目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議"

Transcription

1 参 考 資 料 1 日 本 語 能 力 が 十 分 でない について 平 成 28 年 3 月 22 日 文 部 科 学 省

2 目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議 会 員 都 市 の 例 ) 7 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 に 関 する 学 校 の 課 題 9 加 配 教 員 配 置 による 効 果 ( 愛 知 県 豊 橋 市 の 事 例 ) 10 日 本 語 能 力 が 十 分 ではない 子 供 たちに 対 する 支 援 施 策 12 学 校 における 外 国 人 児 童 生 徒 等 に 対 する 教 育 支 援 に 関 する 有 識 者 会 議 における 検 討 課 題 14 ( 参 考 資 料 ) 帰 国 外 国 人 児 童 生 徒 等 教 育 の 推 進 支 援 事 業 16 定 住 外 国 人 の 子 供 の 就 学 支 援 事 業 ( 虹 の 架 け 橋 教 室 )[H21~H26] 17 日 本 語 指 導 指 導 者 養 成 研 修 ( 独 立 行 政 法 人 教 員 研 修 センター) 18 特 別 の 教 育 課 程 の 編 成 実 施 19 特 別 の 教 育 課 程 による 日 本 語 指 導 の 実 施 状 況 等 20 情 報 検 索 サイト かすたねっと 21 学 校 教 育 におけるJSLカリキュラム 22 外 国 人 児 童 生 徒 のためのJSL 対 話 型 アセスメント(DLA) 23 高 等 学 校 における 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 子 供 たちの 受 入 れ 24

3 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 1 1 公 立 学 校 に 在 籍 する 外 国 人 児 童 生 徒 の 約 4 割 が 日 本 語 指 導 を 必 要 としており 増 加 傾 向 2 日 本 語 指 導 が 必 要 な 日 本 国 籍 の 児 童 生 徒 も 近 年 急 増 している 公 立 学 校 に 在 籍 する 日 本 語 指 導 が 必 要 な 外 国 人 児 童 生 徒 数 出 典 : 文 部 科 学 省 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 受 入 れ 状 況 等 に 関 する 調 査 ( 平 成 26 年 度 ) 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 中 等 教 育 学 校 特 別 支 援 学 校 特 別 支 援 学 校 については H18 年 度 までは 盲 聾 養 護 学 校 H20 年 度 以 降 は 特 別 支 援 学 校 に 対 して 調 査 を 行 っている () 内 の 数 字 は 外 国 人 児 童 生 徒 数 に 対 する 日 本 語 指 導 が 必 要 な 外 国 人 児 童 生 徒 数 の 割 合 ( 人 ) 30,000 25,000 20,000 15,000 19,678 (28.0%) ,204 5,097 22,413 (31.6%) ,128 5,246 28,575 28,511 (39.7%) (38.4%) ,365 1,980 7,576 8,012 27,013 (37.8%) ,137 7,558 29,198 (39.8%) ,272 7,809 10,000 5,000 13,307 15,946 19,504 18,365 17,154 18,884 ( 参 考 ) 外 国 人 児 童 生 徒 数 0 平 成 16 年 度 平 成 18 年 度 平 成 20 年 度 平 成 22 年 度 平 成 24 年 度 平 成 26 年 度 70,345 70,936 72,043 74,214 71,545 73,289 公 立 学 校 に 在 籍 する 日 本 語 指 導 が 必 要 な 日 本 国 籍 の 児 童 生 徒 数 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 中 等 教 育 学 校 特 別 支 援 学 校 7,897 6, ,000 ( 人 ) 5, ,000 4, ,586 3, ,000 3, , , ,257 4, , , ,899 2, ,609 3,593 3,956 2,277 2,860 1,000 0 平 成 16 年 度 平 成 18 年 度 平 成 20 年 度 平 成 22 年 度 平 成 24 年 度 平 成 26 年 度 特 別 支 援 学 校 については H18 年 度 までは 盲 聾 養 護 学 校 H20 年 度 以 降 は 特 別 支 援 学 校 に 対 して 調 査 を 行 っている 3

4 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 2 1 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 が 在 籍 している 学 校 は 全 体 の2 割 在 籍 する 自 治 体 は 約 5 割 に 達 する 100 人 以 上 在 籍 する 学 校 がある 一 方 最 も 多 いのは 1 人 のみ 在 籍 している 学 校 2 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 母 語 使 用 頻 度 の 高 い 言 語 は 多 岐 にわたっている 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 が 在 籍 する 学 校 数 市 町 村 数 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 が 在 籍 する 公 立 小 中 学 校 数 ( 公 立 小 中 学 校 30,265 校 ) 3 人 585 校 (8.5%) 4 人 365 校 (5.3%) 公 立 小 中 高 等 学 校 等 に 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 が 在 籍 する 市 町 村 数 在 籍 なし 23,401 校 在 籍 あり 6,864 校 22.7% 2 人 1,316 校 (19.2%) 1 人 2,935 校 77.3% (42.8%) 5 人 以 上 1,663 校 (24.2%) 100 人 以 上 は 全 都 道 府 県 で7 校 在 籍 なし 879 市 区 町 村 50.5% 在 籍 あり 862 市 区 町 村 49.5% 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 母 語 使 用 頻 度 の 高 い 言 語 韓 国 朝 鮮 語 573 人 (2.1%) 英 語 717 人 (2.7%) ベトナム 語 1,128 人 (4.2%) スペイン 語 3,368 人 (12.6%) 外 国 籍 児 童 生 徒 の 母 語 その 他 2,868 人 (10.7%) フィリピノ 語 4,539 人 (17.0%) ポルトガル 語 7,971 人 (29.9%) 中 国 語 5,529 人 (20.7%) 韓 国 朝 鮮 語 159 人 (2.1%) スペイン 語 308 人 (4.1%) ポルトガル 語 384 人 (5.1%) 英 語 656 人 (8.8%) ( 公 立 小 中 学 校 26,693 人 ) ベトナム 語 88 人 (1.2%) その 他 662 人 (8.8%) 中 国 語 1,409 人 (18.8%) フィリピノ 語 2,127 人 (28.4%) 日 本 語 1,692 人 (22.6%) 日 本 国 籍 児 童 生 徒 の 比 較 的 使 用 頻 度 の 高 い 言 語 その 他 の 言 語 タイ 語 ネパール 語 インドネシア 語 ヒンディ 語 ウルドゥ- 語 フランス 語 ドイツ 語 イタリア 語 ロシア 語 アラビア 語 等 ( 公 立 小 中 学 校 7,485 人 ) 出 典 : 文 部 科 学 省 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 受 入 れ 状 況 等 に 関 する 調 査 ( 平 成 26 年 度 ) 4

5 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 都 道 府 県 別 に 見 ると 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 は 愛 知 県 神 奈 川 県 東 京 都 等 に 多 い 日 本 語 指 導 が 必 要 な 外 国 人 児 童 生 徒 の 学 校 種 別 在 籍 状 況 ( 都 道 府 県 別 ) 日 本 語 指 導 が 必 要 な 日 本 国 籍 の 児 童 生 徒 の 学 校 種 別 在 籍 状 況 ( 都 道 府 県 別 ) 北 海 道 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 神 奈 川 県 新 潟 県 富 山 県 石 川 県 福 井 県 山 梨 県 長 野 県 岐 阜 県 静 岡 県 愛 知 県 三 重 県 滋 賀 県 京 都 府 大 阪 府 兵 庫 県 奈 良 県 和 歌 山 県 鳥 取 県 島 根 県 岡 山 県 広 島 県 山 口 県 徳 島 県 香 川 県 愛 媛 県 高 知 県 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 熊 本 県 大 分 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 沖 縄 県 ,350 1, ,176 2,303 2,413 1,920 1,913 3,228 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 中 等 教 育 学 校 特 別 支 援 学 校 6,373 ( 人 ) ( 人 ) 北 海 道 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 神 奈 川 県 新 潟 県 富 山 県 石 川 県 福 井 県 山 梨 県 長 野 県 岐 阜 県 静 岡 県 愛 知 県 三 重 県 滋 賀 県 京 都 府 大 阪 府 兵 庫 県 奈 良 県 和 歌 山 県 鳥 取 県 島 根 県 岡 山 県 広 島 県 山 口 県 徳 島 県 香 川 県 愛 媛 県 高 知 県 福 岡 県 佐 賀 県 長 崎 県 熊 本 県 大 分 県 宮 崎 県 鹿 児 島 県 沖 縄 県 ,017 1,073 1,438 出 典 : 文 部 科 学 省 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 受 入 れ 状 況 等 に 関 する 調 査 ( 平 成 26 年 度 ) 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 中 等 教 育 学 校 特 別 支 援 学 校 5

6 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 1 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 数 と 加 配 教 員 数 ( 愛 知 県 の 事 例 ) 小 学 校 中 学 校 市 町 村 あたり 要 日 本 語 指 導 児 童 数 市 町 村 あたり 加 配 教 員 数 市 町 村 数 在 籍 校 数 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 1 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 が 最 も 多 い 愛 知 県 の 例 を 見 ても 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 在 籍 が10 人 未 満 の 自 治 体 の 場 合 担 当 教 員 が 措 置 されにくい 状 況 2 ある 横 浜 市 立 小 学 校 の 例 を 見 ると 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 数 が100 人 を 越 える 学 校 の 場 合 も 担 当 教 員 数 は 不 足 している 状 況 市 町 村 あたり 要 日 本 語 指 導 生 徒 数 市 町 村 あたり 加 配 教 員 数 市 町 村 数 在 籍 校 数 0 人 9 10 人 未 満 0.11 人 人 以 上 30 人 未 満 30 人 以 上 60 人 未 満 60 人 以 上 100 人 未 満 100 人 以 上 200 人 未 満 1 人 人 人 人 人 以 上 26.4 人 人 7 10 人 未 満 0 人 人 以 上 50 人 未 満 1.4 人 人 以 上 100 人 未 満 5.2 人 人 以 上 200 人 未 満 12 人 人 以 上 25 人 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 数 と 加 配 教 員 数 (ある 横 浜 市 立 小 学 校 の 事 例 ) 要 日 本 語 指 導 児 童 数 a 加 配 教 員 b ( ) 市 費 担 当 教 員 1 人 当 たりの 児 童 数 a/b 157 人 5 人 (3 人 ) 31.4 人 ( 出 典 ) 文 部 科 学 省 にて 愛 知 県 横 浜 市 立 小 学 校 より 聞 き 取 り 6

7 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 1 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議 会 員 都 市 の 例 ) 外 国 人 集 住 都 市 会 議 会 員 都 市 (8 県 29 市 町 )では 日 本 語 が 母 語 ではない 又 は 家 庭 内 等 で 日 本 語 以 外 の 言 語 を 使 用 している 子 供 たちの 約 8 割 が 中 学 卒 業 後 に 高 校 に 進 学 している そのうち 約 3 割 は 定 時 制 通 信 制 の 高 校 に 進 学 している 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 の 生 徒 の 進 路 ( 計 :1010 人 ) ( 人 ) 1 高 校 全 日 制 2 高 校 定 時 制 3 高 校 通 信 制 4 専 門 学 校 5その 他 の 高 校 6 専 修 学 校 ( 高 等 ) 7 専 修 学 校 ( 一 般 ) 8 公 共 能 力 開 発 施 設 9 就 職 ( 正 規 ) 10 就 職 ( 非 正 規 ) 11 家 事 手 伝 い 12 外 国 人 学 校 13 帰 国 14 不 明 15その 他 16 無 回 答 222(22.0%) 26(2.6%) 3(0.3%) 15(1.5%) 35(3.5%) 4(0.4%) 0 11(1.1%) 26(2.6%) 66(6.5%) 17(1.7%) 37(3.7%) 7(0.7%) 7(0.7%) 1(0.0%) 533(52.8%) 調 査 期 間 平 成 24 年 5 月 1 日 ~ 平 成 24 年 6 月 12 日 外 国 人 集 住 都 市 会 議 会 員 都 市 (8 県 29 市 町 )で 公 立 中 学 校 を2012 年 3 月 に 卒 業 した 外 国 人 生 徒 * * 特 別 永 住 者 を 除 く 家 庭 内 等 で 日 本 語 以 外 の 言 語 を 使 用 している 又 は 日 本 語 のネイティブスピーカーでは ない ことを 学 校 が 把 握 している 生 徒 を 対 象 とした * 二 重 国 籍 や 中 国 からの 帰 国 生 徒 等 日 本 国 籍 を 有 す る 生 徒 も 要 件 にあてはまれば 対 象 とした 回 答 者 2011 年 度 に 外 国 人 生 徒 を 担 当 した 教 諭 有 効 回 答 数 1,010 5その 他 の 高 校 には 特 別 支 援 学 校 高 等 部 高 等 学 校 別 科 等 が 含 まれる 出 典 : 外 国 人 集 住 都 市 会 議 東 京 2012 ( ) 当 日 配 付 資 料 7

