論文タイトル(MS明朝12pt太字)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "論文タイトル(MS明朝12pt太字)"

Transcription

1 国 際 交 流 基 金 バンコク 日 本 文 化 センター 日 本 語 教 育 紀 要 第 12 号 (2015 年 ) やさしい 日 本 語 ニュースの やさしさ を 考 える 近 藤 めぐみ 1. はじめに 初 級 授 業 を 受 け 持 つ 中 で 社 会 人 の 学 習 者 から 時 折 ニュースを 読 みたい という 声 を 受 けて きた しかし 初 級 でニュース 読 解 を 行 おうにも 新 聞 等 を 生 教 材 とすることは 困 難 であり 初 級 者 向 けの 市 販 教 材 も 見 当 たらない 国 内 外 の 日 本 語 教 材 約 4,000 点 を 紹 介 する 日 本 語 教 材 リスト 編 集 委 員 会 編 (2008)の 中 にもニュースを 素 材 に 含 む 初 級 の 読 解 教 材 はなく 初 級 者 を 対 象 とし たニュースに 関 する 研 究 成 果 もラジオを 扱 った 岡 崎 (1993a, 1993b) 等 一 部 に 限 られている で は いかにして 学 習 者 の 声 に 応 えたらよいのか 初 級 段 階 でのニュースの 読 解 授 業 展 開 を 模 索 す る 中 でリソースとして 注 目 したのが やさしい 日 本 語 で 提 供 されるニュースである やさしい 日 本 語 は 1995 年 の 阪 神 淡 路 大 震 災 で 多 くの 外 国 人 住 民 を 情 報 被 災 者 にさせた 経 緯 から 研 究 が 始 められ( 佐 藤 1999 松 田 1999) 現 在 では 非 常 時 平 時 における 共 通 言 語 として あるいは 教 育 の 対 象 として 幅 広 い 研 究 がなされている( 日 本 語 教 育 学 会 編 2014 庵 イ 森 編 2013) こうした 中 NHK ではニュースを やさしい 日 本 語 で 提 供 する 研 究 を 進 め 2012 年 から NEWS WEB EASY( 以 下 EJ News と 呼 ぶ)の 公 開 実 験 を 開 始 翌 年 から 本 格 公 開 に 至 っている( 田 中 他 2013a) 以 来 安 定 して 配 信 される EJ News だが そこで 提 供 される やさしい 日 本 語 はど ういった やさしさ をもつ 日 本 語 なのだろうか 本 稿 では EJ News と 一 般 のニュース( 以 下 元 News と 呼 ぶ)を 資 料 に EJ News の 日 本 語 の やさしさ について 考 えることとした ( 1) 本 稿 の 目 的 は 2 点 である 1 点 目 は EJ News と 元 News を 構 成 する 語 彙 の 難 易 度 を 比 較 するこ とである 2 点 目 は EJ News に 残 された 難 易 度 が 高 い 語 彙 の 品 詞 と 語 種 の 構 成 から 難 しい ニ ュース 語 彙 の 属 性 を 明 らかにすることである なお 本 稿 で 対 象 とする やさしい 日 本 語 ニュ ースは NHK の EJ News に 限 定 する 本 稿 で NHK の EJ News を 調 査 対 象 に 決 めた 理 由 は1ラジオ 放 送 等 と 比 べ 海 外 でも 取 得 が 容 易 で 利 用 しやすい2 平 日 は 毎 日 安 定 して 4-5 本 のニュースを 配 信 している3EJ News 書 き 換 え 前 の 元 News があり 両 者 を 比 較 できる4 母 語 話 者 への 読 解 実 験 で 日 本 語 の 自 然 さが 保 証 されている( 田 中 美 濃 2011b)という 以 上 4 点 である 2. 先 行 研 究 メディアの 大 規 模 な 語 彙 調 査 としては 国 立 国 語 研 究 所 (1999)が 6 放 送 局 の 3 か 月 間 のテレビ 放 送 を 対 象 とした 調 査 があるが 難 易 度 についての 言 及 はない ニュースに 限 った 語 彙 調 査 とし ては 今 田 (1963)の 疑 問 名 詞 中 山 (2001)の 外 来 語 鈴 木 横 田 (1992)の 選 挙 ニュースで 使 わ 77

2 [ 実 践 調 査 報 告 ] やさしい 日 本 語 ニュースの やさしさ を 考 える れる 語 彙 を 対 象 とした 調 査 があるが 今 田 (1963) 中 山 (2001)は 難 易 度 は 対 象 としておらず 鈴 木 横 田 (1992)は 難 しい 語 を 日 本 語 教 育 の 経 験 者 が 中 級 以 上 の 日 本 語 学 習 者 に 解 説 が 必 要 なもの という 基 準 で 収 集 ( 同 :91)したとの 記 述 があり 恣 意 的 な 難 易 度 判 定 に 疑 問 が 残 る (2) ニュース 語 彙 の 難 易 度 を 明 確 に 示 したのは 金 庭 (2010)であり 出 題 基 準 を 基 に 1-4 級 語 彙 の テレビニュース 語 彙 のカバー 率 を 示 している この 研 究 によりニュース 語 彙 の 難 易 度 の 目 安 は 示 されたが 級 内 語 彙 を 一 括 りにしているためニュース 語 彙 の 級 別 の 分 布 はわからない 他 方 語 彙 に 関 連 した やさしい 日 本 語 の 主 な 研 究 としては 公 文 書 を やさしい 日 本 語 に 書 き 換 えた 森 (2013) 看 護 師 国 家 試 験 の 語 彙 を 調 査 した 岩 田 (2014)がある 森 (2013)は 日 本 語 教 育 経 験 者 による 書 き 換 えを 平 準 化 した 結 果 から 帰 納 的 に やさしい 日 本 語 にふさわし くないという 判 断 がされた 語 のリスト ( 同 :109)を 作 成 しており 岩 田 (2014)は 出 題 基 準 によ る 語 の 難 易 度 分 布 を 示 しており 両 者 とも 語 彙 の 難 易 度 への 言 及 がある NHK の EJ News については 田 中 美 濃 (2011a)が 日 本 国 内 の 留 学 生 に 対 し EJ News と 元 News の 読 解 実 験 を 行 い EJ News は 中 級 準 備 段 階 など 相 対 的 に 低 い 学 力 水 準 の 学 習 者 に 効 果 的 だとの 結 果 を 導 いている しかし 読 解 実 験 は EJ News の 公 開 実 験 以 前 に 試 験 的 に 書 かれた 災 害 記 事 9 本 が 対 象 で 現 行 の EJ News と 資 料 の 種 類 が 違 う 点 量 的 に 不 十 分 な 点 協 力 者 の 大 半 が 漢 字 圏 出 身 者 で 表 記 が 読 解 文 の 難 易 度 に 影 響 を 与 えた 可 能 性 が 否 定 できない 点 で 現 行 の EJ News の 難 易 度 を 明 確 に 示 しているとは 言 い 難 い さらに EJ News 制 作 者 らが 書 き 換 えでは 一 般 に 漢 語 を 和 語 に 改 める 書 き 換 えの 最 大 の 問 題 は 名 詞 である( 田 中 美 濃 2010,2011a)というように 公 開 実 験 以 前 に EJ News の 品 詞 や 語 種 について 言 及 しているが 本 格 公 開 に 至 った 現 行 の EJ News の 品 詞 や 語 種 の 構 成 についての 研 究 はない そこで 本 稿 では 現 行 の EJ News と 元 News を 対 象 に その 難 易 度 を 語 彙 調 査 から 求 め EJ News の 難 しい 語 彙 の 属 性 についても 品 詞 や 語 種 の 観 点 から 明 らかにしていく 3. 語 彙 調 査 3.1 資 料 表 1 資 料 の 概 要 資 料 は 2014 年 7-8 月 の NHK NEWS WEB EASY ( 3) (EJ News)と NHK NEWS WEB ( 4) ( 元 News)の 各 211 本 で 文 字 数 等 は 表 1 に 示 すとおりである 3.2 調 査 の 種 類 元 News EJ News 文 の 数 ニュース 全 体 1,896 文 1,695 文 ニュース 全 体 139,656 字 71,748 字 文 字 数 ニュース1 本 あたり 約 662 字 約 340 字 語 彙 分 析 にあたり 2 点 の 調 査 を 行 う 1 点 目 は EJ News と 元 News を 構 成 する 語 彙 の 難 易 度 を 比 較 するための 調 査 で 2 点 目 は EJ News に 残 された 難 易 度 が 高 い 語 の 品 詞 と 語 種 の 構 成 から 難 しい ニュース 語 彙 の 属 性 を 明 らかにするための 調 査 である 1 点 目 の 調 査 で EJ News と 元 News の 語 彙 の 難 易 度 を 比 較 するのは EJ News で 使 われる 語 彙 の 78

