Microsoft Word - 2 目次&背表紙.doc

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 2 目次&背表紙.doc"

Transcription

1 この 章 では もしも こういう 状 況 になったら 練 馬 区 にどのよう な 影 響 を 及 ぼすのでしょうか? ということを3つのテーマでご 紹 介 します 1 もしも 練 馬 区 が 普 通 地 方 公 共 団 体 だったら? 現 在 私 たち 練 馬 区 をはじめとする 23 区 は 特 別 地 方 公 共 団 体 と 呼 ばれ 市 に 準 ずる 基 礎 的 な 地 方 公 共 団 体 として 位 置 づけられています では 普 通 地 方 公 共 団 体 とはどのような 点 が 異 なっているのかを 見 てみましょう 2 もしも 練 馬 区 の 人 口 構 造 がこうなってしまったら? 近 年 少 子 高 齢 に 関 する 社 会 問 題 が 数 多 く 取 り 挙 げられています ますます 進 行 すると 言 われて いる 少 子 高 齢 社 会 は どのような 影 響 を 及 ぼすの か 考 えてみましょう 3 もしも 練 馬 区 に 企 業 を 誘 致 したら? 地 域 の 経 済 活 性 化 のためのひとつの 手 段 として よく 企 業 誘 致 を! と 言 われることがあります そこで 企 業 誘 致 による 経 済 効 果 とそのしくみを ご 紹 介 します では 順 にご 紹 介 しましょう 33

2 練 馬 区 は 他 の 市 町 村 と 同 じように 住 民 に 最 も 身 近 な 行 政 を 行 う 基 礎 的 な 地 方 公 共 団 体 です しかし 練 馬 区 など 東 京 23 区 には 市 町 村 と 異 なる 点 がふたつ あります 特 別 区 ( 東 京 23 区 )の 区 域 では 1 市 町 村 が 行 う 事 務 の 一 部 を 東 京 都 が 行 っています たとえば 消 防 や 上 下 水 道 などです 2 市 町 村 が 徴 収 している 税 金 の 一 部 を 東 京 都 が 徴 収 して います たとえば 固 定 資 産 税 や 法 人 住 民 税 などです そこで もしも 練 馬 区 が 普 通 地 方 公 共 団 体 だったら 区 の 収 入 は 増 えるので しょうか? 減 るのでしょうか? 練 馬 区 の 収 入 は 193 億 円 の 減 収 となります これは 現 行 の 都 区 財 政 調 整 制 度 による 収 入 ( 一 般 財 源 )と 特 別 区 が 地 方 交 付 税 制 度 の 適 用 を 受 けると 仮 定 した 場 合 の 収 入 ( 一 般 財 源 )とを 比 較 したものです 本 編 では 現 行 の 都 区 財 政 調 整 制 度 の 仕 組 みの 解 説 とともに 地 方 交 付 税 制 度 を 適 用 した 場 合 特 別 区 の 歳 入 にどのような 影 響 を 与 える かについてご 紹 介 します 34

3 はじめに 都 と 特 別 区 市 町 村 の 事 務 の 分 担 と 特 別 区 と 市 町 村 の 財 源 の 違 いを 見 てみましょう イメージ 図 東 京 都 の 事 務 消 防 な ど 消 防 な ど 保 健 所 設 置 上 下 水 道 上 下 水 道 市 町 村 の 事 務 特 別 区 の 事 務 財 源 地 方 交 付 税 交 特 別 区 財 付 政 調 整 金 財 政 調 整 機 能 財 源 保 障 機 能 地 方 交 付 税 と 都 区 財 政 調 整 交 付 金 は 同 じ 役 割 を 果 たしているようです では なぜ 特 別 区 は 都 区 財 政 調 整 制 度 なのでしょうか? そのまえに 特 別 区 ( 東 京 23 区 ) 以 外 にも 区 と 呼 ばれるところがあり ますね たとえば 横 浜 市 には 10 以 上 の 区 がありますが それ らは 行 政 区 と 呼 ばれ 普 通 地 方 公 共 団 体 である 横 浜 市 が 設 け ることができる 区 域 の 名 称 なのです 特 別 区 は 長 い 間 東 京 都 の 内 部 団 体 と 位 置 づけられてきまし たが 平 成 12 年 の 都 区 制 度 改 革 によって 市 に 準 ずる 基 礎 的 な 地 方 公 共 団 体 ( 特 別 地 方 公 共 団 体 )となりました 区 の 名 称 は 変 わっていませんが 23 区 は 個 々に 独 立 した 市 町 村 と 同 じです しかし 前 述 のように 特 別 区 の 区 域 において 市 町 村 が 行 うべき 事 務 の 一 部 を 都 が 行 っています これは 他 の 大 都 市 にはない 東 京 都 と 特 別 区 の 役 割 分 担 です そこで 都 区 財 政 調 整 という 独 自 の 制 度 によって 都 区 間 の 財 源 調 整 などを 行 っています 35

4 都 区 財 政 調 整 制 度 の 仕 組 み 特 別 区 への 交 付 金 の 内 訳 は 普 通 交 付 金 95% 特 別 交 付 金 5% 市 町 村 民 税 法 人 分 固 定 資 産 税 特 別 土 地 保 有 税 の 3 税 を 調 整 のための 財 源 としています ( 調 整 3 税 ) 特 別 区 と 都 の 配 分 割 合 は 55:45 です 財 源 配 分 都 区 財 政 調 整 制 度 機 能 1 都 と 特 別 区 の 役 割 分 担 に 応 じた 都 区 間 の 財 源 配 分 を 行 う 2 特 別 区 間 の 行 政 水 準 の 均 衡 が 図 れるように 各 区 に 財 源 配 分 を 行 う 特 別 区 の 行 政 の 自 主 的 かつ 計 画 的 な 運 営 を 確 保 することができます 交 付 金 の 算 定 方 法 財 政 調 整 交 付 金 = 普 通 交 付 金 + 特 別 交 付 金 1 普 通 交 付 金 = 基 準 財 政 需 要 額 - 基 準 財 政 収 入 額 基 準 財 政 需 要 額 各 区 が 標 準 的 な 行 政 を 合 理 的 な 水 準 で 実 施 した 場 合 に 必 要 な 一 般 財 源 の 額 です 基 準 財 政 収 入 額 基 準 財 政 需 要 額 に 対 して 標 準 的 に 得 られる 税 収 や 国 からの 交 付 金 などの 額 です 普 通 交 付 金 は 各 区 が 標 準 的 な 行 政 サービスを 行 ううえで 必 要 な 歳 入 (= 財 源 )を 補 う 交 付 金 です 2 特 別 交 付 金 災 害 等 にかかる 経 費 や 普 通 交 付 金 の 対 象 とならない 特 別 な 財 政 需 要 に 対 する 交 付 金 です 36

5 平 成 19 年 度 財 政 調 整 交 付 金 交 付 額 と 歳 入 総 額 に 占 める 割 合 ( 億 円 ) 財 政 調 整 交 付 金 歳 入 総 額 に 占 める 割 合 (%) 23 区 平 均 % 練 馬 区 足 江 練 大 葛 板 江 北 世 品 杉 墨 荒 中 台 豊 新 文 目 中 渋 立 戸 馬 田 飾 橋 東 田 川 並 田 川 野 東 島 宿 京 黒 央 谷 川 谷 千 港 代 田 10 0 グラフから 平 成 19 年 度 の 財 政 調 整 交 付 金 総 額 1 兆 176 億 円 普 通 交 付 金 9,667 億 円 特 別 交 付 金 509 億 円 交 付 額 は 最 も 多 い 区 と 最 も 少 ない 区 の 差 が 960 億 円 にも 及 びます 歳 入 総 額 に 占 める 財 政 調 整 交 付 金 の 割 合 も 4 割 を 超 える 区 がある 一 方 で 1 割 に 満 たない 区 もあります また 交 付 額 が 多 い 区 が 必 ずしも 割 合 が 高 いとは 言 えないこ とがグラフから 読 み 取 れます このことは 区 によって 歳 入 構 造 ( 特 別 区 民 税 の 占 める 割 合 が 多 いなど)が 異 なっていることを 表 しています 練 馬 区 交 付 額 821 億 円 23 区 中 3 番 目 に 多 い 区 歳 入 総 額 に 占 める 割 合 37.8% 23 区 中 8 番 目 に 高 い 区 19 年 度 の 交 付 額 は 景 気 回 復 による 企 業 収 益 の 増 加 を 反 映 して 過 去 最 高 額 でした ちなみに 14 年 度 の 練 馬 区 の 交 付 額 は 617 億 円 です この 間 の 法 人 税 収 は 約 2 倍 に 増 えていること から 景 気 の 影 響 を 受 けやすいと 言 えます 37

6 地 方 交 付 税 制 度 の 仕 組 み 機 能 地 方 団 体 間 の 財 政 力 格 差 を 解 消 する( 財 政 調 整 機 能 )ととも に 国 税 の 一 定 割 合 を 地 方 財 源 とし 地 方 団 体 の 行 政 の 自 主 的 計 画 的 は 運 営 を 保 障 ( 財 源 保 障 機 能 )する 財 源 所 得 税 酒 税 法 人 税 消 費 税 たばこ 税 ( 国 税 5 税 )の 一 定 割 合 ただし 交 付 額 をまかないきれない 分 を 臨 時 財 政 対 策 債 ( 赤 字 地 方 債 )に 振 り 替 えています ( 下 記 をご 覧 ください) 対 象 団 体 都 道 府 県 および 市 町 村 東 京 都 の 普 通 交 付 税 は 東 京 都 と 特 別 区 をあわせて 1 団 体 とみなして 算 定 が 行 われています 交 付 税 の 算 定 方 法 普 通 交 付 税 = 基 準 財 政 需 要 額 - 基 準 財 政 収 入 額 需 要 額 収 入 額 は 財 政 調 整 制 度 とは 異 なる 基 準 に よって 算 定 されています 基 準 財 政 需 要 額 の 一 部 は 臨 時 財 政 対 策 債 に 振 り 替 え られています ( 普 通 交 付 税 は 臨 時 財 政 対 策 債 分 を 差 し 引 かれて 交 付 されています) 特 別 交 付 税 は 普 通 交 付 税 対 象 以 外 の 特 別 な 財 政 需 要 交 付 税 総 額 に 対 する 交 付 割 合 は 普 通 交 付 税 94% : 特 別 交 付 税 6% 地 方 財 政 計 画 の 縮 減 と 臨 時 財 政 対 策 債 地 方 交 付 税 では 国 が 毎 年 定 める 地 方 財 政 計 画 によって 交 付 税 総 額 を 決 定 しています 12 年 度 までは 国 税 5 税 でまかなえず に 不 足 が 生 じた 場 合 国 が 財 源 を 補 てんして 地 方 に 配 分 してい ました しかし 13 年 度 から 財 源 不 足 分 は 地 方 団 体 自 らが 臨 時 財 政 対 策 債 ( 借 金 )によってまかなうこととされました そ の 代 わり 借 金 の 返 済 分 は 基 準 財 政 需 要 額 に 含 める という 仕 組 みです なお 臨 時 財 政 対 策 債 の 発 行 可 能 額 は 全 団 体 に 対 し 割 り 当 てられていますが 発 行 するかどうかは 地 方 団 体 に 委 ね られています 38