8 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 2 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議 会 員 都 市 の 例 ) 高 校 進 学 した 生 徒 の 日 本 語 能 力 を 調 査 したところ 通 常 授 業 が 理 解 可 能 な 生 徒 は54.8%で 45.2%は 通 常 授 業 の 理 解 に 課 題 がある 詳 細 に 見 ると 全 日 制 高 校 では34.2% 定 時 制 高 校 では66.4%に 通 常 授 業 の 理 解 に 課 題 がある 出 典 : 外 国 人 集 住 都 市 会 議 東 京 2012 ( ) 当 日 配 付 資 料 調 査 期 間 平 成 24 年 5 月 1 日 ~ 平 成 24 年 6 月 12 日 外 国 人 集 住 都 市 会 議 会 員 都 市 (8 県 29 市 町 )で 公 立 中 学 校 を2012 年 3 月 に 卒 業 した 外 国 人 生 徒 * * 特 別 永 住 者 を 除 く 家 庭 内 等 で 日 本 語 以 外 の 言 語 を 使 用 している 又 は 日 本 語 のネイティブスピーカーでは ない ことを 学 校 が 把 握 している 生 徒 を 対 象 とした * 二 重 国 籍 や 中 国 からの 帰 国 生 徒 等 日 本 国 籍 を 有 す る 生 徒 も 要 件 にあてはまれば 対 象 とした 回 答 者 2011 年 度 に 外 国 人 生 徒 を 担 当 した 教 諭 有 効 回 答 数 1,010 8

9 9 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 に 関 する 学 校 の 課 題 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 は10 年 間 で1.6 倍 に 増 加 そのうち 約 2 割 ( 約 6,000 人 )が 日 本 語 指 導 を 受 けることができていない 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 増 加 外 国 人 児 童 生 徒 等 への 日 本 語 指 導 の 特 徴 単 なる 言 語 習 得 の 指 導 ではない 21,344 人 1.6 倍 34,178 人 日 本 語 指 導 は 日 本 語 を 学 ぶだけではなく 教 科 の 学 習 内 容 を 理 解 する ことを 組 み 合 わせた 学 習 担 当 教 員 は 日 本 語 指 導 に 加 え 学 校 生 活 への 適 応 についても 指 導 日 本 語 指 導 の 多 くは 通 常 の 授 業 時 間 帯 に 対 象 児 童 生 徒 を 個 別 に 取 り 出 して 行 われる 指 導 教 員 の 職 務 内 容 日 本 語 指 導 に 関 する 直 接 の 指 導 H16 H26 外 国 人 児 童 生 徒 のほか 帰 国 児 童 生 徒 など 日 本 語 指 導 が 必 要 な 日 本 国 籍 の 児 童 生 徒 を 含 んでい る ( 小 中 学 校 ) ( 文 部 科 学 省 調 ) 児 童 生 徒 への 教 育 活 動 個 別 の 児 童 生 徒 の 指 導 計 画 作 成 評 価 初 期 指 導 教 室 での 指 導 ( 日 本 の 学 校 での 就 学 経 験 のない 児 童 生 徒 ) 別 室 で 個 別 に 行 われる 指 導 在 籍 学 級 で 行 われる 集 団 学 習 への 入 り 込 み 指 導 子 供 の 居 場 所 を 広 げるための 支 援 生 活 指 導 ( 学 級 担 任 相 談 員 と 連 携 ) 校 内 の 連 携 学 級 担 任 や 他 の 教 職 員 との 連 携 校 内 委 員 会 などの 企 画 運 営 家 庭 との 連 携 保 護 者 への 日 本 の 教 育 システムの 説 明 保 護 者 との 関 係 づくり( 保 護 者 が 教 育 活 動 に 参 加 できる 場 の 設 定 等 ) 外 部 機 関 地 域 との 連 携 学 校 間 の 連 携 協 力 教 育 委 員 会 等 の 連 携 地 域 ボランティア 等 との 連 携

10 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 加 配 教 員 配 置 による 効 果 ( 愛 知 県 豊 橋 市 の 事 例 )1 愛 知 県 豊 橋 市 では 小 中 学 校 において 加 配 教 員 を 活 用 した 別 室 指 導 等 を 継 続 して 行 った ことにより 外 国 人 生 徒 の 中 学 校 卒 業 後 の 高 校 等 進 学 率 が 増 加 豊 橋 市 では 外 国 人 児 童 生 徒 等 の 数 が 増 加 傾 向 (H12:495 名 H27:1,398 名 ) 近 年 はブラジル 国 籍 の 子 供 は 減 少 傾 向 一 方 フィリピン 国 籍 の 子 供 が 急 増 外 国 人 児 童 生 徒 等 への 担 当 教 員 は 初 期 指 導 教 室 (プレクラス)での 指 導 別 室 指 導 ( 集 団 個 別 ) 在 籍 学 級 で 行 われる 集 団 学 習 への 入 り 込 み 指 導 などを 実 施 加 配 の 継 続 充 実 により 外 国 人 生 徒 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 調 査 において 高 校 等 進 学 率 が 上 昇 平 成 20 年 度 73.3%(44 人 /60 人 ) 平 成 26 年 度 89.9%(107 人 /119 人 ) 小 学 校 全 校 児 童 777 名 中 164 名 が 外 国 人 児 童 うち78 名 に 別 室 指 導 を 実 施 6 名 の 担 当 教 員 ( 加 配 ) ( 週 24~27コマ) と1 名 の 再 任 用 ( 半 日 勤 務 ) 教 員 で 対 応 電 子 黒 板 加 配 教 員 ( 全 体 指 導 ) 外 国 人 児 童 が 楽 しく 生 活 するための 10か 条 掲 示 板 生 徒 が 自 分 でつくる 成 長 カード 小 学 校 4 年 生 の 児 童 対 象 の 別 室 授 業 ( 国 語 ) 10 名 の 児 童 を2 名 の 担 当 教 員 ( 加 配 )と タガログ 語 対 応 の スクールアシスタント の 計 3 名 で 指 導 加 配 教 員 ( 個 別 指 導 担 当 ) スクール アシスタント (タガログ 語 担 当 ) できるようになったこと できるように なりたいことを 先 生 と 一 緒 に 考 える 通 常 の 教 室 の 環 境 整 備 に 加 え 日 本 語 習 得 が 必 要 な 児 童 に 向 けた 環 境 整 備 が 必 要 加 配 教 員 が 貢 献 10

11 11 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 加 配 教 員 配 置 による 効 果 ( 愛 知 県 豊 橋 市 の 事 例 )2 中 学 校 全 校 生 徒 511 名 中 58 名 が 外 国 人 生 徒 うち36 名 が 常 時 支 援 が 必 要 5 名 の 担 当 教 員 ( 加 配 )( 週 22~24コマ)と1 名 の 再 任 用 ( 半 日 勤 務 ) 教 員 2 名 の 学 級 担 任 ( 週 数 コマ) 教 頭 の9 名 で 対 応 中 学 校 1 年 生 の 別 室 授 業 (プレクラス: 日 本 語 基 礎 ) 日 本 の 学 校 での 就 学 経 験 がなく 全 く 日 本 語 を 理 解 で きないブラジル 国 籍 の1 名 の 生 徒 に 対 し 担 当 教 員 ( 加 配 )と 相 談 員 (ポルトガル 語 )の 計 2 名 で 教 科 指 導 加 配 教 員 ( 個 別 指 導 担 当 ) 文 字 の 式 ( 中 学 校 1 年 生 数 学 ) 加 配 教 員 ( 個 別 指 導 担 当 ) 相 談 員 (ポルトガル 語 担 当 ) 中 学 校 3 年 生 取 り 出 し 授 業 ( 国 語 ) 1 名 のブラジル 国 籍 の 生 徒 に 担 当 教 員 ( 加 配 )が 指 導 ( 教 科 の 補 充 )

12 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 日 本 語 能 力 が 十 分 ではない 子 供 たちに 対 する 支 援 施 策 1 外 国 人 の 子 供 の 公 立 義 務 教 育 諸 学 校 への 受 入 れ 外 国 人 がその 保 護 する 子 を 公 立 の 義 務 教 育 諸 学 校 に 就 学 させることを 希 望 する 場 合 には 無 償 で 受 け 入 れており 教 科 書 の 無 償 給 与 や 就 学 援 助 を 含 め 日 本 人 と 同 一 の 教 育 を 受 ける 機 会 を 保 障 している あいうえお 日 本 語 能 力 が 十 分 ではない 子 供 たちに 対 する 日 本 語 指 導 の 充 実 のための 教 員 配 置 学 級 数 等 から 算 定 されるいわゆる 基 礎 定 数 とは 別 に 外 国 人 児 童 生 徒 の 日 本 語 指 導 を 行 う 教 員 を 公 立 義 務 教 育 諸 学 校 に 配 置 するための 加 配 定 数 を 措 置 ( 平 成 27 年 度 : 児 童 生 徒 支 援 加 配 8,582 人 の 内 数 ( 約 1,600 人 )) 帰 国 外 国 人 児 童 生 徒 等 教 育 推 進 支 援 事 業 16 頁 参 照 ( 平 成 27 年 度 予 算 額 :211 百 万 円 平 成 28 年 度 予 算 額 ( 案 ):231 百 万 円 ) (1) 公 立 学 校 における 帰 国 外 国 人 児 童 生 徒 に 対 するきめ 細 かな 支 援 事 業 [ 平 成 27 年 度 実 施 自 治 体 数 :53] 帰 国 外 国 人 児 童 生 徒 の 受 入 れから 卒 業 後 の 進 路 までの 一 貫 した 指 導 支 援 体 制 の 構 築 を 図 るため 各 自 治 体 が 行 う 受 入 促 進 日 本 語 指 導 の 充 実 支 援 体 制 の 整 備 に 関 する 取 組 を 支 援 する (2) 定 住 外 国 人 の 子 供 の 就 学 促 進 事 業 [ 平 成 27 年 度 実 施 自 治 体 数 :10] 不 就 学 になっている 外 国 人 の 子 供 を 対 象 に 公 立 学 校 や 外 国 人 学 校 への 就 学 に 必 要 な 支 援 を 学 校 外 におい て 実 施 する 自 治 体 の 取 組 を 支 援 する 日 本 語 指 導 者 等 に 対 する 研 修 の 実 施 18 頁 参 照 独 立 行 政 法 人 教 員 研 修 センターにおいて 外 国 人 児 童 生 徒 教 育 に 携 わる 教 員 や 校 長 副 校 長 教 頭 等 の 管 理 職 及 び 指 導 主 事 を 対 象 として 日 本 語 指 導 法 等 を 主 な 内 容 とした 実 践 的 な 研 修 を 実 施 ( 年 1 回 4 日 間 定 員 110 名 平 成 5 年 度 より 開 始 直 近 5 年 間 の 受 講 者 数 は 合 計 567 名 ) 就 学 ガイドブックの 作 成 配 布 公 立 義 務 教 育 諸 学 校 への 就 学 の 機 会 を 逸 することのないよう 日 本 の 教 育 制 度 や 就 学 の 手 続 等 をまとめた 就 学 ガイドブックをポルトガル 語 中 国 語 等 7 言 語 で 作 成 ( 平 成 26 年 度 改 訂 ) 教 育 委 員 会 在 外 公 館 等 に 配 布 したほか 不 就 学 となっている 外 国 人 の 子 どもの 就 学 を 一 層 促 進 するため 法 務 省 地 方 入 国 管 理 局 において 就 学 ガイドブック 概 要 版 を 配 布 文 部 科 学 省 ホームページにも 掲 載 している (http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/clarinet/003/ htm) 概 要 版 12

