1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等"

Transcription

1 北 見 市 障 害 福 祉 サービス 請 求 等 ( 地 域 生 活 支 援 事 業 除 く)の 手 引 き - 目 次 - 1. 対 象 サービス 障 害 福 祉 サービスの 流 れ( 概 要 ) 契 約 -4- 受 給 者 証 への 記 載 契 約 内 容 報 告 書 についてはこちら 4. サービス 提 供 -5- 計 画 サービス 提 供 の 確 認 についてはこちら 5. 請 求 -6- 利 用 者 負 担 額 上 限 額 管 理 過 誤 調 整 事 務 についてはこちら 6. 各 サービスの 留 意 事 項 訪 問 サービス( 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 行 動 援 護 ) 中 活 動 系 サービス( 生 活 介 護 自 立 訓 練 ( 機 能 訓 練 生 活 訓 練 ) 就 労 移 行 支 援 就 労 継 続 支 援 ) -19- 相 談 支 援 ( 計 画 相 談 支 援 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) -20- 共 同 生 活 介 護 共 同 生 活 援 助 施 設 入 所 支 援 短 期 入 所 児 童 発 達 支 援 放 課 後 等 デイサービス -24- 掲 載 様 式 一 覧 表 -25- 北 見 市 保 健 福 祉 部 社 会 福 祉 課 平 成 25 年 10 月 1 ( 初 版 ) 請 求 の 手 引 きに 関 するお 問 い 合 わせは 北 見 市 保 健 福 祉 部 社 会 福 祉 課 (TEL) (FAX) 各 種 様 式 については 北 見 市 ホームページからダウンロードができます ( 掲 載 様 式 一 覧 表 参 照 ) 随 時 手 引 きの 更 新 を 行 いますので 最 新 版 についても 北 見 市 ホームページにてご 確 認 ください 1

2 1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等 乗 降 介 助 ) 重 度 の 肢 体 不 自 由 者 で 常 時 介 護 を 要 する 方 の 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 外 出 時 の 移 動 介 護 を 行 う 視 覚 障 害 により 移 動 に 著 しい 困 難 を 有 する 方 の 外 出 時 の 移 動 に 同 行 必 要 な 情 報 の 提 供 及 び 必 要 な 支 援 を 行 う 介 護 給 付 訓 練 等 給 付 中 活 動 系 居 住 系 中 活 動 系 行 動 援 護 知 的 障 害 又 は 精 神 障 害 により 行 動 が 困 難 で 常 に 介 護 が 必 要 な 方 に 行 動 する 際 の 介 助 を 行 う 重 度 障 害 者 等 包 括 支 援 短 期 入 所 生 活 介 護 療 養 介 護 常 時 介 護 を 要 し その 必 要 の 程 度 が 著 しく 高 い 方 への 居 宅 介 護 その 他 サービスの 包 括 的 なサ ービス 提 供 を 行 う 居 宅 で 介 護 する 方 が 病 気 の 場 合 などに 短 期 間 夜 間 も 含 め 施 設 で 入 浴 排 せつ 食 事 介 護 などを 行 う 常 時 介 護 を 要 する 方 に 主 に 昼 間 入 浴 や 排 せつ 食 事 介 護 を 行 うとともに 創 作 的 活 動 又 は 生 産 活 動 の 機 会 提 供 を 行 う 医 療 と 常 時 介 護 を 必 要 とする 方 に 昼 間 医 療 機 関 で 機 能 訓 練 や 療 養 上 の 管 理 看 護 介 護 及 び 常 生 活 の 世 話 などを 行 う 施 設 入 所 支 援 施 設 に 入 所 する 方 に 主 に 夜 間 において 入 浴 排 せつ 食 事 介 護 などを 行 う 共 同 生 活 介 護 (CH) 共 同 生 活 をする 住 居 で 主 に 夜 間 において 入 浴 排 せつ 食 事 介 護 などを 行 う 自 立 訓 練 ( 機 能 訓 練 生 活 訓 練 ) 自 立 した 生 活 又 は 社 会 生 活 を 営 むことができるよう 身 体 機 能 又 は 生 活 能 力 の 向 上 のために 必 要 な 訓 練 を 行 う 就 労 移 行 支 援 就 労 を 希 望 する 方 に 就 労 に 必 要 な 知 識 及 び 能 力 の 向 上 のために 必 要 な 訓 練 を 行 う 就 労 継 続 支 援 雇 用 が 困 難 な 人 への 就 労 機 会 の 提 供 と 生 活 活 動 などを 通 じて 知 識 能 力 の 向 上 のために 必 要 (A 型 B 型 ) な 訓 練 を 行 う 居 住 系 共 同 生 活 援 助 (GH) 共 同 生 活 をする 住 居 で 主 に 夜 間 において 相 談 その 他 の 常 生 活 上 の 援 助 を 行 う 計 画 相 談 支 援 障 害 児 相 談 支 援 地 域 相 談 支 援 児 童 発 達 支 援 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 医 療 型 児 童 発 達 支 援 放 課 後 等 デイサービス 保 育 所 等 訪 問 支 援 障 害 福 祉 サービスの 申 請 変 更 申 請 若 しくは 地 域 相 談 支 援 の 申 請 に 係 る 障 がい 者 について 心 身 の 状 況 や 環 境 サービス 利 用 に 関 する 意 向 等 を 勘 案 し サービス 等 利 用 計 画 ( 案 ) を 作 成 支 給 決 定 後 各 事 業 所 等 と 調 整 の 上 サービス 利 用 等 計 画 を 作 成 する (サービス 利 用 支 援 障 害 児 支 援 利 用 援 助 ) 又 定 期 的 にサービス 利 用 計 画 の 見 直 しを 行 い 必 要 に 応 じて 各 事 業 所 等 との 連 絡 調 整 や 当 該 障 がい 者 への 申 請 勧 奨 等 を 行 う ( 継 続 サービス 利 用 支 援 継 続 障 害 児 支 援 利 用 援 助 ) 主 に 長 期 に 障 害 者 支 援 施 設 等 に 入 所 している 障 がい 者 又 は 精 神 科 病 院 に 入 院 している 精 神 障 がい 者 につき 住 居 の 確 保 その 他 の 地 域 における 生 活 に 移 行 するための 活 動 に 関 する 相 談 その 他 の 必 要 な 支 援 を 行 う 居 宅 において 単 身 等 で 生 活 する 障 がい 者 につき 常 時 の 連 絡 体 制 を 確 保 し 障 がい 者 の 特 性 に 起 因 して 生 じた 緊 急 の 事 態 等 に 相 談 その 他 必 要 な 支 援 を 行 う 常 生 活 における 基 本 的 な 動 作 の 指 導 知 識 技 能 の 付 与 集 団 生 活 への 適 応 訓 練 など 必 要 な 支 援 を 行 う 肢 体 不 自 由 があり 理 学 療 法 等 の 機 能 訓 練 又 は 医 療 的 管 理 下 での 支 援 が 必 要 と 認 められた 障 が い 児 に 対 し 児 童 発 達 支 援 及 び 治 療 を 行 う 授 業 の 終 了 又 は 学 校 の 休 業 に 児 童 発 達 支 援 センター 等 の 施 設 に 通 わせ 生 活 能 力 の 向 上 の ために 必 要 な 訓 練 社 会 との 交 流 の 促 進 その 他 必 要 な 支 援 を 行 う 保 育 所 等 を 訪 問 し 障 害 児 に 対 して 他 の 児 童 との 集 団 生 活 への 適 応 のため 専 門 的 な 支 援 等 を 行 う 2

3 2. 障 害 福 祉 サービスの 流 れ( 概 要 ) (1) 相 談 からサービス 等 利 用 計 画 の 作 成 までの 流 れ (2) 契 約 (3) サービス 提 供 介 護 給 付 費 訓 練 等 給 付 費 (4) 請 求 等 介 護 給 付 費 訓 練 等 給 付 費 (5) 受 領 事 業 者 利 用 者 間 で 契 約 締 結 後 事 業 所 はサービス 提 供 を 開 始 します 契 約 時 の 留 意 点 重 要 事 項 を 記 した 文 書 を 交 付 して 説 明 を 行 い サービス 提 供 の 開 始 について 利 用 申 込 者 の 同 意 を 得 なければなりません 受 給 者 証 の 内 容 を 確 認 し 契 約 内 容 を 記 載 します 契 約 内 容 報 告 書 を 北 見 市 社 会 福 祉 課 に 提 出 します サービス 提 供 にあたって 事 前 に 作 成 した 各 サービスの 個 別 支 援 計 画 に 基 づき 月 のサービス 提 供 計 画 を 立 てます ( 提 供 時 内 容 等 具 体 的 な 計 画 ) サービス 提 供 の 都 度 サービスの 具 体 内 容 等 を 記 載 し 提 示 の 上 確 認 並 びに 自 署 又 は 押 印 を 求 めます (シャチハタ 印 鑑 の 使 用 はできません ) また 報 酬 請 求 に 係 るサービス 実 績 記 録 票 の 記 録 確 認 についても 同 様 に 行 います サ ービス 提 供 の 記 録 は 原 則 5 年 間 事 業 所 に 保 管 をします 事 前 に 立 てたサービス 提 供 計 画 に 基 づき 請 求 を 行 います 請 求 書 請 求 明 細 書 サービス 提 供 実 績 記 録 票 の 3 種 類 のデータを 作 成 します 国 保 連 合 会 電 子 請 求 システムを 通 じて サービス 提 供 翌 月 10 までに 請 求 データを 伝 送 します 請 求 内 容 等 に 誤 りがなければ 請 求 月 の 翌 月 (サービス 提 供 月 の 翌 々 月 )15 ごろに 報 酬 が 支 払 われます 市 から 支 払 を 受 けた 時 は 本 来 の 受 領 者 である 利 用 者 に 対 して 代 理 受 領 した 金 額 等 を 書 面 により 通 知 します 毎 月 利 用 者 一 人 一 人 に 必 ず 交 付 することが 必 要 です 支 払 後 請 求 内 容 に 誤 りが 判 明 した 場 合 過 誤 調 整 を 行 います 3

4 3. 契 約 (1) 重 要 事 項 を 記 した 文 書 を 交 付 して 説 明 を 行 い サービス 提 供 の 開 始 について 利 用 申 込 者 の 同 意 を 得 なければなりません (2) 受 給 者 証 の 内 容 を 確 認 します (3) 受 給 者 証 に 契 約 内 容 を 記 載 します (4) 契 約 内 容 報 告 書 を 北 見 市 社 会 福 祉 課 に 提 出 します 契 約 に 当 たって 受 給 者 証 の 内 容 をご 確 認 ください 確 認 事 項 : 受 給 資 格 ( 当 該 サービスの 支 給 決 定 の 有 無 有 効 期 間 ) 決 定 支 給 量 加 算 内 容 利 用 者 負 担 等 受 給 者 証 の 種 類 障 害 福 祉 サービス 受 給 者 証 地 域 相 談 支 援 事 業 受 給 者 証 通 所 受 給 者 証 契 約 支 給 量 の 総 量 は 受 給 者 証 に 記 載 されている 決 定 の 支 給 量 を 超 えてはなりません * 受 給 者 証 の 内 容 は 更 新 時 以 外 にも 変 更 される 可 能 性 がありますので 毎 月 定 期 的 にご 確 認 ください 契 約 締 結 後 受 給 者 証 に 契 約 内 容 を 記 載 します 契 約 締 結 時 契 約 終 了 時 及 び 契 約 量 変 更 時 にそれぞれ 記 入 が 必 要 となります 事 業 者 記 入 欄 は 番 号 順 に 記 入 します サービス 内 容 ごとに 一 つの 欄 を 使 用 します 事 業 者 名 を 指 定 することがで きる 確 認 印 を 押 印 します 番 号 事 業 者 及 びその 事 業 所 の 名 称 サービス 内 容 事 業 者 確 認 印 契 約 支 給 量 月 分 印 1 契 約 平 成 年 月 当 該 支 給 量 による サービス 提 供 終 了 月 サービス 提 供 終 了 月 の 終 了 までの 既 提 供 量 ( 各 サービス) 事 業 者 記 入 欄 平 成 年 月 分 事 業 所 事 業 者 確 認 印 番 号 事 業 者 及 びその 事 業 所 の 名 称 短 期 入 所 事 業 者 実 績 記 入 欄 実 施 平 成 年 月 から 数 月 累 計 事 業 者 確 認 印 園 印 平 成 年 月 まで 平 成 年 月 から 平 成 年 月 まで 平 成 年 月 から 平 成 年 月 まで 変 更 の 場 合 変 更 前 の 契 約 について 終 了 の 記 載 をし 新 たに 契 約 した 内 容 ( 新 たな 契 約 支 給 量 並 びに 変 更 した )について 事 業 者 記 入 欄 の 最 も 若 い 未 記 入 の 事 業 者 記 入 欄 に 記 入 します 新 規 契 約 時 既 に 同 一 サービスで 別 事 業 者 と 契 約 がある 場 合 決 定 支 給 量 から 既 に 記 入 されている 契 約 支 給 量 を 差 引 いた 残 りの 決 定 支 給 量 の 範 囲 内 で 契 約 を 締 結 します 前 事 業 者 との 契 約 終 了 後 同 一 月 内 に 同 一 サービス 内 容 の 新 規 契 約 を 別 の 事 業 者 が 行 う 場 合 前 事 業 者 との 契 約 が 終 了 した 後 に 新 たに 契 約 を 行 う 事 業 者 は 決 定 支 給 量 の 範 囲 内 での 契 約 となります ただし 当 該 契 約 終 了 月 ( 新 規 契 約 月 )においては 前 事 業 者 が 事 業 者 記 入 欄 に 記 入 したサービス 提 供 月 中 の 終 了 まで の 既 提 供 量 を 受 給 者 証 により 確 認 し その 月 の 決 定 支 給 量 から 当 該 サービス 提 供 終 了 月 の 既 提 供 量 を 差 し 引 いた 残 りの 支 給 量 を 超 えない 範 囲 でサービス 提 供 を 行 います 契 約 内 容 ( 障 害 福 祉 サービス 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 ( 様 式 第 26 号 )にて その 内 容 を 遅 滞 なく 報 告 します 契 約 締 結 時 契 約 終 了 時 及 び 契 約 量 変 更 時 にそれぞれ 報 告 が 必 要 となります 契 約 内 容 報 告 書 の 提 出 先 は 当 該 受 給 者 の 支 給 決 定 市 町 村 です 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 の 番 号 は 受 給 者 証 に 記 入 した 番 号 を 記 載 します ( 上 図 グレースケール 部 分 の 番 号 ) 4

