区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

Size: px
Start display at page:

Download "区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分"

Transcription

1 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険 や 経 済 的 不 安 定 から 国 民 を 制 度 的 に 保 護 するものである 従 って 社 会 保 険 は 国 民 生 活 の 悪 化 要 因 を 予 防 除 去 し 社 会 的 又 は 経 済 的 不 均 衡 を 最 小 化 し 公 平 と 安 定 及 び 能 率 を 増 大 させることがその 目 的 である 韓 国 の 社 会 保 険 には 以 下 の 4 種 類 がある 産 業 災 害 補 償 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 国 民 原 則 的 に 1 人 以 上 の 勤 労 者 を 使 う 事 業 を 営 む 場 合 は 事 業 主 の 意 思 業 種 売 上 規 模 個 人 事 業 又 は 法 人 形 態 であるかを 問 わず すべての 事 業 者 は 加 入 しなければ ならない ただし 法 人 の 場 合 勤 労 者 が 存 在 せず 代 表 取 締 役 が 一 人 のみ 存 在 する 会 社 であっても 義 務 加 入 対 象 となる 区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) 適 用 基 準 勤 労 者 1 人 以 上 の 事 業 又 は 事 業 場 勤 労 者 1 人 以 上 の 事 業 又 は 事 業 場 (ただし 法 人 は 代 表 取 締 役 を 含 めた 基 準 ) 適 用 単 位 事 業 場 事 業 事 業

2 区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 離 適 用 可 能 任 意 一 括 適 用 備 考 * 産 災 雇 用 健 康 は 成 立 日 から14 日 以 内 に 成 立 申 告 * 年 金 は 翌 月 15 日 まで 成 立 申 告 産 災 保 険 は 事 業 主 ( 法 人 の 場 合 は 法 人 そのもの)のみが 保 険 加 入 者 になるが 雇 用 保 険 は 事 業 主 と 勤 労 者 の 両 方 とも 保 険 加 入 者 になる 国 民 年 金 及 び の 場 合 常 時 1 人 以 上 の 勤 労 者 を 使 用 するすべての 会 社 は 事 業 主 の 意 思 業 種 売 上 規 模 個 人 会 社 の 如 何 を 問 わず 加 入 しなければならず 法 人 の 場 合 は 代 表 取 締 役 1 人 のみの 法 人 でも 対 象 になる 区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 学 生 現 場 実 習 生 適 用 しないただし 夜 間 大 学 放 送 通 信 大 学 休 学 生 は 適 用 月 60 時 間 ( 週 15 時 間 ) 以 上 勤 務 者 は 適 用 適 用 しない 海 外 派 遣 者 適 用 しない ただし 非 建 設 業 は 任 意 適 用 可 能 被 扶 養 者 がいる 場 合 50% 保 険 料 納 付 被 扶 養 者 に 限 っ て 適 用 被 扶 養 者 がいない 時 には 保 険 料 全 額 免 除 適 用 しない

3 区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 65 歳 以 後 新 規 18 歳 以 上 60 年 齢 雇 用 された 者 歳 未 満 の 者 は 適 用 除 外 は 日 雇 勤 労 者 短 時 間 勤 労 者 代 表 取 締 役 非 登 記 役 員 適 用 しない 適 用 しない 適 用 しない ただし 月 60 時 間 ( 週 15 時 間 ) 以 上 勤 務 者 は 適 用 適 用 除 外 適 用 除 外 適 用 除 外 非 常 任 取 締 役 適 用 除 外 適 用 除 外 * 報 酬 がある 場 合 は 適 用 ( 報 酬 があっても 実 費 支 援 であることを 取 締 役 会 会 議 録 にて 証 明 す る 時 には 除 外 可 能 ) 1) 産 業 災 害 補 償 保 険 事 業 者 登 録 証 上 の 代 表 者 を 除 く 外 国 人 は 本 人 の 希 望 とは 関 係 なく 強 制 加 入 の 対 象 である ただし 日 本 本 社 所 属 であり 所 得 が 海 外 会 社 から 支 給 される 勤 労 所 得 ( 乙 種 勤 労 所 得 )のみから 構 成 される 日 本 人 勤 労 者 は 除 外 される 2) 雇 用 保 険 就 業 活 動 を 行 うことができる 滞 留 資 格 を 持 つ 者 として 加 入 を 希 望 する 者 及 び 居 住 資 格 に 該 当 する 者 は 下 記 の 表 の 通 り 滞 留 資 格 によって 適 用 加 入 される

