1 現 代 人 の 空 間 イメージ 関 係 としての 空 間 と 広 がりとしての 空 間 空 間 とはどんなものですか と 聞 かれた 時 に 現 代 人 の 多 くがイメージするのは たぶんx y z 軸 からなる 三 次 元 座 標 空 間 であろう この 座 標 空 間 として

Size: px
Start display at page:

Download "1 現 代 人 の 空 間 イメージ 1 --- 関 係 としての 空 間 と 広 がりとしての 空 間 空 間 とはどんなものですか と 聞 かれた 時 に 現 代 人 の 多 くがイメージするのは たぶんx y z 軸 からなる 三 次 元 座 標 空 間 であろう この 座 標 空 間 として"

Transcription

1 * 空 間 のイメージの 変 遷 佐 野 正 博 1 現 代 人 の 空 間 イメージ 関 係 としての 空 間 と 広 がりとしての 空 間 古 代 における 空 間 論 争 --- 空 虚 の 問 題 をめぐる 争 い 近 代 における 空 間 論 争 (1) --- 運 動 記 述 の 相 対 性 近 代 における 空 間 論 争 (2) --- 絶 対 空 間 と 運 動 の 絶 対 性 近 代 における 空 間 論 争 (3) --- 関 係 としての 空 間... 4 * 本 原 稿 の 初 出 は 佐 野 正 博 (1990) 空 間 のイメージの 変 遷 数 理 科 学 1990 年 9 月 号,pp である デジタル 化 に 際 し て 表 記 の 一 部 を 変 更 した

2 1 現 代 人 の 空 間 イメージ 関 係 としての 空 間 と 広 がりとしての 空 間 空 間 とはどんなものですか と 聞 かれた 時 に 現 代 人 の 多 くがイメージするのは たぶんx y z 軸 からなる 三 次 元 座 標 空 間 であろう この 座 標 空 間 としての 空 間 というイメージは 近 代 科 学 の 一 つの 成 果 として 形 成 された のであるが よく 考 えてみるとそのイメージの 中 には 二 つの 空 間 概 念 が 入 り 混 じっている その 一 つは 物 体 の 空 間 的 位 置 座 標 に 表 現 されている 空 間 概 念 すなわち 関 係 としての 空 間 というもので ある 座 標 原 点 を 空 間 中 のどこに 置 くにしろ 座 標 原 点 がどこかに 置 かれていなければ 物 体 の 空 間 的 位 置 を 論 じることはまったくできない そして 物 体 の 空 間 的 位 置 座 標 はその 物 体 が 座 標 原 点 から 見 てどの 方 向 にどれ だけの 距 離 だけ 離 れているのかということによって 表 現 される すなわち 物 体 の 空 間 的 位 置 は 座 標 原 点 との 関 係 で 与 えられるのである もう 一 つの 空 間 概 念 は 第 一 の 空 間 概 念 の 考 察 において 座 標 原 点 を 空 間 の 中 のどこかに 置 く という 操 作 の 中 に 前 提 されているもの すなわち 広 がりとしての 空 間 である 論 理 的 には 座 標 原 点 も 座 標 軸 も 存 在 しな い 空 間 的 広 がりそのものが 存 在 すると 考 えられる 実 際 われわれが 空 間 的 位 置 座 標 を 図 示 しながら 幾 何 学 の 問 題 を 解 こうとする 時 には 座 標 原 点 や 座 標 軸 を 書 き 込 むための 白 紙 が 必 要 である 座 標 原 点 や 座 標 軸 が 書 き 込 まれる 白 紙 に 対 応 するものが 空 間 的 広 がりなのである 関 係 としての 空 間 と 広 がりとしての 空 間 というこうした 二 つの 空 間 概 念 が 混 じりあって 座 標 空 間 というわれ われの 空 間 イメージを 構 成 している このことは 空 間 に 関 する 古 代 からの 数 多 くの 歴 史 的 議 論 の 反 映 でもある そのことをこれから 見 ていくことにしよう 2 古 代 における 空 間 論 争 --- 空 虚 の 問 題 をめぐる 争 い 古 代 において 空 間 の 問 題 は 空 虚 が 存 在 するのかしないのかということをめぐって 論 じられた パルメニデスや メリッソスらのエレア 派 の 古 代 ギリシア 哲 学 者 たちは 空 虚 は 無 であり 無 であるものは 存 在 しない として 空 虚 の 存 在 を 否 定 した そして 彼 らは 世 界 がいたるところで 等 質 な 連 続 体 によって 満 たされていると 考 えていた これに 対 してデモクリトスやエピクロスやルクレティウスらの 古 代 の 原 子 論 者 たちは 空 虚 が 実 在 すると 主 張 した というのも 彼 らによれば 空 虚 がなければ 運 動 は 不 可 能 だからである 世 界 がすき 間 なしに 物 体 でぎっしりと 詰 まっているのであればどの 物 体 も 動 くことはできない ところが 物 体 の 運 動 は 存 在 する したがって 空 虚 が 存 在 する というのである このことは 人 がほとんど 乗 っていない 早 朝 の 始 発 電 車 の 中 では 自 由 に 動 き 回 ることができるのに 乗 車 率 が 200%を 超 えるようなすし 詰 め 状 態 の 満 員 電 車 の 中 では 身 動 きもままならず 目 的 の 駅 で 降 りられないことさえも あるということを 考 えてみれば 理 解 できよう しかし 当 然 のことながら こうした 原 子 論 者 たちの 主 張 に 対 しては 空 気 の 存 在 を 理 由 とした 批 判 があった 日 常 感 覚 的 には 空 虚 と 思 える 空 間 すなわち 見 たり 触 ったりすることができるような 物 体 が 何 一 つない 空 間 とい えども 空 気 という 物 体 で 満 たされている 原 子 論 者 たちは 空 気 で 満 ちている 空 間 を 空 虚 と 思 っているのだとい うように 原 子 論 を 批 判 する 人 々が 古 代 にもいた こうした 批 判 に 対 して 原 子 論 者 は 空 気 の 中 にも 空 虚 が 存 在 すると 反 論 した 空 気 の 中 に 空 虚 が 含 まれること は 空 気 が 収 縮 したり 膨 張 したりするという 経 験 によって 証 明 されている 例 えば 空 気 を 吹 き 込 んで 膨 らませて からヒモできつく 縛 った 皮 袋 を 水 の 中 深 くに 沈 めれば その 皮 袋 から 空 気 が 少 しも 漏 れ 出 なくとも 皮 袋 がしぼむ そしてまた 再 び 水 面 近 くにその 皮 袋 をもってくれば, 皮 袋 の 中 に 何 も 入 らなかったにも 関 わらず 元 通 りの 大 きさ 1

3 にまで 膨 らむ こうしたことは 空 気 がモノのぎっしりと 詰 まった 連 続 体 ではなく それを 構 成 する 物 体 の 間 に 空 虚 が 存 在 すると 考 えなければ 説 明 できない すなわち, 空 気 が 圧 縮 される 時 には 原 子 が 互 いに 接 近 するために 空 気 の 中 の 空 虚 の 割 合 が 減 少 し 空 気 が 膨 張 する 時 には 原 子 が 互 いに 離 れるので 空 気 の 中 の 空 虚 の 割 合 が 増 大 するとしか 考 えられないと 原 子 論 者 は 反 論 した. さて こうした 空 虚 をめぐる 論 争 それ 自 体 は 空 間 の 問 題 とは 直 接 には 関 係 ないと 思 われるかも 知 れない しか しこの 論 争 の 中 で 空 間 の 実 在 性 が 暗 黙 のうちにであるにせよ 問 題 となっていたのである 空 虚 の 存 在 を 否 定 し た 人 々は 空 間 と 物 質 とは 互 いに 切 り 離 しえないものと 考 えていた 物 質 がなければ 空 間 もない それゆえ 空 虚 な 空 間 すなわち 物 質 のない 空 間 は 存 在 しえない 宇 宙 の 全 空 間 は 物 質 で 満 たされているのである したが ってこうした 立 場 に 立 ち なおかつ 物 質 の 量 が 有 限 であると 考 えたアリストテレスのような 哲 学 者 たちは 宇 宙 が 有 限 であるとも 主 張 した これに 対 して 空 虚 の 存 在 を 肯 定 した 人 々は 空 間 が 物 体 とは 独 立 にそれ 自 体 として 存 在 すると 考 えていた 空 虚 が 実 在 するとすれば 空 虚 とは 物 体 がまったく 存 在 しない 空 間 にほかならないのであるから 空 間 は 物 体 依 存 的 なものではなくそれ 自 体 として 実 在 することになる こうして 原 子 論 者 は 物 質 と 空 間 を 区 別 し それらが 異 なる 基 本 的 存 在 物 であると 主 張 した 例 えばエピクロスは 空 虚 を 自 体 的 なものと 考 えて 空 虚 とか 空 間 とか 不 可 触 的 な 実 在 とか 呼 ばれるもの という 表 現 を 用 いたし 自 然 全 体 は 物 体 と 空 虚 とから 構 成 されているとも 述 べている (1) しかし 古 代 原 子 論 者 たちは 現 代 人 の 座 標 空 間 イメージがそうであるように 空 間 の 広 がりは 無 限 であると 考 えていた 彼 らは 物 質 と 空 間 を 区 別 することによって 物 質 の 量 がたとえ 有 限 であるとしても 空 間 は 無 限 である とした すなわち 宇 宙 には 端 がないのであり 有 限 な 物 質 空 間 の 外 に 無 限 の 空 虚 空 間 が 広 がっていると 想 定 した というのも ルクレティウスが 宇 宙 の 端 での 槍 投 げということで 論 じたように (2) かりに 物 体 が 宇 宙 の 端 からその 外 へ 運 動 できないとすれば 物 体 の 運 動 を 妨 げるモノが 宇 宙 の 端 の 外 に 存 在 するということになる またその 反 対 に 宇 宙 の 端 からさらにその 外 へと 物 体 が 運 動 できるとすれば 宇 宙 の 端 の 外 側 に 空 間 があることになる どちらにしても, 宇 宙 の 端 と 考 えられたものが 実 際 には 端 でなかったことになる このように 古 代 原 子 論 者 たち は 物 体 の 運 動 可 能 性 ということによって 空 虚 の 実 在 性 とともに 空 間 の 無 限 性 が 保 証 されると 考 えたのであ る こうして 古 代 原 子 論 において 万 事 がなされる 場 である 場 所 としての 空 間 すなわち 世 界 に 存 在 するす べてのモノをその 中 に 包 括 する 容 器 としての 無 限 の 広 がりとしての 空 間 というイメージが 形 成 されたのであ る 3 近 代 における 空 間 論 争 (1) --- 運 動 記 述 の 相 対 性 古 代 における 空 間 論 争 が 空 虚 の 問 題 として 展 開 されたとすれば 近 代 における 空 間 論 争 は 運 動 の 相 対 性 の 問 題 として 展 開 された すなわち ある 物 体 の 運 動 が 空 間 的 位 置 座 標 を 用 いて 論 じられている 時 に 実 際 にわれわれが 行 なっているのは, 座 標 原 点 という 基 準 物 体 に 対 するその 物 体 の 相 対 的 運 動 の 記 述 である と すれば ある 物 体 が 本 当 に 動 いているのかどうかはどのようにしてわかるのかということが 問 題 になる 言 い 替 えれば 座 標 原 点 自 体 が 運 動 しているのか 静 止 しているのかどうかということが 問 題 になる このことが 近 代 の (1) エピクロス ( 出 隆 岩 崎 允 胤 訳 ) エピクロス 岩 波 文 庫 1959 年 p.12 p.107 (2) ルクレティウス( 岩 田 義 一 藤 沢 令 夫 訳 ) 事 物 の 本 性 について 世 界 古 典 文 学 全 集 第 21 巻 筑 摩 書 房 1965 年 p.310 2

