H27 資料2

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "H27 資料2"

Transcription

1 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援 計 画 7 サービスの 提 供 の 記 録 8 工 賃 の 支 払 等 9 掲 示 Ⅲ 報 酬 に 関 する 事 項 1 基 本 的 な 事 項 2 欠 席 時 対 応 加 算 3 食 事 提 供 加 算 4 過 誤 調 整

2 Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) 内 容 件 数 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 67 各 種 規 則 や 規 程 57 報 酬 38 衛 生 管 理 35 虐 待 苦 情 事 故 24 非 常 災 害 対 策 21 個 別 支 援 計 画 15 サービス 提 供 の 記 録 等 13 工 賃 の 支 払 等 12 掲 示 11 契 約 内 容 報 告 書 5 その 他 61 件 数 計 359 1

3 Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 条 例 解 釈 通 知 は 居 宅 介 護 を 例 示 条 例 第 10 条 指 定 居 宅 介 護 事 業 者 は 支 給 決 定 障 害 者 等 が 指 定 居 宅 介 護 の 利 用 の 申 込 みを 行 ったときは 当 該 利 用 申 込 者 に 係 る 障 害 の 特 性 に 応 じた 適 切 な 配 慮 をしつつ 当 該 利 用 申 込 者 に 対 し 第 31 条 に 規 定 する 運 営 規 程 の 概 要 従 業 者 の 勤 務 体 制 その 他 の 利 用 申 込 者 のサービスの 選 択 に 資 する と 認 められる 重 要 事 項 を 記 した 文 書 を 交 付 して 説 明 を 行 い 当 該 指 定 居 宅 介 護 の 提 供 の 開 始 につ いて 当 該 利 用 申 込 者 の 同 意 を 得 なければならない 2 指 定 居 宅 介 護 事 業 者 は 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 法 律 第 45 号 ) 第 77 条 の 規 定 に 基 づき 書 面 の 交 付 を 行 う 場 合 は 利 用 者 の 障 害 の 特 性 に 応 じた 適 切 な 配 慮 をしなければならない 解 釈 通 知 内 容 及 び 手 続 の 説 明 及 び 同 意 ( 基 準 第 9 条 ) 指 定 居 宅 介 護 事 業 者 は 利 用 者 に 対 し 適 切 な 指 定 居 宅 介 護 を 提 供 するため その 提 供 の 開 始 に 際 し あらかじめ 利 用 申 込 者 に 対 し 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 運 営 規 程 の 概 要 従 業 者 の 勤 務 体 制 事 故 発 生 時 の 対 応 苦 情 処 理 の 体 制 等 の 利 用 申 込 者 がサービスを 選 択 するために 必 要 な 重 要 事 項 について 利 用 者 の 障 害 の 特 性 に 応 じ 適 切 に 配 慮 されたわかりやすい 説 明 書 やパンフレット 等 の 文 書 を 交 付 して 懇 切 丁 寧 に 説 明 を 行 い 当 該 事 業 所 から 指 定 居 宅 介 護 の 提 供 を 受 けることにつき 当 該 利 用 申 込 者 の 同 意 を 得 なければならないこととしたものである ( 略 ) (1) 重 要 事 項 説 明 書 に 事 業 の 実 施 地 域 虐 待 防 止 に 関 する 措 置 成 後 見 制 度 に 関 す る 事 項 等 必 要 な 事 項 が 記 載 されていない 重 要 事 項 説 明 書 に 記 載 すべき 主 なものとして 次 の 項 目 があります 1 事 業 者 事 業 所 の 概 要 ( 名 称 住 所 所 在 地 連 絡 先 など) 2 運 営 規 程 の 概 要 ( 目 的 方 針 事 業 の 主 たる 対 象 とする 障 がいの 種 類 営 業 日 時 通 常 の 事 業 の 実 施 地 域 ) 3 従 業 者 の 職 種 員 数 兼 務 状 況 及 び 勤 務 体 制 勤 務 内 容 4 利 用 ( 入 所 ) 定 員 5 提 供 するサービスの 内 容 6 利 用 料 その 他 費 用 の 請 求 及 び 支 払 い 方 法 について 7 事 故 発 生 時 の 対 応 ( 損 害 賠 償 の 方 法 を 含 む) 8 緊 急 時 の 対 応 方 法 9 苦 情 解 決 の 体 制 及 び 手 順 苦 情 相 談 の 窓 口 10 非 常 災 害 対 策 11 虐 待 防 止 のための 措 置 12 成 後 見 制 度 に 関 する 事 項 2

4 ( 記 載 例 ) 虐 待 防 止 について 事 業 者 は 利 用 者 等 の 人 権 の 擁 護 虐 待 の 防 止 等 のために 次 に 掲 げるとおり 必 要 な 措 置 を 講 じます ア 虐 待 の 防 止 に 関 する 責 任 者 の 選 任 を 行 います 責 任 者 : イ 成 後 見 制 度 の 利 用 支 援 を 行 います ウ 苦 情 解 決 体 制 の 整 備 を 行 います エ 従 業 者 に 対 する 虐 待 の 防 止 を 啓 発 普 及 するための 研 修 を 行 い 研 修 を 通 じて 従 業 者 の 人 権 意 識 知 識 及 び 技 術 の 向 上 に 努 めます (2) 重 要 事 項 説 明 書 と 運 営 規 程 または 契 約 書 で 内 容 が 相 違 している または 内 容 が 最 新 のものに 更 新 されていない 例 ) 障 害 者 自 立 支 援 法 障 害 程 度 区 分 障 害 者 総 合 支 援 法 障 害 支 援 区 分 利 用 申 込 者 のサービスの 選 択 に 資 すると 認 められる 重 要 事 項 を 記 載 した 重 要 事 項 説 明 書 および 利 用 者 に 渡 す 契 約 書 の 内 容 は 事 業 の 運 営 についての 重 要 事 項 を 記 載 し た 運 営 規 程 の 最 新 の 内 容 と 整 合 するものでなければなりません なお 運 営 規 程 の 内 容 を 変 更 した 場 合 は 郡 山 市 への 届 出 が 必 要 です (3) 重 要 事 項 説 明 書 の 内 容 について 利 用 者 に 説 明 又 は 同 意 を 得 ていない あ る いは 説 明 同 意 を 得 たこと 又 は 交 付 したことが 確 認 できない 利 用 申 込 者 のサービスの 選 択 に 資 すると 認 められる 重 要 事 項 説 明 書 の 内 容 は 利 用 申 込 者 に 対 し 交 付 して 説 明 をしなければなりません また 説 明 をした 重 要 事 項 説 明 書 は 利 用 申 込 者 の 同 意 を 得 てください ( 記 載 例 ) 重 要 事 項 説 明 書 私 は 事 業 者 から 本 書 面 により 当 該 事 業 所 のサービスを 提 供 するうえでの 重 要 な 事 項 について 説 明 を 受 け 内 容 について 同 意 し 重 要 事 項 説 明 書 の 交 付 を 受 けました 利 用 者 印 3

5 (4) 運 営 規 程 に 各 種 加 算 が 明 記 されていない 運 営 規 程 に 記 載 すべき 主 なものとして 次 の 項 目 があります 1 事 業 の 目 的 及 び 運 営 の 方 針 2 従 業 者 の 職 種 員 数 及 び 職 務 の 内 容 3 営 業 日 及 び 営 業 時 間 4 利 用 定 員 5 事 業 の 内 容 並 びに 利 用 者 等 から 受 領 する 費 用 の 種 類 及 びその 額 6 通 常 の 事 業 の 実 施 地 域 7サービスの 利 用 に 当 たっての 留 意 事 項 8 緊 急 時 等 における 対 応 方 法 9 非 常 災 害 対 策 10 事 業 の 主 たる 対 象 とする 障 害 の 種 類 を 定 めた 場 合 には 当 該 障 害 の 種 類 11 虐 待 の 防 止 のための 措 置 に 関 する 事 項 12その 他 運 営 に 関 する 重 要 事 項 5において 利 用 者 から 直 接 受 領 する 交 通 費 等 の 記 載 はされているが 代 理 受 領 と なっている 各 種 加 算 については 明 記 されていないケースが 多 々ありましたので 加 算 を 算 定 している 場 合 には 運 営 規 程 にそのことを 記 載 する 必 要 があります 補 足 Q 運 営 に 関 する 基 準 で 運 営 規 程 に 各 種 加 算 が 明 記 されていないとあるが 処 遇 改 善 加 算 についても 明 記 しなければならないのか? A 例 えば 代 理 受 領 を 行 う 場 合 は 事 業 所 が 直 接 市 町 村 に 請 求 できますが 代 理 受 領 を 行 わない 場 合 は 利 用 者 が 事 業 所 に 費 用 の 全 額 を 支 払 った 後 市 町 村 から 償 還 す る 流 れになります その 際 には 利 用 者 は 各 種 加 算 も 含 めて 事 業 所 に 支 払 うことに なりますので 処 遇 改 善 加 算 も 明 記 する 必 要 があるということになります キャンセル 料 等 の 経 費 を 徴 収 している 場 合 には それらも 明 記 すること 契 約 書 を 毎 更 新 していない また 自 動 更 新 する 旨 も 明 記 されていないため 毎 更 新 するか 内 容 等 に 変 更 がなければ 自 動 更 新 にする 旨 明 記 すること 4

