社会的不利・困難を抱える「若者応援プログラム集」

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "社会的不利・困難を抱える「若者応援プログラム集」"

Transcription

1

2

3 3

4 4

5 5

6 6

7 7

8 8

9 9

10 10

11 11

12 12

13 13

14 14

15 15

16 16

17 17

18 18

19 19

20 20

21 21

22 22

23 23

24 24

25 25

26 26 COLUMN

27 27

28 28

29 29

30 30

31 31

32 32

33 33

34 34

35 35

36 36

37 37

38 38

39 39

40 40

41 41

42 42 300

43 43

44 44

45 45

46 46

47 Fax :

48 48

49 49

50 50 50

51 51

52 52

53 53

54 54

55 55

56 56

57 57

58 58

59 59

60 60

61 61

62 62

63 63

64 64

65 65

66 66

67 67

68 68

69 69

70 70

71 71

72 72

73 73

74 74

75 75

76 76

77 77

78 78

79 79

80 80

81 81

82 82

83 83

84 84

85 85

86 86

87 87

88 88

89 89

90 90

91 91

92 92

93 93

94 94

95 95

96 96

97 97

98 98

99 99

100 100

101 101

102 102

103 若者応援ネットワーク研究集会 報告 第 1 回目 2013 年 10 月12日実施 テーマ ネットワークによる当事者支援のあり方について 第一部 基調報告 成澤俊輔 NPO 法人 Future Dream Achievement 理事 瀬名波雅子 NPO 法人 ビッグイシュー基金 チーフコーディネーター 第二部 グループワーク ひきこもりやニート 社会的養護のもとに育った若者で現在も社会的困難を抱える当事者の具体的なケースをもとに 自団体の 特色やリソースを生かしてどのようにサポートしていくかについてグループで議論を行いました 参加者の声 単に つなぐだけ にならないために 連携する前の確認事項や具体的な連携事例をもっと知りたいと思いました どこに相談していいかわからない という方を減らし どこでも相談ができる総合的窓口があるとよいと思っています また 窓口から専門的な支援先へと繋ぐ連携を取れたらよいと考えます 参加者所属団体 若者支援 障害者支援 社会福祉士会 ホームレス支援など 第 2 回目 2013 年 12 月21日実施 テーマ ネットワークを生かした当事者支援のあり方と実践 第一部 パネルトーク 若者支援のこれまでとこれから 宮本みち子 放送大学教授 若者支援から若年困窮者への寄り添い型支援への展開と課題 鈴木晶子 一般社団法人 インクルージョンネットよこはま 理事 ひきこもり ニート支援から見たネットワーク型支援の課題 井村良英 NPO 法人育て上げネット 若年支援事業部 部長 第二部 グループワーク 社会的困難を抱えた若者当事者を応援する団体の特徴 強みやプログラム を共有し 自団体の強みと他団体と強みをいかし また 他の社会資源をいかしてどのような連携ができるのかについて 議論を行いました 参加者の声 各問題の核心はおそらく地続きであり 若者だけの問題でなく 社会 文化の歴史的な価値観の問題であると感じてきたこと が裏付けられた気がしました ここに関する議論と研究が必要なのではないかと感じています さまざまな活動に真剣に取り組んでおられる方がたくさんいらっしゃるのを顔が見える形で知ることができてうれしく思いまし た DV 支援はなかなか 言葉 が通じないところがあると感じていますが 暴力被害者を守るために秘密にしなければならな いことが多いので 広がっていくためには 発信し つながろうとすることが大切だとあらためて思いました 参加者所属団体 セクシュアル マイノリティ支援 出所者ピアグループ 女性支援 若者支援 社会福祉士会 児童養護施設 児童養護施設退所者支援 公立中学 ホームレス支援など 第 3 回目 2014 年 3 月25日実施 テーマ 見えない当事者 へ 情報をどう届けるか 第一部 基調報告 インターネットを活用した自殺リスク層へのアウトリーチ活動 伊藤次郎 OVA 代表 サブカルチャーを活用した若者層へのアウトリーチ活動 滝口克典 ぷらっとほーむ共同代表 世界の医療団 夜回りを通じたホームレス当事者へのアウトリーチ活動 中村あずさ 第二部 パネルトークとグループ共有 パネルトーク 見えない支援対象者へ情報をいかに届けるか 伊藤次郎 滝口克典 中村あずさ 鈴木綾 NPO 法人 ビーンズふくしま 瀬名波雅子 モデレーター 塩山諒 NPO 法人 スマイルスタイル グループ共有 グループに分かれて 当事者へ情報を届けるための工夫や実践についての知見共有を行いました 見えない当事者へのアウト リーチに課題を抱えている団体も多く パネルトークも踏まえて活発な議論がなされました 参加者所属団体 若者支援 女性支援 学生支援 セクシュアル マイノリティ支援 児童養護施設等入所者 退所者支援 生活困窮者支援 自殺防止活動 区役所 労働金庫など 103

