Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28"

Transcription

1 兵 庫 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 資 料 編 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 定 ) 兵 庫 県

2 目 次 1 関 係 法 令 (1) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 (2) 基 本 方 針 2 地 震 動 予 測 結 果 による 震 度 分 布 図 3 耐 震 化 率 関 係 データ (1) 住 宅 (2) 多 数 利 用 建 築 物 4 これまでの 施 策 5 補 助 事 業 者 ( 県 民 )アンケート 6 主 要 事 業 の 概 要 ( 平 成 27 年 度 時 点 ) (1) ひょうご 住 まいの 耐 震 化 促 進 事 業 (2) 防 災 ベッド 等 設 置 助 成 事 業 (3) 簡 易 耐 震 診 断 推 進 事 業 (4) 大 規 模 多 数 利 用 建 築 物 等 耐 震 化 助 成 事 業 (5) 中 規 模 多 数 利 用 建 築 物 等 耐 震 診 断 助 成 事 業 7 改 定 経 緯 (1) 耐 震 改 修 促 進 計 画 改 定 検 討 会 の 設 置 (2) 検 討 経 緯

3 1 関 係 法 令 (1) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 七 年 十 月 二 十 七 日 法 律 第 百 二 十 三 号 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 六 年 六 月 四 日 法 律 第 五 四 号 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 地 震 による 建 築 物 の 倒 壊 等 の 被 害 から 国 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 のための 措 置 を 講 ずることにより 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 を 図 り もって 公 共 の 福 祉 の 確 保 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 耐 震 診 断 とは 地 震 に 対 する 安 全 性 を 評 価 することをいう 2 この 法 律 において 耐 震 改 修 とは 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 を 目 的 として 増 築 改 築 修 繕 模 様 替 若 しくは 一 部 の 除 却 又 は 敷 地 の 整 備 をすることをいう 3 この 法 律 において 所 管 行 政 庁 とは 建 築 主 事 を 置 く 市 町 村 又 は 特 別 区 の 区 域 につい ては 当 該 市 町 村 又 は 特 別 区 の 長 をいい その 他 の 市 町 村 又 は 特 別 区 の 区 域 については 都 道 府 県 知 事 をいう ただし 建 築 基 準 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 二 百 一 号 ) 第 九 十 七 条 の 二 第 一 項 又 は 第 九 十 七 条 の 三 第 一 項 の 規 定 により 建 築 主 事 を 置 く 市 町 村 又 は 特 別 区 の 区 域 内 の 政 令 で 定 める 建 築 物 については 都 道 府 県 知 事 とする ( 国 地 方 公 共 団 体 及 び 国 民 の 努 力 義 務 ) 第 三 条 国 は 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 に 資 する 技 術 に 関 する 研 究 開 発 を 促 進 するため 当 該 技 術 に 関 する 情 報 の 収 集 及 び 提 供 その 他 必 要 な 措 置 を 講 ずるよう 努 めるも のとする 2 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るため 資 金 の 融 通 又 はあっせん 資 料 の 提 供 その 他 の 措 置 を 講 ずるよう 努 めるものとする 3 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 国 民 の 理 解 と 協 力 を 得 るため 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 に 努 める ものとする 4 国 民 は 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 を 確 保 するとともに その 向 上 を 図 るよう 努 める ものとする 第 二 章 基 本 方 針 及 び 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 等 ( 基 本 方 針 ) 第 四 条 国 土 交 通 大 臣 は 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 ( 以 下 基 本 方 針 という )を 定 めなければならない 2 基 本 方 針 においては 次 に 掲 げる 事 項 を 定 めるものとする 一 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 基 本 的 な 事 項 二 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 の 設 定 に 関 する 事 項 三 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 について 技 術 上 の 指 針 となるべき 事 項 四 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 に 関 する 基 本 的 な 事 項 五 次 条 第 一 項 に 規 定 する 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 策 定 に 関 する 基 本 的 な 事 項 その 他 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 重 要 事 項 3 国 土 交 通 大 臣 は 基 本 方 針 を 定 め 又 はこれを 変 更 したときは 遅 滞 なく これを 公 表 しなければならない ( 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ) 第 五 条 都 道 府 県 は 基 本 方 針 に 基 づき 当 該 都 道 府 県 の 区 域 内 の 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 計 画 ( 以 下 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 という )を 定 める ものとする 2 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 においては 次 に 掲 げる 事 項 を 定 めるものとする 一 当 該 都 道 府 県 の 区 域 内 の 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 二 当 該 都 道 府 県 の 区 域 内 の 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 施 策 に 関 する 事 項 - 1 -

4 三 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 に 関 する 事 項 四 建 築 基 準 法 第 十 条 第 一 項 から 第 三 項 までの 規 定 による 勧 告 又 は 命 令 その 他 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 を 確 保 し 又 はその 向 上 を 図 るための 措 置 の 実 施 についての 所 管 行 政 庁 との 連 携 に 関 する 事 項 五 その 他 当 該 都 道 府 県 の 区 域 内 の 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 し 必 要 な 事 項 3 都 道 府 県 は 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 には 前 項 第 二 号 に 掲 げる 事 項 に 当 該 各 号 に 定 め る 事 項 を 記 載 することができる 一 病 院 官 公 署 その 他 大 規 模 な 地 震 が 発 生 した 場 合 においてその 利 用 を 確 保 することが 公 益 上 必 要 な 建 築 物 で 政 令 で 定 めるものであって 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 ( 地 震 に 対 す る 安 全 性 に 係 る 建 築 基 準 法 又 はこれに 基 づく 命 令 若 しくは 条 例 の 規 定 ( 以 下 耐 震 関 係 規 定 という )に 適 合 しない 建 築 物 で 同 法 第 三 条 第 二 項 の 規 定 の 適 用 を 受 けているも のをいう 以 下 同 じ )であるもの(その 地 震 に 対 する 安 全 性 が 明 らかでないものとし て 政 令 で 定 める 建 築 物 ( 以 下 耐 震 不 明 建 築 物 という )に 限 る )について 耐 震 診 断 を 行 わせ 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 ることが 必 要 と 認 められる 場 合 当 該 建 築 物 に 関 する 事 項 及 び 当 該 建 築 物 に 係 る 耐 震 診 断 の 結 果 の 報 告 の 期 限 に 関 する 事 項 二 建 築 物 が 地 震 によって 倒 壊 した 場 合 においてその 敷 地 に 接 する 道 路 ( 相 当 数 の 建 築 物 が 集 合 し 又 は 集 合 することが 確 実 と 見 込 まれる 地 域 を 通 過 する 道 路 その 他 国 土 交 通 省 令 で 定 める 道 路 ( 以 下 建 築 物 集 合 地 域 通 過 道 路 等 という )に 限 る )の 通 行 を 妨 げ 市 町 村 の 区 域 を 越 える 相 当 多 数 の 者 の 円 滑 な 避 難 を 困 難 とすることを 防 止 するため 当 該 道 路 にその 敷 地 が 接 する 通 行 障 害 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 ( 地 震 によって 倒 壊 した 場 合 においてその 敷 地 に 接 する 道 路 の 通 行 を 妨 げ 多 数 の 者 の 円 滑 な 避 難 を 困 難 とするお それがあるものとして 政 令 で 定 める 建 築 物 ( 第 十 四 条 第 三 号 において 通 行 障 害 建 築 物 という )であって 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 であるものをいう 以 下 同 じ )について 耐 震 診 断 を 行 わせ 又 はその 促 進 を 図 り 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 ることが 必 要 と 認 め られる 場 合 当 該 通 行 障 害 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 敷 地 に 接 する 道 路 に 関 する 事 項 及 び 当 該 通 行 障 害 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 ( 耐 震 不 明 建 築 物 であるものに 限 る )に 係 る 耐 震 診 断 の 結 果 の 報 告 の 期 限 に 関 する 事 項 三 建 築 物 が 地 震 によって 倒 壊 した 場 合 においてその 敷 地 に 接 する 道 路 ( 建 築 物 集 合 地 域 通 過 道 路 等 を 除 く )の 通 行 を 妨 げ 市 町 村 の 区 域 を 越 える 相 当 多 数 の 者 の 円 滑 な 避 難 を 困 難 とすることを 防 止 するため 当 該 道 路 にその 敷 地 が 接 する 通 行 障 害 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 ることが 必 要 と 認 められる 場 合 当 該 通 行 障 害 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 敷 地 に 接 する 道 路 に 関 する 事 項 四 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 の 供 給 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 五 年 法 律 第 五 十 二 号 以 下 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 法 という ) 第 三 条 第 四 号 に 規 定 する 資 格 を 有 する 入 居 者 をその 全 部 又 は 一 部 について 確 保 することができない 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 ( 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 法 第 六 条 に 規 定 する 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 をいう 以 下 同 じ )を 活 用 し 第 十 九 条 に 規 定 する 計 画 認 定 建 築 物 である 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 に 伴 い 仮 住 居 を 必 要 とする 者 ( 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 法 第 三 条 第 四 号 に 規 定 する 資 格 を 有 する 者 を 除 く 以 下 特 定 入 居 者 という ) に 対 する 仮 住 居 を 提 供 することが 必 要 と 認 められる 場 合 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 の 特 定 入 居 者 に 対 する 賃 貸 に 関 する 事 項 五 前 項 第 一 号 の 目 標 を 達 成 するため 当 該 都 道 府 県 の 区 域 内 において 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という ) 又 は 地 方 住 宅 供 給 公 社 ( 以 下 公 社 という )に よる 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 が 必 要 と 認 められる 場 合 機 構 又 は 公 社 によ る 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 事 項 4 都 道 府 県 は 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 前 項 第 一 号 に 定 める 事 項 を 記 載 しようとする ときは 当 該 事 項 について あらかじめ 当 該 建 築 物 の 所 有 者 ( 所 有 者 以 外 に 権 原 に 基 づ きその 建 築 物 を 使 用 する 者 があるときは その 者 及 び 所 有 者 )の 意 見 を 聴 かなければなら ない 5 都 道 府 県 は 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 第 三 項 第 五 号 に 定 める 事 項 を 記 載 しようとす るときは 当 該 事 項 について あらかじめ 機 構 又 は 当 該 公 社 の 同 意 を 得 なければならな い - 2 -

5 6 都 道 府 県 は 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 を 定 めたときは 遅 滞 なく これを 公 表 すると ともに 当 該 都 道 府 県 の 区 域 内 の 市 町 村 にその 写 しを 送 付 しなければならない 7 第 三 項 から 前 項 までの 規 定 は 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 変 更 について 準 用 する ( 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 ) 第 六 条 市 町 村 は 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 基 づき 当 該 市 町 村 の 区 域 内 の 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 計 画 ( 以 下 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 という ) を 定 めるよう 努 めるものとする 2 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 においては おおむね 次 に 掲 げる 事 項 を 定 めるものとする 一 当 該 市 町 村 の 区 域 内 の 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 二 当 該 市 町 村 の 区 域 内 の 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 施 策 に 関 する 事 項 三 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 に 関 する 事 項 四 建 築 基 準 法 第 十 条 第 一 項 から 第 三 項 までの 規 定 による 勧 告 又 は 命 令 その 他 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 を 確 保 し 又 はその 向 上 を 図 るための 措 置 の 実 施 についての 所 管 行 政 庁 との 連 携 に 関 する 事 項 五 その 他 当 該 市 町 村 の 区 域 内 の 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 し 必 要 な 事 項 3 市 町 村 は 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 には 前 項 第 二 号 に 掲 げる 事 項 に 当 該 各 号 に 定 める 事 項 を 記 載 することができる 一 建 築 物 が 地 震 によって 倒 壊 した 場 合 においてその 敷 地 に 接 する 道 路 ( 建 築 物 集 合 地 域 通 過 道 路 等 に 限 る )の 通 行 を 妨 げ 当 該 市 町 村 の 区 域 における 多 数 の 者 の 円 滑 な 避 難 を 困 難 とすることを 防 止 するため 当 該 道 路 にその 敷 地 が 接 する 通 行 障 害 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 について 耐 震 診 断 を 行 わせ 又 はその 促 進 を 図 り 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 ることが 必 要 と 認 められる 場 合 当 該 通 行 障 害 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 敷 地 に 接 する 道 路 に 関 する 事 項 及 び 当 該 通 行 障 害 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 ( 耐 震 不 明 建 築 物 であるものに 限 る )に 係 る 耐 震 診 断 の 結 果 の 報 告 の 期 限 に 関 する 事 項 二 建 築 物 が 地 震 によって 倒 壊 した 場 合 においてその 敷 地 に 接 する 道 路 ( 建 築 物 集 合 地 域 通 過 道 路 等 を 除 く )の 通 行 を 妨 げ 当 該 市 町 村 の 区 域 における 多 数 の 者 の 円 滑 な 避 難 を 困 難 とすることを 防 止 するため 当 該 道 路 にその 敷 地 が 接 する 通 行 障 害 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 ることが 必 要 と 認 められる 場 合 当 該 通 行 障 害 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 敷 地 に 接 する 道 路 に 関 する 事 項 4 市 町 村 は 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 を 定 めたときは 遅 滞 なく これを 公 表 しなければ ならない 5 前 二 項 の 規 定 は 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 変 更 について 準 用 する 第 三 章 建 築 物 の 所 有 者 が 講 ずべき 措 置 ( 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 の 耐 震 診 断 の 義 務 ) 第 七 条 次 に 掲 げる 建 築 物 ( 以 下 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 という )の 所 有 者 は 当 該 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 について 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 耐 震 診 断 を 行 い その 結 果 を 次 の 各 号 に 掲 げる 建 築 物 の 区 分 に 応 じ それぞれ 当 該 各 号 に 定 める 期 限 までに 所 管 行 政 庁 に 報 告 しなければならない 一 第 五 条 第 三 項 第 一 号 の 規 定 により 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 記 載 された 建 築 物 同 号 の 規 定 により 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 記 載 された 期 限 二 その 敷 地 が 第 五 条 第 三 項 第 二 号 の 規 定 により 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 記 載 され た 道 路 に 接 する 通 行 障 害 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 ( 耐 震 不 明 建 築 物 であるものに 限 る ) 同 号 の 規 定 により 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 記 載 された 期 限 三 その 敷 地 が 前 条 第 三 項 第 一 号 の 規 定 により 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 記 載 された 道 路 に 接 する 通 行 障 害 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 ( 耐 震 不 明 建 築 物 であるものに 限 り 前 号 に 掲 げる 建 築 物 であるものを 除 く ) 同 項 第 一 号 の 規 定 により 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 記 載 された 期 限 ( 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 に 係 る 報 告 命 令 等 ) 第 八 条 所 管 行 政 庁 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 が 前 条 の 規 定 による 報 告 をせ ず 又 は 虚 偽 の 報 告 をしたときは 当 該 所 有 者 に 対 し 相 当 の 期 限 を 定 めて その 報 告 を - 3 -

6 行 い 又 はその 報 告 の 内 容 を 是 正 すべきことを 命 ずることができる 2 所 管 行 政 庁 は 前 項 の 規 定 による 命 令 をしたときは 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところによ り その 旨 を 公 表 しなければならない 3 所 管 行 政 庁 は 第 一 項 の 規 定 により 報 告 を 命 じようとする 場 合 において 過 失 がなくて 当 該 報 告 を 命 ずべき 者 を 確 知 することができず かつ これを 放 置 することが 著 しく 公 益 に 反 すると 認 められるときは その 者 の 負 担 において 耐 震 診 断 を 自 ら 行 い 又 はその 命 じた 者 若 しくは 委 任 した 者 に 行 わせることができる この 場 合 においては 相 当 の 期 限 を 定 めて 当 該 報 告 をすべき 旨 及 びその 期 限 までに 当 該 報 告 をしないときは 所 管 行 政 庁 又 はその 命 じた 者 若 しくは 委 任 した 者 が 耐 震 診 断 を 行 うべき 旨 を あらかじめ 公 告 しなけ ればならない ( 耐 震 診 断 の 結 果 の 公 表 ) 第 九 条 所 管 行 政 庁 は 第 七 条 の 規 定 による 報 告 を 受 けたときは 国 土 交 通 省 令 で 定 めると ころにより 当 該 報 告 の 内 容 を 公 表 しなければならない 前 条 第 三 項 の 規 定 により 耐 震 診 断 を 行 い 又 は 行 わせたときも 同 様 とする ( 通 行 障 害 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 耐 震 診 断 に 要 する 費 用 の 負 担 ) 第 十 条 都 道 府 県 は 第 七 条 第 二 号 に 掲 げる 建 築 物 の 所 有 者 から 申 請 があったときは 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 同 条 の 規 定 により 行 われた 耐 震 診 断 の 実 施 に 要 する 費 用 を 負 担 しなければならない 2 市 町 村 は 第 七 条 第 三 号 に 掲 げる 建 築 物 の 所 有 者 から 申 請 があったときは 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 同 条 の 規 定 により 行 われた 耐 震 診 断 の 実 施 に 要 する 費 用 を 負 担 しなければならない ( 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 の 耐 震 改 修 の 努 力 ) 第 十 一 条 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 は 耐 震 診 断 の 結 果 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 を 図 る 必 要 があると 認 められるときは 当 該 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 について 耐 震 改 修 を 行 うよう 努 めなければならない ( 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 耐 震 改 修 に 係 る 指 導 及 び 助 言 並 びに 指 示 等 ) 第 十 二 条 所 管 行 政 庁 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 適 確 な 実 施 を 確 保 するた め 必 要 があると 認 めるときは 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 に 対 し 基 本 方 針 のう ち 第 四 条 第 二 項 第 三 号 の 技 術 上 の 指 針 となるべき 事 項 ( 以 下 技 術 指 針 事 項 という ) を 勘 案 して 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 耐 震 改 修 について 必 要 な 指 導 及 び 助 言 をするこ とができる 2 所 管 行 政 庁 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 について 必 要 な 耐 震 改 修 が 行 われていないと 認 めるときは 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 に 対 し 技 術 指 針 事 項 を 勘 案 して 必 要 な 指 示 をすることができる 3 所 管 行 政 庁 は 前 項 の 規 定 による 指 示 を 受 けた 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 が 正 当 な 理 由 がなく その 指 示 に 従 わなかったときは その 旨 を 公 表 することができる ( 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 に 係 る 報 告 検 査 等 ) 第 十 三 条 所 管 行 政 庁 は 第 八 条 第 一 項 並 びに 前 条 第 二 項 及 び 第 三 項 の 規 定 の 施 行 に 必 要 な 限 度 において 政 令 で 定 めるところにより 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 に 対 し 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 事 項 ( 第 七 条 の 規 定 による 報 告 の 対 象 となる 事 項 を 除 く )に 関 し 報 告 させ 又 はその 職 員 に 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 敷 地 若 しくは 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 工 事 現 場 に 立 ち 入 り 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 敷 地 建 築 設 備 建 築 材 料 書 類 その 他 の 物 件 を 検 査 させることができる ただし 住 居 に 立 ち 入 る 場 合 においては あらかじめ その 居 住 者 の 承 諾 を 得 なければならない 2 前 項 の 規 定 により 立 入 検 査 をする 職 員 は その 身 分 を 示 す 証 明 書 を 携 帯 し 関 係 者 に 提 示 しなければならない 3 第 一 項 の 規 定 による 立 入 検 査 の 権 限 は 犯 罪 捜 査 のために 認 められたものと 解 釈 しては ならない ( 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 所 有 者 の 努 力 ) 第 十 四 条 次 に 掲 げる 建 築 物 であって 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 であるもの( 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 であるものを 除 く 以 下 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 という )の 所 有 者 は - 4 -

