打 てなくなり 血 液 を 送 り 出 す 心 室 が 細 動 を 起 こし 極 めて 危 険 な 状 態 となり 死 亡 することが 多 い このときの 電 流 を 特 に 心 室 細 動 電 流 と 呼 ぶ 表 2.1 通 電 電 流 の 周 波 数 電 流 値 と 症 状 の 関 係 電 流

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "打 てなくなり 血 液 を 送 り 出 す 心 室 が 細 動 を 起 こし 極 めて 危 険 な 状 態 となり 死 亡 することが 多 い このときの 電 流 を 特 に 心 室 細 動 電 流 と 呼 ぶ 表 2.1 通 電 電 流 の 周 波 数 電 流 値 と 症 状 の 関 係 電 流"

Transcription

1 第 2 章 電 気 の 取 扱 いについて 電 気 は 我 々の 生 活 と 密 接 なかかわりを 持 ち 重 要 なライフラインの 一 つになっている しかしながら 身 近 でありながら 目 に 見 えない 存 在 であるため 安 全 への 配 慮 が 忘 れがち となり ちょっとした 油 断 が 感 電 事 故 や 電 気 火 災 を 引 き 起 こすことになる この 章 では 感 電 死 傷 事 故 や 電 気 火 災 事 故 などを 防 止 するための 基 礎 的 な 知 識 守 らなければならな い 事 項 について 述 べる 1. 感 電 事 故 とその 防 止 感 電 は 電 気 災 害 のうちもっとも 直 接 的 なものであり 一 般 に 電 圧 が 高 い 場 合 には 注 意 を 払 うが 低 い 場 合 には 油 断 しがちである しかし 電 圧 が 100V 以 下 の 場 合 でも 条 件 次 第 では 生 命 に 関 わることがあるので 軽 視 してはならない 感 電 事 故 における 通 電 電 流 と 蘇 生 率 の 関 係 を 調 査 した 統 計 によると 50~60mA の 電 流 が 流 れたと 推 測 されるケースでは 蘇 生 率 が 20% 以 下 になっており 80% 以 上 が 助 かっていない 20W の 蛍 光 灯 スタンドに 流 れる 電 流 が 200mA であることと 比 較 すると いかに 少 ない 電 流 で 死 亡 してしまうかがわかる この 例 からも たとえ 消 費 電 力 の 小 さい 電 気 機 器 であっても 生 命 にかかわる 事 故 に つながる 危 険 性 が 高 く 電 気 は 慎 重 に 取 り 扱 うことがいかに 重 要 であるかが 認 識 でき る 1) 感 電 事 故 の 原 因 感 電 事 故 は さまざまな 状 況 で 発 生 するが 主 として 次 のような 場 合 におきる 場 合 が 多 い (1) 電 圧 がかかっている 裸 導 線 に 直 接 触 れた 場 合 (2) 絶 縁 の 悪 い 電 気 器 具 や 装 置 のフレームなどに 触 れた 場 合 (3) 高 電 圧 部 に 近 づいたために 閃 絡 した 場 合 2) 通 電 電 流 と 症 状 通 電 電 流 と 人 体 におこる 症 状 を 表 2.1に 示 す 電 撃 傷 ( 体 内 を 電 流 が 流 れる ことによって 受 ける 損 傷 のこと)は 人 体 を 流 れる 電 流 の 大 きさによって 異 なり この 電 流 の 値 は 次 のような 因 子 で 決 まる (1) 通 電 電 流 の 大 きさ (2) 通 電 経 路 ( 電 流 が 人 体 のどの 部 分 を 流 れたか) (3) 電 源 の 種 類 ( 直 流 か 交 流 か) (4) 通 電 時 間 と 電 撃 印 加 相 ( 心 臓 脈 動 周 期 のどの 位 相 で 通 電 したか) (5) 周 波 数 および 波 形 心 臓 に 流 れる 電 流 がある 値 以 上 に 達 すると 心 臓 が 痙 攣 を 起 こし 正 常 の 脈 動 を

2 打 てなくなり 血 液 を 送 り 出 す 心 室 が 細 動 を 起 こし 極 めて 危 険 な 状 態 となり 死 亡 することが 多 い このときの 電 流 を 特 に 心 室 細 動 電 流 と 呼 ぶ 表 2.1 通 電 電 流 の 周 波 数 電 流 値 と 症 状 の 関 係 電 流 の 周 波 数 電 流 (ma) 男 女 直 流 Hz ,000Hz 少 しちくちくする 症 状 直 流 筋 肉 の 自 由 は 利 く 50Hz ,000Hz 苦 痛 をともなう 直 流 筋 肉 が 痙 攣 する 50Hz ,000Hz 電 線 をつかんだまま 離 れられない 直 流 筋 肉 が 硬 直 し 不 随 状 態 となり 呼 吸 困 難 に 陥 る 50Hz ,000Hz 苦 痛 を 伴 う 激 しいショック 直 流 Hz 心 臓 麻 痺 を 起 こし 呼 吸 が 停 止 する 10,000Hz ) 安 全 電 圧 の 目 安 人 体 に 流 れる 電 流 は 電 気 の 流 出 入 部 の 抵 抗 ( 皮 膚 の 抵 抗 手 袋 や 履 物 などの 抵 抗 など)によって 影 響 をうけるが これらの 抵 抗 が 同 じ 条 件 であるとすると 電 圧 が 高 いほど 危 険 になる 表 2.2に 電 圧 の 人 体 への 影 響 を 示 す この 表 からも 電 圧 が 高 いほど またぬれているほど 危 険 であることがわかる 表 2.2 電 圧 が 人 体 に 及 ぼす 影 響 電 圧 (V) 人 体 への 影 響 10 全 身 が 水 中 にあるときは 電 位 傾 度 10V/m が 限 界 20 ぬれた 手 で 安 全 な 限 界 30 乾 いた 手 で 安 全 な 限 界 50 生 命 に 危 険 のない 限 界 100~200 危 険 度 が 急 に 増 大 200 以 上 生 命 に 危 険 3,000 充 電 部 に 引 きつけられる 10,000 以 上 跳 ね 飛 ばされて 助 かるときがある 4) 感 電 防 止 のための 留 意 事 項 一 般 的 な 機 器 の 場 合 には (1) 電 気 機 器 の 接 地 (アース)は 確 実 にとる 特 に ぬれた 状 態 で 扱 う 可 能 性 の

3 ある 機 器 は 必 ず 接 地 する (2) 湿 気 の 多 い 場 所 などへの 機 器 類 の 接 地 は 避 ける やむを 得 ず 湿 気 やほこり の 多 い 場 所 に 設 置 しなければならないときには 漏 電 遮 断 器 を 取 り 付 ける (3) 破 損 した 差 込 プラグやテーブルタップ 端 子 劣 化 したコード 類 は 使 用 しな い (4) 電 気 機 器 の 電 源 部 に 埃 が 付 着 している 場 合 には 埃 が 水 分 を 吸 収 して 漏 電 の 原 因 となるので 使 用 しない (5) 修 理 などで 機 器 類 の 内 部 に 触 れるときには 必 ず 電 源 コードを 抜 いてから 作 業 に 取 り 掛 かる また 内 部 にコンデンサーを 使 っている 装 置 ではコンデンサ ーの 端 子 を 接 地 して 電 荷 を 逃 がしてから 作 業 にかかること (6) コードを 抜 くことができないような 大 型 機 器 の 場 合 には 第 三 者 が 間 違 えて スイッチをいれたりすることがないような 処 置 をとる (7) ぬれた 手 で 電 気 器 具 を 操 作 しない (8) 複 数 の 人 数 で 実 験 をするときには スイッチの 投 入 を 大 声 で 知 らせる また 高 電 圧 を 取 り 扱 う 場 合 には 下 記 の 事 項 にも 留 意 すること (1) 充 電 部 分 に 直 接 触 れることのないように 絶 縁 物 で 遮 蔽 する 危 険 区 域 を 指 定 し 近 づけないように 柵 などを 設 ける (2) 感 電 して 動 けなくなったときに 救 助 を 要 請 できるように 実 験 は 必 ず 複 数 の 人 数 で 行 なう (3) 作 業 するために 装 置 にふれるときには 必 ず 接 地 棒 で 接 地 する (4) 接 地 後 両 手 で 同 時 に 触 らないこと まず 心 臓 から 遠 い 右 手 で 触 れて 安 全 を 確 認 する その 際 も 手 のひらで 触 れると 筋 肉 が 収 縮 して 充 電 部 を 握 って しまう 可 能 性 があるので 指 の 外 側 で 軽 く 触 れて 安 全 を 確 認 する 確 実 に 安 全 を 確 認 してから 両 手 で 作 業 を 開 始 する (5) 装 置 は 確 実 に 設 置 する 高 圧 用 機 器 は 第 1 種 設 置 工 事 をするように 法 律 で 定 められている 5) 感 電 事 故 発 生 時 の 措 置 速 やかに 以 下 の 措 置 をとる (1) 急 いで 電 源 ( 本 体 及 び 分 電 盤 内 )を 切 る (2) 電 源 を 切 れない 場 合 には 素 手 で 感 電 者 に 触 れず 服 を 脱 いで 手 に 巻 くなど 絶 縁 処 置 をしてから 感 電 者 を 充 電 部 から 引 き 離 す( 足 で 蹴 飛 ばしてもよい) (3) 安 全 な 場 所 に 移 し 着 衣 をゆるめてからだ 全 体 を 楽 にさせる (4) 外 傷 の 有 無 に 関 わらず 早 急 に 医 師 に 連 絡 して 手 当 てを 受 けさせる