4 問 題 であった 運 動 の 記 述 が 相 対 的 であること 自 体 は 古 くから 認 められていた 例 えば 同 心 円 的 天 動 説 の 完 成 者 である 紀 元 後 2 世 紀 のプトレマイオスも 星 の 日 周 運 動 の 記 述 に 関 する 限 り 地 球 が 静 止 していると 考 えよう と 地 球 が 自 転 していると 考 えようとまったく 同 じようにうまく 記 述 できることを 意 識 していた また 地 球 の 自 転 と いう 考 えがキリスト 教 的 立 場 からも 論 理 的 には 容 認 できることを 示 した 14 世 紀 の 神 学 者 ニコール オレムも 運 動 の 相 対 性 を 地 動 説 擁 護 の 根 拠 としていた (3) しかし 地 動 説 の 積 極 的 主 張 のためには 地 動 説 でも 天 動 説 でも 天 文 現 象 が 同 じようにうまく 記 述 できるという ような 運 動 記 述 の 相 対 性 だけでは 論 理 的 に 不 十 分 であり 地 球 が 本 当 に 動 いていることを 示 す 必 要 があった 例 えばガリレオは 天 文 対 話 において 潮 汐 現 象 が 地 球 の 自 転 運 動 と 公 転 運 動 の 合 成 によってしか 説 明 でき ないと 考 え その 現 象 が 地 球 運 動 の 絶 対 的 証 拠 となると 主 張 した デカルトは 最 初 その 世 界 論 の 原 稿 に 見 られるように 地 動 説 が 正 しいと 考 えていたが 地 動 説 の 主 張 に 対 する 弾 圧 を 意 図 したローマ カトリック 教 会 によるガリレオ 裁 判 の 有 罪 判 決 を 聞 くや 世 界 論 の 出 版 をとりやめ るとともに 地 動 説 と 天 動 説 の 対 立 を 取 り 扱 わないですむように 自 らの 運 動 概 念 を 変 えた すなわちデカルトは 運 動 には 静 止 以 上 に 能 動 性 が 必 要 であるのではない (4) として 運 動 状 態 と 静 止 状 態 の 絶 対 的 区 別 を 否 定 するとともに 物 体 の 運 動 は 他 の 物 体 との 相 対 的 な 関 係 によってしか 語 れないとして 運 動 の 相 対 性 を 主 張 した デカルトによれば 物 体 の 位 置 を 決 定 するためには 不 動 と 思 われる 他 の 何 らかの 物 体 に 着 目 しなければならない のであるが どの 物 体 に 着 目 するかに 応 じて, 同 じ 一 つの 物 が 同 じ 時 に 場 所 を 変 えるとも 変 えないとも 言 うことができる (5) 例 えば 海 を 進 んでいる 船 のデッキに 座 っている 人 は 船 を 基 準 にして 考 えれば 静 止 しているのであるが 海 岸 を 基 準 にして 考 えれば 動 いていることになる これと 同 じことは 地 球 が 本 当 は 静 止 しているのか 運 動 しているのかという 議 論 の 場 合 にもあてはまる ところ が 真 に 不 動 な 点 は 宇 宙 のどこにも 見 いだされない (6) がゆえに, 地 動 説 が 正 しいのか 天 動 説 が 正 しいのかと いう 問 いは 論 理 的 に 無 意 味 である デカルトによれば 絶 対 的 な 意 味 では 静 止 も 運 動 も 語 ることができない あ くまでも 相 対 的 な 静 止 や 相 対 的 な 運 動 しか 論 じられないのである 4 近 代 における 空 間 論 争 (2) --- 絶 対 空 間 と 運 動 の 絶 対 性 こうしたデカルト 的 考 えに 反 対 したのがニュートンであった ニュートンは どのような 外 的 事 物 とも 関 係 なく 常 に 同 じ 形 状 を 保 ち 不 動 不 変 の 絶 対 空 間 の 存 在 を 主 張 し 地 球 が 本 当 は 運 動 しているという 主 張 に 意 味 を 与 えようとした (7) ニュートンによれば 空 間 は 神 の 構 成 物 である 神 は 空 間 そのものではないが 空 間 的 に 遍 在 している 神 は そのことによって 無 限 の 空 間 において あたかも 彼 の 感 覚 中 枢 におけるように 事 物 そのものを 奥 底 まで 見 それをすっかり 知 覚 し 宇 宙 のすべての 出 来 事 を 知 る のである この 意 味 で 無 限 の 宇 宙 空 間 はいわば 神 のセ ンソリウム( 感 覚 器 官 )である (8) ニュートンは 空 間 を 神 の 遍 在 と 結 びつけることによって 絶 対 空 間 が 確 固 たる 存 在 であり, 運 動 と 静 止 に 関 する 絶 対 的 な 基 準 となるとした 絶 対 空 間 は 絶 対 的 に 静 止 している 絶 対 空 間 は デカルトがその 存 在 を 否 定 した (3) 二 コール オレム( 横 山 雅 彦 訳 ) 天 体 地 体 論 中 世 科 学 論 集 ( 科 学 の 名 著 第 5 巻 ) 朝 日 出 版 社 1981 年 pp (4) デカルト( 三 輪 正 本 多 英 大 郎 訳 ) 哲 学 原 理 デカルト 著 作 集 第 3 巻 白 水 社 1973 年 p.95 (5) 同 上 書 p.88 (6) 同 上 (7) ニュートン( 河 辺 六 男 訳 ) プリンキピア ニュートン ( 世 界 の 名 著 第 26 巻 ) 中 央 公 論 社 1971 年 p.65 (8) ニュートン 光 学 ニュートン ( 科 学 の 名 著 第 6 巻 ) 朝 日 出 版 社 所 収 p.230 3