3 国 際 交 流 基 金 バンコク 日 本 文 化 センター 日 本 語 教 育 紀 要 第 12 号 (2015 年 ) やさしさ を 相 対 的 に 測 るためである なお 本 稿 では 出 題 基 準 で 難 易 度 を 測 り 3-4 級 は 難 易 度 が 低 く 2 級 以 上 は 難 易 度 が 高 いと 考 える これは NHK が 3-4 級 の 語 彙 文 法 を 原 則 に EJ News への 書 き 換 えを 行 っており( 田 中 他 2013b) 複 数 の 基 準 が 併 存 するのを 避 けるためである また 語 彙 を 対 象 にした 理 由 は NHK EJ News 制 作 者 らの 考 察 に 基 づく 田 中 美 濃 (2010)は EJ News 公 開 実 験 以 前 に EJ News は 構 文 的 には 3 級 以 下 の 文 法 におさまっているが 語 彙 はか なりの 難 語 が 残 っているため 最 大 の 問 題 は 語 彙 であると 指 摘 している その 後 自 然 さの 観 点 で 若 干 の 修 正 がなされ 伝 達 表 現 などニュースで 発 達 している 文 法 項 目 については 拡 張 する ( 田 中 美 濃 2011b:758)と 文 法 も 一 部 3-4 級 外 のものが 許 容 されはしたものの 結 局 のところ 特 に 語 彙 を 厳 しく 制 限 すると 自 然 性 の 要 件 を 満 たすことが 難 しくなるため これを 緩 和 した ( 同 :759)というように 3-4 級 の 範 囲 を 超 えるのは 文 法 よりも 語 彙 であるとわかる また NHK の EJ News ではすべての 漢 字 にルビがあり 表 記 はさほど 問 題 にはならない このため 難 易 度 の 観 点 で 注 目 すべきは 文 法 や 表 記 よりも 語 彙 であると 考 え 語 彙 を 調 査 対 象 とした 2 点 目 の 調 査 で 難 しい ニュース 語 彙 の 属 性 を 明 らかにするのは EJ News の やさしさ を 知 るためにはその 難 しさ も 知 る 必 要 があると 考 えたためである EJ News は やさしい 日 本 語 によるニュースではあるが 多 くの 難 しい 語 彙 が 残 されていることが 報 告 されている ( 田 中 他 2013a) つまり ここで 考 えられている やさしい 日 本 語 とは 易 しい 語 彙 だけを 使 っ て 書 かれた 日 本 語 ではなく 自 然 さを 損 なわない 範 囲 において 難 易 度 が 下 げられた 自 然 さの 観 点 から 難 易 度 の 高 い 難 しい 語 彙 の 使 用 をも 否 定 しない 日 本 語 であると 言 える このため EJ News の 難 しい 語 彙 を 知 ることが EJ News の やさしさ を 捉 えることにつながると 考 え 難 しい 語 彙 の 属 性 を 知 る 目 的 で 難 しい 語 彙 を 品 詞 と 語 種 で 分 類 することにした ここで 品 詞 と 語 種 に 着 目 したのは 先 にも 述 べたように NHK の EJ News については 制 作 者 らの 書 き 換 えにおける 最 大 の 問 題 は 名 詞 書 き 換 えでは 一 般 に 漢 語 を 和 語 に 改 める( 田 中 美 濃 2010,2011a) といった 報 告 があり 品 詞 語 種 は EJ News の 属 性 をみるのに 適 当 な 分 類 だと 考 えたためである 3.3 語 彙 分 類 手 順 語 彙 分 析 のため 行 った 作 業 は1KH Coder ( 5) での 語 の 計 量 と 品 詞 分 類 手 作 業 での 修 正 2 (6) 手 作 業 での 語 種 分 類 3リーディング チュウ 太 での 難 易 度 分 類 と 手 作 業 での 修 正 の 以 上 3 点 である 1では EJ News と 元 News を 語 彙 分 析 プログラム KH Coder と KH Coder に 内 蔵 されてい る 茶 筌 を 使 って 語 の 計 量 の 後 手 作 業 で 修 正 を 加 えた 具 体 的 には KH Coder で 分 類 された 語 を 明 鏡 国 語 辞 典 第 二 版 を 基 に 語 の 認 定 および 品 詞 の 確 定 ( 名 詞 動 詞 形 容 詞 副 詞 接 続 詞 連 体 詞 感 動 詞 の 7 品 詞 )を 行 った 後 固 有 名 詞 と 補 助 動 詞 を 取 り 除 いた なお 本 稿 で 固 有 名 詞 を 対 象 外 としたのは NHK の EJ News では 固 有 名 詞 の 色 分 け 表 示 により 人 名 組 織 名 など の 判 断 が 色 でつくことから 難 易 度 の 観 点 で 他 の 語 とは 違 う 要 素 が 入 っていると 考 えたためで 補 助 動 詞 を 対 象 外 としたのは 日 本 語 能 力 試 験 出 題 基 準 (2002)では 補 助 動 詞 の 級 を 特 定 できない 79

4 [ 実 践 調 査 報 告 ] やさしい 日 本 語 ニュースの やさしさ を 考 える ためである 2では1で 分 類 した 品 詞 別 の 語 彙 を 明 鏡 国 語 辞 典 第 二 版 新 漢 語 林 第 二 版 を 参 考 に 和 語 漢 語 外 来 語 混 種 語 に 分 けた 3では2の 作 業 から 得 た 品 詞 別 語 種 別 の 語 彙 をリ ーディング チュウ 太 で 難 易 度 に 分 け 日 本 語 能 力 試 験 出 題 基 準 (2002)で 適 宜 修 正 を 加 えた 4. 結 果 3.3 で 述 べた 手 順 で 取 り 出 した 分 析 対 象 とした 自 立 語 の 延 べ 表 2 手 作 業 後 の 語 数 ( 語 ) 語 数 と 異 なり 語 数 は 表 2 に 示 すとおりである 以 下 EJ News の やさしさ を 考 えるための 語 彙 調 査 の 結 果 を 述 べる 4.1 EJ News と 元 News の 難 易 度 延 べ 語 数 異 なり 語 数 元 News EJ News 延 べ 語 数 33,465 15,157 異 なり 語 数 5,312 1,957 EJ News と 元 News の 語 彙 の 級 別 分 布 は 表 3 図 1 に 示 すとおりである 異 なり 語 数 延 べ 語 数 の 順 に 結 果 を 記 す 表 3 出 題 基 準 による 難 易 度 別 使 用 数 ( 語 ) まず 異 なり 語 数 について 表 2 に 示 し たように EJ News で 使 われた 語 彙 は 元 News の 3 分 の 1 強 ( 約 37%)だが 表 3 で EJ News と 元 News の 級 別 の 異 なり 語 数 を 比 べると 3-4 級 ではどちらもほぼ 同 数 の 語 彙 が 使 われている 一 方 2 級 以 上 の 語 彙 では EJ News の 使 用 数 は 元 News よりもかなり 少 ない ただし こ れらは 語 数 から EJ News と 元 News の 比 4 級 3 級 2 級 1 級 級 外 元 News 7,613 5,120 10,736 4,280 5,716 EJ News 7,583 3,409 2, ,029 元 News , ,928 EJ News 図 1 出 題 基 準 による 難 易 度 別 使 用 率 較 をしたためで 実 際 には EJ News の 語 彙 量 は 元 News より 少 ないことから 使 用 率 でみると 図 1 に 示 したように EJ News の 3-4 級 語 彙 は 元 News の 約 2 倍 ある また 2 級 語 彙 は EJ News 元 News ともにほぼ 同 じ 割 合 で 1 級 以 上 の 語 彙 は EJ News の 割 合 が 元 News の 約 2 分 の1である EJ News に 限 ってみれば 2 級 4 級 3 級 級 外 1 級 の 語 彙 の 順 に 多 い NHK では 元 News から EJ News への 書 き 換 えは 3-4 級 語 彙 の 範 囲 で 行 うという 原 則 がある( 田 中 他 2013b)ものの この 結 果 から 実 際 には 異 なり 語 数 では 2 級 の 語 彙 が 最 も 多 いという 実 態 がわかった 難 易 度 の 低 い 3-4 級 語 彙 と 難 易 度 の 高 い 2 級 以 上 の 語 彙 に 二 分 すると EJ News では 3-4 級 語 彙 は 約 45% 元 News では 約 17%あり 当 然 ながら EJ News のほうが 難 易 度 が 低 い 語 彙 の 割 合 が 高 い それでも 依 然 としてその 割 合 は 半 分 に 届 かず 語 数 でみれば EJ News では 3-4 級 の 語 彙 は 900 語 弱 2 級 以 上 の 語 彙 は 1,000 語 強 ある 次 に 延 べ 語 数 について 述 べる 表 3 に 示 したように EJ News と 元 News の 4 級 語 彙 はどちら もほぼ 同 数 だが 図 1 で 使 用 率 をみると EJ News は 元 News よりおよそ 2 倍 多 く EJ News では 延 べ 語 数 全 体 の 約 半 数 が 4 級 語 彙 である また EJ News と 元 News の 3-4 級 語 彙 を 比 べると 80

5 国 際 交 流 基 金 バンコク 日 本 文 化 センター 日 本 語 教 育 紀 要 第 12 号 (2015 年 ) 元 News では 約 38% だった 3-4 級 語 彙 が EJ News では 約 73% とおよそ 2 倍 多 く 使 われていた 続 いて (1)にニュースの 実 例 を 挙 げ 3-4 級 の 語 と 2 級 以 上 の 語 の 元 News (1) a と EJ News (1) b での 分 布 を 示 す ( 7) 元 News (1) a では 3-4 級 の 語 が 7 語 2 級 以 上 の 語 が 24 語 で 2 級 以 上 の 語 は 3-4 級 の 語 の 3 倍 強 ある 一 方 EJ News (1) b では 3-4 級 の 語 が 20 語 2 級 以 上 の 語 が 10 語 で 2 級 以 上 の 語 は 3-4 級 の 語 の 2 分 の 1 である 表 3 に 示 したように 元 News と EJ News の 3-4 級 の 延 べ 語 数 はほぼ 同 じだが (1) に 示 した 例 文 では 元 News の 3-4 級 の 語 は 比 較 的 少 ない これ は 元 News と EJ News の 分 量 ( 総 文 字 数 ニュース 文 の 長 さ)の 違 いから 生 じた 結 果 である (1) a 香 港 で 中 国 政 府 の 影 響 力 が 強 まり 高 度 な 自 治 が 損 なわれているなどとして の 対 応 箇 所 が(1) b には 存 在 しないように EJ News への 書 き 換 え 過 程 では 語 や 表 現 さらには 段 落 ごと 元 News の 内 容 が 削 られている 例 も 少 なくない EJ News への 書 き 換 え 過 程 でこうした 削 除 が 施 され ることにより EJ News のニュースの 分 量 ( 総 文 字 数 )は 表 1 に 示 したように 元 News の 約 半 分 になっている このため ニュース 文 全 体 では 双 方 のニュースでほぼ 同 数 の 3-4 級 語 彙 が 使 われ ていても EJ News 文 とそれに 対 応 する 元 News 文 を 比 べた 場 合 EJ News に 含 まれる 3-4 級 語 彙 は 必 然 的 に 多 く (1)の 例 のように EJ News と 元 News では EJ News のほうが 難 易 度 が 低 い 語 を 多 く 含 むニュース 文 として 表 出 されている 4.2 難 しい 語 彙 の 属 性 表 4 EJ News の 難 しい 語 彙 の 属 性 ( 延 べ 語 数 )(%) EJ News で 使 用 される 難 し い 語 彙 の 品 詞 語 種 の 属 性 は 表 4 表 5 に 示 すように 品 詞 では 延 べ 語 数 異 なり 語 数 とも 名 詞 動 詞 形 容 詞 副 詞 接 続 詞 連 体 詞 感 動 詞 計 和 語 漢 語 外 来 語 混 種 語 計 に 名 詞 が 全 体 の 80% 前 後 あり 表 5 EJ News の 難 しい 語 彙 の 属 性 ( 異 なり 語 数 )(%) 非 常 に 高 い 中 でも 漢 語 名 詞 は 延 べ 語 数 異 なり 語 数 ともに 50% 前 後 であり 特 に 高 い そ こで (2)に EJ News での 難 し 名 詞 動 詞 形 容 詞 副 詞 接 続 詞 連 体 詞 感 動 詞 計 和 語 漢 語 外 来 語 混 種 語 計

