1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等"

Transcription

1 北 見 市 障 害 福 祉 サービス 請 求 等 ( 地 域 生 活 支 援 事 業 除 く)の 手 引 き - 目 次 - 1. 対 象 サービス 障 害 福 祉 サービスの 流 れ( 概 要 ) 契 約 -4- 受 給 者 証 への 記 載 契 約 内 容 報 告 書 についてはこちら 4. サービス 提 供 -5- 計 画 サービス 提 供 の 確 認 についてはこちら 5. 請 求 -6- 利 用 者 負 担 額 上 限 額 管 理 過 誤 調 整 事 務 についてはこちら 6. 各 サービスの 留 意 事 項 訪 問 サービス( 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 行 動 援 護 ) 中 活 動 系 サービス( 生 活 介 護 自 立 訓 練 ( 機 能 訓 練 生 活 訓 練 ) 就 労 移 行 支 援 就 労 継 続 支 援 ) -19- 相 談 支 援 ( 計 画 相 談 支 援 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) -20- 共 同 生 活 介 護 共 同 生 活 援 助 施 設 入 所 支 援 短 期 入 所 児 童 発 達 支 援 放 課 後 等 デイサービス -24- 掲 載 様 式 一 覧 表 -25- 北 見 市 保 健 福 祉 部 社 会 福 祉 課 平 成 25 年 10 月 1 ( 初 版 ) 請 求 の 手 引 きに 関 するお 問 い 合 わせは 北 見 市 保 健 福 祉 部 社 会 福 祉 課 (TEL) (FAX) 各 種 様 式 については 北 見 市 ホームページからダウンロードができます ( 掲 載 様 式 一 覧 表 参 照 ) 随 時 手 引 きの 更 新 を 行 いますので 最 新 版 についても 北 見 市 ホームページにてご 確 認 ください 1

2 1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等 乗 降 介 助 ) 重 度 の 肢 体 不 自 由 者 で 常 時 介 護 を 要 する 方 の 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 外 出 時 の 移 動 介 護 を 行 う 視 覚 障 害 により 移 動 に 著 しい 困 難 を 有 する 方 の 外 出 時 の 移 動 に 同 行 必 要 な 情 報 の 提 供 及 び 必 要 な 支 援 を 行 う 介 護 給 付 訓 練 等 給 付 中 活 動 系 居 住 系 中 活 動 系 行 動 援 護 知 的 障 害 又 は 精 神 障 害 により 行 動 が 困 難 で 常 に 介 護 が 必 要 な 方 に 行 動 する 際 の 介 助 を 行 う 重 度 障 害 者 等 包 括 支 援 短 期 入 所 生 活 介 護 療 養 介 護 常 時 介 護 を 要 し その 必 要 の 程 度 が 著 しく 高 い 方 への 居 宅 介 護 その 他 サービスの 包 括 的 なサ ービス 提 供 を 行 う 居 宅 で 介 護 する 方 が 病 気 の 場 合 などに 短 期 間 夜 間 も 含 め 施 設 で 入 浴 排 せつ 食 事 介 護 などを 行 う 常 時 介 護 を 要 する 方 に 主 に 昼 間 入 浴 や 排 せつ 食 事 介 護 を 行 うとともに 創 作 的 活 動 又 は 生 産 活 動 の 機 会 提 供 を 行 う 医 療 と 常 時 介 護 を 必 要 とする 方 に 昼 間 医 療 機 関 で 機 能 訓 練 や 療 養 上 の 管 理 看 護 介 護 及 び 常 生 活 の 世 話 などを 行 う 施 設 入 所 支 援 施 設 に 入 所 する 方 に 主 に 夜 間 において 入 浴 排 せつ 食 事 介 護 などを 行 う 共 同 生 活 介 護 (CH) 共 同 生 活 をする 住 居 で 主 に 夜 間 において 入 浴 排 せつ 食 事 介 護 などを 行 う 自 立 訓 練 ( 機 能 訓 練 生 活 訓 練 ) 自 立 した 生 活 又 は 社 会 生 活 を 営 むことができるよう 身 体 機 能 又 は 生 活 能 力 の 向 上 のために 必 要 な 訓 練 を 行 う 就 労 移 行 支 援 就 労 を 希 望 する 方 に 就 労 に 必 要 な 知 識 及 び 能 力 の 向 上 のために 必 要 な 訓 練 を 行 う 就 労 継 続 支 援 雇 用 が 困 難 な 人 への 就 労 機 会 の 提 供 と 生 活 活 動 などを 通 じて 知 識 能 力 の 向 上 のために 必 要 (A 型 B 型 ) な 訓 練 を 行 う 居 住 系 共 同 生 活 援 助 (GH) 共 同 生 活 をする 住 居 で 主 に 夜 間 において 相 談 その 他 の 常 生 活 上 の 援 助 を 行 う 計 画 相 談 支 援 障 害 児 相 談 支 援 地 域 相 談 支 援 児 童 発 達 支 援 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 医 療 型 児 童 発 達 支 援 放 課 後 等 デイサービス 保 育 所 等 訪 問 支 援 障 害 福 祉 サービスの 申 請 変 更 申 請 若 しくは 地 域 相 談 支 援 の 申 請 に 係 る 障 がい 者 について 心 身 の 状 況 や 環 境 サービス 利 用 に 関 する 意 向 等 を 勘 案 し サービス 等 利 用 計 画 ( 案 ) を 作 成 支 給 決 定 後 各 事 業 所 等 と 調 整 の 上 サービス 利 用 等 計 画 を 作 成 する (サービス 利 用 支 援 障 害 児 支 援 利 用 援 助 ) 又 定 期 的 にサービス 利 用 計 画 の 見 直 しを 行 い 必 要 に 応 じて 各 事 業 所 等 との 連 絡 調 整 や 当 該 障 がい 者 への 申 請 勧 奨 等 を 行 う ( 継 続 サービス 利 用 支 援 継 続 障 害 児 支 援 利 用 援 助 ) 主 に 長 期 に 障 害 者 支 援 施 設 等 に 入 所 している 障 がい 者 又 は 精 神 科 病 院 に 入 院 している 精 神 障 がい 者 につき 住 居 の 確 保 その 他 の 地 域 における 生 活 に 移 行 するための 活 動 に 関 する 相 談 その 他 の 必 要 な 支 援 を 行 う 居 宅 において 単 身 等 で 生 活 する 障 がい 者 につき 常 時 の 連 絡 体 制 を 確 保 し 障 がい 者 の 特 性 に 起 因 して 生 じた 緊 急 の 事 態 等 に 相 談 その 他 必 要 な 支 援 を 行 う 常 生 活 における 基 本 的 な 動 作 の 指 導 知 識 技 能 の 付 与 集 団 生 活 への 適 応 訓 練 など 必 要 な 支 援 を 行 う 肢 体 不 自 由 があり 理 学 療 法 等 の 機 能 訓 練 又 は 医 療 的 管 理 下 での 支 援 が 必 要 と 認 められた 障 が い 児 に 対 し 児 童 発 達 支 援 及 び 治 療 を 行 う 授 業 の 終 了 又 は 学 校 の 休 業 に 児 童 発 達 支 援 センター 等 の 施 設 に 通 わせ 生 活 能 力 の 向 上 の ために 必 要 な 訓 練 社 会 との 交 流 の 促 進 その 他 必 要 な 支 援 を 行 う 保 育 所 等 を 訪 問 し 障 害 児 に 対 して 他 の 児 童 との 集 団 生 活 への 適 応 のため 専 門 的 な 支 援 等 を 行 う 2

3 2. 障 害 福 祉 サービスの 流 れ( 概 要 ) (1) 相 談 からサービス 等 利 用 計 画 の 作 成 までの 流 れ (2) 契 約 (3) サービス 提 供 介 護 給 付 費 訓 練 等 給 付 費 (4) 請 求 等 介 護 給 付 費 訓 練 等 給 付 費 (5) 受 領 事 業 者 利 用 者 間 で 契 約 締 結 後 事 業 所 はサービス 提 供 を 開 始 します 契 約 時 の 留 意 点 重 要 事 項 を 記 した 文 書 を 交 付 して 説 明 を 行 い サービス 提 供 の 開 始 について 利 用 申 込 者 の 同 意 を 得 なければなりません 受 給 者 証 の 内 容 を 確 認 し 契 約 内 容 を 記 載 します 契 約 内 容 報 告 書 を 北 見 市 社 会 福 祉 課 に 提 出 します サービス 提 供 にあたって 事 前 に 作 成 した 各 サービスの 個 別 支 援 計 画 に 基 づき 月 のサービス 提 供 計 画 を 立 てます ( 提 供 時 内 容 等 具 体 的 な 計 画 ) サービス 提 供 の 都 度 サービスの 具 体 内 容 等 を 記 載 し 提 示 の 上 確 認 並 びに 自 署 又 は 押 印 を 求 めます (シャチハタ 印 鑑 の 使 用 はできません ) また 報 酬 請 求 に 係 るサービス 実 績 記 録 票 の 記 録 確 認 についても 同 様 に 行 います サ ービス 提 供 の 記 録 は 原 則 5 年 間 事 業 所 に 保 管 をします 事 前 に 立 てたサービス 提 供 計 画 に 基 づき 請 求 を 行 います 請 求 書 請 求 明 細 書 サービス 提 供 実 績 記 録 票 の 3 種 類 のデータを 作 成 します 国 保 連 合 会 電 子 請 求 システムを 通 じて サービス 提 供 翌 月 10 までに 請 求 データを 伝 送 します 請 求 内 容 等 に 誤 りがなければ 請 求 月 の 翌 月 (サービス 提 供 月 の 翌 々 月 )15 ごろに 報 酬 が 支 払 われます 市 から 支 払 を 受 けた 時 は 本 来 の 受 領 者 である 利 用 者 に 対 して 代 理 受 領 した 金 額 等 を 書 面 により 通 知 します 毎 月 利 用 者 一 人 一 人 に 必 ず 交 付 することが 必 要 です 支 払 後 請 求 内 容 に 誤 りが 判 明 した 場 合 過 誤 調 整 を 行 います 3

4 3. 契 約 (1) 重 要 事 項 を 記 した 文 書 を 交 付 して 説 明 を 行 い サービス 提 供 の 開 始 について 利 用 申 込 者 の 同 意 を 得 なければなりません (2) 受 給 者 証 の 内 容 を 確 認 します (3) 受 給 者 証 に 契 約 内 容 を 記 載 します (4) 契 約 内 容 報 告 書 を 北 見 市 社 会 福 祉 課 に 提 出 します 契 約 に 当 たって 受 給 者 証 の 内 容 をご 確 認 ください 確 認 事 項 : 受 給 資 格 ( 当 該 サービスの 支 給 決 定 の 有 無 有 効 期 間 ) 決 定 支 給 量 加 算 内 容 利 用 者 負 担 等 受 給 者 証 の 種 類 障 害 福 祉 サービス 受 給 者 証 地 域 相 談 支 援 事 業 受 給 者 証 通 所 受 給 者 証 契 約 支 給 量 の 総 量 は 受 給 者 証 に 記 載 されている 決 定 の 支 給 量 を 超 えてはなりません * 受 給 者 証 の 内 容 は 更 新 時 以 外 にも 変 更 される 可 能 性 がありますので 毎 月 定 期 的 にご 確 認 ください 契 約 締 結 後 受 給 者 証 に 契 約 内 容 を 記 載 します 契 約 締 結 時 契 約 終 了 時 及 び 契 約 量 変 更 時 にそれぞれ 記 入 が 必 要 となります 事 業 者 記 入 欄 は 番 号 順 に 記 入 します サービス 内 容 ごとに 一 つの 欄 を 使 用 します 事 業 者 名 を 指 定 することがで きる 確 認 印 を 押 印 します 番 号 事 業 者 及 びその 事 業 所 の 名 称 サービス 内 容 事 業 者 確 認 印 契 約 支 給 量 月 分 印 1 契 約 平 成 年 月 当 該 支 給 量 による サービス 提 供 終 了 月 サービス 提 供 終 了 月 の 終 了 までの 既 提 供 量 ( 各 サービス) 事 業 者 記 入 欄 平 成 年 月 分 事 業 所 事 業 者 確 認 印 番 号 事 業 者 及 びその 事 業 所 の 名 称 短 期 入 所 事 業 者 実 績 記 入 欄 実 施 平 成 年 月 から 数 月 累 計 事 業 者 確 認 印 園 印 平 成 年 月 まで 平 成 年 月 から 平 成 年 月 まで 平 成 年 月 から 平 成 年 月 まで 変 更 の 場 合 変 更 前 の 契 約 について 終 了 の 記 載 をし 新 たに 契 約 した 内 容 ( 新 たな 契 約 支 給 量 並 びに 変 更 した )について 事 業 者 記 入 欄 の 最 も 若 い 未 記 入 の 事 業 者 記 入 欄 に 記 入 します 新 規 契 約 時 既 に 同 一 サービスで 別 事 業 者 と 契 約 がある 場 合 決 定 支 給 量 から 既 に 記 入 されている 契 約 支 給 量 を 差 引 いた 残 りの 決 定 支 給 量 の 範 囲 内 で 契 約 を 締 結 します 前 事 業 者 との 契 約 終 了 後 同 一 月 内 に 同 一 サービス 内 容 の 新 規 契 約 を 別 の 事 業 者 が 行 う 場 合 前 事 業 者 との 契 約 が 終 了 した 後 に 新 たに 契 約 を 行 う 事 業 者 は 決 定 支 給 量 の 範 囲 内 での 契 約 となります ただし 当 該 契 約 終 了 月 ( 新 規 契 約 月 )においては 前 事 業 者 が 事 業 者 記 入 欄 に 記 入 したサービス 提 供 月 中 の 終 了 まで の 既 提 供 量 を 受 給 者 証 により 確 認 し その 月 の 決 定 支 給 量 から 当 該 サービス 提 供 終 了 月 の 既 提 供 量 を 差 し 引 いた 残 りの 支 給 量 を 超 えない 範 囲 でサービス 提 供 を 行 います 契 約 内 容 ( 障 害 福 祉 サービス 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 ( 様 式 第 26 号 )にて その 内 容 を 遅 滞 なく 報 告 します 契 約 締 結 時 契 約 終 了 時 及 び 契 約 量 変 更 時 にそれぞれ 報 告 が 必 要 となります 契 約 内 容 報 告 書 の 提 出 先 は 当 該 受 給 者 の 支 給 決 定 市 町 村 です 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 の 番 号 は 受 給 者 証 に 記 入 した 番 号 を 記 載 します ( 上 図 グレースケール 部 分 の 番 号 ) 4

