Taro-資料編2

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Taro-資料編2"

Transcription

1 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり さらにこの 約 九 割 の 四 千 八 百 三 十 一 人 が 住 宅 建 築 物 の 崩 壊 によるものであった この 教 訓 を 踏 まえて 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という )が 制 定 された しかし 近 年 平 成 十 六 年 十 月 の 新 潟 県 中 越 地 震 平 成 十 七 年 三 月 の 福 岡 県 西 方 沖 地 震 平 成 二 十 年 六 月 の 岩 手 宮 城 内 陸 地 震 など 大 地 震 が 頻 発 しており 特 に 平 成 二 十 三 年 三 月 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は これまでの 想 定 をはるかに 超 える 巨 大 な 地 震 津 波 により 一 度 の 災 害 で 戦 後 最 大 の 人 命 が 失 われるなど 甚 大 な 被 害 をもたらした また 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 による 沿 岸 部 の 建 築 物 の 被 害 が 圧 倒 的 であったが 内 陸 市 町 村 におい ても 建 築 物 に 大 きな 被 害 が 発 生 した このような 我 が 国 において 大 地 震 はいつどこで 発 生 してもおかしくない 状 況 にあるとの 認 識 が 広 がっている さらに 東 海 地 震 東 南 海 南 海 地 震 日 本 海 溝 千 島 海 溝 周 辺 海 溝 型 地 震 及 び 首 都 圏 直 下 地 震 については 発 生 の 切 迫 性 が 指 摘 され ひとたび 地 震 が 発 生 すると 被 害 は 甚 大 な ものと 想 定 されており 特 に 南 海 トラフの 海 溝 型 巨 大 地 震 については 東 日 本 大 震 災 を 上 回 る 被 害 が 想 定 されている 建 築 物 の 耐 震 改 修 については 中 央 防 災 会 議 で 決 定 された 建 築 物 の 耐 震 化 緊 急 対 策 方 針 ( 平 成 十 七 年 九 月 )において 全 国 的 に 取 り 組 みべき 社 会 全 体 の 国 家 的 な 緊 急 課 題 と されるとともに 東 海 東 南 海 南 海 地 震 に 関 する 地 震 防 災 戦 略 ( 同 年 三 月 )において 十 年 後 に 死 者 数 及 び 経 済 被 害 額 を 被 害 想 定 から 半 減 させるという 目 標 の 達 成 のための 最 も 重 要 な 課 題 とされ 緊 急 かつ 優 先 先 に 取 り 組 むべきものとして 位 置 づけされているところ である 特 に 切 迫 性 の 高 い 地 震 については 発 生 までの 時 間 が 限 られていることから 効 果 的 かつ 効 率 的 に 建 築 物 の 耐 震 改 修 等 を 実 施 することが 求 められている この 告 示 は このような 認 識 の 下 に 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るため 基 本 的 な 方 針 を 定 めるものである 一 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 基 本 的 な 事 項 1 国 地 方 公 共 団 体 所 有 者 等 の 役 割 分 担 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 のためには まず 住 宅 建 築 物 の 所 有 者 等 が 地 域 防 災 対 策 を 自 らの 問 題 地 域 の 問 題 として 認 識 して 取 り 組 むことが 不 可 欠 である 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は こうした 所 有 者 等 の 取 組 をできる 限 り 支 援 するという 観 点 から 所 有 者 等 にとって 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 を 行 いやすい 環 境 の 整 備 や 負 担 軽 減 にための 制 度 の 構 築 など 必 要 な 施 策 を 講 じ 耐 震 改 修 の 実 施 の 阻 害 要 因 となっている 課 題 を 解 決 していくべきである 2 公 共 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 公 共 建 築 物 については 災 害 時 には 学 校 は 避 難 場 所 等 として 活 用 され 病 院 では 災 害 による 負 傷 者 の 治 療 が 国 及 び 地 方 公 共 団 体 の 庁 舎 では 被 害 情 報 収 集 や 被 害 対 策 指 示 が 行 われるなど 多 くに 公 共 建 築 物 が 応 急 活 動 の 拠 点 として 活 用 される このため

2 平 常 時 の 利 用 者 の 安 全 確 保 だけではなく 被 害 時 の 拠 点 施 設 として 機 能 確 保 の 観 点 か らも 公 共 建 築 物 の 耐 震 性 確 保 が 求 められるとの 認 識 のもと 強 力 に 公 共 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 に 取 組 べきである 具 体 的 には 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 各 施 設 の 耐 震 診 断 を 速 やかに 行 い 耐 震 性 に 係 るリストを 作 成 及 び 公 表 するとともに 整 備 目 標 及 び 整 備 プログラムの 策 定 等 を 行 い 計 画 的 かつ 重 点 的 な 耐 震 化 の 促 進 に 積 極 的 に 取 組 べき である また 公 共 建 築 物 について 法 第 二 十 二 条 第 三 項 の 規 定 に 基 づく 表 示 を 積 極 的 に 活 用 するべきである 3 法 に 基 づく 指 導 等 の 実 施 所 管 行 政 庁 は 法 に 基 づく 指 導 等 を 次 のイからハまでに 掲 げる 建 築 物 の 区 分 に 応 じ それぞれ 当 該 イからハまでに 定 める 措 置 を 適 切 に 実 施 すべきである イ 耐 震 診 断 義 務 付 け 対 象 建 築 物 法 第 七 条 に 規 定 する 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 及 び 法 附 則 第 三 条 第 一 項 に 規 定 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 ( 以 下 耐 震 診 断 義 務 付 け 対 象 建 築 物 という ) については 所 管 行 政 庁 は その 所 有 者 に 対 して 所 有 する 建 築 物 が 耐 震 診 断 の 実 施 及 び 耐 震 診 断 の 結 果 の 報 告 義 務 の 対 象 建 築 物 となっている 旨 の 十 分 な 周 知 を 行 い その 確 実 な 実 施 を 図 るべきである また 期 限 までに 耐 震 診 断 の 結 果 の 報 告 し ない 所 有 者 に 対 しては 個 別 の 通 知 等 を 行 うことにより 耐 震 診 断 の 結 果 の 報 告 を するように 促 し それでもなお 報 告 しない 場 合 にあっては 法 第 八 条 第 一 項 ( 法 附 則 第 三 条 第 三 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 に 基 づき 当 該 所 有 者 に 対 し 相 当 の 期 限 を 定 めて 耐 震 診 断 の 結 果 の 報 告 を 行 うべきことを 命 ずるとともの その 旨 を 公 報 ホームページ 等 で 公 表 すべきである 法 第 九 条 ( 法 附 則 第 三 条 第 三 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 に 基 づく 報 告 の 内 容 の 公 表 については 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 平 成 七 年 建 設 省 令 第 二 十 八 号 以 下 規 則 という ) 第 二 十 二 条 ( 規 則 附 則 第 三 条 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 により 所 管 行 政 庁 は 当 該 報 告 の 内 容 を とりまとめた 上 で 公 表 しなければならないが 当 該 公 表 後 に 耐 震 改 修 等 により 耐 震 性 が 確 保 された 建 築 物 については 公 表 内 容 にその 旨 を 付 記 するなど 迅 速 に 耐 震 改 修 等 に 取 り 組 んだ 建 築 物 所 有 者 が 不 利 になることのないよう 営 業 上 の 競 争 環 境 等 にも 十 分 に 配 慮 し 丁 寧 な 運 用 を 行 うべきである また 所 管 行 政 庁 は 報 告 された 耐 震 診 断 の 結 果 を 踏 まえ 当 該 耐 震 診 断 義 務 付 け 対 象 建 築 物 の 所 有 者 に 対 して 法 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づく 指 導 及 び 助 言 を 実 施 するよう 努 めるとともに 指 導 に 従 わない 者 に 対 しては 同 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 必 要 な 指 示 を 行 い 正 当 な 理 由 がなく その 指 示 に 従 わなかったときは その 旨 を 公 報 ホームページ 等 を 通 じて 公 表 すべきである さらに 指 導 助 言 指 示 等 を 行 ったにもかかわらず 当 該 耐 震 診 断 義 務 付 け 対 象 建 築 物 の 所 有 者 が 必 要 な 対 策 をとらなかった 場 合 は 所 管 行 政 庁 は 構 造 耐 力 上 主 要 な 部 分 の 地 震 に 対 する 安 全 性 について 著 しく 保 安 上 危 険 であると 認 められる 建 築 物 ( 別 添 の 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 について 技 術 上 の 指 針 となるべ き 事 項 ( 以 下 技 術 指 針 事 項 という ) 第 一 第 一 号 又 は 第 二 号 の 規 定 により 構 造