13 学 校 教 育 におけるJSLカリキュラムの 開 発 ( 平 成 15 年 ~18 年 ) 22 頁 参 照 日 本 語 を 母 語 としない 子 供 の 日 本 語 で 参 加 するための 力 の 育 成 を 目 指 すため 日 本 語 指 導 と 教 科 指 導 とを 統 合 した JSLカリキュラム ( 小 中 学 校 編 )を 開 発 し 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 の 教 育 委 員 会 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 が 在 籍 する 公 立 学 校 に 配 付 外 国 人 児 童 生 徒 の 総 合 的 な 学 習 支 援 事 業 ( 平 成 22~24 年 度 ) 1 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 日 本 語 能 力 が 十 分 ではない 子 供 たちに 対 する 支 援 施 策 2 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 を 対 象 とした 特 別 の 教 育 課 程 の 編 成 実 施 頁 参 照 有 識 者 会 議 の 意 見 を 踏 まえ 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 を 対 象 とした 特 別 の 教 育 課 程 の 編 成 実 施 につ いて 学 校 教 育 法 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 し 平 成 26 年 1 月 14 日 に 公 布 4 月 1 日 より 施 行 ( 平 成 26 年 5 月 1 日 現 在 で 特 別 の 教 育 課 程 を 受 けている 人 数 は 小 学 校 で5,281 人 中 学 校 で1,694 人 となっている ) 外 国 人 児 童 生 徒 受 入 れの 手 引 き H23.3 配 付 ~ 外 国 人 児 童 生 徒 の 体 系 的 かつ 総 合 的 な 受 入 れのガイドライン~ 文 部 科 学 省 HPリンク 情 報 検 索 サイト かすたねっと 21 頁 参 照 ~ 教 育 委 員 会 等 作 成 の 多 言 語 文 書 や 教 材 の 検 索 サイト~ サイト リンク 外 国 人 児 童 生 徒 のためのJSL 対 話 型 アセスメント~DLA~ 23 頁 参 照 ~ 児 童 生 徒 の 日 本 語 能 力 を 把 握 するために 開 発 された 診 断 方 法 や 診 断 シート 等 ~ 文 部 科 学 省 HPリンク 外 国 人 児 童 生 徒 教 育 研 修 マニュアル ~ 教 育 委 員 会 が 研 修 会 を 計 画 する 際 の 参 考 となるもの~ 文 部 科 学 省 HPリンク 研 修 プログラム 検 索 サイト H23.3 開 設 平 成 26 年 度 のページュビュー 数 は 99,032 件 文 書 教 材 のダウンロード 合 計 数 は 59,358 件 H26.3 配 付 H26.3 配 付 1,3,4については 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 の 教 育 委 員 会 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 が 在 籍 する 公 立 学 校 に 配 布 13

14 外 国 人 児 童 生 徒 等 が 十 分 な 教 育 を 受 け 多 様 な 個 性 を 伸 長 させ ることにより 多 言 語 コミュニケーション 能 力 母 国 とのネットワー ク 力 等 を 備 えたグローバル 人 材 として 我 が 国 の 経 済 社 会 に 貢 献 14 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 学 校 における 外 国 人 児 童 生 徒 等 に 対 する 教 育 支 援 に 関 する 有 識 者 会 議 における 検 討 課 題 文 部 科 学 省 学 校 における 外 国 人 児 童 生 徒 等 に 対 する 教 育 支 援 に 関 する 有 識 者 会 議 におい て 平 成 27 年 11 月 より 以 下 について 検 討 中 平 成 28 年 6 月 を 目 途 に 報 告 書 のとりまとめを 目 指 す 1. 学 校 における 外 国 人 児 童 生 徒 等 に 対 する 日 本 語 指 導 体 制 の 整 備 充 実 散 在 集 住 地 域 などの 多 様 なニーズに 応 じた 拠 点 校 の 整 備 の 在 り 方 拠 点 校 を 中 心 とした 広 域 連 携 幼 小 中 高 連 携 社 会 教 育 関 連 部 署 NPO 企 業 等 との 連 携 等 の ネットワーク 構 築 の 在 り 方 2. 日 本 語 指 導 に 携 わる 教 員 支 援 員 等 の 養 成 確 保 日 本 語 指 導 に 必 要 な 教 員 支 援 員 母 語 による 支 援 員 等 の 役 割 及 び 配 置 の 在 り 方 日 本 語 指 導 に 関 する 教 員 支 援 員 の 専 門 性 向 上 のための 方 策 ( 養 成 研 修 等 の 在 り 方 ) 3. 日 本 語 指 導 における 指 導 内 容 の 改 善 充 実 学 校 教 育 におけるJSL( 第 2 言 語 としての 日 本 語 )カリキュラム 及 び 外 国 人 児 童 生 徒 のための DLA( 対 話 型 アセスメント)の 普 及 促 進 方 策 特 別 の 教 育 課 程 の 導 入 を 踏 まえた 今 後 の 指 導 体 制 指 導 内 容 の 在 り 方 日 本 語 指 導 のための 教 材 (IT アプリ 等 の 活 用 を 含 む)の 在 り 方 4. 外 国 人 の 子 供 の 就 学 の 促 進 及 び 進 学 就 職 への 対 応 就 学 前 段 階 からのきめ 細 かな 就 学 相 談 の 在 り 方 外 国 人 児 童 生 徒 等 の 適 応 指 導 や 保 護 者 への 対 応 に 関 するサポート 体 制 (ソーシャルワーカー カウンセラー 特 別 支 援 母 語 支 援 等 を 含 む)の 在 り 方 外 国 人 生 徒 の 高 校 進 学 の 促 進 方 策 ( 外 国 人 生 徒 等 への 特 別 枠 や 高 校 での 支 援 体 制 の 充 実 等 ) 企 業 等 と 連 携 した 外 国 人 生 徒 に 対 するキャリア 教 育 インターンシップ 等 の 就 職 支 援 の 在 り 方

15 参 考 資 料 15

16 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 帰 国 外 国 人 児 童 生 徒 等 教 育 の 推 進 支 援 事 業 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 子 供 たちの 公 立 学 校 での 受 入 や 日 本 語 指 導 の 充 実 就 学 に 課 題 を 抱 えている 子 供 の 支 援 等 を 実 施 する 自 治 体 の 取 組 を 支 援 本 事 業 は 実 施 主 体 ( 都 道 府 県 指 定 都 市 中 核 市 等 )の 取 組 に 対 して 総 事 業 費 の1/3を 上 限 として 予 算 の 範 囲 内 で 交 付 を 行 う 補 助 事 業 である 平 成 28 年 度 予 算 額 ( 案 ):231 百 万 円 ( 前 年 度 予 算 額 :211 百 万 円 ) Ⅰ 公 立 学 校 における 帰 国 外 国 人 児 童 生 徒 に 対 する Ⅱ 定 住 外 国 人 の 子 供 の 就 学 促 進 事 業 [H27~] きめ 細 かな 支 援 事 業 [H25~] 補 助 対 象 : 都 道 府 県 市 区 町 村 ( 教 育 委 員 会 首 長 部 局 ) 等 30 地 域 補 助 対 象 : 都 道 府 県 指 定 都 市 中 核 市 55 地 域 支 援 対 象 : 不 就 学 の 外 国 人 の 子 供 支 援 対 象 : 公 立 学 校 に 在 籍 する 帰 国 外 国 人 児 童 生 徒 等 現 状 課 題 現 状 課 題 外 国 人 集 住 地 域 やその 他 の 地 域 に 学 校 への 受 入 れに 至 らない 子 供 に おいて 不 就 学 の 定 住 外 国 人 の 子 対 する 地 域 の 実 情 に 応 じた 支 援 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 進 路 を 見 通 した 個 の 実 態 に 応 じた 日 供 が 存 在 体 制 整 備 生 徒 に 対 する 支 援 の 多 様 化 本 語 指 導 等 定 住 外 国 人 の 子 供 の 不 就 学 問 題 子 供 が 適 切 な 就 学 先 を 選 択 するた 初 等 中 等 段 階 からのグロー 少 数 在 籍 校 や 散 在 地 域 の 受 入 れ 支 援 は 地 域 生 活 家 庭 環 境 国 めのコーディネートの 実 施 バル 人 材 の 育 成 体 制 整 備 籍 言 語 など 多 様 な 背 景 を 有 する 等 事 業 実 施 項 目 ( 地 域 の 実 情 に 応 じて 組 み 合 わせる) 日 本 語 指 導 の 充 実 ( 必 須 ) * 日 本 語 能 力 測 定 方 法 の 活 用 による 児 童 生 徒 の 日 本 語 能 力 の 把 握 ( 必 須 ) * 特 別 の 教 育 課 程 による 日 本 語 指 導 の 実 施 日 本 語 指 導 担 当 教 員 及 び 指 導 補 助 者 への 研 修 の 実 施 日 本 語 指 導 のための 教 材 の 作 成 但 し 都 道 府 県 は*を 必 須 項 目 としない 就 学 機 会 の 確 保 就 学 相 談 窓 口 の 設 置 就 学 ガイダンスの 開 催 就 学 状 況 の 調 査 関 係 機 関 と 連 携 した 就 学 案 内 (パンフレット 等 の 作 成 配 付 ) 公 立 学 校 への 円 滑 な 受 入 れ 初 期 適 応 指 導 教 室 (プレクラス)の 実 施 児 童 生 徒 の 母 語 が 分 かる 支 援 員 の 派 遣 日 本 語 指 導 ができる 支 援 員 の 派 遣 指 導 支 援 体 制 の 整 備 センター 校 の 設 置 巡 回 指 導 の 実 施 学 校 種 間 連 携 モデル 地 域 の 設 置 地 域 連 携 のための 協 議 会 の 開 催 少 数 在 籍 校 又 は 散 在 地 域 の 指 導 支 援 体 制 の 充 実 (コーディネーター 配 置 等 ) 学 力 保 障 進 路 指 導 高 校 や 大 学 ハローワーク 企 業 等 との 連 携 による 進 路 ガイダンスの 開 催 進 路 相 談 の 充 実 ( 相 談 員 の 派 遣 等 ) 教 科 補 習 のための 支 援 員 の 派 遣 ** 各 地 域 の 取 組 の 実 践 交 流 ** 担 当 指 導 主 事 等 連 絡 協 議 会 の 開 催 情 報 検 索 サイト かすたねっと への 資 料 掲 載 等 事 業 内 容 目 的 : 就 学 に 課 題 を 抱 える 外 国 人 の 子 供 を 対 象 に 公 立 学 校 や 外 国 人 学 校 等 への 就 学 に 必 要 な 支 援 を 学 校 外 において 実 施 する 自 治 体 を 補 助 学 校 とのコーディネートを 通 じた 就 学 の 促 進 取 組 ( 例 ): 就 学 に 必 要 な 日 本 語 指 導 教 科 指 導 母 語 指 導 等 日 本 の 生 活 文 化 に 適 応 するための 地 域 社 会 との 交 流 等 ( 事 業 実 施 スキーム) 都 道 府 県 市 区 町 村 等 1 自 治 体 が 直 接 就 学 支 援 の 取 組 を 実 施 委 託 NPO 等 の 団 体 不 就 学 の 外 国 人 の 子 供 2 知 見 を 有 するNPO 等 に 委 託 し 就 学 支 援 の 取 組 を 実 施 公 立 学 校 外 国 人 学 校 等 への 就 学 ( 参 考 ) 日 系 定 住 外 国 人 施 策 の 推 進 について ( 平 成 26 年 3 月 31 日 日 系 定 住 外 国 人 施 策 推 進 会 議 ) 日 系 定 住 外 国 人 施 策 の 基 本 的 な 考 え 方 において 示 されている 日 本 語 能 力 が 不 十 分 である 者 が 多 い 日 系 定 住 外 国 人 を 日 本 社 会 の 一 員 としてしっかりと 受 け 入 れ 社 会 から 排 除 されないようにする ことを 継 続 して 日 系 定 住 外 国 人 施 策 の 基 本 的 な 考 え 方 とする ( 中 略 )このための 施 策 を 国 の 責 任 として 講 じていくこととし 地 方 自 治 体 と 連 携 しながら これまでの 関 連 施 策 の 成 果 も 活 用 しつつ 必 要 な 施 策 を 推 進 することとする この 場 合 NPOなどの 支 援 団 体 とも 連 携 を 図 ることが 重 要 である 多 文 化 共 生 社 会 の 推 進 に 関 する する 提 言 ( ( 平 成 年 8 月 多 文 化 共 生 推 進 会 協 議 ) 会 ) 外 国 外 人 国 住 人 民 住 の 民 多 の 国 多 籍 国 化 籍 や 化 散 や 在 散 化 在 といった 化 といった 地 域 地 課 域 題 課 に 題 対 に 応 対 し 応 し 自 治 自 体 治 やNPOとの 体 やNPOとの 連 携 連 も 携 視 も 野 視 に 野 入 に れた 入 れた 持 続 持 可 続 能 可 な 能 新 な たな 新 たな 仕 組 仕 みを 組 みを 検 討 検 し 討 し 円 滑 円 な 滑 就 な 学 就 への 学 への 支 援 支 事 援 業 事 を 業 実 を 施 実 すること 施 すること 公 立 学 校 における 帰 国 外 国 人 児 童 生 徒 等 の 受 入 体 制 支 援 体 制 づくりの 推 進 学 校 外 における 不 就 学 等 の 外 国 人 の 子 供 の 就 学 支 援 体 制 の 整 備 16

