Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "白"

Transcription

1 東 村 山 市 転 入 転 出 アンケート 調 査 報 告 書 平 成 年 月 東 村 山 市 経 営 政 策 部 都 市 マーケティング 課

2

3 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要 調 査 の 概 要 報 告 書 の 見 方 Ⅱ. 回 答 者 の 属 性 回 答 者 の 属 性 ( 転 入 者 アンケート) 回 答 者 の 属 性 ( 転 出 者 アンケート) 0 Ⅲ. 調 査 結 果 の 分 析. 調 査 結 果 のまとめ 調 査 結 果 の 概 要 () 転 入 者 アンケート () 転 出 者 アンケート 調 査 結 果 の 考 察 0 () 転 入 者 転 出 者 の 転 入 出 のきっかけについて 0 () 転 入 出 先 の 決 め 手 について. 転 入 者 アンケート 結 果 転 入 前 の 世 帯 構 成 転 入 後 の 世 帯 構 成 () 転 入 前 の 世 帯 構 成 別 転 入 後 の 子 どもの 人 数 0 転 入 後 の 子 どもの 就 学 就 労 状 況 () 転 入 後 の 住 居 形 態 別 東 村 山 市 転 入 時 の 居 住 町 名 - 転 入 前 の 住 まい( 都 道 府 県 地 方 区 分 ) - 転 入 前 の 住 まい( 市 区 町 村 ) 東 村 山 市 転 入 のきっかけ () 性 別 () 年 代 別 () 居 住 町 名 別 0 () 転 入 前 の 居 住 地 域 別 () 世 帯 構 成 の 変 化 別 () 子 どもの 有 無 別 子 どもの 就 学 就 労 状 況 別 () 転 入 後 の 住 居 形 態 別 () 住 居 形 態 の 変 化 別

4 東 村 山 市 以 外 の 検 討 有 無 0 () 年 代 別 () 転 入 前 の 居 住 地 域 別 () 子 どもの 有 無 別 子 どもの 就 学 就 労 状 況 別 () 転 入 後 の 住 居 形 態 別 住 居 形 態 の 変 化 別 () 転 入 時 の 通 勤 通 学 先 別 () 転 入 のきっかけ 別 東 村 山 市 以 外 に 検 討 した 市 区 町 村 0 転 入 先 を 探 したときの 希 望 地 域 () 年 代 別 () 転 入 前 の 居 住 地 域 別 0 () 子 どもの 有 無 別 子 どもの 就 学 就 労 状 況 別 () 転 入 後 の 住 居 形 態 別 () 住 居 形 態 の 変 化 別 () 転 入 時 の 通 勤 通 学 先 別 () 転 入 のきっかけ 別 東 村 山 市 転 入 の 決 め 手 () 性 別 () 年 代 別 () 居 住 町 名 別 () 子 どもの 有 無 別 子 どもの 就 学 就 労 状 況 別 () 転 入 先 を 探 したときの 希 望 地 域 別 東 村 山 市 の 行 政 サービスや 施 策 を 調 べたか () 年 代 別 () 子 どもの 有 無 別 子 どもの 就 学 就 労 状 況 別 () 転 入 のきっかけ 別 東 村 山 市 の 認 知 状 況 () 年 代 別 () 転 入 前 の 居 住 地 域 別 () 転 入 後 の 住 居 形 態 別 住 居 形 態 の 変 化 別 東 村 山 市 の 認 知 経 路 0 () 年 代 別 () 転 入 前 の 居 住 地 域 別 東 村 山 市 の 認 知 内 容 印 象 () 年 代 別 () 子 どもの 有 無 別 子 どもの 就 学 就 労 状 況 別 東 村 山 市 転 入 前 の 住 居 形 態 東 村 山 市 転 入 後 の 住 居 形 態 () 年 代 別 00 () 居 住 町 名 別 0 東 村 山 市 転 入 時 の 通 勤 通 学 先 0 () 性 別 年 代 別 0 () 居 住 町 名 別 0 東 村 山 市 への 提 案 意 見 要 望 など( 自 由 回 答 の 一 覧 ) 0

5 . 転 出 者 アンケート 結 果 転 出 前 の 世 帯 構 成 転 出 後 の 世 帯 構 成 () 転 出 前 の 世 帯 構 成 別 転 出 後 の 子 どもの 人 数 0 転 出 後 の 子 どもの 就 学 就 労 状 況 () 転 出 前 の 住 居 形 態 別 - 転 出 後 の 住 まい( 都 道 府 県 地 方 区 分 ) - 転 出 後 の 住 まい( 市 区 町 村 ) 東 村 山 市 内 在 住 時 の 居 住 町 東 村 山 市 転 出 のきっかけ () 性 別 () 年 代 別 () 居 住 町 名 別 0 () 転 出 後 の 居 住 地 域 別 () 世 帯 構 成 の 変 化 別 () 子 どもの 有 無 別 子 どもの 就 学 就 労 状 況 別 () 住 居 形 態 の 変 化 別 転 出 先 の 決 め 手 () 性 別 0 () 年 代 別 () 転 出 後 の 居 住 地 域 別 () 子 どもの 有 無 別 子 どもの 就 学 就 労 状 況 別 () 転 出 先 を 探 したときの 希 望 地 域 別 転 出 先 の 行 政 サービスや 施 策 を 調 べたか () 年 代 別 () 子 どもの 有 無 別 子 どもの 就 学 就 労 状 況 別 () 転 出 のきっかけ 別 0 東 村 山 市 の 検 討 有 無 () 年 代 別 () 転 出 後 の 居 住 地 域 別 () 子 どもの 有 無 別 子 どもの 就 学 就 労 状 況 別 () 転 出 後 の 住 居 形 態 別 住 居 形 態 の 変 化 別 () 転 出 時 の 通 勤 通 学 先 別 0 () 転 出 のきっかけ 別 転 出 先 を 探 したときの 希 望 地 域 () 年 代 別 () 転 出 後 の 居 住 地 域 別 () 子 どもの 有 無 別 子 どもの 就 学 就 労 状 況 別 () 転 出 時 の 通 勤 通 学 先 別 () 転 出 のきっかけ 別

6 東 村 山 市 転 出 前 の 住 居 形 態 () 年 代 別 0 () 居 住 町 名 別 東 村 山 市 転 出 後 の 住 居 形 態 東 村 山 市 転 出 後 の 通 勤 通 学 先 () 性 別 年 代 別 () 転 出 後 の 居 住 地 域 別 東 村 山 市 に 住 んで 良 かった 点 () 性 別 () 年 代 別 () 居 住 町 名 別 0 () 転 出 前 の 世 帯 構 成 別 () 子 どもの 有 無 別 子 どもの 就 学 就 労 状 況 別 () 転 居 の 検 討 有 無 別 東 村 山 市 に 住 んで 悪 かった 点 () 性 別 () 年 代 別 () 居 住 町 名 別 0 () 転 出 前 の 世 帯 構 成 別 () 子 どもの 有 無 別 子 どもの 就 学 就 労 状 況 別 () 転 居 の 検 討 有 無 別 東 村 山 市 に 住 んで 良 かった 点 と 悪 かった 点 の 比 較 東 村 山 市 への 提 案 意 見 要 望 など( 自 由 回 答 の 一 覧 )

7 Ⅰ 調 査 の 概 要

8

9 . 調 査 の 概 要. 調 査 目 的 東 村 山 市 が 転 入 促 進 策 及 び 転 出 抑 制 策 を 行 うにあたり 転 入 者 及 び 転 出 者 がどのよう な 実 態 で 移 動 しているかを その 世 帯 状 況 転 入 転 出 場 所 転 居 先 を 選 ぶ 理 由 転 居 先 を 選 ぶ 際 の 状 況 等 から 明 らかにするため 標 本 調 査 を 実 施 し 統 計 的 手 法 によって 分 析 する. 調 査 設 計 () 調 査 対 象 者 転 入 者 : 平 成 年 月 日 から 同 年 月 日 までに 東 村 山 市 外 から 市 内 へ 住 所 を 移 す 届 出 をした 歳 以 上 の 男 女 個 人 ( 市 内 福 祉 施 設 への 入 所 を 除 く) 転 出 者 : 平 成 年 月 日 から 同 年 月 日 までに 東 村 山 市 内 から 東 京 都 ( 島 しょ を 除 く) 及 び 埼 玉 県 へ 住 所 を 移 す 届 出 をした 歳 以 上 の 男 女 個 人 対 象 者 が 同 一 世 帯 であることを 避 けるため 複 数 人 数 の 世 帯 については 世 帯 主 又 は 最 も 年 齢 の 高 い 者 を 対 象 とした () 対 象 者 数 転 入 者 :,000 人 転 出 者 :,000 人 () 標 本 抽 出 上 記 調 査 対 象 者 を 住 民 基 本 台 帳 より 無 作 為 に 抽 出 ( 二 段 無 作 為 抽 出 ) () 回 答 者 数 転 入 者 : 0 人 ( 有 効 回 収 率.0%) 転 出 者 : 人 ( 有 効 回 収 率.%) () 調 査 方 法 アンケート 調 査 票 等 を 郵 送 により 配 布 回 収 () 調 査 項 目 対 象 者 の 属 性 転 入 又 は 転 出 の 理 由 転 居 先 の 選 択 理 由 転 居 前 後 の 住 宅 の 状 況 東 村 山 市 に 対 する 自 由 記 述 など 詳 細 は 後 掲 の 調 査 票 を 参 照 - -

10 () 調 査 期 間 平 成 年 月 日 ( 金 )~ 平 成 年 月 0 日 ( 火 )まで ただし 0 月 日 ( 金 ) 到 着 までの 回 収 分 を 有 効 票 として 集 計 に 加 え 分 析 を 行 った - -

11 . 報 告 書 の 見 方 () 各 項 目 のはじめに 質 問 項 目 と 共 に 示 してある 単 純 集 計 のnは 回 答 者 数 のことであ る () 質 問 に 対 する 回 答 は つの 場 合 といくつでもよい 場 合 ( 複 数 回 答 )があり 複 数 回 答 の 場 合 合 計 比 は00.0%を 超 えることがある () 百 分 比 はnを 00.0%として 算 出 し 図 表 中 では 小 数 第 位 を 四 捨 五 入 し 少 数 第 位 まで 表 示 して 示 した このため 百 分 比 の 合 計 が 00.0%に 満 たない または 上 回 る 場 合 がある 図 中 数 値 が 表 示 されてないものは 皆 無 を 示 している ()クロス 集 計 で 回 答 者 数 (n)が0 未 満 のものは 基 数 が 少 なく 誤 差 が 大 きくなるた め 本 文 では 触 れていない ただし 有 意 差 検 定 の 結 果 差 がみられたものについ はコメントをしている () 統 計 量 の 傾 向 の 有 無 について 統 計 的 有 意 性 を0%の 信 頼 度 水 準 で 有 意 差 検 定 を 行 い 原 則 的 に 有 意 である と 判 定 されたものについて 知 見 を 加 えている なお 信 頼 度 水 準 0% 以 上 で 統 計 的 に 有 意 とは 傾 向 の 有 無 について 偶 然 出 現 してい る 確 率 が 最 大 で0% 含 まれていることを 意 味 している () 標 本 誤 差 この 調 査 の 標 本 誤 差 (サンプル 誤 差 )はおよそ 下 表 のとおりである 標 本 誤 差 は 次 の 式 によって 得 られる 標 本 誤 差 の 幅 は 比 率 算 出 の 基 数 (n) 及 び 回 答 の 比 率 (P)によって 異 なる N-n P(-P) b = 標 本 誤 差 ( 単 純 無 作 為 抽 出 の 場 合 ) b= N = 母 集 団 数 N- n n = 比 率 算 出 の 基 数 (サンプル 数 ) P = 回 答 の 比 率 基 数 (n) 回 答 の 比 率 (P) 0%または 0% 前 後 0%または 0% 前 後 0%または 0% 前 後 注 ). 上 表 は N-n として 算 出 した N- 0%または 0% 前 後 0% 前 後 0 ±.% ±.% ±.% ±.% ±.% ±.% ±.% ±.% ±.% ±.% 00 ±.0% ±.0% ±.% ±.% ±0.0% 0 ±.% ±.% ±.0% ±.% ±.% 0 ±.0% ±.% ±.% ±.% ±.%. この 表 の 見 方 は 次 のとおりである ある 設 問 に 対 する 回 答 者 数 が 00 人 であり その 設 問 の 選 択 肢 に 対 する 回 答 比 率 が0.0%であった 場 合 その 回 答 比 率 の 誤 差 の 範 囲 は±.% 以 内 である - -

12

13 Ⅱ 回 答 者 の 属 性

14

15 . 回 答 者 の 属 性 ( 転 入 者 アンケート) () 性 別 基 数 : 全 体 (n=0) 男 性 女 性 不 明 % 00.0% () 年 代 基 数 : 全 体 (n=0) 0 歳 代 0 歳 代 0 歳 代 0 歳 代 0 歳 代 0 歳 代 0 歳 代 以 上 不 明 % 00.0% () 本 人 職 業 基 数 : 全 体 (n=0) 自 営 業 ( 自 由 業 を 含 む) 会 社 員 公 務 員 団 体 職 員 など ハ ート アルハ イト 派 遣 社 員 内 職 など 専 業 主 婦 専 業 主 夫 学 生 ( 予 備 校 生 を 含 む) 無 職 ( 年 金 生 活 者 を 含 む) 不 明 % 00.0% - -

16 . 回 答 者 の 属 性 ( 転 出 者 アンケート) () 性 別 基 数 : 全 体 (n=) 男 性 女 性 不 明 % 00.0% () 年 代 基 数 : 全 体 (n=) 0 歳 代 0 歳 代 0 歳 代 0 歳 代 0 歳 代 0 歳 代 0 歳 代 以 上 不 明 % 00.0% () 本 人 職 業 基 数 : 全 体 (n=) 自 営 業 ( 自 由 業 を 含 む) 会 社 員 公 務 員 団 体 職 員 など ハ ート アルハ イト 派 遣 社 員 内 職 など 専 業 主 婦 専 業 主 夫 学 生 ( 予 備 校 生 を 含 む) 無 職 ( 年 金 生 活 者 を 含 む) 不 明 % 00.0% - 0 -

17 Ⅲ 調 査 結 果 の 分 析

18

19 . 調 査 結 果 のまとめ

20

21 . 調 査 結 果 の 概 要 () 転 入 者 アンケート 転 入 者 の 性 別 は 男 性 が.% 女 性 が0.%となっており 女 性 よりも 男 性 の 割 合 が 大 きくなっている 転 入 者 の 年 齢 構 成 は 0 歳 代 が0.% 0 歳 代 が.%となっており 0~0 歳 代 だけで 全 体 の 半 数 を 超 えている 転 入 者 の 本 人 職 業 は 会 社 員 公 務 員 団 体 職 員 など が.%と 最 も 大 きくなっている 東 村 山 市 に 転 入 する 前 の 世 帯 構 成 は 単 身 が.% 世 代 ( 親 と 子 ども) が.% 夫 婦 のみ が.%となっている 東 村 山 市 に 転 入 した 後 の 世 帯 構 成 は 夫 婦 のみ と 世 代 ( 親 と 子 ども) がともに.% 単 身 が.%となっており 転 入 する 前 と 比 較 して 単 身 の 割 合 が 小 さくなり 夫 婦 のみ の 割 合 が 大 きくなっている 東 村 山 市 に 転 入 した 直 後 の 同 居 子 ども 人 数 は 同 居 していた 子 どもはいない の 割 合 が.%で 最 も 大 きく 人 が.% 人 が.%となっている なお 同 居 している 子 どもがいた 人 の 子 どもの 就 学 就 労 状 況 は 就 学 前 の 割 合 が.%で 最 も 大 きく 次 いで 社 会 人 アルバ イトなどお 勤 め 人 が.% 小 学 生 が.%となっており 小 さな 子 どもの 割 合 が 大 きくなっ ている 転 入 者 の 東 村 山 市 に 転 入 する 前 の 居 住 していた 市 区 町 村 は 所 沢 市 の 割 合 が 最 も 大 きく 小 平 市 東 久 留 米 市 清 瀬 市 など 東 村 山 市 に 隣 接 している 市 が 転 入 地 域 の 上 位 となっている 東 村 山 市 への 転 入 のきっかけは 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) が0.% 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) が.% 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) が.% と これらの 項 目 が 上 位 となっている 転 入 先 について 東 村 山 市 以 外 の 検 討 有 無 は 他 の 市 区 町 村 も 探 したが 東 村 山 市 に 決 めた の 割 合 が.%で 最 も 大 きく 次 いで 東 村 山 市 に 住 むしかなかった( 社 宅 が 東 村 山 市 にある 同 居 する 家 族 が 住 んでいる 等 ) が.% 最 初 から 東 村 山 市 に 決 めていたので 他 は 検 討 しなかった が 0.0%となっており 他 の 市 区 町 村 も 探 したが 東 村 山 市 に 決 めた と 最 初 から 東 村 山 市 に 決 め ていたので 他 は 検 討 しなかった をあわせた 自 分 の 意 思 で 東 村 山 市 に 転 入 した 人 は 全 体 の 約 割 を 占 めている なお 他 の 市 区 町 村 も 探 したが 東 村 山 市 に 決 めた と 回 答 した 人 の 東 村 山 市 以 外 に 検 討 した 市 区 町 村 についてみると 小 平 市 清 瀬 市 西 東 京 市 所 沢 市 といった 隣 接 または 近 接 している 市 が 上 位 となっている 転 入 先 を 探 したときの 希 望 地 域 は 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 が.% 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 が0.% 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 が.%と これらの 項 目 が 上 位 となっている 東 村 山 市 転 入 の 決 め 手 は 家 賃 住 宅 価 格 が.% 住 宅 の 条 件 ( 広 さ 日 当 たり 静 けさ) が.% 通 勤 通 学 時 間 が.% 最 寄 り 駅 へのアクセス が.% 配 偶 者 が 住 んでい た または 親 族 知 人 が 近 くに 住 んでいる が.% 都 心 へのアクセス が.% 買 い 物 の 利 便 性 が0.%で 上 位 を 占 めており 住 宅 事 情 の 要 素 が 最 も 多 くなっている 転 入 先 を 決 めるにあたり 東 村 山 市 の 行 政 サービスや 施 策 を 調 べたか 否 かは はい が.% いいえ が.0%となっている 転 入 する 前 における 東 村 山 市 に 対 する 認 知 状 況 は 知 っていた が.% 知 らなかった が 0.%となっており 割 弱 の 人 が 東 村 山 市 のことを 認 知 していた - -

