署協議会議事録

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "署協議会議事録"

Transcription

1 平 成 28 年 第 1 回 仙 台 南 警 察 署 協 議 会 議 事 録 日 時 : 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 13:30~15:00 場 所 : 仙 台 南 警 察 署 3 階 大 会 議 室 1 会 長 挨 拶 本 協 議 会 は 年 間 4 回 開 催 される 予 定 で その 都 度 治 安 情 勢 や 懸 案 事 項 等 につい て 審 議 し 地 域 の 安 心 安 全 をいかにして 維 持 していくか 警 察 に 対 して 様 々な 意 見 や 提 言 をして 問 題 解 決 に 努 力 していきたいと 思 っております 2 署 長 挨 拶 平 成 27 年 中 の 管 内 の 治 安 情 勢 等 について 説 明 します 1 点 目 は 刑 法 犯 等 の 認 知 検 挙 状 況 についてであります 当 署 管 内 の 刑 法 犯 の 認 知 件 数 は2,860 件 で 前 年 比 で35 件 減 少 しました 検 挙 件 数 は688 件 で 前 年 比 で74 件 増 加 し 検 挙 人 員 は426 人 で3 人 減 少 しております 窃 盗 犯 の 発 生 状 況 検 挙 状 況 等 についてですが 自 転 車 盗 などの 乗 り 物 盗 や 空 き 巣 などの 侵 入 盗 が 減 少 し 万 引 きなどの 非 侵 入 盗 が 増 加 しております 凶 悪 犯 は 14 件 発 生 し 前 年 比 4 件 増 加 その 内 訳 は 殺 人 1 件 殺 人 未 遂 5 件 放 火 3 件 強 姦 5 件 であり 検 挙 は 前 年 の 分 も 含 め 殺 人 未 遂 4 件 放 火 3 件 強 姦 8 件 の15 件 となっています 詐 欺 等 の 知 能 犯 は 141 件 発 生 し 前 年 比 34 件 増 加 検 挙 件 数 は39 件 で 前 年 比 3 件 増 加 しています これらの 増 加 分 については 特 殊 詐 欺 によるものです 当 署 での 暴 力 団 の 検 挙 状 況 は 薬 物 事 犯 や 窃 盗 事 件 等 を 含 め 総 数 で37 人 検 挙 しております 2 点 目 は 振 り 込 め 詐 欺 等 特 殊 詐 欺 の 認 知 状 況 についてであります 当 署 管 内 では 特 殊 詐 欺 が81 件 発 生 し 前 年 比 36 件 増 加 被 害 総 額 3 億 3, 563 万 円 で 前 年 比 1 億 6,377 万 円 増 加 しております 発 生 の 特 徴 点 についてですが 振 り 込 め 詐 欺 は76 件 発 生 前 年 比 38 件 増 加 しており これらが 全 体 の 多 くを 占 めております 当 署 ではこの 特 殊 詐 欺 被 害 に 歯 止 めをかけるため 本 年 も 金 融 機 関 への 働 きか け 高 齢 者 への 訪 問 等 の 諸 対 策 や 各 種 広 報 を 行 い 抑 止 と 検 挙 の 両 面 での 対 策 を 実 施 しています 3 点 目 は 少 年 非 行 の 概 況 についてであります 当 署 での 非 行 少 年 等 の 検 挙 補 導 状 況 は975 人 で 前 年 比 263 人 減 少 して います 当 署 をはじめ 県 全 体 での 検 挙 補 導 件 数 減 少 の 要 因 として 少 年 非 行 防 止 保 護 対 策 である 大 学 生 健 全 育 成 ボランティア ポラリス 宮 城 の 活 動 児 童 生 徒 健 全 育 成 ボランティア アルカス の 活 動 フィルタリングの 利 用 促 進 などが 功 を 奏 していると 考 えています 非 行 少 年 の 中 で 刑 法 犯 罪 を 犯 した 触 法 少 年 含 む 少 年 の 検 挙 補 導 総 数 は72 人

2 で 前 年 比 17 人 減 少 し この 中 の 約 6 割 が 中 学 生 高 校 生 となっています また 深 夜 はいかい 喫 煙 などの 不 良 行 為 少 年 等 の 補 導 総 数 は881 人 で 前 年 比 263 人 減 少 し 行 為 別 では 全 体 の 約 9 割 が 喫 煙 と 深 夜 はいかいとなってい ます 4 点 目 は 交 通 事 故 発 生 状 況 についてであります 署 管 内 の 交 通 事 故 死 者 数 は 7 人 の 方 が 亡 くなり 前 年 比 で2 人 増 加 していま す 当 署 の 人 身 交 通 事 故 は 1,383 件 発 生 し 34 件 増 加 しています この 事 故 の 中 には 重 大 事 故 に 発 展 するおそれのある 飲 酒 運 転 事 故 10 件 も 含 まれています 以 上 が 情 勢 であります 続 きまして 本 年 1 月 末 までの 犯 罪 の 情 勢 について 簡 単 に 説 明 します 刑 法 犯 の 発 生 状 況 等 についてですが 認 知 件 数 は159 件 で 前 年 比 で39 件 減 少 しております 特 殊 詐 欺 の 発 生 状 況 等 についてですが 4 件 発 生 し 前 年 比 6 件 減 少 被 害 額 は78 万 円 で 前 年 比 で 約 1,500 万 円 減 少 しております 今 のところ 昨 年 に 比 べて 被 害 額 がかなり 減 少 しております 次 に 少 年 の 非 行 防 止 状 況 についてですが 非 行 少 年 等 の 検 挙 補 導 状 況 は62 人 で 前 年 比 15 人 増 加 しています 最 後 に 交 通 事 故 の 発 生 状 況 についてですが 交 通 死 亡 事 故 については1 人 の 方 が 亡 くなり 前 年 比 で1 人 増 加 しています 人 身 交 通 事 故 は 88 件 発 生 し 16 件 減 少 しています ただし2 月 に 入 っから 当 署 管 内 では2 件 3 人 の 死 亡 事 故 が 発 生 し 合 計 3 件 4 人 の 方 が 亡 くなっていることから 交 通 に 関 してはかなり 厳 しい 情 勢 となってお ります 以 上 が 情 勢 であります 3 報 告 事 項 平 成 27 年 度 警 察 署 協 議 会 代 表 者 会 議 出 席 結 果 (1) 公 安 委 員 挨 拶 (2) 警 察 本 部 長 挨 拶 (3) 公 安 委 員 会 警 察 本 部 出 席 者 照 会 (4) 宮 城 県 警 察 当 面 の 重 点 課 題 等 説 明 質 疑 交 通 死 亡 事 故 抑 止 対 策 の 推 進 について G7 仙 台 財 務 大 臣 中 央 銀 行 総 裁 会 議 警 備 に 向 けた 準 備 について 県 内 におけるストーカー DV 等 の 人 身 安 全 関 連 事 案 について (5) 活 動 事 例 等 発 表 質 疑 登 米 市 津 山 町 柳 津 地 内 における 交 通 問 題 への 対 応 について ドライブレコーダーの 装 着 推 進 の 要 望 書 について 4 協 議 事 項 (1) 平 成 28 年 業 務 重 点 について

