PowerPoint プレゼンテーション

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "PowerPoint プレゼンテーション"

Transcription

1 平 成 26 年 度 研 究 テーマ 社 会 科 における 協 働 協 調 的 な 学 びの 創 造 社 会 科 事 例 紹 介 山 鹿 市 立 山 鹿 中 学 校 教 諭 五 十 嵐 健 指 導 主 事 恒 松 龍 治

2 自 己 紹 介 学 校 紹 介 山 鹿 市 立 山 鹿 中 学 校 生 徒 665 名 職 員 76 名 教 育 目 標 自 分 の 将 来 に 目 標 を 持 ち 自 己 実 現 に 向 けて 挑 戦 し 続 ける 生 徒 の 育 成

3 社 会 科 における21 世 紀 型 能 力 小 中 学 校 社 会 科 の 目 標 を 知 っていますか? 公 民 的 資 質 の 基 礎 態 度 民 主 的 平 和 的 な 国 家 社 会 の 形 成 者 としての 自 覚 自 他 の 人 格 を 互 いに 尊 重 し 合 うこと 社 会 的 義 務 や 責 任 を 果 たそうとすること 能 力 多 面 的 に 考 えたり 公 正 に 判 断 したりすること

4 社 会 科 における21 世 紀 型 能 力 社 会 を 生 き 抜 く 力 何 ができ るか 何 を 知 って いるか 21 世 紀 型 能 力 ( 試 案 ) 実 践 力 自 律 的 活 動 力 人 間 関 係 形 成 力 社 会 参 画 力 持 続 可 能 な 未 来 への 責 任 思 考 力 問 題 解 決 発 見 力 創 造 力 論 理 的 批 判 的 思 考 力 メタ 認 知 適 応 的 学 習 力 基 礎 力 言 語 スキル 数 量 スキル 情 報 スキル 方 向 付 ける 中 核 支 える 全 て の 教 科 領 域 を 貫 い て 問 題 解 決 的 な 学 習 過 程 課 題 解 決 型 の 学 習 に お い て 学 校 生 活 全 体 で

5 研 究 事 例 紹 介 する 研 究 事 例 の 概 要 1. 学 年 教 科 1 学 年 社 会 科 ( 歴 史 分 野 ) 2. 単 元 名 題 材 名 ( 東 京 書 籍 p46~47) 古 代 国 家 の 歩 みと 東 アジア 世 界 ~ 摂 関 政 治 と 文 化 の 国 風 化 ~ 3. 目 標 大 陸 の 影 響 をうけたそれまでの 文 化 を 発 展 させたものであることに 気 づく

6 研 究 の 視 点 協 働 協 調 的 な 学 びを 充 実 するための 3つの 視 点 学 びを 引 き 出 す 豊 かなかかわり 合 いのある 言 語 活 動 対 話 ジグソー 活 動 学 びを 振 り 返 る 思 考 過 程 の 可 視 化 と 学 びの 振 り 返 り 学 びを 支 える 学 びのUD 化 と 効 果 的 なICTの 活 用

7 視 点 1 学 びを 引 き 出 す 豊 かなかかわり 合 いのある 言 語 活 動 自 分 自 身 グループ 他 者 ペ ア 全 体 豊 かなかかわり 合 い 対 話 教 材 ( 事 象 ) 教 師 知 的 好 奇 心 学 習 への 関 心 意 欲 問 い 考 え など ジグソー 活 動 魅 力 ある 教 材 ( 意 味 のある) 教 材 疑 問 を 抱 かせる 教 材 提 示 課 題 意 識 目 的 意 識 をもたせる 意 図 的 計 画 的 な かかわり 合 い 学 習 形 態 の 工 夫

8 社 会 科 における 研 究 の 内 容 視 点 1 学 びを 引 き 出 す 豊 かなかかわり 合 いのある 言 語 活 動 つかむ 問 題 見 通 解 す 決 的 さぐる な 学 習 過 まとめる 程 意 味 のある 教 材 提 示 比 較 疑 問 を 抱 き 問 い を 発 します なぜ? 教 材 との 対 話 他 者 との 対 話 自 分 自 身 対 話 自 分 自 身 対 話

9 学 習 形 態 の 工 夫 による 協 働 協 調 的 な 学 び 意 図 他 者 的 との 対 計 話 画 (ジグソー 的 なかかわり 活 動 合 ) い 追 究 グループ ジグソーグループ

10 ジグソー 学 習 における 視 点 学 習 課 題 ( 中 心 発 問 問 い) なぜ 文 化 の 国 風 化 が 進 んだのだろうか?

11 協 働 協 調 的 な 学 びが 充 実 するには 問 い ( 学 習 課 題 中 心 発 問 )がポイント 意 味 のある 教 材 ( 魅 力 ある 教 材 ) 提 示 の 工 夫 疑 問 を 抱 かせて 問 い を 引 き 出 す 課 題 意 識 ( 目 的 意 識 )を 明 確 に 持 たせる 追 究 する 視 点 がポイント 課 題 に 対 する 予 想 ( 仮 説 )を 立 て 焦 点 化 学 習 指 導 要 領 教 科 書 に 示 されている 事 象 の 持 つ 意 味 を 理 解 する 3~4つが 妥 当 ( 多 すぎてはダメ) 最 初 の 考 え(インスピレーション)が 重 要 自 分 の 考 え( 価 値 立 場 )などを 持 たせる

12 研 究 の 視 点 協 働 協 調 的 な 学 びを 充 実 するための 3つの 視 点 学 びを 引 き 出 す 豊 かなかかわり 合 いのある 言 語 活 動 対 話 ジグソー 活 動 学 びを 振 り 返 る 思 考 過 程 の 可 視 化 と 学 びの 振 り 返 り 思 考 内 容 の 質 を 段 階 設 定 し 共 有 化 客 観 的 な 学 びの 振 り 返 り 学 びを 支 える 学 びのUD 化 と 効 果 的 なICTの 活 用

13 視 点 2 学 びを 振 り 返 る 思 考 過 程 の 可 視 化 と 学 びの 振 り 返 り 思 考 過 程 の 可 視 化 学 びの 振 り 返 り 分 かった できた を 実 感 フィードバック 考 えを 共 有 する 工 夫 ノート シート 等 の 工 夫 など 思 考 過 程 の 段 階 設 定 自 律 活 動 の 設 定 フィードバック 等 学 びの 見 取 りの 工 夫 考 えを 共 有 する 工 夫 構 造 化 した 板 書 ICTの 活 用 等 児 童 生 徒 の 学 びの 振 り 返 りの 工 夫 思 考 過 程 を 可 視 化 で きる 学 習 ノート 学 習 シートの 工 夫 など

14 協 働 協 調 的 な 学 び 学 習 のねらいに 沿 った 協 働 協 調 的 な 学 び 質 (レベル)の 高 まり 学 習 のねらいを 子 どもと 教 師 が 共 有 する レベル0 出 し 合 う( 一 方 通 行 ) レベル1 伝 え 合 う( 誤 正 ) レベル2 伝 え 合 う( 正 複 数 の 解 法 考 え) レベル3 伝 え 合 う( 自 分 の 考 え 再 構 築 ) レベル4 伝 え 合 う( 新 たな 価 値 を 付 加 された 考 え)

15 学 習 のねらいに 沿 った 協 働 協 調 的 な 学 び 質 (レベル)の 高 まり 学 習 のねらい 内 容 に 応 じて 意 図 的 計 画 的 に 指 導 計 画 を 設 計 第 1 時 ~ 第 7 時 第 8 時 第 9 時 第 10 時 レベル0 レベル1 レベル2 レベル3 レベル4 伝 え 合 う( 自 分 の 考 え 再 構 築 ) 社 会 的 な 見 方 考 え 方 の 獲 得

16 思 考 過 程 の 可 視 化 個 協 働 協 調 個 予 想 最 初 の 価 値 ( 考 え) 価 値 判 断 思 考 過 程 を 可 視 化 まとめ 協 働 協 調 する 中 で まとめあげた 価 値

17 思 考 過 程 の 可 視 化 ( 視 覚 化 ) 図 解 表 現 を 使 っ て 分 か り や す く

18 協 働 協 調 的 な 学 びが 充 実 するには 個 に 始 まり 個 に 終 わる がポイント 協 働 協 調 する 場 に 臨 むには 自 分 の 考 え 価 値 立 場 等 を 明 確 に 持 つ 終 末 の まとめ は 生 徒 が 主 体 的 に 学 習 のねらいに 迫 る 振 り 返 り がポイント 何 が 分 かって 何 ができるようになったのか 学 びを 振 り 返 り 自 覚 する 場 の 確 保 学 びと 評 価 の 一 体 化 ( 児 童 生 徒 サイド) 指 導 者 も 指 導 のプロセスを 振 り 返 る 指 導 と 評 価 の 一 体 化 ( 教 師 サイド)

19 研 究 の 視 点 協 働 協 調 的 な 学 びを 充 実 するための 3つの 視 点 学 びを 引 き 出 す 豊 かなかかわり 合 いのある 言 語 活 動 対 話 ジグソー 活 動 学 びを 振 り 返 る 思 考 過 程 の 可 視 化 と 学 びの 振 り 返 り 思 考 内 容 の 質 を 段 階 設 定 し 共 有 化 客 観 的 な 学 びの 振 り 返 り 学 びを 支 える 学 びのUD 化 と 効 果 的 なICTの 活 用 考 え 方 ( 思 考 ツール) 等 の 習 得 課 題 の 焦 点 化

20 視 点 3 学 びを 支 える 学 びのUD 化 と 効 果 的 なICTの 活 用 授 業 づくり 学 級 づくり 学 校 づくり 学 びの インフラ 整 備 言 語 スキル の 習 得 ICTの 効 果 的 な 活 用 学 習 訓 練 学 習 規 律 ルール など 話 形 板 書 ノート 等 の 学 びのインフラ 整 備 1 時 間 の 流 れを 示 す めあて の 提 示 コミュニケーションス キル 言 語 スキルの 習 得 ICTの 効 果 的 な 活 用 教 師 による 提 示 考 えの 共 有 等 学 習 訓 練 学 習 規 律 学 級 のルール 等 人 間 関 係 づくり など