5 4. サービス 提 供 (1) 各 サービスの 個 別 支 援 計 画 に 基 づいて 事 前 に 月 の 具 体 的 な 時 や 内 容 についてサービス 提 供 計 画 を 立 てます 計 画 に 基 づいてサービス 提 供 を 行 います (2) サービス 提 供 の 都 度 サービス 提 供 の 内 容 を 記 録 し その 記 載 内 容 を 提 示 利 用 者 の 確 認 ( 押 印 又 は 自 署 ) を 求 めます また 請 求 の 根 拠 となるサービス 提 供 実 績 記 録 票 ( 以 降 実 績 記 録 票 とします ) にも 同 様 に 記 録 し 利 用 者 確 認 を 求 めます (3) 計 画 に 変 更 があった 場 合 その 都 度 計 画 を 見 直 し 利 用 者 に 確 認 を 求 めます 個 別 支 援 計 画 サービスの 支 援 内 容 や 決 定 支 給 量 の 考 え 方 については 事 前 に 北 見 市 社 会 福 祉 課 にご 確 認 ください 中 活 動 系 サービスは 単 位 でサービス 提 供 計 画 を 立 てます 支 給 決 定 内 容 等 に 変 更 がある 場 合 がありますので 毎 月 必 ず 受 給 者 証 をご 確 認 ください サービス 提 供 の 確 認 具 体 的 に 提 供 具 体 的 内 容 実 績 数 利 用 者 負 担 額 加 算 の 算 定 にあたる 支 援 等 を 記 録 しなければなりません ( 支 援 記 録 の 決 まった 様 式 はありません ) 居 住 系 サービス( 施 設 入 所 支 援 等 )において において 外 泊 など 通 常 と 異 なる 利 用 が 生 じた 場 合 はその 都 度 確 認 するといった 方 法 を 併 用 することで 対 応 が 可 能 と 判 断 される 場 合 には 一 月 分 を 月 末 又 は 翌 月 の 初 旬 に 一 括 して 確 認 を 求 めても 差 し 支 えありません 請 求 に 際 しては 厚 生 労 働 省 が 示 しているサービス 提 供 実 績 記 録 票 の 様 式 をご 利 用 ください この 様 式 には 各 種 加 算 算 定 等 の ために 必 要 な 欄 が 設 けられています 必 要 項 目 が 省 略 された 独 自 の 様 式 は 請 求 の 根 拠 とみなすことが 出 来 ない 場 合 があります のでご 注 意 ください サービスごとに 記 録 確 認 した 実 績 記 録 票 ( 原 本 )は 原 則 5 年 間 事 業 所 に 保 管 します 実 績 記 録 票 ( 原 本 )をもとに 国 保 連 合 会 へ 伝 送 する 実 績 記 録 票 データを 作 成 します ( 国 保 連 伝 送 用 に 作 成 した 実 績 記 録 票 データ の 印 刷 帳 票 に 利 用 者 印 を 求 めることは サービス 提 供 の 都 度 記 録 し 確 認 を 求 めるという 趣 旨 に 沿 いませんので ご 注 意 ください ) 毎 月 の 北 見 市 社 会 福 祉 課 への 実 績 記 録 票 ( 原 本 )の 提 出 は 不 要 ですが 必 要 に 応 じて 内 容 の 確 認 をさせていただくことがありま す 計 画 と 請 求 の 考 え 方 原 則 として サービス 提 供 計 画 に 基 づき 請 求 を 行 います 計 画 と 実 際 のサービス 提 供 に 少 々の 誤 差 があった 場 合 ( 例 :10 分 早 くサービス 提 供 を 終 了 した 5 分 延 長 した 等 ) 実 績 記 録 票 のサービス 提 供 欄 には 実 際 の 提 供 を 記 載 します 請 求 については 概 ね 計 画 通 りであるため サービス 提 供 計 画 に 基 づいた 請 求 を 行 います キャンセルや 突 発 的 な 計 画 の 変 更 (30 分 以 上 のサービスの 短 縮 延 長 追 加 等 )の 申 出 があった 場 合 及 び 記 載 に 誤 りがあった 場 合 申 出 の 都 度 事 前 に 立 てていた 計 画 を 見 直 し 利 用 者 確 認 の 上 計 画 の 修 正 を 行 います 記 載 誤 りがあった 場 合 についても 上 記 と 同 様 に 利 用 者 確 認 の 上 誤 りのある 箇 所 について 修 正 を 行 います 実 績 記 録 票 修 正 の 例 ( 居 宅 介 護 ) 訪 問 系 サービス 中 活 動 系 サービス 居 住 系 サービス 地 域 相 談 支 援 すべて 同 様 の 取 扱 いとなります 派 曜 居 宅 介 護 計 画 サービス 提 供 算 定 数 遣 付 サービス 計 画 数 人 サービス 利 用 者 内 容 乗 降 数 提 供 者 印 確 認 印 開 始 終 了 乗 降 開 始 1 火 身 体 9:00 11: :00 11: 印 印 3 木 家 事 12:00 13:00 13:30 印 終 了 12:00 13: 印 印 5 土 身 体 17:00 19: :00 19: 印 印 修 正 部 分 を 二 重 線 で 見 え 消 しし 利 用 者 確 認 印 を 求 めます 変 更 の 場 合 は 余 白 に 正 しい 内 容 を 書 き 込 みます 実 績 記 録 票 を 修 正 する 際 は 新 たに 実 績 記 録 票 を 作 成 するのではなく もともと 使 用 していた 実 績 記 録 票 に 修 正 を 行 います 5

6 5. 請 求 (1) インターネットを 利 用 して 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 ( 国 保 連 )に 電 子 請 求 を 行 います 時 期 提 供 翌 月 月 初 ~ 中 頃 提 供 翌 月 10 まで 請 求 月 10 以 降 請 求 翌 月 15 頃 支 払 確 定 後 内 容 北 見 市 社 会 福 祉 課 から 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 所 の 基 本 情 報 ( 事 業 所 名 事 業 所 番 号 サービス 内 容 加 算 情 報 等 )を 国 保 連 に 送 ります 事 業 所 情 報 として 登 録 されます ( 下 図 1) 北 見 市 社 会 福 祉 課 から 障 害 福 祉 サービス 支 給 決 定 障 がい 者 等 の 基 本 情 報 支 給 決 定 情 報 ( 支 給 決 定 者 名 受 給 者 証 番 号 利 用 者 負 担 額 障 害 程 度 区 分 利 用 者 負 担 額 上 限 管 理 事 業 所 情 報 支 給 決 定 内 容 支 給 決 定 量 支 給 決 定 期 間 等 )を 国 保 連 に 送 ります 受 給 者 情 報 として 登 録 されます ( 下 図 2) 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 所 から 作 成 した 請 求 情 報 ( 請 求 書 請 求 明 細 書 実 績 記 録 票 等 )を 電 子 請 求 します 北 見 市 の 市 町 村 番 号 は です 下 図 12で 登 録 された 各 情 報 と3 請 求 情 報 に 相 違 ないか 等 国 保 連 にて 点 検 が 行 われます この 段 階 で 請 求 内 容 に 誤 りがあるものは 返 戻 となります 国 保 連 から3で 処 理 された 請 求 情 報 が 北 見 市 に 送 付 され 北 見 市 にて 審 査 点 検 を 行 います 請 求 内 容 に 誤 り があると 思 われる 場 合 北 見 市 社 会 福 祉 課 から 連 絡 させていただきます 確 定 した 請 求 金 額 が 支 払 われます 事 業 所 等 における 自 主 点 検 により 支 払 われた 請 求 内 容 に 誤 りがあった 場 合 事 前 に 北 見 市 社 会 福 祉 課 へ 連 絡 の 上 過 誤 申 立 申 請 書 を 提 出 する 必 要 があります 毎 月 1 ~10 3 請 求 情 報 送 信 障 害 福 祉 サービス 利 用 者 契 約 サービス 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 支 払 額 振 込 国 保 連 合 会 申 請 代 理 受 領 の お 知 らせ 請 求 指 定 申 請 4 事 業 者 情 報 受 給 者 情 報 と 請 求 内 容 に 相 違 がないか 点 検 5 請 求 内 容 の 審 査 点 検 支 給 決 定 支 払 指 定 1 事 業 者 情 報 2 受 給 者 情 報 送 付 北 見 市 社 会 福 祉 課 ( 基 準 該 当 事 業 所 及 び 計 画 相 談 事 業 所 ) 返 戻 請 求 内 容 が 不 適 切 であったり 国 保 連 に 登 録 された 事 業 所 情 報 受 給 者 情 報 と 請 求 内 容 に 相 違 があったりした 場 合 事 業 所 に 請 求 情 報 が 戻 されることです 請 求 内 容 の 修 正 を 行 い 再 度 請 求 を 行 ってください 過 誤 取 り 下 げ 誤 った 請 求 額 で 支 払 われた 場 合 市 町 村 に 申 し 出 をし 請 求 の 取 り 下 げを 行 うことです 再 度 正 しい 内 容 で 請 求 を 行 うことで 過 誤 調 整 をします 詳 細 は 後 述 します 6

7 (2) 報 酬 額 の 算 定 に 当 たっては 厚 生 労 働 省 のホームページ 等 で 基 準 や 告 示 等 確 認 お 願 いいたします (3) 法 定 代 理 受 領 事 業 所 が 利 用 者 に 代 わり 市 町 村 から 給 付 費 を 受 領 するしくみのことをいいます 法 定 代 理 受 領 により 市 町 村 から 障 害 福 祉 サービス に 係 る 給 付 費 の 支 給 を 受 けた 場 合 は 利 用 者 に 対 しその 額 を 通 知 しなければなりません (4) 報 酬 の 算 定 利 用 者 個 人 単 位 サービス 提 供 月 ごとに 利 用 数 ( 数 )に 応 じた 支 払 となります 基 本 報 酬 の 算 定 単 位 数 表 でサービスごとに 定 められた 単 位 に 地 域 ごとの 1 単 位 単 価 を 乗 じて 得 た 額 が 報 酬 の 額 となります 利 用 者 1 人 あたりの 報 酬 (1 ヶ 月 あたり) = 合 計 報 酬 単 位 数 10 円 ( 単 位 を 円 に 換 算 ) 地 域 区 分 ごとの 割 合 * 北 見 市 の 地 域 区 分 率 は 下 記 のとおり * 北 見 市 の 地 域 区 分 率 級 地 : その 他 区 分 率 : 1000/1000 加 算 の 算 定 基 本 報 酬 の 算 定 のほかに 各 種 加 算 の 算 定 を 行 います 各 種 加 算 の 算 定 について 北 海 道 に 届 出 が 必 要 な 加 算 とサービス 提 供 の 実 績 に 基 づいて 算 定 する 加 算 との 主 に2 種 類 があります 報 酬 告 示 や 留 意 事 項 通 知 をよくお 読 みいただき 届 出 算 定 を 行 ってください ( 算 定 誤 りがあると 過 誤 調 整 が 必 要 となります ) (5) 利 用 者 負 担 額 ( 月 額 ) 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 所 はサービス 提 供 をした 際 当 支 給 決 定 障 がい 者 等 から 利 用 者 負 担 額 の 支 払 を 受 けます ただし 費 用 の 1 割 を 上 限 とします 利 用 者 負 担 額 の 支 払 を 受 けた 場 合 領 収 証 を 交 付 します 利 用 者 負 担 上 限 額 は 受 給 者 証 に 記 載 されています 定 期 的 にご 確 認 ください 利 用 者 負 担 上 限 額 は 支 給 決 定 障 がい 者 等 の 所 得 に 応 じて4 区 分 が 設 定 され それ 以 上 の 負 担 は 生 じません 世 帯 の 範 囲 障 がい 者 (18 歳 以 上 )の 世 帯 : 本 人 と 配 偶 者 ( 施 設 入 所 の 歳 を 除 く) 障 がい 児 (18 歳 未 満 )の 世 帯 : 保 護 者 の 属 する 住 民 基 本 台 帳 での 世 帯 範 囲 ( 施 設 入 所 の 歳 を 含 む) 区 分 世 帯 の 内 容 利 用 負 担 上 限 月 額 1 生 活 保 護 生 活 保 護 受 給 世 帯 に 属 する 方 0 円 2 低 所 得 市 民 税 非 課 税 世 帯 に 属 する 方 0 円 市 民 税 課 税 世 帯 に 属 する 方 ( 所 得 割 16 万 円 未 満 ) 9,300 円 3 一 般 1 児 童 利 用 の 世 帯 の 場 合 ( 所 得 割 28 万 円 未 満 ) 4,600 円 ( 入 所 施 設 利 用 時 ) 9,300 円 4 一 般 2 市 民 税 課 税 世 帯 に 属 する 方 ( 所 得 割 16 万 円 以 上 ) 児 童 利 用 の 世 帯 の 場 合 ( 所 得 割 28 万 円 以 上 ) 37,200 円 20 歳 以 上 の 施 設 入 所 者 グループホーム ケアホーム 利 用 者 は 市 民 税 課 税 世 帯 に 属 する 方 は 一 般 2 となります (6) 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 について 複 数 事 業 所 を 利 用 し 一 月 あたりの 利 用 者 負 担 額 が 設 定 された 負 担 上 限 月 額 を 超 過 する 場 合 に どの 事 業 者 がいくら 利 用 者 か ら 支 払 を 受 け いくら 市 町 村 に 請 求 をするか を 管 理 調 整 する 事 務 のことです 7

8 利 用 する 複 数 事 業 所 のうち 一 ヶ 所 が 上 限 額 管 理 事 業 者 となり 上 限 額 管 理 事 務 を 行 います 対 象 者 : 下 記 のすべてを 満 たす 方 が 利 用 者 負 担 の 上 限 管 理 の 対 象 となります 障 害 者 総 合 支 援 法 及 び 児 童 福 祉 法 をまたがるサービスについては 上 限 管 理 を 行 いません それぞれの 法 内 での 管 理 となります 1 利 用 者 負 担 額 が 0 円 でない 方 2 一 月 に 複 数 事 業 所 を 利 用 している 方 (サービス 種 類 が 異 なっていても 事 業 所 番 号 が 同 一 の 場 合 はひとつとみなします ) 3 一 月 あたりの 利 用 者 負 担 上 限 月 額 を 超 過 することが 見 込 まれる 方 新 たに 上 限 額 管 理 の 必 要 性 が 発 生 した 場 合 及 び 上 限 額 管 理 事 業 者 を 変 更 する 場 合 北 見 市 社 会 福 祉 課 に 利 用 者 負 担 上 限 管 理 依 頼 ( 変 更 ) 届 出 書 をご 提 出 ください 受 給 者 証 に 上 限 管 理 の 有 無 と 上 限 額 管 理 事 業 者 名 が 記 載 されるとともに 国 保 連 に 上 限 額 管 理 事 業 者 情 報 が 登 録 されて 請 求 が 可 能 となります 受 給 者 証 をご 確 認 ください 上 限 額 管 理 事 業 所 は 提 供 されるサービス 量 生 活 面 を 含 めた 利 用 者 との 関 係 性 ( 利 用 者 負 担 を 徴 収 する 便 宜 ) 等 を 勘 案 して 設 定 し ます ( 優 先 順 位 については 下 表 を 参 照 ) 上 限 額 管 理 事 業 所 の 優 先 順 位 ( 障 害 者 総 合 支 援 法 ) 依 頼 書 1 施 設 入 所 療 養 介 護 宿 泊 型 自 立 訓 練 共 同 生 活 介 護 共 同 生 活 援 助 ( 体 験 利 用 除 く) 居 住 系 提 出 2 計 画 相 談 支 援 (モニタリングが 毎 月 ごとに 設 定 されている 方 に 限 る) 必 要 1 3 生 活 介 護 就 労 移 行 支 援 就 労 継 続 支 援 自 立 訓 練 中 活 動 系 4 重 度 訪 問 介 護 居 宅 介 護 同 行 援 護 行 動 援 護 重 度 障 害 者 等 包 括 支 援 訪 問 系 5 短 期 入 所 ( 複 数 事 業 所 利 用 の 場 合 は 月 の 最 後 に 提 供 した 事 業 所 ) 6 共 同 生 活 介 護 共 同 生 活 援 助 ( 体 験 利 用 に 限 る)( 複 数 事 業 所 利 用 の 場 合 は 月 の 最 後 に 提 供 した 事 業 所 ) 同 じ 順 位 の 場 合 は 契 約 量 ( 契 約 数 )の 多 い 順 に 上 限 額 管 理 事 業 所 となる 1 本 来 提 出 は 必 須 ではありませんが 国 保 連 合 会 に 請 求 の 上 で 事 業 所 登 録 が 必 要 なためご 協 力 お 願 いします 提 出 必 要 上 限 額 管 理 結 果 ( 上 限 額 管 理 結 果 は 下 記 の 3 通 りとなります 上 限 額 管 理 結 果 票 に 記 載 します ) 1 管 理 事 業 所 で 利 用 者 負 担 額 を 充 当 したため 他 事 業 所 の 利 用 者 負 担 は 発 生 しない 2 利 用 者 負 担 額 の 合 算 額 が 負 担 上 限 月 額 以 下 のため 調 整 事 務 は 行 わない 3 利 用 者 負 担 額 の 合 算 額 が 負 担 上 限 月 額 を 超 過 するため 調 整 する 上 限 額 管 理 事 務 の 流 れ( 一 例 として) 程 上 限 額 管 理 結 果 1の 場 合 上 限 額 管 理 結 果 23の 場 合 1 サービス 提 上 限 額 管 理 事 業 所 は 関 係 事 業 所 に 対 し 利 用 者 供 月 中 上 限 額 管 理 事 業 所 のみにおいて 当 該 月 の 利 負 担 額 一 覧 表 の 提 出 を 依 頼 します 2 用 者 負 担 額 が 負 担 上 限 月 額 に 達 した 時 点 で サービス 提 関 係 事 業 所 は 事 業 所 番 号 単 位 で 利 用 者 負 担 額 関 係 事 業 所 に 対 し 利 用 者 負 担 額 一 覧 表 供 翌 月 3 を 算 出 して 上 限 額 管 理 事 業 所 に 利 用 者 負 担 の 提 出 が 不 要 である 旨 を 通 知 します 位 まで 額 一 覧 表 を 提 供 します サービス 提 供 翌 月 6 位 まで サービス 提 供 翌 月 10 まで サービス 提 供 後 上 限 額 管 理 事 業 者 は 上 限 額 管 理 事 業 者 は 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 結 果 票 に 提 出 された 利 用 者 負 担 額 一 覧 表 に 基 づき 1 各 関 係 事 業 者 の 管 理 結 果 後 利 用 者 負 担 1 作 成 し 額 (0 円 )のみを 記 載 し 2 上 限 額 管 理 対 象 者 に 確 認 を 求 め 2 上 限 額 管 理 対 象 者 に 確 認 を 求 め 3 各 関 係 事 業 所 に 送 付 します 3 各 関 係 事 業 所 に 送 付 します 国 保 連 請 求 データを 伝 送 する 明 細 書 の 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 結 果 情 報 を 登 録 します * 上 限 額 管 理 事 業 者 は 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 結 果 票 データを 送 付 します 上 限 額 管 理 事 業 者 及 び 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 結 果 票 を 受 け 取 った 関 係 事 業 所 は 上 限 額 管 理 対 象 者 の 請 求 明 細 書 に 1 実 績 記 録 票 2 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 結 果 票 を 添 付 し 保 管 します 8