7 都 区 財 政 調 整 制 度 ( 普 通 交 付 金 )と 地 方 交 付 税 制 度 ( 普 通 交 付 税 )を 適 用 した 場 合 の 交 付 額 の 比 較 と 歳 入 ( 一 般 財 源 )の 差 ( 平 成 17 年 度 決 算 額 をもとに 算 出 しています) ( 億 円 ) 1500 地 方 交 付 税 ( 普 通 交 付 税 交 付 額 ) 財 政 調 整 交 付 金 ( 普 通 交 付 金 交 付 額 ) 都 区 財 政 調 整 制 度 と 地 方 交 付 税 制 度 を 適 用 した 場 合 の 一 般 財 源 の 差 ( 億 円 ) A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S 練 馬 T U V グラフから ( 区 ) -600 都 区 財 政 調 整 交 付 金 交 付 区 21 区 不 交 付 区 2 区 地 方 交 付 税 交 付 金 交 付 区 12 区 不 交 付 区 11 区 両 制 度 の 一 般 財 源 の 差 プラス 5 区 マイナス 18 区 地 方 交 付 税 制 度 を 適 用 した 場 合 財 政 調 整 交 付 金 の 交 付 を 受 け ている 21 区 中 9 区 が 不 交 付 となります 交 付 を 受 けられる 12 区 もすべて 財 政 調 整 交 付 金 を 下 回 る 交 付 額 となります 各 区 の 一 般 財 源 総 額 という 視 点 では 地 方 交 付 税 制 度 を 適 用 す ることで 増 える 区 が 5 区 他 18 区 は 2 億 ~365 億 円 の 減 収 となります 練 馬 区 は 193 億 円 の 減 収 です これは 都 税 と して 徴 収 されている 固 定 資 産 税 等 を 各 区 の 歳 入 とした 場 合 か なりの 格 差 が 生 じるためです 39

8 ちなみに 東 京 都 普 通 交 付 税 の 算 定 結 果 ( 平 成 19 年 度 ) 端 数 調 整 を 行 っていないため 合 計 欄 の 数 値 は 一 致 しません ( 単 位 : 億 円 ) 基 準 財 政 需 要 額 基 準 財 政 収 入 額 財 源 超 過 額 道 府 県 分 17,147 24,240 7,093 大 都 市 分 14,012 23,135 9,123 東 京 都 分 合 計 31,160 47,375 16,215 道 府 県 分 東 京 都 が 行 う 道 府 県 行 政 分 の 算 定 額 大 都 市 分 特 別 区 区 域 内 において 東 京 都 および 特 別 区 が 行 う 市 町 村 行 政 分 の 算 定 額 東 京 都 の 普 通 交 付 税 の 算 定 結 果 では 上 記 のように 1.6 兆 円 もの 財 源 超 過 と され その 結 果 不 交 付 団 体 となっています 地 方 交 付 税 の 算 定 においては 各 団 体 の 規 模 などに 応 じた 割 り 増 し 等 の 補 正 ( 調 整 )がなされますが この 補 正 が 適 切 に 反 映 されていないことが 要 因 です まとめ 都 区 制 度 を 主 に 財 政 面 から 見 ていただきました 平 成 12 年 の 都 区 制 度 改 革 によって 特 別 区 は 基 礎 的 自 治 体 となりまし た しかし 都 区 の 役 割 分 担 は 原 則 として 定 められたものの 今 も 都 区 間 で 協 議 が 行 われているように 決 して 確 定 したわけではありません 今 後 さらに 東 京 という 大 都 市 地 域 に 相 応 しい 都 区 の 役 割 分 担 に 伴 う 事 務 配 分 を 財 源 配 分 とともに 整 理 することが 課 題 とされています また 地 方 交 付 税 制 度 を 適 用 した 場 合 の 特 別 区 の 交 付 額 ( 試 算 )では 区 間 にある 格 差 が 大 きなものであることが 見 てとれます 都 区 の 財 政 調 整 制 度 は こうした 特 別 区 間 の 地 域 格 差 を 補 い 区 間 の 財 源 の 均 衡 化 を 図 る 大 切 な 機 能 を 果 たしています 37 ページのグラフのとおり 練 馬 区 の 歳 入 における 財 政 調 整 交 付 金 の 占 める 割 合 は4 割 近 く 欠 くことができない 貴 重 な 財 源 となっていま す 本 編 は つぎの 資 料 を 引 用 参 照 させていただき 作 成 いたしました 財 団 法 人 特 別 区 協 議 会 ( 都 区 財 政 調 整 制 度 地 方 交 付 税 制 度 ) 特 別 区 長 会 事 務 局 ( 都 区 財 政 調 整 制 度 ) 東 京 都 財 務 局 ( 普 通 交 付 税 算 定 ) 40

9 日 本 の 人 口 は 平 成 16 年 12 月 の 1 億 2783 万 8000 人 をピー クに 減 少 に 転 じています さらに 子 どもが 減 り 高 齢 者 が 増 える という 少 子 高 齢 社 会 を 迎 え さまざまな 問 題 が 取 り 上 げられています 練 馬 区 では 平 成 20 年 4 月 にはじめて 人 口 70 万 人 に 達 しまし たが 区 の 人 口 は この 先 どのように 推 移 するのでしょうか 練 馬 区 の 将 来 人 口 推 計 ( 平 成 20 年 度 ~ 平 成 37 年 度 ) 14 歳 以 下 人 口 15~64 歳 人 口 65 歳 以 上 人 口 ( 人 ) 800, , , , , , , , , , , , , , ,504 89,403 89,306 89,250 ( 年 度 ) H20 H27 H32 H37 もしも 上 記 のグラフのように 人 口 が 推 移 したら 区 税 収 入 は 増 えるので しょうか? 減 るのでしょうか? また 少 子 高 齢 社 会 はどのような 影 響 を 及 ぼしているのでしょうか? 練 馬 区 の 区 税 収 入 は72 億 円 の 増 収 となります 一 方 生 活 保 護 費 などの 扶 助 費 の 支 出 は 第 2 章 (20 ページ)で ご 覧 いただいたように23 億 円 の 増 加 となります 本 編 では 日 本 の 人 口 推 計 を 見 ながら 人 口 構 造 の 変 化 が 及 ぼす さまざまな 影 響 について 考 えてみました 41

10 少 子 化 の 進 行 1970 年 代 前 半 には 毎 年 200 万 人 の 子 どもたちが 生 まれていまし た その 後 出 生 数 は 減 り 続 け 2007 年 に 生 まれた 子 どもたちは わずか 109 万 人 でした 2005 年 14 歳 以 下 の 子 どもたちの 人 口 は 1,759 万 人 ですが 2039 年 には 1,000 万 人 を 下 回 り 2055 年 には 750 万 人 まで 減 少 するとの 推 計 もあります 1 合 計 特 殊 出 生 率 ひとりの 女 性 が 一 生 のあいだに 生 む 子 どもの 数 を 示 す 統 計 上 の 指 標 です 1989( 平 成 元 ) 年 に 1966( 昭 和 41) 年 の ひのえうま の 年 の 数 値 1.58 を 下 回 る 1.57 となり 少 子 化 がクローズアップされること となりました さらに 2005 年 には 過 去 最 低 の 1.26 まで 低 下 しました 今 後 1.2 ポイント 台 で 推 移 するものと 見 込 まれています 国 都 区 年 1980 年 1985 年 1990 年 1995 年 2000 年 2005 年 2 どうして 少 子 化 に 少 子 化 の 原 因 は 晩 婚 化 未 婚 化 と 言 われています だけど その 背 景 にはさまざまな 要 因 が 仕 事 と 子 育 てを 両 立 できる 環 境 整 備 の 遅 れ 結 婚 や 子 どもを 持 つことに 関 する 意 識 や 価 値 観 の 変 化 子 育 てに 対 する 負 担 感 の 増 大 経 済 的 負 担 心 理 的 負 担 肉 体 的 負 担 経 済 的 に 不 安 定 な 若 者 の 増 大 42

11 3 少 子 化 対 策 は 国 平 成 6 年 エンゼルプラン 平 成 7~11 年 度 策 定 平 成 11 年 新 エンゼルプラン 平 成 12~16 年 度 策 定 平 成 15 年 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 少 子 化 社 会 対 策 基 本 法 制 定 平 成 16 年 少 子 化 社 会 対 策 大 綱 策 定 平 成 17 年 子 ども 子 育 て 応 援 プラン 策 定 (~21 年 度 ) 区 平 成 10 年 子 ども 家 庭 支 援 計 画 ( 練 馬 区 版 エンゼルプラン) 策 定 平 成 17 年 次 世 代 育 成 支 援 行 動 計 画 (~21 年 度 前 期 計 画 ) 策 定 4 少 子 化 の 社 会 的 影 響 は 1 社 会 保 障 などの 制 度 に 与 える 影 響 多 くの 制 度 は 夫 婦 に 子 ども 2 人 世 帯 の 場 合 をひとつの 標 準 的 な 世 帯 の 類 型 として 設 計 されています しかし 十 数 年 後 には 単 独 世 帯 が 3 分 の1を 占 めると 見 込 まれ 制 度 設 計 の 見 直 しを 迫 られています 2 子 どもの 健 全 な 発 育 に 与 える 影 響 子 どもたちは 多 くのコミュニケーションを 通 じて 成 長 してい きます 人 口 の 減 少 は 子 どもの 他 者 との 交 流 とくに 子 ども 同 士 の 交 流 機 会 の 不 足 を 招 き 子 どもの 社 会 性 の 発 達 に 影 響 を 及 ぼすものと 懸 念 されています 3 地 域 社 会 の 生 活 に 与 える 影 響 地 域 において 学 校 はひとつのシンボルです また 子 どもた ちは 地 域 の 活 力 と 言 えます 地 域 から 学 校 がなくなり 子 ども たちの 姿 が 見 えなくなることは 地 域 社 会 の 活 力 を 低 下 させて しまいます 43

