Microsoft Word - 826yamagishi.doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 826yamagishi.doc"

Transcription

1 文 教 大 学 情 報 学 部 社 会 調 査 ゼミナール 報 告 書 大 学 生 のストレス 状 況 2009 年 3 月 情 報 学 部 広 報 学 科 3 年 山 岸 さやか

2 第 1 章 研 究 の 概 要 1.1 研 究 の 背 景 と 目 的 研 究 の 方 法 (1) 進 歩 経 緯 (2) 調 査 の 概 要 1.3 成 果 の 概 要 (1) 主 な 結 果 4 (2)その 他 の 結 果 5 第 2 章 研 究 の 成 果 調 査 回 答 者 の 概 要 2.2 学 生 のストレス 状 況 7 (1) 全 体 のストレス 状 況 (2) 性 別 のストレス 状 況 (3) 学 年 別 ストレス 状 況 (4) 学 科 別 ストレス 状 況 (5) 血 液 型 別 ストレス 状 況 (6) 暮 らし 方 によるストレス 状 況 (7)ストレスの 原 因 2.3 ストレス 度 合 とイライラしやすさ 落 ち 込 みやすさ 11 (1)ストレス 度 合 とイライラしやすさ (2)ストレス 度 合 と 落 ち 込 みやすさ (3)イライラしやすさ 落 ち 込 みやすさと 健 康 状 態 (4)イライラしやすさ 落 ち 込 みやすさと 恋 愛 ストレス 2.4 理 解 してほしい 気 持 ち 15 (1) 理 解 願 望 と 非 公 開 日 記 頻 度 2.5 性 格 とイライラしやすさ 落 ち 込 みやすさ 15 (1) 感 情 的 性 格 とイライラしやすさ (2)イライラしやすさと 健 康 障 害 (3) 悲 観 的 性 格 と 落 ち 込 みやすさ 第 3 章 まとめと 今 後 の 課 題 18 参 考 文 献 19 単 純 集 計 結 果 20 1

3 第 1 章 研 究 の 概 要 1.1 研 究 の 背 景 と 目 的 現 代 の 日 本 は ストレス 社 会 と 言 われている 最 近 ではストレスと 戦 うチョコレートまでも が 発 売 された 実 際 にストレスが 原 因 でうつ 病 になるケースもある しかし うつ 病 になる 人 がいる 一 方 うつ 病 とは 無 縁 の 生 活 を 送 っている 人 もいる ストレスを 感 じやすい 人 と 感 じに くい 人 の 違 いとはなんなのか うつ 病 とストレスの 関 連 はあるのか そんなことを 疑 問 に 思 っ た 私 は 自 分 がストレスを 感 じやすいタイプだと 思 っている だから ストレスを 感 じると ラ イブに 行 ったり 音 楽 を 聴 いたり 友 人 とお 酒 を 飲 んでストレスを 解 消 しようとする 他 の 学 生 たちはどうやってストレスを 解 消 しているのか またストレスの 原 因 はなんなのかが 気 にな り 始 めた そこで 大 学 生 のストレスの 原 因 はなんなのか そして ストレスを 感 じたときにどうやっ て 解 消 しているのかを 調 べようと 思 い この 調 査 を 実 施 することにした 1.2 研 究 の 方 法 (1) 進 捗 経 緯 4~5 月 調 査 テーマ 討 論 6 月 調 査 テーマ 決 定 調 査 テーマ 具 体 化 7~8 月 ゼミ 討 論 調 査 票 作 成 9 月 最 終 討 論 10 月 調 査 票 完 成 学 内 での 調 査 実 施 回 収 集 計 11 月 単 純 集 計 結 果 報 告 12~3 月 報 告 書 作 成 (2) 調 査 の 概 要 a. 調 査 の 意 図 どれくらいの 学 生 がストレスを 感 じているのか 学 生 のストレスの 原 因 はなんなのか ストレスの 感 じ 方 に 性 差 はあるのか ストレスの 解 消 法 に 違 いはあるのか 2

4 b. 調 査 対 象 者 文 教 大 学 湘 南 キャンパス 学 生 (2 年 生 以 上 ) c. 調 査 方 法 授 業 時 間 内 に 配 布 回 収 d. 主 な 質 問 項 目 ストレスを 感 じる 度 合 イライラしやすい 度 合 落 ち 込 みやすい 度 合 アルバイトの 有 無 日 記 の 有 無 1 日 のメール 送 信 受 信 回 数 成 績 サークル 部 活 の 所 属 の 有 無 ストレス 解 消 法 睡 眠 時 間 音 楽 と 接 する 時 間 健 康 状 態 健 康 障 害 の 有 無 e. 発 送 数 ( 依 頼 数 )と 回 収 数 社 会 学 特 殊 講 義 B 回 収 数 71 コミュニケーション 論 B 回 収 数 38 計 配 布 数 111 有 効 票 109 無 効 票 2 3

5 1.3 成 果 の 概 要 (1) 主 な 成 果 (1)ストレス 状 況 図 ストレス 状 況 1. 男 性 n= 女 性 n= 全 体 n= % 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 1. 多 く 感 じている 2.やや 感 じている 3.あまり 感 じない 4.まったく 感 じな い 全 体 のストレス 状 況 と 男 女 のストレス 状 況 を 比 較 した 結 果 を 図 1-3-1に 示 す この 結 果 ストレスを 1. 多 く 感 じている 2.やや 感 じている を 合 わせて 男 性 で は 約 64% 女 性 では 約 75%の 人 がストレスを 感 じていることがわかった 有 意 差 があると はいえないが 男 性 に 比 べ 女 性 のほうがストレスを 感 じやすい 傾 向 が 理 解 できる 全 体 の 結 果 を 見 ると ストレスを 1. 多 く 感 じている 2.やや 感 じている を 合 わせ て 約 70%の 人 がなんらかのストレスを 感 じていることがわかった 学 生 の 約 70%がなん らかのストレスを 感 じていた (2) 落 ち 込 みやすさ イライラしやすさとストレス 落 ち 込 みやすさとイライラしやすさと 健 康 状 態 を 比 較 すると イライラしやすさのほうが 健 康 状 態 を 左 右 することがわかった また 落 ち 込 みやすさとイライラしやすさと 恋 愛 ストレス を 比 較 すると 落 ち 込 みやすさのほうが 恋 愛 ストレスに 強 く 効 いていた 落 ち 込 みやすさと 性 別 を 比 較 すると 女 性 のほうが 落 ち 込 みやすいことがわかった イライラしやすさと 性 別 には 差 がなかった (3) 悲 観 的 性 格 とストレス 度 合 自 分 が 悲 観 的 だと 思 う という 設 問 に 対 し 1.あてはまる 2.ややあてはまる と 回 答 した 人 を 性 格 悲 観 層 である 3.ややあてはまらない 4.あてはまらない と 回 答 し た 人 を 性 格 楽 観 層 とした そして この2つのグループごとにストレス 度 合 を 集 計 を 行 った 結 果 を 図 1-3-2に 示 す 4

6 図 悲 観 的 性 格 とストレス 度 合 (χ2 乗 :p=0.002) 1. 性 格 悲 観 層 n= 性 格 楽 観 層 n= % 20% 40% 60% 80% 100% 1.ストレス 多 感 2.ストレス 若 干 3.ストレス 無 感 性 格 悲 観 層 のうち 約 32%がストレス 多 感 であった これに 対 し 性 格 楽 観 層 では ス トレス 多 感 層 が 約 6%しかいなかった 性 格 悲 観 層 ほどストレスを 多 く 感 じているという 期 待 された 通 りの 結 果 が 出 た (2)その 他 の 成 果 人 に 自 分 のことを 理 解 してほしいと 思 う 人 ほど 非 公 開 の 日 記 を 書 く 頻 度 が 多 い ストレスを 感 じる 度 合 が 高 い 人 ほど 友 人 知 人 に 送 る1 日 あたりのメール 送 信 数 が 多 い B 型 が 最 もストレスを 感 じやすい [ 謝 辞 ] 本 研 究 においては 調 査 の 実 施 に 際 して 多 くの 学 生 諸 氏 から 回 答 をいただいた この 調 査 協 力 に 対 しては 心 から 御 礼 を 申 し 上 げる 次 第 である 調 査 票 を 作 成 するまでの 過 程 では ゼミの メンバーをはじめとして 多 くの 方 から 示 唆 を 頂 いた また 研 究 の 実 施 全 般 にたいしては 指 導 教 授 の 八 ッ 橋 先 生 から 様 々な 示 唆 を 頂 いた これらの 皆 さんに 対 して 改 めて 謝 意 を 表 しま す 5

7 第 2 章 研 究 の 成 果 2.1 調 査 回 答 者 の 概 要 文 教 大 学 湘 南 校 舎 の 社 会 学 特 殊 講 義 B と コミュニケーション 論 B の 授 業 時 に 調 査 票 を 配 布 し その 場 で 回 答 してもらい 回 収 した 回 答 票 数 は111 票 だが 無 効 票 が2 票 あり 有 効 回 答 数 は109 票 であった なお 回 答 標 本 は 無 作 為 抽 出 で 作 成 してはいないために 母 集 団 から 見 て 標 本 に 偏 りを 生 じる 可 能 性 がある そこで 回 答 者 の 分 布 を 表 2-1-1と 表 2-1-2で 確 認 しておく 表 2-1-1の 学 年 別 の 分 布 では 3 年 生 が 最 も 多 く 約 53% 次 いで 2 年 生 約 31% 4 年 生 約 16%という 結 果 になっている 調 査 をした 授 業 が1 年 生 対 象 のものではなかったため 1 年 生 は0%であった また 表 2-1-2の 性 別 の 分 布 では 男 性 55% 女 性 45%となってい る これらの 偏 りは 回 答 者 全 体 の 分 布 にはそれなりの 影 響 を 与 える 可 能 性 があり 解 釈 時 に は 注 意 が 必 要 である しかしクロス 主 計 やグループの 平 均 などの 層 化 を 行 った 集 計 では 影 響 は 限 定 されると 考 えられる 表 回 答 者 と 母 集 団 の 比 較 学 年 別 分 布 1 年 2 年 3 年 4 年 計 回 答 者 (0) (34) (58) (17) (109) 湘 南 キャン パス 学 生 (944) (910) (753) (789) (3396) ( 注 ) 母 集 団 は 湘 南 キャンパス 末 時 点 である 表 回 答 者 と 母 集 団 の 比 較 性 別 別 分 布 男 子 女 子 計 回 答 者 55.0 (60) 湘 南 キャンパス 学 生 52.1 (1770) 45.0 (49) 47.9 (1626) (109) (3396) ( 注 ) 母 集 団 は 湘 南 キャンパス 末 時 点 である 6