9 上 限 額 管 理 を 行 うと 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 加 算 (150 単 位 / 月 )を 算 定 することができます (8P 上 限 額 管 理 事 業 所 の 優 先 順 位 表 の1の 事 業 所 は 算 定 対 象 外 です) 管 理 事 業 所 におけるサービス 提 供 がない 月 で 関 係 事 業 所 でのサービス 提 供 がある 月 は 上 限 額 管 理 が 必 要 です それに 伴 い 利 用 者 負 担 上 限 管 理 結 果 票 の 作 成 が 必 要 となり 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 加 算 の 算 定 ができます 管 理 事 業 所 におけるサービス 提 供 がある 月 で 関 係 事 業 所 でのサービス 提 供 がない 月 は 上 限 額 管 理 が 不 要 です それに 伴 い 利 用 者 負 担 上 限 管 理 結 果 票 の 作 成 が 不 要 となり 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 加 算 の 算 定 ができません 上 限 額 管 理 結 果 3の 例 負 担 額 9,300 円 の 利 用 者 が A( 上 限 額 管 理 事 業 所 ) B Cの 3 事 業 所 を 下 記 のとおり 利 用 している 場 合 A 事 業 所 B 事 業 所 C 事 業 所 1 総 費 用 額 60,000 円 40,000 円 20,000 円 2 1 割 負 担 額 6,000 円 4,000 円 2,000 円 3 市 町 村 請 求 額 (1-2) 54,000 円 36,000 円 18,000 円 4 管 理 結 果 後 負 担 額 6,000 円 3,300 円 0 5 管 理 結 果 後 市 町 村 請 求 額 (1-4) 54,000 円 36,700 円 20,000 円 請 求 後 に 利 用 者 負 担 額 に 誤 りが 判 明 した 場 合 は 過 誤 調 整 が 必 要 です 上 記 手 続 きの 通 り 再 度 調 整 し 利 用 者 確 認 各 事 業 所 への 連 絡 の 上 再 請 求 を 行 ってください 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 結 果 票 に 変 更 がある 場 合 は 国 保 連 へ 再 度 データを 送 付 します 障 害 者 総 合 支 援 法 にかかる 福 祉 サービス( 短 期 入 所 居 宅 介 護 等 )と 児 童 福 祉 法 にかかる 児 童 発 達 支 援 等 サービス 間 においては 上 限 管 理 は 行 いません ( 上 限 負 担 額 を 超 えた 場 合 は 高 額 障 害 福 祉 サービス 等 給 付 費 高 額 障 害 児 入 所 給 付 費 高 額 障 害 児 通 所 給 付 費 にて 償 還 払 いとなります ) (7) 過 誤 調 整 事 務 過 誤 取 り 下 げ とは 誤 った 請 求 額 で 支 払 われた 場 合 市 町 村 に 申 し 出 をし 請 求 の 取 り 下 げを 行 うことです 再 度 正 しい 内 容 で 請 求 を 行 うことで 過 誤 調 整 をします 過 誤 調 整 には 下 記 の 2 通 りの 方 法 があります 北 見 市 は 同 月 過 誤 で 処 理 しています 同 月 過 誤 : 過 誤 取 り 下 げを 実 施 する 月 と 同 じ 月 に 再 請 求 を 行 い 再 請 求 分 と 返 戻 分 を 同 月 に 調 整 します 再 請 求 を 行 わないと 返 戻 額 が 差 し 引 かれますので ご 注 意 ください 通 常 過 誤 : 過 誤 取 り 下 げを 実 施 する 月 の 翌 月 以 降 に 再 請 求 が 可 能 です 毎 月 北 見 市 にて 請 求 内 容 の 審 査 点 検 を 行 います 請 求 内 容 に 誤 りがあると 思 われる 場 合 北 見 市 から 連 絡 させていただきます 事 業 所 として 自 主 点 検 を 行 われた 結 果 請 求 に 誤 りがあった 場 合 についても 同 様 に 過 誤 調 整 を 行 います なお 過 誤 調 整 により 利 用 者 負 担 額 が 変 更 になる 場 合 は 利 用 者 に 対 して 返 還 または 追 加 徴 収 を 行 います 9

10 同 月 過 誤 調 整 のながれ 時 期 内 容 事 業 者 から 支 払 われた 請 求 内 容 に 誤 りが 判 明 した 場 合 事 前 に 電 話 連 絡 のうえ 下 記 の 書 類 を 北 見 市 社 会 福 祉 課 へご 提 出 ください 提 出 書 類 過 誤 申 立 申 請 書 とともに 正 しい 内 容 に 訂 正 した 書 類 をすべてご 添 付 ください 1 過 誤 申 立 申 請 書 2 正 しい 内 容 の 明 細 書 ( 国 保 連 に 伝 送 するデータを 正 しい 内 容 に 修 正 し 帳 票 印 刷 したもの) 同 月 過 誤 月 の 3 実 績 記 録 票 に 変 更 がある 場 合 のみ 正 しい 内 容 の 実 績 記 録 票 原 本 ( 利 用 者 印 等 のあるもの)のコピー 1 前 月 末 まで 変 更 部 分 だけでなく 当 該 月 のすべての 実 績 記 録 票 が 必 要 です 郵 送 持 参 を 似 て 受 付 けています FAX での 受 付 は 行 っていません 毎 月 締 切 を 設 定 しています 北 見 市 社 会 福 祉 課 にご 確 認 ください 明 細 書 や 実 績 記 録 票 の 提 出 がない 場 合 または 書 類 に 不 備 がある 場 合 は 追 加 提 出 や 差 し 替 え の 提 出 をいただきます すべての 書 類 が 整 った 上 で 国 保 連 合 会 へ 過 誤 取 り 下 げデータを 送 信 しま す 締 切 間 際 に 提 出 された 場 合 は 間 に 合 わない 可 能 性 もありますので あらかじめ 余 裕 をもって ご 提 出 いただきますようお 願 いいたします 同 月 過 誤 月 北 見 市 社 会 福 祉 課 から 2 はじめ 国 保 連 合 会 へ 過 誤 データを 送 信 します 請 求 事 業 者 から 3 (1~10 ) 1.の2 正 しい 内 容 の 明 細 書 どおり 再 請 求 ( 国 保 連 合 会 へ 電 子 請 求 )を 行 ってください 請 求 翌 月 4 前 回 支 払 額 と 再 請 求 分 を 調 整 します 15 前 後 よくある 過 誤 内 容 について 下 記 に 留 意 いただき 過 誤 申 立 を 行 ってください 負 担 額 誤 り 負 担 上 限 額 オーバー 必 要 な 添 付 書 類 : 正 しい 明 細 書 1 利 用 者 負 担 額 に 誤 りがある 場 合 及 び 上 限 月 額 を 超 えて 請 求 がある 場 合 にお 知 らせします 受 給 者 証 にて 利 用 者 負 担 額 をご 確 認 ください 2 複 数 事 業 所 が 関 わっている 場 合 は 上 限 管 理 事 業 所 にご 確 認 ください 3 上 限 額 管 理 事 業 所 が 設 定 されていない 場 合 は 北 見 市 社 会 福 祉 課 に 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 依 頼 ( 変 更 ) 届 出 書 をご 提 出 ください 支 給 量 オーバー 必 要 な 添 付 書 類 : 正 しい 明 細 書 正 しい 実 績 記 録 票 ( 原 本 )のコピーすべて 1 決 定 支 給 量 を 超 えて 請 求 がある 場 合 にお 知 らせします 受 給 者 証 にて 決 定 支 給 量 をご 確 認 ください 2 複 数 事 業 所 が 関 わっている 場 合 は 受 給 者 証 にて 再 度 各 事 業 所 の 契 約 支 給 量 をご 確 認 ください 契 約 支 給 量 を 超 えて 請 求 していた 事 業 所 のみ 過 誤 調 整 を 行 います ( 変 更 のない 事 業 所 は 過 誤 調 整 は 不 要 です ) 3 決 定 支 給 量 を 超 過 して 請 求 した 事 業 所 にて 超 過 分 を 削 る 必 要 があります 原 則 決 定 支 給 量 を 超 過 した 時 点 以 降 のサービス 提 供 ( )から 削 ります 実 績 記 録 票 原 本 を 正 しい 内 容 に 修 正 し 修 正 箇 所 に 利 用 者 確 認 印 を 求 めます 実 績 記 録 票 修 正 の 例 ( 居 宅 介 護 ) 0.5 分 オーバーして 請 求 していた 場 合 付 曜 サービス 内 容 開 始 居 宅 介 護 計 画 サービス 提 供 算 定 数 終 了 計 画 数 乗 降 開 始 終 了 乗 降 派 遣 人 数 サービス 提 供 者 印 利 用 者 確 認 印 27 火 身 体 9:00 11: :00 11: 印 印 29 木 家 事 12:00 13: :00 13: 印 印 31 土 身 体 12:00 13:00 12:30 印 :00 13: : 印 印 訪 問 系 サービス 中 活 動 系 サービス 居 宅 系 サービス 地 域 相 談 支 援 すべて 同 様 の 取 り 扱 いとなります 印

11 障 害 程 度 区 分 誤 り ( 短 期 入 所 生 活 介 護 施 設 入 所 共 同 生 活 介 護 ) 受 給 者 証 にて 障 害 程 度 区 分 をご 確 認 ください 認 定 開 始 にご 注 意 ください 必 要 な 添 付 書 類 : 正 しい 明 細 書 明 細 書 実 績 記 録 票 不 一 致 1 実 績 記 録 票 をもとに 明 細 書 を 作 成 すると 一 致 しない 場 合 にお 知 らせします 国 保 連 に 伝 送 した 実 績 記 録 票 に 誤 りがあるか 作 成 した 明 細 書 に 誤 りがあるかのいずれかです 2 国 保 連 に 伝 送 した 実 績 記 録 票 に 誤 りがあり 明 細 書 ( 請 求 書 )が 正 しい 場 合 は 過 誤 調 整 は 不 要 です 3 明 細 書 ( 請 求 額 )に 誤 りがある 場 合 は 過 誤 調 整 が 必 要 となります 正 しい 明 細 書 と 正 しい 実 績 記 録 票 ( 原 本 )のコピーすべてを 添 付 の 上 過 誤 申 立 を 行 ってください 実 績 記 録 票 に 誤 りがあった 場 合 や 追 加 の 請 求 を 行 う 場 合 すべての 正 しい 内 容 の 実 績 記 録 票 ( 原 本 )のコピーすべて 及 び 正 しい 内 容 の 明 細 書 を 添 付 の 上 過 誤 調 整 を 行 ってください その 他 加 算 の 算 定 誤 り 厚 生 労 働 省 の 報 酬 告 示 や 留 意 事 項 通 知 等 に 照 らし 合 わせ 算 定 の 対 象 とならないと 思 われる 場 合 にお 知 らせします (8) 請 求 に 必 要 な 書 類 について 請 求 書 明 細 書 実 績 記 録 票 を 伝 送 します 明 細 記 載 方 法 * 開 始 年 月 終 了 年 月 利 用 数 入 院 数 及 び 外 泊 数 の 考 え 方 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 行 動 援 護 生 活 介 護 自 立 訓 練 就 労 移 行 支 援 就 労 継 続 支 援 児 童 発 達 支 援 医 療 型 児 童 発 達 支 援 放 課 後 等 デイサービス 保 育 所 等 訪 問 支 援 開 始 年 月 終 了 年 月 一 連 とみなされる 利 用 契 約 の 下 で 最 初 にサービスを 提 供 した 付 を 記 載 します ( 請 求 の 都 度 記 載 ) 一 連 とみなされる 利 用 契 約 を 解 消 し 月 の 途 中 にサービスの 提 供 を 中 止 した 場 合 に 最 後 に サービスを 提 供 した 付 を 記 載 します 開 始 年 月 当 該 施 設 に 入 所 した 付 を 記 載 する ( 請 求 の 都 度 記 載 ) 施 設 入 所 支 援 療 養 介 護 宿 泊 型 自 立 訓 練 短 期 入 所 共 同 生 活 介 護 共 同 生 活 援 助 終 了 年 月 利 用 数 入 院 数 開 始 年 月 終 了 年 月 入 居 年 月 退 去 年 月 入 院 数 外 泊 数 月 の 途 中 に 退 所 した 場 合 に 退 所 した 付 を 記 載 する 退 所 月 の 翌 月 以 降 に 地 域 移 行 加 算 また は 退 所 時 特 別 支 援 加 算 を 算 定 する 場 合 は 当 該 加 算 請 求 時 にも 退 所 年 月 を 記 載 する 同 一 月 内 に 同 一 の 施 設 の 入 退 所 を 繰 り 返 した 場 合 月 初 に 入 所 中 であれば 当 該 入 所 の 年 月 を 記 載 する 月 初 に 入 所 中 でなければ 当 該 月 の 最 初 に 入 所 した 年 月 を 記 載 する 当 該 月 に 実 際 に 入 所 していた 数 を 記 載 する 数 には 入 所 及 び 退 所 を 含 む 入 院 又 は 外 泊 数 ( 入 院 又 は 外 泊 を 開 始 した 及 び 施 設 に 戻 った は 含 まない )は 含 めない 当 該 月 に 入 院 又 は 外 泊 をした 数 ( 入 院 又 は 外 泊 を 開 始 した 及 び 施 設 等 に 戻 った は 含 まない )を 記 載 する 前 月 から 継 続 して 入 所 している 場 合 はその 入 所 した 付 を 記 載 し それ 以 外 の 場 合 は 当 該 月 の 最 初 に 入 所 した 付 を 記 載 する 当 該 月 における 最 初 の 退 所 した 付 を 記 載 する 当 該 月 に 退 所 がなく 月 末 において 入 所 継 続 中 の 場 合 は 記 載 しない 施 設 入 所 療 養 介 護 宿 泊 型 自 立 訓 練 の 開 始 年 月 終 了 年 月 に 準 じる ( について も 同 様 ) 施 設 入 所 療 養 介 護 宿 泊 型 自 立 訓 練 の 利 用 数 入 院 数 に 準 じる 医 療 機 関 を 退 院 後 生 活 共 同 住 居 に 戻 らずそのまま 外 泊 をした 場 合 退 院 は 外 泊 数 にカウントする 11

