目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3"

Transcription

1 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会

2 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 章 今 後 の 改 善 策 11 1 採 点 事 務 の 各 過 程 における 改 善 策 2 採 点 事 務 に 従 事 する 各 役 職 における 改 善 策 3 採 点 環 境 における 改 善 策 第 4 章 まとめ 14 資 料 15 1 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 設 置 要 綱 2 聴 き 取 り 調 査 の 結 果 3 アンケート 調 査 1

3 はじめに 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 平 成 24 年 3 月 に 行 われた 熊 本 市 立 必 由 館 高 等 学 校 における 高 校 入 学 者 後 期 ( 一 般 ) 選 抜 において 不 合 格 となった1 人 の 受 検 者 ( 熊 本 市 立 中 学 校 に 在 籍 する 生 徒 )の 保 護 者 から 本 年 3 月 21 日 に 調 査 書 及 び 解 答 用 紙 について 熊 本 市 個 人 情 報 保 護 条 例 第 1 3 条 の 規 定 に 基 づく 開 示 請 求 がなされたため 解 答 用 紙 を 再 確 認 したところ 正 解 の 答 案 を 不 正 解 として 採 点 するというミスが 判 明 した 当 該 受 検 者 は 不 合 格 と 判 定 されており 改 めて 合 否 判 定 を 行 った 結 果 合 格 となった また このミスを 受 け 市 立 高 校 2 校 ( 必 由 館 高 校 及 び 千 原 台 高 校 )において すべ ての 解 答 用 紙 ( 必 由 館 高 校 457 人 分 千 原 台 高 校 166 人 分 )の 再 点 検 を 行 ったとこ ろ 合 否 について 影 響 はなかったものの 2 校 合 わせて45 件 の 採 点 ミスが 確 認 された ミスの 内 訳 についていくつかの 観 点 から 分 析 すると 以 下 の 通 りである まず 学 校 教 科 ごとの 内 訳 は 以 下 の 通 りであった 必 由 館 高 校 千 原 台 高 校 合 計 国 語 3 件 4 件 7 件 社 会 11 件 8 件 19 件 数 学 2 件 1 件 3 件 理 科 3 件 8 件 11 件 英 語 5 件 0 件 5 件 合 計 24 件 21 件 45 件 また ミスの 内 容 についてみると 1 正 解 を 不 正 解 としたものが19 件 2 不 正 解 を 正 解 としたものが18 件 3 各 問 における 得 点 記 入 を 間 違 ったもの( 例 えば 2 点 とすべきところを 1 点 とした)が8 件 であった 必 由 館 高 校 千 原 台 高 校 合 計 正 解 を 不 正 解 としたもの 13 件 6 件 19 件 不 正 解 を 正 解 としたもの 10 件 8 件 18 件 各 問 の 得 点 記 入 を 間 違 ったもの 1 件 7 件 8 件 合 計 24 件 21 件 45 件 さらに これらのミスを 原 因 ごとにみると 1 単 純 ミス( 記 号 式 で エ が 正 解 であ るが ア を 正 解 としたなど)が38 件 2 採 点 基 準 の 未 確 認 ( 記 述 式 で 国 有 化 した が 正 解 であるが( 本 来 は 正 解 とすべき) 官 営 化 しようとした を ( 部 分 点 )とした など)が3 件 3 単 純 ミスとも 採 点 基 準 の 未 確 認 ともとれるものが4 件 であった 2

4 必 由 館 高 校 千 原 台 高 校 合 計 単 純 ミス 21 件 17 件 38 件 採 点 基 準 の 未 確 認 3 件 0 件 3 件 どちらともとれるもの 0 件 4 件 4 件 合 計 24 件 21 件 45 件 2 検 討 委 員 会 の 設 置 このような 事 態 が 発 生 したことは 本 市 の 高 校 入 試 事 務 に 対 する 市 民 の 信 頼 を 著 しく 損 なうものであることから 教 育 委 員 会 では 早 急 にその 原 因 を 究 明 するとともに 再 発 防 止 に 向 けた 改 善 策 を 検 討 するため 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 ( 以 下 検 討 委 員 会 という ) を 設 置 し 今 回 のミスの 検 証 を 行 った 具 体 的 な 検 証 作 業 としては まず 検 討 委 員 会 内 に 設 置 した 検 証 部 会 において 両 校 の 職 員 からの 聴 き 取 り 調 査 及 びアンケート 調 査 を 実 施 し 入 試 事 務 の 現 状 を 把 握 する とともに 検 討 委 員 会 でその 分 析 を 行 いながら 採 点 事 務 における 課 題 と 改 善 の 方 向 性 などについて 整 理 を 行 った 検 証 作 業 のスケジュール 検 討 委 員 会 検 証 部 会 3 月 28 日 29 日 4 月 4 日 聴 き 取 り 調 査 市 立 2 高 校 の 教 員 への 実 施 4 月 6 日 第 1 回 1 設 置 要 綱 資 料 1(P15 参 照 ) 目 的 説 明 2 経 過 報 告 協 議 採 点 事 務 の 説 明 採 点 ミスの 説 明 協 議 聴 き 取 り 調 査 内 容 の 説 明 協 議 4 月 12 日 第 2 回 1 採 点 集 計 パソコン 入 力 事 務 の 説 明 協 議 2 聴 き 取 り 調 査 のまとめの 報 告 協 議 4 月 19 日 第 3 回 1 聴 き 取 り 調 査 を 受 け 課 題 と 改 善 点 の 報 告 協 議 2 校 長 教 頭 教 務 主 任 の 聴 き 取 り 調 査 のま とめの 報 告 協 議 3 パソコン 入 力 事 務 の 説 明 4 採 点 方 法 等 の 改 善 に 関 するアンケート 実 施 に ついて 協 議 4 月 9 日 第 1 回 聴 き 取 り 調 査 のまとめを 作 成 資 料 2(P16 参 照 ) 4 月 18 日 第 2 回 聴 き 取 り 調 査 を 受 け 課 題 改 善 点 の 検 証 と 資 料 作 成 3

5 4 月 24 日 25 日 アンケート 調 査 市 立 2 高 校 の 教 員 への 実 施 資 料 3(P18 参 照 ) 4 月 24 日 第 3 回 入 試 事 務 改 善 報 告 書 の 作 成 要 領 について 4 月 27 日 第 4 回 1 千 原 台 のアンケート 調 査 の 結 果 について 協 議 2 入 試 事 務 改 善 報 告 書 の 様 式 について 協 議 5 月 8 日 第 5 回 1 必 由 館 のアンケート 調 査 の 結 果 について 協 議 2 入 試 事 務 改 善 報 告 書 の 骨 子 について 協 議 5 月 10 日 第 6 回 入 試 事 務 改 善 報 告 書 ( 案 )の 検 討 5 月 15 日 第 7 回 入 試 事 務 改 善 報 告 書 ( 案 )の 検 討 5 月 29 日 第 8 回 入 試 事 務 改 善 報 告 書 ( 案 )の 検 討 4 月 25 日 教 育 委 員 会 会 議 検 証 作 業 について 中 間 報 告 ( 協 議 ) 5 月 18 日 教 育 委 員 会 会 議 報 告 書 について 中 間 報 告 ( 協 議 ) 5 月 3 日 第 4 回 アンケート 結 果 の 分 析 入 試 事 務 改 善 報 告 書 の 原 案 作 成 5 月 24 日 第 5 回 入 試 事 務 改 善 報 告 書 ( 案 ) 作 成 5 月 31 日 第 9 回 入 試 事 務 改 善 報 告 書 のまとめ 4

6 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 現 在 の 両 校 の 入 学 者 選 抜 試 験 は 前 期 ( 特 色 ) 及 び 後 期 ( 一 般 ) に 分 かれている が その 事 務 は いずれも 1 要 項 願 書 の 配 布 2 願 書 の 受 付 志 願 者 数 の 確 定 3 試 験 実 施 4 採 点 事 務 5 合 否 決 定 6 合 格 ( 内 定 通 知 ) 発 表 の 流 れで 行 われており 両 校 では 県 及 び 市 の 要 項 を 参 考 に 入 試 事 務 全 体 のマニュアルにあたるものとして 実 施 要 項 ( 必 由 館 高 校 学 力 検 査 実 技 検 査 実 施 要 項 千 原 台 高 校 選 抜 実 施 細 案 ) を 前 後 期 の 各 々に 定 めている 平 成 24 年 度 入 学 者 選 抜 における 市 立 高 校 の 事 務 全 体 の 流 れ 日 付 事 務 の 流 れ 平 成 23 年 11 月 下 旬 以 降 平 成 24 年 1/23~25 各 高 校 の 要 項 願 書 の 中 学 校 への 配 布 前 期 ( 特 色 ) 願 書 受 付 志 願 者 数 の 確 定 1/26~2/1 前 期 ( 特 色 ) 選 抜 実 施 要 項 の 確 定 職 員 周 知 2/2 前 期 ( 特 色 ) 選 抜 試 験 実 施 2/2~2/9 2/10 採 点 ( 集 計 コンピュータ 処 理 ) 合 否 判 定 会 議 合 否 決 定 前 期 合 格 内 定 通 知 2/13~2/22 後 期 ( 一 般 ) 願 書 受 付 志 願 者 数 の 確 定 2/23~3/6 後 期 ( 特 色 ) 選 抜 実 施 要 項 の 確 定 職 員 周 知 3/7 3/8 後 期 ( 一 般 ) 選 抜 試 験 実 施 3/7~3/13 採 点 ( 集 計 コンピュータ 処 理 ) 合 否 判 定 会 議 合 否 決 定 3/14 前 後 期 合 格 発 表 5

7 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 1 採 点 事 務 の 現 状 本 報 告 書 では 入 試 事 務 全 体 のうち ミスが 発 生 した 採 点 事 務 ( 採 点 から 合 否 判 定 資 料 の 作 成 に 至 るまでの 一 連 の 事 務 )を 中 心 に 課 題 の 検 証 を 行 うが 職 員 の 聴 き 取 り 調 査 等 の 結 果 両 校 の 採 点 事 務 は これまでの 実 務 の 中 で 培 われた 経 験 則 に 基 づき 学 校 ( 教 科 )ごとに 若 干 の 相 違 はあるものの 概 ね 以 下 のような 流 れで 行 われていた (1) 採 点 事 務 の 各 過 程 の 現 状 採 点 事 務 の 流 れ 1 採 点 準 備 2 採 点 業 務 3 採 点 後 の 業 務 1 採 点 準 備 採 点 委 員 の 任 命 問 題 解 答 採 点 基 準 の 作 成 校 長 が 教 科 ごとに 採 点 委 員 を 任 命 する 教 務 主 任 が 採 点 委 員 に 採 点 業 務 の 手 順 や 方 法 を 説 明 する 教 科 主 任 は 教 科 の 問 題 を 全 部 解 答 するとともに 県 の 作 成 した 標 準 解 答 を 踏 まえ 採 点 基 準 ( 部 分 点 の 付 与 基 準 等 )を 作 成 する 採 点 委 員 は 事 前 にできる 限 り 全 部 の 問 題 を 解 くようにする 担 当 箇 所 の 割 当 採 点 基 準 の 確 認 教 科 主 任 が 教 科 内 での 採 点 箇 所 の 割 当 を 行 う 採 点 委 員 は 担 当 する 教 科 の 採 点 基 準 や 留 意 事 項 を 確 認 する 2 採 点 業 務 小 問 採 点 (2 回 ) 担 当 する 問 題 について 小 問 ( 一 つひとつの 解 答 項 目 )ごとに 採 点 基 準 に 基 づ き 採 点 ( 部 分 点 等 の 配 点 )を 行 う 確 認 のため2 回 行 う(2 回 目 は 小 問 点 検 と 称 する) 1 回 目 の 採 点 に 間 違 いがあった 場 合 は 1 回 目 の 採 点 者 に 確 認 し 必 要 に 応 じ て 訂 正 する 終 了 したらチェック 欄 に 押 印 (サイン)する 大 問 集 計 (2 回 ) 小 問 ごとに 配 点 された 得 点 を 大 問 ( 問 題 のひとまとまり)ごとに 集 計 ( 足 し 算 ) する 確 認 のため2 回 行 う(2 回 目 は 大 問 集 計 点 検 と 称 する) 間 違 いがあった 場 合 は 1 回 目 の 集 計 者 に 確 認 し 必 要 に 応 じて 訂 正 する 終 了 したらチェック 欄 に 押 印 (サイン)する 総 合 集 計 (2 回 ) 大 問 ごとに 記 入 された 得 点 を 全 部 集 計 ( 足 し 算 )する 6

