漁 獲 の 不 良 が 続 く 漁 場 が 顕 在 化 してきた 特 に, 三 国 川 合 流 点 より 下 流 側 で 大 きく 減 少 し, 上 流 側 と 比 較 して 減 少 の 程 度 が 著 し い( 図 ) 河 川 生 態 系 は, 様 々な 要 因 の 複 雑 な 相 互 作 用 に

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "漁 獲 の 不 良 が 続 く 漁 場 が 顕 在 化 してきた 特 に, 三 国 川 合 流 点 より 下 流 側 で 大 きく 減 少 し, 上 流 側 と 比 較 して 減 少 の 程 度 が 著 し い( 図 ) 河 川 生 態 系 は, 様 々な 要 因 の 複 雑 な 相 互 作 用 に"

Transcription

1 -- 魚 野 川 におけるアユ 不 振 原 因 の 解 明 伊 藤 陽 人 小 池 利 通 樋 口 正 仁 野 上 泰 宏 森 直 也 新 潟 県 内 水 面 水 産 試 験 場 要 旨 魚 野 川 では,アユ 種 苗 の 放 流 を 行 っているにも 関 わらずアユの 漁 獲 が 不 良 な 漁 場 が 顕 在 化 してい る このため,アユの 漁 獲 が 良 好 な 漁 場 と 不 良 な 漁 場 において, 漁 獲 量 や 生 息 密 度 と 水 質, 付 着 藻 類 の 現 存 量, 流 速 および 河 床 材 料 の 粒 度 組 成 の 関 係 から 不 良 の 原 因 を 調 査 した その 結 果, 不 良 な 漁 場 は, 良 好 な 漁 場 と 比 べてアユの 生 息 密 度 が 低 く,そもそもアユが 生 息 していないために 不 良 で あると 考 えられた しかし, 不 良 な 漁 場 の 水 質 や 付 着 藻 類 の 現 存 量 等 は,それだけでアユの 生 息 密 度 を 低 下 させるような 差 が 良 好 漁 場 との 間 ではみられなかった 一 方, 不 良 な 漁 場 では 流 速 が 速 い だけでなく, 浅 い 場 所 が 消 失 し, 小 型 アユの 生 息 には 適 さない 漁 場 になっている 可 能 性 が 考 えられ た 河 床 材 料 との 関 係 では, 粒 度 組 成 が 細 粒 化 するとアユ 漁 獲 量 が 減 少 する 傾 向 がみられた 河 床 材 料 の 中 では, 長 径 -cm の 巨 石 と.cm 未 満 の 砂 泥 の 多 寡 とアユ 漁 獲 量 との 間 に 有 意 な 関 係 が 認 められ, 巨 石 が 多 いと 漁 獲 量 も 増 加 し, 砂 泥 が 多 いと 漁 獲 量 は 減 少 する 傾 向 であった 今 後, 漁 場 を 改 善 するには 巨 石 投 入 や 河 床 改 良 が 考 えられる しかし, 大 規 模 な 河 床 改 良 は 土 砂 の 流 出 を 招 く 恐 れもあることから, 河 川 それぞれの 特 性 を 踏 まえた 漁 場 改 善 効 果 の 把 握 が 重 要 であろう.はじめに 魚 野 川 は, 信 濃 川 の 支 流 で 全 長 約 km の 河 川 である( 図 ) 流 入 する 主 な 支 流 としては, 水 無 川, 三 国 (さぐり) 川 および 登 川 があげられる 魚 野 川 では, 友 釣 りをはじめとしたアユ 漁 が 盛 んに 行 われ,アユ 種 苗 の 放 流 は 下 流 の 信 濃 川 合 流 点 付 近 から 上 流 の 湯 沢 町 岩 原 地 区 まで 広 い 範 囲 で 行 われている しかし, 平 成 年 以 降, 放 流 を 行 っているにも 関 わらずアユの 漁 獲 量 が 減 少 し, 新 潟 信 濃 川 魚 野 川 六 日 町 旭 橋 浦 佐 多 聞 橋 上 下 大 巻 塩 沢 前 島 橋 大 沢 坪 池 橋 石 打 姥 島 橋 堀 之 内 佐 梨 水 無 川 三 国 川 三 国 川 ダム 登 川 魚 野 川 本 流 図 本 研 究 における 魚 野 川 の 調 査 地 点 6

2 漁 獲 の 不 良 が 続 く 漁 場 が 顕 在 化 してきた 特 に, 三 国 川 合 流 点 より 下 流 側 で 大 きく 減 少 し, 上 流 側 と 比 較 して 減 少 の 程 度 が 著 し い( 図 ) 河 川 生 態 系 は, 様 々な 要 因 の 複 雑 な 相 互 作 用 によって 成 り 立 っているが, 河 川 環 境 に 影 響 を 与 える 要 因 のつに 河 川 工 作 物 の 設 置 がある 魚 野 川 本 流 のアユ 漁 が 行 わ れている 水 域 では,アユの 移 動 を 遮 る 河 川 工 作 物 は 設 置 されておらず, 天 然 遡 上 魚 も 漁 獲 されている 一 方, 魚 野 川 の 支 流 にお 漁 獲 量 トン 三 国 川 合 流 点 より 下 流 三 国 川 合 流 点 より 上 流 年 図 魚 野 川 におけるアユ 漁 獲 量 の 推 移 いてはダムや 砂 防 堰 堤 が 近 年 設 置 されている 特 に, 水 無 川 と 登 川 については 流 出 土 砂 が 多 いこと から, 堰 堤 等 の 砂 防 施 設 が 多 数 設 置 され, 三 国 川 には 三 国 川 ダムが 平 成 年 に 竣 工 した 一 般 に, アユの 生 息 には 瀬 や 淵 が 発 達 した 河 川 環 境 が 必 要 とされているが, 近 年 の 河 川 環 境 やアユの 漁 獲 の 実 態 については 明 らかになっていない 点 が 多 い そこで 本 研 究 では,アユの 釣 獲 状 況 や 生 息 密 度 と 河 床 材 料 の 粒 度 組 成 との 関 係 に 着 目 し,アユ 漁 獲 不 良 の 解 明 に 取 り 組 んだ.アユの 漁 獲 量 と 生 息 密 度 の 関 係 漁 獲 不 良 の 実 態 をまず 考 えてみると,つはアユが 生 息 しているのだが 釣 れにくい 状 況 が 考 えら れ,もうつはそもそもアユが 生 息 していない 状 態 が 考 えられた しかし, 漁 業 者 から, 漁 獲 不 良 の 漁 場 ではアユの 姿 を 見 かけないという 話 を 伺 っていたことから, 不 良 漁 場 ではアユの 生 息 密 度 が 小 さく, 漁 獲 量 は 生 息 密 度 が 高 いと 増 えると 予 測 された そこで, 友 釣 りによる 漁 獲 調 査 と 潜 水 目 視 による 生 息 密 度 調 査 を 行 った 調 査 対 象 の 漁 場 は, 漁 業 者 の 情 報 により, 良 好 漁 場 とされる 石 打 姥 島 橋, 不 良 漁 場 とされる 大 巻, 浦 佐 多 聞 橋 上 流 または 下 流, 佐 梨 および 堀 之 内 とした 漁 獲 調 査 は 魚 沼 漁 業 協 同 組 合 ( 魚 沼 漁 協 )に 依 頼 した 調 査 期 間 は 平 成 年, 年 の 月 日 から8 月 日 の 間 で, 調 査 員 は 各 漁 場 名, 調 査 時 間 は~ 時 間 とした 平 成 年 の 調 査 は 石 打 姥 島 橋 と 佐 梨, 平 成 年 では 石 打 姥 島 橋, 大 巻, 浦 佐 多 聞 橋 上 流 または 下 流, y =.6x +. 佐 梨 および 堀 之 内 で 行 った 分 析 に 6 R² =. P=. は, 釣 獲 個 体 数 を 調 査 員 の 人 数 と 調 査 時 間 で 除 した CPUE を 用 いた 生 息 密 度 調 査 は, 各 調 査 漁 場 において 月 日 のアユ 解 禁 日 直 前 にライン 観 測 による 潜 水 目 視 を 行 い, 漁 場 m あたりのアユ 生 息 密 度 を 求 めた か 年 の 調 査 の 結 果,アユの 生 息 密 度 が 増 加 するほど CPUE が 大 きな 値 となる 正 の 回 帰 関 係 が 認 められた CPUE 尾 / 人 / 時 間... 6 生 息 密 度 尾 /m /m 図 アユ 生 息 密 度 と CPUE の 関 係

3 ( 図 ) 調 査 した 漁 場 間 の 地 理 的 な 距 離 は 近 く,アユ 種 苗 の 放 流 は 魚 野 川 の 広 い 範 囲 で 行 われて いることから, 漁 場 への 加 入 条 件 に 大 きな 差 異 はないと 考 えられた 一 方,アユの 生 残 に 大 きな 影 響 を 与 える 冷 水 病 は 調 査 期 間 中 に 確 認 されなかった これらのことから, 不 良 漁 場 ではアユの 生 息 密 度 が 低 いために 漁 獲 量 が 少 ないと 考 えられた 平 成 年 の 石 打 姥 島 橋 と 佐 梨 のアユ 生 息 密 度 は, それぞれ. 尾 /m,.6 尾 /m であった 平 成 年 の 石 打 姥 島 橋, 大 巻, 浦 佐 多 聞 橋 下 流, 佐 梨 および 堀 之 内 では,それぞれ.8 尾 /m,. 尾 /m,. 尾 /m,.6 尾 /m および. 尾 /m で あった これらか 年 の 潜 水 目 視 調 査 から, 漁 業 者 による 漁 場 の 良 好, 不 良 の 判 断 と 実 際 のアユ 生 息 密 度 は 一 致 していることが 明 らかになった. 良 好 漁 場 と 不 良 漁 場 の 環 境 比 較 漁 場 における 生 息 密 度 の 低 下 が 漁 獲 不 良 を 招 く 要 因 のつであると 考 えられた しかし,アユ 生 息 密 度 の 低 下 を 招 く 要 因 については 不 明 のままであった そこで, 平 成 年 月 に,アユ 生 息 密 度 に 約 倍 の 差 がみられた 石 打 姥 島 橋 と 佐 梨 において, 水 質, 付 着 藻 類 現 存 量, 流 速 および 河 床 の 構 成 材 料 を 調 査 した 流 速 および 水 深 の 測 定 は, 河 川 横 断 面 に 沿 った 調 査 測 線 をそれぞれの 漁 場 で 本 設 定 して 行 った 石 打 姥 島 橋 では 測 線 上 を 河 岸 からm 間 隔 で, 点 法 により 流 速 を 測 定 し た 佐 梨 では, 河 岸 からm 間 隔 で, 水 深 cm より 浅 い 地 点 は 点 法,cm より 深 い 地 点 では 点 法 により 測 定 した 河 床 材 料 の 粒 度 組 成 は, 方 形 枠 内 の 河 床 状 態 を 目 視 により 観 察 した 水 質 調 査 の 結 果, 懸 濁 物 質 (SS)および 栄 養 塩 濃 度 については 佐 梨 の 値 が 石 打 姥 島 橋 より 大 き く( 表 ), 水 産 用 水 基 準 ()と 照 合 すると, 石 打 姥 島 橋 の ph, 全 窒 素 (TN), 佐 梨 の NH -N, TN および 全 リン(TP)の 値 が 基 準 値 を 越 えていた また, 付 着 藻 類 現 存 量, 一 次 生 産 力,シルト 量 およびシルト 堆 積 量 については, 不 良 漁 場 である 佐 梨 の 値 が 高 かった しかし, 両 漁 場 のアユの 生 息 密 度 には 約 倍 の 差 異 があることから,その 他 の 環 境 条 件 についても 検 討 を 要 すると 考 えら れた 流 速 については 両 漁 場 で 差 異 が 認 められた 良 好 漁 場 である 石 打 姥 島 橋 の 平 均 値 は.cm/ 秒 であった それに 対 し, 不 良 漁 場 である 佐 梨 では 8.cm/ 秒 と 速 い 傾 向 がみられた 最 高 の 流 速 は 石 打 姥 島 橋 で 6.cm/ 秒, 佐 梨 で 表 石 打 姥 島 橋 と 佐 梨 の 水 質 比 較 8.cm/ 秒 と 大 きな 差 がみられなか 石 打 姥 島 橋 好 ましさ 佐 梨 ったのに 対 し, 最 低 の 流 速 は 石 打 姥 乾 燥 重 量.96. SS (mg/l) 強 熱 減 量.99. 島 橋 で.8cm/ 秒, 佐 梨 で 6.cm/ 秒 と 灰 分 量.9 >. 顕 著 な 差 がみられた また,データ NH -N. >.6 NO のばらつきを 表 す 不 偏 分 散 は, 石 打 -N. >. 栄 養 塩 濃 NO -N. >.6 姥 島 橋 で. と 算 出 されたのに 対 し, 度 (mg/l) PO -P. >.9 TN.6 >.96 佐 梨 では. と 算 出 された これら TP. >. のことから, 佐 梨 では 流 速 が 石 打 姥 ph.9. 水 温 6. <. 島 橋 と 比 べて 速 い 傾 向 にあるだけで 濁 度.. なく, 水 深 が 浅 い 場 所 および 水 深 が BOD (mg/l).. 付 着 藻 類 現 存 量 (g/m ).8 <.8 深 く,かつ 流 速 の 遅 い 場 所 が 消 失 し 一 次 生 産 力 (g/m / 日 ). <. ていると 考 えられた( 図 ) 佐 梨 シルト 量 (g/m ). >.6 シルト 堆 積 速 度 (g/m で 認 められた 流 速 の 状 態 がアユの 生 / 日 ) 9. >.9 6

