2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水"

Transcription

1 おおさと 事 業 名 国 営 総 合 農 地 防 災 事 業 地 区 名 大 里 県 名 埼 玉 県 関 係 市 町 村 く ま が や し おおさとまち こうなんまち ぎ よ う だ し みなみかわらむら こ う の す し 熊 谷 市 ( 旧 熊 谷 市 旧 大 里 町 旧 江 南 町 ) 行 田 市 ( 旧 行 田 市 旧 南 河 原 村 ) 鴻 巣 市 ふきあげまち ふ か や し かわもとまち ( 旧 吹 上 町 ) 深 谷 市 ( 旧 深 谷 市 旧 川 本 町 ) 事 業 概 要 本 地 区 の 基 幹 水 利 施 設 である 六 堰 頭 首 工 江 南 サイホン 幹 線 用 水 路 は 昭 和 2~14 年 度 に 実 施 された 県 営 事 業 により 整 備 され 昭 和 34~41 年 度 には 国 営 事 業 で 既 設 用 水 路 の 部 分 的 改 修 が 行 われるなどの 整 備 が 行 われてきた その 後 荒 川 の 河 床 低 下 により 六 堰 頭 首 工 江 南 サイホンは 洪 水 に 対 する 危 険 性 が 増 大 す るとともに 地 区 内 においては 都 市 化 の 進 展 により 生 活 雑 排 水 が 混 入 する 農 業 用 水 路 の 水 質 悪 化 湧 水 枯 渇 により 地 下 水 への 水 源 依 存 等 の 問 題 が 生 じていた このため 本 事 業 により 六 堰 頭 首 工 等 の 基 幹 水 利 施 設 を 改 修 し 施 設 の 機 能 回 復 と 災 害 の 未 然 防 止 及 び 農 業 用 水 の 水 質 改 善 を 行 い 農 業 用 水 の 合 理 的 利 用 管 理 形 態 の 適 正 化 農 業 生 産 環 境 の 改 善 等 を 図 り 農 業 生 産 性 の 維 持 及 び 農 業 経 営 の 安 定 化 に 資 することを 目 的 として 事 業 が 実 施 された 受 益 面 積 :3,820ha( 水 田 3,820ha)( 平 成 6 年 現 在 ) 受 益 者 数 :7,760 人 ( 平 成 6 年 現 在 ) 主 要 工 事 : 頭 首 工 1 箇 所 用 水 路 46.3km 事 業 費 :37,407 百 万 円 ( 決 算 額 ) 事 業 期 間 : 平 成 6 年 度 ~ 平 成 18 年 度 ( 完 了 公 告 : 平 成 19 年 度 ) 関 連 事 業 : 国 営 附 帯 県 営 農 地 防 災 事 業 3,820ha 関 連 事 業 の 進 捗 状 況 :70%( 平 成 23 年 時 点 ) 評 価 項 目 1 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 (1) 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 関 係 市 の 総 人 口 総 世 帯 数 は 平 成 2 年 ( 事 業 実 施 前 )の530,311 人 153,864 戸 から 平 成 22 年 ( )の553,223 人 199,909 戸 にそれぞれ 増 加 している 産 業 別 就 業 人 口 は 266,280 人 から254,636 人 に 減 少 しており 第 1 次 産 業 においても22,7 20 人 から12,588 人 と 約 半 数 に 減 少 している 人 口 世 帯 数 区 分 平 成 2 年 平 成 22 年 増 減 率 総 人 口 530,311 人 553,223 人 104% 総 世 帯 数 153,864 戸 199,909 戸 130% ( 出 典 : 国 勢 調 査 ) 産 業 別 就 業 人 口 区 分 平 成 2 年 割 合 平 成 22 年 割 合 第 1 次 産 業 22,720 人 8% 12,588 人 5% 第 2 次 産 業 102,851 人 39% 73,876 人 29% 第 3 次 産 業 140,709 人 53% 168,172 人 66% ( 出 典 : 国 勢 調 査 ) (2) 地 域 農 業 の 動 向 関 係 市 の 耕 地 面 積 農 家 戸 数 農 業 就 業 人 口 は 平 成 2 年 ( 事 業 実 施 前 )から 平 成 22 年 ( 評 価 時 点 )にかけて 減 少 しているが 1 戸 当 たり 経 営 面 積 は1.28haから1.97haに 増 加 している 区 分 平 成 2 年 平 成 22 年 増 減 率 耕 地 面 積 計 21,339ha 18,157ha 85% うち 田 13,413ha 10,770ha 80% うち 畑 7,926ha 7,387ha 93% 農 家 戸 数 16,664 戸 9,227 戸 55% 農 業 就 業 人 口 32,414 人 24,122 人 74% うち65 歳 以 上 11,546 人 10,550 人 91% 戸 当 たり 経 営 面 積 1.28ha 1.97ha 154% 認 定 農 業 者 数 - 1,069 人 皆 増 ( 出 典 : 農 林 水 産 統 計 年 報 農 林 業 センサス 認 定 農 業 者 数 は 埼 玉 県 調 べ)

2 2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水 路 荒 川 左 岸 幹 線 用 水 路 御 正 吉 見 堰 幹 線 用 水 路 である (2) 施 設 の 利 用 状 況 六 堰 頭 首 工 は 平 成 14 年 度 より 供 用 開 始 され 水 利 使 用 規 則 と 取 水 実 績 から 埼 玉 県 が 作 成 した 年 間 取 水 計 画 に 基 づき 荒 川 から 最 大 m 3 /sの 取 水 を 行 っている また 本 地 域 の 利 水 者 間 の 連 絡 調 整 のため 平 成 11 年 から 埼 玉 県 が 主 催 している 荒 川 中 部 利 水 調 整 連 絡 会 ( 国 交 省 荒 川 上 流 河 川 事 務 所 二 瀬 ダム 管 理 所 関 東 農 政 局 ( 独 ) 水 資 源 機 構 荒 川 ダム 総 合 管 理 所 大 里 用 水 土 地 改 良 区 山 王 用 水 土 地 改 良 区 荒 川 中 部 土 地 改 良 区 の3 土 地 改 良 区 東 京 発 電 ( 株 ) 埼 玉 県 で 構 成 ) において 六 堰 頭 首 工 の 年 間 取 水 計 画 が 周 知 され 頭 首 工 から 円 滑 な 取 水 が 行 えるよう 荒 川 上 流 部 の4ヶ 所 のダム( 二 瀬 ダム 浦 山 ダム 滝 沢 ダム 合 角 ダム)の 運 用 等 が 行 われていることもあり 近 年 供 用 開 始 と 相 まっ て 作 物 の 生 育 被 害 が 発 生 するような 渇 水 は 生 じていない 六 堰 頭 首 工 から 取 水 した 用 水 は 左 岸 幹 線 導 水 路 及 び 右 岸 幹 線 導 水 路 で 各 幹 線 用 水 路 へ 配 水 されている 夏 季 のかんがい 期 ( 平 成 24 年 は6 月 11 日 ~9 月 25 日 )には 毎 週 六 堰 頭 首 工 管 理 運 営 会 ( 埼 玉 県 大 里 用 水 土 地 改 良 区 山 王 用 水 土 地 改 良 区 で 構 成 )を 開 催 し 水 稲 の 作 期 に 合 わ せた 取 水 計 画 の 確 認 調 整 が 行 われている また 番 水 が 必 要 な 時 は 水 利 調 整 委 員 会 ( 土 地 改 良 区 の 理 事 監 事 等 で 構 成 )において 地 区 ごとの 配 水 計 画 の 決 定 が 行 われている (3) 施 設 の 管 理 状 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 農 林 水 産 省 から 埼 玉 県 並 びに 大 里 用 水 土 地 改 良 区 及 び 山 王 用 水 土 地 改 良 区 に 管 理 委 託 され 管 理 規 程 等 に 基 づき 適 切 に 管 理 が 行 われている 六 堰 頭 首 工 は 平 成 14 年 度 に 完 成 し 平 成 15 年 4 月 より 六 堰 頭 首 工 管 理 委 託 協 定 に 基 づき 埼 玉 県 が 管 理 運 用 している 幹 線 用 水 路 についても 大 里 用 水 土 地 改 良 区 ( 一 部 熊 谷 市 ) 及 び 山 王 用 水 土 地 改 良 区 により 適 切 に 管 理 されている なお 本 事 業 を 契 機 として 六 堰 頭 首 工 から 取 水 していた7つの 土 地 改 良 区 ( 奈 良 堰 用 水 路 玉 井 堰 用 水 路 大 麻 生 堰 用 水 路 成 田 堰 用 水 路 御 正 堰 用 水 路 吉 見 堰 用 水 路 荒 川 左 岸 )が 平 成 17 年 に 大 里 用 水 土 地 改 良 区 として 合 併 したことにより 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 及 び 玉 井 堰 幹 線 用 水 路 について 維 持 管 理 体 制 の 一 本 化 が 図 られ 効 率 的 な 管 理 や 合 理 的 な 水 管 理 が 行 われている (4) 施 設 利 用 及 び 管 理 上 の 課 題 と 改 善 点 等 1 整 備 された 施 設 は 今 後 老 朽 化 等 により 維 持 管 理 費 の 増 加 が 見 込 まれるため 施 設 の 機 能 診 断 を 的 確 に 行 い 施 設 の 長 寿 命 化 ライフサイクルコストの 低 減 に 向 け 適 正 な 維 持 管 理 更 新 対 策 が 必 要 である 2 組 合 員 の 高 齢 化 等 により 夫 役 での 施 設 管 理 が 困 難 となっていることから 効 率 的 な 水 管 理 や 維 持 管 理 が 容 易 に 行 えるよう 地 域 の 状 況 に 応 じた 生 産 基 盤 整 備 事 業 のより 一 層 の 推 進 が 必 要 である 3 六 堰 頭 首 工 の 上 下 流 は 河 川 改 修 が 進 んでおらず 洪 水 時 に 上 流 より 運 ばれてきた 土 砂 が 右 岸 側 に 堆 積 し 洪 水 吐 ゲート2 門 が 全 閉 できないことが2 年 に1 回 程 度 発 生 している その 都 度 頭 首 工 を 管 理 している 埼 玉 県 と 流 水 改 善 水 路 緩 傾 斜 魚 道 を 管 理 している 国 土 交 通 省 とが 各 々の 影 響 範 囲 について 堆 積 土 砂 の 除 去 を 行 っており 今 後 の 抜 本 的 な 対 策 について 平 成 23 年 より 埼 玉 県 河 川 管 理 者 関 東 農 政 局 が 検 討 協 議 を 行 っている 3 費 用 対 効 果 分 析 の 算 定 基 礎 となった 要 因 の 変 化 (1) 作 物 生 産 効 果 本 効 果 は 事 業 を 実 施 した 場 合 ( 事 業 ありせば)と 実 施 しなかった 場 合 ( 事 業 なかりせ ば)の 作 物 生 産 量 の 増 減 の 比 較 により 年 効 果 額 を 算 定 している 1 作 付 面 積 計 画 時 点 ( 平 成 6 年 )の 計 画 ( 以 下 計 画 という )と の 作 付 面 積 を 比 較 す ると 農 地 転 用 等 により 効 果 算 定 の 対 象 面 積 である 耕 地 面 積 が 減 少 ( 計 画 3,461ha, 評 価 時 点 2,983ha)しているものの 作 付 面 積 は 増 加 ( 計 画 4,853ha, 5,385ha)している 作 物 別 にみると 水 稲 をはじめ 飼 料 作 物 さといも ブロッコリー レタス にんじ ん ねぎ きゅうり 等 は 計 画 を 下 回 っているが なすやブルーベリーが 新 たに 作 付 けされ ているほか 担 い 手 への 農 地 集 積 の 進 展 に 伴 い 新 規 需 要 米 ( 飼 料 用 米 ) 大 豆 小 麦 等