8 確 認 のため2 回 行 う(2 回 目 は 総 合 集 計 点 検 と 称 する) 間 違 いがあった 場 合 は 1 回 目 の 集 計 者 に 確 認 し 必 要 に 応 じて 訂 正 する 終 了 したらチェック 欄 に 押 印 (サイン)する すべての 採 点 業 務 が 終 了 したら 教 科 主 任 が 答 案 をすべて 回 収 し 教 務 主 任 を 通 じて 教 頭 に 報 告 する 3 採 点 後 の 業 務 点 数 の 得 点 一 覧 表 ( 短 冊 )への 転 記 次 の 作 業 ( 得 点 のコンピュータ 入 力 )を 効 率 的 に 行 うための 下 準 備 として 各 受 検 者 の 教 科 ごとの 点 数 を 一 覧 表 に 手 書 きで 転 記 する 受 検 者 の 得 点 が 縦 に 細 長 く 記 されるため 学 校 内 では 短 冊 と 称 されていた 点 数 のコンピュータへの 入 力 得 点 一 覧 表 ( 短 冊 )から 全 受 検 者 全 教 科 の 点 数 をコンピュータに 入 力 する 小 問 ごとの 得 点 についても 別 途 コンピュータに 入 力 し 集 計 のチェックを 行 う 合 否 判 定 資 料 の 作 成 中 学 校 からの 調 査 書 の 評 定 と 試 験 の 得 点 を 合 わせ 合 否 判 定 のための 資 料 を 作 成 する この 際 改 めて 無 作 為 抽 出 を 行 い 試 験 の 得 点 や 評 定 など 合 否 判 定 にかかる 全 項 目 について 入 力 等 の 誤 りがないか 確 認 する (2) 採 点 環 境 の 現 状 1 採 点 場 所 に 関 する 現 状 採 点 は 両 校 ともに 大 人 数 で 作 業 できるスペースが 確 保 できる 場 所 として 図 書 館 で 行 われていたが 教 科 ごとの 仕 切 りなどはなかった 2スケジュールに 関 する 現 状 今 回 の 後 期 選 抜 における 採 点 から 合 格 発 表 までの 流 れは 概 ね 以 下 の 通 りであっ た なお このスケジュールのうち 特 に7 日 から9 日 までの3 日 間 は 授 業 や 部 活 動 などの 学 校 教 育 活 動 を 休 止 し( 生 徒 は 家 庭 学 習 期 間 として 登 校 しない) 学 校 全 体 が 入 試 事 務 に 集 中 する 期 間 とされている 必 由 館 高 校 3 月 7 日 ( 水 ) 10:00~14:00 試 験 (1 日 目 / 国 理 英 ) 14:50~16:30 採 点 ( 国 理 英 ) 3 月 8 日 ( 木 ) 10:00~12:00 試 験 (2 日 目 / 社 数 ) 13:00~16:30 採 点 ( 国 理 英 の 残 り 社 数 ) 3 月 9 日 ( 金 ) 9:00~16:30 採 点 集 計 の 残 り コンヒ ュータ 入 力 千 原 台 高 校 3 月 7 日 ( 水 ) 10:00~14:00 試 験 (1 日 目 / 国 理 英 ) 14:50~16:30 採 点 ( 国 ) 理 英 は 採 点 準 備 7

9 3 月 8 日 ( 木 ) 10:00~12:00 試 験 (2 日 目 / 社 数 ) 13:00~16:30 採 点 ( 国 の 残 り 理 英 社 数 ) 3 月 9 日 ( 金 ) 9:00~16:30 採 点 集 計 の 残 り コンヒ ュータ 入 力 以 下 共 通 3 月 12 日 ( 月 ) 合 否 判 定 資 料 作 成 3 月 13 日 ( 火 ) 合 否 判 定 会 議 3 月 14 日 ( 水 ) 合 格 発 表 2 採 点 事 務 の 課 題 両 校 の 事 務 処 理 の マニュアル にあたる 実 施 要 項 の 採 点 事 務 に 関 する 記 述 につ いてみると 両 校 とも 職 員 を 教 科 ごとに 数 人 ずつのグループに 分 けて 採 点 集 計 を 行 うこととしており 特 に 必 由 館 高 校 では 以 下 のような 具 体 的 な 手 順 が 記 されていた 必 由 館 高 校 実 施 要 項 に 記 載 された 採 点 事 務 の 手 順 採 点 は2 回 行 う 1 回 目 は 赤 色 で 採 点 し 小 問 毎 に 点 数 を 赤 色 で 書 き 答 案 表 紙 のチェック 欄 に 署 名 する 2 回 目 は 青 色 で1 回 目 の 採 点 を 点 検 し 正 しいときは 点 数 を 円 で 囲 み 誤 り がある 場 合 は1 回 目 の 採 点 者 が 訂 正 し その 箇 所 に 捺 印 する 点 検 が 完 了 し たら 答 案 表 紙 のチェック 欄 に 署 名 する 合 計 点 を 別 々の 集 計 者 により2 回 集 計 する 1 回 目 は 合 計 点 を 赤 色 で 書 き 答 案 表 紙 のチェック 欄 に 署 名 する 2 回 目 は 青 色 で1 回 目 の 集 計 を 点 検 し 正 しいときは 合 計 点 を 円 で 囲 み 誤 りがある 場 合 は1 回 目 の 集 計 者 が 訂 正 し その 箇 所 に 捺 印 する 点 検 が 完 了 したら 答 案 表 紙 のチェック 欄 に 署 名 する しかしながら 職 員 の 聴 き 取 り 等 の 結 果 採 点 事 務 の 手 順 は 各 教 科 に 任 されており 記 述 通 りに 行 っていない 教 科 もあるなど その 内 容 は 徹 底 されていなかった また 千 原 台 高 校 の 実 施 要 項 は 答 案 そのものの 情 報 開 示 もあり 得 るので 採 点 は 丁 寧 にわかりやすく 採 点 基 準 を 明 確 にし ミスのないように 気 をつける との 一 般 的 な 記 述 があるものの 具 体 的 な 実 施 手 順 や 方 法 などについては 示 されていなかった その 結 果 両 校 の 採 点 事 務 は 学 校 ( 教 科 )ごとに 若 干 の 違 いはあるものの 1 採 点 事 務 の 各 過 程 2 採 点 環 境 の 各 々において 概 ね 以 下 のような 課 題 があった (1) 採 点 事 務 の 各 過 程 における 課 題 1 採 点 準 備 における 課 題 採 点 委 員 の 任 命 問 題 解 答 採 点 基 準 の 作 成 教 科 主 任 に 対 し 当 該 教 科 の 採 点 事 務 の 実 務 の 責 任 者 であるという 明 確 な 任 命 8

10 がされておらず その 責 任 体 制 が 明 確 でない 面 があった 採 点 に 関 する 具 体 的 な 手 順 や 方 法 等 が 示 されていなかった 日 程 やスケジュールを 確 認 しないまま 採 点 をした 者 がいた 全 員 が 問 題 を 解 く 時 間 が 設 定 されていなかった 担 当 箇 所 の 割 当 問 題 再 解 答 採 点 基 準 の 確 認 教 科 主 任 の 責 任 が 不 明 確 なまま 担 当 箇 所 の 割 当 がはっきりとした 形 で 行 われ ていなかった 例 があった その 結 果 担 当 箇 所 が 不 明 確 なまま 採 点 が 早 く 終 わった 者 が 別 の 箇 所 を 手 伝 う 例 があった 担 当 する 問 題 について 十 分 な 理 解 をせずに 採 点 を 行 った 教 科 があった 具 体 的 な 採 点 基 準 が 示 されず 採 点 委 員 間 の 共 通 理 解 が 不 十 分 な 教 科 があった 2 採 点 業 務 における 課 題 小 問 採 点 総 じて 採 点 業 務 に 関 する 報 告 連 絡 相 談 体 制 がとられていない ある いは 不 十 分 であった 採 点 手 順 があいまいなまま 採 点 業 務 を 行 った 教 科 があった 採 点 基 準 が 修 正 された 場 合 そのことが 用 紙 等 に 記 録 されておらず 指 示 が 徹 底 していなかった 教 科 があった 教 科 によっては 進 度 の 差 により 焦 りを 感 じた 者 がいた 2 回 目 の 採 点 ( 点 検 )において 1 回 目 と 同 じように 予 断 を 持 たずに 採 点 をす べきところを 間 違 いはないという 思 い 込 みで 間 違 いを 見 過 ごした 者 がいた チェック 欄 への 押 印 やサインが 適 切 になされていない 教 科 があった 大 問 集 計 総 合 集 計 チェック 欄 への 押 印 やサインが 適 切 になされていない 教 科 があった 3 採 点 後 の 業 務 における 課 題 点 数 の 得 点 一 覧 表 ( 短 冊 )への 転 記 解 答 用 紙 から 短 冊 に 点 数 入 力 をする 際 に 転 記 ミスをする 恐 れがある 点 数 のコンピュータへの 入 力 短 冊 は コンピュータ 入 力 を 個 々の 解 答 用 紙 から 直 接 するのではなく 一 覧 表 を 通 じて 行 うことで 作 業 が 効 率 化 されるという 考 え 方 のもと これまで 用 いられてきたが 答 案 から 直 接 コンピュータ 入 力 することも 可 能 である 合 否 判 定 資 料 作 成 のためのコンピュータ 入 力 とは 別 に 得 点 集 計 チェックのた めのコンピュータ 入 力 が 行 われていた 合 否 判 定 資 料 の 作 成 合 否 判 定 資 料 全 体 の 再 チェックとして 無 作 為 抽 出 は 行 っていたが 得 点 につい て 再 度 の 全 件 チェックは 行 っていなかった (2) 採 点 環 境 における 課 題 1 採 点 場 所 に 関 する 課 題 教 科 ごとの 仕 切 りなどがないため 全 体 的 に 雑 然 とした 雰 囲 気 の 中 で 作 業 がなさ 9