104 104

105 105

106 106

107 107

108 108

109 109

110 110

111 111

112 112

113 113

114 114

115

116

3228.pwd

3228.pwd 1 2 1 P 2 P 1 3 4 5-1- 6 7 8 35 30 25 20 15 10 5 24 3 32 0-2- FAX -3- 28 25 12 2 5 12 0 5 10 15 20 25 30 46 38-4- -5-68 43 21 6 3 1 20 0 10 20 30 40 50 60 70 F F 900 1715 1,402 464 OB NPO 1000 1600 583

More information

DV NPO 1 2 3 3 3 1 1 JICC 5 3 5 1 1 る と き 70 20 5 6 156 6 3 (30 ) 3 2.4 3 5700 90 40 1 1 10 40 10 2 20 10 6 6 25 20 + 5 26 10 6 6 10 3.7 58 30 (30 ) 40 ( ) 16 3 1.1 10 1 1 1 70 ( 8400 ) ( ) 12 15 8

More information

1. 52

1. 52 51 1. 52 5 2. 1 2 54 4 55 5 1 56 2 57 . 1 1 58 2 1 59 2 4 60 61 62 6 64 4. 65 66 67 5 1 2 4 68 1 69 2 70 1 2 71 72 1 2 7 1 2 74 75 1 76 2 77 1 2 78 4 79 5 80 6. 1 81 2 82 8 84 85 86 87 7. 88 89 8. column

More information

1 2 2 36 8 1212 15 16 20 22 24 26 28 8 14 21 1 31 32 32 3335 37 39 43 45 48 49 5051 54 56 58 6264 6669 43 50 58 2 73 74 7779 8183 85 88 91 93 9698 100 102103 74 85 93 106 106 108 110 112 3 115 116 116

More information

1 2 3 4 5 6 0.4% 58.4% 41.2% 10 65 69 12.0% 9 60 64 13.4% 11 70 12.6% 8 55 59 8.6% 0.1% 1 20 24 3.1% 7 50 54 9.3% 2 25 29 6.0% 3 30 34 7.6% 6 45 49 9.7% 4 35 39 8.5% 5 40 44 9.1% 11 70 11.2% 10 65 69 11.0%

More information

NPO 1 2 3 77 4 5 6 7 21 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67

More information

20110124-02-01

20110124-02-01 100 13 13 148 4 60 8 21 18 3 2 19 2 23 3 22 22 9 23 10 1 2 18 3 3 60.0 31.12 33.3 24.5 23.1 22.7 29 201714 22 13.310 32 12.137 11.2 65 22 20.532 27.437 28.7 18 1 46.31 81.6 20.9 23.821.4 19.0 34.9 28.9

More information

勘定科目別経理セミナー

勘定科目別経理セミナー 16 8 21 2 15-1 (1) (2) (3) (4) (5) 3 (6) (7) (1) (2) (3) (1) (2) (3) 4 (4) (1) (2) (3) 5 8/1 8/30 9/20 20 (1) (2) (3) (4) 6 (1) (2) (3) (4) 7 (1) (2) (3) (4) (5) (6) 8 (1) (2) 50% (1) (2) 9 (3) (1) (2)

More information

untitled

untitled 420 40 41 100 18 6 18 61 17 1 20 29 10 12 2.0 17 4.3 12 17 400-10 65 40,438 17 24.2 19.9 15 35 60 17 60 17 1700 17 65 2 17 23 58,000 28 58,900 1 23 2.77 / 28 2.63 / 7 17 15 15 11,769 3 60 17 45,618 59.36

More information

- 82 -

- 82 - - 82 - 1 2 3 4 5 6-83 - 7 3,000 100 8 9 10 11 4559 59 24 51 61 51-84 - 5373-85 - 3,000 100 3,000 12 100-86 - 1,000 44 5462-87 - 3,000 23 24 10,000 23 8,000 24 2,000 22 2,000 23 22 2,000 8,000 3,000 22

More information

Microsoft Word - 文書4

Microsoft Word - 文書4 5 8 NPO http://plaza.rakuten.co.jp/dassen/ http://www.youtube.com/watch?v=rcdkhqunyte 20 10 10 10 20 10 20 10 20 20 2 1 '93.5 http://youtu.be/gwrfcglitxk 7 1 13 5000 20 1000 60 550 30 20 1 9 14 3 5 50

More information

大崎市耐震改修促進計画(案)

大崎市耐震改修促進計画(案) 1 1 2 2 4 2520 5661 3 1 4 2 12 11 15 11 12 20 1 11 5 3 19781933 6 7 4 8 9 1 10 7 11 50 90 3 12 56 1 13 14 15 2 56,041 30,528 54,572 10,991 27 27 27 16 17 18 19 1 20 21 22 2 3 4 23 5 24 6 25 1-26 2 3 4

More information

1 2 (1) (2) (3) 10 (4) 10 (5) 12 3 (1) 13 (2) 13 (3) 14 4 (1) 14 (2) 15 (3) 15 (4) 16 (5) 16 1 2009 24 1,440 360 2 (1) 1,800 (2) 23 4 1 102 169 73 96 13 5 1 178 69 1 NPO 4 1 2 40 35 4 3 23 4 1 1 443 622-0844