22 東 村 山 市 の 認 知 経 路 は 以 前 市 内 または 近 隣 市 などに 住 んでいた が.% 友 人 知 人 親 族 などを 通 じて 知 った が.% 鉄 道 や 道 路 で 通 った が.% テレビやラジオで 見 聞 きし た が.%と これらの 項 目 が 上 位 となっている 東 村 山 市 の 認 知 内 容 印 象 は 東 村 山 音 頭 の 割 合 が.%で 最 も 大 きく 次 いで 八 国 山 緑 地 などの 自 然 環 境 が0.% うどん 梨 黒 焼 きそばなどの 物 産 品 が.% 菖 蒲 まつり が.% 知 っていたこと イメージ 等 ( 最 も 多 く 散 見 されたのは 志 村 けん/ 志 村 けんの 出 身 地 故 郷 ) が.%と 上 位 を 占 めている 東 村 山 市 に 転 入 する 前 の 住 居 形 態 は 民 営 の 借 家 アパート マンション が.% 持 ち 家 ( 一 戸 建 て) が.% 社 宅 寮 宿 舎 が.% 持 ち 家 (マンション) が.%と 持 ち 家 率 は 約 割 弱 となっている 一 方 転 入 後 の 住 居 形 態 は 民 営 の 借 家 アパート マンション が.% 持 ち 家 ( 新 築 一 戸 建 て) が.% 社 宅 寮 宿 舎 が0.% 持 ち 家 ( 中 古 一 戸 建 て) が0.% 持 ち 家 ( 中 古 マンション) が.% 持 ち 家 ( 新 築 マンション) が. %と 持 ち 家 率 はあわせて 約 割 強 に 留 まっている 東 村 山 市 転 入 時 の 通 勤 通 学 先 は 東 京 区 内 が0.0% 東 京 都 内 の 他 の 市 町 村 が.% 通 勤 通 学 はしていない が0.% 東 村 山 市 内 が.% 埼 玉 県 内 が.%となっており 東 京 都 心 部 は 割 を 占 めている - -

23 () 転 出 者 アンケート 転 出 者 の 性 別 は 男 性 が.% 女 性 が.%となっており 女 性 より 男 性 の 割 合 の 方 が 大 きくなっている 転 出 者 の 年 齢 構 成 は 0 歳 代 が.% 0 歳 代 が.%となっており 0~0 歳 代 だけで 全 体 の 約 割 を 占 めている 転 出 者 の 本 人 職 業 は 会 社 員 公 務 員 団 体 職 員 など の 割 合 が.%と 最 も 大 きくなっている 東 村 山 市 から 転 出 する 前 の 世 帯 構 成 は 世 代 ( 親 と 子 ども) が.% 単 身 が.% 夫 婦 のみ が.%となっている 一 方 東 村 山 市 から 転 出 した 後 の 世 帯 構 成 は 単 身 が. % 夫 婦 のみ が.% 世 代 ( 親 と 子 ども) が.%となっており 転 出 する 前 と 比 較 し て 世 代 ( 親 と 子 ども) の 割 合 が 小 さくなり 夫 婦 のみ の 割 合 が 大 きくなっている 東 村 山 市 から 転 出 した 直 後 の 同 居 子 ども 人 数 は 同 居 していた 子 どもはいない の 割 合 が.% で 最 も 大 きく 次 いで 人 が.% 人 が.%となっている なお 同 居 している 子 ども がいた 人 の 子 どもの 就 学 就 労 状 況 は 就 学 前 の 割 合 が.%で 最 も 大 きく 次 いで 小 学 生 と 社 会 人 アルバイトなどお 勤 め 人 が 同 率 で.%となっており 小 さな 子 どもの 割 合 が 大 きく なっている 東 村 山 市 から 転 出 した 直 後 に 居 住 した 市 区 町 村 は 小 平 市 の 割 合 が 最 も 大 きく 次 いで 所 沢 市 西 東 京 市 世 田 谷 区 練 馬 区 東 大 和 市 といった 隣 接 市 や 近 接 市 あるいは 西 側 の 区 部 が 上 位 となっている 東 村 山 市 からの 転 出 のきっかけは 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) が.% 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) が.% 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) が.% 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよくすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) が.%な ど これらの 項 目 が 上 位 となっている 転 出 先 の 決 め 手 は 通 勤 通 学 時 間 が.% 住 宅 の 条 件 ( 広 さ 日 当 たり 静 けさ) が.% 最 寄 り 駅 へのアクセス が.% 都 心 へのアクセス が.% 家 賃 住 宅 価 格 が.% 買 い 物 の 利 便 性 が.% 街 並 みや 街 の 雰 囲 気 が.%など これらの 項 目 が 上 位 となっている 転 出 先 を 決 めるにあたり 転 出 先 の 行 政 サービスや 施 策 を 調 べたか 否 かは はい が.% い いえ が.%となっている 引 越 し 先 として 東 村 山 市 の 検 討 有 無 は 最 初 から 他 に 決 めていたので 東 村 山 市 は 検 討 しなかっ た の 割 合 が.%で 最 も 大 きく 次 いで 他 の 市 区 町 村 に 住 むしかなかった( 社 宅 が 他 の 市 区 町 村 にある 同 居 する 家 族 が 住 んでいる 等 ) が.% 東 村 山 市 も 探 したが 他 の 市 区 町 村 に 決 めた が.%となっており 東 村 山 市 を 検 討 候 補 に 入 れていたのは 転 出 者 の 約 割 ほどとなっている 転 出 先 を 探 したときの 希 望 地 域 は 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 が.% 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 が.% 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 が0.%など これらの 項 目 が 上 位 となっている 東 村 山 市 から 転 出 する 前 の 住 居 形 態 は 持 ち 家 ( 一 戸 建 て) が.% 民 営 の 借 家 アパー ト マンション が.% 社 宅 寮 宿 舎 が.% 持 ち 家 (マンション) が0.%と 持 ち 家 率 は 約 割 強 となっている 一 方 転 出 後 の 住 居 形 態 は 民 営 の 借 家 アパート マンショ ン が.% 持 ち 家 ( 新 築 一 戸 建 て) が.% 持 ち 家 ( 新 築 マンション) が.% 持 ち 家 ( 中 古 マンション) が.% 持 ち 家 ( 中 古 一 戸 建 て) が.0%と 持 ち 家 率 は 約 割 強 に 留 まっている - -

24 東 村 山 市 転 出 直 後 の 通 勤 通 学 先 は 東 京 区 内 が.0% 東 京 都 内 の 他 の 市 町 村 が. % 通 勤 通 学 はしていない が.% 埼 玉 県 内 が.% 東 村 山 市 内 が.%となって おり 東 京 都 心 部 が 全 体 の 約 半 数 弱 を 占 めている 転 出 者 が 東 村 山 市 に 住 んで 良 かった 点 は 公 園 自 然 環 境 が.0% 最 寄 駅 へのアクセス が0.% 買 い 物 の 利 便 性 が.% 街 並 みや 街 の 雰 囲 気 が.0% 自 然 災 害 の 少 なさ が.% 治 安 が.%など これらの 項 目 が 上 位 となっている なお 良 かった 点 はない の 割 合 は 全 体 の.%だった 東 村 山 市 に 住 んで 悪 かった 点 は 特 に 悪 かった 点 はない の 割 合 が0.%で 最 も 大 きかった また 悪 かった 点 であげられた 項 目 を 上 位 からみると 最 寄 駅 へのアクセス が.0% 買 い 物 の 利 便 性 が.% 街 並 みや 街 の 雰 囲 気 が.% 治 安 が.% 道 路 や 下 水 道 などの 都 市 基 盤 が0.%などとなっている なお の 割 合 は.%となっているが 多 く 散 見 された 内 容 は ゴミ 袋 が 有 料 /ゴミ 袋 が 高 すぎる 都 心 へのアクセス/ 新 宿 以 遠 へのアクセス 市 内 の 交 通 /バスが 少 なく 不 便 などであった 東 村 山 市 に 住 んで 良 かった 点 と 悪 かった 点 の 比 較 項 目 良 かった 点 悪 かった 点 良 かった 点 - 比 率 順 位 比 率 順 位 悪 かった 点. 最 寄 駅 へのアクセス 街 並 みや 街 の 雰 囲 気.0... 買 い 物 の 利 便 性.... 公 園 自 然 環 境.0... 地 域 コミュニティ 医 療 福 祉 子 育 て 環 境 保 育 園 の 整 備 状 況 小 中 高 校 などの 教 育 環 境 公 共 施 設 ( 公 民 館 図 書 館 スポーツ 施 設 等 ).... 文 化 芸 術 活 動 治 安 自 然 災 害 の 少 なさ...0. 道 路 や 下 水 道 などの 都 市 基 盤 特 に 良 かった 点 悪 かった 点 はない. 0. 上 の 表 は 転 出 者 が 東 村 山 市 に 住 んで 良 かった 点 と 悪 かった 点 についての 比 率 を 比 べたものである 表 の 中 で 網 掛 けされている 部 分 は 良 かった 点 のポイントから 悪 かった 点 のポイントを 引 いたとき 良 かった 点 が 悪 かった 点 より 勝 る 項 目 を 表 しており 一 方 網 掛 けがない 項 目 は 悪 かった 点 が 良 かっ た 点 より 勝 る 項 目 を 表 している 上 記 項 目 のうち 項 目 で 悪 かった 点 の 比 率 より 良 かった 点 の 比 率 のほうが 上 回 っており 中 でも 公 園 自 然 環 境 (+.ポイント)と 自 然 災 害 の 少 なさ (+.0ポイント)は 0ポイント 以 上 も 良 かった 点 のほうが 上 回 っている 一 方 項 目 で 良 かった 点 の 比 率 より 悪 かった 点 の 比 率 の ほうが 上 回 っており (ゴミ 袋 が 高 すぎる 都 心 へのアクセス 市 内 の 交 通 など) (-. ポイント) 保 育 園 の 整 備 状 況 (-.ポイント) などが 上 位 にあがっている - -

25 東 村 山 市 に 住 んで 良 かった 点 と 悪 かった 点 について 転 入 出 時 に 子 どもがいた 人 をベースとしてみ ると 悪 かった 点 の 比 率 より 良 かった 点 の 比 率 のほうが0ポイント 以 上 上 回 っている 項 目 は 公 園 自 然 環 境 買 い 物 の 利 便 性 自 然 災 害 の 少 なさ 子 育 て 環 境 公 共 施 設 ( 公 民 館 図 書 館 スポーツ 施 設 等 ) 最 寄 駅 へのアクセス 地 域 コミュニティ と 項 目 に 上 る 一 方 良 かった 点 の 比 率 より 悪 かった 点 の 比 率 のほうが0ポイント 以 上 上 回 っている 項 目 は のみとなっている なお 保 育 園 の 整 備 状 況 は0ポイント 差 に 達 してはいないが やや 悪 かった 方 向 に 振 れている 東 村 山 市 に 住 んで 良 かった 点 と 悪 かった 点 の 比 較 - 子 どもがいた 人 ベース- 項 目 良 かった 点 悪 かった 点 良 かった 点 - 比 率 順 位 比 率 順 位 悪 かった 点. 最 寄 駅 へのアクセス.... 街 並 みや 街 の 雰 囲 気.... 買 い 物 の 利 便 性 公 園 自 然 環 境 地 域 コミュニティ 医 療 福 祉 子 育 て 環 境 保 育 園 の 整 備 状 況 小 中 高 校 などの 教 育 環 境 公 共 施 設 ( 公 民 館 図 書 館 スポーツ 施 設 等 ).... 文 化 芸 術 活 動.... 治 安 自 然 災 害 の 少 なさ 道 路 や 下 水 道 などの 都 市 基 盤 特 に 良 かった 点 悪 かった 点 はない

26 . 調 査 結 果 の 考 察 考 察 にあたって 転 入 者 と 転 出 者 のベースを 同 一 にするため 転 入 者 は 転 入 前 の 居 住 地 が 東 京 都 及 び 埼 玉 県 だった 者 に 限 定 し 転 出 者 のベースに 合 わせて 分 析 を 行 った () 転 入 者 転 出 者 の 転 入 出 のきっかけについて 転 入 者 転 出 者 の 転 入 出 のきっかけについてみると 転 入 者 では 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよくすること( 子 育 て 環 境 をよくすることを 除 く) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと の 順 で 上 位 にあがっているが 転 出 者 では 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよくするこ と( 子 育 て 環 境 をよくすることを 除 く) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと の 順 となっている こうしてみると 順 位 の 違 いはあるが 選 ばれた 項 目 はすべて 一 緒 となっており 転 入 転 出 の 主 なきっかけはこれらに 集 約 できそうである なお 同 じ 項 目 間 同 士 で 転 入 者 と 転 出 者 の ポイント 差 をみると 転 入 者 のほうがポイント 以 上 大 きいポイントとなっている 項 目 は 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) となっており 一 方 転 出 者 のほうがポイント 以 上 大 きいポイントとなっている 項 目 は ひとつもなかった 転 入 出 のきっかけの 比 較 - 全 体 ベース- 項 目 転 入 転 出 転 入 - 転 出 の 比 率 順 位 比 率 順 位 ポイント 差. 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと.0... 家 族 の 人 数 の 変 化 (,を 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 子 育 て 環 境 をよくすること 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよくすること(を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 親 からの 独 立 (~を 除 く) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど)

27 次 に 転 入 出 時 に 子 どもがいた 人 をベースとして 転 入 出 のきっかけの 上 位 項 目 およびポイント 差 をみると 転 入 出 ともにトップは 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) となっている 転 入 者 のほうが 大 きいポイントとなっているのは 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと であり 反 対 に 転 出 者 のほうが 大 きいポイ ントとなっているのは 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など) 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよくすること( を 除 く) となっている 転 入 出 のきっかけの 比 較 - 子 どもがいた 人 ベース- 項 目 転 入 転 出 転 入 - 転 出 の 比 率 順 位 比 率 順 位 ポイント 差. 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 (,を 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 子 育 て 環 境 をよくすること 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよくすること(を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など).... 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 親 からの 独 立 (~を 除 く).0... 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど)

28 () 転 入 出 先 の 決 め 手 について 転 入 者 転 出 者 の 転 入 出 先 の 決 め 手 について 同 じ 項 目 間 同 士 で 転 入 者 と 転 出 者 のポイント 差 を みると 転 入 者 のほうが 大 きいポイントとなっている 項 目 は 家 賃 住 宅 価 格 住 宅 の 条 件 ( 広 さ 日 当 たり 静 けさ) 配 偶 者 が 住 んでいた または 親 族 知 人 が 近 くに 住 んでいる 自 然 災 害 の 少 なさ となっており 一 方 転 出 者 のほうが 大 きいポイントとなっている 項 目 は 都 心 へのアクセス 街 並 みや 街 の 雰 囲 気 通 勤 通 学 時 間 買 い 物 の 利 便 性 治 安 となっている 転 入 出 先 の 決 め 手 の 比 較 - 転 入 出 先 選 択 者 ベース- 項 目 転 入 転 出 転 入 - 転 出 の 比 率 順 位 比 率 順 位 ポイント 差. 通 勤 通 学 時 間 都 心 へのアクセス 最 寄 り 駅 へのアクセス 住 宅 の 条 件 ( 広 さ 日 当 たり 静 けさ) 家 賃 住 宅 価 格...0. 街 並 みや 街 の 雰 囲 気 買 い 物 の 利 便 性 公 園 自 然 環 境 地 域 コミュニティ 医 療 福 祉 子 育 て 環 境 保 育 園 の 整 備 状 況 小 中 高 校 などの 教 育 環 境 公 共 施 設 ( 公 民 館 図 書 館 スポーツ 施 設 等 ) 文 化 芸 術 活 動 治 安 自 然 災 害 の 少 なさ 道 路 や 下 水 道 など 都 市 基 盤 配 偶 者 が 住 んでいた または 親 族 知 人 が 近 くに 住 んでいる 生 まれ 育 ったところだから.... 住 宅 が 用 意 されていたから( 社 宅 家 族 と 同 居 家 族 の 持 ち 家 )