3 の 土 地 利 用 型 作 物 の 作 付 面 積 が 増 加 している 耕 地 利 用 率 も 事 業 実 施 前 ( 平 成 6 年 )の136%から ( 平 成 23 年 )の175%に 増 加 し ており 米 麦 二 毛 作 により 水 田 の 高 利 用 が 行 われている 作 付 面 積 の 変 化 ( 単 位 :ha) 区 分 事 業 実 施 前 ( 平 成 6 年 ) 現 況 計 画 ( 平 成 23 年 ) 水 稲 2,583 2,583 2,493 他 用 途 利 用 米 ( 加 工 用 米 ) 新 規 需 要 米 ( 飼 料 用 米 ) 豆 類 ( 大 豆 ) 飼 料 作 物 ( 青 刈 とうもろこし) なす さといも 小 麦 1, ,402 ブロッコリー 果 実 類 (ブルーベリー) 根 菜 類 のその 他 (にんじん 等 ) 葉 茎 菜 類 (ねぎ 等 ) 洋 菜 類 のその 他 (レタス) 果 菜 類 のその 他 (きゅうり 等 ) 地 力 増 進 作 物 ( 資 料 : 事 業 計 画 書 説 明 資 料 関 係 市 平 成 23 年 度 産 戸 別 所 得 補 償 制 度 交 付 対 象 面 積 ) 2 生 産 量 の 作 物 の 生 産 量 については 水 稲 飼 料 作 物 さといも ブロッコリーは 作 付 面 積 の 減 少 や 天 候 不 順 等 によるha 当 り 収 量 の 減 少 により 計 画 を 下 回 っているが 作 付 面 積 の 延 びが 大 きい 小 麦 については 生 産 量 が 増 加 している また 新 規 需 要 米 大 豆 な す ブルーベリーが 新 たに 生 産 されている 生 産 量 の 変 化 ( 単 位 :t) 事 業 実 施 前 ( 平 成 6 年 ) 区 分 現 況 計 画 ( 平 成 23 年 ) t/ha t/ha t/ha 水 稲 11, , , 新 規 需 要 米 ( 飼 料 用 米 ) , 豆 類 ( 大 豆 ) 飼 料 作 物 ( 青 刈 とうもろこし) 3, , , なす さといも , 小 麦 7, , ブロッコリー , 果 樹 (ブルーベリー) ( 資 料 : 農 林 水 産 統 計 年 報 事 業 計 画 書 説 明 資 料 関 係 機 関 からの 聞 き 取 り)

4 3 生 産 額 の 作 物 の 生 産 額 については 水 稲 飼 料 作 物 さといも ブロッコリーが 生 産 量 の 減 少 や 近 年 の 農 産 物 価 格 の 低 迷 により 計 画 を 下 回 っているが 生 産 量 が 増 加 した 小 麦 は 生 産 額 も 増 加 している また 新 規 需 要 米 大 豆 なす ブルーベリーが 新 たに 生 産 さ れている 生 産 額 の 変 化 ( 単 位 : 百 万 円 ) 事 業 実 施 前 ( 平 成 6 年 ) 区 分 現 況 計 画 ( 平 成 23 年 ) 千 円 /t 千 円 /t 千 円 /t 水 稲 3, , , 新 規 需 要 米 ( 飼 料 用 米 ) 豆 類 ( 大 豆 ) 飼 料 作 物 ( 青 刈 とうもろこし) なす さといも 小 麦 1, ブロッコリー 果 樹 (ブルーベリー) ,347 単 価 は 直 近 5ヵ 年 間 の 農 家 手 取 価 格 の 平 均 水 稲 及 び 小 麦 の 印 は 国 が 決 定 した 価 格 である ( 資 料 : 事 業 計 画 書 説 明 資 料 関 係 機 関 からの 聞 き 取 り) (2) 営 農 経 費 節 減 効 果 本 効 果 は 事 業 実 施 により 地 下 水 に 依 存 していた 水 源 を 表 流 水 に 切 り 替 えることが 可 能 と なったことで 個 人 所 有 の 揚 水 機 の 運 転 が 不 要 となり 水 管 理 作 業 に 係 る 経 費 が 軽 減 される 効 果 を 算 定 している では 各 幹 線 水 路 毎 に 適 正 な 用 水 配 分 を 行 っており 各 幹 線 水 路 の 送 水 を 調 整 し ている 水 利 調 整 委 員 会 においても 送 水 量 の 増 量 要 望 がないことから 計 画 の 作 物 作 期 での 地 下 水 ポンプに 係 る 水 管 理 費 用 は 計 画 どおり 節 減 されている 地 下 水 ポンプに 係 る 水 管 理 費 用 の 変 化 対 象 施 設 事 業 実 施 前 ( 平 成 6 年 ) 現 況 計 画 ( 平 成 23 年 ) 揚 水 機 ( 個 人 所 有 ) 466,178 千 円 0 0 ( 資 料 : 事 業 計 画 書 説 明 資 料 土 地 改 良 区 聞 き 取 り) (3) 維 持 管 理 費 節 減 効 果 本 効 果 は 本 事 業 及 び 関 連 事 業 を 実 施 した 場 合 ( 事 業 ありせば)と 実 施 しなかった 場 合 ( 事 業 なかりせば)を 比 較 し 維 持 管 理 費 の 増 減 をもって 年 効 果 額 を 算 定 している 本 事 業 等 で 整 備 した 六 堰 頭 首 工 幹 線 用 水 路 等 に 係 る 維 持 管 理 費 については 計 画 の133, 853 千 円 に 対 し ( 平 成 19 年 度 から 平 成 23 年 度 迄 の5ヶ 年 平 均 )では63,782 千 円 とな っている その 要 因 は 本 事 業 を 契 機 として 六 堰 頭 首 工 から 取 水 している7 土 地 改 良 区 が 平 成 17 年 に 大 里 用 水 土 地 改 良 区 として 合 併 したことで 土 地 改 良 区 職 員 が11 人 体 制 から 評 価 時 点 の8 人 体 制 となり 管 理 体 制 の 効 率 化 が 図 られたことや 水 管 理 システムにより 水 管 理 の 効 率 化 が 図 られたことによる 維 持 管 理 費 の 変 化 対 象 施 設 事 業 実 施 前 ( 平 成 6 年 ) 現 況 計 画 ( 平 成 23 年 ) 六 堰 頭 首 工 2,719 千 円 28,280 千 円 23,713 千 円 幹 線 用 水 路 等 47,057 千 円 105,573 千 円 40,069 千 円 計 49,776 千 円 133,853 千 円 63,782 千 円 ( 資 料 : 事 業 計 画 書 説 明 資 料 土 地 改 良 区 聞 き 取 り)

5 (4) 災 害 防 止 効 果 本 効 果 は 事 業 を 実 施 した 場 合 ( 事 業 ありせば)と 実 施 しなかった 場 合 ( 事 業 なかりせ ば)を 比 較 し 洪 水 に 伴 い 発 生 する 一 般 公 共 資 産 に 係 る 洪 水 被 害 軽 減 の 差 をもって 年 効 果 額 を 算 定 している 本 効 果 について 計 画 時 点 と を 比 較 すると 計 画 時 点 の340,965 千 円 に 対 し 評 価 時 点 は763,080 千 円 と 大 きく 増 額 している これは における 被 害 の 防 止 又 は 軽 減 が 図 られる 区 域 内 の 家 屋 や 事 業 所 等 対 象 となる 資 産 の 評 価 額 が 計 画 時 点 より 高 くなって いることが 要 因 となっている 一 般 公 共 資 産 の 被 害 軽 減 額 の 変 化 対 象 施 設 事 業 実 施 前 ( 平 成 6 年 ) ( 平 成 23 年 ) 一 般 公 共 資 産 340,965 千 円 763,080 千 円 ( 資 料 : 事 業 計 画 書 説 明 資 料 ) (5) 地 域 用 水 効 果 本 効 果 は 事 業 を 実 施 した 場 合 ( 事 業 ありせば)と 実 施 しなかった 場 合 ( 事 業 なかりせ ば)の 地 域 用 水 の 利 用 経 費 の 差 をもって 年 効 果 額 を 算 定 している 本 効 果 は 計 画 時 点 では 見 込 めなかったことから 算 定 していなかったが において は 熊 谷 市 と 大 里 用 水 土 地 改 良 区 深 谷 市 と 山 王 用 水 土 地 改 良 区 が 農 業 水 利 施 設 の 消 防 水 利 施 設 としての 利 用 に 関 する 協 定 書 を 平 成 21 年 に 締 結 し 農 業 用 用 水 を 消 火 活 動 に 利 用 す るなど 地 域 用 水 としても 利 用 されていることから 新 たに 算 定 を 行 った 消 防 水 利 施 設 の 指 定 状 況 ( 単 位 : 箇 所 ) 対 象 施 設 事 業 実 施 前 ( 平 成 6 年 ) ( 平 成 23 年 ) 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 - 7 玉 井 堰 幹 線 用 水 路 - 5 大 里 幹 線 用 水 路 - 16 計 - 28 ( 資 料 : 事 業 誌 荒 川 の 恵 み ) (6) 一 般 交 通 等 経 費 節 減 効 果 一 般 交 通 等 経 費 節 減 効 果 は 実 施 した 場 合 ( 事 業 ありせば)と 実 施 しなかった 場 合 ( 事 業 なかりせば)の 一 般 交 通 の 走 行 に 係 る 人 件 費 や 車 両 経 費 などの 走 行 経 費 の 差 をもって 年 効 果 額 を 算 定 している 本 効 果 は 計 画 時 点 では 算 定 していなかったが 六 堰 頭 首 工 の 管 理 橋 は 県 営 農 免 農 道 事 業 と の 共 同 事 業 で 一 体 的 に 整 備 したことにより においては 荒 川 左 右 岸 の 主 要 幹 線 道 路 をつなぐ 道 路 として 農 産 物 流 通 の 合 理 化 のみならず 生 活 道 路 としても 活 用 されている ことから 新 たに 算 定 を 行 った 一 般 交 通 の 走 行 に 係 る 経 費 の 変 化 ( 平 成 23 年 ) 事 業 実 施 前 項 目 事 業 なかりせば 事 業 ありせば ( 平 成 6 年 ) 走 行 経 費 走 行 経 費 一 般 交 通 経 費 - 1,215,984 千 円 821,422 千 円