4 息 に 与 える 影 響 を 考 えてみると,それを 推 測 する 方 法 のつにアユの 遊 泳 速 度 との 比 較 がある 遊 泳 速 度 には, 長 時 間 出 すこ とのできる 巡 航 速 度 と 瞬 間 的 にだけ 出 す ことのできる 突 進 速 度 に 分 けられ( 廣 瀬 中 村 99),アユの 生 息 条 件 を 考 える 上 では 巡 航 速 度 が 適 していると 考 えられた アユの 巡 航 速 度 は 6. BL( 体 長 )cm/ 秒 およ び.6 BL cm/ 秒 という 目 安 があり( 廣 瀬 中 村 99), 体 サイズとの 比 例 関 係 で 表 されている 佐 梨 での 最 低 流 速 が 6.cm/ 流 速 m/ 秒. 姥 島 橋 佐 梨 水 深 m 図 平 成 年 月 に 測 定 した 姥 島 橋 と 佐 梨 の 水 深 と 流 速 の 関 係 秒 であったことから, 佐 梨 で 長 時 間 泳 ぎ 続 けることのできるアユの 体 長 は,.8 から 6.cm 以 上 で あると 推 測 された これらのことから, 石 打 姥 島 橋 では 流 速 の 遅 い 場 所 から 速 い 場 所 まで 存 在 し, 様 々な 体 サイズのアユの 生 息 が 可 能 と 推 測 された 一 方, 佐 梨 では 平 均 流 速 の 値 から, 体 長.9cm 以 下 の 小 型 アユの 生 息 には 適 さない 漁 場 となっている 可 能 性 が 考 えられた 河 床 材 料 の 粒 度 組 成 を 観 察 した 結 果, 石 打 姥 島 橋 付 近 では 砂 利 から 岩 まで 粒 度 が 大 きく 異 なる 材 料 で 河 床 が 構 成 されていたのに 対 し, 佐 梨 では 長 径.~cm の 砂 利 や 石 で 河 床 が 構 成 され, 巨 石 や 岩 など 大 きな 河 床 材 料 は 観 察 されなかった 以 上 のように, 良 好 漁 場 と 不 良 漁 場 を 代 表 する 地 点 で 環 境 調 査 を 行 った 結 果, 水 質 指 標 には 著 し い 差 異 は 認 められなかった それに 対 し, 流 速 や 河 床 材 料 の 粒 度 組 成 に 関 してはつの 漁 場 間 で 差 異 が 認 められ,アユの 生 息 と 河 床 材 料 との 間 に 何 らかの 関 係 がある 可 能 性 が 考 えられた しかしな がら, 河 床 材 料 の 粒 度 組 成 とアユの 漁 獲 量 に 関 する 定 量 的 な 分 析 は 行 われていなかった そこで, 次 にこれらつの 関 係 について 調 査 を 行 った. 河 床 材 料 の 粒 度 組 成 とアユ 漁 獲 量 の 関 係 河 床 材 料 とアユの 漁 獲 量 に 関 する 調 査 は, 平 成 年 に 石 打 姥 島 橋, 大 沢 坪 池 橋, 塩 沢 前 島 橋, 六 日 町 旭 橋, 大 巻, 浦 佐 多 聞 橋 上, 浦 佐 多 聞 橋 下, 佐 梨 および 堀 之 内 の 計 9カ 所 の 漁 場 で 行 った 河 床 材 料 の 粒 度 組 成 は 面 積 格 子 法 を 用 いた 写 真 計 測 法 によって 行 った 調 査 漁 場 では,.m.m の 枠 内 を cm メッシュに 区 切 った 方 形 枠 をサイズの 大 きい 河 床 材 料 が 入 るよう 河 川 敷 の 水 際 に 敷 設 し,デジタルカメラを 用 いて 鉛 直 方 向 から 地 点 撮 影 した 得 られた 画 像 から, 面 積 格 子 法 を 用 いて 方 形 枠 内 にある 堆 積 物 を 抽 出 し, 調 査 漁 場 ごとに 堆 積 物 数 の 平 均 値 を 求 めた この 平 均 値 をカウント 数 として 漁 獲 量 との 関 表 粒 度 組 成 の 簡 便 階 級 係 を 分 析 した 各 漁 場 で 調 査 される 面 積 が 同 一 であることから, カウント 数 が 少 ない 漁 場 ほどサイズの 大 きな 堆 積 物 の 割 合 が 高 いことを 意 味 している さらに, 抽 出 された 堆 積 物 については 竹 門 ほか(99)を 基 にした 簡 便 階 級 で 区 分 し( 表 ), 各 区 分 の 区 分 岩 巨 石 石 長 径 cm 以 上 - - 砂 利.- カウント 数 と 漁 獲 量 との 関 係 も 分 析 した 漁 獲 量 については, 平 砂 泥. 未 満 成 年 月 日 に 行 われた 友 釣 り 試 験 採 捕 の 漁 獲 量 および 平 成 6

5 CPUE 尾 / 人 / 時 間 6 y = -.8x +.6 R² =. P=. CPUE 尾 / 人 / 時 間 6 y =.6x +.8 R² =.6 P=. 6 8 カウント 数 図 カウント 数 と CPUE の 関 係 巨 石 カウント 数 図 6 巨 石 カウント 数 と CPUE の 関 係 年 月 日 から8 月 日 までの 友 釣 りの 漁 獲 量 を 魚 沼 漁 協 組 合 員 から 聞 き 取 った 値 を 用 いた まず, 各 漁 場 のカウント 数 と 漁 獲 量 との 関 係 を 調 査 した 結 果,カウント 数 が 大 きくなるほど CPUE が 小 さな 値 を 示 す 負 の 回 帰 関 係 が 認 められた( 図 ) このことから, 粒 度 の 小 さな 材 料 で 河 床 が 構 成 される 漁 場 ではアユの 漁 獲 が 少 なくなると 推 定 された 一 方,アユの 漁 獲 の 多 い 漁 場 の 粒 度 組 成 を 把 握 するため, 粒 径 の 区 分 ごとに 解 析 した 結 果, 巨 石 と 砂 泥 のつの 粒 径 区 分 と CPUE と 間 に 有 意 な 回 帰 関 係 が 認 められた 巨 石 につい ては,カウント 数 が 大 きくなるほど CPUE が 増 加 する 正 の 回 帰 関 係 がみられた( 図 6) それ に 対 し, 砂 泥 の 場 合 はカウント 数 が 大 きくなる ほど CPUE が 減 少 する 負 の 回 帰 関 係 が 認 めら れた( 図 ) これらの 結 果 から,アユの 漁 獲 が 多 い 漁 場 には, 長 径 -cm の 巨 石 が 多 く 存 6 y = -.9x +.8 R² =. P=.9 在 し, 長 径.cm 未 満 の 砂 泥 が 多 い 漁 場 では 漁 獲 量 が 少 なくなると 推 測 された 以 上 のことか ら, 魚 野 川 においてアユの 漁 獲 不 良 を 引 き 起 こ 砂 泥 カウント 数 図 砂 泥 カウント 数 と CPUE の 関 係 す 要 因 のつとして, 河 床 材 料 の 粒 径 分 布 の 8 細 粒 化, 巨 石 の 減 少 や 砂 泥 の 増 加 が 推 測 され 巨 石 石 た 8 6 砂 利 また, 本 調 査 では 流 程 に 沿 った 河 床 材 料 の 砂 泥 6 粒 度 組 成 の 変 化 についても 分 析 した 河 床 材 料 の 粒 度 組 成 は, 上 流 から 下 流 にかけて 細 粒 化 するのが 一 般 的 な 傾 向 である 魚 野 川 では 河 床 材 料 のカウント 数 が 下 流 側 に 向 かうに 従 って 単 調 に 増 加 する 傾 向 は 認 められず( 図 8), 砂 泥 の 割 合 が 高 い 漁 場 が 魚 野 川 中 流 域 でも 確 認 されている これらのことから, 河 床 材 料 の 細 粒 化 は 流 程 に 沿 って 進 行 してい 信 濃 川 合 流 点 からの 距 離 km 図 8 魚 野 川 における 信 濃 川 合 流 点 からの 距 離 と 河 床 材 料 の 粒 度 組 成 との 関 係 漁 場 に 占 める 割 合 % 6 CPUE 尾 / 人 / 時 間 カウント 数 カウント 数

