国民年金事務の手引きH25年版(市町村担当向け)

Size: px
Start display at page:

Download "20130801 国民年金事務の手引きH25年版(市町村担当向け)"

Transcription

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13 i 納 付 i 納 付 i 納 付 j 納 付 納 付 した 割 合 = 太 枠 備 ~4/4~1

14 夫 の 死 亡 詣 持 の 世 帯 の 状 況 z 夫 婦 二 人 世 帯 ( 子 供 は 結 婚 し ~IJ 世 帯 )

15

16

17 ~ 竺

18

MY16532.indd

MY16532.indd 1 2 3 4 月 払 1 口 半 年 払 1 口 一 時 払 1 口 1,000 円 (3 口 から 99 口 まで) 10,000 円 (1 口 から 99 口 まで) 100,000 円 (1 口 から300 口 まで) 30 歳 ( 男 性 ) 60 歳 ( 年 金 受 給 開 始 ) 2 万 円 (20 口 ) 10 万 円 (10 口 ) 5 年 2 倍 型 10 年 確 定 年 金 約

More information

ー 表 1 養 育 費 子 1 人 表 ( 子 0~14 歳 ) 2,000 1,409 18~20 万 円 16~18 万 円 14~16 万 円 12~14 万 円 10~12 万 円 8~10 万 円 6~8 万 円 4~6 万 円 2~4 万 円 1~2 万 円 125 96 50 39 0~1 万 円 表 2 養 育 費 子 1 人 表 ( 子 15~19 歳 ) 2,000 1,409

More information

AHPを用いた大相撲の新しい番付編成

AHPを用いた大相撲の新しい番付編成 5304050 2008/2/15 1 2008/2/15 2 42 2008/2/15 3 2008/2/15 4 195 2008/2/15 5 2008/2/15 6 i j ij >1 ij ij1/>1 i j i 1 ji 1/ j ij 2008/2/15 7 1 =2.01/=0.5 =1.51/=0.67 2008/2/15 8 1 2008/2/15 9 () u ) i i i

More information

1 孜 *I~

1 孜 *I~ 1 孜 *I~ http://wgrass.meclia.osaka-cu.ac.jp/~grass/ 配 偶 関 係 ~IJ 人 口 ( 未 婚 女 ) 配 偶 関 係 ~IJ 人 口 ( 有 配 偶 男 ) 配 偶 関 係 ~Ij 人 口 ( 離 別 男 ) 配 偶 関 係 ~IJ 人 口 ( 離 別 女 ) 出 生 地 ~!J 人 口 ( 内 地 外 生 女 ) 等 階 級 表 示 は

More information

untitled

untitled 18 12 (3 ) (). (.381.20) 1 3034 () 2 1 18 35 12 14 20 11 2 3 18 4 11 13 ( 5 331 10 6 7 300 8 ( ) 9 (( ) ) ( ) 1990 1995 2000 1.54 1.42 1.36 1.24 2005

More information

Microsoft Word - y0813040.doc

Microsoft Word - y0813040.doc 桜 井 市 規 程 要 綱 集 y0813040 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 昭 和 58 年 1 月 25 日 告 示 第 9 号 改 正 平 成 12 年 07 月 01 日 告 示 第 82 号 改 正 平 成 14 年 09 月 27 日 告 示 第 146 号 改 正 平 成

More information

',I~J である ij~ ~, ~ 1 6 ~ ~~が 各 l 公 共 施 設 l 人 l で 物 AJ1 を 販 売 する う,1~I;lf の 経 営 ( 問 2 (JJ li l~/. ll'l 休 ) 以 前 は していたが., 青!~l!'J t:: で H~J く 母 子 家 庭 の 母 及 び 寡 婦 は 90 人 ( 34.4% 家 庭 の 母 および~ 鮒 の 人 数 について

More information

L,~ ~ じ ~t'j 協?と 歩 ιつ 潮 崎 ' 湾 Jそ 縁 u 沼 町 四 IJ l n 1.,=き.W'~~~jヨ 政 調

L,~ ~ じ ~t'j 協?と 歩 ιつ 潮 崎 ' 湾 Jそ 縁 u 沼 町 四 IJ l n 1.,=き.W'~~~jヨ 政 調 L,~ ~ じ ~t'j 協?と 歩 ιつ 潮 崎 ' 湾 Jそ 縁 u 沼 町 四 IJ l n 1.,=き.W'~~~jヨ 政 調 . ~;~;- 総 学 院 ( 茨 城 ) ~ 17 時 ~ 1 7 時 ( 第 2 第 4 土 曜 日 を 日 1 0 時 ~ 1 7 時 日 は 13 時 ~ 18 時 30 分 ) 10 月 8 日 ( 木 ) 10 時 ~ 1 5 ~ 16 時 日 9 時

More information

生命保険料控除の改正について(概要)

生命保険料控除の改正について(概要) 生 命 保 険 料 控 除 制 度 の 改 正 について( 概 要 ) 平 成 24 年 1 月 1 日 以 後 に 締 結 されたご 契 約 より 生 命 保 険 料 控 除 制 度 が 次 のとおり 改 正 されます 1.おもな 改 正 点 (1) 介 護 医 療 保 険 料 控 除 の 新 設 これまでの 一 般 生 命 保 険 料 控 除 個 人 年 金 保 険 料 控 除 に 加 えて 介