4 対 象 適 用 区 分 対 象 区 分 F-2( 居 住 ) F-5( 永 住 ) F-6( 結 婚 移 民 ) 1 相 互 主 義 原 則 D-7( 駐 在 ) D-8( 海 外 投 資 ) D-9( 貿 易 経 営 ) に 従 って 適 用 * 日 本 ドイツ ベトナムは D 適 用 除 外 外 国 C-4 E-1( 教 授 )~E-10( 研 修 就 業 ): 出 入 国 管 理 法 に 基 人 勤 づいて 国 内 就 業 活 動 ができるその 他 の 在 留 資 格 労 者 任 意 適 用 F-4: 外 国 人 のうちの 在 外 国 民 H-2: 訪 問 就 業 ( 在 外 同 胞 ) 3) 国 民 年 金 外 国 人 も 内 国 人 と 同 等 に の 対 象 になるため 18 歳 以 上 60 歳 未 満 の 外 国 人 勤 労 者 が 国 民 年 金 の 適 用 を 受 ける 事 業 場 に 就 業 するか 或 いは 国 内 に 居 住 する 場 合 は 事 業 場 加 入 者 又 は 地 域 加 入 者 の 適 用 対 象 になる ただし 国 民 年 金 に 相 当 す る 年 金 に 関 して 外 国 人 勤 労 者 の 本 国 法 が 韓 国 国 民 に 適 用 されない 場 合 その 外 国 人 勤 労 者 は 国 民 年 金 の 適 用 除 外 対 象 になる < 参 考 > 日 韓 社 会 保 険 協 定 について 日 韓 社 会 保 険 協 定 の 妥 結 により 2005 年 4 月 1 日 から 韓 国 に 派 遣 される 日 本 人 駐 在 員 に 対 し 5 年 内 の 期 間 2 においては 年 金 保 険 に 加 入 する 義 務 が 相 互 免 除 となった これまでは 日 韓 社 会 保 険 協 定 が 締 結 されていなかったため 韓 国 に 派 遣 された 日 本 人 駐 在 員 が 日 本 と 韓 国 で 年 金 保 険 料 を 二 重 納 付 していた また 返 還 一 時 金 要 件 3 に 満 たされない 場 合 が 大 部 分 であり 結 果 的 に 何 ら 恩 恵 を 受 けずに 帰 国 することになり 勤 労 者 と 企 業 にとって 大 きな 負 担 となっていた 1 該 当 外 国 人 の 本 国 法 により 韓 国 国 民 に 韓 国 の 雇 用 保 険 に 相 応 する 保 険 への 加 入 が される 場 合 2 5 年 を 超 過 する 保 険 料 免 除 は 相 手 国 家 の 裁 量 事 項 である 3 返 還 一 時 金 の 支 払 は 1)その 外 国 人 の 本 国 法 で 韓 国 国 民 に 韓 国 の 返 還 一 時 金 制 度 に 相 応 する 給 与 を 支 払 う 場 合 2) 韓 国 と 外 国 人 の 本 国 間 で 返 還 一 時 金 の 支 払 に 関 する 社 会 保 険 協 定 が 締 結 された 場 合 にのみ 支 払 う 2012 年 12 月 現 在 返 還 一 時 金 の 支 払 対 象 国 は 下 記 の 通 りである 社 会 保 障 協 定 による 対 象 国 :ドイツ 米 国 カナダ ハンガリー フランス オーストラリア チェコ ベルギー ポーランド スロヴァキア ブルガリア ルーマニア オーストリア インド 相 応 性 認 定 による 対 象 国 :ガーナ マレーシア ベネズエラ バミューダ スリランカ スイス エルサルバドル インドネシ ア カザフスタン ケニア トリニダードトバゴ 香 港 トルコ スーダン コロンビア バヌアツ フィリピン チュニジア ベリ ーズ ウガンダ( 最 低 加 入 期 間 が 6 ヶ 月 以 上 ) グレナダ バルバドス ブータン セントビンセントグレダディン ジンバブ エ カメルーン コンゴ タイ トーゴ ヨルダン( 最 低 加 入 期 間 が 1 年 以 上 ) ベネズエラ( 最 低 加 入 期 間 が 2 年 以 上 ) 今 回 日 韓 社 会 保 険 協 定 の 合 意 文 の 内 容 には 韓 国 側 の 返 還 一 時 金 及 び 日 本 側 の 合 算 対 象 期 間 制 度 の 韓 国 人 適 用 な どが 一 部 含 まれていない

5 4) 国 民 国 民 法 施 行 令 が 改 正 となり 2007 年 7 月 31 日 からは 在 国 民 及 び 外 国 人 の 職 場 加 入 者 のうち 次 に 該 当 し 本 国 でも 国 民 に 準 ずる 医 療 保 険 の 特 典 を 受 けている 者 は 申 請 をすれば 韓 国 の の 加 入 が 免 除 されることになる 対 象 者 は 次 の 通 りである(ただし E-9( 非 専 門 就 業 ) H-2( 訪 問 就 業 )は される) 1) 所 得 の 区 分 : 海 外 会 社 から 支 給 される 勤 労 所 得 ( 乙 種 勤 労 所 得 )だけある 場 合 2) 適 用 基 準 第 3 条 第 5 項 による 除 外 事 由 - 外 国 の 法 令 によって 医 療 保 障 を 受 ける 場 合 - 外 国 の 保 険 によって 医 療 保 障 を 受 ける 場 合 - 使 用 者 との 契 約 などによって 医 療 保 障 を 受 ける 場 合 4 大 保 険 徴 収 制 度 を 簡 略 に 要 約 すると 下 記 の 通 りとなる 区 分 国 民 年 金 雇 用 保 険 産 業 災 害 保 険 適 用 加 入 保 険 者 管 理 運 営 機 関 国 民 年 金 管 理 公 団 国 民 公 団 勤 労 福 祉 公 団 雇 用 支 援 センター 保 険 料 告 知 納 付 徴 収 運 営 機 関 国 民 公 団 国 民 公 団 (ただし 建 設 業 な ど 大 統 領 が 決 めた 事 業 の 場 合 は 勤 労 福 祉 公 団 が 遂 行 )