8 2.2 学 生 のストレス 状 況 (1) 全 体 のストレス 状 況 実 際 に 学 生 がどれほどストレスを 感 じているのかを 調 査 した その 結 果 が 以 下 である 図 学 生 のストレス 度 合 調 査 対 象 者 n= % 20% 40% 60% 80% 100% 1. 多 く 感 じている 2.やや 感 じている 3.あまり 感 じていない 4.まったく 感 じていない ストレスを 1. 多 く 感 じている 2.やや 感 じている を 合 わせて 約 70%の 人 がな んらかのストレスを 感 じていることがわかった 逆 に ストレスを 3.あまり 感 じていない 4.まったく 感 じていない を 合 わせて 約 30%の 人 がストレスを 感 じていなかった この 結 果 学 生 の 約 70%がなんらかのストレスを 感 じていることがわかった (2) 性 別 のストレス 状 況 図 性 別 とストレス 度 合 1. 男 性 n= 女 性 n= % 20% 40% 60% 80% 100% 1. 多 く 感 じている 2.やや 感 じている 3.あまり 感 じていない 4.まったく 感 じていない 性 別 にストレス 状 況 を 集 計 した 結 果 が 図 2-2-2である ストレスを 1. 多 く 感 じている 2.やや 感 じている を 合 わせて 男 性 では 約 64% 女 性 では 約 75%の 人 がストレスを 感 じていることがわかった 有 意 差 があるとはいえないが 男 性 に 比 べ 女 性 のほうがストレスを 感 じやすい 傾 向 が 理 解 できる 7

9 (3) 学 年 別 のストレス 状 況 図 学 年 とストレス 度 合 2.2 年 n= 年 n= 年 n= % 20% 40% 60% 80% 100% 1. 多 く 感 じている 2.やや 感 じている 3.あまり 感 じていない 4.まったく 感 じていない ストレス 状 況 を 学 年 別 に 集 計 した 結 果 が 図 2-2-3である ストレスを 1. 多 く 感 じている 2.やや 感 じている を 合 わせて 2 年 生 では 約 68% 3 年 生 では 約 71% 4 年 生 では 約 71%だった この 結 果 有 意 差 はなく 学 年 によるストレ ス 度 合 の 違 いはあまり 見 られなかった (4) 学 科 別 ストレス 状 況 図 学 科 とストレス 度 合 1. 多 く 感 じる 4.まったく 感 じない 広 報 学 科 n=74 経 営 情 報 学 科 n=24 情 報 システム 学 科 n=8 図 2-2-1に 示 すストレス 度 合 に 関 する 回 答 を 学 科 別 にグループ 化 して 学 科 ごとの 選 択 番 号 の 平 均 値 を 求 めたのが 図 2-2-4である 平 均 値 が 小 さいほどにストレスを 感 じる 度 合 が 高 く 大 きいほどにストレスを 感 じる 度 合 が 低 い このように 見 ると 広 報 学 科 が 最 もストレスを 感 じやすいことがわかった 次 いで 経 営 情 報 学 科 情 報 システム 学 科 という 結 果 だった 広 報 学 科 が 最 もストレスを 感 じやすい 理 由 とし て 広 報 学 科 は 女 性 が 多 いため このような 結 果 が 出 たと 推 測 される 8

10 (5) 血 液 型 別 ストレス 状 況 図 血 液 型 とストレス 度 合 1. 多 く 感 じる 4.まったく 感 じない A 型 B 型 0 型 に 血 液 型 別 にストレス 状 況 についての 平 均 値 を 求 めた 結 果 を 図 2-2-5で 示 す 次 この 結 果 B 型 がストレスを 最 も 感 じやすいことがわかった 次 いで A 型 O 型 という 結 果 になった これは B 型 が 血 液 型 性 格 診 断 で 自 己 中 心 的 などあまりよくないことが 言 われてい るからではないだろうか (6) 暮 らし 方 によるストレス 状 況 図 暮 らし 方 によるストレス 度 合 の 違 い 1.1 人 暮 らし n= 実 家 暮 らし n= % 20% 40% 60% 80% 100% 1. 多 く 感 じている 2.やや 感 じている 3.あまり 感 じていない 4.まったく 感 じていない 回 答 者 を1 人 暮 らしか 実 家 暮 らしかに 分 けて 回 答 を 集 計 した 結 果 を 図 2-2-6に 示 す ストレスを 1. 多 く 感 じている 2.やや 感 じている を 合 わせて 1 人 暮 らしでは 約 6 9% 実 家 暮 らしでは 約 73% その 他 では 約 57%だった 有 意 差 はないが 一 人 暮 らしのス トレスを 多 く 感 じているという 傾 向 が 見 られた 9

11 (7)ストレスの 原 因 ストレスを 1. 多 く 感 じている 2.やや 感 じている と 回 答 した74 名 にストレスの 原 因 について 聞 いた 私 はストレスの 原 因 が 人 間 関 係 や 大 学 関 係 に 潜 んでいるのではないかと 考 え ストレスの 原 因 として 以 下 の6つの 項 目 を 挙 げた それは 家 族 関 係 アルバイト 関 係 部 活 サークル 関 係 授 業 関 係 友 人 関 係 恋 愛 関 係 の6つである 設 問 では A. 家 族 関 係 B.アルバイト 関 係 など6 項 目 について ストレスの 原 因 となる 可 能 性 を 1.よくある ~ 4.まったくない までの4 段 階 で 回 答 を 求 めている そして ストレス 度 合 の 平 均 値 を 求 めた この 結 果 を 図 2-2-7に 示 す 図 ストレスの 原 因 (n=74) 授 業 関 係 友 人 関 係 アルバイト 関 係 恋 愛 関 係 家 族 関 係 サークル 部 活 関 係 1.よくある 4.まったくない この 結 果 学 生 のストレスの 原 因 の 第 一 位 は 授 業 関 係 だった 第 二 位 は 友 人 関 係 第 三 位 は アルバイト 関 係 であった 四 位 以 下 は 恋 愛 関 係 家 族 関 係 部 活 サークル 関 係 の 順 だっ た 私 の 予 想 では 学 生 は 友 人 関 係 やアルバイト 関 係 で 悩 んでいるのではないかと 思 っていたが 授 業 関 係 で 最 も 悩 んでいることがわかった 10

12 2.3 ストレス 度 合 とイライラしやすさ 落 ち 込 みやすさ ストレスとはイライラしやすさと 落 ち 込 みやすさによって 構 成 されているとの 仮 説 を 立 て たが その 仮 説 の 有 効 性 を 以 下 で 確 認 する (1)ストレス 度 合 とイライラしやすさ ストレスを 感 じることが 多 いかと 否 か という 設 問 で 1. 多 く 感 じている と 回 答 した 人 をストレス 多 感 層 とした また 2.やや 感 じている と 回 答 した 人 をストレス 若 干 層 3. あまり 感 じていない 4.まったく 感 じていない と 回 答 した 人 をストレス 無 感 層 とした 次 に イライラしやすいタイプか 否 か を 選 択 肢 1.イライラする 2.ややイライラす る 3.ほとんどイライラしない の 回 答 で 調 査 しており ストレス 度 合 のグループ 別 にイラ イラ 度 合 を 集 計 した その 結 果 を 図 2-3-1に 示 す 図 ストレス 度 合 別 のイライラしやすさ(χ2 乗 :p=0.001) ストレス 多 感 層 n= ストレス 若 干 層 n= ストレス 無 感 層 n= % 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 1.イライラする 2.ややイライラする 3.ほとんどイライラしない ストレス 多 感 層 の50%が イライラするタイプか という 設 問 に 対 し 1.イライラす る と 回 答 していた そして このグループの40%が 2.ややイライラする と 回 答 し ていた 3.ほとんどイライラしない はわずか10%しかいなかった ストレス 若 干 層 では 1.イライラする が 約 20% 2.ややイライラする が 約 4 4% 3.ほとんどイライラしない が 約 35%だった ストレス 無 感 層 では 1.イライラする が 約 9% 2.ややイライラする が 約 30% 3.ほとんどイライラしない が 約 61%だった この 結 果 ストレス 度 合 が 上 がるにつれて イライラ 度 合 が 増 す 傾 向 が 強 いことがわかっ た 11

13 (2)ストレス 度 合 と 落 ち 込 みやすさ 図 ストレス 度 合 別 の 落 ち 込 みやすさ(χ2 乗 :p=0.001) ストレス 多 感 層 n= ストレス 若 干 層 n= ストレス 無 感 層 n= % 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 1. 落 ち 込 みやすい 2.やや 落 ち 込 みやすい 3.ほとんど 落 ち 込 まない 次 に 落 ち 込 みやすいか 否 か を 選 択 肢 1. 落 ち 込 みやすい 2.やや 落 ち 込 みや すい 3.ほとんど 落 ち 込 まない の 回 答 で 調 査 しており ストレス 度 合 のグループ 側 に 落 ち 込 み 度 合 を 集 計 した その 結 果 を 図 2-3-2に 示 す ストレスを 多 感 層 では 落 ち 込 みやすい が 約 68% やや 落 ち 込 みやすい が 約 2 6% あまり 落 ち 込 まない が 約 5%だった ストレス 若 干 層 では 落 ち 込 みやすい が 約 28% やや 落 ち 込 みやすい が 約 41% あまり 落 ち 込 まない が 約 32%だった ストレス 無 感 層 では 落 ち 込 みやすい が 約 9% やや 落 ち 込 みやすい が 約 27% あ まり 落 ち 込 まない が 約 64%だった この 結 果 ストレス 度 合 が 上 がるにつれて 落 ち 込 み 度 合 も 増 す 傾 向 が 強 いことがわかった 以 上 の(1)と(2)から ストレス 度 合 がイライラ 度 合 や 落 ち 込 み 度 合 によって 表 される 可 能 性 が 高 いことがわかる (3)イライラしやすさ 落 ち 込 みやすさと 健 康 状 態 調 査 では 回 答 者 の 健 康 状 態 を 聞 いている この 回 答 をイライラ 度 の3グループ 毎 に 集 計 した 結 果 を 図 2-2-3に 示 す イライラ 度 大 の 人 では 自 分 が 1. 健 康 である と 回 答 した 人 が 約 4%だった これに 対 し イライラ 度 中 の 人 では 19% イライラ 度 小 の 人 では 約 28%だった この 結 果 イ ライラ 度 合 が 高 まるにつれて 健 康 度 合 が 低 くなっていることがわかった 12

14 図 イライラしやすさと 健 康 状 態 (χ2 乗 :p=0.015) 1.イライラ 度 大 n= イライラ 度 中 n= イライラ 度 小 n= % 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 1. 健 康 である 2.やや 健 康 である 3. 不 健 康 である 上 記 の 図 2-3-3と 同 様 の 集 計 を 落 ち 込 み 度 の3グループ 毎 に 集 計 した 結 果 を 図 に 示 す 図 落 ち 込 みやすさと 健 康 状 態 (χ2 乗 :p=0.027) 1. 落 ち 込 み 度 大 n= 落 ち 込 み 度 中 n= 落 ち 込 み 度 小 n= % 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 1. 健 康 である 2.やや 健 康 である 3. 不 健 康 である 落 ち 込 み 度 大 の 人 で 自 分 が 不 健 康 であると 回 答 した 人 は 約 61%だった これに 対 し 落 ち 込 み 度 中 の 人 は 約 29% 落 ち 込 み 度 小 の 人 では 約 36%だった この 結 果 落 ち 込 み 度 大 の 人 は 落 ち 込 み 度 中 小 の 人 に 比 べて 健 康 度 合 が 低 くなっていることがわかった この 二 つの 結 果 イライラ 度 合 の 方 が 強 く 健 康 度 合 を 左 右 することがわかった (4)イライラしやすさ 落 ち 込 みやすさと 恋 愛 ストレス 調 査 では 回 答 者 のストレスの 原 因 を 聞 いている 恋 愛 関 係 がストレスの 原 因 である と いう 設 問 に 対 する 当 てはまり 度 合 をイライラ 度 の3グループ 毎 に 集 計 した 結 果 を 図 に 示 す イライラ 度 大 の 人 で 恋 愛 関 係 に 1.ストレスを 感 じる と 回 答 した 人 は 約 38%だっ た これに 対 しイライラ 度 中 小 の 人 で 1.ストレスを 感 じる と 回 答 した 人 は ともに1 0%だった この 結 果 イライラしやすい 人 ほど 恋 愛 にストレスを 感 じやすいことがわかった 13

