分 野 全 体 に 関 する 意 見 感 想 事 業 の 運 営 等 に 関 して 実 施 部 局 が 異 なる 事 業 で 目 的 や 効 果 が 類 似 する 事 業 は 相 互 調 整 の 仕 組 みづくりが 必 要 ではないか 高 齢 者 が 増 えていく 中 で 自 ずとニーズも 増 える

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "分 野 全 体 に 関 する 意 見 感 想 事 業 の 運 営 等 に 関 して 実 施 部 局 が 異 なる 事 業 で 目 的 や 効 果 が 類 似 する 事 業 は 相 互 調 整 の 仕 組 みづくりが 必 要 ではないか 高 齢 者 が 増 えていく 中 で 自 ずとニーズも 増 える"

Transcription

1 福 祉 保 健 部 委 員 名 鏡 諭 前 田 泰 宏 長 瀬 純 治 山 里 景 哲 鎌 形 由 美 子 鈴 木 和 美

2 分 野 全 体 に 関 する 意 見 感 想 事 業 の 運 営 等 に 関 して 実 施 部 局 が 異 なる 事 業 で 目 的 や 効 果 が 類 似 する 事 業 は 相 互 調 整 の 仕 組 みづくりが 必 要 ではないか 高 齢 者 が 増 えていく 中 で 自 ずとニーズも 増 えるため 高 齢 者 福 祉 課 が 多 くの 施 策 を 担 っ ていることがわかった 増 殖 し 続 けるサービスに 対 し 統 合 できるものや 他 の 部 署 に 移 管 できるものなどを 整 理 する 必 要 もあるのでは 事 業 が 本 当 に 福 祉 に 活 かされているかどうかを 常 に 振 り 返 り 事 業 のための 事 業 にならな いことを 望 む 募 集 しても 事 業 者 が 集 まらないなど 課 題 に 直 面 すれば 面 倒 でもやり 方 を 見 直 すなど 何 ら かの 検 討 をすべきで 前 例 踏 襲 従 前 どおり だけはやめてほしい 評 価 シートの 記 載 方 法 や 評 価 の 仕 方 について 福 祉 分 野 のニーズは 増 える 一 方 であるが 対 応 する 投 入 資 源 は 限 られているため 個 別 事 業 の 評 価 よりも それぞれの 事 業 の 優 先 順 位 付 けが 重 要 になると 考 える 最 初 に 福 祉 施 策 の 全 体 像 を 知 らないと 何 を 優 先 すべきかよくわからず 有 効 な 議 論 になりにくかった 当 該 事 業 単 体 の 説 明 や 評 価 だけでは 福 祉 分 野 の 中 での 優 先 度 や 必 要 性 が 見 えない 分 野 全 体 的 な 視 野 における 当 該 事 業 の 位 置 づけや 必 要 性 を 説 明 して 頂 けると 区 民 として 理 解 しやすいかもしれない 福 祉 の 基 本 は 利 用 者 のニーズである 事 業 を 評 価 するうえで 対 象 者 のニーズを 正 確 に 把 握 できているか 疑 問 を 感 じる 事 業 がある 実 績 値 だけでは 事 業 の 効 果 を 読 み 取 ることができないものが 多 い 例 えば 利 用 者 数 の 増 減 だけで 事 業 の 必 要 性 や 成 果 を 判 断 することは 難 しいと 感 じた 予 算 の 妥 当 性 やコスト 低 減 の 可 能 性 について 触 れて 評 価 している 事 業 がなかった また シートだけでは 効 果 が 見 えないため 評 価 がしづらい 印 象 があった 高 齢 者 や 障 害 者 を 対 象 にする 福 祉 事 業 は 身 近 に 対 象 者 がいないと 関 心 がないことが 多 く 関 係 者 にとってサービスは 切 実 な 問 題 である 部 外 者 がそれら 事 業 に 対 して 評 価 をただ 機 械 的 客 観 的 に 行 って 良 いのかと 感 じた 各 事 務 事 業 の 評 価 福 祉 保 健 分 野 の 対 象 事 業 一 覧 (1) 高 齢 者 と 園 児 のふれあい 給 食 ( 施 策 番 号 441 ) (2) 高 齢 者 にこにこ 入 浴 デー 事 業 ( 施 策 番 号 441 ) (3) 高 齢 者 障 害 者 福 祉 情 報 システム 事 業 ( 施 策 番 号 443 ) (4) 介 護 老 人 福 祉 施 設 の 整 備 ( 施 策 番 号 443 ) (5) 介 護 軽 度 者 に 対 するホームヘルプサービス 事 業 ( 施 策 番 号 443 ) (6) 障 害 児 放 課 後 等 支 援 事 業 ( 施 策 番 号 452 )

3 (1) 高 齢 者 と 園 児 のふれあい 給 食 事 務 事 業 評 価 結 果

4 - 87 -

5 (1) 高 齢 者 と 園 児 のふれあい 給 食 区 民 行 政 評 価 結 果 事 業 の 目 的 手 段 実 績 ( 指 標 )に 関 する 指 摘 事 項 事 業 の 対 象 と 目 的 が 大 雑 把 すぎるため 何 をもって 事 業 の 目 的 成 果 としてい るのかが 不 明 確 である 食 事 をとることなのか ふれあいすることなのか そ れともしつけなのか 事 業 の 目 的 を 再 定 義 すべきである 目 標 が 曖 昧 なので 進 捗 状 況 を 分 析 しづらい 設 定 しにくいことは 理 解 できるが 効 果 の 測 定 は 何 らかの 方 法 で 必 ず 行 うべきである また 具 体 的 にどのような 行 事 に 対 して 助 成 したら 効 果 が 高 くなるかも 検 討 すべき 性 別 年 代 住 居 エリアなどの 属 性 も 把 握 し 分 析 することが 望 ましい また 子 育 て 分 野 で 実 施 している 類 似 事 業 との 利 用 者 の 重 複 も 把 握 しておくことが 望 ましい 事 業 内 容 を 踏 まえると 給 食 に 限 定 した 名 称 にすることに 違 和 感 がある ふれ あい 事 業 など 幅 の 持 てるような 名 称 にすべきではないか 視 点 別 の 評 価 ( 事 業 の 必 要 性 有 効 性 効 率 性 協 働 の 可 能 性 等 )に 関 する 指 摘 私 立 保 育 園 に 限 らず 私 立 幼 稚 園 や 私 立 学 校 にも 同 じような 補 助 を 実 施 しても 事 業 の 目 的 は 達 成 されるのではないか しつけの 面 で 給 食 が 始 まったという 話 もあったと 思 う 3 歳 くらいの 子 に 食 事 中 に 注 意 したら 3 歳 児 とは 思 えない 大 変 汚 い 言 葉 遣 いで 反 発 されてしまい 驚 いた 人 もいたそうである 食 事 には 子 どもの 態 度 などいろいろ 現 れるので 食 事 という 枠 は 外 さない 方 が 良 い 総 合 評 価 に 関 する 指 摘 事 項 目 的 を 明 らかにした 上 で 別 のやり 方 がないか 検 証 する 必 要 がある 総 合 評 価 は Cとなっているが 効 率 性 や 時 代 に 合 ったふれあいの 姿 を 検 討 して 頂 きたい 評 価 の 根 拠 が 不 明 確 である 子 育 て 分 野 でも 同 様 の 事 業 がある 高 齢 者 向 けの 企 画 は 高 齢 者 福 祉 課 とい ったように 事 業 内 容 を 目 的 に 応 じて 再 編 成 し 目 的 と 事 業 内 容 をはっきり 分 ければ 効 率 も 良 いのではないか そうでないならば 事 業 の 統 合 を 検 討 すべき

6 (2) 高 齢 者 にこにこ 入 浴 デー 事 業 事 務 事 業 評 価 結 果

7 - 90 -

8 (2) 高 齢 者 にこにこ 入 浴 デー 事 業 区 民 行 政 評 価 結 果 事 業 の 目 的 手 段 実 績 ( 指 標 )に 関 する 指 摘 事 項 事 業 目 的 は 結 構 である ただ そのためのコストとしてはやや 過 大 と 感 じられ 受 益 者 負 担 の 見 直 し 等 が 望 ましい また 公 衆 浴 場 経 営 補 助 の 面 もあるとすれば 利 用 実 態 や 経 営 状 況 の 把 握 なども 含 め 所 管 部 署 との 連 携 調 整 も 必 要 である 事 業 の 評 価 判 断 には 利 用 者 の 正 確 な 状 況 把 握 が 必 要 不 可 欠 であり さらには 利 用 者 数 だけでなく 事 業 の 成 果 や 効 果 を 測 定 できる 指 標 もあったほうが 良 い 半 額 の 日 無 料 日 があるが 全 て 半 額 にしても 良 いのでは データで 見 る 限 り 総 体 としての 入 場 者 が 大 きく 減 るとは 予 測 されず 受 益 者 の 幅 の 広 がりも 妨 げ ないと 考 えられるからである 事 業 開 始 時 は 現 在 のような 高 齢 化 社 会 とは 異 なり 公 衆 浴 場 の 経 営 支 援 の 色 合 いが 強 かったのではないか 事 業 はそのままで 高 齢 者 支 援 という 目 的 を 後 から 付 けた 印 象 を 受 ける 視 点 別 の 評 価 ( 事 業 の 必 要 性 有 効 性 効 率 性 協 働 の 可 能 性 等 )に 関 する 指 摘 利 用 者 の 数 だけでなく 利 用 者 の 属 性 と 公 衆 浴 場 の 経 営 状 態 を 把 握 し ある 程 度 受 益 者 負 担 を 考 え 直 しても 良 いのではないか 利 用 者 側 の 家 族 形 態 やライフスタイルによって 求 めるニーズは 異 なるはずで ある 利 用 を 特 定 の 日 に 限 るのではなく クーポン 券 の 配 布 などの 方 法 もある のではないか 対 象 が65 歳 以 上 であるから 今 後 団 塊 の 世 代 が 対 象 に 入 ってくる 前 に 所 得 制 限 を 再 度 検 討 した 方 が 良 いのではないか 浴 場 の 方 々にも 負 担 を 求 めるような 工 夫 は 考 えられないか 例 えばハガキに 広 告 を 載 せ その 公 告 分 の 入 浴 料 補 助 を 削 減 するようなやり 方 もあると 思 う 総 合 評 価 に 関 する 指 摘 事 項 ハガキを 送 付 それに 名 前 を 書 いて 浴 場 に 持 ってくるのでは 本 当 にご 本 人 が 持 ってきているのかわからず 実 績 の 数 字 の 信 憑 性 も 薄 くなる そうなると 効 果 をどう 見 極 めたら 良 いか 見 えなくなってしまう 具 体 的 に 成 果 が 見 えるよう 実 際 の 事 業 の 運 営 方 法 にも 工 夫 が 欲 しい 事 業 目 的 を 達 成 する 方 法 としていま の 実 施 方 法 ( 金 曜 日 一 律 無 料 )が 最 適 かどうか 検 討 したほうが 良 い 単 純 に 金 額 だけをみるとコストが 大 きすぎるように 感 じるが 一 方 で 延 べ37 万 人 利 用 しているならコスト パフォーマンスを 考 えるとそれでも 良 いのかも しれない ただし 公 衆 浴 場 の 経 営 に 対 する 補 助 と 言 う 側 面 もあるため 公 衆 浴 場 の 経 営 状 況 も 含 めて 判 断 することが 必 要 ではないか 内 風 呂 が 当 たり 前 になった 現 在 でも 利 用 者 数 がさほど 変 わらないということは 高 齢 者 の 間 で 需 要 があるということだろう また 高 齢 者 の 家 族 も 半 額 になる 点 をもっとアピールすれば 良 いのではないか