4 (5) 心 臓 や 呼 吸 が 停 止 している 場 合 には 至 急 AED( 自 動 体 外 式 除 細 動 器 )を 利 用 し 蘇 生 措 置 を 行 うか 人 工 呼 吸 や 心 臓 マッサージを 施 す 死 因 のほとんどは 心 室 細 動 であるので 現 場 での 素 早 い 心 肺 蘇 生 は 非 常 に 有 効 である 2. 電 気 火 災 電 気 火 災 とは 漏 電 短 絡 せん 絡 などにより 電 気 設 備 に 異 常 が 発 生 し それが 原 因 となって 発 熱 発 火 がおこり 火 災 となる 場 合 をさし 電 気 器 具 の 取 扱 い 不 注 意 から の 発 火 は 含 まない 過 去 の 電 気 火 災 事 故 を 原 因 別 にみると 設 備 不 備 および 保 守 不 完 全 によるものが6 割 以 上 を 占 めている 表 2.3に 電 気 火 災 の 主 たる 誘 因 を 示 す 過 熱 火 花 表 2.3 火 災 の 主 たる 誘 因 漏 えい 電 流 によるジュール 熱 の 発 生 過 負 荷 による 機 器 および 電 線 の 過 熱 電 線 接 続 部 の 接 続 不 良 による 局 部 的 スイッチ 開 閉 時 のスパークやアーク 電 線 間 短 絡 時 のスパーク 静 電 的 耐 電 によるスパーク 1) 漏 電 による 火 災 トラッキング 火 災 漏 電 とは 電 気 回 路 と 大 地 との 間 の 絶 縁 が 異 常 に 低 下 し アークまたは 導 電 性 物 質 によって 橋 絡 されたために 電 気 回 路 または 機 器 の 外 部 に 危 険 な 電 圧 が 現 れ たり 電 流 が 流 れたりする 現 象 をいう 原 因 不 明 の 火 災 が 発 生 した 場 合 に 漏 電 で はないかという 疑 念 が 持 たれることが 多 い また 差 し 込 んだままのコンセント に 埃 や 湿 気 が 付 着 すると 炭 化 誘 電 路 (トラック)が 形 成 され 絶 縁 破 壊 による 火 災 の 原 因 になる 2) 過 熱 による 火 災 (1) 熱 器 具 からの 過 熱 による 火 災 過 熱 による 火 災 は 分 類 上 電 気 火 災 には 含 まれないが 電 熱 器 への 直 接 接 触 や 輻 射 による 過 熱 が 原 因 となる 火 災 例 は 非 常 に 多 い 可 燃 物 を 電 熱 器 などの 近 くに 置 かないことは 当 然 であるが コードやコンセントなども 高 温 になり 劣 化 しやすいので 定 期 的 な 点 検 をしなければならない (2) 電 線 の 過 熱 による 火 災 電 線 が 過 熱 されて 火 災 に 発 展 する 原 因 としては 以 下 のようなものが 考 えら れる 1 過 電 流 による 場 合 容 量 を 超 えた 電 流 が 流 れることにより 芯 線 が 過 熱 し 被 覆 が 燃 えることによ

5 り 発 生 する 屋 内 配 線 にはすべて 過 電 流 遮 断 器 が 設 置 されているので 引 火 段 階 以 前 に 回 路 が 遮 断 される 2 短 絡 による 場 合 短 絡 によるスパークで 着 火 する 着 火 段 階 で 赤 熱 溶 断 した 電 線 は 急 激 に 温 度 が 下 がり 落 下 しても 天 井 裏 の 埃 などに 着 火 する 可 能 性 はほとんどなく 着 火 したとしても 独 立 燃 焼 までには 発 展 しない 3 局 部 過 熱 による 場 合 電 線 間 や 器 具 端 子 の 接 続 部 が 不 完 全 であると その 部 分 での 接 触 抵 抗 が 原 因 となって 発 熱 し 電 線 が 燃 焼 する 過 去 の 事 例 から 10A 以 上 の 場 合 には 発 生 しや すいとされるが スパークを 伴 った 場 合 にはそれ 以 下 でも 起 こりうると 考 えら れる 4 金 属 管 へ 漏 洩 した 場 合 接 地 された 金 属 管 に 被 覆 の 破 損 した 電 線 が 接 触 することによってスパーク が 生 じて 着 火 することがある 上 記 に 電 線 の 過 熱 による 火 災 の 原 因 を 列 挙 したが いずれの 場 合 でも 規 定 の 電 線 を 使 用 して 電 流 遮 断 器 を 接 地 していれば 電 線 自 体 が 過 熱 発 火 することは ほとんどないことがなく 火 災 を 防 止 できることがわかる 3)アーク 火 災 アークは 電 線 間 の 絶 縁 が 破 れて 芯 線 と 芯 線 とが 接 触 してショートする 場 合 や 電 流 が 流 れている 状 態 でスイッチを 切 ったとき 電 線 が 切 断 したとき 接 続 部 分 が 接 触 不 良 のときなどに 一 種 の 爆 発 現 象 のように 発 生 する アークで 火 傷 した 場 合 にはその 温 度 が 3,000 くらいあるため 通 常 の 火 傷 と 比 べると3 倍 ほど 深 く 組 織 内 におよび 発 生 した 銅 鉛 アルミなどの 金 属 蒸 気 が 皮 膚 に 付 着 して 悪 性 の 症 状 となることがある 4) 静 電 気 による 火 災 人 体 は 導 体 と 考 えてよいが 絶 縁 性 の 高 い 靴 を 履 いている 人 などが 帯 電 する 人 体 帯 電 による 放 電 で 火 災 爆 発 となる 場 合 や 絶 縁 されたサンプリング 容 器 などの 物 体 が 帯 電 し それが 放 電 して 火 災 爆 発 となる 場 合 などがある 人 体 が 帯 電 して いる 静 電 気 が 人 体 から 接 地 体 へ あるいは 物 体 に 帯 電 している 静 電 気 が 人 体 へ 放 電 したときに 発 生 するエネルギーE は で 表 すことができる 1 E = CV 2 2 ここで C; 静 電 容 量 V; 帯 電 電 位

6 人 体 の 静 電 容 量 を 120pF としたときの 電 撃 の 症 状 を 表 2.4に 示 す 表 2.4 電 圧 と 電 撃 症 状 の 関 係 耐 電 電 圧 (kv) 放 電 エネルギー(mJ) 電 撃 の 症 状 ほとんど 感 じない 痛 みを 感 じる 場 合 があり 放 電 音 が 聞 痛 みを 感 じ 衝 撃 をうける 激 しい 痛 みを 感 じる 痛 みを 感 じ 指 先 がしびれる 5) 電 気 火 災 の 予 防 (1) 漏 電 警 報 器 漏 電 遮 断 器 を 接 地 する (2) 漏 電 警 報 器 が 作 動 した 場 合 は すぐに 原 因 箇 所 を 探 索 し 点 検 を 行 なう 経 験 的 に 警 報 ブザーが 鳴 る 直 前 に 操 作 したスイッチや 装 置 の 関 連 部 分 を 調 べると 原 因 が 判 明 することが 多 い (3) 水 気 および 湿 気 のある 場 所 に 設 置 する 配 線 器 具 には 防 湿 をほどこし 電 源 部 には 漏 電 遮 断 器 を 取 り 付 ける (4) 腐 食 性 ガスの 発 生 する 場 所 では 電 気 機 器 は 使 用 しない (5) 配 電 系 統 の 露 出 部 分 は 埃 などが 蓄 積 しないようにする フロアコンセントは 埃 をためたり 水 をこぼしたりしないように 注 意 する (6) タコ 足 配 線 は 指 定 された 電 気 容 量 を 超 えることがあり 電 線 や 器 具 が 過 熱 す るなど 火 災 の 原 因 となるので 絶 対 にしない (7) 差 し 込 みプラグは 踏 みつけたりして 刃 の 部 分 を 曲 げないようにすること 変 形 していると 接 触 不 良 による 発 熱 の 原 因 となるので その 場 合 には 平 行 にな るように 直 すこと (8) 実 験 室 や 研 究 室 から 退 出 するときには 支 障 のない 限 り 実 験 動 力 盤 などのス イッチを 切 る (9) 定 期 的 な 機 器 の 保 守 点 検 を 励 行 する 6) 電 気 火 災 の 消 火 手 順 (1) 出 火 を 発 見 したら 直 ちに 近 くのものに 火 事 だ と 大 声 で 知 らせ 火 災 報 知 器 のボタンを 押 す そして 勤 務 時 間 内 であれば 総 務 係 ( 内 線 :8507) 夜 間 など 勤 務 時 間 外 であれば 守 衛 室 ( 事 務 棟 1 階 116 室 )( 内 線 :8513 携 帯 からは )に 通 報 する (2) 分 電 盤 の 電 気 系 統 のスイッチを 切 る (3) 農 学 部 に 設 置 してある 消 火 器 はすべて 電 気 火 災 に 対 応 できる 粉 末 ABC 消 火 器 であるので これを 使 用 して 消 火 活 動 を 行 なう

