会議顛末書

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "会議顛末書"

Transcription

1 件 名 第 6 次 総 合 計 画 策 定 に 関 す る 第 1 回 市 民 懇 談 会 ( 長 山 中 学 校 区 ) 年 月 日 平 成 2 2 年 1 1 月 2 1 日 ( 日 ) 時 間 午 後 1 時 0 0 分 ~2 時 4 5 分 場 所 松 葉 地 区 公 民 館 市 民 3 8 名 ( 男 性 3 2 名 女 性 6 名 ) 出 席 者 川 村 企 画 財 務 部 長 企 画 調 整 課 青 山 課 長 岡 野 補 佐 黒 田 G L 吉 田 副 参 事 岡 野 主 査 持 丸 主 幹 内 容 会 議 次 第 1 市 長 あ い さ つ 2 第 6 次 総 合 計 画 の 策 定 に つ い て 3 龍 ケ 崎 市 の ま ち づ く り の 現 状 に つ い て ( 1 ) 人 口 の 動 き ( 2 ) 財 政 状 況 ( 3 ) 市 民 の 評 価 ( ま ち づ く り 市 民 ア ン ケ ー ト の 結 果 ) 4 市 長 と の 意 見 交 換 市 長 と の 意 見 交 換 の 要 旨 市 民 A 以 前 か ら 観 光 に つ い て 問 題 が 出 る が 具 体 的 な こ と が で き て い な い 牛 久 沼 が 龍 ケ 崎 市 に 属 し て い る こ と が 市 民 の 中 で も 知 ら れ て い な い 緑 の 豊 か さ や 文 化 財 な ど を も っ と P R し て い く べ き 龍 ケ 崎 っ て ど こ? と 言 わ れ な い よ う に 龍 ケ 崎 市 の 魅 力 を P R す る 施 策 を 考 え て い た だ き た い 龍 ケ 崎 の 知 名 度 ア ッ プ の 取 り 組 み を 進 め た い と 思 っ て い る 牛 久 沼 に 関 し て は 貴 重 な 資 源 で あ る が 今 ま で 活 か し き れ な か っ た こ と は 反 省 す べ き 点 で あ る 水 利 権 漁 業 権 の 問 題 は あ る が 決 し て 越 え ら れ な い ハ ー ド ル で は な い こ こ で が ん ば っ て ク リ ア し な い と 資 源 と し て 活 か し き れ な い 関 係 団 体 の 協 力 を い た だ き な が ら 市 民 の 皆 さ ん か ら も 是 非 声 を あ げ て い た だ い て 牛 久 沼 を よ り 魅 力 あ る 場 所 に し て い き た い と 考 え て い る 観 光 に つ い て も こ れ ま で は 力 の 入 れ 方 が 十 分 で は な か っ た 今 後 観 光 を 戦 略 的 に 進 め ら れ る よ う な 部 門 も 設 立 さ せ て い く こ と も 考 え て い る し 外 郭 3 団 体 統 合 に よ り 設 立 す る ま ち づ く り 文 化 財 団 に つ い て も ス ケ ー ル メ リ ッ ト を 活 か し た 観 光 ま ち づ く り 振 興 に も 活 か し て い き た い と 考 え て い る ま た 観 光 協 会 も 私 が 会 長 に な っ た と いうこともあり 実 力 が 発 揮 できるよう 実 態 のある 組 織 にしていきたい 市 と 観 光 協 会 そ し て 新 し い ま ち づ く り 文 化 財 団 3 者 が 連 携 し て 戦 略 的 に 取 り 組 め る よ う な シ ス テ ム を 作 っ て い き た い 市 民 の 皆 さ ん に も 協 力 を お 願 い し た い 市 民 B 資 料 3 ペ ー ジ に あ る 第 6 次 総 合 計 画 策 定 市 民 会 議 メ ン バ ー の 地 域 年 齢 な ど の 構 成 選 定 基 準 は 川 村 部 長 メ ン バ ー は 全 部 で 3 6 人 そ の 内 2 8 名 が 市 民 の 公 募 8 名 が 庁 内 の 公 募 に よ る 市 職 員 で あ る 市 民 の 方 に つ い て は 一 般 公 募 で 希 望 者 に 応 募 い た だ い た 基 本 的 に 人 数 制 限 を 設 け ず な る べ く 多 く の 方 に な っ て も ら い た い と い う 考 え で お 願 い し て い る 事 務 局 地 域 を 見 る と ニ ュ ー タ ウ ン の 方 が 多 く 龍 ケ 崎 市 街 地 か ら の 応 募 は な か っ た そ の ことも 考 慮 して 商 店 街 の 方 にも お 願 いはしてみたが 土 曜 日 の 午 前 中 という 時 間 帯 も あ り 参 加 は な か っ た 1

2 市 民 C 市 民 C 市 民 D 本 日 は 素 案 作 成 の た め に 我 々 が 要 望 事 項 を 出 す と い う こ と だ と 思 う が キ ャ ッ チ フ レ ー ズ の 考 え 大 き な タ イ ト ル は ど う 考 え て い る のか 核 心 的 な 部 分 で も あ る 時 代 が 厳 し く 変 わ り 目 に あ る 中 で は あ る が 未 来 に 夢 が 持 て る よ う な 看 板 を 立 て て い か な け れ ば な ら な い 今 日 の よ う な 機 会 を 通 し て 市 民 の 声 を 聞 き な が ら グ ラ ン ド デ ザ イ ン を つ く っ て い き た い 私 が 考 え て い る こ と と し て は 三 世 代 が 交 流 で き る バ ラ ン ス が と れ た ま ち づ く り を 進 め て い か な け れ ば な ら な い そ の 中 で も 人 口 増 減 少 を 漫 然 と 見 て い る の で は な く 人 口 増 の 取 り 組 み を 進 め な け れ ば と 考 え て い る 龍 ヶ 岡 地 区 の 空 い て い る 宅 地 に ど ん ど ん 入 っ て き て も ら え る よ う な 取 り 組 み を し て い き た い そ の た め に は 雇 用 の 創 出 が 重 要 に な る が 全 国 的 に 人 口 減 少 少 子 化 企 業 の 資 本 投 資 も 難 し い 時 代 に あ る 厳 し い 時 代 で は あ る が し っ か り と 準 備 を し て チ ャ ン ス を 捉 え て い き た い ま た 少 子 化 は 国 家 存 亡 の 危 機 と 思 っ て い る 龍 ケ 崎 だ け で も 少 子 化 傾 向 を 逆 転 さ せ て に 近 づ け て い き た い と い う 思 い は あ る 少 子 化 対 策 に つ い て は こ れ か ら も 提 言 を 続 け て い き た い と 思 っ て い る や は り 財 政 的 な 問 題 が 一 番 に な る と 思 う が そ こ で 市 民 協 働 の 考 え 方 が 出 て し ば ら く 経 つ が 本 当 の 意 味 で の 市 民 協 働 に は な っ て い な い ま っ た く 一 方 的 な 押 し 付 け と 感 じている 我 々も 負 担 はしていかなければならないが 一 方 的 では 納 得 がいかな い こ れ で は 将 来 的 に も 成 り 立 た な く な っ て し ま う そ こ を 十 分 考 え て も ら っ て 本 当 の 意 味 で の 市 民 協 働 を 財 政 的 な 問 題 に ウ ェ イ ト を か け て 進 め て ほ し い 財 政 は 市 政 運 営 の ベ ー ス で あ り 改 革 を 進 め て い く 市 民 協 働 と い う 観 点 で は 今 は 公 が で き る こ と が 減 少 し て い る 公 務 員 を 減 ら す 議 員 を 減 ら す と い う 時 代 の 流 れ の 中 で 市 職 員 も 人 以 上 減 っ て い る こ の 中 で 公 が 担 う 役 割 必 要 な 住 民 サ ー ビ ス を 見 極 め な が ら 地 域 の こ と は 地 域 の こ と を 一 番 良 く わ か っ て い る 地 域 の 方 に お 願 い す る と い う こ と を 提 言 し て い か な け れ ば な ら な い と 考 え て い る 地 域 の 拠 点 づ く り の 取 り 組 み を 早 速 行 っ て い き た い 拠 点 を つ く っ て そ こ か ら 地 域 力 を あ げ る 私 は 地 域 力 の 低 下 が 今 の 日 本 の い ろ い ろ な 問 題 の 病 巣 だ と 思 っ て い る 地 域 力 を 高 め て 地 域 の こ とは 地 域 が 守 っていくという 輪 ができていかなければ 龍 ケ 崎 も 含 めて 日 本 が 良 くな っ て い か な い と 思 っ て い る こ れ か ら 地 域 の 方 へ 投 げ か け を 行 っ て い く こ と に な る と 思 う が 市 と 地 域 と の 協 働 地 域 間 の 協 働 地 域 内 の 協 働 も 含 め て 地 域 力 を ア ッ プ さ せ て い く た め 皆 さ ん の 力 を お 借 り し た い と 思 っ て い る の で 協 力 を お 願 い し た い ア ン ケ ー ト の 結 果 で は 魅 力 あ る ま ち に な っ て き た と 感 じ て い る 割 合 が 3 割 く ら い で 平 成 1 7 年 度 以 降 減 っ て き て い る 1 8 歳 か ら 2 0 歳 ま で が 特 に 低 い 生 産 年 齢 人 口 が 減 っ て 小 学 校 の 学 級 数 が 一 桁 に な っ て い る そ れ だ け 龍 ケ 崎 市 の 魅 力 が な く な っ て い る と 思 わ れ る 市 長 の 公 約 に 将 来 の こ と を 考 える と 大 き な 問 題 は 教 育 改 革 と い う 話 が あ っ た に も か か わ ら ず 今 回 行 わ れ る 事 業 仕 分 け に 学 習 充 実 支 援 事 業 と 子 ど も が 主 役! 魅 力 あ る 学 校 づ く り 推 進 事 業 の 二 つ が 入 っ て い る 国 で は 廃 止 見 直 し と な っ て も 名 前 を 変 え た り し て 復 活 す る ケ ー ス も あ る が も し 廃 止 あ る い は 見 直 し と な っ た 場 合 市 長 は ど う 考 え る の か 国 の 事 業 仕 分 け と 決 定 的 に 違 う の は 国 は 議 院 内 閣 制 議 院 内 閣 制 だ と 多 数 政 党 が 内 閣 を 組 織 し 立 法 府 の 中 か ら 行 政 府 が 出 て い る 状 況 な の で 政 権 与 党 は 力 が 強 い 市 の 場 合 は 同 じ か た ち で は な い の で 難 し い 部 分 は あ る 今 回 の 事 業 の 選 定 は 国 か ら の 予 算 付 け で 行 っ て い る 事 業 な ど そ ぐ わ な い も の を 除 外 し て い っ て 行 政 経 営 評 価 委 員 会 と い う 市 民 の 皆 さ ん も 入 っ て も ら っ て い る 会 議 で 選 ん で い た だ い た ま ず 仕 分 け 2

