変額個人年金保険普通保険約款

Size: px
Start display at page:

Download "変額個人年金保険普通保険約款"

Transcription

1 この 保 険 の 趣 旨 1 特 別 勘 定 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 各 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 の 指 定 変 更 2 積 立 金 第 3 条 積 立 金 第 4 条 積 立 金 の 移 転 3 責 任 開 始 期 第 5 条 責 任 開 始 期 4 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払 日 第 6 条 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払 日 5 年 金 および 死 亡 給 付 金 の 支 払 第 7 条 年 金 額 第 8 条 変 動 年 金 額 第 9 条 死 亡 給 付 金 額 第 10 条 年 金 および 死 亡 給 付 金 の 支 払 第 11 条 死 亡 給 付 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 12 条 戦 争 その 他 の 変 乱 第 13 条 年 金 証 書 第 14 条 年 金 または 死 亡 給 付 金 の 請 求 支 払 の 手 続 第 15 条 年 金 の 一 時 支 払 第 16 条 年 金 の 分 割 支 払 6 保 険 料 の 払 込 免 除 第 17 条 保 険 料 の 払 込 免 除 第 18 条 保 険 料 の 払 込 を 免 除 しない 場 合 変 額 個 人 年 金 保 険 普 通 保 険 約 款 目 次 第 35 条 詐 欺 による 取 消 および 不 法 取 得 目 的 による 無 効 14 告 知 義 務 および 告 知 義 務 違 反 による 解 除 第 36 条 告 知 義 務 第 37 条 告 知 義 務 違 反 による 解 除 第 38 条 告 知 義 務 違 反 による 解 除 ができない 場 合 15 重 大 事 由 による 解 除 第 39 条 重 大 事 由 による 解 除 16 契 約 者 貸 付 第 40 条 契 約 者 貸 付 17 年 金 または 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 第 41 条 年 金 または 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 の 代 表 者 第 42 条 年 金 受 取 人 の 指 定 および 会 社 への 通 知 による 年 金 受 取 人 の 変 更 第 43 条 遺 言 による 年 金 受 取 人 の 変 更 第 44 条 会 社 への 通 知 による 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 の 変 更 第 45 条 遺 言 による 死 亡 給 付 金 受 取 人 の 変 更 第 46 条 年 金 等 の 受 取 人 の 死 亡 18 保 険 契 約 者 第 47 条 保 険 契 約 者 の 代 表 者 第 48 条 保 険 契 約 者 の 変 更 および 保 険 契 約 の 承 継 第 49 条 保 険 契 約 者 の 住 所 変 更 19 被 保 険 者 の 業 務 変 更 等 第 50 条 被 保 険 者 の 業 務 変 更 等 7 保 険 料 の 払 込 第 19 条 保 険 料 の 払 込 第 20 条 保 険 料 の 払 込 方 法 経 路 第 21 条 保 険 料 の 前 納 8 猶 予 期 間 および 保 険 契 約 の 失 効 第 22 条 猶 予 期 間 および 保 険 契 約 の 失 効 第 23 条 猶 予 期 間 中 に 保 険 事 故 が 発 生 した 場 合 9 自 動 払 済 年 金 保 険 第 24 条 自 動 払 済 年 金 保 険 10 保 険 契 約 の 復 活 第 25 条 保 険 契 約 の 復 活 11 解 約 および 解 約 返 戻 金 第 26 条 解 約 第 27 条 解 約 返 戻 金 第 28 条 債 権 者 等 による 解 約 12 契 約 内 容 の 変 更 第 29 条 年 金 支 払 期 間 の 変 更 第 30 条 基 本 年 金 額 の 減 額 第 31 条 定 額 個 人 年 金 保 険 への 変 更 第 32 条 年 金 支 払 開 始 日 の 繰 下 げ 第 33 条 積 立 金 額 の 増 額 第 34 条 積 立 金 額 の 減 額 13 詐 欺 による 取 消 および 不 法 取 得 目 的 による 無 効 20 年 齢 の 計 算 契 約 年 齢 および 性 別 の 誤 りの 処 理 第 51 条 年 齢 の 計 算 第 52 条 契 約 年 齢 および 性 別 の 誤 りの 処 理 21 契 約 者 配 当 第 53 条 契 約 者 配 当 22 時 効 第 54 条 時 効 23 死 亡 給 付 金 等 の 据 置 支 払 第 55 条 死 亡 給 付 金 等 の 据 置 支 払 24 管 轄 裁 判 所 第 56 条 管 轄 裁 判 所 25 特 別 勘 定 に 繰 入 れる 日 の 前 日 までの 取 扱 い に 関 する 特 則 第 57 条 特 別 勘 定 に 繰 入 れる 日 の 前 日 までの 取 扱 いに 関 する 特 則 26 保 険 料 一 時 払 の 契 約 に 関 する 特 則 第 58 条 保 険 料 一 時 払 の 契 約 に 関 する 特 則 309

2 変 額 個 人 年 金 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 平 成 11 年 11 月 2 日 制 定 ) ( 平 成 24 年 10 月 2 日 改 正 ) この 保 険 の 趣 旨 この 保 険 は 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 に 基 づき 死 亡 給 付 金 額 および 年 金 額 を 増 減 させる 仕 組 の 保 険 で 被 保 険 者 が 年 金 支 払 開 始 日 に 生 存 していた 場 合 には 年 金 を 支 払 い 年 金 支 払 開 始 日 前 に 死 亡 したときは 死 亡 給 付 金 を 支 払 うものです 1 特 別 勘 定 ( 特 別 勘 定 ) 第 1 条 会 社 は 変 額 保 険 契 約 の 資 産 を 運 用 するために 特 別 勘 定 を 設 定 し 会 社 が 別 に 定 める 運 用 方 法 に 基 づいて 運 用 し ます この 場 合 特 別 勘 定 の 運 営 に 要 した 費 用 は 会 社 の 定 める 方 法 により 特 別 勘 定 で 管 理 されている 資 産 ( 以 下 特 別 勘 定 資 産 といいます )から 差 引 きます また 特 別 勘 定 資 産 を 毎 日 会 社 の 定 める 方 法 により 評 価 し ます 2 前 項 の 特 別 勘 定 資 産 からの 利 益 および 損 失 は 他 の 勘 定 の 資 産 の 運 用 による 利 益 および 損 失 にかかわらず 変 額 保 険 契 約 に 割 当 て 他 の 種 類 の 保 険 契 約 に 割 当 てることはありません ただし 特 別 勘 定 資 産 中 の 他 の 勘 定 の 持 分 に 対 応 する 利 益 および 損 失 を 除 きます 3 保 険 契 約 者 は 特 別 勘 定 資 産 の 運 用 方 法 については 一 切 の 指 図 はできません 4 会 社 は 関 係 法 令 等 の 改 正 特 別 勘 定 資 産 の 減 少 資 産 の 運 用 の 対 象 となる 市 場 の 変 化 その 他 これに 準 じる 事 態 が 発 生 し この 保 険 契 約 の 効 率 的 な 資 産 の 運 用 が 困 難 な 状 況 となると 認 めた 場 合 には 特 別 勘 定 を 廃 止 することが あります 5 特 別 勘 定 を 廃 止 する 場 合 会 社 は 特 別 勘 定 を 廃 止 する 日 ( 以 下 廃 止 日 といいます )の3か 月 前 までに 保 険 契 約 者 に 次 の 各 に 定 める 事 項 を 通 知 します 特 別 勘 定 を 廃 止 する 場 合 に 通 知 する 事 項 ⑴ 廃 止 する 特 別 勘 定 および 廃 止 日 ⑵ 廃 止 される 特 別 勘 定 から 積 立 金 を 移 転 する 特 別 勘 定 を 保 険 契 約 者 の 申 出 によって 指 定 できること ⑶ 保 険 契 約 者 から 前 の 申 出 がない 場 合 に 廃 止 される 特 別 勘 定 から 積 立 金 を 移 転 する 特 別 勘 定 ⑷ 廃 止 される 特 別 勘 定 に 代 わり 繰 入 を 行 う 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 を 保 険 契 約 者 の 申 出 によって 指 定 できる こと ⑸ 保 険 契 約 者 から 前 の 申 出 がない 場 合 に 廃 止 される 特 別 勘 定 に 代 わり 繰 入 を 行 う 特 別 勘 定 6 保 険 契 約 者 は 廃 止 日 までに 前 項 第 2 の 申 出 を 行 い 廃 止 される 特 別 勘 定 の 積 立 金 を 他 の 特 別 勘 定 に 移 転 して ください この 場 合 積 立 金 の 移 転 は 会 社 所 定 の 書 類 を 会 社 の 本 社 が 受 付 けた 日 に 効 力 を 生 じるものとします なお 保 険 契 約 者 から 前 項 第 2 の 申 出 がないまま 廃 止 日 が 到 来 したときは 会 社 は 積 立 金 を 前 項 第 3 の 特 別 勘 定 に 移 転 し 保 険 契 約 者 にその 旨 を 通 知 します 7 保 険 契 約 者 は 廃 止 日 までに 第 5 項 第 4 の 申 出 を 行 い 繰 入 比 率 の 指 定 をしてください この 場 合 繰 入 比 率 の 指 定 は 会 社 所 定 の 書 類 を 会 社 の 本 社 が 受 付 けた 日 の 直 後 に 到 来 する 払 込 期 月 の 契 約 応 当 日 から 効 力 を 生 じるも のとします なお 保 険 契 約 者 から 第 5 項 第 4 の 申 出 がないまま 廃 止 日 が 到 来 したときは 会 社 は 第 5 項 第 5 の 特 別 勘 定 に 繰 入 を 行 い 保 険 契 約 者 にその 旨 を 通 知 します 8 第 6 項 の 積 立 金 の 移 転 は 第 4 条 ( 積 立 金 の 移 転 ) 第 1 項 に 定 める 積 立 金 の 移 転 の 回 数 には 含 めません ( 各 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 の 指 定 変 更 ) 第 2 条 保 険 契 約 者 は 保 険 契 約 締 結 の 際 に 会 社 の 定 める 取 扱 いに 従 い 保 険 料 のうち 特 別 勘 定 で 運 用 される 分 の 金 額 の 各 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 を 指 定 することができます 2 保 険 契 約 者 は 会 社 の 定 める 取 扱 いに 従 い 前 項 の 規 定 により 指 定 した 各 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 を 変 更 すること ができます 3 第 1 項 および 第 2 項 の 規 定 により 保 険 料 のうち 特 別 勘 定 で 運 用 される 分 の 金 額 を 各 特 別 勘 定 に 繰 入 れる 日 ( 以 下 繰 入 日 といいます )は 次 のとおりとします 保 険 料 繰 入 日 ⑴ 第 1 回 保 険 料 会 社 が 第 1 回 保 険 料 を 受 取 った 日 または 保 険 契 約 の 申 込 みを 承 諾 した 日 のいずれ か 遅 い 方 を 基 準 日 ( 以 下 繰 入 基 準 日 といいます )とし 繰 入 基 準 日 が 属 する 期 間 に 応 じて 次 のとおりとします ア. 繰 入 基 準 日 が その 日 の 属 する 月 の 初 日 から15 日 までに 属 する 場 合 は 繰 入 基 準 日 の 属 する 月 の 翌 月 1 日 始 イ. 繰 入 基 準 日 が その 日 の 属 する 月 の16 日 から 末 日 までに 属 する 場 合 は 繰 入 基 準 日 の 属 する 月 の 翌 月 16 日 始 ⑵ 第 2 回 以 後 の 保 険 料 保 険 料 の 払 込 方 法 回 数 に 応 じた 契 約 応 当 日 始 ただし 前 の 繰 入 日 が 契 約 応 当 日 を 過 ぎる 場 合 払 込 期 月 の 到 来 した 第 2 回 以 後 の 保 険 料 についてはその 繰 入 日 始 4 保 険 契 約 者 が 第 2 項 の 繰 入 比 率 の 変 更 を 請 求 するときは 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 4)を 会 社 に 提 出 してくださ 310

3 い 5 第 2 項 の 繰 入 比 率 の 変 更 は 前 項 に 定 める 書 類 を 会 社 の 本 社 が 受 付 けた 日 の 直 後 に 到 来 する 第 3 項 に 定 める 繰 入 日 から 効 力 を 生 じるものとします 2 積 立 金 ( 積 立 金 ) 第 3 条 積 立 金 とは 特 別 勘 定 資 産 のうちこの 保 険 契 約 にかかわる 部 分 のことをいい 積 立 金 額 は 特 別 勘 定 資 産 の 運 用 実 績 により 増 減 します ( 積 立 金 の 移 転 ) 第 4 条 保 険 契 約 者 は 年 12 回 の 範 囲 内 において いつでも 特 別 勘 定 の 積 立 金 を 他 の 特 別 勘 定 に 移 転 することができます 2 保 険 契 約 者 が 本 条 の 積 立 金 の 移 転 を 請 求 するときは 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 4)を 会 社 に 提 出 してください 3 本 条 の 積 立 金 の 移 転 は 前 項 に 定 める 書 類 を 会 社 の 本 社 が 受 付 けた 日 に 効 力 を 生 じるものとします 3 責 任 開 始 期 ( 責 任 開 始 期 ) 第 5 条 会 社 は 次 の 時 から 保 険 契 約 上 の 責 任 を 負 います 保 険 料 受 領 と 承 諾 の 時 期 保 険 契 約 上 の 責 任 が 開 始 する 時 ⑴ 保 険 契 約 の 申 込 みを 承 諾 した 後 に 第 1 回 保 険 料 第 1 回 保 険 料 を 受 取 った 時 を 受 取 った 場 合 ⑵ 第 1 回 保 険 料 相 当 額 を 受 取 った 後 に 保 険 契 約 の 第 1 回 保 険 料 相 当 額 を 受 取 った 時 または 被 保 険 者 に 関 申 込 みを 承 諾 した 場 合 する 告 知 の 時 のいずれか 遅 い 時 2 会 社 が 責 任 を 開 始 する 日 の 属 する 月 の 翌 月 1 日 を 契 約 日 とし 契 約 年 齢 および 期 間 の 計 算 は この 日 を 基 準 とし て 行 います 3 会 社 が 保 険 契 約 の 申 込 みを 承 諾 した 場 合 には 次 の 各 に 定 める 事 項 を 記 載 した 保 険 証 券 を 保 険 契 約 者 に 交 付 します 保 険 証 券 に 記 載 する 事 項 ⑴ 会 社 名 ⑵ 保 険 契 約 者 の 氏 名 または 名 称 ⑶ 被 保 険 者 の 氏 名 ⑷ 受 取 人 の 氏 名 または 名 称 その 他 のその 受 取 人 を 特 定 するために 必 要 な 事 項 ⑸ 年 金 支 払 期 間 ⑹ 基 本 年 金 額 ⑺ 保 険 料 およびその 払 込 方 法 ⑻ 契 約 日 ⑼ 保 険 証 券 を 作 成 した 年 月 日 4 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払 日 ( 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払 日 ) 第 6 条 年 金 支 払 開 始 日 は 被 保 険 者 の 年 齢 が 年 金 支 払 開 始 年 齢 に 到 達 する 年 単 位 の 契 約 応 当 日 をいいます 2 年 金 支 払 日 は 次 のとおりとします ⑴ 第 1 回 年 金 支 払 日 年 金 支 払 開 始 日 ⑵ 第 2 回 以 後 の 年 金 支 払 日 第 1 回 年 金 支 払 日 の 年 単 位 の 応 当 日 5 年 金 および 死 亡 給 付 金 の 支 払 ( 年 金 額 ) 第 7 条 年 金 額 は 次 の 第 1 の 金 額 と 第 2 の 金 額 の 合 計 額 とします 311