15 図 イライラしやすさと 恋 愛 ストレス 1.イライラ 度 大 n= イライラ 度 中 n= イライラ 度 小 n= % 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 1.ストレスを 感 じる 2.ややストレスを 感 じる 3.ストレスをあまり 感 じない 4.まった く 感 じない 恋 愛 関 係 がストレスの 原 因 である という 設 問 に 対 する 当 てはまり 度 合 を 落 ち 込 み 度 の3 グループ 毎 に 集 計 した 結 果 を 図 2-3-6に 示 す 図 落 ち 込 みやすさと 恋 愛 ストレス(χ2 乗 :p=0.040) 1. 落 ち 込 み 度 大 n= 落 ち 込 み 度 中 n= 落 ち 込 み 度 小 n= % 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 1.ストレスを 感 じる 2.ややストレスを 感 じる 3.ストレスをあまり 感 じない 4.まった く 感 じない 落 ち 込 み 度 大 の 人 で 恋 愛 関 係 に 1.ストレスを 感 じる と 回 答 した 人 は 約 32%だっ た これに 対 し 落 ち 込 み 度 中 の 人 で 1.ストレスを 感 じる と 回 答 した 人 は 12%だっ た 落 ち 込 み 度 小 の 人 では 1.ストレスを 感 じる と 回 答 した 人 は 約 6%だった この 結 果 落 ち 込 みやすい 人 ほど 恋 愛 にストレスを 感 じやすいことが 分 かった 恋 愛 ストレスはイライラしやすさと 比 べて 落 ち 込 みやすさに 強 く 関 与 していることがわか った 14

16 2.4 理 解 してほしい 気 持 ち (1) 理 解 願 望 と 非 公 開 日 記 頻 度 調 査 では 人 に 自 分 のことお 理 解 してほしいかどうか を 聞 いている 日 記 をつけてい るか という 設 問 で 1.Web 上 で 公 開 している 日 記 2. 非 公 開 の 日 記 3.Web 上 で 公 開 しているものと 非 公 開 のもの 両 方 を 選 択 した 人 に 非 公 開 日 記 を 書 いている 回 数 を 聞 いた 人 に 自 分 のことお 理 解 してほしいかどうか と 非 公 開 日 記 を 書 く 頻 度 でクロス 集 計 を 行 った 人 に 自 分 のことお 理 解 してほしいかどうか という 設 問 で 1. 理 解 してほ しい 2.やや 理 解 してほしい を 選 んだ 人 ( 他 者 に 自 分 を 理 解 してほしいと 考 える 人 ) を 他 者 依 存 型 3 あまり 理 解 してほしいと 思 わない 4. 全 く 理 解 してほしいと 思 わ ない を 選 んだ 人 ( 理 解 してほしいと 考 えない 人 )を 自 立 型 とした この 結 果 を 図 に 示 す 図 理 解 願 望 と 非 公 開 日 記 頻 度 他 者 依 存 型 n= 自 立 型 n= % 20% 40% 60% 80% 100% 1.1 日 に1 回 以 上 2.1 週 間 に1 回 以 下 3.1ヶ 月 に1 回 以 下 4.まったく 書 かない 自 分 を 人 に 理 解 してほしいと 望 む 層 は 非 公 開 日 記 を 書 く 頻 度 が1 日 1 回 以 上 の 人 が 約 1 9%いた しかし 人 に 理 解 してほしいと 望 まない 層 ではいなかった この 結 果 自 分 を 理 解 してほしいと 望 む 層 ほど 非 公 開 日 記 を 書 く 頻 度 が 多 いことがわかった 2.5 性 格 とイライラしやすさ 落 ち 込 みやすさ (1) 感 情 的 性 格 とイライラしやすさ 感 情 的 になりやすいか 否 か という 設 問 に 対 し 1.あてはまる 2.ややあてはまる と 回 答 した 人 を 感 情 的 になりやすい 3.ややあてはまらない 4.あてはまらない と 回 答 した 人 を 冷 静 であるとした イライラしやすいタイプか 否 か という 設 問 と 感 情 的 になり やすいか 否 か という 設 問 をクロス 集 計 した 結 果 を 図 2-5-1に 示 す 15

17 図 感 情 的 性 格 とイライラしやすさ(χ2 乗 :p=0.004) 1. 感 情 的 になりやすい n= 冷 静 である n= % 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 1.イライラ 度 大 2.イライラ 度 中 3.イライラ 度 小 感 情 的 になりやすい 人 のうち イライラ 度 大 の 人 は 約 29%だった これに 対 し 感 情 的 になりにくい 人 で イライラ 度 大 の 人 は 約 15%だった 自 分 が 感 情 的 になりやすいと 感 じている 人 ほどイライラしやすいという 期 待 された 通 りの 結 果 が 出 た (2)イライラしやすさと 健 康 障 害 図 健 康 障 害 とイライラしやすさ 比 率 % 憂 鬱 な 気 分 になる 11.あらゆることに 興 味 がない 3. 関 節 痛 13. 特 になし 7.めまい 6. 食 欲 減 退 1. 頭 痛 9. 胃 に 不 快 感 を 感 じる 5. 肩 こり 2.あまり 眠 れない 12. 自 分 を 強 く 責 め る 8. 耳 鳴 り 最 近 イライラ 度 大 n=10 最 近 イライラ 度 中 n=39 最 近 イライラ 度 小 n=13 4. 腰 痛 2.3(1)で 述 べた イライラしやすいタイプか 否 か の 設 問 で 1.イライラする 2.ややイライラする と 答 えた 人 に 最 近 はイライラすることが 多 いか 否 か を 聞 いてい る その 回 答 で 最 近 イライラすることが 1. 多 い と 回 答 したグループを 最 近 イライラ 度 16

18 大 2.やや 多 い を 最 近 イライラ 度 中 3.あまりない 4.まったくない を 最 近 イ ライラ 度 小 とした 次 に 同 じ 回 答 者 に イライラ 状 態 で 起 こる 症 状 を 複 数 回 答 で 聞 いている この 症 状 の 集 計 を 最 近 イライラ 度 大 中 小 の3つのグループ 毎 に 行 った 結 果 を 図 2-5-2で 示 す ここで 挙 げた 症 状 はうつ 状 態 のときに 出 やすい 健 康 障 害 である この 結 果 10. 憂 鬱 な 気 分 になる という 健 康 障 害 がイライラしやすさに 関 係 なく 表 れていた 11.あらゆるこ とに 興 味 がない という 人 がイライラ 度 大 の 人 では 50%いるのに 対 し イライラ 度 中 では 約 28% イライラ 度 小 では 約 23%だった 8. 耳 鳴 り では イライラ 度 大 の 人 では 約 40% イライラ 度 中 では 約 5% イライラ 度 小 では 約 8%と 大 きな 差 が 出 た イライラし やすい 度 合 が 高 い 人 ほど 耳 鳴 り あまり 眠 れない 肩 こりなどの 健 康 障 害 が 発 生 しやすいこ とがわかった (3) 悲 観 的 性 格 と 落 ち 込 みやすさ 図 悲 観 的 な 人 と 落 ち 込 みやすさ(χ2 乗 :p=0.000) 1. 性 格 悲 観 層 n= 性 格 楽 観 層 n= % 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 1. 落 ち 込 み 度 大 2. 落 ち 込 み 度 中 3. 落 ち 込 み 度 小 自 分 が 悲 観 的 だと 思 う という 設 問 に 対 し 1.あてはまる 2.ややあてはまる と 回 答 した 人 を 性 格 悲 観 層 である 3.ややあてはまらない 4.あてはまらない と 回 答 した 人 を 性 格 楽 観 層 とした 性 格 悲 観 層 のうち 約 53%が 落 ち 込 み 度 大 であった これに 対 し 性 格 楽 観 層 では 落 ち 込 み 度 大 が 約 6%しかいなかった この 結 果 から 自 分 が 悲 観 的 だと 感 じている 人 ほど 落 ち 込 みやすいことがわかった 17

19 第 3 章 まとめと 今 後 の 課 題 調 査 の 結 果 約 70%の 学 生 がなんらかのストレスを 感 じていることがわかった ストレス の 原 因 としては 学 生 らしく 授 業 関 係 が 第 一 位 のストレス 原 因 となっていた 次 いで 友 人 関 係 アルバイト 関 係 と 学 生 生 活 とはきってもきれないような 事 柄 が 挙 げられていた ストレスにはイライラ 状 態 と 落 ち 込 み 状 態 の 二 つがあるという 仮 説 を 立 てた 実 際 に 検 証 し てみると ストレスとイライラ 落 ち 込 み 状 態 には 関 係 があることがわかった ストレス 度 合 が 上 がるにつれて イライラ 落 ち 込 み 度 合 も 上 がるという 結 果 になった そして 健 康 状 態 の 面 でもストレス 度 合 とイライラ 落 ち 込 み 状 態 の 程 度 で 差 が 出 た また 落 ち 込 みやすいのは 女 性 だということもわかった まず イライラと 健 康 状 態 の 関 係 だが 健 康 状 態 が 良 いと 答 えている 人 は イライラする 度 合 が 低 い 人 ほど 多 いという 結 果 になった これは ストレス 度 合 落 ち 込 みやすさでも 同 じ 結 果 が 出 ていた やはりストレスと 健 康 状 態 には 関 係 があるようだ 次 に 性 格 との 比 較 を 行 った 最 も 差 がでたのは 自 分 の 性 格 が 悲 観 的 であると 考 えている 人 だ った 自 分 が 悲 観 的 であると 考 えている 人 ほど 落 ち 込 みやすくストレスも 多 く 感 じていた 私 は 当 初 自 分 を 理 解 してほしいという 気 持 ちが 強 い 人 ほどWeb などで 公 開 している 日 記 を 書 く 頻 度 が 高 いと 考 えていた しかし 実 際 は 非 公 開 日 記 を 書 く 頻 度 のほうが 高 かった この 理 由 を 性 格 ストレス 落 ち 込 み イライラ 度 合 とも 比 較 したが 有 意 差 は 出 なかった ここ からは 私 の 推 測 でしかないが 自 分 を 理 解 してほしいとは 思 っているものの 悩 みをWeb などで 公 開 するような 日 記 には 書 かないから 非 公 開 日 記 を 書 く 頻 度 のほうが 多 くなったのではない かと 思 った また ストレスを 感 じている 人 ほど 友 人 知 人 へのメール 送 信 回 数 が 多 いこともわかった これは Web 上 の 日 記 には 書 けないことを 友 人 知 人 へのメールで 悩 みを 相 談 しているからな のではないか 今 後 の 課 題 として 余 計 な 付 問 が 多 かった 最 近 のイライラ 度 合 や 落 ち 込 み 度 合 を 聞 く 設 問 で 全 員 に 回 答 してもらうようにすればもっと 違 う 結 果 になったかもしれない 問 16では 3.ややあてはまらない を4に 4.あてはまらない を5にしてしまう など 単 純 なミスがあり もっと 調 査 票 に 気 を 使 わなければならないと 感 じた 今 後 調 査 票 を 作 る 機 会 があればこのような 点 に 注 意 し 満 足 の 行 く 調 査 票 を 作 りたいと 思 う 18