3 ア 会 計 課 ( 副 参 事 兼 会 計 課 長 ) 組 織 を 支 える 適 正 な 会 計 業 務 の 推 進 について 警 察 施 設 の 機 能 強 化 について イ 警 務 課 ( 警 務 課 長 ) 相 談 苦 情 への 組 織 的 な 対 応 について 現 場 執 行 力 を 強 化 するための 効 果 的 な 教 養 訓 練 の 推 進 について 真 に 警 察 官 としてふさわしい 優 秀 な 人 材 確 保 対 策 について ウ 留 置 管 理 課 ( 留 置 管 理 課 長 ) 基 本 原 則 の 徹 底 と 覇 気 ある 大 号 令 の 実 施 による 留 置 施 設 内 の 秩 序 維 持 捜 留 分 離 の 徹 底 と 捜 留 連 携 の 強 化 について 登 竜 門 制 度 の 定 着 化 及 びやり 甲 斐 を 感 じる 士 気 の 高 い 職 場 環 境 の 醸 成 いついて エ 生 活 安 全 課 ( 生 活 安 全 課 長 ) 総 合 的 な 犯 罪 抑 止 対 策 の 推 進 について 人 身 の 安 全 を 確 保 するための 取 組 の 推 進 について 少 年 の 非 行 防 止 と 保 護 総 合 対 策 の 推 進 について オ 地 域 課 ( 地 域 課 長 ) 被 災 地 等 の 安 全 安 心 を 確 保 するための 地 域 警 察 活 動 の 推 進 について 職 務 質 問 をはじめとする 積 極 的 な 街 頭 活 動 の 推 進 について 執 行 力 強 化 のための 若 手 地 域 警 察 官 の 早 期 育 成 について カ 刑 事 第 一 課 ( 刑 事 第 一 課 長 ) 重 要 犯 罪 の 徹 底 検 挙 について 重 要 犯 罪 ~ 殺 人 強 盗 放 火 強 姦 略 取 誘 拐 人 身 売 買 強 制 わい せつ 悪 質 な 窃 盗 事 件 の 徹 底 検 挙 について 若 手 捜 査 員 の 育 成 について キ 刑 事 第 二 課 ( 刑 事 第 二 課 長 ) 振 り 込 め 詐 欺 を 含 む 特 殊 詐 欺 等 知 能 犯 捜 査 の 推 進 について 総 合 的 な 暴 力 団 対 策 等 の 推 進 について 総 合 的 な 銃 器 薬 物 対 策 の 推 進 について ク 交 通 第 一 課 ( 交 通 第 一 課 長 ) 高 齢 者 等 の 交 通 事 故 防 止 対 策 と 飲 酒 運 転 根 絶 対 策 の 推 進 について 交 通 死 亡 事 故 抑 止 に 資 する 交 通 違 反 取 締 りの 強 化 について 安 全 で 快 適 な 交 通 環 境 の 整 備 について ケ 交 通 第 二 課 ( 交 通 第 二 課 長 ) 適 正 かつ 科 学 的 な 交 通 事 故 事 件 捜 査 の 推 進 について 迅 速 かつ 確 実 な 行 政 処 分 の 実 施 について コ 警 備 課 ( 警 備 課 長 ) サミット G7 仙 台 財 務 大 臣 等 会 議 に 向 けた 警 備 諸 対 策 の 推 進 について 国 際 テロ 対 策 の 推 進 について

4 (2) 警 察 署 における 速 度 取 締 り 指 針 の 見 直 しについて ア 速 度 取 締 り 指 針 の 策 定 策 定 の 経 緯 平 成 25 年 12 月 に 開 催 された 国 家 公 安 委 員 長 主 催 の 交 通 事 故 抑 止 に 資 する 取 締 り 速 度 規 制 等 の 在 り 方 に 関 する 懇 談 会 において 交 通 指 導 取 締 り 最 高 速 度 規 制 等 を 更 に 交 通 事 故 抑 止 に 資 するものとすることを 目 的 とし て 交 通 事 故 抑 止 に 資 する 取 締 り 速 度 規 制 等 の 在 り 方 に 関 する 提 言 が 取 りまとめられ この 提 言 を 受 けて 各 都 道 府 県 単 位 での 総 合 的 な 速 度 管 理 の 考 え 方 について 指 針 を 策 定 して 国 民 に 情 報 発 信 することになりました 各 警 察 署 においては 速 度 管 理 指 針 に 基 づき 管 内 の 交 通 事 故 実 態 等 につ いて あらかじめ 分 析 を 行 い 各 警 察 署 等 の 実 情 に 応 じた 速 度 取 締 り 指 針 を 策 定 し 警 察 署 協 議 会 において 意 見 聴 取 を 行 い 県 民 に 公 表 すること としています 速 度 取 締 り 指 針 の 意 義 等 警 察 署 等 の 速 度 取 締 り 管 理 の 考 え 方 を 県 民 と 共 有 するため 速 度 管 理 指 針 に 基 づき 警 察 署 等 でいかに 速 度 取 締 りを 実 施 していくかについて 管 内 の 交 通 事 故 実 態 等 の 分 析 結 果 を 踏 まえ 重 点 的 に 速 度 取 締 りを 行 う 路 線 時 間 帯 等 を 明 らかにするものであり 交 通 事 故 実 態 等 の 分 析 に 基 づき 取 締 り 方 針 を 策 定 し 実 行 した 上 で 検 証 し その 検 証 結 果 を 次 回 方 針 に 反 映 させていく いわゆるPDSAサイクルによる 取 締 り 管 理 のうち 速 度 取 締 りに 関 して その 方 針 背 景 事 情 等 を 対 外 的 に 説 明 公 表 するものです ここで PDSAサイクルとは 交 通 事 故 実 態 の 分 析 等 に 基 づく 指 導 取 締 り 方 針 の 策 定 (Plan) 指 導 取 締 り 方 針 に 従 った 実 行 (Do) 指 導 取 締 りの 効 果 検 証 (Study) 検 証 結 果 の 次 期 指 導 取 締 り 方 針 への 反 映 (A ct)の 英 語 読 みの 頭 文 字 をつづった 呼 び 名 です 策 定 要 領 これらを 基 に 当 署 では 管 内 における 速 度 に 起 因 する 交 通 死 亡 事 故 重 傷 事 故 等 の 発 生 状 況 に 加 え 道 路 環 境 速 度 違 反 の 取 締 り 状 況 地 域 住 民 等 か らの 要 望 を 踏 まえ 過 去 10 年 間 の 重 大 事 故 の 分 析 結 果 から 示 された 重 点 エ リア 内 を 中 心 に 過 去 3 年 間 の 交 通 事 故 発 生 状 況 ( 原 因 路 線 時 間 等 )を 分 析 して 策 定 しました イ 速 度 取 締 り 指 針 の 見 直 し 案 について 仙 台 南 警 察 署 の 速 度 取 締 り 重 点 場 所 に 六 丁 目 連 坊 エリア 内 の 主 要 交 差 点 を 加 え 重 点 時 間 帯 も 午 後 8 時 まで 延 長 さらに 従 来 の 重 点 エリアでの 重 点 時 間 帯 を 長 町 エリアが 午 後 10 時 まで 西 多 賀 エリアが 午 後 8 時 まで とそれぞれ 延 長 する 予 定 です さらに 取 締 り 要 望 として 国 道 4 号 国 道 286 号 並 びにその 周 辺 道 路 に おける 速 度 違 反 取 締 り 要 望 のほか 地 下 鉄 東 西 線 開 通 に 伴 う 新 設 道 路 におけ る 横 断 歩 行 者 等 妨 害 など 交 差 点 関 連 違 反 取 締 り 要 望 が 寄 せられており 重 点 的 に 対 処 する 方 針 です