3 耐 力 上 主 要 な 部 分 の 地 震 に 対 する 安 全 性 を 評 価 した 結 果 地 震 の 震 動 及 び 衝 撃 に 対 し 又 は 崩 壊 する 危 険 性 が 高 いと 判 断 された 建 築 物 をいう 以 下 同 じ )について は 速 やかに 建 築 基 準 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 二 百 一 号 ) 第 十 条 第 三 項 の 規 定 に 基 づ く 命 令 を 損 傷 腐 食 その 他 の 劣 化 が 進 み そのまま 放 置 すれば 著 しく 保 安 上 危 険 となるおそれがあると 認 められる 建 築 物 については 同 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づく 勧 告 や 同 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づく 命 令 を 行 うべきである ロ 指 示 対 象 建 築 物 法 第 十 五 条 第 二 項 に 規 定 する 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 ( 以 下 指 示 対 象 建 築 物 という )については 所 管 行 政 庁 は その 所 有 者 に 対 して 所 有 する 建 築 物 が 指 示 対 象 建 築 物 である 旨 の 周 知 を 図 るとともに 同 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づく 指 導 及 び 助 言 を 実 施 するよう 努 め 指 導 に 従 わない 者 に 対 しては 同 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 必 要 な 指 示 を 行 い 正 当 な 理 由 がなく その 指 示 に 従 わなかったときは その 旨 を 公 報 ホームページ 等 を 通 じて 公 表 すべきである また 指 導 助 言 指 示 等 を 行 ったにもかかわらず 当 該 指 示 対 象 建 築 物 の 所 有 者 が 必 要 な 対 策 をとらなかった 場 合 には 所 管 行 政 庁 は 構 造 耐 力 上 主 要 な 部 分 の 地 震 に 対 する 安 全 性 について 著 しく 保 安 上 危 険 であると 認 められる 建 築 物 について は 速 やかに 建 築 基 準 法 第 十 条 第 三 項 の 規 定 に 基 づく 命 令 を 損 傷 腐 食 その 他 の 劣 化 が 進 み そのまま 放 置 すれば 著 しく 保 安 上 危 険 となるおそれがあると 認 められる 建 築 物 については 同 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づく 勧 告 や 同 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づく 命 令 を 行 うべきである ハ 指 導 助 言 対 象 建 築 物 法 第 十 四 条 に 規 定 する 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 ( 指 示 対 象 建 築 物 を 除 く )につ いては 所 管 行 政 庁 は その 所 有 者 に 対 して 法 第 十 五 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づく 指 導 及 び 助 言 を 実 施 するよう 努 めべきである また 法 第 十 六 条 第 一 項 の 規 定 する 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 についても 所 管 行 政 庁 は その 所 有 者 に 対 して 同 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づく 指 導 及 び 助 言 を 実 施 するよう 努 めるべきである 4 計 画 の 認 定 等 による 耐 震 改 修 の 促 進 所 管 行 政 庁 は 法 第 十 七 条 第 三 項 の 計 画 の 認 定 法 第 二 十 二 条 第 二 項 の 認 定 法 第 二 十 五 条 第 二 項 の 認 定 について 適 切 かつ 速 やかに 認 定 が 行 われるよう 努 めるべきであ る 国 は これらの 認 定 について 所 管 行 政 庁 による 適 切 かつ 速 やかな 認 定 が 行 われる よう 必 要 な 助 言 情 報 提 供 等 を 行 うこととする 5 所 有 者 等 の 費 用 負 担 の 軽 減 等 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 は 建 築 物 の 状 況 や 工 事 の 内 容 により 様 々であ るが 相 当 の 費 用 を 要 することから 所 有 者 等 の 費 用 負 担 の 軽 減 を 図 ることが 課 題 と なっている このため 地 方 公 共 団 体 は 所 有 者 等 に 対 する 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 に 係 る 助 成 制 度 等 の 整 備 や 耐 震 改 修 促 進 税 制 の 普 及 に 努 め 密 集 市 街 地 や 緊 急 輸 送 道 路 避 難 路 沿 いの 建 築 物 の 耐 震 化 を 促 進 するなど 重 点 的 な 取 組 を 行 うことが 望 ましい 特 に 耐 震 診 断 義 務 付 け 対 象 建 築 物 については 早 急 な 耐 震 診 断 の 実 施 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 が 求 められることから 特 に 重 点 的 な 予 算 措 置 が 講 じられることが 望 ましい 国

4 は 地 方 公 共 団 体 に 対 し 必 要 な 助 言 補 助 交 付 金 税 の 優 遇 措 置 等 の 制 度 に 係 る 情 報 提 供 等 を 行 うこととする また 法 第 三 十 二 条 の 規 定 に 基 づき 指 定 された 耐 震 改 修 支 援 センター( 以 下 セン ター という )が 債 務 保 証 業 務 情 報 提 供 業 務 等 を 行 うこととしているが 国 は センターを 指 定 した 場 合 においては センターの 業 務 が 適 切 に 運 用 されるよう セン ターに 対 して 必 要 な 指 導 等 を 行 うとともに 都 道 府 県 に 対 し 必 要 な 情 報 提 供 業 務 等 を 行 うこととする さらに 所 有 者 等 が 耐 震 改 修 工 事 を 行 う 際 に 仮 住 居 の 確 保 が 必 要 となる 場 合 につい ては 地 方 公 共 団 体 が 公 共 賃 貸 住 宅 の 空 家 の 紹 介 等 に 努 めることが 望 ましい 6 相 談 体 制 の 整 備 及 び 情 報 提 供 の 充 実 近 年 悪 質 なリフォーム 工 事 詐 欺 による 被 害 が 社 会 問 題 となっており 住 宅 建 築 物 の 所 有 者 等 が 安 心 して 耐 震 改 修 を 実 施 できる 環 境 整 備 が 重 要 な 課 題 となっている 特 に どの 事 業 者 に 頼 めばよいか 工 事 費 用 は 適 正 か 工 事 内 容 は 適 切 か 改 修 の 効 果 はあるか 等 の 不 安 に 対 応 する 必 要 がある このため 国 は センター 等 と 連 携 し 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 に 関 する 相 談 窓 口 を 設 置 するとともに 耐 震 診 断 の 実 施 が 可 能 な 建 築 士 の 一 覧 や 耐 震 改 修 工 法 の 選 択 や 耐 震 診 断 耐 震 改 修 費 用 の 判 断 の 参 考 となる 事 例 集 を 作 成 し ホームページ 等 で 公 表 を 行 い 併 せて 地 方 公 共 団 体 に 対 し 必 要 な 助 言 情 報 提 供 等 を 行 うこととする また 全 ての 市 町 村 は 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 に 関 する 相 談 窓 口 を 設 置 するよう 努 めるべきであるとともに 地 方 公 共 団 体 は センター 等 と 連 携 し 先 進 的 な 取 組 事 例 耐 震 改 修 事 例 一 般 的 な 工 事 費 用 専 門 家 事 業 者 情 報 助 成 制 度 概 要 等 について 情 報 提 供 の 充 実 を 図 ることが 望 まし い 7 専 門 家 事 業 者 の 育 成 及 び 技 術 開 発 適 切 な 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 が 行 われるためには 専 門 家 事 業 者 が 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 について 必 要 な 知 識 技 術 等 の 更 なる 習 得 に 努 め 資 質 の 向 上 を 図 ることが 望 ましい 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は センター 等 の 協 力 を 得 て 講 習 会 や 研 修 会 の 開 催 受 講 者 の 登 録 紹 介 制 度 等 の 整 備 等 に 努 めるものとする 特 に 耐 震 診 断 義 務 付 け 対 象 建 築 物 の 耐 震 診 断 が 円 滑 に 行 われるよう 国 は 登 録 資 格 者 講 習 ( 規 則 第 五 条 に 規 定 する 登 録 資 格 者 講 習 をいう 以 下 同 じ )の 十 分 な 頻 度 による 実 施 建 築 士 による 登 録 資 格 者 講 習 の 受 講 の 促 進 のための 情 報 提 供 の 充 実 を 図 るものとする また 簡 易 な 耐 震 改 修 工 法 の 開 発 やコストダウン 等 が 促 進 されるよう 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 関 係 団 体 と 連 携 を 図 り 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 に 関 する 調 査 及 び 研 究 を 実 施 することこととする 8 地 域 における 取 組 の 推 進 地 方 公 共 団 体 は 地 域 に 根 ざした 専 門 家 事 業 者 の 育 成 町 内 会 等 を 単 位 とした 地 震 防 災 対 策 への 取 組 の 推 進 NPOとの 連 携 や 地 域 における 取 組 に 対 する 支 援 地 域 ごとに 関 係 団 体 等 からなる 協 議 会 の 設 置 等 を 行 うことが 考 え られる 国 は 地 方 公 共 団 体 に 対 し 必 要 な 助 言 情 報 提 供 等 を 行 うこととする 9 その 他 の 地 震 時 の 安 全 対 策 地 方 公 共 団 体 及 び 関 係 団 体 は 耐 震 改 修 と 併 せて ブロック 塀 の 倒 壊 防 止 窓 ガラス 天 井 外 壁 等 の 非 構 造 部 材 の 脱 落 防 止 対 策 についての 改 善 指 導 や 地 震 時 のエレベー