3 あ り き で は な い 事 業 を 皆 さ ん に 見 て もら っ て 検 討 し て も ら っ て そ し て 仕 分 け 人 や 市 民 判 定 人 も 含 めて 第 三 者 的 な 視 点 で 見 てもらうことが 重 要 なことと 思 ってい る そ の 方 達 の 判 断 を 見 て そ の 上 で こ ち ら も 判 断 す る 今 お 話 が あ っ た 2 事 業 に つ い て も 市 で や る べ き こ と で は な い と い う 結 論 に な っ た 場 合 は 最 低 で も 改 革 し な け れ ば な ら な い こ の 事 業 そ の も の の 重 要 性 は わ か っ て い る が 決 断 は 必 要 に な る 私 は こ の 2 事 業 は 改 善 は あ っ て も 廃 止 は な い と 思 っ て い る た だ 私 の 立 場 で は 仕 分 け に 影 響 を 与 え て も い け な い の で 廃 止 の 場 合 ど う す る の か と い う ス ト レ ー ト な こ と は 言 え な い 事 業 仕 分 け が 終 わ っ て か ら も 様 々 な プ ロ セ ス が あ る の で 慎 重 に 検 討 し て い き た い と 考 え て い る 市 民 D 市 民 E 市 民 F 事 業 仕 分 け の 効 果 は ど の く ら い を 見 込 ん で い る の か こ れ く ら い 予 算 を 削 減 す る と い う 目 標 は 立 て て い な い 試 行 錯 誤 し な が ら の 部 分 も あ り 実 際 ど こ ま で か は わ か ら な い が 終 わ っ た 後 で こ ん な 効 果 が 出 た と 言 え る よ う に し た い 来 年 は 市 長 就 任 2 年 目 で 財 政 が 厳 し い と は 言 い な が ら も 自 前 の 予 算 編 成 が 可 能 に な る と 思 う 任 期 4 年 の 中 で 2 年 目 が 一 番 大 事 な 時 期 に な る マ ニ フ ェ ス ト は 任 期 4 年 の 中 で で き れ ば よ い と 思 う が さ し あ た り 来 年 度 は 何 を ど う し た い の か 説 明 願 い た い 来 年 度 予 算 は 交 付 税 の 動 向 な ど 不 透 明 な 部 分 も あ る が 私 が 一 か ら 編 成 で き る 予 算 で も あ る あ る 程 度 余 裕 を 見 た 編 成 が で き れ ば と 思 っ て い る マ ニ ュ フ ェ ス ト に 関 し て は 庁 内 の 体 制 を 変 え て い く 部 分 で 総 合 戦 略 室 の 設 置 を 掲 げ て い る が 総 合 戦 略 的 な 機 能 を 中 心 的 に 担 う 部 署 を つ く っ た ま た 各 部 に 政 策 監 を お い て 組 織 の 中 で 総 合 的 横 断 的 な 動 き が で き る よ う に す る 予 定 で あ る 予 算 が 必 要 な も の と し て は 子 育 て に 関 す る も の が 多 か っ た 給 食 費 無 料 化 が 一 番 予 算 が か か る も の で あ る が こ れ と 中 学 生 ま で の 医 療 費 の 無 料 化 の 2 つ が あ る 給 食 費 無 料 化 に 関 し て は 来 年 度 は 手 を 付 け ら れ な い か と 考 え て い る 期 待 と し て 国 で 子 ど も 手 当 て の 半 額 支 給 が 始 ま り 残 り の 半 分 は 市 町 村 に 裁 量 を 持 た せ て く れ る と い う 話 も あ り そ れ で 実 現 で き る 見 込 み も あ っ た し か し 3 歳 以 下 に 2 万 円 と い う 話 が 進 み ま っ た く 使 え な く な り 目 論 見 と は 違 っ て し ま っ た 将 来 的 に 給 食 費 無 料 化 は 任 期 中 の 完 全 実 現 は 難 し い 課 題 だ と 考 え て い る た だ 一 部 実 施 例 え ば 第 3 子 以 降 と い う 可 能 性 は あ る の で 一 部 実 現 で も 子 ど も を 育 て る 人 の 負 担 軽 減 に 努 め て い き た い 医 療 費 無 料 化 に 関 し て は 今 年 県 で 小 学 3 年 生 ま で マ ル フ ク を 拡 大 し た 所 得 制 限 を 県 は 設 け て い る が 龍 ケ 崎 で は 設 け て い な い 市 の 事 業 と し て 上 乗 せ し て い る 段 階 的 に 早 い 時 期 に 小 学 6 年 ま で の 無 料 化 は 実 現 した い と 思 っ て い る そ の 後 次 の ス テ ッ プ と し て 中 3 ま で 検 討 し て い き た い 人 口 増 加 対 策 に つ い て 危 機 感 を 持 っ て い る 私 の 家 の 周 辺 5 0 m の 範 囲 で 7 世 帯 が 配 偶 者 を 亡 く さ れ た り ご 夫 婦 と も 亡 く な っ て い る と い う 状 況 に あ る 龍 ケ 崎 市 は 旧 市 街 地 と 農 業 地 帯 ニュータウンが 分 かれていて 難 しい 都 市 だと 思 う そ の 中 で 無 作 為 1, 人 程 度 の ア ン ケ ー ト 結 果 だ け で 住 み 続 け た い が 8 割 い る と い っ て 断 定 し か ね る ニ ュ ー タ ウ ン の 中 に は 子 ど も が 出 て い っ て 今 の 家 に 住 み 続 け た い と い う よ り も 住 み 続 け ざ る を 得 な い 意 識 の 方 も い る 地 区 別 に 真 剣 に 調 査 をす べ き で あ る 子 ど も が 東 京 方 面 に 行 っ て し ま っ て そ の 後 住 み 続 け た い 家 に 残 り た い と い う 意 識 が 非 常 に 薄 く な る 3

4 先 ほ ど 知 名 度 の 話 も 出 た が 私 は ま ち の 景 観 づ く り 都 市 計 画 を 検 討 し 直 す べ き だ と 思 う 特 に 佐 貫 駅 か ら 市 役 所 ま で の 農 地 の 部 分 将 来 的 に 農 業 の 問 題 も 絡 め て 何 か 活 か し て い く 方 法 も あ る と 思 う そ し て 何 よ り 大 事 な の は 通 勤 時 間 東 京 駅 近 辺 ま で 取 手 駅 で の 乗 換 え を 含 め る と ド ア ト ゥ ド ア で 1 時 間 4 0 分 か か る 東 京 駅 乗 り 入 れ な ど 交 通 の 利 便 性 向 上 に 向 け て J R に 対 す る 要 望 な ど 近 隣 自 治 体 と 連 携 を と っ て 進 め て い た だ き た い 住 民 増 加 対 策 の 市 の 取 り 組 み が 見 え な い 市 の 中 に 住 民 を 交 え て 人 口 増 加 対 策 チ ー ム の よ う な も の を つ く っ て 住 民 意 識 調 査 も 含 め て 進 め て い た だ き た い 国 立 市 の 大 学 通 り な ど は 龍 ケ 崎 市 で も 参 考 に な る い ろ い ろ 視 察 も し て み て は ど う か 市 民 G こ れ ま で は 具 体 的 な 人 口 増 加 対 策 が と れ て い な か っ た 部 分 が あ る ニ ュ ー タ ウ ン 開 発 が 松 葉 か ら 始 ま り 東 に 伸 び て い っ た こ の 自 然 の 流 れ に 任 せ る U R の 取 り 組 み の 推 移 を 見 守 る よ う な 状 況 が あ っ た こ の 点 に つ い て は 先 ほ ど 申 し 上 げ た 総 合 戦 略 的 な 部 門 を 作 っ て い く の で そ こ で 推 進 し て い き た い と い う 思 い も あ る し 提 言 の あ っ た 人 口 増 対 策 の た め の 市 民 の 方 も 含 め た 会 議 に つ い て も 検 討 さ せ て い た だ き た い 一 番 の 問 題 は 子 ど も 達 が 魅 力 を 感 じ な く な っ て し ま っ て い る 知 名 度 ア ピ ー ル 度 がま だ ま だ 足 りな い と 感 じ て い る 佐 貫 駅 前 は 先 輩 が 私 に 残 し た 大 き な 宿 題 の 一 つ と 捉 え て い る 活 性 化 も 含 め て 駅 前 ら し い 駅 前 に な っ て も ら い た い と 思 っ て い る の で ど の よ う に し た ら で き る の か 前 向 き に 考 え て い き た い 佐 貫 停 車 場 線 に つ い て も 農 地 の 転 用 が 難 し い 部 分 も あ る が 今 や 一 等 地 で も あ る の で の 開 発 も 模 索 し て い か な け れ ば な ら な い と 思 っ て い る 取 手 は 始 発 駅 で あ る に も か か わ ら ず 人 口 が 激 減 し て い る 東 京 に 近 く 便 利 す ぎ る の で 東 京 に 流 れ て し ま う と い う こ と も あ る よ う で あ る 今 回 の ア ン ケ ー ト に 私 の 注 文 で ふ る さ と 意 識 を 加 え た ふ る さ と と い う 感 覚 を ど れ だ け 持 っ て も ら え る か ふ る さとに 戻 りたいといかに 思 ってもらえるかが 龍 ケ 崎 の 未 来 にかかってくると 思 って い る 皆 さ ん の お 知 恵 も 借 り な が ら 進 め て い き た い と 思 っ て い る 国 立 市 は 景 観 を 大 切 に し て い る 景 観 も ま ち づ く り の 大 事 な 要 素 で あ る 懇 談 会 は 年 配 の 方 が 多 く こ の よ う な 雰 囲 気 で は ど う し て も 女 性 は 出 席 し に く い ま た 本 当 は も っ と 身 近 な こ と が 課 題 な の に 総 合 計 画 で は 大 き す ぎ て 興 味 が つ な が ら な い と こ ろ も あ る 例 え ば 教 育 や 子 育 て に 特 化 し た 懇 談 会 を 開 催 す る と か ど う し て も 総 合 計 画 の よ う な 大 き な 内 容 だ と 情 報 が 載 っ て い て も 見 な い 人 が 多 い サ プ ラ の よ う な 多 く の 人 が 集 ま る と こ ろ で 情 報 を 掲 示 し て い か な い と 伝 わ ら な い 策 定 を 進 め て い る こ と く ら い は み ん な が 知 っ て い な い と 一 生 懸 命 や っ て い る 人 達 が い る と い う こ と も 伝 わ ら な い と み ん な の 計 画 に な っ て い か な い と 思 う 来 年 開 催 す る 時 に は 参 考 に し て ほ し い 第 2 回 目 の 総 合 計 画 に 関 す る 市 民 懇 談 会 は も っ と 具 体 的 な 内 容 を 示 せ る 是 非 そ の 時 も 参 加 い た だ き た い 特 化 し た か た ち で 部 門 ご と に や っ て い く の が 理 想 で 関 心 の あ る と こ ろ に 関 心 の あ る 人 に 来 て も ら う 方 が 来 て も ら い や す い と 思 う の で 検 討 す る 総 合 計 画 に か か わ ら ず で き れ ば き め 細 か い 懇 談 会 を 開 催 し て い き た い と い う 思 いは あ る の で そ の 中 で 部 門 別 と い う か た ち が で き る か ど う か 模 索 し て い き た い 掲 示 の 方 法 関 心 を 持 っ て も ら う た め の 手 法 に つ い て は 今 後 方 法 を 検 討 し た い あ と は 関 心 の 問 題 も あ る 先 ほ ど の 地 域 力 を 上 げ て い く 中 で 地 域 の こ と を 地 域 で 考 え て も ら う 中 で 関 心 を 高 め て い く と い う 方 法 も あ る 告 知 周 知 情 報 共 有 の 仕 方 は 工 夫 し て い く 必 要 が あ る と 思 っ て い る 4