9 (3) 高 齢 者 障 害 者 福 祉 情 報 システム 事 業 事 務 事 業 評 価 結 果

10 - 93 -

11 (3) 高 齢 者 障 害 者 福 祉 情 報 システム 事 業 区 民 行 政 評 価 結 果 事 業 の 目 的 手 段 実 績 ( 指 標 )に 関 する 指 摘 事 項 評 価 における 目 標 と 手 段 が 逆 ではないか 一 元 化 システム 更 新 が 目 的 ではなく 活 用 が 目 的 であるはず また このシステム 導 入 によりど れだけ 効 率 化 したのかという 視 点 を 評 価 に 盛 り 込 むべきである 本 事 業 は 企 業 における 間 接 部 門 の 事 業 であり メインの 事 業 がどれだけ 良 くなったかという 考 え 方 で 評 価 した 方 が 分 かりやすい 指 標 としてデータベースの 登 録 者 数 なども 必 要 ではないか 視 点 別 の 評 価 ( 事 業 の 必 要 性 有 効 性 効 率 性 協 働 の 可 能 性 等 )に 関 する 指 摘 障 害 者 と 高 齢 者 が 統 一 データになれば 使 い 勝 手 が 良 いと 思 われるので 事 業 と して 各 課 毎 に 取 り 組 むのではなく 区 役 所 全 体 的 な 視 点 で 取 り 組 むのが 良 いの ではないか 外 部 に 関 わる 情 報 管 理 として 効 率 的 に 情 報 を 取 得 し 各 事 業 者 の 利 便 性 をは かることは 一 義 的 には 良 いことだが 一 方 個 人 情 報 保 護 の 視 点 からは 内 部 や 福 祉 施 設 などの 外 部 機 関 に 対 する 情 報 提 供 にあたるので 十 分 本 人 の 同 意 をと る 必 要 があるのでは 内 部 管 理 事 務 であるので 更 なる 効 率 化 が 必 要 である 特 に 障 害 者 と 高 齢 者 両 者 に 係 るシステムなので 組 織 をまたがることによるコストの 重 複 など 見 直 し も 必 要 になってくる 区 役 所 内 に 組 織 ごとに 複 数 のシステムが 並 存 している 他 のシステムとの 統 合 整 理 なども 検 討 すべきである 震 災 の 時 に 民 生 委 員 として 安 否 確 認 に 行 った 際 また 安 否 確 認 ですか という 人 もいれば やっと 来 ましたか と 言 う 方 もいた システムができても 現 場 に 知 らせる 時 には 個 人 情 報 保 護 などの 制 約 があり 役 所 にデータがあっても 現 場 で 利 用 していいのかどうかわからないといったことがある 総 合 評 価 に 関 する 指 摘 事 項 システムをより 拡 張 すべきである 最 終 的 には 受 益 者 の 属 性 などを 一 元 的 にデ ータベース 化 して サービスの 重 複 や 漏 れがないよう 確 認 できるようするべき また 特 定 の 受 益 者 がどのようなサービスを 受 けていて 更 に 過 去 にどのよう なサービスを 受 けていたかまで 履 歴 が 分 析 できるようなものが 望 ましい

12 (4) 介 護 老 人 福 祉 施 設 の 整 備 事 務 事 業 評 価 結 果

13 - 96 -

14 (4) 介 護 老 人 福 祉 施 設 の 整 備 区 民 行 政 評 価 結 果 事 業 の 目 的 手 段 実 績 ( 指 標 )に 関 する 指 摘 事 項 施 設 整 備 にあたって 土 地 がないのがネックとの 説 明 だが もしも 制 約 がなけれ ば 区 としてはどれくらい 施 設 が 必 要 であるかという 事 業 の 基 礎 となる 需 要 量 を 目 標 として 明 記 するべきである 経 緯 やこれまでの 実 績 を 見 つつ やはり 足 りないので 作 る というのであれば 評 価 も 可 能 だが このシートからではそれが 見 えない 候 補 地 がどの 程 度 ある のか 事 業 者 からの 応 募 がどれくらいあるのかなども 見 えないため 実 際 の 動 きがわかる 数 値 を 示 すことが 望 ましい 予 算 の 状 況 敷 地 の 有 無 背 景 など その 金 額 や 税 金 を 投 入 して 施 設 を 整 備 することの 妥 当 性 を 区 民 が 判 断 するための 材 料 が 必 要 である 視 点 別 の 評 価 ( 事 業 の 必 要 性 有 効 性 効 率 性 協 働 の 可 能 性 等 )に 関 する 指 摘 グループホームなどを 増 やして 在 宅 系 に 近 い 施 設 を 増 やすから 特 養 は 少 なく ても 大 丈 夫 というメッセージを 発 信 することも 必 要 である 第 5 期 介 護 保 険 事 業 計 画 の 中 でトータルの 考 え 方 を 区 民 に 周 知 しながら 進 め 区 民 が 安 心 でき るような 施 設 整 備 に 努 めていくべき 介 護 の 実 態 をもっと 区 民 が 知 れば 負 担 についての 議 論 ができるようになる 区 だけで 施 設 整 備 は 難 しいかもしれないので 区 民 と 手 を 取 り 合 い 都 や 国 に 働 きかけるなどの 運 動 も 行 う 必 要 がある 学 校 の 修 繕 等 の 際 には こうした 福 祉 施 設 を 併 設 することも 合 わせて 検 討 して 良 いのではないか 親 孝 行 で 家 族 が 同 居 しているなら 却 下 で 親 不 孝 で 単 身 者 なら 施 設 に 入 れるよ うな 実 態 もある 家 族 単 位 で 考 えるのか 当 事 者 個 人 単 位 で 考 えるのか 入 所 の 判 断 が 非 常 に 難 しい 候 補 事 業 者 が 出 てこないのであれば 補 助 率 の 見 直 しも 必 要 ではないか 総 合 評 価 に 関 する 指 摘 事 項 財 源 の 問 題 もあることはわかるが 社 会 のニーズがある 以 上 は 推 進 せざるを 得 ない ただし 全 員 入 れるだけの 施 設 を 作 って 要 介 護 者 全 員 を 安 易 に 施 設 介 護 に 任 せることが 福 祉 として 良 いかといえば そういう 訳 でもなく 在 宅 介 護 ができるのであればそのほうが 良 い 場 合 もある 福 祉 に 対 する 区 の 考 え を 明 らかにして どのような 福 祉 が 墨 田 区 に 最 も 相 応 しいかという 目 標 を 区 民 に 示 さないと 結 果 に 対 する 評 価 はできない

15 特 養 の 施 設 の 数 を 議 論 する 前 に 墨 田 区 として 在 宅 高 齢 者 や 施 設 高 齢 者 にどう いったポリシーをもってサービス 提 供 していくかを 表 明 することが 重 要 である 保 険 料 の 影 響 や 建 設 財 源 を 引 き 出 してくる 作 業 も 踏 まえれば 区 単 独 ででき るわけがないのはそのとおり しかし 墨 田 区 としての 基 本 的 なポリシーを 明 確 に 示 していく 必 要 がある 区 として 施 設 が 不 足 がちという 実 感 である しかし 財 源 的 制 約 もあるので いくらでも 作 れるわけではないということは 理 解 できた 区 の 厳 しい 現 状 は 分 かった 新 規 建 設 も 考 えなければいけないが 既 存 施 設 が 安 心 して 継 続 できるように 気 を 配 ったほうが 良 い

16 (5) 介 護 軽 度 者 に 対 するホームヘルプサービス 事 業 事 務 事 業 評 価 結 果

17

18 (5) 介 護 軽 度 者 に 対 するホームヘルプサービス 事 業 区 民 行 政 業 評 価 結 果 事 業 の 目 的 手 段 実 績 ( 指 標 )に 関 する 指 摘 事 項 利 用 実 績 が80 名 というだけでは 実 績 の 評 価 は 難 しい ニーズが 何 人 あるう ちの80 名 かということが 分 かれば 評 価 もしやすい 実 績 として 実 際 何 人 の 人 々がどのぐらいの 割 合 で 利 用 しているのかという 数 字 を 挙 げれば 足 りない 部 分 も 明 確 になり 墨 田 区 が 事 業 を 補 助 していることに 説 得 力 が 出 る 区 単 独 事 業 に 係 る 委 託 料 及 び 事 業 効 果 の 費 用 対 効 果 を 明 らかにすべき 平 成 20~22 年 度 にかけて 利 用 者 数 に 変 動 がない 広 報 の 方 法 などを 見 直 し た 方 が 良 いのではないか 視 点 別 の 評 価 ( 事 業 の 必 要 性 有 効 性 効 率 性 協 働 の 可 能 性 等 )に 関 する 指 摘 要 介 護 プランはケアマネジャーが 作 成 するものではあるが この 事 業 について は 委 託 受 託 の 関 係 から 内 容 について 区 の 責 任 もあると 思 うので 適 正 な 執 行 管 理 のため 引 き 続 きチェックを 強 化 していただきたい 予 算 額 等 が 妥 当 かどうか 評 価 する 材 料 がない また 本 事 業 以 外 の 介 護 保 険 サ ービスと 一 緒 に 比 較 しないと 評 価 が 難 しい 総 合 評 価 に 関 する 指 摘 事 項 国 による 制 度 改 悪 で 現 場 が 混 乱 しているのにも 関 わらず 墨 田 区 がきちんと 補 助 しているのはとても 良 いことで 評 価 している 介 護 保 険 の 制 度 外 事 業 だが 地 域 支 援 事 業 や 第 5 期 介 護 保 険 事 業 計 画 の 課 題 で ある 総 合 支 援 事 業 の 活 用 も 検 討 していく 必 要 がある 積 極 的 事 業 と 言 うことで 今 後 も 継 続 していくことと 思 うが 効 率 的 な 運 用 を 心 がけていただきたい

