る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ"

Transcription

1 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職 日 の 俸 給 月 額 退 職 理 由 別 勤 続 年 数 別 支 給 割 合 )+ 調 整 額 ( 注 ) 1 円 未 満 の 端 数 は 切 り 捨 てます ただし 以 下 の 場 合 には 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないか 支 給 後 であ っても 返 納 が 求 められます 1 懲 戒 免 職 等 処 分 を 受 けて 退 職 した 場 合 ( 退 手 法 第 12 条 第 1 項 第 1 号 ) 2 失 職 した 場 合 ( 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 に 該 当 することによる 失 職 を 除 く )( 同 法 第 12 条 第 1 項 第 2 号 ) 3 在 職 期 間 中 の 非 違 行 為 に 係 る 刑 事 事 件 に 関 し 退 職 後 に 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられ た 場 合 ( 支 給 後 に 禁 固 以 上 の 刑 に 処 せられた 後 返 納 を 求 められる 前 に 死 亡 した ときは 相 続 人 に 対 して 返 納 が 求 められます ) ( 同 法 第 14 条 第 15 条 及 び 第 1 7 条 ) 4 退 職 後 に 在 職 期 間 中 の 非 違 行 為 が 発 覚 し それが 懲 戒 免 職 等 処 分 相 当 の 行 為 で あると 認 められた 場 合 ( すでに 職 員 が 死 亡 しているときには 遺 族 等 に 対 して 支 給 がされないか 返 納 が 求 められます ) ( 同 法 第 14 条 から 第 17 条 まで) また 職 員 が 死 亡 した 場 合 で 次 に 該 当 する 遺 族 は 退 職 手 当 を 受 け 取 ることができま せん 1 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 遺 族 ( 同 法 第 2 条 の2) 2 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 先 順 位 又 は 同 順 位 の 遺 族 となるべき 者 を 故 意 に 死 亡 させた 遺 族 ( 同 法 第 2 条 の2) (2) 基 本 額 1 俸 給 月 額 退 手 法 上 の 俸 給 月 額 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 以 下 給 与 法 とい います )に 規 定 する 俸 給 表 の 額 と 俸 給 の 調 整 額 ( 職 務 の 複 雑 困 難 若 しくは 責 任 の 度 や 勤 務 条 件 が 特 殊 な 場 合 に 俸 給 表 の 額 を 調 整 ( 加 算 )するもの )の 合 計 額 をいい ます ( 地 域 手 当 扶 養 手 当 俸 給 の 特 別 調 整 額 等 の 諸 手 当 は 含 みませんので ご 注 意 ください ) 給 与 法 の 適 用 を 受 けない 行 政 執 行 法 人 の 職 員 の 場 合 は 各 法 人 が 定 め

2 る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にその 職 員 が 受 けるべ き 俸 給 月 額 が 退 職 手 当 の 算 定 基 礎 となります 2 勤 続 期 間 勤 続 期 間 は (2)3の 退 職 理 由 とともに 退 職 手 当 の 計 算 の 基 本 的 な 要 素 です 勤 続 期 間 の 計 算 は 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 により 計 算 されます この 場 合 の 計 算 は 月 単 位 で 行 います( 月 の 途 中 での 採 用 退 職 は その 月 を1 月 として 扱 い ます ) 職 員 としての 引 き 続 いた 在 職 期 間 には 地 方 公 共 団 体 や 退 手 法 施 行 令 で 定 める 公 庫 等 における 在 職 期 間 が 通 算 されます ただし 次 の 場 合 には その 期 間 の 全 部 又 は 一 部 を 在 職 期 間 から 除 算 したものが 勤 続 期 間 となります <その2 分 の1の 期 間 を 除 算 するものの 例 > ア 私 傷 病 による 休 職 刑 事 休 職 及 び 研 究 休 職 (ただし その 内 容 が 公 務 の 能 率 的 な 運 営 に 特 に 資 すると 認 められる 等 の 場 合 には 除 算 されない )の 期 間 イ 懲 戒 処 分 としての 停 職 の 期 間 ウ 育 児 休 業 の 期 間 (ただし 子 が1 歳 に 達 した 日 の 属 する 月 までの 期 間 は3 分 の1 を 除 算 する ) <その 期 間 をすべて 除 算 するもの> ア 職 員 団 体 専 従 休 職 の 期 間 イ 自 己 啓 発 等 休 業 の 期 間 (ただし その 内 容 が 公 務 の 能 率 的 な 運 営 に 特 に 資 すると 認 められる 等 の 場 合 には2 分 の1を 除 算 する ) ウ 配 偶 者 同 行 休 業 の 期 間 除 算 期 間 の 計 算 例 3 月 31 日 から8 月 28 日 まで 休 職 等 の 場 合 3 月 と8 月 は1 日 以 上 の 勤 務 日 があるので 除 算 の 対 象 とならない 4 月 から7 月 までの4 月 間 が 除 算 期 間 の 対 象 となる 1 この 期 間 が 私 傷 病 休 職 又 は 停 職 処 分 であった 場 合 除 算 期 間 = 4 月 1/2= 2 月 2 この 期 間 が 職 員 団 体 専 従 休 職 であった 場 合 除 算 期 間 = 4 月

3 3 退 職 理 由 職 員 の 退 職 理 由 は 基 本 額 を 算 定 する 上 で 自 己 都 合 定 年 死 亡 傷 病 応 募 認 定 整 理 等 に 区 分 されます 死 亡 傷 病 による 退 職 については 公 務 上 と 公 務 外 とに 区 分 され さらに 公 務 外 の 傷 病 による 退 職 については 通 勤 によるものと 私 傷 病 に よるものに 区 分 されています 退 職 理 由 別 勤 続 年 数 別 の 退 職 手 当 支 給 割 合 は98 頁 の 表 を 参 照 してください (3) 基 本 額 の 特 例 1 定 年 前 早 期 退 職 者 に 対 する 特 例 ( 退 手 法 第 5 条 の3) 応 募 認 定 (93 頁 の 早 期 退 職 募 集 制 度 参 照 ) 公 務 上 の 傷 病 又 は 死 亡 整 理 等 により 退 職 した 者 のうち 定 年 に 達 する 日 から6 月 前 までに 退 職 した 者 であって そ の 勤 続 期 間 が20 年 以 上 等 であり かつ その 年 齢 がその 者 に 係 る 定 年 から15 年 を 減 じた 年 齢 以 上 ( 定 年 が60 歳 であれば 45 歳 以 上 )であるものには 定 年 前 早 期 退 職 者 に 対 する 退 職 手 当 の 基 本 額 に 係 る 特 例 ( 定 年 前 早 期 退 職 特 例 措 置 )が 適 用 され 次 に 掲 げる 算 式 による 額 が 退 職 手 当 の 基 本 額 の 算 定 の 基 礎 になります 基 本 額 の 算 定 の 基 礎 となる 額 = 退 職 日 の 俸 給 月 額 { 1+( 3%( 注 1 2) 定 年 年 齢 までの 残 年 数 )} ( 注 1) 給 与 法 の 指 定 職 俸 給 表 1 号 俸 相 当 額 以 上 4 号 俸 相 当 額 未 満 の 者 については 1 年 当 たりの 割 増 率 2%が また 4 号 俸 相 当 額 以 上 の 者 については 1 年 当 たりの 割 増 率 1%がそれぞ れ 適 用 され 6 号 俸 相 当 額 以 上 の 者 については 不 適 用 となっています ( 注 2) ( 注 1) 以 外 の 者 のうち その 者 に 係 る 定 年 年 齢 と 退 職 の 日 におけるその 者 の 年 齢 との 差 が 1 年 である 者 については 1 年 当 たりの 割 増 率 2%が 適 用 されます

4 早 期 退 職 募 集 制 度 各 省 各 庁 の 長 等 は 募 集 実 施 要 項 を 職 員 に 周 知 することにより 早 期 退 職 希 望 者 を 募 集 することができます 1 2つの 早 期 退 職 募 集 職 員 の 年 齢 別 構 成 の 適 正 化 を 図 るための 募 集 (1 号 募 集 ) 退 職 時 にその 職 員 に 係 る 定 年 から15 年 を 減 じた 年 齢 以 上 ( 定 年 が60 歳 であれば 45 歳 以 上 )である 職 員 を 対 象 として 行 う 組 織 改 廃 等 に 伴 う 募 集 (2 号 募 集 ) 当 該 組 織 又 は 官 署 若 しくは 事 務 所 に 属 する 職 員 を 対 象 として 行 う 2 募 集 から 退 職 までの 大 まかな 流 れ 早 期 退 職 希 望 者 の 募 集 各 省 各 庁 の 長 等 が 募 集 対 象 者 全 員 に 募 集 実 施 要 項 を 周 知 し 募 集 開 始 < 募 集 実 施 要 項 > 募 集 を 行 う 目 的 ( 上 記 1の 別 ) 募 集 の 対 象 となるべき 職 員 の 範 囲 募 集 人 数 募 集 の 期 間 認 定 を 受 けた 場 合 に 退 職 すべき 期 日 又 は 期 間 等 応 募 募 集 の 期 間 中 いつでも 応 募 し 又 は 応 募 を 取 り 下 げることが 可 能 応 募 及 び 応 募 の 取 下 げは 職 員 の 自 発 的 な 意 思 に 委 ねられたものである 必 要 認 定 各 省 各 庁 の 長 等 は 応 募 者 に 対 し 認 定 ( 不 認 定 の 場 合 もある) 通 知 各 省 各 庁 の 長 等 は 応 募 者 に 対 し 認 定 通 知 書 又 は 不 認 定 通 知 書 を 交 付

5 2 俸 給 月 額 の 減 額 改 定 以 外 の 理 由 により 俸 給 月 額 が 減 額 されたことがある 場 合 の 特 例 ( 退 手 法 第 5 条 の2) 在 職 期 間 中 に 俸 給 月 額 の 減 額 改 定 (いわゆるベースダウン) 以 外 の 理 由 ( 降 格 俸 給 表 間 異 動 等 )により 俸 給 月 額 が 減 額 されたことがある 場 合 で 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 ( 減 額 日 における 当 該 理 由 による 減 額 がなかったものとした 場 合 の 俸 給 月 額 のうち 最 も 多 いもの)が 退 職 日 の 俸 給 月 額 よりも 多 いときは 次 のア 及 びイにより 算 出 した 額 の 合 計 額 を 基 本 額 とする 特 例 があります ア 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 に 係 る 減 額 日 の 前 日 に 実 際 の 退 職 理 由 と 同 じ 理 由 で 退 職 した ものとし かつ 同 日 までの 勤 続 期 間 と 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 を 基 礎 として 算 定 した 基 本 額 に 相 当 する 額 イ 退 職 日 俸 給 月 額 に 次 の(ⅰ)の 割 合 から(ⅱ)の 割 合 を 控 除 した 割 合 を 乗 じて 得 た 額 (ⅰ) 退 職 日 に 退 職 日 までの 勤 続 期 間 と 退 職 日 俸 給 月 額 を 基 礎 として 退 職 手 当 を 算 定 するとした 場 合 の 支 給 割 合 (ⅱ) アの 算 定 に 用 いた 支 給 割 合 ( 注 1) 本 特 例 は 平 成 17 年 改 正 法 の 施 行 日 ( 平 成 18 年 4 月 1 日 ) 又 は 適 用 日 である 新 制 度 切 替 日 以 降 の 減 額 が 対 象 となります ( 注 2) 定 年 前 早 期 退 職 特 例 措 置 の 対 象 者 は 特 定 減 額 前 俸 給 月 額 と 退 職 日 俸 給 月 額 の 両 方 が 割 増 しの 対 象 となります

6 (4) 調 整 額 調 整 額 は 基 礎 在 職 期 間 の 初 日 の 属 する 月 から 末 日 の 属 する 月 までの 各 月 毎 に 当 該 各 月 にその 者 が 属 していた 職 員 の 区 分 ( 第 1 号 区 分 ~ 第 11 号 区 分 )に 応 じて 定 める 額 ( 調 整 月 額 )のうち その 額 が 多 いものから60 月 分 の 調 整 月 額 を 合 計 した 額 です 退 職 手 当 の 調 整 額 区 分 表 ( 給 与 法 適 用 職 員 の 例 ) 区 分 区 対 応 する 職 員 調 整 月 額 分 対 応 する 職 員 調 整 月 額 指 定 職 ( 6 号 俸 以 上 ) 95,400 円 6 行 ( 一 )7 級 これに 相 当 する 職 員 これに 相 当 する 職 員 54,150 円 指 定 職 ( 5 号 俸 以 下 ) 78,750 円 7 行 ( 一 )6 級 43,350 円 これに 相 当 する 職 員 これに 相 当 する 職 員 行 ( 一 )10 級 これに 相 当 する 職 員 行 ( 一 )9 級 これに 相 当 する 職 員 行 ( 一 )8 級 これに 相 当 する 職 員 70,400 円 8 行 ( 一 )5 級 これに 相 当 する 職 員 32,500 円 65,000 円 9 行 ( 一 )4 級 27,100 円 これに 相 当 する 職 員 59,550 円 10 行 ( 一 )3 級 これに 相 当 する 職 員 21,700 円 11 その 他 の 職 員 ( 非 常 勤 職 員 を 含 む ) 0 円 ( 注 ) 勤 続 9 年 以 下 の 自 己 都 合 退 職 者 等 は 調 整 額 が 支 給 されない また 勤 続 4 年 以 下 の 退 職 者 ( 自 己 都 合 退 職 者 以 外 ) 及 び 勤 続 10 年 以 上 24 年 以 下 の 自 己 都 合 退 職 者 は 調 整 額 が 半 額 になる 参 考 他 の 主 な 俸 給 表 における 調 整 額 の 区 分 例 区 行 政 職 ( 二 ) 専 門 行 政 職 税 務 職 公 安 職 ( 一 ) 公 安 職 ( 二 ) 分 級 適 用 範 囲 級 適 用 範 囲 級 適 用 範 囲 級 適 用 範 囲 級 適 用 範 囲 人 以 上 の 職 種 の 長 3 俸 給 の 特 別 調 整 額 五 種 以 上 上 記 以 外 の 者 3 上 記 以 外 の 者 * 上 記 以 外 の 者 在 級 期 間 が120 月 を 超 える 者 上 記 以 外 の 者 3 3 特 2 *2 上 記 以 外 の 者

7 ( 注 1) *1 については 皇 宮 警 部 補 以 上 の 階 級 にあった 期 間 が156 月 を 超 える 皇 宮 護 衛 官 副 看 守 長 以 上 の 階 級 にあった 期 間 が120 月 を 超 える 刑 務 官 又 は 警 備 士 以 上 の 階 級 にあった 期 間 が24 月 を 超 える 入 国 警 備 官 に 適 用 ( 注 2) *2 については 副 看 守 長 以 上 の 階 級 にあった 期 間 が60 月 を 超 える 刑 務 官 又 は 警 備 士 補 以 上 の 階 級 にあった 期 間 が60 月 を 超 える 入 国 警 備 官 に 適 用 (5) 退 職 手 当 の 計 算 例 定 年 退 職 で 在 職 中 に 休 職 期 間 のある 例 退 職 日 の 俸 給 月 額 行 ( 一 ) 5 級 73 号 俸 385,100 円 在 職 期 間 採 用 年 月 日 昭 和 52 年 (1977 年 )4 月 4 日 昇 格 年 月 日 平 成 25 年 (2013 年 )4 月 1 日 5 級 退 職 年 月 日 平 成 28 年 (2016 年 )3 月 31 日 私 傷 病 による 休 職 期 間 除 算 対 象 期 間 7 月 間 * 休 職 期 間 は 調 整 額 の 算 定 の 基 礎 となる 期 間 の 計 算 に 影 響 がなかったものとする 勤 続 期 間 (2016 年 3 月 )-(1977 年 4 月 )- 除 算 期 間 (7 月 2)= 38 年 8.5 月 端 数 切 捨 て 38 年 退 職 理 由 別 勤 続 期 間 別 支 給 割 合 (25 年 以 上 勤 続 定 年 退 職 ) 退 職 手 当 支 給 額 = 基 本 額 ( 退 職 日 の 俸 給 月 額 支 給 割 合 (49.59)) + 調 整 額 = 385,100 円 (32,500 円 36 月 +27,100 円 24 月 ) = 20,917,509 円 早 期 退 職 募 集 制 度 に 応 募 し 53 歳 で 応 募 認 定 退 職 する 場 合 の 例 退 職 日 の 俸 給 月 額 行 ( 一 ) 7 級 38 号 俸 430,800 円 在 職 期 間 採 用 年 月 日 昭 和 60 年 (1985 年 )4 月 1 日 昇 格 年 月 日 平 成 26 年 (2014 年 )4 月 1 日 7 級 退 職 年 月 日 平 成 28 年 (2016 年 )3 月 31 日 定 年 年 齢 までの 残 年 数 7 年 勤 続 期 間 (2016 年 3 月 ) - (1985 年 4 月 ) = 31 年 退 職 理 由 別 勤 続 期 間 別 支 給 割 合 (25 年 以 上 勤 続 応 募 認 定 退 職 )

8 退 職 手 当 支 給 額 = 基 本 額 ( 退 職 日 の 俸 給 月 額 (1+3% 残 年 数 (7 年 )) 支 給 割 合 ( )) + 調 整 額 = 430,800 円 (1+21%) (54,150 円 24 月 + 43,350 円 36 月 ) = 25,784, 円 25,784,784 円 (1 円 未 満 端 数 切 捨 て)