17 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 不 就 学 の 子 供 の 就 学 支 援 については 平 成 21 年 度 から26 年 度 までに 定 住 外 国 人 の 子 供 の 就 学 支 援 事 業 により 4,333 名 が 公 立 学 校 やブラジル 人 学 校 等 に 就 学 (27 年 度 からは 定 住 外 国 人 の 子 供 の 就 学 促 進 事 (14 頁 参 照 )を 実 施 ) 多 くの 日 系 人 労 働 者 がリーマンショック 後 の 景 気 後 退 により 失 職 し その 子 供 たちも 不 就 学 となる 例 が 見 られたことを 受 け 公 立 学 校 等 へ の 円 滑 な 転 入 が 図 られるよう 日 本 語 等 の 指 導 や 学 習 習 慣 の 確 保 を 図 るための 場 を 提 供 平 成 26 年 度 は 全 国 22 教 室 で 実 施 平 成 21 年 度 補 正 予 算 により 国 際 移 住 機 関 (IOM)に 基 金 を 設 置 して 実 施 当 初 平 成 21~23 年 度 の3 年 間 の 予 定 であったが その 後 の 厳 しい 経 済 情 勢 に 鑑 み 効 率 化 を 図 りつつ 平 成 26 年 度 まで 延 長 平 成 21 年 度 から26 年 度 までの6 年 間 で 4,333 名 が 公 立 学 校 やブラジル 人 学 校 等 に 就 学 外 国 人 の 子 供 のための 日 本 語 指 導 等 の 実 施 ブラジル 人 学 校 等 に 在 学 中 の 子 供 に 対 する 日 本 語 教 育 支 援 等 ブラジル 人 学 校 等 景 気 回 復 等 により ブラジル 人 学 校 等 へ 就 学 することも 可 能 経 済 的 理 由 等 により 就 学 が 困 難 日 本 語 等 の 指 導 教 室 虹 の 架 け 橋 教 室 円 滑 な 転 入 を 目 指 す 公 立 学 校 帰 国 外 国 人 児 童 生 徒 受 入 促 進 事 業 における 初 期 指 導 教 室 (プレクラス) 役 割 : 不 就 学 となっている 外 国 人 の 子 供 を 対 象 に 日 本 語 指 導 等 を 実 施 (ブラジル 人 学 校 等 に 在 籍 する 子 供 も 受 入 れ 可 能 ) 対 象 期 間 : 義 務 教 育 段 階 の 子 供 等 を 原 則 6ヶ 月 程 度 教 室 に 受 入 れ 場 所 : 外 国 人 集 住 都 市 等 において 実 施 内 容 : 日 本 語 指 導 等 を 行 う 教 員 日 本 語 指 導 や 教 科 指 導 バイリンガル 指 導 員 母 語 指 導 と 教 科 指 導 の 補 助 コーディネーター 等 子 供 の 公 立 学 校 への 受 入 促 進 地 域 社 会 との 交 流 の 促 進 等 定 住 外 国 人 の 子 供 の 就 学 支 援 事 業 ( 虹 の 架 け 橋 教 室 )[H21~H26] 文 部 科 学 省 拠 出 金 支 出 国 際 移 住 機 関 (IOM) < 子 ども 架 け 橋 基 金 > 1 周 知 公 募 2 申 請 3 審 査 採 択 委 託 地 方 公 共 団 体 等 ( 外 国 人 集 住 都 市 等 ) 不 就 学 の 外 国 人 の 子 供 の 受 入 れ 日 本 語 等 の 指 導 学 習 習 慣 の 確 保 日 本 語 等 の 指 導 教 室 虹 の 架 け 橋 教 室 17

18 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 日 本 語 指 導 指 導 者 養 成 研 修 ( 独 立 行 政 法 人 教 員 研 修 センター) 独 立 行 政 法 人 教 員 研 修 センターでは 日 本 語 能 力 が 十 分 でない に 携 わる 教 員 や 校 長 副 校 長 教 頭 等 の 管 理 職 及 び 指 導 主 事 を 対 象 として 日 本 語 指 導 法 等 を 主 な 内 容 と した 実 践 的 な 研 修 を 実 施 ( 年 1 回 4 日 間 定 員 110 名 ) 研 修 内 容 ( 平 成 27 年 度 ) 共 通 形 態 等 内 容 施 策 説 明 外 国 人 児 童 生 徒 等 に 対 する 文 部 科 学 省 の 施 策 について 講 義 1 外 国 人 児 童 生 徒 教 育 の 現 状 と 課 題 班 別 演 習 1 情 報 交 換 による 課 題 の 共 有 講 義 2 学 校 における 日 本 語 教 育 プログラム~ 個 別 の 指 導 計 画 を 立 てるために~ 管 コ ー 理 ス 者 用 講 義 3 外 国 人 児 童 生 徒 のためのJSL 対 話 型 アセスメントDLA~ 日 本 語 能 力 の 評 価 の 在 り 方 ~ 講 義 4 特 別 の 教 育 課 程 を 踏 まえた 指 導 支 援 体 制 づくり 事 例 協 議 1 ~ 指 導 支 援 体 制 においえる 連 携 と 協 働 ~ 外 国 人 児 童 生 徒 教 育 の 先 進 的 な 取 組 班 別 演 習 2 外 国 人 児 童 生 徒 等 の 受 入 れ 体 制 における 課 題 解 決 策 の 検 討 共 通 事 例 協 議 2 日 本 語 指 導 が 必 要 な 外 国 人 児 童 生 徒 等 への 支 援 の 実 際 班 別 演 習 3 日 本 語 能 力 測 定 方 法 の 演 習 ( 実 践 報 告 も 含 む) 日 本 語 指 導 者 用 コ ー ス 日 本 語 初 期 指 導 コース 中 期 後 期 指 導 コース 教 科 指 導 実 践 コース 講 義 演 習 講 義 演 習 講 義 演 習 日 本 語 初 期 指 導 段 階 の 日 本 語 プログラムと 授 業 づくり 日 本 語 初 期 指 導 の 活 動 計 画 の 実 践 日 本 語 中 期 後 期 指 導 段 階 の 日 本 語 プログラムと 授 業 づくり 日 本 語 中 期 後 期 指 導 ( 主 に 読 む 力 書 く 力 を 高 める 指 導 )の 実 践 JSLカリキュラムの 授 業 づくり JSLカリキュラムの 実 践 共 通 全 体 発 表 協 議 日 本 語 指 導 の 実 践 ~ 全 体 発 表 協 議 ~ 講 義 5 外 国 人 児 童 生 徒 教 育 を 推 進 するリーダーとして~ 研 究 成 果 の 活 用 に 向 けて~ 受 講 者 数 推 移 一 覧 表 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 平 成 25 年 度 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 管 理 者 用 コース 日 本 語 指 導 者 用 コース 年 度 合 計 平 成 5 年 度 より 開 始 直 近 5 年 間 の 受 講 者 数 は 合 計 567 名 18

19 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 特 別 の 教 育 課 程 の 編 成 実 施 平 成 26 年 4 月 1 日 より 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 を 対 象 とした 特 別 の 教 育 課 程 の 編 成 実 施 を 可 能 とした 1. 制 度 の 概 要 1 指 導 内 容 : 児 童 生 徒 が 日 本 語 で 学 校 生 活 を 営 み 学 習 に 取 り 組 めるようになるための 指 導 2 指 導 対 象 : 小 中 学 校 段 階 に 在 籍 する 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 3 指 導 者 : 日 本 語 指 導 担 当 教 員 ( 教 員 免 許 を 有 する 教 員 ) 及 び 指 導 補 助 者 4 授 業 時 数 : 年 間 10 単 位 時 間 から280 単 位 時 間 までを 標 準 とする 5 指 導 の 形 態 及 び 場 所 : 原 則 児 童 生 徒 の 在 籍 する 学 校 における 取 り 出 し 指 導 6 指 導 計 画 の 作 成 及 び 学 習 評 価 の 実 施 : 計 画 及 びその 実 績 は 学 校 設 置 者 に 提 出 2. 制 度 導 入 により 期 待 される 効 果 児 童 生 徒 一 人 一 人 に 応 じた 日 本 語 指 導 計 画 の 作 成 評 価 の 実 施 学 校 教 育 における 日 本 語 指 導 の 質 の 向 上 教 職 員 等 研 修 会 や 関 係 者 会 議 の 実 施 地 域 や 学 校 における 関 係 者 の 意 識 及 び 指 導 力 の 向 上 学 校 教 育 における 日 本 語 指 導 の 体 制 整 備 組 織 的 継 続 的 な 支 援 の 実 現 3. 支 援 体 制 平 成 26 年 4 月 1 日 に 学 校 教 育 法 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 第 56 条 の2 第 56 条 の3 第 79 条 第 108 条 第 1 項 第 132 条 の3 国 の 施 策 設 置 者 学 校 への 指 導 助 言 人 的 配 置 予 算 措 置 研 修 の 実 施 等 学 校 学 校 教 育 への 位 置 付 け 指 導 計 画 の 作 成 指 導 評 価 等 支 援 者 専 門 的 な 日 本 語 指 導 母 語 による 支 援 課 外 での 指 導 支 援 等 19

20 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 特 別 の 教 育 課 程 による 日 本 語 指 導 の 実 施 状 況 等 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 のうち 学 校 で 日 本 語 指 導 を 受 けている 者 の 割 合 (%) 外 国 人 児 童 生 徒 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 のうち 学 校 で 日 本 語 指 導 を 受 けている 者 は 約 8 割 日 本 語 指 導 を 受 けている 者 のうち 特 別 の 教 育 課 程 による 日 本 語 指 導 を 受 けている 者 は 約 2 割 日 本 国 籍 児 童 生 徒 上 記 児 童 生 徒 のうち 特 別 の 教 育 課 程 による 日 本 語 指 導 を 受 けている 者 の 割 合 ( 平 成 26 年 5 月 1 日 現 在 ) 小 学 校 中 学 校 特 別 の 教 育 課 程 による 指 導 を 受 けている 児 童 生 徒 数 5,281 人 1,694 人 日 本 語 指 導 を 受 けている 者 のうち 特 別 の 教 育 課 程 による 指 導 を 受 けている 者 の 割 合 ( 参 考 ) 日 本 語 指 導 が 必 要 な 者 の うち 特 別 の 教 育 課 程 による 指 導 を 受 けている 者 の 割 合 平 成 16 年 度 平 成 18 年 度 平 成 20 年 度 平 成 22 年 度 平 成 24 年 度 平 成 26 年 度 78.3 (%) % 20.9% 21.3% 18.0% 特 別 の 教 育 課 程 実 施 のために 必 要 だと 考 える 取 組 - 市 町 村 教 育 委 員 会 - 外 国 籍 ( 小 ) 日 本 国 籍 ( 小 ) 外 国 籍 ( 中 ) 日 本 国 籍 ( 中 ) 体 制 整 備 授 業 時 数 の 確 保 員 日 の 本 指 語 導 指 力 導 の 担 向 当 上 教 指 導 価 計 の 画 実 の 施 作 成 評 教 材 等 の 充 実 そ の 他 中 等 教 育 学 校 と 特 別 支 援 学 校 については 義 務 教 育 段 階 の 内 訳 を 調 査 していないため 小 学 校 中 学 校 分 のみ 示 している 出 典 : 文 部 科 学 省 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 受 入 れ 状 況 等 に 関 する 調 査 ( 平 成 26 年 度 ) 20

