(2) 生 活 習 慣 病 は 区 民 の 死 因 の 6 割 を 占 める また 介 護 予 防 には 生 活 習 慣 病 に 加 え 認 知 症 や 骨 折 の 予 防 が 大 切 である 生 活 習 慣 病 が 死 因 に 占 める 割 合 は 約 6 割 国 や 東 京 都 と 同 様 の

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(2) 生 活 習 慣 病 は 区 民 の 死 因 の 6 割 を 占 める また 介 護 予 防 には 生 活 習 慣 病 に 加 え 認 知 症 や 骨 折 の 予 防 が 大 切 である 生 活 習 慣 病 が 死 因 に 占 める 割 合 は 約 6 割 国 や 東 京 都 と 同 様 の"

Transcription

1 1 データでみるせたがやの 健 康 発 行 のねらい 区 では 健 康 せたがやプラン( 第 二 次 ) ( 平 成 24 年 度 ~33 年 度 )を 策 定 し 基 本 理 念 の 下 区 民 の 健 康 づくりに 取 り 組 んでいます その 方 策 の 1 つとして 健 康 に 関 するデータを 活 用 して 区 民 の 健 康 状 況 を 明 らかにすると 共 に 区 民 が 自 分 自 身 の 健 康 に 関 心 を 持 ち 主 体 的 な 行 動 を 継 続 できるよう データでみるせたがやの 健 康 を 作 成 しました 2 明 らかになった 区 民 の 主 な 健 康 課 題 区 民 の 各 種 健 ( 検 ) 診 年 代 別 等 のデータから 次 のような 傾 向 や 特 徴 が 窺 えました (1) 世 田 谷 区 民 は 長 寿 だが 65 歳 健 康 寿 命 は 横 ばいである(P11~15) 国 の 出 生 数 が 過 去 最 低 で 戦 後 最 大 の 死 亡 数 による 自 然 減 が 続 く 中 区 では 出 生 数 が 死 亡 数 を 上 回 る 自 然 増 が 続 いている 区 民 の 平 均 寿 命 は 国 や 都 を 上 回 り 他 の 区 市 町 村 の 中 でも 長 寿 介 護 保 険 の 認 定 を 受 けるまでの 期 間 を 健 康 と 考 えた 65 歳 健 康 寿 命 ( 東 京 保 健 所 長 会 方 式 ) は 平 成 21 年 より 横 ばい 歳 平 均 寿 命 の 推 移 ( 全 国 東 京 都 世 田 谷 区 ) 世 田 谷 区 女 世 田 谷 区 男 平 成 12 年 平 成 17 年 平 成 22 年 1 世 田 谷 区 女 東 京 都 女 全 国 女 世 田 谷 区 男 東 京 都 男 全 国 男

2 (2) 生 活 習 慣 病 は 区 民 の 死 因 の 6 割 を 占 める また 介 護 予 防 には 生 活 習 慣 病 に 加 え 認 知 症 や 骨 折 の 予 防 が 大 切 である 生 活 習 慣 病 が 死 因 に 占 める 割 合 は 約 6 割 国 や 東 京 都 と 同 様 の 傾 向 (P23~25) 要 介 護 認 定 者 が 占 める 割 合 ( 介 護 化 割 合 )の 高 い 病 気 は 男 女 とも 認 知 症 パーキンソン 病 骨 折 及 び 脳 血 管 疾 患 であった 介 護 認 定 の 有 無 に 関 わらずレセプトに 登 場 する 回 数 の 多 い 病 気 は 男 女 ともに 高 血 圧 男 性 は 次 いで 糖 尿 病 脂 質 異 常 症 心 疾 患 と 続 き 女 性 は 脂 質 異 常 症 骨 関 節 疾 患 胃 炎 と 続 く 男 性 では 女 性 に 比 べ 心 疾 患 糖 尿 病 がん の 登 場 回 数 が 上 位 であり 女 性 では 男 性 に 比 べ 脂 質 異 常 症 骨 関 節 疾 患 骨 粗 鬆 症 の 出 現 回 数 が 上 位 にみられる (P89~9) 主 要 死 因 における 生 活 習 慣 病 の 割 合 ( 平 成 25 年 )N=6,433 その 他 全 死 因 39.4% がん 31.8% 生 活 習 慣 病 ( 表 記 の 病 名 )による 死 因 の 割 合 は 6.6% 高 血 圧 性 疾 患.3% 糖 尿 病.9% 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 (COPD) 1.% 肝 疾 患 1.5% 大 動 脈 瘤 及 び 解 離 1.6% 2 心 疾 患 ( 高 血 圧 性 を 除 く) 14.2% 脳 血 管 疾 患 7.7% 腎 不 全 1.6%

3 3, 病 25, 気 2, の 15, 1, 出 5, 現 回 数 レセプトに 登 場 する 回 数 の 多 い 病 気 と 介 護 化 割 合 の 高 い 病 気 ( 男 性 ) 高 血 圧 脳 血 管 疾 患 37.4% 心 疾 患 糖 尿 病 が ん 骨 関 節 疾 患 認 知 症 67.3% 59.5% 54.5% 胃 炎 出 現 回 数 ( 全 体 ) 脂 質 異 常 症 前 立 腺 肥 大 症 呼 吸 器 疾 患 精 神 疾 患 慢 性 腎 不 全 介 護 化 割 合 パ ー キ ン ソ ン 病 便 秘 症 白 内 障 不 眠 症 骨 粗 鬆 症 高 尿 酸 血 症 骨 折 1% 8% 6% 介 護 4% 化 2% 割 % 合 病 名 の 並 びは 左 から 男 性 の 介 護 認 定 を 受 けている の 中 でのレセプトの 登 場 回 数 の 多 い 順 3, 病 25, 気 2, の 15, 出 1, 現 5, 回 数 レセプトに 登 場 する 回 数 の 多 い 病 気 と 介 護 化 割 合 の 高 い 病 気 ( 女 性 ) 1% 79.5% 8% 69.8% 67.7% 介 57.% 6% 護 33.5% 38.8% 4% 化 2% 割 % 合 高 心 認 胃 糖 が 骨 白 不 便 緑 腰 血 疾 知 炎 尿 ん 折 内 眠 秘 内 痛 圧 患 症 病 障 症 症 障 症 脳 血 管 疾 患 脂 質 異 常 症 骨 関 節 疾 患 出 現 回 数 ( 全 体 ) 骨 粗 鬆 症 精 神 疾 患 呼 吸 器 疾 患 介 護 化 割 合 パ ー キ ン ソ ン 病 慢 性 腎 不 全 病 名 の 並 びは 左 から 女 性 の 介 護 認 定 を 受 けている の 中 でのレセプトの 登 場 回 数 の 多 い 順 (3) 区 民 の 1 あたり 年 間 医 療 費 は 年 々 増 加 し 高 血 圧 や 糖 尿 病 などの 生 活 習 慣 病 においては 3 代 の 頃 から 上 昇 が 始 まる 国 保 加 入 者 と 協 会 けんぽ( 1) 加 入 者 の 年 間 医 療 費 は 加 入 者 の 増 減 に 関 わらず 年 々 増 加 している (P42~43) 生 活 習 慣 病 の 1 あたりの 1 ヶ 月 の 医 療 費 はそれ 以 外 の 医 療 費 を 上 回 る( 国 民 健 康 保 険 ) (P44~45) 疾 患 別 年 間 医 療 費 は 高 血 圧 や 糖 尿 病 について 3 代 から 上 昇 し 始 め 年 代 と 共 に 虚 血 性 心 疾 患 脳 血 管 疾 患 腎 不 全 の 医 療 費 が 増 加 する (P46~5) 3

4 国 保 被 保 険 者 数 と 1 あたり 療 養 ( 医 療 ) 諸 費 の 推 移 3, 円 1 あたりの 療 養 ( 医 療 ) 諸 費 被 保 険 者 数 3, 25, , ,81 242,2 264, ,4 196,235 2, 2, 23,718 23,32 236, , ,37 234, ,848 1, 1, 平 成 1 年 度 平 成 15 年 度 平 成 2 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 一 般 + 退 職 被 保 険 者 数 一 般 + 退 職 療 養 ( 医 療 ) 諸 費 平 成 2 年 度 長 寿 ( 後 期 高 齢 者 ) 医 療 制 度 がはじまり 75 歳 以 上 の 被 保 険 者 は 同 制 度 に 移 行 した ( 資 料 : 平 成 1 年 度 15 年 度 は せたがやの 国 保 事 概 要 円 5, 4, 3, 2, 1, 国 保 加 平 成 入 2 者 年 1 度 以 あたり 降 は 世 医 田 療 谷 区 費 保 (5 健 月 福 祉 診 部 療 国 保 分 )の 年 金 推 課 資 移 料 ) 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 生 活 習 慣 病 の 患 者 1 あたり 医 療 費 生 活 習 慣 病 以 外 の 患 者 1 あたり 医 療 費 円 6, 4, 2, 協 会 けんぽ( 世 田 谷 区 民 ) 糖 尿 病 1 あたり 年 間 医 療 費 ( 平 成 23 年 度 ) 男 性 女 性 円 6, 協 会 けんぽ( 世 田 谷 区 民 ) 虚 血 性 心 疾 患 1 あたり 年 間 医 療 費 ( 平 成 23 年 度 ) 4, 2, 男 性 女 性 4

5 (4) 体 重 の 増 加 には 要 注 意 また 肥 満 ではなくても 生 活 習 慣 の 改 善 が 必 要 な 場 合 がある 定 期 健 康 診 査 の 結 果 より 児 童 生 徒 ( 区 立 小 中 学 校 )の 肥 満 は 国 や 都 の 平 均 に 比 べて 少 ない また 肥 満 の 子 どもは 肥 満 でない 子 ど もに 比 べて 検 診 判 定 で 再 検 査 あるいは 何 らかの 医 学 的 管 理 を 要 する 者 が 多 い (P36~41) 国 民 健 康 保 険 加 入 者 の 特 定 健 診 ( 2) 結 果 において23 区 平 均 より 有 所 見 率 が 高 かった 項 目 は 血 糖 LDLコレステロール のみであ った 血 糖 脂 質 について 受 診 または 生 活 習 慣 の 改 善 が 必 要 な は 肥 満 かどうかに 関 わらず 半 数 を 超 える 血 糖 について 男 性 を 年 代 別 にみると 受 診 が 必 要 な ( 受 診 勧 奨 レベル)の 割 合 は ほぼ 年 代 と 共 に 増 える ( P59~6) 協 会 けんぽ 加 入 者 の 健 診 ( 2) 結 果 からは 2 歳 の 時 からの 体 重 が 1 kg 以 上 増 えた の 血 圧 脂 質 血 糖 尿 酸 の 各 項 目 の 値 に ついて 増 えなかった に 比 べて 高 い (P7~71) 肥 満 でなくても 健 診 結 果 から 生 活 習 慣 の 改 善 が 必 要 な が 一 定 数 い た (P64~66) 特 定 健 診 受 診 者 ( 国 保 H23 年 度 )の 血 糖 判 定 結 果 割 合 1% 8% 6% 4% 2% % 年 齢 D C B A D: 基 準 値 内 C: 保 健 指 導 レベル1 B: 保 健 指 導 レベル2 A: 受 診 勧 奨 レベル 男 女 1% 8% 6% 4% 2% % 2 歳 の 時 から 体 重 が1kg 以 上 増 えたか と 血 糖 値 判 定 (H23 年 度 協 会 けんぽ 生 活 習 慣 病 予 防 健 診 ) 56.6% 43.4% 増 えた ** 体 重 増 加 74.6% 25.4% 増 えない N=13,46 正 常 値 要 指 導 以 上 **P<.1 P<.1 は 99% 以 上 の 確 立 で2 群 間 に 差 が あることを 統 計 的 に 検 定 した 結 果 を 示 す (5) 喫 煙 や 飲 酒 習 慣 は 性 年 代 別 に 差 がみられる 運 動 習 慣 などの 望 ましい 生 活 習 慣 の 実 践 にはきっかけづくり 継 続 には 仲 間 づくりが 大 切 である 喫 煙 している の 割 合 は 区 民 健 診 ( 2)では 男 性 32.5% 女 性 8.4% 国 保 の 特 定 健 診 では 全 体 で 14.4% 男 性 24.9% 女 性 8.1%であった 5

6 国 民 健 康 栄 養 調 査 ( 平 成 24 年 )( 全 体 2.7% 男 性 34.1% 女 性 9.%)と 比 べた 場 合 区 民 の 喫 煙 者 の 割 合 は 低 い ただし 医 療 保 険 に 加 入 していない を 対 象 とする 成 健 診 ( 2)においては 男 性 42.3% 女 性 18.8%であり 男 性 の 4~69 歳 と 女 性 の 45~54 歳 で 4%を 越 える また 協 会 けんぽの 特 定 健 診 では 全 体 で 31.8%で あった (P ) 協 会 けんぽ 加 入 者 の 健 診 では 毎 日 飲 酒 する は 約 2 割 であり 毎 日 飲 酒 する はほとんど 飲 まない に 比 べ 尿 酸 値 判 定 で 要 指 導 以 上 の の 割 合 が 高 かった 区 民 健 診 の 結 果 によると 3 代 の 男 性 の 4 に 1 (26.4%)が 適 正 飲 酒 量 (ビール 中 瓶 1 本 程 度 )より 多 く 飲 酒 していた (P52 72) 1% 8% 毎 日 飲 酒 する と ほとんど 飲 まない の 尿 酸 値 判 定 (H23 年 度 協 会 けんぽ 生 活 習 慣 病 予 防 健 診 ) N=8,454 6% 4% 78.7% * 9.1% 正 常 値 要 指 導 以 上 2% % 21.3% 毎 日 飲 酒 9.9% ほとんど 飲 まない *P<.5 飲 酒 頻 度 歳 2~29 3~34 35~39 小 計 飲 酒 習 慣 ( 男 性 ) N= % 47.9% 7.7% 2.6% 2.3% 31.4% 29.5% 52.3% 41.2% 46.5% 2.3% 22.% 18.4% 6.1% 3.7% 4.3% 全 く 飲 まない 適 正 飲 酒 適 正 飲 酒 より 多 い 大 量 飲 酒 適 正 飲 酒 量 平 均 して 1 日 のアルコール 量 で 2g 程 度 主 なお 酒 の 適 量 の 目 安 ビール(5 度 ) 中 瓶 1 本 (5ml) 日 本 酒 (15 度 )1 合 (18ml) ワイン(12 度 )グラス 2 杯 弱 (2ml) 焼 酎 (35 度 )ぐい 呑 み 2 杯 弱 (8ml) 睡 眠 で 休 養 が 十 分 とれている は 協 会 けんぽ 加 入 者 では 46.3%であ るのに 対 し 国 保 加 入 者 では 74.5%であった (P74) 睡 眠 で 休 養 が 十 分 とれているか(H23 年 度 ) 協 会 けんぽN=18, % 28.% 25.7% 国 保 N=52, % 24.6%.9% % 2% 4% 6% 8% 1% はい いいえ 無 回 答 6

7 運 動 習 慣 のある は 協 会 けんぽ 加 入 者 では 2%を 下 回 り 国 民 健 康 保 健 の 加 入 者 は 4.%で 約 2 倍 であった (P73~74) 運 動 習 慣 (1 回 3 分 以 上 の 軽 く 汗 をかく 運 動 を 週 2 日 以 上 1 年 以 上 )の 有 無 (H23 年 度 ) 協 会 けんぽN=18, % 17.3% 24.8% 国 保 N=52,636 6.% 4.%.6% なし あり 無 回 答 % 2% 4% 6% 8% 1% 高 齢 者 を 対 象 とした 調 査 結 果 において 定 期 的 な 運 動 と 健 康 感 の 関 連 が 見 られたことから 運 動 のきっかけづくりや 運 動 を 継 続 できるため の 環 境 づくりが 望 ましいと 推 測 される (P9~92) 意 識 的 に 定 期 的 な 運 動 をしているか と 健 康 感 ( 単 数 回 答 )N=4,251 とても 健 康 である(N=48) 82.1% 14.8% 3.1% まあまあ 健 康 である(N=3,99) あまり 健 康 でない(N=533) 7.2% 53.1% 26.6% 42.8% 3.3% 4.1% 運 動 している 運 動 していない 無 回 答 健 康 でない(N=139) 51.8% 46.8% 1.4% 3 まとめ ~ 健 康 課 題 の 解 決 に 向 けて~ % 2% 4% 6% 8% 1% 資 料 : 世 田 谷 区 高 齢 者 ニーズ 調 査 結 果 報 告 書 ( 平 成 26 年 3 月 ) 介 護 認 定 の 有 無 に 関 わらず 高 齢 になると 高 血 圧 や 糖 尿 病 脂 質 異 常 症 などで 通 院 する が 増 え 性 別 年 代 で 気 をつけたい 病 気 がある ことが 区 民 のデータからみえてきました また 定 期 的 な 運 動 や 地 域 活 動 に 参 加 している 高 齢 者 ほど 病 気 があ っても 自 分 は 健 康 である と 感 じる が 多 いことがわかりました よりよい 生 活 習 慣 を 維 持 継 続 するためには 健 康 で 過 ごしたいという 思 いや 一 ひとりが 自 分 自 身 の 健 康 に 関 心 を 持 つことが 重 要 です 高 齢 期 になってからではなく 3 代 の 頃 から 健 診 結 果 も 活 用 し 各 自 が 生 活 習 慣 を 見 直 し 望 ましい 生 活 習 慣 を 継 続 するために 一 緒 に 取 り 組 む 仲 間 ( 家 族 や 同 僚 友 )づくりが 大 切 です 行 政 は 区 民 が 健 康 に 関 心 を 持 てるような 情 報 発 信 や 地 域 や 職 場 での 健 康 づくり 活 動 のための 支 援 ( 環 境 整 備 )に 取 り 組 みます 7

8 めざす 姿 に 近 づくために ~ 健 康 に 関 する 課 題 の 解 決 ~ めざせ 健 康 長 寿 いつまでも 健 康! 区 民 の 死 因 の6 割 は 生 活 習 慣 病 で その 医 療 費 は 3 代 から 高 くなってい ました 3 代 の 頃 からの 生 活 習 慣 の 改 善 が 将 来 の 健 康 で 長 生 き につな がります 自 分 の 健 康 に 関 心 を 持 ちましょう! 男 性 は 糖 尿 病 や 心 疾 患 女 性 は 骨 関 節 疾 患 や 大 腸 がん メタ ボリックシンドロームに 注 意 したいのは 4~5 代 の 男 性 など 性 別 や 年 代 で 気 をつけたい 病 気 や 症 状 に 特 徴 がありました 健 診 結 果 を 活 用 して 自 分 自 身 の 健 康 状 態 を 知 り 年 代 に 応 じた 運 動 やバ ランスのよい 食 事 を 心 がけましょう またストレスを 解 消 し こころの 健 康 を 保 つことが 大 切 です 生 活 習 慣 を 見 直 すのは 若 い 頃 から! 仲 間 をつくりましょう! 病 気 があっても 健 康 である と 感 じる 高 齢 者 は 運 動 習 慣 がありました ま た 地 域 活 動 に 参 加 している 高 齢 者 のほうが 定 期 的 な 運 動 をしていました 高 齢 期 になってからではなく 若 い 頃 から 仲 間 ( 家 族 や 同 僚 友 )と 一 緒 に 楽 しめる 活 動 に 取 り 組 みましょう これからも 健 やかでこころ 豊 かに 暮 らすためにも 望 ましい 生 活 習 慣 を 心 がけましょう [ 注 釈 ] 1 協 会 けんぽ: 中 小 企 で 働 く 従 員 や 家 族 が 加 入 する 健 康 保 険 組 合 2 各 健 診 の 対 象 年 齢 区 民 健 診 :16 歳 ~39 歳 協 会 けんぽの 健 診 :35 歳 ~74 歳 国 民 健 康 保 険 の 健 診 ( 特 定 健 診 ):4 歳 ~74 歳 成 健 診 : 医 療 保 険 に 加 入 していない 4 歳 以 上 協 会 けんぽの 健 診 ( 生 活 習 慣 病 予 防 健 診 ):35 歳 ~74 歳 図 表 等 の 資 料 について 記 載 の 無 いものは 本 文 該 当 ページを 参 照 してください 図 の 中 で 小 数 点 以 下 第 2 位 を 四 捨 五 入 しているため 合 計 が 1%にならない 場 合 があります 8

9 4 世 田 谷 区 民 の 主 な 健 康 状 況 ( 統 計 編 ) 9

10 1

11 4 統 計 編 1. 世 田 谷 区 民 の 平 均 寿 命 と 健 康 寿 命 (1) 平 均 寿 命 の 推 移 平 均 寿 命 は 歳 児 における 平 均 余 命 である 平 成 24 年 簡 易 生 命 表 ( 1)によると 男 性 の 平 均 寿 命 は 歳 女 性 の 平 均 寿 命 は 歳 で 前 年 と 比 較 して 男 性 は.5 歳 女 性 は.51 歳 上 回 った 世 田 谷 区 の 平 均 寿 命 は 市 区 町 村 別 生 命 表 ( 2)により 公 表 されるが 最 新 である 平 成 22 年 市 区 町 村 別 生 命 表 によると 男 性 81.2 歳 女 性 87.5 歳 であり 前 回 公 表 の 平 成 17 年 と 比 較 して 男 性 は.6 歳 女 性 は.7 歳 上 回 った 全 国 と 世 田 谷 区 の 平 均 寿 命 の 推 移 を 簡 易 生 命 表 と 平 成 12 年 以 降 の 市 区 町 村 別 生 命 表 で 比 較 すると 世 田 谷 区 は 全 国 を 上 回 っており 全 国 と 同 様 に 平 均 寿 命 は 延 伸 している 1 厚 生 労 働 省 は 日 本 の 生 命 表 として 完 全 生 命 表 と 簡 易 生 命 表 の 2 種 類 を 作 成 公 表 している 完 全 生 命 表 は 国 勢 調 査 による 口 ( 確 定 数 ) と 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )による 死 亡 数 出 生 数 を 基 に 5 年 ごとに 作 成 し 簡 易 生 命 表 は 口 推 計 などによる 口 と 口 動 態 統 計 月 報 年 計 ( 概 数 ) による 死 亡 数 出 生 数 を 基 に 毎 年 作 成 される 2 市 区 町 村 別 生 命 表 は 死 亡 状 況 を 市 区 町 村 単 位 で 比 較 分 析 するため 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )による 日 本 における 日 本 の 死 亡 数 出 生 数 と 国 勢 調 査 に よる 日 本 口 ( 確 定 数 )をもとに 厚 生 労 働 省 が 平 成 12 年 から5 年 ごと に 作 成 し 公 表 しているものである 歳 平 均 寿 命 の 推 移 ( 全 国 東 京 都 世 田 谷 区 ) 9 世 田 谷 区 女 世 田 谷 区 男 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 12 年 平 成 17 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 世 田 谷 区 女 東 京 都 女 全 国 女 世 田 谷 区 男 東 京 都 男 全 国 男 11

12 最 新 データである 平 成 22 年 の 市 区 町 村 別 生 命 表 より 平 均 寿 命 の 分 布 を 市 区 町 村 別 にみると 男 性 では 79.5 歳 以 上 8. 歳 未 満 女 性 では 86. 歳 以 上 86.5 歳 未 満 に 最 も 多 く 分 布 している 全 国 の 平 均 寿 命 は 男 性 79.6 歳 女 性 86.4 歳 であり 全 国 的 なばらつき の 中 でも 世 田 谷 区 は 上 位 に 位 置 している 東 京 都 は 男 性 79.8 歳 女 性 86.4 歳 ( 平 成 22 年 都 道 府 県 別 生 命 表 )であり 世 田 谷 区 は 23 区 ( 平 成 22 年 市 区 町 村 別 生 命 表 ) 内 で 男 女 ともに 3 位 だった 市 区 町 村 数 平 成 22 年 平 均 寿 命 ( 男 ) 平 均 寿 命 全 国 79.6 歳 世 田 谷 区 81.2 歳 市 区 77. 町 村 77.5 数 以 上 未 満 平 成 22 年 平 均 寿 命 ( 女 ) 全 国 86.4 歳 世 田 谷 区 87.5 歳 資 料 : 厚 生 労 働 省 平 成 22 年 市 区 町 村 別 市 区 町 村 数 市 86. 区 町 村 86.5 数 以 上 平 均 寿 -87. 命 未 平 均 寿 命 生 命 表 の 概 況 12

13 (2)65 歳 健 康 寿 命 ( 東 京 保 健 所 長 会 方 式 )の 推 移 65 歳 健 康 寿 命 ( 東 京 保 健 所 長 会 方 式 )とは 65 歳 の が 要 介 護 認 定 を 受 けるまでの 状 態 を 健 康 と 考 え 認 定 を 受 ける 年 齢 を 平 均 的 に 表 したもので 東 京 都 では 要 支 援 1 以 上 と 要 介 護 2 以 上 の2つの パターンで 健 康 寿 命 を 算 出 している 1 65 歳 健 康 寿 命 ( 要 支 援 1 以 上 )の 推 移 区 の 要 支 援 認 定 を 受 けるまでの 状 態 を 健 康 とした 場 合 の 65 歳 健 康 寿 命 は 平 成 21 年 より 横 ばいである 平 成 24 年 の 65 歳 健 康 寿 命 について 男 性 は.8 歳 上 がり23 区 中 4 位 ( 前 年 比 1 位 上 昇 ) 女 性 は.1 歳 下 がり23 区 中 16 位 ( 前 年 同 位 ) であった 歳 歳 健 康 寿 命 ( 要 支 援 1 以 上 の 認 定 を 受 ける 年 齢 ) 東 京 保 健 所 長 会 方 式 都 都 区 区 区 区 都 都 8.74 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 世 田 谷 区 女 性 世 田 谷 区 男 性 東 京 都 女 性 東 京 都 男 性 東 京 都 と23 区 男 性 の65 歳 健 康 寿 命 の 分 布 ( 平 成 24 年 ) 7 6 自 5 治 4 体 3 数 % 3 東 京 都 8.74 歳 % 41.7% % 7.8% 1.% 95.8% 世 田 谷 区 歳 歳 未 満 1 1% 8% 6% 4% 2% % 累 積 % 資 料 : 東 京 都 福 祉 保 健 局 自 治 体 数 東 京 都 と23 区 女 性 の65 歳 健 康 寿 命 の 分 布 ( 平 成 24 年 ) 世 田 谷 区 歳 28.3% % % % 東 京 都 歳 % 1 1.% 歳 未 満 1% 8% 6% 4% 2% % 累 積 %

14 2 65 歳 健 康 寿 命 ( 要 介 護 2 以 上 )の 推 移 要 介 護 2の 認 定 を 受 けるまでの 状 態 を 健 康 と 考 えた 場 合 の 65 歳 健 康 寿 命 については 男 性 は 平 成 21 年 より 東 京 都 を 上 回 り 緩 やかに 延 伸 して いる 女 性 は 平 成 23 年 より 東 京 都 を 上 回 ったものの 横 ばいである 平 成 24 年 の 65 歳 健 康 寿 命 ( 要 介 護 2 以 上 )について 男 性 は 2.85 歳 上 がり23 区 中 4 位 ( 前 年 比 1 位 上 昇 ) 女 性 は.1 歳 上 がり23 区 中 9 位 ( 前 年 比 1 位 上 昇 )であった 歳 歳 健 康 寿 命 ( 要 介 護 2 以 上 の 認 定 を 受 ける 年 齢 ) 東 京 保 健 所 長 会 方 式 都 区 区 85.2 区 都 都 区 区 都 都 82.2 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 世 田 谷 区 女 性 世 田 谷 区 男 性 東 京 都 女 性 東 京 都 男 性 区 の 65 歳 の 平 均 余 命 (65 歳 時 点 で 寿 命 に 達 するまでの 平 均 年 数 )は 男 女 とも 横 ばいである 今 後 健 康 寿 命 の 更 なる 延 伸 をめざすと 共 に 介 護 ( 要 介 護 2 以 上 )を 必 要 とする 期 間 (65 歳 の 平 均 余 命 から 65 歳 平 均 自 立 期 間 を 引 いた 年 数 ) の 短 縮 化 が 課 題 となるが 横 ばいの 状 況 が 続 いている 65 歳 の 平 均 余 命 と 介 護 ( 要 介 護 2 以 上 )を 必 要 とする 期 間 3 介 25 護 期 2 を 間 必 15 要 年 1 と す 5 る ( ) 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 均 余 命 ( 年 ) 男 性 平 均 余 命 (65 歳 ) 男 性 女 性 平 均 余 命 (65 歳 ) 女 性 資 料 : 東 京 都 福 祉 保 健 局 14

15 2. 口 動 態 からみた 世 田 谷 区 の 状 況 (1) 出 生 と 死 亡 からみる 口 増 加 の 推 移 全 国 では 平 成 17 年 平 成 19 年 以 降 死 亡 者 数 が 出 生 者 数 を 上 回 り 東 京 都 においては 平 成 24 年 より 死 亡 者 数 が 出 生 者 数 を 上 回 り 自 然 減 となった 世 田 谷 区 においては 出 生 者 数 が 死 亡 者 数 を 上 回 る 自 然 増 が 続 いている 出 生 と 死 亡 の 推 移 12, 1, 東 京 都 8, 6, 1, 4, 8, 6, 4, 2, 2, 世 田 谷 区 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 12 年 平 成 17 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 世 田 谷 区 出 生 数 世 田 谷 区 死 亡 数 東 京 都 出 生 数 東 京 都 死 亡 数 ( 単 位 : ) 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 12 年 平 成 17 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 世 田 谷 区 出 生 数 6,34 5,788 6,72 6,21 7,289 7,272 7,433 7,731 世 田 谷 区 死 亡 数 4,538 5,53 5,59 5,533 5,882 5,837 6,171 6,433 東 京 都 出 生 数 13,983 96,823 1,29 96,553 18,135 16,27 17,41 19,984 東 京 都 死 亡 数 7,37 78,651 83,849 93,619 14,238 15,723 19,194 11,495 資 料 : 保 健 福 祉 総 合 事 概 要 各 年 1 月 1 日 平 成 25 年 都 資 料 平 成 25 年 口 動 態 統 計 年 報 速 報 ( 概 数 ) ( 東 京 都 福 祉 保 健 局 ) 平 成 25 年 区 資 料 平 成 25 年 地 域 保 健 集 計 表 15

