646F6378> 女 性 建 設 技 術 者 を 取 り 巻 く 環 境 の 実 態 調 査 調 査 結 果 報 告 書 青 森 県 県 土 整 備 部 監 理 課 目 次 1. 調 査 概 要 1 2. 回 答 企 業 の 概 要 2 3. 集 計 結 果 3 参 考 調 査 票 22 1. 調 査 の 概 要 調 査 の 目 的 建 設 産 業 では 担 い 手 不 足 が 課 題 となっており その 解 決 策

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で 甲 府 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 8 年 3 月 31 日 策 定 甲 府 市 長 甲 府 市 議 会 議 長 甲 府 市 教 育 委 員 会 甲 府 市 選 挙 管 理 委 員 会 甲 府 市 代 表 監 査 委 員 甲 府 市 農 業 委 員 会 甲 府 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 1 計 画 策

More information

2007年●●月●●日 報告 APU大学運営会議

2007年●●月●●日 報告 APU大学運営会議 第 5 章 教 員 組 織 2007 年 度 立 命 館 アジア 太 平 洋 大 学 自 己 点 検 評 価 報 告 書 目 的 開 学 以 来 の 目 標 < 大 学 学 部 > 1. 専 任 教 員 の 計 画 的 な 任 用 開 学 時 の 目 標 は 完 成 年 度 までに 教 授 44 人 助 教 授 14 人 講 師 46 人 合 計 104 人 の 専 任 教 員 を 計 画 的 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D93C192E88E968BC68EE58D7393AE8C7689E6362E31358DC58F492E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D93C192E88E968BC68EE58D7393AE8C7689E6362E31358DC58F492E646F6378> 名 寄 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 第 2 期 前 期 計 画 ) 名 寄 市 長 名 寄 市 議 会 議 長 名 寄 市 選 挙 管 理 委 員 会 名 寄 市 代 表 監 査 委 員 名 寄 市 外 2 組 合 公 平 委 員 会 名 寄 市 農 業 委 員 会 名 寄 市 教 育 委 員 会 名 寄 地 区 衛 生 施 設 事 務 組 合 上 川 北 部 消 防 事 務 組 合

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

資料3(第2章第3節)

資料3(第2章第3節) 第 2 章 第 3 節 地 方 公 共 団 体 の 取 組 2015 年 地 方 公 共 団 体 におけるワーク ライフ バランス 推 進 施 策 に 関 する 調 査 結 果 概 要 憲 章 では 仕 事 と 生 活 の 調 和 の 実 現 のため に 各 関 係 者 が 果 たす 役 割 について 示 しており 地 方 公 共 団 体 については 仕 事 と 生 活 の 調 和 の 現 状 や

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

ボスアンケート 結 果 レポート(2/7) ボスの 分 類 会 社 で 成 果 UP アンケートにおける 選 択 肢 部 下 のワークライフバランス(WLB)は 無 視 してでも 会 社 の 成 果 を 圧 倒 的 に 出 す 上 司 当 レポートにおける 略 語 激 ボス イクボス 部 下 のワー

ボスアンケート 結 果 レポート(2/7) ボスの 分 類 会 社 で 成 果 UP アンケートにおける 選 択 肢 部 下 のワークライフバランス(WLB)は 無 視 してでも 会 社 の 成 果 を 圧 倒 的 に 出 す 上 司 当 レポートにおける 略 語 激 ボス イクボス 部 下 のワー ボスアンケート 結 果 レポート(1/7) 実 施 方 法 :WEBアンケート(NPO 法 人 ファザーリング ジャパン 及 び 関 連 団 体 にて 呼 びかけ) アンケート 期 間 :2015 年 3 月 23 日 ~4 月 3 日 有 効 回 答 数 207 名 ( 男 性 141 名 女 性 66 名 ) 目 的 : 会 社 等 に 勤 務 ( 会 社 等 を 経 営 )する 父 親 母 親

More information

(Microsoft Word - \203A\203\201\201[\203o\214o\211c\227\235\211\360.doc)

(Microsoft Word - \203A\203\201\201[\203o\214o\211c\227\235\211\360.doc) 1. 経 営 管 理 フレームとしての 基 本 的 な 特 徴 アメーバ 経 営 は 経 営 管 理 の 仕 組 みの 側 面 から 見 ると 時 間 当 り という 利 益 効 率 指 標 を 中 核 に 置 いた 部 門 別 採 算 管 理 手 法 であると 言 える 以 下 にその 重 要 な 特 徴 について 述 べる 1 時 間 当 り という 指 標 時 間 当 り の 求 め 方 は

More information

別添2(表紙・目次)