6 (7) 景 観 環 境 保 全 効 果 景 観 環 境 保 全 効 果 は 実 施 した 場 合 ( 事 業 ありせば)と 実 施 しなかった 場 合 ( 事 業 な かりせば)の 本 事 業 で 整 備 した 景 観 環 境 保 全 施 設 に 対 する 支 払 意 志 額 を 地 域 住 民 に 尋 ねることで その 価 値 を 直 接 的 に 評 価 する 手 法 であるCVM( 仮 想 市 場 法 )により 測 定 し 年 効 果 額 を 算 定 している 本 効 果 は 計 画 時 点 では 算 定 していなかったが 六 堰 頭 首 工 荒 川 左 岸 幹 線 用 水 路 御 正 吉 見 堰 幹 線 用 水 路 においては 農 業 の 歴 史 学 習 親 水 交 流 空 間 自 然 観 察 や 自 然 とのふれあ いの 場 としても 活 用 されていることから 新 たに 算 定 を 行 った 各 施 設 のCVMによる 効 果 額 CVMによる 景 観 環 境 当 該 土 地 その 他 施 当 該 土 地 改 良 効 果 額 保 全 施 設 の 改 良 施 設 設 の 資 本 事 業 における 対 象 施 設 資 本 還 元 額 の 資 本 還 還 元 額 効 果 額 元 額 1 2= =1X(3/2) 千 円 千 円 / 年 千 円 / 年 千 円 / 年 千 円 六 堰 頭 首 工 266, , , ,916 国 営 荒 川 左 岸 幹 線 用 水 路 337,129 98,614 59,561 39, ,620 国 営 御 正 吉 見 堰 幹 線 用 水 路 25,442 44,132 44,132-25,442 4 事 業 効 果 の 発 現 状 況 (1) 災 害 の 未 然 防 止 旧 六 堰 頭 首 工 は 荒 川 の 河 床 低 下 に 起 因 して 洪 水 による 倒 壊 の 危 険 性 が 増 大 しており ま た 固 定 堰 であったため 洪 水 流 下 断 面 が 不 足 するなど 河 川 管 理 上 の 安 全 性 にも 課 題 のある 状 況 であった このような 状 況 の 中 平 成 11 年 8 月 の 降 雨 に 伴 う 洪 水 ( 最 大 流 量 3,200m3/s)により 旧 六 堰 頭 首 工 が 倒 壊 するとともに 周 辺 農 地 等 への 湛 水 が 発 生 したが 既 に 本 事 業 での 頭 首 工 改 修 工 事 に 着 手 していたことから 新 頭 首 工 の 供 用 開 始 ( 平 成 14 年 )までの2 年 間 は 仮 堰 堤 を 応 急 的 に 設 置 するなどの 対 応 を 行 い 営 農 に 支 障 を 及 ぼすことを 回 避 した また 江 南 サイホンは 前 歴 事 業 により 荒 川 の 河 床 下 3mに 設 置 されていたが 河 床 低 下 により 路 体 が 露 出 し 下 流 側 に 約 5mの 落 差 が 発 生 していた このため 洪 水 時 に 度 々 流 失 する 被 害 が 発 生 し 昭 和 40 年 から 平 成 14 年 までの 間 で8 回 合 計 104,892 千 円 の 復 旧 工 事 が 行 われた 本 事 業 により 江 南 サイホンの 機 能 を 樋 体 の 中 に 移 設 した 全 幅 可 動 堰 の 新 頭 首 工 が 完 成 し 河 川 管 理 上 の 安 全 性 が 向 上 したことにより 旧 六 堰 頭 首 工 が 倒 壊 した 平 成 11 年 8 月 の 降 雨 に 伴 う 洪 水 流 量 を 超 える3,570 m3/sとなった 平 成 19 年 9 月 の 台 風 9 号 の 際 も 頭 首 工 や 周 辺 農 地 に 洪 水 による 被 害 は 発 生 していない また 江 南 サイホンについても 既 存 施 設 の 撤 去 に より 河 川 管 理 上 の 安 全 性 の 向 上 や 維 持 管 理 が 不 要 となるなど 災 害 の 未 然 防 止 農 業 用 水 の 安 定 取 水 及 び 施 設 の 維 持 管 理 費 の 低 減 により 営 農 環 境 の 改 善 に 寄 与 しており 受 益 農 家 328 戸 (うち 回 答 数 217 戸 ) 及 び 地 域 住 民 594 戸 (うち 回 答 数 407 戸 )へのアンケート 調 査 結 果 でも 受 益 農 家 の 半 数 以 上 が 洪 水 などの 災 害 の 心 配 がなくなり 安 心 して 農 業 を 続 けるこ とができるようになった と 回 答 しており 地 域 住 民 も 半 数 以 上 が 住 居 などの 浸 水 被 害 が 防 止 され 安 心 して 生 活 できるようになった と 回 答 している 本 事 業 は 受 益 農 家 や 地 域 住 民 に 対 し 安 心 して 農 業 を 続 けられる 安 心 して 生 活 できる 環 境 の 提 供 に 大 きく 貢 献 している (2) 農 業 用 水 の 水 質 保 全 と 合 理 的 利 用 1 農 業 用 水 の 水 質 保 全 本 地 区 の 農 業 用 水 路 は 江 戸 時 代 以 前 に 造 成 された 水 路 を 使 用 しており 元 々 家 庭 雑 排 水 を 受 け 入 れていたため 都 市 化 の 進 展 により 農 業 用 水 の 水 質 が 悪 化 し 営 農 意 欲 の 低 下 の 一 因 となっていた 本 事 業 では 用 水 路 の 改 修 と 併 せて 水 路 に 流 入 していた 家 庭 雑 排 水 を 管 水 路 や 背 割 り 水 路 で 分 離 の 上 家 庭 雑 排 水 管 を 下 水 処 理 施 設 の 配 管 と 接 続 し 背 割 り 水 路 は 水 路 が 河 川

7 と 交 差 する 部 分 で 河 川 に 放 流 を 行 うなどの 対 策 を 講 じたことにより 用 水 路 部 分 を 流 れる 水 に 家 庭 雑 排 水 の 混 入 がなくなり 農 業 用 水 の 水 質 が 保 全 され 減 退 していた 農 家 の 営 農 意 欲 の 向 上 に 寄 与 していると 考 えられる 2 農 業 用 水 の 合 理 的 利 用 都 市 化 に 伴 う 農 地 のかい 廃 により 地 区 内 の 一 部 では 必 要 用 水 量 が 減 少 する 一 方 荒 川 左 岸 幹 線 用 水 路 や 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 等 により 配 水 される 地 区 では 忍 川 の 湧 水 枯 渇 の 影 響 により 不 足 する 用 水 を 補 う 個 人 井 戸 が 多 く 設 置 されていた このため 本 事 業 では 用 水 路 の 改 修 と 併 せて 荒 川 左 岸 幹 線 用 水 路 で 約 0.5m3/s 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 で 約 0.9 m3/sの 送 水 量 を 増 量 するなど 地 区 内 の 用 水 配 分 を 見 直 すことによ り 農 業 用 水 の 合 理 的 利 用 を 図 っている また 近 年 水 稲 の 出 穂 期 から 登 熟 期 の 高 温 化 が 白 未 熟 粒 や 胴 割 米 の 発 生 等 品 質 を 大 きく 低 下 させる 要 因 となっており 埼 玉 県 では 平 成 22 年 産 彩 のかがやき の 被 害 発 生 以 降 水 稲 の 高 温 対 策 として 特 に 高 温 の 影 響 が 大 きい 出 穂 期 から 出 穂 後 20 日 迄 は 夜 間 かんがいや 深 水 管 理 を 行 い 気 温 が 平 年 並 みに 戻 ったら 間 断 かんがいを 行 い 根 の 活 力 を 維 持 し 早 期 の 落 水 は 避 けて 登 熟 の 向 上 を 図 る 等 の 水 管 理 を 実 施 するよう 指 導 している 受 益 農 家 アンケート 調 査 結 果 からも 64.1%の 方 から 農 業 用 水 を 安 定 して 取 れるよう になった との 回 答 を 得 ており 本 事 業 及 び 関 連 事 業 の 実 施 により 安 定 した 農 業 用 水 の 取 水 と 一 層 的 確 な 水 管 理 が 可 能 となったことで 水 稲 の 品 質 向 上 にも 大 きく 寄 与 するもの と 考 えられる (3) 営 農 環 境 の 改 善 による 地 域 農 業 の 活 性 化 本 事 業 により 農 業 用 水 の 安 定 供 給 や 水 質 の 保 全 等 営 農 環 境 が 改 善 され 以 下 のような 地 域 農 業 の 活 性 化 が 図 られている 1 土 地 利 用 型 作 物 の 生 産 拡 大 本 地 区 内 の 水 田 では 飼 料 用 作 物 小 麦 大 豆 等 の 土 地 利 用 型 作 物 の 作 付 けが 拡 大 してお り 耕 地 利 用 率 が136%( 計 画 時 点 : 平 成 6 年 )から175%( : 平 成 23 年 )と 大 幅 に 増 加 している 特 に 小 麦 の 作 付 面 積 は25% 増 加 ( 計 画 時 点 1,928ha 2,402ha)し 地 域 の 基 幹 作 物 となっているほか 首 都 圏 における 生 産 の29%を 占 める 埼 玉 県 において 本 地 区 の 関 係 市 が60%を 占 めるなど 県 内 でも 有 数 の 小 麦 生 産 地 になっている 2 耕 畜 連 携 の 取 り 組 み 本 地 区 は 首 都 圏 に 位 置 し 大 消 費 地 を 抱 える 有 利 性 もあって 水 稲 麦 野 菜 畜 産 等 多 様 な 営 農 の 取 り 組 みが 見 受 けられ 乳 用 牛 肉 用 牛 の 飼 養 頭 数 も 埼 玉 県 に 占 める 割 合 が 高 い 水 田 での 飼 料 用 稲 等 の 作 付 け 増 加 に 伴 い 耕 種 農 家 と 畜 産 農 家 による 耕 畜 連 携 の 取 り 組 みが 進 められている 3 地 域 農 業 の 担 い 手 の 育 成 確 保 大 里 地 域 ( 熊 谷 市 深 谷 市 寄 居 町 )の 新 規 就 農 者 の 埼 玉 県 に 占 める 割 合 は 平 成 23 年 度 は21.1%で 県 内 でも 新 規 就 農 者 の 多 い 地 域 となっている また 新 規 就 農 者 の 内 訳 については 平 成 19 年 度 から23 年 度 を 見 ると 若 い 世 代 である 新 規 学 卒 者 が5 人 前 後 Uターンと 新 規 参 入 がおおむね20~30 人 で 推 移 しており 多 様 な 担 い 手 が 確 保 されている 状 況 である また 関 係 市 ( 熊 谷 市 行 田 市 鴻 巣 市 深 谷 市 ) の 農 業 生 産 法 人 数 は 平 成 17 年 度 の11 経 営 体 から 平 成 23 年 度 の37 経 営 体 と3.4 倍 に 増 加 し ており 平 成 23 年 度 の 埼 玉 県 に 占 める 割 合 は37.4%で 県 内 でも 農 業 生 産 法 人 が 多 い 地 域 となっている (4) 事 業 による 波 及 効 果 1 親 水 空 間 等 の 利 用 本 事 業 で 整 備 した 荒 川 左 岸 幹 線 用 水 路 ( 星 川 ) 御 正 吉 見 堰 幹 線 用 水 路 をはじめ 関 連 事 業 等 で 整 備 した 支 線 水 路 において 親 水 公 園 での 利 用 水 辺 環 境 の 創 出 等 により 景 観 環 境 保 全 機 能 等 の 維 持 増 進 が 図 られている 地 域 住 民 アンケート 調 査 においても 生 態 系 配 慮 施 設 などの 整 備 により 景 観 がどのよ うに 変 わりましたか との 問 いに 対 し 60.8%の 方 が 良 くなったと 答 えており 生 態 系 配 慮 施 設 などの 整 備 により 水 路 が 親 しみやすくなったと 思 いますか という 問 いに 対 し ても 61.7%の 方 が 思 うと 回 答 するなど 事 業 実 施 による 景 観 や 親 水 機 能 について 地 域 住 民 にも 評 価 されている