5 この 速 度 取 締 り 指 針 案 について 委 員 のご 意 見 をお 願 いしたします (3) 警 察 への 要 望 提 言 等 について 会 計 課 について 若 林 警 察 署 新 設 の 見 通 しについてはいかがか 〇 副 参 事 兼 会 計 課 長 平 成 27 年 から28 年 に 基 本 設 計 平 成 28 年 から30 年 で 建 設 工 事 を 行 い 平 成 31 年 春 に 開 設 の 予 定 である 留 置 管 理 課 について 留 置 されている 被 疑 者 の 留 置 期 間 はどのくらいか 〇 留 置 管 理 課 長 一 般 に 被 留 置 者 は 10 日 間 勾 留 され さらに10 日 間 延 長 して 勾 留 され 最 大 で20 日 間 の 勾 留 期 間 である 交 通 第 一 課 について 愛 宕 大 橋 から 根 岸 交 差 点 にかけての 国 道 286 号 線 の 車 線 が 時 間 帯 で 変 わるが わかりにくく 危 険 と 思 われるがいかがか 〇 交 通 第 一 課 長 愛 宕 大 橋 北 側 から 根 岸 交 差 点 にかけての 時 間 帯 による 中 央 線 変 移 規 制 につい ては 3 月 末 で 廃 止 となり それ 以 降 は 上 下 線 とも 片 側 3 車 線 の 道 路 となる また 同 路 線 の 管 理 についても 4 月 1 日 以 降 は 国 土 交 通 省 から 仙 台 市 に 移 管 される いまお 話 のあった 路 線 に 関 し 愛 宕 大 橋 から 東 進 して 越 路 交 差 点 に 差 し 掛 っ た 際 右 折 レーンがなく 危 険 である 〇 交 通 第 一 課 長 ご 指 摘 のあった 箇 所 については 下 りの 左 カーブとなり 見 通 しも 悪 く 危 険 と 思 われるが 中 央 分 離 帯 を 設 けるか 否 かの 議 論 もあり 今 回 の 中 央 線 変 移 規 制 廃 止 に 付 随 しては 問 議 されていない ストーカー 問 題 に 関 して 警 察 で 相 手 に 厳 重 注 意 した 後 に 被 害 者 が 殺 害 され るケースもあるが この 点 についてはどうか 〇 生 活 安 全 課 長 ストーカー 事 案 については ケースバイケースで 対 応 しており 事 件 性 があ る 場 合 には 極 力 被 害 届 を 提 出 させるよう 勧 めている しかし 被 害 者 側 が 被 害 届 提 出 をちゅうちょしたり 一 旦 提 出 しても 後 に 取 り 下 げるなどして 事 件 化 出 来 ない 場 合 もある その 他 ストーカー 法 案 等 法 律 に 従 い 口 頭 指 導 文 書 警 告 禁 止 命 令 など あらゆる 方 法 を 駆 使 して 被 害 者 の 安 全 確 保 に 努 めている また 被 害 者 を 避 難 施 設 に 避 難 することを 勧 める 場 合 もあるが 被 害 者 側 が それを 拒 否 し 被 害 に 巻 き 込 まれるケースもある 5 閉 会

愛知県公安委員会活動概要

愛知県公安委員会活動概要 定 例 公 安 委 員 会 日 時 : 平 成 20 年 1 月 11 日 9 時 00 分 ~12 時 35 分 出 席 委 員 : 髙 山 委 員 長 大 森 委 員 豊 田 委 員 楠 田 委 員 小 笠 原 委 員 1 全 体 審 議 ( 公 安 委 員 会 会 議 室 ) 案 件 件 名 担 当 部 出 席 者 2 月 の 行 事 予 定 警 務 部 本 部 長 年 末 における 特 別

More information

Untitled

Untitled 滋 刑 企 甲 発 第 S0 号 平 成 年 (0)0 月 日 滋 賀 県 警 察 本 部 刑 事 部 刑 事 企 画 課 刑 法 犯 特 別 法 犯 暴 力 団 犯 罪 来 日 外 国 人 犯 罪 凡 例 滋 賀 の 犯 罪 ( 平 成 年 ) 目 次 平 成 年 中 の 主 な 出 来 事 < 解 説 > 平 成 年 の 犯 罪 概 要 < 全 国 統 計 表 > < 本 県 統 計 表 >

More information

<5461726F2D8F4390B394C581408AE28EE88CA782CC8EA188C08FEE90A88179>

<5461726F2D8F4390B394C581408AE28EE88CA782CC8EA188C08FEE90A88179> 平 成 23 年 岩 手 県 の 治 安 情 勢 平 成 24 年 1 月 岩 手 県 警 察 本 部 1 刑 法 犯 認 知 検 挙 ( 値 は 暫 定 値 です ) これまでの 推 移 刑 法 犯 認 知 は 平 成 13 年 の15,125 をピークに 概 ね 減 少 傾 向 平 成 23 年 は 平 成 22 年 の 戦 後 最 小 記 録 (7,4 )を 下 回 り 6,353 前 年 比

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

5 長 野 地 裁 H23.3.25 強 盗 殺 人, 死 体 遺 棄 H23.3.25 H24.3.22 ( 東 京 高 裁 ) H24.3.22 6 横 浜 地 裁 H23.6.17 殺 人 H23.6.29 H23.7.4 7 静 岡 地 裁 H23.6.21 殺 人, 死 体 遺 棄, 強

5 長 野 地 裁 H23.3.25 強 盗 殺 人, 死 体 遺 棄 H23.3.25 H24.3.22 ( 東 京 高 裁 ) H24.3.22 6 横 浜 地 裁 H23.6.17 殺 人 H23.6.29 H23.7.4 7 静 岡 地 裁 H23.6.21 殺 人, 死 体 遺 棄, 強 平 成 25 年 5 月 日 :00 以 降 に 報 道 願 います 裁 判 員 裁 判 の 概 況 平 成 25 年 5 月 日 最 高 検 察 庁 公 判 1 裁 判 員 裁 判 対 象 事 件 起 訴 人 員 ( 平 成 25 年 4 月 30 日 現 在 ) 6,025 名 ( 起 訴 件 数 :6,800 件 ) 2 裁 判 員 裁 判 判 決 人 員 ( 平 成 25 年 4 月 30

More information

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力

凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル 件 暴 力 平 成 28 2 月 少 非 行 情 勢 ( 平 成 27 1~12 月 ) 警 察 庁 生 活 安 全 局 少 課 凡 例 本 書 における 用 語 等 の 意 義 については 次 のとおりである 1 (1) 刑 法 犯 刑 法 に 規 定 する 罪 ( 道 路 上 の 交 通 事 故 に 係 る 第 211 条 の 罪 を 除 く ) 並 びに 爆 発 物 取 締 罰 則 決 闘 罪 ニ 関 スル

More information

Microsoft Word - 扉(浅黄)

Microsoft Word - 扉(浅黄) 4. 少 年 非 行 等 の 概 要 と 警 察 と 児 童 相 談 所 との 連 携 について -133- 資 料 平 成 25 年 中 の 少 年 非 行 等 の 概 要 について 平 成 26 年 8 月 少 年 課 1 非 行 少 年 (1) 概 況 刑 法 犯 少 年 は5 万 6,469 人 と 10 年 連 続 で 減 少 したが 人 口 比 は 成 人 の 約 4 倍 振 り 込

More information

Taro-第4回 三条署協議会開催概況【決定】

Taro-第4回 三条署協議会開催概況【決定】 第 4 回 三 条 警 察 署 協 議 会 開 催 概 況 開 催 日 時 平 成 28 年 2 月 25 日 ( 木 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 3 時 30 分 までの 間 開 催 場 所 三 条 警 察 署 3 階 会 議 室 公 安 委 員 会 小 林 公 安 委 員 1 人 近 藤 会 長 濱 田 副 会 長 青 木 委 員 出 席 者 委 員 刈 屋 委 員 斎 藤 委

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

ウ 3 公 判 審 理 等 のにつき 調 査 した 結 果 では, 裁 判 官 裁 判 では36. 6%である( 裁 判 員 制 度 の 運 用 等 に 関 する 有 識 者 懇 談 会 ( 第 7 回 ) 配 付 資 料 保 護 観 察 比 率 表 グラフ ) なお, 無 期 懲 役 の 求 刑