4 金 額 ⑴ 保 険 契 約 の 締 結 または 年 金 額 の 減 額 ( 第 30 条 )の 際 保 険 契 約 者 の 申 出 によって 定 めた 年 金 ( 以 下 基 本 年 金 といいます )の 額 ⑵ 年 金 支 払 日 の 変 動 年 金 額 ( 第 8 条 ) 2 会 社 は 年 金 支 払 期 間 中 にあっては 年 金 支 払 日 の 前 項 に 定 める 年 金 額 を 保 険 契 約 者 に 通 知 します ( 変 動 年 金 額 ) 第 8 条 会 社 は 有 効 に 継 続 している 保 険 契 約 について 年 金 支 払 日 ごとに その 日 の 属 する 年 の 変 動 年 金 額 を 会 社 の 定 める 方 法 により 計 算 します 2 会 社 は 次 の 第 1 の 金 額 から 第 2 の 金 額 を 差 引 いた 金 額 により 変 動 年 金 額 を 計 算 します 金 額 ⑴ 年 金 支 払 日 の 前 日 末 における 積 立 金 額 ⑵ その 年 金 支 払 日 の 前 日 末 において 残 余 年 金 支 払 期 間 中 にわたり 基 本 年 金 額 を 支 払 うために 必 要 な 金 額 3 前 項 第 1 の 金 額 から 第 2 の 金 額 を 差 引 いた 値 が 負 となる 場 合 には 変 動 年 金 額 は 負 となります ( 死 亡 給 付 金 額 ) 第 9 条 死 亡 給 付 金 額 は 次 の 第 1 の 金 額 と 第 2 の 金 額 の 合 計 額 とします 金 額 ⑴ 被 保 険 者 が 死 亡 した 日 における 積 立 金 額 ⑵ 年 金 支 払 開 始 日 において 年 金 支 払 期 間 にわたり 基 本 年 金 額 を 支 払 うために 必 要 な 金 額 の5% 相 当 額 2 会 社 は 年 金 支 払 開 始 日 前 にあっては 年 単 位 の 契 約 応 当 日 の 前 項 に 定 める 死 亡 給 付 金 額 を 保 険 契 約 者 に 通 知 し ます ( 年 金 および 死 亡 給 付 金 の 支 払 ) 第 10 条 この 保 険 契 約 において 年 金 および 死 亡 給 付 金 を 支 払 う 場 合 ( 以 下 支 払 事 由 といいます ) 支 払 額 および 受 取 人 は 次 のとおりです ⑴ 年 金 年 金 の 種 類 支 払 事 由 支 払 額 受 取 人 第 1 回 の 年 金 被 保 険 者 が 年 金 支 払 開 始 日 に 生 存 しているとき 年 金 額 年 金 受 取 人 第 2 回 以 後 の 年 金 年 金 支 払 期 間 中 被 保 険 者 の 生 死 にかかわら 年 金 額 年 金 受 取 人 ず 年 金 支 払 日 が 到 来 したとき ⑵ 死 亡 給 付 金 支 払 事 由 支 払 額 受 取 人 被 保 険 者 が 年 金 支 払 開 始 日 前 に 死 亡 したとき 死 亡 給 付 金 額 死 亡 給 付 金 受 取 人 2 この 保 険 契 約 において 支 払 事 由 に 該 当 しても 死 亡 給 付 金 を 支 払 わない 場 合 ( 以 下 免 責 事 由 といいます ) は 次 のとおりです 免 責 事 由 次 のいずれかにより 被 保 険 者 が 死 亡 したとき ⑴ 責 任 開 始 期 ( 復 活 の 取 扱 いが 行 われた 後 は 最 後 の 復 活 の 際 の 責 任 開 始 期 以 下 同 じ )の 属 する 日 から その 日 を 含 めて3 年 以 内 の 自 殺 ⑵ 保 険 契 約 者 または 死 亡 給 付 金 受 取 人 の 故 意 による 致 死 ( 死 亡 給 付 金 の 支 払 に 関 する 補 則 ) 第 11 条 死 亡 給 付 金 受 取 人 が 故 意 に 被 保 険 者 を 死 亡 させた 場 合 に その 受 取 人 が 死 亡 給 付 金 の 一 部 の 受 取 人 であると きは 死 亡 給 付 金 の 残 額 を 他 の 死 亡 給 付 金 受 取 人 に 支 払 います 2 被 保 険 者 の 死 亡 が 免 責 事 由 に 該 当 したことによって 死 亡 給 付 金 を 支 払 わないときは 会 社 は 被 保 険 者 が 死 亡 し た 日 の 積 立 金 ( 前 項 に 該 当 する 場 合 には 支 払 われない 死 亡 給 付 金 部 分 の 積 立 金 )を 保 険 契 約 者 に 支 払 います ただし 保 険 契 約 者 が 故 意 に 被 保 険 者 を 死 亡 させたことによって 死 亡 給 付 金 を 支 払 わない 場 合 には 積 立 金 そ の 他 の 返 戻 金 の 払 いもどしはありません 3 被 保 険 者 が 責 任 開 始 期 の 属 する 日 から 契 約 日 前 日 までの 間 に 死 亡 給 付 金 の 支 払 事 由 に 該 当 しかつ 支 払 われること となった 場 合 には 会 社 は 責 任 開 始 期 の 属 する 日 を 契 約 日 とみなして 死 亡 給 付 金 を 死 亡 給 付 金 受 取 人 に 支 払 い ます この 場 合 契 約 年 齢 および 保 険 料 払 込 期 間 はその 日 を 基 準 として 再 計 算 し 保 険 料 に 超 過 分 があれば 死 亡 給 付 金 とともに 支 払 い 不 足 分 があれば 死 亡 給 付 金 から 差 引 きます ( 戦 争 その 他 の 変 乱 ) 第 12 条 被 保 険 者 が 戦 争 その 他 の 変 乱 によって 死 亡 した 場 合 に その 原 因 によって 死 亡 した 被 保 険 者 の 数 の 増 加 が こ の 保 険 の 計 算 の 基 礎 に 影 響 をおよぼすときは 会 社 は 死 亡 給 付 金 を 削 減 して 支 払 うことがあります ただし こ の 場 合 でも 積 立 金 相 当 額 を 下 まわることはありません ( 年 金 証 書 ) 第 13 条 会 社 は 第 1 回 の 年 金 を 支 払 うときに 年 金 証 書 を 年 金 受 取 人 に 交 付 します 312

5 ( 年 金 または 死 亡 給 付 金 の 請 求 支 払 の 手 続 ) 第 14 条 年 金 または 死 亡 給 付 金 ( 以 下 本 条 において 年 金 等 といいます )の 支 払 事 由 が 生 じたときは 保 険 契 約 者 ま たは 年 金 等 の 受 取 人 は 遅 滞 なく 会 社 に 通 知 してください 2 年 金 等 の 受 取 人 は 年 金 等 の 支 払 事 由 が 生 じたときは 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 4)を 提 出 して 年 金 等 を 請 求 し てください 3 年 金 等 は その 請 求 に 必 要 な 書 類 が 会 社 に 到 着 した 日 の 翌 日 から 起 算 して5 営 業 日 以 内 に 会 社 の 本 社 または 会 社 の 指 定 した 場 所 で 支 払 います 4 年 金 等 を 支 払 うために 確 認 が 必 要 な 次 の 各 に 掲 げる 場 合 において 保 険 契 約 の 締 結 時 から 年 金 等 の 請 求 時 まで に 会 社 に 提 出 された 書 類 だけでは 確 認 ができないときは それぞれ 各 に 定 める 事 項 の 確 認 ( 会 社 の 指 定 した 医 師 による 診 断 を 含 みます )を 行 います この 場 合 には 前 項 の 規 定 にかかわらず 年 金 等 を 支 払 うべき 期 限 は そ の 請 求 に 必 要 な 書 類 が 会 社 に 到 着 した 日 の 翌 日 から 起 算 して45 日 を 経 過 する 日 とし 会 社 は 年 金 等 を 請 求 した 者 に 通 知 します 確 認 する 場 合 確 認 する 事 項 ⑴ 年 金 等 の 支 払 事 由 発 生 の 有 無 の 確 認 が 第 10 条 ( 年 金 および 死 亡 給 付 金 の 支 払 )に 定 める 支 払 事 由 に 該 当 必 要 な 場 合 する 事 実 の 有 無 ⑵ 死 亡 給 付 金 の 支 払 の 免 責 事 由 に 該 当 す 死 亡 給 付 金 の 支 払 事 由 が 発 生 した 原 因 る 可 能 性 がある 場 合 ⑶ 告 知 義 務 違 反 に 該 当 する 可 能 性 がある 会 社 が 告 知 を 求 めた 事 項 および 告 知 義 務 違 反 に 至 った 原 因 場 合 ⑷ この 約 款 に 定 める 重 大 事 由 詐 欺 また は 不 法 取 得 目 的 に 該 当 する 可 能 性 があ る 場 合 前 2 に 定 める 事 項 第 39 条 ( 重 大 事 由 による 解 除 ) 第 1 項 第 3 ア.からオ.のいずれかに 該 当 する 事 実 の 有 無 または 保 険 契 約 者 被 保 険 者 もしくは 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 の 保 険 契 約 締 結 の 目 的 もしくは 死 亡 給 付 金 の 請 求 の 意 図 に 関 する 保 険 契 約 の 締 結 時 から 死 亡 給 付 金 の 請 求 時 までにおける 事 実 5 前 項 の 確 認 をするため 次 の 各 に 掲 げる 事 項 についての 特 別 な 照 会 や 調 査 が 不 可 欠 な 場 合 には 前 2 項 にかか わらず 年 金 等 を 支 払 うべき 期 限 は その 請 求 に 必 要 な 書 類 が 会 社 に 到 着 した 日 の 翌 日 から 起 算 して 次 の 各 に 定 める 日 数 を 経 過 する 日 ( 複 数 の 事 項 に 該 当 する 場 合 は180 日 を 経 過 する 日 )とし 会 社 は 年 金 等 を 請 求 した 者 に 通 知 します 特 別 な 照 会 や 調 査 を 行 う 事 項 日 数 ⑴ 前 項 各 に 定 める 事 項 についての 弁 護 士 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 205 )にもとづく 照 会 その 他 の 法 180 日 令 にもとづく 照 会 ⑵ 前 項 各 に 定 める 事 項 についての 研 究 機 関 等 の 専 門 機 関 による 医 学 または 工 学 等 の 科 学 技 術 的 180 日 な 特 別 の 調 査 分 析 または 鑑 定 ⑶ 前 項 各 に 定 める 事 項 に 関 し 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 年 金 等 の 受 取 人 を 被 疑 者 として 180 日 捜 査 起 訴 その 他 の 刑 事 手 続 が 開 始 されたことが 報 道 等 から 明 らかである 場 合 における 前 項 各 に 定 める 事 項 に 関 する 送 致 起 訴 判 決 等 の 刑 事 手 続 の 結 果 についての 警 察 検 察 等 の 捜 査 機 関 または 裁 判 所 に 対 する 照 会 ⑷ 前 項 各 に 定 める 事 項 についての 日 本 国 外 における 調 査 180 日 6 前 2 項 に 掲 げる 必 要 な 事 項 の 確 認 に 際 し 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 年 金 等 の 受 取 人 が 正 当 な 理 由 なく 確 認 を 妨 げ またはこれに 応 じなかったとき( 会 社 の 指 定 した 医 師 による 必 要 な 診 断 に 応 じなかったときを 含 みます ) は 会 社 は これにより 事 実 の 確 認 が 遅 延 した 期 間 の 遅 滞 の 責 任 を 負 わず その 間 は 年 金 等 を 支 払 いません 7 第 3 項 から 第 5 項 に 定 める 期 日 をこえて 年 金 等 を 支 払 う 場 合 は その 期 日 の 翌 日 から 会 社 所 定 の 利 率 で 計 算 した 利 息 をつけて 支 払 います ( 年 金 の 一 時 支 払 ) 第 15 条 年 金 支 払 期 間 中 に 年 金 受 取 人 から 請 求 があったときは 年 金 支 払 期 間 中 の 将 来 の 年 金 の 支 払 に 代 えて 積 立 金 相 当 額 を 一 時 に 支 払 います 2 前 項 の 一 時 金 を 支 払 ったときは この 保 険 契 約 は 消 滅 します ( 年 金 の 分 割 支 払 ) 第 16 条 年 金 受 取 人 から 請 求 があったときは 会 社 の 定 める 取 扱 いに 従 い 1 年 分 の 年 金 額 を 等 分 して 支 払 います この 場 合 分 割 支 払 の 回 数 は 会 社 所 定 の 範 囲 内 から 年 金 受 取 人 が 選 択 するものとします また 会 社 所 定 の 利 率 で 計 算 した 利 息 を 付 加 して 支 払 います 2 分 割 された 年 金 については 特 別 勘 定 による 運 用 はしません 6 保 険 料 の 払 込 免 除 ( 保 険 料 の 払 込 免 除 ) 第 17 条 被 保 険 者 が 次 のいずれかの 障 害 状 態 になった 場 合 には 会 社 は 次 の 払 込 期 月 以 降 の 保 険 料 の 払 込 みを 免 除 し ます 313

6 保 険 料 の 払 込 みの 免 除 事 由 補 則 ⑴ 責 任 開 始 期 以 後 に 発 生 した 傷 害 または 発 病 した 疾 病 を 直 接 の 原 因 として 保 険 期 間 中 に 高 度 障 害 状 態 ( 別 表 1)に 該 当 したとき 責 任 開 始 期 前 にすでに 生 じていた 障 害 状 態 に 責 任 開 始 期 以 後 の 傷 害 または 疾 病 ( 責 任 開 始 期 前 にすでに 生 じていた 障 害 状 態 の 原 因 となった 傷 害 または 疾 病 と 因 果 関 係 のない 傷 害 または 疾 病 に 限 ります )を 原 因 とする 障 害 状 態 が 新 た に 加 わって 高 度 障 害 状 態 に 該 当 したときを 含 みます ⑵ 責 任 開 始 期 以 後 に 発 生 した 不 慮 の 事 故 ( 別 表 2)を 直 接 の 原 因 として その 事 故 の 日 からその 日 を 含 めて 180 日 以 内 に 身 体 障 害 の 状 態 ( 別 表 3)に 該 当 したとき 責 任 開 始 期 前 にすでに 生 じていた 障 害 状 態 に 責 任 開 始 期 以 後 の 傷 害 を 原 因 とする 障 害 状 態 が 新 たに 加 わって 身 体 障 害 の 状 態 に 該 当 したときを 含 みます 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 次 の 各 のいずれかに 該 当 する 場 合 には 被 保 険 者 が 責 任 開 始 期 前 に 発 病 した 疾 病 を 直 接 の 原 因 として 責 任 開 始 期 以 後 に 高 度 障 害 状 態 ( 別 表 1)に 該 当 したときでも 責 任 開 始 期 以 後 の 原 因 によるも のとみなします ⑴ その 疾 病 について 保 険 契 約 の 締 結 または 復 活 の 際 に 告 知 により 会 社 が 知 っていた 場 合 ただし 事 実 の 一 部 が 告 知 されなかったことにより その 疾 病 に 関 する 事 実 を 会 社 が 正 確 に 知 ることができなかった 場 合 を 除 きま す ⑵ その 疾 病 について 責 任 開 始 期 前 に 医 師 の 診 察 検 査 治 療 投 薬 その 他 の 診 療 を 受 けたことがなく かつ 健 康 診 断 または 人 間 ドックにおいて 異 常 ( 要 経 過 観 察 要 治 療 要 再 検 査 要 精 密 検 査 を 含 みます )を 指 摘 さ れたことがない 場 合 ただし その 疾 病 による 症 状 について 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 認 識 または 自 覚 してい た 場 合 を 除 きます 3 前 2 項 の 規 定 により 保 険 料 の 払 込 みが 免 除 された 場 合 には 保 険 料 は 以 後 払 込 期 月 の 契 約 応 当 日 ごとに 払 込 み があったものとして 取 扱 います 4 保 険 料 の 払 込 みが 免 除 された 保 険 契 約 については 保 険 料 の 払 込 みの 免 除 事 由 発 生 時 以 後 次 の 規 定 は 適 用 しま せん 保 険 料 の 払 込 みの 免 除 事 由 発 生 時 以 後 に 適 用 しない 規 定 第 29 条 ( 年 金 支 払 期 間 の 変 更 ) 第 30 条 ( 基 本 年 金 額 の 減 額 ) 第 31 条 ( 定 額 個 人 年 金 保 険 への 変 更 ) 第 32 条 ( 年 金 支 払 開 始 日 の 繰 下 げ) 第 33 条 ( 積 立 金 額 の 増 額 ) 第 34 条 ( 積 立 金 額 の 減 額 ) 5 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 は 保 険 料 の 払 込 みの 免 除 事 由 が 発 生 したことを 知 ったときには 遅 滞 なく 会 社 に 通 知 してください 6 保 険 契 約 者 は 保 険 料 の 払 込 みの 免 除 事 由 が 発 生 したときには 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 4)を 会 社 に 提 出 して 保 険 料 の 払 込 みの 免 除 を 請 求 してください 7 会 社 は 保 険 料 の 払 込 みの 免 除 を 行 うに 際 して 第 14 条 ( 年 金 または 死 亡 給 付 金 の 請 求 支 払 の 手 続 ) 第 3 項 か ら 第 6 項 の 規 定 を 準 用 します ( 保 険 料 の 払 込 を 免 除 しない 場 合 ) 第 18 条 被 保 険 者 が 高 度 障 害 状 態 ( 別 表 1)または 身 体 障 害 の 状 態 ( 別 表 3)に 次 のいずれかにより 該 当 した 場 合 には 会 社 は 保 険 料 の 払 込 みを 免 除 しません 障 害 状 態 の 種 類 保 険 料 の 払 込 みを 免 除 しない 場 合 ⑴ 高 度 障 害 状 態 ( 別 表 1) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 の 故 意 によるとき ⑵ 身 体 障 害 の 状 態 ( 別 表 3) 1 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 の 故 意 または 重 大 な 過 失 によるとき 2 被 保 険 者 の 犯 罪 行 為 によるとき 3 被 保 険 者 の 精 神 障 害 を 原 因 とする 事 故 によるとき 4 被 保 険 者 の 泥 酔 の 状 態 を 原 因 とする 事 故 によるとき 5 被 保 険 者 が 法 令 に 定 める 運 転 資 格 を 持 たないで 運 転 している 間 に 生 じた 事 故 によるとき 6 被 保 険 者 が 法 令 に 定 める 酒 気 帯 び 運 転 またはこれに 相 当 する 運 転 をしている 間 に 生 じた 事 故 によるとき 2 被 保 険 者 が 次 のいずれかにより 障 害 状 態 に 該 当 した 場 合 で その 原 因 により 高 度 障 害 状 態 ( 別 表 1)または 身 体 障 害 の 状 態 ( 別 表 3)に 該 当 した 被 保 険 者 の 数 の 増 加 が この 保 険 の 計 算 基 礎 に 影 響 をおよぼすときは 保 険 料 の 払 込 みを 免 除 しないことがあります 保 険 料 の 払 込 みを 免 除 しないことがある 場 合 ⑴ 戦 争 その 他 の 変 乱 によって 高 度 障 害 状 態 ( 別 表 1)に 該 当 したとき ⑵ 戦 争 その 他 の 変 乱 地 震 噴 火 または 津 波 によって 身 体 障 害 の 状 態 ( 別 表 3)に 該 当 したとき 7 保 険 料 の 払 込 314