More information

販 売 件 数 H18 年 度 年 齢 別 死 亡 保 障 ランク 別 新 規 契 約 実 績 ( 大 手 生 保 4 社 計 ) 被 齢 死 亡 保 障 ランク( 万 円 ) ~500 501~1000 1001~1500 1501~2000 2001~2500 2501~3000 3001~ 0-2 歳 6,113 44 4 0 0 0 0 3-5 歳 17,103 16,228 12,995

More information

(ij) () () () () () ()

(ij) () () () () () () 3 71.13 7113.11 7113.19 7113.20 9 () () (a) 42 2() 42.02 43.03 (b) 43.03 43.04 (c) 64 65 (d) 71.17 (e) 71.18 97 (f) 90 (g) 91 (h) 96 96.01 96.06 96.15 (ij) 100 97.06 71.14 7114.11 7114.19 7114.20 10 71.13

More information

第14章 国民年金

第14章 国民年金 第 15 章 国 民 年 金 国 民 年 金 は すべての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 年 金 を 支 給 し 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています - 145 - 国 民 年 金 のしくみ 1 被 保 険 者 国 民 年 金 に 必 ず 加 入 しなければならない 人 は 日 本 国 内 に 住 所 がある

More information

RS-AP1[操作説明書]

RS-AP1[操作説明書] RS-AP1 Icom Inc. 1 5 2 6 2 7 2 8 2 9 2 q w e r q w 10 2 q w e r e r 11 2 12 2 q w e r 13 2 14 3 15 3 q w e r t y q w e r t y 16 3 17 3 q w q w 18 3 19 3 q w e r t y u o i q w e 20 r 3 q w e r t y u o

More information

d,-ニ~ ~ [~J ~~ 女 満 ~IJ 分 署 職 員 1 名 僧 員 1 8 名 とする. 蚕 奇 ~g.~ 聖 者...~.~ ~ ~ ~l 同 タンク l 号 ~I ~. ~ヨ ~-コ トーノ ~VF63AS 積 載 l~ :i~fiu,.トル 大 宮 教 ~', 且!~ 母 指 何 l f't~ 支 召 主 事 長 紘 壬 Z 左 ごて

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

(2) 国 民 年 金 の 保 険 料 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 および 任 意 加 入 者 は, 保 険 料 を 納 めなければなりま せん また,より 高 い 老 齢 給 付 を 望 む 第 1 号 被 保 険 者 任 意 加 入 者 は, 希 望 により 付 加 保 険

(2) 国 民 年 金 の 保 険 料 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 および 任 意 加 入 者 は, 保 険 料 を 納 めなければなりま せん また,より 高 い 老 齢 給 付 を 望 む 第 1 号 被 保 険 者 任 意 加 入 者 は, 希 望 により 付 加 保 険 1 国 民 年 金 事 業 の 概 要 国 民 年 金 制 度 は, 昭 和 34 年 の 発 足 以 来,50 年 以 上 の 歳 月 を 経 て, 平 成 26 年 3 月 末 には,2,750 万 人 の 被 保 険 者 ( 第 2 号 被 保 険 者 を 除 く)と3,140 万 人 の 受 給 者 を 擁 する 制 度 に 発 展 し, 国 民 の 中 に 広 く 定 着 しています 昭

More information

iæ~ れる 12~ 守 . Ili~~ ~~ ~H ~~ ij:~ r.~ ~n r~~ ø~ rn~ ~~ g~ ø~ IJ~ I,~ r,~ ~~ f,~ l:l~

More information

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード]

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード] 相 続 税 セミナー ~ 相 続 税 改 正 と 対 策 ~ 平 成 26 年 6 月 4 日 久 納 公 認 会 計 士 事 務 所 公 認 会 計 士 税 理 士 久 納 幹 史 1 相 続 税 の 現 状 ( 平 成 24 年 データ) 相 続 税 申 告 するのは 死 亡 した 方 の 約 4% ( 昭 和 63 年 改 正 前 から 比 較 し 約 半 減 ) 年 間 の 相 続 税 申

More information

主成分分析の落とし穴.PDF

主成分分析の落とし穴.PDF JMPer s Meeting 2003.9.9( ) 2/30 3/30 4/30 1 2 3 4 5 5/30 6/30 JMP 7/30 8/30 2 3 GM 2 GM 3 9/30 10/30 1 PCA 2 PCA PCA 11/30 12/30 PCA 13/30 1 PCA 1 14/30 2.15 3.80 4.60 3.00 3.05 4.10 2.55 0.933 0.951

More information

不 動 産 所 得 の 赤 字 < 土 地 等 の 取 得 の 負 債 利 子 なら 300 万 500 万 不 動 産 所 得 の 赤 字 300 万 のうち 利 子 分 の500 万 は 通 算 できない = 赤 字 分 の300 万 は 全 額 通 算 できないことになる = 損 益 通 算

不 動 産 所 得 の 赤 字 < 土 地 等 の 取 得 の 負 債 利 子 なら 300 万 500 万 不 動 産 所 得 の 赤 字 300 万 のうち 利 子 分 の500 万 は 通 算 できない = 赤 字 分 の300 万 は 全 額 通 算 できないことになる = 損 益 通 算 7. 損 益 通 算 繰 越 控 除 損 益 通 算 の 対 象 となる 損 失 原 則 不 動 産 所 得 事 業 所 得 山 林 所 得 譲 渡 所 得 に 生 じた 損 失 ( 赤 字 ) 一 定 の 順 序 によって 他 の 黒 字 の 所 得 から 控 除 して 相 殺 できる これら4つ 以 外 の 所 得 は 赤 字 でも 控 除 できない 例 外 損 益 通 算 できる 所 得 の

