1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等"

Transcription

1 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務 部 長 雨 笠 均 3 工 事 概 要 (1) 工 事 名 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 (2) 工 事 場 所 埼 玉 県 さいたま 市 南 区 太 田 窪 太 田 窪 宿 舎 (3) 工 事 概 要 別 冊 図 面 及 び 工 事 概 要 書 のとおり (4) 完 成 期 限 平 成 25 年 12 月 27 日 ( 金 )まで (5) 本 工 事 は 建 設 工 事 に 係 る 資 材 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律 第 104 号 )に 基 づき 分 別 解 体 等 及 び 特 定 建 設 資 材 廃 棄 物 の 再 資 源 化 等 の 実 施 が 義 務 付 けられた 工 事 である (6) 本 工 事 においては 資 料 の 提 出 及 び 入 札 等 を 電 子 入 札 システムにより 行 う 電 子 入 札 は 文 部 科 学 省 電 子 入 札 システムホームページ( の 電 子 入 札 システムにより 文 部 科 学 省 電 子 入 札 の 利 用 規 定 及 び 運 用 基 準 に 基 づき 行 う なお 紙 入 札 の 申 請 に 関 しては 財 務 部 施 設 管 理 課 企 画 管 財 係 に 承 諾 願 ( 別 紙 様 式 1)を 提 出 して 行 うものとする 4 競 争 参 加 資 格 (1) 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 契 約 事 務 取 扱 細 則 第 4 条 及 び 第 5 条 に 該 当 しない 者 であるこ と (2) 文 部 科 学 省 における 管 工 事 に 係 るB 等 級 又 はC 等 級 の 一 般 競 争 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けていること( 会 社 更 生 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 154 号 )に 基 づき 更 正 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 225 号 )に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 については 手 続 開 始 の 決 定 後 に 当 該 契 約 担 当 役 が 別 に 定 める 手 続 に 基 づく 一 般 競 争 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) (3) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づ き 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 ( 上 記 (2)の 再 認 定 を 受 けた 者 を 除 く ) でないこと (4) 平 成 10 年 度 以 降 に 元 請 として 完 成 又 は 引 渡 しが 完 了 した 次 の 基 準 を 満 たす 工 事 の 施 工 実 績 を 有 すること( 共 同 企 業 体 の 構 成 員 としての 実 績 は 出 資 比 率 が2 0% 以 上 の 場 合 のものに 限 る ) 学 校 国 又 は 地 方 公 共 団 体 の 施 設 において 新 営 又 は 改 修 の 給 水 設 備 工 事 ( 部 分 的 な 修 理 修 繕 は 認 められない)の 施 工 実 績 (5) 次 に 掲 げる 基 準 を 満 たす 主 任 技 術 者 又 は 監 理 技 術 者 を 当 該 工 事 に 配 置 できること - 1 -

2 1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 2 平 成 10 年 度 以 降 に 上 記 (4)に 掲 げる 工 事 の 経 験 を 有 する 者 であること 3 監 理 技 術 者 にあっては 監 理 技 術 者 資 格 者 証 及 び 監 理 技 術 者 講 習 修 了 証 を 有 する 者 であること 4 配 置 予 定 の 主 任 技 術 者 又 は 監 理 技 術 者 にあっては 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 係 が 必 要 であるので その 旨 を 明 示 することができる 資 料 を 求 めることがあり その 明 示 が なされない 場 合 は 入 札 に 参 加 できないことがある (6) 競 争 参 加 資 格 確 認 申 請 書 ( 以 下 申 請 書 という ) 及 び 競 争 参 加 資 格 確 認 資 料 ( 以 下 資 料 という )の 提 出 期 限 の 日 から 開 札 の 時 までの 期 間 に 文 部 科 学 省 から 建 設 工 事 の 請 負 契 約 に 係 る 指 名 停 止 等 の 措 置 要 領 ( 平 成 18 年 1 月 20 日 付 け 17 文 科 施 第 345 号 文 教 施 設 企 画 部 長 )( 以 下 指 名 停 止 措 置 要 領 という )に 基 づく 指 名 停 止 を 受 けていないこと (7) 入 札 に 参 加 しようとする 者 の 間 に 以 下 の 基 準 のいずれかに 該 当 する 関 係 がないこと ( 基 準 に 該 当 する 者 のすべてが 共 同 企 業 体 の 代 表 者 以 外 の 構 成 員 である 場 合 を 除 く ) なお 上 記 の 関 係 がある 場 合 に 辞 退 する 者 を 決 めることを 目 的 に 当 事 者 問 で 連 絡 をとることは 競 争 加 入 者 心 得 第 15 条 第 2 項 の 規 定 に 抵 触 するものではないことに 留 意 すること 1 資 本 関 係 次 のいずれかに 該 当 する 二 者 の 場 合 ただし 子 会 社 又 は 子 会 社 の 一 方 が 更 正 会 社 又 は 再 生 手 続 が 存 続 中 の 会 社 である 場 合 は 除 く (イ) 親 会 社 と 子 会 社 の 関 係 にある 場 合 (ロ) 親 会 社 を 同 じくする 子 会 社 同 士 の 関 係 にある 場 合 2 人 的 関 係 次 のいずれかに 該 当 する 二 者 の 場 合 ただし (イ)については 会 社 の 一 方 が 更 正 会 社 又 は 再 生 手 続 が 存 続 中 の 会 社 である 場 合 は 除 く (イ) 一 方 の 会 社 の 役 員 が 他 方 の 会 社 の 役 員 を 現 に 兼 ねている 場 合 (ロ) 一 方 の 会 社 の 役 員 が 他 方 の 会 社 の 管 財 人 を 現 に 兼 ねている 場 合 3 その 他 入 札 の 適 正 さが 阻 害 されると 認 められる 場 合 その 他 上 記 1 又 は2と 同 視 し 得 る 資 本 関 係 又 は 人 的 関 係 があると 認 められる 場 合 (8) 埼 玉 県 内 に 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 有 する 本 店 支 店 又 は 営 業 所 が 所 在 すること (9) 警 察 当 局 から 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 を 支 配 する 建 設 業 者 又 はこれに 準 ずるもの として 文 部 科 学 省 発 注 工 事 等 から 排 除 要 請 があり 当 該 状 態 が 継 続 している 者 でな いこと 5 担 当 部 局 埼 玉 県 さいたま 市 桜 区 下 大 久 保 255 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務 部 施 設 管 理 課 企 画 管 財 係 - 2 -

3 電 話 (ダイヤルイン) FAX 競 争 参 加 資 格 の 確 認 等 (1) 本 競 争 の 参 加 希 望 者 は 上 記 4に 掲 げる 競 争 参 加 資 格 を 有 することを 証 明 するため 次 に 掲 げるところに 従 い 申 請 書 及 び 資 料 を 提 出 し 経 理 責 任 者 から 競 争 参 加 資 格 の 有 無 について 確 認 を 受 けなければならない 上 記 4(2)の 認 定 を 受 けていない 者 も 次 に 掲 げるところに 従 い 申 請 書 及 び 資 料 を 提 出 することができる この 場 合 において 上 記 4(1) 及 び(3)から(8)までに 掲 げる 事 項 を 満 たしているときは 開 札 の 時 において 上 記 4(2)に 掲 げる 事 項 を 満 たしてい ることを 条 件 として 競 争 参 加 資 格 があることを 確 認 するものとする 当 該 確 認 を 受 け た 者 が 競 争 に 参 加 するためには 開 札 の 時 において 上 記 4(2)に 掲 げる 事 項 を 満 たし ていなければならない なお 期 限 までに 申 請 書 及 び 資 料 を 提 出 しない 者 並 びに 競 争 参 加 資 格 がないと 認 め られた 者 は 本 競 争 に 参 加 することができない 1 提 出 期 間 : 平 成 25 年 9 月 18 日 ( 水 )から 平 成 25 年 10 月 1 日 ( 火 )までの ( 土 曜 日 日 曜 日 及 び 祝 日 を 除 く )9 時 00 分 から17 時 00 分 まで 2 提 出 先 : 上 記 5に 同 じ 3 提 出 方 法 : 申 請 書 は 電 子 入 札 システムにより 行 う ただし 発 注 者 の 承 諾 を 得 て 紙 入 札 とする 場 合 は 提 出 先 へ 持 参 することとし 郵 送 又 は 電 送 (フ ァクシミリ)によるものは 受 け 付 けない (2) 申 請 書 は 紙 により 申 請 書 を 提 出 する 場 合 については 別 記 様 式 2により 作 成 する こと (3) 資 料 は 次 に 掲 げるところに 従 い 作 成 すること なお 1の 同 種 の 工 事 の 施 工 実 績 及 び2の 配 置 予 定 の 技 術 者 の 同 種 の 工 事 の 経 験 に ついては 平 成 10 年 度 以 降 かつ 申 請 書 及 び 資 料 の 提 出 期 限 の 日 までに 工 事 が 完 成 し 引 渡 しが 済 んでいるものに 限 り 記 載 すること 1 施 工 実 績 上 記 4(4)に 掲 げる 資 格 があることを 判 断 できる 同 種 の 工 事 の 施 工 実 績 を 別 紙 様 式 3に 記 載 すること 記 載 する 同 種 の 工 事 の 施 工 実 績 の 件 数 は1 件 でよい 2 配 置 予 定 の 技 術 者 上 記 4(5)に 掲 げる 資 格 があることを 判 断 できる 配 置 予 定 の 技 術 者 の 資 格 同 種 の 工 事 の 経 験 及 び 申 請 時 における 他 工 事 の 従 事 状 況 等 を 別 紙 様 式 4に 記 載 すること 記 載 する 同 種 の 工 事 の 経 験 の 件 数 は1 件 でよい なお 配 置 予 定 の 技 術 者 として 複 数 の 候 補 技 術 者 の 資 格 同 種 の 工 事 の 経 験 及 び 申 請 時 における 他 工 事 の 従 事 状 況 等 を 記 載 することもできる また 同 一 の 技 術 者 を 重 複 して 複 数 工 事 の 配 置 予 定 の 技 術 者 とする 場 合 において 他 の 工 事 を 落 札 したことにより 配 置 予 定 の 技 術 者 を 配 置 することができなくなったと きは 入 札 してはならず 申 請 書 を 提 出 した 者 は 直 ちに 当 該 申 請 書 の 取 下 げを 行 う こと 他 の 工 事 を 落 札 したことにより 配 置 予 定 の 技 術 者 を 配 置 することができないに もかかわらず 入 札 した 場 合 においては 指 名 停 止 措 置 要 領 に 基 づく 指 名 停 止 を 行 うこ とがある - 3 -

4 3 契 約 書 等 の 写 し 1の 同 種 の 工 事 の 施 工 実 績 として 記 載 した 工 事 に 係 る 契 約 書 等 ( 契 約 書 及 び 記 載 し た 工 事 の 内 容 が 判 断 できる 平 面 図 等 の 資 料 )の 写 しを 提 出 すること ただし 当 該 工 事 が 財 団 法 人 日 本 建 設 情 報 総 合 センターの 工 事 実 績 情 報 サービス(CORINS) に 登 録 されている 場 合 は CORINSの 記 載 部 分 の 写 しを 添 付 すること この 場 合 は 契 約 書 の 写 しの 提 出 は 不 要 です (4) 競 争 参 加 資 格 の 確 認 は 申 請 書 及 び 資 料 の 提 出 期 限 の 日 をもって 行 うものとし そ の 結 果 は 平 成 25 年 10 月 8 日 ( 火 )までに 電 子 入 札 システム( 紙 により 申 請 した 場 合 は 紙 )により 通 知 する (5) その 他 1 申 請 書 及 び 資 料 の 作 成 及 び 提 出 に 係 る 費 用 は 提 出 者 の 負 担 とする 2 経 理 責 任 者 は 提 出 された 申 請 書 及 び 資 料 を 競 争 参 加 資 格 の 確 認 以 外 に 提 出 者 に 無 断 で 使 用 しない 3 提 出 された 申 請 書 及 び 資 料 は 返 却 しない 4 提 出 期 限 以 降 における 申 請 書 又 は 資 料 の 差 し 替 え 及 び 再 提 出 は 認 めない 5 申 請 書 及 び 資 料 に 関 する 問 い 合 わせ 先 上 記 6に 同 じ 7 競 争 参 加 資 格 がないと 認 めた 者 に 対 する 理 由 の 説 明 (1) 競 争 参 加 資 格 がないと 認 められた 者 は 経 理 責 任 者 に 対 して 競 争 参 加 資 格 がないと 認 めた 理 由 について 次 に 従 い 書 面 ( 様 式 は 自 由 )により 説 明 を 求 めることができる 1 提 出 期 限 : 平 成 25 年 10 月 16 日 ( 水 ) 午 後 5 時 2 提 出 先 : 上 記 5に 同 じ 3 提 出 方 法 : 提 出 場 所 に 持 参 するものとする (2) 経 理 責 任 者 は 説 明 を 求 められたときは 平 成 25 年 10 月 23 日 ( 水 )までに 説 明 を 求 めた 者 に 対 し 書 面 により 回 答 する 8 入 札 説 明 書 に 対 する 質 問 (1) この 入 札 説 明 書 に 対 する 質 問 がある 場 合 においては 次 に 従 い 書 面 ( 様 式 は 自 由 ) により 提 出 すること 1 提 出 期 間 : 平 成 25 年 9 月 20 日 ( 金 )から 平 成 25 年 10 月 10 日 ( 木 )まで 持 参 する 場 合 は 上 記 期 間 の 土 曜 日 日 曜 日 及 び 祝 日 を 除 く 毎 日 の 9 時 00 分 から17 時 00 分 までに 行 うこと 2 提 出 先 : 上 記 5に 同 じ 3 提 出 方 法 : 書 面 は 持 参 又 は 郵 送 することにより 提 出 するものとし 電 送 (ファク シミリ)によるものは 受 け 付 けない (2) (1)の 質 問 に 対 する 回 答 書 は 次 のとおり 閲 覧 に 供 する 1 期 間 : 平 成 25 年 10 月 15 日 ( 火 )から 平 成 25 年 10 月 17 日 ( 木 )ま での9 時 00 分 から17 時 00 分 まで 9 入 札 及 び 開 札 の 日 時 及 び 場 所 等 (1) 入 札 日 時 : 平 成 25 年 10 月 17 日 ( 木 )9 時 00 分 から17 時 00 分 まで - 4 -