7 ( 保 険 料 の 払 込 ) 第 19 条 第 2 回 以 後 の 保 険 料 は 払 込 期 間 中 被 保 険 者 が 生 存 している 間 毎 回 第 20 条 ( 保 険 料 の 払 込 方 法 経 路 ) 第 1 項 に 定 める 方 法 に 従 って 月 払 年 払 または 半 年 払 の 金 額 を 払 込 期 月 内 に 払 込 んでください 2 前 項 の 払 込 期 月 は 払 込 方 法 回 数 に 応 じて 次 のとおりとします 払 込 方 法 回 数 払 込 期 月 ⑴ 月 払 契 約 の 場 合 月 単 位 の 契 約 応 当 日 の 属 する 月 の 初 日 から 末 日 まで ⑵ 年 払 契 約 または 半 年 払 契 約 の 場 合 年 単 位 または 半 年 単 位 の 契 約 応 当 日 の 属 する 月 の 初 日 から 末 日 まで 3 第 1 項 で 払 込 むべき 保 険 料 ( 第 1 回 保 険 料 を 含 みます )は それぞれの 払 込 期 月 の 契 約 応 当 日 ( 第 1 回 保 険 料 の 場 合 は 契 約 日 )からその 次 の 払 込 期 月 の 契 約 応 当 日 の 前 日 までの 期 間 ( 以 下 保 険 料 期 間 といいます )に 対 応 する 保 険 料 とします 4 第 1 項 の 保 険 料 が 払 込 期 月 の 契 約 応 当 日 の 前 日 までに 払 込 まれ かつ その 日 までに 保 険 契 約 が 消 滅 した 場 合 ま たは 保 険 料 の 払 込 みを 要 しなくなった 場 合 には 会 社 は その 払 込 まれた 保 険 料 を 保 険 契 約 者 ( 死 亡 給 付 金 を 支 払 うときは 死 亡 給 付 金 受 取 人 )に 払 いもどします 5 第 1 項 の 保 険 料 が 払 込 まれないまま 払 込 期 月 の 契 約 応 当 日 以 後 末 日 までに 死 亡 給 付 金 支 払 事 由 が 生 じたときは 会 社 は 未 払 込 保 険 料 を 死 亡 給 付 金 から 差 引 きます 6 第 1 項 の 保 険 料 が 払 込 まれないまま 払 込 期 月 の 契 約 応 当 日 以 後 末 日 までに 保 険 料 の 払 込 みの 免 除 事 由 が 生 じた ときは 保 険 契 約 者 は 未 払 込 保 険 料 を 払 込 んでください 7 前 項 の 場 合 未 払 込 保 険 料 については 第 22 条 ( 猶 予 期 間 および 保 険 契 約 の 失 効 ) 第 2 項 の 規 定 を 準 用 します 8 保 険 契 約 者 は 会 社 の 定 める 取 扱 いに 従 い 第 1 項 の 保 険 料 の 払 込 方 法 回 数 を 変 更 することができます 9 保 険 契 約 者 が 前 項 の 変 更 を 請 求 するときは 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 4)を 会 社 に 提 出 してください ( 保 険 料 の 払 込 方 法 経 路 ) 第 20 条 保 険 契 約 者 は 次 の 各 のいずれかの 保 険 料 の 払 込 方 法 経 路 を 選 択 することができます ただし 第 2 お よび 第 3 に 定 める 払 込 方 法 経 路 は 会 社 が 特 に 必 要 と 認 めた 場 合 に 限 ります 保 険 料 の 払 込 方 法 経 路 ⑴ 会 社 の 指 定 した 金 融 機 関 等 の 口 座 振 替 により 払 込 む 方 法 ⑵ 金 融 機 関 等 の 会 社 の 指 定 した 口 座 に 送 金 することにより 払 込 む 方 法 ⑶ 会 社 の 本 社 または 会 社 の 指 定 した 場 所 に 持 参 して 払 込 む 方 法 2 保 険 契 約 者 は 会 社 の 定 める 取 扱 いに 従 い 第 1 項 各 の 保 険 料 の 払 込 方 法 経 路 を 変 更 することができます 3 第 1 項 の 規 定 により 選 択 された 保 険 料 の 払 込 方 法 経 路 が 会 社 の 取 扱 範 囲 をこえたときまたは 会 社 の 取 扱 条 件 に 該 当 しなくなったときは 保 険 契 約 者 は 前 項 の 規 定 により 保 険 料 の 払 込 方 法 経 路 を 他 の 払 込 方 法 経 路 に 変 更 してください この 場 合 保 険 契 約 者 が 保 険 料 の 払 込 方 法 経 路 の 変 更 を 行 うまでの 間 の 保 険 料 について は 会 社 の 本 社 または 会 社 の 指 定 した 場 所 に 払 込 んでください ( 保 険 料 の 前 納 ) 第 21 条 保 険 契 約 者 は 会 社 の 定 める 取 扱 いに 従 い 将 来 の 保 険 料 の 全 部 または 一 部 を 前 納 することができます この 場 合 には 会 社 所 定 の 利 率 で 割 引 きます 2 前 項 の 保 険 料 前 納 金 は 会 社 所 定 の 利 率 で 計 算 した 利 息 をつけて 会 社 に 積 立 てておき 払 込 期 月 の 契 約 応 当 日 ご とに 保 険 料 の 払 込 みに 充 当 します 3 保 険 料 前 納 金 のうち 払 込 期 月 が 到 来 していない 分 の 金 額 については 特 別 勘 定 による 運 用 はしません 4 保 険 契 約 が 消 滅 した 場 合 または 保 険 料 の 払 込 みを 要 しなくなった 場 合 には 保 険 料 前 納 金 の 残 額 を 保 険 契 約 者 ( 死 亡 給 付 金 を 支 払 うときは 死 亡 給 付 金 受 取 人 )に 払 いもどします ただし 年 金 支 払 開 始 日 が 到 来 したときは 保 険 契 約 者 から 別 段 の 申 出 がない 限 り 会 社 の 定 める 方 法 により 年 金 額 を 増 額 させるための 一 時 払 保 険 料 に 充 当 します 8 猶 予 期 間 および 保 険 契 約 の 失 効 ( 猶 予 期 間 および 保 険 契 約 の 失 効 ) 第 22 条 第 2 回 以 後 の 保 険 料 の 払 込 みについては 保 険 料 払 込 期 月 の 翌 月 初 日 から 末 日 までを 猶 予 期 間 とします 2 保 険 料 が 払 込 まれないままで 猶 予 期 間 が 経 過 したときは 保 険 契 約 は 第 24 条 ( 自 動 払 済 年 金 保 険 )に 定 める 自 動 払 済 年 金 保 険 に 変 更 される 場 合 を 除 き 猶 予 期 間 の 満 了 日 の 翌 日 から 効 力 を 失 います この 場 合 には 保 険 契 約 者 は 猶 予 期 間 の 満 了 時 の 解 約 返 戻 金 を 請 求 することができます ( 猶 予 期 間 中 に 保 険 事 故 が 発 生 した 場 合 ) 第 23 条 猶 予 期 間 中 に 年 金 または 死 亡 給 付 金 の 支 払 事 由 が 生 じたときは 会 社 は 未 払 込 保 険 料 を 年 金 または 死 亡 給 付 金 から 差 引 きます 2 猶 予 期 間 中 に 保 険 料 の 払 込 みの 免 除 事 由 が 生 じたときは 保 険 契 約 者 は その 猶 予 期 間 の 満 了 日 までに 未 払 込 保 険 料 を 払 込 んでください この 未 払 込 保 険 料 が 払 込 まれない 場 合 には 保 険 契 約 は 猶 予 期 間 満 了 日 の 翌 日 から 効 力 を 失 い 会 社 は 保 険 料 の 払 込 みを 免 除 しません 315

8 9 自 動 払 済 年 金 保 険 ( 自 動 払 済 年 金 保 険 ) 第 24 条 会 社 は 猶 予 期 間 中 に 保 険 料 が 払 込 まれない 場 合 でも この 保 険 契 約 に 解 約 返 戻 金 ( 第 40 条 ( 契 約 者 貸 付 )の 規 定 による 契 約 者 貸 付 があるときは その 元 利 金 を 差 引 いた 残 額 )があるときは 保 険 料 払 込 期 間 中 であれば 次 回 以 後 の 保 険 料 の 払 込 みを 中 止 して 自 動 的 に 年 金 額 を 定 額 とする 払 済 年 金 保 険 ( 以 下 自 動 払 済 年 金 保 険 といい ます )に 変 更 します この 場 合 自 動 払 済 年 金 保 険 は 猶 予 期 間 の 満 了 日 の 翌 日 から 効 力 を 生 じるものとし この 日 を 自 動 払 済 年 金 保 険 への 変 更 日 といいます ただし 保 険 契 約 者 からあらかじめ 反 対 の 申 出 があった 場 合 には この 取 扱 いをしません 2 自 動 払 済 年 金 保 険 の 内 容 は 5 年 ごと 利 差 配 当 付 定 額 年 金 保 険 特 約 条 項 に 定 めるところによります 3 自 動 払 済 年 金 保 険 に 変 更 されたときは 保 険 契 約 者 に 通 知 します 4 自 動 払 済 年 金 保 険 への 変 更 日 から3か 月 以 内 かつ 年 金 支 払 開 始 日 前 に 保 険 契 約 者 からすでに 到 来 している 払 込 期 月 の 未 払 込 保 険 料 の 支 払 の 申 出 があったときは 会 社 は 自 動 払 済 年 金 保 険 への 変 更 を 行 わなかったものとして その 申 出 による 取 扱 いをします 10 保 険 契 約 の 復 活 ( 保 険 契 約 の 復 活 ) 第 25 条 保 険 契 約 者 は 保 険 契 約 が 効 力 を 失 った 日 からその 日 を 含 めて3か 月 以 内 で かつ 年 金 支 払 開 始 日 前 ならば 会 社 の 承 諾 を 得 て 保 険 契 約 を 復 活 することができます ただし 保 険 契 約 者 が 解 約 返 戻 金 を 請 求 した 場 合 には 保 険 契 約 を 復 活 することはできません 2 保 険 契 約 を 復 活 する 際 の 積 立 金 額 および 死 亡 給 付 金 額 は 延 滞 保 険 料 が 払 込 まれたものとして 計 算 した 金 額 とし ます 3 保 険 契 約 者 が 本 条 の 復 活 を 請 求 するときは 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 4)を 会 社 に 提 出 してください 4 会 社 が 保 険 契 約 の 復 活 を 承 諾 したときは 保 険 契 約 者 は 会 社 の 指 定 した 期 日 までに 延 滞 保 険 料 を 会 社 の 本 社 ま たは 会 社 の 指 定 した 場 所 に 払 込 んでください また 第 40 条 ( 契 約 者 貸 付 ) 第 5 項 の 規 定 によって 効 力 を 失 った 保 険 契 約 を 復 活 させる 場 合 には 会 社 の 定 める 取 扱 いに 従 って 契 約 者 貸 付 の 元 利 金 も 払 込 んでください 5 第 5 条 ( 責 任 開 始 期 )の 規 定 は 本 条 の 場 合 に 準 用 します ただし 会 社 が 保 険 契 約 の 復 活 を 承 諾 しても 保 険 証 券 は 交 付 しません 11 解 約 および 解 約 返 戻 金 ( 解 約 ) 第 26 条 保 険 契 約 者 または 保 険 契 約 者 以 外 の 者 で 保 険 契 約 の 解 約 をすることができる 者 ( 以 下 債 権 者 等 といいま す )は 年 金 支 払 開 始 日 前 に 限 り いつでも 将 来 に 向 かって 保 険 契 約 を 解 約 し 解 約 返 戻 金 を 請 求 すること ができます 2 保 険 契 約 者 または 債 権 者 等 が 本 条 の 請 求 をするときは 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 4)を 会 社 に 提 出 してください ( 解 約 返 戻 金 ) 第 27 条 解 約 返 戻 金 は 次 の 第 1 の 金 額 と 第 2 の 金 額 の 合 計 額 とします また 保 険 証 券 を 交 付 する 際 に 会 社 の 定 める 経 過 年 数 および 運 用 実 績 に 応 じて 計 算 した 解 約 返 戻 金 額 を 保 険 契 約 者 に 通 知 します 金 額 ⑴ 基 本 年 金 について 保 険 料 払 込 中 の 保 険 契 約 についてはその 払 込 年 月 数 により 保 険 料 払 込 済 の 保 険 契 約 についてはその 経 過 年 月 数 により 会 社 の 定 める 方 法 によって 計 算 した 額 ⑵ 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 4)が 会 社 に 到 着 した 日 の 積 立 金 額 から 年 金 支 払 期 間 にわたって 基 本 年 金 額 の 年 金 を 支 払 うために 必 要 な 額 を 差 引 いた 額 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 第 1 回 保 険 料 のうち 特 別 勘 定 で 運 用 される 分 の 金 額 を 各 特 別 勘 定 に 繰 入 れる 日 の 前 日 までの 保 険 契 約 の 解 約 返 戻 金 は 会 社 の 定 める 方 法 によって 計 算 した 解 約 返 戻 金 とします 3 解 約 返 戻 金 の 支 払 時 期 および 支 払 場 所 については 第 14 条 ( 年 金 または 死 亡 給 付 金 の 請 求 支 払 の 手 続 ) 第 3 項 の 規 定 を 準 用 します 4 会 社 は 前 項 の 規 定 にかかわらず 解 約 返 戻 金 の 支 払 がこの 保 険 の 資 産 の 運 用 におよぼす 影 響 が 大 きいと 認 めた ときは 最 長 6か 月 の 範 囲 内 で 解 約 返 戻 金 の 支 払 を 延 期 することができます この 場 合 解 約 返 戻 金 に 会 社 所 定 の 利 率 で 計 算 した 利 息 を 付 して 支 払 います 5 解 約 返 戻 金 を 支 払 う 場 合 第 40 条 ( 契 約 者 貸 付 )に 定 める 契 約 者 貸 付 があるときは 解 約 返 戻 金 をその 元 利 金 の 返 済 にあてます ( 債 権 者 等 による 解 約 ) 第 28 条 債 権 者 等 による 保 険 契 約 の 解 約 は 解 約 の 請 求 の 通 知 が 会 社 に 到 着 した 時 から1か 月 を 経 過 した 日 に 効 力 を 生 じ ます 2 前 項 の 通 知 が 行 われた 場 合 でも 通 知 の 時 において 次 の 各 のすべてを 満 たす 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 が 保 険 契 約 316