12 高 齢 化 の 進 行 65 歳 以 上 人 口 は 1979 年 にはじめて 1,000 万 人 を 超 えました 1985 年 には 全 人 口 に 占 める 割 合 が 10%を 超 え 2005 年 には 20%に 達 しました この 間 1997 年 には 年 少 人 口 を 上 回 っています 現 在 2,800 万 人 を 超 える 老 年 人 口 は 2042 年 3,800 万 人 ま で 増 加 を 続 け その 後 減 少 に 転 じるとの 推 計 です また 全 人 口 に 占 める 割 合 は 2052 年 には 40%に 達 すると 推 計 されています 1 平 均 寿 命 と 平 均 余 命 厚 生 労 働 省 が 20 年 7 月 に 公 表 した 平 成 19 年 簡 易 生 命 表 によると 平 均 寿 命 は 女 性 歳 男 性 歳 また 65 歳 の 方 の 平 均 余 命 は それぞれ 23.6 歳 18.6 歳 ということでした なお 平 均 寿 命 とは 0 歳 の 平 均 余 命 のこととされています ちなみに 昭 和 の 初 めの 平 均 寿 命 は 男 女 とも 45 歳 前 後 でした 平 均 寿 命 平 均 寿 命 男 性 65 歳 の 女 性 65 歳 の ( 歳 ) 男 性 女 性 平 均 余 命 平 均 余 命 ( 歳 ) 年 1975 年 1980 年 1985 年 1990 年 1995 年 2000 年 2005 年 どうして 高 齢 化 に 高 齢 化 の 要 因 は 平 均 寿 命 が 伸 び 65 歳 以 上 の 高 齢 者 が 増 加 ( 絶 対 数 ) 環 境 や 食 生 活 の 改 善 医 療 技 術 の 高 度 化 による 死 亡 率 低 下 少 子 化 の 進 行 により 若 い 年 齢 層 の 人 口 が 減 少 ( 相 対 数 ) 人 口 全 体 に 占 める 65 歳 以 上 の 方 の 割 合 が 増 加 44

13 3 高 齢 社 会 対 策 は 国 平 成 7 年 高 齢 社 会 対 策 基 本 法 制 定 平 成 8 年 高 齢 社 会 対 策 大 綱 策 定 平 成 16 年 以 降 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 改 正 年 金 制 度 改 革 介 護 保 険 制 度 改 革 医 療 制 度 改 革 など 区 平 成 5 年 福 祉 基 本 計 画 ( 平 成 5~12 年 度 ) 策 定 平 成 12 年 以 降 介 護 保 険 事 業 計 画 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 など 4 高 齢 化 の 社 会 的 影 響 は 1 社 会 保 障 制 度 に 与 える 影 響 年 金 医 療 介 護 などの 社 会 保 障 給 付 費 は 年 々 増 加 していま す 給 付 の 増 加 は いわゆる 現 役 世 代 への 負 担 増 へと 繋 がって います 世 代 間 の 公 平 を 図 り 給 付 と 負 担 のバランスを 確 保 す るための 社 会 保 障 制 度 の 構 築 が 不 可 欠 とされています 2 介 護 問 題 に 与 える 影 響 近 年 高 齢 の 方 が 自 身 の 配 偶 者 や 親 を 介 護 する 世 帯 が 増 えて います 老 老 介 護 が 原 因 の 社 会 事 件 報 道 も 目 にします 高 齢 の 方 が 介 護 をしなければならない 経 済 的 精 神 的 肉 体 的 な 負 担 は 大 きく 介 護 者 をケアする 施 策 が 急 務 となっています 3 労 働 力 人 口 に 与 える 影 響 少 子 高 齢 化 は 労 働 力 不 足 を 招 いています 一 方 で 高 齢 の 方 は 自 らの 技 術 や 経 験 を 活 かして 働 き 続 けたいと 考 えている 人 も 少 なくありません 経 済 社 会 を 維 持 していくためには 高 齢 者 の 雇 用 就 業 機 会 を 確 保 する 仕 組 みの 確 立 が 必 要 です 45

14 労 働 力 人 口 の 減 少 15 歳 以 上 の 人 で 仕 事 に 就 いている 人 と 失 業 中 の 人 を 合 わせた 数 を 労 働 力 人 口 と 言 います 人 口 の 減 少 により 15 歳 以 上 人 口 は 年 々 減 少 し 2055 年 には 現 在 より 2,800 万 人 少 ない 8,200 万 人 にな ると 推 計 されています 労 働 力 人 口 は 現 在 およそ 6,600 万 人 15 歳 以 上 人 口 の 6 割 です 今 後 中 長 期 的 な 経 済 成 長 の 基 盤 を 確 保 す るためには 労 働 力 人 口 の 減 少 を 抑 えることが 重 要 な 課 題 となって います 労 働 力 人 口 の 推 移 を 見 てみましょう 歳 歳 60 歳 以 上 1980 年 1,361 3, 年 1,588 4, 年 1,390 4,370 1, 年 1,080 3,980 1, ,000 2,000 3,000 4,000 5,000 6,000 7,000 ( 万 人 ) 労 働 力 人 口 減 少 と 社 会 保 障 負 担 社 会 保 障 給 付 費 は 1980 年 には 24.8 兆 円 でしたが 2005 年 に は 87.9 兆 円 まで 増 加 しています これを 労 働 力 人 口 一 人 当 たりの 負 担 で 見 ますと 約 44 万 円 から 約 130 万 円 に 増 加 しています 2005 年 度 の 社 会 保 障 給 付 費 は 5 割 が 社 会 保 険 料 3 割 が 公 費 に よりまかなわれています 公 費 は 私 たちが 納 める 税 金 です 今 後 さらに 増 加 する 社 会 保 障 給 付 費 に 対 応 するため 年 金 や 医 療 などの 社 会 保 険 料 の 負 担 も 増 します 一 方 2007 年 度 末 の 国 の 長 期 債 務 残 高 つまり 累 積 赤 字 は 591 兆 円 です この 赤 字 も 将 来 世 代 の 負 担 となります 将 来 働 く 人 たちの 過 重 な 負 担 とならないような 社 会 保 障 制 度 をはじめとする 各 制 度 の 見 直 しが 急 がれます 46

15 それでは 41 ページで 触 れました 区 税 収 入 の 推 計 を 見 てみましょう 課 税 対 象 者 数 と 特 別 区 民 税 年 税 額 の 実 績 と 推 計 年 税 額 H20 年 ( 実 績 値 ) 年 税 額 H37 年 ( 推 計 値 ) 課 税 対 象 者 数 H20 年 ( 実 績 値 ) 課 税 対 象 者 数 H37 年 ( 推 計 値 ) 年 税 額 ( 百 万 円 ) 課 税 対 象 者 数 12,000 ( 人 ) 50,000 10,000 8,000 6,000 4,000 2,000 0 まとめ 20~24 30~34 40~44 50~54 60~64 70~74 80~84 25~29 35~39 45~49 55~59 65~69 75~79 85 以 上 年 齢 区 分 ( 歳 ) 40,000 30,000 20,000 10,000 0 上 記 のグラフは 年 齢 区 分 ごとの 課 税 対 象 者 の 数 と 1 年 分 の 課 税 額 を 表 し ています 年 齢 区 分 ごとの 年 税 額 は 課 税 対 象 者 数 一 人 当 たり 課 税 額 で 求 められ それを 足 しあわせたものが 区 税 収 入 の 見 込 額 となります 平 成 37 年 度 の 区 税 収 入 の 推 計 は 将 来 の 課 税 対 象 者 数 の 見 込 みと 平 成 20 年 度 の 年 齢 区 分 ごとの 一 人 当 たり 課 税 額 を 掛 け 合 わせることによって 求 めています その 結 果 41ページに 記 載 のとおり 72 億 円 の 増 収 となりま すが 20 年 度 の 課 税 額 は 現 在 の 景 気 後 退 以 前 の 数 値 であることや 将 来 の 税 制 がどのようになっているかなど 加 味 できないので 参 考 数 値 としてご 理 解 ください さて 幸 いにも 練 馬 区 の 人 口 はまだ 増 える 見 込 みとなっています まちの 活 気 は まちに 住 む 人 々によってもたらされます そして それを 応 援 する のが 区 の 役 割 です たくさんの 人 に 住 んでいただくため 練 馬 区 の 良 さ を 区 民 の 皆 様 とともにたくさん 築 いていきたいと 思 います 本 編 は つぎの 資 料 を 引 用 参 照 させていただき 作 成 いたしました 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ( 将 来 推 計 人 口 社 会 保 障 給 付 費 ) 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 少 子 化 社 会 白 書 高 齢 社 会 白 書 ) 総 務 省 ( 労 働 力 調 査 ) 厚 生 労 働 省 ( 生 命 表 人 口 動 態 統 計 ) 東 京 都 保 健 福 祉 局 ( 人 口 動 態 統 計 ) 47

16 よく の 経 済 効 果 は 億 円! という 活 字 を 目 にします たとえば 東 京 オリンピックを 開 催 したら 需 要 は 1 兆 2,677 億 円 増 加 します ( 東 京 都 公 式 ホームページから)と 発 表 されています では もしも 練 馬 区 に 企 業 を 誘 致 したら どのような 経 済 効 果 が あるのでしょうか? すべての 効 果 を 算 出 するのは 難 しいのですが ここでは 工 場 建 設 を 例 に 考 えてみました もしも ある 企 業 が 練 馬 区 に 工 場 を 作 ることになりました 工 場 の 建 設 には 100 億 円 かかります すると 195 億 円 の 経 済 波 及 効 果 が 生 じます このうち 東 京 都 内 への 経 済 波 及 効 果 が 131 億 円 東 京 都 以 外 の 地 域 への 経 済 波 及 効 果 が 64 億 円 練 馬 区 への 経 済 波 及 効 果 は 東 京 都 内 分 のうち 100 億 円 です また 練 馬 区 の 経 済 波 及 効 果 (= 生 産 誘 発 額 )100 億 円 のうち 粗 付 加 価 値 誘 発 額 はおよそ 47 億 円 雇 用 者 所 得 誘 発 額 はおよそ 31 億 円 となります といっても この 粗 付 加 価 値 誘 発 額 とか 雇 用 者 所 得 誘 発 額 って いったいどういうものでしょうか? また どうやって 求 めているのでし ょうか? 本 編 では 経 済 波 及 効 果 の 入 門 編 の 入 り 口 あたり をご 紹 介 しましょう 48

17 経 済 波 及 効 果 とは ある 製 品 に 新 たな 需 要 が 生 じると その 需 要 を 満 たす 生 産 が 行 われ ます その 製 品 の 生 産 活 動 は 製 品 の 原 材 料 などの 取 引 やさまざまな 消 費 活 動 を 通 じて 関 連 する 産 業 にも 波 及 していきます このような 過 程 を 経 済 波 及 効 果 といいます たとえば 新 たに 自 動 車 の 需 要 が 生 じると 自 動 車 の 生 産 タイヤの 生 産 車 体 の 生 産 ガラスの 生 産 関 連 産 業 の 生 産 増 加 ゴムの 生 産 繊 維 の 生 産 鉄 鋼 の 生 産 塗 料 の 生 産 石 英 の 生 産 関 連 産 業 ( 原 材 料 )の 生 産 増 加 このように 自 動 車 の 生 産 という 需 要 を 満 たすための 生 産 が 増 加 します これを 第 一 次 波 及 効 果 といいます さらに 雇 用 者 所 得 の 増 加 生 産 の 増 加 により そこで 働 く 人 の 給 料 が 増 加 すると その 所 得 の 一 部 が 消 費 に 向 けられます 雇 用 者 所 得 の 増 加 により 新 たな 消 費 が 生 まれ 新 たな 需 要 が 発 生 します そ の 需 要 を 満 たすために 各 産 業 の 生 産 が 増 加 します これを 第 二 次 波 及 効 果 といいます 以 上 が 経 済 波 及 効 果 のしくみの 概 要 です つぎに 効 果 額 を 計 るためには 産 業 連 関 表 というものを 使 います 49