6 [ 実 践 調 査 報 告 ] やさしい 日 本 語 ニュースの やさしさ を 考 える い 漢 語 名 詞 の 使 用 例 を 示 す ( 8) EJ News (2)には 難 しい 語 は 延 べ 語 数 13 語 異 なり 語 数 9 語 あるが そのうち 漢 語 名 詞 は 延 べ 語 数 8 語 異 なり 語 数 5 語 あり 難 しい 語 の 半 分 強 を 占 める このようにニュースの 一 部 を 取 り 出 しても 漢 語 名 詞 が 難 しい 語 に 占 める 割 合 は 高 かった そして 難 しい 名 詞 語 彙 で 2 番 目 に 多 いのは 和 語 ではなく 外 来 語 である 調 査 の 過 程 で 得 た 名 詞 の 語 数 をみると 和 語 名 詞 : 外 来 語 名 詞 は 延 べ 語 数 でおよそ 3:1 異 なり 語 数 でおよそ 3:2 であり いずれも 和 語 名 詞 の ほうが 外 来 語 名 詞 よりも 多 いが 難 しい 語 彙 は 外 来 語 名 詞 が 和 語 名 詞 よりも 多 かった また 名 詞 に 次 いで 難 しい 語 彙 の 割 合 が 高 いのは 動 詞 だが 動 詞 が 難 しい 語 彙 に 占 める 割 合 は 名 詞 の 6 分 の 1 から 4 分 の 1 程 度 で 名 詞 と 比 べ その 割 合 は 小 さかった 語 種 では 漢 語 が 延 べ 語 数 異 なり 語 数 ともに 50% 前 後 で 割 合 が 高 い 調 査 の 過 程 で 得 られた 語 種 別 の 語 数 は EJ News の 和 語 : 漢 語 がおよそ 2:1 であるにもかかわらず 難 易 度 の 高 い 語 彙 で は 約 半 数 が 漢 語 であった また それぞれの 語 種 における 品 詞 構 成 をみると 漢 語 和 語 外 来 語 は 名 詞 が 大 きな 割 合 を 占 めている 一 方 混 種 語 は 名 詞 よりも 動 詞 の 割 合 が 大 きかった 5. 考 察 5.1 EJ News と 元 News の 難 易 度 NHK の EJ News には 3-4 級 語 彙 で の 書 き 換 え 原 則 があるため 当 然 だが 図 2 に 示 すように 書 き 換 えで 大 き く 減 ったのは 2 級 以 上 の 語 彙 である それでも EJ News には 固 有 名 詞 を 除 いても 2 か 月 間 に 異 なり 語 数 にし て 1,000 語 以 上 延 べ 語 数 にして 図 2 EJ News と 元 News の 語 彙 の 級 別 使 用 数 ( 語 ) 4,000 語 以 上 の 難 易 度 の 高 い 語 が 使 われており EJ News が 難 易 度 が 低 い 語 彙 で 書 かれているとは 言 い 難 い しかし 元 News では 難 易 度 が 高 い 語 は 異 なり 語 数 で 4,500 語 弱 延 べ 語 数 で 20,000 語 強 と EJ News の 4-5 倍 多 く 使 われていた こうした 数 の 面 から EJ News は 難 易 度 の 低 い 語 彙 だけでは 読 めないものの 難 易 度 の 高 い 語 彙 が 大 幅 に 減 らされたニュースであると 言 える そして こうした 難 易 度 が 高 い あるいは 難 易 度 が 低 いという 判 断 基 準 は 初 級 語 彙 か 否 かとい う 基 準 と 重 なる 日 本 語 能 力 試 験 出 題 基 準 ( 2002:3)では いわゆる 初 級 前 半 修 了 時 における 学 82

7 国 際 交 流 基 金 バンコク 日 本 文 化 センター 日 本 語 教 育 紀 要 第 12 号 (2015 年 ) 習 到 達 度 の 目 安 を 4 級 初 級 修 了 時 における 学 習 到 達 度 の 目 安 を 3 級 と 定 めており 3-4 級 語 彙 は 初 級 の 語 彙 だと 考 えることができる そうした 初 級 から 外 れる 難 易 度 が 高 い 語 彙 が 2 か 月 間 の ニュースで 異 なり 語 数 にして 1,000 語 以 上 使 用 されているという 実 態 からすれば EJ News を 用 いても 初 級 段 階 でニュースの 授 業 を 展 開 することは 難 しいだろう そこで EJ News 語 彙 が 通 常 のニュースと 比 べ どの 程 度 やさしい かという 点 について 市 販 教 材 との 比 較 から 考 える 先 に 挙 げた 日 本 語 教 材 リスト 編 集 委 員 会 編 (2008)で 紹 介 されて いる 約 4,000 点 の 教 材 のうち ニュースを 素 材 に 含 む 教 材 は 14 点 あるが 初 級 や 中 級 に 分 類 され た 読 解 教 材 はない このことから 通 常 のニュースを 用 いた 場 合 ニュース 読 解 は 中 上 級 以 上 で 行 うものだと 考 えられてきたと 判 断 できる 今 回 対 象 とした EJ News 語 彙 は 初 級 の 範 囲 は 大 きく 超 えていたものの 2 級 語 彙 の 占 める 割 合 が 非 常 に 高 いという 特 徴 があった そのため EJ News であれば 中 上 級 に 至 る 前 の 段 階 からニュース 授 業 の 素 材 になり 得 ると 考 えられる なお 語 彙 調 査 から 得 たこの 考 察 は 田 中 美 濃 (2011a)が EJ News の 読 解 実 験 から 導 いた 結 果 と 重 なるものである 田 中 美 濃 (2011a)は EJ News と 元 News の 読 解 実 験 により 元 News では ニュースの 内 容 理 解 は 困 難 でも EJ News であれば 内 容 が 理 解 できるという 日 本 語 レベルは 中 級 あるいは 中 級 準 備 レベルだという 結 果 を 導 いている こうした 田 中 美 濃 (2011a)の 読 解 実 験 と 本 稿 での 語 彙 分 析 から NHK の EJ News の 難 易 度 は 中 級 もしくは 中 級 準 備 レベルまで 下 げられ た やさしい 日 本 語 で 書 かれたニュースだと 言 える 5.2 難 しい 語 彙 の 属 性 EJ News における 難 しい 語 彙 つまり EJ News の 中 で 使 用 された 難 易 度 が 高 い 2 級 以 上 の 語 彙 の 属 性 として 第 一 に 挙 げられるのは 名 詞 であり その 割 合 は 延 べ 語 数 異 なり 語 数 ともに 難 しい ニュース 語 彙 の 80% 程 度 である この 結 果 から EJ News 制 作 者 らが 公 開 実 験 前 の 制 作 過 程 で やさしくする 上 で 最 大 の 問 題 は 語 彙 特 に 名 詞 である ( 田 中 美 濃 2010:7)と 指 摘 した 実 験 段 階 の 最 大 の 問 題 が 現 行 の EJ News にも 残 されていることがわかる そして 名 詞 の 中 でも 漢 語 名 詞 は 図 3 に 示 すように 図 3 EJ News の 難 しい 語 彙 の 属 性 割 合 が 高 く EJ News における 難 しい 語 彙 のおよそ 半 分 を 占 める 加 えて 混 種 語 動 詞 の 大 半 は 漢 語 名 詞 +する の 形 をとるため 実 質 的 には 漢 語 名 詞 は 難 しい 語 彙 の 60% 弱 を 占 め ている また 漢 語 名 詞 の 割 合 は 延 べ 語 数 のほうが 若 干 高 い このことから 漢 語 の 名 詞 は 難 し い 語 彙 が 他 の 分 類 よりも 多 いばかりでなく 他 の 分 類 と 比 べ 使 用 頻 度 が 高 い 分 類 でもあると 言 える 実 際 難 しい 漢 語 名 詞 の 中 には 使 用 頻 度 103 回 の 市 のように 非 常 に 高 い 頻 度 で 使 用 83

8 [ 実 践 調 査 報 告 ] やさしい 日 本 語 ニュースの やさしさ を 考 える された 語 があった こうした 難 しい 語 が 多 い 漢 語 名 詞 ではあるが 2 級 以 上 の 構 成 を 細 分 すると 図 4 に 示 すように 実 際 には 格 別 難 しい 分 類 だとは 図 4 EJ News の 属 性 別 の 難 しい 語 彙 の 難 易 度 (9) 言 い 切 れない 図 4 は 図 3 に 示 した 難 しい 語 が 数 多 く 属 す 分 類 の 難 しい 語 彙 の 級 別 の 構 成 を 示 したものだが 漢 語 名 詞 の 難 しい 語 彙 に 2 級 語 彙 が 占 める 割 合 は 異 なり 語 数 で 約 66%あり 名 詞 の 中 では 割 合 が 高 い 加 えて 難 しい 漢 語 名 詞 を 高 頻 度 語 に 限 ってみると カ バー 率 60% 内 の 語 では 95%が 2 級 の 語 であり EJ News の 難 しい 漢 語 名 詞 の 高 頻 度 語 はほぼ すべてが 2 級 の 語 であった 反 対 に 難 しい 語 彙 の 中 でも 特 に 難 しい のは 外 来 語 名 詞 である 外 来 語 名 詞 は 4.2 で 述 べたように 和 語 名 詞 よりも 難 しい 語 の 割 合 が 高 く 図 4 に 示 したように 級 外 語 彙 の 割 合 が 高 い 分 類 である この 結 果 は 外 来 語 名 詞 が 他 の 分 類 と 比 べ 専 門 用 語 が 多 いことに 起 因 したもの である 日 本 語 能 力 試 験 出 題 基 準 (2002:51)に 示 された 語 彙 の 選 定 基 準 の 中 で 採 用 するのに 適 さないと 考 えられる 語 として1 特 殊 な 専 門 用 語 2 趣 味 娯 楽 に 関 する 特 殊 な 語 が 挙 げられてい る EJ News にはこの12に 該 当 すると 思 われる 外 来 語 名 詞 が エルニーニョ ペナルティーキ ック のように 数 多 くあった また 形 容 詞 副 詞 接 続 詞 連 体 詞 感 動 詞 は 延 べ 語 数 異 なり 語 数 ともに 難 しい ニュース 語 彙 の 使 用 率 が 低 く この 5 種 類 の 品 詞 は 3-4 級 の 難 しくない 語 彙 でほぼ 足 りている 語 種 を 基 準 に 品 詞 構 成 をみると 漢 語 和 語 外 来 語 は 名 詞 の 割 合 が 大 きく 混 種 語 は 動 詞 の 割 合 が 大 き い しかし 既 述 のように EJ News の 難 しい 混 種 語 動 詞 はすべて 名 詞 からの 派 生 である そ のため 語 種 からみてもそれぞれの 分 類 において 特 徴 があるのは 名 詞 語 彙 である 6. おわりに 本 稿 では 2014 年 7-8 月 の NHK NEWS WEB EASY(EJ News)と NHK NEWS WEB( 元 News) それぞれ 211 本 を 資 料 に 1EJ News と 元 News を 構 成 する 語 彙 の 難 易 度 を 比 較 する2EJ News に 残 された 難 易 度 が 高 い 語 の 品 詞 と 語 種 の 構 成 から 難 しい ニュース 語 彙 の 属 性 を 明 らかにする という 2 点 の 目 的 でニュース 語 彙 の 分 析 を 行 った 1の EJ News と 元 News の 難 易 度 比 較 については NHK の EJ News には 元 News よりも 難 易 度 の 高 い 2 級 以 上 の 語 彙 が 異 なり 語 数 で 3,000 語 以 上 ( 約 25%) 減 らされていること EJ News に 占 める 2 級 語 彙 の 割 合 が 非 常 に 高 いことから ニュース 語 彙 の やさしさ は 中 級 あるいは 中 級 準 備 レベルまで 下 げられていることがわかった 2の EJ News に 残 された 難 しい ニュース 84