9 者 の 同 意 を 得 て 前 項 の 期 間 が 経 過 するまでの 間 に 所 定 の 金 額 ( 解 約 の 請 求 の 通 知 が 会 社 に 到 着 した 日 に 解 約 の 効 力 が 生 じたとすれば 会 社 が 債 権 者 等 に 支 払 うべき 金 額 )を 債 権 者 等 に 支 払 い かつ 会 社 にその 旨 を 通 知 したとき は 前 項 の 解 約 はその 効 力 を 生 じません 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 の 条 件 ⑴ 保 険 契 約 者 の 親 族 被 保 険 者 の 親 族 または 被 保 険 者 本 人 であること ⑵ 保 険 契 約 者 でないこと 3 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 が 前 項 の 通 知 をするときは 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 4)を 会 社 に 提 出 してください 4 第 1 項 の 解 約 の 請 求 の 通 知 が 会 社 に 到 着 した 日 以 後 解 約 の 効 力 が 生 じるまで または 第 2 項 の 規 定 により 効 力 が 生 じないこととなるまでに 死 亡 給 付 金 の 支 払 事 由 が 生 じ 会 社 が 死 亡 給 付 金 を 支 払 うべきときは 支 払 うべき 金 額 の 限 度 で 第 2 項 に 定 める 所 定 の 金 額 を 債 権 者 等 に 支 払 います この 場 合 支 払 うべき 金 額 から 債 権 者 等 に 支 払 った 金 額 を 差 引 いた 残 額 を 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 に 支 払 います 5 第 1 項 の 解 約 の 請 求 の 通 知 が 会 社 に 到 着 した 日 以 後 解 約 の 効 力 が 生 じるまで または 第 2 項 の 規 定 により 効 力 が 生 じないこととなるまでに 年 金 支 払 開 始 日 が 到 来 したときは 保 険 契 約 の 積 立 金 の 限 度 で 第 2 項 に 定 める 所 定 の 金 額 を 債 権 者 等 に 支 払 い 年 金 額 を 減 額 します この 場 合 以 後 第 1 項 に 定 める 債 権 者 等 による 解 約 の 効 力 は 生 じません ただし 減 額 後 の 年 金 額 が 会 社 の 定 める 金 額 に 満 たないときは 会 社 は 年 金 の 支 払 いを 行 わず 保 険 契 約 の 積 立 金 から 債 権 者 等 に 支 払 った 金 額 を 差 引 いた 残 額 を 年 金 受 取 人 に 支 払 い 保 険 契 約 は 消 滅 します 12 契 約 内 容 の 変 更 ( 年 金 支 払 期 間 の 変 更 ) 第 29 条 保 険 契 約 者 は 年 金 支 払 開 始 日 の 前 日 末 に 会 社 の 承 諾 を 得 て 年 金 支 払 期 間 を 変 更 することができます ただ し 変 更 後 の 年 金 支 払 期 間 は 会 社 所 定 の 範 囲 内 から 選 択 することを 要 します 2 保 険 契 約 者 が 本 条 の 変 更 を 請 求 するときは 年 金 支 払 開 始 日 の2 週 間 前 までに 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 4)を 会 社 に 提 出 してください 3 年 金 支 払 期 間 を 変 更 した 場 合 には 基 本 年 金 額 を 変 更 します ( 基 本 年 金 額 の 減 額 ) 第 30 条 保 険 契 約 者 は 年 金 支 払 開 始 日 前 に 限 り 会 社 の 定 める 取 扱 いに 従 い 基 本 年 金 額 の 減 額 を 請 求 することができ ます ただし 減 額 後 の 基 本 年 金 額 は 会 社 所 定 の 金 額 以 上 であることを 要 します 2 基 本 年 金 額 を 減 額 する 場 合 には 同 じ 割 合 で 積 立 金 額 および 死 亡 給 付 金 額 も 減 額 されたものとします 3 年 金 額 の 減 額 部 分 は 解 約 したものとして 取 扱 います 4 保 険 契 約 者 が 本 条 の 減 額 を 請 求 するときは 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 4)を 会 社 に 提 出 してください この 書 類 を 会 社 が 受 付 けた 日 を 基 本 年 金 額 の 減 額 の 効 力 発 生 日 とします 5 年 金 額 を 減 額 した 場 合 に 第 40 条 ( 契 約 者 貸 付 )に 定 める 契 約 者 貸 付 があるときは この 場 合 の 解 約 返 戻 金 をそ の 元 利 金 の 返 済 にあてます ( 定 額 個 人 年 金 保 険 への 変 更 ) 第 31 条 保 険 契 約 者 は 有 効 に 継 続 している 保 険 契 約 について 年 金 支 払 開 始 日 前 であれば 会 社 の 定 める 取 扱 いに 従 い 年 金 額 を 定 額 とする 個 人 年 金 保 険 ( 以 下 定 額 個 人 年 金 保 険 といいます )に 変 更 することができます この 場 合 変 更 前 の 保 険 契 約 が 保 険 料 払 込 期 間 中 のときは 次 回 以 後 の 保 険 料 の 払 込 みは 要 しません 2 保 険 契 約 者 が 本 条 の 変 更 を 請 求 するときは 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 4)を 会 社 に 提 出 してください この 場 合 定 額 個 人 年 金 保 険 は この 書 類 を 会 社 が 受 付 けた 日 から 効 力 を 生 じるものとし この 日 を 定 額 個 人 年 金 保 険 への 変 更 日 といいます 3 定 額 個 人 年 金 保 険 の 内 容 は 5 年 ごと 利 差 配 当 付 定 額 年 金 保 険 特 約 条 項 に 定 めるところによります 4 被 保 険 者 が 定 額 個 人 年 金 保 険 への 変 更 日 以 後 その 変 更 日 の 属 する 月 の 末 日 までの 間 に 次 の 各 の 事 由 に 該 当 し たときは 会 社 は 定 額 個 人 年 金 保 険 への 変 更 請 求 がなかったものとして 取 扱 います ただし 第 32 条 ( 年 金 支 払 開 始 日 の 繰 下 げ)の 規 定 により 年 金 支 払 開 始 日 の 繰 下 げを 行 っていた 場 合 を 除 きます ⑴ 被 保 険 者 が 死 亡 したとき ⑵ 保 険 料 の 払 込 みが 免 除 されるとき ( 年 金 支 払 開 始 日 の 繰 下 げ) 第 32 条 保 険 契 約 者 は 年 金 支 払 開 始 日 前 に 限 り 会 社 の 承 諾 を 得 て 年 金 支 払 開 始 日 を 繰 下 げることができます ただ し 繰 下 げ 後 の 年 金 支 払 開 始 日 は 会 社 所 定 の 範 囲 内 から 選 択 することを 要 します 2 前 項 の 規 定 により 年 金 支 払 開 始 日 を 繰 下 げた 場 合 繰 下 げる 前 の 年 金 支 払 開 始 日 以 降 は 次 のとおり 取 扱 います 317

10 繰 下 げる 前 の 年 金 支 払 開 始 日 以 降 の 取 扱 ⑴ 保 険 料 の 払 込 みは 要 しません ⑵ 基 本 年 金 額 は 年 金 支 払 開 始 日 の 繰 下 げ 前 と 同 額 とします ⑶ 繰 下 げた 後 の 年 金 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 間 に 被 保 険 者 が 死 亡 したときまたは 保 険 契 約 が 解 約 された ときは 次 のとおりとします ア. 被 保 険 者 が 死 亡 したとき 第 9 条 ( 死 亡 給 付 金 額 )の 規 定 にかかわらず 死 亡 日 の 積 立 金 相 当 額 を 死 亡 給 付 金 受 取 人 に 支 払 いま す イ. 保 険 契 約 が 解 約 されたとき 第 27 条 ( 解 約 返 戻 金 ) 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 積 立 金 相 当 額 を 保 険 契 約 者 に 支 払 います 3 保 険 契 約 者 が 本 条 の 繰 下 げを 請 求 するときは 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 4)を 会 社 に 提 出 してください 4 本 条 の 繰 下 げを 行 った 場 合 別 段 の 定 めがないときは 普 通 保 険 約 款 ならびに 付 加 されている 特 約 条 項 中 の 年 金 支 払 開 始 日 は 繰 下 げた 後 の 年 金 支 払 開 始 日 をいいます ( 積 立 金 額 の 増 額 ) 第 33 条 保 険 契 約 者 は 年 金 支 払 開 始 日 前 に 限 り 会 社 の 承 諾 を 得 て 積 立 金 額 の 増 額 を 請 求 することができます 2 前 項 の 増 額 は 会 社 所 定 の 金 額 を 上 限 として 取 扱 います 3 保 険 契 約 者 が 本 条 の 増 額 を 請 求 するときは 所 定 の 金 額 を 次 のいずれかの 方 法 により 払 込 んでください この 金 額 が 払 込 まれた 日 の 属 する 月 の 翌 月 1 日 を 増 額 の 効 力 発 生 日 とします 所 定 の 金 額 を 払 込 む 方 法 ⑴ 金 融 機 関 等 の 会 社 の 指 定 した 口 座 に 送 金 することにより 払 込 む 方 法 ⑵ 会 社 の 本 社 または 会 社 の 指 定 した 場 所 に 持 参 して 払 込 む 方 法 4 前 項 のほか 保 険 契 約 者 が 本 条 の 増 額 を 請 求 するときは 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 4)を 会 社 に 提 出 してくださ い 5 本 条 の 増 額 を 行 った 場 合 基 本 年 金 額 は 変 更 しません 6 前 項 までの 規 定 にかかわらず 第 40 条 ( 契 約 者 貸 付 )に 定 める 契 約 者 貸 付 があるときは 本 条 の 増 額 は 取 扱 いま せん 7 第 3 項 の 金 額 が 払 込 まれた 日 から 増 額 の 効 力 発 生 日 前 日 までの 間 に 保 険 契 約 が 消 滅 した 場 合 または 保 険 料 の 払 込 みを 要 しなくなった 場 合 には 払 込 まれた 金 額 を 保 険 契 約 者 ( 死 亡 給 付 金 を 支 払 うときは 死 亡 給 付 金 受 取 人 ) に 払 いもどします ( 積 立 金 額 の 減 額 ) 第 34 条 保 険 契 約 者 は 年 金 支 払 開 始 日 前 に 限 り 積 立 金 額 が 基 本 年 金 額 の 年 金 を 支 払 うために 必 要 な 責 任 準 備 金 額 をこ えている 場 合 には 責 任 準 備 金 額 をこえている 範 囲 内 で 積 立 金 額 の 減 額 を 請 求 することができます ただし 請 求 された 金 額 が 会 社 所 定 の 金 額 に 満 たない 場 合 には 本 条 の 減 額 は 取 扱 いません 2 保 険 契 約 者 が 本 条 の 減 額 を 請 求 するときは 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 4)を 会 社 に 提 出 してください この 書 類 を 会 社 が 受 付 けた 日 を 積 立 金 額 の 減 額 の 効 力 発 生 日 とします 3 積 立 金 額 を 減 額 した 場 合 に 第 40 条 ( 契 約 者 貸 付 )に 定 める 契 約 者 貸 付 があるときは この 場 合 の 返 戻 金 をその 元 利 金 の 返 済 にあてます 4 本 条 の 減 額 を 行 った 場 合 基 本 年 金 額 は 変 更 しません 5 本 条 による 減 額 は 年 2 回 を 限 度 とします 13 詐 欺 による 取 消 および 不 法 取 得 目 的 による 無 効 ( 詐 欺 による 取 消 および 不 法 取 得 目 的 による 無 効 ) 第 35 条 保 険 契 約 の 締 結 または 復 活 に 際 して 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 年 金 等 の 受 取 人 に 詐 欺 の 行 為 があったときは 会 社 は 保 険 契 約 を 取 消 すことができます この 場 合 すでに 払 込 んだ 保 険 料 は 払 いもどしません 2 保 険 契 約 者 が 死 亡 給 付 金 を 不 法 に 取 得 する 目 的 または 他 人 に 死 亡 給 付 金 を 不 法 に 取 得 させる 目 的 をもって 保 険 契 約 を 締 結 または 復 活 したときは その 保 険 契 約 は 無 効 とし すでに 払 込 んだ 保 険 料 は 払 いもどしません 14 告 知 義 務 および 告 知 義 務 違 反 による 解 除 ( 告 知 義 務 ) 第 36 条 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 は 会 社 が 保 険 契 約 の 締 結 または 復 活 の 際 死 亡 給 付 金 の 支 払 事 由 または 保 険 料 の 払 込 みの 免 除 事 由 の 発 生 の 可 能 性 に 関 する 重 要 な 事 項 のうち 書 面 ( 会 社 の 定 める 情 報 端 末 を 用 いた 場 合 は 表 示 され た 告 知 画 面 以 下 本 条 において 同 じとします )で 告 知 を 求 めた 事 項 について その 書 面 により 告 知 することを 要 します ただし 会 社 の 指 定 する 医 師 の 質 問 により 告 知 を 求 める 場 合 には その 医 師 に 対 して 口 頭 で 告 知 するこ とを 要 します 318

11 ( 告 知 義 務 違 反 による 解 除 ) 第 37 条 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 故 意 または 重 大 な 過 失 によって 前 条 の 規 定 により 会 社 が 告 知 を 求 めた 事 項 につ いて 事 実 を 告 げなかったか または 事 実 でないことを 告 げた 場 合 には 会 社 は 将 来 に 向 かって 保 険 契 約 を 解 除 することができます 2 会 社 は 死 亡 給 付 金 の 支 払 事 由 または 保 険 料 の 払 込 みの 免 除 事 由 が 生 じた 後 でも 前 項 の 規 定 により 保 険 契 約 を 解 除 することができます この 場 合 には 死 亡 給 付 金 の 支 払 または 保 険 料 の 払 込 みの 免 除 を 行 いません なお す でに 死 亡 給 付 金 を 支 払 っていたときは 死 亡 給 付 金 の 返 還 を 請 求 することができ すでに 保 険 料 の 払 込 みを 免 除 し ていたときは その 保 険 料 の 払 込 みを 求 めることができます 3 死 亡 給 付 金 の 支 払 事 由 または 保 険 料 の 払 込 みの 免 除 事 由 の 発 生 が 保 険 契 約 解 除 の 原 因 となった 事 実 によらなか ったことを 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 が 証 明 したときは 死 亡 給 付 金 の 支 払 または 保 険 料 の 払 込 みの 免 除 を 行 います 4 本 条 の 規 定 によって 保 険 契 約 を 解 除 するときは 会 社 は その 旨 を 保 険 契 約 者 に 通 知 します ただし 保 険 契 約 者 またはその 住 所 もしくは 居 所 が 不 明 であるか その 他 正 当 な 理 由 によって 保 険 契 約 者 に 通 知 できない 場 合 には 被 保 険 者 または 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 に 通 知 します 5 本 条 の 規 定 によって 保 険 契 約 を 解 除 したときは 会 社 は 被 保 険 者 が 死 亡 した 場 合 はその 日 の それ 以 外 の 場 合 は 解 除 の 通 知 を 発 信 した 日 の 第 27 条 ( 解 約 返 戻 金 )または5 年 ごと 利 差 配 当 付 定 額 年 金 保 険 特 約 条 項 第 3 条 ( 解 約 および 解 約 返 戻 金 )の 規 定 による 解 約 返 戻 金 を 保 険 契 約 者 に 支 払 います ( 告 知 義 務 違 反 による 解 除 ができない 場 合 ) 第 38 条 会 社 は 次 のいずれかの 場 合 には 前 条 による 保 険 契 約 の 解 除 をすることができません 告 知 義 務 違 反 による 解 除 ができない 場 合 ⑴ 保 険 契 約 の 締 結 復 活 または 復 旧 の 際 解 除 の 原 因 となる 事 実 を 会 社 が 知 っていたか または 過 失 のた め 知 らなかったとき ⑵ 会 社 のために 保 険 契 約 の 締 結 の 媒 介 を 行 うことができる 者 ( 会 社 のために 保 険 契 約 の 締 結 の 代 理 を 行 うこ とができる 者 を 除 き 以 下 本 条 において 保 険 媒 介 者 といいます )が 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 第 36 条 ( 告 知 義 務 )の 告 知 をすることを 妨 げたとき ⑶ 保 険 媒 介 者 が 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 に 対 し 第 36 条 ( 告 知 義 務 )の 告 知 をしないことを 勧 めたと き または 事 実 でないことを 告 げることを 勧 めたとき ⑷ 解 除 の 原 因 となる 事 実 を 会 社 が 知 った 日 の 翌 日 からその 日 を 含 めて1か 月 を 経 過 したとき ⑸ 保 険 契 約 が 責 任 開 始 の 日 ( 復 活 の 場 合 には 復 活 日 とします 以 下 本 において 同 じ )からその 日 を 含 めて2 年 をこえて 有 効 に 継 続 したとき ただし 責 任 開 始 の 日 からその 日 を 含 めて2 年 以 内 に 死 亡 給 付 金 の 支 払 事 由 または 保 険 料 の 払 込 みの 免 除 事 由 が 発 生 ( 責 任 開 始 期 前 に 原 因 が 生 じていたことにより 死 亡 給 付 金 の 支 払 または 保 険 料 の 払 込 みの 免 除 が 行 われない 場 合 を 含 みます )したときを 除 きます 2 前 項 第 2 および 第 3 に 規 定 する 保 険 媒 介 者 の 行 為 がなかったとしても 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 告 知 の 際 に 事 実 を 告 げなかったか または 事 実 でないことを 告 げたと 認 められる 場 合 には 前 項 第 2 および 第 3 の 規 定 は 適 用 しません 15 重 大 事 由 による 解 除 ( 重 大 事 由 による 解 除 ) 第 39 条 会 社 は 次 の 各 のいずれかに 定 める 事 由 が 生 じた 場 合 には この 保 険 契 約 の 全 部 または 一 部 を 将 来 に 向 かって 解 除 することができます 319