別添2(表紙・目次) 別 添 2 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 等 目 次 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 35 全 体 概 要 36 企 業 事 例 一 覧 38 賃 金 制 度 の 見 直 しに 当 たって 従 業 員 の 納 得 性 を 高 めるための 取 組 事 例 57 中

More information

西予市人口ビジョン

西予市人口ビジョン 西 予 市 人 口 ビジョン 28 年 3 月 西 予 市 目 次 西 予 市 のお 財 布 事 情... 1 Ⅰ 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的... 2 Ⅱ 西 予 市 の 人 口 動 向... 2 1. 人 口 推 移... 2 2. 自 然 増 減... 6 3. 社 会 増 減... 10 Ⅲ 西 予 市 の 将 来 人 口 推 計... 12 1. 市 全 体... 12 ア 推

More information

2-3

2-3 イクボスとは 以 下 を 満 たしている 上 司 経 営 者 管 理 職 1 部 下 の 私 生 活 とキャリアを 応 援 2 自 らも ワークライフバランスを 満 喫 3 組 織 の 目 標 ( 利 益 等 )を 達 成 そして 部 下 や 次 世 代 と 社 会 を 育 てるボスのこと 資 料 2-3 仕 事 のデキるボスは 目 の 前 の1 人 ( 妻 や 部 下 ) を 幸 せにできる ワーク

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 孫 への 贈 与 非 課 税 の 潜 在 効 果 と 課 題 発 表 日 :2013 年 2 月 13 日 ( 水 ) ~ 利 用 されるために 必 要 な 制 度 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 今 回 の 緊 急 経 済 対 策 では 祖 父

More information

05 第1部2数値目標達成及び中間年評価

05  第1部2数値目標達成及び中間年評価 2 群 馬 県 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 第 3 次 )の 数 値 目 標 達 成 状 況 と 群 馬 県 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 第 3 次 )では 男 女 が 性 別 にかかわらず 一 人 ひとりの 考 え 方 や 生 き 方 が 尊 重 される 社 会 あらゆる 分 野 への 参 画 の 機 会 が 保 障 され その 個 性 と 能 力 を 十 分 に

More information

Microsoft Word - F6_Research_Notes_1.doc

Microsoft Word - F6_Research_Notes_1.doc The study and analysis of the HK Local Female Talents: The reasons why they quit the Japanese Companies メイ ウォン Sino Education 要 旨 香 港 には 世 界 中 から 優 秀 な 人 材 が 集 まっている そして その 中 には これまで 学 んできた 日 本 語 を 生 かして

More information

シンポジウム「『女性と年金』~女性活躍と出産育児配慮の在り方を求めて~」

シンポジウム「『女性と年金』~女性活躍と出産育児配慮の在り方を求めて~」 シンポジウム 女 性 と 年 金 ~ 女 性 活 躍 と 出 産 育 児 配 慮 の 在 り 方 を 求 めて~ 日 時 : 平 成 27 年 11 月 26 日 ( 木 )14:00~17:00 会 場 : 東 海 大 学 校 友 会 館 海 外 における 女 性 への 年 金 上 の 配 慮 について 丸 山 桂 ( 成 蹊 大 学 経 済 学 部 教 授 ) ただ 今 ご 紹 介 にあずかりました

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

事 業 計 画 書 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 大 学 コンソーシアム 京 都 京 都 市 下 京 区 西 洞 院 通 塩 小 路 下 る 東 塩 小 路 町 939 京 都 市 大 学 のまち 交 流 センター 内 2011 年 度 大 学 コンソーシアム 京 都 事 業 計 画 書 予 算 基 本 方 針 事 業 計 画

More information

(5) 企 業 の 女 性 研 究 者 との 交 流 セミナーの 実 施 民 間 企 業 の 女 性 支 援 策 のノウハウを 学 ぶため 企 業 研 究 者 との 交 流 セミナーを 実 施 する 学 部 学 生 や 修 士 博 士 課 程 の 学 生 にとっては 将 来 構 想 を 視 野 に

(5) 企 業 の 女 性 研 究 者 との 交 流 セミナーの 実 施 民 間 企 業 の 女 性 支 援 策 のノウハウを 学 ぶため 企 業 研 究 者 との 交 流 セミナーを 実 施 する 学 部 学 生 や 修 士 博 士 課 程 の 学 生 にとっては 将 来 構 想 を 視 野 に 逆 風 を 順 風 に 宮 崎 大 学 女 性 研 究 者 支 援 モデル 実 施 予 定 期 間 : 平 成 20 年 度 ~ 平 成 22 年 度 総 括 責 任 者 : 菅 沼 龍 夫 ( 宮 崎 大 学 学 長 ) Ⅰ. 概 要 本 学 が 大 学 院 GP 魅 力 ある 大 学 院 教 育 イニシアティブ (18~19 年 度 )において 取 り 組 んだ 女 子 大 学 院 生 支 援