16 (2) 高 齢 化 の 状 況 世 田 谷 区 の 階 層 別 口 の 推 移 をみると 高 齢 者 の 口 は 増 加 しており 将 来 においても 高 齢 化 が 進 むと 推 計 されている 1,, 世 田 谷 区 階 層 別 口 の 推 移 と 将 来 推 計 口 9, 総 口 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 年 少 口 生 産 年 齢 口 高 齢 者 口 総 口 高 齢 者 口 年 少 口 生 産 年 齢 口 1, S6 H2 H7 H12 H17 H22 H27 H32 平 成 22 年 の 高 齢 化 率 ( 全 口 に 占 める 65 歳 以 上 構 成 比 )は 全 国 23.% 東 京 都 2.4% 世 田 谷 区 18.5%である その 後 の 世 田 谷 区 の 高 齢 化 率 は 平 成 23 年 18.6% 平 成 24 年 18.8% 平 成 25 年 19.3% 平 成 26 年 19.6%と 上 昇 している ( 単 位 : ) 年 次 昭 和 6 年 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 12 年 平 成 17 年 平 成 22 年 平 成 27 年 平 成 32 年 総 口 783, , ,7 779,974 84,73 831, , ,592 高 齢 者 口 73,547 85,644 12,848 12, , , , ,3 年 少 口 129,572 13,729 87,695 84,489 86,848 93,382 99,962 15,52 生 産 年 齢 口 58,64 587,9 571, , ,89 584, , ,789 資 料 : 保 健 福 祉 総 合 事 概 要 昭 和 6 年 ~ 平 成 22 年 は 1 月 1 日 口 ( 外 国 は 含 まない) 16

17 (3) 将 来 の 口 推 計 ( 世 田 谷 区 将 来 口 の 推 計 概 要 版 より 一 部 引 用 ) 1 総 口 世 田 谷 区 の 総 口 の 将 来 推 計 は 一 貫 して 増 加 傾 向 が 続 き 平 成 35 年 には 873,332 となり 平 成 25 年 の 845,922 と 比 較 して 27,41 増 加 する また その 後 の 見 込 み 期 間 についても 推 計 期 間 ほどではない ものの 増 加 傾 向 が 続 き 平 成 5 年 には 平 成 25 年 と 比 べて 37,87 増 の 883,9 に 達 する 見 込 みである ( 注 : 平 成 25 年 は 外 国 口 は 含 まない) 2 年 齢 階 層 別 口 ( 年 少 (-14 歳 ) 生 産 年 齢 (15-64 歳 ) 高 齢 者 (65 歳 以 上 ) 年 少 口 は 推 計 期 間 中 ( 平 成 35 年 まで)は 増 加 傾 向 にあり 当 面 の 間 少 子 化 は 進 まないが その 後 女 性 口 の 減 少 により 減 少 傾 向 に 転 じる 見 込 みである また 高 齢 者 口 については 一 貫 して 増 加 が 進 み 特 に 平 成 4 年 代 後 半 からは 団 塊 ジュニア 世 代 (1971~1974 年 生 まれを 中 心 とした 世 代 を 言 う )が 高 齢 者 層 に 入 るため 高 齢 者 口 の 伸 びが 一 層 高 まり 世 田 谷 区 においても 少 子 高 齢 化 が 顕 著 に 表 れる 見 込 みである なお 生 産 年 齢 口 については 概 ね 横 ばいの 水 準 が 維 持 される 年 齢 3 階 層 別 口 の 推 移 ( 3) ( 単 位 : ) 年 齢 3 階 層 別 口 現 在 推 計 見 込 み 平 成 25 年 1 月 1 日 平 成 3 年 平 成 35 年 平 成 4 年 平 成 45 年 平 成 5 年 年 少 口 97,521 13,29 17,756 14,121 96,86 89,74 生 産 年 齢 口 584, ,62 584, , , ,39 高 齢 者 口 163, ,473 18,62 187,443 22, ,996 3: 推 計 値 について 小 数 点 以 下 の 端 数 を 四 捨 五 入 処 理 しているため 総 口 と 年 齢 階 層 区 分 の 総 和 とは 同 じ 値 ( 将 来 口 )にはならない 場 合 がある 3 構 成 比 の 推 移 について 総 口 に 対 する 年 少 口 の 構 成 比 を 全 国 東 京 都 と 比 較 した 時 現 時 点 では 全 国 の 数 値 を 下 回 っているが しばらくは 年 少 口 の 増 加 が 続 く ため 平 成 33 年 では 全 国 の 11.7%を 上 回 り 12.3%となる また そ の 後 は 世 田 谷 区 においても 減 少 傾 向 になるものの 全 国 東 京 都 よりも 高 い 推 移 を 保 つ 見 込 みである 高 齢 者 口 の 構 成 比 は 現 時 点 で 全 国 東 京 都 を 下 回 っている 今 後 高 齢 者 口 の 増 加 により 構 成 比 も 一 貫 して 増 加 傾 向 にあるが 全 国 東 京 都 を 下 回 ったまま 推 移 する 見 込 みである 17

18 全 国 東 京 都 との 構 成 比 比 較 ( 年 少 口 )( 4) 平 成 28 年 平 成 33 年 平 成 38 年 平 成 43 年 平 成 48 年 世 田 谷 区 11.8% 12.3% 12.1% 11.3% 1.5% 東 京 都 11.1% 1.7% 1.% 9.2% 8.9% 全 国 12.5% 11.7% 11.% 1.3% 1.1% 外 国 口 は 含 まない 全 国 東 京 都 との 構 成 比 比 較 ( 高 齢 者 口 )( 4) 平 成 28 年 平 成 33 年 平 成 38 年 平 成 43 年 平 成 48 年 世 田 谷 区 2.5% 2.7% 21.% 22.4% 24.2% 東 京 都 23.1% 24.3% 25.2% 27.% 29.8% 全 国 26.8% 29.1% 3.3% 31.6% 33.4% 外 国 口 は 含 まない 4: 全 国 東 京 都 の 基 準 年 は 国 勢 調 査 がベースとなっており 国 勢 調 査 の 翌 年 1 月 の 世 田 谷 区 の 数 値 と 比 較 しているため 基 準 年 が 平 成 25 年 となっていない 18

19 (4) 出 生 統 計 の 変 化 1 出 生 数 と 出 生 率 の 推 移 平 成 25 年 の 出 生 数 は 7,731 で 前 年 の 7,433 より 298 増 加 し 出 生 率 ( 口 千 対 )は 8.7 で 前 年 の 8.4 を.3 ポイント 上 回 った 出 生 数 ( 全 国 東 京 都 世 田 谷 区 ) 各 年 1 月 1 日 ( 単 位 : ) 年 次 全 国 東 京 都 世 田 谷 地 域 別 内 訳 区 世 田 谷 北 沢 玉 川 砧 烏 山 平 成 12 年 1,19,547 1,29 6,72 1, ,684 1, 平 成 17 年 1,62,53 96,542 6,21 1, ,679 1, 平 成 22 年 1,71,34 18,135 7,289 1,963 1,9 1,93 1, 平 成 23 年 1,5,698 16,27 7,272 1, ,865 1, 平 成 24 年 1,37,231 17,41 7,433 2, ,998 1,373 1,33 平 成 25 年 1,29,8 19,984 7,731 2,149 1,8 2,72 1, 出 生 率 ( 全 国 東 京 都 世 田 谷 区 ) 各 年 1 月 1 日 ( 単 位 : 口 千 対 ) 年 次 全 国 東 京 世 田 谷 地 域 別 内 訳 都 区 世 田 谷 北 沢 玉 川 砧 烏 山 平 成 12 年 平 成 17 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 国 資 料 平 成 25 年 口 動 態 統 計 月 報 年 計 ( 概 数 )の 概 況 ( 厚 生 労 働 省 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 ) 都 資 料 平 成 25 年 口 動 態 統 計 年 報 速 報 ( 概 数 ) ( 東 京 都 福 祉 保 健 局 ) 区 資 料 平 成 25 年 地 域 保 健 集 計 表 出 生 率 ( 口 千 対 )の 推 移 12 率 1 ( 口 千 対 ) 平 成 12 年 平 成 17 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 世 田 谷 北 沢 玉 川 砧 烏 山 19

20 ( 年 次 2 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 平 成 25 年 の 合 計 特 殊 出 生 率 は 全 国 東 京 都 と 同 様 前 年 比 を 上 回 り 世 田 谷 区 では 1 を 上 回 った 区 の 平 成 12 年 からの 推 移 をみると 出 生 数 合 計 特 殊 出 生 率 も 上 昇 している 平 成 15 年 平 成 16 年 平 成 17 年 平 成 18 年 平 成 19 年 平 成 2 年 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 ( 単 位 : ) 平 成 24 年 平 成 25 年 全 国 東 京 都 世 田 谷 区 母 の 年 齢 別 出 生 数 合 計 特 殊 出 生 率 = の 15 歳 から 49 歳 までの 合 計 年 齢 別 女 子 口 国 資 料 平 成 25 年 口 動 態 統 計 月 報 年 計 ( 概 数 )の 概 況 ( 厚 生 労 働 省 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 ) 都 資 料 平 成 25 年 口 動 態 統 計 年 報 速 報 ( 概 数 ) ( 東 京 都 福 祉 保 健 局 ) 区 資 料 平 成 25 年 地 域 保 健 集 計 表 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 平 成 15 年 平 成 17 年 平 成 19 年 平 成 21 年 平 成 23 年 平 成 25 年 全 国 東 京 都 世 田 谷 区 世 田 谷 区 の 出 生 数 と 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 9, 8, 7, 6, 出 5, 生 4, 数 3, 2, 1, 6, ,433 7, 平 成 12 年 平 成 17 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 出 生 率 口 千 対 ) 2

21 (5) 世 田 谷 区 の 婚 姻 離 婚 の 推 移 世 田 谷 区 では 婚 姻 率 は 全 国 東 京 都 と 比 較 して 上 回 り 離 婚 率 は 下 回 る 状 況 が 続 いている ( 単 位 : 口 千 対 ) 年 次 婚 姻 離 婚 数 率 数 率 平 成 12 年 6, , 平 成 17 年 6, , 平 成 22 年 6, , 平 成 23 年 6, , 平 成 24 年 6, , 平 成 25 年 6, , 資 料 : 平 成 25 年 地 域 保 健 集 計 表 婚 姻 率 ( 口 千 対 )の 推 移 婚 姻 率 ( 口 千 対 ) 平 成 12 年 平 成 17 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 全 国 東 京 世 田 谷 区 離 婚 率 ( 口 千 対 ) 離 婚 率 ( 口 千 対 )の 推 移 平 成 12 年 平 成 17 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 全 国 東 京 世 田 谷 区 21

22 (6) 死 亡 統 計 の 状 況 1 死 亡 数 と 死 亡 率 の 推 移 各 年 1 月 1 日 ( 単 位 : 口 千 対 ) 年 平 成 12 年 平 成 17 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 数 率 数 率 数 率 数 率 数 率 数 率 全 国 961, ,83, ,197, ,253, ,256, ,268, 東 京 都 83, , , , , , 世 田 谷 5, , , , , , 国 資 料 平 成 25 年 口 動 態 統 計 月 報 年 計 ( 概 数 )の 概 況 ( 厚 生 労 働 省 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 ) 都 資 料 平 成 25 年 口 動 態 統 計 年 報 速 報 ( 概 数 ) ( 東 京 都 福 祉 保 健 局 ) 区 資 料 平 成 25 年 地 域 保 健 集 計 表 平 成 25 年 の 死 亡 数 は 6,433 で 前 年 の 6,171 より 262 増 加 し 死 亡 率 は 7.2 で 前 年 の 7. を.2 ポイント 上 回 った 死 亡 率 ( 口 千 対 )の 推 移 死 亡 率 ( 口 千 対 ) 平 成 12 年 平 成 17 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 全 国 東 京 都 世 田 谷 区 2 年 齢 調 整 死 亡 率 による 区 の 死 亡 率 の 推 移 区 の この 1 年 の 死 亡 率 について 高 齢 化 の 影 響 を 除 き( )その 推 移 をみ たところ 平 成 23 年 まで 減 少 した 後 上 昇 傾 向 へと 転 じている 平 成 16 年 (24 年 )の 口 を 基 準 口 とした 年 齢 調 整 死 亡 率 の 推 移 世 田 谷 区 年 齢 調 整 死 亡 率 ( 口 1 万 対 平 成 16 年 ) 平 成 17 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 区 資 料 : 各 年 地 域 保 健 集 計 表 住 民 基 本 台 帳 口 (1 月 1 日 ) 22

23 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 (COPD) 1.% 認 知 症 1.1% 大 動 脈 瘤 及 び 解 離 1.6% 3 主 要 死 因 順 位 と 割 合 ( 平 成 25 年 ) 区 の 主 要 死 因 割 合 の 上 位 は 国 や 東 京 都 と 同 様 の 傾 向 であり 生 活 習 慣 病 ( 表 中 の の 疾 患 )に 起 因 する 疾 患 が 6.6%であった 順 位 死 因 死 亡 数 ( ) 割 合 (%) 1 がん 2, 心 疾 患 ( 高 血 圧 を 除 く) 肺 炎 脳 血 管 疾 患 老 衰 不 慮 の 事 故 自 殺 腎 不 全 大 動 脈 瘤 及 び 解 離 肝 疾 患 認 知 症 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 糖 尿 病 高 血 圧 性 疾 患 胃 潰 瘍 及 び 十 二 指 腸 潰 瘍 以 下 その 他 全 死 因 1, 胃 潰 瘍 及 び 十 二 指 腸 潰 瘍.3% 高 血 圧 性 疾 患.3% 糖 尿 病.9% 肝 疾 患 1.5% 腎 不 全 1.6% 自 殺 2.4% 主 要 死 因 の 割 合 ( 平 成 25 年 )N=6,433 その 他 全 死 因 17.9% 老 衰 6.2% 不 慮 の 事 故 2.7% 脳 血 管 疾 患 7.7% 合 計 6, 肺 炎 8.5% がん 31.8% 心 疾 患 ( 高 血 圧 性 を 除 く) 14.2% 資 料 : 平 成 25 年 地 域 保 健 集 計 表

24 年 代 別 の 主 要 死 因 の 割 合 ( 平 成 25 年 )は 年 代 によって 異 なっている 全 体 の 死 因 の 第 1 位 である がん( 悪 性 新 生 物 ) は どの 年 代 にもみら れるが 男 性 では 5~7 代 女 性 では 4~7 代 で 死 因 の 半 数 程 度 を 占 め る がん 以 外 の 生 活 習 慣 病 については 男 性 では 3 代 から 増 加 し 女 性 は 4 代 から 増 加 する 3 歳 未 満 の 死 因 の 割 合 が 他 の 世 代 に 比 べて 高 いのは 自 殺 不 慮 の 事 故 その 他 の 疾 患 であり 3 代 になると 男 性 では 様 々な 死 因 が 増 えるの に 対 し 女 性 においては 自 殺 その 他 の 疾 患 が 上 位 である 年 代 全 体 9~ 8~89 7~79 6~69 5~59 4~49 3~39 2~29 ~19 男 性 の 年 代 別 主 要 死 因 割 合 ( 平 成 25 年 ) % 1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 1% 悪 性 新 生 物 糖 尿 病 高 血 圧 性 疾 患 心 疾 患 ( 高 血 脳 血 管 疾 患 肝 疾 患 腎 不 全 圧 性 を 除 く) 肺 炎 老 衰 不 慮 の 事 故 自 殺 結 核 その 他 年 代 全 体 9~ 8~89 7~79 6~69 5~59 4~49 3~39 2~29 ~19 女 性 の 年 代 別 主 要 死 因 割 合 ( 平 成 25 年 ) % 1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 1% 悪 性 新 生 物 糖 尿 病 高 血 圧 性 疾 患 心 疾 患 ( 高 血 脳 血 管 疾 患 肝 疾 患 腎 不 全 肺 炎 圧 老 衰 性 を 除 く) 不 慮 の 事 故 24

25 4 主 要 死 因 の 推 移 主 要 死 因 の 中 でも がん と 生 活 習 慣 病 (がんを 含 まず) の 死 亡 率 が 高 い また 老 衰 による 死 亡 が 増 えている ( 単 位 : 口 1 万 対 ) 平 成 平 成 平 成 平 成 平 成 平 成 平 成 平 成 平 成 17 年 18 年 19 年 2 年 21 年 22 年 23 年 24 年 25 年 がん 心 疾 患 脳 血 管 疾 患 肺 炎 及 び 急 性 気 管 支 炎 自 殺 不 慮 の 事 故 と 有 害 作 用 腎 不 全 慢 性 疾 患 及 び 肝 硬 変 老 衰 平 成 17 年 は 不 慮 の 事 故 に 有 害 作 用 腎 不 全 に 腎 尿 路 生 殖 器 系 の 疾 患 を 含 む 資 料 : 平 成 25 年 地 域 保 健 集 計 表 率 ( 口 1 万 対 ) 世 田 谷 区 における 主 要 死 因 の 死 亡 率 ( 口 1 万 対 )の 推 移 がん 生 活 習 慣 病 (がんを 除 く) 肺 炎 及 び 気 管 支 炎 自 殺 不 慮 の 事 故 と 有 害 作 用 老 衰 5.. 平 成 16 年

26 5がん( 悪 性 新 生 物 )の 主 な 部 位 別 死 亡 者 数 の 推 移 区 民 のがんの 部 位 別 死 亡 者 数 については 上 位 の4 部 位 で 約 5 割 を 占 め ている (グラフでは 性 別 に 上 位 5 部 位 を 表 示 ) 順 位 平 成 平 成 平 成 平 成 平 成 平 成 部 位 2 年 21 年 22 年 23 年 24 年 25 年 1 気 管 気 管 支 肺 大 腸 胃 膵 肝 など 乳 房 食 道 胆 嚢 など 前 立 腺 悪 性 リンパ 腫 順 位 は 平 成 25 年 のもの 資 料 : 死 亡 統 計 集 計 表 世 田 谷 区 における 悪 性 新 生 物 部 位 別 死 亡 者 数 の 推 移 ( 男 性 ) 気 管 気 管 支 肺 胃 大 腸 肝 など 膵 5 平 成 2 年 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 世 田 谷 区 における 悪 性 新 生 物 部 位 別 死 亡 者 数 の 推 移 ( 女 性 ) 大 腸 気 管 気 管 支 肺 乳 房 胃 膵 平 成 2 年 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 26

27 平 成 24 年 のがんの 部 位 別 死 亡 割 合 について 全 国 東 京 都 と 比 較 した 男 性 の 順 位 は 全 国 や 東 京 都 と 変 わらないが 女 性 は 第 3 位 が 全 国 東 京 都 が 胃 であるのと 異 なり 乳 房 となっている がんの 部 位 別 死 亡 割 合 (( 平 成 年 年 ) ) [ 男 性 ] 世 田 谷 区 い 肺 及 び 気 管 支 がん 2.5% 胃 13.9% 13.9% 大 腸 13.3% 前 立 腺 6.4% その 他 42.6% 東 京 都 全 国 肺 及 び 気 管 支 がん 22.8% 肺 及 び 気 管 支 がん 23.9% 胃 14.1% 14.1% 胃 15.% 15.% 大 腸 12.9% 大 腸 11.9% 前 立 腺 5.5% 前 立 腺 5.2% その 他 41.6% その 他 41.6% 肺 及 び 気 管 支 がん 胃 大 腸 前 立 腺 口 唇 口 腔 及 び 咽 頭 その 他 % 1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 1% [ 女 性 ] 世 田 谷 区 肺 及 び 気 管 支 がん 11.1% 大 腸 16.3% 16.3% 胃 1.3% 乳 房 1.8% 子 宮 5.% その 他 46.5% 東 京 都 全 国 肺 及 び 気 管 支 がん 14.6% 肺 及 び 気 管 支 がん 13.8% 大 腸 14.5% 14.5% 大 腸 14.9% 14.9% 胃 1.8% 胃 11.6% 乳 房 1.% 乳 房 8.6% 子 宮 4.5% 子 宮 4.2% その 他 45.6% その 他 46.9% 肺 及 び 気 管 支 がん 大 腸 胃 乳 房 子 宮 その 他 % 1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 1% 資 料 : 世 田 谷 区 がん 対 策 検 討 委 員 会 27

28 6 自 殺 者 数 及 び 自 殺 死 亡 率 の 年 次 推 移 区 の 平 成 25 年 の 自 殺 者 は 155 ( 男 性 94 女 性 61 )だった 全 国 や 東 京 都 に 比 べ 自 殺 死 亡 率 ( 口 1 万 対 )は 低 いが 年 代 別 にみ ると 全 国 と 比 較 して 2~29 歳 全 国 と 東 京 都 と 比 較 して 4~49 歳 の 自 殺 死 亡 割 合 が 多 い また 世 田 谷 区 において 平 成 24 年 度 と 比 較 して 3 代 が 減 少 し 7 代 以 上 の 割 合 が 多 くなっている ( 単 位 : 率 : 口 1 万 対 ) 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 自 殺 者 数 ( 世 田 谷 区 ) 自 殺 世 田 谷 区 死 亡 率 東 京 都 全 国 % 自 殺 死 亡 率 年 次 推 移 比 較 全 国 世 田 谷 区 H8 H9 H1 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H2 H21 H22 H23 H24 平 成 25 年 齢 別 自 殺 死 亡 割 合 全 国 東 京 都 25 年 度 世 田 谷 区 24 年 度 世 田 谷 区 年 齢 ~2 年 齢 2~29 年 齢 3~39 年 齢 4~49 年 齢 5~59 年 齢 6~69 年 齢 7~79 年 齢 8~ % 2% 4% 6% 8% 1% 資 料 : 口 動 態 統 計 数 値 28

29 7 死 亡 場 所 の 推 移 区 民 の 死 亡 場 所 は 病 院 が 7 割 以 上 を 占 めるものの 死 亡 者 数 の 増 加 に 対 して 減 少 傾 向 であり 老 ホームや 自 宅 で 亡 くなる が 増 えている ( 単 位 : ) 場 所 病 院 診 療 所 介 護 老 老 ホ 自 宅 その 他 合 計 保 健 ーム 施 設 平 成 19 年 4, ,722 平 成 2 年 4, ,739 平 成 21 年 4, ,78 平 成 22 年 4, ,882 平 成 23 年 4, ,837 平 成 24 年 4, , ,171 平 成 25 年 4, , ,433 資 料 : 死 亡 統 計 集 計 表 4,8 4,6 4,4 4,2 死 亡 場 所 の 推 移 病 院 4, 平 成 19 年 平 成 2 年 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 自 宅 平 成 19 年 平 成 21 年 平 成 23 年 平 成 25 年 診 療 所 介 護 老 保 健 施 設 老 ホーム 自 宅 その 他 29

30 3. 世 代 別 の 特 徴 (1) 母 子 保 健 からみる 健 康 状 況 口 動 態 統 計 及 び 乳 幼 児 健 診 受 診 率 等 より 区 の 母 子 保 健 の 状 況 をま とめた 1 周 産 期 死 亡 と 乳 児 死 亡 の 推 移 周 産 期 死 亡 の 推 移 ( 単 位 : ) 年 平 成 12 年 平 成 17 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 率 率 率 率 率 率 総 数 ( 1) 妊 娠 満 22 週 以 上 の 死 産 ( 1) 早 期 新 生 児 死 亡 ( ) 資 料 : 死 亡 統 計 集 計 表 1 率 : 出 産 ( 出 生 + 妊 娠 満 22 週 以 後 の 死 産 ) 千 対 2 率 : 出 生 千 対 周 産 期 死 亡 の 推 移 平 成 12 年 平 成 17 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 率 ( 出 産 千 対 ) 周 産 期 死 亡 数 周 産 期 死 亡 率 乳 児 死 亡 の 推 移 ( 単 位 : 口 千 対 ) 年 平 成 12 年 平 成 17 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 率 率 率 率 率 率 乳 児 死 亡 新 生 児 死 亡 資 料 : 平 成 25 年 地 域 保 健 集 計 表 3

31 2 母 の 出 産 年 齢 の 推 移 区 の 母 の 出 産 年 齢 は 3 代 前 半 が 最 も 多 い また 母 の 年 齢 が 2 代 後 半 の 出 生 数 が 減 少 し 3 代 後 半 から 4 代 前 半 の 出 生 数 は 増 加 している 母 の 出 産 年 齢 と 出 生 児 数 15~19 2~24 25~29 3~34 35~39 4~44 45 以 上 不 詳 平 成 19 年 平 成 2 年 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 19 年 と 平 成 24 年 の 母 の 第 1 子 の 出 産 年 齢 階 級 割 合 を 比 較 すると 2 代 が 減 少 し 3 代 後 半 から 4 代 前 半 が 増 加 している 母 の 年 齢 階 級 別 出 産 割 合 の 増 減 ( 単 位 :%) 年 齢 階 級 平 成 19 年 平 成 24 年 増 減 15~19 歳.27%.25% -.2 2~24 歳 5.98% 3.47% ~29 歳 27.69% 22.4% ~34 歳 41.87% 4.88% ~39 歳 2.95% 26.18% ~44 歳 3.8% 6.66% 歳 以 上.17%.16% -.1 母 の 年 齢 階 級 別 出 生 数 ( 平 成 24 年 ) ( 単 位 : ) 年 齢 階 級 世 田 谷 区 地 域 別 内 訳 世 田 谷 北 沢 玉 川 砧 烏 山 15~19 歳 ~24 歳 ~29 歳 1, ~34 歳 2, ~39 歳 2, ~44 歳 歳 以 上 合 計 7,433 2, ,998 1,373 1,33 資 料 : 平 成 24 年 地 域 保 健 集 計 表 31

32 3 乳 幼 児 健 康 診 査 の 受 診 率 の 推 移 区 で 実 施 する 乳 幼 児 健 診 について 集 団 と 個 別 健 診 別 に 受 診 率 の 推 移 を みた 集 団 健 診 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 平 成 25 年 度 3~4か 月 児 健 診 96.8% 95.8% 95.2% 96.2% 96.6% 1 歳 6か 月 児 歯 科 76.8% 78.3% 79.2% 78.5% 79.6% 3 歳 児 内 科 健 診 88.3% 86.9% 88.1% 89.6% 9.3% 3 歳 児 歯 科 健 診 88.8% 86.% 88.% 89.5% 89.1% 乳 幼 児 健 診 受 診 率 の 変 化 ( 集 団 健 診 ) 1% 8% 6% 4% 2% % 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 3~4か 月 児 健 診 1 歳 6か 月 児 歯 科 健 診 3 歳 児 内 科 健 診 3 歳 児 歯 科 健 診 [3~4 か 月 児 健 診 の 状 況 ] 対 象 者 は 平 成 21 年 度 7,176 から 年 々 増 加 し 25 年 度 は 7,764 となっている 経 年 変 化 の 表 をみると 健 診 受 診 率 は3~4ヶ 月 児 健 診 に おいて 96% 前 後 を 推 移 している [1 歳 6か 月 児 歯 科 健 診 の 状 況 ] 他 に 比 べ 受 診 率 が 低 いが 健 診 の 機 会 を 逃 した 場 合 は 各 支 所 で 実 施 してい る すくすく 歯 科 相 談 を 紹 介 して 未 受 診 者 をフォローしている [3 歳 児 内 科 健 診 の 状 況 ] 年 齢 が 上 がるにつれ 健 診 受 診 率 が 下 がるのは 親 の 就 労 や 幼 稚 園 保 育 園 への 入 園 の 影 響 があり 3 歳 児 内 科 健 診 では 9.3%となっている 32

33 個 別 健 診 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 平 成 25 年 度 6~7か 月 児 健 診 89.2% 87.8% 86.1% 88.7% 89.9% 9~1か 月 児 健 診 86.6% 84.8% 85.% 85.7% 84.5% 1 歳 6か 月 児 内 科 89.8% 9.7% 89.8% 92.% 92.3% 2 歳 6か 月 児 歯 科 58.4% 61.% 55.7% 55.6% 55.1% 乳 幼 児 健 診 受 診 率 の 変 化 ( 個 別 健 診 ) 1% 8% 6% 4% 2% % 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 6~7か 月 児 健 診 9~1か 月 児 健 診 1 歳 6か 月 児 内 科 2 歳 6か 月 児 歯 科 [2 歳 6 か 月 児 歯 科 健 診 の 状 況 ] 個 別 健 診 の 中 では 2 歳 6か 月 児 歯 科 健 診 の 受 診 率 が 低 い 歯 科 相 談 等 さまざまな 機 会 で 受 診 勧 奨 を 行 っている [ 全 体 ] 定 期 の 健 診 を 逃 した 場 合 で 発 育 発 達 に 心 配 がある 場 合 は 予 約 制 の 経 過 観 察 健 診 ( 身 体 心 理 )を 紹 介 している 近 年 は 健 診 未 受 診 者 のフォローに 力 を 入 れてきており 特 に3~4ヶ 月 健 診 をはじめ 各 健 診 について 今 後 受 診 率 のさらなる 向 上 を 目 指 している 33

34 4 歯 科 保 健 からみる 健 康 状 況 世 田 谷 区 の 乳 幼 児 歯 科 健 診 におけるう 蝕 ( 虫 歯 ) 罹 患 者 率 の 推 移 世 田 谷 区 の 乳 幼 児 う 蝕 罹 患 者 率 は 全 ての 年 齢 で 年 々 減 少 している 3 歳 で 見 ると 東 京 都 の 歯 科 保 健 目 標 う 蝕 のない 3 歳 児 の 割 合 85% をすでに 達 成 しており 世 田 谷 区 の 健 康 せたがやプラン( 第 二 次 )の 目 標 値 9% 以 上 も 平 成 25 年 に 達 成 した 世 田 谷 区 乳 幼 児 う 蝕 り 患 者 率 歳 児 5 歳 児 4 歳 児 3 歳 児 2 歳 児 1 歳 児 年 度 62 年 度 元 年 度 3 年 度 5 年 度 7 年 度 9 年 度 11 年 度 13 年 度 年 度 15 年 度 17 年 度 19 年 度 21 年 度 23 年 度 25 年 度 34

35 コラム 3 歳 児 の 生 活 リズムは? ~ 平 成 25 年 度 3 歳 児 健 康 診 査 受 診 者 の 状 況 ~ 健 康 せたがやプラン( 第 二 次 )では 子 どものころからの 望 ましい 生 活 リズムの 啓 発 と して 早 起 き 早 寝!そして 朝 ごはん を 推 奨 しています 起 床 就 寝 時 間 と 朝 食 時 間 とは 密 接 な 関 連 がありま す 3 歳 児 健 診 受 診 者 の 状 況 をみると 朝 食 を8 時 ま でにとっている 子 どもは 約 6 割 ですが 8 時 以 降 の 遅 めにとっている 子 どもが 約 4 割 いました 1 日 元 気 に 活 動 するためには まず 朝 食 を 朝 8 時 までにとり 元 気 に 1 日 をスタートしましょう 自 然 に 早 起 き 早 寝 の 規 則 正 しい 生 活 リズムが 整 い ます 5 時 台.1% 8 時 以 降 43.8% 朝 食 時 間 7 時 台 48.4% 6 時 台 7.8% n=5,57 家 族 そろって 食 事 をすることは 楽 しく 食 育 のため にも 大 切 だと 思 っている が 多 いですが 実 態 は3 歳 児 の 子 どもがいる 壮 年 期 の 家 庭 では 毎 日 家 族 全 員 そろって 食 事 をとっている 子 どもは 朝 食 で2 割 夕 食 では1 割 にとどまっ ていました 家 族 全 員 そろって 朝 食 をとる 機 会 家 族 全 員 そろって 夕 食 をとる 機 会 毎 日 21.6% 週 ~1.9 日 29.4% 週 4~6.9 日 16.2% 毎 日 1.5% 週 ~1.9 日 17.3% 週 4~6.9 日 15.1% 週 2~3.9 日 34.% 週 2~3.9 日 56.1% また 家 族 そろって 食 事 をとる 機 会 が 週 に2 回 までの 子 どもは 朝 食 は 約 3 割 夕 食 で は2 割 弱 いました これは 親 の 食 生 活 (2 3 代 の 区 民 健 診 結 果 では 男 性 24% 女 性 12.5% が 朝 食 を 欠 食 しています)や 就 労 状 況 等 も 影 響 しているのかもしれません 忙 しい 親 の 生 活 ですが 親 子 で 朝 ごはんをしっかりとる 習 慣 をつけましょう まずは 家 族 みんなで 食 卓 を 囲 む 機 会 を 増 やし 休 日 などゆっくりと 時 間 をとって 食 事 を 通 して 親 子 のコミュニケーションを 深 められたら 素 敵 ですね ライフスタイルに 合 わせ てできる 事 から 始 めてはいかがでしょうか 35