12 6. 各 サービスの 留 意 事 項 訪 問 系 サービス( 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 行 動 援 護 ) 帯 に 応 じて 報 酬 単 価 が 設 定 されています ( 行 動 援 護 は 除 く) 帯 は 下 記 のとおりです 早 朝 ( 午 前 6 時 から 午 前 8 時 まで) / 中 ( 午 前 8 時 から 午 後 6 時 まで) 夜 間 ( 午 後 6 時 から 午 後 10 時 まで) / 深 夜 ( 午 後 10 時 から 午 前 6 時 まで) の 考 え 方 について サービスコード 表 における 未 満 という 表 記 は その を 含 みます 例 : 1 のサービス 提 供 を 請 求 する 場 合 は 30 分 以 上 1 未 満 の 報 酬 単 価 を 算 定 します 二 人 介 護 について 二 人 のヘルパーが 1 人 の 利 用 者 にサービス 提 供 を 行 う 二 人 介 護 は あらかじめ 支 給 決 定 されている 場 合 に 二 人 介 護 分 の 報 酬 を 算 定 することができます 支 給 決 定 者 は 受 給 者 証 に 記 載 されますので ご 確 認 ください 二 人 介 護 でのサービス 提 供 を 行 った 場 合 は 必 ず 実 績 記 録 票 に 二 人 分 のサービス 提 供 者 印 を 押 印 してください また 請 求 の 際 は 二 人 介 護 の 請 求 コードを 使 用 します 居 宅 介 護 居 宅 介 護 は 下 記 の 4 種 類 があります 身 体 介 護 中 心 型 通 院 等 介 助 中 心 型 ( 身 体 介 護 伴 う 伴 わない のいずれか) 家 事 援 助 中 心 型 通 院 等 乗 降 介 助 中 心 型 1. 居 宅 介 護 における 同 類 型 のサービスを 1 に 複 数 回 算 定 する 場 合 にあっては 概 ね2 以 上 の 間 隔 が 空 いていることとし ます 前 後 のサービスの 間 隔 が 2 未 満 の 場 合 は 前 後 の に 合 わせて 1 連 のサービスとして 算 定 します 例 ) 1 9:00-10: 身 体 介 護 211:00-12: 身 体 介 護 上 記 のサービス 提 供 の 場 合 1と2の 間 隔 が 2 未 満 であるため 回 ではなく 回 の 算 定 となります 2. 提 供 は 30 分 単 位 で 構 成 されています ( 家 事 援 助 は 30 分 以 上 は 15 分 単 位 で 構 成 されています ) 3.1 回 当 たりの 数 を 超 えてサービス 提 供 が 必 要 となった 場 合 は 北 見 市 社 会 福 祉 課 にご 連 絡 ください 身 体 介 護 帯 がまたがる 場 合 サービス 提 供 が 3 までは 算 定 コードが 用 意 されています サービス 提 供 が 3 を 越 える 場 合 は 増 のコードを 使 用 します 帯 がまたがらない 場 合 ( 例 1) (2 ケタ)(4 ケタ) サービス 提 供 算 定 コード 種 類 項 目 8:00~10:00 身 体 中 (6 ケタ) 19:00~22:00 身 体 夜 間 (6 ケタ) 12

13 帯 がまたがる 場 合 ( 例 2) サービス 提 供 算 定 コード 種 類 項 目 7:30~10:30 身 体 早 朝 0.5 中 サービス 提 供 算 定 コード 種 類 項 目 14:30~19:00 身 体 中 身 体 夜 間 増 サービス 提 供 算 定 コード 種 類 項 目 7:45~12:15 身 体 早 朝 0.5 中 身 体 中 増 家 事 援 助 ( 基 本 的 な 算 定 の 考 え 方 は 身 体 介 護 と 同 じ) 帯 がまたがる 場 合 サービス 提 供 が1.5Hまでは 算 定 コードが 用 意 されています サービス 提 供 が1.5Hを 越 える 場 合 は 増 のコードを 使 用 します 帯 がまたがらない 場 合 ( 例 1) (2 ケタ)(4 ケタ) サービス 提 供 算 定 コード 種 類 項 目 8:00~10:00 家 事 中 (6 ケタ) 19:00~22:00 家 事 夜 間 (6 ケタ) 帯 がまたがる 場 合 ( 例 2) サービス 提 供 算 定 コード 種 類 項 目 17:30~19:30 家 事 中 0.5 夜 間 家 事 夜 間 増 サービス 提 供 算 定 コード 種 類 項 目 16:00~19:00 家 事 中 家 事 夜 間 増 サービス 提 供 算 定 コード 種 類 項 目 7:15~9:45 家 事 早 朝 1.0 中 家 事 中 増

14 居 宅 介 護 においてヘルパーが 二 人 でサービス 提 供 を 行 った 場 合 ( 家 事 援 助 の 場 合 ) サービス 提 供 算 定 コード 種 類 項 目 9:00~11:00( 一 人 目 ) 家 事 中 :00~11:30( 二 人 目 ) 家 事 中 人 考 え 方 9:00 11:30 基 本 報 酬 コード 10:00 11:00 二 人 報 酬 コード 二 つのサービス 提 供 をつなげて 始 点 から 終 点 までの を 基 本 報 酬 コード で その の 中 で 二 人 のヘルパーが 重 複 してサービス 提 供 を 行 った を 二 人 報 酬 コード で 算 定 します 一 に 複 数 回 サービス 提 供 がある 場 合 ( 身 体 介 護 の 場 合 ) サービス 提 供 算 定 コード 種 類 項 目 15:00~6:00 27:00~8:00 身 体 深 夜 1.0 早 朝 1.0 中 :00~10:00 考 え 方 :00 6:00 7:00 8:00 9:00 10:00 11:00 1と2と3のサービス 提 供 のいづれも 2 未 満 なので 同 一 のサービスとして をつなげて 算 定 する 減 算 の 場 合 居 宅 介 護 のヘルパーについては ヘルパー 資 格 2 級 以 上 の 資 格 が 前 提 です それ 以 外 の 資 格 の 者 がサービスと 提 供 を 行 った 場 合 減 算 コードを 使 用 します ( 例 :8:00~10:00の 場 合 ) ヘルパー 資 格 3 級 (70/100) 身 体 中 級 重 度 研 修 修 了 者 ( 重 訪 の 所 定 単 位 数 ) 身 体 重 度 研 修 中 通 院 等 介 助 における 院 内 介 助 について 病 院 内 の 移 動 等 の 介 助 は 基 本 的 には 院 内 のスタッフにより 対 応 されるべきものです ただし 通 院 されている 病 院 の 状 況 等 確 認 をした 上 で 場 合 により 算 定 対 象 となりますので 北 見 市 社 会 福 祉 課 にご 確 認 ください 14

15 重 度 訪 問 介 護 15% 加 算 対 象 者 重 度 訪 問 介 護 Ⅰ 7.5% 加 算 対 象 者 重 度 訪 問 介 護 Ⅱ 上 記 以 外 重 度 訪 問 介 護 Ⅲ * 受 給 者 証 をご 確 認 ください 1. 1 複 数 回 のサービス 提 供 を 通 算 して 算 定 します 当 該 の 最 初 のサービス 提 供 1 ( 所 要 1 未 満 ) + その 後 30 分 毎 ( 所 要 1 以 上 ~) という 報 酬 単 価 が 設 定 されています 8 を 区 切 りとして 単 価 設 定 されており 早 朝 夜 間 及 び 深 夜 に 提 供 を 行 った 場 合 は それ ぞれ 所 定 単 位 数 に 加 算 があります 2. 最 初 の1 及 びその30 分 単 位 の 中 で 帯 をまたがる 場 合 帯 ごとの 数 ( 分 数 )が 同 じ 場 合 は 開 始 時 刻 が 属 する 帯 により 算 定 します また 最 初 の1 までは 開 始 時 刻 が 属 する 帯 における 提 供 が30 分 未 満 の 場 合 多 くの を 占 める 帯 の 算 定 基 準 により 算 定 します 同 様 に その 後 30 分 単 位 の 中 で 開 始 時 刻 が 属 する 帯 における 提 供 が 15 分 未 満 の 場 合 多 くの を 占 める 時 間 帯 の 算 定 基 準 により 算 定 します 3. 1 とは0 時 から 24 時 までを 指 すものです 連 続 したサービスであっても 24 時 を 越 えた 時 点 から 翌 のサービス 提 供 と して 最 初 の1 から 改 めて 算 定 することとなる 例 )4 月 1 の 23 時 ~ 翌 1 でのサービス 提 供 の 場 合 4 月 1 23 時 ~24 時 : 深 夜 月 2 0 時 ~ 1 時 : 深 夜 1.0 と 切 り 分 けて 算 定 します 帯 の 考 え 方 最 初 の 1 第 1 帯 ( 1.5) 1.0 以 上 1.5 未 満 ( 2.0) 1.5 以 上 2.0 未 満 ( 2.5) 2 0 以 上 2.5 未 満 それぞれ30 分 当 たりの ( 3.0) 2.5 以 上 3.0 未 満 単 位 数 が 設 定 されている ( 3.5) 3.0 以 上 3.5 未 満 ( 4.0) 3.5 以 上 4.0 未 満 第 2 帯 ( 8.0) 4.0 以 上 8.0 未 満 第 3 帯 (12.0) 8.0 以 上 12.0 未 満 各 帯 における 第 4 帯 (16.0) 12.0 以 上 16.0 未 満 30 分 当 たりの 単 位 数 が 第 5 帯 (20.0) 16.0 以 上 20.0 未 満 設 定 されている 第 6 帯 (24.0) 20.0 以 上 24.0 未 満 次 ページ 以 降 は サービス 提 供 の 実 績 から 明 細 書 を 作 成 するまでの 流 れを 示 しています 15

16 例 1 平 成 年 月 分 受 給 者 証 番 号 契 約 支 給 量 1 重 度 訪 問 介 護 サービス 提 供 実 績 記 録 票 支 給 決 定 障 害 等 氏 名 ( 障 害 児 氏 名 ) 重 度 Ⅱ40 北 見 太 郎 事 業 所 番 号 事 業 者 及 び その 事 業 所 様 式 北 見 市 介 護 サービス 付 曜 開 始 重 度 訪 問 介 護 計 画 終 了 計 画 数 移 動 サービス 提 供 算 定 数 開 始 終 了 移 動 4 水 16:00 17: :00 17: 水 18:00 19: :00 19: 派 遣 人 数 サービス 提 供 者 印 利 用 者 確 認 印 備 考 考 え 方 通 算 :00~17:00 最 初 の1 中 :00~17:30 第 1 帯 中 :00~18:30 夜 間 :30~19:00 夜 間 :00~19:30 夜 間 3.0 平 成 年 月 分 受 給 者 証 番 号 1 重 度 訪 問 介 護 サービス 提 供 実 績 記 録 票 支 給 決 定 障 害 等 氏 名 北 見 太 郎 事 業 所 番 号 ( 障 害 児 氏 名 ) 様 式 3-1 付 曜 1 未 満 第 1 帯 水 中 中 夜 間 夜 間 夜 間 サービス 提 供 第 2 帯 4 以 上 8 未 満 (8.0) 第 3 帯 8 以 上 12 未 満 (12.0) 小 計 移 動 介 護 給 付 費 訓 練 等 給 付 費 明 細 書 給 付 費 サービス 内 容 サービスコード 単 位 数 回 数 サービス 単 位 数 重 度 Ⅱ 中 重 度 Ⅱ 中 重 度 Ⅱ 夜 間 重 度 Ⅱ 夜 間 重 度 Ⅱ 夜 間 摘 要 16

17 例 2 平 成 年 月 分 重 度 訪 問 介 護 サービス 提 供 実 績 記 録 票 様 式 付 曜 開 始 重 度 訪 問 介 護 計 画 終 了 計 画 数 移 動 サービス 提 供 開 始 終 了 算 定 数 5 木 8:15 9: :15 9: 木 17:50 20: :50 20: 木 21:15 0: :15 0: 移 動 6 金 0:15 1:15 1 0:15 1: 派 遣 人 数 サービス 提 供 者 印 利 用 者 確 認 印 備 考 21:15~25:15まで 一 連 のサービスであっても 24:15~25:15は 翌 の 算 定 となる 考 え 方 通 算 7.5 翌 1.0 8:15~ 9:15 最 初 の1 中 :15~25:15 最 初 の1 深 夜 1.0 9:15~ 9:45 第 1 帯 中 :50~18:20 夜 間 :20~18:50 夜 間 :50~19:20 夜 間 :20~19:50 夜 間 :50~20:20 夜 間 :20~20:50 第 2 帯 夜 間 :15~21:45 夜 間 :45~22:15 夜 間 :15~22:45 深 夜 :45~23:15 深 夜 :15~23:45 深 夜 :45~24:15 深 夜 8.0 平 成 年 月 分 付 曜 1 未 満 重 度 訪 問 介 護 サービス 提 供 実 績 記 録 票 木 中 中 夜 間 夜 間 夜 間 夜 間 夜 間 夜 間 夜 間 夜 間 深 夜 深 夜 深 夜 深 夜 6 金 深 夜 第 1 帯 第 2 帯 4 以 上 8 未 満 (8.0) サービス 提 供 第 3 帯 8 以 上 12 未 満 (12.0) 小 計 給 付 費 明 細 欄 サービス 内 容 介 護 給 付 費 訓 練 等 給 付 費 明 細 書 サービスコード 単 位 数 回 数 サービス 単 位 数 重 度 Ⅱ 中 重 度 Ⅱ 中 重 度 Ⅱ 夜 間 重 度 Ⅱ 夜 間 重 度 Ⅱ 夜 間 重 度 Ⅱ 夜 間 重 度 Ⅱ 夜 間 重 度 Ⅱ 夜 間 重 度 Ⅱ 深 夜 重 度 Ⅱ 深 夜 摘 要

18 移 動 介 護 加 算 移 動 介 護 加 算 の 支 給 決 定 障 がい 者 について 外 出 のための 身 だしなみ 等 の 準 備 移 動 中 及 び 移 動 先 における 確 認 等 含 め 外 出 時 における 移 動 中 の 介 護 を 行 うと 基 本 報 酬 に 加 えて 移 動 介 護 加 算 を 算 定 することができます 受 給 者 証 に 決 定 支 給 量 が 記 載 され ていますのでご 確 認 ください 同 一 事 業 者 が1 に 複 数 回 の 移 動 介 護 を 行 う 場 合 は 1 分 の 所 要 を 通 算 して 算 定 します 1 に 移 動 介 護 が4 以 上 実 施 されるような 場 合 所 要 3 以 上 の 場 合 の 単 位 を 適 用 します ( 移 動 介 護 加 算 の 支 給 量 のうち4 消 化 したと 考 えます ) 重 度 訪 問 介 護 の 支 給 決 定 者 は 移 動 支 援 の 対 象 外 です 移 動 については 重 度 訪 問 介 護 での 算 定 となります 加 算 名 加 算 内 容 消 化 数 単 位 数 移 動 介 護 加 算 1 1 未 満 消 化 は1 100 単 位 移 動 介 護 加 算 2 1 以 上 1 30 分 未 満 消 化 は1 30 分 125 単 位 移 動 介 護 加 算 分 以 上 2 未 満 消 化 は2 150 単 位 移 動 介 護 加 算 4 2 以 上 2 30 分 以 上 消 化 は2 30 分 175 単 位 移 動 介 護 加 算 分 以 上 3 未 満 消 化 は3 200 単 位 移 動 介 護 加 算 6 3 以 上 消 化 は4 250 単 位 同 行 援 護 平 成 23 年 10 月 に 開 始 されたサービスです サービス 内 容 の 取 り 扱 いについては 従 前 の 移 動 支 援 事 業 の 通 り 変 更 はありません 定 期 通 院 の 利 用 については 通 院 等 介 護 や 通 院 等 乗 降 介 助 にて 支 給 決 定 を 行 います 北 見 市 社 会 福 祉 課 にご 確 認 ください 行 動 援 護 算 定 方 法 所 要 30 分 単 位 の 単 価 設 定 となっています サービスの 性 格 上 一 般 的 に 半 の 範 囲 内 にとどまると 想 定 されていますが 8 以 上 サービス 提 供 がある 場 合 は 7 30 分 以 上 の 場 合 の 単 位 を 適 用 します 算 定 に 係 るサービス 提 供 所 要 の 考 え 方 当 初 算 定 当 初 算 定 所 要 以 降 提 供 単 位 以 降 算 定 所 要 例 居 宅 介 護 ( 家 事 援 助 除 く) 居 宅 介 護 ( 家 事 援 助 ) 30 分 概 ね20 分 30 分 15 分 程 度 以 上 30 分 概 ね20 分 15 分 7 分 程 度 以 上 1 算 定 は 45 分 程 度 以 上 提 供 45 分 算 定 は 37 分 程 度 以 上 提 供 重 度 訪 問 介 護 60 分 概 ね40 分 30 分 15 分 程 度 以 上 同 行 援 護 30 分 概 ね20 分 30 分 15 分 程 度 以 上 行 動 援 護 30 分 概 ね20 分 30 分 15 分 程 度 以 上 1 30 分 算 定 は 1 15 分 程 度 以 上 提 供 1 算 定 は 45 分 程 度 以 上 提 供 1 算 定 は 45 分 程 度 以 上 提 供 * 当 初 提 供 について 夜 間 深 夜 及 び 早 朝 の 帯 に 提 供 する 場 合 はこの 限 りではありません ( 行 動 援 護 除 く) * 以 降 算 定 所 要 の 提 供 について に 満 たない 場 合 で 請 求 するときは 北 見 市 社 会 福 祉 課 に 問 合 せください 以 降 算 定 所 要 は 北 見 市 の 基 準 になりますのでご 注 意 願 います 18