21 協 働 協 調 的 な 学 びが 充 実 するには 言 語 スキルの 習 得 思 考 ツールの 習 得 などがポイント 協 働 協 調 的 な 学 びの 場 で 自 らの 考 えを 主 体 的 に 伝 えられる 言 語 スキル( 汎 用 的 能 力 ) 比 較 関 連 付 け 多 面 的 多 角 的 な 考 え 方 の 習 得 ( 汎 用 的 能 力 ) 問 題 解 決 的 な 学 習 過 程 のプロセスを 習 得 する( 汎 用 的 能 力 ) より 具 体 的 な 学 習 課 題 ( 問 い) の 設 定 目 的 意 識 が 明 確 で すぐにでも 考 えたくなるような わくわく する 問 い の 設 定 ( 汎 用 性 ) 人 間 関 係 づくり 信 頼 関 係 づくり 多 様 な 他 者 と 協 働 協 調 的 に 学 び 合 える 学 級 集 団 づくり 教 師 による うなずき 共 感 等 学 習 意 欲 へつながる 信 頼 関 係 づくり

22 生 徒 の 意 識 社 会 科 の 学 習 において 楽 しい と 思 うとき レポート 先 生 の 話 討 論 論 述 事 前 自 分 で 追 究 発 表 見 学 活 動 学 び 合 い 討 論 レポート 先 生 の 話 自 分 で 追 究 論 述 事 後 見 学 活 動 学 び 合 い 発 表

23 生 徒 の 意 識 社 会 科 の 学 習 において 分 かった と 思 うとき レポート 論 述 討 論 先 生 の 話 見 学 事 前 学 び 合 い 自 分 で 追 究 レポート 発 表 論 述 見 学 討 論 事 後 先 生 の 話 自 分 で 追 究 学 び 合 い 発 表

24 意 識 調 査 による 生 徒 の 変 容 グループ 学 習 等 で, 友 達 と 協 力 して 学 習 に 取 り 組 む 友 達 の 発 表 を 聞 いて すばらしいなあ と 思 う 友 だちの 考 えを 聞 いて,それに 対 して, 教 えたり,アドバイスを する 友 達 との 学 び 合 いが 学 習 に 役 にたった 自 分 の 考 えに 自 信 をもつ 解 決 できることへの 喜 び 先 生 のアドバイスによる 学 習 意 欲 応 用 問 題 やむずかしい 問 題 への 挑 戦 授 業 で 学 習 したことを 家 でもう 一 度 やってみる 大 事 なことをノートに 書 きとめる 疑 問 に 思 ったことをいろいろな 方 法 ( 本 で 調 る 先 生 や 友 達 の 話 をしっかり 聞 く 友 達 の 考 えから 自 分 の 考 えを 問 い 直 す 友 達 の 考 えや 意 見 に 対 する 意 見 わかりやすい 発 表 自 分 なりの 考 え (N=27) P< P< P< 事 後 事 前

25 研 究 のまとめ 研 究 の 成 果 と 課 題 ジグソー 法 を 取 り 入 れた 学 びの 場 の 工 夫 により 学 習 意 欲 の 向 上 が 見 られた 知 識 を 統 合 し 関 連 付 けながら 歴 史 ( 文 化 )を 大 観 する ことで 学 習 のねらいを 達 成 することができた 課 題 解 決 型 の 学 習 過 程 による 協 働 協 調 的 な 学 びの 充 実 により 論 理 的 思 考 力 批 判 的 思 考 力 の 育 成 につながった 歴 史 的 事 象 に 対 する 見 方 考 え 方 ( 概 念 )を 間 違 ってとら えていないかを 相 互 に 評 価 し 合 う クロストーク(まとめ 振 り 返 り)の 重 要 性

全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 に 寄 与 したと 考 えられる 取 組 授 業 における 取 組 読 解 力 表 現 力 を 高 めるための 指 導 の 充 実 継 続 書 き 方 の 手 引 き の 活 用 による 読 解 力 表 現 力 の 向 上 中 学 生 に 多 くみ

全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 に 寄 与 したと 考 えられる 取 組 授 業 における 取 組 読 解 力 表 現 力 を 高 めるための 指 導 の 充 実 継 続 書 き 方 の 手 引 き の 活 用 による 読 解 力 表 現 力 の 向 上 中 学 生 に 多 くみ 読 解 力 表 現 力 を 育 てる 指 導 の 実 践 例 国 語 の 記 述 式 問 題 の 結 果 が 顕 著 に 良 好 な 中 学 校 の 例 学 校 紹 介 学 校 種 校 区 内 小 学 校 学 級 数 生 徒 数 中 学 校 ( 平 成 4 年 開 校 ( 近 隣 2 校 の 統 合 による )) 5 校 計 6 学 級 第 1 学 年 1 学 級 ( 約 30 名 ) ( 約 130

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

確 認 読 み 段 階 では まず 接 続 語 や 末 表 現 に 着 眼 したり と つながり 考 えたりしな がら 章 構 成 つかむ そして 構 成 分 析 視 点 基 に 吟 味 が 必 要 な 点 出 し 合 いながら 課 題 設 定 する こように 児 童 が 章 構 成 捉 えた 上

確 認 読 み 段 階 では まず 接 続 語 や 末 表 現 に 着 眼 したり と つながり 考 えたりしな がら 章 構 成 つかむ そして 構 成 分 析 視 点 基 に 吟 味 が 必 要 な 点 出 し 合 いながら 課 題 設 定 する こように 児 童 が 章 構 成 捉 えた 上 説 明 的 な 章 批 判 的 に 読 む 児 童 育 てる 高 学 年 国 語 科 学 習 指 導 - 焦 点 化 した 課 題 追 究 する 評 価 読 み 通 して- 教 育 指 導 部 教 科 教 育 班 長 期 派 遣 研 修 員 ( 吉 富 町 立 吉 富 小 学 校 教 諭 坂 山 利 1 研 究 主 題 について 説 明 (1 主 題 意 味 ア 主 題 について 説 明 的 な 章

More information

かけがわ 学 力 向 上 ものがたり 友 だちにやさしい 子 すてきな 文 章 を 書 く 子 足 の 速 い 子 絵 の 上 手 な 子 漢 字 や 歌 が 苦 手 な 子 など さまざまな 子 がいます その 子 の 顔 が 見 え るでしょうか 点 数 だけにとらわれて 学 力 を 論 じると かけがえのない 大 切 なことを 見 落 としてしまうかも 知 れません 教 育 基 本 法 第 1

More information

2 本 校 の 読 解 力 のとらえ 方 読 解 力 とは, 文 章 を 読 んでその 意 味 を 理 解 し, 解 釈 する 力 ( 広 辞 苑 ) とある そこで 本 校 では, 読 解 力 を 文 章 を 読 み, 正 確 に 読 み 取 ったことをもとに, 経 験 や 体 験 を 踏 まえ

2 本 校 の 読 解 力 のとらえ 方 読 解 力 とは, 文 章 を 読 んでその 意 味 を 理 解 し, 解 釈 する 力 ( 広 辞 苑 ) とある そこで 本 校 では, 読 解 力 を 文 章 を 読 み, 正 確 に 読 み 取 ったことをもとに, 経 験 や 体 験 を 踏 まえ 平 成 27 年 度 校 内 研 究 Ⅰ 研 究 主 題 Ⅱ 研 究 の 概 要 国 語 科 における 読 解 力 を 高 める 複 式 指 導 のあり 方 1 研 究 主 題 設 定 の 理 由 (1) 本 校 のこれまでの 研 究 の 取 組 から こだわりの 視 点 まとめる 力 の 育 成 ポストテスト100%の 達 成 平 成 26 年 度 は 教 科 等 ( 外 国 語, 道 徳 )における,

More information

Microsoft PowerPoint - 公開授業Web(家庭)【確定版】

Microsoft PowerPoint - 公開授業Web(家庭)【確定版】 平 成 25 年 度 基 礎 基 本 習 得 のための 実 践 研 究 事 業 技 術 家 庭 科 ( 家 庭 分 野 ) 公 開 授 業 授 業 者 安 中 市 立 第 二 中 学 校 土 屋 真 美 教 諭 11 月 26 日 ( 火 ) 第 5 校 時 1 年 6 組 (30 名 ) 県 内 の 小 中 学 校 の 先 生 方 や 群 馬 大 学 の 学 生 さん 等 70 名 を 超 える

More information

社 会 科 学 習 指 導 案 1. 単 元 名 農 業 のさかんな 地 域 をたずねて 日 時 平 成 26 年 7 月 7 日 ( 月 ) 児 童 小 学 校 第 5 学 年 指 導 者 釧 路 教 育 研 究 所 研 究 部 2. 単 元 について (1) 教 材 観 本 単 元 にかかわる

社 会 科 学 習 指 導 案 1. 単 元 名 農 業 のさかんな 地 域 をたずねて 日 時 平 成 26 年 7 月 7 日 ( 月 ) 児 童 小 学 校 第 5 学 年 指 導 者 釧 路 教 育 研 究 所 研 究 部 2. 単 元 について (1) 教 材 観 本 単 元 にかかわる 単 元 名 農 業 のさかんな 地 域 をたずねて 学 びの 地 図 社 会 科 学 習 指 導 案 1 時 間 目 北 海 道 東 北 地 方 が 米 作 りが 盛 んなわけを 予 想 しよ 北 海 道 米 の ゆめぴりか を 調 べて,まちの 人 にしょかい しよ ど し て お い し い の だ ろ? 2 時 間 目 米 がたくさんとれると ころはどんなところだ ろ 3 4 時 間 目 米

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20826E8269827382CC82C282C882AC8169955C8E868160703235816A8DC58F498C8892E894C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20826E8269827382CC82C282C882AC8169955C8E868160703235816A8DC58F498C8892E894C52E646F63> 1 2 教 求 育 め 指 ら 導 れ に て お い い る て こ と 生 き る 力 の 育 成 確 かな 学 力 豊 かな 人 間 性 健 康 体 力 基 礎 基 本 の 確 実 な 定 着 道 徳 教 育 の 充 実 キャリア 教 育 の 充 実 規 範 意 識 の 醸 成 学 習 指 導 生 活 指 導 進 路 指 導 学 学 開 求 校 校 か め の づ れ ら 在 く た れ り