18 産 業 連 関 表 とは それぞれの 産 業 は すべて 他 の 産 業 などから 生 産 に 必 要 な 財 やサー ビスを 購 入 して 生 産 を 行 います また その 生 産 物 は 他 の 産 業 や 家 計 に 販 売 されます 一 定 地 域 において 1 年 間 に 行 われるこうした 産 業 相 互 間 の 経 済 活 動 を 財 やサービスの 取 引 関 係 として 一 覧 表 にまと めたものを 産 業 連 関 表 といいます 産 業 連 関 表 は 取 引 を 金 額 表 示 したものや 経 済 波 及 効 果 を 算 出 する ための 係 数 表 などから 構 成 されています というものですが この 説 明 だけではよくわかりませんね 具 体 的 に 表 の 一 部 を 取 り 出 して 見 てみましょう 例 ) 私 たちが 300 円 のパンを 購 入 するまでの 取 引 関 係 1 取 引 表 ( 生 産 者 価 格 表 ) 供 給 部 門 ( 売 り 手 ) 需 要 部 門 ( 買 い 手 ) ( 単 位 : 円 ) 小 麦 小 麦 粉 パン 家 計 生 産 額 小 麦 小 麦 粉 パン 賃 金 利 益 生 産 額 小 麦 の 生 産 者 が 50 円 の 賃 金 利 益 を 上 乗 せして 販 売 2 小 麦 を 買 った 事 業 者 が 100 円 の 賃 金 利 益 を 上 乗 せして 販 売 3 小 麦 粉 を 買 ったパン 屋 さんが 150 円 の 賃 金 利 益 を 上 乗 せして 販 売 表 のタテ( 列 )は ある 産 業 が 製 品 を 生 産 するのに 投 入 した 費 用 や 生 産 活 動 に 伴 い 支 払 っ た 賃 金 営 業 利 益 などが 分 かるようになっています 投 入 した 費 用 にあ たる 部 分 を 中 間 投 入 といい 賃 金 や 利 益 など 生 産 活 動 によって 生 み だされた 価 値 の 部 分 を 粗 付 加 価 値 といいます 表 のヨコ( 行 )は 供 給 側 の 各 産 業 の 生 産 物 がどの 産 業 にどれだけ 売 ったかが 分 かるよう になっています 原 材 料 等 として 販 売 される 部 分 を 中 間 需 要 といい 家 計 などで 最 終 的 に 消 費 される 部 分 を 最 終 需 要 といいます 50

19 2 投 入 係 数 表 では 1 の 取 引 表 に 表 されている 金 額 について 供 給 部 門 ( 投 入 部 門 ) の 生 産 額 に 着 目 して 各 原 材 料 などの 構 成 比 を 見 てみましょう 生 産 額 を 1 とした 場 合 つぎの 表 のような 構 成 比 となります 小 麦 小 麦 粉 パン 小 麦 小 麦 粉 パン 賃 金 利 益 生 産 額 左 の 表 から パンを 100 円 分 生 産 するためには 小 麦 粉 が 50 円 分 必 要 で 50 円 分 の 賃 金 利 益 が 生 じることが 分 かります このように 取 引 表 のタテ 方 向 の 費 用 構 成 に 着 目 して 生 産 物 1 単 位 を 生 産 するために 必 要 な 原 材 料 等 の 構 成 比 を 示 す 係 数 を 投 入 係 数 といいま す また この 投 入 係 数 を 産 業 ごとに 計 算 して 一 覧 表 にしたものが 投 入 係 数 表 です 3 逆 行 列 係 数 表 つぎに 需 要 の 増 加 に 着 目 してみましょう ある 生 産 物 の 需 要 が 1 単 位 増 加 するとその 需 要 を 満 たすために 必 要 な 原 材 料 等 の 生 産 量 がどのくらい になるかというと つぎの 表 のようになります 小 麦 小 麦 粉 パン 小 麦 小 麦 粉 パン 左 の 表 から パンの 需 要 が 1 単 位 増 加 すると 小 麦 粉 の 需 要 が 0.5 単 位 原 材 料 である 小 麦 は 単 位 増 加 する ことが 分 かります ある 生 産 物 の 需 要 増 は 他 の 生 産 物 の 生 産 量 に 影 響 を 与 えます この 影 響 を 与 える 生 産 量 の 大 きさを 係 数 によって 計 ることができます この 係 数 を 逆 行 列 係 数 といいます また この 係 数 を 産 業 ごとに 計 算 して 一 覧 表 にしたものが 逆 行 列 係 数 表 です 逆 行 列 係 数 表 は 生 産 の 波 及 効 果 を 集 計 した 表 です 実 際 に 逆 行 列 係 数 表 を 使 って 経 済 波 及 効 果 を 求 めてみましょう 51

20 4 経 済 波 及 効 果 の 求 め 方 逆 行 列 係 数 表 は ある 生 産 物 1 単 位 が 他 の 生 産 物 へ 波 及 するようすを 数 値 化 したものです そこで ある 生 産 物 の 需 要 増 にお 金 をあてはめて 逆 行 列 係 数 表 をかけると 経 済 波 及 効 果 が 求 められるということになります 経 済 波 及 効 果 = 逆 行 列 係 数 表 需 要 では 計 算 の 仕 方 を 見 てみましょう 例 )パンへの 需 要 が 1000 円 分 増 加 しました 逆 行 列 係 数 表 需 要 経 済 波 及 効 果 小 麦 小 麦 粉 パン 小 麦 小 麦 粉 = 500 パン 見 慣 れない 計 算 式 ですね 計 算 の 仕 方 を 分 かりやすくするために 表 の 数 値 を 変 えてみましょう A B C D E (1 1)+(4 2)+(7 0) = 12 (2 1)+(5 2)+(8 0) (3 1)+(6 2)+(9 0) 1 A 列 の 数 値 は D 列 の 1 に 掛 け 結 果 は E 列 の 対 応 する 行 に 表 します 2 同 様 に B 列 の 数 値 は D 列 2 行 目 の 2 に 掛 け C 列 の 数 値 は D 列 3 行 目 の0に 掛 け 結 果 はそれぞれ E 列 の 対 応 する 行 に 表 します 3 こうして E 列 の 対 応 する 行 に 表 された 数 値 を 合 計 したものが E 列 の 結 果 となります ということで 経 済 波 及 効 果 は パンの 需 要 が 1000 円 増 加 すると 小 麦 が 165 円 小 麦 粉 が 500 円 パンが 1000 円 それぞれ 生 産 が 増 加 します 経 済 波 及 効 果 は 1665 円 となります (この 経 済 効 果 の 部 分 を 生 産 誘 発 額 といいます ) 52

21 ある 生 産 物 の 需 要 増 に 対 して 他 の 生 産 が 誘 発 されることから 生 産 誘 発 額 と 言 います 経 済 波 及 効 果 は 一 般 的 にこの 生 産 誘 発 額 のことを 言 ってい ます 生 産 に 必 要 な 原 材 料 等 は 地 域 内 外 から 調 達 していることから 地 域 内 と 地 域 外 それぞれの 経 済 波 及 効 果 を 算 出 することによって 純 粋 に 地 域 内 の 経 済 波 及 効 果 を 知 ることができます また 生 産 活 動 を 通 じて 営 業 利 潤 や 働 く 人 の 賃 金 などの 付 加 価 値 も 生 じ ます これら 付 加 価 値 への 誘 発 をまとめて 粗 付 加 価 値 誘 発 額 といいます さらに 付 加 価 値 に 含 まれる 働 く 人 の 賃 金 への 誘 発 を 雇 用 者 所 得 誘 発 額 と 言 います まとめ 経 済 波 及 効 果 は 与 えられた 生 産 ( 工 場 建 設 100 億 円 )をまかなうため につぎつぎと 生 産 が 誘 発 されていくようすを 統 計 データに 基 づいて 計 算 し 最 終 的 な 総 生 産 額 (195 億 円 )を 表 したものです さらに 詳 細 な 分 析 を 行 えば もっとたくさんの 効 果 を 計 ることもできま す たとえば 工 場 建 設 中 に 地 域 内 にもたらされる 消 費 による 経 済 波 及 効 果 や 工 場 建 設 により 誘 発 される 雇 用 創 出 効 果 なども 推 計 することができます 企 業 誘 致 は 建 設 時 の 経 済 効 果 だけではありません 企 業 の 誘 致 により 地 域 の 新 規 雇 用 も 増 えますし 地 域 内 でのさまざまな 消 費 の 伸 びも 見 込 めます また 法 人 税 収 が 増 えれば 自 治 体 の 収 入 増 にも 繋 がります このようなことから 企 業 誘 致 は 即 効 性 のある 地 域 経 済 活 性 化 策 と 言 わ れていますが 反 面 交 通 渋 滞 など 生 活 環 境 に 及 ぼす 影 響 も 少 なくありませ ん 多 額 の 補 助 金 を 交 付 して 企 業 を 誘 致 する 地 方 自 治 体 もありますが 費 用 対 効 果 はもちろん 地 場 産 業 など 地 域 の 特 性 も 踏 まえ 地 域 にふさわしい 企 業 を 誘 致 できれば 一 石 二 鳥 ですね 本 編 の 作 成 にあたり 自 治 体 の 経 済 波 及 効 果 の 算 出 ( 安 田 秀 穂 氏 著 学 陽 書 房 )を 参 考 文 献 とさせていただくとともに 経 済 波 及 効 果 の 算 出 に あたり 同 氏 の 無 料 公 開 ソフト 波 及 さん を 使 用 させていただきました 産 業 連 関 表 は 東 京 都 総 務 局 統 計 部 で 作 成 された 平 成 12 年 東 京 都 産 業 連 関 表 のデータを 使 用 しています また 経 済 波 及 効 果 のイメージ 図 や 係 数 表 についての 説 明 は 神 奈 川 県 のホームページから 引 用 させていただきました 53

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

2 税 計 算 方 法 均 割 市 民 税 3,500 円 県 民 税 1,800 円 ( 県 民 税 は 超 過 課 税 ( 水 源 環 境 保 全 税 )による 上 乗 せ 分 を 含 む ) 東 日 本 大 震 災 から 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防 災 た