5 4. サービス 提 供 (1) 各 サービスの 個 別 支 援 計 画 に 基 づいて 事 前 に 月 の 具 体 的 な 時 や 内 容 についてサービス 提 供 計 画 を 立 てます 計 画 に 基 づいてサービス 提 供 を 行 います (2) サービス 提 供 の 都 度 サービス 提 供 の 内 容 を 記 録 し その 記 載 内 容 を 提 示 利 用 者 の 確 認 ( 押 印 又 は 自 署 ) を 求 めます また 請 求 の 根 拠 となるサービス 提 供 実 績 記 録 票 ( 以 降 実 績 記 録 票 とします ) にも 同 様 に 記 録 し 利 用 者 確 認 を 求 めます (3) 計 画 に 変 更 があった 場 合 その 都 度 計 画 を 見 直 し 利 用 者 に 確 認 を 求 めます 個 別 支 援 計 画 サービスの 支 援 内 容 や 決 定 支 給 量 の 考 え 方 については 事 前 に 北 見 市 社 会 福 祉 課 にご 確 認 ください 中 活 動 系 サービスは 単 位 でサービス 提 供 計 画 を 立 てます 支 給 決 定 内 容 等 に 変 更 がある 場 合 がありますので 毎 月 必 ず 受 給 者 証 をご 確 認 ください サービス 提 供 の 確 認 具 体 的 に 提 供 具 体 的 内 容 実 績 数 利 用 者 負 担 額 加 算 の 算 定 にあたる 支 援 等 を 記 録 しなければなりません ( 支 援 記 録 の 決 まった 様 式 はありません ) 居 住 系 サービス( 施 設 入 所 支 援 等 )において において 外 泊 など 通 常 と 異 なる 利 用 が 生 じた 場 合 はその 都 度 確 認 するといった 方 法 を 併 用 することで 対 応 が 可 能 と 判 断 される 場 合 には 一 月 分 を 月 末 又 は 翌 月 の 初 旬 に 一 括 して 確 認 を 求 めても 差 し 支 えありません 請 求 に 際 しては 厚 生 労 働 省 が 示 しているサービス 提 供 実 績 記 録 票 の 様 式 をご 利 用 ください この 様 式 には 各 種 加 算 算 定 等 の ために 必 要 な 欄 が 設 けられています 必 要 項 目 が 省 略 された 独 自 の 様 式 は 請 求 の 根 拠 とみなすことが 出 来 ない 場 合 があります のでご 注 意 ください サービスごとに 記 録 確 認 した 実 績 記 録 票 ( 原 本 )は 原 則 5 年 間 事 業 所 に 保 管 します 実 績 記 録 票 ( 原 本 )をもとに 国 保 連 合 会 へ 伝 送 する 実 績 記 録 票 データを 作 成 します ( 国 保 連 伝 送 用 に 作 成 した 実 績 記 録 票 データ の 印 刷 帳 票 に 利 用 者 印 を 求 めることは サービス 提 供 の 都 度 記 録 し 確 認 を 求 めるという 趣 旨 に 沿 いませんので ご 注 意 ください ) 毎 月 の 北 見 市 社 会 福 祉 課 への 実 績 記 録 票 ( 原 本 )の 提 出 は 不 要 ですが 必 要 に 応 じて 内 容 の 確 認 をさせていただくことがありま す 計 画 と 請 求 の 考 え 方 原 則 として サービス 提 供 計 画 に 基 づき 請 求 を 行 います 計 画 と 実 際 のサービス 提 供 に 少 々の 誤 差 があった 場 合 ( 例 :10 分 早 くサービス 提 供 を 終 了 した 5 分 延 長 した 等 ) 実 績 記 録 票 のサービス 提 供 欄 には 実 際 の 提 供 を 記 載 します 請 求 については 概 ね 計 画 通 りであるため サービス 提 供 計 画 に 基 づいた 請 求 を 行 います キャンセルや 突 発 的 な 計 画 の 変 更 (30 分 以 上 のサービスの 短 縮 延 長 追 加 等 )の 申 出 があった 場 合 及 び 記 載 に 誤 りがあった 場 合 申 出 の 都 度 事 前 に 立 てていた 計 画 を 見 直 し 利 用 者 確 認 の 上 計 画 の 修 正 を 行 います 記 載 誤 りがあった 場 合 についても 上 記 と 同 様 に 利 用 者 確 認 の 上 誤 りのある 箇 所 について 修 正 を 行 います 実 績 記 録 票 修 正 の 例 ( 居 宅 介 護 ) 訪 問 系 サービス 中 活 動 系 サービス 居 住 系 サービス 地 域 相 談 支 援 すべて 同 様 の 取 扱 いとなります 派 曜 居 宅 介 護 計 画 サービス 提 供 算 定 数 遣 付 サービス 計 画 数 人 サービス 利 用 者 内 容 乗 降 数 提 供 者 印 確 認 印 開 始 終 了 乗 降 開 始 1 火 身 体 9:00 11: :00 11: 印 印 3 木 家 事 12:00 13:00 13:30 印 終 了 12:00 13: 印 印 5 土 身 体 17:00 19: :00 19: 印 印 修 正 部 分 を 二 重 線 で 見 え 消 しし 利 用 者 確 認 印 を 求 めます 変 更 の 場 合 は 余 白 に 正 しい 内 容 を 書 き 込 みます 実 績 記 録 票 を 修 正 する 際 は 新 たに 実 績 記 録 票 を 作 成 するのではなく もともと 使 用 していた 実 績 記 録 票 に 修 正 を 行 います 5

6 5. 請 求 (1) インターネットを 利 用 して 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 ( 国 保 連 )に 電 子 請 求 を 行 います 時 期 提 供 翌 月 月 初 ~ 中 頃 提 供 翌 月 10 まで 請 求 月 10 以 降 請 求 翌 月 15 頃 支 払 確 定 後 内 容 北 見 市 社 会 福 祉 課 から 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 所 の 基 本 情 報 ( 事 業 所 名 事 業 所 番 号 サービス 内 容 加 算 情 報 等 )を 国 保 連 に 送 ります 事 業 所 情 報 として 登 録 されます ( 下 図 1) 北 見 市 社 会 福 祉 課 から 障 害 福 祉 サービス 支 給 決 定 障 がい 者 等 の 基 本 情 報 支 給 決 定 情 報 ( 支 給 決 定 者 名 受 給 者 証 番 号 利 用 者 負 担 額 障 害 程 度 区 分 利 用 者 負 担 額 上 限 管 理 事 業 所 情 報 支 給 決 定 内 容 支 給 決 定 量 支 給 決 定 期 間 等 )を 国 保 連 に 送 ります 受 給 者 情 報 として 登 録 されます ( 下 図 2) 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 所 から 作 成 した 請 求 情 報 ( 請 求 書 請 求 明 細 書 実 績 記 録 票 等 )を 電 子 請 求 します 北 見 市 の 市 町 村 番 号 は です 下 図 12で 登 録 された 各 情 報 と3 請 求 情 報 に 相 違 ないか 等 国 保 連 にて 点 検 が 行 われます この 段 階 で 請 求 内 容 に 誤 りがあるものは 返 戻 となります 国 保 連 から3で 処 理 された 請 求 情 報 が 北 見 市 に 送 付 され 北 見 市 にて 審 査 点 検 を 行 います 請 求 内 容 に 誤 り があると 思 われる 場 合 北 見 市 社 会 福 祉 課 から 連 絡 させていただきます 確 定 した 請 求 金 額 が 支 払 われます 事 業 所 等 における 自 主 点 検 により 支 払 われた 請 求 内 容 に 誤 りがあった 場 合 事 前 に 北 見 市 社 会 福 祉 課 へ 連 絡 の 上 過 誤 申 立 申 請 書 を 提 出 する 必 要 があります 毎 月 1 ~10 3 請 求 情 報 送 信 障 害 福 祉 サービス 利 用 者 契 約 サービス 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 支 払 額 振 込 国 保 連 合 会 申 請 代 理 受 領 の お 知 らせ 請 求 指 定 申 請 4 事 業 者 情 報 受 給 者 情 報 と 請 求 内 容 に 相 違 がないか 点 検 5 請 求 内 容 の 審 査 点 検 支 給 決 定 支 払 指 定 1 事 業 者 情 報 2 受 給 者 情 報 送 付 北 見 市 社 会 福 祉 課 ( 基 準 該 当 事 業 所 及 び 計 画 相 談 事 業 所 ) 返 戻 請 求 内 容 が 不 適 切 であったり 国 保 連 に 登 録 された 事 業 所 情 報 受 給 者 情 報 と 請 求 内 容 に 相 違 があったりした 場 合 事 業 所 に 請 求 情 報 が 戻 されることです 請 求 内 容 の 修 正 を 行 い 再 度 請 求 を 行 ってください 過 誤 取 り 下 げ 誤 った 請 求 額 で 支 払 われた 場 合 市 町 村 に 申 し 出 をし 請 求 の 取 り 下 げを 行 うことです 再 度 正 しい 内 容 で 請 求 を 行 うことで 過 誤 調 整 をします 詳 細 は 後 述 します 6

7 (2) 報 酬 額 の 算 定 に 当 たっては 厚 生 労 働 省 のホームページ 等 で 基 準 や 告 示 等 確 認 お 願 いいたします (3) 法 定 代 理 受 領 事 業 所 が 利 用 者 に 代 わり 市 町 村 から 給 付 費 を 受 領 するしくみのことをいいます 法 定 代 理 受 領 により 市 町 村 から 障 害 福 祉 サービス に 係 る 給 付 費 の 支 給 を 受 けた 場 合 は 利 用 者 に 対 しその 額 を 通 知 しなければなりません (4) 報 酬 の 算 定 利 用 者 個 人 単 位 サービス 提 供 月 ごとに 利 用 数 ( 数 )に 応 じた 支 払 となります 基 本 報 酬 の 算 定 単 位 数 表 でサービスごとに 定 められた 単 位 に 地 域 ごとの 1 単 位 単 価 を 乗 じて 得 た 額 が 報 酬 の 額 となります 利 用 者 1 人 あたりの 報 酬 (1 ヶ 月 あたり) = 合 計 報 酬 単 位 数 10 円 ( 単 位 を 円 に 換 算 ) 地 域 区 分 ごとの 割 合 * 北 見 市 の 地 域 区 分 率 は 下 記 のとおり * 北 見 市 の 地 域 区 分 率 級 地 : その 他 区 分 率 : 1000/1000 加 算 の 算 定 基 本 報 酬 の 算 定 のほかに 各 種 加 算 の 算 定 を 行 います 各 種 加 算 の 算 定 について 北 海 道 に 届 出 が 必 要 な 加 算 とサービス 提 供 の 実 績 に 基 づいて 算 定 する 加 算 との 主 に2 種 類 があります 報 酬 告 示 や 留 意 事 項 通 知 をよくお 読 みいただき 届 出 算 定 を 行 ってください ( 算 定 誤 りがあると 過 誤 調 整 が 必 要 となります ) (5) 利 用 者 負 担 額 ( 月 額 ) 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 所 はサービス 提 供 をした 際 当 支 給 決 定 障 がい 者 等 から 利 用 者 負 担 額 の 支 払 を 受 けます ただし 費 用 の 1 割 を 上 限 とします 利 用 者 負 担 額 の 支 払 を 受 けた 場 合 領 収 証 を 交 付 します 利 用 者 負 担 上 限 額 は 受 給 者 証 に 記 載 されています 定 期 的 にご 確 認 ください 利 用 者 負 担 上 限 額 は 支 給 決 定 障 がい 者 等 の 所 得 に 応 じて4 区 分 が 設 定 され それ 以 上 の 負 担 は 生 じません 世 帯 の 範 囲 障 がい 者 (18 歳 以 上 )の 世 帯 : 本 人 と 配 偶 者 ( 施 設 入 所 の 歳 を 除 く) 障 がい 児 (18 歳 未 満 )の 世 帯 : 保 護 者 の 属 する 住 民 基 本 台 帳 での 世 帯 範 囲 ( 施 設 入 所 の 歳 を 含 む) 区 分 世 帯 の 内 容 利 用 負 担 上 限 月 額 1 生 活 保 護 生 活 保 護 受 給 世 帯 に 属 する 方 0 円 2 低 所 得 市 民 税 非 課 税 世 帯 に 属 する 方 0 円 市 民 税 課 税 世 帯 に 属 する 方 ( 所 得 割 16 万 円 未 満 ) 9,300 円 3 一 般 1 児 童 利 用 の 世 帯 の 場 合 ( 所 得 割 28 万 円 未 満 ) 4,600 円 ( 入 所 施 設 利 用 時 ) 9,300 円 4 一 般 2 市 民 税 課 税 世 帯 に 属 する 方 ( 所 得 割 16 万 円 以 上 ) 児 童 利 用 の 世 帯 の 場 合 ( 所 得 割 28 万 円 以 上 ) 37,200 円 20 歳 以 上 の 施 設 入 所 者 グループホーム ケアホーム 利 用 者 は 市 民 税 課 税 世 帯 に 属 する 方 は 一 般 2 となります (6) 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 について 複 数 事 業 所 を 利 用 し 一 月 あたりの 利 用 者 負 担 額 が 設 定 された 負 担 上 限 月 額 を 超 過 する 場 合 に どの 事 業 者 がいくら 利 用 者 か ら 支 払 を 受 け いくら 市 町 村 に 請 求 をするか を 管 理 調 整 する 事 務 のことです 7