6 2 各 種 規 則 や 規 程 (1) 各 種 規 則 や 規 程 が 整 備 されていない 1 給 与 規 定 に 明 記 されていない 手 当 を 支 給 している 2 就 業 規 則 で 別 途 規 程 による とされているが 規 程 を 作 成 していない 3 非 常 勤 職 員 の 就 業 規 則 を 作 成 していない など 特 に 3の 非 常 勤 職 員 に 関 する 各 種 規 則 や 規 程 が 作 成 されていない 非 常 勤 職 員 に 関 しても ( 記 載 例 )の よ う に 就 業 規 則 を 作 成 しなければなりません ( 記 載 例 ) 社 会 福 祉 法 人 非 常 勤 等 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 の 非 常 勤 職 員 ( 短 時 間 労 働 者 ) 等 の 期 間 を 定 めて 雇 用 する 職 員 ( 以 下 非 常 勤 職 員 等 という ) の 就 業 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めたものである 5

7 3 衛 生 管 理 等 条 例 解 釈 通 知 は 居 宅 介 護 生 活 介 護 を 例 示 条 例 第 35 条 指 定 居 宅 介 護 事 業 者 は 従 業 者 の 清 潔 の 保 持 及 び 健 康 状 態 について 必 要 な 管 理 を 行 わな ければならない 2 指 定 居 宅 介 護 事 業 者 は 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 設 備 及 び 備 品 等 について 衛 生 的 な 管 理 に 努 め なければならない 第 92 条 指 定 生 活 介 護 事 業 者 は 利 用 者 の 使 用 する 施 設 食 器 その 他 の 設 備 及 び 飲 用 に 供 する 水 に ついて 衛 生 的 な 管 理 に 努 め 又 は 衛 生 上 必 要 な 措 置 を 講 じるとともに 健 康 管 理 等 に 必 要 とな る 機 械 器 具 等 の 管 理 を 適 正 に 行 わなければならない 2 指 定 生 活 介 護 事 業 者 は 指 定 生 活 介 護 事 業 所 において 感 染 症 又 は 食 中 毒 が 発 生 し 又 はまん 延 しないように 必 要 な 措 置 を 講 じるよう 努 めなければならない 解 釈 通 知 衛 生 管 理 等 ( 基 準 第 34 条 ) 指 定 居 宅 介 護 事 業 者 は 従 業 者 の 清 潔 の 保 持 及 び 健 康 状 態 の 管 理 並 びに 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 設 備 及 び 備 品 等 の 衛 生 的 な 管 理 に 努 めるべきことを 規 定 したものである 特 に 指 定 居 宅 介 護 事 業 者 は 従 業 者 が 感 染 源 となることを 予 防 し また 従 業 者 を 感 染 の 危 険 から 守 るため 手 指 を 洗 浄 する ための 設 備 や 使 い 捨 ての 手 袋 等 感 染 を 予 防 するための 備 品 等 を 備 えるなど 対 策 を 講 じる 必 要 がある 衛 生 管 理 ( 基 準 第 90 条 ) 指 定 療 養 介 護 事 業 者 は 従 業 者 の 清 潔 の 保 持 及 び 健 康 状 態 の 管 理 に 努 めるべきであり 特 に 従 業 者 が 感 染 源 となることを 予 防 し また 従 業 者 を 感 染 の 危 険 から 守 るため 手 指 を 洗 浄 するための 設 備 や 使 い 捨 ての 手 袋 等 感 染 を 予 防 するための 備 品 等 を 備 えるなど 対 策 を 講 じるべきことを 規 定 し たものであり このほか 次 の 点 に 留 意 するものとする ( 略 ) (1) 従 業 者 ( 常 勤 非 常 勤 )の 健 康 診 断 が 行 われていない 又 は 健 康 診 断 の 結 果 を 把 握 していない 管 理 者 は 従 業 者 の 清 潔 の 保 持 及 び 健 康 状 態 について 必 要 な 管 理 を 行 うことが 必 要 です 従 業 者 の 健 康 管 理 については 労 働 安 全 衛 生 規 則 第 43 条 及 び 第 44 条 を 遵 守 し 1 回 の 健 康 診 断 を 実 施 してください なお 短 時 間 のパートタイム 雇 用 等 で 事 業 主 による 健 康 診 断 の 実 施 が 義 務 づけられ ていない 従 業 者 については 加 入 している 健 康 保 険 組 合 が 実 施 する 健 康 診 断 等 を 受 診 した 結 果 等 の 提 出 を 求 めるなど 健 康 状 態 を 定 期 的 に 把 握 するよう 必 要 な 措 置 を 講 じてください 新 規 で 採 用 された 方 に 対 して 健 康 診 断 を 行 っていないことが 多 いので 必 ず 行 うよう にして 下 さい 6

8 (2) 感 染 症 マニュアルを 整 備 し 従 業 者 に 周 知 するなど 感 染 症 予 防 に 必 要 案 措 置 をとっ ていない 従 業 者 利 用 者 が 感 染 症 (ノロウイルス インフルエンザ 等 )に 感 染 した 際 の 事 業 所 としての 対 応 方 法 をあらかじめ 決 めておいてください また 従 業 者 の 感 染 予 防 や まん 延 防 止 の 対 策 をマニュアル 化 し 研 修 等 により 従 業 者 に 周 知 してください なお 従 業 者 が 感 染 源 となることを 予 防 するため 次 の 事 項 を 行 うなど 対 策 を 講 じ ることも 必 要 です 1 タオルの 共 用 の 廃 止 手 洗 い うがいを 励 行 する 2 手 指 消 毒 の 徹 底 マスク 手 袋 を 着 用 する 3 トイレから 手 洗 い 場 が 遠 い 場 合 はトイレ 付 近 に 除 菌 スプレー 等 を 配 置 する 7

9 4 虐 待 苦 情 事 故 条 例 解 釈 通 知 は 療 養 介 護 を 準 用 (1) 虐 待 防 止 に 関 する 体 制 整 備 を 行 っていない 障 害 者 虐 待 防 止 法 では 障 害 者 福 祉 施 設 等 に 対 してサービスを 利 用 している 障 害 者 やその 家 族 からの 苦 情 を 解 決 する 体 制 を 整 備 すること 等 により 虐 待 の 防 止 等 の 措 置 を 講 ずることが 規 定 されています 1 虐 待 防 止 のための 責 任 者 を 設 置 すること 2 虐 待 防 止 に 関 するマニュアル 等 を 整 備 すること 3 職 員 に 対 する 虐 待 の 防 止 を 啓 発 普 及 するための 研 修 の 実 施 をすること 虐 待 の 多 くが 障 害 特 性 に 対 する 知 識 不 足 や 技 術 不 足 の 結 果 起 きていることを 踏 まえて 定 期 的 に 研 修 を 行 うことが 重 要 です また 利 用 者 やその 家 族 見 学 者 などにも 周 知 できるよう 運 営 規 程 等 に 虐 待 防 止 に 関 する 事 項 を 定 め 掲 示 するようにして 下 さい 万 が 一 障 がい 者 虐 待 を 発 見 もしくは 職 員 等 から 障 がい 者 虐 待 について 相 談 を 受 けた 場 合 などは 市 町 村 に 通 報 する 義 務 があります 関 係 職 員 等 にも 改 め て 周 知 するようにして 下 さい 8

10 5 非 常 災 害 対 策 条 例 解 釈 通 知 は 療 養 介 護 を 準 用 条 例 第 72 条 指 定 療 養 介 護 事 業 者 は 消 火 設 備 その 他 の 非 常 災 害 に 際 して 必 要 な 設 備 を 設 けるととも に 火 災 風 水 害 地 震 その 他 の 災 害 の 態 様 に 応 じ 非 常 災 害 に 関 する 具 体 的 計 画 を 立 て 非 常 災 害 時 の 関 係 機 関 への 通 報 及 び 連 絡 の 体 制 を 整 備 し それらを 定 期 的 に 従 業 者 に 周 知 しなければ ならない 2 指 定 療 養 介 護 事 業 者 は 非 常 災 害 に 備 えるため 定 期 的 に 避 難 救 出 その 他 必 要 な 訓 練 を 行 わなければならない 解 釈 通 知 非 常 災 害 対 策 ( 基 準 第 70 条 ) 1 非 常 災 害 に 際 して 必 要 な 諸 設 備 の 整 備 や 具 体 的 計 画 の 策 定 関 係 機 関 への 通 報 及 び 連 携 体 制 の 整 備 避 難 救 出 訓 練 の 実 施 等 その 対 策 に 万 全 を 期 さなければならないこととしたものである 2 消 火 設 備 その 他 の 非 常 災 害 に 際 して 必 要 な 設 備 とは 消 防 法 ( 昭 和 23 法 律 第 186 号 )そ の 他 法 令 等 に 規 定 された 設 備 を 指 しており それらの 設 備 を 確 実 に 設 置 しなければならない 3 非 常 災 害 に 関 する 具 体 的 計 画 とは 消 防 法 施 行 規 則 ( 昭 和 36 自 治 省 令 第 6 号 ) 第 3 条 に 規 定 する 消 防 計 画 (これに 準 ずる 計 画 を 含 む ) 及 び 風 水 害 地 震 等 の 災 害 に 対 処 するための 計 画 をいう この 場 合 消 防 計 画 の 策 定 及 びこれに 基 づく 消 防 業 務 の 実 施 は 消 防 法 第 8 条 の 規 定 に 基 づき 定 められる 者 に 行 わせるものとする 4 関 係 機 関 への 通 報 及 び 連 携 体 制 の 整 備 とは 火 災 等 の 災 害 時 に 地 域 の 消 防 機 関 へ 速 やか に 通 報 する 体 制 をとるよう 職 員 に 周 知 徹 底 するとともに 日 頃 から 消 防 団 や 地 域 住 民 との 連 携 を 図 り 火 災 等 の 際 に 消 火 避 難 等 に 協 力 してもらえるような 体 制 作 りを 求 めることとしたもので ある 5 上 記 に 加 え 非 常 災 害 に 対 する 計 画 は 施 設 の 置 かれた 状 況 により 火 災 風 水 害 地 震 津 波 その 他 の 災 害 の 態 様 ごとに 立 てなければならない (1) 定 期 的 な 避 難 救 出 その 他 必 要 な 訓 練 が 行 われていない 災 害 はいつ 発 生 するか 分 からないため 日 頃 からの 避 難 訓 練 実 施 が 必 要 です なお 訓 練 にあたっては 避 難 消 火 通 報 訓 練 を 定 期 的 に 行 うとともに 利 用 者 の 避 難 時 における 対 応 などの 記 録 を 作 成 し 次 回 訓 練 等 の 参 考 にしてください このほか 日 頃 から 消 防 団 や 地 域 住 民 との 連 携 を 図 り 火 災 等 の 際 に 消 火 避 難 等 に 協 力 してもらえるような 体 制 を 作 ることも 重 要 です 実 施 しているか 確 認 するために 記 録 は 必 ず 残 すようにして 下 さい (2) 警 報 器 消 火 器 等 必 要 な 設 備 が 設 置 されていない ( 使 用 期 限 も 確 認 すること) 万 が 一 災 害 が 発 生 した 場 合 警 報 器 消 火 器 等 必 要 な 設 備 が 設 置 されていなけれ ば 被 害 がより 甚 大 であることは 昨 今 の 福 祉 施 設 における 火 災 等 を 見 ていただければ 明 らかであります 必 要 設 備 を 設 置 するのは 勿 論 のこと 日 頃 から 設 備 の 点 検 を 実 施 しておくことも 必 要 です 9