More information

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯 みずほインサイト 政 策 2015 年 11 月 27 日 地 方 圏 での 戦 略 型 企 業 誘 致 地 場 産 業 と 連 携 した 誘 致 による 自 立 的 発 展 が 有 効 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 上 村 未 緒 03-3591-1336 mio.uemura@mizuho-ri.co.jp 地 方 創 生 の 一 環 として 推 進 される 雇 用 創 出 の 代 表

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

人材育成基本方針

人材育成基本方針 吹 田 市 人 材 育 成 基 本 方 針 社 会 の 変 革 に 対 応 できる 人 材 づくり 平 成 24 年 (2012 年 ) 公 務 制 度 改 革 -1- -2- 新 たな 人 材 育 成 基 本 方 針 の 策 定 にあたって 今 日 本 社 会 は 大 きな 転 換 期 にあります 市 場 や 情 報 がグローバル 化 し 少 子 化 や 人 口 減 少 は 歯 止 めがかからず

More information

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 若 者 の 意 識 を 探 る 概 要 厚 生 労 働 省 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 の 全 体 像 第 1 部 (テーマ 編 ) 若 者 の 意 識 を 探 る 若 者 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 の 現 状 と 変 化 を 踏 まえ 若 者 の 意 識 やライフコースにおける 様 々な 課 題 について 分 析 併 せて

More information

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 して いる 1. 事 業 所 が

More information

2/10 2007 年 版 の 白 書 では, 医 療 構 造 改 革 関 連 法 の 円 滑 な 施 行 や 都 道 府 県 の 各 種 計 画 の 策 定 作 業 にも 資 するよう, 医 療 構 造 改 革 の 内 容 を 解 説 するとともに, 今 後 の 日 本 の 医 療 の 進 むべき

2/10 2007 年 版 の 白 書 では, 医 療 構 造 改 革 関 連 法 の 円 滑 な 施 行 や 都 道 府 県 の 各 種 計 画 の 策 定 作 業 にも 資 するよう, 医 療 構 造 改 革 の 内 容 を 解 説 するとともに, 今 後 の 日 本 の 医 療 の 進 むべき 1/10 白 書 のポイント を 理 解 する 厚 生 労 働 白 書 少 子 化 社 会 白 書 国 民 生 活 白 書 青 少 年 白 書 高 齢 社 会 白 書 障 害 者 白 書 男 女 共 同 参 画 白 書 自 殺 対 策 白 書 ( :2009 年 1 月 8 日 掲 載 ) 白 書 ポイント 厚 生 労 働 白 書 ( 厚 生 労 働 省 ) 2007 年 版 厚 生 労 働 白 書

More information

施 策 を 実 施 する 方 針 を 明 らかにしている 税 制 については 2014 年 11 月 7 日 に 政 府 税 制 調 査 会 により 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 の 構 築 をはじめとする 個 人 所 得 課 税 改 革 に 関 する 論 点 整 理

施 策 を 実 施 する 方 針 を 明 らかにしている 税 制 については 2014 年 11 月 7 日 に 政 府 税 制 調 査 会 により 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 の 構 築 をはじめとする 個 人 所 得 課 税 改 革 に 関 する 論 点 整 理 みずほインサイト 政 策 2014 年 11 月 27 日 働 き 方 に 中 立 的 な 税 社 会 保 障 へ 女 性 の 活 躍 促 進 に 向 けた 改 革 の 実 施 と 今 後 の 課 題 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 政 策 調 査 部 03-3591-1338 女 性 の 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 社 会 保 障 制 度 とするため

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

尾道福祉専門学校 平成26年度 自己評価報告書

尾道福祉専門学校 平成26年度 自己評価報告書 平 成 26 年 度 自 己 評 価 報 告 書 平 成 27 年 8 月 社 会 福 祉 法 人 尾 道 さつき 会 尾 道 福 祉 専 門 学 校 目 次 1. 学 校 の 現 況 P1 2. 評 価 の 基 本 方 針 P2 3. 本 年 度 に 定 めた 重 点 目 標 P2 4. の 達 成 及 び 取 組 状 況 (1) 教 育 理 念 目 標 P3 (2) 学 校 運 営 P5 (3)