More information

事 例 3 Q: 父 母 を 被 扶 養 者 として 認 定 できますか?( 父 母 とも 国 民 健 康 保 険 加 入 ) A: 父 母 又 はそのどちらかを 申 請 する 場 合 は 夫 婦 相 互 扶 助 義 務 に 基 づき 父 母 の 収 入 合 算 額 が それぞれに 適 用 される

事 例 3 Q: 父 母 を 被 扶 養 者 として 認 定 できますか?( 父 母 とも 国 民 健 康 保 険 加 入 ) A: 父 母 又 はそのどちらかを 申 請 する 場 合 は 夫 婦 相 互 扶 助 義 務 に 基 づき 父 母 の 収 入 合 算 額 が それぞれに 適 用 される 被 扶 養 者 認 定 事 例 集 私 学 事 業 団 に 照 会 の 多 い 事 例 を 掲 載 しました 参 考 にしてください 事 例 1 Q: 今 月 結 婚 しましたが 妻 はパートで 働 いています 被 扶 養 者 として 認 定 できますか? 必 要 な は 何 ですか? A: 社 会 保 険 未 加 入 で 認 定 要 件 内 の 収 入 であれば 被 扶 養 者 として 認 定 できます

More information

平 成 28 年 度 版 岩 出 市 誕 生 10 周 年 記 念 ロゴマーク 2,749 円 1,717 円 1,358 円 1,135 円 1,090 円 889 円 607 円 301 円 154 円 平 成 26 年 度 1 課 税 所 得 金 額 に 応 じた 税 額 を 負 担 16 歳 未 満 の 扶 養 親 族 も 含 みます 3,500 2,000 2 公 的 年 金 等 の 雑

More information

Microsoft Word - ....

Microsoft Word - .... 目 次 出 題 傾 向 1 (1) わが 国 の 人 口 動 向 等 3 (2) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 の 現 況 3 (3) 公 的 年 金 制 度 の 沿 革 ( 主 な 内 容 を 抜 粋 ) 4 (4) 公 的 年 金 のしくみ 6 (5) 国 民 年 金 の 被 保 険 者 8 (6) 国 民 年 金 の 被 保 険 者 資 格 の 取 得 と 喪 失 10 (7) 被 保

More information

*~ - ~'ï 村 北 lil を 小 心 にー 干 高 ( 大 工 E h".~1 りこ IJ'~ ぞ

More information

国民年金

国民年金 国 民 年 金 の 被 保 険 者 日 本 国 内 に 住 所 のある20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 は 原 則 として 国 民 年 金 に 加 入 し なければなりません 国 民 年 金 は, 職 業 などにより 次 の3 種 類 に 分 類 されます 第 1 号 被 保 険 者 自 営 業 者 や 農 林 漁 業 者 学 生 無 職 など( 第 2 号 第 3 号 被 保 険 者 を

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

雑 所 得 ( 公 的 年 金 収 入 )がある 方 源 泉 徴 収 票 の 写 しを 添 付 してください () 収 入 金 額 等 の 公 的 年 金 等 キ の 欄 に 受 け 取 った( 税 等 天 引 き 前 の) 年 金 額 を 記 入 します () 所 得 金 額 の 雑 7 の 欄

雑 所 得 ( 公 的 年 金 収 入 )がある 方 源 泉 徴 収 票 の 写 しを 添 付 してください () 収 入 金 額 等 の 公 的 年 金 等 キ の 欄 に 受 け 取 った( 税 等 天 引 き 前 の) 年 金 額 を 記 入 します () 所 得 金 額 の 雑 7 の 欄 [ 平 成 6 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ] はじめに 申 告 書 ( 表 面 ) 上 部 の 太 枠 内 の 住 所 氏 名 生 年 月 日 電 話 番 号 などを 記 入 し 押 印 してください 所 得 金 額 の 記 載 について 営 業 収 入 がある 方 収 支 内 訳 書 を 添 付 してください 販 売 業 製 造 業 飲 食 業 サービス 業 外

More information

平成28年度後期分授業料免除申請の注意事項(博士後期課程留学生用)

平成28年度後期分授業料免除申請の注意事項(博士後期課程留学生用) 博 士 後 期 課 程 留 生 用 平 成 28 年 度 後 期 分 授 業 料 免 除, 徴 収 猶 予 及 び 月 割 分 納 申 請 の 注 意 事 項 本 では, 博 士 後 期 課 程 生 に 対 し, 経 済 状 況 及 び 業 成 績 による 授 業 料 免 除 の 他 に 本 独 自 の 授 業 料 免 除 を 実 施 して おります 免 除 については, 経 済 状 況 及 び 業

More information

r~ 平 成 27 年 版 成 果 レポート に 基 づく 今 後 の 県 政 運 営 等 に 係 る 意 見 j への 回 答 について ~ 可 ー r;々 i i?

