【セット】サイバー戦略指針

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "【セット】サイバー戦略指針"

Transcription

1 防 衛 省 自 衛 隊 によるサイバー 空 間 の 安 定 的 効 果 的 な 利 用 に 向 けて 平 成 24 年 9 月 防 衛 省

2 目 次 1. 趣 旨 2. 基 本 認 識 (1)サイバー 空 間 の 意 義 性 格 (2)サイバー 空 間 におけるリスク 1 サイバー 攻 撃 2 その 他 のリスク 3. 基 本 方 針 (1) 防 衛 省 自 衛 隊 の 能 力 態 勢 強 化 (2) 民 間 も 含 めた 国 全 体 の 取 組 への 寄 与 (3) 同 盟 国 を 含 む 国 際 社 会 との 協 力 4.サイバー 攻 撃 等 の 法 的 位 置 付 け 5. 取 組 の 進 捗 状 況 の 管 理 及 び 不 断 の 検 証 見 直 し 別 紙 1 サイバー 攻 撃 の 特 性 (1) 多 様 性 (2) 匿 名 性 (3) 隠 密 性 (4) 攻 撃 側 の 優 位 性 (5) 抑 止 の 困 難 性 別 紙 2 具 体 的 な 取 組 (1) 防 衛 省 自 衛 隊 の 能 力 態 勢 強 化 ア 優 先 的 に 進 めるべき 施 策 1 状 況 把 握 能 力 の 向 上 と 被 害 発 生 時 の 早 期 の 復 旧 2 隊 員 の 練 度 の 向 上 3 早 期 警 戒 情 報 の 入 手 とそれに 伴 う 警 戒 態 勢 の 強 化 4 体 制 の 整 備 イ 充 実 強 化 を 図 るべき 施 策 1 各 システムにおける 最 新 の 防 護 システムの 整 備 2 各 システム 間 の 監 視 情 報 の 集 約 3 システムの 脆 弱 性 の 低 減 4 人 材 の 育 成 確 保 5 研 究 開 発 の 強 化 ウ 継 続 的 に 取 り 組 むべき 施 策 (2) 民 間 も 含 めた 国 全 体 の 取 組 への 寄 与 1 組 織 の 垣 根 を 越 えた 協 力 の 推 進 2 民 間 部 門 を 含 む 国 全 体 のセキュリティ レベルの 向 上 への 貢 献 (3) 同 盟 国 を 含 む 国 際 社 会 との 協 力 1 米 国 との 協 力 2 その 他 の 国 国 際 機 関 との 連 携

3 1. 趣 旨 サイバー 空 間 は 情 報 通 信 技 術 を 用 いて 情 報 がやりとりされる インタ ーネットその 他 の 仮 想 的 な 空 間 1 であるが その 利 用 は 情 報 通 信 技 術 の 発 達 に 伴 い 急 速 に 拡 大 しており 近 年 では 海 洋 や 宇 宙 と 同 様 国 際 公 共 財 (グ ローバル コモンズ)の 一 つと 認 識 されるようになっている 一 方 サイバー 空 間 が 拡 大 し 様 々な 社 会 活 動 がこれに 依 存 するようにな 2 った 結 果 サイバー 攻 撃 等 によりサイバー 空 間 の 安 定 的 な 利 用 が 妨 げられ た 場 合 には 単 に 個 々の 企 業 や 政 府 機 関 の 業 務 が 妨 害 されるに 止 まらず 影 響 が 瞬 時 に 広 範 囲 に 及 び 社 会 生 活 全 般 また 国 境 も 越 えて 甚 大 な 被 害 が 生 じる 可 能 性 が 存 在 している このため 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 以 下 防 衛 大 綱 という )では サイバー 空 間 の 安 定 的 利 用 に 対 するリスク を 新 たな 安 全 保 障 上 の 課 題 と 明 記 し 国 としてサイバ ー 攻 撃 への 対 処 態 勢 及 び 対 応 能 力 を 総 合 的 に 強 化 するとしているほか 自 衛 隊 はサイバー 攻 撃 対 処 に 関 する 高 度 な 知 識 技 能 を 集 積 し 政 府 全 体 として 行 う 対 応 に 寄 与 することとしている また 防 衛 省 自 衛 隊 は 武 力 攻 撃 の 一 環 としてサイバー 攻 撃 が 行 われた 場 合 には これに 対 処 する 任 務 を 負 っており この 任 務 を 遂 行 するためには まず 防 衛 省 自 衛 隊 自 身 が 自 らのシステムに 対 するサイバー 攻 撃 に 適 切 に 対 処 するなど サイバー 空 間 を 安 定 的 効 果 的 に 利 用 することができる 態 勢 を 有 していなければならない このようなことも 踏 まえ 従 来 防 衛 省 においては 防 衛 庁 自 衛 隊 に おける 情 報 通 信 技 術 革 命 への 対 応 に 係 る 総 合 的 施 策 の 推 進 要 綱 ( 平 成 12 年 12 月 ) を 定 め セキュリティが 確 保 され 統 合 化 された 高 度 なネットワー クを 構 築 し ( 中 略 ) 防 衛 力 を 総 合 的 かつ 有 機 的 に 運 用 し 得 る 基 盤 を 体 系 的 に 構 築 する という 基 本 方 針 の 下 情 報 通 信 技 術 を 積 極 的 に 取 り 入 れるため の 各 種 の 施 策 を 推 進 してきた 今 般 こうしたこれまでの 取 組 も 踏 まえ 防 衛 省 自 衛 隊 として この 新 たな 課 題 に 適 切 に 対 応 していくため サイバー 空 間 の 意 義 や 同 空 間 をめぐる リスクをあらためて 整 理 するとともに 防 衛 省 自 衛 隊 がサイバー 空 間 を 安 定 的 効 果 的 に 利 用 するに 当 たり 取 り 組 むべき 施 策 の 全 体 像 とポイントを 示 し これらを 一 体 的 かつ 整 合 的 に 推 進 するための 指 針 とするべく 本 文 書 を 定 める 3 1 国 民 を 守 る 情 報 セキュリティ 戦 略 平 成 22 年 5 月 11 日 情 報 セキュリティ 政 策 会 議 2 ここでいう サイバー 攻 撃 とは システム 等 の 正 当 な 利 用 を 妨 げることや 物 理 的 な 損 害 の 発 生 を 意 図 した 行 為 情 報 の 不 正 な 取 得 を 意 図 した 行 為 等 を 含 むサイバー 空 間 を 通 じた 各 種 の 加 害 行 為 を 概 括 的 に 指 している 3 国 民 を 守 る 情 報 セキュリティ 戦 略 にも 示 されているとおり 大 規 模 サイバー 攻 撃 事 態 への 対 処 体 制 の 整 備 等 や 情 報 セキュリティ 政 策 の 強 化 は 政 府 全 体 として 取 り 組 むべきものであるが 本 文 書 においては 防 衛 省 自 衛 隊 がその 任 務 遂 行 のために 推 進 すべき 施 策 について 取 りまとめ た 1