5 (2) 入 札 場 所 : 埼 玉 県 さいたま 市 桜 区 下 大 久 保 255 埼 玉 大 学 財 務 部 施 設 管 理 課 企 画 管 財 係 (3) 開 札 日 時 : 平 成 25 年 10 月 18 日 ( 金 )14 時 00 分 (4) 開 札 場 所 : 埼 玉 県 さいたま 市 桜 区 下 大 久 保 255 埼 玉 大 学 事 務 局 入 札 室 (5) そ の 他 : 紙 入 札 方 式 による 競 争 入 札 の 執 行 に 当 たっては 経 理 責 任 者 により 競 争 参 加 資 格 があることが 確 認 された 旨 の 通 知 書 の 写 しを 持 参 すること 10 入 札 方 法 等 (1) 入 札 書 は 電 子 入 札 システムにより 提 出 すること ただし 経 理 責 任 者 の 承 諾 を 得 た 場 合 は 持 参 すること 郵 送 又 は 電 送 (ファクシミリ)による 入 札 は 認 めない (2) 落 札 決 定 に 当 たっては 入 札 書 に 記 載 された 金 額 に 当 該 金 額 の100 分 の5に 相 当 する 額 を 加 算 した 金 額 ( 当 該 金 額 に1 円 未 満 の 端 数 があるときは その 端 数 金 額 を 切 り 捨 てた 金 額 )をもって 落 札 価 格 とするので 入 札 者 は 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 に 係 る 課 税 事 業 者 であるか 免 税 事 業 者 であるかを 問 わず 見 積 もった 契 約 希 望 金 額 の10 5 分 の100に 相 当 する 金 額 を 入 札 書 に 記 載 すること (3) 入 札 執 行 回 数 は 原 則 として2 回 を 限 度 とする (4) 開 札 をした 場 合 において 競 争 加 入 者 の 入 札 のうち 予 定 価 格 の 制 限 に 達 した 価 格 の 入 札 がないときは 再 度 の 入 札 を 行 うことがある ただし 直 ちに 再 度 の 入 札 を 行 う ことができないときは 経 理 責 任 者 が 指 定 する 日 時 において 再 度 の 入 札 を 行 う (5) 電 子 入 札 システムでの 再 度 入 札 書 の 受 付 時 間 は30 分 間 を 基 準 として 設 定 する な お 再 度 入 札 書 受 付 開 始 予 定 日 時 等 各 日 時 情 報 は 電 子 入 札 システムの 再 入 札 通 知 者 により 行 う 11 入 札 保 証 金 及 び 契 約 保 証 金 (1) 入 札 保 証 金 免 除 (2) 契 約 保 証 金 納 付 ( 有 価 証 券 等 の 提 出 又 は 銀 行 経 理 責 任 者 が 確 実 と 認 める 金 融 機 関 若 しくは 保 証 事 業 会 社 ( 公 共 工 事 の 前 払 金 保 証 事 業 に 関 する 法 律 ( 昭 和 27 年 法 律 第 184 号 ) 第 2 条 第 4 項 に 規 定 する 保 証 事 業 会 社 をいう )の 保 証 をもって 契 約 保 証 金 の 納 付 に 代 えることができ 公 共 工 事 履 行 保 証 証 券 による 保 証 を 付 し 又 は 履 行 保 証 保 険 契 約 を 行 った 場 合 は 契 約 保 証 金 を 免 除 するものとする ) 12 工 事 費 内 訳 書 の 提 出 (1) 第 1 回 の 入 札 に 際 し 第 1 回 の 入 札 書 に 記 載 される 入 札 金 額 に 対 応 した 工 事 費 内 訳 書 の 提 出 を 求 める (2) 工 事 費 内 訳 書 の 様 式 は 自 由 であるが 記 載 内 容 は 最 低 限 数 量 単 価 金 額 等 を 明 らかにすること (3) 工 事 費 内 訳 書 は 参 考 図 書 として 提 出 を 求 めるものであり 入 札 及 び 契 約 上 の 権 利 義 務 を 生 じるものではない 13 開 札 - 5 -

6 開 札 は 電 子 入 札 システムにより 行 うこととし 入 札 事 務 に 関 係 のない 職 員 を 立 ち 会 わせて 行 う ただし 経 理 責 任 者 の 承 諾 を 得 て 入 札 参 加 者 が 紙 による 入 札 を 行 う 場 合 には 工 事 内 訳 書 は 表 封 筒 と 入 札 書 を 入 れた 中 封 等 の 間 に 入 れて 表 封 筒 及 び 中 封 筒 に 各 々 封 緘 を して 提 出 すること また 入 札 参 加 者 が 紙 による 入 札 を 行 う 場 合 には 当 該 紙 による 入 札 参 加 者 は 開 封 時 に 立 会 うこと 1 回 目 の 開 札 に 立 ち 会 わない 紙 による 入 札 参 加 者 は 再 度 入 札 を 行 うこととなった 場 合 には 再 度 入 札 を 辞 退 したものとして 取 り 扱 う 14 入 札 の 無 効 入 札 公 告 に 示 した 競 争 参 加 資 格 のない 者 のした 入 札 申 請 書 又 は 資 料 に 虚 偽 の 記 載 を した 者 のした 入 札 並 びに 別 冊 現 場 説 明 書 及 び 別 冊 競 争 加 入 者 心 得 において 示 した 条 件 等 入 札 に 関 する 条 件 に 違 反 した 入 札 は 無 効 とし 無 効 の 入 札 を 行 った 者 を 落 札 者 としてい た 場 合 には 落 札 決 定 を 取 り 消 す なお 経 理 責 任 者 により 競 争 参 加 資 格 のある 旨 確 認 された 者 であっても 開 札 の 時 に おいて 上 記 4に 掲 げる 資 格 のないものは 競 争 参 加 資 格 のない 者 に 該 当 する 15 落 札 者 の 決 定 方 法 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 契 約 事 務 取 扱 細 則 第 12 条 の 規 定 に 基 づいて 作 成 された 予 定 価 格 の 制 限 の 範 囲 内 で 最 低 の 価 格 をもって 有 効 な 入 札 を 行 った 者 を 落 札 者 とする ただし 落 札 者 となるべき 者 の 入 札 価 格 によっては その 者 により 当 該 契 約 の 内 容 に 適 合 した 履 行 がなされないおそれがあると 認 められるとき 又 はその 者 と 契 約 を 締 結 することが 公 正 な 取 引 の 秩 序 を 乱 すこととなるおそれがあって 著 しく 不 適 当 であると 認 められるとき は 予 定 価 格 の 制 限 の 範 囲 内 の 価 格 をもって 入 札 した 他 の 者 のうち 最 低 の 価 格 をもって 入 札 した 者 を 落 札 者 とすることがある 16 配 置 予 定 監 理 技 術 者 の 確 認 落 札 者 決 定 後 CORINS 等 により 配 置 予 定 の 監 理 技 術 者 の 専 任 制 違 反 の 事 実 が 確 認 された 場 合 には 契 約 を 結 ばないことがある なお 病 休 死 亡 退 職 等 極 めて 特 別 な 場 合 でやむを 得 ないとして 承 認 された 場 合 の 外 は 申 請 書 の 差 替 えは 認 められない 病 気 等 特 別 な 理 由 により やむを 得 ず 配 置 技 術 者 を 変 更 する 場 合 は 上 記 4(6)に 掲 げる 基 準 を 満 たし かつ 当 初 の 配 置 予 定 技 術 者 と 同 等 以 上 の 者 を 配 置 しなければならな い 17 契 約 書 作 成 の 要 否 等 別 紙 契 約 書 ( 案 )により 契 約 書 を 作 成 するものとする 18 支 払 条 件 請 負 代 金 は 請 求 に 基 づき2 回 以 内 に 支 払 うものとする - 6 -

7 19 工 事 保 険 受 注 者 は 工 事 目 的 物 及 び 工 事 材 料 について 組 立 保 険 契 約 を 締 結 するものとする 20 再 苦 情 申 立 て (1) 契 約 担 当 者 からの 競 争 参 加 資 格 がないと 認 めた 理 由 の 説 明 に 不 服 がある 者 は 上 記 7(2)の 回 答 を 受 けた 日 の 翌 日 から 起 算 して7 日 ( 土 曜 日 日 曜 日 及 び 祝 日 を 除 く ) 以 内 に 書 面 により 再 苦 情 の 申 立 てを 行 うことができる 当 該 再 苦 情 申 立 については 入 札 監 視 委 員 会 が 審 議 を 行 う (2) 提 出 場 所 及 び 再 苦 情 申 立 に 関 する 手 続 等 を 示 した 書 類 等 の 入 手 先 上 記 5に 同 じ 21 関 連 情 報 を 入 手 するための 照 会 窓 口 上 記 5に 同 じ 22 その 他 (1) 契 約 の 手 続 において 使 用 する 言 語 及 び 通 貨 は 日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 に 限 る (2) 入 札 参 加 者 は 別 冊 競 争 加 入 者 心 得 及 び 別 冊 契 約 書 ( 案 )を 熟 読 し 競 争 加 入 者 心 得 を 遵 守 すること (3) 申 請 書 又 は 資 料 に 虚 偽 の 記 載 をした 場 合 においては 指 名 停 止 措 置 要 領 に 基 づく 指 名 停 止 を 行 うことがある (4) 落 札 者 は 上 記 6(1)の 資 料 に 記 載 した 配 置 予 定 の 技 術 者 を 当 該 工 事 の 現 場 に 配 置 すること (5) 別 冊 図 面 等 の 交 付 期 間 場 所 及 び 方 法 1 交 付 期 間 平 成 25 年 9 月 20 日 ( 金 )から 平 成 25 年 10 月 17 日 ( 木 )までの ( 土 曜 日 日 曜 日 及 び 祝 日 を 除 く )9 時 00 分 から17 時 00 分 まで 2 交 付 場 所 上 記 5に 同 じ 3 交 付 方 法 直 接 交 付 - 7 -

8 別 紙 様 式 1 紙 入 札 方 式 参 加 承 諾 願 1. 工 事 名 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 2. 電 子 入 札 システムでの 参 加 ができない 理 由 ( 必 須 ) 上 記 工 事 は 電 子 入 札 対 象 案 件 でありますが 今 回 は 当 社 においては 上 記 理 由 により 電 子 入 札 システムを 利 用 しての 参 加 ができないため 今 回 に 限 り 紙 入 札 方 式 での 参 加 を 希 望 いたします 平 成 年 月 日 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 長 上 井 喜 彦 殿 住 所 法 人 名 等 代 表 者 氏 名 印 - 8 -

9 別 紙 様 式 2( 紙 の 場 合 原 則 として 電 子 入 札 システムにより 申 請 ) 競 争 参 加 資 格 確 認 申 請 書 平 成 年 月 日 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 長 上 井 喜 彦 殿 住 所 商 号 又 は 名 称 代 表 者 氏 名 印 平 成 25 年 9 月 18 日 付 けで 公 告 のありました 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 競 争 参 加 資 格 について 確 認 されたく 下 記 の 書 類 を 添 えて 申 請 します なお 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 契 約 事 務 取 扱 細 則 第 4 条 及 び 第 5 条 の 規 定 に 該 当 する 者 で ないこと 及 び 添 付 書 類 については 事 実 と 相 違 ないことを 誓 約 します 記 1. 入 札 説 明 書 記 6(3)1に 定 める 施 工 実 績 を 記 載 した 書 面 2. 入 札 説 明 書 記 6(3)2に 定 める 配 置 予 定 の 技 術 者 の 資 格 等 を 記 載 した 書 面 3. 入 札 説 明 書 記 6(3)3に 定 める 契 約 書 等 の 写 し 注 ) なお 返 信 用 封 筒 として 表 に 申 請 者 の 住 所 氏 名 を 記 載 し 簡 易 書 留 料 金 分 を 所 定 の 料 金 (380 円 )の 切 手 を 貼 った 長 3 号 封 筒 を 申 請 書 と 併 せて 提 出 する こと - 9 -