More information

Taro-指導案(修正版)

Taro-指導案(修正版) 小 学 校 第 3 学 年 国 語 科 学 習 指 導 案 日 時 平 成 26 年 6 月 24 日 ( 火 )2 校 時 指 導 者 教 育 センター 所 員 吉 田 奈 美 1 単 元 名 調 べたことをほうこくする 文 章 を 書 こう 2 参 考 教 材 名 気 になる 記 号 ( 光 村 図 書 3 年 上 ) 調 べたことを 整 理 して 書 こう ( 東 京 書 籍 3 年 下 )

More information

<4D F736F F D D CA4817A32325F8CA788CF91F58E968BC65F95DB8C9291CC88E7816A2E646F63>

<4D F736F F D D CA4817A32325F8CA788CF91F58E968BC65F95DB8C9291CC88E7816A2E646F63> 研 究 主 題 平 成 22 年 度 香 川 県 教 育 委 員 会 研 究 団 体 等 研 究 委 託 事 業 香 川 県 中 学 校 教 育 研 究 会 保 健 体 育 部 会 運 動 に 親 しみ, 言 語 活 動 を 通 した 論 理 的 思 考 力 を 育 むための 指 導 事 例 1 研 究 主 題 について 平 成 20 年 1 月 にまとめられた 中 央 教 育 審 議 会 答 申

More information

Taro-shakai.jtd

Taro-shakai.jtd 第 3 学 年 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 21 年 11 月 11 日 5 校 時 場 所 : 第 3 学 年 3 組 教 室 授 業 者 : 教 諭 梅 津 卯 1 単 元 名 わたしたちの 生 活 と 経 済 2 単 元 の 目 標 (1) 経 済 活 動 の 意 義 や 生 産 流 通 消 費 といった 経 済 のおおまかなしくみを, 身

More information

<5461726F2D31303233815189C692EB815196E589AA90E791908169914F94BC>

<5461726F2D31303233815189C692EB815196E589AA90E791908169914F94BC> 授 業 のエキスパート 養 成 事 業 ( 第 2 学 年 技 術 家 庭 科 ) 授 業 実 践 記 録 学 校 名 今 治 市 立 桜 井 中 学 校 職 氏 名 教 諭 門 岡 千 草 1 日 時 平 成 21 年 10 月 23 日 ( 金 ) 第 5 校 時 (13:25~14:15) 2 題 材 名 わたしと 家 族 家 庭 と 地 域 3 目 標 生 活 に 必 要 な 基 本 的 な

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 しらとり 保 育 所 目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 向 けた 取 組 -----------------------------------------

More information

資料2-2 定時制課程・通信制課程高等学校の現状

資料2-2 定時制課程・通信制課程高等学校の現状 資 料 2-2 定 時 制 課 程 通 信 制 課 程 高 等 学 校 の 現 状 1 学 校 の 設 置 形 態 及 び 規 模 組 織 形 態 等 1-1 高 等 学 校 の 学 校 数 ( 校 ) 6,000 5,000 4,856 4,812 4,960 5,222 5,466 5,518 5,506 5,507 5,476 5,517 5,505 5,488 5,477 5,452 5,383

More information

第 2 分 科 会 学 校 図 書 館 の 活 性 化 をめざして 奥 出 雲 町 立 横 田 中 学 校 発 表 者 司 書 教 諭 矢 田 由 利 子 学 校 司 書 足 立 佳 世 横 田 中 学 校 では 平 成 21 年 度 より 学 校 司 書 が 配 置 され 人 のいる 図 書 館

第 2 分 科 会 学 校 図 書 館 の 活 性 化 をめざして 奥 出 雲 町 立 横 田 中 学 校 発 表 者 司 書 教 諭 矢 田 由 利 子 学 校 司 書 足 立 佳 世 横 田 中 学 校 では 平 成 21 年 度 より 学 校 司 書 が 配 置 され 人 のいる 図 書 館 第 1 分 科 会 自 ら 考 え 行 動 する 生 徒 を 育 てるために 学 校 図 書 館 ができることとは 安 来 市 立 広 瀬 中 学 校 発 表 者 司 書 教 諭 高 井 真 理 学 校 司 書 小 林 順 子 広 瀬 中 学 校 の 学 校 教 育 目 標 は ふるさとを 愛 し, 人 間 性 ゆたかにたくましく 生 きる 生 徒 の 育 成 であ る その 達 成 のために 学

More information

[ 現 代 文 ]: 論 理 力 を 徹 底 的 に 鍛 える 1. 抽 象 と 具 体 の 関 係,イコールと 対 立 の 関 係 が 理 解 できる 2. 現 代 社 会 の 基 本 的 な 考 え 方 ( 近 代 化 情 報 化 ポストモダンなど)が 理 解 できる 3. 小 説 の 表 現

[ 現 代 文 ]: 論 理 力 を 徹 底 的 に 鍛 える 1. 抽 象 と 具 体 の 関 係,イコールと 対 立 の 関 係 が 理 解 できる 2. 現 代 社 会 の 基 本 的 な 考 え 方 ( 近 代 化 情 報 化 ポストモダンなど)が 理 解 できる 3. 小 説 の 表 現 5 教 科 CAN-DO リスト< 各 教 科 別 > 平 成 26 年 度 以 降 入 学 特 進 及 び 一 貫 平 成 26 年 度 以 降 入 学 グレス アス アスリート 国 語 科 中 1 1. 論 説 文 段 落 ごとの 要 約 とつながりを 中 心 にした 読 解 ができる 2. 小 説 きっかけ 心 情 行 動 という 読 解 パターンが 理 解 できる 3. 作 文 映 像 と

More information

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 して いる 1. 事 業 所 が

More information

Taro-内藤教諭0213

Taro-内藤教諭0213 平 成 24 年 度 教 科 リーダー 養 成 講 座 ( 高 等 学 校 ) 実 践 記 録 意 思 決 定 のプロセスから 思 考 力 を 育 てる 2 年 生 家 庭 基 礎 家 庭 の 経 済 と 消 費 の 授 業 を 通 して 県 立 新 潟 北 高 等 学 校 内 藤 香 織 Ⅰ 指 導 構 想 生 徒 との 普 段 の 会 話 から 消 費 生 活 が 意 思 決 定 を 意 識 的

More information

(Microsoft Word - \214\244\213\206\215\\\221z.doc)

(Microsoft Word - \214\244\213\206\215\\\221z.doc) 研 究 主 題 対 話 的 コミュニケーション 能 力 を 育 む 教 育 活 動 - 聴 く 力 を 高 める 手 だての 工 夫 を 通 して- 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 現 代 教 育 の 動 向 から 国 際 化 情 報 化 科 学 技 術 の 進 展 環 境 問 題 等 めまぐるしく 変 化 し 先 行 き 不 透 明 な 時 代 が 到 来 しており その 流 れは 今 後

More information

1 年 女 子 保 健 体 育 生 徒 は 主 体 的 に 授 業 に 取 り 組 んでいる しかし 周 りが 動 かないと 動 けない 場 面 が 見 られる 体 育 係 が 声 掛 けをしているが 今 後 は 体 育 係 の 声 掛 けがなくても 動 けるようにしていく 運 動 が 苦 手 な

1 年 女 子 保 健 体 育 生 徒 は 主 体 的 に 授 業 に 取 り 組 んでいる しかし 周 りが 動 かないと 動 けない 場 面 が 見 られる 体 育 係 が 声 掛 けをしているが 今 後 は 体 育 係 の 声 掛 けがなくても 動 けるようにしていく 運 動 が 苦 手 な 1 年 男 子 保 健 体 育 授 業 改 善 推 進 プラン 集 合 整 列 は 速 くできるようになってきた 学 習 カード 等 を 提 出 しない 生 徒 がおり 記 入 の 仕 方 もいい 加 減 な 生 徒 もいる 積 極 的 な 発 言 があまり 見 られない 体 力 テストの 持 久 走 ( 全 身 持 久 力 )の 数 値 が 低 い 種 目 に 対 して 好 き 嫌 いの 差 が

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成 若 い 先 生 のための 学 級 経 営 講 座 月 別 編 7 月 4 通 知 表 ( 票 ) 通 信 簿 の 作 成 ~ 学 期 の 学 校 生 活 の 様 子 を 伝 える 連 絡 簿 ~ 埼 玉 県 教 育 局 東 部 教 育 事 務 所 学 期 末 になれば 担 任 教 師 は 当 該 学 期 の 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 学 習 や 生 活 の 状 況 をま とめ 通 知 表

More information

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf 四 條 畷 市 幼 児 教 育 ビジョン( 案 ) 平 成 24 年 7 月 四 條 畷 市 教 育 委 員 会 はじめに 1. 幼 児 期 の 教 育 の 重 要 性 1 2. 幼 稚 園 教 育 について 1~2 3. 四 條 畷 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 2~3 (1) 市 立 幼 稚 園 の 現 状 (2) 私 立 幼 稚 園 の 現 状 (3) 保 育 所 ( 園 )の 現 状

More information

国語科(国語)調査資料1

国語科(国語)調査資料1 新 しい 科 学 ( 東 京 書 籍 ) 巻 頭 で 科 学 と 人 の 物 語 単 元 や 章 の 導 入 では 身 近 な 事 物 事 象 の 写 真 を2ページに 掲 載 し 学 習 意 欲 を 喚 起 するようになっている 導 入 部 分 で 既 習 事 項 を 示 し 観 察 実 験 で 生 徒 の 疑 問 や 思 考 の 流 れに 沿 って 課 題 が 提 示 され 生 徒 が 事 実

More information

(Microsoft Word - \207I\202T\224N\216w\223\261\210\304\201u\220}\214`\202\314\212p\201v.docx)

(Microsoft Word - \207I\202T\224N\216w\223\261\210\304\201u\220}\214`\202\314\212p\201v.docx) ,4 12 指 導 者 山 口 愛 美 3 日 時 平 月 日 ( 金 ) 第 校 時 4 学 年 組 第 5 学 年 1 組 ( 男 名 女 名 名 ) 5 場 所 5 年 1 組 教 室 〇 名 の 角 5 を 単 元 について 和 本 単 元 は, 学 習 指 導 要 領 第 5 学 年 の 内 容 C 図 形 (1) 図 形 についての 観 察 や 構 成 などの 活 動 の 通 して, 平