20 参 考 文 献 日 本 人 のストレス 実 態 調 査 委 員 会 編 著 データブックNHK 現 代 日 本 人 のストレス NH K 出 版 矢 幡 洋 うつ になる3つの 性 格 こんなあなたがなりやすい ( 株 ) 学 陽 書 房 詫 摩 武 俊 鈴 木 乙 史 清 水 弘 司 松 井 豊 性 格 と 対 人 関 係 プレーン 出 版 ライフサポートサークル 青 年 期 思 春 期 ストレスから 起 こる 問 題 ストレスケア.com 影 山 任 佐 心 の 病 と 精 神 医 学 株 式 会 社 ナツメ 社 八 田 武 志 三 戸 秀 樹 中 追 勝 田 尾 雅 夫 ストレスとつきあう 法 株 式 会 社 有 斐 閣 うつ 病 の 症 状 うつ 病 になりやすい 性 格 うつ 病 の 症 状 ストレス10 思 考 パターンをチェック 笑 うことでストレス 解 消

21 ストレスに 関 する 調 査 情 報 学 部 広 報 学 科 八 ツ 橋 ゼミ 山 岸 さやか 問 1 あなたは 日 記 をつけていますか ( は1つ) n=109 1.Web 上 で 公 開 している 日 記 非 公 開 の 日 記 Web 上 で 公 開 しているものと 非 公 開 のもの 両 方 日 記 をつけていない 47.7 問 2へ 5. 無 回 答 0.9 付 問 1 あなたは Web 上 で 公 開 している 日 記 をどのくらいの 頻 度 で 書 きますか ( は1つ)n= 日 1 回 日 2 回 以 上 日 に 1 回 週 間 に 1 回 ヶ 月 に 1 回 ほとんど 書 かない まったく 書 かない 16.1 付 問 2 あなたは 非 公 開 の 日 記 をどのくらいの 頻 度 で 書 きますか ( は1つ) n= 日 1 回 日 2 回 以 上 日 に 1 回 週 間 に 1 回 ヶ 月 に 1 回 ほとんど 書 かない まったく 書 かない 無 回 答 1.8 問 2 あなたは1 日 にどれくらい 友 人 知 人 にメールを 送 信 しますか ( は1つ) n= ~3 通 ~6 通 ~9 通 通 以 上 送 信 しない 8.3 問 3 あなたは1 日 にどれくらい 友 人 知 人 のメールを 受 信 しますか ( は1つ)n= ~5 通 ~10 通 ~15 通 ~20 通 通 以 上 受 信 しない 6.4 問 4 あなたの 春 学 期 の 成 績 は 良 いほうだと 思 いますか ( は1つ) n=109 1.そう 思 う ややそう 思 う どちらともいえない あまりそう 思 わない そう 思 わない 21.1 問 5 あなたは 週 に 何 時 間 ぐらいアルバイトをしていますか ( は1つ)n= 時 間 未 満 ~20 時 間 未 満 ~30 時 間 未 満 ~40 時 間 未 満 時 間 以 上 アルハ イトをしていない 32.1 付 問 1 あなたは 平 日 どの 時 間 帯 にアルバイトをしていることが 多 いですか ( は1つ) n=73 1. 早 朝 昼 間 夕 方 深 夜 無 回 答 6.8 問 6 あなたの 健 康 状 態 は 良 いほうだと 思 いますか ( は1つ)n= 良 い やや 良 い あまり 良 くない 良 くない 無 回 答 1.8

22 問 7 悩 んだとき 相 談 にのってくれる 人 は 何 人 いますか ( は1つ)n= 人 人 人 ~5 人 人 以 上 誰 もいない 8.3 問 8 あなたは 人 に 自 分 のことを 理 解 してもらいたいと 思 いますか ( は1つ)n=109 1.そう 思 う ややそう 思 う どちらともいえない あまりそう 思 わない まったく 思 わない 8.3 問 9 あなたは 定 期 的 に 運 動 をしていますか ( は1つ)n=109 1.している していない 72.5 問 10 あなたはサークルや 部 活 に 所 属 していますか ( は1つ)n=109 1.している していない 50.5 問 11へ 付 問 1 あなたのサークルや 部 活 での 立 場 は 何 ですか ( は1つ) n=55 1. 部 長 や 代 表 副 部 長 や 副 代 表 会 計 役 職 はない その 他 49.5 問 11 あなたは1 日 平 均 どれくらい 睡 眠 時 間 をとっていますか ( は1つ)n= 時 間 未 満 時 間 台 時 間 台 時 間 台 時 間 台 時 間 台 時 間 以 上 12.8 問 12 あなたは1 日 に 何 時 間 ぐらい 音 楽 と 接 しますか ( は1つ) n= 時 間 未 満 ~2 時 間 未 満 ~3 時 間 未 満 ~4 時 間 未 満 ~5 時 間 未 満 ~6 時 間 未 満 時 間 以 上 11.0 問 13 最 近 はストレスを 感 じることが 多 いですか ( は1つ)n= 多 く 感 じてる やや 感 じている あまり 感 じていない 23.9 問 14へ 4.まったく 感 じていない 6.5 問 14へ 付 問 1 あなたのストレスの 原 因 はなんですか ( は1つ) n=75 1.よくある 2.ときどき 3.あまりない 4.まったくな 5. 無 回 答 ある い A. 家 族 関 係 B.アルバイト 関 係 C. 部 活 サークル 関 係 D. 授 業 関 係 E. 友 人 関 係 F. 恋 愛 関 係

23 問 14 あなたはイライラしやすいタイプだと 思 いますか ( は1つ) n=109 1.そう 思 う ややそう 思 う あまりそう 思 わない 22.9 問 15へ 4.まったく 思 わない 15.6 問 15へ 5. 無 回 答 0.9 付 問 1 最 近 はイライラすることが 多 いですか ( は1つ)n=66 1. 多 い やや 多 い あまりない まったくない 3.0 付 問 2 イライラしたときに 下 記 のいずれかの 症 状 が 起 こりますか (あてはまるすべてに )n=66 1. 頭 痛 あまり 眠 れない 関 節 痛 腰 痛 肩 こり 食 欲 減 退 めまい 耳 鳴 り 胃 に 不 快 感 を 感 じる 憂 鬱 な 気 分 になる あらゆることに 興 味 がない 自 分 を 強 く 責 める 特 になし 無 回 答 3.0 付 問 3 イライラ 状 態 にあるとき 下 記 のどれかを 解 消 策 として 行 うことはありますか (あてはまるすべてに ) n=65 1. 会 話 をする 食 事 をする お 酒 を 飲 む( 複 数 人 ) 笑 う ライブに 行 く カラオケに 行 く( 複 数 人 ) 旅 行 に 行 く( 複 数 人 ) 買 い 物 寝 る タバコを 吸 う 散 歩 をする ドライブをする ギャンブル 一 人 カラオケ 一 人 酒 一 人 旅 音 楽 を 聴 く 動 物 と 触 れ 合 う 読 書 運 動 をする 泣 く 映 画 を 観 る 特 になし 無 回 答 1.5 問 15 あなたは 落 ち 込 みやすいタイプだと 思 いますか ( は1つ)n=109 1.そう 思 う ややそう 思 う あまりそう 思 わない 23.9 問 16へ 4.まったく 思 わない 12.8 問 16へ 5. 無 回 答 1.8 付 問 1 最 近 は 落 ち 込 むことが 多 いですか ( は1つ)n=67 1. 多 い やや 多 い あまりない まったくない 1.5 付 問 2 落 ち 込 み 状 態 にあるときに 下 記 のいずれかの 症 状 が 起 こりますか (あてはまるすべてに ) n=65 1. 頭 痛 あまり 眠 れない 関 節 痛 腰 痛 肩 こり 食 欲 減 退 めまい 耳 鳴 り 胃 に 不 快 感 を 感 じる 憂 鬱 な 気 分 になる あらゆることに 興 味 がない 自 分 を 強 く 責 める 気 分 の 落 ち 込 みが 続 いている 特 になし 3.1 付 問 3 落 ち 込 み 状 態 にあるとき 下 記 のどれかを 解 消 策 として 行 うことがありますか 22

24 (あてはまるすべてに ) n=67 1. 会 話 をする 食 事 をする お 酒 を 飲 む( 複 数 人 ) 笑 う ライブに 行 く カラオケに 行 く( 複 数 人 ) 旅 行 に 行 く( 複 数 人 ) 買 い 物 寝 る タバコを 吸 う 散 歩 をする ドライブをする ギャンブル 一 人 カラオケ 一 人 酒 一 人 旅 音 楽 を 聴 く 動 物 と 触 れ 合 う 読 書 運 動 をする 泣 く 映 画 を 観 る 特 になし 無 回 答 1.5 問 16 あなたの 性 格 について 教 えてください ( はそれぞれ1つ) n=109 1.あてはまる 2.ややあて 3.ややあて 4.あまりあ 5. 無 回 答 はまる はまらない てはまらな い A. 一 人 でいるのが 好 き B. 責 任 感 が 強 い C. 真 面 目 である D. 他 人 にノーが 言 えない E. 周 囲 の 意 見 に 流 されや すい F. 悲 観 的 である G. 明 るい H. 冷 静 である I. 感 情 的 になりやすい J. 完 璧 主 義 者 だ 最 後 にあなた 自 身 について 伺 います F1 あなたの 性 別 を 教 えてください n= 男 性 女 性 45.0 F2 あなたの 学 年 を 教 えてください n= 年 次 年 次 年 次 年 次 15.6 F3 学 科 n= 広 報 学 科 経 営 情 報 学 科 情 報 システム 学 科 国 際 コミュニケーション 学 科 0 5. 国 際 関 係 学 科 健 康 栄 養 学 科 0 F4 あなたの 血 液 型 を 教 えてください n=109 1.A 型 B 型 O 型 AB 型 不 明 4.6 F5 世 帯 状 況 n= 一 人 暮 らし 実 家 暮 らし その 他 6.4 以 上 で 調 査 は 終 了 です ご 協 力 ありがとうございました 23

平 成 27 年 度 大 学 生 の 食 生 活 等 生 活 習 慣 調 査 結 果 1 目 的 平 成 25 年 3 月 に 策 定 された 健 康 日 本 21あいち 新 計 画 の 栄 養 食 生 活 分 野 の 目 標 項 目 では 2~6 歳 代 の 肥 満 者 の 割 合 と2~3 歳