36 (2) 児 童 生 徒 の 健 康 状 況 全 国 東 京 都 の 学 校 保 健 統 計 及 び 平 成 25 年 度 定 期 健 康 診 断 結 果 より 区 立 小 中 学 校 の 児 童 生 徒 の 状 況 をまとめた 1 定 期 健 康 診 断 計 測 結 果 平 成 25 年 度 における 全 国 の 比 較 では 男 女 ともに 身 長 は 同 等 かやや 平 均 を 上 回 る 傾 向 がみられる 体 重 は 全 国 平 均 を 下 回 っている また 年 齢 が 上 がるにつれ 全 国 平 均 との 差 が 大 きくなる 傾 向 があり 特 に 女 子 についてその 傾 向 が 見 られる 1 定 期 健 康 診 断 計 測 結 果 区 都 全 国 国 平 平 均 均 ( ( 平 平 成 成 25 年 25 度 年 ) 度 ) 身 長 (cm) 体 重 (kg) 座 高 (cm) 男 女 男 女 男 女 区 都 全 国 区 都 全 国 区 都 全 国 区 都 全 国 区 都 全 国 区 都 全 国 小 学 1 年 小 学 2 年 小 学 3 年 小 学 4 年 小 学 5 年 小 学 6 年 中 学 1 年 中 学 2 年 中 学 3 年 定 期 健 康 診 断 結 果 ( 身 長 ) 区 都 全 国 平 均 推 移 2 都 全 国 平 均 推 移 6 歳 1 歳 14 歳 単 位 :cm 男 女 男 女 男 女 区 都 全 国 区 都 全 国 区 都 全 国 区 都 全 国 区 都 全 国 区 都 全 国 平 成 1 年 度 平 成 15 年 度 平 成 2 年 度 平 成 25 年 度 定 期 健 康 診 断 結 果 ( 体 重 ) 区 都 全 全 国 国 平 平 均 均 推 推 移 移 単 位 :kg 6 歳 1 歳 14 歳 男 女 男 女 男 女 区 都 全 国 区 都 全 国 区 都 全 国 区 都 全 国 区 都 全 国 区 都 全 国 平 成 1 年 度 平 成 15 年 度 平 成 2 年 度 平 成 25 年 度

37 2-1 肥 満 度 出 現 率 ( 世 田 谷 区 ): 小 中 学 生 全 体 小 中 学 校 における 健 康 診 断 では 性 別 年 齢 別 身 長 別 標 準 体 重 から 算 出 する 肥 満 度 判 定 を 行 う(P41 参 照 ) 肥 満 度 +2% 以 上 3% 未 満 を 軽 度 肥 満 +3% 以 上 5% 未 満 を 中 等 度 肥 満 +5% 以 上 を 重 度 肥 満 と 判 定 する 肥 満 度 2% 以 上 の 出 現 率 については 小 学 校 1 年 生 から 学 年 が 上 がるにつれ 増 加 し 中 学 校 1 年 生 をピークに 減 少 傾 向 となっている また 肥 満 度 5% 以 上 の 重 度 肥 満 について は 小 学 校 低 学 年 から 徐 々に 増 加 し 高 学 年 以 上 では.5% 前 後 の 出 現 率 となっている ( 平 成 25 年 8 月 現 在 ) 肥 満 度 出 現 率 (%) 左 記 の 出 現 率 (%) 定 期 健 康 うち 学 学 年 診 断 2% 以 上 5% 校 25 年 度 24 年 度 25 年 度 24 年 度 受 診 者 数 ( ) 以 上 ( ) 1 年 5, % 2.12% 2.4%.4% 2 年 5, % 3.61% 5.1%.17% 小 学 校 中 学 校 3 年 5, % 4.37% 1.19%.24% 4 年 5, % 5.42% 2.38%.25% 5 年 5, % 6.26% 22.41%.36% 6 年 5, % 6.2% 16.3%.47% 小 計 32, % 4.67% 75.23%.26% 1 年 3, % 6.8% 2.58%.5% 2 年 3, % 6.12% 17.49%.38% 3 年 3, % 6.67% 19.56%.93% 小 計 1, % 6.53% 56.54%.6% 合 計 42,376 2, % 5.12% %.34% 37

38 2-2 肥 満 度 出 現 率 ( 世 田 谷 区 ): 小 中 学 生 男 女 別 男 女 別 の 肥 満 度 2% 以 上 の 出 現 率 については 男 子 は 小 学 校 6 年 生 がピーク 女 子 は 中 学 校 2 年 生 がピークとなっている また 出 現 率 を 男 女 で 比 較 すると 全 体 的 に 男 子 が 女 子 を 上 回 っている 性 別 男 子 女 子 学 年 定 期 健 康 診 断 受 診 者 数 肥 満 度 出 現 率 左 記 のうち 2% 以 上 ( ) (%) ( 平 成 25 年 8 月 現 在 ) 5% 以 上 ( ) 出 現 率 (%) 小 1 3, % 1.3% 小 2 2, % 3.11% 小 3 2, % 5.18% 小 4 2, % 1.34% 小 5 2, % 13.45% 小 6 2, % 11.39% 小 計 17, % 43.25% 小 1 2, % 1.4% 小 2 2, % 2.8% 小 3 2, % 5.21% 小 4 2, % 1.41% 小 5 2, % 9.36% 小 6 2, % 5.2% 小 計 14, % 32.22% 小 学 校 合 計 32,67 1, % 75.23% 男 子 女 子 中 1 1, % 14.74% 中 2 1, % 1.53% 中 3 1, % 16.88% 小 計 5, % 4.71% 中 1 1, % 6.39% 中 2 1, % 7.45% 中 3 1, % 3.19% 小 計 4, % 16.34% 中 学 校 合 計 1, % 56.54% 小 中 学 校 合 計 42,376 2, % % 38

39 2-3 肥 満 度 出 現 率 ( 東 京 都 全 国 との 比 較 ) 世 田 谷 区 における 肥 満 度 2% 以 上 の 出 現 率 については いずれの 学 年 も 東 京 都 全 国 の 出 現 率 を 下 回 っている また 特 に 女 子 について 東 京 都 全 国 の 出 現 率 を 大 き く 下 回 っている 39

40 3 区 立 小 中 学 校 における 児 童 生 徒 の 生 活 習 慣 病 予 防 検 診 ( 平 成 25 年 度 ) 世 田 谷 区 教 育 委 員 会 では 肥 満 度 3% 以 上 ( 中 等 度 肥 満 以 上 )の 児 童 生 徒 のうち 下 記 に 該 当 する 者 について 生 活 習 慣 病 予 防 検 診 の 対 象 とし 検 診 及 び 個 別 指 導 を 通 して 児 童 生 徒 の 生 活 習 慣 病 予 防 に 努 めている 1. 実 施 内 容 (1) 対 象 肥 満 度 3% 以 上 の 小 学 校 2 4 年 中 学 校 1 年 前 年 度 管 理 区 分 が 1 年 後 再 検 及 び 要 精 密 で 専 門 医 療 機 関 未 受 診 の 者 その 他 学 校 が 受 診 勧 奨 した 者 の 内 受 診 希 望 者 (2) 内 容 1 医 師 による 検 診 血 液 検 査 血 圧 測 定 計 測 医 師 の 問 診 2 栄 養 士 による 栄 養 指 導 食 事 診 断 計 測 個 別 指 導 平 成 25 年 度 生 活 習 慣 病 予 防 検 診 実 施 状 況 児 童 生 徒 数 a ( ) 肥 満 度 3% 以 上 者 b ( ) 出 現 率 b/a (%) 検 診 希 望 者 c ( ) 第 1 回 栄 養 指 導 受 診 者 d ( ) 第 1 回 栄 養 指 導 受 診 者 率 d/c (%) 第 2 回 栄 養 指 導 受 診 者 e ( ) 第 2 回 栄 養 指 導 受 診 者 率 e/c (%) 血 液 検 査 受 診 者 f ( ) 血 液 検 査 受 診 者 率 f/c (%) 医 師 検 診 受 診 者 g ( ) 医 師 検 診 受 診 者 率 g/c (%) 小 学 校 32, % % % % % 中 学 校 1, % % % % % 合 計 42, % % % % % 血 液 検 査 結 果 小 学 校 中 学 校 検 査 数 異 常 なし 異 常 あり 数 % 数 % 2 年 % 2 4 年 % 55.6% 3 年 % % % 5 年 % % 6 年 % 計 % % 1 年 % 34 3 年 % 2 年 % % - - 計 % % 合 計 % % (24 参 考 ) 合 計 % % 血 液 検 査 結 果 が 異 常 あり となった 者 は 62.8%であった 判 定 結 果 判 定 主 治 医 管 理 1 年 後 再 検 要 精 密 検 査 管 理 不 要 数 数 % 数 % 数 % 数 % 2 年 % % % % 3 年 % 4 5.% % - - 小 学 校 4 年 % 26 4.% % % 5 年 % % % 1 9.1% 6 年 % 1 5.% - - 計 % % % % 1 年 % % % 5 9.4% 中 学 校 2 年 % % % % 3 年 計 % % % 6 1.2% 合 計 % % % % (24 参 考 ) 合 計 % % % % 4

41 検 診 の 結 果 判 定 が 主 治 医 管 理 1 年 後 再 検 要 精 密 検 査 という 再 検 査 ある いは 何 らかの 医 学 的 管 理 を 要 するものが 全 体 の 86.6%と 大 多 数 を 占 める( 左 頁 ) 各 所 見 内 訳 を 以 下 表 に 示 す 医 師 所 見 結 果 黒 色 表 皮 症 小 学 2 年 1 名 3 年 2 名 4 年 1 名 中 学 1 年 2 名 あり 小 学 校 中 学 生 合 合 計 (23 参 考 ) 2 年 年 4 年 5 年 6 年 計 1 年 2 年 3 年 計 計 合 計 (24 参 考 ) 全 体 数 肝 機 能 障 害 疑 い 含 む 数 % 18.2% % % 7.1% 12.5% - 1.2% 7.5% 16.7% - 9.6% 9.1% 16.2% 脂 質 異 常 症 疑 い 含 む 数 % % % % 36.4% 37.5% 高 尿 酸 血 症 耐 糖 能 障 害 1 で 複 数 該 当 していた 場 合 それぞれにカウントしている % 32.1% % 34.8% % 39.2% 数 % 医 師 所 見 睡 眠 時 無 呼 吸 疑 い 含 む 高 血 圧 平 成 19 年 7 月 より 高 脂 血 症 は 脂 質 異 常 症 に 改 名 されている ( 高 中 性 脂 肪 血 症 も 含 む) 4.7% - - 参 考 ) 肥 満 度 の 算 出 方 法 1 表 1より 該 当 の 係 数 (a, b)を 調 べる 2 a 実 測 身 長 (cm)-b= 身 長 別 標 準 体 重 3 [ 実 測 体 重 (kg)- 身 長 別 標 準 体 重 (kg)]/ 身 長 別 標 準 体 重 (kg) 1(%)= 肥 満 度 % 1 2.4% % 27.3% % 2 1.7% 8.4% % - - 例 : 小 学 校 1 年 女 性 身 長 12.7 cm, 体 重 32.1 kg の 児 童 の 肥 満 度 1 表 1より a=.458,b= = 身 長 別 標 準 体 重 3( ) = ( 小 数 点 以 下 第 2 位 四 捨 五 入 ) 肥 満 度 数 % - 9.1%.8% 1.9% % 1.1% 7 4.5% % % % 1 1.5% % % % 高 インスリン 血 症 疑 い 含 む 糖 尿 病 疑 い 数 % 数 % 数 % 数 % % 12.5% 3.1% % - 7.7% 9.1% - 7.% % 5 8.5% 5 3.2% 医 師 会 判 定 のうち 高 TG 高 コレステロール 脂 質 異 常 症 の 疑 い ( 電 算 入 力 上 は 高 脂 血 症 の 疑 い ) 高 インスリン イ ンスリン 高 値 高 インスリン 血 症 の 疑 い 血 糖 高 値 糖 尿 病 疑 い としてカウントしている % 5.3% 3.4% % - 7.5% 7.4% % 3.1% 9.1% 3.1% 9.4% % 4.8% 19.5% 1.6% 2.% 表 1 身 長 別 標 準 体 重 を 求 める 係 数 男 女 a b a b 小 学 校 1 年 年 年 年 年 年 中 学 校 1 年 年 年

42 (3) 壮 年 期 の 健 康 状 況 本 書 では 壮 年 期 を 35 歳 ~64 歳 の 働 き 盛 りの 世 代 と 定 義 し 全 世 代 の 医 療 費 と 主 に 壮 年 期 の 健 診 結 果 から 壮 年 期 の 健 康 状 況 をまとめた 1 医 療 費 からみる 生 活 習 慣 病 の 特 徴 区 民 の 約 27%が 加 入 する 国 民 健 康 保 険 と 約 13%が 加 入 する 全 国 健 康 保 険 協 会 東 京 支 部 ( 以 下 協 会 けんぽ という) の 医 療 費 の 推 移 より 一 般 的 に 予 防 が 可 能 とされる 生 活 習 慣 病 の 状 況 に 焦 点 をあてた 年 代 別 加 入 者 と 1 当 たり 年 間 医 療 費 [ 国 民 健 康 保 険 ] 国 民 健 康 保 険 の 被 保 険 者 数 は 減 少 傾 向 だが 1 あたりの 医 療 費 は 上 昇 している また 年 代 別 の 被 保 険 者 数 では 定 年 退 職 により 他 の 健 康 保 険 組 合 から 移 行 してくる 6 歳 以 上 が 34.4%( 平 成 24 年 3 月 末 現 在 ) を 占 める 3, 国 保 被 保 険 者 数 と 1 あたり 療 養 ( 医 療 ) 諸 費 の 推 移 1 あたりの 療 養 ( 医 療 ) 諸 費 被 保 険 者 数 242,2 25, , ,81 円 3, 264, ,4 196,235 2, 2, 23,718 23,32 236, , ,37 234, ,848 1, 1, 平 成 1 年 度 平 成 15 年 度 平 成 2 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 一 般 + 退 職 被 保 険 者 数 一 般 + 退 職 療 養 ( 医 療 ) 諸 費 平 成 2 年 度 長 寿 ( 後 期 高 齢 者 ) 医 療 制 度 がはじまり 75 歳 以 上 の 被 保 険 者 は 同 制 度 に 移 行 した 資 料 : 平 成 1 15 年 度 :せたがやの 国 保 事 概 要 平 成 2 年 度 より 世 田 谷 区 保 健 福 祉 部 国 保 年 金 課 資 料 国 民 健 康 保 険 被 保 険 者 数 の 推 移 6, 5, 4, 3, 2, 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 資 料 : 平 成 年 度 1, ~9 1~19 2~29 3~39 4~49 5~59 6~69 7~74 せたがやの 国 保 事 概 要 42

43 [ 協 会 けんぽ] 協 会 けんぽの 加 入 者 数 ( 被 保 険 者 + 扶 養 家 族 )と 1 あたり 医 療 費 は 共 に 増 加 傾 向 である 平 成 24 年 度 の 月 末 時 平 均 加 入 者 数 は 19,63 1 あたり 医 療 費 ( 年 間 )は 168,974 円 だった 加 入 者 数 の 年 代 構 成 は 3 代 を 頂 点 とする 山 型 であり 国 保 加 入 者 の 年 齢 構 成 と 異 なる 医 療 費 は 3 代 から 増 加 がみられる 協 会 けんぽ 加 入 者 と 1 あたり 医 療 費 の 推 移 ( 平 成 22~24 年 度 ) 円 2, 1 あたり 年 間 医 療 費 2, 161, , ,872 15, 平 均 加 入 者 数 15, 1, 1, 5, 17,554 17,857 19,63 5, 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 3, 区 内 在 住 協 会 けんぽ 加 入 者 数 と1 あたり 医 療 費 の 推 移 円 6, 25, 5, 2, 4, 15, 3, 1, 2, 5, 1, ~9 歳 1~19 歳 2~29 歳 3~39 歳 4~49 歳 5~59 歳 6~69 歳 7~74 歳 平 成 22 年 度 加 入 者 数 平 成 23 年 度 加 入 者 数 平 成 24 年 度 加 入 者 平 成 22 年 度 医 療 費 平 成 23 年 度 医 療 費 平 成 24 年 度 医 療 費 資 料 : 協 会 けんぽ 東 京 支 部 提 供 43

44 主 な 生 活 習 慣 病 の 患 者 数 および 医 療 費 について [ 国 民 健 康 保 険 ] 主 な 生 活 習 慣 病 の 患 者 数 有 病 率 ともに 上 昇 傾 向 であり 中 でも 高 血 圧 症 と 糖 尿 病 の 有 病 率 が 増 加 している また 生 活 習 慣 病 の 患 者 1 あたり 医 療 費 ( 月 次 )( 3)は 生 活 習 慣 病 以 外 の 医 療 費 に 比 べて 高 額 であり また 増 加 している 平 成 2 年 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 国 保 加 入 者 の 生 活 習 慣 病 の 患 者 数 ( 1)と 有 病 率 ( 2)の 推 移 ( 単 位 : ) 被 保 険 者 生 活 習 慣 脂 質 脳 血 管 虚 血 性 他 の 生 活 糖 尿 病 高 血 圧 症 数 病 患 者 数 異 常 症 疾 患 心 疾 患 習 慣 病 237,6 74,473 36,12 39,427 41,477 12,272 14,958 32,756 1% 31.4% 15.2% 16.6% 17.5% 5.2% 6.3% 13.9% 235,889 74,992 37,639 4,213 4,981 12,258 14,778 33,48 1% 31.8% 16.% 17.% 17.4% 5.2% 6.3% 14.2% 236,38 75,615 39,361 4,849 4,349 12,22 14,654 33,971 1% 32.% 16.7% 17.3% 17.1% 5.2% 6.2% 14.4% 236,16 75,515 4,46 41,14 4,311 12,3 14,774 34,553 1% 32.% 17.1% 17.4% 17.1% 5.1% 6.3% 14.7% 229,379 74,746 41,136 4,263 39,297 11,854 14,846 34,244 1% 32.6% 17.9% 17.6% 17.1% 5.2% 6.5% 14.9% 資 料 : 特 定 健 康 診 査 特 定 保 健 指 導 支 援 システム 1 同 一 物 が 複 数 の 医 療 機 関 を 受 診 した 場 合 であっても 1 として 集 計 される また 同 一 の 生 活 習 慣 病 で 複 数 の 医 療 機 関 を 受 診 した 場 合 であっても 1 として 集 計 され 複 数 の 生 活 習 慣 病 に 罹 患 している 患 者 は 生 活 習 慣 病 ごとに 1 とし て 集 計 される 2 有 病 率 = 患 者 数 被 保 険 者 数 3 患 者 1 あたり 医 療 費 = 疾 病 ごとの 医 療 費 疾 病 ごとの 患 者 数 25, 2, 15, 1, 5, 国 保 加 入 者 1 あたり 医 療 費 (5 月 診 療 分 )の 推 移 円 5, 被 保 険 者 数 4, 受 診 実 数 3, 受 診 者 1 あたり 医 療 費 2, 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 1, 生 活 習 慣 病 の 患 者 1 あ たり 医 療 費 生 活 習 慣 病 以 外 の 患 者 1 あたり 医 療 費 44

45 円 5, 4, 3, 2, 1, 国 保 加 入 者 1 あたり 医 療 費 (5 月 診 療 分 )の 推 移 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 生 活 習 慣 病 の 患 者 1 あたり 医 療 費 生 活 習 慣 病 以 外 の 患 者 1 あたり 医 療 費 生 活 習 慣 病 別 患 者 1 あたり 医 療 費 ( 月 次 )の 年 次 推 移 を 疾 患 別 にみ ると 糖 尿 病 高 血 圧 症 脂 質 異 常 症 高 尿 酸 血 症 肝 機 能 障 害 高 血 圧 性 腎 障 害 脳 血 管 疾 患 において 増 加 傾 向 である 円 16, 14, 12, 1, 8, 6, 4, 2, 国 保 加 入 者 の 生 活 習 慣 病 患 者 1 あたり 医 療 費 (5 月 診 療 分 )の 推 移 糖 尿 病 高 血 圧 症 脂 質 異 常 症 高 尿 酸 血 症 肝 機 能 障 害 動 脈 硬 化 痛 風 腎 高 血 圧 性 腎 臓 障 害 脳 血 管 疾 患 虚 血 性 心 疾 患 動 脈 閉 塞 大 動 脈 疾 患 生 活 習 慣 病 以 外 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 1 同 一 物 が 複 数 の 医 療 機 関 を 受 診 した 場 合 であっても 1 として 集 計 される また 同 一 の 生 活 習 慣 病 で 複 数 の 医 療 機 関 を 受 診 した 場 合 であっても 1 として 集 計 され 複 数 の 生 活 習 慣 病 に 罹 患 している 患 者 は 生 活 習 慣 病 ごとに 1 とし て 集 計 される 3 患 者 1 あたり 医 療 費 = 疾 病 ごとの 医 療 費 疾 病 ごとの 患 者 数 [ 注 釈 ] ここでの 医 療 費 の 考 え 方 患 者 1 あたり 医 療 費 は 疾 病 ごとに 集 計 され また1か 月 に 複 数 の 疾 患 で 受 診 した 場 合 に 各 疾 患 に 医 療 費 が 集 計 されてしまうため 実 際 の 医 療 費 よりも 多 く 計 上 されている よって 金 額 そのものよりも 年 次 変 化 を 傾 向 として 捉 えるなど 注 意 が 必 要 である 45

46 [ 協 会 けんぽ] 集 計 可 能 なデータからは 国 保 と 同 様 の 疾 患 別 の 患 者 数 の 把 握 はできな いため 主 な 生 活 習 慣 病 の 年 代 別 の 年 間 1 あたり 医 療 費 について 平 成 22 年 度 から 24 年 度 の 推 移 をみた 主 な 生 活 習 慣 病 に 関 する 年 間 1 あたり 医 療 費 によると 上 位 3 疾 患 は 高 血 圧 性 疾 患 糖 尿 病 虚 血 性 心 疾 患 であり 各 疾 患 の 構 成 割 合 は 平 成 22 年 度 から 24 年 度 についてほぼ 同 じである また 生 活 習 慣 病 患 者 1 あたり 医 療 費 の 総 額 については 2 年 連 続 増 加 している 生 活 習 慣 病 患 者 1 あたり 医 療 費 ( 年 次 )の 推 移 ( 単 位 : 円 ) 主 な 疾 患 名 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 高 血 圧 性 疾 患 7,463(3.%) 7,976(28.7%) 7,776(27.5%) 糖 尿 病 4,283(17.2%) 4,834(17.4%) 4,862(17.2%) 虚 血 性 心 疾 患 3,258(13.1%) 4,11(14.8%) 4,674(16.5%) その 他 の 代 謝 疾 患 3,837(15.4%) 4,421(15.9%) 4,553(16.1%) 脳 血 管 疾 患 3,12(12.6%) 3,494(12.6%) 3,557(12.6%) 腎 不 全 2,88(11.6%) 2,999(1.8%) 2,864(1.1%) 合 計 24,841(1%) 27,833(1%) 28,285(1%) 円 9, 8, 7, 6, 5, 4, 協 会 けんぽ 加 入 区 民 の 主 な 生 活 習 慣 病 の1 あたり 年 間 医 療 費 の 推 移 糖 尿 病 高 血 圧 性 疾 患 その 他 の 代 謝 疾 患 腎 不 全 脳 血 管 疾 患 虚 血 性 心 疾 患 3, 2, 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 資 料 : 協 会 けんぽ 東 京 支 部 提 供 疾 病 は レセプト 上 の 主 傷 病 に 基 づいて 集 計 した 1 あたり 医 療 費 = 疾 病 毎 の 医 療 費 加 入 者 数 46

47 高 血 圧 性 疾 患 糖 尿 病 の 1 あたり 医 療 費 の 推 移 ( 協 会 けんぽ) 国 保 での 有 病 率 が 上 昇 している 高 血 圧 性 疾 患 の 年 代 別 医 療 費 の 推 移 によると どの 年 次 も 3 代 より 医 療 費 が 増 加 している また 3 年 平 均 額 について 年 代 ごとに 比 較 すると 3 代 から 4 代 で 7.8 倍 4 代 から 5 代 で 3.5 倍 増 加 している 同 様 に 国 保 の 有 病 率 が 上 昇 している 糖 尿 病 の 年 代 別 医 療 費 の 推 移 によると どの 年 次 も 年 代 に 伴 い 医 療 費 が 増 加 している また 3 年 平 均 額 について 年 代 ごとに 比 較 すると 3 代 から 4 代 で 4.2 倍 4 代 から 5 代 で 2.6 倍 増 加 している 高 血 圧 性 疾 患 の 1 あたり 医 療 費 ( 協 会 けんぽ) ( 単 位 : 円 ) 年 代 平 成 平 成 平 成 3 年 平 均 22 年 度 23 年 度 24 年 度 ~9 歳 2 1~19 歳 ~29 歳 ~39 歳 ~49 歳 4,712 4,473 4,375 4,52 5~59 歳 15,57 16,68 15,813 16, 6~69 歳 3,169 32,88 32,152 31,71 7~74 歳 47,43 5,983 51,17 49,81 合 計 7,463 7,976 7,776 7,739 3 代 から 4 代 で 医 療 費 7.8 倍 4 代 から 5 代 で 3.5 倍 糖 尿 病 の 1 あたり 医 療 費 ( 協 会 けんぽ) ( 単 位 : 円 ) 年 代 平 成 平 成 平 成 3 年 平 均 22 年 度 23 年 度 24 年 度 ~9 歳 ~19 歳 ~29 歳 ~39 歳 ~49 歳 3,254 3,523 3,457 3,411 5~59 歳 8,338 8,67 9,186 8,731 6~69 歳 16,3 18,54 18,25 17,583 7~74 歳 27,925 32,599 29,438 29,987 合 計 4,283 4,847 4,862 4,664 3 代 から 4 代 で 医 療 費 4.2 倍 4 代 から 5 代 で 2.6 倍 円 6, 4, 2, 協 会 けんぽ( 世 田 谷 区 民 ) 糖 尿 病 に 関 する1 あたり 年 間 医 療 費 ( 平 成 23 年 度 ) 男 性 女 性 47

48 その 他 の 代 謝 性 疾 患 の 1 あたり 医 療 費 の 推 移 ( 協 会 けんぽ) 国 保 では 糖 尿 病 (17.9%)と 高 血 圧 症 (17.6%)についで 有 病 率 の 高 い 脂 質 異 常 症 (17.1%)を 含 む その 他 の 代 謝 疾 患 の 年 代 別 医 療 費 の 推 移 をみると どの 年 次 も 2 代 以 降 から 医 療 費 が 増 加 し ている その 他 の 代 謝 疾 患 の 1 あたり 医 療 費 ( 協 会 けんぽ)( 単 位 : 円 ) 年 代 平 成 平 成 平 成 3 年 平 均 22 年 度 23 年 度 24 年 度 ~9 歳 1,354 2,55 1,656 1,689 1~19 歳 2,139 3,818 3,581 3,179 2~29 歳 ~39 歳 1,449 1,768 2,544 1,92 4~49 歳 3,251 3,435 3,354 3,347 5~59 歳 6,463 7,556 7,622 7,214 6~69 歳 11,686 12,492 12,442 12,27 7~74 歳 15,993 16,958 16,12 16,351 合 計 3,837 4,421 4,553 4,271 4 代 から 5 代 で 医 療 費 2.1 倍 虚 血 性 心 疾 患 の 1 あたり 医 療 費 の 推 移 ( 協 会 けんぽ) 国 保 の 月 次 の 1 あたり 医 療 費 額 が 7 万 円 以 上 である 虚 血 性 心 疾 患 の 年 代 別 医 療 費 は どの 年 次 も 3 代 より 金 額 が 上 昇 傾 向 に 転 じる また 3 年 平 均 額 について 年 代 ごとに 比 較 すると 4 代 から 5 代 で 3.5 倍 増 加 している 虚 血 性 心 疾 患 1 あたり 医 療 費 ( 協 会 けんぽ) ( 単 位 : 円 ) 年 代 平 成 平 成 平 成 3 年 平 均 22 年 度 23 年 度 24 年 度 ~9 歳 ~19 歳 ~29 歳 ~39 歳 ,795 1,255 4~49 歳 2,225 1,959 2,135 2,16 5~59 歳 4,517 8,319 9,528 7,455 6~69 歳 12,133 14,333 15,46 13,837 7~74 歳 29,578 31,756 37,296 32,877 合 計 3,258 4,122 4,674 4,18 4 代 から 5 代 で 医 療 費 3.5 倍 円 6, 協 会 けんぽ( 世 田 谷 区 民 ) 虚 血 性 心 疾 患 に 関 する 1 あたり 年 間 医 療 費 ( 平 成 23 年 度 ) 4, 2, 男 性 女 性 48