More information

から 目 をそらさず 問 題 に 対 する 具 体 的 支 援 法 を 考 えて 実 施 し そして 子 どもの 発 達 的 変 化 を 親 と 共 に 確 認 することが 発 達 障 害 児 の 親 の 養 育 不 安 の 軽 減 に 最 も 有 効 であるということである 子 どもの 障 害 特

から 目 をそらさず 問 題 に 対 する 具 体 的 支 援 法 を 考 えて 実 施 し そして 子 どもの 発 達 的 変 化 を 親 と 共 に 確 認 することが 発 達 障 害 児 の 親 の 養 育 不 安 の 軽 減 に 最 も 有 効 であるということである 子 どもの 障 害 特 発 達 障 害 児 の SST と 養 育 不 安 の 変 化 白 百 合 女 子 大 学 五 十 嵐 一 枝 発 達 障 害 児 の 理 解 発 達 障 害 は 広 い 概 念 である ここでは 高 機 能 広 汎 性 発 達 障 害 ( 以 下 HFPDD) 注 意 欠 陥 / 多 動 性 障 害 ( 以 下 AD/HD) 学 習 障 害 ( 以 下 LD)などのいわゆる 軽 度 発 達 障 害

More information

(2)アセスメント 担 任 からの 学 習 に 関 するデータや 諸 検 査 をもとに 児 童 一 人 一 人 のニーズに 応 じた 学 習 支 援 に 関 す る 方 略 やグルーピングを 計 画 し 校 内 の 指 導 体 制 を 整 備 (3) 学 習 支 援 1 特 別 支 援 学 級 にお

(2)アセスメント 担 任 からの 学 習 に 関 するデータや 諸 検 査 をもとに 児 童 一 人 一 人 のニーズに 応 じた 学 習 支 援 に 関 す る 方 略 やグルーピングを 計 画 し 校 内 の 指 導 体 制 を 整 備 (3) 学 習 支 援 1 特 別 支 援 学 級 にお 研 究 課 題 副 題 ICTを 活 用 した 認 知 特 性 に 応 じた 読 み 書 き 指 導 法 の 研 究 ~ 特 別 支 援 級 から 通 常 学 級 への 支 援 の 広 がり~ 学 校 名 鹿 沼 市 立 みなみ 小 学 校 所 在 地 322-0531 鹿 沼 市 南 上 野 町 503 ホームページ アドレス http://www.school.kanuma.ed.jp/e-minami/

More information

Microsoft Word - 21木育インストラクター・テキスト_HP用・p5~p41_20100315.docx

Microsoft Word - 21木育インストラクター・テキスト_HP用・p5~p41_20100315.docx 1. 木 育 とは 何 か 木 育 は 幼 児 期 から 原 体 験 としての 木 材 との 関 わりを 深 め 豊 かなく らしづくり 社 会 づくり そして 森 づくりに 貢 献 する 市 民 の 育 成 をめざす 活 動 です 例 えば 以 下 に 示 すような 活 動 は 代 表 的 な 木 育 の 活 動 です 木 育 の 活 動 は 非 常 に 多 様 であり そして 学 習 対 象 の

More information

番 号 名 学 年 コース 単 位 数 2-2 現 代 文 B 2 P 4 必 修 1 年 次 の 国 語 総 合 の 学 習 成 果 をもとに 近 代 以 降 の 評 論 小 説 随 想 詩 歌 を 学 んでいく 説 明 的 な 文 章 である 評 論 随 想 と 文 学 的 文 章 である 小

番 号 名 学 年 コース 単 位 数 2-2 現 代 文 B 2 P 4 必 修 1 年 次 の 国 語 総 合 の 学 習 成 果 をもとに 近 代 以 降 の 評 論 小 説 随 想 詩 歌 を 学 んでいく 説 明 的 な 文 章 である 評 論 随 想 と 文 学 的 文 章 である 小 番 号 2-1 名 現 代 文 B 学 年 コース 単 位 数 2 S A 3 必 修 1 年 次 の 国 語 総 合 の 学 習 成 果 をもとに 近 代 以 降 の 評 論 小 説 随 想 詩 歌 を 学 んでいく 説 明 的 な 文 章 である 評 論 随 想 と 文 学 的 文 章 である 小 説 や 詩 歌 を 交 互 に 学 習 する 鑑 賞 文 や 意 見 文 の 作 成 要 約 課

More information

生 徒 を 生 かすという 意 味 で 強 制 ではなく その 理 由 をもう 一 度 問 う 程 度 に 指 導 も 留 めている それ が 結 果 的 には 地 域 や 保 護 者 先 生 方 も 含 め 気 持 ちよく 挨 拶 ができる 集 団 として 成 長 をしている ところである (2)

生 徒 を 生 かすという 意 味 で 強 制 ではなく その 理 由 をもう 一 度 問 う 程 度 に 指 導 も 留 めている それ が 結 果 的 には 地 域 や 保 護 者 先 生 方 も 含 め 気 持 ちよく 挨 拶 ができる 集 団 として 成 長 をしている ところである (2) 生 徒 を 生 かし 心 を 鍛 える 部 活 動 経 営 について ふじみ 野 市 立 福 岡 中 学 校 篠 原 一 浩 1 主 題 設 定 の 理 由 部 活 動 は 学 級 とは 異 なり 同 じ 集 団 で2 年 半 という 所 属 機 関 に 属 することになる 教 員 にとって も 学 年 を 超 えて 同 じ 集 団 を 見 続 けられる 場 であり また 生 徒 の 成 長 に 長

More information

<8D754191E538343030388EC08E7B95F18D908F91816989C18C7698439683816A2E786C73>

<8D754191E538343030388EC08E7B95F18D908F91816989C18C7698439683816A2E786C73> 平 成 20 年 度 サイエンス パートナーシップ プロジェクト 講 座 型 学 習 活 動 プランA 実 施 報 告 書 緑 部 分 は 項 目 選 択 黄 色 部 分 は 必 ず 記 入 してください 英 数 字 は 半 角 で 統 一 して 記 して 下 さい 整 理 番 号 実 施 機 関 キャリア 教 育 枠 有 り 鹿 児 島 工 業 高 等 専 門 学 校 様 式 Ⅲ4(A)-1/6

More information

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464>

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464> 問 題 解 決 学 習 を 通 して 科 学 的 思 考 力 と 表 現 力 の 育 成 を 図 る 理 科 授 業 ~ 言 語 活 動 を 充 実 させる 授 業 ~ 新 発 田 市 立 第 一 中 学 校 教 諭 星 野 勝 紀 Ⅰ 主 題 設 定 の 理 由 今 までの 実 践 から 私 自 身 のこれまでの 授 業 を 振 り 返 ると 教 師 側 である 程 度 筋 道 を 立 て 発 達

More information

10017 ミドルリーダー 研 修 6( 校 内 OJT) 10018 学 校 事 務 職 員 研 修 10019 学 校 事 務 職 員 ステップアップ 研 修 Ⅰ( 実 務 ) 10020 学 校 事 務 職 員 ステップアップ 研 修 Ⅱ (コミュニケーション 力 等 養 成 ) 10021

10017 ミドルリーダー 研 修 6( 校 内 OJT) 10018 学 校 事 務 職 員 研 修 10019 学 校 事 務 職 員 ステップアップ 研 修 Ⅰ( 実 務 ) 10020 学 校 事 務 職 員 ステップアップ 研 修 Ⅱ (コミュニケーション 力 等 養 成 ) 10021 市 町 名 10_ 豊 中 市 教 育 委 員 会 研 修 番 号 10001 ステップ 研 修 1 10002 ステップ 研 修 2 10003 ステップ 研 修 3 10004 ステップ 研 修 4 10005 ステップ 研 修 5 10006 ステップ 研 修 6 研 修 名 クリックすると 要 項 が 表 示 されます 10007 ジャンプ 研 修 1( 学 級 経 営 ) 10008 ジャンプ

More information

(Microsoft Word - \230a\223c\217\254\216w\223\261\210\304.docx)

(Microsoft Word - \230a\223c\217\254\216w\223\261\210\304.docx) 第 6 学 年 保 健 学 習 指 導 案 上 越 市 立 和 田 小 学 校 6 年 生 教 室 平 成 3 年 1 月 7 日 ( 木 )5 校 時 授 業 者 養 護 教 諭 御 所 窪 秀 佳 1 単 元 名 病 気 の 予 防 Ⅱ 喫 煙 飲 酒 薬 物 乱 用 と 健 康 単 元 の 目 標 病 気 の 予 防 や 飲 酒 喫 煙 薬 物 の 害 について 関 心 をもち 課 題 をもって

More information

とにして, 新 美 南 吉 記 念 館 を 訪 れるお 客 さんに 対 して 館 内 をボランティアとして 案 内 したり, 南 吉 ゆ かりの 地 を 訪 れる 観 光 客 に 案 内 ボランティアとして 活 動 したりする 新 美 南 吉 案 内 人 を 目 指 す 3 研 究 の 実 践 6

とにして, 新 美 南 吉 記 念 館 を 訪 れるお 客 さんに 対 して 館 内 をボランティアとして 案 内 したり, 南 吉 ゆ かりの 地 を 訪 れる 観 光 客 に 案 内 ボランティアとして 活 動 したりする 新 美 南 吉 案 内 人 を 目 指 す 3 研 究 の 実 践 6 研 究 課 題 副 題 学 校 名 地 域 素 材 を 生 かし,デジタルペンやタブレット 端 末 を 活 用 した 協 働 学 習 に 関 する 研 究 ~ 新 美 南 吉 のコンテンツ 制 作 から 案 内 人 になるまでの 活 動 を 通 して~ 半 田 市 立 岩 滑 小 学 校 所 在 地 475-0962 愛 知 県 半 田 市 岩 滑 高 山 町 5-55 ホームページ アドレス http://www.yanabe-e.ed.jp

More information

琴平町立琴平中学校 外3校 報告書(要約)