7 3. 実 験 室 での 電 気 使 用 に 関 する 基 礎 知 識 1) 配 電 方 式 農 学 部 の 電 力 は 下 記 のような 方 式 によって 変 電 され 研 究 室 や 実 験 室 に 供 給 されている 以 下 にそれぞれの 特 徴 と 留 意 事 項 について 述 べる (1) 単 相 2 線 式 (100V) この 方 式 は 線 数 が 少 なく 工 事 や 保 守 が 簡 単 であるが 電 圧 降 下 による 配 電 線 の 電 力 損 失 が 大 きいことにより 供 給 力 が 小 さいため 小 容 量 負 荷 への 供 給 に 使 用 する (2) 単 相 3 線 式 (200/100V) 単 相 2 線 式 に 比 べて 電 力 損 失 や 電 線 の 所 要 銅 量 の 点 から 経 済 的 に 有 利 であ るが 中 性 線 ( 変 圧 器 の 中 性 点 から 引 出 した 線 のこと)の 両 側 の 負 荷 に 不 均 衡 があると 受 電 端 において 両 外 側 の 電 圧 線 と 中 性 線 間 との 線 間 電 圧 に 不 均 衡 を 生 じ 電 気 機 器 を 損 傷 する 恐 れがある 用 途 としては 100V および 200V 電 灯 負 荷 単 相 100V および 200V 機 器 用 外 側 の2 線 を 使 用 すると 200V 中 央 の 線 と 外 側 のいずれかの 線 を 使 用 すると 100V となるので 接 続 時 には 注 意 すること (3) 三 相 3 線 式 (100V 200V) これは 最 も 一 般 的 に 用 いられている 配 電 方 式 である その 理 由 は 中 性 線 を 持 たないため 経 済 的 に 電 力 を 供 給 できるからである 三 相 交 流 は 3 本 の 線 の 間 で 電 圧 の 瞬 時 値 が 2/3πずつずれており 向 かって 左 側 から R,S,T と 記 号 をつ けて 呼 んでいる モーターを 接 続 するときには 順 番 を 間 違 えると 逆 転 するの で 注 意 しなければならない もし 逆 転 する 場 合 には 外 側 の2 線 をつなぎかえ る 2) 分 電 盤 幹 線 から 配 線 を 分 岐 する 箇 所 に 設 け 開 閉 器 と 過 電 流 遮 断 器 を 組 み 合 わせたも のであり 火 災 事 故 や 感 電 事 故 を 防 止 するために 漏 電 遮 断 器 を 組 み 合 わせる 場 合 もある 日 常 使 用 している 電 力 は 建 物 内 に 引 き 込 まれた 幹 線 から 各 階 に 設 けた 分 電 盤 を 経 由 して 研 究 室 や 実 験 室 の 分 電 盤 に 供 給 されている 盤 面 下 部 にはアー ス 端 子 が 設 置 してある 3) 過 電 流 遮 断 器 (ブレーカー ヒューズ) 低 圧 電 路 を 保 護 するためには 過 負 荷 や 短 絡 などにより 過 電 流 が 流 れた 場 合 に 保 護 する 過 電 流 遮 断 器 と 配 線 や 電 気 機 器 の 絶 縁 低 下 や 一 線 地 路 などにより 接 地 事 故 が 発 生 した 場 合 のための 漏 電 遮 断 器 地 絡 継 電 器 がある 幹 線 および 分 岐 回 路 には 各 線 路 を 保 護 する 過 電 流 遮 断 器 を 施 設 することになっており これらには ヒューズと 配 線 用 遮 断 器 がある 配 線 用 遮 断 器 は 一 般 にブレーカとよばれており バイメタルや 電 磁 コイルなど

8 が 利 用 されている 遮 断 の 都 度 ヒューズのように 交 換 する 必 要 がなく ハンド ル 操 作 だけで 簡 単 に 投 入 できる 構 造 になっており 投 入 すればそのまま 継 続 して 使 用 できる 4)コンセント コンセントは 容 易 に 電 源 を 確 保 することができるため つい 接 続 しすぎてタコ 足 配 線 になりがちである この 場 合 すべての 電 流 がコンセントを 流 れるので 温 度 上 昇 につながりやすく 電 線 や 被 覆 ゴム 塩 化 ビニールなどが 劣 化 したり 溶 けたりして 漏 電 感 電 火 災 の 原 因 となるので 容 量 以 上 の 接 続 は 絶 対 してはな らない 5)アース 接 地 とは 機 器 と 大 地 を 電 気 的 に 接 続 することであり 感 電 防 止 や 漏 電 防 止 の 意 味 からも 重 要 なことである 電 気 機 器 の 通 電 部 分 と 筐 体 部 分 は 通 常 絶 縁 されてい るので 正 常 であれば 筐 体 に 触 れても 感 電 することはない しかし 絶 縁 部 が 劣 化 したり 損 傷 したりすると 内 部 に 絶 縁 不 良 が 発 生 し 筐 体 に 漏 電 した 場 合 には 感 電 する ところが このように 絶 縁 不 良 が 起 きている 場 合 でも アースが 正 しくと られていれば 漏 電 および 感 電 の 危 険 性 は 低 くなる 大 地 と 接 地 極 ( 銅 棒 など)と の 表 面 接 触 抵 抗 が 十 分 低 くなければ 事 故 時 の 電 位 上 昇 を 低 く 抑 えることができ ないので 電 気 設 備 技 術 基 準 によって 接 地 抵 抗 地 の 限 度 (100Ω)が 定 められてい る 実 験 室 における 設 置 の 方 法 は 実 験 室 の 分 電 盤 についているアース 端 子 に 接 続 する 水 道 管 からアースをとっているのを 散 見 するが 蛇 口 が 金 属 でも 水 道 管 は 塩 ビ 管 が 使 われている 場 合 が 多 いのでほとんど 効 果 がない また ガス 管 からのアー スは 火 災 の 原 因 となるので 絶 対 に 行 なってはならない 6) 実 験 室 内 の 配 線 実 験 室 や 研 究 室 で 配 線 を 行 なう 場 合 には 次 のことに 注 意 しなければならない ( 電 気 配 線 は 有 資 格 者 に 依 頼 すること) (1) 電 線 と 電 線 の 接 続 1 電 線 を 接 続 する 場 合 には 電 気 抵 抗 を 増 加 させないように 接 続 すること 2 電 線 の 強 さ( 引 張 荷 重 )を 20% 以 上 減 少 させないようにすること 3 接 続 部 分 には 接 続 管 などの 器 具 を 使 用 するか ろう 付 けすること 4 絶 縁 電 線 同 士 を 接 続 する 場 合 には 絶 縁 物 と 同 等 以 上 の 絶 縁 効 力 のあるもの で 十 分 に 被 覆 すること (2) 接 続 端 子 への 電 線 の 接 続 1 端 子 への 接 続 の 締 め 付 けがゆるいと 接 触 抵 抗 が 大 きくなり 発 熱 の 原 因 とな るので 端 子 への 締 め 付 けはしっかりすること

9 2 心 線 のネジ 止 めは 線 をネジに の の 字 に 巻 きつけて 締 めること 3 ヨリ 線 の 場 合 には 圧 着 端 子 を 用 いて 接 続 すること 4 分 電 盤 には 通 常 20A および 30A のヒューズが 入 っているが ブレーカが 設 置 されている 場 合 にはその 容 量 を 超 えないようにすること 5 電 流 値 はスイッチ 端 に 接 続 されている 機 器 類 の 定 格 電 流 の 合 計 から 計 算 す る (3) 配 線 上 の 注 意 事 項 1 電 線 は 接 続 される 電 気 機 器 の 定 格 電 流 の 合 計 以 上 の 許 容 電 流 がある 線 を 使 用 すること 2 モーターを 接 続 する 場 合 には 起 動 時 や 負 荷 変 動 時 のことを 配 慮 して 定 格 電 流 の 1.25 倍 の 許 容 電 流 がある 線 を 使 用 すること 3 電 熱 機 器 への 配 線 は 相 対 的 に 熱 に 強 いケーブルを 使 用 すること 4 たこ 足 配 線 は 特 定 の 電 線 に 許 容 値 以 上 の 電 流 が 流 れる 場 合 が 多 くなり 発 熱 による 火 災 の 原 因 となるので 行 なわないこと 5 使 用 中 の 余 分 なコードを 小 さく 丸 めて 束 ねると 放 熱 が 悪 くなり 過 熱 の 原 因 となるので 直 径 30cm 程 度 の 輪 を 作 り 束 ねること (4) 電 気 機 器 の 無 人 運 転 に 関 する 注 意 事 項 1 装 置 に 異 常 が 発 生 した 場 合 に 備 えて 安 全 に 停 止 するような 措 置 あるいは 警 報 装 置 の 設 置 などの 対 策 を 講 じること 2 下 記 の 事 項 を 明 記 したカードなどを 備 えておくこと 実 施 責 任 者 非 常 時 の 連 絡 方 法 停 止 方 法 ( 第 三 者 が 異 常 を 発 見 した 場 合 の ため) 4. 安 全 点 検 1) 分 電 盤 の 安 全 点 検 (1) 漏 電 遮 断 器 は 作 動 するか( 赤 いテストボタンを 押 して 動 作 確 認 をする) (2) 分 電 盤 の 外 箱 は 接 地 してあるか (3) 電 源 盤 のスイッチに 電 圧 区 分 が 明 示 されているか( 三 相 200V 単 相 3 線 式 100V など) (4) 配 電 必 要 のないスイッチが ON されていないか (5) ナイフスイッチのカバーは 壊 れていないか (6) 電 源 の 締 め 付 け つなぎ 込 み 部 分 の 被 覆 は 完 全 か (7) 接 続 されている 機 器 に 対 して 電 線 の 容 量 は 適 切 か (8) ヒューズは 適 正 か(ヒューズ 以 外 の 物 を 使 っていないか) (9) 分 電 盤 内 に 埃 がたまっていないか (10) 分 電 盤 の 前 に 物 が 置 かれていないか