4 2. 基 本 認 識 (1)サイバー 空 間 の 意 義 性 格 近 年 コンピューターや 携 帯 電 話 等 の 情 報 通 信 機 器 が 世 界 的 に 普 及 発 展 したことにより サイバー 空 間 は 市 民 生 活 の 隅 々にまで 浸 透 し これを 利 用 できる 地 域 も 地 球 規 模 に 拡 大 している 防 衛 省 自 衛 隊 においても サイバー 空 間 は 政 策 策 定 部 隊 運 用 人 事 管 理 広 報 研 究 開 発 など 業 務 のあらゆる 側 面 で 活 用 されている サイバ ー 空 間 は 陸 海 空 宇 宙 という 現 実 の 領 域 での 様 々な 活 動 を 支 える インフラとして 不 可 欠 なものとなっており その 安 定 的 な 利 用 の 確 保 は 防 衛 省 自 衛 隊 の 任 務 遂 行 の 成 否 に 直 結 する 極 めて 重 要 な 要 素 である また 防 衛 省 自 衛 隊 にとってサイバー 空 間 は その 中 において 情 報 収 集 攻 撃 防 御 といった 様 々な 活 動 が 行 われる 陸 海 空 宇 宙 と 並 ぶ 一 つの 領 域 としての 性 格 をも 有 している この 領 域 における 効 果 的 な 活 動 の 成 否 は 陸 海 空 宇 宙 の 領 域 におけるそれと 並 ぶ 重 要 なものである 4 (2)サイバー 空 間 におけるリスク 1 サイバー 攻 撃 サイバー 攻 撃 は 情 報 の 窃 取 や 改 ざん システムの 作 動 停 止 や 誤 作 動 の 惹 起 などを 目 的 として 行 われるものであり マルウェア 5 の 送 付 や 大 量 のデ ータの 送 付 から 不 正 アクセスまで その 手 法 は 多 様 である また 攻 撃 源 の 特 定 は 困 難 であり サイバー 攻 撃 を 抑 止 することも 困 難 である( 別 紙 1 参 照 ) 現 に 防 衛 省 自 衛 隊 の 保 有 するシステム 及 びネットワークは 平 素 か ら 様 々なサイバー 攻 撃 を 受 けており 防 衛 上 の 重 要 な 情 報 が 窃 取 される 危 険 や 効 果 的 な 指 揮 統 制 及 び 情 報 共 有 が 妨 げられる 危 険 に 曝 されている さ らに 装 備 品 の 設 計 製 造 調 達 設 置 段 階 においてマルウェアを 埋 め 込 まれる 等 の いわゆるサプライ チェーン リスクも 存 在 する また 有 事 において 相 手 方 は 防 衛 省 自 衛 隊 のシステム 及 びネットワークに 対 して 様 々なサイバー 攻 撃 を 行 うおそれがあり さらに 相 手 方 によるサイ バー 攻 撃 は 他 の 政 府 機 関 や 民 間 部 門 のシステム 及 びネットワークに 対 し て 行 われることも 想 定 される 2 その 他 のリスク 自 然 災 害 や 事 故 による 機 器 の 損 壊 や 正 当 な 使 用 者 によるシステムの 誤 操 作 といった 事 象 や 行 為 も 情 報 の 流 出 やシステムの 誤 作 動 などを 引 き 起 こすリスクである さらに 個 々の 職 員 がパスワードの 定 期 的 変 更 や 不 審 メールへの 対 処 といったセキュリティ 上 の 基 礎 的 な 動 作 を 怠 ることによ り 防 衛 省 自 衛 隊 のシステム 及 びネットワーク 全 体 がサイバー 攻 撃 に 対 してより 脆 弱 になるリスクが 存 在 する 4 なお 近 年 では 国 家 間 の 紛 争 が 他 の 領 域 での 軍 事 力 の 使 用 を 伴 わず 専 らサイバー 空 間 を 舞 台 として 展 開 する 可 能 性 も 指 摘 されている 5 コンピューター ウィルスを 含 む 悪 意 あるソフトウェア のこと 2

5 3. 基 本 方 針 防 衛 省 自 衛 隊 が 今 後 ともその 任 務 を 確 実 に 遂 行 し 国 民 の 負 託 に 応 えて いくためには サイバー 空 間 のリスクに 対 応 しつつ その 便 益 を 最 大 限 に 活 用 していくことが 求 められる そのためには 防 衛 省 自 衛 隊 のインフラとしてのサイバー 空 間 の 安 定 的 利 用 を 確 保 するとともに 我 が 国 の 防 衛 を 担 う 組 織 としてサイバー 空 間 とい う 領 域 において 活 動 するための 能 力 等 を 充 実 強 化 していかなければな らない こうした 観 点 から 以 下 の 基 本 方 針 の 下 別 紙 2に 示 す 具 体 的 取 組 を 進 め ていくこととする (1) 防 衛 省 自 衛 隊 の 能 力 態 勢 強 化 防 衛 省 自 衛 隊 は 我 が 国 の 防 衛 をはじめとする 任 務 遂 行 のため サイバ ー 空 間 においても 最 先 端 の 能 力 等 を 保 有 することを 目 指 す 必 要 がある 攻 撃 源 の 特 定 が 困 難 であり 攻 撃 を 抑 止 することが 困 難 であるといったサ イバー 攻 撃 の 特 性 や 情 報 優 越 6 を 確 保 するためのサイバー 空 間 の 重 要 性 を 踏 まえれば 防 衛 省 自 衛 隊 は まず 自 身 のシステム 及 びネットワーク 防 護 能 力 を 強 化 しなければならない そのため 必 要 な 体 制 の 整 備 を 含 め 脅 威 情 報 の 収 集 分 析 機 能 並 びに 防 衛 省 自 衛 隊 のシステム 及 びネットワークの 監 視 及 び 対 処 能 力 の 強 化 を 図 る また サイバー 空 間 の 安 全 を 完 全 に 確 保 す ることは 現 実 的 ではないことを 踏 まえ サイバー 攻 撃 による 被 害 があった 場 合 でも 自 衛 隊 の 任 務 遂 行 能 力 が 確 保 されるよう 回 復 機 能 を 整 備 する 自 衛 隊 の 運 用 を 検 討 していくにあたっては サイバー 空 間 とその 他 の 各 領 域 とが 平 素 から 一 体 的 有 機 的 に 活 用 されるよう 配 意 し サイバー 攻 撃 を 想 定 した 実 践 的 な 訓 練 を 行 い 対 処 要 領 の 整 備 を 進 める 我 が 国 に 対 する 武 力 攻 撃 への 対 処 に 際 して 自 衛 隊 がこれを 効 果 的 に 排 除 するため 相 手 方 によ るサイバー 空 間 の 利 用 を 妨 げることが 必 要 となる 可 能 性 にも 留 意 する これらの 努 力 を 支 える 人 的 基 盤 を 強 化 するため 防 衛 省 自 衛 隊 のサイバ ー 攻 撃 対 処 などを 担 う 人 材 について 自 衛 官 技 官 事 務 官 それぞれの 適 性 に 配 慮 し 計 画 的 長 期 的 な 視 点 に 立 った 育 成 確 保 を 行 う サイバー 空 間 においては あらゆる 情 報 が 窃 取 され 操 作 されるおそれが あることを 念 頭 に 職 員 一 人 一 人 の 情 報 保 証 秘 密 保 全 に 関 する 意 識 を 高 め ていく (2) 民 間 も 含 めた 国 全 体 の 取 組 への 寄 与 防 衛 省 自 衛 隊 の 活 動 は 電 力 交 通 通 信 といった 一 般 の 社 会 インフラ をはじめ 装 備 品 の 開 発 や 整 備 についても 民 間 部 門 に 依 存 しており 社 会 全 般 におけるサイバー 空 間 の 安 定 的 利 用 の 確 保 は 防 衛 省 自 衛 隊 自 身 にとっ ても 極 めて 重 要 である 防 衛 省 自 衛 隊 は 従 来 から 国 民 を 守 る 情 報 セキ ュリティ 戦 略 等 に 基 づき 政 府 機 関 や 民 間 企 業 と 連 携 した 取 組 を 行 ってい 6 情 報 の 認 知 収 集 処 理 伝 達 を 迅 速 かつ 的 確 に 行 うことについて 相 手 方 に 優 ること 3