8 利 用 する 複 数 事 業 所 のうち 一 ヶ 所 が 上 限 額 管 理 事 業 者 となり 上 限 額 管 理 事 務 を 行 います 対 象 者 : 下 記 のすべてを 満 たす 方 が 利 用 者 負 担 の 上 限 管 理 の 対 象 となります 障 害 者 総 合 支 援 法 及 び 児 童 福 祉 法 をまたがるサービスについては 上 限 管 理 を 行 いません それぞれの 法 内 での 管 理 となります 1 利 用 者 負 担 額 が 0 円 でない 方 2 一 月 に 複 数 事 業 所 を 利 用 している 方 (サービス 種 類 が 異 なっていても 事 業 所 番 号 が 同 一 の 場 合 はひとつとみなします ) 3 一 月 あたりの 利 用 者 負 担 上 限 月 額 を 超 過 することが 見 込 まれる 方 新 たに 上 限 額 管 理 の 必 要 性 が 発 生 した 場 合 及 び 上 限 額 管 理 事 業 者 を 変 更 する 場 合 北 見 市 社 会 福 祉 課 に 利 用 者 負 担 上 限 管 理 依 頼 ( 変 更 ) 届 出 書 をご 提 出 ください 受 給 者 証 に 上 限 管 理 の 有 無 と 上 限 額 管 理 事 業 者 名 が 記 載 されるとともに 国 保 連 に 上 限 額 管 理 事 業 者 情 報 が 登 録 されて 請 求 が 可 能 となります 受 給 者 証 をご 確 認 ください 上 限 額 管 理 事 業 所 は 提 供 されるサービス 量 生 活 面 を 含 めた 利 用 者 との 関 係 性 ( 利 用 者 負 担 を 徴 収 する 便 宜 ) 等 を 勘 案 して 設 定 し ます ( 優 先 順 位 については 下 表 を 参 照 ) 上 限 額 管 理 事 業 所 の 優 先 順 位 ( 障 害 者 総 合 支 援 法 ) 依 頼 書 1 施 設 入 所 療 養 介 護 宿 泊 型 自 立 訓 練 共 同 生 活 介 護 共 同 生 活 援 助 ( 体 験 利 用 除 く) 居 住 系 提 出 2 計 画 相 談 支 援 (モニタリングが 毎 月 ごとに 設 定 されている 方 に 限 る) 必 要 1 3 生 活 介 護 就 労 移 行 支 援 就 労 継 続 支 援 自 立 訓 練 中 活 動 系 4 重 度 訪 問 介 護 居 宅 介 護 同 行 援 護 行 動 援 護 重 度 障 害 者 等 包 括 支 援 訪 問 系 5 短 期 入 所 ( 複 数 事 業 所 利 用 の 場 合 は 月 の 最 後 に 提 供 した 事 業 所 ) 6 共 同 生 活 介 護 共 同 生 活 援 助 ( 体 験 利 用 に 限 る)( 複 数 事 業 所 利 用 の 場 合 は 月 の 最 後 に 提 供 した 事 業 所 ) 同 じ 順 位 の 場 合 は 契 約 量 ( 契 約 数 )の 多 い 順 に 上 限 額 管 理 事 業 所 となる 1 本 来 提 出 は 必 須 ではありませんが 国 保 連 合 会 に 請 求 の 上 で 事 業 所 登 録 が 必 要 なためご 協 力 お 願 いします 提 出 必 要 上 限 額 管 理 結 果 ( 上 限 額 管 理 結 果 は 下 記 の 3 通 りとなります 上 限 額 管 理 結 果 票 に 記 載 します ) 1 管 理 事 業 所 で 利 用 者 負 担 額 を 充 当 したため 他 事 業 所 の 利 用 者 負 担 は 発 生 しない 2 利 用 者 負 担 額 の 合 算 額 が 負 担 上 限 月 額 以 下 のため 調 整 事 務 は 行 わない 3 利 用 者 負 担 額 の 合 算 額 が 負 担 上 限 月 額 を 超 過 するため 調 整 する 上 限 額 管 理 事 務 の 流 れ( 一 例 として) 程 上 限 額 管 理 結 果 1の 場 合 上 限 額 管 理 結 果 23の 場 合 1 サービス 提 上 限 額 管 理 事 業 所 は 関 係 事 業 所 に 対 し 利 用 者 供 月 中 上 限 額 管 理 事 業 所 のみにおいて 当 該 月 の 利 負 担 額 一 覧 表 の 提 出 を 依 頼 します 2 用 者 負 担 額 が 負 担 上 限 月 額 に 達 した 時 点 で サービス 提 関 係 事 業 所 は 事 業 所 番 号 単 位 で 利 用 者 負 担 額 関 係 事 業 所 に 対 し 利 用 者 負 担 額 一 覧 表 供 翌 月 3 を 算 出 して 上 限 額 管 理 事 業 所 に 利 用 者 負 担 の 提 出 が 不 要 である 旨 を 通 知 します 位 まで 額 一 覧 表 を 提 供 します サービス 提 供 翌 月 6 位 まで サービス 提 供 翌 月 10 まで サービス 提 供 後 上 限 額 管 理 事 業 者 は 上 限 額 管 理 事 業 者 は 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 結 果 票 に 提 出 された 利 用 者 負 担 額 一 覧 表 に 基 づき 1 各 関 係 事 業 者 の 管 理 結 果 後 利 用 者 負 担 1 作 成 し 額 (0 円 )のみを 記 載 し 2 上 限 額 管 理 対 象 者 に 確 認 を 求 め 2 上 限 額 管 理 対 象 者 に 確 認 を 求 め 3 各 関 係 事 業 所 に 送 付 します 3 各 関 係 事 業 所 に 送 付 します 国 保 連 請 求 データを 伝 送 する 明 細 書 の 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 結 果 情 報 を 登 録 します * 上 限 額 管 理 事 業 者 は 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 結 果 票 データを 送 付 します 上 限 額 管 理 事 業 者 及 び 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 結 果 票 を 受 け 取 った 関 係 事 業 所 は 上 限 額 管 理 対 象 者 の 請 求 明 細 書 に 1 実 績 記 録 票 2 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 結 果 票 を 添 付 し 保 管 します 8

9 上 限 額 管 理 を 行 うと 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 加 算 (150 単 位 / 月 )を 算 定 することができます (8P 上 限 額 管 理 事 業 所 の 優 先 順 位 表 の1の 事 業 所 は 算 定 対 象 外 です) 管 理 事 業 所 におけるサービス 提 供 がない 月 で 関 係 事 業 所 でのサービス 提 供 がある 月 は 上 限 額 管 理 が 必 要 です それに 伴 い 利 用 者 負 担 上 限 管 理 結 果 票 の 作 成 が 必 要 となり 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 加 算 の 算 定 ができます 管 理 事 業 所 におけるサービス 提 供 がある 月 で 関 係 事 業 所 でのサービス 提 供 がない 月 は 上 限 額 管 理 が 不 要 です それに 伴 い 利 用 者 負 担 上 限 管 理 結 果 票 の 作 成 が 不 要 となり 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 加 算 の 算 定 ができません 上 限 額 管 理 結 果 3の 例 負 担 額 9,300 円 の 利 用 者 が A( 上 限 額 管 理 事 業 所 ) B Cの 3 事 業 所 を 下 記 のとおり 利 用 している 場 合 A 事 業 所 B 事 業 所 C 事 業 所 1 総 費 用 額 60,000 円 40,000 円 20,000 円 2 1 割 負 担 額 6,000 円 4,000 円 2,000 円 3 市 町 村 請 求 額 (1-2) 54,000 円 36,000 円 18,000 円 4 管 理 結 果 後 負 担 額 6,000 円 3,300 円 0 5 管 理 結 果 後 市 町 村 請 求 額 (1-4) 54,000 円 36,700 円 20,000 円 請 求 後 に 利 用 者 負 担 額 に 誤 りが 判 明 した 場 合 は 過 誤 調 整 が 必 要 です 上 記 手 続 きの 通 り 再 度 調 整 し 利 用 者 確 認 各 事 業 所 への 連 絡 の 上 再 請 求 を 行 ってください 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 結 果 票 に 変 更 がある 場 合 は 国 保 連 へ 再 度 データを 送 付 します 障 害 者 総 合 支 援 法 にかかる 福 祉 サービス( 短 期 入 所 居 宅 介 護 等 )と 児 童 福 祉 法 にかかる 児 童 発 達 支 援 等 サービス 間 においては 上 限 管 理 は 行 いません ( 上 限 負 担 額 を 超 えた 場 合 は 高 額 障 害 福 祉 サービス 等 給 付 費 高 額 障 害 児 入 所 給 付 費 高 額 障 害 児 通 所 給 付 費 にて 償 還 払 いとなります ) (7) 過 誤 調 整 事 務 過 誤 取 り 下 げ とは 誤 った 請 求 額 で 支 払 われた 場 合 市 町 村 に 申 し 出 をし 請 求 の 取 り 下 げを 行 うことです 再 度 正 しい 内 容 で 請 求 を 行 うことで 過 誤 調 整 をします 過 誤 調 整 には 下 記 の 2 通 りの 方 法 があります 北 見 市 は 同 月 過 誤 で 処 理 しています 同 月 過 誤 : 過 誤 取 り 下 げを 実 施 する 月 と 同 じ 月 に 再 請 求 を 行 い 再 請 求 分 と 返 戻 分 を 同 月 に 調 整 します 再 請 求 を 行 わないと 返 戻 額 が 差 し 引 かれますので ご 注 意 ください 通 常 過 誤 : 過 誤 取 り 下 げを 実 施 する 月 の 翌 月 以 降 に 再 請 求 が 可 能 です 毎 月 北 見 市 にて 請 求 内 容 の 審 査 点 検 を 行 います 請 求 内 容 に 誤 りがあると 思 われる 場 合 北 見 市 から 連 絡 させていただきます 事 業 所 として 自 主 点 検 を 行 われた 結 果 請 求 に 誤 りがあった 場 合 についても 同 様 に 過 誤 調 整 を 行 います なお 過 誤 調 整 により 利 用 者 負 担 額 が 変 更 になる 場 合 は 利 用 者 に 対 して 返 還 または 追 加 徴 収 を 行 います 9

10 同 月 過 誤 調 整 のながれ 時 期 内 容 事 業 者 から 支 払 われた 請 求 内 容 に 誤 りが 判 明 した 場 合 事 前 に 電 話 連 絡 のうえ 下 記 の 書 類 を 北 見 市 社 会 福 祉 課 へご 提 出 ください 提 出 書 類 過 誤 申 立 申 請 書 とともに 正 しい 内 容 に 訂 正 した 書 類 をすべてご 添 付 ください 1 過 誤 申 立 申 請 書 2 正 しい 内 容 の 明 細 書 ( 国 保 連 に 伝 送 するデータを 正 しい 内 容 に 修 正 し 帳 票 印 刷 したもの) 同 月 過 誤 月 の 3 実 績 記 録 票 に 変 更 がある 場 合 のみ 正 しい 内 容 の 実 績 記 録 票 原 本 ( 利 用 者 印 等 のあるもの)のコピー 1 前 月 末 まで 変 更 部 分 だけでなく 当 該 月 のすべての 実 績 記 録 票 が 必 要 です 郵 送 持 参 を 似 て 受 付 けています FAX での 受 付 は 行 っていません 毎 月 締 切 を 設 定 しています 北 見 市 社 会 福 祉 課 にご 確 認 ください 明 細 書 や 実 績 記 録 票 の 提 出 がない 場 合 または 書 類 に 不 備 がある 場 合 は 追 加 提 出 や 差 し 替 え の 提 出 をいただきます すべての 書 類 が 整 った 上 で 国 保 連 合 会 へ 過 誤 取 り 下 げデータを 送 信 しま す 締 切 間 際 に 提 出 された 場 合 は 間 に 合 わない 可 能 性 もありますので あらかじめ 余 裕 をもって ご 提 出 いただきますようお 願 いいたします 同 月 過 誤 月 北 見 市 社 会 福 祉 課 から 2 はじめ 国 保 連 合 会 へ 過 誤 データを 送 信 します 請 求 事 業 者 から 3 (1~10 ) 1.の2 正 しい 内 容 の 明 細 書 どおり 再 請 求 ( 国 保 連 合 会 へ 電 子 請 求 )を 行 ってください 請 求 翌 月 4 前 回 支 払 額 と 再 請 求 分 を 調 整 します 15 前 後 よくある 過 誤 内 容 について 下 記 に 留 意 いただき 過 誤 申 立 を 行 ってください 負 担 額 誤 り 負 担 上 限 額 オーバー 必 要 な 添 付 書 類 : 正 しい 明 細 書 1 利 用 者 負 担 額 に 誤 りがある 場 合 及 び 上 限 月 額 を 超 えて 請 求 がある 場 合 にお 知 らせします 受 給 者 証 にて 利 用 者 負 担 額 をご 確 認 ください 2 複 数 事 業 所 が 関 わっている 場 合 は 上 限 管 理 事 業 所 にご 確 認 ください 3 上 限 額 管 理 事 業 所 が 設 定 されていない 場 合 は 北 見 市 社 会 福 祉 課 に 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 依 頼 ( 変 更 ) 届 出 書 をご 提 出 ください 支 給 量 オーバー 必 要 な 添 付 書 類 : 正 しい 明 細 書 正 しい 実 績 記 録 票 ( 原 本 )のコピーすべて 1 決 定 支 給 量 を 超 えて 請 求 がある 場 合 にお 知 らせします 受 給 者 証 にて 決 定 支 給 量 をご 確 認 ください 2 複 数 事 業 所 が 関 わっている 場 合 は 受 給 者 証 にて 再 度 各 事 業 所 の 契 約 支 給 量 をご 確 認 ください 契 約 支 給 量 を 超 えて 請 求 していた 事 業 所 のみ 過 誤 調 整 を 行 います ( 変 更 のない 事 業 所 は 過 誤 調 整 は 不 要 です ) 3 決 定 支 給 量 を 超 過 して 請 求 した 事 業 所 にて 超 過 分 を 削 る 必 要 があります 原 則 決 定 支 給 量 を 超 過 した 時 点 以 降 のサービス 提 供 ( )から 削 ります 実 績 記 録 票 原 本 を 正 しい 内 容 に 修 正 し 修 正 箇 所 に 利 用 者 確 認 印 を 求 めます 実 績 記 録 票 修 正 の 例 ( 居 宅 介 護 ) 0.5 分 オーバーして 請 求 していた 場 合 付 曜 サービス 内 容 開 始 居 宅 介 護 計 画 サービス 提 供 算 定 数 終 了 計 画 数 乗 降 開 始 終 了 乗 降 派 遣 人 数 サービス 提 供 者 印 利 用 者 確 認 印 27 火 身 体 9:00 11: :00 11: 印 印 29 木 家 事 12:00 13: :00 13: 印 印 31 土 身 体 12:00 13:00 12:30 印 :00 13: : 印 印 訪 問 系 サービス 中 活 動 系 サービス 居 宅 系 サービス 地 域 相 談 支 援 すべて 同 様 の 取 り 扱 いとなります 印

11 障 害 程 度 区 分 誤 り ( 短 期 入 所 生 活 介 護 施 設 入 所 共 同 生 活 介 護 ) 受 給 者 証 にて 障 害 程 度 区 分 をご 確 認 ください 認 定 開 始 にご 注 意 ください 必 要 な 添 付 書 類 : 正 しい 明 細 書 明 細 書 実 績 記 録 票 不 一 致 1 実 績 記 録 票 をもとに 明 細 書 を 作 成 すると 一 致 しない 場 合 にお 知 らせします 国 保 連 に 伝 送 した 実 績 記 録 票 に 誤 りがあるか 作 成 した 明 細 書 に 誤 りがあるかのいずれかです 2 国 保 連 に 伝 送 した 実 績 記 録 票 に 誤 りがあり 明 細 書 ( 請 求 書 )が 正 しい 場 合 は 過 誤 調 整 は 不 要 です 3 明 細 書 ( 請 求 額 )に 誤 りがある 場 合 は 過 誤 調 整 が 必 要 となります 正 しい 明 細 書 と 正 しい 実 績 記 録 票 ( 原 本 )のコピーすべてを 添 付 の 上 過 誤 申 立 を 行 ってください 実 績 記 録 票 に 誤 りがあった 場 合 や 追 加 の 請 求 を 行 う 場 合 すべての 正 しい 内 容 の 実 績 記 録 票 ( 原 本 )のコピーすべて 及 び 正 しい 内 容 の 明 細 書 を 添 付 の 上 過 誤 調 整 を 行 ってください その 他 加 算 の 算 定 誤 り 厚 生 労 働 省 の 報 酬 告 示 や 留 意 事 項 通 知 等 に 照 らし 合 わせ 算 定 の 対 象 とならないと 思 われる 場 合 にお 知 らせします (8) 請 求 に 必 要 な 書 類 について 請 求 書 明 細 書 実 績 記 録 票 を 伝 送 します 明 細 記 載 方 法 * 開 始 年 月 終 了 年 月 利 用 数 入 院 数 及 び 外 泊 数 の 考 え 方 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 行 動 援 護 生 活 介 護 自 立 訓 練 就 労 移 行 支 援 就 労 継 続 支 援 児 童 発 達 支 援 医 療 型 児 童 発 達 支 援 放 課 後 等 デイサービス 保 育 所 等 訪 問 支 援 開 始 年 月 終 了 年 月 一 連 とみなされる 利 用 契 約 の 下 で 最 初 にサービスを 提 供 した 付 を 記 載 します ( 請 求 の 都 度 記 載 ) 一 連 とみなされる 利 用 契 約 を 解 消 し 月 の 途 中 にサービスの 提 供 を 中 止 した 場 合 に 最 後 に サービスを 提 供 した 付 を 記 載 します 開 始 年 月 当 該 施 設 に 入 所 した 付 を 記 載 する ( 請 求 の 都 度 記 載 ) 施 設 入 所 支 援 療 養 介 護 宿 泊 型 自 立 訓 練 短 期 入 所 共 同 生 活 介 護 共 同 生 活 援 助 終 了 年 月 利 用 数 入 院 数 開 始 年 月 終 了 年 月 入 居 年 月 退 去 年 月 入 院 数 外 泊 数 月 の 途 中 に 退 所 した 場 合 に 退 所 した 付 を 記 載 する 退 所 月 の 翌 月 以 降 に 地 域 移 行 加 算 また は 退 所 時 特 別 支 援 加 算 を 算 定 する 場 合 は 当 該 加 算 請 求 時 にも 退 所 年 月 を 記 載 する 同 一 月 内 に 同 一 の 施 設 の 入 退 所 を 繰 り 返 した 場 合 月 初 に 入 所 中 であれば 当 該 入 所 の 年 月 を 記 載 する 月 初 に 入 所 中 でなければ 当 該 月 の 最 初 に 入 所 した 年 月 を 記 載 する 当 該 月 に 実 際 に 入 所 していた 数 を 記 載 する 数 には 入 所 及 び 退 所 を 含 む 入 院 又 は 外 泊 数 ( 入 院 又 は 外 泊 を 開 始 した 及 び 施 設 に 戻 った は 含 まない )は 含 めない 当 該 月 に 入 院 又 は 外 泊 をした 数 ( 入 院 又 は 外 泊 を 開 始 した 及 び 施 設 等 に 戻 った は 含 まない )を 記 載 する 前 月 から 継 続 して 入 所 している 場 合 はその 入 所 した 付 を 記 載 し それ 以 外 の 場 合 は 当 該 月 の 最 初 に 入 所 した 付 を 記 載 する 当 該 月 における 最 初 の 退 所 した 付 を 記 載 する 当 該 月 に 退 所 がなく 月 末 において 入 所 継 続 中 の 場 合 は 記 載 しない 施 設 入 所 療 養 介 護 宿 泊 型 自 立 訓 練 の 開 始 年 月 終 了 年 月 に 準 じる ( について も 同 様 ) 施 設 入 所 療 養 介 護 宿 泊 型 自 立 訓 練 の 利 用 数 入 院 数 に 準 じる 医 療 機 関 を 退 院 後 生 活 共 同 住 居 に 戻 らずそのまま 外 泊 をした 場 合 退 院 は 外 泊 数 にカウントする 11