10 2) 研 究 室 内 の 安 全 点 検 (1) たこ 足 配 線 をしていないか( 許 容 電 流 内 か) (2) コードやテーブルタップが 熱 くなっていないか (3) 不 必 要 なコードが 接 続 されたままになっていないか (4) 使 用 していない 機 器 や 装 置 の 電 源 がはいったままになっていないか (5) コードが 損 傷 していないか (6) コードの 接 続 部 に 絶 縁 テープ 以 外 のものを 巻 いていないか (7) 絶 縁 テープが 剥 がれていないか (8) コードがドアに 挟 まれたり 重 量 物 の 下 敷 きになっていないか (9) コードが 電 熱 機 器 に 触 れていないか (10) 配 線 を 日 常 的 に 踏 みつけていないか (11) 差 込 やテーブルタップが 破 損 していないか (12) コンセントとプラグの 接 続 部 分 に 埃 がたまっていないか 参 考 文 献 1. 工 学 部 安 全 マニュアル 茨 城 大 学 工 学 部 安 全 管 理 委 員 会 編

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス 化 学 物 質 等 安 全 データシート 整 理 番 号 05 Ar 作 成 平 成 5 年 3 月 31 日 改 訂 平 成 11 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 21 年 12 月 15 日 [ 連 絡 先 ] 製 品 名 アルゴンガス アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及

More information

この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保 管 してくださ

この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保 管 してくださ 1-7483-21 Instruction Manual ELECTRIC ASPIRATOR アスピレータ GAS-1 取 扱 説 明 書 この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9 製 品 仕 様 書 PLS (Plasma Lighting System) 投 光 灯 (PSF1871A) 2015. 4 目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション キュービクル 式 高 圧 受 電 設 備 老 朽 化 省 エネ 耐 震 対 策 平 成 27 年 10 月 制 定 盤 標 準 化 協 議 会 キュービクル 技 術 部 会 近 年 生 産 設 備 や 情 報 機 器 の 高 度 化 に 伴 い 受 配 電 設 備 への 信 頼 性 の 要 求 は 益 々 高 まってきており 事 故 による 停 電 はもとより 瞬 時 の 電

More information

DT-03取扱説明書

DT-03取扱説明書 はじめに 壁 掛 / 卓 上 型 温 度 調 節 計 デジサーモ DT-03 取 扱 説 明 書 この 度 は 東 邦 電 子 製 品 デジサーモ(DT-03)をご 購 入 頂 きまして 誠 にありがとうございます 本 製 品 をご 使 用 になる 前 に 本 書 を 良 くお 読 み 頂 き 内 容 をご 理 解 した 上 で ご 使 用 をお 願 い 致 します 尚 本 書 は 大 切 に 保

More information

スライド 1

スライド 1 電 気 用 品 に 起 因 した 製 品 事 故 & 原 因 解 析 事 例 の 紹 介 電 気 用 品 安 全 法 セミナー 資 料 ( 平 成 26 年 11 月 14 日 : 広 島 市 ) ( 独 ) 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 中 国 支 所 ウォーターサーバーからの 出 火 事 例 ー1 事 故 発 生 は2011 年 11 月 使 用 期 間 は 約 3 年 出 火 箇 所

More information

<5461726F2D8376838C8358967B95B6816988C4816A31323035323476657231>

<5461726F2D8376838C8358967B95B6816988C4816A31323035323476657231> 平 成 年 5 月 日 製 品 安 全 セ ン タ ー 乾 燥 機 及 び 除 湿 機 による 故 の 防 止 について( 注 意 喚 起 ) NITE 製 品 安 全 センターに 通 知 された 製 品 故 情 報 のうち 乾 燥 機 ( 1) 及 び 除 湿 機 ( )の 故 は 故 発 生 日 で 見 ると 平 成 18 年 度 から 年 度 に61 件 ( ) ありました 被 害 状 況 は

More information

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線)

船舶電気装備工事関係法令・規則集(無線) 平 成 27 年 度 船 舶 電 装 士 検 定 試 験 問 題 標 準 解 答 - 電 気 工 学 の 基 礎 編 - 問 1. 下 の 文 は 半 導 体 について 述 べた 文 章 である 語 句 を 選 び 記 入 せよ (3 点 ) の 部 分 に 下 記 の 用 語 より 適 切 な 半 導 体 は 通 常 の 状 態 では 導 体 と 不 導 体 との 中 間 的 な 電 気 抵 抗

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

Microsoft Word - 第3回模擬問題.doc

Microsoft Word - 第3回模擬問題.doc 第 3 種 電 力 第 2 回 A 問 題 ( 配 点 は1 問 題 当 たり5 点 ) 問 1 最 大 使 用 水 量 20[m 3 /s], 総 落 差 110[m], 損 失 落 差 10[m]の 水 力 発 電 所 がある. 年 平 均 使 用 水 量 を 最 大 使 用 水 量 の65[%]とするとき,この 発 電 所 の 年 間 発 電 電 力 量 [GWh]の 値 として, 最 も 近

More information

輸出用フマキラーベープマットf

輸出用フマキラーベープマットf 2014 年 1 月 27 日 ( 第 2 版 ) 1/5 安 全 データシート 作 成 日 ( 初 版 ) 改 訂 日 ( 第 2 版 ) 2011 年 12 月 27 日 2014 年 1 月 27 日 1. 及 び 会 社 情 報 名 スキンベープミスト 200mL スキンベープミスト ハローキティ 200mL ( 販 売 名 :スキンベープB2) 会 社 名 フマキラー 株 式 会 社 所

More information

5. 給 湯 量 の 算 定 給 湯 量 の 算 定 は 人 員 による 算 定 方 法 と 器 具 数 による 算 定 方 法 があるが 一 般 的 には 人 員 による 算 定 を 行 い 必 要 に 応 じて 器 具 数 による 算 定 によりチェックを 行 う 1 1 日 の 使 用 湯 量

5. 給 湯 量 の 算 定 給 湯 量 の 算 定 は 人 員 による 算 定 方 法 と 器 具 数 による 算 定 方 法 があるが 一 般 的 には 人 員 による 算 定 を 行 い 必 要 に 応 じて 器 具 数 による 算 定 によりチェックを 行 う 1 1 日 の 使 用 湯 量 給 湯 設 備 1. 給 湯 設 備 の 概 要 給 湯 設 備 は 給 水 設 備 と 同 様 に 必 要 な 水 量 ( 湯 量 ) 使 用 目 的 に 適 した 水 圧 衛 生 的 に 安 全 な 水 質 これらに 加 えて 適 温 の 湯 を 建 物 内 の 給 湯 必 要 箇 所 に 供 給 することが 目 的 である 2. 湯 の 性 質 比 体 積 単 位 重 量 当 たりの 体 積

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

           目    次

           目    次 第 10 章 維 持 管 理 第 10 章 維 持 管 理 1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 給 水 装 置 は 年 月 の 経 過 に 伴 う 材 質 の 劣 化 により 故 障 漏 水 等 の 事 故 が 発 生 す ることがある 事 故 を 未 然 に 防 止 するため 又 は 最 小 限 に 抑 えるためには 維 持 管 理 を 行 うことが 重 要 である (1) 給 水 装 置 工

More information

Ⅰ 交 通 法 規 (40 問 ) 次 の 設 問 について 正 しいと 思 うものについては 解 答 用 紙 の の 欄 に 誤 っていると 思 うもの については 解 答 用 紙 の の 欄 に マークを 付 けなさい 問 1. 車 両 通 行 帯 が 設 けられていない 道 路 を 通 行 中

Ⅰ 交 通 法 規 (40 問 ) 次 の 設 問 について 正 しいと 思 うものについては 解 答 用 紙 の の 欄 に 誤 っていると 思 うもの については 解 答 用 紙 の の 欄 に マークを 付 けなさい 問 1. 車 両 通 行 帯 が 設 けられていない 道 路 を 通 行 中 第 44 回 全 国 トラックドライバー コンテスト 学 科 競 技 問 題 用 紙 ( 制 限 時 間 :60 分 間 ) 平 成 24 年 10 月 27 日 実 施 注 意 事 項 1 2 3 解 答 はすべて 別 紙 の 解 答 用 紙 (マークシート 方 式 )に 記 入 すること 解 答 用 紙 (マークシート 方 式 )は 鉛 筆 を 使 用 して 必 要 な 箇 所 にマークし 誤

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

Microsoft Word - MSDS A3H.doc

Microsoft Word - MSDS A3H.doc Mediracs P/N MPH090015 Co.,Ltd. MS090015_201004ver2 別 化 学 物 質 等 安 全 データシート (MSDS MSDS) 製 名 : 4%テトラヒドロフラン 溶 液 MSDS 称 品 : 番 整 号 N 理 : 末 番 端 MPH090015 号 プロテインシーケンス : MS090015_201004ver2 用 試 薬 A3H 1. 製 品 及

More information

長 野 県 における 熱 中 症 の 主 な 発 生 事 例 業 種 発 生 状 況 の 概 要 道 路 貨 物 運 送 業 工 場 内 で アルミ 合 金 の 鋳 造 作 業 中 に 脱 水 状 態 になり 同 僚 が 臥 床 させ 身 体 を 冷 却 して 病 院 へ 搬 送 した ボイラのばい