More information

01_表紙_修

01_表紙_修 0% 20% 40% 60% 80% 100% H7 H12 H17 H22 19.1% 17.1% 15.5% 14.4% 65.1% 64.5% 63.9% 62.2% 15.8% 18.4% 20.6% 23.4% H27 H27 H27 13.7% 13.0% 12.6% 59.2% 57.4% 60.7% 27.1% 29.6% 26.6% 15 1564 65 3.50 3.00 2.50

More information

shiryou2-1_shikuchouson-survey2.docx

shiryou2-1_shikuchouson-survey2.docx 資料 2-1 市町村相談窓口への調査結果 ( 自由記述分類 ) 概要 女性相談 DV 相談 2-(2). 保護に至らない課題 ( 自由記述 ) 離別により住み慣れた地域や友人等から離れることによる喪失感が大きく 離脱の決意が難 しい 子どもを転校させたくない 介護を必要とする親を一人にできないなど子ども等への思いや 関係を重視する 仕事を続けたい 携帯を使用したい ペットを置いておけないなどの本人のニーズと一時保

More information

府立高校 <P138> 支援学校 <P138> 保健センター <P139> 支援の必要な家庭の発見 子ども 保護者 親族からの相談 登校状況などを通して支援の必要な家庭を発見 (P50 表 2-3-4) 4 割程度が保護者の相談支援を実施 (P4 図 2-1-2) ケースに対応する中での課題として

府立高校 <P138> 支援学校 <P138> 保健センター <P139> 支援の必要な家庭の発見 子ども 保護者 親族からの相談 登校状況などを通して支援の必要な家庭を発見 (P50 表 2-3-4) 4 割程度が保護者の相談支援を実施 (P4 図 2-1-2) ケースに対応する中での課題として 支援機関等調査 結果報告について ( 概要 ) 支援機関等調査 児童養護施設退所児童等の実態調査概要資料 4 Ⅰ 調査概要 1. 調査目的 4. 対象機関及び回答数 回答数計 445 件 子どもや家庭の抱える課題が複合的であることから 就学前から高校生年齢の子 < 内訳 > どもに関わる支援機関等への調査を行い 子どもの貧困に関する課題の背景や支援 保育所 幼稚園 認定こども園 ( 公立 民間 )

More information

1_【鑑】「生活困窮者自立支援法の施行に伴う多重債務者対策担当分野との連携について(通知)」の一部改正について

1_【鑑】「生活困窮者自立支援法の施行に伴う多重債務者対策担当分野との連携について(通知)」の一部改正について 別添 13 社援地発 1001 第 13 号 平成 3 0 年 1 0 月 1 日 都道府県 各指定都市生活困窮者自立支援制度主管部 ( 局 ) 長殿 中核市 厚生労働省社会 援護局地域福祉課長 ( 公印省略 ) 生活困窮者自立支援法の施行に伴う多重債務者対策担当分野との連携について ( 通知 ) の一部改正について 生活保護に至る前の段階にある生活困窮者に対する自立支援策を強化するため 平成 27

More information

NPO 法人スマイルスタイル アニュアルレポート ANNUAL REPORT 2014 スマスタのソリューション THE SOCIAL DESIGN COMPANY スマスタ 企業デザイン 公共デザイン 教育デザインの 3 つ 名 称 NPO 法人スマイルスタイル の領域を軸に クライアントとなる企業や行政の 設 立 平成 20 年 12 月 25 日 経営課題 事業課題を解決に導く戦略立案とその

More information

6 女性への暴力やセクシュアル・ハラスメントの防止

6 女性への暴力やセクシュアル・ハラスメントの防止 第 1 部 6 への暴力やセクシュアル ハラスメントの防止 6 への暴力やセクシュアル ハラスメントの防止 (1) 全国調査にみるドメスティック バイオレンス (DV) の実態 内閣府調査によれば 結婚経験者のうち 配偶者 ( 事実婚や別居中の夫婦 元配偶者も含む ) から 身体的暴行 心理的攻撃 性的強要 の何らかの暴力を1 回以上受けた人の割合は では 33.2% では 17.4% にのぼっています

More information

資料4-4 新しい時代の教育や地方創生の実現に向けた学校と地域の連携・協働の在り方と今後の推進方策について 審議のまとめ(参考資料)

資料4-4 新しい時代の教育や地方創生の実現に向けた学校と地域の連携・協働の在り方と今後の推進方策について 審議のまとめ(参考資料) 資料 4-4 審議のまとめ参考資料 ( 抜粋 ) コミュニティ スクールと地域学校協働本部 ( 仮称 ) の効果的な連携 協働の在り方に関する参考資料 位置付け度的これからのコミュニティ スクールの仕組みの在り方 ( イメージ ) 地域の人々と目標やビジョンを共有し 地域と一体となって子どもたちを育む 地域とともにある学校 へと転換 学校における地域との連携 協働体制を組織的 継続的に確立する観点から