12 6. 各 サービスの 留 意 事 項 訪 問 系 サービス( 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 行 動 援 護 ) 帯 に 応 じて 報 酬 単 価 が 設 定 されています ( 行 動 援 護 は 除 く) 帯 は 下 記 のとおりです 早 朝 ( 午 前 6 時 から 午 前 8 時 まで) / 中 ( 午 前 8 時 から 午 後 6 時 まで) 夜 間 ( 午 後 6 時 から 午 後 10 時 まで) / 深 夜 ( 午 後 10 時 から 午 前 6 時 まで) の 考 え 方 について サービスコード 表 における 未 満 という 表 記 は その を 含 みます 例 : 1 のサービス 提 供 を 請 求 する 場 合 は 30 分 以 上 1 未 満 の 報 酬 単 価 を 算 定 します 二 人 介 護 について 二 人 のヘルパーが 1 人 の 利 用 者 にサービス 提 供 を 行 う 二 人 介 護 は あらかじめ 支 給 決 定 されている 場 合 に 二 人 介 護 分 の 報 酬 を 算 定 することができます 支 給 決 定 者 は 受 給 者 証 に 記 載 されますので ご 確 認 ください 二 人 介 護 でのサービス 提 供 を 行 った 場 合 は 必 ず 実 績 記 録 票 に 二 人 分 のサービス 提 供 者 印 を 押 印 してください また 請 求 の 際 は 二 人 介 護 の 請 求 コードを 使 用 します 居 宅 介 護 居 宅 介 護 は 下 記 の 4 種 類 があります 身 体 介 護 中 心 型 通 院 等 介 助 中 心 型 ( 身 体 介 護 伴 う 伴 わない のいずれか) 家 事 援 助 中 心 型 通 院 等 乗 降 介 助 中 心 型 1. 居 宅 介 護 における 同 類 型 のサービスを 1 に 複 数 回 算 定 する 場 合 にあっては 概 ね2 以 上 の 間 隔 が 空 いていることとし ます 前 後 のサービスの 間 隔 が 2 未 満 の 場 合 は 前 後 の に 合 わせて 1 連 のサービスとして 算 定 します 例 ) 1 9:00-10: 身 体 介 護 211:00-12: 身 体 介 護 上 記 のサービス 提 供 の 場 合 1と2の 間 隔 が 2 未 満 であるため 回 ではなく 回 の 算 定 となります 2. 提 供 は 30 分 単 位 で 構 成 されています ( 家 事 援 助 は 30 分 以 上 は 15 分 単 位 で 構 成 されています ) 3.1 回 当 たりの 数 を 超 えてサービス 提 供 が 必 要 となった 場 合 は 北 見 市 社 会 福 祉 課 にご 連 絡 ください 身 体 介 護 帯 がまたがる 場 合 サービス 提 供 が 3 までは 算 定 コードが 用 意 されています サービス 提 供 が 3 を 越 える 場 合 は 増 のコードを 使 用 します 帯 がまたがらない 場 合 ( 例 1) (2 ケタ)(4 ケタ) サービス 提 供 算 定 コード 種 類 項 目 8:00~10:00 身 体 中 (6 ケタ) 19:00~22:00 身 体 夜 間 (6 ケタ) 12

13 帯 がまたがる 場 合 ( 例 2) サービス 提 供 算 定 コード 種 類 項 目 7:30~10:30 身 体 早 朝 0.5 中 サービス 提 供 算 定 コード 種 類 項 目 14:30~19:00 身 体 中 身 体 夜 間 増 サービス 提 供 算 定 コード 種 類 項 目 7:45~12:15 身 体 早 朝 0.5 中 身 体 中 増 家 事 援 助 ( 基 本 的 な 算 定 の 考 え 方 は 身 体 介 護 と 同 じ) 帯 がまたがる 場 合 サービス 提 供 が1.5Hまでは 算 定 コードが 用 意 されています サービス 提 供 が1.5Hを 越 える 場 合 は 増 のコードを 使 用 します 帯 がまたがらない 場 合 ( 例 1) (2 ケタ)(4 ケタ) サービス 提 供 算 定 コード 種 類 項 目 8:00~10:00 家 事 中 (6 ケタ) 19:00~22:00 家 事 夜 間 (6 ケタ) 帯 がまたがる 場 合 ( 例 2) サービス 提 供 算 定 コード 種 類 項 目 17:30~19:30 家 事 中 0.5 夜 間 家 事 夜 間 増 サービス 提 供 算 定 コード 種 類 項 目 16:00~19:00 家 事 中 家 事 夜 間 増 サービス 提 供 算 定 コード 種 類 項 目 7:15~9:45 家 事 早 朝 1.0 中 家 事 中 増

14 居 宅 介 護 においてヘルパーが 二 人 でサービス 提 供 を 行 った 場 合 ( 家 事 援 助 の 場 合 ) サービス 提 供 算 定 コード 種 類 項 目 9:00~11:00( 一 人 目 ) 家 事 中 :00~11:30( 二 人 目 ) 家 事 中 人 考 え 方 9:00 11:30 基 本 報 酬 コード 10:00 11:00 二 人 報 酬 コード 二 つのサービス 提 供 をつなげて 始 点 から 終 点 までの を 基 本 報 酬 コード で その の 中 で 二 人 のヘルパーが 重 複 してサービス 提 供 を 行 った を 二 人 報 酬 コード で 算 定 します 一 に 複 数 回 サービス 提 供 がある 場 合 ( 身 体 介 護 の 場 合 ) サービス 提 供 算 定 コード 種 類 項 目 15:00~6:00 27:00~8:00 身 体 深 夜 1.0 早 朝 1.0 中 :00~10:00 考 え 方 :00 6:00 7:00 8:00 9:00 10:00 11:00 1と2と3のサービス 提 供 のいづれも 2 未 満 なので 同 一 のサービスとして をつなげて 算 定 する 減 算 の 場 合 居 宅 介 護 のヘルパーについては ヘルパー 資 格 2 級 以 上 の 資 格 が 前 提 です それ 以 外 の 資 格 の 者 がサービスと 提 供 を 行 った 場 合 減 算 コードを 使 用 します ( 例 :8:00~10:00の 場 合 ) ヘルパー 資 格 3 級 (70/100) 身 体 中 級 重 度 研 修 修 了 者 ( 重 訪 の 所 定 単 位 数 ) 身 体 重 度 研 修 中 通 院 等 介 助 における 院 内 介 助 について 病 院 内 の 移 動 等 の 介 助 は 基 本 的 には 院 内 のスタッフにより 対 応 されるべきものです ただし 通 院 されている 病 院 の 状 況 等 確 認 をした 上 で 場 合 により 算 定 対 象 となりますので 北 見 市 社 会 福 祉 課 にご 確 認 ください 14

15 重 度 訪 問 介 護 15% 加 算 対 象 者 重 度 訪 問 介 護 Ⅰ 7.5% 加 算 対 象 者 重 度 訪 問 介 護 Ⅱ 上 記 以 外 重 度 訪 問 介 護 Ⅲ * 受 給 者 証 をご 確 認 ください 1. 1 複 数 回 のサービス 提 供 を 通 算 して 算 定 します 当 該 の 最 初 のサービス 提 供 1 ( 所 要 1 未 満 ) + その 後 30 分 毎 ( 所 要 1 以 上 ~) という 報 酬 単 価 が 設 定 されています 8 を 区 切 りとして 単 価 設 定 されており 早 朝 夜 間 及 び 深 夜 に 提 供 を 行 った 場 合 は それ ぞれ 所 定 単 位 数 に 加 算 があります 2. 最 初 の1 及 びその30 分 単 位 の 中 で 帯 をまたがる 場 合 帯 ごとの 数 ( 分 数 )が 同 じ 場 合 は 開 始 時 刻 が 属 する 帯 により 算 定 します また 最 初 の1 までは 開 始 時 刻 が 属 する 帯 における 提 供 が30 分 未 満 の 場 合 多 くの を 占 める 帯 の 算 定 基 準 により 算 定 します 同 様 に その 後 30 分 単 位 の 中 で 開 始 時 刻 が 属 する 帯 における 提 供 が 15 分 未 満 の 場 合 多 くの を 占 める 時 間 帯 の 算 定 基 準 により 算 定 します 3. 1 とは0 時 から 24 時 までを 指 すものです 連 続 したサービスであっても 24 時 を 越 えた 時 点 から 翌 のサービス 提 供 と して 最 初 の1 から 改 めて 算 定 することとなる 例 )4 月 1 の 23 時 ~ 翌 1 でのサービス 提 供 の 場 合 4 月 1 23 時 ~24 時 : 深 夜 月 2 0 時 ~ 1 時 : 深 夜 1.0 と 切 り 分 けて 算 定 します 帯 の 考 え 方 最 初 の 1 第 1 帯 ( 1.5) 1.0 以 上 1.5 未 満 ( 2.0) 1.5 以 上 2.0 未 満 ( 2.5) 2 0 以 上 2.5 未 満 それぞれ30 分 当 たりの ( 3.0) 2.5 以 上 3.0 未 満 単 位 数 が 設 定 されている ( 3.5) 3.0 以 上 3.5 未 満 ( 4.0) 3.5 以 上 4.0 未 満 第 2 帯 ( 8.0) 4.0 以 上 8.0 未 満 第 3 帯 (12.0) 8.0 以 上 12.0 未 満 各 帯 における 第 4 帯 (16.0) 12.0 以 上 16.0 未 満 30 分 当 たりの 単 位 数 が 第 5 帯 (20.0) 16.0 以 上 20.0 未 満 設 定 されている 第 6 帯 (24.0) 20.0 以 上 24.0 未 満 次 ページ 以 降 は サービス 提 供 の 実 績 から 明 細 書 を 作 成 するまでの 流 れを 示 しています 15

16 例 1 平 成 年 月 分 受 給 者 証 番 号 契 約 支 給 量 1 重 度 訪 問 介 護 サービス 提 供 実 績 記 録 票 支 給 決 定 障 害 等 氏 名 ( 障 害 児 氏 名 ) 重 度 Ⅱ40 北 見 太 郎 事 業 所 番 号 事 業 者 及 び その 事 業 所 様 式 北 見 市 介 護 サービス 付 曜 開 始 重 度 訪 問 介 護 計 画 終 了 計 画 数 移 動 サービス 提 供 算 定 数 開 始 終 了 移 動 4 水 16:00 17: :00 17: 水 18:00 19: :00 19: 派 遣 人 数 サービス 提 供 者 印 利 用 者 確 認 印 備 考 考 え 方 通 算 :00~17:00 最 初 の1 中 :00~17:30 第 1 帯 中 :00~18:30 夜 間 :30~19:00 夜 間 :00~19:30 夜 間 3.0 平 成 年 月 分 受 給 者 証 番 号 1 重 度 訪 問 介 護 サービス 提 供 実 績 記 録 票 支 給 決 定 障 害 等 氏 名 北 見 太 郎 事 業 所 番 号 ( 障 害 児 氏 名 ) 様 式 3-1 付 曜 1 未 満 第 1 帯 水 中 中 夜 間 夜 間 夜 間 サービス 提 供 第 2 帯 4 以 上 8 未 満 (8.0) 第 3 帯 8 以 上 12 未 満 (12.0) 小 計 移 動 介 護 給 付 費 訓 練 等 給 付 費 明 細 書 給 付 費 サービス 内 容 サービスコード 単 位 数 回 数 サービス 単 位 数 重 度 Ⅱ 中 重 度 Ⅱ 中 重 度 Ⅱ 夜 間 重 度 Ⅱ 夜 間 重 度 Ⅱ 夜 間 摘 要 16

17 例 2 平 成 年 月 分 重 度 訪 問 介 護 サービス 提 供 実 績 記 録 票 様 式 付 曜 開 始 重 度 訪 問 介 護 計 画 終 了 計 画 数 移 動 サービス 提 供 開 始 終 了 算 定 数 5 木 8:15 9: :15 9: 木 17:50 20: :50 20: 木 21:15 0: :15 0: 移 動 6 金 0:15 1:15 1 0:15 1: 派 遣 人 数 サービス 提 供 者 印 利 用 者 確 認 印 備 考 21:15~25:15まで 一 連 のサービスであっても 24:15~25:15は 翌 の 算 定 となる 考 え 方 通 算 7.5 翌 1.0 8:15~ 9:15 最 初 の1 中 :15~25:15 最 初 の1 深 夜 1.0 9:15~ 9:45 第 1 帯 中 :50~18:20 夜 間 :20~18:50 夜 間 :50~19:20 夜 間 :20~19:50 夜 間 :50~20:20 夜 間 :20~20:50 第 2 帯 夜 間 :15~21:45 夜 間 :45~22:15 夜 間 :15~22:45 深 夜 :45~23:15 深 夜 :15~23:45 深 夜 :45~24:15 深 夜 8.0 平 成 年 月 分 付 曜 1 未 満 重 度 訪 問 介 護 サービス 提 供 実 績 記 録 票 木 中 中 夜 間 夜 間 夜 間 夜 間 夜 間 夜 間 夜 間 夜 間 深 夜 深 夜 深 夜 深 夜 6 金 深 夜 第 1 帯 第 2 帯 4 以 上 8 未 満 (8.0) サービス 提 供 第 3 帯 8 以 上 12 未 満 (12.0) 小 計 給 付 費 明 細 欄 サービス 内 容 介 護 給 付 費 訓 練 等 給 付 費 明 細 書 サービスコード 単 位 数 回 数 サービス 単 位 数 重 度 Ⅱ 中 重 度 Ⅱ 中 重 度 Ⅱ 夜 間 重 度 Ⅱ 夜 間 重 度 Ⅱ 夜 間 重 度 Ⅱ 夜 間 重 度 Ⅱ 夜 間 重 度 Ⅱ 夜 間 重 度 Ⅱ 深 夜 重 度 Ⅱ 深 夜 摘 要