19 (6) 障 害 児 放 課 後 等 支 援 事 業 事 務 事 業 評 価 結 果

20

21 (6) 障 害 児 放 課 後 等 支 援 事 業 区 民 行 政 評 価 結 果 事 業 の 目 的 手 段 実 績 ( 指 標 )に 関 する 指 摘 事 項 対 象 者 として 知 的 障 害 者 を 念 頭 に 置 いているのであれば 事 業 名 にそれがわか るように 記 述 した 方 が 良 いのではないか また 見 守 りが 一 番 大 きい 目 的 ので あれば それももっとはっきり 書 いておいた 方 が 良 いのではないか 利 用 したいときに 利 用 できない 方 が 毎 日 7~8 名 いるとのことだが 事 業 の 存 在 意 義 として 事 業 所 の 数 申 込 の 数 とそこから 断 った 数 受 け 入 れられた 数 などが 指 標 として 挙 がると 実 態 がわかる それらを 実 績 として 並 べたら 良 いの ではないか 視 点 別 の 評 価 ( 事 業 の 必 要 性 有 効 性 効 率 性 協 働 の 可 能 性 等 )に 関 する 指 摘 将 来 的 には 学 童 保 育 のような 施 設 を 併 設 すれば 保 護 者 は 助 かると 思 う また ノーマライゼーションの 観 点 からは 普 通 の 学 童 保 育 を 受 託 している 法 人 に 専 門 職 員 を 置 いて 障 害 児 も 一 緒 に 保 育 し 統 合 保 育 を 実 現 することが 望 ましいの では 特 別 支 援 学 校 の 施 設 を 利 用 して 放 課 後 のサービスを 行 えば 施 設 の 開 設 費 をか けることなくサービス 提 供 が 可 能 となるのではないか 特 別 支 援 学 校 の 協 力 が 得 られないなら 賃 料 を 払 うようなことも 検 討 しても 良 いのではないか これまでの 通 所 訓 練 に 比 べて コストが 下 がったことはわかるが 質 の 部 分 で 十 分 代 替 できているかどうかがこのシートからでは 評 価 できない 総 合 評 価 に 関 する 指 摘 事 項 このような 放 課 後 の 事 業 が 実 施 されていることは 本 当 に 良 いと 思 う 放 課 後 等 は 人 的 な 負 担 がかかるという 印 象 だったが その 割 にコストが 高 くないように 感 じた 他 方 従 前 の 墨 田 こどもの 家 との 相 違 点 等 の 説 明 が 足 りず わか りにくい 地 域 的 な 偏 りがないよう バランスも 考 慮 することが 必 要

22 専 門 家 委 員 による 総 括 福 祉 保 健 部 区 が 選 定 した 老 人 福 祉 施 設 整 備 と 介 護 軽 度 者 に 対 するホームヘルプ 事 業 につい ては 事 務 局 からの 論 点 整 理 ( 区 はこの 事 業 を 今 後 どうしたいのか 本 委 員 会 にどんな 議 論 を 期 待 するかなど)があっても 良 いと 感 じた 評 価 目 的 をより 明 確 化 する 必 要 があ る ふれあい 給 食 は 区 全 体 から 見 ると 受 益 者 はわずかであり その 効 果 は 限 定 的 なた め 自 主 的 なボランティア 組 織 を 活 用 するなど 少 し 広 がりを 持 てるような 工 夫 があっ ても 良 い にこにこ 入 浴 デー は 衛 生 面 での 改 善 を 目 指 しているのか 高 齢 者 のい きがいづくりを 目 指 しているのか 目 的 が 不 明 また 特 定 の 日 を 決 めないで クーポ ンにするなど 利 用 者 が 自 由 に 入 浴 日 を 決 められる 仕 組 みにするなど 利 用 者 の 利 便 性 を 考 えた 事 業 にする 工 夫 が 必 要 ではないか 障 害 児 放 課 後 等 支 援 事 業 は 障 害 者 の 特 性 からの 必 要 性 は 高 い しかし 学 童 保 育 や 学 校 の 放 課 後 支 援 事 業 児 童 館 など 放 課 後 支 援 施 策 全 体 のなかで 統 合 整 理 する 視 点 が 求 められる 事 業 自 体 については 拠 点 が 増 えていくことを 期 待 したい 高 齢 者 障 害 者 福 祉 情 報 システム は 内 部 事 務 の 効 率 化 の 視 点 から 必 要 なものだが 業 務 委 託 契 約 の 見 直 しと 適 正 化 さらに 情 報 の 外 部 提 供 の 適 正 化 と 効 率 的 な 管 理 を 常 に 頭 に 入 れて 欲 しい ( 子 育 て 分 野 と 同 様 ) 子 育 て 分 野 の ふれあい 交 流 事 業 と 福 祉 保 健 分 野 の 高 齢 者 と 園 児 のふれあい 給 食 は 事 業 内 容 がほぼ 同 じであり 統 合 して 実 施 すべきである 高 齢 者 にこにこ 入 浴 デー 事 業 は 公 衆 浴 場 運 営 者 への 補 助 という 側 面 を 持 ち 区 の 補 助 で 行 う 必 要 があるのか 疑 問 である 制 度 構 築 時 とは 事 業 環 境 が 変 わってきており 入 浴 料 を 全 額 無 料 にする 方 法 よりも 区 の 負 担 を 少 なくする 等 の 方 法 を 検 討 した 方 が 良 いが その 点 について 事 務 事 業 評 価 で 検 討 していない 高 齢 者 障 害 者 福 祉 情 報 システム 事 業 は 情 報 整 理 という 他 の 業 務 を 間 接 的 に 補 助 する 業 務 であり 当 該 情 報 システムで 整 理 した 情 報 を 利 用 する 主 となる 事 業 に 対 してど のような 効 果 を 目 指 し 結 果 が 出 ているかを 評 価 するべきである 介 護 軽 度 者 に 対 するホームヘルプサービス 事 業 は ケアマネジャーを 通 じて 申 請 が 行 われるため 区 のコントロールが 効 かないおそれがある ケアマネジャーへの 教 育 等 を 充 実 するべきである 全 体 的 に 職 員 の 皆 さんは 熱 心 に 業 務 に 取 り 組 んでおり 共 感 をもった あわせて 区 民 評 価 委 員 の 皆 様 の 熱 意 には 感 心 した 的 確 な 質 問 と 職 員 を 信 頼 する 姿 勢 に 墨 田 区 の 未 来 を 見 た

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

(9) 宇 都 宮 市 心 身 障 害 者 福 祉 作 業 所 福 祉 作 業 所 受 託 事 業 が 平 成 18 年 度 においては 資 金 収 支 計 算 上 では 実 質 的 に 赤 字 であることから, 今 後 の 指 定 管 理 者 への 募 集 に 際 して, 報 酬 の 算 定 にお

(9) 宇 都 宮 市 心 身 障 害 者 福 祉 作 業 所 福 祉 作 業 所 受 託 事 業 が 平 成 18 年 度 においては 資 金 収 支 計 算 上 では 実 質 的 に 赤 字 であることから, 今 後 の 指 定 管 理 者 への 募 集 に 際 して, 報 酬 の 算 定 にお Ⅵ 監 査 の 結 果 1. 指 定 管 理 者 制 度 等 (2) 宇 都 宮 市 への 報 告 宇 都 宮 市 に 提 出 された, 事 業 報 告 書 を 閲 覧 したところ, 記 載 の 誤 りが あった 適 正 な 事 業 報 告 書 を 作 成 して 報 告 すべきである (5) 宇 都 宮 市 老 人 福 祉 センター バス 運 行 業 務 は, 契 約 開 始 年 度 に 指 名 競

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

3. 太 田 福 祉 記 念 会 地 域 貢 献 事 業 継 続 地 域 密 着 支 援 事 業 法 人 理 念 の 一 つ 地 域 福 祉 の 向 上 に 貢 献 するため 特 に 法 人 施 設 が 立 地 する 地 域 ( 熱 海 町 湖 南 町 深 沢 )の 求 めるニーズを 洗 い 出 し

3. 太 田 福 祉 記 念 会 地 域 貢 献 事 業 継 続 地 域 密 着 支 援 事 業 法 人 理 念 の 一 つ 地 域 福 祉 の 向 上 に 貢 献 するため 特 に 法 人 施 設 が 立 地 する 地 域 ( 熱 海 町 湖 南 町 深 沢 )の 求 めるニーズを 洗 い 出 し 社 会 福 祉 法 人 太 田 福 祉 記 念 会 平 成 25 年 度 事 業 計 画 理 念 一 私 たちは 利 用 者 の 人 権 を 尊 び 安 らぎと 生 きがいづくりに 努 めます 一 私 たちは 地 域 福 祉 の 向 上 を 目 指 し 保 健 医 療 福 祉 の 連 携 をすすめます 一 私 たちは 常 に 専 門 職 として 愛 の 心 と 技 術 の 向 上 に 努 めます 平

More information

会社の現状を数字で把握 中小企業で活用する経営分析

会社の現状を数字で把握 中小企業で活用する経営分析 企 業 経 営 情 報 レ ポ ー ト 会 社 の 現 状 を 数 字 で 把 握 中 小 企 業 で 活 用 する 経 営 分 析 Contents 1 財 務 分 析 の 体 系 を 理 解 する 2 実 数 分 析 の 手 法 を 理 解 する 3 比 率 分 析 の 流 れと 体 系 を 理 解 する 4 利 益 を 生 み 出 す 力 収 益 性 を 見 る 5 経 営 資 源 の 効 率

More information

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に 総 務 文 教 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 7 月 17 日 焼 津 市 議 会 議 長 石 田 昭 夫 様 総 務 文 教 常 任 委 員 会 報 告 者 池 谷 和 正 下 記 の 通 り 視 察 調 査 を 行 いましたので 概 要 につきましてご 報 告 致 します 1 期 間 : 平 成 25 年 5 月 14 日 ( 火 )~15 日 ( 水 ) 2

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

Microsoft Word - 収益認識意見書20160530.doc

Microsoft Word - 収益認識意見書20160530.doc 企 業 会 計 基 準 委 員 会 御 中 2016 年 5 月 30 日 株 式 会 社 プロネクサス プロネクサス 総 合 研 究 所 収 益 認 識 に 関 する 包 括 的 な 会 計 基 準 の 開 発 についての 意 見 の 募 集 に 関 する 意 見 2016 年 2 月 4 日 に 公 表 4 月 22 日 に 改 訂 されました 標 記 公 開 草 案 について 当 研 究 所

More information

現 在 の 北 側 と 南 側 で 車 の 出 入 りは 出 来 るのですが 北 側 が 無 くなるのですよね そうすると 南 側 か らしか 出 る 事 が 出 来 なくて 道 路 に 渋 滞 が 起 きるのではないか 現 庁 舎 では 市 役 所 から 電 話 がかかってきた 時 に 着 信 履