琴平町立琴平中学校 外3校 報告書(要約) 37 香 川 県 琴 平 町 立 琴 平 中 学 校 外 3 校 21~23 平 成 23 度 研 究 開 発 実 施 報 告 書 ( 要 約 ) 1 研 究 開 発 課 題 郷 土 を 愛 し,まちづくりに 主 体 的 に 参 画 できる 子 どもを 地 域 と 一 体 となって 育 てることをめざした 研 究 開 発 2 研 究 の 概 要 小 中 学 校 9 間 を 通 して, 発 達 段 階

More information

3 万 人 11 億 人 ): 各 1 人 無 回 答 :6 人 4 今 の 日 本 の 人 口 に 関 する 問 題 少 子 高 齢 化 17 人 や 課 題 をあげてください 少 子 化 2 人 ( 複 数 回 答 可 ) 人 口 減 少 1 人 地 方 中 枢 都 市 や 三 大 都 市 に

3 万 人 11 億 人 ): 各 1 人 無 回 答 :6 人 4 今 の 日 本 の 人 口 に 関 する 問 題 少 子 高 齢 化 17 人 や 課 題 をあげてください 少 子 化 2 人 ( 複 数 回 答 可 ) 人 口 減 少 1 人 地 方 中 枢 都 市 や 三 大 都 市 に 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 北 広 島 町 立 大 朝 中 学 校 教 諭 三 田 直 子 1. 日 時 平 成 26 年 12 月 10 日 ( 水 )4 校 時 2. 場 所 3 年 生 教 室 3. 学 級 第 3 学 年 ( 男 子 10 名 女 子 12 名 計 22 名 ) 4. 単 元 名 第 3 編 私 たちの 生 活 と 経 済 第 3 章 財 政

More information

第5章:書く(概要)

第5章:書く(概要) (1) 目 的 では まとまった 文 ( )を 力 を 測 ります 力 は 教 科 学 習 言 語 能 力 の 大 きな 部 分 を 占 めるもので 考 える 力 と 文 字 にする 力 の 両 方 が 必 です 文 字 文 法 の 習 得 はもちろん 基 礎 作 文 力 の 大 切 な 素 ですが 文 字 化 する 前 の 考 える 力 にも 焦 点 をあてます では きたいことがあっても 文 字

More information

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc Ⅰ Ⅱ 研 究 主 題 主 題 設 定 理 由 1 社 会 要 請 教 育 的 課 題 から 表 現 力 向 上 を 目 指 した 学 習 指 導 研 究 ~ 言 語 力 を 高 める 指 導 実 践 を 通 して~ 21 世 紀 は 新 しい 知 識 情 報 技 術 が 政 治 経 済 文 化 をはじめ 社 会 あらゆる 領 域 で 活 動 基 盤 として 飛 躍 的 に 重 要 性 を 増 す

More information

小学校第5学年家庭科学習指導案

小学校第5学年家庭科学習指導案 小 学 校 第 5 学 年 家 庭 科 学 習 指 導 案 日 時 平 成 24 年 9 月 28 日 ( 金 ) 指 導 者 5 年 担 任 教 諭 宮 本 ルミ 1 題 材 名 針 と 糸 を 使 ってみよう ~ 見 つめよう 家 庭 生 活 ~ 2 題 材 について (1)ねらいについて 本 題 材 は 小 学 校 学 習 指 導 要 領 家 庭 科 の 内 容 (3) 生 活 に 役 立 つ

More information

資料3 課題探究型学習でつけたい力・ついた力(京都市立堀川高等学校発表資料)

資料3 課題探究型学習でつけたい力・ついた力(京都市立堀川高等学校発表資料) 平 成 25 年 7 月 31 日 京 都 市 立 堀 川 高 等 学 校 飯 澤 功 育 成 すべき 資 質 能 力 を 踏 まえた 教 育 目 標 内 容 と 評 価 の 在 り 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 7 回 ) 資 料 課 題 探 究 型 学 習 でつけたい 力 とついた 力 資 料 3 1. 堀 川 高 校 における 課 題 探 究 型 学 習 とはどんなものか? 1.1 探

More information

経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 し た の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役 割 3 の 組 織 力 を 高 めるために 4 組 織 活 性 化 の 在 り 方 5 福 島 県 の 外 部 評 価

経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 し た の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役 割 3 の 組 織 力 を 高 めるために 4 組 織 活 性 化 の 在 り 方 5 福 島 県 の 外 部 評 価 平 成 19 年 度 県 公 立 小 中 事 務 研 究 会 事 務 研 修 会 資 料 H.19.10.17 ユラックス 熱 海 経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 した の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 県 教 育 センター 研 究 調 査 チーム 主 任 指 導 主 事 鈴 木 久 米 男 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役

More information

(2) 単 元 の 評 価 規 準 単 元 の 評 価 規 準 学 習 活 動 に 即 し た 評 価 規 準 ア 国 語 への 関 心 意 欲 態 度 ウ 書 く 能 力 エ 読 む 能 力 オ 言 語 についての 知 識 理 解 技 能 詩 に 込 められた 思 い を 受 け 止 め 感 想

(2) 単 元 の 評 価 規 準 単 元 の 評 価 規 準 学 習 活 動 に 即 し た 評 価 規 準 ア 国 語 への 関 心 意 欲 態 度 ウ 書 く 能 力 エ 読 む 能 力 オ 言 語 についての 知 識 理 解 技 能 詩 に 込 められた 思 い を 受 け 止 め 感 想 第 3 学 年 5 組 国 語 科 学 習 指 導 案 平 成 26 年 10 月 15 日 ( 水 ) 第 5 校 時 戸 田 市 立 笹 目 中 学 校 3 年 5 組 在 籍 生 徒 数 男 子 16 名 女 子 17 名 指 導 者 教 諭 廣 川 隼 志 1 単 元 名 教 材 名 状 況 を 読 む 挨 拶 - 原 爆 の 写 真 によせて 2 単 元 について (1) 指 導 観 まもなく

More information

2 学 習 評 価, 工 夫 改 善 のポイント (1) 評 価 を 行 う 際 の 留 意 点 道 徳 教 育 における 評 価 が, 教 師 が 生 徒 の 人 間 的 な 成 長 を 見 守 り, 生 徒 自 身 が 自 己 のよりよい 生 き 方 を 求 めていく 努 力 を 評 価 し,そ

2 学 習 評 価, 工 夫 改 善 のポイント (1) 評 価 を 行 う 際 の 留 意 点 道 徳 教 育 における 評 価 が, 教 師 が 生 徒 の 人 間 的 な 成 長 を 見 守 り, 生 徒 自 身 が 自 己 のよりよい 生 き 方 を 求 めていく 努 力 を 評 価 し,そ 道 徳 1 学 習 指 導 充 実 のポイント 道 徳 の 時 間 の 特 質 を 生 かした 指 導 の 工 夫 学 校 の 教 育 活 動 全 体 を 通 じて 行 う 道 徳 教 育 は, 道 徳 的 行 為 が 生 徒 自 身 の 内 面 から 自 発 的, 自 律 的 に 生 起 するように 道 徳 性 を 育 成 することが 目 標 となる その 要 としての 道 徳 の 時 間 では,

More information

秋田県 能代市 東雲中学校区

秋田県 能代市 東雲中学校区 秋 田 県 能 代 市 東 雲 中 学 校 区 学 校 名 在 籍 者 数 学 級 数 東 雲 中 学 校 251 名 10(1) 向 能 代 小 学 校 401 名 17(4) 朴 瀬 小 学 校 22 名 3( 0 ) 竹 生 小 学 校 28 名 5( 1 ) 学 級 数 の( )は 特 別 支 援 学 級 数 を 内 数 として 記 入 実 態 把 握 課 題 目 標 取 組 点 検 見 直

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

untitled

untitled ICT ICT 1 ICT 2 ICT 3 ICT 4 ICT 5 ICT 6 ICT 7 ICT 8 ICT 9 ICT 10 ICT 11 ICT 12 ICT 13 ICT 14 ICT 15 ICT 16 ICT 17 ICT 18 ICT 19 ICT 20 ICT 21 ICT 22 ICT 23 ICT 24 ICT 25 ICT 26 ICT 27 ICT 28 ICT 29 ICT

More information

Taro-Web用訂正指導案(6年⑤)

Taro-Web用訂正指導案(6年⑤) 第 6 学 年 社 会 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 新 しい 日 本, 平 和 な 日 本 へ ( 東 京 書 籍 ) 2 単 元 について 本 単 元 は, 学 習 指 導 要 領 内 容 (1)ケ 日 華 事 変, 我 が 国 にかかわる 第 二 次 世 界 大 戦, 日 本 国 憲 法 制 定,オリンピック 開 催 などについて 調 べ, 戦 後 我 が 国 は 民 主 的 な 国

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 は 学 校 の 教 育 力 を 高 め 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 能 力 適 性 を 最 大 限 に 伸 ばすことにある 教 職 員 がそれぞれの 立 場 で 連 携 協 力 し 意 欲 と 責 任 感 をもって 教 育 活 動 に

組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 は 学 校 の 教 育 力 を 高 め 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 能 力 適 性 を 最 大 限 に 伸 ばすことにある 教 職 員 がそれぞれの 立 場 で 連 携 協 力 し 意 欲 と 責 任 感 をもって 教 育 活 動 に 組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 指 導 主 事 高 崎 隆 一 Takasaki Ryuuichi 要 旨 学 校 経 営 のビジョンを 具 現 化 するためには 子 ども 及 び 保 護 者 に 最 も 接 する 機 会 の 多 い 教 職 員 が 学 校 経 営 の 方 向 性 を 理 解 し 自 律 的 に 対 応 していくことが 必 要 である そのため 学 校 教

More information

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49 生 きる 力 をはぐくむ 家 庭 科 教 育 - 生 活 の 自 立 を 目 指 した 指 導 と 評 価 の 工 夫 - 指 導 主 事 竹 川 春 美 Takegawa Harumi 要 旨 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 高 齢 社 会 の 到 来 など 社 会 の 変 化 が 著 しい このような 社 会 状 況 の 中 で 男 女 を 問 わず 生 活 の 自 立 に 必 要

More information

じめが 起 きやすいことも 挙 げられる よって 学 級 内 の 人 間 関 係 も 影 響 して いじめ 被 害 者 は 周 囲 の 大 人 へ 助 けを 求 められない 心 理 状 況 に 陥 りやすく ますます 見 えないものとなり 横 暴 化 して いく そういった 状 況 になってしまって

じめが 起 きやすいことも 挙 げられる よって 学 級 内 の 人 間 関 係 も 影 響 して いじめ 被 害 者 は 周 囲 の 大 人 へ 助 けを 求 められない 心 理 状 況 に 陥 りやすく ますます 見 えないものとなり 横 暴 化 して いく そういった 状 況 になってしまって いじめ 予 防 と 修 復 的 な 学 級 集 団 の 形 成 子 ども 同 士 のかかわりに 関 する 諸 問 題 への 着 目 と 仲 裁 者 育 成 プログラムの 可 能 性 139517 松 山 康 成 1.はじめに 現 在 学 校 はいじめや 不 登 校 学 級 崩 壊 校 内 暴 力 等 の 生 徒 指 導 上 の 様 々な 問 題 を 抱 えている (1) 文 部 科 学 省 によると

More information

かがやけ みらい に おける 関 連 6 年 生 1 グッドガイ-メジャーリーガー 松 井 秀 喜 - 1-(4) 誠 実 明 朗 2 わたし 知 らないところで 1-(1) 思 慮 反 省 節 度 節 制 3 銀 しょく 台 2-(4) 寛 容 謙 虚 p. 38 41 p. 184 187 p.

