障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ("

Transcription

1 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 基 礎 年 金 が 支 給 さ れます 障 害 の 程 度 により1 級 と2 級 に 分 けられます (1) 一 定 の 保 険 料 の 納 付 期 間 があること (2)20 歳 前 の 障 害 によって 支 給 される 場 合 は 所 得 制 限 あり 年 金 額 1 級 : 年 額 975,100 円 ( 月 額 81,258 円 ) 平 成 27 年 度 2 級 : 年 額 780,100 円 ( 月 額 65,008 円 ) 平 成 27 年 度 *18 歳 未 満 の 子 がいる 場 合 の 加 算 ( 障 害 の 状 態 にある 子 は20 歳 未 満 ) ( 平 成 26 年 12 月 から 市 区 町 村 から 支 給 される 児 童 扶 養 手 当 と 支 給 額 の 調 整 がされます) 2 人 目 の 子 まで1 人 につき 年 額 224,500 円 ( 月 額 18,708 円 ) 平 成 27 年 度 3 人 目 以 降 1 人 につき 年 額 74,800 円 ( 月 額 6,233 円 ) 平 成 27 年 度 支 給 方 法 年 6 回 ( 月 )に2ヶ 月 分 ずつ 本 人 に 支 払 われます 請 求 手 続 きが 可 能 かどうか 納 付 要 件 の 確 認 が 必 要 となります 病 名 が 判 明 していない 場 合 でも その 傷 病 によりはじめて 医 療 機 関 にかかっていたことが 分 かる 証 明 書 ( 受 診 状 況 等 証 明 書 )をお 取 りいただき 相 談 願 います 1 年 金 請 求 書 ( 国 民 年 金 障 害 基 礎 年 金 ) 申 立 書 ( 用 紙 は 窓 口 にあります ) 2 医 師 の 診 断 書 ( 用 紙 は 窓 口 にあります 所 定 の 様 式 となっております ) 3 受 診 状 況 等 証 明 書 ( 初 診 日 等 の 証 明 ) 4 年 金 手 帳 5 身 体 障 害 者 手 帳 等 をお 持 ちの 方 はその 手 帳 6 戸 籍 謄 本 及 び 世 帯 全 員 の 住 民 票 など 7 印 鑑 8 預 金 通 帳 又 は 貯 金 通 帳 ( 本 人 名 義 ) 状 況 により 他 に がある 場 合 もあります 窓 口 にてご 相 談 ください 代 理 人 が 相 談 を 行 う 場 合 は 委 任 状 と 代 理 人 の 方 の 身 分 証 明 書 ( 運 転 免 許 証 など)が 必 要 です 手 続 時 期 初 診 日 から1 年 6ヶ 月 を 経 過 した 日 又 は 初 診 日 後 の 症 状 が 固 定 した 日 以 降 (20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 については 20 歳 に 達 した 日 ) 20 歳 時 点 で 初 診 日 から1 年 6ケ 月 を 経 過 していなければ1 年 6ケ 月 を 経 過 した 日 歳 前 の 期 間 に 初 診 日 がある 方 第 1 号 被 保 険 者 ( 自 営 業 学 生 など)の 期 間 に 初 診 日 がある 方 第 3 号 被 保 険 者 ( 厚 生 年 金 などの 加 入 者 に 扶 養 されている 配 偶 者 )の 期 間 に 初 診 日 がある 方 12の 窓 口 各 区 役 所 宮 城 総 合 支 所 保 険 年 金 課, 秋 保 総 合 支 所 保 健 福 祉 課 3の 窓 口 年 金 事 務 所 (P122 関 係 官 公 署 機 関 等 一 覧 参 照 ) 24

2 障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 軽 度 の 場 合 )が 支 給 されます 年 金 額 平 均 標 準 報 酬 額 厚 生 年 金 加 入 期 間 などからそれぞれ 算 出 されます 1 級 2 級 には 配 偶 者 加 算 があります 請 求 手 続 きが 可 能 かどうか 納 付 要 件 の 確 認 が 必 要 となります 病 名 が 判 明 していない 場 合 でも その 傷 病 によりはじめて 医 療 機 関 にかかっていたことが 分 かる 証 明 書 ( 受 診 状 況 証 明 書 )をお 取 りいただき 相 談 願 います 1 年 金 請 求 書 ( 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 障 害 給 付 )( 用 紙 は 窓 口 にあります ) 2 病 歴 就 労 状 況 等 申 立 書 ( 用 紙 は 窓 口 にあります ) 3 医 師 の 診 断 書 ( 用 紙 は 窓 口 にあります 所 定 の 様 式 となっております ) 4 受 診 状 況 証 明 書 ( 初 診 時 の 医 療 機 関 と 診 断 書 を 作 成 した 医 療 機 関 が 異 なる 場 合 ) 5 年 金 手 帳 ( 厚 生 年 金 被 保 険 者 証 ) 6 身 体 障 害 者 手 帳 等 をお 持 ちの 方 はその 手 帳 7 戸 籍 謄 本 及 び 世 帯 全 員 の 住 民 票 など 8 印 鑑 9 配 偶 者 の 所 得 証 明 書 10 預 金 通 帳 又 は 貯 金 通 帳 ( 本 人 名 義 ) 11 その 他 お 勤 めの 事 業 所 を 管 轄 する 年 金 事 務 所 お 住 まいの 地 域 の 年 金 事 務 所 ( 青 葉 区 泉 区 ) 仙 台 北 年 金 事 務 所 電 話 ( 若 林 区 太 白 区 ) 仙 台 南 年 金 事 務 所 電 話 ( 宮 城 野 区 ) 仙 台 東 年 金 事 務 所 電 話 障 害 共 済 年 金 年 金 額 公 務 員 が 在 職 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 により 障 害 共 済 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 一 時 金 ( 公 務 外 の 軽 度 の 傷 病 によって 退 職 した 場 合 )が 支 給 されます 平 均 給 料 月 額 組 合 員 期 間 などからそれぞれ 算 出 されます 1 級 2 級 には 配 偶 者 加 算 があります 1 障 害 共 済 年 金 ( 障 害 一 時 金 ) 決 定 請 求 書 申 立 書 ( 用 紙 は 各 共 済 組 合 にあります ) 2 医 師 の 診 断 書 ( 用 紙 は 各 共 済 組 合 にあります 所 定 の 様 式 となっております ) 3 戸 籍 謄 本 4 身 体 障 害 者 手 帳 等 をお 持 ちの 方 はその 手 帳 5 印 鑑 6 世 帯 全 員 の 住 民 票 7 配 偶 者 の 所 得 証 明 書 8 預 金 通 帳 又 は 貯 金 通 帳 ( 本 人 名 義 ) 9 その 他 平 成 27 年 10 月 以 降 は 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 により 提 出 書 類 などが 変 更 になりま すのでご 注 意 ください 所 属 官 公 署 の 所 属 共 済 組 合 25

3 2 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 の 任 意 加 入 期 間 に 加 入 しなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 してい ない 障 害 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 創 設 された 制 度 です 対 象 (1) 平 成 3 年 3 月 以 前 に 国 民 年 金 任 意 加 入 の 対 象 だった 学 生 (2) 昭 和 61 年 3 月 以 前 に 国 民 年 金 任 意 加 入 の 対 象 だった 被 用 者 年 金 制 度 等 の 配 偶 者 ( 厚 生 年 金 共 済 組 合 等 の 加 入 者 の 配 偶 者 厚 生 年 金 共 済 組 合 等 の 老 齢 給 付 受 給 権 者 の 配 偶 者 ) (3) (1)(2)の 方 で 任 意 加 入 していなかった 期 間 内 に 傷 病 の 初 診 日 があり 65 歳 に 達 する 日 の 前 日 までに 障 害 基 礎 年 金 1 級 2 級 相 当 の 障 害 になった 方 支 給 額 1 級 月 額 51,050 円 2 級 40,840 円 ( 平 成 27 年 度 ) 支 給 方 法 年 6 回 ( 月 )に2ヶ 月 分 ずつ 本 人 に 支 払 われます 支 給 制 限 本 人 の 所 得 が 一 定 額 以 上 の 場 合 特 別 障 害 給 付 金 の 全 額 又 は 半 額 が 支 給 停 止 になり ます また 日 本 国 内 に 住 所 を 有 しない 場 合 や 刑 事 施 設 等 に 拘 禁 されている 場 合 故 意 に 障 害 等 を 生 じさせた 場 合 などにも 支 給 制 限 があります 老 齢 年 金 遺 族 年 金 労 災 補 償 等 を 受 給 している 場 合 その 受 給 額 分 を 差 し 引 いた 額 が 支 給 されます (その 受 給 額 が 特 別 障 害 給 付 金 の 額 を 上 回 る 場 合 には 特 別 障 害 給 付 金 は 支 給 されません ) 経 過 的 福 祉 手 当 を 受 給 している 方 は 特 別 障 害 給 付 金 が 支 給 される 場 合 経 過 的 福 祉 手 当 の 受 給 資 格 がなくなります 年 金 手 帳 又 は 基 礎 年 金 番 号 通 知 書 特 別 障 害 給 付 金 請 求 書 ( 用 紙 は 窓 口 にあります ) 医 師 の 診 断 書 ( 用 紙 は 窓 口 にあります ) 障 害 についての 申 立 書 ( 用 紙 は 窓 口 にあります ) 受 診 状 況 等 証 明 書 ( 用 紙 は 窓 口 にあります ) 所 得 証 明 書 7 戸 籍 謄 本 ( 初 診 日 において 被 用 者 年 金 制 度 の 配 偶 者 だった 方 ) 8 年 金 加 入 期 間 確 認 通 知 書 ( 共 済 用 )( 初 診 日 において 配 偶 者 が 共 済 保 険 に 加 入 し ていた 方 ) 9 住 民 票 又 は 戸 籍 謄 本 ( 初 診 日 において 学 生 だった 方 ) 在 学 ( 籍 ) 証 明 書 ( 初 診 日 において 学 生 だった 方 ) 預 金 通 帳 又 は 貯 金 通 帳 ( 本 人 名 義 ) 印 鑑 他 にも 必 要 となる 場 合 があります 各 区 役 所 宮 城 総 合 支 所 保 険 年 金 課 秋 保 総 合 支 所 保 健 福 祉 課 26