現 在 の 北 側 と 南 側 で 車 の 出 入 りは 出 来 るのですが 北 側 が 無 くなるのですよね そうすると 南 側 か らしか 出 る 事 が 出 来 なくて 道 路 に 渋 滞 が 起 きるのではないか 現 庁 舎 では 市 役 所 から 電 話 がかかってきた 時 に 着 信 履 高 浜 市 役 所 本 庁 舎 整 備 事 業 住 民 説 明 会 での 質 問 及 び 回 答 日 時 平 成 27 年 7 月 31 日 ( 金 ) 午 後 7 時 ~ 午 後 8 時 30 分 会 場 市 役 所 4 階 第 2 会 議 室 参 加 者 44 名 建 物 が 出 来 上 がったら 誰 の 物 になるのか 総 額 いくらになったのか 事 業 の 途 中 で 大 災 害 がきて 建

More information

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に 第 192 回 産 業 セミナー 社 会 保 障 の 公 的 負 担 現 状 と 課 題 前 川 聡 子 財 政 社 会 保 障 制 度 研 究 班 研 究 員 経 済 学 部 教 授 はじめに 野 田 政 権 発 足 後 社 会 保 障 財 源 の 確 保 を 目 的 とした 消 費 税 増 税 を 実 現 する 方 向 で 議 論 が 着 々 と 進 められている 既 に 消 費 税 ( 国 税

More information

4 回 答 者 属 性 (1) 性 別 人 数 構 成 比 男 性 女 性 % 55.9% 1.0% 計 % 1% 男 性 43.1% 女 性 55.9% (2) 年 代 別 人 数 構 成 比 20 歳 代 41.0% 30 歳 代 % 40

4 回 答 者 属 性 (1) 性 別 人 数 構 成 比 男 性 女 性 % 55.9% 1.0% 計 % 1% 男 性 43.1% 女 性 55.9% (2) 年 代 別 人 数 構 成 比 20 歳 代 41.0% 30 歳 代 % 40 発 達 障 がいに 関 するアンケート 調 査 結 果 1 調 査 目 的 障 害 福 祉 課 県 では 発 達 障 がいに 関 する 正 しい 理 解 と 認 識 を 深 めていただくため 理 解 啓 発 事 業 を 推 進 しておりますが 発 達 障 がいについて 県 民 の 皆 さんの 意 識 を 把 握 し より 効 果 的 な 啓 発 の 方 法 など 今 後 の 施 策 の 基 礎 資

More information

情報公開事務処理状況(2001年4月分)

情報公開事務処理状況(2001年4月分) 平 成 25 年 度 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 の 報 告 について 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 第 17 条 の 規 定 により 運 営 状 況 を 報 告 する 中 野 区 長 田 中 大 輔 目 次 平 成 25 年 度 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 1 公 開 状 況 及 び 公 開 非

More information

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い 水 道 事 業 経 営 に 関 する 各 指 標 の 説 明 (1) 事 業 の 概 要 普 及 率 (%) 現 在 給 水 人 口 行 政 区 域 内 人 口 100 平 均 有 収 水 量 (l) 一 日 平 均 有 収 水 量 現 在 給 水 人 口 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 率 (%) 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 累 計 額 有 形 固 定 資 産 のうち 償 却

More information

補 正 予 算 手 順 は 各 部 見 積 もり 政 策 経 営 部 調 整 理 事 者 査 定 議 案 ( 予 算 書 ) 作 成 議 決 後 公 表 現 状 把 握 の 部 (DO) () 事 務 事 業 の 目 的 と 指 標 手 段 ( 主 な 活 動 ) 4 年 度 実 績 (4 年 度 に 行 った 主 な 活 動 ) 当 初 予 算 に 関 しては 行 政 システムにより 策 定 した

More information

平 成 27 年 度 第 3 回 中 央 区 子 ども 子 育 て 会 議 会 議 録 ( 要 旨 ) 平 成 28 年 2 月 10 日 ( 水 ) 午 後 6 時 半 ~ 中 央 区 役 所 8 階 大 会 議 室 1. 開 会 事 務 局 から 委 員 出 欠 と 配 布 資 料 について 説

平 成 27 年 度 第 3 回 中 央 区 子 ども 子 育 て 会 議 会 議 録 ( 要 旨 ) 平 成 28 年 2 月 10 日 ( 水 ) 午 後 6 時 半 ~ 中 央 区 役 所 8 階 大 会 議 室 1. 開 会 事 務 局 から 委 員 出 欠 と 配 布 資 料 について 説 名 称 開 催 年 月 日 場 所 出 席 者 会 議 記 録 平 成 27 年 度 第 3 回 中 央 区 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 28 年 2 月 10 日 ( 水 )18:30~ 中 央 区 役 所 8 階 大 会 議 室 委 員 山 本 真 実 ( 職 務 代 理 者 ) 塙 佳 生 佐 久 間 貴 子 山 下 智 子 鈴 木 和 子 太 田 禎 子 古 田 京 山 下 久 子

More information

ービス 条 件 について 過 度 な 条 件 設 定 は 新 規 参 入 の 障 害 となるため 考 慮 が 必 要 とあるが 過 度 な 条 件 とは 何 か 新 規 参 入 の 条 件 として 電 報 に 類 似 するサービスの 受 付 を24 時 間 対 応 とするとい った 条 件 を 課

ービス 条 件 について 過 度 な 条 件 設 定 は 新 規 参 入 の 障 害 となるため 考 慮 が 必 要 とあるが 過 度 な 条 件 とは 何 か 新 規 参 入 の 条 件 として 電 報 に 類 似 するサービスの 受 付 を24 時 間 対 応 とするとい った 条 件 を 課 信 書 の 送 達 サービス 受 付 用 への115 番 の 使 用 に 関 する 検 討 会 ( 第 3 回 ) 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 20 年 6 月 30 日 ( 月 )16:00~18:00 2 場 所 三 田 共 用 会 議 所 3 階 大 会 議 室 D~E 3 出 席 者 (1) 構 成 員 ( 五 十 音 順 敬 称 略 ) 相 田 仁 安 達 成 生 一 井 信 吾

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す 第 332 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (6)-3 2016 年 3 月 23 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 税 効 果 会 計 に 関 する 開 示 の 検 討 - 合 理 的 な 説 明 に 関 連 する 開 示 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 税 効 果 会 計 に 係 る 開 示 に 関 する 論 点 のうち

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 報 告 書 を 踏 まえた 経 営 合 理 化 策 等 の 対 処 方 針 平 成 23 年 10 月 28 日 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 東 京 電 力 株 式 会 社 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 ( 委 員 会 )は 本 年 10 月 3 日 東 京 電 力 が 経 営 合

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

頂 いたご 意 見 及 び 気 象 庁 の 見 解 提 言 ( 案 )の 項 目 主 なご 意 見 気 象 庁 の 見 解 4.1 津 波 警 報 や 津 波 情 報 の 見 直 しに 関 する 基 本 方 針 今 回 の 震 災 における 教 訓 を 反 映 したものと 考 える 簡 潔 で 行

頂 いたご 意 見 及 び 気 象 庁 の 見 解 提 言 ( 案 )の 項 目 主 なご 意 見 気 象 庁 の 見 解 4.1 津 波 警 報 や 津 波 情 報 の 見 直 しに 関 する 基 本 方 針 今 回 の 震 災 における 教 訓 を 反 映 したものと 考 える 簡 潔 で 行 資 料 6-3 意 見 募 集 結 果 12 月 16 日 にとりまとめた 津 波 警 報 の 発 表 基 準 等 と に 関 する 提 言 ( 案 ) に 対 する 意 見 聴 取 を 以 下 のとおり 行 った 1.インターネットによる 意 見 募 集 36 名 ( 募 集 期 間 :12 月 16 日 ~1 月 18 日 ) 2. 都 道 府 県 への 意 見 聴 取 43 都 道 府 県 12

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825089F183828366838B8C9F93A289EF8B638E968A54977681798DC58F4994C58267826F9770817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825089F183828366838B8C9F93A289EF8B638E968A54977681798DC58F4994C58267826F9770817A2E646F63> 記 者 発 表 資 料 平 成 2 3 年 9 月 1 4 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 南 海 トラフの 巨 大 地 震 モデル 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 概 要 について 1. 第 1 回 検 討 会 の 概 要 日 時 : 平 成 23 年 8 月 28 日 ( 日 )14:00~16:30 場 所 : 中 央 合 同 庁 舎 5 号 館 防 災 A 会 議 室 出 席

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則 第 323 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (5)-4 2015 年 11 月 6 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 - 合 理 的 な 説 明 に 関 する 取 扱 い 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 公 開 草 案 第 54 号 繰

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031343033323881798267826F8CF68A4A94C5817A91E6825489F18DD08A5191CE8DF495578F8089BB8C9F93A289EF8B63208B638E968A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031343033323881798267826F8CF68A4A94C5817A91E6825489F18DD08A5191CE8DF495578F8089BB8C9F93A289EF8B63208B638E968A5497762E646F63> 平 成 26 年 4 月 10 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 災 害 対 策 標 準 化 検 討 会 議 ( 第 5 回 ) 議 事 概 要 について 1. 第 5 回 検 討 会 議 の 概 要 日 時 : 平 成 26 年 3 月 18 日 ( 火 )13:00~15:00 場 所 : 中 央 合 同 庁 舎 第 5 号 館 3 階 A 会 議 室 出 席 者 : 小 林 委 員 中

More information

本 当 のまちづくりということを 都 市 計 画 のところから 考 えないと 難 しいので はないか 〇 地 域 における 支 えあい 推 進 のための 会 議 について 家 事 援 助 等 の 支 援 を 行 っ ている 団 体 事 業 者 の 意 見 も 参 考 になるのではないか 〇 地 域

本 当 のまちづくりということを 都 市 計 画 のところから 考 えないと 難 しいので はないか 〇 地 域 における 支 えあい 推 進 のための 会 議 について 家 事 援 助 等 の 支 援 を 行 っ ている 団 体 事 業 者 の 意 見 も 参 考 になるのではないか 〇 地 域 差 替 保 健 福 祉 審 議 会 2014/6/19 第 5 回 介 護 地 域 包 括 ケア 部 会 資 料 3 第 4 回 介 護 地 域 包 括 ケア 部 会 までの 意 見 整 理 介 護 保 険 基 盤 整 備 について 〇 地 域 密 着 型 サービスの 基 盤 整 備 が 進 んでいない 公 有 地 の 有 効 活 用 やすでに 特 別 養 護 老 人 ホームを 運 営 している 法

More information

Microsoft Word - 鷹山.doc

Microsoft Word - 鷹山.doc 平 成 24 年 度 まちづくりミーティングの 質 問 と 回 答 の 要 旨 鷹 山 地 区 :7 月 2 日 ( 月 ) 午 後 7 時 30 分 ~9 時 参 加 者 数 62 人 < 質 問 > Q 文 書 配 布 の 量 をなるべく 減 らそうという 傾 向 があるが 町 報 だけでは 紙 面 が 少 なすぎるのではない か 学 校 だより 等 が 配 布 になるため 情 報 が 得 られる