21 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 情 報 検 索 サイト かすたねっと 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 子 供 たちの 受 入 実 績 が 豊 富 な 自 治 体 が 作 成 した 多 言 語 の 学 校 文 書 や 教 材 に 関 する 情 報 検 索 サイトを 運 営 情 報 検 索 サイト かすたねっと (http://www.castanet.jp)の 利 用 実 績 年 度 平 成 24 年 度 平 成 25 年 度 平 成 26 年 度 年 間 ページビュー 数 83,282 79,120 99,032 年 間 ダウンロード 数 文 書 19,146(139) 18,224(81) 20,858(169) 教 材 26,352(1,411) 31,228(2,136) 38,500(3,511) 括 弧 内 の 数 値 は 海 外 からの 利 用 者 によるダウンロード 数 を 表 す 21

22 委 員 会 及 び 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 が 在 籍 している 公 立 学 校 に 配 布 〇 指 導 の 場 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 が 在 籍 学 級 で 各 教 科 の 指 導 を 受 けながら 日 本 語 の 能 力 に 応 じた 日 本 語 指 導 と 教 科 指 導 との 統 合 学 習 を 取 り 出 し 指 導 の 場 において 行 う 国 語 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 学 校 教 育 におけるJSLカリキュラム 小 学 校 中 学 校 を 対 象 として 平 成 15 年 より 授 業 に 参 加 するための 日 本 語 の 力 と 学 ぶ 力 ( 日 本 語 で 学 ぶ 力 )を 育 成 することを 目 的 とした JSLカリキュラム を 作 成 各 教 育 社 会 算 数 各 教 科 理 生 音 科 活 楽 図 画 工 作 家 庭 体 育 道 徳 < 在 籍 学 級 で 指 導 > 外 国 語 活 動 学 総 習 合 の 的 時 な 間 特 別 活 動 ( 連 携 ) JSL:Japanese as a second language( 第 2 言 語 としての 日 本 語 ) 日 本 語 指 導 と 教 科 指 導 との 統 合 学 習 (JSLカリキュラム) 日 本 語 指 導 ( 文 法 語 彙 等 ) < 取 り 出 し 指 導 により 指 導 > 〇 日 本 語 指 導 と 教 科 指 導 との 統 合 学 習 の 効 果 問 題 解 決 的 な 活 動 を 基 本 にすることにより 具 体 的 な 活 動 と 言 葉 の 意 味 を 結 びつけることができる 具 体 物 や 直 接 体 験 を 生 かすことができる 日 本 語 能 力 に 応 じた 発 問 の 仕 方 により 子 供 の 理 解 を 促 進 する 子 供 のつまづきに 応 じて 学 習 活 動 を 組 み 込 める 初 期 日 本 語 指 導 トピック 型 JSLカリキュラム 子 供 たちの 興 味 関 心 に 沿 ってトピックを 設 定 体 験 探 求 発 信 気 候 子 供 の 実 態 と 結 びつける 支 援 を 行 う 母 国 と 日 本 の 気 候 にはどんな 違 いがあるだろう 目 標 : 母 国 や 日 本 の 季 節 について 写 真 や 具 体 物 経 験 を 基 に 表 現 できる 気 温 や 降 水 量 のグラフを 書 き 母 国 と 日 本 の 気 候 の 違 いに 気 づく 気 候 について 調 べたことを 友 達 に 分 かりやすく 伝 えることができる 教 科 志 向 型 JSLカリキュラム 各 教 科 に 日 本 語 で 参 加 できる 力 を 育 む 各 教 科 の 学 習 課 程 を 重 視 特 別 の 教 育 課 程 による 日 本 語 指 導 を 実 施 する 場 合 は 年 間 10~280 単 位 時 間 を 標 準 とする 面 積 の 求 め 方 ( 平 行 四 辺 形 ) 日 本 語 の 理 解 や 表 現 を 促 す 支 援 を 行 う 日 本 語 の 目 標 : 平 行 四 辺 形 の 求 積 方 法 を 表 す 表 現 に 慣 れる 活 動 の 流 れ 1 課 題 を 理 解 する 2 求 積 方 法 について ヒントを 参 考 にしながら 考 える 3ワークをもとに 考 えたことを 整 理 しまとめる 4 自 分 が 考 えた 方 法 以 外 について 知 る 22

23 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 外 国 人 児 童 生 徒 のためのJSL 対 話 型 アセスメント (DLA) 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 子 供 たちへの 指 導 方 針 を 検 討 する 際 の 参 考 となるよう 児 童 生 徒 の 日 本 語 能 力 を 把 握 するための 診 断 方 法 や 診 断 シート 等 をまとめた 外 国 人 児 童 生 徒 のためのJ SL 対 話 型 アセスメント を 作 成 各 教 育 委 員 会 及 び 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 が 在 籍 する 公 立 学 校 に 配 布 Dialogic Language Assessment For Japanese as a Second Language DLAのねらい 主 に 日 本 語 による 日 常 会 話 はできるが 教 科 学 習 に 困 難 を 感 じている 児 童 生 徒 を 対 象 としています 子 どもたちの 言 語 能 力 を 把 握 し どのような 学 習 支 援 が 必 要 であるかを 検 討 する 際 の 参 考 となる 情 報 を 得 ます DLAの 特 徴 一 番 早 く 伸 びる 会 話 力 を 用 いて 一 対 一 の 対 話 で 教 科 学 習 に 必 要 な 言 語 能 力 を 話 す 読 む 書 く 聴 く の4つの 面 か ら 把 握 します 例 :DLA 話 す 診 断 シート 23

24 24 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 高 等 学 校 における 日 本 語 能 力 が 十 分 でない 子 供 たちの 受 入 れ 帰 国 外 国 人 生 徒 の 受 入 れのため 入 学 者 選 抜 に 当 たり 特 別 定 員 枠 を 設 ける 自 治 体 もある 公 立 高 等 学 校 の 入 学 者 選 抜 における 帰 国 生 徒 の 特 別 定 員 枠 の 設 定 16 都 道 府 県 で 設 定 ( 北 海 道 福 島 茨 城 千 葉 東 京 神 奈 川 富 山 山 梨 岐 阜 愛 知 三 重 京 都 大 阪 奈 良 岡 山 広 島 ) 公 立 高 等 学 校 の 入 学 者 選 抜 における 外 国 人 生 徒 の 特 別 定 員 枠 の 設 定 12 都 道 府 県 で 設 定 ( 北 海 道 福 島 茨 城 千 葉 東 京 神 奈 川 山 梨 岐 阜 愛 知 三 重 大 阪 奈 良 ) 出 典 : 文 部 科 学 省 平 成 27 年 度 高 等 学 校 入 学 者 選 抜 の 改 善 等 に 関 する 状 況 調 査 高 等 学 校 における 保 護 者 の 転 勤 以 外 の 事 情 により 海 外 から 帰 国 した 生 徒 に 対 する 編 入 学 の 機 会 の 拡 大 等 について( 通 知 ) 平 成 25 年 5 月 20 日 付 け25 文 科 初 第 243 号 1. 海 外 から 帰 国 した 生 徒 に 対 する 編 入 学 の 機 会 の 拡 大 (1) 編 入 学 の 出 願 資 格 について 帰 国 生 徒 については 保 護 者 の 転 勤 に 伴 う 場 合 と 同 様 に 保 護 者 の 転 勤 以 外 の 事 情 により 海 外 の 高 等 学 校 へ 進 学 した 後 帰 国 した 場 合 についても 編 入 学 の 出 願 資 格 を 得 られるように 配 慮 すること 文 部 科 学 省 HPリンク

49.6 1

49.6 1 49.6 1 t-co2 120 100 80 60 40 20 0 2 4 8 40 52 53 53 59 64 79 83 83 108 101 104 2 3 鳥 取 県 3 2,876 t 岡 山 県 83,782 t 島 根 県 8 1,660 t 広 島 県 15 3,995t 福 岡 県 19 4,141 t 佐 賀 県 3 952 t 大 分 県 53,181 t 長 崎 県 2

More information

<81798E9197BF8250817A2E786C73>

<81798E9197BF8250817A2E786C73> 生 活 者 としての 外 国 人 に 関 する 総 合 的 対 応 策 の 実 施 状 況 について 総 合 的 対 応 策 における 対 策 実 施 状 況 1. 外 国 人 が 暮 らしやすい 地 域 社 会 づくり (1) 日 本 語 教 育 の 充 実 地 域 の 日 本 語 教 育 の 充 実 を 図 るため 平 成 18 年 度 より 人 材 育 本 年 度 中 に 成 果 をホームページ

More information

2 次 2 次 2 次 2 次 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) 70 北 海 道 教 育 ( 教 育 札 幌 - 教 員 - 理 数 教 育 ) 52.5 愛 知 教 育 ( 教 育 - 初 等 - 社 会 ) 宮 城 教 育 ( 教 育 - 中 等 - 国

2 次 2 次 2 次 2 次 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) 70 北 海 道 教 育 ( 教 育 札 幌 - 教 員 - 理 数 教 育 ) 52.5 愛 知 教 育 ( 教 育 - 初 等 - 社 会 ) 宮 城 教 育 ( 教 育 - 中 等 - 国 2 次 2 次 2 次 2 次 81 東 京 学 芸 ( 教 育 - 中 等 - 数 学 ) 東 京 学 芸 ( 教 育 - 初 等 - 英 語 ) 62.5 79 信 州 ( 教 育 - 学 校 - 英 語 教 育 ) ( 教 育 - 中 等 - 数 学 ) 60.0 ( 教 育 - 学 校 - 保 健 体 育 ) ( 教 育 - 中 等 - 英 語 ) 62.5 都 留 文 科 ( 文 - 初

More information

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd 学 園 の 現 況 平 成 28(2016) 28 (2016) 年 度 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 教 育 研 究 組 織 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 日 本 文 学 専 攻 ( 博 士 課 程 前 期 課 程 後 期 課 程 ) 大 学 院 文 学 研 究 科 中 国 学 専 攻 ( 博 士

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

<4D F736F F D208E9197BF E518D6C D8F918E9197BF E646F63>

<4D F736F F D208E9197BF E518D6C D8F918E9197BF E646F63> 資 料 3 参 考 になるホームページと 図 書 資 料 2010 年 5 月 末 現 在 1)あーすぷらざ 関 連 1あーすぷらざ( 英 語 中 国 語 スペイン 語 タガログ 語 タイ 語 ポルトガル 語 ベトナム 語 日 本 語 ) http://www.k-i-a.or.jp/plaza/ 2 日 本 語 多 文 化 子 ども 支 援 コーナー ダウンロード 資 料 リスト http://www.k-i-a.or.jp/plaza/pdf/forum/booklist/link.pdf

More information

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2 2016 1 20 12-6288 ... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2.1... 10 2.2.2... 11 2.3... 12 2.3.1...