More information

必要性 学習指導要領の改訂により総則において情報モラルを身に付けるよう指導することを明示 背 景 ひぼう インターネット上での誹謗中傷やいじめ, 犯罪や違法 有害情報などの問題が発生している現状 情報社会に積極的に参画する態度を育てることは今後ますます重要 目 情報モラル教育とは 標 情報手段をいか

必要性 学習指導要領の改訂により総則において情報モラルを身に付けるよう指導することを明示 背 景 ひぼう インターネット上での誹謗中傷やいじめ, 犯罪や違法 有害情報などの問題が発生している現状 情報社会に積極的に参画する態度を育てることは今後ますます重要 目 情報モラル教育とは 標 情報手段をいか 必要性 学習指導要領の改訂により総則において情報モラルを身に付けるよう指導することを明示 背 景 ひぼう インターネット上での誹謗中傷やいじめ, 犯罪や違法 有害情報などの問題が発生している現状 情報社会に積極的に参画する態度を育てることは今後ますます重要 目 情報モラル教育とは 標 情報手段をいかに上手に賢く使っていくか, そのための判断力や心構えを身に付ける 情報社会の特性の一側面である影の部分を理解

More information

(Microsoft Word \212m\222\350\214\264\215e.doc)

(Microsoft Word \212m\222\350\214\264\215e.doc) 第二章人権問題や差別についての意識 1 基本的な人権問題に関する意識 (1) 質問と回答の状況 問 1 あなたは 次の (1)~(15) について 人権上どの程度問題があると思いますか すべてのことがらについて あなたのお考えにもっとも近いものをお答えください ( それぞれ 1 つに ) N=753 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1.6 プライベートな写真や情報をインターネット上で

More information

<4D F736F F D B28DB8955B817A81698EBF96E282CC82DD E7194C5816A90B68A888DA28B878ED28EA997A78E A C98C5782E992A193E08A4F82CC98418C6782C98AD682B782E992B28DB82E646F6378>

<4D F736F F D B28DB8955B817A81698EBF96E282CC82DD E7194C5816A90B68A888DA28B878ED28EA997A78E A C98C5782E992A193E08A4F82CC98418C6782C98AD682B782E992B28DB82E646F6378> 生活困窮者自立支援制度に係る庁内外の連携に関する調査票 電子版 質問はQ1からQ23 まであります ご回答にあたっては 質問で指定されている場合を除き 2018 年 2 月 1 日現在の状況をお答えください ご連絡先をご記入ください 自治体名ご担当部署名ご担当者名 TEL ご連絡先 FAX 電子メール Ⅰ 生活困窮者自立支援事業の実施状況について Q1 生活困窮者自立支援制度所管課の職員体制について

More information

untitled

untitled 39 40 41 45 47 54 57 39 () 40 () () S22 12,262 7,108 5,154 S23 12,753 7,331 5,422 S24 14,201 8,391 5,810 S25 16,311 9,820 6,491 S26 15,415 9,035 6,380 S27 15,776 9,171 6,605 S28 17,731 10,450 7,281 S29

More information

奄美地域の自然資源の保全・活用に関する基本的な考え方(案)

奄美地域の自然資源の保全・活用に関する基本的な考え方(案) 1 15 5 15 16 19 20 2 3 10 25,000 30,000 6 8 710 11 16 4 1213 1415 17 17 28 17 126,483 30 5 70,462 8,572 27,167 14,551 5,731 29 18 560 10 1,032 1 6 1,300 47 28 4 19 1 8 23 17 100 7 15 8 NPO IT 1979 9 NPO

More information

厚生労働省(職業能力開発行政)におけるキャリア教育の捉え方と関連する取組について

厚生労働省(職業能力開発行政)におけるキャリア教育の捉え方と関連する取組について 職業生活設計 ( 職業能力開発促進法第 2 条第 4 項 ) 労働者が 自らその長期にわたる職業生活における職業に関する目的を定めるとともに その目的の実現を図るため その適性 職業経験その他の実情に応じ 職業の選択 職業能力の開発及び向上のための取組その他の事項について自ら計画すること 職業能力開発促進法 雇用対策法等に基づく諸施策展開に当たっての基盤的概念の一つ ( 資料 6) 場面の観点から見ると

More information

5 10 10-1 - 5 20-2 - - 3 - - 4 - 22 6 30 10 12 22 7 8 1 30 4 30 1 22 7 14 10 12 20 22 7 21 1 30 3 30-5 - - 6 - - 7 - 11 9 9 14 10 9 15 7 9 10 NPO - 8 - - 15 - - 16 - - 17 - - 19 - - 20 - - 21 - - 22

More information

1 2 3 4 5 6 10 DV DV DV 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 2007 141 HP http://www.apio.pref.aomori.jp/sankaku/ 2001 ASTACG() 2006 4 2009 3 3 2009 4 2012 3 3 38 30 38 20 30 20