11 6 個 別 支 援 計 画 の 作 成 条 例 解 釈 通 知 は 生 活 介 護 を 例 示 条 例 第 60 条 指 定 療 養 介 護 事 業 所 の 管 理 者 は サービス 管 理 責 任 者 に 指 定 療 養 介 護 に 係 る 個 別 支 援 計 画 ( 療 養 介 護 計 画 )の 作 成 に 関 する 業 務 を 担 当 させるものとする 2 サービス 管 理 責 任 者 は 療 養 介 護 計 画 の 作 成 に 当 たっては 適 切 な 方 法 により 利 用 者 について その 有 する 能 力 その 置 かれている 環 境 及 び 日 常 生 活 全 般 の 状 況 等 の 評 価 を 通 じて 利 用 者 の 希 望 する 生 活 や 課 題 等 の 把 握 ( 以 下 この 章 において アセスメント という )を 行 い 利 用 者 が 自 立 した 日 常 生 活 を 営 むことができるように 支 援 する 上 での 適 切 な 支 援 内 容 の 検 討 をなければな らない 3 アセスメントに 当 たっては 利 用 者 に 面 接 して 行 なわなければならない この 場 合 において サービス 管 理 責 任 者 は 面 接 の 趣 旨 を 利 用 者 に 対 して 十 分 に 説 明 し 理 解 を 得 なければならない 4 サービス 管 理 責 任 者 は アセスメント 及 び 支 援 内 容 の 検 討 結 果 に 基 づき 利 用 者 及 びその 家 族 の 生 活 に 対 する 意 向 総 合 的 な 支 援 の 方 針 生 活 全 般 の 質 を 向 上 させるための 課 題 指 定 療 養 介 護 の 目 標 及 びその 達 成 時 期 指 定 療 養 介 護 を 提 供 する 上 での 留 意 事 項 等 を 記 載 した 療 養 介 護 計 画 の 原 案 を 作 成 しなければならない この 場 合 において 当 該 指 定 療 養 介 護 事 業 所 が 提 供 する 指 定 療 養 介 護 以 外 の 保 健 医 療 サービス 又 はその 他 の 福 祉 サービス 等 との 連 携 も 含 めて 療 養 介 護 計 画 の 原 案 に 位 置 付 けるよう 努 めなけ ればならない 5 サービス 管 理 責 任 者 は 療 養 介 護 計 画 の 作 成 に 係 る 会 議 ( 利 用 者 に 対 する 指 定 療 養 介 護 の 提 供 に 当 たる 担 当 者 等 を 召 集 して 行 う 会 議 をいう )を 開 催 し 前 項 に 規 定 する 療 養 介 護 計 画 の 原 案 の 内 容 について 意 見 を 求 めなければならない 6 サービス 管 理 責 任 者 は 第 4 項 に 規 定 する 療 養 介 護 計 画 の 原 案 の 内 容 について 利 用 者 又 はその 家 族 に 対 して 説 明 し 文 書 により 利 用 者 の 同 意 を 得 なければならない 7 サービス 管 理 責 任 者 は 療 養 介 護 計 画 を 作 成 した 際 には 当 該 療 養 介 護 計 画 を 利 用 者 に 交 付 し なければならない 8 サービス 管 理 責 任 者 は 療 養 介 護 計 画 の 作 成 後 療 養 介 護 計 画 の 実 施 状 況 の 把 握 ( 利 用 者 につい ての 継 続 的 なアセスメントを 含 む 以 下 モニタリング という )を 行 うとともに 少 なくとも 6 に 1 回 以 上 療 養 介 護 計 画 の 見 直 しを 行 い 必 要 に 応 じて 療 養 介 護 計 画 の 変 更 を 行 わなければな らない 9 サービス 管 理 責 任 者 は モニタリングに 当 たっては 利 用 者 及 びその 家 族 等 と 連 絡 を 継 続 的 に 行 うこととし 特 段 の 事 情 のない 限 り 次 に 定 めるところにより 行 わなければならない 1 定 期 的 に 利 用 者 に 面 接 すること 2 定 期 的 にモニタリングの 結 果 を 記 録 すること 10 第 2 項 から 第 7 項 までの 規 定 は 第 8 項 に 規 定 する 療 養 計 画 の 変 更 について 準 用 する 10

12 解 釈 通 知 療 養 介 護 計 画 の 作 成 等 ( 基 準 第 58 条 ) 1 療 養 介 護 計 画 基 準 第 58 条 においては サービス 管 理 責 任 者 が 作 成 すべき 療 養 介 護 計 画 について 規 定 している 療 養 介 護 計 画 は 利 用 者 及 びその 家 族 の 生 活 に 対 する 意 向 総 合 的 な 支 援 の 方 針 生 活 全 般 の 質 を 向 上 させるための 課 題 指 定 障 害 福 祉 サービスの 目 標 及 びその 達 成 時 期 指 定 療 養 介 護 を 提 供 する 上 での 留 意 事 項 等 を 記 載 した 書 面 である また 療 養 介 護 計 画 は 利 用 者 の 置 かれている 環 境 及 び 日 常 生 活 全 般 の 状 況 等 の 評 価 を 通 じて 利 用 者 の 希 望 する 生 活 や 課 題 等 の 把 握 を 行 い 利 用 者 が 自 立 した 日 常 生 活 を 営 むことができるよ う 支 援 する 上 での 適 切 な 支 援 内 容 の 検 討 に 基 づいて 立 案 されるものである 2 サービス 管 理 責 任 者 の 役 割 サービス 管 理 責 任 者 は 指 定 特 定 相 談 支 援 事 業 者 等 が 作 成 したサービス 等 利 用 計 画 を 踏 まえて 当 該 指 定 療 養 介 護 事 業 所 以 外 の 保 健 医 療 サービス 又 はその 他 の 福 祉 サービス 等 との 連 携 も 含 めて 療 養 介 護 計 画 の 原 案 を 作 成 し 以 下 の 手 順 により 療 養 介 護 計 画 に 基 づく 支 援 を 実 施 するものであ る ア 利 用 者 に 対 する 指 定 療 養 介 護 の 提 供 に 当 たる 担 当 者 を 招 集 して 行 う 会 議 を 開 催 し 療 養 介 護 計 画 の 原 案 について 意 見 を 求 めること イ 当 該 療 養 介 護 計 画 の 原 案 の 内 容 について 利 用 者 及 びその 家 族 に 対 して 説 明 し 文 書 により 当 該 利 用 者 の 同 意 を 得 ること ウ 利 用 者 へ 当 該 療 養 介 護 計 画 を 交 付 すること エ 当 該 療 養 介 護 計 画 の 実 施 状 況 の 把 握 及 び 療 養 介 護 計 画 の 見 直 すべきかどうかについての 検 討 ( 当 該 検 討 は 少 なくとも6 に1 回 以 上 行 われ 必 要 に 応 じて 生 活 介 護 計 画 の 変 更 を 行 う 必 要 があること )を 行 うこと (1) 個 別 支 援 計 画 の 内 容 が 形 式 的 画 一 的 である 個 別 支 援 計 画 通 所 支 援 計 画 等 ( 以 下 個 別 支 援 計 画 等 という )の 作 成 にあた っては 利 用 者 の 能 力 その 置 かれている 環 境 及 び 日 常 生 活 全 般 の 状 況 等 の 評 価 を 通 じて 利 用 者 の 希 望 する 生 活 や 課 題 等 の 把 握 (アセスメント)を 行 い 利 用 者 が 自 立 した 日 常 生 活 を 営 むことができるような 適 切 かつ 効 果 的 な 支 援 内 容 を 検 討 すること が 必 要 です したがって 個 別 支 援 計 画 等 は 各 個 人 の 特 徴 や 希 望 を 考 慮 したものにならなければ ならないので 同 一 文 言 内 容 の 個 別 支 援 計 画 等 を 複 写 作 成 することのないようにし てください 11