More information

児童扶養手当(大阪府)

児童扶養手当(大阪府) 児 童 扶 養 手 当 児 童 扶 養 手 当 は 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない18 歳 到 達 後 最 初 の 年 度 末 までの 児 童 ( 児 童 に 政 令 で 定 める 程 度 の 障 がいがある 場 合 は 20 歳 未 満 の 児 童 ) を 監 護 しているひとり 親 家 庭 の 母 又 は 父 等 に 支 給 されます 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない

More information

15~64 農 72~73 頁 )0 所 ~!i;. 神 1 立 害 者 就 業 :!),!!L~ 関 査 J 前 拘 I 障 害 者 白 容 j 平 成 25 :!j~ ) 仮 103 頁 企 業 規 模 ~IJ 笑 庭 用 率 の 推 移...... 口 fl'1 1 琵 (I~ に 取 り 緩 みたいと 思 わないが. ある 程 度 仕 事 のできそうな 人 が ~rt( 立 行 政 法

More information

)j\.~

)j\.~ )j\.~ i!:~ えよ骨 l ~ えよ剣

More information

表紙 雛形(都道府県、市町村、関係団体)3課連名

表紙 雛形(都道府県、市町村、関係団体)3課連名 老 発 0930 第 3 号 平 成 27 年 9 月 30 日 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 老 健 局 長 ( 公 印 省 略 ) 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 等 を 図 るための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 厚 生 労 働 省 関 係 政 令 等 の 整 備 に 関 する 政 令 の 公 布 について

More information

1 事 業 の 目 的 本 事 業 は 湯 沢 町 に 新 築 住 宅 や 中 古 住 宅 を 取 得 し 新 潟 県 外 から 湯 沢 町 へ 移 住 する 若 者 世 帯 に 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 相 当 額 の 補 助 金 を5 年 間 交 付 することで 新 潟 県 外 か

1 事 業 の 目 的 本 事 業 は 湯 沢 町 に 新 築 住 宅 や 中 古 住 宅 を 取 得 し 新 潟 県 外 から 湯 沢 町 へ 移 住 する 若 者 世 帯 に 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 相 当 額 の 補 助 金 を5 年 間 交 付 することで 新 潟 県 外 か 湯 沢 町 への 移 住 促 進 のための 住 宅 取 得 補 助 金 概 要 問 い 合 わせ 先 湯 沢 町 役 場 総 務 部 企 画 政 策 課 住 所 :949-6192 新 潟 県 南 魚 沼 郡 湯 沢 町 大 字 神 立 300 番 地 電 話 :025-784-3454 受 付 :8:30~17:15/ 月 ~ 金 曜 日 ( 祝 日 を 除 く) 平 成 28 年 8 月 湯 沢

More information

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls 年 金 事 務 所 で 受 付 審 査 を 行 う 電 子 申 請 項 番 手 続 名 称 1 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 所 属 選 択 二 以 上 事 業 所 勤 務 届 2 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 申 出 書 ( 新 規 延 長 ) 3 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 終 了 届

More information

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 1 厚 労 働 全 般 人 口 構 造 概 要 我 が 国 の 人 口 ピラミッド 我 が 国 の 人 口 動 態 ( 平 成 23 年 ) 4 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 詳 細 データ1 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 )

More information

発 覚 理 由 違 反 態 様 在 日 期 間 違 反 期 間 婚 姻 期 間 夫 婦 間 の 子 刑 事 処 分 等 1 出 頭 申 告 不 法 残 留 約 13 年 9 月 約 9 年 11 月 約 1 年 10 月 2 出 頭 申 告 不 法 入 国 約 4 年 2 月 約 4 年 2 月 約

発 覚 理 由 違 反 態 様 在 日 期 間 違 反 期 間 婚 姻 期 間 夫 婦 間 の 子 刑 事 処 分 等 1 出 頭 申 告 不 法 残 留 約 13 年 9 月 約 9 年 11 月 約 1 年 10 月 2 出 頭 申 告 不 法 入 国 約 4 年 2 月 約 4 年 2 月 約 1 在 留 特 別 許 可 について 在 留 特 別 許 可 された 事 例 及 び 在 留 特 別 許 可 されなかった 事 例 について( 平 成 27 年 ) 平 成 28 年 3 月 法 務 省 入 国 管 理 局 入 管 法 第 50 条 に 規 定 する 在 留 特 別 許 可 は, 法 務 大 臣 の 裁 量 的 な 処 分 であり,その 許 否 判 断 に 当 たっては, 個 々の

More information

なお ふしみ~かくさコミュニテイアーカ

なお ふしみ~かくさコミュニテイアーカ movie~ なお ふしみ~かくさコミュニテイアーカ 記 憶 の 11';7 与 と ~~tji の 県 j 係 丘 にあった 米 軍.の! 駐 fli 地 を l~ 柑 し 教 主 や 事 務 れる 何 がフ ィルムに I! 映 っているのかが 311~ れて 商 業 看 板 に 恋 われた 河 J)~( ~ 犬 初 詣 がセットだった 晴 れ ~Yi: で の 初 詣 は 家 族 の 行 主

More information

<8356836A8341838983438374918A926B2E6D6469>

<8356836A8341838983438374918A926B2E6D6469> 大 山 信 夫 ( 仮 名 ) 様 セカント ライフフ ラン 相 談 見 本 Life&Financial Clinic ファイナンシャルフ ランナー 平 野 直 子 平 成 18 年 3 月 20 日 作 成 年 金 受 給 額 計 算 公 的 年 金 加 入 状 況 ( 国 民 年 金 納 付 月 数 は 納 付 月 数 + 全 免 除 月 数 1/3+ 半 免 除 月 数 2/3として 計 算

More information

平成28年度後期分授業料免除申請の注意事項(博士前期課程留学生用)