12 重 大 事 由 による 解 除 となる 場 合 ⑴ 保 険 契 約 者 被 保 険 者 ( 死 亡 給 付 金 の 場 合 は 被 保 険 者 を 除 きます )または 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 が この 保 険 契 約 の 死 亡 給 付 金 ( 保 険 料 の 払 込 免 除 を 含 みます 以 下 本 項 において 同 じとします )を 詐 取 する 目 的 または 他 人 に 死 亡 給 付 金 を 詐 取 させる 目 的 で 事 故 招 致 ( 未 遂 を 含 みます )をした 場 合 ⑵ この 保 険 契 約 の 死 亡 給 付 金 の 請 求 に 関 し 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 に 詐 欺 行 為 ( 未 遂 を 含 みます )があった 場 合 ⑶ 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 死 亡 給 付 金 もしくは 年 金 の 受 取 人 が 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 ア. 暴 力 団 暴 力 団 員 ( 暴 力 団 員 でなくなった 日 から5 年 を 経 過 しない 者 を 含 みます ) 暴 力 団 準 構 成 員 暴 力 団 関 係 企 業 その 他 の 反 社 会 的 勢 力 ( 以 下 反 社 会 的 勢 力 といいます )に 該 当 すると 認 めら れること イ. 反 社 会 的 勢 力 に 対 して 資 金 等 を 提 供 し または 便 宜 を 供 与 するなどの 関 与 をしていると 認 められる こと ウ. 反 社 会 的 勢 力 を 不 当 に 利 用 していると 認 められること エ. 保 険 契 約 者 または 死 亡 給 付 金 もしくは 年 金 の 受 取 人 が 法 人 の 場 合 反 社 会 的 勢 力 がその 法 人 の 経 営 を 支 配 し またはその 法 人 の 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していると 認 められること オ.その 他 反 社 会 的 勢 力 と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 していると 認 められること ⑷ この 保 険 契 約 に 付 加 されている 特 約 または 他 の 保 険 契 約 が 重 大 事 由 によって 解 除 されることにより 会 社 の 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 死 亡 給 付 金 もしくは 年 金 の 受 取 人 に 対 する 信 頼 を 損 ない この 保 険 契 約 を 継 続 することを 期 待 し 得 ない 前 3 に 掲 げる 事 由 と 同 等 の 事 由 がある 場 合 ⑸ 会 社 の 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 死 亡 給 付 金 もしくは 年 金 の 受 取 人 に 対 する 信 頼 を 損 ない この 保 険 契 約 の 存 続 を 困 難 とする 前 4 に 掲 げる 事 由 と 同 等 の 重 大 な 事 由 がある 場 合 2 死 亡 給 付 金 もしくは 年 金 の 支 払 事 由 または 保 険 料 の 払 込 みの 免 除 事 由 が 生 じた 後 でも 会 社 は 前 項 の 規 定 によ ってこの 保 険 契 約 ( 年 金 の 一 部 の 受 取 人 に 対 して 本 項 第 1 の 規 定 を 適 用 し 年 金 を 支 払 わない 場 合 は その 支 払 わ れない 年 金 に 対 応 する 部 分 をいいます 以 下 本 条 について 同 じとします )を 解 除 することができます この 場 合 には 次 のとおり 取 扱 います 支 払 事 由 が 生 じた 後 に 保 険 契 約 を 解 除 する 場 合 の 取 扱 ⑴ 会 社 は 前 項 各 に 定 める 事 由 の 発 生 時 以 後 に 生 じた 死 亡 給 付 金 または 年 金 の 支 払 事 由 による 給 付 金 等 ( 前 項 第 3 のみに 該 当 した 場 合 で 前 項 第 3 ア.からオ.のいずれかに 該 当 した 者 が 給 付 金 等 の 受 取 人 のみであり その 給 付 金 等 の 受 取 人 が 給 付 金 等 の 一 部 の 受 取 人 であるときは 給 付 金 等 のうち その 受 取 人 に 支 払 われるべき 給 付 金 等 をいいます 以 下 本 について 同 じとします )を 支 払 いません また すでに 給 付 金 等 を 支 払 っていたときは その 返 還 を 請 求 することができます ⑵ 会 社 は 前 項 各 に 定 める 事 由 の 発 生 時 以 後 に 生 じた 保 険 料 の 払 込 みの 免 除 事 由 による 保 険 料 の 払 込 みの 免 除 を 行 いません また すでに 保 険 料 の 払 込 みを 免 除 していたときは 払 込 みを 免 除 した 保 険 料 の 払 込 みがなかったものとして 取 扱 います 3 本 条 による 解 除 は 保 険 契 約 者 に 対 する 通 知 によって 行 います ただし 正 当 な 事 由 によって 保 険 契 約 者 に 通 知 できない 場 合 には 会 社 は 被 保 険 者 または 死 亡 給 付 金 もしくは 年 金 の 受 取 人 に 通 知 します 4 年 金 支 払 開 始 日 前 に 本 条 によってこの 保 険 契 約 を 解 除 した 場 合 で 解 約 返 戻 金 があるときは 会 社 は これを 保 険 契 約 者 に 払 いもどします この 場 合 第 37 条 ( 告 知 義 務 違 反 による 解 除 ) 第 5 項 の 規 定 を 準 用 します ただし 死 亡 給 付 金 の 一 部 の 受 取 人 に 対 して 第 2 項 第 1 の 規 定 を 適 用 し 死 亡 給 付 金 を 支 払 わない 場 合 で その 支 払 われな い 死 亡 給 付 金 に 対 応 する 部 分 の 解 約 返 戻 金 があるときは これを 保 険 契 約 者 に 払 いもどします 5 年 金 支 払 開 始 日 以 後 に 本 条 によってこの 保 険 契 約 を 解 除 した 場 合 で 解 除 の 通 知 を 発 信 した 日 において 第 15 条 ( 年 金 の 一 時 支 払 ) 第 1 項 の 規 定 に 準 じた 金 額 ( 以 下 本 条 において 積 立 金 相 当 額 といいます )があるとき は 会 社 は これを 年 金 の 受 取 人 に 払 いもどします ただし 年 金 の 一 部 の 受 取 人 に 対 して 第 2 項 第 1 の 規 定 を 適 用 し 年 金 を 支 払 わない 場 合 で その 支 払 われない 年 金 に 対 応 する 部 分 の 積 立 金 相 当 額 があるときは これを 年 金 の 一 部 の 受 取 人 に 払 いもどします この 場 合 払 いもどした 積 立 金 相 当 額 に 対 応 する 基 本 年 金 額 を 減 額 したものと して 取 扱 います 16 契 約 者 貸 付 ( 契 約 者 貸 付 ) 第 40 条 保 険 契 約 者 は 年 金 支 払 開 始 日 前 に 限 り 解 約 返 戻 金 ( 本 条 の 貸 付 があるときは その 元 利 金 を 差 引 いた 残 額 ) の 会 社 所 定 の 範 囲 内 で 貸 付 を 受 けることができます ただし 貸 付 金 が 会 社 所 定 の 金 額 に 満 たない 場 合 には 本 条 の 貸 付 は 取 扱 いません 2 本 条 の 貸 付 金 の 利 息 は 会 社 所 定 の 利 率 で 計 算 します 3 本 条 の 貸 付 を 行 った 場 合 その 貸 付 金 に 相 当 する 積 立 金 については 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 にかかわらず 別 に 会 社 の 定 める 方 法 により 計 算 します 4 本 条 の 貸 付 金 の 元 利 合 計 額 が 会 社 所 定 の 金 額 をこえたときは 保 険 契 約 者 は 元 利 合 計 額 のうち 会 社 の 定 める 金 額 を 払 込 むことを 要 します この 場 合 会 社 は その 旨 を 保 険 契 約 者 に 通 知 します 5 会 社 が 前 項 の 通 知 を 発 した 日 の 属 する 月 の 翌 月 末 日 までに 前 項 の 金 額 が 払 込 まれない 場 合 には 保 険 契 約 は この 期 日 の 翌 日 から 効 力 を 失 います 320

13 6 保 険 契 約 者 は 年 金 支 払 開 始 日 前 に 限 り いつでも 本 条 の 貸 付 金 の 元 利 金 の 全 部 または 一 部 を 返 済 することが できます ただし 保 険 契 約 が 消 滅 したとき 年 金 額 もしくは 積 立 金 額 を 減 額 したとき または 契 約 年 齢 もしくは 性 別 の 誤 りの 処 理 が 行 われたときは 支 払 うべき 金 額 から 自 動 払 済 年 金 保 険 への 変 更 ( 第 24 条 )もしくは 定 額 個 人 年 金 保 険 への 変 更 ( 第 31 条 )をしたときは 解 約 返 戻 金 額 から 本 条 の 貸 付 金 の 元 利 金 を 差 引 きます 7 年 金 支 払 開 始 日 の 前 日 までに 本 条 の 貸 付 金 の 元 利 金 が 返 済 されないときは 年 金 支 払 開 始 日 の 前 日 に 保 険 契 約 の 積 立 金 から 貸 付 金 の 元 利 金 を 差 引 きます ただし 差 引 後 の 積 立 金 によって 計 算 される 年 金 額 が 会 社 の 定 める 金 額 に 満 たないときは 会 社 は 年 金 の 支 払 を 行 わず 差 引 後 の 金 額 を 一 時 に 保 険 契 約 者 に 支 払 います この 場 合 保 険 契 約 は 年 金 支 払 開 始 日 の 前 日 に 消 滅 したものとします 8 会 社 は 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 貸 付 金 の 支 払 がこの 保 険 の 資 産 の 運 用 におよぼす 影 響 が 大 きいと 認 めたと きは 最 長 6か 月 の 範 囲 内 で 貸 付 を 行 わないことがあります 9 保 険 契 約 者 が 本 条 の 貸 付 を 受 けるときは 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 4)を 会 社 に 提 出 してください 17 年 金 または 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 ( 年 金 または 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 の 代 表 者 ) 第 41 条 年 金 または 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 が2 人 以 上 の 場 合 には 各 代 表 者 1 人 を 定 めてください この 場 合 その 代 表 者 は それぞれ 他 の 年 金 または 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 を 代 理 するものとします 2 前 項 の 代 表 者 が 定 まらないか またはその 所 在 が 不 明 のときは 会 社 が 年 金 または 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 の1 人 に 対 してした 行 為 は 他 の 年 金 または 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 に 対 しても 効 力 を 生 じます ( 年 金 受 取 人 の 指 定 および 会 社 への 通 知 による 年 金 受 取 人 の 変 更 ) 第 42 条 年 金 受 取 人 は 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 とし 保 険 契 約 締 結 の 際 保 険 契 約 者 が 指 定 するものとします 2 保 険 契 約 者 は 被 保 険 者 の 同 意 を 得 て 会 社 に 対 する 通 知 により 年 金 受 取 人 を 変 更 することができます 3 変 更 後 の 年 金 受 取 人 は 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 のうちから 指 定 することを 要 します ただし 年 金 支 払 開 始 日 以 後 に 変 更 する 場 合 は 変 更 後 の 年 金 受 取 人 は 被 保 険 者 に 限 ります 4 年 金 支 払 開 始 日 以 後 に 前 2 項 の 規 定 により 年 金 受 取 人 が 変 更 された 場 合 には 変 更 後 の 年 金 受 取 人 は 保 険 契 約 上 の 一 切 の 権 利 義 務 を 承 継 するものとします 5 年 金 受 取 人 が 保 険 契 約 者 の 場 合 で 第 48 条 ( 保 険 契 約 者 の 変 更 および 保 険 契 約 の 承 継 ) 第 1 項 の 規 定 により 保 険 契 約 者 が 変 更 されたときは 同 時 に 年 金 受 取 人 も 変 更 後 の 保 険 契 約 者 に 変 更 されたものとします 6 保 険 契 約 者 が 本 条 に 定 める 変 更 を 通 知 するときは 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 4)を 会 社 に 提 出 してください この 場 合 会 社 は その 変 更 についての 手 続 が 完 了 した 旨 を 保 険 契 約 者 に 通 知 します 7 第 2 項 に 定 める 変 更 の 通 知 が 会 社 に 到 達 する 前 に 変 更 前 の 年 金 受 取 人 に 年 金 を 支 払 ったときは その 支 払 後 に 変 更 後 の 年 金 受 取 人 から 年 金 の 請 求 を 受 けても 会 社 はすでに 支 払 った 年 金 を 支 払 いません ( 遺 言 による 年 金 受 取 人 の 変 更 ) 第 43 条 前 条 に 定 めるほか 保 険 契 約 者 は 法 律 上 有 効 な 遺 言 により 年 金 受 取 人 を 変 更 することができます ただし 年 金 支 払 開 始 日 以 後 に 変 更 する 場 合 は 変 更 後 の 年 金 受 取 人 は 被 保 険 者 に 限 ります 2 前 項 の 年 金 受 取 人 の 変 更 は 被 保 険 者 の 同 意 がなければ その 効 力 を 生 じません 3 前 2 項 による 年 金 受 取 人 の 変 更 は 保 険 契 約 者 が 死 亡 した 後 保 険 契 約 者 の 相 続 人 が 会 社 に 通 知 しなければ こ れを 会 社 に 対 抗 することができません 4 保 険 契 約 者 の 相 続 人 が 前 項 の 通 知 をするときは 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 4)を 会 社 に 提 出 してください ( 会 社 への 通 知 による 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 の 変 更 ) 第 44 条 保 険 契 約 者 は 死 亡 給 付 金 の 支 払 事 由 が 発 生 するまでは 被 保 険 者 の 同 意 を 得 て 会 社 に 対 する 通 知 により 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 を 変 更 することができます 2 保 険 契 約 者 が 前 項 に 定 める 変 更 を 通 知 するときは 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 4)を 会 社 に 提 出 してください こ の 場 合 会 社 は その 変 更 についての 手 続 が 完 了 した 旨 を 保 険 契 約 者 に 通 知 します 3 第 1 項 に 定 める 変 更 の 通 知 が 会 社 に 到 達 する 前 に 変 更 前 の 死 亡 給 付 金 受 取 人 に 死 亡 給 付 金 を 支 払 ったときは そ の 支 払 後 に 変 更 後 の 死 亡 給 付 金 受 取 人 から 死 亡 給 付 金 の 請 求 を 受 けても 会 社 はこれを 支 払 いません ( 遺 言 による 死 亡 給 付 金 受 取 人 の 変 更 ) 第 45 条 前 条 に 定 めるほか 保 険 契 約 者 は 死 亡 給 付 金 の 支 払 事 由 が 発 生 するまでは 法 律 上 有 効 な 遺 言 により 死 亡 給 付 金 受 取 人 を 変 更 することができます 2 前 項 の 死 亡 給 付 金 受 取 人 の 変 更 は 被 保 険 者 の 同 意 がなければ その 効 力 を 生 じません 3 前 2 項 による 死 亡 給 付 金 受 取 人 の 変 更 は 保 険 契 約 者 が 死 亡 した 後 保 険 契 約 者 の 相 続 人 が 会 社 に 通 知 しなけれ ば これを 会 社 に 対 抗 することができません 4 保 険 契 約 者 の 相 続 人 が 前 項 の 通 知 をするときは 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 4)を 会 社 に 提 出 してください ( 年 金 等 の 受 取 人 の 死 亡 ) 第 46 条 年 金 受 取 人 が 死 亡 したときは その 法 定 相 続 人 (その 法 定 相 続 人 が 死 亡 した 場 合 死 亡 した 法 定 相 続 人 の 死 亡 時 の 法 定 相 続 人 )を 年 金 受 取 人 とします 2 死 亡 給 付 金 受 取 人 が 死 亡 給 付 金 の 支 払 事 由 の 発 生 以 前 に 死 亡 したときは その 法 定 相 続 人 (その 法 定 相 続 人 が 死 321