13 (2) サービス 管 理 責 任 者 等 が 個 別 支 援 計 画 等 の 作 成 に 係 る 会 議 等 を 開 催 していない または 会 議 が 開 催 されていても 会 議 録 等 が 残 されていない サービス 管 理 責 任 者 等 は 個 別 支 援 計 画 等 を 作 成 する 際 には 関 係 職 員 による 計 画 作 成 に 係 る 会 議 を 開 催 し 計 画 等 の 原 案 の 内 容 について 意 見 を 求 めることが 必 要 です これは サービス 管 理 責 任 者 等 の 視 点 に 他 の 関 係 職 員 の 視 点 を 加 えることで よ りよい 個 別 支 援 計 画 等 にするために 重 要 なこととなります なお 作 成 に 係 る 会 議 を 開 催 した 場 合 には その 記 録 を 残 すようにしてください (3) 個 別 支 援 計 画 等 が 作 成 されていない 提 供 するサービスの 内 容 について 利 用 者 又 はその 家 族 に 対 する 説 明 が 行 われておらず 同 意 も 得 られていない (4) 個 別 支 援 計 画 等 を 利 用 者 に 交 付 していない 個 別 支 援 計 画 等 は 利 用 者 ( 又 は 家 族 )に 対 して 説 明 交 付 し 同 意 及 び 交 付 を 受 けた 旨 の 署 名 押 印 が 必 要 です 代 筆 の 場 合 は 利 用 者 欄 の 欄 外 に 代 筆 理 由 等 を 記 載 し 代 筆 者 が 署 名 ( 利 用 者 との 続 柄 氏 名 )し 押 印 をします ( 記 載 例 ) 私 は 計 画 について より 説 明 を 受 け 内 容 について 同 意 し 交 付 を 受 けました 利 用 者 印 (5) モニタリングを 行 っていない 又 はモニタリングの 結 果 を 記 録 していない (6) 個 別 支 援 計 画 等 の 定 期 的 な 見 直 しを 行 っていない サービス 管 理 責 任 者 等 は そ の 個 別 支 援 計 画 等 の 進 行 管 理 を 行 う 重 要 な 役 割 を 担 っ ています そのおおまかな 流 れは 次 のとおりです ア モニタリング( 個 別 支 援 計 画 等 の 実 施 状 況 の 把 握 ) 利 用 者 についての 継 続 的 なアセスメントも 実 施 する 定 期 的 に 利 用 者 に 面 接 する 定 期 的 にモニタリングの 結 果 を 記 録 する イ 計 画 等 を 作 成 後 定 期 的 に 計 画 の 見 直 しを 行 い 必 要 に 応 じて 個 別 支 援 計 画 等 を 変 更 する なお 定 期 的 な 見 直 しの 期 間 は 障 害 福 祉 サービスごとに 次 のように 定 められて います 12

14 計 画 の 見 直 しの 時 期 サービス 種 別 療 養 介 護 生 活 介 護 共 同 生 活 援 助 就 労 継 続 支 援 A 型 就 労 継 続 支 援 B 型 施 設 入 所 支 援 児 童 発 達 支 援 放 課 後 等 デイサービス 自 立 訓 練 ( 生 活 訓 練 ) 自 立 訓 練 ( 機 能 訓 練 ) 就 労 移 行 支 援 個 別 支 援 計 画 等 の 見 直 し 時 期 少 なくとも6 に1 回 以 上 少 なくとも3 に1 回 以 上 13

15 7 サービスの 提 供 の 記 録 条 例 解 釈 通 知 は 居 宅 介 護 療 養 介 護 を 例 示 条 例 第 20 条 指 定 居 宅 介 護 事 業 者 は 指 定 居 宅 介 護 を 提 供 した 際 は 当 該 指 定 居 宅 介 護 の 提 供 日 内 容 その 他 必 要 な 事 項 を 指 定 居 宅 介 護 の 提 供 の 都 度 記 録 しなければならない 2 指 定 居 宅 介 護 事 業 者 は 前 項 の 規 定 による 記 録 に 際 しては 支 給 決 定 障 害 者 等 から 指 定 居 宅 介 護 を 提 供 したことについて 確 認 を 受 けなければならない 第 55 条 指 定 療 養 介 護 事 業 者 は 指 定 療 養 介 護 を 提 供 したときは 当 該 指 定 療 養 介 護 の 提 供 日 内 容 その 他 必 要 な 事 項 を 記 録 しなければならない 2 指 定 療 養 介 護 事 業 者 は 前 項 の 規 定 による 記 録 に 際 しては 支 給 決 定 障 害 者 等 から 指 定 療 養 介 護 を 提 供 したことについて 確 認 を 受 けなければならない 解 釈 通 知 サービスの 提 供 の 記 録 ( 基 準 第 19 条 ) 1 記 録 の 時 期 基 準 第 19 条 第 1 項 は 利 用 者 及 び 指 定 居 宅 介 護 事 業 者 が その 時 点 での 指 定 居 宅 介 護 の 利 用 状 況 等 を 把 握 できるようにするため 指 定 居 宅 介 護 事 業 者 は 指 定 居 宅 介 護 を 提 供 した 際 には 当 該 指 定 居 宅 介 護 の 提 供 日 提 供 したサービスの 具 体 的 内 容 ( 例 えば 身 体 介 護 と 家 事 援 助 の 別 等 ) 実 績 時 間 数 利 用 者 負 担 額 等 の 利 用 者 へ 伝 達 すべき 必 要 な 事 項 を 後 日 一 括 して 記 録 す るのではなく サービスの 提 供 の 都 度 記 録 しなければならないこととしたものである 2 利 用 者 の 確 認 同 条 第 2 項 は 同 条 第 1 項 のサービスの 提 供 の 記 録 について サービスの 提 供 に 係 る 適 切 な 手 続 を 確 保 する 観 点 から 利 用 者 の 確 認 を 得 なければならないこととしたものである サービスの 提 供 の 記 録 ( 条 例 第 55 条 ) 1 記 録 の 時 期 基 準 第 53 条 の 2 は 利 用 者 及 び 指 定 療 養 介 護 事 業 者 が その 時 点 での 指 定 療 養 介 護 の 利 用 状 況 等 を 把 握 できるようにするため 指 定 療 養 介 護 事 業 者 は 指 定 療 養 介 護 を 提 供 した 際 には 当 該 療 養 介 護 の 提 供 日 提 供 したサービスの 具 体 的 内 容 利 用 者 負 担 額 等 の 利 用 者 へ 伝 達 すべ き 必 要 な 事 項 についての 記 録 を 適 切 に 行 うことができる 場 合 においては 後 日 一 括 して 記 録 す ることも 差 し 支 えないこととしたものである 2 利 用 者 の 確 認 ( 略 ) 14

16 (1) サービスの 提 供 記 録 の 記 載 内 容 に 不 備 がある (2) サービスの 提 供 記 録 をサービス 提 供 の 都 度 記 録 していない ( 但 し 療 養 介 護 共 同 生 活 援 助 及 び 指 定 宿 泊 型 自 立 訓 練 は 除 く ) サービスの 提 供 の 記 録 は 従 業 者 間 で 利 用 者 の 情 報 や 課 題 を 共 有 し 継 続 的 な 支 援 の 提 供 を 可 能 とする 資 料 です このため 利 用 者 のサービスの 利 用 状 況 等 を 把 握 する ため 事 業 者 はサービスを 提 供 した 際 には 提 供 日 時 その 具 体 的 内 容 実 績 時 間 数 等 を 記 録 してください また 次 回 以 降 のサービス 提 供 や 計 画 の 見 直 しに 活 かせるよ う 利 用 者 の 心 身 の 状 況 等 も 記 載 するよう 努 めてください また 居 宅 介 護 等 においては 身 体 介 護 に 引 き 続 き 家 事 援 助 を 行 った 場 合 は それ ぞれのサービス 提 供 時 間 を 区 分 して 記 録 する 必 要 があります なお サービスの 提 供 の 記 録 を 記 載 する 時 期 については 療 養 介 護 共 同 生 活 援 助 及 び 指 定 宿 泊 型 自 立 訓 練 は 記 録 を 適 切 に 行 うことができる 場 合 後 日 一 括 して 記 録 することも 差 し 支 えありませんが その 他 のサービスについてはサービスの 提 供 の 都 度 記 録 する 必 要 があります (3) サービスの 提 供 の 記 録 に 記 載 した 内 容 について 利 用 者 から 確 認 を 受 けていない サービスの 提 供 の 記 録 については 必 ず 利 用 者 の 確 認 を 得 る 必 要 があります (4) 利 用 者 から 受 けた 相 談 の 記 録 が 残 されていない サービスの 提 供 の 記 録 とは 別 に 利 用 者 から 相 談 を 受 けた 場 合 にはその 内 容 を 記 録 として 残 しておく 必 要 があります 15