6 るが 専 門 的 知 見 の 提 供 等 内 閣 官 房 が 中 心 となって 行 われる 我 が 国 全 体 の セキュリティ レベル 向 上 の 取 組 に 引 き 続 き 積 極 的 に 貢 献 するとともに 最 新 の 攻 撃 手 法 や 技 術 動 向 等 の 共 有 を 図 るなど 防 衛 産 業 等 の 民 間 部 門 との 協 力 を 進 めていく (3) 同 盟 国 を 含 む 国 際 社 会 との 協 力 同 盟 国 である 米 国 とのサイバー 空 間 にかかる 協 力 は 防 衛 省 自 衛 隊 の 任 務 遂 行 にとって 極 めて 重 要 な 意 義 を 有 していることから 日 米 間 において 政 策 面 の 協 議 緊 密 な 情 報 共 有 より 実 践 的 な 訓 練 といった 各 般 の 協 力 を 進 め る また サイバー 空 間 が 地 球 規 模 に 拡 大 していることを 踏 まえ サイバー 空 間 の 安 定 的 利 用 に 向 けた 友 好 国 や 国 際 機 関 との 協 力 を 積 極 的 に 推 進 する 4.サイバー 攻 撃 等 の 法 的 位 置 付 け 重 要 インフラを 含 めた 社 会 全 般 がサイバー 空 間 に 一 層 依 存 していく 傾 向 や 近 年 ますます 高 度 化 巧 妙 化 するサイバー 攻 撃 の 態 様 を 踏 まえれば 今 後 サイバー 攻 撃 のみによって 極 めて 深 刻 な 被 害 が 発 生 する 可 能 性 は 否 定 で きない こうしたサイバー 攻 撃 と 武 力 攻 撃 の 関 係 について 一 概 に 述 べることは 困 難 であり 何 らかの 事 態 が 武 力 攻 撃 に 当 たるか 否 かは 個 別 具 体 的 な 状 況 を 踏 まえて 判 断 すべきものであるが 武 力 攻 撃 の 一 環 としてサイバー 攻 撃 が 行 われた 場 合 自 衛 権 発 動 の 第 一 要 件 を 満 たすことになると 考 えられる 7 国 際 社 会 においては 甚 大 な 被 害 を 生 じさせるものを 含 め サイバー 攻 撃 の 法 的 位 置 付 けについて 活 発 な 議 論 がなされており 防 衛 省 自 衛 隊 として は サイバー 攻 撃 やそれへの 対 処 の 国 際 法 及 び 国 内 法 における 位 置 付 けにつ いて 国 際 社 会 における 議 論 や 自 衛 隊 の 運 用 面 にかかる 取 組 を 踏 まえ 引 き 続 き 検 討 を 行 う また サイバー 空 間 に 関 する 国 際 的 な 規 範 形 成 にかかる 取 組 にも 積 極 的 に 関 与 していく 5. 取 組 の 進 捗 状 況 の 管 理 及 び 不 断 の 検 証 見 直 し 広 範 多 岐 にわたる 取 組 について 今 後 総 合 的 に 推 進 していくため 具 体 的 なスケジュールを 設 定 し サイバー 攻 撃 対 処 委 員 会 において 全 体 の 進 捗 状 況 を 管 理 する また クラウド 技 術 やモバイル 端 末 の 普 及 等 日 進 月 歩 で 発 達 する 情 報 通 信 技 術 の 進 展 や 我 が 国 全 体 の 取 組 の 状 況 を 踏 まえ サイバー 空 間 に 発 生 する 様 々なリスクに 柔 軟 かつ 的 確 に 対 応 しうるよう 防 衛 省 自 衛 隊 の 取 組 につ いては 不 断 に 検 証 見 直 しを 行 う 7 自 衛 権 発 動 の 三 要 件 :1 我 が 国 に 対 する 急 迫 かつ 不 正 の 侵 害 があること 2これを 排 除 する ために 他 の 適 当 な 手 段 がないこと 3 必 要 最 小 限 度 の 実 力 行 使 にとどまるべきこと 4

7 ( 別 紙 1) サイバー 攻 撃 の 特 性 (1) 多 様 性 1 主 体 サイバー 攻 撃 に 必 要 な 手 段 は 艦 艇 や 航 空 機 といった 装 備 品 と 比 べ 入 手 使 用 が 格 段 に 容 易 であることから 国 家 だけでなく 個 人 や 組 織 といった 様 々な 主 体 がサイバー 攻 撃 を 実 行 することができ インター ネットを 利 用 することで 世 界 中 のどこからでも 実 行 可 能 である 8 2 手 法 ⅰ) 情 報 の 窃 取 等 の 有 害 活 動 を 行 うマルウェアの 送 付 ⅱ)インターネットを 通 じた 大 量 のデータの 送 付 (DDoS 攻 撃 : Distributed Denial of Service Attack) ⅲ)インターネットを 通 じた 各 種 システムへの 不 正 アクセス など 様 々である 9 その 中 でも 一 部 のサイバー 攻 撃 事 案 については 国 家 主 体 の 関 与 が 必 要 と 思 われる 高 度 の 技 術 と 計 画 性 が 指 摘 されている 3 目 的 攻 撃 を 行 う 目 的 も ⅰ)システム 内 の 情 報 の 窃 取 や 改 ざん ⅱ)システムの 作 動 停 止 や 誤 作 動 の 惹 起 ⅲ)システムがインターネット 上 で 提 供 するサービスの 停 止 など 様 々である 4 状 況 攻 撃 が 実 施 される 状 況 についても 平 素 から 武 力 攻 撃 事 態 までのあ らゆる 状 況 が 考 えられる (2) 匿 名 性 サイバー 攻 撃 は 誰 が 実 行 したのかについて 隠 蔽 偽 装 することが 容 易 である ある 国 家 が 他 国 に 対 し 自 ら 攻 撃 を 行 う あるいは 個 人 や 組 織 に 当 該 他 国 へのサイバー 攻 撃 を 指 示 奨 励 容 認 することで 自 ら の 関 与 した 形 を 残 さず 攻 撃 の 実 を 上 げるといったことも 考 えられる 8 この 点 防 衛 省 自 衛 隊 の 秘 密 等 を 取 り 扱 うシステムは 外 部 に 接 続 しない クローズ 系 の ネットワークに 収 容 されているが クローズ 系 ネットワークといえども 可 搬 記 憶 媒 体 (U SBメモリー 等 )を 介 して マルウェアに 感 染 する 危 険 性 がある 9 なお サイバー 空 間 の 安 定 的 な 利 用 を 妨 げる 手 法 としては サイバー 空 間 を 通 じた 各 種 の 加 害 行 為 のほかにも サイバー 空 間 がその 存 在 を 依 存 するサーバー 等 の 情 報 通 信 インフラを 物 理 的 に 破 壊 する 手 法 も 考 えられる 5

8 (3) 隠 密 性 サイバー 攻 撃 の 中 には DDoS 攻 撃 のように 発 生 が 容 易 に 認 識 され るものがある 一 方 マルウェアの 埋 め 込 みのように 被 害 が 露 見 するまで 防 御 側 が 攻 撃 の 存 在 を 察 知 し 難 いものや 情 報 の 窃 取 のようにそもそも 被 害 発 生 の 認 識 すら 困 難 なものがある 技 術 の 進 歩 により こうしたサ イバー 攻 撃 の 隠 密 性 は 今 後 更 に 高 まるものと 考 えられる (4) 攻 撃 側 の 優 位 性 攻 撃 の 手 法 によっては 攻 撃 手 段 を 入 手 することが 容 易 であること ソ フトウェアの 脆 弱 性 を 完 全 に 排 除 することが 困 難 であること 攻 撃 側 は 相 互 連 接 するネットワークの 最 も 脆 弱 なポイントをついて 攻 撃 すれば よいこと 攻 撃 源 の 特 定 が 困 難 であること 等 から サイバー 空 間 におい ては 攻 撃 側 が 防 御 側 に 対 して 圧 倒 的 な 優 位 にある (5) 抑 止 の 困 難 性 懲 罰 的 抑 止 10 によってであれ 拒 否 的 抑 止 11 によってであれ サイバー 攻 撃 を 抑 止 することは 容 易 ではない 懲 罰 的 抑 止 については 攻 撃 するおそれのある 者 に 対 し サイ バー 攻 撃 を 行 えば 同 等 或 いはそれ 以 上 の 被 害 をもたらすような 報 復 を 行 う 意 思 を 明 示 したとしても 例 えば その 者 が 非 国 家 主 体 であり 防 御 側 による 報 復 の 対 象 となることを 恐 れる 資 産 を 保 有 していない 場 合 には 攻 撃 を 断 念 させるという 抑 止 効 果 は 働 かないと 思 われる また 攻 撃 源 の 特 定 が 困 難 であることを 考 えれば このような 報 復 の 警 告 は 攻 撃 するおそれのある 者 にとって 説 得 力 の 乏 しいものとなる 拒 否 的 抑 止 については サイバー 攻 撃 を 行 っても 効 果 が 得 られ ない という 心 証 を 与 える 必 要 があるが 攻 撃 側 の 優 位 性 に 鑑 みれば サイバー 攻 撃 を 完 全 に 思 いとどまらせる 高 いレベルにまで 防 御 水 準 を 高 めることは 困 難 である 10 耐 えがたい 打 撃 を 与 える 威 嚇 に 基 づき 敵 のコスト 計 算 に 働 きかけて 攻 撃 を 断 念 させること ( 平 成 22 年 版 防 衛 白 書 p.263) 11 特 定 の 攻 撃 的 行 動 を 物 理 的 に 阻 止 する 能 力 に 基 づき 敵 の 目 標 達 成 可 能 性 に 関 する 計 算 に 働 きかけて 攻 撃 を 断 念 させるもの( 同 上 ) 6