5 ター 内 の 閉 じ 込 め 防 止 対 策 エスカレーターの 脱 落 防 止 対 策 給 湯 設 備 の 転 倒 防 止 対 策 配 管 等 の 設 備 の 落 下 防 止 対 策 の 実 施 に 努 めるべきであり これらの 対 策 に 係 る 建 築 基 準 法 の 規 定 に 適 合 しない 建 築 物 で 同 法 第 二 条 第 二 項 の 適 用 を 受 けているものについて は 改 修 の 促 進 を 図 るべきである 国 は 地 方 公 共 団 体 及 び 関 係 団 体 に 対 し 必 要 な 助 言 情 報 提 供 等 を 行 うこととする 二 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 の 設 定 に 関 する 事 項 1 建 築 物 の 耐 震 化 の 現 状 平 成 二 十 年 の 統 計 調 査 に 基 づき 我 が 国 の 住 宅 については 総 数 四 千 九 百 五 十 万 戸 の うち 約 千 五 十 万 戸 ( 約 二 十 一 パーセント)が 耐 震 性 が 不 十 分 であり 耐 震 化 率 は 約 七 十 九 パーセントと 推 測 されている この 推 計 は 耐 震 性 が 不 十 分 な 住 宅 は 平 成 十 五 年 の 約 千 百 五 十 万 戸 から 五 年 間 で 約 百 二 十 万 戸 減 少 しているが 大 部 分 が 立 替 によ るものであり 耐 震 改 修 によるものは 五 年 間 で 約 三 十 万 戸 に 過 ぎないと 推 計 されてい る また 法 第 十 四 条 第 一 号 に 掲 げる 建 築 物 ( 以 下 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 とい う )については 約 四 十 一 万 棟 のうち 約 八 万 棟 ( 約 二 十 パーセント)が 耐 震 性 が 不 十 分 であり 耐 震 化 率 は 約 八 十 パーセントと 推 測 されている 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 目 標 の 設 定 東 海 東 南 海 南 海 地 震 に 関 する 地 震 防 災 戦 略 ( 中 央 防 災 会 議 決 定 )において 十 年 後 に 死 者 数 及 び 経 済 被 害 額 を 被 害 想 定 から 半 減 させることが 目 標 とされたことを 踏 まえ 住 宅 の 耐 震 化 率 及 び 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 の 耐 震 化 率 について 平 成 二 十 七 年 までに 少 なくとも 九 割 にすることを 目 標 とするとともに 住 宅 については 平 成 三 十 二 年 までに 少 なくとも 九 十 五 パーセントにすることを 目 標 とする 耐 震 化 率 を 九 割 にするためには 平 成 二 十 年 から 平 成 二 十 七 年 までの 間 に 少 なく とも 住 宅 の 耐 震 化 は 約 五 百 五 十 万 戸 (うち 耐 震 改 修 は 百 四 十 万 戸 )とする 必 要 があり 建 替 え 促 進 を 図 るとともに 耐 震 改 修 のペースを 約 三 倍 にすることが 必 要 である ま た 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 の 耐 震 化 は 少 なくとも 約 四 万 棟 (うち 耐 震 改 修 は 約 三 万 棟 )とする 必 要 があり 建 替 え 促 進 を 図 るとともに 耐 震 改 修 のペースを 二 倍 にす ることが 必 要 となる また 建 築 物 の 耐 震 化 のためには 耐 震 診 断 の 実 施 の 促 進 を 図 ることが 必 要 であり 平 成 二 十 年 から 平 成 二 十 七 年 までの 間 に 耐 震 化 率 の 目 標 達 成 のために 必 要 な 耐 震 改 修 の 戸 数 又 は 棟 数 と 同 程 度 の 耐 震 診 断 の 実 施 が 必 要 になると 考 えて 少 なくとも 住 宅 については 約 百 四 十 万 戸 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 については 約 三 万 棟 の 耐 震 診 断 の 実 施 を 目 標 とすることとする 特 に 公 共 建 築 物 については 各 地 方 公 共 団 体 において できる 限 り 用 途 ごとに 目 標 が 設 定 されるよう 国 土 交 通 省 は 関 係 省 庁 と 連 携 を 図 り 必 要 な 助 言 情 報 の 提 供 を 行 うこととする 三 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 については 技 術 上 の 指 針 となるべき 事 項 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 は 既 存 の 建 築 物 について 現 行 の 耐 震 関 係 規 定 に 適

6 合 しているかどうかを 調 査 し これに 適 合 しない 場 合 には 適 合 させるために 必 要 な 改 修 を 行 うことが 基 本 である しかしながら 既 存 の 建 築 物 については 耐 震 関 係 規 定 に 適 合 していることを 詳 細 に 調 査 することや 適 合 しない 部 分 を 完 全 に 適 合 させることが 困 難 な 場 合 がある このような 場 合 には 建 築 物 の 所 有 者 等 は 技 術 指 針 事 項 に 基 づい て 耐 震 診 断 を 行 い その 結 果 に 基 づいて 必 要 な 耐 震 改 修 を 行 うべきである 四 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 に 関 する 基 本 的 な 事 項 建 築 物 の 所 有 者 等 が 地 震 防 災 対 策 を 自 らの 問 題 地 域 の 問 題 として 意 識 することが できるよう 地 方 公 共 団 体 は 過 去 の 発 生 した 地 震 の 被 害 と 対 策 発 生 のおそれがある 地 震 の 概 要 と 地 震 による 危 険 性 の 程 度 等 を 記 載 した 地 図 ( 以 下 地 震 防 災 マップ とい う ) 建 築 物 の 耐 震 性 能 や 免 震 等 の 技 術 情 報 地 域 での 取 組 の 重 要 性 等 について 町 内 会 等 や 各 種 メディアを 活 用 して 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 を 図 ることが 考 えられる 国 は 地 方 公 共 団 体 に 対 し 必 要 な 助 言 及 び 情 報 提 供 等 を 行 うこととする また 地 方 公 共 団 体 が 適 切 な 情 報 提 供 を 行 うことができるよう 地 方 公 共 団 体 とセン ターとの 間 で 必 要 な 情 報 の 共 有 及 び 連 携 が 図 れることが 望 ましい 五 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 策 定 に 関 する 基 本 的 な 事 項 その 他 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 重 要 事 項 1 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 策 定 に 関 する 基 本 的 な 事 項 イ 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 都 道 府 県 は 法 第 五 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づく 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 以 下 単 に 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 という )を 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 二 十 五 年 法 律 第 二 十 号 以 下 改 正 法 という ) の 施 行 後 できるだけ 速 やかに 改 定 すべきである 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 改 定 に 当 たっては 道 路 部 局 防 災 部 局 衛 生 部 局 観 光 部 局 商 工 部 局 教 育 委 員 会 等 とも 連 携 するとともに 都 道 府 県 内 の 市 町 村 の 耐 震 化 の 目 標 や 施 策 との 調 合 を 図 るため 市 町 村 と 協 議 会 を 設 置 する 等 の 取 組 を 行 い ながら 市 町 村 の 区 域 を 越 える 広 域 的 な 見 地 からの 調 整 を 図 る 必 要 がある 施 策 等 を 中 心 に 見 直 すことが 考 えられる また 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 基 づく 施 策 が 効 果 的 に 実 現 できるよう その 改 定 に 当 たっては 法 に 基 づく 指 導 助 言 指 示 等 を 行 う 所 管 行 政 庁 と 十 分 な 調 整 を 行 うべきである なお 都 道 府 県 は 耐 震 化 の 進 歩 状 況 や 新 たな 施 策 の 実 施 等 にあわせて 適 宜 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 見 直 しを 行 うことが 望 ましい ロ 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 において 二 2のうち 平 成 二 十 七 年 までの 目 標 を 踏 まえ 各 都 道 府 県 において 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 の 状 況 建 築 物 の 耐 震 化 の 現 状 等 を 勘 案 し 可 能 の 限 り 建 築 物 の 用 途 ごとに 目 標 を 定 めることが 望 ましい な お 都 道 府 県 は 定 めた 目 標 について 一 定 期 間 ごとに 検 証 すべきである 特 に 耐