More information

untitled

untitled 21 1 28 () 21 2 10 () 2,000 814 40.7% 65 4 2 30.61 19.23 19.0 7074 105 12.9% 75 121 14.9% 6569 107 13.1% 4 0.5% 6064 99 12.2% 19 0 0.0% 2029 36 4.4% 5559 67 8.2% 3039 107 13.1% 4049 102 12.5% 5054 66 8.1%

More information

( ) () ( ) 12/6

( ) () ( ) 12/6 ( ) () ( ) 12/6 ( ) 21 20 167 167 25 25 36.08 36.65 0.57 52 73 51 99 142 36.65 138 36.08 2500 99 5000 99 51 158 51 51 52 52 73 110 158 165 165 99 166 48.04 138 36.08 28 11.96 PR 51 52 158 99 52 51 73 52

More information

資料 目 次 事業方針 実施計画 みんなで福祉の風土を広げよう 住民 関係機関 団体のネットワークで身近な福祉活動を進めよう 一人ひとりの安全で安心な暮らしを守ろう Ⅳ 推進基盤の強化 主な年間行事等

資料 目 次 事業方針 実施計画 みんなで福祉の風土を広げよう 住民 関係機関 団体のネットワークで身近な福祉活動を進めよう 一人ひとりの安全で安心な暮らしを守ろう Ⅳ 推進基盤の強化 主な年間行事等 - 平成 30 年度 - 事業計画書 社会福祉法人北九州市小倉南区社会福祉協議会 資料 目 次 事業方針 実施計画 みんなで福祉の風土を広げよう 住民 関係機関 団体のネットワークで身近な福祉活動を進めよう 一人ひとりの安全で安心な暮らしを守ろう Ⅳ 推進基盤の強化 主な年間行事等 事業方針 市 区社会福祉協議会では 住民主導により 関係機関 団体と連携 協働して地域福祉を推進するため 行政計画と連動した

More information

untitled

untitled 1993 2 2.1 2 1 200235 1992 6 7 3 3 84 JA 1990 47.3% 46.5% 1990 31.7% 56.9% 37 6 4 1976 2.2 2.2 1976 1974 1976 1981 1 3.5 1985 60 2005 2006 2006 27 103 522 284 3.5 3.6 2003 109 59.6% 54.1% 31.2% 1970

More information

01-02_入稿_0415

01-02_入稿_0415 2017年度 学校案内 日本農業経営大学校 http://jaiam.afj.or.jp/ お問い合わせ先 日本農業経営大学校 一般社団法人アグリフューチャージャパン 108-0075 東京都港区港南2丁目10番13号 農林中央金庫品川研修センター5階 TEL 03-5781-3751 admission@afj.or.jp 日本の農業を切り拓く 農業経営者へ 農業の可能性を具現させる農業経営者の育成に

More information

REPORT22_1.indd

REPORT22_1.indd サスティナブルな地球 社会のための 学び 応援マガジン 国連持続可能な開発のための教育の10年 イーエスディー レポート 22 vol. 2010 春 2010 年 3 月 26 日発行 NPO 法人 持続可能な開発のための教育の10 年 推進会議 Education for Sustainable Development ESDとは 持続可能な開発のための教育=Education for Sustainable

More information

1 1 2 2 3 4 5 5 6 7 8 10 9 10 10 10 11 13 14 15 15 16 17 18 19 21 21 22 22 24 28 38 40 41 41 43 45 46 47 47 47 47 48 50 50 50 50 51 52 54 54 55 56 56 57 57 57 58 58 59 59 59 61 61 61 62 62 62 62 63 63

More information

untitled

untitled 2 3-22 23-24 25-1 - - 2 - 2-3 - 1848 1901 1936 3 1960 2005 10 27.8 1-4 - 2 5 A 3000 4-5 - 4 20 120 160 70 10-6 - 12 40 6070 80 20 20 7 5 9 15 130 I U 8 4 2 3-7 - 4 1,600 500 200 48 100 80-8 - - 9 - 1 12

More information

(1) (2)

(1) (2) 1998 2000 (1) (2) (3) 1997 11 25 1998 6 17 1997 89 25 (4) (5) 25 25 25 1 1993 (6) 1998 12 8 2 2000 6 (7) (8) 1980 1990 (9) (10) (11) 1 8/10 1986 1989 1986 1987 86 (12) (13) 2 1989 1989 3 (14) 1989 12 10

More information

Microsoft Word - 「子ども・若者の『居場所#D1.doc

Microsoft Word - 「子ども・若者の『居場所#D1.doc 2006 03D096 1 p.3 1 1-1 p.5 1-2 p.6 1-3 p.7 1-4 p.8 2 2-1 p.9 2-2 p.11 2-3 p.13 3 3-1 p.15 3-2 p.17 3-3 p.19 4 4 4-1 4 p.22 4-2 p.23 4-3 NPO p.25 5 p.26 6 p.28 7 p.30 p.33 p.35 2 70 80 3 2 NPO 4 1 1-1