11 れていた 2スケジュールに 関 する 課 題 職 員 の 聴 き 取 り 等 によると 職 員 に 余 裕 がなく 早 く 終 わらねばならない とい う 焦 りが 生 じていたなどの 意 見 があった ただし 作 業 の 計 画 や 進 捗 は 教 科 によってバラツキがあり 例 えば3 日 目 は 午 前 中 には 作 業 を 終 える 教 科 もあった 3その 他 の 課 題 改 めて 前 年 度 の 解 答 用 紙 を 確 認 しようとしたところ 本 市 教 育 委 員 会 が 策 定 した 平 成 23 年 度 熊 本 市 立 高 等 学 校 入 学 者 選 抜 事 務 処 理 要 項 において 解 答 用 紙 を 検 査 を 実 施 した 年 度 の 翌 年 度 末 まで 保 管 すること と 規 定 されていたにも 関 わらず 廃 棄 されていた 課 題 のまとめ このように 採 点 事 務 には 準 備 から 終 了 後 までの 一 連 の 過 程 また その 環 境 に おいて 多 くの 課 題 があることが 確 認 できたが 総 じて 両 校 ともに 事 務 の 体 制 について 校 長 から 採 点 委 員 に 至 るまで 組 織 としての 指 揮 命 令 系 統 や 責 任 の 所 在 が 不 明 確 で 適 切 な 時 期 に 適 切 な 指 示 説 明 がされていない 事 務 の 処 理 について 採 点 基 準 や 採 点 手 順 が 不 明 確 で 組 織 としての 統 一 された 方 法 での 処 理 がされていない など 事 務 を 行 う 組 織 としての 体 制 が 十 分 ではなかったことが 大 きな 課 題 として 指 摘 される 特 に 組 織 としての 統 一 された 処 理 がされていないことに 関 して 両 校 に 入 試 事 務 のマニュアルにあたる 実 施 要 項 はあるものの その 根 幹 となる 採 点 事 務 について の 詳 細 な 手 順 は 必 由 館 高 校 記 載 されていたものの 職 員 への 周 知 徹 底 が 不 十 分 であった 千 原 台 高 校 記 載 がなかった ため 職 員 の 事 務 処 理 の 共 通 の 基 盤 となるものが 明 確 に 存 在 せず 結 果 的 に 経 験 則 に 基 づく 教 科 ごとの 独 自 の 方 法 により 採 点 が 行 われていたことが 今 回 のミスの 根 源 であったと 考 えられる また 今 回 のミスのほとんどが 採 点 時 の 単 純 ミス であったことから 採 点 事 務 に 係 る 職 員 一 人 ひとりの 意 識 が 不 十 分 であり また 1 人 のミスをチェックする 仕 組 みも 十 分 に 機 能 していなかったと 指 摘 せざるを 得 ない 10

12 第 3 章 今 後 の 改 善 策 本 章 では 第 2 章 で 挙 げた 課 題 を 踏 まえ 今 後 の 改 善 策 について 採 点 事 務 の 各 過 程 採 点 事 務 に 従 事 する 各 役 職 採 点 環 境 のそれぞれに 示 す ただし 両 校 の 教 職 員 の 構 成 等 が 異 なることから 本 報 告 書 では 入 試 事 務 ( 特 に 採 点 事 務 )の 改 善 の 方 向 性 と 必 ず 行 わなければならない 両 校 共 通 の 事 項 等 を 示 すことと し 具 体 的 なマニュアルなど 実 務 の 詳 細 については それぞれの 実 情 に 応 じ 学 校 が 教 育 委 員 会 指 導 課 ( 入 試 事 務 を 所 管 )と 協 議 のうえ 作 成 することとする 1 採 点 事 務 の 各 過 程 における 改 善 策 (1) 採 点 準 備 における 改 善 策 1 採 点 委 員 の 任 命 問 題 解 答 採 点 基 準 の 作 成 校 長 が 教 科 ごとの 採 点 事 務 の 実 務 責 任 者 として 教 科 主 任 を 任 命 し その 責 務 を 明 確 化 させる 教 科 主 任 を 中 心 に 事 前 に 採 点 委 員 全 員 が 問 題 を 解 答 し 県 の 作 成 した 標 準 解 答 を 踏 まえ 学 校 としての 採 点 基 準 及 び 採 点 上 の 留 意 事 項 を 明 確 化 ( 用 紙 に 記 載 ) する 2 担 当 箇 所 の 割 当 問 題 再 解 答 採 点 基 準 の 確 認 教 科 内 の 担 当 箇 所 の 割 当 は 教 科 主 任 が 校 長 教 頭 教 務 主 任 と 協 議 のうえ 行 う 教 科 主 任 は 誰 もが 割 当 がわかるように 事 務 分 担 表 を 作 成 する 採 点 委 員 の 任 命 及 び 担 当 箇 所 の 割 当 にあたっては 単 に 命 じるのみならず その 業 務 内 容 スケジュール 等 とともに 責 任 の 所 在 を 明 確 化 したうえで 具 体 的 な 指 示 を 行 うなど 採 点 事 務 の 重 責 を 担 うことへの 自 覚 を 促 す 用 紙 に 記 載 された 採 点 基 準 及 び 留 意 事 項 は 採 点 委 員 全 員 に 周 知 し 共 有 化 を 図 る 採 点 委 員 は 改 めて 割 り 当 てられた 箇 所 の 問 題 を 解 き 採 点 基 準 及 び 留 意 事 項 と 照 合 する (2) 採 点 業 務 における 改 善 策 1 小 問 採 点 採 点 回 数 を 現 在 の2 回 から3 回 に 増 やす 採 点 委 員 は 原 則 として 事 前 の 割 り 当 てで 決 められた 箇 所 のみを 採 点 する 以 下 のような 採 点 の 具 体 的 なルールを 策 定 し 徹 底 させる 受 検 生 の 書 いた 文 字 の 上 には を 書 かない 訂 正 する 場 合 は 訂 正 箇 所 に 二 重 線 を 引 き その 採 点 を 行 った 者 全 員 の 訂 正 印 を 押 した 上 で 横 に 訂 正 を 記 入 する 採 点 基 準 についての 疑 問 が 出 てきた 場 合 教 科 主 任 に 相 談 する その 際 には 必 要 に 応 じて 教 科 主 任 が 全 員 の 作 業 をいったん 中 断 し 周 知 徹 底 を 図 る 採 点 基 準 の 追 加 修 正 は 教 科 主 任 が 行 い 用 紙 に 記 録 して 誰 もが 共 有 化 できる ようにする 11

13 2 大 問 集 計 3 総 合 集 計 それぞれにこれまで 同 様 2 回 行 うが 1 回 目 2 回 目 の 集 計 は 必 ず 違 う 者 が 行 う よう 徹 底 する (3) 採 点 後 の 業 務 における 改 善 策 1 点 数 の 得 点 表 一 覧 ( 短 冊 )への 転 記 作 業 時 間 の 浪 費 や 転 記 ミスのリスクなどのデメリットがある 一 方 で 得 点 表 一 覧 の 作 成 は 解 答 用 紙 から 直 接 コンピュータに 入 力 することで 可 能 であることから 今 後 は 行 わないようにする 2 点 数 のコンピュータへの 入 力 短 冊 は 使 用 せず 解 答 用 紙 から 直 接 入 力 する 採 点 業 務 を 担 当 した 職 員 がペアで 行 う 事 前 に 集 計 のチェックが 十 分 に 行 われているため 得 点 集 計 チェックのためのコ ンピュータ 入 力 は 行 わない 3 合 否 判 定 資 料 の 作 成 合 否 判 定 資 料 に 記 された 得 点 の 入 力 ミスを 防 ぐため 全 部 の 解 答 用 紙 とのチェッ クを 行 う また 合 格 ライン 前 後 の 解 答 用 紙 の 再 採 点 を 教 頭 教 務 主 任 立 会 いのもと 教 科 主 任 が 行 う 2 採 点 事 務 に 従 事 する 各 役 職 における 改 善 策 (1) 校 長 の 職 務 入 試 事 務 全 体 の 責 任 者 として 入 試 事 務 の 全 行 程 に 係 る 全 職 員 の 動 きを 統 括 する 教 科 ごとの 採 点 委 員 の 任 命 を 行 うとともに 教 科 ごとの 採 点 事 務 の 実 務 責 任 者 とし ての 教 科 主 任 の 責 務 を 明 確 化 させる (2) 教 頭 の 職 務 入 試 事 務 全 体 の 責 任 者 である 校 長 を 補 佐 する 者 として 教 務 主 任 と 連 携 を 取 りなが ら 教 科 主 任 採 点 委 員 を 指 導 する (3) 教 務 主 任 の 職 務 入 試 事 務 全 体 の 主 査 ( 実 務 を 統 括 する 責 任 者 )として 教 科 主 任 と 連 携 を 取 りなが ら 採 点 委 員 を 指 導 する 教 科 主 任 に 教 科 ごとの 事 務 分 担 表 や 採 点 基 準 を 提 出 させ( 基 準 が 変 更 になった 場 合 も 含 む) 学 校 としての 統 一 的 な 事 務 の 遂 行 を 統 括 する (4) 教 科 主 任 の 職 務 各 教 科 における 入 試 事 務 の 主 査 ( 実 務 責 任 者 )として 採 点 委 員 を 指 導 する 校 長 教 頭 教 務 主 任 と 協 議 のうえ 教 科 内 の 採 点 委 員 の 担 当 箇 所 の 割 当 を 行 うと 12

14 ともに 誰 もが 割 当 がわかるように 事 務 分 担 表 を 作 成 する 事 前 に 採 点 委 員 とともに 問 題 を 解 答 し 県 の 作 成 した 標 準 解 答 を 踏 まえ 学 校 とし ての 採 点 基 準 及 び 採 点 上 の 留 意 事 項 を 作 成 する 事 務 分 担 表 及 び 採 点 基 準 ( 基 準 が 変 更 になった 場 合 も 含 む)を 教 務 主 任 に 提 出 す る 採 点 委 員 と 協 議 のうえ 採 点 の 手 順 等 について 確 認 する 採 点 事 務 が 円 滑 に 進 むよう 事 務 の 進 捗 状 況 を 適 切 に 把 握 する 特 に 基 準 の 変 更 による 採 点 の 不 公 平 が 生 じないよう 留 意 する (5) 採 点 委 員 の 職 務 採 点 前 に 問 題 を 解 き 採 点 基 準 や 採 点 手 順 等 を 確 認 する 採 点 にあたり 採 点 基 準 等 に 疑 義 のある 場 合 は 教 科 主 任 に 確 認 する 原 則 として 事 前 の 割 り 当 てで 決 められた 箇 所 のみを 採 点 する 3 採 点 環 境 における 改 善 策 (1) 採 点 場 所 における 改 善 策 静 謐 な 環 境 を 確 保 することはもちろんのこと 他 教 科 との 採 点 時 間 の 差 による 心 理 的 あせりを 感 じないように 教 科 ごとに 場 所 を 分 けるなどの 工 夫 をする (2) スケジュール における 改 善 策 入 試 採 点 事 務 に 係 るスケジュールは 学 校 教 科 によって 若 干 の 違 いがあるが 職 員 に 余 裕 がなかった 焦 りが 生 じていた などの 意 見 があったことも 踏 まえ さらなる 創 意 工 夫 を 行 い 合 否 判 定 までに 要 する 期 間 を 最 大 限 有 効 に 活 用 するよう なスケジュールを 設 定 するとともに 作 業 の 進 行 管 理 を 徹 底 する 個 々 人 の 集 中 力 が 欠 けないよう 休 憩 の 時 間 や 場 所 などを 明 確 に 設 定 する (3)その 他 採 点 場 所 については 教 頭 の 責 任 のもと 入 室 管 理 を 徹 底 する 採 点 事 務 関 連 書 類 ( 事 務 分 担 表 解 答 用 紙 採 点 基 準 )は 教 科 主 任 及 び 教 務 主 任 が 確 認 のうえ 校 長 の 管 理 監 督 のもと 教 頭 が 金 庫 に 保 管 する また これらの 書 類 は 教 育 委 員 会 が 提 出 を 求 めた 場 合 を 除 き 検 査 を 実 施 した 年 度 の 翌 年 度 末 まで 保 管 する 13