7 当 該 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 について 耐 震 診 断 を 行 い その 結 果 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 を 図 る 必 要 があると 認 められるときは 当 該 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 について 耐 震 改 修 を 行 うよう 努 めなければならない 一 学 校 体 育 館 病 院 劇 場 観 覧 場 集 会 場 展 示 場 百 貨 店 事 務 所 老 人 ホーム その 他 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 で 政 令 で 定 めるものであって 政 令 で 定 める 規 模 以 上 の もの 二 火 薬 類 石 油 類 その 他 政 令 で 定 める 危 険 物 であって 政 令 で 定 める 数 量 以 上 のものの 貯 蔵 場 又 は 処 理 場 の 用 途 に 供 する 建 築 物 三 その 敷 地 が 第 五 条 第 三 項 第 二 号 若 しくは 第 三 号 の 規 定 により 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 記 載 された 道 路 又 は 第 六 条 第 三 項 の 規 定 により 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 記 載 さ れた 道 路 に 接 する 通 行 障 害 建 築 物 ( 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 に 係 る 指 導 及 び 助 言 並 びに 指 示 等 ) 第 十 五 条 所 管 行 政 庁 は 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 適 確 な 実 施 を 確 保 するため 必 要 があると 認 めるときは 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 所 有 者 に 対 し 技 術 指 針 事 項 を 勘 案 して 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 について 必 要 な 指 導 及 び 助 言 をすることができる 2 所 管 行 政 庁 は 次 に 掲 げる 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 ( 第 一 号 から 第 三 号 までに 掲 げる 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 にあっては 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 を 図 ることが 特 に 必 要 なものとして 政 令 で 定 めるものであって 政 令 で 定 める 規 模 以 上 のものに 限 る )について 必 要 な 耐 震 診 断 又 は 耐 震 改 修 が 行 われていないと 認 めるときは 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 所 有 者 に 対 し 技 術 指 針 事 項 を 勘 案 して 必 要 な 指 示 をすることができる 一 病 院 劇 場 観 覧 場 集 会 場 展 示 場 百 貨 店 その 他 不 特 定 かつ 多 数 の 者 が 利 用 する 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 二 小 学 校 老 人 ホームその 他 地 震 の 際 の 避 難 確 保 上 特 に 配 慮 を 要 する 者 が 主 として 利 用 する 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 三 前 条 第 二 号 に 掲 げる 建 築 物 である 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 四 前 条 第 三 号 に 掲 げる 建 築 物 である 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 3 所 管 行 政 庁 は 前 項 の 規 定 による 指 示 を 受 けた 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 所 有 者 が 正 当 な 理 由 がなく その 指 示 に 従 わなかったときは その 旨 を 公 表 することができる 4 所 管 行 政 庁 は 前 二 項 の 規 定 の 施 行 に 必 要 な 限 度 において 政 令 で 定 めるところにより 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 所 有 者 に 対 し 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 事 項 に 関 し 報 告 させ 又 はその 職 員 に 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 敷 地 若 しくは 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 工 事 現 場 に 立 ち 入 り 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 敷 地 建 築 設 備 建 築 材 料 書 類 そ の 他 の 物 件 を 検 査 させることができる 5 第 十 三 条 第 一 項 ただし 書 第 二 項 及 び 第 三 項 の 規 定 は 前 項 の 規 定 による 立 入 検 査 につ いて 準 用 する ( 一 定 の 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 所 有 者 の 努 力 等 ) 第 十 六 条 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 及 び 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 以 外 の 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 所 有 者 は 当 該 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 について 耐 震 診 断 を 行 い 必 要 に 応 じ 当 該 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 について 耐 震 改 修 を 行 うよう 努 めなければならない 2 所 管 行 政 庁 は 前 項 の 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 適 確 な 実 施 を 確 保 するため 必 要 があると 認 めるときは 当 該 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 所 有 者 に 対 し 技 術 指 針 事 項 を 勘 案 して 当 該 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 について 必 要 な 指 導 及 び 助 言 をすることができる 第 四 章 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 計 画 の 認 定 ( 計 画 の 認 定 ) 第 十 七 条 建 築 物 の 耐 震 改 修 をしようとする 者 は 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 計 画 を 作 成 し 所 管 行 政 庁 の 認 定 を 申 請 することができる 2 前 項 の 計 画 には 次 に 掲 げる 事 項 を 記 載 しなければならない 一 建 築 物 の 位 置 二 建 築 物 の 階 数 延 べ 面 積 構 造 方 法 及 び 用 途 - 5 -

8 三 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 事 業 の 内 容 四 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 事 業 に 関 する 資 金 計 画 五 その 他 国 土 交 通 省 令 で 定 める 事 項 3 所 管 行 政 庁 は 第 一 項 の 申 請 があった 場 合 において 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 計 画 が 次 に 掲 げる 基 準 に 適 合 すると 認 めるときは その 旨 の 認 定 ( 以 下 この 章 において 計 画 の 認 定 という )をすることができる 一 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 事 業 の 内 容 が 耐 震 関 係 規 定 又 は 地 震 に 対 する 安 全 上 これに 準 ず るものとして 国 土 交 通 大 臣 が 定 める 基 準 に 適 合 していること 二 前 項 第 四 号 の 資 金 計 画 が 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 事 業 を 確 実 に 遂 行 するため 適 切 なもの であること 三 第 一 項 の 申 請 に 係 る 建 築 物 建 築 物 の 敷 地 又 は 建 築 物 若 しくはその 敷 地 の 部 分 が 耐 震 関 係 規 定 及 び 耐 震 関 係 規 定 以 外 の 建 築 基 準 法 又 はこれに 基 づく 命 令 若 しくは 条 例 の 規 定 に 適 合 せず かつ 同 法 第 三 条 第 二 項 の 規 定 の 適 用 を 受 けているものである 場 合 にお いて 当 該 建 築 物 又 は 建 築 物 の 部 分 の 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 ( 同 法 第 二 条 第 十 四 号 に 規 定 する 大 規 模 の 修 繕 をいう ) 又 は 大 規 模 の 模 様 替 ( 同 条 第 十 五 号 に 規 定 する 大 規 模 の 模 様 替 をいう )をしようとするものであり かつ 当 該 工 事 後 も 引 き 続 き 当 該 建 築 物 建 築 物 の 敷 地 又 は 建 築 物 若 しくはその 敷 地 の 部 分 が 耐 震 関 係 規 定 以 外 の 同 法 又 はこれに 基 づく 命 令 若 しくは 条 例 の 規 定 に 適 合 しないこととなるものであるときは 前 二 号 に 掲 げる 基 準 のほか 次 に 掲 げる 基 準 に 適 合 していること イ 当 該 工 事 が 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 必 要 と 認 められるものであり か つ 当 該 工 事 後 も 引 き 続 き 当 該 建 築 物 建 築 物 の 敷 地 又 は 建 築 物 若 しくはその 敷 地 の 部 分 が 耐 震 関 係 規 定 以 外 の 建 築 基 準 法 又 はこれに 基 づく 命 令 若 しくは 条 例 の 規 定 に 適 合 しないこととなることがやむを 得 ないと 認 められるものであること ロ 工 事 の 計 画 ( 二 以 上 の 工 事 に 分 けて 耐 震 改 修 の 工 事 を 行 う 場 合 にあっては それぞ れの 工 事 の 計 画 第 五 号 ロ 及 び 第 六 号 ロにおいて 同 じ )に 係 る 建 築 物 及 び 建 築 物 の 敷 地 について 交 通 上 の 支 障 の 度 安 全 上 防 火 上 及 び 避 難 上 の 危 険 の 度 並 びに 衛 生 上 及 び 市 街 地 の 環 境 の 保 全 上 の 有 害 の 度 が 高 くならないものであること 四 第 一 項 の 申 請 に 係 る 建 築 物 が 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 である 耐 火 建 築 物 ( 建 築 基 準 法 第 二 条 第 九 号 の 二 に 規 定 する 耐 火 建 築 物 をいう )である 場 合 において 当 該 建 築 物 につ いて 柱 若 しくは 壁 を 設 け 又 は 柱 若 しくははりの 模 様 替 をすることにより 当 該 建 築 物 が 同 法 第 二 十 七 条 第 二 項 第 六 十 一 条 又 は 第 六 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 適 合 しないこととな るものであるときは 第 一 号 及 び 第 二 号 に 掲 げる 基 準 のほか 次 に 掲 げる 基 準 に 適 合 し ていること イ 当 該 工 事 が 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 必 要 と 認 められるものであり か つ 当 該 工 事 により 当 該 建 築 物 が 建 築 基 準 法 第 二 十 七 条 第 二 項 第 六 十 一 条 又 は 第 六 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 適 合 しないこととなることがやむを 得 ないと 認 められるもの であること ロ 次 に 掲 げる 基 準 に 適 合 し 防 火 上 及 び 避 難 上 支 障 がないと 認 められるものであるこ と (1) 工 事 の 計 画 に 係 る 柱 壁 又 ははりの 構 造 が 国 土 交 通 省 令 で 定 める 防 火 上 の 基 準 に 適 合 していること (2) 工 事 の 計 画 に 係 る 柱 壁 又 ははりに 係 る 火 災 が 発 生 した 場 合 の 通 報 の 方 法 が 国 土 交 通 省 令 で 定 める 防 火 上 の 基 準 に 適 合 していること 五 第 一 項 の 申 請 に 係 る 建 築 物 が 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 である 場 合 において 当 該 建 築 物 について 増 築 をすることにより 当 該 建 築 物 が 建 築 物 の 容 積 率 ( 延 べ 面 積 の 敷 地 面 積 に 対 する 割 合 をいう )に 係 る 建 築 基 準 法 又 はこれに 基 づく 命 令 若 しくは 条 例 の 規 定 (イ 及 び 第 八 項 において 容 積 率 関 係 規 定 という )に 適 合 しないこととなるものであると きは 第 一 号 及 び 第 二 号 に 掲 げる 基 準 のほか 次 に 掲 げる 基 準 に 適 合 していること イ 当 該 工 事 が 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 必 要 と 認 められるものであり か つ 当 該 工 事 により 当 該 建 築 物 が 容 積 率 関 係 規 定 に 適 合 しないこととなることがや むを 得 ないと 認 められるものであること ロ 工 事 の 計 画 に 係 る 建 築 物 について 交 通 上 安 全 上 防 火 上 及 び 衛 生 上 支 障 がない - 6 -

9 と 認 められるものであること 六 第 一 項 の 申 請 に 係 る 建 築 物 が 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 である 場 合 において 当 該 建 築 物 について 増 築 をすることにより 当 該 建 築 物 が 建 築 物 の 建 ぺい 率 ( 建 築 面 積 の 敷 地 面 積 に 対 する 割 合 をいう )に 係 る 建 築 基 準 法 又 はこれに 基 づく 命 令 若 しくは 条 例 の 規 定 (イ 及 び 第 九 項 において 建 ぺい 率 関 係 規 定 という )に 適 合 しないこととなるものであ るときは 第 一 号 及 び 第 二 号 に 掲 げる 基 準 のほか 次 に 掲 げる 基 準 に 適 合 していること イ 当 該 工 事 が 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 必 要 と 認 められるものであり か つ 当 該 工 事 により 当 該 建 築 物 が 建 ぺい 率 関 係 規 定 に 適 合 しないこととなることが やむを 得 ないと 認 められるものであること ロ 工 事 の 計 画 に 係 る 建 築 物 について 交 通 上 安 全 上 防 火 上 及 び 衛 生 上 支 障 がない と 認 められるものであること 4 第 一 項 の 申 請 に 係 る 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 計 画 が 建 築 基 準 法 第 六 条 第 一 項 の 規 定 による 確 認 又 は 同 法 第 十 八 条 第 二 項 の 規 定 による 通 知 を 要 するものである 場 合 において 計 画 の 認 定 をしようとするときは 所 管 行 政 庁 は あらかじめ 建 築 主 事 の 同 意 を 得 なければな らない 5 建 築 基 準 法 第 九 十 三 条 の 規 定 は 所 管 行 政 庁 が 同 法 第 六 条 第 一 項 の 規 定 による 確 認 又 は 同 法 第 十 八 条 第 二 項 の 規 定 による 通 知 を 要 する 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 計 画 について 計 画 の 認 定 をしようとする 場 合 について 同 法 第 九 十 三 条 の 二 の 規 定 は 所 管 行 政 庁 が 同 法 第 六 条 第 一 項 の 規 定 による 確 認 を 要 する 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 計 画 について 計 画 の 認 定 をしよ うとする 場 合 について 準 用 する 6 所 管 行 政 庁 が 計 画 の 認 定 をしたときは 次 に 掲 げる 建 築 物 建 築 物 の 敷 地 又 は 建 築 物 若 しくはその 敷 地 の 部 分 ( 以 下 この 項 において 建 築 物 等 という )については 建 築 基 準 法 第 三 条 第 三 項 第 三 号 及 び 第 四 号 の 規 定 にかかわらず 同 条 第 二 項 の 規 定 を 適 用 す る 一 耐 震 関 係 規 定 に 適 合 せず かつ 建 築 基 準 法 第 三 条 第 二 項 の 規 定 の 適 用 を 受 けてい る 建 築 物 等 であって 第 三 項 第 一 号 の 国 土 交 通 大 臣 が 定 める 基 準 に 適 合 しているものと して 計 画 の 認 定 を 受 けたもの 二 計 画 の 認 定 に 係 る 第 三 項 第 三 号 の 建 築 物 等 7 所 管 行 政 庁 が 計 画 の 認 定 をしたときは 計 画 の 認 定 に 係 る 第 三 項 第 四 号 の 建 築 物 につい ては 建 築 基 準 法 第 二 十 七 条 第 二 項 第 六 十 一 条 又 は 第 六 十 二 条 第 一 項 の 規 定 は 適 用 し ない 8 所 管 行 政 庁 が 計 画 の 認 定 をしたときは 計 画 の 認 定 に 係 る 第 三 項 第 五 号 の 建 築 物 につい ては 容 積 率 関 係 規 定 は 適 用 しない 9 所 管 行 政 庁 が 計 画 の 認 定 をしたときは 計 画 の 認 定 に 係 る 第 三 項 第 六 号 の 建 築 物 につい ては 建 ぺい 率 関 係 規 定 は 適 用 しない 10 第 一 項 の 申 請 に 係 る 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 計 画 が 建 築 基 準 法 第 六 条 第 一 項 の 規 定 によ る 確 認 又 は 同 法 第 十 八 条 第 二 項 の 規 定 による 通 知 を 要 するものである 場 合 において 所 管 行 政 庁 が 計 画 の 認 定 をしたときは 同 法 第 六 条 第 一 項 又 は 第 十 八 条 第 三 項 の 規 定 による 確 認 済 証 の 交 付 があったものとみなす この 場 合 において 所 管 行 政 庁 は その 旨 を 建 築 主 事 に 通 知 するものとする ( 計 画 の 変 更 ) 第 十 八 条 計 画 の 認 定 を 受 けた 者 ( 第 二 十 八 条 第 一 項 及 び 第 三 項 を 除 き 以 下 認 定 事 業 者 という )は 当 該 計 画 の 認 定 を 受 けた 計 画 の 変 更 ( 国 土 交 通 省 令 で 定 める 軽 微 な 変 更 を 除 く )をしようとするときは 所 管 行 政 庁 の 認 定 を 受 けなければならない 2 前 条 の 規 定 は 前 項 の 場 合 について 準 用 する ( 計 画 認 定 建 築 物 に 係 る 報 告 の 徴 収 ) 第 十 九 条 所 管 行 政 庁 は 認 定 事 業 者 に 対 し 計 画 の 認 定 を 受 けた 計 画 ( 前 条 第 一 項 の 規 定 による 変 更 の 認 定 があったときは その 変 更 後 のもの 次 条 において 同 じ )に 係 る 建 築 物 ( 以 下 計 画 認 定 建 築 物 という )の 耐 震 改 修 の 状 況 について 報 告 を 求 めることがで きる ( 改 善 命 令 ) 第 二 十 条 所 管 行 政 庁 は 認 定 事 業 者 が 計 画 の 認 定 を 受 けた 計 画 に 従 って 計 画 認 定 建 築 物 の - 7 -