4 3 特 別 障 害 者 手 当 20 歳 以 上 で 極 めて 重 度 の 障 害 があり 日 常 生 活 に 常 時 特 別 の 介 護 を 必 要 とする 在 宅 の 方 (おおむね 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 2 級 療 育 手 帳 A 程 度 の 障 害 が 重 複 する 方 ある いは 極 めて 重 度 な 精 神 障 害 内 部 疾 患 難 病 の 方 など)に 支 給 します 支 給 制 限 次 のいずれかにあたる 方 は 受 給 できません 1 施 設 等 に 入 所 している 2 病 院 診 療 所 介 護 老 人 保 健 施 設 等 に 継 続 して3ヶ 月 を 超 えて 入 院 している 3 障 害 のある 方 本 人 又 はその 扶 養 者 の 所 得 が 一 定 額 を 超 えている 手 当 額 月 額 26,620 円 手 当 額 は 変 更 になる 場 合 があります 支 給 方 法 認 定 後 認 定 請 求 をした 日 の 属 する 月 の 翌 月 分 から 支 給 され 年 4 回 ( 月 )に3ヶ 月 分 ずつ 本 人 の 口 座 に 振 り 込 まれます 1 所 定 の 様 式 の 診 断 書 ( 用 紙 は 窓 口 にあります ) 2 預 金 通 帳 又 は 貯 金 通 帳 ( 本 人 名 義 ) 3 印 鑑 ( 外 国 人 の 方 は 署 名 も 可 ) 4 公 的 年 金 を 受 けている 場 合 はその 証 書 と 年 金 受 給 額 がわかるもの 5 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 をお 持 ちの 方 はその 手 帳 所 得 額 を 証 明 する 書 類 が 必 要 となる 場 合 があります 各 区 役 所 障 害 高 齢 課 4 障 害 児 福 祉 手 当 20 歳 未 満 で 重 度 の 障 害 があり 日 常 生 活 に 常 時 の 介 護 を 必 要 とする 在 宅 の 方 (おおむね 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 2 級 の 一 部 療 育 手 帳 Aの 一 部 あるいは 極 め て 重 度 な 精 神 障 害 内 部 疾 患 難 病 の 方 など)に 支 給 します 支 給 制 限 手 当 額 次 のいずれかにあたる 方 は 受 給 できません 1 施 設 等 に 入 所 している 2 障 害 を 理 由 とする 公 的 年 金 を 受 給 している 3 障 害 児 本 人 又 はその 扶 養 義 務 者 等 の 所 得 が 一 定 額 を 超 えている 月 額 14,480 円 手 当 額 は 変 更 になる 場 合 があります 支 給 方 法 認 定 後 認 定 請 求 をした 日 の 属 する 月 の 翌 月 分 から 支 給 され 年 4 回 ( 月 )に3ヶ 月 分 ずつ 本 人 の 口 座 に 振 り 込 まれます 1 所 定 の 様 式 の 診 断 書 ( 用 紙 は 窓 口 にあります ) 2 預 金 通 帳 又 は 貯 金 通 帳 ( 本 人 名 義 ) 3 印 鑑 ( 外 国 人 の 方 は 署 名 も 可 ) 4 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 をお 持 ちの 方 はその 手 帳 所 得 額 を 証 明 する 書 類 が 必 要 となる 場 合 があります 各 区 役 所 障 害 高 齢 課 27

5 5 外 国 人 重 度 障 害 者 等 福 祉 手 当 国 籍 要 件 や 住 所 要 件 によって 国 民 年 金 に 加 入 できなかった 期 間 があるため 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 できない 重 度 障 害 のある 方 ( 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 2 級 療 育 手 帳 A 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 1 級 をお 持 ちの 方 )で 次 のいずれかに 該 当 する 方 に 支 給 します 注 下 記 の 在 日 外 国 人 には 昭 和 57 年 1 月 2 日 以 降 に 日 本 国 に 帰 化 した 方 も 含 みます 国 民 年 金 法 の 国 籍 条 項 が 撤 廃 された 昭 和 57 年 1 月 1 日 に20 歳 を 過 ぎて 既 に 障 害 者 になっていた 在 日 外 国 人 の 方 国 民 年 金 法 の 国 籍 条 項 が 撤 廃 された 時 から 老 齢 年 金 等 の 受 給 資 格 要 件 となる 加 入 期 間 等 が 緩 和 された 昭 和 61 年 4 月 1 日 の 前 日 までの 間 に 障 害 者 となった 在 日 外 国 人 の 方 で 国 籍 条 項 撤 廃 時 に35 歳 を 過 ぎていた 方 国 民 年 金 制 度 開 始 から 国 籍 条 項 が 撤 廃 されるまでの 間 に 日 本 に 帰 化 した 方 のうち 帰 化 した 時 に20 歳 を 過 ぎ 既 に 障 害 者 であった 方 外 国 に 住 む 邦 人 の 国 民 年 金 加 入 が 認 められた 昭 和 61 年 4 月 1 日 より 前 に 海 外 在 住 中 に 障 害 が 発 生 した 日 本 人 の 方 で 障 害 が 発 生 した 時 に 日 本 国 内 に 住 所 がなく20 歳 を 過 ぎていた 方 又 は20 歳 前 に 障 害 が 発 生 し 20 歳 になった 時 に 日 本 国 内 に 住 所 がなかった 方 支 給 制 限 手 当 額 次 のいずれかにあたる 方 は 受 給 できません 1 障 害 を 支 給 理 由 とする 公 的 年 金 を 受 給 している 2 年 額 432,000 円 以 上 の 公 的 年 金 を 受 けている 3 生 活 保 護 を 受 けている 月 額 36,000 円 ( 年 額 432,000 円 ) 4 障 害 者 本 人 の 所 得 が 一 定 額 を 超 えている 5 当 制 度 と 同 じ 趣 旨 で 支 給 される 他 の 手 当 を 受 給 している ただし 月 額 36,000 円 未 満 の 公 的 年 金 を 受 給 している 方 は 36,000 円 からその 受 給 額 を 差 し 引 いた 額 支 給 方 法 年 3 回 (4 月 8 月 12 月 )に4ケ 月 分 ずつ 本 人 の 口 座 に 振 り 込 まれます 1 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 2 本 人 分 の 住 民 票 の 写 し 又 は 戸 籍 抄 本 3 日 本 国 籍 取 得 者 帰 国 者 として 申 請 される 方 は その 事 実 を 確 認 できる 書 類 4 ( 日 本 国 籍 取 得 時 の 戸 籍 謄 本 海 外 渡 航 を 示 す 戸 籍 の 附 票 など) 前 年 の 所 得 額 を 証 明 する 書 類 ( 扶 養 親 族 の 人 数 が 記 載 されているもの 市 県 民 税 課 税 証 明 書 など) 5 預 金 通 帳 又 は 貯 金 通 帳 ( 本 人 名 義 ) 6 印 鑑 ( 外 国 人 の 方 は 署 名 も 可 ) 7 その 他 ( 障 害 の 初 診 日 がわかる 母 子 手 帳 通 院 記 録 など) 各 区 役 所 障 害 高 齢 課 28

6 6 児 童 扶 養 手 当 対 象 ひとり 親 で( 父 又 は 母 が 重 度 の 障 害 のある 方 である 場 合 を 含 む) 児 童 を 養 育 してい る 父 又 は 母 や 父 母 に 代 わってその 児 童 を 養 育 している 方 に 支 給 します 次 のいずれかに 該 当 する 児 童 (18 歳 に 達 する 年 度 末 までの 間 にある 児 童 又 は 20 歳 未 満 で 心 身 に 一 定 の 障 害 のある 児 童 )を 養 育 している 父 又 は 母 又 は 養 育 者 (1) 父 母 が 婚 姻 を 解 消 した ( 事 実 上 の 婚 姻 関 係 の 解 消 を 含 む) (2) 父 又 は 母 が 死 亡 した (3) 父 又 は 母 が 重 度 の 障 害 の 状 態 である (4) 父 又 は 母 が 生 死 が 明 らかでない (5) 父 又 は 母 から1 年 以 上 遺 棄 されている (6) 父 又 は 母 が1 年 以 上 拘 禁 されている (7) 未 婚 の 母 が 出 産 した 子 である (8) 父 又 は 母 が 保 護 命 令 を 受 けた 支 給 制 限 次 のような 場 合 は 支 給 されません 日 本 国 内 に 居 住 していないとき 父 子 家 庭 の 場 合 は 母 と 母 子 家 庭 の 場 合 は 父 と 生 計 が 同 じとき( 父 または 母 が 重 度 障 害 の 場 合 を 除 く) 父 の 配 偶 者 ( 内 縁 関 係 を 含 む)または 母 の 配 偶 者 ( 内 縁 関 係 を 含 む)に 養 育 されて いるとき 4 里 親 に 委 託 されているとき 5 児 童 福 祉 施 設 等 ( 母 子 生 活 支 援 施 設 保 育 所 知 的 障 害 時 通 園 施 設 等 を 除 く)に 入 所 しているとき 手 当 額 区 分 児 童 1 人 のとき 児 童 2 人 のとき 児 童 3 人 以 上 の とき 所 得 制 限 により 次 のいずれかになります 全 部 支 給 月 額 42,000 円 月 額 47,000 円 一 部 支 給 所 得 に 応 じて 月 額 41,990~9,910 円 (10 円 きざみの 額 ) 児 童 1 人 の 手 当 月 額 に5,000 円 を 加 算 した 額 3 人 目 から 児 童 1 人 増 すごとに3,000 円 加 算 手 当 を 受 けようとする 方 又 は 同 居 している 家 族 の 所 得 が 一 定 額 以 上 の 場 合 手 当 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 停 止 となります 手 当 を 受 給 してから5 年 後 等 に 働 く 意 欲 がない 場 合 は 手 当 が2 分 の1に 減 額 される 場 合 が あります 平 成 26 年 12 月 1 日 から 児 童 扶 養 手 当 法 の 一 部 が 改 正 されました これまで 公 的 年 金 を 受 給 する 方 は 児 童 扶 養 手 当 を 受 給 できませんでしたが 平 成 26 年 12 月 以 降 は 年 金 額 が 児 童 扶 養 手 当 額 より 低 い 方 は その 差 額 分 の 児 童 扶 養 手 当 を 受 給 できる ようになりました 支 給 方 法 手 続 認 定 後 認 定 請 求 をした 日 の 属 する 月 の 翌 月 分 から 支 給 され 年 3 回 ( 月 ) 支 給 月 の 前 月 分 までの4ヶ 月 分 が 指 定 の 口 座 へ 振 り 込 まれます 戸 籍 謄 本 その 他 必 要 な 書 類 ( 個 々の 状 況 により 必 要 書 類 が 異 なります ) 詳 しくは 窓 口 にお 問 い 合 わせください 各 区 役 所 家 庭 健 康 課 総 合 支 所 保 健 福 祉 課 29