6 るのではなく, 漁 場 周 辺 の 河 川 環 境 も 関 わっていると 考 えられた.まとめ 本 研 究 で 調 査 した 魚 野 川 の 本 流 部 は,ストリームオーダー(Strahler 96)で~となり, 本 事 業 では 大 きな 川 に 分 類 される 調 査 の 結 果, 魚 野 川 では 漁 獲 不 良 と 関 連 する 環 境 要 因 のつと して, 河 床 における 巨 石 の 減 少 や 砂 泥 の 増 加 など, 河 床 材 料 の 細 粒 化 が 考 えられた さらに, 不 良 漁 場 では 流 速 が 一 様 に 速 い 特 徴 が 認 められた 河 床 材 料 が 細 粒 化 し, 平 坦 化 した 水 路 のような 漁 場 では 流 速 の 遅 い 場 所 が 少 なく, 体 サイズの 小 さな 種 苗 を 放 流 しても 生 息 場 所 や 隠 れ 家 (レフージ) がなく,アユが 漁 場 に 定 着 できない 可 能 性 が 考 えられる 本 研 究 によって, 河 床 材 料 の 細 粒 化 がアユの 生 息 に 影 響 をおよぼしていると 考 えられたが, 魚 野 川 本 流 で 一 様 に 細 粒 化 が 起 こっていなかったことから, 河 床 材 料 の 粒 度 組 成 は 流 況 や 土 砂 動 態 の 複 雑 な 相 互 作 用 によって 支 配 されていると 考 えられた 相 互 作 用 のつの 例 として, 上 流 側 の 土 砂 供 給 状 態 が 変 わることによって, 下 流 側 の 粒 度 組 成 が 変 化 することが 考 えられる 例 えば, 堰 や 砂 防 堰 堤 の 設 置 により, 粒 径 の 大 きな 河 床 材 料 の 供 給 量 が 減 り, 淵 も 次 第 に 消 滅 して 平 らな 河 床 に 変 化 する( 浅 枝 ) また, 上 流 部 の 地 質 構 造 が 砂 やシルトを 主 体 としていれば, 下 流 側 の 漁 場 の 砂 泥 の 堆 積 が 促 進 される 可 能 性 も 考 えられる 従 って, 河 床 材 料 に 影 響 を 与 える 要 因 を 明 らかにす るには, 上 流 側 の 土 砂 供 給 の 特 性 や 河 川 工 作 物 の 設 置 状 況,および 漁 場 における 河 床 攪 乱 頻 度 を 調 査 する 必 要 があると 考 えられた 近 年 の 河 川 環 境 の 変 化 に 伴 い, 漁 獲 不 良 となる 漁 場 の 存 在 が 明 らかになってきた そして, 漁 獲 不 良 となった 漁 場 の 特 徴 のつとして, 巨 石 が 少 ないことが 明 らかになった このことから, 不 良 漁 場 を 改 善 するつの 方 策 として, 巨 石 の 投 入 や 埋 まった 石 を 掘 り 起 こす 河 床 耕 耘 により, 河 床 に 巨 石 を 増 やすことが 考 えられる アユでは 産 卵 床 の 造 成 のための 河 床 耕 耘 が 行 われているが, 生 息 場 所 の 確 保 を 目 的 とした 河 床 耕 耘 は 行 われていない 生 息 場 所 を 確 保 するために 大 規 模 な 河 床 改 良 を 行 った 場 合 には, 土 砂 の 流 出 による 河 床 低 下 や 露 盤 化 を 招 く 危 険 性 も 危 惧 される 従 って, 巨 石 の 投 入 や 河 床 改 良 については 今 後, 河 川 それぞれの 特 性 を 踏 まえた 漁 場 改 善 効 果 の 把 握 が 重 要 であ ろう 一 方, 本 研 究 で 用 いた 方 形 枠 とデジタルカメラによる 粒 度 組 成 の 測 定 は, 入 手 しやすい 機 材 によ る 簡 便 な 手 法 である この 手 法 は 専 門 的 な 知 識 や 機 材 を 要 しないことから, 漁 協 組 合 員 や NPO 団 体 等 の 市 民 による 調 査 にも 適 していると 考 えられる 今 後, 本 研 究 で 用 いた 簡 便 な 手 法 によって, 市 民 自 らも 河 川 の 河 床 材 料 を 調 査 し, 漁 場 の 評 価 を 行 うことで, 漁 場 環 境 が 保 全, 改 善 されること を 期 待 したい 謝 辞 本 調 査 を 行 うにあたり, 魚 沼 漁 業 協 同 組 合 の 皆 様, 中 央 水 産 研 究 所 の 阿 部 信 一 郎 博 士, 埼 玉 大 学 大 学 院 の 浅 枝 隆 博 士, 内 田 哲 夫 氏 には 大 変 お 世 話 になった ここで 厚 くお 礼 申 し 上 げる 6

7 6. 引 用 文 献 浅 枝 隆. 河 川 環 境 の 長 期 変 動 とアユ 漁 獲 状 況 との 関 連 解 析. 平 成 年 度 漁 場 環 境 調 査 指 針 作 成 事 業 実 績 報 告 書, P() 廣 瀬 利 雄, 中 村 俊 六. 魚 道 の 設 計.-p. 山 海 堂, 東 京 (99) 竹 門 康 弘, 谷 田 一 三, 玉 置 昭 夫, 向 井 宏, 川 端 善 一 郎. 棲 み 場 所 の 生 態 学, p, 平 凡 社, 東 京 (99) Strahler, A. N. The Earth Sciences. Harper & Row, New York, NY(96) 66

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地 阿 賀 野 水 系 河 整 備 基 本 方 針 の 骨 子 1. 河 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 (1) 流 域 及 び 河 の 概 要 ( 概 要 ) 水 源 から 河 口 までの 概 要 河 流 路 延 長 流 域 面 積 流 域 の 土 地 利 用 本 州 日 本 海 側 初 の 政 令 指 定 都 市 である 新 潟 市 や 福 島 県 の 地 方

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F819A8E9197BF342D325F8A4388E690B695A882CC8F87899E93498AC7979D81698CF6955C9770816A313430353232>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F819A8E9197BF342D325F8A4388E690B695A882CC8F87899E93498AC7979D81698CF6955C9770816A313430353232> 第 2 回 那 覇 空 港 滑 走 路 増 設 事 業 環 境 監 視 委 員 会 資 料 4-2 海 域 生 物 の 順 応 的 管 理 (カサノリ 類 ) 平 成 26 年 6 月 5 日 内 閣 府 沖 縄 総 合 事 務 局 国 土 交 通 省 大 阪 航 空 局 < 目 次 > 1. これまでの 検 討 内 容... 1 1.1 順 応 的 管 理 の 概 要... 1 1.2 評 価

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B7697E790EC90AE94F58C7689E65F8CF68D90816A2E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B7697E790EC90AE94F58C7689E65F8CF68D90816A2E444F43> 久 礼 川 水 系 河 川 整 備 計 画 平 成 24 年 2 月 高 知 県 目 次 1. 流 域 および 河 川 の 概 要 1 2. 久 礼 川 の 現 状 と 課 題 3 2.1 治 水 の 現 状 と 課 題 3 2.2 河 川 の 適 正 な 利 用 及 び 流 水 の 正 常 な 機 能 の 現 状 と 課 題 6 2.3 河 川 環 境 の 現 状 と 課 題 7 3. 河 川 整

More information

Microsoft Word - 3-(2)-0表紙

Microsoft Word - 3-(2)-0表紙 3-(2) 3(2) 事 業 内 容 について 3-(2)-1 土 砂 3-(2)-2 美 謝 川 切 替 3-(2)-3 海 上 ヤード 3-(2)-1 知 事 意 見 への 対 応 方 針 知 事 の 意 見 対 応 方 針 備 考 分 類 土 砂 について (1) 土 砂 の 調 達 計 画 については 沖 縄 県 はも とより 県 外 も 対 象 として 検 討 していますが 現 時 点 において

More information

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 -

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 - 第 6 章 河 川 海 岸 第 1 節 河 川 海 岸 の 概 要 秋 田 県 を 流 れる 河 川 は 雄 物 川 米 代 川 子 吉 川 の 一 級 水 系 302 河 川 馬 場 目 川 などの 二 級 水 系 51 河 川 で 合 計 353 河 川 となっており 総 延 長 は3,189kmに 及 んでいます また 海 岸 については 総 延 長 264kmのうち 国 土 交 通 省 で169kmを

More information

図 2 M5における 底 層 の 水 温 塩 分 DO の 季 節 変 化 図 3 底 層 水 温 ( )の 水 平 分 布 図 4 底 層 塩 分 の 水 平 分 布 図 5 底 層 DO(mg/L)の 水 平 分 布 全 窒 素 (mg/l) 1.0 0.8 0.6 0.4 0.2 0.0 0.

図 2 M5における 底 層 の 水 温 塩 分 DO の 季 節 変 化 図 3 底 層 水 温 ( )の 水 平 分 布 図 4 底 層 塩 分 の 水 平 分 布 図 5 底 層 DO(mg/L)の 水 平 分 布 全 窒 素 (mg/l) 1.0 0.8 0.6 0.4 0.2 0.0 0. 研 究 課 題 名 松 川 浦 の 増 養 殖 の 安 定 化 に 関 する 研 究 小 課 題 名 松 川 浦 の 水 質 調 査 研 究 期 間 2011~2015 鷹 﨑 和 義 東 日 本 大 震 災 および 砂 洲 の 一 部 決 壊 により 松 川 浦 の 水 質 が 大 きく 変 化 したと 推 測 されるので 従 前 から 実 施 している 水 質 モニタリング 調 査 を 拡 充

More information

Microsoft Word - Urumeiwashi-P101111.doc

Microsoft Word - Urumeiwashi-P101111.doc 平 成 22 度 ニシン 北 海 道 の 資 源 評 価 責 任 担 当 水 研 : 北 海 道 区 水 産 研 究 所 ( 村 上 直 人 ) 参 画 機 関 : 独 立 行 政 法 人 北 海 道 立 総 合 研 究 機 構 水 産 研 究 本 部 要 約 1987 には 北 海 道 サハリン 系 群 を 主 体 に 過 去 最 大 となる97 万 トンが 漁 獲 され 最 重 要 種 であったものの

More information

Microsoft Word - ②茨城県沖の水温環境と犬吠埼沖の黒潮位置との関係について_高島さん修正).docx

Microsoft Word - ②茨城県沖の水温環境と犬吠埼沖の黒潮位置との関係について_高島さん修正).docx 茨 城 水 試 研 報 41,7~17(2010) 茨 城 県 近 海 の 黒 潮 位 置 と 変 動 並 びに 水 温 環 境 との 関 係 について 7 茨 城 県 近 海 の 黒 潮 の 位 置 と 変 動 並 びに 水 温 環 境 との 関 係 について 小 日 向 寿 夫 Position and change of the Kuroshio,and their relationship

More information

漁 船 隻 数 ( ) 内 は 沿 岸 漁 業 総 数 1t 未 満 1t 以 上 ~ 3t 未 満 3t 以 上 ~ 5t 未 満 5t 以 上 ~ 10t 未 満 10t 以 上 ~ 50t 未 満 50t 以 上 無 動 力 (591) (177) (304) (65) (27) (18) (

漁 船 隻 数 ( ) 内 は 沿 岸 漁 業 総 数 1t 未 満 1t 以 上 ~ 3t 未 満 3t 以 上 ~ 5t 未 満 5t 以 上 ~ 10t 未 満 10t 以 上 ~ 50t 未 満 50t 以 上 無 動 力 (591) (177) (304) (65) (27) (18) ( 第 5 章 新 潟 市 の 水 産 業 1 概 要 本 市 は, 日 本 海 沿 岸 のほぼ 中 心 に 位 置 し, 海 岸 線 延 長 は 58.6km, 底 質 は 砂 泥 で 単 調 な 遠 浅 の 漁 場 とな っている 沖 合 には 佐 渡 が 島 粟 島 の 2 島 とこれに 連 なる 岩 礁 及 び 瀬 礁 が 多 数 点 在 し, 暖 寒 流 系 の 回 遊 魚 類 及 び 定 着

More information

Microsoft Word - 5-(1)-0表紙

Microsoft Word - 5-(1)-0表紙 5-1 51 海 域 生 物 について 5-1-1 ウミガメ 類 の 上 陸 産 卵 孵 化 5-1-2 事 業 実 施 に 伴 うウミガメ 類 の 他 域 への 逃 避 5-1-3 環 境 保 全 措 置 5-1-1 知 事 意 見 への 対 応 方 針 知 事 の 意 見 対 応 方 針 備 考 分 類 ウミガメ 類 に 係 る 予 測 について エ ウミガメ 類 に 係 る 予 測 について

More information

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月 豪 雨 による 奄 美 肝 付 町 道 路 被 災 箇 所 調 査 工 学 部 北 村 良 介 酒 匂 一 成 1.はじめに 奄 美 大 島 加 計 呂 麻 島 では,21 年,212 年, 肝 付 町 では 212 年 に 豪 雨 に 伴 う 斜 面 崩 壊 によ り 多 くの 道 路 が 被 災 している 著 者 らは, 奄 美 での 21 年 1 月 2 日,212 年 6 月 1 日 に 発