5 市 民 H 市 民 I 子 育 て 支 援 の チ ー ム を 作 る こ と に 大 賛 成 様 々 な 課 と 連 携 し な が ら 確 実 に 実 行 し て い く こ と を お 願 い し た い 市 民 環 境 会 議 に 参 加 し て い る が 様 々 な 課 と 連 携 し な け れ ば で き な い こ と が あ る が そ れ が う ま く で き て い な い そ う な る と 小 ぢ ん ま り と し た 活 動 し か で き な い ボ ラ ン テ ィ ア が 集 ま っ て も 実 行 で き な い と 離 れ て い っ て し ま う 牛 久 沼 や 蛇 沼 な ど い ろ い ろ 課 題 が あ る が そ れ を 市 民 と 協 働 で 進 め た い の な ら 最 初 か ら そ こ に 参 加 さ せ てほ し い ほ と ん ど 計 画 が で き た と こ ろ に 参 加 す る の で は な く 最 初 か ら 参 加 す る こ と が 大 切 と 思 う 子 育 て 支 援 も 枠 を 作 っ て か ら そ こ に 入 る の で は な く 最 初 か ら 参 加 し て い く と い う こ と が 大 切 協 働 チ ー ム を 作 る と い う こ と は と て も 大 切 な こ と な の で 是 非 こ れ か ら よ ろ し く お 願 い し た い 縦 割 りを 乗 り 越 える 戦 略 的 な 会 議 ができるようなものを 作 っていきたいと 思 って い る 市 民 が 最 初 か ら 入 っ て と い う 話 に つ い て は 就 任 当 初 市 民 協 働 提 案 制 度 検 討 の 際 に 市 民 の 意 見 を 聞 い て か ら と い う こ と で 見 直 し を 行 っ た 経 緯 も あ る 情 報 の 共 有 は 非 常 に 大 事 だ と 思 っ て い る 市 民 の 皆 さ ん と 情 報 を 共 有 し 一 緒 に や っ て い る ん だ と 思 っていただければもっと 達 成 感 のあるいい 事 業 ができると 思 っている 皆 さんの 声 を ス タ ー ト 段 階 か ら 加 わ っ て も ら え る よ う に し て い き た い と 思 っ て い る 第 6 次 総 合 計 画 策 定 市 民 会 議 に 参 加 し て い る が ま ず 第 5 次 ま で の 結 果 を ど う 市 役 所 側 で 評 価 し た の か そ の 後 社 会 情 勢 が 変 化 し た の で こ う い う 観 点 を 考 え な が ら 計 画 を 変 え た い 新 た な 第 6 次 総 合 計 画 に つ い て は 見 直 し て ほ し い ポ イ ン ト と し て こ の よ う な こ と を 考 え て い ま す と い う よ う な こ と を 最 初 に 示 す べ き で は な か っ た か 第 5 次 と 第 6 次 が 切 れ た よ う な 状 態 で 持 っ て き て 第 5 次 で も 検 討 さ れ た よ う な こ と を 素 人 に 話 し 合 わ せ て も 新 し い 見 方 が で き な い よ う な 提 案 が で き て し ま う と 思 う 会 議 の デ ザ イ ン を き ち ん と し な い と せ っ か く の 試 み が 効 果 を 発 揮 し な い と 思 う 市 民 協 働 推 進 会 議 に も 出 て い る が 真 の 協 働 地 域 力 を 発 揮 す る た め に は い っ た い ど う い う 概 念 で や る べ き な の か 概 念 づ く り フ ィ ロ ソ フ ィ ー が な い そ う い う も の を 作 ら な い と 提 案 制 度 の よ う な 小 さ い も の を つ く っ て も し ょ う が な い 新 し い 公 共 の 概 念 や 協 働 と い う 概 念 は こ う な ん だ と い う こ と を は っ き り さ せ る べ き そ こ が 非 常 に あ い ま い だ と 思 っ て い る 道 州 制 な ど い わ ゆ る 地 方 主 権 が 叫 ば れ て い る 中 そ の よ う な 観 点 が 必 要 な は ず で あ る 龍 ケ 崎 市 全 体 か ら 見 る と 各 地 区 が 地 方 と な り や は り そ こ で も 地 方 分 権 が 必 要 と な る そ う い っ た 大 き な 流 れ や 変 化 も 捉 え な が ら 進 め な け れ ば な ら な い し 今 か ら 準 備 し ま し ょ う よ と い う 提 案 も し な け れ ば い け な い と 思 う 会 議 の 進 め 方 を 考 え て ほ し い スタート 時 点 で 概 念 的 な 定 義 付 けがはっきりしていないということは 反 省 すべき 点 で あ る 新 し い 公 共 の あ り 方 と い う こ と は こ れ か ら の 時 代 に 極 め て 重 要 な 問 題 だ と 思 っ て い る 道 州 制 如 何 に 関 わ ら ず 地 域 力 を 上 げ て い く こ と が 大 事 な こ と で 皆 さ ん に わ か り や す い 投 げ か け と 逆 に 皆 さ ん か ら も 投 げ か け て い た だ き な が ら 提 示 し た う え で 進 め て い け る よ う に し た い と 思 っ て い る 第 5 次 総 合 計 画 は 非 常 に 評 価 が し づ ら い 総 合 計 画 で あ っ た と 思 っ て い る 法 律 的 な 縛 り も あ り ど ん な 事 業 を す る う え で も 総 合 計 画 に 結 び つ く よ う な 総 花 的 な 計 画 で あ っ た そ う い う 意 味 で 評 価 が し づ ら い エ ネ ル ギ ー の ベ ク ト ル が 感 じ ら れ な い 総 合 計 画 に な っ て し ま っ て い た と い う 点 は 反 省 し な け れ ば な ら な い そ の 反 省 を 活 か し て 過 去 を 振 り 返 る の で は な く 前 向 き に 力 が み な ぎ る よ う な 総 合 計 画 を 作 っ て い き た い と 思 っ て い る の で 協 力 願 い た い 5

6 市 民 J 市 民 K 市 民 L プ ラ ン ド ゥ ー チ ェ ッ ク ア ク シ ョ ン と い う の を 民 間 で は 必 ず や っ て い る チ ェ ッ ク を ど こ で し て い る の か が は っ き り し て い な い 計 画 が 未 達 だ っ た ら 民 間 で は そ の 原 因 を 調 べ る そ の 結 果 予 算 の 立 て 方 に 甘 さ が あ れ ば 改 め る 職 員 の 意 識 改 革 が 一 番 重 要 だ が コ ス ト 意 識 を 持 っ て い る の か 西 部 出 張 所 の 状 態 を 見 て い る と 決 し て 意 識 を 持 っ て い る と は 思 え な い チ ェ ッ ク 原 因 追 求 未 達 の 時 の ロ ー ル オ ー バ ー な ぜ そ れ を や ら な い の か 第 6 次 で は チ ェ ッ ク ロ ー ル オ ー バ ー そ し て 再 分 析 を 必 ず や っ て ほ し い 我 々 も 協 働 と い う 理 念 は 理 解 で き る が た だ 我 々 に 呼 び か け ら れ る の は 各 論 ベ ー ス で あ っ て 総 論 ベ ー ス の 呼 び か け が な い 計 画 の 立 案 段 階 か ら 意 見 が 反 映 さ れ て い る か と い う と 疑 問 だ か ら 全 体 像 が 見 え な い 事 業 仕 分 け も 金 額 の 目 標 は 立 て な い と い う こ と で あ っ た が 本 当 は 立 て る べ き そ し て 第 6 次 総 合 計 画 第 3 次 財 政 健 全 化 プ ラ ン と リ ン ク し て い な け れ ば な ら な い そ う い っ た こ と を 是 非 考 え て も ら い た い 意 識 改 革 が 職 員 に 理 解 さ れ て い る か と い う と 不 安 な 部 分 も あ る が そ の 辺 も チ ェ ッ ク し な が ら 個 別 の 事 例 も チ ェ ッ ク し な が ら 改 善 し て い き た い 当 然 の こ と な が ら 財 政 健 全 化 とこ の 第 6 次 総 合 計 画 と は リ ン ク し な け れ ば な ら な い こ の よ う な 状 況 の 中 で ど う 改 善 し て い く の か を 考 え て い か な け れ ば な ら な い と 思 っ て い る 公 民 館 前 の 歩 道 に ピ ン コ ロ ( イ ン タ ー ロ ッ キ ン グ ) が 埋 め て あ る が 歩 き づ ら く て 年 寄 り が 転 ん で し ま う 何 と か し て も ら え な い か 現 地 を 見 て 改 善 で き る よ う に し た い 自 分 も 総 合 計 画 を は じ め 市 の 直 接 の 対 話 集 会 に 何 回 も 参 加 し て い る が 龍 ケ 崎 の 行 政 は い っ た い ど っ ち を 向 い て 歩 い て い く の か 市 民 の 声 を 聞 い て か ら 作 る と い う の も 一 つ だ が 龍 ケ 崎 の 生 き 方 茨 城 の 中 で 栄 え て い く た め に は こ れ を や っ て い く べ き と い う 首 長 の 姿 勢 が な い ま ま で い い の か こ ん な に 素 晴 ら し い 行 政 と 市 民 と の 対 話 は こ れ ま で に な か っ た 立 派 な 対 話 集 会 で あ る こ こ に 参 加 し て い る 方 は 意 見 が あ っ て 出 て き て い る の に 課 長 は 時 間 を 気 に し て い る こ ん な に 素 晴 ら し い 龍 ケ 崎 の 行 く 末 を 考 え よ う と い う 時 に な ぜ 関 係 す る 部 長 は 出 て こ な い の か し か も 時 間 を 制 限 す る な ん て と ん で も な い 各 部 長 に は 市 民 の 生 の 声 を 聞 い て ほ し い 以 前 の 計 画 で は 1 5 万 の 人 口 を 掲 げ て い た こ れ が 先 ほ ど の 説 明 で 今 が ピ ー ク で 減 っ て い く と い う そ れ で い い と い う 考 え が あ る の か な い の か も 含 め て 住 民 と の 対 話 を 進 め る べ き ニ ュ ー タ ウ ン が で き て 2 8 年 住 ん で い る が 今 日 ほ ど 素 晴 ら し い 対 話 集 会 は な か っ た も っ と 考 え て 企 画 サ イ ド だ け で は な い 縦 割 り で は な い 本 当 の 意 味 で の 対 話 集 会 を 進 め て ほ し い 第 2 回 の 懇 談 会 に は 各 部 長 に も 出 席 し て も ら う よ う に し た い 改 善 さ せ て い た だ き た い た だ 私 が マ イ ク を 持 っ て お 答 え し た い と い う 思 い も あっ た の で ご 理 解 い た だ き た い 人 口 については ただ 指 をくわえて 人 口 減 少 を 眺 めているようなことではいけな い 皆 さ ん の 知 恵 を 総 動 員 し て い か な け れ ば な ら な い と 思 っ て い る 私 は 龍 ケ 崎 の 知 名 度 ア ッ プ ブ ラ ン ド 力 ア ッ プ が 一 つ の ポ イ ン ト だ と 思 っ て い る こ の 部 分 は 打 ち 出 し て い き た い 龍 ケ 崎 市 を 誇 り に 思 っ て も ら っ て 外 に 出 た 子 ど も 達 も 戻 っ て き た い と 思 っ て も ら え る よ う な 龍 ケ 崎 に し て い き た い 6