9 国 家 公 務 員 退 職 手 当 支 給 割 合 一 覧 ( 平 成 26 年 7 月 1 日 ~) 法 第 3 条 法 第 4 条 法 第 5 条 自 己 ( 1 1 年 未 満 勤 公 務 外 傷 病 (11 年 以 上 25 年 未 整 理 応 募 認 定 (25 年 以 上 勤 続 ) 定 勤 都 合 続 ) 定 年 応 募 ( 通 勤 傷 病 満 勤 続 ) 定 年 応 退 職 (2 号 ) 公 年 応 募 認 定 退 職 続 認 定 退 職 (1 を 除 く) 募 認 定 退 職 (1 務 上 死 亡 公 務 (1 号 ) 任 期 終 了 年 号 ) 任 期 終 了 号 ) 任 期 終 了 上 傷 病 事 務 都 合 退 職 数 事 務 都 合 退 事 務 都 合 退 職 公 務 外 死 亡 通 勤 職 公 務 外 死 公 務 外 死 亡 通 傷 病 等 亡 通 勤 傷 病 勤 傷 病 等 等 (3.6a) (4.5a) (5.4a) (5.4a) ( 注 )1 ( ) 内 は 法 第 6 条 の5の 最 低 保 障 である aは 基 本 給 月 額 を 示 し 基 本 給 月 額 とは 俸 給 及 び 扶 養 手 当 の 月 額 並 びにこれらに 対 する 地 域 手 当 ( 又 はこれに 相 当 する 手 当 )の 月 額 の 合 計 額 をい う 2 法 附 則 第 21 項 から 第 23 項 まで 及 び 昭 和 48 年 法 律 第 30 号 附 則 第 5 項 から 第 7 項 による 退 職 手 当 の 基 本 額 の 調 整 (87/100)を 含 めた 計 数 である

10 (6) 退 職 手 当 に 係 る 税 金 退 職 所 得 は 他 の 所 得 とは 合 算 せずに 切 り 離 して 税 額 を 計 算 します なお 退 職 の 際 に 退 職 所 得 の 受 給 に 関 する 申 告 書 を 退 職 手 当 の 支 払 者 に 提 出 す ることとなります 1 所 得 税 の 計 算 < 課 税 対 象 額 の 計 算 > ( 退 職 手 当 額 - 退 職 所 得 控 除 額 ) 1/2 = 課 税 対 象 額 (1,000 円 未 満 切 捨 て) < 退 職 所 得 控 除 額 の 計 算 方 式 >( 勤 続 年 数 について1 年 未 満 の 端 数 は 切 り 上 げます ) 勤 続 年 数 が20 年 以 下 の 場 合 勤 続 年 数 40 万 円 ( 退 職 所 得 控 除 額 が80 万 円 未 満 の 場 合 には 80 万 円 ) 勤 続 年 数 が20 年 を 超 える 場 合 ( 勤 続 年 数 -20) 70 万 円 万 円 ( 注 ) 退 職 所 得 控 除 額 については 資 料 編 266 頁 源 泉 徴 収 のための 退 職 所 得 控 除 額 の 表 を 参 照 してください この 計 算 式 から 得 た 課 税 対 象 額 に 所 得 税 が 課 税 されます また 平 成 25 年 か ら2.1%の 復 興 特 別 所 得 税 が 追 加 課 税 されています 所 得 税 額 =( 課 税 対 象 額 税 率 - 控 除 額 ) 1.021(1 円 未 満 切 捨 て) 課 税 対 象 額 別 税 率 控 除 額 表 課 税 対 象 額 税 率 控 除 額 195 万 円 以 下 5% 万 円 超 330 万 円 以 下 10% 97,500 円 330 万 円 超 695 万 円 以 下 20% 427,500 円 695 万 円 超 900 万 円 以 下 23% 636,000 円 900 万 円 超 1,800 万 円 以 下 33% 1,536,000 円 1,800 万 円 超 40% 2,796,000 円 例 1: 勤 続 38 年 で 退 職 手 当 額 が2,500 万 円 の 場 合 退 職 所 得 控 除 額 =(38-20) 70 万 円 +800 万 円 = 2,060 万 円 課 税 対 象 額 =(2,500 万 円 -2,060 万 円 ) 1/2 = 220 万 円 税 額 = (220 万 円 10%-97,500 円 ) =125,072.5 円 =125,072 円 (1 円 未 満 切 捨 て) 例 2: 勤 続 38 年 で 退 職 手 当 額 が3,000 万 円 の 場 合 退 職 所 得 控 除 額 =(38-20) 70 万 円 +800 万 円 = 2,060 万 円 課 税 対 象 額 =(3,000 万 円 -2,060 万 円 ) 1/2 = 470 万 円 税 額 = (470 万 円 20%-427,500 円 ) =523,262.5 円 =523,262 円 (1 円 未 満 切 捨 て)

11 2 住 民 税 の 計 算 退 職 所 得 に 係 る 住 民 税 の 税 率 (10%)は 市 町 村 民 税 ( 特 別 区 民 税 )が6% 道 府 県 民 税 ( 都 民 税 )が4%となっています 退 職 手 当 額 から 所 得 税 の 場 合 と 同 様 に 退 職 所 得 控 除 額 控 除 後 の 金 額 を 求 め それぞ れの 額 を 計 算 します なお 税 額 に100 円 未 満 の 端 数 がある 場 合 には それぞれ100 円 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 てます 例 1の 場 合 : 退 職 所 得 控 除 額 控 除 後 の 金 額 =(2,500 万 円 -2,060 万 円 ) 1/2 = 220 万 円 市 町 村 民 税 = 220 万 円 6% = 132,000 円 道 府 県 民 税 = 220 万 円 4% = 88,000 円 合 計 = 22 万 円 例 2の 場 合 : 退 職 所 得 控 除 額 控 除 後 の 金 額 =(3,000 万 円 -2,060 万 円 ) 1/2 = 470 万 円 市 町 村 民 税 = 470 万 円 6% = 282,000 円 道 府 県 民 税 = 470 万 円 4% = 188,000 円 合 計 = 47 万 円 なお 1 月 1 日 から4 月 30 日 までの 間 に 退 職 した 場 合 毎 月 の 給 与 から 源 泉 徴 収 されている 住 民 税 の 未 納 分 は 給 与 又 は 退 職 手 当 から 一 括 徴 収 できることとなってい ます( 住 民 税 は 前 々 年 1 年 間 の 所 得 を 基 に 年 額 が 決 定 され これを 前 年 6 月 から 当 年 5 月 までの 期 間 の 月 割 りで 徴 収 されます したがって この 期 間 の 中 途 で 退 職 した 場 合 はその 後 5 月 までの 月 割 り 分 が 未 納 分 となります ) そのため 例 えば3 月 3 1 日 に 定 年 退 職 するような 場 合 で 3 月 の 給 与 から 退 職 年 の4 月 分 及 び5 月 分 の 住 民 税 が 徴 収 されていない 時 には 退 職 手 当 に 課 税 される 所 得 税 及 び 住 民 税 に 併 せて 4 月 分 及 び5 月 分 の 給 与 から 源 泉 徴 収 される 予 定 であった 住 民 税 も 退 職 手 当 の 支 給 時 に 一 括 して 源 泉 徴 収 されることとなりますのでご 注 意 ください

12 (7) 退 職 手 当 手 取 額 計 算 書 1 退 職 手 当 額 の 算 定 ア 勤 続 年 数 退 職 ( 予 定 ) 年 月 年 月 満 歳 採 用 年 月 年 月 勤 続 年 月 数 年 月 a 除 算 期 間 除 算 対 象 期 間 除 算 率 * 除 算 年 月 数 b 年 月 年 月 * 休 職 等 1/2 年 月 年 月 職 員 団 体 専 従 休 職 期 間 等 1/1 退 職 手 当 法 上 の 勤 続 期 間 = 勤 続 年 月 数 a- 除 算 年 月 数 b 手 当 計 算 上 勤 続 年 数 - = 年 ( 端 数 切 捨 て) 税 法 上 の 勤 続 年 数 = 勤 続 年 数 c 年 ( 端 数 切 上 げ) ( 注 ) 税 法 上 の 勤 続 年 数 の 扱 いとしては 職 員 団 体 専 従 休 職 期 間 はすべて 除 算 するが 休 職 期 間 は 除 算 せず 全 休 職 期 間 を 勤 続 年 数 として 含 める イ 退 職 理 由 定 年 応 募 認 定 自 己 都 合 その 他 ウ 支 給 割 合 アとイをもとに 国 家 公 務 員 退 職 手 当 支 給 割 合 一 覧 (98 頁 )の 支 給 割 合 d エ 退 職 日 の 俸 給 月 額 円 e 早 期 退 職 募 集 制 度 に 応 募 して 認 められ かつ 定 年 前 15 年 以 内 勤 続 20 年 以 上 等 の 場 合 e {1+(3% ( 定 年 年 齢 - 退 職 時 年 齢 )} = 円 f ( 注 ) 定 年 年 齢 と 退 職 時 年 齢 の 差 が1 年 の 場 合 は2%が 適 用 されます また 一 般 職 給 与 法 の 指 定 職 俸 給 表 1 号 俸 相 当 額 以 上 4 号 俸 相 当 額 未 満 の 者 については 1 年 当 たりの 割 増 率 2%が 4 号 俸 相 当 額 以 上 の 者 については 1 年 当 たりの 割 増 率 1%がそれぞれ 適 用 され 6 号 俸 相 当 額 以 上 の 者 については 不 適 用 となっています オ 調 整 額 基 礎 在 職 期 間 のうち その 調 整 月 額 の 高 い 方 から60 月 分 の 合 計 額 を 加 算 円 月 + 円 月 = 円 g

13 以 上 により e 又 はf 退 職 日 の 俸 給 月 額 d 支 給 割 合 g 調 整 額 A 退 職 手 当 支 給 額 円 + = 円 2 退 職 手 当 に 係 る 税 額 課 税 対 象 額 = 退 職 手 当 支 給 額 退 職 所 得 控 除 額 =(A - ア 万 円 ) 1/2 = (1000 円 未 満 切 捨 て) B 円 c が20 年 超 ( 勤 続 年 数 c -20) 70 万 円 +800 万 円 = ア 万 円 20 年 以 下 c 40 万 円 = ア 万 円 ア 所 得 税 (99 頁 の 所 得 税 の 計 算 参 照 ) 税 率 控 除 額 所 得 税 =B( 円 % - 万 円 ) = イ 円 (1 円 未 満 切 捨 て) イ 住 民 税 (100 頁 住 民 税 の 計 算 参 照 ) 税 率 市 町 村 民 税 =B 円 6 % = ウ 円 (100 円 未 満 切 捨 て) 道 府 県 民 税 =B 円 4 % = エ 円 (100 円 未 満 切 捨 て) 3 退 職 手 当 の 税 引 き 後 の 手 取 額 退 職 手 当 支 給 額 税 額 (イ+ウ+エ) A - = 税 引 後 手 取 額

14 2 年 金 制 度 の 概 要 (1) 公 的 年 金 制 度 我 が 国 における 公 的 年 金 制 度 は 基 礎 年 金 制 度 と 基 礎 年 金 制 度 の 上 乗 せ 部 分 として の 被 用 者 年 金 制 度 に 区 分 されます 平 成 27 年 9 月 まで 国 家 公 務 員 などの 共 済 組 合 員 は 被 用 者 年 金 制 度 については 共 済 年 金 の 適 用 を 受 けており 国 民 年 金 と 合 わせて2つの 年 金 制 度 の 適 用 を 受 けていまし たが 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 により 平 成 27 年 10 月 からは 国 家 公 務 員 なども 共 済 年 金 に 代 わって 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 することとなり これにより 国 家 公 務 員 を 含 むすべ ての 被 用 者 は 厚 生 年 金 と 国 民 年 金 の 適 用 を 受 けることとなりました

15 (2) 被 用 者 年 金 制 度 1 厚 生 年 金 被 保 険 者 の 種 別 及 び 実 施 機 関 平 成 27 年 10 月 から 厚 生 年 金 の 被 保 険 者 は 厚 生 年 金 保 険 法 第 2 条 の5 第 1 項 に 基 づき 次 の 第 1 号 から 第 4 号 の 種 別 に 区 分 されることとなります なお 保 険 給 付 等 に 関 する 事 務 については 被 保 険 者 の 種 別 ごとに 各 実 施 機 関 が 行 うことになります その 内 容 は 次 表 のとおりです 被 保 険 者 の 種 別 第 1 号 第 2 号 から 第 4 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 以 外 の 民 間 被 用 者 等 第 2 号 国 家 公 務 員 共 済 組 合 の 組 合 員 たる 厚 生 年 金 被 保 険 者 第 3 号 地 方 公 務 員 共 済 組 合 の 組 合 員 たる 厚 生 年 金 被 保 険 者 第 4 号 私 立 学 校 教 職 員 共 済 制 度 の 加 入 者 たる 厚 生 年 金 被 保 険 者 実 施 機 関 厚 生 労 働 大 臣 ( 日 本 年 金 機 構 ) 国 家 公 務 員 共 済 組 合 及 び 国 家 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 地 方 公 務 員 共 済 組 合 全 国 市 町 村 職 員 共 済 組 合 連 合 会 及 び 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 2 老 齢 厚 生 年 金 と 退 職 共 済 年 金 国 家 公 務 員 は 上 記 のとおり 平 成 27 年 10 月 からは 厚 生 年 金 保 険 法 第 2 条 の5 第 1 項 第 2 号 に 規 定 する 厚 生 年 金 被 保 険 者 ( 以 下 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 と い います ) となります( 再 任 用 短 時 間 勤 務 職 員 を 除 く ) また 平 成 27 年 9 月 までの 国 家 公 務 員 共 済 組 合 の 組 合 員 であった 期 間 についても 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 であったものとみなされることにより 平 成 27 年 10 月 以 降 に 年 金 の 受 給 権 が 発 生 する 国 家 公 務 員 には 老 齢 厚 生 年 金 が 支 給 されることとな ります 老 齢 厚 生 年 金 は 昭 和 36 年 4 月 1 日 以 前 に 生 まれた 者 については 65 歳 に 達 するま での 間 は 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 が 支 給 され 65 歳 に 達 した 後 は 特 別 支 給 に 代 わって 本 来 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 が 支 給 されることになります なお 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 により 平 成 27 年 9 月 30 日 をもって 職 域 加 算 額 が 廃 止 となりますが 同 日 までの 国 家 公 務 員 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 を 有 する 方 について は その 方 が 老 齢 厚 生 年 金 を 受 給 することとなったときは 老 齢 厚 生 年 金 と 併 せて 同 日 までの 期 間 に 係 る 経 過 的 職 域 加 算 額 が 支 給 されることとなります この 経 過 的 職 域 加 算 額 は 退 職 共 済 年 金 として 支 給 されます

16 受 給 する 年 金 のイメージ 65 歳 に 達 する 月 分 まで 65 歳 に 達 した 月 の 翌 月 から 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 + 特 別 支 給 の 本 来 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 + 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 退 職 共 済 年 金 国 家 公 務 員 共 済 ( 経 過 的 職 域 加 算 額 ) ( 経 過 的 職 域 加 算 額 ) 組 合 連 合 会 が 支 給 + ( 昭 和 36 年 4 月 1 日 生 まれの 者 まで) 退 職 等 年 金 給 付 (121 頁 参 照 ) 老 齢 基 礎 年 金 日 本 年 金 機 構 が 支 給 3 65 歳 までの 間 に 支 給 される 年 金 (ⅰ) 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 次 のアからウまでの 全 ての 要 件 を 満 たした 者 には 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 が6 5 歳 に 達 するまで 支 給 されます ただし 再 任 用 された 場 合 など 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 である 間 は その 者 の 標 準 報 酬 と 年 金 の 額 に 応 じて 老 齢 厚 生 年 金 の 一 部 または 全 部 が 支 給 停 止 となります ア 下 表 に 掲 げる 年 齢 以 上 であること 生 年 月 日 昭 和 28 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 30 年 4 月 1 日 30 年 4 月 2 日 ~ 32 年 4 月 1 日 32 年 4 月 2 日 ~ 34 年 4 月 1 日 34 年 4 月 2 日 ~ 36 年 4 月 1 日 支 給 開 始 年 齢 61 歳 62 歳 63 歳 64 歳 イ 1 年 以 上 の 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 ( 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 以 外 の 他 の 種 別 の 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 を 含 む )を 有 すること ウ 保 険 料 納 付 済 期 間 保 険 料 免 除 期 間 及 び 合 算 対 象 期 間 が25 年 以 上 あること

17 < 基 本 的 な 年 金 額 > 年 金 額 = 平 成 15 年 3 月 までの 期 間 に 係 る 報 酬 比 例 額 (A)+ 平 成 15 年 4 月 以 降 受 給 権 発 生 までの 期 間 に 係 る 報 酬 比 例 額 (B) A= 平 均 標 準 報 酬 月 額 7.5/1000 平 成 15 年 3 月 までの 第 2 号 被 保 険 者 期 間 の 月 数 B= 平 均 標 準 報 酬 額 5.769/1000 平 成 15 年 4 月 以 降 の 第 2 号 被 保 険 者 期 間 の 月 数 一 部 の 方 については 計 算 式 が 異 なる 場 合 があります 被 保 険 者 期 間 の 月 数 について 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 は 国 家 公 務 員 として 就 職 した 月 から 退 職 した 月 の 前 月 ( 定 年 等 のように 月 の 末 日 に 退 職 した 時 はその 月 ) までの 期 間 の 月 数 によって 計 算 することと なります (ただし 昭 和 61 年 3 月 31 日 までの 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 の 計 算 は 就 職 した 月 から 退 職 した 月 までの 期 間 の 月 数 により 計 算 します ) 昭 平 年 (456 月 ) 就 職 定 年 退 職 昭 平 年 11 月 (455 月 ) 就 職 退 職 昭 昭 平 平 年 (96 月 ) 23 年 11 月 (287 月 ) 就 職 退 職 就 職 退 職 合 計 31 年 11 月 (383 月 ) 平 均 標 準 報 酬 月 額 平 均 標 準 報 酬 額 について 平 均 標 準 報 酬 月 額 とは 平 成 15 年 3 月 以 前 の 各 月 の 掛 金 の 基 礎 となった 標 準 報 酬 の 月 額 を 平 均 した 額 をいいます また 平 均 標 準 報 酬 額 とは 平 成 15 年 4 月 以 後 の 各 月 の 掛 金 の 基 礎 となった 標 準 報 酬 の 月 額 と 標 準 賞 与 額 等 の 総 額 を 平 成 15 年 4 月 以 後 の 月 数 で 除 して 得 た 額 をいいます 平 均 標 準 報 酬 月 額 = 平 成 15 年 4 月 前 の 各 月 の 標 準 報 酬 月 額 の 総 額 平 成 15 年 4 月 前 の 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 の 月 数 平 均 標 準 報 酬 額 = 平 成 15 年 4 月 以 後 の 各 月 の 標 準 報 酬 月 額 の 総 額 + 標 準 賞 与 額 等 ( 注 )の 総 額 平 成 15 年 4 月 以 後 の 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 の 月 数 ( 注 ) 標 準 賞 与 額 等 とは 期 末 手 当 と 勤 勉 手 当 の 額 のことで 6 月 12 月 それぞれの 額 に1,000 円 未 満 の 端 数 があるときには これを 切 り 捨 てた 額 (150 万 円 が 上 限 )となります