10 耐 震 改 修 を 行 っていないと 認 めるときは 当 該 認 定 事 業 者 に 対 し 相 当 の 期 限 を 定 めて その 改 善 に 必 要 な 措 置 をとるべきことを 命 ずることができる ( 計 画 の 認 定 の 取 消 し) 第 二 十 一 条 所 管 行 政 庁 は 認 定 事 業 者 が 前 条 の 規 定 による 処 分 に 違 反 したときは 計 画 の 認 定 を 取 り 消 すことができる 第 五 章 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 認 定 等 ( 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 認 定 ) 第 二 十 二 条 建 築 物 の 所 有 者 は 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 所 管 行 政 庁 に 対 し 当 該 建 築 物 について 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 基 準 に 適 合 している 旨 の 認 定 を 申 請 するこ とができる 2 所 管 行 政 庁 は 前 項 の 申 請 があった 場 合 において 当 該 申 請 に 係 る 建 築 物 が 耐 震 関 係 規 定 又 は 地 震 に 対 する 安 全 上 これに 準 ずるものとして 国 土 交 通 大 臣 が 定 める 基 準 に 適 合 して いると 認 めるときは その 旨 の 認 定 をすることができる 3 前 項 の 認 定 を 受 けた 者 は 同 項 の 認 定 を 受 けた 建 築 物 ( 以 下 基 準 適 合 認 定 建 築 物 と いう ) その 敷 地 又 はその 利 用 に 関 する 広 告 その 他 の 国 土 交 通 省 令 で 定 めるもの( 次 項 において 広 告 等 という )に 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 当 該 基 準 適 合 認 定 建 築 物 が 前 項 の 認 定 を 受 けている 旨 の 表 示 を 付 することができる 4 何 人 も 前 項 の 規 定 による 場 合 を 除 くほか 建 築 物 その 敷 地 又 はその 利 用 に 関 する 広 告 等 に 同 項 の 表 示 又 はこれと 紛 らわしい 表 示 を 付 してはならない ( 基 準 適 合 認 定 建 築 物 に 係 る 認 定 の 取 消 し) 第 二 十 三 条 所 管 行 政 庁 は 基 準 適 合 認 定 建 築 物 が 前 条 第 二 項 の 基 準 に 適 合 しなくなったと 認 めるときは 同 項 の 認 定 を 取 り 消 すことができる ( 基 準 適 合 認 定 建 築 物 に 係 る 報 告 検 査 等 ) 第 二 十 四 条 所 管 行 政 庁 は 前 条 の 規 定 の 施 行 に 必 要 な 限 度 において 政 令 で 定 めるところ により 第 二 十 二 条 第 二 項 の 認 定 を 受 けた 者 に 対 し 基 準 適 合 認 定 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 事 項 に 関 し 報 告 させ 又 はその 職 員 に 基 準 適 合 認 定 建 築 物 基 準 適 合 認 定 建 築 物 の 敷 地 若 しくは 基 準 適 合 認 定 建 築 物 の 工 事 現 場 に 立 ち 入 り 基 準 適 合 認 定 建 築 物 基 準 適 合 認 定 建 築 物 の 敷 地 建 築 設 備 建 築 材 料 書 類 その 他 の 物 件 を 検 査 させることが できる 2 第 十 三 条 第 一 項 ただし 書 第 二 項 及 び 第 三 項 の 規 定 は 前 項 の 規 定 による 立 入 検 査 につ いて 準 用 する 第 六 章 区 分 所 有 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 必 要 性 に 係 る 認 定 等 ( 区 分 所 有 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 必 要 性 に 係 る 認 定 ) 第 二 十 五 条 耐 震 診 断 が 行 われた 区 分 所 有 建 築 物 ( 二 以 上 の 区 分 所 有 者 ( 建 物 の 区 分 所 有 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 三 十 七 年 法 律 第 六 十 九 号 ) 第 二 条 第 二 項 に 規 定 する 区 分 所 有 者 をい う 以 下 同 じ )が 存 する 建 築 物 をいう 以 下 同 じ )の 管 理 者 等 ( 同 法 第 二 十 五 条 第 一 項 の 規 定 により 選 任 された 管 理 者 ( 管 理 者 がないときは 同 法 第 三 十 四 条 の 規 定 による 集 会 において 指 定 された 区 分 所 有 者 ) 又 は 同 法 第 四 十 九 条 第 一 項 の 規 定 により 置 かれた 理 事 をいう )は 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 所 管 行 政 庁 に 対 し 当 該 区 分 所 有 建 築 物 について 耐 震 改 修 を 行 う 必 要 がある 旨 の 認 定 を 申 請 することができる 2 所 管 行 政 庁 は 前 項 の 申 請 があった 場 合 において 当 該 申 請 に 係 る 区 分 所 有 建 築 物 が 地 震 に 対 する 安 全 上 耐 震 関 係 規 定 に 準 ずるものとして 国 土 交 通 大 臣 が 定 める 基 準 に 適 合 して いないと 認 めるときは その 旨 の 認 定 をすることができる 3 前 項 の 認 定 を 受 けた 区 分 所 有 建 築 物 ( 以 下 要 耐 震 改 修 認 定 建 築 物 という )の 耐 震 改 修 が 建 物 の 区 分 所 有 等 に 関 する 法 律 第 十 七 条 第 一 項 に 規 定 する 共 用 部 分 の 変 更 に 該 当 する 場 合 における 同 項 の 規 定 の 適 用 については 同 項 中 区 分 所 有 者 及 び 議 決 権 の 各 四 分 の 三 以 上 の 多 数 による 集 会 の 決 議 とあるのは 集 会 の 決 議 とし 同 項 ただし 書 の 規 定 は 適 用 しない ( 要 耐 震 改 修 認 定 建 築 物 の 区 分 所 有 者 の 耐 震 改 修 の 努 力 ) 第 二 十 六 条 要 耐 震 改 修 認 定 建 築 物 の 区 分 所 有 者 は 当 該 要 耐 震 改 修 認 定 建 築 物 について 耐 震 改 修 を 行 うよう 努 めなければならない ( 要 耐 震 改 修 認 定 建 築 物 の 耐 震 改 修 に 係 る 指 導 及 び 助 言 並 びに 指 示 等 ) - 8 -

11 第 二 十 七 条 所 管 行 政 庁 は 要 耐 震 改 修 認 定 建 築 物 の 区 分 所 有 者 に 対 し 技 術 指 針 事 項 を 勘 案 して 要 耐 震 改 修 認 定 建 築 物 の 耐 震 改 修 について 必 要 な 指 導 及 び 助 言 をすることができ る 2 所 管 行 政 庁 は 要 耐 震 改 修 認 定 建 築 物 について 必 要 な 耐 震 改 修 が 行 われていないと 認 め るときは 要 耐 震 改 修 認 定 建 築 物 の 区 分 所 有 者 に 対 し 技 術 指 針 事 項 を 勘 案 して 必 要 な 指 示 をすることができる 3 所 管 行 政 庁 は 前 項 の 規 定 による 指 示 を 受 けた 要 耐 震 改 修 認 定 建 築 物 の 区 分 所 有 者 が 正 当 な 理 由 がなく その 指 示 に 従 わなかったときは その 旨 を 公 表 することができる 4 所 管 行 政 庁 は 前 二 項 の 規 定 の 施 行 に 必 要 な 限 度 において 政 令 で 定 めるところにより 要 耐 震 改 修 認 定 建 築 物 の 区 分 所 有 者 に 対 し 要 耐 震 改 修 認 定 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 事 項 に 関 し 報 告 させ 又 はその 職 員 に 要 耐 震 改 修 認 定 建 築 物 要 耐 震 改 修 認 定 建 築 物 の 敷 地 若 しくは 要 耐 震 改 修 認 定 建 築 物 の 工 事 現 場 に 立 ち 入 り 要 耐 震 改 修 認 定 建 築 物 要 耐 震 改 修 認 定 建 築 物 の 敷 地 建 築 設 備 建 築 材 料 書 類 その 他 の 物 件 を 検 査 させること ができる 5 第 十 三 条 第 一 項 ただし 書 第 二 項 及 び 第 三 項 の 規 定 は 前 項 の 規 定 による 立 入 検 査 につ いて 準 用 する 第 七 章 建 築 物 の 耐 震 改 修 に 係 る 特 例 ( 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 の 入 居 者 の 資 格 に 係 る 認 定 の 基 準 の 特 例 ) 第 二 十 八 条 第 五 条 第 三 項 第 四 号 の 規 定 により 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 の 特 定 入 居 者 に 対 する 賃 貸 に 関 する 事 項 を 記 載 した 都 道 府 県 の 区 域 内 において 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 法 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 認 定 事 業 者 は 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 の 全 部 又 は 一 部 について 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 法 第 三 条 第 四 号 に 規 定 する 資 格 を 有 する 入 居 者 を 国 土 交 通 省 令 で 定 める 期 間 以 上 確 保 することができないときは 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 法 の 規 定 にかかわ らず 都 道 府 県 知 事 ( 市 の 区 域 内 にあっては 当 該 市 の 長 第 三 項 において 同 じ )の 承 認 を 受 けて その 全 部 又 は 一 部 を 特 定 入 居 者 に 賃 貸 することができる 2 前 項 の 規 定 により 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 の 全 部 又 は 一 部 を 賃 貸 する 場 合 においては 当 該 賃 貸 借 を 借 地 借 家 法 ( 平 成 三 年 法 律 第 九 十 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 の 規 定 による 建 物 の 賃 貸 借 ( 国 土 交 通 省 令 で 定 める 期 間 を 上 回 らない 期 間 を 定 めたものに 限 る )としなければ ならない 3 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 法 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 認 定 事 業 者 が 第 一 項 の 規 定 による 都 道 府 県 知 事 の 承 認 を 受 けた 場 合 における 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 法 第 十 一 条 第 一 項 の 規 定 の 適 用 に ついては 同 項 中 処 分 とあるのは 処 分 又 は 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 七 年 法 律 第 百 二 十 三 号 ) 第 二 十 八 条 第 二 項 の 規 定 とする ( 機 構 の 業 務 の 特 例 ) 第 二 十 九 条 第 五 条 第 三 項 第 五 号 の 規 定 により 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 機 構 による 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 事 項 を 記 載 した 都 道 府 県 の 区 域 内 において 機 構 は 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 法 ( 平 成 十 五 年 法 律 第 百 号 ) 第 十 一 条 に 規 定 する 業 務 のほか 委 託 に 基 づき 政 令 で 定 める 建 築 物 ( 同 条 第 三 項 第 二 号 の 住 宅 又 は 同 項 第 四 号 の 施 設 であるものに 限 る )の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 業 務 を 行 うことができる ( 公 社 の 業 務 の 特 例 ) 第 三 十 条 第 五 条 第 三 項 第 五 号 の 規 定 により 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 公 社 による 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 事 項 を 記 載 した 都 道 府 県 の 区 域 内 において 公 社 は 地 方 住 宅 供 給 公 社 法 ( 昭 和 四 十 年 法 律 第 百 二 十 四 号 ) 第 二 十 一 条 に 規 定 する 業 務 のほか 委 託 により 住 宅 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 並 びに 市 街 地 において 自 ら 又 は 委 託 に より 行 った 住 宅 の 建 設 と 一 体 として 建 設 した 商 店 事 務 所 等 の 用 に 供 する 建 築 物 及 び 集 団 住 宅 の 存 する 団 地 の 居 住 者 の 利 便 に 供 する 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 業 務 を 行 うこ とができる 2 前 項 の 規 定 により 公 社 の 業 務 が 行 われる 場 合 には 地 方 住 宅 供 給 公 社 法 第 四 十 九 条 第 三 号 中 第 二 十 一 条 に 規 定 する 業 務 とあるのは 第 二 十 一 条 に 規 定 する 業 務 及 び 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 七 年 法 律 第 百 二 十 三 号 ) 第 三 十 条 第 一 項 に 規 定 す る 業 務 とする ( 独 立 行 政 法 人 住 宅 金 融 支 援 機 構 の 資 金 の 貸 付 けについての 配 慮 ) - 9 -

12 第 三 十 一 条 独 立 行 政 法 人 住 宅 金 融 支 援 機 構 は 法 令 及 びその 事 業 計 画 の 範 囲 内 において 計 画 認 定 建 築 物 である 住 宅 の 耐 震 改 修 が 円 滑 に 行 われるよう 必 要 な 資 金 の 貸 付 けについ て 配 慮 するものとする 第 八 章 耐 震 改 修 支 援 センター ( 耐 震 改 修 支 援 センター) 第 三 十 二 条 国 土 交 通 大 臣 は 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 を 支 援 することを 目 的 とする 一 般 社 団 法 人 又 は 一 般 財 団 法 人 その 他 営 利 を 目 的 としない 法 人 であって 第 三 十 四 条 に 規 定 する 業 務 ( 以 下 支 援 業 務 という )に 関 し 次 に 掲 げる 基 準 に 適 合 すると 認 め られるものを その 申 請 により 耐 震 改 修 支 援 センター( 以 下 センター という )と して 指 定 することができる 一 職 員 支 援 業 務 の 実 施 の 方 法 その 他 の 事 項 についての 支 援 業 務 の 実 施 に 関 する 計 画 が 支 援 業 務 の 適 確 な 実 施 のために 適 切 なものであること 二 前 号 の 支 援 業 務 の 実 施 に 関 する 計 画 を 適 確 に 実 施 するに 足 りる 経 理 的 及 び 技 術 的 な 基 礎 を 有 するものであること 三 役 員 又 は 職 員 の 構 成 が 支 援 業 務 の 公 正 な 実 施 に 支 障 を 及 ぼすおそれがないものであ ること 四 支 援 業 務 以 外 の 業 務 を 行 っている 場 合 には その 業 務 を 行 うことによって 支 援 業 務 の 公 正 な 実 施 に 支 障 を 及 ぼすおそれがないものであること 五 前 各 号 に 定 めるもののほか 支 援 業 務 を 公 正 かつ 適 確 に 行 うことができるものである こと ( 指 定 の 公 示 等 ) 第 三 十 三 条 国 土 交 通 大 臣 は 前 条 の 規 定 による 指 定 ( 以 下 単 に 指 定 という )をした ときは センターの 名 称 及 び 住 所 並 びに 支 援 業 務 を 行 う 事 務 所 の 所 在 地 を 公 示 しなければ ならない 2 センターは その 名 称 若 しくは 住 所 又 は 支 援 業 務 を 行 う 事 務 所 の 所 在 地 を 変 更 しようと するときは 変 更 しようとする 日 の 二 週 間 前 までに その 旨 を 国 土 交 通 大 臣 に 届 け 出 なけ ればならない 3 国 土 交 通 大 臣 は 前 項 の 規 定 による 届 出 があったときは その 旨 を 公 示 しなければなら ない ( 業 務 ) 第 三 十 四 条 センターは 次 に 掲 げる 業 務 を 行 うものとする 一 認 定 事 業 者 が 行 う 計 画 認 定 建 築 物 である 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 及 び 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 耐 震 改 修 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 けを 行 った 国 土 交 通 省 令 で 定 める 金 融 機 関 の 要 請 に 基 づき 当 該 貸 付 けに 係 る 債 務 の 保 証 をすること 二 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 に 関 する 情 報 及 び 資 料 の 収 集 整 理 及 び 提 供 を 行 うこ と 三 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 に 関 する 調 査 及 び 研 究 を 行 うこと 四 前 三 号 に 掲 げる 業 務 に 附 帯 する 業 務 を 行 うこと ( 業 務 の 委 託 ) 第 三 十 五 条 センターは 国 土 交 通 大 臣 の 認 可 を 受 けて 前 条 第 一 号 に 掲 げる 業 務 ( 以 下 債 務 保 証 業 務 という )のうち 債 務 の 保 証 の 決 定 以 外 の 業 務 の 全 部 又 は 一 部 を 金 融 機 関 そ の 他 の 者 に 委 託 することができる 2 金 融 機 関 は 他 の 法 律 の 規 定 にかかわらず 前 項 の 規 定 による 委 託 を 受 け 当 該 業 務 を 行 うことができる ( 債 務 保 証 業 務 規 程 ) 第 三 十 六 条 センターは 債 務 保 証 業 務 に 関 する 規 程 ( 以 下 債 務 保 証 業 務 規 程 という ) を 定 め 国 土 交 通 大 臣 の 認 可 を 受 けなければならない これを 変 更 しようとするときも 同 様 とする 2 債 務 保 証 業 務 規 程 で 定 めるべき 事 項 は 国 土 交 通 省 令 で 定 める 3 国 土 交 通 大 臣 は 第 一 項 の 認 可 をした 債 務 保 証 業 務 規 程 が 債 務 保 証 業 務 の 公 正 かつ 適 確 な 実 施 上 不 適 当 となったと 認 めるときは その 債 務 保 証 業 務 規 程 を 変 更 すべきことを 命 ず ることができる

13 ( 事 業 計 画 等 ) 第 三 十 七 条 センターは 毎 事 業 年 度 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 支 援 業 務 に 係 る 事 業 計 画 及 び 収 支 予 算 を 作 成 し 当 該 事 業 年 度 の 開 始 前 に( 指 定 を 受 けた 日 の 属 する 事 業 年 度 にあっては その 指 定 を 受 けた 後 遅 滞 なく) 国 土 交 通 大 臣 の 認 可 を 受 けなければ ならない これを 変 更 しようとするときも 同 様 とする 2 センターは 毎 事 業 年 度 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 支 援 業 務 に 係 る 事 業 報 告 書 及 び 収 支 決 算 書 を 作 成 し 当 該 事 業 年 度 経 過 後 三 月 以 内 に 国 土 交 通 大 臣 に 提 出 しな ければならない ( 区 分 経 理 ) 第 三 十 八 条 センターは 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 次 に 掲 げる 業 務 ごとに 経 理 を 区 分 して 整 理 しなければならない 一 債 務 保 証 業 務 及 びこれに 附 帯 する 業 務 二 第 三 十 四 条 第 二 号 及 び 第 三 号 に 掲 げる 業 務 並 びにこれらに 附 帯 する 業 務 ( 帳 簿 の 備 付 け 等 ) 第 三 十 九 条 センターは 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 支 援 業 務 に 関 する 事 項 で 国 土 交 通 省 令 で 定 めるものを 記 載 した 帳 簿 を 備 え 付 け これを 保 存 しなければならない 2 前 項 に 定 めるもののほか センターは 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところにより 支 援 業 務 に 関 する 書 類 で 国 土 交 通 省 令 で 定 めるものを 保 存 しなければならない ( 監 督 命 令 ) 第 四 十 条 国 土 交 通 大 臣 は 支 援 業 務 の 公 正 かつ 適 確 な 実 施 を 確 保 するため 必 要 があると 認 めるときは センターに 対 し 支 援 業 務 に 関 し 監 督 上 必 要 な 命 令 をすることができる (センターに 係 る 報 告 検 査 等 ) 第 四 十 一 条 国 土 交 通 大 臣 は 支 援 業 務 の 公 正 かつ 適 確 な 実 施 を 確 保 するため 必 要 があると 認 めるときは センターに 対 し 支 援 業 務 若 しくは 資 産 の 状 況 に 関 し 必 要 な 報 告 を 求 め 又 はその 職 員 に センターの 事 務 所 に 立 ち 入 り 支 援 業 務 の 状 況 若 しくは 帳 簿 書 類 その 他 の 物 件 を 検 査 させ 若 しくは 関 係 者 に 質 問 させることができる 2 前 項 の 規 定 により 立 入 検 査 をする 職 員 は その 身 分 を 示 す 証 明 書 を 携 帯 し 関 係 者 に 提 示 しなければならない 3 第 一 項 の 規 定 による 立 入 検 査 の 権 限 は 犯 罪 捜 査 のために 認 められたものと 解 釈 しては ならない ( 指 定 の 取 消 し 等 ) 第 四 十 二 条 国 土 交 通 大 臣 は センターが 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは その 指 定 を 取 り 消 すことができる 一 第 三 十 三 条 第 二 項 又 は 第 三 十 七 条 から 第 三 十 九 条 までの 規 定 のいずれかに 違 反 した とき 二 第 三 十 六 条 第 一 項 の 認 可 を 受 けた 債 務 保 証 業 務 規 程 によらないで 債 務 保 証 業 務 を 行 ったとき 三 第 三 十 六 条 第 三 項 又 は 第 四 十 条 の 規 定 による 命 令 に 違 反 したとき 四 第 三 十 二 条 各 号 に 掲 げる 基 準 に 適 合 していないと 認 めるとき 五 センター 又 はその 役 員 が 支 援 業 務 に 関 し 著 しく 不 適 当 な 行 為 をしたとき 六 不 正 な 手 段 により 指 定 を 受 けたとき 2 国 土 交 通 大 臣 は 前 項 の 規 定 により 指 定 を 取 り 消 したときは その 旨 を 公 示 しなければ ならない 第 九 章 罰 則 第 四 十 三 条 第 八 条 第 一 項 の 規 定 による 命 令 に 違 反 した 者 は 百 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 する 第 四 十 四 条 第 十 三 条 第 一 項 第 十 五 条 第 四 項 又 は 第 二 十 七 条 第 四 項 の 規 定 による 報 告 をせ ず 若 しくは 虚 偽 の 報 告 をし 又 はこれらの 規 定 による 検 査 を 拒 み 妨 げ 若 しくは 忌 避 した 者 は 五 十 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 する 第 四 十 五 条 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 は 三 十 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 する 一 第 十 九 条 第 二 十 四 条 第 一 項 又 は 第 四 十 一 条 第 一 項 の 規 定 による 報 告 をせず 又 は 虚 偽 の 報 告 をした 者 二 第 二 十 二 条 第 四 項 の 規 定 に 違 反 して 表 示 を 付 した 者