49 年 代 別 加 入 者 数 と 虚 血 性 心 疾 患 の 1 当 たり 医 療 費 ( 平 成 22 年 ~24 年 ) 3, 25, 2, 15, 1, 5, 虚 血 性 心 疾 患 の1 当 り 医 療 費 と 加 入 者 数 4, 35, 3, 25, 2, 15, 1, 5, 平 成 22 年 度 加 入 者 数 平 成 23 年 度 加 入 者 数 平 成 24 年 度 加 入 者 数 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 脳 血 管 疾 患 腎 不 全 の 1 あたり 医 療 費 の 推 移 ( 協 会 けんぽ) 国 保 の 月 次 の 1 あたり 医 療 費 額 が 虚 血 性 心 疾 患 と 同 程 度 の 金 額 (7 万 円 以 上 )である 脳 血 管 疾 患 の 年 代 別 医 療 費 の 推 移 によると 平 成 24 年 度 の 2 代 を 除 き どの 年 次 も 年 代 が 高 いほど 医 療 費 は 増 加 している また 3 年 平 均 額 について 年 代 ごとに 比 較 すると 3 代 から 4 代 で 4.8 倍 4 代 から 5 代 で 3.3 倍 増 加 している 同 様 に 腎 不 全 ( 国 保 統 計 では 高 血 圧 性 腎 臓 障 害 のみ 計 上 ) の 年 代 別 医 療 費 の 推 移 によると どの 年 次 も 年 代 に 伴 い 医 療 費 が 増 加 している また 3 年 平 均 額 について 年 代 ごとに 比 較 すると 3 代 から 4 代 で 4.4 倍 4 代 から 5 代 で 3.6 倍 増 加 している 脳 血 管 疾 患 の 1 あたり 医 療 費 ( 協 会 けんぽ) ( 単 位 : 円 ) 年 代 平 成 平 成 平 成 3 年 平 均 22 年 度 23 年 度 24 年 度 ~9 歳 ~19 歳 ~29 歳 ~39 歳 ~49 歳 1,83 2,49 1,884 2,32 5~59 歳 6,481 6,394 6,953 6,69 6~69 歳 11,518 11,84 13,543 12,3 7~74 歳 24,974 36,42 26,97 29,158 合 計 3,12 3,494 3,557 3,39 3 代 から 4 代 で 医 療 費 4.8 倍 4 代 から 5 代 で 3.3 倍 49

50 腎 不 全 の 1 あたり 医 療 費 ( 協 会 けんぽ) ( 単 位 : 円 ) 年 代 平 成 平 成 平 成 3 年 平 均 22 年 度 23 年 度 24 年 度 ~9 歳 1~19 歳 ~29 歳 ~39 歳 ~49 歳 1,65 1,924 2,79 2,79 5~59 歳 7,537 8,119 6,653 7,436 6~69 歳 9,19 9,388 8,459 9,12 7~74 歳 19,65 18,85 18,343 18,678 合 計 2,88 2,999 2,864 2,914 3 代 から 4 代 で 医 療 費 4.4 倍 4 代 から 5 代 で 3.6 倍 今 回 の 集 計 値 から 各 疾 患 の 関 連 性 は 証 明 できないが 1 あたり 医 療 費 の 上 位 にある 高 血 圧 性 疾 患 や 糖 尿 病 について 3 代 か ら 医 療 費 が 上 昇 し 始 め 年 代 とともに 虚 血 性 心 疾 患 脳 血 管 疾 患 腎 不 全 の 医 療 費 が 上 昇 することから 高 血 圧 症 や 糖 尿 病 と の 関 連 性 や 重 症 化 予 防 の 必 要 性 が 示 唆 される 医 療 費 からみる 区 民 ( 主 に 壮 年 期 )の 生 活 習 慣 病 の 特 徴 (まとめ) 区 民 の 1 あたり 年 間 医 療 費 は 国 保 協 会 けんぽのいずれも 年 々 増 加 している 生 活 習 慣 病 の 1 あたり 月 次 医 療 費 は それ 以 外 の 医 療 費 を 上 回 っ ている ( 国 保 ) 疾 患 別 年 間 医 療 費 は 国 保 協 会 けんぽのいずれも 高 血 圧 糖 尿 病 が 上 位 である 年 代 別 医 療 費 については 高 血 圧 や 糖 尿 病 で 3 代 から 上 昇 し 年 代 と 共 に 虚 血 性 心 疾 患 脳 血 管 疾 患 腎 不 全 の 医 療 費 が 増 加 している ( 協 会 けんぽ) 以 上 のことより 生 活 習 慣 病 を 予 防 するには 3 代 からの 生 活 習 慣 改 善 に 取 り 組 み 血 圧 や 血 糖 を 適 正 にコントロールすることが 重 要 である そうすることで 重 篤 な 疾 病 の 予 防 につながっていく 5

51 2 区 民 健 診 結 果 ( 平 成 24 年 度 )からみる 16~39 歳 以 下 の 世 代 の 健 康 状 況 区 民 健 診 (16 歳 以 上 39 歳 以 下 の 区 民 で 他 に 健 診 機 会 のない 方 を 対 象 とした 予 約 制 の 健 康 診 断 平 成 24 年 度 N=1,888)の 結 果 概 要 から 対 象 となる 世 代 の 健 康 状 況 をまとめた 集 計 作 上 欠 損 値 がある 場 合 にグラフの 合 計 が 1%にならないものがあります 女 性 7.4% 属 性 について 受 診 者 の 男 女 比 は 男 性 が3 割 女 性 が7 割 年 令 は 3 代 が8 割 性 別 男 性 29.6% 年 齢 区 分 1 35~ % 16~19.3% 25~ % 3~ % 2~24 3.% 年 齢 区 分 2( ) ~29 3~34 35~39 総 計 1888 男 性 女 性 総 計 [ 職 について] 職.7% 全 体 の 56.9%が 就 労 している 男 性 31.7% 1.4% 42.9% 8.9% 5.% 男 性 は 就 労 者 が 85% 女 性 は 主 婦 が 44.4% 女 性 16.3% 17.% 11.8% 44.4% 3.9% 4.% 総 計 2.9% 15.% 21.% 31.5% 5.4% 4.3% 常 勤 ハ ート アルハ イト 自 営 主 婦 無 職 学 生 他 不 明 職 ( 地 域 別 ) 地 域 別 の 職 については 玉 川 砧 烏 山 は 主 婦 が 多 く 世 田 谷 北 沢 は 自 営 が 多 い 世 田 谷 北 沢 玉 川 砧 烏 山 総 計 22.3% 24.5% 15.2% 2.4% 21.6% 2.9% 19.9% 23.7% 14.4% 27.9% 12.9% 17.9% 14.2% 18.% 13.2% 16.9% 15.% 21.% 21.3% 23.% 39.1% 4.2% 35.4% 31.5% 6.5% 5.6%.7% 1.8% 6.% 2.3% 4.1% 5.5% 5.2% 3.5% 3.8%.% 5.3% 6.2% 1.4% 4.3% 5.4% 1.9% 常 勤 ハ ート アルハ イト 自 営 主 婦 無 職 学 生 他 不 明 51

52 [ 就 時 刻 ] 就 開 始 時 刻 では 午 後 から 夜 中 に かけて 仕 事 を 始 める 割 合 が 男 性 16.4% 女 性 14.9%であった 就 開 始 時 刻 48.1% 42.9% 35.1% 36.1%.2% 1.8% 7.7% 5.4% 1.6%.9% 4.6% 6.6% 6.1% 2.8% ~ 6~ 8~ 1~ 12~ 14~ 18~ 時 刻 男 性 女 性 就 終 了 時 刻 では 午 前 時 から 午 前 中 に 終 了 する 割 合 が 男 性 9.2% 女 性 1.9%であった 就 終 了 時 刻 32.7% 33.4% 3.5% 28.4% 15.3% 11.7% 16.7% 5.7% 2.1% 1.4% 1.8% 6.6% 1.1%.4%.4% 3.% ~ 4~ 8~ 12~ 16~ 18~ 2~ 22~ 時 刻 男 性 女 性 生 活 習 慣 について [ 飲 酒 習 慣 ] 適 正 飲 酒 ( 平 均 して1 日 に 純 アルコール 量 として 男 女 とも2g 程 度 )よ り 多 い 割 合 が 男 性 3 代 で 26% 前 後 女 性 で 5.3%であった 飲 酒 習 慣 歳 飲 酒 習 慣 ( 男 性 ) N=553 男 性 29.5% 46.5% 18.4% 4.3% 2~ % 47.9% 7.7% 2.6% 女 性 6.5% 31.8% 4.5%.8% 3~34 35~39 2.3% 31.4% 52.3% 41.2% 2.3% 22.% 6.1% 3.7% 全 く 飲 まない 適 正 飲 酒 適 正 飲 酒 より 多 い 大 量 飲 酒 小 計 29.5% 46.5% 18.4% 4.3% 全 く 飲 まない 適 正 飲 酒 より 多 い 適 正 飲 酒 大 量 飲 酒 [ 喫 煙 習 慣 ] 男 女 とも 年 齢 別 ではあまり 変 化 がなく 男 性 の 32.5% 女 性 で 8.4%であった 男 性 女 性 喫 煙 習 慣 68.5% 32.5% 91.6% 8.4% なし あり 52

53 食 習 慣 について [ 欠 食 の 状 況 ] 欠 食 状 況 は 昼 食 夕 食 と 比 べると 朝 食 の 欠 食 率 が 男 女 とも 高 く 男 性 24.5% 女 性 13.4%となっている 朝 食 は 主 食 主 菜 副 菜 が 揃 った バランスがよい 食 事 をしている は 男 性 で 41.3% 女 性 で 51.8%となって おり 昼 食 夕 食 に 比 べると 少 ない 欠 食 欠 食 状 況 と 主 食 主 菜 副 菜 の 組 み 合 わせ( 男 性 ) 朝 食 24.5% 16.6% 17.2% 41.3% 5.5% 昼 食 8.1% 9.3% 76.7% 5.7% 夕 食 3.9% 89.4% 欠 食 いづれか1つ いずれか2つ 3つ 組 み 合 わせ 主 食 主 菜 副 菜 が 揃 った 食 事 をし ている 欠 食 状 況 と 主 食 主 菜 副 菜 の 組 み 合 わせ( 女 性 ) 欠 食 朝 食 13.4% 18.2% 16.3% 51.8% 4.% 1.% 昼 食 4.3% 81.4% 2.% 夕 食 5.% 92.2% 主 食 主 菜 副 菜 が 揃 った 食 事 をして いる 欠 食 いずれか2つ いづれか1つ 3つ 組 み 合 わせ [ 朝 食 の 内 容 ] 朝 食 を 摂 っている の 内 容 をみると 主 食 において 男 性 は 73.9% 女 性 は 85.%と 比 較 的 高 くとれているが 主 菜 や 副 菜 のおかずは 男 女 とも 十 分 にとれていない 朝 食 状 況 ( 男 性 ) 主 食 73.9% 26.1% 主 菜 55.5% 44.5% 副 菜 45.6% 54.4% 朝 食 状 況 ( 女 性 ) 食 べている 食 べていない 主 食 85.% 15.% 主 菜 62.1% 37.9% 副 菜 59.1% 4.9% 食 べている 食 べていない 53

54 健 診 結 果 [ 体 格 ] 男 性 の 肥 満 (BMIが 25 以 上 )は 17.4% 女 性 のやせ(BMI18.5 未 満 )は 28.6% 歳 BMI( 男 性 ) 歳 BMI( 女 性 ) 16~29 8.5% 76.1% 13.7% 16~ % 66.8% 1.8% 3~34 4.6% 75.1% 17.3% 3~34 3.6% 65.2% 3.2% 35~39 3.3% 75.9% 19.2% 35~ % 67.6% 4.9% 小 計 4.8% 75.7% 17.4% 小 計 28.6% 66.5% 3.7% ~ ~ ~29.9 3~ ~ ~ ~29.9 3~ [ 診 断 区 分 ] 男 性 36.% 女 性 の 6.%が 異 常 なし 男 性 は 61.5%が 経 過 観 察 要 医 療 と 診 断 されている 歳 16~ % 診 断 区 分 ( 男 性 ) 39.3% 12.% 歳 16~29 診 断 区 分 ( 女 性 ) 62.3% 29.1% 6.8% 3~ % 43.1% 19.8% 3~34 62.% 26.9% 8.1% 35~ % 34.7% 3.6% 35~ % 29.5% 8.8% 小 計 36.% 38.6% 22.9% 小 計 6.% 28.4% 8.2% 異 常 なし 要 経 過 観 察 要 医 療 機 関 受 診 異 常 なし 要 経 過 観 察 要 医 療 機 関 受 診 [ 血 液 検 査 データ:LDLコレステロール] 動 脈 硬 化 の 指 標 LDLコレステロールが 男 性 全 体 で 保 健 指 導 以 上 4.1%であった 特 に 35~39 歳 の 男 性 は 47%と 半 数 近 い 女 性 は 全 体 で 2% 年 齢 差 は 大 きく 変 わらな い 歳 LDLコレステロール( 男 性 ) 歳 LDLコレステロール( 女 性 ) 16~ % 17.1% 11.1% 16~ % 13.2% 7.7% 3~ % 18.8% 19.8% 3~34 8.3% 11.3% 8.5% 35~ % 22.9% 24.1% 35~ % 14.7% 6.8% 小 計 59.9% 2.2% 19.9% 小 計 79.3% 13.1% 7.6% ~119 12~139 14~ ~119 12~139 14~ 54

55 [ 検 査 データ: 全 体 ] 内 臓 脂 肪 型 肥 満 に 関 係 が 深 い 脂 肪 肝 で 上 昇 しやすく 肝 機 能 障 害 の 指 標 の 一 つで あるALT(GPT)は 男 性 で 保 健 指 導 以 上 が 26.8%であった 検 査 データ( 男 性 ) 血 圧 ( 拡 張 期 ) 血 圧 ( 収 縮 期 ) HbA1c グルコース γ -GTP ALT(GPT) LDLコレステロール HDLコレステロール 中 性 脂 肪 尿 酸 ヘモグロビン 81.9% 84.3% 93.4% 98.% 8.1% 73.2% 59.9% 93.7% 78.4% 79.6% 98.6% 11.3% 6.8% 9.7% 6.1% 5.5% 1.1% 1.6%.4% 13.2% 6.6% 17.7% 9.1% 2.2% 19.9% 3.4% 2.9% 15.2% 14.1% 6.4% 6.3% 1.3%.2% 異 常 なし 保 健 指 導 受 診 勧 奨 検 査 データ( 女 性 ) 血 圧 ( 拡 張 期 ) 血 圧 ( 収 縮 期 ) HbA1c グルコース γ -GTP ALT(GPT) LDLコレステロール HDLコレステロール 中 性 脂 肪 尿 酸 ヘモグロビン 93.8% 95.5% 95.6% 99.3% 97.% 95.9% 79.3% 99.6% 97.1% 99.1% 88.8% 3.5% 2.7% 3.3% 1.2% 4.2%.2%.7%.% 2.3%.7% 3.1% 1.1% 13.1% 7.6%.3%.1% 2.6%.3%.8%.2% 8.% 3.2% 異 常 なし 保 健 指 導 受 診 勧 奨 55

56 3 特 定 健 診 等 の 結 果 からみる 健 康 状 況 健 診 の 結 果 について 国 民 健 康 保 険 ( 平 成 22 年 度 特 定 健 診 N=52,654) と 協 会 けんぽ( 平 成 23 年 度 生 活 習 慣 病 予 防 健 診 N=2,12)の 主 な 健 診 項 目 について 比 較 した 資 料 ( 表 記 のないもの) 国 保 : 特 定 健 康 診 査 特 定 保 健 指 導 支 援 システム 協 会 けんぽ: 世 田 谷 区 民 集 計 データ 特 定 健 診 等 受 診 者 数 及 び 受 診 率 国 保 加 入 者 と 協 会 けんぽ 加 入 者 とでは 加 入 者 の 年 代 別 の 分 布 に 違 い がある 国 保 の 受 診 者 では 男 女 とも 5 代 が 少 なく 6 代 以 降 の 加 入 者 が 増 加 する これは 他 の 健 康 保 険 組 合 加 入 者 が 退 職 により 国 保 に 移 行 することによる 一 方 協 会 けんぽの 受 診 者 では 男 女 とも 4 代 が 一 番 多 く 年 代 と 共 に 対 象 者 が 減 少 し 7 代 には 大 幅 に 国 保 へ 移 行 してい ると 予 測 される 健 診 の 受 診 率 については 国 保 は 年 代 が 上 がるにつれて 高 いのに 対 し 協 会 けんぽでは 若 い 世 代 ほど 受 診 率 が 高 い [ 国 民 健 康 保 健 ] 年 度 対 象 者 数 受 診 者 数 受 診 率 平 成 2 年 度 141,141 54, % 平 成 21 年 度 141,271 53, % 平 成 22 年 度 142,875 52, % 平 成 23 年 度 143,81 52, % 平 成 24 年 度 143,939 52, % 11 月 1 日 現 在 の 数 ( 資 料 :せたがやの 国 保 事 概 要 平 成 25 年 度 版 ) 年 齢 特 定 健 診 の 対 象 者 数 と 受 診 率 ( 国 保 平 成 23 年 度 ) 男 女 % 6% 5% 4% 3% 2% 1% % 対 象 者 受 診 率 56

57 [ 協 会 けんぽ] 年 度 対 象 者 数 受 診 者 数 受 診 率 平 成 23 年 度 48,824 17, % ( 再 ) 被 保 険 者 38,125 15, % ( 再 ) 被 扶 養 者 1,699 1, % 平 成 24 年 度 5,185 2, % ( 再 ) 被 保 険 者 39,353 18, % ( 再 ) 被 扶 養 者 1,832 1, % 本 表 の 数 値 はいわゆる 高 齢 者 医 療 確 保 法 に 基 づく 特 定 健 診 の 対 象 者 及 び 受 診 者 数 である 被 保 険 者 については 生 活 習 慣 病 予 防 健 診 の 対 象 者 のうち 4~74 歳 の 者 と 事 者 健 診 の 4~74 歳 の 者 を 指 す 被 扶 養 者 は 特 定 健 診 の 対 象 者 である 以 降 の 数 値 については 生 活 習 慣 病 予 防 健 診 ( 対 象 者 35~74 歳 ) を 元 に 集 計 した 値 である 15, 1, 5, 生 活 習 慣 病 予 防 健 診 の 対 象 者 数 と 受 診 率 ( 協 会 けんぽ 平 成 23 年 度 ) 5% 4% 3% 2% 1% * * 男 % 被 保 険 者 数 女 受 診 率 (*3 代 の 加 入 者 数 2467 の 半 数 で 概 算 である) 生 活 習 慣 病 予 防 健 診 の 受 診 者 の 居 住 地 別 割 合 は 世 田 谷 地 域 ( ) 玉 川 地 域 ( ) 砧 地 域 北 沢 地 域 烏 山 地 域 の 順 に 多 い 砧 18% 地 域 別 受 診 者 割 合 (N=2,12) 烏 山 14% 世 田 谷 ( 池 尻 地 域 全 部 ) 28% 玉 川 ( 駒 沢 地 域 全 部 ) 24% 北 沢 16% 郵 便 番 号 により 地 域 別 数 を 算 出 したため 池 尻 は 世 田 谷 地 域 駒 沢 は 玉 川 地 域 に 計 上 している 57

58 居 住 地 ( 地 域 ) 別 の 性 年 代 別 の 受 診 割 合 に 地 域 差 はみられない 地 域 別 健 診 受 診 者 数 (N=2,12) 世 田 谷 ( 池 尻 地 域 全 部 ) 北 沢 玉 川 ( 駒 沢 地 域 全 部 ) 砧 烏 山 992 2,295 1,76 1,343 1,952 2,336 1,332 1,742 2,942 3,318 男 女 5 1, 1,5 2, 2,5 3, 3,5 受 診 者 の 年 代 別 構 成 比 (N=2,12) 男 性 女 性 % 1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 1% 特 定 保 健 指 導 利 用 者 数 と 実 施 率 国 保 の 特 定 保 健 指 導 実 施 率 は 平 成 23 年 度 の 厚 生 労 働 省 確 報 値 では 市 町 村 国 保 全 体 で 19.4%であり 世 田 谷 区 は 低 くなっている [ 国 民 健 康 保 健 ] 年 度 対 象 者 数 利 用 者 数 ( 再 ) 動 機 付 け 支 援 ( 再 ) 積 極 的 支 援 実 施 率 平 成 2 年 度 6, % 平 成 21 年 度 5, % 平 成 22 年 度 5, % 平 成 23 年 度 5, % 平 成 24 年 度 5, % [ 協 会 けんぽ( 世 田 谷 区 民 )] 利 用 者 数 データは 被 保 険 者 のみ 年 度 対 象 者 数 利 用 者 数 ( 再 ) 動 機 付 け 支 援 ( 再 ) 積 極 的 支 援 実 施 率 平 成 23 年 度 3, ( 再 ) 被 保 険 者 3, % ( 再 ) 被 扶 養 者 平 成 24 年 度 3, ( 再 ) 被 保 険 者 3, % ( 再 ) 被 扶 養 者

59 健 診 受 診 者 の 健 診 結 果 平 成 23 年 度 の 国 保 の 特 定 健 診 の 各 検 査 項 目 のうち 23 区 全 体 と 比 較 し 世 田 谷 区 に 有 所 見 率 が 高 かったのは 血 糖 ( 全 体 +1.7 ポイント 男 +3.4 ポイント 女 +1.3 ポイント) と LDLコレステロール(+1.7 ポイ ント 男 +1.8 ポイント 女 +1.3 ポイント) の 2 項 目 のみであった 健 診 受 診 者 のメタボリックシンドロームの 状 況 国 保 のメタボリックシンドローム 該 当 者 の 割 合 は 同 率 で 推 移 している また 両 保 険 者 とも 非 該 当 者 の 割 合 が 高 かった 該 当 者 の 性 別 は 国 保 は 男 性 21.2% 女 性 6.6% 協 会 けんぽは 男 性 15.3% 女 性 1.9%であり いずれも 男 性 が 多 く 5 代 から 増 えていた 国 保 メタボリックシンドローム 該 当 者 割 合 の 推 移 平 成 2 年 度 13.8% 1.% 76.1% 平 成 21 年 度 13.5% 9.8% 76.7% 平 成 22 年 度 13.8% 9.8% 76.4% 平 成 23 年 度 13.7% 9.7% 76.5% % 1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 1% 該 当 者 予 備 群 非 該 当 者 [ 国 民 健 康 保 険 (H23 年 度 受 診 者 数 52,636 男 19,668 )] メタボリックシンドロームの 状 況 男 ( 国 保 H23 年 度 ) N=19, % 81.4% % 71.4% 年 齢 % 29.7% 27.2% 71.7% 7.3% 72.8% 該 当 非 該 当 % 78.3% % 85.% % 88.8% [ 協 会 けんぽ 世 田 谷 区 民 (H23 年 度 受 診 者 数 2,12 男 12,98 )] メタボリックシンドロームの 状 況 男 ( 協 会 けんぽH23 年 度 ) N=12, % 78.6% % 75.2% 年 齢 % 25.7% 77.1% 74.3% 該 当 % 82.4% 非 該 当 % 86.1% % 89.3% % 93.7% 59

60 6 4 2 BMIに 関 する 比 較 肥 満 の 判 定 基 準 のうちBMI25 以 上 の 該 当 者 については 協 会 けんぽ の 男 性 について 一 定 数 いるが 前 ページのメタボリックシンドローム 該 当 者 の 割 合 と 比 較 すると BMIは 筋 肉 量 を 含 む 体 重 の 指 標 であり 若 い 世 代 ほど 内 臓 脂 肪 量 や 血 圧 脂 質 血 糖 等 のリスクの 保 有 数 が 少 ない ことが 示 唆 される [ 国 民 健 康 保 険 (H23 年 度 受 診 者 数 52,636 欠 損 値 :BMI 男 2 女 4 腹 囲 男 4 女 3] 4-44 BMIのみ 男 ( 国 保 H23 年 度 ) 年 齢 ( 参 考 ) 腹 囲 について[ 国 保 健 康 保 険 ] N=19,67 BMIのみ 女 ( 国 保 H23 年 度 ) 未 満 25 以 上 年 齢 N=32, 未 満 25 以 上 腹 囲 のみ 男 ( 国 保 H23 年 度 ) 年 齢 N=19,668 腹 囲 のみ 女 ( 国 保 H23 年 度 ) 75 85cm 未 満 85cm 以 上 年 齢 N=32,961 9cm 未 満 9cm 以 上 75 [ 協 会 けんぽ 世 田 谷 区 民 (H23 年 度 受 診 者 数 2,12 )] BMIのみ 男 ( 協 会 けんぽH23 年 度 ) N=12, 年 齢 未 満 25 以 上 BMIのみ 女 ( 協 会 けんぽH23 年 度 ) 年 齢 N=7, 未 満 25 以 上 6

61 特 定 保 健 指 導 基 準 における 血 圧 の 比 較 血 圧 について 保 健 指 導 該 当 基 準 の 対 象 者 割 合 (C)は 男 女 とも 両 保 険 者 で 年 代 が 上 がるにつれて 上 昇 している 男 性 については 両 保 険 者 とも 生 活 習 慣 の 改 善 後 も 血 圧 の 改 善 が 見 られない 場 合 の 受 診 勧 奨 レベ ル 該 当 者 (B)が 55 歳 以 上 で 2%を 超 えており 国 保 の 女 性 につい ては 7 歳 以 上 で 2%を 超 える 一 方 すぐに 医 療 機 関 の 受 診 を 要 する 受 診 勧 奨 レベル(A) は 一 定 数 いるものの 保 健 指 導 該 当 者 のような 年 代 による 増 加 はみられない [ 国 保 健 康 保 険 (H22 年 度 受 診 者 数 52,636 欠 損 値 2)] 1 特 定 健 診 受 診 者 の 血 圧 判 定 結 果 ( 国 保 H23 年 度 実 数 ) N=52,634 1% 特 定 健 診 受 診 者 の 血 圧 判 定 結 果 ( 国 保 H23 年 度 割 合 ) N=52, D C B A 8% 6% 4% D C B A 2 2% 年 齢 % 年 齢 男 女 男 女 [ 協 会 けんぽ 世 田 谷 区 民 (H23 年 度 受 診 者 数 2,12 欠 損 値 1)] 3 生 活 習 慣 病 予 防 健 診 受 診 者 の 血 圧 判 定 結 果 ( 協 会 けんぽH23 年 度 実 数 ) N=2,11 1% 生 活 習 慣 病 予 防 健 診 受 診 者 の 血 圧 判 定 結 果 ( 協 会 けんぽH23 年 度 割 合 ) N=2, D C B A 8% 6% 4% D C B A 5 2% 年 齢 % 年 齢 男 女 男 女 A 受 診 勧 奨 レベル2 B 受 診 勧 奨 レベル1 C 保 健 指 導 レベル D 基 準 値 内 詳 細 値 はP64 参 照 61

62 特 定 保 健 指 導 基 準 における 脂 質 の 比 較 脂 質 は LDLコレステロール 中 性 脂 肪 HDLコレステロールの 各 値 の 結 果 により 判 定 される 脂 質 の 結 果 については 特 定 保 健 指 導 等 の 対 象 割 合 は 両 保 険 者 とも 同 様 の 傾 向 が 見 られる 受 診 を 要 するレベル (AとB) に 該 当 者 する は 男 性 は 3~4 代 の 頃 から 3%を 超 え 女 性 は 5 歳 以 降 に 3%を 超 える 脂 質 は 一 般 的 に 高 齢 化 とともに 低 下 し 女 性 は 女 性 ホルモン 減 少 の 影 響 を 受 けるため 4~6 代 にかけて 上 昇 する 傾 向 があるが 区 民 におい ても 同 じ 傾 向 がみられる [ 国 民 健 康 保 険 (H23 年 度 受 診 者 数 52,636 欠 損 値 5)] 1 特 定 健 診 受 診 者 の 脂 質 判 定 結 果 ( 国 保 H23 年 度 実 数 ) N=52,631 1% 特 定 健 診 受 診 者 の 脂 質 判 定 結 果 ( 国 保 H23 年 度 割 合 ) N=52, D C B A 8% 6% 4% D C B A 2 2% 年 齢 男 女 [ 協 会 けんぽ 世 田 谷 区 民 (H23 年 度 受 診 者 数 2,12 欠 損 値 9)] % 年 齢 男 女 3 生 活 習 慣 病 予 防 健 診 受 診 者 の 脂 質 判 定 結 果 ( 協 会 けんぽH23 年 度 実 数 ) N=2,3 1% 生 活 習 慣 病 予 防 健 診 受 診 者 の 脂 質 の 判 定 結 果 ( 協 会 けんぽH23 年 度 割 合 ) N=2, D C B A 8% 6% 4% D C B A 5 2% 年 齢 男 女 % 年 齢 男 女 A 受 診 勧 奨 レベル2 B 受 診 勧 奨 レベル1 C 保 健 指 導 レベル D 基 準 値 内 詳 細 値 はP65 参 照 62

63 特 定 保 健 指 導 基 準 における 血 糖 値 の 比 較 血 糖 値 の 結 果 については 特 定 保 健 指 導 等 の 対 象 者 割 合 は 男 女 とも 両 保 険 者 で 年 代 が 上 がるにつれて 上 昇 している 男 性 においては 保 健 指 導 レベルまでに 該 当 する (BとC)は 4 歳 以 上 で 2%を 超 えており 年 代 とともにその 割 合 が 増 える また 国 保 の 男 性 においては 受 診 勧 奨 レ ベル(A) の が 年 代 とともに 15~16%まで 増 加 していくため 少 し でも 若 い 世 代 からの 生 活 習 慣 に 関 する 啓 発 を 行 う 必 要 が 示 唆 される [ 国 保 健 康 保 険 (H23 年 度 受 診 者 数 52,636 欠 損 値 5)] 1 特 定 健 診 受 診 者 の 血 糖 値 判 定 ( 国 保 H23 年 度 実 数 ) N=52,631 1% 特 定 健 診 受 診 者 の 血 糖 判 定 結 果 ( 国 保 H23 年 度 割 合 ) N=52, D C B A 8% 6% 4% D C B A 2 2% 年 齢 % 年 齢 男 女 男 女 [ 協 会 けんぽ 世 田 谷 区 民 (H23 年 度 受 診 者 数 2,12 欠 損 値 34)] 3 生 活 習 慣 病 予 防 健 診 受 診 者 の 血 糖 値 判 定 結 果 ( 協 会 けんぽH23 年 度 実 数 ) N=19,978 1% 生 活 習 慣 病 予 防 健 診 受 診 者 の 血 糖 判 定 値 結 果 ( 協 会 けんぽH23 年 度 割 合 ) N=19, D C B A 8% 6% 4% 2% D C B A 年 齢 % 年 齢 男 女 男 女 A 受 診 勧 奨 レベル B 保 健 指 導 レベル2 C 保 健 指 導 レベル1 D 基 準 値 内 詳 細 値 はP66 参 照 63