15 第 4 章 まとめ これまで 両 校 における 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 を 検 証 するとともに 課 題 を 解 決 する ための 改 善 策 について 整 理 を 行 ってきた 今 後 は ここで 示 された 改 善 の 方 向 性 を 基 本 に 両 校 の 実 情 を 踏 まえた マニュアル を 作 成 することになる 来 年 度 からの 入 試 事 務 の 遂 行 にあたり 実 務 の 拠 り 所 となる マニュアル を 整 備 する ことは 極 めて 重 要 であるが それ 以 上 に 第 2 章 で 述 べたように 総 じて 両 校 の 事 務 を 行 う 組 織 としての 体 制 が 十 分 ではなかったことが 今 回 のミスの 根 本 とも 言 える 大 き な 要 因 と 思 われる そこで まず 両 校 においては 校 長 をはじめ 職 員 一 人 ひとりが 入 学 試 験 という 子 どもたちの 重 大 な 進 路 決 定 に 関 わることへの 責 任 の 重 さを 改 めて 自 覚 しながら 強 い 意 識 と 高 い 集 中 力 をもって 業 務 に 取 り 組 んでいくことが 何 よりも 重 要 と 考 えられる また 職 員 相 互 の 報 告 連 絡 相 談 をきめ 細 かく 行 うなど 一 定 の 統 一 された 意 思 を 有 する 組 織 としての 体 制 をさらに 強 化 することが 必 要 である さらに 教 育 委 員 会 においても 指 導 課 を 中 心 に 学 校 における 円 滑 な 入 試 事 務 の 遂 行 に 向 けて 必 要 な 支 援 を 行 うことが 求 められる 今 回 の 入 試 ミスは 損 害 を 被 った 受 検 生 及 びご 家 族 に 対 して 極 めて 遺 憾 なものであっ たとともに 本 市 教 育 への 市 民 の 信 頼 を 大 きく 損 なうものであった 失 われた 信 頼 の 回 復 は 容 易 でないが 両 校 のみならず 教 育 委 員 会 全 体 が 今 回 の 過 ち を 真 摯 に 反 省 しつつ 教 育 委 員 会 と 学 校 がさらなる 連 携 を 図 りながら 今 後 の 入 試 事 務 に 万 全 の 体 制 で 臨 み 適 正 な 入 試 事 務 の 遂 行 という 実 績 を 一 つひとつ 積 み 上 げていく ことが 市 民 の 信 頼 回 復 につながっていくと 考 えられる 14

16 資 料 1 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 設 置 要 綱 制 定 平 成 24 年 4 月 6 日 教 育 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 熊 本 市 立 2 高 校 の 後 期 入 学 試 験 における 採 点 ミスの 原 因 を 究 明 するとともに 再 発 防 止 に 向 けた 改 善 策 を 検 討 し 適 正 な 入 試 事 務 の 遂 行 による 市 民 の 信 頼 回 復 のため 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )を 設 置 する ( 所 掌 事 項 ) 第 2 条 委 員 会 は 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 を 所 掌 する (1) 採 点 ミスの 原 因 究 明 (2) 再 発 防 止 に 向 けた 改 善 策 の 検 討 (3)その 他 必 要 と 認 められる 事 項 ( 構 成 ) 第 3 条 委 員 会 の 委 員 は 次 の 各 号 に 掲 げる 職 にある 者 で 構 成 する (1) 教 育 委 員 会 事 務 局 次 長 ( 以 下 次 長 という ) (2) 教 育 政 策 課 長 (3) 学 務 課 長 (4) 教 職 員 課 長 (5) 指 導 課 長 (6) 必 由 館 高 等 学 校 長 (7) 千 原 台 高 等 学 校 長 2 委 員 会 に 委 員 長 及 び 副 委 員 長 を 置 く 3 委 員 長 は 教 育 政 策 課 を 所 管 する 次 長 をもって 充 てる 4 委 員 長 は 委 員 会 を 代 表 し 会 務 を 総 理 する 5 副 委 員 長 は 次 長 ( 第 3 項 に 定 める 次 長 を 除 く )をもって 充 てる 6 副 委 員 長 は 委 員 長 を 補 佐 し 委 員 長 に 事 故 があるときはその 職 務 を 代 理 する 7 委 員 会 は 委 員 長 がこれを 招 集 する 8 委 員 長 は 必 要 があると 認 めるときは 関 係 者 に 委 員 会 への 出 席 を 求 め その 意 見 を 聴 き 又 は 資 料 の 提 出 を 求 めることができる ( 検 証 部 会 ) 第 4 条 委 員 会 に 入 試 事 務 の 検 証 調 査 を 行 うために 検 証 部 会 ( 以 下 部 会 という ) を 置 くことができる 2 部 会 に 部 会 長 を 置 き 指 導 課 長 をもって 充 てる 3 部 会 の 構 成 員 は 指 導 課 の 職 員 をもって 充 てる 4 部 会 は 部 会 長 がこれを 招 集 する ( 庶 務 ) 第 5 条 委 員 会 に 関 する 庶 務 は 教 育 政 策 課 で 行 う ( 補 則 ) 第 6 条 この 要 綱 に 定 めるもののほか 委 員 会 の 運 営 に 必 要 な 事 項 は 別 に 定 める 附 則 この 要 綱 は 制 定 の 日 から 施 行 する 15

17 2 聴 き 取 り 調 査 の 結 果 採 点 の 日 程 体 制 役 割 の 認 識 聞 き 取 り 内 容 必 由 館 高 校 千 原 台 高 校 1 時 間 設 定 は 十 分 だったか 2あせり 感 はな かったか 1 個 人 の 役 割 に 対 して 認 識 や 責 任 感 はあっ たか 2 組 織 として 機 能 していたか 指 示 の 有 無 や 責 任 の 所 在 の 確 認 3 役 割 分 担 の 決 め 方 はどうだ ったか 1 採 点 の 手 順 は どのように 示 されたか 採 点 1 時 間 的 には 十 分 だという 意 見 が 多 か った 経 験 の 浅 い 者 は 時 間 がないと 感 じてい る 者 もいた 早 く 終 わらせようとする 焦 りを 感 じて いた 者 が 多 かった 他 教 科 の 動 きを 気 にする 傾 向 が 見 られ た 事 前 に 問 題 を 解 いているのは 採 点 担 当 箇 所 のみがほとんどであった 採 点 者 の 中 には 問 題 を 解 かずに 採 点 をした 者 がいた 採 点 業 務 が 始 まる 前 に 全 体 に 校 長 教 頭 教 務 より 心 構 えや 採 点 手 順 につ いて 話 があった 詳 細 な 指 示 説 明 がないまま 採 点 業 務 が 始 まっている 教 科 があった 教 科 主 任 が 指 示 説 明 を 行 う 責 任 者 で あるという 位 置 づけが 不 明 確 であっ た その 場 で 採 点 担 当 箇 所 を 決 定 してい る 役 割 分 担 に 関 しては 教 科 主 任 が 指 示 をした 教 科 もあった 教 科 により 具 体 的 な 指 示 の 有 無 や 指 示 の 内 容 はまちまちである 要 項 どおりに 行 った 教 科 と 小 問 の 得 点 の 集 計 を 同 時 に 行 った 教 科 がある 時 間 的 には 十 分 だという 意 見 が 多 か った 焦 りを 感 じている 教 科 と 感 じていない 教 科 があった 多 くの 教 科 で 採 点 を 早 く 済 ませたい という 意 識 が 見 受 けられた 採 点 事 務 に 対 する 意 識 の 差 が 大 きい 教 科 主 任 が 指 示 説 明 を 行 う 責 任 者 で あるという 位 置 づけが 不 明 確 であっ た 連 携 がなされ 指 示 が 細 やかになされ ていた 教 科 があった その 場 で 採 点 担 当 箇 所 を 決 定 してい る 事 前 に 割 り 振 りがなされていた 教 科 も あった 教 科 により 具 体 的 な 指 示 の 有 無 や 指 示 の 内 容 はまちまちである 教 務 から 口 頭 で 説 明 はあったが 教 科 内 で 採 点 者 への 指 示 はなく 徹 底 し ていない 採 点 の 手 順 採 点 2 大 問 集 計 1 大 問 集 計 2 総 合 集 計 1 要 項 どおりに 行 った 教 科 と 小 問 の 得 点 の 集 計 確 認 を 同 時 に 行 った 教 科 があ る 教 科 によっては 小 問 の 得 点 を 合 計 し 大 問 の 得 点 を 確 認 する 係 がいた 要 項 にはこの 係 の 位 置 づけと 役 割 の 説 明 はない 教 科 によっては 小 問 の 得 点 を 合 計 し 大 問 の 得 点 を 確 認 する 係 がいた 要 項 にはこの 係 の 位 置 づけと 役 割 の 説 明 はない 要 項 どおりにしている 教 科 があった 要 項 では 1 回 目 は 合 計 点 を 赤 色 で 書 き 答 案 表 紙 のチェック 欄 に 署 名 す る となっている 教 務 から 口 頭 で 説 明 はあったが 教 科 内 で 採 点 者 への 指 示 はなく 徹 底 し ていない 役 割 なし 手 順 が 違 う 教 科 があった 記 入 する 係 りや 方 法 は 教 科 により 異 なっていた 役 割 なし 手 順 が 違 う 教 科 があった 記 入 する 係 りや 方 法 は 教 科 により 異 なっていた 手 順 が 違 う 教 科 があった 要 項 には この 係 りの 位 置 づけと 役 割 の 説 明 はない 16

18 総 合 集 計 2 手 順 に 関 する 問 題 点 要 項 どおりにしている 教 科 があった 要 項 では 2 回 目 は 青 色 で1 回 目 の 集 計 を 点 検 し 正 しいときは 合 計 点 を 円 で 囲 み 誤 りがある 場 合 は1 回 目 の 集 計 者 が 訂 正 し その 箇 所 に 捺 印 する 点 検 が 完 了 したら 答 案 表 紙 のチェック 欄 に 署 名 する となっている 第 2 採 点 者 のチェック 機 能 が 適 切 に 働 いていないと 考 えられる 教 科 があっ た 要 項 の 手 順 に 問 題 がある ( 小 問 の 集 計 をし 大 問 の 得 点 を 記 入 する 係 の 記 述 がない ) 手 順 が 違 う 教 科 があった 要 項 には この 係 りの 位 置 づけと 役 割 の 説 明 はない 要 項 に 手 順 がない 手 順 の 統 一 性 がなく 教 科 による 詳 細 な 説 明 がない 詳 細 な 手 順 の 説 明 があっている 教 科 が あった ミスの 防 止 に 対 する 意 識 が 低 い 採 点 の 基 準 1どのように 決 定 されたか 2 共 有 の 範 囲 3 記 録 の 残 し 方 教 科 で 話 し 合 っている 場 合 と 採 点 箇 所 の 担 当 者 のみで 決 められている 場 合 が ある 不 明 な 点 についてはそのつど 確 認 十 分 な 採 点 基 準 の 設 定 ができていない 県 からの 標 準 解 答 を 参 考 にしている 事 前 に 話 し 合 われた 採 点 基 準 は 大 問 担 当 者 のみで 共 有 している 問 題 全 体 を 把 握 できている 者 は 少 ない 統 一 したものはなく 教 科 によりまち まちであった 教 科 のみで 話 し 合 っている 場 合 と 大 問 担 当 者 のみで 決 められている 場 合 があ る 最 初 の 打 ち 合 わせや 指 示 がなく 途 中 で 確 認 しながら 進 んでいる 教 科 があ った 採 点 前 記 述 問 題 の 採 点 基 準 について 十 分 に 協 議 した 教 科 があった 県 からの 標 準 解 答 を 参 考 にしている 事 前 に 話 し 合 われた 採 点 基 準 は 大 問 担 当 者 のみで 共 有 している 採 点 1の 担 当 が 作 った 採 点 基 準 を 口 頭 で 申 し 送 りをした 教 科 があった 統 一 したものはなく 教 科 によりまち まちであった 17

