Unknown

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Unknown"

Transcription

1 国 民 健 康 病 気 やけがをしたときに 医 療 費 の 負 担 が 高 額 とならないように みんなで 支 え 合 うのが 国 民 健 康 で 医 療 費 の 負 担 国 民 健 康 に 入 っている 人 は 医 療 費 の 負 担 額 が3 割 (70 歳 以 上 の 人 は 住 民 税 課 税 所 得 により 異 なります) で 済 みま 国 民 健 康 被 者 証 ( 証 )など 医 療 機 関 で 受 診 するときは 証 (70 歳 以 上 の 人 は 高 齢 受 給 者 証 も 必 要 )を 提 示 すれば 医 療 費 の 一 部 を 支 払 うことで 診 察 や 治 療 などの 給 付 が 受 けられま この 証 は 毎 4 月 1 日 に 高 齢 受 給 者 証 は8 月 1 日 に 更 新 しま ただし 税 を 滞 納 すると 通 常 の 証 に 替 わって 有 効 期 限 の 短 い 証 や 被 者 資 格 証 明 書 が 交 付 さ れま( 被 者 資 格 証 明 書 の 場 合 医 療 費 は 一 旦 全 額 負 担 となりま) 国 民 健 康 に 入 る 人 ( 被 者 ) 職 場 の 健 康 に 入 っている 人 やその 人 の 扶 養 に 入 っている 人 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 入 っている 人 およ び 生 活 護 を 受 けている 人 などを 除 いたすべての 人 が 国 民 健 康 に 入 らなければなりません 国 民 健 康 に 入 るのは ほかの 健 康 に 入 っていない 人 で 自 営 業 の 人 退 職 して 職 場 の 健 康 などをやめた 人 パートやアルバイトの 人 農 林 水 産 業 の 人 1 以 上 滞 在 する 外 国 籍 の 人 こんなことも 受 けられます 出 産 育 児 一 時 (390,000 円 ただし 産 科 医 療 補 償 制 度 加 入 の 病 院 などでの 出 産 は420,000 円 ) 原 則 として 病 院 などに 申 請 することで 国 から 直 接 病 院 などに 出 産 費 用 を 支 払 いま 病 院 などからの 請 求 額 が42 万 円 または39 万 円 に 満 たない 場 合 その 差 額 分 は 申 請 により 田 川 市 国 から 世 帯 主 へ 支 給 されま 費 用 が 支 払 額 を 超 えたときにはその 超 過 分 は 自 己 負 担 となりま 他 の 医 療 制 度 から 支 給 される 人 は 除 きま また 出 産 後 直 接 世 帯 主 に 出 産 育 児 一 時 を 支 払 う 制 度 もあり その 場 合 は 出 産 費 用 を 現 で 病 院 などに お 支 払 いいただくことになりま 妊 娠 4 週 目 (85 日 ) 以 降 の 出 産 流 産 の 場 合 でも 支 給 されま 葬 祭 費 (30,000 円 ) 被 者 が 亡 くなったとき 葬 祭 を 行 った 人 が 受 給 で きま 移 送 費 医 師 の 指 示 により 緊 急 その 他 止 むを 得 ず 入 院 や 転 院 などの 移 送 費 用 がかかったとき 田 川 市 国 民 健 康 が 必 要 と 認 めた 場 合 受 給 できま 高 額 療 養 費 1か 月 の 自 己 負 担 額 が 限 度 額 を 超 えたとき 超 えた 分 の 費 用 を 受 給 できま 限 度 額 適 用 標 準 負 担 額 減 額 認 定 証 70 歳 未 満 の 人 と 高 齢 受 給 者 で 住 民 税 非 課 税 世 帯 の 人 には 申 請 により 認 定 証 を 交 付 しま 認 定 証 を 病 院 など へ 提 示 されると 自 己 負 担 額 が 限 度 額 までとなり 非 課 税 世 帯 の 場 合 は 食 事 代 の 自 己 負 担 額 が 減 額 されま 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 医 療 費 が 高 額 になった 世 帯 に 介 護 の 受 給 者 がい る 場 合 8 月 から 翌 7 月 までの1 間 の 医 療 と 介 護 の 両 方 の 自 己 負 担 を 合 算 し 限 度 額 を 超 えた 分 が 支 給 されま 療 養 費 次 のようなものは 病 院 などで 全 額 を 支 払 っていても 申 請 するとその 約 7 割 (70 歳 以 上 の 人 は 住 民 税 課 税 所 得 により 異 なります)の 支 給 を 受 けることができま やむをえず 証 を 持 たずに 払 った 治 療 代 輸 血 を 受 けたときの 生 血 代 医 師 の 指 示 によるコルセット ギプスなどの 補 装 具 代 医 師 の 指 示 による はり 灸 マッサージなどの 施 術 代 海 外 渡 航 中 に 払 った 治 療 代 国 民 健 康 の 給 付 の 制 限 給 付 を 受 けられないもの 健 康 診 断 や 予 防 注 射 美 容 整 形 や 歯 列 矯 正 正 常 な 妊 娠 にかかる 検 診 経 済 上 の 理 由 による 妊 娠 中 絶 仕 事 上 のけがや 病 気 ( 労 災 対 象 となるもの) 給 付 が 制 限 されるもの 次 のようなものが 原 因 のけがや 病 気 けんか 犯 罪 酒 酔 い わざとした 行 為 交 通 事 故 にあったとき 交 通 事 故 にあってけがをしたときは 加 害 者 から 治 療 費 を 受 け 取 った 場 合 や 示 談 の 内 容 によっては 国 民 健 康 が 適 用 されないことがありま 必 ず 届 け 出 をしま しょう 退 職 者 医 療 制 度 会 社 などを 退 職 し 次 のすべてに 該 当 する 人 は 退 職 者 医 療 に 該 当 しま 65 歳 未 満 で 国 民 健 康 に 加 入 している 人 厚 生 や 共 済 などを 受 けられる 人 で その 加 入 期 間 が20 以 上 または40 歳 以 降 10 以 上 ある 人 田 川 市 暮 らしの 便 利 帳 37

2 証 書 をもらったら14 日 以 内 に 届 け 出 を 持 っていくもの 国 民 健 康 証 証 書 退 職 者 医 療 制 度 が 適 用 される 人 の 医 療 費 は 本 人 の 自 己 負 担 分 以 外 は 国 民 健 康 税 と 職 場 の 健 康 が 出 し 合 う 拠 出 によってまかなわれていまみなさ んが 納 めた 国 民 健 康 税 を 有 意 義 に 使 うためにも 対 象 となる 人 は 届 け 出 をお 願 いしま こんなときは14 日 以 内 に 届 け 出 を 届 け 出 が 遅 れると さかのぼって 国 民 健 康 税 を 払 うことになり その 間 の 医 療 費 を 全 額 自 己 負 担 することにな りま 国 民 健 康 に 入 っている 人 で どんなとき 持 っていくもの 届 け 出 窓 口 職 場 の 健 康 に 入 ったとき 職 場 の 健 康 の 被 扶 養 者 になったとき 国 民 健 康 証 職 場 の 健 康 証 ( 未 交 付 のときは 加 入 を 証 明 するもの) 生 活 護 を 受 け 始 めたとき 国 民 健 康 証 生 活 護 決 定 通 知 書 市 外 へ 引 っ 越 すとき 国 民 健 康 証 市 内 で 住 所 を 移 したとき 世 帯 主 や 氏 名 が 変 わったとき 国 民 健 康 証 世 帯 を 分 けたり 一 緒 にしたとき 就 学 のため 別 に 住 所 を 定 めるとき 国 民 健 康 証 在 学 証 明 書 証 をなくしたり 汚 れて 使 えなくなった りしたとき 運 転 免 許 証 などの 身 分 証 明 証 ( 使 えなくなった 国 民 健 康 証 ) 退 職 者 医 療 制 度 の 適 用 を 受 けるとき 国 民 健 康 証 証 書 子 どもが 生 まれたとき 国 民 健 康 証 ( 母 子 健 康 手 帳 ) 死 亡 したとき 国 民 健 康 証 死 亡 を 証 明 するもの( 特 例 の 場 合 ) 喪 主 の 人 を 確 認 できるもの 国 民 健 康 に 入 っていない 人 で どんなとき 持 っていくもの 届 け 出 窓 口 市 外 から 引 っ 越 してきたとき 運 転 免 許 証 などの 身 分 証 明 書 職 場 の 健 康 をやめた 証 明 書 運 転 免 許 証 などの 身 分 職 場 の 健 康 をやめたとき 証 明 書 職 場 の 健 康 の 被 扶 養 者 でなくなったとき 被 扶 養 者 喪 失 の 証 明 書 運 転 免 許 証 などの 身 分 証 明 書 生 活 護 を 受 けなくなったとき( 他 の に 加 入 する 場 合 は 除 く) 生 活 護 廃 止 証 明 書 運 転 免 許 証 などの 身 分 証 明 書 同 じ 世 帯 に 既 に 国 民 健 康 に 加 入 している 人 がいる 場 合 には その 証 が 必 要 で 別 世 帯 の 人 が 手 続 きするには 委 任 状 と 委 任 された 人 の 本 人 確 認 ができるもの( 運 転 免 許 証 など)が 必 要 で 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 平 成 20 4 月 から 新 たに 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 が 始 まりました 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 運 営 は 福 岡 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 が 行 い 申 請 の 受 付 などの 窓 口 事 務 は 田 川 市 が 行 い ま 被 者 75 歳 以 上 の 人 65 歳 以 上 75 歳 未 満 で 一 定 の 障 害 がある 人 ( 任 意 ) ( 生 活 護 受 給 者 は 除 きま) 自 己 負 担 割 合 医 療 機 関 などの 窓 口 で 支 払 う 費 用 は1 割 ( 一 定 以 上 所 得 者 のいる 世 帯 は3 割 )となりま 一 定 以 上 所 得 者 のいる 世 帯 とは 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 被 者 で 市 民 税 課 税 所 得 が145 万 円 以 上 の 人 のい る 世 帯 でただし 3 割 負 担 と 判 定 された 場 合 でも 同 じ 世 帯 の 被 者 もしくは 同 じ 世 帯 の70 歳 ~74 歳 の 人 との 収 入 の 合 計 が520 万 円 未 満 ( 被 者 が 世 帯 に1 人 の 場 合 は383 万 円 未 満 )であれば 申 請 により 1 割 負 担 になりま こんなことも 受 けられま( 申 請 が 必 要 で) 高 額 療 養 費 1か 月 ( 同 じ 月 内 )の 医 療 費 の 自 己 負 担 額 が 限 度 額 を 超 えたとき 限 度 額 を 超 えた 分 が 支 給 されま 入 院 した 時 の 自 己 負 担 額 と 食 事 代 の 減 額 住 民 税 が 非 課 税 の 世 帯 の 人 は 入 院 した 時 の 自 己 負 担 額 と 食 事 代 が 減 額 されま あらかじめ 減 額 の 認 定 を 受 け 認 定 証 を 病 院 の 窓 口 に 提 示 することが 必 要 で 認 定 については 市 民 課 係 で 申 請 してください 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 後 期 高 齢 者 医 療 と 介 護 の 両 方 を 利 用 した 世 帯 に1 間 (8 月 から 翌 7 月 まで)の 自 己 負 担 額 の 合 計 が 基 準 額 ( 世 帯 で 合 算 )を 超 えた 額 が 支 給 されま 療 養 費 次 のようなものは 病 院 などで 全 額 を 支 払 っていて 38 田 川 市 暮 らしの 便 利 帳