6 区 分 国 民 年 金 雇 用 保 険 産 業 災 害 保 険 概 算 保 険 料 を 前 払 い 又 は 分 割 納 付 (4 建 設 業 など 回 )( 自 主 的 納 付 前 大 統 領 が 決 払 いの 場 合 は5% 軽 毎 月 分 の 保 険 料 を 毎 月 分 の 保 険 料 を 次 めた 事 業 減 ) 翌 事 業 年 度 3 月 保 険 料 翌 月 10 日 までに 納 の 月 10 日 までに 納 付 末 までに 年 末 調 整 を 徴 収 方 法 付 ( 告 知 納 付 ) 別 ( 告 知 納 付 ) 翌 年 度 行 う 途 の 年 末 調 整 なし 4 月 に 年 末 調 整 を 行 う 毎 月 分 保 険 料 を 翌 月 上 記 以 外 の 事 業 10 日 までに 納 付 ( 告 知 納 付 ) 翌 年 度 4 月 に 年 末 調 整 を 行 う(5% 軽 減 制 度 なし) 事 業 主 が 当 該 年 度 予 建 設 業 など 想 報 酬 を 基 礎 にして 概 算 保 険 料 の 算 定 方 法 国 民 公 団 が 前 年 度 所 得 を 基 準 にして 算 定 した 保 険 料 を 毎 月 告 知 国 民 公 団 が 前 年 度 報 酬 を 基 準 に して 算 定 した 保 険 料 を 毎 月 告 知 大 統 領 が 決 めた 事 業 上 記 以 外 の 算 定 して 保 険 料 を 勤 労 福 祉 公 団 に 自 主 的 申 告 納 付 国 民 公 団 が 前 年 度 報 酬 を 基 準 に 事 業 して 算 定 した 保 険 料 を 毎 月 告 知 保 険 料 算 定 方 法 所 得 報 酬 勤 労 者 基 準 所 得 月 額 の 4.5% 報 酬 月 額 の 2.995% (1) 長 期 療 養 保 険 は 上 記 % 月 平 均 報 酬 の 0.65% ( 失 業 給 与 ) なし 保 失 業 給 与 : 険 料 事 業 主 基 準 所 得 月 額 の 4.5% 報 酬 月 額 の 2.995% (2) 長 期 療 養 保 険 は 上 記 % 0.65% 雇 用 安 定 職 業 能 力 開 発 : % ( 企 業 規 模 別 月 平 均 報 酬 の 6/ /1000 ( 業 種 別 差 異 ) 差 異 )

7 区 分 国 民 年 金 雇 用 保 険 産 業 災 害 保 険 - 資 格 取 得 納 付 再 開 : 契 約 期 間 基 準 報 酬 月 額 ( 所 得 )の 算 定 方 法 所 得 総 額 / 該 当 総 日 数 30 - 加 入 期 間 中 : 前 - 資 格 取 得 納 付 再 開 : 契 約 期 間 所 得 総 額 / 勤 務 月 数 - 加 入 期 間 中 : 前 年 度 報 酬 総 額 / 総 日 数 30 年 度 所 得 総 額 / 総 日 数 30 - 資 格 取 得 納 付 基 準 報 酬 月 額 ( 所 得 )の 適 用 期 間 再 開 又 は 入 社 後 1ヶ 月 未 満 者 : 資 格 取 得 月 納 付 再 開 月 ~ 定 期 決 定 基 準 所 得 月 額 の 適 用 前 月 - 加 入 期 間 中 :7 月 - 資 格 取 得 変 動 : 資 格 取 得 月 ~ 翌 年 度 3 月 - 加 入 期 間 中 : 毎 年 4 月 ~ 翌 年 度 3 月 - 前 年 10 月 以 前 入 社 者 : 毎 年 4 月 ~ 翌 年 度 3 月 -その 他 勤 労 者 : 入 社 月 ~ 翌 年 度 3 月 まで(ただし 該 当 年 度 10 月 以 後 の 入 社 者 の 場 合 勤 労 開 始 月 から 次 々 年 度 3 月 まで) ~ 翌 年 度 6 月 月 報 酬 26 万 ウォン~ 万 ウォン~7,810 万 なし ( 所 得 ) 限 度 万 ウォン ウォン 単 位 処 理 - 月 基 準 所 得 :1 千 - 月 基 準 報 酬 :1ウォ - 月 平 均 報 酬 :1ウォン 未 満 切 捨 て ウォン 未 満 切 捨 て ン 未 満 切 捨 て - 月 保 険 料 :10ウォン 未 満 切 捨 て - 月 保 険 料 :10ウォ - 月 保 険 料 : ン 未 満 切 捨 て 10ウォン 未 満 切 捨 保 険 料 算 定 所 得 税 法 上 課 税 対 所 得 税 法 上 課 税 対 所 得 税 法 上 課 税 対 象 勤 労 所 得 ( 総 対 象 基 礎 賃 象 勤 労 所 得 ( 総 給 象 勤 労 所 得 ( 総 給 与 ) 給 与 )+ 租 税 法 上 非 課 税 金 の 定 義 与 ) + 国 外 勤 労 所 得 非 課 税 + 租 税 法 上 非 課 税 保 険 料 資 格 取 得 月 の 次 の 資 格 取 得 月 の 次 の 月 資 格 取 得 月 の 次 の 月 ~ 資 格 喪 失 月 納 付 期 間 月 ~ 資 格 喪 失 月 ~ 資 格 喪 失 月 すなわち 月 別 保 険 料 の 日 割 り 計 算 ( 月 中 入 退 社 者 など) 中 途 退 社 者 資 格 喪 失 申 告 資 格 喪 失 申 告 退 職 資 格 喪 失 申 告 退 職 者 に 対 する 報 処 理 別 途 の 精 算 なし 者 に 対 する 報 酬 総 額 酬 総 額 申 告 及 び 雇 用 産 業 災 害 保 険 申 告 及 び 健 康 療 養 保 精 算 険 料 精 算

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用 営 ViewPoint 相 談 海 外 派 遣 に 伴 う 社 会 保 険 労 働 保 険 の 取 扱 いの 留 意 点 松 田 由 員 部 東 京 室 市 本 進 治 部 大 阪 室 ビジネスの 国 際 化 が 益 々 進 展 する 経 営 環 境 のなか 中 小 中 堅 企 業 においても 社 員 を 海 外 派 遣 する 機 会 が 増 加 しています そこで 今 回 は 従 業 員 の 海