19 3 アンケート 調 査 対 象 両 校 教 諭 及 び 常 勤 講 師 ( 必 由 館 61 人 千 原 台 43 人 ) 時 期 平 成 24 年 4 月 24 日 ( 千 原 台 ) 平 成 24 年 4 月 25 日 ( 必 由 館 ) 方 法 アンケート 用 紙 を 配 布 し 後 日 回 収 趣 旨 再 発 防 止 のために 学 校 と 委 員 会 とが 一 体 となって 防 止 策 を 検 討 する 採 点 集 計 に 関 わる 者 全 員 で 防 止 策 を 検 討 する 直 接 携 わる 者 の 思 いを 生 かした 防 止 策 を 検 討 する (1)アンケート 調 査 用 紙 採 点 や 集 計 を 始 める 前 1 あなたは 採 点 や 集 計 を 始 める 前 に どこに 問 題 があるからミスにつながった(つな がる)と 思 いますか 次 の1)~10)の 中 から3つ 選 び 番 号 に 印 を 付 けてくだ さい 1) 採 点 のスケジュールや 終 了 予 定 日 時 の 未 確 認 2) 採 点 業 務 の 中 心 となる 者 が 不 明 確 3) 採 点 する 箇 所 の 不 明 確 さ 4) 具 体 的 な 採 点 手 順 の 未 確 認 5) 学 力 検 査 問 題 の 内 容 理 解 の 不 足 6) 採 点 基 準 の 未 確 認 7) 採 点 に 関 する 要 項 等 の 内 容 把 握 の 不 足 8) 管 理 職 や 教 務 主 任 の 指 示 が 不 徹 底 9) 選 抜 について 職 員 会 議 での 説 明 が 不 足 10) 具 体 的 な 手 順 についての 説 明 や 指 示 が 不 足 2 上 記 1)~10) 以 外 のことで あなたがミスにつながった(つながる)と 思 うこ とを 教 えてください ( 採 点 や 集 計 を 始 める 前 に 関 して) 3 ミスを 起 こさないために あなたが 大 切 だと 思 うことを 教 えてください ( 採 点 や 集 計 を 始 める 前 に 関 して) 全 員 回 答 してください 採 点 集 計 中 1 あなたは 採 点 集 計 中 どこに 問 題 があるからミスにつながった(つながる)と 思 いますか 次 の1)~10)の 中 から3つ 選 び 番 号 に 印 を 付 けてください 1) 適 度 な 休 憩 の 不 足 2) 疑 問 や 迷 いが 生 じたときの 問 題 解 決 への 対 策 不 足 3) 採 点 基 準 についての 共 通 理 解 及 び 検 討 時 間 の 不 足 18

20 4) 採 点 箇 所 の 中 途 変 更 や 追 加 5) 他 教 科 の 進 み 具 合 へのあせり 感 6) 業 務 の 中 心 となる 者 からの 指 示 の 未 確 認 ( 理 解 不 足 ) 7) 採 点 に 関 する 要 項 手 順 等 の 内 容 把 握 の 不 足 8) 管 理 職 や 教 務 主 任 の 指 示 が 不 徹 底 9) 選 抜 について 職 員 会 議 での 説 明 が 不 足 10) 具 体 的 な 手 順 についての 説 明 や 指 示 が 不 足 2 裏 面 の1)~10) 以 外 のことで あなたがミスにつながった(つながる)と 思 う ことを 教 えてください ( 採 点 集 計 中 に 関 して) 3 ミスを 起 こさないために あなたが 大 切 だと 思 うことを 教 えてください ( 採 点 集 計 中 に 関 して) 全 員 回 答 してください 採 点 後 ( 点 数 の 転 記 得 点 の 入 力 ) 1 あなたは 採 点 後 の 作 業 のどこに 問 題 があるからミスにつながった(つながる)と 思 いますか 次 の1)~10)の 中 から3つ 選 び 番 号 に 印 を 付 けてください 1) 適 度 な 休 憩 の 不 足 2) 疑 問 や 迷 いが 生 じたときの 問 題 解 決 への 対 策 不 足 3) 得 点 の 転 記 や 入 力 作 業 の 手 順 についての 理 解 不 足 4) 得 点 の 集 計 表 や 一 覧 表 など データ 入 力 作 業 の 煩 雑 さ 5) 他 教 科 の 進 み 具 合 へのあせり 感 6) 業 務 の 中 心 となる 者 からの 指 示 の 未 確 認 ( 理 解 不 足 ) 7) 入 力 作 業 のための 人 員 や 時 間 の 不 足 8) 管 理 職 や 教 務 主 任 の 指 示 が 不 徹 底 9) 選 抜 について 職 員 会 議 での 説 明 が 不 足 10) 具 体 的 な 手 順 についての 説 明 や 指 示 が 不 足 2 上 記 1)~10) 以 外 のことで あなたが 転 記 ミスや 入 力 ミスにつながった(つな がる)と 思 うことを 教 えてください ( 点 数 の 転 記 得 点 の 入 力 に 関 して) 3 転 記 ミスや 入 力 ミスを 起 こさないために あなたが 大 切 だと 思 うことを 教 えてくだ さい ( 点 数 の 転 記 得 点 の 入 力 に 関 して) 全 員 回 答 してください 19

21 (2)アンケート 調 査 の 結 果 採 点 や 集 計 を 始 める 前 1 選 択 による 回 答 (1から10の 項 目 から3つを 選 択 する 表 中 の 網 掛 けは30% 以 上 の 回 答 があったもの) 原 因 主 たる 関 係 者 内 容 選 択 項 目 (10の 選 択 肢 の 中 から3つ 選 ぶ) 必 由 館 千 原 台 合 計 採 点 者 個 人 理 解 1) 採 点 のスケジュールや 終 了 予 定 日 時 の 未 確 認 18% 5% 13% 管 理 監 督 者 指 示 説 明 2) 採 点 業 務 の 中 心 となる 者 が 不 明 確 26% 21% 24% 管 理 監 督 者 指 示 説 明 3) 採 点 する 箇 所 の 不 明 確 さ 10% 16% 13% 採 点 者 個 人 理 解 4) 具 体 的 な 採 点 手 順 の 未 確 認 57% 70% 63% 採 点 者 個 人 理 解 5) 学 力 検 査 問 題 の 内 容 理 解 の 不 足 30% 28% 29% 採 点 者 個 人 理 解 6) 採 点 基 準 の 未 確 認 52% 28% 42% 採 点 者 個 人 理 解 7) 採 点 に 関 する 要 項 等 の 内 容 把 握 の 不 足 25% 28% 26% 管 理 監 督 者 指 示 説 明 8) 管 理 職 や 教 務 主 任 の 指 示 が 不 徹 底 7% 23% 13% 管 理 監 督 者 指 示 説 明 9) 選 抜 について 職 員 会 議 での 説 明 が 不 足 7% 12% 9% 管 理 監 督 者 指 示 説 明 10) 具 体 的 な 手 順 についての 説 明 や 指 示 が 不 足 34% 67% 48% 61 人 中 43 人 中 104 人 中 2 自 由 記 述 による 回 答 ( 回 答 を 内 容 で 分 類 した ( ) 内 は アンケート 対 象 者 総 数 に 対 する 割 合 ) 原 因 主 たる 関 係 者 内 容 必 由 館 千 原 台 主 な 回 答 採 点 者 個 人 意 識 20 (33%) 6 (14%) ミスが 許 されないという 自 覚 と 責 任 感 や 緊 張 感 の 欠 如 早 く 終 わらせたいという 気 持 ちのあせりによる 正 確 さの 欠 如 採 点 者 個 人 理 解 6 (10%) 3 (7%) 管 理 監 督 者 業 務 環 境 8 (13%) 5 (12%) 管 理 監 督 者 指 示 説 明 8 (13%) 6 (14%) 管 理 監 督 者 作 業 内 容 6 (10%) 8 (19%) 採 点 基 準 の 理 解 不 足 検 査 問 題 の 内 容 理 解 の 不 足 採 点 基 準 の 不 明 確 さ 緊 張 による 疲 労 とストレスの 蓄 積 作 業 に 必 要 な 職 員 の 確 保 業 務 分 担 採 点 基 準 の 不 明 確 さと 指 示 説 明 の 確 保 具 体 的 な 採 点 手 順 のマニュアル 化 ができていない ( 千 ) 分 担 以 外 の 箇 所 の 採 点 を 手 伝 うことに 問 題 がある 再 検 システムに 問 題 があり マニュアルがない ( 千 ) 3 改 善 策 主 たる 関 係 者 内 容 必 由 館 千 原 台 主 な 回 答 採 点 者 個 人 意 識 23 (38%) 10 (23%) ミスを 起 こさない 慎 重 さと 責 任 感 の 自 覚 と 心 構 え 採 点 に 余 裕 を 持 って 臨 む 採 点 者 個 人 理 解 3 (5%) 4 (9%) 管 理 監 督 者 業 務 環 境 8 (13%) 5 (12%) 管 理 監 督 者 指 示 説 明 10 (16%) 21 (49%) 管 理 監 督 者 作 業 内 容 23 (38%) 14 (33%) 採 点 基 準 を 理 解 して 採 点 する 採 点 者 全 員 での 採 点 手 順 の 共 通 理 解 採 点 にかかる 時 間 的 余 裕 が 持 てるスケジュールの 設 定 集 中 して 採 点 できる 環 境 が 必 要 手 順 等 に 関 する 指 示 の 徹 底 採 点 体 制 の 構 築 採 点 スケジュールや 手 順 のマニュアルの 作 成 と 確 認 ( 千 ) 点 検 回 数 を 増 やす 複 数 で 点 検 作 業 をすること 20