平成28年度後期分授業料免除申請の注意事項(博士前期課程留学生用) 平 成 28 年 度 後 期 分 授 業 料 免 除, 徴 収 猶 予 及 び 月 割 分 納 申 請 の 注 意 事 項 授 業 料 免 除 及 び 徴 収 猶 予 ( 月 割 分 納 含 む)は, 下 記 Ⅰ,Ⅱに 該 当 する 者 を 対 象 に, 経 済 状 況 及 び 業 成 績 を 一 律 の 基 準 で 審 査 し,どちらも 基 準 を 満 たしている 者 が 選 考 の 対 象 となります

More information

( 法 律 ) 第 3 章 道 路 運 送 車 両 の 保 安 基 準 自 動 車 の 構 造 第 40 条 自 動 車 の 装 置 第 41 条 自 動 車 の 保 安 上 の 技 術 基 準 について の 制 限 の 附 加 原 動 機 付 自 転 車 の 構 造 及 び 装 置 第 43 条

( 法 律 ) 第 3 章 道 路 運 送 車 両 の 保 安 基 準 自 動 車 の 構 造 第 40 条 自 動 車 の 装 置 第 41 条 自 動 車 の 保 安 上 の 技 術 基 準 について の 制 限 の 附 加 原 動 機 付 自 転 車 の 構 造 及 び 装 置 第 43 条 ( 抜 粋 ) ( 法 律 ) 第 3 章 道 路 運 送 車 両 の 保 安 基 準 自 動 車 の 構 造 第 40 条 自 動 車 の 装 置 第 41 条 自 動 車 の 保 安 上 の 技 術 基 準 について の 制 限 の 附 加 原 動 機 付 自 転 車 の 構 造 及 び 装 置 第 43 条 第 44 条 2 保 安 基 準 の 原 則 第 46 条 第 4 章 道 路 運 送

More information

153053-FP知年金_-D-_[本文].indb

153053-FP知年金_-D-_[本文].indb も く じ 公 的 制 度 改 正 動 向 3 12 公 的 払 込 期 間 中 Q& 22 1 主 な 改 正 変 更 事 項 3 (1) 物 価 スライド 特 例 水 準 解 消 と 本 来 水 準 額 3 (2)マクロ 経 済 スライド 本 格 発 動 3 (3) 第 3 号 不 整 合 記 録 問 題 へ 対 応 4 (4) 厚 生 と 共 済 一 元 化 4 (5) 新 たな 保 険 料

More information

E~ 刷 田 尻 軍 司 自 院 主 r.tê~ ぎつけました ~ 主 1m] 委 員 の 皆 様 と 学 会 理 事 各 位 に 心 録 者 は 82~J ) 学 生 参 加 者 102 名 (うち 当 日 参 加 登 録 る 東 京 女 子 医 大 の 山 中 氏 は 40~74 歳 の 地 域 住 民 n~j 計 辿 伝 子 を 介 して 治 療 効 巣 を 持 つ 可 能 性 を 探

More information

<485020208145944E8BE08F6D2082C682B5905690DD2E786C7378>

<485020208145944E8BE08F6D2082C682B5905690DD2E786C7378> < 年 金 塾 > ( 年 金 判 例. 1/ ) 公 的 年 金 の 逸 失 利 益 性 (その-1) H.. 課 題 < 逸 失 利 益 > 1. 街 頭 相 談 会 ( 当 塾 の 主 催 や ) で 次 のような 質 問 があったとしたら 貴 方 は どう 答 えますか? < 想 定 質 問 > 年 金 受 給 中 のお 爺 さんが 横 断 歩 道 を 通 行 中 に 信 号 無 視 の 車

More information

20110700 年金機構業務つうしん 006号(H23年7月号)

20110700 年金機構業務つうしん 006号(H23年7月号) No.006 7JULY 1 2 3 4 5 被 災 地 の 一 日 ち 早 い 復 興 を I~\よりお 祈 り 申 し 上 げます 6 7 8 9 ~IJ 添 3 10 (~ IJ 添 6) 11 12 1 日 の 地 黒 発 生 当 別 ~>..Q.Q 市 所 在 の 主 揚!;. 出 動 し j 勤 続 柄 ( 行 方 不 明 者 ~の 聞 係 } 13 14 ~ 年 月 日 : 記 載

More information

/~ 的. 1 竺 竺 三 竺 _ 0z2 _.:!._ 竺 竺 竺 哩 )I~ 誼 ど 益 三 竺 竺 三 三 笠 2

/~ 的. 1 竺 竺 三 竺 _ 0z2 _.:!._ 竺 竺 竺 哩 )I~ 誼 ど 益 三 竺 竺 三 三 笠 2 ZJ45678Jl~ 'lll 月 1 23~ /~ 的. 1 竺 竺 三 竺 _ 0z2 _.:!._ 竺 竺 竺 哩 )I~ 誼 ど 益 三 竺 竺 三 三 笠 2 雇 労 務 者 の 比 ~が 第 3 図 に 示 す 如 高 < ;. 74~ 専 ら 心 電 図 上 の~ 化 赤 血 球 数 白 血 球 数 抑 ~-~~-i!! 付 金 血 比 重 司 --~ 6ご_,.._ ~ー ~ o.t'x

More information

◆併給の調整◆

◆併給の調整◆ 平 成 18 年 度 の 給 付 額 1 物 価 スライド 特 例 措 置 による 物 価 スライド 率 の 改 定 平 成 17 年 度 0.988 平 成 18 年 度 0.985 2 従 前 額 改 定 率 の 改 定 平 成 17 年 度 1.001 平 成 18 年 度 0.998 3 国 民 年 金 法 による 改 定 率 の 改 定 平 成 17 年 度 1 平 成 18 年 度 0.997