7 ご 意 見 回 収 箱 に 寄 せ ら れ た 意 見 の 要 旨 意 見 提 出 1 4 名 都 心 や 成 田 空 港 つ く ば 市 に 近 い 等 立 地 条 件 は 悪 く な い の で 魅 力 あ る ま ち づ く りを し て 人 口 増 を 図 る こ と 佐 貫 駅 前 の 田 畑 を 一 般 住 宅 地 に 転 換 し 便 利 な 土 地 を 住 宅 地 に す る 旧 市 街 の 商 業 地 と し て の 振 興 策 の 転 換 が 必 要 で は な い か 既 に 商 業 地 と し て の 復 活 は 難 し い と 思 う 公 民 館 の 運 営 体 制 が 変 わ る と 聞 く が 十 分 に P R し 市 民 に 認 知 さ せ る こ と が 必 要 地 域 の 拠 点 と し て 広 く 活 用 で き る よ う に し て ほ し い 長 寿 会 事 業 へ の 助 成 金 の 増 額 と 運 営 に 対 す る 助 言 と P R を お 願 い し た い 現 在 の 市 民 協 働 の や り 方 で は 市 民 に 押 し 付 け て い る よ う に し か 見 え な い 市 職 員 の 意 識 改 善 と 市 民 の 意 見 吸 収 シ ス テ ム を 検 討 し て ほ し い 今 " 懇 談 の 会 " " 審 議 会 "は 形 だ け の 感 が 強 い 聞 き 置 く だ け で は 何 の 進 歩 も な い 議 会 日 程 を 周 知 さ せ る の が 遅 す ぎ て 日 程 調 整 で き な い 早 め に 知 ら せ て ほ し い 主 婦 子 ど も 連 れ 若 い 方 で も 気 楽 に 立 ち 寄 れ 色 ん な 方 と の 意 見 交 換 が で き る 場 を 作 る 市 民 フ ェ ス テ ィ バ ル の 会 場 の 隅 に 市 長 と 話 を す る ス ペ ー ス を つ く る な ど 出 入 り 自 由 で つ い で に 立 ち 寄 っ て み よ う か な と 思 え る よ う に し て ほ し い メ ン テ ナ ン ス 費 用 も 考 慮 し て ス ポ ー ツ 施 設 の 管 理 方 法 を 再 検 討 願 い た い 市 長 の お 考 え に 大 変 感 銘 を 受 け た 今 後 と も お 互 い に 努 力 し て い き た い と 思 っ た こ れ か ら 必 然 的 に 自 助 時 代 を 迎 え る 地 域 で そ れ ぞ れ 自 身 を 守 る の で 市 の 行 政 も し っ か り 取 り 組 ん で も ら い た い 商 店 の 活 性 は 収 益 の 面 で も 大 事 な 問 題 商 店 に 活 力 を 与 え て ほ し い 文 化 面 で は あ る 部 分 は 一 括 に ま と め て 大 き な 行 事 に す る の が よ い 懇 談 会 の 場 所 は 細 か く 聞 い て ほ し い 遠 い と 参 加 し づ ら い 地 域 の 実 状 を 知 ら な い 仕 分 人 が 事 業 仕 分 け を 行 う の は ど う な る の か 疑 問 に 思 う 通 り と い う 名 前 の つ い た 道 路 が あ る が そ れ に 色 付 け し た 企 画 が 見 え て こ な い 地 元 自 治 会 等 と の 連 携 に よ り け や き 並 木 の 電 飾 が サ プ ラ か ら 続 く よ う な 魅 力 的 な ま ち に な る の で は な い か 地 域 の コ ー デ ィ ネ ー タ ー を 育 成 し 官 民 協 働 で 地 域 水 準 を 上 げ て い く こ と も あ っ て よ い と 思 う 交 付 金 も 大 切 だ が 人 材 交 流 も 進 め て い く べ き 市 民 と の 対 話 集 会 は な る べ く 多 く し て ほ し い 集 会 の 結 果 は 時 間 を 置 か ず 各 地 の 例 も 含 め て フ ィ ー ド バ ッ ク し て ほ し い 時 間 が 短 い 最 低 4 時 間 は ほ し い 素 案 案 が 総 合 計 画 に 反 映 す る か し な い か 基 準 を 明 確 に 掲 示 し て ほ し い 市 長 へ ダ イ レ ク ト で メ ー ル が で き る シ ス テ ム を 早 急 に 開 設 し て も ら い た い 出 て 行 っ た 子 ど も 達 に 戻 っ て き て も ら う 方 法 と し て は 子 ど も 達 の 住 み 家 を 確 保 し 高 齢 者 は 専 用 の 賃 貸 住 宅 に 住 み 替 え る そ し て 住 み 替 え た 跡 に 子 育 て 世 代 の 子 ど も 達 が 回 帰 ( ニ ュ ー タ ウ ン ) 人 口 増 ま ち の に ぎ わ い 税 収 増 と な る 以 上 龍 ケ 崎 市 企 画 財 務 部 企 画 調 整 課 7

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

東京都立産業技術高等専門学校

東京都立産業技術高等専門学校 東 京 都 立 産 業 技 術 高 等 専 門 学 校 卒 業 生 を 対 象 とした 調 査 (OB OG アンケート)の 結 果 について 1 は じ め に 東 京 都 立 産 業 技 術 高 等 専 門 学 校 で は 本 校 の 教 育 水 準 の 向 上 や 教 育 内 容 の 充 実 と 改 善 を 目 的 と し て 本 校 の 前 身 校 で あ る 東 京 都 立 工 業 高 等

More information

(Microsoft Word - \203A \225\345\217W\227v\227\314 .doc)

(Microsoft Word - \203A  \225\345\217W\227v\227\314 .doc) ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 プ ロ ポ ー ザ ル 募 集 要 領 1 趣 旨 本 要 領 は, ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 の 受 託 者 を 特 定 す る た め, 企 画 提 案 型 プ ロ ポ ー ザ ル 方 式 ( 以 下 プ ロ ポ ー

More information

雇用保険被保険者資格取得届(様式)編

雇用保険被保険者資格取得届(様式)編 平 成 2 8 年 3 月 1 日 第 4 版 発 行 e-gov 電 子 申 請 実 務 マ ニ ュ ア ル 香 川 県 社 会 保 険 労 務 士 会 目 次 1. 手 続 検 索 1 2. 申 請 書 の 作 成 3 3. 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 作 成 7 4. 提 出 代 行 証 明 書 の 添 付 8 5. 署 名 の 実 施 1 0 6. 申 請 書 の 送 信 1 1

More information

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護 イタリア 各 都 市 における 滞 在 税 ( 宿 泊 税 )の に 関 して 平 素 は 格 別 の お 引 き 立 て を 賜 り 誠 に 有 難 う ご ざ い ま す こ の 度 2 0 1 1 年 1 月 1 日 よ り ロ ー マ に お い て ご 宿 泊 の お 客 様 を 対 象 に 滞 在 寄 付 金 ( C o n t r i b u t o d i S o g g i o r

More information

Taro-学校だより学力調査号.jtd

Taro-学校だより学力調査号.jtd 第 5 号 ( H2 7. 1 1. 1 7 ) 舞 鶴 小 学 校 ま い づ る 発 行 人 大 澤 正 史 本 校 の 学 習 状 況 に つ い て ( 今 年 度 6 年 生 が 実 施 し た 全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 ) 今 年 度 の 全 国 学 A1 2007 年 よ り 日 本 全 国 の 小 中 学 校 の 最 高 学 年 ( 小 学 6 年 力 学

More information

2. ど の 様 な 経 緯 で 発 覚 し た の か ま た 遡 っ た の を 昨 年 4 月 ま で と し た の は 何 故 か 明 ら か に す る こ と 回 答 3 月 17 日 に 実 施 し た ダ イ ヤ 改 正 で 静 岡 車 両 区 の 構 内 運 転 が 静 岡 運

2. ど の 様 な 経 緯 で 発 覚 し た の か ま た 遡 っ た の を 昨 年 4 月 ま で と し た の は 何 故 か 明 ら か に す る こ と 回 答 3 月 17 日 に 実 施 し た ダ イ ヤ 改 正 で 静 岡 車 両 区 の 構 内 運 転 が 静 岡 運 地 本 業 務 ニ ュ ー ス J R 東 海 労 静 岡 地 方 本 部 NO.1 8 2 0 1 2 年 6 月 1 9 日 発 行 者 : JR 東 海 労 静 岡 地 方 本 部 山 本 繁 明 申 6 号 に 関 する 幹 事 間 折 衝 を 開 催!! 6 月 15 日 地 本 は 静 岡 車 両 区 に お け る 構 内 運 転 士 に 対 す る 誤 支 給 及 び 戻 入 に つ

More information

(Microsoft Word - \211\357\213c\230^)

(Microsoft Word - \211\357\213c\230^) 平 成 2 5 年 度 第 1 回 和 歌 山 県 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 懇 話 会 概 要 1. 開 催 日 時 平 成 2 5 年 1 2 月 1 8 日 ( 水 ) 午 後 1 時 3 0 分 か ら 2. 開 催 場 所 和 歌 山 日 赤 会 館 1 階 会 議 室 3. 出 欠 状 況 出 席 委 員 辻 田 育 文 委 員 上 林 雄 史 郎 委 員 市 川 晃 委 員

More information

第1回

第1回 やすだ 社 会 学 研 究 法 a( 2015 年 度 春 学 期 担 当 : 保 田 ) 基 礎 分 析 ( 1): 一 変 量 / 二 変 量 の 分 析 SPSSの 基 礎 テ キ ス ト pp.1-29 pp.255-257 デ ー タ の 入 力 [ デ ー タ ビ ュ ー ] で Excelの よ う に 直 接 入 力 で き る [ 変 数 ビ ュ ー ] で 変 数 の 情 報 を

More information

道 内 シ ル バ ー 人 材 セ ン タ ー の 現 状 に つ い て は 契 約 金 額 に お い て は 請 負 契 約 で は 減 少 し た も の の シ ル バ ー 派 遣 事 業 の 大 幅 な 伸 び に よ り 5 年 ぶ り に 前 年 実 績 を 上 回 っ た が 会

道 内 シ ル バ ー 人 材 セ ン タ ー の 現 状 に つ い て は 契 約 金 額 に お い て は 請 負 契 約 で は 減 少 し た も の の シ ル バ ー 派 遣 事 業 の 大 幅 な 伸 び に よ り 5 年 ぶ り に 前 年 実 績 を 上 回 っ た が 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 我 が 国 においては 少 子 高 齢 化 が 進 展 し 65 歳 以 上 の 高 齢 者 化 率 は 2 0 6 0 年 に は 4 0 % 近 い 水 準 と な る 事 が 推 計 さ れ て おります 本 道 に お い て も 6 5 歳 以 上 の 高 齢 者 人 口 は 2 7 年 1 月 1 日 現 在 で は 1 5 1 万 人 を 超 え