22 採 点 集 計 中 1 選 択 による 回 答 (1から10の 項 目 から3つを 選 択 する 表 中 の 網 掛 けは30% 以 上 の 回 答 があったもの) 原 因 主 たる 関 係 者 内 容 選 択 項 目 (10の 選 択 肢 の 中 から3つ 選 ぶ) 必 由 館 千 原 台 合 計 管 理 監 督 者 業 務 環 境 1) 適 度 な 休 憩 の 不 足 48% 12% 33% 管 理 監 督 者 指 示 説 明 2) 疑 問 や 迷 いが 生 じたときの 問 題 解 決 への 対 策 不 足 43% 37% 40% 管 理 監 督 者 指 示 説 明 3) 採 点 基 準 についての 共 通 理 解 及 び 検 討 時 間 の 不 足 69% 67% 68% 採 点 者 個 人 意 識 4) 採 点 箇 所 の 中 途 変 更 や 追 加 31% 30% 31% 採 点 者 個 人 意 識 5) 他 教 科 の 進 み 具 合 へのあせり 感 36% 47% 40% 採 点 者 個 人 理 解 6) 業 務 の 中 心 となる 者 からの 指 示 の 未 確 認 ( 理 解 不 足 ) 11% 28% 18% 採 点 者 個 人 理 解 7) 採 点 に 関 する 要 項 手 順 等 の 内 容 把 握 の 不 足 13% 23% 17% 管 理 監 督 者 指 示 説 明 8) 管 理 職 や 教 務 主 任 の 指 示 が 不 徹 底 3% 12% 7% 管 理 監 督 者 指 示 説 明 9) 選 抜 について 職 員 会 議 での 説 明 が 不 足 3% 2% 3% 管 理 監 督 者 指 示 説 明 10) 具 体 的 な 手 順 についての 説 明 や 指 示 が 不 足 18% 35% 25% 61 人 中 43 人 中 104 人 中 2 自 由 記 述 による 回 答 ( 回 答 を 内 容 で 分 類 した ( ) 内 は アンケート 対 象 者 総 数 に 対 する 割 合 ) 原 因 主 たる 関 係 者 内 容 必 由 館 千 原 台 主 な 回 答 採 点 者 個 人 意 識 13 (21%) 8 (19%) ミスが 許 されないという 自 覚 と 責 任 感 や 緊 張 感, 集 中 力,の 欠 如 早 く 終 わらせたいという 気 持 ちのあせりによる 正 確 さの 欠 如 採 点 者 個 人 理 解 3 (5%) 4 (9%) 管 理 監 督 者 業 務 環 境 7 (11%) 5 (12%) 管 理 監 督 者 指 示 説 明 3 (5%) 5 (12%) 管 理 監 督 者 作 業 内 容 13 (21%) 11 (26%) 自 分 ひとりの 判 断 で 採 点 採 点 基 準 の 不 明 確 さ 休 憩 を 取 りにくい 雰 囲 気 採 点 場 所 の 狭 さと 落 ち 着 かない 雰 囲 気 ( 千 ) 業 務 分 担 と 採 点 手 順 の 指 示 説 明 不 足 採 点 基 準 の 確 認 不 足 採 点 者 の 割 り 振 りに 工 夫 が 必 要 ( 千 ) 再 検 システム 採 点 分 担 に 問 題 がある 3 改 善 策 主 たる 関 係 者 内 容 必 由 館 千 原 台 主 な 回 答 採 点 者 個 人 意 識 19 (31%) 14 (33%) 採 点 者 個 人 理 解 3 (5%) 8 (19%) 管 理 監 督 者 業 務 環 境 16 (26%) 12 (28%) 管 理 監 督 者 指 示 説 明 10 (16%) 7 (16%) 管 理 監 督 者 作 業 内 容 19 (31%) 17 (40%) 緊 張 感 と 責 任 感 集 中 力 を 持 って 採 点 集 計 にあたる 間 違 いがあることを 前 提 に 点 検 確 認 する 他 教 科 の 進 行 に 影 響 されない 手 順 についての 共 通 理 解 とその 遵 守 疑 問 点 があれば 確 認 する 集 中 できる 環 境 づくり 十 分 な 時 間 を 確 保 適 度 な 休 憩 手 順 についての 説 明 を 確 実 に 行 い 徹 底 する 口 頭 及 び 文 書 で 確 認 経 験 の 少 ない 教 員 に 十 分 な 指 示 と 説 明 二 重 チェックを 三 重 チェックする 採 点 基 準 の 明 確 化 と 採 点 作 業 の 手 順 の 共 通 理 解 21

23 採 点 後 1 選 択 による 回 答 (1から10の 項 目 から3つを 選 択 する 表 中 の 網 掛 けは30% 以 上 の 回 答 があったもの) 原 因 主 たる 関 係 者 内 容 選 択 項 目 (10の 選 択 肢 の 中 から3つ 選 ぶ) 必 由 館 千 原 台 合 計 管 理 監 督 者 業 務 環 境 1) 適 度 な 休 憩 の 不 足 44% 9% 30% 管 理 監 督 者 指 示 説 明 2) 疑 問 や 迷 いが 生 じたときの 問 題 解 決 への 対 策 不 足 31% 33% 32% 採 点 者 個 人 理 解 3) 得 点 の 転 記 や 入 力 作 業 の 手 順 についての 理 解 不 足 39% 56% 46% 管 理 監 督 者 業 務 内 容 4) 得 点 の 集 計 表 や 一 覧 表 など データ 入 力 作 業 の 煩 雑 さ 49% 53% 51% 採 点 者 個 人 意 識 5) 他 教 科 の 進 み 具 合 へのあせり 感 23% 37% 29% 採 点 者 個 人 理 解 6) 業 務 の 中 心 となる 者 からの 指 示 の 未 確 認 ( 理 解 不 足 ) 16% 30% 22% 管 理 監 督 者 業 務 環 境 7) 入 力 作 業 のための 人 員 や 時 間 の 不 足 34% 19% 28% 管 理 監 督 者 指 示 説 明 8) 管 理 職 や 教 務 主 任 の 指 示 が 不 徹 底 3% 12% 7% 管 理 監 督 者 指 示 説 明 9) 選 抜 について 職 員 会 議 での 説 明 が 不 足 2% 5% 3% 管 理 監 督 者 指 示 説 明 10) 具 体 的 な 手 順 についての 説 明 や 指 示 が 不 足 11% 40% 23% 61 人 中 43 人 中 104 人 中 2 自 由 記 述 による 回 答 ( 回 答 を 内 容 で 分 類 した ( ) 内 は アンケート 対 象 者 総 数 に 対 する 割 合 ) 原 因 主 たる 関 係 者 内 容 必 由 館 千 原 台 主 な 回 答 採 点 者 個 人 意 識 14 (23%) 8 (19%) 採 点 者 個 人 理 解 3 (5%) 4 (9%) 管 理 監 督 者 業 務 環 境 3 (5%) 5 (12%) 管 理 監 督 者 指 示 説 明 2 (3%) 5 (12%) 合 っているだろうという 思 い 込 み ( 点 検 時 の 確 認 の 注 意 不 足 ) 限 られた 時 間 で 迅 速 に 作 業 しなければならない 心 理 的 負 担 記 入 欄 のずれ 聞 き 取 り 違 い 等 の 初 歩 的 ミス 配 点 等 を 確 実 に 把 握 して 入 力 していなかった 集 中 できる 環 境 が 必 要 ( 千 ) 時 間 の 確 保 具 体 的 に 細 かな 手 順 の 説 明 がなかったこと 採 点 前 の 全 体 への 十 分 な 指 示 の 不 足 管 理 監 督 者 作 業 内 容 7 (11%) 6 (14%) マニュアルが 文 章 化 されていなかったこと 入 力 し 易 いようにデータを 準 備 するべきであった 3 改 善 策 主 たる 関 係 者 内 容 必 由 館 千 原 台 主 な 回 答 採 点 者 個 人 意 識 32 (52%) 24 (56%) 採 点 者 個 人 理 解 0 (0%) 3 (7%) 管 理 監 督 者 業 務 環 境 11 (18%) 3 (7%) 管 理 監 督 者 指 示 説 明 0 (0%) 5 (12%) 管 理 監 督 者 作 業 内 容 17 (28%) 26 (60%) 責 任 を 持 って 採 点 集 計 にあたる 間 違 いがあることを 前 提 に 点 検 確 認 する 手 順 について 十 分 に 確 認 共 通 理 解 する ( 千 ) 採 点 の 仕 方 入 力 の 仕 方 を 十 分 確 認 しておく ( 千 ) 集 中 できる 環 境 づくり 十 分 な 時 間 の 確 保 手 順 についての 説 明 をしっかりと 行 い 徹 底 する ( 千 ) 責 任 者 を 各 教 科 で 明 確 化 する ( 千 ) 二 重 チェックを 三 重 チェックにする 特 定 の 職 員 に 負 担 がかからないようなシステム 作 り ( 必 ) 22

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

(Microsoft Word - \203}\203j\203\205\203A\203\213\226{\221\3140111.doc)

(Microsoft Word - \203}\203j\203\205\203A\203\213\226{\221\3140111.doc) Ⅰ 入 学 者 選 抜 にあたって 希 望 する 進 路 の 実 現 に 向 けて 真 剣 に 取 り 組 んでいる 受 検 者 の 心 に 十 分 応 えることができるよう 適 正 かつ 公 正 な 入 学 者 選 抜 を 行 う 採 点 をはじめ 入 学 者 選 抜 に 係 るミスは 受 検 生 や 保 護 者 に 不 安 感 を 与 え 高 校 教 育 に 対 する 不 信 を 招 く 重 大

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 い 関 する 行 動 規 範 平 成 27 月 6 月 1 日 制 定 国 立 病 院 機 構 における 研 究 活 動 とり 分 け 公 的 研 究 費 等 ( 注 )は 国 民 の 信 頼 と 負 託 によって 支 えられているものであり その 不 正 使 用 はこれを 大 きく 損

More information

平成12年度重点事項実施要領

平成12年度重点事項実施要領 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 実 施 結 果 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 について 実 施 した 結 果 は 次 のとおりであった 第 1 監 査 の 概 要 1 平 成 25 年 度 重 点 事 項 税 外 収 入 未 済 に 対 する 債 権 管 理 は 適 切 か 2 選 定 理 由 平 成 24 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 として

More information

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information

損害保険の保険金支払に関するガイドライン

損害保険の保険金支払に関するガイドライン 損 害 保 険 の 保 険 金 支 払 に 関 するガイドライン 一 般 社 団 法 人 日 本 損 害 保 険 協 会 2012 年 4 月 Ⅰ.はじめに ~ 本 ガイドラインの 目 的 ~... 2 Ⅱ. 保 険 金 支 払 にあたっての 基 本 姿 勢... 2 1.お 客 さまの 視 点 に 立 った 対 応... 2 2. 損 害 保 険 会 社 の 社 会 的 な 役 割 をふまえた 保

More information

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27 大 和 高 田 市 要 介 護 認 定 業 務 一 部 委 託 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 4 月 大 和 高 田 市 保 健 部 介 護 保 険 課 1 目 次 1. 委 託 業 務 の 概 要 1 (1) 背 景 及 び 目 的 1 (2) アウトソーシングの 基 本 的 な 考 え 方 1 (3) 受 託 者 に 求 めること 1 (4) 期 待 する 効 果 2 2. 委 託 内

More information

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量 Ⅰ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 マニュアルの 目 的 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 の 各 自 治 体 においてこれからの 本 格 的 な 復 興 を 円 滑 に 実 現 するために は 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 にあたり その 計 画 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 調 査 測 量 や 用 地 取 得 等 のため その

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体

More information

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート 自 己 評 価 用 経 営 層 合 議 用 作 成 日 ( 完 成 日 ) 施 設 事 業 所 名 厚 生 館 保 育 園 平 成 21 年 1 月 21 日 ( 役 職 名 ) ( 氏 名 ) 作 成 関 係 者 園 長 瀬 端 真 弓 カテゴリー 1.リーダーシップと 意 思 決 定 2. 経 営 における 社 会 的 責 任 3. 利

More information

(現行版)工事成績書と評定表をあわせた_docx

(現行版)工事成績書と評定表をあわせた_docx ( 現 行 の 様 式 ) 多 治 見 市 工 事 成 績 書 兼 報 告 書 業 種 コード( ) 工 事 担 当 部 課 名 部 課 工 事 番 号 第 号 工 事 名 工 事 工 事 場 所 多 治 見 市 町 丁 目 地 内 請 負 業 者 名 技 術 者 氏 名 監 理 主 任 技 術 者 現 場 代 理 人 契 約 金 額 ( 最 終 契 約 額 ) 円 工 期 年 月 日 から 年 月

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案)

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案) 地 方 公 務 員 の 新 たな 労 使 関 係 制 度 に 係 る 主 な 論 点 に 対 する 意 見 平 成 24 年 1 月 27 日 全 国 市 長 会 地 方 公 務 員 制 度 改 革 検 討 委 員 会 委 員 長 新 見 市 長 石 垣 正 夫 地 方 公 務 員 の 労 働 基 本 権 の 検 討 のあり 方 については 本 会 として 現 在 の 労 使 関 係 は これまでの