3 も 申 請 するとその 約 9 割 ( 一 定 以 上 所 得 者 は 約 7 割 )の 支 給 を 受 けることができま やむをえず 証 を 持 たずに 払 った 治 療 代 海 外 渡 航 中 に 治 療 を 受 けたとき( 治 療 目 的 の 渡 航 は 除 く) 輸 血 を 受 けたときの 生 血 代 医 師 の 指 示 によるコルセット ギブスなどの 補 装 具 代 医 師 の 指 示 による はり 灸 マッサージなどの 施 術 代 ( 緊 急 やむを 得 ず 医 師 の 指 示 があり 入 院 転 院 な どの 移 送 にかかった 費 用 については 広 域 連 合 が 必 要 と 認 めた 場 合 に 支 給 されま) 葬 祭 費 (30,000 円 ) 被 者 が 亡 くなったとき 葬 祭 を 行 った 人 に 支 給 さ れま 給 付 が 制 限 されるもの 交 通 事 故 にあったとき 交 通 事 故 などの 第 三 者 の 行 為 によってけがや 病 気 に なったときは 加 害 者 から 治 療 費 を 受 け 取 った 場 合 や 示 談 の 内 容 によっては 被 者 証 が 使 えなくなることが ありま 必 ず 届 け 出 をしましょう こんなときは14 日 以 内 に 届 け 出 を こんなとき 持 っていくもの 届 け 出 窓 口 一 定 の 障 害 のある65 歳 以 上 の 人 が 加 入 障 害 者 手 帳 など をするとき これまでご 加 入 の の 証 住 所 が 変 わったとき 転 出 転 居 証 口 座 情 報 ( 料 の 還 付 がある 場 合 ) 転 入 転 出 証 明 書 生 活 護 の 適 用 を 受 けたとき 護 開 始 決 定 通 知 書 証 口 座 情 報 ( 料 の 還 付 がある 場 合 ) 生 活 護 の 適 用 を 受 けなくなったとき 護 廃 止 ( 停 止 ) 決 定 通 知 書 被 者 が 亡 くなったとき 亡 くなった 人 の 証 会 葬 御 礼 または 葬 儀 の 領 収 書 相 続 人 代 表 者 および 喪 主 の 口 座 情 報 証 を 紛 失 したとき 本 人 確 認 書 類 料 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 では 対 象 となる 被 者 全 員 が 料 を 納 めま 料 は 被 者 全 員 が 等 しく 負 担 する 均 等 割 額 と 被 者 の 所 得 に 応 じて 決 められる 所 得 割 額 を 合 計 して 個 人 単 位 で 計 算 されま 料 の 納 め 方 が 額 18 万 円 以 上 の 人 の 場 合 は 原 則 として 料 は からのお 支 払 い( 特 別 徴 収 )となりまそれ 以 外 の 場 合 は 個 別 に 納 付 書 や 口 座 振 替 などでの 納 付 と なります( 普 通 徴 収 ) また 介 護 料 とあわせて 料 額 が 額 の2 分 の1を 超 える 場 合 は からのお 支 払 いの 対 象 となりません 料 が からのお 支 払 い( 特 別 徴 収 )になる 人 で も 申 請 をしていただくことにより お 支 払 いの 方 法 を 口 座 振 替 に 変 更 することができま 介 護 健 康 福 祉 課 高 齢 介 護 係 寝 たきりや 認 知 症 などで 介 護 が 必 要 な 状 態 や 日 常 生 活 において 支 援 が 必 要 になったときに その 方 々をみんなで 支 えあうのが 介 護 で 田 川 市 は 福 岡 県 介 護 広 域 連 合 に 加 入 して 運 営 を 行 っていま このような 人 が 介 護 サービスを 利 用 できます 65 歳 以 上 の 人 ( 第 1 号 被 者 ) 予 防 給 付 要 支 援 1 要 支 援 2の 認 定 を 受 けた 人 が 対 象 となりま 要 介 護 に 悪 化 することを 予 防 する 目 的 の 介 護 サービスが 利 用 できま 介 護 給 付 要 介 護 1~5の 認 定 を 受 けた 人 が 対 象 となりま 介 護 サービスが 利 用 できま 40~64 歳 までの 医 療 加 入 者 ( 第 2 号 被 者 ) 老 化 が 原 因 とされる 病 気 (16 種 類 の 特 定 疾 病 )により 要 支 援 要 介 護 と 認 定 された 場 合 サービスが 利 用 でき ま 認 定 を 受 けるためには 申 請 が 必 要 です 介 護 サービス( 予 防 給 付 介 護 給 付 )を 利 用 するには まず 要 介 護 認 定 の 申 請 が 必 要 で 本 人 または 家 族 が 健 康 福 祉 課 高 齢 介 護 係 の 窓 口 で 必 要 書 類 を 受 け 取 り 申 請 を 行 いま 本 人 または 家 族 が 申 請 できない 場 合 は 地 域 包 括 支 援 センター 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 介 護 施 設 などに 申 請 を 代 行 してもらうことができま 申 請 に 必 要 なもの 主 治 医 意 見 書 記 載 のための 主 治 医 の 名 前 病 院 の 名 前 介 護 被 者 証 (65 歳 以 上 の 人 ) 医 療 証 (40 歳 ~64 歳 のみ) 特 定 疾 病 名 田 川 市 暮 らしの 便 利 帳 39

4 介 護 ( 予 防 )サービス 計 画 (ケアプラン)を 作 成 します 要 支 援 12の 人 地 域 包 括 支 援 センター とサービス 利 用 について 契 約 し 地 域 包 括 支 援 センターまたは 委 託 を 受 けた 指 定 居 宅 介 護 支 援 事 業 所 と 予 防 サービス 計 画 を 作 成 しま 要 介 護 1~5の 人 指 定 居 宅 介 護 支 援 事 業 所 と 介 護 サービス 計 画 を 作 成 しま 介 護 施 設 グループホーム 介 護 特 定 施 設 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 を 利 用 される 人 は その 事 業 所 でケ アプランが 作 成 されま 介 護 ( 予 防 )サービスの 利 用 費 用 負 担 ケアプランにもとづき 介 護 サービス 事 業 所 が 提 供 す る 介 護 ( 予 防 )サービスを 利 用 しま 介 護 ( 予 防 )サービ スを 利 用 した 場 合 介 護 にかかった 費 用 の1 割 が 利 用 者 の 負 担 となりままた 1 割 の 利 用 者 負 担 額 が 高 額 に なり その 世 帯 の 課 税 状 況 や 所 得 により 決 まる 一 定 の 額 を 超 えた 場 合 申 請 により 高 額 介 護 サービス 費 として 支 給 されま 介 護 ( 予 防 )サービスの 種 類 要 支 援 要 介 護 認 定 を 受 けた 人 は 以 下 の 介 護 ( 予 防 ) サービスを 受 けることができま 要 支 援 12の 人 への サービスは 予 防 自 立 支 援 に 重 点 を 置 いたものとなりま 在 宅 サービス 地 域 密 着 型 サービス 1 家 庭 で 受 けるサービス ホームヘルパー 看 護 師 リハビリ 専 門 職 入 浴 チーム などの 訪 問 や 医 師 などによる 指 導 を 受 けま 2 日 帰 りで 通 うサービス デイサービスセンター 老 人 健 施 設 などに 通 いま 3 施 設 へ 短 期 入 所 するサービス(ショートステイ) 特 別 養 護 老 人 ホームや 老 人 健 施 設 へ 短 期 入 所 しま 4 福 祉 用 具 の 貸 与 購 入 費 の 支 給 5 住 宅 改 修 費 の 支 給 6 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 小 規 模 多 機 能 型 事 業 所 有 料 老 人 ホームなどでの 介 護 地 域 密 着 型 サービスである 認 知 症 高 齢 者 グループ ホーム 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 認 知 症 対 応 型 通 所 介 護 定 期 巡 回 随 時 対 応 型 訪 問 介 護 看 護 複 合 型 サー ビスは 原 則 田 川 市 の 住 民 のみが 利 用 可 能 で 認 知 症 高 齢 者 グループホームは 要 支 援 1の 人 は 利 用 できません これらのサービスのうち 本 人 が 必 要 とするサービス を 希 望 するサービス 事 業 者 から 受 けることができま ただし 本 人 の 要 介 護 度 に 応 じて 利 用 できる 回 数 に 違 いがありま 施 設 サービス 1 介 護 老 人 福 祉 施 設 ( 特 別 養 護 老 人 ホーム)への 入 所 2 介 護 老 人 健 施 設 ( 老 人 健 施 設 )への 入 所 3 介 護 療 養 型 医 療 施 設 ( 介 護 職 員 が 手 厚 く 配 置 された 病 院 )への 入 所 要 支 援 12の 人 は 利 用 できません 地 域 支 援 事 業 田 川 市 地 域 包 括 支 援 センター 被 者 が 要 介 護 状 態 などとなることを 予 防 すると ともに 要 介 護 状 態 などとなった 場 合 においても 可 能 な 限 り 地 域 において 自 立 した 日 常 生 活 を 営 むことがで きるよう 支 援 しま 包 括 的 支 援 事 業 介 護 医 療 福 祉 など 関 係 機 関 と 連 携 し 高 齢 者 の 生 活 を 支 える 総 合 相 談 拠 点 として 主 任 ケアマネージャー 健 師 社 会 福 祉 士 など 各 分 野 の 専 門 職 が 相 談 対 応 しま 指 定 介 護 予 防 事 業 要 支 援 12と 認 定 された 人 の 介 護 予 防 ケアプランを 作 成 し 介 護 予 防 サービスなどを 受 けられるように 事 業 者 などとの 調 整 を 行 いま 第 1 号 被 者 (65 歳 以 上 の 人 )の 介 護 料 の 納 め 方 特 別 徴 収 月 額 15,000 円 以 上 の 人 は 支 払 時 に 料 があらかじめ 差 し 引 かれま 普 通 徴 収 月 額 15,000 円 未 満 の 人 や 特 別 徴 収 ができない 人 は 納 付 書 または 口 座 振 替 による 納 付 となりま 納 め 忘 れにご 注 意 ください 料 を 滞 納 すると 滞 納 の 期 間 に 応 じて サービス 利 用 の 際 の 負 担 が 大 きく なる 措 置 などがとられま 40 田 川 市 暮 らしの 便 利 帳