14 三 第 二 十 四 条 第 一 項 又 は 第 四 十 一 条 第 一 項 の 規 定 による 検 査 を 拒 み 妨 げ 又 は 忌 避 し た 者 四 第 三 十 九 条 第 一 項 の 規 定 に 違 反 して 帳 簿 を 備 え 付 けず 帳 簿 に 記 載 せず 若 しくは 帳 簿 に 虚 偽 の 記 載 をし 又 は 帳 簿 を 保 存 しなかった 者 五 第 三 十 九 条 第 二 項 の 規 定 に 違 反 した 者 六 第 四 十 一 条 第 一 項 の 規 定 による 質 問 に 対 して 答 弁 せず 又 は 虚 偽 の 答 弁 をした 者 第 四 十 六 条 法 人 の 代 表 者 又 は 法 人 若 しくは 人 の 代 理 人 使 用 人 その 他 の 従 業 者 が その 法 人 又 は 人 の 業 務 に 関 し 前 三 条 の 違 反 行 為 をしたときは 行 為 者 を 罰 するほか その 法 人 又 は 人 に 対 しても 各 本 条 の 刑 を 科 する 附 則 抄 ( 施 行 期 日 ) 第 一 条 この 法 律 は 公 布 の 日 から 起 算 して 三 月 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 める 日 から 施 行 する ( 機 構 の 業 務 の 特 例 に 係 る 委 託 契 約 を 締 結 する 期 限 ) 第 二 条 第 二 十 九 条 の 規 定 により 機 構 が 委 託 に 基 づき 行 う 業 務 は 当 該 委 託 に 係 る 契 約 が 平 成 二 十 七 年 十 二 月 三 十 一 日 までに 締 結 される 場 合 に 限 り 行 うことができる ( 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 の 所 有 者 の 義 務 等 ) 第 三 条 次 に 掲 げる 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 であって その 地 震 に 対 する 安 全 性 を 緊 急 に 確 か める 必 要 がある 大 規 模 なものとして 政 令 で 定 めるもの( 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 であっ て 当 該 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 に 係 る 第 七 条 各 号 に 定 める 期 限 が 平 成 二 十 七 年 十 二 月 三 十 日 以 前 であるものを 除 く 以 下 この 条 において 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 という ) の 所 有 者 は 当 該 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 について 国 土 交 通 省 令 で 定 めるところに より 耐 震 診 断 を 行 い その 結 果 を 同 月 三 十 一 日 までに 所 管 行 政 庁 に 報 告 しなければなら ない 一 病 院 劇 場 観 覧 場 集 会 場 展 示 場 百 貨 店 その 他 不 特 定 かつ 多 数 の 者 が 利 用 する 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 二 小 学 校 老 人 ホームその 他 地 震 の 際 の 避 難 確 保 上 特 に 配 慮 を 要 する 者 が 主 として 利 用 する 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 三 第 十 四 条 第 二 号 に 掲 げる 建 築 物 である 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 2 第 七 条 から 第 十 三 条 までの 規 定 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 である 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 であるものについて 第 十 四 条 及 び 第 十 五 条 の 規 定 は 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 については 適 用 しない 3 第 八 条 第 九 条 及 び 第 十 一 条 から 第 十 三 条 までの 規 定 は 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 について 準 用 する この 場 合 において 第 八 条 第 一 項 中 前 条 とあり 並 びに 第 九 条 及 び 第 十 三 条 第 一 項 中 第 七 条 とあるのは 附 則 第 三 条 第 一 項 と 第 九 条 中 前 条 第 三 項 とあるのは 同 条 第 三 項 において 準 用 する 前 条 第 三 項 と 第 十 三 条 第 一 項 中 第 八 条 第 一 項 とあるのは 附 則 第 三 条 第 三 項 において 準 用 する 第 八 条 第 一 項 と 読 み 替 える ものとする 4 前 項 において 準 用 する 第 八 条 第 一 項 の 規 定 による 命 令 に 違 反 した 者 は 百 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 する 5 第 三 項 において 準 用 する 第 十 三 条 第 一 項 の 規 定 による 報 告 をせず 若 しくは 虚 偽 の 報 告 をし 又 は 同 項 の 規 定 による 検 査 を 拒 み 妨 げ 若 しくは 忌 避 した 者 は 五 十 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 する 6 法 人 の 代 表 者 又 は 法 人 若 しくは 人 の 代 理 人 使 用 人 その 他 の 従 業 者 が その 法 人 又 は 人 の 業 務 に 関 し 前 二 項 の 違 反 行 為 をしたときは 行 為 者 を 罰 するほか その 法 人 又 は 人 に 対 しても 当 該 各 項 の 刑 を 科 する 附 則 ( 以 下 略 )

15 (2) 基 本 方 針 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 18 年 1 月 25 日 国 土 交 通 省 告 示 第 184 号 最 終 改 正 : 平 成 28 年 3 月 25 日 国 土 交 通 省 告 示 第 529 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われた このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり さらにこの 約 九 割 の 四 千 八 百 三 十 一 人 が 住 宅 建 築 物 の 倒 壊 等 によるものであった この 教 訓 を 踏 まえて 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という )が 制 定 された しかし 近 年 平 成 十 六 年 十 月 の 新 潟 県 中 越 地 震 平 成 十 七 年 三 月 の 福 岡 県 西 方 沖 地 震 平 成 二 十 年 六 月 の 岩 手 宮 城 内 陸 地 震 など 大 地 震 が 頻 発 しており 特 に 平 成 二 十 三 年 三 月 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は これまでの 想 定 をはるかに 超 える 巨 大 な 地 震 津 波 により 一 度 の 災 害 で 戦 後 最 大 の 人 命 が 失 われるなど 甚 大 な 被 害 をもたらした また 東 日 本 大 震 災 にお いては 津 波 による 沿 岸 部 の 建 築 物 の 被 害 が 圧 倒 的 であったが 内 陸 市 町 村 においても 建 築 物 に 大 きな 被 害 が 発 生 した このように 我 が 国 において 大 地 震 はいつどこで 発 生 しても おかしくない 状 況 にあるとの 認 識 が 広 がっている さらに 南 海 トラフ 地 震 日 本 海 溝 千 島 海 溝 周 辺 海 溝 型 地 震 及 び 首 都 直 下 地 震 について は 発 生 の 切 迫 性 が 指 摘 され ひとたび 地 震 が 発 生 すると 被 害 は 甚 大 なものと 想 定 されてお り 特 に 南 海 トラフ 巨 大 地 震 については 東 日 本 大 震 災 を 上 回 る 被 害 が 想 定 されている 建 築 物 の 耐 震 改 修 については 建 築 物 の 耐 震 化 緊 急 対 策 方 針 ( 平 成 十 七 年 九 月 中 央 防 災 会 議 決 定 )において 全 国 的 に 取 り 組 むべき 社 会 全 体 の 国 家 的 な 緊 急 課 題 とされるととも に 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 基 本 計 画 ( 平 成 二 十 六 年 三 月 中 央 防 災 会 議 決 定 )において 十 年 後 に 死 者 数 を 概 ね 八 割 建 築 物 の 全 壊 棟 数 を 概 ね 五 割 被 害 想 定 から 減 少 させるという 目 標 の 達 成 のため 重 点 的 に 取 り 組 むべきものとして 位 置 づけられているところである ま た 首 都 直 下 地 震 緊 急 対 策 推 進 基 本 計 画 ( 平 成 二 十 七 年 三 月 閣 議 決 定 )においては 十 年 後 に 死 者 数 及 び 建 築 物 の 全 壊 棟 数 を 被 害 想 定 から 半 減 させるという 目 標 の 達 成 のため あらゆ る 対 策 の 大 前 提 として 強 力 に 推 進 すべきものとして 位 置 づけられているところである 特 に 切 迫 性 の 高 い 地 震 については 発 生 までの 時 間 が 限 られていることから 効 果 的 かつ 効 率 的 に 建 築 物 の 耐 震 改 修 等 を 実 施 することが 求 められている この 告 示 は このような 認 識 の 下 に 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るため 基 本 的 な 方 針 を 定 めるものである 一 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 基 本 的 な 事 項 1 国 地 方 公 共 団 体 所 有 者 等 の 役 割 分 担 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 のためには まず 住 宅 建 築 物 の 所 有 者 等 が 地 域 防 災 対 策 を 自 らの 問 題 地 域 の 問 題 として 意 識 して 取 り 組 むことが 不 可 欠 である 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は こうした 所 有 者 等 の 取 組 をできる 限 り 支 援 するという 観 点 から 所 有 者 等 にとって 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 を 行 いやすい 環 境 の 整 備 や 負 担 軽 減 のための 制 度 の 構 築 など 必 要 な 施 策 を 講 じ 耐 震 改 修 の 実 施 の 阻 害 要 因 となっている 課 題 を 解 決 してい くべきである 2 公 共 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 公 共 建 築 物 については 災 害 時 には 学 校 は 避 難 場 所 等 として 活 用 され 病 院 では 災 害 による 負 傷 者 の 治 療 が 国 及 び 地 方 公 共 団 体 の 庁 舎 では 被 害 情 報 収 集 や 災 害 対 策 指 示 が 行 われるなど 多 くの 公 共 建 築 物 が 応 急 活 動 の 拠 点 として 活 用 される このため 平 常 時 の 利 用 者 の 安 全 確 保 だけでなく 災 害 時 の 拠 点 施 設 としての 機 能 確 保 の 観 点 からも 公 共 建 築 物 の 耐 震 性 確 保 が 求 められるとの 認 識 のもと 強 力 に 公 共 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 に 取 り 組 むべきである 具 体 的 には 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 各 施 設 の 耐 震 診 断 を 速 や かに 行 い 耐 震 性 に 係 るリストを 作 成 及 び 公 表 するとともに 整 備 目 標 及 び 整 備 プログ ラムの 策 定 等 を 行 い 計 画 的 かつ 重 点 的 な 耐 震 化 の 促 進 に 積 極 的 に 取 り 組 むべきである また 公 共 建 築 物 について 法 第 二 十 二 条 第 三 項 の 規 定 に 基 づく 表 示 を 積 極 的 に 活 用 すべきである 3 法 に 基 づく 指 導 等 の 実 施 所 管 行 政 庁 は 法 に 基 づく 指 導 等 を 次 のイからハまでに 掲 げる 建 築 物 の 区 分 に 応 じ それぞれ 当 該 イからハまでに 定 める 措 置 を 適 切 に 実 施 すべきである

16 イ 耐 震 診 断 義 務 付 け 対 象 建 築 物 法 第 七 条 に 規 定 する 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 及 び 法 附 則 第 三 条 第 一 項 に 規 定 する 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 ( 以 下 耐 震 診 断 義 務 付 け 対 象 建 築 物 という )につい ては 所 管 行 政 庁 は その 所 有 者 に 対 して 所 有 する 建 築 物 が 耐 震 診 断 の 実 施 及 び 耐 震 診 断 の 結 果 の 報 告 義 務 の 対 象 建 築 物 となっている 旨 の 十 分 な 周 知 を 行 い その 確 実 な 実 施 を 図 るべきである また 期 限 までに 耐 震 診 断 の 結 果 を 報 告 しない 所 有 者 に 対 しては 個 別 の 通 知 等 を 行 うことにより 耐 震 診 断 結 果 の 報 告 をするように 促 し そ れでもなお 報 告 しない 場 合 にあっては 法 第 八 条 第 一 項 ( 法 附 則 第 三 条 第 三 項 におい て 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 に 基 づき 当 該 所 有 者 に 対 し 相 当 の 期 限 を 定 めて 耐 震 診 断 の 結 果 の 報 告 を 行 うべきことを 命 ずるとともに その 旨 を 公 報 ホームペー ジ 等 で 公 表 すべきである 法 第 九 条 ( 法 附 則 第 三 条 第 三 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 に 基 づく 報 告 の 内 容 の 公 表 については 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 平 成 七 年 建 設 省 令 第 二 十 八 号 以 下 規 則 という ) 第 二 十 二 条 ( 規 則 附 則 第 三 条 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 により 所 管 行 政 庁 は 当 該 報 告 の 内 容 をとりまとめた 上 で 公 表 しなければならないが 当 該 公 表 後 に 耐 震 改 修 等 により 耐 震 性 が 確 保 された 建 築 物 については 公 表 内 容 にその 旨 を 付 記 するなど 迅 速 に 耐 震 改 修 等 に 取 り 組 んだ 建 築 物 所 有 者 が 不 利 になることのないよう 営 業 上 の 競 争 環 境 等 にも 十 分 に 配 慮 し 丁 寧 な 運 用 を 行 うべきである また 所 管 行 政 庁 は 報 告 された 耐 震 診 断 の 結 果 を 踏 まえ 当 該 耐 震 診 断 義 務 付 け 対 象 建 築 物 の 所 有 者 に 対 して 法 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づく 指 導 及 び 助 言 を 実 施 するよう 努 めるとともに 指 導 に 従 わない 者 に 対 しては 同 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 必 要 な 指 示 を 行 い 正 当 な 理 由 がなく その 指 示 に 従 わなかったときは その 旨 を 公 報 ホームページ 等 を 通 じて 公 表 すべきである さらに 指 導 助 言 指 示 等 を 行 ったにもかかわらず 当 該 耐 震 診 断 義 務 付 け 対 象 建 築 物 の 所 有 者 が 必 要 な 対 策 をとらなかった 場 合 には 所 管 行 政 庁 は 構 造 耐 力 上 主 要 な 部 分 の 地 震 に 対 する 安 全 性 について 著 しく 保 安 上 危 険 であると 認 められる 建 築 物 ( 別 添 の 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 について 技 術 上 の 指 針 となるべき 事 項 ( 以 下 技 術 指 針 事 項 という ) 第 一 第 一 号 又 は 第 二 号 の 規 定 により 構 造 耐 力 上 主 要 な 部 分 の 地 震 に 対 する 安 全 性 を 評 価 した 結 果 地 震 の 震 動 及 び 衝 撃 に 対 して 倒 壊 し 又 は 崩 壊 する 危 険 性 が 高 いと 判 断 された 建 築 物 をいう 以 下 同 じ )については 速 やか に 建 築 基 準 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 二 百 一 号 ) 第 十 条 第 三 項 の 規 定 に 基 づく 命 令 を 損 傷 腐 食 その 他 の 劣 化 が 進 み そのまま 放 置 すれば 著 しく 保 安 上 危 険 となるおそれ があると 認 められる 建 築 物 については 同 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づく 勧 告 や 同 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づく 命 令 を 行 うべきである ロ 指 示 対 象 建 築 物 法 第 十 五 条 第 二 項 に 規 定 する 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 ( 以 下 指 示 対 象 建 築 物 という )については 所 管 行 政 庁 は その 所 有 者 に 対 して 所 有 する 建 築 物 が 指 示 対 象 建 築 物 である 旨 の 周 知 を 図 るとともに 同 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づく 指 導 及 び 助 言 を 実 施 するよう 努 め 指 導 に 従 わない 者 に 対 しては 同 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 必 要 な 指 示 を 行 い 正 当 な 理 由 がなく その 指 示 に 従 わなかったときは その 旨 を 公 報 ホー ムページ 等 を 通 じて 公 表 すべきである また 指 導 助 言 指 示 等 を 行 ったにもかかわらず 当 該 指 示 対 象 建 築 物 の 所 有 者 が 必 要 な 対 策 をとらなかった 場 合 には 所 管 行 政 庁 は 構 造 耐 力 上 主 要 な 部 分 の 地 震 に 対 する 安 全 性 について 著 しく 保 安 上 危 険 であると 認 められる 建 築 物 については 速 や かに 建 築 基 準 法 第 十 条 第 三 項 の 規 定 に 基 づく 命 令 を 損 傷 腐 食 その 他 の 劣 化 が 進 み そのまま 放 置 すれば 著 しく 保 安 上 危 険 となるおそれがあると 認 められる 建 築 物 につい ては 同 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づく 勧 告 や 同 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づく 命 令 を 行 うべきで ある ハ 指 導 助 言 対 象 建 築 物 法 第 十 四 条 に 規 定 する 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 ( 指 示 対 象 建 築 物 を 除 く )につい ては 所 管 行 政 庁 は その 所 有 者 に 対 して 法 第 十 五 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づく 指 導 及