29 次 に 転 入 出 時 に 子 どもがいた 人 をベースとして 転 入 出 者 のポイント 差 をみると 転 入 者 のほう が 大 きいポイントとなっている 項 目 は 家 賃 住 宅 価 格 住 宅 の 条 件 ( 広 さ 日 当 たり 静 け さ) 自 然 災 害 の 少 なさ となっており 一 方 転 出 者 のほうが 大 きいポイントとなっている 項 目 は 街 並 みや 街 の 雰 囲 気 都 心 へのアクセス 小 中 高 校 などの 教 育 環 境 治 安 と なっている 転 入 出 先 の 決 め 手 の 比 較 - 転 入 出 先 選 択 者 で 子 どもがいた 人 ベース- 項 目 転 入 転 出 転 入 - 転 出 の 比 率 順 位 比 率 順 位 ポイント 差. 通 勤 通 学 時 間 都 心 へのアクセス 最 寄 り 駅 へのアクセス.... 住 宅 の 条 件 ( 広 さ 日 当 たり 静 けさ).... 家 賃 住 宅 価 格.... 街 並 みや 街 の 雰 囲 気 買 い 物 の 利 便 性.... 公 園 自 然 環 境 地 域 コミュニティ 医 療 福 祉...0. 子 育 て 環 境 保 育 園 の 整 備 状 況 小 中 高 校 などの 教 育 環 境 公 共 施 設 ( 公 民 館 図 書 館 スポーツ 施 設 等 ) 文 化 芸 術 活 動 治 安 自 然 災 害 の 少 なさ 道 路 や 下 水 道 など 都 市 基 盤...0. 配 偶 者 が 住 んでいた または 親 族 知 人 が 近 くに 住 んでいる 生 まれ 育 ったところだから 住 宅 が 用 意 されていたから( 社 宅 家 族 と 同 居 家 族 の 持 ち 家 )

30

31 . 転 入 者 アンケート 結 果

32

33 . 転 入 前 の 世 帯 構 成 問. 東 村 山 市 に 引 越 してくる 前 と 後 の 世 帯 構 成 は それぞれ 次 のうち どれにあてはまります か ( 印 は 各 つずつ) 東 村 山 市 に 転 入 する 前 の 世 帯 構 成 を 聞 いたところ 単 身 (.%)の 割 合 が 最 も 大 きく 世 代 ( 親 と 子 ども) (.%) 夫 婦 のみ (.%)の 順 で 続 いている ( 図 -) 図 -. 転 入 前 の 世 帯 構 成 基 数 : 全 体 (n=0) 単 身 夫 婦 のみ 世 代 ( 親 と 子 ども) 世 代 ( 親 と 子 と 孫 ) 不 明 % 00.0% - -

34 . 転 入 後 の 世 帯 構 成 問. 東 村 山 市 に 引 越 してくる 前 と 後 の 世 帯 構 成 は それぞれ 次 のうち どれにあてはまります か ( 印 は 各 つずつ) 東 村 山 市 に 転 入 した 後 の 世 帯 構 成 は 夫 婦 のみ と 世 代 ( 親 と 子 ども) (.%)の 割 合 が 最 も 大 きく 単 身 (.%)が 続 いている 前 頁 の 東 村 山 市 に 転 入 する 前 の 世 帯 構 成 と 比 較 す ると 単 身 と 世 代 ( 親 と 子 ども) の 割 合 が 小 さくなり 夫 婦 のみ の 割 合 が 大 きくなっ ている ( 図 -) 図 -. 転 入 後 の 世 帯 構 成 基 数 : 全 体 (n=0) 単 身 夫 婦 のみ 世 代 ( 親 と 子 ども) 世 代 ( 親 と 子 と 孫 ) 不 明 % 00.0% - -

35 () 転 入 後 の 世 帯 構 成 - 転 入 前 の 世 帯 構 成 別 - 転 入 後 の 世 帯 構 成 別 にみると 転 入 後 単 身 の 人 が 転 入 前 も 単 身 である 割 合 は.%となってい る また 転 入 後 に 夫 婦 のみ の 人 で 転 入 前 単 身 だった 人 は.%と 割 を 超 えている 図 --. 転 入 後 の 世 帯 構 成 基 数 : 全 体 (n=0) 転 入 前 単 身 転 入 前 夫 婦 の み ( 親 転 と 入 子 前 ど も 世 代 ) ( 親 転 と 入 子 前 と 孫 世 代 ) 転 入 前 そ の 他 回 答 転 入 前 不 明 無 全 体 (n=0)... (%).. 0. 転 入 後 単 身 (n=)..... 転 入 後 夫 婦 のみ (n=0) 転 入 後 世 代 ( 親 と 子 ども)(n=0)..0.. 転 入 後 世 代 ( 親 と 子 と 孫 )(n=). 0.. 転 入 後 (n=)

36 . 転 入 後 の 子 どもの 人 数 問. 東 村 山 市 に 引 越 してきた 直 後 同 居 していたお 子 さんは 何 人 いらっしゃいましたか ( 印 はつ) 東 村 山 市 に 転 入 した 直 後 同 居 していた 子 どもの 人 数 は 同 居 していた 子 どもはない (. %)の 割 合 が 最 も 大 きく 人 (.%) 人 (.%)の 順 で 続 いている なお 子 どもの 人 数 が 人 から 人 までを 合 わせた 子 どもがいる の 割 合 は0.%となっている 人 以 上 は 皆 無 のため 子 どもがいる の 割 合 に 含 めず ( 図 -) 図 -. 転 入 後 の 子 どもの 人 数 基 数 : 全 体 (n=0) 人 人 人 人 同 居 していた 子 どもはいない 不 明 % 00.0% - 0 -

37 . 転 入 後 の 子 どもの 就 学 就 労 状 況 問. 東 村 山 市 に 引 越 してきた 直 後 同 居 していたお 子 さんは 次 のうちどちらに 該 当 しました か あてはまるもの 全 てに をつけてください ( 印 はいくつでも) 東 村 山 市 に 転 入 した 直 後 同 居 している 子 どもがいた 人 に 子 どもの 就 学 就 労 状 況 を 聞 いたところ 就 学 前 (.%)が 最 も 大 きく 社 会 人 アルバイトなどお 勤 め 人 (.%) 小 学 生 (.%)の 順 で 続 いている ( 図 -) 図 -. 転 入 後 の 子 どもの 就 学 就 労 状 況 基 数 : 転 入 時 子 どもが 同 居 していた 人 (n=) 0.0% 0.0% 就 学 前. 小 学 生. 中 学 生. 高 校 生. 専 門 学 校 短 大 大 学 大 学 院 生. 社 会 人 アルバイトなどお 勤 め 人.. - -

38 () 転 入 後 の 子 どもの 就 学 就 労 状 況 - 転 入 後 の 住 居 形 態 別 - 転 入 後 の 住 居 形 態 をみると 子 どもがいる 世 帯 では 持 ち 家 ( 新 築 一 戸 建 て) の 割 合 が.%と 子 どもはいない 世 帯 に 比 べて 大 きくなっている また 就 学 前 児 童 のいる 世 帯 では 持 ち 家 ( 新 築 一 戸 建 て) の 割 合 が.%と 他 の 子 どものいる 世 帯 に 比 べて 大 きくなっている 図 --. 転 入 後 の 子 どもの 就 学 就 労 状 況 基 数 : 全 体 (n=0) 全 体 子 どもがいる 子 どもはいない n=0 n= n= 持 ち 家 ( 新 築 一 戸 建 て) 持 ち 家 ( 中 古 一 戸 建 て) 持 ち 家 ( 新 築 マンション) 持 ち 家 ( 中 古 マンション) 民 営 の 借 家 アパート マンション UR 公 社 の 賃 貸 住 宅 都 営 住 宅 市 営 住 宅 などの 公 営 住 宅 社 宅 寮 宿 舎 就 学 前 小 中 高 大 学 生 等 社 会 人 n= n= n=0 持 ち 家 ( 新 築 一 戸 建 て) 持 ち 家 ( 中 古 一 戸 建 て) 持 ち 家 ( 新 築 マンション) 持 ち 家 ( 中 古 マンション) 民 営 の 借 家 アパート マンション UR 公 社 の 賃 貸 住 宅 都 営 住 宅 市 営 住 宅 などの 公 営 住 宅 社 宅 寮 宿 舎 * はn 数 がと 少 ないため 作 図 せず - -

39 . 東 村 山 市 転 入 時 の 居 住 町 名 問. 東 村 山 市 に 引 越 してきたときの 住 所 は 次 のうちどれですか ( 印 はつ) 東 村 山 市 転 入 時 に 居 住 した 町 名 を 聞 いたところ 秋 津 町 と 栄 町 (.%)が 最 も 大 きく 久 米 川 町 (.%) 美 住 町 (.%)の 順 で 続 いている ( 図 -) 図 -. 東 村 山 市 転 入 時 の 居 住 町 名 基 数 : 全 体 (n=0) 0.0% 0.0% 秋 津 町 栄 町.. 久 米 川 町 美 住 町 本 町 富 士 見 町.... 萩 山 町 野 口 町.. 恩 多 町 青 葉 町 廻 田 町 諏 訪 町.... 多 摩 湖 町.. - -

40 -. 転 入 前 の 住 まい( 都 道 府 県 地 方 区 分 ) 問. 東 村 山 市 に 引 越 してくる 前 は どちらにお 住 まいでしたか ( 市 区 町 村 まで 自 記 式 ) 東 村 山 市 に 転 入 する 前 に 居 住 していた 都 道 府 県 地 方 区 分 は 東 村 山 市 以 外 の 多 摩 市 (. %)の 割 合 が 最 も 大 きく 東 京 区 (.%) 埼 玉 県 (.%)の 順 で 続 いている ( 図 --) 図 --. 転 入 前 の 住 まい( 都 道 府 県 地 方 区 分 ) 基 数 : 全 体 (n=0) 0.0% 0.0% 東 村 山 市 以 外 の 多 摩 市. 東 京 区. 埼 玉 県. 関 東 地 域 ( 東 京 区 多 摩 市 埼 玉 県 を 除 く). 西 日 本 0. 東 日 本. 国 外.. - -

41 -. 転 入 前 の 住 まい( 市 区 町 村 ) 問. 東 村 山 市 に 引 越 してくる 前 は どちらにお 住 まいでしたか ( 市 区 町 村 まで 自 記 式 ) 東 村 山 市 に 転 入 する 前 に 居 住 していた 市 区 町 村 をみると 所 沢 市 (.%)の 割 合 が 最 も 大 き く 小 平 市 (.%) 東 久 留 米 市 (.%) 清 瀬 市 (.%)と 東 村 山 市 に 隣 接 し ている 市 が 上 位 になっている ( 図 --) 図 --. 転 入 前 の 住 まい( 市 区 町 村 ) - 上 位 0 位 まで 抜 粋 - 基 数 : 全 体 (n=0) 0.0% 0.0% 所 沢 市. 小 平 市 東 久 留 米 市.. 清 瀬 市. 中 野 区 杉 並 区 西 東 京 市... 東 大 和 市 練 馬 区 世 田 谷 区 青 梅 市 小 金 井 市

42 . 東 村 山 市 転 入 のきっかけ 問. 東 村 山 市 への 引 越 しのきっかけは 次 のうちどれになりますか あてはまるもの 全 てに をつけてください ( 印 はいくつでも) 東 村 山 市 への 転 入 のきっかけを 聞 いたところ 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) (0.%)の 割 合 が 最 も 大 きく 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) (.%) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) (.%) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと (.%)の 順 で 続 いている ( 図 -) 図 -. 東 村 山 市 転 入 のきっかけ 基 数 : 全 体 (n=0) 0.0% 0.0% 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 0. 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど). 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む). 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよくすること( 子 育 て 環 境 を 除 く).. 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 出 産 を 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など)

43 () 東 村 山 市 転 入 のきっかけ - 性 別 - 性 別 にみると 男 性 では 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) の 割 合 が.%と 大 きく 女 性 では 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) の 割 合 が.%と 大 きくなっている 図 --. 東 村 山 市 転 入 のきっかけ 基 数 : 全 体 (n=0) 全 体 男 性 女 性 n=0 n= n= 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など)

44 () 東 村 山 市 転 入 のきっかけ - 年 代 別 - 年 代 別 にみると 0 歳 代 では 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) (0.%)と 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) (.%)の 割 合 が 他 の 年 代 に 比 べて 大 きく 0 歳 代 では 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) (.%)の 割 合 が 全 年 代 の 中 で 最 も 大 きい 0 歳 代 では 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと (.%)と 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよくすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) (.%) 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) (.%)の 割 合 が 他 の 年 代 に 比 べて 最 も 大 きく 0 歳 代 以 上 では 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) (0.0%)と 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) (0.0%)の 割 合 が 他 の 年 代 に 比 べて 大 きくなっている 図 --. 東 村 山 市 転 入 のきっかけ 基 数 : 全 体 (n=0) 全 体 0 歳 代 0 歳 代 n=0 n= n= 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など) 歳 代 0 歳 代 0 歳 代 n= n= n= 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など)

45 図 --. 東 村 山 市 転 入 のきっかけ 基 数 : 全 体 (n=0) 0 歳 代 0 歳 代 以 上 n= n=0 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など)

46 () 東 村 山 市 転 入 のきっかけ - 居 住 町 名 別 - 居 住 町 名 別 にみると 久 米 川 町 では 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと (.%)と 子 育 て 環 境 をよくすること (0.0%)の 割 合 が 他 の 町 に 比 べて 大 きく 富 士 見 町 では 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) (0.0%)が 美 住 町 では 生 活 環 境 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよくすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) (.%)が 野 口 町 では 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) (.%)の 割 合 がそれぞれ 他 の 町 に 比 べて 大 きくなっている 図 --. 東 村 山 市 転 入 のきっかけ 基 数 : 全 体 (n=0) 全 体 本 町 久 米 川 町 n=0 n= n=0 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など) 秋 津 町 青 葉 町 恩 多 町 n= n= n= 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など)

47 図 --. 東 村 山 市 転 入 のきっかけ 基 数 : 全 体 (n=0) 萩 山 町 栄 町 富 士 見 町 n= n= n= 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など) 美 住 町 廻 田 町 多 摩 湖 町 n= n= n= 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など)

48 図 --. 東 村 山 市 転 入 のきっかけ 基 数 : 全 体 (n=0) 諏 訪 町 野 口 町 n= n= 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など)

49 () 東 村 山 市 転 入 のきっかけ - 転 入 前 の 居 住 地 域 別 - 転 入 前 の 居 住 地 域 別 にみると 東 京 区 では 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) (.%) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと (.%)の 割 合 が 他 の 地 域 に 比 べて 大 きく 東 村 山 市 以 外 の 多 摩 市 と 埼 玉 県 では 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) の 割 合 がそ れぞれ.%.%と 他 の 地 域 に 比 べて 大 きく 関 東 地 域 ( 東 京 区 多 摩 市 埼 玉 県 を 除 く) と 関 東 以 外 の 地 域 では 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) の 割 合 がそれぞれ.%.%と 他 の 地 域 に 比 べて 大 きくなっている 図 --. 東 村 山 市 転 入 のきっかけ 基 数 : 全 体 (n=0) 全 体 東 京 区 東 村 山 市 以 外 の 多 摩 市 n=0 n= n= 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など) 関 東 地 域 ( 東 京 区 埼 玉 県 多 摩 市 埼 玉 県 を 除 く) 関 東 以 外 n= n= n= 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など)

50 () 東 村 山 市 転 入 のきっかけ - 世 帯 構 成 の 変 化 別 - 世 帯 構 成 の 変 化 別 にみると 単 身 のままの 層 は 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) (.%)の 割 合 が 他 の 層 に 比 べて 大 きく 単 身 から 夫 婦 のみと 世 代 ( 親 と 子 ども)から 夫 婦 の みの 層 は 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) (それぞれ0.% 0.0%)が 単 身 から 世 代 ( 親 と 子 ども) と 夫 婦 のままの 層 は 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) (それぞれ.%.%) が 世 代 ( 親 と 子 ども)から 単 身 の 層 は 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) (.%)と 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) (.%)が 世 代 ( 親 と 子 ども)のままの 層 では 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) (.%)の 割 合 が 他 の 層 に 比 べて 大 きくなっている 図 --. 東 村 山 市 転 入 のきっかけ 基 数 : 全 体 (n=0) 全 体 単 身 単 身 単 身 夫 婦 のみ n=0 n= n= 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など) 単 身 世 代 ( 親 と 子 ) 夫 婦 のみ 単 身 夫 婦 のみ 夫 婦 のみ n= n= n= 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など)

51 図 --. 東 村 山 市 転 入 のきっかけ 基 数 : 全 体 (n=0) 夫 婦 のみ 世 代 ( 親 と 子 ) 世 代 ( 親 と 子 ) 単 身 世 代 ( 親 と 子 ) 夫 婦 のみ n= n= n=0 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など) 世 代 ( 親 と 子 ) 世 代 ( 親 と 子 ) n= 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など)

52 () 東 村 山 市 転 入 のきっかけ - 子 どもの 有 無 別 子 どもの 就 学 就 労 状 況 別 - 子 どもの 有 無 別 にみると 子 どもがいる 世 帯 で 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) の 割 合 が0.%と 子 どもはいない 世 帯 に 比 べて 大 きくなっている 子 どもの 就 学 就 労 状 況 別 にみると 就 学 前 児 童 または 大 学 生 等 社 会 人 のいる 世 帯 で 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) の 割 合 がそれぞれ.%.%と 他 の 子 どものいる 世 帯 に 比 べて 大 きくなっている また 就 学 前 児 童 のいる 世 帯 では 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 が あったこと (.%)と 子 育 て 環 境 をよくすること (.%)の 割 合 も 他 の 子 どものいる 世 帯 と 比 べて 大 きくなっている 図 --. 東 村 山 市 転 入 のきっかけ 基 数 : 全 体 (n=0) 全 体 子 どもがいる 子 どもはいない n=0 n= n= 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など) 就 学 前 小 中 高 大 学 生 等 社 会 人 n= n= n=0 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など) * はn 数 がと 少 ないため 作 図 せず - -