7 震 診 断 義 務 付 け 対 象 建 築 物 については 早 急 に 耐 震 化 を 促 進 すべき 建 築 物 であるた め 耐 震 診 断 結 果 の 報 告 を 踏 まえ 耐 震 化 の 状 況 を 検 証 するべきである また 庁 舎 病 院 学 校 等 の 公 共 建 築 物 については 関 係 部 局 と 協 議 し 今 後 速 やかに 耐 震 診 断 を 行 い その 結 果 の 公 表 に 取 り 組 むとともに 具 体 的 な 耐 震 化 の 目 標 を 設 定 すべきである さらに 重 点 化 を 図 りながら 耐 震 化 を 推 進 するため 都 道 府 県 は 公 共 建 築 物 に 係 る 整 備 プログラム 等 を 作 成 することが 望 ましい ハ 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 施 策 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 においては 都 道 府 県 市 町 村 建 築 物 の 所 有 者 等 の との 役 割 分 担 の 考 え 方 実 施 する 事 業 の 方 針 等 基 本 的 な 取 組 方 針 について 定 めると ともに 具 体 的 な 支 援 策 の 概 要 安 心 して 耐 震 改 修 等 を 行 うことができるようにす るための 環 境 整 備 地 震 時 の 総 合 的 な 安 全 対 策 に 関 する 事 業 の 概 要 等 を 定 めること が 望 ましい 法 第 五 条 第 三 項 第 一 号 の 規 定 に 基 づき 定 めるべき 公 益 上 必 要 な 建 築 物 は 地 震 時 における 災 害 対 応 対 策 の 拠 点 となる 施 設 や 避 難 所 となる 施 設 等 であるが 例 えば 庁 舎 病 院 学 校 の 体 育 館 等 の 公 共 建 築 物 のほか 病 院 ホテル 旅 館 福 祉 施 設 等 の 民 間 建 築 物 のうち 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 三 十 六 年 法 律 第 二 百 二 十 三 号 ) 第 二 条 第 十 号 に 規 定 する 地 域 防 災 計 画 や 防 災 の 関 する 計 画 等 において 大 規 模 な 地 震 が 発 生 した 場 合 においてその 利 用 を 確 保 することが 公 益 上 必 要 な 建 築 物 として 定 められ たものについても 積 極 的 に 定 めることが 考 えられる なお 公 益 上 必 要 な 建 築 物 を 定 めようとするときは 法 第 五 条 第 四 項 の 規 定 に 基 づき あらかじめ 当 該 建 築 物 の 所 有 者 等 の 意 見 を 勘 案 し 例 えば 特 別 積 合 せ 貨 物 運 送 以 外 の 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 の 用 に 供 する 施 設 である 建 築 物 等 であって 大 規 模 な 地 震 が 発 生 した 場 合 に 公 益 上 必 要 な 建 築 物 として 実 際 に 利 用 される 見 込 みがないものまで 定 めることがな いよう 留 意 するべきである 法 第 五 条 第 三 項 第 二 号 又 は 第 三 号 の 規 定 に 基 づき 定 めるべき 道 路 は 沿 道 の 建 築 物 の 倒 壊 によって 緊 急 車 両 の 通 行 や 住 民 の 避 難 の 妨 げになるおそれがある 道 路 であ るが 例 えば 緊 急 輸 送 道 路 避 難 路 通 学 路 等 避 難 場 所 と 連 絡 する 道 路 その 他 密 集 市 街 地 内 の 道 路 等 を 定 めることが 考 えられる 特 に 緊 急 輸 送 道 路 のうち 市 町 村 の 区 域 を 越 えて 災 害 時 の 拠 点 施 設 を 連 絡 する 道 路 であり 災 害 時 における 多 数 の 者 の 円 滑 な 避 難 救 急 消 防 活 動 の 実 施 避 難 者 への 緊 急 物 資 の 輸 送 等 の 観 点 から 重 要 な 道 路 については 沿 道 の 建 築 物 の 耐 震 化 を 図 ることが 必 要 な 道 路 として 定 め るべきである このうち 現 に 相 当 数 の 建 築 物 が 集 合 し 又 は 集 合 することが 確 実 と 見 込 まれる 地 域 を 通 過 する 道 路 公 園 等 の 重 要 な 避 難 場 所 と 連 絡 する 道 路 その 他 の 地 域 の 防 災 上 の 観 点 から 重 要 な 道 路 については 同 項 第 二 号 の 規 定 に 基 づき 早 期 に 通 行 障 害 建 築 物 の 耐 震 診 断 を 行 わせ 耐 震 化 を 図 ることが 必 要 な 道 路 として 定 めることが 考 え られる また 同 項 第 四 号 の 規 定 に 基 づき 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 に 関 する 事 項 は 法 第 二 十 八 条 の 特 例 の 適 用 の 考 え 方 等 について 定 めることが 望 ましい

8 さらに 同 項 第 五 号 の 規 定 に 基 づく 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 又 は 地 方 住 宅 供 給 公 社 ( 以 下 機 構 等 という )による 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 事 項 は 機 構 等 が 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 を 行 う 地 域 建 築 物 の 種 類 等 について 定 めることが 考 えられる なお 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 による 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 業 務 及 び 地 域 は 原 則 として 都 市 再 生 に 資 するものに 限 定 するとともに 地 域 における 民 間 事 業 者 による 業 務 を 補 完 して 行 うよう 留 意 する ニ 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 においては 個 々の 建 築 物 の 所 在 地 を 識 別 可 能 とする 程 度 に 詳 細 な 地 震 防 災 マップの 作 成 について 盛 り 込 むとともに 相 談 窓 口 の 設 置 パ ンフレットの 作 成 配 布 セミナー 講 習 会 の 開 催 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 に 係 る 情 報 提 供 等 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 に 係 る 事 業 について 定 めることが 望 ましい 特 に 地 震 防 災 マップの 作 成 及 び 相 談 窓 口 の 設 置 は 都 道 府 県 内 の 全 ての 市 町 村 において 設 置 するよう 努 めるべきである また 地 域 における 地 震 時 の 危 険 箇 所 の 点 検 等 を 通 じて 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 のための 啓 発 活 動 や 危 険 なブロック 塀 の 改 修 撤 去 等 の 取 組 を 行 うことが 効 果 的 で あり 必 要 に 応 じ 市 町 村 との 役 割 分 担 のもと 町 内 会 等 との 連 携 策 についても 定 めることが 考 えられる ホ 建 築 基 準 法 による 勧 告 又 は 命 令 等 の 実 施 法 に 基 づく 指 導 助 言 指 示 命 令 等 について 所 管 行 政 庁 は 優 先 的 に 実 施 す べき 建 築 物 の 選 定 及 び 対 応 方 針 公 表 の 方 法 等 について 定 めることが 望 ましい また 所 管 行 政 庁 は 法 第 十 二 条 第 三 項 ( 法 附 則 第 三 条 第 三 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 又 は 法 第 十 五 条 第 三 項 の 規 定 による 公 表 を 行 ったにもかかわらず 建 築 物 の 所 有 者 が 耐 震 改 修 を 行 わない 場 合 には 建 築 基 準 法 第 十 条 第 一 項 の 規 定 に よる 勧 告 同 条 第 二 項 又 は 第 三 項 の 規 定 による 命 令 等 を 実 施 すべきであり その 実 施 の 考 え 方 方 法 等 について 定 めることが 望 ましい 2 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 策 定 に 関 する 基 本 的 な 事 項 イ 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 平 成 十 七 年 三 月 に 中 央 防 災 会 議 において 決 定 された 地 震 防 災 戦 略 において 東 海 地 震 及 び 東 南 海 南 海 地 震 の 被 害 を 受 けるおそれにある 地 方 公 共 団 体 については 地 域 目 標 を 定 めることが 要 請 され その 他 の 地 域 においても 減 災 目 標 を 策 定 すること が 必 要 とされている こうしたことを 踏 まえ 法 第 六 条 第 一 項 において 基 礎 自 治 体 である 市 町 村 においても 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 基 づき 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 を 定 めるよう 努 めるものとされたところであり 可 能 な 限 り 全 ての 市 町 村 において 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 が 策 定 されることが 望 ましい また 改 正 法 によ る 改 正 前 の 法 第 五 条 第 七 項 に 基 づき 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 を 策 定 している 市 町 村 にあっては 当 該 計 画 を 改 正 法 の 施 行 後 できるだけ 速 やかに 改 定 すべきである 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 策 定 及 び 改 定 に 当 たっては 道 路 部 局 防 災 部 局 衛 生 部 局 観 光 部 局 商 工 部 局 教 育 委 員 会 等 とも 連 携 するとともに 都 道 府 県 の 耐 震 化 の 目 標 や 施 策 との 整 合 を 図 るため 都 道 府 県 と 協 議 会 を 設 置 する 等 の 取 組 を 行 いながら より 地 域 固 有 の 状 況 に 配 慮 して 作 成 することが 考 えられる