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 老 齢 年 金 の 基 礎 知 識 森 井 社 会 保 険 労 務 士 事 務 所 平 成 24 年 3 月 作 成 1 本 スライドにおける 注 意 事 項 ご 注 意 本 スライドでは 老 齢 年 金 をわかりやすく 解 説 するため 一 部 の 説 明 を 省 略 したり 省 略 した 名 称 を 使 用 している 部 分 があります また 表 示 の 年 金 額 は 平 成 22 年 の 年

More information

イメ ~V7 ップに @@]ムミむささ[J~ (11 / 9~ 什 古 賀 島 町 東 公 民 館 1 死 目 ~IJ 美 術 の 秋 を 迎 え 竹 月? 日 ~6 日 まで 開 かれだ 市 展 (15 秒... 6 制 木 止 15 秒 ~I 諮 野 ドし \ ~ や 納 マくだて,,\,~/ ~ ~こ.J- 1こ さ ~. 又 OO~ 00~17 ぼーぷらフェスティパJ~ とゆ O~ 砲

More information

西関東書式

西関東書式 No.1 件 名 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 金 の 誤 支 給 助 成 額 計 算 時 に 象 者 の 加 入 保 険 情 報 を 確 認 し な か っ た た め に 計 算 を 誤 り 過 払 い が 発 生 し た も の < 過 払 い 金 額 76,002 円 > 職 員 の 計 算 時 の 確 認 不 足 象 者 に 経 緯 を 説 明 し お 詫 び し ま し

More information

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支 わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 見 直 し 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状 態

More information

前 者 のために 2007 年 3~4 月 に 京 都 府 内 で 配 布 されている 観 光 パンフレットの 現 物 を 一 括 入

前 者 のために 2007 年 3~4 月 に 京 都 府 内 で 配 布 されている 観 光 パンフレットの 現 物 を 一 括 入 対 象 を 京 都 府 内 において 2007 年 3~4 月 段 階 で 配 布 された 57 謹 とし 観 点 を 観 光 パンフレット 前 者 のために 2007 年 3~4 月 に 京 都 府 内 で 配 布 されている 観 光 パンフレットの 現 物 を 一 括 入 のを 除 く oj と 援 定 した c さらに~ 文 集 地 域 を 京 都 府 内 と 設 定 したが あまりにも 多

More information

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 置 き 換 え 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状

More information

1 暑 寒 言 葉 期 迎 季 節 移 変 過 増? 盆 数 候 ぞ 捉 盆 帰 迎 戚 毎 賑 少 比 べ 体 少 子 列 以 話 今 両 父 母 脈 続 繋 づ 秋 春 秋 春 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 長 ほ ぼ 同 交 供 養 丹 羽 タ ビ ュ

1 暑 寒 言 葉 期 迎 季 節 移 変 過 増? 盆 数 候 ぞ 捉 盆 帰 迎 戚 毎 賑 少 比 べ 体 少 子 列 以 話 今 両 父 母 脈 続 繋 づ 秋 春 秋 春 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 長 ほ ぼ 同 交 供 養 丹 羽 タ ビ ュ 解 説 Saiganji Sainomiyako Memorial Park News 2015 9 月 第 22 4 回 発 秋 発 部 数 3 千 部 内 陣 天 蓋 / / 丹 羽 義 昭 タビュ シズ / ツ 辿 Ⅰ 実 践 室 / 1 暑 寒 言 葉 期 迎 季 節 移 変 過 増? 盆 数 候 ぞ 捉 盆 帰 迎 戚 毎 賑 少 比 べ 体 少 子 列 以 話 今 両 父 母 脈 続 繋

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378> 平 成 21 年 9 月 27 日 社 会 保 険 労 務 士 栗 原 勝 遺 族 の 年 金 について 遺 族 給 付 の 種 類 給 付 の 種 類 死 亡 した 人 の 要 件 遺 族 の 範 囲 遺 族 基 礎 年 金 11 被 保 険 者 の 死 亡 12 被 保 険 者 であった 方 で 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 人 の 死 亡 3

More information

平 成 9 年 2 月 号 税 制 改 正 情 報 第 0 号 今 回 のテーマ 大 久 保 久 美 子 年 末 調 整 の 今 年 の 変 更 点 今 年 も 残 すところヶ 月 ほどとなり 年 末 調 整 の 時 期 となりました そこで 今 回 は 今 年 の 年 末 調 整 における 変 更

平 成 9 年 2 月 号 税 制 改 正 情 報 第 0 号 今 回 のテーマ 大 久 保 久 美 子 年 末 調 整 の 今 年 の 変 更 点 今 年 も 残 すところヶ 月 ほどとなり 年 末 調 整 の 時 期 となりました そこで 今 回 は 今 年 の 年 末 調 整 における 変 更 経 営 者 のための 税 金 情 報 第 8 号 ( 冬 の 諏 訪 湖 畔 ) 朝 倉 令 子 税 理 士 事 務 所 392-000 長 野 県 諏 訪 市 渋 崎 79 番 地 95 392-000 長 野 県 諏 訪 市 渋 崎 79 番 地 95 TEL 0266-56-3743/FAX 0266-58-7843 TEL 0266-58-309/FAX 0266-58-993 http://www.asakura-office.net