19 中 活 動 系 サービス ( 生 活 介 護 自 立 訓 練 ( 機 能 訓 練 生 活 訓 練 ) 就 労 移 行 支 援 就 労 継 続 支 援 ) 暫 定 支 給 決 定 対 象 サ ー ビ ス : 自 立 訓 練 ( 機 能 訓 練 生 活 訓 練 宿 泊 型 自 立 訓 練 ) 就 労 移 行 支 援 就 労 継 続 支 援 A 型 暫 定 支 給 決 定 期 間 :2 ヶ 月 以 内 の 範 囲 で 市 町 村 が 個 別 に 支 給 決 定 を 行 います 暫 定 支 給 決 定 を 受 けた 利 用 者 と 利 用 契 約 をしたときは (ア) 利 用 者 のアセスメントを 行 って 暫 定 支 給 決 定 機 関 に 係 る 適 切 な 個 別 支 援 計 画 を 作 成 し 当 該 計 画 に 基 づき 支 援 を 実 施 します ( 利 用 者 の 障 害 特 性 適 正 等 を 十 分 に 踏 まえた 個 別 支 援 計 画 の 作 成 が 可 能 となるよう 利 用 者 の 家 族 や 関 係 機 関 と 十 分 連 携 しましょ う ) (イ) 暫 定 支 給 決 定 期 間 の 満 了 までに 当 期 間 に 実 施 した 利 用 者 のアセスメント 内 容 並 びに 個 別 支 援 計 画 当 該 計 画 に 基 づく 支 援 実 績 及 びその 評 価 結 果 を 取 りまとめ モニタリング 結 果 を 北 見 市 社 会 福 祉 課 及 び 指 定 特 定 相 談 事 業 者 に 提 出 します (ウ) 暫 定 支 給 決 定 期 間 を 経 て 北 見 市 社 会 福 祉 課 がサービスを 継 続 することによる 改 善 効 果 が 見 込 まれるか 否 かを 判 断 します サー ビスを 継 続 することによる 改 善 効 果 が 見 込 まれ 本 来 的 な 訓 練 に 移 行 する 場 合 は 暫 定 支 給 決 定 期 間 中 のアセスメント 結 果 等 に 基 づ き 個 別 支 援 計 画 を 作 成 し 利 用 者 へ 交 付 します 改 善 効 果 が 見 込 まれないと 判 断 された 場 合 は 北 見 市 社 会 福 祉 課 サービス 提 供 事 業 者 指 定 特 定 相 談 支 援 事 業 者 及 び 利 用 者 等 による 連 絡 調 整 会 議 を 開 催 し 利 用 者 への 説 明 及 び 今 後 のサービス 利 用 について 調 整 を 行 います 障 害 福 祉 サービスにおいて 中 活 動 系 サービスの 体 験 利 用 というメニューはありません 支 給 決 定 を 受 けている 方 であるかどうか を 確 認 してから 報 酬 の 請 求 を 行 ってください 障 害 福 祉 サービスの 体 験 利 用 支 援 加 算 という 名 称 の 加 算 が 平 成 24 年 度 に 新 設 されましたが これは 体 験 利 用 を 行 った ときに 算 定 する 加 算 ではありませんのでご 注 意 ください 障 害 福 祉 サービスの 体 験 利 用 支 援 加 算 とは 入 所 施 設 等 において 中 活 動 系 サービスを 利 用 する 利 用 者 が 地 域 移 行 支 援 の 障 害 福 祉 サービスの 体 験 的 な 利 用 支 援 を 利 用 する 場 合 に おいて 当 施 設 の 従 業 者 が 介 護 等 の 支 援 を 行 った 場 合 やその 連 絡 調 整 相 談 援 助 を 行 った 場 合 に 算 定 します 欠 席 時 対 応 加 算 は 下 記 の 場 合 に 1 月 に 4 回 を 限 度 として 算 定 するものです 1 あらかじめサービスの 利 用 を 予 定 していた に 急 病 等 によりその 利 用 を 中 止 した 場 合 において 2 事 業 者 が 利 用 者 又 はその 家 族 等 との 連 絡 調 整 その 他 の 相 談 援 助 を 行 うとともに 3 当 該 利 用 者 の 状 況 相 談 援 助 の 内 容 等 を 記 録 した 場 合 したがって 利 用 予 定 でない の 算 定 や 用 件 を 満 たすような 支 援 内 容 がない 場 合 は 算 定 の 対 象 となりません また 欠 席 時 対 応 加 算 と 利 用 を 合 計 して 決 定 支 給 量 を 超 えないように ご 注 意 ください 開 始 年 月 の 考 え 方 と 初 期 加 算 の 算 定 について サービス 利 用 開 始 は 一 連 とみなされる 利 用 契 約 の 下 で 最 初 にサービスを 提 供 した 付 のことです (= 明 細 書 の 開 始 年 月 ) サービスの 利 用 を 開 始 した から 起 算 して 30 以 内 の 期 間 について 算 定 する 初 期 加 算 については 上 記 に 注 意 して 算 定 期 間 を 設 定 して ください ( 開 始 が 異 なると 算 定 回 数 が 変 わり 過 誤 調 整 が 必 要 となります ) 実 績 記 録 票 の 記 載 方 法 について サービス 提 供 については 営 業 等 ではなく 実 際 の 開 始 時 刻 終 了 時 刻 を 記 録 します 欠 席 時 対 応 加 算 や 訪 問 支 援 加 算 を 算 定 する 際 についても 通 常 のサービス 提 供 時 と 同 様 に 本 確 認 による 押 印 自 署 が 必 要 です 事 業 所 とは 別 の 場 所 で 行 われる 支 援 について( 施 設 外 支 援 施 設 外 就 労 ) それぞれ 報 酬 算 定 の 対 象 となる 支 援 の 要 件 等 異 なりますので ご 確 認 ください 施 設 外 支 援 : 企 業 内 等 で 行 われる 企 業 実 習 等 への 支 援 支 援 の 要 件 をみたしている 場 合 年 間 180 を 限 度 に 基 本 報 酬 を 算 定 可 施 設 外 就 労 : 利 用 者 と 職 員 がユニットを 組 み 企 業 から 請 け 負 った 作 業 を 当 該 企 業 内 で 行 う 支 援 移 行 準 備 支 援 体 制 加 算 Ⅱ( 就 移 )や 施 設 外 就 労 加 算 ( 就 A B)の 対 象 となります 施 設 外 就 労 実 施 報 告 書 ( 任 意 様 式 )の 提 出 が 必 要 です 提 出 先 は 北 見 市 社 会 福 祉 課 です 19

20 計 画 相 談 支 援 初 回 の 計 画 相 談 支 援 障 害 児 相 談 支 援 実 施 について( 在 宅 用 ) 本 人 北 見 市 *サービス 支 給 申 請 書 を 北 見 市 へ 提 出 その 際 に 担 当 相 談 支 援 事 業 所 を 初 回 1 サービス 支 給 申 請 選 定 サ ー ビ 2 北 見 市 相 談 支 援 事 業 所 計 画 案 提 出 依 頼 書 送 付 * 相 談 支 援 事 業 所 宛 に サービス 等 利 用 計 画 案 障 害 児 支 援 利 用 計 画 案 提 出 依 頼 書 を 送 付 ス 相 談 支 援 事 業 所 北 見 市 * 様 式 第 17 号 支 給 申 請 書 兼 依 頼 届 出 書 とサービス 等 利 用 計 画 案 一 式 等 利 用 計 画 作 成 の 3 4 様 式 第 17 号 支 給 申 請 書 兼 依 頼 届 出 書 の 提 出 計 画 案 の 提 出 契 約 内 容 報 告 書 の 提 出 北 見 市 本 人 受 給 者 証 の 送 付 契 約 内 容 報 告 書 を 北 見 市 へ 提 出 申 請 者 の 現 状 / 現 在 の 生 活 / サービス 等 利 用 計 画 案 ( 原 本 ) / サービス 等 利 用 計 画 案 週 間 計 画 表 * 北 見 市 ではモニタリング 標 準 期 間 を 設 定 しています (22 ページ 参 照 ) *サービス 等 利 用 計 画 案 は 本 人 にも 交 付 * 北 見 市 から 本 人 宛 に 受 給 者 証 を 送 付 流 れ 5 相 談 支 援 事 業 所 北 見 市 本 計 画 の 提 出 * 支 給 決 定 の 内 容 モニタリング 期 間 等 を 確 認 し サービス 等 利 用 計 画 書 を 作 成 し その 写 しを 北 見 市 へ 提 出 サービス 等 利 用 計 画 / サービス 等 利 用 計 画 週 間 計 画 表 *サービス 等 利 用 計 画 は 本 人 及 びサービス 担 当 者 に 交 付 サービス 支 給 決 定 期 間 始 期 までに1~5までが 必 要 です モ ニ タ 6 相 談 支 援 事 業 所 北 見 市 モニタリング 報 告 * 各 モニタリング 該 当 月 にはモニタリング 報 告 書 を 提 出 モニタリング 報 告 / 継 続 サービス 等 利 用 計 画 週 間 計 画 表 リ ン グ 7 北 見 市 本 人 更 新 勧 奨 * 区 分 認 定 の 更 新 対 象 者 について 本 人 宛 に 更 新 案 内 か ら 更 8 本 人 北 見 市 サービス 支 給 更 新 申 請 * 相 談 支 援 事 業 所 による 代 行 申 請 も 可 能 です *サービス 支 給 更 新 申 請 書 を 北 見 市 へ 提 出 新 申 請 ま で 9 相 談 支 援 事 業 所 北 見 市 様 式 第 17 号 支 給 申 請 書 兼 依 頼 届 出 書 の 提 出 計 画 案 の 提 出 * 様 式 第 17 号 支 給 申 請 書 兼 依 頼 届 出 書 とサービス 等 利 用 計 画 案 一 式 モニタリング 報 告 書 の 提 出 サービス 支 給 申 請 書 / サービス 等 利 用 計 画 案 ( 原 本 ) / サービス 等 利 用 計 画 案 週 間 計 画 表 / モニタリング 報 告 / 継 続 サービス 等 利 用 計 画 週 の モニタリング 報 告 間 計 画 表 流 れ 支 給 期 間 が 切 れる 前 に 計 画 案 モニタリング 報 告 書 の 提 出 支 給 決 定 モニタリング 期 間 の 決 定 受 給 者 証 の 発 行 本 計 画 の 提 出 が 必 要 です 20

21 初 回 の 計 画 相 談 支 援 実 施 について( 施 設 用 ) 入 所 施 設 北 見 市 * 本 人 と 相 談 の 上 希 望 の 相 談 支 援 事 業 所 を 選 定 し 計 画 相 談 支 援 の 依 頼 初 回 サ 1 更 新 申 請 計 画 相 談 支 援 事 業 所 の 報 告 * 相 談 支 援 事 業 所 が 決 まったら サービス 支 給 申 請 書 と 様 式 第 17 号 支 給 申 請 書 兼 依 頼 届 出 書 を 北 見 市 へ 提 出 ー 北 見 市 相 談 支 援 事 業 所 * 相 談 支 援 事 業 所 宛 に 計 画 相 談 支 援 に 関 する 必 要 書 類 を 送 付 ビ 2 計 画 相 談 支 援 関 係 書 類 送 ス 付 等 利 用 計 画 作 3 相 談 支 援 事 業 所 北 見 市 計 画 案 の 提 出 契 約 内 容 報 告 書 の 提 出 *サービス 等 利 用 計 画 案 一 式 と 契 約 内 容 報 告 書 を 北 見 市 へ 提 出 申 請 者 の 現 状 / 現 在 の 生 活 / サービス 等 利 用 計 画 案 ( 原 本 ) / サービス 等 利 用 計 画 案 週 間 計 画 表 * 北 見 市 ではモニタリング 標 準 期 間 を 設 定 しています (22 ページ 参 照 ) *サービス 等 利 用 計 画 案 は 本 人 にも 交 付 成 の 4 北 見 市 入 所 施 設 受 給 者 証 の 送 付 * 北 見 市 から 本 人 宛 に 受 給 者 証 を 送 付 流 れ 5 相 談 支 援 事 業 所 北 見 市 本 計 画 の 提 出 * 支 給 決 定 の 内 容 モニタリング 期 間 等 を 確 認 し サービス 等 利 用 計 画 書 を 作 成 し その 写 しを 北 見 市 へ 提 出 サービス 等 利 用 計 画 / サービス 等 利 用 計 画 週 間 計 画 表 *サービス 等 利 用 計 画 は 本 人 及 びサービス 担 当 者 に 交 付 サービス 支 給 決 定 期 間 始 期 までに1~5までが 必 要 です モ ニ タ 6 相 談 支 援 事 業 所 北 見 市 モニタリング 報 告 * 各 モニタリング 該 当 月 にはモニタリング 報 告 書 を 提 出 モニタリング 報 告 / 継 続 サービス 等 利 用 計 画 週 間 計 画 表 リ ン グ 7 北 見 市 入 所 施 設 更 新 勧 奨 * 区 分 認 定 の 更 新 対 象 者 について 施 設 宛 に 更 新 案 内 か ら 更 8 入 所 施 設 北 見 市 更 新 申 請 * 相 談 支 援 事 業 所 と 連 絡 調 整 をはかった 上 で サービス 支 給 申 請 書 と 様 式 第 17 号 支 給 申 請 書 兼 依 頼 届 出 書 を 北 見 市 へ 提 出 新 申 請 ま で 9 相 談 支 援 事 業 所 北 見 市 計 画 案 の 提 出 モニタリング 報 告 *サービス 等 利 用 計 画 案 とモニタリング 報 告 書 の 提 出 サービス 支 給 申 請 書 / サービス 等 利 用 計 画 案 ( 原 本 ) / サービス 等 利 用 計 画 案 週 間 計 画 表 / モニタリング 報 告 / 継 続 サービス 等 利 用 計 画 週 間 計 画 表 の 流 れ 支 給 期 間 が 切 れる 前 に 計 画 案 モニタリング 報 告 書 の 提 出 支 給 決 定 モニタリング 期 間 の 決 定 受 給 者 証 の 発 行 本 計 画 の 提 出 が 必 要 です 21