53 () 東 村 山 市 転 入 のきっかけ - 転 入 後 の 住 居 形 態 別 - 転 入 後 の 住 居 形 態 別 にみると 持 ち 家 ( 新 築 一 戸 建 て)と 持 ち 家 ( 中 古 マンション)の 層 で 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) の 割 合 がそれぞれ.%.%と 他 の 居 住 形 態 に 比 べて 大 きく 民 営 の 借 家 アパート マンションでは 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) (.%)が UR 公 社 の 賃 貸 住 宅 と 社 宅 寮 宿 舎 の 層 では 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) の 割 合 がそ れぞれ.%.%と 他 の 居 住 形 態 に 比 べて 大 きくなっている UR 公 社 の 賃 貸 住 宅 層 のn 数 はと 少 ないが 明 らかな 傾 向 がみられたため 文 中 で 触 れた 図 --. 東 村 山 市 転 入 のきっかけ 基 数 : 全 体 (n=0) 全 体 持 ち 家 ( 新 築 一 戸 建 て) 持 ち 家 ( 中 古 一 戸 建 て) n=0 n= n= 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など) 持 ち 家 ( 新 築 マンション) 持 ち 家 ( 中 古 マンション) 民 営 の 借 家 アハ ート マンション n= n= n= 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など)

54 図 --. 東 村 山 市 転 入 のきっかけ 基 数 : 全 体 (n=0) UR 公 社 の 賃 貸 住 宅 都 営 住 宅 市 営 住 宅 社 宅 寮 宿 舎 などの 公 営 住 宅 n= n= n= 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など) n= 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など)

55 () 東 村 山 市 転 入 のきっかけ - 住 居 形 態 の 変 化 別 - 住 居 形 態 の 変 化 別 にみると 持 ち 家 から 借 家 に 変 化 した 層 では 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) と 親 か らの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) の 割 合 がそれぞれ.% 0.%と 他 の 居 住 形 態 層 に 比 べて 大 きく 他 方 借 家 から 持 ち 家 に 変 化 した 層 では 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) の 割 合 が.% また 借 家 のままの 層 では 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) の 割 合 が.%と 他 の 居 住 形 態 層 に 比 べて 大 きくなっている 図 --. 東 村 山 市 転 入 のきっかけ 基 数 : 全 体 (n=0) 全 体 持 ち 家 持 ち 家 持 ち 家 借 家 n=0 n= n= 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など) 借 家 持 ち 家 借 家 借 家 n= n= 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など) 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど) 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよ くすること( 子 育 て 環 境 を 除 く) 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 など) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く) 子 育 て 環 境 をよくすること 0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など)

56 . 東 村 山 市 以 外 の 検 討 有 無 問 0.あなたは 引 越 し 先 について 東 村 山 市 以 外 の 市 区 町 村 も 検 討 されましたか ( 印 はつ) 転 入 先 について 東 村 山 市 以 外 の 市 区 町 村 も 検 討 したかを 聞 いたところ 他 の 市 区 町 村 も 探 したが 東 村 山 市 に 決 めた (.%)の 割 合 が 最 も 大 きく 東 村 山 市 に 住 むしかなかった( 社 宅 が 東 村 山 市 にある 同 居 する 家 族 が 住 んでいる 等 ) (.%) 最 初 から 東 村 山 市 に 決 めていたので 他 は 検 討 しなかった (0.0%)となっている ( 図 -) 図 -. 東 村 山 市 以 外 の 検 討 有 無 基 数 : 全 体 (n=0) 東 村 山 市 に 住 む しかなかった( 社 宅 が 東 村 山 市 に ある 同 居 する 家 族 が 住 んでいる 等 ).% 0.% 他 の 市 区 町 村 も 探 したが 東 村 山 市 に 決 めた.% 最 初 から 東 村 山 市 に 決 めていた ので 他 は 検 討 し なかった 0.0% - 0 -

57 () 東 村 山 市 以 外 の 検 討 有 無 - 年 代 別 - 年 代 別 では 0 歳 代 において 東 村 山 市 に 住 むしかなかった( 社 宅 が 東 村 山 市 にある 同 居 する 家 族 が 住 んでいる 等 ) の 割 合 が.%と 他 の 年 代 に 比 べて 小 さくなっている 図 --. 東 村 山 市 以 外 の 検 討 有 無 基 数 : 全 体 (n=0) 山 探 他 市 し の に た 市 決 が 区 め 町 た 東 村 村 も し の 市 最 な で に 初 か 決 か 他 め ら た は て 東 検 い 村 討 た 山 っ ( で す 市 し 東 い る に 社 か 村 る 家 あ 宅 な 山 等 族 る が か 市 が 東 に 住 同 村 た 住 ん 居 山 む ) っ 不 明 無 回 答 (%) 全 体 (n=0) 歳 代 (n=) 歳 代 (n=) 歳 代 (n=) 歳 代 (n=)... 0 歳 代 (n=) 歳 代 (n=)... 0 歳 代 以 上 (n=0)

58 () 東 村 山 市 以 外 の 検 討 有 無 - 転 入 前 の 居 住 地 域 別 - 転 入 前 の 居 住 地 域 別 では 東 村 山 市 以 外 の 多 摩 市 と 埼 玉 県 地 域 において 他 の 市 区 町 村 も 探 した が 東 村 山 市 に 決 めた の 割 合 がそれぞれ0.%.%と 他 の 地 域 に 比 べて 大 きくなっている ま た 関 東 以 外 の 地 域 では 東 村 山 市 に 住 むしかなかった( 社 宅 が 東 村 山 市 にある 同 居 する 家 族 が 住 んでいる 等 ) の 割 合 が0.0%と 他 の 地 域 に 比 べて 大 きくなっている 図 --. 東 村 山 市 以 外 の 検 討 有 無 基 数 : 全 体 (n=0) 山 探 他 市 し の に た 市 決 が 区 め 町 た 東 村 村 も し の 市 最 な で に 初 か 決 か 他 め ら た は て 東 検 い 村 討 た 山 っ ( で す 市 し 東 い る に 社 か 村 る 家 あ 宅 な 山 等 族 る が か 市 が 東 に 住 同 村 た 住 ん 居 山 む ) っ 不 明 無 回 答 (%) 全 体 (n=0) 東 京 区 (n=)... 東 村 山 市 以 外 の 多 摩 市 (n=) 埼 玉 県 (n=)... 関 東 地 域 ( 東 京 区 多 摩 市 埼 玉 県 を 除 く) (n=)... 関 東 以 外 (n=)

59 () 東 村 山 市 以 外 の 検 討 有 無 - 子 どもの 有 無 別 子 どもの 就 学 就 労 状 況 別 - 子 どもの 有 無 別 では 大 きな 差 はみられなかった 子 どもの 就 学 就 労 状 況 別 では 小 中 高 生 のいる 世 帯 で 最 初 から 東 村 山 市 に 決 めていたので 他 は 検 討 しなかった の 割 合 が.%と 他 の 子 どものいる 世 帯 に 比 べて 大 きくなっている 図 --. 東 村 山 市 以 外 の 検 討 有 無 基 数 : 全 体 (n=0) 山 探 他 市 し の に た 市 決 が 区 め 町 た 東 村 村 も し の 市 最 な で に 初 か 決 か 他 め ら た は て 東 検 い 村 討 た 山 っ ( で す 市 し 東 い る に 社 か 村 る 家 あ 宅 な 山 等 族 る が か 市 が 東 に 住 同 村 た 住 ん 居 山 む ) っ 不 明 無 回 答 (%) 全 体 (n=0) 子 どもがいる(n=).... 子 どもはいない(n=) 0... 就 学 前 (n=).... 小 中 高 (n=).0.. 大 学 生 等 社 会 人 (n=0) (n=)

60 () 東 村 山 市 以 外 の 検 討 有 無 - 転 入 後 の 住 居 形 態 別 住 居 形 態 の 変 化 別 - 転 入 後 の 住 居 形 態 別 にみると 民 営 の 借 家 アパート マンションの 層 で 他 の 市 区 町 村 も 探 した が 東 村 山 市 に 決 めた の 割 合 が.%と 他 の 住 居 形 態 層 に 比 べて 大 きく 社 宅 寮 宿 舎 の 層 では 東 村 山 市 に 住 むしかなかった( 社 宅 が 東 村 山 市 にある 同 居 する 家 族 が 住 んでいる 等 ) の 割 合 が 0.0%と 他 の 居 住 形 態 層 に 比 べて 大 きくなっている 図 --. 東 村 山 市 以 外 の 検 討 有 無 基 数 : 全 体 (n=0) 山 探 他 市 し の に た 市 決 が 区 め 町 た 東 村 村 も し の 市 最 な で に 初 か 決 か 他 め ら た は て 東 検 い 村 討 た 山 っ ( で す 市 し 東 い る に 社 か 村 る 家 あ 宅 な 山 等 族 る が か 市 が 東 に 住 同 村 た 住 ん 居 山 む ) っ 不 明 無 回 答 全 体 (n=0) (%) 持 ち 家 ( 新 築 一 戸 建 て) (n=)..0. 持 ち 家 ( 中 古 一 戸 建 て) (n=)... 持 ち 家 ( 新 築 マンション) (n=).0.0 持 ち 家 ( 中 古 マンション) (n=).0.. 民 営 の 借 家 アパート マ ンション(n=)... UR 公 社 の 賃 貸 住 宅 (n=).. 都 営 住 宅 市 営 住 宅 など の 公 営 住 宅 (n=)... 社 宅 寮 宿 舎 (n=) (n=).. 持 ち 家 持 ち 家 (n=)... 持 ち 家 借 家 (n=)... 借 家 持 ち 家 (n=)... 借 家 借 家 (n=)

61 () 東 村 山 市 以 外 の 検 討 有 無 - 転 入 時 の 通 勤 通 学 先 別 - 転 入 時 の 通 勤 通 学 先 別 では 東 京 都 内 の 他 の 市 町 村 に 通 う 層 で 他 の 市 区 町 村 も 探 したが 東 村 山 市 に 決 めた の 割 合 が.%と 他 の 層 に 比 べて 大 きくなっている また 東 村 山 市 内 に 通 勤 す る 層 は 最 初 から 東 村 山 市 に 決 めていたので 他 は 検 討 しなかった の 割 合 が.%と 他 の 層 に 比 べて 大 きくなっている 図 --. 東 村 山 市 以 外 の 検 討 有 無 基 数 : 全 体 (n=0) 山 探 他 市 し の に た 市 決 が 区 め 町 た 東 村 村 も し の 市 最 な で に 初 か 決 か 他 め ら た は て 東 検 い 村 討 た 山 っ ( で す 市 し 東 い る に 社 か 村 る 家 あ 宅 な 山 等 族 る が か 市 が 東 に 住 同 村 た 住 ん 居 山 む ) っ 不 明 無 回 答 (%) 全 体 (n=0) 通 勤 通 学 はしていない (n=)... 東 村 山 市 内 (n=)... 東 京 区 内 (n=)... 東 京 都 内 の 他 の 市 町 村 (n=) 埼 玉 県 内 (n=)... の 県 (n=)

62 () 東 村 山 市 以 外 の 検 討 有 無 - 転 入 のきっかけ 別 - 転 入 のきっかけ 別 にみると 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど)と 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよくすること( 子 育 て 環 境 を 除 く)がきっかけとなった 層 では 他 の 市 区 町 村 も 探 したが 東 村 山 市 に 決 めた の 割 合 がそれぞれ0.%.%と 他 の 層 に 比 べて 大 き く 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったことと 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 な ど)がきっかけとなった 層 では 東 村 山 市 に 住 むしかなかった( 社 宅 が 東 村 山 市 にある 同 居 する 家 族 が 住 んでいる 等 ) の 割 合 がぞれぞれ.%.%と 他 の 層 に 比 べて 大 きくなっている 図 --. 東 村 山 市 以 外 の 検 討 有 無 基 数 : 全 体 (n=0) 山 探 他 市 し の に た 市 決 が 区 め 町 た 東 村 村 も し の 市 最 な で に 初 か 決 か 他 め ら た は て 東 検 い 村 討 た 山 っ ( で す 市 し 東 い る に 社 か 村 る 家 あ 宅 な 山 等 族 る が か 市 が 東 に 住 同 村 た 住 ん 居 山 む ) っ 不 明 無 回 答 (%) 全 体 (n=0) 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など)(n=)....0 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 進 学 転 校 など)(n=)... 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む)(n=) 子 どもが 生 まれた または 生 まれる 予 定 があったこと(n=)... 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 姉 妹 等 との 同 居 など)(n=)... 子 育 て 環 境 をよくすること(n=0) 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよくすること( 子 育 て 環 境 を 除 く)(n=)... 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 病 気 療 養 な ど)(n=)... 親 や 子 と 同 居 または 近 くに 住 む 必 要 があったこと(n=) 親 からの 独 立 ( 仕 事 上 の 都 合, 学 校 上 の 都 合, 結 婚 を 除 く)(n=)... 住 宅 の 都 合 ( 住 宅 の 購 入 借 家 の 借 り 換 えなど)(n=) 0... (n=0)

63 . 東 村 山 市 以 外 に 検 討 した 市 区 町 村 問. 東 村 山 市 以 外 で 検 討 した 市 区 町 村 はどちらですか ( 印 はいくつでも) 他 の 市 区 町 村 も 探 した 人 に 東 村 山 市 以 外 に 検 討 した 市 区 町 村 について 聞 いたところ 小 平 市 (.%)の 割 合 が 最 も 大 きく 清 瀬 市 (.%) 西 東 京 市 と 所 沢 市 が 同 率 (ともに.%)で 続 いている ( 図 -) 図 -. 東 村 山 市 以 外 に 検 討 した 市 区 町 村 基 数 : 東 村 山 市 以 外 の 市 区 町 村 も 探 した 人 (n=) 0.0% 0.0% 小 平 市. 清 瀬 市. 西 東 京 市. 所 沢 市. 東 久 留 米 市. 東 大 和 市. 国 分 寺 市. 練 馬 区. 杉 並 区...0 の 内 容 ( 件 以 上 回 答 があったものを 抜 粋 ) 小 金 井 市 ( 件 ) 府 中 市 ( 件 ) 立 川 市 ( 件 ) 調 布 市 ( 件 ) 中 野 区 ( 件 ) 八 王 子 市 ( 件 ) 国 立 市 ( 件 ) 区 ( 件 ) 中 央 線 沿 線 ( 件 ) - -

64 0. 転 入 先 を 探 したときの 希 望 地 域 問. 引 越 し 先 を 探 したとき どのような 地 域 に 住 もうと 思 って 探 しましたか あてはまるもの 全 てに をつけてください ( 印 はいくつでも) 転 入 先 を 探 したとき どのような 地 域 に 住 もうと 思 って 探 したかを 聞 いたところ 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 (.%)の 割 合 が 最 も 大 きく 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 (0.%) 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 (.%)の 順 で 続 いている ( 図 -0) 図 -0. 転 入 先 を 探 したときの 希 望 地 域 基 数 : 東 村 山 市 以 外 の 市 区 町 村 も 探 した 人 (n=) 0.0% 0.0% 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域. 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 0. 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域. 現 在 の 生 活 圏 から 近 い 地 域. 上 記 以 外 で 住 みたいと 思 って いた 特 定 の 地 域... の 内 容 ( 件 以 上 回 答 があったものを 抜 粋 ) 生 活 環 境 自 然 環 境 が 良 さそうなところ/ 静 かで 安 らぐところ ( 件 ) 家 賃 が 安 い 場 所 / 価 格 / 家 賃 が 支 払 える/UR 公 団 住 宅 のある 地 域 ( 件 ) 夫 婦 の 会 社 の 中 間 地 点 / 人 の 職 場 の 間 をとって/ 配 偶 者 の 意 見 ( 件 ) 駅 が 近 い/ 最 寄 り 駅 から 徒 歩 分 以 内 のところ ( 件 ) - -

65 () 転 入 先 を 探 したときの 希 望 地 域 - 年 代 別 - 年 代 別 にみると 0 歳 代 で 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 の 割 合 が.%と 他 の 年 代 に 比 べて 最 も 大 きくなっている また 0 歳 代 以 上 では 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 の 割 合 が.%と 他 の 年 代 に 比 べて 最 も 大 きくなっている 0 歳 代 以 上 はn 数 がと 少 ないが 明 らかな 傾 向 がみられたため 文 中 で 触 れた 図 -0-. 転 入 先 を 探 したときの 希 望 地 域 基 数 : 東 村 山 市 以 外 の 市 区 町 村 も 探 した 人 (n=) 全 体 0 歳 代 0 歳 代 n= n= n= 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 現 在 の 生 活 圏 から 近 い 地 域 上 記 以 外 で 住 みたいと 思 っていた 特 定 の 地 域 歳 代 0 歳 代 0 歳 代 n= n= n= 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 現 在 の 生 活 圏 から 近 い 地 域 上 記 以 外 で 住 みたいと 思 っていた 特 定 の 地 域 歳 代 0 歳 代 以 上 n= n= 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 現 在 の 生 活 圏 から 近 い 地 域 上 記 以 外 で 住 みたいと 思 っていた 特 定 の 地 域

66 () 転 入 先 を 探 したときの 希 望 地 域 - 転 入 前 の 居 住 地 域 別 - 転 入 前 の 居 住 地 域 別 にみると 東 村 山 市 以 外 の 多 摩 市 では 現 在 の 生 活 圏 から 近 い 地 域 の 割 合 が.%と 他 の 居 住 地 域 に 比 べて 最 も 大 きくなっており 埼 玉 県 では 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 の 割 合 が.%と 他 の 居 住 地 域 に 比 べて 最 も 大 きくなっている 図 -0-. 転 入 先 を 探 したときの 希 望 地 域 基 数 : 東 村 山 市 以 外 の 市 区 町 村 も 探 した 人 (n=) 全 体 東 京 区 東 村 山 市 以 外 の 多 摩 市 n= n= n= 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 現 在 の 生 活 圏 から 近 い 地 域 上 記 以 外 で 住 みたいと 思 っていた 特 定 の 地 域 関 東 地 域 ( 東 京 区 埼 玉 県 多 摩 市 埼 玉 県 を 除 く) 関 東 以 外 n= n= n= 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 現 在 の 生 活 圏 から 近 い 地 域 上 記 以 外 で 住 みたいと 思 っていた 特 定 の 地 域