5 宇 宙 の 中 において 真 に 不 動 なモノ なのである 絶 対 空 間 から 見 ることによって 物 体 が 本 当 は 運 動 している のか 静 止 しているのかということを 語 ることができる ニュートンによれば プトレマイオスやオレムやデカルトらが 主 張 した 運 動 記 述 の 相 対 性 にも 関 わらず また 不 動 の 絶 対 空 間 はわれわれの 感 覚 によって 捉 えられるようなものではないにも 関 わらず 物 体 の 絶 対 運 動 を 経 験 的 にも 知 ることができる ニュートンは 真 の 運 動 と 単 なる 相 対 運 動 が 運 動 をひき 起 こすため 物 体 に 及 ば される 力 によって 区 別 されるとした (9) 例 えば 地 球 の 自 転 運 動 や 公 転 運 動 といった 回 転 運 動 が 本 当 に 存 在 し ているのかどうかは 遠 心 力 の 効 果 によって 判 断 できる というのも 単 なる 見 かけ 上 の 相 対 的 な 回 転 運 動 では 遠 心 力 は 働 かないからである ニュートンはこのことを 有 名 な 回 転 バケツの 例 によって 説 明 している バケツの 中 に 水 を 入 れた 時 にバケツも 水 も 絶 対 的 に 静 止 していれば 水 面 は 平 らである そしてバケツを 回 転 させると 最 初 はバケツだけが 回 転 運 動 して 水 はまだ 絶 対 静 止 の 状 態 にある この 時 にバケツから 見 て 中 の 水 は 相 対 的 に 回 転 運 動 をしていることに なるが 水 面 は 平 らなままである バケツを 回 転 させ 続 けるとやがてその 中 の 水 が 摩 擦 のためにバケツと 同 じ 角 達 度 で 回 転 するようになる この 状 態 の 時 にはバケツから 見 れば その 中 の 水 は 回 転 前 と 同 じく 相 対 的 には 静 止 している ところがこの 場 合 にはそうした 相 対 的 静 止 にも 関 わらず 水 面 はバケツの 回 転 中 心 を 頂 点 とする 凹 面 になっている ニュートンによれば このようにして 相 対 的 静 止 と 絶 対 的 静 止 とが 相 対 的 運 動 と 絶 対 的 運 動 とが 区 別 される. そしてそうした 区 別 が 可 能 であることは 絶 対 静 止 空 間 の 存 在 を 論 理 的 に 根 拠 づけるものである 5 近 代 における 空 間 論 争 (3) --- 関 係 としての 空 間 運 動 が 保 存 されるかどうかをめぐってニュートン 派 と 争 ったライプニッツは 空 間 論 においてもニュートン 派 と 対 立 していた ライプニッツは, 空 間 を 神 のセンソリウム( 感 覚 器 官 )と 考 えるニュートン 派 を 神 学 的 に 批 判 する 中 で 広 がりとしての 空 間 とは 異 なる 空 間 概 念 を 提 示 した ライプニッツもデカルトと 同 じく 絶 対 運 動 の 存 在 を 否 定 したが 物 体 の 運 動 を 他 の 物 体 との 相 対 的 関 係 でしか 規 定 できないとすることは 空 間 をも 関 係 として 規 定 することを 暗 に 含 意 している デカルトは 物 質 の 本 質 を 延 長 であるとすることによって 物 質 なき 延 長 としての 空 虚 空 間 の 存 在 を 否 定 した この 意 味 においてデカルトにとっての 空 間 は 延 長 としての 空 間 すなわち 広 がりとしての 空 間 であった その 限 りでデカルトは 古 代 ギリシアにおいて 定 式 化 された 空 間 概 念 の 枠 組 の 中 で 考 えていたと 言 える しかし デカルトの 運 動 論 はそうした 伝 統 的 空 間 概 とは 異 なるものをその 中 に 含 んでいた バークリが 宇 宙 に1 個 の 物 体 しか 存 在 しないとすればそこではどんな 運 動 も 考 えられない 相 対 的 な 運 動 や 静 止 を 論 じるためにもそれとの 位 置 関 係 によって 運 動 を 決 定 するためのもう 一 つの 物 体 が 必 要 になる と 主 張 したように (10) 運 動 はすべて 相 対 的 にしか 語 れないという 絶 対 運 動 否 定 論 の 立 場 からニュートンの 絶 対 空 間 論 を 批 判 しようとすれば 単 に 絶 対 空 間 の 存 在 の 否 定 にとどまらず 空 間 そのものを 相 対 化 する 必 要 がある すなわち 運 動 だけではなく 空 間 も 何 らかの 基 準 物 体 との 相 対 的 関 係 によってしか 語 れないということを 論 理 的 に 徹 底 化 する 必 要 がある デカルトはこの 点 で 不 徹 底 であった 確 かにライプニッツも デカルトと 同 じく 物 質 のない 空 間 は 無 であるから 空 虚 な 空 間 は 存 在 せず 世 界 は 物 体 で 充 満 していると 考 えていた 彼 はトリチェリの 実 験 における 水 銀 で 満 たされたガラス 管 の 上 部 の 真 空 や (9) ニュートン プリンキピア 同 上 書 pp (10) バークリ( 大 槻 春 彦 訳 ) 人 知 原 理 論 第 111 節 岩 波 文 庫 1958 年 pp

6 ゲーリケのポンプに 作 られた 真 空 を 知 っていたが それらの 真 空 は 粗 大 な 物 質 を 排 除 したものに 過 ぎ ず その 中 を 光 線 が 通 過 することからわかるように 精 妙 な 物 質 がその 真 空 中 に 存 在 するのであり 本 当 の 空 虚 ではないとした しかしそれにも 関 わらずライプニッツは それまでとは 異 なり 空 虚 空 間 の 否 定 を 広 がりとしての 空 間 イメー ジと 関 連 させなかった 彼 は 論 理 的 には 自 然 内 に 空 虚 を 仮 定 することは 神 が 極 めて 不 完 全 な 生 産 をしたこ とになる として 自 らの 充 足 理 由 律 や 神 の 完 全 性 と 結 びつけて 空 虚 空 間 を 否 定 しただけで 物 質 の 広 がりとし ての 空 間 ということによって 空 虚 空 間 を 否 定 したわけではなかった 彼 は 空 間 を 絶 対 的 実 在 としないだけで はなく 物 体 の 性 質 ともしなかったことによって デカルトよりもさらに 徹 底 して 相 対 化 を 押 し 進 めえた すなわちライプニッツは 空 間 を 事 物 の 共 在 の 秩 序 であると 考 えることで 空 間 を 純 粋 に 相 対 的 なもの と した 空 間 は 秩 序 あるいは 関 係 に 過 ぎず 物 体 がなければまったくの 無 であり 単 に 物 体 を 入 れる 可 能 性 に 過 ぎない と 主 張 したのである (11) そして 空 間 を 事 物 の 共 在 の 秩 序 であるとしたライプニッツにとって 事 物 相 互 の 関 係 が 変 化 しない 宇 宙 全 体 の 運 動 という 考 えは 無 意 味 なものであった というのもこの 場 合 彼 の 空 間 規 定 の 立 場 からは 運 動 と 静 止 という 2つの 状 態 は 区 別 できない それゆえ 彼 は 不 可 識 別 者 同 一 の 原 理 に 基 づき 宇 宙 全 体 に 関 してはそれが 運 動 しているとも 静 止 しているとも 言 うことはできないとしたのである さてこのように 古 代 における 空 虚 の 問 題 をめぐる 空 間 論 争 と 近 代 における 運 動 の 相 対 性 をめぐる 空 間 論 争 を 通 じて 現 代 人 の 空 間 イメージが 形 成 されてきた ニュートンの 回 転 バケツ 批 判 に 示 されたマッハのような 空 間 概 念 も 物 体 どうしの 関 係 としての 空 間 という 規 定 に 歴 史 的 起 源 を 持 っている またアインシュタインは 一 般 相 対 性 理 論 においてそれまでの 空 間 概 念 を 変 革 し 場 としての 空 間 という 考 え 方 を 打 ち 出 したが その 空 間 イメージは 原 子 論 に 反 対 したアリストテレスやデカルトらの 物 体 の 性 質 としての 空 間 という 空 間 概 念 に 近 いものと 考 えることができる (11) ライプニッツ( 園 田 義 道 訳 ) ライプニッツ 論 文 集 日 清 堂 書 店 1976 年 pp

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい 東 北 大 学 消 費 者 法 問 題 研 究 会 2006.4.22. 行 政 による 消 費 者 被 害 救 済 事 業 者 制 裁 を 考 える * 細 川 幸 一 1. 問 題 意 識 消 費 者 問 題 の 解 決 には 消 費 者 自 らが 消 費 者 私 法 を 活 用 し 権 利 利 益 の 回 復 を 図 る 司 法 的 手 段 と 行 政 が 市 場 に 介 入 し 事 業 者

More information

2 ( 問 ) 次 の 文 はどのような 知 識 を 表 現 しているでしょうか 物 理 学 を 知 っている 日 本 の 首 相 を 知 っている 自 転 車 の 乗 り 方 を 知 っている 彼 の 怒 りを 知 っている 自 分 の 生 き 方 を 知 っている 上 の 問 いから 気 づく

2 ( 問 ) 次 の 文 はどのような 知 識 を 表 現 しているでしょうか 物 理 学 を 知 っている 日 本 の 首 相 を 知 っている 自 転 車 の 乗 り 方 を 知 っている 彼 の 怒 りを 知 っている 自 分 の 生 き 方 を 知 っている 上 の 問 いから 気 づく 1 哲 学 概 論 13 7-5-2012 4 知 識 について 知 識 とはどのようなものかを 最 初 に 組 織 的 に 考 えたのはプラトンである 彼 は メノン で 知 識 と 正 しい 意 見 の 間 には 何 の 違 いもないと 述 べている テアエテトス では 知 識 とは 知 覚 と 同 じで あるとする 考 えからスタートする 知 覚 は 何 ら 意 味 論 的 な 構 造 をもっていないゆえに

More information

職種限定契約

職種限定契約 職 種 限 定 契 約 における 配 転 命 令 の 可 否 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 事 件 東 京 地 判 平 19.3.26 判 時 1965 号 3 頁 佐 藤 敬 二 ( 立 命 館 大 学 ) Ⅰ 事 実 の 概 要 X( 原 告 )は 損 害 保 険 業 等 を 目 的 とするY 社 ( 被 告 )において 損 害 保 険 の 契 約 募 集 等 に 従 事 する 外 勤

More information

自己の氏名を不正の目的でなく使用(不競法19条1項2号)(大阪地判平21.7.23)について

自己の氏名を不正の目的でなく使用(不競法19条1項2号)(大阪地判平21.7.23)について 東 京 弁 護 士 会 知 的 財 産 権 法 部 判 例 研 究 34 自 己 の 氏 名 を 不 正 の 目 的 でなく 使 用 ( 不 競 法 19 条 1 項 2 号 ) ( 大 阪 地 判 平 21.7.23)について 弁 護 士 秋 山 佳 胤 第 1 はじめに 不 正 競 争 防 止 法 ( 不 競 法 )19 条 1 項 2 号 の 自 己 の 氏 名 を 不 正 の 目 的 でなく

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

Taro-j5_11 観量性理論2016_03.jt

Taro-j5_11 観量性理論2016_03.jt 11 観 量 性 理 論 競 輪 や 競 馬 自 動 車 レース オリンピック 等 で 各 種 競 争 が 行 われている また 人 間 はその 昔 石 や 棒 切 れなどを 投 げて 逃 げる 獲 物 を 捕 まえた これらは 速 度 ( 相 対 的 な 運 動 や 速 さ)を 比 較 しているのであって 速 度 の 比 較 は 我 々の 生 存 生 活 にお ける 必 然 的 な 事 柄 である

More information

術 さらには 歌 の 上 手 さそのものの 比 較 や 競 争 が 可 能 となった 一 方 で インターネットが 広 く 家 庭 に 普 及 して 音 楽 の 情 報 化 が 進 むと 2000 年 代 中 ごろに 登 場 した YouTube などの 共 有 動 画 サービスに 歌 手 本 人