8 2 防 火 用 水 としての 利 用 本 事 業 で 整 備 した 農 業 水 利 施 設 については 管 理 を 行 っている 大 里 用 水 土 地 改 良 区 及 び 山 王 用 水 土 地 改 良 区 が 関 係 市 消 防 本 部 と 協 定 を 結 び 農 業 用 水 を 防 火 用 水 として 消 火 活 動 に 利 用 するなどの 多 面 的 利 用 が 図 られている 3 総 合 学 習 及 び 市 民 活 動 の 場 の 提 供 本 事 業 で 整 備 した 六 堰 頭 首 工 では 小 学 校 や 一 般 団 体 等 の 施 設 見 学 会 が 実 施 され 農 業 用 施 設 の 役 割 について 学 ぶ 総 合 学 習 の 場 として 活 用 されている また 撤 去 を 行 った 旧 江 南 サイホンの 吐 水 口 呑 口 部 は 歴 史 ある 施 設 であることから 周 辺 に 見 学 用 階 段 や 遊 歩 道 が 整 備 され 歴 史 的 な 建 造 物 として 一 般 来 訪 者 に 開 放 されてい る さらに 熊 谷 市 では 御 正 吉 見 堰 幹 線 用 水 路 におけるホタル 祭 りやホタルの 保 存 活 動 の 一 環 としてイベントを 開 催 するなど 市 民 活 動 の 場 としても 本 事 業 で 整 備 された 施 設 が 活 用 されている 4 地 域 活 動 ( 農 地 水 保 全 管 理 支 払 交 付 金 の 取 り 組 み 状 況 ) 本 地 区 内 では30 組 織 ( 平 成 23 年 度 )が 地 域 共 同 による 農 地 農 業 用 水 等 の 資 源 の 保 全 管 理 と 農 村 環 境 の 保 全 向 上 を 取 り 組 みを 支 援 する 農 地 水 保 全 管 理 支 払 交 付 金 を 活 用 した 取 り 組 みを 行 っており その 組 織 数 は 関 係 市 の5 割 強 県 全 体 の1 割 強 を 占 める 等 県 内 でも 積 極 的 な 取 り 組 みが 展 開 されている 地 域 となっている 5 農 地 の 気 候 緩 和 機 能 の 発 揮 近 年 ヒートアイランド 現 象 に 代 表 される 都 市 の 気 候 環 境 の 変 化 が 指 摘 されているなか 農 地 の 多 面 的 機 能 として 特 に 水 田 では 水 面 からの 蒸 発 や 水 の 比 熱 の 大 きさにより 気 候 を 一 層 緩 和 させる 効 果 があると 言 われている 本 事 業 の 実 施 により 地 区 内 で 継 続 的 な 営 農 が 行 われ 集 団 的 農 地 が 保 全 されているこ とから 間 接 的 効 果 ではあるが 農 地 の 気 候 緩 和 機 能 が 発 揮 されていると 考 えられる 地 域 住 民 アンケート 調 査 においても 都 市 近 郊 であるが 水 田 があることで 周 辺 の 気 温 を 下 げるなど 特 に 夏 においては 気 候 を 緩 和 させる 効 果 があると 思 いますか という 問 いに 対 し 58.2%の 方 が 思 う と 答 えている (5) 事 後 における 費 用 対 効 果 分 析 結 果 効 果 の 発 現 状 況 を 踏 まえ 事 後 の 各 種 算 定 データを 基 に 現 状 で 推 移 した 場 合 の 総 費 用 総 便 益 比 を 算 定 した 結 果 次 のとおりとなった 総 便 益 (B) 123,414 百 万 円 総 費 用 (C) 102,561 百 万 円 総 費 用 総 便 益 比 (B/C) 1.20 ( 注 ) 総 費 用 総 便 益 比 方 式 により 算 定 5 事 業 実 施 による 環 境 の 変 化 (1) 生 活 環 境 の 変 化 1 生 活 の 安 全 性 向 上 利 便 性 確 保 本 事 業 の 水 路 改 修 は 流 入 する 生 活 排 水 や 雨 水 を 考 慮 した 設 計 としていることから 付 随 的 に 水 路 の 排 水 能 力 も 向 上 している また 水 路 の 安 全 性 を 確 保 するためのフェンスや 新 たに 防 火 用 水 用 の 釜 場 や 桝 洗 い 場 なども 設 置 しており これらは 生 活 に 結 び 付 いた 利 用 がなされている 地 域 住 民 へのアンケート 調 査 でも 住 居 などの 浸 水 被 害 が 防 止 さ れ 安 心 して 生 活 できるようになったと 思 いますか との 問 いに 対 し 57.7%の 方 が 思 う と 答 え 用 水 路 のフェンスが 整 備 され 子 供 達 などが 安 心 して 遊 べる 環 境 になった と 思 いますか との 問 いに 対 しても 77.4%の 方 が 思 う と 答 えており 地 域 の 人 々 にとって 生 活 安 全 性 の 向 上 や 利 便 性 の 確 保 が 評 価 されている 2 親 水 機 能 の 提 供 本 事 業 では 熊 谷 市 との 共 同 事 業 により 星 川 において 枯 渇 した 湧 水 の 補 給 を 行 うとと もに 景 観 に 配 慮 した 水 路 や 歩 道 等 の 整 備 を 実 施 したことにより 市 民 の 憩 いの 場 として 親 しまれている

9 3 地 域 の 交 通 利 便 性 の 向 上 六 堰 頭 首 工 の 管 理 橋 は 本 地 区 西 部 の 荒 川 左 右 岸 の 主 要 幹 線 道 路 をつなぐ 道 路 とて 県 営 農 免 農 道 事 業 との 共 同 事 業 で 一 体 的 に 整 備 したことにより 農 産 物 流 通 の 合 理 化 に 寄 与 するだけでなく 地 域 の 生 活 道 路 としても 活 用 されており 交 通 利 便 性 の 向 上 にも 寄 与 し ている (2) 自 然 環 境 の 変 化 本 事 業 では 六 堰 頭 首 工 の 整 備 にあわせ 荒 川 に 生 息 している 魚 類 を 考 慮 した 魚 道 を 設 置 した また 御 正 吉 見 堰 幹 線 用 水 路 では 事 業 実 施 前 にゲンジホタルが 生 息 していたことか ら 整 備 に 当 たってはホタルが 生 息 しやすい 護 岸 構 造 にするなどの 配 慮 や 工 事 に 当 たって は 地 元 小 学 生 によるホタルの 引 っ 越 し 作 業 工 事 期 間 中 の 飼 育 工 事 完 了 後 のモニタリン グ 調 査 等 が 行 われている 六 堰 頭 首 工 や 御 正 吉 見 堰 幹 線 用 水 路 においては 事 業 実 施 中 より 環 境 調 査 を 行 っており 大 幅 な 生 息 状 況 の 変 化 は 見 られない また 地 域 住 民 へのアンケート 調 査 でも 生 態 系 に 配 慮 した 施 設 整 備 による 生 物 の 生 息 環 境 や 生 息 状 況 がどのように 変 わりましたか との 問 いに 対 して 40.5%の 方 が 良 くなった と 答 えており さらに 生 態 系 配 慮 施 設 などが 整 備 されて 水 路 が 親 しみやすくなったと 思 いますか という 問 いに 対 し 61.7%の 方 が 思 う と 答 えているなど 地 域 住 民 の 多 くは 事 業 実 施 後 においても 地 域 の 自 然 環 境 は 保 全 されてい ると 感 じている 6 今 後 の 課 題 等 (1) 事 業 効 果 を 持 続 的 に 発 現 させるための 施 設 管 理 の 実 施 平 成 25 年 で 六 堰 頭 首 工 等 が 供 用 開 始 から10 年 を 経 過 することから 今 後 水 管 理 システム の 更 新 やゲート 設 備 等 の 点 検 部 品 交 換 を 順 次 実 施 する 時 期 となる 頭 首 工 の 管 理 を 行 っている 埼 玉 県 は 点 検 更 新 計 画 を 作 成 し 年 度 毎 の 維 持 管 理 費 が 一 定 になるようにしているが 特 注 品 が 多 く 施 設 の 耐 用 年 数 や 更 新 費 用 の 妥 当 性 の 検 証 が 困 難 な 状 況 にある このことから 関 東 農 政 局 が 平 成 25 年 3 月 に 設 置 した 技 術 支 援 相 談 センター を 活 用 し 更 新 時 期 や 更 新 費 用 を 的 確 に 判 断 する 等 維 持 管 理 費 の 軽 減 等 を 図 るとともに 事 業 効 果 を 持 続 的 に 発 現 させるため 引 き 続 き 適 切 な 施 設 管 理 を 実 施 する 必 要 がある (2) 水 田 の 高 度 利 用 の 推 進 本 事 業 の 実 施 により 営 農 環 境 の 改 善 が 図 られたことから 水 田 での 作 物 の 作 付 けが 増 加 しており 耕 地 利 用 率 が136%から175%に 増 加 している 特 に 小 麦 の 作 付 けが 大 幅 に 増 加 するなど 国 の 施 策 に 積 極 的 に 取 り 組 んでいる 点 を 評 価 し つつ 次 のステップとして 更 なる 生 産 性 の 向 上 に 向 けた 担 い 手 への 農 地 集 積 の 推 進 等 に 取 り 組 む 必 要 がある (3) 都 市 近 郊 に 立 地 する 特 性 を 活 かした 営 農 等 の 展 開 本 地 区 は 都 市 近 郊 の 立 地 条 件 に 恵 まれた 地 域 であることから 水 稲 小 麦 野 菜 畜 産 等 多 様 な 営 農 が 展 開 されている 本 事 業 の 実 施 により 営 農 環 境 の 改 善 が 図 られたことから 今 後 も 引 続 き その 恵 まれた 立 地 条 件 を 十 分 に 活 かした 取 り 組 みが 必 要 である (4) 地 域 農 業 の 担 い 手 の 育 成 確 保 事 業 完 了 後 新 規 就 農 者 認 定 農 業 者 農 業 生 産 法 人 は 増 加 傾 向 にあり 地 域 農 業 の 担 い 手 が 育 成 確 保 されている 状 況 である 今 後 は 人 農 地 プラン 等 を 踏 まえ 引 き 続 き 農 地 集 積 や 農 業 生 産 基 盤 整 備 による 生 産 性 の 向 上 安 定 的 な 経 営 基 盤 の 強 化 を 図 り 継 続 的 に 担 い 手 を 育 成 確 保 していく 必 要 があ る