かがやけ みらい に おける 関 連 6 年 生 1 グッドガイ-メジャーリーガー 松 井 秀 喜 - 1-(4) 誠 実 明 朗 2 わたし 知 らないところで 1-(1) 思 慮 反 省 節 度 節 制 3 銀 しょく 台 2-(4) 寛 容 謙 虚 p. 38 41 p. 184 187 p. 学 校 図 書 版 小 学 校 道 徳 副 読 本 かがやけ みらい へ 関 連 的 活 用 について 第 6 学 年 小 学 校 児 童 向 けに 配 布 されています 私 たち 道 徳 を 道 徳 時 間 で 使 用 す るため 関 連 情 報 を 表 にしてお 示 ししました 副 読 本 掲 載 れぞれ 資 料 について ( 導 入 展 開 終 末 ) を 具 体 的 に 挙 げました 関 連

More information

Taro-P86~91 (平成28年度)情

Taro-P86~91  (平成28年度)情 (4) 情 報 教 育 に 関 する 研 修 研 修 会 番 号 102 プレゼンテーションソフト 活 用 基 礎 研 修 会 目 的 プレゼンテーションソフトの 操 作 演 習 により,プレゼンテーション 作 成 の 基 本 的 スキルを 習 得 す る 対 象 者 小 学 校 ( 小 学 部 ), 中 学 校 ( 中 学 部 ), 高 等 学 校 ( 高 等 部 ) 主 幹 教 諭 教 諭 養

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031375F93B993BF8BB388E782CC908490692E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031375F93B993BF8BB388E782CC908490692E646F63> 76 5 学 校 の 組 織 編 制 教 育 課 程 学 習 指 導 生 徒 指 導 職 業 指 導 に 関 すること (2) 教 育 内 容 と 教 育 方 法 の 改 善 2 道 徳 教 育 の 推 進 施 策 の 目 標 生 命 に 対 する 畏 敬 の 念 や 他 人 を 思 いやる 心 感 動 する 心 などの 豊 かな 人 間 性 と 社 会 生 活 に 必 要 なルールや 善 悪 の

More information

平成25年度 いじめ対策等生徒指導推進事業

平成25年度 いじめ対策等生徒指導推進事業 平 成 25 年 度 いじめ 対 策 等 生 徒 指 導 推 進 事 業 自 発 的 主 体 的 な 成 長 発 達 を 促 す 組 織 的 取 組 の 研 究 ~ 不 登 校 児 童 生 徒 不 登 校 経 験 者 を 対 象 に~ お 問 い 合 わ せ は こ ち ら ま で 医 療 法 人 静 光 園 カウンセリングルーム フリースクール サポート 校 ソフィア 836-0862 福 岡 県

More information

ン 群 教 セ F12-01 平 25.251 集 小 外 国 語 積 極 的 にコミュニケーション 活 動 を 行 う 小 学 校 英 語 科 指 導 の 工 夫 ICTの 主 体 的 個 別 活 用 を 通 して 特 別 研 修 員 木 暮 理 人 Ⅰ 主 題 設 定 の 理 由 本 校 は 伊 勢 崎 市 の 指 定 により 小 学 校 英 語 科 の 指 導 に 取 り 組 んでいる 児 童 は

More information

Microsoft Word - seitan-group.doc

Microsoft Word - seitan-group.doc 平 成 26 年 度 Ⅰ 研 究 テーマ 生 単 グループ 研 究 のまとめ 五 十 嵐 曜 三 橋 道 順 松 本 成 男 野 本 篤 美 茶 谷 泰 久 河 野 真 貴 五 十 嵐 友 澤 岡 麻 衣 子 満 田 任 昭 北 村 淳 中 島 秀 樹 千 葉 久 幸 山 崎 英 哉 キャリア 教 育 の 視 点 による 教 育 課 程 の 改 善 と 授 業 づくりの 実 践 研 究 今 既 にある

More information

1 ICT 利 活 用 教 育 推 進 の 背 景 と 効 果 < 現 状 ( 事 業 推 進 の 背 景 )> 高 度 情 報 化 社 会 への 対 応 (ICT 機 器 の 整 備 普 及 に 伴 い 教 育 の 情 報 化 は 必 至 ) 学 力 向 上 の 取 組 強 化 ( 全 国 学 力

1 ICT 利 活 用 教 育 推 進 の 背 景 と 効 果 < 現 状 ( 事 業 推 進 の 背 景 )> 高 度 情 報 化 社 会 への 対 応 (ICT 機 器 の 整 備 普 及 に 伴 い 教 育 の 情 報 化 は 必 至 ) 学 力 向 上 の 取 組 強 化 ( 全 国 学 力 平 成 25 年 12 月 佐 賀 県 が 進 める 先 進 的 ICT 利 活 用 教 育 推 進 事 業 の 取 組 状 況 と 学 習 用 パソコン 導 入 の 背 景 (VOL.3) 佐 賀 県 教 育 委 員 会 1 ICT 利 活 用 教 育 推 進 の 背 景 と 効 果 < 現 状 ( 事 業 推 進 の 背 景 )> 高 度 情 報 化 社 会 への 対 応 (ICT 機 器 の

More information

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

第1学年1組 理科学習指導案

第1学年1組 理科学習指導案 検 印 第 3 学 年 1 組 理 科 学 習 指 導 案 平 成 23 年 12 月 9 日 ( 月 )5 校 時 活 動 場 所 第 2 理 科 室 (3 階 ) 指 導 者 教 諭 1 単 元 名 地 球 から 見 た 天 体 の 動 き 2 単 元 設 定 について この 単 元 では 天 体 の 日 周 運 動 の 観 察 を 行 い その 観 察 記 録 を 地 球 の 自 転 と 関

More information

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の 平 成 27 年 4 月 17 日 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 校 長 藤 田 賀 子 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 13 条 に 基 づき 本 校 におけるいじめの 防 止 等 のための 対 策 に 関 する 基 本 的 な 方 針 を 定 める いじめの 定 義 (いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 2 条

More information

意欲を育み 未来を拓く おおた教育振興プラン2014 平成26年度 平成30年度 大田区教育委員会 はじめに 大 田 区 教 育 委 員 会 は 大 田 区 基 本 構 想 に 掲 げる 区 の 将 来 像 の 実 現 をめざすとともに 国 が 掲 げる 教 育 の 目 的 理 念 にのっとり 平 成 21 年 6 月 に 教 育 目 標 を 定 め あわせ て この 教 育 目 標 を 実 現

More information

生きる力と確かな学力を育てる学習指導の在り方

生きる力と確かな学力を育てる学習指導の在り方 生 きる 力 と 確 かな 学 力 を 保 障 する 学 習 指 導 の 在 り 方 高 知 市 立 介 良 小 学 校 教 諭 藤 田 由 紀 子 1 はじめに 本 研 究 テーマ 生 きる 力 と 確 かな 学 力 を 保 障 する 学 習 指 導 のあり 方 は 児 童 の 学 力 形 成 と 向 上 を もたらす 学 習 の 在 り 方 を 考 え 今 後 の 学 習 指 導 において 重

More information

3-表紙(大内)-se8mm.ai

3-表紙(大内)-se8mm.ai Ⅱ. 我 が 国 における 学 校 マネジメントに 関 する 取 組 の 概 要 1.はじめに 本 稿 では 学 校 マネジメントの 研 究 を 進 めるにあたり 我 が 国 における 学 校 マネジメン トに 関 する 取 組 について 現 在 までの 経 緯 をたどりその 概 要 を 整 理 する なお 本 研 究 では 学 校 マネジメントを 学 校 における 資 源 ヒト モノ 時 間 などを

More information

は じ め に Ⅰ 研 究 の 共 有 化 活 性 化 1 ワ ー ク シ ョ ッ プ 型 研 修 の 具 体 的 事 例 1 K J 法 2 2 た す き が け K J 法 4 3 次 時 の 指 導 案 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 6 4 単 元 計 画 作 成 ワ ー ク シ ョ

は じ め に Ⅰ 研 究 の 共 有 化 活 性 化 1 ワ ー ク シ ョ ッ プ 型 研 修 の 具 体 的 事 例 1 K J 法 2 2 た す き が け K J 法 4 3 次 時 の 指 導 案 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 6 4 単 元 計 画 作 成 ワ ー ク シ ョ 三 次 市 立 三 和 小 学 校 平 成 22 年 2 月 Web 版 1 は じ め に Ⅰ 研 究 の 共 有 化 活 性 化 1 ワ ー ク シ ョ ッ プ 型 研 修 の 具 体 的 事 例 1 K J 法 2 2 た す き が け K J 法 4 3 次 時 の 指 導 案 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 6 4 単 元 計 画 作 成 ワ ー ク シ ョ ッ プ 7 2 校 内