More information

<4D F736F F D E9197BF D7390AD89FC8A7691E58D6A A E C982C282A282C E63389F190568D7390AD89FC8A7691E58D6A8DF492E890528B6389EF816A C8E313493FA8F4390B

<4D F736F F D E9197BF D7390AD89FC8A7691E58D6A A E C982C282A282C E63389F190568D7390AD89FC8A7691E58D6A8DF492E890528B6389EF816A C8E313493FA8F4390B 資 料 1 第 3 回 枚 方 市 新 行 政 改 革 大 綱 策 定 審 議 会 資 料 枚 方 市 新 行 政 改 革 大 綱 ( 素 案 )に 係 る パブリックコメントの 実 施 結 果 について 枚 方 市 新 行 政 改 革 大 綱 ( 素 案 ) に 係 るパブリックコメントについて 市 民 の 皆 さまからご 意 見 をいた だき ありがとうございました お 寄 せいただきましたご

More information

Microsoft Word - 第2回拡大カリキュラム委員会議事メモ3

Microsoft Word - 第2回拡大カリキュラム委員会議事メモ3 第 2 回 拡 大 カリキュラム 委 員 会 議 事 メモ 2014 年 7 月 31 日 14:00~ 第 二 教 授 会 室 専 攻 は 届 け 出 だけで 大 丈 夫? 清 水 出 してみないとわからない 東 京 大 学 も 専 攻 変 更 で 届 け 出 だけですまなかった 例 がある 専 攻 と 学 科 の 違 いは? 清 水 教 員 の 貼 り 付 け 方 学 生 の 定 員 も 入 試

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた 拉 致 被 害 者 等 への 今 後 の 支 援 策 の 在 り 方 について( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 8 月 拉 致 問 題 対 策 本 部 関 係 省 庁 拉 致 問 題 連 絡 会 ( 支 援 幹 事 会 ) 目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2)

More information

第1回兵庫県後期高齢者医療広域連合情報公開・個人情報保護審査会

第1回兵庫県後期高齢者医療広域連合情報公開・個人情報保護審査会 平 成 24 年 度 第 2 回 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 懇 話 会 議 事 録 1 日 時 平 成 24 年 12 月 20 日 ( 木 ) 午 後 2 時 30 分 ~ 午 後 3 時 30 分 2 場 所 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 会 議 室 3 出 席 者 (1) 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 懇 話 会 委 員 16

More information

別 紙 1 抽 出 案 件 について 委 員 長 入 札 番 号 12 番 環 境 清 美 工 場 の 各 種 測 定 分 析 の 案 件 ですが 計 量 業 務 は 全 て 予 定 価 格 を 事 後 公 表 し ているのですか 事 務 局 非 公 表 です 委 員 長 今 回 と 同 じ 測 定

別 紙 1 抽 出 案 件 について 委 員 長 入 札 番 号 12 番 環 境 清 美 工 場 の 各 種 測 定 分 析 の 案 件 ですが 計 量 業 務 は 全 て 予 定 価 格 を 事 後 公 表 し ているのですか 事 務 局 非 公 表 です 委 員 長 今 回 と 同 じ 測 定 様 式 第 4 号 ( 第 6 条 関 係 ) 平 成 26 年 度 第 2 回 奈 良 市 入 札 監 視 委 員 会 定 例 会 議 審 議 概 要 開 催 日 平 成 26 年 8 月 28 日 ( 木 ) 開 催 場 所 奈 良 市 役 所 北 棟 6 階 第 17 会 議 室 出 席 委 員 審 議 対 象 期 間 委 員 長 森 裕 之 委 員 小 島 幸 保 委 員 中 川 雅 晴 平

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

議事内

議事内 新 名 寄 市 総 合 計 画 ( 第 1 次 ) 後 期 計 画 第 4 回 保 健 医 療 福 祉 部 会 議 案 日 時 平 成 23 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 後 6 時 30 分 ~ 場 所 市 役 所 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. あいさつ 3. 議 題 (1) 総 合 計 画 後 期 計 画 ( 素 案 )について Ⅱ-5 高 齢 者 福 祉 の 充 実 Ⅱ-6

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

Ⅰ Ⅰ. 本 文 Ⅱ. 記 載 例 参 考 例 Ⅲ. 交 付 規 程 Ⅳ. 様 式 等 課 題 設 定 型 産 業 技 術 開 発 費 助 成 事 業 事 務 処 理 マニュアル Ⅱ. 記 載 例 参 考 例 平 成 21 年 度 版 Ⅱ. 記 載 例 参 考 例 目 次 1. 助 成 金 交 付 申 請 の 提 出 書 類 1 課 題 設 定 型 産 業 技 術 開 発 費 助 成 金 交 付 申 請

More information

のと 考 えられる 一 方 で 仮 に 申 請 書 のマイナンバーの 部 分 のみ 空 欄 とし 他 の 部 分 を 記 入 し た 状 態 で 行 政 への 転 送 封 筒 を 同 封 して 家 族 へ 送 付 し 家 族 に 番 号 を 記 入 し てもらい 行 政 へ 発 送 することが 考

のと 考 えられる 一 方 で 仮 に 申 請 書 のマイナンバーの 部 分 のみ 空 欄 とし 他 の 部 分 を 記 入 し た 状 態 で 行 政 への 転 送 封 筒 を 同 封 して 家 族 へ 送 付 し 家 族 に 番 号 を 記 入 し てもらい 行 政 へ 発 送 することが 考 マイナンバーに 係 るアンケートの 実 施 結 果 ( 概 要 ) 全 国 老 施 協 発 第 1507 号 ( 平 成 27 年 11 月 4 日 付 )にて 発 出 したアンケートにおい て 得 た 結 果 の 概 要 は 以 下 に 示 すとおり 1. 従 業 員 に 関 するマイナンバーの 取 り 扱 いについて 従 業 員 に 対 する 事 業 所 のマイナンバーの 取 り 扱 いに 関

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

<81798C6898568F6A8BE0817A8D8297EE2048508CF6955C9770>

<81798C6898568F6A8BE0817A8D8297EE2048508CF6955C9770> 平 成 24 年 度 薩 摩 川 内 市 事 務 事 業 評 価 表 1 事 務 事 業 の 位 置 付 け(Plan) 事 務 事 業 名 薩 摩 川 内 市 敬 老 金 支 給 事 業 担 当 者 齊 藤 夏 美 所 管 部 課 名 事 業 の 種 類 市 民 福 祉 部 高 齢 介 護 福 祉 課 事 業 の 根 拠 ( 根 拠 法 令 ) ソフト 事 業 建 設 整 備 事 業 施 設 管

More information

2 老 朽 化 の 進 行 建 物 の 構 造 だけでなく 気 候 やメンテナンスなど 様 々な 条 件 で 建 物 の 寿 命 は 違 ってきま すが おおよその 目 安 として 築 年 数 が 30 年 を 越 えるものについて 集 計 してみると 延 床 面 積 で 約 43.3%が 老 朽

2 老 朽 化 の 進 行 建 物 の 構 造 だけでなく 気 候 やメンテナンスなど 様 々な 条 件 で 建 物 の 寿 命 は 違 ってきま すが おおよその 目 安 として 築 年 数 が 30 年 を 越 えるものについて 集 計 してみると 延 床 面 積 で 約 43.3%が 老 朽 第 5 章 公 共 施 設 の 課 題 1 維 持 費 用 の 負 担 増 第 4 章 で 見 てきたように 施 設 の 維 持 費 用 は 光 熱 水 費 警 備 や 清 掃 などの 委 託 費 建 物 の 設 備 点 検 費 など 固 定 的 に 支 出 している 費 用 が 多 いことにお 気 づきだと 思 います 実 際 にはさらに 人 件 費 も 要 していますので 固 定 的 費 用 で

More information

目 次 調 査 概 要... 4 購 入 者 に 対 する 調 査 第 1 章 中 古 物 件 を 購 入 した 理 由 と 気 にした 点... 5 中 古 物 件 を 選 択 した 理 由... 5 中 古 物 件 を 選 択 した 理 由 年 代 別... 6 中 古 物 件 購 入 時 の

目 次 調 査 概 要... 4 購 入 者 に 対 する 調 査 第 1 章 中 古 物 件 を 購 入 した 理 由 と 気 にした 点... 5 中 古 物 件 を 選 択 した 理 由... 5 中 古 物 件 を 選 択 した 理 由 年 代 別... 6 中 古 物 件 購 入 時 の 株 式 会 社 ネクスト 東 京 都 港 区 港 南 2-3-13 品 川 フロントビル http://www.next-group.jp/ 中 古 住 宅 売 買 を 活 化 させる 建 物 検 査 や 既 存 住 宅 売 買 瑕 疵 保 険 についての 認 知 度 や 理 解 希 望 や 不 安 に 関 する 調 査 報 告 (2013 年 3 月 28 日 発 行 ) 株 式 会 社 ネクスト

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081796A696E6A695F736569646F5F3031817A8ED088F582CC82E282E98B4382F088F882AB8F6F82B7906C8E9690A7937882CC90AE94F55F3131303631332E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081796A696E6A695F736569646F5F3031817A8ED088F582CC82E282E98B4382F088F882AB8F6F82B7906C8E9690A7937882CC90AE94F55F3131303631332E646F63> Ⅰ 人 事 制 度 の 整 備 は 現 状 把 握 から 1. 人 事 制 度 の 類 型 を 理 解 する 2. 人 事 制 度 は5つの 項 目 で 分 析 3. 人 件 費 が 経 営 に 与 える 影 響 4. 個 別 賃 金 の 分 析 を 行 う Ⅲ 基 準 定 義 の 明 確 化 で 社 員 のモチベーションが 向 上 1. 職 能 資 格 職 務 役 割 等 級 フレーム 例 2.