More information

エゾアワビの 生 態 学 特 性 に 基 づいた 資 源 管 理 - 東 日 本 大 震 災 の 影 響 とその 後 の 動 向 - 所 属 ( 独 ) 水 産 総 合 研 究 センター 東 北 区 水 産 研 究 所 職 氏 名 資 源 生 産 部 主 任 研 究 員 高 見 秀 輝 東 日 本

エゾアワビの 生 態 学 特 性 に 基 づいた 資 源 管 理 - 東 日 本 大 震 災 の 影 響 とその 後 の 動 向 - 所 属 ( 独 ) 水 産 総 合 研 究 センター 東 北 区 水 産 研 究 所 職 氏 名 資 源 生 産 部 主 任 研 究 員 高 見 秀 輝 東 日 本 浜 と 水 試 の 情 報 交 換 会 開 催 要 領 - 東 日 本 大 震 災 に 関 する 平 成 24 年 度 第 2 回 水 産 試 験 研 究 取 組 報 告 会 - 1 目 的 東 日 本 大 震 災 後 に 宮 城 県 水 産 技 術 総 合 センター 気 仙 沼 水 産 試 験 場 等 が 実 施 した 調 査 等 の 内 容 を 漁 業 関 係 者 及 び 水 産 関 係 団 体

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

資料 4 検討対象水域の水質予測結果について

資料 4 検討対象水域の水質予測結果について 2. 荒 川 中 流 2.1 荒 川 の 概 要 荒 川 はその 源 を 秩 父 山 塊 の 甲 武 信 岳 (2,475m)に 発 し 奥 秩 父 特 有 の 中 古 生 層 地 帯 の 峡 谷 を 流 下 して 秩 父 盆 地 をすぎ 長 瀞 の 結 晶 片 岩 地 帯 を 流 下 し 寄 居 付 近 より 関 東 平 野 を 東 南 に 流 下 しつつ 中 流 部 で 都 市 化 の 著 しい

More information

資料3 その2 

資料3 その2  (3) 取 組 1 東 京 都 による 対 策 と 現 況 東 京 都 下 水 道 局 では 平 成 25~27 年 度 までに 皇 居 外 苑 濠 への 雨 天 時 の 下 水 道 からの 越 流 を 50mm/ 時 以 上 の 豪 雨 時 を 除 き 防 止 する 措 置 を 行 う 予 定 である 2 環 境 省 による 水 質 改 善 計 画 に 基 づく 取 組 環 境 省 では 下 水

More information

地 表 面 から 主 に 出 ている 放 射 線 2 I-131は 現 在 かなり 減 っている 8 日 で 半 分 の 割 合 で 減 少 している 現 在 Cs-137 Cs-134から 134から 放 出 さ れるこれらのガンマ 線 と 一 緒 に 放 出 されるベータ 線 が 主 な 放 射

地 表 面 から 主 に 出 ている 放 射 線 2 I-131は 現 在 かなり 減 っている 8 日 で 半 分 の 割 合 で 減 少 している 現 在 Cs-137 Cs-134から 134から 放 出 さ れるこれらのガンマ 線 と 一 緒 に 放 出 されるベータ 線 が 主 な 放 射 1 水 洗 浄 による 放 射 性 セシウム 汚 染 土 壌 の 除 染 方 法 について 原 子 力 委 員 会 定 例 会 議 平 成 23 年 9 月 6 日 10:00~00 東 北 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 石 井 慶 造 1 地 表 面 から 主 に 出 ている 放 射 線 2 I-131は 現 在 かなり 減 っている 8 日 で 半 分 の 割 合 で 減 少 している

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8> 東 大 谷 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 第 1 河 川 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 1 1 河 川 及 び 流 域 の 現 状 1 (1) 河 川 及 び 流 域 の 概 要 1 (2) 治 水 事 業 の 沿 革 と 現 状 1 (3) 河 川 の 利 用 及 び 住 民 との 関 わり 2 (4)

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20819C368C8E313690E096BE8E9197BF8169E67C918198708AB191F1816A8DC58F49>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20819C368C8E313690E096BE8E9197BF8169E67C918198708AB191F1816A8DC58F49> 諫 早 湾 干 拓 事 業 潮 受 堤 防 排 水 門 の 開 門 による 影 響 平 成 22 年 4 月 長 崎 県 諫 早 湾 干 拓 の 現 在 新 たな 漁 場 環 境 に 適 合 した 漁 業 (カキ 養 殖 など) 雲 仙 多 良 シーライン( 潮 受 堤 防 ) 約 7km 月 約 12 万 台 が 利 用 南 部 排 水 門 北 部 排 水 門 いさはや 新 池 ( 調 整 池 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

池 船 株 ホ ム ナ 谷 ご ち 良 好 臼 藤 添 本 ケ ア カ パ 限 臼 良 加 納 院 央 加 納 央 わ ホ ム パ 塩 浜 わ 守 江 王 子 わ ハ ウ ろ せ 千 歳 殿 C T C 千 歳 殿 ぶ ご 清 砂 協 議 玉 ケ ア 整 形 外 科 赤 嶺 悠 哲 赤 嶺 ハ ハ

池 船 株 ホ ム ナ 谷 ご ち 良 好 臼 藤 添 本 ケ ア カ パ 限 臼 良 加 納 院 央 加 納 央 わ ホ ム パ 塩 浜 わ 守 江 王 子 わ ハ ウ ろ せ 千 歳 殿 C T C 千 歳 殿 ぶ ご 清 砂 協 議 玉 ケ ア 整 形 外 科 赤 嶺 悠 哲 赤 嶺 ハ ハ 金 曜 廃 戸 措 許 可 請 決 禁 銃 建 基 準 円 滑 促 永 配 偶 自 む 扶 助 め 若 く 作 給 付 又 給 付 担 せ 務 - 園 亀 マ ツ ボ ラ 火 売 火 売 つ ざ ッ 洞 門 本 耶 馬 渓 樋 つ ざ ッ 光 臼 貸 与 貸 与 箭 光 直 心 光 険 棲 家 石 株 マ モ 石 棲 家 ホ ム パ 棲 家 毎 週 火 曜 金 曜 祝 祭 翌 発 行 発 行 編 恵

More information

<5461726F2D8B4C8ED294AD955C8E9197BF2E6A7464>

<5461726F2D8B4C8ED294AD955C8E9197BF2E6A7464> 記 者 発 表 資 料 平 成 21 年 11 月 6 日 国 土 交 通 省 現 場 代 理 人 6 0 名 論 文 2 0 編 を 表 彰! 工 事 安 全 施 工 推 進 大 会 (SAFETY2009) 11 月 11 日 ( 水 ) 開 催 工 事 安 全 施 工 推 進 大 会 実 行 委 員 会 ( 委 員 長 : 青 山 俊 行 東 北 地 方 長 )は 11 月 11 日 ( 水

More information

<4D F736F F D2092B28DB895F18D908F918DEC90AC82CC8EE888F882AB E352E332E646F63>

<4D F736F F D2092B28DB895F18D908F918DEC90AC82CC8EE888F882AB E352E332E646F63> 植 栽 基 盤 調 査 報 告 書 作 成 の 手 引 き (Ver.5.3) 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 -1- 目 次 Ⅰ. 本 書 の 使 い 方 Ⅱ. 記 入 方 法 の 手 引 き 表 紙 1. 調 査 実 施 者 2. 調 査 の 目 的 3. 調 査 報 告 書 の 概 要 4. 調 査 の 手 順 5. 設 計 図 書 の 確 認 (1) 計 画 地

More information

湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江

湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 事 業 者 資 料 湛 江 漁 港 ( 笠 岡 市 六 島 ) 公 有 水 面 埋 立 出 願 について 出 願 者 : 笠 岡 市 湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県

More information

資 源 の 広 域 性 事 例 1 アユ 生 活 史 遺 伝 子 解 析 等 によるアユ 資 源 の 実 態 他 河 川 へ ( 他 河 川 か ら ) 大 きく 分 けて 日 本 列 島 南 北 で 二 分 うち 日 本 海 西 部 では 山 口 県 ~ 石 川 県 で1つの 資 源 といえる ア

資 源 の 広 域 性 事 例 1 アユ 生 活 史 遺 伝 子 解 析 等 によるアユ 資 源 の 実 態 他 河 川 へ ( 他 河 川 か ら ) 大 きく 分 けて 日 本 列 島 南 北 で 二 分 うち 日 本 海 西 部 では 山 口 県 ~ 石 川 県 で1つの 資 源 といえる ア 内 水 面 に 分 布 する 水 産 資 源 の 広 域 性 について 全 国 の 河 川 や 湖 沼 に 生 息 する 水 産 資 源 150~170 種 のうち 100 種 以 上 は 生 涯 のうちのある 時 期 は 海 に 生 息 ( 出 典 : 日 本 の 淡 水 魚 類 (1987) 川 と 海 を 回 遊 する 淡 水 魚 (1994) 東 海 大 学 出 版 会 ) [ 河 川 と

More information

2. 実 用 型 ホタテ 貝 殻 礁 の 生 物 蝟 集 状 況 実 用 型 ホタテ 貝 殻 礁 の 生 物 蝟 集 状 況 を 確 認 するため 調 査 地 点 の 中 心 付 近 に 設 置 したサンプル 用 貝 殻 礁 を 回 収 して 蝟 集 状 況 を 調 査 した 貝 殻 礁 の 回 収

2. 実 用 型 ホタテ 貝 殻 礁 の 生 物 蝟 集 状 況 実 用 型 ホタテ 貝 殻 礁 の 生 物 蝟 集 状 況 を 確 認 するため 調 査 地 点 の 中 心 付 近 に 設 置 したサンプル 用 貝 殻 礁 を 回 収 して 蝟 集 状 況 を 調 査 した 貝 殻 礁 の 回 収 平 成 22 年 度 実 用 型 ホタテ 貝 殻 礁 の 浄 化 効 果 と 活 用 方 法 について 寒 地 土 木 研 究 所 水 産 土 木 チーム 寒 地 土 木 研 究 所 道 南 支 所 函 館 開 発 建 設 部 築 港 課 岡 本 健 太 郎 片 山 勝 山 田 文 人 これまで 大 規 模 に 設 置 したホタテ 貝 殻 礁 の 効 果 を 検 証 したが 蝟 集 生 物 が 減

More information

Microsoft Word - H270401_発表鏡.doc

Microsoft Word - H270401_発表鏡.doc 平 成 27 年 3 月 31 日 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 お 知 ら せ 1. 件 名 中 部 地 方 整 備 局 人 事 異 動 について 2. 概 要 平 成 27 年 4 月 1 日 付 の 人 事 異 動 をお 知 らせします 3. 配 布 先 中 部 地 方 整 備 局 記 者 クラブ 名 古 屋 港 記 者 クラブ 4. 解 禁 指 定 なし 5.その 他 本

More information

二級河川朝明川水系河川整備基本方針(案)

二級河川朝明川水系河川整備基本方針(案) 2. 河 川 の 現 状 と 課 題 2.1 治 水 の 現 状 と 課 題 2.1.1 過 去 の 主 要 な 洪 水 の 概 要 い せ の 流 域 及 びその 近 傍 で 発 生 した 主 要 な 洪 水 被 害 としては 1959 年 ( 昭 和 34 年 )の 伊 勢 わんたいふう 湾 台 風 時 に 流 域 を 含 む 広 い 範 囲 で 高 潮 被 害 が 発 生 した 1974 年

More information

出 水 時 の 予 測 対 象 は ダムサイト 濁 水 とダムの 堤 体 の 工 事 原 石 の 採 取 の 工 事 建 設 発 生 土 の 処 理 の 工 事 施 工 設 備 及 び 工 事 用 道 路 の 設 置 の 工 事 道 路 の 付 替 の 工 事 に おいて 降 雨 時 に 発 生 す

出 水 時 の 予 測 対 象 は ダムサイト 濁 水 とダムの 堤 体 の 工 事 原 石 の 採 取 の 工 事 建 設 発 生 土 の 処 理 の 工 事 施 工 設 備 及 び 工 事 用 道 路 の 設 置 の 工 事 道 路 の 付 替 の 工 事 に おいて 降 雨 時 に 発 生 す 6.1.4.3 予 測 の 結 果 (1) 工 事 の 実 施 (1-1) 試 験 湛 水 以 外 の 期 間 (1-1-1) 土 砂 による 水 の 濁 り 1) 予 測 の 手 法 予 測 対 象 とする 影 響 要 因 を 表 6.1.4-16 及 び 図 6.1.4-27に 示 す 工 事 の 実 施 影 響 要 因 ダムの 堤 体 の 工 事 導 水 施 設 の 建 設 の 工 事 ダムの

More information

長 野 出 張 長 松 本 砂 防 事 務 梓 川 出 張 長 富 山 出 張 長 河 川 計 画 課 長 補 佐 地 方 事 業 評 価 管 理 官 環 境 調 整 官 総 括 技 術 検 査 官 情 報 通 信 技 術 調 整 官 道 路 情 報 管 理 官 技 官 小 林 宏 至 H28.3.