術 さらには 歌 の 上 手 さそのものの 比 較 や 競 争 が 可 能 となった 一 方 で インターネットが 広 く 家 庭 に 普 及 して 音 楽 の 情 報 化 が 進 むと 2000 年 代 中 ごろに 登 場 した YouTube などの 共 有 動 画 サービスに 歌 手 本 人 歌 う 行 為 の 再 帰 的 近 代 化 カラオケから 歌 ってみた への 身 体 的 変 容 0. 概 要 本 稿 では 歌 う という 行 為 について その 身 体 性 と 社 会 性 の 両 面 から 考 察 する 具 体 的 には 歌 唱 の 可 能 性 を 生 身 の 人 間 から 引 き 離 したに 見 える VOCALOID の 登 場 が いわゆる 歌 ってみた という 現 象

More information

もろい石材の保管方法の最適なのはどれだろう

もろい石材の保管方法の最適なのはどれだろう 第 7 話 力 のモーメントと 曲 げモーメントを 混 同 していませんか 2008 年 4 月 0 日 作 成 萩 原 芳 彦 はりの 曲 げや 軸 のねじりにおいて 登 場 する 曲 げモーメントやねじりモーメントについて なかなか 正 しく 理 解 できない 学 生 がおり 教 える 側 としても 苦 労 するところである これ もニュートンの 第 法 則 や 第 3 法 則 の 本 質 をおろそかにして

More information

第 4 部 プロフェッショナルにとっての 経 済 学 問 題 1: 目 撃 者 の 証 言 はどこまで 信 頼 できるのだろうか? ある 町 で 夜 間 にタクシーによるひき 逃 げ 事 件 が 起 きた 一 人 の 目 撃 者 の 証 言 によると ひき 逃 げ 事 件 を 起 こしたのは 青 色

第 4 部 プロフェッショナルにとっての 経 済 学 問 題 1: 目 撃 者 の 証 言 はどこまで 信 頼 できるのだろうか? ある 町 で 夜 間 にタクシーによるひき 逃 げ 事 件 が 起 きた 一 人 の 目 撃 者 の 証 言 によると ひき 逃 げ 事 件 を 起 こしたのは 青 色 4-5-5 生 き 抜 くための 数 学 統 計 学 番 外 : 生 き 抜 くための 数 学 統 計 学 齊 藤 誠 数 学 や 統 計 学 を 専 門 としない 人 たちの 人 生 にとって 数 学 や 統 計 学 とはどのような 意 味 を 持 つものなのであろうか このような あいまいな 設 問 への 答 えは 人 によってさまざまであろうが 私 であれば 次 のように 答 えるであろう 古

More information

「知る前契約」に関するインサイダー見直し

「知る前契約」に関するインサイダー見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

ある 1972 年 に 新 たに 自 ら 制 定 した 憲 法 と 共 にそれまでのセイロンから スリランカへと 名 称 を 変 更 した イギリスでは 憲 法 と 普 通 法 との 間 に 差 異 は 設 けられていないが その 植 民 地 には 差 異 が 設 けられた スリランカは 1802

ある 1972 年 に 新 たに 自 ら 制 定 した 憲 法 と 共 にそれまでのセイロンから スリランカへと 名 称 を 変 更 した イギリスでは 憲 法 と 普 通 法 との 間 に 差 異 は 設 けられていないが その 植 民 地 には 差 異 が 設 けられた スリランカは 1802 スリランカの 憲 法 問 題 L.フェルナンド ** 浅 野 宜 之 訳 ** 1 はじめに スリランカは 憲 法 を 学 ぶ 人 にとって 二 つの 意 味 で 興 味 深 い 国 だと 思 われる 一 つは 19 20の 両 世 紀 の 間 にスリランカは ₅ つの それぞれ 形 式 及 び 内 容 の 面 でかなり 異 な った 憲 法 を 持 っていたということが 挙 げられる その ₅ つの

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20934E8A7781458E76917A82CC8AEE9162202832303130814590CE936391E6313389F131295B93C782DD8EE682E890EA97705D> 学 科 共 通 科 目 (2009 年 度 ) 比 較 思 想 研 究 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 における 善 と 悪 第 13 回 (その1) 3. 宗 教 における 善 と 悪 キリスト 教 と 日 本 の 仏 教 特 に 親 鸞 において 善 と 悪 がどう 扱 われてい るかを 論 じる 3.1キリスト 教 における 善 と 悪 キリスト 教 では 善 悪 の 基 準

More information

れ 現 在 まで 続 いている この 方 式 は 政 府 経 済 見 通 しによる 個 人 消 費 の 伸 び( 民 間 最 終 消 費 支 出 )のみによって 改 定 するもので これは 一 般 世 帯 の 約 7 割 の 消 費 水 準 と 言 われている この 貧 困 線 は 相 対 的 貧

れ 現 在 まで 続 いている この 方 式 は 政 府 経 済 見 通 しによる 個 人 消 費 の 伸 び( 民 間 最 終 消 費 支 出 )のみによって 改 定 するもので これは 一 般 世 帯 の 約 7 割 の 消 費 水 準 と 言 われている この 貧 困 線 は 相 対 的 貧 貧 困 概 念 の 展 開 貧 困 へのアプローチのさまざま 5. 貧 困 へのアプローチのさまざま 1 日 本 の 貧 困 線 生 活 保 護 基 準 の 算 定 方 式 日 本 における 貧 困 線 である 生 活 保 護 基 準 は 日 本 における 貧 困 者 の 範 囲 を 確 定 するライン( 線 )であり 一 定 の 所 得 額 を 示 す これ 以 下 の 所 得 の 場 合 が 貧

More information

教 育 学 カテゴリーとしての 承 認 関 係 論 の 独 自 性 教 育 学 カテゴリーとしての 承 認 関 係 論 の 独 自 性 予 期 理 論 による 教 育 把 握 の 批 判 的 検 討 を 素 材 として 中 俣 保 志 * 目 次 はじめに 1 1. 社 会 教 育 における 教 育

教 育 学 カテゴリーとしての 承 認 関 係 論 の 独 自 性 教 育 学 カテゴリーとしての 承 認 関 係 論 の 独 自 性 予 期 理 論 による 教 育 把 握 の 批 判 的 検 討 を 素 材 として 中 俣 保 志 * 目 次 はじめに 1 1. 社 会 教 育 における 教 育 Title 教 育 学 カテゴリーとしての 承 認 関 係 論 の 独 自 性 ; 理 論 による 教 育 把 握 の 批 判 的 検 討 を 素 材 として 予 期 Author(s) 中 俣, 保 志 Citation 社 会 教 育 研 究, 29: 1-10 Issue Date 2011-08-31 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/47256 Right

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

な 諸 費 用 が 支 払 えない 学 生 に 対 し 学 費 や 生 活 費 の 援 助 を 行 う 制 度 であるといえる この ような 定 義 を 見 ると 奨 学 金 制 度 とは 社 会 保 障 制 度 に 近 い 制 度 であるといえるだろう このような 奨 学 金 制 度 だが 実 際

な 諸 費 用 が 支 払 えない 学 生 に 対 し 学 費 や 生 活 費 の 援 助 を 行 う 制 度 であるといえる この ような 定 義 を 見 ると 奨 学 金 制 度 とは 社 会 保 障 制 度 に 近 い 制 度 であるといえるだろう このような 奨 学 金 制 度 だが 実 際 部 員 各 位 平 成 27 年 6 月 6 日 岩 田 弘 雪 ( 法 2) 日 本 の 奨 学 金 制 度 目 次 一 初 めに 二 奨 学 金 とは 三 奨 学 金 の 歴 史 四 日 本 における 奨 学 金 制 度 の 変 遷 五 現 状 の 奨 学 金 制 度 の 問 題 六 まとめ 七 参 考 文 献 一 初 めに ここにいる 皆 さんは 大 学 生 だ 四 年 目 に 突 入 して

More information

てきた 問 題 点 を 今 一 度 検 討 する 必 要 があるものと 思 われる このような 問 題 意 識 の 下 本 論 は 以 下 のように 展 開 される 道 路 は 本 来 無 料 と 規 定 されているにもかかわらず 高 速 道 路 が 有 料 である 理 由 を 明 らかに するため

てきた 問 題 点 を 今 一 度 検 討 する 必 要 があるものと 思 われる このような 問 題 意 識 の 下 本 論 は 以 下 のように 展 開 される 道 路 は 本 来 無 料 と 規 定 されているにもかかわらず 高 速 道 路 が 有 料 である 理 由 を 明 らかに するため 高 速 道 路 制 度 の 再 検 討 髙 橋 達 目 次 1.はじめに 2. 有 料 道 路 制 公 団 方 式 による 高 速 道 路 整 備 の 背 景 3. 償 還 主 義 4. 料 金 プール 制 5.おわりに 1.はじめに 2005 年 10 月 日 本 道 路 公 団 ( 以 下 道 路 公 団 )をはじめとする 道 路 関 係 四 公 団 の 分 割 民 営 化 が 行 われ ( 独

More information

207907_帝京_外国文学論集-6校.indb

207907_帝京_外国文学論集-6校.indb の はじめに の である については 9 (857)11 に の が されており その を うことができる は が に した に する を っ た 1 その に の を かれんとして に し た が されていることを りながら との もあり これ に できなかった は 18 (799)に の として まれ 18 で に し その を ねて に 59 でこの を るが において の の でも った を

More information

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年 2009 年 5 月 18 日 発 行 増 加 が 見 込 まれる 低 年 金 者 ~ 早 急 な 実 施 が 求 められる 低 年 金 対 策 ~ 要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超

More information

3-2藤井賢治修正

3-2藤井賢治修正 マーシャル 的 研 究 計 画 の 可 能 性 : 技 術 競 争 と 組 織 的 知 識 生 産 青 山 学 院 大 学 藤 井 賢 治 * 報 告 集 レジュメは A4で6 枚 が 上 限 とされており 1 2 5 節 のみを 全 文 掲 載 し 3 節 4 節 については 概 略 を 示 すにとどめた また 引 用 文 の 大 半 と 脚 注 参 考 文 献 も 省 略 し た 本 報 告 の