14 亡 した 場 合 死 亡 した 法 定 相 続 人 の 死 亡 時 の 法 定 相 続 人 )を 死 亡 給 付 金 受 取 人 とします 3 前 2 項 の 規 定 により 年 金 等 の 受 取 人 となった 者 が 死 亡 した 場 合 に この 者 に 法 定 相 続 人 がいないときは 前 2 項 の 規 定 により 年 金 等 の 受 取 人 となった 者 のうち 生 存 している 他 の 年 金 等 の 受 取 人 を 年 金 等 の 受 取 人 とします 4 前 3 項 の 規 定 により 年 金 等 の 受 取 人 となった 者 が2 人 以 上 いる 場 合 各 受 取 人 の 受 取 分 は 平 等 の 割 合 とします 18 保 険 契 約 者 ( 保 険 契 約 者 の 代 表 者 ) 第 47 条 保 険 契 約 者 が2 人 以 上 の 場 合 には 代 表 者 1 人 を 定 めてください この 場 合 その 代 表 者 は 他 の 保 険 契 約 者 を 代 理 するものとします 2 前 項 の 代 表 者 が 定 まらないか またはその 所 在 が 不 明 のときは 会 社 が 保 険 契 約 者 の1 人 に 対 してした 行 為 は 他 の 保 険 契 約 者 に 対 しても 効 力 を 生 じます 3 保 険 契 約 者 が2 人 以 上 の 場 合 には その 責 任 は 連 帯 とします ( 保 険 契 約 者 の 変 更 および 保 険 契 約 の 承 継 ) 第 48 条 保 険 契 約 者 は 年 金 支 払 開 始 日 前 に 限 り 被 保 険 者 および 会 社 の 同 意 を 得 て 保 険 契 約 上 の 一 切 の 権 利 義 務 を 第 三 者 に 承 継 させることができます 2 年 金 受 取 人 は 年 金 支 払 開 始 日 に 保 険 契 約 者 から 保 険 契 約 上 の 一 切 の 権 利 義 務 を 承 継 するものとします この 場 合 年 金 受 取 人 が2 人 以 上 のときは その 受 取 割 合 に 応 じて 保 険 契 約 上 の 権 利 義 務 を 承 継 するものとします 3 保 険 契 約 者 が 第 1 項 の 変 更 を 請 求 するときは 会 社 所 定 の 書 類 ( 別 表 4)を 会 社 に 提 出 してください ( 保 険 契 約 者 の 住 所 変 更 ) 第 49 条 保 険 契 約 者 が 住 所 ( 通 信 先 を 含 みます )を 変 更 したときは すみやかに 会 社 の 本 社 または 会 社 の 指 定 した 場 所 に 通 知 してください 2 保 険 契 約 者 が 前 項 の 通 知 をしなかったときは 会 社 の 知 った 最 終 の 住 所 あてに 発 した 通 知 は 通 常 到 達 に 要 す る 期 間 を 経 過 した 時 に 保 険 契 約 者 に 到 達 したものとみなします 19 被 保 険 者 の 業 務 変 更 等 ( 被 保 険 者 の 業 務 変 更 等 ) 第 50 条 被 保 険 者 が 保 険 契 約 の 継 続 中 にどのような 業 務 に 従 事 し またはどこの 場 所 に 転 居 し もしくは 旅 行 しても 会 社 は 保 険 契 約 を 解 除 せず また 保 険 料 の 変 更 もしないで 保 険 契 約 上 の 責 任 を 負 います 20 年 齢 の 計 算 契 約 年 齢 および 性 別 の 誤 りの 処 理 ( 年 齢 の 計 算 ) 第 51 条 被 保 険 者 の 契 約 日 における 契 約 年 齢 は 満 年 で 計 算 し 1 年 未 満 の 端 数 は 切 捨 てます 2 被 保 険 者 の 契 約 後 の 年 齢 は 前 項 の 契 約 年 齢 に 年 単 位 の 契 約 応 当 日 ごとに1 歳 を 加 えて 計 算 します ( 契 約 年 齢 および 性 別 の 誤 りの 処 理 ) 第 52 条 保 険 契 約 申 込 書 に 記 載 された 被 保 険 者 の 契 約 年 齢 に 誤 りがあった 場 合 は 次 の 方 法 により 取 扱 います 契 約 日 における 実 際 の 年 齢 取 扱 い 方 法 ⑴ 会 社 の 定 める 契 約 年 齢 の 範 囲 内 会 社 の 定 める 取 扱 いに 従 い 契 約 年 齢 保 険 料 払 込 期 間 または 年 金 支 払 開 始 年 齢 などを 変 更 して 保 険 料 を 更 正 し その 過 不 足 金 額 を 精 算 し ます ⑵ 会 社 の 定 める 契 約 年 齢 の 範 囲 外 保 険 契 約 を 無 効 とし すでに 払 込 まれた 保 険 料 を 保 険 契 約 者 に 払 戻 し ます ただし 契 約 日 においては 最 低 契 約 年 齢 に 足 りなかったが そ の 事 実 が 発 見 された 日 においてすでに 最 低 契 約 年 齢 に 達 していたとき は 最 低 契 約 年 齢 に 達 した 日 の 属 する 月 の 翌 月 1 日 を 契 約 日 として 会 社 の 定 める 取 扱 いに 従 い 前 に 準 じて 処 理 します 2 保 険 契 約 申 込 書 に 記 載 された 被 保 険 者 の 性 別 に 誤 りがあった 場 合 には 前 項 に 準 じる 方 法 で 処 理 します 21 契 約 者 配 当 ( 契 約 者 配 当 ) 第 53 条 この 保 険 契 約 に 対 しては 契 約 者 配 当 はありません 322

15 22 時 効 ( 時 効 ) 第 54 条 年 金 死 亡 給 付 金 解 約 返 戻 金 その 他 この 保 険 契 約 による 諸 支 払 金 の 支 払 または 保 険 料 の 払 込 みの 免 除 を 請 求 す る 権 利 は その 請 求 権 者 が その 権 利 を 行 使 できるようになった 時 から3 年 間 請 求 がないときは 消 滅 します 23 死 亡 給 付 金 等 の 据 置 支 払 ( 死 亡 給 付 金 等 の 据 置 支 払 ) 第 55 条 保 険 契 約 者 ( 死 亡 給 付 金 等 の 支 払 事 由 の 発 生 後 は 死 亡 給 付 金 等 の 受 取 人 )は 会 社 の 定 める 取 扱 いに 従 い 会 社 から 支 払 を 受 ける 死 亡 給 付 金 等 の 全 部 または 一 部 について 据 置 支 払 を 請 求 することができます 2 前 項 に 定 める 据 置 支 払 を 請 求 した 場 合 には 会 社 の 定 める 期 間 死 亡 給 付 金 等 を 会 社 に 据 置 き 据 置 期 間 満 了 の 際 元 金 と 据 置 期 間 に 対 応 する 会 社 所 定 の 利 率 で 計 算 した 利 息 を 支 払 います 3 据 置 支 払 による 受 取 人 は あらかじめ 保 険 契 約 者 から 反 対 の 申 出 がない 限 り 据 置 支 払 を 取 りやめて 会 社 所 定 の 計 算 方 法 による 未 払 金 の 現 価 を 一 時 に 請 求 することができます 4 据 置 期 間 中 に 受 取 人 が 死 亡 したときは 会 社 所 定 の 計 算 方 法 による 未 払 金 の 現 価 を 受 取 人 の 法 定 相 続 人 に 支 払 い ます 5 会 社 は 受 取 人 に 据 置 期 間 および 支 払 額 その 他 必 要 事 項 を 記 載 した 証 書 を 交 付 します 6 据 置 支 払 を 請 求 した 後 の 支 払 うべき 死 亡 給 付 金 等 については 特 別 勘 定 による 運 用 はしません 7 据 置 期 間 中 に 受 取 人 が 第 39 条 ( 重 大 事 由 による 解 除 ) 第 1 項 第 3 に 定 めるいずれかの 事 由 に 該 当 し この 保 険 契 約 の 全 部 または 一 部 を 解 除 したときは 会 社 所 定 の 計 算 方 法 により 解 除 した 部 分 の 未 払 金 の 現 価 をその 受 取 人 に 支 払 います 24 管 轄 裁 判 所 ( 管 轄 裁 判 所 ) 第 56 条 この 保 険 契 約 における 年 金 または 死 亡 給 付 金 の 請 求 に 関 する 訴 訟 については 会 社 の 本 社 または 年 金 もしくは 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 ( 年 金 または 死 亡 給 付 金 の 受 取 人 が2 人 以 上 いるときは その 代 表 者 とします )の 住 所 地 と 同 一 都 道 府 県 内 にある 支 社 ( 同 一 の 都 道 府 県 内 に 支 社 がないときは 最 寄 の 支 社 )の 住 所 地 を 管 轄 する 地 方 裁 判 所 ( 本 庁 とします )をもって 合 意 による 管 轄 裁 判 所 とします 2 この 保 険 契 約 における 保 険 料 の 払 込 免 除 の 請 求 に 関 する 訴 訟 については 前 項 の 規 定 を 準 用 します 25 特 別 勘 定 に 繰 入 れる 日 の 前 日 までの 取 扱 いに 関 する 特 則 ( 特 別 勘 定 に 繰 入 れる 日 の 前 日 までの 取 扱 いに 関 する 特 則 ) 第 57 条 第 1 回 保 険 料 のうち 特 別 勘 定 で 運 用 される 分 の 金 額 を 各 特 別 勘 定 に 繰 入 れる 日 の 前 日 までの 期 間 は 次 の 規 定 は 適 用 しません 特 別 勘 定 に 繰 入 れる 日 の 前 日 までの 期 間 に 適 用 しない 規 定 第 4 条 ( 積 立 金 の 移 転 ) 第 24 条 ( 自 動 払 済 年 金 保 険 ) 第 31 条 ( 定 額 個 人 年 金 保 険 への 変 更 ) 第 32 条 ( 年 金 支 払 開 始 日 の 繰 下 げ) 第 33 条 ( 積 立 金 額 の 増 額 ) 第 34 条 ( 積 立 金 額 の 減 額 ) 第 40 条 ( 契 約 者 貸 付 ) 2 会 社 が 第 1 回 保 険 料 のうち 特 別 勘 定 で 運 用 される 分 の 金 額 を 各 特 別 勘 定 に 繰 入 れる 日 の 前 日 までの 期 間 は 第 9 条 ( 死 亡 給 付 金 額 ) 第 1 項 の 適 用 に 際 しては 次 のとおり 読 替 えます 1 死 亡 給 付 金 額 は 次 の 第 1 の 金 額 と 第 2 の 金 額 の 合 計 額 とします 金 額 ⑴ 会 社 の 定 める 方 法 により 保 険 料 のうち 特 別 勘 定 で 運 用 される 分 の 金 額 から 死 亡 給 付 金 を 支 払 うた めに 必 要 な 金 額 を 差 引 いた 金 額 ⑵ 年 金 支 払 開 始 日 において 年 金 支 払 期 間 にわたり 基 本 年 金 額 を 支 払 うために 必 要 な 金 額 の5% 相 当 額 323

16 26 保 険 料 一 時 払 の 契 約 に 関 する 特 則 ( 保 険 料 一 時 払 の 契 約 に 関 する 特 則 ) 第 58 条 保 険 料 一 時 払 の 契 約 については 次 の 規 定 は 適 用 しません 保 険 料 一 時 払 の 契 約 に 適 用 しない 規 定 第 17 条 ( 保 険 料 の 払 込 免 除 ) 第 18 条 ( 保 険 料 の 払 込 を 免 除 しない 場 合 ) 第 19 条 ( 保 険 料 の 払 込 ) 第 20 条 ( 保 険 料 の 払 込 方 法 経 路 ) 第 21 条 ( 保 険 料 の 前 納 ) 第 22 条 ( 猶 予 期 間 および 保 険 契 約 の 失 効 ) 第 23 条 ( 猶 予 期 間 中 に 保 険 事 故 が 発 生 した 場 合 ) 第 24 条 ( 自 動 払 済 年 金 保 険 ) 2 保 険 料 が 一 時 払 の 契 約 のときは 次 のとおり 読 替 えます ⑴ 第 2 条 ( 各 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 の 指 定 変 更 ) 第 3 項 の 適 用 に 際 しては 次 のとおり 読 替 えます 3 第 1 項 および 第 2 項 の 規 定 により 保 険 料 のうち 特 別 勘 定 で 運 用 される 分 の 金 額 を 各 特 別 勘 定 に 繰 入 れる 日 ( 以 下 繰 入 日 といいます )は 次 のとおりとします 繰 入 日 ⑴ 契 約 日 前 に 会 社 が 保 険 契 約 の 申 込 みを 承 諾 した 場 合 は 契 約 日 始 ⑵ 契 約 日 以 後 に 会 社 が 保 険 契 約 の 申 込 みを 承 諾 した 場 合 は その 承 諾 した 日 末 ⑵ 会 社 の 責 任 開 始 期 ( 第 5 条 )および 第 57 条 ( 特 別 勘 定 に 繰 入 れる 日 の 前 日 までの 取 扱 いに 関 する 特 則 ) 第 2 項 の 規 定 中 第 1 回 保 険 料 は 一 時 払 保 険 料 と 読 替 えます 324

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 第 1 条 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 2 責 任 開 始 期 第 2 条 責 任 開 始 期 3 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 額 第 4 条 保 険 金 の 支 払 第 5 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 戦 争 その 他 の 変 乱

More information

養老保険普通保険約款

養老保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 戦 争 その 他 の 変 乱 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 免 除 第 6 条 保 険 料 の 払 込 免 除 第 7 条 保 険

More information

終身保険(無選択型)普通保険約款

終身保険(無選択型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 保 険 金 の 削 減 支 払 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 第 6 条 保 険 料 の 払 込 第 7 条 保 険 料 の 払 込

More information

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます この の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 (H 普 通 約 款 目 次 2. 金 の 支 第 2 条 金 の 支 第 3 条 金 の 支 に 関 する 補 則 第 4 条 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 5 条 金 支 方 法 の 選 択 第 6 条 金 の 請 求 支 期 および 支 場 所 3. 当 会 社 の 責 任 開 始

More information

00-表1-4_終身保険.indd

00-表1-4_終身保険.indd 目 次 款 終 身 普 通 款 P2 定 期 P23 定 期 ( 逓 増 型 ) P36 災 害 割 増 P48 傷 害 P61 災 害 入 院 P77 疾 病 入 院 P88 リビング ニ ズ P105 介 護 障 移 行 P111 年 金 払 P122 指 定 代 理 請 求 P127 別 条 件 P131 料 口 座 振 替 P136 クレジットカード 扱 P138 団 体 扱 P140 別

More information

00-表1-4_養老保険.indd

00-表1-4_養老保険.indd 目 次 款 普 通 養 老 普 通 款 P2 定 期 P24 定 期 ( 逓 増 型 ) P37 災 害 割 増 P49 傷 害 P62 災 害 入 院 P78 疾 病 入 院 P89 リビング ニ ズ P106 年 金 払 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 降 ) P112 平 成 24 年 4 月 1 日 以 降 に 締 結 された 年 金 払 年 金 払 ( 平 成 24 年 3 月

More information

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に 原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 目 次 この 保 険 の 概 要 1. 特 別 勘 定 および 積 立 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 特 別 勘 定 群 および 特 別 勘 定 群 に 含 まれる 特 別 勘 定 の 種 類 第 3 条 特 別 勘 定 の 指 定 第 4 条 積 立 第 5 条 特 別 勘 定 の 廃 止 に 伴 う 積 立 の 移 転 9.