18 (ⅱ) 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 ( 経 過 的 職 域 加 算 額 ) 上 記 (ⅰ)により 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 が 支 給 される 者 で 平 成 27 年 9 月 まで の 共 済 組 合 員 であった 期 間 を 有 する 者 については 併 せて 経 過 的 職 域 加 算 額 が 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 として 支 給 されます ( ただし 引 き 続 く1 年 以 上 の 国 家 公 務 員 であった 期 間 を 有 する 者 に 限 ります ) < 基 本 的 な 年 金 額 > 年 金 額 = 平 成 15 年 3 月 までの 期 間 に 係 る 報 酬 比 例 額 (A)+ 平 成 15 年 4 月 以 降 平 成 27 年 9 月 までの 期 間 に 係 る 報 酬 比 例 額 (B) ( 組 合 員 期 間 が20 年 以 上 の 方 ) A= 平 均 標 準 報 酬 月 額 1.5/1000 平 成 15 年 3 月 までの 被 保 険 者 期 間 の 月 数 B= 平 均 標 準 報 酬 額 1.154/1000 平 成 15 年 4 月 以 降 の 被 保 険 者 期 間 の 月 数 ( 組 合 員 期 間 が20 年 未 満 の 方 ) A= 平 均 標 準 報 酬 月 額 0.75/1000 平 成 15 年 3 月 までの 被 保 険 者 期 間 の 月 数 B= 平 均 標 準 報 酬 額 0.577/1000 平 成 15 年 4 月 以 降 の 被 保 険 者 期 間 の 月 数 一 部 の 方 については 計 算 式 が 異 なる 場 合 があります 4 65 歳 から 支 給 される 年 金 (ⅰ) 本 来 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 次 のア 及 びイの 要 件 を 満 たしたときに 支 給 されます ア 65 歳 以 上 であること イ 保 険 料 納 付 済 期 間 保 険 料 免 除 期 間 及 び 合 算 対 象 期 間 が25 年 以 上 あること < 基 本 的 な 年 金 額 > 年 金 額 = 報 酬 比 例 額 ( 注 1)+ 経 過 的 加 算 額 ( 注 2) (+ 加 給 年 金 額 ( 注 3)) ( 注 1) 報 酬 比 例 額 は 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 と 同 額 になります ( 注 2) 経 過 的 加 算 額 =1,626 円 被 保 険 者 月 数 - 老 齢 基 礎 年 金 の 額 です ( 注 3) 加 給 年 金 額 は 原 則 として 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 が20 年 以 上 ある 方 が65 歳 に 達 した 時 点 で その 方 によって 生 計 を 維 持 している 対 象 者 が いる 場 合 に 支 給 されます ( 加 給 年 金 額 は 以 下 参 照 )

19 加 給 年 金 額 について 対 象 者 加 給 年 金 額 年 齢 要 件 配 偶 者 390,100 円 65 歳 未 満 であること 18 歳 に 達 した 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 に 1 人 目 2 人 目 の 子 各 224,500 円 あるか 20 歳 未 満 で 厚 生 年 金 保 険 法 に 定 める 障 害 の 程 度 が1 級 2 級 に 該 当 していること 3 人 目 以 降 の 子 各 74,800 円 加 給 年 金 額 の 支 給 停 止 対 象 配 偶 者 が 老 齢 厚 生 ( 退 職 共 済 ) 年 金 ( 原 則 として 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 が20 年 以 上 の 年 金 ) または 障 害 年 金 を 受 けられる 間 は 加 給 年 金 額 ( 配 偶 者 分 )は 支 給 停 止 されます 加 給 年 金 額 の 失 権 次 に 掲 げる 場 合 に 該 当 したときは 加 給 年 金 額 の 失 権 となります 配 偶 者 や 子 が 死 亡 したとき 配 偶 者 が65 歳 に 達 したとき 子 が18 歳 に 達 した 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 が 終 了 したとき 障 害 の 状 態 にある 子 が20 歳 に 達 したとき など 振 替 加 算 加 給 年 金 額 は その 対 象 となっている 配 偶 者 が65 歳 に 達 すると 加 算 され なくなりますが 配 偶 者 自 身 が65 歳 から 受 給 する 老 齢 基 礎 年 金 に 次 の 計 算 式 により 計 算 した 額 が 加 算 されることとなります これを 振 替 加 算 と いいます ただし 配 偶 者 自 身 が 老 齢 厚 生 ( 退 職 共 済 ) 年 金 ( 原 則 として 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 が20 年 以 上 の 年 金 ) または 障 害 年 金 を 受 けられるときは 加 算 されな いこととなっています なお 本 人 より 配 偶 者 が 先 に 老 齢 基 礎 年 金 を 受 給 している 場 合 ( 配 偶 者 が 年 上 の 場 合 ) 本 人 が65 歳 に 到 達 し 本 来 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 を 受 給 するこ とができるようになった 時 から 配 偶 者 の 老 齢 基 礎 年 金 に 振 替 加 算 額 が 加 算 されることとなります

20 振 替 加 算 の 率 及 び 額 配 偶 者 の 生 年 月 日 大 正 15 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 2 年 4 月 1 日 ~ ~ 昭 和 24 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 25 年 4 月 1 日 昭 和 25 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 26 年 4 月 1 日 昭 和 26 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 27 年 4 月 1 日 昭 和 27 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 28 年 4 月 1 日 昭 和 28 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 29 年 4 月 1 日 昭 和 29 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 30 年 4 月 1 日 昭 和 30 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 31 年 4 月 1 日 昭 和 31 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 32 年 4 月 1 日 昭 和 32 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 33 年 4 月 1 日 昭 和 33 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 34 年 4 月 1 日 昭 和 34 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 35 年 4 月 1 日 昭 和 35 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 36 年 4 月 1 日 昭 和 36 年 4 月 2 日 ~ 昭 和 41 年 4 月 1 日 昭 和 41 年 4 月 2 日 ~ 実 際 の 加 算 額 224,500 円 ~ 86,900 円 80,800 円 74,800 円 68,900 円 62,900 円 56,800 円 51,000 円 44,900 円 38,800 円 33,000 円 26,900 円 20,900 円 15,000 円 加 算 額 なし (ⅱ) 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 ( 経 過 的 職 域 加 算 額 ) 上 記 (ⅰ)により 本 来 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 が 支 給 される 者 で 平 成 27 年 9 月 まで の 共 済 組 合 員 であった 期 間 を 有 する 者 については 併 せて 経 過 的 職 域 加 算 額 が 本 来 支 給 の 退 職 共 済 年 金 として 支 給 されます (ただし 引 き 続 く1 年 以 上 の 国 家 公 務 員 であった 期 間 を 有 する 者 に 限 ります ) < 基 本 的 な 年 金 額 > 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 (107 頁 参 照 )と 同 額 になります (ⅲ) 老 齢 基 礎 年 金 65 歳 からは 日 本 年 金 機 構 から 老 齢 基 礎 年 金 が 支 給 されます 老 齢 基 礎 年 金 額 780,100 円 ( 平 成 27 年 4 月 からの 額 ) 保 険 料 納 付 済 期 間 の 月 数 ( 組 合 員 期 間 月 数 国 民 年 金 納 付 期 間 等 ) 480 月 ( 国 民 年 金 加 入 可 能 月 数 )

21 国 家 公 務 員 に 支 給 される 年 金 とその 支 給 開 始 年 齢 ( 共 ) 共 済 年 金 ( 厚 ) 厚 生 年 金 ( 国 ) 国 民 年 金 昭 和 16 年 4 月 1 日 以 前 に 生 まれた 者 ( 平 成 12 年 度 以 前 に60 歳 に 達 する 者 ) 60 歳 特 別 支 給 本 来 支 給 65 歳 配 偶 者 65 歳 ( 老 齢 基 礎 年 金 受 給 ) 加 給 年 金 ( 共 ) 加 給 年 金 ( 共 ) 職 域 加 算 部 分 ( 共 ) 報 酬 比 例 部 分 ( 共 ) 定 額 部 分 ( 共 ) 職 域 加 算 部 分 ( 共 ) 報 酬 比 例 部 分 ( 共 ) 老 齢 基 礎 年 金 ( 国 ) 昭 和 16 年 4 月 2 日 ~18 年 4 月 1 日 に 生 まれた 者 ( 平 成 13~14 年 度 に60 歳 に 達 する 者 ) 60 歳 61 歳 特 別 支 給 本 来 支 給 65 歳 配 偶 者 65 歳 ( 老 齢 基 礎 年 金 受 給 ) 加 給 年 金 ( 共 ) 職 域 加 算 部 分 ( 共 ) 報 酬 比 例 部 分 ( 共 ) 加 給 年 金 ( 共 ) 職 域 加 算 部 分 ( 共 ) 報 酬 比 例 部 分 ( 共 ) 定 額 部 分 ( 共 ) 老 齢 基 礎 年 金 ( 国 ) 昭 和 18 年 4 月 2 日 ~20 年 4 月 1 日 に 生 まれた 者 ( 平 成 15~16 年 度 に60 歳 に 達 する 者 ) 60 歳 特 別 支 給 本 来 支 給 62 歳 65 歳 配 偶 者 65 歳 ( 老 齢 基 礎 年 金 受 給 ) 加 給 年 金 ( 共 ) 職 域 加 算 部 分 ( 共 ) 加 給 年 金 ( 共 ) 職 域 加 算 部 分 ( 共 ) 報 酬 比 例 部 分 ( 共 ) 報 酬 比 例 部 分 ( 共 ) 定 額 部 分 ( 共 ) 老 齢 基 礎 年 金 ( 国 ) 昭 和 20 年 4 月 2 日 ~22 年 4 月 1 日 に 生 まれた 者 ( 平 成 17~18 年 度 に60 歳 に 達 する 者 ) 60 歳 特 別 支 給 本 来 支 給 63 歳 65 歳 配 偶 者 65 歳 ( 老 齢 基 礎 年 金 受 給 ) 加 給 年 金 ( 共 ) 加 給 年 金 ( 共 ) 職 域 加 算 部 分 ( 共 ) 職 域 加 算 部 分 ( 共 ) 報 酬 比 例 部 分 ( 共 ) 報 酬 比 例 部 分 ( 共 ) 定 額 部 分 ( 共 ) 老 齢 基 礎 年 金 ( 国 ) 昭 和 22 年 4 月 2 日 ~24 年 4 月 1 日 に 生 まれた 者 ( 平 成 19~20 年 度 に60 歳 に 達 する 者 ) 60 歳 特 別 支 給 本 来 支 給 64 歳 65 歳 配 偶 者 65 歳 ( 老 齢 基 礎 年 金 受 給 ) 加 給 年 金 ( 共 ) 職 域 加 算 部 分 ( 共 ) 加 給 年 金 ( 共 ) 職 域 加 算 部 分 ( 共 ) 報 酬 比 例 部 分 ( 共 ) 報 酬 比 例 部 分 ( 共 ) 定 額 部 分 ( 共 ) 老 齢 基 礎 年 金 ( 国 ) 昭 和 24 年 4 月 2 日 ~28 年 4 月 1 日 に 生 まれた 者 ( 平 成 21~24 年 度 に60 歳 に 達 する 者 ) 60 歳 特 別 支 給 本 来 支 給 65 歳 配 偶 者 65 歳 ( 老 齢 基 礎 年 金 受 給 ) 加 給 年 金 ( 共 ) ( 1) 職 域 加 算 部 分 ( 共 ) 職 域 加 算 部 分 ( 2) ( 共 ) 報 酬 比 例 部 分 ( 共 ) 報 酬 比 例 部 分 ( 3) ( 共 ) 老 齢 基 礎 年 金 ( 国 ) -110-

22 昭 和 28 年 4 月 2 日 ~30 年 4 月 1 日 に 生 まれた 者 ( 平 成 25~26 年 度 に60 歳 に 達 する 者 ) 61 歳 特 別 支 給 職 域 加 算 部 分 ( 4) ( 共 ) 報 酬 比 例 部 分 ( 5) ( 共 ) 65 歳 本 来 支 給 配 偶 者 65 歳 ( 老 齢 基 礎 年 金 受 給 ) 加 給 年 金 ( 厚 ) 経 過 的 職 域 加 算 額 ( 共 ) 老 齢 厚 生 年 金 ( 厚 ) 老 齢 基 礎 年 金 ( 国 ) 昭 和 30 年 4 月 2 日 ~32 年 4 月 1 日 に 生 まれた 者 ( 平 成 27~28 年 度 に60 歳 に 達 する 者 ) 62 歳 特 別 支 給 経 過 的 職 域 加 算 額 ( 共 ) 老 齢 厚 生 年 金 ( 厚 ) 65 歳 本 来 支 給 配 偶 者 65 歳 ( 老 齢 基 礎 年 金 受 給 ) 加 給 年 金 ( 厚 ) 経 過 的 職 域 加 算 額 ( 6) ( 共 ) 老 齢 厚 生 年 金 ( 厚 ) 老 齢 基 礎 年 金 ( 国 ) 昭 和 32 年 4 月 2 日 ~34 年 4 月 1 日 に 生 まれた 者 ( 平 成 29~30 年 度 に60 歳 に 達 する 者 ) 63 歳 特 別 支 給 経 過 的 職 域 加 算 額 ( 共 ) 老 齢 厚 生 年 金 ( 厚 ) 65 歳 本 来 支 給 配 偶 者 65 歳 ( 老 齢 基 礎 年 金 受 給 ) 加 給 年 金 ( 厚 ) 経 過 的 職 域 加 算 額 ( 共 ) 老 齢 厚 生 年 金 ( 厚 ) 老 齢 基 礎 年 金 ( 国 ) 昭 和 34 年 4 月 2 日 ~36 年 4 月 1 日 に 生 まれた 者 ( 平 成 31~32 年 度 に60 歳 に 達 する 者 ) 特 別 支 給 経 過 的 職 域 加 算 額 ( 共 ) 老 齢 厚 生 年 金 ( 厚 ) 64 歳 65 歳 本 来 支 給 配 偶 者 65 歳 ( 老 齢 基 礎 年 金 受 給 ) 加 給 年 金 ( 厚 ) 経 過 的 職 域 加 算 額 ( 共 ) 老 齢 厚 生 年 金 ( 厚 ) 老 齢 基 礎 年 金 ( 国 ) 昭 和 36 年 4 月 2 日 以 後 に 生 まれた 者 ( 平 成 33 年 度 以 後 に60 歳 に 達 する 者 ) 65 歳 本 来 支 給 配 偶 者 65 歳 ( 老 齢 基 礎 年 金 受 給 ) 加 給 年 金 ( 厚 ) 経 過 的 職 域 加 算 額 ( 共 ) 老 齢 厚 生 年 金 ( 厚 ) 老 齢 基 礎 年 金 ( 国 ) ( 1)65 歳 に 達 した 日 が 平 成 27 年 10 月 1 日 以 後 である 者 については 厚 生 年 金 としての 加 給 年 金 ( 2) 65 歳 に 達 した 日 が 平 成 27 年 10 月 1 日 以 後 である 者 については 経 過 的 職 域 加 算 額 ( 共 ) ( 3) 65 歳 に 達 した 日 が 平 成 27 年 10 月 1 日 以 後 である 者 については 老 齢 厚 生 年 金 ( 厚 ) ( 4) 61 歳 に 達 した 日 が 平 成 27 年 10 月 1 日 以 後 である 者 については 経 過 的 職 域 加 算 額 ( 共 ) ( 5) 61 歳 に 達 した 日 が 平 成 27 年 10 月 1 日 以 後 である 者 については 老 齢 厚 生 年 金 ( 厚 ) ( 6) 平 成 27 年 10 月 1 日 以 後 において 国 家 公 務 員 としての 在 職 期 間 がある 者 については このほか65 歳 から 退 職 等 年 金 給 付 が 支 給 される -111-

23 5 繰 上 げ 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 昭 和 28 年 4 月 2 日 以 後 に 生 まれた 者 で 次 のアからエまでの 要 件 を 満 たしている 者 が 3 で 述 べた 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 が 支 給 される 年 齢 に 達 する 前 に 年 金 の 支 給 を 請 求 したとき( 請 求 により 受 給 権 発 生 )に 支 給 されます ア 60 歳 以 上 であること イ 1 年 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 以 外 の 他 の 種 別 の 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 を 含 む )を 有 すること ウ 保 険 料 納 付 済 期 間 保 険 料 免 除 期 間 及 び 合 算 対 象 期 間 が25 年 以 上 あること エ 現 に 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していないこと 繰 上 げの 請 求 を 行 った 場 合 の 年 金 額 は 繰 上 げを 請 求 した 月 数 に 応 じて1 月 当 たり 0.5% 減 額 ( 注 )された 年 金 額 となり この 額 を65 歳 以 降 も 受 けることになります ( 注 ) 減 額 率 について 例 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 61 歳 (S 生 ~ 生 )の 方 が 1 年 前 の 60 歳 0 か 月 から 繰 上 げ 請 求 をした 場 合 老 齢 厚 生 年 金 0.5% 12 月 = 6% 減 額 本 来 の 支 給 開 始 年 齢 が 61 歳 のため 12 月 繰 上 げ 老 齢 基 礎 年 金 0.5% 60 月 =30% 減 額 本 来 の 支 給 開 始 年 齢 が 65 歳 のため 60 月 繰 上 げ なお この 年 金 の 請 求 は 他 の 種 別 に 係 る 老 齢 厚 生 年 金 退 職 共 済 年 金 ( 経 過 的 職 域 加 算 額 ) 老 齢 基 礎 年 金 の 請 求 をすべて 同 時 に 行 う 必 要 があります 6 繰 下 げ 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 4で 述 べた 本 来 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 を 取 得 した 日 ( 通 常 は65 歳 到 達 日 ) から 起 算 して1 年 を 経 過 した 日 ( 通 常 は66 歳 到 達 日 )までに 当 該 年 金 を 請 求 していな かった 場 合 には 支 給 繰 下 げの 申 出 を 行 うことができます 繰 下 げの 期 間 は 66 歳 から70 歳 までの 間 月 単 位 で 設 定 することができます 繰 下 げの 申 出 を 行 った 場 合 の 年 金 額 は 繰 下 げを 行 わなかった 場 合 の 年 金 額 ( 注 )に 対 し 65 歳 から 繰 下 げた 期 間 の 月 数 ( 最 大 60 月 )につき 1 月 当 たり0.7% 増 額 した 年 金 額 となります なお 繰 下 げによる 待 機 期 間 中 は 年 金 の 支 給 はありません 繰 下 げ 加 算 額 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 繰 下 げ 待 機 ( 年 金 支 給 なし) 本 来 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 65 歳 まで 66 歳 以 降 希 望 する 時 期 ~ 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 は 繰 下 げできません