More information

老いても美しく輝くために

老いても美しく輝くために 1998 11-1- 1998 1 1 1979 82 3 1 2 3 20 3 1 2 3 1 2 3 3 1985 3-2- 1998 11 20 2 1985 1985 1-3- 1998 1989 4 3 1 80 5 6 1-4- 1998 1985 1 1 2 2-5- 1998 1 11 11-6- 1998 GDP 16% 19% 1 2 3 14 18 42 3 ( 3) 3-7-

More information

4 5 2 3 7 9 10 11 1 2 4 6 No.3709 5 9 10 3 1 9 10 11 11 1 4 6 No.3710 5 10 1 6 6 9 10

4 5 2 3 7 9 10 11 1 2 4 6 No.3709 5 9 10 3 1 9 10 11 11 1 4 6 No.3710 5 10 1 6 6 9 10 No.3707 5 2 29 30 1976 27 40 S K 40 30 8 9 9 11 ( ) No.3708 5 6 2 4 11 1 4 5 2 3 7 9 10 11 1 2 4 6 No.3709 5 9 10 3 1 9 10 11 11 1 4 6 No.3710 5 10 1 6 6 9 10 10 ( ) 1 No.3711 5 11 ( ) 7 9 10 11 11 1 2

More information

山梨県社会福祉士会地域包括支援委員会アンケート調査結果 (43 部回収 22 事業所 ) 問 1 あなたの性別を教えてください 1) 男性 2) 女性 問 2 あなたの現在のご年齢をお答え下さい 1)20 代 2)30 代 3)40 代 4)50 代 5)60 代

山梨県社会福祉士会地域包括支援委員会アンケート調査結果 (43 部回収 22 事業所 ) 問 1 あなたの性別を教えてください 1) 男性 2) 女性 問 2 あなたの現在のご年齢をお答え下さい 1)20 代 2)30 代 3)40 代 4)50 代 5)60 代 山梨県社会福祉士会地域包括支援委員会アンケート調査結果 (43 部回収 22 事業所 ) 問 1 あなたの性別を教えてください 1) 男性 2) 女性 15 28 問 2 あなたの現在のご年齢をお答え下さい 1)20 代 2)30 代 3)40 代 4)50 代 5)60 代 14 19 9 1 0 問 3 あなたの保有資格を教えて下さい 2) 介護 5) その他 1) 介護 3) 看護 4) 保健支援専門精神保健福ヘル社会福祉

More information

パンフレット.indd

パンフレット.indd トップアスリート等の相談受付窓口 スポーツ から STOP 暴力セクハラ ハラスメントを無くそう! 暴力指導にお困りの方はご相談下さい 独立行政法人日本スポーツ振興センター (JSC) 第三者相談 調査委員会 スポーツを行うものを暴力等から守るトップアスリート等の相談窓口第三者相談 調査制度とは? スポーツ指導における暴力等の事件がきっかけとなり平成 25 年 12 月 文部科学省において スポーツを行う者を暴力等から守るための第三者相談

More information

相談窓口ガイド 平成 29 年 6 月時点の情報を掲載しています 相談日程やその他詳細については 各相談機関へ直接お問合せください 1 / 6 こころや体の健康 悩みなどの相談窓口 相談内容相談窓口の名称 ( 機関名 ) 電話番号相談時間 自殺について悩んでいる方の相談 心の健康相談 ( 高知県立精

相談窓口ガイド 平成 29 年 6 月時点の情報を掲載しています 相談日程やその他詳細については 各相談機関へ直接お問合せください 1 / 6 こころや体の健康 悩みなどの相談窓口 相談内容相談窓口の名称 ( 機関名 ) 電話番号相談時間 自殺について悩んでいる方の相談 心の健康相談 ( 高知県立精 1 / 6 こころや体の健康 悩みなどの相談窓口 自殺について悩んでいる方の相談 088-821-4966 こころの悩み相談 ( 電話専用 ) 自殺予防いのちの電話 ( 認定特定非営利活動法人高知いのちの電話協会 ) 088-824-6300 0120-783-556 9:00~21:00 年末年始の相談時間 10:00~18:00 毎月 10 日 ( フリータ イヤル ) 朝 8:00~ 翌朝 8:00

More information

. 1. 26 13 21 27 31 11 35 10. 26 29 146. 26 . 24 11 285 34. 29 31 1 26 12 12 24 12 27 31 31 4 26 30 26 30 26 12 27 26 80 29 31 1 26 30 NPO 26 10 27 23 27 26 26 1 26 1 27 3 31 26 5 31 26 6 1 26 4 1 26 1

More information

第4章_なごやか地域福祉.indd

第4章_なごやか地域福祉.indd 第4章課題解決に向けた私たちの取り組みの展開 62 取り組むべき方向性 2 地域の 暮らし に支援を届ける ~ 支援を求めている人 手助けが必要な人に必要な支援を届ける~ 方策 3 支援が必要な人に適切な支援を届ける仕組みづくり 方策の概要 現行の相談窓口を広く周知するとともに 公的制度だけでは解決できない問題で これまで十分な支援を受けられずにいた人に支援を届ける仕組みづくりを進めます 期待される主体別の取り組み市民