9 具 体 的 な 取 組 ( 別 紙 2) (1) 防 衛 省 自 衛 隊 の 能 力 態 勢 強 化 ア 優 先 的 に 進 めるべき 施 策 1 状 況 把 握 能 力 の 向 上 と 被 害 発 生 時 の 早 期 の 復 旧 DII( 防 衛 情 報 通 信 基 盤 )ネットワークにおける 監 視 態 勢 を 強 化 するため 同 ネットワークの 各 拠 点 に 監 視 器 材 を 増 設 する 2 隊 員 の 練 度 の 向 上 防 衛 省 のシステムを 模 擬 した 実 践 的 なシミュレーション 環 境 で の 訓 練 を 実 施 する そのために 必 要 な 大 規 模 模 擬 環 境 の 構 築 に 係 る 研 究 開 発 を 行 う 3 早 期 警 戒 情 報 の 入 手 とそれに 伴 う 警 戒 態 勢 の 強 化 防 衛 省 に 対 するサイバー 攻 撃 の 兆 候 を 早 期 に 把 握 し 警 戒 態 勢 の 強 化 を 行 うため サイバー 防 護 分 析 装 置 の 機 能 向 上 を 図 る マルウェアや 攻 撃 手 法 等 の 脅 威 情 報 について 他 の 政 府 機 関 や 民 間 企 業 から 得 られた 情 報 も 積 極 的 に 活 用 するとともに 省 内 関 係 機 関 が 連 携 して 収 集 分 析 機 能 の 強 化 を 図 る 4 体 制 の 整 備 防 衛 省 自 衛 隊 のシステム 及 びネットワークに 対 するサイバー 攻 撃 への 対 処 を 統 合 的 に 実 施 する 能 力 を 強 化 するための 中 核 組 織 とし て 平 成 25 年 度 に サイバー 空 間 防 衛 隊 ( 仮 称 )を 新 設 する 自 衛 隊 指 揮 通 信 システム 隊 及 び 各 自 衛 隊 のシステム 防 護 担 当 部 隊 の 能 力 を 全 体 として 強 化 向 上 させる 情 報 本 部 等 による 国 外 におけるサイバー 攻 撃 関 連 情 報 の 収 集 分 析 体 制 を 強 化 向 上 させる 専 属 的 な 最 高 情 報 セキュリティ 責 任 者 (CISO)の 設 置 を 含 め サイバー 攻 撃 対 処 に 係 る 政 策 立 案 企 画 体 制 研 究 体 制 や 各 機 関 等 の 連 携 体 制 の 強 化 について 検 討 する イ 充 実 強 化 を 図 るべき 施 策 1 各 システムにおける 最 新 の 防 護 システムの 整 備 各 自 衛 隊 のシステムについて 最 新 の 防 護 システムの 整 備 機 能 向 上 を 進 める 2 各 システム 間 の 監 視 情 報 の 集 約 各 自 衛 隊 による 監 視 情 報 を 集 約 し 効 果 的 な 対 処 を 行 うため 統 合 監 視 器 材 を 整 備 する 7

10 3 システムの 脆 弱 性 の 低 減 定 期 的 な 脆 弱 性 の 検 査 や 端 末 レベルでの 侵 入 防 止 システムの 導 入 を 進 める システムの 脆 弱 性 の 検 査 や 低 減 を 効 率 的 に 進 めるため 業 務 の 部 外 委 託 を 進 める 4 人 材 の 育 成 確 保 防 衛 省 自 衛 隊 のサイバー 攻 撃 対 処 に 従 事 する 要 員 として 高 度 の 専 門 性 や 技 能 経 験 を 有 した 人 材 を 省 全 体 として 安 定 的 に 確 保 す るため 次 のような 施 策 について 検 討 を 行 う *) 部 隊 等 におけるサイバー 攻 撃 対 処 に 携 わる 職 員 の 育 成 について 各 自 衛 隊 における 教 育 態 勢 の 確 保 *) 防 衛 研 究 所 や 防 衛 大 学 校 等 の 部 内 における 教 育 研 究 国 内 外 での 大 学 等 での 教 育 研 究 民 間 企 業 との 人 事 交 流 の 促 進 *)セキュリティ 関 連 資 格 保 有 者 や 民 間 企 業 等 でのセキュリティ 関 連 業 務 の 経 験 者 等 の 高 い 能 力 を 保 有 する 者 の 採 用 5 研 究 開 発 の 強 化 最 新 の 技 術 動 向 も 踏 まえながら 次 のような 機 能 に 係 る 研 究 開 発 を 進 める *) 実 践 的 な 訓 練 環 境 を 整 備 するための 大 規 模 模 擬 環 境 ( 再 掲 ) *)マルウェアに 感 染 した 内 部 ネットワーク 端 末 を 逐 次 探 索 し 最 初 に 感 染 した 端 末 を 特 定 した 上 でマルウェアの 駆 除 等 を 行 う 技 術 *) 自 衛 隊 の 活 動 中 に 紛 失 するなどした 装 備 品 から 重 要 な 情 報 が 漏 洩 することを 防 止 する 技 術 ウ 継 続 的 に 取 り 組 むべき 施 策 日 米 共 同 訓 練 を 含 む 各 種 訓 練 において 防 衛 省 自 衛 隊 のシステ ム 及 びネットワークがサイバー 攻 撃 による 被 害 を 受 けた 状 況 を 取 り 入 れ より 実 践 的 な 部 隊 練 成 を 行 う 訓 練 の 成 果 を 踏 まえつつ 実 効 的 な 対 処 要 領 の 整 備 を 進 める 最 新 の 攻 撃 手 法 や 技 術 動 向 等 について 調 査 研 究 を 進 める 各 種 の 職 員 研 修 の 機 会 等 を 活 用 し 最 新 の 技 術 や 脅 威 の 動 向 直 近 の 事 案 関 係 規 則 等 について 教 育 を 行 うとともに 可 搬 記 憶 媒 体 や 電 子 機 器 の 厳 格 な 使 用 保 管 等 職 員 向 けの 注 意 喚 起 啓 発 活 動 を 継 続 的 に 実 施 する (2) 民 間 も 含 めた 国 全 体 の 取 組 への 寄 与 1 組 織 の 垣 根 を 越 えた 協 力 の 推 進 内 閣 官 房 を 中 心 とする 政 府 全 体 のセキュリティ レベルの 向 上 に ついて 次 のような 取 組 により 積 極 的 に 貢 献 する *) 内 閣 官 房 が 主 催 する 各 種 サイバー 攻 撃 対 処 に 係 る 訓 練 について シナリオ 策 定 も 含 め 企 画 段 階 からの 知 見 の 提 供 を 含 めた 積 極 的 な 8