64 異 常 正 常 厚 生 労 働 省 健 康 局 標 準 的 な 健 診 保 健 指 導 プログラム 項 目 による 各 検 査 値 別 の 対 象 者 数 と 割 合 標 記 について 主 な 検 査 値 ごとの 健 診 判 定 結 果 の 該 当 者 割 合 につい て 国 保 と 協 会 けんぽ( 世 田 谷 区 民 )の 健 診 結 果 について 比 較 した [ 血 圧 高 値 に 関 する 健 診 判 定 と 対 応 別 数 と 割 合 ] 受 診 勧 奨 判 定 値 を 超 え るレベル 保 健 指 導 判 定 値 を 超 え るレベル 基 準 範 囲 内 A 健 診 判 定 収 縮 期 血 圧 16 mm Hg 又 は 拡 張 期 血 圧 1 mm Hg B 14 mm Hg 収 縮 期 血 圧 <16 mm Hg 又 は 9 mm Hg 拡 張 期 血 圧 <1 mm Hg C 13 mm Hg 収 縮 期 血 圧 <14 mm Hg 又 は 85 mm Hg 拡 張 期 血 圧 <9 mm Hg D 収 縮 期 血 圧 <13 mm Hg かつ 拡 張 期 血 圧 <85 mm Hg 肥 満 対 応 非 肥 満 1すぐに 医 療 機 関 の 受 診 を 2 生 活 習 慣 を 改 善 する 努 力 をし た 上 で 数 値 が 改 善 しないなら 医 療 機 関 の 受 診 を 3 特 定 保 健 指 導 の 積 極 的 な 活 用 と 生 活 習 慣 の 改 善 を 4 生 活 習 慣 の 改 善 を 5 今 後 も 継 続 して 健 診 受 診 を 血 圧 高 値 に 関 する 健 診 判 定 結 果 国 保 加 入 者 H23 年 度 N=52,625 ( 欠 損 値 11) 協 会 けんぽ 加 入 者 H23 年 度 N=2,11( 欠 損 値 1) 1すぐに 医 療 機 関 の 受 診 を 2,183 (4.1%) 588 (2.9%) 2 生 活 習 慣 改 善 しても 改 善 し ない 場 合 医 療 機 関 受 診 を 9,677 (18.4%) 1,896 (9.5%) 3 特 定 保 健 指 導 ( 肥 満 ) 4,336 (8.2%) 1,178 (5.9%) 腹 囲 不 明 4 保 健 指 導 ( 非 肥 満 ) 7,829 (14.9%) 1,241 (6.2%) 321(1.6%) 5 基 準 範 囲 内 28,63 (54.4%) 14,787 (73.9%) 1% 9% 8% 7% 6% 5% 4% 3% 2% 1% % 特 定 健 診 受 診 者 の 血 圧 高 値 に 関 する 健 診 判 定 ( 平 成 23 年 度 ) 4.1% 2.9% 9.5% 18.4% 5.9% 6.2% 8.2% 1.6% 14.9%.% 54.4% 国 保 加 入 者 N=52,625 ( 欠 損 値 11) 73.9% 協 会 けんぽ 加 入 者 N=2,11 ( 欠 損 値 1) 1 受 診 勧 奨 (すぐに) 2 受 診 勧 奨 ( 生 活 習 慣 改 善 しても 改 善 しない 場 合 ) 3 保 健 指 導 ( 肥 満 ) 4 保 健 指 導 ( 非 肥 満 ) 保 健 指 導 ( 腹 囲 不 明 ) 5 基 準 範 囲 内 血 圧 について 生 活 習 慣 の 改 善 が 必 要 と 見 込 まれる は2~ 4の 区 分 該 当 者 で 国 保 では 受 診 者 の 41.5% 協 会 けんぽで は 23.2%であった ここでは 腹 囲 が 男 性 85cm( 女 性 9cm) 以 上 またはBMIが25 以 上 を 肥 満 とする 64

65 [ 脂 質 異 常 に 関 する 健 診 判 定 と 対 応 別 数 と 割 合 ] 異 常 受 診 勧 奨 判 定 値 を 超 え るレベル 保 健 指 導 判 定 値 を 超 え るレベル A B C 健 診 判 定 LDL 18 mg/dl 又 はTG 1, mg/dl 14 mg/dl LDL<18 mg/dl 又 は 3 mg/dl TG<1, mg/dl 12 mg/dl LDL<14 mg/dl 又 は 15 mg/dl TG<3 mg/dl 又 はHDL<4 mg/dl 肥 満 対 応 非 肥 満 1すぐに 医 療 機 関 の 受 診 を 2 生 活 習 慣 を 改 善 する 努 力 をし た 上 で 数 値 が 改 善 しないなら 医 療 機 関 の 受 診 を 3 特 定 保 健 指 導 の 積 極 的 な 活 用 と 生 活 習 慣 の 改 善 を 4 生 活 習 慣 の 改 善 を 正 常 基 準 範 囲 内 D LDL<12 mg/dl かつTG<15 mg/dl かつHDL 4 mg/dl 5 今 後 も 継 続 して 健 診 受 診 を 脂 質 異 常 に 関 する 健 診 判 定 結 果 国 保 加 入 者 H23 年 度 N=52,621 ( 欠 損 値 15) 協 会 けんぽ 加 入 者 H23 年 度 N=2,3( 欠 損 値 9) 1すぐに 医 療 機 関 の 受 診 を 2,296 (4.3%) 83 (4.%) 2 生 活 習 慣 改 善 しても 改 善 し ない 場 合 医 療 機 関 受 診 を 14,59 (26.7%) 4,778 (23.9%) 3 特 定 保 健 指 導 ( 肥 満 ) 5,838 (11.1%) 1,881 (9.4%) 腹 囲 不 明 4 保 健 指 導 ( 非 肥 満 ) 1,71 (2.4%) 2,989 (14.9%) 61(3.%) 5 基 準 範 囲 内 19,718 (37.5%) 8,95 (44.7%) 1% 9% 8% 7% 6% 5% 4% 3% 2% 1% % 特 定 健 診 受 診 者 の 脂 質 異 常 に 関 する 健 診 判 定 ( 平 成 23 年 度 ) 4.3% 4.% 26.7% 23.9% 11.1% 2.4%.% 37.5% 国 保 加 入 者 N=52,621 ( 欠 損 値 15) 9.4% 14.9% 3.% 44.7% 協 会 けんぽ 加 入 者 N=2,3 ( 欠 損 値 9) 1 受 診 勧 奨 (すぐに) 2 受 診 勧 奨 ( 生 活 習 慣 改 善 しても 改 善 しない 場 合 ) 3 保 健 指 導 ( 肥 満 ) 4 保 健 指 導 ( 非 肥 満 ) 保 健 指 導 ( 腹 囲 不 明 ) 5 基 準 範 囲 内 脂 質 について 生 活 習 慣 の 改 善 が 必 要 と 見 込 まれる は2 ~ 4 の 区 分 該 当 者 で 国 保 では 受 診 者 の 58.2% 協 会 けん ぽでは 51.2%であっ た ここでは 腹 囲 が 男 性 85cm( 女 性 9cm) 以 上 またはBMIが 25 以 上 を 肥 満 とす る 65

66 異 常 正 常 [ 血 糖 高 値 に 関 する 健 診 判 定 と 対 応 別 数 と 割 合 ] 受 診 勧 奨 判 定 値 を 超 え るレベル 保 健 指 導 判 定 値 を 超 え るレベル 基 準 範 囲 内 健 診 判 定 A 空 腹 時 血 糖 (mg/dl) HbA1c (NGSP) (%) 126~ 6.5~ B 11~125 C 1~19 D ~99 6.~ ~5.9 ~5.5 糖 尿 病 治 療 (+) 1 肥 満 改 善 と 血 糖 コントロ ールの 確 認 や 改 善 が 必 要 4 血 糖 コント ロールは 良 好 だが 肥 満 を 改 善 する 必 要 あり 肥 満 者 の 場 合 糖 尿 病 治 療 (-) 2すぐに 医 療 機 関 受 診 を 5 特 定 保 健 指 導 の 積 極 的 な 活 用 と 生 活 習 慣 の 改 善 を 9 肥 満 改 善 と 健 診 継 続 を 対 応 糖 尿 病 治 療 (+) 3 血 糖 コン トロールの 確 認 や 改 善 が 必 要 6 血 糖 コン トロールは 良 好 現 在 の コントロー ル 継 続 非 肥 満 の 場 合 糖 尿 病 治 療 (-) 2すぐに 医 療 機 関 受 診 を 7 運 動 / 食 生 活 等 の 改 善 を ぜひ 精 密 検 査 を 8 生 活 習 慣 の 改 善 を リスクの 重 複 等 あれば 精 密 検 査 を 1 今 後 も 継 続 し て 健 診 受 診 を 血 糖 高 値 に 関 する 健 診 判 定 結 果 国 保 加 入 者 H23 年 度 N=52,622 ( 欠 損 値 14) 協 会 けんぽ 加 入 者 H23 年 度 N=19,978( 欠 損 値 34) 1~3 受 診 勧 奨 対 象 者 (すぐ 4,268 (8.1%) 878 (4.4%) に 服 薬 中 だが 要 改 善 者 ) 46 服 薬 中 で 管 理 良 好 741 (1.4%) 159 (.8%) 5 特 定 保 健 指 導 ( 肥 満 ) 7,51 (14.3%) 1,99 (1.%) 腹 囲 不 明 78 保 健 指 導 ( 非 肥 満 ) 14,228 (27.%) 2, (2.4%) (11.6%) 91 基 準 範 囲 内 25,875 (49.2%) 14,151 (7.8%) 1% 9% 8% 7% 6% 5% 4% 3% 2% 1% % 27.%.% 49.2% 特 定 健 診 受 診 者 の 血 糖 高 値 に 関 する 健 診 判 定 ( 平 成 23 年 度 ) 8.1% 4.4% 1.4% 1.%.8% 14.3% 11.6% 国 保 加 入 者 N=52,622 ( 欠 損 値 14) 2.4% 7.8% 協 会 けんぽ 加 入 者 N=19,978 ( 欠 損 値 34) 1~3 受 診 勧 奨 対 象 者 (すぐに 服 薬 中 だが 要 改 善 者 ) 46 服 薬 中 で 管 理 良 好 者 5 保 健 指 導 対 象 ( 肥 満 ) 78 保 健 指 導 対 象 ( 非 肥 満 ) 保 健 指 導 ( 腹 囲 不 明 ) 91 基 準 範 囲 ( 服 薬 なし) 血 糖 について 生 活 習 慣 の 改 善 が 必 要 と 見 込 まれる は5 78の 区 分 該 当 者 で 国 保 では 受 診 者 の 41.3% 協 会 けん ぽでは 24.%であっ た ここでは 腹 囲 が 男 性 85cm( 女 性 9cm) 以 上 またはBMIが 25 以 上 を 肥 満 とす る 66

67 [ 尿 蛋 白 及 び 血 清 クレアチニンに 関 する 健 診 判 定 と 対 応 別 数 と 割 合 ] 健 診 判 定 (egfr の 単 位 :ml/min/1.73 尿 蛋 白 (-) 尿 蛋 白 (±) 尿 蛋 白 (+) 以 上 m2) 異 常 egfr<5 1すぐに 医 療 機 関 の 受 診 を 正 常 5 egfr<6 6 egfr 3 生 活 習 慣 の 改 善 を 4 今 後 も 継 続 して 健 診 受 診 を 2 医 療 機 関 を 受 診 して 尿 の 再 検 査 を 平 成 23 年 度 協 会 けんぽ 東 京 支 部 特 定 健 診 データ(N=2,12 欠 損 値 459) 尿 蛋 白 及 び 血 清 クレアチニン 関 する 健 診 判 定 割 合 % 1,64 8.1% % 16, % % 2% 4% 6% 8% 1% 参 考 1 CKD ( 慢 性 腎 臓 病 )とは? 尿 蛋 白 陽 性 または 腎 機 能 低 下 ( 糸 球 体 濾 過 量 <6ml/min/1.73 m2 未 満 )が 3 ヶ 月 以 上 続 く 場 合 等 を 指 す 2 腎 臓 の 働 き( 糸 球 体 濾 過 量 GFR)はどのように 評 価 するのか? 血 清 クレアチニンと 年 齢 および 性 別 から 推 算 糸 球 体 濾 過 量 (egfr)を 計 算 する 正 常 はおよそ 1ml/min/1.73 m2である 尿 蛋 白 及 び 血 清 クレアチニンについて 生 活 習 慣 の 改 善 が 必 要 と 見 込 まれる は 3の 区 分 該 当 者 632 ( 受 診 者 の 4.7%)であった 67

68 [ 尿 酸 に 関 する 健 診 判 定 と 対 応 別 数 と 割 合 ] 異 常 正 常 健 診 判 定 ( 単 位 :mg/dl) 対 応 血 清 尿 酸 値 8. 1 生 活 習 慣 を 改 善 した 上 で 改 善 しないなら 医 療 機 関 受 診 を 7. 血 清 尿 酸 値 <8. 2 生 活 習 慣 の 改 善 を 1.5 血 清 尿 酸 値 <7. 3 今 後 も 継 続 して 健 診 受 診 を 血 清 尿 酸 値 <1.5 4 医 療 機 関 の 受 診 を 異 常 平 成 23 年 度 協 会 けんぽ 東 京 支 部 特 定 健 診 データ(N=2,12 欠 損 値 1) 尿 酸 に 関 する 健 診 判 定 割 合 % 2,8 1.4% 17, % 2.1% % 2% 4% 6% 8% 1% 尿 酸 について 生 活 習 慣 の 改 善 が 必 要 と 見 込 まれる は 1と2の 区 分 該 当 者 293 ( 受 診 者 の 14.6%)であった 68

69 血 圧 保 健 指 導 該 当 者 別 の 血 糖 保 健 指 導 該 当 状 況 について 各 保 険 者 の 健 診 結 果 より 血 圧 と 血 糖 値 の 結 果 をクロス 集 計 したところ 協 会 けんぽの 血 圧 基 準 内 の は 血 糖 も 基 準 内 である が 76.8%と 多 い が 国 保 では 54.6%と 少 ない また 両 保 険 者 の 血 圧 と 血 糖 のいずれもが 受 診 勧 奨 レベルの は 1 割 程 度 だった 国 民 健 康 保 健 (H23 年 度 ) N=52,629 欠 損 値 7 血 圧 高 値 健 診 判 定 (H23 年 度 ) 血 糖 高 値 健 診 判 定 (H23 年 度 ) 受 診 勧 奨 レベル 保 健 指 導 レベル 基 準 範 囲 内 合 計 受 診 勧 奨 レベル 1,42 5,561 4,896 11,859 保 健 指 導 レベル 1,251 5,5 5,413 12,164 基 準 範 囲 内 1,615 11,371 15,62 28,66 合 計 4,268 22,432 25,929 52,629 協 会 けんぽ(H23 年 度 ) 血 糖 高 値 健 診 判 定 (H23 年 度 ) 合 計 N=19,988 欠 損 値 24 受 診 勧 奨 レベル 保 健 指 導 レベル 基 準 範 囲 内 受 診 勧 奨 レベル ,232 2,482 血 圧 高 値 健 診 判 定 (H23 年 度 ) 保 健 指 導 レベル ,67 2,737 基 準 範 囲 内 418 3,3 11,348 14,769 合 計 879 4,922 14,187 19,988 1% 国 保 血 圧 保 健 指 導 基 準 該 当 者 別 の 血 糖 の 同 該 当 者 割 合 (H23 年 度 ) 8% 6% 41.3% 44.5% 54.6% 4% 2% % 46.9% 45.2% 39.8% 11.8% 1.3% 5.6% 血 圧 受 診 勧 奨 血 圧 保 健 指 導 血 圧 基 準 範 囲 内 血 糖 受 診 勧 奨 血 糖 保 健 指 導 血 糖 基 準 範 囲 内 1% 8% 6% 4% 2% % 小 数 点 49.6% 以 下 協 会 けんぽ( 世 田 谷 区 民 ) 血 圧 保 健 指 導 基 準 該 当 者 別 の 血 糖 の 同 該 当 者 割 合 (H23 年 度 ) 58.7% 76.8% 39.2% 34.6% 2.3% 11.2% 6.7% 2.8% 血 圧 受 診 勧 奨 血 圧 保 健 指 導 血 圧 基 準 範 囲 内 血 糖 受 診 勧 奨 血 糖 保 健 指 導 血 糖 基 準 範 囲 内 小 数 点 以 下 第 2 位 以 下 を 四 捨 五 入 して いるため 合 計 が 1%に ならない 場 合 があります 69

70 生 活 習 慣 ( 特 定 健 診 問 診 項 目 )と 健 診 結 果 について 協 会 けんぽの 区 民 の 特 定 健 診 結 果 ( 平 成 23 年 度 )について 主 な 問 診 項 目 と 健 診 結 果 ( 血 圧 血 糖 値 脂 質 CKD 尿 酸 )をクロス 集 計 し 生 活 習 慣 と 健 診 結 果 との 関 連 の 有 無 を 比 較 した 主 な 問 診 項 目 1 現 在 たばこを 習 慣 的 に 吸 っている 2 2 歳 の 時 から 体 重 が 1 kg 以 上 増 加 している 3 1 回 3 分 以 上 の 軽 い 汗 をかく 運 動 を 週 2 日 以 上 1 年 以 上 実 施 4 この 1 年 間 で 体 重 の 増 減 が±3 kg 以 上 あった 5 就 寝 前 の 2 時 間 以 内 に 夕 食 をとることが 週 3 回 以 上 ある 6 朝 食 を 抜 くことが 週 に 3 回 以 上 ある 7 飲 酒 の 有 無 健 診 結 果 に 有 意 差 のみられた 問 診 項 目 について 血 圧 脂 質 血 糖 尿 酸 の 保 健 指 導 基 準 要 指 導 以 上 に 該 当 した 群 は 問 診 項 目 2 2 歳 の 時 からの 体 重 が 1 kg 以 上 増 加 している が 増 加 し ていない の 割 合 に 比 べて 有 意 に 高 かった また 尿 酸 の 保 健 指 導 基 準 要 指 導 以 上 に 該 当 した 群 は 問 診 項 目 7 飲 酒 の 有 無 においても 飲 酒 を 毎 日 する が ほとんど 飲 まない の 割 合 に 比 べ 有 意 に 高 かった 2 歳 の 時 から 1 kg 以 上 体 重 増 加 した は 3,894 (21.5%)だった 有 意 差 がみられた 各 健 診 結 果 判 定 は 以 下 の とおりである 2 歳 の 時 から1kg 以 上 の 体 重 増 加 ( 協 会 けんぽH23 年 度 ) N=18, % 52.9% 25.6% あり なし 無 回 答 増 えた 1, % 増 え 2,52 ない 21.4% カイ 二 乗 検 定 [2 歳 の 時 からの 体 重 (1 kg 以 上 ) 変 化 による 血 圧 判 定 結 果 ] 要 指 導 以 上 正 常 P 値 2, %.52 7, % P<.1 は 99% 以 上 の 確 率 で 2 群 間 に 差 があることを 統 計 的 に 検 定 した 結 果 である 1% 8% 6% 4% 2% % 2 歳 の 時 から 体 重 が1kg 以 上 増 えたか と 血 圧 判 定 6.4% 39.6% 増 えた ** 78.6% 21.4% 増 えない N=13,474 正 常 値 要 指 導 以 上 **P<.1 7

71 [2 歳 の 時 からの 体 重 (1 kg 以 上 ) 変 化 による 脂 質 判 定 結 果 ] 要 指 導 以 上 正 常 P 値 増 えた 2,86 1, % 26.5%.3 増 え ない 4, % 4, % カイ 二 乗 検 定 1% 8% 6% 4% 2% 2 歳 の 時 から 体 重 が1kg 以 上 増 えたか と 脂 質 判 定 26.5% 73.5% ** 51.3% 48.7% N=13,468 正 常 値 要 指 導 以 上 % 増 えた 増 えない **P<.1 [2 歳 の 時 からの 体 重 (1 kg 以 上 ) 変 化 による 血 糖 判 定 の 結 果 ] 要 指 導 以 上 正 常 P 値 増 えた 1,689 2, % 56.6% 増 え ない 2, % 7, % カイ 二 乗 検 定 1% 8% 6% 4% 2% % 2 歳 の 時 から 体 重 が1kg 以 上 増 えたか と 血 糖 値 判 定 56.6% 43.4% 増 えた ** 74.6% 25.4% 増 えない N=13,46 正 常 値 要 指 導 以 上 **P<.1 [2 歳 の 時 からの 体 重 (1 kg 以 上 ) 変 化 による 尿 酸 判 定 の 結 果 ] 要 指 導 以 上 正 常 P 値 増 えた 963 2, % 75.3% 増 え ない 1,56 11.% 8, % カイ 二 乗 検 定 P<.5 は 95% 以 上 の 確 立 で 2 群 間 に 差 があることを 統 計 的 に 検 定 した 結 果 である 1% 8% 6% 4% 2% % 2 歳 の 時 から 体 重 が1kg 以 上 増 えたか と 尿 酸 値 判 定 75.3% 24.7% 増 えた * 89.% 11.% 増 えない N=13,467 正 常 値 要 指 導 以 上 *P<.5 < 参 考 > 国 保 において 2 歳 の 時 から 1 kg 以 上 体 重 増 加 した は 15,481 (29.6%)で あった 71 2 歳 の 時 から1kg 以 上 の 体 重 増 加 ( 国 保 H23 年 度 ) N=52, % 7.% あり なし 無 回 答.5%

72 毎 日 飲 酒 する は 3,945 (21.8%)で ほとんど 飲 まない が 4,516 (24.9%)で あった 両 者 の 有 意 差 がみられたのは 尿 酸 判 定 で 以 下 のとおりで あった 飲 酒 の 頻 度 ( 協 会 けんぽH23 年 度 )N=18, % 28.5% 21.8% 24.8% ほとんど 飲 まない 時 々 毎 日 無 回 答 [ 毎 日 飲 酒 する とほとんど 飲 まない の 尿 酸 判 定 の 結 果 ] 要 指 導 以 上 正 常 P 値 毎 日 841 3, 飲 酒 21.3% 78.7% ほとん 446 4,65 ど 飲 ま 9.9% 9.1% ない カイ 二 乗 検 定 1% 8% 6% 4% 2% % 毎 日 飲 酒 する と ほとんど 飲 まない の 尿 酸 値 判 定 78.7% 21.3% 毎 日 飲 酒 * 飲 酒 頻 度 9.1% 9.9% ほとんど 飲 まない N=8,454 正 常 値 要 指 導 以 上 *P<.5 その 他 の 問 診 項 目 について その 他 の 問 診 項 目 と 健 診 結 果 には 有 意 な 差 はみられなかった [ 喫 煙 習 慣 ] 喫 煙 習 慣 のある は 5,764 (31.8%)であり 同 年 の 国 民 健 康 栄 養 調 査 の 喫 煙 者 の 結 果 (2.1%)より 多 かっ た 喫 煙 習 慣 ( 協 会 けんぽH23 年 度 )N=18, % 31.8%.1% なし あり 無 回 答 < 参 考 > 国 保 の 喫 煙 習 慣 の ある は 全 体 で 7,59 (14.4%) 男 性 4,94 (24.9%) 女 性 2,686 (8.1%) だった 男 女 喫 煙 習 慣 ( 国 保 H23 年 度 )N=52, % 91.9% 24.9% 8.1% なし あり 72

73 [ 食 習 慣 に 関 すること] 朝 食 の 欠 食 が 3 日 以 上 の は 3,912 (21. 6%)であり 5 に 1 が 欠 食 している 朝 食 抜 きが 週 3 日 以 上 ( 協 会 けんぽH23 年 度 )N=18, % 21.6% 26.9% < 参 考 > 国 保 の 朝 食 の 欠 食 が 週 3 日 以 上 の は 全 体 で 6,166 (11.8%) 男 性 3,44 (15.5%) 女 性 3,122 (9.5%) であった 男 女 なし あり 無 回 答 朝 食 抜 きが 週 3 日 以 上 ( 国 保 H23)N=52, % 9.% 15.5%.6% 9.5%.5% なし あり 無 回 答 就 寝 前 2 時 間 以 内 に 夕 食 を 食 べる は 5,58 (27.9%)で 3 に 1 であった 就 寝 前 2 時 間 以 内 に 夕 食 が 週 3 日 以 上 ( 協 会 けんぽH23 年 度 ) N=18, % 27.9% 26.8% なし あり 無 回 答 [ 運 動 習 慣 に 関 すること] 運 動 習 慣 に 関 する 問 診 からは 習 慣 的 な 運 動 を 継 続 している は 3,132 (17.3%) であり 1,51 (58%)は 運 動 習 慣 がない また 1 日 1 時 間 以 上 の 歩 行 習 慣 がある は 5,232 (28.9%) だった 3 分 以 上 の 運 動 を 週 2 日 1 年 以 上 ( 協 会 けんぽH23 年 度 ) N=18, % 17.3% 24.8% なし あり 無 回 答 1 日 1 時 間 以 上 の 歩 行 ( 協 会 けんぽH23 年 度 )N=18, % 28.9% 25.8% なし あり 無 回 答 小 数 点 以 下 第 2 位 を 四 捨 五 入 しているため 合 計 が 1%にならない 場 合 があります 73

74 < 参 考 > 国 保 の 運 動 習 慣 に 関 する 問 診 からは 習 慣 的 な 軽 く 汗 をかく 程 度 の 運 動 を 継 続 している は 全 体 で 2,922 (4.%) 男 性 8,624 (43.8%) 女 性 12,298 (37.3%)であった また 1 日 1 時 間 以 上 の 歩 行 習 慣 がある は 全 体 で 3,333 ( 57.6%) 男 性 11,61 ( 56.2%) 女 性 19,272 (58.5%)であった 3 分 以 上 の 運 動 習 慣 を 週 2 日 1 年 以 上 ( 国 保 H23 年 度 )N=52,636 1 日 1 時 間 以 上 の 歩 行 ( 国 保 H23 年 度 )N=52,636 男 55.7% 43.8%.5% 男 43.2% 56.2%.6% 女 62.1% 37.3%.6% 女 4.7% 58.5%.9% なし あり 無 回 答 なし あり 無 回 答 [ 休 養 に 関 すること] 睡 眠 で 休 養 が 十 分 とれている は 協 会 けんぽは 46.3%であるの に 対 し 国 保 では 74.5%であっ た 協 会 けんぽN=18,117 国 保 N=52,636 睡 眠 で 休 養 が 十 分 とれているか(H23 年 度 ) 46.3% 74.5% 28.% 25.7% 24.6%.9% % 2% 4% 6% 8% 1% はい いいえ 無 回 答 特 定 健 診 結 果 からみる 壮 年 期 の 健 康 状 況 (まとめ) 国 保 の 特 定 健 診 の 受 診 率 保 健 指 導 実 施 率 は 低 めに 推 移 している また 各 検 査 項 目 において23 区 全 体 と 有 所 見 者 割 合 を 比 較 すると 世 田 谷 区 に 有 所 見 者 が 多 かったのは 血 糖 と LDLコレステロール であった 血 圧 脂 質 などの 検 査 項 目 によって 受 診 が 必 要 な 判 定 レベルに 該 当 す る は 性 年 代 別 に 異 なっていた 国 保 の 男 性 の 血 糖 においては 受 診 勧 奨 レベルの が 年 代 と 共 に 15~16%まで 増 加 していた 両 保 険 者 とも 検 査 項 目 ごとに 肥 満 か 否 かに 関 わらず 生 活 習 慣 の 改 善 や 受 診 を 要 するレベルの が 一 定 数 いることがわかった 血 圧 と 血 糖 の 2 項 目 について 血 圧 の 受 診 勧 奨 レベルに 該 当 した ほど 血 糖 の 受 診 勧 奨 レベル 保 健 指 導 レベルに 該 当 した が 多 かった 協 会 けんぽの 健 診 結 果 より 2 歳 のときからの 体 重 が 1 kg 以 上 増 えた( 問 診 項 目 ) の 血 圧 脂 質 血 糖 尿 酸 の 各 項 目 の 値 について 増 え なかった に 比 べ 値 が 高 かった 運 動 習 慣 ( 問 診 項 目 )のある は 国 保 の 加 入 者 が 協 会 けんぽの 加 入 者 より 2 倍 程 多 かった 以 上 のことから 区 民 の 健 診 結 果 は23 区 の 中 では 概 ね 良 好 だが 生 活 習 慣 の 改 善 や 受 診 が 必 要 な について 健 診 結 果 を 活 用 した 具 体 的 な 改 善 につながる 情 報 提 供 や 重 症 化 を 予 防 する 取 り 組 みが 必 要 である 74

75 4 がん 検 診 からみる 健 康 状 況 世 田 谷 区 におけるがんによる 死 亡 者 数 とがん 死 亡 割 合 の 推 移 平 成 24 年 の 世 田 谷 区 における 死 亡 者 は 6,171 ( 男 3,117 女 3,54 )であり そのうちがんによる 死 亡 者 は 1,897 ( 男 1,52 女 845 )である がんによる 死 亡 者 の 占 める 割 合 は 3.7%( 男 33.8% 女 27.7%)であり その 割 合 は 徐 々に 低 下 する 傾 向 にある なお 平 成 24 年 度 の 国 におけるがんによる 死 亡 者 の 占 める 割 合 は 28.7%である % 32.6% 32.8% 世 田 谷 区 におけるがんによる 死 亡 者 数 とがん 死 亡 割 合 の 推 移 31.3% 資 料 : 世 田 谷 区 がん 対 策 検 討 委 員 会 がん 検 診 の 受 診 率 区 民 が 受 診 するがん 検 診 は 住 民 検 診 として 区 が 実 施 するがん 検 診 を 始 めとして 職 域 での 検 診 や 間 ドックなどがある 世 田 谷 区 が 公 表 してい るがん 検 診 の 受 診 率 は 対 象 年 齢 の 区 民 のうち 職 場 や 間 ドック 等 で 受 診 機 会 のある と 入 院 や 療 養 中 で 受 診 できない を 除 いた 割 合 ( 対 象 口 率 )を 用 いて 算 出 している 実 際 には 東 京 都 が5 年 毎 に 調 査 公 表 し ている 対 象 口 率 を 用 いている = 33.9% 32.2% 33.7% 32.3% 32.7% 32.6% ( 例 ) 大 腸 がん:4 歳 以 上 の 区 民 乳 がん:4 歳 以 上 の 女 性 区 民 東 京 都 区 部 対 象 口 率 ( 平 成 25 度 東 京 都 調 査 ) 胃 がん 肺 がん 大 腸 がん 子 宮 がん 乳 がん 6.5% 66.6% 66.3% 63.7% 72.3% ( 例 ) 大 腸 がん - 3.9% 3.5% 3.7% H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H2 H21 H22 H23 H24 区 が 実 施 するがん 検 診 の 対 象 者 区 が 公 表 している がん 検 診 受 診 率 対 象 年 齢 者 ( 例 ) = がんによる 死 亡 者 数 がん 死 亡 割 合 職 域 で 受 診 機 会 のある 方 間 ドックで 個 的 に 受 けた 方 等 受 診 者 数 4 歳 以 上 の 区 民 の 口 % 34.% 33.% 32.% 31.% 3.% 29.% 28.% 75