平 成 27 年 度 大 学 生 の 食 生 活 等 生 活 習 慣 調 査 結 果 1 目 的 平 成 25 年 3 月 に 策 定 された 健 康 日 本 21あいち 新 計 画 の 栄 養 食 生 活 分 野 の 目 標 項 目 では 2~6 歳 代 の 肥 満 者 の 割 合 と2~3 歳 平 成 27 年 度 大 学 生 の 食 生 活 等 生 活 習 慣 調 査 結 果 平 成 27 年 12 月 愛 知 県 健 康 福 祉 部 保 健 医 療 局 健 康 対 策 課 平 成 27 年 度 大 学 生 の 食 生 活 等 生 活 習 慣 調 査 結 果 1 目 的 平 成 25 年 3 月 に 策 定 された 健 康 日 本 21あいち 新 計 画 の 栄 養 食 生 活 分 野

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

私 達 が 調 査 手 法 を 研 究 した 背 景 リクルートワークス 研 究 所 ワーキングパーソン 調 査 (2000 年 ~ 隔 年 実 施 ) 首 都 圏 在 住 の18~59 歳 で 働 く 個 人 6,500 人 ( )を 対 象 に 就 業 実 態 意 識 を 調 査 調 査 実 施

私 達 が 調 査 手 法 を 研 究 した 背 景 リクルートワークス 研 究 所 ワーキングパーソン 調 査 (2000 年 ~ 隔 年 実 施 ) 首 都 圏 在 住 の18~59 歳 で 働 く 個 人 6,500 人 ( )を 対 象 に 就 業 実 態 意 識 を 調 査 調 査 実 施 インターネットモニター 調 査 は どのように 偏 っているのか 従 来 型 調 査 手 法 に 代 替 する 調 査 手 法 の 模 索 2014.9.4 リクルートワークス 研 究 所 研 究 員 萩 原 牧 子 1 私 達 が 調 査 手 法 を 研 究 した 背 景 リクルートワークス 研 究 所 ワーキングパーソン 調 査 (2000 年 ~ 隔 年 実 施 ) 首 都 圏 在 住 の18~59

More information

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 6 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 電 設 工 業 協 会 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 について 1. 調 査 の 目 的 社 会 保 険 加 入 促 進 計 画 の 計 画 期 間 (H24 年 度 ~H28 年 度 までの5 年 間 )の 中 間 時 点 として 1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988CF322D33817A95DB8CEC8ED292B28DB881698A6D816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988CF322D33817A95DB8CEC8ED292B28DB881698A6D816A2E646F63> 資 料 2-3 塾 生 保 護 者 に 関 する 実 態 調 査 結 果 ( 消 費 者 WEBアンケート 調 査 結 果 ) Ⅰ 調 査 実 施 要 領 1. 調 査 対 象 学 習 塾 に 通 う 小 中 学 生 の 子 供 を 持 つ 保 護 者 ( 約 2,000 人 ) 2. 調 査 方 法 インターネットモニターを 活 用 し 学 習 塾 に 通 う 生 徒 を 持 つ 保 護 者 を

More information

答申第585号

答申第585号 別 紙 諮 問 第 722 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 平 成 23 年 月 日 区 営 業 所 で 起 きた 物 損 事 故 に 関 する 全 ての 内 容 の 文 書 の 開 示 請 求 に 対 し 終 業 点 呼 記 録 簿 ほか7 件 を 対 象 公 文 書 として 特 定 し 一 部 開 示 と した 決 定 は 妥 当 である 2 審 査 請 求 の 内 容 (1) 審 査

More information

様 式 5 平 成 28 年 度 NOSAI 夏 期 臨 床 実 習 事 前 アンケート * 申 込 をした 方 に を 付 けてください スタンダード 編 ステップアップ 編 氏 名 所 属 大 学 学 年 1. NOSAI 夏 期 臨 床 実 習 への 参 加 を 希 望 する 理 由 動 機

様 式 5 平 成 28 年 度 NOSAI 夏 期 臨 床 実 習 事 前 アンケート * 申 込 をした 方 に を 付 けてください スタンダード 編 ステップアップ 編 氏 名 所 属 大 学 学 年 1. NOSAI 夏 期 臨 床 実 習 への 参 加 を 希 望 する 理 由 動 機 様 式 4 北 海 道 実 習 用 平 成 28 年 度 NOSAI 夏 期 臨 床 実 習 北 海 道 で 実 習 を 希 望 する 者 のみ 提 出 すること スタンダード 編 志 望 理 由 書 ふりがな 氏 名 在 籍 大 学 大 学 名 修 学 年 次 年 次 所 属 研 究 室 実 習 希 望 先 県 名 北 海 道 組 合 名 希 望 する 組 合 を 選 んだ 理 由 複 数 回 答

More information

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531>

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531> ( 参 考 Ⅱ) 千 葉 県 教 育 委 員 会 と 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 事 業 アンケートの 結 果 A 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 による 基 礎 教 養 講 座 受 講 者 アンケート (アンケート 回 収 数 :76 名 ).あなたは 将 来 教 員 になることを 志 望 していますか?. 教 員 になることを 目 指 している(6 名 ). 教

More information

「節電に対する生活者の行動・意識

「節電に対する生活者の行動・意識 節 電 に 対 する 生 活 者 の 行 動 意 識 に 関 する 調 査 -2014 年 調 査 - みずほ 情 報 総 研 株 式 会 社 環 境 エネルギー 第 1 部 2015 年 3 月 9 日 目 次 要 旨 調 査 の 背 景 と 目 的 調 査 方 法 調 査 の 主 な 結 果 調 査 結 果 1. 回 答 者 の 基 本 属 性 2. 電 力 不 足 地 球 温 暖 化 への 意

More information

21 21 10 22 2 11 PTA 2010 3 2

21 21 10 22 2 11 PTA 2010 3 2 21 PTA 22 3 15 21 21 10 22 2 11 PTA 2010 3 2 14 25 329 467 5 69 56 2 3 1 4 420 180 2 1 3 7 2009 10 16 12 147 40 27 () 70 30 100 3 6 1,800 590 33 2 2 5 1 3,586 2,293 64 500 4 =2,000 362 18 3,285 630 PTA

More information

中高の英語指導の実態と 教員の意識 ―「中高の英語指導に関する実態調査2015」 ―

中高の英語指導の実態と 教員の意識  ―「中高の英語指導に関する実態調査2015」 ― 中 高 の 英 語 指 導 の 実 態 と 教 員 の 意 識 中 高 の 英 語 指 導 に 関 する 実 態 調 査 2015 中 高 英 語 教 育 研 究 会 根 岸 雅 史 ( 東 京 外 国 語 大 学 ) 酒 井 英 樹 ( 信 州 大 学 ) 髙 木 亜 希 子 ( 青 山 学 院 大 学 ) 工 藤 洋 路 ( 玉 川 大 学 ) 重 松 靖 ( 国 分 寺 市 立 第 二 中 学

More information

いい夫婦の日2013年度アンケート

いい夫婦の日2013年度アンケート いい 夫 婦 の 日 アンケート 果 2013 いい 夫 婦 の 日 をすすめる 会 では 主 婦 の 今 を 知 り 素 敵 な 夫 婦 の 明 日 を 築 く 道 標 のなることを 願 って 既 者 を 対 象 にしたアンケート2007 から 実 施 してい ます 対 象 者 に 対 し 夫 婦 としての 現 状 の 気 持 ち 暮 らし コミュニケー ション などの 実 態 とともに いい 夫

More information

Microsoft Word - 答申第143号.doc

Microsoft Word - 答申第143号.doc 答 申 第 143 号 平 成 15 年 12 月 17 日 千 葉 県 知 事 堂 本 暁 子 様 千 葉 県 情 報 公 開 審 査 会 委 員 長 麻 生 肇 異 議 申 立 てに 対 する 決 定 について( 答 申 ) 平 成 14 年 12 月 12 日 付 け 一 廃 第 361の2 号 による 下 記 の 諮 問 について 次 のとおり 答 申 します 記 平 成 10 年 6 月

More information

目 次 Ⅰ 概 要 3 Ⅱ 平 成 18 年 度 産 業 技 術 センター 利 用 に 関 するアンケート 調 査 結 果 ( 依 頼 試 験 ) 4 Ⅲ 平 成 18 年 度 産 業 技 術 センター 利 用 に 関 するアンケート 調 査 結 果 ( 機 器 開 放 ) 8 Ⅳ 平 成 18 年

目 次 Ⅰ 概 要 3 Ⅱ 平 成 18 年 度 産 業 技 術 センター 利 用 に 関 するアンケート 調 査 結 果 ( 依 頼 試 験 ) 4 Ⅲ 平 成 18 年 度 産 業 技 術 センター 利 用 に 関 するアンケート 調 査 結 果 ( 機 器 開 放 ) 8 Ⅳ 平 成 18 年 平 成 18 年 度 産 業 技 術 センター 利 用 に 関 する アンケート 調 査 結 果 報 告 書 平 成 19 年 10 月 群 馬 県 産 業 技 術 センター 1 目 次 Ⅰ 概 要 3 Ⅱ 平 成 18 年 度 産 業 技 術 センター 利 用 に 関 するアンケート 調 査 結 果 ( 依 頼 試 験 ) 4 Ⅲ 平 成 18 年 度 産 業 技 術 センター 利 用 に 関 するアンケート

More information

Microsoft Word - 諮問第82号答申(決裁後)

Microsoft Word - 諮問第82号答申(決裁後) 情 個 審 第 43-1 号 平 成 28 年 1 月 18 日 茨 城 県 教 育 委 員 会 教 育 長 小 野 寺 俊 殿 茨 城 県 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 委 員 長 大 和 田 一 雄 保 有 個 人 情 報 部 分 開 示 決 定 に 対 する 異 議 申 立 てについて( 答 申 ) 平 成 27 年 2 月 27 日 付 け 保 体 諮 問 第 1 号

More information

Microsoft PowerPoint - (26結果報告)大学生.pptx

Microsoft PowerPoint - (26結果報告)大学生.pptx 平 成 26 年 度 中 国 四 国 の 大 学 等 の 学 生 に 対 する 食 事 バランスガイドの 実 践 体 験 及 び 食 生 活 に 関 する アンケート 調 査 結 果 平 成 26 年 12 月 中 国 四 国 農 政 局 消 費 安 全 部 消 費 生 活 課 中 国 四 国 の 大 学 等 の 学 生 に 対 する 食 事 バランスガイドの 実 践 体 験 及 び 食 生 活 に

More information

「いい夫婦の日」アンケート結果2012

「いい夫婦の日」アンケート結果2012 Q1. あなた 方 ご 夫 婦 は ご 結 婚 前 にどのくらいの 間 お 付 き 合 いされていましたか Q2. あなたは 生 まれ 変 わったとしたら 今 のパートナーを 選 びますか Q3. 今 のパートナー( 夫 もしくは 妻 )を 選 んだ 理 由 を 教 えてください Q4. あなた 方 ご 夫 婦 は 今 円 満 だと 思 いますか Q5. あなたが 夫 婦 円 満 のために 大 切

More information

群馬県多文化共生推進指針

群馬県多文化共生推進指針 < 資 料 2> 定 住 外 国 人 実 態 調 査 結 果 概 要 1 調 査 目 的 経 済 状 況 の 悪 化 後 における 県 内 の 外 国 人 集 住 地 域 に 住 む 外 国 人 の 就 労 状 況 や 生 活 実 態 子 供 の 就 学 状 況 等 と 受 け 入 れ 側 日 本 人 の 意 識 を 調 査 し その 結 果 を 分 析 研 究 することに より 県 の 支 援 施