7 7 特 別 児 童 扶 養 手 当 精 神 や 身 体 に 中 度 以 上 の 障 害 のある 児 童 の 父 又 は 母 ( 主 として 児 童 の 生 計 を 維 持 す るいずれか1 人 ) 父 母 に 代 わってその 児 童 を 養 育 している 方 に 支 給 します 対 象 精 神 や 身 体 に 中 度 以 上 の 障 害 がある20 歳 未 満 の 児 童 を 監 護 している 父 又 は 母 養 育 者 対 象 となる 障 害 の 程 度 は 次 のとおり 障 害 の 程 度 により1 級 または2 級 に 認 定 され ます 1 級 : 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 2 級 療 育 手 帳 A 2 級 : 身 体 障 害 者 手 帳 3 4 級 の 一 部 療 育 手 帳 Bの 一 部 支 給 制 限 手 当 額 支 給 方 法 次 のような 場 合 は 支 給 されません 1 児 童 が 児 童 福 祉 施 設 等 に 入 所 しているとき 2 児 童 が 障 害 を 支 給 事 由 とする 公 的 年 金 を 受 給 できるとき 手 当 額 は 認 定 された 児 童 の 障 害 の 程 度 に 応 じて 支 給 されます 1 級 : 児 童 1 人 につき 月 額 51,100 円 2 級 : 児 童 1 人 につき 月 額 34,030 円 手 当 を 受 けようとする 方 又 は 同 居 している 家 族 の 所 得 が 一 定 額 以 上 の 場 合 手 当 は 支 給 停 止 となります 認 定 後 認 定 請 求 をした 日 の 属 する 月 の 翌 月 分 から 支 給 され 年 3 回 ( 月 ) 支 給 月 の 前 月 分 までの4ヶ 月 分 (11 月 の 支 給 は 当 月 分 まで)が 指 定 の 口 座 へ 振 り 込 まれます 戸 籍 謄 本 世 帯 全 員 の 住 民 票 その 他 必 要 な 書 類 ( 個 々の 状 況 により 必 要 書 類 が 異 なります ) 詳 しくは 窓 口 にお 問 い 合 わせください 各 区 役 所 家 庭 健 康 課 総 合 支 所 保 健 福 祉 課 8 通 院 介 護 費 用 支 給 手 当 額 指 定 難 病 又 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 支 給 の 認 定 を 受 けている 在 宅 の 方 で 介 護 を 受 けて 通 院 している 方 のうち 次 のいずれかに 該 当 する 方 に 通 院 時 の 介 護 費 用 を 支 給 します 1 20 歳 未 満 の 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 2 級 の 交 付 を 受 けている 方 2 20 歳 未 満 の 医 師 が 特 に 必 要 と 認 めた 方 3 13 歳 未 満 の 方 月 1 日 通 院 : 月 額 1,500 円 月 2 日 通 院 : 月 額 3,000 円 月 3 日 通 院 : 月 額 4,500 円 月 4 日 以 上 通 院 : 月 額 6,000 円 各 区 役 所 障 害 高 齢 課 小 児 慢 性 特 定 疾 病 の 方 は 家 庭 健 康 課 30

8 9 在 宅 酸 素 療 法 者 酸 素 濃 縮 器 等 利 用 助 成 対 象 呼 吸 器 又 は 心 臓 機 能 障 害 の 方 及 び 筋 ジス 等 により 全 身 性 の 障 害 をお 持 ちの 方 で 在 宅 酸 素 療 法 を 実 施 しているか 常 時 人 工 呼 吸 器 を 装 備 している 方 に 対 し 酸 素 濃 縮 器 又 は 人 工 呼 吸 器 の 使 用 にかかる 電 気 料 金 の 一 部 を 助 成 します (1) 呼 吸 器 機 能 障 害 及 び 心 臓 機 能 障 害 で 身 体 障 害 者 手 帳 をお 持 ちの 方 (2) 特 定 疾 病 筋 ジストロフィー 重 症 心 身 障 害 等 により 全 身 性 の 障 害 のある 方 で 身 体 障 害 者 手 帳 をお 持 ちの 方 支 給 制 限 助 成 額 次 のいずれかにあたる 方 は 助 成 を 受 けられません 1 施 設 等 に 入 所 している 2 病 院 診 療 所 介 護 老 人 保 健 施 設 等 に 継 続 して3ヶ 月 を 超 えて 入 院 している 3 障 害 者 本 人 又 はその 扶 養 者 の 所 得 が 一 定 額 を 超 えている 月 額 3,000 円 ( 認 定 月 から 支 給 され 年 4 回 に 分 けて3ヶ 月 分 ずつ 指 定 の 口 座 に 振 り 込 まれます ) 各 区 役 所 障 害 高 齢 課 10 生 活 福 祉 資 金 の 貸 付 要 件 資 金 の 貸 付 と 必 要 な 支 援 を 行 うことにより 世 帯 の 経 済 的 自 立 と 生 活 の 安 定 向 上 を 目 的 とする 制 度 です 貸 付 には 審 査 があります 原 則 として 連 帯 保 証 人 が 必 要 です 連 帯 保 証 人 を 立 てられない 場 合 でも 貸 付 を 受 け 付 けることができます 他 の 貸 付 制 度 の 利 用 が 優 先 です 民 生 委 員 が 援 助 活 動 を 行 います 種 類 措 置 期 間 償 還 期 間 生 業 を 営 むのに 必 要 な 経 費 4,600,000 円 20 年 以 内 福 祉 資 金 福 祉 費 技 術 習 得 に 必 要 な 諸 経 費 住 宅 の 増 改 築 等 に 必 要 な 諸 経 費 福 祉 用 具 等 の 購 入 に 必 要 な 経 費 障 害 者 用 自 動 車 の 購 入 に 必 要 な 経 費 中 国 残 留 邦 人 に 係 る 国 民 年 金 保 険 料 の 追 納 に 必 要 な 経 費 負 傷 または 疾 病 の 療 養 に 必 要 な 経 費 障 害 者 サーヒ ス 等 を 受 けるのに 必 要 な 経 費 災 害 を 受 けたことにより 臨 時 に 必 要 となる 経 費 冠 婚 葬 祭 就 職 支 度 住 居 の 移 転 給 排 水 設 備 等 の 設 置 に 必 要 な 経 費 等 に 際 し 必 要 な 経 費 その 他 日 常 生 活 上 一 時 的 に 必 要 な 経 費 期 間 による 2,500,000 円 1,700,000 円 2,500,000 円 5,136,000 円 1,700,000 円 1,700,000 円 1,500,000 円 500,000 円 貸 付 の 日 ( 分 割 によ る 交 付 の 場 合 は 最 終 貸 付 )から6ヶ 月 以 内 貸 付 の 日 ( 分 割 によ る 交 付 の 場 合 は 最 終 貸 付 )から6ヶ 月 以 内 8 年 以 内 7 年 以 内 8 年 以 内 8 年 以 内 10 年 以 内 5 年 以 内 5 年 以 内 7 年 以 内 3 年 以 内 31

9 種 類 措 置 期 間 償 還 期 間 次 の 理 由 により 緊 急 かつ 一 時 的 に 生 計 の 維 持 が 困 難 になった 場 合 に 貸 し 付 ける 経 費 福 祉 資 金 緊 急 小 口 資 金 1 医 療 費 又 は 介 護 費 の 支 払 等 臨 時 の 生 活 費 が 必 要 なとき 2 給 与 等 の 盗 難 紛 失 によって 生 活 費 が 必 要 なとき 3 火 災 等 災 害 によって 生 活 費 が 必 要 なとき 10 万 円 以 内 貸 付 の 日 か ら2ケ 月 以 内 8ケ 月 以 内 4その 他 これと 同 様 のやむを 得 ない 事 由 に よるとき 各 区 の 社 会 福 祉 協 議 会 11 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 制 度 障 害 のあ る 方 の 範 囲 加 入 資 格 1 口 分 の 掛 金 月 額 優 遇 措 置 障 害 のある 方 を 扶 養 している 保 護 者 が 自 らの 生 存 中 に 毎 月 一 定 の 掛 金 を 納 めるこ とにより 保 護 者 に 万 一 のことがあったとき 障 害 のある 方 に 終 身 一 定 額 の 年 金 を 支 給 します 次 のいずれかに 該 当 する 障 害 のある 方 で 将 来 独 立 生 活 することが 困 難 であると 認 め られる 方 知 的 障 害 身 体 障 害 者 手 帳 を 所 持 し その 障 害 が1 級 から3 級 までに 該 当 する 方 精 神 病 脳 性 麻 痺 進 行 性 筋 萎 縮 症 自 閉 症 血 友 病 などで その 障 害 の 程 度 が 上 記 の 方 と 同 程 度 と 認 められる 方 障 害 者 を 扶 養 している65 歳 未 満 の 保 護 者 で 特 別 の 疾 病 又 は 障 害 がなく 生 命 保 険 に 加 入 できる 健 康 な 方 障 害 者 1 人 につき 2 口 まで 加 入 できます 障 害 者 1 人 に 対 して 複 数 の 保 護 者 が 加 入 することはできません 26 年 4 月 以 降 に 新 たに 加 入 ( 口 数 追 加 )が 承 認 された 方 の 掛 金 は 次 のとおりです 加 入 ( 口 数 追 加 ) 承 認 時 の 年 齢 別 35 歳 未 満 35 歳 以 上 40 歳 未 満 40 歳 以 上 45 歳 未 満 45 歳 以 上 50 歳 未 満 50 歳 以 上 55 歳 未 満 55 歳 以 上 60 歳 未 満 60 歳 以 上 65 歳 未 満 掛 金 月 額 (1 口 あたり) 9,300 円 11,400 円 14,300 円 17,300 円 18,800 円 20,700 円 23,300 円 所 得 状 況 に 応 じ 掛 金 を 減 免 する 制 度 があります 掛 金 給 付 金 は 税 制 上 の 優 遇 措 置 を 受 けられます (P74 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 制 度 の 掛 金 給 付 金 の 控 除 参 照 ) 32

10 給 付 金 年 金 弔 慰 金 脱 退 一 時 金 加 入 者 がお 亡 くなりになったとき 又 は 重 度 の 身 体 障 害 となったとき その 月 から 障 害 者 に 支 給 されます 1 口 につき 月 額 20,000 円 年 金 を 受 ける 前 に 障 害 者 がお 亡 くなりになったとき 加 入 者 に 一 時 金 として 支 給 されます(ただし 1 年 以 上 加 入 した 場 合 に 限 る) 加 入 者 が 途 中 で 制 度 からの 脱 退 を 希 望 した 場 合 に 支 給 されます(ただ し 5 年 以 上 加 入 した 場 合 に 限 る) 1 加 入 等 申 込 書 2 住 民 票 ( 保 護 者 及 び 障 害 のある 方 それぞれに 必 要 です) 3 申 込 者 ( 被 保 険 者 ) 告 知 書 ( 保 護 者 の 健 康 状 態 を 告 知 する 書 類 です) 4 障 害 証 明 書 障 害 の 種 類 及 び 程 度 を 証 明 する 書 類 5 年 金 管 理 者 指 定 届 書 ( 障 害 のある 方 が 年 金 を 管 理 することが 困 難 なとき) 6 障 害 状 況 告 知 書 7 印 鑑 は 窓 口 で 配 付 します 各 区 役 所 障 害 高 齢 課 33