ウ 3 公 判 審 理 等 のにつき 調 査 した 結 果 では, 裁 判 官 裁 判 では36. 6%である( 裁 判 員 制 度 の 運 用 等 に 関 する 有 識 者 懇 談 会 ( 第 7 回 ) 配 付 資 料 保 護 観 察 比 率 表 グラフ ) なお, 無 期 懲 役 の 求 刑 裁 判 員 裁 判 の 概 況 本 日 中 不 公 表,5 月 21 日 解 禁 でお 願 いします 第 1 これまでの 裁 判 員 裁 判 の 概 要 平 成 22 年 5 月 20 日 最 高 検 察 庁 1 起 訴 件 数 合 計 1, 881 件 ( 平 成 22 年 5 月 20 日 現 在 ) 別 添 資 料 1のとおり 2 判 決 結 果 判 決 言 渡 人 員 合 計 530 人 (

More information

Taro-6【セット版】事業評価書(子供女性安全対策班)

Taro-6【セット版】事業評価書(子供女性安全対策班) 事 業 評 価 書 子 供 女 性 安 全 対 策 班 の 設 置 平 成 2 7 年 3 月 国 家 公 安 委 員 会 警 察 庁 子 供 女 性 安 全 対 策 班 の 設 置 1 評 価 の 対 象 とした 政 策 (1) 政 策 の 背 景 目 的 及 び 内 容 子 供 や 女 性 を 対 象 とする 性 犯 罪 等 ( 子 供 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 犯 罪 及 び

More information

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 推 進 計 画 計 画 期 間 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 平 成 23 年 4 月 恵 庭 市 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情

More information

表紙オモテ・ウラ

表紙オモテ・ウラ 1 刑 法 犯 と は (1) 凶 悪 犯 と は (2) 粗 暴 犯 と は (3) 窃 盗 犯 と は (4) 知 能 犯 と は 2 少 年 犯 罪 とは (1) 犯 罪 少 年 とは (2) 触 法 少 年 とは (3) 刑 法 犯 少 年 とは (4)ぐ 犯 少 年 とは (5) 非 行 少 年 とは (6) 不 良 行 為 少 年 とは 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

1 会 長 挨 拶 会 長 から 今 回 の 諮 問 事 項 は 自 転 車 利 用 者 のマナーアップ 方 策 についてで ある 交 通 事 故 抑 止 のため 活 発 な 意 見 をお 願 いする 旨 の 挨 拶 があった 2 署 長 挨 拶 3 管 内 の 治 安 情 勢 ( 署 長 説 明

1 会 長 挨 拶 会 長 から 今 回 の 諮 問 事 項 は 自 転 車 利 用 者 のマナーアップ 方 策 についてで ある 交 通 事 故 抑 止 のため 活 発 な 意 見 をお 願 いする 旨 の 挨 拶 があった 2 署 長 挨 拶 3 管 内 の 治 安 情 勢 ( 署 長 説 明 議 事 録 会 議 名 平 成 28 年 第 2 回 知 多 警 察 署 協 議 会 ( 定 例 会 ) 日 時 場 所 平 成 28 年 4 月 27 日 ( 水 ) 午 後 3 時 30 分 から 午 後 5 時 10 分 までの 間 知 多 警 察 署 講 堂 1 委 員 出 席 者 2 警 察 署 員 宍 戸 由 明 会 長 竹 内 由 香 理 副 会 長 岡 戸 千 尋 委 員 篠 原 早

More information

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動 3. 事 故 けが 等 の 実 態 と 特 徴 交 通 事 故 の 実 態 と 特 徴 < 発 生 件 数 の 推 移 > 交 通 事 故 の 推 移 をみると 発 生 件 数 と 負 傷 者 数 は 連 動 しており 2008 年 にいったん 減 少 しましたが その 後 再 び 増 加 し 2010 年 から 2012 年 にかけては 減 少 傾 向 にあります 人 口 10 万 人 あたりの

More information

目 次 重 点 目 頁 1 府 民 の 期 待 と 信 頼 に 応 える 警 察 の 確 立 1 2 街 頭 犯 罪 抑 止 総 合 対 策 の 推 進 2 3 府 民 の 生 命 身 体 を 脅 かす 犯 罪 対 策 の 推 進 3 4 組 織 犯 罪 対 策 の 推 進 4 5 少 年 の 健

目 次 重 点 目 頁 1 府 民 の 期 待 と 信 頼 に 応 える 警 察 の 確 立 1 2 街 頭 犯 罪 抑 止 総 合 対 策 の 推 進 2 3 府 民 の 生 命 身 体 を 脅 かす 犯 罪 対 策 の 推 進 3 4 組 織 犯 罪 対 策 の 推 進 4 5 少 年 の 健 報 告 書 大 阪 府 警 察 本 部 目 次 重 点 目 頁 1 府 民 の 期 待 と 信 頼 に 応 える 警 察 の 確 立 1 2 街 頭 犯 罪 抑 止 総 合 対 策 の 推 進 2 3 府 民 の 生 命 身 体 を 脅 かす 犯 罪 対 策 の 推 進 3 4 組 織 犯 罪 対 策 の 推 進 4 5 少 年 の 健 全 育 成 を 図 る 諸 対 策 の 推 進 5 6 地 域

More information

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人 平 成 27 年 4 月 来 日 外 国 人 犯 罪 の 検 挙 状 況 ( 平 成 26 年 ) 警 察 庁 刑 事 局 組 織 犯 罪 対 策 部 国 際 捜 査 管 理 官 凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

 

  資 料 3 論 点 4 26 条 防 犯 に 関 する 施 策 に 関 する 委 員 意 見 浅 倉 むつ 子 委 員 防 犯 に 関 し 収 集 すべきデータ 等 について 犯 罪 被 害 の 認 知 件 数 及 び 被 害 発 生 率 については 平 成 23 年 版 犯 罪 白 書 に 記 載 があり 男 女 別 の 被 害 発 生 率 も 示 されている しかし 障 害 者 がどの ような

More information

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73>

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73> 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 資 料 6 保 護 観 察 新 規 受 理 人 員 の 推 移 資 料 7 ( 千 人 ) ( 昭 和 24 年 ~ 平 成 17 年 ) 80 70 60 保 護 観 察 処 分 少 年 50 40 30 20 10 保 護 観 察 付 執 行 猶 予 者 仮 釈 放 者 0 少 年 院 仮 退 院 者 24 年 30 35 40 45

More information

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな 議 事 録 会 議 名 平 成 28 年 第 2 回 一 宮 警 察 署 協 議 会 ( 定 例 会 ) 日 時 場 所 平 成 28 年 4 月 26 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 00 分 までの 間 一 宮 警 察 署 講 堂 1 委 員 高 間 正 道 会 長 杉 本 昇 副 会 長 岩 田 武 志 委 員 小 川 典 子 委 員 大 塚 良 雄 委 員 川

More information

第 1 章 犯 罪 被 害 の 実 情 と 暗 数 1. 犯 罪 被 害 の 経 験 自 分 や 同 居 の 家 族 の 中 で この 1 年 間 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 から 平 成 16 年 9 月 30 日 まで)に 犯 罪 の 被 害 にあったことがあるかを 尋 ねたところ

第 1 章 犯 罪 被 害 の 実 情 と 暗 数 1. 犯 罪 被 害 の 経 験 自 分 や 同 居 の 家 族 の 中 で この 1 年 間 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 から 平 成 16 年 9 月 30 日 まで)に 犯 罪 の 被 害 にあったことがあるかを 尋 ねたところ 第 Ⅲ 部 結 果 の 分 析 第 Ⅲ 部 は 第 1 章 から 第 9 章 までの9つの 章 によって 構 成 されている 各 章 は 署 名 入 りの 論 述 であり 第 Ⅱ 部 での 設 問 項 目 と 重 複 するものの それとは 異 なる 独 自 の 分 析 となっている 第 1 章 犯 罪 被 害 の 実 情 と 暗 数 1. 犯 罪 被 害 の 経 験 自 分 や 同 居 の 家 族