17 び 助 言 を 実 施 するよう 努 めるべきである また 法 第 十 六 条 第 一 項 に 規 定 する 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 についても 所 管 行 政 庁 は その 所 有 者 に 対 して 同 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づく 指 導 及 び 助 言 を 実 施 するよう 努 めるべきである 4 計 画 の 認 定 等 による 耐 震 改 修 の 促 進 所 管 行 政 庁 は 法 第 十 七 条 第 三 項 の 計 画 の 認 定 法 第 二 十 二 条 第 二 項 の 認 定 法 第 二 十 五 条 第 二 項 の 認 定 について 適 切 かつ 速 やかな 認 定 が 行 われるよう 努 めるべきである 国 は これらの 認 定 について 所 管 行 政 庁 による 適 切 かつ 速 やかな 認 定 が 行 われるよ う 必 要 な 助 言 情 報 提 供 等 を 行 うこととする 5 所 有 者 等 の 費 用 負 担 の 軽 減 等 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 は 建 築 物 の 状 況 や 工 事 の 内 容 により 様 々である が 相 当 の 費 用 を 要 することから 所 有 者 等 の 費 用 負 担 の 軽 減 を 図 ることが 課 題 となっ ている このため 地 方 公 共 団 体 は 所 有 者 等 に 対 する 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 に 係 る 助 成 制 度 等 の 整 備 や 耐 震 改 修 促 進 税 制 の 普 及 に 努 め 密 集 市 街 地 や 緊 急 輸 送 道 路 避 難 路 沿 いの 建 築 物 の 耐 震 化 を 促 進 するなど 重 点 的 な 取 組 を 行 うことが 望 ましい 特 に 耐 震 診 断 義 務 付 け 対 象 建 築 物 については 早 急 な 耐 震 診 断 の 実 施 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 が 求 め られることから 特 に 重 点 的 な 予 算 措 置 が 講 じられることが 望 ましい 国 は 地 方 公 共 団 体 に 対 し 必 要 な 助 言 補 助 交 付 金 税 の 優 遇 措 置 等 の 制 度 に 係 る 情 報 提 供 等 を 行 うこととする また 法 第 三 十 二 条 の 規 定 に 基 づき 指 定 された 耐 震 改 修 支 援 センター( 以 下 センタ ー という )が 債 務 保 証 業 務 情 報 提 供 業 務 等 を 行 うこととしているが 国 は センタ ーを 指 定 した 場 合 においては センターの 業 務 が 適 切 に 運 用 されるよう センターに 対 して 必 要 な 指 導 等 を 行 うとともに 都 道 府 県 に 対 し 必 要 な 情 報 提 供 等 を 行 うこととす る さらに 所 有 者 等 が 耐 震 改 修 工 事 を 行 う 際 に 仮 住 居 の 確 保 が 必 要 となる 場 合 について は 地 方 公 共 団 体 が 公 共 賃 貸 住 宅 の 空 家 の 紹 介 等 に 努 めることが 望 ましい 6 相 談 体 制 の 整 備 及 び 情 報 提 供 の 充 実 近 年 悪 質 なリフォーム 工 事 詐 欺 による 被 害 が 社 会 問 題 となっており 住 宅 建 築 物 の 所 有 者 等 が 安 心 して 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 を 実 施 できる 環 境 整 備 が 重 要 な 課 題 となっ ている 特 に どの 事 業 者 に 頼 めばよいか 工 事 費 用 は 適 正 か 工 事 内 容 は 適 切 か 改 修 の 効 果 はあるのか 等 の 不 安 に 対 応 する 必 要 がある このため 国 は センター 等 と 連 携 し 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 に 関 する 相 談 窓 口 を 設 置 するとともに 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 が 可 能 な 建 築 士 及 び 事 業 者 の 一 覧 や 耐 震 改 修 工 法 の 選 択 や 耐 震 診 断 耐 震 改 修 費 用 の 判 断 の 参 考 となる 事 例 集 を 作 成 し ホームページ 等 で 公 表 を 行 い 併 せて 地 方 公 共 団 体 に 対 し 必 要 な 助 言 情 報 提 供 等 を 行 うこととする また 全 て の 市 町 村 は 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 に 関 する 相 談 窓 口 を 設 置 するよう 努 めるべきである とともに 地 方 公 共 団 体 は センター 等 と 連 携 し 先 進 的 な 取 組 事 例 耐 震 改 修 事 例 一 般 的 な 工 事 費 用 専 門 家 事 業 者 情 報 助 成 制 度 概 要 等 について 情 報 提 供 の 充 実 を 図 ることが 望 ましい 7 専 門 家 事 業 者 の 育 成 及 び 技 術 開 発 適 切 な 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 が 行 われるためには 専 門 家 事 業 者 が 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 について 必 要 な 知 識 技 術 等 の 更 なる 習 得 に 努 め 資 質 の 向 上 を 図 ることが 望 ま しい 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は センター 等 の 協 力 を 得 て 講 習 会 や 研 修 会 の 開 催 受 講 者 の 登 録 紹 介 制 度 の 整 備 等 に 努 めるものとする 特 に 耐 震 診 断 義 務 付 け 対 象 建 築 物 の 耐 震 診 断 が 円 滑 に 行 われるよう 国 は 登 録 資 格 者 講 習 ( 規 則 第 五 条 に 規 定 する 登 録 資 格 者 講 習 をいう 以 下 同 じ )の 十 分 な 頻 度 による 実 施 建 築 士 による 登 録 資 格 者 講 習 の 受 講 の 促 進 のための 情 報 提 供 の 充 実 を 図 るものとする また 簡 易 な 耐 震 改 修 工 法 の 開 発 やコストダウン 等 が 促 進 されるよう 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 関 係 団 体 と 連 携 を 図 り 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 に 関 する 調 査 及 び 研 究 を 実 施 することとする 8 地 域 における 取 組 の 推 進 地 方 公 共 団 体 は 地 域 に 根 ざした 専 門 家 事 業 者 の 育 成 町 内 会 等 を 単 位 とした 地 震 防 災 対 策 への 取 組 の 推 進 NPOとの 連 携 や 地 域 における 取 組 に 対 する 支 援 地 域 ごと

18 に 関 係 団 体 等 からなる 協 議 会 の 設 置 等 を 行 うことが 考 えられる 国 は 地 方 公 共 団 体 に 対 し 必 要 な 助 言 情 報 提 供 等 を 行 うこととする 9 その 他 の 地 震 時 の 安 全 対 策 地 方 公 共 団 体 及 び 関 係 団 体 は 耐 震 改 修 と 併 せて ブロック 塀 の 倒 壊 防 止 窓 ガラス 天 井 外 壁 等 の 非 構 造 部 材 の 脱 落 防 止 対 策 についての 改 善 指 導 や 地 震 時 のエレベータ ー 内 の 閉 じ 込 め 防 止 対 策 エスカレーターの 脱 落 防 止 対 策 給 湯 設 備 の 転 倒 防 止 対 策 配 管 等 の 設 備 の 落 下 防 止 対 策 の 実 施 に 努 めるべきであり これらの 対 策 に 係 る 建 築 基 準 法 令 の 規 定 に 適 合 しない 建 築 物 で 同 法 第 三 条 第 二 項 の 適 用 を 受 けているものについて は 改 修 の 促 進 を 図 るべきである また 南 海 トラフ 沿 いの 巨 大 地 震 による 長 周 期 地 震 動 に 関 する 報 告 ( 平 成 二 十 七 年 十 二 月 )を 踏 まえて 長 周 期 地 震 動 対 策 を 推 進 すべきで ある 国 は 地 方 公 共 団 体 及 び 関 係 団 体 に 対 し 必 要 な 助 言 情 報 提 供 等 を 行 うことと する 二 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 の 設 定 に 関 する 事 項 1 建 築 物 の 耐 震 化 の 現 状 平 成 二 十 五 年 の 統 計 調 査 に 基 づき 我 が 国 の 住 宅 については 総 数 約 五 千 二 百 万 戸 のう ち 約 九 百 万 戸 ( 約 十 八 パーセント)が 耐 震 性 が 不 十 分 であり 耐 震 化 率 は 約 八 十 二 パ ーセントと 推 計 されている この 推 計 では 耐 震 性 が 不 十 分 な 住 宅 は 平 成 十 五 年 の 約 千 百 五 十 万 戸 から 十 年 間 で 約 二 百 五 十 万 戸 減 少 しているが 大 部 分 が 建 替 えによるもの であり 耐 震 改 修 によるものは 十 年 間 で 約 五 十 五 万 戸 に 過 ぎないと 推 計 されている また 法 第 十 四 条 第 一 号 に 掲 げる 建 築 物 ( 以 下 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 という ) については 約 四 十 二 万 棟 のうち 約 六 万 棟 ( 約 十 五 パーセント)が 耐 震 性 が 不 十 分 で あり 耐 震 化 率 は 約 八 十 五 パーセントと 推 計 されている 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 目 標 の 設 定 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 基 本 計 画 及 び 首 都 直 下 地 震 緊 急 対 策 推 進 基 本 計 画 住 生 活 基 本 計 画 ( 平 成 二 十 八 年 三 月 閣 議 決 定 )における 目 標 を 踏 まえ 住 宅 の 耐 震 化 率 及 び 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 の 耐 震 化 率 について 平 成 三 十 二 年 までに 少 なくとも 九 十 五 パーセントにすることを 目 標 とするとともに 平 成 三 十 七 年 までに 耐 震 性 が 不 十 分 な 住 宅 をおおむね 解 消 することを 目 標 とする 耐 震 化 率 を 九 十 五 パーセントとするためには 平 成 二 十 五 年 から 平 成 三 十 二 年 までの 間 に 少 なくとも 住 宅 の 耐 震 化 は 約 六 百 五 十 万 戸 (うち 耐 震 改 修 は 約 百 三 十 万 戸 )とす る 必 要 があり 建 替 え 促 進 を 図 るとともに 耐 震 改 修 のペースを 約 三 倍 にすることが 必 要 である また 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 の 耐 震 化 は 少 なくとも 約 四 万 棟 (うち 耐 震 改 修 は 約 三 万 棟 )とする 必 要 があり 建 替 え 促 進 を 図 るとともに 耐 震 改 修 のペースを 約 二 倍 にすることが 必 要 となる また 建 築 物 の 耐 震 化 のためには 耐 震 診 断 の 実 施 の 促 進 を 図 ることが 必 要 であり 平 成 二 十 五 年 から 平 成 三 十 二 年 までの 間 に 耐 震 化 率 の 目 標 達 成 のために 必 要 な 耐 震 改 修 の 戸 数 又 は 棟 数 と 同 程 度 の 耐 震 診 断 の 実 施 が 必 要 となると 考 えて 少 なくとも 住 宅 に ついては 約 百 三 十 万 戸 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 については 約 三 万 棟 の 耐 震 診 断 の 実 施 を 目 標 とすることとする 特 に 公 共 建 築 物 については 各 地 方 公 共 団 体 において できる 限 り 用 途 ごとに 目 標 が 設 定 されるよう 国 土 交 通 省 は 関 係 省 庁 と 連 携 を 図 り 必 要 な 助 言 情 報 提 供 を 行 うこととする 三 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 について 技 術 上 の 指 針 となるべき 事 項 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 は 既 存 の 建 築 物 について 現 行 の 耐 震 関 係 規 定 に 適 合 しているかどうかを 調 査 し これに 適 合 しない 場 合 には 適 合 させるために 必 要 な 改 修 を 行 うことが 基 本 である しかしながら 既 存 の 建 築 物 については 耐 震 関 係 規 定 に 適 合 し ていることを 詳 細 に 調 査 することや 適 合 しない 部 分 を 完 全 に 適 合 させることが 困 難 な 場 合 がある このような 場 合 には 建 築 物 の 所 有 者 等 は 技 術 指 針 事 項 に 基 づいて 耐 震 診 断 を 行 い その 結 果 に 基 づいて 必 要 な 耐 震 改 修 を 行 うべきである 四 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 に 関 する 基 本 的 な 事 項 建 築 物 の 所 有 者 等 が 地 震 防 災 対 策 を 自 らの 問 題 地 域 の 問 題 として 意 識 することがで きるよう 地 方 公 共 団 体 は 過 去 に 発 生 した 地 震 の 被 害 と 対 策 発 生 のおそれがある 地 震

19 の 概 要 と 地 震 による 危 険 性 の 程 度 等 を 記 載 した 地 図 ( 以 下 地 震 防 災 マップ という ) 建 築 物 の 耐 震 性 能 や 免 震 等 の 技 術 情 報 地 域 での 取 組 の 重 要 性 等 について 町 内 会 等 や 各 種 メディアを 活 用 して 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 を 図 ることが 考 えられる 国 は 地 方 公 共 団 体 に 対 し 必 要 な 助 言 及 び 情 報 提 供 等 を 行 うこととする また 地 方 公 共 団 体 が 適 切 な 情 報 提 供 を 行 うことができるよう 地 方 公 共 団 体 とセンタ ーとの 間 で 必 要 な 情 報 の 共 有 及 び 連 携 が 図 られることが 望 ましい 五 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 策 定 に 関 する 基 本 的 な 事 項 その 他 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 重 要 事 項 1 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 策 定 に 関 する 基 本 的 な 事 項 イ 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 都 道 府 県 は 法 第 五 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づく 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 以 下 単 に 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 という )を 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 二 十 五 年 法 律 第 二 十 号 以 下 改 正 法 という )の 施 行 後 できるだけ 速 やかに 改 定 すべきである 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 改 定 に 当 たっては 道 路 部 局 防 災 部 局 衛 生 部 局 観 光 部 局 商 工 部 局 教 育 委 員 会 等 とも 連 携 するとともに 都 道 府 県 内 の 市 町 村 の 耐 震 化 の 目 標 や 施 策 との 整 合 を 図 るため 市 町 村 と 協 議 会 を 設 置 する 等 の 取 組 を 行 いな がら 市 町 村 の 区 域 を 超 える 広 域 的 な 見 地 からの 調 整 を 図 る 必 要 がある 施 策 等 を 中 心 に 見 直 すことが 考 えられる また 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 基 づく 施 策 が 効 果 的 に 実 現 できるよう その 改 定 に 当 たっては 法 に 基 づく 指 導 助 言 指 示 等 を 行 う 所 管 行 政 庁 と 十 分 な 調 整 を 行 うべきである なお 都 道 府 県 は 耐 震 化 の 進 捗 状 況 や 新 たな 施 策 の 実 施 等 にあわせて 適 宜 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 見 直 しを 行 うことが 望 ましい ロ 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 においては 二 2の 目 標 を 踏 まえ 各 都 道 府 県 において 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 の 状 況 建 築 物 の 耐 震 化 の 現 状 等 を 勘 案 し 可 能 な 限 り 建 築 物 の 用 途 ごとに 目 標 を 定 めることが 望 ましい なお 都 道 府 県 は 定 めた 目 標 に ついて 一 定 期 間 ごとに 検 証 するべきである 特 に 耐 震 診 断 義 務 付 け 対 象 建 築 物 につ いては 早 急 に 耐 震 化 を 促 進 すべき 建 築 物 であるため 耐 震 診 断 結 果 の 報 告 を 踏 まえ 耐 震 化 の 状 況 を 検 証 するべきである また 庁 舎 病 院 学 校 等 の 公 共 建 築 物 については 関 係 部 局 と 協 力 し 今 後 速 や かに 耐 震 診 断 を 行 い その 結 果 の 公 表 に 取 り 組 むとともに 具 体 的 な 耐 震 化 の 目 標 を 設 定 すべきである さらに 重 点 化 を 図 りながら 着 実 な 耐 震 化 を 推 進 するため 都 道 府 県 は 公 共 建 築 物 に 係 る 整 備 プログラム 等 を 作 成 することが 望 ましい ハ 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 施 策 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 においては 都 道 府 県 市 町 村 建 築 物 の 所 有 者 等 との 役 割 分 担 の 考 え 方 実 施 する 事 業 の 方 針 等 基 本 的 な 取 組 方 針 について 定 めるとともに 具 体 的 な 支 援 策 の 概 要 安 心 して 耐 震 改 修 等 を 行 うことができるようにするための 環 境 整 備 地 震 時 の 総 合 的 な 安 全 対 策 に 関 する 事 業 の 概 要 等 を 定 めることが 望 ましい 法 第 五 条 第 三 項 第 一 号 の 規 定 に 基 づき 定 めるべき 公 益 上 必 要 な 建 築 物 は 地 震 時 に おける 災 害 応 急 対 策 の 拠 点 となる 施 設 や 避 難 所 となる 施 設 等 であるが 例 えば 庁 舎 病 院 学 校 の 体 育 館 等 の 公 共 建 築 物 のほか 病 院 ホテル 旅 館 福 祉 施 設 等 の 民 間 建 築 物 のうち 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 三 十 六 年 法 律 第 二 百 二 十 三 号 ) 第 二 条 第 十 号 に 規 定 する 地 域 防 災 計 画 や 防 災 に 関 する 計 画 等 において 大 規 模 な 地 震 が 発 生 した 場 合 においてその 利 用 を 確 保 することが 公 益 上 必 要 な 建 築 物 として 定 められたものについ ても 積 極 的 に 定 めることが 考 えられる なお 公 益 上 必 要 な 建 築 物 を 定 めようとす るときは 法 第 五 条 第 四 項 の 規 定 に 基 づき あらかじめ 当 該 建 築 物 の 所 有 者 等 の 意 見 を 勘 案 し 例 えば 特 別 積 合 せ 貨 物 運 送 以 外 の 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 の 用 に 供 する 施 設 である 建 築 物 等 であって 大 規 模 な 地 震 が 発 生 した 場 合 に 公 益 上 必 要 な 建 築 物 と して 実 際 に 利 用 される 見 込 みがないものまで 定 めることがないよう 留 意 するべきであ

20 る 法 第 五 条 第 三 項 第 二 号 又 は 第 三 号 の 規 定 に 基 づき 定 めるべき 道 路 は 沿 道 の 建 築 物 の 倒 壊 によって 緊 急 車 両 の 通 行 や 住 民 の 避 難 の 妨 げになるおそれがある 道 路 である が 例 えば 緊 急 輸 送 道 路 避 難 路 通 学 路 等 避 難 場 所 と 連 絡 する 道 路 その 他 密 集 市 街 地 内 の 道 路 等 を 定 めることが 考 えられる 特 に 緊 急 輸 送 道 路 のうち 市 町 村 の 区 域 を 越 えて 災 害 時 の 拠 点 施 設 を 連 絡 する 道 路 であり 災 害 時 における 多 数 の 者 の 円 滑 な 避 難 救 急 消 防 活 動 の 実 施 避 難 者 への 緊 急 物 資 の 輸 送 等 の 観 点 から 重 要 な 道 路 に ついては 沿 道 の 建 築 物 の 耐 震 化 を 図 ることが 必 要 な 道 路 として 定 めるべきである このうち 現 に 相 当 数 の 建 築 物 が 集 合 し 又 は 集 合 することが 確 実 と 見 込 まれる 地 域 を 通 過 する 道 路 公 園 等 の 重 要 な 避 難 場 所 と 連 絡 する 道 路 その 他 の 地 域 の 防 災 上 の 観 点 から 重 要 な 道 路 については 同 項 第 二 号 の 規 定 に 基 づき 早 期 に 通 行 障 害 建 築 物 の 耐 震 診 断 を 行 わせ 耐 震 化 を 図 ることが 必 要 な 道 路 として 定 めることが 考 えられる また 同 項 第 四 号 の 規 定 に 基 づく 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 に 関 する 事 項 は 法 第 二 十 八 条 の 特 例 の 適 用 の 考 え 方 等 について 定 めることが 望 ましい さらに 同 項 第 五 号 の 規 定 に 基 づく 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 又 は 地 方 住 宅 供 給 公 社 ( 以 下 機 構 等 という )による 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 事 項 は 機 構 等 が 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 を 行 う 地 域 建 築 物 の 種 類 等 について 定 めるこ とが 考 えられる なお 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 による 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 業 務 及 び 地 域 は 原 則 として 都 市 再 生 に 資 するものに 限 定 するとともに 地 域 における 民 間 事 業 者 による 業 務 を 補 完 して 行 うよう 留 意 する ニ 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 においては 個 々の 建 築 物 の 所 在 地 を 識 別 可 能 とする 程 度 に 詳 細 な 地 震 防 災 マップの 作 成 について 盛 り 込 むとともに 相 談 窓 口 の 設 置 パン フレットの 作 成 配 布 セミナー 講 習 会 の 開 催 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 に 係 る 情 報 提 供 等 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 に 係 る 事 業 について 定 めることが 望 ましい 特 に 地 震 防 災 マップの 作 成 及 び 相 談 窓 口 の 設 置 は 都 道 府 県 内 の 全 ての 市 町 村 において 措 置 さ れるよう 努 めるべきである また 地 域 における 地 震 時 の 危 険 箇 所 の 点 検 等 を 通 じて 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の ための 啓 発 活 動 や 危 険 なブロック 塀 の 改 修 撤 去 等 の 取 組 を 行 うことが 効 果 的 であり 必 要 に 応 じ 市 町 村 との 役 割 分 担 のもと 町 内 会 等 との 連 携 策 についても 定 めること が 考 えられる ホ 建 築 基 準 法 による 勧 告 又 は 命 令 等 の 実 施 法 に 基 づく 指 導 助 言 指 示 命 令 等 について 所 管 行 政 庁 は 優 先 的 に 実 施 すべ き 建 築 物 の 選 定 及 び 対 応 方 針 公 表 の 方 法 等 について 定 めることが 望 ましい また 所 管 行 政 庁 は 法 第 十 二 条 第 三 項 ( 法 附 則 第 三 条 第 三 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 又 は 法 第 十 五 条 第 三 項 の 規 定 による 公 表 を 行 ったにもかかわらず 建 築 物 の 所 有 者 が 耐 震 改 修 を 行 わない 場 合 には 建 築 基 準 法 第 十 条 第 一 項 の 規 定 による 勧 告 同 条 第 二 項 又 は 第 三 項 の 規 定 による 命 令 等 を 実 施 すべきであり その 実 施 の 考 え 方 方 法 等 について 定 めることが 望 ましい 2 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 策 定 に 関 する 基 本 的 な 事 項 イ 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 平 成 十 七 年 三 月 に 中 央 防 災 会 議 において 決 定 された 地 震 防 災 戦 略 において 東 海 地 震 及 び 東 南 海 南 海 地 震 の 被 害 を 受 けるおそれのある 地 方 公 共 団 体 については 地 域 目 標 を 定 めることが 要 請 され その 他 の 地 域 においても 減 災 目 標 を 策 定 することが 必 要 とされている こうしたことを 踏 まえ 法 第 六 条 第 一 項 において 基 礎 自 治 体 である 市 町 村 においても 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 基 づき 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 を 定 めるよう 努 めるものとされたところであり 可 能 な 限 り 全 ての 市 町 村 において 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 が 策 定 されることが 望 ましい また 改 正 法 による 改 正 前 の 法 第 五 条 第 七 項 に 基 づき 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 を 策 定 している 市 町 村 にあっては 当 該 計 画 を 改 正 法 の 施 行 後 できるだけ 速 やかに 改 定 すべきである 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 策 定 及 び 改 定 に 当 たっては 道 路 部 局 防 災 部 局 衛 生 部 局 観 光 部 局 商 工 部 局 教 育 委 員 会 等 とも 連 携 するとともに 都 道 府 県 の 耐 震 化