More information

サッカーの話をしよう 旅するワールドカップ 立ち読み版

サッカーの話をしよう 旅するワールドカップ 立ち読み版 8 旅 ケ 番 号 頼 着 席 ゴ 裏 ポ 中 * 9 7 年 西 ツ 次 グ 第 3 戦 ポ 対 生 初 め 最 終 年 前 オ ピ ク 優 ゼ ハ 連 高 評 価 受 ポ 予 定 ひ お 苦 労 ケ 入 手 シ ュ ツ ガ 陸 上 競 技 ゴ 裏 前 列 席 ほ ピ 高 ャ 周 囲 ぐ 立 上 ょ 立 前 男 め 瞬 間 ピ 視 野 消 陽 楽 シ ュ ツ ガ ツ 南 部 町 ぐ 南 下 縦 断

More information

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378>

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378> 平 成 27 年 度 施 策 評 価 調 書 施 策 の 名 称 等 整 理 番 号 22 評 価 担 当 課 営 業 戦 略 課 職 氏 名 施 策 名 ( 基 本 事 業 ) 商 業 の 活 性 化 総 合 計 画 の 位 置 づけ 基 本 目 主 要 施 策 4 想 像 力 と 活 力 にあふれたまちづくり 商 業 の 振 興 2 施 策 の 現 状 分 析 と 意 図 施 策 の 対 象 意

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

jouhoukyouikubukai

jouhoukyouikubukai 情 報 教 育 部 会 の 取 組 に つ い て 1 は じ め に 旧 各 市 町 で 推 進 し て き た 情 報 教 育 に つ い て の 調 査 研 究 を 行 い 新 生 栃 木 市 の 情 報 教 育 の 方 向 性 を 検 討 す る と と も に 新 規 導 入 情 報 機 器 の 使 用 法 に つ い て の 周 知 を 図 り 各 学 校 で の 効 果 的 な 活 用

More information

の た め 委 託 事 業 者 の 選 定 に あ た っ て は こ れ ら C M 業 務 の 遂 行 能 力 及 び 業 務 実 績 に つ い て も 本 業 務 の 審 査 項 目 と し て 重 視 す る も の と す る 3 参 加 資 格 提 案 書 を 提 出 す る も の(

の た め 委 託 事 業 者 の 選 定 に あ た っ て は こ れ ら C M 業 務 の 遂 行 能 力 及 び 業 務 実 績 に つ い て も 本 業 務 の 審 査 項 目 と し て 重 視 す る も の と す る 3 参 加 資 格 提 案 書 を 提 出 す る も の( 三 田 市 民 病 院 増 築 及 び 改 修 工 事 基 本 構 想 等 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プ ロポーザル 実 施 要 領 1 趣 旨 こ の 実 施 要 領 は 三 田 市 民 病 院 増 築 及 び 改 修 工 事 基 本 構 想 等 策 定 支 援 業 務 ( 以 下 本 業 務 と い う ) の 委 託 事 業 者 を 公 募 型 プ ロ ポ ー ザ

More information

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A>

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A> - 1 - 省 百 七 旅 客 部 改 省 令 平 成 省 令 伴 並 平 成 省 令 並 ま づ 並 令 づ く 領 平 成 月 大 臣 前 田 武 志 づ く 領 語 お 使 語 監 督 針 平 成 省 千 百 お 使 語 - 2 - 務 名 簿 款 寄 附 為 登 記 証 明 組 織 図 保 制 証 機 器 機 器 設 設 備 記 載 決 算 報 足 経 的 礎 証 績 分 証 程 七 イ 概

More information

介護保険制度改正にかかる事業所説明会

介護保険制度改正にかかる事業所説明会 資 料 3 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 へ 移 行 時 のポイント 杉 並 区 役 所 保 健 福 祉 部 高 齢 者 施 策 課 総 合 事 業 整 備 係 1 利 用 者 の 総 合 事 業 への 移 行 時 期 予 防 給 付 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 給 付 平 成 27 年 度 平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 保 険 法 改 正 予 防 生 活 支 援 サー

More information

J A K カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 協 同 組 合 規 約 ( 目 的 ) 第 1 条 組 合 員 の 権 利 義 務 等 は 定 款 に よ っ て 定 め ら れ て い る が 定 款 の 第 6 条 の 規 定 に よ り 定 款 に 記 載 さ れ な い 必 要 事 項

J A K カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 協 同 組 合 規 約 ( 目 的 ) 第 1 条 組 合 員 の 権 利 義 務 等 は 定 款 に よ っ て 定 め ら れ て い る が 定 款 の 第 6 条 の 規 定 に よ り 定 款 に 記 載 さ れ な い 必 要 事 項 J A K カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 協 同 組 合 規 約 J A K カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 協 同 組 合 H23/4/25 に 第 9 回 通 常 総 会 理 事 会 で 採 択 済 H23/12 月 現 在 J A K カ イ ロ プ ラ ク テ ィ ッ ク 協 同 組 合 規 約 ( 目 的 ) 第 1 条 組 合 員 の 権 利 義 務 等 は 定 款 に

More information

西関東書式

西関東書式 No.1 件 名 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 金 の 誤 支 給 助 成 額 計 算 時 に 象 者 の 加 入 保 険 情 報 を 確 認 し な か っ た た め に 計 算 を 誤 り 過 払 い が 発 生 し た も の < 過 払 い 金 額 76,002 円 > 職 員 の 計 算 時 の 確 認 不 足 象 者 に 経 緯 を 説 明 し お 詫 び し ま し

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

資料提供招請(登録版)

資料提供招請(登録版) 資料提供招請に関する公表 次 の と お り 物 品 の 導 入 を 予 定 し て い ま す の で 当 該 導 入 に 関 し て 資 料 等 の 提 供 を 招 請 し ま す 平 成 3 0 年 1 1 月 2 0 日 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 本 部 総 務 部 長 大 門 龍 生 調 達 機 関 番 号 5 9 7 所 在 地 番 号 1 3 Ⅰ 調 達 内 容

More information

神の錬金術プレビュー版

神の錬金術プレビュー版 みみ 増! 神 錬 術 God's alchemy Prologue ロローグ God's alchemy 4 神 錬 術! 人 非 常 重 素 ば 必 ず 幸 わ 幸 人 極 め 少 数 派 思 ぎ 困 困 大 変 起 ぎ 直 接 原 因 命 落 充 活 保 障 取 直 ず 命 安 全 味 欠 乏 人 存 重 大 危 険 有 無 私 達 非 常 密 接 関 係 代 有 無 私 達 活 直 接 左

More information

人見知りを克服する方法

人見知りを克服する方法 - 1 著 作 権 に つ い て 本 教 材 の 著 作 権 は 発 行 者 に あ り ま す 発 行 者 の 書 面 に よ る 事 前 許 可 無 く 本 教 材 の 一 部 ま た は 全 部 を あ ら ゆ る デ ー タ 蓄 積 手 段 ( 印 刷 物 電 子 フ ァ イ ル な ど ) に よ り 複 製 流 用 お よ び 転 売 ( オ ー ク シ ョ ン 含 む ) す る こ

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 が 無 い た め 記 載 し て お り ま せ ん 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 A 公 務 員 給 与 B 較 差 A - B 勧 告 ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 国 の 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 が 無 い た め 記 載 し て お り ま せ ん 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 A 公 務 員 給 与 B 較 差 A - B 勧 告 ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 国 の 改 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 芽 室 町 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) 歳 出 額 A 21 年 度 1 9, 3 7 6 1 1, 3 4, 9 4 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B / A 1 6, 3 9 3 9 9 6, 541 8. 8 1 ( 参

More information

更 新 申 請 全 般 Q1 宅 建 業 免 許 の 更 新 は ど の よ う に す れ ば よ い の で し ょ う か? A1 申 請 書 類 を 作 成 し 必 要 書 類 を そ ろ え 埼 玉 県 庁 第 二 庁 舎 1 階 建 築 安 全 課 宅 建 業 免 許 担 当 の 窓 口

更 新 申 請 全 般 Q1 宅 建 業 免 許 の 更 新 は ど の よ う に す れ ば よ い の で し ょ う か? A1 申 請 書 類 を 作 成 し 必 要 書 類 を そ ろ え 埼 玉 県 庁 第 二 庁 舎 1 階 建 築 安 全 課 宅 建 業 免 許 担 当 の 窓 口 宅 建 業 免 許 更 新 申 請 Q&A ( 目 次 の 題 名 を ク リ ッ ク す る と 該 当 の 箇 所 に 飛 べ ま す ) 目 次 更 新 申 請 全 般... 1 申 請 書 の 記 入 方 法 に つ い て... 2 申 請 書 第 一 面 ~ 第 五 面... 3 宅 地 建 物 取 引 業 経 歴 書... 4 誓 約 書... 5 宅 地 建 物 取 引 士 設 置

More information

Microsݯft Word - 91 forܠ2009November.docx

Microsݯft Word - 91 forܠ2009November.docx 特 集 : Query & Analysis の 仕 訳 転 送 機 能 SunSystems と 連 携 し て 使 用 す る こ と が で き る Infor Performance Management Query&Analysis( 以 下 Q&A) ( 旧 : SunSystems Vision ) と い う 製 品 が あ り ま す Q&A は Microsoft Excel の

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

Microsoft Word - 養生学研究投稿規定(改)

Microsoft Word - 養生学研究投稿規定(改) よ う せ い 養 生 学 研 究 投 稿 規 定 2000 年 3 月 11 日 施 行 2006 年 5 月 01 日 改 正 1. 養 生 学 研 究 ( 以 下 本 誌 と い う ) の 編 集 及 び 発 行 に 関 し て は こ の 規 定 の 定 め る と こ ろ に よ る. 2. 投 稿 資 格 本 誌 に 原 稿 を 投 稿 で き る 筆 頭 著 者 は, 原 則 と し

More information

2016年夏のボーナス見通し

2016年夏のボーナス見通し 216 年 4 月 6 日 経 済 レポート 216 年 夏 のボーナス 見 通 し ~ 小 幅 ながらも 2 年 ぶりに 増 加 へ~ 調 査 部 研 究 員 藤 田 隼 平 216 年 夏 の 民 間 企 業 ( 調 査 産 業 計 事 業 所 規 模 人 以 上 )の ボ ー ナ ス は 2 年 ぶりに 増 加 すると 予 測 する 労 働 需 給 がタイトな 中 今 年 の 春 闘 では 基

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

4 松 山 市 暴 力 団 排 除 条 の 一 部 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等 の 改 正 に 伴 い, 公 共 工 事 から 排 除 する 対 象 者 の 拡 大 等 を 図 るものです 第 30 号 H27.12.18 H28.1