9 国 際 交 流 基 金 バンコク 日 本 文 化 センター 日 本 語 教 育 紀 要 第 12 号 (2015 年 ) 語 彙 の 属 性 としては 名 詞 が 第 一 に 挙 げられ 中 でも 漢 語 名 詞 が 多 い しかし 2 級 以 上 の 難 し い 語 彙 をさらに 細 分 すると 漢 語 名 詞 は 2 級 語 彙 の 占 める 割 合 が 高 いことから 難 しい 語 彙 の 中 では 漢 語 名 詞 はさほど 難 しい 分 類 ではなく 反 対 に 難 しい 語 彙 の 中 でも 特 に 難 し い のは 専 門 用 語 を 多 く 含 む 外 来 語 名 詞 の 分 類 であるとわかった 本 稿 では 初 級 段 階 におけるニュースの 読 解 授 業 展 開 を 目 指 し リソースとしての EJ News の 可 能 性 を 考 えるため 語 彙 分 析 を 行 った その 結 果 EJ News 語 彙 の やさしさ の 程 度 を 明 らかに し EJ News には 難 しい 語 彙 が 異 なり 語 数 で 1,000 語 以 上 ( 異 なり 語 数 全 体 の 約 55%) 残 っ ていることがわかった これほどの 難 しい 語 彙 が 使 われているのであれば EJ News を 用 い ても 初 級 段 階 でのニュース 授 業 の 展 開 は 難 しいと 言 わざるを 得 ない しかし 今 後 ニュースで 必 要 とされる 語 彙 を 明 確 にしていけば 初 級 や 初 級 修 了 の 段 階 から 授 業 にニュースを 取 り 入 れてい くことも 不 可 能 ではないと 思 う 本 稿 では 難 しい 語 彙 の 属 性 について 品 詞 と 語 種 の 観 点 でし か 考 察 をしておらず 語 彙 特 徴 は 漠 然 としか 捉 えられていない 今 後 は 難 しい ニュース 語 彙 の 属 性 をより 明 確 にするため 様 々な 観 点 からニュースの 語 彙 について 考 えていきたい 注 (1) 本 稿 は 2014 年 度 にチュラーロンコーン 大 学 ( 外 国 語 としての 日 本 語 )で 執 筆 した 修 士 課 程 の 修 了 レポート やさしい 日 本 語 ニュースの 語 彙 分 析 一 般 ニュースとの 語 彙 特 徴 の 比 較 と 高 頻 度 語 彙 の 意 味 分 野 の 一 節 難 易 度 別 の 特 徴 の 一 部 を 加 筆 修 正 したものである (2) 本 稿 で 出 題 基 準 / 級 内 / 級 外 / 級 レベル/3-4 級 /2 級 以 上 等 の 言 葉 を 用 いた 場 合 旧 日 本 語 能 力 試 験 を 指 す ただし 書 籍 を 指 す 場 合 には 日 本 語 能 力 試 験 出 題 基 準 と 記 す (3)NHK NEWS WEB EASY < 年 7 月 1 日 -8 月 31 日 (4)NHK NEWS WEB < 年 7 月 1 日 -8 月 31 日 (5) KH Coder < 年 9 月 2 日 (6) リーディング チュウ 太 < 年 10 月 7 日 -11 月 28 日 (7)(1) a は 2014/07/02/7:55 配 信 の 香 港 の 中 国 批 判 デモ 50 万 人 余 が 参 加 (1) b は 2014/07/ 02/17:30 配 信 の 香 港 中 国 の 政 府 に 抗 議 して 約 50 万 人 がデモを 行 う からの 引 用 (8)2014/07/22/15:30 配 信 の 撃 たれて 落 ちた 飛 行 機 遺 体 を 列 車 で 運 び 始 める からの 引 用 (9) 混 種 語 動 詞 はすべて 漢 語 や 外 来 語 の 名 詞 から 派 生 した 参 加 する サインする 等 のサ 変 動 詞 であるため 図 4 ではそれぞれに 漢 語 名 詞 外 来 語 名 詞 に 分 類 し 該 当 級 で 数 えた 謝 辞 本 研 究 のための 語 彙 調 査 の 実 施 と 本 稿 執 筆 の 過 程 でチュラーロンコーン 大 学 において 指 導 教 官 の 池 谷 清 美 先 生 から 手 厚 い 指 導 を 賜 りました ここに 深 く 感 謝 を 申 し 上 げます 85

10 [ 実 践 調 査 報 告 ] やさしい 日 本 語 ニュースの やさしさ を 考 える 参 考 文 献 庵 功 雄 イ- ヨンスク 森 篤 嗣 編 (2013) やさしい 日 本 語 は 何 を 目 指 すか 多 文 化 共 生 社 会 を 実 現 するために ココ 出 版 今 田 滋 子 (1963) 日 本 語 の 疑 問 名 詞 とその 周 辺 朝 日 新 聞 一 か 月 分 を 調 査 して 日 本 語 教 育 第 3 号 pp 岩 田 一 成 (2014) 看 護 師 国 家 試 験 対 策 と やさしい 日 本 語 日 本 語 教 育 第 158 号 pp 岡 崎 志 津 子 (1993a) 初 級 段 階 でのニュース 教 材 の 導 入 日 本 語 教 育 第 79 号 pp (1993b) ラジオニュースの 型 と 日 本 語 教 育 への 応 用 世 界 の 日 本 語 教 育 第 3 号 pp.1-16 金 庭 久 美 子 (2010) ニュース 語 彙 の 特 徴 分 析 横 浜 国 立 大 学 留 学 生 センター 教 育 研 究 論 集 第 17 号 pp 鎌 田 正 米 山 寅 太 郎 (1999) 新 漢 語 林 第 二 版 大 修 館 書 店 北 原 保 雄 編 著 (2010) 明 鏡 国 語 辞 典 第 二 版 大 修 館 書 店 国 際 交 流 基 金 日 本 国 際 教 育 支 援 協 会 編 (2002) 日 本 語 能 力 試 験 出 題 基 準 改 定 版 凡 人 社 国 立 国 語 研 究 所 (1999) 国 立 国 語 研 究 所 報 告 115 テレビ 放 送 の 語 彙 調 査 Ⅲ 大 日 本 図 書 鈴 木 庸 子 横 田 淳 子 (1992) テレビニュースを 中 心 とした 日 本 語 学 習 用 コースウェアの 開 発 学 習 内 容 の 選 択 と 整 理 日 本 語 教 育 第 76 号 pp 佐 藤 和 之 (1999) 災 害 時 に 外 国 人 にも 伝 えるべき 情 報 月 刊 言 語 第 28 巻 8 号 pp 田 中 英 輝 美 野 秀 弥 越 智 慎 司 柴 田 元 也 (2013a) 3 章 やさしい 日 本 語 による 情 報 提 供 NHK の NEWS WEB EASY の 場 合 庵 功 雄 イ- ヨンスク 森 篤 嗣 編 やさしい 日 本 語 は 何 を 目 指 すか 多 文 化 共 生 社 会 を 実 現 するために ココ 出 版 pp (2013b) やさしい 日 本 語 ニュースの 公 開 実 験 NHK 技 研 R&D No.139 NHK pp 田 中 英 輝 美 野 秀 弥 (2011a) やさしい 日 本 語 ニュースの 理 解 度 テスト ニュースのための や さしい 日 本 語 の 設 計 に 向 けて 電 子 情 報 通 信 学 会 技 術 研 究 報 告 第 111 巻 227 号 pp.1-6 (2011b) 日 本 語 母 語 話 者 による やさしい 日 本 語 ニュース の 読 解 実 験 言 語 処 理 学 会 第 17 回 年 次 大 会 予 稿 集 pp (2010) やさしい 日 本 語 によるニュースの 書 き 換 え 実 験 研 究 報 告 自 然 言 語 処 理 第 11 号 情 報 処 理 学 会 pp.1-8 中 山 惠 利 子 (2001) 日 本 語 教 科 書 の 外 来 語 と 新 聞 の 外 来 語 日 本 語 教 育 第 109 号 pp 日 本 語 教 育 学 会 編 (2014) 特 集 やさしい 日 本 語 の 諸 相 日 本 語 教 育 第 158 号 pp.1-80 日 本 語 教 材 リスト 編 集 委 員 会 編 (2008) 日 本 語 教 材 リスト No.38 凡 人 社 松 田 陽 子 (1999) 外 国 人 のための 災 害 時 の 日 本 語 月 刊 言 語 第 28 巻 8 号 pp 森 篤 嗣 (2013) 6 章 語 彙 から 見 た やさしい 日 本 語 庵 功 雄 イ- ヨンスク 森 篤 嗣 編 や さしい 日 本 語 は 何 を 目 指 すか 多 文 化 共 生 社 会 を 実 現 するために ココ 出 版 pp

した このような 分 析 を 有 する 本 論 文 の 意 義 は 2 つある 第 一 に 現 代 中 国 政 治 研 究 において 従 来 あまり 論 じられてこなかった 党 と 司 法 機 関 の 指 導 関 係 を 取 り 上 げていることである 従 来 の 研 究 において 人 民 法 院

した このような 分 析 を 有 する 本 論 文 の 意 義 は 2 つある 第 一 に 現 代 中 国 政 治 研 究 において 従 来 あまり 論 じられてこなかった 党 と 司 法 機 関 の 指 導 関 係 を 取 り 上 げていることである 従 来 の 研 究 において 人 民 法 院 2011 年 度 森 泰 吉 郎 記 念 研 究 振 興 基 金 研 究 成 果 報 告 書 学 籍 番 号 :80926027 政 策 メディア 研 究 科 修 士 課 程 2 年 内 藤 寛 子 0. 森 泰 吉 郎 記 念 研 究 振 興 基 金 申 請 時 の 研 究 題 目 中 国 共 産 党 と 司 法 機 関 の 領 導 関 係 -1980 年 代 後 半 の 政 法 委 員 会 の