11 医 療 1 子 どもの 保 健 相 談 など 世 帯 の 所 得 税 額 等 に 応 じた 自 己 負 担 があります 制 度 対 象 者 内 容 遺 伝 カウンセリング ( 遺 伝 相 談 ) 遺 伝 についての 不 安 や 悩 み を 持 つ 方 不 必 要 な 不 安 を 解 消 し 結 婚 や 妊 娠 等 への 適 切 な 判 断 ができるよう 助 言 指 導 を 行 います 先 天 性 代 謝 異 常 検 査 等 新 生 児 フェニールケトン 尿 症 などの 疾 患 を 早 期 に 発 見 治 療 し 知 的 障 害 等 の 発 生 を 防 止 するた め 血 液 によるマス スクリーニング 検 査 を 行 います 未 熟 児 養 育 医 療 給 付 出 生 体 重 2,000g 以 下 等 の 未 熟 児 未 熟 児 が 指 定 養 育 医 療 機 関 に 入 院 し 養 育 を 受 ける 際 の 費 用 を 公 費 負 担 します 療 育 医 療 給 付 結 核 にかかっている 児 童 指 定 医 療 機 関 に 入 院 し 治 療 を 受 ける 費 用 を 公 費 負 担 します 併 せて 日 用 品 学 用 品 を 支 給 します 各 区 役 所 家 庭 健 康 課 2 医 療 の 給 付 など 制 度 対 象 者 内 容 問 合 先 特 定 医 療 費 ( 指 定 難 病 ) 医 療 費 助 成 制 度 国 指 定 の110 疾 患 に 罹 患 にした 方 医 療 費 のうち 保 険 診 療 による 自 己 負 担 分 を 助 成 します 新 規 申 請 については 認 定 さ れた 場 合 申 請 を 受 理 した 日 が 有 効 期 間 の 始 期 となりますの で 申 請 が 必 要 な 場 合 は 早 めに 手 続 きを 行 なってください 各 区 役 所 障 害 高 齢 課 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 の 支 給 国 指 定 の14 疾 患 群 に 罹 患 した18 歳 未 満 の 方 (20 歳 到 達 まで 延 長 可 ) 医 療 費 のうち 保 険 診 療 による 自 己 負 担 分 を 支 給 します 各 区 役 所 家 庭 健 康 課 先 天 性 血 液 凝 固 因 子 障 害 者 治 療 研 究 事 業 遷 延 性 意 識 障 害 者 治 療 研 究 事 業 先 天 性 血 液 凝 固 因 子 欠 乏 症 及 び 血 液 凝 固 因 子 製 剤 の 投 与 に 起 因 するHIV 感 染 症 に 罹 患 している20 歳 以 上 の 方 医 療 機 関 で 治 療 を 受 けている 遷 延 性 意 識 障 害 者 医 療 費 のうち 保 険 診 療 による 自 己 負 担 分 を 助 成 します ( 本 人 負 担 はなし) 医 療 機 関 に 対 して 治 療 研 究 に 要 する 費 用 として 介 護 料 褥 瘡 予 防 費 を 支 払 います 各 区 役 所 障 害 高 齢 課 障 害 企 画 課 電 話

12 3 自 立 支 援 医 療 精 神 通 院 医 療 の 支 給 精 神 疾 患 を 有 し 通 院 による 精 神 医 療 を 継 続 的 に 要 する 程 度 の 症 状 にある 方 に 対 し 必 要 な 医 療 費 の 支 給 を 行 っています 詳 しくは 問 合 先 にお 尋 ねください 自 己 負 担 は 所 得 や 疾 病 症 状 等 に 応 じて 上 限 額 が 設 定 されます なお 一 定 所 得 以 上 の 世 帯 に 属 する 方 で 重 度 かつ 継 続 に 該 当 しない 場 合 には 公 費 負 担 の 対 象 外 となります 各 区 役 所 障 害 高 齢 課 総 合 支 所 保 健 福 祉 課 更 生 医 療 の 支 給 18 歳 以 上 で 身 体 障 害 者 手 帳 をお 持 ちの 方 に 対 し 障 害 の 軽 減 や 職 業 能 力 の 増 進 を 図 るために 必 要 な 医 療 費 の 支 給 を 行 っています 詳 しくは 問 合 先 にお 尋 ね ください 自 己 負 担 は 所 得 や 疾 病 症 状 等 に 応 じて 上 限 額 が 設 定 されます なお 一 定 所 得 以 上 の 世 帯 に 属 する 方 で 重 度 かつ 継 続 に 該 当 しない 場 合 には 公 費 負 担 の 対 象 外 となります 各 区 役 所 障 害 高 齢 課 育 成 医 療 の 支 給 身 体 に 障 害 のある18 歳 未 満 の 児 童 で 確 実 な 治 療 効 果 が 期 待 できる 場 合 に その 障 害 の 除 去 若 しくは 軽 減 を 図 るために 必 要 な 医 療 費 の 支 給 を 行 っていま す 詳 しくは 問 合 先 にお 尋 ねください 自 己 負 担 は 所 得 や 疾 病 症 状 等 に 応 じて 上 限 額 が 設 定 されます なお 一 定 所 得 以 上 の 世 帯 に 属 する 方 で 重 度 かつ 継 続 に 該 当 しない 場 合 には 公 費 負 担 の 対 象 外 となります 各 区 役 所 家 庭 健 康 課 35

13 4 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 通 院 や 入 院 治 療 などにかかった 医 療 費 のうち 保 険 診 療 による 自 己 負 担 相 当 分 の 一 部 又 は 全 部 を 助 成 する 制 度 です 所 得 制 限 及 び 障 害 の 程 度 種 別 により 年 齢 制 限 があります 入 院 時 食 事 療 養 費 の 自 己 負 担 相 当 分 は 助 成 の 対 象 になりません 対 象 者 各 種 健 康 保 険 に 加 入 している 方 で 次 のいずれかに 該 当 する 方 (1) (2) (3) (4) 身 体 障 害 者 手 帳 1から3 級 療 育 手 帳 Aをお 持 ちの 方 特 別 児 童 扶 養 手 当 の 受 給 者 が 扶 養 している 障 害 児 療 育 手 帳 Bをお 持 ちの 方 で かつ 障 害 基 礎 年 金 などを 受 給 している 方 知 的 障 害 者 福 祉 法 に 定 める 職 親 のもとで 指 導 を 受 けている 方 身 体 障 害 者 手 帳 1 2 級 の 方 は 総 合 的 な 等 級 3 級 の 方 は 部 位 ごとの 等 級 が 基 準 になります 身 体 障 害 者 手 帳 3 級 ( 内 部 障 害 3 級 の 方 を 除 く)をお 持 ちの 方 及 び(3) (4) に 該 当 する 方 については65 歳 未 満 の 年 齢 制 限 があります 1 上 記 の 対 象 条 件 にあたる 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 特 別 児 童 扶 養 手 当 証 書 障 害 基 礎 年 金 証 書 など 2 健 康 保 険 証 ( 障 害 者 本 人 のもの) 3 預 金 通 帳 又 は 貯 金 通 帳 ( 障 害 者 が20 歳 未 満 の 場 合 は 保 護 者 名 義 20 歳 以 上 の 場 合 は 障 害 者 本 人 名 義 のもの) 4 その 他 ( 所 得 証 明 書 が 必 要 な 場 合 があります) 事 実 の 発 生 日 ( 手 帳 の 交 付 転 入 等 )から 起 算 して30 日 以 内 に 申 請 をしてく ださい (30 日 を 過 ぎた 場 合 は 申 請 月 の 初 日 から 助 成 開 始 となります ) 各 区 役 所 宮 城 総 合 支 所 保 険 年 金 課 秋 保 総 合 支 所 保 健 福 祉 課 5 一 般 社 団 法 人 仙 台 歯 科 医 師 会 在 宅 訪 問 障 害 者 休 日 夜 間 歯 科 診 療 所 ( 仙 台 歯 科 福 祉 プラザ) 障 害 があるために 一 般 の 歯 科 医 院 で 受 診 が 難 しい 方 への 治 療 を 行 います ま た 寝 たきりの 方 及 び 通 院 が 困 難 な 方 のための 在 宅 訪 問 歯 科 診 療 や 休 日 の 救 急 歯 科 診 療 夜 間 の 救 急 歯 科 診 療 を 行 っています 障 害 者 歯 科 診 療 及 び 在 宅 訪 問 歯 科 診 療 は 予 約 制 です 平 日 の 夜 間 は 救 急 歯 科 診 療 を 行 っていません 診 療 受 付 時 間 障 害 者 在 宅 歯 科 診 療 月 曜 日 ~ 金 曜 日 9:00~11:30 13:00~16:15 土 曜 日 9:00~11:30 休 日 夜 間 救 急 ( 休 日 ) 日 曜 日 祝 日 お 盆 年 末 年 始 10:00~12:00 13:00~16:00 ( 夜 間 ) 土 曜 日 日 曜 日 祝 日 19:00~23:00 ( 一 社 ) 仙 台 歯 科 医 師 会 在 宅 訪 問 障 害 者 休 日 夜 間 歯 科 診 療 所 ( 仙 台 歯 科 福 祉 プラザ) 電 話 FAX URL 36

14 6 身 体 障 害 者 健 康 診 査 対 象 健 診 料 診 査 項 目 常 時 車 いすを 使 用 する 身 体 障 害 のある 方 に 対 して 褥 瘡 筋 肉 の 硬 直 排 尿 障 害 などの 二 次 障 害 を 予 防 するため 健 康 診 査 を 行 います 脊 椎 損 傷 脳 性 麻 痺 脳 血 管 障 害 などに 起 因 する 身 体 上 の 障 害 のため 身 体 障 害 者 手 帳 をお 持 ちで 日 常 生 活 において 常 時 車 いすを 使 用 している 方 ただし 次 に 該 当 する 場 合 は 対 象 となりません (1) 18 歳 未 満 (2) 施 設 などに 入 所 中 (3) 医 療 機 関 に 入 院 中 (4) 褥 瘡 変 形 ぼうこう 機 能 障 害 で 治 療 中 (5) 当 年 度 中 に 特 定 健 診 などを 受 診 済 無 料 問 診 身 体 計 測 理 学 的 検 査 血 圧 尿 心 電 図 脂 質 貧 血 肝 機 能 腎 機 能 尿 酸 血 糖 胸 部 X 線 眼 底 検 査 実 施 時 期 平 成 27 年 度 は 10 月 から11 月 頃 を 予 定 しています 受 診 方 法 市 政 だよりなどで 事 前 に 受 診 希 望 者 を 募 集 します 1 区 役 所 障 害 高 齢 課 窓 口 に 申 請 し 受 診 券 の 交 付 を 受 けます 2 登 録 医 療 機 関 の 中 から 希 望 の 医 療 機 関 を 選 び 直 接 予 約 をします 3 医 療 機 関 窓 口 に 受 診 券 を 提 示 して 受 診 します 4 医 療 機 関 より 健 診 結 果 を 受 け 取 り 必 要 な 助 言 指 導 を 受 けます 各 区 役 所 障 害 高 齢 課 7 予 防 接 種 ( 肺 炎 球 菌 インフルエンザ)の 助 成 障 害 のある 方 に 低 額 な 自 己 負 担 で 予 防 接 種 をおこないます 対 象 60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 方 で 心 臓 腎 臓 呼 吸 器 の 機 能 の 障 害 ヒト 免 疫 不 全 ウィルスによる 免 疫 機 能 の 障 害 のある 方 ( 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 相 当 程 度 ) ただし 肺 炎 球 菌 は 過 去 に 肺 炎 球 菌 ワクチンの 接 種 を 受 けたことがある 方 は 対 象 外 負 担 額 肺 炎 球 菌 インフルエンザ 1 回 5,000 円 1 回 1,500 円 生 活 保 護 世 帯 市 民 税 非 課 税 世 帯 に 属 する 方 は 無 料 実 施 時 期 持 ち 物 接 種 場 所 肺 炎 球 菌 通 年 インフルエンザ 10 月 1 日 から12 月 31 日 まで 1 健 康 保 険 証 2 身 体 障 害 者 手 帳 生 活 保 護 世 帯 の 方 : 生 活 保 護 支 給 票 市 民 税 非 課 税 世 帯 の 方 ( 住 民 票 の 世 帯 全 員 が 市 民 税 非 課 税 の 方 )は 下 記 の いずれかが 必 要 となります イ) 仙 台 市 が 交 付 する 確 認 通 知 書 ( 事 前 に 仙 台 市 への 申 請 が 必 要 です ) ロ) 介 護 保 険 料 決 定 通 知 書 仙 台 市 の 予 防 接 種 登 録 医 療 機 関 ( 予 約 が 必 要 な 場 合 がありますのでご 確 認 くだ さい) 各 区 役 所 家 庭 健 康 課 各 総 合 支 所 保 健 福 祉 課 37