More information

平 成 25 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 26 年 6 月 警 察 庁

平 成 25 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 26 年 6 月 警 察 庁 本 資 料 内 に 掲 載 されている 平 成 20 年 から 平 成 25 年 までの 犯 罪 統 計 について は 数 値 の 一 部 に 修 正 が 生 じていますので 修 正 後 の 数 値 は 平 成 26 27 年 の 犯 罪 情 勢 等 をご 確 認 ください 平 成 25 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 26 年 6 月 警 察 庁 凡 例 1 本 資 料 における 用 語 等 の

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16 平 成 24 年 度 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 警 察 庁 平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16,541 百 万 円 21,026

More information

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ 大 通 達 甲 ( 生 企 ) 第 4 号 平 成 2 1 年 5 月 2 9 日 本 部 例 規 (1 年 ) 簿 冊 名 学 校 署 例 規 本 部 1 年 保 存 期 間 学 校 署 常 用 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 殿 各 警 察 署 長 生 活 安 全 部 長 銃 砲 刀 剣 類 所 持 等 取 締 法 第 29 条 の 規 定 による 公 安 委 員 会 に 対

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

(通達)アダルトビデオへの強制的な出演等に係る相談等への適切な対応等について

(通達)アダルトビデオへの強制的な出演等に係る相談等への適切な対応等について 原 議 保 存 期 間 1 年 ( 平 成 29 年 6 月 30 日 まで) 有 効 期 間 二 種 ( 平 成 29 年 6 月 30 日 まで) 警 視 庁 生 活 安 全 部 長 殿 警 察 庁 丁 保 発 第 1 1 9 号 各 道 府 県 警 察 ( 方 面 ) 本 部 長 平 成 2 8 年 6 月 1 7 日 ( 参 考 送 付 先 ) 警 察 庁 生 活 安 全 局 保 安 課 長

More information

04 資料目次

04 資料目次 参 考 資 料 1 調 査 に 当 たった 委 員 48 2 活 動 経 過 49 3 包 括 罪 種 別 の 刑 法 犯 認 知 件 数 の 推 移 50 4 茨 城 県 安 全 なまちづくり 条 例 に 基 づく 広 報 啓 発 等 について 51 5 電 子 マニフェストを 利 用 した 解 体 自 動 車 等 の 不 適 正 輸 出 対 策 54 6 市 町 村 における 児 童 虐 待 の

More information

一般社団法人大阪府防災通信協会「定款の変更の案」

一般社団法人大阪府防災通信協会「定款の変更の案」 **************************** * * * 定 * * * * * * * **************************** 款 一 般 社 団 法 人 大 阪 府 防 災 通 信 協 会 一 般 社 団 法 人 大 阪 府 防 災 通 信 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 府 防 災

More information

判例学習・刑事訴訟法[第2版]_大扉_再校-.mcd

判例学習・刑事訴訟法[第2版]_大扉_再校-.mcd 目 次 第 2 版 はしがき Ⅰ 捜 査 の 意 義 1 犯 罪 発 生 前 の 捜 査 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

More information

Taro-【222】H23表紙.jtd

Taro-【222】H23表紙.jtd 律 ま 律 律 律 百 号 ま 左 記 ま 記 経 緯 律 以 麻 原 彰 晃 智 津 夫 教 祖 創 始 者 オ ウ ム 真 教 教 義 広 現 目 主 宰 教 義 従 者 以 付 以 ぞ 号 掲 ず 引 続 継 続 聴 上 後 段 付 以 予 根 拠 令 由 陳 述 先 限 陳 述 機 付 与 陳 述 ど 遂 由 示 効 力 1 加 え 中 計 わ 有 管 土 建 延 べ 箇 箇 ち 備 帳 簿

More information

平 成 27 年 度 事 業 計 画 1 防 犯 意 識 の 向 上 と 地 域 交 流 の 強 化 (1) 安 全 安 心 なまちづくりと 防 犯 情 報 の 提 供 や 助 成 事 業 の 推 進 ア 安 全 安 心 なまちづくりの 推 進 本 年 4 月 1 日 に なくそう 犯 罪 滋 賀

平 成 27 年 度 事 業 計 画 1 防 犯 意 識 の 向 上 と 地 域 交 流 の 強 化 (1) 安 全 安 心 なまちづくりと 防 犯 情 報 の 提 供 や 助 成 事 業 の 推 進 ア 安 全 安 心 なまちづくりの 推 進 本 年 4 月 1 日 に なくそう 犯 罪 滋 賀 平 成 27 年 度 主 要 行 事 予 定 ~ 公 益 社 団 法 人 4 年 目 ~ 第 1 四 半 期 新 会 計 年 度 理 事 会 通 常 総 会 の 開 催 4 月 13( 月 ) 14:00~ 県 県 警 との 合 同 担 当 者 研 修 会 ( 県 庁 )+ 知 恵 出 し 会 議 < 専 務 出 席 > 20( 月 ) 終 日 風 俗 環 境 浄 化 地 域 安 全 相 談 所 開

More information

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災 第 2 節 消 防 通 信 指 令 体 制 消 防 緊 急 情 報 システムによる 情 報 の 一 元 化 を 図 るとともに 迅 速 的 確 な 情 報 収 集 及 び 消 防 隊 等 に 対 する 指 令 指 示 連 絡 その 他 必 要 な 情 報 の 受 伝 達 を 行 うものとする 1 災 害 通 信 の 取 扱 い 災 害 通 信 の 取 扱 いについては 逗 子 市 消 防 専 用 無

More information

<5461726F2D8C788E408F908BA68B6389EF89EF8B63985E816993739387816A2E6A746463>

<5461726F2D8C788E408F908BA68B6389EF89EF8B63985E816993739387816A2E6A746463> 警 察 署 協 議 会 会 議 録 名 称 大 阪 府 都 島 警 察 署 協 議 会 開 催 日 時 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 3 時 15 分 までの 間 開 催 場 所 大 阪 府 都 島 警 察 署 柔 道 場 樋 口 会 長 江 後 副 会 長 松 田 委 員 宮 本 委 員 出 委 員 天 川 委 員 大 西 委 員 秦 委

More information

苫小牧市総合防犯計画(仮称)の基本構成

苫小牧市総合防犯計画(仮称)の基本構成 苫 小 牧 市 総 合 防 犯 計 画 ( 案 ) 苫 小 牧 市 目 次 第 1 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 経 緯 1 2 計 画 の 目 的 1 3 計 画 の 対 象 範 囲 1 4 計 画 の 期 間 1 第 2 章 犯 罪 の 現 状 と 課 題 2 1 安 全 安 心 に 関 する 市 民 意 識 2 (1) 地 域 の 安 全 についての

More information

Microsoft Word - 3_懲戒処分の指針(H28.4

Microsoft Word - 3_懲戒処分の指針(H28.4 平 成 15 年 4 月 16 日 施 行 平 成 19 年 12 月 16 日 改 正 平 成 20 年 5 月 28 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 懲 戒 処 分 の 指 針 第 1 目 的 この 指 針 は 職 員 が 地 方 公 務 員 として 遵 守 すべき 義 務 に 違 反 した 場 合 の 責 任 を 明 確 にするとともに

More information

1 開 会 のことば 2 署 長 挨 拶 署 長 から 本 年 第 2 回 目 となる 本 日 の 諮 問 は 高 齢 者 を 狙 った 振 り 込 め 詐 欺 被 害 の 未 然 防 止 方 策 です 特 殊 詐 欺 被 害 のうち 大 半 を 占 める 振 り 込 め 詐 欺 の 被 害 に 関