More information

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加 別 添 事 務 連 絡 平 成 27 年 12 月 18 日 日 本 年 金 機 構 厚 生 年 金 保 険 部 長 殿 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 長 持 続 可 能 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 するための 国 民 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 による 健 康 保 険 法 及 び 船 員 保 険 法 改 正 内 容 の 一 部 に

More information

調査結果の概要

調査結果の概要 調 査 結 果 の 概 要 調 査 の 概 要 1 調 査 対 象 (1) 事 業 所 調 査 都 内 の 常 用 従 業 者 規 模 30 人 以 上 の 3,000 事 業 所 1 調 査 対 象 (2) 契 約 社 員 調 査 事 業 所 調 査 の 結 果 から 協 力 を 得 られた 事 業 所 の 従 業 員 2,000 人 2 調 査 時 点 方 法 (1) 事 業 所 調 査 平 成

More information

人生の最終段階における医療に関する意識調査 結果の概要

人生の最終段階における医療に関する意識調査 結果の概要 資 料 1 人 生 の 最 終 段 階 における 医 療 に 関 する 意 識 調 査 集 計 結 果 ( 速 報 )の 概 要 1 人 生 の 最 終 段 階 における 医 療 に 関 する 意 識 調 査 について 調 査 方 法 : 郵 送 調 査 < 一 般 国 民 > 20 歳 以 上 の 男 女 から 層 化 2 段 階 無 作 為 抽 出 < 医 師 看 護 師 施 設 介 護 職 員

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別 梼 原 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 ( 一 般 会 計 松 診 四 万 診 会 計 ) 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 区 分 人 口 23 年 度 の ( 年 度 末 ) A B (B/A) 人 件 費 率 H25.3.31 千 千 千 %

More information

(Microsoft Word - 1004_10\214\216\222\262\215\270\203\212\203\212\201[\203X_\215\305\217I\215e.doc)

(Microsoft Word - 1004_10\214\216\222\262\215\270\203\212\203\212\201[\203X_\215\305\217I\215e.doc) 10 月 8 日 は 入 れ 歯 の 日 - 口 腔 ケアと 体 の 健 康 に 関 する 意 識 と 歯 科 医 院 に 行 く 頻 度 の 実 態 調 査 - 2012 年 10 月 吉 日 歯 の 健 康 と 体 の 健 康 は 関 係 があると 思 う 人 は 94.5% しかし 同 じ 歯 科 医 院 に 定 期 的 に 通 っている 人 は 16.9% かかりつけ 歯 科 医 を 持 って

More information

次 世 代 育 成 支 援

次 世 代 育 成 支 援 次 世 代 育 成 支 援 [ 保 育 編 ] 町 では 平 成 17 年 度 ~26 年 度 までの10 年 間 次 世 代 育 成 支 援 対 策 ( 子 育 て 支 援 )を 行 っています 保 護 者 の 皆 さんから 保 育 に 関 して 寄 せられた 疑 問 質 問 をま とめましたので 参 考 にしてください 1. 入 園 について Q1 保 育 園 に 入 れる 場 合 は? 保 育

More information

Microsoft Word - 公表資料(H22).doc

Microsoft Word - 公表資料(H22).doc 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 野 迫 川 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 (2 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 2 年 度 の 件 費 率 2 年 度 556,96,86 8,9 27,59 2..9 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

<4D F736F F D DC58F49817A C B835C839388D38EAF92B28DB881758E648E968B4182E882CC8A4F82CC82DD8E968FEE E646F63>

<4D F736F F D DC58F49817A C B835C839388D38EAF92B28DB881758E648E968B4182E882CC8A4F82CC82DD8E968FEE E646F63> 報 道 関 係 各 位 ニュースリリース 2012 年 8 月 27 日 ( 東 証 1 部 :コード 4326) ビジネスパーソン 意 識 調 査 仕 事 帰 りの 外 飲 み 事 情 2012 飲 みニケーション はいまだ 健 在!? 約 6 割 の 人 が 職 場 の 飲 み 会 は 必 要 だと 思 っている 仕 事 帰 りの 外 飲 みは 職 場 の 同 僚 上 司 とコミュニケーション

More information

(%) 50 42.9 39.0 40 32.3 30 20 16.6 10 0 7.7 5.7 3.0.7.7 (n=403) 図 4.1 横 浜 市 民 による J リーグに 対 する 関 心 (2011 年 ) 注 : 複 数 回 答 による 総 回 答 数 は 403 である 2) 性 別

(%) 50 42.9 39.0 40 32.3 30 20 16.6 10 0 7.7 5.7 3.0.7.7 (n=403) 図 4.1 横 浜 市 民 による J リーグに 対 する 関 心 (2011 年 ) 注 : 複 数 回 答 による 総 回 答 数 は 403 である 2) 性 別 4. 日 本 のプロサッカー(Jリーグ)に 対 する 関 心 や 考 え 方 本 章 では 横 浜 市 民 による 日 本 のプロサッカー(J リーグ)に 対 する 関 心 や 考 え 方 につい て 性 別 年 齢 別 に 比 較 し 横 浜 市 民 はどれほど 日 本 のプロサッカーに 関 心 を 持 っているの かについて 検 討 する 4.1 日 本 のプロサッカーに 対 する 関 心 まず

More information

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66 平 成 26 年 度 健 保 組 合 予 算 早 期 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 4 月 18 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 26 年 度 における 健 保 組 合 の 財 政 状 況 等 を 早 期 に 把 握 するため 26 年 度 予 算

More information

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され 飛 騨 市 次 世 代 育 成 支 援 行 動 計 画 ( 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 飛 騨 市 長 飛 騨 市 議 会 議 長 飛 騨 市 選 挙 管 理 委 員 会 飛 騨 市 代 表 監 査 委 員 飛 騨 市 農 業 委 員 会 飛 騨 市 教 育 委 員 会 飛 騨 市 消 防 本 部 消 防 長 古 川 国 府 給 食 センター 利 用 組

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

東京都立産業技術高等専門学校

東京都立産業技術高等専門学校 東 京 都 立 産 業 技 術 高 等 専 門 学 校 卒 業 生 を 対 象 とした 調 査 (OB OG アンケート)の 結 果 について 1 は じ め に 東 京 都 立 産 業 技 術 高 等 専 門 学 校 で は 本 校 の 教 育 水 準 の 向 上 や 教 育 内 容 の 充 実 と 改 善 を 目 的 と し て 本 校 の 前 身 校 で あ る 東 京 都 立 工 業 高 等

More information

発 表 の 流 れ 1 事 業 概 要 2 評 価 票 の 記 載 内 容 について 3 指 標 について 4 事 業 内 容 について 5 提 案 のまとめ 2

発 表 の 流 れ 1 事 業 概 要 2 評 価 票 の 記 載 内 容 について 3 指 標 について 4 事 業 内 容 について 5 提 案 のまとめ 2 平 成 26 年 度 事 務 事 業 評 価 サポーター 活 動 報 告 資 料 孤 立 死 防 止 推 進 事 業 について 京 都 大 学 公 共 政 策 大 学 院 岡 田 秀 介 木 上 雄 介 福 島 雅 博 古 田 崇 寿 佳 不 破 佑 太 1 発 表 の 流 れ 1 事 業 概 要 2 評 価 票 の 記 載 内 容 について 3 指 標 について 4 事 業 内 容 について 5

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

(Microsoft Word - 2015_05_12\222\267\220\266\202\253\212w\211\200.doc)

(Microsoft Word - 2015_05_12\222\267\220\266\202\253\212w\211\200.doc) がんに 関 するアンケート 東 京 海 上 日 動 あんしん 生 命 保 険 株 式 会 社 では がんに 関 するアンケート 調 査 を 実 施 し 調 査 結 果 を 以 下 のとおり とりまとめました がんを 予 防 することについての 意 識 がん 検 診 の 受 診 について 日 常 生 活 で 気 を 付 けていること がん 告 知 について がんに 罹 患 した 場 合 の 治 療 の

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的 矢 掛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 25 年 度 5,055 千 7,78,45 千 48,9 千 877,259.3 2.8 (2) 職 員 給

More information

企 業 の 採 用 予 定 数 採 用 予 定 数 は 増 やす と 回 答 した 企 業 が 減 らす と 回 答 した 企 業 を3 年 連 続 上 回 り 採 用 は 増 加 傾 向 にある 特 に 非 上 場 非 製 造 において 採 用 数 を 増 やす と 回 答 する 割 合 が 大

企 業 の 採 用 予 定 数 採 用 予 定 数 は 増 やす と 回 答 した 企 業 が 減 らす と 回 答 した 企 業 を3 年 連 続 上 回 り 採 用 は 増 加 傾 向 にある 特 に 非 上 場 非 製 造 において 採 用 数 を 増 やす と 回 答 する 割 合 が 大 企 業 の 採 用 動 向 1. 企 業 の 採 用 予 定 数 P62 20 マイナビ 企 業 新 卒 採 用 予 定 調 査 より 採 用 予 定 数 増 減 を 学 生 属 性 別 大 学 院 ( 文 理 ) 大 学 ( 文 理 ) 短 期 大 学 専 門 学 校 高 等 学 校 毎 に 集 計 大 学 院 大 学 については 上 場 非 上 場 製 造 非 製 造 区 分 でも 集 計 また

More information

<95F18D908F91>

<95F18D908F91> 平 成 21 年 度 新 入 社 員 意 識 調 査 調 査 結 果 報 告 書 Ⅰ 調 査 概 要 Ⅱ 調 査 のポイント Ⅲ 調 査 結 果 平 成 21 年 5 月 作 成 熊 本 商 工 会 議 所 Ⅰ 調 査 概 要 実 施 主 熊 本 商 工 会 議 所 調 査 目 的 本 調 査 は 企 業 繁 栄 の 原 動 力 となる 新 入 社 員 の 就 職 決 定 までのプロ セスや 新 社

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6F81943134358146837D834383698393836F815B90A793782092BC914F82CC91CE899E8FF38BB582C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6F81943134358146837D834383698393836F815B90A793782092BC914F82CC91CE899E8FF38BB582C982C282A282C42E646F63> マイナンバー 制 度 直 前 の 対 応 状 況 について はじめに 今 年 10 月 より 国 内 に 住 民 票 を 有 する 全 国 民 にマイナンバーが 順 次 通 知 されることを 受 け 事 業 者 で は 様 々な 対 応 が 必 要 となる そこで マイナンバー 通 知 直 前 の 対 応 状 況 について 当 金 庫 主 催 の マイナ ンバー 制 度 直 前 対 策 セミナー 参

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

<904588F582CC8B8B975E814592E888F58AC7979D82CC8CF6955C4832322E348DEC90AC2E786C73>

<904588F582CC8B8B975E814592E888F58AC7979D82CC8CF6955C4832322E348DEC90AC2E786C73> 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 幌 延 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (1 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 1 年 度,9,1,468 77,6 76,98 13.8 18.7 () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改 平 成 2 9 年 度 ( 学 生 募 集 要 項 ) 畜 産 経 営 学 科 畑 作 園 芸 経 営 学 科 農 業 経 営 研 究 科 稲 作 経 営 専 攻 コ ー ス 本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73>