長 野 県 における 熱 中 症 の 主 な 発 生 事 例 業 種 発 生 状 況 の 概 要 道 路 貨 物 運 送 業 工 場 内 で アルミ 合 金 の 鋳 造 作 業 中 に 脱 水 状 態 になり 同 僚 が 臥 床 させ 身 体 を 冷 却 して 病 院 へ 搬 送 した ボイラのばい 長 野 県 における 熱 中 症 の 発 生 状 況 熱 中 症 の 発 生 件 数 の 推 移 ( 休 業 4 日 以 上 単 位 : 人 ) 長 野 労 働 局 8 9(1) 5 5 1 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 ( ) 内 は 死 亡 者 で 内 数 熱 中 症 の 業 種 別 年 別 発 生 状 況 ( 休 業 4 日 以 上

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害 熱 風 工 具 ファン 付 きダクトヒーター ( 寒 冷 地 タイプ) HFD3075 HFD3100 HFD3150 HFD3200 HFD3300 取 扱 説 明 書 お 買 いあげいただき ありがとうございます ファン 付 きダクトヒーター を 安 全 にご 使 用 いただくため お 使 いになる 前 にこの 取 扱 説 明 書 をお 読 みください お 読 みになった 後 は 後 日 お 役

More information

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 1 2 3 5 6 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に

More information

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料 床 の 機 能 床 床 材 料 野 口 貴 文 構 築 機 能 積 載 荷 重 の 支 持 振 動 などの 障 害 に 対 する 十 分 な 耐 力 居 住 機 能 人 に 対 する 安 全 性 快 適 性 下 階 に 対 する 防 音 防 振 防 水 精 密 機 器 に 対 する 障 害 防 止 床 に 対 する 要 求 条 件 床 に 対 する 要 求 と 材 料 性 能 (1) 安 全 性 居

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF8251817C8252817A32303135944E82CC93738E73834B83588E968CCC82C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF8251817C8252817A32303135944E82CC93738E73834B83588E968CCC82C982C282A282C42E646F63> 2015 年 の 都 市 ガス について 資 料 2-3 平 成 28 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 ガ ス 安 全 室 ガス 事 業 法 第 46 条 の 規 定 に 基 づき 都 市 ガス 事 業 者 ( 一 般 ガス 事 業 者 及 び 簡 易 ガス 事 業 者 )が 各 産 業 保 安 監 督 部 に 対 して 行 った 2015 年 の 報 告 を 集 計 し 要 因 分 析

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

Microsoft PowerPoint - JSIA講習会スイッチギヤ2011-07-19.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - JSIA講習会スイッチギヤ2011-07-19.ppt [互換モード] 社 団 法 人 日 本 配 電 制 御 システム 工 業 会 / 一 般 社 団 法 人 日 本 電 機 工 業 会 技 術 交 流 会 JEM 1425 ( 金 属 閉 鎖 形 スイッチギヤ 及 びコントロールギヤ ) 第 4 回 (2011 年 版 ) 改 正 のポイント 一 般 社 団 法 人 日 本 電 機 工 業 会 スイッチギヤ 技 術 専 門 委 員 会 東 京 ( 蜂 須 賀 清 )

More information

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日 別 記 様 式 1-11 給 排 水 区 分 概 要 給 水 源 水 道 水 井 水 排 水 再 利 用 水 ( ) 給 水 方 式 直 結 方 式 直 結 増 圧 方 式 受 水 タンク 方 式 ( 受 水 タンク 高 置 タンク) 受 水 タンク 置 場 所 地 下 室 内 (B F) 地 上 階 室 内 ( F) 屋 外 排 水 方 法 公 共 下 水 道 合 併 処 理 浄 化 槽 ( 放

More information

乙種第4類(危険物取扱者試験)

乙種第4類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 4 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 計 画 の 目 的 鶴 岡 ガス 株 式 会 社 及 び 庄 内 中 部 ガス 株 式 会 社 並 びにその 他 ガス 事 業 者 は 災 害 発 生 後

More information

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対 第 二 章 IH 加 熱 時 の 伝 熱 特 性 調 理 は 単 に 食 材 を 加 熱 するだけではなく 食 材 出 来 上 がりのこげ 加 減 など 視 覚 的 に 食 欲 を 促 進 させるためには 加 熱 性 能 も 重 要 な 要 素 になる IH とガス 加 熱 で 調 理 した 場 合 に 味 が 変 わると 言 われているが IH とガス 加 熱 で 直 接 味 に 影 響 す ることは

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8DD082F08EF382AF82BD8BB497C082CC91B98F9D82C682BB82CC91CE899E2E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8DD082F08EF382AF82BD8BB497C082CC91B98F9D82C682BB82CC91CE899E2E444F43> 火 災 を 受 けた 橋 梁 の 損 傷 とその 対 応 久 田 宗 昌 1 1 名 古 屋 市 緑 政 土 木 局 道 路 建 設 課 ( 460-8508 名 古 屋 市 中 区 三 の 丸 3 丁 目 1-1) 本 稿 は, 主 要 地 方 道 名 古 屋 中 環 状 線 の 庄 内 川 に 架 かる 明 徳 橋 の 桁 下 にて 平 成 25 年 6 月 に 発 生 した 火 災 への 対

More information

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前 破 裂 脳 動 脈 瘤 に 対 する 開 頭 クリッピング 術 とは くも 膜 下 出 血 について 頭 蓋 骨 の 内 側 には 硬 膜 くも 膜 軟 膜 と 呼 ばれる 脳 組 織 を 包 んで いる 組 織 があります くも 膜 と 軟 膜 のすき 間 は くも 膜 下 腔 と 呼 ば れています くも 膜 下 腔 に 出 血 を 起 こした 状 態 がくも 膜 下 出 血 で す くも 膜

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

著 に 現 れることがあります その 他 の 問 題 鎮 静 剤 を 使 用 し 意 識 レベ ルが 低 下 している 場 合 は, 自 発 呼 吸 のみでガス 交 換 が 十 分 に 行 われなければ, 再 挿 管 を 余 儀 なくされること もあります 事 故 抜 管 vs 自 己 抜 管 計

著 に 現 れることがあります その 他 の 問 題 鎮 静 剤 を 使 用 し 意 識 レベ ルが 低 下 している 場 合 は, 自 発 呼 吸 のみでガス 交 換 が 十 分 に 行 われなければ, 再 挿 管 を 余 儀 なくされること もあります 事 故 抜 管 vs 自 己 抜 管 計 現 場 対 応 策 1 人 工 呼 吸 器 の 目 的 は, 高 濃 度 酸 素 の 投 与,ガ ス 交 換 の 改 善 および 呼 吸 仕 事 量 の 軽 減 です 気 管 チューブは,その 重 要 な 役 割 の 橋 渡 しをして います 気 管 チューブにひとたびトラブルが 生 じると, 場 合 によっては 生 命 に 危 険 を 及 ぼす 可 能 性 があります そのため,できるだけ 気 管

More information

Microsoft Word - ②270717【お知らせ】原因調査報告について(局HP用)

Microsoft Word - ②270717【お知らせ】原因調査報告について(局HP用) 平 成 27 年 7 月 17 日 中 国 四 国 防 衛 局 お 知 らせ 岩 国 飛 行 場 内 で 発 生 した 航 空 機 用 燃 料 の 油 漏 れ 事 案 に 関 する 原 因 調 査 の 報 告 について 平 成 27 年 1 月 20 日 岩 国 飛 行 場 内 において 燃 料 配 管 工 事 に 関 して 配 管 に 燃 料 を 通 す 試 験 中 に 発 生 した 漏 油 事

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください ( 電 子 除 湿 器 ) ODE-F110-AW ODE-F122-AW ODE-N103-AW ODE-N105-AW 取 扱 説 明 書 ご 使 用 になる 前 に 必 ずこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みください いつも 側 に 置 いてお 使 いください 目 次 1. 安 全 に 関 するご 注 意 2 2. 各 部 の 名 称 3 3. 取 付 方 法 4 4. 配 線 6 5.