5 国 民 国 民 制 度 とは 老 後 だけでなく 万 が 一 の 障 害 や 生 計 中 心 者 の 死 亡 の 際 に 国 民 生 活 の 安 定 を 図 る 制 度 で 国 民 の 種 類 市 民 課 市 民 係 老 齢 基 礎 料 を 納 めた 期 間 ( 免 除 された 期 間 や 任 意 加 入 で きる 人 が 加 入 しなかった 期 間 も 含 む)が 合 計 25 以 上 ある 人 が 65 歳 から 受 給 できま 希 望 すれば 60 歳 から 受 給 できますが 額 が 少 なく なりま 障 害 基 礎 国 民 加 入 中 または60~65 歳 までの 間 に 病 気 や けがで 障 害 者 になったときに 受 給 できま( 支 給 要 件 がありま) また 20 歳 前 の 病 気 やけがで 障 害 者 になった 人 は 20 歳 になったときから 受 給 できま 遺 族 基 礎 国 民 の 加 入 者 などが 死 亡 したとき その 人 に 生 計 を 維 持 されていた18 歳 到 達 度 の 末 日 までにある 子 または1 級 2 級 の 障 害 の 状 態 にあるときは20 歳 未 満 の 子 のいる 妻 または 子 が 受 給 できま 寡 婦 老 齢 基 礎 を 受 給 できる 夫 が 何 の も 受 給 せず 死 亡 したとき 10 以 上 婚 姻 期 間 がある 妻 が 受 給 でき ま ただし 受 給 期 間 は60~65 歳 で 国 民 への 加 入 市 民 課 市 民 係 日 本 国 内 に 住 んでいる20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 人 は 必 ず 国 民 に 加 入 しなければなりません 60~64 歳 の 人 や 外 国 に 住 んでいる 日 本 人 も 希 望 すれば 加 入 できま( 任 意 加 入 ) 加 入 者 の 種 類 (3 種 類 ありま) 第 1 号 被 者 第 2 号 被 者 第 3 号 被 者 自 営 業 農 林 漁 業 自 由 業 学 生 無 職 の 人 など 会 社 員 や 公 務 員 など 厚 生 や 共 済 組 合 に 加 入 している 人 など 会 社 員 や 公 務 員 などの 第 2 号 被 者 に 扶 養 されている 配 偶 者 ( 夫 や 妻 ) 平 成 25 6 月 現 在 こんなとき この 手 続 き 市 民 課 市 民 係 直 方 事 務 所 こんなとき 持 っていくもの いつまでに どこへ 会 社 などに 勤 めていない 人 が20 歳 になったとき 本 人 確 認 できるもの 会 社 をやめたり 健 康 の 扶 養 からはずれたとき ( 離 婚 配 偶 者 の 離 職 など) ( 離 職 票 資 格 喪 失 証 明 書 ) 手 帳 14 日 以 内 市 民 課 市 民 係 手 帳 を 汚 したり なくしたとき ( 手 帳 ) すぐに お 急 ぎの 場 合 事 務 所 へ の 料 を 納 められないとき( 免 除 申 請 ) 転 入 してきた 人 は 前 住 所 地 の 所 得 証 明 書 が 必 要 で そのとき 付 加 料 を 納 めたいとき 手 帳 国 民 を 受 給 するとき 国 民 を 受 給 している 人 が 氏 名 を 変 えたとき を 受 給 している 人 の 住 所 が 変 わったとき を 受 け 取 る 融 機 関 を 変 えるとき 証 書 をなくしたとき 手 帳 預 通 帳 ( 本 人 名 義 ) 戸 籍 謄 本 など 証 書 戸 籍 謄 本 など 市 民 課 市 民 係 に 手 続 き 用 の はがきがありま を 受 給 する 権 利 を 得 てから 5 以 内 14 日 以 内 14 日 以 内 そのとき すぐに 市 民 課 市 民 係 または 直 方 事 務 所 国 民 を 受 給 している 人 が 死 亡 したとき 死 亡 された 人 により 異 なるため 事 前 にお 問 い 合 わせください 14 日 以 内 手 帳 加 入 者 がもっているもの 証 書 受 給 者 がもっているもの 付 加 料 将 来 を 多 く 受 給 したい 人 が 通 常 の 料 に 加 えて 納 める 料 で 手 続 きによっては 他 にも 必 要 なものがありますので 事 前 にお 問 い 合 わせください 毎 月 第 1 第 3 木 曜 日 に 田 川 青 少 文 化 ホールで 開 設 される 相 談 でも 手 続 きができま( 事 前 に に 予 約 ) 平 成 25 6 月 現 在 田 川 市 暮 らしの 便 利 帳 41

6 国 民 料 の 免 除 制 度 市 民 課 市 民 係 国 民 には 法 で 定 められている 要 件 に 該 当 すれば 当 然 に 料 の 納 付 が 免 除 される 法 定 免 除 と 経 済 的 な 理 由 などで 申 請 により 料 の 納 付 が 免 除 される 申 請 免 除 という 制 度 がありま 法 定 免 除 次 のいずれかに 該 当 したときに 届 け 出 れば その 間 の 料 は 自 動 的 に 免 除 されま 1. 障 害 (1 2 級 )などを 受 給 するようになったとき 2. 生 活 護 を 受 けるとき 3. 厚 生 労 働 大 臣 が 指 定 する 施 設 に 収 容 されているとき 申 請 免 除 本 人 世 帯 主 配 偶 者 の 前 中 所 得 が 一 定 以 下 の 場 合 に 申 請 手 続 きをすることにより 料 の 全 部 または 一 部 が 免 除 されま 失 業 倒 産 事 業 の 廃 止 の 場 合 は 前 中 の 所 得 にかか わらず 免 除 となる 場 合 がありま 離 職 票 などの 写 しが 必 要 で 免 除 の 種 類 受 給 する 額 全 額 免 除 2 分 の1が 反 映 されま 4 分 の3 免 除 8 分 の5が 反 映 されま 半 額 免 除 8 分 の6が 反 映 されま 4 分 の1 免 除 8 分 の7が 反 映 されま 全 額 免 除 以 外 の 一 部 免 除 は 料 の 一 部 を 納 めない と 未 納 になりま 若 者 納 付 猶 予 学 生 以 外 の30 歳 未 満 の 人 で 本 人 および 配 偶 者 のみ の 前 中 所 得 が 一 定 以 下 の 場 合 に 申 請 手 続 きをするこ とにより 料 の 納 付 が 猶 予 され 料 の 後 払 いがで きま 学 生 納 付 特 例 制 度 学 生 本 人 の 前 中 所 得 が 一 定 以 下 の 場 合 に 申 請 手 続 きをすることにより 料 の 納 付 が 猶 予 され 料 の 後 払 いができま 在 学 証 明 書 または 学 生 証 の 写 しが 必 要 で 平 成 25 6 月 現 在 免 除 などの 手 続 きについて 市 民 課 市 民 係 受 付 場 所 市 民 課 市 民 係 受 付 時 間 随 時 受 け 付 けていま 原 則 として 毎 度 手 続 きをす る 必 要 がありま 免 除 申 請 若 者 納 付 猶 予 のサイクルは 7 月 から 翌 6 月 までで 学 生 納 付 特 例 のサイクルは 4 月 から 翌 3 月 までで 必 要 なもの ( 認 め 印 ) 離 職 された 場 合 は 離 職 票 雇 用 受 給 者 証 など 離 職 月 日 を 確 認 できる 公 的 機 関 が 証 明 する 書 類 の 写 し 1 月 2 日 以 降 に 転 入 してきた 人 は1 月 1 日 現 在 の 住 所 地 発 行 の 前 中 の 所 得 証 明 書 在 学 証 明 書 または 学 生 証 の 写 し( 学 生 納 付 特 例 のみ) ほかにも 国 民 には 次 のようなものがあります 市 民 課 市 民 係 付 加 死 亡 一 時 短 期 在 留 外 国 人 の 脱 退 一 時 詳 しくは 市 民 課 市 民 係 へおたずねください その 他 の 制 度 農 業 者 ( 経 営 移 譲 など) もよりの 各 農 協 (JA) 窓 口 共 済 各 勤 務 先 の 共 済 組 合 厚 生 勤 務 先 を 管 轄 する 事 務 所 そのほか についての 相 談 直 方 事 務 所 毎 月 第 1 第 3 木 曜 日 (10 時 ~16 時 )に 田 川 青 少 文 化 ホールで 相 談 が 行 われていま 事 前 に 直 方 事 務 所 へ 電 話 での 予 約 が 必 要 で ( 予 約 電 話 番 号 ) 平 成 25 6 月 現 在 42 田 川 市 暮 らしの 便 利 帳

種 別 給 付 の 内 容 手 続 きに 高 額 養 費 同 じ 人 が 同 じ 月 に 同 じ 機 関 などで 一 定 以 上 の 自 己 負 担 を 支 払 った 場 合 申 請 によりその 超 えた 額 が 支 払 われます( 差 額 の ベッド 代 や 歯 科 自 由 診 などは 除 く)

種 別 給 付 の 内 容 手 続 きに 高 額 養 費 同 じ 人 が 同 じ 月 に 同 じ 機 関 などで 一 定 以 上 の 自 己 負 担 を 支 払 った 場 合 申 請 によりその 超 えた 額 が 支 払 われます( 差 額 の ベッド 代 や 歯 科 自 由 診 などは 除 く) KASHIMACITY 健 康 健 康 ( )は 病 気 やけがに 備 え 加 入 者 がお ( 税 )を 出 し 合 い 費 に 充 てる 相 互 扶 助 を 目 的 とした 制 度 です 健 康 に 加 入 する 人 職 場 の 健 康 ( 健 )に 加 入 している 人 とその 扶 養 家 族 後 期 高 齢 者 ( 長 寿 ) 制 度 に 加 入 している 人 その 他 生 活 護 を 受