18 移 動 介 護 加 算 移 動 介 護 加 算 の 支 給 決 定 障 がい 者 について 外 出 のための 身 だしなみ 等 の 準 備 移 動 中 及 び 移 動 先 における 確 認 等 含 め 外 出 時 における 移 動 中 の 介 護 を 行 うと 基 本 報 酬 に 加 えて 移 動 介 護 加 算 を 算 定 することができます 受 給 者 証 に 決 定 支 給 量 が 記 載 され ていますのでご 確 認 ください 同 一 事 業 者 が1 に 複 数 回 の 移 動 介 護 を 行 う 場 合 は 1 分 の 所 要 を 通 算 して 算 定 します 1 に 移 動 介 護 が4 以 上 実 施 されるような 場 合 所 要 3 以 上 の 場 合 の 単 位 を 適 用 します ( 移 動 介 護 加 算 の 支 給 量 のうち4 消 化 したと 考 えます ) 重 度 訪 問 介 護 の 支 給 決 定 者 は 移 動 支 援 の 対 象 外 です 移 動 については 重 度 訪 問 介 護 での 算 定 となります 加 算 名 加 算 内 容 消 化 数 単 位 数 移 動 介 護 加 算 1 1 未 満 消 化 は1 100 単 位 移 動 介 護 加 算 2 1 以 上 1 30 分 未 満 消 化 は1 30 分 125 単 位 移 動 介 護 加 算 分 以 上 2 未 満 消 化 は2 150 単 位 移 動 介 護 加 算 4 2 以 上 2 30 分 以 上 消 化 は2 30 分 175 単 位 移 動 介 護 加 算 分 以 上 3 未 満 消 化 は3 200 単 位 移 動 介 護 加 算 6 3 以 上 消 化 は4 250 単 位 同 行 援 護 平 成 23 年 10 月 に 開 始 されたサービスです サービス 内 容 の 取 り 扱 いについては 従 前 の 移 動 支 援 事 業 の 通 り 変 更 はありません 定 期 通 院 の 利 用 については 通 院 等 介 護 や 通 院 等 乗 降 介 助 にて 支 給 決 定 を 行 います 北 見 市 社 会 福 祉 課 にご 確 認 ください 行 動 援 護 算 定 方 法 所 要 30 分 単 位 の 単 価 設 定 となっています サービスの 性 格 上 一 般 的 に 半 の 範 囲 内 にとどまると 想 定 されていますが 8 以 上 サービス 提 供 がある 場 合 は 7 30 分 以 上 の 場 合 の 単 位 を 適 用 します 算 定 に 係 るサービス 提 供 所 要 の 考 え 方 当 初 算 定 当 初 算 定 所 要 以 降 提 供 単 位 以 降 算 定 所 要 例 居 宅 介 護 ( 家 事 援 助 除 く) 居 宅 介 護 ( 家 事 援 助 ) 30 分 概 ね20 分 30 分 15 分 程 度 以 上 30 分 概 ね20 分 15 分 7 分 程 度 以 上 1 算 定 は 45 分 程 度 以 上 提 供 45 分 算 定 は 37 分 程 度 以 上 提 供 重 度 訪 問 介 護 60 分 概 ね40 分 30 分 15 分 程 度 以 上 同 行 援 護 30 分 概 ね20 分 30 分 15 分 程 度 以 上 行 動 援 護 30 分 概 ね20 分 30 分 15 分 程 度 以 上 1 30 分 算 定 は 1 15 分 程 度 以 上 提 供 1 算 定 は 45 分 程 度 以 上 提 供 1 算 定 は 45 分 程 度 以 上 提 供 * 当 初 提 供 について 夜 間 深 夜 及 び 早 朝 の 帯 に 提 供 する 場 合 はこの 限 りではありません ( 行 動 援 護 除 く) * 以 降 算 定 所 要 の 提 供 について に 満 たない 場 合 で 請 求 するときは 北 見 市 社 会 福 祉 課 に 問 合 せください 以 降 算 定 所 要 は 北 見 市 の 基 準 になりますのでご 注 意 願 います 18

19 中 活 動 系 サービス ( 生 活 介 護 自 立 訓 練 ( 機 能 訓 練 生 活 訓 練 ) 就 労 移 行 支 援 就 労 継 続 支 援 ) 暫 定 支 給 決 定 対 象 サ ー ビ ス : 自 立 訓 練 ( 機 能 訓 練 生 活 訓 練 宿 泊 型 自 立 訓 練 ) 就 労 移 行 支 援 就 労 継 続 支 援 A 型 暫 定 支 給 決 定 期 間 :2 ヶ 月 以 内 の 範 囲 で 市 町 村 が 個 別 に 支 給 決 定 を 行 います 暫 定 支 給 決 定 を 受 けた 利 用 者 と 利 用 契 約 をしたときは (ア) 利 用 者 のアセスメントを 行 って 暫 定 支 給 決 定 機 関 に 係 る 適 切 な 個 別 支 援 計 画 を 作 成 し 当 該 計 画 に 基 づき 支 援 を 実 施 します ( 利 用 者 の 障 害 特 性 適 正 等 を 十 分 に 踏 まえた 個 別 支 援 計 画 の 作 成 が 可 能 となるよう 利 用 者 の 家 族 や 関 係 機 関 と 十 分 連 携 しましょ う ) (イ) 暫 定 支 給 決 定 期 間 の 満 了 までに 当 期 間 に 実 施 した 利 用 者 のアセスメント 内 容 並 びに 個 別 支 援 計 画 当 該 計 画 に 基 づく 支 援 実 績 及 びその 評 価 結 果 を 取 りまとめ モニタリング 結 果 を 北 見 市 社 会 福 祉 課 及 び 指 定 特 定 相 談 事 業 者 に 提 出 します (ウ) 暫 定 支 給 決 定 期 間 を 経 て 北 見 市 社 会 福 祉 課 がサービスを 継 続 することによる 改 善 効 果 が 見 込 まれるか 否 かを 判 断 します サー ビスを 継 続 することによる 改 善 効 果 が 見 込 まれ 本 来 的 な 訓 練 に 移 行 する 場 合 は 暫 定 支 給 決 定 期 間 中 のアセスメント 結 果 等 に 基 づ き 個 別 支 援 計 画 を 作 成 し 利 用 者 へ 交 付 します 改 善 効 果 が 見 込 まれないと 判 断 された 場 合 は 北 見 市 社 会 福 祉 課 サービス 提 供 事 業 者 指 定 特 定 相 談 支 援 事 業 者 及 び 利 用 者 等 による 連 絡 調 整 会 議 を 開 催 し 利 用 者 への 説 明 及 び 今 後 のサービス 利 用 について 調 整 を 行 います 障 害 福 祉 サービスにおいて 中 活 動 系 サービスの 体 験 利 用 というメニューはありません 支 給 決 定 を 受 けている 方 であるかどうか を 確 認 してから 報 酬 の 請 求 を 行 ってください 障 害 福 祉 サービスの 体 験 利 用 支 援 加 算 という 名 称 の 加 算 が 平 成 24 年 度 に 新 設 されましたが これは 体 験 利 用 を 行 った ときに 算 定 する 加 算 ではありませんのでご 注 意 ください 障 害 福 祉 サービスの 体 験 利 用 支 援 加 算 とは 入 所 施 設 等 において 中 活 動 系 サービスを 利 用 する 利 用 者 が 地 域 移 行 支 援 の 障 害 福 祉 サービスの 体 験 的 な 利 用 支 援 を 利 用 する 場 合 に おいて 当 施 設 の 従 業 者 が 介 護 等 の 支 援 を 行 った 場 合 やその 連 絡 調 整 相 談 援 助 を 行 った 場 合 に 算 定 します 欠 席 時 対 応 加 算 は 下 記 の 場 合 に 1 月 に 4 回 を 限 度 として 算 定 するものです 1 あらかじめサービスの 利 用 を 予 定 していた に 急 病 等 によりその 利 用 を 中 止 した 場 合 において 2 事 業 者 が 利 用 者 又 はその 家 族 等 との 連 絡 調 整 その 他 の 相 談 援 助 を 行 うとともに 3 当 該 利 用 者 の 状 況 相 談 援 助 の 内 容 等 を 記 録 した 場 合 したがって 利 用 予 定 でない の 算 定 や 用 件 を 満 たすような 支 援 内 容 がない 場 合 は 算 定 の 対 象 となりません また 欠 席 時 対 応 加 算 と 利 用 を 合 計 して 決 定 支 給 量 を 超 えないように ご 注 意 ください 開 始 年 月 の 考 え 方 と 初 期 加 算 の 算 定 について サービス 利 用 開 始 は 一 連 とみなされる 利 用 契 約 の 下 で 最 初 にサービスを 提 供 した 付 のことです (= 明 細 書 の 開 始 年 月 ) サービスの 利 用 を 開 始 した から 起 算 して 30 以 内 の 期 間 について 算 定 する 初 期 加 算 については 上 記 に 注 意 して 算 定 期 間 を 設 定 して ください ( 開 始 が 異 なると 算 定 回 数 が 変 わり 過 誤 調 整 が 必 要 となります ) 実 績 記 録 票 の 記 載 方 法 について サービス 提 供 については 営 業 等 ではなく 実 際 の 開 始 時 刻 終 了 時 刻 を 記 録 します 欠 席 時 対 応 加 算 や 訪 問 支 援 加 算 を 算 定 する 際 についても 通 常 のサービス 提 供 時 と 同 様 に 本 確 認 による 押 印 自 署 が 必 要 です 事 業 所 とは 別 の 場 所 で 行 われる 支 援 について( 施 設 外 支 援 施 設 外 就 労 ) それぞれ 報 酬 算 定 の 対 象 となる 支 援 の 要 件 等 異 なりますので ご 確 認 ください 施 設 外 支 援 : 企 業 内 等 で 行 われる 企 業 実 習 等 への 支 援 支 援 の 要 件 をみたしている 場 合 年 間 180 を 限 度 に 基 本 報 酬 を 算 定 可 施 設 外 就 労 : 利 用 者 と 職 員 がユニットを 組 み 企 業 から 請 け 負 った 作 業 を 当 該 企 業 内 で 行 う 支 援 移 行 準 備 支 援 体 制 加 算 Ⅱ( 就 移 )や 施 設 外 就 労 加 算 ( 就 A B)の 対 象 となります 施 設 外 就 労 実 施 報 告 書 ( 任 意 様 式 )の 提 出 が 必 要 です 提 出 先 は 北 見 市 社 会 福 祉 課 です 19

20 計 画 相 談 支 援 初 回 の 計 画 相 談 支 援 障 害 児 相 談 支 援 実 施 について( 在 宅 用 ) 本 人 北 見 市 *サービス 支 給 申 請 書 を 北 見 市 へ 提 出 その 際 に 担 当 相 談 支 援 事 業 所 を 初 回 1 サービス 支 給 申 請 選 定 サ ー ビ 2 北 見 市 相 談 支 援 事 業 所 計 画 案 提 出 依 頼 書 送 付 * 相 談 支 援 事 業 所 宛 に サービス 等 利 用 計 画 案 障 害 児 支 援 利 用 計 画 案 提 出 依 頼 書 を 送 付 ス 相 談 支 援 事 業 所 北 見 市 * 様 式 第 17 号 支 給 申 請 書 兼 依 頼 届 出 書 とサービス 等 利 用 計 画 案 一 式 等 利 用 計 画 作 成 の 3 4 様 式 第 17 号 支 給 申 請 書 兼 依 頼 届 出 書 の 提 出 計 画 案 の 提 出 契 約 内 容 報 告 書 の 提 出 北 見 市 本 人 受 給 者 証 の 送 付 契 約 内 容 報 告 書 を 北 見 市 へ 提 出 申 請 者 の 現 状 / 現 在 の 生 活 / サービス 等 利 用 計 画 案 ( 原 本 ) / サービス 等 利 用 計 画 案 週 間 計 画 表 * 北 見 市 ではモニタリング 標 準 期 間 を 設 定 しています (22 ページ 参 照 ) *サービス 等 利 用 計 画 案 は 本 人 にも 交 付 * 北 見 市 から 本 人 宛 に 受 給 者 証 を 送 付 流 れ 5 相 談 支 援 事 業 所 北 見 市 本 計 画 の 提 出 * 支 給 決 定 の 内 容 モニタリング 期 間 等 を 確 認 し サービス 等 利 用 計 画 書 を 作 成 し その 写 しを 北 見 市 へ 提 出 サービス 等 利 用 計 画 / サービス 等 利 用 計 画 週 間 計 画 表 *サービス 等 利 用 計 画 は 本 人 及 びサービス 担 当 者 に 交 付 サービス 支 給 決 定 期 間 始 期 までに1~5までが 必 要 です モ ニ タ 6 相 談 支 援 事 業 所 北 見 市 モニタリング 報 告 * 各 モニタリング 該 当 月 にはモニタリング 報 告 書 を 提 出 モニタリング 報 告 / 継 続 サービス 等 利 用 計 画 週 間 計 画 表 リ ン グ 7 北 見 市 本 人 更 新 勧 奨 * 区 分 認 定 の 更 新 対 象 者 について 本 人 宛 に 更 新 案 内 か ら 更 8 本 人 北 見 市 サービス 支 給 更 新 申 請 * 相 談 支 援 事 業 所 による 代 行 申 請 も 可 能 です *サービス 支 給 更 新 申 請 書 を 北 見 市 へ 提 出 新 申 請 ま で 9 相 談 支 援 事 業 所 北 見 市 様 式 第 17 号 支 給 申 請 書 兼 依 頼 届 出 書 の 提 出 計 画 案 の 提 出 * 様 式 第 17 号 支 給 申 請 書 兼 依 頼 届 出 書 とサービス 等 利 用 計 画 案 一 式 モニタリング 報 告 書 の 提 出 サービス 支 給 申 請 書 / サービス 等 利 用 計 画 案 ( 原 本 ) / サービス 等 利 用 計 画 案 週 間 計 画 表 / モニタリング 報 告 / 継 続 サービス 等 利 用 計 画 週 の モニタリング 報 告 間 計 画 表 流 れ 支 給 期 間 が 切 れる 前 に 計 画 案 モニタリング 報 告 書 の 提 出 支 給 決 定 モニタリング 期 間 の 決 定 受 給 者 証 の 発 行 本 計 画 の 提 出 が 必 要 です 20