9 また 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 に 基 づく 施 策 が 効 果 的 に 実 現 できるよう 法 に 基 づく 指 導 助 言 指 示 等 を 行 う 所 管 行 政 庁 と 十 分 な 調 整 を 行 うべきである なお 市 町 村 は 耐 震 化 の 進 歩 状 況 や 新 たな 施 策 の 実 施 等 にあわせて 適 宜 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 見 直 しを 行 うことが 望 ましい ロ 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 事 項 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 においては 都 道 府 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 目 標 を 踏 まえ 各 市 町 村 において 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 の 状 況 建 築 物 の 耐 震 化 の 現 状 等 を 勘 案 し 可 能 な 限 り 建 築 物 の 用 途 ごとに 目 標 を 定 めることが 望 ましい なお 市 町 村 は 定 めた 目 標 について 一 定 期 間 ごとに 検 証 するべきである 特 に 耐 震 診 断 義 務 付 け 対 象 建 築 物 については 早 急 に 耐 震 化 を 促 進 すべき 建 築 物 であり 耐 震 診 断 の 結 果 の 報 告 を 踏 まえ 耐 震 化 の 状 況 を 検 証 するべきである また 庁 舎 病 院 学 校 等 の 公 共 建 築 物 については 関 係 部 局 と 協 力 し 今 後 速 やかに 耐 震 診 断 を 行 い その 結 果 の 公 表 に 取 り 組 むとともに 具 体 的 な 耐 震 化 の 目 標 を 設 定 すべきである さらに 重 点 化 を 図 りながら 着 実 な 耐 震 化 を 推 進 するため 市 町 村 は 公 共 建 築 物 に 係 る 整 備 プログラム 等 を 作 成 することが 望 ましい ハ 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 施 策 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 においては 都 道 府 県 市 町 村 建 築 物 の 所 有 者 等 との 役 割 分 担 の 考 え 方 実 施 する 事 業 の 方 針 等 基 本 的 な 取 組 方 針 について 定 めるととも に 具 体 的 な 支 援 策 の 概 要 安 心 して 耐 震 改 修 等 を 行 うことができるようにするため の 環 境 整 備 地 震 時 の 総 合 的 な 安 全 対 策 に 関 する 事 業 の 概 要 等 を 定 めることが 望 ま しい 法 第 六 条 第 三 項 第 一 号 又 は 第 二 号 の 規 定 に 基 づき 定 めるべき 道 路 は 沿 道 の 建 築 物 の 倒 壊 によって 緊 急 車 両 の 通 行 や 住 民 の 避 難 の 妨 げになるおそれがある 道 路 であ るが 例 えば 緊 急 輸 送 道 路 避 難 路 通 学 路 等 避 難 場 所 と 連 絡 する 道 路 その 他 密 集 市 街 地 内 の 道 路 等 を 定 めることが 考 えられる 特 に 緊 急 輸 送 道 路 のうち 市 町 村 の 区 域 内 において 災 害 時 の 拠 点 施 設 を 連 絡 する 道 路 であり 災 害 時 における 多 数 の 者 の 円 滑 な 避 難 救 急 消 防 活 動 の 実 施 避 難 者 への 緊 急 物 資 の 輸 送 等 の 観 点 から 重 要 な 道 路 については 沿 道 の 建 築 物 の 耐 震 化 を 図 ることが 必 要 な 道 路 として 定 め るべきである このうち 現 に 相 当 数 の 建 築 物 が 集 合 し 又 は 集 合 することが 確 実 と 見 込 まれる 地 域 を 通 過 する 道 路 公 園 等 の 重 要 な 避 難 場 所 と 連 絡 する 道 路 その 他 の 地 域 の 防 災 上 の 観 点 から 重 要 な 道 路 については 同 項 第 一 号 の 規 定 に 基 づき 早 期 に 沿 道 の 建 築 物 の 耐 震 化 を 図 ることが 必 要 な 道 路 として 定 めることが 考 えられる 二 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 市 町 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 においては 個 々の 建 築 物 の 所 在 地 を 識 別 可 能 とする 程 度 に 詳 細 な 地 震 防 災 マップの 作 成 について 盛 り 込 むとともに 相 談 窓 口 の 設 置 パ ンフレットの 作 成 配 布 セミナー 講 習 会 の 開 催 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 に 係 る 情 報 の 提 供 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 に 係 る 事 業 について 定 められることが 望 ましい 特 に 地 震 防 災 マップの 作 成 及 び 相 談 窓 口 の 設 置 は 全 ての 市 町 村 において 措 置 さ

10 れるよう 努 めるべきである また 地 域 おける 地 震 時 の 危 険 箇 所 の 点 検 等 を 通 じて 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の ための 啓 発 活 動 や 危 険 なブロック 塀 の 改 修 撤 去 等 の 取 組 を 行 うことが 効 果 的 であ り 必 要 に 応 じ 町 内 会 等 との 連 携 策 についても 定 めることが 考 えられる ロ 建 築 基 準 法 による 勧 告 又 は 命 令 等 の 実 施 法 に 基 づく 指 導 助 言 指 示 等 について 所 管 行 政 庁 である 市 町 村 は 優 先 的 に 実 施 すべき 建 築 物 の 選 定 及 び 対 応 方 針 公 表 の 方 法 等 について 定 めることが 望 まし い また 所 管 行 政 庁 である 市 町 村 は 法 第 十 二 条 第 三 項 ( 法 附 則 第 三 条 第 三 項 にお いて 準 用 する 場 合 を 含 む ) 又 は 法 第 十 五 条 第 三 項 の 規 定 による 公 表 を 行 ったにも かかわらず 建 築 物 の 所 有 者 が 耐 震 改 修 を 行 わない 場 合 には 建 築 基 準 法 第 十 条 第 一 項 の 規 定 による 勧 告 同 条 第 二 項 又 は 第 三 項 の 規 定 による 命 令 等 を 実 施 すべきで あり その 実 施 の 考 え 方 方 法 等 について 定 めることが 望 ましい 3 計 画 の 認 定 等 の 周 知 所 管 行 政 庁 は 法 第 十 七 条 第 三 項 の 計 画 の 認 定 法 第 二 十 二 条 第 二 項 の 認 定 法 第 二 十 五 条 第 二 項 の 認 定 について 建 築 物 の 所 有 者 へ 周 知 し 活 用 を 促 進 することが 望 ましい なお 法 第 二 十 二 条 第 二 項 の 認 定 制 度 の 周 知 にあたっては 本 制 度 の 活 用 が 任 意 であり 表 示 が 付 されていないことをもって 建 築 物 が 耐 震 性 を 有 さないことと はならないことについて 建 築 物 の 利 用 者 等 の 十 分 な 理 解 が 得 られるよう 留 意 すべき である

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28 兵 庫 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 資 料 編 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 定 ) 兵 庫 県 目 次 1 関 係 法 令 (1) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 (2) 基 本 方 針 2 地 震 動 予 測 結 果 による 震 度 分 布 図 3 耐 震 化 率 関 係 データ (1) 住 宅 (2) 多 数 利 用 建 築 物 4 これまでの

More information

福井県耐震改修促進計画

福井県耐震改修促進計画 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 12 月 策 定 平 成 24 年 3 月 改 定 平 成 28 年 3 月 改 定 福 井 県 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに (1) 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 (2) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律

More information

秋田県耐震改修促進計画(素案)

秋田県耐震改修促進計画(素案) 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 21 年 3 月 湯 沢 市 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 第 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 2 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 2 2 被 害 想 定 結 果 4 第 2 住 宅 公 共 建 築 物 の 耐 震

More information

男鹿市耐震改修促進計画

男鹿市耐震改修促進計画 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 第 2 期 計 画 ) 平 成 28 年 3 月 男 鹿 市 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 計 画 の 目 的 2 3 計 画 の 位 置 づけ 2 第 1 章 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 3 1 男 鹿 市

More information

目 次 はじめに 1 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 2 計 画 の 位 置 付 け 1 3 計 画 の 目 的 等 2 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被

目 次 はじめに 1 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 2 計 画 の 位 置 付 け 1 3 計 画 の 目 的 等 2 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被 岡 山 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 1 月 岡 山 県 目 次 はじめに 1 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 2 計 画 の 位 置 付 け 1 3 計 画 の 目 的 等 2 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被 害 の 状 況 4