67 () 転 入 先 を 探 したときの 希 望 地 域 - 子 どもの 有 無 別 子 どもの 就 学 就 労 状 況 別 - 子 どもの 有 無 別 にみると 子 どもがいる 世 帯 では 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 の 割 合 が.%と 大 きく 一 方 子 どもはいない 層 では 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 の 割 合 が.%と 大 きくなっている 子 どもの 就 学 就 労 状 況 別 にみると 就 学 前 児 童 のいる 世 帯 で 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 の 割 合 が.%と 他 の 子 どもがいる 世 帯 に 比 べて 最 も 大 きくなっている 図 -0-. 転 入 先 を 探 したときの 希 望 地 域 基 数 : 東 村 山 市 以 外 の 市 区 町 村 も 探 した 人 (n=) 全 体 子 どもがいる 子 どもはいない n= n= n= 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 現 在 の 生 活 圏 から 近 い 地 域 上 記 以 外 で 住 みたいと 思 っていた 特 定 の 地 域 就 学 前 小 中 高 大 学 生 等 社 会 人 n= n=0 n= 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 現 在 の 生 活 圏 から 近 い 地 域 上 記 以 外 で 住 みたいと 思 っていた 特 定 の 地 域 * はn 数 がと 少 ないため 作 図 せず - -

68 () 転 入 先 を 探 したときの 希 望 地 域 - 転 入 後 の 住 居 形 態 別 - 転 入 後 の 住 居 形 態 別 にみると 持 ち 家 ( 新 築 一 戸 建 て)の 層 では 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 の 割 合 が.%と 他 の 住 居 形 態 層 に 比 べて 最 も 大 きく 民 営 の 借 家 アパート マンシ ョンの 層 では 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 の 割 合 が.%と 他 の 住 居 形 態 層 に 比 べて 最 も 大 き くなっている 図 -0-. 転 入 先 を 探 したときの 希 望 地 域 基 数 : 東 村 山 市 以 外 の 市 区 町 村 も 探 した 人 (n=) 全 体 持 ち 家 ( 新 築 一 戸 建 て) 持 ち 家 ( 中 古 一 戸 建 て) n= n= n= 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 現 在 の 生 活 圏 から 近 い 地 域 上 記 以 外 で 住 みたいと 思 っていた 特 定 の 地 域 持 ち 家 ( 中 古 マンション) 民 営 の 借 家 UR 公 社 の 賃 貸 住 宅 アハ ート マンション n= n= n= 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 現 在 の 生 活 圏 から 近 い 地 域 上 記 以 外 で 住 みたいと 思 っていた 特 定 の 地 域 都 営 住 宅 市 営 住 宅 社 宅 寮 宿 舎 などの 公 営 住 宅 n= n= 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 現 在 の 生 活 圏 から 近 い 地 域 上 記 以 外 で 住 みたいと 思 っていた 特 定 の 地 域

69 () 転 入 先 を 探 したときの 希 望 地 域 - 住 居 形 態 の 変 化 別 - 住 居 形 態 の 変 化 別 にみると 持 ち 家 のままの 層 で 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 の 割 合 が.%と 他 の 住 居 形 態 層 に 比 べて 最 も 大 きくなっている また 持 ち 家 から 借 家 に 変 化 した 層 と 借 家 のままの 層 では 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 の 割 合 がそれぞれ0.0%.%と 他 の 住 居 形 態 層 に 比 べて 大 きくなっている 図 -0-. 転 入 先 を 探 したときの 希 望 地 域 基 数 : 東 村 山 市 以 外 の 市 区 町 村 も 探 した 人 (n=) 全 体 持 ち 家 持 ち 家 持 ち 家 借 家 n= n= n= 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 現 在 の 生 活 圏 から 近 い 地 域 上 記 以 外 で 住 みたいと 思 っていた 特 定 の 地 域 借 家 持 ち 家 借 家 借 家 n= n= 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 現 在 の 生 活 圏 から 近 い 地 域 上 記 以 外 で 住 みたいと 思 っていた 特 定 の 地 域

70 () 転 入 先 を 探 したときの 希 望 地 域 - 転 入 時 の 通 勤 通 学 先 別 - 転 入 時 の 通 勤 通 学 先 別 にみると 東 京 区 内 に 通 う 層 では 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 の 割 合 が.%と 他 の 層 に 比 べて 最 も 大 きく 東 京 都 内 の 他 の 市 町 村 と 埼 玉 県 内 に 通 う 層 では 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 の 割 合 がそれぞれ.%.%と 他 の 層 に 比 べて 大 きくなっている 埼 玉 県 内 のn 数 はと 少 ないが 明 らかな 傾 向 がみられたため 文 中 で 触 れた 図 -0-. 転 入 先 を 探 したときの 希 望 地 域 基 数 : 東 村 山 市 以 外 の 市 区 町 村 も 探 した 人 (n=) 全 体 通 勤 通 学 はしていない 東 村 山 市 内 n= n=0 n= 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 現 在 の 生 活 圏 から 近 い 地 域 上 記 以 外 で 住 みたいと 思 っていた 特 定 の 地 域 東 京 区 内 東 京 都 内 の 他 の 市 町 村 埼 玉 県 内 n= n= n= 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 現 在 の 生 活 圏 から 近 い 地 域 上 記 以 外 で 住 みたいと 思 っていた 特 定 の 地 域 の 県 n= 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 現 在 の 生 活 圏 から 近 い 地 域 上 記 以 外 で 住 みたいと 思 っていた 特 定 の 地 域

71 () 転 入 先 を 探 したときの 希 望 地 域 - 転 入 のきっかけ 別 - 転 入 のきっかけ 別 にみると 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 転 勤 転 職 退 職 など)と 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 利 便 性 治 安 など)をよくすること( 子 育 て 環 境 を 除 く)がきっかけの 層 で 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 の 割 合 がそれぞれ.%.0%.%と 他 の 層 に 比 べて 大 きくなっている 図 -0-. 転 入 先 を 探 したときの 希 望 地 域 基 数 : 東 村 山 市 以 外 の 市 区 町 村 も 探 した 人 (n=) 全 体 仕 事 上 の 都 合 ( 就 職 学 校 上 の 都 合 ( 入 学 転 勤 転 職 退 職 など) 進 学 転 校 など) n= n= n= 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 現 在 の 生 活 圏 から 近 い 地 域 上 記 以 外 で 住 みたいと 思 っていた 特 定 の 地 域 家 族 の 人 数 の 変 化 ( 結 婚, 子 どもが 結 婚 ( 事 実 婚 を 含 む) 子 どもが 生 まれた または 生 まれたを 除 く 離 婚 死 別 兄 弟 生 まれる 予 定 があったこと 姉 妹 等 との 同 居 など) n= n=0 n= 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 現 在 の 生 活 圏 から 近 い 地 域 上 記 以 外 で 住 みたいと 思 っていた 特 定 の 地 域 生 活 環 境 ( 交 通 や 買 い 物 の 子 育 て 環 境 をよくすること 利 便 性 治 安 など)をよくする 健 康 上 の 理 由 ( 通 院 こと( 子 育 て 環 境 を 除 く) 病 気 療 養 など) n= n= n= 勤 務 地 通 学 地 から 近 い 地 域 引 越 し 前 に 主 に 使 っていた 鉄 道 路 線 沿 線 の 地 域 親 の 家 または 子 どもの 家 から 近 い 地 域 現 在 の 生 活 圏 から 近 い 地 域 上 記 以 外 で 住 みたいと 思 っていた 特 定 の 地 域

H27報告書

H27報告書 平 成 27 年 印 西 市 市 民 満 足 調 査 報 告 書 平 成 28 年 3 月 印 西 市 目 次 第 1 章 調 査 の 概 1 1. 調 査 の 目 的 3 2. 調 査 方 法 3 3. 回 収 状 況 3 4. 調 査 項 目 3 5. 地 域 区 分 4 6. 調 査 結 果 を 見 る 上 での 注 意 事 項 5 7. 考 慮 すべき 標 本 誤 差 6 第 2 章 調

More information

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216 平 成 26 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 26 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

- 1 -

- 1 - 平 成 27 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 27 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

doc_file

doc_file 転 出 者 アンケート 調 査 票 4 アンケート 用 紙 (1) 転 出 者 アンケート 問 1 今 回 転 出 されるのは 単 身 ですか 世 帯 ですか あてはまる 一 つに をつけてください 1 単 身 で 2 夫 婦 で 3 二 世 代 世 帯 ( 親 と 子 ) 4 三 世 代 世 帯 ( 親 と 子 と 孫 ) 5 その 他 問 2 転 出 される 方 の 年 齢 は ( 世 帯 で

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63> ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 画 ( 後 期 基 本 計 画 ) 市 民 意 識 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 ふじみ 野 市 役 所 総 合 政 策 部 改 革 推 進 室 計 画 評 価 係 調 査 目 次 12 調 査 の 目 概 的 要...1......1 3 集 計 調 方 査 法 結...1 果 の 概 要...............2 12 あなた( 市 の

More information

Microsoft Word - 調査概要.docx

Microsoft Word - 調査概要.docx 5 住 宅 市 場 動 向 調 査 ~ 調 査 概 要 ~ 国 土 交 通 省 住 宅 局 Ⅰ 調 査 の 内 容 調 査 方 法 アンケート 調 査 は 住 宅 の 種 類 ごとに 下 記 の 方 法 で 行 った 住 宅 の 種 類 対 象 対 象 地 域 調 査 方 法 4 4 月 から 5 3 月 の 間 に 自 分 自 身 が 居 住 する 目 的 で 建 築 した 住 宅 に 入 居 済

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63> ま ち づ く り に 関 す る ア ン ケ ー ト 調 査 平 市 人 口 ン 平 市 合 策 定 のための 市 掟 調 査 アンケート 調 査 へのご のお 願 い 平 市 では 平 成 27 拢 までに 平 市 人 口 ン 平 市 合 を 策 定 することとし 現 在 その 準 備 作 業 を 進 めております 合 は 本 市 が に て る 捯 を 人 口 が 捠 に 進 捯 する 現 在

More information

「地域の福祉活動に関する市民意識調査」調査票

「地域の福祉活動に関する市民意識調査」調査票 地 域 の 福 祉 活 動 に 関 する 市 民 意 識 調 査 平 成 22 年 9 月 札 幌 市 日 ごろから 札 幌 市 の 福 祉 行 政 にご 協 力 をいただき ありがとうございます 札 幌 市 では 多 くの 市 民 が 参 加 し 市 民 事 業 者 ( 会 社 など) 行 政 ( 市 役 所 区 役 所 など)が 一 体 となり 安 心 して 暮 らせるぬくもりのある 地 域 福

More information

表 紙 裏

表 紙 裏 資 料 1 白 岡 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 アンケート 調 査 結 果 報 告 書 ( 速 報 値 ) 平 成 27 年 7 月 白 岡 市 表 紙 裏 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 2 2 調 査 概 要... 2 3 報 告 書 の 見 方... 2 Ⅱ. 調 査 結 果 将 来 設 計 に 関 するアンケート 調 査... 3 あなた

More information

- 目 次 - Ⅰ 調 査 の 概 要 1 1 調 査 の 背 景 1 2 調 査 の 目 的 1 3 調 査 の 対 象 方 法 1 4 調 査 の 内 容 1 5 回 収 の 結 果 2 6 調 査 結 果 の 見 方 2 Ⅱ 調 査 結 果 の 概 要 3 Ⅲ 回 答 者 の 属 性 8 1 性 別 と 年 齢 8 2 配 偶 関 係 11 3 家 族 構 成 14 4 育 児 の 必 要 な

More information

目 次. 調 査 の 概 要.... 調 査 の 目 的.... 調 査 対 象 対 象 地 域 調 査 方 法....3 回 収 状 況.... 結 果 の 概 要 住 み 替 え 建 て 替 え リフォームに 関 する 事 項 住 み 替 えに 関 する 意 思 決 定

目 次. 調 査 の 概 要.... 調 査 の 目 的.... 調 査 対 象 対 象 地 域 調 査 方 法....3 回 収 状 況.... 結 果 の 概 要 住 み 替 え 建 て 替 え リフォームに 関 する 事 項 住 み 替 えに 関 する 意 思 決 定 6 住 宅 市 場 動 向 調 査 ~ 調 査 概 要 ~ 国 土 交 通 省 住 宅 局 目 次. 調 査 の 概 要.... 調 査 の 目 的.... 調 査 対 象 対 象 地 域 調 査 方 法....3 回 収 状 況.... 結 果 の 概 要... 3. 住 み 替 え 建 て 替 え リフォームに 関 する 事 項... 3.. 住 み 替 えに 関 する 意 思 決 定... 3..

More information

平成16年度

平成16年度 住 宅 市 場 動 向 調 査 報 告 書 平 成 26 年 3 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 本 報 告 書 についての 問 い 合 わせ 先 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 経 済 班 TEL 03-5253-8111( 代 表 ) 内 線 39-234 2 目 次 1. 調 査 の 概 要 2. 結 果 の 概 要 3. 注 文 住 宅 に 関 する 結 果 4. 分

More information

- 56 -

- 56 - 第 3 章 結 果 の 考 察 - 55 - - 56 - 企 画 政 策 部 企 画 政 策 課 今 回 のアンケートでは 移 転 ( 転 入 出 )のきっかけ 移 転 先 の 決 定 に 重 視 したこと 実 際 に 移 転 先 を 決 定 した 理 由 情 報 源 本 市 に 対 する 印 象 の 変 化 などについて 伺 いました ここでは 本 市 の 人 口 動 態 が 近 年 転 出 者

More information

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5 海 津 市 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 係 る アンケート 調 査 ~ 調 査 ご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 から 市 政 の 推 進 にご 理 解 ご 協 力 をいただきまして ありがとうございます このたび 海 津 市 では 国 のまち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 に 基 づ き 本 市 の 人 口 の 将 来 展 望 を 示 したうえで 本 市

More information

目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 について... 2 (1) 調 査 目 的... 2 (2) 調 査 項 目... 2 (3) 調 査 設 計... 2 (4) 回 収 結 果... 3 (5) 報 告 書 の 見 方... 3 2. 回 答 者 の 属 性... 4 (1) 一 般 市 民 調 査... 4 (2) 企 業 調 査... 11 Ⅱ. 調 査 結 果 ( 一

More information

「生活意識に関するアンケート調査」(第65回)の結果

「生活意識に関するアンケート調査」(第65回)の結果 2016 年 4 月 11 日 日 本 銀 行 情 報 サ ー ビ ス 局 生 活 意 識 に 関 するアンケート 調 査 ( 第 65 回 )の 結 果 2016 年 3 月 調 査 日 本 銀 行 では 政 策 業 務 運 営 の 参 考 とするため 本 支 店 や 事 務 所 を 通 じた 広 報 活 動 のなかで 国 民 各 層 の 意 見 や 要 望 を 幅 広 く 聴 取

More information

概況

概況 平 成 27 年 7 月 2 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 世 帯 統 計 室 室 長 中 村 年 宏 室 長 補 佐 松 下 英 嗣 ( 担 当 内 線 ) 世 帯 担 当 国 民 生 活 基 礎 統 計 第 一 係 (7587) 所 得 担 当 国 民 生 活 基 礎 統 計 第 二 係 (7588) ( 電 話 代 表 )03(5253)1111

More information

平成26年度 関市

平成26年度 関市 1 閲 覧 用 2 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 目 的... 2 (2) 調 査 項 目... 2 (3) 調 査 方 法... 2 (4) 回 収 結 果... 2 (5) 報 告 書 の 見 方... 3 2 調 査 結 果... 5 (1) 回 答 者 の 属 性... 6 (2) 関 市 への 居 住 意 向 につて... 15 (3) 市 の 主 な 施 策

More information

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6 羽 島 市 第 六 次 総 合 計 画 策 定 に 関 する 市 民 アンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 平 成 25 年 11 月 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の

More information

Microsoft Word - 111001市民意識調査票(案.1100916)Ver.5.docx

Microsoft Word - 111001市民意識調査票(案.1100916)Ver.5.docx 江 別 市 まちづくり 市 民 アンケート 調 査 ~ 市 民 意 識 調 査 へのご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 より 市 政 にご 理 解 とご 協 力 をいただき 誠 にありがとうございます 江 別 市 では 平 成 16 年 に 策 定 した 第 5 次 江 別 市 総 合 計 画 の 計 画 期 間 が 平 成 25 年 度 に 終 了 することから 平 成 26 年 度 よりスタートする

More information

あなたのお 住 まいについておたずねします 問 2 4 月 14 日 時 点 のあなたの 居 住 地 区 は 次 のどれに 当 てはまりますか ( は1つ 1. 赤 井 2. 木 崎 3. 五 楽 4. 中 尾 5. 上 砥 川 6. 中 砥 川 7. 下 砥 川 8. 新 川 飯 野 9. 下 鶴

あなたのお 住 まいについておたずねします 問 2 4 月 14 日 時 点 のあなたの 居 住 地 区 は 次 のどれに 当 てはまりますか ( は1つ 1. 赤 井 2. 木 崎 3. 五 楽 4. 中 尾 5. 上 砥 川 6. 中 砥 川 7. 下 砥 川 8. 新 川 飯 野 9. 下 鶴 益 城 町 復 興 計 画 策 定 のための 住 民 アンケート 調 査 この 調 査 は 益 城 町 の 復 興 計 画 づくりの 検 討 に 活 かすことを 目 的 としています この 調 査 票 は 本 調 査 票 が 届 いた 世 帯 の 主 たる 家 計 の 支 持 者 がお 答 えください 選 択 式 の 質 問 は 当 てはまると 思 われる 選 択 肢 の を で 囲 み かっこ 内

More information

<4D F736F F D F95BD90AC E93788F5A91EE8E738FEA93AE8CFC92B28DB85F95F18D908F B95B6816A E646F63>

<4D F736F F D F95BD90AC E93788F5A91EE8E738FEA93AE8CFC92B28DB85F95F18D908F B95B6816A E646F63> 22 年 度 住 宅 市 場 動 向 調 査 報 告 書 23 年 3 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 本 報 告 書 についての 問 い 合 わせ 先 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 経 済 班 TEL 03-5253-8111( 代 表 ) 内 線 39-234 目 次 1. 調 査 の 目 的... 1 2. 調 査 の 内 容... 2 2.1 対 象 とする 市 場...