More information

議 題 (1) 宝 塚 市 労 働 施 策 推 進 計 画 ( 働 く 意 欲 を 持 つすべての 人 への 就 労 支 援 )の 目 次 について 事 務 局 より 宝 塚 市 労 働 施 策 推 進 計 画 ( 働 く 意 欲 を 持 つすべての 人 への 就 労 支 援 )の 目 次 について

議 題 (1) 宝 塚 市 労 働 施 策 推 進 計 画 ( 働 く 意 欲 を 持 つすべての 人 への 就 労 支 援 )の 目 次 について 事 務 局 より 宝 塚 市 労 働 施 策 推 進 計 画 ( 働 く 意 欲 を 持 つすべての 人 への 就 労 支 援 )の 目 次 について 平 成 28 年 度 第 1 回 宝 塚 市 労 働 問 題 審 議 会 議 事 録 日 時 : 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 )19 時 00 分 ~20 時 45 分 会 場 : 宝 塚 市 役 所 3F 特 別 会 議 室 出 席 委 員 : 上 林 会 長 小 池 副 会 長 新 谷 委 員 橘 田 委 員 山 内 委 員 志 方 委 員 和 田 委 員 幸 長 委 員 仲 埜

More information

運営費について

運営費について 運 営 費 補 助 金 に 関 する 勉 強 会 (メモ) 2010 年 2 月 15 日 13:30~ 堺 市 産 業 振 興 センター < 運 営 費 について> 1. 運 営 費 とは 保 育 の 実 施 について 児 童 福 祉 法 第 45 条 の 最 低 基 準 を 維 持 するための 費 用 で 次 の 範 囲 内 の 経 費 をいいます (1) 人 件 費 配 置 基 準 職 員 等

More information

(2) 自 衛 隊 に 対 して 避 難 住 民 の 誘 導 を 要 請 する(P5 P46 P65) 件 について 戦 争 の 世 紀 といわれる20 世 紀 の 人 類 史 において 戦 争 や 紛 争 の 都 度 一 般 民 衆 の 死 者 は 夥 しい 数 にのぼり 第 2 次 世 界 大

(2) 自 衛 隊 に 対 して 避 難 住 民 の 誘 導 を 要 請 する(P5 P46 P65) 件 について 戦 争 の 世 紀 といわれる20 世 紀 の 人 類 史 において 戦 争 や 紛 争 の 都 度 一 般 民 衆 の 死 者 は 夥 しい 数 にのぼり 第 2 次 世 界 大 パブリックコメントに 対 する 回 答 ( 石 狩 市 国 民 保 護 計 画 ) 意 見 の 要 旨 回 答 9 月 発 行 石 狩 市 による 国 民 保 護 計 画 の 素 案 を 一 読 して 二 度 と 再 びそのようなことにはならないと 信 じてきた 戦 争 が すぐそこま で 迫 ってきているような 恐 怖 を 感 じ 子 や 孫 たちの 未 来 に 強 い 不 安 を 覚 えましたので

More information

議 事 協 議 事 項 1 平 成 27 度 高 砂 市 議 会 9 月 定 例 会 提 出 議 案 に 係 る 意 見 の 聴 取

議 事 協 議 事 項 1 平 成 27 度 高 砂 市 議 会 9 月 定 例 会 提 出 議 案 に 係 る 意 見 の 聴 取 平 成 27 年 第 11 回 ( 臨 時 ) 高 砂 市 教 育 委 員 会 会 議 録 ( 要 旨 ) 日 時 平 成 27 年 9 月 3 日 午 後 2 時 30 分 場 所 高 砂 市 役 所 南 庁 舎 2 階 特 別 会 議 室 出 席 委 員 藤 井 委 員 長 衣 笠 委 員 山 名 委 員 吉 田 委 員 圓 尾 教 育 長 出 席 事 務 局 職 員 大 西 教 育 部 長 木

More information

転 職 希 望 者 で 企 業 の 中 途 採 用 面 接 を 受 けたことがある 方 に 何 社 くらいの 面 接 を 受 けたことがありますか と 伺 ったところ 5 社 以 上 という 回 答 が51%にのぼり 複 数 社 の 面 接 を 経 験 していることが 分 かりまし た 具 体 的

転 職 希 望 者 で 企 業 の 中 途 採 用 面 接 を 受 けたことがある 方 に 何 社 くらいの 面 接 を 受 けたことがありますか と 伺 ったところ 5 社 以 上 という 回 答 が51%にのぼり 複 数 社 の 面 接 を 経 験 していることが 分 かりまし た 具 体 的 転 職 希 望 者 に 聞 いた 面 接 でうまく 回 答 できなかった 質 問 トップ3 退 職 理 由 何 か 質 問 はありますか? 志 望 理 由 エン 転 職 ユーザーアンケート 集 計 結 果 人 材 採 用 入 社 後 活 躍 のエン ジャパン 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新 宿 区 代 表 取 締 役 社 : 鈴 孝 )が 運 営 する 日 本 最 大 級 の 総 合

More information

はじめに 平 成 18 年 2 月 に 子 どもが 本 と 出 会 い 読 書 を 楽 しむまち ふじ を 基 本 理 念 とした 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 が 策 定 された この 推 進 計 画 は 子 ども 読 書 に 関 わる 多 くの 富 士 市 民 や 関 係

はじめに 平 成 18 年 2 月 に 子 どもが 本 と 出 会 い 読 書 を 楽 しむまち ふじ を 基 本 理 念 とした 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 が 策 定 された この 推 進 計 画 は 子 ども 読 書 に 関 わる 多 くの 富 士 市 民 や 関 係 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 の 進 捗 状 況 について 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 協 議 会 はじめに 平 成 18 年 2 月 に 子 どもが 本 と 出 会 い 読 書 を 楽 しむまち ふじ を 基 本 理 念 とした 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 が 策 定 された この 推 進 計 画 は 子 ども 読 書 に 関 わる

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 仮 設 住 宅 1. 仮 設 住 宅 ( 正 式 名 称 : 応 急 仮 設 住 宅 )とは? 2014.4.28 竹 原 谷 川 野 田 災 害 救 助 法 という 法 律 に 基 づき 被 災 者 に 対 して 供 与 するものであり 1 新 たに 建 設 することによって 提 供 される 住 宅 (プレハブ) 2 民 間 の 賃 貸 住 宅 等 の 借 上 げによって 被 災 者 に 提 供

More information

日本学術会議第23期1年目(平成26年10月~平成27年9月)の活動状況に関する評価

日本学術会議第23期1年目(平成26年10月~平成27年9月)の活動状況に関する評価 平 成 28 年 3 月 24 日 日 本 学 術 会 議 会 長 大 西 隆 殿 日 本 学 術 会 議 第 23 期 1 年 目 ( 平 成 26 年 10 月 ~ 平 成 27 年 9 月 ) の 活 動 状 況 に 関 する 評 価 外 部 評 価 有 識 者 尾 池 和 夫 ( 座 長 ) 喜 田 宏 ( 座 長 代 理 ) 荒 川 研 清 原 慶 子 田 中 里 沙 林 隆 之 今 般

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E58B4B96CD8F43915589FC8F438169837D83938AC7835A8393835E815B8145899C90BC959492B7816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E58B4B96CD8F43915589FC8F438169837D83938AC7835A8393835E815B8145899C90BC959492B7816A> 大 規 模 修 繕 を 成 功 させる 5つのポイント 平 成 21 年 10 月 ( 財 ) マンション 管 理 センター 1 分 譲 マンションのストック 数 ( 平 成 20 年 末 推 計 ) 2 分 譲 マンションへの 永 住 意 識 ( 平 成 20 年 度 マンション 総 合 調 査 結 果 ) 3 管 理 組 合 が 行 う 維 持 管 理 に 関 する 業 務 1 長 期 修 繕

More information

<4D F736F F D20945B90C58C8B89CA95F18D90>

<4D F736F F D20945B90C58C8B89CA95F18D90> 平 成 24 年 度 第 2 回 調 布 市 インターネット 市 政 モニターアンケート 調 査 結 果 調 査 名 市 税 の 納 付 や 広 報 の 方 法 について, 新 たな 制 度 を 検 討 するための 意 識 調 査 調 査 期 間 平 成 24 年 11 月 22 日 ( 木 )~12 月 2 日 ( 日 ) 登 録 モニター 数 66 人 回 答 モニター 数 31 人 ( 回 答

More information

増 加 するということが 問 題 となった 最 終 的 に 負 担 増 を 緩 和 するため2 年 間 の 経 過 措 置 がとられることになったが この 問 題 は 税 と 社 会 保 険 料 との 調 整 の 問 題 を 浮 かび 上 がらせることになった このように 税 と 社 会 保 障 負

増 加 するということが 問 題 となった 最 終 的 に 負 担 増 を 緩 和 するため2 年 間 の 経 過 措 置 がとられることになったが この 問 題 は 税 と 社 会 保 険 料 との 調 整 の 問 題 を 浮 かび 上 がらせることになった このように 税 と 社 会 保 障 負 加 入 社 会 保 険 制 度 間 でみた 税 社 会 保 険 料 負 担 の 水 平 的 公 平 性 加 入 社 会 保 険 制 度 間 でみた 税 社 会 保 険 料 負 担 の 水 平 的 公 平 性 木 村 真 ( 北 海 道 大 学 公 共 政 策 大 学 院 特 任 助 教 ) 1.はじめに わが 国 では 高 齢 化 の 進 展 とともに 国 民 負 担 における 社 会 保 険 料

More information

カラオケについて カラオケは 良 い 利 用 している 方 をあまり 見 たことがない マッサージについて 利 用 者 が 常 連 化 しており 多 くの 市 民 が 利 用 できるサービスとは 言 え ない ワンコイン 型 の 機 器 にして 受 益 者 負 担 と 一 人 当 たりの 利 用 者

カラオケについて カラオケは 良 い 利 用 している 方 をあまり 見 たことがない マッサージについて 利 用 者 が 常 連 化 しており 多 くの 市 民 が 利 用 できるサービスとは 言 え ない ワンコイン 型 の 機 器 にして 受 益 者 負 担 と 一 人 当 たりの 利 用 者 資 料 1 各 グループから 出 た 意 見 等 について 第 1グループ 高 齢 者 福 祉 館 利 用 について 高 齢 者 福 祉 館 があることで 高 齢 者 の 外 出 のきっかけとなり また 広 間 やマッサージ 機 を 利 用 することで 気 楽 に 大 勢 の 市 民 とかかわりが 持 てる 利 用 者 が 常 連 化 しやすく また センターから 遠 い 高 齢 者 は 利 用 しづらい

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6F8CB18ED089EF8A778AEE91628DC58F49838C837C815B836781698352837E8385836A836583422932612E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6F8CB18ED089EF8A778AEE91628DC58F49838C837C815B836781698352837E8385836A836583422932612E646F6378> 東 日 本 大 震 災 前 後 のコミュニティに 対 する 考 え 方 の 変 化 1. 目 的 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 地 域 ではこれまであった 地 域 ごとのコミュニティが 崩 壊 し 被 災 者 は 新 しい 生 活 を 余 儀 なくされた 自 宅 を 再 建 する 者 や 避 難 していく 者 など そ れぞれが 意 志 決 定 を 行 い 新 しい 環 境 でのコミュニティの

More information

平 成 22 年 第 18 回 教 育 委 員 会 会 議 録 1 期 日 平 成 22 年 11 月 30 日 火 曜 日 2 場 所 教 育 委 員 会 委 員 室 3 開 会 午 後 5 時 30 分 4 閉 会 午 後 6 時 25 分 5 出 席 委 員 北 林 真 知 子 猪 股 春 夫