4 松 山 市 暴 力 団 排 除 条 の 一 部 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等 の 改 正 に 伴 い, 公 共 工 事 から 排 除 する 対 象 者 の 拡 大 等 を 図 るものです 第 30 号 H27.12.18 H28.1 松 山 市 条 制 定 時 の 市 民 意 見 聴 取 経 過 表 ( 3 月 市 議 会 提 出 分 ) 総 務 部 文 書 法 制 作 成 条 名 条 の 概 要 提 出 日 番 号 手 続 の 種 別 実 施 日 ( 期 間 ) 実 施 した 聴 取 手 続 の 内 容 を 実 施 しない 場 合 はその 理 由 担 当 1 松 山 市 職 員 の 分 限 に 関 する 条 等 の 一 部 を

More information

図 表 1 住 開 始 分 ま で の 5 年 間 延 長 さ れ ま し た 住 宅 ロ ー ン 控 除 の た め の フ ロ ー チ ャ ー ト 住 宅 ローンで 住 宅 及 びその 敷 地 を 取 得 し 取 得 の 日 から6か 月 以 内 に 居 住 して いますか? 所 得 金 額 が

図 表 1 住 開 始 分 ま で の 5 年 間 延 長 さ れ ま し た 住 宅 ロ ー ン 控 除 の た め の フ ロ ー チ ャ ー ト 住 宅 ローンで 住 宅 及 びその 敷 地 を 取 得 し 取 得 の 日 から6か 月 以 内 に 居 住 して いますか? 所 得 金 額 が Q-24 住 宅 を 購 入 し た り 増 改 築 し た 場 合 に は 税 額 控 除 制 度 を 使 え る と 聞 き ま し た 制 度 の 内 容 を 教 え て く だ さ い A 最 近 の 税 制 改 正 に よ り 下 記 の よ う に 様 々 な 税 額 控 除 制 度 が 使 え る よ う A に最 な 近 っ の て税 い制 ま改 す 正 に よ り 様 々 な 税

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

0605調査用紙(公民)

0605調査用紙(公民) 社 会 公 民 番 号 2 略 称 東 京 書 籍 書 名 新 編 新 し 公 民 1 基 礎 基 本 確 実 な 定 着 を 図 るため を 促 すため や 個 応 じた 3 単 元 ( 単 元 設 定 4 各 年 ( び や 考 え 展 開 5 特 徴 的 な 単 元 おけ る 課 題 関 わり 等 ア 1 単 位 時 間 ( 見 開 き 2 頁 ) 毎 課 題 を 設 定 し 課 題 関 連

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 燕 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 22 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B / A ( 参 考 ) H21 年 度 の 件 費 率 H22 年 度 83,216 33,869,103 1,012,644 4,927,440 14.5%

More information

編 5ヶ 月 6 総 論 7 抜 ピ ド ピ ド 速 永 久 繰 ロ セ 慣 容 易 結 共 通 決 々 5 照 づ 具 ご 紹 介 与 監 査 比 較 場 限 提 始 箇 提 進 ご 安 心 話 提 与 監 査 雑 把 与 締 役 緒 算 類 作 機 関 従 来 税 始 忘 生 物 繰 切 忘 葉

編 5ヶ 月 6 総 論 7 抜 ピ ド ピ ド 速 永 久 繰 ロ セ 慣 容 易 結 共 通 決 々 5 照 づ 具 ご 紹 介 与 監 査 比 較 場 限 提 始 箇 提 進 ご 安 心 話 提 与 監 査 雑 把 与 締 役 緒 算 類 作 機 関 従 来 税 始 忘 生 物 繰 切 忘 葉 編 5ヶ 月 6 総 論 7 抜 ピ ド ピ ド 速 永 久 繰 ロ セ 慣 容 易 結 共 通 決 々 5 照 づ 具 ご 紹 介 与 監 査 比 較 場 限 提 始 箇 提 進 ご 安 心 話 提 与 監 査 雑 把 与 締 役 緒 算 類 作 機 関 従 来 税 始 忘 生 物 繰 切 忘 葉 辞 引 忘 葉 聞 兆 蓄 積 科 世 正 総 論 省 略 編 5ヶ 月 98 ソ 99 王 道 事

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

登 場 物 集 夜 日 早 パ パ 帰 一 関 ヒロシ ヒロシ 妻 息 子 や 花 火 楽 元 昔 花 火 げ 夏 休 ば 計 画 表 夏 休 アキラ PTA 婦 域 働 体 メンバ 第 1 話 リダ 一 関 ヒロシ 苦 労 3 域 環 境 変 化 5 第 2 話 6 域 働 8 第 3 話 秋 9

登 場 物 集 夜 日 早 パ パ 帰 一 関 ヒロシ ヒロシ 妻 息 子 や 花 火 楽 元 昔 花 火 げ 夏 休 ば 計 画 表 夏 休 アキラ PTA 婦 域 働 体 メンバ 第 1 話 リダ 一 関 ヒロシ 苦 労 3 域 環 境 変 化 5 第 2 話 6 域 働 8 第 3 話 秋 9 我 ~ 一 関 市 域 働 推 進 計 画 ~ 一 関 市 登 場 物 集 夜 日 早 パ パ 帰 一 関 ヒロシ ヒロシ 妻 息 子 や 花 火 楽 元 昔 花 火 げ 夏 休 ば 計 画 表 夏 休 アキラ PTA 婦 域 働 体 メンバ 第 1 話 リダ 一 関 ヒロシ 苦 労 3 域 環 境 変 化 5 第 2 話 6 域 働 8 第 3 話 秋 9 2 つ 働 創 出 11 第 4 話 不

More information

2 シ ス テ ム が 2 4 時 間 3 6 5 日 安 定 的 に 稼 働 す る 機 材 と 設 置 環 境 を 整 え る こ と ( 2 ) ソ フ ト ウ ェ ア 1 既 に 導 入 実 績 の あ る CMS で あ る こ と 2 Windows7(Windows IE1 1 ) で

2 シ ス テ ム が 2 4 時 間 3 6 5 日 安 定 的 に 稼 働 す る 機 材 と 設 置 環 境 を 整 え る こ と ( 2 ) ソ フ ト ウ ェ ア 1 既 に 導 入 実 績 の あ る CMS で あ る こ と 2 Windows7(Windows IE1 1 ) で 結 の 故 郷 匠 の 技 体 験 観 光 事 業 ウ ェ ブ サ イ ト 構 築 保 守 管 理 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 結 の 故 郷 匠 の 技 体 験 観 光 事 業 ウ ェ ブ サ イ ト 構 築 保 守 管 理 業 務 2. 目 的 こ の 業 務 は 越 前 お お の 雇 用 創 造 推 進 協 議 会 ( 以 下 協 議 会 と い う )が 実 施 す る 実 践

More information

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか 平 成 23 年 度 自 己 報 告 書 1 理 念 目 的 (1) 大 学 学 部 研 究 科 等 の 理 念 目 的 は 適 切 に 設 定 されているか 平 成 19 年 6 月 に の 目 標 として 大 学 の 発 展 に 貢 献 する 力 のある 組 織 とい う 共 通 の 目 標 を 掲 げ この 目 標 を 常 に 念 頭 に 置 きながら 日 々の 業 務 に 当 たっている さらに

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

1 フ ラ ッ シ ュ カ ー ド ( サ ン プ ル ) の ス ラ イ ド を パ ワ ー ポ イ ン ト で 作 っ て み ま し ょ う 以 下 の ス ラ イ ド ( 2 枚 目 ~ 4 枚 目 を 作 り ま す あ ら か じ め 作 業 用 の フ ァ イ ル を デ ス ク ト

1 フ ラ ッ シ ュ カ ー ド ( サ ン プ ル ) の ス ラ イ ド を パ ワ ー ポ イ ン ト で 作 っ て み ま し ょ う 以 下 の ス ラ イ ド ( 2 枚 目 ~ 4 枚 目 を 作 り ま す あ ら か じ め 作 業 用 の フ ァ イ ル を デ ス ク ト 知 識 の 定 着 を 図 るプレゼンテーションソフト 活 用 福 岡 県 教 育 センターホームページ http://www.educ.pref.fukuoka.jp 授 業 なんでも 相 談 室 092-947-0008 support@educ.pref.fukuoka.jp 1 フ ラ ッ シ ュ カ ー ド ( サ ン プ ル ) の ス ラ イ ド を パ ワ ー ポ イ ン ト で 作

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63> 学 部 研 究 科 等 の 現 況 調 査 表 研 究 平 成 20 年 6 月 政 策 研 究 大 学 院 大 学 目 次 1. 政 策 研 究 科 1-1 政 策 研 究 大 学 院 大 学 政 策 研 究 科 1. 政 策 研 究 科 Ⅰ 政 策 研 究 科 の 研 究 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-3 分 析 項 目 Ⅰ 研 究 活 動 の

More information

課 税 ベ ー ス の 拡 大 等 : - 租 税 特 別 措 置 の 見 直 し ( 後 掲 ) - 減 価 償 却 の 見 直 し ( 建 物 附 属 設 備 構 築 物 の 償 却 方 法 を 定 額 法 に 一 本 化 ) - 欠 損 金 繰 越 控 除 の 更 な る 見 直 し ( 大

課 税 ベ ー ス の 拡 大 等 : - 租 税 特 別 措 置 の 見 直 し ( 後 掲 ) - 減 価 償 却 の 見 直 し ( 建 物 附 属 設 備 構 築 物 の 償 却 方 法 を 定 額 法 に 一 本 化 ) - 欠 損 金 繰 越 控 除 の 更 な る 見 直 し ( 大 Article 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 要 課 題 を 見 る ( 1 ) 拓 殖 大 学 准 教 授 稲 葉 知 恵 子 平 成 27 年 12 月 24 日 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 が 閣 議 決 定 さ れた 平 成 28 年 度 税 制 改 正 は 経 済 の 好 循 環 を 確 実 な も の とする 観 点 から 成 長 志 向

More information

158 高 校 講 座 習 モ 現 ラ 習 モ 距 離 置 示 終 向 据 示 唆 与 取 ょ 第 7576 回 第 :

158 高 校 講 座 習 モ 現 ラ 習 モ 距 離 置 示 終 向 据 示 唆 与 取 ょ 第 7576 回 第 : 157 高 校 講 座 習 モ 現 第 7576 回 ラ 習 モ 全 回 杉 卓 第 : 第 : 題 高 低 違 善 善 悪 立 観 項 立 怒 始 身 近 エ ソ 訓 進 ぜ 起 客 観 姿 勢 深 ポ 身 近 来 析 視 点 批 判 リ カ リ 力 エ ソ 例 踏 ビ ラ ネ 表 隅 々 込 改 般 利 発 達 結 果 過 去 戻 標 ぼ 質 せ 反 埋 ゆ 過 知 利 益 被 ょ 少 立 止

More information

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始 部 案 参 照 文 目 1 1 持 可 能 療 険 制 構 築 国 民 険 部 9 部 11 1 5 特 別 15 6 17 7 運 確 18 8 0 9 独 立 10 - 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門

More information

大学と学生第545号ビジネスモデルからみた卒業生就職支援の課題_関西学院大学(澤谷 敏行)-JASSO

大学と学生第545号ビジネスモデルからみた卒業生就職支援の課題_関西学院大学(澤谷 敏行)-JASSO 集 13 20098 じ 部 署 担 部 涯 習 始 ェ 導 入 研 修 e-learning 有 導 入 研 修 e-learning コ ツ 主 資 格 得 指 機 ざ 々 界 外 般 総 合 コ 国 際 コ 八 銘 打 始 独 専 系 下 前 提 形 稿 ~ ~ 澤 谷 敏 西 院 次 長 例 集 14 20098 内 議 論 十 分 知 斡 旋 法 制 約 優 先 観 見 送 昨 歳 満 離