2 税 計 算 方 法 均 割 市 民 税 3,500 円 県 民 税 1,800 円 ( 県 民 税 は 超 過 課 税 ( 水 源 環 境 保 全 税 )による 上 乗 せ 分 を 含 む ) 東 日 本 大 震 災 から 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防 災 た 3 市 民 税 県 民 税 市 民 税 は 一 般 に 県 民 税 と 合 わせて 住 民 税 ( 市 民 税 県 民 税 )と 呼 ばれ 地 域 社 会 会 費 として 住 民 がそ 能 力 に 応 じて 広 く 負 担 を 分 かち 合 うという 性 格 を 有 する 税 です 市 民 税 には 個 人 が 負 担 する 個 人 市 民 税 と 会 社 などが 負 担 する 法 人 市 民 税

More information

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73>

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73> 学 校 法 人 会 計 基 準 について ( 平 成 27 年 度 以 降 ) 予 算 と 決 算 の 両 方 を 満 たす 計 算 体 系 の 説 明 学 校 法 人 の 概 要 学 校 法 人 とは 学 校 教 育 法 私 立 学 校 法 の 定 めるところにより 私 立 学 校 の 設 置 を 目 的 に 設 立 された 法 人 です 私 立 学 校 は この 学 校 法 人 によって 設 置

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

Microsoft Word - 文書1.doc

Microsoft Word - 文書1.doc 有 給 休 暇 労 働 基 準 法 第 39 条 子 どもの 学 校 の 都 合 で 休 むことがあるのですが その 時 はお 給 料 が 出 ません パートには 有 給 休 暇 はな い と 会 社 からは 言 われています パートタイム 労 働 者 にも 有 給 休 暇 はあります (ただし とれない 場 合 もあります ) パートタイム 労 働 者 にも フルタイム 労 働 者 と 同 じように

More information

西予市人口ビジョン

西予市人口ビジョン 西 予 市 人 口 ビジョン 28 年 3 月 西 予 市 目 次 西 予 市 のお 財 布 事 情... 1 Ⅰ 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的... 2 Ⅱ 西 予 市 の 人 口 動 向... 2 1. 人 口 推 移... 2 2. 自 然 増 減... 6 3. 社 会 増 減... 10 Ⅲ 西 予 市 の 将 来 人 口 推 計... 12 1. 市 全 体... 12 ア 推

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

農業簿記演習資料

農業簿記演習資料 農 業 経 営 講 座 ( 複 式 簿 記 )テキスト 平 成 18 年 1 月 = はじめに============================= この 講 座 では 簿 記 ソフトで 記 帳 を 始 めることを 前 提 として 複 式 簿 記 ( 以 下 簿 記 )を 学 んでいきます 簿 記 に 関 する 予 備 知 識 を 持 っていただくため 簡 単 なクイズを 用 意 しました ので

More information

2. 住 宅 の 建 て 方 構 造 中 野 区 と 23 区 の 住 宅 の 建 て 方 構 造 階 級 別 の 住 宅 割 合 ( 平 成 15 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 中 野 区 中 野 区 23 区 平 均 23 区 平 均 木 造 防 火 木 造 非 木 造 木 造 防 火

2. 住 宅 の 建 て 方 構 造 中 野 区 と 23 区 の 住 宅 の 建 て 方 構 造 階 級 別 の 住 宅 割 合 ( 平 成 15 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 中 野 区 中 野 区 23 区 平 均 23 区 平 均 木 造 防 火 木 造 非 木 造 木 造 防 火 1. 住 宅 数 居 住 世 帯 の 有 無 別 住 宅 数 ( 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 戸 200,000 150,000 171,990 21,230 (12.3%) 177,020 21,750 (12.3%) 179,620 20,820 (11.6%) 居 住 世 帯 なし 居 住 世 帯 あり 100,000 150,760 155,280 158,810 50,000 0

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

00_01 表紙

00_01 表紙 西 東 京 市 財 政 白 書 平 成 25 年 度 決 算 版 いこいーな Cシンエイ/ 西 東 京 市 平 成 26 年 9 月 西 東 京 市 企 画 部 財 政 課 財 政 白 書 の 平 成 25 年 度 決 算 版 を 作 成 しました 市 民 の 皆 様 に 西 東 京 市 の 財 政 状 況 をご 理 解 いただくために 平 成 25 年 度 の 決 算 状 況 を 踏 まえた 財

More information

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に 第 192 回 産 業 セミナー 社 会 保 障 の 公 的 負 担 現 状 と 課 題 前 川 聡 子 財 政 社 会 保 障 制 度 研 究 班 研 究 員 経 済 学 部 教 授 はじめに 野 田 政 権 発 足 後 社 会 保 障 財 源 の 確 保 を 目 的 とした 消 費 税 増 税 を 実 現 する 方 向 で 議 論 が 着 々 と 進 められている 既 に 消 費 税 ( 国 税

More information

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題...

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 資 料 2 木 更 津 市 人 口 ビジョン 素 案 木 更 津 市 目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 9 1 就 職 段 階 における

More information

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年 2009 年 5 月 18 日 発 行 増 加 が 見 込 まれる 低 年 金 者 ~ 早 急 な 実 施 が 求 められる 低 年 金 対 策 ~ 要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超

More information

Microsoft Word - 24年6月号.doc

Microsoft Word - 24年6月号.doc 今 月 のブックマーク 当 コーナーでは 企 業 経 営 や 業 務 管 理 に 役 立 つ 実 践 的 でオススメのホームページをご 紹 介 します Google や Yahoo などの 様 々な 情 報 を 一 括 して 取 扱 うポータルサイトが 民 間 で 運 営 されていますが 政 府 にも 政 策 に 関 するポータルサイト 国 の 政 策 ( 政 策 情 報 ポータル) があることをご

More information

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した 年 金 Q&A( 年 金 と 税 金 ) < 日 本 年 金 機 構 の HP より> Q. 申 告 書 を 提 出 した 場 合 の 源 泉 徴 収 税 額 は どのように 計 算 するのですか 日 本 年 金 機 構 よりお 支 払 いしている 厚 生 年 金 等 にかかる 所 得 税 および 復 興 特 別 所 得 税 につ きましては 申 告 書 を 提 出 された 場 合 以 下 の 計

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478> 資 料 3 年 金 分 野 の 改 革 の 進 捗 状 況 について 平 成 26 年 10 月 10 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 1. 年 金 制 度 の 検 討 課 題 1 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 平 成 16 年 改 正 による 年 金 財 政 フレームが 完 成 するとともに 社 会 経 済 状 態 の 変 化 に 対 応 した 社

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

調 査 票 の 記 入 Q23 調 査 票 への 記 入 のしかたが 分 からないので どのようにすればよいのですか Q24 病 気 や 怪 我 などで 調 査 票 に 記 入 できないときは どのようにすればよいのですか Q25 住 民 基 本 台 帳 の 情 報 や 税 情 報 があるので 調

調 査 票 の 記 入 Q23 調 査 票 への 記 入 のしかたが 分 からないので どのようにすればよいのですか Q24 病 気 や 怪 我 などで 調 査 票 に 記 入 できないときは どのようにすればよいのですか Q25 住 民 基 本 台 帳 の 情 報 や 税 情 報 があるので 調 国 民 生 活 基 礎 調 査 とは Q1 Q2 Q3 国 民 生 活 基 礎 調 査 は どのような 調 査 なのですか 調 査 を 行 う 必 要 があるのですか どうしても 答 えなければいけないのですか 調 査 の 方 法 Q4 Q5 Q6 国 民 生 活 基 礎 調 査 は どのように 行 われるのですか 調 査 票 はどのように 提 出 するのですか 忙 しいので 郵 送 で 回 答 したいのですが

More information

<944692E893C192E894F1896397988A8893AE9640906C90A7937882CC8EE888F882AB8169944692E895D2816A2E786477>

<944692E893C192E894F1896397988A8893AE9640906C90A7937882CC8EE888F882AB8169944692E895D2816A2E786477> 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 制 度 の 手 引 きQ&A 163 164 第 1 章 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 制 度 の 概 要 第 2 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 問 2) 認 定 等 を 受 けたいと 考 えていますが どこに 相 談 すればよいでしょうか

More information

1 法律の目的と法人格取得の効果

1 法律の目的と法人格取得の効果 第 1 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 答 ) NPO 法 人 のうち 一 定 の 基 準 等 に 適 合 するものとして 所 轄 庁 の 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けた 法 人 ( 以 下 認 定 NPO 法 人 等 といいます )に 対 して 支 出 した 寄 附 について 次 のような

More information

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L)

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L) 平 成 24 年 度 稚 内 市 財 務 書 類 報 告 書 ( 新 地 方 公 会 計 制 度 - 総 務 省 方 式 改 訂 モデル) 貸 借 対 照 表 行 政 コ ス ト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 北 海 道 稚 内 市 平 成 26 年 3 月 はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する

More information

目 次 Ⅰ. 財 務 書 類 4 表 作 成 の 基 本 事 項 1 作 成 の 背 景 1 2 財 務 書 類 4 表 について 1 3 財 務 書 類 4 表 の 作 成 基 準 2 4 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 3 Ⅱ. 普 通 会 計 財 務 書 類 4 表 1 貸 借 対

目 次 Ⅰ. 財 務 書 類 4 表 作 成 の 基 本 事 項 1 作 成 の 背 景 1 2 財 務 書 類 4 表 について 1 3 財 務 書 類 4 表 の 作 成 基 準 2 4 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 3 Ⅱ. 普 通 会 計 財 務 書 類 4 表 1 貸 借 対 久 喜 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル ( 貸 借 対 照 表 行 政 コスト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 ) 平 成 25 年 度 久 喜 市 目 次 Ⅰ. 財 務 書 類 4 表 作 成 の 基 本 事 項 1 作 成 の 背 景 1 2 財 務 書 類 4 表 について 1 3 財 務 書 類 4 表 の 作 成

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

untitled

untitled 平 成 25 年 (213 年 )9 月 2 日 ローン 減 税 の 拡 充 と 消 費 税 率 引 き 上 げが 着 工 に 与 える 影 響 について 要 旨 214 年 4 月 に 予 定 される 消 費 税 率 引 き 上 げの 最 終 決 定 が いよいよ 1 月 の 初 旬 に 迫 ってきた 消 費 税 率 引 き 上 げは その 前 後 に 発 生 する 駆 け 込 み 需 要 と 反

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

目 次 制 度 (ページ) (Q1) 個 人 住 民 税 とは 何 ですか? 1 (Q2) 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 1 (Q3) 特 別 徴 収 はしなくてはいけないのですか? 1 (Q4) 特 別 徴 収 は 新 しい 制 度 なのですか?( 制 度 が 変 わ