17 8 工 賃 の 支 払 等 条 例 解 釈 通 知 は 就 労 継 続 支 援 B 型 を 例 示 条 例 第 201 条 指 定 就 労 継 続 支 援 B 型 の 事 業 を 行 う 者 ( 以 下 指 定 就 労 継 続 支 援 B 型 事 業 者 という ) は 利 用 者 に 生 産 活 動 に 係 る 事 業 の 収 入 から 生 産 活 動 に 係 る 事 業 に 必 要 な 経 費 を 控 除 した 額 に 相 当 する 金 額 を 工 賃 として 支 払 わなければならない 2 前 項 の 規 程 により 利 用 者 それぞれに 対 し 支 払 われる1 当 たりの 工 賃 の 平 均 額 ( 第 4 項 におい て 工 賃 の 平 均 額 という )は 3000 円 を 下 回 ってはならない 3 指 定 就 労 継 続 支 援 B 型 事 業 者 は 利 用 者 が 自 立 した 日 常 生 活 又 は 社 会 生 活 を 営 むことを 支 援 す るため 工 賃 の 水 準 を 高 めるよう 努 めなければならない 4 指 定 就 労 継 続 支 援 B 型 事 業 者 は 度 ごとに 工 賃 の 目 標 水 準 を 設 定 し 当 該 工 賃 の 目 標 水 準 及 び 前 度 に 利 用 者 に 対 し 支 払 われた 工 賃 の 平 均 額 を 利 用 者 に 通 知 するとともに 都 道 府 県 に 報 告 しなければならない 解 釈 通 知 工 賃 の 支 払 等 ( 基 準 第 201 条 ) 利 用 者 それぞれに 対 し 支 払 われる 一 あたりの 工 賃 の 平 均 額 は 3000 円 を 下 回 ってはならない こと ただし 一 あたりの 利 用 者 の 利 用 日 数 が 極 端 に 少 ない 場 合 については 都 道 府 県 知 事 の 判 断 により 当 該 影 響 を 排 除 した 計 算 方 法 により 算 出 した 工 賃 の 平 均 額 をもって 本 規 定 を 適 用 するこ とが 可 能 であること なお 都 道 府 県 ( 指 定 都 市 又 は 中 核 市 においては 指 定 都 市 又 は 中 核 市 )は 前 度 の 工 賃 の 平 均 額 が 額 3000 円 を 下 回 る 場 合 工 賃 を 向 上 させるための 指 導 を 行 うこと また 指 定 就 労 継 続 支 援 B 型 事 業 所 は 毎 度 当 該 度 における 目 標 工 賃 と 前 度 における 工 賃 実 績 を 利 用 者 に 通 知 するとともに 都 道 府 県 ( 指 定 都 市 にあっては 都 道 府 県 及 び 指 定 都 市 中 核 市 にあっては 都 道 府 県 及 び 中 核 市 )に 届 け 出 なければならないこと ( 略 ) (1) 工 賃 の 平 均 額 を 利 用 者 に 通 知 していない 改 善 事 項 工 賃 の 平 均 額 を 利 用 者 に 通 知 する 必 要 があります (2) 工 賃 支 給 基 準 がない 改 善 事 項 基 準 を 作 成 し 利 用 者 及 びその 家 族 に 説 明 し 同 意 を 得 ること 16

18 9 掲 示 条 例 解 釈 通 知 は 居 宅 介 護 を 例 示 条 例 第 35 条 指 定 居 宅 介 護 事 業 者 は 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 見 やすい 場 所 に 運 営 規 程 の 概 要 従 業 者 の 勤 務 の 体 制 その 他 の 利 用 申 込 者 のサービスの 選 択 に 資 すると 認 められる 重 要 事 項 を 掲 示 し なければならない (1) 掲 示 物 を 掲 示 していない 事 業 所 の 見 やすい 場 所 に 運 営 規 程 等 の 掲 示 物 を 掲 示 する 必 要 があります ( 具 体 例 ) 運 営 規 程 重 要 事 項 説 明 書 従 業 者 の 勤 務 表 ハザードマップ 虐 待 防 止 マニュア ル 協 力 医 療 機 関 緊 急 時 における 連 絡 網 など 17

19 Ⅲ 報 酬 に 関 する 事 項 1 基 本 的 な 事 項 (1) 請 求 について 1 サービス 実 績 がないのにサービスの 報 酬 を 請 求 している 2 実 際 にサービスを 提 供 した 時 間 より 多 い 時 間 数 で 報 酬 を 請 求 している 3 実 際 にサービスを 提 供 した 時 間 帯 とサービス 実 績 記 録 の 時 間 帯 とが 異 なっている など (2) 法 定 代 理 受 領 について 法 定 代 理 受 領 により 介 護 給 付 費 等 の 支 給 を 受 けた 場 合 は 支 給 決 定 障 害 者 等 に 対 し 当 該 介 護 給 付 費 等 の 額 を 通 知 すること 補 足 人 員 欠 如 に 該 当 する 場 合 の 所 定 単 位 数 の 算 定 について 1 対 象 となる 障 害 福 祉 サービス 療 養 介 護 生 活 介 護 短 期 入 所 自 立 訓 練 ( 機 能 訓 練 ) 自 立 訓 練 ( 生 活 訓 練 ) 就 労 移 行 支 援 就 労 継 続 支 援 A 型 就 労 継 続 支 援 B 型 ( 基 準 該 当 就 労 継 続 支 援 B 型 を 含 む ) 共 同 生 活 援 助 2 算 定 される 単 位 数 所 定 単 位 数 の100 分 の 70 とする なお 当 該 所 定 単 位 数 は 各 種 加 算 がなされる 前 の 単 位 数 とし 各 種 加 算 を 含 めた 単 位 数 の 合 計 数 の 100 分 の 70 となるものでは ないことに 留 意 すること 3 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 所 等 における 従 業 員 の 員 数 が 指 定 障 害 福 祉 サービス 基 準 又 は 指 定 障 害 者 支 援 施 設 基 準 の 規 定 により 配 置 すべき 員 数 を 下 回 っているいわゆ る 人 員 欠 如 については 報 酬 告 示 及 び 第 550 号 告 示 の 規 定 に 基 づき 介 護 給 付 費 等 を 減 額 することとしているところであるが これは 適 正 なサービスの 提 供 を 確 保 するための 規 定 であり 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 所 等 は 人 員 欠 如 の 未 然 防 止 を 図 るように 努 めるものとする 18

20 2 欠 席 時 対 応 加 算 報 酬 告 示 留 意 事 項 通 知 は 生 活 介 護 を 例 示 - 報 酬 告 示 - 指 定 生 活 介 護 事 業 所 等 において 指 定 生 活 介 護 等 を 利 用 する 利 用 者 ( 当 該 指 定 障 害 者 支 援 施 設 等 に 入 所 する 者 を 除 く )が あらかじめ 当 該 指 定 生 活 介 護 等 の 利 用 を 予 定 していた 日 に 急 病 等 によりその 利 用 を 中 止 した 場 合 において 指 定 生 活 介 護 従 業 者 が 利 用 者 又 はその 家 族 等 との 連 絡 調 整 その 他 の 相 談 援 助 を 行 うとともに 当 該 利 用 者 の 状 況 相 談 援 助 の 内 容 等 を 記 録 した 場 合 に 1 に4 回 を 限 度 として 所 定 単 位 数 を 算 定 する - 留 意 事 項 通 知 - 報 酬 告 示 第 6 の 7 の 欠 席 時 対 応 加 算 については 以 下 のとおり 取 り 扱 うこととする ( 一 ) 加 算 の 算 定 に 当 たっては 急 病 等 によりその 利 用 を 中 止 した 日 の 前 々 日 前 日 又 は 当 日 に 中 止 の 連 絡 があった 場 合 について 算 定 可 能 とする ( 二 ) 利 用 者 又 はその 家 族 等 との 連 絡 調 整 その 他 の 相 談 支 援 を 行 う とは 電 話 等 に より 当 該 利 用 者 の 状 況 を 確 認 し 引 き 続 き 当 該 指 定 生 活 介 護 等 の 利 用 を 促 すなどの 相 談 援 助 を 行 うとともに 当 該 相 談 援 助 の 内 容 を 記 録 することであり 直 接 面 会 や 自 宅 への 訪 問 等 を 要 しない (1) 利 用 者 が 欠 席 した 事 実 は 記 録 に 残 されているが 家 族 との 連 絡 調 整 を 行 った 等 具 体 的 な 支 援 の 内 容 が 記 録 されていない 留 意 事 項 にも 記 載 のとおり 家 族 との 連 絡 調 整 を 図 り 当 該 利 用 者 の 生 活 状 況 等 を 具 体 的 に 把 握 記 録 しておく 必 要 があります 19

21 3 食 事 提 供 体 制 加 算 報 酬 告 示 留 意 事 項 通 知 は 生 活 介 護 を 例 示 留 意 事 項 通 知 報 酬 告 示 第 6 の 10 の 食 事 提 供 体 制 加 算 については 原 則 として 当 該 施 設 内 の 調 理 室 を 使 用 して 調 理 し 提 供 されたものについて 算 定 するものであるが 食 事 の 提 供 に 関 する 業 務 を 当 該 施 設 の 最 終 的 責 任 の 下 で 第 三 者 に 委 託 することは 差 し 支 えない な お 施 設 外 で 調 理 されたものを 提 供 する 場 合 (クックチル クックフリーズ 若 しくは 真 空 調 理 ( 真 空 パック)により 調 理 を 行 う 過 程 において 急 速 に 冷 却 若 しくは 冷 凍 した ものを 再 度 加 熱 して 提 供 するもの 又 はクックサーブにより 提 供 するものに 限 る ) 運 搬 手 段 等 について 衛 生 上 適 切 な 措 置 がなされているものについては 施 設 外 で 調 理 し 搬 入 する 方 法 も 認 められるものである この 場 合 例 えば 出 前 の 方 法 や 市 販 の 弁 当 を 購 入 して 利 用 者 に 提 供 するような 方 法 は 加 算 の 対 象 とはならないものである なお 利 用 者 が 施 設 入 所 支 援 を 利 用 している 日 については 補 足 給 付 が 日 単 位 で 支 給 されることから この 加 算 は 算 定 できないものであることに 留 意 すること (1) 食 事 提 供 体 制 が 整 っていない 状 態 で 食 事 提 供 体 制 加 算 を 請 求 している 食 事 提 供 体 制 加 算 は 調 理 室 の 整 備 調 理 員 の 配 置 衛 生 管 理 の 徹 底 等 事 業 所 と して 責 任 を 持 って 食 事 を 提 供 できる 体 制 が 整 っている 状 況 下 において 請 求 できるも ので 事 業 者 側 の 人 件 費 を 評 価 して 加 算 されるものです 従 って 体 制 が 整 っていな い 状 態 での 請 求 はできません 20