More information

標準テンプレート

標準テンプレート 資 料 鎌 倉 市 地 方 創 生 に 関 するアンケート 調 査 結 果 概 要 目 次 0. 要 約 II. 転 入 転 出 調 査 ( 転 入 ) a. 属 性 I. 市 民 対 象 調 査 a. 属 性 b. 晩 婚 化 の 要 因 の 把 握 c. 希 望 の 子 どもの 数 d. 出 生 率 の 低 下 の 要 因 の 把 握 e. 夫 婦 の 出 生 力 の 低 下 の 背 景 となる

More information

Microsoft Word - 010_表紙

Microsoft Word - 010_表紙 第 Ⅱ 章 調 査 結 果 1. 住 まいの 損 害 保 険 および 共 済 の 加 入 状 況 本 調 査 の 集 計 分 析 は 損 害 保 険 共 済 等 の 加 入 状 況 により 地 震 保 険 の 加 入 非 加 入 の 別 で 2 区 分 その 詳 細 として 5 区 分 に 分 けて 実 施 した 具 体 的 な 区 分 内 容 は 以 下 の 通 りである (1) 地 震 保 険

More information

- 1 -

- 1 - 子 どもと 子 育 てに 関 する 調 査 結 果 報 告 書 平 成 21 年 3 月 青 森 県 子 育 て 支 援 政 策 形 成 リサーチ 事 業 検 討 委 員 会 青 森 県 - 1 - 目 次 調 査 結 果 のまとめ まとめ1 調 査 概 要 1 調 査 結 果 回 答 者 のプロフィール 3 理 想 の 子 ども 数 予 定 の 子 ども 数 について 22 子 ども 数 の 減

More information

<4D F736F F D20926E95FB916E90B B836795AA90CD8C8B89CA5F F4390B3>

<4D F736F F D20926E95FB916E90B B836795AA90CD8C8B89CA5F F4390B3> 美 馬 市 地 方 創 生 アンケート 分 析 結 果 平 成 27 年 10 月 美 馬 市 目 次 Ⅰ. 結 婚 出 産 子 育 て 等 に 関 するアンケート 調 査 1 1. 調 査 概 要 1 2. 結 果 概 要 3 3. 分 析 結 果 9 Ⅱ. 高 校 生 進 路 ( 進 学 就 職 ) アンケート 調 査 28 1. 調 査 概 要 28 2. 結 果 概 要 30 3. 分 析

More information

平 成 27 年 度 国 立 市 人 口 ビジョン 作 成 に 係 る 基 礎 調 査 結 果 報 告 書 国 立 市 目 次 Ⅰ 調 査 概 要... 1 1 目 的... 1 2 アンケートの 概 要... 1 (1) 調 査 対 象 者 と 調 査 方 法... 1 (2) 実 施 期 間... 1 (3) 回 収 率... 1 (4) 報 告 書 の 見 方... 1 (5) 標 本 誤

More information

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28 吉 野 川 市 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 策 定 のための アンケート 調 査 結 果 概 要 版 平 成 27 年 7 月 吉 野 川 市 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 調 査 は 今 年 度 策 定 する 地 方 版 総 合 戦 略 において まち ひと しごと 創 生 の 実 現 に 向 けた 効 果 的 な 施 策 を 推 進 するため また 地 方 版

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048313796AF8AD48F5A91EE838D815B83938EC091D492B28DB881698F5A91EE8AD698418E968BC68ED28CFC82AF816A8C8B89CA95F18D908F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048313796AF8AD48F5A91EE838D815B83938EC091D492B28DB881698F5A91EE8AD698418E968BC68ED28CFC82AF816A8C8B89CA95F18D908F91> 平 成 17 度 民 間 住 宅 ローンの 実 態 に 関 する 調 査 ( 住 宅 関 連 事 業 者 向 け) 結 果 報 告 書 平 成 18 3 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 及 び Ⅲ 調 査 集 計 データ (カッコ 内 は 調 査 集 計 データ 掲 載 頁 ) ポイント 3 Q1 回 答 者 が 所 属 する 企 業 の

More information

’jfl—_–{•Ò_

’jfl—_–{•Ò_ 6. 男 女 間 における 暴 力 について (1) 配 偶 者 からの 暴 力 の 防 止 及 び 被 害 者 の 保 護 についての 認 知 度 問 17 あなたは 配 偶 者 からの 暴 力 の 防 止 及 び 被 害 者 の 保 護 に 関 して 次 のことを 知 っていますか ここでの 配 偶 者 には 婚 姻 届 を 出 していない 事 実 婚 や 別 居 中 の 夫 婦 元 配 偶 者

More information

「子育て中の女性の就労意識に関するアンケート調査」

「子育て中の女性の就労意識に関するアンケート調査」 子 育 て 中 の 女 性 の 就 労 意 識 に 関 する アンケート 調 査 報 告 書 女 性 の 再 チャレンジ 促 進 緊 急 雇 用 創 出 事 業 報 告 書 (2/3) 平 成 26 年 3 月 三 重 県 目 次 1. 調 査 の 概 要... 1 2. 調 査 結 果 の 概 要... 2 3. 調 査 結 果... 6 Ⅰ.あなたご 自 身 について... 6 A.あなたの

More information

1 策 定 体 制 (1) 館 林 市 まち ひと しごと 創 生 懇 談 会 総 合 戦 略 の 策 定 及 び 推 進 に 当 たり 産 業 界 金 融 機 関 ( 商 工 会 議 所 農 協 金 融 機 関 東 武 鉄 道 ) 等 の 関 係 者 の 意 見 を 聴 取 (2) 館 林 市 総

1 策 定 体 制 (1) 館 林 市 まち ひと しごと 創 生 懇 談 会 総 合 戦 略 の 策 定 及 び 推 進 に 当 たり 産 業 界 金 融 機 関 ( 商 工 会 議 所 農 協 金 融 機 関 東 武 鉄 道 ) 等 の 関 係 者 の 意 見 を 聴 取 (2) 館 林 市 総 資 料 多 々 良 沼 夕 景 92 1 策 定 体 制 (1) 館 林 市 まち ひと しごと 創 生 懇 談 会 総 合 戦 略 の 策 定 及 び 推 進 に 当 たり 産 業 界 金 融 機 関 ( 商 工 会 議 所 農 協 金 融 機 関 東 武 鉄 道 ) 等 の 関 係 者 の 意 見 を 聴 取 (2) 館 林 市 総 合 計 画 審 議 委 員 会 市 民 教 育 機 関 等 (

More information

調 査 実 施 の 背 景 毎 年 1 月 から3 月 にかけて 受 験 シーズンを 迎 えます 受 験 生 ご 本 人 も 追 い 込 みで 大 変 な 時 期 ですが 受 験 生 を 支 えるご 両 親 にとっても 冬 の 寒 い 季 節 でもあり お 子 さまの 健 康 管 理 など ご 苦

調 査 実 施 の 背 景 毎 年 1 月 から3 月 にかけて 受 験 シーズンを 迎 えます 受 験 生 ご 本 人 も 追 い 込 みで 大 変 な 時 期 ですが 受 験 生 を 支 えるご 両 親 にとっても 冬 の 寒 い 季 節 でもあり お 子 さまの 健 康 管 理 など ご 苦 2010 年 2 月 中 学 3 年 生 の 受 験 生 を 持 つ 母 親 600 名 に 聞 いた 高 校 受 験 に 関 する 調 査 ~ 受 験 のため 支 出 を 控 えた 費 用 衣 食 住 42.8% レシ ャー 49.3% お 母 さんの 小 遣 い 17.0%~ 第 一 生 命 保 険 相 互 会 社 ( 社 長 斎 藤 勝 利 )のシンクタンク ( 株 ) 第 一 生 命 経 済

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

岐阜市

岐阜市 資 料 3 岐 阜 市 少 子 化 対 策 に 関 するアンケート 調 査 調 査 ご 協 力 のお 願 い 皆 様 には 日 頃 より 市 政 にご 理 解 とご 協 力 をたまわり 誠 にありがとうございます この 調 査 は これからの 岐 阜 市 における 少 子 化 対 策 への 取 り 組 みや 次 世 代 育 成 支 援 対 策 行 動 計 画 の 策 定 を 進 めるうえでの 参 考

More information

豊 島 区 のマンションの 状 況 豊 島 区 の 分 譲 マンションは 937 件 41,733 戸 21 年 1 月 現 在 分 譲 マンションの 建 築 数 は 937 件 41,733 戸 となっています 近 年 は 竣 工 件 数 に 比 べ 竣 工 が 大 きく 伸 びており 大 規 模

豊 島 区 のマンションの 状 況 豊 島 区 の 分 譲 マンションは 937 件 41,733 戸 21 年 1 月 現 在 分 譲 マンションの 建 築 数 は 937 件 41,733 戸 となっています 近 年 は 竣 工 件 数 に 比 べ 竣 工 が 大 きく 伸 びており 大 規 模 豊 島 区 分 譲 マンション 実 態 調 査 報 告 書 概 要 版 調 査 の 目 的 豊 島 区 の 住 宅 は 約 8 割 が 分 譲 マンションを 含 む 共 同 住 宅 であり 一 般 的 な 居 住 形 態 として 定 着 しています 共 同 住 宅 の 適 切 な 維 持 管 理 は 居 住 者 が 快 適 に 住 み 続 けることが 出 来 るだけでなく 良 好 な 住 宅 ストックの

More information

56 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1 町 政 24.7 41.7 12.9 7.9 9.4 5 事 業 の 企 画 検 討 11.6 42.7 22.4 9.8 12.5 2 各 種 計 画 17.0 45.4 17.0 8.3 11.0 6 町 民 の 声 を 聞 く 姿 勢 16.2 34.4 21.3 15.4 9.8

More information

入 居 資 格 ( 車 いす 使 用 者 世 帯 向 ) 申 込 書 配 布 期 間 ( 2 8 年 2 月 1 日 2 月 9 日 ) 内 に 次 の 1 8 の す べ て に あ て は ま る こ と が 必 要 で す 申 込 書 住 宅 状 況 申 告 書 ( 申 込 書 裏 面 左 上

入 居 資 格 ( 車 いす 使 用 者 世 帯 向 ) 申 込 書 配 布 期 間 ( 2 8 年 2 月 1 日 2 月 9 日 ) 内 に 次 の 1 8 の す べ て に あ て は ま る こ と が 必 要 で す 申 込 書 住 宅 状 況 申 告 書 ( 申 込 書 裏 面 左 上 前 回 の 応 募 状 況 27 年 8 月 募 集 における 平 均 倍 率 は 次 のとおりです 倍 率 は 常 に 一 定 しているとは 限 りませんが 参 考 までに 掲 載 いたします 平 均 倍 率 8.9 倍 各 区 市 町 の 応 募 倍 率 (ただし 27 年 8 月 募 集 で 募 集 しなかった 区 市 町 は 出 ていません ) 区 市 町 募 集 数 応 募 数 倍 率 中

More information

2) 人 口 動 態 住 民 基 本 台 帳 より 人 口 動 態 をみると 転 出 は 減 少 傾 向 転 入 は 減 少 傾 向 から 横 ばいの 状 況 にあ るが 依 然 として 転 出 超 過 にある 年 齢 層 では 2 歳 代 の 人 口 が 定 着 していないと 考 えられる 一 方

2) 人 口 動 態 住 民 基 本 台 帳 より 人 口 動 態 をみると 転 出 は 減 少 傾 向 転 入 は 減 少 傾 向 から 横 ばいの 状 況 にあ るが 依 然 として 転 出 超 過 にある 年 齢 層 では 2 歳 代 の 人 口 が 定 着 していないと 考 えられる 一 方 参 考 資 料 -3 住 まいの 状 況 に 関 する 資 料 1) 人 口 世 帯 数 推 移 国 勢 調 査 より 本 市 の 人 口 推 移 をみると 昭 和 4 年 から 45 年 にかけて 人 口 がほぼ 倍 増 するなど 急 激 な 増 加 がみられる その 後 平 成 初 期 以 降 はその 増 加 率 は 鈍 化 し 平 成 12 年 の 約 24 万 人 を ピークに 平 成 17

More information

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総 村 山 の 概 要 村 山 の 概 要 1) 位 置 及 び 地 勢 村 山 は 京 都 の 北 西 部 北 緯 35 度 45 分 経 139 度 28 分 に 位 置 し 荒 川 から 多 摩 川 に かけて 広 がる 洪 積 層 武 蔵 野 台 地 のほぼ 中 央 部 京 都 心 部 から 約 30kmの 圏 内 に 位 置 してい ます 域 の 北 側 は 埼 玉 県 所 沢 側 は 清 瀬

More information

Microsoft Word -

Microsoft Word - 結 婚 妊 娠 出 産 育 児 に 関 する 意 識 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 文 京 区 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 1. 調 査 目 的 3 2. 調 査 項 目 3 3. 調 査 設 計 3 4. 回 収 結 果 3 5. 報 告 書 の 見 方 3 Ⅱ 調 査 回 答 者 の 属 5 (1) 7 (2) 年 齢 7 (3) 同 居 者 8 (4) 現 在 の 暮

More information

高校・大学

高校・大学 平 成 29 年 度 宮 崎 県 育 英 資 金 予 約 採 用 募 集 要 項 高 等 学 校 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 高 等 課 程 奨 学 生 1 宮 崎 県 育 英 資 金 の 目 的 将 来 有 能 な 人 材 を 育 成 するため 向 学 心 に 富 み 優 れた 素 質 を 有 しながら 経 済 的 理 由 により 修 学 が 困 難 な 学 生 又 は 生 徒 に 対

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EE18ED28F5A91D682A682BB82CC82518A54977694C58A6D92E894C52E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EE18ED28F5A91D682A682BB82CC82518A54977694C58A6D92E894C52E646F6378> 若 世 代 の 住 替 え 意 識 調 査 (その2) 概 要 版 平 成 26 年 6 月 一 般 社 団 法 人 不 動 産 流 通 経 営 協 会 住 替 え 意 向 のある 若 世 代 の 住 替 え 意 識 ~ 新 築 中 古 の 特 徴 比 較 を 中 心 に~ 要 旨 本 調 査 の 回 答 である 住 替 え 意 向 のある 若 世 代 (N=2,520)のうち 持 家 への 住 替

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 災 害 弔 慰 金 の 支 給 内 容 について 教 えて 下 さい Q2 震 災 により 重 い 障 害 を 負 いました 何 か 支 援 制 度 はありませんか Q3 震 災 で 息 子 が 亡 くなりました 息 子 は 結 婚 していましたが 長 年 別 居 していました この 場 合 でも 息 子 の 妻 が 災 害 弔 慰 金 を 受 け 取 ることになるのでしょうか Q4

More information

野村不動産グループ PRESS RELEASE

野村不動産グループ PRESS RELEASE 報 道 関 係 者 各 位 2016 年 3 月 15 日 野 村 不 動 産 アーバンネット 株 式 会 社 定 年 退 職 後 の 夫 婦 の 生 活 意 識 調 査 を 実 施 定 年 したからこそ 住 みかえたくなる 3 つの 理 由 は ~ バリアフリー 子 供 との 近 居 今 の 家 が 広 すぎる ~ 野 村 不 動 産 アーバンネット 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新

More information

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ローン ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 ご 返 済 期 間 金 利 ( 平 成 27 年 2 月 20 日 現 在 ) お 使 いみち お 子 さま 1 人 につき 350 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ローン ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 ご 返 済 期 間 金 利 ( 平 成 27 年 2 月 20 日 現 在 ) お 使 いみち お 子 さま 1 人 につき 350 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大 平 成 2 7 年 2 月 20 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 重 い 教 育 費 負 担 ~ 年 収 400 万 円 未 満 の 世 帯 では 負 担 割 合 が 4 割 に~ - 教 育 費 負 担 の 実 態 調 査 結 果 ( 平 成 26 年 度 )- < 調 査 結 果 のポイント> 1 自 宅 外 通 学 の 場 合 高 校 ~ 大 学 卒 業 までに 必 要 な

More information

Microsoft Word - 資料2-2-5 妊婦

Microsoft Word - 資料2-2-5 妊婦 資 料 2-2-5 浦 安 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 に 関 する 基 礎 調 査 妊 婦 アンケート( 案 ) 浦 安 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 に 関 する 基 礎 調 査 妊 婦 アンケート 1.あなたのことについてお 伺 いします 問 1 あなたは 現 在 何 歳 ですか ( 数 字 を 記 入 ) 満 ( ) 歳 問 2 現 在 あなたといっしょに

More information

1526452.dsz

1526452.dsz 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 都 民 税 申 告 の 手 引 申 告 書 の 提 出 期 限 は 平 成 28 年 3 月 15 日 ( 火 )です 特 別 区 民 税 都 民 税 ( 住 民 税 )の 申 告 につきましては 毎 年 ご 協 力 をいただきありがとうございます 平 成 28 年 度 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりましたので 申 告 書 をお 送