More information

税務事務業務委託仕様書

税務事務業務委託仕様書 別 紙 1 税 務 事 務 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 8 月 1 日 から 平 成 33 年 7 月 31 日 まで 単 年 度 契 約 であるが 初 年 度 を 含 み5 年 間 ( 予 定 )の 継 続 委 託 を 原 則 とする ただし 事 業 評 価 を 行 ったうえで 継 続 の 可 否 を 決 める また 番 号 制 度 における 情 報

More information

公金等取扱基本マニュアル

公金等取扱基本マニュアル 公 金 等 取 扱 事 務 の 管 理 適 正 化 方 針 平 成 25 年 11 月 清 水 町 はじめに 公 金 の 取 扱 事 務 は 法 令 及 びこれに 基 づく 町 の 財 務 規 則 を 根 拠 として これまで 財 務 規 則 の 運 用 通 知 や 適 宜 個 別 の 通 知 を 発 することにより 適 正 な 事 務 処 理 に 努 めてき たところであります そのような 中 で

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 に おける 職 員 のコンプライアンス 違 反 等 に 関 する 報 告 平 成 28 年 7 月 11 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 理 事 長 上 西 郁 夫 Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

1 平 成 28 年 度 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 3 月 高 崎 市 福 祉 部 長 寿 社 会 課 1. 募 集 の 趣 旨 本 市 では 施 設 入 所 を 必 要 とする 人 に 対 して 幅 広 い 選 択 肢 の 中 から 必 要 なサービスを 提 供 できる 体 制 を 整 備 するため 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

豊中市立特別養護老人ホームほづみ

豊中市立特別養護老人ホームほづみ 豊 中 市 立 介 護 老 人 保 健 施 設 指 定 管 理 者 提 案 要 項 平 成 27 年 (2015 年 )5 月 豊 中 市 健 康 福 祉 部 保 健 所 保 健 医 療 課 1. 基 本 的 事 項... 1 (1) 指 定 管 理 者 選 定 の 趣 旨... 1 (2) 基 本 条 件 運 営 方 針... 2 (3) 施 設 の 概 要... 3 2. 管 理 運 営 業 務

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

A最終報告書表紙・目次

A最終報告書表紙・目次 高 槻 市 学 校 工 事 施 工 調 査 報 告 書 平 成 26 年 3 月 高 槻 市 目 次 1 はじめに 1 2 施 工 不 良 の 判 明 と 施 工 中 の 耐 震 改 修 工 事 への 対 応 1 3 高 槻 市 学 校 工 事 施 工 調 査 委 員 会 の 設 置 (1) 設 置 目 的 と 検 討 事 項 2 (2) 施 工 中 の 工 事 契 約 について 3 4 資 料 調

More information

3 平 成 25 年 度 (2013 年 度 ) 紀 要 108 号 Ⅳ 学 校 組 織 マネジメントグループ 組 織 力 を 高 める 学 校 体 制 づくり - 組 織 的 な 学 校 間 連 携 首 席 と 学 校 組 織 マネジメント- 学 校 組 織 マネジメントグループ < 研 究 員 > 千 里 第 二 小 学 校 副 主 査 角 本 一 省 千 里 第 三 小 学 校 主 事 西 村 留

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20392E2088E397C38B408AED82CC90BB91A294CC94848CE392B28DB882CC8CBB8FF382C697AF88D3935F2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20392E2088E397C38B408AED82CC90BB91A294CC94848CE392B28DB882CC8CBB8FF382C697AF88D3935F2E70707478> 医 療 機 器 の 製 造 販 売 後 調 査 の 現 状 と 留 意 点 について 1 本 日 の 内 容 1. 関 連 法 規 2. 信 頼 性 適 合 性 書 面 調 査 の 業 務 の 流 れ 3. 適 合 性 書 面 調 査 において 確 認 された 事 例 4. 相 談 制 度 の 導 入 2 1. 関 連 法 規 3 再 審 査 に 係 る 規 定 < 旧 法 > 薬 事 法 第 14

More information

財団法人宝塚市スポーツ教育振興公社

財団法人宝塚市スポーツ教育振興公社 写 監 査 結 果 報 告 書 宝 監 第 80 号 平 成 27 年 12 月 24 日 (2015 年 ) 宝 塚 市 長 中 川 智 子 様 宝 塚 市 監 査 委 員 徳 田 逸 男 同 井 上 芳 治 同 冨 川 晃 太 郎 定 期 監 査 ( 教 育 委 員 会 事 務 局 管 理 部 学 校 教 育 部 社 会 教 育 部 )の 結 果 について( 報 告 ) 地 方 自 治 法 第

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される 狭 監 発 第 25 号 平 成 28 年 6 月 14 日 様 狭 山 市 監 査 委 員 磯 野 和 夫 狭 山 市 職 員 措 置 請 求 書 について( 通 知 ) 平 成 28 年 4 月 6 日 付 けで 提 出 された 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 監 査 請 求 について 請 求 内 容 を 監 査 した 結 果 を

More information

平 成 25 年 度 第 6 回 理 事 会 議 事 録 1 開 催 日 時 平 成 26 年 2 月 25 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 3 時 45 分 まで 2 開 催 場 所 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 1 階 会 議 室 東 京 都 武

平 成 25 年 度 第 6 回 理 事 会 議 事 録 1 開 催 日 時 平 成 26 年 2 月 25 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 3 時 45 分 まで 2 開 催 場 所 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 1 階 会 議 室 東 京 都 武 平 成 25 年 度 第 6 回 理 事 会 平 成 26 年 2 月 25 日 ( 火 ) 議 事 録 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 平 成 25 年 度 第 6 回 理 事 会 議 事 録 1 開 催 日 時 平 成 26 年 2 月 25 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 3 時 45 分 まで 2 開 催 場 所 公 益 財 団 法 人 武 蔵

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

年金通信25-30厚年基金見直し(法改正概要)

年金通信25-30厚年基金見直し(法改正概要) 25-30 第 17 号 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて( 法 改 正 の 概 要 ) 平 成 25 年 6 月 19 日 団 体 年 金 事 業 部 平 成 25 年 6 月 19 日 の 参 議 院 本 会 議 にて 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 し 法 案 ( 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料 (1) 年 金 受 給 権 者 死 亡 後 に 支 給 された 年 金 の 返 納 請 求 通 知 の 改 善 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 母 は 多 額 の 借 金 をしていたため 同 居 している 私 は 相 続 放 棄 をし ていた 母 が 死 亡 した 際 市 町 村 に 死 亡 届 を 提 出 したが 日 本 年 金 機 構 に 対 しては このようなこともあり 母

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

●「高齢者医療運営円滑化等補助金」については、なぜ、本日の公開による再仕分けの対象事業に選定されたと認識しているか

●「高齢者医療運営円滑化等補助金」については、なぜ、本日の公開による再仕分けの対象事業に選定されたと認識しているか 標 準 報 酬 月 額 の 定 時 決 定 及 び 随 時 改 定 の 事 務 取 扱 いに 関 する 事 例 集 報 酬 賞 与 の 範 囲 について 問 報 酬 賞 与 にはどのようなものが 含 まれるか ( 答 ) 報 酬 及 び 賞 与 ( 以 下 報 酬 等 という )は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 5 項 及 び 第 6 項 ( 厚 生 年 金 保 険 法 第 3 条 第 1 項

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

3 矢 守 昭 男 一 般 4 轟 保 幸 一 般 1.プレミアムお 買 い 物 券 子 育 て 応 援 プレミアムお 買 い 物 券 について (1)プレミアムお 買 い 物 券 のプレミアム 分 20%と した 理 由 について (2)プレミアムお 買 い 物 券 のアンケート 調 査 結 果

3 矢 守 昭 男 一 般 4 轟 保 幸 一 般 1.プレミアムお 買 い 物 券 子 育 て 応 援 プレミアムお 買 い 物 券 について (1)プレミアムお 買 い 物 券 のプレミアム 分 20%と した 理 由 について (2)プレミアムお 買 い 物 券 のアンケート 調 査 結 果 発 言 通 告 表 ( 一 般 ) 6 月 17 日 ( 水 ) 18 日 ( 木 ) 19 日 ( 金 ) 個 人 平 成 27 年 第 2 回 定 例 会 発 言 発 言 発 言 議 員 順 位 種 別 1 柴 田 光 男 一 般 2 西 尾 孝 之 一 般 発 言 要 旨 1.びわ 湖 岸 の 景 観 を 活 かした 観 光 施 策 について (1)びわ 湖 岸 の 現 状 について 問 う

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

学校の業務改善に係る取組について

学校の業務改善に係る取組について 業 務 改 善 協 力 校 における 取 組 別 紙 1 県 内 7 校 の 業 務 改 善 協 力 校 では, 各 協 力 校 の 現 状 及 び 課 題 等 に 応 じた 改 善 策 の 試 験 的 な 実 施 等 が 進 められています 次 に 例 示 している 改 善 策 等 は, 各 協 力 校 が 現 在 改 善 に 向 けて 取 り 組 んでいるもの 等 をピックアップ していますので,

More information

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 連 絡 事 項 企 画 課 145 1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 児 施 設 4 肢 体 不 自 由 児 施 設 及 び5 重 症

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文)

Taro-栃木県教育委員会における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(本文) 栃 木 県 教 育 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校)

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校) 滋 賀 県 立 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 は 教 育 理 念 を 表 すスローガンとして SMILEで 輝 く 未 来 へのまなざし を 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます SMILE の 各 文 字 は 次 に 示 した 教 育 への 思 いを 表 しています Study: 学 習 意 欲 と 学 力 の 向 上 で より 高 い 希

More information

独立行政法人国立文化財機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領

独立行政法人国立文化財機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領 独 立 行 政 法 人 国 立 文 化 財 機 構 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 28 年 4 月 1 日 理 事 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律

More information

4. 事 務 マネジメントシステム 4.1 事 務 マネジメントシステムの 構 築 運 用 及 び 維 持 1. 事 務 マネジメントシステム とは 京 都 工 芸 繊 維 大 学 が 事 務 改 善 を 積 極 的 に 推 進 するため (1) 事 務 マネジメント 方 針 を 立 て 事 務 改

4. 事 務 マネジメントシステム 4.1 事 務 マネジメントシステムの 構 築 運 用 及 び 維 持 1. 事 務 マネジメントシステム とは 京 都 工 芸 繊 維 大 学 が 事 務 改 善 を 積 極 的 に 推 進 するため (1) 事 務 マネジメント 方 針 を 立 て 事 務 改 1. 目 的 目 標 本 事 務 マネジメントマニュアル( 以 下 マニュアル という )は 京 都 工 芸 繊 維 大 学 におけ る 事 務 業 務 に 必 要 な 事 務 マネジメントシステムの 運 用 について 定 めたものである なお 本 学 の 事 務 部 門 における 業 務 の 高 度 化 複 雑 化 及 び 効 率 化 への 対 応 を 図 るとともに 定 期 的 な 外 部 評

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 4 固 定 資 産 税 Ⅰ 概 要 1 固 定 資 産 税 の 概 要 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 ) 現 在 において 土 地 家 屋 償 却 資 産 を 所 有 している 者 がその 固 定 資 産 の 価 格 を 基 に 算 定 された 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 す る 市 町 村 に 納 める 税 金 である 1 申 告 固 定

More information

と 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職

と 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 消 防 庁 訓 令 第 7 号 消 防 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 を 次 のように 定 め る 平 成 27 年 11 月 30 日 消 防 庁 長 官 佐 々 木 敦 朗 消 防 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