22 計 画 相 談 支 援 地 域 相 談 支 援 ともに 利 用 者 負 担 はありません ただし 毎 月 モニタリングが 設 定 されている 計 画 相 談 支 援 事 業 所 については 上 限 額 管 理 事 業 所 となります モニタリング 期 間 と 報 酬 単 価 の 考 え 方 Ⅰ Ⅱ Ⅲ 北 見 市 が 設 定 したモニタリングの 標 準 期 間 モ 期 間 サービスの 種 類 12 月 ごと 療 養 介 護 施 設 入 所 支 援 重 度 障 害 者 等 包 括 支 援 6 月 ごと 短 期 入 所 生 活 介 護 共 同 生 活 介 護 障 害 児 通 所 支 援 自 立 訓 練 宿 泊 型 自 立 訓 練 就 労 移 行 支 援 就 労 継 続 支 援 共 同 生 活 援 助 地 域 移 行 支 援 3 月 ごと 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 行 動 援 護 * 複 数 のサービスを 利 用 する 場 合 は より 短 いモニタリング 期 間 を 標 準 期 間 とします ただし 施 設 入 所 支 援 を 利 用 する 場 合 は その 他 のサービスと 併 用 する 場 合 も 標 準 期 間 は12ヶ 月 とします * 利 用 者 の 状 態 に 応 じて 個 別 に 設 定 する 場 合 もあります 計 画 書 ( 案 ) モニタリング 報 告 書 でモニタリング 期 間 の 提 案 をお 願 いします * 計 画 ( 計 画 案 )の 提 出 が0 月 目 に 行 われることも 想 定 されます その 場 合 は 0 月 目 の 翌 月 にサービス 利 用 支 援 費 の 請 求 が 可 能 です 請 求 単 価 A サービス( 障 害 児 支 援 ) 利 用 支 援 費 : 1600 単 位 B 継 続 サービス( 障 害 児 支 援 ) 利 用 支 援 費 : 1300 単 位 : 更 新 標 準 期 間 でモニタリング 期 間 が 設 定 された 場 合 期 間 モニ 0 月 目 Ⅰ 12ヶ 月 Ⅱ 12ヶ 月 Ⅲ 12ヶ 月 12 月 ごと 準 計 計 モ 計 モ 請 求 単 価 備 A A A 6 月 ごと 準 計 モ 計 モ モ 計 モ 請 求 単 価 備 A B A B A 3 月 ごと 準 計 モ モ モ 計 モ モ モ モ 計 モ 請 求 単 価 備 A B B B A B B B A 利 用 開 始 3ヶ 月 間 毎 月 実 施 でモニタリング 期 間 が 設 定 された 場 合 12ヶ 月 3 月 ごと 準 計 +モ モ モ サービス 開 始 時 より3ヶ 月 連 続 のモニタリングが 必 要 と 思 われる 場 合 は 計 画 書 ( 案 )にその 旨 を 記 載 してください 備 請 求 単 価 A+B B B 以 降 は 上 記 標 準 期 間 となるため 標 準 期 間 外 のモニタリングが 必 要 であると 思 われる 場 合 はモニタリング 報 告 書 にその 旨 を 記 載 してください 例 サービス( 障 害 児 支 援 ) 利 用 計 画 に 変 更 があった 場 合 利 用 開 始 時 標 準 期 間 でモニタリング 期 間 を 設 定 当 12ヶ 月 初 6 月 ごと 準 計 モ 計 モ 請 求 単 価 備 A B A 変 更 後 4ヶ 月 目 にサービス 追 加 等 による 計 画 変 更 及 びモニタリング 期 間 の 変 更 8ヶ 月 3 月 ごと 準 計 計 モ モ モ 計 モ 請 求 単 価 備 A A B B A モニタリング 期 間 設 定 の 考 え 方 調 整 継 続 サービス 利 用 支 援 を 実 施 3 3ヶ 月 2 3ヶ 月 1 *モニタリング 期 間 の 設 定 は 支 給 期 間 終 期 月 より 数 えます 報 酬 単 価 について A サービス( 障 害 児 支 援 ) 利 用 支 援 1600 単 位 の 場 合 新 規 での 計 画 の 作 成 や モニタリングを 行 った 結 果 支 給 決 定 等 の 更 新 等 に 係 る 計 画 の 変 更 が 妥 当 であると 判 断 した 場 合 ( 後 者 の 場 合 はサービス 利 用 支 援 費 の 報 酬 のみ 算 定 可 能 ) B 継 続 サービス( 障 害 児 支 援 ) 利 用 支 援 1300 単 位 の 場 合 モニタリングを 実 施 した 結 果 このまま 継 続 してサービスを 利 用 し かつ 当 初 の 計 画 どおりにモニタリングを 実 施 していくことが 妥 当 だと 判 断 した 場 合 (モニタリングの 結 果 モニタリング 報 告 書 のみを 作 成 し 提 出 する 場 合 が 該 当 ) その 他 計 画 相 談 支 援 給 付 費 の 支 給 期 間 の 終 期 月 は 継 続 サービス 利 用 支 援 (モニタリング)を 行 うこと 障 害 児 が 計 画 相 談 支 援 と 障 害 児 相 談 支 援 の 両 方 を 受 ける 場 合 の 報 酬 については 障 害 児 相 談 支 援 のみの 算 定 モニタリング 実 施 月 に 対 象 者 が 不 在 である 等 やむを 得 ない 事 情 があると 北 見 市 が 認 める 場 合 には 予 定 月 の 翌 月 にモニタリングを 実 施 した 場 合 にも 報 酬 を 算 定 できることとします 該 当 するケースが 生 じた 場 合 は 当 初 のモニタリング 実 施 月 に 必 ずご 連 絡 ください 本 計 画 及 びモニタリング 報 告 書 を 未 提 出 での 請 求 は 受 け 付 けません 特 別 地 域 加 算 対 象 者 は 所 定 単 位 数 に 15%を 加 算 した 請 求 コードがありますのでご 注 意 願 います 22

23 地 域 移 行 支 援 体 験 利 用 対 象 サービス: 生 活 介 護 自 立 訓 練 就 労 移 行 支 援 及 び 就 労 継 続 支 援 に 限 る 利 用 者 に 対 し 障 害 福 祉 サービスの 体 験 的 な 利 用 支 援 を 提 供 する 場 合 は 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 への 委 託 により 行 います 地 域 移 行 支 援 事 業 者 が 委 託 先 の 障 害 福 祉 サービス 提 供 事 業 者 に 委 託 費 を 支 払 うこととなり 個 別 の 委 託 額 は 委 託 契 約 により 定 め て 差 し 支 えありません 障 害 福 祉 サービスの 体 験 利 用 加 算 については 指 定 地 域 移 行 支 援 事 業 者 に 算 定 されます 障 害 福 祉 サービスの 体 験 利 用 支 援 加 算 については 入 所 施 設 等 において 中 活 動 系 サービスを 利 用 する 利 用 者 が 地 域 移 行 支 援 の 障 害 福 祉 サービスの 体 験 的 な 利 用 支 援 を 利 用 する 場 合 において 当 施 設 の 従 業 者 が 介 護 等 の 支 援 を 行 った 場 合 やその 他 事 業 者 と 連 絡 調 整 相 談 援 助 を 行 った 場 合 に 算 定 します 委 託 先 の 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 が 算 定 する 加 算 ではありません 体 験 宿 泊 体 験 的 な 宿 泊 支 援 については 地 域 移 行 支 援 事 業 者 が 自 らアパート 等 を 確 保 して 実 施 する 他 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 への 委 託 により 共 同 生 活 介 護 または 共 同 生 活 援 助 の 共 同 生 活 住 居 や 短 期 入 所 事 業 所 等 の 空 室 を 活 用 して 行 うことができます 地 域 移 行 支 援 事 業 者 が 単 身 での 生 活 に 向 けての 支 援 を 地 域 移 行 支 援 計 画 に 位 置 付 け 委 託 先 等 と 連 絡 調 整 緊 急 時 対 応 のための 連 絡 確 保 を 行 います 地 域 移 行 後 共 同 生 活 介 護 共 同 生 活 援 助 を 利 用 するという 計 画 の 場 合 は 共 同 生 活 介 護 共 同 生 活 援 助 での 体 験 利 用 の 支 給 決 定 を 行 うこととなります その 場 合 体 験 宿 泊 加 算 は 算 定 対 象 外 となります 1 人 暮 らしを 希 望 の 場 合 共 介 共 援 入 居 を 住 居 の 確 保 をし その 場 合 で 体 験 宿 泊 を 行 う 場 合 希 望 の 場 合 共 介 共 援 と 委 託 契 約 し 部 屋 の 借 り 上 げ 等 で 空 き 部 屋 を 利 用 する 場 合 住 居 を 確 保 する 場 合 体 験 宿 泊 加 算 Ⅰ 不 可 可 可 居 住 体 験 宿 泊 加 算 Ⅱ 不 可 算 定 要 件 を 満 たせば 可 算 定 要 件 を 満 たせば 可 共 介 共 援 の 支 給 決 定 体 験 利 用 の 支 給 決 定 が 必 要 支 給 決 定 対 象 外 支 給 決 定 対 象 外 居 宅 内 でのサービスの 利 用 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 への 委 託 により 行 う 居 宅 内 でのサービスに 係 る 費 用 体 験 宿 泊 加 算 の 範 囲 において 地 域 移 行 支 援 事 業 者 と 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 との 間 で 定 めた 委 託 費 により 賄 う 中 活 動 系 サービスの 利 用 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 への 委 託 により 行 う 中 活 動 障 害 福 祉 サービスの 体 験 利 用 加 算 中 活 動 系 サービスに 係 る 費 用 中 活 動 系 サービスにおける 障 害 福 祉 サービスの 体 験 利 用 支 援 加 算 算 定 要 件 を 満 たせば 地 域 移 行 支 援 事 業 者 にて 算 定 可 地 域 移 行 支 援 事 業 者 と 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 との 間 で 定 めた 委 託 費 により 賄 う 施 設 入 所 支 援 からの 地 域 移 行 入 所 中 の 施 設 において 中 活 動 系 サービス( 生 介 自 訓 就 移 就 A 就 B)を 利 用 している 者 に ついて 体 験 利 用 の 支 援 を 行 い 算 定 要 件 を 満 たせば 当 施 設 にて 算 定 可 病 院 からの 地 域 移 行 対 象 外 地 域 定 着 支 援 地 域 定 着 支 援 台 帳 の 作 成 地 域 定 着 支 援 事 業 者 は 利 用 者 の 心 身 の 状 況 その 置 かれている 環 境 緊 急 時 に 必 要 となる 各 連 絡 先 ( 利 用 者 の 家 族 等 利 用 者 が 利 用 する 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 医 療 機 関 その 他 関 係 機 関 ) 利 用 者 に 関 する 情 報 を 記 載 した 地 域 定 着 支 援 台 帳 を 作 成 しなけ ればなりません 緊 急 時 支 援 費 利 用 者 の 障 害 の 特 性 に 起 因 して 生 じた 緊 急 の 事 態 その 他 の 緊 急 に 支 援 が 必 要 な 事 態 が 生 じた 場 合 において 利 用 者 又 はその 家 族 等 からの 要 請 に 基 づき 速 やかに 利 用 者 の 居 宅 等 への 訪 問 または 一 時 的 な 滞 在 による 支 援 を 行 った 場 合 に1 につき 算 定 するものです 地 域 定 着 支 援 台 帳 の 作 成 時 に 利 用 者 の 障 害 の 特 性 に 起 因 して 生 じる 可 能 性 のある 緊 急 の 事 態 について 確 認 をし 把 握 に 努 めてく ださい 23

24 共 同 生 活 介 護 共 同 生 活 援 助 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 ( 補 足 給 付 )について 低 所 得 者 の 負 担 軽 減 措 置 として 家 賃 額 の 補 助 をします 補 足 給 付 額 の 認 定 に 際 し 入 居 者 の 家 賃 の 額 を 確 認 する 必 要 があることから 家 賃 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 という )の 発 行 にご 協 力 いただきますようお 願 いいたします 詳 細 は 下 記 の 通 りです 1 補 足 給 付 対 象 者 : 生 活 保 護 受 給 者 市 町 村 民 税 非 課 税 世 帯 の 者 2 補 足 給 付 額 : 月 額 1 万 円 ( 家 賃 の 額 が 1 万 円 に 満 たない 場 合 は 実 際 の 家 賃 額 ) 3 支 給 方 法 : 事 業 所 による 代 理 受 領 により 支 給 します ( 請 求 は 通 常 の 請 求 と 同 様 に 北 海 道 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 への 電 子 請 求 により 行 ってください ) 事 業 者 は 契 約 時 の 家 賃 額 から 補 足 給 付 額 を 差 し 引 いた 後 の 額 を 利 用 者 に 請 求 してください 4 必 要 な 手 続 き: 家 賃 証 明 書 を 北 見 市 社 会 福 祉 課 に 提 出 します 法 人 代 表 者 名 にて 入 居 者 ごとに 別 紙 証 明 書 を 作 成 してください グループホーム 等 の 支 給 決 定 と 併 せて 補 足 給 付 の 決 定 を 行 いますので 契 約 予 定 額 を 記 載 してください なお 契 約 時 に 家 賃 額 が 変 更 になった 場 合 は 再 度 証 明 書 を 発 行 してください 他 のグループホーム 等 から 転 居 してきた 者 を 含 みます 5 その 他 の 留 意 事 項 : 毎 年 7 月 に 行 われる 負 担 上 限 額 の 見 直 しに 併 せて 補 足 給 付 額 の 再 認 定 を 行 いますので 最 低 1 年 に 1 回 は 証 明 書 の 発 行 が 必 要 になります 月 途 中 で 入 居 ( 退 去 )した 際 に 割 で 家 賃 を 計 算 する 場 合 の 補 足 給 付 額 は 割 家 賃 額 と 月 額 の 補 助 給 付 額 のうち 低 い 方 の 額 となります 家 賃 の 改 定 が 行 われた 場 合 共 同 住 居 間 で 転 居 した 場 合 等 については 再 度 証 明 書 の 提 出 が 必 要 となります 補 足 給 付 の 認 定 の 有 無 にかかわらず 利 用 者 と 契 約 を 締 結 した 場 合 には 速 やかに 契 約 内 容 報 告 書 をご 提 出 ください 体 験 利 用 により 入 居 する 場 合 の 補 足 給 付 額 は 割 家 賃 額 と 月 額 補 足 給 付 額 のうち 低 い 方 の 額 となります 補 足 給 付 額 ( 月 額 )については 受 給 者 証 に 記 載 されますのでご 確 認 ください 施 設 入 所 支 援 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 ( 補 足 給 付 )について 入 所 施 設 の 食 費 及 び 光 熱 水 費 の 実 費 負 担 額 については 施 設 ごとに 設 定 されますが 低 所 得 者 ( 生 活 保 護 受 給 世 帯 市 民 税 非 課 税 世 帯 )の 負 担 軽 減 措 置 として 実 費 負 担 額 のうち 収 入 に 応 じて 一 定 額 を 軽 減 します 軽 減 分 は 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 ( 補 足 給 付 費 )として 施 設 に 支 払 われます 北 見 市 への 請 求 は 通 常 の 請 求 と 同 様 に 北 海 道 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 への 電 子 請 求 により 行 ってください 補 足 給 付 額 ( 額 )については 受 給 者 証 に 記 載 されますのでご 確 認 ください 短 期 入 所 併 給 は 認 められていませんが 特 別 な 事 情 により 請 求 が 認 められている 場 合 の 中 活 動 系 サービス( 生 介 自 機 自 生 就 移 就 A 就 B 等 )を 利 用 した は 短 期 入 所 サービス(Ⅱ)(Ⅳ)の 単 価 を 算 定 します 児 童 発 達 支 援 放 課 後 等 デイサービス 平 成 24 年 3 月 までの 児 童 デイサービス と 所 管 法 律 が 異 なりますので 短 期 入 所 等 障 害 者 総 合 支 援 法 に 基 づくサービス 併 用 の 上 限 管 理 は 行 いません ( 高 額 障 害 福 祉 サービス 等 給 付 費 高 額 障 害 児 入 所 給 付 費 高 額 障 害 児 通 所 給 付 費 にて 償 還 払 いとなります ) 24

25 ホームページ 掲 載 関 係 様 式 一 覧 掲 載 様 式 名 関 係 ページ 障 がい 福 祉 サービス 利 用 申 請 様 式 第 1 号 ( 計 画 相 談 ) 契 約 内 容 報 告 書 サービス 等 計 画 案 の 提 出 支 給 申 請 兼 依 頼 届 出 書 様 式 第 17 号 ( 報 酬 請 求 に 係 る)サービス 実 績 記 録 票 3 5 契 約 内 容 ( 障 害 福 祉 サービス 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 ( 様 式 第 26 号 ) 4 過 誤 申 立 申 請 書 6 10 利 用 者 負 担 上 限 管 理 依 頼 ( 変 更 ) 届 出 書 8 家 賃 証 明 書 24 手 引 更 新 付 初 版 平 成 25 年 10 月 1 新 規 作 成 第 1 訂 第 2 訂 第 3 訂 第 4 訂 第 5 訂 第 6 訂 変 更 内 容 ( 主 なもの) 25

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 平 成 26 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 資 料 熊 本 市 障 がい 保 健 福 祉 課 目 次 Ⅰ 指 導 監 査 について 1~ 5 Ⅱ 平 成 26 年 度 指 導 監 査 方 針 6~13 Ⅲ 過 去 の 実 地 指 導 の 結 果 14~36 Ⅳ 請 求 関 係 について 37~43 Ⅴ その 他 44~49 Ⅰ 指 導 監 査 について 1

More information

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 にかかる 請 求 事 務 処 理 要 領 Ver.6 神 戸 市 保 健 福 祉 局 障 害 者 支 援 課 平 成 26 年 4 月 目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

平成18年10月からの介護給付費等に係る支給決定事務等について

平成18年10月からの介護給付費等に係る支給決定事務等について 介 護 給 付 費 等 に 係 る 支 給 決 定 事 務 等 について ( 事 務 処 理 要 領 ) 最 終 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 目 次 第 1 支 給 決 定 等 の 実 施 主 体 ---------------------------------------------------3 Ⅰ 基 本 的 な 取 扱 い -----------------------------------------------------------3

More information

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc)