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年 地 方 財 政 計 画 及 び 地 方 公 務 員 の 特 殊 勤 務 手 当 等 の 状 況 につい ての 報 告 書 ( 要 旨 ) 平 成 2 6 年 4 月 会 計 検 査 院 1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規

More information

.... -~- ファイ )~ 番 号 )~ ファイ )~ 番 号 ~- )~ )~ )~ ファイ )~ 番 号 ファイ )~ 番 号 )~ ファイ )~ 番 号 77 イ )~ 番 号 ~ ~ 77 イ )~ 番 号 ドイツから 世 界 平 和 記 念 聖 堂 に 恵 贈 された 鐘 の 祝 ~IJ 式 ファイ

More information

別 項 目 で 説 明 ケース3)シングルの 場 合 ( 既 婚 女 性 含 む) 1) 考 え 方 とし 自 分 が 死 亡 した 場 合 保 険 金 を 残 したい 人 がいるかどうか 2) 残 したい 人 がいる 場 合 は ケース1)と 同 じ 考 え 方 で 加 入 3) 残 したい 人

別 項 目 で 説 明 ケース3)シングルの 場 合 ( 既 婚 女 性 含 む) 1) 考 え 方 とし 自 分 が 死 亡 した 場 合 保 険 金 を 残 したい 人 がいるかどうか 2) 残 したい 人 がいる 場 合 は ケース1)と 同 じ 考 え 方 で 加 入 3) 残 したい 人 1.ライフスタイルに 応 じた 保 険 等 の 入 り 方 ケース1) 一 般 的 サラリーマン 家 族 の 場 合 ( 結 婚 を 期 に 保 険 加 入 より 第 1 子 誕 生 により 保 険 加 入 がよい) 生 命 保 険 の 入 り 方 図 解 仕 組 み (8. 子 供 の 独 立 結 婚 資 金 養 老 保 険 500 万 円 20~25 年 満 期 ) 満 期 7. 第 2 子 誕

More information

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村 死 亡 後 の 手 続 きリスト 1 5 日 以 内 死 後 5 日 以 内 国 民 健 康 保 険 以 外 の 健 康 保 険 証 の 返 却 勤 務 先 社 会 保 険 事 務 所 7 日 以 内 期 限 項 目 手 続 き 先 提 出 先 必 要 書 類 備 考 死 後 知 った 時 から7 日 以 内 死 亡 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 医 師 による

More information

seimeihokennryou

seimeihokennryou 生 命 保 険 料 控 除 制 度 の 改 正 について( 概 要 ) 生 命 保 険 料 控 除 は 平 成 24 年 1 月 1 日 より 次 のとおり 改 正 されました Ⅰ. 改 正 後 の 制 度 ( 新 制 度 )の 適 用 について 平 成 24 年 1 月 1 日 以 後 に 締 結 されたご 契 約 ( 新 制 度 適 用 契 約 )に 適 用 されます 平 成 23 年 12 月

More information

年金制度のあらまし

年金制度のあらまし 実 務 修 習 セミナー( 第 9 回 ) 厚 生 年 金 国 民 年 金 関 係 平 成 24 年 9 月 21 日 < 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 の 仕 組 みと 給 付 のあらまし>( 便 覧 P116) 1 給 付 の 種 類 老 齢 障 害 死 亡 2 公 的 年 金 制 度 の 種 類 種 類 対 象 者 国 民 年 金 日 本 国 内 に 居 住 する 20 歳 以 上

More information

国税

国税 Guide to Metropolitan Taxes for 2016 (3) 年 金 所 得 者 公 的 年 金 等 の 収 入 金 額 が400 万 円 以 下 であり かつ その 公 的 年 金 等 の 全 部 が 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 場 合 において 公 的 年 金 等 に 係 る 雑 所 得 以 外 の 所 得 金 額 が20 万 円 以 下 である 場 合 には 確 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63> 国 民 健 康 保 険 国 民 年 金 国 民 健 康 保 険 手 続 き 問 合 せ 先 / 本 庁 国 保 医 療 課 各 支 所 健 康 福 祉 課 国 民 健 康 保 険 に 加 入 するとき もしくはやめるときは 必 ず14 日 以 内 に 届 出 をして こんなとき 必 要 なもの 職 場 の 健 康 保 険 をやめたとき 職 場 の 健 康 保 険 をやめた 証 明 書 国 民 健 康

More information

(Microsoft PowerPoint - Ppt0000095.ppt[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p])

(Microsoft PowerPoint - Ppt0000095.ppt[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p]) 相 続 税 贈 与 税 セミナー 用 贈 与 税 早 わかり 資 料 贈 与 税 早 わかりセミナー 目 次 第 1 部 第 2 部 第 3 部 第 4 部 贈 与 税 の 基 礎 知 識 贈 与 税 の 改 正 贈 与 税 のよくある 質 問 贈 与 を 上 手 に 使 う6つのポイント 1 第 1 部 贈 与 税 の 基 礎 知 識 1. 贈 与 とは? 自 分 の 財 産 を 無 償 で 相

More information

Title 馬 掉 牌 考 Author(s) 大 谷, 通 順 Citation 北 海 道 大 學 文 學 部 紀 要 = The annual reports on science, 38(1): 89-246 Issue Date 1989-09-16 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/33546 Right Type bulletin Additional