【報告】組合要求書回答(総務部).xls

【報告】組合要求書回答(総務部).xls 1 全 職 場 で 共 通 する 要 求 について (1) 15 人 勧 での 地 域 手 当 偏 重 では 私 たちの 生 活 は 実 質 的 に 賃 下 げです 政 府 に 地 域 手 当 廃 止 を 求 め るとともに 生 計 費 ( 地 公 法 第 24 条 第 3 項 ( 均 衡 の 原 則 ))に 考 慮 し 給 与 の 改 善 に 努 めるこ (2) 県 に 準 拠 し 新 幹 線 利

More information

<4D F736F F D BB92E892B290AE88F58BC696B1837D836A B>

<4D F736F F D BB92E892B290AE88F58BC696B1837D836A B> 判 定 調 整 員 業 務 マニュアル 平 成 26 年 3 月 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 連 絡 協 議 会 このマニュアルでは 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 制 度 を 迅 速 かつ 的 確 に 活 用 し その 目 的 であ る2 次 災 害 の 軽 減 防 止 住 民 の 安 全 確 保 を 確 実 に 行 うために 判 定 調 整 員 が 行 うべきこ とについて 具 体

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4> 日 本 年 金 機 構 の 設 立 について 2009 年 8 月 ( 注 ) 本 資 料 の 内 容 は 現 時 点 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 整 理 したものであり 細 部 については 今 後 変 更 があり 得 ます Ⅰ 基 礎 資 料 1. 日 本 年 金 機 構 について 名 称 日 本 年 金 機 構 (にっぽん ねんきん きこう) Japan Pension Service

More information

産業医学振興財団委託研究

産業医学振興財団委託研究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 産 業 医 学 振 興 財 団 委 託 研 究 中 小 規 模 事 業 場 におけるメンタルヘルス 対 策 の 進 め 方 に 関 する 研 究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 目 次 1. 過 重 労 働 で 引 き 起 こされる 健 康 障 害 と 労 災 認 定 P 1 2. 過 重 労 働 対 策 に 関 係 する 法

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CANOX CORP. 最 終 更 新 日 :2015 年 10 月 28 日 株 式 会 社 カノークス 取 締 役 社 長 木 下 幹 夫 問 合 せ 先 :052-564-3525 証 券 コード:8076 http://www.canox.co.jp Ⅰコーポレート

More information

資 料 5 地 方 公 務 員 法 等 一 部 を 改 正 する 法 律 に 関 する 説 明 会 (H26.6.9) 地 方 公 共 団 体 における 人 事 評 価 制 度 導 入 等 について 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 < 目 次 > 人 事 評 価 ねらい 人 事 評 価 制 度 構 築 1 勤 務 評 定 と 人 事 評 価 比 較 人

More information

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差 気 象 庁 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 27 年 12 月 2 日 気 象 庁 訓 令 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

平成20年7月25日

平成20年7月25日 学 校 私 費 会 計 事 務 事 故 防 止 検 討 委 員 会 報 告 学 校 私 費 会 計 事 務 事 故 防 止 検 討 委 員 会 平 成 20 年 10 月 1 経 緯 と 検 討 会 の 設 置 (1) 私 費 会 計 の 定 義 と 種 別 義 務 教 育 である 公 立 の 小 中 学 校 に 関 しては 日 本 国 憲 法 第 26 条 第 2 項 において 義 務 教 育 は

More information

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領 宮 古 島 市 ふるさと 納 税 寄 附 金 委 託 業 務 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 綱 1. 趣 旨 宮 古 島 市 ( 以 下 本 市 という )では ふるさと 納 税 制 度 を 活 用 し ふるさと 宮 古 島 市 の 役 に 立 ちたい 宮 古 島 市 に 関 心 があり 応 援 したい と 考 えてくださる 方 々 に 対 し 本 市 の PRやふるさと 納 税 寄 附 金

More information

銚子市斎場

銚子市斎場 銚 子 市 斎 場 指 定 管 理 仕 様 書 平 成 25 年 7 月 銚 子 市 目 次 1 趣 旨 2 2 対 象 施 設 の 概 要 2 3 火 葬 状 況 2 4 斎 場 の 管 理 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 2 5 施 設 の 管 理 基 準 3 6 危 機 管 理 体 制 3 7 個 人 情 報 の 保 護 と 情 報 公 開 3 8 指 定 管 理 者 が 行 う 業

More information

<503993AD82AB82A982AF82F08EF382AF82BD8FEA8D8782CC93CD8F6F8B9E93738E738DC48F ED288CB978A939993CD8F6F8F B4B91A591E631338FF08AD68C57816A2D322E786477>

<503993AD82AB82A982AF82F08EF382AF82BD8FEA8D8782CC93CD8F6F8B9E93738E738DC48F ED288CB978A939993CD8F6F8F B4B91A591E631338FF08AD68C57816A2D322E786477> 平 成 28 年 3 月 行 財 政 局 人 事 部 人 事 課 京 都 市 職 員 の 再 就 職 等 に 関 する 規 制 の 概 要... 2 改 正 地 方 公 務 員 法 及 び 京 都 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 概 要... 1 再 就 職 者 による 働 きかけの 規 制... 2 再 就 職 情 報 の 届 出 及 び 罰 則... 3 再 就 職 状

More information

c) 共 済 スタッフの 状 況 異 動 者 本 人 宛 てに メールで 被 扶 養 者 申 告 書 組 合 員 記 載 事 項 変 更 届 など 共 済 組 合 関 係 の 書 類 の 周 知 を 行 って いたところである 提 出 する 書 類 としては 被 扶 養 者 申 告 書 組 合 員

c) 共 済 スタッフの 状 況 異 動 者 本 人 宛 てに メールで 被 扶 養 者 申 告 書 組 合 員 記 載 事 項 変 更 届 など 共 済 組 合 関 係 の 書 類 の 周 知 を 行 って いたところである 提 出 する 書 類 としては 被 扶 養 者 申 告 書 組 合 員 平 成 27 年 度 人 事 異 動 時 における 認 定 事 務 等 に 関 する 改 善 の 取 組 手 間 をかけず 既 存 ツールを 活 用 した 異 動 パターン 別 表 の 導 入 と 効 果 釧 路 開 発 建 設 部 総 務 課 今 村 磨 菅 原 明 日 人 事 異 動 時 に 届 出 が 必 要 となる 書 類 は 種 類 が 多 く 提 出 先 も 異 なることから 提 出 者

More information

平成26 年度港区立図書館窓口等業務委託仕様書

平成26 年度港区立図書館窓口等業務委託仕様書 平 成 26 年 度 港 区 立 図 書 館 窓 口 等 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 港 区 立 図 書 館 業 務 の 一 部 を 民 間 事 業 者 へ 委 託 することによって 柔 軟 で 効 率 的 な 図 書 館 運 営 を 行 い 図 書 資 料 の 充 実 など 利 用 者 サービスを 充 実 させることにより 区 民 サー ビスの 向 上 を 図 ることを 目 的 とする

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

2 代 金 の 請 求 及 び 受 領 に 関 する 一 切 の 権 限 3 復 代 理 人 選 任 に 関 する 一 切 の 権 限 4 契 約 の 締 結 及 び 履 行 に 関 する 一 切 の 権 限 5 上 記 に 附 帯 する 一 切 の 権 限 (6) 過 去 15 年 間 同 種 業

2 代 金 の 請 求 及 び 受 領 に 関 する 一 切 の 権 限 3 復 代 理 人 選 任 に 関 する 一 切 の 権 限 4 契 約 の 締 結 及 び 履 行 に 関 する 一 切 の 権 限 5 上 記 に 附 帯 する 一 切 の 権 限 (6) 過 去 15 年 間 同 種 業 別 記 第 2 号 千 葉 県 道 路 公 社 一 般 競 争 入 札 公 告 第 4 号 千 葉 外 房 有 料 道 路 料 金 徴 収 業 務 委 託 の 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 平 成 27 年 12 月 21 日 千 葉 県 道 路 公 社 理 事 長 金 谷 隆 司 1 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 (1) 委 託 名 千 葉 外 房 有 料 道 路

More information

2 各 府 省 所 管 の 分 野 業 界 団 体 ( 独 立 行 政 法 人 等 含 む)に 対 する 周 知 働 きかけ 等 これまでも 各 府 省 にご 協 力 いただき 業 界 団 体 などを 通 じた 事 業 者 への 周 知 広 報 説 明 会 などを 実 施 してきているが 番 号 の

2 各 府 省 所 管 の 分 野 業 界 団 体 ( 独 立 行 政 法 人 等 含 む)に 対 する 周 知 働 きかけ 等 これまでも 各 府 省 にご 協 力 いただき 業 界 団 体 などを 通 じた 事 業 者 への 周 知 広 報 説 明 会 などを 実 施 してきているが 番 号 の 資 料 2-1 マイナンバー 制 度 の 施 行 に 向 けた 各 府 省 の 協 力 と 準 備 の 徹 底 について 平 成 27 年 9 月 4 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 マイナンバー 制 度 の 施 行 に 向 けた 準 備 については 本 年 3 月 27 日 の 本 連 絡 会 議 でも 周 知 依 頼 したところであるが 10 月 からの 個 人 番 号

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A4832362E392E3239986190F28E73904588F582C982E682E98CF68BE089A197CC8E9688C482C98C5782E98DC494AD96688E7E8DF45B315D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A4832362E392E3239986190F28E73904588F582C982E682E98CF68BE089A197CC8E9688C482C98C5782E98DC494AD96688E7E8DF45B315D2E646F63> 和 泉 市 職 員 による 公 金 横 領 事 案 に 係 る 再 発 防 止 策 に 関 する 報 告 書 平 成 26 年 9 月 和 泉 市 目 次 はじめに P. 1 1. 現 金 取 扱 事 務 に 係 る 全 庁 調 査 の 概 要 P. 2 2.ヒアリング 調 査 指 導 の 概 要 P. 2 3. 現 金 取 扱 事 務 の 適 正 化 に 向 けた 取 組 P. 4 (1) 基 本

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの 東 京 工 業 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 18 条 ~ 第 42 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 43 条 ~ 第 66 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 67 条 ~ 第

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 石 川 県 知 事 部 局 議 会 事 務 局 及 び 行 政 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

スライド 1

スライド 1 ASPIC クラウドフォーラム2014 ネット 販 売 における 規 制 緩 和 の 動 向 ~ 不 動 産 取 引 医 薬 品 販 売 を 中 心 に ~ 平 成 26 年 9 月 17 日 ASPIC 理 事 兼 NTTデータ 経 営 研 究 所 特 別 理 事 小 田 島 労 ア ジ ェ ン ダ 不 動 産 のネット 取 引 の 新 たな 動 き 医 薬 品 のネット 販 売 の 攻 防 今

More information

Untitled

Untitled 2 27 2 3601-1 28 2 26 R( 2 248 514 2514 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 : 南 方 熊 楠 記 念 館 ( 旧 館 ) 耐 震 改 修 工 事 設 計 業 務 2 計 画 施 設 概 要 本 業 務 の 対 象 となる 施 設 ( 以 下 対 象 施 設 という )の 概 要 は 次 のとおりとする

More information

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連 巡 回 連 絡 実 施 要 領 平 成 22 年 7 月 1 日 地 第 6 8 7 号 警 察 本 部 長 巡 回 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について( 通 達 ) この 度 巡 回 連 絡 を 適 正 かつ 効 果 的 に 実 施 するため みだしの 要 領 を 別 添 のとおり 制 定 し 平 成 22 年 7 月 2 日 から 実 施 することとしたので 実 効 の 上 がるよう

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information