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

財団法人宝塚市スポーツ教育振興公社

財団法人宝塚市スポーツ教育振興公社 写 監 査 結 果 報 告 書 宝 監 第 80 号 平 成 27 年 12 月 24 日 (2015 年 ) 宝 塚 市 長 中 川 智 子 様 宝 塚 市 監 査 委 員 徳 田 逸 男 同 井 上 芳 治 同 冨 川 晃 太 郎 定 期 監 査 ( 教 育 委 員 会 事 務 局 管 理 部 学 校 教 育 部 社 会 教 育 部 )の 結 果 について( 報 告 ) 地 方 自 治 法 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5> 年 金 額 分 布 にみられる 公 的 年 金 制 度 の 発 展 の 足 跡 稲 垣 誠 一 ( 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 ) ( 要 旨 ) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 1961 年 の 国 民 年 金 制 度 の 創 設 によって 皆 年 金 制 度 が 実 現 され その 後 の 幾 度 にもわたる 制 度 改 正 とりわけ 1985 年 改 正 による 再 編 を

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

大阪府看護研究学会

大阪府看護研究学会 第 23 回 大 阪 府 看 護 研 究 学 会 抄 録 原 稿 の 作 成 要 領 抄 録 原 稿 は 以 下 の 要 領 で 作 成 してください 1)A4 版 の 用 紙 を 縦 に 使 い 横 書 き 一 段 組 みで 白 黒 印 刷 したワープロ 文 章 を 作 成 する カラー 印 刷 は 不 可 2) 上 20mm 下 25 mm 左 20mm 右 20 mmの 余 白 をとる 左 上

More information

日本語読解学習支援システム『リーディング・チュウ太』の取り組み 川村よし子

日本語読解学習支援システム『リーディング・チュウ太』の取り組み 川村よし子 日 本 語 読 解 学 習 システム リーディング チュウ 太 の 取 り 組 み 東 京 国 際 大 学 言 語 コミュニケーション 学 部 教 授 川 村 よし 子 KAWAMURA Yoshiko はじめに 日 本 語 読 解 学 習 支 援 システム リーディング チュウ 太 は 1999 年 に 公 開 以 来 世 界 の 日 本 語 学 習 者 や 教 育 関 係 者 がいろいろな 形

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

(3) 民 法 演 習 実 務 家 教 員 ( 弁 護 士 )との 共 同 授 業 としており 教 材 は 私 が 主 担 当 の 前 半 では 判 例 を 元 にした 自 作 の 事 例 問 題 実 務 家 教 員 が 主 担 当 の 後 半 では 実 務 家 教 員 提 供 の 実 際 の 事

(3) 民 法 演 習 実 務 家 教 員 ( 弁 護 士 )との 共 同 授 業 としており 教 材 は 私 が 主 担 当 の 前 半 では 判 例 を 元 にした 自 作 の 事 例 問 題 実 務 家 教 員 が 主 担 当 の 後 半 では 実 務 家 教 員 提 供 の 実 際 の 事 教 育 活 動 教 育 実 践 上 の 主 な 業 績 年 月 日 概 要 1 教 育 内 容 方 法 の 工 夫 ( 授 業 評 価 等 を 含 む) 1 教 材 選 択 授 業 の 進 行 計 画 や 授 業 の 組 み 立 て 予 習 のさせ 方 など 授 業 の 設 計 に 関 する 工 夫 (1) 民 法 I 1 年 次 春 学 期 開 講 科 日 であることから ケースメソッドで はなく

More information

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認 泥 炭 地 盤 における 盛 土 の 地 震 時 沈 下 の 簡 易 予 測 と 補 強 技 術 - 盛 土 底 部 の 液 状 化 による 沈 下 の 発 生 機 構 から 対 策 まで- 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 地 盤 チーム 同 上 同 上 林 宏 親 西 本 聡 橋 本 聖 北 海 道 において 発 生 したいくつかの 大 規 模 地 震 によって 泥 炭 地 盤 上 の 道 路

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

調査研究方法論

調査研究方法論 韓 国 大 衆 文 化 への 接 触 と 展 開 金 慈 恵 1. 分 析 のねらい 最 近 日 本 では 韓 国 の 大 衆 文 化 が 徐 々に 入 ってきている ユン ソナ という 韓 国 のタレント がバラエティ 番 組 に 出 演 したり Boa という 歌 手 が 日 本 で CD を 出 したりもした また 冬 のソナタ 等 の 韓 国 ドラマが 韓 流 と 呼 ばれてヒットし 出 演

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に 2015.9.1 2015 年 ベトナム 民 法 改 正 ドラフトに 対 する JICA 民 法 共 同 研 究 会 見 解 (エグゼクティブ サマリー) JICA 法 司 法 制 度 改 革 支 援 プロジェクト(フェーズ 2) 民 法 共 同 研 究 会 序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行

More information

untitled

untitled 平 成 25 年 (213 年 )9 月 2 日 ローン 減 税 の 拡 充 と 消 費 税 率 引 き 上 げが 着 工 に 与 える 影 響 について 要 旨 214 年 4 月 に 予 定 される 消 費 税 率 引 き 上 げの 最 終 決 定 が いよいよ 1 月 の 初 旬 に 迫 ってきた 消 費 税 率 引 き 上 げは その 前 後 に 発 生 する 駆 け 込 み 需 要 と 反

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

慶弔金品・各種保険への課税

慶弔金品・各種保険への課税 慶 弔 金 品 各 種 保 険 への 課 税 はじめに 慶 弔 に 伴 う 金 品 の 贈 呈 は,わが 国 古 来 の 社 会 的 慣 行 であり, 一 種 の 儀 礼 的 な 行 為 と 認 め られています したがって, 当 該 慶 弔 にふさわしい 金 品 の 受 領 について 課 税 するのは 妥 当 でないとして, 一 定 の 条 件 を 満 たす 場 合 は, 非 課 税 扱 いとされています

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135303832318140485082A896F097A782BF8EC096B18FEE95F1814090568B4B8C668DDA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135303832318140485082A896F097A782BF8EC096B18FEE95F1814090568B4B8C668DDA> 1 < 解 説 > 理 事 会 の 決 議 について ( 公 財 ) 公 益 法 人 協 会 専 務 理 事 鈴 木 勝 治 1.はじめに 理 事 会 の 決 議 については 一 般 法 人 法 第 95 条 において 後 記 2のように 割 合 シンプルに 規 定 されています そのためもあってか 各 法 人 の 定 款 においては 内 閣 府 のモデル 定 款 のよう に 法 律 の 規 定 どうりに

More information

目 次 第 1 章 はじめに 1 第 2 章 調 査 の 目 的 と 調 査 期 間 2 2-1 調 査 の 目 的 2 2-2 調 査 期 間 2 第 3 章 結 論 と 施 行 期 日 3 3-1 結 論 と 決 定 理 由 3 3-2 施 行 期 日 5 第 4 章 議 員 定 数 等 調 査

目 次 第 1 章 はじめに 1 第 2 章 調 査 の 目 的 と 調 査 期 間 2 2-1 調 査 の 目 的 2 2-2 調 査 期 間 2 第 3 章 結 論 と 施 行 期 日 3 3-1 結 論 と 決 定 理 由 3 3-2 施 行 期 日 5 第 4 章 議 員 定 数 等 調 査 議 員 定 数 等 調 査 報 告 書 平 成 27 年 6 月 2 日 廿 日 市 市 議 会 議 員 定 数 等 調 査 特 別 委 員 会 0 目 次 第 1 章 はじめに 1 第 2 章 調 査 の 目 的 と 調 査 期 間 2 2-1 調 査 の 目 的 2 2-2 調 査 期 間 2 第 3 章 結 論 と 施 行 期 日 3 3-1 結 論 と 決 定 理 由 3 3-2 施 行 期

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と 住 宅 団 地 の 再 生 のあり 方 について 取 りまとめ 1. 趣 旨 我 が 国 では 高 度 経 済 成 長 期 以 降 に 都 市 近 郊 を 中 心 に 大 規 模 な 住 宅 団 地 が 供 給 された これらの 中 には 既 に 建 物 や 設 備 の 老 朽 化 が 進 み 建 替 え 改 修 を 含 めた 再 生 を 図 る 必 要 に 迫 られているものも 多 くなっている

More information

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信 みずほリポート 214 年 6 月 9 日 相 続 税 法 改 正 と 貸 家 着 工 税 制 改 正 が 貸 家 着 工 に 与 える 影 響 試 算 213 年 の 貸 家 着 工 は 前 年 比 +11.8%と 大 幅 に 増 加 低 金 利 や 住 宅 価 格 の 先 高 観 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 駆 け 込 みに 加 えて 213 年 度 税 制 改 正 で 決 定 した

More information

適時開示などに関する東証規則改正

適時開示などに関する東証規則改正 Legal and Tax Report 適 時 開 示 などに 関 する 東 証 上 場 制 度 総 合 整 備 プログラム 東 証 規 則 改 正 2010 年 1 月 8 日 全 5 頁 制 度 調 査 部 横 山 淳 [ 要 約 ] 2009 年 12 月 22 日 東 証 は 上 場 制 度 整 備 の 実 行 計 画 2009( 速 やかに 実 施 する 事 項 ) に 基 づ く 業

More information

Microsoft Word レポート(最終)

Microsoft Word レポート(最終) 景 気 動 向 指 数 からみる 消 費 税 増 税 後 の 県 内 景 気 < はじめに > 26 4 月 に 消 費 税 が5%から8%へと 引 き 上 げられた 本 県 経 済 は 増 税 直 後 か ら 一 部 で 増 税 に 伴 う 駆 け 込 み 需 要 の 反 動 減 がみられるなど 全 体 として 弱 い 動 きが 続 き 増 税 から2 近 くたった 現 在 においても 直 接 的

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

瀬戸大橋開通とその影響

瀬戸大橋開通とその影響 第 4 章 案 内 京 阪 神 間 における 緩 急 接 続 案 内 の 実 態 調 査 工 学 部 2 回 生 樋 口 貴 士 緩 急 接 続 は 便 利 なシステムではあるが 利 用 者 に 乗 り 換 えを 強 いることになるという 避 けて 通 れない 短 所 がある そしてまたそれを 正 確 に わかり 易 く 案 内 しなければ 折 角 の ダイヤの 意 味 も 半 減 してしまう 案

More information

SPECIAL COLUMN 業 種 別 のインシデント 件 数 の 人 数 区 分 を 図 3に 示 す 1 件 あたりの 漏 えい 人 数 が100 人 以 下 の 漏 えい 件 数 は 公 務 が469 件 中 375 件 (80.0%)でもっとも 多 い 次 いで 金 融 保 険 業 の15