10 別 記 様 式 3 同 種 の 工 事 の 施 工 実 績 同 種 工 事 の 判 断 基 準 会 社 名 : 平 成 10 年 度 以 降 に 元 請 として 完 成 又 は 引 渡 しが 完 了 した 次 の 基 準 を 満 たす 工 事 の 施 工 実 績 を 有 すること( 共 同 企 業 体 の 構 成 員 としての 実 績 は 出 資 比 率 が20% 以 上 の 場 合 のものに 限 る ) 学 校 国 又 は 地 方 公 共 団 体 の 施 設 において 新 営 又 は 改 修 の 給 水 設 備 工 事 ( 部 分 的 な 修 理 修 繕 は 認 められない)の 施 工 実 績 工 事 名 称 工 事 名 称 発 注 者 名 施 工 場 所 契 約 金 額 千 円 工 期 平 成 年 月 ~ 年 月 受 注 形 態 等 単 体 / 共 同 企 業 体 ( 出 資 比 率 %) 建 物 用 途 工 事 構 造 階 数 建 物 規 模 概 要 工 事 内 容

11 別 記 様 式 4 主 任 ( 監 理 ) 技 術 者 等 の 資 格 工 事 経 験 会 社 名 : 配 置 予 定 技 術 者 の 従 事 役 職 氏 名 技 術 者 ( 例 ) 一 級 建 築 施 工 管 理 技 士 ( 取 得 年 ) 一 級 建 築 士 ( 取 得 年 ) 法 令 による 資 格 免 許 技 術 士 ( 建 築 部 門 )( 取 得 年 ) 監 理 技 術 者 資 格 ( 取 得 年 登 録 番 号 ) 監 理 技 術 者 講 習 ( 取 得 年 終 了 証 番 号 ) 同 種 工 事 の 判 断 基 準 平 成 10 年 度 以 降 に 元 請 として 完 成 又 は 引 渡 しが 完 了 した 次 の 基 準 を 満 たす 工 事 の 施 工 実 績 を 有 すること( 共 同 企 業 体 の 構 成 員 としての 実 績 は 出 資 比 率 が20% 以 上 の 場 合 のものに 限 る ) 学 校 国 又 は 地 方 公 共 団 体 の 施 設 において 新 営 又 は 改 修 の 給 水 設 備 工 事 ( 部 分 的 な 修 理 修 繕 は 認 められない)の 施 工 実 績 工 事 名 発 注 機 関 名 工 事 の 経 施 工 場 所 ( 都 道 府 県 名 市 町 村 名 ) 験 の 概 要 契 約 金 額 千 円 工 期 平 成 年 月 日 ~ 年 月 日 従 事 役 職 現 場 代 理 人 主 任 技 術 者 監 理 技 術 者 等 工 事 内 容 工 事 名 申 請 時 に おける 他 工 事 の 従 発 注 機 関 名 工 期 平 成 年 月 日 ~ 年 月 日 従 事 役 職 現 場 代 理 人 主 任 技 術 者 監 理 技 術 者 等 事 状 況 等 本 工 事 と 重 複 する 場 例 ) 本 工 事 に 着 手 する 前 の 月 日 から 後 片 付 開 合 の 対 応 措 置 始 予 定 のため 本 工 事 に 従 事 可 能

12 工 事 請 負 契 約 書 ( 案 ) 請 負 工 事 の 表 示 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 請 負 代 金 額 金 契 約 金 額 円 也 (うち 取 引 に 係 る 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 額 金 円 也 ) 発 注 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 学 長 上 井 喜 彦 と 受 注 者 落 札 業 者 との 間 に おいて 上 記 の 工 事 ( 以 下 工 事 という )について 上 記 の 請 負 代 金 額 で 次 の 条 項 に よって 請 負 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする 第 1 条 受 注 者 は 別 冊 の 図 面 及 び 仕 様 書 に 基 づいて 工 事 を 完 成 するものとする 第 2 条 る 工 事 は 入 札 説 明 書 及 び 別 冊 図 面 に 記 載 の 工 事 箇 所 において 施 工 するものとす 第 3 条 着 工 時 期 は 平 成 25 年 月 日 とする 第 4 条 完 成 期 限 は 平 成 25 年 12 月 27 日 とする 第 5 条 契 約 保 証 金 は 納 付 する ただし 有 価 証 券 の 提 供 又 は 金 融 機 関 若 しくは 保 証 事 業 会 社 の 保 証 をもって 契 約 保 証 金 の 納 付 に 代 えることができる また 公 共 工 事 履 行 保 証 証 券 による 保 証 を 付 し 又 は 履 行 保 証 保 険 契 約 の 締 結 を 行 った 場 合 は 契 約 保 証 金 を 免 除 する 第 6 条 受 注 者 は 工 事 の 目 的 物 及 び 工 事 材 料 について 組 立 保 険 契 約 を 締 結 するもの とする 第 7 条 請 負 代 金 ( 前 払 金 を 含 む)は 受 注 者 からの 適 法 な 請 求 に 基 づき 2 回 以 内 に 支 払 うものとする 第 8 条 請 負 代 金 は 金 円 ( 請 負 代 金 額 の10 分 の4) 以 内 の 額 を 前 払 金 として 前 払 するものとする この 支 払 は 請 求 書 及 び 保 証 事 業 会 社 の 保 証 証 書 を 受 理 した 日 から14 日 以 内 にするものとする 第 9 条 請 負 代 金 ( 前 払 金 を 含 む)の 請 求 書 は 埼 玉 大 学 財 務 部 施 設 管 理 課 に 送 付 する ものとする

13 第 10 条 工 事 完 成 通 知 書 は 埼 玉 大 学 財 務 部 施 設 管 理 課 に 送 付 するものとする 第 11 条 この 契 約 についての 一 般 的 約 定 事 項 は 別 記 の 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 工 事 請 負 契 約 基 準 によるものとする 第 12 条 この 契 約 に 定 めのない 事 項 について これを 定 める 必 要 がある 場 合 は 発 注 者 受 注 者 間 において 協 議 して 定 めるものとする この 証 として 本 書 2 通 を 作 成 し 当 事 者 記 名 押 印 のうえ 各 自 1 通 を 保 有 する 平 成 年 月 日 発 注 者 埼 玉 県 さいたま 市 桜 区 下 大 久 保 255 番 地 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 学 長 上 井 喜 彦 受 注 者 落 札 業 者

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27 競 争 加 入 者 心 得 について 平 成 16 年 4 月 1 日 経 理 責 任 者 裁 定 ( 趣 旨 ) 第 1 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 で 発 注 する 工 事 の 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 及 び 指 名 競 争 を 行 う 場 合 における 入 札 その 他 の 取 扱 いについては 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 会 計 規 則 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 契 約 事 務 取 扱 細 則 その 他 の 規 程 及 び 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 工 事 等 請 負 契 約 細 則 に 定 めるもののほか この 心 得 の 定 めるところによるものとする ( 競 争 加 入 者 の 資 格 ) 第 2 一 般 競 争 又 は 指 名 競 争 に 参 加 しようとする 者 ( 以 下 競 争 加 入 者 という )は 第 2 項 及 び 第 3 項 に 該 当 しない 者 であって 経 理 責 任 者 等 が 競 争 に 付 するつど 別 に 定 め る 資 格 を 有 するものであること なお 未 成 年 者 被 保 佐 人 又 は 被 補 助 人 であって 契 約 締 結 のために 必 要 な 同 意 を 得 ている 者 は 第 2 項 中 特 別 の 理 由 がある 場 合 に 該 当 す る 2 経 理 責 任 者 等 は 売 買 貸 借 請 負 その 他 の 契 約 につき 一 般 競 争 に 付 するときは 特 別 の 理 由 がある 場 合 を 除 くほか 当 該 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 及 び 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 を 参 加 させることができない 3 経 理 責 任 者 等 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 すると 認 められる 者 を その 事 実 があった 後 2 年 間 一 般 競 争 に 参 加 させないことができる これを 代 理 人 支 配 人 その 他 の 使 用 人 とし て 使 用 する 者 についても また 同 様 とする 一 契 約 の 履 行 に 当 たり 故 意 に 工 事 若 しくは 製 造 を 粗 雑 にし 又 は 物 件 の 品 質 若 しくは 数 量 に 関 して 不 正 の 行 為 をした 者 二 公 正 な 競 争 の 執 行 を 妨 げた 者 又 は 公 正 な 価 格 を 害 し 若 しくは 不 正 の 利 益 を 得 るため に 連 合 した 者 三 落 札 者 が 契 約 を 結 ぶこと 又 は 契 約 者 が 契 約 を 履 行 することを 妨 げた 者 四 監 督 又 は 検 査 の 実 施 に 当 たり 職 員 の 職 務 の 執 行 を 妨 げた 者 五 正 当 な 理 由 がなくて 契 約 を 履 行 しなかった 者 六 前 各 号 の 一 に 該 当 する 事 実 があった 後 2 年 を 経 過 しない 者 を 契 約 の 履 行 に 当 たり 代 理 人 支 配 人 その 他 の 使 用 人 として 使 用 した 者 ( 入 札 保 証 金 ) 第 3 競 争 加 入 者 は 入 札 公 告 公 示 又 は 指 名 通 知 において 入 札 保 証 金 を 納 付 すべきこと とされた 場 合 にあっては 入 札 書 の 提 出 期 限 までに その 者 の 見 積 る 入 札 金 額 の 百 分 の 五 以 上 の 入 札 保 証 金 又 は 入 札 保 証 金 に 代 わる 担 保 を 納 付 し 又 は 提 供 しなければならな い ( 入 札 保 証 金 に 代 わる 担 保 ) 第 4 第 3に 規 定 する 入 札 保 証 金 に 代 わる 担 保 の 種 類 及 び 担 保 の 価 値 は 別 表 に 掲 げるとお りとする ( 入 札 保 証 金 等 の 納 付 ) -1-

28 第 5 競 争 加 入 者 は 入 札 保 証 金 を 別 紙 第 1 号 様 式 の 入 札 保 証 金 納 付 書 ( 以 下 入 札 保 証 金 納 付 書 という )に 添 えて 出 納 責 任 者 に 提 出 しなければならない 第 6 競 争 加 入 者 は 入 札 保 証 金 として 提 供 する 担 保 が 国 債 に 関 する 法 律 ( 明 治 39 年 法 律 第 34 号 )の 規 定 により 登 録 された 国 債 又 は 社 債 等 登 録 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 11 号 )の 規 定 により 登 録 された 地 方 債 であるときは 当 該 国 債 又 は 地 方 債 に 質 権 設 定 の 登 録 手 続 きを し かつ 登 録 済 通 知 書 又 は 登 録 済 書 を 入 札 保 証 金 納 付 書 に 添 付 して 出 納 責 任 者 に 提 出 しなければならない 第 7 競 争 加 入 者 は 入 札 保 証 金 として 提 供 する 担 保 が 第 4による 別 表 のケに 規 定 する 定 期 預 金 債 権 であるときは 当 該 債 権 に 質 権 を 設 定 し かつ 当 該 債 権 に 係 る 証 書 及 び 当 該 債 権 に 係 る 債 務 者 である 銀 行 又 は 経 理 責 任 者 が 確 実 と 認 める 金 融 機 関 の 承 諾 を 証 する 確 定 日 付 のある 書 面 を 入 札 保 証 金 納 付 書 に 添 付 して 経 理 責 任 者 等 に 提 出 しなければな らない 第 8 競 争 加 入 者 は 入 札 保 証 金 として 提 供 する 担 保 が 第 4による 別 表 のコに 規 定 する 金 融 機 関 の 保 証 であるときは 当 該 保 証 を 証 する 書 面 を 入 札 保 証 金 納 付 書 に 添 付 して 経 理 責 任 者 等 に 提 出 しなければならない 第 9 競 争 加 入 者 は 入 札 保 証 金 として 提 供 する 担 保 が 第 6 第 7 及 び 第 8に 規 定 するも の 以 外 のものであるときは 当 該 担 保 を 入 札 保 証 金 納 付 書 に 添 付 して 出 納 責 任 者 に 提 出 しなければならない 第 10 競 争 加 入 者 は 第 5から 第 9までの 規 定 により 入 札 保 証 金 及 び 入 札 保 証 金 納 付 書 等 を 提 出 するときは 担 当 職 員 の 確 認 を 受 けたのち これを 封 筒 に 入 れ 密 封 し かつ その 封 皮 に 入 札 保 証 金 が 現 金 であるときはその 金 額 入 札 保 証 金 として 提 供 する 担 保 が 国 債 その 他 の 有 価 証 券 等 であるときは 有 価 証 券 等 の 種 類 有 価 証 券 の 額 面 金 額 の 種 類 ごとの 枚 数 及 び 額 面 総 額 又 は 質 権 設 定 金 額 その 他 担 保 の 種 類 に 応 じ 必 要 な 事 項 並 びに 競 争 加 入 者 の 氏 名 ( 法 人 にあっては その 名 称 又 は 商 号 )を 明 記 するものとする 第 11 競 争 加 入 者 は 保 険 会 社 との 間 に 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 を 被 保 険 者 とする 入 札 保 証 保 険 契 約 を 結 んだ 場 合 には 当 該 契 約 に 係 る 保 険 証 券 を 経 理 責 任 者 等 に 提 出 しなけれ ばならない ( 入 札 保 証 金 等 の 還 付 ) 第 12 入 札 保 証 金 又 は 入 札 保 証 金 に 代 わる 担 保 は 競 争 入 札 が 完 結 し 契 約 の 相 手 方 が 決 定 したときは 契 約 の 相 手 方 となるべき 者 以 外 の 者 に 対 しては 即 時 これを 還 付 し 契 約 の 相 手 方 となるべき 者 に 対 しては 契 約 書 をとりかわした 後 ( 契 約 書 を 作 成 しないときは 契 約 事 項 の 履 行 を 開 始 した 後 )にこれを 還 付 するものとする ( 入 札 保 証 金 の 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 帰 属 ) 第 13 入 札 保 証 金 又 は 入 札 保 証 金 に 代 わる 担 保 は 契 約 の 相 手 方 となるべき 者 が 当 該 契 約 を 結 ばないときは 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 に 帰 属 するものとする ( 入 札 ) 第 14 競 争 加 入 者 は 図 面 仕 様 書 現 場 説 明 書 等 を 熟 覧 し 現 場 確 認 の 上 この 心 得 を 熟 読 し 入 札 しなければならない この 場 合 において 図 面 仕 様 書 現 場 説 明 書 等 につ いて 疑 義 があるときは 関 係 職 員 の 説 明 を 求 めることができる 第 15 競 争 加 入 者 は 私 的 独 占 の 禁 止 及 び 公 正 取 引 の 確 保 に 関 する 法 律 ( 昭 和 22 年 法 律 -2-