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 銀 行 等 の 非 居 住 者 等 に 対 する 国 別 債 権 債 務 に 関 する 報 告 書 ( 年 月 末 現 在 ) 報 告 年 月 日 : 根 拠 法 規 : 外 国 為 替 の 取 引 等 の 報 告 に 関 する 省 令 主 務 官 庁 : 財 務 省 短 期 債 権 報 告 者 : 名 称 及 び

More information

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう (

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう ( 給 与 税 金 社 会 保 険 の 知 識 給 与 明 細 を 解 読 してみよう ( 給 与 明 細 のイメージ) 平 成 26 年 8 月 分 給 与 明 細 書 株 式 会 社 氏 名 様 支 給 日 平 成 26 年 9 月 23 日 支 給 控 除 差 引 支 給 額 190,589 基 本 給 ( 月 給 ) 200,000 雇 用 保 険 料 1,149 健 康 保 険 料 11,964

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し (1) 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 が 生 じた 場 合 の 納 付 済 保 険 料 の 取 扱 い の 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 娘 は 20 年 以 上 前 から 精 神 疾 患 があり 平 成 25 年 に 主 治 医 を 替 え たところ 当 該 医 師 から 病 状 から 判 断 して 障 害 年 金 を 受 給 できるので はないか 一 度 障

More information

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の 日 本 国 籍 の 日 本 人 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 査 証 渡 航 認 証 及 び 必 要 な です 訪 問 の 目 的 や 訪 問 頻 度 滞 在 日 数 によっては 査 証 が 必 要 な 国 地 域 があります インドネシアやタイなどでは 訪 問 目 的 が 技 術 指 導 機 械 設 置 やメンテナンスの 場 合 には 目 的 に 応 じた 査 証 が 必 要 となります

More information

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4 平 2 6. 5. 9 法 D 5-4 税 制 調 査 会 ( 法 人 課 税 DG5) 中 小 法 人 公 益 法 人 等 ( 地 方 税 ) 平 成 26 年 5 月 9 日 ( 金 ) 総 務 省 目 次 中 小 企 業 に 対 する 特 別 な 取 扱 い( 主 なもの) 地 方 税 1 中 小 法 人 と 個 人 事 業 主 との 税 負 担 率 の 比 較 ( 国 税 地 方 税 ) 2

More information

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 出 張 旅 費 支 給 規 程 制 定 平 成 13 年 4 月 1 日 最 終 改 正 平 成 28 年 1 月 1 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 役 員 及 び 職 員 ( 派 遣 労 働 者 を

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

数字で見る国連WFP 2014

数字で見る国連WFP 2014 2014 レベル3の 緊急支援 2014年 国連WFPはレベル3の緊急支援活動6件に並行して取り組みました レベル3とは 国連WFPが定める緊急事態の最高段階です 国連WFPは レベル3と判断した事態には 国事務所や地域事務所を中心としつつ 全組織を挙げて対応します 数字で見る国連WFP 2014 レベル3の 緊急支援 中央アフリカ共和国 法と秩序の崩壊により住む家を追われた100万人以上に支援を届けました

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

控 除 明 細 書 ( 規 則 第 6 号 様 式 別 表 11) 4 利 子 割 額 の 都 道 府 県 別 明 細 書 ( 規 則 第 9 号 の3 様 式 ) 5 課 税 標 準 の 分 割 に 関 する 明 細 書 ( 規 則 第 10 号 様 式 ) 4 医 療 法 人 等 の 所 得 計

控 除 明 細 書 ( 規 則 第 6 号 様 式 別 表 11) 4 利 子 割 額 の 都 道 府 県 別 明 細 書 ( 規 則 第 9 号 の3 様 式 ) 5 課 税 標 準 の 分 割 に 関 する 明 細 書 ( 規 則 第 10 号 様 式 ) 4 医 療 法 人 等 の 所 得 計 医 療 法 人 等 に 係 る 所 得 の 計 算 書 記 載 の 手 引 き 等 ( 熊 本 県 ) 平 成 27 年 4 月 目 次 1 はじめに P1 2 この 計 算 書 の 提 出 について P1 3 申 告 書 の 提 出 に 必 要 な 添 付 書 類 P1 4 医 療 法 人 等 の 所 得 計 算 書 ( 上 段 部 分 )の 記 載 方 法 P2 5 所 得 の 計 算 の 基

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 )

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 ) 人 第 189 回 国 会 質 問 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 議 員 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 す る 質 問 主 意 書 (215 年 8 月 1 日 ) 答 弁 書 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 君 提 出 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 する 質 問 に 対 する 答 弁 書 (215 年

More information

危機にある世界遺産

危機にある世界遺産 人 間 開 発 指 標 (HDI) 高 0.8 中 ベネズエラ エクアドル アセ ルハ イシ ャン イラン アルジェリア カンボジア パキスタン ネパール 0.5 イエメン ウガンダ ギニア コートジボアール コンゴ 民 主 エチオピア ニジェール 低 中 央 アフリカ ポーランド クロアチア アルバニア ブルガリア ブラジル オーマン ペルー ヨルダン チュニジア フィリピン エジプト ホンジュラス

More information

( 月 額 で 支 給 されるもの) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 ( 1 2) 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 等 1 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 又 は 休 業 手 当 金 ( 以 下 傷 病 手 当 金 等 という ) と 報 酬 との 調 整 につい