More information

Microsoft Word - 響く1

Microsoft Word - 響く1 < 小 中 学 校 AL 丸 わかり 解 説 ブログ> アクティブ ラーニング 考 え 合 う< 響 室 >づくり 授 業 の 構 想 起 案 から 実 践 評 価 まで- 梶 浦 真 著 教 育 報 道 出 版 社 - 1 - - 2 - はしがき このブログを 書 き 始 めた 目 的 は 小 中 学 校 の 校 内 研 修 を 通 して 考 え たことや 中 央 教 育 審 議 会 の 示 す

More information

学生用マニュアル

学生用マニュアル 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 ~トビタテ! 留 学 JAPAN 日 本 代 表 プログラム~ 奨 学 金 等 受 給 のための 手 引 き 派 遣 留 学 生 用 本 手 引 きは 全 国 コースを 基 準 に 作 成 しています 地 域 人 材 コースの 派 遣 留 学 生 は 地 域 協 議 会 在 籍 大 学 等 を 通 じてさらに 追 加 の 手 続 き 等 が 必 要 となる

More information

0812教育プラン.indd

0812教育プラン.indd 第 1 章 総 論 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 17 生 きる 力 と 絆 の 埼 玉 教 育 プラン 1 基 本 理 念 教 育 基 本 法 において 教 育 は 人 格 の 完 成 を 目 指 し 平 和 で 民 主 的 な 国 家 及 び 社 会 の 形 成 者 として 必 要 な 資 質 を 備 えた 心 身 ともに 健 康

More information

目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理 由 85 Ⅱ 研 究 目 標 85 Ⅲ 研 究 仮 説 86 1 基 本 仮 説 2 作 業 仮 説 Ⅳ 研 究 構 想 図 86 Ⅴ 研 究 内 容 86 1 数 学 的 な 見 方 考 え 方 に つ い て (1) 数 学 的 な 見 方 や 考 え

目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理 由 85 Ⅱ 研 究 目 標 85 Ⅲ 研 究 仮 説 86 1 基 本 仮 説 2 作 業 仮 説 Ⅳ 研 究 構 想 図 86 Ⅴ 研 究 内 容 86 1 数 学 的 な 見 方 考 え 方 に つ い て (1) 数 学 的 な 見 方 や 考 え 数 学 的 な 見 方 や 考 え 方 を 育 む 数 学 的 活 動 の 工 夫 ~ 資 料 の 活 用 領 域 におけるICT 活 用 を 通 して~ 研 究 のキーワード 統 計 的 な 見 方 や 考 え 方 統 計 ソフト stathist 表 計 算 ソ フト Excel 学 び 合 い 那 覇 市 立 首 里 中 学 校 教 諭 山 里 毅 目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理

More information

群馬県教育振興基本計画(平成26年度~平成30年度)

群馬県教育振興基本計画(平成26年度~平成30年度) 目 次 Ⅰ 総 論 1 第 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 1 ( 策 定 の 趣 旨 計 画 の 位 置 付 け 計 画 を 定 める 範 囲 計 画 の 構 成 計 画 期 間 計 画 の 推 進 ) 第 2 群 馬 県 の 教 育 を 取 り 巻 く 状 況 2 1 人 口 減 少 社 会 の 到 来 2 2 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 2 3 国 際 化 情 報

More information

報告書表紙_OL

報告書表紙_OL 第 4 章 自 治 体 の 振 り 返 り 1. 新 しい 学 びプロジェクト 新 しい 学 びプロジェクト 初 年 度 総 括 五 ヶ 瀬 町 教 育 長 日 渡 円 (1) 新 しい 学 びプロジェクト 概 要 平 成 21 年 春 東 京 大 学 から 1 本 の 電 話 があった 内 容 は 大 学 の 研 究 知 を 学 校 現 場 で 実 践 に 移 したい ということであった 早 速

More information

平成18年度 教職員12年経験者研修

平成18年度 教職員12年経験者研修 中 学 校 美 術 科 2( 平 成 23 年 度 ) 第 2 学 年 美 術 科 学 習 指 導 案 本 時 の 主 張 生 徒 一 人 一 人 が 表 現 力 を 高 めるためには, 自 分 の 作 品 に 自 信 をもち,そのよさを 相 手 に 伝 えたり, 他 者 の 発 想 や 表 現 から 学 んだりすることが 大 切 である 本 時 では, 共 同 で 行 う 創 造 活 動 において,

More information

平成21年2月23日

平成21年2月23日 Ⅰ 平 成 21 年 度 由 布 市 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 に 係 る 研 究 1 連 携 対 象 校 由 布 市 立 湯 布 院 中 学 校 由 布 市 立 庄 内 中 学 校 由 布 市 立 挾 間 中 学 校 大 分 県 立 由 布 高 等 学 校 2 連 携 校 のめざす 生 徒 像 確 かな 学 力 と 豊 かな 人 間 性 を 身 につけ 自 己 実 現 に 積 極 的 に

More information

りの 整 理 整 とんをしてみよう では, 身 の 回 りの 整 理 整 とんを 通 して,3R(リユー ズ リデュース リサイクル)を 意 識 し, 環 境 に 配 慮 した 生 活 ができるようにしていく 針 と 糸 を 使 ってみよう では, 玉 結 びや 玉 どめ,なみ 縫 いなどいろいろな

りの 整 理 整 とんをしてみよう では, 身 の 回 りの 整 理 整 とんを 通 して,3R(リユー ズ リデュース リサイクル)を 意 識 し, 環 境 に 配 慮 した 生 活 ができるようにしていく 針 と 糸 を 使 ってみよう では, 玉 結 びや 玉 どめ,なみ 縫 いなどいろいろな 第 5 学 年 家 庭 科 学 習 指 導 案 平 成 22 年 9 月 8 日 ( 水 ) 指 導 者 教 諭 高 橋 和 宏 1 題 材 名 わたしたちにできることをやってみよう 2 題 材 の 目 標 日 常 の 食 生 活 に 関 心 を 持 ち, 調 理 に 必 要 な 食 品 や 用 具 の 衛 生 的 で 安 全 な 扱 いが 分 かり, 簡 単 な 調 理 ができるようにする 身 の

More information

< F2D8A778D5A955D89BF82CC8A A778D5A955D89BF82C6>

< F2D8A778D5A955D89BF82CC8A A778D5A955D89BF82C6> 学 校 組 織 実 態 と 課 題 Ⅱ 学 校 組 織 実 態 と 課 題 Ⅰ 章 学 校 評 価 意 義 と 概 要 で 述 べたように, 学 校 評 価 は, 学 校 経 営 運 営 ビジョン を 策 定 することにより, 学 校 組 織 的 な 実 践 と 改 善 営 みをうながします しかし, 実 際 学 校 組 織 において, 目 標 を 定 め, 実 践 し, 振 り 返 り, 改 善

More information

博士論文(心理博甲12号) 論文要旨および審査結果の要旨

博士論文(心理博甲12号) 論文要旨および審査結果の要旨 博 士 学 位 論 文 論 文 要 旨 および 審 査 結 果 の 要 旨 博 甲 第 12 号 2016 年 3 月 目 白 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 はしがき この 冊 子 は 学 位 規 則 ( 昭 和 28 年 文 部 省 令 第 9 号 ) 第 8 条 による 公 表 を 目 的 として, 平 成 28 年 3 月 に 本 学 において 授 与 した 博 士 ( 心 理

More information

のびのび塩竈っ子プラン

のびのび塩竈っ子プラン 第 2 章 子 どもがのびのびと 健 やかに 育 つまち Ⅳ 計 画 の 内 容 ( 第 2 章 ) 第 1 節 多 様 な 生 涯 学 習 の 推 進 現 状 と 課 題 幼 稚 園 の 教 育 幼 稚 園 は 保 育 所 と 並 び 子 どもたちが 集 団 で 生 活 を 経 験 する 最 初 の 場 です 子 どもたち は 家 族 以 外 の 友 だちや 先 生 とのふれあいや 遊 び 体 験

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031328A778F4B8E7793B188C45F8FAC81458ED089EF816A8DD593632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031328A778F4B8E7793B188C45F8FAC81458ED089EF816A8DD593632E646F63> 小 学 校 社 会 科 学 習 指 導 案 尾 市 立 栗 原 小 学 校 教 諭 横 松 和 義 1 学 年 第 3 学 年 2 単 元 名 尾 市 様 子 3 単 元 つ (1) 単 元 観 本 単 元, 小 学 校 学 習 指 導 要 領 社 会 第 3 学 年 及 び 第 4 学 年 内 容 (1) 自 分 たち 住 んで 身 近 な 地 域 や 市 ( 区, 町, 村 )つ, 次 ことを

More information

ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち に 自 らを 律 しつつ 他 人 とともに 協 調 し 他 人

ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち に 自 らを 律 しつつ 他 人 とともに 協 調 し 他 人 一 部 改 訂 版 とちぎの 幼 児 教 育 とちぎの 幼 児 の 健 やかな 成 長 のために 平 成 23 年 3 月 栃 木 県 総 合 教 育 セ ン タ ー ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち

More information

高等学校保健体育解説

高等学校保健体育解説 高 等 学 校 学 習 指 導 要 領 解 説 保 健 体 育 編 体 育 編 平 成 21 年 7 月 文 部 科 学 省 高 等 学 校 学 習 指 導 要 領 解 説 保 健 体 育 編 体 育 編 目 次 第 1 部 保 健 体 育 第 1 章 総 説 1 第 1 節 改 訂 の 趣 旨 1 1 改 訂 の 経 緯 1 2 保 健 体 育 科 改 訂 の 趣 旨 3 3 保 健 体 育 科

More information

「生徒アンケートを中心とした学校改善のための学校評価システムの開発」

「生徒アンケートを中心とした学校改善のための学校評価システムの開発」 1 平 成 22 年 度 学 校 評 価 推 進 協 議 会 生 徒 アンケートを 中 心 とした 学 校 改 善 のための 学 校 評 価 システムの 開 発 大 分 県 立 大 分 舞 鶴 高 等 学 校 大 分 舞 鶴 高 校 について 強 い 絆 舞 鶴 魂 (Maizuru Spirit) 勉 学 と 部 活 動 の 両 立 SSH(スーパーサイエンスハイスクール) 2 今 年 創 立 60