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73> 日 本 司 法 支 援 センター( 法 人 番 号 2011205001573)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 センターの 主 要 事 業 は 総 合 法 律 支 援 に 関 する 事 業 である 役

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

表紙

表紙 15. 母 子 健 康 手 帳 交 付 時 期 と 妊 娠 産 及 びその 児 の 健 康 関 連 問 題 の 実 態 飯 田 芳 枝 ( 石 川 県 こころの 健 康 センター) 竹 島 ゆり ( 健 康 福 祉 部 少 子 化 対 策 監 室 母 子 保 健 食 育 グループ) 茗 荷 谷 弘 子 ( 小 松 市 いきいき 健 康 課 すこやかセンター) 目 的 母 子 健 康 手 帳 の 交

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

企業におけるマイナンバーのセキュリティに関する実態調査

企業におけるマイナンバーのセキュリティに関する実態調査 企 業 における マイナンバーのセキュリティに 関 する 実 態 調 査 2015 年 9 月 17 日 デジタルアーツ 株 式 会 社 調 査 概 要 調 査 内 容 調 査 目 的 調 査 方 法 エリア 調 査 対 象 回 答 数 実 施 期 間 調 査 企 画 調 査 機 関 企 業 におけるマイナンバーのセキュリティに 関 する 実 態 調 査 2016 年 1 月 より 施 行 されるマイナンバー

More information

山梨県職員研修所 御中

山梨県職員研修所 御中 家 庭 生 ごみ 組 成 調 査 等 集 計 結 果 および 県 内 食 品 ロス 量 等 推 計 業 務 報 告 書 平 成 26 年 1 月 公 益 財 団 法 人 山 梨 総 合 研 究 所 2 目 次 1 家 庭 生 ごみ 組 成 調 査 参 加 対 象 者 の 家 庭 状 況 および 食 問 題 の 意 識... 4 Q1-1 調 査 参 加 者 の 家 族 構 成... 4 Q1-2 食

More information

開 会 委 員 長 : これより 第 回 男 女 平 等 参 画 推 進 委 員 会 を 開 催 いたします 事 務 局 より 月 日 付 人 事 異 動 の 報 告 配 布 資 料 を 確 認 した 事 務 局 より 委 員 の 半 数 以 上 が 出 席 しているので 委 員 会 が 成 立 し

開 会 委 員 長 : これより 第 回 男 女 平 等 参 画 推 進 委 員 会 を 開 催 いたします 事 務 局 より 月 日 付 人 事 異 動 の 報 告 配 布 資 料 を 確 認 した 事 務 局 より 委 員 の 半 数 以 上 が 出 席 しているので 委 員 会 が 成 立 し 会 議 録 会 議 の 名 称 男 女 平 等 参 画 推 進 委 員 会 平 成 年 度 第 回 開 催 日 時 開 催 場 所 出 席 者 議 題 会 議 資 料 の 名 称 記 録 方 法 平 成 年 月 日 ( 木 曜 日 ) 午 後 時 から 時 分 まで 住 吉 会 館 階 研 修 室 出 席 : 石 﨑 委 員 長 小 澤 副 委 員 長 井 上 委 員 岩 本 委 員 島 委 員 鍵

More information

4 教 科 に 関 する 調 査 結 果 の 概 況 校 種 学 年 小 学 校 2 年 生 3 年 生 4 年 生 5 年 生 6 年 生 教 科 平 均 到 達 度 目 標 値 差 達 成 率 国 語 77.8% 68.9% 8.9% 79.3% 算 数 92.0% 76.7% 15.3% 94

4 教 科 に 関 する 調 査 結 果 の 概 況 校 種 学 年 小 学 校 2 年 生 3 年 生 4 年 生 5 年 生 6 年 生 教 科 平 均 到 達 度 目 標 値 差 達 成 率 国 語 77.8% 68.9% 8.9% 79.3% 算 数 92.0% 76.7% 15.3% 94 4 教 科 に 関 する 調 査 結 果 の 概 況 校 種 学 年 小 学 校 2 年 生 3 年 生 4 年 生 5 年 生 6 年 生 教 科 平 均 到 達 度 目 標 値 差 達 成 率 国 語 77.8% 68.9% 8.9% 79.3% 算 数 92.0% 76.7% 15.3% 94.3% 国 語 84.7% 73.9% 10.8% 79.0% 算 数 87.7% 74.3% 13.4%

More information

3 日 時 場 所 日 時 : 毎 年 7 月 の 第 1 日 曜 日 ( 年 1 回 1 日 で 試 験 終 了 合 格 科 目 持 ち 越 し 等 の 恩 典 なし) 場 所 : 早 稲 田 大 学 ( 東 京 近 年 日 本 大 学 東 洋 大 学 明 治 大 学 においても 行 われている)

3 日 時 場 所 日 時 : 毎 年 7 月 の 第 1 日 曜 日 ( 年 1 回 1 日 で 試 験 終 了 合 格 科 目 持 ち 越 し 等 の 恩 典 なし) 場 所 : 早 稲 田 大 学 ( 東 京 近 年 日 本 大 学 東 洋 大 学 明 治 大 学 においても 行 われている) これから 始 める 司 法 書 士 試 験 0. 自 己 紹 介 1. 司 法 書 士 試 験 を 受 験 することが 最 善 の 選 択 か 2. 司 法 書 士 試 験 の 概 要 まずは 合 格 できるか 否 か その 対 策 は 何 かを 論 ずる 前 に 試 験 の 概 要 について 触 れる 試 験 の 内 容 を 知 らずしてその 対 策 はないからである 1 出 願 者 数 と 合

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

平 成 27 年 11 月 ~ 平 成 28 年 4 月 に 公 開 の 対 象 となった 専 門 協 議 等 における 各 専 門 委 員 等 の 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 審 査 ( 別 紙 ) 専 門 協 議 等 の 件 数 専 門 委 員 数 500 万 円 超 の 受

平 成 27 年 11 月 ~ 平 成 28 年 4 月 に 公 開 の 対 象 となった 専 門 協 議 等 における 各 専 門 委 員 等 の 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 審 査 ( 別 紙 ) 専 門 協 議 等 の 件 数 専 門 委 員 数 500 万 円 超 の 受 資 料 5-1 平 成 28 年 6 月 16 日 専 門 協 議 等 の 実 施 に 関 する 各 専 門 委 員 における 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 承 認 審 査 及 び 安 全 対 策 に 係 る 専 門 協 議 等 を 依 頼 した 専 門 委 員 の 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 については 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 における 専

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 一 部 地 域 医 療 に 関 しての 意 識 調 査 報 告 発 表 / 暮 らし 満 足 度 向 上 委 員 会 1 いわきの 医 療 環 境 改 善 へ 向 け 市 民 医 療 従 事 者 双 方 へのアンケートを 実 施 本 年 7 月 から8 月 末 にかけて 下 記 のアンケートを 実 施 A: 市 民 への 医 療 環 境 意 識 調 査 回 答 数 :610 件 B: 医 療 機

More information

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門 新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051101 86 取 組 施 策 地 方 政 府 を 担 う 職 員 像 の 策 定 と 人 材 育 成 ( 新 人 材 育 成 ビジョンの 策 定 ) 平 成 17 年 度 静 岡 市 人 材 育 成 ビジョン を 策 定 平 成 20 年 度 進 捗 管 理 に 伴 う 一 部 改 訂 職 員 セッションの 試 行 を 行 った

More information

Microsoft PowerPoint - 090706_GP向けGL_final

Microsoft PowerPoint - 090706_GP向けGL_final 睡 眠 障 害 のスクリーニングガイドライン 満 足 のいく 睡 眠 がとれているか 必 ず 問 診 する 症 状 のより 詳 しい 特 徴 や 専 門 用 語 につ いては 別 紙 に 解 説 してあります 睡 眠 の 問 題 がある どのような 睡 眠 の 問 題 か 特 定 する 不 眠 過 眠 睡 眠 中 の 呼 吸 異 常 睡 眠 中 の 異 常 感 覚 異 常 運 動 睡 眠 中 の 異

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

2 昼 課 程 要 項 ( 理 容 科 美 容 科 ) 要 項 納 金 について 要 項 一 覧 区 分 特 待 生 推 薦 ( 特 待 自 動 採 用 ) 推 薦 ( 特 待 自 動 採 用 ) 自 己 推 薦 ( 特 待 自 動 採 用 ) 一 般 前 期 後 期 資 1 高 卒 以 上 の 方

2 昼 課 程 要 項 ( 理 容 科 美 容 科 ) 要 項 納 金 について 要 項 一 覧 区 分 特 待 生 推 薦 ( 特 待 自 動 採 用 ) 推 薦 ( 特 待 自 動 採 用 ) 自 己 推 薦 ( 特 待 自 動 採 用 ) 一 般 前 期 後 期 資 1 高 卒 以 上 の 方 募 集 要 項 平 成 29 度 生 用 CONTENTS 1 八 戸 理 容 美 容 専 門 校 教 育 方 針 定 員 カリキュラム 2 昼 課 程 要 項 ( 理 容 科 美 容 科 ) 要 項 納 金 について 3 夜 課 程 要 項 ( 社 会 人 コース 美 容 科 ) 要 項 納 金 について 4 特 待 生 制 度 各 種 優 遇 制 度 その 他 5 奨 金 及 び 教 育 ローン

More information

Taro-給与公表(H25).jtd

Taro-給与公表(H25).jtd 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 玄 海 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 実 質 収 支 (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % 23 年 度 6,381 7,330,475 230,520

More information

1. 調 査 設 計 調 査 の 目 的 検 診 から 診 断 治 療 まで どのような 想 いを 持 ち どのような 行 動 をとられているかを 伺 い がん 治 療 サポート 体 制 の 現 状 課 題 を 把 握 する 調 査 の 内 容 調 査 対 象 : 1がん 患 者 さん 1,000

1. 調 査 設 計 調 査 の 目 的 検 診 から 診 断 治 療 まで どのような 想 いを 持 ち どのような 行 動 をとられているかを 伺 い がん 治 療 サポート 体 制 の 現 状 課 題 を 把 握 する 調 査 の 内 容 調 査 対 象 : 1がん 患 者 さん 1,000 ファイザー 株 式 会 社 がん 患 者 さん がん 患 者 さんのご 家 族 における 意 識 実 態 調 査 参 考 資 料 1. 調 査 設 計 2. 調 査 結 果 ファイザー 株 式 会 社 オンコロジー 事 業 部 門 1. 調 査 設 計 調 査 の 目 的 検 診 から 診 断 治 療 まで どのような 想 いを 持 ち どのような 行 動 をとられているかを 伺 い がん 治 療

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル は じ め に 合 格 (うかる) 勉 強 とは 1 試 験 に 合 格 するのに 絶 対 的 に 必 要 なことは 問 いに 正 しく 答 えることである このあたりまえのことを 考 えたこと 有 りますか 2 試 験 問 題 の 出 題 (= 作 問 )の 仕 方 から 勉 強 方 法 を 考 える 択 一 試 験 では 必 ず 正 誤 が 問 われるのでついつい 思 考 が 二 者 択 一 的