11 参 画 支 援 *) 防 衛 省 自 衛 隊 が 把 握 した 最 新 の 攻 撃 手 法 や 技 術 動 向 に 関 する 情 報 の 積 極 的 な 提 供 *)GSOC 12 への 高 度 な 知 識 技 能 を 有 する 人 材 の 派 遣 *) 内 閣 官 房 に 設 置 された 情 報 セキュリティ 緊 急 支 援 チーム(CY MAT)への 支 援 要 員 の 派 遣 をはじめ 大 規 模 なサイバー 攻 撃 が 発 生 した 場 合 の 関 係 省 庁 との 協 力 の 推 進 2 民 間 部 門 を 含 む 国 全 体 のセキュリティ レベルの 向 上 への 貢 献 契 約 企 業 等 に 対 し 保 護 すべき 情 報 の 取 扱 いの 厳 格 化 教 育 の 徹 底 を 継 続 して 求 めていくとともに 実 効 的 な 監 査 に 努 めることによ り 契 約 企 業 等 におけるセキュリティ レベルの 向 上 を 図 っていく 防 衛 産 業 等 との 間 で 最 新 の 攻 撃 手 法 や 技 術 動 向 等 の 共 有 を 図 る 政 府 全 体 として 取 り 組 んでいる 官 民 間 の 情 報 共 有 のための 枠 組 み を 活 用 し 最 新 の 攻 撃 手 法 や 技 術 動 向 等 の 共 有 を 図 る 防 衛 産 業 等 との 間 で サプライ チェーン リスクの 軽 減 のため の 方 策 について 意 見 交 換 等 を 進 める (3) 同 盟 国 を 含 む 国 際 社 会 との 協 力 1 米 国 との 協 力 日 米 間 においては 平 成 23 年 6 月 の 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 ( 2+2 ) 共 同 発 表 に 盛 り 込 まれたサイバー セキュリティに 関 する 二 国 間 の 戦 略 的 政 策 協 議 等 を 進 めるとともに 情 報 交 換 の 緊 密 化 等 の 連 携 を 一 層 強 化 する 日 米 共 同 訓 練 においてサイバー 攻 撃 により 被 害 を 受 けた 状 況 を 取 り 入 れる 等 日 米 の 共 同 対 処 能 力 の 向 上 を 図 る 2 その 他 の 国 国 際 機 関 との 連 携 豪 州 英 国 シンガポール NATO 等 の 関 係 国 国 際 機 関 との 様 々なレベルでの 協 議 等 を 通 じ 情 報 共 有 等 の 協 力 を 進 める 12 Government Security Operation Coordination Team 内 閣 官 房 に 設 置 されている 政 府 横 断 的 情 報 収 集 分 析 チーム 9

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 ) I 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 )について 平 成 12 年 12 月 15 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 12 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 13 年 度 から 平 成 17 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 一 般 社 団 法 人 地 方 税 電 子 化 協 議 会 は じ め に 一 般 社 団 法 人 地 方 税 電 子 化 協 議 会 ( 以 下 協 議 会 という )は 地 方 公 共 団 体 の 相 互 協 力 を 基 本 理 念 とし 納 税 者 の 利 便 性 の 向 上 と 地 方 税 務 行 政 の 高 度 化 及 び 効 率 化 に 寄 与

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 (リスク 評 価 ) 第 三 条 各 府 省 庁 は 別 に 定 める 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 における 政 府 機 関 統 一 管 理 基 準 及 び 政 府 機 関 統 一 技 術

第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 (リスク 評 価 ) 第 三 条 各 府 省 庁 は 別 に 定 める 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 における 政 府 機 関 統 一 管 理 基 準 及 び 政 府 機 関 統 一 技 術 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 統 一 規 範 平 成 23 年 4 月 21 日 平 成 24 年 4 月 26 日 改 定 情 報 セキュリティ 政 策 会 議 決 定 第 一 章 目 的 及 び 対 象 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 政 府 機 関 の 情 報 セキュリティ 対 策 のための 基 本 指 針 ( 第 三 条 第 四 条 ) 第 三 章

More information

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464>

<5461726F2D3532966889718C7689E682CC91E58D6A2E6A7464> 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 昭 和 51 年 10 月 29 日 昭 和 51 年 10 月 29 日 国 防 会 議 決 定 閣 議 決 定 昭 和 52 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める 別 紙 防 衛 計 画 の 大 綱 一. 目 的 及 び 趣 旨 わが 国 が 憲 法 上 許 される

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63> 資 料 防 衛 省 改 革 会 議 ( 第 2 回 ) 説 明 資 料 平 成 19 年 12 月 防 衛 省 Ⅰ 給 油 量 取 り 違 え 事 案 ( 中 間 報 告 )の 概 要 Ⅱ 過 去 におけるその 他 の 事 案 1 陸 上 自 衛 隊 における 違 法 射 撃 事 案 2 海 上 自 衛 隊 におけるCIWSの 不 時 発 射 事 案 Ⅲ 文 民 統 制 の 徹 底 1 給 油 量

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する 資 料 4-4 ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 定 める 際 の 留 意 点 1. 総 論 平 成 28 年 5 月 経 済 産 業 省 ガス 安 全 室 モデル 保 安 業 務 規 程 は ガス 事 業 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 51 号 ) 第 160 条 第 1 項 の 規 定 により ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 作 成 するに

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】2+2仮訳(エンバーゴ無し) 日 米 安 全 保 障 協 議 委 員 会 共 同 発 表 変 化 する 安 全 保 障 環 境 のためのより 力 強 い 同 盟 新 たな 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 岸 田 外 務 大 臣 中 谷 防 衛 大 臣 ケリー 国 務 長 官 カーター 国 防 長 官 1. 概 観 2015 年 4 月 27 日 ニューヨークにおいて 岸 田 文 雄 外

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

(6)パスワード 正 当 な 利 用 者 であることを 識 別 認 証 するために 使 用 される 文 字 列 情 報 をいう (7)アクセス コンピュータ ネットワーク 及 び 情 報 システムを 通 じて データの 検 索 入 力 更 新 消 去 等 を 行 うことをいう (8) 不 正 アクセ

(6)パスワード 正 当 な 利 用 者 であることを 識 別 認 証 するために 使 用 される 文 字 列 情 報 をいう (7)アクセス コンピュータ ネットワーク 及 び 情 報 システムを 通 じて データの 検 索 入 力 更 新 消 去 等 を 行 うことをいう (8) 不 正 アクセ 情 報 セキュリティ 対 策 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 草 加 市 の 情 報 資 産 に 関 するセキュリティ 対 策 の 考 え 方 を 示 した 草 加 市 情 報 セキュリティ 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 3 月 25 日 制 定 以 下 基 本 方 針 という )に 基 づき 当 該 セキュリティ 対 策 の 有 効 性 効 率 性 の 確 保 を 目 的 として

More information

営業秘密管理指針(案)の概要

営業秘密管理指針(案)の概要 ( 別 紙 1-2) 外 為 法 に 基 づく 対 内 投 資 規 制 の 見 直 しについて ( 参 考 資 料 ) 平 成 1 9 年 6 月 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 外 国 投 資 家 による 対 内 直 接 投 資 が 国 の 安 全 を 損 ない 公 の 秩 序 の 維 持 を 妨 げ 公 衆 の 安 全 の 保 護 に 支 障 を 来 す 等 のおそれがある 場

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を

一 方 リーマンショックに 端 を 発 した 金 融 危 機 以 降 米 国 や 欧 州 諸 国 では 財 政 事 情 の 悪 化 から 国 防 費 の 削 減 を 迫 られており 結 果 としてグローバルな 軍 事 バランス に 大 きな 変 化 が 生 じ 潜 在 的 な 不 安 定 要 因 を 平 成 25 年 6 月 4 日 新 防 衛 計 画 の 大 綱 策 定 に 係 る 提 言 ( 防 衛 を 取 り 戻 す ) 自 由 民 主 党 一 はじめに 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 が 策 定 されて 以 降 わが 国 周 辺 にお いては 北 朝 鮮 が 弾 道 ミサイル 発 射 や 核 実 験 を 強 行 し また 中 国 がわが 国 周 辺

More information

目 次 Ⅰ 概 要 1 1 背 景 2 目 的 3 対 象 システム 4 履 行 期 間 Ⅱ 業 務 内 容 運 用 要 件 2 1 業 務 内 容 2 (1) 検 証 業 務 (2) 操 作 マニュアルの 整 備 処 理 手 順 等 の 精 査 (3) 誤 課 税 防 止 のための 手 法 確 立