目 次 制 度 (ページ) (Q1) 個 人 住 民 税 とは 何 ですか? 1 (Q2) 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 1 (Q3) 特 別 徴 収 はしなくてはいけないのですか? 1 (Q4) 特 別 徴 収 は 新 しい 制 度 なのですか?( 制 度 が 変 わ 個 人 住 民 税 ( 個 人 県 民 税 個 人 市 ( 町 ) 民 税 ) 特 別 徴 収 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 愛 媛 県 全 市 町 目 次 制 度 (ページ) (Q1) 個 人 住 民 税 とは 何 ですか? 1 (Q2) 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 1 (Q3) 特 別 徴 収 はしなくてはいけないのですか? 1 (Q4) 特 別

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

<483236958192CA8CF0957490C58E5A92E88C8B89CA8169388C8E8CF6955C816A2E786C73>

<483236958192CA8CF0957490C58E5A92E88C8B89CA8169388C8E8CF6955C816A2E786C73> 平 成 26 中 津 市 における 普 通 交 付 税 算 定 結 果 交 付 決 定 額 ( 千 円 ) 交 付 決 定 額 対 前 伸 び 率 財 政 力 指 数 平 成 22 11,486,011 6.4% 0.490 平 成 23 11,597,848 1.0% 0.473 平 成 24 11,657,421 0.5% 0.471 平 成 25 10,952,521 6.0% 0.488 平

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 のあり 方 について ( 答 申 ) 平 成 24 年 7 月 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た

More information

当 面 の 具 体 的 取 り 組 み 4. 単 組 は 拙 速 な 制 度 改 正 を 阻 止 する 取 り 組 みとして 別 紙 1 の 要 求 書 モデ ルを 参 考 に 以 下 の 事 項 について 早 急 に 当 局 との 確 認 を 行 います 1 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し

当 面 の 具 体 的 取 り 組 み 4. 単 組 は 拙 速 な 制 度 改 正 を 阻 止 する 取 り 組 みとして 別 紙 1 の 要 求 書 モデ ルを 参 考 に 以 下 の 事 項 について 早 急 に 当 局 との 確 認 を 行 います 1 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し < 議 案 報 告 -2> 退 職 手 当 見 直 しの 取 り 組 みについて (1)これまでの 経 過 政 府 は 国 家 公 務 員 に 関 する 退 職 給 付 の 官 民 較 差 (402.6 万 円 )を 是 正 する ため 8 月 7 日 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 の 支 給 水 準 引 下 げ 等 について を 閣 議 決 定 しました また 総 務 省 は 同 日 この

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合 電 力 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 消 費 者 向 けのFAQについて 1. 概 要 項 目 (9 問 ) 以 下 の 内 容 は 詳 細 項 目 から 主 要 なものを 抜 粋 小 売 の 全 面 自 由 化 により 一 般 家 庭 にとって 何 が 変 わるのですか いつから 小 売 の 全 面 自 由 化 が 行 われるのですか 小 売 電 気 事 業 者 を 切 り 替 えるための

More information

平成23年度 市民税・県民税申告の手引き

平成23年度 市民税・県民税申告の手引き 平 成 28 度 市 県 申 告 手 引 き 平 素 から 本 市 務 行 政 運 営 につきまして 御 理 解 御 協 力 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます 平 成 28 月 日 現 在 市 に 住 がある 方 は 平 成 27 月 日 から 2 月 3 日 まで 間 収 入 を こ 手 引 きを 御 参 照 上 市 県 申 告 書 に 記 入 していただき 申 告 期 限 [3 月

More information

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年 地 方 財 政 計 画 及 び 地 方 公 務 員 の 特 殊 勤 務 手 当 等 の 状 況 につい ての 報 告 書 ( 要 旨 ) 平 成 2 6 年 4 月 会 計 検 査 院 1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

横 浜 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 議 事 録 要 旨 日 時 平 成 23 年 2 月 15 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 3 時 30 分 開 催 場 所 開 港 記 念 会 館 2 階 6 号 室 出 席 者 委 員 19 名 ( 傍 聴 者 2 名

横 浜 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 議 事 録 要 旨 日 時 平 成 23 年 2 月 15 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 3 時 30 分 開 催 場 所 開 港 記 念 会 館 2 階 6 号 室 出 席 者 委 員 19 名 ( 傍 聴 者 2 名 横 浜 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 日 時 平 成 23 年 7 月 27 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 関 内 中 央 ビル 5 階 大 会 議 室 次 第 開 会 健 康 福 祉 局 長 あいさつ 新 任 委 員 紹 介 定 足 数 確 認 報 告 前 回 議 事 録 要 旨 報 告 議 事 1 平 成 23 年 度 国 民 健 康 保 険 事 業

More information

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい 公 定 価 格 に 関 す る F A Q ( よ く あ る 質 問 ) Ver.9( 平 成 27 年 6 月 17 日 時 点 版 ) このFAQは 仮 単 価 を 基 に 年 間 の 運 営 費 額 を 定 する 際 の 参 考 となるよう 現 行 の 幼 稚 園 保 育 所 等 における 取 り 扱 いを 基 に 作 成 したもので あり 今 後 詳 細 を 検 討 していく 過 程 で

More information

9. 老 齢 基 礎 年 金 の 算 出 式 ( 平 成 26 年 度 ) 57 10. 振 替 加 算 額 58 11. 国 民 年 金 は 受 給 する 時 期 を 選 べる 年 金 59 12. 国 民 年 金 の 繰 上 げ 支 給 にはデメリットがあります 61 13. 国 民 年 金 基

9. 老 齢 基 礎 年 金 の 算 出 式 ( 平 成 26 年 度 ) 57 10. 振 替 加 算 額 58 11. 国 民 年 金 は 受 給 する 時 期 を 選 べる 年 金 59 12. 国 民 年 金 の 繰 上 げ 支 給 にはデメリットがあります 61 13. 国 民 年 金 基 目 次 第 1 章 年 金 推 進 の 重 要 性 1. 少 子 高 齢 社 会 と 年 金 市 場 の 拡 大 2 2. 系 統 における 年 金 推 進 の 重 要 性 3 3.JA 金 融 担 当 者 に 必 要 な 年 金 推 進 の 認 識 6 4. 日 頃 の 窓 口 応 対 が 年 金 取 引 につながります 7 5.お 客 さまが 知 りたいことを 押 さえましょう 9 6. 平 成

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

情報源の信頼度―

情報源の信頼度― News Release from NORD 00. 全 国,000 人 に 対 する 日 本 の 財 政 社 会 保 障 制 度 に 関 する 調 査 月 収 が 最 低 限 度 の 必 要 額 を 下 回 っているという 人 が 割 超 財 政 とセーフティネットの 危 機 は 歳 出 削 減 制 度 運 営 の 効 率 化 格 差 是 正 で 回 避 ノルド 社 会 環 境 研 究 所 ( 本

More information

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 資 料 1-1 年 金 に 関 する 資 料 平 成 23 年 5 月 23 日 厚 生 労 働 省 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

More information

プリをダウンロードしてみるといいでしょう 実 際 に 1.4km 2km がどの 程 度 なのか 体 で 覚 えないと 自 分 がその 距 離 を 歩 けているのか どうかも 分 かりませんよね? 正 確 な 数 字 を 測 りながら 歩 き 始 めたら 今 度 はそのキロ 数 を 足 して トータ

プリをダウンロードしてみるといいでしょう 実 際 に 1.4km 2km がどの 程 度 なのか 体 で 覚 えないと 自 分 がその 距 離 を 歩 けているのか どうかも 分 かりませんよね? 正 確 な 数 字 を 測 りながら 歩 き 始 めたら 今 度 はそのキロ 数 を 足 して トータ 脳 の 老 化 を 食 い 止 める 1 日 に 歩 くべき 距 離 が 判 明 BIGLOBE ニュース WooRis5 月 10 日 ( 火 ) 最 近 なんだか 物 忘 れが 多 いな などと アラフォーになって 脳 の 老 化 を 感 じてい る 人 も 少 なくないと 思 います 年 齢 とともにある 程 度 は 仕 方 ないのですが できれば 若 々 しい 脳 を 保 ちたいですよね?

More information

26表紙1.2.3.indd

26表紙1.2.3.indd 平 成 26 年 度 ( 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 ) 市 民 税 県 民 税 特 別 徴 収 のしおり 給 与 支 払 報 告 特 別 徴 収 にかかる 給 与 所 得 異 動 届 出 書 (13 14 ページ) 特 別 徴 収 への 切 替 申 請 書 (15 ページ) 特 別 徴 収 義 務 の 所 在 地 名 称 変 更 通 知 書 (16 ページ) 市 県 民

More information

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477>

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477> 琴 平 町 人 口 ビジョン 平 成 27 年 1 月 琴 平 町 目 次 1 章 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 1 1.1 人 口 ビジョンの 策 定 の 目 的... 1 1.2 人 口 ビジョンの 期 間... 1 2 章 人 口 の 現 状 分 析... 2 2.1 人 口 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (2) 年 齢 3

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A> 参 考 資 料 資 料 No.5 財 政 制 度 財 政 用 語 目 次 地 方 交 付 税 について 1 普 通 交 付 税 における 財 源 調 整 機 能 2 財 政 力 指 数 3 標 準 財 政 規 模 4 地 方 債 について 5 地 方 債 の 効 果 6 地 方 債 の 償 還 7 人 事 委 員 会 勧 告 制 度 8 民 間 給 与 との 比 較 方 法 9 地 方 財 政 をめぐる

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

Microsoft Word - LN01-1表紙

Microsoft Word - LN01-1表紙 知 っていますか? 国 民 年 金 って 実 は 納 めた 額 以 上 に 受 け 取 れます 老 後 も 万 一 のときも サポートします コンビニ インターネット からでも 納 付 できます 保 険 料 をまとめて 支 払 う と 割 引 があります 国 民 年 金 は あなたとみんなの 未 来 をつなぐ 大 切 な きずな です 支 え 合 って 将 来 にもっと 確 かな 安 心 を 厚 生

More information

4 宍 粟 市 行 政 改 革 大 綱 ( 第 二 次 ) 案 は 93 平 成 22 年 度 中 での 完 成 を 目 指 し 行 政 ページ 以 上 にも 及 びまた 宍 粟 市 行 政 改 革 懇 談 会 議 事 録 4 回 分 は 137ページ もあります これを 読 んで パブリックコメン

4 宍 粟 市 行 政 改 革 大 綱 ( 第 二 次 ) 案 は 93 平 成 22 年 度 中 での 完 成 を 目 指 し 行 政 ページ 以 上 にも 及 びまた 宍 粟 市 行 政 改 革 懇 談 会 議 事 録 4 回 分 は 137ページ もあります これを 読 んで パブリックコメン ( 様 式 第 2 号 ) パブリックコメント 実 施 結 果 件 名 宍 粟 市 行 政 改 革 大 綱 ( 第 二 次 )[ 素 案 ] 担 当 課 企 画 部 企 画 管 理 課 意 見 の 募 集 期 間 平 成 23 年 2 月 9 日 から 平 成 23 年 3 月 10 日 まで 意 見 提 出 者 数 1 団 体 1 個 人 意 見 提 出 件 数 24 件 意 見 の 概 要 と

More information

1 資 料 5 平 成 19 年 (2007 年 )12 月 11 日 中 野 区 の 住 宅 住 環 境 の 動 向 目 次 1. 人 口 と 世 帯 -1-2. 世 帯 の 構 成 -2-3.5 歳 階 級 別 人 口 の 構 成 -3-4. 年 少 人 口 の 推 移 -4-5.65 歳 以 上 人 口 の 推 移 -5-6. 転 入 転 出 世 帯 の 状 況 1 単 身 世 帯 -6-7. 転

More information

20120501 日本年金機構編 年金相談マニュアル-10 入門編(平成24年5月改訂-第9版) 【216頁】サンプル

20120501 日本年金機構編 年金相談マニュアル-10 入門編(平成24年5月改訂-第9版) 【216頁】サンプル 年 金 相 談 マニュアル Contents 年 金 相 談 マニュアル 入 門 編 目 次 ( 入 門 編 ) 第 1 章 年 金 相 談 の 心 得... 1 1 相 談 担 当 職 員 としての 心 構 え... 3 2 一 般 的 な 相 談 の 対 応... 7 3 お 客 様 の 声 への 対 応... 17 4 個 人 情 報 保 護... 22 5 相 談 対 象 者 の 確 認...