More information

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd 保 国 民 健 康 保 制 度 問 住 民 課 963-1733 国 民 健 康 保 健 康 保 制 度 とは 病 気 やケガをしたときに 安 心 して 医 療 機 関 などにかかることができるように みなさんが 納 めた 保 税 などで みんなで 助 け 合 おうという 制 度 で す 日 本 では 国 民 皆 保 制 度 になっています この 健 康 保 制 度 のなかで 国 民 健 康 保 はみなさん

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63> 国 民 健 康 保 険 国 民 年 金 国 民 健 康 保 険 手 続 き 問 合 せ 先 / 本 庁 国 保 医 療 課 各 支 所 健 康 福 祉 課 国 民 健 康 保 険 に 加 入 するとき もしくはやめるときは 必 ず14 日 以 内 に 届 出 をして こんなとき 必 要 なもの 職 場 の 健 康 保 険 をやめたとき 職 場 の 健 康 保 険 をやめた 証 明 書 国 民 健 康

More information

1210熊本市(SG330)行政最終.indd

1210熊本市(SG330)行政最終.indd 市 税 国 保 年 市 民 税 区 役 所 税 務 課 1 月 1 日 現 在 で 区 内 に 住 んでいる 方 または 区 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する 方 で その 区 内 に 住 所 を 有 しない 方 に 課 税 されます 前 年 中 の 収 入 所 得 に ついて3 月 15 日 までに 市 民 税 の 申 告 を 行 ってください なお 次 の 方 については

More information

8.手当・年金・貸付等

8.手当・年金・貸付等 9 章 手 当 年 金 貸 付 等 手 当 年 金 等 一 覧 対 象 者 や 金 額 の 詳 細 は 該 当 ページを 参 照 してください 年 金 関 係 主 な 対 象 金 額 ページ (1)(2) 障 がい 基 礎 年 金 (3) 特 別 障 がい 給 付 金 (4) 重 度 障 がい 者 特 例 支 援 事 業 (5) 障 がい 厚 生 年 金 障 が い 手 当 金 20 歳 以 上 で

More information

(4) 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度... 180 (5) 移 送 費... 180 (6) 訪 問 看 護 療 養 費... 181 (7) 療 養 費... 181 (8) 葬 祭 費... 181 3. 保 健 事 業... 182 (1) 健 康 診 査... 182 (2

(4) 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度... 180 (5) 移 送 費... 180 (6) 訪 問 看 護 療 養 費... 181 (7) 療 養 費... 181 (8) 葬 祭 費... 181 3. 保 健 事 業... 182 (1) 健 康 診 査... 182 (2 I. 国 民 健 康 保 険... 167 1. 国 民 健 康 保 険 とは... 167 (1) 国 民 健 康 保 険 への 加 入 喪 失 手 続 き... 167 2. 給 付 内 容... 168 (1) 療 養 の 給 付... 168 (2) 入 院 時 食 事 療 養 費... 168 (3) 高 額 療 養 費... 169 (4) 療 養 費... 169 (5) 移 送 費...

More information

2. 相 談 の 窓 口

2. 相 談 の 窓 口 障 害 年 金 制 度 1. 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 の 診 療 を 受 けた 日 ( 初

More information

2016_川越市_160523.indd

2016_川越市_160523.indd 49 国 保 後 期 高 齢 年 金. 国 健 康 保 険 ( 国 保 ). 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 3. 国 年 金. 国 健 康 保 険 ( 国 保 ) 国 保 手 続 きと 国 健 康 保 険 税 ( 国 保 税 ) 国 保 は 病 気 やけが 等 に 関 て 必 要 な 保 険 給 付 を 行 う 社 会 保 障 制 度 です 国 保 へ 加 入 する 方 勤 務 先 健 康 保

More information

国民年金

国民年金 国 民 年 金 の 被 保 険 者 日 本 国 内 に 住 所 のある20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 は 原 則 として 国 民 年 金 に 加 入 し なければなりません 国 民 年 金 は, 職 業 などにより 次 の3 種 類 に 分 類 されます 第 1 号 被 保 険 者 自 営 業 者 や 農 林 漁 業 者 学 生 無 職 など( 第 2 号 第 3 号 被 保 険 者 を

More information

1405長岡京市2(SG40)行政最終.indd

1405長岡京市2(SG40)行政最終.indd 保 険 年 金 税 金 国 民 健 康 保 険 国 民 健 康 保 険 課 国 保 係 955-9511 各 種 手 続 きを 別 世 帯 の 代 理 人 が 届 出 される 場 合 必 要 書 退 職 者 医 療 制 度 類 のほか 委 任 状 と 代 理 人 の 顔 写 真 入 り 身 分 証 明 書 等 が 必 要 になります 長 い 間 会 社 や 官 公 庁 などに 勤 め 退 職 後 に

More information

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用 国 民 年 金 国 民 年 金 は 全 ての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 必 要 な 給 付 を 行 い 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています 従 来 は 被 用 者 年 金 制 度 に 加 入 していない 自 営 業 者 等 を 対 象 としていましたが 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する

More information

(2) 対 象 となる 方 75 歳 以 上 の 方 65 歳 ~74 歳 の 一 定 の 障 害 をもつ 方 で 申 請 により 広 域 連 合 の 認 定 を 受 けた 方 身 体 障 害 者 手 帳 (1~3 級 及 び4 級 の 一 部 ) 療 育 手 帳 (A1 A2) または 精 神 障

(2) 対 象 となる 方 75 歳 以 上 の 方 65 歳 ~74 歳 の 一 定 の 障 害 をもつ 方 で 申 請 により 広 域 連 合 の 認 定 を 受 けた 方 身 体 障 害 者 手 帳 (1~3 級 及 び4 級 の 一 部 ) 療 育 手 帳 (A1 A2) または 精 神 障 1. 制 度 の 概 要 (1) 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 とは 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 は 75 歳 以 上 の 方 と 65 歳 ~74 歳 で 一 定 の 障 害 があり 申 請 により 加 入 した 方 を 対 象 とする 独 立 した 医 療 保 険 制 度 として 平 成 20 年 4 月 から 始 まりました この 制 度 では 財 政 運 営 の 安 定 化 と

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0 長 岡 技 術 科 学 大 学 出 産 子 育 てのための 手 続 パンフレット 総 務 課 平 成 26 年 4 月 現 在 1. 職 務 専 念 義 務 免 除 について 妊 娠 12 週 以 降 又 は 出 産 後 1 年 を 経 過 しない 職 員 ( )が, 医 師 又 は 助 産 師 から 指 示 を 受 け, 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるため 通 院 する 等

More information

不 動 産 賃 貸 業 の 場 合 は5 棟 10 室 以 上 の 事 業 規 模 であること 下 記 に 該 当 する 場 合 は 加 入 できません (1) 青 色 専 従 者 (2) 法 人 の 役 員 については 登 記 していることが 必 要 です したがって 顧 問 等 の 場 合 には

不 動 産 賃 貸 業 の 場 合 は5 棟 10 室 以 上 の 事 業 規 模 であること 下 記 に 該 当 する 場 合 は 加 入 できません (1) 青 色 専 従 者 (2) 法 人 の 役 員 については 登 記 していることが 必 要 です したがって 顧 問 等 の 場 合 には Q10 小 規 模 企 業 共 済 ( 退 職 金 型 + 年 金 型 )について 教 えて 下 さい ( 平 成 21 年 度 改 正 版 ) ポイント! 2008.12 湊 税 理 士 事 務 所 作 成 退 職 金 準 備 型 1 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 機 構 ( 略 称 中 小 機 構 ))が 運 営 する 制 度 です 2 掛 金 は 全 額 を 課 税 対 象

More information

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 沖 縄 県 職 員 のための 子 育 てハンドブック 22 年 3 月 総 務 部 人 事 課 1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 中

More information

Microsoft Word - しおり.doc

Microsoft Word - しおり.doc 光 市 平 成 21 年 4 月 対 象 となる 方 2 市 と 広 域 連 合 の 役 割 2 保 険 証 について 2 保 険 料 について 3 一 部 負 担 金 の 割 合 と 所 得 区 分 6 入 院 したときの 食 事 代 等 6 医 療 費 が 高 額 になったとき 7 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 について 8 交 通 事 故 などにあったとき 9 あとから 費

More information

目  次

目  次 年 金 手 当 について 障 害 基 礎 年 金 公 的 年 金 制 度 に 加 入 している 期 間 中 に 被 った 傷 病 により 障 害 者 になった 場 合 に 年 金 や 一 時 金 が 支 給 されます( 申 請 は 原 則 65 歳 までとなりま) 制 度 の 種 類 支 給 要 件 年 金 額 中 央 窓 口 センター 国 民 年 金 係 823-9439 国 民 年 金 障 害

More information

第○章 msゴシック16P太字

第○章 msゴシック16P太字 第 3 節 療 育 手 帳 3-1 療 育 手 帳 とは 療 育 手 帳 の 交 付 により 知 的 障 がいのある 人 に 対 して 一 貫 した 相 談 や 援 助 を 行 うとともに 各 種 サー ビスを 受 けやすくすることを 目 的 としています (1) 療 育 手 帳 の 交 付 対 象 児 童 相 談 所 または 知 的 障 害 者 更 生 相 談 所 ( 手 を つなぐ 相 談 センター

More information

平成18年度

平成18年度 平 成 27 年 度 国 民 健 康 保 険 のしおり 国 民 健 康 保 険 は 職 場 の 健 康 保 険 と 比 べ 主 に 次 の 点 が 異 なります 1. 加 入 は 世 帯 単 位 保 険 料 ( 長 久 手 市 では 国 民 健 康 保 険 税 ( 以 下 国 保 税 )と いいます)は 世 帯 主 あてに 通 知 します 2. 国 保 税 は 前 年 所 得 や 加 入 者 数 等

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック 両 立 支 援 ハンドブック ~ 働 くパパママ 子 育 て 応 援 プラン~ 平 成 27 年 9 月 沖 縄 県 教 育 委 員 会 教 育 庁 総 務 課 目 次 1 妊 娠 したら (1) 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 p1 (2) 妊 娠 障 害 休 暇 p1 (3) 妊 婦 通 勤 緩 和 休 暇 p2 (4) 妊 娠 中 の 休 息 又 は 補 食 のための 職

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び 2016/3/16 1 福 利 厚 生 (1) 公 立 学 校 共 済 組 合 の 保 健 事 業 人 間 ドック 事 業 1 泊 1 日 ド ッ ク 及 び 脳 ド ッ ク ( 35 歳 以 上 ) 婦 人 検 診 ( 25 歳 以 上 女 性 ) 年 齢 は4 月 1 日 現 在 の 満 年 齢 レクリエーション 施 設 宿 泊 利 用 補 助 ( 年 度 当 初 に 冊 子 を 配 付 ) 及