More information

小笠原諸島における海岸漂着物対策推進計画

小笠原諸島における海岸漂着物対策推進計画 ---------------------------- 1 ------------------------------------------------------------------------------ 1 ------------------------------------------------------------------------------ 1 ---------------------------------------------------------------------------------------

More information

2

2 1 2 1 3 1 3 1 2 3 1 1 ( ) 245 2 ( ) 2 3 2 ( ) NPO 4 0.1 2 ( ) 8 (1) 5 6 3 4 2 1 2 3 5 7 8 (1) 8 90 8 30 3 9 8 90 9 2 9 2 9 3 10 (1) (3) 20 11 12 ha ha 13 ha ha 14 15 ha ha ha ha ha ha 16 17 18 19 20 21

More information

<93F195D9837083938374838C8362836732303135303330362E706466>

<93F195D9837083938374838C8362836732303135303330362E706466> 2 index 3 4 Column 5 1 2 6 3 5 4 6 7 8 1 9 2 10 Column 11 2 12 13 2 14 Column 15 3 http://tokyo-frontier.com/ 16 4 17 5 18 6 Column 19 20 21 22 23 1872 1900 1940 1950 1975 1998 24 2001 2008 2011 2014 25

More information

16soukatsu_p1_40.ai

16soukatsu_p1_40.ai 2 2016 DATA. 01 3 DATA. 02 4 DATA. 03 5 DATA. 04 6 DATA. 05 7 DATA. 06 8 DATA. 07 9 DATA. 08 DATA. 09 DATA. 10 DATA. 11 DATA. 12 DATA. 13 DATA. 14 10 11 12 13 COLUMN 1416 17 18 19 DATA. 15 20 DATA. 16

More information

座談会 2

座談会 2 座談会 2 3 4 特集 中武 その突破口はどこにあると には まちの未来と自分の未来を少し重ね合わせて どのよ 思いますか うに鹿児島市と関わっていきたいと考えているのかを教え 泊 てもらえたらと思います 難しいですが 一つの地区を モデル地区として実験的に何かを 泊 やってみるということも 解決策の す 若いということはまだ経験不足という面もあるかもし 一つになるのかなと思います れませんが だからこそ縛られることなく

More information

1 発病のとき

1 発病のとき 3 2 1996 1996 539 3 1953 1954 1960 1961 1975 1976 1990 1990 1996 1953 1960 2001 5 11 1975 1990 1996 1 1953 1951 26 112 3 126 127 3 130 22 223 518 2 519 2 623 2 821 540 3 9 27 255 1 1026 2 114 1110 1111

More information

( ア ) 原則週 4 日 少なくとも午後 1 時から午後 4 時まで開設すること ( イ ) ひきこもり 不登校 ニート 非行などの傾向にある生きづらさを抱えた子ども 若者を対象とした安全 安心な居場所を提供すること ( ウ ) 利用定員は5 人以上とすること ( エ ) 子ども 若者が気軽に立ち

( ア ) 原則週 4 日 少なくとも午後 1 時から午後 4 時まで開設すること ( イ ) ひきこもり 不登校 ニート 非行などの傾向にある生きづらさを抱えた子ども 若者を対象とした安全 安心な居場所を提供すること ( ウ ) 利用定員は5 人以上とすること ( エ ) 子ども 若者が気軽に立ち 1 業務名 茨木市ユースプラザ事業委託業務仕様書 ( 案 ) ユースプラザ事業委託業務 2 業務の目的子ども 若者 ( 中学生から概ね 39 歳 ) が 様々な社会経験や交流ができる居場所と相談窓口を提供するとともに 子ども 若者とその保護者を支援するための連携体制の構築を図る 3 実施体制について (1) 開設日 時間ユースプラザの開設日は 週 4 日以上 ( 日曜日 祝日 年末年始は除く ) とし

More information

saigai_h_01_2017

saigai_h_01_2017 F O R U M R E P O R T PROFILE PROFILE PROFILE PROFILE PROFILE PROFILE PROFILE 分科会 8 災害時における支援に必要な情報の集 約 企画 一般社団法人情報支援レスキュー隊 IT DART JVOAD災害時の情報集約に関する専門委員会 PROFI LE 災害時の支援には情報が重要な役割を果たします 情報の集約 提供ではITの活用が期待されていますが

More information

立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科 I SSN1349 371X Contents So c i a lde s i gner 発行 立教大学大学院 P1 2 巻頭インタビュー 社会の進化 を支え 手伝っていきたい NPO法人エティック 代表理事 宮城治男さん P3 ドイツからの便り 留学生のその後 社会人 大学院生 P4 キャンパスの声 P5 退任あいさつ 着任あいさつ P6 インタビュー長有紀枝