More information

Microsoft Word - h4ki26.htm

Microsoft Word - h4ki26.htm 消 防 危 第 26 号 平 成 4 年 3 月 25 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 危 険 物 規 制 課 長 内 燃 機 関 を 原 動 機 とする 加 圧 送 水 装 置 の 構 造 及 び 性 能 の 基 準 について( 通 知 ) 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 第 20 条 の 規 定 に 基 づき 製 造 所 等 に 設 ける 消 火 設

More information

4 A200900490 平 成 21 年 8 月 27 日 ( 滋 賀 県 ) 平 成 21 年 9 月 16 日 運 動 器 具 当 該 製 品 を 組 み 立 てていたとこ ろ 当 該 製 品 に 指 を 挟 み 負 傷 し 使 用 者 は 当 該 製 品 の 開 梱 組 立 て 作 業 を

4 A200900490 平 成 21 年 8 月 27 日 ( 滋 賀 県 ) 平 成 21 年 9 月 16 日 運 動 器 具 当 該 製 品 を 組 み 立 てていたとこ ろ 当 該 製 品 に 指 を 挟 み 負 傷 し 使 用 者 は 当 該 製 品 の 開 梱 組 立 て 作 業 を 資 料 6 原 因 究 明 調 査 を 行 ったが 製 品 に 起 因 して 生 じた 事 故 かどうか 不 明 であると 判 断 した 案 件 ( 案 ) 管 理 番 号 1 A200900318 平 成 21 年 7 月 11 日 ( 徳 島 県 ) 平 成 21 年 7 月 17 日 布 団 乾 燥 機 当 該 製 品 を 使 用 していたところ 当 該 製 品 及 び 周 辺 が 焼 損 する

More information

報道資料

報道資料 平 成 24 7 月 5 日 消 防 庁 平 成 23 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 総 火 災 件 数 は 50,006 件 で おおよそ 1 日 あたり 137 件 11 分 に 1 件 の 火 災 が 発 生 したことになります また 東 日 本 大 震 災 による 火 災 は 330 件 でした 1 総 出 火 件 数 は 50,006 件 でした

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

MSDS - INK HEAD CLEANING SOLUTION_ref 5096.indd

MSDS - INK HEAD CLEANING SOLUTION_ref 5096.indd MSDS MATERIAL SAFETY DATA SHEET 安 全 データシート 指 令 CEE 201/58 MSDS n 38 改 訂 : 30/06/2010 製 品 1. 製 品 および 会 社 情 報 製 品 名 : INKJET HEAD CLEANING SOLUTION - Ref: 5096 Product application : JET series 製 造 元 / 供

More information

youshiki a(茨城県)_20140708

youshiki a(茨城県)_20140708 申 請 資 料 (1/5) 表 紙 ( 概 要 ) 登 録 No. a-14047 A-1 の 区 分 名 称 キャッチコヒ ー 1. 工 法 2. 機 械 3. 材 料 4. 製 品 5.その 他 1 現 場 仮 設 ソーラーシステムハウス( 災 害 対 応 型 ) 電 気 工 事 が 不 要 で 設 置 後 すぐに 使 用 可 能 安 全 迅 速 のシンプルハウス エコ&クリーンシステムで 環

More information

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19

More information

アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的

アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的 日 立 受 配 電 機 器 リニューアルの ご 提 案 アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的 熱 劣 化 により 電 磁 機 械 力 に

More information

【様式1】

【様式1】 様 式 1 避 難 施 設 運 営 組 織 ( 事 前 対 策 ) < 運 営 管 理 責 任 者 > 氏 名 所 属 又 は 住 所 TEL 備 考 会 長 副 会 長 避 難 施 設 従 事 職 員 ( 市 職 員 ) 施 設 管 理 者 < 避 難 施 設 運 営 班 > ( 印 : 班 長 印 : 副 班 長 ) 氏 名 自 治 会 名 住 所 TEL 備 考 総 務 班 名 簿 班 食 料

More information

蛍光灯の構造と点灯の仕組み

蛍光灯の構造と点灯の仕組み 蛍 光 灯 の 構 造 と 点 灯 の 仕 組 み 手 元 に 蛍 光 灯 管 があったら ちょっと 見 てみよう 直 管 状 の 蛍 光 灯 管 なら 両 端 にそれぞれ2 本 サークラインではソケットを 差 し 込 む 場 所 に4 本 の 電 極 が 出 ているのがわかる あれ? 電 気 ってプラスとマイナスの2 本 の 線 のはずだけど 白 熱 電 球 から 想 像 すると 蛍 光 灯 に4

More information

JLIA基準(圧力調整器)/選定と設置

JLIA基準(圧力調整器)/選定と設置 JLIA-B-2 圧 力 調 整 器 H23 改 正 第 4 章 圧 力 調 整 器 の 選 定 と 設 置 4.1 圧 力 調 整 器 の 選 定 LP ガス 用 圧 力 調 整 器 に 求 められる 機 能 は 燃 焼 器 具 を 使 用 する 時 に 要 求 されるガス 量 とガス 圧 を 供 給 し 正 常 な 燃 焼 を 保 つことである この 機 能 を 満 足 させるため 4.1.1~4.1.3

More information

核攻撃等(N攻撃)

核攻撃等(N攻撃) 核 兵 器 攻 撃 ( 放 射 性 物 質 を 用 いた 攻 撃 を 含 む ) 資 料 2-1 国 民 の 保 護 に 関 する 基 本 指 針 ( 基 本 指 針 )における 核 兵 器 攻 撃 の 際 の 避 難 のポイント( 国 民 保 護 室 で 整 理 ) 特 徴 核 爆 発 による 熱 線 爆 風 及 び 初 期 核 放 射 線 によって 被 害 を 受 ける 熱 線 爆 風 などで

More information

「設備機器の保守・点検のポイント」

「設備機器の保守・点検のポイント」 施 設 管 理 に 役 立 つ 点 検 のポイント ( 公 社 ) 全 国 ビルメンテナンス 協 会 建 築 物 の 機 能 や 性 能 を 良 好 な 状 態 に 保 ち 利 用 者 に 安 全 で 衛 生 的 な 環 境 を 提 供 し 更 に 建 物 の 長 寿 命 化 を 図 るためには 適 切 な 維 持 保 全 が 重 要 である 建 築 設 備 の 維 持 保 全 は 日 常 の 点

More information

洗 浄 液 の 液 量 について 洗 浄 槽 に 半 分 以 上 洗 浄 液 が 入 っていることを 確 認 してください 洗 浄 液 が 少 なかったり 空 の 状 態 で 動 作 させますと 異 常 に 発 熱 し 火 災 の 原 因 となります アース 線 の 接 続 について 電 源 プラグ

洗 浄 液 の 液 量 について 洗 浄 槽 に 半 分 以 上 洗 浄 液 が 入 っていることを 確 認 してください 洗 浄 液 が 少 なかったり 空 の 状 態 で 動 作 させますと 異 常 に 発 熱 し 火 災 の 原 因 となります アース 線 の 接 続 について 電 源 プラグ 取 扱 説 明 書 Instruction Manual 超 音 波 洗 浄 器 取 -07564101 VS-F100 この 度 は 本 製 品 をお 買 い 求 め 頂 き 誠 にありがとうございます ご 使 用 の 前 に 本 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みになり 末 永 くご 愛 用 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます また お 読 み 頂 きました 後 も 大 切 に 保

More information

審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (/2) No.02-. 指 摘 事 項 補 助 ボイラ 燃 料 タンクが 地 震 により 損 傷 し 防 油 堤 内 に 重 油 が 漏 えいし 火 災 を 起 こした 場 合 について 消 火 方 法 を 説 明 すること 2. 回 答 補

審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (/2) No.02-. 指 摘 事 項 補 助 ボイラ 燃 料 タンクが 地 震 により 損 傷 し 防 油 堤 内 に 重 油 が 漏 えいし 火 災 を 起 こした 場 合 について 消 火 方 法 を 説 明 すること 2. 回 答 補 資 料 -6 川 内 原 子 力 発 電 所 号 炉 及 び2 号 炉 審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 ( 可 搬 型 重 大 事 故 等 対 処 設 備 保 管 場 所 およびアクセスルートについて) 平 成 26 年 3 月 27 日 九 州 電 力 株 式 会 社 審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (/2) No.02-. 指 摘 事 項 補 助 ボイラ

More information

目 次 第 1 章 総 括 事 項 P1 第 1 節 一 般 事 項 P1 第 2 節 委 託 細 則 P2 第 2 章 施 設 の 概 要 P3 第 1 節 空 港 の 諸 元 P3 第 2 節 航 空 灯 火 施 設 の 概 要 P3 第 3 章 維 持 管 理 業 務 P3 第 1 節 業 務

目 次 第 1 章 総 括 事 項 P1 第 1 節 一 般 事 項 P1 第 2 節 委 託 細 則 P2 第 2 章 施 設 の 概 要 P3 第 1 節 空 港 の 諸 元 P3 第 2 節 航 空 灯 火 施 設 の 概 要 P3 第 3 章 維 持 管 理 業 務 P3 第 1 節 業 務 山 形 空 港 航 空 灯 火 施 設 維 持 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 4 月 山 形 県 山 形 空 港 事 務 所 目 次 第 1 章 総 括 事 項 P1 第 1 節 一 般 事 項 P1 第 2 節 委 託 細 則 P2 第 2 章 施 設 の 概 要 P3 第 1 節 空 港 の 諸 元 P3 第 2 節 航 空 灯 火 施 設 の 概 要 P3 第 3 章

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 引 火 性 の 高 い 液 体 及 び 蒸 気 吸 入 すると 有 害 重 篤 な 眼 への 刺 激 生 殖 能 または 胎 児 への 悪 影 響 のおそれ 水 生 生 物 に 毒 性 単 回 長 期 または 反 復 暴 露 による 臓

注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 引 火 性 の 高 い 液 体 及 び 蒸 気 吸 入 すると 有 害 重 篤 な 眼 への 刺 激 生 殖 能 または 胎 児 への 悪 影 響 のおそれ 水 生 生 物 に 毒 性 単 回 長 期 または 反 復 暴 露 による 臓 作 成 日 平 成 26 年 5 月 14 日 安 全 データシート SDS 1 製 品 及 び 会 社 情 報 2 危 険 有 害 性 の 要 約 GHS 分 類 製 品 名 : 製 品 コード: 会 社 名 : 住 所 : 担 当 部 門 : 担 当 者 名 : 電 話 番 号 : 06-6301-4631 緊 急 時 の 電 話 番 号 06-6301-4631 ファックス 番 号 : 06-6306-0831