More information

1, 1

1, 1 0 1, 1 ( 人 ) 40,000 35,000 30,000 移 民 取 扱 人 による 者 移 民 取 扱 人 によらない 者 合 計 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 0 1899 年 1900 年 1901 年 1902 年 1903 年 1904 年 1905 年 1906 年 1907 年 1908 年 1909 年 1910 年 1911 年 1912

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464>

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464> 参 考 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 推 進 本 部 は, 平 成 9 年 7 月 に 人 権 教 育 のた めの 国 連 10 年 に 関 する 国 内 行 動 計 画 を

More information

(4) 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 在 住 外 国 人 のための 住 宅 に 関 する 情 報 を 多 言 語 で 提 供 しています( 英 語 中 国 語 韓 国 語 ポルトガル 語 スペイン 語 ベトナム 語 インドネシア 語 タガログ 語 タイ 語 ) ホームページで 提

(4) 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 在 住 外 国 人 のための 住 宅 に 関 する 情 報 を 多 言 語 で 提 供 しています( 英 語 中 国 語 韓 国 語 ポルトガル 語 スペイン 語 ベトナム 語 インドネシア 語 タガログ 語 タイ 語 ) ホームページで 提 第 3 章 外 国 人 の 住 まいに 関 する 情 報 提 供 事 例 等 1. 各 団 体 における 情 報 提 供 事 例 等 (1) 埼 玉 県 ( 彩 の 国 外 国 人 住 居 アドバイザー 制 度 ) 不 動 産 業 者 団 体 からの 推 薦 で 埼 玉 県 及 び( 財 ) 埼 玉 県 国 際 交 流 協 会 から 委 嘱 された 住 居 アドバイザーが ボランティアで 住 まいについて

More information

スライド 1

スライド 1 第 1 回 生 活 保 護 制 度 に 関 する 国 と 地 方 協 議 平 成 23 年 5 月 30 日 資 料 3 生 活 保 護 制 度 現 状 等 について 厚 生 労 働 省 - 目 次 - 頁 1 生 活 保 護 制 度 概 要 1 被 保 護 世 帯 数 等 動 向 2 被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 年 次 推 移 3 3 世 帯 類 型 別 保 護 世 帯

More information

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について 平 成 26 年 度 児 童 生 徒 の 問 題 行 動 等 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 に 関 する 調 査 について 平 成 27 年 9 月 16 日 ( 水 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 児 童 生 徒 課 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 項 目 調 査 対 象... 1 (2) 調 査 結 果 の 主 な 特 徴... 1 (3) 調

More information

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E >

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E > 23.9.28 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 説 明 資 料 国 民 健 康 保 険 組 合 に 対 する 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 9 月 28 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 1 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

【前半】教員・保護者向け説明会資料VER.1.0

【前半】教員・保護者向け説明会資料VER.1.0 0 平 成 28 年 度 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 トビタテ! 留 学 JAPAN 日 本 代 表 プログラム 高 校 生 コース 募 集 説 明 会 2015.11 文 部 科 学 省 官 民 協 働 海 外 留 学 創 出 プロジェクト 日 本 全 国 の 高 校 生 留 学 について 現 状 ~ 平 成 25 年 度 高 等 学 校 等 における 国 際 交 流 等 の

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

S7-2)わが国におけるHIV感染妊娠の動向と近年の特徴

S7-2)わが国におけるHIV感染妊娠の動向と近年の特徴 第 27 回 日 本 エイズ 学 会 学 術 集 会 2013 年 11 月 22 日 熊 本 シンポジウム 7 臨 床 ) なかなか 減 少 しないHIV 感 染 妊 娠 いまだ 散 発 発 生 するHIV 母 子 感 染 H25 年 わが 国 における HIV 感 染 妊 娠 の 動 向 と 近 年 の 特 徴 喜 21 多 恒 和 1,2 吉 野 直 人 2 外 川 正 生 2 稲 葉 憲 之

More information

障害者保健福祉施策の基本的な方向

障害者保健福祉施策の基本的な方向 発 達 障 害 者 支 援 施 策 関 係 資 料 ~ 平 成 21 年 度 予 算 の 概 要 ~ 厚 生 労 働 省 Ⅰ ね ら い 発 達 障 害 の 定 義 と 発 達 障 害 への 理 解 の 促 進 発 達 障 害 者 に 対 する 生 活 全 般 にわたる 支 援 の 促 進 発 達 障 害 者 支 援 を 担 当 する 部 局 相 互 の 緊 密 な 連 携 の 確 保 Ⅱ 概 要

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73>

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73> 平 成 19 年 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 結 果 の 概 要 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 現 在 ) 平 成 19 年 12 月 総 務 省 ( 連 絡 先 ) 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 担 当 : 岡 田 山 家 (やまが) 電 話 : 03-5253-5551( 直 ) 03-5253-5111( 代 ) ( 内 線 3245

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

2011年5月26日

2011年5月26日 2016 年 6 月 10 日 全 国 私 立 学 校 教 職 員 組 合 連 合 ( 全 国 私 教 連 ) 中 央 執 行 委 員 長 永 島 民 男 2015 年 度 私 立 高 校 中 学 生 の 経 済 的 理 由 による 退 学 と 学 費 滞 納 調 査 のまとめ 1. 調 査 の 目 的 今 回 の 調 査 は 2015 年 度 (2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 末 )に

More information

私 大 退 職 金 財 団 報 2012.9.24 第 77 号 財 団 法 人 私 立 大 学 退 職 金 財 団 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 について 調 査 結 果 の 概 略 1 2 調 査 方 法 等 の 概 要 と 前 提 条 件 4 調 査 結 果 Q1 Q2

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 23 年 11 月 24 日 第 49 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 5 国 保 組 合 の 国 庫 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 11 月 24 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された 国

More information

法 人 番 号 の 通 知 書 発 送 及 び 公 表 予 定 日 ( 別 紙 ) 指 定 対 象 法 人 の 所 在 地 ( 地 域 ) 等 通 知 書 発 送 予 定 日 基 本 3 情 報 の 公 表 予 定 日 国 の 機 関 地 方 公 共 団 体 東 京 23 区 ( 千 代 田 区 中

法 人 番 号 の 通 知 書 発 送 及 び 公 表 予 定 日 ( 別 紙 ) 指 定 対 象 法 人 の 所 在 地 ( 地 域 ) 等 通 知 書 発 送 予 定 日 基 本 3 情 報 の 公 表 予 定 日 国 の 機 関 地 方 公 共 団 体 東 京 23 区 ( 千 代 田 区 中 法 人 番 号 の 通 知 公 表 開 始 スケジュ-ルについて 国 税 庁 は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 上 法 人 番 号 の 付 番 機 関 とされており 平 成 27 年 10 月 5 日 ( 月 )の 同 法 施 行 を 迎 え 法 人 番 号 の 通 知 公 表 等 について 具 体 的 なスケジュ-ルを

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀨 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 山 口 浩 司 ( 内 線 7475) 担 当 係 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 27 年 人 口 動 態 統 計 月 報

More information

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病 特 定 医 療 に 係 る 自 己 負 担 上 限 額 管 理 票 等 の 記 載 方 法 について( 指 定 医 療 機 関 用 ) 和 歌 山 県 福 祉 保 健 部 健 康 局 健 康 推 進 課 平 成 27 年 1 目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療

More information

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc Ⅰ. 市 街 化 区 域 内 農 地 の 資 産 価 値 の 整 理 1. 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 の 負 担 水 準 等 の 経 年 変 化 等 についての 税 制 上 の 整 理 1) 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 制 度 の 基 本 的 な 仕 組 み 農

More information

機 11. 心 神 喪 失 者 等 医 療 観 察 法 指 定 医 療 機 関 の 整 備 等 について 医 療 観 察 法 ( 以 下 法 という ) は 平 成 15 年 7 月 に 公 布 平 成 17 年 7 月 に 施 行 され 心 神 喪 失 者 等 の 状 態 で 重 大 な 他 害 行 為 を 行 った 法 対 象 者 に 対 して 適 切 な 医 療 を 提 供 し 社 会 復 帰 の

More information

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 勢 一 覧 勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 口 推 計 年 報 4 人 口 密 度 社 会 生 活 統 計 指 標 5 世 帯 数

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀬 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 藤 井 義 弘 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 26 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 26 年 4 月 21 日 第 74 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 2-2 出 産 育 児 一 時 金 について 平 成 26 年 4 月 21 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 出 産 育 児 一 時 金 について 出 産 育 児 一 時 金 とは 健 康 保 険 法 等 に 基 づく 保 険 給 付 として 健 康 保 険 や 国 民 健 康 保 険

More information

要 望 事 項

要 望 事 項 平 成 28 年 度 自 動 車 関 係 諸 税 に 関 する 要 望 書 平 成 2 7 年 7 月 自 動 車 総 連 ( 全 日 本 自 動 車 産 業 労 働 組 合 総 連 合 会 ) 会 長 相 原 康 伸 目 次 < 要 望 事 項 > 1. 車 体 課 税 を 抜 本 的 に 見 直 し 簡 素 化 負 担 の 軽 減 を 図 る 1) 自 動 車 取 得 税 を 廃 止 する 2)

More information

ま え が き このたび 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 における 状 況 について 実 施 し た 消 防 防 災 震 災 対 策 現 況 調 査 の 結 果 がまとまり 地 方 防 災 行 政 の 現 況 として 刊 行 することになりました この 調

ま え が き このたび 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 における 状 況 について 実 施 し た 消 防 防 災 震 災 対 策 現 況 調 査 の 結 果 がまとまり 地 方 防 災 行 政 の 現 況 として 刊 行 することになりました この 調 地 方 防 災 行 政 の 現 況 ( 付 平 成 25 年 災 害 年 報 ) 平 成 27 年 1 月 消 防 庁 防 災 課 地 域 防 災 室 応 急 対 策 室 防 災 情 報 室 ま え が き このたび 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 における 状 況 について 実 施 し た 消 防 防 災 震 災 対 策 現 況 調 査 の 結 果 がまとまり

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1 基 礎 資 料 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 配 備 状 況 1 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 配 備 状 況 76 機 (45 都 道 府 県 55 団 体 ) (1) 消 防 庁 ヘリコプター 5 機 ( 東 京 消 防 庁 京 都 市 消 防 局 埼 玉 県 宮 城 県 高 知 県 に 無 償 使 用 ) (2) 消 防 機 関 ヘリコプター 31 機 ( 東 京 消 防 庁

More information

統計トピックスNo.84 統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)-「敬老の日」にちなんで-

統計トピックスNo.84 統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)-「敬老の日」にちなんで- 平 成 26 年 9 月 14 日 統 計 トピックス No.84 統 計 からみた 我 が 国 の 高 齢 者 (65 歳 以 上 ) - 敬 老 の 日 にちなんで- 総 務 省 統 計 局 では 敬 老 の 日 (9 月 15 日 )を 迎 えるに 当 たって 統 計 からみた 我 が 国 の 高 齢 者 のすがたについて 取 りまとめました 要 約 Ⅰ 高 齢 者 の 人 口 ( 人 口 推

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478> 第 9 回 教 育 懇 談 会 資 料 国 の 教 育 改 革 と 愛 知 県 の 取 組 状 況 について 1 教 育 再 生 実 行 会 議 で 示 された 教 育 課 題 第 一 次 提 言 平 成 25 年 2 月 26 日 いじめの 問 題 等 への 対 応 について 道 徳 教 育 いじめ 対 策 体 罰 禁 止 第 二 次 提 言 平 成 25 年 4 月 15 日 教 育 委 員 会

More information

Microsoft Word - 概況(確定版).doc

Microsoft Word - 概況(確定版).doc 平 成 25 年 2 月 28 日 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 課 長 補 佐 關 雅 夫 ( 内 線 7471) 計 析 第 一 係 ( 内 線 7470) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2812 ( F A X ) 03(3595)1670 平 成

More information

36 東 京 私 桜 美 林 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 37 東 京 私 大 妻 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 38 東 京 私 学 習 院 大 学 大 学 院 人 文 科 学 研 究 科 39 東 京 私 国 際 医 療 福 祉 大 学 大 学 院 医

36 東 京 私 桜 美 林 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 37 東 京 私 大 妻 女 子 大 学 大 学 院 人 間 文 化 研 究 科 38 東 京 私 学 習 院 大 学 大 学 院 人 文 科 学 研 究 科 39 東 京 私 国 際 医 療 福 祉 大 学 大 学 院 医 指 定 大 学 院 (コース) 一 覧 第 1 種 指 定 大 学 院 (155 校 / 修 了 後 直 近 の 審 査 の 受 験 可 ) 所 在 県 名 種 別 大 学 院 名 研 究 科 名 専 攻 名 領 域 (コース) 名 1 北 海 道 国 北 海 道 大 学 大 学 院 教 育 学 院 教 育 学 専 攻 臨 床 心 理 学 講 座 2 北 海 道 私 札 幌 学 院 大 学 大 学

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

aaaH26年度 医療費の動向_プレスリリース

aaaH26年度 医療費の動向_プレスリリース Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 27 年 9 月 3 日 照 会 先 保 険 局 調 査 課 課 長 秋 田 倫 秀 ( 内 線 3291) 数 理 企 画 官 鎌 田 真 隆 ( 内 線 3293) 担 当 係 医 療 機 関 医 療 費 係 ( 内 線 3298) 電 話 : 03(5253)1111 ( 代 表 ) 03(3595)2579 ( 直 通 ) 平

More information

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1 平 成 27 年 12 月 16 日 ( 水 ) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 ( 理 事 長 菅 野 和 夫 ) 経 済 社 会 と 労 働 部 門 副 主 任 研 究 員 中 野 諭 ( 電 話 )03-5903-6223 URL:http://www.jil.go.jp/ 平 成 27 年 労 働 力 需 給 の 推 計 新 たな 全 国 推 計 を 踏 まえた