29 第 54 号 ) 等 に 抵 触 する 行 為 を 行 ってはならない 2 競 争 加 入 者 は 入 札 に 当 たっては 競 争 を 制 限 する 目 的 で 他 の 競 争 加 入 者 と 入 札 金 額 又 は 入 札 意 志 についていかなる 相 談 も 行 わず 独 自 に 価 格 を 定 めなければならない 3 競 争 加 入 者 は 落 札 者 の 決 定 前 に 他 の 競 争 加 入 者 に 対 して 入 札 金 額 を 意 図 的 に 開 示 してはならない ( 入 札 辞 退 ) 第 16 指 名 競 争 に 参 加 する 者 として 指 名 された 者 のうち 入 札 を 辞 退 しようとする 者 は 次 の 各 号 に 掲 げるところにより 入 札 を 辞 退 することができる 一 入 札 執 行 前 にあっては 別 紙 第 2 号 様 式 の 入 札 辞 退 書 を 経 理 責 任 者 等 に 直 接 持 参 又 は 郵 送 ( 入 札 執 行 日 の 前 日 までに 到 達 するものに 限 る )により 提 出 するものとする なお 電 子 入 札 システムにより 入 札 を 辞 退 しようとする 者 は 入 札 辞 退 届 けを 文 部 科 学 省 電 子 入 札 システム 上 の 入 力 画 面 上 において 作 成 のうえ 提 出 することができる 二 入 札 執 行 中 にあっては 入 札 辞 退 書 又 はその 旨 を 明 記 した 入 札 書 を 経 理 責 任 者 等 に 直 接 提 出 するものとする 2 入 札 を 辞 退 した 者 は これを 理 由 として 以 後 の 指 名 等 について 不 利 益 な 取 扱 いを 受 け るものではない ( 代 理 人 ) 第 17 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 は 当 該 入 札 に 参 加 する 他 の 競 争 参 加 者 の 代 理 人 とな ることはできない 第 18 競 争 加 入 者 は 第 2 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 に 該 当 する 者 を 競 争 加 入 者 の 代 理 人 とすることはできない なお 未 成 年 者 被 保 佐 人 又 は 被 補 助 人 であって 契 約 締 結 の ために 必 要 な 同 意 を 得 ている 者 は 同 第 2 項 中 特 別 の 理 由 がある 場 合 に 該 当 する ( 入 札 場 の 自 由 入 退 場 の 禁 止 ) 第 19 入 札 場 には 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 並 びに 入 札 執 行 事 務 に 関 係 のある 職 員 ( 以 下 入 札 関 係 職 員 という ) 及 び 第 33の 立 会 い 職 員 以 外 の 者 は 入 場 することが できない 第 20 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 は 入 札 開 始 時 刻 以 後 においては 入 札 場 に 入 場 する ことができない 第 21 競 争 加 入 者 またはその 代 理 人 は 入 札 場 に 入 場 しようとするときは 入 札 関 係 職 員 に 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 認 定 通 知 書 ( 一 般 競 争 入 札 の 場 合 に 限 るものとし 写 真 機 複 写 機 等 を 使 用 した 機 械 的 な 方 法 によるほぼ 原 寸 大 の 鮮 明 な 複 写 物 によること ができる ) 及 び 身 分 証 明 書 並 びに 代 理 人 をして 入 札 させる 場 合 においては 入 札 権 限 に 関 する 委 任 状 を 提 示 又 は 提 出 しなければならない 第 22 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 は 経 理 責 任 者 等 が 特 にやむを 得 ない 事 情 があると 認 めた 場 合 のほか 入 札 場 を 退 場 することができない 第 23 入 札 場 において 公 正 な 執 行 を 妨 げようとした 者 は 入 札 場 から 退 去 させるもの とする 第 24 入 札 場 において 公 正 な 価 格 を 害 し 又 は 不 正 の 利 益 を 得 るために 連 合 した 者 は 入 札 場 から 退 去 させるものとする ( 入 札 書 の 提 出 ) -3-

30 第 25 競 争 加 入 者 は 別 紙 第 3 号 様 式 による 入 札 書 を 作 成 し 当 該 入 札 書 を 封 筒 に 入 れ 密 封 し かつ その 封 皮 に 競 争 加 入 者 の 氏 名 ( 法 人 にあっては その 名 称 又 は 商 号 ) 及 び 工 事 名 称 を 表 記 し 入 札 公 告 公 示 又 は 指 名 通 知 に 示 した 日 時 までに その 入 札 執 行 場 所 に 提 出 しなければならない なお 電 子 入 札 システムにより 入 札 しようとする 競 争 加 入 者 は 入 札 書 を 文 部 科 学 省 電 子 入 札 システム 上 の 入 力 画 面 上 において 作 成 し 入 札 公 告 公 示 又 は 通 知 書 に 示 した 日 時 までに 電 子 入 札 システムにより 提 出 するものとする 2 提 出 された 入 札 書 は 開 札 前 も 含 め 返 却 しないこととする 入 札 参 加 者 が 連 合 し 若 しく は 不 穏 の 行 動 をなす 等 の 情 報 があった 場 合 又 はそれを 疑 うに 足 りる 事 実 を 得 た 場 合 には 入 札 書 及 び 工 事 費 内 訳 書 を 必 要 に 応 じ 公 正 取 引 委 員 会 に 提 出 する 場 合 があるものとする 第 26 入 札 書 は 書 留 郵 便 をもって 提 出 することができる この 場 合 においては 二 重 封 筒 とし 表 封 筒 に 入 札 書 在 中 の 旨 を 朱 書 し 中 封 筒 に 入 札 件 名 及 び 入 札 日 時 を 記 載 し 経 理 責 任 者 等 あての 親 展 で 提 出 しなければならない 第 27 第 26の 入 札 書 は 入 札 公 告 公 示 又 は 指 名 通 知 に 示 した 日 時 までに 到 達 しないも のは 無 効 とする 第 28 代 理 人 が 入 札 する 場 合 は 入 札 書 に 競 争 加 入 者 本 人 の 住 所 及 び 氏 名 ( 法 人 の 場 合 は その 名 称 又 は 商 号 及 び 代 表 者 の 氏 名 ) 代 理 人 であることの 表 示 並 びに 当 該 代 理 人 の 氏 名 を 記 載 して 押 印 しておかなければならない 2 代 理 人 が 電 子 入 札 システムにより 入 札 する 場 合 は 代 理 人 による 電 子 署 名 がされ 有 効 な 証 明 書 を 付 さなければならない ( 入 札 書 の 記 載 事 項 の 訂 正 ) 第 29 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 は 入 札 書 の 記 載 事 項 を 訂 正 する 場 合 は 当 該 訂 正 部 分 について 押 印 しておかなければならない ( 入 札 書 の 引 換 え 等 の 禁 止 ) 第 30 競 争 加 入 者 は その 提 出 した 入 札 書 の 引 換 え 変 更 取 消 しをすることができな い ( 競 争 入 札 の 延 期 又 は 廃 止 ) 第 31 経 理 責 任 者 等 は 競 争 加 入 者 が 相 連 合 し 又 は 不 穏 の 挙 動 をする 等 の 場 合 で 競 争 入 札 を 公 正 に 執 行 できない 状 況 にあると 認 めたときは 当 該 入 札 を 延 期 し 又 はこれを 廃 止 することができる ( 無 効 の 入 札 ) 第 32 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 入 札 書 は これを 無 効 のものとして 処 理 する 一 一 般 競 争 の 場 合 において 公 告 に 示 した 競 争 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 のない 者 の 提 出 した 入 札 書 二 指 名 競 争 の 場 合 において 指 名 をしていない 者 の 提 出 した 入 札 書 三 請 負 に 付 される 工 事 の 表 示 入 札 金 額 の 記 載 のない 入 札 書 四 競 争 加 入 者 本 人 の 氏 名 ( 法 人 の 場 合 は その 名 称 又 は 商 号 及 び 代 表 者 の 氏 名 )の 記 載 及 び 押 印 のない 又 は 判 然 としない 入 札 書 ( 電 子 入 札 システムによる 場 合 は 電 子 証 明 書 を 取 得 していない 者 の 提 出 した 入 札 書 ) 五 代 理 人 が 入 札 する 場 合 における 競 争 加 入 者 本 人 の 氏 名 ( 法 人 の 場 合 は その 名 称 又 は 商 号 及 び 代 表 者 の 氏 名 ) 代 理 人 であることの 表 示 並 びに 当 該 代 理 人 の 氏 名 の 記 載 -4-

31 及 び 押 印 のない 又 は 判 然 としない 入 札 書 ( 記 載 のない 又 は 判 然 としない 事 項 が 競 争 加 入 者 本 人 の 氏 名 ( 法 人 の 場 合 は その 名 称 又 は 商 号 及 び 代 表 者 の 氏 名 ) 又 は 代 理 人 で あることの 表 示 である 場 合 には 正 当 な 代 理 であることが 代 理 人 委 任 状 その 他 で 確 認 されたものを 除 く )( 電 子 入 札 システムによる 場 合 は 電 子 証 明 書 を 取 得 していな い 者 の 提 出 した 入 札 書 ) 六 請 負 に 付 される 工 事 の 表 示 に 重 大 な 誤 りのある 入 札 書 七 入 札 金 額 の 記 載 が 不 明 確 な 入 札 書 八 入 札 金 額 を 訂 正 したものでその 訂 正 について 印 の 押 してない 入 札 書 九 納 付 した 入 札 保 証 金 の 額 が 入 札 金 額 の 百 分 の 五 に 達 しない 場 合 の 当 該 入 札 書 十 入 札 公 告 公 示 又 は 指 名 通 知 において 示 した 入 札 書 の 受 領 最 終 日 時 までに 到 達 しな かった 入 札 書 十 一 公 正 な 価 格 を 害 し 又 は 不 正 の 利 益 を 得 るために 明 らかに 連 合 したと 認 められる 者 の 提 出 した 入 札 書 十 二 その 他 入 札 に 関 する 条 件 に 違 反 した 入 札 書 ( 開 札 ) 第 33 開 札 は 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 が 出 席 して 行 うものとする この 場 合 におい て 競 争 加 入 者 又 はその 代 理 人 が 立 ち 会 わないときは 入 札 執 行 事 務 に 関 係 のない 職 員 を 立 ち 会 わせてこれを 行 う ( 落 札 者 の 決 定 ) 第 34 有 効 な 入 札 書 を 提 出 した 者 であって 予 定 価 格 の 制 限 の 範 囲 内 で 最 低 の 価 格 をも って 申 込 みをした 者 を 契 約 の 相 手 方 とする ただし 総 合 評 価 落 札 方 式 の 場 合 について は この 限 りではない 第 35 予 定 価 格 が 一 千 万 円 を 超 えるものについては 契 約 の 相 手 方 となるべき 者 の 申 込 みに 係 る 価 格 によっては その 者 により 当 該 契 約 の 内 容 に 適 合 した 履 行 がされないおそ れがあると 認 められるときは 予 定 価 格 の 制 限 の 範 囲 内 の 価 格 をもって 申 込 みをした 他 の 者 のうち 最 低 の 価 格 をもって 申 込 みをした 者 を 契 約 の 相 手 方 とすることがある この 場 合 において 当 該 契 約 の 内 容 に 適 合 した 履 行 がされないおそれがあると 認 められる 申 込 みをした 者 は 経 理 責 任 者 等 の 行 う 調 査 に 協 力 しなければならない 第 36 予 定 価 格 が 一 千 万 円 を 超 えるものについて 契 約 の 相 手 方 となるべき 者 と 契 約 を 締 結 することが 公 正 な 取 引 の 秩 序 を 乱 すこととなるおそれがあって 著 しく 不 適 当 である と 認 められるときは 予 定 価 格 の 制 限 の 範 囲 内 の 価 格 をもって 申 込 みをした 他 の 者 のう ち 最 低 の 価 格 をもって 申 込 みをした 者 を 契 約 の 相 手 方 とすることがある 第 37 第 35 及 び 第 36の 規 定 により 契 約 の 相 手 方 を 決 定 したときは 他 の 入 札 者 に 入 札 結 果 を 通 知 する ( 再 度 入 札 ) 第 38 開 札 をした 場 合 において 競 争 加 入 者 の 入 札 のうち 予 定 価 格 の 制 限 に 達 した 価 格 の 入 札 がないときは 再 度 の 入 札 を 行 うことがある ただし 郵 送 による 入 札 を 行 った 者 がある 場 合 において 直 ちに 再 度 の 入 札 を 行 うことができないときは 経 理 責 任 者 等 が 指 定 する 日 時 において 再 度 の 入 札 を 行 う ( 同 価 格 の 入 札 者 が2 人 以 上 ある 場 合 の 落 札 者 の 決 定 ) -5-