長 野 出 張 長 松 本 砂 防 事 務 梓 川 出 張 長 富 山 出 張 長 河 川 計 画 課 長 補 佐 地 方 事 業 評 価 管 理 官 環 境 調 整 官 総 括 技 術 検 査 官 情 報 通 信 技 術 調 整 官 道 路 情 報 管 理 官 技 官 小 林 宏 至 H28.3. 主 任 監 査 官 総 括 調 整 官 予 算 調 整 官 用 地 調 整 官 利 賀 ダム 工 事 事 務 松 本 砂 防 事 務 防 災 情 報 課 長 占 用 調 整 課 長 三 条 国 道 出 張 長 柏 崎 維 持 出 張 長 用 地 対 策 官 総 括 地 域 防 災 調 整 官 品 質 確 保 課 長 魚 津 国 道 出 張 長 手 取 川 ダム 管 理 支 長 飯 豊 山 系 砂 防

More information

2 月 20 日 に 実 施 した 現 地 調 査 では 2014 年 11 月 25 日 以 降 の 噴 火 活 動 により 中 岳 第 一 火 口 南 側 付 近 に 火 山 灰 やスコリア 6) が6~26cm 堆 積 しているのを 確 認 しました 2 月 23 日 に 熊 本 県 及 び2

2 月 20 日 に 実 施 した 現 地 調 査 では 2014 年 11 月 25 日 以 降 の 噴 火 活 動 により 中 岳 第 一 火 口 南 側 付 近 に 火 山 灰 やスコリア 6) が6~26cm 堆 積 しているのを 確 認 しました 2 月 23 日 に 熊 本 県 及 び2 平 成 27 年 (2015 年 )の の 火 山 活 動 福 岡 管 区 気 象 台 火 山 監 視 情 報 センター 2014 年 11 月 25 日 から 始 まった 噴 火 は5 月 21 日 まで 続 きました 8 月 8 日 から 時 々ごく 小 規 模 な 噴 火 が 発 生 した 後 9 月 14 日 09 時 43 分 に 小 規 模 な 火 砕 流 1) を 伴 う 噴 火 が

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2048323591E63689F190E096BE8E9197BF8169899389EA90EC8FB08FE3816A3134303231348F4390B32E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2048323591E63689F190E096BE8E9197BF8169899389EA90EC8FB08FE3816A3134303231348F4390B32E70707478> 平 成 25 年 度 第 6 回 九 州 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 遠 賀 川 床 上 浸 水 対 策 特 別 緊 急 事 業 ( 飯 塚 穂 波 地 区 ) 事 後 評 価 1 事 業 完 了 後 5 年 以 内 の 事 業 2 審 議 結 果 を 踏 まえ 事 後 評 価 の 実 施 主 体 が 改 めて 事 後 評 価 を 行 う 必 要 があると 判 断 した

More information

Microsoft PowerPoint - 100302_第1回委員会資料ver16.ppt

Microsoft PowerPoint - 100302_第1回委員会資料ver16.ppt 第 1 回 委 員 会 資 料 -5 桂 川 下 流 圏 域 河 川 整 備 計 画 検 討 委 員 会 第 1 回 資 料 ( 河 川 及 び 圏 域 の 概 要 ) 平 成 22 年 3 月 3 日 有 栖 川 ( 大 覚 寺 付 近 ) 京 都 府 建 設 交 通 部 河 川 課 京 都 土 木 事 務 所 乙 訓 土 木 事 務 所 目 次 瀬 戸 川 起 点 付 近 小 泉 川 有 栖 川

More information

untitled

untitled 発 行 年 号 数 タイトル 著 者 概 要 2016 年 No.98 下 水 汚 泥 集 約 処 理 事 業 における NS 形 ダクタイル 鉄 管 の 使 用 事 例 鳥 取 県 羽 合 浜 地 区 におけるALW 形 ダクタイル 鉄 管 の 採 用 事 例 京 都 市 上 下 水 道 局 下 水 道 部 設 計 課 管 理 課 課 長 西 本 俊 二 担 当 課 長 岩 﨑 公 男 鳥 取 県

More information

< B838B B83688EC090D1955C E322E786C73>

< B838B B83688EC090D1955C E322E786C73> 岐 阜 県 付 儀 郡 板 取 川 浦 水 力 発 電 所 1 2 1997 年 8 月 1999 年 5 月 村 神 奈 川 県 川 崎 市 発 電 所 取 り 付 けトンネル 工 事 エステ シティ ツインタワー 川 崎 新 築 工 事 300m3/Hr 10m3/Hr 放 流 基 準 不 明 放 流 基 準 不 明 砕 石 の 洗 浄 水 のSS 除 去 原 水 3 2000 年 2 月 福

More information

講 師 プロフィール 鈴 木 輝 明 (すずき てるあき) S47.3 京 都 大 学 農 学 部 水 産 学 科 卒 業 S49.3 東 北 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 S49.4 愛 知 県 水 産 試 験 場 調 査 研 究 科 技 師 H6.7 農 学 博

講 師 プロフィール 鈴 木 輝 明 (すずき てるあき) S47.3 京 都 大 学 農 学 部 水 産 学 科 卒 業 S49.3 東 北 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 S49.4 愛 知 県 水 産 試 験 場 調 査 研 究 科 技 師 H6.7 農 学 博 平 成 28 年 度 地 球 環 境 自 然 学 講 座 第 5 回 テ マ 干 潟 の 機 能 とその 保 全 講 師 名 城 大 学 大 学 院 総 合 学 術 研 究 科 特 任 教 授 鈴 木 輝 明 先 生 平 成 28 年 6 月 11 日 ( 土 ) NPO 法 人 シニア 自 然 大 学 校 講 師 プロフィール 鈴 木 輝 明 (すずき てるあき) S47.3 京 都 大 学 農

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF322D312D32817A95E291AB90E096BE8E9197BF816982DE82C28FAC90EC8CB4816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF322D312D32817A95E291AB90E096BE8E9197BF816982DE82C28FAC90EC8CB4816A2E646F6378> 資 料 2-1-2 平 成 27 年 11 月 10 日 風 力 部 会 資 料 むつ 小 川 原 港 洋 上 風 力 発 電 事 業 環 境 影 響 評 価 準 備 書 補 足 説 明 資 料 平 成 27 年 11 月 むつ 小 川 原 港 洋 上 風 力 開 発 株 式 会 社 目 次 1. 超 低 周 波 音 の 予 測 結 果 について 1 2. 水 底 の 底 質 のCODの 単 位 について

More information

Microsoft Word - _2013目次

Microsoft Word - _2013目次 大 阪 湾 における 水 環 境 変 化 と 水 産 資 源 の 変 遷 木 下 歩 * 宇 野 宏 司 ** Temporal Spatial Variation on Water Environment and Fishery Resources in Osaka Bay Ayumi KINOSHITA* Kohji UNO** ABSTRACT The industrial development

More information

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 五 戸 町 の 地 域 に 係 る 地 震 防 災 対 策 に 関 し 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに 関 係 機 関 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 の 整 備 推 進 を 図 り 住

More information

Microsoft Word - press.doc

Microsoft Word - press.doc プレスリリース 平 成 28 年 8 月 1 日 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 平 成 28 年 度 第 1 回 太 平 洋 いわし 類 マアジ さば 類 長 期 漁 海 況 予 報 - 別 表 の 水 産 関 係 機 関 が 検 討 し 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 中 央 水 産 研 究 所 がとりまとめた 結 果 - 今 後

More information

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6 甲 66 号 証 国 土 交 通 省 のホームページより 入 手 した 近 隣 の 各 水 系 の 主 要 洪 水 の 概 要 ( 富 山 県 ) 黒 部 川 常 願 寺 川 神 通 川 小 矢 部 川 ( 石 川 県 ) 梯 川 手 取 川 北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概

More information

三池港

三池港 32 島 原 海 湾 水 先 区 水 先 人 会 [ 三 池 港 三 角 港 及 び 島 原 湾 有 明 海 / 八 代 港 及 び 八 代 海 ] 32-1 三 池 港 三 池 港 での 主 要 な 揚 貨 物 は 石 炭 アルミ 地 金 塩 オイルコークスである また 小 型 の 外 航 コ ンテナ 船 も 週 1 回 当 港 に 寄 港 している 気 象 海 象 1 風 冬 季 の 北 風 の

More information

Microsoft Word - ‚²Ÿ_.doc

Microsoft Word - ‚²Ÿ_.doc 1 美 和 ダムにおける 流 入 土 砂 量 の 支 配 要 因 に 関 する 研 究 信 州 大 学 工 学 部 社 会 開 発 工 学 科 環 境 都 市 コース 富 所 研 究 室 学 籍 番 号 T321C 氏 名 原 宏 則 平 成 16 年 2 月 2 美 和 ダムにおける 流 入 土 砂 量 の 支 配 要 因 に 関 する 研 究 平 成 16 年 2 月 原 宏 則 要 旨 目 的

More information

press

press プレスリリース 平 成 28 年 3 月 25 日 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 総 合 研 究 セ ン タ ー 平 成 27 年 度 太 平 洋 いわし 類 長 期 漁 海 況 予 報 - 別 表 の 水 産 関 係 機 関 が 検 討 し 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 総 合 研 究 センター 中 央 水 産 研 究 所 がとりまとめた 結 果 - 今 後 の 見 通 し(

More information

下 北 八 戸 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 平 成 26 年 3 月 青 森 県 青 い 海 はみんなの 宝 下 北 八 戸 沿 岸 の 基 本 理 念 本 州 最 北 の 幾 多 の 自 然 美 と 風 土 を 守 り 水 産 都 市 の 発 展 を 支 えてきた 山 海 の 豊 かな 恵 みを 後 世 へ 受 け 継 ぎ 海 と 共 に 活 きる 下 北 八 戸 沿 岸 の 海 岸

More information

これらの 住 民 活 動 と 連 携 協 働 する 大 学 や 行 政 の 津 門 川 への 取 り 組 みも 同 時 に 進 行 して いたこの 時 期 に 西 宮 公 同 幼 稚 園 長 の 呼 びかけで 津 門 川 塾 がスタートを 切 ったのである 津 門 川 塾 は 2012 年 6 月