More information

平 成 19 年 10 月 号 今 回 のテーマ ファイナンシャル プラニングの 重 要 性 CFP 小 口 厚 ファイナンシャル プラニングは ただ 漠 然 と 過 ごしがちな 毎 日 の 生 活 と 無 駄 に 消 費 しがちなお 金 の 使 い 方 を 中 長 期 的 な 視 点 から 考 え

平 成 19 年 10 月 号 今 回 のテーマ ファイナンシャル プラニングの 重 要 性 CFP 小 口 厚 ファイナンシャル プラニングは ただ 漠 然 と 過 ごしがちな 毎 日 の 生 活 と 無 駄 に 消 費 しがちなお 金 の 使 い 方 を 中 長 期 的 な 視 点 から 考 え 経 営 者 のための 税 金 情 報 第 16 号 ( 秋 の 味 覚 ) 朝 倉 令 子 税 理 士 事 務 所 392-0010 長 野 県 諏 訪 市 渋 崎 1791 番 地 95 392-0010 長 野 県 諏 訪 市 渋 崎 1791 番 地 95 TEL 0266-56-3743/FAX 0266-58-7843 TEL 0266-58-3091/FAX 0266-58-9931 ttp://www.asakura-office.net

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 議 事 録 招 集 期 日 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 金 ) 場 所 市 役 所 7 階 第 5 室 開 2 月 12 日 午 後 2 時 00 分 遠 藤 英 樹 閉 2 月 12 日 午 後 3 時 25 分 遠 藤 英 樹 遠 藤 英 樹 代 理 早 舩 直 彦 出 席 状 況 駒 﨑 繁 夫 出 欠 石 塚 京 子 出 欠 谷

More information

市県民税のしおり

市県民税のしおり 市 県 民 税 のしおり 739-8601 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 財 務 部 市 民 税 課 TEL (082)420-0910( 直 通 ) FAX (082)422-6810 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 市 県 民 税 の 申 告 申 告 が 必 要 な 人 p 2 申 告 書

More information

Microsoft Word - ....

Microsoft Word - .... 目 次 出 題 傾 向 1 (1) わが 国 の 人 口 動 向 等 3 (2) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 の 現 況 3 (3) 公 的 年 金 制 度 の 沿 革 ( 主 な 内 容 を 抜 粋 ) 4 (4) 公 的 年 金 のしくみ 6 (5) 国 民 年 金 の 被 保 険 者 8 (6) 国 民 年 金 の 被 保 険 者 資 格 の 取 得 と 喪 失 10 (7) 被 保

More information

電 気 自 動 車 等 : 電 気 自 動 車 天 然 ガス 自 動 車 (H21 年 排 出 ガス 10% 以 上 低 減 ) ガソリン 車 ハイブリッド 車 はいずれも 平 成 17 年 排 出 ガス 基 準 75% 低 減 達 成 車 ( )に 限 ります 各 燃 費 基 準 の 達 成 状

電 気 自 動 車 等 : 電 気 自 動 車 天 然 ガス 自 動 車 (H21 年 排 出 ガス 10% 以 上 低 減 ) ガソリン 車 ハイブリッド 車 はいずれも 平 成 17 年 排 出 ガス 基 準 75% 低 減 達 成 車 ( )に 限 ります 各 燃 費 基 準 の 達 成 状 平 成 26 27 年 度 税 制 改 正 に 係 る 軽 自 動 車 税 の 税 率 について 三 輪 及 び 四 輪 以 上 の 軽 自 動 車 について 新 規 税 率 重 課 税 率 等 三 輪 及 び 四 輪 以 上 の 軽 自 動 車 については, 新 規 検 査 年 月 ( 車 検 証 に 記 載 )により 税 率 が 変 わります また, 最 初 の 新 規 検 査 以 降 13 年

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

者 で 行 うこととしているので 処 遇 改 善 計 画 もその 申 請 単 位 で 作 成 し 処 遇 改 善 に 取 り 組 むこととなります ( 問 7) 短 時 間 勤 務 者 には 支 給 しないこととしてよいか また 支 給 額 は 職 員 毎 差 をつけてもよいか 職 員 毎 の 支

者 で 行 うこととしているので 処 遇 改 善 計 画 もその 申 請 単 位 で 作 成 し 処 遇 改 善 に 取 り 組 むこととなります ( 問 7) 短 時 間 勤 務 者 には 支 給 しないこととしてよいか また 支 給 額 は 職 員 毎 差 をつけてもよいか 職 員 毎 の 支 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 について に 関 する Q&A 山 梨 県 1 賃 金 改 善 の 方 法 等 ( 問 1) 事 業 者 がロング ショート デイとあった 場 合 は それぞれの 職 員 に 対 して 交 付 率 の 区 分 毎 に 支 払 ってもよいのか または 交 付 金 を 合 計 して 職 員 数 で 割 って 一 律 で 支 払 うのがよいか? 国 は 全 職

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx 平 成 25 年 度 佐 倉 市 決 算 ( 普 通 会 計 )の 概 要 各 地 方 公 共 団 体 は 毎 年 度 決 算 状 況 を 1 枚 のカード( 決 算 カード)にまとめて 公 表 していま す この 決 算 状 況 のまとめは 総 務 省 が 行 う 地 方 財 政 状 況 調 査 の 会 計 区 分 である 普 通 会 計 に より 算 定 されます これは 一 般 会 計 及 び

More information

市 税 納 期 カレンダー 平 成 8 年 度 の 市 税 の 納 期 は 次 のとおりです 平 成 8 年 4 月 平 成 8 年 5 月 平 成 8 年 6 月 平 成 8 年 7 月 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 1 期 分 軽 自 動 車 税 定 期 分 個 人 市 民 税 ( 普

市 税 納 期 カレンダー 平 成 8 年 度 の 市 税 の 納 期 は 次 のとおりです 平 成 8 年 4 月 平 成 8 年 5 月 平 成 8 年 6 月 平 成 8 年 7 月 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 1 期 分 軽 自 動 車 税 定 期 分 個 人 市 民 税 ( 普 税 の 知 識 平 成 8 年 度 版 横 浜 市 市 税 納 期 カレンダー 平 成 8 年 度 の 市 税 の 納 期 は 次 のとおりです 平 成 8 年 4 月 平 成 8 年 5 月 平 成 8 年 6 月 平 成 8 年 7 月 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 1 期 分 軽 自 動 車 税 定 期 分 個 人 市 民 税 ( 普 通 徴 収 ) 1 期 分 固 定 資 産 税

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望 宅 に 係 る 消 費 の 負 担 軽 減 の 具 体 化 についての 要 望 ( 説 明 資 料 ) 社 団 法 人 宅 生 産 団 体 連 合 会 社 会 保 障 の 安 定 財 源 の 確 保 等 を 図 る 制 の 抜 本 改 革 を 行 うための 消 費 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 抜 粋 ( 平 成 24 年 3 月 30 日 閣 議 決 定 ) 第 七 条

More information

( 地 方 税 ) 前 年 所 得 課 税 と 特 別 徴 収 ( 天 引 き) も 給 与 から 特 別 徴 収 されますが 所 得 税 の 場 合 とそのしくみ が 異 なっています 所 得 税 は 毎 月 の 給 与 の 金 額 に 応 じて 源 泉 徴 収 される 現 年 所 得 課 税 の

( 地 方 税 ) 前 年 所 得 課 税 と 特 別 徴 収 ( 天 引 き) も 給 与 から 特 別 徴 収 されますが 所 得 税 の 場 合 とそのしくみ が 異 なっています 所 得 税 は 毎 月 の 給 与 の 金 額 に 応 じて 源 泉 徴 収 される 現 年 所 得 課 税 の 第 7 章 給 与 所 得 者 と 税 金 Q 私 の 給 料 から 天 引 きされている 税 金 は 何 ですか? A 給 与 所 得 者 の 方 が 給 与 をもらうときには すでに 税 金 が 天 引 きされている 場 合 があります その 税 金 は 所 得 税 と です 所 得 税 ( 国 税 ) 源 泉 徴 収 と 年 末 調 整 所 得 税 は まず 毎 月 の 給 与 や 賞 与 などから

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

素 案

素 案 職 員 のための 子 育 て 応 援 ハンドブック 平 成 27 年 10 月 高 崎 市 総 務 部 職 員 課 はじめに 働 きながら 子 どもを 産 み 育 てていくためには 家 族 の 協 力 が 何 より 大 切 ですが 子 育 て の 大 切 さを 理 解 し 支 援 する 職 場 環 境 も 重 要 です 高 崎 市 では 男 性 女 性 を 問 わず 子 育 て 中 の 職 員 も

More information

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総 村 山 の 概 要 村 山 の 概 要 1) 位 置 及 び 地 勢 村 山 は 京 都 の 北 西 部 北 緯 35 度 45 分 経 139 度 28 分 に 位 置 し 荒 川 から 多 摩 川 に かけて 広 がる 洪 積 層 武 蔵 野 台 地 のほぼ 中 央 部 京 都 心 部 から 約 30kmの 圏 内 に 位 置 してい ます 域 の 北 側 は 埼 玉 県 所 沢 側 は 清 瀬