24 ( 注 ) 繰 下 げ 加 算 額 の 計 算 対 象 となる 繰 下 げを 行 わなかった 場 合 の 年 金 額 は 在 職 支 給 停 止 (115 頁 参 照 )の 措 置 を 受 けている 場 合 には 年 金 額 のうち 在 職 によ る 支 給 停 止 額 を 除 いた 額 となります なお 加 給 年 金 額 は 繰 下 げ 加 算 の 対 象 とならず 繰 下 げ 待 機 期 間 中 は 加 給 年 金 額 も 支 給 されませんので 加 給 年 金 額 が 加 算 される 方 は 特 に 注 意 が 必 要 です また 老 齢 基 礎 年 金 も66 歳 以 降 に 繰 り 下 げて 受 給 することができ(70 歳 までで 最 大 60 月 ) この 場 合 も 繰 下 げた 期 間 の 月 数 1 月 につき 0.7%の 額 が 加 算 されることと なります 繰 下 げについては 他 の 種 別 に 係 る 老 齢 厚 生 年 金 退 職 共 済 年 金 ( 経 過 的 職 域 加 算 額 )は 同 時 に 繰 り 下 げる 必 要 がありますが 老 齢 基 礎 年 金 はこれら( 老 齢 厚 生 年 金 など) と 一 緒 に 繰 り 下 げることも 可 能 ですし どちらか 一 方 のみを 繰 り 下 げることも 可 能 とな っています 7 2 以 上 の 種 別 の 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 を 有 する 場 合 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 以 外 に 他 の 種 別 の 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 を 有 している 場 合 の 老 齢 厚 生 年 金 については 次 のように 取 り 扱 われます ア 報 酬 比 例 額 の 計 算 種 別 ごとの 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 や 標 準 報 酬 月 額 等 に 基 づき 年 金 額 が 計 算 され 種 別 ごとに 老 齢 厚 生 年 金 ( 報 酬 比 例 額 )が 決 定 支 給 されます イ 加 給 年 金 額 の 加 算 a 加 給 年 金 額 は 種 別 ごとの 老 齢 厚 生 年 金 の 計 算 基 礎 となっている 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 の 月 数 を 合 算 し 合 計 で240 月 以 上 ある 方 の 年 金 に 加 算 されます A 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 A+B 240 月 加 給 年 金 額 の 加 算 該 当 B 第 1 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 b 前 記 aの 要 件 に 該 当 した 加 給 年 金 額 については 基 本 的 には それぞれの 年 金 額 の 計 算 の 基 礎 となっている 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 が 最 も 長 い 種 別 の 年 金 に 加 算 さ れることとなります

25 8 年 金 額 の 特 例 ( 昭 和 36 年 4 月 1 日 までに 生 まれた 者 が 対 象 ) 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 者 が 次 のア 又 はイの 要 件 に 該 当 するときは 年 金 額 の 特 例 が 適 用 され 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 に 定 額 と 加 給 年 金 額 ( 対 象 者 が いる 場 合 のみ) が 加 算 されます ア 障 害 者 特 例 被 保 険 者 ( 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 以 外 の 被 保 険 者 を 含 む )ではなく かつ 65 歳 到 達 前 に3 級 以 上 の 障 害 等 級 に 該 当 したときにおいて その 旨 の 請 求 があっ たとき イ 長 期 加 入 者 特 例 被 保 険 者 ( 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 以 外 の 被 保 険 者 を 含 む )ではなく かつ 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 が44 年 以 上 ( 他 の 種 別 の 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 は 合 算 されません )のとき 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 額 = 定 額 ( 注 )+ 報 酬 比 例 額 (+ 加 給 年 金 額 ) ( 注 ) 定 額 =1,626 円 被 保 険 者 月 数 ( 上 限 480 月 )です

26 9 在 職 支 給 停 止 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 者 が 厚 生 年 金 の 被 保 険 者 である 間 は 次 の 条 件 により 年 金 の 一 部 又 は 全 部 の 支 給 が 停 止 されます (ⅰ) 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 停 止 ( 計 算 前 提 ) 基 本 月 額 = 老 齢 厚 生 年 金 の 額 1/12 総 報 酬 月 額 相 当 額 = 当 月 の 標 準 報 酬 月 額 + 当 月 以 前 1 年 間 の 標 準 賞 与 額 の1/12 <65 歳 未 満 の 場 合 > ア 基 本 月 額 + 総 報 酬 月 額 相 当 額 28 万 円 全 額 支 給 されます イ 基 本 月 額 + 総 報 酬 月 額 相 当 額 >28 万 円 a 基 本 月 額 28 万 円 総 報 酬 月 額 相 当 額 47 万 円 の 場 合 の 支 給 停 止 月 額 ( 基 本 月 額 + 総 報 酬 月 額 相 当 額 -28 万 円 ) 2 b 基 本 月 額 28 万 円 総 報 酬 月 額 相 当 額 >47 万 円 の 場 合 の 支 給 停 止 月 額 (47 万 円 + 基 本 月 額 -28 万 円 ) 2+( 総 報 酬 月 額 相 当 額 -47 万 円 ) <65 歳 以 上 の 場 合 > ア 基 本 月 額 + 総 報 酬 月 額 相 当 額 47 万 円 全 額 支 給 されます イ 基 本 月 額 + 総 報 酬 月 額 相 当 額 >47 万 円 の 支 給 停 止 月 額 ( 基 本 月 額 + 総 報 酬 月 額 相 当 額 -47 万 円 ) 2 (ⅱ) 退 職 共 済 年 金 ( 経 過 的 職 域 加 算 額 )の 支 給 停 止 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 である 間 は 全 額 が 支 給 停 止 となります それ 以 外 の 場 合 ( 他 の 種 別 の 厚 生 年 金 被 保 険 者 である 場 合 など)は 全 額 支 給 され ます

27 10 老 齢 厚 生 年 金 と 雇 用 保 険 法 に 基 づく 基 本 手 当 との 調 整 65 歳 未 満 の 老 齢 厚 生 年 金 の 受 給 権 者 が 雇 用 保 険 法 に 基 づく 求 職 の 申 込 みを 行 った ときは 当 該 申 込 み 月 の 翌 月 以 後 基 本 手 当 を 受 給 している 間 は 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 が 停 止 されます

28 11 障 害 給 付 (ⅰ) 障 害 厚 生 年 金 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 又 は 被 保 険 者 であった 者 が 次 のaからcまでのいずれか に 該 当 しているときは 障 害 厚 生 年 金 が 支 給 されます a 初 診 日 において 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 であった 者 が 障 害 認 定 日 ( 初 診 日 から1 年 6 月 を 経 過 した 日 又 はその 前 に 症 状 が 固 定 若 しくは 治 癒 したときはその 日 )に 3 級 以 上 の 障 害 等 級 に 該 当 する 障 害 状 態 にあるとき b 初 診 日 に 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 であり 障 害 認 定 日 において3 級 以 上 に 該 当 し なかった 者 が 同 一 傷 病 により その 後 65 歳 までの 間 に3 級 以 上 に 該 当 し 請 求 したとき c 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 の 間 に 初 診 日 のある 傷 病 と 他 の 障 害 を 併 合 し 65 歳 までの 間 に2 級 以 上 の 障 害 等 級 に 該 当 したとき ( 注 ) 初 診 日 の 前 々 月 までに 国 民 年 金 の 保 険 料 未 納 期 間 があるときは 障 害 厚 生 年 金 が 支 給 されない 場 合 があります < 年 金 額 > a 障 害 等 級 が1 級 の 場 合 年 金 額 = 報 酬 比 例 額 125/100(+ 加 給 年 金 額 ) b 障 害 等 級 が2 級 の 場 合 年 金 額 = 報 酬 比 例 額 (+ 加 給 年 金 額 ) c 障 害 等 級 が3 級 の 場 合 年 金 額 = 報 酬 比 例 額 最 低 保 障 額 の 適 用 あり

29 報 酬 比 例 額 の 計 算 式 は 老 齢 厚 生 年 金 と 同 様 です ただし 被 保 険 者 期 間 月 数 は 障 害 認 定 日 の 属 する 月 までで 計 算 されます 被 保 険 者 期 間 が300 月 未 満 の 場 合 には 300 月 で 計 算 されます 障 害 等 級 が1 級 の 場 合 は 報 酬 比 例 額 に1.25を 乗 じた 額 となります なお 障 害 等 級 が3 級 の 場 合 で 年 金 額 が585,100 円 に 満 たないときは 585,100 円 が 保 障 されます 生 計 を 維 持 している 配 偶 者 がいる 場 合 は 加 給 年 金 額 (224,500 円 )が 加 算 され ます (ⅱ) 障 害 共 済 年 金 ( 経 過 的 職 域 加 算 額 ) 上 記 (ⅰ)により 障 害 厚 生 年 金 が 支 給 される 場 合 で 平 成 27 年 9 月 までに 初 診 日 がある 障 害 の 場 合 併 せて 経 過 的 職 域 加 算 額 が 障 害 共 済 年 金 として 支 給 されま す 年 金 額 の 計 算 式 は 退 職 共 済 年 金 ( 経 過 的 職 域 加 算 額 )と 同 様 です ただし 被 保 険 者 期 間 月 数 は 障 害 認 定 日 の 属 する 月 までで 計 算 されます 平 成 27 年 9 月 までの 期 間 が300 月 未 満 の 場 合 には 300 月 で 計 算 されま す 障 害 等 級 が1 級 の 場 合 は 報 酬 比 例 額 に1.25を 乗 じた 額 となります ( 在 職 支 給 停 止 について) 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 である 間 は 障 害 共 済 年 金 ( 経 過 的 職 域 加 算 額 )は 全 額 が 支 給 停 止 となります なお 障 害 厚 生 年 金 は 厚 生 年 金 被 保 険 者 である 間 でも 全 額 支 給 されます (ⅲ) 障 害 基 礎 年 金 障 害 の 程 度 が1 級 又 は2 級 のときに 支 給 されます 年 金 額 は 次 のとおりです 1 級 の 場 合 975,100 円 2 級 の 場 合 780,100 円 生 計 を 維 持 している 子 ( 年 齢 要 件 注 )がいる 場 合 は 次 の 額 が 加 算 されます 対 象 者 加 給 年 金 額 子 の 年 齢 要 件 1 人 目 2 人 目 の 子 各 224,500 円 18 歳 に 達 した 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 に あるか 20 歳 未 満 で 厚 生 年 金 保 険 法 に 定 める 障 害 の 程 度 が1 級 2 級 に 該 当 していること 3 人 目 以 降 の 子 各 74,800 円

30 12 遺 族 給 付 (ⅰ) 遺 族 厚 生 年 金 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 又 は 被 保 険 者 であった 者 が 死 亡 したときは その 者 の 遺 族 に 遺 族 厚 生 年 金 が 支 給 されます ( 注 ) 死 亡 日 の 前 日 までに 国 民 年 金 の 保 険 料 未 納 期 間 があるときは 遺 族 厚 生 年 金 が 支 給 されな い 場 合 があります < 遺 族 の 範 囲 > 被 保 険 者 又 は 被 保 険 者 であった 者 の 死 亡 当 時 その 方 によって 生 計 を 維 持 してい た 次 の 者 となります a 配 偶 者 b 子 c 父 母 ( 配 偶 者 又 は 子 が 受 給 権 を 取 得 したときは 遺 族 非 該 当 ) d 孫 ( 配 偶 者 子 又 は 父 母 が 受 給 権 を 取 得 したときは 遺 族 非 該 当 ) e 祖 父 母 ( 配 偶 者 子 父 母 又 は 孫 が 受 給 権 を 取 得 したときは 遺 族 非 該 当 ) ( 注 1) 夫 父 母 祖 父 母 は55 歳 以 上 の 方 に 限 ります ( 注 2) 子 孫 は18 歳 に 達 した 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にあるか 又 は20 歳 未 満 で2 級 以 上 の 障 害 等 級 に 該 当 する 障 害 状 態 にあり かつ 現 に 婚 姻 をしてい ない 者 となります < 年 金 額 > 次 に 掲 げるa 又 はbのいずれかの 年 金 額 になります a 受 給 権 者 が 妻 の 場 合 年 金 額 = 報 酬 比 例 額 (+ 中 高 齢 寡 婦 加 算 額 ( 注 )) b 受 給 権 者 が 妻 以 外 の 場 合 年 金 額 = 報 酬 比 例 額 報 酬 比 例 額 の 計 算 式 は 老 齢 厚 生 年 金 と 同 じ 計 算 式 により 計 算 した 額 の3/4 となります 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 である 間 に 死 亡 した 場 合 で 被 保 険 者 期 間 が300 月 未 満 である 場 合 は 300 月 で 計 算 されます ( 注 ) 妻 が 受 給 する 遺 族 厚 生 年 金 ( 被 保 険 者 期 間 が240 月 以 上 で 計 算 される 場 合 )については その 妻 が 次 のいずれかの 要 件 に 該 当 するときは 65 歳 に 達 するまで 年 金 額 に 中 高 齢 寡 婦 加 算 額 (585,100 円 )が 加 算 されます 被 保 険 者 又 は 被 保 険 者 であった 方 の 死 亡 時 40 歳 以 上 65 歳 未 満 である 妻

31 40 歳 に 達 した 当 時 遺 族 に 該 当 する 子 と 生 計 を 同 じくしていて その 状 態 が 継 続 してい る65 歳 未 満 である 妻 (ⅱ) 遺 族 共 済 年 金 ( 経 過 的 職 域 加 算 額 ) 上 記 (ⅰ)により 遺 族 厚 生 年 金 が 支 給 される 場 合 で 平 成 27 年 9 月 までの 被 保 険 者 期 間 を 有 する 者 については 併 せて 経 過 的 職 域 加 算 額 が 遺 族 共 済 年 金 として 支 給 されます ( 公 務 によらない 死 亡 に 限 ります ) 年 金 額 の 計 算 式 は 退 職 共 済 年 金 ( 経 過 的 職 域 加 算 額 )と 同 じ 計 算 式 により 計 算 した 額 の3/4となります 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 である 間 に 死 亡 した 場 合 で 平 成 27 年 9 月 までの 期 間 が300 月 未 満 である 場 合 は 300 月 で 計 算 されます (ⅲ) 遺 族 基 礎 年 金 遺 族 厚 生 年 金 が 支 給 される 場 合 で 被 保 険 者 又 は 被 保 険 者 であった 者 の 死 亡 当 時 その 者 によって 生 計 を 維 持 していた 配 偶 者 又 は 子 ( 次 のいずれかに 該 当 する 方 )に は 遺 族 基 礎 年 金 が 支 給 されます a 配 偶 者 については 次 のbの 子 と 生 計 を 同 じくしている 者 b 子 については 18 歳 に 達 した 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にあるか 又 は20 歳 未 満 で2 級 以 上 の 障 害 等 級 に 該 当 する 障 害 状 態 にあり かつ 現 に 婚 姻 をしていない 者 遺 族 基 礎 年 金 の 額 は 次 の1と2を 合 算 した 額 です 区 分 1 2 子 1 人 224,500 円 子 2 人 449,000 円 配 偶 者 が 受 ける 遺 族 基 礎 年 金 780,100 円 子 3 人 以 上 449,000 円 に 3 人 目 からの 子 1 人 につき 74,800 円 を 加 算 子 1 人 子 2 人 224,500 円 子 が 受 ける 遺 族 基 礎 年 金 780,100 円 子 3 人 以 上 224,500 円 に 3 人 目 からの 子 1 人 につき 74,800 円 を 加 算

32 (3) 退 職 等 年 金 給 付 制 度 1 退 職 年 金 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 により 国 家 公 務 員 は 平 成 27 年 10 月 から 厚 生 年 金 保 険 制 度 の 適 用 を 受 けるとともに 職 域 加 算 額 の 廃 止 に 伴 い 新 たに 創 設 される 退 職 等 年 金 給 付 制 度 の 適 用 を 受 けることとなります これにより 平 成 27 年 10 月 以 後 の 期 間 を 有 する 国 家 公 務 員 には 老 齢 厚 生 年 金 と 併 せ 65 歳 から 退 職 等 年 金 給 付 制 度 による 退 職 年 金 が 支 給 されることとなります なお 前 述 のとおり 平 成 27 年 9 月 までの 期 間 を 有 する 者 については 退 職 共 済 年 金 として 経 過 的 職 域 加 算 額 が 支 給 されることとなっています 2 公 務 障 害 年 金 平 成 27 年 10 月 以 後 の 組 合 員 である 間 に 初 診 日 のある 公 務 傷 病 により 障 害 状 態 に 該 当 したときは 障 害 厚 生 年 金 と 併 せ 退 職 等 年 金 給 付 制 度 による 公 務 障 害 年 金 が 支 給 されます