1 開 会 のことば 2 署 長 挨 拶 署 長 から 本 年 第 2 回 目 となる 本 日 の 諮 問 は 高 齢 者 を 狙 った 振 り 込 め 詐 欺 被 害 の 未 然 防 止 方 策 です 特 殊 詐 欺 被 害 のうち 大 半 を 占 める 振 り 込 め 詐 欺 の 被 害 に 関 議 事 録 会 議 名 平 成 28 年 第 2 回 西 尾 警 察 署 協 議 会 ( 定 例 会 ) 日 時 場 所 平 成 28 年 5 月 13 日 ( 金 ) 午 後 3 時 30 分 から 午 後 5 時 00 分 までの 間 西 尾 警 察 署 講 堂 1 委 員 大 竹 玲 子 委 員 黒 部 和 美 委 員 外 倉 崇 委 員 寺 部 典 司 委 員 太 田 利 和 委 員 加 藤

More information

目 次 第 1 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 P1 1 計 画 策 定 の 経 緯 P1 2 計 画 の 目 的 P2 3 防 犯 まちづくりの 範 囲 P2 4 計 画 期 間 P2 5 基 本 理 念 P2 第 2 章 防 犯 に 対 する 取 り 組 みの 課 題 P3 第 3

目 次 第 1 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 P1 1 計 画 策 定 の 経 緯 P1 2 計 画 の 目 的 P2 3 防 犯 まちづくりの 範 囲 P2 4 計 画 期 間 P2 5 基 本 理 念 P2 第 2 章 防 犯 に 対 する 取 り 組 みの 課 題 P3 第 3 第 2 次 久 留 米 市 防 犯 まちづくり 推 進 計 画 久 留 米 市 目 次 第 1 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 P1 1 計 画 策 定 の 経 緯 P1 2 計 画 の 目 的 P2 3 防 犯 まちづくりの 範 囲 P2 4 計 画 期 間 P2 5 基 本 理 念 P2 第 2 章 防 犯 に 対 する 取 り 組 みの 課 題 P3 第 3 章 防 犯 まちづくり

More information

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本 金 融 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン 第 1 条 目 的 ( 法 第 1 条 関 連 ) 1 本 ガイドラインは 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 以 下 法 という ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 15 年 政 令 第 507 号 以 下 施 行 令 という

More information

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 3 月 31 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 153 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 1 月 17 日 ( 平 成 23 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 422 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 19 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 26 号 改 正 平 成 22 年 9 月 30 日 条 例 第 23 号 平 成 23 年 9 月 29 日 条 例 第 40 号 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 目 次 第 1 章

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

<5461726F2D817966696E616C817A91E68250825782588D868FF096F189BC>

<5461726F2D817966696E616C817A91E68250825782588D868FF096F189BC> 切 仕 号 総 理 ジ ュ ネ ー ブ 招 集 月 回 本 原 則 宣 言 公 地 球 模 化 社 義 宣 言 目 標 達 成 人 切 仕 促 進 決 留 族 責 任 男 女 賃 金 増 高 齢 障 害 児 童 育 増 大 見 多 額 得 転 含 世 界 経 済 重 要 貢 献 認 識 依 然 過 小 評 価 軽 視 主 女 子 わ 女 子 多 差 人 侵 害 被 害 や 立 地 域 社 構 成 員

More information

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連 巡 回 連 絡 実 施 要 領 平 成 22 年 7 月 1 日 地 第 6 8 7 号 警 察 本 部 長 巡 回 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について( 通 達 ) この 度 巡 回 連 絡 を 適 正 かつ 効 果 的 に 実 施 するため みだしの 要 領 を 別 添 のとおり 制 定 し 平 成 22 年 7 月 2 日 から 実 施 することとしたので 実 効 の 上 がるよう

More information

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴ 長 久 手 市 公 共 的 団 体 による 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 逐 条 解 説 1 目 的 このガイドラインは 防 犯 カメラによる 犯 罪 防 止 への 有 用 性 と 市 民 の 容 ぼ うや 行 動 をみだりに 撮 影 されないなどプライバシーの 保 護 との 調 和 を 旨 に 地 域 の 公 共 的 団 体 が 市 内 の 公 共 空 間 を

More information

平 成 24 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 25 年 6 月 警 察 庁

平 成 24 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 25 年 6 月 警 察 庁 本 資 料 内 に 掲 載 されている 平 成 20 年 から 平 成 24 年 までの 犯 罪 統 計 について は 数 値 の 一 部 に 修 正 が 生 じていますので 修 正 後 の 数 値 は 平 成 26 27 年 の 犯 罪 情 勢 等 をご 確 認 ください 平 成 24 年 の 犯 罪 情 勢 平 成 25 年 6 月 警 察 庁 凡 例 1 本 資 料 における 用 語 等 の

More information

会議開催のお知らせ

会議開催のお知らせ 富 津 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 録 1 会 議 の 名 称 平 成 27 年 度 富 津 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 2 開 催 日 時 平 成 27 年 7 月 15 日 午 後 3 時 0 0 分 ~ 午 後 4 時 45 分 3 開 催 場 所 第 2 委 員 会 室 4 審 議 等 事 項 5 出 席 者 名 6 公 開 又 は 非 公 開 の 別 ( 1

More information

懲戒処分の指針

懲戒処分の指針 懲 戒 処 分 の 指 針 第 1 基 本 事 項 本 指 針 は 代 表 的 な 事 例 を 選 び それぞれにおける 標 準 的 な 処 分 量 定 を 掲 げたものであ 具 体 的 な 処 分 量 定 の 決 定 にあたっては (1) 非 違 行 為 の 動 機 態 様 及 び 結 果 はどのようなものであったか (2) 故 意 又 は 過 失 の 度 合 はどの 程 度 であったか (3)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63> 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 2 月 1 9 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 1 0 9 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 1 年 1 2 月 1 5 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 4 3 7 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 1 8 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

団 体 と 連 携 して 十 分 な 検 討 を 行 うとともに 情 報 共 有 を 図 ること (2) 再 点 検 及 び 再 構 築 に 係 る 実 施 事 項 ア 検 討 すべき 事 項 災 害 に 係 る 危 機 管 理 体 制 の 再 点 検 及 び 再 構 築 に 当 たっては 別 添

団 体 と 連 携 して 十 分 な 検 討 を 行 うとともに 情 報 共 有 を 図 ること (2) 再 点 検 及 び 再 構 築 に 係 る 実 施 事 項 ア 検 討 すべき 事 項 災 害 に 係 る 危 機 管 理 体 制 の 再 点 検 及 び 再 構 築 に 当 たっては 別 添 原 議 保 存 期 間 10 年 ( 平 成 34 年 3 月 31 日 まで) 各 附 属 機 関 の 長 警 察 庁 乙 備 発 第 10 号 乙 官 発 第 16 号 各 地 方 機 関 の 長 殿 乙 生 発 第 9 号 乙 刑 発 第 9 号 各 都 道 府 県 警 察 の 長 乙 交 発 第 9 号 乙 情 発 第 9 号 ( 参 考 送 付 先 ) 平 成 23 年 11 月 30 日

More information

Taro-下関署(確定版).jtd

Taro-下関署(確定版).jtd 平 成 2 6 年 度 第 2 回 下 関 警 察 署 協 議 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 26 年 8 月 7 日 ( 木 ) 午 後 3 時 から 午 後 4 時 45 分 まで 開 催 場 所 下 関 市 細 江 町 2 丁 目 3 番 8 号 下 関 警 察 署 5 階 講 堂 出 席 者 福 井 会 長 林 副 会 長 児 玉 委 員 松 村 委 員 松 浦 委 員 藤 原 委

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

Taro-データ公安委員会相互協力事

Taro-データ公安委員会相互協力事 公 安 委 員 会 相 互 協 力 事 務 処 理 要 綱 の 制 定 について( 例 規 ) 最 終 改 正 平 成 26.2.7 例 規 組 二 第 5 号 京 都 府 警 察 本 部 長 から 各 部 長 各 所 属 長 あて 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 事 務 取 扱 いに 関 する 訓 令 ( 平 成 4 年 京 都 府 警 察 本