More information

鳥羽市職員定数適正化計画

鳥羽市職員定数適正化計画 鳥 羽 市 職 員 定 数 管 理 計 画 ( 平 成 年 度 ~ 平 成 年 度 ) 平 成 年 月 鳥 羽 市 目 次. 職 員 定 数 管 理 計 画 の 考 え 方 () 計 画 の 目 的 () 本 市 の 状 況 (3) 計 画 の 期 間. 職 員 数 の 現 状 3 () 部 門 別 職 員 数 の 推 移 3 () 退 職 者 の 見 込 み 3. 市 税 収 入 及 び 人 件

More information

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト 活用マニュアル

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト  活用マニュアル 札 幌 市 ワーク ライフ バランス 取 組 評 価 ウェブサイト 活 用 マニュアル 札 幌 市 子 ども 未 来 局 子 ども 企 画 課 1. 各 回 答 を 選 択 する 際 の 手 引 き P1~9 2. 得 点 の 集 計 方 法 P10 3. 用 語 説 明 P11~12 4つの 選 択 肢 から 職 場 の 状 況 に 最 も 適 した 選 択 肢 をお 選 びいただきますが 回 答

More information

平成18年4月 日

平成18年4月 日 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 に 向 けた 提 言 書 平 成 28 年 3 月 刈 谷 市 女 性 職 員 活 躍 推 進 プロジェクトチーム ~ ハーモニー7 ~ 目 次 1 はじめに 1 2 本 市 の 現 状 と 課 題 (1)データからみる 現 状 と 課 題 2 (2) 職 員 意 識 調 査 の 結 果 10 (3) 職 員 意 見 交 換 会 の 結 果 18 (4) 課 題

More information

ヒアリング事項について

ヒアリング事項について 資 料 3-1 介 護 労 働 者 の 確 保 定 着 等 に 関 する 研 究 会 における 質 問 項 目 日 本 介 護 福 祉 士 会 1 基 本 情 報 1 貴 団 体 の 概 要 設 立 年 月 日 平 成 12 年 6 月 26 日 ( 任 意 団 体 設 立 : 平 成 6 年 2 月 12 日 ) 定 款 に 定 める 目 的 本 会 は 介 護 福 祉 士 の 職 業 倫 理 及

More information

スライド 1

スライド 1 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 平 成 27 年 7 月 ~12 月 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 概 要 実 施 期 間 : 平 成 27 年 7 月 から12 月 までの6か 月 間 実 施 主 体 : 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 経

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン( 以 下 本 ガイドライン という )は 株 式 会 社 三 井 住 友 フィナンシャルグループ( 以 下 当 社 と いう )が 実 効 的 なコーポレートガバナンスの 実 現 を 通 じて 不 祥 事 や 企 業 としての 不 健 全 な 事 態 の 発 生

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

平成25年度 いじめ対策等生徒指導推進事業

平成25年度 いじめ対策等生徒指導推進事業 平 成 25 年 度 いじめ 対 策 等 生 徒 指 導 推 進 事 業 自 発 的 主 体 的 な 成 長 発 達 を 促 す 組 織 的 取 組 の 研 究 ~ 不 登 校 児 童 生 徒 不 登 校 経 験 者 を 対 象 に~ お 問 い 合 わ せ は こ ち ら ま で 医 療 法 人 静 光 園 カウンセリングルーム フリースクール サポート 校 ソフィア 836-0862 福 岡 県

More information

<5461726F2D915395B6816989FC90B394BD896694C5816A2E6A7464>

<5461726F2D915395B6816989FC90B394BD896694C5816A2E6A7464> 労 働 時 間 等 見 直 しガイドライン ( 労 働 時 間 等 設 定 改 善 指 針 ) 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 108 号 目 次 前 文 1 1 労 働 時 間 等 の 設 定 の 改 善 に 関 する 基 本 的 考 え 方 2 (1) 労 働 時 間 等 の 設 定 の 改 善 を 図 る 趣 旨 2 (2) 労 働 時 間 の 短 縮 の 推 進 3 (3)

More information

1 要 旨 ワーク ライフ バランス 推 進 をめざした 多 様 な 勤 務 形 態 の 導 入 国 立 大 学 法 人 徳 島 大 学 病 院 モデル 事 業 の 実 施 にあたり 看 護 職 の 確 保 定 着 とキャリア 形 成 を 目 的 として 看 護 ケ アの 質 向 上 と ワーク ライフ バランス( 以 下 WLB とする)の 理 念 のもとに 働 く 看 護 職 者 自 らとその 家