32 第 39 落 札 となるべき 同 価 格 の 入 札 をした 者 が2 人 以 上 あるときは 直 ちに 当 該 入 札 者 にくじを 引 かせて 落 札 者 を 決 定 する この 場 合 において 当 該 入 札 者 のうち 出 席 しな い 者 又 はくじを 引 かない 者 があるときは 入 札 執 行 事 務 に 関 係 のない 職 員 にこれに 代 わ ってくじを 引 かせ 落 札 者 を 決 定 する ( 契 約 書 の 作 成 ) 第 40 契 約 書 を 作 成 する 場 合 においては 落 札 者 は 経 理 責 任 者 等 から 交 付 された 契 約 書 案 に 記 名 押 印 し 落 札 決 定 の 日 から10 日 以 内 ( 落 札 者 が 遠 隔 地 にある 等 特 別 の 事 情 が あるときは 経 理 責 任 者 等 が 合 理 的 と 認 める 期 間 )に 契 約 書 の 取 りかわしを 行 うものと する 第 41 落 札 者 が 第 40に 定 める 期 間 内 に 契 約 書 を 提 出 しないときは 落 札 の 決 定 を 取 り 消 すものとする ( 請 書 等 の 提 出 ) 第 42 契 約 書 の 作 成 を 要 しない 場 合 においては 落 札 者 は 第 40に 定 める 期 間 内 に 請 書 その 他 これに 準 ずる 書 面 を 経 理 責 任 者 等 に 提 出 しなければならない ただし 経 理 責 任 者 等 がその 必 要 がないと 認 めて 指 示 したときは この 限 りではない ( 契 約 保 証 金 の 納 付 等 ) 第 43 契 約 の 相 手 方 は 入 札 公 告 公 示 又 は 指 名 通 知 において 契 約 保 証 金 を 納 付 すべき こととされた 場 合 にあっては 指 定 の 期 日 までに 契 約 金 額 の 百 分 の 十 以 上 の 契 約 保 証 金 又 は 契 約 保 証 金 に 代 わる 担 保 を 納 付 し 又 は 提 供 しなければならない 第 44 契 約 の 相 手 方 は 契 約 保 証 金 を 別 紙 第 4 号 様 式 の 契 約 保 証 金 納 付 書 ( 以 下 契 約 保 証 金 納 付 書 という )に 添 えて 出 納 責 任 者 に 納 付 しなければならない 第 45 契 約 保 証 金 に 代 わる 担 保 の 種 類 価 値 及 び 提 供 の 手 続 きは 入 札 保 証 金 に 代 わる 担 保 に 関 する 定 めを 準 用 する 第 46 契 約 保 証 金 として 納 付 する 担 保 が 保 証 事 業 会 社 の 保 証 であるときは 当 該 担 保 の 価 値 は 保 証 金 額 とし 契 約 の 相 手 方 は 当 該 保 証 を 証 する 書 面 を 契 約 保 証 金 納 付 書 に 添 付 して 経 理 責 任 者 等 に 提 出 しなければならない 第 47 契 約 の 相 手 方 は 保 険 会 社 との 間 に 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 を 被 保 険 者 とする 履 行 保 証 保 険 契 約 を 結 んだ 場 合 には 当 該 契 約 に 係 る 保 険 証 券 を 経 理 責 任 者 等 に 提 出 しなけ ればならない 第 48 契 約 の 相 手 方 は 公 共 工 事 履 行 保 証 証 券 による 保 証 を 付 する 場 合 には 当 該 保 証 を 証 する 証 券 を 経 理 責 任 者 等 に 提 出 しなければならない 第 49 落 札 者 は 契 約 上 の 義 務 履 行 前 に 契 約 保 証 金 に 代 わる 担 保 として 提 供 した 小 切 手 がその 呈 示 期 間 を 経 過 することとなり 又 は 契 約 保 証 金 に 代 わる 担 保 として 提 供 した 手 形 がその 満 期 になるときは 当 該 小 切 手 又 は 手 形 に 代 わる 契 約 保 証 金 を 納 付 しなければ ならない ただし 出 納 責 任 者 が これらの 有 価 証 券 の 取 立 て 及 び 当 該 取 立 てに 係 る 現 金 の 保 管 をした 場 合 はこの 限 りでない ( 契 約 保 証 金 の 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 帰 属 ) 第 50 落 札 者 が 納 付 した 契 約 保 証 金 又 は 契 約 保 証 金 に 代 わる 担 保 は これを 納 付 又 は 提 供 した 者 が 契 約 上 の 義 務 を 履 行 しないときは 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 に 帰 属 するものと する -6-

33 ( 契 約 保 証 金 の 還 付 ) 第 51 契 約 保 証 金 又 は 契 約 保 証 金 の 担 保 は 契 約 に 基 づく 給 付 が 完 了 したときその 他 契 約 保 証 金 又 は 契 約 保 証 金 に 代 わる 担 保 を 返 還 する 事 由 が 生 じたときは これを 還 付 する ( 異 議 の 申 立 ) 第 52 入 札 をした 者 は 入 札 後 この 心 得 図 面 仕 様 書 現 場 説 明 書 等 についての 不 知 又 は 不 明 を 理 由 として 異 議 を 申 し 立 てることはできない -7-

34 別 表 区 分 種 類 価 値 ア 国 債 債 権 金 額 政 府 の 保 証 のある 債 権 額 面 金 額 又 は 登 録 金 額 ( 発 行 価 額 が 額 イ 面 金 額 又 は 登 録 金 額 と 異 なるときは 発 行 価 額 )の8 割 に 相 当 する 金 額 ウ 資 金 運 用 部 資 金 法 第 7 条 第 1 項 第 9 号 同 左 に 規 定 する 金 融 債 日 本 国 有 鉄 道 改 革 法 ( 昭 和 61 年 法 律 第 8 同 左 7 号 ) 附 則 第 2 項 の 規 定 による 廃 止 前 の 日 本 国 有 鉄 道 法 第 1 条 の 規 定 により 設 エ 立 された 日 本 国 有 鉄 道 及 び 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 59 年 法 律 第 85 号 ) 附 則 第 4 条 第 1 項 の 規 定 による 解 散 前 の 日 本 電 信 電 話 公 社 が 発 行 した 債 券 でイ 以 外 のもの オ 地 方 債 債 権 金 額 経 理 責 任 者 が 確 実 と 認 める 社 債 額 面 金 額 又 は 登 録 金 額 ( 発 行 価 額 が 額 カ 面 金 額 又 は 登 録 金 額 と 異 なるときは 発 行 価 額 )の8 割 に 相 当 する 金 額 銀 行 又 は 経 理 責 任 者 が 確 実 と 認 める 金 小 切 手 金 額 融 機 関 ( 出 資 の 受 入 れ 預 り 金 及 び 金 キ 利 等 の 取 締 りに 関 する 法 律 ( 昭 和 29 年 法 律 第 195 号 ) 第 3 条 に 規 定 する 金 融 機 関 をいう 以 下 同 じ )が 振 り 出 し 又 は 支 払 を 保 証 した 小 切 手 銀 行 又 は 経 理 責 任 者 が 確 実 と 認 める 金 手 形 金 額 ( 当 該 手 形 の 満 期 の 日 が 当 該 融 機 関 が 引 き 受 け 又 は 保 証 若 しくは 手 形 を 提 供 した 日 の 一 月 後 であるとき ク 裏 書 をした 手 形 は 提 供 した 日 の 翌 日 から 満 期 の 日 まで の 期 間 に 応 じ 当 該 手 形 金 額 を 一 般 の 金 融 市 場 における 手 形 の 割 引 率 によって 割 り 引 いた 金 額 ) ケ 銀 行 又 は 経 理 責 任 者 が 確 実 と 認 める 金 債 権 証 書 記 載 の 債 権 金 額 融 機 関 に 対 する 定 期 預 金 債 権 コ 銀 行 又 は 経 理 責 任 者 が 確 実 と 認 める 金 保 証 金 額 融 機 関 の 保 証 -8-

35 第 1 号 様 式 入 札 保 証 金 納 付 書 入 札 保 証 金 が 現 金 であるときはその 金 額 入 札 保 証 金 として 納 付 される 担 保 が 国 債 その 他 の 有 価 証 券 等 であるときは 有 価 証 券 等 の 種 類 有 価 証 券 の 額 面 金 額 の 種 類 ごとの 枚 数 及 び 額 面 総 額 又 は 質 権 設 定 金 額 その 他 担 保 の 種 類 に 応 じた 金 額 請 負 に 付 される 工 事 名 上 記 工 事 の 請 負 契 約 のための 競 争 入 札 の 入 札 保 証 金 として 上 記 金 員 を 納 付 し ます この 入 札 保 証 金 は 入 札 の 結 果 落 札 した 場 合 において 公 告 ( 指 名 通 知 書 )に 示 された 手 続 きをしなかったときは 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 に 帰 属 するものである ことを 了 承 しました 平 成 年 月 日 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 御 中 競 争 加 入 者 住 所 氏 名 押 印 -9-

36 第 2 号 様 式 入 札 辞 退 書 請 負 に 付 される 工 事 名 このたび 上 記 工 事 の 指 名 を 受 けましたが 都 合 により 入 札 を 辞 退 いたします 平 成 年 月 日 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 御 中 競 争 加 入 者 住 所 氏 名 押 印 -10-

37 第 3 号 様 式 入 札 書 請 負 に 付 される 工 事 名 入 札 金 額 金 円 也 工 事 請 負 契 約 基 準 を 熟 知 し 図 面 及 び 仕 様 書 に 従 って 上 記 の 工 事 を 実 施 するも のとして 入 札 に 関 する 条 件 を 承 諾 の 上 上 記 の 金 額 によって 入 札 します 平 成 年 月 日 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 御 中 競 争 加 入 者 住 所 氏 名 押 印 備 考 (1) 競 争 加 入 者 が 法 人 の 場 合 は その 名 称 又 は 商 号 及 び 代 表 者 の 氏 名 を 記 載 す ること (2) 代 理 人 が 入 札 をするときは 競 争 加 入 者 本 人 の 住 所 及 び 氏 名 ( 法 人 の 場 合 は その 名 称 又 は 商 号 及 び 代 表 者 の 氏 名 ) 代 理 人 であることの 表 示 並 びに 当 該 代 理 人 の 氏 名 を 記 載 し かつ 押 印 すること -11-

38 第 4 号 様 式 契 約 保 証 金 納 付 書 契 約 保 証 金 が 現 金 であるときはその 金 額 契 約 保 証 金 として 納 付 させる 担 保 が 国 債 その 他 の 有 価 証 券 等 であるときは 有 価 証 券 等 の 種 類 有 価 証 券 の 額 面 金 額 の 種 類 ごとの 枚 数 及 び 額 面 総 額 又 は 質 権 設 定 金 額 その 他 担 保 の 種 類 に 応 じた 金 額 請 負 に 付 される 工 事 名 上 記 工 事 の 契 約 保 証 金 として 上 記 金 員 を 納 付 します この 契 約 保 証 金 は 契 約 上 の 義 務 を 履 行 しないときは 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 に 帰 属 するものであることを 了 承 しました 平 成 年 月 日 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 御 中 競 争 加 入 者 住 所 氏 名 押 印 -12-

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

Taro-入札説明書(真空巻締め)

Taro-入札説明書(真空巻締め) 入 札 説 明 書 宮 崎 県 水 産 試 験 場 が 行 う 真 空 巻 締 め 機 の 賃 貸 借 に 係 る 入 札 公 告 に 基 づく 一 般 競 争 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 入 札 に 参 加 する 者 は 下 記 事 項 を 熟 知 の 上 で 入 札 しなけれこの 場 合 におい て 当 該 説 明 書

More information

<5461726F2D8CF68D908A549776816989BA97AC89CD90EC8FF38BB592B28DB8>

<5461726F2D8CF68D908A549776816989BA97AC89CD90EC8FF38BB592B28DB8> 入 札 公 告 をご 覧 いただく 前 に ( 公 告 概 要 のお 知 らせ) この 度 公 告 する 滝 沢 ダム 下 流 河 川 状 況 調 査 の 主 な 内 容 は 以 下 のとおりです ( 入 札 公 告 本 文 は このお 知 らせの 後 段 に 掲 載 しております ) 一. 業 務 内 容 等 について 1 業 務 名 滝 沢 ダム 下 流 河 川 状 況 調 査 2 履 行 期