21 の 目 標 や 施 策 との 整 合 を 図 るため 都 道 府 県 と 協 議 会 を 設 置 する 等 の 取 組 を 行 いなが ら より 地 域 固 有 の 状 況 に 配 慮 して 作 成 することが 考 えられる また 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 基 づく 施 策 が 効 果 的 に 実 現 できるよう 法 に 基 づ く 指 導 助 言 指 示 等 を 行 う 所 管 行 政 庁 と 十 分 な 調 整 を 行 うべきである なお 市 町 村 は 耐 震 化 の 進 捗 状 況 や 新 たな 施 策 の 実 施 等 にあわせて 適 宜 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 見 直 しを 行 うことが 望 ましい ロ 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 においては 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 目 標 を 踏 まえ 各 市 町 村 において 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 の 状 況 建 築 物 の 耐 震 化 の 現 状 等 を 勘 案 し 可 能 な 限 り 建 築 物 の 用 途 ごとに 目 標 を 定 めることが 望 ましい なお 市 町 村 は 定 めた 目 標 について 一 定 期 間 ごとに 検 証 するべきである 特 に 耐 震 診 断 義 務 付 け 対 象 建 築 物 については 早 急 に 耐 震 化 を 促 進 すべき 建 築 物 であり 耐 震 診 断 の 結 果 の 報 告 を 踏 まえ 耐 震 化 の 状 況 を 検 証 するべきである また 庁 舎 病 院 学 校 等 の 公 共 建 築 物 については 関 係 部 局 と 協 力 し 今 後 速 や かに 耐 震 診 断 を 行 い その 結 果 の 公 表 に 取 り 組 むとともに 具 体 的 な 耐 震 化 の 目 標 を 設 定 すべきである さらに 重 点 化 を 図 りながら 着 実 な 耐 震 化 を 推 進 するため 市 町 村 は 公 共 建 築 物 に 係 る 整 備 プログラム 等 を 作 成 することが 望 ましい ハ 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 施 策 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 においては 都 道 府 県 市 町 村 建 築 物 の 所 有 者 等 との 役 割 分 担 の 考 え 方 実 施 する 事 業 の 方 針 等 基 本 的 な 取 組 方 針 について 定 めるとともに 具 体 的 な 支 援 策 の 概 要 安 心 して 耐 震 改 修 等 を 行 うことができるようにするための 環 境 整 備 地 震 時 の 総 合 的 な 安 全 対 策 に 関 する 事 業 の 概 要 等 を 定 めることが 望 ましい 法 第 六 条 第 三 項 第 一 号 又 は 第 二 号 の 規 定 に 基 づき 定 めるべき 道 路 は 沿 道 の 建 築 物 の 倒 壊 によって 緊 急 車 両 の 通 行 や 住 民 の 避 難 の 妨 げになるおそれがある 道 路 である が 例 えば 緊 急 輸 送 道 路 避 難 路 通 学 路 等 避 難 場 所 と 連 絡 する 道 路 その 他 密 集 市 街 地 内 の 道 路 等 を 定 めることが 考 えられる 特 に 緊 急 輸 送 道 路 のうち 市 町 村 の 区 域 内 において 災 害 時 の 拠 点 施 設 を 連 絡 する 道 路 であり 災 害 時 における 多 数 の 者 の 円 滑 な 避 難 救 急 消 防 活 動 の 実 施 避 難 者 への 緊 急 物 資 の 輸 送 等 の 観 点 から 重 要 な 道 路 については 沿 道 の 建 築 物 の 耐 震 化 を 図 ることが 必 要 な 道 路 として 定 めるべきである このうち 現 に 相 当 数 の 建 築 物 が 集 合 し 又 は 集 合 することが 確 実 と 見 込 まれる 地 域 を 通 過 する 道 路 公 園 等 の 重 要 な 避 難 場 所 と 連 絡 する 道 路 その 他 の 地 域 の 防 災 上 の 観 点 から 重 要 な 道 路 については 同 項 第 一 号 の 規 定 に 基 づき 早 期 に 沿 道 の 建 築 物 の 耐 震 化 を 図 ることが 必 要 な 道 路 として 定 めることが 考 えられる ニ 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 においては 個 々の 建 築 物 の 所 在 地 を 識 別 可 能 とする 程 度 に 詳 細 な 地 震 防 災 マップの 作 成 について 盛 り 込 むとともに 相 談 窓 口 の 設 置 パンフ レットの 作 成 配 布 セミナー 講 習 会 の 開 催 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 に 係 る 情 報 提 供 等 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 に 係 る 事 業 について 定 めることが 望 ましい 特 に 地 震 防 災 マップの 作 成 及 び 相 談 窓 口 の 設 置 は 全 ての 市 町 村 において 措 置 されるよう 努 める べきである また 地 域 における 地 震 時 の 危 険 箇 所 の 点 検 等 を 通 じて 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の ための 啓 発 活 動 や 危 険 なブロック 塀 の 改 修 撤 去 等 の 取 組 を 行 うことが 効 果 的 であり 必 要 に 応 じ 町 内 会 等 との 連 携 策 についても 定 めることが 考 えられる ホ 建 築 基 準 法 による 勧 告 又 は 命 令 等 の 実 施 法 に 基 づく 指 導 助 言 指 示 等 について 所 管 行 政 庁 である 市 町 村 は 優 先 的 に 実 施 すべき 建 築 物 の 選 定 及 び 対 応 方 針 公 表 の 方 法 等 について 定 めることが 望 ましい また 所 管 行 政 庁 である 市 町 村 は 法 第 十 二 条 第 三 項 ( 法 附 則 第 三 条 第 三 項 におい て 準 用 する 場 合 を 含 む ) 又 は 法 第 十 五 条 第 三 項 の 規 定 による 公 表 を 行 ったにもかかわ らず 建 築 物 の 所 有 者 が 耐 震 改 修 を 行 わない 場 合 には 建 築 基 準 法 第 十 条 第 一 項 の 規 定 による 勧 告 同 条 第 二 項 又 は 第 三 項 の 規 定 による 命 令 等 を 実 施 すべきであり その 実 施 の 考 え 方 方 法 等 について 定 めることが 望 ましい

22 3 計 画 の 認 定 等 の 周 知 所 管 行 政 庁 は 法 第 十 七 条 第 三 項 の 計 画 の 認 定 法 第 二 十 二 条 第 二 項 の 認 定 法 第 二 十 五 条 第 二 項 の 認 定 について 建 築 物 の 所 有 者 へ 周 知 し 活 用 を 促 進 することが 望 まし い なお 法 第 二 十 二 条 第 二 項 の 認 定 制 度 の 周 知 にあたっては 本 制 度 の 活 用 が 任 意 で あり 表 示 が 付 されていないことをもって 建 築 物 が 耐 震 性 を 有 さないこととはならな いことについて 建 築 物 の 利 用 者 等 の 十 分 な 理 解 が 得 られるよう 留 意 するべきである 附 則 ( 以 下 略 )

23 2 地 震 動 予 測 結 果 による 震 度 分 布 図 南 海 トラフ 地 震

24 山 崎 断 層 帯 地 震

25 上 町 断 層 帯 地 震

26 中 央 構 造 線 断 層 帯 地 震

27 養 父 断 層 帯 地 震

28 3 耐 震 化 率 関 係 データ (1) 住 宅 兵 庫 県 の 住 宅 耐 震 化 率 ( 住 宅 土 地 統 計 調 査 から 推 計 ) 100% 90% 97% 改 定 前 目 標 80% 77.9% 82.4% 85.4% 70% H15 年 度 H20 年 度 H25 年 度 H27 年 度 兵 庫 県 における 住 宅 の 耐 震 化 の 進 捗 状 況 平 成 15 年 平 成 20 年 平 成 25 年 耐 震 性 なし 約 45 万 戸 (22%) 耐 震 性 なし 約 38 万 戸 (18%) 耐 震 性 なし 約 35 万 戸 (15%) 耐 震 性 あり 約 160 万 戸 (78%) 耐 震 性 あり 約 179 万 戸 (82%) 耐 震 性 あり 約 202 万 戸 (85%) H15 H20 H % 82.4% 85.4% 2,052,000 2,169,400 2,368,300 S56.5 以 前 802, , ,870 耐 震 性 なし 452, , ,598 ( 参 考 ) 耐 震 改 修 実 施 22,800 28,810 12,450 S56.5 以 前 442, , ,190 耐 震 性 なし 369, , ,307 ( 参 考 ) 耐 震 改 修 実 施 20,080 25,260 10,610 S56.5 以 前 359, , ,680 耐 震 性 なし 83,675 64,478 55,291 ( 参 考 ) 耐 震 改 修 実 施 2,720 3,550 1,840 耐 震 化 率 総 戸 数 ( 人 の 居 住 する 住 宅 ) 計 木 造 戸 建 住 宅 共 同 住 宅 その 他

29 (2) 多 数 利 用 建 築 物 兵 庫 県 の 多 数 利 用 建 築 物 耐 震 化 率 ( 各 施 設 管 理 者 アンケート 等 から 推 計 ) 100% 90% 92% 改 定 前 目 標 80% 86.6% 77.8% 70% 70.4% 60% H18 年 度 H22 年 度 H27 年 度 兵 庫 県 における 多 数 利 用 建 築 物 の 耐 震 化 の 進 捗 状 況 平 成 18 年 平 成 22 年 平 成 27 年 耐 震 性 なし 約 0.7 万 棟 (30%) 耐 震 性 なし 約 0.5 万 棟 (22%) 耐 震 性 なし 約 0.4 万 棟 (13%) 耐 震 性 あり 約 1.6 万 棟 (70%) 耐 震 性 あり 約 1.9 万 棟 (78%) 耐 震 性 あり 約 2.2 万 棟 (87%) 多 数 利 用 建 築 物 全 体 学 校 等 の 建 築 物 1~3 小 計 平 成 18 年 平 成 22 年 平 成 27 年 建 築 物 総 数 建 築 物 総 数 建 築 物 総 数 耐 震 化 率 耐 震 化 率 耐 震 性 なし 耐 震 性 なし 耐 震 性 なし 耐 震 化 率 22,500 6, % 24,116 5, % 25,797 3, % 公 8,000 3, % 8,740 2, % 7, % 民 14,500 3, % 15,376 3, % 17,980 2, % 11,000 4, % 12,302 3, % 13,105 1, % 公 4,600 2, % 5,194 1, % 4, % 民 6,400 2, % 7,108 1, % 8,562 1, % 1 学 校 4,500 2, % 5,258 1, % 4, % 病 院 公 3,500 1, % 4,103 1, % 3, % 福 祉 施 設 民 1, % 1, % 1, % 2 庁 舎 % % % 3その 他 6,000 2, % 6,566 1, % 8,012 1, % 公 % % % 民 5,400 1, % 5,953 1, % 7,200 1, % 11,500 2, % 11,814 1, % 12,692 1, % 公 3, % 3, % 3, % 民 8,100 1, % 8,268 1, % 9,418 1, % 賃 貸 住 宅

30 4 これまでの 施 策 公 共 公 的 機 関 による 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 に 関 する 事 項 民 間 住 宅 建 築 物 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 る 支 援 策 簡 易 耐 震 診 断 の 推 進 わが 家 の 耐 震 改 修 促 進 事 業 の 推 進 新 しい 耐 震 改 修 工 法 の 開 発 及 び 普 及 住 宅 耐 震 改 修 支 援 事 業 の 推 進 独 立 行 政 法 人 住 宅 金 融 支 援 機 構 の 融 資 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 に 係 る 耐 震 診 断 助 成 事 業 の 創 設 主 な 施 策 県 有 市 町 有 施 設 について 自 ら 所 有 管 理 する 建 築 物 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 促 進 プログラム を 策 定 し 耐 震 化 を 実 施 県 住 宅 供 給 公 社 と 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 による 民 間 住 宅 等 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 の 実 施 住 宅 所 有 者 が 市 町 に 耐 震 診 断 を 申 し 込 み 市 町 から 派 遣 され た 簡 易 耐 震 診 断 員 の 診 断 を 受 ける 事 業 を 行 う 市 町 に 対 し 県 が 費 用 の 一 部 を 補 助 耐 震 診 断 の 結 果, 耐 震 性 能 が 不 足 すると 判 定 された 住 宅 につ いて, 耐 震 改 修 計 画 策 定 費 や 耐 震 改 修 工 事 費 への 補 助 を 行 い, 既 存 民 間 住 宅 の 耐 震 化 を 促 進 居 住 しながら 補 強 が 可 能 な 方 法 等, 新 しい 耐 震 改 修 工 法 等 を 民 間 から 公 募 し その 活 用 を 推 進 金 融 機 関 から 融 資 を 受 けて 耐 震 改 修 工 事 を 実 施 する 場 合 に 県 は 利 子 補 給 を 行 う 住 宅 耐 震 改 修 工 事 利 子 補 給 事 業 を 実 施 耐 震 改 修 工 事 を 伴 うリフォー ムを 実 施 する 場 合 に 機 構 が 低 利 融 資 を 行 う 市 町 事 業 として 多 数 利 用 建 築 物 の 耐 震 診 断 等 を 実 施 する 事 業 者 にその 費 用 の 一 部 を 補 助 する 制 度 を 創 設 取 組 と 実 績 県 有 施 設 : 各 所 管 部 局 で 耐 震 化 計 画 を 策 定 市 町 有 施 設 : 市 町 耐 震 化 促 進 計 画 で 耐 震 化 計 画 を 策 定 賃 貸 住 宅 : 公 社 機 構 とも 単 独 管 理 する 住 宅 の 全 てを 診 断 済 分 譲 住 宅 : 公 社 機 構 とも 特 段 の 取 組 なし H12~14 無 料 の 簡 易 耐 震 診 断 を 実 施 H17~ 所 有 者 1 割 負 担 で 簡 易 耐 震 診 断 を 実 施 ( 一 部 市 町 は 無 料 化 ) 実 績 H26 末 71,346 戸 H15 わが 家 の 耐 震 改 修 促 進 事 業 創 設 H18 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 策 定 を 機 に 補 助 率 限 度 額 を 嵩 上 げ 以 降 順 次 補 助 率 限 度 額 を 嵩 上 げ H27 改 修 工 事 に 加 え 建 替 工 事 等 も 対 象 として 制 度 を 拡 充 し ひょ うご 住 まいの 耐 震 化 促 進 事 業 と して 実 施 全 市 町 で 工 事 費 に 対 する 上 乗 せ 補 助 制 度 を 実 施 計 画 策 定 実 績 H26 末 5,936 戸 改 修 工 事 実 績 H26 末 3,342 戸 H16 18 ひょうご 住 宅 耐 震 改 修 技 術 コンペ 実 施 : 表 彰 された 工 法 は ひょうご 住 まいの 耐 震 化 促 進 事 業 の 補 助 対 象 に H26 他 都 道 府 県 で 補 助 対 象 として 認 められた 工 法 のうち 第 三 者 機 関 による 認 定 を 受 けた 工 法 を 補 助 対 象 に 追 加 H19 県 で 住 宅 耐 震 改 修 工 事 利 子 補 給 事 業 制 度 創 設 実 績 H26 末 25 件 実 績 H26 末 13 件 H19 学 校 病 院 福 祉 施 設 を 対 象 とした 補 助 制 度 を 創 設 H26 用 途 補 助 額 等 を 拡 充 実 績 H26 末 50 件