33 3 公 務 遺 族 年 金 平 成 27 年 10 月 以 後 公 務 傷 病 により 死 亡 したときは 遺 族 厚 生 年 金 と 併 せ 退 職 等 年 金 給 付 制 度 による 公 務 遺 族 年 金 が 支 給 されます (4) 再 任 用 等 の 場 合 の 年 金 額 の 適 用 定 年 退 職 後 も 公 務 あるいは 民 間 企 業 等 で 就 業 する 場 合 には 原 則 として 被 用 者 年 金 制 度 に 加 入 することとなりますが その 場 合 には 次 のように 年 金 額 が 改 定 されることとな ります 1 再 任 用 フルタイム 勤 務 職 員 の 場 合 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 となり 保 険 料 ( 掛 金 )を 負 担 することとなります 再 任 用 が 終 了 した 時 点 で 老 齢 厚 生 年 金 額 は フルタイム 勤 務 職 員 として 勤 務 していた 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 を 加 えて 再 計 算 され 年 金 額 が 改 定 されます 2 民 間 企 業 等 への 再 就 職 又 は 再 任 用 短 時 間 勤 務 職 員 の 場 合 民 間 企 業 等 に 再 就 職 した 場 合 や 再 任 用 短 時 間 勤 務 職 員 の 場 合 フルタイム 勤 務 職 員 の4 分 の3 以 上 の 勤 務 であれば 一 般 的 には 第 1 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 となり 保 険 料 を 負 担 することとなります 退 職 後 にその 期 間 についての 第 1 号 老 齢 厚 生 年 金 が 支 給 されます

34 老 齢 厚 生 年 金 の 試 算 依 頼 について 自 分 自 身 の 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 ( 国 家 公 務 員 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 )に 係 る 老 齢 厚 生 年 金 の 試 算 額 平 均 標 準 報 酬 月 額 平 均 標 準 報 酬 額 を 知 りたいときは 下 記 記 載 例 のように 必 要 事 項 を 記 入 のうえ 送 付 先 明 記 の 返 信 用 封 筒 (82 円 切 手 貼 付 )を 同 封 して 国 家 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 年 金 部 年 金 相 談 室 に 送 付 してください ( 個 人 情 報 に 関 すること ですから 手 紙 でお 願 いしているとのことです ) なお 政 府 共 通 ネットワークに 加 入 している 府 省 の 共 済 組 合 本 部 では 政 府 共 通 ネット ワークを 介 して 共 済 組 合 本 部 のパソコンと 連 合 会 のコンピュータをオンラインで 結 び 組 合 員 の 平 均 標 準 報 酬 月 額 の 試 算 や 老 齢 厚 生 年 金 額 の 試 算 ができるようになっていますので 試 算 額 を 知 りたい 場 合 には まず 所 属 している 共 済 組 合 にお 尋 ねください [ 依 頼 先 ] 千 代 田 区 九 段 南 九 段 合 同 庁 舎 国 家 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 年 金 部 年 金 相 談 室 電 話 [ 記 載 例 ] 老 齢 厚 生 年 金 試 算 依 頼 1 組 合 員 又 は 元 組 合 員 の 氏 名 (フリガナ) 生 年 月 日 住 所 及 び 連 絡 先 電 話 番 号 2 共 済 組 合 支 部 名 3 長 期 組 合 員 番 号 又 は 基 礎 年 金 番 号 4 退 職 予 定 年 月 日 又 は 退 職 年 月 日 5 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 ( 国 家 公 務 員 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 ) インターネットによるKKR 年 金 情 報 提 供 サービスについて 平 成 27 年 7 月 現 在 システムのメンテナンス 作 業 中 につき 一 時 停 止 しています 国 家 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 のホームページの 年 金 情 報 提 供 サービスにより 現 在 組 合 員 の 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 ( 組 合 員 期 間 ) 標 準 報 酬 月 額 及 び 年 金 額 試 算 等 の 情 報 提 供 が 受 け られます なお その 際 には 長 期 組 合 員 番 号 氏 名 生 年 月 日 性 別 郵 便 番 号 住 所 電 話 番 号 本 人 設 定 のパスワード メールアドレス 等 が 必 要 です 連 合 会 ホームページのアドレ スは 次 のとおりです ホームページのアドレス: また 元 組 合 員 等 でこのサービスが 受 けられない 者 は 連 合 会 年 金 部 情 報 提 供 サービス 担 当 に 相 談 してください

35 (5) 離 婚 等 の 場 合 の 年 金 分 割 1 平 成 19 年 4 月 からの 年 金 額 の 分 割 夫 婦 が 離 婚 した 場 合 に 被 保 険 者 本 人 及 びその 配 偶 者 の 両 者 が 合 意 した 場 合 又 は 裁 判 所 の 決 定 が 行 われた 場 合 には 婚 姻 期 間 における 標 準 報 酬 月 額 等 を 最 大 で2 分 の1ず つ 分 割 することができます 分 割 の 割 合 は 夫 婦 の 話 合 い 又 は 裁 判 所 の 決 定 によります この 場 合 に 対 象 となる 離 婚 は 平 成 19 年 4 月 1 日 以 降 の 離 婚 で 分 割 の 請 求 は 離 婚 後 2 年 以 内 に 行 わなくてはなりません なお 配 偶 者 に 分 割 された 標 準 報 酬 月 額 等 に 基 づく 年 金 は 分 割 を 受 けた 配 偶 者 自 身 の 支 給 開 始 年 齢 から 支 給 され 分 割 を 行 った 後 に 分 割 をされた 被 保 険 者 本 人 が 死 亡 しても 分 割 を 受 けた 配 偶 者 の 年 金 受 給 に 影 響 はあり ません また 分 割 の 対 象 となるのは 報 酬 比 例 部 分 のみで それぞれの 老 齢 基 礎 年 金 に は 影 響 はありません 参 考 年 金 分 割 の 例 ( 専 業 主 婦 世 帯 ) 本 人 配 偶 者 婚 姻 期 間 分 割 分 1/2 相 当 額 1/2 独 身 期 間 相 当 額 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 分 割 分 老 齢 基 礎 年 金 ( 共 働 き 世 帯 ) 本 人 分 割 分 配 偶 者 婚 姻 期 間 相 当 額 独 身 期 間 相 当 額 老 齢 厚 生 年 金 同 額 分 割 分 老 齢 厚 生 年 金 婚 姻 期 間 相 当 額 独 身 期 間 相 当 額 老 齢 基 礎 年 金 老 齢 基 礎 年 金

36 2 平 成 20 年 4 月 からの 国 民 年 金 の 第 3 号 被 保 険 者 期 間 の 年 金 分 割 夫 婦 間 の 合 意 が 得 られない 場 合 でも 被 保 険 者 本 人 でない 配 偶 者 の 国 民 年 金 の 第 3 号 被 保 険 者 期 間 については 夫 婦 共 同 で 掛 金 を 負 担 したものとみなし 第 3 号 被 保 険 者 で あった 配 偶 者 の 請 求 により 標 準 報 酬 月 額 等 の2 分 の1が 自 動 的 に 第 3 号 被 保 険 者 であ った 配 偶 者 の 分 となります ただし 自 動 的 に 分 割 されるのは 第 3 号 被 保 険 者 であった 配 偶 者 の 平 成 20 年 4 月 以 降 の 第 3 号 被 保 険 者 期 間 のみで それ 以 外 の 期 間 については 上 記 1と 同 様 に 夫 婦 の 同 意 又 は 裁 判 所 の 決 定 が 必 要 となります 分 割 された 標 準 報 酬 月 額 等 に 基 づく 年 金 は 分 割 を 受 けた 配 偶 者 自 身 の 支 給 開 始 年 齢 から 支 給 され 分 割 をさ れた 被 保 険 者 本 人 が 死 亡 しても 分 割 を 受 けた 配 偶 者 は 生 涯 受 給 することができます この 場 合 にも 分 割 の 対 象 となるのは 報 酬 比 例 部 分 のみで それぞれの 老 齢 基 礎 年 金 には 影 響 はありません 参 考 分 割 支 給 の 例 婚 姻 20.4 離 婚 本 人 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 ( 配 偶 者 は 国 民 年 金 の 第 3 号 被 保 険 者 期 間 ) 標 準 報 酬 の 分 割 分 1/2 65 歳 ( ) 配 偶 者 老 齢 厚 生 年 金 ( 分 割 分 ) ( ) 配 偶 者 が 自 身 の 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 を 有 する 場 合 配 偶 者 の 老 齢 厚 生 年 金 支 給 開 始 年 齢 から 支 給 されます

37 (6) 年 金 の 請 求 手 続 きと 支 給 時 期 年 金 を 受 けるためには 請 求 手 続 きを 行 わなければなりません このうち 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 については, 支 給 開 始 年 齢 に 到 達 するときに 最 終 的 に 加 入 していた 種 別 の 実 施 機 関 ( 最 終 的 に 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 ( 国 家 公 務 員 共 済 組 合 の 組 合 員 )であった 方 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 実 施 機 関 については10 4 頁 参 照 )から 事 前 に 年 金 請 求 書 が 送 付 されますので 必 要 事 項 を 記 入 し 年 齢 到 達 後 に 提 出 ( 郵 送 可 )することにより 年 金 が 決 定 されます この 場 合 2 以 上 の 種 別 の 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 を 有 する 場 合 ( 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 以 外 に 他 の 種 別 の 厚 生 年 金 被 保 険 者 期 間 を 有 している 場 合 )でも 1か 所 の 実 施 機 関 に 提 出 することにより すべての 厚 生 年 金 被 保 険 者 種 別 にかかる 老 齢 厚 生 年 金 が 決 定 されます なお 年 金 を 継 続 して 受 給 するためには 毎 年 届 出 が 必 要 になるものや 一 身 上 に 異 動 があったときなどに その 都 度 届 出 が 必 要 になるものがあります 毎 年 届 出 に 必 要 な 用 紙 や 案 内 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 から 必 要 な 時 期 に 送 付 され ますが その 他 の 場 合 は 年 金 決 定 時 に 年 金 証 書 に 同 封 して 送 付 されている 届 出 用 紙 綴 の 中 に 用 紙 がありますので その 用 紙 を 使 ってください その 他 の 用 紙 等 については 国 家 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 のインターネットホームページ ( 取 り 出 すことができます 年 金 の 支 給 の 始 期 及 び 終 期 年 金 はその 給 付 事 由 の 生 じた 日 の 属 する 月 の 翌 月 から 支 給 され その 事 由 がなくなっ た 日 の 属 する 月 までの 分 が 月 計 算 で 支 給 されます 例 えば 4 月 1 日 が 誕 生 日 の 方 は4 月 から 支 給 され 4 月 2 日 誕 生 日 の 方 は5 月 から 支 給 されます なお 定 年 等 の 場 合 は 4 月 分 から 支 給 されます( 実 際 の 支 給 は6 月 ) 年 金 の 支 給 回 数 及 び 支 給 時 期 年 金 は 年 6 回 の 支 給 期 月 ( 偶 数 月 )に それぞれの 前 々 月 分 と 前 月 分 の2 月 分 が 支 払 われます 支 給 日 は 15 日 ( 土 曜 日 又 は 日 曜 日 の 場 合 は 金 曜 日 に 繰 り 上 げ)で 指 定 した 振 込 先 に 振 り 込 まれます 定 期 支 給 期 月 2 月 4 月 6 月 8 月 10 月 12 月 支 払 われる 年 金 前 年 12 月 分 1 月 分 2 月 分 3 月 分 4 月 分 5 月 分 6 月 分 7 月 分 8 月 分 9 月 分 10 月 分 11 月 分

38 (7) 公 的 年 金 等 に 係 る 税 金 ア 厚 生 年 金 国 民 年 金 などの 公 的 年 金 等 は 所 得 税 法 上 は 雑 所 得 として 年 金 支 給 の 際 に 所 得 税 の 源 泉 徴 収 を 受 けます ( 障 害 年 金 遺 族 年 金 は 非 課 税 ) イ 公 的 年 金 等 に 係 る 所 得 税 には 各 種 の 所 得 控 除 があります 所 得 控 除 を 受 ける 場 合 に は 公 的 年 金 等 の 受 給 者 の 扶 養 親 族 等 申 告 書 を 毎 年 国 家 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 へ 提 出 するなどの 手 続 きが 必 要 となります なお 退 職 後 企 業 等 に 就 職 している 場 合 で その 勤 め 先 に 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 申 告 書 を 提 出 している 場 合 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 への 公 的 年 金 等 の 受 給 者 の 扶 養 親 族 等 申 告 書 の 提 出 は 必 要 ありません ウ 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 公 的 年 金 等 は その 年 中 に 支 給 される 支 給 額 が65 歳 未 満 の 者 については108 万 円 以 上 65 歳 以 上 の 者 については158 万 円 ( 老 齢 基 礎 年 金 を 受 けているときは80 万 円 ) 以 上 のときです 源 泉 徴 収 税 額 の 計 算 式 ( 定 期 支 給 期 月 毎 ) a 公 的 年 金 等 の 受 給 者 の 扶 養 親 族 等 申 告 書 を 国 家 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 へ 提 出 し た 場 合 源 泉 徴 収 税 額 =(2か 月 分 の 年 金 の 支 給 額 -1か 月 の 控 除 額 2) 5.105/100( 注 ) ( 注 ) 平 成 27 年 10 月 以 降 は 支 給 額 から 控 除 額 を 差 し 引 いた 金 額 (1か 月 あたり)が162,500 円 を 超 える 部 分 の 金 額 の 税 率 は 10.21/100となります 1か 月 の 控 除 額 の 求 め 方 1か 月 の 控 除 額 = α 基 礎 的 控 除 額 ( 月 額 ) + β 人 的 控 除 額 ( 月 額 ) α 基 礎 的 控 除 額 ( 月 額 ) 受 給 者 が 基 礎 的 控 除 額 ( 月 額 ) 65 歳 未 満 の 場 合 公 的 年 金 等 の 支 給 金 額 の 月 割 額 25/ ,000 円 ( 計 算 した 金 額 が90,000 円 未 満 のときには 90,000 円 ) 65 歳 以 上 の 場 合 公 的 年 金 等 の 支 給 金 額 の 月 割 額 25/ ,000 円 ( 計 算 した 金 額 が135,000 円 未 満 のときには 135,000 円 ) β 人 的 控 除 額 ( 月 額 1から5により 求 めた 額 の 合 計 ) 区 分 内 容 人 的 控 除 額 受 給 者 本 人 に1 障 害 者 の 場 合 係 るもの 特 別 障 害 者 の 場 合 22,500 円 35,000 円 2 一 般 の 寡 婦 の 場 合 特 別 の 寡 婦 の 場 合 寡 夫 の 場 合 22,500 円 30,000 円 22,500 円

39 控 除 対 象 配 偶 者 及 び 扶 養 親 族 に 係 るもの 3 控 除 対 象 配 偶 者 の 場 合 老 人 控 除 対 象 配 偶 者 (70 歳 以 上 )の 場 合 4 控 除 対 象 扶 養 親 族 の 場 合 特 定 扶 養 親 族 の 場 合 老 人 扶 養 親 族 (70 歳 以 上 )の 場 合 及 び 扶 養 親 族 の 者 が 障 害 者 の 場 合 特 別 障 害 者 の 場 合 同 居 特 別 障 害 者 の 場 合 32,500 円 40,000 円 一 人 につき 32,500 円 52,500 円 40,000 円 一 人 につき 22,500 円 35,000 円 62,500 円 ( 注 ) 障 害 者 とは 身 体 障 害 者 手 帳 の 交 付 を 受 けている 者 をいいます 特 別 障 害 者 とは 障 害 者 のうち 心 身 に 重 度 の 障 害 がある 者 をいいます 控 除 対 象 扶 養 親 族 とは 16 歳 以 上 の 扶 養 親 族 の 者 をいいます 特 定 扶 養 親 族 とは 控 除 対 象 扶 養 親 族 のうち 19 歳 以 上 23 歳 未 満 の 者 をいいます b 公 的 年 金 等 の 受 給 者 の 扶 養 親 族 等 申 告 書 を 連 合 会 へ 提 出 しなかった 場 合 源 泉 徴 収 税 額 =(2か 月 分 の 年 金 の 支 給 額 -1か 月 の 控 除 額 2) 10.21/100 1か 月 の 控 除 額 の 求 め 方 1か 月 の 控 除 額 = 年 金 の 支 給 額 ( 月 額 ) 25/100 住 民 税 住 民 税 (( 区 ) 市 町 村 民 税 ( 都 ) 道 府 県 民 税 )は 前 年 の 所 得 を 基 に 課 税 されることに なっています また 所 得 税 と 異 なり 源 泉 徴 収 されません したがって 一 定 額 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 している 場 合 (65 歳 未 満 105 万 円 超 65 歳 以 上 155 万 円 超 ) には 確 定 申 告 等 の 結 果 に 基 づいて 毎 年 6 月 頃 に 住 所 のある 市 町 村 から 納 付 書 が 送 付 されますので 最 寄 りの 金 融 機 関 又 は 郵 便 局 で 納 付 することとなります この 場 合 その 年 の 公 的 年 金 等 の 金 額 から 受 給 者 の 年 齢 や 公 的 年 金 等 の 金 額 に 応 じ て 次 頁 の 表 に 掲 げる 控 除 額 及 び 該 当 する 所 得 控 除 の 金 額 を 差 し 引 いた 残 りの 金 額 が 雑 所 得 として 課 税 されることとなります 税 率 は ( 区 ) 市 町 村 民 税 が6% ( 都 ) 道 府 県 民 税 が4%となっています 他 に 均 等 割 として 一 人 当 たり 区 市 町 村 民 税 が3,500 円 都 道 府 県 民 税 が1,500 円 となっています ( 復 興 特 別 住 民 税 として 平 成 26 年 6 月 から10 年 間 に 年 間 府 県 民 税 及 び 市 町 村 民 税 住 民 税 の 各 500 円 を 含 む ) 公 的 年 金 等 控 除 額 受 給 者 の 区 分 その 年 の 公 的 年 金 等 の 金 額 (A) 控 除 額 65 歳 以 上 の 場 合 330 万 円 以 下 120 万 円 330 万 円 超 410 万 円 以 下 (A) 25%+ 37 万 5 千 円 410 万 円 超 770 万 円 以 下 (A) 15%+ 78 万 5 千 円 770 万 円 超 (A) 5%+ 155 万 5 千 円