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

( 地 方 税 ) 前 年 所 得 課 税 と 特 別 徴 収 ( 天 引 き) も 給 与 から 特 別 徴 収 されますが 所 得 税 の 場 合 とそのしくみ が 異 なっています 所 得 税 は 毎 月 の 給 与 の 金 額 に 応 じて 源 泉 徴 収 される 現 年 所 得 課 税 の

( 地 方 税 ) 前 年 所 得 課 税 と 特 別 徴 収 ( 天 引 き) も 給 与 から 特 別 徴 収 されますが 所 得 税 の 場 合 とそのしくみ が 異 なっています 所 得 税 は 毎 月 の 給 与 の 金 額 に 応 じて 源 泉 徴 収 される 現 年 所 得 課 税 の 第 7 章 給 与 所 得 者 と 税 金 Q 私 の 給 料 から 天 引 きされている 税 金 は 何 ですか? A 給 与 所 得 者 の 方 が 給 与 をもらうときには すでに 税 金 が 天 引 きされている 場 合 があります その 税 金 は 所 得 税 と です 所 得 税 ( 国 税 ) 源 泉 徴 収 と 年 末 調 整 所 得 税 は まず 毎 月 の 給 与 や 賞 与 などから

More information

あぐり1月号

あぐり1月号 VOL.30 2008/1/1 今 月 号 の 掲 載 内 容 医 療 費 控 除 Q&A 1P~ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 5P~ 今 月 のトピック 確 定 申 告 7P~ 2008 年 税 務 カレンダー 9P あけましておめでとうございます 今 年 もよろしくお 願 い 致 します 清 田 会 計 事 務 所 は 電 子 申 告 を 推 進 しています 当 事 務 所 ホームページも

More information

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部 (1) 年 金 年 金 の 障 害 程 度 の 認 定 基 準 は 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 認 定 基 準 とは 異 なります 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 0 歳 以 上 で 国 民 年 金 法 に 定 める 障 害 を 有 し 次 のいずれかに 該 当 する 人 0 歳 前 から 障 害 者 となった 人 ( 本 人

More information

大阪府生活福祉資金のごあんない

大阪府生活福祉資金のごあんない 大 阪 府 生 活 福 祉 資 金 福 祉 資 金 貸 付 のごあんない この 貸 付 制 度 は 低 所 得 者 障 がい 者 または 高 齢 者 の 世 帯 に 対 し 資 金 の 貸 付 けと 必 要 な 相 談 支 援 を 行 うこ とにより その 経 済 的 自 立 および 生 活 意 欲 の 助 長 促 進 ならびに 在 宅 福 祉 および 社 会 参 加 の 促 進 を 図 り 安 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370835E815B8393874291DE90458CE382CC944E8BE0959B93C7967B94C55F323031322E322E32305F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370835E815B8393874291DE90458CE382CC944E8BE0959B93C7967B94C55F323031322E322E32305F> 退 職 後 の 年 金 手 続 きガイド ~ 年 金 加 入 や 年 金 受 取 りのために~ 退 職 後 の 年 金 加 入 1 退 職 後 の 年 金 の 受 取 り 6 年 金 相 談 サービス 10 ( 参 考 1) 退 職 後 の 医 療 保 険 12 ( 参 考 2) 退 職 と 年 金 健 康 保 険 の 手 続 き 15 http://www.nenkin.go.jp/ 日 本 年

More information

Microsoft Word - 999_○北区の国保 .docx

Microsoft Word - 999_○北区の国保 .docx 北 区 の 国 保 平 成 26 年 度 版 ( 平 成 25 年 度 実 績 ) 東 京 都 北 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次. 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 第 10 組 織 と 事 務 分 掌 2 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 3 被 保 険 者 4 給 付 状 況 12 保 険 料 31 財 政 40 特 定 健 康 診

More information

                                       

                                        定 年 退 職 者 の 退 職 共 済 年 金 のしおり 地 方 職 員 共 済 組 合 大 阪 府 支 部 福 利 厚 生 グループ( 年 金 担 当 ) 目 次 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 1 受 給 資 格 と 支 給 開 始 年 齢 1 2 厚 生 年 金 保 険 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 年 金 の 請 求 3 3 老 齢 基 礎 年

More information

3 補 償 等 の 内 容 ここに 掲 げるものは 常 勤 職 員 等 に 係 るものですが 非 常 勤 職 員 に 対 しても 概 ね 同 様 の 補 償 等 が 実 施 されています 補 償 種 別 補 償 内 容 補 償 基 準 等 療 養 補 償 負 傷 又 は 疾 病 が 治 ゆに 至 る

3 補 償 等 の 内 容 ここに 掲 げるものは 常 勤 職 員 等 に 係 るものですが 非 常 勤 職 員 に 対 しても 概 ね 同 様 の 補 償 等 が 実 施 されています 補 償 種 別 補 償 内 容 補 償 基 準 等 療 養 補 償 負 傷 又 は 疾 病 が 治 ゆに 至 る 第 7 章 その 他 の 福 利 厚 生 事 業 1 公 務 災 害 通 勤 災 害 補 償 1 公 務 災 害 通 勤 災 害 補 償 の 意 義 都 福 利 厚 生 課 公 務 災 害 担 当 03(5320)6819 公 務 災 害 又 は 通 勤 災 害 補 償 制 度 は 職 員 が 公 務 上 の 災 害 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けたときに そ の 災 害 によって 生

More information

平 成 27 年 4 月 より 施 行 予 定 の 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 により 保 育 所 等 の 保 育 施 設 の 入 所 の 手 続 きが 変 わります 入 所 を 希 望 する 場 合 は 保 護 者 の 労 働 等 を 理 由 とした お 子 さんへの 保 育 の 必

平 成 27 年 4 月 より 施 行 予 定 の 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 により 保 育 所 等 の 保 育 施 設 の 入 所 の 手 続 きが 変 わります 入 所 を 希 望 する 場 合 は 保 護 者 の 労 働 等 を 理 由 とした お 子 さんへの 保 育 の 必 平 成 27 年 度 保 育 所 入 所 案 内 保 育 所 とは 保 護 者 が 働 いていたり 病 気 の 状 態 にあるなどの 理 由 により 保 育 が 必 要 な 乳 幼 児 を 家 庭 の 保 護 者 に 代 わって 保 育 することを 目 的 とする 児 童 福 祉 施 設 です 保 育 所 の 利 用 を 希 望 する 場 合 には 保 護 者 が 法 律 に 定 める 要 件 に

More information

主 な 保 険 給 付 病 気 の 給 付 病 気 やケガをして 病 院 にかかった 場 合 医 療 費 の 7 割 の 給 付 が 受 けられます 高 額 医 療 費 1 ヶ 月 にかかった 医 療 費 の 自 己 負 担 額 が 以 下 の 限 度 額 を 超 えた 場 合 は 限 度 額 を

主 な 保 険 給 付 病 気 の 給 付 病 気 やケガをして 病 院 にかかった 場 合 医 療 費 の 7 割 の 給 付 が 受 けられます 高 額 医 療 費 1 ヶ 月 にかかった 医 療 費 の 自 己 負 担 額 が 以 下 の 限 度 額 を 超 えた 場 合 は 限 度 額 を 社 会 保 険 制 度 のご 案 内 加 入 資 格 健 康 保 険 厚 生 年 金 1 週 間 の 所 定 労 働 時 間 が 30 時 間 以 上 ( 雇 用 元 の 一 般 社 員 のおおむね 4 分 の 3 以 上 )で 2 ヶ 月 を 超 える 契 約 期 間 があ る 場 合 加 入 することになります 雇 用 保 険 1 週 間 の 所 定 労 働 時 間 が 20 時 間 以 上 で

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案)

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 貸 付 規 程 運 用 方 針 第 1 条 関 係 貸 付 けの 対 象 となる 組 合 員 は 定 款 第 13 条 第 1 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 者 とする 第 6 条 関 係 1 第 一 号 ロ( 物 資 貸 付 ) 第 二 号 ( 特 別 貸 付 ) 第 三 号 ( 住 宅 貸 付 ) 及 び 第 四 号 ( 特 別 住 宅 貸 付 )の

More information

農 協 (JA) 信 用 組 合 ( 茨 城 県 信 組 は 除 く) 信 託 銀 行 信 用 漁 協 連 イオン 銀 行 楽 天 銀 行 新 生 銀 行 琉 球 銀 行 セブン 銀 行 じぶん 銀 行 シティバンク ジャパンネット 銀 行 インターネットバンキング 系 列 の 銀 行 ゆうちょ 銀

農 協 (JA) 信 用 組 合 ( 茨 城 県 信 組 は 除 く) 信 託 銀 行 信 用 漁 協 連 イオン 銀 行 楽 天 銀 行 新 生 銀 行 琉 球 銀 行 セブン 銀 行 じぶん 銀 行 シティバンク ジャパンネット 銀 行 インターネットバンキング 系 列 の 銀 行 ゆうちょ 銀 任 意 継 続 被 保 険 者 制 度 の 概 要 被 保 険 者 ( 本 人 )が 退 職 すると 健 康 保 険 の 資 格 を 失 いますが 下 記 の 加 入 資 格 要 件 を 満 たして いる 場 合 で 引 き 続 き 日 立 健 保 の 継 続 加 入 を 希 望 する 場 合 は 任 意 継 続 被 保 険 者 ( 以 下 任 継 ) に 加 入 することができます 任 継 の 加

More information

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告 市 役 所 窓 口 等 においてマイナンバーの 記 入 が 必 要 となる 手 続 き 等 手 続 きの 通 知 カード 通 知 カード 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )の 変 更 等 引 越 し 婚 姻 などで 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )に 変 更 が 生 じた 市 民 課 住 民 登 録 係 0533-89-2272 手 続 時 には

More information

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村 死 亡 後 の 手 続 きリスト 1 5 日 以 内 死 後 5 日 以 内 国 民 健 康 保 険 以 外 の 健 康 保 険 証 の 返 却 勤 務 先 社 会 保 険 事 務 所 7 日 以 内 期 限 項 目 手 続 き 先 提 出 先 必 要 書 類 備 考 死 後 知 った 時 から7 日 以 内 死 亡 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 医 師 による

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4)

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4) 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 留 意 事 項 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 26 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 足 寄 町 の 住 民 基 本 台 帳 に 記 録 されている 方 ( ) 2 平 成 26 年 度 分 の 市 町 村 民 税 ( 均 等 割

More information

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する 掛 金 負 担 金 について 目 次 頁 費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 1 標 準 報 酬 1 掛 金 等 額 の 算 定 方 法 2 掛 金 等 の 納 付 2 産 前 産 後 休 業 期 間 中 の 掛 金 等 免 除 5 等 終 了 後 に 報 酬 が 低 下 した 場 合 の 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 8 海 外 居 住 等 に 係 る 介 護 保 険 の 適 用

More information

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls 年 金 事 務 所 で 受 付 審 査 を 行 う 電 子 申 請 項 番 手 続 名 称 1 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 所 属 選 択 二 以 上 事 業 所 勤 務 届 2 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 申 出 書 ( 新 規 延 長 ) 3 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 終 了 届

More information

公的医療保険制度を活用しよう!