More information

所沢市告示第   号

所沢市告示第   号 所 沢 市 告 示 第 282 号 一 般 競 争 入 札 を 執 行 するので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 に 基 づき 次 のとおり 公 告 する 平 成 28 年 5 月 13 日 所 沢 市 長 藤 本 正 人 1 入 札 対 象 工 事 ⑴ 工 事 名 所 沢 市 立 美 原 中 学 校 トイレ 改 修 工

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

工 事 名 能 代 南 中 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 5 月 24 日 ( 火

工 事 名 能 代 南 中 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 5 月 24 日 ( 火 能 代 市 建 設 工 事 応 募 型 指 名 競 争 入 札 の 参 加 者 の 募 集 について 次 のとおり 入 札 を 執 行 するので 下 記 により 入 札 参 加 者 を 公 募 する 1 公 募 日 平 成 28 年 5 月 24 日 2 契 約 担 当 者 能 代 市 長 齊 藤 滋 宣 3 工 事 名 4 施 工 場 所 能 代 南 中 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐

More information

工 事 名 渟 城 西 小 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 2 月 23 日 ( 火

工 事 名 渟 城 西 小 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 2 月 23 日 ( 火 能 代 市 建 設 工 事 応 募 型 指 名 競 争 入 札 の 参 加 者 の 募 集 について 次 のとおり 入 札 を 執 行 するので 下 記 により 入 札 参 加 者 を 公 募 する 1 公 募 日 平 成 28 年 2 月 23 日 2 契 約 担 当 者 能 代 市 長 齊 藤 滋 宣 3 工 事 名 渟 城 西 小 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事

More information

入札公告 機動装備センター

入札公告 機動装備センター 千 葉 県 一 般 競 争 入 札 公 告 県 警 第 18 号 機 動 装 備 センター 屋 内 舗 装 改 修 工 事 の 一 般 競 争 入 札 ( 事 後 審 査 型 )の 実 施 について 地 方 自 治 法 第 234 条 第 1 項 の 規 定 により 一 般 競 争 入 札 を 次 のとおり 実 施 する なお この 入 札 は ちば 電 子 調 達 システムに 係 る 電 子 入

More information

連 がある 者 でないこと (5) 自 己 又 は 自 己 の 役 員 等 が 次 のいずれにも 該 当 しない 者 であること 及 び 次 に 掲 げる 者 が その 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していない 者 であること ア 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の

連 がある 者 でないこと (5) 自 己 又 は 自 己 の 役 員 等 が 次 のいずれにも 該 当 しない 者 であること 及 び 次 に 掲 げる 者 が その 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していない 者 であること ア 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 平 成 28 年 3 月 8 日 社 会 医 療 法 人 社 団 大 久 保 病 院 理 事 長 大 久 保 健 作 大 久 保 病 院 救 急 外 来 等 増 改 築 工 事 請 負 契 約 に 係 る 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 について ( 公 告 ) 大 久 保 病 院 救 急 外 来 等 増 改 築 工 事 請 負 契 約 に 係 る 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を

More information

5 号 )に 基 づく 排 除 措 置 の 期 間 中 でないこと (6) 会 社 更 生 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 154 号 )に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされて いる 者 又 は 民 事 再 生 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 225 号 )に 基

5 号 )に 基 づく 排 除 措 置 の 期 間 中 でないこと (6) 会 社 更 生 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 154 号 )に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされて いる 者 又 は 民 事 再 生 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 225 号 )に 基 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 ( 条 件 付 一 般 競 争 入 札 ( 事 後 審 査 型 持 参 方 式 ))を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の 6 の 規 定 に 基 づき 公 告 する 平 成 26 年 4 月 9 日 紀 の 川 市 長 中 村 愼 司 1 入 札 に 付 する 工 事

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

募集要項

募集要項 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 コピー 用 紙 購 入 における 単 価 契 約 の 入 札 参 加 者 募 集 要 領 1 趣 旨 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 ( 以 下 公 社 という )において コピー 用 紙 の 納 入 を 行 う 業 者 を 募 集 する 2 入 札 に 付 する 事 項 (1) 調 達 件 名 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 コピー 用 紙 購 入 における

More information

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 企 画 競 争 に 係 る 募 集 公 告 平 成 25 年 12 月 16 日 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 契 約 事 務 責 任 者 理 事 馬 場 一 洋 平 成 25 年 度 消 費 税 確 定 申 告 に 係 る 事 前 準 備 ( 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 等 ) 及 び 確 定 申 告 書 作 成 等 委 託 業 務 に 係 る 企 画 競 争

More information

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 20 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 秋 田 河 川 国 道 事 務 所 長 渡 邊 政 義 1. 業 務 概 要

More information

< F2D CF68D FC8E4490E096BE8F C>

< F2D CF68D FC8E4490E096BE8F C> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 申 請 等 の 受 付 は 土 曜 日 日 曜 日 及 び 祝 日 等 ( 行 政 機 関 の 休 日 に 関 する 法 律 第 1 条 に 規 定 する 行 政 機 関 の 休 日 )を 除 く 午 前 9 時 から 午 後 6 時 ( 電 子 入 札 の 場 合 ) 又 は 午 前 8 時 30 分 から

More information

工 事 名 沢 口 浄 配 水 場 建 設 工 事 ( 浄 水 管 理 棟 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 平 成 24 年 5 月 8 日 ( 火 ) 正 午 から 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 基 本 事 項 2のとおり

工 事 名 沢 口 浄 配 水 場 建 設 工 事 ( 浄 水 管 理 棟 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 平 成 24 年 5 月 8 日 ( 火 ) 正 午 から 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 基 本 事 項 2のとおり 次 のとおり 入 札 を 執 行 するので 下 記 により 入 札 参 加 者 を 公 募 する 1 公 募 日 2 契 約 担 当 者 能 代 市 長 齊 藤 滋 宣 3 工 事 名 4 施 工 場 所 5 完 成 工 期 6 工 事 主 管 課 7 工 事 の 種 別 建 築 一 式 工 事 8 工 事 概 要 能 代 市 建 設 工 事 応 募 型 指 名 競 争 入 札 の 参 加 者 の

More information

3 担 当 部 署 4 担 当 者 名 5 住 所 6 電 話 番 号 7メールアドレス 1 セキュリティ 上 の 都 合 により フリーメール 及 び 添 付 ファイルは 開 封 しない 2 やむを 得 ない 事 由 により メールにより 入 手 できない 場 合 に 限 り 書 留 郵 便 によ

3 担 当 部 署 4 担 当 者 名 5 住 所 6 電 話 番 号 7メールアドレス 1 セキュリティ 上 の 都 合 により フリーメール 及 び 添 付 ファイルは 開 封 しない 2 やむを 得 ない 事 由 により メールにより 入 手 できない 場 合 に 限 り 書 留 郵 便 によ 次 のとおり 条 件 付 一 般 競 争 入 札 に 付 します 入 札 広 告 平 成 28 年 9 月 16 日 契 約 責 任 者 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 岡 山 管 理 センター 所 長 稲 垣 博 記 1. 工 事 概 要 (1) 工 事 名 鴻 ノ 池 SAトイレ 改 修 工 事 (2) 工 事 場 所 自 ) 岡 山 県 倉 敷 市 児 島 塩 生 字

More information

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 き 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 27 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 三 陸 国 道 事 務 所 長 永 井 浩 泰 1. 業 務 概 要 (1)

More information

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80>

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80> 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 調 理 室 改 修 設 計 施 工 プロポーザル( 公 募 型 ) 実 施 要 項 平 成 23 年 8 月 飛 騨 市 -1- 1 目 的 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 は 平 成 24 年 度 より 指 定 管 理 者 制 度 を 導 入 する 予 定 です 給 食 については 現 在 3 歳 未 満 児 ( 以 下 未 満 児 という )を 含 め 外

More information

Microsoft Word - 03_公告

Microsoft Word - 03_公告 久 留 米 市 公 告 第 124 号 久 留 米 市 立 西 国 分 小 学 校 外 65 施 設 で 使 用 する 電 力 について 下 記 のとおり 一 般 競 争 入 札 を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 以 下 令 という ) 第 167 条 の6 第 1 項 及 び 久 留 米 市 契 約 事 務 規 則 ( 昭 和 50 年 久

More information

(2) 当 該 物 品 等 と 同 種 の 納 入 実 績 に 関 すること (3) その 他 必 要 な 事 項 ( 公 告 ) 第 4 条 市 長 は 一 般 競 争 入 札 に 付 するときは 施 令 第 167 条 の 6 及 び 契 約 規 則 第 13 条 の 規 定 に 基 づき 次

(2) 当 該 物 品 等 と 同 種 の 納 入 実 績 に 関 すること (3) その 他 必 要 な 事 項 ( 公 告 ) 第 4 条 市 長 は 一 般 競 争 入 札 に 付 するときは 施 令 第 167 条 の 6 及 び 契 約 規 則 第 13 条 の 規 定 に 基 づき 次 幼 稚 園 等 施 設 遮 熱 紫 外 線 対 策 業 務 委 託 に 係 る 制 限 付 一 般 競 争 入 札 実 施 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 那 覇 市 立 幼 稚 園 等 施 設 において 窓 ガラスに 遮 熱 紫 外 線 対 策 のため のフィルムを 貼 付 施 工 するための 業 務 を 委 託 するにあたり 地 方 自 治 法 施 令 ( 昭 和 22 年

More information

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領 石 巻 市 立 病 院 クレジットカード 納 付 導 入 に 伴 う 指 定 代 理 納 付 者 選 定 に 係 る プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 この 実 施 要 領 は 石 巻 市 立 病 院 におけるクレジットカード 納 付 導 入 に 関 し 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 231 条 の2 第 6 項 に 規 定 する 指 定 代 理 納

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

(7) 公 共 施 設 における 建 築 物 (1 敷 地 における 延 床 面 積 の 合 計 が 5,000 m2 以 上 )の 劣 化 につ いての 調 査 ( 劣 化 度 調 査 健 全 度 調 査 等 )の 実 績 があること (8) 公 共 施 設 における 建 築 物 (1 敷 地 に

(7) 公 共 施 設 における 建 築 物 (1 敷 地 における 延 床 面 積 の 合 計 が 5,000 m2 以 上 )の 劣 化 につ いての 調 査 ( 劣 化 度 調 査 健 全 度 調 査 等 )の 実 績 があること (8) 公 共 施 設 における 建 築 物 (1 敷 地 に 西 宮 市 告 示 甲 第 号 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 により 次 のとおり 公 告 する 平 成 28 年 09 月 30 日 西 宮 市 長 今 村 岳 司 1 入 札 に 付 する 事 項 (1) 件 名 西 宮 市 役 所 本 庁 舎 保 全 計 画

More information

Microsoft Word - 06(公示文)プロポ公募_160609.doc

Microsoft Word - 06(公示文)プロポ公募_160609.doc 簡 易 公 募 型 プロポーザル 方 式 に 係 る 手 続 開 始 の 公 示 次 のとおり 技 術 提 案 書 の 提 出 を 招 請 します 平 成 28 年 9 月 16 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 九 州 地 方 整 備 局 国 営 海 の 中 道 海 浜 公 園 事 務 所 長 辻 野 恒 一 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 : 海 の 中 道 海 浜 公

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

イ する ( 行 政 機 関 の 休 日 に 関 する 法 律 ( 昭 和 63 年 法 律 第 91 号 ) 第 1 条 第 1 項 に 規 定 する 行 政 機 関 の 休 日 ( 以 下 休 日 という )を 除 く ) 電 子 入 札 システムで 使 用 できるICカードは 代 表 者 又

イ する ( 行 政 機 関 の 休 日 に 関 する 法 律 ( 昭 和 63 年 法 律 第 91 号 ) 第 1 条 第 1 項 に 規 定 する 行 政 機 関 の 休 日 ( 以 下 休 日 という )を 除 く ) 電 子 入 札 システムで 使 用 できるICカードは 代 表 者 又 技 術 資 料 募 集 要 領 公 募 簡 略 審 査 型 指 名 競 争 入 札 を 下 記 のとおり 行 うので 入 札 に 参 加 を 希 望 する 者 は 技 術 資 料 を 提 出 して 下 さい 平 成 20 年 6 月 13 日 支 出 負 担 行 為 担 当 官 中 国 四 国 防 衛 局 長 月 橋 晴 信 記 1 業 務 内 容 等 (1) 業 務 名 陸 上 自 衛 隊 高 知

More information

花 巻 市 条 件 付 一 般 競 争 入 札 について 花 巻 市 では 入 札 における 透 明 性 公 平 性 の 向 上 を 図 り より 一 層 の 競 争 性 を 確 保 するために 条 件 付 一 般 競 争 入 札 を 実 施 します 条 件 付 一 般 競 争 入 札 について 条

花 巻 市 条 件 付 一 般 競 争 入 札 について 花 巻 市 では 入 札 における 透 明 性 公 平 性 の 向 上 を 図 り より 一 層 の 競 争 性 を 確 保 するために 条 件 付 一 般 競 争 入 札 を 実 施 します 条 件 付 一 般 競 争 入 札 について 条 花 巻 市 条 件 付 一 般 競 争 入 札 説 明 書 入 札 参 加 者 用 ( 建 設 工 事 用 ) 花 巻 市 花 巻 市 条 件 付 一 般 競 争 入 札 について 花 巻 市 では 入 札 における 透 明 性 公 平 性 の 向 上 を 図 り より 一 層 の 競 争 性 を 確 保 するために 条 件 付 一 般 競 争 入 札 を 実 施 します 条 件 付 一 般 競 争