21 初 回 の 計 画 相 談 支 援 実 施 について( 施 設 用 ) 入 所 施 設 北 見 市 * 本 人 と 相 談 の 上 希 望 の 相 談 支 援 事 業 所 を 選 定 し 計 画 相 談 支 援 の 依 頼 初 回 サ 1 更 新 申 請 計 画 相 談 支 援 事 業 所 の 報 告 * 相 談 支 援 事 業 所 が 決 まったら サービス 支 給 申 請 書 と 様 式 第 17 号 支 給 申 請 書 兼 依 頼 届 出 書 を 北 見 市 へ 提 出 ー 北 見 市 相 談 支 援 事 業 所 * 相 談 支 援 事 業 所 宛 に 計 画 相 談 支 援 に 関 する 必 要 書 類 を 送 付 ビ 2 計 画 相 談 支 援 関 係 書 類 送 ス 付 等 利 用 計 画 作 3 相 談 支 援 事 業 所 北 見 市 計 画 案 の 提 出 契 約 内 容 報 告 書 の 提 出 *サービス 等 利 用 計 画 案 一 式 と 契 約 内 容 報 告 書 を 北 見 市 へ 提 出 申 請 者 の 現 状 / 現 在 の 生 活 / サービス 等 利 用 計 画 案 ( 原 本 ) / サービス 等 利 用 計 画 案 週 間 計 画 表 * 北 見 市 ではモニタリング 標 準 期 間 を 設 定 しています (22 ページ 参 照 ) *サービス 等 利 用 計 画 案 は 本 人 にも 交 付 成 の 4 北 見 市 入 所 施 設 受 給 者 証 の 送 付 * 北 見 市 から 本 人 宛 に 受 給 者 証 を 送 付 流 れ 5 相 談 支 援 事 業 所 北 見 市 本 計 画 の 提 出 * 支 給 決 定 の 内 容 モニタリング 期 間 等 を 確 認 し サービス 等 利 用 計 画 書 を 作 成 し その 写 しを 北 見 市 へ 提 出 サービス 等 利 用 計 画 / サービス 等 利 用 計 画 週 間 計 画 表 *サービス 等 利 用 計 画 は 本 人 及 びサービス 担 当 者 に 交 付 サービス 支 給 決 定 期 間 始 期 までに1~5までが 必 要 です モ ニ タ 6 相 談 支 援 事 業 所 北 見 市 モニタリング 報 告 * 各 モニタリング 該 当 月 にはモニタリング 報 告 書 を 提 出 モニタリング 報 告 / 継 続 サービス 等 利 用 計 画 週 間 計 画 表 リ ン グ 7 北 見 市 入 所 施 設 更 新 勧 奨 * 区 分 認 定 の 更 新 対 象 者 について 施 設 宛 に 更 新 案 内 か ら 更 8 入 所 施 設 北 見 市 更 新 申 請 * 相 談 支 援 事 業 所 と 連 絡 調 整 をはかった 上 で サービス 支 給 申 請 書 と 様 式 第 17 号 支 給 申 請 書 兼 依 頼 届 出 書 を 北 見 市 へ 提 出 新 申 請 ま で 9 相 談 支 援 事 業 所 北 見 市 計 画 案 の 提 出 モニタリング 報 告 *サービス 等 利 用 計 画 案 とモニタリング 報 告 書 の 提 出 サービス 支 給 申 請 書 / サービス 等 利 用 計 画 案 ( 原 本 ) / サービス 等 利 用 計 画 案 週 間 計 画 表 / モニタリング 報 告 / 継 続 サービス 等 利 用 計 画 週 間 計 画 表 の 流 れ 支 給 期 間 が 切 れる 前 に 計 画 案 モニタリング 報 告 書 の 提 出 支 給 決 定 モニタリング 期 間 の 決 定 受 給 者 証 の 発 行 本 計 画 の 提 出 が 必 要 です 21

22 計 画 相 談 支 援 地 域 相 談 支 援 ともに 利 用 者 負 担 はありません ただし 毎 月 モニタリングが 設 定 されている 計 画 相 談 支 援 事 業 所 については 上 限 額 管 理 事 業 所 となります モニタリング 期 間 と 報 酬 単 価 の 考 え 方 Ⅰ Ⅱ Ⅲ 北 見 市 が 設 定 したモニタリングの 標 準 期 間 モ 期 間 サービスの 種 類 12 月 ごと 療 養 介 護 施 設 入 所 支 援 重 度 障 害 者 等 包 括 支 援 6 月 ごと 短 期 入 所 生 活 介 護 共 同 生 活 介 護 障 害 児 通 所 支 援 自 立 訓 練 宿 泊 型 自 立 訓 練 就 労 移 行 支 援 就 労 継 続 支 援 共 同 生 活 援 助 地 域 移 行 支 援 3 月 ごと 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 行 動 援 護 * 複 数 のサービスを 利 用 する 場 合 は より 短 いモニタリング 期 間 を 標 準 期 間 とします ただし 施 設 入 所 支 援 を 利 用 する 場 合 は その 他 のサービスと 併 用 する 場 合 も 標 準 期 間 は12ヶ 月 とします * 利 用 者 の 状 態 に 応 じて 個 別 に 設 定 する 場 合 もあります 計 画 書 ( 案 ) モニタリング 報 告 書 でモニタリング 期 間 の 提 案 をお 願 いします * 計 画 ( 計 画 案 )の 提 出 が0 月 目 に 行 われることも 想 定 されます その 場 合 は 0 月 目 の 翌 月 にサービス 利 用 支 援 費 の 請 求 が 可 能 です 請 求 単 価 A サービス( 障 害 児 支 援 ) 利 用 支 援 費 : 1600 単 位 B 継 続 サービス( 障 害 児 支 援 ) 利 用 支 援 費 : 1300 単 位 : 更 新 標 準 期 間 でモニタリング 期 間 が 設 定 された 場 合 期 間 モニ 0 月 目 Ⅰ 12ヶ 月 Ⅱ 12ヶ 月 Ⅲ 12ヶ 月 12 月 ごと 準 計 計 モ 計 モ 請 求 単 価 備 A A A 6 月 ごと 準 計 モ 計 モ モ 計 モ 請 求 単 価 備 A B A B A 3 月 ごと 準 計 モ モ モ 計 モ モ モ モ 計 モ 請 求 単 価 備 A B B B A B B B A 利 用 開 始 3ヶ 月 間 毎 月 実 施 でモニタリング 期 間 が 設 定 された 場 合 12ヶ 月 3 月 ごと 準 計 +モ モ モ サービス 開 始 時 より3ヶ 月 連 続 のモニタリングが 必 要 と 思 われる 場 合 は 計 画 書 ( 案 )にその 旨 を 記 載 してください 備 請 求 単 価 A+B B B 以 降 は 上 記 標 準 期 間 となるため 標 準 期 間 外 のモニタリングが 必 要 であると 思 われる 場 合 はモニタリング 報 告 書 にその 旨 を 記 載 してください 例 サービス( 障 害 児 支 援 ) 利 用 計 画 に 変 更 があった 場 合 利 用 開 始 時 標 準 期 間 でモニタリング 期 間 を 設 定 当 12ヶ 月 初 6 月 ごと 準 計 モ 計 モ 請 求 単 価 備 A B A 変 更 後 4ヶ 月 目 にサービス 追 加 等 による 計 画 変 更 及 びモニタリング 期 間 の 変 更 8ヶ 月 3 月 ごと 準 計 計 モ モ モ 計 モ 請 求 単 価 備 A A B B A モニタリング 期 間 設 定 の 考 え 方 調 整 継 続 サービス 利 用 支 援 を 実 施 3 3ヶ 月 2 3ヶ 月 1 *モニタリング 期 間 の 設 定 は 支 給 期 間 終 期 月 より 数 えます 報 酬 単 価 について A サービス( 障 害 児 支 援 ) 利 用 支 援 1600 単 位 の 場 合 新 規 での 計 画 の 作 成 や モニタリングを 行 った 結 果 支 給 決 定 等 の 更 新 等 に 係 る 計 画 の 変 更 が 妥 当 であると 判 断 した 場 合 ( 後 者 の 場 合 はサービス 利 用 支 援 費 の 報 酬 のみ 算 定 可 能 ) B 継 続 サービス( 障 害 児 支 援 ) 利 用 支 援 1300 単 位 の 場 合 モニタリングを 実 施 した 結 果 このまま 継 続 してサービスを 利 用 し かつ 当 初 の 計 画 どおりにモニタリングを 実 施 していくことが 妥 当 だと 判 断 した 場 合 (モニタリングの 結 果 モニタリング 報 告 書 のみを 作 成 し 提 出 する 場 合 が 該 当 ) その 他 計 画 相 談 支 援 給 付 費 の 支 給 期 間 の 終 期 月 は 継 続 サービス 利 用 支 援 (モニタリング)を 行 うこと 障 害 児 が 計 画 相 談 支 援 と 障 害 児 相 談 支 援 の 両 方 を 受 ける 場 合 の 報 酬 については 障 害 児 相 談 支 援 のみの 算 定 モニタリング 実 施 月 に 対 象 者 が 不 在 である 等 やむを 得 ない 事 情 があると 北 見 市 が 認 める 場 合 には 予 定 月 の 翌 月 にモニタリングを 実 施 した 場 合 にも 報 酬 を 算 定 できることとします 該 当 するケースが 生 じた 場 合 は 当 初 のモニタリング 実 施 月 に 必 ずご 連 絡 ください 本 計 画 及 びモニタリング 報 告 書 を 未 提 出 での 請 求 は 受 け 付 けません 特 別 地 域 加 算 対 象 者 は 所 定 単 位 数 に 15%を 加 算 した 請 求 コードがありますのでご 注 意 願 います 22

23 地 域 移 行 支 援 体 験 利 用 対 象 サービス: 生 活 介 護 自 立 訓 練 就 労 移 行 支 援 及 び 就 労 継 続 支 援 に 限 る 利 用 者 に 対 し 障 害 福 祉 サービスの 体 験 的 な 利 用 支 援 を 提 供 する 場 合 は 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 への 委 託 により 行 います 地 域 移 行 支 援 事 業 者 が 委 託 先 の 障 害 福 祉 サービス 提 供 事 業 者 に 委 託 費 を 支 払 うこととなり 個 別 の 委 託 額 は 委 託 契 約 により 定 め て 差 し 支 えありません 障 害 福 祉 サービスの 体 験 利 用 加 算 については 指 定 地 域 移 行 支 援 事 業 者 に 算 定 されます 障 害 福 祉 サービスの 体 験 利 用 支 援 加 算 については 入 所 施 設 等 において 中 活 動 系 サービスを 利 用 する 利 用 者 が 地 域 移 行 支 援 の 障 害 福 祉 サービスの 体 験 的 な 利 用 支 援 を 利 用 する 場 合 において 当 施 設 の 従 業 者 が 介 護 等 の 支 援 を 行 った 場 合 やその 他 事 業 者 と 連 絡 調 整 相 談 援 助 を 行 った 場 合 に 算 定 します 委 託 先 の 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 が 算 定 する 加 算 ではありません 体 験 宿 泊 体 験 的 な 宿 泊 支 援 については 地 域 移 行 支 援 事 業 者 が 自 らアパート 等 を 確 保 して 実 施 する 他 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 への 委 託 により 共 同 生 活 介 護 または 共 同 生 活 援 助 の 共 同 生 活 住 居 や 短 期 入 所 事 業 所 等 の 空 室 を 活 用 して 行 うことができます 地 域 移 行 支 援 事 業 者 が 単 身 での 生 活 に 向 けての 支 援 を 地 域 移 行 支 援 計 画 に 位 置 付 け 委 託 先 等 と 連 絡 調 整 緊 急 時 対 応 のための 連 絡 確 保 を 行 います 地 域 移 行 後 共 同 生 活 介 護 共 同 生 活 援 助 を 利 用 するという 計 画 の 場 合 は 共 同 生 活 介 護 共 同 生 活 援 助 での 体 験 利 用 の 支 給 決 定 を 行 うこととなります その 場 合 体 験 宿 泊 加 算 は 算 定 対 象 外 となります 1 人 暮 らしを 希 望 の 場 合 共 介 共 援 入 居 を 住 居 の 確 保 をし その 場 合 で 体 験 宿 泊 を 行 う 場 合 希 望 の 場 合 共 介 共 援 と 委 託 契 約 し 部 屋 の 借 り 上 げ 等 で 空 き 部 屋 を 利 用 する 場 合 住 居 を 確 保 する 場 合 体 験 宿 泊 加 算 Ⅰ 不 可 可 可 居 住 体 験 宿 泊 加 算 Ⅱ 不 可 算 定 要 件 を 満 たせば 可 算 定 要 件 を 満 たせば 可 共 介 共 援 の 支 給 決 定 体 験 利 用 の 支 給 決 定 が 必 要 支 給 決 定 対 象 外 支 給 決 定 対 象 外 居 宅 内 でのサービスの 利 用 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 への 委 託 により 行 う 居 宅 内 でのサービスに 係 る 費 用 体 験 宿 泊 加 算 の 範 囲 において 地 域 移 行 支 援 事 業 者 と 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 との 間 で 定 めた 委 託 費 により 賄 う 中 活 動 系 サービスの 利 用 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 への 委 託 により 行 う 中 活 動 障 害 福 祉 サービスの 体 験 利 用 加 算 中 活 動 系 サービスに 係 る 費 用 中 活 動 系 サービスにおける 障 害 福 祉 サービスの 体 験 利 用 支 援 加 算 算 定 要 件 を 満 たせば 地 域 移 行 支 援 事 業 者 にて 算 定 可 地 域 移 行 支 援 事 業 者 と 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 との 間 で 定 めた 委 託 費 により 賄 う 施 設 入 所 支 援 からの 地 域 移 行 入 所 中 の 施 設 において 中 活 動 系 サービス( 生 介 自 訓 就 移 就 A 就 B)を 利 用 している 者 に ついて 体 験 利 用 の 支 援 を 行 い 算 定 要 件 を 満 たせば 当 施 設 にて 算 定 可 病 院 からの 地 域 移 行 対 象 外 地 域 定 着 支 援 地 域 定 着 支 援 台 帳 の 作 成 地 域 定 着 支 援 事 業 者 は 利 用 者 の 心 身 の 状 況 その 置 かれている 環 境 緊 急 時 に 必 要 となる 各 連 絡 先 ( 利 用 者 の 家 族 等 利 用 者 が 利 用 する 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 医 療 機 関 その 他 関 係 機 関 ) 利 用 者 に 関 する 情 報 を 記 載 した 地 域 定 着 支 援 台 帳 を 作 成 しなけ ればなりません 緊 急 時 支 援 費 利 用 者 の 障 害 の 特 性 に 起 因 して 生 じた 緊 急 の 事 態 その 他 の 緊 急 に 支 援 が 必 要 な 事 態 が 生 じた 場 合 において 利 用 者 又 はその 家 族 等 からの 要 請 に 基 づき 速 やかに 利 用 者 の 居 宅 等 への 訪 問 または 一 時 的 な 滞 在 による 支 援 を 行 った 場 合 に1 につき 算 定 するものです 地 域 定 着 支 援 台 帳 の 作 成 時 に 利 用 者 の 障 害 の 特 性 に 起 因 して 生 じる 可 能 性 のある 緊 急 の 事 態 について 確 認 をし 把 握 に 努 めてく ださい 23