公的医療保険制度を活用しよう! 内 藤 眞 弓 Naito Mayumi ファイナンシャルプランナー 一 人 一 人 の 暮 らしに 根 ざした 保 険 や 貯 蓄 運 用 などの 相 談 業 務 を 行 う セミナー 講 師 とし ても 活 動 している 主 な 近 著 に お 金 のプロがすすめるお 金 上 手 な 生 き 方 (コモンズ)など いつも 健 康 であることを 願 い 努 力 していても 万 一 の 病 気 やけがのリスクは

More information

毎 年 1 月 1 日 から12 月 31 日 までに 本 口 座 から 払 い 戻 しをされた 金 額 と 当 行 へご 提 出 いただいた 同 年 中 の 結 婚 子 育 て 資 金 のお 支 払 いに 係 る 領 収 書 等 の 金 額 のいずれか 低 い 金 額 が 同 年 の 非 課 税

毎 年 1 月 1 日 から12 月 31 日 までに 本 口 座 から 払 い 戻 しをされた 金 額 と 当 行 へご 提 出 いただいた 同 年 中 の 結 婚 子 育 て 資 金 のお 支 払 いに 係 る 領 収 書 等 の 金 額 のいずれか 低 い 金 額 が 同 年 の 非 課 税 商 品 説 明 書 1. 商 品 名 普 通 預 金 ( 結 婚 子 育 て 資 金 贈 与 非 課 税 口 ) (2015 年 6 月 16 日 現 在 ) 2. 申 込 受 付 当 行 の 国 内 本 支 店 窓 口 3. 商 品 概 要 普 通 預 金 ( 結 婚 子 育 て 資 金 贈 与 非 課 税 口 ) ( 以 下 本 口 座 という) は 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2の3の

More information

2 窓 口 申 請 方 式 : 申 請 書 を 窓 口 に 提 出 し 指 定 の 金 融 機 関 口 座 へ 振 込 3 窓 口 現 金 受 領 方 式 : 申 請 書 を 郵 送 又 は 窓 口 に 提 出 し 窓 口 で 現 金 を 受 領 申 請 受 付 開 始 日 及 び 申 請 期 限

2 窓 口 申 請 方 式 : 申 請 書 を 窓 口 に 提 出 し 指 定 の 金 融 機 関 口 座 へ 振 込 3 窓 口 現 金 受 領 方 式 : 申 請 書 を 郵 送 又 は 窓 口 に 提 出 し 窓 口 で 現 金 を 受 領 申 請 受 付 開 始 日 及 び 申 請 期 限 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 平 成 28 年 度 臨 時 福 祉 給 付 金 の 申 請 に 係 る 留 意 事 項 1. 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 28 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 平 成 28 年 1 月 1 日 において 枝 幸 町 の 住 民

More information

新規文書1

新規文書1 社 会 福 祉 法 人 京 都 身 体 障 害 者 福 祉 センター 一 般 事 業 主 行 動 計 画 職 員 がその 能 力 を 発 揮 し 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 り 働 きやすい 雇 用 環 境 の 整 備 を 行 うため 次 のように 行 動 計 画 を 策 定 する 1 計 画 期 間 : 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 までの

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

Microsoft Word - LN01-1表紙

Microsoft Word - LN01-1表紙 知 っていますか? 国 民 年 金 って 実 は 納 めた 額 以 上 に 受 け 取 れます 老 後 も 万 一 のときも サポートします コンビニ インターネット からでも 納 付 できます 保 険 料 をまとめて 支 払 う と 割 引 があります 国 民 年 金 は あなたとみんなの 未 来 をつなぐ 大 切 な きずな です 支 え 合 って 将 来 にもっと 確 かな 安 心 を 厚 生

More information

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所 年 金 の し お り ( 平 成 25 年 1 月 改 訂 版 ) 日 本 金 属 プレス 工 業 厚 生 年 金 基 金 130 8554 東 京 都 墨 田 区 両 国 4 丁 目 30 番 7 号 金 属 プレス 会 館 8 階 03(5638)7811 FAX03(5638)7815 目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年

More information

世 帯 主 変 更 に 関 すること 内 容 必 要 書 類 世 帯 主 であった 方 が 亡 くなられた 場 合 は 世 帯 主 が 変 更 となります 届 出 ができるのは 同 一 世 帯 の 方 です 窓 口 に 来 る 方 の 本 人 資 料 朝 霞 市 では 死 亡 届 が 提 出 された

世 帯 主 変 更 に 関 すること 内 容 必 要 書 類 世 帯 主 であった 方 が 亡 くなられた 場 合 は 世 帯 主 が 変 更 となります 届 出 ができるのは 同 一 世 帯 の 方 です 窓 口 に 来 る 方 の 本 人 資 料 朝 霞 市 では 死 亡 届 が 提 出 された ご 遺 族 の 方 へ 謹 んでお 悔 やみ 申 し 上 げます ご 家 族 ご 親 族 様 が 亡 くなられたことに 伴 い 発 生 する 公 的 手 続 について 代 表 的 なものをご 案 内 いたします 2 3 4 5 6 7 8 9 0 2 3 世 帯 主 変 更 に 関 すること 年 金 に 関 すること 国 民 健 康 保 険 に 関 すること 後 期 高 齢 者 医 療 に 関 すること

More information

スライド 1

スライド 1 葬 儀 後 の 諸 手 続 相 続 手 続 人 が 亡 くなると どの 様 な 手 続 きが 必 要 となるでしょう? 死 亡 届 から 始 まり 遺 族 年 金 保 険 金 の 請 求 遺 産 分 割 相 続 税 など 多 くの 手 続 が 待 ち 構 えています これらの 手 続 には 多 くの 時 間 と 労 力 を 要 します 必 要 となる 手 続 の 内 容 を 確 認 し 自 分 で

More information

明 な) 4 自 動 車 の 利 用 自 動 車 の 継 続 検 査 ( 車 検 ) 所 有 している 場 合 2 年 に1 回 ( 新 車 購 入 直 後 は3 年 目 ) 約 3,166 万 件 / 年 自 動 車 :2,171 万 件 / 年 軽 自 動 車 :995 万 件 / 年 (H21

明 な) 4 自 動 車 の 利 用 自 動 車 の 継 続 検 査 ( 車 検 ) 所 有 している 場 合 2 年 に1 回 ( 新 車 購 入 直 後 は3 年 目 ) 約 3,166 万 件 / 年 自 動 車 :2,171 万 件 / 年 軽 自 動 車 :995 万 件 / 年 (H21 凡 例 別 添 資 料 1 選 定 基 準 に 関 係 する 項 目 1 以 上 2 年 100 万 以 上 年 1000 万 以 上 3 個 行 政 等 が 関 係 民 間 が 関 係 4 添 付 類 あり ライフイベント 別 主 要 手 続 整 理 表 ( 多 数 あるイベントや 手 続 きの 中 で 主 なもののみ 掲 載 しています また 自 治 体 等 により 内 容 が 異 なる 場 合

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378> 2016 3 目 次 1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 特 例 付 加 年 金 等 も 申 請 される 方 2 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 へ 2-1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 3 2-2 農 業 者 老 齢 年 金 の 金 額 4 2-3 年 金 の 受 取 り 税 金 5 2-4 現 況 届 の 提 出 7 2-5 受 給

More information

Microsoft Word - 事務の手引き2504.doc

Microsoft Word - 事務の手引き2504.doc 一 般 財 団 法 人 大 阪 民 間 社 会 福 祉 事 業 従 事 者 共 済 会 事 務 手 続 きの 手 引 き TEL 06-6761-4444 FAX 06-6763-4444 e-mail info@kyosaikai.or.jp ホームヘ ーシ http://kyosaikai.or.jp/ 平 成 25 年 4 月 改 訂 各 種 届 出 用 紙 はホームページからダウンロードして

More information

給 付 <#1> 1 して 給 付 されます 2 行 方 不 明 手 当 金 職 務 上 の 事 由 により1 月 以 上 行 方 不 明 になったとき 3 月 を 限 度 に 行 方 不 明 期 間 中 支 給 されます 3 休 業 手 当 金 1 日 目 ~3 日 目 (2) 労 災 保 険 制

給 付 <#1> 1 して 給 付 されます 2 行 方 不 明 手 当 金 職 務 上 の 事 由 により1 月 以 上 行 方 不 明 になったとき 3 月 を 限 度 に 行 方 不 明 期 間 中 支 給 されます 3 休 業 手 当 金 1 日 目 ~3 日 目 (2) 労 災 保 険 制 平 成 22 年 1 月 から 船 員 保 険 制 度 が 大 きく 変 わりました このため 今 回 の 船 員 保 険 給 付 のあらまし では 船 員 保 険 の 制 度 や 手 続 き 等 がどのように 変 わったのか 説 明 するとともに 船 員 保 険 の 給 付 の 概 要 について 紹 介 します なお 資 料 の 作 成 に 当 たっては 厚 生 労 働 省 旧 社 会 保 険 庁

More information

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版 育 児 休 業 Q&A 平 成 26 年 改 定 県 立 学 校 版 教 育 人 事 課 目 次 育 児 休 業 の 意 義 目 的 1 Q1 育 児 休 業 の 目 的 は? Q2 育 児 休 業 を 取 得 することによってどういう 効 果 があるの? 育 児 休 業 をすることができる 職 員 2 Q3 誰 でも 育 児 休 業 をすることができるの? Q4 育 児 休 業 中 の 身 分 はどうなるの?