More information

00-表1-4_定期保険(無解約返戻金型).indd

00-表1-4_定期保険(無解約返戻金型).indd 目 次 款 定 期 ( 無 解 返 戻 金 型 ) 普 通 款 P2 災 害 割 増 傷 害 リビング ニーズ 年 金 払 指 定 代 理 請 求 料 口 座 振 替 クレジットカード 扱 団 体 扱 別 団 体 扱 集 団 扱 P23 P36 P52 P58 P63 P67 P69 P71 P73 P75 1 定 期 ( 無 解 返 戻 金 型 ) 普 通 款 必 ずご 一 読 のうえ 大 切 なご

More information

01_3分冊_表紙1

01_3分冊_表紙1 この 保 険 の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 2. 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 保 険 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 5 条 保 険 金 支 払 方 法 の 選 択 第 6 条 保 険 金 の 請 求 支 払 時 期 および

More information

076 無配当医療保険 (図入り)

076 無配当医療保険 (図入り) 無 配 当 医 療 保 険 普 通 保 険 約 款 目 次 1. 会 社 の 責 任 開 始 期 第 1 条 2. 給 付 金 の 支 払 い 保 険 料 の 払 込 免 除 第 2 条 災 害 入 院 給 付 金 の 支 払 い 第 3 条 疾 病 入 院 給 付 金 の 支 払 い 第 4 条 がん 入 院 給 付 金 の 支 払 い 第 5 条 入 院 給 付 金 の 支 払 いに 関 するその

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

08_13分冊_H1

08_13分冊_H1 この 保 険 の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 2. 保 険 契 約 の 型 および 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 第 2 条 保 険 契 約 の 型 第 3 条 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 3. 給 付 金 の 支 払 第 4 条 給 付 金 の 支 払 第 5 条 災 害 入 院 給 付 金 の 支 払 に 関 する 補

More information

普 通 約 款 (この の 概 要 ) (2015 年 5 月 21 日 改 正 ) この は 期 間 および 料 払 込 期 間 を とする の であって つぎの 給 付 を 行 うことを 主 な 内 容 とするものです 災 害 入 院 給 付 金 疾 病 入 院 給 付 金 手 術 給 付 金

普 通 約 款 (この の 概 要 ) (2015 年 5 月 21 日 改 正 ) この は 期 間 および 料 払 込 期 間 を とする の であって つぎの 給 付 を 行 うことを 主 な 内 容 とするものです 災 害 入 院 給 付 金 疾 病 入 院 給 付 金 手 術 給 付 金 この の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 2. 契 約 の 型 および 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 第 2 条 契 約 の 型 第 3 条 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 3. 給 付 金 の 支 払 第 4 条 給 付 金 の 支 払 第 5 条 災 害 入 院 給 付 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 疾 病

More information

地震保険普通保険約款

地震保険普通保険約款 地 震 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 価 額 ( 注 )の3% 以 上 20% 未 満 である 損

More information

特 約 正 式 名 称 掲 載 略 称 特 約 正 式 名 称 ページ 特 別 条 件 付 保 険 特 約 特 別 条 件 付 保 険 特 約 27 団 体 扱 一 般 A 団 体 扱 特 約 ( 一 般 A) 29 団 体 扱 一 般 B 団 体 扱 特 約 ( 一 般 B) 30 団 体 扱 一

特 約 正 式 名 称 掲 載 略 称 特 約 正 式 名 称 ページ 特 別 条 件 付 保 険 特 約 特 別 条 件 付 保 険 特 約 27 団 体 扱 一 般 A 団 体 扱 特 約 ( 一 般 A) 29 団 体 扱 一 般 B 団 体 扱 特 約 ( 一 般 B) 30 団 体 扱 一 2013 年 10 月 1 日 以 降 始 期 用 ロングライフミニ 長 期 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり ご 契 約 者 の 皆 様 へ この ご 契 約 のしおり は 長 期 医 療 保 険 契 約 についての 大 切 なことがらを 記 載 したものです ご 一 読 のうえ 保 険 証 券 と 共 にご 保 管 くださいますようお 願 いいたします(なお ご 契 約 者 と 被 保 険

More information

10分冊_表紙1

10分冊_表紙1 この の 概 要 5 年 ごと 配 当 付 一 時 払 積 立 保 険 条 項 目 次 第 1 条 満 期 保 険 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 の 支 払 第 2 条 満 期 保 険 の 支 払 に 関 する 補 則 第 3 条 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 の 免 責

More information

定 期 預 金 等 規 定 集 お 客 さまへ いつも 私 ども 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます お 預 け 入 れいただきます 定 期 預 金 等 は その 種 類 など に 応 じ 本 規 定 集 に 記 載 した 規 定 が 適 用 されます ぜひご 一 読 のうえ 保 管 ください 目 次 定 期 預 金 共 通 規 定... 1 5 以

More information

事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被

事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被 2016 1 1 事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被 保 険 者 が 賠 償 責 任 を 負 う 事 故 が 発 生 した 場 合 は 弊

More information

目 まず 始 めに 必 ずお 読 みください 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 財 形 住 宅 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 4 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 7 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険

目 まず 始 めに 必 ずお 読 みください 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 財 形 住 宅 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 4 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 7 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 のしおり 03 年 0 月 日 以 降 用 ご 契 約 者 の 皆 様 へ この ご 契 約 のしおり( 約 款 ) は 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 および 財 形 年 金 傷 害 保 険 についての 大 切 なことがらを 記 載 したものです 保 険 約

More information

Microsoft Word - s-17-yatukan

Microsoft Word - s-17-yatukan 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は, 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 保 険 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行

More information

01_3分冊_表1

01_3分冊_表1 この 特 約 の 概 要 第 1 条 災 害 割 増 保 険 金 の 支 払 第 2 条 災 害 割 増 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 3 条 災 害 割 増 保 険 金 の 請 求 支 払 時 期 および 支 払 場 所 第 4 条 高 度 障 害 による 災 害 割 増 保 険 金 の 代 理 請 求 第 5 条 特 約 の 保 険 料 払 込 の 免 除 第 6 条 特 約

More information

⑶ 第 1 項 により 相 殺 する 場 合 の 利 息 等 については 次 のとおりとしま 1 この 預 金 の 利 息 の 計 算 については その 期 間 を 相 殺 通 知 が 当 行 に 到 達 した 日 の 前 日 までとして 利 率 は 約 定 利 率 を 適 用 するものとしま 2

⑶ 第 1 項 により 相 殺 する 場 合 の 利 息 等 については 次 のとおりとしま 1 この 預 金 の 利 息 の 計 算 については その 期 間 を 相 殺 通 知 が 当 行 に 到 達 した 日 の 前 日 までとして 利 率 は 約 定 利 率 を 適 用 するものとしま 2 ホクギン 通 帳 式 定 期 預 金 をご 利 用 いただきありがとうございま 通 帳 式 定 期 預 金 規 定 をお 届 けいたしますのでご 覧 ください 通 帳 式 定 期 預 金 規 定 ( 共 通 規 定 ) 1. 定 期 預 金 の 種 類 ⑴ 通 帳 で 利 用 できる 定 期 預 金 の 種 類 は 次 のとおりとしま 1 自 由 金 利 型 定 期 預 金 2 自 由 金 利 型

More information

財形傷害保険 普通保険約款(2015年3月以前)_損保ジャパン日本興亜

財形傷害保険 普通保険約款(2015年3月以前)_損保ジャパン日本興亜 平 成 26 年 9 月 1 日 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 まで 適 用 ) 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 年 金 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 < 目 次 > ページ 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 2 財 形 年 金 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 15 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保

More information

目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款

目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款 目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款 および 保 険 証 券 保 険 契 約 継 続 証 をあわせてご 確 認 ください また ご 不 明

More information

別紙特約(138)

別紙特約(138) 個 人 賠 償 責 任 補 償 特 約 ( 長 期 契 約 用 ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 保 険 期 間 中 に 発 生 した 下 表 に 掲 げる 偶 然 な 事 故 のいずれかによる 他 人 の 身 体 の 障 害 (*1)または 他 人 の 財 物 の 損 壊 (*2)もしくは 紛 失 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 損

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 といいます )につ いて 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 す

賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 といいます )につ いて 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 す 事 故 が 発 生 した 場 合 は (1) 事 故 が 発 生 した 場 合 は ただちに 保 険 会 社 ( 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 株 式 会 社 )へ 連 絡 し 被 害 者 と 損 害 賠 償 の 示 談 を 行 わないようご 注 意 ください 保 険 会 社 の 了 解 なく 示 談 を 行 った 場 合 保 険 金 が 支 払 われないことがあります (2) 保 険 会

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 号 の 取 引 は 三 井 住 友 信 託 の 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます )ができます 1 普 通 預 金 2 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 自 由 金 利

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 自 動 継 続 ) (1) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )は 通 帳 記 載 の 満 期 日 に 前 回 と 同 一 期 間 の 自 由 金 利 型 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2) この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 ( 継 続

More information

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d 財 産 形 成 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 基 本 規

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利 自 由 金 利 型 定 期 預 金 M 型 (スーパー 定 期 ) 規 定 1.( 取 扱 店 の 範 囲 ) (1) 個 人 のお 客 さま この 預 金 は 当 店 のほか 当 金 庫 本 支 店 および 当 金 庫 が 提 携 した 他 の 労 働 金 庫 ( 以 下 提 携 金 庫 といいます )のどこの 店 舗 でも 預 入 れができます (2) 団 体 のお 客 さま この 預 金 は

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後 に 注 意 していただきたいことや 事 故 が 起 こった 場 合 のお 手 続 きなど 大 切 な 事 柄 を 記 載 した

ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後 に 注 意 していただきたいことや 事 故 が 起 こった 場 合 のお 手 続 きなど 大 切 な 事 柄 を 記 載 した 自治体提携慶弔共済保険 やすらぎ 全福ネット慶弔共済保険 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 ご契約のしおり 普通保険約款 特約 冊子 2013 年6月版 一般財団法人 全国勤労者福祉 共済振興協会 ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後 に 注 意 していただきたいことや

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

) 親 権 者 等 親 権 者 またはその 他 の 法 定 の 監 督 義 務 者 をいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 -その1) 当 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保

) 親 権 者 等 親 権 者 またはその 他 の 法 定 の 監 督 義 務 者 をいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 -その1) 当 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保 賠 償 責 任 危 険 補 償 特 約 用 語 の 説 明 この 特 約 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 普 通 保 険 約 款 用 語 の 説 明 に よる 場 合 のほか 次 のとおりとします 用 語 説 明 財 物 の 破 損 財 産 的 価 値 を 有 する 有 体 物 の 滅 失 破 損 または 汚 損 を いいます ただし 滅 失 には 盗 難 紛 失 または 詐 取

More information

す 免 責 事 由 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 をいいます 損 害 事 故 や 災 害 により 受 ける 金 銭 上 の 不 利 益 をいい 消 防 または 避 難 に 必 要 な 処 理 によって 保 険 の 目 的 について 生 じた 損 害 を 含 みます 家 財 生 活 の 用

す 免 責 事 由 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 をいいます 損 害 事 故 や 災 害 により 受 ける 金 銭 上 の 不 利 益 をいい 消 防 または 避 難 に 必 要 な 処 理 によって 保 険 の 目 的 について 生 じた 損 害 を 含 みます 家 財 生 活 の 用 エイ ワン 少 額 短 期 保 険 株 式 会 社 賃 貸 入 居 者 あんしん 総 合 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 第 1 章 総 則 ( 用 語 の 定 義 ) 第 1 条 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 別 約 款 において 使 用 され る 用 語 の 定 義 は 次 の 各 号 に 掲 げる 通 りとします ただし 別

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc

Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 コード No615 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 共 通

More information

総合口座取引規定

総合口座取引規定 総 合 口 座 取 引 規 定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 取 引 は おきぎん 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 という ) ができます 1 普 通 預 金 2 新 型 期 日 指 定 定 期 預 金 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 )(スーパー 定 期 ) および 自 由 金 利 型 定 期 定 期 預 金 ( 大 口 定

More information

キャッシュワン会員規約

キャッシュワン会員規約 キャッシュワン 会 員 規 約 第 1 条 ( 会 員 ) 会 員 とは 本 規 約 を 承 認 のうえ 株 式 会 社 じぶん 銀 行 ( 以 下 当 行 という )に 当 行 所 定 の 申 込 書 によりキャッ シュワンカードの 入 会 申 込 をされ 当 行 が 審 査 のうえ 入 会 を 認 めた 方 をいいます 第 2 条 (カードの 貸 与 有 効 期 限 等 ) 1. 本 規 約 に

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 法 人 自 動 車 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後 に 注 意 していただきたいことや 事 故 が 起 こった 場 合 のお 手 続 きなど 大 切 な 事 柄 を 記 載 したものです

ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 法 人 自 動 車 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後 に 注 意 していただきたいことや 事 故 が 起 こった 場 合 のお 手 続 きなど 大 切 な 事 柄 を 記 載 したものです 法 人 自 動 車 共 済 保 険 法 人 自 動 車 共 済 保 険 ご 契 約 のしおり 普 通 保 険 約 款 特 約 冊 子 2013 年 6 月 版 一 般 財 団 法 人 全 国 勤 労 者 福 祉 共 済 振 興 協 会 ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 法 人 自 動 車 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後

More information

医通常-しおり約款02-27_0929.indd

医通常-しおり約款02-27_0929.indd 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり 約 款 この 冊 子 には 医 療 保 険 新 いきいき 世 代 のご 契 約 に 関 する 重 要 な 事 項 を 記 載 しています 内 容 をご 確 認 いただ きますようお 願 いいたします また 初 回 保 険 料 払 込 確 認 後 にお 送 り する 保 険 証 券 とともに 大 切 に 保 管 して いただきますようお 願 いいたします 目 次

More information

お 預 け 入 れのご 預 金 は 次 の 共 通 規 定 のほか 各 規 定 によりお 取 扱 いさせていただきます 共 通 規 定 1.( 証 券 類 の 受 入 れ) (1) 小 切 手 その 他 の 証 券 類 を 受 入 れたときは その 証 券 類 が 決 済 された 日 を 預 入 日

お 預 け 入 れのご 預 金 は 次 の 共 通 規 定 のほか 各 規 定 によりお 取 扱 いさせていただきます 共 通 規 定 1.( 証 券 類 の 受 入 れ) (1) 小 切 手 その 他 の 証 券 類 を 受 入 れたときは その 証 券 類 が 決 済 された 日 を 預 入 日 しみず 定 期 預 金 規 定 集 お 客 さ ま へ 毎 度 格 別 のお 引 き 立 てにあずかりまして まことにありがとうございます お 預 け 入 れいただきましたご 預 金 は この 規 定 集 の 該 当 ご 預 金 の 各 条 文 によりお 取 扱 いたしますので ご 一 読 いただきますようお 願 い 申 しあげます 目 次 共 通 規 定 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 当 社 は 被 保 険 者 が 保 険 中 に 発 生 した 他 人 の 身 体 の 障 害 1) または 財 物 の 滅 失 破 損 もしくは 汚 損 2) ( 以 下 事 故 といいま)について 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る 損 害 ( 以 下 損 害 といいま) に 対 して この 約 款 に 従

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203237303430315F8B9E93738E73966894C6834A8381838990DD927591A390698E968BC695E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203237303430315F8B9E93738E73966894C6834A8381838990DD927591A390698E968BC695E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 京 都 市 防 犯 カメラ 設 置 促 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 地 域 団 体 又 は 事 業 者 等 が 犯 罪 の 抑 止 を 目 的 として 防 犯 カメ ラを 設 置 する 事 業 に 対 する 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 し, 京 都 市 補 助 金 等 の 交 付 等 に 関 する 条

More information

一部解約可能型定期預金(複利型)規定

一部解約可能型定期預金(複利型)規定 一 部 解 約 可 能 型 定 期 預 金 ( 複 利 型 ) 規 定 この 規 定 は 一 部 解 約 可 能 型 定 期 預 金 ( 複 利 型 )についての 当 行 の 取 扱 いを 記 載 したものです な お この 預 金 には 満 期 時 に 自 動 継 続 の 取 扱 いをするもの( 以 下 自 動 継 続 型 といいます )と 自 動 解 約 の 取 扱 いをするもの( 以 下 満

More information

3 保 険 事 故 が 生 じた 後 に 第 1 項 の 解 除 が 行 われた 場 合 でも 当 会 社 は 損 害 をてん 補 しません もし すでに 損 害 をてん 補 していたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます この 規 定 は 第 19 条 ( 保 険 契