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc) 資 料 4 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 集 団 指 導 ~ 居 宅 介 護 支 援 ~ 香 川 県 健 康 福 祉 部 長 寿 社 会 対 策 課 在 宅 サービスグループ 高 松 市 健 康 福 祉 局 介 護 保 険 課 平 成 25 年 3 月 18 日 - 0 - 1 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 実 地 指 導 等 における 主 な 指 導 内

More information

【介護保険給付費等にかかる請求要領】

【介護保険給付費等にかかる請求要領】 介 護 保 険 給 付 費 等 にかかる 請 求 要 領 平 成 27 年 4 月 改 定 版 8 京 都 府 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 目 次 Ⅰ. 審 査 支 払 業 務 について 1 Ⅰ-1 取 扱 事 業 ( 概 要 ) 3 Ⅰ-2 請 求 支 払 の 流 れ 3 Ⅰ-3 介 護 給 付 費 請 求 書 の 提 出 4 Ⅰ-4 介 護 給 付 費 の 請 求 および 受 領

More information

<8E9197BF33816990B68A888E788987814588E790AC834F838B815B837682E682E89841978D816A>

<8E9197BF33816990B68A888E788987814588E790AC834F838B815B837682E682E89841978D816A> (3) 生 活 支 援 育 成 グループより 連 絡 生 活 支 援 育 成 グループ 1 平 成 28 年 度 制 度 改 正 について 1 就 学 前 の 障 害 児 通 所 支 援 における 多 子 軽 減 制 度 の 拡 大 ( 別 紙 ) 多 子 軽 減 制 度 の 拡 大 による 多 子 軽 減 の 対 象 ( 新 規 又 は 変 更 )となる 利 用 につ いては 児 童 通 所 サービス

More information

(3) 福 祉 施 設 から 一 般 就 労 への 移 行 本 市 の 福 祉 施 設 利 用 者 の 中 で 平 成 24 年 度 に 一 般 就 労 により 退 所 した 人 は 3 人 です ここでいう 福 祉 施 設 とは 生 活 介 護 事 業 自 立 訓 練 事 業 ( 生 活 訓 練

(3) 福 祉 施 設 から 一 般 就 労 への 移 行 本 市 の 福 祉 施 設 利 用 者 の 中 で 平 成 24 年 度 に 一 般 就 労 により 退 所 した 人 は 3 人 です ここでいう 福 祉 施 設 とは 生 活 介 護 事 業 自 立 訓 練 事 業 ( 生 活 訓 練 第 5 章 数 値 目 標 ( 第 4 期 案 ) (1) 入 所 施 設 入 所 者 の 地 域 生 活 への 移 行 本 市 の 平 成 25 年 度 末 時 点 の 施 設 入 所 者 は39 人 です 平 成 29 年 度 までに 入 所 施 設 を 退 所 し 自 立 訓 練 事 業 等 を 利 用 しながら グル ープホームや 一 般 住 宅 等 に 移 行 する 人 ( 地 域 移 行

More information

1 各 サービス 共 通 内 容 手 続 の 説 明 及 び 同 意 Q1 内 容 手 続 の 説 明 及 び 同 意 について A1 あらかじめ 利 用 申 込 者 又 は その 家 族 に 運 営 規 程 の 概 要 従 業 者 の 勤 務 の 体 制 事 故 発 生 時 の 対 応 苦 情 処

1 各 サービス 共 通 内 容 手 続 の 説 明 及 び 同 意 Q1 内 容 手 続 の 説 明 及 び 同 意 について A1 あらかじめ 利 用 申 込 者 又 は その 家 族 に 運 営 規 程 の 概 要 従 業 者 の 勤 務 の 体 制 事 故 発 生 時 の 対 応 苦 情 処 実 地 指 導 等 における 主 な 指 摘 事 項 に 関 するQ&A ー 介 護 保 険 居 宅 サービス 事 業 所 居 宅 介 護 支 援 事 業 所 ー こ の Q & A は 平 成 2 7 年 度 までの 実 地 指 導 等 で の 主 な 指 摘 事 項 に つ い て Q & A 形 式 で 分 か り や す く 解 説 作 成 したものです 指 定 基 準 報 酬 算 定 基

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

8

8 平 成 28 年 度 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 所 整 備 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 八 尾 市 地 域 福 祉 部 高 齢 介 護 課 1 0 1. 募 集 の 趣 旨 八 尾 市 ( 以 下 市 という )では 第 6 期 八 尾 市 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 及 び 介 護 保 険 事 業 計 画 ( 以 下 第 6 期 計

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

施設支援費報酬告示関係Q&A VOL 3

施設支援費報酬告示関係Q&A VOL 3 平 成 21 年 度 障 害 福 祉 サービス 報 酬 改 定 に 係 るQ&A(VOL.2) 1 共 通 事 項 1 2 訪 問 系 サービス 共 通 3 3 日 中 活 動 系 サービス 共 通 5 4 生 活 介 護 7 5 児 童 デイサービス 8 6 自 立 訓 練 ( 機 能 訓 練 ) 8 7 自 立 訓 練 ( 生 活 訓 練 ) 9 8 就 労 移 行 支 援 10 9 就 労 継

More information

障 がい 福 祉 サービスの 利 用 までの 流 れ 1 相 談 2 利 用 申 請 使 いサービスや 困 っていなどをご 相 談 ください 障 がい のあ 方 のニーズを 確 認 し,サービス 利 用 のための 支 援 を 行 いま 窓 口 市 役 所 及 び 各 支 所, 基 幹 相 談 支 援

障 がい 福 祉 サービスの 利 用 までの 流 れ 1 相 談 2 利 用 申 請 使 いサービスや 困 っていなどをご 相 談 ください 障 がい のあ 方 のニーズを 確 認 し,サービス 利 用 のための 支 援 を 行 いま 窓 口 市 役 所 及 び 各 支 所, 基 幹 相 談 支 援 2015 年 ( 平 成 27 年 )1 月 福 山 市 障 がい 者 地 域 自 立 支 援 協 議 会 ( 相 談 支 援 部 会 ) 障 がい 福 祉 サービスの 利 用 までの 流 れ 1 相 談 2 利 用 申 請 使 いサービスや 困 っていなどをご 相 談 ください 障 がい のあ 方 のニーズを 確 認 し,サービス 利 用 のための 支 援 を 行 いま 窓 口 市 役 所 及 び

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816990F5924A8F4390B38CE3816A8FE18A518ED28EA997A78E7889878B8B957494EF93992E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816990F5924A8F4390B38CE3816A8FE18A518ED28EA997A78E7889878B8B957494EF93992E646F63> 資 料 2-1 障 害 者 自 立 支 援 給 付 費 等 の 請 求 事 務 に 係 る 研 修 会 岩 手 県 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 障 害 者 自 立 支 援 給 付 費 等 請 求 上 の 留 意 事 項 平 成 18 年 10 月 20 日 岩 手 県 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 本 資 料 は 障 害 者 自 立 支 援 法 児 童 福 祉 法 施

More information

01【事務連絡】障害児通所支援に係る多子軽減措置の実施について(室長+国保連+課長)

01【事務連絡】障害児通所支援に係る多子軽減措置の実施について(室長+国保連+課長) 事 務 連 絡 平 成 26 年 1 月 10 日 各 都 道 府 県 指 定 都 市 児 童 相 談 所 設 置 市 障 害 福 祉 主 管 課 御 中 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 障 害 福 祉 課 障 害 児 発 達 障 害 者 支 援 室 就 学 前 の 障 害 児 通 所 支 援 に 係 る 利 用 者 負 担 の 多 子 軽 減 措 置 について

More information

Microsoft Word - ○マニュアル表紙(v4.0_.doc

Microsoft Word - ○マニュアル表紙(v4.0_.doc 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 事 務 マニュアル V4.0 ( 平 成 21 年 4 月 及 び 10 月 からの 上 限 額 管 理 事 務 に 関 する 一 部 制 度 変 更 の 内 容 が 盛 り 込 まれています) 平 成 21 年 10 月 神 奈 川 県 保 健 福 祉 部 障 害 福 祉 課 このマニュアルは 神 奈 川 県 における 標 準 的 な 事 務 手 続 きを

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

Microsoft Word - 説明資料

Microsoft Word - 説明資料 資 料 1 1 障 害 福 祉 サービス 等 の 指 定 基 準 及 び 加 算 制 度 について 1 運 営 上 の 留 意 事 項 について 1 共 通 部 分 従 業 員 の 勤 務 体 制 を 月 ごとに 作 成 しているか 基 準 上 の 職 員 数 を 満 たしているか 毎 月 確 認 すること 複 数 サービスを 行 なっている 場 合 は,サービスごとに 作 成 すること ( 訪 問

More information

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc 利 用 者 負 担 について 1. 所 得 区 分 認 定 個 別 減 免 補 足 給 付 の 認 定 方 法 について 2 (1) 負 担 上 限 月 額 を 定 める 際 の 所 得 区 分 の 設 定 について 2 (2) 個 別 減 免 の 収 入 資 産 等 の 認 定 について 7 (3) 補 足 給 付 の 認 定 について 14 2. 生 活 保 護 境 界 層 対 象 者 に 対

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

Microsoft Word - 発出版QA

Microsoft Word - 発出版QA 平 成 27 年 度 介 護 報 酬 改 定 に 関 する Q&A ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ) 全 サービス 共 通 常 勤 要 件 について 問 1 各 加 算 の 算 定 要 件 で 常 勤 の 有 資 格 者 の 配 置 が 求 められている 場 合 育 児 休 業 介 護 休 業 等 育 児 又 は 家 族 介 護 を 行 う 労 働 者 の 福 祉 に 関 する 法 律 (

More information

豊中市立特別養護老人ホームほづみ

豊中市立特別養護老人ホームほづみ 豊 中 市 立 介 護 老 人 保 健 施 設 指 定 管 理 者 提 案 要 項 平 成 27 年 (2015 年 )5 月 豊 中 市 健 康 福 祉 部 保 健 所 保 健 医 療 課 1. 基 本 的 事 項... 1 (1) 指 定 管 理 者 選 定 の 趣 旨... 1 (2) 基 本 条 件 運 営 方 針... 2 (3) 施 設 の 概 要... 3 2. 管 理 運 営 業 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378> 保 発 0131 第 4 号 平 成 23 年 1 月 31 日 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 長 出 産 育 児 一 時 金 等 の 支 給 申 請 及 び 支 払 方 法 について 出 産 育 児 一 時 金 等 については 緊 急 の 少 子 化 対 策 の 一 環 として 安 心 して 出 産 できる 環 境 を 整 備 する 観 点 から 平 成 21 年 10

More information

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16 普 通 交 付 税 算 定 事 務 の 手 引 きについて 平 成 26 年 12 月 改 訂 岐 阜 県 清 流 の 国 推 進 部 市 町 村 課 税 政 係 目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

者 で 行 うこととしているので 処 遇 改 善 計 画 もその 申 請 単 位 で 作 成 し 処 遇 改 善 に 取 り 組 むこととなります ( 問 7) 短 時 間 勤 務 者 には 支 給 しないこととしてよいか また 支 給 額 は 職 員 毎 差 をつけてもよいか 職 員 毎 の 支

者 で 行 うこととしているので 処 遇 改 善 計 画 もその 申 請 単 位 で 作 成 し 処 遇 改 善 に 取 り 組 むこととなります ( 問 7) 短 時 間 勤 務 者 には 支 給 しないこととしてよいか また 支 給 額 は 職 員 毎 差 をつけてもよいか 職 員 毎 の 支 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 について に 関 する Q&A 山 梨 県 1 賃 金 改 善 の 方 法 等 ( 問 1) 事 業 者 がロング ショート デイとあった 場 合 は それぞれの 職 員 に 対 して 交 付 率 の 区 分 毎 に 支 払 ってもよいのか または 交 付 金 を 合 計 して 職 員 数 で 割 って 一 律 で 支 払 うのがよいか? 国 は 全 職

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

H28_2-外国特許

H28_2-外国特許 平 成 28 年 度 外 国 特 許 出 願 費 用 助 成 事 業 公 募 の ご 案 内 1 事 業 目 的 本 助 成 事 業 は 優 れた 技 術 等 を 有 し かつ それらを 海 外 において 広 く 活 用 しようとする 都 内 の 中 小 企 業 者 等 に 対 し 外 国 特 許 出 願 に 要 する 経 費 の 一 部 を 助 成 することによって 中 小 企 業 の 国 際 競

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 費 用 負 担 の 見 直 しに 係 る 事 務 処 理 の 取 扱 いについて 計 29 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.490

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

ハンドブック表紙

ハンドブック表紙 6. 障 害 福 祉 サービス( 自 立 支 援 給 付 ) 自 立 支 援 給 付 の 概 要 障 害 福 祉 サービス( 自 立 支 援 給 付 )には ホームヘルプや 施 設 の 短 期 入 所 など 介 護 給 付 と 機 能 訓 練 や 生 活 訓 練 就 労 移 行 支 援 などの 訓 練 等 給 付 があります ( 次 頁 対 象 サービ ス 一 覧 参 照 ) それぞれのサービスを

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

届 出 事 項 については 都 道 府 県 において 閲 覧 に 供 するほか 事 業 者 に 届 出 事 項 については 都 道 府 県 において 閲 覧 に 供 するほか 事 業 者 に おいても 利 用 料 に 係 る 情 報 として 事 業 所 内 で 掲 示 することになるこ おいても 利

届 出 事 項 については 都 道 府 県 において 閲 覧 に 供 するほか 事 業 者 に 届 出 事 項 については 都 道 府 県 において 閲 覧 に 供 するほか 事 業 者 に おいても 利 用 料 に 係 る 情 報 として 事 業 所 内 で 掲 示 することになるこ おいても 利 指 定 居 宅 サービスに 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 ( 訪 問 通 所 サービス 居 宅 療 養 管 理 指 導 及 び 福 祉 用 具 貸 与 に 係 る 部 分 ) 及 び 指 定 居 宅 介 護 支 援 に 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 の 制 定 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について( 平 成 12 年 老 企

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206)

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206) 校 担 当 者 用 平 成 28 年 度 高 等 校 等 奨 金 抜 粋 異 動 補 導 事 務 の て び き この 冊 子 には 奨 生 採 用 後 の 奨 金 の 交 付 奨 生 の 異 動 及 び 補 導 に 係 る 事 項 につい て 校 における 事 務 及 び 留 意 事 項 について 説 明 したものです あわせて 終 了 時 及 び 終 了 後 の 手 きの 概 要 についても 記

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63> ( 第 6 回 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する 検 討 会 川 渕 委 員 配 布 資 料 ) 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 1 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 < 高 額 介 護 合 算 療 養 費 関 連 > ( 問 1) 高 額 介 護 合 算 療 養 費 は 医 療 保 険 に 係 る

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

個人向け国債の事務取扱いに関する細則

個人向け国債の事務取扱いに関する細則 個 人 向 け 国 債 の 事 務 取 扱 いに 関 する 細 則 目 次 1.この 細 則 の 適 用 2. 用 語 の 定 義 3. 募 集 に 関 する 事 務 4. 払 込 等 に 関 する 事 務 5. 中 途 換 金 に 関 する 事 務 6. 手 数 料 に 関 する 事 務 7. 振 替 先 口 座 の 確 認 8. 所 要 事 項 の 決 定 等 9. 雑 則 [ 参 考 1] 計

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

特定施設入居者生活介護

特定施設入居者生活介護 平 成 28 年 4 月 1 日 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 (サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 ) の 手 引 ( 介 護 予 防 ) 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 の 事 業 を 実 施 する 事 業 者 は 介 護 保 険 法 及 び 関 係 法 令 等 を 遵 守 し 都 道 府 県 知 事 に 必 要 な 手 続 きを 行 うとともに 適 切 なサービス

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

<3238944E937882B582A882E8816983548365875682C882B5816A2E786C7378>

<3238944E937882B582A882E8816983548365875682C882B5816A2E786C7378> 15ページの 1ページにある 保 護 数 )とします 保 支 育 の 給 利 認 定 基 を 準 表 受 に けていないと 基 づき 保 護 保 者 育 それぞれの 園 等 に 入 基 準 することができません 指 数 を 合 計 して その 世 帯 指 数 ( 世 帯 基 準 指 指 加 保 者 の 状 況 により 以 下 のように 指 数 付 けを い 保 育 園 等 の 利 調 整 を います

More information

1 平 成 28 年 度 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 3 月 高 崎 市 福 祉 部 長 寿 社 会 課 1. 募 集 の 趣 旨 本 市 では 施 設 入 所 を 必 要 とする 人 に 対 して 幅 広 い 選 択 肢 の 中 から 必 要 なサービスを 提 供 できる 体 制 を 整 備 するため 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介