SPECIAL COLUMN 業 種 別 のインシデント 件 数 の 人 数 区 分 を 図 3に 示 す 1 件 あたりの 漏 えい 人 数 が100 人 以 下 の 漏 えい 件 数 は 公 務 が469 件 中 375 件 (80.0%)でもっとも 多 い 次 いで 金 融 保 険 業 の15 特 集 個 人 情 報 漏 えいインシデントを 減 らすためには セキュリティ 被 害 調 査 WG ( 株 )NTTデータ 大 谷 尚 通 1. はじめに 2008 年 は 2007 年 と 比 較 して 個 人 情 報 漏 えいインシデント( 以 下 インシデントとする)の 件 数 が 大 幅 に 増 加 し 1,373 件 (+509 件 )となった これは 教 育 学 習 支 援 業 金 融

More information

はじめに 社 会 人 に 対 する 教 育 訓 練 の 必 要 性 は 以 前 から 論 じられ 官 民 それぞれの 機 関 より 各 種 の 調 査 報 告 としてまとめられているところである 特 に 現 在 では 本 格 的 な 知 識 社 会 を 迎 え 生 涯 教 育 の 重 要 さが 強 調 されるなか 大 学 大 学 院 などの 高 等 教 育 機 関 で の 社 会 人 に 対 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

外 国 人 生 徒 の 高 校 進 学 に 関 する 教 育 課 題 特 別 入 学 枠 に 着 目 して 海 地 方 ( 愛 知 県 岐 阜 県 三 重 県 静 岡 県 ) に 着 目 し 特 別 入 学 枠 を 利 用 して 外 国 人 生 徒 が 高 校 入 学 する 際 外 国 人 生 徒

外 国 人 生 徒 の 高 校 進 学 に 関 する 教 育 課 題 特 別 入 学 枠 に 着 目 して 海 地 方 ( 愛 知 県 岐 阜 県 三 重 県 静 岡 県 ) に 着 目 し 特 別 入 学 枠 を 利 用 して 外 国 人 生 徒 が 高 校 入 学 する 際 外 国 人 生 徒 名 古 屋 大 学 大 学 院 教 育 発 達 科 学 研 究 科 教 育 科 学 専 攻 教 育 論 叢 第 54 号 2011 年 外 国 人 生 徒 の 高 校 進 学 に 関 する 教 育 課 題 特 別 入 学 枠 に 着 目 して はじめに 細 川 卓 哉 1990 年 代 以 降 ニューカマー 1) という 外 国 籍 の 子 どもの 教 育 課 題 が 注 目 され 始 めた 当 初

More information

平成15年度税制改正の概要

平成15年度税制改正の概要 [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 小 規 模 宅 地 / 居 住 の 用 に 供 されていた 宅 地 の 意 義 / 生 活 の 拠 点 第 42 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )12 月 2 日 発 表 中 島 孝 一 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての 詳

More information

文 化 庁 におけるこれまでの 著 作 権 制 度 の 見 直 し 文 化 庁 においては これまでも 新 しい 時 代 に 対 応 した 制 度 等 の 在 り 方 について 社 会 の 様 々なニーズを 踏 まえて 検 討 し 著 作 権 制 度 等 の 見 直 しに 取 り 組 んできた 〇

文 化 庁 におけるこれまでの 著 作 権 制 度 の 見 直 し 文 化 庁 においては これまでも 新 しい 時 代 に 対 応 した 制 度 等 の 在 り 方 について 社 会 の 様 々なニーズを 踏 まえて 検 討 し 著 作 権 制 度 等 の 見 直 しに 取 り 組 んできた 〇 資 料 2 新 しい 産 業 の 創 出 環 境 の 形 成 に 向 けた 制 度 等 に 関 する 検 討 状 況 について 平 成 27 年 12 月 22 日 ( 火 ) 文 化 庁 長 官 官 房 著 作 権 課 文 化 庁 におけるこれまでの 著 作 権 制 度 の 見 直 し 文 化 庁 においては これまでも 新 しい 時 代 に 対 応 した 制 度 等 の 在 り 方 について 社

More information

国の役割はどこへ行った? -ふるさと納税シリーズ(4)ふるさと納税研究会からワンストップ特例制度創設に至るまで

国の役割はどこへ行った? -ふるさと納税シリーズ(4)ふるさと納税研究会からワンストップ特例制度創設に至るまで ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レター 2016-08-26 国 の 役 割 はどこへ 行 った? ふるさと 納 税 シリーズ(4) ふるさと 納 税 研 究 会 からワンストップ 特 例 制 度 創 設 に 至 るまで 金 融 研 究 部 准 主 任 研 究 員 高 岡 和 佳 子 (03)3512-1851 takaoka@nli-research.co.jp 1 はじめに 平 成 27

More information

レポート(テーマ2)の実例

レポート(テーマ2)の実例 レポート(テーマ2)の 実 例 テーマ2( 統 計 的 分 析 )に 特 有 な 事 項 ( 書 式 の3 4)についての 参 考 情 報 を 以 下 に 記 し その 後 実 例 を 示 します 3. 方 法 1) 使 用 したデータについて 公 開 されているデータの 例 としては 例 えば 以 下 のようなものがありますので 参 考 にして 下 さい 総 務 省 統 計 局 e-stat( 政

More information

研究紀要.indd

研究紀要.indd 教 育 実 践 研 究 17,2012 25 理 科 教 育 の 読 解 力 育 成 における 研 究 - 概 念 の 形 成 過 程 を 中 心 として- A study on the Improvement of Reading Literacy in Science Education: Focusing on the Concept Formation Process 中 島 雅 子 NAKAJIMA

More information

海 輸 送 が 競 合 : 同 40~ 60%) 第 4 階 層 ( 海 上 輸 送 にやや 依 存 : 同 60~ 90%) 第 5 階 層 ( 海 上 輸 送 に 大 きく 依 存 : 同 90~ 100%)とした 各 年 階 層 別 に 品 目 数 とそのシェアを 示 している また 食 料

海 輸 送 が 競 合 : 同 40~ 60%) 第 4 階 層 ( 海 上 輸 送 にやや 依 存 : 同 60~ 90%) 第 5 階 層 ( 海 上 輸 送 に 大 きく 依 存 : 同 90~ 100%)とした 各 年 階 層 別 に 品 目 数 とそのシェアを 示 している また 食 料 海 運 シフトの 検 証 と 海 運 選 択 要 因 の 分 析 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 刊 CARGO1208 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 研 究 員 川 崎 智 也 はじめに 前 回 (12 年 7 月 10 日 号 )のリポートでは アセアン 発 米 国 向 けの HS コ ード 第 2~ 10 類 の 食 料 関 連 品 第 84 85 類 の 機 械 関 連

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3136944E93788EA98CC8935F8C9F955D89BF95F18D908F918169915395B6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3136944E93788EA98CC8935F8C9F955D89BF95F18D908F918169915395B6816A2E646F63> ( 二 ) 大 学 院 における 学 生 の 受 け 入 れ (1) 学 生 募 集 方 法 入 学 者 選 抜 方 法 (イ) 大 学 院 研 究 科 の 学 生 募 集 の 方 法 入 学 者 選 抜 方 法 の 適 切 性 大 学 院 の 入 学 試 験 としては 一 般 入 学 試 験 社 会 人 入 学 試 験 外 国 人 留 学 生 入 学 試 験 および 転 入 学 試 験 の 4 つの

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に 総 務 文 教 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 7 月 17 日 焼 津 市 議 会 議 長 石 田 昭 夫 様 総 務 文 教 常 任 委 員 会 報 告 者 池 谷 和 正 下 記 の 通 り 視 察 調 査 を 行 いましたので 概 要 につきましてご 報 告 致 します 1 期 間 : 平 成 25 年 5 月 14 日 ( 火 )~15 日 ( 水 ) 2

More information

 

  2.テレビ 番 組 内 容 分 析 調 査 調 査 概 要 に 示 した 基 準 でテレビ 番 組 欄 を 調 べた 結 果 3,481 件 の 該 当 番 組 を 確 認 した この 3,481 件 についてコーディング 作 業 を 行 い その 結 果 を 集 計 分 析 した (1) 放 送 月 抽 出 した 番 組 の 放 送 月 は 4 月 が 16.6%(579 件 ) 5 月 が 17.8%(619

More information

スライド 1

スライド 1 1/14 業 界 別 動 向 2014/7/1 夏 期 講 習 親 子 で 異 なる 選 ばれる 塾 の 条 件 とは? 塾 と 夏 期 講 習 に 関 する 意 識 調 査 はじめに 文 部 科 学 省 の 発 表 によると 2013 年 に 塾 ( 家 庭 教 師 を 含 む) で 勉 強 をしている 小 学 生 は41.1% 中 学 生 は54.6%と ほぼ 2 人 に1 人 は 通 っている

More information

「敬老の日」ニュース報道分析 ~テレビは高齢者をどのように提示しているか?~

「敬老の日」ニュース報道分析 ~テレビは高齢者をどのように提示しているか?~ 敬 老 の 日 ニュース 報 道 析 ~テレビは 高 齢 者 をどのように 提 示 しているか?~ はじめに 日 本 の 65 歳 以 上 の 高 齢 者 人 口 は 人 口 推 計 ( 総 務 庁 )によると 1999 年 10 月 1 日 現 在 2119 万 人 で 総 人 口 (1 億 2669 万 人 )に 占 める 割 合 (= 高 齢 化 率 ) は 16.7となっている さらに 日

More information

南 組 崩 家 二 百 六 十 軒 死 人 八 十 四 人 橋 損 し 十 五 ヶ 所 天 満 組 崩 家 百 六 十 ヶ 所 死 人 五 十 三 人 橋 六 ヶ 所 右 之 通 今 月 六 日 迄 大 坂 町 奉 行 衆 へ 書 上 御 座 候 史 料 1 には 大 坂 全 体 の 被 害 ( 崩

南 組 崩 家 二 百 六 十 軒 死 人 八 十 四 人 橋 損 し 十 五 ヶ 所 天 満 組 崩 家 百 六 十 ヶ 所 死 人 五 十 三 人 橋 六 ヶ 所 右 之 通 今 月 六 日 迄 大 坂 町 奉 行 衆 へ 書 上 御 座 候 史 料 1 には 大 坂 全 体 の 被 害 ( 崩 1707 年 宝 永 地 震 と 大 坂 の 被 害 数 矢 田 俊 文 ( 新 潟 大 学 災 害 復 興 科 学 研 究 所 ) はじめに 本 稿 の 目 的 は 宝 永 地 震 による 大 坂 の 被 害 数 を 明 らかにすることである 宝 永 4 年 (1707)10 月 4 日 に 南 海 トラフ 周 辺 で 起 こった 地 震 は 宝 永 地 震 とよばれ 東 海 地 方 か ら 九

More information

05 p197-p214 田中先生.indd

05 p197-p214 田中先生.indd BYOD に 関 する 利 用 実 態 の 調 査 研 究 スマートデバイスの 利 用 者 に 焦 点 をあてて Research of the current BYOD conditions: focusing on users of smart devices 大 学 院 情 報 学 環 学 際 情 報 学 府 田 中 秀 幸 1.はじめに スマートフォンやタブレット 端 末 などのいわゆるスマートデバイスが

More information

GSS1608_P032-037.indd

GSS1608_P032-037.indd レポート 金 融 リテラシー 調 査 にみる 損 失 回 避 傾 向 の 強 さ 金 融 広 報 中 央 委 員 会 事 務 局 企 画 役 日 本 銀 行 情 報 サービス 局 金 融 知 識 普 及 グループ 長 川 村 憲 章 金 融 広 報 中 央 委 員 会 ( 事 務 局 は 日 本 銀 行 情 報 サービス 局 )は わが 国 初 の 大 規 模 調 査 と して 金 融 リテラシー

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

メディア論 第10回 プロパガンダとは何か?