More information

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生 統 計 表 一 覧 統 計 表 1 統 計 表 2 統 計 表 3 統 計 表 4 統 計 表 5 統 計 表 6 統 計 表 7 統 計 表 8 統 計 表 9 統 計 表 10 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 主 な 生 活 衛 生 関 係 数, 年 次 別 許 可 を 要 する 主 な 食 品 関 係 営 業 数, 年 次 別 年 齢 階 級 別

More information

Microsoft Word - プレスリリース

Microsoft Word - プレスリリース Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 7 年 9 月 4 日 照 会 先 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 雇 用 均 等 政 策 課 課 長 小 林 洋 子 均 等 業 務 指 導 室 長 高 橋 弘 子 均 等 業 務 指 導 室 長 補 佐 中 込 左 和 ( 代 表 電 話 ) 03(553)( 内 線 784) ( 夜 間 直 通 ) 03(3595)37 男

More information

81 平 均 寿 命 女 単 位 : 年 全 国 86.35 長 野 県 87.18 1 島 根 県 87.07 2 沖 縄 県 87.02 3 熊 本 県 86.98 4 新 潟 県 86.96 5 三 重 県 86.25 30 岩 手 県 85.86 43 茨 城 県 85.83 44 和 歌

81 平 均 寿 命 女 単 位 : 年 全 国 86.35 長 野 県 87.18 1 島 根 県 87.07 2 沖 縄 県 87.02 3 熊 本 県 86.98 4 新 潟 県 86.96 5 三 重 県 86.25 30 岩 手 県 85.86 43 茨 城 県 85.83 44 和 歌 80 平 均 寿 命 男 単 位 : 年 全 国 79.59 長 野 県 80.88 1 滋 賀 県 80.58 2 福 井 県 80.47 3 熊 本 県 80.29 4 神 奈 川 県 80.25 5 三 重 県 79.68 21 長 崎 県 78.88 43 福 島 県 78.84 44 岩 手 県 78.53 45 秋 田 県 78.22 46 青 森 県 77.28 47 平 均 寿 命

More information

債務整理をするとうたった電話勧誘に注意!

債務整理をするとうたった電話勧誘に注意! 報 道 発 表 資 料 平 成 21 年 12 月 2 日 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター 債 務 整 理 をするとうたった 電 話 勧 誘 に 注 意! 多 重 債 務 に 関 する 相 談 は 年 々 増 え 続 け 2008 年 度 には 9 万 件 を 超 える 相 談 が 全 国 の 消 費 生 活 センターに 寄 せられている そのような 中 ここ 数 年 弁 護 士

More information

ハローワーク特区(*)について、埼玉県及び佐賀県からの提案(別添資料)があり、平成24年5月7日、地域主権戦略会議の下のハローワークチーム(厚生労働省では津田厚生労働大臣政務官がメンバー)において提案のとおりハローワーク特区の枠組みが合意された。  また、同日のハローワークチームでは、次の合意がなされた。   ・ この特区の枠組みに沿って厚生労働省は所要の措置を講じること。    ・ 特区の対象となるハローワークは、ハローワーク浦和とハローワーク佐賀であること。   ・ それぞれの特区における具体的な取組みの内容について、厚生労働省は埼玉県及び佐賀県     とよく詰めること。   ・ ハローワーク特区の事業開始は、平成24年10月を目途とすること。   * 平成23年12月26日の地域主権戦略会議(議長・内閣総理大臣)で了承された「出先機関の原則廃止に向けた今後の  取組方針《で「特区制度を活用して、試行的に、東西1か所ずつハローワークが移管されているのと実質的に同じ状況を作  り、移管可能性の検証を行う(仮称 ハローワーク特区)《とされていた。

ハローワーク特区(*)について、埼玉県及び佐賀県からの提案(別添資料)があり、平成24年5月7日、地域主権戦略会議の下のハローワークチーム(厚生労働省では津田厚生労働大臣政務官がメンバー)において提案のとおりハローワーク特区の枠組みが合意された。  また、同日のハローワークチームでは、次の合意がなされた。    ・ この特区の枠組みに沿って厚生労働省は所要の措置を講じること。    ・ 特区の対象となるハローワークは、ハローワーク浦和とハローワーク佐賀であること。   ・ それぞれの特区における具体的な取組みの内容について、厚生労働省は埼玉県及び佐賀県     とよく詰めること。   ・ ハローワーク特区の事業開始は、平成24年10月を目途とすること。   * 平成23年12月26日の地域主権戦略会議(議長・内閣総理大臣)で了承された「出先機関の原則廃止に向けた今後の  取組方針《で「特区制度を活用して、試行的に、東西1か所ずつハローワークが移管されているのと実質的に同じ状況を作  り、移管可能性の検証を行う(仮称 ハローワーク特区)《とされていた。 参 考 資 料 1 アクション プラン~ 出 先 機 関 の 原 則 廃 止 に 向 けて~ ( 平 成 22 年 12 月 28 日 閣 議 決 定 ) 国 のかたちを 変 えて 住 民 に 身 近 な 行 政 はできる 限 り 地 方 自 治 体 に 委 ね 地 域 における 行 政 を 地 方 自 治 体 が 自 主 的 かつより 総 合 的 に 実 施 できるよう 出 先 機 関 の 事 務

More information

00表紙

00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 近 藤 敬 太 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 第 5 章 地 震 保 険 の 実 務 的 な 課 題 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン 個 人 商 品 業 務 部 個 人 火 災 グループ 吉 田 彰 要 旨 地 震 保 険 制 度 は 1966 年 の 地 震 保 険 に 関 する 法 律 の 制 定 を 受 けて 政 府 と 民 間 の 損 害 保 険 会 社 が 共 同 で 運 営 する 制 度 として 発 足 した 地 震 保

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

○00表紙

○00表紙 結 果 の 概 要 1 結 果 の 要 約 (1) 出 生 数 は 減 少 出 生 数 は1 万 3532 人 で 前 年 の12 万 9816 人 より2 万 6284 人 減 少 し 出 生 率 ( 人 口 千 対 ) は 8.で 前 年 の8.2を 下 回 った 出 生 数 を 母 の 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 にみると 2~39 歳 の 各 階 級 では 前 年 より 減 少 しているが

More information

沖縄キリスト教短期大学学則(新)

沖縄キリスト教短期大学学則(新) 沖 縄 キリスト 教 短 期 大 学 学 則 第 1 章 総 則 ( 的 ) 第 1 条 沖 縄 キリスト 教 短 期 大 学 ( 以 下 本 短 大 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 に 従 い キリスト 教 精 神 に 基 づいた 学 校 教 育 を 施 し 人 格 の 完 成 をめざし 社 会 に 有 用 なる 人 材 を 育 成 することを 的 とする ( 自 己

More information

第 18 回 在 外 教 育 施 設 派 遣 セミナー(2/20) 於 県 生 涯 学 習 センター 海 外 子 女 教 育 の 特 質 と 求 められる 教 員 像 (1) 派 遣 への 期 待 と 不 安 海 外 生 活 の 期 待 国 情 国 際 情 勢 の 不 安 海 外 に 暮 らす 子

第 18 回 在 外 教 育 施 設 派 遣 セミナー(2/20) 於 県 生 涯 学 習 センター 海 外 子 女 教 育 の 特 質 と 求 められる 教 員 像 (1) 派 遣 への 期 待 と 不 安 海 外 生 活 の 期 待 国 情 国 際 情 勢 の 不 安 海 外 に 暮 らす 子 2015 年 ( 平 成 27 年 ) 第 7 号 平 成 28 年 2 月 20 日 発 行 群 馬 県 国 際 理 解 教 育 研 究 会 発 行 責 任 者 会 長 天 川 博 平 成 28 年 度 在 外 施 設 派 遣 内 定 者 数 335 名 現 職 派 遣 予 定 者 都 道 府 県 名 校 長 教 頭 教 諭 都 道 府 県 名 校 長 教 頭 教 諭 男 女 男 女 男 女 男

More information

委託契約書

委託契約書 資 料 目 次 資 料 1 福 岡 女 子 大 学 の 沿 革 資 料 2 公 立 大 学 法 人 福 岡 女 子 大 学 中 期 目 標 中 期 計 画 資 料 3 福 岡 女 子 大 学 改 革 基 本 計 画 の 概 要 資 料 4 福 岡 県 の 主 要 施 策 資 料 5 福 岡 県 の 貿 易 額 の 推 移 資 料 6 福 岡 県 の 輸 出 入 国 ( 地 域 ) 順 位 表 資 料

More information

目 次 企 画 課 1 障 がい 者 制 度 改 革 推 進 会 議 等 の 状 況 について 1 2 地 域 主 権 改 革 の 推 進 について 13 3 第 3 期 障 害 福 祉 計 画 について 19 4 障 害 者 自 立 支 援 給 付 費 支 払 システムについて 48 5 全 国

目 次 企 画 課 1 障 がい 者 制 度 改 革 推 進 会 議 等 の 状 況 について 1 2 地 域 主 権 改 革 の 推 進 について 13 3 第 3 期 障 害 福 祉 計 画 について 19 4 障 害 者 自 立 支 援 給 付 費 支 払 システムについて 48 5 全 国 障 害 保 健 福 祉 関 係 主 管 課 長 会 議 資 料 平 成 23 年 2 月 22 日 ( 火 ) 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 企 画 課 / 企 画 課 監 査 指 導 室 目 次 企 画 課 1 障 がい 者 制 度 改 革 推 進 会 議 等 の 状 況 について 1 2 地 域 主 権 改 革 の 推 進 について 13 3 第 3 期 障 害 福 祉 計 画

More information

スポーツ振興くじ(2015年度販売・投票概況集計(第755回~第832回))

スポーツ振興くじ(2015年度販売・投票概況集計(第755回~第832回)) 資 料 スポーツ 振 興 くじ 2015 年 度 販 売 投 票 概 況 集 計 ( 第 755 回 ~ 第 832 回 ) 2016 年 4 月 目 次 2015 年 度 のまとめ 1 1.2015 年 度 売 上 の 推 移 2~3 2.2015 年 度 売 上 当 せん 結 果 の 推 移 2-1 toto 4 2-2 mini toto-a 組 5 2-3 mini toto-b 組 6 2-4

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86> 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 村 上 修 司 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 24 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3 平 成 13 年 12 月 19 日 衆 議 院 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 についての 勧 告 参 考 資 料 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 区 割 りの 改 定 案 により 変 更 される 選 挙 区 の 数 都 道 府 県 別 区 割

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 資 料 2 広 域 医 療 の 推 進 について 平 成 23 年 12 月 10 日 広 域 医 療 局 目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 (1)

More information

日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要... 1 1. 推 計 期 間... 1 2. 推 計 の 対 象 となる... 1 3. 推 計 方 法... 2 4. 基 準 人 口... 2 5. 将 来 の 生 残 率... 2 6. 将 来 の 純

More information

ポイント 上 昇 が 上 昇 し 専 修 校 一 般 課 程 等 入 1.4ポイント 低 下 などが 低 下 しており 上 述 した 傾 向 がより 顕 著 に 表 れている また 同 時 に 一 時 的 な 仕 事 に 就 いた 者 1.1ポイント 低 下 およびその 他 の 者 1.5ポイント

ポイント 上 昇 が 上 昇 し 専 修 校 一 般 課 程 等 入 1.4ポイント 低 下 などが 低 下 しており 上 述 した 傾 向 がより 顕 著 に 表 れている また 同 時 に 一 時 的 な 仕 事 に 就 いた 者 1.1ポイント 低 下 およびその 他 の 者 1.5ポイント 調 査 レポート 調 査 レポート 原 稿 15 年 1 月 東 日 東 本 日 大 本 震 大 災 後 の の 高 校 卒 業 業 者 者 の の 路 動 路 向 動 向 1. 概 況 文 部 科 省 校 基 本 調 査 における の 14 年 3 月 の 高 校 卒 業 者 数 は 前 年 比 597 人 2.9 減 の19,657 人 となり 2 年 ぶりに 前 年 を 下 回 った 路 別