24 共 同 生 活 介 護 共 同 生 活 援 助 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 ( 補 足 給 付 )について 低 所 得 者 の 負 担 軽 減 措 置 として 家 賃 額 の 補 助 をします 補 足 給 付 額 の 認 定 に 際 し 入 居 者 の 家 賃 の 額 を 確 認 する 必 要 があることから 家 賃 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 という )の 発 行 にご 協 力 いただきますようお 願 いいたします 詳 細 は 下 記 の 通 りです 1 補 足 給 付 対 象 者 : 生 活 保 護 受 給 者 市 町 村 民 税 非 課 税 世 帯 の 者 2 補 足 給 付 額 : 月 額 1 万 円 ( 家 賃 の 額 が 1 万 円 に 満 たない 場 合 は 実 際 の 家 賃 額 ) 3 支 給 方 法 : 事 業 所 による 代 理 受 領 により 支 給 します ( 請 求 は 通 常 の 請 求 と 同 様 に 北 海 道 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 への 電 子 請 求 により 行 ってください ) 事 業 者 は 契 約 時 の 家 賃 額 から 補 足 給 付 額 を 差 し 引 いた 後 の 額 を 利 用 者 に 請 求 してください 4 必 要 な 手 続 き: 家 賃 証 明 書 を 北 見 市 社 会 福 祉 課 に 提 出 します 法 人 代 表 者 名 にて 入 居 者 ごとに 別 紙 証 明 書 を 作 成 してください グループホーム 等 の 支 給 決 定 と 併 せて 補 足 給 付 の 決 定 を 行 いますので 契 約 予 定 額 を 記 載 してください なお 契 約 時 に 家 賃 額 が 変 更 になった 場 合 は 再 度 証 明 書 を 発 行 してください 他 のグループホーム 等 から 転 居 してきた 者 を 含 みます 5 その 他 の 留 意 事 項 : 毎 年 7 月 に 行 われる 負 担 上 限 額 の 見 直 しに 併 せて 補 足 給 付 額 の 再 認 定 を 行 いますので 最 低 1 年 に 1 回 は 証 明 書 の 発 行 が 必 要 になります 月 途 中 で 入 居 ( 退 去 )した 際 に 割 で 家 賃 を 計 算 する 場 合 の 補 足 給 付 額 は 割 家 賃 額 と 月 額 の 補 助 給 付 額 のうち 低 い 方 の 額 となります 家 賃 の 改 定 が 行 われた 場 合 共 同 住 居 間 で 転 居 した 場 合 等 については 再 度 証 明 書 の 提 出 が 必 要 となります 補 足 給 付 の 認 定 の 有 無 にかかわらず 利 用 者 と 契 約 を 締 結 した 場 合 には 速 やかに 契 約 内 容 報 告 書 をご 提 出 ください 体 験 利 用 により 入 居 する 場 合 の 補 足 給 付 額 は 割 家 賃 額 と 月 額 補 足 給 付 額 のうち 低 い 方 の 額 となります 補 足 給 付 額 ( 月 額 )については 受 給 者 証 に 記 載 されますのでご 確 認 ください 施 設 入 所 支 援 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 ( 補 足 給 付 )について 入 所 施 設 の 食 費 及 び 光 熱 水 費 の 実 費 負 担 額 については 施 設 ごとに 設 定 されますが 低 所 得 者 ( 生 活 保 護 受 給 世 帯 市 民 税 非 課 税 世 帯 )の 負 担 軽 減 措 置 として 実 費 負 担 額 のうち 収 入 に 応 じて 一 定 額 を 軽 減 します 軽 減 分 は 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 ( 補 足 給 付 費 )として 施 設 に 支 払 われます 北 見 市 への 請 求 は 通 常 の 請 求 と 同 様 に 北 海 道 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 への 電 子 請 求 により 行 ってください 補 足 給 付 額 ( 額 )については 受 給 者 証 に 記 載 されますのでご 確 認 ください 短 期 入 所 併 給 は 認 められていませんが 特 別 な 事 情 により 請 求 が 認 められている 場 合 の 中 活 動 系 サービス( 生 介 自 機 自 生 就 移 就 A 就 B 等 )を 利 用 した は 短 期 入 所 サービス(Ⅱ)(Ⅳ)の 単 価 を 算 定 します 児 童 発 達 支 援 放 課 後 等 デイサービス 平 成 24 年 3 月 までの 児 童 デイサービス と 所 管 法 律 が 異 なりますので 短 期 入 所 等 障 害 者 総 合 支 援 法 に 基 づくサービス 併 用 の 上 限 管 理 は 行 いません ( 高 額 障 害 福 祉 サービス 等 給 付 費 高 額 障 害 児 入 所 給 付 費 高 額 障 害 児 通 所 給 付 費 にて 償 還 払 いとなります ) 24

25 ホームページ 掲 載 関 係 様 式 一 覧 掲 載 様 式 名 関 係 ページ 障 がい 福 祉 サービス 利 用 申 請 様 式 第 1 号 ( 計 画 相 談 ) 契 約 内 容 報 告 書 サービス 等 計 画 案 の 提 出 支 給 申 請 兼 依 頼 届 出 書 様 式 第 17 号 ( 報 酬 請 求 に 係 る)サービス 実 績 記 録 票 3 5 契 約 内 容 ( 障 害 福 祉 サービス 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 ( 様 式 第 26 号 ) 4 過 誤 申 立 申 請 書 6 10 利 用 者 負 担 上 限 管 理 依 頼 ( 変 更 ) 届 出 書 8 家 賃 証 明 書 24 手 引 更 新 付 初 版 平 成 25 年 10 月 1 新 規 作 成 第 1 訂 第 2 訂 第 3 訂 第 4 訂 第 5 訂 第 6 訂 変 更 内 容 ( 主 なもの) 25

<8E9197BF33816990B68A888E788987814588E790AC834F838B815B837682E682E89841978D816A>

<8E9197BF33816990B68A888E788987814588E790AC834F838B815B837682E682E89841978D816A> (3) 生 活 支 援 育 成 グループより 連 絡 生 活 支 援 育 成 グループ 1 平 成 28 年 度 制 度 改 正 について 1 就 学 前 の 障 害 児 通 所 支 援 における 多 子 軽 減 制 度 の 拡 大 ( 別 紙 ) 多 子 軽 減 制 度 の 拡 大 による 多 子 軽 減 の 対 象 ( 新 規 又 は 変 更 )となる 利 用 につ いては 児 童 通 所 サービス

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57> 平 成 18 年 12 月 平 成 19 年 10 月 ( 追 加 改 正 ) 平 成 20 年 5 月 ( 改 正 ) ポジティブアクション 推 進 プロジェクト 一 人 で 悩 む 前 に まずご 相 談 ください 妊 娠 したのですが どのような 手 続 をすればいいのですか? 産 休 から 育 児 休 暇 への 流 れは 次 の 通 りです 産 前 休 暇 出 産 産 後 休 暇 育 児 休

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

(3) 福 祉 施 設 から 一 般 就 労 への 移 行 本 市 の 福 祉 施 設 利 用 者 の 中 で 平 成 24 年 度 に 一 般 就 労 により 退 所 した 人 は 3 人 です ここでいう 福 祉 施 設 とは 生 活 介 護 事 業 自 立 訓 練 事 業 ( 生 活 訓 練

(3) 福 祉 施 設 から 一 般 就 労 への 移 行 本 市 の 福 祉 施 設 利 用 者 の 中 で 平 成 24 年 度 に 一 般 就 労 により 退 所 した 人 は 3 人 です ここでいう 福 祉 施 設 とは 生 活 介 護 事 業 自 立 訓 練 事 業 ( 生 活 訓 練 第 5 章 数 値 目 標 ( 第 4 期 案 ) (1) 入 所 施 設 入 所 者 の 地 域 生 活 への 移 行 本 市 の 平 成 25 年 度 末 時 点 の 施 設 入 所 者 は39 人 です 平 成 29 年 度 までに 入 所 施 設 を 退 所 し 自 立 訓 練 事 業 等 を 利 用 しながら グル ープホームや 一 般 住 宅 等 に 移 行 する 人 ( 地 域 移 行

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

重 度 障 害 者 等 包 括 支 援 の 控 除 対 象 額 等 の 算 出 方 法 について ( 別 添 1) ( 神 奈 川 県 保 健 福 祉 部 障 害 福 祉 課 ) 重 度 障 害 者 等 包 括 支 援 以 外 に 係 る 控 除 対 象 額 の 算 出 については 平 成 18 年

重 度 障 害 者 等 包 括 支 援 の 控 除 対 象 額 等 の 算 出 方 法 について ( 別 添 1) ( 神 奈 川 県 保 健 福 祉 部 障 害 福 祉 課 ) 重 度 障 害 者 等 包 括 支 援 以 外 に 係 る 控 除 対 象 額 の 算 出 については 平 成 18 年 ( 正 誤 表 ) 該 当 様 式 内 容 正 誤 別 添 2 介 護 給 付 訓 練 等 給 付 地 域 生 活 支 援 障 害 児 施 設 給 付 当 明 細 書 中 ほど xx1xxxxxxx 事 業 所 の 利 用 者 負 担 額 2の 算 出 方 法 の 部 分 別 添 2 介 護 給 付 訓 練 等 給 付 地 域 生 活 支 援 障 害 児 施 設 給 付 当 明 細 書 下 段 全

More information

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱 川 崎 市 重 度 障 害 者 等 入 院 時 コミュニケーション 支 援 事 業 実 施 要 綱 制 定 平 成 28 年 2 月 25 日 27 川 健 障 福 第 1192 号 ( 市 長 決 裁 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 意 思 の 疎 通 が 困 難 な 障 害 者 及 び 障 害 児 が 医 療 機 関 ( 精 神 科 病 院 および 一 般 病 院 の 精 神

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

奨学資金の受領から返還までの手続

奨学資金の受領から返還までの手続 奨 学 資 金 の 受 領 から 返 還 までの 手 続 Ⅰ 奨 学 資 金 の 受 領 1 奨 学 資 金 の 交 付 スケジュールと 貸 与 月 額 奨 学 資 金 は 新 規 採 用 時 や 年 度 初 め 年 度 末 などの 特 別 な 場 合 を 除 いて 毎 月 15 日 頃 に 交 付 されます (4 5 月 分 は 進 級 確 認 に 時 間 を 要 するため 5 月 中 旬 に 交

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月

改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月 改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 厚 生 省 大 臣 官 房 老 人 保 健 福 祉 部 厚 生 省

More information

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 にかかる 請 求 事 務 処 理 要 領 Ver.6 神 戸 市 保 健 福 祉 局 障 害 者 支 援 課 平 成 26 年 4 月 目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378> 6 同 行 援 護 について 同 行 援 護 とは 視 覚 障 害 により 移 動 に 著 しい 困 難 を 有 する 障 害 者 等 につき 外 出 時 において 当 該 障 害 者 等 に 同 行 し 移 動 に 必 要 な 情 報 を 提 供 する とともに 移 動 の 援 護 その 他 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 便 宜 を 供 与 することをいう ( 障 害 者 自 立 支

More information

1-1-2. 一 覧 表 ( 専 従 者 用 ) YES NOチャート( 専 従 月 額 単 価 用 ) (P.4)を 参 考 にしてください < 直 接 雇 用 者 > 一 覧 表 ( 専 従 者 用 )の 単 価 は 委 託 期 間 中 に 継 続 して 半 年 以 上 当 該 AMED 事 業

1-1-2. 一 覧 表 ( 専 従 者 用 ) YES NOチャート( 専 従 月 額 単 価 用 ) (P.4)を 参 考 にしてください < 直 接 雇 用 者 > 一 覧 表 ( 専 従 者 用 )の 単 価 は 委 託 期 間 中 に 継 続 して 半 年 以 上 当 該 AMED 事 業 について 別 紙 1-1. の 基 本 的 な 考 え 方 人 件 費 は 原 則 として 研 究 員 が 委 託 業 務 に 直 接 従 事 する 時 間 数 に 健 康 保 険 等 級 ( 健 保 等 級 ) 1 に 基 づく 表 の 単 価 を 乗 じて 算 出 します 研 究 員 の 区 分 に 基 づき 以 下 の2 種 類 の 一 覧 表 から を 決 定 してください 健 保 等 級

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

介護保険制度改正にかかる事業所説明会

介護保険制度改正にかかる事業所説明会 資 料 3 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 へ 移 行 時 のポイント 杉 並 区 役 所 保 健 福 祉 部 高 齢 者 施 策 課 総 合 事 業 整 備 係 1 利 用 者 の 総 合 事 業 への 移 行 時 期 予 防 給 付 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 給 付 平 成 27 年 度 平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 保 険 法 改 正 予 防 生 活 支 援 サー

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC> 鳥 取 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 の 手 引 き 研 究 国 際 協 力 部 国 際 交 流 課 国 際 交 流 係 平 成 24 年 9 月 1 日 改 正 目 次 [ 来 日 前 の 手 続 き] P1 1. 手 続 きの 流 れ 2. 在 留 資 格 認 定 証 明 書 交 付 申 請 手 続 き 3. 住 居 について [ 来 日 後 の 手 続 き] P4 1. 新 規 住

More information

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が 子 育 て 支 援 制 度 Q&A ( 平 成 22 年 6 月 30 日 現 在 ) この 度 東 北 大 学 の 子 育 て 支 援 のための 職 員 等 の 休 暇 制 度 育 児 休 業 制 度 を Q&A 方 式 でわかりやすく 説 明 をしましたので ご 活 用 ください なお 不 明 な 点 等 がありましたら 遠 慮 なく 各 部 局 の 人 事 担 当 係 又 は 総 務 部 人

More information

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2 待 機 児 解 消 に 向 けた 保 育 施 設 の 新 規 開 設 ラッシュにより 都 内 及 び 隣 接 県 の 自 治 体 での 保 育 士 の 需 要 が 急 増 しております これを 受 け 大 田 区 では 保 育 人 材 の 確 保 定 着 及 び 離 職 防 止 を 図 り 安 定 的 な 保 育 所 の 運 営 を 可 能 にするため 平 成 27 年 4 月 より 大 田 区 保

More information

3. 支 給 決 定 について 個 別 のケアプラン(サービス 利 用 計 画 )に 基 づき 下 記 の 支 給 基 準 内 で 必 要 と 認 めた 時 間 数 を 決 定 します 原 則 小 学 生 以 下 の 児 童 は 利 用 できません ただし 下 記 に 該 当 する 場 合 には 個

3. 支 給 決 定 について 個 別 のケアプラン(サービス 利 用 計 画 )に 基 づき 下 記 の 支 給 基 準 内 で 必 要 と 認 めた 時 間 数 を 決 定 します 原 則 小 学 生 以 下 の 児 童 は 利 用 できません ただし 下 記 に 該 当 する 場 合 には 個 平 成 27 年 4 月 西 宮 市 障 害 者 移 動 支 援 事 業 に 関 する 留 意 事 項 1. 事 業 の 目 的 内 容 屋 外 での 移 動 が 困 難 な 障 害 者 ( 児 )について 社 会 生 活 上 必 要 不 可 欠 な 外 出 1 及 び 余 暇 活 動 等 社 会 参 加 のための 外 出 2への 支 援 を 目 的 とし 1 日 の 範 囲 内 で 用 務 を 終