More information

( 消 防 法 の 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 対 応 ) 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ( 統 括 防 火 管 理 者 の 選 任 が 必 要 となる 対 象 物 の 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ) 第 1 章 総 則 第

( 消 防 法 の 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 対 応 ) 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ( 統 括 防 火 管 理 者 の 選 任 が 必 要 となる 対 象 物 の 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ) 第 1 章 総 則 第 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 について 作 成 例 は 統 括 防 火 管 理 義 務 対 象 物 における 基 本 的 な 全 体 についての 防 火 管 理 に 係 る 消 防 計 画 の 作 成 例 であ ることから 次 の 点 に 留 意 する 1 統 括 防 火 管 理 者 が 作 成 する 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 は 当 該 防 火 対 象 物 の 各

More information

発行日 2010/12/28

発行日 2010/12/28 日 立 ISE 用 洗 浄 液 (N), 日 立 ハイテクノロジーズ, 1/7 発 行 日 2011/7/10 製 品 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 製 品 コード 986-8008 整 理 番 号 会 社 名 住 所 担 当 部 門 日 立 ISE 用 洗 浄 液 (N) MSM0003 日 立 ハイテクノロジーズ 電 話

More information

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

平成14年12月 日

平成14年12月 日 別 表 第 3 清 掃 業 務 2013.11.09 資 料 2 1 日 常 清 掃 清 掃 対 象 部 分 1 建 物 周 囲 清 掃 仕 様 一 建 物 周 囲 ゴミ 拾 い 二 植 栽 散 水 除 草 三 駐 車 場 ゴミ 拾 い 四 自 転 車 置 場 ゴミ 拾 い 五 プレイロット ゴミ 拾 い 六 排 水 溝 排 水 口 ドレンゴミ 除 去 七 ゴミ 集 積 所 ゴミ 整 理 2 建 物

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

Microsoft PowerPoint - 白黒ビル管講習会資料.ppt[読み取り専用]

Microsoft PowerPoint - 白黒ビル管講習会資料.ppt[読み取り専用] 特 定 建 築 物 における 加 湿 について 東 京 都 特 別 区 第 4ブロック 平 成 19 年 度 ビル 衛 生 管 理 講 習 会 平 成 20 年 1 月 31 日 本 日 の 内 容 1 加 湿 の 必 要 性 2 湿 度 不 足 の 原 因 対 応 3 加 湿 器 の 維 持 管 理 4 加 湿 器 リニューアル 事 例 空 気 調 和 と 加 湿 器 空 気 調 和 とは 温 度

More information

Ⅰ 第 6 章 公 共 施 等 の 管 理 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1. 公 共 施 公 共 施 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 管 理 は, 図 表 6-1 に 示 す 通 り, 概 ね4つの 段 階 で 構 成 され, 中 長 期 保 全 計 画 を 策 定 実 行 することにあります まず, 実 態 把 握 として, 構 造 躯 体 の 健 全 性 を 把 握 することで

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc)

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc) Ⅱ チェックシート 1 平 常 時 のチェックシート 地 震 風 水 害 等 に 対 する 備 えが 十 分 かどうかを 定 期 的 に 少 なくとも 防 災 訓 練 時 にチェックして 万 全 の 体 制 を 整 える (その1) 立 地 条 件 と 災 害 予 測 地 盤 地 形 などの 立 地 環 境 と 起 こりうる 災 害 予 測 の 確 認 1 1 1 情 報 伝 達 強 化 館 内 一

More information

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73>

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73> デゾレートA( 水 溶 剤 ), 北 興 化 学 工 業 株 式 会 社, 3031-04, 015/10/06, 1/6 作 成 日 014 年 08 月 05 日 改 訂 日 015 年 10 月 06 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 FAX 番 号 緊 急 連 絡 電

More information

(Microsoft PowerPoint - 20150914

(Microsoft PowerPoint - 20150914 平 成 27 年 度 九 州 工 業 塗 装 協 同 組 合 セミナー 困 った 静 電 気 嬉 しい 静 電 気 IPCOアドバイザー 田 村 吉 宣 http://gikogaku.blog.fc2.com/ 静 電 気 とは 何 か? 静 電 気 とは 何 か? 静 電 気 の 源 原 子 を 見 てみよう 静 電 気 の 源 は 原 子 に 在 り その 原 子 って? 原 子 核 電 子

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63> 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアについて - 正 しい 理 解 とより 良 い 治 療 を 受 けるために- 金 明 博 [はじめに] 整 形 外 科 の 外 来 を 訪 れる 患 者 さんの 多 くは 腰 痛 を 主 訴 にされてい ます その 腰 痛 の 患 者 さんが 心 配 している 病 気 の 中 で 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアほ ど 有 名 な 病 気 はないでしょう 腰 椎 椎 間 板

More information

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水 無 機 リチウム 系 ミックスタイプ 浸 透 シーラ コンクリートキーパー 説 明 資 料 営 業 担 当 : 津 波 直 樹 TEL:098-878-7878 FAX:098-870-1587 1 アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ

More information

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設 1 建 築 設 備 第 1 条 の3 第 4 項 ( 建 築 物 の 計 画 に 建 築 設 備 が 含 まれる 場 合 の 確 認 申 請 ) 表 1 い 法 第 28 条 第 2 項 から 第 4 項 までの 規 定 が 適 用 され る 換 気 設 備 ( 居 室 の 採 光 及 び 換 気 ) 換 気 設 備 の 使 用 材 料 2 法 第 28 条 の2 第 3 号 の 規 定 が 適 用

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

入 浴 補 助 下 肢 又 は 体 幹 機 能 に 障 害 を 有 し 入 浴 に 介 護 を 要 す る 身 体 障 害 者 入 浴 に 介 護 をが 必 要 な 難 病 患 者 等 入 浴 時 の 移 動 座 位 の 保 持 浴 槽 への 入 水 等 を 補 助 でき 対 象 者 又 は 介 護

入 浴 補 助 下 肢 又 は 体 幹 機 能 に 障 害 を 有 し 入 浴 に 介 護 を 要 す る 身 体 障 害 者 入 浴 に 介 護 をが 必 要 な 難 病 患 者 等 入 浴 時 の 移 動 座 位 の 保 持 浴 槽 への 入 水 等 を 補 助 でき 対 象 者 又 は 介 護 日 常 生 活 給 付 品 目 一 覧 表 種 目 品 目 対 象 者 障 害 の 種 別 及 び 程 度 対 象 年 齢 ( 原 則 ) 性 能 等 基 準 額 ( 円 ) 耐 年 数 等 介 護 特 殊 寝 台 下 肢 又 は 体 幹 機 能 障 害 2 級 以 上 の 身 体 障 害 者 寝 たきりの 状 態 にある 難 病 患 者 等 腕 脚 等 の 訓 練 ができる 器 を 備 え 原 則

More information

想 定 1 発 症 時 間 :18 時 30 分 ( 通 報 1 分 前 ) 住 所 : 市 町 目 番 号 対 象 物 : マンション 号 室 通 報 内 容 : 自 宅 で 夕 食 中 に 夫 が 食 べ 物 を 喉 に 詰 めて 苦 しそう 妻 からの 通 報 通 報 者 : ( 性 ) (

想 定 1 発 症 時 間 :18 時 30 分 ( 通 報 1 分 前 ) 住 所 : 市 町 目 番 号 対 象 物 : マンション 号 室 通 報 内 容 : 自 宅 で 夕 食 中 に 夫 が 食 べ 物 を 喉 に 詰 めて 苦 しそう 妻 からの 通 報 通 報 者 : ( 性 ) ( シミュレーション 訓 練 1 訓 練 の 目 的 電 話 という 相 手 の 行 動 や 動 作 が 把 握 できない 状 況 の 中 で 胸 骨 圧 迫 等 の 口 頭 指 導 を 行 なうことから バイスタンダーに 口 頭 指 導 の 内 容 が 正 確 に 伝 わらず 有 効 な 応 急 手 当 が 行 われていないことが 考 えられる こうしたことから 指 令 員 の 口 頭 指 導 がバイスタン

More information

安 全 データシート(SDS) 1/4 作 成 日 :2013( 平 成 25 年 )12 月 17 日 ( 改 訂 0) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :1)ステンレス 鋼 製 差 し 込 み 溶 接 継 手 突 合 せ 溶 接 継 手 溶 接 フランジ 参 考 規 格 ( 以

安 全 データシート(SDS) 1/4 作 成 日 :2013( 平 成 25 年 )12 月 17 日 ( 改 訂 0) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :1)ステンレス 鋼 製 差 し 込 み 溶 接 継 手 突 合 せ 溶 接 継 手 溶 接 フランジ 参 考 規 格 ( 以 お 取 引 先 様 各 位 平 成 25 年 12 月 R1 イハラサイエンス 株 式 会 社 特 定 化 学 物 質 へのコバルト 追 加 指 定 とその 対 応 について 拝 啓 時 下 益 々 御 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 又 平 素 は 格 別 の 御 高 配 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げ ます さて 労 働 安 全 衛 生 法 施 行 令 の 一 部 改 正

More information

業務委託標準仕様書

業務委託標準仕様書 市 立 学 校 給 食 調 理 室 換 気 扇 等 清 掃 業 務 委 託 仕 様 書 < 一 般 委 託 > ( 屋 外 清 掃 建 物 清 掃 有 人 警 備 剪 定 樹 木 伐 採 用 ) 市 立 学 校 給 食 調 理 室 換 気 扇 等 清 掃 業 務 委 託 に 基 づく 内 容 は 本 仕 様 書 の 定 めるところによる 1 目 的 学 校 給 食 関 連 の 換 気 扇 や 高 所