More information

平 成 22 年 第 18 回 教 育 委 員 会 会 議 録 1 期 日 平 成 22 年 11 月 30 日 火 曜 日 2 場 所 教 育 委 員 会 委 員 室 3 開 会 午 後 5 時 30 分 4 閉 会 午 後 6 時 25 分 5 出 席 委 員 北 林 真 知 子 猪 股 春 夫

平 成 22 年 第 18 回 教 育 委 員 会 会 議 録 1 期 日 平 成 22 年 11 月 30 日 火 曜 日 2 場 所 教 育 委 員 会 委 員 室 3 開 会 午 後 5 時 30 分 4 閉 会 午 後 6 時 25 分 5 出 席 委 員 北 林 真 知 子 猪 股 春 夫 平 成 22 年 第 1 8 回 教 育 委 員 会 会 議 録 秋 田 県 教 育 委 員 会 平 成 22 年 第 18 回 教 育 委 員 会 会 議 録 1 期 日 平 成 22 年 11 月 30 日 火 曜 日 2 場 所 教 育 委 員 会 委 員 室 3 開 会 午 後 5 時 30 分 4 閉 会 午 後 6 時 25 分 5 出 席 委 員 北 林 真 知 子 猪 股 春 夫 田

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

高 松 市 告 示 第 403 号 )に 基 づく 指 名 停 止 期 間 中 でないこと (5) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 のいずれにも 該 当 していないこと 4 提 案 公 募 関 係 資 料 の

高 松 市 告 示 第 403 号 )に 基 づく 指 名 停 止 期 間 中 でないこと (5) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 のいずれにも 該 当 していないこと 4 提 案 公 募 関 係 資 料 の 平 成 28 年 度 路 線 バス 基 幹 系 統 サービスレベル 向 上 策 検 討 業 務 委 託 提 案 公 募 要 領 1 提 案 公 募 の 目 的 中 心 市 街 地 の 公 共 交 通 において 基 幹 的 役 割 を 担 っている 路 線 バスについて 沿 線 住 民 の 意 識 調 査 等 を 実 施 することにより その 需 要 予 測 を 行 うとともに 公 共 交 通 としての

More information

三条市安全・安心な

三条市安全・安心な 三 条 市 安 全 安 心 な まちづくり 推 進 計 画 ( 案 ) 三 条 市 1 目 次 第 1 章 計 画 の 基 礎 事 項 1 第 1 節 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 節 計 画 の 位 置 付 け 1 第 3 節 計 画 期 間 1 第 4 節 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 犯 罪 の 状 況 2 第 1 節 刑 法 犯 発 生 状 況 2 (1) 刑 法 犯 認

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法

目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法 街 頭 防 犯 カメラ 整 備 運 用 の 手 引 き( 案 ) 目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法 4 3 マッピング 等 4 第 2

More information

(17)その 他 市 長 が 不 適 当 であると 認 めるもの ( 広 告 の 掲 載 基 準 ) 第 5 条 次 に 定 める 内 容 を 有 する 広 告 は 掲 出 しない (1) 次 のいずれかに 該 当 するもの ア 人 権 侵 害 差 別 名 誉 毀 損 のおそれがあるもの イ 法 律

(17)その 他 市 長 が 不 適 当 であると 認 めるもの ( 広 告 の 掲 載 基 準 ) 第 5 条 次 に 定 める 内 容 を 有 する 広 告 は 掲 出 しない (1) 次 のいずれかに 該 当 するもの ア 人 権 侵 害 差 別 名 誉 毀 損 のおそれがあるもの イ 法 律 敦 賀 市 庁 舎 広 告 掲 出 基 準 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 基 準 は 敦 賀 市 庁 舎 広 告 事 業 実 施 要 綱 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め るものであり 市 庁 舎 への 広 告 掲 出 は この 基 準 に 基 づき 判 断 を 行 うものとする ( 広 告 全 般 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 ) 第 2 条 市 庁 舎 広 告

More information

ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とり

ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とり CONTENTS No.39 2016.May ごあいさつ 埼 玉 県 警 察 本 部 長 貴 志 浩 平 埼 玉 県 警 察 本 部 長 の 貴 志 でございます 公 益 財 団 法 人 埼 玉 県 暴 力 追 放 薬 物 乱 用 防 止 センター 賛 助 会 員 を 始 め 県 民 の 皆 様 には 平 素 から 警 察 活 動 各 般 とりわけ 暴 力 団 排 除 や 薬 物 乱 用 防 止

More information

Taro kyogikaigijiroku

Taro kyogikaigijiroku 石 巻 警 察 署 協 議 会 議 事 録 要 旨 協 議 会 名 開 催 日 時 開 催 場 所 宮 城 県 石 巻 警 察 署 協 議 会 平 成 26 年 12 月 19 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 3 時 30 分 まで 宮 城 県 石 巻 警 察 署 会 議 室 出 席 者 等 1 協 議 会 以 下 7 名 2 警 察 署 側 署 以 下 12 名 議 事 概

More information

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象 平 成 27 年 度 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 委 託 仕 様 書 1. 事 業 名 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 2. 事 業 の 目 的 本 事 業 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 )に 基 づき 生 活 困 窮 者 が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 平 成 26 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 資 料 熊 本 市 障 がい 保 健 福 祉 課 目 次 Ⅰ 指 導 監 査 について 1~ 5 Ⅱ 平 成 26 年 度 指 導 監 査 方 針 6~13 Ⅲ 過 去 の 実 地 指 導 の 結 果 14~36 Ⅳ 請 求 関 係 について 37~43 Ⅴ その 他 44~49 Ⅰ 指 導 監 査 について 1

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

<5461726F2D8341834E83568387839383768389839381698CF6955C94C5816A>

<5461726F2D8341834E83568387839383768389839381698CF6955C94C5816A> 犯 罪 防 御 京 都 ア ク シ ョ ン プ ラ ン ~ アンダー3 万 件 新 予 防 システム ~ 担 当 部 課 府 民 生 活 部 安 心 安 全 まちづくり 推 進 課 警 察 本 部 現 状 と 課 題 刑 法 犯 の 認 知 件 数 は 地 域 防 犯 活 動 の 活 性 化 と 警 察 力 の 強 化 により 平 成 14 年 (65,082 件 )をピークとして 減 少 傾 向

More information

<5461726F2D4832358EE597768E7B8DF490AC89CA92B28F9181698DC58F49>

<5461726F2D4832358EE597768E7B8DF490AC89CA92B28F9181698DC58F49> 平 成 25 年 度 主 要 施 策 の 成 果 に 関 する 調 書 警 察 本 部 目 次 3 安 心 安 全 な 社 会 の 形 成 と 県 土 づくり 1 (1) 日 本 一 安 心 安 全 な 鹿 児 島 づくり 1 (2) 災 害 に 強 い 県 土 づくり 7 6 誰 もがいきいきと 活 躍 できる 雇 用 環 境 づくり 8 (1) ふるさとでいきいきと 働 ける 環 境 づくり 8

More information

1 平成19年度の事業実績報告

1 平成19年度の事業実績報告 平 成 27 年 度 事 業 報 告 書 平 成 27 年 度 の 事 業 活 動 の 活 動 重 点 は 公 益 社 団 法 人 設 立 の 趣 旨 である 犯 罪 のない 明 るい 社 会 を 理 想 として 県 民 の 防 犯 思 想 を 高 揚 し 防 犯 活 動 並 び に 少 年 の 健 全 な 育 成 風 俗 環 境 浄 化 のための 活 動 等 を 効 果 的 に 推 進 する と

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 税 通 則 法 関 係 ) 国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 成 25