2. 相 談 の 窓 口

2. 相 談 の 窓 口 障 害 年 金 制 度 1. 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 の 診 療 を 受 けた 日 ( 初

More information

目  次

目  次 年 金 手 当 について 障 害 基 礎 年 金 公 的 年 金 制 度 に 加 入 している 期 間 中 に 被 った 傷 病 により 障 害 者 になった 場 合 に 年 金 や 一 時 金 が 支 給 されます( 申 請 は 原 則 65 歳 までとなりま) 制 度 の 種 類 支 給 要 件 年 金 額 中 央 窓 口 センター 国 民 年 金 係 823-9439 国 民 年 金 障 害

More information

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部 (1) 年 金 年 金 の 障 害 程 度 の 認 定 基 準 は 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 認 定 基 準 とは 異 なります 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 0 歳 以 上 で 国 民 年 金 法 に 定 める 障 害 を 有 し 次 のいずれかに 該 当 する 人 0 歳 前 から 障 害 者 となった 人 ( 本 人

More information

8.手当・年金・貸付等

8.手当・年金・貸付等 9 章 手 当 年 金 貸 付 等 手 当 年 金 等 一 覧 対 象 者 や 金 額 の 詳 細 は 該 当 ページを 参 照 してください 年 金 関 係 主 な 対 象 金 額 ページ (1)(2) 障 がい 基 礎 年 金 (3) 特 別 障 がい 給 付 金 (4) 重 度 障 がい 者 特 例 支 援 事 業 (5) 障 がい 厚 生 年 金 障 が い 手 当 金 20 歳 以 上 で

More information

障害福祉制度あらまし目次

障害福祉制度あらまし目次 4 年 金 手 当 障 害 基 礎 年 金 次 の 要 件 をすべて 満 たす 方 に 障 害 基 礎 年 金 が 支 給 されます 要 年 金 額 支 給 制 限 件 1 初 診 日 が 20 歳 前 であるか 初 診 日 において 国 民 年 金 に 加 入 中 の 方 もしくは 国 民 年 金 に 加 入 したことのある 60 歳 以 上 65 歳 未 満 で 日 本 国 内 に 住 所 がある

More information

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0 長 岡 技 術 科 学 大 学 出 産 子 育 てのための 手 続 パンフレット 総 務 課 平 成 26 年 4 月 現 在 1. 職 務 専 念 義 務 免 除 について 妊 娠 12 週 以 降 又 は 出 産 後 1 年 を 経 過 しない 職 員 ( )が, 医 師 又 は 助 産 師 から 指 示 を 受 け, 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるため 通 院 する 等

More information

種 別 給 付 の 内 容 手 続 きに 高 額 養 費 同 じ 人 が 同 じ 月 に 同 じ 機 関 などで 一 定 以 上 の 自 己 負 担 を 支 払 った 場 合 申 請 によりその 超 えた 額 が 支 払 われます( 差 額 の ベッド 代 や 歯 科 自 由 診 などは 除 く)

種 別 給 付 の 内 容 手 続 きに 高 額 養 費 同 じ 人 が 同 じ 月 に 同 じ 機 関 などで 一 定 以 上 の 自 己 負 担 を 支 払 った 場 合 申 請 によりその 超 えた 額 が 支 払 われます( 差 額 の ベッド 代 や 歯 科 自 由 診 などは 除 く) KASHIMACITY 健 康 健 康 ( )は 病 気 やけがに 備 え 加 入 者 がお ( 税 )を 出 し 合 い 費 に 充 てる 相 互 扶 助 を 目 的 とした 制 度 です 健 康 に 加 入 する 人 職 場 の 健 康 ( 健 )に 加 入 している 人 とその 扶 養 家 族 後 期 高 齢 者 ( 長 寿 ) 制 度 に 加 入 している 人 その 他 生 活 護 を 受

More information

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd 保 国 民 健 康 保 制 度 問 住 民 課 963-1733 国 民 健 康 保 健 康 保 制 度 とは 病 気 やケガをしたときに 安 心 して 医 療 機 関 などにかかることができるように みなさんが 納 めた 保 税 などで みんなで 助 け 合 おうという 制 度 で す 日 本 では 国 民 皆 保 制 度 になっています この 健 康 保 制 度 のなかで 国 民 健 康 保 はみなさん

More information

2016_川越市_160523.indd

2016_川越市_160523.indd 49 国 保 後 期 高 齢 年 金. 国 健 康 保 険 ( 国 保 ). 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 3. 国 年 金. 国 健 康 保 険 ( 国 保 ) 国 保 手 続 きと 国 健 康 保 険 税 ( 国 保 税 ) 国 保 は 病 気 やけが 等 に 関 て 必 要 な 保 険 給 付 を 行 う 社 会 保 障 制 度 です 国 保 へ 加 入 する 方 勤 務 先 健 康 保

More information

( 前 ページから 続 く) 次 のいずれかに 該 するかたは 受 給 できません 施 設 に 入 所 しているかた 病 院 に3か 月 を 超 えて 続 けて 入 院 しているかた 受 給 者 本 人 または 扶 養 義 務 者 等 の 所 得 が 制 限 額 ( 別 表 1P.135)の 限 度

( 前 ページから 続 く) 次 のいずれかに 該 するかたは 受 給 できません 施 設 に 入 所 しているかた 病 院 に3か 月 を 超 えて 続 けて 入 院 しているかた 受 給 者 本 人 または 扶 養 義 務 者 等 の 所 得 が 制 限 額 ( 別 表 1P.135)の 限 度 心 障 害 者 福 祉 ( 区 の 制 度 ) 難 20 歳 以 上 で 次 のいずれかに 該 するかた 1 愛 の 帳 1~3 度 体 障 害 者 帳 12 級 脳 性 マヒまたは 進 行 性 筋 萎 縮 症 2 愛 の 帳 度 体 障 害 者 帳 3 級 3 区 の 指 定 する 難 病 等 (P.0~1 参 照 )で 医 療 費 助 成 を 受 けているかた 次 のいずれかに 該 するかたは

More information

Microsoft Word - しおり.doc

Microsoft Word - しおり.doc 光 市 平 成 21 年 4 月 対 象 となる 方 2 市 と 広 域 連 合 の 役 割 2 保 険 証 について 2 保 険 料 について 3 一 部 負 担 金 の 割 合 と 所 得 区 分 6 入 院 したときの 食 事 代 等 6 医 療 費 が 高 額 になったとき 7 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 について 8 交 通 事 故 などにあったとき 9 あとから 費

More information

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2 上 北 山 村 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 現 平 成 25 年 度 中 の 退 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 職 員 数 A 職 者 数 平 成 26 年 4 月 1 日 採 在 の 職 員 数 B B-A 用 者 数 36 人 0

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1 (H28.4 新 規 申 請 用 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 申 請 手 続 きの 御 案 内 〇 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 とは 小 児 慢 性 特 定 疾 病 にかかっている 児 童 等 について 健 全 育 成 の 観 点 から 患 児 家 庭 の 医 療 費 の 負 担 軽 減 を 図 るため その 医 療 費 の 一 部

More information

1210熊本市(SG330)行政最終.indd

1210熊本市(SG330)行政最終.indd 市 税 国 保 年 市 民 税 区 役 所 税 務 課 1 月 1 日 現 在 で 区 内 に 住 んでいる 方 または 区 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する 方 で その 区 内 に 住 所 を 有 しない 方 に 課 税 されます 前 年 中 の 収 入 所 得 に ついて3 月 15 日 までに 市 民 税 の 申 告 を 行 ってください なお 次 の 方 については

More information

障がい福祉ガイドブック_本文_CS6.indd

障がい福祉ガイドブック_本文_CS6.indd (1) 手 当 児 童 ( 各 手 当 などの 額 は 平 成 27 年 7 月 1 日 現 在 ) 障 がいの 程 度 所 得 の 制 限 などがありますので 詳 しくは にお 問 い 合 わせください 名 称 対 象 給 制 限 手 当 額 給 月 障 害 児 福 祉 手 20 歳 未 満 で 心 身 に 次 のい 1 施 設 に 入 所 している 方 当 ( 国 手 当 ) ずれかの 障 がいがあり

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

đ) 人 民 軍 事 専 従 の 士 官 軍 人 人 民 公 安 専 従 の 士 官 下 士 官 及 び 技 術 専 門 の 仕 官 下 士 官 軍 人 と 同 じく 給 与 を 受 ける 情 報 管 理 に 関 わる 業 務 に 従 事 する 者 e) 人 民 軍 事 および 人 民 公 安 の

đ) 人 民 軍 事 専 従 の 士 官 軍 人 人 民 公 安 専 従 の 士 官 下 士 官 及 び 技 術 専 門 の 仕 官 下 士 官 軍 人 と 同 じく 給 与 を 受 ける 情 報 管 理 に 関 わる 業 務 に 従 事 する 者 e) 人 民 軍 事 および 人 民 公 安 の 国 会 --------- 法 律 番 号 :58/2014/QH13 号 ベトナム 社 会 主 義 共 和 国 独 立 自 由 幸 福 ---------------- ハノイ 2014 年 11 月 20 日 社 会 保 険 法 ベトナム 社 会 主 義 共 和 国 の 憲 法 に 基 づき 国 会 は 社 会 保 険 法 を 公 布 する 第 1 章 総 則 第 1 条 適 用 範 囲 本 法

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

                                       

                                        定 年 退 職 者 の 退 職 共 済 年 金 のしおり 地 方 職 員 共 済 組 合 大 阪 府 支 部 福 利 厚 生 グループ( 年 金 担 当 ) 目 次 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 1 受 給 資 格 と 支 給 開 始 年 齢 1 2 厚 生 年 金 保 険 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 年 金 の 請 求 3 3 老 齢 基 礎 年