76 世 田 谷 区 のがん 検 診 受 診 率 は 全 国 東 京 都 と 比 較 して 低 い 区 では 平 成 28 年 度 末 までに 達 成 すべき 目 標 受 診 率 を 設 定 し 受 診 しや すい 検 診 体 制 の 整 備 と 個 別 受 診 勧 奨 の 強 化 により 受 診 率 向 上 に 努 めてきた 平 成 21 年 度 から 女 性 のがん 検 診 無 料 事 を 実 施 したこと 等 により 乳 が ん 子 宮 がん 共 に 受 診 率 が 1% 前 後 からほぼ2 倍 に 上 昇 した 大 腸 がんに ついては 平 成 24 年 度 から 長 寿 健 診 と 平 成 25 年 度 からは 特 定 健 診 と 同 時 に 受 診 することを 可 能 にしたことにより 受 診 率 が 大 きく 伸 びている がん 検 診 受 診 率 の 比 較 対 象 口 率 目 標 受 診 率 (~H28) 胃 がん 35 歳 以 上 胃 がん 4 歳 以 上 大 腸 がん 肺 がん 子 宮 がん 乳 がん 口 腔 がん 61 歳 66 歳 71 歳 (23 年 度 までは 歳 ) H22~26 6.5% 6.5% 66.3% 66.6% 63.7% 72.3% 設 定 無 し H17~ % 63.3% 71.8% 64.% 71.4% 78.6% 設 定 無 し 区 目 標 受 診 率 6.7% 2, 16.1% 17.8% 21.9% 以 上 19.% 以 上 - 参 考 ;H2 受 診 率 ( 国 ) - 1.2% 16.1% 17.8% 19.4% 14.7% 未 発 表 受 診 率 ( 都 ) - 4.2% 12.1% 5.4% 12.5% 1.1% 未 発 表 参 考 ;H21 受 診 率 ( 国 ) - 1.1% 16.5% 17.9% 21.% 16.3% 未 発 表 受 診 率 ( 都 ) - 4.6% 13.3% 6.% 14.1% 13.% 未 発 表 都 ( 区 部 ) 受 診 率 - 4.5% 13.3% 6.9% 14.6% 12.6% 未 発 表 参 考 ;H22 国 受 診 率 - 9.6% 16.8% 17.2% 23.9% 19.% 未 発 表 都 受 診 率 - 4.9% 15.% 6.4% 17.3% 15.8% 未 発 表 H21 口 ( 日 + 外 ) 521,47 439, , , , ,717 28,95 対 象 口 者 数 33,91 278,34 315, , , ,274 28,95 受 診 者 数 13,993 13,195 18,876 21,45 37,65 24, 受 診 率 4.2% 4.7% 6.% 7.6% 13.8% 13.% 1.3% H22 口 ( 日 + 外 ) 529, ,86 447,86 447,86 383,178 24,141 28,953 対 象 口 者 数 32,479 27, , , ,84 173,622 28,953 受 診 者 数 14,518 13,689 19,925 22,639 53,386 32, 受 診 率 4.5% 5.1% 6.7% 7.6% 21.9% 19.% 1.3% H23 口 ( 日 + 外 ) 456,79 456,79 456,79 385, ,827 28,29 対 象 口 者 数 275,928 32,38 33, , ,1 28,29 受 診 者 数 13,921 19,83 24,46 54,383 33, 受 診 率 5.% 6.3% 7.9% 22.2% 18.8%.8% H24 口 ( 日 + 外 ) 464, , , ,57 249,631 26,523 対 象 口 者 数 28,97 37,96 39,3 246,882 18,483 26,523 受 診 者 数 15,344 25,885 29,663 5,875 33, 受 診 率 5.5% 8.4% 9.6% 2.6% 18.8% 2.1% H25 口 ( 日 + 外 ) 473, , ,218 39, , 対 象 口 者 数 286, , , , ,15 28,578 受 診 者 数 14,645 52,43 33,328 52,427 35, 受 診 率 5.1% 16.6% 1.6% 21.1% 19.4% 2.3% 1 対 象 口 率 とは 職 域 等 でがん 検 診 の 受 診 機 会 がある 住 民 を 除 いた 口 割 合.96 1 東 京 都 が5 年 毎 に 実 施 する 健 康 増 進 法 に 基 づくがん 検 診 の 対 象 口 率 等 調 査 結 果 に 基 づく 2 胃 がん 検 診 については 平 成 23 年 度 から4 歳 以 上 となったため 以 前 の 分 も4 歳 以 上 で 計 算 した 3 国 の 指 針 では 胃 がん 検 診 大 腸 がん 検 診 肺 がん 検 診 は1 年 に1 回 婦 科 がん 検 診 は2 年 に1 回 であるため 胃 がん 検 診 大 腸 がん 検 診 肺 がん 検 診 は 単 年 度 の 受 診 者 数 を 婦 科 がん 検 診 は 当 該 年 度 + 前 年 度 ( 例 平 成 24 年 度 分 ならば 23 年 度 +24 年 度 )の2 年 度 分 の 合 計 受 診 者 数 を 記 載 している 76

77 [ 参 考 : 婦 科 がん 検 診 の 単 年 度 の 受 診 者 数 ] 婦 科 がん 検 診 の 受 診 者 数 子 宮 がん 乳 がん H21 年 度 23,219 15,276 H22 年 度 3,167 17,633 H23 年 度 24,216 15,644 H24 年 度 26,659 18,266 H25 年 度 25,768 17,373 3, 25, 2, 15, 1, 5, 胃 がん 4 歳 以 上 5.5% 5.1% 5.% 15,344 13,195 13,689 13, % 5.1% 14, % 5.4% 5.2% 5.% 4.8% 4.6% 4.4% 受 診 者 受 診 率 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 大 腸 がん 8.4% 6.% 6.7% 6.3% 25,885 18,876 19,925 19,83 18.% 16.6% 16.% 14.% 12.% 52,43 1.% 8.% 6.% 4.% 2.% 受 診 者 受 診 率 H21 年 度 H22 年 度 H23 年 度 H24 年 度 H25 年 度 4.2% H21 年 度 H22 年 度 H23 年 度 H24 年 度 H25 年 度.% 5, 45, 4, 35, 3, 25, 2, 15, 1, 5, 肺 がん 12.% 1.6% 9.6% 1.% 33, % 7.6% 7.9% 29,663 8.% 21,45 22,639 24,46 6.% 4.% 2.%.% H21 年 度 H22 年 度 H23 年 度 H24 年 度 H25 年 度 受 診 者 受 診 率 5, 45, 4, 35, 3, 25, 2, 15, 1, 5, 子 宮 がん 21.9% 22.2% 2.6% 21.1% 3, % 26,659 23,219 24,216 25,768 H21 年 度 H22 年 度 H23 年 度 H24 年 度 H25 年 度 25.% 2.% 15.% 1.% 5.%.% 受 診 者 数 受 診 率 3, 25, 2, 15, 1, 5, 乳 がん 19.% 18.8% 18.8% 19.4% 17,633 18,266 15,276 15,644 17, % H21 年 度 H22 年 度 H23 年 度 H24 年 度 H25 年 度 25.% 2.% 15.% 1.% 5.%.% 受 診 者 数 受 診 率 口 腔 がん 2.5% % 2.1% 2.% % 1.3% 1.3% 23.8% H21 年 度 H22 年 度 H23 年 度 H24 年 度 H25 年 度 1.%.5%.% 受 診 者 数 受 診 率 資 料 : 世 田 谷 区 がん 対 策 検 討 委 員 会 77

78 5 成 健 診 結 果 からみる 健 康 状 況 成 健 診 は 医 療 保 険 に 加 入 していない 4 歳 以 上 の の 健 診 である 平 成 24 年 度 の 受 診 結 果 より 健 診 項 目 別 の 傾 向 をみた 対 象 者 数 :7,613 受 診 者 数 :1,451 ( 男 689 女 762 ) 受 診 率 :19.1% 受 診 者 数 対 象 者 数 共 に 被 災 者 を 含 む [ 属 性 について] 受 診 者 数 は 6 代 までは 男 性 が 多 い また 男 女 とも 6 代 以 上 の 受 診 者 が 多 い 地 域 別 では 世 田 谷 地 域 の 受 診 者 が 多 い 性 別 年 齢 区 分 別 年 齢 男 女 4 未 満 以 上 計 地 域 別 受 診 者 数 未 選 択 177 世 田 谷 366 北 沢 171 玉 川 246 砧 245 烏 山 246 計 1451 [ 健 診 結 果 について] 男 女 とも BMI25 未 満 の が 多 い 腹 囲 基 準 については 男 性 で 基 準 値 ( 腹 囲 85 cm)を 超 えるものが 約 半 数 であり 国 保 の 特 定 健 診 受 診 者 と 同 様 の 傾 向 であった 4 BMI 実 績 男 以 上 女 以 上 BMI25 以 上 BMI25 未 満 1% 8% 6% 4% 2% % 腹 囲 ( 男 ) 割 合 以 上 保 健 指 導 レベ ル(85 以 上 ) 基 準 値 内 (85 未 満 ) 78

79 収 縮 期 血 圧 については 年 代 が 上 がるにつれて 受 診 勧 奨 から 保 健 指 導 レベルの が 増 えており 国 保 や 協 会 けんぽの 特 定 健 診 結 果 と 同 様 の 傾 向 である LDLコレステロール については 男 性 は 4 代 から 保 健 指 導 レベ ルから 受 診 勧 奨 レベルの が 多 いのに 対 し 女 性 では 5~6 代 にかけて 増 えており 国 保 や 協 会 けんぽの 特 定 検 診 結 果 と 同 様 の 傾 向 である 空 腹 時 血 糖 の 男 性 においては 国 保 や 協 会 けんぽの 特 定 健 診 で 受 診 勧 奨 レベルの が 年 代 とともに 増 加 するのに 対 し 6 代 前 半 を 頂 点 と する 山 型 であり 分 布 に 違 いがみられた 1% 収 縮 期 血 圧 割 合 1% 拡 張 期 血 圧 割 合 8% 8% 6% C 6% C 4% 2% % 4 44 男 1% 以 上 女 中 性 脂 肪 割 合 以 上 B A 4% 2% 1% % 男 以 上 女 LDL-コレステロール 割 合 以 上 B A 8% 8% 6% C 6% C 男 1% 9% 8% 7% 6% 5% 4% 3% 2% 1% % 4% 2% % 男 以 上 女 血 糖 ( 空 腹 時 のみ) 割 合 以 上 女 以 上 以 上 凡 例 について A: 受 診 勧 奨 B: 保 健 指 導 C: 基 準 範 囲 内 B A C B A 1% 8% 6% 4% 2% % 4% 2% % 男 以 上 以 上 以 上 女 HbA1c( 割 合 ) 以 上 B A C B A 79

80 [ 喫 煙 状 況 ] 問 診 結 果 より 受 診 者 の 喫 煙 状 況 をみると 男 性 42.3% 女 性 18.8%であ った これは 男 女 ともに 区 民 健 診 (16~39 歳 )や 協 会 けんぽの 健 診 (35 ~74 歳 ) 国 保 の 特 定 健 診 (4~74 歳 )の 喫 煙 率 に 比 べ 1 ポイント 以 上 高 かった 1% 8% 6% 4% 2% % 男 習 慣 的 に 喫 煙 割 合 習 慣 的 に 喫 煙 する 方 の 割 合 以 上 女 以 上 吸 わな い [ 自 覚 症 状 および 既 往 歴 ] 自 覚 症 状 のない (679 )は 受 診 者 の 46.7%であり 症 状 のある は 複 数 の 症 状 が 重 複 している また 既 往 歴 のない (458 )は 受 診 者 の 31.6% であり 約 7 割 の 方 が 何 らかの 病 気 を 抱 えている 吸 う 自 覚 症 状 実 績 なし 679 胸 の 奥 の 不 快 圧 迫 57 息 切 れ 動 悸 195 脈 の 乱 れ 26 顔 手 足 のむくみ 76 のどの 渇 き 96 ほこりの 多 い 職 場 にいた 4 のどの 奥 の 異 物 感 25 たんに 血 がまじる 3 せき たんがよくでる 99 その 他 の 症 状 ( 旧 ) 7 ふらつき 感 めまい 立 ちくらみ 28 疲 れやすい 324 その 他 133 既 往 歴 実 績 なし 458 高 血 圧 121 肝 臓 病 18 心 臓 血 管 疾 患 235 貧 血 132 腎 疾 患 49 糖 尿 病 297 高 脂 血 症 712 高 尿 酸 血 症 83 肺 疾 患 151 脳 血 管 疾 患 176 その 他 42 資 料 : 世 田 谷 保 健 所 資 料 8

81 6 成 歯 科 健 診 からみる 健 康 状 況 年 齢 別 受 診 者 数 と 年 間 の 受 診 率 について 4 歳 から 7 歳 までの5 歳 毎 に 歯 科 健 康 診 査 を 実 施 している 国 の 法 定 年 齢 ( 歳 ) 以 外 の 歳 は 申 し 込 み 制 のため 受 診 数 が 少 ない 全 体 の 受 診 率 は 平 均 で 6~7%で 推 移 して いる 受 診 者 数 ( 単 位 : ) 4 歳 45 歳 5 歳 55 歳 6 歳 65 歳 7 歳 合 計 受 診 率 (%) 23 年 1, , ,149 5, 年 1, , , 年 1, , ,23 5, 歯 周 病 を 有 する 者 の 割 合 について 4 歳 での 進 行 した 歯 周 病 を 有 する 者 の 割 合 を 18% 以 下 にする という 都 の 歯 科 保 健 目 標 はまだ 到 達 できていない 進 行 した 歯 周 病 を 有 する 者 の 割 合 ( 世 田 谷 区 ) ( 単 位 :%) 4 歳 45 歳 5 歳 55 歳 6 歳 65 歳 7 歳 23 年 28.% 34.% 36.6% 34.3% 43.% 41.2% 44.1% 24 年 28.4% 31.% 35.1% 35.4% 4.6% 38.9% 42.3% 25 年 29.4% 26.5% 36.% 4.9% 39.6% 43.5% 42.5% 参 考 進 行 した 歯 周 病 を 有 する 割 合 ( 東 京 都 ) ( 単 位 :%) 35~44 歳 45~54 歳 55~64 歳 65~74 歳 あり なし 不 明 資 料 : 東 京 の 歯 科 保 健 ( 平 成 24 年 度 ) 平 成 24 年 度 歯 周 病 の 状 況 ( 世 田 谷 区 ) 平 成 24 平 年 成 24 度 年 歯 度 周 歯 病 周 病 の 状 況 ( 東 ( 京 東 都 京 ) 都 ) 平 成 24 年 度 歯 周 病 の 状 況 ( 世 田 谷 区 ) 1% 1% 9% 9% 8% 7% 6% 5% 4% なし あり 8% 7% 6% 5% 4% 不 明 なし あり 3% 2% 1% % 2% 1% % 4 歳 45 歳 5 歳 55 歳 6 歳 65 歳 7 歳 % 35~44 歳 45~54 歳 55~64 歳 65~74 歳 81

82 年 齢 別 の 現 在 歯 数 について 6 歳 で 24 歯 以 上 の 歯 を 有 する 者 の 割 合 を 7% 以 上 にする という 目 標 は 達 成 している 一 平 均 現 在 歯 数 ( 世 田 谷 区 ) ( 単 位 : 歯 ) 4 歳 45 歳 5 歳 55 歳 6 歳 65 歳 7 歳 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 参 考 一 平 均 現 在 歯 数 ( 東 京 都 ) 資 料 : 東 京 の 歯 科 保 健 ( 平 成 24 年 度 ) ( 単 位 : 歯 ) 4~44 歳 45~49 歳 5~54 歳 55~59 歳 6~64 歳 65~69 歳 7~74 歳 平 成 23 年 平 成 24 年 一 平 均 現 在 歯 数 ( 世 田 谷 区 ) 一 平 均 現 在 歯 数 ( 世 田 谷 区 ) 年 24 年 歳 45 歳 5 歳 55 歳 6 歳 65 歳 7 歳 一 平 均 現 在 歯 数 ( 東 京 都 ) 一 平 均 現 在 歯 数 ( 東 京 都 ) 年 24 年 ~44 歳 45~49 歳 5~54 歳 55~59 歳 6~64 歳 65~69 歳 7~74 歳 82

83 7 協 会 けんぽ( 東 京 支 部 ) 加 入 者 の 特 徴 区 内 在 住 の 協 会 けんぽの 加 入 者 について 全 国 東 京 都 全 体 の 加 入 者 の 状 況 と 比 較 した ( 資 料 : 協 会 けんぽ 東 京 支 部 提 供 ) 協 会 けんぽ は 全 国 で 3,6 万 ( 国 民 の 3.5 に 1 )が 加 入 す る 中 小 企 小 規 模 企 のサラリーマンの 医 療 保 険 者 である 全 国 で 約 17 万 の 事 所 のうち 8%は 従 員 数 が 1 未 満 となっている 全 国 東 京 都 世 田 谷 区 の 加 入 者 数 と 医 療 費 の 比 較 居 住 地 別 東 京 支 部 の 平 均 加 入 者 数 ( 平 成 24 年 度 ) ( 単 位 : ) 居 男 性 女 性 合 計 住 地 被 保 険 者 被 扶 養 者 合 計 被 保 険 者 被 扶 養 者 合 計 被 保 険 者 被 扶 養 者 合 計 全 1,355, ,272 1,812, , ,864 1,85,591 2,187,9 1,43,136 3,618,36 国 都 656, ,45 867, , , ,16 1,91, ,56 1,736,525 区 41,2 12,145 53,147 31,332 25,152 56,483 72,334 37,297 19,63 区 は 世 田 谷 区 在 住 者 居 住 地 別 東 京 支 部 加 入 者 の 1 あたり 年 間 医 療 費 ( 平 成 24 年 度 ) ( 単 位 : 円 ) 居 男 性 女 性 合 計 住 地 被 保 険 者 被 扶 養 者 合 計 被 保 険 者 被 扶 養 者 合 計 被 保 険 者 被 扶 養 者 合 計 全 \155,196 \151,48 \154,15 \139,674 \17,83 \156,59 \149,288 \163,997 \155,12 国 都 \169,767 \159,396 \167,244 \153,79 \178,468 \166,58 \163,361 \172,224 \166,65 区 \172,67 \165,23 \17,921 \152,56 \185,36 \167,141 \163,924 \178,768 \168,974 区 は 世 田 谷 区 在 住 者 東 京 都 の 区 市 町 村 別 平 均 加 入 者 数 ( 平 成 24 年 度 )によると 世 田 谷 区 の 加 入 者 数 は 都 内 62 区 市 町 村 の 中 で 1 番 多 い (グラフでは 区 市 部 のみ 表 示 ) 区 市 部 の 平 均 加 入 者 数 ( 平 成 24 年 度 ) 12, 1, 8, 6, 4, 2, 世 足 江 練 大 八 板 杉 葛 江 品 町 北 中 新 墨 豊 目 府 港 渋 荒 調 立 台 西 文 小 三 青 日 東 多 中 昭 武 東 国 あ小 東 武 稲 狛 清 国 福 羽 千 田 立 戸 馬 田 王 橋 並 飾 東 川 田 区 野 宿 田 島 黒 中 区 谷 川 布 川 東 東 京 平 鷹 梅 野 村 摩 央 島 蔵 久 分 き金 大 蔵 城 江 瀬 立 生 村 代 谷 区 川 区 区 子 区 区 区 区 区 市 区 区 区 区 区 市 区 区 市 市 区 京 区 市 市 市 市 山 市 区 市 野 留 寺 る井 和 村 市 市 市 市 市 市 田 区 区 市 市 市 市 米 市 野 市 市 山 区 市 市 市 * 83

84 84 東 京 都 の 区 市 町 村 別 1 あたり 年 間 医 療 費 ( 平 成 24 年 度 )によると 世 田 谷 区 の 1 あたり 年 間 医 療 費 は 168,974 円 で 62 市 区 町 村 中 2 番 目 で ある (グラフでは 区 市 部 のみ 表 示 ) 注 : 医 療 費 は 年 齢 構 成 の 影 響 を 受 けるが 今 回 のグラフでは 年 齢 構 成 の 調 整 はしていない 産 大 分 類 (18 分 類 )による 区 内 事 所 数 と 加 入 者 数 区 内 にある 協 会 けんぽ 加 入 事 所 数 は 7,558 事 所 である 種 別 事 所 数 は 1 位 卸 売 小 売 (19.2%) 2 位 学 術 研 究 専 門 技 術 サービス (14.7%) 3 位 不 動 産 物 品 賃 貸 (12.1%) となっている 種 別 事 所 数 ( 平 成 24 年 度 N=7,558) 卸 売 小 売 学 術 研 究 専 門 技 術 サ ー ビ 不 動 産 物 品 賃 貸 建 設 サ ー ビ ス 医 療 福 祉 情 報 通 信 製 造 生 活 関 連 サ ー ビ ス 娯 楽 宿 泊 飲 食 サ ー ビ ス 運 輸 郵 便 教 育 学 習 支 援 金 融 保 険 農 林 漁 電 気 ガ ス 熱 供 給 水 道 複 合 サ ー ビ ス 公 務 鉱 採 石 砂 利 採 取 事 所 数 *

85 85 種 別 年 代 別 の 被 保 険 者 数 種 別 の 年 代 別 被 保 険 者 数 によると 卸 売 小 売 医 療 福 祉 は 2 代 および 3 代 が 多 く 公 務 では 6 代 が 多 いなど 種 により 勤 労 者 の 年 代 に 差 がみられる 種 別 事 所 当 たり 平 均 員 種 別 の 事 所 あたり 年 間 平 均 員 によると 公 務 が 1 以 上 で あるが 2 位 から 4 位 の 運 輸 郵 便 ( 郵 便 局 は 除 く) 医 療 福 祉 製 造 までが 二 桁 の 員 数 であり 多 くの 種 は 1 未 満 である 1 事 者 当 りの 平 均 員 は 14 ( 最 小 2 最 大 136 中 央 値 5 ) である 事 所 あたり 年 間 平 均 員 ( 平 成 24 年 度 ) 公 務 運 輸 郵 便 医 療 福 祉 製 造 卸 売 小 売 教 育 学 習 支 援 サ ー ビ ス 建 設 電 気 ガ ス 熱 供 給 水 道 金 融 保 険 学 術 研 究 専 門 技 術 サ ー ビ 宿 泊 飲 食 サ ー ビ ス 生 活 関 連 サ ー ビ ス 娯 楽 農 林 漁 情 報 通 信 不 動 産 物 品 賃 貸 複 合 サ ー ビ ス 鉱 採 石 砂 利 採 取 平 均 員 数 ( ) 種 年 代 別 の 被 保 険 者 年 間 平 均 被 保 険 者 数 ( 平 成 24 年 度 N=55,45) 卸 売 小 売 医 療 福 祉 建 設 学 術 研 究 専 門 技 術 サ ー ビ 製 造 サ ー ビ ス 運 輸 郵 便 不 動 産 物 品 賃 貸 公 務 生 活 関 連 サ ー ビ ス 娯 楽 情 報 通 信 教 育 学 習 支 援 宿 泊 飲 食 サ ー ビ ス 金 融 保 険 電 気 ガ ス 熱 供 給 水 道 農 林 漁 複 合 サ ー ビ ス 鉱 採 石 砂 利 採 取 被 保 険 者 数 ( ) 1~19 歳 2~29 歳 3~39 歳 4~49 歳 5~59 歳 6~69 歳 7 歳 ~

86 (4) 高 齢 期 の 健 康 状 況 1 高 齢 者 口 および 介 護 保 険 総 認 定 者 数 の 推 移 世 田 谷 区 の 高 齢 者 口 は 平 成 26 年 1 月 1 日 現 在 169,568 ( 高 齢 化 率 19.6%)であり 年 々 増 加 している また 平 成 4 年 代 後 半 にかけ 高 齢 者 口 の 伸 びが 一 層 高 まると 推 計 されている (P16 参 照 ) 平 成 25 年 1 月 を1とした 場 合 の 総 口 年 齢 階 層 別 口 の 推 移 世 田 谷 区 の 高 齢 者 の 介 護 保 険 総 認 定 者 は 増 加 しており 65 歳 以 上 ( 第 1 号 被 保 険 者 )の 認 定 率 は 国 東 京 都 に 比 べて 高 い 平 成 25 年 平 成 3 年 平 成 35 年 平 成 4 年 平 成 45 年 平 成 5 年 総 口 年 少 口 (-14 歳 ) 生 産 年 齢 口 (15-64 歳 ) 高 齢 者 口 (65 歳 以 上 ) 年 齢 階 層 別 認 定 者 数 の 推 移 85 歳 以 上 8~84 歳 75~79 歳 65~74 歳 4~64 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 平 成 25 年 度 65 歳 以 上 の 介 護 保 険 認 定 率 の 推 移 25% 2% 15% 1% 18.4% 15.8% 16.2% 19.1% 16.9% 16.5% 19.7% 16.9% 17.2% 2.% 17.4% 17.6% 2.3% 17.9% 17.8% 全 国 東 京 都 世 田 谷 区 5% % 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 平 成 25 年 度 区 は 平 成 26 年 3 月 末 現 在 都 全 国 は 平 成 25 年 12 月 末 現 在 資 料 : 介 護 保 険 事 状 況 報 告 年 報 及 び 月 報 ( 暫 定 版 ) 86

87 2 介 護 サービス 利 用 者 の 医 療 費 と 介 護 費 の 総 額 ( 平 成 24 年 2 月 ~ 平 成 25 年 1 月 分 ) 5 歳 ごとの 年 齢 階 層 別 の 医 療 費 と 介 護 費 の 総 額 によると 男 性 は 8 代 で 医 療 費 介 護 費 共 に 高 く 女 性 は 8 代 の 医 療 費 8~9 代 の 介 護 費 が 高 い また 医 療 費 介 護 費 共 に 総 額 が 女 性 に 多 いのは 8~9 代 の 女 性 の 口 が 多 いためであり さらに 男 性 は 配 偶 者 等 の 家 族 ( 女 性 )による 介 護 を 受 けていることが 推 測 される 男 性 介 護 サービス 利 用 者 の 医 療 費 と 介 護 費 総 額 (N=9,23) 介 8, 護 7, 6, 百 費 5, 万 と 4, 円 医 3, 2, 療 1, 費 ( ) 54 歳 未 満 55~59 歳 6~64 歳 65~69 歳 7~74 歳 75~79 歳 8~84 歳 85~89 歳 9~94 歳 95~99 歳 医 療 費 ( 百 万 ) 介 護 費 数 1 歳 以 上 6, 5, 4, 3, 2, 1, 介 8, 護 7, 6, 百 費 5, 万 と 4, 円 医 3, 2, 療 1, 費 ( ) 54 歳 未 満 女 性 介 護 サービス 利 用 者 の 医 療 費 と 介 護 費 総 額 (N=17,316) 55~59 歳 6~64 歳 65~69 歳 7~74 歳 75~79 歳 8~84 歳 85~89 歳 9~94 歳 95~99 歳 医 療 費 ( 百 万 ) 介 護 費 数 1 歳 以 上 6, 5, 4, 3, 2, 1, 3 介 護 サービス 利 用 者 と 未 利 用 者 ( 非 認 定 者 含 む)の 1 あたり 医 療 費 ( 平 成 24 年 2 月 ~ 平 成 25 年 1 月 分 ) 5 歳 ごとの 年 齢 階 層 別 の 1 あたり 医 療 費 は 男 性 では 9~94 歳 までの 階 層 で 介 護 サービス 利 用 者 が 未 利 用 者 に 比 べて 高 い また 女 性 では 85~89 歳 までの 階 層 で 介 護 サービス 利 用 者 の 医 療 費 は 未 利 用 者 よりも 高 い 介 護 サービス 未 利 用 者 の 医 療 費 が 高 くなる 階 層 においては 入 院 によ る 医 療 費 の 増 加 が 推 測 される 87

88 年 2,5, 間 2,, 医 療 1,5, 費 1,, ( 円 5, 54 歳 未 満 男 性 の 介 護 サービス 利 用 者 と 未 利 用 者 の1 あたり 医 療 費 (N=69,756) ) 55~59 歳 6~64 歳 65~69 歳 7~74 歳 75~79 歳 8~84 歳 85~89 歳 9~94 歳 95~99 歳 1 歳 以 上 16, 14, 12, 1, 8, 6, 4, 2, 利 用 者 1 あたり 医 療 費 利 用 者 数 未 利 用 者 1 当 り 医 療 費 未 利 用 者 数 女 性 の 介 護 サービス 利 用 者 と 未 利 用 者 の1 あたり 医 療 費 (N=16,95) 年 2,5, 間 2,, 医 療 1,5, 費 1,, ( 円 ) 5, 54 歳 未 満 55~59 歳 6~64 歳 65~69 歳 7~74 歳 75~79 歳 8~84 歳 85~89 歳 9~94 歳 95~99 歳 1 歳 以 上 18, 16, 14, 12, 1, 8, 6, 4, 2, 利 用 者 1 あたり 医 療 費 利 用 者 数 未 利 用 者 1 当 り 医 療 費 未 利 用 者 数 4 介 護 サービス 利 用 者 ( 介 護 度 別 )の 生 活 習 慣 病 の 有 無 と 1 あたり 医 療 費 介 護 サービス 利 用 者 の 介 護 度 別 の 医 療 費 は 生 活 習 慣 病 のある のほう がない に 比 べ どの 介 護 度 であっても 男 女 共 に 高 い 生 活 習 慣 病 の 有 無 に 関 わらず 男 女 共 に 介 護 度 が 高 くなるにつれて 医 療 費 も 高 くなる また 男 性 のほうが 生 活 習 慣 病 のある とない の 医 療 費 差 額 が 多 い 1 あ た 円 り 医 療 費 ( ) 男 性 介 護 サービス 利 用 者 の 生 活 習 慣 病 の 有 無 と1 あたり 医 療 費 (N=7,32) 1,2, 1,, 8, 6, 4, 2, 要 支 援 1 要 支 援 2 要 介 護 1 要 介 護 2 要 介 護 3 要 介 護 4 要 介 護 5 1,2 1, あり 医 療 費 なし 医 療 費 あり 数 なし 数 88