More information

6 呼 水 装 置 2 台 7 常 用 電 源 2 式 8 配 線 点 検 及 び 絶 縁 測 定 2 式 9 放 水 試 験 2 式 (5) 連 結 送 水 管 設 備 1 送 水 口 1 基 2 放 水 口 3 基 (6) 消 火 器 具 1 粉 末 消 火 器 ( 加 圧 式 4 型 ) 外

6 呼 水 装 置 2 台 7 常 用 電 源 2 式 8 配 線 点 検 及 び 絶 縁 測 定 2 式 9 放 水 試 験 2 式 (5) 連 結 送 水 管 設 備 1 送 水 口 1 基 2 放 水 口 3 基 (6) 消 火 器 具 1 粉 末 消 火 器 ( 加 圧 式 4 型 ) 外 ( 別 紙 4) 消 防 用 設 備 の 点 検 等 及 び 保 守 業 務 1 機 器 一 覧 (1) 自 動 火 災 報 知 設 備 一 式 1 受 信 機 R 型 250 回 線 1 台 2 表 示 機 2 台 3 中 継 器 10 個 4 煙 感 知 器 (アナログ 式 ) 148 個 5 熱 感 知 機 (アナログ 式 ) 72 個 6 スポット 型 感 知 器 ( 差 動 式 補 償 式

More information

Microsoft Word - ZCT_60-14.doc

Microsoft Word - ZCT_60-14.doc 零 相 変 流 器 JIS 4601 高 圧 地 絡 継 電 装 置 規 格 準 拠 品 JIS 8374 漏 電 継 電 器 規 格 準 拠 品 JIS 4609 地 絡 方 向 継 電 装 置 規 格 準 拠 品 シリーズ 60-14 2011/06/28 1/12 光 商 工 株 式 会 社 1 特 長 (1) 低 圧 高 圧 用 と 機 種 を 豊 富 に 揃 えましたので 用 途 に 応

More information

EPS20_H1_4.indd

EPS20_H1_4.indd 一 般 家 庭 用 ヘアーアイロン 形 名 :EPS20 取 扱 説 明 書 保 証 書 付 き 保 証 書 は 裏 表 紙 に 付 いております 販 売 店 にて 必 ず 記 入 を 受 け 大 切 に 保 管 してください も く じ 安 全 上 のご 注 意 1 2 各 部 のなまえとはたらき 3 お 買 い 上 げありがとうござい ました ご 使 用 になる 前 に この 取 扱 説 明 書

More information

無印良品マイナスイオンヘアーアイロンIMH-50

無印良品マイナスイオンヘアーアイロンIMH-50 IMH-50 マイナスイオン ヘアーアイロン 形 名 IMH-50 取 扱 説 明 書 お 買 い 上 げありがとうございました ご 使 用 になる 前 に この 取 扱 説 明 書 を 必 ずお 読 みいただき 正 しくご 使 用 ください この 説 明 書 は 必 ず 保 管 してください 安 全 上 のご 注 意 1 各 部 のなまえとはたらき 3 使 いかた 4 髪 のクセの 伸 ばしかた

More information

報告書の概要

報告書の概要 第 1 章 序 論 1 経 緯 及 び 背 景 平 成 16 年 (2004 年 )6 月 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 以 下 国 民 保 護 法 という )が 制 定 され 同 法 に 基 づき 平 成 17 年 度 (2005 年 度 ) 末 までに 国 の 行 政 機 関 及 び 全 国 の 都 道 府 県 において 国

More information

ED-POG-1TS_取扱説明書

ED-POG-1TS_取扱説明書 取 扱 説 明 書 プラズマ 式 オゾン 発 生 器 ED-POG-1TS 重 要 本 装 置 は 取 り 扱 いを 誤 ると 機 材 の 破 損 人 体 への 悪 影 響 等 を 及 ぼす 場 合 がござ います ご 使 用 前 にこの 取 扱 説 明 書 を 良 くお 読 みの 上 正 しくお 使 い 下 さい 安 全 のために (1) 取 扱 説 明 書 についてのお 願 い 取 扱 説 明

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

ヒヤリ・ハット調査「調子が悪い製品を使う危険」(インターネットアンケート)

ヒヤリ・ハット調査「調子が悪い製品を使う危険」(インターネットアンケート) ... 1... 1... 1... 1... 1... 1... 1... 3... 3... 3... 3... 3... 3... 4... 4... 5... 7... 9...11... 13... 15... 17... 19... 21... 22... 23... 23... 25... 27... 28... 29 20 3,000 24 12 14 24 12 17 ) 2-1

More information

(Microsoft Word - WM-O92R3_\202\353\202\244\215\336\223\235\215\207\224\305.doc)

(Microsoft Word - WM-O92R3_\202\353\202\244\215\336\223\235\215\207\224\305.doc) 製 品 安 全 データシート(MSDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 称 : 溶 接 材 料 (ろう 付 け 材 料 ) Low Melt(ロウ メルト),Free Flow(フリー フロー),SY 銀 ロウ,ステンレス 鋼 用 ハンダ 会 社 名 : 株 式 会 社 タセト 住 所 : 251-0014 神 奈 川 県 藤 沢 市 宮 前 100-1 担 当 部 門 : 品

More information

Microsoft PowerPoint - 技術発表会2009保全?ver0825

Microsoft PowerPoint - 技術発表会2009保全?ver0825 鋼 橋 の 維 持 管 理 に 配 慮 した 設 計 施 工 の 留 意 点 ~ 過 去 の 補 修 補 強 事 例 からのフィードバック ~ 日 本 橋 梁 建 設 協 会 保 全 委 員 会 保 全 技 術 小 委 員 会 1 目 次 (1/2) 弱 点 を 知 って 設 計 施 工 に 留 意 しよう! 最 も 損 傷 事 例 が 多 いのはここだ! 昔 の 橋 はこんなところに 注 意! 今

More information

附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 7 月 8 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 7 月 9 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 8 月 6 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 11 月 12

附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 7 月 8 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 7 月 9 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 8 月 6 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 11 月 12 制 定 平 成 25 年 6 月 19 日 原 規 技 発 第 1306194 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 7 月 9 日 原 規 技 発 第 1407092 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 8 月 6 日 原 規 技 発 第 1408062 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 11 月

More information

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状

103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目 張 声 特 定 告 告 異 例 朝 野 記 団 歯 語 私 理 解 ギ 部 託 形 ぞ 接 以 来 半 ぶ 秋 ウ 溶 幅 措 輸 採 化 半 導 決 下 修 正 回 過 ハ キ 省 題 仕 林 太 郎 官 ウ 渉 渡 持 優 状 102 Vol. 津 波 活 打 撃 決 末 戦 例 襲 ェ 網 組 及 び 複 克 服 向 組 待 歯 語 野 モ 騰 計 知 回 救 戦 略 有 性 検 証 編 滝 洋 慶 應 義 塾 学 学 院 法 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 社 社 論 説 副 長 編 編 等 職 著 書 ゲ ム 何 救 舞 台 裏 O U S 103 何 基 づ び E B 参 朝 緊 裁 共 声 E B 目

More information

建物等清掃業務の仕様書、実施要領

建物等清掃業務の仕様書、実施要領 収 集 事 業 課 施 設 維 持 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 本 業 務 にかかる 実 施 要 領 機 名 実 施 回 数 実 施 月 その 他 は 下 記 のとおりとする 1. 委 託 場 所 明 石 市 大 久 保 町 松 陰 1138 明 石 市 環 境 部 収 集 事 業 課 2. 委 託 業 務 内 容 (1) 建 物 等 業 務 (2) 消 防 用 設 備 等 年 次 点 検

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

1 基 本 事 項 佐 用 町 が 主 催 するイベントを 支 える 一 員 として 全 ての 来 場 者 にご 満 足 いただけるよ う 安 全 衛 生 及 びサービス モラルなど 徹 底 するよう 心 がけてください この 要 項 に 定 める 出 店 条 件 や 規 定 などを 逸 脱 するよ

1 基 本 事 項 佐 用 町 が 主 催 するイベントを 支 える 一 員 として 全 ての 来 場 者 にご 満 足 いただけるよ う 安 全 衛 生 及 びサービス モラルなど 徹 底 するよう 心 がけてください この 要 項 に 定 める 出 店 条 件 や 規 定 などを 逸 脱 するよ 佐 用 町 露 店 出 店 募 集 要 項 1 基 本 事 項 佐 用 町 が 主 催 するイベントを 支 える 一 員 として 全 ての 来 場 者 にご 満 足 いただけるよ う 安 全 衛 生 及 びサービス モラルなど 徹 底 するよう 心 がけてください この 要 項 に 定 める 出 店 条 件 や 規 定 などを 逸 脱 するような 行 為 が 見 受 けられる 店 舗 につ いては

More information

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する 資 料 4-4 ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 定 める 際 の 留 意 点 1. 総 論 平 成 28 年 5 月 経 済 産 業 省 ガス 安 全 室 モデル 保 安 業 務 規 程 は ガス 事 業 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 51 号 ) 第 160 条 第 1 項 の 規 定 により ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 作 成 するに

More information

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請 国 住 政 第 116 号 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 建 築 士 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 士 事 務 所 協 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 家 協 会 会 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 長 住 宅 企 画 官 買 取 再 販 で 扱 われる 住 宅 の 取 得 に 係 る 不 動

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information