More information

Microsoft Word - Łsfi®”YŠ¬™Ê‰Æ.doc

Microsoft Word - Łsfi®”YŠ¬™Ê‰Æ.doc 不 動 産 流 通 業 に 関 する 消 費 者 動 向 調 査 < 第 10 回 ( 度 )> 調 査 結 果 報 告 書 ( 概 要 版 ) 平 成 17 年 9 月 社 団 法 人 不 動 産 流 通 経 営 協 会 第 10 回 不 動 産 流 通 業 に 関 する 消 費 者 動 向 調 査 結 果 要 旨 ( 社 ) 不 動 産 流 通 経 営 協 会 5 分 5 乗 方 式 と 相 続

More information

<485020208145944E8BE08F6D2082C682B5905690DD2E786C7378>

<485020208145944E8BE08F6D2082C682B5905690DD2E786C7378> < 年 金 塾 > ( 年 金 判 例. 1/ ) 公 的 年 金 の 逸 失 利 益 性 (その-1) H.. 課 題 < 逸 失 利 益 > 1. 街 頭 相 談 会 ( 当 塾 の 主 催 や ) で 次 のような 質 問 があったとしたら 貴 方 は どう 答 えますか? < 想 定 質 問 > 年 金 受 給 中 のお 爺 さんが 横 断 歩 道 を 通 行 中 に 信 号 無 視 の 車

More information

27477_Ł\”ƒ.ec6

27477_Ł\”ƒ.ec6 平 成 1 年 度 老 人 クラブ 生 活 モニター 活 動 高 齢 者 の 食 生 活 轄 高 齢 者 の 食 生 活 平 成 十 八 年 度 全 老 連 女 性 委 員 会 全 国 老 人 クラブ 連 合 会 女 性 委 員 会 Ⅰ モニターの 概 要 1 モニターの 主 体 と 目 的 全 国 老 人 クラブ 連 合 会 女 性 委 員 会 によるモニターは 高 齢 者 が 安 心 して 暮

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改 柳 井 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 34,890 16,214,109 468,464 2,650,321 16.3 16.5 (2)

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73>

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73> 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (18 年 度 末 ) むつ 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について A B B/A 17 年 度 の 件 費 率 18 年 度 65,960 32,435,254 2,134,451 5,440,498 16.77 18.00 (2)

More information

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始 部 案 参 照 文 目 1 1 持 可 能 療 険 制 構 築 国 民 険 部 9 部 11 1 5 特 別 15 6 17 7 運 確 18 8 0 9 独 立 10 - 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門

More information

投資用不動産サイト「ノムコム・プロ」不動産投資に関する意識調査(第5回)を実施

投資用不動産サイト「ノムコム・プロ」不動産投資に関する意識調査(第5回)を実施 報 道 関 係 者 各 位 2013 年 6 月 12 日 野 村 不 動 産 アーバンネット 株 式 会 社 投 資 用 不 動 産 サイト ノムコム プロ 不 動 産 投 資 に 関 する 意 識 調 査 ( 第 5 回 )を 実 施 ~ 約 6 割 が 投 資 用 物 件 は 買 い 時 だと 思 う と 回 答 不 動 産 価 格 は 上 がる も 大 幅 アップ~ アベノミクス の 影 響

More information

第 3 節 結 果 1. 調 査 票 の 回 収 324 か 所 から 回 答 を 得 た ( 回 収 率 29.5%) 一 般 診 療 所 総 数 回 答 数 回 収 率 (%) 大 津 279 84 3.1 湖 南 264 79 29.9 甲 賀 86 21 24.4 東 近 江 139 33

第 3 節 結 果 1. 調 査 票 の 回 収 324 か 所 から 回 答 を 得 た ( 回 収 率 29.5%) 一 般 診 療 所 総 数 回 答 数 回 収 率 (%) 大 津 279 84 3.1 湖 南 264 79 29.9 甲 賀 86 21 24.4 東 近 江 139 33 滋 賀 県 内 医 療 機 関 現 況 調 査 ( 高 次 脳 機 能 障 害 ) 結 果 報 告 書 第 1 節 目 的 滋 賀 県 における 高 次 脳 機 能 障 害 者 の 支 援 に 関 する 医 療 サービスの 現 状 を 把 握 し 今 後 の 本 県 での 高 次 脳 機 能 障 害 者 に 対 する 支 援 体 制 を 構 築 する 為 の 基 礎 資 料 とする 第 2 節 方

More information

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A>

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A> - 1 - 省 百 七 旅 客 部 改 省 令 平 成 省 令 伴 並 平 成 省 令 並 ま づ 並 令 づ く 領 平 成 月 大 臣 前 田 武 志 づ く 領 語 お 使 語 監 督 針 平 成 省 千 百 お 使 語 - 2 - 務 名 簿 款 寄 附 為 登 記 証 明 組 織 図 保 制 証 機 器 機 器 設 設 備 記 載 決 算 報 足 経 的 礎 証 績 分 証 程 七 イ 概

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 には 事 委 員 会 が 設 置 されていないため 勧 告 はありません 1 月 例 給 民 間 給 与 公 務 員 給 与 A B 24 年 度 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 AB ( 改 定

(5) 給 与 改 定 の 状 況 には 事 委 員 会 が 設 置 されていないため 勧 告 はありません 1 月 例 給 民 間 給 与 公 務 員 給 与 A B 24 年 度 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 AB ( 改 定 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 千 千 千 46,445 2,239,554 454,172 3,386,243 16.73 15.69

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57> 平 成 18 年 12 月 平 成 19 年 10 月 ( 追 加 改 正 ) 平 成 20 年 5 月 ( 改 正 ) ポジティブアクション 推 進 プロジェクト 一 人 で 悩 む 前 に まずご 相 談 ください 妊 娠 したのですが どのような 手 続 をすればいいのですか? 産 休 から 育 児 休 暇 への 流 れは 次 の 通 りです 産 前 休 暇 出 産 産 後 休 暇 育 児 休

More information

カラオケについて カラオケは 良 い 利 用 している 方 をあまり 見 たことがない マッサージについて 利 用 者 が 常 連 化 しており 多 くの 市 民 が 利 用 できるサービスとは 言 え ない ワンコイン 型 の 機 器 にして 受 益 者 負 担 と 一 人 当 たりの 利 用 者

カラオケについて カラオケは 良 い 利 用 している 方 をあまり 見 たことがない マッサージについて 利 用 者 が 常 連 化 しており 多 くの 市 民 が 利 用 できるサービスとは 言 え ない ワンコイン 型 の 機 器 にして 受 益 者 負 担 と 一 人 当 たりの 利 用 者 資 料 1 各 グループから 出 た 意 見 等 について 第 1グループ 高 齢 者 福 祉 館 利 用 について 高 齢 者 福 祉 館 があることで 高 齢 者 の 外 出 のきっかけとなり また 広 間 やマッサージ 機 を 利 用 することで 気 楽 に 大 勢 の 市 民 とかかわりが 持 てる 利 用 者 が 常 連 化 しやすく また センターから 遠 い 高 齢 者 は 利 用 しづらい

More information

第1回

第1回 やすだ 社 会 学 研 究 法 a( 2015 年 度 春 学 期 担 当 : 保 田 ) 基 礎 分 析 ( 1): 一 変 量 / 二 変 量 の 分 析 SPSSの 基 礎 テ キ ス ト pp.1-29 pp.255-257 デ ー タ の 入 力 [ デ ー タ ビ ュ ー ] で Excelの よ う に 直 接 入 力 で き る [ 変 数 ビ ュ ー ] で 変 数 の 情 報 を

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地 ( 資 料 3) 林 地 台 帳 及 び 地 図 整 備 マニュアル( 案 ) 概 要 本 資 料 は 現 時 点 での 検 討 状 況 を 基 に 作 成 したものであり 今 後 事 務 レベルの 検 討 会 等 を 経 て 成 案 を 得 ることとしてい ます 平 成 28 年 7 月 林 野 庁 計 画 課 1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル(

More information

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑 等 の 当 初 見 直 し 案 の 検 討 状 況 について 資 料 1-1 項 目 名 検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 都 道 府 県 担 当 者 との 意 見 交 換 では 結 果 精 度 の 低 下 に 伴 い 結 果 が 活 用 されなくなった 場 合 の 員 のモチベーション 低 下 の 可 能 性 や 員 の 配 置 換 え 等 についての 考 慮 が 必 要 との 意

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 81,619 27,450,520 1,365,377 4,783,695 17.4%

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

市 の 人 口 密 度 は 5,000 人 を 超 え 図 4 人 口 密 度 ( 単 位 : 人 /k m2) に 次 いで 高 くなっている 0 5,000 10,000 15,000 首 都 圏 に 立 地 する 政 令 指 定 都 市 では 都 内 に 通 勤 通 学 する 人 口 が 多

市 の 人 口 密 度 は 5,000 人 を 超 え 図 4 人 口 密 度 ( 単 位 : 人 /k m2) に 次 いで 高 くなっている 0 5,000 10,000 15,000 首 都 圏 に 立 地 する 政 令 指 定 都 市 では 都 内 に 通 勤 通 学 する 人 口 が 多 政 令 指 定 都 市 市 の 特 徴 ~ 他 都 市 等 との 比 較 と 政 策 の 方 向 性 市 が 政 令 指 定 都 市 となって 4 年 経 過 した 2007( 平 成 19) 年 4 月 に 市 と 市 が 加 わり 政 令 指 定 都 市 は 全 国 で 17 市 となった そこで 改 めて 他 の 政 令 指 定 都 市 と 比 較 分 析 を 実 施 した 図 1 政 令 指

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

全設健発第     号

全設健発第     号 全 設 健 発 第 114 号 平 成 28 年 2 月 23 日 事 業 主 殿 全 国 設 計 事 務 所 健 康 保 険 組 合 理 事 長 石 井 純 公 印 省 略 健 康 保 険 法 の 改 正 の ご 案 内 等 に つ い て 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 当 健 康 保 険 組 合 の 運 営 につきましては 日 頃 よりご 協 力 いただき 厚

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考 石 井 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 6,69 8,136,675 373,713 1,54,11 18.95 19.18 () 職 員 給 与

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378> 6 同 行 援 護 について 同 行 援 護 とは 視 覚 障 害 により 移 動 に 著 しい 困 難 を 有 する 障 害 者 等 につき 外 出 時 において 当 該 障 害 者 等 に 同 行 し 移 動 に 必 要 な 情 報 を 提 供 する とともに 移 動 の 援 護 その 他 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 便 宜 を 供 与 することをいう ( 障 害 者 自 立 支

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8> 第 2 章 住 まい まちづくりの 課 題 これまで 整 理 した 能 代 市 の 住 宅 住 環 境 の 現 況 及 び 住 民 意 向 調 査 結 果 上 位 関 連 計 画 等 を 考 慮 すると 1. 高 齢 化 の 進 展 2. 社 会 ニーズの 多 様 化 3. 住 宅 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 4. 能 代 市 独 自 の 地 域 性 5. 市 営 住 宅 ストックの 質

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 )24 年 度 の (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 件 費 率 25 年 度 千 円 千 円 千 円 % % 61,419 20,666,887 1,276,279 4,024,627

More information