これらの 住 民 活 動 と 連 携 協 働 する 大 学 や 行 政 の 津 門 川 への 取 り 組 みも 同 時 に 進 行 して いたこの 時 期 に 西 宮 公 同 幼 稚 園 長 の 呼 びかけで 津 門 川 塾 がスタートを 切 ったのである 津 門 川 塾 は 2012 年 6 月 第 9 期 自 然 環 境 市 民 大 学 修 了 式 / 公 開 記 念 講 演 身 近 な 水 辺 の 環 境 問 題 への 取 り 組 み 山 本 義 和 ( 元 神 戸 女 学 院 大 学 武 庫 川 流 域 圏 ネットワーク 代 表 ) 私 は 大 学 を 定 年 退 職 して 2 年 余 りになりますが 15 年 ほど 前 からは 身 近 な 水 辺 の 環 境 問 題 に 関 心 をもって

More information

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方 資 料 5 水 力 発 電 設 備 についての 検 討 に 係 る 考 え 方 平 成 26 年 2 月 18 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 - 目 次 - Ⅰ. 検 討 範 囲 3 Ⅱ. 水 力 設 備 に 関 する 検 討 項 目 4 Ⅲ.L2 地 震 動 に 対 するダムの 耐 性 評 価 5 Ⅳ. 洪 水 に 対 するダムの 耐 性 評 価 8 Ⅴ. 大 規 模

More information

表 4.2.2 実 績 降 雨 による 最 大 流 量 候 補 No. 計 画 No. 洪 水 名 日 時 河 北 潟 流 入 量 河 北 潟 水 位 (T.P.+m) 日 時 貯 木 場 流 入 量 貯 木 場 水 位 (T.P.+m) 日 時 宇 ノ 気 気 屋 合 流 点 日 時 能 瀬 石

表 4.2.2 実 績 降 雨 による 最 大 流 量 候 補 No. 計 画 No. 洪 水 名 日 時 河 北 潟 流 入 量 河 北 潟 水 位 (T.P.+m) 日 時 貯 木 場 流 入 量 貯 木 場 水 位 (T.P.+m) 日 時 宇 ノ 気 気 屋 合 流 点 日 時 能 瀬 石 4. 高 水 流 量 のチェック 4.1 検 討 方 針 2.および 3.において 大 野 水 系 の 基 本 高 水 および 計 画 高 水 流 量 を 過 去 の 降 雨 群 を 対 象 とした 高 水 解 析 により 算 定 した 本 章 では 以 下 に 示 すような 他 の 観 点 から 高 水 流 量 を 検 討 し 高 水 流 量 設 定 の 妥 当 性 に 関 する 基 礎 資 料

More information

日本精神科医学会 認定看護師 認定者リスト

日本精神科医学会 認定看護師 認定者リスト 日 本 精 神 科 医 学 会 認 定 看 護 師 平 成 27 年 度 新 規 認 定 者 (44 名 ) 勤 務 先 医 療 機 関 に 変 更 がある 場 合 は 日 本 精 神 科 病 院 協 会 事 務 局 までご 連 絡 をお 願 いいたします (TEL:03-5232-3311 FAX:03-5232-3315) 認 定 期 限 : 平 成 33 年 3 月 31 日 都 道 府 県

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 公 共 土 木 施 設 の 被 災 状 況 と 斜 面 被 害 愛 媛 県 技 術 士 会 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 1 被 災 調 査 員 : 愛 媛 県 技 術 士 会 会 長 須 賀 幸 一 ( 芙 蓉 コンサルタント) 副 会 長 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 副 会 長 米 虫 聡 ( アースコンサルタント)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095AA8DFB322D385F89CD90EC97AC88E682A982E782CC97AC8F6F93798DBB82C682C682E082C98A4388E682C997AC8F6F82B782E995FA8ECB90AB835A83568345838082CC92E897CA9349946388AC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095AA8DFB322D385F89CD90EC97AC88E682A982E782CC97AC8F6F93798DBB82C682C682E082C98A4388E682C997AC8F6F82B782E995FA8ECB90AB835A83568345838082CC92E897CA9349946388AC2E646F6378> 河 川 流 域 からの 流 出 土 砂 とともに 海 域 に 流 出 する 放 射 性 セシウムの 定 量 的 把 握 清 水 康 行 岩 崎 理 樹 Mohamed NABI( 北 海 道 大 学 ) 恩 田 裕 一 ( 筑 波 大 学 ) 1. 目 的 本 検 討 は 阿 武 隈 川 の 流 域 から 土 砂 の 移 動 に 伴 い 河 川 に 流 入 するセシウム 137 の 移 行 を モデル

More information

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 網 走 市 統 計 書 平 成 27 年 版 網 走 市 は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 踏 まえ 基 本 的 かつ 総 合 的 な

More information

60.0 ( 摂 餌 量 ) 50.0 ( 排 泄 物 量 ) 40.0 30.0 20.0 10.0 0.0 H18.11(10 ) H18.12(5 ) H19.6(10 ) H19.7(15 ) H19.9(20 ) H19.11(15 ) 図 -2.1 室 内 試 験 でのナマコの 摂 餌

60.0 ( 摂 餌 量 ) 50.0 ( 排 泄 物 量 ) 40.0 30.0 20.0 10.0 0.0 H18.11(10 ) H18.12(5 ) H19.6(10 ) H19.7(15 ) H19.9(20 ) H19.11(15 ) 図 -2.1 室 内 試 験 でのナマコの 摂 餌 一 般 19 港 内 水 域 の 生 態 系 構 造 の 解 明 研 究 予 算 : 運 営 費 交 付 金 研 究 期 間 : 平 18~ 平 22 担 当 チーム: 水 産 土 木 チーム 寒 地 技 術 推 進 室 研 究 担 当 者 : 山 本 潤 関 口 浩 二 福 田 光 男 北 原 繁 志 渡 辺 光 弘 牧 田 佳 巳 佐 藤 仁 岡 本 健 太 郎 佐 藤 朱 美 大 井 啓 司

More information

じ 図 2-2-1 河 川 水 質 測 定 地 点 図 思 案 橋 川 河 口 上 の 出 橋 西 ノ 宮 橋 陣 屋 川 橋 大 城 橋 片 の 瀬 猿 尾 橋 中 原 橋 行 徳 北 橋 瀬 ノ 下 大 刀 洗 川 河 口 下 野 久 留 米 大 橋 神 代 橋 善 導 寺 山 橋 筒 川 河

じ 図 2-2-1 河 川 水 質 測 定 地 点 図 思 案 橋 川 河 口 上 の 出 橋 西 ノ 宮 橋 陣 屋 川 橋 大 城 橋 片 の 瀬 猿 尾 橋 中 原 橋 行 徳 北 橋 瀬 ノ 下 大 刀 洗 川 河 口 下 野 久 留 米 大 橋 神 代 橋 善 導 寺 山 橋 筒 川 河 第 2 節 水 質 汚 濁 1. 概 況 本 市 における 河 川 や 溜 池 等 の 公 共 用 水 域 の 水 質 は 公 共 下 水 道 の 整 備 や 工 場 事 業 場 における 排 水 規 制 等 により 改 善 されてきていますが 下 水 道 未 整 備 地 域 の 中 小 河 川 等 においては 住 居 密 集 地 からの 生 活 排 水 や 未 規 制 の 小 規 模 事 業 場

More information

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋)

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋) 参 考 資 料 1 科 学 技 術 学 術 審 議 会 測 地 学 分 科 会 ( 第 22 回 ) H23.2.16 平 成 23 年 度 文 部 科 学 省 予 算 案 の 概 要 ( 測 地 学 関 連 の 抜 粋 ) 地 震 防 災 分 野 の 研 究 開 発 の 推 進 平 成 23 年 度 予 算 案 119 億 円 ( 平 成 22 年 度 予 算 額 125 億 円 ) 平 成 22

More information

タ イ ト ル

タ イ ト ル 海 の 森 づくり 第 9 回 シンポジウム 鉄 鋼 スラグによる 海 域 環 境 再 生 2012 年 6 月 2 日 新 日 本 製 鐵 株 式 會 社 1 海 域 環 境 の 変 化 ( 漁 場 の 消 失 ) 海 岸 線 の 変 化 埋 立 等 による 人 工 海 岸 の 増 加 浅 場 干 潟 藻 場 の 消 失 浚 渫 窪 地 の 出 現 土 砂 採 取 跡 干 潟 面 積 の 推 移

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A> 1 5. 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 港 区 ) 6. 仙 台 塩 釜 港 ( 塩 釜 港 区 ) 調 査 団 メンバー 小 黒 章 二 八 谷 好 高 菅 野 真 弘 亀 井 重 信 建 設 マネジメント 研 究 所 主 任 研 究 員 理 事 兼 建 設 マネジメント 研 究 所 副 所 長 調 査 部 調 査 役 仙 台 支 部 調 査 役 仙 台 塩 釜 港 調 査 行 程 塩 釜 港

More information

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水 おおさと 事 業 名 国 営 総 合 農 地 防 災 事 業 地 区 名 大 里 県 名 埼 玉 県 関 係 市 町 村 く ま が や し おおさとまち こうなんまち ぎ よ う だ し みなみかわらむら こ う の す し 熊 谷 市 ( 旧 熊 谷 市 旧 大 里 町 旧 江 南 町 ) 行 田 市 ( 旧 行 田 市 旧 南 河 原 村 ) 鴻 巣 市 ふきあげまち ふ か や し かわもとまち

More information

Microsoft PowerPoint - H26年度主要成果rev

Microsoft PowerPoint - H26年度主要成果rev 平 成 26 年 度 東 京 電 力 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 対 応 の 調 査 研 究 における 主 要 成 果 平 成 27 年 3 月 ( 独 ) 水 産 総 合 研 究 センター - 目 次 -. はじめに 1. 福 島 県 海 域 の 海 水 の 放 射 性 セシウム 濃 度 の 状 況 2. 海 底 堆 積 物 中 の 放 射 性 セシウム 濃 度 3. 河 口

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

Microsoft Word - 第2章 桑の栽培-2_p31-40_

Microsoft Word - 第2章 桑の栽培-2_p31-40_ 30 第 2 章 桑 の 栽 培 ている 品 種 は, 一 ノ 瀬 が 約 半 数 をしめ, 次 いで はやてさかり が 多 くそのほかに し んいちのせ みなみさかり 改 良 鼠 返 し などがあげられる 2 5 表 主 要 な 品 種 項 目 主 要 な 品 種 名 やまぐわ 型 剣 持, 赤 木, 島 ノ 内, 五 郎 治 早 生, 市 平, 根 小 屋 高 助, 新 桑 1 号 ~2 号,

More information

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 (

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 固 定 資 産 評 価 基 準 新 旧 対 照 表 改 正 案 現 行 固 定 資 産 評 価 基 準 固 定 資 産 評 価 基 準 目 次 略 目 次 略 第 1 章 土 地 第 1 章 土 地 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 11 節 その 他 第 11 節 その 他 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 砂 防 法 (

More information

untitled

untitled 第 82 回 全 日 本 大 学 総 合 卓 球 選 手 権 大 会 ( 団 体 の 部 ) ( 北 九 州 市 立 総 合 体 育 館 2012 年 7 月 5 日 ( 木 )~8 日 ( 日 )) 男 子 予 選 リーグ Aブロック 男 子 予 選 リーグ Bブロック 明 治 大 3 0 愛 媛 大 青 森 大 3 0 岡 山 商 科 大 / 11 4 \ / 11 3 \ 11 7 4 11

More information

会 社 名 所 在 地 名 推 薦 務 所 多 田 工 業 ( 株 ) 徳 島 県 海 部 郡 海 陽 町 久 保 字 松 本 111-1 平 成 25ー26 年 度 長 安 口 ダム 用 道 路 設 置 (その1) ( 株 ) 那 賀 建 設 徳 島 県 阿 南 市 才 見 町 野 中 3 桑 野