More information

八街市耐震改修促進計画

八街市耐震改修促進計画 八 街 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 八 街 市 目 次 はじめに -------------------------------------------------- 1 第 1. 計 画 策 定 の 主 旨 -------------------------------------- 3 第 2. 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する

More information

草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 改 訂 版 ) 目 次 第 1 章 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 位 置 付 け 2 3 用 語 の 定 義 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 事 項 1

草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 改 訂 版 ) 目 次 第 1 章 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 位 置 付 け 2 3 用 語 の 定 義 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 事 項 1 草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 改 訂 版 ) ( 平 成 21 年 度 ~ 平 成 27 年 度 ) 平 成 25 年 3 月 改 訂 草 加 市 草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 改 訂 版 ) 目 次 第 1 章 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 位 置 付 け 2

More information

このため 地 震 による 死 者 数 を 半 減 させること 等 を 目 的 に 建 築 物 の 耐 震 化 をより 一 層 促 進 するため 平 成 25 年 5 月 に 耐 震 改 修 促 進 法 が 改 正 ( 平 成 25 年 11 月 施 行 )されました 宇 部 市 耐 震 改 修 促

このため 地 震 による 死 者 数 を 半 減 させること 等 を 目 的 に 建 築 物 の 耐 震 化 をより 一 層 促 進 するため 平 成 25 年 5 月 に 耐 震 改 修 促 進 法 が 改 正 ( 平 成 25 年 11 月 施 行 )されました 宇 部 市 耐 震 改 修 促 ( 趣 旨 ) 改 正 後 宇 部 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 趣 旨 ) 現 行 第 1 章 計 画 の 基 本 的 事 項 第 1 節 計 画 の 背 景 と 目 的 1 計 画 の 背 景 平 成 7 年 1 月 17 日 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 を 契 機 に 現 行 の 建 築 基 準 法 の 構 造 基 準 ( 以 下 現 行 基 準 という )を 満

More information

地 震 はいつ 発 生 するの? 栃 木 県 の 過 去 の 地 震 被 害 を 見 ると 内 陸 部 の 活 断 層 を 震 源 とする 直 下 型 地 震 による 被 害 が 大 きく なっています しかし 平 成 20 年 6 月 の 岩 手 宮 城 内 陸 地 震 は これまで 活 断 層

地 震 はいつ 発 生 するの? 栃 木 県 の 過 去 の 地 震 被 害 を 見 ると 内 陸 部 の 活 断 層 を 震 源 とする 直 下 型 地 震 による 被 害 が 大 きく なっています しかし 平 成 20 年 6 月 の 岩 手 宮 城 内 陸 地 震 は これまで 活 断 層 下 野 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 概 要 版 耐 震 改 修 促 進 計 画 ってなに?? 計 画 の 背 景 と 目 的 平 成 7 年 1 月 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 では 6,400 人 余 の 命 が 失 われました このうち 約 5,000 人 が 倒 壊 した 建 物 に 巻 き 込 まれて 亡 くなっています 倒 壊 した 建 築 物 の 多

More information

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc)

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc) 中 津 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 大 分 県 中 津 市 ( 平 成 27 年 3 月 ) 目 次 第 1 章 総 則 1. 目 的 2. 位 置 付 け 3. 計 画 期 間 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1. 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 の 状 況 2. 耐 震 化 の 現 状 3. 耐 震 改 修 等 の 目 標

More information

岡崎市建築物耐震改修促進計画

岡崎市建築物耐震改修促進計画 平 成 20 年 3 月 ( 平 成 26 年 3 月 一 部 改 訂 ) ( 平 成 28 年 3 月 一 部 改 訂 ) 岡 崎 市 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 計 画 策 定 の 背 景 改 訂 の 概 要... 1 2. 岡 崎 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け... 3 3. 岡 崎 市 における 地 震 被 害 の 想 定...

More information

2 改 正 の 概 要 しています ⑴ 耐 震 化 の 促 進 のための 規 制 強 化 ⅰ 耐 震 診 断 の 義 務 化 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 今 回 の 改 正 により 次 のイからハまでの 建 築 物 のうち 昭 和 56 年 以 前 のいわゆる 旧 耐 震 基 準 により 建

2 改 正 の 概 要 しています ⑴ 耐 震 化 の 促 進 のための 規 制 強 化 ⅰ 耐 震 診 断 の 義 務 化 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 今 回 の 改 正 により 次 のイからハまでの 建 築 物 のうち 昭 和 56 年 以 前 のいわゆる 旧 耐 震 基 準 により 建 耐 震 改 修 促 進 法 の 改 正 について 国 土 交 通 省 住 宅 局 建 築 指 導 課 課 長 補 佐 広 瀬 行 久 目 次 1 今 回 の 改 正 に 至 る 背 景 2 改 正 の 概 要 ⑴ 耐 震 化 の 促 進 のための 規 制 強 化 ⅰ 耐 震 診 断 の 義 務 化 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 ⅱ 全 ての 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 ⑵ 耐 震

More information

徳 島 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 26 年 3 月 徳 島 市 目 次 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け 3 3 計 画 の 対 象 期 間 3 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1-1 概 要 4 1-2 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 等 の

More information

1表紙(2012.4)

1表紙(2012.4) 横 須 賀 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 横 須 賀 市 目 次 第 1 章 計 画 の 背 景 目 的... 1 1. 計 画 策 定 の 背 景... 1 (1) 阪 神 淡 路 大 震 災 の 被 害 状 況 等... 1 (2) 耐 震 改 修 促 進 法 の 改 正... 2 2. 計 画 策 定 の 目 的 等... 3 (1) 計 画 の 目 的... 3 (2) 計 画 の 位

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

<95F18D908F9182525F313030373232>

<95F18D908F9182525F313030373232> 平 成 21 年 度 臼 杵 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 7 月 臼 杵 市 報 告 書 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 目 的 1-1 耐 震 化 の 必 要 性 1 1-2 計 画 の 目 的 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ 1 1-4 計 画 の 期 間 2 1-5 計 画 の 対 象 2 第 2 章 臼 杵 市 における 地 震 の 危 険 性 2-1

More information

富 良 野 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ~ 既 存 建 築 物 の 耐 震 化 に 向 けて~ 平 成 21 年 3 月 富 良 野 市 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 1. 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 1 2. 計 画 の 位 置 づけ 1 3. 計 画 期 間 1 第 2 章 富 良 野 市 の 概 況 1. 位 置 2 2. 地 勢 2 3.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63> 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 25 年 3 月 改 定 地 震 により 想 定 される 被 害 の 半 減 を 目 指 し 住 宅 建 築 物 の 耐 震 診 断 および 耐 震 改 修 を 計 画 的 かつ 総 合 的 に 推 進 し 災 害 に 強 いまちづくりを 実 現 するため 平 成 19 年 12 月 に 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C966B92AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C966B92AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E6> 東 北 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 27 年 3 月 東 北 町 東 北 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに 計 画 の 概 要... 1 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標... 3 1. 想 定 される 地 震 の 規 模 人 的 被 害 及 び 建 物 被 害 の 状 況 2. 耐 震 化 の

More information

目 次 はじめに 1 計 画 策 定 ( 改 訂 )の 背 景 P1 2 計 画 の 位 置 付 け P2 3 計 画 の 期 間 P3 4 耐 震 化 を 図 る 建 築 物 P3 第 1 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される

目 次 はじめに 1 計 画 策 定 ( 改 訂 )の 背 景 P1 2 計 画 の 位 置 付 け P2 3 計 画 の 期 間 P3 4 耐 震 化 を 図 る 建 築 物 P3 第 1 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される いわき 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 改 訂 ) 平 成 28 年 3 月 いわき 市 目 次 はじめに 1 計 画 策 定 ( 改 訂 )の 背 景 P1 2 計 画 の 位 置 付 け P2 3 計 画 の 期 間 P3 4 耐 震 化 を 図 る 建 築 物 P3 第 1 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される 地

More information

Taro-【確定版】改訂 耐震改修促

Taro-【確定版】改訂 耐震改修促 岐 阜 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 平 成 23 年 10 月 策 定 改 訂 目 次 はじめに 1 計 画 策 定 の 経 緯 1 2 岐 阜 県 震 災 対 策 検 証 委 員 会 の 提 言 と 計 画 改 定 の 方 針 1 第 1 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被 害 状 況 1 想 定 される 地 震 の 規 模 3 2 人 的 被

More information

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す 深 谷 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 3 月 深 谷 市 目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目

More information

浅口市耐震改修促進計画

浅口市耐震改修促進計画 浅 口 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 4 月 浅 口 市 目 次 第 1 計 画 の 概 要 1 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 背 景 等 1 3 計 画 の 位 置 付 け 2 4 計 画 の 期 間 2 5 耐 震 化 を 図 る 建 築 物 3 第 2 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被 害 の 状 況 5 1 想 定 される 地 震