More information

資料1-2 被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律案要綱

資料1-2 被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律案要綱 元 化 図 案 綱 趣 旨 多 様 や 社 障 目 指 閣 議 決 社 障 税 革 綱 づ 元 化 展 望 今 後 熟 化 や 少 子 高 化 層 進 展 財 政 範 囲 拡 安 性 高 民 通 将 来 向 同 報 酬 ば 同 負 担 同 受 性 確 全 民 信 頼 高 教 統 資 格 教 教 総 称 適 資 -2 外 削 差 異 解 消 資 格 歳 設 2 総 報 酬 老 本 老 又 全 仕 み

More information

がん専門病院における薬剤師養成のあり方に関する調査研究

がん専門病院における薬剤師養成のあり方に関する調査研究 平 成 27 年 度 HIV 感 染 症 薬 物 療 法 認 定 薬 剤 師 養 成 研 修 実 施 要 綱 1. 基 本 的 事 項 (1) 研 修 の 目 的 本 研 修 は HIV 感 染 症 の 薬 物 療 法 に 必 要 な 高 度 な 知 識 技 能 情 報 の 収 集 評 価 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ス キ ル 臨 床 経 験 を 修 得 さ せ 各 地 域 に お い て

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自 飯 能 市 社 会 保 障 税 番 号 制 度 ( マ イ ナ ン バ ー 制 度 ) 導 入 基 本 方 針 平 成 2 7 年 8 月 4 日 市 長 決 裁 行 政 手 続 に お け る 特 定 の 個 人 を 識 別 す る た め の 番 号 の 利 用 等 に 関 す る 法 律 ( 平 成 2 5 年 法 律 第 2 7 号 以 下 番 号 法 と い う ) 等 の 通 称 マ イ

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

第三十六号の二様式(第五条関係)(A4)

第三十六号の二様式(第五条関係)(A4) 第 三 十 六 号 の 三 様 式 ( 第 六 条 関 係 )(A4 ) 定 期 検 査 報 告 書 ( 昇 降 機 ) ( 第 一 面 ) 建 築 基 準 法 第 12 条 第 3 項 の 規 定 によ り 定 期 検 査 の 結 果 を 報 告 し ま す こ の 報 告 書 に 記 載 の 事 項 は 事 実 に 相 違 ありま せん 特 定 行 政 庁 上 田 市 長 様 平 成 年 月 日

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

Taro-別紙1 パブコメ質問意見とその回答

Taro-別紙1 パブコメ質問意見とその回答 別 紙 1 国 際 連 合 安 全 保 障 理 事 会 決 議 第 千 二 百 六 十 七 号 等 を 踏 まえ 我 が 国 が 実 施 す る 国 際 テ ロリ スト の 財 産 の 凍 結 等 に 関 す る 特 別 措 置 法 施 行 令 案 等 に 対 す る 御 意 見 御 質 問 に 対 する 警 察 庁 の 考 え 方 について 1 国 際 連 合 安 全 保 障 理 事 会 決 議

More information

目 次 第 1 章 は じ め に... 3 第 2 章 基 本 的 な キ ー 操 作... 4 第 3 章 メ ニ ュ ー 画 面... 6 第 4 章 入 荷 業 務... 7 第 5 章 出 荷 業 務... 9 第 6 章 商 品 照 会...11 第 7 章 棚 卸 業 務...12 第

目 次 第 1 章 は じ め に... 3 第 2 章 基 本 的 な キ ー 操 作... 4 第 3 章 メ ニ ュ ー 画 面... 6 第 4 章 入 荷 業 務... 7 第 5 章 出 荷 業 務... 9 第 6 章 商 品 照 会...11 第 7 章 棚 卸 業 務...12 第 入 出 荷 棚 卸 収 集 Biz スタートパック 操 作 説 明 書 目 次 第 1 章 は じ め に... 3 第 2 章 基 本 的 な キ ー 操 作... 4 第 3 章 メ ニ ュ ー 画 面... 6 第 4 章 入 荷 業 務... 7 第 5 章 出 荷 業 務... 9 第 6 章 商 品 照 会...11 第 7 章 棚 卸 業 務...12 第 8 章 パ ソ コ ン の

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ

2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ 2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ 3 じ 定 義 ざ 言 次 組 織 所 属 ず 独 立 オ ィ モ バ 環 境 駆 使 ど 場 所 就 業 定 好 見 見 辞 独 立 気 楽 街 中 ェ P C 広 げ 作 業 ど 出 勤 彼 当 言 必 ず 言 切 ょ 4 辞 関 係 組 織 頼 ず 力 得 決 簡 単 ょ

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

- 目 次 - 1 被 害 状 況 (1) 特 殊 詐 欺 ( 全 体 ) 1 (2) オ レ オ レ 詐 欺 4 (3) 架 空 請 求 振 り 込 め 類 似 詐 欺 6 (4) 還 付 金 等 詐 欺 9 2 検 挙 状 況 ( 都 内 ) (1) 本 犯 11 (2) 検 挙 被 疑 者 の

- 目 次 - 1 被 害 状 況 (1) 特 殊 詐 欺 ( 全 体 ) 1 (2) オ レ オ レ 詐 欺 4 (3) 架 空 請 求 振 り 込 め 類 似 詐 欺 6 (4) 還 付 金 等 詐 欺 9 2 検 挙 状 況 ( 都 内 ) (1) 本 犯 11 (2) 検 挙 被 疑 者 の 平 成 27 年 9 月 平 成 27 年 上 半 期 における 特 殊 詐 欺 の 状 況 について 警 視 庁 - 目 次 - 1 被 害 状 況 (1) 特 殊 詐 欺 ( 全 体 ) 1 (2) オ レ オ レ 詐 欺 4 (3) 架 空 請 求 振 り 込 め 類 似 詐 欺 6 (4) 還 付 金 等 詐 欺 9 2 検 挙 状 況 ( 都 内 ) (1) 本 犯 11 (2) 検 挙

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

資 料 1-1 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 における ホストシティ タウン 構 想 (イメージ) 1. 趣 旨 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014( 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 )を 踏 まえ 2020 年 オリン

資 料 1-1 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 における ホストシティ タウン 構 想 (イメージ) 1. 趣 旨 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014( 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 )を 踏 まえ 2020 年 オリン 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 における ホストシティ タウン 構 想 に 関 する 関 係 府 省 庁 連 絡 会 議 ( 第 1 回 ) 平 成 26 年 7 月 18 日 ( 金 )14:00~14:30 於 : 総 理 大 臣 官 邸 4 階 大 会 議 室 1 開 会 2 下 村 東 京 オリンピック パラリンピック 担 当 大 臣 挨 拶 3 世 耕 内 閣

More information

円 定 期 の 優 遇 金 利 期 間 中 に 中 途 解 約 す る と 優 遇 金 利 は 適 用 さ れ ず お 預 け 入 れ 日 か ら 解 約 日 ま で の 所 定 の 期 限 前 解 約 利 率 が 適 用 さ れ ま す 投 資 信 託 ( 金 融 商 品 仲 介 で 取 り 扱

円 定 期 の 優 遇 金 利 期 間 中 に 中 途 解 約 す る と 優 遇 金 利 は 適 用 さ れ ず お 預 け 入 れ 日 か ら 解 約 日 ま で の 所 定 の 期 限 前 解 約 利 率 が 適 用 さ れ ま す 投 資 信 託 ( 金 融 商 品 仲 介 で 取 り 扱 平 成 28 年 3 月 17 日 株 式 会 社 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 退 職 金 限 定 円 定 期 金 利 優 遇 の 取 扱 停 止 および ウェルカム セレクション の 取 扱 条 件 変 更 のお 知 らせ 退 職 金 限 定 円 定 期 金 利 優 遇 退 職 金 限 定 円 定 期 金 利 優 遇 の お 取 り 扱 い を 誠 に 勝 手 な が ら 平 成 28 年 3

More information

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ 無 料 レポート 懸 賞 プレゼント 超 効 率 的 で 安 全 な 応 募 の 裏 ワザ 懸 賞 プレゼント 当 選 研 究 会 Copyright (C) 2006 Interface All Rights Reserved 許 可 な く 本 書 の 一 部 ま た は 全 部 を 複 製 転 載 す る こ と を 禁 じ ま す - 1 - は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ

More information

47 高 校 講 座 モ オ モ 圏 比 較 危 述 覚 普 第 章 : 活

47 高 校 講 座 モ オ モ 圏 比 較 危 述 覚 普 第 章 : 活 46 高 校 講 座 モ オ モ 型 新 古 前 材 広 前 半 筆 覚 推 追 求 従 推 流 丁 寧 追 次 ぞ 押 捉 筆 析 構 造 後 半 始 旧 友 賀 状 転 例 図 察 深 成 子 親 友 先 周 々 方 身 選 成 長 偏 覚 性 直 今 作 エ 解 深 講 師 吉 田 光 ポイ 空 虚 二 第 二 1 2 3 第 1 好 2 3 第 章 : 活 第 章 : 活 47 高 校 講

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

0FEB 月 4 日 成 人 式 (カラークラブ 山 口 節 子 さん 提 供 ) 義 務 び そ ぞ 必 要 配 偶 扶 養 さ 必 ず 該 当 旨 配 偶 勤 務 社 ( 事 業 主 ) 提 だ 配 偶 65 歳 以 上 老 齢 基 礎 受 給 資 格 そ 扶 養 配 偶 せ ん 収 増 加 0 万 円 以 上 見 込 や 配 偶 退 職 ど 厚 生 等 加 入 ど 配

More information

教育委員会会議録

教育委員会会議録 4 月 定 例 教 育 委 員 会 報 告 1 開 催 日 時 平 成 2 5 年 4 月 2 5 日 ( 木 ) 1 3 : 3 0 ~ 1 6 : 15 2 出 席 者 委 員 松 尾 洋 子 委 員 永 田 政 信 委 員 野 口 哲 彦 委 員 江 口 真 由 美 教 育 長 黒 田 哲 夫 事 務 局 教 育 次 長 山 下 健 一 郎 教 育 総 務 市 瀬 昭 広 教 育 総 務 課

More information

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要 市 民 の 健 康 ~ が ん の 予 防 と 体 操 で 健 康 づ く り ~ 1 挨 拶 こ ん に ち は 長 久 手 市 役 所 健 康 推 進 課 の 伊 藤 と 申 し ま す 本 日 は よ ろ し く お 願 い し ま す 座 っ た ま ま で 説 明 さ せ て い た だ き ま す 今 回 の タ イ ト ル は 市 民 の 健 康 が ん の 予 防 と 体 操 で 健

More information

保 険. 甚 害 準 意 義 次 福 祉 士 従 喫 緊 意 義 認 優 先 急 性 期 経 験 豊 富 ベ 沿 岸 確 幅 広 躍 レ 量 住 民 啓 発 I T 母 葵 木 村 幸 博 代 外 来 特 フ 常 勤 非 常 勤 勢 車 片 道 圏 暮 ぼ 生 働 東 起 全 国 園 ~ 聞 東 レ