会 社 名 所 在 地 名 推 薦 務 所 多 田 工 業 ( 株 ) 徳 島 県 海 部 郡 海 陽 町 久 保 字 松 本 111-1 平 成 25ー26 年 度 長 安 口 ダム 用 道 路 設 置 (その1) ( 株 ) 那 賀 建 設 徳 島 県 阿 南 市 才 見 町 野 中 3 桑 野 務 所 優 良 (53 社 ) 会 社 名 所 在 地 名 推 薦 務 所 井 原 工 業 ( 株 ) 愛 媛 県 四 国 中 央 市 三 島 宮 川 4 丁 目 2 番 18 号 四 国 中 央 職 安 耐 震 改 修 その 他 (2) 営 繕 部 ( 株 ) 井 上 組 徳 島 県 美 馬 郡 つ るぎ 町 半 田 字 西 久 保 342-3 加 茂 第 二 堤 防 佐 々 木 建 設 ( 株

More information

5.4.2 想 定 を 超 える 巨 大 地 震 の 発 生 5.4.2.1 内 閣 府 による 津 波 浸 水 予 測 (1) 南 海 トラフ 巨 大 地 震 南 海 トラフ 巨 大 地 震 ( 南 海 トラフで 発 生 する 最 大 クラスの 地 震 )については 内 閣 府 (2012) i

5.4.2 想 定 を 超 える 巨 大 地 震 の 発 生 5.4.2.1 内 閣 府 による 津 波 浸 水 予 測 (1) 南 海 トラフ 巨 大 地 震 南 海 トラフ 巨 大 地 震 ( 南 海 トラフで 発 生 する 最 大 クラスの 地 震 )については 内 閣 府 (2012) i 5.4.1.2 津 波 によるコンビナートの 被 害 津 波 浸 水 予 測 ( 房 総 半 島 東 方 沖 日 本 海 溝 沿 い 地 震 )の 結 果 から コンビナートでは 浸 水 しない ことが 想 定 されており 5.2 項 で 示 したような 津 波 浸 水 被 害 は 発 生 しない また 1677 年 延 宝 房 総 沖 地 震 は 顕 著 な 揺 れを 伴 わなかった 津 波 地

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 地 盤 工 学 会 平 成 28 年 熊 本 地 震 地 盤 災 害 調 査 団 液 状 化 班 報 告 ( 平 成 28 年 6 月 21 日 ) 平 成 28 年 熊 本 地 震 液 状 化 被 害 平 成 28 年 熊 本 地 震 による 熊 本 平 野 で 生 じた 液 状 化 とその 被 害 について(その2)( 速 報 ) 村 上 哲 ( 福 岡 大 学 ) 石 蔵 良 平 ( 九 州

More information

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378>

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378> 実 績 一 覧 表 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 迄 1 1 日 南 土 木 事 務 所 道 路 維 持 工 事 平 成 26 年 度 防 地 橋 補 第 17-38-02-1 号 日 南 高 岡 線 益 安 橋 橋 梁 補 修 工 事 2 日 南 土 木 事 務 所 公 園 工 事 平 成 25 年 度 ダム 管 理 第 11-2-2 号 広

More information

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx 防 災 気 象 講 習 会 1 平 成 25 年 2 月 25 日 の 栃 木 県 北 部 で 発 生 した 地 震 とその 後 の 状 況 について 2 緊 急 地 震 速 報 を 活 用 した 避 難 訓 練 について 平 成 25 年 5 月 31 日 宇 都 宮 地 方 気 象 台 防 災 業 務 課 藤 崎 発 生 時 刻 平 成 25 年 2 月 25 日 16 時 23 分 震 源 栃

More information

天 塩 山 地 中 東 央 部 火 凹 山 地 地 域 夕 張 山 石 地 狩 0~40 m 低 40~100 m 地 勇 100~200 m 払 200 m 以 上 低 地

天 塩 山 地 中 東 央 部 火 凹 山 地 地 域 夕 張 山 石 地 狩 0~40 m 低 40~100 m 地 勇 100~200 m 払 200 m 以 上 低 地 天 塩 山 地 中 東 央 部 火 凹 山 地 地 域 夕 張 山 石 地 狩 0~40 m 低 40~100 m 地 勇 100~200 m 払 200 m 以 上 低 地 降 水 量 (mm) 降 水 量 (mm) 降 水 量 (mm) 250.0 200.0 150.0 100.0 50.0 0.0 250.0 200.0 150.0 100.0 50.0 0.0 250.0 200.0

More information

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中 11. 阿 蘇 カルデラ 斜 面 における 斜 面 崩 壊 土 石 流 の 発 生 頻 度 Frequency of occurrence of slope failure and debris flow at the caldera wall slopes of Aso volcano, Central Kyushu 西 山 賢 一 ( 徳 島 大 学 ) 鳥 井 真 之 ( 熊 本 大 学 )

More information

水 道 水 で30 日 間 栽 培 した その 結 果 全 ての 水 槽 でDOが3.0 mg/l 以 下 そのうち2つが 1.0mg/l 以 下 に 減 少 した( 図 2) このことから WHがDOを 低 下 させる 一 因 であるこ とが 確 かめられた このDOの 降 下 が 従 属 栄 養

水 道 水 で30 日 間 栽 培 した その 結 果 全 ての 水 槽 でDOが3.0 mg/l 以 下 そのうち2つが 1.0mg/l 以 下 に 減 少 した( 図 2) このことから WHがDOを 低 下 させる 一 因 であるこ とが 確 かめられた このDOの 降 下 が 従 属 栄 養 第 53 回 日 本 学 生 科 学 賞 入 選 3 等 第 53 回 静 岡 県 学 生 科 学 賞 県 教 育 長 賞 3 ホテイアオイのつくるバイオループ 学 校 法 人 静 岡 理 工 科 大 学 静 岡 北 高 等 学 校 科 学 部 水 質 班 2 年 五 島 菜 々 鈴 木 圭 祐 高 橋 周 平 瀧 田 祐 介 村 田 稔 恭 1.はじめに ホテイアオイ( 以 後 は 英 語 名 がWater

More information

3. 旧 奥 州 街 道 貝 田 宿 にみる 歴 史 的 風 致 1. 阿 津 賀 志 山 の 合 戦 と 顕 彰 教 育 活 動 にみる 歴 史 的 風 致 7. 鳥 取 福 源 寺 観 音 講 にみる 歴 史 的 風 致 5. 光 明 寺 集 落 の 水 利 用 にかかわる 歴 史 的 風 致

3. 旧 奥 州 街 道 貝 田 宿 にみる 歴 史 的 風 致 1. 阿 津 賀 志 山 の 合 戦 と 顕 彰 教 育 活 動 にみる 歴 史 的 風 致 7. 鳥 取 福 源 寺 観 音 講 にみる 歴 史 的 風 致 5. 光 明 寺 集 落 の 水 利 用 にかかわる 歴 史 的 風 致 第 4 章 重 点 区 域 の 位 置 及 び 範 囲 1. 重 点 区 域 設 定 の 考 え 方 本 計 画 における 重 点 区 域 は 歴 史 上 価 値 の 高 い 建 造 物 が 集 まり 国 見 町 固 有 の 歴 史 及 び 伝 統 を 反 映 した 活 動 が 現 在 も 行 われ かつ 良 好 な 市 街 地 環 境 を 形 成 している 地 区 に 設 定 する また 本 計

More information

1

1 -------------------------------------------------------------------------------- 別 添 5-4 事 後 調 査 の 計 画 -------------------------------------------------------------------------------- 1 事 後 調 査 項 目 の 選

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303136303530322096688DD08A778F7098418C6791CC95F18D9089EF208E968CE3947A957A9770>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303136303530322096688DD08A778F7098418C6791CC95F18D9089EF208E968CE3947A957A9770> 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 地 盤 土 砂 災 害 の 知 見 と 今 後 の 防 災 展 望 公 益 社 団 法 人 地 盤 工 学 会 会 長 東 畑 郁 生 ( 関 東 学 院 大 学 客 員 教 授 ) 地 盤 工 学 会 調 査 団 副 団 長 安 福 規 之 ( 九 州 大 学 教 授 ) 山 口 弘 志 ( 中 央 開 発 株 式 会 社 ) 清 田 隆 ( 東 京 大

More information

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫 廃 棄 物 埋 立 地 から 発 生 する 硫 化 水 素 とその 対 策 - 埼 玉 の 環 境 と 地 域 産 業 を 見 据 えた 埋 立 工 法 の 開 発 に 向 けて- 廃 棄 物 管 理 担 当 小 野 雄 策 1 廃 棄 物 埋 立 地 における 硫 化 水 素 問 題 最 近 廃 棄 物 最 終 処 分 場 において 発 生 した によって 処 分 場 の 作 業 員 が 死 亡

More information

平 成 29 年 度 以 降 包 括 的 委 託 が 考 えられる 業 務 業 務 内 容 業 務 の 頻 度 2 運 転 管 理 日 報 等 データ 管 理 質 検 査 に 係 る 業 務 質 検 査 業 務 ( 自 己 検 査 ) 工 業 用 薬 品 類 に 関 すること ペットボトル 事 業

平 成 29 年 度 以 降 包 括 的 委 託 が 考 えられる 業 務 業 務 内 容 業 務 の 頻 度 2 運 転 管 理 日 報 等 データ 管 理 質 検 査 に 係 る 業 務 質 検 査 業 務 ( 自 己 検 査 ) 工 業 用 薬 品 類 に 関 すること ペットボトル 事 業 松 江 市 における 維 持 管 理 等 委 託 業 務 と 直 営 業 務 の 詳 細 について 資 料 1 包 括 委 託 が 考 えられる 業 務 と 委 託 業 務 修 繕 工 事 の 明 細 直 営 業 務 ( 人 ) 金 額 平 成 29 年 度 以 降 包 括 的 委 託 が 考 えられる 業 務 に 係 る 人 員 人 件 費 (1+2) 非 税 職 員 嘱 託 臨 時 12.14

More information

< F2D D312D AC28BAB95DB9153>

< F2D D312D AC28BAB95DB9153> Ⅵ 環 境 保 全 型 農 業 と 土 壌 管 理 1 有 機 質 肥 料 の 利 用 技 術 (1) 水 田 での 利 用 技 術 ア 有 機 質 肥 料 の 種 類 と 特 性 (ア) 有 機 質 肥 料 の 施 用 効 果 有 機 質 肥 料 は 肥 料 取 締 法 では 植 物 油 かす 類 魚 肥 類 骨 粉 類 肉 かす 粉 末 等 の 動 植 物 質 の 普 通 肥 料 をいう 土 壌

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

Microsoft Word - 24 kasennizikannrikeikakku.doc

Microsoft Word - 24 kasennizikannrikeikakku.doc 阿 武 隈 川 上 流 河 川 維 持 管 理 計 画 ( 案 ) 平 成 24 年 3 月 東 北 地 方 整 備 局 福 島 河 川 国 道 事 務 所 阿 武 隈 川 上 流 河 川 維 持 管 理 計 画 ( 案 ) ~ 目 次 ~ 1. 河 川 の 概 要... 1 1-1. 流 域 の 概 要... 1 1-2. 流 域 の 自 然 特 性 および 社 会 特 性... 2 1-2-1.