More information

特 別 永 住 者 書 の 交 付 戸 籍 住 民 課 住 民 記 録 係 5722-9795 特 別 永 住 者 のかたは 特 別 永 住 者 書 ( 旧 外 国 人 登 録 書 =みなし 特 別 永 住 者 書 )の 有 効 期 間 の 更 新 申 請 紛 失 等 による 再 交 付 の 手 続

特 別 永 住 者 書 の 交 付 戸 籍 住 民 課 住 民 記 録 係 5722-9795 特 別 永 住 者 のかたは 特 別 永 住 者 書 ( 旧 外 国 人 登 録 書 =みなし 特 別 永 住 者 書 )の 有 効 期 間 の 更 新 申 請 紛 失 等 による 再 交 付 の 手 続 戸 籍 の 戸 籍 住 民 課 戸 籍 係 5722-9786 戸 籍 のあるところを 本 籍 地 といいます 戸 籍 の 記 載 は によって 行 われますので 記 載 の 内 容 に 異 動 があった ときは 本 籍 地 または 所 在 地 の 区 市 町 村 の 戸 籍 係 へ 期 間 内 に てください は 本 人 確 認 ができるもの ( 運 転 免 許 やパスポートなど)もお 持 ちください

More information

2 年 金 実 務 平 成 平 成 3 4 年 金 実 務 5 年 金 実 務 6 年 金 実 務 7 年 金 実 務 8 年 金 実 務 9 年 金 実 務 10 年 金 実 務 11 年 金 実 務 12 年 金 実 務 13 年 金 実 務 14 年 金 実 務 966,000 15 16 年 金 実 務 55 17 18 年 金 実 務 19 年 金 実 務 20 年 金 実 務 21 年

More information

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した 年 金 Q&A( 年 金 と 税 金 ) < 日 本 年 金 機 構 の HP より> Q. 申 告 書 を 提 出 した 場 合 の 源 泉 徴 収 税 額 は どのように 計 算 するのですか 日 本 年 金 機 構 よりお 支 払 いしている 厚 生 年 金 等 にかかる 所 得 税 および 復 興 特 別 所 得 税 につ きましては 申 告 書 を 提 出 された 場 合 以 下 の 計

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

年金制度のあらまし

年金制度のあらまし 実 務 修 習 セミナー( 第 9 回 ) 厚 生 年 金 国 民 年 金 関 係 平 成 24 年 9 月 21 日 < 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 の 仕 組 みと 給 付 のあらまし>( 便 覧 P116) 1 給 付 の 種 類 老 齢 障 害 死 亡 2 公 的 年 金 制 度 の 種 類 種 類 対 象 者 国 民 年 金 日 本 国 内 に 居 住 する 20 歳 以 上

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

目 次 共 済 組 合 の 概 要 3 組 合 員 の 資 格 4 保 険 料 について 保 険 料 率 掛 金 率 負 担 金 率 産 前 産 後 休 暇 期 間 中 の 掛 金 について 3 育 児 休 業 中 の 掛 金 について 4 介 護 保 険 第 号 被 保 険 者 にかかる 適 用

目 次 共 済 組 合 の 概 要 3 組 合 員 の 資 格 4 保 険 料 について 保 険 料 率 掛 金 率 負 担 金 率 産 前 産 後 休 暇 期 間 中 の 掛 金 について 3 育 児 休 業 中 の 掛 金 について 4 介 護 保 険 第 号 被 保 険 者 にかかる 適 用 平 成 年 度 共 済 組 合 の て び き 大 阪 市 職 員 共 済 組 合 目 次 共 済 組 合 の 概 要 3 組 合 員 の 資 格 4 保 険 料 について 保 険 料 率 掛 金 率 負 担 金 率 産 前 産 後 休 暇 期 間 中 の 掛 金 について 3 育 児 休 業 中 の 掛 金 について 4 介 護 保 険 第 号 被 保 険 者 にかかる 適 用 除 外 の 届 出

More information

目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁 5 保 健 事 業 8 頁 6 特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 9 頁

目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁 5 保 健 事 業 8 頁 6 特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 9 頁 平 成 26 年 度 第 1 回 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 平 成 26 年 11 月 保 健 福 祉 局 高 齢 福 祉 部 国 保 年 金 医 療 課 目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁

More information

平 成 22 年 度 市 町 村 広 報 誌 広 報 素 材 目 次 国 民 年 金 適 用 関 係 公 的 年 金 1.みんなで 支 える 公 的 年 金 2. 国 民 年 金 のメリット 3. 公 的 年 金 の 必 要 性 4. 国 民 年 金 の 加 入 方 法 20 歳 適 用 5.20

平 成 22 年 度 市 町 村 広 報 誌 広 報 素 材 目 次 国 民 年 金 適 用 関 係 公 的 年 金 1.みんなで 支 える 公 的 年 金 2. 国 民 年 金 のメリット 3. 公 的 年 金 の 必 要 性 4. 国 民 年 金 の 加 入 方 法 20 歳 適 用 5.20 平 成 22 年 度 市 町 村 広 報 誌 広 報 素 材 日 本 年 金 機 構 平 成 22 年 度 市 町 村 広 報 誌 広 報 素 材 目 次 国 民 年 金 適 用 関 係 公 的 年 金 1.みんなで 支 える 公 的 年 金 2. 国 民 年 金 のメリット 3. 公 的 年 金 の 必 要 性 4. 国 民 年 金 の 加 入 方 法 20 歳 適 用 5.20 歳 になったら

More information

要 支 援 1 要 支 援 2の 方 の 介 護 保 険 サービス サービス 利 用 の 際 の 本 人 負 担 は 原 則 として 利 用 料 の1 割 ( )です(ただし 別 途 費 用 がかかるサービスもあ ります) 在 宅 サービスは 要 介 護 度 別 に 利 用 限 度 額 が 設 定

要 支 援 1 要 支 援 2の 方 の 介 護 保 険 サービス サービス 利 用 の 際 の 本 人 負 担 は 原 則 として 利 用 料 の1 割 ( )です(ただし 別 途 費 用 がかかるサービスもあ ります) 在 宅 サービスは 要 介 護 度 別 に 利 用 限 度 額 が 設 定 要 支 援 認 定 ( 要 支 援 1 要 支 援 2)を 受 けた 皆 様 へ あなたは 要 支 援 認 定 を 受 けられましたので 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 (デイサービス) 等 の 在 宅 サービスを 利 用 することができます 介 護 保 険 制 度 の 概 要 とサービス 利 用 の 手 続 については パンフレット 等 をご 覧 ください パンフレット

More information

抜 粋 ( 本 文 を 必 ずお 読 みください) 国 民 健 康 保 険 は 強 制 加 入 です 職 場 の 健 康 保 険 に 加 入 していない 外 国 人 の 方 は 日 本 人 と 同 様 に 国 民 健 康 保 険 に 加 入 しなければなり ません 民 間 の 会 社 や 国 外 の

抜 粋 ( 本 文 を 必 ずお 読 みください) 国 民 健 康 保 険 は 強 制 加 入 です 職 場 の 健 康 保 険 に 加 入 していない 外 国 人 の 方 は 日 本 人 と 同 様 に 国 民 健 康 保 険 に 加 入 しなければなり ません 民 間 の 会 社 や 国 外 の 国 民 健 康 保 険 のご 案 内 平 成 28 年 度 新 宿 区 健 康 部 医 療 保 険 年 金 課 電 話 :3209-1111( 代 表 ) 抜 粋 ( 本 文 を 必 ずお 読 みください) 国 民 健 康 保 険 は 強 制 加 入 です 職 場 の 健 康 保 険 に 加 入 していない 外 国 人 の 方 は 日 本 人 と 同 様 に 国 民 健 康 保 険 に 加 入 しなければなり

More information

どの 混 合 診 療 の 場 合 です 基 本 的 には 自 由 診 療 と 保 険 診 療 を 併 合 した 混 合 診 療 は 認 められていませんが 一 部 認 められているものもあります 訪 問 看 護 療 養 費 は 訪 問 看 護 師 に 自 宅 で 看 護 を 提 供 してもらった 場

どの 混 合 診 療 の 場 合 です 基 本 的 には 自 由 診 療 と 保 険 診 療 を 併 合 した 混 合 診 療 は 認 められていませんが 一 部 認 められているものもあります 訪 問 看 護 療 養 費 は 訪 問 看 護 師 に 自 宅 で 看 護 を 提 供 してもらった 場 4.ピアサポーターに 知 ってほしい 医 療 費 や 介 護 保 険 等 の 基 礎 知 識 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 名 古 屋 医 療 センター 相 談 支 援 センター 主 任 医 療 社 会 事 業 専 門 職 山 田 悦 子 講 義 の 狙 い 医 療 保 険 制 度 介 護 保 険 制 度 の 役 割 を 理 解 する 医 療 費 負 担 軽 減 策 や 利 用 者

More information

(Microsoft Word - \225\\\216\2061.doc)

(Microsoft Word - \225\\\216\2061.doc) 南 丹 市 くらしのあ ん な い 版 南 丹 市 役 所 南 丹 市 園 部 町 小 桜 町 47 番 地 0771-68-0001 八 木 支 所 南 丹 市 八 木 町 八 木 東 久 保 29 番 地 1 ( 八 木 の 方 ) 0771-42-2300 ( 園 部 日 吉 美 山 の 方 ) 0771-68-0020 日 吉 支 所 南 丹 市 日 吉 町 保 野 田 市 野 3 番 地

More information

子 育 て 応 援 コーナーについて 県 では 職 員 が 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 りやすい 職 場 環 境 を 整 え 次 代 を 担 う 子 ど もたちの 育 成 を 支 援 するため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 平 成 17 年 に 策 定

子 育 て 応 援 コーナーについて 県 では 職 員 が 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 りやすい 職 場 環 境 を 整 え 次 代 を 担 う 子 ど もたちの 育 成 を 支 援 するため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 平 成 17 年 に 策 定 子 育 て 応 援 コーナーについて 県 では 職 員 が 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 りやすい 職 場 環 境 を 整 え 次 代 を 担 う 子 ど もたちの 育 成 を 支 援 するため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 平 成 17 年 に 策 定 した 長 野 県 職 員 子 育 て 支 援 プラン( 前 期 プラン) を 改 定 し 後 期 長

More information

(2) 国 民 年 金 の 保 険 料 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 および 任 意 加 入 者 は, 保 険 料 を 納 めなければなりま せん また,より 高 い 老 齢 給 付 を 望 む 第 1 号 被 保 険 者 任 意 加 入 者 は, 希 望 により 付 加 保 険

(2) 国 民 年 金 の 保 険 料 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 および 任 意 加 入 者 は, 保 険 料 を 納 めなければなりま せん また,より 高 い 老 齢 給 付 を 望 む 第 1 号 被 保 険 者 任 意 加 入 者 は, 希 望 により 付 加 保 険 1 国 民 年 金 事 業 の 概 要 国 民 年 金 制 度 は, 昭 和 34 年 の 発 足 以 来,50 年 以 上 の 歳 月 を 経 て, 平 成 26 年 3 月 末 には,2,750 万 人 の 被 保 険 者 ( 第 2 号 被 保 険 者 を 除 く)と3,140 万 人 の 受 給 者 を 擁 する 制 度 に 発 展 し, 国 民 の 中 に 広 く 定 着 しています 昭