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒 平 成 27 年 8 月 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 書 酒 類 業 中 央 団 体 連 絡 協 議 会 幹 事 日 本 洋 酒 酒 造 組 合 日 本 酒 造 組 合 中 央 会 日 本 蒸 留 酒 酒 造 組 合 ビ ー ル 酒 造 組 合 全 国 卸 売 酒 販 組 合 中 央 会 全 国 小 売 酒 販 組 合 中 央 会 日 本 ワ イ ナ リ ー 協

More information

目 次 Ⅰ. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランの 策 定 にあたって 1P 1. 女 性 活 躍 推 進 への 取 り 組 み 1 2. 女 性 活 躍 推 進 アクションプラン 策 定 背 景 2 3. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランのねらい 2 Ⅱ. 本 市 の 現 状 3P

目 次 Ⅰ. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランの 策 定 にあたって 1P 1. 女 性 活 躍 推 進 への 取 り 組 み 1 2. 女 性 活 躍 推 進 アクションプラン 策 定 背 景 2 3. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランのねらい 2 Ⅱ. 本 市 の 現 状 3P 女 性 活 躍 推 進 アクションプラン 女 性 活 躍 推 進 法 に 基 づく 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 度 改 訂 宗 像 市 目 次 Ⅰ. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランの 策 定 にあたって 1P 1. 女 性 活 躍 推 進 への 取 り 組 み 1 2. 女 性 活 躍 推 進 アクションプラン 策 定 背 景 2 3. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランのねらい

More information

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 項 目 平 成 28 年 8 月 金 融 庁 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 金 融 所 得

More information

<接待ゴルフも仕事のうち?>

<接待ゴルフも仕事のうち?> 8 月 の 税 務 と 労 務 の 手 続 [ 提 出 先 納 付 先 ] 10 日 源 泉 徴 収 税 額 住 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 納 付 [ 郵 便 局 または 銀 行 ] 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 提 出 < 前 月 以 降 に 採 用 した 労 働 者 がいる 場 合 > [ 公 共 職 業 安 定 所 ] 労 働 保 険 一 括 有 期 事 業

More information

調 査 結 果 メディケア 生 命 保 険 株 式 会 社 (http://www.medicarelife.com/)( 本 社 : 東 京 都 江 東 区 取 締 役 社 長 : 寺 﨑 啓 介 )は 育 児 休 業 3 年 化 と 待 機 児 童 問 題 に 関 する 意 識 調 査 をモバイ

調 査 結 果 メディケア 生 命 保 険 株 式 会 社 (http://www.medicarelife.com/)( 本 社 : 東 京 都 江 東 区 取 締 役 社 長 : 寺 﨑 啓 介 )は 育 児 休 業 3 年 化 と 待 機 児 童 問 題 に 関 する 意 識 調 査 をモバイ 報 道 関 係 各 位 育 児 休 業 3 年 化 と 待 機 児 童 問 題 に 関 する 意 識 調 査 2013 年 7 月 29 日 未 就 学 児 ママ 就 業 状 況 は? 仕 事 に 就 いている 未 就 学 児 ママは3 人 に1 人 未 就 学 児 ママ 就 業 率 6 歳 児 ママでは 6 割 超 未 就 学 児 ママが 希 望 する 就 業 形 態 は? 未 就 学 児 ママ

More information

スライド 1

スライド 1 イクメン 企 業 アワード2014 グランプリ 受 賞 アース クリエイト 有 限 会 社 所 在 地 : 岐 阜 県 岐 阜 市 業 種 : 建 設 業 従 業 員 数 :22 人 従 業 員 家 族 の 気 持 ちを 十 分 くみ 取 り 働 きやすい 環 境 を 整 備 することを 責 務 とし 持 続 性 の 高 い 会 社 運 営 を 目 指 す 経 営 姿 勢 小 規 模 事 業 所 でかつ

More information

<受賞団体の取組概要>

<受賞団体の取組概要> 別 紙 < 受 賞 団 体 の 取 組 概 要 > 最 優 秀 賞 諏 訪 市 教 育 委 員 会 諏 訪 市 ものづくり 委 員 会 諏 訪 市 内 全 小 中 学 校 11 校 ( 小 学 校 7 校 中 学 校 4 校 ) 学 校 支 援 地 域 本 部 中 州 小 学 校 学 校 運 営 協 議 会 諏 訪 市 校 長 会 及 び 教 頭 会 諏 訪 市 経 済 部 商 工 課 諏 訪 商

More information

野村資本市場研究所|人口移動と資金移動:中国の例(PDF)