More information

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震 平 成 16 年 (2004 年 ) 新 潟 県 中 越 地 震 ( 確 定 報 ) 平 成 21 年 10 月 21 日 ( 水 )10 時 00 分 消 防 庁 1 地 震 の 概 要 震 度 6 弱 以 上 のもの (1) 発 生 日 時 平 成 16 年 10 月 23 日 17 時 56 分 頃 1 震 央 地 名 新 潟 県 中 越 地 方 ( 北 緯 37 度 18 分 東 経 138

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20288DE490EC90AE94F58C7689E6967B95B681698AAE90AC29288D908EA693FA92C789C1292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20288DE490EC90AE94F58C7689E6967B95B681698AAE90AC29288D908EA693FA92C789C1292E646F63> 二 級 河 川 水 系 河 川 整 備 計 画 平 成 26 年 4 月 広 島 県 二 級 河 川 水 系 河 川 整 備 計 画 目 次 1. 流 域 の 概 要... 1 1.1 流 域 の 概 要 1 1.2 現 状 と 課 題 5 1.2.1 治 水 に 関 する 現 状 と 課 題... 5 1.2.2 利 水 に 関 する 現 状 と 課 題... 7 1.2.3 河 川 環 境 に

More information

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直 大 雨 時 の 農 作 物 被 害 軽 減 対 策 平 成 18 年 (2006 年 )6 月 26 日 農 業 振 興 課 Ⅰ 水 稲 1 大 雨 時 の 対 策 (1) 移 植 後 分 げつ 初 期 の 水 稲 は 深 水 となると 著 しい 分 げつ 抑 制 を 受 けるの で 深 水 状 態 が 長 く 続 かないようにす (2) 大 雨 が 予 想 される 場 合 は 除 草 剤 の 使

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2093638CFB2095BD90AC3230944E93788B5A8F708CA48F4389EF8E9197BF2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2093638CFB2095BD90AC3230944E93788B5A8F708CA48F4389EF8E9197BF2E707074> 実 施 工 プロセスを 考 慮 した 有 明 海 北 岸 河 川 域 の 浚 渫 泥 改 良 盛 土 の 検 討 佐 賀 大 学 低 平 地 研 究 センター 日 野 剛 徳 佐 賀 大 学 低 平 地 研 究 センター 田 口 岳 志 1 有 明 沿 岸 道 路 プロジェクト 4 福 富 鹿 島 道 路 区 間 ( 約 9 km) 芦 刈 3 佐 賀 福 富 道 路 区 間 ( 約 10 km)

More information

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認 泥 炭 地 盤 における 盛 土 の 地 震 時 沈 下 の 簡 易 予 測 と 補 強 技 術 - 盛 土 底 部 の 液 状 化 による 沈 下 の 発 生 機 構 から 対 策 まで- 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 地 盤 チーム 同 上 同 上 林 宏 親 西 本 聡 橋 本 聖 北 海 道 において 発 生 したいくつかの 大 規 模 地 震 によって 泥 炭 地 盤 上 の 道 路

More information

新 人 事 異 動 産 業 港 湾 部 次 経 済 部 観 光 振 興 室 主 幹 小 鷹 孝 一 生 活 環 境 部 次 環 境 部 副 参 事 品 田 憲 人 生 活 環 境 部 副 参 事 環 境 部 廃 棄 物 対 策 課 間 渕 博 昭 医 療 保 険 部 次 福 祉 部 次 志 久 旭

新 人 事 異 動 産 業 港 湾 部 次 経 済 部 観 光 振 興 室 主 幹 小 鷹 孝 一 生 活 環 境 部 次 環 境 部 副 参 事 品 田 憲 人 生 活 環 境 部 副 参 事 環 境 部 廃 棄 物 対 策 課 間 渕 博 昭 医 療 保 険 部 次 福 祉 部 次 志 久 旭 人 事 異 動 新 小 樽 市 辞 令 部 ( 職 ) 公 営 企 業 管 理 者 ( 水 道 局 ) 小 樽 病 院 事 務 局 小 軽 米 文 仁 産 業 港 湾 部 港 湾 部 磯 谷 揚 一 生 活 環 境 部 経 済 部 次 小 原 正 徳 生 活 環 境 部 参 事 ( 北 しりべし 広 域 連 合 派 遣 ) 環 境 部 次 五 十 嵐 映 児 医 療 保 険 部 市 民 部 佃 信

More information

竹ヶ島海中公園自然再生事業実施計画

竹ヶ島海中公園自然再生事業実施計画 竹 ヶ 島 海 中 公 園 自 然 再 生 事 業 実 施 計 画 ( 案 ) 平 成 23 年 3 月 徳 島 県 目 次 はじめに 第 1 章 実 施 者 の 名 称 および 実 施 者 の 属 する 協 議 会 1 1-1 実 施 者 の 名 称 1-2 実 施 者 の 属 する 協 議 会 第 2 章 竹 ヶ 島 海 中 公 園 自 然 再 生 事 業 の 背 景 と 対 象 となる 区 域

More information

<4D F736F F D20322D335F91E693F18EED93C192E892B98F D A8AC7979D8C7689E62E646F63>

<4D F736F F D20322D335F91E693F18EED93C192E892B98F D A8AC7979D8C7689E62E646F63> 第 二 種 特 定 鳥 獣 (イノシシ) 管 理 計 画 平 成 27 年 5 月 広 島 県 目 次 12 策 定 の 目 的 及 び 背 3 管 理 すべき 種 類 景 4 計 画 の 期 5 間 第 二 種 特 定 鳥 獣 の 管 理 が の 行 目 われるべき 標 区 域 (1) 1 2 生 分 現 3 4 捕 布 獲 と 状 生 息 環 境 の 状 (2) (3) 5 被 管 目 害 理

More information

目 次 海 岸 領 域 における 取 組 状 況 の 報 告 ~ 三 保 松 原 の 海 岸 景 観 の 改 善 ~ 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 3 景 観 改 善 検 討 の 概 要 6 参 考 資 料 24

目 次 海 岸 領 域 における 取 組 状 況 の 報 告 ~ 三 保 松 原 の 海 岸 景 観 の 改 善 ~ 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 3 景 観 改 善 検 討 の 概 要 6 参 考 資 料 24 資 料 -7 平 成 26 年 12 月 10 日 静 岡 県 河 川 砂 防 局 目 次 海 岸 領 域 における 取 組 状 況 の 報 告 ~ 三 保 松 原 の 海 岸 景 観 の 改 善 ~ 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 3 景 観 改 善 検 討 の 概 要 6 参 考 資 料 24 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 全 体 必 要 最 小 限 の

More information

Microsoft Word - 提出論文 2007.doc

Microsoft Word - 提出論文 2007.doc 地 上 形 レーザスキャナとVRS-RTKによる 河 川 計 測 手 法 について 伊 藤 与 志 雄 By Yoshio,Ito 1.はじめに わが 国 の 国 土 は 環 太 平 洋 造 山 帯 に 位 置 し,その 成 因 から 地 質 が 脆 弱 で 地 形 も 急 峻 であるため 山 地 の 侵 食 が 生 じやすい. 山 地 部 で 生 産 された 土 砂 は 河 川 をとおして 下 流

More information

関東中部地方の週間地震概況

関東中部地方の週間地震概況 平 成 27 年 7 月 3 日 気 象 庁 地 火 山 部 関 東 中 部 地 方 ( 三 重 県 を 含 む)の 週 間 地 概 況 平 成 27 年 第 27 ( 平 成 27 年 6 月 26 日 ~7 月 2 日 ) 表 1 度 1 以 上 を 観 測 した 回 数 西 部 の 地 で 度 3を 観 測 今 期 間 中 に 関 東 中 部 地 方 で 度 1 以 上 を 観 測 した 地

More information

平成19年度全国閉鎖性海湾の「海の健康診断」調査報告書

平成19年度全国閉鎖性海湾の「海の健康診断」調査報告書 ご 挨 拶 本 報 告 書 は 競 艇 交 付 金 による 日 本 財 団 の 平 成 19 年 度 助 成 事 業 として 実 施 した 全 国 閉 鎖 性 海 湾 の 海 の 健 康 診 断 調 査 の 成 果 をとりまとめたものです 海 は 人 体 が 行 う 食 物 の 摂 取 から 排 出 に 至 る 一 連 の 営 みにも 似 て 河 川 から 流 入 する 栄 養 塩 を 流 れによって

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B8DD08A5192B28DB895F18D908F915F566F6C312E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B8DD08A5192B28DB895F18D908F915F566F6C312E646F6378> 平 成 28 年 熊 本 地 震 災 害 調 査 報 告 書 ( 第 1 報 ) 名 古 屋 工 業 大 学 豊 橋 技 術 科 学 大 学 合 同 調 査 グループ 平 成 28 年 6 月 1 調 査 概 要 1.1 調 査 目 的 平 成 28 年 4 月 14 日 および 16 日 に 発 生 した 熊 本 県 を 中 心 とする 地 震 被 害 について, 特 に, 土 構 造 物 及 び

More information

Microsoft Word - P001.doc

Microsoft Word - P001.doc 平 成 18 年 (2006 年 ) 伊 万 里 市 目 次 変 遷 図 5 土 地 及 び 気 象 6 人 口 及 び 労 働 力 9 産 業 事 業 所 24 農 業 28 林 業 41 水 産 業 42 製 造 業 45 商 業 51 財 政 54 市 民 所 得 58 社 会 福 祉 60 教 育 文 化 63 観 光 70 保 健 衛 生 73 建 設 76 電 気 ガス 水 道 79 治

More information

(オホーツク 管 内 主 幹 教 諭 異 動 ) 平 成 28 年 4 月 1 日 付 け 北 見 市 西 小 北 見 市 西 小 教 諭 佐 藤 美 芸 昇 任 北 見 市 北 小 北 見 市 北 小 教 諭 安 達 伸 吾 昇 任 美 幌 町 美 幌 小 美 幌 町 美 幌 小 教 諭 岡 島

(オホーツク 管 内 主 幹 教 諭 異 動 ) 平 成 28 年 4 月 1 日 付 け 北 見 市 西 小 北 見 市 西 小 教 諭 佐 藤 美 芸 昇 任 北 見 市 北 小 北 見 市 北 小 教 諭 安 達 伸 吾 昇 任 美 幌 町 美 幌 小 美 幌 町 美 幌 小 教 諭 岡 島 平 成 28 年 度 人 事 異 動 発 令 オホーツク 管 内 公 立 小 中 学 校 ( 主 幹 教 諭 教 諭 養 護 教 諭 栄 養 教 諭 事 務 職 員 等 ) (オホーツク 管 内 主 幹 教 諭 異 動 ) 平 成 28 年 4 月 1 日 付 け 北 見 市 西 小 北 見 市 西 小 教 諭 佐 藤 美 芸 昇 任 北 見 市 北 小 北 見 市 北 小 教 諭 安 達 伸 吾

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

20130318 西 牟 婁 建 設 部 道 路 保 全 課 平 成 24 年 度 道 保 交 金 第 606-7 号 田 辺 龍 神 線 交 付 金 道 路 保 全 工 事 田 辺 市 秋 津 川 地 内 淺 川 道 路 株 式 会 社 14966700 12740665 12841500 8 一

20130318 西 牟 婁 建 設 部 道 路 保 全 課 平 成 24 年 度 道 保 交 金 第 606-7 号 田 辺 龍 神 線 交 付 金 道 路 保 全 工 事 田 辺 市 秋 津 川 地 内 淺 川 道 路 株 式 会 社 14966700 12740665 12841500 8 一 20130327 有 田 建 設 部 道 路 建 設 課 平 成 24 年 度 地 特 第 24 号 -2 井 関 御 坊 線 地 方 特 定 道 路 整 備 調 査 業 務 有 田 郡 広 川 町 上 津 木 地 内 株 式 会 社 岡 本 設 計 609000 480793 484050 22 一 般 競 争 入 札 20130327 有 田 建 設 部 道 路 保 全 課 平 成 25 年 度

More information

<93798DB2928691BA5F555241205B8D5890568DCF82DD5D2E4149>

<93798DB2928691BA5F555241205B8D5890568DCF82DD5D2E4149> 1:25,000 土 地 条 件 図 土 佐 中 村 四 万 十 町 黒 潮 町 四 万 十 市 宿 毛 市 土 佐 清 水 市 国 土 地 理 院 1:25,000 土 地 条 件 図 について 1. 土 地 条 件 図 の 構 成 1:25,000 土 地 条 件 図 は 自 治 体 等 が 作 成 するハザードマップをはじめ 地 域 の 適 正 な 開 発 保 全 防 災 対 策 などの 検

More information