More information

カリタスNo.96.indd

カリタスNo.96.indd 2009年6月号 隔月発行 No. 96 Caritas Japan News 通算発行番号 No. 278 いのちを守るための緊急援助報告 和歌山ホームレス支援機構の結核検診 教区担当者紹介 カリタスジャパン教区担当者をご存知ですか 2 いのちの募金報告 いのちを守るための緊急援助報告 4 福祉のページ 社会福祉活動推進部会だより 5 HIV/AIDSデスク 勉強会 性に悩む生徒と関わって 事例から学ぶ

More information

活動状況調査

活動状況調査 市民協働指針 ( 仮称 ) 策定にかかる活動状況調査について 概要本調査は 市民協働指針 ( 仮称 ) の策定にあたり 市内における市民活動 の実態や市民活動団体のニーズを把握し 指針に反映させるためのものです 市民活動の実態を可能な限り把握するため 無作為抽出で対象者を限定する手法を取らず ホームページ 市民活動ネット 市民交流サロンの Facebook 市民活動団体へのメール送信等の電子媒体 市民交流サロン

More information

ESG PRI ESG NGO NGO Sumitomo Trust and Banking 2010 Corporate Social Responsibility Report 21

ESG PRI ESG NGO NGO Sumitomo Trust and Banking 2010 Corporate Social Responsibility Report 21 ステークホルダー ダイアログ 日本におけるESGの普及について 金井 司 司会 企画部 CSR担当部長 社会活動統括室長 小森 博司 証券代行部 IRグループ長 川添 誠司 受託資産企画部 審議役 伊藤 雅人 不動産営業開発部 CSR担当次長 兼環境不動産推進課長 今回のステークホルダー ダイアログは BSR*のアジア統括責任者であるジェレミー プ レプサスさんとBSR北京事務所のシン チュオさんをお招きしました

More information

untitled

untitled 18-1 - - 2 - - 3 - - 4 - - 5 - - 6 - 69 100-7 - - 8 - - 9 - - 10 - 2,000-11 - - 12 - - 13 - - 14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - - 19 - - 20 - - 21 - - 22 - - 23 - 114% 135% 57% - 24 - 163% 138% 164% 252%

More information

第3章  行政サービス提供のあり方

第3章  行政サービス提供のあり方 -1 BPMedWave -2 1 14 11 13 15:0017:00 F NPO 15 2 17 15:0017:00 KKR F NPO 10 15 3 13 14:0017:00 KKR F -3 -4 14 3-5 14 3-6 14 3-7 14 3-8 14 3-9 2000-10 65 8,495 9,400 10,816 12,695 15,647 24.0% 25.3% 26.9%

More information

198 Column 1 201512/1-20164/30 Column 1 199 201512/1-20164/30 12/1-4/30 Coupon 2015 2016 1 12 2 3 4

198 Column 1 201512/1-20164/30 Column 1 199 201512/1-20164/30 12/1-4/30 Coupon 2015 2016 1 12 2 3 4 198 Column 1 201512/1-20164/30 Column 1 199 201512/1-20164/30 12/1-4/30 Coupon 2015 2016 1 12 2 3 4 201512/1-20164/30 201512/1-20164/30 12 1 2 3 4 12 1 2 3 4, 201 200 202 201512/1-20164/30, 1 12 2 3 4

More information

基本指針の概要 1 基本指針改定の趣旨近年 地域社会における社会的課題が多様化 複雑化する中 行政 企業 NPO 自治会などが互いに協力して課題解決に取り組み 地域社会をより住み良いものとしていくことが今後ますます重要となっています このため 従前の NPO 活動に関する基本指針 の基本的な考え方を

基本指針の概要 1 基本指針改定の趣旨近年 地域社会における社会的課題が多様化 複雑化する中 行政 企業 NPO 自治会などが互いに協力して課題解決に取り組み 地域社会をより住み良いものとしていくことが今後ますます重要となっています このため 従前の NPO 活動に関する基本指針 の基本的な考え方を ふじのくに協働の推進に向けた基本指針 ( 概要版 ) 平成 28 年 3 月静岡県 基本指針の概要 1 基本指針改定の趣旨近年 地域社会における社会的課題が多様化 複雑化する中 行政 企業 NPO 自治会などが互いに協力して課題解決に取り組み 地域社会をより住み良いものとしていくことが今後ますます重要となっています このため 従前の NPO 活動に関する基本指針 の基本的な考え方を継承しつつ 地域での多様な主体による協働の一層の推進の観点から見直しを行い

More information

P P P P P P P P P P P P P

P P P P P P P P P P P P P P P P P P P P P P P P P P 1 (1) (2) (3) (1) (2) (3) 1 ( ( ) ( ) ( ) 2 ( 0563-00-0000 ( 090-0000-0000 ) 052-00-0000 ( ) ( ) () 1 3 0563-00-0000 3 [] g g cc [] [] 4 5 1 DV 6 7 1 DV 8 9 10 11 12 SD 13 .....

More information