目 次 Ⅰ 概 要 1 1 背 景 2 目 的 3 対 象 システム 4 履 行 期 間 Ⅱ 業 務 内 容 運 用 要 件 2 1 業 務 内 容 2 (1) 検 証 業 務 (2) 操 作 マニュアルの 整 備 処 理 手 順 等 の 精 査 (3) 誤 課 税 防 止 のための 手 法 確 立 宗 像 市 税 関 係 システム 検 証 等 業 務 委 託 仕 様 書 宗 像 市 平 成 28 年 7 月 目 次 Ⅰ 概 要 1 1 背 景 2 目 的 3 対 象 システム 4 履 行 期 間 Ⅱ 業 務 内 容 運 用 要 件 2 1 業 務 内 容 2 (1) 検 証 業 務 (2) 操 作 マニュアルの 整 備 処 理 手 順 等 の 精 査 (3) 誤 課 税 防 止 のための 手

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 予 算 事 業 名 担 当 部 局 庁 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 事 業 の 目 的 ( 目 指 す 姿 を 簡 潔 に 3 行 程 度 以 内 ) 巡 視 船 艇 の 整 備 に 関 する 経 費 海 上 保 安 庁 は 海 難 救 助 犯 罪 の 予 防 及 び 鎮 圧 海 上 防 災 海 上 交 通 安 全 海 洋 汚 染 防 止 等 に 係

More information

(Microsoft PowerPoint - No.1 20151029\203}\203C\203i\203\223\203o\201[\202\311\221\316\211\236\202\265\202\275\203Z\203L\203\205\203\212\203e\203B.pptx)

(Microsoft PowerPoint - No.1 20151029\203}\203C\203i\203\223\203o\201[\202\311\221\316\211\236\202\265\202\275\203Z\203L\203\205\203\212\203e\203B.pptx) マイナンバーに 対 応 した 情 報 システム 設 計 と セキュリティ 対 策 立 命 館 大 学 情 報 理 工 学 部 上 原 哲 太 郎 情 報 システムと 法 情 報 システムが 法 的 義 務 を 満 たす 必 要 がある 例 が 増 えてきている 特 定 電 子 メール 法 や 特 定 商 取 引 法 における 表 示 義 務 割 賦 販 売 法 におけるクレジット 番 号 の 安 全

More information

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭 安 全 保 障 法 制 整 備 に 関 するQ&A 平 成 26 年 7 月 自 由 民 主 党 Q1 なぜ 今 憲 法 解 釈 を 見 直 し 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 を 容 認 する 必 要 があるのです か? 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 によらなくても 個 別 的 自 衛 権 や 既 存 の 法 制 度 の 下 での 対 応 が 可 能 ではないですか? A1 国 民 の

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63> 第 四 部 入 札 契 約 手 続 きについて 1 契 約 方 法 ( 調 達 先 選 定 方 法 ) 決 定 の 概 略 フロー 検 討 開 始 判 断 1 政 府 調 達 に 関 する 協 定 の 対 象 か? 判 断 2 特 例 政 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? 判 断 3 地 方 自 治 法 施 行 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? ( 少 額 随

More information

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 には 当 初 その 被 害 の 原 因 が 明

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

正 アクセスを 行 う 者 )により 捜 査 を 免 れるための 抜 け 穴 として 利 用 されることになってしまう しかる に 不 正 アクセスを 禁 止 する 法 律 がないのは G7 諸 国 の 中 ではわが 国 のみ ( 警 察 庁 ハイテク 犯 罪 対 策 重 点 推 進 プログラム 平

正 アクセスを 行 う 者 )により 捜 査 を 免 れるための 抜 け 穴 として 利 用 されることになってしまう しかる に 不 正 アクセスを 禁 止 する 法 律 がないのは G7 諸 国 の 中 ではわが 国 のみ ( 警 察 庁 ハイテク 犯 罪 対 策 重 点 推 進 プログラム 平 不 正 アクセス 禁 止 法 の 実 効 性 と 課 題 TheEfectivenesandtheSubjectofActagainstUnauthorizedAccess 木 田 良 弘 情 報 システム 監 査 株 式 会 社 キーワード: 不 正 アクセス 禁 止 法 検 挙 事 例 罰 則 防 御 側 の 対 策 の 二 面 性 高 度 情 報 通 信 社 会 の 健 全 な 発 展 1.はじめに

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0% 平 成 27 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 1 月 井 口 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

企業年金制度における個人番号の取扱いについて.PDF

企業年金制度における個人番号の取扱いについて.PDF 企 業 年 金 制 度 における 個 人 番 号 の 取 扱 いについて 平 成 27 年 3 月 23 日 24 日 年 金 局 企 業 年 金 国 民 年 金 基 金 課 企 業 年 金 における 個 人 番 号 の 取 扱 いについて 企 業 年 金 における 個 人 番 号 の 導 入 については 厚 生 年 金 基 金 の 多 くが5 年 以 内 に 解 散 する 方 向 にあることや 各

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第411号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 17 年 10 月 13 日 ( 平 成 17 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 498 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 31 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 411 号 ) 事 件 名 : 昭 和 52 年 度 兵 術 年 報 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1 審 査

More information

本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF 資 料 をご 確 認 ください 本 資 料 は 要 約 です 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2015.html Co

本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF 資 料 をご 確 認 ください 本 資 料 は 要 約 です 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2015.html Co 情 報 セキュリティ10 大 脅 威 2015 ~ 被 害 に 遭 わないために 実 施 すべき 対 策 は?~ Copyright 2015 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 (IPA) 技 術 本 部 セキュリティセンター 2015 年 3 月 本 資 料 に 関 する 詳 細 な 内 容 は 以 下 のページのPDF

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16 平 成 24 年 度 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 警 察 庁 平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16,541 百 万 円 21,026

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト (

大 臣 官 房 企 画 評 価 課 活 動 指 標 名 / 年 度 実 績 評 価 事 業 概 要 説 明 書 -2 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 1 活 動 実 績 (H20については 補 正 予 算 後 ベース) 単 位 当 りコスト ( 事 業 開 始 年 度 大 臣 官 房 企 画 評 価 課 事 業 概 要 説 明 書 -1 予 算 防 衛 大 臣 を 中 心 とする 政 策 決 定 機 構 の 充 実 改 革 根 拠 法 改 革 会 議 報 告 書 (20.7.15) 1 実 施 方 法 ( 該 当 項 目 にチェッ ク)) 直 接 実 施 業 務 委 託 補 助 金 貸 付 その 他 上 記 実 施 方 法 が 業 務 委

More information

自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非

自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非 自 衛 隊 防 衛 問 題 に 関 する 世 論 調 査 の 概 要 調 査 対 象 全 国 0 歳 以 上 の 日 本 国 籍 を 有 する 者 3,000 人 有 効 回 収 数,680 人 ( 回 収 率 56.0%) 平 成 7 3 内 閣 府 政 府 広 報 室 調 査 時 期 平 成 7 8 日 ~ 8 日 ( 調 査 員 による 個 別 面 接 聴 取 ) 調 査 目 的 自 衛 隊

More information

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部 研 究 活 動 における 不 正 行 為 への 対 応 ガイドライン 平 成 19 年 3 月 1 日 研 究 推 進 審 議 会 研 究 倫 理 専 門 委 員 会 目 次 1 ガイドラインの 目 的 2 不 正 行 為 対 応 に 関 する 体 制 3 対 象 とする 不 正 行 為 4 告 発 等 の 受 付 5 告 発 等 に 係 る 事 案 の 調 査 を 行 う 機 関 6 告 発 等

More information

目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通 信 研 究 課 中 央 指 揮 システム(

目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通 信 研 究 課 中 央 指 揮 システム( 予 算 執 行 事 前 審 査 等 調 書 ( 平 成 23 年 度 第 1 2 四 半 期 ) 防 衛 省 予 算 監 視 効 率 化 チーム 目 次 第 1 四 半 期 事 前 審 査 案 件 ( 内 部 部 局 ) 周 辺 環 境 整 備 課 大 阪 府 和 泉 市 市 道 山 の 谷 伏 屋 線 道 路 改 修 等 事 業 1 ( 統 合 幕 僚 監 部 ) システム 装 備 課 情 報 通

More information

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下 中 小 企 業 再 生 支 援 協 議 会 等 の 支 援 による 経 営 者 保 証 に 関 する ガイドラインに 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 手 順 本 手 順 は 産 業 競 争 力 強 化 法 第 127 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 中 小 企 業 再 生 支 援 業 務 を 行 う 者 として 認 定 を 受 けた 者 ( 以 下 認 定 支 援 機 関 という )