22 4 過 誤 調 整 過 誤 調 整 とは すでに 支 払 いが 完 了 した 請 求 の 取 り 下 げを 行 う 処 理 のこと 支 払 い 済 みの 請 求 について 何 らかの 理 由 により 事 業 所 において 再 度 請 求 をや り 直 す 必 要 が 生 じた 場 合 に 行 う 支 払 額 の 返 還 方 法 は 請 求 金 額 から 過 誤 金 額 を 相 殺 するようになります 例 えば 自 分 の 事 業 所 だけでなく 実 際 は 他 事 業 所 も 利 用 しており 利 用 者 負 担 額 を 重 複 して 取 っていたケース このようなケースでも それぞれの 事 業 所 が 国 保 連 に 請 求 した 場 合 に 特 に 問 題 なく 請 求 は 行 えます このようなケースが 発 覚 した 場 合 には 請 求 の 過 誤 調 整 を 行 い 利 用 者 負 担 額 に 関 しても 調 整 する 必 要 があります また 加 算 を 誤 って 算 定 した 場 合 や 人 員 基 準 を 満 たさないにも 関 わらず 請 求 を 行 っていた 場 合 も 同 様 に 過 誤 調 整 が 必 要 です 実 地 指 導 で 確 認 します 万 が 一 実 地 指 導 で 請 求 誤 りが 発 覚 し 他 市 町 村 の 利 用 者 に 関 しても 誤 って 請 求 していた 場 合 には 過 誤 調 整 を 行 うことになります 1 請 求 にあたっては サービスの 提 供 の 記 録 業 務 日 誌 等 により 当 日 の 利 用 の 有 無 を 確 認 したうえで 請 求 すること 2 請 求 する 際 には 担 当 者 だけでなく 複 数 人 で 確 認 するなどチェック 体 制 を 整 えること なお 請 求 後 誤 りに 気 付 いた 場 合 には 速 やかに 過 誤 調 整 をして 下 さい 就 労 B 型 事 業 所 は 目 標 工 賃 達 成 加 算 の 変 更 に 伴 う 過 誤 申 し 立 てを 忘 れずに 行 って 下 さい 21

23 (あて 先 ) 郡 山 市 長 参 考 過 誤 申 立 て( 取 下 げ) 依 頼 書 ( 介 護 給 付 費 訓 練 等 給 付 費 等 請 求 地 域 生 活 支 援 事 業 請 求 サービス 等 利 用 計 画 作 成 費 請 求 ) 申 立 日 : 平 成 日 証 記 載 市 町 村 番 号 証 記 載 市 町 村 名 郡 山 市 請 求 事 業 所 事 業 所 番 号 事 業 者 及 びその 事 業 所 の 名 称 所 在 地 電 話 番 号 担 当 下 記 の 利 用 者 にかかる 請 求 の 取 り 下 げを 依 頼 します 番 号 受 給 者 証 番 号 受 給 者 氏 名 サービス 提 供 日 申 立 事 由 コード 様 式 番 号 申 立 理 由 番 号 様 式 番 号 申 立 理 由 番 号 10: 介 護 給 付 費 訓 練 等 給 付 費 等 明 細 書 ( 様 式 第 二 )GH,CH 以 外 02: 請 求 誤 りによる 実 績 取 り 下 げ 11: 介 護 給 付 費 訓 練 等 給 付 費 等 明 細 書 ( 様 式 第 三 )GH,CH 11: 台 帳 誤 り 修 正 による 事 業 所 申 立 の 実 績 取 り 下 げ 20:サービス 等 利 用 計 画 作 成 費 請 求 書 ( 様 式 第 四 ) 32: 提 供 実 績 記 録 票 誤 りによる 実 績 の 取 り 下 げ 30: 特 例 介 護 給 付 費 特 例 訓 練 等 給 付 費 明 細 書 ( 様 式 第 六 ) 33: 上 限 の 誤 りによる 実 績 取 り 下 げ 50: 地 域 生 活 支 援 事 業 明 細 書 等 90:その 他 の 事 由 による 台 帳 過 誤 99:その 他 の 事 由 による 実 績 の 取 り 下 げ 22

24 (あて 先 ) 郡 山 市 長 過 誤 申 立 て( 取 下 げ) 依 頼 書 ( 記 載 例 ) ( 介 護 給 付 費 訓 練 等 給 付 費 等 請 求 地 域 生 活 支 援 事 業 請 求 サービス 等 利 用 計 画 作 成 費 請 求 ) 申 立 日 : 平 成 日 事 業 所 番 号 証 記 載 市 町 村 番 号 証 記 載 市 町 村 名 郡 山 市 請 求 事 業 所 事 業 者 及 びその 事 業 所 の 名 称 所 在 地 A 事 業 所 郡 山 市 町 電 話 番 号 ー 担 当 B 番 号 1 下 記 の 利 用 者 にかかる 請 求 の 取 り 下 げを 依 頼 します 受 給 者 証 番 号 受 給 者 氏 名 サービス 提 供 日 申 立 事 由 コード 様 式 番 号 申 立 理 由 番 号 郡 山 がくと 目 標 工 賃 達 成 加 算 の 算 定 を 誤 っていたため 様 式 番 号 申 立 理 由 番 号 10: 介 護 給 付 費 訓 練 等 給 付 費 等 明 細 書 ( 様 式 第 二 )GH,CH 以 外 02: 請 求 誤 りによる 実 績 取 り 下 げ 11: 介 護 給 付 費 訓 練 等 給 付 費 等 明 細 書 ( 様 式 第 三 )GH,CH 11: 台 帳 誤 り 修 正 による 事 業 所 申 立 の 実 績 取 り 下 げ 20:サービス 等 利 用 計 画 作 成 費 請 求 書 ( 様 式 第 四 ) 32: 提 供 実 績 記 録 票 誤 りによる 実 績 の 取 り 下 げ 30: 特 例 介 護 給 付 費 特 例 訓 練 等 給 付 費 明 細 書 ( 様 式 第 六 ) 33: 上 限 の 誤 りによる 実 績 取 り 下 げ 50: 地 域 生 活 支 援 事 業 明 細 書 等 90:その 他 の 事 由 による 台 帳 過 誤 99:その 他 の 事 由 による 実 績 の 取 り 下 げ 23

25 別 紙 介 護 給 付 費 訓 練 等 給 付 費 等 算 定 自 主 点 検 表 1 対 象 サービス 費 名 2 市 町 村 名 3 対 象 平 成 分 4 自 主 点 検 内 容 5 自 主 点 検 結 果 点 検 総 額 ( 単 位 円 ) 誤 1 正 2 差 額 市 町 村 分 ( 総 額 ) 2 利 用 者 分 ( 総 額 ) 利 用 者 分 内 訳 注 1 本 表 は 市 町 村 別 で 対 象 ごとに 別 葉 とすること 2 介 護 給 付 費 明 細 書 等 の 写 しを 朱 書 き 訂 正 した 資 料 及 び 当 該 事 項 が 確 認 できる 資 料 を 添 付 すること 24

26 記 載 例 介 護 給 付 費 訓 練 等 給 付 費 等 算 定 自 主 点 検 表 1 対 象 サービス 費 名 居 宅 介 護 2 市 町 村 名 郡 山 市 3 対 象 平 成 分 4 自 主 点 検 内 容 のため 減 算 していなかった 5 自 主 点 検 結 果 1 市 町 村 分 と 2 利 用 者 分 の 合 計 を 記 入 します ( 単 位 円 ) 誤 1 正 2 差 額 1-2 点 検 総 額 73,050 70,430 2,620 1 市 町 村 分 ( 総 65,745 63,387 2,358 額 ) 2 利 用 者 分 ( 総 7,305 7, 額 ) 利 用 者 分 内 訳 7,305 7, さんの 国 保 連 請 求 分 の 額 (この 場 合 9 割 分 )を 記 入 します 利 用 者 が 複 数 になる 場 合 は 対 象 者 全 員 を 記 入 してくだ さい さんの 利 用 者 負 担 分 の 額 (この 場 合 1 割 分 )を 記 入 注 1 本 表 は 市 町 村 別 で 対 象 ごとに 別 葉 とすること 2 介 護 給 付 費 明 細 書 等 の 写 しを 朱 書 き 訂 正 した 資 料 及 び 当 該 事 項 が 確 認 できる 資 料 を 添 付 すること 25