89 女 性 介 護 サービス 利 用 者 の 生 活 習 慣 病 の 有 無 と1 あたり 医 療 費 (N=17,38) 1 あ た 円 り 医 療 費 ( ) 1,, 8, 6, 4, 2, 要 支 援 1 要 支 援 2 要 介 護 1 要 介 護 2 要 介 護 3 要 介 護 4 要 介 護 5 あり 医 療 費 なし 医 療 費 あり 数 なし 数 介 護 保 険 被 保 険 者 に 多 い 傷 病 の 状 況 介 護 認 定 の 有 無 に 関 わらず 被 保 険 者 の 平 成 24 年 2 月 ~ 平 成 25 年 1 月 の 1 年 間 のレセプトで 病 名 の 登 場 回 数 が 最 も 多 かったのは 男 女 とも 高 血 圧 だった 次 いで 男 性 では 糖 尿 病 脂 質 異 常 症 心 疾 患 と 続 き 女 性 は 脂 質 異 常 症 骨 関 節 疾 患 胃 炎 と 続 く 男 性 では 女 性 に 比 べ 心 疾 患 糖 尿 病 がん の 登 場 回 数 が 上 位 であり 女 性 では 男 性 に 比 べ 脂 質 異 常 症 骨 関 節 疾 患 骨 粗 鬆 症 の 登 場 回 数 が 上 位 に みられる 各 病 名 の 登 場 回 数 の 中 で 要 介 護 認 定 者 によるものが 占 める 割 合 ( 介 護 化 割 合 と 定 義 グラフ 中 指 標 )は 男 女 とも 認 知 症 パーキンソン 病 骨 折 及 び 脳 血 管 疾 患 が 高 く これらの 傷 病 については 要 介 護 とな る 可 能 性 が 高 いと 推 定 される 前 項 の 男 性 の 生 活 習 慣 病 の 医 療 費 は 女 性 より 高 く また 男 性 のほうが 登 場 回 数 の 多 い 病 気 の 上 位 を 生 活 習 慣 病 が 占 める また 女 性 には 骨 関 節 系 の 病 気 が 多 い 以 上 のことから 健 康 に 関 する 啓 発 を 行 う 際 には 男 性 には 生 活 習 慣 病 の 予 防 に 関 する 啓 発 女 性 には 運 動 習 慣 や 筋 力 アップに 関 する 啓 発 を 加 えるなど 傾 向 に 応 じた 工 夫 が 必 要 である 3, 病 25, 気 2, の 15, 1, 出 5, 現 回 数 レセプトに 登 場 する 回 数 の 多 い 病 気 と 介 護 化 割 合 の 高 い 病 気 ( 男 性 ) 高 血 圧 脳 血 管 疾 患 37.4% 心 疾 患 糖 尿 病 が ん 骨 関 節 疾 患 認 知 症 67.3% 59.5% 54.5% 胃 炎 出 現 回 数 ( 全 体 ) 脂 質 異 常 症 前 立 腺 肥 大 症 呼 吸 器 疾 患 精 神 疾 患 慢 性 腎 不 全 介 護 化 割 合 パ ー キ ン ソ ン 病 便 秘 症 白 内 障 不 眠 症 骨 粗 鬆 症 高 尿 酸 血 症 骨 折 1% 8% 6% 介 護 4% 化 2% 割 % 合 病 名 の 並 びは 左 から 男 性 の 介 護 認 定 を 受 けている の 中 でのレセプトの 登 場 回 数 の 多 い 順 89

90 3, 病 25, 気 2, の 15, 出 1, 現 5, 回 数 レセプトに 登 場 する 回 数 の 多 い 病 気 と 介 護 化 割 合 の 高 い 病 気 ( 女 性 ) 1% 79.5% 8% 69.8% 67.7% 介 57.% 6% 護 33.5% 38.8% 4% 化 2% 割 % 合 高 心 認 胃 糖 が 骨 白 不 便 緑 腰 血 疾 知 炎 尿 ん 折 内 眠 秘 内 痛 圧 患 症 病 障 症 症 障 症 脳 血 管 疾 患 脂 質 異 常 症 骨 関 節 疾 患 骨 粗 鬆 症 精 神 疾 患 呼 吸 器 疾 患 出 現 回 数 ( 全 体 ) パ ー キ ン ソ ン 病 介 護 化 割 合 慢 性 腎 不 全 病 名 の 並 びは 左 から 女 性 の 介 護 認 定 を 受 けている の 中 でのレセプトの 登 場 回 数 の 多 い 順 6 世 田 谷 区 高 齢 者 ニーズ 調 査 ( 平 成 26 年 3 月 )にみる 健 康 感 と 活 動 状 況 介 護 保 険 を 利 用 していない 高 齢 者 ( 調 査 対 象 65 歳 以 上 の 区 民 6, 回 収 数 4,352 回 収 率 72.5%)を 対 象 とした 調 査 結 果 から 健 康 感 と 運 動 や 地 域 活 動 などの 社 会 参 加 の 状 況 について 以 下 のような 結 果 が 得 られた 自 分 は 健 康 だと 思 うか については 全 体 では とても 健 康 である (11.%) まあまあ 健 康 である (71.2%)を 合 わせた 健 康 の 割 合 は 82.2% となっており 男 女 の 差 はみられない また 通 院 の 状 況 をみると 全 体 では 通 院 している が 81.%であり 男 女 の 差 はみられない 多 くの 高 齢 者 が 通 院 の 必 要 な 病 気 があっても 健 康 と 感 じていることが 推 測 される ご 自 分 は 健 康 だと 思 いますか( 単 数 回 答 )N=4,351 男 性 11.9% 69.4% 12.2% 3.8% 2.7% 2.7% 女 性 1.3% 73.1% 12.% 1.9% % 2% 4% 6% 8% 1% とても 健 康 まあまあ 健 康 である あまり 健 康 でない 健 康 でない 無 回 答 現 在 病 院 診 療 所 ( 医 院 クリニック 等 )に 通 院 していますか( 単 数 回 答 )N=4,351 男 性 81.1% 14.3% 4.6% 女 性 81.% 13.5% 5.5% % 2% 4% 6% 8% 1% はい いいえ 無 回 答 9

91 意 識 的 に 運 動 をしている (67.9%)について 健 康 感 ( 自 分 は 健 康 だと 思 う)との 関 係 をみると 健 康 感 の 高 い ほど 運 動 をしている 割 合 が 高 く とても 健 康 である と 感 じている の 運 動 している 割 合 は 82.1%であるの に 対 し 健 康 でない と 感 じている では 51.8%となっている また 地 域 活 動 に 参 加 していない よりも 参 加 している のほうが 運 動 をしている 割 合 が 高 くなっている 意 識 的 に 定 期 的 な 運 動 をしているか と 健 康 感 ( 単 数 回 答 )N=4,251 とても 健 康 である(N=48) 82.1% 14.8% 3.1% まあまあ 健 康 である(N=3,99) あまり 健 康 でない(N=533) 7.2% 53.1% 26.6% 42.8% 3.3% 4.1% 運 動 している 運 動 していない 無 回 答 健 康 でない(N=139) 51.8% 46.8% 1.4% % 2% 4% 6% 8% 1% 意 識 的 に 定 期 的 な 運 動 をしているか と 地 域 活 動 ( 単 数 回 答 )N=4,195 地 域 活 動 に 参 加 している(N=1,845) 77.3% 18.8% 3.9% 地 域 活 動 に 参 加 していない(N=2,35) 61.4% 34.3% 4.3% 運 動 して いる 運 動 して いない 無 回 答 % 5% 1% 地 域 活 動 への 参 加 状 況 をみると 地 域 活 動 に 参 加 している が 42.4% 参 加 していない が 54.%となっている 地 域 活 動 に 参 加 していない について その 理 由 を 見 ると 4 に 1 が きっかけがない と 回 答 しており(26.%) きっかけづくりの 必 要 性 が うかがえる 今 後 参 加 してみたい 活 動 に 関 しては 特 になし と 回 答 した が 45.6% を 占 める 91

92 地 域 で 活 動 している 活 動 や 講 座 のない の 参 加 または 活 動 していない 理 由 と 今 後 参 加 または 活 動 してみたい 活 動 参 加 または 活 動 していない 理 由 ( 複 数 回 答 ) 1% 9% 8% 7% 6% 地 域 で 参 加 している 活 動 や 講 座 3.6% 54.% 友 や 仲 間 がいない きっかけがない 健 康 体 力 に 自 信 がない 時 間 がない 集 団 行 動 が 苦 手 関 心 がない 面 倒 くさい 他 にやりたい(やる)ことがある 家 族 の 同 意 が 得 られない その 他 特 になし 無 回 答 1.% 26.% 11.8% 21.9% 1.2% 16.3% 11.5% 3.8%.6% 1.6% 11.5% 4.9% 5% 4% 3% 2% 1% % 42.4% あり なし 無 回 答 資 料 : 世 田 谷 区 高 齢 者 ニーズ 調 査 結 果 報 告 書 ( 平 成 26 年 3 月 ).% 5.% 1.% 15.% 2.% 25.% 3.% 35.% 今 後 参 加 または 活 動 してみたい 活 動 ( 複 数 回 答 ) 町 会 自 治 会 3.2% 高 齢 者 クラブ 3.7% サロン ミニデイ 1.4% シルバー 材 センター 5.5% 認 知 症 介 護 予 防 活 動 2.8% スポーツ 関 係 のクラブ サークル 15.3% 趣 味 に 関 するクラブ サークル 26.1% 生 涯 学 習 に 関 する 活 動 12.9% NPO ボランティア 活 動 5.5% 見 守 りが 必 要 な 高 齢 者 を 支 援 する 活 動 3.3% 介 護 が 必 要 な 高 齢 者 を 支 援 する 活 動 1.5% その 他 2.% 特 になし 45.6% 無 回 答 8.2%.% 1.% 2.% 3.% 4.% 5.% 高 齢 期 の 健 康 状 況 (まとめ) 介 護 保 険 の 認 定 者 の 割 合 の 高 い 病 気 は 男 女 とも 認 知 症 パーキンソ ン 病 骨 折 及 び 脳 血 管 疾 患 であった 介 護 認 定 の 有 無 に 関 わらず 介 護 保 険 被 保 険 者 に 多 い 病 気 は 男 女 とも 高 血 圧 男 性 は 糖 尿 病 などの 生 活 習 慣 病 が 多 く 女 性 は 骨 関 節 系 疾 患 が 多 かった とても 健 康 である と 感 じている ほど 運 動 している 割 合 が 高 く ま た 地 域 活 動 に 参 加 している のほうが 定 期 的 な 運 動 をしていた 以 上 のことから 介 護 認 定 の 有 無 に 関 わらず 高 齢 になると 生 活 習 慣 病 などで 通 院 する 方 は 増 えるが 健 康 である と 感 じている は 運 動 習 慣 や 地 域 活 動 への 繋 がりがあった 自 分 自 身 の 健 康 に 関 心 を 持 ち 一 緒 に 取 り 組 む 仲 間 づくりの 必 要 性 が 示 唆 された 92

93 コラム 世 田 谷 区 保 健 センター 健 康 度 測 定 利 用 者 の 健 康 状 況 について 保 健 センターは 区 民 の 方 々に 対 し こころと 体 の 総 合 的 な 健 康 づくりや 糖 尿 病 予 防 改 善 などのハイリスク 者 を 対 象 とした 健 康 教 室 さらに 生 活 習 慣 改 善 の 実 践 と 継 続 を 支 援 する 健 康 教 育 ( 運 動 コース マシントレーニング)などを 提 供 しています 健 康 度 測 定 データは 自 ら 積 極 的 に 健 康 づくりに 取 り 組 む 区 民 の 方 々のデータであり そこから 高 齢 になっても 元 気 に 過 ごすための 健 康 づくりのヒントを 探 ってみました 1 受 診 者 の 性 別 年 齢 構 成 ( 平 成 24 年 度 ) 男 性 431 名 (63.5±14.8 歳 ) 女 性 1311 名 (61.7±14.3 歳 )の 1742 名 年 齢 構 成 では 男 性 の7 割 以 上 女 性 の6 割 以 上 が 6 代 以 上 の 方 々でした 2 健 康 意 識 1 自 分 は 健 康 である( 主 観 的 健 康 感 ) と 思 う 方 は 男 性 女 性 とも8 割 以 上 でした 年 代 による 差 はなく 8 代 以 上 でも 高 い 割 合 を 保 ち 自 分 は 健 康 であると 自 信 を 持 っ ている 方 々でした 2 軽 い 体 操 を 実 践 している は 若 い 世 代 では3~4 割 でしたが 6 代 以 上 になる と6 割 前 後 と 増 加 し 多 くの 方 が 実 践 していました 3 地 域 サークル 活 動 などは 男 性 では 6 代 から 女 性 は 5 代 から 増 加 し 6 代 以 降 は7 割 に 達 していました 交 流 の 場 をもち 仲 間 が いることも 元 気 で 過 ごす 秘 訣 のようです 3 健 康 状 況 健 康 だと 思 う も 年 齢 を 重 ねるごとに 治 療 中 の 方 が 増 加 していました 病 気 を 放 置 せず 治 療 でコントロールし 高 い 健 康 感 を 保 って 過 ごしている 有 病 息 災 の 方 々でした 1 高 血 圧 の 治 療 中 割 合 は 5 代 から 増 加 し 6 代 で2 割 を 超 え 7 代 以 上 では4 割 以 上 の 方 が 服 薬 コントロールしていました 2 脂 質 異 常 の 治 療 中 割 合 は 女 性 では 更 年 期 以 後 の 6 代 で 大 きく 増 加 していました 治 療 とともに 食 事 や 運 動 など 生 活 習 慣 の 見 直 しが 課 題 です 93

94 3 糖 尿 病 の 治 療 中 割 合 は 高 血 圧 脂 質 異 常 に 比 べて 少 ないものの 男 性 で 6 歳 以 降 1%を 超 え 8 歳 以 上 では 16%でし た 女 性 は 6 歳 以 降 も5% 以 下 でした 高 齢 口 の 増 加 を 踏 まえ 今 から 糖 尿 病 の 予 防 や 生 活 習 慣 改 善 の 取 り 組 みが 必 要 です 4 愁 訴 状 況 男 女 とも どの 年 代 においても 肩 こり 腰 背 部 痛 眼 精 疲 労 不 眠 が 上 位 を 占 めてい ました テレビ パソコン スマートフォン などの 長 時 間 使 用 や 中 高 年 の 視 力 の 衰 えなど の 影 響 が 考 えられます 5 食 生 活 状 況 1 野 菜 の 摂 取 量 目 標 である 1 日 35g 以 上 摂 取 している 群 ( 多 い 群 )と 不 足 してい る 群 ( 少 ない 群 )に 分 けて 朝 昼 夕 の 食 事 ごとに 摂 取 量 を 比 較 しました 多 い 群 は 夕 食 だけに 偏 らず3 食 とも 食 べており 朝 食 でもしっかり 食 べています 少 ない 群 は 朝 昼 が 少 なく 野 菜 を 増 やすには 朝 食 での 摂 取 がポイントです 2 食 塩 の 摂 り 方 厚 生 労 働 省 が 定 める 推 奨 量 より 多 い 摂 取 状 況 でした 女 性 は 男 性 より1g 程 度 少 なく 年 代 の 差 は 見 られませんでした 男 性 は 高 齢 になるほど 食 塩 摂 取 量 が 増 える 傾 向 が みられました また 漬 物 や 塩 蔵 品 の 摂 取 量 が 多 いこと もわかりました 食 塩 を 多 く 含 む 漬 物 や 塩 蔵 品 を 控 える 事 が 減 塩 の 第 一 歩 となるようです 94

95 6 活 動 状 況 1 3メッツの 身 体 活 動 時 間 生 活 活 動 時 間 は 男 性 では 5 代 をピーク に 高 齢 になると 減 少 していましたが 女 性 は 年 代 の 差 はわずかでした 運 動 時 間 は 男 女 とも 7 代 をピークに 8 歳 以 上 になると 低 下 していました 8 代 以 上 になると 関 節 痛 を 訴 える 割 合 が 2% 以 上 に 倍 増 していました 2 2メッツ( 低 強 度 )の 身 体 活 動 時 間 家 事 労 働 レベルの 生 活 活 動 時 間 は どの 年 代 においても 女 性 の 方 が 1~2 分 多 いという 結 果 でした ストレッチなどの 運 動 時 間 は 男 女 とも 年 代 と ともに 増 加 し 7 代 以 上 では 基 準 * を 上 回 る 活 動 量 でした * 健 康 づくりのための 身 体 活 動 基 準 213 で 示 された65 歳 以 上 の 高 齢 者 の 基 準 7 代 以 降 になると 関 節 痛 を 訴 える 方 が 増 加 するなど 体 調 や 体 力 の 低 下 がみられ 3メッツ 程 度 の 運 動 から 強 度 の 低 い2メッツの 運 動 へ 移 行 し 自 分 の 体 力 に 合 わせて 無 理 なく 運 動 を 続 けていることが 伺 えます ここにも 健 康 づくりの 秘 訣 があるようです 95

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀬 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 藤 井 義 弘 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 26 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86> 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 村 上 修 司 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 24 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

00表紙

00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 近 藤 敬 太 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀨 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 山 口 浩 司 ( 内 線 7475) 担 当 係 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 27 年 人 口 動 態 統 計 月 報

More information

第2章 健康づくりの現状と課題

第2章 健康づくりの現状と課題 第 2 章 吹 田 市 の 現 状 と 課 題 1 吹 田 市 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 について 吹 田 市 の 人 口 は 平 成 16 年 (2004 年 )9 月 30 日 現 在 351, 283 人 です うち 65 歳 以 上 は55,017 人 15 歳 ~64 歳 は244,336 人 15 歳 未 満 は51,930 人 です 高 齢 化 率 は 15.7% 少 子

More information

Microsoft Word - 2章.doc

Microsoft Word - 2章.doc 第 2 章 1. 人 口 の 構 成 と 動 態 (1) 人 口 総 数 と 年 齢 構 成 住 民 基 本 台 帳 人 口 及 び 外 国 人 登 録 人 口 による 平 成 21 年 (29 年 )9 月 末 現 在 の 本 市 の 人 口 総 数 は358,756 人 で 前 計 画 が 策 定 された 平 成 16 年 (24 年 )と 比 べる と 約 2,8 人 の 増 加 となっています

More information

○00表紙

○00表紙 結 果 の 概 要 1 結 果 の 要 約 (1) 出 生 数 は 減 少 出 生 数 は1 万 3532 人 で 前 年 の12 万 9816 人 より2 万 6284 人 減 少 し 出 生 率 ( 人 口 千 対 ) は 8.で 前 年 の8.2を 下 回 った 出 生 数 を 母 の 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 にみると 2~39 歳 の 各 階 級 では 前 年 より 減 少 しているが

More information

Microsoft Word - 概要版_130325_3

Microsoft Word - 概要版_130325_3 基 本 理 念 健 康 寿 命 を 延 伸 する 健 康 都 市 金 沢 金 沢 市 の 平 均 寿 命 と 健 康 寿 命 ( 平 成 22 年 ) 健 康 寿 命 とは 健 康 上 の 問 題 で 日 常 生 活 が 制 限 されることなく 生 活 できる 期 間 です 金 沢 市 の 平 成 22 年 の 健 康 寿 命 は 男 性 78.16 歳 女 性 83.17 歳 となり 平 均 寿

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

目次

目次 政 府 管 掌 健 康 保 険 における 分 析 手 法 等 に 関 する 調 査 研 究 ( 概 要 ) 医 療 経 済 研 究 機 構 では 社 会 保 険 庁 より 委 託 を 受 け 政 府 管 掌 健 康 保 険 における 分 析 手 法 等 に 関 する 調 査 研 究 を 実 施 した 調 査 研 究 の 主 なポイントは 以 下 の 通 り Ⅰ. 調 査 研 究 の 背 景 と 目

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 秋 田 県 康 福 祉 部 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 目 次 利 用 される 方 のために 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 の 解 説 解 -1 管 轄 区 域 図 解 -7 管 轄 一 覧 解 -8 市 町 村 別 人 口 及 び 世 帯 数 解 -9 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 解 -10 各

More information

分 野 別 の 目 標 達 成 状 況 栄 養 運 動 心 の 健 康 喫 煙 飲 酒 歯 の 健 康 その 他 A) 達 成 B) 改 善 C) 悪 化 D) 評 価 不 能 合 計

分 野 別 の 目 標 達 成 状 況 栄 養 運 動 心 の 健 康 喫 煙 飲 酒 歯 の 健 康 その 他 A) 達 成 B) 改 善 C) 悪 化 D) 評 価 不 能 合 計 本 市 で は 国 の 健 康 増 進 計 画 で あ る 健 康 日 本 21 愛 知 県 の 健 康 日 本 21あ い ち 計 画 を 受 け て 第 1 次 健 康 増 進 計 画 を 策 定 し 平 成 15 年 度 から 平 成 25 年 度 まで また 食 育 推 進 計 画 についても 食 育 基 本 法 に 基 づき 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 まで それぞれ

More information

はじめに 近 年, 我 が 国 は, 生 活 環 境 の 改 善 や 医 学 等 の 進 歩 により, 世 界 トップレベルの 長 寿 国 と なりましたが, 一 方 では, 食 生 活 や 運 動 習 慣 などを 原 因 とする 生 活 習 慣 病 にかかる 人 や, 高 齢 化 の 進 展 に 伴 って, 介 護 を 必 要 とする 人 が 急 速 に 増 加 しております また,ライフスタイルや

More information

各論_1章〜7章.indd

各論_1章〜7章.indd 第 7 章 健 康 指 標 分 野 ( 糖 尿 病 循 環 器 疾 患 がん COPD) 1 推 進 の 方 向 糖 尿 病 (1) 糖 尿 病 の 発 症 を 予 防 するための 生 活 習 慣 の 改 善 あらゆる 機 会 に 多 様 な 伝 達 手 段 を 使 って 県 民 に 糖 尿 病 の 正 しい 知 識 や 糖 尿 病 発 症 予 防 のため の 生 活 習 慣 の 改 善 について

More information

第 2 節 各 領 域 における と 取 組 み 1 食 育 栄 養 食 生 活 1 朝 食 の 欠 食 者 が 多 い( 重 点 ) 2 野 菜 を 毎 食 摂 る 人 が 少 ない 3 牛 乳 又 は 乳 製 品 を 毎 日 摂 る 人 が 少 ない 4 地 場 産 食 品 を 知 っている 人

第 2 節 各 領 域 における と 取 組 み 1 食 育 栄 養 食 生 活 1 朝 食 の 欠 食 者 が 多 い( 重 点 ) 2 野 菜 を 毎 食 摂 る 人 が 少 ない 3 牛 乳 又 は 乳 製 品 を 毎 日 摂 る 人 が 少 ない 4 地 場 産 食 品 を 知 っている 人 第 3 章 弟 子 屈 町 の 健 康 づくりの 推 進 第 1 節 健 康 づくりの 目 標 町 民 一 人 ひとりが 主 体 的 に 健 康 づくりに 取 り 組 み 健 康 的 な 生 活 習 慣 について 考 えることができるよう 行 動 指 針 として 食 育 栄 養 食 生 活 をはじめ8つの 生 活 習 慣 について わかりやすい 健 康 づくりの 目 標 を 設 定 しています また

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2028895E8BA68CE38160318C8E323993FA92F990B3816A8C4B96BC8E738D9196AF8C928D4E95DB8CAF95DB8C928E968BC68EC08E7B8C7689E68169916688C4816A202D2083528373815B>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2028895E8BA68CE38160318C8E323993FA92F990B3816A8C4B96BC8E738D9196AF8C928D4E95DB8CAF95DB8C928E968BC68EC08E7B8C7689E68169916688C4816A202D2083528373815B> 第 4 章 医 療 情 報 等 の 分 析 による 健 康 課 題 1 医 療 費 の 状 況 (1) 医 療 費 の 経 年 変 化 平 成 24 年 度 から 平 成 26 年 度 の 本 市 三 重 県 全 国 における 医 科 の 一 人 当 たり 医 療 費 の 推 移 を 合 計 入 院 外 来 とそれぞれ 表 しています ( 図 4-1) 一 人 当 たりの 医 療 費 は 三 重 県

More information

<4D F736F F D B382EA82E995FB82CC82BD82DF82C9815C82502E646F63>

<4D F736F F D B382EA82E995FB82CC82BD82DF82C9815C82502E646F63> 平 成 15 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 秋 田 県 康 福 祉 部 平 成 15 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 目 次 利 用 される 方 のために 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 の 解 説 管 轄 区 域 図 管 轄 一 覧 市 町 村 別 人 口 及 び 世 帯 数 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 各 種 統 計 調 査 の 概 略 図 主 な 統 計

More information

資 料 1 栄 養 食 生 活 脂 肪 やコレステロールを とり 過 ぎない 人 の 増 加 塩 分 を 控 える 人 の 増 加 色 の 濃 い 野 菜 を 食 べる 人 の 増 加 カルシウムを 多 くとる 人 の 増 加 体 重 コントロールを 実 践 する 人 の 増 加 児 童 生 徒 の

資 料 1 栄 養 食 生 活 脂 肪 やコレステロールを とり 過 ぎない 人 の 増 加 塩 分 を 控 える 人 の 増 加 色 の 濃 い 野 菜 を 食 べる 人 の 増 加 カルシウムを 多 くとる 人 の 増 加 体 重 コントロールを 実 践 する 人 の 増 加 児 童 生 徒 の 資 料 1 栄 養 食 生 活 脂 肪 やコレステロールを とり 過 ぎない 人 の 増 加 塩 分 を 控 える 人 の 増 加 色 の 濃 い 野 菜 を 食 べる 人 の 増 加 カルシウムを 多 くとる 人 の 増 加 体 重 コントロールを 実 践 する 人 の 増 加 児 童 生 徒 の 肥 満 児 の 減 少 / 小 学 校 4 年 男 子 / 小 学 校 4 年 女 子 / 中 学

More information

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要 市 民 の 健 康 ~ が ん の 予 防 と 体 操 で 健 康 づ く り ~ 1 挨 拶 こ ん に ち は 長 久 手 市 役 所 健 康 推 進 課 の 伊 藤 と 申 し ま す 本 日 は よ ろ し く お 願 い し ま す 座 っ た ま ま で 説 明 さ せ て い た だ き ま す 今 回 の タ イ ト ル は 市 民 の 健 康 が ん の 予 防 と 体 操 で 健

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

資 料 2-2 第 6 次 長 野 県 保 健 医 療 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 (2012 年 )11 月 目 次 項 目 ページ 第 1 編 保 健 医 療 計 画 の 基 本 的 事 項 と 保 健 医 療 の 現 状 第 1 章 計 画 の 基 本 的 方 向 第 1 節 計 画 策 定 の 趣 旨 7 第 2 節 計 画 の 性 格 7 第 3 節 計 画 の 基 本 理

More information

目 次 1 後 期 計 画 までの 背 景 と 目 的 p1 2 後 期 計 画 の 基 本 方 針 p1 3 後 期 計 画 の 期 間 p2 4 後 期 計 画 の 位 置 づけ p2 5 中 間 評 価 と 新 たな 健 康 づくりの 取 組 p3 1) 評 価 の 方 法 2) 評 価 の

目 次 1 後 期 計 画 までの 背 景 と 目 的 p1 2 後 期 計 画 の 基 本 方 針 p1 3 後 期 計 画 の 期 間 p2 4 後 期 計 画 の 位 置 づけ p2 5 中 間 評 価 と 新 たな 健 康 づくりの 取 組 p3 1) 評 価 の 方 法 2) 評 価 の 嘉 麻 市 保 健 計 画 後 期 計 画 一 緒 に! 一 生 元 気 を 目 指 しませんか? 本 市 は 積 極 的 な 健 康 づくりを 市 民 一 人 ひとりに 実 践 するために 嘉 麻 市 保 健 計 画 を 作 成 しました 平 成 20 年 度 からスタートし 平 成 29 年 度 までの10か 年 の 計 画 で 活 動 の 審 議 知 識 の 普 及 活 動 の 助 長 を 嘉

More information

Microsoft PowerPoint - 保健指導講義(H22)

Microsoft PowerPoint - 保健指導講義(H22) アルコール 指 導 のポイント 生 活 習 慣 病 対 策 室 アルコール 対 策 専 門 官 遠 藤 光 一 アルコール 問 題 の 特 徴 飲 酒 が 問 題 ではなく 多 量 飲 酒 が 問 題 原 則 として 完 全 にやめることを 目 的 にしない 身 体 的 問 題 だけでなく 社 会 的 問 題 がみられることが ある 問 題 を 指 摘 されることの 抵 抗 が 大 きい Jカーブ

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

(Microsoft Word - \224\362\223\20720\224N\220\254\211\312\203\214\203|\201[\203g120207)

(Microsoft Word - \224\362\223\20720\224N\220\254\211\312\203\214\203|\201[\203g120207) ISBN978-4-9905933-0-8 日 本 一 健 康 長 寿 誰 もが 生 き 生 きまちづくり - 飛 島 20 年 の 軌 跡 と 成 果 - 監 修 髙 山 忠 雄 編 集 安 梅 勅 江 篠 原 亮 次 澤 田 優 子 杉 澤 悠 圭 飛 島 日 本 一 健 康 長 寿 研 究 会 は じ め に こ の 度 の 日 本 一 健 康 長 寿 誰 も が 生 き 生 き ま ち づ

More information

医療費等分析及び事業計画書

医療費等分析及び事業計画書 島 本 町 国 民 健 康 保 険 保 健 事 業 実 施 計 画 (データヘルス 計 画 ) 平 成 27 年 3 月 島 本 町 - 目 次 - 第 1 章 事 業 目 的 と 背 景 1 1. 計 画 策 定 の 背 景 と 概 要 1 2. 計 画 の 位 置 づけ 2 3. 計 画 期 間 2 4. 計 画 の 推 進 2 第 2 章 島 本 町 の 現 状 3 1. 概 要 3 2. 人

More information

2 具 体 的 施 策 と 目 標 (1) 健 康 寿 命 の 延 伸 健 康 寿 命 の 延 伸 は 生 活 習 慣 病 の 改 善 や 社 会 環 境 の 整 備 により 実 現 されるべき 最 終 的 な 目 標 です 健 康 寿 命 とは 健 康 上 の 問 題 で 日 常 生 活 が 制

2 具 体 的 施 策 と 目 標 (1) 健 康 寿 命 の 延 伸 健 康 寿 命 の 延 伸 は 生 活 習 慣 病 の 改 善 や 社 会 環 境 の 整 備 により 実 現 されるべき 最 終 的 な 目 標 です 健 康 寿 命 とは 健 康 上 の 問 題 で 日 常 生 活 が 制 施 策 の 展 開 と 目 標 1 目 標 設 定 と 評 価 (1) 目 標 の 設 定 方 法 健 康 いきいき21- 健 康 しが 推 進 プラン- を 効 果 的 に 推 進 していくためには 市 町 健 康 づくりに 関 わる 団 体 等 すべての 関 係 者 が 目 指 すべき 目 標 を 共 有 しながら その 目 標 達 成 の 状 況 について 進 行 管 理 評 価 を 行 っていくことが

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

スライド 1

スライド 1 全 国 健 康 保 険 協 会 広 島 支 部 データヘルス 計 画 ~ 安 定 した 経 営 は 従 業 員 の 健 康 づくりから~ 概 要 版 ~ ヘルスケア 通 信 簿 に 基 づく 事 業 所 毎 の 健 康 課 題 の 把 握 と 特 徴 に 合 った 保 健 事 業 の 提 案 ~ ヘルスケア 通 信 簿 は 全 国 健 康 保 険 協 会 の 商 標 登 録 です 平 成 27 年