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

特別区人事委員会の業務状況の報告

特別区人事委員会の業務状況の報告 平 成 19 年 度 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 状 況 等 の 公 表 平 成 19 年 12 月 文 京 区 総 務 部 職 員 課 目 次 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 2 2 職 員 の 給 与 の 状 況 4 3 職 員 の 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

Microsoft Word - CLOMO_Agreement_AntiV.doc

Microsoft Word - CLOMO_Agreement_AntiV.doc CLOMO MDM アンチウィルスオプション 利 用 規 約 CLOMO MDM アンチウィルスオプション 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 とします)は 株 式 会 社 アイキューブドシステムズ( 以 下 当 社 とします)が 提 供 する SaaS サービス CLOMO ( 以 下 CLOMO とします) 及 びマカフィー 株 式 会 社 が 提 供 する Virus Scan Mobile

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

柳川市固定資産評価支援業務仕様書(案)

柳川市固定資産評価支援業務仕様書(案) 柳 川 市 固 定 資 産 評 価 見 直 し 業 務 委 託 基 本 仕 様 書 平 成 27 年 5 月 柳 川 市 役 所 市 民 部 税 務 課 第 1 章 総 則 ( 適 用 範 囲 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 柳 川 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 受 託 者 ( 以 下 受 注 者 という )に 委 託 する 柳 川 市 固 定 資 産 評 価 見 直 し 業 務 (

More information

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応 抜 粋 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成 財 務 基 盤 の 強 化 Ⅳ 経 営 基 盤 の 強 化 13 長 期 的 安 定 経 営 の 実 現 に 向 けた 財 務 基 盤 の 強 化 賃 貸 事 業 の 収 益 性 確 保 財 務 管 理 の 強 化 及 び 借 入 金 残 高 の 圧 縮 により 経 営 環 境 の 変 化 にも 耐 えうる 強 固 な 財 務 基 盤 を 構 築 する 金 融 市 場 動 向 等 の 把 握 やIR(

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

Microsoft PowerPoint - [JA]STEP2_メール訓練_事前教育資料_150731a-gsx.pptx

Microsoft PowerPoint - [JA]STEP2_メール訓練_事前教育資料_150731a-gsx.pptx 不 審 なメールの 取 扱 法 について アジェンダ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 標 的 型 メールとは? 標 的 型 攻 撃 (サイバー 攻 撃 )の 発 端 不 審 なメールの 添 付 ファイルやURLをクリックすると? ウイルス 対 策 ソフトを 導 しているから 丈 夫!? 誰 が 狙 われてメールを 送 りつけられるの? 実 際 にどんなメールが 送 られてくるの? 不 審 なメールの

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

2 委 託 事 業 の 概 要 (1) 提 案 者 民 間 法 人 ( 法 律 に 基 づき 設 立 された 法 人 又 は 非 営 利 団 体 ) 地 方 公 共 団 体 独 立 行 政 法 人 大 学 高 等 専 門 学 校 等 又 はそれらからなるコンソーシアム( 以 下 民 間 法 人 等

2 委 託 事 業 の 概 要 (1) 提 案 者 民 間 法 人 ( 法 律 に 基 づき 設 立 された 法 人 又 は 非 営 利 団 体 ) 地 方 公 共 団 体 独 立 行 政 法 人 大 学 高 等 専 門 学 校 等 又 はそれらからなるコンソーシアム( 以 下 民 間 法 人 等 別 紙 1 平 成 24 年 度 次 世 代 衛 星 放 送 テストベッド 事 業 実 施 要 領 1 背 景 及 び 目 的 (1) 背 景 我 が 国 では 2012 年 3 月 末 にテレビ 放 送 のデジタル 化 が 完 了 し 高 精 細 度 の 映 像 や 放 送 通 信 連 携 サービスの 提 供 が 可 能 な 高 度 なインフラが 整 ったところであるが 放 送 関 連 技 術 は

More information

<92868AFA8BC696B1895E896395FB906A2E786C73>

<92868AFA8BC696B1895E896395FB906A2E786C73> 中 期 務 運 営 方 針 ( 平 成 6 度 - 平 成 8 度 ) 平 成 6 3 月 制 定 平 成 7 3 月 改 定 . 中 期 務 運 営 方 針 策 定 趣 旨 中 期 務 運 営 方 針 ( 平 成 6 度 平 成 8 度 ) これまで 総 括 平 成 4 月 設 立 ( 設 立 5 経 過 ) 認 定 割 賦 販 売 協 会 認 定 個 人 情 報 保 護 団 界 団 として 活

More information

外 部 委 託 業 務 の 削 減 を 含 む 経 費 の 削 減 及 び 安 全 性 信 頼 性 の 強 化 を 行 い 更 なる 最 適 化 の 推 進 を 図 るため 政 府 全 体 で 利 用 可 能 な 府 省 共 通 システムの 基 盤 ( 以 下 共 同 利 用 システム 基 盤 とい

外 部 委 託 業 務 の 削 減 を 含 む 経 費 の 削 減 及 び 安 全 性 信 頼 性 の 強 化 を 行 い 更 なる 最 適 化 の 推 進 を 図 るため 政 府 全 体 で 利 用 可 能 な 府 省 共 通 システムの 基 盤 ( 以 下 共 同 利 用 システム 基 盤 とい 共 同 利 用 システム 基 盤 の 業 務 システム 最 適 化 計 画 2008 年 ( 平 成 20 年 )2 月 13 日 2009 年 ( 平 成 21 年 )8 月 28 日 改 定 2011 年 ( 平 成 23 年 )9 月 14 日 改 定 2012 年 ( 平 成 24 年 )9 月 7 日 改 定 各 府 省 情 報 化 統 括 責 任 者 (CIO) 連 絡 会 議 決 定

More information

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 ( 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 2 業 務 目 的 堺 市 役 所 本 庁 区 役 所 においては 児 童 手 当 や 児 童 扶 養 手 当 等 を 含 め 膨 大 な 事 務 処 理 を 行 っている さらに 平 成 27 年 度 からの 子

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 自 治 体 職 員 のための マイナンバー 弁 護 士 前 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 上 席 政 策 調 査 員 水 町 雅 子 Agenda 第 1 部 番 号 法 の 概 要 番 号 制 度 のしくみ 地 方 公 共 団 体 の 役 割 第 2 部 特 定 個 人 情 報 保 護 第 3 部 条 例 改 正 条 例 改 正 総 論 利 活 用 条 例 保 護 条 例 改 正 1

More information

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF>

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF> 問 1 キャンプ 座 間 への 米 陸 軍 新 司 令 部 の 移 転 は 世 界 的 な 米 軍 の 改 編 の 一 環 として 行 われ また 沖 縄 の 負 担 軽 減 も 含 む 日 米 再 編 協 議 の 中 で 統 合 任 務 可 能 な 作 戦 司 令 部 として 米 国 本 土 より 移 転 してくる 唯 一 の 基 地 であり ます このことは 機 能 強 化 として 認 められたところでありますが

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 10 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 徳 島 市 は 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 課 税 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの

More information

貴 社 の 経 営 に 重 大 賠 償 事 故 に 対 する JISA 情 報 情 報 サービス 業 者 を

貴 社 の 経 営 に 重 大 賠 償 事 故 に 対 する JISA 情 報 情 報 サービス 業 者 を 会 員 企 業 の 皆 様 へ 2015 年 度 JISA 情 報 サービス 業 者 賠 償 責 任 保 険 (IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 ) JISA 情 報 サービス 業 者 賠 償 責 任 保 険 (IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 )は 情 報 サービス 業 者 電 気 通 信 事 業 者 が IT 業 務 の 遂 行 に 起 因 して 発 生 した 不 測 の 事 故 について

More information

集団的自衛権の行使容認と安全保障法制整備の基本方針

集団的自衛権の行使容認と安全保障法制整備の基本方針 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 容 認 と 安 全 保 障 法 制 整 備 の 基 本 方 針 閣 議 決 定 を 受 けての 国 会 論 戦 の 概 要 外 交 防 衛 委 員 会 調 査 室 中 内 康 夫 はじめに 安 全 保 障 法 制 の 見 直 しに 向 けて 検 討 を 進 めてきた 安 倍 内 閣 は 平 成 26 年 7 月 1 日 新 た な 安 全 保 障 法 制 の 整