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

<5461726F2D95BD90AC3139944E95E291AB8E968D802D338389834383742E6A>

<5461726F2D95BD90AC3139944E95E291AB8E968D802D338389834383742E6A> ライフプラン 関 係 1. 児 童 手 当 の 改 正 ( 平 成 19 年 4 月 実 施 ) 下 記 のように 3 歳 未 満 の 子 は 一 律 10,000 円 に 引 上 げられる 0 歳 ~3 歳 未 満 3 歳 以 上 小 学 校 修 了 前 まで 改 正 後 一 人 につき 10,000 円 第 一 子 第 二 子 は 一 人 につき 5,000 円 第 三 子 以 降 は 一 人

More information

障がい福祉ガイドブック_本文_CS6.indd

障がい福祉ガイドブック_本文_CS6.indd (1) 手 当 児 童 ( 各 手 当 などの 額 は 平 成 27 年 7 月 1 日 現 在 ) 障 がいの 程 度 所 得 の 制 限 などがありますので 詳 しくは にお 問 い 合 わせください 名 称 対 象 給 制 限 手 当 額 給 月 障 害 児 福 祉 手 20 歳 未 満 で 心 身 に 次 のい 1 施 設 に 入 所 している 方 当 ( 国 手 当 ) ずれかの 障 がいがあり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082E682AD82A082E98EBF96E25F8F4390B395AA5F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082E682AD82A082E98EBF96E25F8F4390B395AA5F2E646F63> よくある 質 問 (FAQ FAQ) このページ ページは みなさんからよく 問 い 合 わせのある 質 問 と です 参 考 にしてくださ い 市 県 民 税 ( 住 民 税 ) Q1 宝 塚 市 の 住 民 税 は 高 いのでは? Q2 去 年 退 職 して 今 は 働 いていないのですが 住 民 税 は 納 めるのですか? Q3 特 別 徴 収 と 普 通 徴 収 の 両 方 で 課 税 されたが?

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則 金 ケ 崎 町 規 則 第 13 号 金 ケ 崎 町 小 学 生 医 療 費 給 付 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 小 学 生 に 対 して 医 療 費 の 一 部 を 給 付 することにより 保 護 者 の 負 担 を 軽 減 し もって 小 学 生 の 健 全 な 育 成 と 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 則

More information

くらし 住 まい 市 営 住 宅 の 家 賃 を 減 額 します 問 建 築 課 住 宅 管 理 係 ( 24 ー 7053 FX 23 ー 6537 ) 市 営 住 宅 家 賃 減 額 制 度 収 入 減 などの 理 由 により 市 営 住 宅 家 賃 の 支 払 いが 困 難 な 場 合 所 得

くらし 住 まい 市 営 住 宅 の 家 賃 を 減 額 します 問 建 築 課 住 宅 管 理 係 ( 24 ー 7053 FX 23 ー 6537 ) 市 営 住 宅 家 賃 減 額 制 度 収 入 減 などの 理 由 により 市 営 住 宅 家 賃 の 支 払 いが 困 難 な 場 合 所 得 くらし 住 まい 市 営 住 宅 の 家 賃 を 減 額 します 問 建 築 課 住 宅 管 理 係 ( 24 ー 7053 FX 23 ー 6537 ) 市 営 住 宅 家 賃 減 額 制 度 収 入 減 などの 理 由 により 市 営 住 宅 家 賃 の 支 払 いが 困 難 な 場 合 所 得 に 応 じた 家 賃 の 減 額 世 帯 の 収 入 が 月 額 所 得 89,200 円 以 下

More information

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支 わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 見 直 し 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状 態

More information

平成28年度保育所入所案内

平成28年度保育所入所案内 H27.11 月 発 行 平 成 28 年 度 南 房 総 市 保 育 所 入 所 のご 案 内 1 支 給 認 定 申 請 と 保 育 所 の 利 用 について 2 (1) 支 給 認 定 申 請 とは (2) 保 育 所 を 利 用 できる 人 ( 保 育 の 必 要 性 の 事 由 ) (3) 保 育 時 間 開 所 休 所 日 などについて 2 申 込 み 方 法 について 3 (1) 平

More information

私学ねんきん定期便B.indd

私学ねんきん定期便B.indd ねんきん 定 期 便 に 関 するお 問 い 合 わせは 私 学 事 業 団 電 話 相 談 室 もしくは 各 ガーデンパレスの 共 済 業 務 課 にお 電 話 くださるようお 願 いします お 問 い 合 わせの 際 は 基 礎 年 金 番 号 をお 知 らせください ねんきん 定 期 便 パンフレット( ( 節 目 年 齢 59 歳 ) このパンフレットは ねんきん 定 期 便 をご 覧 になるときにご

More information

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添 茨 木 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 等 で 年 金 制 度 上 の 理 由 により 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 )に 規 定 する 老 齢 年 金 等 を 受 給 することができない 高 齢 者 に 対 し 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 ( 以 下 高

More information

Microsoft Word - 契約のしおり.docx

Microsoft Word - 契約のしおり.docx 本 預 金 にかかるお 手 続 きや 注 意 事 項 を 記 載 しております 口 座 作 成 前 に 必 ずお 読 みください 結 婚 子 育 て 資 金 を 贈 与 する 方 を 祖 父 母 さま 等 結 婚 子 育 て 資 金 の 贈 与 を 受 ける 方 を お 孫 さ ま 等 と 表 記 させていただきます 本 預 金 は 平 成 27 年 の 税 制 改 正 における 結 婚 子 育 て

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 置 き 換 え 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状

More information

4. 入 所 申 込 みに 必 要 な 書 類 等 入 所 申 込 みに は 保 育 所 入 所 申 込 書 の ほ か 入 所 を 希 望 す る 理 由 や 所 得 税 又 は 市 町 村 民 税 の 課 税 状 況 に 応 じ て 次 の 書 類 が 必 要 です 入 所 申 込 み に 必

4. 入 所 申 込 みに 必 要 な 書 類 等 入 所 申 込 みに は 保 育 所 入 所 申 込 書 の ほ か 入 所 を 希 望 す る 理 由 や 所 得 税 又 は 市 町 村 民 税 の 課 税 状 況 に 応 じ て 次 の 書 類 が 必 要 です 入 所 申 込 み に 必 平 成 26 年 度 保 育 所 入 所 申 込 みについて 1.はじめに - 保 育 所 とは- 保 育 所 は 児 童 の 保 護 者 が 仕 事 や 病 気 など の 理 由 に よ り 日 中 家 庭 で 児 童 を 保 育 する こと がで き ない 場 合 に 保 護 者 に 代 わっ て 保 育 す る 児 童 福 祉 施 設 で す 2. 庄 原 市 の 保 育 方 針 基 本 方

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

Microsoft Word - 01 表紙

Microsoft Word - 01 表紙 高 校 生 等 に 対 する 修 学 支 援 制 度 ガイドブック 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 教 育 委 員 会 事 務 局 高 校 教 育 課 目 次 ページ はじめに 1 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 2 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 6 兵 庫 県 内 の 各 市 町 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 25 兵 庫

More information

25援護制度一覧まとめ.xls

25援護制度一覧まとめ.xls 平 成 25 年 度 就 修 学 及 び 進 学 就 職 を 支 援 するための 援 護 制 度 一 覧 区 分 対 象 名 等 対 象 者 額 減 免 貸 付 返 済 等 の 概 要 併 給 1 乳 幼 児 母 子 家 庭 奨 学 母 子 家 庭 の 母 が お 子 さん 金 等 を 扶 養 されている 場 合 に 教 育 または 養 育 に 必 要 な 費 用 を しま 内 ( 京 都 市 を

More information

市営住宅入居申込みのご案内

市営住宅入居申込みのご案内 鹿 嶋 市 営 住 宅 入 居 申 込 みのしおり 三 笠 山 団 地 平 井 団 地 港 ヶ 丘 団 地 佐 田 団 地 建 設 部 都 市 計 画 課 - 1 - 市 営 住 宅 入 居 申 込 みのご 案 内 市 営 住 宅 は, 民 間 の 賃 貸 住 宅 とは 異 なり, 公 営 住 宅 法 及 び 鹿 嶋 市 営 住 宅 条 例 に 基 づいて 管 理 運 営 されて いる 公 の 住

More information

健 康 保 険 が 使 えるときと 使 えないとき 健 康 保 険 の 給 付 の 対 象 となるのは 方 法 として 安 全 性 や 有 効 性 が 認 められ あらかじめ 国 によって 保 険 の 適 用 が 認 められている 養 に 限 られます 7-1 p17-2 p17-9 こんなときは

健 康 保 険 が 使 えるときと 使 えないとき 健 康 保 険 の 給 付 の 対 象 となるのは 方 法 として 安 全 性 や 有 効 性 が 認 められ あらかじめ 国 によって 保 険 の 適 用 が 認 められている 養 に 限 られます 7-1 p17-2 p17-9 こんなときは 保 険 給 付 保 険 給 付 のしくみ 健 康 保 険 では 業 務 外 で 発 生 した 病 気 やけがに 対 して 保 険 給 付 が 行 われます 保 険 証 を 提 出 して 受 診 します 病 気 やけがをしたとき 医 機 関 の 窓 口 に 保 険 証 を 提 出 すると 医 費 の 支 払 いにあたり 健 康 保 険 組 合 から 給 付 される 分 の 医 費 はあらかじめ 差 し

More information

< 目 次 > 種 別 手 続 き 窓 口 ページ 救 援 物 資 等 救 援 物 資 弔 慰 金 の 支 給 ( 日 赤 ) - 1 災 害 見 舞 金 の 支 給 社 会 福 祉 協 議 会 1 証 明 り 災 証 明 書 の 交 付 消 防 本 部 予 防 課 2 国 民 健 康 保 険 被

< 目 次 > 種 別 手 続 き 窓 口 ページ 救 援 物 資 等 救 援 物 資 弔 慰 金 の 支 給 ( 日 赤 ) - 1 災 害 見 舞 金 の 支 給 社 会 福 祉 協 議 会 1 証 明 り 災 証 明 書 の 交 付 消 防 本 部 予 防 課 2 国 民 健 康 保 険 被 火 災 で 被 災 さ れ た か た へ の 各 種 手 続 き 支 援 の ご 案 内 火 災 の 被 害 に 遭 われました 皆 様 に 対 しまし て 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 被 災 後 の 手 続 きや 受 けられる 支 援 等 につ いてまとめましたので ご 利 用 ください この 冊 子 は 被 災 後 の 手 続 き 支 援 のすべてを 網 羅 して いるものではありませんのでご

More information