10 総 合 評 価 本 事 業 により 六 堰 頭 首 工 及 び 地 区 内 用 水 路 の 改 修 等 を 実 施 し これらの 用 水 施 設 の 機 能 回 復 及 び 災 害 の 未 然 防 止 を 図 ったことにより 洪 水 などの 災 害 の 心 配 がなくなり 安 心 して 農 業 生 産 や 日 常 生 活 が 行 えるなど 災 害 の 未 然 防 止 により 農 業 生 産 日 常 生 活 の 安 心 感 の 醸 成 が 図 られている また 施 設 整 備 にあたって 農 業 用 水 の 水 質 保 全 や 地 区 内 用 水 配 分 の 適 正 化 を 図 ったこ とにより 地 下 水 から 表 流 水 への 水 源 転 換 が 可 能 となる 等 の 農 業 用 水 の 合 理 的 利 用 が 可 能 と なり 水 管 理 にかかる 営 農 経 費 が 節 減 されている さらに これらの 営 農 環 境 と 担 い 手 への 農 地 集 積 の 進 展 により 飼 料 用 米 米 粉 用 米 小 麦 大 豆 等 の 土 地 利 用 型 作 物 の 生 産 拡 大 と 耕 地 利 用 率 の 向 上 が 図 られており 特 に 小 麦 は 埼 玉 県 第 一 位 の 生 産 地 として 首 都 圏 における 食 料 供 給 基 地 の 確 立 に 寄 与 している このほか 大 里 用 水 は 親 水 公 園 や 防 火 用 水 として 利 用 される 等 多 面 的 な 機 能 が 発 揮 され ており 地 域 の 安 全 安 心 快 適 利 便 性 の 向 上 にも 寄 与 している 関 係 団 体 ( 埼 玉 県 関 係 市 関 係 土 地 改 良 区 )からも 洪 水 時 の 危 険 性 の 解 消 農 業 用 水 の 安 定 供 給 が 可 能 となる 等 の 営 農 環 境 の 改 善 が 評 価 されるとともに 施 設 については 自 然 環 境 生 活 環 境 に 配 慮 した 整 備 が 行 われていることから 市 民 にも 親 しまれている 施 設 となっ ており 地 域 コミュニティーの 強 化 や 住 環 境 の 向 上 にも 寄 与 していることが 高 く 評 価 されて いる 今 後 の 課 題 としては 本 事 業 効 果 を 持 続 させるため 地 区 内 の 土 地 改 良 施 設 の 定 期 的 な 点 検 や 適 切 な 補 修 を 行 うとともに 更 新 時 期 や 費 用 を 的 確 に 判 断 し 維 持 管 理 費 の 軽 減 等 を 図 っていく 必 要 がある また 本 地 区 の 農 業 生 産 力 を 維 持 向 上 させていくため 人 農 地 プラン 等 を 踏 まえ 引 き 続 き 農 地 集 積 や 農 業 生 産 基 盤 整 備 による 生 産 性 の 向 上 安 定 的 な 経 営 基 盤 の 強 化 を 図 り 継 続 的 に 担 い 手 を 育 成 確 保 するとともに 恵 まれた 立 地 条 件 を 十 分 に 活 かした 営 農 を 展 開 していく 必 要 がある 技 術 検 討 委 員 会 の 意 見 本 事 業 で 六 堰 頭 首 工 等 の 基 幹 水 利 施 設 の 改 修 や 水 質 保 全 対 策 を 実 施 したことにより 洪 水 時 の 安 全 性 が 向 上 するとともに 地 区 内 の 農 業 用 水 の 水 質 保 全 安 定 供 給 が 可 能 となって いる これら 営 農 環 境 の 改 善 とともに 地 区 内 での 担 い 手 への 農 地 集 積 の 進 展 や 米 麦 二 毛 作 の 展 開 が 図 られていることにより 本 地 区 は 関 東 平 野 における 土 地 利 用 型 農 業 のモデル 地 区 としてさらなる 発 展 が 期 待 される また 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 防 火 用 水 等 の 地 域 の 安 全 施 設 としての 役 割 を 担 うとと もに 総 合 学 習 の 場 等 に 活 用 されており 地 域 住 民 の 住 環 境 の 向 上 や 地 域 コミュニティー の 強 化 にも 寄 与 している これらの 効 果 を 今 後 も 持 続 的 に 発 現 させていくため 地 区 内 の 農 業 水 利 施 設 を 適 正 に 管 理 し 施 設 機 能 の 維 持 を 図 っていく 必 要 がある 併 せて 本 事 業 で 取 水 している 用 水 は 受 益 地 である 大 里 地 区 のみならず 埼 玉 県 東 部 の 水 ネットワークの 重 要 な 一 部 となっていることから 広 い 視 点 で 対 応 すべきである 評 価 に 使 用 した 資 料 総 務 省 統 計 局 平 成 2 年 国 勢 調 査 平 成 22 年 国 勢 調 査 ( stat/gl do?tocd= ) 農 林 水 産 省 統 計 部 1990 年 世 界 農 林 業 センサス 埼 玉 県 統 計 書 2010 年 世 界 農 林 業 センサス 埼 玉 県 統 計 書 農 林 水 産 統 計 協 会 関 東 農 政 局 統 計 部 埼 玉 農 林 水 産 統 計 年 報 農 林 水 産 統 計 協 会 評 価 結 果 書 に 使 用 したデータのうち 一 般 に 公 表 されていないものについては 関 東 農 政 局 利 根 川 水 系 土 地 改 良 調 査 管 理 事 務 所 調 べ( 平 成 24 年 ) 関 東 農 政 局 ( 平 成 6 年 8 月 ) 国 営 総 合 農 地 防 災 事 業 大 里 地 区 土 地 改 良 事 業 計 画 書 説 明 資 料 関 東 農 政 局 利 根 川 水 系 土 地 改 良 調 査 管 理 事 務 所 大 里 地 区 事 後 評 価 アンケート 調 査 結 果 ( 平 成 24 年 )

<5461726F2D97988DAA9286899B81698DC58F4994C5816A2E6A7464>

<5461726F2D97988DAA9286899B81698DC58F4994C5816A2E6A7464> とねちゆうおう 事 業 名 国 営 かんがい 排 水 事 業 地 区 名 利 根 中 央 県 名 埼 玉 県 関 係 市 町 村 か ぞ し か ぞ し きたさいだまぐん お お と ね ま ち か す か べ し か す か べ し きたかつしかぐんしようわ 加 須 市 ( 旧 加 須 市 北 埼 玉 郡 大 利 根 町 ) 春 日 部 市 ( 旧 春 日 部 市 北 葛 飾 郡 庄 和 まち はにゆうし

More information

Taro-資料-6-3_土地改良事業効果

Taro-資料-6-3_土地改良事業効果 愛 知 用 水 二 期 地 区 の 事 業 の 効 用 に 関 する 説 明 資 料 1. 地 区 の 概 要 1 関 係 市 町 村 : 岐 阜 県 可 児 市 可 児 郡 御 嵩 町 愛 知 県 犬 山 市 小 牧 市 春 日 井 市 瀬 戸 市 名 古 屋 市 尾 張 旭 市 日 進 市 豊 田 市 豊 明 市 刈 谷 市 大 府 市 東 海 市 知 多 市 半 田 市 常 滑 市 みよし 市

More information

イ 関 連 事 業 の 進 捗 状 況 ( 完 了 ) 国 営 かんがい 排 水 事 業 霞 ヶ 浦 用 水 一 期 地 区 ( 平 成 4 年 度 ) 国 営 かんがい 排 水 事 業 霞 ヶ 浦 用 水 二 期 地 区 ( 平 成 20 年 度 ) 水 資 源 開 発 公 団 霞 ヶ 浦 用 水

イ 関 連 事 業 の 進 捗 状 況 ( 完 了 ) 国 営 かんがい 排 水 事 業 霞 ヶ 浦 用 水 一 期 地 区 ( 平 成 4 年 度 ) 国 営 かんがい 排 水 事 業 霞 ヶ 浦 用 水 二 期 地 区 ( 平 成 20 年 度 ) 水 資 源 開 発 公 団 霞 ヶ 浦 用 水 農 業 農 村 整 備 事 業 等 再 評 価 地 区 別 資 料 別 紙 様 式 1 局 名 関 東 農 政 局 ちく せい し しも つま し 筑 西 市 下 妻 市 つく し ばんどうし じようそうし 都 道 府 県 名 茨 城 県 関 係 市 町 村 名 ば 市 坂 東 市 常 総 市 ゆう き し や ち よ まち かさ ま し 結 城 市 八 千 代 町 笠 間 市 さくらがわ し こ

More information

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74>

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74> 資 料 2 かんがい 排 水 事 業 南 酒 出 地 区 1. 第 二 次 評 価 対 象 地 区 となった 要 因 ウ-1 工 期 の 著 しい 変 更 計 画 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 16 年 度 実 施 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 23 年 度 完 成 予 定 : 平 成 23 年 度 平 成 20 年 度 までの 進 捗 率 ( 事 業 費 ベース):94.7%

More information

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方 資 料 5 水 力 発 電 設 備 についての 検 討 に 係 る 考 え 方 平 成 26 年 2 月 18 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 - 目 次 - Ⅰ. 検 討 範 囲 3 Ⅱ. 水 力 設 備 に 関 する 検 討 項 目 4 Ⅲ.L2 地 震 動 に 対 するダムの 耐 性 評 価 5 Ⅳ. 洪 水 に 対 するダムの 耐 性 評 価 8 Ⅴ. 大 規 模

More information

事 名 事 型 事 箇 所 名 経 営 体 育 成 型 第 一 湯 前 事 実 施 主 体 関 係 市 村 球 磨 郡 湯 前 の 事 内 容 用 水 路 工 L=5,400m 暗 渠 排 水 工 L=0.ha 工 期 の 総 事 費 H7 ~ H9 50,000 経 営 体 育 成 型 川 登 荒

事 名 事 型 事 箇 所 名 経 営 体 育 成 型 第 一 湯 前 事 実 施 主 体 関 係 市 村 球 磨 郡 湯 前 の 事 内 容 用 水 路 工 L=5,400m 暗 渠 排 水 工 L=0.ha 工 期 の 総 事 費 H7 ~ H9 50,000 経 営 体 育 成 型 川 登 荒 別 記 参 考 様 式 第 号 計 画 の 名 称 農 山 漁 村 地 域 整 備 計 画 ( 期 ) 計 画 策 定 主 体 対 象 市 村 計 画 の 期 間 計 画 の 目 標 農 山 漁 村 地 域 整 備 計 画 八 代 市 人 吉 市 荒 尾 市 水 俣 市 玉 名 市 天 草 市 山 鹿 市 菊 池 市 宇 土 市 上 天 草 市 宇 城 市 阿 蘇 市 合 志 市 美 里 玉 東 南

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2048323591E63689F190E096BE8E9197BF8169899389EA90EC8FB08FE3816A3134303231348F4390B32E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2048323591E63689F190E096BE8E9197BF8169899389EA90EC8FB08FE3816A3134303231348F4390B32E70707478> 平 成 25 年 度 第 6 回 九 州 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 遠 賀 川 床 上 浸 水 対 策 特 別 緊 急 事 業 ( 飯 塚 穂 波 地 区 ) 事 後 評 価 1 事 業 完 了 後 5 年 以 内 の 事 業 2 審 議 結 果 を 踏 まえ 事 後 評 価 の 実 施 主 体 が 改 めて 事 後 評 価 を 行 う 必 要 があると 判 断 した