More information

Microsoft Word - 平成22年度住宅市場動向調査【調査結果の概要】

Microsoft Word - 平成22年度住宅市場動向調査【調査結果の概要】 平 成 23 年 7 月 22 日 住 宅 局 住 宅 政 策 課 平 成 22 年 度 住 宅 市 場 動 向 調 査 について 本 調 査 は 住 生 活 基 本 計 画 に 位 置 づけられた 市 場 重 視 ストック 重 視 の 視 点 を 踏 まえ 市 場 機 能 が 適 切 に 発 揮 される 条 件 を 整 備 し 既 存 ストックの 質 を 高 めながら 有 効 に 活 用 していくための

More information

03所得

03所得 Ⅱ 各 種 世 帯 の 所 得 等 の 状 況 の 所 得 とは 平 成 24 年 1 月 1 日 から12 月 31 日 までの1 年 間 の 所 得 であり 貯 蓄 借 入 金 とは 平 成 25 年 6 月 末 日 の 現 在 高 及 び 残 高 である なお 生 活 意 識 については 平 成 25 年 7 月 11 日 現 在 の 意 識 である 1 年 次 別 の 所 得 の 状 況 平

More information

’00

’00 明 石 の 人 口 平 成 17 年 (2005 年 ) 国 勢 調 査 結 果 報 告 書 平 成 17 年 国 勢 調 査 の 概 要 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 ほぼ 5 年 ごとに 行 われており, 平 成 17 年 国 勢 調 査 はその 18 回 目 に 当 たる 国 勢

More information

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 お 子 さま 1 人 につき 35 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大 学 院 に 1 年 以 上 在 籍 する 資 金 として する 場 合 は 45 万 円 以 内 ご 返

[ 参 考 ] 国 の 教 育 ( 教 育 一 般 貸 付 ( 直 接 扱 ))の 概 要 融 資 限 度 額 お 子 さま 1 人 につき 35 万 円 以 内 外 国 の 短 大 大 学 大 学 院 に 1 年 以 上 在 籍 する 資 金 として する 場 合 は 45 万 円 以 内 ご 返 ニュースリリース 平 成 2 8 年 2 月 23 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 高 校 入 学 から 大 学 卒 業 までに 必 要 な 教 育 費 は 約 9 万 円 に ~ 教 育 費 の 増 加 や 仕 送 り 額 の 減 少 を 奨 学 金 子 供 のアルバイト 収 入 等 により 捻 出 ~ - 教 育 費 負 担 の 実 態 調 査 結 果 ( 平 成 )-

More information

【H.1-4】H28年度在学採用募集要項(高校等)

【H.1-4】H28年度在学採用募集要項(高校等) 平 成 28 年 度 宮 崎 県 育 英 資 金 在 学 採 用 募 集 要 項 高 等 学 校 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 ( 高 等 課 程 ) 奨 学 生 1 宮 崎 県 育 英 資 金 の 目 的 将 来 有 能 な 人 材 を 育 成 するため 向 学 心 に 富 み 優 れた 素 質 を 有 しながら 経 済 的 理 由 により 修 学 が 困 難 な 学 生 又 は 生 徒

More information

4 調 査 期 間 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 2015 年 10 月 16 日 ~10 月 19 日 移 住 調 査 : 2015 年 10 月 21 日 ~10 月 23 日 5 有 効 回 答 者 数 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 20,911( 配

4 調 査 期 間 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 2015 年 10 月 16 日 ~10 月 19 日 移 住 調 査 : 2015 年 10 月 21 日 ~10 月 23 日 5 有 効 回 答 者 数 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 20,911( 配 資 料 -2.1 移 住 交 流 定 住 に 関 するアンケート 調 査 結 果 1 目 的 東 北 地 方 への 定 住 の 可 能 性 とその 条 件 また 東 北 地 方 への 来 訪 ( 交 流 )の 可 能 性 とその 条 件 を 探 る 2 調 査 方 法 インターネットによる Web 調 査 ( 株 式 会 社 インテージ) 3 調 査 対 象 インテージモニターを 対 象 1 対 象

More information

1 資 料 5 平 成 19 年 (2007 年 )12 月 11 日 中 野 区 の 住 宅 住 環 境 の 動 向 目 次 1. 人 口 と 世 帯 -1-2. 世 帯 の 構 成 -2-3.5 歳 階 級 別 人 口 の 構 成 -3-4. 年 少 人 口 の 推 移 -4-5.65 歳 以 上 人 口 の 推 移 -5-6. 転 入 転 出 世 帯 の 状 況 1 単 身 世 帯 -6-7. 転

More information

スライド 1

スライド 1 81.8%の 人 が 存 在 する と 感 じる 2 人 目 の 壁 子 どもなし 1 人 2 人 3 人 4 人 以 上 2 人 以 上 子 どもを 持 ちたい 71.8% ( 小 数 点 以 下 第 二 位 四 捨 五 入 ) 14.5 13.8 47.2 22.0 2.6 0.0 20.0 40.0 60.0 80.0 100.0 2013 年 6 月 3 日 タマホーム 株 式 会 社 理

More information

2012_03

2012_03 報 道 関 係 各 位 2012 年 6 月 11 日 人 と 人 とのつながり( 絆 )に 関 する 調 査 子 ども とのつながりを 大 切 だと 思 う 割 合 9 割 超 配 偶 者 9 割 弱 両 親 8 割 強 近 所 の 人 とのつながりを 大 切 だと 思 う 割 合 約 4 人 に1 人 SNS 上 でのつながり を 大 切 だと 思 う は 約 1 割 職 場 の 人 とのつながりを

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179838A836E83458358838C835E815B817A83568393834F838B926A8F975F766572203231>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179838A836E83458358838C835E815B817A83568393834F838B926A8F975F766572203231> マンション 住 まいシングルの 住 みかえ に 関 する 意 識 調 査 調 査 結 果 詳 細 調 査 概 要 調 査 方 法 : インターネットリサーチ 調 査 地 域 : 1 都 3 県 ( 東 京 都 神 奈 川 県 千 葉 県 埼 玉 県 ) (1) 自 身 の 住 まいとしてマンションを 購 入 し 居 住 している 未 婚 男 女 ( 居 住 期 間 10 年 以 内 ) 調 査 対

More information

<95F18D908F912E786477>

<95F18D908F912E786477> 参 考 鹿 児 島 県 民 の 生 活 意 識 実 態 調 査 等 の 結 果 平 成 23 年 3 月 28 日 目 次 I. 世 代 別 にみた 特 徴 と 課 題... 2 1. 20 歳 代... 2 2. 30 歳 代... 3 3. 40 歳 代... 5 4. 50 歳 代... 7 5. 60 歳 代... 8 6. 70 歳 以 上... 10 II. 就 業 形 態 別 にみた

More information

自 主 調 査 結 果 サマリー 地 方 出 身 者 都 市 圏 在 住 18~39 歳 における UJ ターンに 対 する 意 識 調 査 の 結 果 は 以 下 の 通 り UJ ターンの 意 向 < 図 表 1~3> UJ ターン 意 向 者 は 全 体 の 47.4% UJ ターンを 想 定

自 主 調 査 結 果 サマリー 地 方 出 身 者 都 市 圏 在 住 18~39 歳 における UJ ターンに 対 する 意 識 調 査 の 結 果 は 以 下 の 通 り UJ ターンの 意 向 < 図 表 1~3> UJ ターン 意 向 者 は 全 体 の 47.4% UJ ターンを 想 定 2015 年 3 月 17 日 株 式 会 社 サーベイリサーチセンター SRC 自 主 調 査 の 調 査 結 果 地 方 創 生 大 学 生 第 二 新 卒 社 会 人 における UJ ターンに 対 する 意 識 調 査 株 式 会 社 サーベイリサーチセンター( 本 社 : 東 京 都 荒 川 区 代 表 取 締 役 : 戸 祭 浩 )は 大 学 生 第 二 新 卒 社 会 人 における UJ

More information

(3) 仕 事 ( 結 果 の 概 要 12~ ページ 参 照 ) 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 女 共 に 平 成 13 年 まで 減 少 が 続 き,18 年 で 増 加 したが,23 年 で 再 び 減 少 平 成 23 年 の 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 性 が6 間 56,

(3) 仕 事 ( 結 果 の 概 要 12~ ページ 参 照 ) 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 女 共 に 平 成 13 年 まで 減 少 が 続 き,18 年 で 増 加 したが,23 年 で 再 び 減 少 平 成 23 年 の 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 性 が6 間 56, 平 成 23 年 社 会 生 活 基 本 調 査 生 活 間 に 関 する 結 果 要 約 平 成 24 年 9 月 26 日 社 会 生 活 基 本 調 査 とは 社 会 生 活 基 本 調 査 は, 国 民 の 生 活 間 の 配 及 び 自 由 間 における 主 な 活 動 について 調 査 し, 各 種 行 政 施 策 の 基 礎 資 料 を 得 ることを 目 的 とし, 昭 和 51 年

More information

Microsoft Word - douko.doc

Microsoft Word - douko.doc 住 まいの 売 却 で 4 件 中 3 件 が 売 却 損 発 生 不 動 産 売 買 に 当 たりインターネットの 利 用 者 が5 割 不 動 産 流 通 に 関 する 消 費 者 動 向 調 査 結 果 ( 社 ) 不 動 産 流 通 経 営 協 会 住 まいの 売 却 のうち 4 件 中 3 件 で 売 却 損 が 発 生 不 動 産 価 格 の 下 落 により 不 動 産 の 購 入 に

More information

納品労働者アンケート結果_0331納品版

納品労働者アンケート結果_0331納品版 2. 出 産 育 児 等 を 機 に 離 職 した 仕 事 について 出 産 育 児 等 を 機 に 離 職 した 仕 事 が 最 初 の 仕 事 ( 初 職 )である 割 合 は 正 社 員 は5 割 弱 フルタイム 及 び 短 時 間 の 非 正 社 員 は4 割 弱 である ( 就 業 形 態 は 再 就 職 後 である 以 下 同 様 ) 離 職 した 仕 事 の 就 業 形 態 は 正 社

More information

2

2 資 料 5 結 婚 出 産 子 育 てに 関 する アンケート 調 査 調 査 の 目 的 とお 願 い 皆 様 におかれましては 日 頃 から 市 政 にご 支 援 とご 協 力 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて 現 在 わが 国 では 全 国 的 な 人 口 の 減 少 を 背 景 に 地 方 創 生 に 向 けた 取 組 が 進 めら れております 本 市 においても 少 子

More information

家 簿 記 入 者 就 業 者 別 集 結 果 ( 別 紙 1 小 参 照 ) A 夫 婦 のみの 世 帯 ( 片 働 き) では 妻 が 家 簿 記 入 者 で 夫 が 就 業 している 世 帯 が 最 も 多 く 197 世 帯 (98.5%)であった B 夫 婦 のみの 世 帯 ( 共 働 き

家 簿 記 入 者 就 業 者 別 集 結 果 ( 別 紙 1 小 参 照 ) A 夫 婦 のみの 世 帯 ( 片 働 き) では 妻 が 家 簿 記 入 者 で 夫 が 就 業 している 世 帯 が 最 も 多 く 197 世 帯 (98.5%)であった B 夫 婦 のみの 世 帯 ( 共 働 き 資 料 家 の 個 別 化 の 実 態 に 関 するアンケートの 結 果 について 1 本 アンケートの 概 要 (1) 調 査 目 的 公 的 統 の 整 備 に 関 する 基 本 的 な 画 に 掲 げられた 個 化 の 状 況 のより 的 確 な 把 握 について 検 討 するための 基 礎 資 料 として 二 人 以 上 の 世 帯 における 家 管 理 の 形 態 と 収 支 の 把 握

More information

<92508F838F578C76816948509770816A2E786C73>

<92508F838F578C76816948509770816A2E786C73> 平 成 24 年 2 月 1 日 現 在 ( 単 純 集 ) ( 大 槌 町 復 興 局 復 興 推 進 室 ) 1/26 住 宅 再 建 に 関 する 意 向 調 査 について 1. 調 査 目 的 被 災 者 住 宅 再 建 について 見 通 しや 考 え 方 を 明 らかにすることにより 大 槌 町 東 日 本 大 震 災 津 波 復 興 画 ( 実 施 画 ) 策 定 に 係 る 基 礎 資

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63> 平 成 年 度 市 民 県 民 申 告 の 手 引 き 日 頃, 本 市 の 務 事 務 にご 協 力 をいただきましてありがとうございます 市 民 県 民 申 告 は,この 手 引 きをご 参 照 のうえ, 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたし ます ( 申 告 期 限 近 くは, 大 変 混 雑 しますのでお 早 めにお 願 いいたします ) この 申 告 は,あなたの

More information

ニュースリリース

ニュースリリース ニュースリリース 平 成 2 4 年 11 月 28 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 教 育 費 負 担 の 実 態 調 査 結 果 ( 国 の 教 育 ローン 利 用 勤 務 者 世 帯 ) ( 平 成 24 年 度 ) 世 帯 年 収 減 少 により 一 段 と 重 くなる 教 育 費 負 担 ~ 年 収 に 占 める 教 育 費 の 負 担 割 合 が 39と 過 去 1

More information

第 4 章 就 労 働 く 理 由 (P.9) 生 計 を 維 持 するため が 男 女 ともに1 位 男 性 の2 位 は 将 来 に 備 えて 貯 蓄 をするため 女 性 の2 位 は 自 分 の 自 由 になるお 金 をえる ため 現 在 身 につけている 能 力 (P.10) 男 女 とも

第 4 章 就 労 働 く 理 由 (P.9) 生 計 を 維 持 するため が 男 女 ともに1 位 男 性 の2 位 は 将 来 に 備 えて 貯 蓄 をするため 女 性 の2 位 は 自 分 の 自 由 になるお 金 をえる ため 現 在 身 につけている 能 力 (P.10) 男 女 とも 2015 年 7 月 28 日 ライフデザイン 白 書 2015 年 の 概 要 ~ いまどきの 家 族 地 域 消 費 就 労 健 康 介 護 人 生 設 計 ~ 第 一 生 命 保 険 株 式 会 社 ( 社 長 渡 邉 光 一 郎 )のシンクタンク 株 式 会 社 第 一 生 命 経 済 研 究 所 ( 社 長 矢 島 良 司 )では 全 国 の 18~69 歳 の 男 女 7,256 人 に

More information

川西市市民意識調査(中学生)

川西市市民意識調査(中学生) 川 西 市 市 民 意 識 調 査 ( 中 学 生 ) 調 査 結 果 報 告 書 平 成 23 年 3 月 兵 庫 県 川 西 市 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要...1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 設 計... 2 3. 回 収 結 果... 2 4. 報 告 書 の 見 方... 3 Ⅱ 調 査 結 果... 5 回 答 者 について... 6 問 3 あなたは 川 西

More information

<3133303432368FBC8959935393B9898890FC926E88E682CC8CF092CA82CC82A082E895FB82C98AD682B782E992B28DB895F18D908F9181698DC58F49816A>

<3133303432368FBC8959935393B9898890FC926E88E682CC8CF092CA82CC82A082E895FB82C98AD682B782E992B28DB895F18D908F9181698DC58F49816A> 平 成 25 年 3 月 財 団 法 人 九 州 経 済 調 査 協 会 目 次 はじめに... 1 1 松 浦 鉄 道 沿 線 の 交 通 を 取 り 巻 く 現 状... 2 (1) 松 浦 鉄 道 の 利 用 者 数... 2 (2) 周 辺 環 境 の 変 化... 3 (3) 複 雑 化 する 利 用 者 の 減 少 要 因... 7 2 松 浦 鉄 道 沿 線 住 民 の 交 通 の 利

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C48323330343037816982BB82CC91BC82CC8B4C8F7194B282AB816A968795FB8E7382D082C682E8906589C692EB93998EA997A791A390698C7689E68DF492E882CC82BD82DF82CC834183938350815B83678C8B89CA95F18D908F91816988C4816A2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C48323330343037816982BB82CC91BC82CC8B4C8F7194B282AB816A968795FB8E7382D082C682E8906589C692EB93998EA997A791A390698C7689E68DF492E882CC82BD82DF82CC834183938350815B83678C8B89CA95F18D908F91816988C4816A2E646F6 第 2 次 枚 方 市 ひとり 親 家 庭 等 自 立 促 進 計 画 策 定 のための アンケート 結 果 報 告 書 平 成 23 年 3 月 目 次 1. 実 施 概 要 1 2. 実 施 結 果 3 2-1. 母 子 世 帯 3 2-2. 父 子 世 帯 18 2-3. 寡 婦 32 2-4.アンケートの 自 由 記 述 ( 抜 粋 ) 40 参 考 資 料 (アンケート 調 査 票 )

More information

問 5 貴 社 における 経 営 事 業 展 開 の 動 向 は 次 のそれぞれについて いずれにあてはまりますか (a ~e のそれぞれについて あてはまるもの1つに ) a 3 年 前 と 比 べた 売 上 高 の 増 減 1. 増 加 している 2.あまり 変 わらない 3. 減 少 している

問 5 貴 社 における 経 営 事 業 展 開 の 動 向 は 次 のそれぞれについて いずれにあてはまりますか (a ~e のそれぞれについて あてはまるもの1つに ) a 3 年 前 と 比 べた 売 上 高 の 増 減 1. 増 加 している 2.あまり 変 わらない 3. 減 少 している 資 料 企 業 アンケート 調 査 票 人 材 の 確 保 と 離 職 防 止 に 関 するアンケート 調 査 ご 回 答 にあたって 1. 本 調 査 は 商 用 データベースを 用 い 無 作 為 に 企 業 の 総 務 人 事 ご 担 当 者 様 にご 送 付 しています 貴 社 の 人 材 確 保 施 策 に 関 してお 答 え 下 さい 2. 本 調 査 の 数 値 の 記 入 は 特 に