More information

情 報 セキュリティ 上 の 事 案 1 分 散 型 サービス 妨 害 (DDoS) 攻 撃 2009 年 7 月 韓 国 米 国 の 金 融 機 関 や 政 府 機 関 等 のシステムが 攻 撃 を 受 け 数 日 間 に 亘 りウェブサイトへのアクセス 不 能 な 状 態 に 陥 ったことに 加

情 報 セキュリティ 上 の 事 案 1 分 散 型 サービス 妨 害 (DDoS) 攻 撃 2009 年 7 月 韓 国 米 国 の 金 融 機 関 や 政 府 機 関 等 のシステムが 攻 撃 を 受 け 数 日 間 に 亘 りウェブサイトへのアクセス 不 能 な 状 態 に 陥 ったことに 加 平 成 26 年 1 月 21 日 より 総 務 省 キャッチフレーズが 変 わりました! 総 務 省 における 情 報 セキュリティ 政 策 の 最 新 動 向 情 報 流 通 行 政 局 情 報 セキュリティ 対 策 室 本 田 知 之 情 報 セキュリティ 上 の 事 案 1 分 散 型 サービス 妨 害 (DDoS) 攻 撃 2009 年 7 月 韓 国 米 国 の 金 融 機 関 や 政

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

情 報 セキュリティ 政 策 会 議 第 31 回 会 合 平 成 24 年 11 月 1 日 ( 木 ) 17 時 30 分 ~18 時 10 分 於 : 中 央 合 同 庁 舎 第 4 号 館 4 階 共 用 第 2 特 別 会 議 室 < 議 事 次 第 > 1 開 会 2 討 議 情 報 セ

情 報 セキュリティ 政 策 会 議 第 31 回 会 合 平 成 24 年 11 月 1 日 ( 木 ) 17 時 30 分 ~18 時 10 分 於 : 中 央 合 同 庁 舎 第 4 号 館 4 階 共 用 第 2 特 別 会 議 室 < 議 事 次 第 > 1 開 会 2 討 議 情 報 セ 報道資料 平成 24 年 11 月 1 日 内閣官房情報セキュリティセンター NISC 情報セキュリティ政策会議第 31 回会合の開催について 本日 情報セキュリティ政策会議 議長 内閣官房長官 の第 31 回会合が開催され その 概要は以下のとおり 1 情報セキュリティに関する国際的取組について 情報セキュリティに関する国際連携が不可欠となる中 我が国の国際的取組状況を踏ま え 今後の在り方等について議論がなされた

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASAHI INTECC CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 3 月 30 日 朝 日 インテック 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 宮 田 昌 彦 問 合 せ 先 : 経 営 戦 略 室 証 券 コード:7747 http://www.asahi-intecc.co.jp

More information

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx 資 料 1-1 第 2 回 津 波 避 難 対 策 推 進 マニュアル 検 討 会 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 について 平 成 24 年 8 月 22 日 ( 水 ) Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 の 制 定 経 緯 平 成 23 年 3 月

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 に 関 する 仕 様 書 本 仕 様 書 は 高 島 市 病 院 事 業 ( 以 下 甲 とする )が 委 託 する 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 について その 仕 様 を 定 めるものであり 受 託 請 負 業 者 ( 以 下 乙 とする ) は 電 気 通

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

(2) 自 衛 隊 に 対 して 避 難 住 民 の 誘 導 を 要 請 する(P5 P46 P65) 件 について 戦 争 の 世 紀 といわれる20 世 紀 の 人 類 史 において 戦 争 や 紛 争 の 都 度 一 般 民 衆 の 死 者 は 夥 しい 数 にのぼり 第 2 次 世 界 大

(2) 自 衛 隊 に 対 して 避 難 住 民 の 誘 導 を 要 請 する(P5 P46 P65) 件 について 戦 争 の 世 紀 といわれる20 世 紀 の 人 類 史 において 戦 争 や 紛 争 の 都 度 一 般 民 衆 の 死 者 は 夥 しい 数 にのぼり 第 2 次 世 界 大 パブリックコメントに 対 する 回 答 ( 石 狩 市 国 民 保 護 計 画 ) 意 見 の 要 旨 回 答 9 月 発 行 石 狩 市 による 国 民 保 護 計 画 の 素 案 を 一 読 して 二 度 と 再 びそのようなことにはならないと 信 じてきた 戦 争 が すぐそこま で 迫 ってきているような 恐 怖 を 感 じ 子 や 孫 たちの 未 来 に 強 い 不 安 を 覚 えましたので

More information

いということか 特 定 個 人 情 報 の 利 用, 提 供 の 制 限 について,どのようなことに 注 意 し 見 直 しをするのか 激 甚 災 害 時 等 の 速 やかな 対 応 のた め, 番 号 法 第 9 条 第 4 項 に 基 づく 目 的 外 利 用 を 追 加 すべきではないか 条

いということか 特 定 個 人 情 報 の 利 用, 提 供 の 制 限 について,どのようなことに 注 意 し 見 直 しをするのか 激 甚 災 害 時 等 の 速 やかな 対 応 のた め, 番 号 法 第 9 条 第 4 項 に 基 づく 目 的 外 利 用 を 追 加 すべきではないか 条 御 意 見 の 要 旨 と 1 総 括 的 意 見 (18 件 ) 個 人 情 報 の 保 護 をより 厳 しく 徹 底 する 内 容 になっており, 見 直 しに より 良 い 条 例 になることを 期 待 し ている 個 人 情 報 の 取 扱 いに 関 しては, 引 条 例 では, 個 人 情 報 の 収 集 の 制 限, 利 用, き 続 き 慎 重 にしてほしい 提 供 の 制 限, 電

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推

防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を 推 平 成 28 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 12 月 堀 内 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 28 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 に 沿 って 南 西 地 域 の 島 嶼 部 における 防 衛 態 勢 の 強 化 等 を 図 るとともに 装 備 品 の 調 達 の 効 率 化 等 を

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

事 業 規 模 金 11,000 千 円 ( 消 費 税, 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む 金 額 ) 構 築 時 から 本 稼 働 までに 必 要 な 費 用 この 金 額 は, 本 業 務 に 係 る 契 約 時 の 予 定 価 格 を 示 すものでは 無 く, 事 業 規 模 を 示

事 業 規 模 金 11,000 千 円 ( 消 費 税, 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む 金 額 ) 構 築 時 から 本 稼 働 までに 必 要 な 費 用 この 金 額 は, 本 業 務 に 係 る 契 約 時 の 予 定 価 格 を 示 すものでは 無 く, 事 業 規 模 を 示 気 仙 沼 市 ホームページ 作 成 システム 構 築 業 務 プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 この 要 領 は, 気 仙 沼 市 ホームページ 作 成 システム 構 築 業 務 に 係 る 委 託 事 業 者 を 選 定 するにあたり, 必 要 な 事 項 を 定 めるものである 2 プロポーザル 方 式 を 採 用 する 理 由 本 市 では, 現 在 運 用 しているホームページ 作

More information

という )を 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 末 までの 第 3 期 計 画 として 改 正 し 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 を 進 めているところであり その 概 要 は 以 下 のとおり である. 南 海 トラフ 地 震 首 都 直 下 地 震 等 に 備 えた

という )を 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 末 までの 第 3 期 計 画 として 改 正 し 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 を 進 めているところであり その 概 要 は 以 下 のとおり である. 南 海 トラフ 地 震 首 都 直 下 地 震 等 に 備 えた 特 集 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 東 日 本 大 震 災 では 発 災 日 から88 日 間 にわたり 延 べ 約 3 万,000 隊 約 万 人 の 緊 急 防 援 助 隊 が 防 救 助 活 動 に 尽 力 し 5,064 人 の 人 命 を 救 助 した 南 海 トラフでは 過 去 00 年 から50 年 程 度 の 周 期 でマグニチュード8クラスの 海 溝 型 地 震 が

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information