More information

訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必 要 です 1 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療

訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必 要 です 1 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療 訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A 平 成 27 年 10 月 ( 第 3 版 ) 兵 庫 県 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必

More information

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び 2016/3/16 1 福 利 厚 生 (1) 公 立 学 校 共 済 組 合 の 保 健 事 業 人 間 ドック 事 業 1 泊 1 日 ド ッ ク 及 び 脳 ド ッ ク ( 35 歳 以 上 ) 婦 人 検 診 ( 25 歳 以 上 女 性 ) 年 齢 は4 月 1 日 現 在 の 満 年 齢 レクリエーション 施 設 宿 泊 利 用 補 助 ( 年 度 当 初 に 冊 子 を 配 付 ) 及

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

<93EC89EF92C392AC8FE18A51959F8E C C9288EA8DEC90AC816A2E786C7378>

<93EC89EF92C392AC8FE18A51959F8E C C9288EA8DEC90AC816A2E786C7378> 目 次 各 種 手 帳 について 1 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 保 健 福 祉 手 帳 医 療 について 2~3 更 生 医 療 育 成 医 療 精 神 通 院 医 療 重 度 心 身 障 がい 者 医 療 費 助 成 人 工 透 析 通 院 交 通 費 助 成 事 業 手 当 について 4 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 制 度 特 別 障 害 者 手 当 障 害 児

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

Unknown

Unknown 国 民 健 康 44-2000 病 気 やけがをしたときに 医 療 費 の 負 担 が 高 額 とならないように みんなで 支 え 合 うのが 国 民 健 康 で 医 療 費 の 負 担 国 民 健 康 に 入 っている 人 は 医 療 費 の 負 担 額 が3 割 (70 歳 以 上 の 人 は 住 民 税 課 税 所 得 により 異 なります) で 済 みま 国 民 健 康 被 者 証 ( 証

More information

Microsoft Word - 280428修正 280418確定版 H28更新案内チラシ

Microsoft Word - 280428修正 280418確定版 H28更新案内チラシ 指 定 難 病 特 定 医 療 費 支 給 認 定 更 新 手 続 きのご 案 内 平 成 28 年 4 月! 重 要 なお 知 らせ! 茨 城 県 保 健 福 祉 部 保 健 予 防 課 今 お 持 ちの 指 定 難 病 特 定 医 療 費 受 給 者 証 は 平 成 28 年 9 月 30 日 で 有 効 期 間 が 終 了 します 引 き 続 き 更 新 を 希 望 される 場 合 は, 更

More information

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告 市 役 所 窓 口 等 においてマイナンバーの 記 入 が 必 要 となる 手 続 き 等 手 続 きの 通 知 カード 通 知 カード 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )の 変 更 等 引 越 し 婚 姻 などで 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )に 変 更 が 生 じた 市 民 課 住 民 登 録 係 0533-89-2272 手 続 時 には

More information

目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁 5 保 健 事 業 8 頁 6 特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 9 頁

目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁 5 保 健 事 業 8 頁 6 特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 9 頁 平 成 26 年 度 第 1 回 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 平 成 26 年 11 月 保 健 福 祉 局 高 齢 福 祉 部 国 保 年 金 医 療 課 目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

<4D F736F F D2090C BB82CC91BC82CC96C690C590A793782E646F63>

<4D F736F F D2090C BB82CC91BC82CC96C690C590A793782E646F63> 税 その 他 の 免 税 制 度 所 得 税 市 民 税 の 障 害 者 控 除 心 身 障 害 者 又 はその 扶 養 義 務 者 の 方 が 確 定 申 告 をする 場 合 障 害 者 控 除 が 受 けられます 1 月 1 日 現 在 障 害 者 に 認 定 される 場 合 に 限 る( 申 請 中 もしくは 診 断 書 の 作 成 日 も 同 様 扱 い となります ) 種 類 内 容 所

More information

職 員 の 平 均 給 料 の 月 額 初 任 給 などの 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 及 び 平 均 給 料 平 均 給 与 の 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 支 給 分 ) 平 均 年 齢 平 均 給 料 の 月 額 平 均 給 与 月 額 医 師 41.2

職 員 の 平 均 給 料 の 月 額 初 任 給 などの 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 及 び 平 均 給 料 平 均 給 与 の 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 支 給 分 ) 平 均 年 齢 平 均 給 料 の 月 額 平 均 給 与 月 額 医 師 41.2 平 成 25 年 度 掛 川 市 袋 井 市 病 院 企 業 団 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 掛 川 市 袋 井 市 病 院 企 業 団 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 に 基 づき 掛 川 市 袋 井 市 病 院 企 業 団 の 任 免 給 与 勤 務 条 件 などの 概 要 についてお 知 らせします 1. 職 員 の 任

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

世 帯 主 変 更 に 関 すること 内 容 必 要 書 類 世 帯 主 であった 方 が 亡 くなられた 場 合 は 世 帯 主 が 変 更 となります 届 出 ができるのは 同 一 世 帯 の 方 です 窓 口 に 来 る 方 の 本 人 資 料 朝 霞 市 では 死 亡 届 が 提 出 された

世 帯 主 変 更 に 関 すること 内 容 必 要 書 類 世 帯 主 であった 方 が 亡 くなられた 場 合 は 世 帯 主 が 変 更 となります 届 出 ができるのは 同 一 世 帯 の 方 です 窓 口 に 来 る 方 の 本 人 資 料 朝 霞 市 では 死 亡 届 が 提 出 された ご 遺 族 の 方 へ 謹 んでお 悔 やみ 申 し 上 げます ご 家 族 ご 親 族 様 が 亡 くなられたことに 伴 い 発 生 する 公 的 手 続 について 代 表 的 なものをご 案 内 いたします 2 3 4 5 6 7 8 9 0 2 3 世 帯 主 変 更 に 関 すること 年 金 に 関 すること 国 民 健 康 保 険 に 関 すること 後 期 高 齢 者 医 療 に 関 すること

More information

Microsoft Word - 案内チラシ1~306(6月までの申請~280930)280525案

Microsoft Word - 案内チラシ1~306(6月までの申請~280930)280525案 平 成 28 年 5 月 指 定 難 病 特 定 医 療 費 支 給 認 定 手 続 きのご 案 内 制 度 について 茨 城 県 保 健 福 祉 部 保 健 予 防 課 対 象 疾 病 ( 平 成 27 年 7 月 1 日 から 医 療 費 助 成 制 度 の 対 象 疾 病 が306 疾 病 に 拡 大 )に 罹 患 し, 医 療 機 関 においてその 治 療 をしている 方 に 対 して 医

More information

児童扶養手当(大阪府)

児童扶養手当(大阪府) 児 童 扶 養 手 当 児 童 扶 養 手 当 は 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない18 歳 到 達 後 最 初 の 年 度 末 までの 児 童 ( 児 童 に 政 令 で 定 める 程 度 の 障 がいがある 場 合 は 20 歳 未 満 の 児 童 ) を 監 護 しているひとり 親 家 庭 の 母 又 は 父 等 に 支 給 されます 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない

More information

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック 両 立 支 援 ハンドブック ~ 働 くパパママ 子 育 て 応 援 プラン~ 平 成 27 年 9 月 沖 縄 県 教 育 委 員 会 教 育 庁 総 務 課 目 次 1 妊 娠 したら (1) 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 p1 (2) 妊 娠 障 害 休 暇 p1 (3) 妊 婦 通 勤 緩 和 休 暇 p2 (4) 妊 娠 中 の 休 息 又 は 補 食 のための 職

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 沖 縄 県 職 員 のための 子 育 てハンドブック 22 年 3 月 総 務 部 人 事 課 1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 中

More information

申 請 に 必 要 なもの 罹 災 証 明 書 印 鑑 預 金 通 帳 の 写 し( 金 融 機 関 支 店 種 別 口 座 番 号 名 義 (フリガナ)の 記 載 があるもの) 市 町 村 発 行 解 体 証 明 書 又 は 滅 失 登 記 簿 謄 本 解 体 前 写 真 解 体 理 由 書 (

申 請 に 必 要 なもの 罹 災 証 明 書 印 鑑 預 金 通 帳 の 写 し( 金 融 機 関 支 店 種 別 口 座 番 号 名 義 (フリガナ)の 記 載 があるもの) 市 町 村 発 行 解 体 証 明 書 又 は 滅 失 登 記 簿 謄 本 解 体 前 写 真 解 体 理 由 書 ( 平 成 28 年 熊 本 地 震 被 災 者 支 援 制 度 等 のお 知 らせ 平 成 28 年 5 月 20 日 現 在 この 度 の 地 震 で 被 災 された 方 に 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 住 まいのことや 各 種 支 援 制 度 に 関 する 内 容 を 紹 介 しています 新 たな 支 援 制 度 が 決 まったり 今 の 支 援 制 度 の 基 準 が 緩 和 されたりしたときには

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

Microsoft Word - 999_○北区の国保 .docx

Microsoft Word - 999_○北区の国保 .docx 北 区 の 国 保 平 成 26 年 度 版 ( 平 成 25 年 度 実 績 ) 東 京 都 北 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次. 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 第 10 組 織 と 事 務 分 掌 2 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 3 被 保 険 者 4 給 付 状 況 12 保 険 料 31 財 政 40 特 定 健 康 診

More information

1 相談窓口

1 相談窓口 医 療 費 の 助 成 未 熟 児 養 育 医 療 種 々の 未 熟 性 があり 家 庭 保 育 が 困 難 なため 指 定 医 療 機 関 での 入 院 治 療 を 必 要 とする 未 熟 児 に 対 して 診 察 医 学 的 処 置 治 療 等 を 給 付 ( 保 険 対 象 外 のものについては 除 外 )します 世 帯 の 収 入 に 応 じて 一 部 自 己 負 担 が 必 要 です 手

More information

医 療 費 の 助 成 重 度 心 身 障 がい 者 ( 児 ) 医 療 保 険 各 法 による 医 療 の 給 付 を 受 けた 場 合 の 自 己 負 担 分 を 助 成 します [ 対 象 ] 身 体 障 がい 者 ( 児 )( 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は2 級 所 持 者 )

医 療 費 の 助 成 重 度 心 身 障 がい 者 ( 児 ) 医 療 保 険 各 法 による 医 療 の 給 付 を 受 けた 場 合 の 自 己 負 担 分 を 助 成 します [ 対 象 ] 身 体 障 がい 者 ( 児 )( 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は2 級 所 持 者 ) 5 諸 制 度 障 がいのある 方 々のために 主 に 次 のような 制 度 があります 各 問 合 せ 先 にご 相 談 ください 障 害 児 福 祉 手 当 特 別 障 害 者 手 当 特 別 児 童 扶 養 手 当 手 当 在 宅 の 重 度 障 がい 児 で 日 常 生 活 活 動 が 著 しく 制 限 され 介 護 を 要 する 状 態 にある 20 歳 未 満 の 者 に 対 して 支