野村資本市場研究所|人口移動と資金移動:中国の例(PDF) 特 集 1:アジア 人 口 移 動 と 資 金 移 動 : 中 国 の 例 人 口 移 動 と 資 金 移 動 : 中 国 の 例 宮 本 佐 知 子 要 約 1. 現 在 の 中 国 と 高 度 成 長 期 の 日 本 は 類 似 点 も 多 く 現 在 の 中 国 で 大 きな 問 題 と なっている 地 域 間 の 所 得 格 差 や 大 規 模 な 人 口 移 動 は 当 時 の 日 本 で

More information

は じ め に 学 校 法 人 工 藤 学 園 は1978 年 ( 昭 和 5 年 )に 北 海 道 愛 犬 美 容 学 園 として 設 立 され て 以 来 トリミングや 動 物 看 護 師 の 深 い 知 識 と 高 度 な 技 術 を 身 につけるとともに ペット を 通 じて 社 会 に 貢

は じ め に 学 校 法 人 工 藤 学 園 は1978 年 ( 昭 和 5 年 )に 北 海 道 愛 犬 美 容 学 園 として 設 立 され て 以 来 トリミングや 動 物 看 護 師 の 深 い 知 識 と 高 度 な 技 術 を 身 につけるとともに ペット を 通 じて 社 会 に 貢 平 成 27 年 9 月 0 日 関 係 者 各 位 学 校 法 人 工 藤 学 園 理 事 長 工 藤 典 子 平 成 26 年 度 愛 犬 美 容 看 護 専 門 学 校 自 己 点 検 評 価 報 告 書 の 公 表 について 平 成 26 年 度 の 自 己 点 検 評 価 結 果 をまとめましたので 公 表 いたします 今 後 は 結 果 にある 改 善 事 項 等 を 真 摯 に 受 け

More information

父親の育児休業取得と経済的負担

父親の育児休業取得と経済的負担 Legal and Tax Report 父 親 の 育 児 休 業 取 得 と 経 済 的 負 担 2010 年 5 月 25 日 全 9 頁 制 度 調 査 部 是 枝 俊 悟 育 児 休 業 給 付 金 税 社 会 保 険 料 を 考 慮 した 世 帯 手 取 り 収 入 の 変 化 の 試 算 [ 要 約 ] 2010 年 6 月 30 日 から 改 正 育 児 介 護 休 業 法 が 施

More information

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx 要 旨 本 論 文 の 目 的 は, 日 本 企 業 の 人 材 マネジメントとしての 育 児 期 従 業 員 に 対 する 両 立 支 援 施 策 とその 運 用 が, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 の 定 着 と 動 機 づけにもつ 影 響 とそのメカニズムに ついて 理 論 的 に 考 察 し, 実 証 を 行 うことにある. 本 論 での 両 立 支 援 施 策 は, 主 に, 従 業

More information

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に 第 192 回 産 業 セミナー 社 会 保 障 の 公 的 負 担 現 状 と 課 題 前 川 聡 子 財 政 社 会 保 障 制 度 研 究 班 研 究 員 経 済 学 部 教 授 はじめに 野 田 政 権 発 足 後 社 会 保 障 財 源 の 確 保 を 目 的 とした 消 費 税 増 税 を 実 現 する 方 向 で 議 論 が 着 々 と 進 められている 既 に 消 費 税 ( 国 税

More information

Microsoft Word - 02第3期計画(元データ).doc

Microsoft Word - 02第3期計画(元データ).doc 第 3 期 長 岡 市 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 市 職 員 ) 平 成 23 年 4 月 長 岡 市 教 育 委 員 会 Ⅰ 総 論 1 目 的 急 速 な 少 子 化 の 進 行 家 庭 地 域 を 取 巻 く 環 境 の 変 化 により 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ かつ 育 成 される 社 会 の 形 成 に 資 するため

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

人 権 連 結 従 業 員 数 の 推 移 ( 人 ) 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 6,11 5,496 1,638 6,31 5,511 国 内 連 結 従 業 員 内 女 性 従 業 員 1,663 5,82 4,88 1,239 海 外 連 結 従 業 員 数 内 女 性 従 業

人 権 連 結 従 業 員 数 の 推 移 ( 人 ) 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 6,11 5,496 1,638 6,31 5,511 国 内 連 結 従 業 員 内 女 性 従 業 員 1,663 5,82 4,88 1,239 海 外 連 結 従 業 員 数 内 女 性 従 業 人 権 昭 和 電 工 グループでは 推 進 を 経 営 戦 略 の 一 つに 掲 げ さまざまな 取 り 組 みを 行 っています 214 年 の CS 計 画 と 実 績 および 215 年 計 画 課 題 214 年 計 画 214 年 実 績 評 価 215 年 計 画 多 様 性 の 推 進 女 性 管 理 職 数 ( 比 率 ) 目 標 の 設 定 および 達 成 に 向 け た 採 用