More information

第 18 条 < 無 期 転 換 ルール> Q1. 障 害 者 就 労 施 設 において1 年 更 新 で 障 害 者 を 雇 用 しているケースにも 無 期 転 換 ルールは 適 用 されるか A1. 労 働 契 約 法 は 第 22 条 で 適 用 除 外 とされる 場 合 ( 注 )を 除 き

第 18 条 < 無 期 転 換 ルール> Q1. 障 害 者 就 労 施 設 において1 年 更 新 で 障 害 者 を 雇 用 しているケースにも 無 期 転 換 ルールは 適 用 されるか A1. 労 働 契 約 法 は 第 22 条 で 適 用 除 外 とされる 場 合 ( 注 )を 除 き 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 労 働 契 約 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) ( 文 責 : 連 合 雇 用 法 制 対 策 局 ) 1 第 18

More information

審 査 報 告 Ⅰ 論 文 の 構 成 川 崎 航 史 郎 氏 が 提 出 した 論 文 の 構 成 は 下 記 目 次 ( 主 要 項 目 のみ)の 通 りである 第 1 編 制 限 的 適 用 基 準 による 被 用 者 保 険 からの 排 除 第 1 章 パートタイマーに 対 する 健 康 保

審 査 報 告 Ⅰ 論 文 の 構 成 川 崎 航 史 郎 氏 が 提 出 した 論 文 の 構 成 は 下 記 目 次 ( 主 要 項 目 のみ)の 通 りである 第 1 編 制 限 的 適 用 基 準 による 被 用 者 保 険 からの 排 除 第 1 章 パートタイマーに 対 する 健 康 保 法 学 研 究 科 長 脇 田 滋 様 2014 年 2 月 7 日 審 査 委 員 会 主 査 脇 田 滋 副 査 矢 野 昌 浩 副 査 鈴 木 眞 澄 副 査 木 下 秀 雄 審 査 報 告 書 下 記 の 通 り 審 査 を 終 了 いたしましたのでご 報 告 いたします 1. 件 名 記 川 崎 航 史 郎 (かわさき こうしろう) 氏 の 申 請 にかかる 学 位 博 士 ( 法 学 )

More information

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀

( 続 紙 1 ) 京 都 大 学 博 士 ( 人 間 環 境 学 ) 氏 名 橋 本 周 子 論 文 題 目 グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 フランス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 本 論 文 は 18 世 紀 Title グリモ ド ラ レニエールと 美 食 家 の 誕 生 : フラ ンス 革 命 前 後 における 食 行 為 に 関 する 研 究 ( Abstract_ 要 旨 ) Author(s) 橋 本, 周 子 Citation Kyoto University ( 京 都 大 学 ) Issue Date 2012-09-24 URL http://hdl.handle.net/2433/161026

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

第85回行政苦情救済推進会議

第85回行政苦情救済推進会議 地 縁 団 体 名 義 への 不 動 産 移 転 登 記 手 続 の 改 善 促 進 相 談 申 出 要 旨 資 料 1 高 知 の 事 案 私 が 副 会 長 を 務 めている 自 治 会 は 平 成 17 年 に 地 方 自 治 法 第 260 条 の2に 基 づく 地 縁 団 体 の 認 可 を 受 けている 自 治 会 が 保 有 する 不 動 産 に 所 有 者 107 名 の 表 示 登

More information

教 育 機 関 に 相 当 )についての 規 定 がなされる 大 きな 変 化 があったのは 1899 年 の 高 等 女 学 校 令 中 学 校 令 改 正 である これは 1 県 に 尐 なくとも 1 校 は 高 等 女 学 校 を 設 立 することが 規 定 されたもので 男 子 向 け 中

教 育 機 関 に 相 当 )についての 規 定 がなされる 大 きな 変 化 があったのは 1899 年 の 高 等 女 学 校 令 中 学 校 令 改 正 である これは 1 県 に 尐 なくとも 1 校 は 高 等 女 学 校 を 設 立 することが 規 定 されたもので 男 子 向 け 中 2012 年 1 月 7 日 小 熊 英 二 研 究 会 2 近 代 社 会 研 究 総 合 政 策 学 部 3 年 70906121(s09612tn) 中 村 珠 希 女 子 校 出 身 者 における 趣 味 趣 向 性 格 的 社 会 的 傾 向 を 問 う( 仮 ) < 問 題 意 識 > 大 きなテーマとして 私 の 中 にあるのは これからの 日 本 における 女 性 教 育 の 検 討

More information

表 1. 技 術 と 技 能 特 性 技 術 技 能 依 存 性 習 熟 性 スキル 性 格 知 識 依 存 性 強 弱 五 感 依 存 性 弱 強 習 熟 体 制 組 織 中 心 個 人 中 心 習 熟 方 法 経 験 中 心 頭 で 覚 える 体 験 中 心 体 で 覚 える 所 要 期 間 中

表 1. 技 術 と 技 能 特 性 技 術 技 能 依 存 性 習 熟 性 スキル 性 格 知 識 依 存 性 強 弱 五 感 依 存 性 弱 強 習 熟 体 制 組 織 中 心 個 人 中 心 習 熟 方 法 経 験 中 心 頭 で 覚 える 体 験 中 心 体 で 覚 える 所 要 期 間 中 化 学 装 置 2008 年 1 月 号 掲 載 プラントエンジニアリング 産 業 の 技 術 伝 承 (その 1) (はじめに) 環 境 企 画 松 村 眞 昭 和 22 年 から 昭 和 24 年 生 まれの 団 塊 世 代 が 60 歳 で 定 年 退 職 を 迎 える 時 期 になっ た 2007 年 から 3 年 間 は 退 職 者 の 大 量 発 生 により 三 つの 社 会 現 象 が

More information

給付減額を行った厚生年金基金数

給付減額を行った厚生年金基金数 論 点 3 厚 生 年 金 基 金 制 度 等 の 在 り 方 関 係 資 料 資 料 2-2 代 行 制 度 の 意 義 役 割 と 変 遷 1 1. 代 行 制 度 の 性 格 代 行 制 度 は 公 的 年 金 の 一 部 を 基 金 という 国 以 外 の 者 が 管 理 運 用 する 仕 組 み イギリスの 適 用 除 外 制 度 とは 異 なり 公 的 年 金 としての 性 格 を 持

More information

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初 平 成 23 年 (ワ) 第 21209 号 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 被 告 渡 邉 光 一 郎 第 2 準 備 書 面 平 成 24 年 3 月 1 日 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 8 部 合 議 係 御 中 原 告 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 阪 口 徳 雄 同 金 啓 彦 同 大 住 洋 外 14 名 本 書 面 は, 被 告 準 備 書 面 (1)に 対 する

More information

1 今 自 分 の 内 にある 授 業 観 を 見 つめ 直 す 授 業 力 向 上 は 目 標 とする 授 業 像 について 自 分 なりの 言 葉 で 表 現 することから 始 まる 理 想 の 授 業 像 について 新 採 用 教 員 から 中 堅 教 員 までの 経 験 年 数 も 様 々な

1 今 自 分 の 内 にある 授 業 観 を 見 つめ 直 す 授 業 力 向 上 は 目 標 とする 授 業 像 について 自 分 なりの 言 葉 で 表 現 することから 始 まる 理 想 の 授 業 像 について 新 採 用 教 員 から 中 堅 教 員 までの 経 験 年 数 も 様 々な 研 究 ノート 国 語 科 を 中 心 とする 授 業 力 向 上 についての 一 考 察 A Study on the Development of Teacher Competence, Centering on Teaching Japanese Language Arts 吉 田 人 史 YOSHIDA Hitoshi 水 上 義 行 MIZUKAMI Yoshiyuki はじめに 授 業

More information

日本自治学会第13回総会・研究会

日本自治学会第13回総会・研究会 日 本 自 治 学 会 のご 案 内 日 本 自 治 学 会 第 13 回 総 会 研 究 会 日 時 2013 年 11 月 23 日 ( 土 ) 24 日 ( 日 ) 場 所 鳥 取 環 境 大 学 開 催 のことば 日 本 自 治 学 会 は 2013 年 度 総 会 研 究 会 を 鳥 取 県 のご 協 力 を 得 て 鳥 取 環 境 大 学 で 開 催 する 運 び となりました 今 年

More information

表紙.indd

表紙.indd 論 説 実 質 資 本 維 持 概 念 のもとでの 法 人 税 等 の 会 計 処 理 齋 藤 真 哉 1. 問 題 の 所 在 企 業 にとって, 法 人 税 を 始 め,その 利 益 を 課 税 標 準 とする 税 金 ( 以 下, 法 人 税 等 )は, 金 額 の 点 において 重 要 である.そのため 日 本 の 基 準 に 限 らず, 国 際 財 務 報 告 基 準 やアメリカの 会 計

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208365834C83588367455843454C82C58A7782D48E738FEA82CC90948A773038303692F990B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208365834C83588367455843454C82C58A7782D48E738FEA82CC90948A773038303692F990B32E646F63> 第 1 週 市 場 の 数 学 基 礎 第 1 講 収 益 計 算 の 基 礎 1-1) 引 き 算 から 割 り 算 へ 収 益 の 計 算 は 商 売 の 基 本 中 の 基 本 です 商 売 人 は 高 度 な 数 学 など 知 らなくても 儲 けの 計 算 には 長 けています そこで 第 1 講 では 商 売 の 基 本 である 収 益 計 算 について 解 説 しましょ う 100 円