平 成 22 年 第 18 回 教 育 委 員 会 会 議 録 1 期 日 平 成 22 年 11 月 30 日 火 曜 日 2 場 所 教 育 委 員 会 委 員 室 3 開 会 午 後 5 時 30 分 4 閉 会 午 後 6 時 25 分 5 出 席 委 員 北 林 真 知 子 猪 股 春 夫 平 成 22 年 第 1 8 回 教 育 委 員 会 会 議 録 秋 田 県 教 育 委 員 会 平 成 22 年 第 18 回 教 育 委 員 会 会 議 録 1 期 日 平 成 22 年 11 月 30 日 火 曜 日 2 場 所 教 育 委 員 会 委 員 室 3 開 会 午 後 5 時 30 分 4 閉 会 午 後 6 時 25 分 5 出 席 委 員 北 林 真 知 子 猪 股 春 夫 田

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

はじめに 近 年 における 地 方 分 権 への 関 心 の 高 まりを 反 映 して 多 くの 市 町 村 において 住 民 と 行 政 の 協 働 の まちづくりの 推 進 が 重 要 な 課 題 となってきている 協 働 のまちづくりの 推 進 には 新 たな 住 民 自 治 組 織 が 求

はじめに 近 年 における 地 方 分 権 への 関 心 の 高 まりを 反 映 して 多 くの 市 町 村 において 住 民 と 行 政 の 協 働 の まちづくりの 推 進 が 重 要 な 課 題 となってきている 協 働 のまちづくりの 推 進 には 新 たな 住 民 自 治 組 織 が 求 今 後 の 地 域 におけるまちづくりに 関 する 提 言 書 平 成 26 年 5 月 地 域 におけるまちづくり 推 進 委 員 会 はじめに 近 年 における 地 方 分 権 への 関 心 の 高 まりを 反 映 して 多 くの 市 町 村 において 住 民 と 行 政 の 協 働 の まちづくりの 推 進 が 重 要 な 課 題 となってきている 協 働 のまちづくりの 推 進 には 新 たな

More information

パートタイム 労 働 者 の 厚 生 年 金 雇 用 保 険 への 未 加 入 行 動 に 関 する 考 察 安 部 由 起 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 谷 村 孝 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 博 士 課 程 要 旨 本 稿 では パー

パートタイム 労 働 者 の 厚 生 年 金 雇 用 保 険 への 未 加 入 行 動 に 関 する 考 察 安 部 由 起 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 谷 村 孝 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 博 士 課 程 要 旨 本 稿 では パー Discussion Paper, Series B, No. 2007-71 パートタイム 労 働 者 の 厚 生 年 金 雇 用 保 険 への 未 加 入 行 動 に 関 する 考 察 安 部 由 起 子 谷 村 孝 子 2007 年 12 月 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 060-0809 札 幌 市 北 区 北 9 条 西 7 丁 目 パートタイム 労 働 者 の

More information

にどうなるかというときに 30 代 40 代 を 含 んで 教 育 会 として 家 庭 教 育 講 座 を やっていかなければならない そのため2つに 分 けている 確 かに 素 直 に 考 えたらそうであるが 特 に0 歳 児 の 親 は 核 家 族 化 になって 子 育 てに 悩 んで 地 域

にどうなるかというときに 30 代 40 代 を 含 んで 教 育 会 として 家 庭 教 育 講 座 を やっていかなければならない そのため2つに 分 けている 確 かに 素 直 に 考 えたらそうであるが 特 に0 歳 児 の 親 は 核 家 族 化 になって 子 育 てに 悩 んで 地 域 No5 0 歳 期 教 育 親 子 教 室 事 業 家 庭 教 育 講 座 事 業 ( 資 料 に 基 づき 事 業 説 明 ) 0 歳 期 教 育 は 1 講 座 30 人 で6 回 開 催 となっている 単 純 に 計 算 したら180 人 になる が 目 標 値 300というのはどのような 數 か 今 年 は50 人 くらい 申 し 込 みがあっているが 6 回 全 部 の 方 や1 回 だけしかでられないと

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施 参 考 資 料 1 第 1 回 検 討 委 員 会 資 料 平 成 25 年 度 老 人 保 険 健 康 増 進 等 事 業 養 護 老 人 ホーム 軽 費 老 人 ホーム の 現 状 等 について 高 齢 者 の 住 まいについて 1サービス 付 き 齢 者 向 け 住 宅 2 有 料 ホーム 3 養 護 ホーム 4 軽 費 ホーム 5 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 根 拠 法 高 齢

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817991E6825189F18E968CE3955D89BF8C9F93A289EF81408B638E96985E817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817991E6825189F18E968CE3955D89BF8C9F93A289EF81408B638E96985E817A2E646F63> 第 2 回 エネルギー 使 用 合 理 化 総 合 鉱 害 防 止 技 術 開 発 に 係 る 研 究 開 発 プロジェクト 事 後 評 価 検 討 会 議 事 録 1. 日 時 : 平 成 20 年 2 月 5 日 ( 火 )14:00~16:00 2. 場 所 : 経 済 産 業 省 別 館 1012 共 用 会 議 室 3. 出 席 者 : 検 討 会 委 員 ( 敬 称 略 五 十 音 順

More information

裁判所での法律相談センター広報について

裁判所での法律相談センター広報について 法 曹 人 口 問 題 に 関 する 各 会 員 の 現 状 及 び 意 見 等 の 調 査 回 答 受 付 期 間 平 成 22 年 1 月 14 日 ~4 月 28 日 回 答 数 173 名 総 会 員 数 ( 平 成 22 年 4 月 30 日 時 点 ) 486 名 回 答 率 35.59% 資 料 1 アンケート 結 果 についての 分 析 2 アンケート 結 果 (グラフによる 集 計

More information

目 次 第 1 章 計 画 の 背 景 目 的 1-1 計 画 の 背 景... 1 1-2 計 画 の 目 的... 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ... 1 1-4 計 画 の 期 間... 1 第 2 章 高 齢 者 をとりまく 状 況 と 課 題 2-1 高 齢 者 数 と 高 齢 者

目 次 第 1 章 計 画 の 背 景 目 的 1-1 計 画 の 背 景... 1 1-2 計 画 の 目 的... 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ... 1 1-4 計 画 の 期 間... 1 第 2 章 高 齢 者 をとりまく 状 況 と 課 題 2-1 高 齢 者 数 と 高 齢 者 秋 田 県 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 平 成 27 年 10 月 秋 田 県 目 次 第 1 章 計 画 の 背 景 目 的 1-1 計 画 の 背 景... 1 1-2 計 画 の 目 的... 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ... 1 1-4 計 画 の 期 間... 1 第 2 章 高 齢 者 をとりまく 状 況 と 課 題 2-1 高 齢 者 数 と 高 齢 者 世

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839395578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F9182CC89FC90B382CC837C8343839383672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D839383568387839395578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F9182CC89FC90B382CC837C8343839383672E646F63> マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 の 改 正 ポイント 平 成 22 年 7 月 1 マンションの 管 理 業 務 の 委 託 マンションの 管 理 組 合 の 管 理 業 務 には 管 理 費 等 の 収 支 の 調 定 出 納 建 物 設 備 の 維 持 又 は 修 繕 に 関 する 企 画 又 は 実 施 等 標 準 的 にはマンション 標 準 管 理 規 約 ( 単 棟 型 )(

More information

温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 勧 誘 に 関 する 注 意 喚 起 1. 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 に 関 するトラブルの 状 況 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 売 買 に 関 する 勧 誘 を 巡 るトラブルについては 本 年

温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 勧 誘 に 関 する 注 意 喚 起 1. 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 に 関 するトラブルの 状 況 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 売 買 に 関 する 勧 誘 を 巡 るトラブルについては 本 年 News Release 平 成 23 年 6 月 24 日 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 勧 誘 に 関 する 注 意 喚 起 温 泉 付 有 料 老 人 ホームの 利 用 権 の 売 買 に 関 する 勧 誘 を 巡 るトラブルについ ては 本 年 3 月 頃 から 各 地 の 消 費 生 活 センターに 多 数 の 相 談 が 寄 せられていま す 勧 誘 にあたり 震

More information

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先

た また 2 年 ほど 前 から 交 通 課 のおまわりさんと 一 緒 に 高 齢 者 宅 を 回 っ て 警 察 からの 話 を 各 家 庭 にしているので 高 齢 者 に 対 する 浸 透 はしてい ると 思 う ( 警 察 ) 地 元 に 密 着 しているのは 民 生 委 員 であるので 先 会 議 録 平 成 26 年 7 月 30 日 作 成 平 成 30 年 3 月 末 日 廃 棄 会 議 名 京 都 府 東 山 警 察 署 協 議 会 ( 第 1 回 ) 開 催 日 平 成 26 年 6 月 27 日 ( 金 曜 日 ) 時 間 午 後 2 時 から 午 後 4 時 05 分 までの 間 (125 分 ) 場 所 京 都 府 東 山 警 察 署 出 席 者 宮 野 会 長 加 藤

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

(Microsoft Word - \222\206\212\324\225\361\215\220.doc)

(Microsoft Word - \222\206\212\324\225\361\215\220.doc) 佐 賀 市 行 政 改 革 推 進 会 議 中 間 報 告 平 成 1 3 年 3 月 1 中 間 報 告 の 提 出 にあたって 佐 賀 市 行 政 改 革 推 進 会 議 は, 平 成 12 年 7 月 18 日 に 発 足 以 来, 今 日 に 至 るまで 官 と 民 の 役 割 分 担, 官 から 民 への 委 託 の 観 点 から16 項 目 について 議 論 を 重 ねてきた この 間,

More information

<95F18D908F912E786477>

<95F18D908F912E786477> 参 考 鹿 児 島 県 民 の 生 活 意 識 実 態 調 査 等 の 結 果 平 成 23 年 3 月 28 日 目 次 I. 世 代 別 にみた 特 徴 と 課 題... 2 1. 20 歳 代... 2 2. 30 歳 代... 3 3. 40 歳 代... 5 4. 50 歳 代... 7 5. 60 歳 代... 8 6. 70 歳 以 上... 10 II. 就 業 形 態 別 にみた

More information

いて 考 える 特 に アベノミクスを 契 機 にインフレ が 従 来 以 上 に 現 実 味 を 帯 びてきたことを 踏 まえ 確 定 拠 出 年 金 における 運 用 目 標 と 想 定 利 回 りの 関 係 に 焦 点 を 当 てる 確 定 拠 出 年 金 の 運 用 の 現 状 上 述 のよ

いて 考 える 特 に アベノミクスを 契 機 にインフレ が 従 来 以 上 に 現 実 味 を 帯 びてきたことを 踏 まえ 確 定 拠 出 年 金 における 運 用 目 標 と 想 定 利 回 りの 関 係 に 焦 点 を 当 てる 確 定 拠 出 年 金 の 運 用 の 現 状 上 述 のよ 2014 年 9 月 確 定 拠 出 年 金 における 運 用 目 標 は 想 定 利 回 りで 良 いのか? インフレ 局 面 における 確 定 拠 出 年 金 の 運 用 を 考 える 揺 らぐ 公 的 年 金 と 高 まる 自 助 努 力 の 必 要 性 2014 年 6 月 に 厚 生 労 働 省 より 公 的 年 金 の 財 政 検 証 結 果 が 発 表 された 今 回 は 複 数 のシナリオを