More information

<91E63489F18E9197BF332E786477>

<91E63489F18E9197BF332E786477> 第 4 回 大 隅 地 域 の 公 立 高 校 の 在 り 方 検 討 委 員 会 ( 資 料 ) 目 次 日 程 1 当 該 高 校 の 在 り 方 案 に 対 する 検 討 委 員 会 意 見 2 各 地 区 検 討 会 からの 当 該 高 校 の 在 り 方 ( 案 ) 鹿 屋 地 区 ( 鹿 屋 市 内 5 校 ) 3 肝 付 地 区 ( 高 山 高 校 ) 4 南 大 隅 錦 江 地 区

More information

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 参 考 資 料 2 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づく 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 ( 市 町 村 関 連 部 分 のみ 抜 粋 ) 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支

More information

1 背 景 (1) 人 口 減 少 問 題 本 年 4 月 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 では 我 が 国 の 総 人 口 は 少 子 高 齢 化 の 進 展 により 急 速 に 減 少 し 2048 年 ( 平 成 60 年 )には1 億 人 を 割 って9,913 万 人

1 背 景 (1) 人 口 減 少 問 題 本 年 4 月 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 では 我 が 国 の 総 人 口 は 少 子 高 齢 化 の 進 展 により 急 速 に 減 少 し 2048 年 ( 平 成 60 年 )には1 億 人 を 割 って9,913 万 人 資 料 1 平 成 26 年 10 月 21 日 1 背 景 1 2 女 性 の 活 躍 促 進 の 課 題 3 3 女 性 の 活 躍 支 援 のための 施 策 展 開 3 4 ネットワークの 構 築 4 5 北 の 輝 く 女 性 応 援 会 議 の 今 後 の 取 組 方 向 5 参 考 資 料 北 海 道 らしい 女 性 の 元 気 応 援 ネット 北 の 輝 く 女 性 応 援 会 議 の

More information

2. 調 査 票 配 布 した 調 査 票 を 以 下 に 示 す 2

2. 調 査 票 配 布 した 調 査 票 を 以 下 に 示 す 2 資 料 2 1. 調 査 の 概 要 中 間 報 告 結 婚 子 育 てに 関 するアンケート 調 査 調 査 目 的 結 婚 子 育 てに 関 するアンケート 調 査 調 査 内 容 回 答 者 自 身 について 回 答 者 の 属 性 ( 性 別 年 齢 居 住 地 域 就 業 状 況 ) 世 帯 状 況 ( 世 帯 の 年 収 家 族 構 成 ) 結 婚 について 婚 姻 状 況 未 婚 者

More information

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330>

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330> 門 真 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 平 成 22 年 3 月 門 真 はじめに 門 真 では 平 成 22 年 3 月 現 在 487 戸 の 営 住 宅 を 管 理 しており これらの 住 宅 ストックを 良 好 な 社 会 的 資 産 として 有 効 に 活 用 していくことは 極 めて 重 要 な 課 題 である 本 では 昭 和 20~30 年 代 に 建 設 された 木 造 営

More information

Microsoft PowerPoint - (教委)(完成版)秋田市教育委員会特定事業主行動計画

Microsoft PowerPoint - (教委)(完成版)秋田市教育委員会特定事業主行動計画 秋 田 市 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 後 期 分 ) はじめに 平 成 15 年 7 月 に 次 世 代 育 成 対 策 推 進 法 が 成 立 し 急 速 な 少 子 化 の 進 行 と 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 に 対 応 するため 国 地 方 公 共 団 体 事 業 者 など 社 会 を 挙 げて 次 代 を 担 う 子 供

More information

4 回 答 者 属 性 (1) 性 別 人 数 構 成 比 男 性 女 性 % 55.9% 1.0% 計 % 1% 男 性 43.1% 女 性 55.9% (2) 年 代 別 人 数 構 成 比 20 歳 代 41.0% 30 歳 代 % 40

4 回 答 者 属 性 (1) 性 別 人 数 構 成 比 男 性 女 性 % 55.9% 1.0% 計 % 1% 男 性 43.1% 女 性 55.9% (2) 年 代 別 人 数 構 成 比 20 歳 代 41.0% 30 歳 代 % 40 発 達 障 がいに 関 するアンケート 調 査 結 果 1 調 査 目 的 障 害 福 祉 課 県 では 発 達 障 がいに 関 する 正 しい 理 解 と 認 識 を 深 めていただくため 理 解 啓 発 事 業 を 推 進 しておりますが 発 達 障 がいについて 県 民 の 皆 さんの 意 識 を 把 握 し より 効 果 的 な 啓 発 の 方 法 など 今 後 の 施 策 の 基 礎 資