More information

<483233208254904588F58EE8939682CC8FF38BB52E786C73>

<483233208254904588F58EE8939682CC8FF38BB52E786C73> 5 職 の の 状 況 (1) 期 末 勤 勉 宮 城 県 1 人 当 たり 平 均 支 給 額 (22 年 度 ) - 1,691 千 (22 年 度 支 給 割 合 ) (22 年 度 支 給 割 合 ) 期 末 勤 勉 期 末 勤 勉 2.60 月 分 1.35 月 分 2.60 月 分 1.35 月 分 ( 1.45 ) 月 分 ( 0.65 ) 月 分 ( 1.45 ) 月 分 ( 0.65

More information

Ⅱ. 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 当 たっての 留 意 事 項 1 設 置 の 目 的 防 犯 カメラの 設 置 者 は 犯 罪 又 は 事 故 を 防 止 するなどの 目 的 を 明 確 にし その 目 的 を 逸 脱 した 運 用 を 行 わないようにしてください 2 撮 影

Ⅱ. 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 当 たっての 留 意 事 項 1 設 置 の 目 的 防 犯 カメラの 設 置 者 は 犯 罪 又 は 事 故 を 防 止 するなどの 目 的 を 明 確 にし その 目 的 を 逸 脱 した 運 用 を 行 わないようにしてください 2 撮 影 八 王 子 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 するガイドライン( 案 ) Ⅰ.はじめに 1 ガイドラインの 策 定 の 経 緯 と 目 的 八 王 子 市 は 犯 罪 を 未 然 に 防 ぎ 安 全 で 安 心 して 暮 らせるまちづくりを 進 めるため 平 成 14 年 に 生 活 の 安 全 安 心 に 関 する 条 例 を 施 行 し 市 市 民 事 業 者 それぞれの 責

More information

Microsoft Word - 20年度(行情)答申第581号.doc

Microsoft Word - 20年度(行情)答申第581号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 20 年 4 月 15 日 ( 平 成 20 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 204 号 ) 答 申 日 : 平 成 21 年 3 月 31 日 ( 平 成 20 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 581 号 ) 事 件 名 : インド 洋 方 面 における 対 米 支 援 用 燃 料 の 供 給 能 力 の 調 査 結 果 につい て の

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表 北 海 道 青 少 年 健 全 育 成 条 例 ( 昭 和 30 年 4 月 2 日 条 例 第 17 号 ) 沿 革 昭 和 35 年 4 月 27 日 条 例 第 18 号 38 年 3 月 26 日 第 4 号 41 年 4 月 11 日 第 23 号 48 年 4 月 1 日 第 27 号 53 年 3 月 31 日 第 7 号 平 成 2 年 3 月 31 日 第 8 号 4 年 3 月

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

① 公 告 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 の 公 表 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 次 のとおり 公 表 する 平 成 25 年 3 月 29 日 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (23 年 度 末 ) 23 年 度 2,973,174 A 1,165,215,035

More information

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金 日 本 トーター 株 式 会 社 大 宮 西 武 園 競 輪 事 業 所 大 宮 競 輪 場 及 び 西 武 園 競 輪 場 ポイントサービス 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 会 員 規 約 に 基 づく 事 項 その 他 当 施 設 におけるポイントサービスの 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 め ることを 目 的 とします ( 定 義 )

More information

目 次 福 井 県 の 治 安 情 勢 ( 平 成 26 年 ) 概 要 1 1 犯 罪 の 認 知 検 挙 状 況 (1) 刑 法 犯 の 認 知 検 挙 状 況 2 (2) 重 要 犯 罪 の 認 知 検 挙 状 況 3 (3) 街 頭 犯 罪 侵 入 犯 罪 8 類 型 の 認 知 状 況 4

目 次 福 井 県 の 治 安 情 勢 ( 平 成 26 年 ) 概 要 1 1 犯 罪 の 認 知 検 挙 状 況 (1) 刑 法 犯 の 認 知 検 挙 状 況 2 (2) 重 要 犯 罪 の 認 知 検 挙 状 況 3 (3) 街 頭 犯 罪 侵 入 犯 罪 8 類 型 の 認 知 状 況 4 平 成 27 年 3 月 リュウピー 君 リュウミーちゃん 福 井 県 警 察 目 次 福 井 県 の 治 安 情 勢 ( 平 成 26 年 ) 概 要 1 1 犯 罪 の 認 知 検 挙 状 況 (1) 刑 法 犯 の 認 知 検 挙 状 況 2 (2) 重 要 犯 罪 の 認 知 検 挙 状 況 3 (3) 街 頭 犯 罪 侵 入 犯 罪 8 類 型 の 認 知 状 況 4 (4) 特 殊 詐

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

Microsoft Word - 資料2 新旧対照表.doc

Microsoft Word - 資料2 新旧対照表.doc 21.11.25 資 料 2 頁 旧 新 見 直 し 理 由 等 第 1 章 計 画 策 定 の 趣 旨 犯 罪 の 未 然 防 止 を 図 り, 第 1 章 計 画 策 定 の 趣 旨 犯 罪 を 未 然 に 防 止 し, P1 P2 市 では,この 活 動 の 拠 りどころとして, 新 潟 市 犯 市 では, 新 潟 市 犯 罪 のない 安 心 安 全 なまちづくり 罪 のない 安 心 安 全

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832353035313290B68A8895DB8CEC82C582CC8CE394AD88E396F2956982C98AD682B782E98EE688B582A28B7982D192CA926D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832353035313290B68A8895DB8CEC82C582CC8CE394AD88E396F2956982C98AD682B782E98EE688B582A28B7982D192CA926D2E646F63> 生 活 保 護 での 後 発 医 薬 品 に 関 する 取 扱 い 及 び 通 知 岐 阜 市 耳 鼻 咽 喉 科 医 会 のひろば 江 崎 俊 夫 平 成 20 年 度 診 療 報 酬 改 定 で 後 発 医 薬 品 の 使 用 促 進 が 図 られ, 一 般 の 医 療 保 険 制 度 と 同 様 に, 生 活 保 護 の 医 療 扶 助 でも 医 学 的 理 由 があると 判 断 した 場 合

More information

3 刑事事件【Web用】.indd

3 刑事事件【Web用】.indd 地 方 裁 判 所 における 刑 事 訴 訟 事 件 ( 第 一 審 )の 審 理 の 状 況 検 察 官 の 公 訴 提 起 ( 起 訴 ) 冒 頭 手 続 人 定 質 問 検 察 官 の 起 訴 状 朗 読 黙 秘 権 等 の 告 知 被 告 人, 弁 護 人 の 被 告 事 件 についての 陳 述 証 拠 調 べ 手 続 冒 頭 陳 述 犯 罪 事 実 に 関 する 立 証 証 拠 調 べの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 本 計 画 の 目 的 及 び 構 成 1 第 2 章 実 施 方 針 2 第 2 編 地 震 災 害 対 策 3 第 1 章 国 家 公 安 委 員 会 及 び 警 察 庁 がとるべき 措 置 3 第 1 節 災 害 に 備 えての 措 置 3 第 1

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 本 計 画 の 目 的 及 び 構 成 1 第 2 章 実 施 方 針 2 第 2 編 地 震 災 害 対 策 3 第 1 章 国 家 公 安 委 員 会 及 び 警 察 庁 がとるべき 措 置 3 第 1 節 災 害 に 備 えての 措 置 3 第 1 国 家 公 安 委 員 会 警 察 庁 防 災 業 務 計 画 平 成 26 年 3 月 作 成 修 正 昭 和 3 8 年 6 月 昭 和 4 2 年 8 月 昭 和 4 5 年 3 月 昭 和 5 2 年 9 月 昭 和 5 5 年 2 月 平 成 7 年 9 月 平 成 9 年 1 1 月 平 成 1 2 年 7 月 平 成 1 5 年 2 月 平 成 1 6 年 3 月 平 成 1 9 年

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information