More information

(問)被用者保険の被扶養者に対する2年間の経過措置になる軽減額は、他の被保険者の保険料で補填すると考えてよいのか

(問)被用者保険の被扶養者に対する2年間の経過措置になる軽減額は、他の被保険者の保険料で補填すると考えてよいのか 賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 助 成 金 による 助 成 を 受 けられないのか また 実 際 の 賃 金 改 善 額 が 賃 金 改 善 計 画 における 改 善 見

More information

子 ども 子 育 て 新 制 度 について 子 ども 子 育 て 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まります 新 制 度 のスタートに 伴 い 教 育 保 育 施 設 を 利 用 する 際 には 支 給 認 定 を 受 ける 必 要 があ ります 保 育 所 への 入 所 を 希

子 ども 子 育 て 新 制 度 について 子 ども 子 育 て 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まります 新 制 度 のスタートに 伴 い 教 育 保 育 施 設 を 利 用 する 際 には 支 給 認 定 を 受 ける 必 要 があ ります 保 育 所 への 入 所 を 希 平 成 27 年 度 入 所 用 生 駒 市 保 育 所 入 所 案 内 保 育 所 ( 保 育 園 )とは 保 育 所 ( 保 育 園 )は 保 護 者 が 働 いたり 病 気 の 状 態 にあったりして 家 庭 において 十 分 保 育 することができない 児 童 を 保 護 者 にかわって 保 育 することを 目 的 とした 児 童 福 祉 施 設 です 保 護 者 が 希 望 する 保 育

More information

<81798AAE90AC94C5817A483236906C8E968D7390AD81694832372E348C668DDA94C5816A288F4390B3292E786C73>

<81798AAE90AC94C5817A483236906C8E968D7390AD81694832372E348C668DDA94C5816A288F4390B3292E786C73> 函 館 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 25 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 (25 年 12 月 31 日 ) 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B/A 人 274,485 135,133,615 1,560,497 17,631,082 B 人 件 費 率 13.1 ( 参 考 ) 24

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

(1) 上 記 1の 計 画 が 認 定 された 日 ( 以 下 受 給 資 格 認 定 日 という)の 翌 日 から6か 月 以 内 に 雇 い 入 れ ること (2)10 人 以 上 雇 い 入 れること (3) 雇 用 保 険 一 般 被 保 険 者 として 雇 い 入 れ 継 続 して 雇

(1) 上 記 1の 計 画 が 認 定 された 日 ( 以 下 受 給 資 格 認 定 日 という)の 翌 日 から6か 月 以 内 に 雇 い 入 れ ること (2)10 人 以 上 雇 い 入 れること (3) 雇 用 保 険 一 般 被 保 険 者 として 雇 い 入 れ 継 続 して 雇 7 中 小 企 業 障 害 者 多 数 雇 用 施 設 設 置 等 助 成 金 障 害 者 の 雇 入 れに 係 る 計 画 を 作 成 し 当 該 計 画 に 基 づき 障 害 者 を10 人 以 上 雇 用 すると ともに 障 害 者 の 雇 入 れに 必 要 な 事 業 所 の 施 設 設 備 等 の 設 置 整 備 をする 中 小 企 業 であ る 事 業 主 に 対 して 助 成 を 行

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 山 陽 小 野 田 市 では 事 委 員 会 を 設 置 していません 1 月 例 給 区 分 事 委 員 会 の 勧 告 給 与 改 定 率 民 間 給 与 A 公 務 員 給 与 B 較 差 AB 勧 告 ( 改 定 率 ) 22 年 度 ( 参 考 ) 国

(5) 給 与 改 定 の 状 況 山 陽 小 野 田 市 では 事 委 員 会 を 設 置 していません 1 月 例 給 区 分 事 委 員 会 の 勧 告 給 与 改 定 率 民 間 給 与 A 公 務 員 給 与 B 較 差 AB 勧 告 ( 改 定 率 ) 22 年 度 ( 参 考 ) 国 山 陽 小 野 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について ( 平 成 24 年 4 月 公 表 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 65,453 27,304,972

More information

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても 指 定 介 護 予 防 サービスに 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 の 制 定 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について 第 一 届 出 手 続 の 運 用 1 届 出 の 受 理 (1) 届 出 書 類 の 受 取 り 指 定 事 業 者 側 から 統 一 的 な 届 出 様 式 及 び 添 付 書 類 により サービス 種 類 ごとの1 件 書 類 の 提

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20615F95DB88E78F8A93FC8F8A82CC82B288C493E02E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20615F95DB88E78F8A93FC8F8A82CC82B288C493E02E646F6378> 平 成 26 年 度 保 育 所 入 所 のご 案 内 目 次 1 保 育 所 とは P1 2 申 込 みができる 方 は P1 3 申 込 受 付 の 時 期 P2 4 市 内 保 育 所 及 び 申 込 み 可 能 児 童 一 覧 P3 5 入 所 までの 流 れ P4 6 保 育 時 間 について P5 7 申 込 みに 必 要 な 書 類 P6 8 申 込 み 時 の 注 意 P7~P8 9

More information

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D>

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D> 能 代 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 ( 参 考 ) 区 分 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 前 年 度 の ( 年 度 末 ) A B B/A 人 件 費 率 20 年 度 人 千 円 千 円 千 円 % % 61,416 23,586,992 339,618

More information

しなければなりません (3) 謝 金 事 業 を 実 施 するために 追 加 的 に 必 要 となる 行 為 ( 資 料 整 理 作 業 補 助 専 門 的 知 識 の 提 供 資 料 の 収 集 等 )に 対 して 謝 礼 として 支 払 う 経 費 です 謝 金 の 単 価 については 業 務

しなければなりません (3) 謝 金 事 業 を 実 施 するために 追 加 的 に 必 要 となる 行 為 ( 資 料 整 理 作 業 補 助 専 門 的 知 識 の 提 供 資 料 の 収 集 等 )に 対 して 謝 礼 として 支 払 う 経 費 です 謝 金 の 単 価 については 業 務 苗 木 安 定 供 給 推 進 事 業 のうち 花 粉 症 対 策 苗 木 への 植 替 促 進 事 業 に 係 る 公 募 要 領 1 総 則 苗 木 安 定 供 給 推 進 事 業 のうち 花 粉 症 対 策 苗 木 への 植 替 促 進 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう)に 係 る 課 題 提 案 の 実 施 については この 要 領 に 定 めるところによるものとします 2 公 募

More information

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請 平 成 27 年 12 月 17 日 発 行 平 成 27 年 9 月 関 東 東 北 豪 雨 災 害 により 被 害 を 受 けられた 皆 さまへ 第 2 版 ( 給 付 減 免 支 援 制 度 などについて) 常 総 市 内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について...

More information

社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン(2/2) (6) 施 工 体 制 台 帳 の 作 成 を 要 しない 工 事 における 取 扱 い 建 設 工 事 の 施 工 に 係 る 下 請 企 業 の 社 会 保 険 の 加 入 状 況 及 び 各 作 業 員 の 保

社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン(2/2) (6) 施 工 体 制 台 帳 の 作 成 を 要 しない 工 事 における 取 扱 い 建 設 工 事 の 施 工 に 係 る 下 請 企 業 の 社 会 保 険 の 加 入 状 況 及 び 各 作 業 員 の 保 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン(1/2) 第 1 趣 旨 本 ガイドラインは 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 針 となるべきもの 第 2 元 請 企 業 の 役 割 と 責 任 (1)

More information

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 き 横 浜 市 健 康 福 祉 局 監 査 課 電 話 045(671)4195 FAX 045(662)1658 E- mail kf-kansa-shomu@city.yokohama.jp 平 成 25 年 7 月 改 訂 目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 度 大 阪 府 特 別 養 護 老 人 ホーム 経 営 診 断 ( 第 2 回 特 養 実 態 調 査 )の 実 施 にあたって 調 査 票 回 答 時 の 手 引 き 川 原 経 営 グループ ( 株 ) 川 原 経 営 総 合 センター 経 営 コンサルティング 部 門 1. 実 施 にあたって 1 会 員 施 設 個 々の 経 営 管 理 により 一 層 役 立 てていただくことに

More information

Microsoft Word - (予約)申請書記入例H28.docx

Microsoft Word - (予約)申請書記入例H28.docx 滋 賀 県 奨 学 資 金 申 請 書 類 一 覧 および 記 入 例 ( 予 約 募 集 ) 提 出 書 類 について 世 帯 の 区 分 ( 申 請 書 類 )の 確 認 滋 賀 県 奨 学 資 金 の 申 請 は 世 帯 の 区 分 により 提 出 書 類 が 異 なります 次 のアからウのうち 該 当 する 世 帯 を 選 択 して 提 出 書 類 を 確 認 してください 世 帯 の 区

More information

平成23年度

平成23年度 沖 縄 県 委 託 事 業 平 成 2 8 年 度 ライフスタイルイノベーション 創 出 推 進 事 業 公 募 要 領 公 募 期 間 : 平 成 28 年 4 月 11 日 ( 月 )~5 月 25 日 ( 水 ) 相 談 期 間 : 平 成 28 年 4 月 11 日 ( 月 )~5 月 20 日 ( 金 ) 9:00~17:00 書 類 提 出 期 間 : 平 成 28 年 5 月 23 日

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC>

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC> 出 産 育 児 一 時 金 等 の 医 療 機 関 等 への 直 接 支 払 制 度 実 施 要 綱 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 第 1 趣 旨 これまで 出 産 育 児 一 時 金 及 び 家 族 出 産 育 児 一 時 金 ( 以 下 出 産 育 児 一 時 金 等 とい う )については 原 則 として 出 産 後 に 被 保 険 者 等 ( 健 康 保 険 若 しくは 船 員

More information

平成28年度後期分授業料免除申請の注意事項(博士前期課程留学生用)

平成28年度後期分授業料免除申請の注意事項(博士前期課程留学生用) 平 成 28 年 度 後 期 分 授 業 料 免 除, 徴 収 猶 予 及 び 月 割 分 納 申 請 の 注 意 事 項 授 業 料 免 除 及 び 徴 収 猶 予 ( 月 割 分 納 含 む)は, 下 記 Ⅰ,Ⅱに 該 当 する 者 を 対 象 に, 経 済 状 況 及 び 業 成 績 を 一 律 の 基 準 で 審 査 し,どちらも 基 準 を 満 たしている 者 が 選 考 の 対 象 となります

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63> ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 白 島 荘 グループホーム 華 の 家 箕 面 市 白 島 三 丁 目 5 番 50 号 電 話 番 号 072-725-4165 ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 あなた またはあなたの 家 族 が 利 用 しようと

More information

社会保障・税番号制度の導入に向けて(社会保障分野)

社会保障・税番号制度の導入に向けて(社会保障分野) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 導 入 に 向 けて ( 社 会 保 障 分 野 ) ~ 事 業 主 の 皆 様 へ~ 平 成 27 年 4 月 厚 生 労 働 省 社 会 保 障 税 番 号 制 度 導 入 の 全 体 スケジュール 平 成 25 年 5 月 平 成 26 年 度 ~ 番 号 関 連 法 の 成 立 公 布 国 や 自 治 体 等 のシステム 改 修 等 平 成 27 年

More information

平成28年度後期分授業料免除申請の注意事項(博士後期課程留学生用)

平成28年度後期分授業料免除申請の注意事項(博士後期課程留学生用) 博 士 後 期 課 程 留 生 用 平 成 28 年 度 後 期 分 授 業 料 免 除, 徴 収 猶 予 及 び 月 割 分 納 申 請 の 注 意 事 項 本 では, 博 士 後 期 課 程 生 に 対 し, 経 済 状 況 及 び 業 成 績 による 授 業 料 免 除 の 他 に 本 独 自 の 授 業 料 免 除 を 実 施 して おります 免 除 については, 経 済 状 況 及 び 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378> 2016 3 目 次 1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 特 例 付 加 年 金 等 も 申 請 される 方 2 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 へ 2-1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 3 2-2 農 業 者 老 齢 年 金 の 金 額 4 2-3 年 金 の 受 取 り 税 金 5 2-4 現 況 届 の 提 出 7 2-5 受 給

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 学 手 続 等 8 12 ホームページ 10 13 問 い 合 わせ 先 10 願 書 等 の 記 入

More information

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 県 民 税 申 告 の 手 引 き 渋 川 市 市 民 税 県 民 税 につきましては 日 ごろからご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 県 民 税 の 申 告 は 皆 様 からの 申 告 に 基 づいて 税 額 を 決 定 するために 必 要 な 手 続 きです 今 回 申 告 していただく 所 得 は 平 成 27

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2 平 成 25 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 千 千 千 5,594,744,222 164,19 62,94

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

大阪府生活福祉資金のごあんない

大阪府生活福祉資金のごあんない 大 阪 府 生 活 福 祉 資 金 福 祉 資 金 貸 付 のごあんない この 貸 付 制 度 は 低 所 得 者 障 がい 者 または 高 齢 者 の 世 帯 に 対 し 資 金 の 貸 付 けと 必 要 な 相 談 支 援 を 行 うこ とにより その 経 済 的 自 立 および 生 活 意 欲 の 助 長 促 進 ならびに 在 宅 福 祉 および 社 会 参 加 の 促 進 を 図 り 安 定

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208EF68BC697BF96C68F9C905C90BF977697CC3230313330386F7269> 平 成 25 年 度 一 橋 大 学 後 期 授 業 料 免 除 申 請 要 領 授 業 料 免 除 申 請 について 次 に 掲 げる 免 除 対 象 者 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 本 人 の 申 請 に 基 づき 選 考 のうえ 授 業 料 の 全 額 又 は 半 額 を 免 除 します 免 除 を 希 望 する 者 は 学 期 ごとに 申 請 してください 注 意 申 請 しても

More information

目 次 I. はじめに p 3 II. 事 業 の 実 施 要 項 p 4 III. 申 請 資 格 p 7 IV. 事 業 の 申 請 手 続 き p 7 V. 申 請 書 類 p 8 VI. 審 査 及 び 契 約 の 流 れ p14 < 申 請 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > p14

目 次 I. はじめに p 3 II. 事 業 の 実 施 要 項 p 4 III. 申 請 資 格 p 7 IV. 事 業 の 申 請 手 続 き p 7 V. 申 請 書 類 p 8 VI. 審 査 及 び 契 約 の 流 れ p14 < 申 請 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > p14 2011 年 度 定 住 外 国 人 の 子 どもの 就 学 支 援 事 業 新 規 公 募 / 継 続 審 査 申 請 のガイドライン 2010 年 12 月 目 次 I. はじめに p 3 II. 事 業 の 実 施 要 項 p 4 III. 申 請 資 格 p 7 IV. 事 業 の 申 請 手 続 き p 7 V. 申 請 書 類 p 8 VI. 審 査 及 び 契 約 の 流 れ p14

More information

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 の 貸 付 対 象 が 家 庭 にも 拡 大 され 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 となりました この

More information

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 平 成 25-26 年 度 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 事 業 介 護 雇 用 プログラム 委 託 業 務 ( 平 成 25 年 度 募 集 分 )Q&A ( 別 紙 4) ( 平 成 25.12) 番 号 質 問 回 答 1 応 募 資 格 について 1-1 応 募 は 法 人 名 と 施 設 名 どちらで 行 えばいいですか 県 内 に 複 数 施 設 を 有 している 場 合

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

Taro-委託マニュアル【H27

Taro-委託マニュアル【H27 委 託 業 務 に 係 る 事 務 処 理 マニュアル 平 成 2 5 年 3 月 平 成 2 6 年 2 月 改 定 平 成 2 7 年 4 月 改 定 沖 縄 県 商 工 労 働 部 雇 用 政 策 課 目 次 1 本 マニュアルの 位 置 づけ 1 2 委 託 業 務 について 2 3 人 件 費 に 関 する 経 理 処 理 4 4 謝 金 に 関 する 経 理 処 理 7 5 旅 費 に

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

平 成 26 年 度 熊 本 県 育 英 資 金 育 英 奨 学 生 募 集 のしおり ( 修 学 貸 与 ) 高 等 学 校 中 等 教 育 学 校 ( 後 期 課 程 ) 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 ので 期 限 どおりに 返 還 していただく 必 要 が あ り ま す!! 育 英 資 金 の 返 還 金 は 後 輩 の 将 来 の 奨 学 金 として 再 び 活 用 されてい ます!!

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information