More information

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73>

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 塩 竈 市 の 給 与 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 平 成 22 年 度 57,266 人 2,59,774 486,43 3,398,0 5.7% 6.2%

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

明 な) 4 自 動 車 の 利 用 自 動 車 の 継 続 検 査 ( 車 検 ) 所 有 している 場 合 2 年 に1 回 ( 新 車 購 入 直 後 は3 年 目 ) 約 3,166 万 件 / 年 自 動 車 :2,171 万 件 / 年 軽 自 動 車 :995 万 件 / 年 (H21

明 な) 4 自 動 車 の 利 用 自 動 車 の 継 続 検 査 ( 車 検 ) 所 有 している 場 合 2 年 に1 回 ( 新 車 購 入 直 後 は3 年 目 ) 約 3,166 万 件 / 年 自 動 車 :2,171 万 件 / 年 軽 自 動 車 :995 万 件 / 年 (H21 凡 例 別 添 資 料 1 選 定 基 準 に 関 係 する 項 目 1 以 上 2 年 100 万 以 上 年 1000 万 以 上 3 個 行 政 等 が 関 係 民 間 が 関 係 4 添 付 類 あり ライフイベント 別 主 要 手 続 整 理 表 ( 多 数 あるイベントや 手 続 きの 中 で 主 なもののみ 掲 載 しています また 自 治 体 等 により 内 容 が 異 なる 場 合

More information

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4)

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4) 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 留 意 事 項 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 26 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 足 寄 町 の 住 民 基 本 台 帳 に 記 録 されている 方 ( ) 2 平 成 26 年 度 分 の 市 町 村 民 税 ( 均 等 割

More information

3 補 償 等 の 内 容 ここに 掲 げるものは 常 勤 職 員 等 に 係 るものですが 非 常 勤 職 員 に 対 しても 概 ね 同 様 の 補 償 等 が 実 施 されています 補 償 種 別 補 償 内 容 補 償 基 準 等 療 養 補 償 負 傷 又 は 疾 病 が 治 ゆに 至 る

3 補 償 等 の 内 容 ここに 掲 げるものは 常 勤 職 員 等 に 係 るものですが 非 常 勤 職 員 に 対 しても 概 ね 同 様 の 補 償 等 が 実 施 されています 補 償 種 別 補 償 内 容 補 償 基 準 等 療 養 補 償 負 傷 又 は 疾 病 が 治 ゆに 至 る 第 7 章 その 他 の 福 利 厚 生 事 業 1 公 務 災 害 通 勤 災 害 補 償 1 公 務 災 害 通 勤 災 害 補 償 の 意 義 都 福 利 厚 生 課 公 務 災 害 担 当 03(5320)6819 公 務 災 害 又 は 通 勤 災 害 補 償 制 度 は 職 員 が 公 務 上 の 災 害 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けたときに そ の 災 害 によって 生

More information

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農 2 主 な 用 語 の 説 明 世 帯 世 帯 とは 調 査 基 準 日 現 在 同 一 住 居 又 は 同 一 敷 地 内 の 別 棟 に 居 住 しており かつ 生 計 を 共 にしている 人 ( 世 帯 員 )の 集 まり 又 は 独 立 して 生 計 を 営 む 単 身 者 をいう 世 帯 員 世 帯 員 とは 調 査 基 準 日 現 在 この 世 帯 に 住 んでいる 人 のほか 一 時

More information

Taro-H24年度.jtd

Taro-H24年度.jtd 石 井 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 ( 平 成 24 年 度 ) 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 採 用 の 状 況 (H24.4.1) 一 般 行 政 事 務 4 人 幼 稚 園 教 諭 1 人 保 育 士 9 人 計 14 人 (2) 職 員 の 退 職 状 況 (H23.4.1~H24.3.31) 一 般 行 政 事 務

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

Microsoft Word - 02目次.doc

Microsoft Word - 02目次.doc 5 税 金 1 国 税 に 関 する 控 除 非 課 税 適 用 を 受 けるには 所 得 税 に 関 する 障 がい 者 の 所 得 控 除 税 額 の 計 算 の 基 礎 となる 所 得 から 所 得 控 除 として 次 の 区 分 により 一 定 額 が 控 除 されます 等 級 身 体 障 害 知 的 障 害 精 神 障 害 123456 左 記 左 記 重 度 1 級 区 分 級 級 級

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

(4) 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度... 180 (5) 移 送 費... 180 (6) 訪 問 看 護 療 養 費... 181 (7) 療 養 費... 181 (8) 葬 祭 費... 181 3. 保 健 事 業... 182 (1) 健 康 診 査... 182 (2

(4) 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度... 180 (5) 移 送 費... 180 (6) 訪 問 看 護 療 養 費... 181 (7) 療 養 費... 181 (8) 葬 祭 費... 181 3. 保 健 事 業... 182 (1) 健 康 診 査... 182 (2 I. 国 民 健 康 保 険... 167 1. 国 民 健 康 保 険 とは... 167 (1) 国 民 健 康 保 険 への 加 入 喪 失 手 続 き... 167 2. 給 付 内 容... 168 (1) 療 養 の 給 付... 168 (2) 入 院 時 食 事 療 養 費... 168 (3) 高 額 療 養 費... 169 (4) 療 養 費... 169 (5) 移 送 費...

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

も く じ 妊 娠 がわかったら 1 出 産 後 の 手 続 き サポート 2 予 防 接 種 について 4 各 種 手 当 助 成 6 心 配 ごとがあったら 12 ながらこども 園 14 子 育 て 支 援 センター 一 時 預 かり 事 業 15 ひとり 親 家 庭 のために 16 急 な 病

も く じ 妊 娠 がわかったら 1 出 産 後 の 手 続 き サポート 2 予 防 接 種 について 4 各 種 手 当 助 成 6 心 配 ごとがあったら 12 ながらこども 園 14 子 育 て 支 援 センター 一 時 預 かり 事 業 15 ひとり 親 家 庭 のために 16 急 な 病 平 成 28 年 度 版 子 育 て 支 援 ガイドブック 長 柄 町 も く じ 妊 娠 がわかったら 1 出 産 後 の 手 続 き サポート 2 予 防 接 種 について 4 各 種 手 当 助 成 6 心 配 ごとがあったら 12 ながらこども 園 14 子 育 て 支 援 センター 一 時 預 かり 事 業 15 ひとり 親 家 庭 のために 16 急 な 病 気 やけがのとき 17 子

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3 1. 障 害 年 金 制 度 等 (1) 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 に 診 察 してもらった

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CB488C481798C8892E8817A95BD90AC3236944E937895DB88E78F8A93FC8F8A88C493E05F348C8E88C88D7E5F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CB488C481798C8892E8817A95BD90AC3236944E937895DB88E78F8A93FC8F8A88C493E05F348C8E88C88D7E5F2E646F63> 場 転 所 ( 入 所 後 別 の 保 育 園 への 入 所 希 望 )については 入 所 と 同 じ 取 扱 いとなります に 合 入 市 に 所 立 できるものではなく 保 保 育 護 所 者 に 認 代 可 わってその 保 育 園 は 日 保 児 頃 護 童 者 の 保 が 保 育 仕 育 する 事 を または 行 集 人 うための 団 のいない 生 活 病 に 気 慣 等 児 れさせるためといった

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程 国 立 大 学 法 人 島 根 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 16 年 島 大 規 則 第 17 号 ) ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 平 成 16 年 10 月 27 日 一 部 改 正 平 成 17 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 17 年 6 月 22 日 一 部 改 正 平 成 18 年 3 月 22 日 一 部 改

More information

03

03 3 手 当 助 成 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 の 助 成 身 知 精 お 問 合 せ: 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 お 持 ちの 方 障 がい 福 祉 課 924-2381 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 お 持 ちの 方 保 健 所 地 域 保 健 課 924-2163 重 度 心 身 障 がいをお 持 ちの 方 に 対 し 保 険 診 療 分 の 医 療

More information

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村 死 亡 後 の 手 続 きリスト 1 5 日 以 内 死 後 5 日 以 内 国 民 健 康 保 険 以 外 の 健 康 保 険 証 の 返 却 勤 務 先 社 会 保 険 事 務 所 7 日 以 内 期 限 項 目 手 続 き 先 提 出 先 必 要 書 類 備 考 死 後 知 った 時 から7 日 以 内 死 亡 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 医 師 による

More information

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場 第 2 章 短 期 給 付 の 内 容 と 請 求 手 続 第 1 節 傷 病 等 に 係 る 給 付 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 病 気 や 負 傷 をしたときは 通 常 の 場 合 組 合 員 証 を 保 険 医 療 機 関 に 提 示 する ことによって 療 養 の 給 付 や 家 族 療 養 費 の 現 物 給 付 を 受 けることができます しかし 緊 急 その 他 やむを 得

More information

Microsoft Word - ☆事務処理の手引き高梁市H28

Microsoft Word - ☆事務処理の手引き高梁市H28 < 高 梁 市 > < 高 梁 地 域 事 務 組 合 > 福 利 厚 生 部 門 事 務 の 手 引 き ( 平 成 28 年 度 ) 岡 山 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 目 次 岡 山 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 について 3 1 事 業 内 容 及 び 対 象 となる 職 員 3 2 組 合 を 組 織 する 地 方 公 共 団 体 3 給 料 額 等 の 報 告 について

More information

子 育 て 応 援 コーナーについて 県 では 職 員 が 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 りやすい 職 場 環 境 を 整 え 次 代 を 担 う 子 ど もたちの 育 成 を 支 援 するため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 平 成 17 年 に 策 定

子 育 て 応 援 コーナーについて 県 では 職 員 が 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 りやすい 職 場 環 境 を 整 え 次 代 を 担 う 子 ど もたちの 育 成 を 支 援 するため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 平 成 17 年 に 策 定 子 育 て 応 援 コーナーについて 県 では 職 員 が 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 りやすい 職 場 環 境 を 整 え 次 代 を 担 う 子 ど もたちの 育 成 を 支 援 するため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 平 成 17 年 に 策 定 した 長 野 県 職 員 子 育 て 支 援 プラン( 前 期 プラン) を 改 定 し 後 期 長

More information

給 付 <#1> 1 して 給 付 されます 2 行 方 不 明 手 当 金 職 務 上 の 事 由 により1 月 以 上 行 方 不 明 になったとき 3 月 を 限 度 に 行 方 不 明 期 間 中 支 給 されます 3 休 業 手 当 金 1 日 目 ~3 日 目 (2) 労 災 保 険 制

給 付 <#1> 1 して 給 付 されます 2 行 方 不 明 手 当 金 職 務 上 の 事 由 により1 月 以 上 行 方 不 明 になったとき 3 月 を 限 度 に 行 方 不 明 期 間 中 支 給 されます 3 休 業 手 当 金 1 日 目 ~3 日 目 (2) 労 災 保 険 制 平 成 22 年 1 月 から 船 員 保 険 制 度 が 大 きく 変 わりました このため 今 回 の 船 員 保 険 給 付 のあらまし では 船 員 保 険 の 制 度 や 手 続 き 等 がどのように 変 わったのか 説 明 するとともに 船 員 保 険 の 給 付 の 概 要 について 紹 介 します なお 資 料 の 作 成 に 当 たっては 厚 生 労 働 省 旧 社 会 保 険 庁