31 安 心 し て 耐 震 改 修 を 行 う こ とがで きるた めの 環 境 整 備 大 地 震 時 に 備 えた 住 宅 建 築 物 に 関 す る 事 前 の 予 防 策 防 災 拠 点 と な る 建 築 物 の 指 定 (H27.3 追 加 ) 私 立 学 校 にお ける 国 庫 補 助 制 度 の 活 用 促 進 耐 震 診 断 員 の 養 成 活 用 相 談 体 制 の 拡 充 住 宅 改 修 業 者 登 録 制 度 の 推 進 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 の 活 用 専 門 家 技 術 者 向 け 県 民 向 け 講 習 会 の 開 催 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 体 制 の 整 備 関 係 団 体 にお ける 被 災 度 区 分 判 定 体 制 の 整 備 促 進 地 震 時 の 建 築 物 の 総 合 的 な 安 全 対 策 兵 庫 県 住 宅 再 建 共 済 制 度 の 加 入 促 進 長 周 期 地 震 動 への 対 応 大 規 模 地 震 が 発 生 した 場 合 に 利 用 確 保 が 公 益 上 必 要 な 建 築 物 の 指 定 主 な 施 策 取 組 と 実 績 H21 従 来 の 国 庫 補 助 に 県 が 上 乗 せ 私 立 学 校 の 耐 震 改 修 工 事 の 実 する 私 立 学 校 耐 震 化 補 助 事 業 施 に 当 たって 国 庫 補 助 事 業 の を 実 施 活 用 を 促 進 実 績 H26 末 84 件 (うち 県 補 助 75 件 ) 住 宅 の 簡 易 耐 震 診 断 推 進 事 業 簡 易 耐 震 診 断 員 認 定 講 習 会 を 毎 年 を 実 施 する 簡 易 耐 震 診 断 員 の 実 施 養 成 活 用 を 推 進 実 績 H26 末 506 名 ( 住 宅 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 に 関 する 事 項 等 に 記 載 ) 県 が 技 術 主 任 者 の 設 置 など 一 定 の 要 件 を 満 たす 住 宅 改 修 業 者 を 登 録 する 制 度 を 推 進 (H18 創 設 ) 耐 震 改 修 の 実 施 に 伴 い 仮 住 居 を 必 要 とする 者 が 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 に 特 定 入 居 できる 制 度 を 活 用 実 績 H26 末 388 社 登 録 実 績 - ( 住 宅 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 に 関 する 事 項 等 に 記 載 ) 大 規 模 地 震 が 発 生 した 際 に 被 災 した 建 築 物 を 調 査 し,その 危 険 性 を 判 定 する 専 門 家 を 養 成 建 築 関 係 団 体 における 被 災 度 区 分 判 定 体 制 の 整 備 を 促 進 地 震 時 の 総 合 的 な 安 全 性 を 確 保 するため, 落 下 物 事 故 防 止 対 策 等 の 取 組 を 推 進 県 が 創 設 した 兵 庫 県 住 宅 再 建 共 済 制 度 による 相 互 扶 助 の 取 組 を 推 進 今 後 必 要 な 研 究 や 施 策 を 検 討 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 であるホテル 旅 館 等 のうち 災 害 時 に 避 難 所 として 活 用 す ることについて 県 又 は 市 町 と 協 定 を 締 結 しているものを 防 災 拠 点 として 指 定 実 績 H26 末 2,135 名 養 成 建 築 士 事 務 所 協 会 会 員 を 中 心 に 登 録 を 推 進 実 績 H26 末 44 事 務 所 が 登 録 建 築 物 防 災 月 間 ( 毎 年 3 月 及 び9 月 ) において 広 告 板 窓 ガラス 等 の 点 検 是 正 指 導 等 を 実 施 実 績 159 件 指 導 (H26) 実 績 H25 末 159,313 戸 ( 加 入 率 9%) H21 兵 庫 県 高 層 建 築 物 等 防 災 計 画 書 作 成 要 領 を 修 正 し 家 具 固 定 や 耐 震 建 具 採 用 等 の 指 導 項 目 を 追 加 H27 指 定 : 以 降 耐 震 診 断 の 実 施 と 報 告 期 限 (H27.12 末 )までの 確 実 な 報 告 に 向 けた 個 別 対 応 H27 市 町 事 業 として 指 定 建 築 物 の 耐 震 診 断 補 強 設 計 改 修 工 事 費 の 補 助 制 度 を 創 設 実 績

32 地 震 発 生 時 に 通 行 を 確 保 すべき 道 路 の 指 定 (H27.3 一 部 改 定 ) 住 宅 建 築 物 の 地 震 に 対 す る 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 に 関 する 事 項 等 相 談 体 制 の 整 備 充 実 支 援 事 業 の 活 用 促 進 町 内 会 等 との 連 携 主 な 施 策 県 地 域 防 災 計 画 に 定 める 緊 急 輸 送 道 路 を, 地 震 時 の 緊 急 車 両 の 通 行 や 住 民 の 避 難 を 確 保 す る 必 要 がある 道 路 として 指 定 ひょうご 住 まいサポートセン ターにおいて 相 談 体 制 を 充 実 させるとともに, 市 町 に 対 して 相 談 窓 口 の 開 設 を 要 請 広 報 誌 やパンフレット HP マスコミ 等 の 手 段 を 通 じて 耐 震 改 修 に 係 る 支 援 事 業 の 活 用 を 県 民 に 広 く 働 きかけ 活 用 を 促 進 町 内 会 等 の 自 主 防 災 組 織 や NPO などと 連 携 し, 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 についての 啓 発 活 動 を 実 施 取 組 と 実 績 H23 市 町 事 業 として 指 定 道 路 沿 道 建 築 物 の 耐 震 改 修 工 事 費 等 への 補 助 制 度 創 設 H26 主 な 緊 急 輸 送 道 路 沿 道 の 状 況 調 査 H27 指 定 実 績 H26 末 8 件 ( 診 断 設 計 改 修 ) H7 住 宅 相 談 所 を 開 設 ( 現 ひょう ご 住 まいサポートセンター) H19 耐 震 改 修 アドバイザー 派 遣 事 業 を 実 施 H12 神 戸 市 が 相 談 窓 口 すまいる ネット を 設 置 他 22 市 町 で 相 談 窓 口 を 設 置 実 績 (ひょうご 住 まいサポートセンター) 相 談 :H26 末 614 件 アドバイザー 派 遣 :H26 末 86 件 市 町 と 協 力 し 広 報 誌 パンフレッ ト HP 新 聞 ラジオ 等 で 支 援 事 業 の 活 用 を 働 きかけ 実 績 HP ラジオ 県 広 報 で 事 業 紹 介 (1 回 / 年 ) 1.17 ひょうご 安 全 の 日 の 集 いで 支 援 事 業 の 展 示 ブース 設 置 神 戸 市 は マスコットキャラクタ ーによる PR 工 事 現 場 の 公 開 な どを 実 施 神 戸 市 : 戸 別 訪 問 等 による 啓 発 活 動 を 実 施 県 : 共 同 住 宅 管 理 組 合 にDMを 発 送 実 績 戸 別 訪 問 : 約 1,500 戸 ( 神 戸 市 H26) 共 同 住 宅 へのDM 発 送 : 約 350 棟 ( 県 H26) 関 係 団 体 との 連 携 建 築 関 係 団 体 と 連 携 し, 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 について 啓 発 活 動 を 実 施 H16 ひょうご わが 家 の 耐 震 改 修 推 進 協 議 会 を 設 置 中 播 磨 県 民 局 で 地 元 建 築 士 会 等 と 連 携 した 相 談 会 を 実 施 実 績 協 議 会 :H21 以 降 活 動 休 止 相 談 会 : 中 播 磨 県 民 局 で 相 談 会 を 実 施 (H26 27 各 2 回 )

33 建 築 基 準 法 による 勧 告 又 は 命 令 等 について 所 管 行 政 庁 との 連 携 に 関 する 事 項 その 他 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 し 必 要 な 事 項 主 な 施 策 県 と 市 町 が 連 携 して 耐 震 性 が 確 認 されていない 多 数 利 用 建 築 物 に 対 し, 指 導 助 言 を 実 施 市 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 を 早 期 に 策 定 市 町 による 簡 易 耐 震 診 断 の 積 極 的 な 推 進 市 町 による わが 家 の 耐 震 改 修 促 進 事 業 の 活 用 促 進 市 町 独 自 の 耐 震 改 修 支 援 制 度 の 創 設 を 働 きかけ 取 組 と 実 績 耐 震 診 断 を 義 務 付 けられた 多 数 利 用 建 築 物 に 対 し 随 時 指 導 助 言 を 実 施 中 所 管 行 政 庁 間 で 連 絡 調 整 を 図 りながら 結 果 の 公 表 や 未 報 告 建 築 物 への 指 導 等 を 実 施 実 績 H25 義 務 付 け 対 象 建 築 物 の 調 査 ( 県 内 約 750 棟 ) 実 績 H20 年 度 までに39 市 町 が 策 定 H25 年 度 までに 全 市 町 が 策 定 済 県 内 全 市 町 が 実 施 (22 市 町 で 無 料 化 を 実 施 ) 実 績 H26 末 71,346 戸 全 市 町 が 工 事 費 に 対 する 県 補 助 額 に 3~30 万 円 / 戸 の 上 乗 せ 補 助 を 実 施 H24から 神 戸 市 は 市 事 業 として 実 施 その 他 県 補 助 の 対 象 外 となるもの への 補 助 を 市 町 が 独 自 に 実 施 共 同 住 宅 の 精 密 耐 震 診 断 費 用 補 助 ( 神 戸 市 ) 改 修 後 評 点 0.7 以 上 への 計 画 策 定 費 補 助 ( 神 戸 市 西 宮 市 川 西 市 ) 実 績 神 戸 市 改 修 工 事 費 補 助 累 計 1,565 戸

34 5 補 助 事 業 者 ( 県 民 )アンケート 調 査 概 要 調 査 方 法 郵 送 による 配 布 及 び 回 収 調 査 時 期 平 成 27 年 6 月 中 旬 から 末 まで( 約 2 週 間 ) 調 査 対 象 ( 回 答 率 61.6%) 補 助 事 業 利 用 者 ( 県 民 ) 約 2,100 名 事 業 者 約 60 社 簡 易 耐 震 診 断 員 約 80 名 調 査 内 容 対 象 対 象 詳 細 調 査 概 数 主 な 質 問 内 容 1 過 去 5 年 間 に 改 修 工 事 費 補 助 を 受 けた 方 1,500 事 業 の 満 足 度 ( 補 助 内 容 手 続 ) 制 度 利 用 のきっかけ 改 修 工 事 に 踏 み 切 った 理 由 補 助 事 業 利 用 者 2 過 去 5 年 間 に 計 画 策 定 費 補 助 を 受 けて 改 修 工 事 費 補 助 を 受 け なかった 方 600 事 業 の 満 足 度 ( 補 助 内 容 手 続 ) 制 度 利 用 のきっかけ 計 画 策 定 後 の 工 事 の 有 無 改 修 工 事 費 補 助 を 受 けなかった 理 由 3 簡 易 耐 震 パックの 補 助 を 受 けた 方 40 事 業 の 満 足 度 ( 補 助 内 容 手 続 ) 制 度 利 用 のきっかけ 簡 易 耐 震 パック 活 用 の 理 由 事 業 者 4 計 画 策 定 費 補 助 を 受 けて 改 修 工 事 費 補 助 を 受 けなかった 案 件 の 事 業 者 60 事 業 の 満 足 度 ( 補 助 内 容 手 続 ) 改 修 工 事 に 至 らなかった 理 由 簡 易 耐 震 診 断 員 5 実 績 のある 兵 庫 県 簡 易 耐 震 診 断 員 80 事 業 の 満 足 度 簡 易 耐 震 診 断 後 のフォローアップ

35 調 査 結 果 補 助 事 業 の 利 用 者 について 補 助 事 業 利 用 者 (アンケート 回 答 世 帯 )の 単 身 者 は 約 1 割 アンケート 回 答 世 帯 は 単 身 世 帯 が 約 10%であった 一 方 H25 住 宅 土 地 統 計 調 査 によると 旧 耐 震 住 宅 を 所 有 する 世 帯 は 単 身 世 帯 が 約 37%であり 単 身 世 帯 で 補 助 事 業 を 活 用 している 割 合 が 少 ない アンケート 回 答 世 帯 その 他 6% 無 回 答 1% 単 身 ( 高 齢 ) 9% 単 身 (その 他 ) 1% 対 象 :1 過 去 5 年 間 に 改 修 工 事 費 補 助 を 受 け た 方 親 と 子 35% 質 問 : わが 家 の 耐 震 改 修 促 進 事 業 を 利 用 し た 当 時 の 世 帯 構 成 と 年 齢 について 夫 婦 のみ(そ の 他 ) 3% 夫 婦 のみ( 高 齢 ) 45% ( 参 考 ) 旧 耐 震 新 耐 震 別 の 世 帯 構 成 について 旧 耐 震 住 宅 (S55 年 以 前 )を 所 有 する 世 帯 新 耐 震 住 宅 (S56 年 以 降 )を 所 有 する 世 帯 4 人 世 帯 8% 5 人 世 帯 3% 6 人 以 上 の 世 帯 2% 単 身 世 帯 ( 高 齢 ) 22% 5 人 世 帯 5% 4 人 世 帯 17% 6 人 以 上 の 世 帯 2% 単 身 世 帯 ( 高 齢 ) 9% 3 人 世 帯 15% 単 身 世 帯 (そ の 他 ) 24% 2 人 世 帯 (その 他 ) 16% 2 人 世 帯 ( 高 齢 夫 婦 ) 19% 単 身 世 帯 (そ の 他 ) 15% 3 人 世 帯 18% 2 人 世 帯 (その 他 ) 17% 2 人 世 帯 ( 高 齢 夫 婦 ) 8% H25 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )

36 工 事 の 実 施 に 係 る 課 題 等 工 事 の 実 施 に 係 る 課 題 は 費 用 が 妥 当 かどうかの 判 断 に 迷 った 工 事 前 工 事 中 の 生 活 が 不 自 由 だった 設 計 施 工 業 者 の 選 定 が 難 しい 費 用 が 妥 当 かどうかの 判 断 に 迷 った 設 計 施 工 業 者 の 選 定 が 難 しい の 割 合 が 高 いことから 工 事 や 業 者 に 関 する 適 切 な 情 報 提 供 が 求 められている その 他 9% 設 計 施 工 業 者 との 打 ち 合 わせが 煩 雑 だった 7% 工 事 期 間 が 長 かった 10% 無 回 答 8% 工 事 を 終 えるまでの 感 想 費 用 が 妥 当 か どうかの 判 断 に 迷 った 32% 対 象 :1 過 去 5 年 間 に 改 修 工 事 費 補 助 を 受 け た 方 質 問 : 改 修 工 事 を 終 えられるまでの 間 の 感 想 をお 聞 きします 設 計 施 工 業 者 の 選 定 が 難 しい 16% 工 事 前 工 事 中 の 生 活 が 不 自 由 だった 18% 工 事 に 踏 み 切 った 理 由 は 将 来 の 地 震 に 備 えたかったから 補 助 制 度 を 知 ったか ら リフォームと 合 わせて 工 事 することが 合 理 的 と 考 えたから 工 事 に 踏 み 切 った 理 由 は 将 来 の 地 震 に 備 えたかったから が 36% 補 助 制 度 を 知 ったから が19%と 多 く 地 震 の 知 識 や 補 助 制 度 の 普 及 啓 発 が 重 要 である 考 えていた 予 算 額 の 範 囲 内 だったから 2% 信 頼 できる 設 計 施 工 業 者 に 勧 められた から 4% 耐 震 診 断 の 結 果 が 悪 かった から 17% リフォームと 合 わせて 工 事 す ることが 合 理 的 と 考 えたから 19% 身 近 に 工 事 を した 家 があった から 1% 工 事 に 踏 み 切 った 理 由 知 り 合 いに 勧 められたから 1% その 他 1% 補 助 制 度 を 知 ったから 19% 将 来 の 地 震 に 備 えたかった から 36% 対 象 :1 過 去 5 年 間 に 改 修 工 事 費 補 助 を 受 け た 方 質 問 : 最 終 的 に 改 修 工 事 に 踏 み 切 った 理 由 は 何 でしょうか

37 工 事 をしなかった 理 由 は 工 事 資 金 が 用 意 できない( 見 積 額 との 差 : 平 均 約 200 万 円 ) いずれ 建 て 替 え 住 み 替 えをするので 今 は 費 用 をかけたくない 改 修 の 効 果 に 不 安 がある また 計 画 策 定 を 実 施 して 改 修 工 事 を 実 施 しなかった 方 の 理 由 は 工 事 資 金 が 用 意 できない( 見 積 額 との 差 : 平 均 約 200 万 円 ) いずれ 建 て 替 え 住 み 替 えをす るので 今 は 費 用 をかけたくない 改 修 の 効 果 に 不 安 がある に 続 き 信 頼 できる 設 計 施 工 業 者 を 選 べない 工 事 費 の 相 場 が 分 からない 等 が 多 く 工 事 費 の 抑 制 地 震 に 対 する 知 識 工 事 費 業 者 に 関 する 適 切 な 情 報 提 供 等 が 求 められている 家 族 居 住 者 (マンション 等 ) の 同 意 が 得 ら れないから 4% 地 震 が 来 るか どうか 分 からな いから 8% 工 事 費 の 相 場 が 分 からない から 信 頼 できる 設 8% 計 施 工 業 者 を 選 べないから 10% その 他 13% 工 事 を 実 施 しなかった 理 由 改 修 の 効 果 に 不 安 があるか ら 17% 工 事 資 金 が 用 意 できないか ら 23% いずれ 建 て 替 え 住 み 替 えを するので 今 は 費 用 をかけ たくないから 17% 対 象 :2 過 去 5 年 間 に 計 画 策 定 費 補 助 を 受 け て 改 修 工 事 費 補 助 を 受 けなかった 方 質 問 : 工 事 を 実 施 していない 理 由 は 何 でしょ うか 見 積 額 と 予 算 額 との 差 ( 万 円 ) 差 : 約 200 万 円 対 象 :2 過 去 5 年 間 に 計 画 策 定 費 補 助 を 受 け て 改 修 工 事 費 補 助 を 受 けなかった 方 質 問 : 以 前 に 計 画 された 耐 震 改 修 工 事 の 見 積 額 と 予 算 額 ( 補 助 金 等 含 む)をお 答 えください 0 平 均 見 積 額 平 均 予 算 額

38 簡 易 型 改 修 工 事 県 の 補 助 を 受 けずに 工 事 を 実 施 した 方 のうち 耐 震 基 準 を 満 足 しないレベルの 工 事 を 実 施 した 方 が 約 2 割 わが 家 の 耐 震 改 修 促 進 事 業 の 補 助 を 受 けずに 工 事 を 実 施 した 方 のうち 評 点 1.0 未 満 ( 耐 震 基 準 を 満 足 しないレベル)の 工 事 を 実 施 した 方 が 22%あり 簡 易 型 改 修 工 事 のニーズは 一 定 ある 県 の 補 助 を 受 けずに 工 事 を 実 施 した 方 その 他 29% 所 得 が 基 準 を 上 回 ったから 2% 無 回 答 17% 他 の 補 助 金 を 利 用 することに したから 5% 評 点 1.0を 満 た さない 工 事 を 実 施 したから 22% 補 助 金 の 手 続 が 面 倒 だった から 10% 補 助 金 の 手 続 に 時 間 がかか り 間 に 合 わな かったから 15% 対 象 :2 過 去 5 年 間 に 計 画 策 定 費 補 助 を 受 け て 改 修 工 事 費 補 助 を 受 けなかった 方 のうち 補 助 を 受 けずに 工 事 を 実 施 し た 方 質 問 : 県 の 補 助 金 を 利 用 されなかった 理 由 は 何 でしょうか 簡 易 パック を 実 施 した 方 は 大 工 工 務 店 からの 紹 介 で 県 事 業 を 知 った 方 が 約 23% また H26 年 度 の 淡 路 地 震 直 後 に 実 施 した 計 画 策 定 と 工 事 をセットにした50 万 円 の 定 額 補 助 である 簡 易 パック を 実 施 した 方 は 通 常 の 改 修 工 事 を 実 施 した 方 に 比 べ 大 工 工 務 店 からの 紹 介 によってわが 家 の 耐 震 改 修 促 進 事 業 を 知 った 方 が 多 く 定 額 であることから 工 事 業 者 が 営 業 しやすかったものと 思 われる 大 工 工 務 店 からの 紹 介 の 割 合 25.0% 23.3% 20.0% 15.0% 10.0% 5.0% 18.4% 対 象 :1 過 去 5 年 間 に 改 修 工 事 費 補 助 を 受 け た 方 3 簡 易 耐 震 パックの 補 助 を 受 けた 方 質 問 : わが 家 の 耐 震 改 修 促 進 事 業 を 何 で 知 りましたか 0.0% 通 常 簡 易 パック