40 65 歳 未 満 130 万 円 以 下 70 万 円 の 場 合 130 万 円 超 410 万 円 以 下 (A) 25%+ 37 万 5 千 円 410 万 円 超 770 万 円 以 下 (A) 15%+ 78 万 5 千 円 770 万 円 超 (A) 5%+ 155 万 5 千 円 なお 住 民 税 は 各 市 町 村 毎 に 決 定 実 施 をしているので 詳 細 については 住 所 のある 市 町 村 の 担 当 窓 口 に 照 会 してください 確 定 申 告 年 金 以 外 に 給 与 所 得 がある 人 の 場 合 は 確 定 申 告 をする 必 要 があります なお 所 得 が 公 的 年 金 等 のみの 場 合 でも 公 的 年 金 等 に 対 しては 年 末 調 整 が 行 われま せんので 社 会 保 険 料 や 生 命 保 険 料 などを 支 払 ったため 源 泉 徴 収 された 税 額 の1 年 間 の 合 計 額 と その 年 1 年 間 の 所 得 について 計 算 した 納 付 すべき 税 額 との 間 に 過 不 足 額 が 生 じた 場 合 には 確 定 申 告 により 納 税 額 の 精 算 を 行 う 必 要 があります また 定 年 退 職 して 4 月 以 降 再 就 職 をせずに 老 齢 厚 生 年 金 を 受 給 した 場 合 には 3 月 までの 給 与 と4 月 から12 月 までの 老 齢 厚 生 年 金 について 確 定 申 告 によって 納 税 額 の 精 算 をすることになります 以 上 が 老 齢 厚 生 年 金 制 度 の 概 要 ですが 制 度 の 詳 細 について 知 りたい 場 合 には 以 下 のい ずれかの 方 法 により 国 家 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 年 金 部 年 金 相 談 室 にご 照 会 ください ( 文 書 の 場 合 ) 東 京 都 千 代 田 区 九 段 南 九 段 合 同 庁 舎 ( 電 話 の 場 合 ) 年 金 額 の 試 算 については 電 話 照 会 不 可 (インターネットの 場 合 ) インターネット 相 談 入 力 フォームから

41 3 定 年 後 の 社 会 保 険 制 度 退 職 後 にフルタイム 勤 務 で 再 任 用 される 場 合 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 に 加 入 することに なりますが 短 時 間 勤 務 の 再 任 用 職 員 となった 場 合 民 間 企 業 に 再 就 職 した 場 合 ある いは 自 営 業 を 営 む 場 合 には それぞれに 対 応 する 他 の 社 会 保 険 制 度 に 加 入 することに なります (1) 年 金 退 職 後 民 間 企 業 に 再 就 職 する 場 合 は 勤 務 先 の 事 業 所 の 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 する ことになります また フルタイム 勤 務 の 概 ね4 分 の3 以 上 勤 務 の 再 任 用 短 時 間 勤 務 職 員 になった 場 合 には 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 することになります この 場 合 の 加 入 手 続 きは 事 業 所 側 で 行 います 60 歳 前 に 退 職 し どこにも 再 就 職 しない 場 合 は 60 歳 まで 国 民 年 金 に 加 入 する 必 要 がありますので 自 分 で 居 住 する 市 区 町 村 の 年 金 担 当 課 で 手 続 きをしてください また この 場 合 60 歳 未 満 の 被 扶 養 配 偶 者 も 同 様 に 国 民 年 金 に 加 入 する 必 要 があり ますので 一 緒 に 手 続 きをしてください (2) 医 療 保 険 医 療 保 険 については 国 民 皆 保 険 制 度 を 採 っていますので 退 職 後 もいずれかの 医 療 保 険 制 度 に 加 入 することになります 加 入 手 続 きが 必 要 ですので 期 限 内 に 済 ませ てください 退 職 後 民 間 企 業 に 再 就 職 する 場 合 は 勤 務 先 の 事 業 所 の 健 康 保 険 制 度 に 加 入 する ことになります また 再 就 職 先 が 健 康 保 険 の 適 用 外 事 業 所 の 場 合 あるいは どこにも 再 就 職 しな い 場 合 は 居 住 する 市 区 町 村 の 国 民 健 康 保 険 に 加 入 するか 現 在 の 所 属 共 済 組 合 の 任 意 継 続 組 合 員 ( 給 付 内 容 は 在 職 中 と 同 じ )となるかを 選 択 することになります 再 任 用 される フルタイム 共 済 組 合 短 時 間 勤 務 時 間 がフルタイムの 概 ね3/4 以 上 健 康 保 険 勤 務 時 間 がフルタイムの 概 ね3/4 未 満 国 民 健 康 保 険 又 は 共 済 任 意 継 続 組 合 員 民 間 企 業 等 へ 再 就 職 再 就 職 先 が 健 康 保 険 の 適 用 事 業 所 である 場 合 フルタイム 短 時 間 健 康 保 険 勤 務 時 間 がフルタイムの 概 ね3/4 以 上 健 康 保 険 勤 務 時 間 がフルタイムの 概 ね3/4 未 満 国 民 健 康 保 険 又 は 共 済 任 意 継 続 組 合 員 再 就 職 先 が 健 康 保 険 の 適 用 事 業 所 でない 場 合 国 民 健 康 保 険 又 は 共 済 任 意 継 続 組 合 員 自 営 業 又 は 再 就 職 しない 国 民 健 康 保 険 又 は 共 済 任 意 継 続 組 合 員 ( 注 )1 上 記 の 例 で 国 民 健 康 保 険 又 は 共 済 任 意 継 続 組 合 員 の 場 合 には 収 入 が 一 定 額 以 下 であれ ば 子 等 の 被 扶 養 者 になることもできます (132 頁 参 照 ) 2 現 行 の 短 時 間 労 働 者 の 社 会 保 険 加 入 要 件 (いわゆる3/4 基 準 )については 平 成 28 年 10 月 以 降 は 1 週 所 定 労 働 時 間 20 時 間 以 上 2 賃 金 月 額 8.8 万 円 以 上 ( 年 収 106 万 円 以 上 ) 3 勤 務 期 間

42 年 以 上 ( 見 込 み)をいずれも 満 たす 場 合 と 改 められます(なお 民 間 においては 当 分 の 間 は 従 業 員 が501 人 以 上 の 事 業 所 が 対 象 とされます ) 1 健 康 保 険 加 入 : 再 就 職 先 に 健 康 保 険 組 合 がある 場 合 は 同 組 合 に 加 入 します ない 場 合 は 全 国 健 康 保 険 協 会 管 掌 健 康 保 険 ( 協 会 けんぽ)に 加 入 することになりますので 管 轄 の 年 金 事 務 所 に 加 入 の 手 続 きをする 必 要 がありますが 手 続 きはいずれも 事 業 所 側 で 行 います 保 険 料 : 健 康 保 険 組 合 がある 場 合 は 各 健 康 保 険 組 合 が 定 める 保 険 料 率 となります 全 国 健 康 保 険 協 会 管 掌 健 康 保 険 については 平 成 21 年 9 月 からは 今 までの 全 国 一 律 の 保 険 料 率 から 医 療 費 等 の 実 情 に 応 じ 都 道 府 県 ごとに 保 険 料 率 が 設 定 されています 平 成 27 年 4 月 からの 保 険 料 は 給 与 月 額 ( 標 準 報 酬 月 額 ) と 賞 与 の 額 に1,000 分 の99.1~102.1を 乗 じて 得 た 額 を 事 業 主 と 被 保 険 者 が 半 分 ずつ 負 担 することとなっています このほか 介 護 保 険 の 保 険 料 も 併 せて 負 担 することとなりますが 平 成 27 年 4 月 現 在 協 会 けんぽの 場 合 全 国 一 律 となっており 事 業 主 負 担 分 と 被 保 険 者 負 担 分 を 合 わせて1,000 分 の15.8を 標 準 報 酬 月 額 及 び 賞 与 の 額 に 乗 じ て 得 た 額 の 半 分 ずつの 負 担 となっています なお 制 度 の 詳 細 については 管 轄 の 年 金 事 務 所 又 は 全 国 健 康 保 険 協 会 の 各 支 部 に 照 会 してください 医 療 費 の 自 己 負 担 額 : 入 院 外 来 とも 医 療 費 の3 割 が 自 己 負 担 になります (70 歳 以 上 の 者 には 特 例 があります ) 2 国 民 健 康 保 険 加 入 : 退 職 の 日 の 翌 日 から14 日 以 内 に 居 住 する 市 区 町 村 の 国 民 健 康 保 険 担 当 窓 口 で 手 続 きをしてください 前 の 保 険 が 終 了 した 日 の 翌 日 に 遡 って 適 用 されます が 手 続 きが 遅 れると 保 険 給 付 が 一 時 差 し 止 められたり 延 滞 金 の 支 払 を 求 め られることがあります 保 険 料 : 各 市 区 町 村 により 異 なります(1と 同 様 介 護 保 険 の 保 険 料 も 負 担 ) ( 基 本 額 前 年 所 得 による 額 又 は 前 年 の 住 民 税 額 による 額 世 帯 人 員 等 による 額 等 により 算 出 ) 医 療 費 の 自 己 負 担 額 : 入 院 外 来 とも 医 療 費 の3 割 が 自 己 負 担 になります (70 歳 以 上 の 者 には 特 例 があります ) 3 共 済 組 合 の 任 意 継 続 組 合 員 制 度 加 入 : 退 職 した 日 から 起 算 して20 日 以 内 に 退 職 時 の 所 属 長 を 経 て 共 済 組 合 に 手 続 きをしてください( 組 合 員 であった 期 間 が1 年 以 上 あることが 必 要 です )

43 加 入 期 間 : 退 職 した 日 の 翌 日 から2 年 間 が 限 度 ただし 脱 退 はいつでも 可 能 掛 金 : 任 意 継 続 組 合 員 となった 場 合 の 掛 金 は いわゆる 事 業 主 ( 国 ) 負 担 分 も 本 人 が 負 担 して 納 付 することになります ア 標 準 報 酬 月 額 短 期 共 済 掛 金 率 ( 定 年 前 の 本 人 負 担 の2 倍 ただし ボーナス 分 の 掛 金 はなし ) 内 閣 共 済 の 場 合 : 通 常 組 合 員 38.34/1000の2 倍 の76.68/1000 ( 介 護 掛 金 : 通 常 組 合 員 4.46/1000の2 倍 の8.92/1000) イ 算 定 基 礎 となる 標 準 報 酬 月 額 は 1 退 職 時 の 標 準 報 酬 月 額 2 毎 年 1 月 1 日 現 在 の 所 属 共 済 組 合 の 平 均 標 準 報 酬 月 額 のいずれか 低 い 額 になります ただし 組 合 員 期 間 が15 年 以 上 で かつ 55 歳 以 降 初 めて 退 職 する 組 合 員 にあっては 3 退 職 時 の 標 準 報 酬 月 額 から 各 共 済 組 合 の 定 款 で 定 める 割 合 ( 内 閣 共 済 組 合 の 場 合 は3 割 )を 減 じた 額 も 含 め 123のいずれか 低 い 額 となります また 掛 金 をまとめて 前 納 する 場 合 には 割 引 制 度 があり 12ヶ 月 分 前 納 の 場 合 には ヶ 月 分 前 納 の 場 合 には を 毎 月 の 掛 金 に 乗 じた 額 となります なお 12ヶ 月 分 前 納 の 割 引 の 適 用 を 受 ける 場 合 には 退 職 年 度 内 の 各 共 済 組 合 が 指 定 する 日 までに 掛 金 を 払 い 込 む 必 要 があます 4 子 等 の 医 療 保 険 の 被 扶 養 者 になる 場 合 退 職 後 共 済 の 任 意 継 続 組 合 員 や 国 民 健 康 保 険 健 康 保 険 の 被 保 険 者 にならず 60 歳 以 上 の 者 で 所 得 に 公 的 年 金 が 含 まれる 者 にあっては 年 収 が180 万 円 それ 以 外 の 人 にあっては 年 収 が130 万 円 未 満 である 場 合 には 子 等 が 加 入 している 医 療 保 険 ( 共 済 組 合 健 康 保 険 )の 被 扶 養 者 になることができる 場 合 があります 5 介 護 保 険 制 度 介 護 保 険 制 度 は 高 齢 化 が 進 むことにより 生 じる 心 身 の 変 化 に 起 因 する 疾 病 等 によっ て 要 介 護 状 態 又 は 要 支 援 状 態 にある 人 が 日 常 生 活 を 営 むことができるように 必 要 な 保 健 サービス 及 び 福 祉 サービスが 受 けられる 制 度 であり 40 歳 以 上 の 人 全 員 を 対 象 者 ( 被 保 険 者 )として 市 町 村 ( 特 別 区 を 含 む 以 下 同 じ)が 運 営 ( 保 険 者 )す る 強 制 加 入 の 公 的 社 会 保 険 です 65 歳 以 上 の 人 は 第 1 号 被 保 険 者 と 40 歳 以 上 6 5 歳 未 満 の 人 は 第 2 号 被 保 険 者 とされており 保 険 料 は 所 得 段 階 に 応 じて 市 町 村 ごと に 設 定 ( 長 期 短 期 共 済 組 合 員 及 び 任 意 継 続 組 合 員 の 場 合 は 共 済 組 合 が 定 める 率 )さ れ 保 険 料 は 第 1 号 被 保 険 者 は 年 金 から 第 2 号 被 保 険 者 は 医 療 保 険 の 保 険 料 と 併 せ て 徴 収 されます 介 護 サービスが 利 用 できるのは 第 1 号 被 保 険 者 の 場 合 は 寝 たきりや 認 知 症 などによ り 日 常 生 活 で 常 時 介 護 を 必 要 とする 要 介 護 状 態 及 び 要 支 援 状 態 にある 者 であ り 第 2 号 被 保 険 者 の 場 合 は 初 老 期 の 認 知 脳 血 管 疾 患 等 加 齢 に 伴 う 疾 病 ( 特 定 疾 病 ) により 介 護 が 必 要 となった 者 で 申 請 により 要 介 護 又 は 要 支 援 の 認 定 を 受 ける 必 要 が

44 あります 費 用 は 原 則 として 利 用 料 の1 割 を 負 担 することになっています 6 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 高 齢 者 の 医 療 の 確 保 に 関 する 法 律 に 基 づき 平 成 20 年 4 月 から 始 まった 制 度 で す 高 齢 化 に 伴 う 医 療 費 の 増 大 が 見 込 まれる 中 で 高 齢 者 と 若 者 世 代 の 負 担 の 明 確 化 等 を 図 る 観 点 から 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 全 員 と65 歳 から74 歳 の 前 期 高 齢 者 で 一 定 の 障 害 認 定 を 受 けた 者 を 対 象 とするもので 他 の 医 療 保 険 制 度 とは 別 の 制 度 です これまでに 加 入 していた 医 療 保 険 ( 国 民 健 康 保 険 被 用 者 保 険 )から 脱 退 して 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 被 保 険 者 になります ア 保 険 者 都 道 府 県 を 単 位 とする 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 ( 以 下 広 域 連 合 という ) が 保 険 者 となります ( 区 域 内 の 全 ての 市 町 村 が 加 入 します ) イ 被 保 険 者 広 域 連 合 の 区 域 内 に 住 所 を 有 する75 歳 以 上 の 者 65 歳 から74 歳 の 人 で 広 域 連 合 から 障 害 認 定 を 受 けた 者 ウ 被 保 険 者 資 格 の 取 得 資 格 取 得 日 は 75 歳 の 誕 生 日 当 日 障 害 認 定 の 場 合 は 保 険 者 が 障 害 認 定 した 日 エ 保 険 証 の 交 付 被 保 険 者 へは1 人 1 枚 の 保 険 証 が 交 付 されます オ 保 険 料 被 保 険 者 が 均 等 に 負 担 する 均 等 割 額 と 所 得 に 応 じて 負 担 する 所 得 割 額 の 合 計 額 保 険 料 の 徴 収 は 被 保 険 者 の 年 金 から 特 別 徴 収 ( 天 引 き)されますが 手 続 き により 口 座 振 替 によることもできます カ 自 己 負 担 額 一 般 の 人 は1 割 現 役 並 み 所 得 の 人 は3 割 課 税 所 得 が145 万 円 以 上 の 人 で かつ 高 齢 者 複 数 世 帯 の 収 入 の 合 計 が 520 万 円 以 上 ( 高 齢 者 単 身 世 帯 の 場 合 は383 万 円 以 上 )の 人 が 該 当 国 民 健 康 保 険 の 被 保 険 者 又 は 共 済 組 合 の 任 意 継 続 組 合 員 となった 場 合 の 比 較 国 民 健 康 保 険 の 保 険 料 ( 所 得 割 )は 前 年 の 所 得 を 基 に 計 算 されます そのため 退 職 直 後 の1 年 目 の 保 険 料 は 退 職 前 の 比 較 的 高 い 所 得 を 基 礎 として 計 算 される