More information

地 方 で 不 J を I~J と 読 むことについては 子 漬 用 音 J という 説 明 がな

地 方 で 不 J を I~J と 読 むことについては 子 漬 用 音 J という 説 明 がな 地 方 で 不 J を I~J と 読 むことについては 子 漬 用 音 J という 説 明 がな の 本 来 的 字 義 r~ ではない j あるいは 黛 j の 字 義 r~がない j という 絶 対 告 さな 定 義 から 逸 ~こは 対 応 する 戸 ぶさま という 非 連 濁 形 は 見 られない c ~こは 語 幹 が 連 濁 となっていない 語 形 fふちょう J ~こ 例 が

More information

Microsoft Word - Ⅱ章.doc

Microsoft Word - Ⅱ章.doc Ⅱ. 公 営 住 宅 需 要 の 把 握 1. 公 営 住 宅 の 需 要 予 測 (1) 公 営 住 宅 需 要 予 測 ここでは 将 来 必 要 となる 公 営 住 宅 の 整 備 目 標 量 を 算 出 する なお 本 市 における 公 営 住 宅 の 需 要 予 測 を 行 うに 当 たっては 平 成 20 年 を 基 準 年 次 として 目 標 年 次 を 平 成 29 年 とする 以 下

More information

Microsoft Word - ☆事務処理の手引き高梁市H28

Microsoft Word - ☆事務処理の手引き高梁市H28 < 高 梁 市 > < 高 梁 地 域 事 務 組 合 > 福 利 厚 生 部 門 事 務 の 手 引 き ( 平 成 28 年 度 ) 岡 山 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 目 次 岡 山 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 について 3 1 事 業 内 容 及 び 対 象 となる 職 員 3 2 組 合 を 組 織 する 地 方 公 共 団 体 3 給 料 額 等 の 報 告 について

More information

<817995A19094944E937894C5817A8F5A96AF90C5905C8D90288D5A97B9292E786C73>

<817995A19094944E937894C5817A8F5A96AF90C5905C8D90288D5A97B9292E786C73> 市 民 税 県 民 税 申 の 手 引 き この 手 引 き 市 民 税 県 民 税 申 を 作 成 する 際 の 一 般 的 な 事 項 を 説 明 しています 申 についてお 分 かりにならない 点 がありましたら 税 務 課 に おたずねください 申 笠 間 市 ホームページからダウンロードできます なお 本 庁 税 務 課 笠 間 支 所 地 域 課 岩 間 支 所 地 域 課 にも 用 意

More information

第25回税制調査会 総25-1

第25回税制調査会 総25-1 平 27.10.27 総 2 5-1 説 明 資 料 相 続 税 贈 与 税 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 財 務 省 目 次 1. 資 産 課 税 をめぐる 経 済 社 会 構 造 の 変 化 1 家 計 における 資 産 形 成 の 変 容 4 相 続 の 変 容 13 今 後 の 人 口 動 態 の 見 通 し 27 2. 相 続 税 の 現 状 30 3. 贈 与 税 の

More information

パーミヤーン 石 窟 の 意 匠 としてしばしば 認 められるスキンチに tl~ で,タンプール( 鼓 胴 部 )と 呼 ばれる 移 行 部 を 墜 と 天 ~I: の 1111 に 設 け,そ

パーミヤーン 石 窟 の 意 匠 としてしばしば 認 められるスキンチに tl~ で,タンプール( 鼓 胴 部 )と 呼 ばれる 移 行 部 を 墜 と 天 ~I: の 1111 に 設 け,そ パーミヤーン 石 窟 の 意 匠 としてしばしば 認 められるスキンチに tl~ で,タンプール( 鼓 胴 部 )と 呼 ばれる 移 行 部 を 墜 と 天 ~I: の 1111 に 設 け,そ l i~}j 11 1 婦 を 川 んで 方 ì71~ の 小 音 1I 屈 が 並 ぶキャラパンサライ 風 の 主 I! 造 物 で,このうち 器 の 報 告 では DoabA" と lザ 称 される)からは

More information

器.~II~ピーョr ~~ョン スタートライン ~15m 未 満 工 リアは 0/0 得 点 5.0m~22.5m 未 満 エリアは 1or2 得 点 22.5m~30.0m 未 満 工 リアは 3or4 得 点 30.0m~37.5m 未 満 工 リアは 5or6 得 点 37.5m~45.0m 未 満 工 リアは 7 0rB 得 点 45.0m~52.5m 未 満 エリアは 9or10

More information

24 老 人 控 除 対 象 配 偶 者 老 人 控 除 対 象 配 偶 者 を 有 する 場 合 には 1 それ 以 外 の 場 合 には 0 を 記 25 配 偶 者 特 別 控 除 の 額 書 面 による 場 合 の 記 載 に 準 じて 記 26~32 控 除 対 象 扶 養 親 族 の 数

24 老 人 控 除 対 象 配 偶 者 老 人 控 除 対 象 配 偶 者 を 有 する 場 合 には 1 それ 以 外 の 場 合 には 0 を 記 25 配 偶 者 特 別 控 除 の 額 書 面 による 場 合 の 記 載 に 準 じて 記 26~32 控 除 対 象 扶 養 親 族 の 数 1 法 定 資 料 の 種 類 315 を 記 2 整 理 番 号 1 3 本 支 店 等 区 分 番 号 税 務 署 から 連 絡 されている 整 理 番 号 1(10 桁 の 数 字 ) を 記 なお 所 得 税 において 源 泉 徴 収 票 を 光 ディスク 等 により 提 出 していない 場 合 は ブランクとする 本 店 等 で 一 括 して 提 出 する 場 合 に 本 店 及 び 支

More information