More information

栃木県アンテナショップ基本計画策定及び設計業務委託に係る標準?プロポーザル実施要領

栃木県アンテナショップ基本計画策定及び設計業務委託に係る標準?プロポーザル実施要領 スカイベリー 高 級 ブランドイメージ 定 着 プロモーション 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 本 要 領 は スカイベリー 高 級 ブランドイメージ 定 着 プロモーション 業 務 を 委 託 する 事 業 者 を 選 定 するに 当 たり 公 募 型 プロポーザルの 実 施 方 法 等 必 要 な 事 項 を 定 めるものである 1 業 務 の 概 要 (1)

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

(8) 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 掲 げる 暴 力 団 及 びそれらの 利 益 となる 活 動 を 行 う 者 でないこと (9) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税

(8) 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 掲 げる 暴 力 団 及 びそれらの 利 益 となる 活 動 を 行 う 者 でないこと (9) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税 嘉 手 納 町 住 環 境 整 備 基 本 計 画 ( 基 礎 調 査 ) 業 務 に 関 する 企 画 提 案 募 集 要 領 この 要 領 は 嘉 手 納 町 住 環 境 整 備 基 本 計 画 ( 基 礎 調 査 ) 業 務 に 関 する 企 画 提 案 に 係 る 優 先 候 補 者 の 選 定 にあたり 本 募 集 要 領 に 基 づき 広 く 企 画 提 案 を 募 集 し 最 も 適

More information

(8) 入 札 に 関 する 事 項 の 問 合 わせ 先 陸 上 自 衛 隊 上 富 良 野 駐 屯 地 第 344 会 計 隊 契 約 班 ( 担 当 : 立 川 ) TEL 0167-45-3101 内 線 :347(FAX:660) 11 公 告 掲 示 場 所 (1) 掲 示 場 所 :

(8) 入 札 に 関 する 事 項 の 問 合 わせ 先 陸 上 自 衛 隊 上 富 良 野 駐 屯 地 第 344 会 計 隊 契 約 班 ( 担 当 : 立 川 ) TEL 0167-45-3101 内 線 :347(FAX:660) 11 公 告 掲 示 場 所 (1) 掲 示 場 所 : 公 告 平 成 28 年 1 月 25 日 分 任 契 約 担 当 官 陸 上 自 衛 隊 上 富 良 野 駐 屯 地 第 344 会 計 隊 長 長 谷 川 洋 三 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 を 行 う 1 競 争 に 付 する 事 項 (1) 件 名 : 毛 布 外 注 洗 濯 ほか3 件 別 紙 第 2 内 訳 書 のとおり (2) 納 入 場 所 : 陸 上 自 衛 隊 上 富

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

平成23年度本庁舎西館弁当販売者募集要項

平成23年度本庁舎西館弁当販売者募集要項 たつの 市 民 病 院 新 聞 自 動 販 売 機 設 置 事 業 者 募 集 要 項 たつの 市 民 病 院 ( 以 下 病 院 という )が 行 う 自 動 販 売 機 設 置 事 業 者 ( 以 下 設 置 事 業 者 という )の 募 集 に 参 加 される 方 は この 要 項 をよく 読 み 記 載 事 項 をご 承 知 の 上 お 申 し 込 みください 1 公 募 物 件 の 概 要

More information

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 に 係 る 企 画 提 案 書 募 集 要 領 1 委 託 事 業 名 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 業 務 委 託 2 目 的 離 島 地 域 の 産 業 の 振 興 を 図 るため これまで 開 発 された 離 島 の 特 産 品 等 を 対 象 と して コーディネーター( 受 託 事 業 者 ) 及 び 外 部

More information

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378>

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 8 年 9 月 6 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 九 州 地 方 整 備 局 長 崎 河 川 国 道 事 務 所 長 垣 原 清 次 工 事 概 要 () () 工 事 名 工 事 場 所 長 崎 497 号 橋 梁 補 修 工 事 長 崎 県 佐 世 保 市 塩 浜 町 地 先

More information

方 式 の 試 行 工 事 である 2 本 工 事 は 一 定 の 条 件 に 該 当 する 低 入 札 価 格 調 査 対 象 工 事 業 者 の 入 札 への 参 加 を 制 限 する 等 の 試 行 工 事 である 3 以 下 に 掲 げる 条 件 を 全 て 満 たすことを 求 める 主 任

方 式 の 試 行 工 事 である 2 本 工 事 は 一 定 の 条 件 に 該 当 する 低 入 札 価 格 調 査 対 象 工 事 業 者 の 入 札 への 参 加 を 制 限 する 等 の 試 行 工 事 である 3 以 下 に 掲 げる 条 件 を 全 て 満 たすことを 求 める 主 任 詳 細 条 件 審 査 型 一 般 競 争 入 札 (フレックス 工 期 による 契 約 方 式 )の 実 施 に 係 る 掲 示 電 子 入 札 対 象 案 件 標 記 について 参 加 を 希 望 する 者 は 下 記 により 競 争 参 加 資 格 確 認 申 請 書 等 を 提 出 されたく 掲 示 する 1 掲 示 日 平 成 28 年 9 月 30 日 ( 金 ) 2 掲 示 責 任 者

More information

公募

公募 木 製 品 試 作 販 売 システム 等 構 築 可 能 性 調 査 委 託 業 務 の 公 募 型 プロポーザル 方 式 実 施 要 領 1. 目 的 厚 真 町 における 林 産 業 は 造 林 保 育 及 び 造 材 等 の 森 林 整 備 を 行 う 事 業 体 や 木 炭 製 造 業 等 が 成 立 している 一 方 で 加 工 する 施 設 は 小 規 模 な 製 材 工 場 が1 軒

More information

おーくす船場こども園入札公告_270707-2

おーくす船場こども園入札公告_270707-2 入 札 公 告 ( 郵 便 入 札 ) 一 般 競 争 入 札 について 次 のとおり 公 告 する 平 成 27 年 7 月 7 日 茨 城 県 ひたちなか 市 佐 和 788-13 社 会 福 祉 法 人 オークス ウェルフェア 理 事 長 鹿 志 村 茂 1 入 札 対 象 工 事 (1) 工 事 名 おーくす 船 場 こども 園 新 築 工 事 (2) 工 事 場 所 茨 城 県 那 珂 郡

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

Microsoft Word - 01_入札公示(総合評価:履行確実性評価)

Microsoft Word - 01_入札公示(総合評価:履行確実性評価) 入 札 公 示 ( 設 計 等 ) 総 合 評 価 落 札 方 式 による 設 計 等 競 争 入 札 参 加 者 を 招 請 するので 公 示 する 1 掲 載 日 平 成 28 年 9 月 16 日 2 掲 載 責 任 者 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 近 畿 農 政 局 和 歌 山 平 野 農 地 防 災 事 業 所 長 奥 平 浩 3 担 当 部 局 640-0413 和 歌

More information

Taro-入札公告等:相浦(28)宿舎

Taro-入札公告等:相浦(28)宿舎 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 ( 政 府 調 達 協 定 対 象 外 )に 付 します 平 成 28 年 10 月 6 日 支 出 負 担 行 為 担 当 官 九 州 防 衛 局 長 川 嶋 貴 樹 1 工 事 概 要 (1) 工 事 名 相 浦 (28) 宿 舎 等 新 設 建 築 工 事 (その2) (2) 工 事 場 所 長 崎 県 佐 世 保

More information

2 入 札 参 加 資 格 尼 崎 市 西 宮 市 芦 屋 市 伊 丹 市 宝 塚 市 川 西 市 猪 名 川 町 ( 以 下 阪 神 6 市 1 町 という )のい ずれかの 競 争 入 札 参 加 資 格 者 名 簿 に 登 載 されている 者 で 次 の 要 件 を 全 て 満 たしていること

2 入 札 参 加 資 格 尼 崎 市 西 宮 市 芦 屋 市 伊 丹 市 宝 塚 市 川 西 市 猪 名 川 町 ( 以 下 阪 神 6 市 1 町 という )のい ずれかの 競 争 入 札 参 加 資 格 者 名 簿 に 登 載 されている 者 で 次 の 要 件 を 全 て 満 たしていること 阪 福 団 第 56 号 入 札 公 告 次 のとおり 知 的 障 害 児 施 設 ななくさ 学 園 の 移 転 改 築 整 備 工 事 について 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 に 付 すの で 社 会 福 祉 法 人 阪 神 福 祉 事 業 団 経 理 規 則 第 66 条 に 基 づき 公 告 する 平 成 21 年 6 月 29 日 社 会 福 祉 法 人 阪 神 福 祉 事 業 団

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817995CA93598253817A93FC8E4490E096BE8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817995CA93598253817A93FC8E4490E096BE8F912E646F63> 安 全 安 心 な 食 のまち さっぽろCMコンテスト 企 画 運 営 業 務 入 札 説 明 書 1 本 書 の 目 的 本 書 は 安 全 安 心 な 食 のまち さっぽろCMコンテスト 企 画 運 営 業 務 ( 以 下 本 業 務 という )の 入 札 に 関 する 必 要 な 事 項 を 定 める 2 入 札 の 方 法 総 合 評 価 一 般 競 争 入 札 による 本 入 札 では 入

More information

<5461726F2D93FC8E448CF68D908169915B927590BF8B818B7982D18BC68A45>

<5461726F2D93FC8E448CF68D908169915B927590BF8B818B7982D18BC68A45> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 一 般 競 争 入 札 総 合 評 価 方 式 ( 施 工 体 制 確 認 型 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 28 年 9 月 20 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 沖 縄 総 合 事 務 局 南 部 国 道 事 務 所 長 上 原 重 賢 1 工 事 概 要 (1) 工 事 名 平 成 28 年 度 新 川

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

(7) 会 社 更 生 法 第 17 条 又 は 民 事 再 生 法 第 21 条 の 規 定 に 基 づく 更 生 手 続 又 は 再 生 手 続 を 行 っていないこと (8) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税 について 未 納 のないこと 指 名 通 知 時 点 または 参 加 意 思

(7) 会 社 更 生 法 第 17 条 又 は 民 事 再 生 法 第 21 条 の 規 定 に 基 づく 更 生 手 続 又 は 再 生 手 続 を 行 っていないこと (8) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税 について 未 納 のないこと 指 名 通 知 時 点 または 参 加 意 思 平 成 28 年 度 嘉 手 納 町 観 光 ガイド 養 成 講 座 委 託 業 務 公 募 プロポーザル 募 集 要 領 1. 事 業 名 称 嘉 手 納 町 観 光 ガイド 養 成 講 座 委 託 業 務 2. 事 業 目 的 別 紙 嘉 手 納 町 観 光 ガイド 養 成 講 座 委 託 業 務 仕 様 書 のとおり 3. 業 務 内 容 嘉 手 納 町 の 観 光 資 源 や 観 光 ガイドとして

More information

Taro-入札公告等: 相浦(28)隊庁

Taro-入札公告等: 相浦(28)隊庁 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く )) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 28 年 5 月 24 日 支 出 負 担 行 為 担 当 官 九 州 防 衛 局 長 川 嶋 貴 樹 1 業 務 概 要 (1) 業 務 の 名 称 相 浦 (28) 隊 庁 舎 改 修 等 建 築 設 計 (2) 業 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033899E95E5977697CC816994A8926E82A982F182AA82A2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033899E95E5977697CC816994A8926E82A982F182AA82A2816A2E646F63> 平 成 20 年 度 馬 淵 川 沿 岸 ( 二 期 ) 農 業 水 利 事 業 畑 地 かんがい 検 討 業 務 応 募 要 領 1. 業 務 名 平 成 20 年 度 馬 淵 川 沿 岸 ( 二 期 ) 農 業 水 利 事 業 畑 地 かんがい 検 討 業 務 2. 業 務 の 目 的 馬 淵 川 沿 岸 農 業 水 利 事 業 は 岩 手 県 北 部 を 貫 流 する 一 級 河 川 馬 淵

More information

(Microsoft Word - \203A \225\345\217W\227v\227\314 .doc)

(Microsoft Word - \203A  \225\345\217W\227v\227\314 .doc) ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 プ ロ ポ ー ザ ル 募 集 要 領 1 趣 旨 本 要 領 は, ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 の 受 託 者 を 特 定 す る た め, 企 画 提 案 型 プ ロ ポ ー ザ ル 方 式 ( 以 下 プ ロ ポ ー

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 に 準 じた 手 続 による 手 続 開 始 掲 示 次 とおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 選 定 手 続 を 開 始 します 平 成 23 年 6 月 1 日 中 根 金 田 台 開 発 事 務 所 長 関 根 宣 由 1 務 概 要 (1) 務 名 中 根 金 田 台 地 区 平 成 23 年 度 補 償 説 明 務 (2) 務 内 容 研

More information

ていないこと ただし 更 生 手 続 開 始 の 決 定 又 は 再 生 計 画 認 可 の 決 定 が 参 加 申 込 期 日 以 前 になされている 場 合 はこの 限 りではない (8) 明 石 市 の 指 名 停 止 期 間 中 でないこと なお 公 告 日 から 参 加 申 込 書 等 の