3 保 険 事 故 が 生 じた 後 に 第 1 項 の 解 除 が 行 われた 場 合 でも 当 会 社 は 損 害 をてん 補 しません もし すでに 損 害 をてん 補 していたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます この 規 定 は 第 19 条 ( 保 険 契 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 ( 障 害 に 起 因 する 死 亡 を 含 みます )または 財 物 の 滅 失 き 損 もしくは 汚 損 ( 以 下 損 壊 といいます )について 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 することによ って 被 る 損 害 をてん

More information

ご 契 約 のお 礼 この 度 は 当 組 合 にご 契 約 いただきまして 誠 にありが とうございました ご 契 約 の 証 として 共 済 証 書 併 せて 普 通 共 済 約 款 ( 特 約 条 項 付 をお 届 けいたしますので お 目 通 しください 当 組 合 は 組 合 員 の 相

ご 契 約 のお 礼 この 度 は 当 組 合 にご 契 約 いただきまして 誠 にありが とうございました ご 契 約 の 証 として 共 済 証 書 併 せて 普 通 共 済 約 款 ( 特 約 条 項 付 をお 届 けいたしますので お 目 通 しください 当 組 合 は 組 合 員 の 相 TOHOKUJIKYO 自 動 車 共 済 約 款 ( 普 通 共 済 約 款 および 特 約 条 項 平 成 27 年 10 月 東 北 自 動 車 共 済 協 同 組 合 980-0011 仙 台 市 青 葉 区 上 杉 一 丁 目 9 番 15 号 022-264-1188 FAX 022-264-1166 ご 契 約 のお 礼 この 度 は 当 組 合 にご 契 約 いただきまして 誠 にありが

More information

ご契約のしおり(p1〜14).indd

ご契約のしおり(p1〜14).indd 学 生 総 合 共 済 ご 契 約 のしおり 学 生 総 合 共 済 にご 加 入 いただきありがとうござ います この 共 済 は 全 国 大 学 生 協 共 済 生 活 協 同 組 合 連 合 会 が 厚 生 労 働 大 臣 の 認 可 を 受 け 加 盟 の 大 学 生 協 の 組 合 員 を 対 象 に 行 なっている 生 命 共 済 火 災 共 済 です この ご 契 約 のしおり には

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

1.IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 の 概 要 IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 は IT 業 務 の 遂 行 またはITユーザー 行 為 に 起 因 して 発 生 した 不 測 の 事 故 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る

1.IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 の 概 要 IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 は IT 業 務 の 遂 行 またはITユーザー 行 為 に 起 因 して 発 生 した 不 測 の 事 故 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 このご 案 内 書 は 上 記 保 険 およびこれに 付 帯 する 特 約 条 項 の 概 要 を 紹 介 したものです 上 記 保 険 に 関 するすべての 事 項 を 記 載 しているものではありません 詳 細 につきましては 保 険 約 款 によりますが 保 険 金 のお 支 払 い 条 件 ご 契 約 手 続 その 他 ご 不 明 な 点

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093599574322D345F3130365F819C91E6825395D25F4F54415F8F9D8A518EA197C394EF977095E28F9E93C196F15F5034332D35302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093599574322D345F3130365F819C91E6825395D25F4F54415F8F9D8A518EA197C394EF977095E28F9E93C196F15F5034332D35302E646F63> 傷 害 治 療 費 用 補 償 特 約 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 特 約 において 下 表 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 医 学 的 他 覚 所 見 理 学 的 検 査 神 経 学 的 検 査 臨 床 検 査 画 像 検 査 等 により 認 められ る 異 常 所 見 をいいます 競 技 等 競 技 競 争 興 行 (*1)または

More information

第 2 章 補 償 条 項 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 日 本 国 内 または 国 外 において 下 表 に 掲 げる 間 に 生 じた 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 によっ てその 身 体 に 被 った 傷 害

第 2 章 補 償 条 項 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 日 本 国 内 または 国 外 において 下 表 に 掲 げる 間 に 生 じた 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 によっ てその 身 体 に 被 った 傷 害 Ⅲ. 学 生 教 育 研 究 災 害 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 下 表 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 医 学 的 他 覚 所 見 理 学 的 検 査 神 経 学 的 検 査 臨 床 検 査 画 像 検 査 等 により 認 められる

More information

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 賠 償 責 任 保 険 対 人 対 物 事 故 により 相 手 方 への 法 律 上 の 損

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

個人向け国債事務取扱要領

個人向け国債事務取扱要領 でんさいサービス 利 用 規 定 愛 知 信 用 金 庫 ( 以 下 当 金 庫 といいます)は 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク( 以 下 でんさい ネット といいます)の 窓 口 金 融 機 関 として 利 用 者 ( 以 下 お 客 様 といいます)に 提 供 するでんさい サービス( 以 下 本 サービス といいます)について 次 のとおり 取 扱 いを 行 います なお

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

フリーローン「TOHOスマートネクスト」規定

フリーローン「TOHOスマートネクスト」規定 フリーローン TOHOスマートネクスト 規 定 (WEB 契 約 用 ) 私 はエム ユー 信 用 保 証 株 式 会 社 ( 以 下 保 証 会 社 といいます )の 保 証 に 基 づく 株 式 会 社 東 邦 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 金 銭 消 費 貸 借 契 約 ( 以 下 この 契 約 といいます )について 別 に 定 める 個 人 情 報 の 取 扱 い に 関

More information

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま 岡 安 の 証 券 総 合 取 引 約 款 第 1 章 証 券 総 合 取 引 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 有 価 証 券 の 保 護 預 り 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 ( 以 下 振 替 法 といいます )において 取 扱 う 証 券 の 取 引 累 積 投 資 取 引 外 国 証 券 の 取 引 新 光 MRF(マネー リザーブ フアンド)の

More information

第 8 保 有 個 人 データの 開 示 等 に 関 する 義 務 1 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 法 第 24 条 関 係 ) 2 保 有 個 人 データの 開 示 ( 法 第 25 条 関 係 ) 3 保 有 個 人 データの 訂 正 等 ( 法 第 26 条

第 8 保 有 個 人 データの 開 示 等 に 関 する 義 務 1 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 法 第 24 条 関 係 ) 2 保 有 個 人 データの 開 示 ( 法 第 25 条 関 係 ) 3 保 有 個 人 データの 訂 正 等 ( 法 第 26 条 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン ( 平 成 27 年 7 月 1 日 農 林 水 産 省 告 示 第 1675 号 ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 ) 第 8 条 の 規 定 に 基 づき 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン( 平 成

More information

第 2 章 口 座 売 買 注 文 の 取 扱 い 等 第 4 条 取 引 口 座 の 開 設 1.お 客 様 は 以 下 の 要 件 をすべて 満 たす 場 合 に 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 口 座 ( 以 下 本 口 座 といいます )の 開 設 を 申 込 むことができ 本

第 2 章 口 座 売 買 注 文 の 取 扱 い 等 第 4 条 取 引 口 座 の 開 設 1.お 客 様 は 以 下 の 要 件 をすべて 満 たす 場 合 に 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 口 座 ( 以 下 本 口 座 といいます )の 開 設 を 申 込 むことができ 本 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 取 扱 規 定 ( ダイワFX 取 扱 規 定 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 規 定 の 趣 旨 この 規 定 ( 以 下 本 規 定 といいます )は お 客 様 と 大 和 証 券 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 とい います )との 間 でインターネットを 利 用 して 行 う 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 (ダイワFX)(

More information

お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 や 苦 情 等 について お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 はお 取 引 店 または 金 融 商 品 営 業 部 金 融 商 品 管 理 課 (024-541-2304) 苦 情 につきましては 営 業 統 括 部 お 客

お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 や 苦 情 等 について お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 はお 取 引 店 または 金 融 商 品 営 業 部 金 融 商 品 管 理 課 (024-541-2304) 苦 情 につきましては 営 業 統 括 部 お 客 証 券 振 替 決 済 口 座 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 をよくお 読 みください 当 行 では お 客 さまから 有 価 証 券 ( 投 資 信 託 および 国 債 ならびに 地 方 債 をいいます 以 下 同 じ ) の 売 買 等 に 必 要 な 金 銭

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

2325 28152810 232513 -1- -2- -3- -4- -5- -6- -7- -8- -9- -10- -11- -12- -13- -14- -15- -16- -17- -18- -19- -20- -21- -22- -23- -24- -25- -26- -27- -28- -29- -30- -31- -32- -33- -34- -35- -36- -37- -38-

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

ホームページ作成サービス利用契約約款

ホームページ作成サービス利用契約約款 ホームページ 作 成 サービス 利 用 契 約 約 款 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. ファーストサーバ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は このホームページ 作 成 サービス 利 用 契 約 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます )に 定 めるところにより 本 サービス( 第 3 条 第 1 号 に 定 義 )を 提 供 しま す 本 約 款 は 当 社 とお

More information

修正案_Yahoo!_H26.9

修正案_Yahoo!_H26.9 群 馬 県 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン(Yahoo! 版 ) 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 など 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 以 下 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 または 第 2 項 各 号 に

More information

安心マイカー保険新型自動車総合保険(個人用)普通保険約款および特約.indd

安心マイカー保険新型自動車総合保険(個人用)普通保険約款および特約.indd 新 型 自 動 車 総 合 保 険 ( 個 人 用 ) 普 通 保 険 約 款 < の ( 共 通 )> この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 において 次 の の 意 味 は それぞれ 次 の によりまただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 において 別 途 の がある 場 合 は それによりま 医 学 的 他 覚

More information

記 入 例 : 国 民 金 保 険 料 免 除 納 付 猶 予 申 請 書 日 本 金 機 構 理 事 長 あて 平 成 月 日 以 様 下 式 のとおり コード 免 除 納 付 猶 予 を 申 請 します また 及 び 世 帯 主 の 記 入 に 漏 れがないこと 前 所 得 の 記 入 内 容

記 入 例 : 国 民 金 保 険 料 免 除 納 付 猶 予 申 請 書 日 本 金 機 構 理 事 長 あて 平 成 月 日 以 様 下 式 のとおり コード 免 除 納 付 猶 予 を 申 請 します また 及 び 世 帯 主 の 記 入 に 漏 れがないこと 前 所 得 の 記 入 内 容 国 民 金 保 険 料 納 付 免 除 若 者 納 付 猶 予 の 申 請 について ( 学 生 の 方 は 学 生 納 付 特 例 制 度 をご 利 用 ください) 国 民 金 保 険 料 の 納 付 が 経 済 的 に 困 難 な 場 合 保 険 料 の 納 付 が 免 除 または 猶 予 される 制 度 が あります この 制 度 を 利 用 することで 将 来 の 金 受 給 権 の 確 保

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8293878E7396AF9561894088E38BC696A28EFB8BE089F18EFB8BC696B188CF91F58CF695E58C5E8376838D837C815B8355838B8EC08E7B977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8293878E7396AF9561894088E38BC696A28EFB8BE089F18EFB8BC696B188CF91F58CF695E58C5E8376838D837C815B8355838B8EC08E7B977697CC2E646F6378> 高 島 市 民 病 院 医 業 未 収 金 回 収 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 本 要 領 は 高 島 市 民 病 院 医 業 未 収 金 回 収 業 務 委 託 に 係 る 契 約 の 相 手 方 となる 事 業 者 の 選 定 にあたり 公 募 型 プロポーザルの 実 施 方 法 等 必 要 な 事 項 を 定 める 2 業 務 名 高 島 市 民 病

More information

普通火災保険ご契約のしおり(一般物件用)

普通火災保険ご契約のしおり(一般物件用) 2 1 Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅴ 2 Ⅵ Ⅶ 3 4 5 6 6 7 7 Ⅰ Ⅰ 8 Ⅱ Ⅱ 9 10 11 11 Ⅱ 12 13 13 Ⅱ 14 Ⅱ 15 16 16 17 17 Ⅱ 18 Ⅱ 19 Ⅲ 20 Ⅲ 21 22 Ⅲ 23 24 Ⅲ 25 26 Ⅲ 27 28 28 Ⅲ 29 30 31 31 Ⅲ 32 Ⅳ 33 Ⅳ 34 34 35 Ⅳ 36 36 37 37 Ⅳ Ⅴ 38 Ⅴ 39 Ⅵ

More information

豊 岡 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 など 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 次 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません (1) 地 方 自 治 法 施

豊 岡 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 など 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 次 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません (1) 地 方 自 治 法 施 誓 約 書 及 び 豊 岡 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 豊 岡 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ( 以 下 公 有 財 産 売 却 という )をご 利 用 いただくには 以 下 の 誓 約 書 および 豊 岡 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン( 以 下 本 ガイドライン と いう ) をよくお 読 みいただき 同 意 していただくことが

More information

ビジネス会員規約

ビジネス会員規約 ビジネス 会 員 規 約 第 1 条 ( 規 約 の 適 用 ) 1. ファーストサーバ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )が 指 定 する 各 種 サービス( 以 下 当 社 サービス といいます )を 利 用 する 際 このビジネス 会 員 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づくビジネス 会 員 ( 以 下 会 員 といいます )の 登 録 が 必 要 です

More information

奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 について 1. 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 ( 以 下 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません) (1) 地 方 自 治

奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 について 1. 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 ( 以 下 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません) (1) 地 方 自 治 奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ( 以 下 公 有 財 産 売 却 といいます)をご 利 用 いただくには 以 下 の 誓 約 書 および 奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン をよくお 読 みいただき 同 意 してい ただくことが 必 要 です また 公 有 財 産 売 却 の 手 続 きなどに 関 して 奈 良 市 インターネット 公 有 財 産

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20958192CA95DB8CAF96F18ABC82A882E682D193C196F12E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20958192CA95DB8CAF96F18ABC82A882E682D193C196F12E646F63> 一 般 財 団 法 人 あんしん 財 団 普 通 保 険 約 款 および 特 約 事 業 総 合 傷 害 保 険 (この 保 険 の 趣 旨 ) この 保 険 は 中 小 企 業 の 法 人 または 個 人 事 業 主 が 一 般 財 団 法 人 あんしん 財 団 ( 以 下 当 法 人 といいます )の 会 員 として 保 険 契 約 者 および 保 険 金 受 取 人 になり 事 業 主 および

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成

第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成 姫 監 公 表 第 1 号 平 成 2 5 年 1 月 2 5 日 姫 路 市 監 査 委 員 井 神 曉 同 小 林 茂 信 住 民 監 査 請 求 ( 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 につ い て ) に 係 る 監 査 の 結 果 に つ い て 平 成 24 年 11 月 30 日 に 受 付 し た 地 方 自 治 法 第 2 4 2 条 第 1 項

More information

保 険 募 集 人 特 約 この 特 約 が 付 帯 された 保 険 契 約 は この 特 約 で 定 める 規 定 のほか この 保 険 契 約 を 構 成 するすべての 規 定 に 従 うことを 条 件 に 次 の 通 り 約 定 します 1. 補 償 条 項 この 特 約 の 適 用 に 限

保 険 募 集 人 特 約 この 特 約 が 付 帯 された 保 険 契 約 は この 特 約 で 定 める 規 定 のほか この 保 険 契 約 を 構 成 するすべての 規 定 に 従 うことを 条 件 に 次 の 通 り 約 定 します 1. 補 償 条 項 この 特 約 の 適 用 に 限 2015.10 専 門 業 務 事 業 者 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 保 険 募 集 人 特 約 他 保 険 募 集 人 特 約 この 特 約 が 付 帯 された 保 険 契 約 は この 特 約 で 定 める 規 定 のほか この 保 険 契 約 を 構 成 するすべての 規 定 に 従 うことを 条 件 に 次 の 通 り 約 定 します 1. 補 償 条 項 この 特 約

More information

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx 退 職 手 当 制 度 について 制 度 の 概 要 1 退 職 手 当 の 支 給 根 拠 退 職 手 当 は 地 方 自 治 法 第 204 条 第 2 項 ( 諸 手 当 )の 規 定 に 基 づき 地 方 公 共 団 体 が 職 員 に 支 給 する 手 当 の 一 つです 同 条 第 3 項 において その 額 及 びその 支 給 方 法 は 条 例 で 定 めなければならな いとしており

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63> 当 金 庫 でお 預 りいたしますご 預 金 は 本 規 定 によりお 取 扱 いさせていただきます ひがしん 総 合 口 座 取 引 規 定 1. ( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 取 引 は ひがしん 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます ) ができます 1 普 通 預 金 ( 無 利 息 型 普 通 預 金 を 含 みます 以 下 同

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information