More information

Taro-校内研究報告書(最終版)_ページ番号挿入

Taro-校内研究報告書(最終版)_ページ番号挿入 達 成 感 を 味 わう 授 業 の 実 現 に 向 けた 指 導 法 改 善 校 内 研 究 の 部 全 教 科 鳥 栖 市 立 鳥 栖 西 中 学 校 校 長 伊 東 栄 次 研 究 代 表 教 諭 陣 内 彩 1 主 題 設 定 の 理 由 平 成 15 年 の 中 央 教 育 審 議 会 の 答 申 において, 確 かな 学 力 の 育 成 に 係 る 具 体 的 な 方 策 が 提 言 された

More information

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針 こどもカフェ 設 置 運 営 に 係 る 基 本 方 針 第 1 総 則 1 目 的 こどもカフェ の 設 置 運 営 については 市 基 本 計 画 及 び 第 一 次 実 施 計 画 に 位 置 付 け 市 内 2 か 所 で モデル 運 営 を 実 施 し その 実 績 検 証 等 をもとに 今 後 の 拡 充 について 検 討 することとして おります また こどもカフェ は 次 世 代 育

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

(3) 研 究 副 主 題 について 豊 かな 読 解 力 を 育 てるためには 友 だちとの 学 び 合 いが 不 可 欠 である 友 だちと 読 みを 交 流 することで 自 分 の 読 みの 深 さや 浅 さを 実 感 したり 自 分 とは 違 った 読 みに 出 会 う 中 で 読 みの 幅

(3) 研 究 副 主 題 について 豊 かな 読 解 力 を 育 てるためには 友 だちとの 学 び 合 いが 不 可 欠 である 友 だちと 読 みを 交 流 することで 自 分 の 読 みの 深 さや 浅 さを 実 感 したり 自 分 とは 違 った 読 みに 出 会 う 中 で 読 みの 幅 平 成 3 年 度 研 究 概 要 () 研 究 主 題 豊 かな 読 解 力 を 育 てる 指 導 のあり 方 文 学 教 材 の 読 みの 交 流 を 通 して () 主 題 について 本 校 の 国 語 科 研 究 では 豊 かな 読 解 力 を 読 みの 深 まりと 考 えている 文 学 教 材 を 読 み ひと つの 言 葉 から 想 像 を 広 げたり 言 葉 と 言 葉 を 関 係 づけたりすることで

More information

<5461726F2D90948A772894E497E182C694BD94E497E1298EF68BC688C42E6A>

<5461726F2D90948A772894E497E182C694BD94E497E1298EF68BC688C42E6A> 数 学 科 学 習 指 導 案 1. 倶 知 安 町 立 東 陵 中 学 校 校 内 研 究 日 時 : 平 成 17 年 11 月 30 日 第 5 校 時 生 徒 : 1 年 B 組 男 子 18 名 女 子 16 名 計 34 名 授 業 者 : 教 諭 伏 間 達 郎 教 諭 三 浦 真 嗣 研 究 主 題 生 徒 が 真 剣 に 取 り 組 む 授 業 の 創 造 ~ 基 礎 基 本 の

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 3 福 島 12 市 町 村 の 教 育 人 材 育 成 ~ 現 状 今 後 の 取 組 つ~ 12 市 町 村 の 小 中 学 校 の 状 況 1( 仮 設 校 舎 や 他 施 設 利 用 の 状 況 ) 飯 舘 村 : 草 野 飯 樋 臼 石 小 学 校 3 校 の 仮 校 舎 体 育 館 福 島 市 会 津 若 松 市 震 災 前 現 在 南 相 馬 市 小 高 区 南 相 馬 市 鹿

More information

探 したり の 大 きさを 比 べたりする 学 習 をしてきた 子 どもたちは ちょう 点 辺 を 調 べる 中 で としての の 概 念 を 学 習 してきた この 中 で 重 要 な 活 動 は 重 ねたり 折 ったりして の 大 きさ 比 べや 等 しい 大 きさの を 探 しながら の 量

探 したり の 大 きさを 比 べたりする 学 習 をしてきた 子 どもたちは ちょう 点 辺 を 調 べる 中 で としての の 概 念 を 学 習 してきた この 中 で 重 要 な 活 動 は 重 ねたり 折 ったりして の 大 きさ 比 べや 等 しい 大 きさの を 探 しながら の 量 第 5 学 年 算 数 科 学 習 指 導 案 ( 習 熟 度 別 少 人 数 算 数 ) 1. 単 元 名 図 の を 調 べよう[ 図 の ] 2. 目 標 筋 道 立 てて 考 えることのよさを 認 め, 三 の 内 の 和 が 180 であること 基 に, 四 や 他 の 図 の 性 質 を 調 べようとす 関 心 意 欲 態 度 三 の 内 の 和 が 180 になることを 帰 納 的 に

More information

をメモ 書 きし それを 見 て 教 師 に 話 したり 質 問 に 答 えたりできる 4. 単 元 指 導 計 画 (8 時 間 ) 段 階 配 時 目 標 活 動 と 内 容 教 師 の 手 立 て 話 をするときは6 1 教 師 のある 日 の 体 験 につい *6 要 素 が 大 切 である

をメモ 書 きし それを 見 て 教 師 に 話 したり 質 問 に 答 えたりできる 4. 単 元 指 導 計 画 (8 時 間 ) 段 階 配 時 目 標 活 動 と 内 容 教 師 の 手 立 て 話 をするときは6 1 教 師 のある 日 の 体 験 につい *6 要 素 が 大 切 である 自 閉 症 情 緒 障 害 特 別 支 援 学 級 国 語 科 学 習 指 導 案 指 導 者 1. 単 元 名 国 語 科 体 験 したことを 先 生 に 話 そう 2. 指 導 観 本 学 級 の 生 徒 は 中 学 3 年 生 1 名 である 自 閉 的 傾 向 があり 特 定 の 乗 り 物 に 対 するこだわりがあ る また 級 友 が 話 した 冗 談 の 意 味 を 言 葉 どおりに

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 授 業 中 におけるコーディネートの 在 り 方 について 1 コーディネートはなぜ 必 要 なのか 調 査 研 究 チーム (1) 授 業 において 目 指 すべきもの 全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 をはじめ 様 々な 調 査 から 本 県 の 子 どもたちに 必 要 なことは 次 の 3つであると 考 えられる そのうち 2 3については 主 に 道 徳 や 特 活 で 取 り 上 げられ

More information

表紙.indd

表紙.indd 教 育 実 践 学 研 究 19,2014 79 家 庭 科 教 育 における 意 思 決 定 能 力 と 批 判 的 思 考 力 に 関 する 教 材 開 発 Teaching material device about decision making and critical thinking on Home Economics Education 土 橋 由 紀 DOBASHI Yuki *

More information

<5461726F2D92868B9E928681408A70924A90E690B62E6A7464>

<5461726F2D92868B9E928681408A70924A90E690B62E6A7464> 行 橋 市 立 長 峡 中 学 校 教 諭 角 谷 英 範 1 研 究 主 及 び 副 主 体 的 に 読 んで 表 現 する 力 を 育 む 英 語 科 学 習 指 導 法 の 研 究 ~WPM, 推 論 発 問, 振 り 返 りを 取 り 入 れたリーディングシートの 活 用 を 通 して~ 2 研 究 内 容 の 概 要 (1) 研 究 分 野 中 学 校 第 3 学 年 英 語 科 指 導

More information

読解力向上プログラム

読解力向上プログラム 読 解 力 向 上 プログラム 平 成 17 年 12 月 文 部 科 学 省 はじめに 平 成 15 年 (2003 年 )7 月 に0ECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 )が 実 施 したPISA 調 査 ( 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 )の 結 果 が, 昨 年 12 月 に 公 表 された それによれば,わ が 国 の 子 どもたちの 学 力 は, 数 学 的 リテラシー,

More information

スはアカデミックとビジネス 両 方 の 場 面 に 対 応 できる 文 書 作 成 能 力 を 育 成 するためには 十 分 なものではなかった その 後 2 年 間 の 試 行 錯 誤 を 経 て 2010 年 度 から 特 定 課 題 研 究 も 視 野 に 入 れたシラバスを 目 指 して 体

スはアカデミックとビジネス 両 方 の 場 面 に 対 応 できる 文 書 作 成 能 力 を 育 成 するためには 十 分 なものではなかった その 後 2 年 間 の 試 行 錯 誤 を 経 て 2010 年 度 から 特 定 課 題 研 究 も 視 野 に 入 れたシラバスを 目 指 して 体 文 書 系 科 目 に 関 するシラバス 教 材 について 向 山 陽 子 村 野 節 子 1. はじめに 武 蔵 野 大 学 大 学 院 ビジネス 日 本 語 コースにおいて 修 了 時 までに 身 に 付 けるべき 文 書 作 成 能 力 とはどのようなものか 本 コースは 高 度 外 国 人 材 の 育 成 を 主 たる 目 的 とする 専 門 家 養 成 大 学 院 である 修 了 時 に

More information

理 科 学 習 指 導 案

理 科 学 習 指 導 案 授 業 のエキスパート 養 成 事 業 ( 第 3 学 年 理 科 ) 授 業 実 践 記 録 学 校 名 職 氏 名 新 居 浜 市 立 東 中 学 校 教 諭 近 藤 栄 一 1 日 時 場 所 平 成 年 1 月 7 日 ( 火 ) 第 5 校 時 (13:5~14:15) 理 科 室 単 元 名 地 球 と 宇 宙 3 単 元 目 標 天 体 の 動 きと 地 球 の 自 転 公 転 太 陽

More information

「欧州(フィンランド・デンマーク・イギリス・フランス)における実態調査」 各国の概要資料 フィンランド

「欧州(フィンランド・デンマーク・イギリス・フランス)における実態調査」 各国の概要資料 フィンランド フィンランドにおける ICTの 活 用 による 生 涯 学 習 支 援 フィンランドにおける 生 涯 学 習 の 定 義 位 置 づけ フィンランドにおける 生 涯 学 習 の 定 義 は フィンランドが 加 盟 するEUの 定 義 に 則 ったも のである 生 涯 学 習 の 概 要 知 識 経 済 の 観 点 から 不 可 欠 であり すべての 教 育 制 度 に 共 通 する 横 断 的 な

More information