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育 ここに 掲 載 されている 内 容 は 平 成 26 年 9 月 時 点 での 予 定 です 今 後 変 更 となる 可 能 性 があります 平 成 27 年 度 から 幼 稚 園 等 の 利 用 手 続 きが 変 わります! 幼 児 期 の 学 校 教 育 や 保 育 地 域 の 子 育 て 支 援 の 量 の 拡 充 や 質 の 向 上 を 進 めていく 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

障 がい 福 祉 サービスの 利 用 までの 流 れ 1 相 談 2 利 用 申 請 使 いサービスや 困 っていなどをご 相 談 ください 障 がい のあ 方 のニーズを 確 認 し,サービス 利 用 のための 支 援 を 行 いま 窓 口 市 役 所 及 び 各 支 所, 基 幹 相 談 支 援

障 がい 福 祉 サービスの 利 用 までの 流 れ 1 相 談 2 利 用 申 請 使 いサービスや 困 っていなどをご 相 談 ください 障 がい のあ 方 のニーズを 確 認 し,サービス 利 用 のための 支 援 を 行 いま 窓 口 市 役 所 及 び 各 支 所, 基 幹 相 談 支 援 2015 年 ( 平 成 27 年 )1 月 福 山 市 障 がい 者 地 域 自 立 支 援 協 議 会 ( 相 談 支 援 部 会 ) 障 がい 福 祉 サービスの 利 用 までの 流 れ 1 相 談 2 利 用 申 請 使 いサービスや 困 っていなどをご 相 談 ください 障 がい のあ 方 のニーズを 確 認 し,サービス 利 用 のための 支 援 を 行 いま 窓 口 市 役 所 及 び

More information

平成19年度

平成19年度 保 育 園 入 園 のご 案 内 諏 訪 市 健 康 福 祉 部 こども 課 保 育 係 392-8511 諏 訪 市 高 島 1 丁 目 22 番 30 号 0266-52-4141 内 線 446 447 保 育 園 は 保 護 者 ( 父 母 等 )の 就 労 や 病 気 などの 事 情 により 家 庭 で 十 分 な 保 育 ができない 児 童 を 保 護 者 に 代 わって 保 育 する

More information

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時 金 直 接 支 払 制 度 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 事 務 取 扱 規 則 ( 昭 和 58 年 綾 瀬 市 規 則 第 2 5 号 以 下 規 則 という ) 第 14 条 第 2 項 に 規 定 する 被 保 険 者 等 が 病 院 診 療 所 又 は 助 産 所

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

<9056976C8EAE81698B4C93FC8FE382CC97AF88D38E968D80814595CA8E86816A2E786C73>

<9056976C8EAE81698B4C93FC8FE382CC97AF88D38E968D80814595CA8E86816A2E786C73> 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 需 給 調 整 事 業 課 労 働 者 派 遣 事 業 書 記 入 のポイント 実 際 の 記 入 にあたっては 様 式 第 11 号 ( 第 3 面 )の 記 載 要 領 をご 覧 の 上 正 確 に 記 入 して 下 さい 一 般 派 遣 元 事 業 主 及 び 特 定 派 遣 元 事 業 主 は 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 ごとに

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

<95BD90AC3237944E93788D6289EA8E7381458CA796AF90C593C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB8741>

<95BD90AC3237944E93788D6289EA8E7381458CA796AF90C593C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB8741> 平 成 27 年 度 甲 賀 市 市 民 税 県 民 税 特 別 徴 収 の 手 引 き 個 住 民 税 ( 市 県 民 税 )の 特 別 徴 収 は 給 与 所 得 者 の 納 税 の 便 宜 を 図 るため 給 与 支 払 者 であ る 事 業 者 が 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 同 様 に 住 民 税 の 納 税 義 務 者 である 給 与 所 得 者 ( 従 業 員 )に 代 わっ

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

基発第0930001号

基発第0930001号 ( 別 添 1) ( 一 般 労 働 者 用 ; 常 用 有 期 雇 用 型 ) 殿 労 働 条 件 通 知 書 事 業 場 名 称 所 在 地 使 用 者 職 氏 名 年 月 日 契 約 期 間 期 間 の 定 めなし 期 間 の 定 めあり( 年 月 日 ~ 年 月 日 ) 以 下 は 契 約 期 間 について 期 間 の 定 めあり とした 場 合 に 記 入 1 契 約 の 更 新 の 有

More information

(問)被用者保険の被扶養者に対する2年間の経過措置になる軽減額は、他の被保険者の保険料で補填すると考えてよいのか

(問)被用者保険の被扶養者に対する2年間の経過措置になる軽減額は、他の被保険者の保険料で補填すると考えてよいのか 賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 助 成 金 による 助 成 を 受 けられないのか また 実 際 の 賃 金 改 善 額 が 賃 金 改 善 計 画 における 改 善 見

More information

Microsoft Word - (予約)申請書記入例H28.docx

Microsoft Word - (予約)申請書記入例H28.docx 滋 賀 県 奨 学 資 金 申 請 書 類 一 覧 および 記 入 例 ( 予 約 募 集 ) 提 出 書 類 について 世 帯 の 区 分 ( 申 請 書 類 )の 確 認 滋 賀 県 奨 学 資 金 の 申 請 は 世 帯 の 区 分 により 提 出 書 類 が 異 なります 次 のアからウのうち 該 当 する 世 帯 を 選 択 して 提 出 書 類 を 確 認 してください 世 帯 の 区

More information

特 別 徴 収 義 務 1 税 額 通 知 書 の 配 布 特 別 徴 収 義 務 への 通 知 とあわせて 納 税 への 通 知 書 を 送 付 しましたので 5 月 31 日 までに 各 納 税 に 配 布 してください なお すでに 退 職 等 した 人 については この 冊 子 にある 給

特 別 徴 収 義 務 1 税 額 通 知 書 の 配 布 特 別 徴 収 義 務 への 通 知 とあわせて 納 税 への 通 知 書 を 送 付 しましたので 5 月 31 日 までに 各 納 税 に 配 布 してください なお すでに 退 職 等 した 人 については この 冊 子 にある 給 27.05 特 別 徴 収 義 務 1 税 額 通 知 書 の 配 布 特 別 徴 収 義 務 への 通 知 とあわせて 納 税 への 通 知 書 を 送 付 しましたので 5 月 31 日 までに 各 納 税 に 配 布 してください なお すでに 退 職 等 した 人 については この 冊 子 にある 給 与 支 払 報 告 書 特 別 徴 収 にかかる 給 与 所 得 異 動 届 出 書 (

More information

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 等 代 替 職 員 制 度 は 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とする 場 合 その 職 員 の 職 務 を 行 わせるための 産 休 等 代 替 職 員 を 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 が

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

(5 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 居 宅 介 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 居 宅 介 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業

(5 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 居 宅 介 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 居 宅 介 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 基 準 ( 平 成 十 八 年 九 月 二 十 九 日 ) ( 厚 生 労 働 省 告 示 第 五 百 四 十 三 号 ) 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づ く 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 等 及 び 基 準 該 当 障 害 福 祉 サ ー ビ ス に 要 す る 費 用 の 額 の 算 定 に 関 す る 基 準 ( 平 成 十 八 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378> が30 ア されたとき(フルタイムの 再 雇 用 職 員 として 採 用 されたときを 含 む ) 人 事 異 動 に 伴 う 提 類 ( 共 済 組 合 互 助 会 関 係 ) 取 組 共 済 組 合, 互 助 会 の 資 格 取 得 の 届 出 1 船 得 合 員 届 員 提 出 書 当 採 組 ( 書 会 員 ) 資 格 用 合 資 格 取 得 員 届 ( 出 会 員 ) 前 人 給 通 歴

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

Microsoft Word - 【事務連絡】居所情報の登録申請が間に合わなかった場合の取扱いの周知について.docx

Microsoft Word - 【事務連絡】居所情報の登録申請が間に合わなかった場合の取扱いの周知について.docx 事 務 連 絡 平 成 27 年 11 月 5 日 各 都 道 府 県 障 害 福 祉 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 企 画 課 長 期 入 所 者 等 がマイナンバー 通 知 カードを 入 所 等 先 で 受 け 取 るに 当 たっての 居 所 情 報 の 登 録 申 請 が 間 に 合 わなかった 場 合 の 取 扱 いについて(

More information

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ 1. 月 収 額 を 計 算 する 前 に 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください あなたの 同 居 親 族 又 は 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は 何 人 ですか? 同 居 親 族 とは 入 居 しようとする 親 族 ( 本 人 を 除 く)のことをいいます 扶 養 親 族 とは 入 居 しようとする 扶 養 親 族 及 び 入 居 しない

More information

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73>

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73> 新 潟 県 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 代 替 職 員 制 度 は 市 町 村 又 は 社 会 福 祉 法 人 等 が 設 置 する 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とす る 場 合 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 がその

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対 軽 自 動 車 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 ( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対 象 お よ び 処 理 方 法

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 国 見 町 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 4.6 歳 3

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 国 見 町 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 4.6 歳 3 国 見 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 年 度 末 ) B B/ 平 成 9 年 度 の 件 費 率 平 成 年 度,478 4,55,53 79,66 94,46 3.. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 の 労 働 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 3 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

H28記入説明書(納付金・調整金)8

H28記入説明書(納付金・調整金)8 1 常 用 雇 用 労 働 者 の 総 数 の 把 握 ( STEP1 ) (1) 常 用 雇 用 労 働 者 とは 障 害 者 雇 用 納 付 金 制 度 における 常 用 雇 用 労 働 者 とは あなたの 企 業 で の 形 式 の 如 何 を 問 わず 1 雇 用 ( 契 約 ) の 定 めがなく 雇 用 されている 労 働 者 及 び 一 定 の 雇 用 ( 契 約 ) を 定 めて 雇

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

中 部 学 院 大 学 主 催 2016(H28) 年 度 第 1 回 介 護 職 員 等 によるたんの 吸 引 等 研 修 事 業 ( 第 1 2 号 研 修 不 特 定 多 数 の 者 対 象 ) 受 講 者 募 集 要 項 中 部 学 院 大 学 では 2012(H24) 年 4 月 1 に

中 部 学 院 大 学 主 催 2016(H28) 年 度 第 1 回 介 護 職 員 等 によるたんの 吸 引 等 研 修 事 業 ( 第 1 2 号 研 修 不 特 定 多 数 の 者 対 象 ) 受 講 者 募 集 要 項 中 部 学 院 大 学 では 2012(H24) 年 4 月 1 に 2016(H28) 年 度 介 護 職 員 等 によるたん 吸 引 等 の 研 修 事 業 (1 2 号 研 修 不 特 定 多 数 の 者 対 象 )( 概 要 ) 1 登 録 研 修 機 関 番 号 2110001 2 登 録 研 修 機 関 名 中 部 学 院 大 学 3 研 修 課 程 第 1 2 号 研 修 ( 不 特 定 多 数 の 者 対 象 ) 講 義 会 場 名 中 部 学 院 大

More information

Ⅰ 元 請 負 人 を 社 会 保 険 等 加 入 建 設 業 者 に 限 定 平 成 28 年 10 月 1 日 以 降 に 入 札 公 告 指 名 通 知 随 意 契 約 のための 見 積 依 頼 を 行 う 工 事 から 以 下 に 定 める 届 出 の 義 務 ( 以 下 届 出 義 務 と

Ⅰ 元 請 負 人 を 社 会 保 険 等 加 入 建 設 業 者 に 限 定 平 成 28 年 10 月 1 日 以 降 に 入 札 公 告 指 名 通 知 随 意 契 約 のための 見 積 依 頼 を 行 う 工 事 から 以 下 に 定 める 届 出 の 義 務 ( 以 下 届 出 義 務 と 平 成 28 年 5 月 30 日 市 発 注 工 事 における 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 について お 知 らせ 瀬 戸 内 市 契 約 管 財 課 建 設 業 の 持 続 的 な 発 展 に 必 要 な 人 材 の 確 保 等 の 観 点 から 市 発 注 工 事 におけ る 社 会 保 険 等 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ) 未 加 入 対

More information

全設健発第     号

全設健発第     号 全 設 健 発 第 114 号 平 成 28 年 2 月 23 日 事 業 主 殿 全 国 設 計 事 務 所 健 康 保 険 組 合 理 事 長 石 井 純 公 印 省 略 健 康 保 険 法 の 改 正 の ご 案 内 等 に つ い て 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 当 健 康 保 険 組 合 の 運 営 につきましては 日 頃 よりご 協 力 いただき 厚

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

①表紙

①表紙 子 ども 助 成 事 業 に 係 る 請 求 方 法 及 びレセプト 等 記 載 について 平 成 8 年 月 社 会 報 酬 支 払 基 金 大 分 支 部 大 分 県 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 請 求 支 払 概 要 並 びに 請 求 要 領 について P ( 調 剤 ) 報 酬 請 求 書 記 載 方 法 について 社 国 P 3 子 ども 助 成 事 業 に 係 るレセプト

More information

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC>

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC> 出 産 育 児 一 時 金 等 の 医 療 機 関 等 への 直 接 支 払 制 度 実 施 要 綱 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 第 1 趣 旨 これまで 出 産 育 児 一 時 金 及 び 家 族 出 産 育 児 一 時 金 ( 以 下 出 産 育 児 一 時 金 等 とい う )については 原 則 として 出 産 後 に 被 保 険 者 等 ( 健 康 保 険 若 しくは 船 員

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63> 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 部 ( 局 ) 担 当 者 様 事 務 連 絡 平 成 25 年 1 月 25 日 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 等 の 取 扱 いについて 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについては そ の 基 本 的 考 え 方 に 変

More information

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー 栃 木 県 特 定 医 療 費 ( 指 定 難 病 ) 支 給 認 定 申 請 手 続 きのご 案 内 はじめに 発 病 の 機 構 が 明 らかでなく かつ 治 療 方 法 が 確 立 していない 希 少 な 疾 病 であって 当 該 疾 病 にかか ることにより 長 期 にわたり 療 養 を 必 要 とすることとなるもののうち 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 疾 病 を 指 定 難 病 といいます

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )は 私 立 の 幼 稚 園 及 び 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 ( 以 下 幼 稚 園 等 という )に 在 籍 する 幼 児 の 就 園 に 係 る 父 母 負 担 の 軽

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

理化学研究所の役職員への兼業(兼職)依頼について

理化学研究所の役職員への兼業(兼職)依頼について 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 への 兼 業 ( 兼 職 ) 依 頼 について 役 職 員 が 兼 業 を 行 なう 場 合 事 前 に 弊 所 の 承 認 が 必 要 です 役 職 員 へ 兼 業 を 依 頼 さ れる 場 合 は 下 記 を 御 一 読 戴 き 役 職 員 本 人 宛 に 御 依 頼 くださいますようお 願 い 致 し ます 1. 兼 業 依 頼 から 承 認 までの 流

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 交 付 金 による 助 成 を 受

賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 交 付 金 による 助 成 を 受 4 Q & A 賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 交 付 金 による 助 成 を 受 けられないのか また 実 際 の 賃 金 改 善 額 が 賃 金 改 善 計 画 における

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information