More information

chibuH27nittei

chibuH27nittei 平 成 27 年 度 健 康 診 断 日 程 表 健 康 管 理 は 先 ず 健 診 を 健 康 管 理 は 先 ず 健 診 を 受 けることから! 特 定 健 康 診 断 後 期 高 齢 者 健 康 診 断 検 診 月 日 検 診 会 場 受 付 時 間 検 診 月 日 検 診 会 場 受 付 時 間 5 月 20 日 ( 水 ) 午 後 1 時 ~ 午 後 3 時 4 月 21 日 ( 火 )

More information

【不妊外来問診票2012版】

【不妊外来問診票2012版】 記 入 した 日 付 ( 年 月 日 ) 血 圧 測 定 ( / )mmhg 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 夫 (またはパートナー)の 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 1 本 日 はどのようなことで 受 診 されましたか?( 心 配 な 点 やご 希 望 など) 該 当 項 目 があれば 印 を 付 けて 下 さい ( ) 話 相 談 のみ 希 望 ( ) 不 妊 検 査 を 希

More information

3 実務研修内容【分野別】

3 実務研修内容【分野別】 6) 地 域 栄 養 分 野 地 域 栄 養 ( 項 目 番 号 :T21-101 T21-201) 科 目 名 生 活 習 慣 病 の 発 症 予 防 と 重 症 化 予 防 単 位 数 講 義 3 単 位 がん 循 環 器 疾 患 糖 尿 病 及 び COPD( 慢 性 閉 塞 性 肺 疾 患 ) 対 処 するため 一 次 予 防 に 重 点 を 置 いた 対 策 を 推 進 するとともに 合

More information

1. 計 画 の 概 要 西 宮 市 では 国 の 定 める 健 康 日 本 21( 第 2 次 ) やこれまでの 新 にしのみや 健 康 づくり 21 西 宮 市 健 康 増 進 計 画 の 進 捗 状 況 等 を 踏 まえ 栄 養 食 生 活 身 体 活 動 運 動 こころの 健 康 タバコ ア

1. 計 画 の 概 要 西 宮 市 では 国 の 定 める 健 康 日 本 21( 第 2 次 ) やこれまでの 新 にしのみや 健 康 づくり 21 西 宮 市 健 康 増 進 計 画 の 進 捗 状 況 等 を 踏 まえ 栄 養 食 生 活 身 体 活 動 運 動 こころの 健 康 タバコ ア 平 成 25~ 平 成 34 年 度 概 要 版 栄 養 食 生 活 身 体 活 動 運 動 こころの 健 康 みんな 健 康 でいきいき! ~ 健 康 づくりの 7つのキーワード ~ タバコ アルコール 歯 口 腔 の 健 康 健 康 診 査 と 健 康 管 理 これからも 食 育 健 康 づ く り を 推 進 していきます! 西 宮 市 食 育 健 康 づくり マスコット みやちゃん 平 成

More information

1 各 臓 器 疾 患 別 の 詳 しい 診 療 内 容 (1) 食 道 疾 患 について (2) 胃 疾 患 について (3) 腸 疾 患 について (4) 胆 道 疾 患 について (5) 膵 疾 患 について (6) 肝 臓 疾 患 について (1) 食 道 疾 患 について まず 良 性 疾 患 として 逆 流 性 食 道 炎 の 増 加 が 目 立 ちます 動 物 性 脂 肪 や 刺 激 物

More information

Ⅱ 市 民 の 健 康 づくり-ⅰあなたの 健 康 づくり- 0% 20% 40% 60% 80% 100% 非 常 に 健 康 である まあまあ 健 康 である あまり 健 康 ではない 健 康 ではない 全 体 (N=1372) 性 男 性 (N=6

Ⅱ 市 民 の 健 康 づくり-ⅰあなたの 健 康 づくり- 0% 20% 40% 60% 80% 100% 非 常 に 健 康 である まあまあ 健 康 である あまり 健 康 ではない 健 康 ではない 全 体 (N=1372) 性 男 性 (N=6 Ⅱ 市 民 の 健 康 づくり -ⅰあなたの 健 康 づくり- 自 分 の 健 康 状 態 に 関 する 認 識 問 1 あなたは 現 在 のご 自 分 の 健 康 状 態 をどのように 感 じていますか 次 の 中 か ら あてはまるものに1つ をつけてください 全 体 (N=1372) 健 康 ではない 3.4% 0.5% 非 常 に 健 康 である 15.3% あまり 健 康 ではない 12.9%

More information

表紙

表紙 15. 母 子 健 康 手 帳 交 付 時 期 と 妊 娠 産 及 びその 児 の 健 康 関 連 問 題 の 実 態 飯 田 芳 枝 ( 石 川 県 こころの 健 康 センター) 竹 島 ゆり ( 健 康 福 祉 部 少 子 化 対 策 監 室 母 子 保 健 食 育 グループ) 茗 荷 谷 弘 子 ( 小 松 市 いきいき 健 康 課 すこやかセンター) 目 的 母 子 健 康 手 帳 の 交

More information

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農 2 主 な 用 語 の 説 明 世 帯 世 帯 とは 調 査 基 準 日 現 在 同 一 住 居 又 は 同 一 敷 地 内 の 別 棟 に 居 住 しており かつ 生 計 を 共 にしている 人 ( 世 帯 員 )の 集 まり 又 は 独 立 して 生 計 を 営 む 単 身 者 をいう 世 帯 員 世 帯 員 とは 調 査 基 準 日 現 在 この 世 帯 に 住 んでいる 人 のほか 一 時

More information

計 画 策 定 の 趣 旨 と 背 景 我 が 国 の 平 均 寿 命 は 生 活 環 境 の 改 善 医 学 の 進 歩 等 によって 著 しく 延 伸 しましたが 認 知 症 や 寝 たきりなど 介 護 を 必 要 とする 人 等 の 増 加 により 医 療 介 護 の 社 会 的 負 担 は

計 画 策 定 の 趣 旨 と 背 景 我 が 国 の 平 均 寿 命 は 生 活 環 境 の 改 善 医 学 の 進 歩 等 によって 著 しく 延 伸 しましたが 認 知 症 や 寝 たきりなど 介 護 を 必 要 とする 人 等 の 増 加 により 医 療 介 護 の 社 会 的 負 担 は - 0 - 計 画 策 定 の 趣 旨 と 背 景 我 が 国 の 平 均 寿 命 は 生 活 環 境 の 改 善 医 学 の 進 歩 等 によって 著 しく 延 伸 しましたが 認 知 症 や 寝 たきりなど 介 護 を 必 要 とする 人 等 の 増 加 により 医 療 介 護 の 社 会 的 負 担 は 深 刻 な 問 題 となって います また 食 生 活 や 運 動 など 生 活 習 慣

More information

01第1章表紙

01第1章表紙 第 章 概 況 Ⅰ 県 南 地 域 の 概 況 () 地 勢 県 南 地 域 は 福 島 県 中 通 り 地 方 の 南 部 に 位 置 し 栃 木 茨 城 の 両 県 に 接 し 白 河 市 ( 平 成 7 年 月 7 日 白 河 市 表 郷 村 東 村 大 信 村 が 合 併 ) 西 白 河 郡 及 び 東 白 川 郡 の 市 4 町 4 村 からなり その 面 積 は,233.24km2と 県

More information

Microsoft Word - ①PET-CT 説明書 コンパクトに改良 紹介患者用に編集.doc

Microsoft Word - ①PET-CT 説明書 コンパクトに改良 紹介患者用に編集.doc カルテNo. PET-CT 検 査 について 検 査 日 時 : 月 日 ( ) 時 分 ( 開 始 予 定 ) 絶 食 時 間 : 月 日 朝 食 抜 き 時 分 から 様 用 スムーズに 行 うために 検 査 時 間 の 45 分 前 迄 に 紹 介 患 者 様 窓 口 へお 越 し 下 さい ( 検 査 時 間 を 30 分 以 上 過 ぎると 検 査 ができなくなる 場 合 があります )

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

小豆島町にこにこプラン21小豆島町健康増進計画

小豆島町にこにこプラン21小豆島町健康増進計画 小 豆 島 町 にこにこプラン21 小 豆 島 町 食 育 推 進 基 本 計 画 ( 第 2 次 ) 小 豆 島 町 健 康 増 進 計 画 ( 第 2 次 ) 小 豆 島 町 目 次 第 1 章 計 画 策 定 にあたって 2 計 画 の 目 的 2 計 画 の 位 置 づけ 2 計 画 のイメージ 3 計 画 期 間 4 第 2 章 小 豆 島 町 の 食 と 健 康 をとりまく 状 況 5

More information

Taro-第1~4-2.jtd

Taro-第1~4-2.jtd 第 8 章 保 健 医 療 福 祉 ( 介 護 )の 総 合 的 な 取 組 の 促 進 第 1 節 保 健 医 療 福 祉 ( 介 護 )の 連 携 ( 現 状 及 び 課 題 ) 保 健 医 療 福 祉 は 相 互 に 密 接 に 関 わっており 医 療 連 携 体 制 の 構 築 にあ たっても 疾 病 の 予 防 特 定 健 診 特 定 保 健 指 導 各 種 の 相 談 治 療 リハビ リテーション

More information

02_10_01_fuikiban_hyoushi.ppt [互換モード]

02_10_01_fuikiban_hyoushi.ppt [互換モード] 大 阪 府 保 健 医 療 計 画 豊 能 能 勢 町 三 島 豊 能 町 茨 木 市 高 槻 市 島 本 町 池 田 市 箕 面 市 枚 方 市 北 河 内 大 阪 市 豊 中 市 大 阪 市 吹 田 市 摂 津 市 寝 屋 川 市 交 野 市 守 口 市 門 真 市 四 條 畷 市 大 東 市 東 大 阪 市 中 河 内 八 尾 市 堺 市 松 原 市 柏 原 市 藤 井 寺 市 泉 大 津 市

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082A082AB82BD814082AA82F1814082B382B382A688A482CC93FA32303131>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082A082AB82BD814082AA82F1814082B382B382A688A482CC93FA32303131> あきた がん ささえ 愛 の 日 (2011.6.18 ALVE) がん 何 でも 説 明 会 臓 がん くらみつ 内 科 クリニック 倉 光 智 之 http ://www.kuramitsu-clinic.com/ 臓 は 右 の 上 腹 部 にあり 肋 骨 で 守 られています 重 さが1.0kgから 1.5Kgあり 体 重 の 約 50 分 の1をしめる 大 きな 臓 器 です 病 気 になっても

More information

<計画策定にあたって>

<計画策定にあたって> 南 足 柄 市 特 定 健 康 診 査 特 定 保 健 指 導 実 施 計 画 ( 第 2 期 ) 南 足 柄 市 平 成 25 年 3 月 もくじ Ⅰ 計 画 の 概 要 1 計 画 を 策 定 するにあたって 1 (1) 背 景 と 趣 旨 (2) メタボリックシンドロームに 着 目 する 意 義 2 南 足 柄 市 の 概 要 3 (1) 人 口 (2) 老 年 人 口 率 (3) 死 亡

More information

健康徳島21表紙.indd

健康徳島21表紙.indd ご あ い さ つ 生 涯 にわたって 健 康 であることは すべての 人 の 願 いです そして 健 康 であるために は 自 分 の 健 康 は 自 分 で 守 る という 気 持 ちを 強 く 持 ち 一 人 ひとりが 健 康 への 関 心 を 高 め 主 体 的 に 取 り 組 むことが 重 要 です 近 我 が 国 においては 急 速 な 高 齢 化 とともに がんや 脳 卒 中 糖 尿

More information

第2次健康まつばら21

第2次健康まつばら21 けんこう 南 知 多 プラン( 第 2 期 )( 案 ) ~このまちで 夢 と 元 気 と 生 きがいづくり~ 平 成 27 年 3 月 南 知 多 町 目 次 第 1 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2. 計 画 の 位 置 づけと 期 間 3 3. 計 画 の 基 本 理 念 と 方 針 5 第 2 章 南 知 多 町 の 現 況 と 健

More information

第 2 部 各 論 1 糖 尿 病 に 関 する 柏 市 の 現 状 及 び 健 康 課 題 糖 尿 病 に 関 する 柏 市 の 現 状 から, 柏 市 の 健 康 課 題 を 抽 出 します 柏 市 の 現 状 データ 疾 病 の 指 摘 状 況 再 掲 図 4 成 人 の 疾 病 の 指 摘

第 2 部 各 論 1 糖 尿 病 に 関 する 柏 市 の 現 状 及 び 健 康 課 題 糖 尿 病 に 関 する 柏 市 の 現 状 から, 柏 市 の 健 康 課 題 を 抽 出 します 柏 市 の 現 状 データ 疾 病 の 指 摘 状 況 再 掲 図 4 成 人 の 疾 病 の 指 摘 7 糖 尿 病 生 活 習 慣 を 整 えて, 糖 尿 病 の 発 症 及 び 重 症 化 を 防 ぐまち ~ 生 活 習 慣 病 予 防 の 知 識 を 正 しく 身 につけ, 生 活 習 慣 の 改 善 により, 自 分 とまわりの 人 の 健 康 を 守 りましょう!~ 85 第 2 部 各 論 1 糖 尿 病 に 関 する 柏 市 の 現 状 及 び 健 康 課 題 糖 尿 病 に 関 する

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E>

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E> 第 5 節 糖 尿 病 の 医 療 体 制 1 現 状 (1) 罹 患 死 亡 の 状 況 北 海 道 では 糖 尿 病 が 強 く 疑 われる 者 は40~74 歳 の 男 性 で183,372 人 ( 14.8% ) 女 性 で98,903 人 (7.1%)で 合 計 282,275 人 と 推 計 され 糖 尿 病 の 可 能 性 が 否 定 で きない 者 は 男 性 で144,963 人

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ 第 4 部 施 策 の 展 開 1 妊 産 婦 乳 幼 児 への 保 健 対 策 の 充 実 < 現 状 と 課 題 > 地 域 で 母 子 が 安 心 して 生 活 するためには 妊 娠 出 産 産 後 における 地 域 での 切 れ 目 の ない 支 援 が 必 要 となります そのためには 医 療 機 関 行 政 NPO 関 係 団 体 等 が 密 接 に 関 わりながら 産 前 から の 相

More information

スライド 1

スライド 1 1. すい 臓 の 生 理 学 血 糖 値 を 下 げる 唯 一 のホルモン : インスリン すい 臓 から 分 泌 される すい 臓 の 働 き 消 化 液 の 分 泌 ホルモンの 分 泌 すい 臓 のホルモン 分 泌 に 関 わる 細 胞 の 集 まり 食 物 の 消 化 を 助 ける 血 糖 値 に 関 係 する ランゲルハンス 島 細 胞 の 名 称 分 泌 されるホルモン ホルモンの 役

More information

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73>

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 塩 竈 市 の 給 与 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 平 成 22 年 度 57,266 人 2,59,774 486,43 3,398,0 5.7% 6.2%

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 第 2 節 脳 卒 中 1. 現 状 と 課 題 (1) 脳 卒 中 の 発 症 状 況 脳 卒 中 ( 脳 血 管 疾 患 )とは 脳 の 血 管 に 血 栓 が 詰 まって 起 こる 脳 梗 塞 脳 の 細 い 血 管 が 破 れて 起 こる 脳 出 血 脳 の 血 管 にできたこぶ( 動 脈 瘤 )が 破 れること 等 によって 起 こる くも 膜 下 出 血 等 の 症 状 をあわせた 総

More information

平 成 25 年 度 第 2 回 区 政 モニターアンケート 調 査 報 告 書 糖 尿 病 についての 意 識 調 査 平 成 26 年 1 月 足 立 区 政 策 経 営 部 広 報 室 区 政 情 報 課 目 次 第 1 章 調 査 の 概 要 1 1 調 査 の 概 要 3 2 調 査 の 目 的 3 3 調 査 の 時 期 3 4 今 回 の 区 政 モニター 数 回 答 者 数 3 5

More information

文京区保健医療計画の構成と内容(案)

文京区保健医療計画の構成と内容(案) 資 料 第 1-1 号 ふみ みやこ 文 の 京 ハートフルプラン 文 京 区 地 域 福 祉 保 健 計 画 保 健 医 療 計 画 平 成 25 年 度 ~ 平 成 29 年 度 中 間 のまとめ ( 案 ) 表 紙 裏 目 次 第 1 章 計 画 の 改 定 にあたって... 1 1 計 画 改 定 の 背 景 趣 旨... 1 2 計 画 の 位 置 づけ... 2 3 計 画 の 構 成...

More information

目 次 第 1 章 計 画 策 定 にあたって 1 計 画 策 定 の 趣 旨 P1 2 計 画 の 位 置 づけ P2 3 計 画 の 基 本 理 念 P3 4 計 画 の 基 本 方 針 P3 5 計 画 の 特 色 P3 6 計 画 の 重 点 項 目 P3 7 計 画 の 期 間 と 進 行

目 次 第 1 章 計 画 策 定 にあたって 1 計 画 策 定 の 趣 旨 P1 2 計 画 の 位 置 づけ P2 3 計 画 の 基 本 理 念 P3 4 計 画 の 基 本 方 針 P3 5 計 画 の 特 色 P3 6 計 画 の 重 点 項 目 P3 7 計 画 の 期 間 と 進 行 蔵 王 町 健 康 増 進 計 画 ( 案 ) 健 康 ざおう21プラン 平 成 24 年 度 ~ 平 成 29 年 度 蔵 王 町 目 次 第 1 章 計 画 策 定 にあたって 1 計 画 策 定 の 趣 旨 P1 2 計 画 の 位 置 づけ P2 3 計 画 の 基 本 理 念 P3 4 計 画 の 基 本 方 針 P3 5 計 画 の 特 色 P3 6 計 画 の 重 点 項 目 P3 7

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63> 糖 尿 病 の 医 療 体 制 構 築 について 第 1 糖 尿 病 の 現 状 1 糖 尿 病 の 疫 学 状 況 糖 尿 病 は 血 液 中 のブドウ 糖 ( 血 糖 )が 過 剰 に 増 える 疾 病 で 血 糖 値 を 下 げるホルモンである インスリンの 不 足 により 主 に 幼 児 から 小 児 期 に 発 症 する1 型 糖 尿 病 と 過 食 運 動 不 足 肥 満 な どによりインスリンの

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

世 田 谷 区 将 来 人 口 の 推 計 26 年 2 月 世 田 谷 区 目 次 1 人 口 推 計 の 方 法 2 1.1 人 口 推 計 にあたり 2 1.2 推 計 方 法 3 2 世 田 谷 区 全 域 の 将 来 人 口 推 計 ( 日 本 人 のみ) 4 2.1 3つの 変 動 要 因 ( 出 生 死 亡 移 動 )の 将 来 値 設 定 4 2.2 総 人 口 と 男 女 別 人

More information

肝機能検査の基礎

肝機能検査の基礎 肝 機 能 検 査 の 基 礎 刈 谷 豊 田 総 合 病 院 臨 床 検 査 科 大 島 彩 肝 臓 の 特 徴 と 働 き 特 徴 人 体 の 代 謝 能 の 中 枢 大 きな 予 備 能 と 再 生 能 を 有 する ( 正 常 肝 の 場 合 6/7を 切 除 しても 肝 機 能 は 正 常 に 働 く!!) 働 き 1 代 謝 機 能 (グルコース アミノ 酸 脂 肪 酸 など) 2 胆

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

第 96 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 議 事 次 第 平 成 28 年 7 月 14 日 ( 木 ) 16 時 00 分 ~18 時 00 分 場 所 :ベ ル サ ー ル 半 蔵 門 ( 議 題 ) 1. 骨 太 2016 規 制 改 革 実 施 計 画 等 の 報 告 について 2. 骨 太 2016 経 済 財 政 再 生 計 画 改 革 工 程 表 の 指 摘 事

More information

Taro-4-1-4糖尿病(PDF用).jtd

Taro-4-1-4糖尿病(PDF用).jtd 4 糖 尿 病 現 状 と 課 題 ア 糖 尿 病 の 現 状 管 内 における 糖 尿 病 による 死 亡 数 は, 平 成 21 年 は8 人 ( 男 性 6 人, 女 性 2 人 )で, 死 亡 率 は, 男 性 は 全 国, 県 を 上 回 っていますが, 女 性 は 全 国, 県 を 下 回 っています 死 亡 率 のここ 数 年 の 年 次 推 移 をみると, 全 国 や 県 を 上 回

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

健康管理パンフ.indd

健康管理パンフ.indd 大 腸 が ん 大 腸 がんの 検 査 と 注 意 事 項 2 若 い 人 の 病 気 になりつつあります 気 づ い た と き に は 手 遅 れ だ っ た な ん て こ と を 予 防 す る た め に 子 宮 頸 が ん 検 診 を 受 け ま し ょ う! 20 ~ 30 歳 代 女 性 の 子 宮 頸 がん 患 率 死 亡 率 が 急 増 しています 20 ~ 30 歳 代 女 性

More information

< 議 事 > 議 事 に 入 る 出 席 委 員 は12 名 であり 過 半 数 に 達 しているため ここに 協 議 会 が 成 立 していることを 報 告 する 会 議 録 署 名 委 員 については 慣 例 により の 指 名 推 薦 としたい 各 委 員 異 議 なし 簗 田 委 員 鈴

< 議 事 > 議 事 に 入 る 出 席 委 員 は12 名 であり 過 半 数 に 達 しているため ここに 協 議 会 が 成 立 していることを 報 告 する 会 議 録 署 名 委 員 については 慣 例 により の 指 名 推 薦 としたい 各 委 員 異 議 なし 簗 田 委 員 鈴 平 成 24 年 度 第 2 回 会 津 若 松 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 会 議 録 1. 日 時 : 平 成 25 年 2 月 14 日 ( 木 ) 午 後 1 時 ~ 午 後 2 時 2. 場 所 : 會 津 稽 古 堂 研 修 室 第 1 3. 報 告 :(1) 第 2 期 会 津 若 松 市 特 定 健 康 診 査 等 実 施 計 画 の 策 定 について 4. 委

More information

PM2.5による健康影響

PM2.5による健康影響 中 国 におけるPM2.5に 関 する 説 明 相 談 会 PM2.5による 健 康 影 響 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 金 谷 久 美 子 kanatani.kumiko.2r@kyotou.ac.jp 1 本 日 の 内 容 1. どんな 疾 患 の 可 能 性?(15 分 ) 1. 過 去 の 事 例 から 2. 実 験 結 果 から 3. 疫 学 調 査 から 2. どんな

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

vol.54.pmd

vol.54.pmd 平 成 25 年 度 神 奈 川 県 立 がんセンター がん 臨 床 講 座 予 定 表 ( 毎 週 水 曜 日 18:30-19:30 管 理 医 局 棟 3 階 総 合 診 断 室 ) 日 付 曜 日 演 題 名 所 属 講 師 名 ( 敬 称 略 ) 平 成 25 年 4 月 17 日 水 病 理 診 断 の ABC 病 理 診 断 科 横 瀬 智 之 24 日 水 放 射 線 治 療 総 論

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203134303733305F8D918DDB938A904D938A8E918CDA96E2976C8BA493AF92B28DB88175836F8343834988E396F2956981765F66696E616C28574542292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203134303733305F8D918DDB938A904D938A8E918CDA96E2976C8BA493AF92B28DB88175836F8343834988E396F2956981765F66696E616C28574542292E646F6378> Press Release 2014 年 7 30 株 式 会 社 オールアバウト 国 際 投 信 投 資 顧 問 株 式 会 社 オールアバウト 国 際 投 信 投 資 顧 問 共 同 医 師 200 名 に 聞 く 医 薬 品 に 関 する 意 識 調 査 を 発 表 医 師 の 約 8 割 が 副 作 が 少 なく 安 全 性 の い バイオ 医 薬 品 に 期 待 薬 で 治 ると 考 える

More information

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1]

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1] 消 化 器 がんの 予 防 と 1.がん について 2. 消 化 器 がん 食 道 がん 胃 がん 大 腸 がん 肝 臓 がん 膵 臓 がん 3.がんを 予 防 する 4. 早 期 発 見 で 治 す 5. 個 別 化 予 防 滋 賀 県 立 成 人 病 センター 疾 病 介 護 予 防 推 進 室 水 田 和 彦 平 成 26 年 2 月 14 日 予 防 受 治 療 発 生 断 可 能 症 状

More information

鈴木隆雄委員資料

鈴木隆雄委員資料 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 58 回 ) 平 成 28 年 5 月 25 日 鈴 木 隆 雄 委 員 提 出 資 料 後 期 高 齢 者 の 保 健 事 業 のあり 方 に 関 する 研 究 (ポイント) 平 成 27 年 度 厚 生 労 働 科 学 研 究 特 別 研 究 ( 班 長 : 鈴 木 隆 雄 ( 国 立 長 寿 医 療 研 究 センター 理 事 長 特

More information

(Microsoft Word - 002\221\3461\217\315\201A\221\3462\217\315.doc)

(Microsoft Word - 002\221\3461\217\315\201A\221\3462\217\315.doc) 第 1 章 調 査 の 概 要 とまとめ 第 1 章 調 査 の 概 要 とまとめ 1 調 査 目 的 これからの 高 齢 者 の 健 康 づくりの 一 環 として 食 と 健 康 に 関 する 実 態 を 把 握 し 練 馬 区 の 介 護 予 防 施 策 を 検 討 する 基 礎 資 料 とすることを 目 的 とし 実 施 しました また 2 年 後 に 同 様 な 調 査 を 実 施 し 食

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

問 診 表 鎌 ケ 谷 総 合 病 院 健 康 管 理 センター 脳 ドック WEB 用 資 料 2/5 この 問 診 表 健 康 づくり 対 策 に 役 立 てることを 目 的 としております 秘 密 厳 守 たしますので 率 直 にお 答 えくださ ふりがな 氏 名 男 受 診 者 番 号 受

問 診 表 鎌 ケ 谷 総 合 病 院 健 康 管 理 センター 脳 ドック WEB 用 資 料 2/5 この 問 診 表 健 康 づくり 対 策 に 役 立 てることを 目 的 としております 秘 密 厳 守 たしますので 率 直 にお 答 えくださ ふりがな 氏 名 男 受 診 者 番 号 受 脳 ドック ご 案 内 書 鎌 ケ 谷 総 合 病 院 健 康 管 理 センター 脳 ドック WEB 用 資 料 1/5 ~ 脳 ドックをお 受 けになる 皆 様 へ~ この 度 人 間 ドッグのご 予 約 をただきありがとうござます 下 記 の 注 意 事 項 をお 読 みになって 指 定 された 時 間 に 遅 れなようご 来 院 くださ 1. 注 意 事 項 前 日 まで 1 2 食 事 前

More information

ヒートショックとは ヒートショックとは 温 度 の 急 激 な 変 化 で 血 圧 が 上 下 に 大 きく 変 動 する 等 によって 起 こる 健 康 被 害 ととらえ る 事 ができます 失 神 したり 心 筋 梗 塞 や 不 整 脈 脳 梗 塞 を 起 こす 事 があり 特 に 冬 場 に

ヒートショックとは ヒートショックとは 温 度 の 急 激 な 変 化 で 血 圧 が 上 下 に 大 きく 変 動 する 等 によって 起 こる 健 康 被 害 ととらえ る 事 ができます 失 神 したり 心 筋 梗 塞 や 不 整 脈 脳 梗 塞 を 起 こす 事 があり 特 に 冬 場 に 平 成 25 年 1 2 月 2 日 地 方 独 立 行 政 法 人 東 京 都 健 康 長 寿 医 療 センター 入 浴 中 に 急 死 する 高 齢 者 数 - 冬 場 は 夏 場 の 11 倍! 主 な 原 因 は 脱 衣 室 浴 室 等 の 温 度 低 下 による ヒートショック 冬 場 の 住 居 内 の 温 度 管 理 と 健 康 について 東 京 都 健 康 長 寿 医 療 センター

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

平 成 25 年 度 静 岡 県 における 高 齢 者 生 活 実 態 調 査 ( 第 2 期 ) 報 告 書 平 成 26 年 3 月 静 岡 県 健 康 福 祉 部 医 療 健 康 局 健 康 増 進 課 目 次 Ⅰ 調 査 概 要... 1 Ⅱ 回 答 者 属... 5 Ⅲ 調 査 結 果... 7 1 健 康 状 態 健 康 管 理 について... 7 2 運 動 習 慣 について...

More information

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 3 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 個 人 の 健

More information

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満)

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満) 第 12 回 代 謝 統 合 の 破 綻 ( 糖 尿 病 と 肥 満 ) 日 紫 喜 光 良 基 礎 生 化 学 講 義 2014.7.15 1 糖 尿 病 とは インスリンの 相 対 的 もしくは 絶 対 的 な 不 足 に 起 因 する 空 腹 時 の 血 糖 値 上 昇 で さまざまな 疾 患 からなる 症 候 群 2 図 25.1より 1 型 糖 尿 病 と2 型 糖 尿 病 1 型 糖 尿

More information

Microsoft PowerPoint - ■食生活調査2014・150303完成版_.pptx

Microsoft PowerPoint - ■食生活調査2014・150303完成版_.pptx 1 牛 乳 食 生 活 動 向 調 査 2014 改 めて 確 認 されたこと 新 しく 分 かったこと ~ 最 終 公 表 版 ~ 2015 年 3 月 3 日 目 次 3 P4 調 査 の 概 要 1. 牛 乳 飲 用 に 関 する 行 動 や 意 識 の 主 要 な 変 化 (2012~2014) P6 (1) 牛 乳 類 飲 用 ( 利 用 ) 頻 度 の 変 化 P7 (2) 牛 乳 を

More information

メイン・サブ記事一覧2

メイン・サブ記事一覧2 591 ガンの 三 大 療 法 ( 外 科 抗 ガン 剤 放 射 線 ) 後 遺 症 副 作 用 に 可 視 総 合 光 線 療 法 で 効 果 が 見 られた 症 例 いぼに 対 する 可 視 総 合 光 線 療 法 平 成 27 年 8 月 590 589 588 587 586 585 584 583 582 581 580 579 578 577 576 575 574 573 股 関 節

More information

( 案 ) 流 山 市 健 康 づくり 支 援 計 画 ( 健 康 増 進 計 画 食 育 推 進 計 画 歯 と 口 腔 の 健 康 づくり 推 進 計 画 母 子 保 健 計 画 ) 27 年 度 ~ 31 年 度 ( 第 1 期 計 画 ) みんな 笑 顔 でイキイキ 明 るい 健 康 づくり 27 年 3 月 流 山 市 目 次 はじめに 第 1 編 総 論 1 第 1 章 計 画 策 定

More information

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算 心 血 管 循 環 器 分 野 心 疾 患 入 院 患 者 総 数 1632 1979 2238 期 間 中 の 主 病 名 (I20~I52)の 退 院 患 者 数 心 疾 患 緊 急 入 院 患 者 総 数 416 469 498 上 記 のうち 予 定 されない 入 院 患 者 数 発 症 後 1 週 間 以 内 の 急 性 心 筋 梗 塞 入 院 患 者 数 ( 人 ) 90 75 98 上

More information