More information

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc 第 20 回 本 宮 町 白 沢 村 合 併 協 議 会 別 冊 目 次 1. 経 過 報 告 別 紙 資 料 1 2. 合 併 協 定 項 目 具 体 的 調 整 内 容 一 覧 表 ( 要 協 議 会 報 告 ) 4 3. 報 告 第 73 号 関 係 本 宮 市 市 章 デザイン 応 募 結 果 7 4. 報 告 第 80 号 別 紙 指 定 金 融 機 関 等 一 覧 14 本 宮 町 白

More information

特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行

特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行 防 府 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 資 料 総 務 部 職 員 課 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行 給 第 104 号

More information

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件 育 児 休 業 や 介 護 休 業 経 済 的 に 支 援 をする 方 を します このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 までお 尋 ねください ご 存

More information

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子

決 勝 を 行 う 予 選 での6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 により 上 位 18 チームを 選 び そのチームによって 決 勝 を 行 う 成 績 順 位 は 決 勝 における6 種 目 の 各 種 目 ベスト4の 得 点 総 合 計 によって 決 定 する 女 子 9 体 操 競 技 1 期 日 競 技 平 成 28 年 10 月 2 日 ( 日 )から 10 月 5 日 ( 水 )まで(4 日 間 ) 種 別 10 月 2 日 ( 日 ) 10 月 3 日 ( 月 ) 10 月 4 日 ( 火 ) 10 月 5 日 ( 水 ) 成 年 男 子 自 由 ( 決 勝 ) 成 年 女 子 自 由 ( 決 勝 ) 少 年 男 子 自 由 ( 予 選 ) 自 由 (

More information

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73>

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73> 備 考 欄 に 記 載 のお 願 い 従 前 と 改 定 後 に2 等 級 以 上 の 差 がある 場 合 固 定 的 賃 金 の 変 動 がない 場 合 月 額 変 更 に 該 当 しません 非 固 定 的 賃 金 ( 残 業 等 )のみが 変 動 した 方 につきましては 必 ず 算 定 基 礎 届 の 備 考 欄 に 固 定 給 の 変 動 なし と ください 固 定 的 賃 金 の 変 動

More information

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果)

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果) 学 校 安 全 に 関 する 規 制 ( 学 校 保 健 安 全 法 案 第 27 条 第 28 条 第 29 条 ) 主 管 課 ( 課 長 名 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 学 校 健 康 教 育 課 ( 課 長 : 作 花 文 雄 ) 関 係 課 ( 課 長 名 ) 施 策 目 標 及 び 達 成 目 標 施 策 目 標 2-5 健 やかな 体 の 育 成 児 童 生 徒

More information

<5461726F2D937393B9957B8CA7926D8E962E6A7464>

<5461726F2D937393B9957B8CA7926D8E962E6A7464> 職 発 0329 第 8 号 平 成 25 年 3 月 29 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 長 ( 公 印 省 略 ) 障 害 者 の 雇 用 を 支 える 連 携 体 制 の 構 築 強 化 について 障 害 者 雇 用 施 策 の 推 進 につきましては 日 頃 より 特 段 の 御 配 意 をいただき 御 礼 申 し 上 げます 障 害 者 雇 用

More information

0812教育プラン.indd

0812教育プラン.indd 第 1 章 総 論 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 17 生 きる 力 と 絆 の 埼 玉 教 育 プラン 1 基 本 理 念 教 育 基 本 法 において 教 育 は 人 格 の 完 成 を 目 指 し 平 和 で 民 主 的 な 国 家 及 び 社 会 の 形 成 者 として 必 要 な 資 質 を 備 えた 心 身 ともに 健 康

More information

諸規則集

諸規則集 一 般 社 団 法 人 日 本 疫 学 会 定 款 施 行 細 則 一 般 社 団 法 人 日 本 疫 学 会 ( 以 下 当 法 人 という) 定 款 に 基 づき 次 の 通 り 施 行 細 則 を 定 める 定 款 第 5 条 に 基 づき 入 会 について 定 める 入 会 に 関 する 細 則 第 1 条 当 法 人 に 入 会 を 希 望 する 者 は 次 の 手 続 きをしなければならない

More information

目 次 1. 電 子 記 録 債 権 とは? 3 2. 電 子 債 権 記 録 機 関 5 3. でんさい の 概 要 7 4. でんさい のメリット 10 5. 現 在 の 普 及 状 況 12 6. 今 後 の 課 題 15 7.おわりに 26 2

目 次 1. 電 子 記 録 債 権 とは? 3 2. 電 子 債 権 記 録 機 関 5 3. でんさい の 概 要 7 4. でんさい のメリット 10 5. 現 在 の 普 及 状 況 12 6. 今 後 の 課 題 15 7.おわりに 26 2 資 料 2 決 済 業 務 等 の 高 度 化 に 関 するスタディ グループ でんさい の 現 状 と 課 題 2014 年 12 月 16 日 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク 1 目 次 1. 電 子 記 録 債 権 とは? 3 2. 電 子 債 権 記 録 機 関 5 3. でんさい の 概 要 7 4. でんさい のメリット 10 5. 現 在 の 普 及 状 況 12

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

‚æ39›ñ‚“›ï„‹™è‘W/P1~2 ‡à‡Ł‡¶†E…V…“

‚æ39›ñ‚“›ï„‹™è‘W/P1~2 ‡à‡Ł‡¶†E…V…“ 運 動 方 針 Do action! Green Hospital Activities of Daily Living Instrumental ADL Nutrition Support Team InfectionControl Team Emargency Room 1996 年 1998 年 2000 年

More information

参考資料:47都道府県 認知症に関する意識・実態調査

参考資料:47都道府県 認知症に関する意識・実態調査 2012 年 9 月 14 日 エーザイ 株 式 会 社 47 都 道 府 県 認 知 症 に 関 する 意 識 実 態 調 査 参 考 資 料 Ⅰ. 調 査 設 計 Ⅱ. 調 査 結 果 この 件 に 関 する 問 い 合 わせ 47 都 道 府 県 認 知 症 に 関 する 意 識 実 態 調 査 広 報 事 務 局 ( 株 式 会 社 ジェイ ピーアール 内 ) 担 当 : 山 本 瀧 澤 TEL:03-3403-1745

More information

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 作 成 要 領 申 請 の 手 引 1 申 請 の 時 期 一 般 競 争 に 参 加 しようとする 者 は 次 の 表 の 左 欄 の 区 分 に 従 い 参 加 しようとする 地 区 のいずれか1つ の 部 局 長 あてに 次 号 に 掲 げる 申 請 書 等 の 関 係 書 類 を 原 則 として 定 期 審 査 を

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 3 福 島 12 市 町 村 の 教 育 人 材 育 成 ~ 現 状 今 後 の 取 組 つ~ 12 市 町 村 の 小 中 学 校 の 状 況 1( 仮 設 校 舎 や 他 施 設 利 用 の 状 況 ) 飯 舘 村 : 草 野 飯 樋 臼 石 小 学 校 3 校 の 仮 校 舎 体 育 館 福 島 市 会 津 若 松 市 震 災 前 現 在 南 相 馬 市 小 高 区 南 相 馬 市 鹿

More information

Microsoft Word - 20130115013.docx

Microsoft Word - 20130115013.docx 参 議 院 選 挙 制 度 の 改 革 1 票 の 較 差 定 数 是 正 問 題 を 中 心 として 総 務 委 員 会 調 査 室 さとう 佐 藤 けんすけ 研 資 1.はじめに 平 成 24 年 11 月 ( 第 181 回 国 会 ) 参 議 院 の 選 挙 区 選 出 議 員 の 定 数 を4 増 4 減 して1 票 の 較 差 を 是 正 する 公 職 選 挙 法 の 一 部 を 改 正

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会 日 本 小 児 アレルギー 学 会 会 則 第 一 章 総 則 本 会 は 日 本 小 児 アレルギー 学 会 (Japanese Society of Pediatric Allergy and Clinical Immunology )と 称 す る 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 台 東 区 上 野 1-13-3MYビル4 階 におく 第 二 章 目 的 および 事 業 本

More information

0520表紙.pdf

0520表紙.pdf - 197 - 平 成 24 年 度 精 神 保 健 福 祉 資 料 調 査 作 業 要 領 1. 調 査 の 目 的 この 調 査 は 精 神 科 病 院 及 び 精 神 科 診 療 所 等 を 利 用 する 患 者 の 実 態 等 を 把 握 し 精 神 保 健 福 祉 施 策 推 進 のための 資 料 を 得 ることを 目 的 とし 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福

More information

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229>

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229> 建 設 業 許 可 ( 建 設 業 法 第 3 条 ) (1) 建 設 業 の 許 可 ア 建 設 業 を 営 もうとする 者 は 軽 微 な 建 設 工 事 のみを 請 け 負 う 場 合 を 除 き 建 設 業 法 第 3 条 の 規 定 に 基 づき 建 設 業 の 許 可 を 受 けなければなりません イ 軽 微 な 建 設 工 事 とは 工 事 1 件 の 請 負 代 金 の 額 が 建

More information

目 次 I. はじめに p 3 II. 事 業 の 実 施 要 項 p 4 III. 申 請 資 格 p 7 IV. 事 業 の 申 請 手 続 き p 7 V. 申 請 書 類 p 8 VI. 審 査 及 び 契 約 の 流 れ p14 < 申 請 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > p14

目 次 I. はじめに p 3 II. 事 業 の 実 施 要 項 p 4 III. 申 請 資 格 p 7 IV. 事 業 の 申 請 手 続 き p 7 V. 申 請 書 類 p 8 VI. 審 査 及 び 契 約 の 流 れ p14 < 申 請 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > p14 2011 年 度 定 住 外 国 人 の 子 どもの 就 学 支 援 事 業 新 規 公 募 / 継 続 審 査 申 請 のガイドライン 2010 年 12 月 目 次 I. はじめに p 3 II. 事 業 の 実 施 要 項 p 4 III. 申 請 資 格 p 7 IV. 事 業 の 申 請 手 続 き p 7 V. 申 請 書 類 p 8 VI. 審 査 及 び 契 約 の 流 れ p14

More information

目 次

目          次 Ⅴ 教 員 組 織 1 医 学 部 (1) 教 員 組 織 円 滑 で 効 率 的 な 教 育 研 究 活 動 ができるように 適 切 に 教 員 を 配 置 する 教 員 は 本 学 における 教 育 研 究 診 療 を 直 接 担 っている 教 員 をいかに 適 切 に 配 置 するか という 課 題 には 重 要 事 項 を 審 議 する 企 画 委 員 会 及 びその 下 部 組 織 である

More information

Microsoft Word - 鑑> 行政不服審査制度の見直しに係るヒアリン

Microsoft Word - 鑑> 行政不服審査制度の見直しに係るヒアリン 総 務 省 行 政 管 理 局 行 政 手 続 室 御 中 平 成 25 年 3 月 22 日 行 政 不 服 審 査 制 度 の 見 直 しに 係 るヒアリング 行 政 救 済 制 度 の 改 革 について( 資 料 ) 日 本 司 法 書 士 会 連 合 会 第 1 第 2 第 3 第 4 司 法 書 士 の 活 動 領 域 について 現 在 の 司 法 書 士 制 度 の 概 要 行 政 救

More information

中央教育審議会 スポーツ・青少年分科会(第46回)議事要旨・配付資料 [資料7]

中央教育審議会 スポーツ・青少年分科会(第46回)議事要旨・配付資料 [資料7] スポーツ 青 少 年 局 関 係 データ 集 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 目 次 スポーツ 関 係 我 が 国 のスポーツ 関 係 予 算 の 推 移 1 週 1 回 以 上 運 動 スポーツを 行 う 者 の 割 合 の 推 移 2 総 合 型 地 域 スポーツクラブの 育 成 状 況 3 子 どもの 体 力 運 動 能 力 の 年 次 推 移 4 親 の 世 代 と 子 の 世

More information

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために 第 6 次 出 入 国 管 理 政 策 懇 談 会 新 宿 区 1 新 宿 区 は 外 国 人 住 民 が 全 国 で 一 番 多 く 暮 らす 自 治 体 で 全 区 民 の10%を 超 えています 地 域 別 全 国 平 成 26 年 1 月 1 日 現 在 住 民 記 録 人 口 総 数 ( 人 ) 日 本 人 住 民 人 口 外 国 人 住 民 人 口 人 数 ( 人 ) 割 合 (%) 人

More information