More information

第 4 小 水 力 等 発 電 導 入 について 1 県 全 体 の 発 電 導 入 の 取 組 の 考 え 方 (1) 導 入 可 能 性 調 査 県 は 農 業 水 利 施 設 管 理 者 である 土 地 改 良 区 等 ( 以 下 施 設 管 理 者 という ) から 発 電 設 備 導 入

第 4 小 水 力 等 発 電 導 入 について 1 県 全 体 の 発 電 導 入 の 取 組 の 考 え 方 (1) 導 入 可 能 性 調 査 県 は 農 業 水 利 施 設 管 理 者 である 土 地 改 良 区 等 ( 以 下 施 設 管 理 者 という ) から 発 電 設 備 導 入 秋 田 県 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 マスタープラン 第 1 策 定 の 趣 旨 このマスタープランは 秋 田 県 における 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 設 備 の 計 画 的 な 設 置 を 推 進 するため 発 電 設 備 の 導 入 可 能 性 が 高 い 農 業 水 利 施 設 への 設 備 設 置 に 必 要 な

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378>

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378> 実 績 一 覧 表 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 迄 1 1 日 南 土 木 事 務 所 道 路 維 持 工 事 平 成 26 年 度 防 地 橋 補 第 17-38-02-1 号 日 南 高 岡 線 益 安 橋 橋 梁 補 修 工 事 2 日 南 土 木 事 務 所 公 園 工 事 平 成 25 年 度 ダム 管 理 第 11-2-2 号 広

More information

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477>

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477> 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 の 変 更 について 1 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 とは 平 成 28 年 2 月 4 日 ( 木 ) 熊 本 県 農 村 計 画 課 土 地 改 良 指 導 班 土 地 改 良 法 の 中 には 実 は 維 持 管 理 計 画 という 表 記 はありません 土 地 改 良 法 第 7 条 第 1 項 などに 登 場 する 土 地

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8> 東 大 谷 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 第 1 河 川 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 1 1 河 川 及 び 流 域 の 現 状 1 (1) 河 川 及 び 流 域 の 概 要 1 (2) 治 水 事 業 の 沿 革 と 現 状 1 (3) 河 川 の 利 用 及 び 住 民 との 関 わり 2 (4)

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農 国 営 かんがい 排 水 事 業 石 垣 島 地 区 事 業 の 概 要 本 事 業 は 沖 縄 本 島 から 南 西 約 400kmにある 石 垣 島 に 位 置 する 石 垣 市 の4,338haの 農 業 地 帯 において 農 業 用 水 の 安 定 供 給 を 図 るため 農 業 水 利 施 設 の 改 修 整 備 を 行 うものである 事 業 の 目 的 必 要 性 本 地 区 は さとうきびを

More information

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6 甲 66 号 証 国 土 交 通 省 のホームページより 入 手 した 近 隣 の 各 水 系 の 主 要 洪 水 の 概 要 ( 富 山 県 ) 黒 部 川 常 願 寺 川 神 通 川 小 矢 部 川 ( 石 川 県 ) 梯 川 手 取 川 北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概

More information

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び 平 成 27 年 度 業 務 概 要 県 北 広 域 振 興 局 土 木 部 二 戸 土 木 センター 二 戸 市 浄 法 寺 町 天 台 寺 軽 米 町 フォリストパーク 二 戸 市 馬 仙 峡 九 戸 村 折 爪 五 滝 一 戸 町 御 所 野 縄 文 公 園 管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青

More information

第 70 回 奈 良 県 河 川 整 備 委 員 会 (H ) 資 料 2-1 大 和 川 ( 初 瀬 川 ) 河 川 改 修 事 業 再 評 価 平 成 26 年 12 月 県 土 マネジメント 部

第 70 回 奈 良 県 河 川 整 備 委 員 会 (H ) 資 料 2-1 大 和 川 ( 初 瀬 川 ) 河 川 改 修 事 業 再 評 価 平 成 26 年 12 月 県 土 マネジメント 部 事 事 業 業 評 価 項 目 大 和 覧 川 表 名 一 級 河 ( 川 初 瀬 大 やまと 川 和 ) 川 河 ( 川 初 はせ 改 瀬 修 川 事 ) 業 事 業 箇 主 所 体 奈 桜 良 さくらいし 井 県 市 おおいずみ 大 泉 地 内 ~ 三 みわ 河 川 の 概 と 事 業 の 目 的 及 び 必 要 性 評 価 項 目 及 び 評 価 の 内 容 輪 地 内 河 川 の 概 要 流

More information

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会 策 定 年 度 策 定 地 域 平 成 21 年 度 琴 平 町 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 ビジョン 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 推 進 協 議 会 目 次 1. 地 域 水 田 農 業 の 改 革 の 基 本 的 な 方 向 について 1) 地 域 水 田 農 業 の 特 性 について 1 2) 作 物 振 興 及 び 水 田 利 用 の 将 来 方 向 1 1 地 域 の 水

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

平成14年度

平成14年度 村 上 農 業 振 興 地 域 整 備 計 画 書 平 成 23 年 9 月 新 潟 県 村 上 市 目 第 1 農 用 地 利 用 計 画 1 1 土 地 利 用 区 分 の 方 向 1 (1) 土 地 利 用 の 方 向 1 ア. 土 地 利 用 の 構 想 1 イ. 農 用 地 区 域 の 設 定 方 針 2 (2) 農 業 上 の 土 地 利 用 の 方 向 5 ア. 農 用 地 等 利 用

More information

Microsoft PowerPoint - 100302_第1回委員会資料ver16.ppt

Microsoft PowerPoint - 100302_第1回委員会資料ver16.ppt 第 1 回 委 員 会 資 料 -5 桂 川 下 流 圏 域 河 川 整 備 計 画 検 討 委 員 会 第 1 回 資 料 ( 河 川 及 び 圏 域 の 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 3 日 有 栖 川 ( 大 覚 寺 付 近 ) 京 都 府 建 設 交 通 部 河 川 課 京 都 土 木 事 務 所 乙 訓 土 木 事 務 所 目 次 瀬 戸 川 起 点 付 近 小 泉 川 有 栖 川

More information

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17 資 料 2 北 海 道 における 農 業 農 村 整 備 の 概 況 等 について 平 成 27 年 11 月 13 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

資 料 -6 平 成 20 年 度 第 2 回 北 陸 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 特 定 構 造 物 改 築 事 業 事 後 評 価 説 明 資 料 平 成 20 年 11 月 北 陸 地 方 整 備 局 -0-

資 料 -6 平 成 20 年 度 第 2 回 北 陸 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 特 定 構 造 物 改 築 事 業 事 後 評 価 説 明 資 料 平 成 20 年 11 月 北 陸 地 方 整 備 局 -0- 平 成 20 年 度 事 後 評 価 対 象 事 業 の 概 要 事 業 名 特 定 構 造 物 改 築 事 業 ( ) 事 業 区 分 河 川 事 業 事 業 箇 所 新 潟 県 三 条 市 須 頃 地 先 事 業 採 択 平 成 9 年 度 都 市 計 画 決 定 - 用 地 着 手 - 工 事 着 手 平 成 9 年 度 完 成 に 至 る 経 緯 平 成 9 年 度 特 定 構 造 物 改

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道 新 規 / 継 続 継 続 管 渠 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 管 理 課 (0)934-963 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 不 管 渠 下 水 道 法 要 綱 等 5-6 下 水 道 整 備 個 別 計 画 下 水 道 中 期 ビジョン あかし 下 水 道 計 画 ガイド 委 託 指 定 管 理

More information

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B>

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B> 農 業 者 用 中 山 間 地 域 等 直 接 支 払 交 付 金 集 落 協 定 書 等 の 書 き 方 記 入 マニュアル 平 成 25 年 5 月 16 日 < 集 落 協 定 を 申 請 する 場 合 > 参 考 様 式 第 6 号 共 通 の 申 請 書 ( 記 入 例 ) 番 号 年 月 日 市 町 村 長 殿 集 落 協 定 代 表 者 氏 名 印 中 山 間 地 域 等 直 接 支

More information

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 の 導 入 促 進 について 平 成 25 年 10 月 3 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 農 業 水 産 部 農 業 振 興 課 目 次 1. 小 水 力 等 発 電 導 入 の 状 況 について 2. 制 度 手 続 き 規 制 緩 和 について 3. 農 業 農 村 整 備 事 業 等 における 助 成 制 度

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

平 成 27 年 度 当 初 秋 田 県 における 画 総 括 表 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 負 担 基 本 額 河 川 関 係 8,260,818 1,557,706 道 路 関 係 14,869,000 3,446,200 公 園 関 係 港 湾 関 係 2,477, ,1

平 成 27 年 度 当 初 秋 田 県 における 画 総 括 表 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 負 担 基 本 額 河 川 関 係 8,260,818 1,557,706 道 路 関 係 14,869,000 3,446,200 公 園 関 係 港 湾 関 係 2,477, ,1 平 成 27 年 度 当 初 秋 田 県 における 画 総 括 表 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 負 担 基 本 額 河 川 関 係 8,260,818 1,557,706 道 路 関 係 14,869,000 3,446,200 公 園 関 係 港 湾 関 係 2,477,000 842,180 空 港 関 係 合 25,606,818 5,846,086 ( 注 ) 端 数 処 理 の 関

More information

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 -

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 - 第 6 章 河 川 海 岸 第 1 節 河 川 海 岸 の 概 要 秋 田 県 を 流 れる 河 川 は 雄 物 川 米 代 川 子 吉 川 の 一 級 水 系 302 河 川 馬 場 目 川 などの 二 級 水 系 51 河 川 で 合 計 353 河 川 となっており 総 延 長 は3,189kmに 及 んでいます また 海 岸 については 総 延 長 264kmのうち 国 土 交 通 省 で169kmを

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91BA8E528E7389BA908593B983768389839332303039816983708375838A8362834E835283818393836788C4816A3039313132372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91BA8E528E7389BA908593B983768389839332303039816983708375838A8362834E835283818393836788C4816A3039313132372E646F63> 東 村 山 市 下 水 道 プラン2009 安 全 で 良 好 な 水 環 境 を 目 指 して ( 空 堀 川 ) ( 前 川 ) 東 村 山 市 2009 第 2 章 東 村 山 市 の 下 水 道 の 今 2.2 下 水 道 事 業 の 概 要 一 方 荒 川 右 岸 東 京 流 域 下 水 道 荒 川 右 岸 処 理 区 については 本 市 の 大 部 分 の 他 東 大 和 市

More information

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地 阿 賀 野 水 系 河 整 備 基 本 方 針 の 骨 子 1. 河 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 (1) 流 域 及 び 河 の 概 要 ( 概 要 ) 水 源 から 河 口 までの 概 要 河 流 路 延 長 流 域 面 積 流 域 の 土 地 利 用 本 州 日 本 海 側 初 の 政 令 指 定 都 市 である 新 潟 市 や 福 島 県 の 地 方

More information

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について ( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 9 月 あ き る 野 市 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について( 中 間 報 告 ) 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 中 間 報 告 1 定 住 促 進 について 1 (1) 今 後 の 人 口 推 移 について 1 図 1: 後 期 基 本 計 画 による 人

More information

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計 名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 方 針 1 被 災 した 都 市 基 盤 施 設 を 早 期 に 復 旧 するとともに 防 災 機 能 向 上 のために 必 要 な 整 備 を 行 います 施 策 ア 道 路 河 川 港 湾 施 設 などを 復 旧 します 1 道 路 復 旧 被 災 した 道 路 の 復 旧 主 要 地 方 道 大 船 渡 綾 里 三 陸 線 主 要 地 方 道 大 船