More information

廣瀬報告原稿

廣瀬報告原稿 現 代 経 済 学 と 自 由 主 義 ~サミュエルソンの 功 罪 を 軸 に~ 福 井 県 立 大 学 廣 瀬 弘 毅 1.はじめに 20 世 紀 以 降 とりわけ 第 2 次 世 界 大 戦 後 の 自 由 主 義 を 巡 る 経 済 学 派 間 の 論 争 は 以 前 の 論 争 と 比 べてどのような 特 徴 があるのだろうか 一 つには 東 西 冷 戦 に 象 徴 されるよう に 時 に

More information

判例からみる中国における補正の制限について

判例からみる中国における補正の制限について 海 外 知 財 の 現 場 23 平 成 25 年 2 月 20 日 掲 載 判 例 からみる 中 国 における 新 規 事 項 追 加 の 判 断 基 準 について 中 国 弁 理 士 呉 学 鋒 中 国 特 許 法 及 び 実 施 細 則 には 出 願 後 の 特 許 出 願 書 類 の 補 正 についての 規 定 が 設 けられ 補 正 ができる 範 囲 を 定 めている 特 許 法 第 33

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型 一 問 題 状 況 1) 平 成 24 年 度 労 働 契 約 法 改 正 (18~20 条 の 新 設 ) 5 年 ルール( 無 期 転 換 ルール)の 導 入 判 例 による 雇 止 め 規 制 の 立 法 化 有 期 契 約 の 差 別 禁 止 規 定 の 新 設 2) 関 連 法 令 の 改 正 (5 年 ルール 関 係 ) 任 期 法 の 改 正 特 例 についての 法 律 案 3) 有

More information

Microsoft Word - _0506修正_1-0413Final.doc

Microsoft Word - _0506修正_1-0413Final.doc 見 本 市 のリードが 重 要 情 報 を 公 開 (No.38, 0/04/3) 東 京 ビッグサイトでの 異 様 な 光 景 太 陽 電 池 展 燃 料 電 池 展 二 次 電 池 展 ニュース これが 8 万 人 が 来 場 した 時 の 光 景 来 場 者 の 多 さに 驚 いた もっと 大 きな 会 場 が 必 要 だ の 声 続 出 200 年 3 月 3 日 ( 水 ) 午 前 9 時

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208EB8947382B582C882A2837D83938356838783938AC7979D303632368DC58F492E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208EB8947382B582C882A2837D83938356838783938AC7979D303632368DC58F492E70707478> 失 敗 しないマンション 管 理 ~トラブル 事 例 を 参 考 に~ 講 師 : 福 岡 マンション 問 題 研 究 会 弁 護 士 碇 啓 太 (いかり けいた) 1 講 師 自 己 紹 介 弁 護 士 碇 啓 太 (いかり けいた) 福 岡 県 弁 護 士 会 所 属 松 坂 法 律 事 務 所 810 0042 福 岡 市 中 央 区 赤 坂 1 丁 目 12 番 15 号 読 売 福 岡

More information

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17

震 から1946 年 の 地 震 まで9 回 知 られている 684 年 には 日 本 書 紀 にも 記 載 され 道 後 温 泉 の 湧 出 が 止 まったとある 1605 年 1707 年 185 4 年 1946 年 とそれぞれ 揺 れの 程 度 や 津 波 の 高 さが 分 かっている 17 原 発 廃 炉 に 向 けて 2012 年 7 月 28 日 ( 土 ) 原 水 爆 禁 止 四 国 大 会 於 高 松 市 伊 方 原 発 をとめる 会 事 務 局 長 草 薙 順 一 はじめに 原 発 稼 働 は 人 の 生 存 を 脅 かし 環 境 を 破 壊 し 倫 理 的 に 許 されない 犯 罪 行 為 である 危 険 な 原 発 稼 働 を 誰 のために 何 のために 稼 働 するのか?

More information

略 す)に 非 常 勤 職 員 の 定 義 すらない 法 適 用 関 係 も 入 り 組 み 例 えば 地 公 法 3 条 3 項 3 号 に 基 づき 採 用 されたと 称 される 特 別 職 非 常 勤 職 員 は 地 方 公 務 員 でありながら 地 公 法 が 適 用 されない では 民 間

略 す)に 非 常 勤 職 員 の 定 義 すらない 法 適 用 関 係 も 入 り 組 み 例 えば 地 公 法 3 条 3 項 3 号 に 基 づき 採 用 されたと 称 される 特 別 職 非 常 勤 職 員 は 地 方 公 務 員 でありながら 地 公 法 が 適 用 されない では 民 間 地 方 公 務 員 の 臨 時 非 常 勤 職 員 に 係 る 法 適 用 関 係 と 裁 判 例 の 系 譜 上 林 陽 治 はじめに 地 方 自 治 体 に 任 用 されている 臨 時 非 常 勤 職 員 数 は 総 務 省 調 査 で 約 50 万 人 (2008 年 4 月 現 在 ) (1) 自 治 労 調 査 で 推 定 約 60 万 人 (2008 年 6 月 1 日 基 準 日 )

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

の 命 題 従 って 哲 学 とは 何 の 関 係 もないこと これ 以 外 の 何 も 語 らない というものであ る ( 論 考 6.53 奥 雅 博 訳 以 下 同 様 )とか 哲 学 はまさにあらゆることを 立 言 するだ けであって 何 事 も 説 明 せず 何 事 も 推 論 しない (

の 命 題 従 って 哲 学 とは 何 の 関 係 もないこと これ 以 外 の 何 も 語 らない というものであ る ( 論 考 6.53 奥 雅 博 訳 以 下 同 様 )とか 哲 学 はまさにあらゆることを 立 言 するだ けであって 何 事 も 説 明 せず 何 事 も 推 論 しない ( イロニー 的 な 主 体 としてのウィトゲンシュタインについて -WS ウィトゲンシュタイン:その 生 と 思 想 から 受 け 取 りうるもの 提 題 要 旨 - 鬼 界 彰 夫 1.ウィトゲンシュタインから 我 々が 受 け 取 りうるものとしての 哲 学 の 仕 方 ウィトゲンシュタインから 我 々が 受 け 取 りうるもの とは 彼 以 外 からは 受 け 取 ること のできないもの あるいはできそうにないものでなければならないだろう

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2039208268827382F092CA82B682BD8E968BC682D682CC8D768CA32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2039208268827382F092CA82B682BD8E968BC682D682CC8D768CA32E646F63> IT 投 資 の 最 適 化 ~ 活 きたIT 投 資 に 向 けて~ 最 終 回 :ITを 通 じた 事 業 への 貢 献 ~ 業 務 リスクの 削 減 とIT 統 制 当 Newsletter では これまで IT 投 資 マネジメントについて 現 状 と 問 題 点 から 効 果 を 出 すための 考 え 方 と 方 法 を 事 例 を 交 えて 述 べてきました 我 々 CDI ソリューションズが

More information

ニュートン 的 な 物 理 では, 時 空 は 認 識 の a priori な 形 式 ( 物 の 入 れ 物 )として 措 定 され る 2 このように 空 間 の 概 念 を 相 対 化 しようとするならば,そもそも 空 間 とは 何 かを 突 き 詰 めて 考 えなくてはならない. 数 学

ニュートン 的 な 物 理 では, 時 空 は 認 識 の a priori な 形 式 ( 物 の 入 れ 物 )として 措 定 され る 2 このように 空 間 の 概 念 を 相 対 化 しようとするならば,そもそも 空 間 とは 何 かを 突 き 詰 めて 考 えなくてはならない. 数 学 時 空 とは 何 か: 渦 をテーマとして 吉 田 善 章 ( 東 京 大 学 大 学 院 新 領 域 創 成 科 学 研 究 科 ) 物 理 学 が 考 える 時 空 とは 何 かを 紹 介 し,その 一 つの 発 展 マクロな 系 を 渦 という 時 空 によって 捉 えようという 試 み を 通 じて, 標 準 的 な 時 空 概 念 を 脱 構 築 しよう. 持 続 性 反 復 性 の 原

More information

(表紙)

(表紙) リーマンショック 前 後 における 横 浜 市 の 不 動 産 取 引 及 び 不 動 産 競 売 の 動 向 小 林 隆 志 小 林 隆 志 不 動 産 鑑 定 事 務 所 ( 表 紙 ) おはようございます 全 体 会 議 2にご 出 席 いただいた 多 くの 聴 衆 の 前 で 発 表 させてい ただけて 大 変 光 栄 に 存 じます 私 は 日 本 の 不 動 産 鑑 定 士 で 小 林

More information

●「高齢者医療運営円滑化等補助金」については、なぜ、本日の公開による再仕分けの対象事業に選定されたと認識しているか

●「高齢者医療運営円滑化等補助金」については、なぜ、本日の公開による再仕分けの対象事業に選定されたと認識しているか 標 準 報 酬 月 額 の 定 時 決 定 及 び 随 時 改 定 の 事 務 取 扱 いに 関 する 事 例 集 報 酬 賞 与 の 範 囲 について 問 報 酬 賞 与 にはどのようなものが 含 まれるか ( 答 ) 報 酬 及 び 賞 与 ( 以 下 報 酬 等 という )は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 5 項 及 び 第 6 項 ( 厚 生 年 金 保 険 法 第 3 条 第 1 項

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 心 と 脳 の 関 係 : 包 括 的 一 元 論 の 構 築 脳 科 学 現 象 学 唯 識 教 義 の 三 者 における 共 通 点 を 見 出 すことにより 脳 ( 物 )と 心 を 隔 てる 歴 史 的 文 化 的 科 学 的 な 障 壁 を 乗 り 越 えることを 目 指 す 内 省 心 理 学 唯 識 科 学 脳 科 学 現 象 学 哲 学 2014 11 22 研 究 会 資 料 1

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

専任教員 各位

専任教員 各位 教 育 実 践 における 言 語 活 動 主 体 のあり 方 再 検 討 日 本 語 教 育 と 日 本 研 究 を 結 ぶために Reconsider the concept of the executor under language activities by the education practice - To relate Japanese-language education and