保 険. 甚 害 準 意 義 次 福 祉 士 従 喫 緊 意 義 認 優 先 急 性 期 経 験 豊 富 ベ 沿 岸 確 幅 広 躍 レ 量 住 民 啓 発 I T 母 葵 木 村 幸 博 代 外 来 特 フ 常 勤 非 常 勤 勢 車 片 道 圏 暮 ぼ 生 働 東 起 全 国 園 ~ 聞 東 レ M O N T H L Y 保 険. 甚 害 準 意 義 次 福 祉 士 従 喫 緊 意 義 認 優 先 急 性 期 経 験 豊 富 ベ 沿 岸 確 幅 広 躍 レ 量 住 民 啓 発 I T 母 葵 木 村 幸 博 代 外 来 特 フ 常 勤 非 常 勤 勢 車 片 道 圏 暮 ぼ 生 働 東 起 全 国 園 ~ 聞 東 レポ 9 保 険. 特 集 べ 視 象 徴 堂 ぞ 呼 9 称 使 程 毎

More information

(5 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 居 宅 介 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 居 宅 介 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業

(5 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 居 宅 介 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 居 宅 介 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 基 準 ( 平 成 十 八 年 九 月 二 十 九 日 ) ( 厚 生 労 働 省 告 示 第 五 百 四 十 三 号 ) 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づ く 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 等 及 び 基 準 該 当 障 害 福 祉 サ ー ビ ス に 要 す る 費 用 の 額 の 算 定 に 関 す る 基 準 ( 平 成 十 八 年

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支 長 野 県 における 行 政 財 政 改 革 の 取 組 について 参 考 資 料 3 1 行 政 財 政 改 革 を 推 進 するための 計 画 1 財 政 改 革 推 進 プログラム(H14~H18 ) 2 長 野 県 行 財 政 改 革 プラン(H19~H23 ) 3 長 野 県 行 政 財 政 改 革 方 針 (H24~H28 ) 事 務 事 業 の 見 直 し 民 間 委 託 など 外 部

More information

インターネット取引に関する調査結果(平成13年3月末)について

インターネット取引に関する調査結果(平成13年3月末)について インターネット 取 引 に 関 する 調 査 結 果 ( 平 成 27 年 9 月 末 )について 平 成 27 年 12 月 18 日 日 本 証 券 業 協 会 本 協 会 では 平 成 27 年 9 月 末 におけるインターネット 取 引 に 関 する 調 査 を 実 施 し 以 下 のとおり インターネット 取 引 を 行 っている 会 員 の 状 況 を 取 りまとめた 1. 取 扱 会

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 1 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) セルフメディケーション

More information

17 Vol.103 バ 完 存 将 来 物 水 社 経 環 境 提 社 ざ 何 能 耐 弱 元 積 積 減 流 宅 返 早 進 ペ ア 健 増 皆 ズ 解 説 1 維 象 寡 婦 1 検 討 標

17 Vol.103 バ 完 存 将 来 物 水 社 経 環 境 提 社 ざ 何 能 耐 弱 元 積 積 減 流 宅 返 早 進 ペ ア 健 増 皆 ズ 解 説 1 維 象 寡 婦 1 検 討 標 16 初 申 げ 任 意 程 確 ろ 皆 様 々 1 む 設 本 困 起 理 解 感 覚 念 フ ミ ナ 講 師 伺 状 心 負 担 重 重 目 健 奪 九 何 均 文 関 査 仮 総 九 幼 稚 園 教 院 講 座 チ ツボ 清 水 香 ファナシャナCFP 認 央 学 10 損 代 理 店 経 験 001 特 機 関 属 ファナシャナ 独 立 活 動 開 始 個 談 ほ 企 講 演 執 筆 活 動

More information

2 1.ヒアリング 対 象 (1) 対 象 範 囲 分 類 年 金 医 療 保 険 雇 用 保 険 税 備 考 厚 生 年 金 の 資 格 喪 失 国 民 年 金 の 加 入 老 齢 給 付 裁 定 請 求 など 健 康 保 険 の 資 格 喪 失 国 民 健 康 保 険 の 加 入 健 康 保 険

2 1.ヒアリング 対 象 (1) 対 象 範 囲 分 類 年 金 医 療 保 険 雇 用 保 険 税 備 考 厚 生 年 金 の 資 格 喪 失 国 民 年 金 の 加 入 老 齢 給 付 裁 定 請 求 など 健 康 保 険 の 資 格 喪 失 国 民 健 康 保 険 の 加 入 健 康 保 険 1 参 考 資 料 6 退 職 関 連 手 続 の 現 行 業 務 分 析 1. ヒアリング 対 象 2. ワンストップ 化 に 向 けて 検 討 すべき 課 題 ( 参 考 )ヒアリング 結 果 分 析 2 1.ヒアリング 対 象 (1) 対 象 範 囲 分 類 年 金 医 療 保 険 雇 用 保 険 税 備 考 厚 生 年 金 の 資 格 喪 失 国 民 年 金 の 加 入 老 齢 給 付 裁

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

Ⅰ. は じ め に 27 年 か ら の 不 況 の 影 響 で 不 動 産 競 売 物 件 が 増 加 し て い る 29 年 9 月 は 全 国 で 8 件 を 超 え た ( 前 年 同 月 は 約 6 件 ) ま た 不 動 産 競 売 の 情 報 が イ ン タ ー ネ ッ ト で 公

Ⅰ. は じ め に 27 年 か ら の 不 況 の 影 響 で 不 動 産 競 売 物 件 が 増 加 し て い る 29 年 9 月 は 全 国 で 8 件 を 超 え た ( 前 年 同 月 は 約 6 件 ) ま た 不 動 産 競 売 の 情 報 が イ ン タ ー ネ ッ ト で 公 29 年 12 月 重 回 帰 分 析 による マンション 競 売 物 件 の 価 格 形 成 分 析 ( 横 浜 市 内 の 事 例 より) 社 団 法 人 神 奈 川 県 不 動 産 鑑 定 士 協 会 会 員 伊 東 良 平 1 Ⅰ. は じ め に 27 年 か ら の 不 況 の 影 響 で 不 動 産 競 売 物 件 が 増 加 し て い る 29 年 9 月 は 全 国 で 8 件

More information

-2-

-2- -1- -2- -3- < 別 表 > FLP 演 習 教 育 活 動 補 助 費 の 補 助 項 目 および 補 助 支 出 基 準 ( 取 扱 要 綱 第 3 条 関 係 ) ( 注 記 ) 補 助 額 は 特 段 の 注 記 がない 場 合 は 税 込 額 を 表 示 している 1. 見 学 調 査 補 助 項 目 支 払 対 象 補 助 額 備 考 交 通 費 学 生 参 加 学 生 1 人

More information

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と 達 人 シ ス テ ム 所 得 税 の 達 人 平 成 26 年 版 東 京 地 方 税 理 士 会 デ ー タ 通 信 協 同 組 合 2015/1/30 もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

4 調 査 の 対 話 内 容 (1) 調 査 対 象 財 産 の 土 地 建 物 等 を 活 用 して 展 開 できる 事 業 のアイディアをお 聞 かせく ださい 事 業 アイディアには, 次 の 可 能 性 も 含 めて 提 案 をお 願 いします ア 地 域 の 活 性 化 と 様 々な 世

4 調 査 の 対 話 内 容 (1) 調 査 対 象 財 産 の 土 地 建 物 等 を 活 用 して 展 開 できる 事 業 のアイディアをお 聞 かせく ださい 事 業 アイディアには, 次 の 可 能 性 も 含 めて 提 案 をお 願 いします ア 地 域 の 活 性 化 と 様 々な 世 呉 市 有 財 産 事 業 者 提 案 型 (サウンディング 型 ) 市 場 調 査 実 施 要 項 1 調 査 の 名 称 呉 市 有 財 産 事 業 者 提 案 型 (サウンディング 型 ) 市 場 調 査 ( 以 下 市 場 調 査 という ) 2 調 査 の 目 的 等 (1) 背 景 目 的 呉 市 では, 行 政 目 的 のない 財 産 ( 土 地 建 物 )については 売 却 を 原

More information

今 考 諸 法 15 歳 以 社 保 険 事 務 所 ど 記 録 見 込 額 調 べ 社 保 険 庁 ねんんダヤ 5751165 社 保 険 庁 ホムペジ 最 寄 社 保 険 事 務 所 ( 相 談 セタ) 社 保 険 庁 ホムペジ 2 社 保 険 業 務

今 考 諸 法 15 歳 以 社 保 険 事 務 所 ど 記 録 見 込 額 調 べ 社 保 険 庁 ねんんダヤ 5751165 社 保 険 庁 ホムペジ 最 寄 社 保 険 事 務 所 ( 相 談 セタ) 社 保 険 庁 ホムペジ  2 社 保 険 業 務 6 歳 以 家 族 費 平 均 額 28,7 円 6 歳 以 費 内 訳 右 表 余 暇 使 時 増 テジ 旅 行 ど 楽 みそ 毎 万 円 考 ね 足 ん 国 民 厚 試 算 5 納 右 表 数 字 ん( 平 成 18 価 格 ) 記 費 考 ずぶ ん 足 ん 今 水 準 低 減 や 物 価 昇 ど 考 不 安 つ 齢 区 分 別 推 移 (%).9% 1 8 7.9% 17.% 6,22 円 18,1

More information

答申第585号

答申第585号 別 紙 諮 問 第 722 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 平 成 23 年 月 日 区 営 業 所 で 起 きた 物 損 事 故 に 関 する 全 ての 内 容 の 文 書 の 開 示 請 求 に 対 し 終 業 点 呼 記 録 簿 ほか7 件 を 対 象 公 文 書 として 特 定 し 一 部 開 示 と した 決 定 は 妥 当 である 2 審 査 請 求 の 内 容 (1) 審 査

More information

<3034204832358EE597768E968BC688EA97972D372E786477>

<3034204832358EE597768E968BC688EA97972D372E786477> (2) 生 活 再 建 支 援 プロジェクト 全 県 民 が 将 来 の 生 活 設 計 を 描 くことができ 生 活 再 建 を 進 めることができるようにするため 早 期 に 帰 還 する 避 難 者 長 期 避 難 者 など 被 災 者 それぞれのおかれた 状 況 に 応 じた よりきめ 細 かな 支 援 を 行 う 取 組 を 進 め 1 県 内 避 難 者 支 援 一 新 1 里 山 いきいき

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

財政再計算結果_色変更.indd

財政再計算結果_色変更.indd 私 たちの 共 済 年 金 財 政 再 計 算 結 果 と 新 保 険 料 率 について 組 合 員 の 皆 さまに これまでリーフレットなどでお 知 らせしてきましたように 本 年 は 組 合 員 の 皆 さまが 加 入 している 共 済 年 金 で5 年 に 一 度 の 財 政 再 計 算 を 行 う 年 になっています 去 る5 月 27 日 に 財 務 省 から 財 政 再 計 算 に 関

More information

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案)

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案) 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 事 務 所 を 福 岡 市 東 区 松 香 台 1 丁 目 10 番 1 号 におく 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information