More information

どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々 儲 けた 損 をした の 繰 り 返 しです 決 算 とは 一 定 期 間 内 の 企 業 活 動 の 成 果 を 取 りまとめ や 損 失 の 額 を 確 定 させることです これによって 一 事 業 年 度

どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々 儲 けた 損 をした の 繰 り 返 しです 決 算 とは 一 定 期 間 内 の 企 業 活 動 の 成 果 を 取 りまとめ や 損 失 の 額 を 確 定 させることです これによって 一 事 業 年 度 今 年 の 経 営 リポート は 平 成 23 年 度 の 決 算 今 年 度 の 決 算 結 果 のお 知 らせ 企 業 会 計 のお 財 布 はいくら? 企 業 の 姿 を 見 てみよう 経 営 指 標 で 企 業 を 見 る 今 年 度 の 工 事 のお 知 らせ の6 項 目 についてお 知 らせします どうして2つの 決 算 があるの そもそも 決 算 ってなに 企 業 活 動 は 日 々

More information

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利 別 紙 2 土 地 売 買 契 約 等 に 伴 う 留 意 事 項 の 文 書 確 認 について 前 茂 充 近 畿 地 方 整 備 局 用 地 部 用 地 対 策 課 ( 540-8586 大 阪 府 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 1-5-44) 被 補 償 者 が 用 地 買 収 により 補 償 金 を 受 け 取 ることによって 所 得 税 や 住 民 税 が 増 えたり 各 種 年 金

More information

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを 用 語 解 説 1 共 通 事 項 用 語 算 出 方 法 解 説 経 常 収 支 比 率 (%) ( 法 適 用 企 業 ) 経 常 収 益 経 常 費 用 損 益 計 算 書 の 項 目 間 の 分 析 であり 企 業 にとっては 最 も 重 要 な 指 標 の 一 つである この 比 率 は 主 たる 営 業 活 動 によって 得 た 収 益 と 他 の 関 連 する 収 益 の 合 算 を

More information

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制 第 3 章 公 共 施 設 マネジメントの 方 針 1. 現 状 や 課 題 に 関 する 基 本 認 識 上 尾 市 が 置 かれている 人 口 や 財 政 などの 現 状 を 踏 まえると 公 共 施 設 等 をこれまでと 同 じ 規 模 や 手 法 で 整 備 維 持 管 理 していくことは 現 実 的 ではありません 公 共 建 築 物 の 更 新 費 用 予 測 から 建 替 えや 大 規

More information

目 次 第 1 章 はじめに 1 第 2 章 調 査 の 目 的 と 調 査 期 間 2 2-1 調 査 の 目 的 2 2-2 調 査 期 間 2 第 3 章 結 論 と 施 行 期 日 3 3-1 結 論 と 決 定 理 由 3 3-2 施 行 期 日 5 第 4 章 議 員 定 数 等 調 査

目 次 第 1 章 はじめに 1 第 2 章 調 査 の 目 的 と 調 査 期 間 2 2-1 調 査 の 目 的 2 2-2 調 査 期 間 2 第 3 章 結 論 と 施 行 期 日 3 3-1 結 論 と 決 定 理 由 3 3-2 施 行 期 日 5 第 4 章 議 員 定 数 等 調 査 議 員 定 数 等 調 査 報 告 書 平 成 27 年 6 月 2 日 廿 日 市 市 議 会 議 員 定 数 等 調 査 特 別 委 員 会 0 目 次 第 1 章 はじめに 1 第 2 章 調 査 の 目 的 と 調 査 期 間 2 2-1 調 査 の 目 的 2 2-2 調 査 期 間 2 第 3 章 結 論 と 施 行 期 日 3 3-1 結 論 と 決 定 理 由 3 3-2 施 行 期

More information

相模原市都市計画審議会 会議録

相模原市都市計画審議会 会議録 様 式 3 会 議 名 ( 審 議 会 等 名 ) 第 196 回 会 議 録 相 模 原 市 都 市 計 画 審 議 会 事 務 局 ( 担 当 課 ) まちづくり 計 画 部 都 市 計 画 課 電 話 042-769-8247( 直 通 ) 開 催 日 時 平 成 26 年 8 月 18 日 ( 月 ) 14 時 ~15 時 45 分 開 催 場 所 相 模 原 市 役 所 本 庁 舎 第 2

More information

<8EE888F882AB838C83438341834583678D5A90B397702068705F32362E786C73>

<8EE888F882AB838C83438341834583678D5A90B397702068705F32362E786C73> (こ 申 告 手 引 きは 平 成 25 12 月 現 在 で 作 成 しております) こ 申 告 書 は あなた を 正 しく 算 出 す 基 礎 資 料 となほか 納 証 明 書 課 証 明 書 など 発 行 にあ たって 資 料 ともなもですから3 月 17 日 までに 提 出 して なお 文 中 で 使 用 す 平 成 25 中 平 成 25 分 とは 平 成 25 1 月 1 日 から 平

More information

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード]

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード] 相 続 税 セミナー ~ 相 続 税 改 正 と 対 策 ~ 平 成 26 年 6 月 4 日 久 納 公 認 会 計 士 事 務 所 公 認 会 計 士 税 理 士 久 納 幹 史 1 相 続 税 の 現 状 ( 平 成 24 年 データ) 相 続 税 申 告 するのは 死 亡 した 方 の 約 4% ( 昭 和 63 年 改 正 前 から 比 較 し 約 半 減 ) 年 間 の 相 続 税 申

More information

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx 悪 化 した 企 業 収 益 が 雇 用 と 所 得 に 与 える 影 響 国 内 の 消 費 は 政 府 の 景 気 対 策 の 効 果 もあって このところ 持 ち 直 しの 動 きが 続 いている が 雇 用 所 得 環 境 は 依 然 として 厳 しい 情 勢 が 続 いている 以 下 では 昨 年 末 以 降 の 景 気 後 退 による 製 造 業 を 中 心 とした 企 業 収 益 の

More information

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 についての 意 見 募 集 の 結 果 平 成 28 年 3 月 29 日 総 務 省 行 政 評 価 局 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 について 平 成 28 年 2 月 2 日 ( 火 )から 同 年 3 月 2 日 ( 水 )までの 間 国 民 の 皆 様 から 広 く

More information

1 基 準 額 は 以 下 の 式 によって 算 定 する 34,500 円 に1 2の 合 計 を 加 えた 額 116 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 21,300 円 216 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 11,100 円 ただし 年 齢 は 平 成 25

1 基 準 額 は 以 下 の 式 によって 算 定 する 34,500 円 に1 2の 合 計 を 加 えた 額 116 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 21,300 円 216 歳 以 上 19 歳 未 満 の 扶 養 親 族 の 数 11,100 円 ただし 年 齢 は 平 成 25 柏 原 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 一 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 園 児 の 保 護 者 に 対 し 入 園 料 及 び 保 育 料 ( 以 下 保 育 料 等 という )の 減 免 その 他 給 付 を 行 う 場 合 に 柏 原 市 が 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 に 対 して 行 う 私

More information

総務建設常任委員会協議会会議録

総務建設常任委員会協議会会議録 総 務 建 設 常 任 委 員 会 協 議 会 会 議 録 1 開 会 日 平 成 26 年 1 月 30 日 午 前 10 時 20 分 開 会 午 前 11 時 23 分 閉 会 2 場 所 第 1 委 員 会 室 3 出 席 委 員 渡 辺 順 子 委 員 長 吉 川 重 雄 副 委 員 長 高 橋 英 俊 委 員 二 宮 加 寿 子 委 員 三 澤 龍 夫 委 員 関 威 國 委 員 鈴 木

More information

福井県耐震改修促進計画

福井県耐震改修促進計画 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 12 月 策 定 平 成 24 年 3 月 改 定 平 成 28 年 3 月 改 定 福 井 県 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに (1) 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 (2) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律

More information

米証券取引委員会(SEC)による市中協議文書「誤って支給された報酬の返還に係る上場規則」に対するコメント

米証券取引委員会(SEC)による市中協議文書「誤って支給された報酬の返還に係る上場規則」に対するコメント 2015 年 9 月 14 日 米 証 券 取 引 委 員 会 (SEC)による 市 中 協 議 文 書 誤 って 支 給 された 報 酬 の 返 還 に 係 る 上 場 規 則 に 対 するコメント 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 全 国 銀 行 協 会 として 米 証 券 取 引 委 員 会 (SEC)から7 月 1 日 に 公 表 された 誤 って 支 給 された 報 酬 の

More information

<4D F736F F D F95BD90AC E93788F5A91EE8E738FEA93AE8CFC92B28DB85F95F18D908F B95B6816A E646F63>

<4D F736F F D F95BD90AC E93788F5A91EE8E738FEA93AE8CFC92B28DB85F95F18D908F B95B6816A E646F63> 22 年 度 住 宅 市 場 動 向 調 査 報 告 書 23 年 3 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 本 報 告 書 についての 問 い 合 わせ 先 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 経 済 班 TEL 03-5253-8111( 代 表 ) 内 線 39-234 目 次 1. 調 査 の 目 的... 1 2. 調 査 の 内 容... 2 2.1 対 象 とする 市 場...

More information

1. 開 会 のあいさつ 2. 事 務 連 絡 本 日 の 欠 席 委 員 は 須 崎 委 員 ( 第 1 号 委 員 ), 龍 神 委 員 ( 第 2 号 委 員 ), 根 本 委 員 ( 第 3 号 委 員 )の3 名 須 崎 委 員 代 理 で 萩 本 氏, 龍 神 委 員 代 理 で 保 坂

1. 開 会 のあいさつ 2. 事 務 連 絡 本 日 の 欠 席 委 員 は 須 崎 委 員 ( 第 1 号 委 員 ), 龍 神 委 員 ( 第 2 号 委 員 ), 根 本 委 員 ( 第 3 号 委 員 )の3 名 須 崎 委 員 代 理 で 萩 本 氏, 龍 神 委 員 代 理 で 保 坂 平 成 21 年 度 第 4 回 国 分 寺 市 まちづくりセンター 運 営 委 員 会 議 事 要 旨 開 催 日 時 : 平 成 22 年 1 月 20 日 ( 水 )15:00~17:00 開 催 場 所 : 国 分 寺 市 役 所 第 5 庁 舎 1 階 会 議 室 1 開 会 のあいさつ 2 事 務 連 絡 (1) 平 成 21 年 度 第 2 回 国 分 寺 市 まちづくりセンター 運

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information