( 月 額 で 支 給 されるもの) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 ( 1 2) 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 等 1 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 又 は 休 業 手 当 金 ( 以 下 傷 病 手 当 金 等 という ) と 報 酬 との 調 整 につい 1 休 業 給 付 と 報 酬 との 調 整 (1) 調 整 方 法 の 変 更 点 標 準 報 酬 制 導 入 前 は 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 休 業 手 当 金 育 児 休 業 手 当 金 又 は 介 護 休 業 手 当 金 の 支 給 期 間 に 係 る 給 料 の 全 部 又 は 一 部 を 受 ける 場 合 には その 受 ける 金 額 の 限 度 で 調 整 を 行 う

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

法改正情報

法改正情報 うかる! 社 労 士 2014 年 度 版 追 加 の 法 改 正 情 報 等 です (6 月 17 日 版 ) このPDFファイルは 下 記 の2 部 構 成 になっています 第 1 部 法 改 正 情 報 P2~P27 平 成 26 年 度 試 験 に 係 る 直 近 1 年 間 の 法 改 正 情 報 のうち 総 合 テキストに 反 映 されていないものを 少 し 細 かい 点 を 含 めて

More information

平成26年要約版(閲覧用)

平成26年要約版(閲覧用) 海 外 在 留 邦 人 数 調 査 統 (Annual Report of Statistics on Japanese Nationals Overseas) 平 成 26 年 要 約 版 ( 平 成 25 年 (2013 年 )10 月 1 日 現 在 ) 外 務 省 領 事 局 政 策 課 目 次 利 用 の 手 引 き 1 1. 統 の 目 的 調 査 方 法 及 び 用 語 の 定 義

More information

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls 年 金 事 務 所 で 受 付 審 査 を 行 う 電 子 申 請 項 番 手 続 名 称 1 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 所 属 選 択 二 以 上 事 業 所 勤 務 届 2 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 申 出 書 ( 新 規 延 長 ) 3 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 終 了 届

More information

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得 ハーベスト グローバル インベストメント リミテッド 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 帯 路 政 策 の 窓 となる 港 2016 年 7 月 吉 日 サミットの 様 子 2016 年 5 が 提 唱 する 帯 路 構 想 に 関 するサミットが 港 特 別 政 区 政 府 主 導 で 開 催 され 全 代 委 員 をはじ め 政 策 の 恩 恵 を 受 ける

More information

国 民 年 金 繰 上 げ 受 給 率 の 推 移 17 資 料 出 所 社 会 保 険 事 業 の 概 況 ( 社 会 保 険 庁 )

国 民 年 金 繰 上 げ 受 給 率 の 推 移 17 資 料 出 所 社 会 保 険 事 業 の 概 況 ( 社 会 保 険 庁 ) 満 額 でない 基 礎 年 金 等 の 受 給 権 者 無 年 金 者 が 生 じる 要 因 として 考 えられる 理 由 年 金 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 保 険 料 納 付 済 期 間 が 満 額 受 給 の 期 間 に 満 たないこと 昭 和 61 年 3 月 以 前 に 被 用 者 の 配 偶 者 であった 者 で 国 民 年 金 に 任 意 加 入 しなかった 者 この 場

More information

被扶養者の認定取扱について

被扶養者の認定取扱について 日 本 マクドナルド 健 康 保 険 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 7 項 の 規 定 による 被 扶 養 者 の 認 定 について 日 本 マクドナル ド 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という)が 適 正 かつ 公 平 に 行 うための 具 体 的 事 項 を 定 めることを 目 的 と する

More information

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮 都 市 力 について 考 えましょう H20.3.21 春 夏 秋 冬 本 音 クラブ 話 題 提 供 者 安 達 司 郎 あなたは 今 の 日 本 を 東 京 をどんな 街 にしたいですか 都 市 力 とは 将 来 に 向 かっての 都 市 の 競 争 力 や 社 会 資 本 の 充 実 度 その 都 市 の 多 様 な 魅 力 の 総 合 力 と 仮 定 します 1. 今 日 の 議 論 のポイント

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

3 医 療 法 人 等 の 所 得 金 額 の 計 算 書 ( 付 表 ) ( 下 段 部 分 )の 記 載 のしかた 社 会 保 険 医 療 分 の 収 入 金 額 欄 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 2 項 の 社 会 保 険 関 係 法 律 等 の 規 定 に 基 づく 給 付 又

3 医 療 法 人 等 の 所 得 金 額 の 計 算 書 ( 付 表 ) ( 下 段 部 分 )の 記 載 のしかた 社 会 保 険 医 療 分 の 収 入 金 額 欄 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 2 項 の 社 会 保 険 関 係 法 律 等 の 規 定 に 基 づく 給 付 又 医 療 法 人 等 の 所 得 金 額 計 算 書 記 載 の 手 引 1 この 計 算 書 の 用 途 等 (1) 医 療 法 人 の 課 税 標 準 の 算 定 については 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 1 項 において 社 会 保 険 診 療 につき 支 払 を 受 けた 金 額 は 益 金 の 額 に 算 入 せず また 当 該 社 会 保 険 診 療 に 係 る 経 費 は 損

More information

本 報 告 書 の 利 用 についての 注 意 免 責 事 項 本 報 告 書 は 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ)ソウル 事 務 所 が 三 逸 会 計 法 人 に 作 成 を 委 託 し 2014 年 3 月 現 在 入 手 している 情 報 に 基 づき 取 りまとめたものであり

本 報 告 書 の 利 用 についての 注 意 免 責 事 項 本 報 告 書 は 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ)ソウル 事 務 所 が 三 逸 会 計 法 人 に 作 成 を 委 託 し 2014 年 3 月 現 在 入 手 している 情 報 に 基 づき 取 りまとめたものであり 2013 年 度 韓 国 進 出 ガイドブック 韓 国 進 出 ガイドブック 2014 年 3 月 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) ソウル 事 務 所 進 出 企 業 支 援 知 的 財 産 部 進 出 企 業 支 援 課 本 報 告 書 の 利 用 についての 注 意 免 責 事 項 本 報 告 書 は 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ)ソウル 事 務 所 が 三 逸 会