More information

00 次第

00 次第 第 1 回 耐 震 改 修 促 進 計 画 改 定 検 討 会 日 時 : 平 成 27 年 6 月 22 日 ( 月 )15:00~17:00 場 所 : 兵 庫 県 庁 第 2 号 館 11 階 A 会 議 室 次 第 1 開 会 2 耐 震 改 修 促 進 計 画 改 定 検 討 会 について 3 議 事 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 に 係 る 現 状 報 告 耐 震 化 率 の 推

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

目 次 第 1 章 総 則 1. 計 画 策 定 及 び 改 定 の 背 景 2 (1) 兵 庫 県 南 部 地 震 ( 阪 神 淡 路 大 震 災 )の 被 害 状 況 2 (2) 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 ( 東 日 本 大 震 災 )の 被 害 状 況 3 (3) 中 央 防 災

目 次 第 1 章 総 則 1. 計 画 策 定 及 び 改 定 の 背 景 2 (1) 兵 庫 県 南 部 地 震 ( 阪 神 淡 路 大 震 災 )の 被 害 状 況 2 (2) 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 ( 東 日 本 大 震 災 )の 被 害 状 況 3 (3) 中 央 防 災 大 分 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 平 成 27 年 度 改 正 版 ) [ 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ] 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 26 年 4 月 改 正 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 正 ) 大 分 市 目 次 第 1 章 総 則 1. 計 画 策 定 及 び 改 定 の 背 景 2 (1) 兵 庫 県 南 部 地 震 ( 阪 神 淡 路

More information

目 次 はじめに (1) 京 都 府 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 位 置 づけ 3 (2) 耐 震 化 の 必 要 性 - 過 去 の 震 災 の 教 訓 3 (3) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 について 5 1 府 内 の 建 築 物 の

目 次 はじめに (1) 京 都 府 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 位 置 づけ 3 (2) 耐 震 化 の 必 要 性 - 過 去 の 震 災 の 教 訓 3 (3) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 について 5 1 府 内 の 建 築 物 の 京 都 府 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 案 ) 平 成 28 年 月 京 都 府 目 次 はじめに (1) 京 都 府 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 位 置 づけ 3 (2) 耐 震 化 の 必 要 性 - 過 去 の 震 災 の 教 訓 3 (3) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 について 5 1 府 内 の 建 築 物 の

More information

<927C93638E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E62E786477>

<927C93638E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E62E786477> 竹 田 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 9 月 目 次 第 1 章 総 則...1 1. 計 画 策 定 の 背 景... 1 2. 目 的... 1 3. 位 置 付 け... 1 4. 計 画 期 間... 1 5. 対 象 区 域 対 象 建 築 物... 1 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標...3 1. 大 分 県

More information

<819A91E592C392AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E65F8C7689E68F91>

<819A91E592C392AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E65F8C7689E68F91> 大 津 町 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 大 津 町 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 趣 旨 1 1 計 画 の 背 景 と 目 的 1 2 計 画 の 位 置 付 け 3 3 計 画 の 期 間 4 4 対 象 区 域 4 5 対 象 建 築 物 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 化 の 現 状 と 目 標 7 1 想 定 される 地 震 と

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 1. 促 進 正 概 要 1 近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 主 海 溝 型 評 価 結 果 主 要 活 層 評 価 結 果 文 部

More information

湯沢町耐震改修促進計画

湯沢町耐震改修促進計画 2 耐 震 化 の 現 状 (1) 建 築 基 準 法 における 構 造 基 準 の 改 正 昭 和 53 年 の 宮 城 県 沖 地 震 等 の 被 害 状 況 を 受 け 昭 和 56 年 に 建 築 基 準 法 の 耐 震 関 係 規 定 が 見 直 されました( 昭 和 56 年 6 月 1 日 施 行 新 耐 震 基 準 ) その 後 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 において 昭

More information

2. 普 及 啓 発 (1)パンフレット CATV ホームページを 活 用 した 普 及 啓 発 (2) 耐 震 関 連 イベントの 開 催 (3) 地 域 危 険 度 マップの 公 表 (4) 不 動 産 取 引 に 伴 う 耐 震 診 断 に 関 する 説 明 義 務 の 周 知 (5) 耐 震

2. 普 及 啓 発 (1)パンフレット CATV ホームページを 活 用 した 普 及 啓 発 (2) 耐 震 関 連 イベントの 開 催 (3) 地 域 危 険 度 マップの 公 表 (4) 不 動 産 取 引 に 伴 う 耐 震 診 断 に 関 する 説 明 義 務 の 周 知 (5) 耐 震 第 3 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 施 策 1. 基 本 的 な 取 組 方 針 建 築 物 の 耐 震 化 は 自 助 共 助 公 助 の 原 則 を 踏 まえ その 所 有 者 ( 以 下 建 物 所 有 者 という )によって 行 われることを 基 本 とします 区 は 耐 震 化 について 幅 広 い 情 報 提 供 を 行 うとともに 国 や

More information

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱 東 京 都 北 区 有 料 老 人 ホーム 設 置 指 導 要 綱 1 8 北 福 健 第 2 1 4 号 平 成 18 年 7 月 20 日 区 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 北 区 内 において 有 料 老 人 ホームの 事 業 を 計 画 する 者 等 に 対 し 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 必 要 な 指 導 及 び 協 力 要 請 を 行 うことにより

More information

<31816A8C7689E68F91955C8E86814596DA8E9F8169483231292E786477>

<31816A8C7689E68F91955C8E86814596DA8E9F8169483231292E786477> 恵 庭 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 恵 庭 市 目 1 計 画 の 前 提 1-1 計 画 の 背 景 ---------------------------------------------------- 1 1-2 計 画 の 目 的 ---------------------------------------------------- 2 1-3 計 画

More information

九 重 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 20 年 3 月 九 重 町 目 次 第 1 章 総 則 - 1-1 目 的 - 1-2 位 置 付 け - 3-3 計 画 期 間 - 3 - 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 - 4-1 地 震 被 害 の 想 定 - 4 - (1) 九 重 町 に 被 害 をもたらした 過 去 の 地 震

More information

住宅の耐震化の現状と課題

住宅の耐震化の現状と課題 10 75 90 平 成 7 年 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 の 約 9 割 が 住 宅 建 築 物 の 倒 壊 等 によるものであった 地 震 による 被 害 を 軽 減 するためには 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 が 重 要 であるが なかなか 進 んでいない 新 潟 県 中 越 地 震 の 発 生 や 東 海 東 南 海

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

Microsoft Word - 03_県地域防災計画(印刷用)0611 時点

Microsoft Word - 03_県地域防災計画(印刷用)0611 時点 震 災 対 策 編 第 1 部 災 害 予 防 計 画 第 2 章 被 害 想 定 (2) 被 害 等 の 概 況 区 分 人 的 被 害 建 物 被 害 交 通 施 設 被 害 ライフ ライン 施 設 362 内 容 ( 死 傷 者 ) 鹿 野 吉 岡 断 層 による 地 震 の 場 合 の 冬 18 時 の 設 定 が 最 も 死 者 及 び 負 傷 者 が 多 くなる この 地 震 の 場 合

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環 滞 納 整 理 事 務 要 綱 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 第 1 自 主 納 付 の 推 進 及 び 滞 納 整 理 の 促 進 に 伴 う 基 本 方 針 市 税 は 本 市 が 取 り 組 むさまざまな 公 共 サービス 等 の 原 資 になっており 市 民 福 祉 の 充 実 や 市 民 ニーズに 対 応 する 施 策 の 推 進 に 役 立 てられている これら 施 策 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2094C2917192AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E63039303332352E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2094C2917192AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E63039303332352E646F63> 板 倉 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 23 年 12 月 改 訂 群 馬 県 板 倉 町 目 次 はじめに 1. 耐 震 化 の 必 要 性 1 2. 計 画 の 位 置 づけ 2 3. 計 画 の 目 的 等 3 第 1 章 群 馬 県 における 地 震 の 危 険 性 1. 群 馬 県 の 地 震 経 験 4 2. 群 馬 県 内 の 活 断 層 5 3. 県 土 の 揺 れやすさ

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

愛知県耐震改修促進計画(案)

愛知県耐震改修促進計画(案) 目 次 第 1 章 はじめに 1-1 計 画 策 定 の 背 景 1 1-2 計 画 の 位 置 づけ 4 1-3 本 町 における 地 震 に 係 る 被 害 想 定 等 5 第 2 章 計 画 の 基 本 的 事 項 2-1 対 象 となる 区 域 計 画 期 間 対 象 建 築 物 9 2-2 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 現 状 と 目 標 17 第 3 章 耐 震 化 及 び 減