メディア論 第10回 プロパガンダとは何か? メディア 論 第 10 回 テレビは 事 実 を 伝 えるか?(1) 2009 年 12 月 8 日 吉 備 国 際 大 学 国 際 環 境 経 営 学 部 / 政 策 マネジメント 学 部 大 谷 卓 史 目 次 テレビが 伝 える 情 報 は 事 実 だろうか? 捏 造 事 件 を 見 る(1) ニュースとドキュメンタリーの 過 剰 演 出 捏 造 事 件 を 見 る(2) ダイエット 情 報

More information

JCLWorkshop_No.8

JCLWorkshop_No.8 教 科 書 コーパスを 利 用 した 難 易 度 別 コロケーション 辞 書 の 提 案 李 在 鎬 ( 筑 波 大 学 ) 佐 々 木 馨 ( 国 際 交 流 基 金 ) Proposal of Collocation Dictionary Based on the Textbook Corpus Analysis Jae-ho Lee (University of Tsukuba) Kaori

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

熊 本 市 の 人 口 動 態 の 分 析 及 び 福 岡 市 との 比 較 考 察 を 決 める 要 素 となる 出 生 と 死 亡 に 伴 う 人 口 の 動 きである 自 然 動 態 転 入 転 出 に 伴 う 人 口 の 動 きである 社 会 動 態 の 推 移 を 示 したものである 熊

熊 本 市 の 人 口 動 態 の 分 析 及 び 福 岡 市 との 比 較 考 察 を 決 める 要 素 となる 出 生 と 死 亡 に 伴 う 人 口 の 動 きである 自 然 動 態 転 入 転 出 に 伴 う 人 口 の 動 きである 社 会 動 態 の 推 移 を 示 したものである 熊 熊 本 都 市 政 策 vol.2 (2013) 熊 本 市 の 人 口 動 態 の 分 析 及 び 福 岡 市 との 比 較 考 察 植 木 英 貴 熊 本 市 都 市 政 策 研 究 所 副 所 長 キーワード: 熊 本 都 市 圏 人 口 集 中 人 口 移 動 都 市 の 魅 力 1 はじめに 熊 本 市 は 平 成 20 年 に 富 合 町 平 成 22 年 には 城 南 町 及 び 植

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

Microsoft PowerPoint - 差し換え用

Microsoft PowerPoint - 差し換え用 資 料 2 平 成 2 5 年 6 月 2 4 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 日 本 年 金 機 構 平 成 24 年 度 の 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況 と 今 後 の 取 組 等 について 目 次 1. 平 成 24 年 度 の 納 付 状 況 等 について (1) 公 的 年 金 制 度 全 体 の 状 況 1 (2) 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208175837D839383568387839382CC8AC7979D82CC934B90B389BB82C98AD682B782E98E77906A81768B7982D18175837D839383568387839395578F808AC7979D8B4B96F1817682CC89FC90B3816988C4816A82C98AD682B782E988D38CA9>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208175837D839383568387839382CC8AC7979D82CC934B90B389BB82C98AD682B782E98E77906A81768B7982D18175837D839383568387839395578F808AC7979D8B4B96F1817682CC89FC90B3816988C4816A82C98AD682B782E988D38CA9> マンションの 管 理 の 適 正 化 に 関 する 指 針 及 び マンション 標 準 管 理 規 約 の 改 正 ( 案 )に 関 する 意 見 一 般 社 団 法 人 マンションライフ 継 続 支 援 協 会 (MALCA)は 災 害 時 にマンション 生 活 者 が できるだけマンション 内 にとどまる 在 宅 避 難 の 推 進 と 在 宅 避 難 ができる 防 災 力 を 備 え たマンションの

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

消費税増税先送りに伴う他政策への影響

消費税増税先送りに伴う他政策への影響 税 制 A to Z 2014 年 11 月 21 日 全 13 頁 消 費 税 増 税 先 送 りに 伴 う 他 政 策 への 影 響 住 宅 ローン 減 税 自 動 車 税 制 年 金 制 度 給 付 措 置 などに 影 響 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 安 倍 首 相 は 2014 年 11 月 18 日 に 記 者 会 見 を 行 い 消 費 税 率 の 10%への

More information

税源の偏在と地域間格差~地方法人税法(平成26年3月31日法律第11号)~

税源の偏在と地域間格差~地方法人税法(平成26年3月31日法律第11号)~ 地 方 自 治 関 連 立 法 動 向 研 究 1 税 源 の 偏 在 と 地 域 間 格 差 地 方 法 人 税 法 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 法 律 第 11 号 ) 森 稔 樹 1. はじめに 平 成 5 年 6 月 に 衆 参 両 院 において 地 方 分 権 の 推 進 に 関 する 決 議 がなされ 翌 年 2 月 15 日 に 政 府 の 行 政 改 革 大 綱 において

More information

「知る前契約」に関するインサイダー見直し

「知る前契約」に関するインサイダー見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連 2 0 1 1 年 4 月 2 0 日 全 建 総 連 支 援 対 策 本 部 ニュース(No.33 全 建 総 連 東 日 本 大 震 災 支 援 対 策 本 部 全 建 総 連 では 4 月 14 日 原 発 事 故 に 起 因 する 様 々な 被 害 を 受 けた 地 域 の 産 業 及 び 住 民 に 対 して 充 分 な 補 償 を 行 うこと 等 を 主 旨 とした 要 請 を 東 京

More information

てきた 問 題 点 を 今 一 度 検 討 する 必 要 があるものと 思 われる このような 問 題 意 識 の 下 本 論 は 以 下 のように 展 開 される 道 路 は 本 来 無 料 と 規 定 されているにもかかわらず 高 速 道 路 が 有 料 である 理 由 を 明 らかに するため

てきた 問 題 点 を 今 一 度 検 討 する 必 要 があるものと 思 われる このような 問 題 意 識 の 下 本 論 は 以 下 のように 展 開 される 道 路 は 本 来 無 料 と 規 定 されているにもかかわらず 高 速 道 路 が 有 料 である 理 由 を 明 らかに するため 高 速 道 路 制 度 の 再 検 討 髙 橋 達 目 次 1.はじめに 2. 有 料 道 路 制 公 団 方 式 による 高 速 道 路 整 備 の 背 景 3. 償 還 主 義 4. 料 金 プール 制 5.おわりに 1.はじめに 2005 年 10 月 日 本 道 路 公 団 ( 以 下 道 路 公 団 )をはじめとする 道 路 関 係 四 公 団 の 分 割 民 営 化 が 行 われ ( 独

More information

平 成 21 年 度 サービス 産 業 生 産 性 向 上 支 援 調 査 事 業 (サービス 産 業 の 統 計 整 備 実 態 把 握 に 関 する 調 査 ) 結 婚 相 談 結 婚 情 報 サービス 業 界 統 計 報 告 書 平 成 22 年 2 月 目 次 I. 調 査 実 施 概 要 -----------------------------------------------------------------------------

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

Microsoft Word - 20年度(行個)答申第2号.doc

Microsoft Word - 20年度(行個)答申第2号.doc 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 19 年 4 月 18 日 ( 平 成 19 年 ( 行 個 ) 諮 問 第 21 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 4 月 21 日 ( 平 成 20 年 度 ( 行 個 ) 答 申 第 2 号 ) 事 件 名 : 特 定 被 相 続 人 に 係 る 相 続 税 申 告 書 の 不 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

政 務 活 動 の 目 的 とは 違 うため 政 務 活 動 の 経 費 とならない ( 政 治 資 金 パーティ 券 ダメ) 5. 政 務 活 動 費 の 妥 当 性 の 判 断 点 1 政 務 活 動 目 的 と 区 政 の 関 連 性 イ) 23 区 の 議 員 が 漁 業 を 視 察 しても

政 務 活 動 の 目 的 とは 違 うため 政 務 活 動 の 経 費 とならない ( 政 治 資 金 パーティ 券 ダメ) 5. 政 務 活 動 費 の 妥 当 性 の 判 断 点 1 政 務 活 動 目 的 と 区 政 の 関 連 性 イ) 23 区 の 議 員 が 漁 業 を 視 察 しても 調 査 報 告 書 政 務 活 動 費 の 使 途 基 準 --- 地 方 議 員 研 究 会 主 催 ( 講 師 廣 瀬 和 彦 氏 ) 政 務 活 動 費 は 個 々にグレーゾーンがあり それを 裁 判 所 がどう 判 断 しているかと 言 う 事 の 説 明 でした 主 にこれまでの 裁 判 例 に 基 づく 使 途 基 準 の 説 明 がありました 下 記 報 告 します 1. 政 務 活

More information

緩急接続

緩急接続 第 4 章 案 内 緩 急 接 続 の 旅 客 案 内 の 差 異 文 学 部 3 回 生 笹 木 高 史 1. はじめに 本 稿 ではまた 尐 し 違 った 側 面 から 案 内 を 考 えていこうと 思 う ここでは 民 鉄 における 緩 急 接 続 が 利 用 者 にどのように 案 内 されているか まず 関 東 の 大 手 民 鉄 のうち 小 田 急 東 急 西 武 東 京 メトロを 例 にとって

More information

「独禁法事例研究」第1回(平成25年4月22日)

「独禁法事例研究」第1回(平成25年4月22日) 独 禁 法 事 例 研 究 第 7 回 ( 平 成 25 年 10 月 21 日 ) 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 論 点 等 の 発 表 が 行 われた 大 建 工 業 によるC&Hの 株 式 取 得 1. 当 事 者 の 概 要 大 建 : 中 密 度 繊 維 板 (MDF) 等 の 木 質 材 料 の 製 造 販 売 業 及 び 木 質 材 料 等 を 部 材 とす る 内 装

More information

大 阪 市 エリアマネジメント 活 動 促 進 制 度 活 用 ガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 市 都 市 計 画 局 本 ガイドラインについて エリアマネジメントとは 地 域 (エリア)における 公 共 的 な 空 間 などのまちの 質 を 高 め それを 持 続 的 に 維 持 発 展 させていくための 地 域 の 市 民 民 間 事 業 者 等 の 主 体 的 な 取 組 みを