More information

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 旅 費 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 26 年 12 月 24 日 平 成 27 年 3 月 26 日 平 成 28 年 3 月 23 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 (

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32 日 本 国 籍 の 観 光 査 証 渡 航 認 証 要 否 旅 券 の 残 存 期 間 ご 注 意! 渡 航 される 場 合 は 必 ず 関 係 諸 機 関 へお 問 い 合 わせいただき その 時 点 の 最 新 情 報 を 入 手 してください 弊 社 では 下 記 情 報 に 起 因 する 一 切 の 責 任 を 負 いかねます 事 をあらかじめご 承 知 おきください 2013 年 9 月

More information

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ 1. 月 収 額 を 計 算 する 前 に 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください あなたの 同 居 親 族 又 は 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は 何 人 ですか? 同 居 親 族 とは 入 居 しようとする 親 族 ( 本 人 を 除 く)のことをいいます 扶 養 親 族 とは 入 居 しようとする 扶 養 親 族 及 び 入 居 しない

More information

Microsoft Word - AsiaBR_Vol.20

Microsoft Word - AsiaBR_Vol.20 発 行 番 号 : 20 号 発 行 日 : 2007 年 2 月 内 容 : ベトナムにおける 個 人 所 得 税 の 申 告 納 税 の 実 務 筆 者 : IGL (VIETNAM) CO., LTD. グェン ディン フク 1. はじめに ベトナムに 居 住 して 働 く あるいは 居 住 はしないがベトナムで 働 いた 対 価 として 個 人 が 所 得 を 得 る 場 合 この 所 得

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674> 資 料 3 第 2 回 病 院 等 を 対 象 とするヘルスケアリートの 活 用 に 係 るガイドライン 検 討 委 員 会 THE ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SECURITIZATION 投 資 法 人 の 活 動 及 び 資 産 運 用 の 範 囲 等 について 2014 年 10 月 23 日 ( 木 ) 一 般 社 団 法 人 不 動 産 証 券 化 協 会 Jリートの

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 1 厚 労 働 全 般 人 口 構 造 概 要 我 が 国 の 人 口 ピラミッド 我 が 国 の 人 口 動 態 ( 平 成 23 年 ) 4 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 詳 細 データ1 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 )

More information

標準報酬制について

標準報酬制について 標 準 報 酬 制 の 概 要 について 平 成 27 年 7 月 23 日 公 立 学 校 共 済 組 合 東 京 支 部 福 利 厚 生 課 経 理 係 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 を 図 るための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 (H24.8.10 国 会 にて 成 立 ) 1 公 務 員 等 が 加 入 する 共 済 年 金 2 民 間

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2 千 人 に 上 るとさ

1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2 千 人 に 上 るとさ 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 による 難 民 の 受 入 れの 概 要 平 成 24 年 6 月 19 日 1 1 諸 外 国 における 第 三 国 定 住 難 民 受 入 れ 状 況 (1) 受 入 れ 数 世 界 全 体 で 難 民 問 題 解 決 のために 第 三 国 定 住 が 必 要 と 考 えられる 難 民 は,UNHCRによると, 平 成 24 年 には 約 17 万 2

More information

取扱説明書[SH705iⅡ]

取扱説明書[SH705iⅡ] 海 国 際 ローミング(WORLD WING)の 概 要...................... 378 海 で できるサービスについて......................... 378 海 でご になる 前 の 確 認............................... 379 滞 在 先 で 電 話 をかける.....................................

More information

[ 特 別 控 除 の 一 覧 ] 控 除 の 内 容 特 定 扶 養 親 族 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 16 才 以 上 23 才 未 満 の 扶 養 親 族 ) 老 人 扶 養 親 族 配 偶 者 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 70 才 以 上 の

[ 特 別 控 除 の 一 覧 ] 控 除 の 内 容 特 定 扶 養 親 族 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 16 才 以 上 23 才 未 満 の 扶 養 親 族 ) 老 人 扶 養 親 族 配 偶 者 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 70 才 以 上 の 8 入 居 収 入 基 準 市 営 住 宅 の 申 込 みには, 世 帯 全 員 の 課 税 対 象 の 収 入 が, 公 営 住 宅 法 で 定 める 一 定 の 基 準 内 ( ) にあることが 必 要 です (1) 市 営 住 宅 の 収 入 基 準 ( )は, 次 の 表 のとおりです 住 宅 種 別 一 般 世 帯 裁 量 階 層 世 帯 ( ) 公 営 住 宅 158,000 以 下 214,000

More information

公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係

公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係 Ⅴ 長 期 給 付 事 業 1 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 は 都 道 府 県 や 市 町 村 の 区 分 や 職 種 の 相 違 によって 適 用 される 制 度 が 異 なっていたものが 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 全 ての 公 務 員 に 通 ずる 統 一 的 な 制

More information

QUỐC HỘI

QUỐC HỘI 国 会 -------- 法 No.: 10/2012/QH13 ベトナム 社 会 主 義 共 和 国 独 立 自 由 幸 福 ----------o0o---------- ハノイ 2012 年 6 月 18 日 労 働 法 国 会 決 議 No.51/2001/QH10 によって 修 正 補 則 された 1992 年 ベトナム 社 会 主 義 共 和 国 憲 法 に 基 づき 国 会 が 本 法