More information

指 標 担 い 手 数 ( 認 定 農 業 者 数 + 集 落 営 農 組 織 数 ) 経 営 体 基 準 値 H 4 (H9) H4 H5 H,,5 農 水 産 業 の 担 い 手 育 や 生 産 性 の 向 上 を 図 ります 新 廃 担 い 手 育 事 業 事 業 名 事 業 所 管 課 農

指 標 担 い 手 数 ( 認 定 農 業 者 数 + 集 落 営 農 組 織 数 ) 経 営 体 基 準 値 H 4 (H9) H4 H5 H,,5 農 水 産 業 の 担 い 手 育 や 生 産 性 の 向 上 を 図 ります 新 廃 担 い 手 育 事 業 事 業 名 事 業 所 管 課 農 第 6 次 総 合 計 実 施 計 施 策 シト(~) ( 様 式 ) 政 策 名 第 7 章 地 域 の 活 力 をつくりだす 産 業 経 済 の 振 興 施 策 名 第 節 農 水 産 業 の 振 興 施 策 の 目 標 良 質 な 農 水 産 物 の 提 供 と 農 水 産 業 の 持 続 的 発 展 を 図 る 事 業 費 ( : 千 円 ) 事 業 数 細 事 業 数 予 算 額 合 計

More information

◆安全と安心

◆安全と安心 第 6 章 地 域 別 の 環 境 配 慮 宇 土 市 を 分 割 した7 地 区 について,それぞれの 特 性 を 踏 まえた 計 画 の 方 向 性 について, 地 域 別 の 環 境 配 慮 指 針 として 明 らかにします なお, 地 区 区 分 は 上 位 計 画 である 宇 土 市 総 合 計 画 や 関 連 計 画 である 宇 土 市 都 市 計 画 マス タープラン * の 考 え

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B7697E790EC90AE94F58C7689E65F8CF68D90816A2E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B7697E790EC90AE94F58C7689E65F8CF68D90816A2E444F43> 久 礼 川 水 系 河 川 整 備 計 画 平 成 24 年 2 月 高 知 県 目 次 1. 流 域 および 河 川 の 概 要 1 2. 久 礼 川 の 現 状 と 課 題 3 2.1 治 水 の 現 状 と 課 題 3 2.2 河 川 の 適 正 な 利 用 及 び 流 水 の 正 常 な 機 能 の 現 状 と 課 題 6 2.3 河 川 環 境 の 現 状 と 課 題 7 3. 河 川 整

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5>

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5> 0 序 章 計 画 基 本 的 事 項 1. 計 画 目 的 基 本 計 画 は 都 地 法 第 4 条 に 町 村 地 適 正 な 保 全 及 び 化 推 進 に 関 する 基 本 計 画 として 規 定 されており とオープンスペースに 関 する 総 合 的 な 計 画 です 戸 田 では 地 もつ 様 々な 機 能 を 踏 まえつつ 確 保 整 備 や 化 民 間 参 加 協 力 等 促 進

More information

❶ 基 幹 施 設 の 整 備 拡 充 (つづき) 流 杉 高 区 配 水 ブロック( 古 沢 配 水 区 )の 増 強 を 図 るため 呉 羽 地 区 に 新 たな 送 配 水 ルートの 新 設 (1,340m)と 容 量 4,000m3の 配 水 池 を 築 造 し 呉 羽 地 区 への 安 定

❶ 基 幹 施 設 の 整 備 拡 充 (つづき) 流 杉 高 区 配 水 ブロック( 古 沢 配 水 区 )の 増 強 を 図 るため 呉 羽 地 区 に 新 たな 送 配 水 ルートの 新 設 (1,340m)と 容 量 4,000m3の 配 水 池 を 築 造 し 呉 羽 地 区 への 安 定 1 中 長 期 事 業 における 主 要 事 業 5つの 経 営 方 針 に 基 づく 各 種 施 策 を 着 実 に 推 進 していくため 中 長 期 事 業 を 策 定 しました 中 長 期 事 業 における 主 要 事 業 の 実 績 及 び 今 後 の は 次 のとおりです 水 道 事 業 ❶ 基 幹 施 設 の 整 備 拡 充 新 流 杉 浄 水 場 ( 現 施 設 能 力 100,000m3

More information

計 19,931

計 19,931 事 業 番 号 復 興 庁 :94 農 林 水 産 省 :0423 平 成 24 年 行 政 事 業 レビューシート ( 復 興 庁 農 林 水 産 省 ) 事 業 名 農 地 農 業 用 施 設 等 の 復 興 関 連 事 業 担 当 部 局 庁 作 成 責 任 者 事 業 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 平 成 23 年 度 ~ 担 当 課 室 会 計 区 分 一 般 会 計 東 日 本

More information

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭 県 移 22-1 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 一 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 16~17 4-1 一 覧 表 有 県 移 22-2 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 二 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 18~28 5-1 一 覧 表 有 県 移 22-3 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台

More information

総務部元気宣言

総務部元気宣言 福 井 新 々 元 気 宣 言 推 進 に 関 する 政 策 合 意 私 は 知 事 の 政 策 スタッフとして 福 井 県 民 の 将 来 ビジョン に 基 づき 福 井 新 々 元 気 宣 言 の 元 気 な 産 業 元 気 な 社 会 元 気 な 県 土 元 気 な 県 政 に 掲 げられた 政 策 等 を 実 現 するため 県 民 の 理 解 と 参 加 を 得 な がら 責 任 を 持 って

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

二級河川朝明川水系河川整備基本方針(案)

二級河川朝明川水系河川整備基本方針(案) 2. 河 川 の 現 状 と 課 題 2.1 治 水 の 現 状 と 課 題 2.1.1 過 去 の 主 要 な 洪 水 の 概 要 い せ の 流 域 及 びその 近 傍 で 発 生 した 主 要 な 洪 水 被 害 としては 1959 年 ( 昭 和 34 年 )の 伊 勢 わんたいふう 湾 台 風 時 に 流 域 を 含 む 広 い 範 囲 で 高 潮 被 害 が 発 生 した 1974 年

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

○○地域農業再生協議会水田フル活用ビジョン

○○地域農業再生協議会水田フル活用ビジョン 河 北 町 農 業 再 生 協 議 会 水 田 フル 活 用 ビジョン 1 地 域 の 作 物 作 付 の 現 状 地 域 が 抱 える 課 題 本 町 の 農 業 は 風 水 害 の 自 然 災 害 が 比 較 的 少 なく 肥 沃 で 恵 まれた 土 地 条 件 のもと 水 稲 を 基 幹 作 物 とし さくらんぼなどの 果 樹 野 菜 花 き 等 の 園 芸 作 物 を 組 み 合 わせた 複

More information

資料2-1

資料2-1 下 水 道 と 合 併 処 理 浄 化 槽 の 連 携 事 例 資 料 2-1 平 成 18 年 (2006 年 )1 月 31 日 広 島 市 Ⅰ 市 街 化 区 域 外 の 生 活 排 水 処 理 に 係 る 整 備 方 針 について 1 衛 生 的 で 快 適 な 生 活 環 境 の 実 現 と 良 好 な 水 環 境 の 保 全 を 図 るため 遅 れてい る 市 街 化 区 域 外 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63> 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 京 都 府 監 査 委 員 20 監 第 202 号 平 成 20 年 9 月 2 日 京 都 府 知 事 山 田 啓 二 様 京 都 府 監 査 委 員 田 坂 幾 太 同 小 巻 實 司 同 道 林 邦 彦 同 村 山 佳 也 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 の 決 算 審 査 について

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 第 5 章 地 震 保 険 の 実 務 的 な 課 題 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン 個 人 商 品 業 務 部 個 人 火 災 グループ 吉 田 彰 要 旨 地 震 保 険 制 度 は 1966 年 の 地 震 保 険 に 関 する 法 律 の 制 定 を 受 けて 政 府 と 民 間 の 損 害 保 険 会 社 が 共 同 で 運 営 する 制 度 として 発 足 した 地 震 保

More information

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2 JAいわき 市 の 地 域 農 業 への 支 援 対 応 その 2 福 島 県 JA 系 統 機 関 の 原 発 被 害 への 取 組 みレポート 2012.10.05 農 林 中 金 総 合 研 究 所 理 事 研 究 員 渡 部 喜 智 福 島 県 いわき 市 ( 以 下 同 市 )を 管 内 とするJAいわき 市 ( 以 下 同 JA )が 東 日 本 震 災 と 福 島 第 一 原 子 力

More information

気 象 状 況 8 月 9 日 から11 日 にかけては 大 型 の 台 風 第 11 号 が 接 近 し 岐 阜 県 の 山 間 部 を 中 心 に 非 常 に 激 しい 降 雨 をもたらしました 8 月 8 日 の 降 り 始 めからの 降 水 量 (11 日 12 時 迄 )は 杉 原 観 測

気 象 状 況 8 月 9 日 から11 日 にかけては 大 型 の 台 風 第 11 号 が 接 近 し 岐 阜 県 の 山 間 部 を 中 心 に 非 常 に 激 しい 降 雨 をもたらしました 8 月 8 日 の 降 り 始 めからの 降 水 量 (11 日 12 時 迄 )は 杉 原 観 測 速 報 版 平 成 26 年 8 月 27 日 平 成 26 年 8 月 9 日 ~11 日 台 風 第 11 号 による 揖 斐 及 び 長 良 流 域 の 出 水 状 況 ( 第 2 報 ) 揖 斐 揖 斐 の 出 水 状 況 (8 月 10 日 19 時 頃 ) 揖 斐 大 橋 付 近 ( 岐 阜 県 大 垣 市 ) 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 木 曽 上 流 河 事 務

More information

国営農地開発事業の概要

国営農地開発事業の概要 Ⅲ 大 邑 地 区 の 概 要 1 地 区 の 概 要 本 地 区 は 島 根 県 のほぼ 中 央 部 に 位 置 する 大 田 市 及 び 邑 智 郡 美 郷 町 にあり 東 には 標 高 1,126m の 三 瓶 山 西 に 808m の 大 江 高 山 があって これを 主 峰 とする 連 山 に 囲 まれていることから 平 担 地 に 乏 しく 全 体 の 80%が 山 林 原 野 で 耕

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2 第 3 回 [ミネラルウォーターに 関 する 税 ] 検 討 会 2005.11.15 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 森 林 と 地 下 水 の 関 係 を 中 心 に 東 京 農 業 大 学 太 田 猛 彦 1 森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63> ( 別 紙 2) 再 評 価 調 書 ( 案 ) Ⅰ 概 要 名 床 上 浸 水 対 策 特 別 緊 急 地 区 名 一 級 河 川 箇 所 岡 崎 市 西 尾 市 幸 田 町 あ らまし は 幸 田 町 桐 山 を 源 とし 右 支 川 である 等 を 合 流 させ 岡 崎 市 市 街 地 を 貫 流 し て 矢 作 古 川 に 注 ぐ 流 域 面 積 約 101km 2 河 川 延 長 約 19km