More information

1 はじめに 2 H.I.S.とは 3 H.I.S.の 経 営 戦 略 3.1コスト リーダーシップ 戦 略 3.2 集 中 戦 略 4 なぜ 成 功 できたのか 5 これからの 課 題 6 おわりに 1 はじめに 私 は 以 前 3 年 間 ハンガリーに 住 んでいた 経 験 がある その 頃 か

1 はじめに 2 H.I.S.とは 3 H.I.S.の 経 営 戦 略 3.1コスト リーダーシップ 戦 略 3.2 集 中 戦 略 4 なぜ 成 功 できたのか 5 これからの 課 題 6 おわりに 1 はじめに 私 は 以 前 3 年 間 ハンガリーに 住 んでいた 経 験 がある その 頃 か H.I.S.の 経 営 戦 略 2 年 船 山 1 はじめに 2 H.I.S.とは 3 H.I.S.の 経 営 戦 略 3.1コスト リーダーシップ 戦 略 3.2 集 中 戦 略 4 なぜ 成 功 できたのか 5 これからの 課 題 6 おわりに 1 はじめに 私 は 以 前 3 年 間 ハンガリーに 住 んでいた 経 験 がある その 頃 からヨーロッパ 各 地 を 旅 行 してきたことから 海

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B20816020303594AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B20816020303594AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5> 平 成 25 度 第 1 回 移 動 教 育 委 員 会 懇 談 会 発 言 要 旨 開 催 日 平 成 25 年 5 月 22 日 ( 水 ) 会 場 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 教 職 員 との 懇 談 会 14:40~15:30 参 加 者 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 班 長 主 幹 主 査 担 当 職 員 静 岡 県 教 育 委 員 会 教 育 委 員 会 教 育 委 員 長

More information

はじめに 今 治 市 役 所 の 未 来 をつくるために 今 こそ 全 職 員 参 加 で 取 り 組 もう! 平 成 27 年 8 月 に 女 性 の 職 業 生 活 における 活 躍 の 推 進 に 関 する 法 律 が 成 立 し 女 性 の 活 躍 に 社 会 全 体 で 取 り 組 もうと

はじめに 今 治 市 役 所 の 未 来 をつくるために 今 こそ 全 職 員 参 加 で 取 り 組 もう! 平 成 27 年 8 月 に 女 性 の 職 業 生 活 における 活 躍 の 推 進 に 関 する 法 律 が 成 立 し 女 性 の 活 躍 に 社 会 全 体 で 取 り 組 もうと すべての 職 員 が 働 きやすい 働 きがいを 感 じる 職 場 風 土 をつくるために 平 成 28 年 3 月 策 定 今 治 市 長 今 治 市 議 会 議 長 今 治 市 教 育 委 員 会 今 治 市 選 挙 管 理 委 員 会 今 治 市 公 平 委 員 会 今 治 市 農 業 委 員 会 今 治 市 代 表 監 査 委 員 今 治 市 消 防 長 はじめに 今 治 市 役 所 の 未

More information

以 降 はほぼ 横 ばいで 推 移 している( 図 表 1) 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までの 過 去 6 年 間 の 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 収 支 の 状 況 をみてみると 医 業 収 益 対 医 業 利 益 率 ( 以 下 医 業 利 益 率 とい

以 降 はほぼ 横 ばいで 推 移 している( 図 表 1) 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までの 過 去 6 年 間 の 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 収 支 の 状 況 をみてみると 医 業 収 益 対 医 業 利 益 率 ( 以 下 医 業 利 益 率 とい Research Report 2015 年 8 月 7 日 経 営 サポートセンター リサーチグループ 主 査 浅 野 俊 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について( 平 成 20 年 度 - 平 成 25 年 度 ) 福 祉 医 療 機 構 のデータに 基 づき 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までにわたる 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 経 年 分 析 を

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

Microsoft PowerPoint - 20150519経営ビジョン(概要版)

Microsoft PowerPoint - 20150519経営ビジョン(概要版) 産 物 部 経 営 ビジョン 横 浜 化 の 丁 番 地 へ < 概 要 版 > 平 成 27 年 5 横 浜 市 中 央 卸 売 市 場 本 場 産 物 部 次 ページ はじめに 2 Ⅰ 基 本 理 念 6 Ⅰ-1. 経 営 理 念 7 Ⅰ-2. 行 動 規 範 8 Ⅰ-3.スローガン 9 Ⅱ 内 外 部 環 境 概 要 10 Ⅱ-1. 外 部 環 境 概 要 11 Ⅱ-2. 内 部 環 境 概

More information