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

松阪市耐震改修促進計画

松阪市耐震改修促進計画 松 阪 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 4 月 松 阪 市 第 1 章 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 計 画 の 位 置 づけ 2 第 2 章 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 の 目 的 等 3 (1) 計 画 の 目 的 3 (2) 対 象 区 域 計 画 期 間 対 象 建 築 物 3 2 想 定 される 地 震 と 被 害 の 状 況 8 (1)

More information

目 次 はじめに 1 計 画 の 目 的 2 2 本 計 画 の 位 置 づけと 他 の 村 計 画 との 関 係 2 3 計 画 期 間 等 2 4 耐 震 化 の 必 要 性 2 5 本 計 画 の 対 象 とする 建 築 物 3 第 1 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修

目 次 はじめに 1 計 画 の 目 的 2 2 本 計 画 の 位 置 づけと 他 の 村 計 画 との 関 係 2 3 計 画 期 間 等 2 4 耐 震 化 の 必 要 性 2 5 本 計 画 の 対 象 とする 建 築 物 3 第 1 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 川 上 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 20 年 3 月 川 上 村 目 次 はじめに 1 計 画 の 目 的 2 2 本 計 画 の 位 置 づけと 他 の 村 計 画 との 関 係 2 3 計 画 期 間 等 2 4 耐 震 化 の 必 要 性 2 5 本 計 画 の 対 象 とする 建 築 物 3 第 1 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に 被 災 したJR 各 線 の 復 旧 について 被 災 したJR 山 田 線 大 船 渡 線 の 復 旧 については あくまでも 鉄 路 での 復 旧 が 果 たされるよう 関 係 自 治 体 と 共 に 国 やJR 東 日 本 に 対 して 強 く 働 き 掛 けること 復 興 計 画 が 完 了 するまでの 復 興 予 算 の 確 保 について 被 災 自 治 体 が 安 心 して 復 興 に

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

第1章 総  論

第1章 総  論 下 水 道 地 震 対 策 緊 急 整 備 計 画 策 定 の 手 引 き( 案 ) 平 成 18 年 4 月 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 下 水 道 部 社 団 法 人 日 本 下 水 道 協 会 下 水 道 施 設 の 耐 震 対 策 指 針 等 改 定 調 査 専 門 委 員 会 マニュアル 計 画 小 委 員 会 緊 急 整 備 計 画 策 定 作 業 部 会 委 員 名

More information

既 存 住 宅 のリフォームによる 性 能 向 上 長 期 優 良 化 に 係 る 検 討 会 における 議 論 の 進 め 方 2 論 点 1 : 制 度 フレーム 1 性 能 向 上 / 長 期 優 良 化 リフォームについ て 市 場 が 現 実 的 に 動 く 仕 組 みとすること に 配

既 存 住 宅 のリフォームによる 性 能 向 上 長 期 優 良 化 に 係 る 検 討 会 における 議 論 の 進 め 方 2 論 点 1 : 制 度 フレーム 1 性 能 向 上 / 長 期 優 良 化 リフォームについ て 市 場 が 現 実 的 に 動 く 仕 組 みとすること に 配 既 存 住 宅 のリフォームによる 性 能 向 上 長 期 優 良 化 に 係 る 検 討 会 における 議 論 の 進 め 方 1 既 存 住 宅 に 対 する 既 成 概 念 や 評 価 を 変 える 既 存 住 宅 の 性 能 を 評 価 する ( 優 良 なものとそうでないものが 明 らかになる) 既 存 住 宅 は 新 築 住 宅 より 劣 る というイメージを 払 拭 する 1 性 能

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20955C8E86814596DA8E9F5F91E593638CB48E73816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20955C8E86814596DA8E9F5F91E593638CB48E73816A> 大 田 原 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 21 年 度 ~ 平 成 27 年 度 平 成 21 年 3 月 大 田 原 市 目 次 第 1 基 本 方 針 1. 耐 震 計 画 策 定 の 背 景 及 び 目 的 1 2. 耐 震 計 画 の 位 置 づけ 1 3. 耐 震 計 画 実 施 のための 施 策 および 市 の 取 組 み 姿 勢 3 4. 地 震 発 生 時

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒 平 成 27 年 8 月 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 書 酒 類 業 中 央 団 体 連 絡 協 議 会 幹 事 日 本 洋 酒 酒 造 組 合 日 本 酒 造 組 合 中 央 会 日 本 蒸 留 酒 酒 造 組 合 ビ ー ル 酒 造 組 合 全 国 卸 売 酒 販 組 合 中 央 会 全 国 小 売 酒 販 組 合 中 央 会 日 本 ワ イ ナ リ ー 協

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4>

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4> 改 正 国 自 旅 第 161 号 平 成 18 年 9 月 15 日 平 成 21 年 12 月 18 日 各 地 方 運 輸 局 長 沖 縄 総 合 事 務 局 長 殿 殿 自 動 車 交 通 局 長 地 域 公 共 交 通 会 議 に 関 する 国 土 交 通 省 としての 考 え 方 について 今 般 の 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

1 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 の 計 画 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 は 教 育 課 程 の 中 に 位 置 付 け 計 画 的 に 実 施 しなければならない 実 施 に 当 たっては 地 域 の 実 状 に 応 じて 災 害 対 応 マニュアルに 基 づく 訓 練 を 実 施 し い

1 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 の 計 画 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 は 教 育 課 程 の 中 に 位 置 付 け 計 画 的 に 実 施 しなければならない 実 施 に 当 たっては 地 域 の 実 状 に 応 じて 災 害 対 応 マニュアルに 基 づく 訓 練 を 実 施 し い 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 の 充 実 1 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 の 計 画 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 は 教 育 課 程 の 中 に 位 置 付 け 計 画 的 に 実 施 しなければならない 実 施 に 当 たっては 地 域 の 実 状 に 応 じて 災 害 対 応 マニュアルに 基 づく 訓 練 を 実 施 し い かなる 災 害 に 遭 遇 した 場 合 でも 安 全 に

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 第 5 章 地 震 保 険 の 実 務 的 な 課 題 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン 個 人 商 品 業 務 部 個 人 火 災 グループ 吉 田 彰 要 旨 地 震 保 険 制 度 は 1966 年 の 地 震 保 険 に 関 する 法 律 の 制 定 を 受 けて 政 府 と 民 間 の 損 害 保 険 会 社 が 共 同 で 運 営 する 制 度 として 発 足 した 地 震 保

More information

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係 22 災 害 時 の 臨 港 道 路 における 放 置 車 両 対 策 の 充 実 強 化 東 京 都 現 在 提 案 実 現 後 災 害 時 における 放 置 車 両 の 移 動 権 限 の 付 与 等 大 規 模 災 害 発 生 時 の 放 置 車 両 対 策 ( 平 成 26 年 11 月 災 害 対 策 基 本 法 改 正 ) 管 理 者 管 理 対 象 放 置 車 両 の 移 動 権 限

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

改正耐震改修促進法について

改正耐震改修促進法について 事 務 所 ビルの 耐 震 化 を 巡 る 課 題 と 取 組 ( 一 社 ) 日 本 ビルヂング 協 会 連 合 会 常 務 理 事 小 川 富 由 平 成 25 年 11 月 1 本 日 のお 話 震 災 での 建 築 物 の 被 害 と 耐 震 改 修 東 日 本 大 震 災 阪 神 大 震 災 での 被 害 耐 震 改 修 促 進 法 の 仕 組 み 平 成 25 年 耐 震 改 修 促 進

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx 資 料 1-1 第 2 回 津 波 避 難 対 策 推 進 マニュアル 検 討 会 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 について 平 成 24 年 8 月 22 日 ( 水 ) Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 の 制 定 経 緯 平 成 23 年 3 月

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A>

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A> 浦 河 町 津 波 避 難 計 画 平 成 26 年 2 月 第 1 章 総 則 1 目 的 この 計 画 は 津 波 が 発 生 した 場 合 または 発 生 する 恐 れがある 場 合 の 津 波 災 害 に 対 し 住 民 の 命 を 守 る ことを 最 優 先 した ソフト 面 の 対 策 を 充 実 させるため 地 震 津 波 発 生 直 後 か ら 津 波 が 終 息 するまでの 概 ね

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 広 域 巨 大 災 害 に 備 えた 仮 設 期 の 住 まいづくりガイドライン ~ 概 要 版 ~ 平 成 25 年 2 月 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 建 政 部 住 宅 整 備 課 ガイドラインの 背 景 問 題 意 識 等 背 景 問 題 意 識 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 (P21) 迅 速 な 対 応 と 同 時 に 長 期 化 に 備 えたきめ 細 かい 配

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information