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害

1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害 刑 法 弁 護 士 内 藤 慎 太 郎 1 1 傷 害 罪 における 承 継 的 共 同 正 犯 の 成 否 最 決 平 成 24 年 11 月 6 日 争 点 後 行 者 の 加 担 後 の 暴 行 が 共 謀 加 担 前 に 先 行 行 為 者 が 既 に 生 じさせていた 傷 害 を 相 当 程 度 悪 化 させた 場 合 の 傷 害 罪 の 共 同 正 犯 の 成 立 範 囲 決 定 要 旨

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030338140875592868FAC90BB91A28BC682CC8EA997A789BB82C6836C83628367838F815B834E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030338140875592868FAC90BB91A28BC682CC8EA997A789BB82C6836C83628367838F815B834E2E646F63> Ⅱ. 中 小 製 造 業 の 自 立 化 とネットワーク 1. 中 小 製 造 業 の 自 立 化 とは 我 々は 今 回 の 北 九 州 市 中 小 製 造 業 の 自 立 化 に 向 けた 調 査 研 究 会 において 中 小 製 造 業 が 自 立 化 するためのひとつの 手 段 として ネットワーク 化 が 有 効 であると 考 えている そこでまず ネットワーク 化 について 議 論 する

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

121096 会計検査研究第54号.indd

121096 会計検査研究第54号.indd 巻 頭 言 地 方 自 治 体 における 公 会 計 制 度 改 革 の 進 展 山 浦 久 司 ( 明 治 大 学 大 学 院 会 計 専 門 職 研 究 科 教 授 ) 1 地 方 自 治 体 の 公 会 計 制 度 改 革 の 意 味 地 方 自 治 体 の 公 会 計 制 度 改 革,すなわち 公 会 計 の 発 生 主 義 化 の 流 れは, 現 在, 事 実 上 の 最 終 局 面 を

More information

Microsoft Word - Autoentrepreneur.doc

Microsoft Word - Autoentrepreneur.doc 平 成 23 年 11 月 10 日 パリ 産 業 情 報 センター 酒 井 裕 史 ピエリック グルニエ 一 般 調 査 報 告 書 フランスにおける 新 しい 起 業 のかたち 個 人 事 業 主 制 度 (auto-entrepreneur) について 2009 年 の 世 界 的 な 経 済 危 機 のさなか フランスにおいては 約 58 万 社 が 新 たに 起 業 しました これは 前

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

untitled

untitled 生 命 保 険 論 集 第 173 号 民 法 ( 債 権 関 係 ) 改 正 における 不 実 表 示 の 一 般 法 化 の 提 案 と 保 険 契 約 への 適 用 について 渡 邉 雅 之 ( 弁 護 士 法 人 三 宅 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 一.はじめに 1. 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 平 成 21 年 10 月 28 日 に 開 催 された 法 務 省 の 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

24-1-本文-中表紙.indd

24-1-本文-中表紙.indd 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 論 説 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 岩 﨑 政 明 Ⅰ はじめに 本 稿 は 弁 護 士 法 23 条 の 2 に 定 める いわゆる 弁 護 士 会 照 会 に 対 して 顧 客 情 報 について 守 秘 義 務 を 負 う 税 理 士 等 の 専 門 家 がその

More information

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー

宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クー デターが 起 きないのか? 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 潮 書 房 光 人 社 2013 年 295ページ Ⅰ 本 書 の 紹 介 本 書 のテーマは, 北 朝 鮮 ではどうして 軍 事 クー 宮 本 悟 著 北 朝 鮮 ではなぜ 軍 事 クーデターが 起 きないの Titleか? -- 政 軍 関 係 論 で 読 み 解 く 軍 隊 統 制 と 対 外 軍 事 支 援 ( 書 評 ) Author(s) 柳, 学 洙 Citation アジア 経 済 55.2 (2014.6): 109-112 Issue Date 2014-06 URL http://hdl.handle.net/2344/1346

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CC2906C8F5A96AF90C593C195CA92A58EFB2082708195826081694832342E39816A2E727466>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CC2906C8F5A96AF90C593C195CA92A58EFB2082708195826081694832342E39816A2E727466> ( 平 成 24 年 9 月 現 在 ) 個 人 住 民 税 の 特 別 収 に 関 するQ&A 答 従 1 業 員 ( 住 納 民 税 義 の 務 特 者 別 )に 収 代 とは, わって, 事 毎 主 月 ( 従 給 業 与 員 支 に 払 支 者 払 )が う 給 所 与 得 から, 税 の 源 個 泉 人 住 収 民 と 税 同 ( じように, 市 町 民 税 Ⅰ と 制 県 度 民 一 般

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

檜皮の確保と檜皮採取者の育成

檜皮の確保と檜皮採取者の育成 檜 皮 の 確 保 と 檜 皮 採 取 者 の 育 成 岡 山 理 科 大 学 江 面 嗣 人 1.はじめに 文 化 財 建 造 物 の 檜 皮 葺 の 建 物 は 現 在 788 棟 ( 平 成 19 年 末 現 在 )が 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 されている これは 指 定 された 重 要 文 化 財 建 造 物 の 約 18.8パーセントにあたり 重 要 文 化 財 建 造 物

More information

Unknown

Unknown 宗 教 法 人 の 会 計 長 岡 大 学 教 授 吉 盛 一 郎 目 次 はじめに 1. 宗 教 法 人 とは 2. 所 轄 庁 への 提 出 書 類 3. 宗 教 法 人 の 会 計 4. 税 務 上 の 問 題 と 会 計 監 査 5. まとめ はじめに 新 潟 市 内 には 平 成 19 年 12 月 末 現 在 1163 の 宗 教 法 人 がある 神 道 系 が 656 法 人 仏 教

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 参 考 資 料 ( 都 市 農 地 に 係 る 土 地 利 用 計 画 制 度 について) 平 成 2 4 年 4 月 1. 土 地 利 用 計 画 制 度 における 都 市 農 地 の 位 置 付 けの 変 化 (1) 新 都 市 計 画 法 の 制 定 現 行 の 新 都 市 計 画 法 は 昭 和 43 年 高 度 経 済 成 長 に 伴 い 都 市 への 急 激 な 人 口 流

More information

外 国 人 生 徒 の 高 校 進 学 に 関 する 教 育 課 題 特 別 入 学 枠 に 着 目 して 海 地 方 ( 愛 知 県 岐 阜 県 三 重 県 静 岡 県 ) に 着 目 し 特 別 入 学 枠 を 利 用 して 外 国 人 生 徒 が 高 校 入 学 する 際 外 国 人 生 徒

外 国 人 生 徒 の 高 校 進 学 に 関 する 教 育 課 題 特 別 入 学 枠 に 着 目 して 海 地 方 ( 愛 知 県 岐 阜 県 三 重 県 静 岡 県 ) に 着 目 し 特 別 入 学 枠 を 利 用 して 外 国 人 生 徒 が 高 校 入 学 する 際 外 国 人 生 徒 名 古 屋 大 学 大 学 院 教 育 発 達 科 学 研 究 科 教 育 科 学 専 攻 教 育 論 叢 第 54 号 2011 年 外 国 人 生 徒 の 高 校 進 学 に 関 する 教 育 課 題 特 別 入 学 枠 に 着 目 して はじめに 細 川 卓 哉 1990 年 代 以 降 ニューカマー 1) という 外 国 籍 の 子 どもの 教 育 課 題 が 注 目 され 始 めた 当 初

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

<5461726F2D323031338D7390AD9640838C8357838583812E6A7464>

<5461726F2D323031338D7390AD9640838C8357838583812E6A7464> 2013 年 度 行 政 法 レジュメ(7) の 2013.5.22 石 崎 は 本 講 義 (7 回 から11 回 )では 1 行 政 処 分 ( 行 政 行 為 )の 基 本 的 概 念 と 2 行 政 処 分 Ⅵ. 行 処 分 の 概 念 特 徴 ( 特 にその 権 力 性 )を 理 解 することを 主 目 標 とする その 際 素 材 に 取 り 上 げるの 題 ある 許 認 行 可 政 上

More information

< 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土 ( 文 学 ) 学 位 記 番 号 第 τr:::t ミf 学 位 授 与 年 月 日 平 成 5 年 2 月 1 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 l 項 該 当 文 学 研 究 科

< 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土 ( 文 学 ) 学 位 記 番 号 第 τr:::t ミf 学 位 授 与 年 月 日 平 成 5 年 2 月 1 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 l 項 該 当 文 学 研 究 科 Title 近 代 における 中 日 語 彙 交 渉 についての 研 究 Author(s) 沈, 国 威 Citation Issue Date Text Version none URL http://hdl.handle.net/11094/29170 DOI Rights Osaka University < 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

Microsoft Word - 2 目次&背表紙.doc

Microsoft Word - 2 目次&背表紙.doc この 章 では もしも こういう 状 況 になったら 練 馬 区 にどのよう な 影 響 を 及 ぼすのでしょうか? ということを3つのテーマでご 紹 介 します 1 もしも 練 馬 区 が 普 通 地 方 公 共 団 体 だったら? 現 在 私 たち 練 馬 区 をはじめとする 23 区 は 特 別 地 方 公 共 団 体 と 呼 ばれ 市 に 準 ずる 基 礎 的 な 地 方 公 共 団 体 として

More information

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇 第 1 回 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 雇 用 やパートタイム 雇 用 の 制 度 について の 解 説 平 成 27 年 7 月 24 日 高 知 会 館 講 師 / 経 営 法 曹 会 議 所 属 弁 護 士 石 井 妙 子 氏 Ⅰ 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 契 約 1 定 年 後 再 雇 用 制 度 概 要 (1) 定 年 後,65 歳 までの 雇 用 確

More information

067-089★帝京法学第28巻第1号★07口★上條.indd

067-089★帝京法学第28巻第1号★07口★上條.indd 納 税 申 告 における 制 度 選 択 の 意 思 表 示 と 租 税 法 律 主 義 67 納 税 申 告 における 制 度 選 択 の 意 思 表 示 と 租 税 法 律 主 義 各 納 税 者 の 意 思 と 全 納 税 者 の 意 思 上 條 克 彦 1 はじめに 今 年 の 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 大 地 震 ( 東 日 本 大 震 災 )が 発 生 すると