39 簡 易 耐 震 診 断 について 耐 震 診 断 後 住 宅 所 有 者 が 求 めるものは 具 体 的 な 改 修 工 法 の 提 案 予 測 される 地 震 と 対 策 の 必 要 性 を 説 明 工 事 費 の 概 算 や 相 場 の 紹 介 簡 易 耐 震 診 断 員 を 対 象 としたアンケートによると 診 断 後 住 宅 所 有 者 が 求 める ものは 具 体 的 な 改 修 工 法 の 提 案 予 測 される 地 震 と 対 策 の 必 要 性 を 説 明 工 事 費 の 概 算 や 相 場 の 紹 介 が 高 い 割 合 となっている 診 断 後 に 住 宅 所 有 者 が 求 めているもの 信 頼 できる 設 計 施 工 業 者 の 紹 介 7% すぐに 改 修 工 事 ができない 場 合 の 対 応 策 の 提 案 11% 補 助 制 度 融 資 制 度 の 紹 介 13% 工 事 費 の 概 算 や 相 場 の 紹 介 18% 公 的 な 相 談 窓 口 の 紹 介 1% その 他 1% 具 体 的 な 改 修 工 法 の 提 案 30% 予 測 される 地 震 と 対 策 の 必 要 性 を 説 明 19% 対 象 :5 実 績 のある 兵 庫 県 簡 易 耐 震 診 断 員 質 問 : 簡 易 耐 震 診 断 後 住 宅 所 有 者 はどのよ うなフォローアップと 求 めていると 考 えますか 簡 易 耐 震 診 断 員 のフォローアップ 状 況 は フォローアップをしたいが 営 業 活 動 が 禁 止 されているため 出 来 ない がもっとも 多 い また 診 断 後 のフォローアップ 状 況 について フォローアップをしたいが 営 業 活 動 が 禁 止 されているため 出 来 ない が31%と 高 くなっている フォローアップ をする 必 要 は ない 2% フォローアップ をしたいが 簡 易 耐 震 診 断 の 業 務 範 囲 外 で あるためしてい ない 28% その 他 8% 診 断 後 のフォローアップ 状 況 無 回 答 2% フォローアップ をしたいが 営 業 活 動 が 禁 止 されているため できない 31% フォローアップ をしている 29% 対 象 :5 実 績 のある 兵 庫 県 簡 易 耐 震 診 断 員 質 問 : 簡 易 耐 震 診 断 後 住 宅 所 有 者 に 対 し 実 際 にフォローアップをされています か

40 補 助 事 業 の 課 題 補 助 事 業 は 概 ね 使 いやすいと 答 えた 方 が 約 16% 使 いにくいと 答 えた 方 が 約 73% 事 業 の 使 いやすさ 非 常 に 使 いに くかった 19% 非 常 に 使 いや すかった 5% 使 いやすかっ た 11% 使 いやすくも 使 いにくくもな かった 11% 対 象 :4 事 業 者 質 問 : わが 家 の 耐 震 改 修 促 進 事 業 の 使 いや すさはいかがでしたか? 少 し 使 いにくい 点 があった 54% 使 いにくい 理 由 は 手 続 に 時 間 がかかる 提 出 書 類 が 多 い 補 助 対 象 内 補 助 対 象 外 の 仕 分 けが 面 倒 使 いにくい 理 由 としては 手 続 に 時 間 がかかる が 38% 提 出 書 類 が 多 い が 20%と 多 く 手 続 に 対 する 改 善 が 求 められている 使 いにくい 理 由 市 町 と 県 が 別 々に 審 査 し ている 8% 補 助 金 額 が 低 い 9% 制 度 の 内 容 が 分 かりにくい 5% その 他 6% 手 続 に 時 間 が かかる 38% 対 象 :4 事 業 者 ( 補 助 事 業 を 非 常 に 使 いに くかった 少 し 使 いにくい 点 があっ た と 答 えた 方 ) 質 問 :どのような 点 が 使 いにくかったでしょ うか 補 助 対 象 内 補 助 対 象 外 の 仕 分 けが 面 倒 14% 提 出 書 類 が 多 い 20%

41 参 考 : 補 助 事 業 を 活 用 した 方 の 地 域 別 分 析 工 事 を 実 施 しない 理 由 について 都 市 部 は 約 22% 地 方 部 は 約 30%の 方 が 工 事 資 金 が 用 意 できない と 回 答 都 市 部 地 方 部 別 にみると 工 事 を 実 施 しない 理 由 としてはともに 工 事 資 金 が 用 意 できない が1 位 であるものの 地 方 部 の 方 が 高 い 割 合 となっている 工 事 を 実 施 しない 理 由 工 事 資 金 が 用 意 できない 割 合 35.0% 30.0% 30.4% 対 象 :2 過 去 5 年 間 に 計 画 策 定 費 補 助 を 受 け 25.0% 20.0% 15.0% 10.0% 5.0% 22.3% て 改 修 工 事 費 補 助 を 受 けなかった 方 ( 工 事 資 金 が 用 意 できない と 答 え た 方 ) 質 問 : 工 事 を 実 施 していない 理 由 は 何 でしょ うか 0.0% 都 市 部 地 方 部 都 市 部 : 阪 神 から 中 播 磨 にかけて 連 たんする 市 街 地 ( 神 戸 市 尼 崎 市 西 宮 市 芦 屋 市 伊 丹 市 宝 塚 市 川 西 市 明 石 市 加 古 川 市 高 砂 市 播 磨 町 姫 路 市 太 子 町 ) 地 方 部 : 都 市 部 以 外 の 市 町 ( 参 考 ) 補 助 事 業 の 実 績 からみても 計 画 策 定 から 改 修 工 事 に 至 る 割 合 は 都 市 部 が 高 い これは 地 方 部 は 都 市 部 に 比 べて 延 べ 面 積 が 広 く そのため 平 均 工 事 費 が 高 くな ることが 理 由 の 一 つであると 考 えられる 計 画 策 定 から 改 修 工 事 に 至 る 割 合 平 均 工 事 費 平 均 延 べ 面 積 (S55 年 以 前 住 宅 ) 100.0% 80.0% 60.0% 40.0% 67.2% 59.6% ( 単 位 : 万 円 ) ( 単 位 :m2) % 0.0% 都 市 部 地 方 部 都 市 部 地 方 部 都 市 部 地 方 部

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C966B92AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C966B92AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E6> 東 北 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 27 年 3 月 東 北 町 東 北 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに 計 画 の 概 要... 1 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標... 3 1. 想 定 される 地 震 の 規 模 人 的 被 害 及 び 建 物 被 害 の 状 況 2. 耐 震 化 の

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

秋田県耐震改修促進計画(素案)

秋田県耐震改修促進計画(素案) 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 21 年 3 月 湯 沢 市 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 第 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 2 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 2 2 被 害 想 定 結 果 4 第 2 住 宅 公 共 建 築 物 の 耐 震

More information

福井県耐震改修促進計画

福井県耐震改修促進計画 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 12 月 策 定 平 成 24 年 3 月 改 定 平 成 28 年 3 月 改 定 福 井 県 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに (1) 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 (2) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

目 次 はじめに 1 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 2 計 画 の 位 置 付 け 1 3 計 画 の 目 的 等 2 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被

目 次 はじめに 1 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 2 計 画 の 位 置 付 け 1 3 計 画 の 目 的 等 2 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被 岡 山 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 1 月 岡 山 県 目 次 はじめに 1 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 2 計 画 の 位 置 付 け 1 3 計 画 の 目 的 等 2 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被 害 の 状 況 4

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090858AAA92AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E68140955C8E86814096DA8E9F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090858AAA92AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E68140955C8E86814096DA8E9F> 第 1 版 朝 倉 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 朝 倉 市 平 成 26 年 6 月 - 1 - 目 次 第 1 章 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 趣 旨 1. 計 画 策 定 の 目 的 2 2. 耐 震 化 を 取 り 巻 く 社 会 動 向 3 3. 計 画 の 位 置 づけ 6 朝 倉 市 地 域 防 災 計 画 ( 震 災 対 策 編 抜 粋 ) 7 第 2 章 朝 倉 市

More information

八街市耐震改修促進計画

八街市耐震改修促進計画 八 街 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 八 街 市 目 次 はじめに -------------------------------------------------- 1 第 1. 計 画 策 定 の 主 旨 -------------------------------------- 3 第 2. 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

<8E518D6C8E9197BF2E786477>

<8E518D6C8E9197BF2E786477> 参 考 1 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 123 2 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 施 行 令 ( 抄 ) 140 3 愛 知 県 石 油 コンビナート 等 防 災 本 部 条 例 154 4 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 第 28 条 第 5 項 第 6 号 の 規 定 に 基 づく 市 町 村 の 指 定 155 5 愛 知 県 石 油 コンビナート

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

男鹿市耐震改修促進計画

男鹿市耐震改修促進計画 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 第 2 期 計 画 ) 平 成 28 年 3 月 男 鹿 市 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 計 画 の 目 的 2 3 計 画 の 位 置 づけ 2 第 1 章 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 3 1 男 鹿 市

More information

このため 地 震 による 死 者 数 を 半 減 させること 等 を 目 的 に 建 築 物 の 耐 震 化 をより 一 層 促 進 するため 平 成 25 年 5 月 に 耐 震 改 修 促 進 法 が 改 正 ( 平 成 25 年 11 月 施 行 )されました 宇 部 市 耐 震 改 修 促

このため 地 震 による 死 者 数 を 半 減 させること 等 を 目 的 に 建 築 物 の 耐 震 化 をより 一 層 促 進 するため 平 成 25 年 5 月 に 耐 震 改 修 促 進 法 が 改 正 ( 平 成 25 年 11 月 施 行 )されました 宇 部 市 耐 震 改 修 促 ( 趣 旨 ) 改 正 後 宇 部 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 趣 旨 ) 現 行 第 1 章 計 画 の 基 本 的 事 項 第 1 節 計 画 の 背 景 と 目 的 1 計 画 の 背 景 平 成 7 年 1 月 17 日 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 を 契 機 に 現 行 の 建 築 基 準 法 の 構 造 基 準 ( 以 下 現 行 基 準 という )を 満

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸 大 阪 府 道 高 速 大 阪 池 田 線 等 に 関 する 協 定 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 以 下 機 構 という )と 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )は 高 速 道 路 株 式 会 社 法 ( 平 成 16 年 法 律 第 99 号 以 下 道 路 会 社 法 という ) 第 6 条 第 1 項

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

2 改 正 の 概 要 しています ⑴ 耐 震 化 の 促 進 のための 規 制 強 化 ⅰ 耐 震 診 断 の 義 務 化 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 今 回 の 改 正 により 次 のイからハまでの 建 築 物 のうち 昭 和 56 年 以 前 のいわゆる 旧 耐 震 基 準 により 建

2 改 正 の 概 要 しています ⑴ 耐 震 化 の 促 進 のための 規 制 強 化 ⅰ 耐 震 診 断 の 義 務 化 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 今 回 の 改 正 により 次 のイからハまでの 建 築 物 のうち 昭 和 56 年 以 前 のいわゆる 旧 耐 震 基 準 により 建 耐 震 改 修 促 進 法 の 改 正 について 国 土 交 通 省 住 宅 局 建 築 指 導 課 課 長 補 佐 広 瀬 行 久 目 次 1 今 回 の 改 正 に 至 る 背 景 2 改 正 の 概 要 ⑴ 耐 震 化 の 促 進 のための 規 制 強 化 ⅰ 耐 震 診 断 の 義 務 化 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 ⅱ 全 ての 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 ⑵ 耐 震

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 改 訂 版 ) 目 次 第 1 章 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 位 置 付 け 2 3 用 語 の 定 義 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 事 項 1

草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 改 訂 版 ) 目 次 第 1 章 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 位 置 付 け 2 3 用 語 の 定 義 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 事 項 1 草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 改 訂 版 ) ( 平 成 21 年 度 ~ 平 成 27 年 度 ) 平 成 25 年 3 月 改 訂 草 加 市 草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 改 訂 版 ) 目 次 第 1 章 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 位 置 付 け 2

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

1表紙(2012.4)

1表紙(2012.4) 横 須 賀 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 横 須 賀 市 目 次 第 1 章 計 画 の 背 景 目 的... 1 1. 計 画 策 定 の 背 景... 1 (1) 阪 神 淡 路 大 震 災 の 被 害 状 況 等... 1 (2) 耐 震 改 修 促 進 法 の 改 正... 2 2. 計 画 策 定 の 目 的 等... 3 (1) 計 画 の 目 的... 3 (2) 計 画 の 位

More information

大阪労働局発表

大阪労働局発表 大 阪 労 働 局 発 表 大 阪 労 働 局 需 給 調 整 事 業 部 電 話 06-4790-6319 FAX 06-4790-6309 担 兵 庫 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 078-367-0831 FAX 078-367-3853 当 岡 山 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 086-801-5110 FAX 086-801-4533 広 島 労 働 局 職 業 安 定

More information

<31816A8C7689E68F91955C8E86814596DA8E9F8169483231292E786477>

<31816A8C7689E68F91955C8E86814596DA8E9F8169483231292E786477> 恵 庭 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 恵 庭 市 目 1 計 画 の 前 提 1-1 計 画 の 背 景 ---------------------------------------------------- 1 1-2 計 画 の 目 的 ---------------------------------------------------- 2 1-3 計 画

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表 北 海 道 青 少 年 健 全 育 成 条 例 ( 昭 和 30 年 4 月 2 日 条 例 第 17 号 ) 沿 革 昭 和 35 年 4 月 27 日 条 例 第 18 号 38 年 3 月 26 日 第 4 号 41 年 4 月 11 日 第 23 号 48 年 4 月 1 日 第 27 号 53 年 3 月 31 日 第 7 号 平 成 2 年 3 月 31 日 第 8 号 4 年 3 月

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用 鳥 取 県 大 規 模 店 舗 立 地 誘 導 条 例 ( 平 成 21 年 3 月 27 日 鳥 取 県 条 例 第 5 号 ) 目 次 前 文 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 大 規 模 店 舗 の 立 地 の 誘 導 ( 第 8 条 - 第 17 条 ) 第 3 章 雑 則 ( 第 18 条 - 第 20 条 ) 附 則 本 県 には 都 市 部 はもちろん

More information

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 22 年 4 月 1 日 国 住 生 第 9 号 第 1 通 則 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 しては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 1. 促 進 正 概 要 1 近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 主 海 溝 型 評 価 結 果 主 要 活 層 評 価 結 果 文 部

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

岡崎市建築物耐震改修促進計画

岡崎市建築物耐震改修促進計画 平 成 20 年 3 月 ( 平 成 26 年 3 月 一 部 改 訂 ) ( 平 成 28 年 3 月 一 部 改 訂 ) 岡 崎 市 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 計 画 策 定 の 背 景 改 訂 の 概 要... 1 2. 岡 崎 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け... 3 3. 岡 崎 市 における 地 震 被 害 の 想 定...

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

徳 島 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 26 年 3 月 徳 島 市 目 次 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け 3 3 計 画 の 対 象 期 間 3 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1-1 概 要 4 1-2 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 等 の

More information

富 良 野 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ~ 既 存 建 築 物 の 耐 震 化 に 向 けて~ 平 成 21 年 3 月 富 良 野 市 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 1. 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 1 2. 計 画 の 位 置 づけ 1 3. 計 画 期 間 1 第 2 章 富 良 野 市 の 概 況 1. 位 置 2 2. 地 勢 2 3.

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc)

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc) 中 津 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 大 分 県 中 津 市 ( 平 成 27 年 3 月 ) 目 次 第 1 章 総 則 1. 目 的 2. 位 置 付 け 3. 計 画 期 間 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1. 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 の 状 況 2. 耐 震 化 の 現 状 3. 耐 震 改 修 等 の 目 標

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す 深 谷 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 3 月 深 谷 市 目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

Taro-【確定版】改訂 耐震改修促

Taro-【確定版】改訂 耐震改修促 岐 阜 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 平 成 23 年 10 月 策 定 改 訂 目 次 はじめに 1 計 画 策 定 の 経 緯 1 2 岐 阜 県 震 災 対 策 検 証 委 員 会 の 提 言 と 計 画 改 定 の 方 針 1 第 1 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被 害 状 況 1 想 定 される 地 震 の 規 模 3 2 人 的 被

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係 22 災 害 時 の 臨 港 道 路 における 放 置 車 両 対 策 の 充 実 強 化 東 京 都 現 在 提 案 実 現 後 災 害 時 における 放 置 車 両 の 移 動 権 限 の 付 与 等 大 規 模 災 害 発 生 時 の 放 置 車 両 対 策 ( 平 成 26 年 11 月 災 害 対 策 基 本 法 改 正 ) 管 理 者 管 理 対 象 放 置 車 両 の 移 動 権 限

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 逐 条 解 説 内 閣 府 大 臣 官 房 番 号 制 度 担 当 室 < 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

00 次第

00 次第 第 1 回 耐 震 改 修 促 進 計 画 改 定 検 討 会 日 時 : 平 成 27 年 6 月 22 日 ( 月 )15:00~17:00 場 所 : 兵 庫 県 庁 第 2 号 館 11 階 A 会 議 室 次 第 1 開 会 2 耐 震 改 修 促 進 計 画 改 定 検 討 会 について 3 議 事 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 に 係 る 現 状 報 告 耐 震 化 率 の 推

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱 東 京 都 北 区 有 料 老 人 ホーム 設 置 指 導 要 綱 1 8 北 福 健 第 2 1 4 号 平 成 18 年 7 月 20 日 区 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 北 区 内 において 有 料 老 人 ホームの 事 業 を 計 画 する 者 等 に 対 し 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 必 要 な 指 導 及 び 協 力 要 請 を 行 うことにより

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法 Ⅲ 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 務 手 続 き 1. 概 要 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 例 は 全 国 ではまだ 例 が 少 なく 膨 大 な 事 務 量 と 専 門 知 識 を 必 要 とする 割 には 具 体 的 な 事 務 手 続 きを 示 した 知 見 が 少 ない のが 現 状 である

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 六 十 一 年 四 月 十 七 日 労 働 省 令 第 二 十 号 ) 目 次 第 一 章 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 に 関 する 措 置 第 一 節 業 務 の 範 囲 ( 第 一 条

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information