ていないこと ただし 更 生 手 続 開 始 の 決 定 又 は 再 生 計 画 認 可 の 決 定 が 参 加 申 込 期 日 以 前 になされている 場 合 はこの 限 りではない (8) 明 石 市 の 指 名 停 止 期 間 中 でないこと なお 公 告 日 から 参 加 申 込 書 等 の 受 託 者 選 定 要 領 ( 平 成 24 年 度 大 規 模 盛 土 造 成 地 変 動 予 測 調 査 業 務 委 託 ) この 要 領 は 平 成 24 年 度 大 規 模 盛 土 造 成 地 変 動 予 測 調 査 業 務 委 託 にかかる 受 託 者 の 選 定 を 適 正 に 行 うために 定 める 1 業 務 の 概 要 (1) 業 務 名 平 成 24 年 度 大 規 模 盛 土

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 施 設 改 修 工 事 等 に 関 する コンストラクション マネジメント 業 務 委 託 事 業 者 募 集 要 項 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 は 平 成 25 年 度 から 平 成 27 年 度 において 実 施 が 予 定 される 施 設 改 修 工 事

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長 四 日 市 市 告 示 第 356 号 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 8 月 10 日 田 中 俊 行 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 のリフォームを 促 進 し 地 域 経 済 の 活 性 化 をより 確 かなも

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

1. はじめに 差 押 不 動 産 公 売 差 押 不 動 産 の 公 売 とは 市 税 等 滞 納 のため 差 し 押 さえた 不 動 産 ( 以 下 公 売 財 産 と いう )について 所 有 者 等 の 権 利 者 の 同 意 を 得 ることなく 強 制 的 に 買 受 人 との 間 で 売

1. はじめに 差 押 不 動 産 公 売 差 押 不 動 産 の 公 売 とは 市 税 等 滞 納 のため 差 し 押 さえた 不 動 産 ( 以 下 公 売 財 産 と いう )について 所 有 者 等 の 権 利 者 の 同 意 を 得 ることなく 強 制 的 に 買 受 人 との 間 で 売 差 押 不 動 産 公 売 参 加 の 手 引 ( 期 間 入 札 ) 目 次 1.はじめに P2 2. 公 売 参 加 資 格 P3 3. 入 札 の 流 れ P3 4. 公 売 保 証 金 の 返 還 P5 5.その 他 P5 参 考 ( 国 税 徴 収 法 抜 粋 ) P6 1 1. はじめに 差 押 不 動 産 公 売 差 押 不 動 産 の 公 売 とは 市 税 等 滞 納 のため 差 し

More information

3 手 続 等 (1) 参 加 資 格 の 審 査 公 募 型 プロポーザル 方 式 に 参 加 しようとする 者 は アからエまでに 定 めるところにより 2に 掲 げ る 資 格 を 有 するかどうかの 審 査 を 申 請 しなければならない なお 審 査 を 行 ったときは 審 査 結 果 を

3 手 続 等 (1) 参 加 資 格 の 審 査 公 募 型 プロポーザル 方 式 に 参 加 しようとする 者 は アからエまでに 定 めるところにより 2に 掲 げ る 資 格 を 有 するかどうかの 審 査 を 申 請 しなければならない なお 審 査 を 行 ったときは 審 査 結 果 を 新 エネルギー 等 率 先 導 入 推 進 事 業 による 昭 和 新 山 公 衆 トイレ 太 陽 光 発 電 等 導 入 事 業 実 施 説 明 書 1 事 業 概 要 (1) 業 務 名 新 エネルギー 等 率 先 導 入 推 進 事 業 による 昭 和 新 山 公 衆 トイレ 太 陽 光 発 電 等 導 入 事 業 (2) 業 務 の 目 的 及 び 内 容 道 有 施 設 への 率 先 した

More information

1 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 ( 一 般 事 務 職 )とは 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 とは 一 般 の 職 員 が 育 児 休 業 を 取 得 した 際 に 代 替 職 員 とし て 勤 務 する 職 員 です 一 般 事 務 職 については 候 補 者 として

1 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 ( 一 般 事 務 職 )とは 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 とは 一 般 の 職 員 が 育 児 休 業 を 取 得 した 際 に 代 替 職 員 とし て 勤 務 する 職 員 です 一 般 事 務 職 については 候 補 者 として 川 崎 市 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 一 般 事 務 職 の 候 補 者 登 録 案 内 川 崎 市 総 務 企 画 局 人 事 部 人 事 課 概 要 登 録 選 考 ( 教 養 考 査 及 び 作 文 考 査 )を 実 施 し ます 登 録 選 考 実 施 日 平 成 2 8 年 7 月 31 日 ( 日 ) 受 付 期 間 平 成 28 年 6 月 1 日 ( 水 ) ~ 平

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

(8) 日 本 国 籍 を 有 し 日 本 国 憲 法 及 びその 下 に 成 立 した 政 府 を 暴 力 等 で 破 壊 すること を 主 張 する 団 体 等 その 他 を 結 成 し 又 は 加 入 し 若 しくは 協 力 していないことを 証 明 又 は 誓 約 し 若 しくは 保 証 で

(8) 日 本 国 籍 を 有 し 日 本 国 憲 法 及 びその 下 に 成 立 した 政 府 を 暴 力 等 で 破 壊 すること を 主 張 する 団 体 等 その 他 を 結 成 し 又 は 加 入 し 若 しくは 協 力 していないことを 証 明 又 は 誓 約 し 若 しくは 保 証 で 舞 監 公 示 第 50 号 27.10.1 自 衛 艦 及 び 支 援 船 の 改 造 改 修 工 事 及 び 搭 載 機 器 等 の 装 備 工 事 並 びに 調 査 工 事 の 契 約 希 望 者 募 集 要 項 ( 公 募 ) 次 の 契 約 について 公 募 を 実 施 するので 参 加 を 希 望 する 者 は 下 記 に 基 づき 資 料 等 を 提 出 して 下 さい ( 公 募 実

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た 入 札 公 告 次 のとおり 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 入 札 )に 付 します 平 成 28 年 9 月 30 日 [1] 工 事 名 西 築 地 小 埋 設 給 排 水 管 改 修 工 事 契 約 事 務 受 任 者 名 古 屋 市 財 政 局 契 約 監 理 監 柴 田 真 吾 入 札 に 付 す る 事 項 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 内

More information

下水道工事標準仕様書

下水道工事標準仕様書 () 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 63 64 65 66 67 68 69 70 71

More information

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱 南 伊 豆 町 空 き 家 バンクリフォーム 等 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 27 年 4 月 16 日 要 綱 第 15 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 南 伊 豆 町 空 き 家 バンク 設 置 要 綱 ( 平 成 23 年 要 綱 第 14 号 ) に 定 める 空 き 家 の 有 効 活 用 をとおして 町 内 への 移 住 及 び 定 住 の 促 進 による

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

個人向け国債の事務取扱いに関する細則

個人向け国債の事務取扱いに関する細則 個 人 向 け 国 債 の 事 務 取 扱 いに 関 する 細 則 目 次 1.この 細 則 の 適 用 2. 用 語 の 定 義 3. 募 集 に 関 する 事 務 4. 払 込 等 に 関 する 事 務 5. 中 途 換 金 に 関 する 事 務 6. 手 数 料 に 関 する 事 務 7. 振 替 先 口 座 の 確 認 8. 所 要 事 項 の 決 定 等 9. 雑 則 [ 参 考 1] 計

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

1. 一 般 競 争 入 札 の 概 要 (1) 市 内 に 放 置 された 自 転 車 及 び 原 動 機 付 き 自 転 車 ( 以 下 放 置 自 転 車 等 という )を 一 般 競 争 入 札 により 売 払 いを 行 います (2) 入 札 の 参 加 を 希 望 される 方 は この

1. 一 般 競 争 入 札 の 概 要 (1) 市 内 に 放 置 された 自 転 車 及 び 原 動 機 付 き 自 転 車 ( 以 下 放 置 自 転 車 等 という )を 一 般 競 争 入 札 により 売 払 いを 行 います (2) 入 札 の 参 加 を 希 望 される 方 は この 放 置 自 転 車 等 売 払 一 般 競 争 入 札 実 施 要 領 ( 募 集 案 内 書 ) 平 成 28 年 度 三 重 県 桑 名 市 防 災 危 機 管 理 課 生 活 安 全 対 策 室 * 入 札 の 参 加 を 希 望 される 方 は 必 ずこの 案 内 書 をお 読 みください *この 入 札 に 参 加 するには 事 前 に 申 し 込 みが 必 要 です 1. 一 般 競 争

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 自 動 継 続 ) (1) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )は 通 帳 記 載 の 満 期 日 に 前 回 と 同 一 期 間 の 自 由 金 利 型 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2) この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 ( 継 続

More information

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領 平 成 7 年 度 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 交 付 申 請 書 等 作 成 提 出 要 領 交 付 申 請 等 に 当 たっては 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 取 扱 要 領 ( 以 下 取 扱 要 領 という ) も 参 照 の 上 以 下 の 関 係 書 類 を 作 成 し 各 大 学 短

More information

Microsoft Word - (P6)公示(実績抜き)_20160613最終

Microsoft Word - (P6)公示(実績抜き)_20160613最終 かるうま 減 塩 対 策 普 及 啓 発 事 業 企 画 運 営 業 務 委 託 に 係 る 企 画 競 争 実 施 の 公 示 岡 山 市 委 託 業 務 企 画 競 争 実 施 に 関 する 要 綱 第 7 条 第 1 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 示 します 平 成 28 年 5 月 31 日 岡 山 市 長 大 森 雅 夫 1 目 的 かるうま 減 塩 対 策 普 及 啓 発 事

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DE3905F8D8291AC8B5A8CA48A948EAE89EF8ED0208BC696B18BA492CA8E64976C8F91816995BD90AC3237944E378C8E89FC92F994C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DE3905F8D8291AC8B5A8CA48A948EAE89EF8ED0208BC696B18BA492CA8E64976C8F91816995BD90AC3237944E378C8E89FC92F994C5816A> 第 1 編 共 通 業 務 共 通 仕 様 書 平 成 27 年 7 月 第 1 章 一 般 1.1 目 的 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 技 研 仕 様 書 という )は 阪 神 高 速 技 研 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )が 発 注 する 調 査 検 討 資 料 作 成 設 計 補 助 測 量 作 業 その 他 こ れらに 類 する 業 務 に 係 る 業 務 請 負

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

(1) 社 会 保 険 等 未 加 入 建 設 業 者 の 確 認 方 法 等 受 注 者 から 提 出 される 施 工 体 制 台 帳 及 び 添 付 書 類 により 確 認 を 行 います (2) 違 反 した 受 注 者 へのペナルティー 違 反 した 受 注 者 に 対 しては 下 記 のペ

(1) 社 会 保 険 等 未 加 入 建 設 業 者 の 確 認 方 法 等 受 注 者 から 提 出 される 施 工 体 制 台 帳 及 び 添 付 書 類 により 確 認 を 行 います (2) 違 反 した 受 注 者 へのペナルティー 違 反 した 受 注 者 に 対 しては 下 記 のペ 井 原 市 発 注 工 事 における 一 次 下 請 人 の 社 会 保 険 等 加 入 建 設 業 者 の 限 定 について 平 成 27 年 9 月 28 日 井 原 市 では 建 設 業 の 持 続 的 な 発 展 に 必 要 な 人 材 の 確 保 等 の 観 点 から 井 原 市 発 注 工 事 における 社 会 保 険 等 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906692668E6D94688CAD8E968BC68EC08E7B977697CC814095BD90AC82518255944E9378348C8E89FC90B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906692668E6D94688CAD8E968BC68EC08E7B977697CC814095BD90AC82518255944E9378348C8E89FC90B32E646F63> 川 崎 市 木 造 住 宅 耐 震 診 断 士 派 遣 事 業 実 施 要 領 平 成 25 年 4 月 30 日 25 川 ま 情 第 282 号 局 長 決 裁 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 川 崎 市 木 造 住 宅 耐 震 診 断 士 派 遣 事 業 実 施 要 綱 (22 川 ま 情 第 119 号 ) 第 3 条 の 規 定 に 基 づき 診 断 士 の 登 録 に 必

More information

札 者 を 決 定 す る 総 合 評 価 方 式 の 工 事 で あ る 3 本 工 事 は 一 定 の 条 件 に 該 当 す る 低 入 札 価 格 調 査 対 象 工 事 業 者 の 入 札 へ の 参 加 を 制 限 す る 等 の 試 行 工 事 で あ る 4 本 工 事 は 低 入

札 者 を 決 定 す る 総 合 評 価 方 式 の 工 事 で あ る 3 本 工 事 は 一 定 の 条 件 に 該 当 す る 低 入 札 価 格 調 査 対 象 工 事 業 者 の 入 札 へ の 参 加 を 制 限 す る 等 の 試 行 工 事 で あ る 4 本 工 事 は 低 入 詳 細 条 件 審 査 型 一 般 競 争 入 札 ( フ レ ッ ク ス 工 期 に よ る 契 約 方 式 ) の 実 施 に 係 る 掲 示 標 記 に つ い て 参 加 を 希 望 す る 者 は 下 記 に よ り 競 争 参 加 資 格 確 認 申 請 書 等 を 提 出 さ れ た く 掲 示 す る な お 本 件 は 競 争 参 加 資 格 確 認 申 請 書 及 び 競 争 参

More information