27 参 考 資 料 個 別 支 援 計 画 通 所 支 援 計 画 等 作 成 の 流 れ 関 係 法 令 等 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 ( 平 成 日 法 律 第 123 号 ) 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 施 行 令 ( 平 成 日 政 令 第 10 号 ) 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 施 行 規 則 ( 平 成 日 厚 生 労 働 省 令 第 19 号 ) 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 日 法 律 第 45 号 ) 指 定 基 準 郡 山 市 指 定 障 害 福 祉 サービスの 事 業 等 の 人 員 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 等 を 定 める 条 例 ( 平 成 日 郡 山 市 条 例 第 66 号 ) 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 に 基 づく 指 定 障 害 福 祉 サービスの 事 業 等 の 人 員 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 について ( 平 成 日 障 発 0329 第 16 号 ) 郡 山 市 指 定 障 害 者 支 援 施 設 等 の 人 員 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 等 を 定 める 条 例 ( 平 成 日 郡 山 市 条 例 第 67 号 ) 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 に 基 づく 指 定 障 害 者 支 援 施 設 等 の 人 員 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 について ( 平 成 日 障 発 0329 第 13 号 ) 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 に 基 づく 指 定 地 域 相 談 支 援 の 事 業 の 人 員 及 び 運 営 に 関 する 基 準 ( 平 成 日 厚 生 労 働 省 令 第 27 号 ) 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 に 基 づく 指 定 地 域 相 談 支 援 の 事 業 の 人 員 及 び 運 営 に 関 する 基 準 について ( 平 成 日 障 発 0329 第 15 号 ) 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 に 基 づく 指 定 計 画 相 談 支 援 の 事 業 の 人 員 及 び 運 営 に 関 する 基 準 ( 平 成 日 厚 生 労 働 省 令 第 28 号 ) 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 に 基 づく 指 定 計 画 相 談 支 援 の 事 業 の 人 員 及 び 運 営 に 関 する 基 準 ついて ( 平 成 日 障 発 0329 第 15 号 ) 就 労 移 行 支 援 事 業 就 労 継 続 支 援 (A 型 B 型 )における 留 意 事 項 について ( 平 成 日 障 発 0329 第 7 号 ) 26

28 報 酬 告 示 関 係 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 に 基 づく 指 定 障 害 福 祉 サービス 等 及 び 基 準 該 当 障 害 福 祉 サービスに 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 ( 平 成 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 523 号 ) 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 に 基 づく 指 定 地 域 相 談 支 援 に 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 ( 平 成 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 124 号 ) 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 に 基 づく 指 定 障 害 福 祉 サービス 等 及 び 基 準 該 当 障 害 福 祉 サービスに 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 等 の 制 定 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について ( 平 成 日 障 発 0329 第 16 号 ) 27

Microsoft Word - 説明資料

Microsoft Word - 説明資料 資 料 1 1 障 害 福 祉 サービス 等 の 指 定 基 準 及 び 加 算 制 度 について 1 運 営 上 の 留 意 事 項 について 1 共 通 部 分 従 業 員 の 勤 務 体 制 を 月 ごとに 作 成 しているか 基 準 上 の 職 員 数 を 満 たしているか 毎 月 確 認 すること 複 数 サービスを 行 なっている 場 合 は,サービスごとに 作 成 すること ( 訪 問

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 平 成 26 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 資 料 熊 本 市 障 がい 保 健 福 祉 課 目 次 Ⅰ 指 導 監 査 について 1~ 5 Ⅱ 平 成 26 年 度 指 導 監 査 方 針 6~13 Ⅲ 過 去 の 実 地 指 導 の 結 果 14~36 Ⅳ 請 求 関 係 について 37~43 Ⅴ その 他 44~49 Ⅰ 指 導 監 査 について 1

More information

仕 様 書

仕 様 書 仕 様 書 件 名 : 施 設 入 所 及 び 施 設 利 用 時 食 事 サービス 提 供 業 務 委 託 ( 案 ) 委 託 期 間 : 平 成 24 年 4 月 1 日 ( 予 定 )~ 履 行 場 所 : 山 梨 県 都 留 郡 富 士 河 口 湖 町 船 津 社 会 福 祉 法 人 博 友 会 高 齢 者 関 連 施 設 ( 仮 称 ) Ⅰ 入 所 時 及 び 施 設 利 用 時 食 事

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

1 各 サービス 共 通 内 容 手 続 の 説 明 及 び 同 意 Q1 内 容 手 続 の 説 明 及 び 同 意 について A1 あらかじめ 利 用 申 込 者 又 は その 家 族 に 運 営 規 程 の 概 要 従 業 者 の 勤 務 の 体 制 事 故 発 生 時 の 対 応 苦 情 処

1 各 サービス 共 通 内 容 手 続 の 説 明 及 び 同 意 Q1 内 容 手 続 の 説 明 及 び 同 意 について A1 あらかじめ 利 用 申 込 者 又 は その 家 族 に 運 営 規 程 の 概 要 従 業 者 の 勤 務 の 体 制 事 故 発 生 時 の 対 応 苦 情 処 実 地 指 導 等 における 主 な 指 摘 事 項 に 関 するQ&A ー 介 護 保 険 居 宅 サービス 事 業 所 居 宅 介 護 支 援 事 業 所 ー こ の Q & A は 平 成 2 7 年 度 までの 実 地 指 導 等 で の 主 な 指 摘 事 項 に つ い て Q & A 形 式 で 分 か り や す く 解 説 作 成 したものです 指 定 基 準 報 酬 算 定 基

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 に 関 する 仕 様 書 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 の 実 施 については この 仕 様 書 の 定 めるところによる ( 総 則 ) 1 件 名 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 2 履 行 場 所 施 設 名 熊 本 市 立 熊 本 市 民 病 院 所 在 地 熊 本 市 東

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466> 京 都 市 老 保 護 措 置 費 の 支 弁 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 養 護 老 ホーム( 以 下 施 設 という )の 入 所 者 に 係 る 老 福 祉 法 第 11 条 第 1 項 の 規 定 による 措 置 に 要 する 費 用 ( 以 下 措 置 費 という )の 支 弁 に 関 し, 必 要 な 事 項 を 定 める ものとする ( 事 務

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等 北 見 市 障 害 福 祉 サービス 請 求 等 ( 地 域 生 活 支 援 事 業 除 く)の 手 引 き - 目 次 - 1. 対 象 サービス -2-2. 障 害 福 祉 サービスの 流 れ( 概 要 ) -3-3. 契 約 -4- 受 給 者 証 への 記 載 契 約 内 容 報 告 書 についてはこちら 4. サービス 提 供 -5- 計 画 サービス 提 供 の 確 認 についてはこちら

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 25 年 6 月 稲 沢 市 民 病 院 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 にかかる 請 求 事 務 処 理 要 領 Ver.6 神 戸 市 保 健 福 祉 局 障 害 者 支 援 課 平 成 26 年 4 月 目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63> ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 白 島 荘 グループホーム 華 の 家 箕 面 市 白 島 三 丁 目 5 番 50 号 電 話 番 号 072-725-4165 ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 あなた またはあなたの 家 族 が 利 用 しようと

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc 利 用 者 負 担 について 1. 所 得 区 分 認 定 個 別 減 免 補 足 給 付 の 認 定 方 法 について 2 (1) 負 担 上 限 月 額 を 定 める 際 の 所 得 区 分 の 設 定 について 2 (2) 個 別 減 免 の 収 入 資 産 等 の 認 定 について 7 (3) 補 足 給 付 の 認 定 について 14 2. 生 活 保 護 境 界 層 対 象 者 に 対

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63>

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63> 仙 台 市 立 病 院 総 合 ビルメンテナンス 業 務 仕 様 書 1 目 的 この 仕 様 書 は, 仙 台 市 立 病 院 ( 以 下 当 院 という )の 利 用 者 の 利 便 性 快 適 性 安 全 性 を 良 好 な 状 態 に 保 つため, 施 設 を 常 時 適 正 な 状 態 に 維 持 するとともに,その 運 営 が 円 滑 かつ 経 済 的 となるよう, 必 要 な 事 項

More information

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス 平 成 27 年 度 訪 問 看 護 ( 訪 問 看 護 ステーション) 集 団 指 導 資 料 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 寿 社 会 課 平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 管 理 規 程 第 1 章 総 則 ( 事 業 所 等 の 名 称 など) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 若 杉 福 祉 会 が 設 置 するこの 保 育 園 の 名 称 及 び 所 在 地 は 次 のとおりにする (1) 名 称 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 (2) 所 在 地 那 覇 市 首 里 大 名 町 1 64 5 ( 施 設

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

特定施設入居者生活介護

特定施設入居者生活介護 平 成 28 年 4 月 1 日 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 (サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 ) の 手 引 ( 介 護 予 防 ) 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 の 事 業 を 実 施 する 事 業 者 は 介 護 保 険 法 及 び 関 係 法 令 等 を 遵 守 し 都 道 府 県 知 事 に 必 要 な 手 続 きを 行 うとともに 適 切 なサービス

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16 普 通 交 付 税 算 定 事 務 の 手 引 きについて 平 成 26 年 12 月 改 訂 岐 阜 県 清 流 の 国 推 進 部 市 町 村 課 税 政 係 目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費

More information

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各 入 札 参 加 時 の 遵 守 事 項 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 決 裁 ) 羽 生 市 発 注 工 事 及 び 委 託 の 入 札 及 び 施 工 等 に 当 たっては 下 記 の 事 項 を 遵 守 してください なお 請 け 負 った 工 事 等 の 一 部 を 下 請 させるときは 下 請 負 者 に 対 し この 遵 守 事 項 について 周 知 し また これらの 従 事 する