More information

しおり(新規用)

しおり(新規用) 平 成 28 年 度 後 期 授 業 料 免 除 申 請 のしおり 新 規 申 請 者 用 ( 学 部 大 学 院 専 攻 科 共 通 ) 1 2 3 4 5 6 配 偶 者 控 除 扶 養 控 除 した 人 数 が 記 載 され 市 区 町 村 発 行 のもの 配 偶 者 控 除 扶 養 控 除 した 人 数 が 記 載 され 市 区 町 村 発 行 のもの 配 偶 者 控 除 扶 養 控 除

More information

[ことぶき科学情報]株式会社オーネット

[ことぶき科学情報]株式会社オーネット 2008 年 10 月 編 集 発 行 株 式 会 社 オーネット 2008.8.27-8.31 調 査 首 都 圏 阪 神 圏 20 代 40 代 女 性 900 人 結 婚 意 識 調 査 20 代 30 代 40 代 女 性 900 人 に 聞 いた 結 婚 お 金 がないと 幸 せな 結 婚 生 活 を 続 けるのは 難 しい 83.8% 結 婚 している 人 は していない 人 よりも 幸

More information

Microsoft Word - 伊丹市民意識調査報告書概要版_140210.doc

Microsoft Word - 伊丹市民意識調査報告書概要版_140210.doc 平 成 25 年 度 伊 丹 市 民 意 識 調 査 報 告 書 - 概 要 版 - 伊 丹 市 はじめに 伊 丹 市 では 平 成 23 年 に みんなの 夢 まちの 魅 力 ともにつくる 伊 丹 を 本 市 の 将 来 像 に 掲 げ 平 成 23 年 度 から 平 成 32 年 度 までの 10 年 間 のまちづくりの 指 針 となる 第 5 次 総 合 計 画 を 策 定 いたしました 総

More information

Q4 被 災 した 家 の 代 わりに 住 宅 を 新 築 する 計 画 で 既 に 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づく 加 算 支 援 金 150 万 円 ( 単 身 者 )を 受 給 しているが 会 社 を 退 職 するため 家 の 建 設 をやめることにした この 場 合 加

Q4 被 災 した 家 の 代 わりに 住 宅 を 新 築 する 計 画 で 既 に 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 に 基 づく 加 算 支 援 金 150 万 円 ( 単 身 者 )を 受 給 しているが 会 社 を 退 職 するため 家 の 建 設 をやめることにした この 場 合 加 生 活 を 再 建 する 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 Q1 被 災 者 生 活 再 建 支 援 法 では 住 宅 を 建 設 購 入 した 場 合 加 算 支 援 金 200 万 円 ( 単 身 者 は 150 万 円 )が 受 けられることになっています しかし 高 齢 のため ローンを 組 むことができません 加 算 支 援 金 200 万 円 ( 単 身 者 は 150 万 円 )を

More information

平 成 27 年 度 市 民 の 社 会 貢 献 に 関 する 実 態 調 査 調 査 票 お 答 えいただく 項 目 ( 内 容 )は 以 下 のとおりです お 答 えいただく 問 数 は 選 択 される 回 答 により 異 なりますが 属 性 を 除 き 最 大 で 17 問 になります 市 民 の 社 会 貢 献 に 関 する 実 態 調 査 設 問 項 目 一 覧 項 目 対 象 Ⅰ 属

More information

Microsoft Word - 11_トマト・ジャンボローン[1][1].doc

Microsoft Word - 11_トマト・ジャンボローン[1][1].doc トマト ジャンボローン 項 目 内 容 名 称 ジャンボローンⅠ ご 利 用 いただける 方 1. お 申 込 み 時 の 年 齢 が 満 20 歳 以 上 満 65 歳 以 下 の 方 で 完 済 時 満 75 歳 未 満 の 方 2. 勤 務 または 営 業 年 数 が3 年 以 上 ある 方 3. 年 収 200 万 円 以 上 の 安 定 した 収 入 が 得 られる 方 4. 勤 務 地

More information

1 住 宅 についての 意 識 (1) 住 宅 を 所 有 したいか 問 1 あなたは 住 宅 の 所 有 について どのようにお 考 えですか 現 在 住 宅 を 所 有 して いるかどうか 将 来 相 続 できる 住 宅 があるかどうかに 関 わらず この 中 から1つだけ お 答 えください

1 住 宅 についての 意 識 (1) 住 宅 を 所 有 したいか 問 1 あなたは 住 宅 の 所 有 について どのようにお 考 えですか 現 在 住 宅 を 所 有 して いるかどうか 将 来 相 続 できる 住 宅 があるかどうかに 関 わらず この 中 から1つだけ お 答 えください 住 生 活 に 関 する 世 論 調 査 の 概 要 平 成 2 7 年 1 1 月 内 閣 府 政 府 広 報 室 調 査 対 象 全 国 20 歳 以 上 の 日 本 国 籍 を 有 する 者 3,000 人 有 効 回 収 数 1,736 人 ( 回 収 率 57.9%) 調 査 時 期 1 日 ~10 月 11 日 ( 調 査 員 による 個 別 面 接 聴 取 ) 調 査 目 的 住 生

More information

目 次 授 業 料 免 除 の 申 請 について 1 申 請 書 の 配 付 受 付 期 間 場 所 2 平 成 26 年 度 ( 前 期 分 ) 授 業 料 免 除 申 請 要 領 3 提 出 書 類 4~5 所 得 に 関 する 証 明 書 の 見 本 6~8 提 出 書 類 記 入 要 領 9

目 次 授 業 料 免 除 の 申 請 について 1 申 請 書 の 配 付 受 付 期 間 場 所 2 平 成 26 年 度 ( 前 期 分 ) 授 業 料 免 除 申 請 要 領 3 提 出 書 類 4~5 所 得 に 関 する 証 明 書 の 見 本 6~8 提 出 書 類 記 入 要 領 9 目 次 授 業 料 免 除 の 申 請 について 1 申 請 書 の 配 付 受 付 期 間 場 所 2 平 成 26 年 度 ( 前 期 分 ) 授 業 料 免 除 申 請 要 領 3 提 出 書 類 4~5 所 得 に 関 する 証 明 書 の 見 本 6~8 提 出 書 類 記 入 要 領 9 記 載 例 10~16 学 業 成 績 の 基 準 ( 参 考 資 料 1) 17 標 準 修 得

More information

資産等を勘案した補足給付の仕組みのあり方に関する調査研究報告書

資産等を勘案した補足給付の仕組みのあり方に関する調査研究報告書 平 成 25 年 度 老 人 保 健 事 業 推 進 費 等 補 助 金 ( 老 人 保 健 健 康 増 進 等 事 業 分 ) 資 産 等 を 勘 案 した 補 足 給 付 の 仕 組 みのあり 方 に 関 する 調 査 研 究 報 告 書 平 成 26 年 3 月 - 目 次 - Ⅰ. 調 査 研 究 の 概 要 1 1. 調 査 研 究 の 背 景 と 目 的 1 2. 調 査 研 究 の

More information

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx 5-4 南 部 地 区 () 南 部 地 区 の 概 要 地 域 資 源 本 地 区 は 市 の 南 に 位 置 し 東 から 熊 川 緑 地 拝 島 駅 を 経 由 し 福 生 南 公 園 に 至 る 地 区 です 歴 史 的 に 古 くから 開 けてきた 地 区 ですが 基 盤 整 備 が 整 わないまま 市 街 化 が 進 展 したため 狭 あい 道 路 や 行 き 止 まりなどの 問 題 が

More information

玉 城 町 まち ひと しごと 創 生 に 関 するアンケート 調 査 結 果 報 告 書 平 成 28 年 2 月 三 重 県 玉 城 町 目 次 1 調 査 結 果 報 告 書 の 概 要 1 (1) 調 査 実 施 の 概 要 1 ア 調 査 概 要 1 イ 調 査 の 目 的 1 (2) 調 査 対 象 者 と 配 布 数 及 び 回 収 結 果 1 ア 調 査 対 象 と 抽 出 方 法

More information

記 載 例 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 後 見 監 督 処 分 事 件 ( 定 期 監 督 用 ) ( 基 本 事 件 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 者 甲 山 次 郎 ) 東 京 家 庭 裁 判 所 家 事 部 後 見 センター 御 中 平 成 年 月 日 後 見 事

記 載 例 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 後 見 監 督 処 分 事 件 ( 定 期 監 督 用 ) ( 基 本 事 件 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 者 甲 山 次 郎 ) 東 京 家 庭 裁 判 所 家 事 部 後 見 センター 御 中 平 成 年 月 日 後 見 事 記 載 例 財 産 目 録 ( 平 成 年 月 末 日 現 在 ) 平 成 年 ( 家 ) 第 号 1 不 動 産 仮 に 提 出 期 限 に 遅 れる 場 合 でも, 特 に 指 示 がない 限 り 基 準 日 は 変 わりません 番 号 所 在, 種 類, 面 積 等 備 考 ( 変 動 事 項 等 ) 1 2 区 町 1-12 宅 地 123.24m2 区 町 1-12-34 居 宅 2 階

More information

Ⅰ 調査の概要

Ⅰ 調査の概要 資 料 6 伊 達 市 地 域 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 向 けた 職 員 意 識 調 査 報 告 書 ( 結 婚 出 産 子 育 て) ( 第 2 版 ) 平 成 2 7 年 5 月 総 合 政 策 課 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 の 実 施 方 法 等... 2 (1) 調 査 対 象 実 施 方 法... 2 (2) 回

More information

国土技術政策総合研究所 研究報告

国土技術政策総合研究所 研究報告 アンケート 調 査 票 ( 第 6 章 関 連 ) アンケート 調 査 票 ( 第 6 章 関 連 ) 春 日 部 市 南 3 丁 目 地 区 備 後 東 7 丁 目 地 区 におけるアンケート 調 査 票 Ⅰ. 現 在 のお 住 まいの 状 況 以 前 のお 住 まいの 状 況 についてお 尋 ねします Q1 ご 家 族 は 何 人 家 族 ですか 11 人 22 人 33 人 44 人 55 人

More information

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477>

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477> 琴 平 町 人 口 ビジョン 平 成 27 年 1 月 琴 平 町 目 次 1 章 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 1 1.1 人 口 ビジョンの 策 定 の 目 的... 1 1.2 人 口 ビジョンの 期 間... 1 2 章 人 口 の 現 状 分 析... 2 2.1 人 口 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (2) 年 齢 3

More information

目 次 Ⅰ 給 与 の 状 況 はじめに P 1 1 給 与 水 準 に つ い て P 2 2 給 料 表 に つ い て P 6 3 昇 格 昇 給 基 準 等 に つ い て P 8 4 技 能 労 務 職 給 料 表 に つ い て P 10 5 勤 務 成 績 の 評 定 について P 1

目 次 Ⅰ 給 与 の 状 況 はじめに P 1 1 給 与 水 準 に つ い て P 2 2 給 料 表 に つ い て P 6 3 昇 格 昇 給 基 準 等 に つ い て P 8 4 技 能 労 務 職 給 料 表 に つ い て P 10 5 勤 務 成 績 の 評 定 について P 1 平 成 24 年 度 市 町 村 職 員 の 給 与 定 員 管 理 勤 務 条 件 等 の 状 況 平 成 25 年 2 月 高 知 県 総 務 部 市 町 村 振 興 課 担 当 : 行 政 担 当 寺 村 ( 給 与 ) 坂 本 ( 定 員 管 理 勤 務 条 件 ) 山 元 ( 福 利 厚 生 ) 野 瀬 電 話 :088-823-9313 目 次 Ⅰ 給 与 の 状 況 はじめに P 1

More information

第5次犬山市総合計画の策定に向けた

第5次犬山市総合計画の策定に向けた 第 2 回 第 5 次 犬 山 市 総 合 計 画 の 策 定 に 向 けた 市 民 意 識 調 査 報 告 書 平 成 22 年 9 月 犬 山 市 目 次 1 調 査 の 概 要...1 1 調 査 の 概 要... 1 2 調 査 結 果 の 見 方... 1 参 考 標 本 誤 差... 2 2 回 答 者 の 属 性...3 3 まちづくりの 考 え 方 について...6 4 市 民 のみなさんの

More information

遊 佐 町 若 者 定 住 住 宅 整 備 計 画 ( 仮 称 ) 町 営 若 者 夫 婦 向 け ア パ ー ト 平 成 27 年 1 月 遊 佐 町 地 域 生 活 課 1 事 業 の 位 置 付 け 平 成 25 年 1 月 策 定 遊 佐 町 定 住 促 進 計 画 における 住 宅 施 策 の 充 実 - 住 宅 取 得 等 支 援 の 重 点 施 策 として 事 業 を 実 施 します

More information

< C668DDA D838A817A D91F58EF AB92B28DB895F18D908F F C8E868DB782B591D682A694C5816A2E786C7378>

< C668DDA D838A817A D91F58EF AB92B28DB895F18D908F F C8E868DB782B591D682A694C5816A2E786C7378> 相 続 贈 与 投 資 に 関 する 意 識 調 査 調 査 結 果 報 告 書 親 調 査 / 子 供 調 査 215 年 7 月 調 査 概 要 財 産 を 残 し 与 える 親 立 場 ( 親 調 査 )と 財 産 を 受 け 継 ぐ 子 供 立 場 ( 子 供 調 査 )2 調 査 を 実 施 親 財 産 を 残 す 与 える 子 供 親 調 査 調 査 手 法 :インターネット 調 査 対

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

Ⅰ調査の概要160530

Ⅰ調査の概要160530 改 訂 第 2 次 うらやす 男 女 共 同 参 画 プラン 策 定 に 伴 う 調 査 報 告 書 ( 市 民 意 識 調 査 グループインタビュー 調 査 ) 2016( 平 成 28) 年 3 月 浦 安 市 第 1 編 市 民 意 識 調 査 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1. 調 査 目 的... 1 2. 調 査 方 法 と 回 収 状 況... 1 3. 調 査 項 目... 2 4.

More information

「新生活準備調査2013」

「新生活準備調査2013」 12 月 18 日 インテリア 家 具 家 電 製 品 など 新 生 活 準 備 費 用 は 平 均 88.1 同 居 開 始 時 期 により 費 用 は 異 なる 結 婚 前 同 居 カップルの 割 合 は 年 々 増 加 し28.3%に 新 居 クルマ 生 命 保 険 など 結 婚 が 大 きな 消 費 のタイミングに 将 来 働 きたいと 考 える 新 婦 は 約 9 割 ライフスタイルに 応

More information

<4D F736F F D E9197BF A8F5A91EE8E968FEE8AD68C578E9197BF5F DC58F495F2E646F63>

<4D F736F F D E9197BF A8F5A91EE8E968FEE8AD68C578E9197BF5F DC58F495F2E646F63> 第 81 回 住 宅 審 議 会 資 料 7 参 考 資 料 住 宅 事 情 関 係 資 料 ( 案 ) - - 目 次 1. 人 口 世 帯 状 況 1 図 1-1 人 口 動 向 ( 大 阪 ) 図 1-2 一 般 世 帯 数 及 び 世 帯 人 員 推 移 ( 大 阪 ) 図 1-3 外 国 人 登 録 者 数 推 移 ( 大 阪 ) 図 1-4 出 生 数 及 び 合 計 特 殊 出 生 率

More information

平成26年度 東京都居住支援協議会セミナー 基調講演レジュメ

平成26年度 東京都居住支援協議会セミナー 基調講演レジュメ 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 踏 まえた 安 心 で 豊 かな 居 住 の 実 現 - 行 政 とNPOの 連 携 に 向 けて- 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 受 けて 将 来 への 不 安 が 提 起 されている 一 人 暮 ら しの 高 齢 者 の 増 加 収 入 格 差 のひろがり 空 き 家 空 き 部 屋 の 増 加 子 育 て 世 帯 つながりの 弱 体 化 等 々 このような

More information

5. 入港者(アクセス)アンケート調査 | 成田国際空港アクセス交通実態調査

5. 入港者(アクセス)アンケート調査 | 成田国際空港アクセス交通実態調査 5. 入 港 者 (アクセス)アンケート 調 査 調 査 票 の 配 布 場 所 は 出 発 旅 客 が 入 港 する 際 に 通 過 する 第 1 ゲート 第 2 ゲート 第 6 ゲー ト 成 田 空 港 駅 ゲート 空 港 第 2 ビル 駅 ゲート 第 1 ターミナルビルバス 降 車 場 第 2 ターミ ナルビルバス 降 車 場 の 7 地 点 において 空 港 従 業 員 を 除 く 全 ての

More information

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要 平 成 25 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 速 報 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 7 月 29 日 総 務 省 統 計 局 目 次 結 果 の 概 要 第 1 章 住 宅 世 帯 の 概 況 1 総 住 宅 数 と 総 世 帯 数 1 2 居 住 世 帯 の 有 無 2 第 2 章 住 宅 の 状 況 1 住 宅 の 種 類 3 2 建 て 方, 構 造 4 3 建 築 の 時

More information

<8F9790EC92AC89638F5A91EE95E58F57CADFDDCC3230313630333238288A6D92E8292E786C7378>

<8F9790EC92AC89638F5A91EE95E58F57CADFDDCC3230313630333238288A6D92E8292E786C7378> 女 川 町 町 営 住 宅 応 募 の 手 引 き ( 平 成 28 年 度 ) 宮 城 県 住 宅 供 給 公 社 1. 町 営 住 宅 と, 住 宅 に 困 ってる 方 のための 公 的 な 賃 貸 住 宅 です 2. 空 家 の 募 集 住 宅 及 び 募 集 スケジュールにつきまして, 別 紙 の 定 期 募 集 住 宅 一 覧 表 ( 募 集 月 ごとに 更 新 ) をご 覧 くださ 3.

More information