More information

Microsoft Word - 16 育児休業手当金(16ikukyuu.pdf)最終版

Microsoft Word - 16 育児休業手当金(16ikukyuu.pdf)最終版 育 児 休 業 手 当 金 1 支 給 要 件 組 合 員 が 育 児 休 業 を 取 得 したときに 支 給 する 2 支 給 期 間 (1) (2) 以 外 の 場 合 は 育 児 休 業 を 開 始 した 日 から 育 児 休 業 に 係 る 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 1)( 育 児 休 業 に 係 る 子 が1 歳 に 達 する 日 前 に 育 児 休 業 が 終 了 した 場 合

More information

< 目 次 > 種 別 手 続 き 窓 口 ページ 救 援 物 資 等 救 援 物 資 弔 慰 金 の 支 給 ( 日 赤 ) - 1 災 害 見 舞 金 の 支 給 社 会 福 祉 協 議 会 1 証 明 り 災 証 明 書 の 交 付 消 防 本 部 予 防 課 2 国 民 健 康 保 険 被

< 目 次 > 種 別 手 続 き 窓 口 ページ 救 援 物 資 等 救 援 物 資 弔 慰 金 の 支 給 ( 日 赤 ) - 1 災 害 見 舞 金 の 支 給 社 会 福 祉 協 議 会 1 証 明 り 災 証 明 書 の 交 付 消 防 本 部 予 防 課 2 国 民 健 康 保 険 被 火 災 で 被 災 さ れ た か た へ の 各 種 手 続 き 支 援 の ご 案 内 火 災 の 被 害 に 遭 われました 皆 様 に 対 しまし て 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 被 災 後 の 手 続 きや 受 けられる 支 援 等 につ いてまとめましたので ご 利 用 ください この 冊 子 は 被 災 後 の 手 続 き 支 援 のすべてを 網 羅 して いるものではありませんのでご

More information

平成21年分 確定申告書作成シート

平成21年分 確定申告書作成シート 所 得 税 確 定 申 告 チェックシステム 申 告 書 Bタイプ 氏 名 住 所 等 様 フリカ ナ ノエタロウ ( 半 角 で 入 力 してください) 氏 名 野 江 太 郎 生 年 月 日 年 28 月 5 日 1 性 別 1 ( 男 =1, 女 =2) 住 所 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 3-2-1 (または) H22.1.1の 住 所 同 上 郵 便 番 号 540-0008 電

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE18A51959F8E8382B582A882E832332E348160>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE18A51959F8E8382B582A882E832332E348160> 障 害 者 福 祉 のしおり 太 子 町 目 次 1 手 帳 1 身 体 障 害 者 手 帳 3 2 療 育 手 帳 3 3 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 3 2 相 談 窓 口 1 社 会 福 祉 課 5 2 身 体 障 害 者 移 動 相 談 5 3 知 的 障 害 者 巡 回 更 生 相 談 5 4 龍 野 健 康 福 祉 事 務 所 ( 保 健 所 ) 5 5 身 体 障 害

More information

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73>

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 人 件 費 率 264,775 人 89,572,418 千 989,606 千 17,550,569

More information

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する 掛 金 負 担 金 について 目 次 頁 費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 1 標 準 報 酬 1 掛 金 等 額 の 算 定 方 法 2 掛 金 等 の 納 付 2 産 前 産 後 休 業 期 間 中 の 掛 金 等 免 除 5 等 終 了 後 に 報 酬 が 低 下 した 場 合 の 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 8 海 外 居 住 等 に 係 る 介 護 保 険 の 適 用

More information

授業料免除申請のしおり

授業料免除申請のしおり 北 海 道 大 学 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) 申 請 のしおり ( 平 成 25 年 度 版 ) 目 次 〇 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 概 要 申 請 資 格 について 1 本 学 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )について 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) 申 請 における 注 意 事 項 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

年金制度のあらまし

年金制度のあらまし 実 務 修 習 セミナー( 第 9 回 ) 厚 生 年 金 国 民 年 金 関 係 平 成 24 年 9 月 21 日 < 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 の 仕 組 みと 給 付 のあらまし>( 便 覧 P116) 1 給 付 の 種 類 老 齢 障 害 死 亡 2 公 的 年 金 制 度 の 種 類 種 類 対 象 者 国 民 年 金 日 本 国 内 に 居 住 する 20 歳 以 上

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版 育 児 休 業 Q&A 平 成 26 年 改 定 県 立 学 校 版 教 育 人 事 課 目 次 育 児 休 業 の 意 義 目 的 1 Q1 育 児 休 業 の 目 的 は? Q2 育 児 休 業 を 取 得 することによってどういう 効 果 があるの? 育 児 休 業 をすることができる 職 員 2 Q3 誰 でも 育 児 休 業 をすることができるの? Q4 育 児 休 業 中 の 身 分 はどうなるの?

More information

目 次 障 がいをお 持 ちの 方 への 手 帳 について 身 体 障 害 者 手 帳 とは 1 療 育 手 帳 とは 2 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 とは 3 手 帳 を 持 つと 受 けられるサービス 4 障 害 福 祉 サービスについて 障 害 福 祉 サービスとは 自 立 支

目 次 障 がいをお 持 ちの 方 への 手 帳 について 身 体 障 害 者 手 帳 とは 1 療 育 手 帳 とは 2 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 とは 3 手 帳 を 持 つと 受 けられるサービス 4 障 害 福 祉 サービスについて 障 害 福 祉 サービスとは 自 立 支 釧 路 町 ( 平 成 26 年 9 月 改 定 版 ) 目 次 障 がいをお 持 ちの 方 への 手 帳 について 身 体 障 害 者 手 帳 とは 1 療 育 手 帳 とは 2 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 とは 3 手 帳 を 持 つと 受 けられるサービス 4 障 害 福 祉 サービスについて 障 害 福 祉 サービスとは 自 立 支 援 給 付 について 5 地 域 相 談

More information

Microsoft Word - 5-26職員給与規程

Microsoft Word - 5-26職員給与規程 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 5 月 10 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 28

More information

新規文書1

新規文書1 社 会 福 祉 法 人 京 都 身 体 障 害 者 福 祉 センター 一 般 事 業 主 行 動 計 画 職 員 がその 能 力 を 発 揮 し 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 り 働 きやすい 雇 用 環 境 の 整 備 を 行 うため 次 のように 行 動 計 画 を 策 定 する 1 計 画 期 間 : 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 までの

More information

助 成 対 象 助 成 内 容 医 師 が 必 要 と 認 めた 一 般 不 妊 治 療 特 定 不 妊 治 療 および 不 育 治 療 ( 検 査 費 用 を 含 む) 群 馬 県 が 助 成 する 不 妊 に 悩 む 方 への 特 定 治 療 支 援 事 業 に 該 当 する 場 合 は 先 に

助 成 対 象 助 成 内 容 医 師 が 必 要 と 認 めた 一 般 不 妊 治 療 特 定 不 妊 治 療 および 不 育 治 療 ( 検 査 費 用 を 含 む) 群 馬 県 が 助 成 する 不 妊 に 悩 む 方 への 特 定 治 療 支 援 事 業 に 該 当 する 場 合 は 先 に 榛 東 村 子 育 て 支 援 ガイド 妊 娠 に 関 すること ~ 赤 ちゃんが 生 まれる 前 ~ 妊 娠 届 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 医 療 機 関 で 発 行 された 妊 娠 届 出 書 を 提 出 してください 母 子 健 康 手 帳 等 をお 渡 しします 榛 東 村 保 健 相 談 センター 0279-70-8052 平 成 27 年 10 月 1 日 現 在 妊 婦 健

More information

授 業 料 免 除 制 度 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありま

授 業 料 免 除 制 度 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありま 授 業 料 免 除 制 度 の 改 定 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありますが その 審 査 基 準 等 を 改 定 しますので お 知 らせします 平 成 25

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ア 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ア 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 森 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 24 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 割 合 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 %

More information

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス 平 成 27 年 度 訪 問 看 護 ( 訪 問 看 護 ステーション) 集 団 指 導 資 料 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 寿 社 会 課 平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修

More information

大阪府生活福祉資金のごあんない

大阪府生活福祉資金のごあんない 大 阪 府 生 活 福 祉 資 金 福 祉 資 金 貸 付 のごあんない この 貸 付 制 度 は 低 所 得 者 障 がい 者 または 高 齢 者 の 世 帯 に 対 し 資 金 の 貸 付 けと 必 要 な 相 談 支 援 を 行 うこ とにより その 経 済 的 自 立 および 生 活 意 欲 の 助 長 促 進 ならびに 在 宅 福 祉 および 社 会 参 加 の 促 進 を 図 り 安 定

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

申告書の書き方HP.indd

申告書の書き方HP.indd 平 成 6 年 度 市 民 税 府 民 税 申 告 の 手 引 き 申 告 書 の 提 出 は 3 日 までです 平 素 は 市 税 務 行 政 につきまして ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 民 税 府 民 税 は 前 年 の 所 得 に 対 して 課 税 されますので 前 年 ( 日 ~ 3 )の 所 得 等 について 申 告 してください 申 告 書

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

春日井市不妊治療費等助成金交付要綱の一部を改正する要綱

春日井市不妊治療費等助成金交付要綱の一部を改正する要綱 28 年 度 春 日 井 市 人 工 授 精 治 療 費 等 助 成 事 業 のご 案 内 本 市 では 不 妊 治 療 を 行 った 夫 婦 に 対 して 人 工 授 精 治 療 に 係 る 費 用 を 一 部 助 成 します 対 象 となる 治 療 一 般 不 妊 治 療 のうち 保 険 診 療 適 用 外 の 人 工 授 精 に 係 る 治 療 対 象 者 以 下 の(1)~(4)の 全 てに

More information

2 現 物 給 付 と 現 金 給 付 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 医 療 機 関 で 診 療 を 受 けた 場 合 総 医 療 費 の 3 割 ( 就 学 前 は 2 割 70 歳 以 上 の 場 合 は 2 割 (1 割 ) 又 は 3 割 )を 窓 口 負 担 します その 際 残

2 現 物 給 付 と 現 金 給 付 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 医 療 機 関 で 診 療 を 受 けた 場 合 総 医 療 費 の 3 割 ( 就 学 前 は 2 割 70 歳 以 上 の 場 合 は 2 割 (1 割 ) 又 は 3 割 )を 窓 口 負 担 します その 際 残 第 3 章 短 期 給 付 事 業 1 短 期 給 付 の 概 要 給 付 貸 付 課 短 期 給 付 担 当 03(5320)6827 1 給 付 の 種 類 給 付 には 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 で 定 められている 法 定 給 付 と 共 済 組 合 独 自 で 定 めて 給 付 する 附 加 給 付 があります 支 給 さ れ る 要 件 法 定 給 付 給 付 の 種

More information