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx 参 考 ( 改 正 後 全 文 ) 厚 生 労 働 省 発 老 0717 第 2 号 平 成 2 4 年 7 月 1 7 日 最 終 改 正 厚 生 労 働 省 発 老 0309 第 2 号 平 成 2 8 年 3 月 9 日 指 定 都 市 市 長 各 中 核 市 市 長 殿 市 区 町 村 長 厚 生 労 働 事 務 次 官 ( 公 印 省 略 ) 地 域 介 護 福 祉 空 間 整 備 等 施

More information

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 に 係 る 水 道 法 第 二 一 条 に 規 定 する 健 康 診 断 の 実 施 等 について( 平 成 八 年 八 月 六 日 )( 衛 水 第 二 三 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 水 道 行 政 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 厚 生 省 生 活 衛 生 局 水 道 環 境 部 水 道 整 備 課 長 通 知 ) 伝 染 病 予 防 法

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 設 業 法 令 遵 守 について 平 成 24 年 11 月 28 日 近 畿 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 1 建 設 業 法 の 目 的 と 建 設 業 許 可 について 2 1 の 効 請 仕 力 負 事 を は 生 の ずる 結 当 果 事 に 者 対 の してその 一 方 がある 報 酬 仕 を 事 支 を 払 完 うことを 成 することを 約 することによって

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63> 食 肉 センター 事 業 特 別 会 計 に 係 る 過 少 申 告 加 算 税 および 延 滞 税 の 支 出 差 止 め に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 20 年 11 月 11 日

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

2

2 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 平 成 23 年 10 月 東 村 山 市 教 育 委 員 会 2 目 次 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 1 指 定 管 理 者 制 度 導 入 の 目 的 7 2 公 募 の 概 要 7 (1) 対 象 施 設 7 (2) 主 催 者 7 (3) 指 定 期 間 7 (4) 指 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AB38ED294C091975F92B28DB893E097652E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AB38ED294C091975F92B28DB893E097652E646F63> 公 開 用 医 療 関 連 サービスマーク 制 度 調 査 内 容 ( 患 者 搬 送 業 務 ) 一 般 財 団 法 人 医 療 関 連 サービス 振 興 会 1. 認 定 申 請 時 の 提 出 書 類 及 び 実 地 調 査 時 の 確 認 書 類 等 P 2 2. 調 査 内 容 P 3~P8 Ⅰ. 認 定 申 請 時 の 提 出 書 類 1. 医 療 関 連 サービスマーク 認 定 申 請

More information

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若 別 紙 2 工 事 一 時 中 止 ガイドライン Ⅰ 策 定 の 目 的 森 林 整 備 保 全 事 業 の 工 事 の 実 施 において 自 然 的 人 為 的 な 事 象 や 地 元 調 整 各 種 協 議 の 状 況 等 により 準 備 工 本 体 工 事 に 着 手 できない 事 態 や 工 事 の 施 工 途 中 で 中 断 を 余 儀 なくされる 事 態 が 生 じることがある このような

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

施設支援費報酬告示関係Q&A VOL 3

施設支援費報酬告示関係Q&A VOL 3 平 成 21 年 度 障 害 福 祉 サービス 報 酬 改 定 に 係 るQ&A(VOL.2) 1 共 通 事 項 1 2 訪 問 系 サービス 共 通 3 3 日 中 活 動 系 サービス 共 通 5 4 生 活 介 護 7 5 児 童 デイサービス 8 6 自 立 訓 練 ( 機 能 訓 練 ) 8 7 自 立 訓 練 ( 生 活 訓 練 ) 9 8 就 労 移 行 支 援 10 9 就 労 継

More information

損害保険の保険金支払に関するガイドライン

損害保険の保険金支払に関するガイドライン 損 害 保 険 の 保 険 金 支 払 に 関 するガイドライン 一 般 社 団 法 人 日 本 損 害 保 険 協 会 2012 年 4 月 Ⅰ.はじめに ~ 本 ガイドラインの 目 的 ~... 2 Ⅱ. 保 険 金 支 払 にあたっての 基 本 姿 勢... 2 1.お 客 さまの 視 点 に 立 った 対 応... 2 2. 損 害 保 険 会 社 の 社 会 的 な 役 割 をふまえた 保

More information

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 連 絡 事 項 企 画 課 145 1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 児 施 設 4 肢 体 不 自 由 児 施 設 及 び5 重 症

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2 佐 賀 市 文 化 交 流 プラザ 指 定 管 理 者 管 理 運 営 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 経 済 部 商 業 振 興 課 目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

Taro-△H28仕様書(案)

Taro-△H28仕様書(案) 仕 様 書 ( 案 ) 1 業 務 の 名 称 岡 山 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 ( 自 立 相 談 支 援 等 業 務 ) 委 託 2 業 務 の 目 的 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )に 基 づき 生 活 困 窮 者 を 早 期 に 把 握 し 多 様 で 複 合 的 な 課 題 を 解 きほぐしながら

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月

改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月 改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 厚 生 省 大 臣 官 房 老 人 保 健 福 祉 部 厚 生 省

More information

利 用 編 集 分 析 評 価 等 の 管 理 を 安 全 に 行 わなければならない 7 運 営 によって 蓄 積 された 福 祉 に 関 する 情 報 については 地 域 や 入 居 者 の 利 益 に 還 元 さ れるべく ホームページ 等 により 情 報 を 公 開 提 供 していくものとす

利 用 編 集 分 析 評 価 等 の 管 理 を 安 全 に 行 わなければならない 7 運 営 によって 蓄 積 された 福 祉 に 関 する 情 報 については 地 域 や 入 居 者 の 利 益 に 還 元 さ れるべく ホームページ 等 により 情 報 を 公 開 提 供 していくものとす 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 ぬくもりの 里 あおえ( 特 別 養 護 老 人 ホーム) 運 営 規 程 平 成 17 年 9 月 1 日 社 福 天 成 会 規 程 第 6 号 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 ぬくもりの 里 あおえ( 特 別 養 護 老 人 ホーム) 運 営 規 程 第 1 章 総 則 ( 事 業 目 的 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 天 成 会 (

More information

福岡マンション管理基礎セミナー

福岡マンション管理基礎セミナー 福 岡 マンション 管 基 礎 セミナー 管 組 合 と 管 会 社 が 行 う 業 務 と 役 割 課 題 について ~ 管 会 社 上 手 な 使 い 方 ~ 中 島 法 律 事 務 所 弁 護 士 中 島 繁 樹 1.マンション 管 規 約 国 土 交 通 省 作 成 マンション 標 準 管 規 約 第 32 条 管 組 合 業 務 第 33 条 業 務 委 託 ( 業 務 ) 第 32 条

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

001平成28年度後期授業料免除について

001平成28年度後期授業料免除について 平 成 28 年 度 後 期 授 業 料 免 除 について * 授 業 料 免 除 申 請 と 同 時 に 受 付 ける 東 日 本 大 震 災 被 災 者 の 方 向 けの 支 援 制 度 ( 在 学 生 のみ)もあります * 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 入 学 料 免 除 入 学 料 徴 収 猶 予 及 び 東 日 本 大 震 災 被 災 者 の 方 向 けの 支 援 制 度

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

Taro-データ公安委員会相互協力事

Taro-データ公安委員会相互協力事 公 安 委 員 会 相 互 協 力 事 務 処 理 要 綱 の 制 定 について( 例 規 ) 最 終 改 正 平 成 26.2.7 例 規 組 二 第 5 号 京 都 府 警 察 本 部 長 から 各 部 長 各 所 属 長 あて 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 事 務 取 扱 いに 関 する 訓 令 ( 平 成 4 年 京 都 府 警 察 本

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

様式第2                                        (別添)

様式第2                                        (別添) 外 部 用 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委 託 契 約 事 務 処 理 要 領 平 成 20 年 1 月 改 正 平 成 19 年 2 月 制 定 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 研 究 開 発 局 目 次 1. 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委

More information

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱 東 京 都 北 区 有 料 老 人 ホーム 設 置 指 導 要 綱 1 8 北 福 健 第 2 1 4 号 平 成 18 年 7 月 20 日 区 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 北 区 内 において 有 料 老 人 ホームの 事 業 を 計 画 する 者 等 に 対 し 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 必 要 な 指 導 及 び 協 力 要 請 を 行 うことにより

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 山 陽 小 野 田 市 では 事 委 員 会 を 設 置 していません 1 月 例 給 区 分 事 委 員 会 の 勧 告 給 与 改 定 率 民 間 給 与 A 公 務 員 給 与 B 較 差 AB 勧 告 ( 改 定 率 ) 22 年 度 ( 参 考 ) 国

(5) 給 与 改 定 の 状 況 山 陽 小 野 田 市 では 事 委 員 会 を 設 置 していません 1 月 例 給 区 分 事 委 員 会 の 勧 告 給 与 改 定 率 民 間 給 与 A 公 務 員 給 与 B 較 差 AB 勧 告 ( 改 定 率 ) 22 年 度 ( 参 考 ) 国 山 陽 小 野 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について ( 平 成 24 年 4 月 公 表 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 65,453 27,304,972

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63> 目 平 成 17 年 10 月 1 日 次 21 総 資 則 格 ( の 第 審 1 査 条 ( 第 第 32 条 条 ) 34 工 事 等 の 施 契 行 約 手 の 続 手 ( 続 第 ( 9 14 8 条 ) 第 13 第 条 21 条 )) 65 建 設 工 締 事 結 及 ( び 第 監 24 理 条 の 委 第 託 33 契 条 約 ) の 手 続 ( 第 22 条 第 23 条 ) 第

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information