45 ことにより 共 済 組 合 の 任 意 継 続 組 合 員 となった 場 合 の 保 険 料 より 一 般 的 に 高 く なる 傾 向 があります また 2 年 目 は 主 な 収 入 が 年 金 となるなど 所 得 が 減 少 します そのため 国 民 健 康 保 険 の 保 険 料 が 減 少 する 一 方 共 済 組 合 の 任 意 継 続 の 場 合 の 保 険 料 は 退 職 時 の 標 準 報 酬 月 額 等 を 基 礎 としているため1 年 目 と 同 額 であり 定 年 後 仕 事 に 就 かないような 場 合 は 国 民 健 康 保 険 の 保 険 料 の 方 が 一 般 的 には 低 くなるようです が 保 険 料 は 市 区 町 村 によって 異 なります いずれにしても 所 属 の 共 済 組 合 及 び 住 所 のある 市 区 町 村 の 担 当 窓 口 に 照 会 し 確 認 してください なお 1 年 目 は 共 済 組 合 の 任 意 継 続 組 合 員 となり 2 年 目 は 国 民 健 康 保 険 に 加 入 することは 可 能 です (3) 雇 用 保 険 1 加 入 資 格 定 年 後 に 再 任 用 職 員 となった 場 合 や 民 間 企 業 に 再 就 職 した 場 合 には 次 のア イ のとおりその 雇 用 形 態 雇 用 期 間 に 応 じて 雇 用 保 険 に 加 入 し 保 険 料 を 負 担 するこ とになります ア フルタイム 勤 務 で 民 間 企 業 に 再 就 職 した 場 合 正 規 の 従 業 員 と 週 所 定 労 働 時 間 が 同 じである 場 合 は 雇 用 期 間 に 関 係 なく 再 就 職 した 日 から 被 保 険 者 となります イ 短 時 間 勤 務 の 場 合 短 時 間 勤 務 の 場 合 には 31 日 以 上 引 き 続 いて 雇 用 される 見 込 みがあり 所 定 労 働 時 間 が 週 20 時 間 以 上 の 場 合 に 被 保 険 者 となります なお 雇 用 契 約 の 内 容 ( 雇 用 契 約 の 更 新 の 有 無 等 )により31 日 以 上 の 継 続 性 があると 判 断 した 場 合 は 雇 用 の 当 初 から また 雇 用 期 間 が30 日 など 雇 用 契 約 の 内 容 から31 日 未 満 で あることが 明 らかな 場 合 には 被 保 険 者 にはなりませんが 31 日 以 上 雇 用 される ことが 見 込 まれることとなった 場 合 には その 時 点 から 被 保 険 者 となります 2 保 険 料 平 成 27 年 度 の 雇 用 保 険 の 保 険 料 率 は 一 般 の 事 業 で1,000 分 の13.5であり 被 保 険 者 の 負 担 率 は1,000 分 の5となっています( 農 林 水 産 清 酒 製 造 業 は 1,000 分 の15.5であり 被 保 険 者 の 負 担 率 は1,000 分 の6 建 設 業 は 1,000 分 の16.5であり 被 保 険 者 の 負 担 率 は1,000 分 の6となっていま す

46 3 受 給 資 格 雇 用 期 間 が 終 了 し 離 職 した 場 合 には 原 則 として 離 職 前 の2 年 間 に 賃 金 支 払 の 基 礎 となった 日 数 が11 日 以 上 ある 雇 用 保 険 に 加 入 していた 月 が12 月 以 上 あり 失 業 している 時 に 雇 用 保 険 の 受 給 資 格 を 満 たすこととなり 求 職 申 込 手 続 きを 行 った 場 合 に 賃 金 日 額 の45~80%の 額 の90 日 分 ( 一 般 的 に 再 任 用 期 間 任 期 満 了 の 場 合 で 再 任 用 期 間 が10 年 未 満 )を 求 職 者 給 付 として 基 本 手 当 を 受 給 することが できます なお 倒 産 解 雇 等 により 離 職 を 余 儀 なくされた 者 等 には 受 給 資 格 要 件 等 を 緩 和 する 等 の 特 例 が 設 けられています 4 公 的 年 金 受 給 の 際 の 支 給 停 止 雇 用 保 険 から 求 職 者 給 付 を 受 けるときは 65 歳 に 達 するまでに 支 給 される 老 齢 厚 生 年 金 ( 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 又 は 繰 上 げ 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 )の 支 給 が 停 止 されますのでご 留 意 ください 65 歳 前 に 退 職 し 4 月 に 求 職 の 申 込 みをした 場 合 ( 求 職 者 給 付 の 支 給 日 数 90 日 )の 支 給 停 止 の 例 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 退 求 満 職 職 了 求 職 者 給 付 受 給 年 金 給 付 一 部 支 給 支 給 支 給 停 止 支 給

47 4 収 入 と 支 出 の 比 較 定 年 後 から 人 生 を 終 えるまでの 収 入 と 支 出 について 年 金 だけで 暮 らす 夫 婦 世 帯 をモ デルに 検 討 し 充 実 した 生 活 を 送 るための 資 金 の 目 安 について 考 えてみましょう 各 人 によって 家 族 の 構 成 住 宅 ローンなどの 有 無 収 入 の 途 健 康 状 態 などにより 予 想 される 定 年 後 の 家 計 状 況 は 異 なりますが 今 から 定 年 後 に 必 要 な 生 活 費 の 大 まかな 額 を 把 握 して 対 応 等 を 考 えておくことが 大 切 です (1) 夫 婦 の 平 均 余 命 を 把 握 する まず 次 に 掲 げる 完 全 生 命 表 (1 歳 毎 )を 使 って 夫 婦 それぞれの 平 均 余 命 を 把 握 し ます 厚 生 労 働 省 平 成 22 年 完 全 生 命 表 ( 単 位 : 年 ) 年 齢 男 女 定 年 (60 歳 )を 迎 えた 退 職 国 家 公 務 員 本 人 と 配 偶 者 の 年 齢 から 各 人 の 平 均 余 命 を 算 出 し 今 後 夫 婦 2 人 で 何 年 間 家 計 を 維 持 しなければならないかを 把 握 します 本 人 ( 退 職 国 家 公 務 員 )60 歳 の 平 均 余 命 = 本 人 の 平 均 余 命 本 人 60 歳 の 年 の 配 偶 者 の 平 均 余 命 = 配 偶 者 の 平 均 余 命 ( 注 ) ここでは 本 人 の 平 均 余 命 < 配 偶 者 の 平 均 余 命 と 仮 定 して 考 えることとします (2) 定 年 退 職 した 時 点 での 世 帯 の1か 月 当 たりの 実 収 入 を 予 測 する 本 人 と 配 偶 者 の1か 月 当 たりの 収 入 のことです ここでは 本 人 に 対 する 年 金 と 配 偶 者 に 対 する 年 金 だけを 収 入 として 想 定 してみます 1か 月 当 たりの 本 人 の 年 金 と 配 偶 者 の 年 金 = 1か 月 の 実 収 入 (3) 定 年 退 職 した 時 点 での 世 帯 の1か 月 当 たりの 実 支 出 を 予 測 する 本 人 と 配 偶 者 の1か 月 当 たりの 消 費 支 出 ( 生 活 費 )と 非 消 費 支 出 ( 税 金 と 社 会 保 険 料 ) を 合 わせた 支 出 のことです 本 人 と 配 偶 者 の1か 月 当 たりの 実 支 出 = 1か 月 の 実 支 出 (4) 定 年 後 の 定 期 的 な 収 入 の 総 計 を 推 計 する < 夫 婦 2 人 の 期 間 = 本 人 の 平 均 余 命 > 1か 月 の 実 収 入 12 月 本 人 の 平 均 余 命 = U 円 < 配 偶 者 1 人 の 期 間 = 配 偶 者 の 平 均 余 命 - 本 人 の 平 均 余 命 > ( 配 偶 者 の 年 金 月 額 + 遺 族 年 金 月 額 ) 配 偶 者 1 人 の 期 間 = V 円 U 円 + V 円 = 定 年 後 の 定 期 的 な 収 入

48 (5) 定 年 後 の 定 期 的 な 支 出 の 総 計 を 推 計 する < 夫 婦 2 人 の 期 間 = 本 人 の 平 均 余 命 > 1か 月 の 実 支 出 12 月 本 人 の 平 均 余 命 = X 円 < 配 偶 者 1 人 の 期 間 = 配 偶 者 の 平 均 余 命 - 本 人 の 平 均 余 命 > 1か 月 の 実 支 出 57.2%( 注 ) 12 月 ( 配 偶 者 の 平 均 余 命 - 本 人 の 平 均 余 命 ) =Y 円 ( 注 ) 総 務 省 の 家 計 調 査 報 告 ( 平 成 26 年 調 査 結 果 ) によると 高 齢 夫 婦 無 職 世 帯 ( 夫 65 歳 以 上 妻 60 歳 以 上 の 夫 婦 のみの 無 職 世 帯 )の 実 支 出 ( 消 費 支 出 + 非 消 費 支 出 ) を100としたとき 高 齢 単 身 無 職 世 帯 (60 歳 以 上 の 単 身 無 職 世 帯 )の 実 支 出 は 57.2となっています X 円 + Y 円 = 定 年 後 の 定 期 的 な 支 出 (6) 定 年 後 の 定 期 的 な 収 入 と 支 出 の 収 支 を 推 計 する 定 年 後 の 定 期 的 な 収 入 - 定 年 後 の 定 期 的 な 支 出 はどのくらいになったでしょう か 大 幅 な 赤 字 になった 方 もいらっしゃるでしょう ある 調 査 では1,800 万 円 くら いの 不 足 になるという 試 算 もあります 定 年 後 年 金 生 活 に 入 った 夫 婦 がその 生 涯 を 終 えるまでには これくらいの 額 の 赤 字 が 見 込 まれるようです (7) この 他 に 定 年 後 には 非 定 期 的 な 支 出 が 見 込 まれる 毎 月 の 定 期 的 な 支 出 の 他 に 非 定 期 的 な 支 出 として 住 宅 の 補 修 車 の 買 換 旅 行 冠 婚 葬 祭 入 院 などの 費 用 が 見 込 まれます これらの 支 出 額 は 個 人 の 価 値 観 や 生 活 環 境 などによって 大 きく 異 なりますが 500 万 円 から1,000 万 円 くらい 必 要 にな るといわれています (8) 定 年 後 の 支 出 に 対 する 収 入 の 不 足 に 如 何 にして 対 処 するか このように 夫 婦 2 人 が 年 金 生 活 を 送 り 生 活 にある 程 度 の 余 裕 をもってそれぞれ の 平 均 余 命 を 全 うする 場 合 には 定 期 的 な 収 入 -( 定 期 的 な 支 出 + 非 定 期 的 な 支 出 ) の 計 算 式 による 不 足 額 が 生 じることになります この 不 足 への 対 処 方 法 としては 家 計 状 況 によって 異 なりますが 例 えば 1 退 職 手 当 の 取 崩 し 2 預 貯 金 の 引 出 し 3 個 人 年 金 の 受 給 4 就 業 による 賃 金 などが 考 え られます これらのうち 退 職 手 当 の 取 崩 し 以 外 については 現 役 時 代 からの 準 備 が 必 要 です 定 年 まで10 年 を 切 ったら 定 年 後 の 生 活 費 について 真 剣 に 考 え その 不 足 額 に 見 合 う 収 入 を 得 るため 具 体 的 な 準 備 に 入 る 必 要 があるのではないでしょうか

49 老 後 の 備 え 平 成 23 年 度 に 内 閣 府 が 実 施 した 高 齢 者 の 経 済 生 活 に 関 する 意 識 調 査 (55 歳 以 上 の 者 を 対 象 に 調 査 )によると 60 歳 以 上 では 現 在 の 貯 蓄 額 が 老 後 の 備 えとして 不 足 すると 考 えている 人 の 割 合 は62.7%となっており また 老 後 への 備 えとして 必 要 な 貯 蓄 額 につ いては 総 数 で 1,000 万 円 ぐらい と 答 えた 人 が20.0%と 最 も 多 かったという 結 果 になっています 老 後 の 備 え(60 歳 以 上 ) 老 後 への 貯 蓄 額 ( 総 数 ) 55~ 60~ 65~ 70~ 75~ 80 歳 ( 総 数 ) 59 歳 64 歳 69 歳 74 歳 79 歳 以 上 2, ( 構 成 比 ) % % % % % % 100 万 円 ぐらい 1.7% 万 円 ぐらい 1.6% 万 円 ぐらい 3.9% 万 円 ぐらい 7.2% 万 円 ぐらい 3.2% ,000 万 円 ぐらい 20.0% ,000 万 円 ぐらい 13.7% ,000 万 円 ぐらい 16.3% ,000 万 円 ぐらい 7.7% ,000 万 円 以 上 7.8% わからない 17.0%

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

                                       

                                        定 年 退 職 者 の 退 職 共 済 年 金 のしおり 地 方 職 員 共 済 組 合 大 阪 府 支 部 福 利 厚 生 グループ( 年 金 担 当 ) 目 次 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 1 受 給 資 格 と 支 給 開 始 年 齢 1 2 厚 生 年 金 保 険 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 年 金 の 請 求 3 3 老 齢 基 礎 年

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用 国 民 年 金 国 民 年 金 は 全 ての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 必 要 な 給 付 を 行 い 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています 従 来 は 被 用 者 年 金 制 度 に 加 入 していない 自 営 業 者 等 を 対 象 としていましたが 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する

More information

(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金

(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金 第 1 共 済 年 金 について 1 公 的 年 金 制 度 (1) 公 的 年 金 制 度 の 概 要 わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 昭 和 61 年 4 月 以 降 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 全 国 民 は 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) の 加 入 が 義 務 づけられ 国 民 は 共 通 の 基 礎 年 金 を 受 けられる 制 度 になりました それにより

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

年金制度のあらまし

年金制度のあらまし 実 務 修 習 セミナー( 第 9 回 ) 厚 生 年 金 国 民 年 金 関 係 平 成 24 年 9 月 21 日 < 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 の 仕 組 みと 給 付 のあらまし>( 便 覧 P116) 1 給 付 の 種 類 老 齢 障 害 死 亡 2 公 的 年 金 制 度 の 種 類 種 類 対 象 者 国 民 年 金 日 本 国 内 に 居 住 する 20 歳 以 上

More information

市県民税のしおり

市県民税のしおり 市 県 民 税 のしおり 739-8601 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 財 務 部 市 民 税 課 TEL (082)420-0910( 直 通 ) FAX (082)422-6810 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 市 県 民 税 の 申 告 申 告 が 必 要 な 人 p 2 申 告 書

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 について 日 本 郵 政 共 済 組 合

厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 について 日 本 郵 政 共 済 組 合 1. 厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 2. 退 職 後 の 健 康 保 険 制 度 日 本 郵 政 共 済 組 合 厚 生 年 金 制 度 及 び 年 金 払 い 退 職 給 付 について 日 本 郵 政 共 済 組 合 公 的 年 金 制 度 のしくみ 公 的 年 金 共 済 年 金 厚 生 年 金 国 民 年 金 被 用 者 年 金 制 度 基 礎 年 金 制 度

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係

公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係 Ⅴ 長 期 給 付 事 業 1 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 は 都 道 府 県 や 市 町 村 の 区 分 や 職 種 の 相 違 によって 適 用 される 制 度 が 異 なっていたものが 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 全 ての 公 務 員 に 通 ずる 統 一 的 な 制

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73>

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 人 件 費 率 264,775 人 89,572,418 千 989,606 千 17,550,569

More information

(2) 国 民 年 金 の 保 険 料 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 および 任 意 加 入 者 は, 保 険 料 を 納 めなければなりま せん また,より 高 い 老 齢 給 付 を 望 む 第 1 号 被 保 険 者 任 意 加 入 者 は, 希 望 により 付 加 保 険

(2) 国 民 年 金 の 保 険 料 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 および 任 意 加 入 者 は, 保 険 料 を 納 めなければなりま せん また,より 高 い 老 齢 給 付 を 望 む 第 1 号 被 保 険 者 任 意 加 入 者 は, 希 望 により 付 加 保 険 1 国 民 年 金 事 業 の 概 要 国 民 年 金 制 度 は, 昭 和 34 年 の 発 足 以 来,50 年 以 上 の 歳 月 を 経 て, 平 成 26 年 3 月 末 には,2,750 万 人 の 被 保 険 者 ( 第 2 号 被 保 険 者 を 除 く)と3,140 万 人 の 受 給 者 を 擁 する 制 度 に 発 展 し, 国 民 の 中 に 広 く 定 着 しています 昭

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される 年 金 の し お り 全 国 測 量 業 厚 生 年 金 基 金 このしおりの 最 後 に 届 出 用 紙 ( 住 所 受 取 方 法 変 更 届 氏 名 変 更 届 )がありますの で 住 所 受 取 方 法 氏 名 の 変 更 があった 場 合 に 切 取 ってお 使 いください なお 用 紙 がなくなったときは 基 金 に 請 求 してください 各 種 届 出 用 紙 はホームページからのダウンロードもできます

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版 育 児 休 業 Q&A 平 成 26 年 改 定 県 立 学 校 版 教 育 人 事 課 目 次 育 児 休 業 の 意 義 目 的 1 Q1 育 児 休 業 の 目 的 は? Q2 育 児 休 業 を 取 得 することによってどういう 効 果 があるの? 育 児 休 業 をすることができる 職 員 2 Q3 誰 でも 育 児 休 業 をすることができるの? Q4 育 児 休 業 中 の 身 分 はどうなるの?