More information

グローバルな投資環境の整備のあり方に関する意見 【 参考資料 】

グローバルな投資環境の整備のあり方に関する意見 【 参考資料 】 グローバルな 環 境 の 整 備 のあり 方 に 関 する 意 見 わが 国 海 外 の 法 的 基 盤 の 整 備 等 に 向 けて 参 考 資 料 わが 国 の 締 結 状 況 (1) 保 護 を 主 な 目 的 とする 2 (2) 自 由 化 を 含 む 3 (3) 交 渉 中 の 4 日 系 企 業 海 外 現 地 法 人 数 社 会 保 障 租 税 条 約 締 結 状 況 5 の 構 成

More information

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 退 職 共 済 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 ( 以 下 共 助 会 という ) 定 款 第 4 条 に 規 定 する 事 業 ( 以 下 共 済 事 業 という )の 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

年金制度のあらまし

年金制度のあらまし 実 務 修 習 セミナー( 第 9 回 ) 厚 生 年 金 国 民 年 金 関 係 平 成 24 年 9 月 21 日 < 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 の 仕 組 みと 給 付 のあらまし>( 便 覧 P116) 1 給 付 の 種 類 老 齢 障 害 死 亡 2 公 的 年 金 制 度 の 種 類 種 類 対 象 者 国 民 年 金 日 本 国 内 に 居 住 する 20 歳 以 上

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

0300072008520000E001.xls

0300072008520000E001.xls ( 平 成 年 度 調 査 ) 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 調 査 表 一 覧 表 頁 番 号 表 番 号 調 査 表 類 法 人 の 道 府 県 民 税 等 に 関 する 調 P () 道 府 県 民 税 額 等 に 関 する 調 法 人 県 民 税 5P 7 () 業 種 別 及 び 割 基 準 別 に 関 する 調 法 人 県 民 税 7P 9 () 資 本 金

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

る 等 級 単 価 を 使 用 する ア. 健 康 保 険 料 を 徴 収 する 事 業 者 との 雇 用 関 係 に 基 づき 当 該 補 助 事 業 に 従 事 す る 者 ただし 役 員 及 び 日 額 または 時 給 での 雇 用 契 約 者 については 健 保 等 級 適 用 者 以 外

る 等 級 単 価 を 使 用 する ア. 健 康 保 険 料 を 徴 収 する 事 業 者 との 雇 用 関 係 に 基 づき 当 該 補 助 事 業 に 従 事 す る 者 ただし 役 員 及 び 日 額 または 時 給 での 雇 用 契 約 者 については 健 保 等 級 適 用 者 以 外 人 件 費 積 算 時 における 健 保 等 級 単 価 計 算 について 平 成 26 年 度 ふるさと 名 物 応 援 事 業 補 助 金 (ふるさと 名 物 普 及 事 業 )に 係 る 補 助 事 業 者 の 人 件 費 について 健 保 等 級 単 価 計 算 により 算 出 する 場 合 は 以 下 のとおり 運 用 する こととする 1. 健 保 等 級 による 積 算 における 原

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

4_入学料免除願・家庭調書・記入要領(H28.10入学)

4_入学料免除願・家庭調書・記入要領(H28.10入学) ( 様 式 1) 入 学 料 免 除 徴 収 猶 予 願 及 び( 様 式 2) 家 庭 調 書 記 入 要 領 Ⅰ 記 入 全 般 についての 注 意 事 項 1.( 様 式 1) 入 学 料 免 除 徴 収 猶 予 願 及 び( 様 式 2) 家 庭 調 書 は, 選 考 上 大 切 な 資 料 なので, 以 下 の 注 意 事 項 を 熟 読 して, 平 成 28 年 10 月 1 日 現 在

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

<5461726F31322D944E8BE08D5597AA835B837E91E6825589F1814083418362>

<5461726F31322D944E8BE08D5597AA835B837E91E6825589F1814083418362> 年 金 攻 略 ゼミ 第 6 回 厚 生 年 金 保 険 法 2 第 1 1 節 支 給 対 男 法 附 則 13 条 の4) 特 象 者 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 (2) 28 から 36 までの まれた 12 1 支 )であって の 繰 上 げの 特 例 2 昭 和 一 33 般 年 女 4 子 月 2 日 から昭 和 41 年 4 月 していない 1 日 までの もの 間 型 )であって

More information

1. 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 対 象 : 給 与 所 得 者 ) 1 平 成 25 5309 654 源 泉 徴 収 票 の 支 払 金 額 欄 に 記 載 された 金 額 を 6 家 族 及 び 所 得 の 給 料 賃 金 役 員 報 酬 アルバイト 欄 に 記 入 して 下

1. 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 対 象 : 給 与 所 得 者 ) 1 平 成 25 5309 654 源 泉 徴 収 票 の 支 払 金 額 欄 に 記 載 された 金 額 を 6 家 族 及 び 所 得 の 給 料 賃 金 役 員 報 酬 アルバイト 欄 に 記 入 して 下 収 入 等 に 関 する 書 類 証 明 書 類 一 覧 :いずれかを 提 出 番 号 区 分 証 明 書 類 証 明 書 類 1 給 与 所 得 がある 者 源 泉 徴 収 票 ( 平 成 25 年 度 分 の 平 成 25 年 分 給 与 所 得 の 源 泉 徴 所 得 ) 収 票 給 与 所 得 者 で 平 成 26 年 1 2 月 以 降 の 新 規 中 途 就 職 者 給 与 所 得 以

More information

江戸川区人事行政の運営等の状況の公表について

江戸川区人事行政の運営等の状況の公表について 江 戸 川 区 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 単 位 = 千 円 ( 参 考 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 (A) 実 質 収 支 人 件 費 (B) 24 年 度 の ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ) (B/A) 人 件 費 率 26 年 度 680,262 人 234,193,267