More information

別表(第6条、第8条関係)

別表(第6条、第8条関係) 政 務 活 動 費 の 取 り 扱 いマニュアル 平 成 25 年 4 月 1 日 伊 勢 市 議 会 事 務 局 目 次 1 制 度 の 概 要 1ページ 2 政 務 活 動 費 について 1ページ 3 政 務 活 動 費 交 付 の 根 拠 となる 法 律 条 例 等 について 1ページ 4 政 務 活 動 費 の 交 付 の 概 要 1ページ 5 政 務 活 動 費 の 申 請 から 交 付

More information

中国の環境汚染と日中環境協力

中国の環境汚染と日中環境協力 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改

More information

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 ( 再 評 価 ) 平 成 28 年 3 月 10 日 一 般 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝

More information

等 に 問 い 合 わせたものの 適 切 な 回 答 が 得 られないまま 除 斥 期 間 が 経 過 し 課 税 権 が 消 滅 してしまったものであった 所 有 権 移 転 登 記 された 不 動 産 について 該 当 する 課 税 台 帳 が 当 該 市 町 村 になく 事 実 が 判 明 し

等 に 問 い 合 わせたものの 適 切 な 回 答 が 得 られないまま 除 斥 期 間 が 経 過 し 課 税 権 が 消 滅 してしまったものであった 所 有 権 移 転 登 記 された 不 動 産 について 該 当 する 課 税 台 帳 が 当 該 市 町 村 になく 事 実 が 判 明 し 平 成 26 年 度 岡 山 県 包 括 外 部 監 査 結 果 報 告 書 概 要 包 括 外 部 監 査 人 井 上 信 二 第 1 包 括 外 部 監 査 の 概 要 1 選 定 した 特 定 の 事 件 (テーマ) 県 税 の 賦 課 徴 収 に 係 る 事 務 の 執 行 について 2 監 査 の 対 象 岡 山 県 総 務 部 税 務 課 及 び 県 民 局 税 務 部 なお 特 定 の

More information

昨 年 の 転 入 者 約 710 人 の 合 計 市 民 税 は 2100 万 円 / 年 ( 山 県 市 分 のみ) この 際 に 市 民 税 につき 特 定 の 人 だけ 違 う 率 にすることは 地 方 税 法 で 禁 止 されているので 市 民 税 に 相 当 する 額 を ( 項 ) 徴

昨 年 の 転 入 者 約 710 人 の 合 計 市 民 税 は 2100 万 円 / 年 ( 山 県 市 分 のみ) この 際 に 市 民 税 につき 特 定 の 人 だけ 違 う 率 にすることは 地 方 税 法 で 禁 止 されているので 市 民 税 に 相 当 する 額 を ( 項 ) 徴 2010 年 12 月 1 日 通 告 15 日 一 般 質 問 山 県 市 議 会 寺 町 知 正 質 問 番 号 1 番 答 弁 者 副 市 長 質 問 事 項 人 口 増 加 若 者 定 住 のために 転 入 市 民 税 新 築 住 宅 減 税 子 育 て 支 援 を 質 問 要 旨 現 在 山 県 市 は 人 口 が 減 少 している 対 処 が 急 務 だ とはいえ 何 をするに も お

More information

〔平成27年6月1日〕商品先物取引業務に関する規則第18条第1項に基づく留意事項 一部改正

〔平成27年6月1日〕商品先物取引業務に関する規則第18条第1項に基づく留意事項 一部改正 平 成 27 年 6 月 1 日 商 品 先 物 取 引 業 務 に 関 する 規 則 第 18 条 第 1 項 に 基 づく 留 意 事 項 一 部 改 正 12~17 ページ 新 Ⅲ. 不 招 請 勧 誘 禁 止 の 例 外 の 遵 守 に 関 する 事 項 Ⅳ. 適 合 性 原 則 の 遵 守 に 関 する 事 項 ( 新 設 ) Ⅲ. 適 合 性 原 則 の 遵 守 に 関 する 事 項 5.

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

消 費 生 活 相 談 統 計 によれば 全 国 消 費 生 活 情 報 ネットワーク システム (Practical Living Information Online Network System;PIO-NET)における 保 険 の 相 談 は 多 くの 商 品 役 務 の 中 で 毎 年 上

消 費 生 活 相 談 統 計 によれば 全 国 消 費 生 活 情 報 ネットワーク システム (Practical Living Information Online Network System;PIO-NET)における 保 険 の 相 談 は 多 くの 商 品 役 務 の 中 で 毎 年 上 消 費 生 活 相 談 情 報 にみる 保 険 契 約 の 現 状 と 課 題 A Review of Consumer Inquiries regarding Insurance contracts Through PIO-NET to Identify Issues 磯 村 浩 子 Hiroko ISOMURA 要 約 生 命 保 険 損 害 保 険 その 他 の 保 険 は 生 活 経 済 の

More information

ポイント 上 昇 が 上 昇 し 専 修 校 一 般 課 程 等 入 1.4ポイント 低 下 などが 低 下 しており 上 述 した 傾 向 がより 顕 著 に 表 れている また 同 時 に 一 時 的 な 仕 事 に 就 いた 者 1.1ポイント 低 下 およびその 他 の 者 1.5ポイント

ポイント 上 昇 が 上 昇 し 専 修 校 一 般 課 程 等 入 1.4ポイント 低 下 などが 低 下 しており 上 述 した 傾 向 がより 顕 著 に 表 れている また 同 時 に 一 時 的 な 仕 事 に 就 いた 者 1.1ポイント 低 下 およびその 他 の 者 1.5ポイント 調 査 レポート 調 査 レポート 原 稿 15 年 1 月 東 日 東 本 日 大 本 震 大 災 後 の の 高 校 卒 業 業 者 者 の の 路 動 路 向 動 向 1. 概 況 文 部 科 省 校 基 本 調 査 における の 14 年 3 月 の 高 校 卒 業 者 数 は 前 年 比 597 人 2.9 減 の19,657 人 となり 2 年 ぶりに 前 年 を 下 回 った 路 別

More information

は じ め に 平 成 26 年 度 生 活 介 護 事 業 ( 通 所 型 ) 実 態 調 査 の 結 果 を 報 告 するにあたり, 調 査 にご 協 力 いただきまし た 皆 様 に 深 く 感 謝 申 し 上 げます 平 成 24 年 度 調 査 では 生 活 介 護 事 業 と 自 立 訓

は じ め に 平 成 26 年 度 生 活 介 護 事 業 ( 通 所 型 ) 実 態 調 査 の 結 果 を 報 告 するにあたり, 調 査 にご 協 力 いただきまし た 皆 様 に 深 く 感 謝 申 し 上 げます 平 成 24 年 度 調 査 では 生 活 介 護 事 業 と 自 立 訓 - 207 - は じ め に 平 成 26 年 度 生 活 介 護 事 業 ( 通 所 型 ) 実 態 調 査 の 結 果 を 報 告 するにあたり, 調 査 にご 協 力 いただきまし た 皆 様 に 深 く 感 謝 申 し 上 げます 平 成 24 年 度 調 査 では 生 活 介 護 事 業 と 自 立 訓 練 事 業 ( 生 活 訓 練 )を 対 象 とし, 前 年 度 ( 平 成 25

More information

やすいようにした( 表 1) 方 法 Ⅱ Ⅲを 実 施 し 最 終 的 に 表 2 に 示 すツールを 作 成 した 傷 病 者 設 定 カードは 3 枚 つづりとして 1 枚 目 を 傷 病 者 の 外 観 および 主 訴 2 枚 目 を 初 期 評 価 として 得 られるバイタルサインなど そし

やすいようにした( 表 1) 方 法 Ⅱ Ⅲを 実 施 し 最 終 的 に 表 2 に 示 すツールを 作 成 した 傷 病 者 設 定 カードは 3 枚 つづりとして 1 枚 目 を 傷 病 者 の 外 観 および 主 訴 2 枚 目 を 初 期 評 価 として 得 られるバイタルサインなど そし 平 成 22 年 度 ( 財 ) 救 急 振 興 財 団 調 査 研 究 助 成 事 業 研 究 課 題 : 複 数 傷 病 者 対 応 を 学 ぶための 反 復 実 施 が 容 易 な 机 上 シミュレーション 教 育 プログラムの 開 発 代 表 研 究 者 : 共 同 研 究 者 : 丹 野 克 俊 札 幌 医 科 大 学 救 急 集 中 治 療 医 学 講 座 講 師 沢 本 圭 悟 北 海

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

平成20年3月4日

平成20年3月4日 212 年 7 月 13 日 日 本 銀 行 福 島 支 店 NHK 大 河 ドラマ 八 重 の 桜 の 放 映 に 伴 う 内 経 済 への 波 及 効 果 ~ 大 河 ドラマ 効 果 を 足 掛 かりに 内 観 光 の 復 活 を 目 指 して~ 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 日 本 銀 行 福 島 支 店 総 務 課 電 話 :24-521- 6353 本 稿 の 内 容 について

More information

職種限定契約

職種限定契約 職 種 限 定 契 約 における 配 転 命 令 の 可 否 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 事 件 東 京 地 判 平 19.3.26 判 時 1965 号 3 頁 佐 藤 敬 二 ( 立 命 館 大 学 ) Ⅰ 事 実 の 概 要 X( 原 告 )は 損 害 保 険 業 等 を 目 的 とするY 社 ( 被 告 )において 損 害 保 険 の 契 約 募 集 等 に 従 事 する 外 勤

More information

からないから,これを 明 らかにしてもらうために 審 査 請 求 をする (2) 意 見 書 ア 本 件 不 開 示 情 報 が 開 示 されることによって,1 公 共 の 安 全 と 秩 序 の 維 持 に 支 障 が 生 じるかどうか( 法 5 条 4 号 ),2 大 阪 高 等 検 察 庁 及

からないから,これを 明 らかにしてもらうために 審 査 請 求 をする (2) 意 見 書 ア 本 件 不 開 示 情 報 が 開 示 されることによって,1 公 共 の 安 全 と 秩 序 の 維 持 に 支 障 が 生 じるかどうか( 法 5 条 4 号 ),2 大 阪 高 等 検 察 庁 及 諮 問 庁 : 検 事 総 長 諮 問 日 : 平 成 25 年 9 月 30 日 ( 平 成 25 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 423 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 439 号 ) 事 件 名 : 級 別 定 数 ( 平 成 24 年 度 当 初 ) 等 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 40 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 委 員 長 藤 田 義 嗣 委 員 ( 委 員 長 職 務 代 理 者 ) 土 井 真 一 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 ( 教 育 長 ) 河 原

More information

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information