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する 掛 金 負 担 金 について 目 次 頁 費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 1 標 準 報 酬 1 掛 金 等 額 の 算 定 方 法 2 掛 金 等 の 納 付 2 産 前 産 後 休 業 期 間 中 の 掛 金 等 免 除 5 等 終 了 後 に 報 酬 が 低 下 した 場 合 の 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 8 海 外 居 住 等 に 係 る 介 護 保 険 の 適 用

More information

8.手当・年金・貸付等

8.手当・年金・貸付等 9 章 手 当 年 金 貸 付 等 手 当 年 金 等 一 覧 対 象 者 や 金 額 の 詳 細 は 該 当 ページを 参 照 してください 年 金 関 係 主 な 対 象 金 額 ページ (1)(2) 障 がい 基 礎 年 金 (3) 特 別 障 がい 給 付 金 (4) 重 度 障 がい 者 特 例 支 援 事 業 (5) 障 がい 厚 生 年 金 障 が い 手 当 金 20 歳 以 上 で

More information

Microsoft Word - 5-26職員給与規程

Microsoft Word - 5-26職員給与規程 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 5 月 10 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 28

More information

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464>

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 7 日 平 成 16 年 規 則 第 41 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 56 条

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 退 職 共 済 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 ( 以 下 共 助 会 という ) 定 款 第 4 条 に 規 定 する 事 業 ( 以 下 共 済 事 業 という )の 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 =

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 = 2 給 与 規 程 関 係 この 項 目 では 就 業 規 則 の 給 与 に 関 する 事 項 について 別 に 定 めた 給 与 規 程 として 参 考 例 を 記 載 しています 法 人 会 給 与 規 程 ( 参 考 例 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 就 業 規 則 第 条 の 規 程 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 する 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

- 目 次 - ページ Q1: 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 とはどのような 制 度 でしょうか 3 Q2: 新 たに 従 業 員 を 採 用 したときは どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 5 Q3: 従 業 員 が 退 職 したとき 等 は どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 8 Q4: 扶 養 家 族 を 被 扶 養 者 とするときや 被 扶 養 者 に 異 動

More information

Ⅰ 現 在 の 公 的 年 金 制 度 の 概 要 1 現 在 の 公 的 年 金 制 度 組 合 員 の 皆 さまは 2つの 公 的 年 金 制 度 と 公 務 員 特 有 の 制 度 に 加 入 しています 1 2 +α 基 礎 年 金 : 全 国 民 に 共 通 する 国 民 年 金 制 度

Ⅰ 現 在 の 公 的 年 金 制 度 の 概 要 1 現 在 の 公 的 年 金 制 度 組 合 員 の 皆 さまは 2つの 公 的 年 金 制 度 と 公 務 員 特 有 の 制 度 に 加 入 しています 1 2 +α 基 礎 年 金 : 全 国 民 に 共 通 する 国 民 年 金 制 度 平 成 28 年 3 月 平 成 27 年 度 末 普 通 勧 奨 退 職 者 向 け 年 金 手 続 等 説 明 会 資 料 公 立 学 校 共 済 組 合 東 京 支 部 給 付 貸 付 課 ねんきん 博 士 目 次 Ⅰ 現 在 の 公 的 年 金 制 度 の 概 要 P 2 Ⅱ 老 齢 年 金 等 について P 4 Ⅲ 老 齢 年 金 に 関 する 注 意 事 項 P 8 (A 受 給 権 発

More information

[ 特 別 控 除 の 一 覧 ] 控 除 の 内 容 特 定 扶 養 親 族 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 16 才 以 上 23 才 未 満 の 扶 養 親 族 ) 老 人 扶 養 親 族 配 偶 者 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 70 才 以 上 の

[ 特 別 控 除 の 一 覧 ] 控 除 の 内 容 特 定 扶 養 親 族 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 16 才 以 上 23 才 未 満 の 扶 養 親 族 ) 老 人 扶 養 親 族 配 偶 者 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 70 才 以 上 の 8 入 居 収 入 基 準 市 営 住 宅 の 申 込 みには, 世 帯 全 員 の 課 税 対 象 の 収 入 が, 公 営 住 宅 法 で 定 める 一 定 の 基 準 内 ( ) にあることが 必 要 です (1) 市 営 住 宅 の 収 入 基 準 ( )は, 次 の 表 のとおりです 住 宅 種 別 一 般 世 帯 裁 量 階 層 世 帯 ( ) 公 営 住 宅 158,000 以 下 214,000

More information

特別区人事・厚生事務組合人事行政のあらまし

特別区人事・厚生事務組合人事行政のあらまし 特 別 区 人 事 厚 生 事 務 組 合 人 事 行 政 のあらまし 特 別 区 人 事 厚 生 事 務 組 合 は 特 別 区 の 権 限 に 属 する 事 務 の 一 部 を 共 同 して 処 理 するため 地 方 自 治 法 の 規 定 により 設 立 された 特 別 地 方 公 共 団 体 ( 一 部 事 務 組 合 )です 本 組 合 に 勤 務 する 職 員 の 任 用 給 与 及 び

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

2004syuki027職員退職手当規程

2004syuki027職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 度 九 大 就 規 第 27 号 制 定 : 平 成 16 年 4 月 1 日 最 終 改 正 : 平 成 27 年 3 月 30 日 ( 平 成 26 年 度 九 大 就 規 第 21 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 就 業 通 則 ( 平 成 16

More information

Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金 へ 昭 和 61 年 4 月 から 20 歳 以 上 60 歳 未 満 のすべての 国 民 が 国 民 年 金 に 加 入 厚 生 年 金 基 金 職 域

Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金 へ 昭 和 61 年 4 月 から 20 歳 以 上 60 歳 未 満 のすべての 国 民 が 国 民 年 金 に 加 入 厚 生 年 金 基 金 職 域 退 職 共 済 年 金 制 度 等 について Ⅰ 年 金 制 度 Ⅱ 退 職 共 済 年 金 Ⅲ 年 金 額 Ⅳ 定 年 退 職 後 の 就 労 と 年 金 調 整 Ⅴ 年 金 の 請 求 手 続 Ⅵ その 他 公 立 学 校 共 済 組 合 大 阪 支 部 Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金

More information

1526452.dsz

1526452.dsz 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 都 民 税 申 告 の 手 引 申 告 書 の 提 出 期 限 は 平 成 28 年 3 月 15 日 ( 火 )です 特 別 区 民 税 都 民 税 ( 住 民 税 )の 申 告 につきましては 毎 年 ご 協 力 をいただきありがとうございます 平 成 28 年 度 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりましたので 申 告 書 をお 送

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

Ⅱ給付事務

Ⅱ給付事務 Ⅳ 給 付 事 務 1. 基 金 給 付 の 仕 組 み 基 金 の 給 付 は キャッシュ バランス プランによる 生 協 独 自 の 給 付 老 齢 給 付 金 ( 年 金 ) 選 択 一 時 金 脱 退 一 時 金 遺 族 給 付 金 ( 一 時 金 ) です キャッシュ バランス プランでは 加 入 者 一 人 一 人 の 仮 想 個 人 勘 定 残 高 をもとに 給 付 を 行 います 基

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 職 員 給 与 規 程 最 終 改 正 平 成 15 年 10 月 1 日 独 信 基 (101) 平 成 15 年 第 35 号 平 成 28 年 4 月 20 日 独 信 基 602 平 成 28 年 度 第 5 号 制 定 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 の 業 務 に 常 時 従 事

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370835E815B8393874291DE90458CE382CC944E8BE0959B93C7967B94C55F323031322E322E32305F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370835E815B8393874291DE90458CE382CC944E8BE0959B93C7967B94C55F323031322E322E32305F> 退 職 後 の 年 金 手 続 きガイド ~ 年 金 加 入 や 年 金 受 取 りのために~ 退 職 後 の 年 金 加 入 1 退 職 後 の 年 金 の 受 取 り 6 年 金 相 談 サービス 10 ( 参 考 1) 退 職 後 の 医 療 保 険 12 ( 参 考 2) 退 職 と 年 金 健 康 保 険 の 手 続 き 15 http://www.nenkin.go.jp/ 日 本 年

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

不 動 産 所 得 収 入 金 ウ 欄 所 得 金 3 欄 土 地 や 建 物 など 不 動 産 の 貸 し 付 けから 生 ずる 所 得 をいい ます 収 入 金 から 必 要 経 費 を 差 し 引 いた 金 が 所 得 金 とな ります( 申 告 書 裏 面 の 7 事 業 不 動 産 所 得

不 動 産 所 得 収 入 金 ウ 欄 所 得 金 3 欄 土 地 や 建 物 など 不 動 産 の 貸 し 付 けから 生 ずる 所 得 をいい ます 収 入 金 から 必 要 経 費 を 差 し 引 いた 金 が 所 得 金 とな ります( 申 告 書 裏 面 の 7 事 業 不 動 産 所 得 平 成 28 年 度 市 民 税 道 民 税 申 告 の 手 引 き 千 歳 市 申 告 書 を 作 成 する 前 にお 読 みください 所 得 税 の 確 定 申 告 をする(した) 方 は この 申 告 書 を 提 出 する 必 要 はありません 住 所 氏 名 生 年 月 日 世 帯 主 の 氏 名 世 帯 主 との 続 柄 電 話 番 号 ( 申 告 の 内 容 等 についてお 尋 ねする

More information

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 - 1-27.4.1 最 終 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 教 職 員 ( 以 下 教

More information

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0 長 岡 技 術 科 学 大 学 出 産 子 育 てのための 手 続 パンフレット 総 務 課 平 成 26 年 4 月 現 在 1. 職 務 専 念 義 務 免 除 について 妊 娠 12 週 以 降 又 は 出 産 後 1 年 を 経 過 しない 職 員 ( )が, 医 師 又 は 助 産 師 から 指 示 を 受 け, 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるため 通 院 する 等

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

障害福祉制度あらまし目次

障害福祉制度あらまし目次 4 年 金 手 当 障 害 基 礎 年 金 次 の 要 件 をすべて 満 たす 方 に 障 害 基 礎 年 金 が 支 給 されます 要 年 金 額 支 給 制 限 件 1 初 診 日 が 20 歳 前 であるか 初 診 日 において 国 民 年 金 に 加 入 中 の 方 もしくは 国 民 年 金 に 加 入 したことのある 60 歳 以 上 65 歳 未 満 で 日 本 国 内 に 住 所 がある

More information

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 職 員 の 退 職 金 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 規 則 第 8 号 改 正 平 成 16 年 法 人 規 則 第 27 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 28 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 29 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 25 号 平 成

More information

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2 平 成 26 年 度 ( 平 成 25 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 粕 屋 町 ) 平 成 26 年 度 ( 平 成 25 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりました こ の 手 引 きを 参 照 のうえ 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたします 申 告 書 は 町 民 税 県 民

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

陸上自衛隊退職手当支給規則

陸上自衛隊退職手当支給規則 陸 上 自 衛 隊 退 職 手 当 支 給 規 則 昭 和 35 年 1 月 29 日 陸 上 自 衛 隊 達 第 32 7 号 改 正 昭 和 36 年 5 月 22 日 達 第 122 32 号 昭 和 38 年 8 月 7 日 達 第 50 10 1 号 昭 和 42 年 9 月 5 日 達 第 32 7 1 号 昭 和 45 年 4 月 8 日 達 第 63 2 号 昭 和 45 年 10

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場 育 児 介 護 休 業 法 が 改 正 されます 改 正 育 児 介 護 休 業 法 が 平 成 22 年 6 月 30 日 に 施 行 されます 今 回 の 育 児 休 業 関 係 の 改 正 は 少 子 化 の 流 れを 変 え 男 女 ともに 子 育 てをしながら 働 き 続 けることができる 社 会 を 目 指 して 行 われます また 介 護 休 業 関 係 の 改 正 は 高 齢 化 が

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

20120501 日本年金機構編 年金相談マニュアル-10 入門編(平成24年5月改訂-第9版) 【216頁】サンプル

20120501 日本年金機構編 年金相談マニュアル-10 入門編(平成24年5月改訂-第9版) 【216頁】サンプル 年 金 相 談 マニュアル Contents 年 金 相 談 マニュアル 入 門 編 目 次 ( 入 門 編 ) 第 1 章 年 金 相 談 の 心 得... 1 1 相 談 担 当 職 員 としての 心 構 え... 3 2 一 般 的 な 相 談 の 対 応... 7 3 お 客 様 の 声 への 対 応... 17 4 個 人 情 報 保 護... 22 5 相 談 対 象 者 の 確 認...

More information

○ ○都道府県(市町村)の職員の任免状況について

○ ○都道府県(市町村)の職員の任免状況について 地 方 公 務 員 法 第 58 条 の 2 及 び 大 崎 上 島 町 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 における 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 を 次 のとおり 公 表 します 平 成 26 年 4 月 大 崎 上 島 町 長 高 田 幸 典 空 欄 としている 事 項 については 地

More information

2 給 与 の 状 況 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B ( 平 成 24 年 度 末 ) (B/A) 平 成 25 年 3 月 31 日 % 平 成 24 年 度 67,4

2 給 与 の 状 況 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B ( 平 成 24 年 度 末 ) (B/A) 平 成 25 年 3 月 31 日 % 平 成 24 年 度 67,4 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 に 基 づき 市 職 員 の 給 与 や 勤 務 条 件 研 修 や 福 利 厚 生 等 について 主 に 平 成 24 年 度 の 状 況 を 公 表 します 1 任 免 および 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 採 用 試 験 の 状 況 ( 平 成

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2 平 成 25 年 度 ( 平 成 24 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 粕 屋 町 ) 平 成 25 年 度 ( 平 成 24 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりました こ の 手 引 きを 参 照 のうえ 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたします 申 告 書 は 町 民 税 県 民

More information

国民年金

国民年金 国 民 年 金 の 被 保 険 者 日 本 国 内 に 住 所 のある20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 は 原 則 として 国 民 年 金 に 加 入 し なければなりません 国 民 年 金 は, 職 業 などにより 次 の3 種 類 に 分 類 されます 第 1 号 被 保 険 者 自 営 業 者 や 農 林 漁 業 者 学 生 無 職 など( 第 2 号 第 3 号 被 保 険 者 を

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 規 程 第 5 号 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 の 退 職 手 当 について は この 規 程 の 定 めるところによる 2 この

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ 1. 月 収 額 を 計 算 する 前 に 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください あなたの 同 居 親 族 又 は 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は 何 人 ですか? 同 居 親 族 とは 入 居 しようとする 親 族 ( 本 人 を 除 く)のことをいいます 扶 養 親 族 とは 入 居 しようとする 扶 養 親 族 及 び 入 居 しない

More information

目 次 再 任 用 制 度 とは 1 再 任 用 制 度 の 対 象 者 4 採 用 任 期 勤 務 形 態 5 休 暇 6 給 与 7 その 他 の 諸 制 度 8 表 1 再 任 用 職 員 の 俸 給 月 額 9 表 2 再 任 用 職 員 の 医 療 年 金 保 険 11 表 3 再 任 用

目 次 再 任 用 制 度 とは 1 再 任 用 制 度 の 対 象 者 4 採 用 任 期 勤 務 形 態 5 休 暇 6 給 与 7 その 他 の 諸 制 度 8 表 1 再 任 用 職 員 の 俸 給 月 額 9 表 2 再 任 用 職 員 の 医 療 年 金 保 険 11 表 3 再 任 用 再 任 用 を 希 望 される 皆 様 へ 内 閣 官 房 内 閣 人 事 局 平 成 27 年 度 目 次 再 任 用 制 度 とは 1 再 任 用 制 度 の 対 象 者 4 採 用 任 期 勤 務 形 態 5 休 暇 6 給 与 7 その 他 の 諸 制 度 8 表 1 再 任 用 職 員 の 俸 給 月 額 9 表 2 再 任 用 職 員 の 医 療 年 金 保 険 11 表 3 再 任 用

More information

は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍

は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍 国 も 家 庭 も 守 りたい 防 衛 省 職 員 のための は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍 推 進 が 大 きな 柱 に 掲 げられました

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

大分大学職員給与規程(案)

大分大学職員給与規程(案) 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 16 年 規 程 第 18 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2 上 北 山 村 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 現 平 成 25 年 度 中 の 退 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 職 員 数 A 職 者 数 平 成 26 年 4 月 1 日 採 在 の 職 員 数 B B-A 用 者 数 36 人 0

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

児童扶養手当(大阪府)

児童扶養手当(大阪府) 児 童 扶 養 手 当 児 童 扶 養 手 当 は 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない18 歳 到 達 後 最 初 の 年 度 末 までの 児 童 ( 児 童 に 政 令 で 定 める 程 度 の 障 がいがある 場 合 は 20 歳 未 満 の 児 童 ) を 監 護 しているひとり 親 家 庭 の 母 又 は 父 等 に 支 給 されます 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E93788E7381458CA796AF90C582CC8EE888F882AB2E646F63> 平 成 年 度 市 民 県 民 申 告 の 手 引 き 日 頃, 本 市 の 務 事 務 にご 協 力 をいただきましてありがとうございます 市 民 県 民 申 告 は,この 手 引 きをご 参 照 のうえ, 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたし ます ( 申 告 期 限 近 くは, 大 変 混 雑 しますのでお 早 めにお 願 いいたします ) この 申 告 は,あなたの

More information

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日 年 1 年 制 度 の 概 要 1 長 期 給 付 の 種 類 ( 共 済 年 と 基 礎 年 の 種 類 ) 長 期 給 付 は 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによっ て 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とそ の 家 族 の 生 活 の 安

More information

Microsoft Word - ac16-8.doc

Microsoft Word - ac16-8.doc 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 6 年 4 月 日 制 定 平 成 6 年 規 程 第 29 号 ( 趣 旨 ) 第 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 6 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 8 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学

More information

Ⅰ 国民年金

Ⅰ 国民年金 年 金 相 談 事 例 集 1 巻 p.101 Ⅰ 国 民 年 金 1 国 民 年 金 制 度 の 目 的 及 び 沿 革 国 民 年 金 制 度 は, 厚 生 年 金 保 険, 旧 船 員 保 険, 旧 共 済 組 合 など 被 用 者 を 対 象 とする 公 的 年 金 制 度 が 適 用 されていない 農 業 者, 自 営 業 者 等 及 び 被 用 者 の 配 偶 者 などを 対 象 とした

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

第 1 職 員 の 任 命 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 新 規 採 用 の 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 男 性 女 性 合 一 般 事 務 2 人 7 人 技 術 職 保 育 士 3 人 4 人 6 人 6 人 12 人 2 再 任 用 の 状 況 ( 平 成 25 年

第 1 職 員 の 任 命 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 新 規 採 用 の 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 男 性 女 性 合 一 般 事 務 2 人 7 人 技 術 職 保 育 士 3 人 4 人 6 人 6 人 12 人 2 再 任 用 の 状 況 ( 平 成 25 年 目 次 北 本 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 を 公 表 します( 平 成 26 年 度 ) 北 本 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 に 基 づき 市 職 員 の 給 与 や 勤 務 条 件 の 状 況 などの 人 事 行 政 のあらましをお 知 らせします 第 1 職 員 の 任 命 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1

More information

給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 か 1 年 間 の 年 金 額 を 確 かめて 前 年 中 の 年 間 総 所 得 金 額 めてください ください を 確 かめてください 計 算 のしか

給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 か 1 年 間 の 年 金 額 を 確 かめて 前 年 中 の 年 間 総 所 得 金 額 めてください ください を 確 かめてください 計 算 のしか (5) 月 収 額 の 計 算 のしかた 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください (1)あなたの 同 居 親 族 または 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は (2)あなたの 世 帯 の 総 収 入 金 額 または 総 所 得 金 額 は (3)あなたの 世 帯 は 収 入 基 準 に 合 ってますか (1) 同 居 親 族 扶 養 家 族 の

More information