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

<4D F736F F D BD90AC E937890C590A789FC90B D>

<4D F736F F D BD90AC E937890C590A789FC90B D> 平 成 27 年 11 月 5 日 一 般 社 団 法 人 全 国 住 宅 産 業 協 会 会 長 神 山 和 郎 平 成 28 年 度 住 宅 土 地 税 制 改 正 要 望 わが 国 経 済 は 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 傾 向 が 続 くなかで 政 府 の 経 済 対 策 等 の 下 支 えもあり 景 気 は 穏 やかな 回 復 基 調 が 続 くことが 期 待 されていますが 消

More information

<95BD90AC825133944E93788C888E5A82CC8A54977620208FEE95F18CF68A4A97702E786C73>

<95BD90AC825133944E93788C888E5A82CC8A54977620208FEE95F18CF68A4A97702E786C73> 平 成 23 年 度 決 算 の 概 要 学 校 法 人 京 都 成 安 学 園 はじめに 1 金 額 は 千 円 未 満 の 端 数 については 四 捨 五 入 し 全 て 千 円 単 位 で 表 記 しているため この 資 料 内 の 表 の 合 計 欄 の 金 額 や この 資 料 と 計 算 書 類 の 金 額 が 一 致 しない 場 合 があります 2 この 資 料 でいう 予 算 額 とは

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 36 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

日台租税協定(通称)の締結

日台租税協定(通称)の締結 KPMG Insight KPMG Newsletter Vol.16 January 2016 海 外 トピック1 日 台 租 税 協 定 ( 通 称 )の 締 結 kpmg.com/ jp 日 台 租 税 協 定 ( 通 称 )の 締 結 KPMG 台 湾 台 北 事 務 所 パートナー 友 野 浩 司 中 華 民 国 ( 以 下 台 湾 とする)と 日 本 は 1972 年 の 国 交 断 絶

More information

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の 入 社 時 の 社 会 保 険 料 計 算 ( 給 与 計 算 )と 保 険 料 納 付 多 くの 企 業 では 社 員 が 入 社 し 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 介 護 保 険 )の 資 格 を 取 得 した 翌 月 の 給 与 支 払 い 時 に 社 会 保 険 料 を 徴 収 します たとえば 4 月 分 の 社 会 保 険 料 は 5 月 に 支 払 われる

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

1 総括

1 総括 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 伊 東 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 )25 年 度 の 人 件 費 率 26 年 度 71,782 人 26,079,012 564,552 5,245,658

More information

学校制度(学制)-諸外国との比較

学校制度(学制)-諸外国との比較 資 料 1 学 校 制 度 ( 学 制 )- 諸 外 国 との 比 較 再 生 実 行 会 議 平 成 25 年 11 月 26 日 ( 火 )17:45-19:15 官 邸 2 階 小 ホール あきら 二 宮 皓 比 治 山 大 学 比 治 山 大 学 短 期 大 学 部 学 長 二 宮 皓 @ 比 治 山 大 学 1 1 学 制 学 校 体 系 ( 学 校 段 階 の 区 分 接 続 及 び 学

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

Microsoft Word - ....

Microsoft Word - .... 目 次 出 題 傾 向 1 (1) わが 国 の 人 口 動 向 等 3 (2) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 の 現 況 3 (3) 公 的 年 金 制 度 の 沿 革 ( 主 な 内 容 を 抜 粋 ) 4 (4) 公 的 年 金 のしくみ 6 (5) 国 民 年 金 の 被 保 険 者 8 (6) 国 民 年 金 の 被 保 険 者 資 格 の 取 得 と 喪 失 10 (7) 被 保

More information

《株価急落の背景》

《株価急落の背景》 エマージングにとって 一 人 当 たり GDP3, ドルの 壁 ~タイの 教 訓 ~ 29 年 7 月 2 日 アセットマネジメント 部 チーフ エコノミスト チーフ ストラテジスト 黒 瀬 浩 一 近 年 エマージング 向 けの 株 式 投 資 がある 種 のブームとなっている 昨 年 秋 には リーマン ショッ ク で 株 価 と 通 貨 が 共 に 大 きく 下 落 したものの 景 気 の 底

More information

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併 復 興 特 別 所 得 税 ( 源 泉 徴 収 関 係 )Q&A 平 成 24 年 4 月 国 税 庁 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 23 年 法 律 第 117 号 )( 以 下 復 興 財 源 確 保 法 といいます )が 公 布 され 平 成 25 年 1 月 1

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

資料1-2 被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律案要綱

資料1-2 被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律案要綱 元 化 図 案 綱 趣 旨 多 様 や 社 障 目 指 閣 議 決 社 障 税 革 綱 づ 元 化 展 望 今 後 熟 化 や 少 子 高 化 層 進 展 財 政 範 囲 拡 安 性 高 民 通 将 来 向 同 報 酬 ば 同 負 担 同 受 性 確 全 民 信 頼 高 教 統 資 格 教 教 総 称 適 資 -2 外 削 差 異 解 消 資 格 歳 設 2 総 報 酬 老 本 老 又 全 仕 み

More information

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件 オーストリア 視 界 不 良 時 は 防 塵 で 頑 丈 な 箱 で 保 管 のこと 任 意 ドライバーは 市 街 地 や 高 速 道 路 において 故 障 に より 自 車 を 離 れざるを 得 ない 場 合 は 着 用 が 必 要 ベラルーシ けん 引 車 を 伴 う 自 動 車 お よび 特 殊 自 動 車 1 は 自 動 車 はすべて 救 急 セットの 車 載 が 必 須 ベルギー 乗 用

More information