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc 三 島 市 住 宅 マスタープラン 2 章 主 要 課 題 と 施 策 の 方 向 性 住 宅 に 関 する 現 況 データ 将 来 の 需 要 関 連 計 画 を 踏 まえて 住 生 活 に 関 する 主 要 課 題 を 以 下 の ように 整 理 した 2-1 人 口 世 帯 の 現 状 と 課 題 現 状 人 口 は 横 ばいから 減 少 傾 向 へ 移 る 一 方 核 家 族 化 により 平

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有

仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 について 1. 都 市 計 画 の 目 標 (1) 基 本 的 事 項 (2) 都 市 づくりの 基 本 理 念 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 都 市 計 画 法 第 6 条 の 2 に 規 定 する 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 案 ) 序. 仙 南 広 域 都 市 計 画 区 域

More information

昭 和 32 年 8 月 佐 原 - 東 金 間 通 水 式 線 用 水 路 や 末 端 ほ 場 の 整 備 により 九 十 九 里 一 帯 の 水 田 地 帯 は 安 定 水 源 の 確 保 と 内 水 排 除 が 進 み 後 の 早 期 栽 培 技 術 の 導 入 を 待 たずに 着 工 前 の

昭 和 32 年 8 月 佐 原 - 東 金 間 通 水 式 線 用 水 路 や 末 端 ほ 場 の 整 備 により 九 十 九 里 一 帯 の 水 田 地 帯 は 安 定 水 源 の 確 保 と 内 水 排 除 が 進 み 後 の 早 期 栽 培 技 術 の 導 入 を 待 たずに 着 工 前 の 連 載 房 総 半 島 を 潤 す 利 根 川 の 水 第 1 回 両 総 用 水 と 共 に 歩 む 房 総 導 水 路 写 真 : 第 一 揚 水 機 場 ( 千 葉 県 香 取 市 ) 両 総 土 地 改 良 区 技 術 顧 問 池 田 寿 夫 1. 両 総 用 水 事 業 の 概 要 平 成 5 年 度 に 着 工 し20 年 余 の 歳 月 と 総 事 業 費 1,070 億 円 を 要

More information

新農中政第号

新農中政第号 平 成 25 年 分 の 農 業 所 得 計 算 上 の 留 意 事 項 平 成 2 6 年 1 月 JA 新 潟 中 央 会 この 資 料 の 仕 訳 例 の 科 目 のあとの( )は 消 費 税 の 取 扱 いを 示 す 課 : 課 税 不 : 不 課 税 非 : 非 課 税?: 個 別 内 容 により 判 断 1. 米 の 仮 渡 金 の 入 金 共 計 における 精 算 払 いの 処 理 (1)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

3 / 5 1

3 / 5 1 第 3 回 埼 玉 県 道 路 メンテナンス 会 議 日 時 : 平 成 27 年 1 月 13 日 ( 火 ) 13:30~15:30 場 所 : 国 土 交 通 省 関 東 地 方 整 備 局 5 階 大 研 修 室 5A 議 事 次 第 1. 開 会 2. 挨 拶 3. 議 事 (1)これまでの 動 き 資 料 -1 (2) 道 路 インフラの 老 朽 化 対 策 に 関 するアンケート 追

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73>

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73> 社 会 資 本 総 合 整 備 計 画 ( 特 定 計 画 ) 地 域 住 宅 計 画 ( 第 11 回 変 更 ) せ ん だ い ち い き 仙 台 地 域 せんだい 平 成 24 年 1 月 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 仙 台 地 域 都 道 府 県 名 宮 城 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 平 成 17 年 度 ~ 24 年 度 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

三浦市地域防災計画

三浦市地域防災計画 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 ( 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 ) 新 旧 対 照 表 平 成 25 年 度 平 成 25 年 度 修 正 三 浦 市 防 災 会 議 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 目 次 第 1 編 風 水 害 等 災 害 対 策 の 計 画 的 推 進 1 第 1 章 計 画 の 目 的 及 び 性 格 1 第

More information

高速道路の有効活用に関する個人向けアンケート調査について

高速道路の有効活用に関する個人向けアンケート調査について 高 速 道 路 の 有 効 活 用 に 関 する 個 人 向 け アンケート 調 査 について 高 速 道 路 は, 平 常 時 は 人 流 物 流 を 支 える 大 動 脈 として, 緊 急 時 は 被 災 地 への 救 援 物 資 の 輸 送 などを 支 える 命 の 道 として, 経 済 の 活 性 化 のみならず, 国 民 の 安 全 安 心 を 守 るインフラであり,その 機 能 を 最

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

平 成 28 年 度 6 月 補 正 予 算 ( 単 位 : 千 円 ) 会 計 名 補 正 前 の 額 補 正 額 計 前 年 同 期 比 一 般 会 計 ( 第 2 号 ) 61,356,500 2,795,700 64,152, % 特 別 会 計 37,987,145 14,9

平 成 28 年 度 6 月 補 正 予 算 ( 単 位 : 千 円 ) 会 計 名 補 正 前 の 額 補 正 額 計 前 年 同 期 比 一 般 会 計 ( 第 2 号 ) 61,356,500 2,795,700 64,152, % 特 別 会 計 37,987,145 14,9 平 成 28 年 度 6 月 補 正 予 算 の 概 要 八 代 市 平 成 28 年 度 6 月 補 正 予 算 ( 単 位 : 千 円 ) 会 計 名 補 正 前 の 額 補 正 額 計 前 年 同 期 比 一 般 会 計 ( 第 2 号 ) 61,356,500 2,795,700 64,152,200 11.5% 特 別 会 計 37,987,145 14,932 38,002,077 3.6%

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

市街化調整区域の保全と活用の方針

市街化調整区域の保全と活用の方針 市 街 化 調 整 区 域 の 保 全 と 活 用 の 方 針 ( 平 成 18 年 3 月 29 日 市 長 決 裁 ) ( 平 成 22 年 11 月 22 日 最 終 改 正 ) Ⅰ 方 針 策 定 にあたって 2 1 方 針 策 定 の 背 景 2 2 目 的 と 位 置 づけ 4 Ⅱ 札 幌 市 都 市 計 画 マスタープランにおける 基 本 方 針 5 1 市 街 地 の 範 囲 5 2

More information

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 平 成 28 年 7 月 26 日 一 般 社 団 法 人 プレハブ 建 築 協 会 会 長 樋 口 武 男 平 成 28 年 度 補 正 予 算 並 びに 平 成 29 年 度 住 宅 関 連 税 制 及 び 予 算 制 度 改 正 要 望 昨 年 政 府 は 新 三 本 の 矢 として 希 望 を 生 み 出 す 経 済 夢 をつなぐ 子 育 て 支

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

Microsoft Word - 271201答申最終

Microsoft Word - 271201答申最終 なお 立 体 交 差 工 事 の 実 施 にあたっては 交 通 を 確 保 しながらの 施 工 となるため 十 分 安 全 に 配 慮 するとともに 路 線 の 重 要 性 に 鑑 み 早 期 完 成 に 努 められたい また 盛 土 区 間 の 法 面 緑 化 など 緑 の 確 保 にも 配 慮 されたい 海 岸 港 湾 事 業 (2) 福 良 港 海 岸 福 良 地 区 ( 南 あわじ 市 )

More information

2. 普 及 啓 発 (1)パンフレット CATV ホームページを 活 用 した 普 及 啓 発 (2) 耐 震 関 連 イベントの 開 催 (3) 地 域 危 険 度 マップの 公 表 (4) 不 動 産 取 引 に 伴 う 耐 震 診 断 に 関 する 説 明 義 務 の 周 知 (5) 耐 震

2. 普 及 啓 発 (1)パンフレット CATV ホームページを 活 用 した 普 及 啓 発 (2) 耐 震 関 連 イベントの 開 催 (3) 地 域 危 険 度 マップの 公 表 (4) 不 動 産 取 引 に 伴 う 耐 震 診 断 に 関 する 説 明 義 務 の 周 知 (5) 耐 震 第 3 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 施 策 1. 基 本 的 な 取 組 方 針 建 築 物 の 耐 震 化 は 自 助 共 助 公 助 の 原 則 を 踏 まえ その 所 有 者 ( 以 下 建 物 所 有 者 という )によって 行 われることを 基 本 とします 区 は 耐 震 化 について 幅 広 い 情 報 提 供 を 行 うとともに 国 や

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有 効 活 用 (3) 県 有

目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有 効 活 用 (3) 県 有 山 形 県 県 有 財 産 総 合 管 理 (ファシリティマネジメント) 基 本 方 針 平 成 26 年 12 月 山 形 県 目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

中山間地域ってなあに?

中山間地域ってなあに? 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 発 電 等 発 電 施 設 導 入 のポイント 農 村 振 興 課 環 境 対 策 担 当 平 成 27 年 3 月 6 日 目 次 1 農 業 農 村 の 概 況 1 2 再 生 可 能 エネルギーの 利 用 可 能 量 2 3 農 村 地 域 における 太 陽 光 発 電 の 手 引 ( 抜 粋 ) 5 4 農 業 用 水 を 活 用 した

More information

山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展 を 図 ること

山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展 を 図 ること 山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 のあらまし 平 成 27 年 6 月 農 林 水 産 省 山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展

More information

Taro-8671.jtd

Taro-8671.jtd 平 成 21 年 3 23 日 報 8671 章 平 成 21 年 3 23 日 8671 目 ページ 財 部 正 計 課 2 告 示 監 視 伝 染 病 検 査 命 令 畜 産 課 3 4 家 畜 注 射 実 施 4 公 告 河 川 整 備 計 画 変 更 原 案 河 川 課 5 河 川 整 備 計 画 変 更 係 縦 覧 7 1 2 財 部 正 公 布 平 成 年 日 知 大 澤 正 明 財 部

More information

<3038937996D894EF>

<3038937996D894EF> 土 木 総 務 費 建 設 課 1. 各 種 申 請 状 況 (1) 道 路 占 用 掘 削 に 関 する 申 請 状 況 道 路 法 第 32 条 に 基 づき 道 路 工 作 物 物 件 又 は 施 設 を 設 け 継 続 して 道 路 を 使 用 する 場 合 においては 道 路 管 理 者 の 許 可 を 得 なければならない 平 成 25 年 度 における 申 請 件 数 は 次 のとおりである

More information

都市計画道路の見直しについて

都市計画道路の見直しについて 連 絡 1 都 市 計 画 区 域 の 検 討 について 1 上 越 市 の 都 市 計 画 区 域 現 在 市 内 には 上 越 都 市 計 画 区 域 柿 崎 都 市 計 画 区 域 妙 高 都 市 計 画 区 域 の 異 なる3つの 都 市 計 画 区 域 を 定 めており それぞれ 以 下 のとおり 土 地 利 用 建 築 に 関 する 開 発 規 制 内 容 が 異 なる 上 越 都 市

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

第 3 章 住 生 活 基 本 計 画 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 2. 住 まい 住 環 境 に 関 する 現 況 と 課 題 展 開 方 向 3. 住 宅 施 策 の 体 系 と 推 進 施 策 1. 町 民 への 住 まい 住 環 境 に 関 する 意 向 把 握 (1) 一 般 世 帯 向 けアンケート 調 査 結 果 住 まい 住 環 境 に

More information

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ 畜 産 経 営 の 法 人 化 - 合 同 会 社 という 新 たな 会 社 形 態 - 日 本 政 策 金 融 公 庫 農 林 水 産 事 業 本 部 情 報 戦 略 部 技 術 情 報 担 当 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information