More information

2. 航 路 開 発 以 前 の 江 戸 期 における 物 資 の 集 散 2.1 商 業 都 市 と 交 通 結 節 点 としての 大 坂 (1) 商 業 都 市 としての 大 坂 航 路 開 発 (1670 1672) 以 前 においても 大 坂 ( 現 在 の 大 阪 )は 全 国 の 物 資

2. 航 路 開 発 以 前 の 江 戸 期 における 物 資 の 集 散 2.1 商 業 都 市 と 交 通 結 節 点 としての 大 坂 (1) 商 業 都 市 としての 大 坂 航 路 開 発 (1670 1672) 以 前 においても 大 坂 ( 現 在 の 大 阪 )は 全 国 の 物 資 江 戸 期 における 物 流 システム 構 築 と 都 市 の 発 展 衰 退 苦 瀬 博 仁 ( 東 京 海 洋 大 学 海 洋 工 学 部 教 授 ) 目 次 1.はじめに 2. 航 路 開 発 以 前 の 江 戸 期 における 物 資 の 集 散 2.1 商 業 都 市 と 交 通 結 節 点 としての 大 坂 2.2 消 費 都 市 江 戸 の 物 流 からみた 特 徴 2.3 廻 船 航

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

定 額 の 範 囲 内 の 寄 附 金 であれば 2 千 円 を 自 己 負 担 額 とするだけで 残 る 税 額 は 全 て 控 除 されることになるのである 2 ふるさと 納 税 制 度 の 問 題 点 とその 検 討 このふるさと 納 税 制 度 に 問 題 点 はないのか 具 体 的 な 設

定 額 の 範 囲 内 の 寄 附 金 であれば 2 千 円 を 自 己 負 担 額 とするだけで 残 る 税 額 は 全 て 控 除 されることになるのである 2 ふるさと 納 税 制 度 の 問 題 点 とその 検 討 このふるさと 納 税 制 度 に 問 題 点 はないのか 具 体 的 な 設 民 間 税 制 調 査 会 寄 稿 平 成 27 年 8 月 29 日 個 人 住 民 税 のふるさと 納 税 制 度 の 疑 問 点 川 村 栄 一 はじめに 最 近 個 人 住 民 税 の ふるさと 納 税 制 度 に 関 する 記 事 や 報 道 等 が 目 立 っている ように 思 える 書 店 では ふるさと 納 税 の 活 用 を 勧 める 書 籍 が 並 べられており 車 内 吊 りの

More information

Microsoft Word - SDP15 放射性核廃棄物

Microsoft Word - SDP15 放射性核廃棄物 福 島 原 発 震 災 :SDP15 発 信 者 :NPO 安 全 工 学 研 究 所 加 部 隆 史 kabe@safetylabo.com プロメテウスの 火 原 子 力 利 用 と 核 廃 棄 物 処 理 に 関 する 考 察 1/5 プロメテウスの 火 とは 映 画 監 督 の 宮 崎 駿 氏 が 原 子 力 を プロメ テウスの 火 と 表 現 したとの 事 で ネット 上 でも この 言

More information

社会B2薬物規制について(HP用)

社会B2薬物規制について(HP用) 薬 物 の 規 制 社 会 B 班 : 石 垣 将 麻 要 萌 絵 津 村 大 林 田 和 也 1.はじめに 体 に 悪 いと 言 われ 薬 物 が 規 制 されているにも 関 わらずなぜ 今 も 使 われているのかを 疑 問 に 思 い どのような 規 制 の 仕 方 が 最 適 なのかを 考 えてみることにした まず 先 進 国 の 薬 物 乱 用 の 現 状 だが 日 本 は 表 1より 他

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

1 個人研究費計画

1 個人研究費計画 公 的 研 究 費 の 使 用 について 2015 年 4 月 公 立 大 学 法 人 青 森 公 立 大 学 は じ め に 公 的 研 究 費 ( 個 人 研 究 費 を 含 む)とは 国 又 は 地 方 公 共 団 体 若 しくは 独 立 行 政 法 人 などの 公 的 機 関 から 特 定 の 研 究 を 遂 行 するために 配 分 される 研 究 活 動 を 進 める 上 で 欠 くことので

More information

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に 2015.9.1 2015 年 ベトナム 民 法 改 正 ドラフトに 対 する JICA 民 法 共 同 研 究 会 見 解 (エグゼクティブ サマリー) JICA 法 司 法 制 度 改 革 支 援 プロジェクト(フェーズ 2) 民 法 共 同 研 究 会 序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行

More information

野村資本市場研究所|教育資金に見る早期世代間資産移転とリバース・モーゲージ(PDF)

野村資本市場研究所|教育資金に見る早期世代間資産移転とリバース・モーゲージ(PDF) 特 集 : 貯 蓄 から 投 へ 新 たな 展 開 教 育 に 見 る 早 期 世 代 間 産 移 転 とリバース モーゲージ 教 育 に 見 る 早 期 世 代 間 産 移 転 とリバース モーゲージ 小 島 俊 郎 要 約 1. 我 が 国 大 学 短 大 進 学 率 は 1992 年 に 38.9%だったが 2014 年 には 56.7% と 高 専 専 門 学 校 を 加 えた 高 等 教

More information

t-149.xdw

t-149.xdw 諮 問 ( 個 人 ) 第 149 号 26 川 情 個 第 19 号 平 成 26 年 10 月 10 日 川 崎 市 長 福 田 紀 彦 様 川 崎 市 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 会 長 青 柳 幸 一 保 有 個 人 情 報 開 示 請 求 に 対 する 拒 否 処 分 に 係 る 異 議 申 立 てについて( 答 申 ) 平 成 25 年 8 月 26 日 付 け25

More information

図 3:50 年 前 に 地 方 から 大 都 市 に 800 万 人 が 移 動 三 大 都 市 圏 地 方 圏 の 人 口 移 動 の 推 移 転 入 超 過 数 ( 万 人 ) 高 度 経 済 成 長 期 には 三 大 都 市 圏 に 人 口 が 流 入 した 1980 年 頃 にかけて 人

図 3:50 年 前 に 地 方 から 大 都 市 に 800 万 人 が 移 動 三 大 都 市 圏 地 方 圏 の 人 口 移 動 の 推 移 転 入 超 過 数 ( 万 人 ) 高 度 経 済 成 長 期 には 三 大 都 市 圏 に 人 口 が 流 入 した 1980 年 頃 にかけて 人 1. 日 本 全 体 の 人 口 の 推 移 と 大 都 市 過 疎 地 の 事 情 ( 図 1)に 示 すグラフは 2010 年 から 40 年 にかけてのわが 国 全 体 の 人 口 の 動 向 を 示 す 12000 10000 8000 2010 40 年 年 齢 階 級 別 人 口 推 移 0-64 歳 は 約 3000 万 人 減 少 6000 4000 2000 0 65-74 歳 は

More information

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」 中 国 における 地 方 財 政 問 題 と 地 方 債 発 行 の 実 行 可 能 性 についての 研 究 李 建 偉 中 国 国 務 院 発 展 研 究 中 心 マクロ 経 済 研 究 部 副 処 長 1. 中 国 の 地 方 財 政 が 直 面 している 主 要 な 問 題 1.1. 分 税 制 改 革 実 施 後 中 央 と 地 方 における 財 政 管 理 権 と 事 務 処 理 権 の

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 26 年 10 月 24 日 及 び 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 576 号 及 び 平 成 27 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 28 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 平 成 27 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 45 号 及 び 同 第 46

More information

手 書 き-1 障 害 者 差 別 解 消 法 を 知 ろう 崔 栄 繁 氏 崔 / 推 進 会 議 は 1 回 の 開 催 が4 時 間 と 政 府 の 会 議 では 珍 しいものでした 障 害 当 事 者 には 精 神 障 害 者 知 的 障 害 者 も 入 り これも 画 期 的 でした 障

手 書 き-1 障 害 者 差 別 解 消 法 を 知 ろう 崔 栄 繁 氏 崔 / 推 進 会 議 は 1 回 の 開 催 が4 時 間 と 政 府 の 会 議 では 珍 しいものでした 障 害 当 事 者 には 精 神 障 害 者 知 的 障 害 者 も 入 り これも 画 期 的 でした 障 実 技 試 験 総 評 手 書 き 採 点 の 基 準 や 合 格 点 はこれまで 同 様 です 内 容 表 記 や 日 本 語 の 使 い 方 文 章 構 成 も 含 めた 総 合 で 70 点 以 上 です 読 みやすさに 関 しては 地 域 による 指 導 や 認 識 の 差 が 非 常 に 大 きく 出 たように 思 われます 養 成 講 座 の 最 初 に 表 記 の 指 導 を 徹 底

More information

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の 様 式 D 学 位 記 番 号 甲 第 45 号 氏 名 周 家 彤 論 文 題 目 長 春 市 における 満 州 国 旧 祉 群 の 保 存 と 変 遷 学 位 審 査 委 員 主 査 西 尾 林 太 郎 副 査 谷 澤 明 副 査 馬 場 毅 2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤

More information

政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 大 嶋 寧 子 3-39-38 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が

政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 大 嶋 寧 子 3-39-38 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が みずほリポート 年 6 月 日 無 貯 蓄 低 貯 蓄 世 帯 の 増 加 と 働 き 方 を 巡 る 問 題 本 稿 では 貯 蓄 残 高 がゼロまたは 少 ない 無 貯 蓄 低 貯 蓄 世 帯 の 増 加 に 焦 点 をあて 働 き 方 との 関 わりや 無 貯 蓄 低 貯 蓄 克 服 の 手 段 としての 共 働 きの 有 効 性 を 考 察 した 働 き 方 との 関 わりを 見 ると 勤

More information