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

5 市 民 県 民 申 告 が 必 要 かどうかフローチャート 確 定 申 告 をされますか? 市 民 県 民 申 告 は 必 要 ありません 平 成 28 年 月 日 現 在 市 に 住 ( 住 民 登 録 )がありましたか? 月 日 現 在 住 地 で 申 告 してください 公 的 年 受 給

5 市 民 県 民 申 告 が 必 要 かどうかフローチャート 確 定 申 告 をされますか? 市 民 県 民 申 告 は 必 要 ありません 平 成 28 年 月 日 現 在 市 に 住 ( 住 民 登 録 )がありましたか? 月 日 現 在 住 地 で 申 告 してください 公 的 年 受 給 平 成 28 年 度 市 民 県 民 ( 国 民 健 康 保 険 ) 申 告 ご 案 内 申 告 書 を 提 出 する 必 要 ある 方 平 成 28 年 月 日 に 市 内 に 住 があり 平 成 27 年 中 に があった 方 は 市 民 県 民 申 告 書 を 提 出 してください ただし 次 方 は 申 告 書 を 提 出 する 必 要 はありません () 確 定 申 告 書 を 提 出 した

More information

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版 年 金 相 談 マニュアル 相 談 事 例 編 2010.07 - 目 次 - 1. 資 格 記 録 1 受 給 要 件 10 厚 生 年 金 の 適 用 関 係 10 2. 国 民 年 金 保 険 料 納 付 還 付 15 納 付 17 任 意 加 入 期 間 の 保 険 料 還 付 23 3. 過 去 記 録 整 備 27 4.ユーザID パスワード 39 5. ねんきん 定 期 便 ( 平 成

More information

2012年5月31日 森本紀行 資産運用コラム

2012年5月31日 森本紀行 資産運用コラム 2014 年 8 月 7 日 森 本 紀 行 はこう 見 る JR 九 州 の 経 営 計 画 と 経 営 安 定 基 金 JR 九 州 は つくる 2016 JR 九 州 グループ 中 期 経 営 計 画 というものを 策 定 しています そ の 頂 点 にあるのは 株 式 上 場 です 要 は 2016 年 までに 上 場 企 業 としての 諸 条 件 を 完 備 さ せるための 経 営 計 画

More information

- 目 次 - ページ Q1: 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 とはどのような 制 度 でしょうか 3 Q2: 新 たに 従 業 員 を 採 用 したときは どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 5 Q3: 従 業 員 が 退 職 したとき 等 は どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 8 Q4: 扶 養 家 族 を 被 扶 養 者 とするときや 被 扶 養 者 に 異 動

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

1. 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 見 本 1 1 1,00,000 和 歌 山 太 郎 3 和 歌 山 商 事 前 職 給 与 :500,000 6 5 14 わだにゃんストア 1 源 泉 徴 収 票 の 支 払 金 額 源 泉 徴 収 票 の 支 払 金 額 欄 に 記 載 された 金

1. 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 見 本 1 1 1,00,000 和 歌 山 太 郎 3 和 歌 山 商 事 前 職 給 与 :500,000 6 5 14 わだにゃんストア 1 源 泉 徴 収 票 の 支 払 金 額 源 泉 徴 収 票 の 支 払 金 額 欄 に 記 載 された 金 収 入 関 連 書 類 一 覧 :いずれかを 提 出 番 号 区 分 証 明 書 類 証 明 書 類 の 見 本 備 考 1 給 与 所 得 がある 者 源 泉 徴 収 票 のコピー ( 前 年 度 分 の 所 得 ) 源 泉 徴 収 票 様 式 給 与 所 得 者 で 今 年 1 月 以 降 の 新 規 中 途 就 職 者 年 収 見 込 証 明 書 本 紙 直 近 三 か 月 の 給 与 明 細

More information

職員のための

職員のための 職 員 のための 子 育 てサポートQ&A 平 成 27 年 8 月 改 訂 総 務 政 策 局 総 務 課 総 務 政 策 局 教 職 員 課 ~ 目 次 ~ 特 定 事 業 主 行 動 計 画 P6 Q1 Q2 北 海 道 教 育 委 員 会 職 員 子 育 て 支 援 行 動 計 画 とは 職 員 に 対 して どの 様 な 休 暇 や 給 付 等 の 支 援 を 行 っていますか 女 性 職

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

<593A5C8AE989E68C575C8CF689638AE98BC690528B6389EF5C3232944E93785C91E63389F18C8B89CA5C91E68E4F89F189EF8B63985E2E646F63>

<593A5C8AE989E68C575C8CF689638AE98BC690528B6389EF5C3232944E93785C91E63389F18C8B89CA5C91E68E4F89F189EF8B63985E2E646F63> 平 成 22 年 9 月 7 日 午 後 1 時 30 分 苫 小 牧 市 役 所 北 庁 舎 3 階 会 議 室 にて 開 催 開 会 苫 小 牧 市 公 営 企 業 調 査 審 議 会 ( 委 員 20 名 中 13 名 出 席 条 例 による 審 議 会 開 催 の 定 足 数 を 満 た している ) 審 議 松 原 会 長 それでは 8 月 24 日 及 び31 日 に 引 き 続 きまして

More information

申 請 免 除 申 請 免 除 ( 学 生 以 外 ) 学 生 納 付 特 例 制 度 若 年 者 納 付 猶 予 制 度 法 定 免 除 世 帯 構 成 図 表 1 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 の 種 類 と 所 得 基 準 本 人 世 帯 主 配 偶 者 の 所 得 に 応 じて 免

申 請 免 除 申 請 免 除 ( 学 生 以 外 ) 学 生 納 付 特 例 制 度 若 年 者 納 付 猶 予 制 度 法 定 免 除 世 帯 構 成 図 表 1 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 の 種 類 と 所 得 基 準 本 人 世 帯 主 配 偶 者 の 所 得 に 応 じて 免 みずほインサイト 政 策 2014 年 3 月 6 日 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 者 が 増 加 懸 念 される 将 来 の 低 年 金 者 の 増 加 政 策 調 査 部 上 席 主 任 研 究 員 堀 江 奈 保 子 03-3591-1308 naoko.horie@mizuho-ri.co.jp 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 者 の 増 加 が 続 いており 2012

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

地 方 公 務 員 制 度 の 概 要 ( 平 成 25 年 度 ) 和 歌 山 県 総 務 部 総 務 管 理 局 市 町 村 課 は し が き 平 成 25 年 度 は 地 方 公 務 員 の 給 与 減 額 に 関 する 国 からの 要 請 への 対 応 を はじめ 公 的 年 金 の 報 酬 比 例 部 分 の 支 給 開 始 年 齢 が 引 き 上 げられることに 伴 う 雇 用 と

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203039303532362D3039303630395F8F5A91EE8E918BE081698E918BE08C7689E6816A82C682CD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203039303532362D3039303630395F8F5A91EE8E918BE081698E918BE08C7689E6816A82C682CD2E646F63> 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは 090526 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その1 昨 日 (090524)は 増 築 の 契 約 に 立 ち 会 うことがありました OB のお 客 様 で 築 13 年 の2 階 建 てのお 住 まいです お 父 様 名 義 の 家 を 娘 様 がローンを 利 用 して2 階 に 一 部 屋 増 築 そのため 屋 根 の 全 面 葺 き

More information

第24回税制調査会 総24-3

第24回税制調査会 総24-3 平 27.10.23 総 2 4-3 説 明 資 料 個 人 住 民 税 3 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 総 務 省 目 次 1. 個 人 住 民 税 の 課 税 標 準 の 計 算 1 2. 個 人 住 民 税 における 各 種 人 的 控 除 のあり 方 2 3. 個 人 住 民 税 における 超 過 課 税 独 自 減 税 の 実 施 状 況 9 4. 個 人 住 民 税

More information

第 2 章 人 口 面 積 財 政 の 状 況 1 人 口 及 び 年 齢 構 成 の 変 化 本 市 の 人 口 は 新 市 誕 生 時 の 将 来 推 計 を 超 える 勢 いで 増 加 していますが 第 2 次 総 合 計 画 策 定 時 の 人 口 推 計 ( 中 位 推 計 )では 平 成

第 2 章 人 口 面 積 財 政 の 状 況 1 人 口 及 び 年 齢 構 成 の 変 化 本 市 の 人 口 は 新 市 誕 生 時 の 将 来 推 計 を 超 える 勢 いで 増 加 していますが 第 2 次 総 合 計 画 策 定 時 の 人 口 推 計 ( 中 位 推 計 )では 平 成 第 1 章 作 成 の 経 緯 と 視 点 1. 作 成 の 経 緯 本 市 では 新 市 建 設 計 画 に 基 づき 公 共 施 設 等 の 整 備 を 進 めてきた 一 方 で 公 共 施 設 の 適 正 配 置 等 に 関 する 基 本 計 画 を 策 定 し 公 共 施 設 の 適 正 配 置 有 効 活 用 に 取 り 組 んできました また 国 から 各 地 方 公 共 団 体 に 対

More information

給 与 所 得 控 除 等 給 与 所 得 控 除 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 65 万 円 までの 人 65 万 円 ( 注 ) 65 万 円 を 超 え 80 万 円 までの 人 収 入 金 額 0%( 注 ) 80 万 円 を 超 え 360 万 円 までの 人 収 入 金 額

給 与 所 得 控 除 等 給 与 所 得 控 除 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 65 万 円 までの 人 65 万 円 ( 注 ) 65 万 円 を 超 え 80 万 円 までの 人 収 入 金 額 0%( 注 ) 80 万 円 を 超 え 360 万 円 までの 人 収 入 金 額 国 税 相 談 タックスアンサー( 表 紙 裏 面 参 照 )で 分 からないことやもっと 知 りたい ことがあれば 国 税 庁 ホームページ( http://www.nta.go.jp )また は 電 話 相 談 センターをご 利 用 ください 国 税 税 務 署 におかけになった 電 話 のうち 税 に 関 する 一 般 的 なご 質 問 やご 相 談 は 電 話 相 談 センター で 受 け

More information

世 田 谷 区 将 来 人 口 の 推 計 26 年 2 月 世 田 谷 区 目 次 1 人 口 推 計 の 方 法 2 1.1 人 口 推 計 にあたり 2 1.2 推 計 方 法 3 2 世 田 谷 区 全 域 の 将 来 人 口 推 計 ( 日 本 人 のみ) 4 2.1 3つの 変 動 要 因 ( 出 生 死 亡 移 動 )の 将 来 値 設 定 4 2.2 総 人 口 と 男 女 別 人

More information

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 平 成 25-26 年 度 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 事 業 介 護 雇 用 プログラム 委 託 業 務 ( 平 成 25 年 度 募 集 分 )Q&A ( 別 紙 4) ( 平 成 25.12) 番 号 質 問 回 答 1 応 募 資 格 について 1-1 応 募 は 法 人 名 と 施 設 名 どちらで 行 えばいいですか 県 内 に 複 数 施 設 を 有 している 場 合

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information